QM743 - セイコークロック

QM743 - セイコークロック
ご使用方法
(時計により外観が異なりますが、操作方法は同じです。
)
1 ∼ 7 の手順に従って操作してください。
1
時計の裏のふたを開ける
5
スヌーズ/ライトボタン
A 部に指をかけ、手前に引いて
裏ぶたを開けてください。
つまみ
時計前面の音切替スイッチでアラームの音を選んでください。 アラーム音は「ベル音」、
「電子音」、
「鳥の声」から選べます。
− ベル音
− 電子音
− 鳥の声
A
目ざまし時計
アラームの音を選択する
音切替スイッチ
取扱説明書
※鳥の声のアラーム音(ネイチャーサウンド・上田秀雄氏提供)
1.カッコウ ∼ ルリビタキ ∼ コマドリ
2.ウグイス ∼ メジロ ∼ ノジコ
3.サンコウチョウ ∼ オオルリ ∼ アオジ
アラームスイッチ
2
電池を入れる
上記の組み合わせが、スヌーズ/ライトボタン、アラーム
スイッチ、音切替スイッチを使用するごとに順次切り替わります。
単3マンガン乾電池 3個
このたびはセイコークロック商品をお買い上げいただき、
ありがとうございました。
ご使用の前にこの取扱説明書をよくお読みの上、正しくご
愛用くださいますようお願い申し上げます。なお、この取
扱説明書はお手元に保存し、必要に応じてご覧ください。
3
4
この取扱説明書の内容は、予告なしに変わることがあります。
印刷による制限のため、この取扱説明書中の図が、実際の表示
と異なる場合があります。
この時計によって生じたいかなる支出、損益、その他の損失に
対してなんら責任を負いません。
この取扱説明書を製造者の許可なくして変更・複製することを
禁じます。
本製品、ならびにアフターサービスなどにつきましてご不明な
ことがございましたら、製品本体の裏面または底面に表示して
あります製品番号(型番)をご確認のうえ、お買上店または、
セイコークロック(株)お客様センターにお問い合わせください。
(例:AM○○○、PW○○○、KG○○○など)
現在時刻を合わせる
つまみを手前に引いてまわし現在時刻に合わせてください。
(左右どちらにまわしてもかまいません)
合わせたあとつまみを押して戻してください。
アラ−ム時刻をセットする
つまみを押し込んだ状態でまわす
●アラ−ム時刻を合わせるときは、アラ−ム
の針を、必ず
方向(反時計まわり)に
まわしてください。
アラ−ムの針
●アラ−ムは、セットした時刻の5分前から
5分過ぎの間に鳴りだします。
例えば、7時に合わせたとき、6時55分
から7時5分の間に鳴りだします。
※時計まわりにアラ−ムの針をまわすと、
セットした時刻より早く鳴りだすことがあります。
製品仕様
お客様センター 0120-315-474 http://www.seiko-clock.co.jp
発売元
6
鳴っているアラームを一度止めて、数分
ス ヌ ー ズ
後に再び鳴らす(SNOOZE機能)
スヌーズ/ライトボタン を押してください。
約40分間はこの操作をくり返すことができます。
寝すごし防止にご利用ください。
ライトについて
スヌーズ/ライトボタンを押している間
ライトが点灯します。
7 アラームを鳴らす。または鳴らさない。
アラームスイッチを ON(上)にする
● 精 度:平均月差±20秒
(気温5℃から35℃で使用した場合)
● 使 用 温 度 範 囲:−10℃∼+50℃
● ア ラ ー ム:スヌーズつき・5分間オートストップ機能
● ア ラ − ム 精 度:±5分以内
● 使 用 電 池:単3マンガン乾電池 3個 (JIS規格 R6P)
● 電 池 寿 命:約1年間
1日につきアラームを30秒間、ライトを2秒間
使用した場合
フリーダイヤル
※上記の製品仕様は、改良のため予告なく変更する場合があります。
L
※音切替スイッチを動かすたびに、選んだアラーム音の試し
鳴らしをします。 試し鳴らしをすぐに止めたい場合は、
アラームスイッチをONまたはOFFに動かしてください。
絶縁紙がある場合は絶縁紙を抜いてください。
電池は+ − 表示に合わせて入れてください。
セットした時刻になるとアラームが鳴る。
アラームスイッチを OFF(下)にする
アラームを完全に止める。
※アラームは鳴り出しから約5分後に自動的に止まります。
(オートストップ機能)
この場合は12時間後の同じ時刻に再びアラームが鳴ります。
アラームを完全に止めるには、アラームスイッチをOFFに
してください。
※アラームスイッチをONにするとアラームセット確認音が鳴ります。
※アラームスイッチの位置は製品により異なります。
説明書番号 AQM-019J
必ずお守りください。
安全上のご注意
付属品
警 告
注 意
<電池について>
下記のことを必ず守ってください。電池の使い方を間違えま
すと液もれや破裂のおそれがあり、機器の故障やけがなどの
原因となります。
(1)+ − を正しく入れてください。
(2)製品仕様の電池寿命を経過した場合は、時計がまだ動いてい
てもすべて指定の新電池と交換してください。また、時計を
使わないときは電池をすべてはずしてください。電池の一部
の交換や、電池を入れたままにしておくと、他の部分の止ま
りや古い電池からの液漏れ等で時計や、周囲の物を汚したり、
傷めたりする恐れがあります。
(3)この電池は充電式ではないので充電すると液もれ、破損のお
それがあります。
(4)電池に直接ハンダ付けしたり、水滴をつけないでください。
(5)直射日光・高温・高湿の場所を避けて保管してください。ま
た使用済みの電池は、速やかに処分または幼児の手の届かな
いところに保管してください。
(6)時計が動かない等の場合、電池端子が汚れている場合があり
ます。やわらかい布などでクリーニングしてください。
(7)添付の電池は工場出荷時より付けられています。時計の電池
寿命は製品仕様の表示より短いことがあります。
<アルカリ電池について>
(1)ショート、分解、加熱、火に入れるなどしないでください。
アルカリ性溶液がもれて眼に入ったり、発熱、破裂の原因
となります。
(2)万一、アルカリ性溶液が皮膚や衣類に付着した場合にはき
れいな水で洗い流し、眼に入ったときは、きれいな水で
洗った後、直ちに医師の治療を受けてください。
注 意
<時計の設置場所について>
落下や転倒により、けがおよび器物を破損する恐れがあります
ので、振動のある所や、不安定な場所には時計を設置しないで
ください。
必ずお読みになってからご使用ください。
使用場所・お手入れ
使用場所について
下記のような場所では使わないでください。
機械や電池の品質が確保されなくなり、精度不良や電池切れを起
こすことがあります。また本商品は業務用ではありません。
12
9
3
6
暑い場所 (+50℃以上)
●温度が+50℃(50度)以上になる所や直射日光のあたる
所。
だんぼう
か き
例えば、屋外、暖房器具などの熱風や火気に近い所。
●温度が -10℃(氷点下10度)以下になる所。
プラスチック部品や電池の劣化が起きることがあります。
ちり
12
3
9
6
寒い場所 (−10℃以下)
12
ほこり
●塵、埃の多い所。
はさ
空気中に舞い上がったごみが歯車や接点に挟まって時
計が止まったり、音が鳴らなくなることがあります。
じ き
●大型テレビ・スピーカーのそばや、強い磁気のある所。
磁力の影響で進み、遅れを生じたり、時計が止ま
ることがあります。
しっけ
3
9
6
振動のある場所
12
3
9
6
湿気の多い場所
●浴室など湿気の多い所。また、水がかかる所や加湿器の蒸
気が直接あたるような所。
保証・アフターサービス
●この時計はメーカー保証です。
保証の内容については別添の保証書をご覧ください。
尚、保証書は日本国内のみ有効です。
また、アフターサービスも海外ではできません。
●保証期間中の保証規定に基づいた修理品は、お買上店がお預かりしメーカー
が無料で修理いたします。必ず販売店名捺印の保証書を添えてご依頼くだ
さい。
●保証期間中でも無料修理の対象とならない修理品および保証期間経過後の
修理品は、ご希望により有料で修理させていただきます。
●この時計の修理用部品は、3年間保有しています。
この期間は原則として修理が可能です。
修理用部品とは製品の機能を維持するために不可欠な時計本体の部品です。
修理の可能な期間は、ご使用条件により異なります。また修理可能な場合
でも元通りの精度にならない場合があります。お買上店にご相談ください。
●修理のとき、部品・その他の付属品は、−部代替部品を使用させていただ
くこともありますので、ご了承ください。
●保証期間外、もしくは無料修理の対象とならない修理の際は、本体の修理
料金のほか、取扱店と修理工場との間の往復運賃、諸掛り費用をお客様に
ご負担いただきます。代金が標準小売価格を上回る場合があります。
●保証期間中・経過後とも、修理品はお客様がお買上店にお持込みいただき
ます。修理を依頼されるときはお買上店にご持参ください。
●ご不明の点は裏面お客様センターにお問い合わせください。
故障かな?と思ったときには
●ビニール系素材の壁や敷物等の上。
壁や敷物および時計を汚したり傷めることがあります。
かんそう
●木枠の時計の場合には、空気が非常に乾燥した状態や湿気の多い状態が続くと、
いた
枠が傷むことがあります。また、40度以上の高温になりますと、接合部の
フクレやハガレが起きる場合があります。
お手入れについて
長くご愛用いただくために、2・3年に一度の点検・調整(有料)を
おすすめいたします。販売店にご相談ください。
●ベンジン、シンナー、アルコール、ミガキ粉、各種ブラシなどは使わないで
さっちゅうざい
ください。殺虫剤、ヘアスプレーなどもかからないようにしてください。変
色、傷の恐れがあります。
プラスチック枠の時計の場合
しめ
●枠をふくときは、湿った、やわらかい布でふいてください。
せんざい
●よごれがひどいときは、水でうすめた中性洗剤を少量、やわらかい布につけ
から
てふき、ふいた後で乾ぶきしてください。
●振動のある所。不安定な所。
木枠・金属枠の時計の場合
から
●よごれやほこりをとるときは、やわらかい布で乾ぶきしてください。
●工場、台所など多くの油を使用する所。
霧状になった油分が機械の歯車等に付着し、時計が
止まることがあります。
※お客様が分解しますと、修正不可能になる場合やけがの恐れがあり大変危険
です。また保証の対象外となりますのでご注意ください。
しんどう
●単3マンガン乾電池 3個 ●取扱説明書(本書) 1枚
●保証書 1枚
製品が正常に作動しないときは、修理を依頼する前に、この表を参考にお調
べください。なお電池は買い置き品でなく、新規購入品をご使用ください。
症 状
考えられる原因
処 置
針が動かない。 ・電池が入っていない。・指定の新しい電池を、電
・電池が正しい向きで 池の向きを確かめて入れ
入っていない。
てください。
・電池端子や接片が汚 ・電池端子や接片の表面を
れている。
拭いてください。
また、電池を入れて2∼
3回まわしてください。
アラームが鳴ら ・アラームスイッチが ・アラームスイッチをON
OFFになっている。 にしてください。
ない。
アラーム時刻か ・オートストップ後に ・アラームスイッチを
ら約40分後に、 アラームスイッチが OFFにしてください。
再びアラームが OFFになっていな
い場合におこる事が
鳴りだした。
ありますが故障では
ありません。
アラーム時刻に ・電池容量が少ない。 ・指定の新しい電池を、電
池の向きを確かめて入れ
なったら針が止
てください。
まった。
AQM-019J
ご使用方法
(時計により外観が異なりますが、操作方法は同じです。
)
1 ∼ 7 の手順に従って操作してください。
1
時計の裏のふたを開ける
5
スヌーズ/ライトボタン
A 部に指をかけ、手前に引いて
裏ぶたを開けてください。
つまみ
時計前面の音切替スイッチでアラームの音を選んでください。 アラーム音は「ベル音」、
「電子音」、
「鳥の声」から選べます。
− ベル音
− 電子音
− 鳥の声
A
目ざまし時計
アラームの音を選択する
音切替スイッチ
取扱説明書
※鳥の声のアラーム音(ネイチャーサウンド・上田秀雄氏提供)
1.カッコウ ∼ ルリビタキ ∼ コマドリ
2.ウグイス ∼ メジロ ∼ ノジコ
3.サンコウチョウ ∼ オオルリ ∼ アオジ
アラームスイッチ
2
電池を入れる
上記の組み合わせが、スヌーズ/ライトボタン、アラーム
スイッチ、音切替スイッチを使用するごとに順次切り替わります。
単3マンガン乾電池 3個
このたびはセイコークロック商品をお買い上げいただき、
ありがとうございました。
ご使用の前にこの取扱説明書をよくお読みの上、正しくご
愛用くださいますようお願い申し上げます。なお、この取
扱説明書はお手元に保存し、必要に応じてご覧ください。
3
4
この取扱説明書の内容は、予告なしに変わることがあります。
印刷による制限のため、この取扱説明書中の図が、実際の表示
と異なる場合があります。
この時計によって生じたいかなる支出、損益、その他の損失に
対してなんら責任を負いません。
この取扱説明書を製造者の許可なくして変更・複製することを
禁じます。
本製品、ならびにアフターサービスなどにつきましてご不明な
ことがございましたら、製品本体の裏面または底面に表示して
あります製品番号(型番)をご確認のうえ、お買上店または、
セイコークロック(株)お客様センターにお問い合わせください。
(例:AM○○○、PW○○○、KG○○○など)
現在時刻を合わせる
つまみを手前に引いてまわし現在時刻に合わせてください。
(左右どちらにまわしてもかまいません)
合わせたあとつまみを押して戻してください。
アラ−ム時刻をセットする
つまみを押し込んだ状態でまわす
●アラ−ム時刻を合わせるときは、アラ−ム
の針を、必ず
方向(反時計まわり)に
まわしてください。
アラ−ムの針
●アラ−ムは、セットした時刻の5分前から
5分過ぎの間に鳴りだします。
例えば、7時に合わせたとき、6時55分
から7時5分の間に鳴りだします。
※時計まわりにアラ−ムの針をまわすと、
セットした時刻より早く鳴りだすことがあります。
製品仕様
お客様センター 0120-315-474 http://www.seiko-clock.co.jp
発売元
6
鳴っているアラームを一度止めて、数分
ス ヌ ー ズ
後に再び鳴らす(SNOOZE機能)
スヌーズ/ライトボタン を押してください。
約40分間はこの操作をくり返すことができます。
寝すごし防止にご利用ください。
ライトについて
スヌーズ/ライトボタンを押している間
ライトが点灯します。
7 アラームを鳴らす。または鳴らさない。
アラームスイッチを ON(上)にする
● 精 度:平均月差±20秒
(気温5℃から35℃で使用した場合)
● 使 用 温 度 範 囲:−10℃∼+50℃
● ア ラ ー ム:スヌーズつき・5分間オートストップ機能
● ア ラ − ム 精 度:±5分以内
● 使 用 電 池:単3マンガン乾電池 3個 (JIS規格 R6P)
● 電 池 寿 命:約1年間
1日につきアラームを30秒間、ライトを2秒間
使用した場合
フリーダイヤル
※上記の製品仕様は、改良のため予告なく変更する場合があります。
L
※音切替スイッチを動かすたびに、選んだアラーム音の試し
鳴らしをします。 試し鳴らしをすぐに止めたい場合は、
アラームスイッチをONまたはOFFに動かしてください。
絶縁紙がある場合は絶縁紙を抜いてください。
電池は+ − 表示に合わせて入れてください。
セットした時刻になるとアラームが鳴る。
アラームスイッチを OFF(下)にする
アラームを完全に止める。
※アラームは鳴り出しから約5分後に自動的に止まります。
(オートストップ機能)
この場合は12時間後の同じ時刻に再びアラームが鳴ります。
アラームを完全に止めるには、アラームスイッチをOFFに
してください。
※アラームスイッチをONにするとアラームセット確認音が鳴ります。
※アラームスイッチの位置は製品により異なります。
説明書番号 AQM-019J
必ずお守りください。
安全上のご注意
付属品
警 告
注 意
<電池について>
下記のことを必ず守ってください。電池の使い方を間違えま
すと液もれや破裂のおそれがあり、機器の故障やけがなどの
原因となります。
(1)+ − を正しく入れてください。
(2)製品仕様の電池寿命を経過した場合は、時計がまだ動いてい
てもすべて指定の新電池と交換してください。また、時計を
使わないときは電池をすべてはずしてください。電池の一部
の交換や、電池を入れたままにしておくと、他の部分の止ま
りや古い電池からの液漏れ等で時計や、周囲の物を汚したり、
傷めたりする恐れがあります。
(3)この電池は充電式ではないので充電すると液もれ、破損のお
それがあります。
(4)電池に直接ハンダ付けしたり、水滴をつけないでください。
(5)直射日光・高温・高湿の場所を避けて保管してください。ま
た使用済みの電池は、速やかに処分または幼児の手の届かな
いところに保管してください。
(6)時計が動かない等の場合、電池端子が汚れている場合があり
ます。やわらかい布などでクリーニングしてください。
(7)添付の電池は工場出荷時より付けられています。時計の電池
寿命は製品仕様の表示より短いことがあります。
<アルカリ電池について>
(1)ショート、分解、加熱、火に入れるなどしないでください。
アルカリ性溶液がもれて眼に入ったり、発熱、破裂の原因
となります。
(2)万一、アルカリ性溶液が皮膚や衣類に付着した場合にはき
れいな水で洗い流し、眼に入ったときは、きれいな水で
洗った後、直ちに医師の治療を受けてください。
注 意
<時計の設置場所について>
落下や転倒により、けがおよび器物を破損する恐れがあります
ので、振動のある所や、不安定な場所には時計を設置しないで
ください。
必ずお読みになってからご使用ください。
使用場所・お手入れ
使用場所について
下記のような場所では使わないでください。
機械や電池の品質が確保されなくなり、精度不良や電池切れを起
こすことがあります。また本商品は業務用ではありません。
12
9
3
6
暑い場所 (+50℃以上)
●温度が+50℃(50度)以上になる所や直射日光のあたる
所。
だんぼう
か き
例えば、屋外、暖房器具などの熱風や火気に近い所。
●温度が -10℃(氷点下10度)以下になる所。
プラスチック部品や電池の劣化が起きることがあります。
ちり
12
3
9
6
寒い場所 (−10℃以下)
12
ほこり
●塵、埃の多い所。
はさ
空気中に舞い上がったごみが歯車や接点に挟まって時
計が止まったり、音が鳴らなくなることがあります。
じ き
●大型テレビ・スピーカーのそばや、強い磁気のある所。
磁力の影響で進み、遅れを生じたり、時計が止ま
ることがあります。
しっけ
3
9
6
振動のある場所
12
3
9
6
湿気の多い場所
●浴室など湿気の多い所。また、水がかかる所や加湿器の蒸
気が直接あたるような所。
保証・アフターサービス
●この時計はメーカー保証です。
保証の内容については別添の保証書をご覧ください。
尚、保証書は日本国内のみ有効です。
また、アフターサービスも海外ではできません。
●保証期間中の保証規定に基づいた修理品は、お買上店がお預かりしメーカー
が無料で修理いたします。必ず販売店名捺印の保証書を添えてご依頼くだ
さい。
●保証期間中でも無料修理の対象とならない修理品および保証期間経過後の
修理品は、ご希望により有料で修理させていただきます。
●この時計の修理用部品は、3年間保有しています。
この期間は原則として修理が可能です。
修理用部品とは製品の機能を維持するために不可欠な時計本体の部品です。
修理の可能な期間は、ご使用条件により異なります。また修理可能な場合
でも元通りの精度にならない場合があります。お買上店にご相談ください。
●修理のとき、部品・その他の付属品は、−部代替部品を使用させていただ
くこともありますので、ご了承ください。
●保証期間外、もしくは無料修理の対象とならない修理の際は、本体の修理
料金のほか、取扱店と修理工場との間の往復運賃、諸掛り費用をお客様に
ご負担いただきます。代金が標準小売価格を上回る場合があります。
●保証期間中・経過後とも、修理品はお客様がお買上店にお持込みいただき
ます。修理を依頼されるときはお買上店にご持参ください。
●ご不明の点は裏面お客様センターにお問い合わせください。
故障かな?と思ったときには
●ビニール系素材の壁や敷物等の上。
壁や敷物および時計を汚したり傷めることがあります。
かんそう
●木枠の時計の場合には、空気が非常に乾燥した状態や湿気の多い状態が続くと、
いた
枠が傷むことがあります。また、40度以上の高温になりますと、接合部の
フクレやハガレが起きる場合があります。
お手入れについて
長くご愛用いただくために、2・3年に一度の点検・調整(有料)を
おすすめいたします。販売店にご相談ください。
●ベンジン、シンナー、アルコール、ミガキ粉、各種ブラシなどは使わないで
さっちゅうざい
ください。殺虫剤、ヘアスプレーなどもかからないようにしてください。変
色、傷の恐れがあります。
プラスチック枠の時計の場合
しめ
●枠をふくときは、湿った、やわらかい布でふいてください。
せんざい
●よごれがひどいときは、水でうすめた中性洗剤を少量、やわらかい布につけ
から
てふき、ふいた後で乾ぶきしてください。
●振動のある所。不安定な所。
木枠・金属枠の時計の場合
から
●よごれやほこりをとるときは、やわらかい布で乾ぶきしてください。
●工場、台所など多くの油を使用する所。
霧状になった油分が機械の歯車等に付着し、時計が
止まることがあります。
※お客様が分解しますと、修正不可能になる場合やけがの恐れがあり大変危険
です。また保証の対象外となりますのでご注意ください。
しんどう
●単3マンガン乾電池 3個 ●取扱説明書(本書) 1枚
●保証書 1枚
製品が正常に作動しないときは、修理を依頼する前に、この表を参考にお調
べください。なお電池は買い置き品でなく、新規購入品をご使用ください。
症 状
考えられる原因
処 置
針が動かない。 ・電池が入っていない。・指定の新しい電池を、電
・電池が正しい向きで 池の向きを確かめて入れ
入っていない。
てください。
・電池端子や接片が汚 ・電池端子や接片の表面を
れている。
拭いてください。
また、電池を入れて2∼
3回まわしてください。
アラームが鳴ら ・アラームスイッチが ・アラームスイッチをON
OFFになっている。 にしてください。
ない。
アラーム時刻か ・オートストップ後に ・アラームスイッチを
ら約40分後に、 アラームスイッチが OFFにしてください。
再びアラームが OFFになっていな
い場合におこる事が
鳴りだした。
ありますが故障では
ありません。
アラーム時刻に ・電池容量が少ない。 ・指定の新しい電池を、電
池の向きを確かめて入れ
なったら針が止
てください。
まった。
AQM-019J
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement