NE-M265( 取扱説明書 ) (5.68 MB/PDF) - Pana

NE-M265( 取扱説明書 ) (5.68 MB/PDF) - Pana
仕 様
電 子レンジ
グ
リ
ル
消 費 電 力
1.43 kW
高周波出力
1000 W※1・800∼150 W相当
発振周波数
2,450 MHz
温度調節範囲
−10∼90 ℃
消 費 電 力
1.25 kW
ヒーター出力
1.20 kW
消 費 電 力
1.35 kW
ヒーター出力
1.30 kW
温度調節範囲
発酵(35・40 ℃)
・100∼250 ℃
このオーブンレンジの250℃での運転時間は約5分間です。
その後は自動的に210℃に切り換わります。
オ ー ブ ン
取扱説明書
家庭用オーブンレンジ
品番
電
源
交流100 V(50 Hz/60 Hz共用)
質
量
約14.1 kg
寸
法
外
形
幅529 mm×奥行400 mm×高さ335 mm
庫
内
幅338 mm×奥行336 mm×高さ204 mm
NE-M265
消費電力量の目安
区分名※2
B:オーブンレンジ
(ヒーターの露出があるもので30L未満のもの)
電子レンジ機能の年間消費電力
54.6 kWh /年
オーブン機能の年間消費電力量
14.6 kWh /年
年間待機時消費電力量
年間消費電力量
0.0 kWh /年
69.2 kWh /年
※1 高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大3分)
であり、調理中自動的に600Wに切り換わります。
この機能は直接「1 あたため」ボタンを押してあたためるとき、「2 飲み物」ボタンで働きます。
※2 区分名は省エネ法に基づき、機能、加熱方式、および庫内容積の違いで分かれています。
●コンセントに電源プラグを差した状態で、表示部が消灯しているときの消費電力は「0」Wです。
(表示部「0」表示時0.9W)
●年間消費電力量
(kWh /年)
は省エネ法・特定機器「電子レンジ」新測定法による数値です。
●実際にお使いになるときの年間消費電力量は周囲環境、使用回数、使用時間、食品の量によって変化します。
●この製品は、日本国内用に設計されています。電源電圧や電源周波数の異なる外国では、使用できません。
また、アフターサービスもできません。
愛情点検
長年ご使用のオーブンレンジの点検を!
●電源コードやプラグが異常に熱くなる。
●異常なにおいや音がする。
こんな症状は
●ドアに著しいガタや変形がある。
ありませんか
●触ると電気を感じる。
●その他の異常や故障がある。
事故防止のため、ご使用
を中止し、コンセントから
ご使用
電源プラグを抜いて
中止
販売店へ点検をご依頼
ください。
さばのカレー風味ᴣ野菜の南蛮漬け(P.51)
保証書別添付
このたびは、パナソニック製品をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。
əɒɅɓɋȷጋ೙Ή᰷ƷȵɋɉɻȪɟɱȬȪɻɁɛɀɕɁɮɓɋɐ
〒525-8520 滋賀県草津市野路東2丁目3番1-1号
© Panasonic Corporation 2012
F0016-1S10
F0712-0
Printed in China
■取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください。
■ご使用前に「安全上のご注意」
( 4∼9 ページ)は、必ずお読みください。
■保証書は、
「 お買い上げ日・販売店名」などの記入を確かめ、取扱説明書とともに大切に保管してください。
パナソニックの会員サイト「ヤロヶャチヱ㄂ㄏ㄂ㄔㄐㄏㄊ㄄」で「ご愛用者登録」をしてください。
(2ページご参照)
下ごしらえも調理も…
自動
準備と確認
4
10
11
12
15
16
18
安全上のご注意
※自動調理メニュー一覧 ➡
使用上のお願い
付属品・別売品
各部の名前
操作音と終了音などを消す
使える容器・使えない容器
基本の使いかた
加熱後は
(お好みで追加加熱)
20
加熱のしくみ
毎日の使いかた
自動で加熱する
ページ
あたためを使い分けよう
ごはんやおかずを
40
●スピーディーに
2
4
22
※ ℃以下の設定の
しかたは異なります。
「 お弁当あたため 」
●お好み温度に
●あたためるときの
注意とコツ
24 22
●
26
牛乳やコーヒーなどを
「 飲み物 」
お弁当を
26
●
5
まわして
選ぶ
フライや天ぷらをカリッと
● 「 フライあたため 」
28
」
」
解凍する
「 全解凍
「 半解凍
9 8
ページ
ページ
肉や魚を
●
28
あたためる
22
28
●
「 ゆで葉果菜 」
「 ゆで根菜 」
7 6
ゆでる
●
30
野菜を
30
●
● 自動メニューの基本的な使いかた
● 角皿スチーム
︵予熱あり/角皿に湯を張って︶
34 32
21
自動調理メニュー 一覧
あたためる
自動
自動メニューで調理する
32
もくじ
毎日の使いかた
解凍する
ゆでる
1
5
0
W
手動で加熱する
レンジで加熱する
オーブンで調理する
グリルで焼く
手動加熱するときの目安時間
手動
8
0
0
手動
36
レンジで加熱する
38
● 出力を使い分けよう
● 「
∼
」
● 強火と弱火を組み合わせて
36
オーブンで調理する
40
38
● 予熱ありで
● 予熱なしで
● 発酵させる
40
グリルで焼く
40
● 魚などを焼く
こんなことが
できます
自分で時間などを合わせて⋮
オーブンレンジで
手動加熱するときの
目安時間
42
自動メニューで調理する
21
22
28
30
32
36
38
40
42
メニューもくじ ・・・・・・・・・44 ∼45
料理レシピ編 ・・・・・・・・・・・46 ∼79
お手入れ
使うたび&汚れてきたら
お手入れする
80
うまく仕上がらない
82
84
86
困ったとき
故障かな?
保証とアフターサービス
●本書に掲載のイラストは、実物と異なる場合があります。写真は盛り付け例です。
お客様ご相談窓口のご案内
●お料理をするときは、記載の分量をお守りください。分量を変えると上手にできない場合があります。
仕様
裏表紙
「M」表示モード
(店頭用モード)
:
表示部に「M」と表示されているときは調理できません➡ P.14
2
【解除方法】
①「レンジ」ボタンを押す。
②「1 あたため・スタート」ボタンを4回押す。
③「取消」ボタンを4回押す。
3
安全上のご注意
人への危害、財産への損害を防止するため、必ずお守りいただくことを説明しています。
■誤った使いかたをしたときに生じる危害や損害の
程度を区分して、説明しています。
■お守りいただく内容を、次の図記号で説明しています。
(次は図記号の例です)
「死亡や重傷を負うおそれが
大きい内容」です。
してはいけない内容です。
「死亡や重傷を負うおそれがある
警告 内容」です。
実行しなければならない内容です。
「軽傷を負うことや、財産の損害が
注意 発生するおそれがある内容」です。
気を付けていただく内容です。
自分で絶対に修理・分解・改造を
しない
吸気口・排気口・製品のすき間に
針金などの金属物や異物、
排気口
指を入れない
(後面、左右側面)
感電や発火、異常動作によるけがの
おそれがあります
高圧部があり、感電や
けがのおそれがあります
故障した場合は
お買い上げの販売店にご相談ください。
設置するとき
燃えやすい物や火気の近くでは
使わない
(たたみ、じゅうたん、テーブルクロスの上、
カーテンなど)
ごみ、ほこりなどで吸気口・
排気口がふさがれないよう
こまめにお手入れしてください。
吸気口
スプレー缶などの近くで
使わない
レンジ(電波)の加熱時は
食品を加熱しすぎない
● 以下の場合、自動で加熱しない
少量や指定分量※1以外の食品
100g未満の食品
(45℃以上に設定してあたためるとき)
ふた、およびふた付きの容器での加熱※2
※1 指定分量はメニューによって異なります。
各ページを参照してください。
※2 自動メニューの「25 茶わん蒸し」は除く。
「レンジ」ボタンでは、設定時間
を控えめにし、様子を見ながら
加熱する
食品の分量に対して、加熱時間が長いと、
発火や発煙のおそれがあります
● 特に、少量の加熱時、油脂の多い食品・液体、
さつまいもなどの根菜類の加熱には気を付ける。
飲み物などの加熱時、やけどを防ぐために(突沸に注意)
飲み物を加熱しすぎない
加熱後、取り出したあとに、
突然沸とうして飛び散ることがあり、
やけどのおそれがあります
警告
火災の原因になります
端に置くと、赤外線センサーが正しく検知できずに、食品は発火や発煙、飲み物は沸とうによる
突然の飛び散りでやけどのおそれがあります
異物が本体に入ったら
吸気口
まず電源プラグを抜いて
お買い上げの販売店にご相談ください。
排気口
(後面、左右側面)
食品、飲み物は庫内中央に置く
発火・発煙のおそれがあります
危険
吸気口・排気口はふさがない
自動での加熱時、事故を防ぐために
安全上のご注意︵必ずお守りください︶
危険
警告
必ずお守りください
● 牛乳、コーヒー、お茶、ジュース、水などを
自動であたためるときは、
必ず、「2 飲み物」ボタンで杯数を合わせて
加熱する。➡ P.26
● お酒をあたためるときは、
突沸
「レンジ」ボタンの600Wで
様子を見ながら加熱する。
➡ P.42
油脂の多い食品・液体※や、
粒入りスープを加熱するときは
以下の方法で加熱する
加熱後、取り出したあとに、
突然沸とうして飛び散ることがあり、
やけどのおそれがあります
● ラップをして、「レンジ」ボタンの500Wで
様子を見ながら加熱する。
※ バター・生クリーム・オリーブオイルなど
ヒーター使用時は、高温になり、引火や
火災の原因になります
水のかかる場所では使わない
感電や漏電の原因になります
ヒーター使用時の熱で、引火や爆発の
おそれがあります
「レンジ」ボタンで加熱するときは、
設定時間を控えめにする
加熱しすぎると、加熱後、取り出したあとに
突然沸とうして飛び散ることがあり、
やけどのおそれがあります
容器は庫内中央に置き、
広口で背の低い容器に
8分目まで入れる
端置きや、少量の加熱は沸とう、
沸とうによる突然の飛び散りの
原因になります
アースを確実に取り付ける
故障や漏電のときに、感電のおそれがあります
加熱前、加熱後は必ずスプーンでかき混ぜる
アース線は
加熱後、取り出したあとに、突然沸とうして飛び散ることがあり、
やけどのおそれがあります
● アース端子に接続する。また、転居などの際も忘れずに取り付ける。取り付けかたは➡ P.13
● ガス管や水道管、電話や避雷針のアースなどと、絶対に接続しない。
(法令で禁止されています)
● アース端子がないとき、湿気が多い場所、水けのある場所では、アース工事が必要。➡ P.10
4
次ページへつづく
5
安全上のご注意
必ずお守りください
警告
警告
次の点もご注意ください
レンジ(電波)を使う加熱時の破裂を防ぐために
ぎんなんなど、殻や膜のある
食品は割れ目を入れる
子供だけで使わせたり、幼児の
手の届くところで使わない
本体のお手入れは、電源プラグ
を抜き、庫内が冷めてから行う
破裂によるけが、やけどのおそれがあります
破裂によるけが、やけどのおそれがあります
やけど、感電、けがのおそれがあります
やけど、感電、けがのおそれがあります
卵は必ず割りほぐす
ビン・容器のふたや、
ネジ式のせんは外す
ドアに乗ったり、ぶら下がったり
しない
ベビーフードや介護食を
あたためるときは、
加熱後、かき混ぜてから
温度を確認する
破裂によるけが、やけどのおそれがあります
破裂によるけが、やけどのおそれがあります
● 密閉状態にならないようにする。
●レンジ用のふたをするときは、すき間をあける。
電子レンジが転倒、落下し、けがの
おそれがあります
やけどのおそれがあります
安全上のご注意︵必ずお守りください︶
ゆで卵(殻付き・殻なし)は
加熱しない
電源プラグ・電源コードなどは
電源コードや電源プラグを
傷付けない
(加工する、排気口などの高温部に近づける、
無理に曲げる、ねじる、引っ張る、重い物を
載せる、束ねる、はさみ込むなど)
電源は、延長コードを含め、
定格15A以上・交流100Vの
コンセントを必ず単独で使う
異常発熱による火災の原因になります
直ちに使用を中止し、電源プラグを抜く
傷付いたプラグは使わない
発火や発煙、感電のおそれがあります
破損による感電、ショートして火災などの
原因になります
異常・故障例
修理は販売店にご相談ください。
〈タコ足配線は禁止〉
ぬれた手で電源プラグを
抜き差ししない
電源プラグは、根元まで確実に
差し込む
感電のおそれがあります
感電や発熱による火災の原因になります
電源プラグを抜くときは、
コードを持って引き抜かない
ゆるんだコンセントは使わないでください。
感電や、ショートによる発火のおそれが
あります
電源プラグのほこりは、
乾いた布で定期的に確実に取る
ほこりに湿気がたまり、絶縁不良で
火災のおそれがあります
長期間使用しないときは、
電源プラグを抜く
絶縁劣化で火災の原因になります
6
異常・故障時には
● 電源コードやプラグが異常に熱くなる。
● 異常なにおいや音がする。
●ドアに著しいガタや変形がある。
● 触ると電気を感じる。
すぐに販売店へ点検・修理を依頼してください。
注意
設置について
転倒や落下をさせない
けが、感電、電波漏れの原因になります
● 不安定な場所に置かない。
● 置き台からはみ出さない。
●ドアに無理な力を加えない。
●転倒防止金具C
(別売)
をご利用ください。➡ P.11
万一、転倒・落下したら
外部に損傷がなくてもそのまま使用せず、必ずお買い上げの販売店にご相談ください。
次ページへつづく
7
安全上のご注意
必ずお守りください
注意
設置について(つづき)
本体上面、壁との間は下表以上の距離を確保する
万一、庫内で食品が燃えたら、
ドアは開けない
過熱による壁などの焦げや変形、発火などの原因になります
● 本体の上には物を置かない。
酸素が入り、勢いよく燃えます
この電子レンジは「消防法 設置基準」に基づく試験基準に適合しています。
10cm以上
安全にご使用いただくために、本体上面、壁とは、下表以上の距離を確保してください。
4.5cm以上
場 所 上方 左方 右方 前方 後方 下方
離隔距離(cm) 10 4.5 4.5(開放) 0
0
「消防法 基準適合 組込形」
開放
4.5cm以上
ご使用前に確認する
調理以外の目的には使わない
過熱により、発火や発煙、やけどの
おそれがあります
発火や発煙の原因になります
● 庫内が冷めてから必ずふき取ってください。
レンジ(電波)を使う加熱では、
庫内に食品などが入っていない
状態で、動作させない
火花が出て、庫内底面が赤熱により、
異常高温になるため、やけどのおそれが
あります
● 容器や付属品だけでも動作させない。
異常高温になると
安全機能が働き、自動的に動作を停止することが
あります。
加熱時間が長いと、発火や発煙のおそれが
あります
万一、鎮火しないときは
次の場合、熱い容器や蒸気、
飛まつに気を付ける
やけどのおそれがあります
庫内底面に、衝撃を加えたり、
水をかけたりしない
●ドアを開けるとき
● 食品を取り出すとき
● ラップやふたを外すとき
● ヒーター加熱後、付属の角皿を急冷するとき
破損してけがをするおそれがあります
庫内の包装材は取り出す
焦げや変形、発火の原因になります
鮮度保持剤(脱酸素剤)などを
取り出す
発火や発煙のおそれがあります
万一、破損したら
そのまま使用せず、必ずお買い上げの販売店へ
ご相談ください。
角皿スチーム調理では、
次の場合に角皿の扱いに
気を付ける
ヒーターを使う調理中、調理後は、
高温部(本体・ドア・庫内など)
に触れない
やけどのおそれがあります
やけどのおそれがあります
金属容器・付属の角皿は
● 角皿に湯を張るとき
● 角皿を庫内に入れるとき
● 角皿を取り出すとき
熱い湯が残っています。残湯量は、
メニューにより
異なります。約150∼250ml
(
)
● 特に、本体や付属の角皿は高温になります。
レンジ(電波)を使う加熱では、
金属容器などは使わない
付属の角皿は、オーブン/発酵、
グリル以外では使わない
火花が出て、発火・発煙・ドアガラスの
割れによるけがのおそれがあります
火花が出て、庫内底面が赤熱により、
高温になるため、やけどのおそれが
あります
● 付属の角皿、金あみや金ぐし、金属製の
焦げ目付け皿は、オーブンや発酵、
グリル以外では使わない。
● 次の処置をして鎮火を待ってください。
①「取消」ボタンを押す。
②電源プラグを抜く。
③燃えやすい物を、本体から遠ざける。
水や消火器で消火し、必ずお買い上げの販売店へ
ご相談ください。
庫内に付着した油や食品カスを
放置したまま加熱しない
「グリル」ボタンでトーストを
焼くときは設定時間を控えめにし、
様子を見ながら加熱する
安全上のご注意︵必ずお守りください︶
調理時、調理後は
お弁当をあたためるときは
直接「1 あたため」ボタンを
押してあたためない
ドアは
物をはさんだまま使わない
調理中や調理後に水をかけない
電波漏れの原因になります
ガラスが割れて、けがの原因になります
容器の変形や溶けのおそれがあります
ふた・ラップを外し、ゆで卵や
アルミケース、調味料類も
取り出す
● 自動メニューの「4 お弁当あたため」で
加熱する。➡ P.26
火花が出たり、破裂によるけが、やけどの
おそれがあります
開閉時は指のはさみ込みに注意する
けがのおそれがあります
8
9
使用上のお願い
付属品・別売品
設置場所は
■本体は、テレビやラジオ、無線機器(無線LANなど)
やアンテナ線から4m以上離してください。
画像や音声の乱れ、通信エラーの原因になります。
注意
レンジ
(電波)
を使う加熱では、容器や付属品だけで動作させない
アースの工事が必要なとき
本体価格には工事費は含まれていません。
付属品
■電源コンセントにアース端子がないときは、お買い上げの販売店にご相談ください。
角皿 1枚
■次の場合は、電気工事士の資格のある者による、施工「D種接地工事」が法律で義務付けられています。
●湿気の多い場所:
飲食店の厨房や酒、しょうゆの貯蔵庫、コンクリート床など
●水けのある場所(漏電しゃ断器も取り付ける)
:
生鮮食料品店の作業場など水の飛び散る所、土間・地下室など結露の起きやすい所など
品番:A060T-1M60
●熱変形防止のため平らではありません。
電波を使うレンジ加熱調理では、
火花が出るため使えません。
使用上のお願い/付属品・別売品
火花が出て、庫内底面が赤熱により、異常高温になるため、やけどのおそれがあります
● 故障を防ぐため、安全機能が働き、停止することがあります。
●角皿の使いかたについて
(➡ P.17)
お料理するときは
■記載の分量をお守りください。分量を変えると上手にできない場合があります。
■仕上がりや手動加熱時間は、食品の状態(大きさ、厚み、鮮度、野菜の季節、肉・魚の脂の多少、保存状態など)
に
よって異なります。特に冷蔵庫内のパーシャルやチルドで保存された食品は、内部温度が低めに仕上がることが
あります。
別売品
転倒防止金具C
ミトン 2枚
(電子レンジと木製壁面とを固定する金具)
レンジ使用調理では
■缶詰(金属容器)
や、レトルトパウチ食品(包装の一部にアルミを使用)
は、別の容器に移して加熱してください。
品番:A060M-1R50
希望小売価格:1,575円(税込み)
品番:A195A-1K20
希望小売価格:1,050円
(税込み)
●地震対策としてもお使いください。
●設置イメージ
ヒーター調理後は
転倒防止金具
レンジ
側面
木製壁面
前面
木製壁面
■必ずお手持ちのミトン2枚を使い、両手で出し入れしてください。
角皿を取り出すときは、高温のため必ずミトン2枚を使い、落とさないよう両手で出し入れしてください。
転倒防止金具
希望小売価格は2012年7月現在
調理後は必ず
■庫内に付着した油、食品カス、水滴などは放置せず、庫内が冷めてから必ずふき取ってください。
(さびの原因になります)
●イラストは、実物と異なる場合があります。
●付属品や別売品は、販売店でお買い求めいただけます。
パナソニックの家電製品直販サイト「パナセンス」でもお買い求めいただけます。
http://club.panasonic.jp/mall/sense/
10
11
各部の名前
温度センサー
各部の名前
排気口
奥面右上部にあります。
後面、左右側面
上ミラクロンヒーター
赤外線センサー
管ヒーター
食品の表面温度を検知します。
庫内灯
吸気口
角皿受け
上段
操作部
➡ P.14
下段
電源コード
電源プラグ
●プラグキャップが付いています。
プラグを差し込む前に必ず取り外し、
廃棄してください。
●加熱後、ファンがまわって
電気部品を冷却するため、
最大約15分間は、電源プラグを
抜かないでください。
●本体庫内奥面・側面は
フッ素加工をしています。
電源コンセント
アース端子
クリーントレー
下平面ヒーター
食品カスや水滴などを
受けるトレーです。
取り外しができます。
底面に内蔵
ドア
ドアハンドル
アース線※
必ずアース端子に
取り付ける。
先端を
外す
ふた付きの場合は、
開けて、つなぐ。
※ アース端子がないとき、
アース線の長さが足りない
ときは、お買い上げの
販売店にご相談ください。
イラストは、実物と異なる場合があります。また、製品には、注意ラベルがはられています。
12
13
各部の名前
操作部
ドアパネル
表示部
自動のメニュー番号や仕上がり調節、
温度や時間などを表示します。
店頭用モードのため、
調理できません。
【解除方法】
①「レンジ」ボタンを押す。
②「1 あたため・スタート」ボタンを
4回押す。
③「取消」ボタンを4回押す。
あたため・スタートボタン
飲み物ボタン
調理をスタートする/再スタートする
➡ P.22
➡ P.26
角皿スチームボタン
トースト
(裏返し)ボタン
ダイヤルをまわして
「自動メニュー 4∼28」を選びます。
表示部にメニュー番号が表示されます。
また、メニュー番号25∼28は「角皿スチーム」ボタンでも選べます。
各部の名前︵操作部︶
「M」が表示されているとき
手動調理…この取扱説明書では、
「レンジ」ボタンや「グリル」ボタン、
「オーブン/発酵」ボタンを使ってレンジの
出力やオーブンの温度、加熱時間などを設定して調理することを「手動調理」として説明しています。
➡ P.34
■自動電源オフ機能
途中、裏返しが必要です。
➡ P.75
しばらく操作をしなかったとき、または、加熱後しばらくすると自動で電源が切れます。
(「0」表示が消える)
電源が切れる時間は調理したメニューなどにより異なります。
(約2∼15分)
■電源を入れるには
自動メニュー/時間ダイヤル
●自動メニューを選ぶ ➡ P.21
●手動調理などで時間を合わせる
グリルボタン ➡ P.40
レンジボタン
オーブン/発酵ボタン
➡ P.36
●「オーブン」➡ P.38
●「発酵」
➡ P.40
温度/仕上がりボタン
脱臭ボタン
➡ P.80
●お好み温度に合わせる
➡ P.22
●オーブン調理の温度設定時
➡ P.39、41
●自動調理メニューの仕上がりを変える
➡ P.18、33、34
通常は、電源プラグを差し込むと電源が入ります。
自動電源オフ時は、ドアを開閉すると電源が入ります。
(表示部に「0」と表示します)
お願い
加熱後、ファンがまわって電気部品を冷却するため、最大約15分間は電源プラグを抜かないでください。
■操作音と終了音などを消す
終了音などには、取り出し忘れ防止ブザー音、予熱終了音※1、「U50」表示※2 のブザー音などが含まれます。
ピッ
2秒間押す。
(3回くり返す)
2秒間押すごとにピッと鳴ります。
「OFF」表示され、3秒後、「0」表示に戻ります。
ブザー音を鳴らすときは、消したいときと同じ操作を行います。
ブザー音を消すと
取消ボタン
■操作を取り消す/調理を中止するとき
調理中にできばえを見たいときは、
このボタンを押さずに、
ドアを開けて確認します。
ドアを閉め、
「スタート」ボタンを押すと、調理を再開します。
14
トーストの裏返しブザーも鳴りません。➡ P.75
「U50」※2 以外の異常表示時のブザー音は消えません。
※1 予熱終了音は「オーブン」や自動メニュー「25 茶わん蒸し」「26 ガトーショコラ」
「27 濃厚チーズケーキ」「28 とろけるプリン」の予熱のあるメニューで鳴ります。
※2 「U50」:庫内の温度が高いときに表示
「U50」について➡ P.85
15
使える容器・使えない容器
加熱の種類
使える容器
使えない容器
直接「1 あたため」ボタンを押してあたためるとき、自動メニューの
「6 ゆで葉果菜」、「7 ゆで根菜」ではふた、およびふた付きの容器は
使用しない

金属容器、アルミホイル、
金ぐし

漆器

容器にふたをして加熱すると、赤外線センサーが検知できずに、
食品が発煙や発火するおそれがあります
レンジ
800∼150W
〇
陶器、磁器、耐熱ガラス
〇
耐熱140℃以上の
プラスチック、ラップ
シリコン容器
熱に弱い
「ふた」に注意
レンジ加熱
角皿は、電波を使う
レンジ加熱調理では、
火花が出るため
使えません。
(安全上のご注意➡ P.8)
は使えません。
●付属の角皿、金あみや金属製の
焦げ目付け皿なども使えません。
➡ 安全上のご注意 P.8
●塗りがはげたり
ひび割れたりします。


耐熱140℃未満の
プラスチック
角皿
加熱方法
耐熱性のない
レンジ
ガラス
グリル
●高温になり、溶けます。
オーブン/発酵
●ただし、次の器は使えません。
金銀模様の器(火花が出る)
色絵の付いた器(はげる)
●高温になる料理は、急熱・急冷に強い
耐熱ガラス製容器をお使いください。
●ただし、次の物は使えません。
油脂や糖分の多い食品(高温になる)
密閉したふたや袋
「電子レンジ使用可能」表示のない
容器

ポリエチレン、メラミン、
フェノール、ユリア樹脂
●電波で変質します。
●カットガラスや
強化ガラスも溶けたり、
割れたりします。

オーブン/発酵、
グリル
ヒーター加熱
発酵はヒーターのみ
(グリルは上ヒーターのみ
)
16
〇
陶器、磁器、耐熱ガラス
●高温になる料理は、急熱・急冷に強い
耐熱ガラス製容器をお使いください。
〇

〇
〇
使える容器・使えない容器
警告
付属品
紙製品や木、
竹製品
金属容器、アルミホイル、
金ぐし、シリコン容器※
●取っ手が樹脂の物は溶けるため
使えません。
※シリコン容器はオーブン/発酵のみ
で使えます。
容器に記載された耐熱温度以下で
お使いください。
グリルでは使えません。

オーブンやグリル用以外の
プラスチック、ラップ
●市販の発熱体を使用した容器
などで加熱すると、異常高温
になり、安全機能が働いて
自動的に動作を停止すること
があります。
●針金を使っている物は
燃えやすくなります。
●耐熱加工されている
クッキングシートや
オーブンシートなどは
パッケージの耐熱温度に
従って使うことができます。
17
基本の使いかた
食品を入れるとき
設定するとき
加熱後は
取り出すときは
●角皿は、必ずお手持ちのミトン2枚を使い、落とさないよう両手で取り出してください。
●庫内に取り忘れがあると、「ピーピー」と2分おきにブザーが鳴ります。
(6分間)
●あたためなどで熱くなった容器は、ふきんなどを使って、取り出してください。
お手持ちのミトン
2枚を使って、必ず
両手で取り出す
基本の使いかた
熱いので気を付ける
加熱が足りないときは
追加加熱してください
■食品を用意して
食品は、容器に入れて
庫内中央に置く
メニューを選ぶ
■直接「1 あたため・スタート」ボタンを押すとき
●追加できる時間
自動メニュー:最大10分まで
手動メニュー:各使いかたのページの最大設定時間をご覧ください。
●表示部の「秒」の点滅が消えたときは、各使いかたのページを見ながら、再度加熱してください。
●加熱終了後、表示部の「秒」の点滅中に追加時間を合わせて「1 あたため・スタート」ボタンを押します。
●表示部の「秒」の点滅時間
(工場出荷時6分間)
を変更できます。
1∼6分の設定が可能
加熱終了後、表示部の「秒」の点滅中(1∼6分間)
に時間を合わせて追加加熱ができます。
すぐにあたためがスタートします
■レンジのとき
OFF
加熱終了後、追加加熱はできません。
手動で時間を合わせて加熱してください。
この円を目安に
中央に置いて
ください。
表示部の「秒」の点滅時間(工場出荷時6分間)の変えかた
初期画面の状態で「取消」ボタンを2秒間押し、ピッと鳴ったら5秒以内に
加熱方法によっては、付属の角皿が必要です。
➡ P.17
押して出力を選ぶ
時間を合わせる
スタートする
ピッ
■スタート後、温度や仕上がりを変えたいときは
(
■あたためや解凍などをするときに
庫内が熱いときは手動を使う
ヒーター加熱後、レンジの連続使用後など、
庫内が熱いときは赤外線センサーがうまく働かず
「U50」を表示することがあります。
「取消」ボタンを押して「レンジ」ボタンで調理できます。
加熱時間の目安 ➡ P.42
「U50」について➡ P.85
●直接「1 あたため」ボタンを押してあたためるときや
「2 飲み物」ボタンのときは、表示部の「℃」が点滅中
(約14秒間)
に、ボタンを押して温度を変更できます。
5秒以内に
操作する
ピッピッ
ボタンを連続で5回押します。
ボタンを押すごとに、
1∼6分間の設定と
OFFの設定ができます。
)
(1度押す)
3秒後、初期画面に戻ります。
●「2 飲み物」ボタン以外の自動メニューは、仕上がり調節
表示が点滅中(約14秒間)
に、ボタンを押して
仕上がりを変更できます。
18
イラストは、実物と異なる場合があります。
19
加熱のしくみ
加熱方法
自動調理メニュー 一覧
800∼150W
レンジ加熱
グリル
上ヒーターで加熱します。
両面を焼く場合は裏返しが
必要です。
メニュー例:トースト・
切り身の焼き魚など
ヒーター加熱
「1 あたため」ボタン➡ P.22
「2 飲み物」ボタン➡ P.26
「3 トースト
(裏返し)」ボタン➡ P.75
■電波の性質
食品や
水分には
吸収。
陶器や
ガラスは
透過。
●加熱時間は、食品の分量が
増えても電子レンジ調理ほど
影響は大きくありません。
様子を見ながら加熱して
ください。
●脂が少ない魚は、焼き色が
付きにくくなります。
メニュー例:ハンバーグステーキ・
グラタンなど
●加熱後は、焦がさないために、
すぐに取り出します。
オーブン/発酵
●焼きムラが気になるときは、
加熱途中で、食品の前後を
入れかえます。
ヒーター加熱
オーブン
(下段)
ヒーター加熱
メニュー例:スポンジケーキ・
クッキー・
バターロール・
シュークリーム・
ピザ・ホイル焼きなど
2人分
対応メニュー
予熱あり
メニュー
お弁当あたため
P.26
5
フライあたため
P.28
6
ゆで葉果菜
P.30
7
ゆで根菜
P.30
8
全解凍
P.28
9
半解凍
P.28
10
グラタン
P.58
11
チルドピザ
P.78
12
ホイル焼き
P.55
13
焼きいも
P.74
14
スポンジケーキ
P.64、65
15
抹茶ブラウニー
P.60
16
きなこスノーボール
P.61
17
ごまスイートポテト
P.62、63
チキン
P.48
●
ポーク
P.49
●
魚
P.50、51
●
一口とんかつ
P.53
鶏肉のロースト
P.53
からあげ
P.52
麻婆なす
P.59
茶わん蒸し
P.34、56
◎
ガトーショコラ
P.34、66
◎
濃厚チーズケーキ
P.34、68
◎
とろけるプリン
P.34、73
◎
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
角皿スチーム
上ヒーターと下ヒーターで
加熱します。
参照ページ
4
22
●「発酵」はパンの種類や生地の
状態、季節によって温度を
使い分けてください。
メニュー名
野菜とセット ヘルシーメニュー
●加熱中は庫内温度を保つため、
ドアの開閉は控えめに。
自動メニュー
上ヒーターと下ヒーターで
加熱します。
オーブン
(上段)
メニュー番号
金属には
反射。
加熱のしくみ/自動調理メニュー 一覧
レンジ
電波の作用で、食品の水分子が
激しく衝突し合い摩擦熱を
起こします。その結果、食品の
表面と内部がほぼ同時に
加熱されます。
グリル(上段)
メニューに合わせたあたためやおいしい料理が作れます。
メニューに適した加熱方法と時間を自動でコントロール。
加熱のしくみ
●お料理をするときは、記載の分量をお守りください。分量を変えると上手にできない場合があります。
●仕上がりは、食品の状態
(大きさ、厚み、鮮度、野菜の季節、肉・魚の脂の多少、保存状態など)
によって異なります。
20
21
あたためる
警告
あたため/お好み温度
直接「1 あたため」ボタン、「お好み温度」で加熱するときは
●100g未満の食品は45℃以上であたためない
赤外線センサーが検知できずに、発煙・発火するおそれがあります
「レンジ」ボタンで様子を見ながら加熱してください。➡ P.42
上手にあたためるために
P.24の「コツ」を
必ず読んでください
●粒入りスープはあたためない
●ふた、およびふた付きの容器は使用しない
■付属の角皿は使えません
容器にふたをして加熱すると、赤外線センサーが検知できずに、食品が発煙や発火するおそれがあります
1
2
食品を入れる
スピーディーに
「1 あたため」
庫内中央に
設定温度
調理済みのおかずや
ごはんなどを、自動で
すばやくあたためます。
レンジ加熱
●100∼500gまで。
(冷凍ごはんは300gまで) ●現在温度は
●食品により、ラップをする。➡ P.25
約50秒後から表示します。
●ラップをするときはゆったりと。
(破裂の原因)
短い時間で終了するときは、
●市販の冷凍食品などの加工食品は、
表示しない場合があります
パッケージの指示に従う。
0℃未満は表示しません。
●スープやみそ汁はマグカップを使わない。
「1 あたため」ボタンを押すと
(沸とうするおそれ)
設定温度が確認できます。
●食品の分量に合った耐熱容器で。
(約3秒間)
●冷凍ごはんは耐熱性の平皿などにのせて加熱する。
(
1
−10∼90℃の
お好み温度に
食品を入れる
2
)
3
「温度/仕上がり」
スタートする
ボタンで温度を
●スタート後に温度変更は
合わせる
できません。
レンジ加熱
22
「U50」の表示が出たら「取消」ボタンを押して
「レンジ」ボタンの600Wで加熱してください。
(熱いのでやけどに注意)
「U50」について➡ P.85
●45∼90℃まで。
工場出荷時の設定は70℃。
温度の目安➡ 下記参照
●100gぐらいのごはん、冷凍ごはんは熱めに
仕上がることがあります。
設定温度を60℃に下げて加熱してください。
●メモリー機能
55∼75℃に設定した場合、その温度は記憶され、
次回のあたため時に表示されます。
■食品とお好み温度の目安
庫内が十分に冷えてからお使いください
(食品の温度を検知する赤外線センサーが、
うまく働かないため)
−10℃
−5℃
10℃
20℃
30℃
40℃
55℃
65℃
70℃
75℃
80℃
85℃
90℃
庫内中央に
ふたはしない
「お好み温度」
人肌にしたい
ベビーフードや、
カチカチに凍った
アイスクリームなども
食べやすくできます。
■加熱不足のときは追加加熱をする
取り出して混ぜたり、並べかえなどをして
「レンジ」ボタンの600Wで、様子を見ながら加熱します。
➡ P.42
■仕上がり温度を変えるとき
表示部の「℃」が点滅中(約14秒間)
は
ボタンを押して変更できます。
「1 あたため」ボタン
を押す
あたためる︵あたため/お好み温度︶
具が飛び散ることがあり、やけどのおそれがあります
ラップをして、
「レンジ」ボタンの500Wで様子を見ながら加熱してください。➡ P.42
●食品により、
ラップをする。
➡ P.25
●食品の分量にあった
耐熱容器で。
●−10∼90℃まで。
●設定温度が表示されます。
●現在温度は
ボタンを押すと
約50秒後から
40℃を表示します。
表示します。
ボタンを押し続けても
短い時間で終了する
設定できます。
ときは、
表示しない
(5℃きざみで
場合があります
合わせられます)
0℃未満は、現在温度
を表示しません。
「1 あたため」ボタンを
押すと設定温度が
確認できます。
(約3秒間)
●メモリー機能(➡ P.23)
はありません。
(
スプーンが入る固さに…
アイスクリーム
200∼500ml
室温に…
クリームチーズ
100∼200g
ごはん
ふっくら柔らかく… (冷凍ごはんは300gまで)
100∼500g
パン
30∼200g
アツアツがおいしい…
カレー・シチュー※1
100∼500g
マグカップは
使わない
)
スープ、みそ汁
100∼500g
耐熱容器に
移しかえる
温度を確かめて…
ベビーフード※2
60∼150g
おかずなど
100∼500g
※1 冷凍したカレーやシチューは、ラップをして「レンジ」ボタンの 600W で加熱後、混ぜてください。➡ P.42
※2 冷凍したベビーフードは、あたためられません。
次ページへつづく
23
あたためるときの注意とコツ
■以下の食品をあたためるときは、
安全上、直接「1 あたため」ボタンを押さないでください(安全上のご注意➡ P.5∼7、9)
食 品
■あたためるときにコツが必要な食品
食 品
加熱方法 または 注意事項
●油脂の多い液体、粒入りスープはラップをして、
「レンジ」ボタンの500Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
「レンジ」ボタンの500Wで
●バターはラップをして、
様子を見ながら加熱する
●油脂の多い液体(バター、生クリーム、オリーブオイルなど)
➡ P.46
●粒入りのスープ
➡ 突然沸とうして飛び散るおそれ
牛乳、コーヒー、お茶、ジュース、水など
➡ 突然沸とうして飛び散るおそれ
「2 飲み物」ボタンで加熱する
➡ P.26
お酒
➡ 突然沸とうして飛び散るおそれ
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
●割りほぐしていない卵、ゆで卵(殻付き・殻なし)
●ぎんなん、くりなど殻や膜のある食品
●ふた・せんなどを閉めた容器、ビン、
密閉状態の食品
➡ 破裂によるけがのおそれ
●卵は割りほぐす
●殻・膜には割れ目を入れる
●ふた・せんは外す
(レンジ用のふたはすき間をあける)
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
お弁当
➡ 容器が変形するおそれ
ふたやラップを外し、ゆで卵・アルミケース・調味料は
取り出す。
自動メニューの「4 お弁当あたため」で加熱する
➡ P.26
カレー、シチュー
具がはじけるおそれがあるため、必ずラップをして
深めの耐熱容器に入れ、85∼90℃に設定する
また加熱後、必ず混ぜる
たれのかかった食品
たれが飛び散るおそれがあるため、必ずラップをする
おかず、汁物
赤外線センサーをうまく検知させるため、広口で
浅めの耐熱容器を使う
分量に合わない器に入れた食品
食品の分量に合った耐熱容器であたためる
■次の食品は、2品以上で同時にあたためないでください
●分量や温度に差がある食品
●ごはんとカレーなど、仕上がり温度が異なる食品
●から揚げやしゅうまいなど、小さくて油を多く含む食品
■ラップをする/しないのコツ
•蒸し物
•冷凍した食品 など
■直接「1 あたため」ボタンを押すと上手にあたためられない食品
食 品
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
フライ・天ぷら
➡ カリッとあたたまりません
自動メニューの「5 フライあたため」で加熱する
➡ P.28
クリームチーズ、アイスクリーム
➡ 溶けます
●「温度/仕上がり」ボタンを押して温度を合わせ、
「お好み温度」機能で加熱する
➡ P.22
●パンは、「レンジ」ボタンの600Wでも加熱できます
➡ P.42
ベビーフード、介護食
➡ 熱くなりすぎるおそれ
パン
➡ 固くなります
24
500gを超える食品、
冷凍カレー、冷凍パン、
市販の冷凍食品・加工食品
➡ うまくあたたまりません(加熱ムラ)
市販の食品はパッケージの指示に従う。
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
乾干物・ポップコーン・冷凍ゆで野菜
➡ 加熱しすぎになる
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
いかなどのはじけやすい食品
「レンジ」ボタンの300Wで様子を見ながら加熱する
➡ P.42
•焼き物
•揚げ物
•いため物 •汁物 など
●水分を逃がさず
しっとりさせたい
食品や、はじけやすい
食品など。
加熱方法 または 注意事項
中華まん
➡ 皮が固くなったり、具が熱くなりすぎます
●ソース・たれのかかった食品
●みそ汁やスープなどの汁物と、ごはんやおかずなどの食品
●1つが300gを超える食品
あたためるときの注意とコツ
●少量や指定分量以外の食品
●100g未満の食品(45℃以上に設定の場合)
●ふた・および、ふた付きの容器に入った食品
➡ 赤外線センサーで正しく検知できず、
加熱しすぎによる発煙・発火のおそれ
加熱方法 または コツ
しゅうまいなどの
蒸し物
カレー・シチュー
煮魚
たれがかかった食品
冷凍ごはん
(お皿にのせる)
冷凍食品
(フライを除く)
ラップはできるだけ食品に添わせましょう
ラップが浮いていると、赤外線センサーが食品の
温度をうまく検知できず、上手にあたためられない
ことがあります。
容器をゆったりとおおい、食品に添わせます。
〇
ラップ
食品

●水分を逃がして
パリッとさせたい
食品や、十分に水分の
ある食品など。
ごはん
みそ汁・スープ※
野菜いため
焼きそば
ハンバーグ
焼き魚
フライ・天ぷら
肉じゃが
※粒入りのスープはラップをしてください。
ラップの重なりは下にしましょう
重なりを上にすると上手にあたたまりません。
〇

25
あたためる
警告
飲み物/お弁当
突沸
飲み物を加熱しすぎない(突沸に注意)
加熱後取り出したあとに、突然の沸とうによる飛び散りなどでやけどのおそれがあります
● 自動であたためる場合、必ず、本ページの記載に従い、「2 飲み物」ボタンで、杯数を合わせて加熱する。
■付属の角皿は使えません
飲み物を置く
2
牛乳や
コーヒーなどを
「2 飲み物」
●「2 飲み物」ボタンでお酒はあたため
られません。「レンジ」ボタンの600Wで
様子を見ながらあたためてください。
牛乳、コーヒー、お茶、
ジュース、水など
■個数に合わせた置きかたがあります
レンジ加熱
食品を入れる
2
お弁当を
コンビニエンスストアー
で売っている幕の内弁当、
丼物、スパゲティーなど
3
自動メニュー「4」を選ぶ
庫内中央に
「4 お弁当あたため」
●現在温度は約50秒後から表示します。
●35∼70℃まで。工場出荷時の設定は60℃。
「2 飲み物」ボタンを押すとメニュー番号と杯数を表示し、
●飲み物の種類や、容器の形状によって仕上がりが
その後、設定温度が確認できます。
(約3秒間ずつ表示)
変わるため、お好みに合わせて仕上がり温度を
■加熱不足のときは追加加熱をする
調節してください。
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱します。
●スタート後も表示部の「℃」が点滅中
(約14秒間)
に、
➡ P.42
ボタンを押して仕上がり温度を変更できます。
ただし、杯数設定の変更はできません。
●変えた温度は記憶され、次回のあたため時に
「U50」の表示が出たら「取消」ボタンを押して
表示します。
「レンジ」ボタンの600Wで加熱してください。
杯数は記憶されませんので、そのつど設定して
(熱いのでやけどに注意)
ください。
「U50」について➡ P.85
●容器を端に置かないでください。沸とうのおそれがあります。
1
自動メニュー
スタートする
■仕上がり温度を変えるとき
庫内中央に
●広口で背の低い容器を使う。
●容器の8分目まで入れる。
●加熱の前後は、必ず混ぜる。
●2杯以上は、分量をそろえる。
3
「2 飲み物」ボタンを押して、
杯数を合わせる
あたためる︵飲み物/お弁当︶
1
スタートする
■仕上がりを変えるとき
(3段階)
標準
●300∼500gまで。
●必ず包装しているふたやラップを外す。外さないで加熱すると、
仕上がりが悪くなり、ふたなどが変形するおそれがあります。
●2段積みなどにした場合は上手にあたためられません。
●コンビニエンスストアーなどで売っていても1種類ずつ小分けしてある
おそうざい、おにぎりなどは自動メニューの「4 お弁当あたため」では
あたためられません。
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱します。
●冷蔵庫に保存した場合は「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱します。
●お弁当の具によりあたたまりかたが異なります。
●パッケージ「500W」の目安時間が2分以上の場合は、仕上がりを「強」に。
■加熱不足のときは追加加熱をする
スタート後も仕上がりの表示が点滅中(約14秒間)
に、
ボタンを押して仕上がりを変更できます。
加熱終了後、表示部の「秒」が点滅中(6分間)
に
追加時間を合わせて、スタートします。
追加加熱について➡ P.19
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が消えたときは、
「レンジ」ボタンの500Wで様子を見ながら加熱します。
注意
お弁当をあたためるときはふたやラップを外し、ゆで卵やアルミケース、
調味料類も取り出す
火花が出たり、破裂によるけが、やけどのおそれがあります
レンジ加熱
26
27
あたためる
揚げ物
/解凍する
解凍
(加熱時間の目安:約11分)
1
食品を入れる
2
自動メニュー「5」を選ぶ
3
標準
「5 フライあたため」
●スタート後も仕上がりの表示が点滅中
(約14秒間)
は、ボタンを押して
仕上がりを変更できます。
(上段)
●ラップはしない。
●種類の違う食品を同時に
あたためるときは、厚みと
重さをそろえる。
●食品は角皿に直接のせる。
(オーブンシートも使えます)
弱
室温
冷蔵庫で
保存したとき
お願い
角皿
スタートする
やや弱 やや強
自動メニュー
調理済みのフライや
天ぷらなどを、サクッと
揚げたてのように
あたためます。
4
食品の温度や重さに合わせて仕上がりを選ぶ(5段階)
やや弱
100∼200g
−
標準
やや強
強
200∼350g 350∼600g
100∼200g
−
200∼350g 350∼600g
●かき揚げは焦げやすいので、必ず様子を見ながら加熱してください。
●冷蔵庫で保存した場合は、ぬるめに仕上がることがあります。
様子を見ながら追加加熱してください。
冷凍した揚げ物はあたためられません。
●天ぷらなどの底面がべたつくときは、
キッチンペーパーなどで油分を
取ってください。
■加熱不足のときは追加加熱をする
加熱終了後、表示部の「秒」が点滅中
(6分間)
に追加時間を合わせて、
スタートします。
追加加熱について➡ P.19
ヒーター加熱
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が
消えたときは、「グリル」ボタンで
様子を見ながら加熱します。
あたためる︵揚げ物︶/解凍する︵解凍︶
フライや
天ぷらを
カリッと
■付属の角皿は使えません
■「全解凍」と「半解凍」を使い分けましょう
冷凍庫から出してすぐに解凍してください。
1
食品を入れる
2
自動メニュー「8」または「9」を
選ぶ
3
スタートする
庫内中央に
肉や魚を
解凍する
自動メニュー
「8 全解凍」
「9 半解凍」
冷凍庫で保存していた
肉や魚を、スピーディーに
自動で解凍します。
「8 全解凍」の場合
●発泡スチロールのトレーのまま ●「8 全解凍」は、形状や開始温度によって、
部分的に煮えることがあります。
入れる。
●ラップはしない。
■仕上がりを変えるとき
(3段階)
●トレーがなければ、耐熱性の
平皿で。
●分量は100∼500gまで。
標準
●「8 全解凍」は100gと500gで
仕上がりを変えます。
●スタート後も、仕上がりの表示が
仕上がり
点滅中(約14秒間)
は、ボタンを
100g
弱
押して仕上がりを変更できます。
500g
強
●薄い・細い部分にアルミホイルを
巻くと変色や煮えを防ぐことが
できます。
お願い
赤外線センサーをうまく働かせるために、庫内は十分に冷まし、
水滴などが付いているときはふき取ってください。
28
レンジ加熱
ほぐしやすい固さに
包丁で切れる固さに
全解凍
半解凍
弱 ←(仕上がり)→ 強
弱 ←(仕上がり)→ 強
●加熱調理する場合に
適しています。
■加熱不足のときは追加加熱をする
加熱終了後、表示部の「秒」が点滅中
(6分間)
に追加時間を合わせて、
スタートします。
追加加熱について➡ P.19
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が
消えたときは、「レンジ」ボタンの150W
で様子を見ながら加熱します。
■手動で解凍するとき
「レンジ」ボタンの150Wで
加熱時間を合わせます。➡ P.43
「U50」の表示が出たら
「取消」ボタンを押して「レンジ」ボタンの
150Wで解凍してください。
(熱いのでやけどに注意)
「U50」について➡ P.85
●さしみや肉の細切り、
いかに切り目を入れる
場合に適しています。
■まず上手な冷凍から!
●新鮮な食材を選びましょう。
●薄く
(3cm以内)、平たく、重ねずに厚みをそろえてください。
●1回分ずつ
(約300gまで)
に分けてください。
●ラップでしっかり密封してください。
■次のような食品は、上手に解凍できません。
冷凍庫から出して長い間放置した食品。
冷凍庫から冷蔵庫へ移した食品。
分量が100g未満の食品。
➡ 「レンジ」ボタンの150Wで様子を見ながら解凍します。
➡ P.43
ゆでて冷凍した野菜。
➡ 「レンジ」ボタンの600Wで時間を合わせて解凍します。
➡ P.42
29
ゆでる
加熱するときは
● 容器に水をはって加熱しない。
● 洗ったときの水分は残しておく。
● ラップは、何重にもおおわない。
自動メニュー
■付属の角皿は使えません
〈葉菜〉100∼500gまで
(ほうれん草や小松菜などは300gまで) 1
●ほうれん草、小松菜
皿から
はみ出さない
ようにラップを
かける
葉果菜を
●キャベツ
固い芯を取る
大きさをそろえて切る
自動メニュー
「6 ゆで葉果菜」
●グリーンアスパラガス
穂先と根元を交互に重ねる
➡ 加熱後、手早く冷水にとる。
ほうれん草、ブロッコリー
などの葉果菜をゆでます。
手順
3
へ
庫内中央に
耐熱性の平皿に
並べて
➡ 加熱後、流水にさらし、アクを取る。
自動メニュー「6」または「7」を
選ぶ
(食品の置きかた)
■仕上がりを変えるとき
(3段階)
食品
● ラップをするときは
ゆったりと包み込む
ゆでる︵自動メニュー︶
半分くらいの長さ
(皿に入る長さ)
に
切り、葉と茎を交互に重ねる
太い茎には十文字に切り込みを
入れる
小松菜など、茎のしっかりした
葉菜は仕上がり「強」に。
2
食品を入れる
容器
● スタート後も、仕上がりの表示が点滅中(約14秒間)
は、
● 食品は底面のイラストの上に置く。
〈果花菜〉100∼500gまで
● 100g未満のとき、「レンジ」ボタンの
●なす、かぼちゃ
ボタンを押して仕上がりを変更できます。
● 季節や野菜の状態により仕上がりが異なります。
600Wで様子を見ながら加熱する。
大きさをそろえて切り、
塩水につける
小さめの
大きさをそろえてやや厚めに切る
なす、かぼちゃ500gは
仕上がり「強」に。
かける
➡ P.42
耐熱性の平皿に
並べてラップを
3
スタートする
●ブロッコリー、カリフラワー
小房に分け、塩水につける
ブロッコリー、カリフラワー
500gは仕上がり「強」に。
レンジ加熱
● 取り出すときは皿が熱くなっているので、ふきんなどを使って、
取り出してください。
〈根菜〉100g ∼1kgまで
(にんじん、大根は500gまで)
➡ 加熱後は、ムラ解消のため約5分蒸らしてください。
じゃがいも、さつまいも、さといも
そのまま洗って使う
切って使うときは、皮をむき
大きさをそろえる
根菜を
自動メニュー
「7 ゆで根菜」
根菜は、加熱後約5分
蒸らしてください。
耐熱性の平皿に
並べて
● アクの強い野菜は、加熱前や加熱後、水にさらしてアク抜きをしてください。
● 彩りをよくしたいときは、加熱後流水にさらして色止めをしてください。
(ムラ解消のため)
ラップを
かける
重ねないで
皿にのせる
(
●にんじん
■加熱不足のときは追加加熱をする
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が消えたときは、
「レンジ」ボタンの600Wで
様子を見ながら加熱します。
追加加熱について➡ P.19
)
警告
輪切り、いちょう切りに
●ふた、およびふた付きの容器は使用しない
(切って使うとき)
じゃがいも、大根などの
根菜をゆでます。
耐熱性の平皿に
並べて
●大根
厚さ2∼3cmの輪切りに
ラップを
かける
容器にふたをして加熱すると、赤外線センサーが検知できずに、食品が発煙や発火するおそれがあります
●次の場合、自動で加熱しない
100g未満の野菜
発煙や発火のおそれがあります
薄く切った物、小さく切った物(にんじんやミックスベジタブルなど)
火花が出て焦げることがあります
➡ 「レンジ」ボタンで様子を見ながら加熱してください。
レンジ加熱
30
31
自動メニューで調理する
■自動メニューの基本的な使いかた
(例 自動メニュー:「10 グラタン」のとき)
2
メニュー番号を選ぶ
自動メニューで調理する
1
スタートする
■仕上がりを変えるとき
予熱なしメニュー
ボタンを押して3または5段階に調整できます。
スタート後も仕上がりの表示が点滅中(約14秒間)
に、
ボタンを押して仕上がりを変更できます。
「自動メニュー 4∼24」
32
次ページへつづく
33
自動メニューで調理する(つづき)
(例 自動メニュー:「25 茶わん蒸し」のとき)
1
2
メニュー番号を選ぶ
予熱をスタートする
手順
3
へ
自動メニューで調理する
(角皿・食品を入れずに庫内をあたためます)
(ピーピーと5回鳴って予熱完了)
庫内に
何も入れない
予熱ありメニュー
(角皿スチーム)
「25 茶わん蒸し」
「26 ガトーショコラ」
「27 濃厚チーズケーキ」
「28 とろけるプリン」
スチームを使って焼きます。
角皿に湯を張り、
スチームを発生させて
調理します。
●角皿や食品を入れて予熱すると
焼き上がりが悪くなります。
●「25-28 角皿スチーム」ボタンを
押しても選べます。
■仕上がりを変えるとき
(3段階)
「予熱完」と表示されます。
●予熱スタートから約50分間
予熱を保持します。
予熱中は、省エネのため庫内灯を
消しています。
●予熱中や予熱完了後、
仕上がりの表示が点滅中は、
スタート後にも
(約14秒間)
ボタン
を押して仕上がりを変更できます。
3
分厚いキッチンペーパーを二重にし、
角皿の寸法に合わせてすき間なく
敷き詰める
(キッチンペーパーを敷く理由)
●角型や容器のすべり止めのため。
●キッチンペーパーに吸水させることで、調理後の角皿を
取り扱う際に、熱い残り湯をこぼれにくくするため。
●食品への湯のあたりを均一にするため。
4
ブザー音設定が「OFF」のときは、
予熱完了ブザーは鳴りません。
各メニューの予熱時間を参考に
予熱完了の表示をご確認ください。
ブザー音設定について➡ P.15
5
角皿に食品をのせる。湯こぼれ防止のために開けた
ドアの上に角皿を置いて湯を張り、下段に入れる(下図参照)
スタートする
(下段)
●
の表示が消えます。
角皿を庫内に入れるときには、予熱後のドアが熱くなっているため、
お手持ちのミトンなどを使ってドアや庫内に手が触れないように
ご注意ください。
角皿
●やけどをしないように、角皿
(湯)の扱いには十分にご注意ください。
ヒーター加熱
角皿スチームを上手にお使いいただくために
■張る湯の温度は50℃
(お風呂より少し熱めの温度)
湯の温度が極端に違うと茶わん蒸しなどが固まり
にくくなるなど、料理のできばえに影響します。
お風呂より少し熱めの温度を心がけてください。
また、湯量はメニューによって異なりますので
レシピに従ってください。
34
■湯の張り忘れに注意する
湯の張り忘れや、湯量が不足すると、乾燥したり、
すがたったりして上手にできません。
注意
角皿スチーム調理では、付属の角皿の扱いに気を付ける
やけどのおそれがあります
●角皿の出し入れには、必ずお手持ちのミトン2枚を使い、両手で出し入れしてください。
●角皿に湯を張る、庫内に角皿を入れるときは、ドア・庫内に手が触れないように気を付ける。
●調理後、角皿を取り出すときは、熱い残り湯に注意する。
(残湯量は、メニューにより異なります。約150∼250ml)
35
レンジで加熱する
レンジ
■レンジの出力を使い分けましょう
500W
600W
600∼300W
30分
150W
300分
●加熱時間の目安➡ P.42
●食品を
あたためる
強火
●調理する
強火
6分
800W
●野菜を
ゆでる
︵下ごしらえ︶
●食品を
あたためる
●調理する
中火
●冷凍食品を
あたためる
●はじけやすい
食品を
あたためる
●卵を
調理する
●煮込む
●解凍する
弱火
300W
800W
レンジで加熱する︵レンジ︶
150W
■出力ごとの最大設定時間
警告
食品・飲み物は加熱しすぎない
発火や発煙、やけどのおそれがあります
飲み物は、加熱後取り出したあとに、突然の沸とうによる飛び散りなどでやけどのおそれがあります
設定時間を控えめにし、様子を見ながら加熱してください。
■付属の角皿は使えません
1
食品を入れる
2
「レンジ」ボタンを押して、出力を選ぶ
3
4
時間を合わせる
スタートする
庫内中央に
レンジ
残り時間
「800∼150W」
あたためなど、
自分で出力や時間を
設定して、加熱します。
●食品により、ふたまたは
ラップが必要。
➡ P.25、42
●押すごとに出力表示が切り換わります。
800W→600W→500W→
300W→150W
■加熱不足のときは追加加熱をする
加熱終了後、表示部の「秒」が点滅中(6分間)
に追加時間を
合わせて、スタートします。
追加加熱について➡ P.19
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が消えたときは、
「レンジ」ボタン
で様子を見ながら加熱します。
レンジ加熱
(例:600Wで10分→150Wで180分)
1
強火と弱火を
組み合わせて
2
食品を入れる
庫内中央に
「レンジ」ボタンを押して、出力を選ぶ
●食品により、ふたや落としぶた、
ラップが必要。
36
手順
4
へ
●連動調理も最大設定時間は
上記と変わりません。
4
出力を選ぶ
5
時間を合わせる
6
スタートする
残り時間
レンジ加熱
時間を合わせる
●800∼150Wで設定が
可能です。
➡ 上記参照
「連動調理」
黒豆など、最初に強火で
ひと煮たちさせ、弱火で
煮込む料理に使います。
3
●300W、150Wで設定が可能です。
残り時間
(自動的に150Wに
切り換わります)
■加熱不足のときは追加加熱をする
➡ 上記参照
37
オーブンで調理する
1
オーブン
2
「オーブン/発酵」ボタンを押す
温度を合わせる
手順
3
へ
庫内に
何も入れない
「オーブン予熱あり」
●100∼250℃まで。
●角皿や食品を入れて予熱すると
焼き上がりが悪くなります。
3
庫内が熱いとき
(オーブンを連続で使うときや庫内が
110℃以上のとき)
は、電気部品保護のため、220℃以上
の設定はできません。
4
予熱をスタートする
(角皿・食品を入れずに庫内をあたためます)(ピーピーと5回鳴って予熱完了)
予熱が完了したら、
食品を入れる
5
時間を合わせる
●スタート後、
「オーブン/発酵」ボタンを
押すと設定温度が
確認できます。
(約3秒間)
パンやお菓子などは、
庫内をあらかじめ
あたためてから、食品を
入れて焼き上げます。
●スタート後、「オーブン/発酵」ボタンを押すと
庫内が100℃以上であれば現在温度が
表示されます。
(約3秒間)
100℃以下のときは「
」と表示されます。
●予熱スタートから約50分間予熱を
保持します。
角皿
「予熱完」と表示されます。
ブザー音設定が「OFF」のときは、
予熱完了ブザーは鳴りません。
各メニューの予熱時間を
参考に予熱完了の表示を
ご確認ください。
ブザー音設定について➡ P.15
(上段・下段)
●本書レシピ以外のメニューで
予熱をする場合は、予熱完了の
表示にご注意ください。
オーブン予熱時間の目安➡ P.43
●予熱中、庫内の様子を見るときは、
「1 あたため・スタート」ボタンを長押しすると
10秒間庫内灯がつきます。
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●最大設定時間 120分
●220℃以上に設定したとき、
設定温度での保持時間は
約5分となります。
その後は、自動的に210℃に
切り換わります。
●加熱中も温度が変えられます。
ヒーター加熱
予熱なしで
「オーブン予熱なし」
始めから食品を入れて
予熱なしで焼き上げます。
角皿
スタートする
1
食品を入れる
(上段・下段)
2
「オーブン/発酵」ボタンを押す
3
温度を合わせる
4
時間を合わせる
オーブンで調理する︵オーブン︶
予熱ありで
お願い
加熱後、ファンがまわって
電気部品を冷却するため、
最大約15分間は
電源プラグを抜かないで
ください。➡ P.15
■加熱不足のときは
追加加熱をする
加熱終了後、表示部の
「秒」が点滅中(6分間)
に
追加時間を合わせて、
スタートします。
追加加熱について➡ P.19
表示部の「秒」の点滅
(6分間)
が消えたときは、
「オーブン/発酵」ボタンの
予熱なしで温度、時間を
設定し、様子を見ながら
加熱します。
●100∼250℃まで。
●最大設定時間 120分
庫内が熱いとき(オーブンを連続で
使うときや庫内が110℃以上のとき)は、 ●220℃以上に設定したとき、
設定温度での保持時間は
電気部品保護のため、220℃以上の
約5分となります。
設定はできません。
その後は、自動的に210℃に
切り換わります。
●加熱中も温度が変えられます。
ヒーター加熱
38
39
オーブンで調理する
1
食品を入れる
オーブン
2
/
「オーブン/発酵」ボタンを押す
グリルで焼く
3
35℃または40℃に
温度を合わせる
4
グリル
時間を合わせ、スタートする
発酵させる
(上段・下段)
「オーブン35・40℃」
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が
消えたときは、「オーブン/発酵」ボタンの
予熱なしで温度、時間を設定し、様子を
見ながら加熱します。
●35℃に設定したとき、
室温が35℃に近かったり、35℃より高い場合(夏場など)
は、
様子を見ながら発酵の温度、時間を調節してください。
●発酵中は、温度変更
できません。
パンやピザの生地を
発酵させることが
できます。
●最大設定時間 120分
●冬場など室温が低いときは、
長めに設定し、生地の温度を
はかりながら発酵させて
ください。
●食品や室温などにより、
庫内温度が変わるため
様子を見ながら発酵の温度や
時間を調節したり、
霧吹きをしたりしてください。
「オーブン/発酵」
●スタート後、
ボタンを押すと設定温度が
確認できます。
(約3秒間)
発酵中、庫内の様子を見るときは、
「1 あたため・スタート」ボタンを
長押しすると10秒間庫内灯がつきます。
発酵温度を保持するために、
庫内灯は消灯しています。
オーブンで調理する︵オーブン︶/グリルで焼く︵グリル︶
■発酵不足のときは追加発酵をする
加熱終了後、表示部の「秒」が点滅中
(6分間)
に追加時間を合わせて、
スタートします。
追加加熱について➡ P.19
角皿
ヒーター加熱
魚などを
焼く
1
食品を入れる
2
「グリル」ボタンを押す
3
時間を合わせる
(上段)
「グリル」
トーストを焼くときなど、
裏返して片面ずつ
焼きます。
また、オーブンメニューに
焼き色を追加したいとき
などに便利です。
4
スタートする
■加熱不足のときは追加加熱をする
加熱終了後、表示部の「秒」が点滅中(6分間)
に
追加時間を合わせて、スタートします。
追加加熱について➡ P.19
●最大設定時間 30分
表示部の「秒」の点滅(6分間)
が消えたときは、
「グリル」ボタンで様子を見ながら加熱します。
お願い
角皿
加熱後、ファンがまわって電気部品を冷却するため、
最大約15分間は電源プラグを抜かないでください。➡ P.15
ヒーター加熱
40
41
手動加熱するときの目安時間
警告
●自分で時間などを合わせて加熱するときの設定温度・時間の目安です。
食品・飲み物は加熱しすぎない
発火や発煙、やけどのおそれがあります
飲み物は、加熱後取り出したあとに、突然の沸とうによる飛び散りなどでやけどのおそれがあります
● 設定時間を控えめにし、様子を見ながら加熱してください。
注意
お弁当をあたためるときはふたやラップを外し、ゆで卵やアルミケース、
調味料類も取り出す
冷凍
室温・冷蔵
冷やごはん
チャーハン
どんぶり物
みそ汁
カレー・シチュー
ポタージュスープ
粒入りスープ※
煮魚
野菜の煮物
焼き魚
ハンバーグ
野菜いため
スパゲティ・焼きそば
しゅうまい
肉まん・あんまん
ハンバーガー
バターロールなど
牛乳
コーヒー
お酒
さくら干し
お弁当
コロッケ
設定時間 ラップ
メニュー名
分量
レンジ600W ふた
有
ごはん(固まり) 1杯分(150g) 約2∼3分
ピラフ
1人分(250g) 約4∼5分
有
(パラパラの物)
カレー・シチュー 1人分(300g) 約8∼10分
有
ポタージュスープ 1人分(300g) 約4分30秒∼5分30秒 有
ハンバーグ
1個(90g)
約3∼4分
有
しゅうまい
12個(170g) 約3分30秒
有
お好み焼き
1袋(300g) 約7∼9分
−
フライ
3個(80g)
約1∼2分
−
(揚げて冷凍した物)
ホットケーキ
1枚(60g)
約30秒∼1分
−
約20∼30秒
−
バターロールなど 1個(30g)
ミックスベジタブル 100g
約2分∼2分30秒 有
100g
約2分30秒∼3分 有
さやいんげん
さといも
100g
約3分∼3分30秒 有
火花が出たり、破裂によるけが、やけどのおそれがあります
レンジ150W(解凍)
素材名
設定時間
レンジ150W
約5∼8分
約5∼8分
約3∼6分
約3∼6分
約4∼7分
分量
ひき肉
300g
薄切り肉
300g
厚切り肉
300g
鶏もも肉(骨なし)200g
鶏もも肉(骨付き)200g
メニュー名
塩さば
標準分量
ほうれん草
キャベツ
小松菜
チンゲン菜
もやし
グリーン
アスパラガス
なす
ブロッコリー
さやいんげん
かぼちゃ
じゃがいも
さつまいも
さといも
にんじん
42
200g
100g
200g
200g
100g
100g
約1分30秒∼2分
100g
約1∼2分
100g
約1∼2分
100g
約1分30秒
200g
約2∼3分
1個(150g)約3∼4分
1本(200g)約4∼5分
5個(200g)約4∼5分
100g
約1∼2分
• アク抜き…加熱前水にさらす。
• 色止め…加熱後流水にさらす。
−
要
要
要
−
−
−
−
−
−
要
要
要
−
−
−
−
−
設定時間
素材名
分量
レンジ600W
冷凍ミックスベジタブル 100g 約1分40秒
冷凍さやいんげん
100g 約2分
付属品と棚位置
設定時間 グリル
角皿上段
約7∼9分加熱後
裏返して約4∼6分
100g×4切れ
塩ざけ
80g×4切れ
ラップ
ふた
−
−
−
−
−
備考
アルミホイルを敷く
裏返しあり
角皿の前後に離して
並べる
オーブン
レンジ600W(野菜の下ごしらえ)
分量
分量
グリル
• 食品の分量を2倍にした場合は、加熱時間を2倍弱に合わせます。
• いか・えびなどは、「レンジ」ボタンの300Wで様子を見ながらあたためてください。
• パンのあたためは、時間がたつと固くなるので食べる直前に。
• コーヒーの設定時間は、加熱前の温度が室温(約20∼25℃)のときの時間です。
• 冷凍カレー・シチューのあたためは、こびり付きを防ぐため途中で混ぜてください。
• ポップコーン、冷凍たこやき
(レンジ用)
はパッケージの加熱方法に従ってください。
• 冷凍食品は、冷凍庫から出して時間がたった場合(温度が上がった食品)
は、設定時間を控えめに。
• あんまんは、あんのほうが先に熱くなるのでご注意ください。
素材名
設定時間
レンジ150W
えび
10尾(約200g)約1∼3分
いか
(ロール)
100g
約1∼2分
まぐろ
(ブロック) 200g
約2∼4分
一尾魚
1尾(約300g) 約3∼5分
切り身魚
1切れ(約100g)約1∼2分
素材名
• 冷凍庫から出して時間のたった
(温度が上がった)食品は、設定時間を控えめにしてください。
※ 粒入りスープはコーンがはねやすいので、「レンジ」ボタンの500Wで様子を見ながら加熱してください。
設定時間
加熱前 加熱後
レンジ600W
アク抜き 色止め
約3∼4分
−
要
約1∼2分
−
−
約3分30秒∼4分30秒 −
要
約3分30秒∼4分30秒 −
要
約1分∼1分30秒
−
−
ラップ
ふた
−
−
−
−
−
手動加熱するときの目安時間
メニュー名
設定時間 ラップ
分量
レンジ600W ふた
1杯(150g) 約50秒∼1分
−
1人分(250g) 約2分30秒
−
1人分(350g) 約2分30秒∼3分30秒 有
1杯(150ml) 約1分30秒
−
1人分(300g) 約2分30秒
有
1杯(180ml) 約1分30秒∼2分 −
1杯(180ml) 約1分∼1分30秒 有
1切れ(100g) 約1分
有
1人分(150g) 約1分30秒
−
1切れ(80g) 約50秒
−
1個(90g)
約1分∼1分20秒 −
1人分(200g) 約2分∼2分30秒 −
1人分(250g) 約3∼4分
−
8個(150g) 約1分
有
1個(80g)
約40∼50秒
有
1個(100g) 約30∼40秒
−
1個(30g)
約10∼20秒
−
1杯(200ml) 約1分40秒
−
1杯(150ml) 約1分∼1分30秒 −
1本(180ml) 約1分
−
1枚(35g)
約30∼40秒
−
500g
約1分30秒∼2分 −
1個(100g) 約20∼40秒
−
種類
種類
レンジ600W(あたため)
ラップ
ふた
−
−
• あとで調理しやすいように、氷が溶ける程度まで解凍
してください。
• 大きさがまちまちの場合は、設定時間を控えめにして、
解凍できた食品から取り出します。
メニュー名
付属品と
棚位置
予熱
設定時間 オーブン
備考
700g×1個
有
220℃ 約50∼60分
表面に焼き色がついたら
アルミホイルをかぶせる
ローストビーフ
(もも肉) 800g×1個
有
220℃ 約30∼40分
焼き豚
ベークドポテト
骨付き鶏もも肉
クッキー
シフォンケーキ
標準分量
150g×4個
200g×4本
厚さ5mm 約20個
直径17cm 1個分
(アルミ製シフォン型)
オーブン予熱時間の目安: 150℃ 約7分
190℃ 約13分
角皿下段
−
有
有
加熱後、アルミホイルに包み
15∼30分おいて蒸らす
250℃ 約50∼60分
−
220℃ 約30∼40分
アルミホイルを敷く
180℃ 約10∼15分
有
160℃ 約35∼45分
−
170℃ 約9分
220℃ 約17分
180℃ 約10分
250℃ 約20分
160℃ 約8分
200℃ 約13分
骨付き鶏もも肉の焼きかた
関節から下の足の骨を取り、火の通りをよくするために、骨に沿って根元まで肉を切り開く。
• 材料や作りかたを掲載していないメニューがあります。お手持ちの料理本と上の表を参考にして作ってください。
• 角皿が汚れにくいアルミホイルの敷きかた➡ P.54
43
料理レシピ編もくじ
ワンプレートで
おなか大満足
幸せいっぱい、大好き
楽しくメイキング
野菜とセット
ごはん・卵・
グラタン・野菜
スイーツ・ジャム・
ソース
ピザ・パン
4
8
21
4
メニュー
´· Ȉ᥿ᕗȻʅʍʒȉɁʧɮʽʒ
メニュー
メニュー
メニュー
µ¶ ᔪɢɦᖘȪ
¶° ઁᔪʠʳɰʕ˂
·µ ʒ˂ʃʒ
´¸ ʣɮɹʓʋɷʽᴣʧʐʒ
µ· ᄌȧɂɦ
¶° əȭɻ˂ɷ
·¶ ʚʉ˂ʷ˂ʵ
´¹ ᳈ȦȪɚș᭛֞Ɂʧ˂ɹʇʐ˂¦ µ· ᠣ᭫
¶± ȠȽȦʃʘ˂ʦ˂ʵ
·¸ ʛʽͽɝɁɽʎ
µ· ʥʹɮʒʇ˂ʃ
¶± ȝȞɜɁʇʟʒɹʍɷ˂ᴥઁᔪ֞ᴦ
ཱུȠ᥿ᕗ
µ° ᄌᡵᰇɁʨʲʗ˂ʄ᭛ཱུ֞Ƞᴣ ȠɁȦɁʇʐ˂
µ¸ ʨɵʷʕɺʳʉʽ
¶² ȧɑʃɮ˂ʒʧʐʒ
µ¸ ɽ˂ʽȻʙʪɁʓʴɬ
¶³ ȞɏȴɖɁཱུȠᕔ‫ފ‬
·¸ ѯᖽʞʀ
·¹ ਖ਼ͽɝʞʀᴥʇʟʒႆ٥ᴦ
ɑ˂ɏ
µ± ȨɃɁɵʶ˂᭛֞ᴣ᥿ᕗɁԧᘷ໴Ȥ
µ¹ Ჽ‫ݠ‬ȽȬ
¶³ ʁʔʬʽʧʐʒ
µ¹ ɷʭʣʎɁȨȶɄɝɿʳʊ
¶´ ȗȴȧɁʁʱ˂ʒɻ˂ɷ
¶µ ʋʱɽʶ˂ʒɻ˂ɷ
¶¶ ɶʒ˂ʁʱɽʳ
¶· ȗȴȧʂʭʪ
¶¸ ༟Հʋ˂ʄɻ˂ɷ
¶¹ ɢɜɆɕȴ
·° ʁʯ˂ɹʴ˂ʪ
·± ʶʽʂȺͽɞʁʯ˂
やっぱり主役は
·² ʨʓʶ˂ʖ
肉・魚介・豆の
·² ɵʃʉ˂ʓɹʴ˂ʪ
おかず
7
メニュー
·³ ȻɠȤɞʡʴʽ
·´ ʷ˂ʵɻ˂ɷ
辻調グループ校
µ³ ᲇᐼɁʷ˂ʃʒ
1960年の創立以来つねに料理をひとつ
の文化としてとらえ、広く発信してきた、
大阪あべの辻調理師専門学校をはじめと
する辻調グループ校
µ³ ˢՠȻɦȞȷ
〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町3
µ² ᲇɁȞɜ૯ȥ
µ² ᲇɁᥕᖘȪ
µ´ ʙʽʚ˂ɺʃʐ˂ɷ
www.tsujicho.com
µµ ᄌᡵᰇɁʥɮʵཱུȠ
µµ ᳈ំ
赤字のメニューは、辻調グループ校の先生方の
ワンポイントや料理のレベルアップのアドバイスを
紹介しています。
(メニュー名の下に
を記載)
●お料理をするときは、記載の分量をお守りください。分量を変えると上手にできない場合があります。
●本書で記載しているカロリーや塩分の数値は、写真にある付け合わせや飾り物は含みません。
44
ˁɵʳʫʵʇ˂ʃ
·´ ཱུȠȗɕ
µ· ʥʹɮʒʇ˂ʃ
アイデア
クッキング
10
メニュー
´¶ ំᑸɁ෩Ғɝ
ȾɦȾȢɁᒳɒ੺Ƞ
ɔɦȲȗȦɁᜓѸ
ɬɮʃɹʴ˂ʪɥ᭥ɌɗȬȢ
ʚʉ˂ɥ໎ȞȬ
ʋʱɽʶ˂ʒɥ໎ȞȬ
ࢱȪȪȗȲȤɥ੒Ȭ
ʆʳʋʽɥ໎ȞȬ
ȝᕔ‫ފ‬ᴥȮɦɌȗᴦɁ̔ྡ
ɕȴɥཱུȢ
は「自動メニュー」で作れます。/「野菜とセット」はすべて「2人分」のメニューです。
45
アイデアクッキング
野菜とセット
IDEA COOKING
必 見!レ ン ジ の 便 利 わ ざ
■豆腐の水切り
■にんにくの臭み抜き
■めんたいこの解凍
揚げ物・いため物に
①耐熱皿にのせ、
ラップなしで
庫内中央に置く。
刺激臭が消えて使いやすく
なります
①薄皮を付けたまま、
ラップに包み
庫内中央に置く。
①冷凍しためんたいこ
6本(約180g)
を
耐熱皿にのせ、
ラップなしで
庫内中央に置く。
②「温度/仕上がり」ボタンを押して
②1片につき、
「15∼25℃」に合わせて
「レンジ」ボタンの
「スタート」ボタンを押す。
500Wで約20秒。
③キッチンペーパーで包み、皿にのせ、 (大きさによって様子を見ながら)
重し
(皿1枚)をし、約5分おく。
■アイスクリームを食べやすく
■バターを溶かす
■チョコレートを溶かす
スプーンが入る状態にします
①アイスクリーム
(200∼500ml)
のふたを取り、
庫内中央に置く。
①細かく切り、耐熱容器に入れ、
ふたをして庫内中央に置く。
①耐熱容器に板チョコ
50gを割り入れ、
牛乳大さじ1を
加えて、ふたなしで
庫内中央に置く。
②50gにつき「レンジ」ボタンの
500Wで様子を見ながら
約40∼50秒加熱。
②「温度/仕上がり」ボタンを押して
●サンドイッチ用のからしバターは
「−10℃」または「−5℃」に
時間を短めに。
合わせて「スタート」ボタンを押す。
②「レンジ」ボタンの
500Wで約50秒∼1分10秒。
●固さは牛乳の量で調節する。
■ゼラチンを溶かす
■お菓子(せんべい)の乾燥
水で戻すより早くてふっくら
①耐熱容器にしいたけを
適量入れ、ひたひたの
水を入れて、ふたなしで
で
庫内中央に置く。
①耐熱容器に水 カップと
ゼラチン5gを混ぜ、
ふたなしで庫内中央に
置く。
パリッと乾燥
①耐熱皿に重ならないように
せんべいを適量並べ、
ラップなしで庫内中央に置く。
②「レンジ」ボタンの
600Wで約30∼40秒
加熱。
②「レンジ」ボタンの500Wで
様子を見ながら加熱。
②「レンジ」ボタンの600Wで
約20∼30秒、様子を見ながら加熱。
●戻し汁は、だし汁に。
Ȼ
᥿ᕗɕȲȢȨɦଈɟɑȬǿ
ਖ਼ᩖȽȢɵʽʉʽȾȝȗȪȢ̈́˨ȥɞȦȻȟ ȺȠɑȬǿ
●メニューはすべて「2人分」です。
基本のポイント
【下ごしらえ】
●材料の切りかたはレシピ通りに。大きさが違うとうまく焼けません。
●たれに漬け込む時間はレシピ通りに。
(長時間漬けると焼き色が濃くなったり、味が濃く塩辛くなったりすることがあります)
【置きかた】
●材料は各ページのイラスト通りに角皿に置いてください。焼きムラの原因になります。
【焼きかた】
●仕上がり調節は3段階に調整ができます。
焼き色を少し濃くしたいときは 強〉、焼き色を少し薄くしたいときは 弱〉など、
焼き加減を調整したいときに使用してください。
調理後は
●野菜から多くの水分が出ます。水分を切って盛り付けてください。
アイデアクッキング
■干ししいたけを戻す
ᒲӦʫʕʯ˂Ɂb᥿ᕗȻʅʍʒcɥΈȶȹ ᐼɗᰇᴥ˿ᕗᴦȻ᥿ᕗᴥһᕗᴦɥᜏᄧȺ պ஽Ⱦᝩျᴞ
野菜とセット
②1丁(約400g)
につき、
「レンジ」ボタンの600Wで
約2∼3分。
( 丁のときは
約1分∼1分30秒)
ᳺ᣼ᓔƱǻȃȈ᳻ƷȝǤȳȈ
●加熱しすぎると焦げるので
注意する。
アレンジするときは
■もちを焼く
①市販の角もち4個(約200g)
を図のように
角皿に並べ、上段へ入れる。
②「グリル」ボタンで様子を見ながら約5∼7分。
アドバイス
●底面は柔らかくなりますが、焼き色は
付きません。
●1∼3個を焼くときは、様子を見ながら
焼いてください。
●手作りのもちはうまく焼けません。
●肉、魚、野菜のそれぞれの分量や大きさが同じであれば、同じ素材の中で種類を変えることができます。
また、味付け
(調味料など)
を変更する場合は、必ず様子を見ながら焼いてください。
手動で加熱するときは
●「オーブン/発酵」ボタンで加熱します。加熱時間は各ページをご覧ください。
46
47
野菜とセット
ベイクドチキン ¦ ポテト
黒こしょう風味のポークソテー ¦ 焼き野菜
野菜とセット
[野菜とセット:18 チキン]
ヒーター加熱
材料(2人分)
カロリー
(1人分) 約379kcal
塩分
約1.3g
1
ベイクドチキン
鶏もも肉 · · · · · · · · · · · · 1枚
(250g)
ポテト
じゃがいも · · · · · · · · · · · · · · · · · · 2個
A しょうゆ · · · · · · · · · · · · · · カップ
酒 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
みりん · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ
おろしにんにく · · · · · · · · · · · · 適量
おろししょうが · · · · · · · · · · · · 適量
角皿(上段)
ポイント!
じゃがいもの種類などにより、
アルミホイルにこびり付くことが
あります。気になる場合は、
ホイルに薄く油を塗るとよい
でしょう。
下ごしらえをする
<ベイクドチキン>
肉の厚い部分は半分くらいまで繊維に沿って包丁を入れる。
包丁をねかせて左右に切り込みを入れて開き、肉の厚みを
均一にそろえ、平らにする。
皮目を上にして、フォークや竹ぐしなどでところどころに穴をあける。
(皮のはじけ、縮みを防ぎ、味のしみ込みをよくするため)
1枚を4等分にする。
<ポテト>
じゃがいもは皮をむき、約1cm角の拍子木切りにする。
アルミホイル
使用する付属品
2
3
たれに漬け込む
Aを合わせ、じゃがいもと肉を途中上下を返しながら約30分漬け込む。
(長時間漬けすぎると、焦げるので注意してください)
焼く
角皿にアルミホイルを敷く。
(アルミホイルの敷きかた➡ P.54)
肉を皮目を上にして図のように角皿の
手前側に並べ、奥にじゃがいもを置く。
角皿を上段に入れる。
自動メニュー
18
48
[野菜とセット:19 ポーク]
●「野菜とセット」のポイント➡ P.47
目安時間
約23分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの230℃
予熱なしで、約20∼25分。
1
ヒーター加熱
●「野菜とセット」のポイント➡ P.47
材料(2人分)
下ごしらえをする
カロリー(1人分) 約439kcal
塩分
約1.8g
<ポークソテー>
肉は筋切りをし、フォークや竹ぐしなどでところどころに穴をあける。
Aを混ぜ合わせ、肉にすり込み、室温で30分おく。
<焼き野菜>
かぼちゃは1cmの厚さで5cm程度の短冊切りにする。
たまねぎとじゃがいもは厚さ1cmの半月切り、
グリーンアスパラガスは4等分にする。
ボールに切った野菜を入れ、溶かしバターと塩、こしょうでなじませる。
2
焼く
角皿にアルミホイルを敷く。
(アルミホイルの敷きかた➡ P.54)
肉を図のように角皿の手前側に寄せて並べ、
奥に野菜を置く。
上段に入れる。
自動メニュー
19
黒こしょう風味のポークソテー
豚ロース肉 · · · · · · · 2枚(1枚120g)
A 粗びき黒こしょう · · · · · 小さじ1弱
カレー粉 · · · · · · · · · · · · · 小さじ
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ1
焼き野菜
かぼちゃ · · · · · · · · · ·
たまねぎ · · · · · · · · · ·
じゃがいも · · · · · · · · ·
グリーンアスパラガス ·
溶かしバター · · · · · · ·
塩、こしょう · · · · · · · ·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
60g
60g
個
· 2本
10g
少々
アルミホイル
使用する付属品
角皿(上段)
目安時間
約23分
野菜から出た水分を切って盛り付ける。
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの230℃
予熱なしで、約20∼25分。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
49
野菜とセット
白身魚のマヨネーズ風味焼き ¦
きのこのソテー
さばのカレー風味 ¦ 野菜の南蛮漬け
野菜とセット
[野菜とセット:20 魚]
ヒーター加熱
●「野菜とセット」のポイント➡ P.47
材料(2人分)
カロリー
(1人分) 約472kcal
塩分
約1.3g
1
白身魚のマヨネーズ風味焼き
白身魚切り身(たいなど)
· · · · · · · · · · · · · 2切れ
(1切れ100g)
塩、こしょう · · · · · · · · · · · · · · · · 少々
A マヨネーズ · · · · · · · · · · · · · 50g
粉チーズ · · · · · · · · · · · · · 大さじ1
しょうゆ · · · · · · · · · · · · · · 小さじ1
生バジルの葉(みじん切り)· · · 2枚
おろしにんにく · · · · · · · · · · · · 少々
きのこのソテー
しめじ、しいたけ、えのき、エリンギ
· · · · · · · · · · · · · · · · · 合わせて160g
ブロッコリー · · · · · · · · · · · · · · · 40g
パプリカ
(赤)· · · · · · · · · · · · · · · 40g
B おろしにんにく · · · · · · · · · · · · 少々
オレガノ
(乾燥)· · · · · · · · · · · 適量
オリーブ油 · · · · · · · · · · · · 大さじ1
塩、こしょう · · · · · · · · · · · · · · 少々
アルミホイル
使用する付属品
角皿(上段)
[野菜とセット:20 魚]
下ごしらえをする
<白身魚のマヨネーズ風味焼き>
魚に塩、こしょうをする。
Aを混ぜ合わせ、途中上下を返しながら魚を約15分漬け込む。
ポイント!
<きのこのソテー>
しいたけは縦半分に、エリンギは1cm角の拍子木になるように縦に切る。
ブロッコリー、えのき、しめじは小房に分ける。
パプリカは5mmの細切りにする。
切った野菜にBを混ぜ合わせ、からめる。
2
2
焼く
角皿にアルミホイルを敷く。
(アルミホイルの敷きかた➡ P.54)
魚を皮目を上にして図のように角皿の
手前側に並べ、奥に野菜を置く。
角皿を上段に入れる。
材料(2人分)
下ごしらえをする
カロリー(1人分) 約333kcal
塩分
約1.1g
<さばのカレー風味>
さばは骨を取り、皮と身に軽く塩(分量外)
をして約15分おく。
水けをふき取り身を4等分にし、混ぜ合わせたAをまぶす。
焼く
角皿にアルミホイルを敷く。
(アルミホイルの敷きかた➡ P.54)
さばを皮目を上にして図のように角皿の手前側に
並べ、表面に溶かしバターを塗り、奥に野菜を置く。
角皿を上段に入れる。
自動メニュー
20
3
目安時間
約19分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの210℃
予熱なしで、約20∼25分。
さばのカレー風味
さば切り身· · · · · 2切れ
(1切れ100g)
A カレー粉 · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
溶かしバター · · · · · · · · · · · · 大さじ
<野菜の南蛮漬け>
たまねぎは5mmの薄切りにし、パプリカは1cmの細切りにする。
野菜の南蛮漬け
セロリは斜めに薄切りにし、白ねぎは切り込みを入れて2cmの長さに切る。 たまねぎ · · · · · · · · · · · · · · · · · 100g
パプリカ
(赤)· · · · · · · · · · · · · · · 25g
切った野菜をボールに入れ、Bであえる。
魚の皮が厚い場合は、焼いたあと身が反らないように
皮に切り込みを入れてください。
自動メニュー
20
50
1
ヒーター加熱
●「野菜とセット」のポイント➡ P.47
目安時間
約19分
たれを作り、漬け込む
Cを鍋に入れて、火にかける。
あたたまればDを入れる。
加熱後さばと野菜を、熱いうちに漬けだれに入れて約3時間漬け込む。
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの210℃
予熱なしで、約20∼25分。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
パプリカ
(黄)· · · · · · · · · · · · · · · 25g
セロリ · · · · · · · · · · · · · · · 本
(50g)
白ねぎ· · · · · · · · · · · · · · · 本
(30g)
B サラダ油 · · · · · · · · · · · ·大さじ1弱
塩、こしょう · · · · · · · · · · · · · · 少々
漬けだれ
C だし汁 · · · · · · · · · · · · · · · 1カップ
酢 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·75ml
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ1
薄口しょうゆ · · · · · · · · · · 大さじ1
D 赤とうがらし· · · · · · · · · · · · · · 1本
(種を取って輪切りにする)
しょうが
(せん切り)· · · · · · · · 15g
アルミホイル
使用する付属品
角皿(上段)
51
肉・魚介・豆のおかず
1
下ごしらえをする
2
から揚げ粉をまぶす
材料(4人分)
カロリー(1人分)
塩分
鶏もも肉 · · · · · · · ·
市販のから揚げ粉 ·
約196kcal
約0.8g
· · · · · · · · · 350g
· · · · · · · · 大さじ2
3
[22 鶏肉のロースト]
肉は筋切りをして厚みをそろえ、4cm角(1個約30g)
に
切る。
肉とから揚げ粉をビニール袋に入れて、全体に粉が
まんべんなく付くようにまぶし、袋の上から
軽くもんでなじませる。
焼く
肉を皮目を上にしてクッキングシートを敷いた角皿に
間隔をあけて1つずつ並べ、上段に入れる。
自動メニュー
23
クッキングシート
使用する付属品
1
目安時間
約20分
2
3
ポイント!
肉に塩をすり込む。
たれと肉をビニール袋に入れ、30分以上漬け込む。
焼く
肉の皮目にフォークや竹ぐしなどで
ところどころに穴をあける。
軽く塩をして耐熱容器に入れて
酒をかけ、10分ほどおく。
1
アルミホイル
使用する付属品
目安時間
約19分
ヒーター加熱
衣を作る
フライパンにパン粉と油を入れて混ぜ、火にかける。
時々混ぜながら加熱し、色が付き始めたら焦げないよう
こまめに混ぜながら、全体がきつね色になるまで加熱する。
パン粉の色の目安
必ず様子を見ながら加熱して
ください。
肉にAをのせ、ラップをして
庫内中央に置く。
材料(4人分)
カロリー(1人分) 約227kcal
塩分
約0.4g
材料(2人分)
600W
約3∼4分
2度押す
鶏もも肉 · · · · · · · · · · · · 1枚
(250g)
塩、酒 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 各少々
A しょうが
(薄切り) · · · · · · · · · · 適量
白ねぎ
(薄切り)· · · · · · · · · · · 適量
竹ぐしを刺して透明な汁が出たらでき上がり。
ふたをしたまま約10分間蒸らす。
3
盛り付ける
肉を適当な大きさに切って盛り付け、お好みのたれをかける。
角皿(上段)
ポイント!
加熱する
カロリー(1人分) 約256kcal
塩分
約0.2g
鶏もも肉 · · · · · · · · · 2枚(1枚250g)
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ1
たれ
白ワイン · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ3
粒マスタード · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
角皿にアルミホイルを敷く。
(アルミホイルの敷きかた➡ P.54)
肉を袋から取り出し、皮目を上にして
図のように角皿の前後に離して並べ、
上段に入れる。
[21 一口とんかつ]
下ごしらえをする
カロリー(1人分) 約271kcal
塩分
約1.9g
2
衣を付け、焼く
肉に塩、こしょうをし、薄力粉、溶き卵、衣の順番に付ける。
衣を付けた肉を角皿にのせて、上段に入れる。
自動メニュー
21
目安時間
約19分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの210℃
予熱ありで、約18∼22分。
一口とんかつ
鶏の酒蒸し
2
たれに漬け込む
材料(4人分)
●手動のとき➡ 皮目を下にして「グリル」ボタンで約8∼10分
加熱後、裏返してさらに約5∼7分。
[レンジ]
1
肉の厚い部分は半分くらいまで繊維に沿って包丁を入れる。
包丁をねかせて左右に切り込みを入れて開き、肉の厚みを
均一にそろえ、平らにする。
皮目を上にして、フォークや竹ぐしなどでところどころに
穴をあける。
(皮のはじけ、縮みを防ぎ、味のしみ込みをよくするため)
肉を半分に切る。
自動メニュー
22
から揚げ粉によって、仕上がりが異なります。
お肉を柔らかくする酵素入りの粉はべたつき、
上手にできない場合があります。
レンジ加熱
下ごしらえをする
肉・魚介・豆のおかず
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの190℃
予熱ありで、約18∼22分。
角皿(上段)
ヒーター加熱
鶏肉のロースト
鶏のから揚げ
[23 からあげ]
ヒーター加熱
豚ヒレ肉(一口かつ用)
· · · · · · · · · · · · · · · · · · 12枚
(400g)
塩、こしょう · · · · · · · · · · · · · · · · 少々
薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 適量
溶き卵· · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 適量
衣
パン粉 · · · · · · · · · · · · · 1カップ
(50g)
サラダ油 · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ1
使用する付属品
角皿(上段)
52
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」、P.41「グリル」
53
肉・魚介・豆のおかず
1
[12 ホイル焼き]
下ごしらえをする
たまねぎをみじん切りにし、バターで薄茶色になるまで
しっかりいため、冷ましておく。
●いためたたまねぎは、冷めてから肉と混ぜます。
熱いと肉の脂が溶け出して、ふんわり焼けません。
パン粉は牛乳でふやかしておく。
2
材料(4個分)
カロリー(1個分) 約303kcal
塩分
約1.3g
ひき肉(牛280g /豚120g)
●牛:豚=7:3がおいしさのコツ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· · · · 小さじ½強
· · · · · · · · 少々
· · · · · · · · 適量
· · 1個
(200g)
· · · · · · · · 15g
½カップ
(25g)
· · · · · · 大さじ4
· · · · · · · · 適量
3
2
材料を混ぜる
焼く
角皿にのせ、下段に入れる。
自動メニュー
12
角皿にアルミホイルを敷く。
(アルミホイルの敷きかた➡ 下記参照)
手に油を塗り、両手でキャッチボールするように
生地をたたいて空気を抜く。
中央はくぼませず、厚さ1.5cmの小判形にまとめ
角皿に並べ、上段に入れる。
材料(4人分)
カロリー(1人分) 約251kcal
塩分
約0.6g
白身魚切り身 · · · · 4切れ
(1切れ80g)
A 白ワイン · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
塩、レモン汁 · · · · · · · · · · · 各少々
えび · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 4尾
たまねぎ
(薄切り)· · · · · · 個(100g)
生しいたけ· · · · · · · · · · · · · · · · · · 4枚
(適当な大きさに切る)
バター · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 40g
アルミホイル
(25cm角)· · · · · · · 4枚
使用する付属品
230℃
角皿(下段)
約20∼25分
角皿(上段)
[レンジ]
1
下ごしらえをする
2
煮込む
ポイント!
角皿が汚れにくいアルミホイルの敷きかた
→
広げる
→
角皿の縁(4辺)に立ち上げて敷く
煮込みに使う容器、落としぶたについて
ふた付き
●ふきこぼれないように深めで側面がまっすぐな耐熱容器を使いましょう。
(約3L)
深さ
約10cm
直径約22∼25cm
底が平ら
●材料がかぶるくらいの煮汁で煮込みましょう。
材料が煮汁から出ていると、乾燥します。
煮汁が少ないときは必ず落としぶたをしましょう。
一晩おいた黒豆にクッキングシートで落としぶたをし、
ふたをして庫内中央に置く。
●容器と落としぶたについて➡ P.54
約12分
材料
2度押す
150W
●落としぶたには、穴をあけたクッキングシートを使います。
金属製の落としぶたは使えません。
レンジ加熱
黒豆を洗ってざるにあげ、水けを切る。
深めの耐熱容器に黒豆とAを入れ、一晩おく。
●さびた釘とともに漬け込むと、より黒く仕上がります。
割れた豆は取り除きましょう。
600W
54
目安時間
約22分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの230℃
予熱なしで、約19∼24分。
焼く
使用する付属品
2枚重ねて
端を3回折る
えびは殻をむき、背わたを取る。
魚にAをかけておく。
アルミホイルにたまねぎを置き、魚、えび、
しいたけ、バターの順にのせて包む。
ボールに肉を入れ、塩、こしょう、ナツメグを加え、
ねばりが出るまでよく混ぜ合わせる。
いためたたまねぎとパン粉を加えて混ぜ、4等分する。
アルミホイル
角皿より
→
長めに切る
下ごしらえをする
肉・魚介・豆のおかず
塩· · · · · ·
こしょう · ·
ナツメグ ·
たまねぎ ·
バター · · ·
パン粉 · · ·
牛乳 · · · ·
サラダ油 ·
1
ヒーター加熱
白身魚のホイル焼き 黒豆
ハンバーグステーキ
[オーブン]
ヒーター加熱
約180
∼240分
2度押す
2、3粒取り出し、指で軽くつぶれるようなら、
落としぶたを外し、ふたをして一昼夜おく。
(しわを防ぎ、味をしみ込ませるため)
●耐熱容器の深さによっては、吹きこぼれることが
あります。様子を見ながら加熱してください。
カロリー(1⁄10量分) 約97kcal
塩分
約0.3g
黒豆 · · · · · · · · · · · · 1カップ
(140g)
A 水 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 4カップ
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · 100g
しょうゆ · · · · · · · · · · · · ·小さじ1
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
重曹 · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
クッキングシート
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
55
[25 茶わん蒸し]
ヒーター加熱
1
下ごしらえをする
ささ身は筋を取って4つ切りにし、塩、酒をかける。
えびは背わたを取り、尾を残して殻をむく。
卵液の材料を混ぜ合わせ、裏ごし器でこす。
茶わん蒸し容器に、具と卵液を8分目まで入れ、
必ず共ぶたをする。
●ラップは使わないでください。
[レンジ]
1
米を水につける
2
炊く
レンジ加熱
米は洗い、直径約25cmの耐熱ガラス製ボールに入れて、
約1時間水につける。
米を入れたボールにふんわりとラップをして、庫内中央に置く。
600W
約6∼7分
150W
約14∼16分
2度押す
予熱する 予熱時間:約9分
2 (庫内に何も入れない)
自動メニュー
25
カロリー(1個分) 約108kcal
塩分
約2.1g
具
鶏のささ身 · · · · · · · · · · · · · · · · 40g
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 少々
酒 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ
えび · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 4尾
干ししいたけ · · · · · · · · · · · · · · · · 2枚
(戻して半分に切り、下味を付ける)
かまぼこ · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 4枚
ぎんなん(缶詰)· · · · · · · · · · · · ·12個
茶わん蒸し容器(共ぶた付き)
キッチンペーパー
使用する付属品
角皿(下段)
■調理前に必ずお読みください。
➡P.34
●極端に大きな器や小さな器は
避けてください。
●液温が室温(約25℃)
と違うときは、
「仕上がり」調節を。
液温が低いとき
(約10℃)
:
〈強〉
液温が高いとき
(約40℃)
:
〈弱〉
3
蒸す
角皿に分厚いキッチンペーパーを二重にし、角皿の寸法に
合わせてすき間なく敷き詰める。
(容器のすべり止めと熱い残湯を
こぼれにくくし、湯のあたりを
均一にする効果があります。)
図のように容器を置き、
予熱が完了したら開けたドアの上に角皿を置き、
約50℃の湯2カップを注ぐ。下段に入れる。
(ドアが熱いのでやけどに注意する)
1
2
3
あずきをたっぷりの水でゆでる。
煮立ったら、ゆで汁を捨て、再び5カップの水でゆでる。
煮立ったら弱火にして、皮が破れないように気を付ける。
煮えたらざるにあげ、あずきとゆで汁に分ける。
もち米をゆで汁につける
もち米を洗う。
直径約25cmの耐熱ガラス製ボールに入れ、あずきの
ゆで汁
(市販の赤飯用水煮あずきを使う場合は缶汁と
水で可)
1 カップを加えて、約1時間おく。
炊く
ゆで汁につけたもち米にあずきを混ぜ、
ラップまたはふたをして庫内中央に置く。
材料(4人分)
カロリー(1人分) 約305kcal
塩分
0g
もち米· · · · · · · · · · · · · · 0.36L
(2合)
あずき· · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 40g
(市販の赤飯用水煮あずきの場合は80g)
あずきのゆで汁 · · · · · · · · · 1 カップ
約10∼15分
●途中で1∼2回取り出して混ぜる。
炊き上がったら軽く混ぜ、ふたをして約5分蒸らし、
お好みでごま塩をふる。
[レンジ]
1
レンジ加熱
バターを溶かす
深めの耐熱容器に薄力粉とバターを入れ、
ふたなしで庫内中央に置く。
600W
約1分∼
1分30秒
2度押す
干ししいたけの下味の付けかた
戻した干ししいたけと戻し汁、砂糖、しょうゆ
(分量外)
を
弱火で甘辛く煮含める。
レンジ加熱
2度押す
角皿に熱い湯が残っているため、取り出すときは
やけどに注意する。
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの170℃
予熱ありで、約30∼40分。
(予熱完了後、自動と同量の湯を注ぐ)
●季節やお米の種類によって
炊き上がりが異なります。
●水量は目安のため、お好みで加減を。
あずきをゆでる
600W
目安時間
約35分
約267kcal
0g
· · · · 0.36L
(2合)
· · · · · · · · 380ml
2
加熱する
溶かしたバターと薄力粉を泡立て器でよく混ぜ、
牛乳を少しずつ加え、ふたなしで、庫内中央に置く。
600W
2度押す
●途中で2∼3回かき混ぜる。
塩、こしょうで味を調える。
約7∼8分
材料(3カップ分:グラタン4皿分)
カロリー(1カップ分)
塩分
薄力粉 · · · · · · · · · · · ·
バター · · · · · · · · · · · · ·
牛乳 · · · · · · · · · · · · · ·
塩、こしょう · · · · · · · · ·
材料
分量 1カップ分
薄力粉
バター
牛乳(カップ)
塩、こしょう
バターを溶かす
牛乳を加えて
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
·
·
·
·
約326kcal
約0.7g
· · · · · · 50g
· · · · · · 50g
· · · · 3カップ
· · · · · · 少々
15g
15g
1
少々
約40秒
約5分
2カップ分
30g
30g
2
少々
約1分
約7分
ホワイトソース
※顆粒だしを使う場合は、
塩分を控えてください。
塩分によって固まりかたが違います。
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
[レンジ]
カロリー(1人分)
塩分
米· · · · · · · · · · · · ·
水· · · · · · · · · · · · ·
ごはん・卵・グラタン・野菜
卵液
卵 · · · · · · · · · · M寸3個
(正味150g)
だし汁 · · · · · · · · · · · · · · · · 2 カップ
(顆粒だしの場合は 小さじ 使用)※
薄口しょうゆ · · · · · · · · · · · · 小さじ
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
みりん · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ1
(卵:だし汁=1:3∼4
卵液が薄すぎると固まりにくくなる)
2度押す
炊き上がったら軽く混ぜ、ふたをして約5分蒸らす。
材料(4人分)
赤飯
材料(4個分)
56
白ごはん
茶わん蒸し
ごはん・卵・グラタン・野菜
57
[10 グラタン]
ヒーター加熱
1
[24 麻婆なす]
下ごしらえをする
深めの耐熱ガラス製ボールにAを入れ、
ラップをして、庫内中央に置く。
600W
1
ヒーター加熱
下ごしらえをする
なすは皮をむき、縦に6等分のくし形に切り、水にくぐらせておく。
肉は5mm幅に切る。
なすを直径20cmの深めの耐熱皿に並べラップをして、
庫内中央に置く。
600W
約6∼7分
約6分
材料(4人分)
2度押す
2度押す
カロリー(1人分) 約536kcal
塩分
約1.4g
マカロニをゆでて水けを切り、油、塩、こしょうをふる。
加熱したなすが、熱い間に、混ぜておいたAと切った肉を
入れて混ぜ合わせる。
マカロニ · · · · · · · · · · · · · · · · · · 80g
A 鶏もも肉(1cmの角切り)· · 100g
マッシュルーム · · · · · · · · · · · 40g
(缶詰/薄切り)
たまねぎ
(薄切り)· · · 個(100g)
白ワイン · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
バター · · · · · · · · · · · · · · · · · 15g
塩、こしょう · · · · · · · · · · · · · · 少々
サラダ油、塩、こしょう · · · · · · · 各少々
ホワイトソース
(➡ P.57)· · · · 3カップ
えび · · · · · · · · · · · · · · · 8尾
(100g)
(尾と背わたを取り、半分に)
ナチュラルチーズ
(ピザ用)· · · · · 80g
2
3
具をあえる
下ごしらえした材料と、マカロニをホワイトソースの
半量であえる。
4等分にしてグラタン皿に入れ、えびをのせてから、
残りのホワイトソースとチーズを上にかける。
●具が冷めていたら「レンジ」ボタンの600Wで
あたためておく。
焼く
2
なす · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 4本
豚バラ薄切り肉 · · · · · · · · · · · · 100g
ごま油を少量入れ、皿のふちがソースで汚れていればふき取る。
A 豆板醤 · · · · · · · · · · · · · · 小さじ1
自動メニュー
24
3
加熱後、青ねぎを加えて軽く混ぜ、盛り付ける。
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの210℃
予熱なしで約21∼26分。
目安時間
約21分
A ごはん · · · · · · · · · · · · · · · · 400g
マッシュルーム · · · · · · · · · · · 30g
(缶詰/薄切り)
たまねぎ
(みじん切り)· · · · · · · 個
ハム
(1cmの角切り)· · · · · · · 3枚
バター · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 25g
B トマトケチャップ · · · · · · ·大さじ2
塩、こしょう · · · · · · · · · · · · · · 少々
ホワイトソース
(➡ P.57)· · · · · 3カップ
スイートコーン
(粒状)· · · · · · · · 100g
ナチュラルチーズ
(ピザ用)· · · · 100g
使用する付属品
角皿(上段)
58
焼く
ホワイトソースにコーンを加えて混ぜ、
上からかけて、チーズをのせる。
角皿(上段)
まーぼ
[レンジ]
1
使用する付属品
レンジ加熱
加熱する
キャベツとたまねぎを耐熱性の平皿
(直径20∼25cm)
に
入れ、ラップをして庫内中央に置く。
500W
約7∼10分
3度押す
マカロニグラタンと同じ要領で焼く。➡ 上記参照
加熱後、よく混ぜて水けを切る。
2
ドレッシングを作る
3
あえる
ドレッシングの材料を混ぜる。
加熱したキャベツとたまねぎにハムを加えて混ぜ、
ドレッシングとあえる。
材料(4人分)
カロリー(1人分) 約94kcal
塩分
約1.1g
キャベツ
(3cmの色紙切り)· · · · 300g
たまねぎ
(薄切り)· · · · · · · · · · · 100g
薄切りハム(適当な大きさに切る)· ·2∼3枚
ドレッシング
オリーブ油 · · · · · · · ·
レモン汁 · · · · · · · · ·
塩· · · · · · · · · · · · · ·
粗びきこしょう、砂糖
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· 大さじ1∼2
· · · · 大さじ1
· · · 小さじ
· · · · · 各少々
ごはん・卵・グラタン・野菜
カロリー(1人分) 約618kcal
塩分
約2.0g
皮をむいて切ったなすは、
色が変わりやすいので
さっと水にくぐらせておきましょう。
人気のおかず「麻婆なす」も、
自動で手早くおいしく作れます。
キャベツのさっぱりサラダ
コーンとハムのドリア
材料(4人分)
2
ープ校
辻調グル 生
宮崎先
下ごしらえをする
Aをバターでいためて、Bで味付けをし、4等分にして
グラタン皿に入れる。
●具が冷めていたら「レンジ」ボタンの600Wで
あたためておく。
甜麺醤 · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
紹興酒(酒でも可)· · · · · · 小さじ1
しょうゆ · · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
こしょう · · · · · · · · · · · · · · · · · 適量
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
酢 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
しょうが
(みじん切り)· · · · 大さじ1
にんにく
(みじん切り)· · · · 小さじ2
片栗粉 · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
ごま油 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 少量
青ねぎ
(みじん切り)· · · · · · · · · · · 3本
[ 宮崎 先 生のアドバイス ]
[10 グラタン]
1
目安時間
約17分
仕上げる
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの230℃
予熱なしで、約17∼22分。
ヒーター加熱
カロリー(1人分) 約172kcal
塩分
約1.9g
加熱する
(焼く)
使用する付属品
角皿(上段)
材料(4人分)
角皿にのせ、上段に入れる。
グラタン皿を角皿にのせ、上段に入れる。
自動メニュー
10
麻婆なす
マカロニグラタン
ごはん・卵・グラタン・野菜
59
スイーツ・ジャム・ソース
1
[16 きなこスノーボール]
生地を作る
Aを合わせて、ふるっておく。
大きめの耐熱容器にBを入れ、ラップで軽くふたをする。
500W
1
約1分
3度押す
材料
加熱したBを泡立て器で混ぜて溶かし、三温糖を加えて
混ぜる。
さらに溶き卵を3回に分けて入れ、生地がもったりするまで
混ぜ合わせる。
生地にAを加え、へらで粉っぽさがなくなるまで
ねらないように混ぜ合わせる。
(直径5.5cmのケーキカップ12個分)
カロリー(1個分) 約127kcal
塩分
約0.1g
A 薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · · 70g
抹茶 · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ1
ベーキングパウダー · · · · · 小さじ
B 無塩バター · · · · · · · · · · · · · 35g
(小さく切る)
ホワイトチョコ · · · · · · · · · · · 80g
(手で割る)
三温糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 60g
溶き卵· · · · · · · ·L寸1個分(正味60g)
甘納豆 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 60g
(大きな物は、飾りやすい大きさに切る)
2
ケーキカップに入れる
3
焼く
材料
無塩バター · · · · · · · · · · · · · · · · 80g
三温糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
溶き卵· · · · · · M寸2個分(正味100g)
A 薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · 100g
ベーキングパウダー · · · · · 小さじ
B ゆずの絞り汁 · · · · · · · · · · 大さじ1
(レモン汁でも可)
ゆずの皮
(すりおろす)· · · · 1個分
(なくても可)
ゆずジャム · · · · · · · · · · · · · · 40g
(飾り用に皮の部分を少量とっておく)
2
3
カロリー(5個分) 約256kcal
塩分
0g
目安時間
約16分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約11∼16分。
60g
20g
60g
20g
30g
適量
角皿(下段)
目安時間
約16分
[16 きなこスノーボール]
〈強〉
1
生地を作る
バターを泡立て器で白っぽくなるまでねり、三温糖を
2∼3回に分けて入れ、そのつどよく混ぜる。
溶き卵を3回に分けて入れ、よく混ぜる。Aをふるい入れ、
へらで粉っぽさがなくなるまで、ねらないように
混ぜ合わせる。
さらにBを加えて混ぜる。
ケーキカップに入れる
ケーキカップに生地を等分に入れ、飾り用にとっておいた
ゆずジャムをのせる。
焼く
角皿に並べ、下段に入れる。
自動メニュー
15
目安時間
約16分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約11∼15分。
2
ヒーター加熱
生地を作る
バターを泡立て器で白っぽくなるまでねり、三温糖を
2∼3回に分けて入れ、そのつどよく混ぜる。
溶き卵を少しずつ入れてよく混ぜ、Aをふるい入れ、
へらで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
さらにBを入れて混ぜる。
ラップで包み、約14×6cmの長方形にまとめる。
冷蔵庫で約30分休ませる。
ラップで包んだまま、直径4cm、長さ20cmの棒状になる
ように形を整える。
冷凍庫で1時間以上凍らせる。
焼く
角皿にアルミホイルを敷く。
生地を20等分に切り、切り口を上にして角皿に等間隔に
並べ、下段に入れる。
自動メニュー
16
材料(20個分)
カロリー(5個分) 約260kcal
塩分
0g
無塩バター · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
三温糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
溶き卵· · · · · · · M寸1個分(正味50g)
A 薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
抹茶 · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
B おから · · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
小豆の甘納豆 · · · · · · · · · · · 50g
アルミホイル
〈強〉
目安時間
約19分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約15∼20分。
使用する付属品
角皿(下段)
60
無塩バター · · · · · · · · · · · · · · · ·
三温糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·
A 薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · ·
きなこ · · · · · · · · · · · · · · · · ·
アーモンドプードル· · · · · · · · · · ·
粉砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·
使用する付属品
角皿に並べ、下段に入れる。
(直径5.5cmのケーキカップ12個分)
カロリー(1個分) 約121kcal
塩分
約0.1g
角皿にアルミホイルを敷き、等間隔に並べ、下段に入れる。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
使用する付属品
角皿(下段)
ポイント!
生地が柔らかいので直接触らず、
ラップの上から形を整えるのが
コツです。
スイーツ・ジャム・ソース
ゆずケーキ
1
材料(20個分)
加熱後、冷めてから茶こしで粉砂糖をふるう。
[15 抹茶ブラウニー]
ヒーター加熱
焼く
アルミホイル
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約11∼15分。
角皿(下段)
生地を作る
バターを泡立て器で白っぽくなるまでねり、三温糖を
2∼3回に分けて入れ、よく混ぜる。
Aをふるい入れ、アーモンドプードルを加え、
へらで粉っぽさがなくなるまで混ぜて、ひとまとめにする。
20等分に分けて丸める。
自動メニュー
16
ケーキカップに生地を等分に入れ、上に甘納豆をのせる。
自動メニュー
15
使用する付属品
2
ヒーター加熱
きなこスノーボール おからのソフトクッキー ︵抹茶味︶
抹茶ブラウニー
[15 抹茶ブラウニー]
ヒーター加熱
61
スイーツ・ジャム・ソース
シナモンポテト
ごまスイートポテトをアレンジして
かぼちゃの焼き菓子
[17 ごまスイートポテト]
1 かぼちゃは種とわたを除き、洗ってから3cm角に切り、深めの耐熱容器
材料(12個分)
に入れふたをして、庫内中央に置く。
「レンジ」ボタンの600Wで約3分30秒∼4分30秒加熱する。
加熱後、耐熱容器の水分を捨て、すりこぎでかぼちゃをつぶし、
砂糖を加え、よく混ぜ、ふたなしで「レンジ」ボタンの600Wで
約1分∼1分30秒加熱し、水分を飛ばす。加熱後、バター、卵黄の順に
加え、さらに混ぜる。
シナモンパウダーをふり入れて混ぜ、12等分(1個約30g)
しておく。
甘納豆をざるに入れ、熱湯をかける。軽く水けを取っておく。
カロリー(1個分) 約73kcal
塩分
0g
かぼちゃ
(皮付き)· · 個(正味300g)
A 砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 40g
無塩バター · · · · · · · · · · · · · 20g
シナモンパウダー · · · · · · · · · · 適量
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · 1個分
甘納豆 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 60g
かぼちゃの種
(製菓用)· · · · · · · ·12粒
ごまスイートポテト
2 かぼちゃの生地の中心に甘納豆を包み込むようにして、ラップで茶巾形に
3 ラップを外してクッキングシートを敷いた角皿に並べ、
1
カロリー(1個分) 約81kcal
塩分
0g
さつまいも · · · · · · · · · · · 正味300g
A 無塩バター · · · · · · · · · · · · · 20g
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 40g
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · ·1 個分
すりごま · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
牛乳 · · · · · · · · · · · ·大さじ1∼1
黒いりごま · · · · · · · · · · · · · · · · · 適量
クッキングシート
ドリュールを塗り、かぼちゃの種を飾る。
ごまスイートポテトと同じ要領で焼く。
[17 ごまスイートポテト]
ヒーター加熱
ドリュール
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·
成形する。
(大きな甘納豆は包みやすい大きさに刻んでください)
個分
クッキングシート
材料(12個分)
使用する付属品
生地を作る
さつまいもは皮をむいて、2cmの輪切りにし、水にさらす。
水けを切って、深めの耐熱容器に入れ、ふたをして
庫内中央に置く。
600W
2
角皿(下段)
成形する
混ぜた材料を12等分(1個約30g)
し、図1のように
形を整える。
角皿にクッキングシートを敷き、図2のように並べて
ドリュールを塗り、黒いりごまを飾る。
図1
約6cm
図2
約3cm
約3cm
3
いもあん
さつまいも
砂糖 · · · · ·
無塩バター
卵黄 · · · · ·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
正味200g
· · · · · 40g
· · · · · 15g
· · · · 1個分
生地
無塩バター · · · · · · · · · · · · · · · · 10g
三温糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
溶き卵· · · · · · · L寸 個分(正味30g)
重曹 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
(同量の水で溶かす)
A 薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · 100g
シナモンパウダー · · · · · · · 小さじ1
(合わせてふるう)
ドリュール
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 1個分
角皿を下段に入れる。
自動メニュー
17
目安時間
約19分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの220℃
予熱なしで、約15分。
その後「グリル」ボタンで約3∼4分。
ヒーター加熱
水けを切って、深めの耐熱容器に入れ、ふたをして庫内中央に置く。
「レンジ」ボタンの600Wで約4分加熱する。
加熱後、耐熱容器の水分を捨て、すりこぎでつぶす。
砂糖を加えよく混ぜる。バター、卵黄の順に加え、さらに混ぜる。
生地を6等分
(1個約40g)
する。
カロリー(1個分) 約115kcal
塩分
0g
打粉用シナモンパウダー· · · · · · · 適量
黒いりごま · · · · · · · · · · · · · · · · · 適量
焼く
[17 ごまスイートポテト]
〈弱〉
1 さつまいもは皮をむいて、2cmの輪切りにし、水にさらす。
材料(12個分)
加熱後、深めの耐熱容器の水分を捨て、すりこぎでつぶし、
Aを加えて混ぜる。
(牛乳で固さを調節する)
個分
角皿(下段)
シナモンポテト
約6分
2度押す
使用する付属品
62
ドリュール
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · ·
クッキングシート
使用する付属品
2 ボールに、生地用のバターと三温糖を入れて混ぜ、溶き卵を少しずつ
入れてすり混ぜる。混ぜた材料を湯せんして砂糖を溶かす。
ボールのまま、冷水につけて冷まし、同量の水で溶かした重曹を加える。
Aを加え、さっくりと混ぜ合わせ、6等分にする。
(生地がベタつくときは、少量の薄力粉を加えてください)
スイーツ・ジャム・ソース
ごまスイートポテト
かぼちゃの焼き菓子
ヒーター加熱
3 生地にシナモンパウダーをまんべんなく付け、手のひらで
だ円形にのばし、いもあんを包み、下図のようにさつまいもの形にする。
約7∼8cm
表面全体にシナモンパウダーをまぶし、
包丁で斜め半分に切る。
4
約3cm
クッキングシートを敷いた角皿に並べ、
切り口にドリュールを塗り、黒いりごまを飾る。
ごまスイートポテトと同じ要領で、仕上がり
〈弱〉に合わせて焼く。
目安時間 約16分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約14∼18分。
角皿(下段)
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
63
スイーツ・ジャム・ソース
3
焼く
生地を高い位置から
ゆっくりと流し入れる。
(泡を均一にするため)
型を軽くたたいて
粗い気泡を抜く。
ープ校
辻調グル
生
大庭先
型を角皿にのせ、下段に入れる。
自動メニュー
14
カロリー(
塩分
1
量分) 約396kcal
約0.1g
ホイップクリーム
生クリーム · · · · · · · · · · · · · · · 2カップ
B 砂糖 · · · · · · · · · · · · · 大さじ4∼6
バニラエッセンス · · · · · · · · · · 少々
シロップ
C 砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ2
水 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ4
(合わせて耐熱容器に入れふたをする
「レンジ」ボタンの600Wで
約20秒加熱)
ブランデー
(Cと合わせる) · · · 大さじ2
生地を作る①
深めの耐熱容器にAを入れ、ふたをして、庫内中央に置く。
500W
スポンジケーキ生地
卵 · · · · · · · · · · M寸3個(正味150g)
砂糖(ふるう)· · · · · · · · · · · · · · · 90g
薄力粉(ふるう)· · · · · · · · · · · · · 90g
A 牛乳 · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
無塩バター(細かく切る)· · · · 15g
バニラエッセンス · · · · · · · · · · · · 少々
(またはバニラオイル)
約30∼40秒
3度押す
ボールに卵を溶きほぐして
砂糖を加え、混ぜながら
湯せんにかける。
指先を入れてあたたかく
感じたら
(約35∼40℃)、
湯せんから外す。
2
湯せんであたためると
より泡立ちやすくなります。
ただし、
あたたかい状態でできる泡の
きめは粗く不安定です。
人肌にあたたまったら湯せんから外し、
きめ細かい安定した状態になるまで
しっかり泡立て、
熱を取ることが大切です。
生地を作る②
湯せんした卵に
バニラエッセンスを加え、
あたたかいうちに
ハンドミキサーの高速で
しっかり泡立てる。
4
仕上げる
型ごと約20cmの高さから落として焼き縮みを防ぐ。
型から出して底を上にしてあみにのせ冷ます。
(粗熱が取れたらビニール袋へ)
生クリームにBを加え、冷やし
ながらツノが立つぐらいまで
泡立てる。
スポンジ生地は底から2cmの厚さで2枚に切る。
1枚目の生地にCのシロップの半量を塗り、泡立てた
生クリームを塗る。縦半分に切ったいちごを並べ、
2枚目の生地をかぶせて残りのシロップを塗る。
表面全体に泡立てた生クリームを塗る。
残りのクリームといちごで飾る。
ボリュームが出て、生地をたらして文字が書けるぐらいに
なれば、低速にして熱が取れるまで泡立てる。
いちご
(縦半分に切る)· · · · · · · · 適量
ケーキ型
硫酸紙(またはグラシン紙など)
使用する付属品
ポイント!
泡立て器の場合は、湯せんであたためながら、
ボリュームが出てくるまで泡立て、湯せんから
外して熱が取れるまでしっかり泡立てる。
角皿(下段)
●ケーキ型の内側に薄くバター
(分量外)
を塗り、硫酸紙
(またはグラシン紙など)
を敷きます。
きめ細かくつやのある状態に
なったら、へらに持ち替え、
薄力粉を全体にふり入れて
底からすくい上げるように
して粉が見えなくなるまで
混ぜる。
砂 糖について
上白糖で作るスポンジは焼き色がよく、
しっとりとしたカステラ風に
焼き上がります。
てんさい糖を使ったり、砂糖の量を
減らしたりしてその分をハチミツ、
メープルシロップなどに代えると、
また違った風味が楽しめます。
●手動のとき、紙型で焼くときは
➡ 「オーブン/発酵」ボタンで、
下記を参考に様子を見ながら焼く。
型(直径) 温度
予熱
時間
15cm
約22∼30分
18∼19cm 150℃ あり
約28∼35分
21cm
約30∼40分
スポンジケーキの薄力粉90gをⒶに変えて
チョコレートケーキ
ヒーター加熱
材料
Ⓐ
薄力粉 · · · · · · · 70g
ココア · · · · · · · · 20g
(合わせてふるう)
チョコレート · · · · · · · · 適量
(薄く削る)
1 いちごのショートケーキの要領で生地を焼き、
ホイップクリーム
(➡ P.64の半量)
を作る。
2 生地を冷まして底を上にして横2段に切り、切り口と
全体にシロップを塗る。
3 底になる面を除いてホイップクリームを塗り、
チョコレートを全体にまぶす。
溶かしておいた熱いAを全体に散らすように加え、
手早く混ぜる。
64
ハンドミキサーを使わずに手で泡立てる
場合は、ボリュームが出にくいので
湯せんにかけたままで泡立てます。
ボリュームが出てきたら湯せんから外し、
熱が取れてきめ細やかな泡になるまで
泡立てましょう。
スイーツ・ジャム・ソース
いちごのショートケーキ
材料
(直径18cmの金属製丸型1個分)
卵の 泡 立てのコツ
きれいな焼き色が付き、中央
を指先で触ってみて弾力が
あれば焼き上がり。
(または竹ぐしを刺してみて、
生地が付いてこなければよい)
[14 スポンジケーキ]
ヒーター加熱
[ 大庭先生のアドバイス ]
目安時間
約32分
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
65
スイーツ・ジャム・ソース
5
6
材料
(直径15cmの金属製丸型
[底が抜けない物] 1個分)
1
カロリー(⅛量分) 約209kcal
塩分
約0.1g
2度押す
角皿(下段)
■調理前に必ずお読みください。
➡P.34
●型の側面に薄くバター
(分量外)
を
塗り、底に硫酸紙(または
グラシン紙など)
を敷いておく。
3
混ぜる
4
メレンゲを作る
溶かした材料に、卵黄、生クリーム、薄力粉の順に
加え、混ぜる。
ボールで卵白をハンドミキサーの
高速で約10∼20秒泡立て、
分量の半分の砂糖を加えて
高速で約20∼45秒泡立てる。
(ここまで約1分)
残りの砂糖を加えて高速で
約20∼30秒泡立てる。
(ツノが立つが柔らかく曲がる状態に)
泡立て器の場合は、卵白全体が泡に変わるまで泡立て、
⅓量の砂糖を加えて小さくツノが立つまで泡立てます。
さらに⅓量の砂糖を加え泡立てます。残りの砂糖を
加えて、メレンゲの写真のように泡立てます。
仕上げる
加熱後、粗熱を取り型からはずし、冷蔵庫で冷やす。
仕上げにホイップクリームを添えてココアパウダーをふる。
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの170℃
予熱ありで、約30∼40分。
(予熱完了後、自動と同量の湯を注ぐ)
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
ポイント!
66
7
自動メニュー
26
キッチンペーパー
焼きたては型からはずしにくいので、
冷まして生地を落ち着かせましょう。
冷蔵庫で冷やしてもおいしく、
さらに食べるときにあたためると
スフレ風になり、2 度楽しめます!
(1 ⁄ 8 切れ:「レンジ」ボタンの 600W で
約10 ∼ 20 秒 )
シナモンなどの香辛料を隠し味に
したり、バニラアイスクリームを
添えたりしてもおいしく召し上がれます。
角皿に熱い湯が残っているため、取り出すときは
やけどに注意する。
予熱する 予熱時間:約9分
2 (庫内に何も入れない)
硫酸紙(またはグラシン紙など)
使用する付属品
約1分∼
1分20秒
角皿に分厚いキッチンペーパーを二重にし、角皿の寸法に
合わせてすき間なく敷き詰める。
型を置き、予熱が完了したら開けたドアの上に角皿を置き、
約50℃の湯2カップを注ぐ。
下段に入れる。
(ドアが熱いのでやけどに注意する)
目安時間
約32分
室温に戻したAを深めの耐熱容器に入れ、
ふたをして庫内中央に置く。
チョコレートが溶けるまで加熱する。
600W
焼く
[ 大庭先生のアドバイス ]
[レンジ]
1
下ごしらえをする
2
加熱する
レンジ加熱
いちごを深さ10cm以上の耐熱ガラス製ボールに入れ、
Aを全体にふりかける。
ラップなしで庫内中央に置く。
600W
約12∼16分
2度押す
●途中で2∼3回かき混ぜる。
ポイント!
●ジャムは加熱直後はさらりとしていますが、
冷ますととろみがでてきます。
加熱しすぎないようにしましょう。
●ホイップした生クリームと軽く混ぜれば、
ロールケーキなどのクリームにぴったりです。
材料(でき上がり分量 約350g)
カロリー(大さじ2杯分) 約83kcal
塩分
0g
スイーツ・ジャム・ソース
A スイートチョコレート · · · · · · 100g
ミルクチョコレート · · · · · · · · 35g
無塩バター · · · · · · · · · · · · · 40g
(きざんで室温に戻す)
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · M寸2個分
生クリーム · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ4
薄力粉(ふるう)· · · · · · · · · · · · · 20g
卵白 · · · · · · · · · · · · · · · · · M寸3個分
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 25g
ホイップクリーム・ココアパウダー · · 各適量
溶かす
辻調グループ校
大庭先生
作った生地に、メレンゲを混ぜ合わせる。
●作った生地の温度が下がって固い場合は、
湯せんで調節する。
生地を型に流し入れる。
いちごジャム
ガトーショコラ
[26 ガトーショコラ]
ヒーター加熱
生地を合わせ、型に入れる
いちご
(へたを取る)· · · · · · · · · 300g
A 砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · 150g
レモン汁 · · · · · · · · · · · · · 小さじ2
サラダ油 · · · · · · · · · · · · · 1∼2滴
●レモン汁は固まりやすくするために、
サラダ油はふきこぼれにくくする
ために加えます。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
67
スイーツ・ジャム・ソース
4
焼く
角皿に分厚いキッチンペーパーを二重にし、角皿の寸法に
合わせてすき間なく敷き詰める。
(型のすべり止めと熱い残湯をこぼれにくくし、
湯のあたりを均一にする効果があります)
型を置き、予熱が完了したら開けたドアの上に角皿を置き、
約50℃の湯2 カップを注ぐ。
下段に入れる。
(ドアが熱いのでやけどに注意する)
目安時間
約43分
[ 大庭先生のアドバイス ]
材料を順番に混ぜるシンプルな
作りかたのケーキです。
ダマができないようにていねいに混ぜて
ください。
ハチミツ、メープルシロップなど加えて
風味を変えてみてもよいでしょう。
[27 濃厚チーズケーキ]
ヒーター加熱
(直径15cmの金属製丸型
[底が抜けない物] 1個分)
中身
クリームチーズ · · · · · · · · · 125g
サワークリーム · · · · · · · · · 100g
無塩バター · · · · · · · · · · · · · 25g
卵 · · · · · · · · · M寸1個(正味50g)
生クリーム · · · · · · · · · · · · · · 75g
(室温に戻しておく)
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 70g
コーンスターチ · · · · · · · · · · · 大さじ2
レモン汁 · · · · · · · · · · · · · · · · · ½個分
レモンの皮
(すりおろす)· · · · · · ½個分
バニラのさや · · · · · · · · · · · · · · · ·¼本
(またはバニラエッセンス)
硫酸紙(またはグラシン紙など)
キッチンペーパー
使用する付属品
角皿(下段)
■調理前に必ずお読みください。
➡P.34
2
5
ビスケットをビニール袋に入れて、めん棒などで細かく
砕き、溶かしたバターに混ぜる。
側面に薄くバターを塗ったケーキ型の底に硫酸紙
(またはグラシン紙など)
を敷き、ビスケット地を
平らに敷き詰め、ゴムべらなどで押さえてならす。
[レンジ]
1
なめらかにしたクリームチーズにサワークリーム、バター、
さやからこそげ取ったバニラの種、レモンの皮を順番に
加えて泡立て器でねるようにして混ぜる。
そのあと、砂糖を混ぜる。さらに卵、コーンスターチ、
生クリーム、レモン汁の順に混ぜる。
(でき上がりの生地温度:約24℃)
●作った生地の温度が低い場合は、湯せんで調節する。
生地をケーキ型に流し入れる。
予熱する 予熱時間:約10分
3 (庫内に何も入れない)
自動メニュー
27
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
加熱後、粗熱が取れたらラップをして型のまま
冷蔵庫で冷やす。
型から出すのは完全に冷えてから。ナイフを周囲に入れ、
型をトントンと軽くたたいてから取り出す。
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約40∼45分。
(予熱完了後、自動と同量の湯を注ぐ)
生地を作る
クリームチーズをなめらかになるまでよくねる。
●クリームチーズが固い場合は耐熱容器に入れ、
「温度/仕上がり」ボタンを押して「30℃」に合わせて
ふたなしで加熱すると、指がすっと入るくらいに
柔らかくなります。
仕上げる
レンジ加熱
加熱する
深めの耐熱容器にAを入れ、よくかき混ぜる。
ふたなしで庫内中央に置く。
600W
約6∼8分
2度押す
●途中2∼3回泡立て器で混ぜる。
1回目は底が固まりかけたくらい(約2分)
で混ぜる。
(全体が透明になるまで加熱する)
2
成形する
熱いうちに手早く混ぜ、スプーンで少しずつ氷水の中に
落とす。
水けを切り、Bをまぶす。
ポイント!
流し箱に流し、冷やし固めてから切ってもよいでしょう。
スイーツ・ジャム・ソース
カロリー( 量分) 約267kcal
塩分
約0.2g
ビスケット地
ビスケット · · · · · · · · · · · · · · · · · 50g
無塩バター · · · · · · · · · · · · · · · · 25g
(耐熱容器に入れふたをする
「レンジ」ボタンの500Wで
約30∼40秒加熱)
1
ビスケット地を作る
わらびもち
濃厚チーズケーキ
角皿に熱い湯が残っているため、取り出すときは
やけどに注意する。
材料
68
辻調グループ校
大庭先生
材料(4人分)
カロリー(1人分) 約168kcal
塩分
0g
A わらび粉 · · · · · ·
砂糖 · · · · · · · · ·
水· · · · · · · · · · ·
B きな粉 · · · · · · · ·
砂糖 · · · · · · · · ·
(合わせておく)
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· · 80g
· · 20g
2カップ
· · 40g
· · 40g
69
スイーツ・ジャム・ソース
3
4
生地を絞り出す
辻調グループ校
大庭先生
角皿に、アルミホイルを敷き、
バター(分量外)
を薄く塗る。
生地を絞り出し袋に入れて、
図のように直径5cmの
大きさに絞り出す。
[ 大庭先生のアドバイス ]
生 地 作りのコツ
焼く
予熱完了後、生地の表面に霧吹き、すばやく角皿を
下段に入れる。
約25∼35分
5
シュー皮
A 無塩バター · · · · · · · · · · · · · 50g
(1cmの角切り、室温に戻す)
水 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 80ml
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · ひとつまみ
薄力粉
(ふるう)· · · · · · · · · · · · · 50g
卵 · · · · · · · · · · · L寸2個(正味120g)
(室温に戻す)
●生地の固さは卵の量で加減して
ください。
アルミホイル
中身
カスタードクリーム
(➡ P.72)
使用する付属品
角皿(下段)
1
オーブンの中で、
生地は風船のように
ふくらんできます。
これは熱せられて膨張した蒸気が中から
生地を押し広げているため。
ここで生地がまだ柔らかいうちに
オーブンのドアを開けると、庫内温度が
下がって生地がしぼんでしまうことが
あります。
生地の割れ目の中まで焼き色が付くまで、
ドアを開けずに焼きましょう。
生地を作る
鍋にAを入れて火にかけ、バターが完全に溶けて
勢いよく沸とうしたら火を止め、薄力粉を一気に加えて
よく混ぜ、なめらかなひと固まりにする。
手早く全体を混ぜながら、
再び中火にかけて加熱する。
生地が鍋底で、うっすら
膜状になったら火からおろす。
レンジで作るシュー
溶きほぐした卵をまず半量
加えてなめらかになるまで
よく混ぜる。残りの卵は
さらに半量ずつ加えてそのつど
よく混ぜ、木べらで持ち上げて
生地が帯状になめらかに
落ちるくらいの固さに調整する。
(卵が残ることもあります)
予熱する 予熱時間:約13分
2 (庫内に何も入れない)
簡単に電子レンジで作れます。
(9個分)
1 深めの耐熱ガラス製ボールにA(無塩バター、水、塩)を入れ、ラップをして庫内中央に置き、
「レンジ」ボタンの600Wで約2分20秒∼2分40秒加熱し、十分に沸とうさせる。
加熱後、よくかき混ぜ、薄力粉50gを加えてさらによく混ぜる。
ラップなしで「レンジ」ボタンの600Wで約30秒∼1分加熱し、よく混ぜる。溶き卵1個分を加え、
ボールの周囲にタネが付かなくなるまで混ぜる。
さらに少しずつ卵を加えて混ぜる。
(加える卵はL寸2個分
(正味120g)
が目安です)
焼くときは、生地の表面に霧を吹き、
「オーブン/発酵」ボタンの190℃予熱ありで約23∼28分下段で焼く。
(予熱時間:約13分)
2
3
190℃
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
70
ドアを開けずに焼こう
スイーツ・ジャム・ソース
シュークリーム
カロリー(1個分) 約144kcal
塩分
約0.2g
焼き上がったら、すぐにアルミホイルから外して、
あみなどにのせて冷ます。
上から に切り込みを入れ、カスタードクリームを詰める。
[オーブン]
ヒーター加熱
材料(9個分)
クリームを詰める
薄力粉を加えるときに温度が低いと
生地のふくらみが悪くなります。
徐々に温度を上げるのではなく、
バターを溶かし、
よく沸とうさせてから
粉を加え、一気に熱と水分を
与えるのがコツです。
また、
生地が冷めないうちに手早く作業
すると絞り出しやすく、焼いたときの熱の
伝わりも早くて、
ふくらみがよくなります。
ポイント!
●卵は入れすぎない
鍋で作るよりも少し固めの仕上がりにします。木べらですくってひと固まりに
ゆっくりと落ち、その先が逆三角形にとぎれるのが目安です。
●大きめのボールを使う
沸とうしたバターと水を混ぜるときや、卵を混ぜるときなどに作業がしやすくなります。
●バターは室温に戻し、小さく切る
冷たかったり大きかったりすると、レンジ加熱のとき庫内で飛び散ることがあります。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
71
スイーツ・ジャム・ソース
1
材料(直径7cmの型12個分)
卵を泡立てる
卵と砂糖を合わせて混ぜ、湯せんする。
人肌にあたたまったら、取り出して泡立てる。
ボリュームが出て、生地をたらして文字が書ける
ぐらいになれば、レモンエッセンスを入れる。
2
4
粉とバターを加える
泡立てた卵に薄力粉を入れ、人肌より熱めに湯せんする。
粉が残っている半合わせ状態にし、溶かしたバターを
加えて、ねらないようにさっくり混ぜる。
自動メニュー
28
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
4
カスタードクリーム
[レンジ]
1
下ごしらえをする
深めの耐熱ガラス製ボールに牛乳を入れ、
ラップなしで庫内中央に置く。
600W
約2∼3分
Aをふるいにかけ、泡立て器で混ぜながら
牛乳を少しずつ加える。卵黄を少しずつ混ぜる。
2
加熱し、仕上げる
混ぜた材料をラップなしで庫内中央に置く。
600W
約3∼5分
2度押す
●途中で2∼3回かき混ぜ、筋が残る程度のとろみが付けば、
加熱をやめる。
Bを手早く混ぜ込み、粗熱が取れたらラム酒を加え、
冷蔵庫で冷やす。
(直径7cmの耐熱ガラス製容器 6個分)
カロリー(1個分) 約173kcal
塩分
約0.1g
牛乳 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 400g
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · M寸5個分
砂糖(手に入ればてんさい糖)· · · 60g
バニラのさや · · · · · · · · · · · · · · ·
本
(またはバニラエッセンス)
カラメルソース
(➡ 下記参照)
キッチンペーパー
使用する付属品
角皿(下段)
■調理前に必ずお読みください。
➡P.34
角皿に分厚いキッチンペーパーを
二重にし、角皿の寸法に合わせて、
すき間なく敷き詰める。
図のように卵液を入れた型を置き、
予熱が完了したら約50℃の湯2カップを
角皿に注ぐ。下段に入れる。
(ドアが熱いのでやけどに注意する)
角皿に熱い湯が残っているため、取り出すときは
やけどに注意する。
5
材料
焼く
目安時間
約30分
2度押す
材料(シュークリーム9個分)
約2分30秒
∼3分30秒
仕上げる
加熱後、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
辻調グループ校
大庭先生
[ 大庭先生のアドバイス ]
型から外せない柔らかいプリンです。
ホイップクリームを飾ってもよいでしょう。
国産の茶色いてんさい糖には、腸内の
ビフィズス菌の働きを活発にする
オリゴ糖が含まれています。
ミネラルを多く含むきび糖など、
他の砂糖でも試してみてください。
スイーツ・ジャム・ソース
約10∼15分
レンジ加熱
B 無塩バター · · · · · · · · · · · · · 10g
バニラエッセンス · · · · · · · · · · 少々
ラム酒 · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
深めの耐熱容器に牛乳とバニラのさやを入れ、
ふたなしで庫内中央に置く。
予熱する 予熱時間:約10分
3 (庫内に何も入れない)
マドレーヌ型に紙ケースを敷き、生地を入れて角皿に並べる。
予熱完了後、下段に入れる。
焼き上がったら型から出し、底を上にして冷ます。
牛乳 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 1カップ
A 砂糖 · · · · · · · · · · · · · · 30∼40g
薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · 大さじ1
コーンスターチ · · · · · 大さじ ∼1
卵黄 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 2個分
卵液を作る
卵黄に砂糖を加えて混ぜ合わせ、あたためた牛乳を加えて
混ぜ合わせ、こす。
(でき上がりの卵液温度:約50℃)
カラメルソースを入れた型に流し入れる。
焼く
角皿(下段)
カロリー(1個分) 約61kcal
塩分
0g
下ごしらえをする
1度押す
(でき上がりの牛乳温度:約70℃)
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
3
ヒーター加熱
カラメルソースを耐熱ガラス製容器に小さじ1ずつ入れる。
800W
180℃
使用する付属品
72
1
予熱する 予熱時間:約10分
2 (庫内に何も入れない)
カロリー(1個分) 約126kcal
塩分
0g
卵 · · · · · · · · · · M寸2個(正味100g)
砂糖(ふるう)· · · · · · · · · · · · · · · 90g
薄力粉(ふるう)· · · · · · · · · · · · · 90g
無塩バター(2∼3cmの角切り)· · 90g
(耐熱容器に入れ、ふたをする
「レンジ」ボタンの500Wで
約2∼3分加熱)
レモンエッセンス · · · · · · · · · · · · 少々
(またはバニラエッセンス)
紙ケース
(小)· · · · · · · · · · · · · · ·12枚
●紙型のみで焼くときは、
様子を見ながら焼いてください。
[28 とろけるプリン]
とろけるプリン
マドレーヌ
[オーブン]
ヒーター加熱
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの180℃
予熱ありで、約27∼35分。
(予熱完了後、自動と同量の湯を注ぐ)
カラメルソース
1 小さめの鍋に、砂糖50gと水大さじ2を入れ、火にかける。
2 茶色くあめ色になり始め、ふき上がりかけたとき、火からおろす。
(高温のカラメルが飛び散ることがあるので、注意してください)
3 湯大さじ1を加える。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.37「レンジ」、P.39「オーブン」
73
スイーツ・ジャム・ソース
ピザ・パン
[3 トースト
(裏返し)]
予熱する 予熱時間:約10分
1 (庫内に何も入れない)
1
180℃
ヒーター加熱
上面を焼く
下図のようにパンを角皿の手前に付けて並べ、上段に入れる。
●手前が濃く焼け、左右が薄い傾向になります。
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
2
材料(1本分:角皿1皿分)
卵 · · · · · · · · · · M寸3個(正味150g)
砂糖(ふるう)· · · · · · · · · · · · · · · 60g
バニラエッセンス · · · · · · · · · · · · 少々
(またはバニラオイル)
薄力粉
(ふるう)· · · · · · · · · · · · · 60g
無塩バター(細かく切る)· · · · · · · 20g
(耐熱容器に入れ、ふたをする
「レンジ」ボタンの500Wで
約30∼40秒加熱)
ホイップクリーム
(➡ P.64の半量)
お好みのフルーツ · · · · · · · · · · · 適量
硫酸紙(またはグラシン紙など)
●四隅に切り込みを入れる
3
自動メニュー
3-2枚
2度押す
(1枚のとき:自動メニュー3‒1枚)
(3枚のとき:自動メニュー3‒3枚)
(4枚のとき:自動メニュー3‒4枚)
硫酸紙(またはグラシン紙など)
を敷いた角皿に生地を
流し入れて平らにし、角皿を軽くたたいて粗い気泡を抜く。
予熱完了後、下段に入れる。
■仕上がりを変えるとき➡ P.33参照(5段階に調整できます)
パンの種類や、大きさ、厚さ、お好みなどに合わせて
仕上がりを選んでください。
冷凍食パンは仕上がりを〈強〉に合わせて焼く。
●メモリー機能
「仕上がり調節」は1度設定すると記憶されます。
変えたいときは設定し直してください。
巻く
使用する付属品
ポイント!
焼きいも
上手に紙をはがすには
焼けた面を下にして、固く絞ったぬれぶきんをのせ、
紙を湿らせてからそっとはがすとよいでしょう。
[13 焼きいも]
ヒーター加熱
1
焼く
さつまいもを洗う。
水けをふき取り、ところどころにフォークで
穴をあけて角皿に並べ、下段に入れる。
自動メニュー
13
目安時間
約50分
2
裏返して焼く
材料(2枚分)
カロリー(1枚分) 約158kcal
塩分
約0.8g
食パン6枚切 · · · · · · · · · · · · · · · · 2枚
使用する付属品
角皿(上段)
●1∼4枚まで焼けます。
ブザーが5回鳴り、表示部に「裏返す」が点滅したら
すぐにドアを開け、パンをすばやく裏返してさらに焼く。
(熱いのでやけどに注意する)
ブザー音が「OFF」のときは、トーストの裏返しブザーは
鳴りません。表示部の「裏返す」(約3分30秒加熱後)
の
点滅表示を確認し裏返してください。
ポイント!
●食パンの種類や、大きさ、厚さ
などにより、焼き色が変わります。
目安時間
糖分や油脂分の多いパン、
約4分50秒
厚いパンは濃く焼けます。
(1枚のとき:約4分30秒)
(3枚のとき:約4分50秒)
●冷凍食パンは、種類、大きさ、
(4枚のとき:約5分)
厚さ、冷凍状態によって
加熱が再スタートし、数秒後に残り時間が表示されます。
焼き色が変わったり、中まで
あたたまりにくくなることが
●手動のとき➡ 「グリル」ボタンで約2分30秒∼3分加熱後、
あります。
裏返してさらに約1分30秒∼2分。
ピザ・パン
角皿(下段)
4枚
(残り時間は裏返したあとで出ます)
焼く
粗熱を取り、紙をはがす。
(紙のはがしかた➡ 下記ポイント参照)
向こう側約2cm残してホイップクリームとフルーツをのせ、
手前から巻く。
(焼けた面を上にして巻いてもよい)
巻き終わりを下にしてしばらくなじませる。
3枚
●裏返すまでの目安時間は約2分30秒∼3分です。
いちごのショートケーキの要領で、卵と砂糖を泡立てる。➡ P.64
バニラエッセンスを加えて混ぜる。
薄力粉を全体にふり入れ、底からすくい上げるようにして、
粉が見えなくなるまで混ぜる。溶かしておいた熱いバターを
全体に散らすように加え、手早く混ぜる。
約10∼15分
4
2枚
スイーツ・・ジャム・ソース
カロリー(1⁄10量分) 約199kcal
塩分
約0.1g
1枚
生地を作る
トースト
ロールケーキ
[オーブン]
ヒーター加熱
材料
カロリー(1本分) 約297kcal
塩分
0g
さつまいも · · · · · · · · · · · · · · · · · 4本
(1本約250g、太さ3∼4cm)
使用する付属品
角皿(下段)
74
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの250℃
予熱なしで約50∼60分。
ポイント!
オーブンシートを敷くと、角皿の汚れが防げます。
お 願い
・裏返しのブザーが鳴ったら、ドアを開けてすばやく裏返し、再度「スタート」ボタンを押してください。
・最初のブザーが鳴って6分以内に裏返してください。6分間に操作をしないと設定が取り消され、
初期画面に戻ります。
・設定が取り消されたときは、手動の加熱方法で様子を見ながら加熱してください。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」、P.41「グリル」
75
ピザ・パン
3
35℃で一次発酵させる
生地を入れたボールにラップをして角皿にのせ、下段に入れる。
35℃
ープ校
辻調グル 生
浅田先
約50∼70分
生地が発酵して、2∼2.5倍にふくらんだら、指に粉を
付けて中央を押し、指穴がそのまま残ればOK。
(発酵終了時の生地温度の目安は、30∼35℃)
●発酵具合について➡ P.78
4
カロリー(1個分) 約133kcal
塩分
約0.4g
強力粉 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 210g
ドライイースト · · · · 3.5g(小さじ1強)
(予備発酵不要の物)
A 砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 27g
卵 · · · · · · · · · M寸½個
(正味25g)
塩 · · · · · · · · · · · · 3g(小さじ½強)
牛乳 · · · · · · · · · · · · · · · · · ·60ml
水 · · · · · · · · · · · · · · · 60∼70ml
無塩バター(室温に戻す)· · · · · · 26g
ドリュール
卵 · · · · · · · · · · · M寸½個
(正味25g)
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · · 少々
使用する付属品
角皿(下段)
ポイント!
●材料や生地は正確に
はかりましょう。
●成形前に生地を均等に分ける
ことが焼き上げのコツです。
(パン作りのコツ➡ P.78)
1
2
材料を混ぜる
5
ボールに強力粉とドライイースト、
Aを入れて混ぜる。
生地をこねる
材料をひとまとめにして台に出す。
こすりつけるようにして、
ひとまとまりになるようによくこねる。
(手に付いてこなくなるまで)
たたきつける、こねるを
繰り返して生地をまとめる。
生地がまとまったら、
バターを2∼3回に分けて加え、
再び、ひとまとまりになるように
こねる。
6
記 録を残して上手になろう
パンを上手に作ろうと思えば何回も
練習するしかありませんが、そのときに
細かく記録を付けておくことが
次につながってきます。
その日の室温、仕込み水の温度、生地の
こね上げ温度、
発酵温度、時間などです。
おいしくできたなら記録通りに、
よくなければ修正するということを
繰り返すうちに、
思うようなパンの
焼き上げができるようになります。
生地を休ませる
生地を包丁かスケッパーで、9等分
(1個約43g)
に分ける。
●手ではちぎらない。
小さく丸めて、ラップをかけ
15∼20分休ませる。
生地を写真のように水滴状に
成形をして、ラップをかけ、
さらに15∼20分休ませる。
成形する
生 地をこねている途 中で
休んでも大 丈 夫
生地を、めん棒で細長い三角形に
のばす。
生地の端を手前に引っぱるように
して、くるくる巻き、薄く油
(分量外)
を
塗った角皿に並べる。
40℃で二次発酵させる
生地と庫内に霧を吹き、角皿を下段に入れる。
40℃
約20∼40分
最初から最後まで休みなくこねるのは
とても大変。
特に後半は生地の弾力が増すので
より力が必要になります。
疲れたら、そのときは休んでも
かまいません。
生地が乾かないように注意すれば、
3 ∼ 5 分程度は休憩しても大丈夫。
生地も休ませることで弾力がゆるみ、
こねやすくなります。
ピザ・パン
バターロール
材料(9個分)
76
[オーブン]
ヒーター加熱
[ 浅田先生のアドバイス ]
発酵終了後、角皿ごと生地を取り出し、ドリュールを塗る。
210℃で予熱する
7 (庫内に何も入れない)
予熱時間:約14分
210℃
たたきつける生地の
面を変えながら、
繰り返したたきつけ、
十分にこねる。
(約10分間)
●のばしたときに、生地が透けて
指が見えるくらい薄くのびるように
なったら、こね上がり。
生地を丸め、油(分量外)
を塗ったボールに入れる。
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
8
190℃で焼く
予熱完了後、角皿をすばやく下段に入れる。
190℃
約10
∼15分
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
77
ピザ・パン
1
■材料や生地は正確にはかりましょう
成形前に生地を均等に分けることが焼き上げのコツです。
■こね上げ温度が大切です
こね上がったときの生地が最適温度になるように、室温や粉の温度に応じて水の温度を調節しましょう。
2
●こね上げ最適温度の目安
バターロール:27∼28℃
●高すぎるとき
ボールを2重にし、
下のボールに水を
入れて生地を冷やす。
●低すぎるとき
ぬるま湯で湯せんに
して生地をあたためる。
ヒーター加熱
生地を作る
ボールにA、バター、ぬるま湯を入れ、バターと粉を
すりつぶすように混ぜ、なじんだら全体を手早く混ぜる。
ボールや指に付いた生地も取ってまとめ、
生地の周りをならしながら丸くまとめる。
40℃で発酵させる
油(分量外)
を塗ったボールに生地を入れる。
ラップをして角皿にのせ、下段に入れる。
40℃
材料(直径25cm 丸型1枚分)
カロリー(
塩分
約20∼30分
■発酵は温度と時間に注意が必要です
終了後、角皿ごと生地を取り出す。
(発酵後の生地の大きさは、あまり変わりません)
「発酵」機能を使います。➡ P.40
●発酵設定温度の目安:35℃/バターロールの一次発酵、40℃/バターロールの二次発酵、ピザ生地の発酵など
●時間について
生地のこね上げ温度が低い場合は長く、高い場合は短くなります。
レシピの時間を目安にし、発酵具合に合わせて加減してください。
予熱する 予熱時間:約17分
3 (庫内に何も入れない)
220℃
■発酵具合を確かめましょう
(フィンガーテスト)
一次発酵後、指に粉を付けて生地に穴をあけ、発酵具合を確かめます。
●発酵良好
(完了)
生地が2∼2.5倍にふくらみ、
指穴がそのまま残る。
●発酵しすぎ
(パサついたパンになる)
指穴の周囲にしわができ、
生地が沈む。
●予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。
●ブザー音「OFF」のときは、予熱終了音は
鳴りません。➡ P.15
4
冷蔵ピザ
ヒーター加熱
材料[直径22cm 丸型1枚分(約250g)]
市販の冷蔵ピザ · · · · · · · · · · · · · · 1枚
使用する付属品
角皿(下段)
78
5
[11 チルドピザ]
1
焼く
具
市販のピザソース · · · · · · · · · 大さじ3
(またはケチャップ)
たまねぎ
(薄切り)· · · · · · · 個(50g)
マッシュルーム
(缶詰/薄切り)· · 30g
生地をのばして具をのせる
サラミソーセージ
(薄切り)· · · · ·10枚
軽く粉をふった台に生地を移し、手で押して軽くガスを抜く。
ピーマン
(薄切り)· · · · · · · · · · · · · 1個
めん棒で直径25cmにのばす。
ナチュラルチーズ
(ピザ用)· · · · 100g
油(分量外)
を薄く塗った角皿に移して、形を丸く整える。
(角皿一面にのばすと、うまく焼けません)
ふちを少し残してピザソースを塗り、具を並べてチーズを
のせる。
●室温や生地のこね上げ温度が高いと、発酵しすぎる場合があります。発酵時間を短くして調節しましょう。
●失敗した生地は、ピザ生地や揚げパンに利用しましょう。
生地
A 薄力粉 · · · · · · · · · · · · · · · 130g
砂糖 · · · · · · · · · · · · · · · · 大さじ
ドライイースト · · · · · · · · · 小さじ
(予備発酵不要の物)
塩 · · · · · · · · · · · · · · · · · · 小さじ
スキムミルク · · · · · · · · ·小さじ1
無塩バター
(室温に戻す)· · · · · · 10g
ぬるま湯
(約40℃)· · · · · · · · · · 75ml
焼く
ピザ・パン
●発酵不足
(固く、重いパンになる)
生地のふくらみが小さく、
指穴がすぐに戻る。
→一次発酵の時間を追加
量分) 約146kcal
約0.9g
手作りピザ ︵ソフト生地︶
[オーブン]
パン作りのコツ
使用する付属品
角皿(下段)
ポイント!
予熱完了後、角皿を下段に入れる。
約8∼13分
オーブンシートを敷いて焼くと
生地が角皿にくっ付きません。
角皿の中央にピザをのせ、下段に入れる。
自動メニュー
11
目安時間
約14分
●手動のとき➡ 「オーブン/発酵」ボタンの210℃
予熱ありで約9∼14分。
ポイント!
●小さいピザ、薄焼きピザなどは、仕上がり
〈弱〉で
様子を見ながら焼いてください。
●オーブンシートを敷いて焼くと生地が角皿に
くっ付きません。
■加熱不足のときは追加加熱をする➡ P.39「オーブン」
79
お手入れする
に
び
た
■庫内
使う
付着した油や食品・水分はすぐにふき取ってください。さびの原因になります。
■次の物は、使わないでください。
警告
汚れがひどい場合は、台所用洗剤
(中性)
を布にしみ込ませてふき取ります。
(傷が付いたり、色がはげたりします)
感電のおそれがあります
●庫内が冷めてからお手入れする

やけどやけがのおそれがあります
注意

庫内に付着した油や食品カスはふき取る
そのまま加熱すると発火や発煙の原因になります
必ず庫内が冷めてからふき取ってください。
天井に食品カスなどの固形物が付着した場合はぬれぶきんで軽くふき取ります。
底面のひどい汚れはクリームクレンザーでふき取り、その後ぬれぶきんでふいてください。
•シンナー・ベンジン
•住宅・家具用合成洗剤
(アルカリ性)
●庫内奥面右上部にある温度センサーに触れないでください。➡ P.12
(センサーが曲がると正しい温度が検知できなくなります)
●庫内や周囲のパッキン部を強くこすらないでください。
(庫内のフッ素加工がはがれ、効果の低下や、パッキン部のはがれの原因になります)
●底面に水をかけたり、衝撃を与えたりしないでください。
(セラミックガラス製なので割れるおそれがあります)
●においが気になるときは、お手入れの「29 脱臭」をしてください。➡ P.80
•ガラスクリーナー
•スプレー式の洗剤
•クレンザー
■外まわり
お手入れする

●お手入れ時、電源プラグは抜く
固く絞ったぬれぶきんで、水ぶきする
柔らかい布で、水ぶきする
付着した油や食品はすぐにふき取ってください。
汚れがひどい場合は、台所用洗剤
(中性)
を布にしみ込ませてふき取ります。
■洗剤や食品カスを、すき間やパンチング穴、赤外線センサー取り付け部(庫内右上)
に入れないでください。
(故障の原因になります)
●ドアの内側・外側・ハンドル部
水ぶきのあと、柔らかい布でからぶきしてください。
びに
た
■角皿
使う
柔らかいスポンジで、汚れを落とす
使用後、台所用洗剤(中性)
で洗ってください。
●周囲の溝は念入りに。
汚れたまま加熱するとにおいの原因になります。
●汚れが取れにくい場合のみ、
メラミンフォームのスポンジ
(洗剤を使わないタイプの白いスポンジ)
でこすってください。
たわし
スポンジ
金属たわし
ナイロン面
いが
お
のに ときに 「29 脱臭」
内
庫 なる
庫内のにおいの原因(汚れなど)
気に
を焼き切って脱臭します。
脱臭するときは、しっかり
換気をしてください。
たら
き
て
汚れ
■クリーントレー
スポンジで水洗いする
●食器乾燥機や食器洗い乾燥機は、使わないでください。
(変形の原因になります)
左記のたわしなどは角皿を傷付けるため
使わないでください。
スポンジの柔らかい面を使ってやさしく
お手入れすることをおすすめします。
お手入れ前に、角皿を取り出し、
庫内の汚れをふき取っておく。
1
「29 脱臭」ボタンを押す
2
スタートする
ヒーターを使用しているため終了後、本体や庫内が熱くなっています。
お気を付けください。
(目安時間 約20分)
お願い
加熱後、ファンがまわって電気部品を冷却するため、
最大約15分間は電源プラグを抜かないでください。➡ P.15
ヒーター加熱
80
81
■10 グラタン
うまく仕上がらない
焼き色が濃い・薄い・
ぬるい
■直接「1 あたため」ボタンを押してあたためるとき
熱くならない
■14 スポンジケーキ
● 深めの耐熱容器に入れて、ラップをしてあたためてください。
● たれは加熱後にかけましょう。
熱すぎる
● あたためる分量が少なすぎませんか。100g以上にしてください。
● 深さに対してできるだけ口が広い容器をお使いください。
赤外線センサーをうまく働かせるためです。
100gのごはんが
熱すぎる
● 100gぐらいのごはんは熱めに仕上がることがあるので、設定温度を60℃に下げて
加熱してください。
● 「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱してください。
冷凍ごはんがぬるい
● あたためる分量が多すぎませんか。300g以下にしてください。
● ラップの重なっている方を上にしていませんか。必ず下にしてください。
自動メニュー
あたため
● 食品が金属容器・アルミホイルなどで、おおわれていませんか。
● 陶器・ガラス・プラスチック製のふたを使っていませんか。
● もう少し加熱したい場合は、「レンジ」ボタンの600Wで時間を合わせて追加加熱して
ください。➡ P.37
● 冷凍したカレーは自動ではうまくあたためられません。
ラップをして「レンジ」ボタンの600Wで時間を合わせて加熱してください。➡ P.42
たれが飛び散る
熱すぎる
うまくできない
● ほうれん草などの葉菜は、半分くらいの長さ
(皿に入る長さ)
に切り、葉と茎を交互に
重ねてください。
● かぼちゃなどは、大きさをそろえて切ってください。
●じゃがいもなどは、加熱後約5分蒸らしてください。
また2個以上ゆでるときは、大きさが同じくらいのじゃがいもを選んでください。
● ほうれん草などで、できすぎるときは、葉を上から押さえて高さを低くするように
ラップをしてください。
■8 全解凍、9 半解凍
食品が煮えた
82
● 食品の厚みが不均一だと細い部分が煮えやすくなります。
冷凍するときは、食品の厚みを3cm以下にそろえてください。
魚などは尾にアルミホイルを巻いてください。
● ラップなどの包装を取り外してください。
● 形状、開始温度によっては煮えることがあります。
● 「8 全解凍」のときは、
「温度/仕上がり」ボタンで調整してください。
100gは「弱」
500gは「強」
● ボールに油分や水分が付いていませんか。
泡立てるときのボールは、油分や水分が付いていない物を使ってください。
部分的に粉が残る
● よくふるいながら入れましたか。ふるうことで粉の固まりを取り除き、焼き上がりに
粉が残りにくくなります。
焼き色が薄い
● 材料や作りかたの違い、ケーキ型の種類で焼き色が変わることがあります。
(例えば、グラニュー糖を使うと焼き色は薄くなります)
■15 抹茶ブラウニー、16 きなこスノーボール、17 ごまスイートポテト
● 材料や作りかたの違いなどで、焼き色が薄くなることがあります。
様子を見ながら加熱してください。➡ P.60∼63
うまく焼けない
● 置きかたをまちがえていませんか。焼きムラの原因になります。
各ページのイラスト通りに置いてください。
水分が出る
● 野菜から多くの水分が出ます。水分を切って盛り付けてください。
■25∼28 角皿スチーム共通
オーブン
ゆでムラがある
● 野菜を直接庫内に置いて加熱したり、陶器・ガラス・プラスチック製のふたを
使っていませんか。野菜は皿にのせ、ラップでおおって加熱してください。
● 小松菜(茎のしっかりした葉菜)、500gのなす、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワーは
仕上がり
「強」に合わせてください。
● 100g未満の野菜は「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながら加熱してください。
泡立てが
うまくできない
うまくできない
● 湯の量が少ないと上手にできません。
各メニューに記載の分量通りのお湯を張ってください。
● 湯の温度が低いとうまくかたまらないことがあります。様子を見て追加加熱してください。
● 茶わん蒸しは共ぶたでふたをしてください。
うまくできない
● 仕上がりは、食品の状態(大きさ、厚み、鮮度、野菜の季節、肉・魚の脂の多少、
保存状態など)
によって異なります。
分量、切りかたなどはレシピに従ってください。
焼き色にムラがある
● クッキー、マドレーヌ、バターロールなどは生地の大きさがそろっていないと、
焼きムラが出やすくなります。生地の大きさはそろえてください。
● 焼きムラが気になるときは、途中、角皿の前後を入れかえてください。
紙型を使うと
うまくできない
● スポンジケーキやシフォンケーキなどは、金属製の型を使って焼くときよりも
焼き時間が長くなる場合があります。様子を見ながら加熱してください。
● 分量に合った大きさの紙型を使っていますか。
大きすぎても小さすぎてもうまくできません。
パンがうまく焼けない
ふくらまない
● 生地の発酵状態は良好でしたか。➡ 「パン作りのコツ」P.78
● 生地を同じ大きさに成形しましたか。
大きさが異なると、焼いたときムラになります。
うまく仕上がらない
自動メニュー
うまく仕上がらない
■6 ゆで葉果菜、7 ゆで根菜
● 卵の泡立てがしっかりできていますか。
泡立て器の先から落ちる泡で文字が書けるくらいまで泡立てましょう。
■18∼20 野菜とセット
自動調理全般
「2 飲み物」➡ P.26
うまく焼けない
うまくふくらまない
焼き色が薄い
■2 飲み物
● 杯数の設定・置きかたは合っていますか。
● 設定機能は合っていますか。「2 飲み物」ボタンを使ってください。
● 「2 飲み物」ボタンはメモリー機能があります。
再度、お好み温度に合わせてください。
● 少量を加熱すると沸とうします。容器の8分目まで入れてください。
● 厚手のカップを使うと、熱い場合があります。
温度を低めに合わせるか薄手のカップに変えてください。
● 設定温度は高くありませんか。変えた温度は記憶され、次回のあたため時に表示します。
● お酒は「2 飲み物」ボタンではあたためられません。
「レンジ」ボタンの600Wで様子を見ながらあたためてください。➡ P.42
● 仕上がり調節「強」で濃く、「弱」で薄く焼くことができます。
また、チーズの種類などで焼き色が変わります。
● 具が冷めたままで焼くと内部がぬるい場合があります。
「レンジ」ボタンの600Wで人肌にあたためてから焼いてください。
■シュー
焼き色にムラがある
大きさにムラがある
● 生地を同じ大きさに絞り出しましたか。
大きさが異なると、焼いたときムラになります。
うまくふくらまない
● よく沸とうさせてから粉を加えましたか。➡ 「生地作りのコツ」P.71
83
故障かな?
次の表示が出たときは内容を確認したあと操作し直してください。
「取消」ボタンを押すと表示は消えます。
故障かな?と思われたときは、以下の項目に従って調べてください。
症 状
まったく動かない
原 因
症 状
● 停電していませんか。
● 配電盤のブレーカーが切れていませんか。
● 電源プラグが抜けていませんか。
● 表示部に「0」を表示していますか。自動電源オフ機能が働いている場合は
ドアを開けて、「0」表示が出てから操作してください。
電気部品の温度が高いときに表示します。
● 食品を入れずに加熱していませんか。
● 少量の食品(100g未満)
を加熱していませんか。
庫内に食品を入れるか、分量を増やして加熱してください。
●レンジ
(電波)
を使うメニューで付属の角皿を入れて加熱していませんか。
付属の角皿は、オーブン/発酵、グリル以外では使えません。
をふさいでいませんか。
● カーテンなどが本体奥面の吸気口(➡ P.13)
カーテンなどを吸気口から離してください。故障の原因となります。
● 「取消」ボタンを押してから操作し直してください。
● 表示部に「M」が出ていませんか。
店頭用のモードに設定されています。
食品があたたまらない
【店頭用モードの解除方法】
「レンジ」ボタンを押し、
「1 あたため・スタート」ボタンを4回押します。
さらに「取消」ボタンを4回押すと「M」表示が消え、解除されます。
本体から音がする
● 電子レンジの出力やヒーターを切り換えているスイッチの音、部品を冷却する
ファンの音です。
故障ではありません。
調理中に火花が出る
●レンジ
(電波)
を使うメニューでは、金属容器などは使えません。
● 金粉・銀粉のある容器や、付属の角皿を使用していませんか。
● 庫内の壁に金属(アルミホイル・金ぐしなど)
が触れていませんか。
調理中、蒸気が出た
● 調理中に排気口やドア周囲から多少蒸気が出ることがありますが、故障ではありません。
ドアがくもり水滴が落ちる
● メニューにより若干の水滴が出ることがあります。
あたためが終了しない
● 現在温度は食品のおよその平均温度を表示しています。
温度の低い部分がある場合は設定温度近くの表示から、しばらく変わらないことが
あります。故障ではありません。
ブザーが鳴らない
● ブザー音設定が「OFF」になっていませんか。
「OFF」のときは、ブザーは鳴りません。➡ P.15
追加加熱ができない
● 追加加熱設定が「OFF」になっていませんか。
「OFF」のときは、追加加熱できません。➡ P.19
予熱中庫内灯がつかない
● 予熱中は、省エネのため庫内灯を消しています。➡ P.38
レンジ加熱のとき
途中で「0」表示になる
庫内の温度が高いときに表示します。
● 表示が消えるまでドアを開けて待つか、
「取消」ボタンを押してから
手動メニュー(レンジ、グリル、オーブン)
で調理してください。
■以上のことをお調べになり、それでもなお異常があるときは次の内容をお買い求め先へご連絡ください。
1.
2.
3.
4.
故障状況
製品名
(オーブンレンジ)
品番
(NE-M265)
お買い上げ日
(年月日)
■次のような表示が出たら、表示内容をお買い求め先にご連絡ください。
「取消」ボタンを押すと表示は消えます。
Hのあとの□□には、2けたの数字が入ります。 故障かな?
故障かな?
煙やいやなにおいが出た
● 初めて使うときは、防さびの油が焼け、においや煙が出ることがあります。
気になる場合は、しっかり換気を行い脱臭をしてください。➡ P.80
● 庫内・ドア内側に食品カス・油などが付いていませんか。ヒーター調理中は、
排気口などから蒸気や煙が出ることがありますが故障ではありません。
原 因
● 庫内に食品が入っていない、または少量の食品(100g未満)
を入れて加熱して
いませんか。庫内に食品を入れるか、分量を増やして加熱してください。
● 市販の発熱体を使用した容器などで加熱していませんか。
(使える容器・使えない容器➡ P.17)
→異常高温になり、安全機能が働いて自動的に動作を停止することがあります。
84
85
保証とアフターサービス
よくお読みください
使いかた・お手入れ・修理 などは
修理を依頼されるときは
「うまく仕上がらない」、「故障かな?」
(P.82∼85)でご確認のあと、
直らないときは、まず電源プラグを抜いて、
お買い上げ日と右の内容をご連絡ください。
●製品名
オーブンレンジ
●品
NE-M265
番
●故障の状況 できるだけ具体的に
●保証期間中は、保証書の規定に従って出張修理いたします。
保証期間: お買い上げ日から本体 1 年間。
ただし、
マグネトロンは 2 年間です。
(一般家庭用以外に使用される場合は除きます)
●保証期間終了後は、診断をして修理できる場合はご要望により修理させていただきます。
※修理料金は次の内容で構成されています。
技術料 診断・修理・調整・点検などの費用
部品代 部品および補助材料代
出張料 技術者を派遣する費用
※補修用性能部品の保有期間 8年
当社は、このオーブンレンジの補修用性能部品
(製品の機能を維持するための部品)を、
製造打ち切り後 8 年保有しています。
保証とアフターサービス
保証とアフターサービス
【ご相談窓口におけるお客様の個人情報のお取り扱いについて】
パナソニック株式会社およびグループ関係会社は、お客様の個人情報をご相談対応や修理対応などに利用さ
せていただき、ご相談内容は録音させていただきます。また、折り返し電話をさせていただくときのために
発信番号を通知いただいております。なお、個人情報を適切に管理し、修理業務等を委託する場合や正当な
理由がある場合を除き、第三者に開示・提供いたしません。個人情報に関するお問い合わせは、ご相談いた
だきました窓口にご連絡ください。
86
87
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement