"取扱説明書"

"取扱説明書"
接着形継手
1
TS継手
2
TSフランジおよびKVパッキン
60
接着形継手
1
TS 継手〈日本工業規格 JIS K 6743:2007〉 水道
一般
接合部共通寸法
φd1
テーパI/T
φd
φd1
φD
テーパI/T
B形
(呼び径13∼500)
(二次加工品)
t
t
φd
φDT
A形
(呼び径150以下)
(射出成形品)
φd
テーパI/T
t
t
φd1
φD
φd
テーパI/T
φd1
(呼び径13∼50及び200以上)
φDT
(呼び径13∼50)
(呼び径65∼150)
(呼び径65∼150)
単位:mm
呼び径
d1
d1の許容差
D
DT
D、DTの許容差
I/T
d
(最小)
VP
VM
VU
2.7(2.2)
̶
̶
規格
13
18.40 ±0.20
24
024
−0.6
1/30
26
13
16
22.40 ±0.20
29
029
−0.7
1/34
30
16
2.7
̶
̶
20
26.45 ±0.20
33
033
−0.8
1/34
35
20
3.2(2.7)
̶
̶
25
32.55 ±0.25
40
040
−1.0
1/34
40
25
3.6(3.1)
̶
̶
28
34.55 ±0.25
41
̶
̶
1/34
40
28
2.0
̶
̶
30
38.60 ±0.25
46
046
−1.0
1/34
44
31
3.6(3.1)
̶
̶
JIS K 6743
35
42.60 ±0.25
50
̶
̶
1/34
44
35
2.0
̶
̶
メーカー規格
40
48.70 ±0.30
57
057
−1.2
1/37
55
40
4.1(3.6)
̶
̶
50
60.80 ±0.30
70
070
−1.5
1/37
63
51
4.5(4.1)
̶
̶
65
76.60 ±0.30
87
088.5
−1.5
1/48
61
67
4.1
̶
̶
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
AS21
75
89.60 ±0.30
102
104.5
−1.5
1/49
64
77
7.5(5.5)
̶
̶
100
114.70 ±0.30
130
133.5
−1.8
1/56
84
100
9.4(6.6)
̶
̶
125
140.85 ±0.35
157
161
−1.8
1/58
104
125
7.0
̶
̶
AS21
150
166.00 ±0.40
186
190
−2.0
1/63
132
146
12.2(8.9)
̶
̶
JIS K 6743
200
217.90 ±0.80
̶
̶
̶
1/50
200
194
10.3
̶
06.5
250
269.30 ±0.90
̶
̶
̶
1/50
250
240
12.7
̶
07.8
300
320.70 ±1.00
̶
̶
̶
1/50
300
286
15.1
̶
09.2
350
373.10 ±1.00
̶
̶
̶
1/50
350
348
̶
14.3
10.5
400
423.60 ±1.20
̶
̶
̶
1/50
400
395
̶
16.2
11.8
450
474.00 ±1.20
̶
̶
̶
1/50
450
442
̶
18.1
13.2
500
524.50 ±1.30
̶
̶
̶
1/50
500
489
̶
20.0
14.6
備考 1. D、DTの許容差のプラス側は制限なしとします。
2. B形の肉厚tの値は加工してない部分の肉厚を示します。
3. ℓの許容差は呼び径150mm以下は+4 mm、呼び径200以上は+10 mmとします。
−0.5
0
4.( )内寸法は一般用です。
5. AS21は、
日本水道協会承認の塩化ビニル管・継手協会団体規格品です。
6. 呼び径28および35はVI28および35用で、
挿し込みブッシュタイプ継手の寸法です。
61
(
t 最小)
JIS K 6743
メーカー規格
TS 継手
表中記号 ★印:受注生産品
①TS 継手 A 形
TSソケット A 形・VP 系(品番 5011)、HI・VP 系(品番 6011) 水道
(略号S)
(呼び径150以下)(呼び径150×100以下)
備考 1.
2.
3.
TS チーズ VP 系(品番 5013) 水道
一般
L
JIS K 6743
AS21
JIS K 6743
呼び径
40× 30
50
50× 25
50× 30
50× 40
65
65× 50
75
75× 50
75× 65
100
100× 75
125
125×100
150
150×100
Z
15
7
37
29
18
23
25
27
38
31
32
42
22
42
36
79
単位:mm
規格
VP系、HI・VP系
L
114
133
140
136
136
145
149
155
165
156
200
190
230
230
300
295
JIS K 6743
AS21
JIS K 6743
AS21
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
メーカー規格
AS21
JIS K 6743
呼び径28×13・16・20・25、30×28、35×28、40×28・35、50×28・35は
VI28または35の挿し込みブッシュタイプの継手でメーカー規格として準備しています。
HIVP系の150×125はありません。
AS21は、
日本水道協会承認の塩化ビニル管・継手協会団体規格品です。
、HI・VP 系(品番 6013) 水道
呼び径
13×13
16×13
16×16
20×13
20×16
20×20
25×13
25×16
28×28
25×20
25×25
30×13
30×16
30×20
30×25
30×30
35×35
40×13
40×16
40×20
40×25
40×30
40×40
(略号T)
A形
規格
VP系、HI・VP系
57
67
61
77
68
71
87
86
85
84
95
93
93
117
113
114
5
7
5
7
7
6
7
20
15
9
7
14
9
7
23
19
13
16
16×13
20
20×13
20×16
25
25×13
25×16
25×20
30
30×20
30×25
40
40×20
40×25
L
Z
L
Z
Z
呼び径
(略号RS)
一般
Z1
10
11
13
11
13
15
11
13
21
15
18
11
15
15
18
21
25
11
13
15
18
21
27
Z2
10
12
13
14
15
15
17
18
21
18
18
20
21
21
21
21
25
26
27
27
27
27
27
H
36
41
43
46
48
50
51
53
61
55
58
55
57
59
62
65
69
66
68
70
73
76
82
I
36
38
43
40
45
50
43
48
61
53
58
46
51
56
61
65
69
52
57
62
67
71
82
規格
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
呼び径
50× 13
50× 16
50× 20
50× 25
50× 30
50× 40
50× 50
65× 50
65× 65
75× 25
75× 40
75× 50
75× 65
75× 75
100× 50
100× 75
100×100
125× 75
125×100
125×125
150× 75
150×100
150×125
150×150
Z1 Z2
H
11 32 74
16 34 76
15 33 78
18 33 81
21 33 84
27 33 90
33 33 96
40 41 101
49 49 110
29 48 93
36 47 100
41 47 105
49 56 113
56 56 120
41 59 125
56 68 140
68 68 152
64 66 168
73 85 177
86 86 190
63 94 195
76 98 208
87 101 219
98 98 230
I
58
63
68
73
77
88
96
104
110
88
102
110
117
120
122
132
152
150
169
190
158
182
205
230
単位:mm
規格
JIS K 6743
AS21
JIS K 6743
AS21
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
備考 1. 不等沈下や水圧変動が予想されるところでは、呼び径125以上の分岐部はSGR−NAチーズまたは
鋳鉄SGR−T字管を使用してください。
2. 呼び径28×13・16・20・25、30×28、35×13・20・25・30、40×28・35、50×28・35はVI28
または35の挿し込みブッシュタイプの継手でメーカー規格として準備しています。
3. HI・VP系の125×75はありません。
4. AS21は、
日本水道協会承認の塩化ビニル管・継手協会団体規格品です。
TS エルボ
VP 系
(品番 5012) 水道 一般
HI・VP 系(品番 6012) 水道
Z
Z
H
(略号L)
A形
H
呼び径
13
16
20×13
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
Z
H
10
36
13
43
20側12 13側15 20側47 13側41
15
50
18
58
21
65
27
82
33
96
49
110
56
120
69
153
88
192
98
230
単位:mm
規格
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
AS21
備考 1. エルボ部分には、曲げや振動の力をかけないようにしてください。
2. 呼び径65mm以上の埋設配管には、TSベンドまたはSGRベンドを使用し
てください。
3. 図の点線は呼び径50以下の形状を示します。
4. AS21は、
日本水道協会承認の塩化ビニル管・継手協会団体規格品です。
62
Ⅲ 接着形継手
TS45°
エルボ
水道 一般 、HI・VP 系(品番 6012) 水道
VP 系(品番 5012)
単位:mm
Z
7
8
9
11
12
14
17
26
31
呼び径
13
16
20
25
30
40
50
75※
100
(略号45L)
A形
H
33
38
44
51
56
69
80
90
115
規格
JIS K 6743
メーカー規格
JIS K 6743
メーカー規格
備考 呼び径75mmのHI-VP系は企画中です。
TS キャップ
水道 一般
VP 系(品番 5042)
、HI・VP 系(品番 6042) 水道
(略号C)
L
L
A形
呼び径50mm以下
単位:mm
A形
呼び径65mm以上
規格
L
29
33.5
38.5
44
48
59.5
68
96
105
138
205
呼び径
13
16
20
25
30
40
50
65
75
100
150
JIS K 6743
AS21
JIS K 6743
備考 呼び径65はVP系のみ品揃えしています。
TSメタル入りバルブ用ソケット
水道 一般 、HI・VP 系(品番 7031) 水道
VP 系(品番 4031)
(略号MVS)Ⅱ型
φd
メタルインサート
L
B
※呼び径50×2以下の角数は6角、
65×2
以上は8角です。
単位:mm
呼び径
13×
16×
20×
25×1
30×1
40×1
50×2
65×2
75×3
100×4
d
13
13
18
23
31
37
48
61
72
96
B
32
32
40
50
55
65
75
98
112
140
ねじ部の呼び径
R
R
R
R1
R1
R1
R2
R2
R3
R4
L
60
65
75
85
95
110
125
134
151
189
規格
JIS K 6743
メーカー規格
備考 1. ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)のテーパおねじに準じます。
2. ねじ部のインサート材質は、JIS H5120のCAC406(青銅鋳物)
です。
3. 呼び径16mmおよび65mm∼100mmの形状は図と一部異なります。
4. 水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管用・コア入り継手との接合の場合、
コア寸法をご確認の上、
ご使用ください。
単位:mm
(略号MVS)Ⅰ型
呼び径
メタルインサート
φd
ねじ部
L
63
B
13×
16×
20×
20×
25×1
30×1
d
B
13
13
13
18
23
31
32
34
34
41
50
56
ねじ部の
呼び径
R
R
R
R
R1
R1
L
60
65
72
75
85
95
規格
VP系 HI・VP系
JIS K 6743
̶
メーカー規格
JIS K 6743
備考 1.ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)のテーパおねじに準じます。
2. ねじ部のインサート材質は、JIS H3250のC3602(快削黄銅)
または、
C2604(快削黄銅)
です。
3. 水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管用・コア入り継手との接合の場合、
コア寸法をご確認の上、
ご使用ください。
TS 継手
TS バルブ用ソケット
一般 HI・VP 系(品番 6031) 水道
VP 系(品番 5031)水道
、
B
φd
(略号VS)
A形
L
A形
※呼び径30×1
単位:mm
呼び径
以下の角数は6角、
40×1
以上は8角です。
d
B
ねじ部の呼び径
13×
13
24
R
50
16×
13
29
R
57
20×
18
33
R
64
25×1
23
40
R1
71
30×1
31
46
R1
80
40×1
37
57
R1
92
50×2
48
70
R2
106
65×2
63
86
R2
119
75×3
74
101
R3
128
100×4
97
129
R4
157
規格
L
JIS K 6743
メーカー規格
備考 1. ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)
のテーパおねじに準じます。
2. 曲げや振動がかかる場所や、たび重なる取外しを必要とするときは、
メタル
入りバルブ用ソケットをご利用ください。
TS メタル入給水栓用ソケット
TS 給水栓用ソケット
5021
6021
VP系(品番 、HI・VP系(品番 メタル入り 4028 )
メタル入り 7028 ) 水道
(略号MWS=メタル入り、
WS=メタルなし)A形
呼び径
ねじ部の
呼び径
D1
D2
L
13
30
34
Rp
47
16×13
30
34
Rp
52
20
37
42
Rp
59 JIS K 6743
20×13
30
34
Rp
57
̶
25
46
52
Rp1
68
メーカー規格
MWS
WS
メーカー規格
備考 1. ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)
の平行めねじです。
2. ねじ部のインサート材質は、呼び径13、16、20はJIS H3250のC3601、
C3602またはC3604(快削黄銅)、
呼び径25はJIS H5121のCAC406C
(青銅鋳物)
です。
3. ネジ接合のシール材には、必ずシールテープをご使用ください。有機溶剤入
りシール材は給水栓継手の割れの原因となります。
4. テーパオネジを過度に締め込むとRpメネジが拡張し破損に至る恐れがあり
ますので、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
に示す
「標準締め付けトル
ク」
をご遵守ください。
5. 現場でネジ切り加工した鋼管のテーパオネジは接合しないでください。
6. 給水栓の接合につきましては、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
をご
覧ください。
TS メタル入給水栓用チーズ
TS 給水栓用チーズ
5023
単位:mm
規格
6023
VP系(品番 、HI・VP系(品番 メタル入り 4030 )
メタル入り 7030 ) 水道
(略号MWT=メタル入り、WT=メタルなし)A形
単位:mm
呼び径
D1
D2
ねじ部の
呼び径
H
I
規格
MWT
WT
13×13
30 34
Rp
38 29
16×13
30 34
Rp
43 32
20×13
30 34
Rp
47 34 JIS K 6743 メーカー規格
20
37 42
Rp
51 36
25
46 52
Rp1
59 42
備考 1. ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)
の平行めねじです。
2. ねじ部のインサート材質は、呼び径13、16、20はJIS H3250のC3601、
C3602またはC3604(快削黄銅)、
呼び径25はJIS H5121のCAC406C
(青銅鋳物)
です。
3. ネジ接合のシール材には、必ずシールテープをご使用ください。有機溶剤入
りシール材は給水栓継手の割れの原因となります。
4. テーパオネジを過度に締め込むとRpメネジが拡張し破損に至る恐れがあり
ますので、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
に示す
「標準締め付けトル
ク」
をご遵守ください。
5. 現場でネジ切り加工した鋼管のテーパオネジは接合しないでください。
6. 給水栓の接合につきましては、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
をご
覧ください。
7. WTのHI-VP系20×13と25はありません。
また、
( )
はWTの寸法です。
64
Ⅲ 接着形継手
TS メタル入給水栓用エルボ
TS 給水栓用エルボ
5022
HI・TS 座付給水栓エルボ(品番 7034) 水道
6022
VP系(品番 、HI・VP系(品番 メタル入り 4033 )
メタル入り 7033 ) 水道
(メタル入り)
(略号MWL=メタル入り、
WL=メタルなし)A形
取付台座
単位:mm
呼び径
D1
ねじ部の
呼び径
D2
規格
L1
L2
MWL
VP
13
30 34
Rp
38 29 JIS K 6743
首長13
30 34
Rp
38 45
16×13 30 34
Rp
43 32
37 42
Rp
51 36
20×13 30 34
Rp
47 33
Rp1
59 40
20
46 52
25
HI
WL
メーカー規格
−
−
JIS K 6743 メーカー規格
JIS K 6743
−
メーカー規格
備考 1. 呼び径13mmにはショートサイズのS形とロングサイズのL形があります。
2. ねじ部は、JIS B0203
(管用テーパねじ)の平行めねじです。
3. ねじ部のインサート材質は、
呼び径13、
16、
20はJIS H3250のC3601、
C3602またはC3604(快削黄銅)、呼び径25はJIS H5121の
CAC406C
(青銅鋳物)
です。
4. ネジ接合のシール材には、必ずシールテープをご使用ください。有機溶剤
入りシール材は給水栓継手の割れの原因となります。
5. テーパオネジを過度に締め込むとRpメネジが拡張し破損に至る恐れがあ
りますので、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
に示す「標準締め付
けトルク」
をご遵守ください。
6. 現場でネジ切り加工した鋼管のテーパオネジは接合しないでください。
7. 給水栓の接合につきましては、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
を
ご覧ください。
HI・TS 座付き給水栓エルボ
(背座)(品番 7036)
背座(メタル入り)
単位:mm
呼び径
規格
D1 D2 ねじ部の呼び径 L1 L2 L3 L4 L5
13
31 34
Rp
38 33
29 24.5 33
16×13
33 35
Rp
44 34
33 24.5 33
20×13
32 34
Rp
51 33.5 36 24.5 33
メーカー規格
備考 1. ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)の平行めねじです。
2. ねじ部のインサート材質は、JIS H3250のC3601またはC3602(快削
黄銅)
です。
3. ネジ接合のシール材には、必ずシールテープをご使用ください。有機溶剤入
りシール材は給水栓継手の割れの原因となります。
4. テーパオネジを過度に締め込むとRpメネジが拡張し破損に至る恐れがあり
ますので、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
に示す
「標準締め付けトル
ク」
をご遵守ください。
5. 現場でネジ切り加工した鋼管のテーパオネジは接合しないでください。
6. 給水栓の接合につきましては、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
をご
覧ください。
HI・TS つば付水栓用ソケット(品番 7035) 水道
(略号HI-TMWS)
H1
1
座の厚み4
2
H
P
L
φD2
φD1
4-φ4
Rp1/2
4.3
単位:mm
L +− 51 D1 D2 D3 ねじ部の呼び径 T
d
n
13
47 54 45 30
Rp
4
3
6
20×13
59 54 45 33
Rp
4
3
6
呼び径
P1
L1
単位:mm
規格
メーカー規格
備考 1. ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)
の平行めねじに準じます。
2. ねじ部のインサート材質は、JIS H3250のC3602(快削黄銅)
です。
3. ネジ接合のシール材には、必ずシールテープをご使用ください。有機溶剤入
りシール材は給水栓継手の割れの原因となります。
4. テーパオネジを過度に締め込むとRpメネジが拡張し破損に至る恐れがあり
ますので、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
に示す
「標準締め付けトル
ク」
をご遵守ください。
5. 現場でネジ切り加工した鋼管のテーパオネジは接合しないでください。
6. 給水栓の接合につきましては、本カタログ末尾の「使用上の注意事項」
をご
備考 1.ねじ部は、JIS B0203(管用テーパねじ)
の平行めねじです。
覧ください。
2. ねじ部のインサート材質は、JIS H3250のC3771BD(鋳造用黄銅)
です。
呼び径 D1 D2 ℓ1 ℓ2 ねじ部の H H1 L L1 P P1 規格
呼び径
13
38 29 30 65 15 50
30.5 34.5 17 27 Rp
メーカー
16×13 30.5 34.5 17 31 Rp
43 33 33 70 18 55 規格
20×13 31.0 34.5 17 35 Rp
47 36 36 75 20 60
65
TS 継手
表中記号
J :JIS K 6743規格
印
A :AS21規格
印
(日本水道協会承認の
塩化ビニル管・継手協会団体規格)
メ :メーカー規格
印
★印:受注生産品
TS ユニオンソケット
水道 一般
VP 系(品番 5041)
、HI・VP 系(品番 6041) 水道
単位:mm
呼び径
13
16
20
25
30
40
50
(略号US)
A形
D0
18
22
26
32
38
48
60
D1
23
27.5
29.5
36.5
42
53
71
t
2.5
3.0
3.0
3.5
3.5
4.0
4.5
L
80
85
90
100
110
120
130
規格
JIS K 6743
備考 呼び径16mmは、HI・VP系のみ品揃えしています。
②TS 継手 B 形
TSソケット (略号S)
B 形・VP 系(品番 9061) 一般
HI・VP 系(品番 9661) 水道 一般
(略号RS)
L
Z
L
Z
呼び径
Z
L
150×125
200
200×150
250
250×200
300
300×250
184
150
328
200
350
250
350
420
550
660
700
800
850
900
単位:mm
規格
一般
VP系 HI・VP系
★メ
メ
★メ
メ
VU 系(品番 9061) 一般
(呼び径150×125以上)
(呼び径200以上)
呼び径
単位:mm
Z
★ 350
350×300
★ 400
400×350
規格
一般
L
200
900
380 1030
200 1000
410 1160
メ
VP 系(品番 9062) 水道 一般
TS 90°
ベンド
HI・VP 系(品番 9662) 水道 一般
単位:mm
規格
(略号90B)
呼び径
L
Z
L
° R
A
90
Z
A
B形
13
16
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
R(参考)
A
Z
水道
一般
VP系 HI・VP系 VP系 HI・VP系
L
40
40
54
80
50 150
70 100 ★ J ★
55 160
80 115
60 175
95 135
65 190 111 155
J
85 110 140 195
100 150 187 250
A ★
110 200 249 310
120 250 306 370
J
145 300 361 445
A ★
165 400 461 565
J ★
195 475 538 670
300 700 800 1000
−
350 1000 1100 1350
400 1200 1300 1600
J
J
J
−
A
J
A
J
★メ
メ
VU 系(品番 9062) 一般
−
単位:mm
呼び径
A
R(参考)
Z
L
200
250
300
350
400
450
300
350
400
450
600
650
700
1000
1200
1400
1700
1900
800
1100
1300
1500
1900
2100
1000
1350
1600
1850
2300
2550
規格
一般
メ
★メ
66
Ⅲ 接着形継手
表中記号
J :JIS K 6743規格
印
A :AS21規格
印
(日本水道協会承認の
塩化ビニル管・継手協会団体規格)
メ :メーカー規格
印
★印:受注生産品
VP 系(品番 9062) 水道 一般
TS 45°
ベンド
HI・VP 系(品番 9662) 水道 一般
(略号45B)
単位:mm
規格
L
呼び径
Z
R
L
Z
A
45°
A
B形
13
16
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
A
R(参考)
Z
40
40 31
50
50 41
55
60 45
60
75 51
65
90 58
85 110 76
100 150 99
110 200 132
120 250 160
145 300 185
165 400 227
195 475 260
310 700 400
336 1000 500
403 1200 600
L
57
71
80
91
102
131
162
193
224
269
331
392
600
750
900
水道
一般
VP系 HI・VP系 VP系 HI・VP系
★ J
★ J
J
−
J
A
A
J
J
A
★ A
J
J
★メ
メ
−
−
VU 系(品番 9062) 一般
呼び径
A
200
250
300
350
400
450
500
310
336
403
470
496
563
631
R(参考)
単位:mm
Z
700 400
1000 500
1200 600
1400 700
1700 800
1900 900
2100 1000
規格
一般
L
600
750
900
1050
1200
1350
1500
メ
★メ
水道 一般
VP 系(品番 9062) TS 22° ベンド
(略号22
HI・VP 系(品番 9662) 水道 一般
単位:mm
規格
B)
L
呼び径
Z
R
Z
A
22°
B形
A
A
R(参考)
Z
L
L
13
16
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
40
40 22
50
50 30
55
60 32
60
75 35
65
90 39
85 110 52
100 150 67
110 200 89
120 250 106
145 300 121
165 400 141
195 475 157
312 700 250
352 1000 300
413 1200 350
48
60
67
75
83
107
130
150
170
205
245
289
450
550
650
水道
一般
VP系 HI・VP系 VP系 HI・VP系
★ J
★ J
J
−
J
A
A
J
J
A
★ A
★ J
J
★メ
−
メ
VU 系(品番 9062) 一般
67
呼び径
A
200
250
300
350
400
450
500
312
352
413
473
514
574
635
R(参考)
700
1000
1200
1400
1700
1900
2100
−
単位:mm
Z
L
250 450
300 550
350 650
400 750
450 850
500 950
550 1050
規格
一般
メ
★メ
TS 継手
表中記号
J :JIS K 6743規格
印
A :AS21規格
印
(日本水道協会承認の
塩化ビニル管・継手協会団体規格)
メ :メーカー規格
印
★印:受注生産品
VP 系(品番 9062) 水道 一般
TS 11° ベンド
(略号11
HI・VP 系(品番 9662) 水道 一般
単位:mm
規格
B)
L
L
Z
呼び径
A
R(参考) Z
L
Z
R
13
16
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
A
A
11°
B形
40
40 18
50
50 25
55
60 26
60
75 27
65
90 30
85 110 41
100 150 52
110 200 67
120 250 81
145 300 91
165 400 97
195 475 110
281 700 150
351 1000 200
381 1200 200
44
55
61
67
74
96
115
128
145
175
201
242
350
450
500
水道
一般
VP系 HI・VP系 VP系 HI・VP系
★ J
★ J
−
J
J
★ A
A
J
J
A
★ A
★ J
J
★メ
メ
−
VU 系(品番 9062) 一般
−
単位:mm
呼び径
A
R(参考)
Z
L
200
250
300
350
400
450
500
281
351
381
462
532
612
692
700
1000
1200
1400
1700
1900
2100
150
200
200
250
300
350
400
350
450
500
600
700
800
900
規格
一般
メ
★メ
VP 系(品番 9062) 水道 一般
TS 5° ベンド
B)
L
L
Z
A
5°
単位:mm
規格
呼び径
A
R(参考)
Z
Z
R
(略号5
HI・VP 系(品番 9662) 水道 一般
A
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
85 110 35
100 150 44
110 200 59
120 250 68
145 300 76
165 400 81
195 475 86
272 700 100
330 1000 120
392 1200 140
L
水道
一般
VP系 HI・VP系 VP系 HI・VP系
90 ★ J
★ J
J
107
120 ★ A ★ A
−
132
J
★ J
160
A
185
★ A
J
218
★ J
300
★メ
メ
−
370
−
440
VU 系(品番 9062) 一般
単位:mm
呼び径
A
R(参考)
Z
L
200
250
300
350
400
450
500
272
330
392
454
561
673
715
700
1000
1200
1400
1700
1900
2100
100
120
140
160
230
300
300
300
370
440
510
630
750
800
規格
一般
メ
★メ
68
Ⅲ 接着形継手
表中記号
J :JIS K 6743規格
印
メ :メーカー規格
印
★印:受注生産品
単位:mm
TS S ベンド
VP 系(品番 9060) 水道 一般
呼び径
HI・VP 系(品番 9660) 水道
Z
(略号S-B)
A
L
H
R
R
A
B形
A
R(参考)
Z
H
L
13
40
90 208 150
260
16
50
100 240 150
300
20
55
105 250 150
320
25
60
120 280 150
360
30
65
130 302 200
390
40
85
150 360 200
470
50
100
150 399 200
525
75
120
250 572 300
700
100
145
300 642 300
810
150
195
475 841 300 1105
規格
VP系
HI・VP系
★ J
−
J
★ J
J
★ J
★ J
単位:mm
伸縮継手(品番 1066) 水道
一般
B
W
φD
t
L
呼び径
D
t
L
13
26
3.0
16
34
20
B
W
68
25
38
J
5.5
110
29
42
メ
35
3.5
78
29
50
25
43
4.0
89
29
56
30
48
4.0
98
33.5
63
40
59
4.5
108
38.5
79
50
72
5.0
118
39
93
備考
69
規格
J
1. 呼び径16mmは図と形状が異なり、本体は射出成形品(A形)ではありま
せん。
2. ゴム輪の材質は、JIS K 6353(水道用ゴム)の Ⅰ 類Aによります。
TSフランジおよび KV パッキン
2
TSフランジおよび KV パッキン
TSフランジ
(水道用 /JIS10K/JIS 5K)水道
■参考:TSフランジを相互に使用した
場合のボルト首寸法
KVパッキン
φd
Z
以下のような
「挟み込みタイプバタフライ弁」
には
使用不可
挟み込みタイプバタフライ弁
平ワッシャ
PCD A
φD
φD1
n-φh
一般
平ワッシャ
注)1. KVパッキンを使用。
2. 平ワッシャ2枚を両側に必ず使用。
T
L
水道フランジ
VP 系(品番 7042)、HI・VP 系(品番 7542) 水道 一般
D1
呼び径
D
A
d
40
140
105
40
50
155
120
51
80(75)
211
168
100
238
125
263
150
単位:mm
Z
ボルト首下寸法
ℓ
L
T
n-h
61
62
16
7
4-19
M16-60
73
72
20
9
4-19
M16-70
77
103
72
25
8
4-19
M16-80
195
100
132
94
26
10
4-19
M16-80
220
125
156
116
26
12
6-19
M16-80
290
247
146
185
146
27
14
6-19
M16-80
200
342
299
194
240
168
28
15
8-19
M16-85
★1 250
410
360
247
292
173
30
13
8-23
M20-90
★1 300
464
414
298
344
195
31
15
10-23
M20-90
規格
メーカー規格
備考 1. フランジ寸法は水道形です。
2. TS受口寸法は、JIS K 6741(硬質ポリ塩化ビニル管)及びJIS K 6743(水道用硬質ポリ塩化ビニル管継手)
に準じます。
3. パッキンは、
クボタシーアイ KVパッキン水道用をご使用ください。
4. ボルトは平ワッシャを用いて、片締めにならないように均等に締めつけるようにしてください。
5. 呼び径40及び50のフランジ寸法はJIS B 2220(鋼製管フランジ)、呼び径75以上のフランジ寸法はJIS G 5527(ダクタイル鋳鉄異形管)
に準じます。
6. 呼び径250以下の使用圧力は0.75MPa、呼び径300の使用圧力は0.5MPaです。
7. ★1はHI-VP系のみ受注生産品です。
JIS 5Kフランジ
JIS 10Kフランジ
VP 系(品番 7142)
、HI・VP 系(品番 7642) 水道 一般
呼び径
単位:mm
ボルト
n-h 首下寸法 規格
ℓ
VP 系(品番 7144) 水道 一般
D
A
d
D1
L
T
Z
95
70
16
31
36 14
6
4-15 M12-50
★1 15(16)
80
20
100
75
20
35
42 14
7
4-15 M12-50
20
85
25
125
90
25
43
46 14
6
4-19 M16-55
25
95
32(30) 135 100
31
49
51 16
7
4-19 M16-60
40
140 105
40
61
62 16
7
50
155 120
51
73
72 20
65
175 140
67
15(16)
d
D1
L
T
Z
60
18
29
35
9
5
4-12 M10-40
65
22
33
40 10
5
4-12 M10-40
75
25
42
46 10
6
4-12 M10-40
32(30) 115
90
31
51
50 12
6
4-15 M12-50
4-19 M16-60
40
120
95
41
57
61 12
6
4-15 M12-50
9
4-19 M16-70
50
130 105
51
70
70 14
7
4-15 M12-50
4-19 M16-70 メーカー
8-19 M16-70 規格
65
155 130
67
88
69 22
8
77 103
72 22
8
100
210 175 100 132
94 24
10
8-19 M16-75
125
250 210 125 156 116 24
12
8-23 M20-80
150
280 240 146 185 146 26
14
200
330 290 194 240 168 28
15 12-23 M20-90
250
400 355 247 292 173 30
15 12-25 M22-95
★1 300
445 400 298 344 195 31
15 16-25 M22-95
80(75) 185 150
8-23 M20-85
備考 1. フランジ寸法はJIS B 2220(鋼製管フランジ)
に準じます。
2. TS受口寸法は、JIS K 6741(硬質ポリ塩化ビニル管)、JIS K 6743
(水道用硬質ポリ塩化ビニル管継手)及びAS21(水道用硬質塩化ビニル
管継手)
に準じます。
3. パッキンは、
クボタシーアイKVパッキン
(JIS 10K)
をご使用ください。
4. ボルトは平ワッシャを用いて、片締めにならないように均等に締めつける
ようにしてください。
5. 呼び径250以下の設計圧力は1.0MPa、呼び径300の設計圧力は
0.65MPaです。
6. ★1はHI-VP系のみ受注生産品です。
呼び径
D
A
単位:mm
ボルト
n-h 首下寸法 規格
ℓ
87
70 14
9
4-15 M12-50
77 102
72 14
8
4-19 M16-55
100
200 165 100 130
93 16
9
8-19 M16-60
125
235 200 125 157 114 16
10
8-19 M16-60
150
265 230 146 186 143 18
11
8-19 M16-65
80(75) 180 145
メーカー
規格
備考 1. フランジ寸法は、JIS B 2220(鋼製管フランジ)
に準じます。
2. TS受口寸法は、JIS K 6743(水道用硬質塩化ビニル管継手)及び
AS21(水道用硬質塩化ビニル管継手)に準じます。
3. 形状はサイズにより図面と一部異なります。
4. 設計圧力は0.5MPaです。
5. ★1はVP系のみ受注生産品です。
70
Ⅲ 接着形継手
表中記号
★印:受注生産品
KV パッキン(フランジ用ガスケット)
(水道フランジ形 /JIS10Kフランジ形)水道
一般
7
H2
φD
PCD A
φd
H1
n-φh
5
5
3
水道フランジ形(品番 9743) 水道
呼び径
単位:mm
D
A
H1
H2
40
140
105
43
81.0
75.0
4-19
50
155
120
154
188.5
182.5
4-19
75
211
168
180
117.0
110.5
4-19
238
195
102
132.5
124.0
4-19
263
220
127
145.0
136.5
6-19
150
290
247
151
158.5
150.0
6-19
200
342
299
200
184.5
176.0
8-19
★ 250
410
360
252
218.5
210.0
8-23
★ 300
464
414
300
245.5
237.0
10-23
H1
H2
n-h
★
材質
一般
100
★ 125
SBR
JIS 10Kフランジ形(品番 9742) 水道
呼び径
材質
15
n-h
一般
A
d
95
70
18
57.0
52.5
4-15
59.5
55.0
4-15
20
100
75
25
125
90
30
73.0
67.5
4-19
32
135
100
37
78.0
72.5
4-19
40
140
105
43
80.5
75.0
4-19
155
120
54
88.5
82.5
4-19
175
140
69
99.0
92.5
4-19
65
EPT
(EPDM)
80
185
150
80
104.0
97.5
8-19
100
210
175
102
118.5
110.0
8-19
125
250
210
127
138.5
130.0
8-23
150
280
240
150
153.5
145.0
8-23
200
330
290
198
180.5
170.0
12-23
250
400
355
249
215.5
205.0
12-25
★ 300
445
400
300
238.0
227.5
16-25
備考 EPTの使用温度範囲は−40∼90℃です。
使用可能なパッキンの種類
パッキン
TSフランジ
JIS 10K
フランジ
水道フランジ
JIS 10K形
水道形
EPT
(EPDM)
SBR
VP
○
HI-VP
○
VP
○
HI-VP
○
規格
メーカー規格
単位:mm
D
22
50
71
d
規格
メーカー規格
バルブ
1
ハイゲート弁
72
Ⅳ
バルブ
表中記号
★印:受注生産品
1
ハイゲート弁
水道 一般
ハイゲート弁ゴム輪形 キャップ式(品番 7161)
〈日本水道協会規格 JWWA B125:2013〉
左回り開き
<キャップ式>
右回り開き
φD1
□32
H2
φd1
φd2
H1
H
70
□38
P
L
単位:mm
呼び径
d1
(平均内径)
d2
P
L
H1
H2
H
D1
弁棒
回転数
(回)
参考質量
(kg)
50
60.9±0.6
50
110±5
320
210
45
300
140
14
4.5
75
90.2±0.7
75
120±5
360
270
65
360
170
15
8.0
★100
115.3±0.7
100
130±5
420
325
80
415
210
18
13.0
規格
JWWA
規格
備考 1. ハンドル式は全て受注生産式です。
2. 使用圧力(静水圧)
は0.75MPaです。
ハイゲート弁水道フランジ形 キャップ式(品番 7163)
〈日本水道協会規格 JWWA B125:2013〉
左回り開き
<キャップ式>
右回り開き
φD1
φD1
□32
D/2
φd2
φD
PCD C
φd1
H1
H
70
□38
T
n-φh
L
単位:mm
呼び径
d1
d2
★ 40
40
★ 50
50
75
75
H
D1
弁棒
(kg)
回転数 参考質量
(回)
D
C
n-h
T
L
H1
40
140
105
4-19
20
165
200
300
140
12
4.5
50
155
120
4-19
23
180
210
300
140
14
5.5
75
211
168
4-19
26
240
270
360
170
15
10.0
27
250
325
415
210
18
13.5
100
100
100
238
195
4-19
★ 125
125
110
263
220
6-19
30
260
−
455
235
22
15.5
150
150
130
290
247
6-19
32
280
−
496.5
270
19
23.0
備考 1. 形状はサイズにより画面と一部異なります。
2. パッキン2枚およびワッシャがボルトの穴数分付属しています。
3. 呼び径別の圧力基準
呼び径
150以下
73
圧力区分
使用圧力(静水圧)
圧力基準
0.75MPa以下
規格
メーカー規格
JWWA
規格
ハイゲート弁
表中記号
★印:受注生産品
ハイゲート弁 JIS 10Kフランジ形 キャップ式(品番 7165)
左回り開き
<キャップ式>
右回り開き
φD1
φD1
□32
D/2
φd2
φD
PCD C
φd1
H1
H
70
□38
T
n-φh
L
単位:mm
呼び径
d1
d2
★ 40
40
★ 50
50
D
C
n-h
T
L
H1
H
40
140
105
4-19
20
165
200
300
140
12
4.5
50
155
120
4-19
23
180
215
300
140
14
5.5
25
200
275
360
170
15
8.5
415
210
18
13.0
496.5
270
19
23.0
★ 75
75
75
185
150
8-19
★ 100
100
100
210
175
8-19
25
230
330
★ 150
150
130
280
240
8-23
28
270
−
D1
弁棒
回転数 参考質量(kg)
(回)
規格
メーカー規格
備考 1. 形状はサイズにより図面と一部異なります。
2. パッキン2枚およびワッシャが、
ボルトの穴数分付属しています。
3. 設計圧力(静水圧+水撃圧)
は1.0MPaです。
ハイゲート弁水道フランジ形 -NAフランジ付(SGR-NAフランジ付き) キャップ式(品番 7163)
左回り開き
右回り開き
<キャップ式>
φD1
□38
P
n-φh
φd1
φd2
φD
PCD C
φd0
H1
H
70
□32
T L
B
単位:mm
呼び径
d0
d1
d2
★ 75
90.2
75
75
211 168 4-19
26
弁棒
L
B
P
H1
H
D1 回転数 参考質量(kg)
(回)
15.0
240 545 120±5 270 360 170 15
★100 115.3 100 100
238 195 4-19
27
250 585 130±5 325 415 210
D
C
n-h
T
18
20.5
規格
メーカー規格
備考 1. バルブ本体は、
日本水道協会規格品です。
2. 形状はサイズにより図面と一部異なります。
3. 使用圧力(静水圧)
は0.75MPaです。
74
Ⅳ バルブ
表中記号
★印:受注生産品
ゲートバルブ標準型(Pタイプ)上水フランジ形キャップ式(品番 7163)
左回り開き
右回り開き
t
L
φD
H1
φd'
φd
P.C.D.
C
H
φD2
n-φh
単位:mm
呼び径
d
d'
D
C
n
h
L
t
D2
H
H1
★ 200
196
168
342
299
8
19
300
33
310
555
143
★ 250
247
210
410
360
8
23
380
30
360
675
175
★ 300
298
255
464
414
10
23
400
31
410
772
195
備考 1. 本製品は旭有機材工業(株)製です。
2. 組立品の外観・形状は呼び径により図面と若干異なります。
75
規格
メーカー規格
レジンコンクリート製
プレハブ弁室
1
レジコン弁室
2
付属品
76
Ⅴ
1
レジンコンクリート製プレハブ弁室
レジコン弁室
水道 一般
開口部周辺の形状・寸法
単位:mm
管の
呼び径
砂利付け加工
I
管 種
φD1
φD2
B1
D2
A1
A2
B1
B2
75
DCIP, SP 153 213 500 740 500 740
100
DCIP, SP 178 238 500 740 500 740
規格
SP 200 260 600 840 600 840
125
B2
D1
150
DCIP, SP 229 289 600 840 600 840 メーカー規格
200
DCIP, SP 280 340 600 840 600 840
250
DCIP, SP 332 392 700 940 700 940
300
DCIP, SP 383 443 700 940 700 940
備考 呼び径300以上の場合は、別途ご相談ください。
I
A1
120
A2
I − I 断面
0
60
φ
300
VBシリーズ
φ600
φ600鉄蓋
Tt *300
調コンリング
G.L.
足掛け金物
Ho
Hi
補強コンクリート
T
Li
砂利付け加工
Lo
T
砕石基礎
Tb
均しコンクリート
Wi
Wo
水抜き穴(VPφ50埋込み、
防水栓付)
VBシリーズ
型 式
単位:mm
本体寸法
Wi Wo
Li
Lo
Hi
規格
Ho
Tt
Tb
T
VB1015 1000 1090 1500 1590 1200 1335
85
50
VB1018 1000 1100 1800 1900 1500 1660
90
70
VB1323 1300 1400 2300 2400 1500 1665
90
75
50 メーカー規格
型 式
単位:mm
本体寸法
T
45
VB1515 1500 1600 1500 1600 1700 1900 100 100
50
50
VB1818 1800 1920 1800 1920 1700 1920 110 110
60 メーカー規格
VB2020 2000 2140 2000 2140 1700 1920 110 110
70
60
VB1432 1400 1530 3200 3330 1700 1905 105 100
65
Wi Wo
Li
*G.L.からの土被り
車道下埋設:300以上
歩道下埋設:200以上
Lo
Hi
Ho
Tt
規格
Tb
VB1430 1400 1520 3000 3120 1500 1705 105 100
77
VBシリーズ
レジコン弁室
T
Li
T
T
Wi
Wo
T
MBシリーズ
Lo
量水器鉄蓋
調整コンクリート
レジコンマンホール
T2
型 式
MB609
MB612
MB912
T2
Li
T
Wi
単位:mm
タイプ
MBシリーズ
※車道設置下の場合300以上
歩道設置下の場合200以上
H0
Hi
200
足掛け金物
Wi
Wo
Li
Lo
Hi
Ho
T
T2
A
600
680
900
980
700
850
40
80
B
600
680
900
980
850
1000
40
80
C
600
680
900
980
1000
1150
40
80
A
600
690
1200
1290
695
850
45
85
B
600
690
1200
1290
845
1000
45
85
C
600
690
1200
1290
995
1150
45
85
A
900
1000
1200
1300
690
850
50
90
B
900
1000
1200
1300
840
1000
50
90
C
900
1000
1200
1300
990
1150
50
90
規 格
メーカー規格
78
Ⅴ レジコン弁室
2
付属品
調整コンクリートリング
(セメントコンクリート製)
単位:mm
呼び径
3- 25穴
D
H
足掛け金具
P
50 760
φ600 × 50
820
φ600 ×100
820 100 760
φ600 ×100S
820 100 760
φ900 ×100
1370 100 1050
φ900 ×100S 1370 100 1050
P
無し
無し
有り
無し
有り
参考質量
(kg)
29
58
59
180
181
300
(256)
ハシゴ取付金具
足掛け金具
H
SUS403+PP被覆=φ600用
(SS400+亜鉛メッキ=φ900用)
呼び径
D
※( )内寸法はハシゴ型タイプを示します。
蓋固定金具
単位:mm
M16ナット×2
M16ワッシャー×2
M16ボルト×1
適用調コン高さ
50以下
50∼100
100∼150
150∼200
200∼250
250∼300
300∼350
350∼400
400∼450
450∼500
130
180
230
280
330
380
430
480
530
580
ハシゴ
単位:mm
寸法
種別
16R
1号
2号
3号
4号
5号
6号
7号
8号
9号
250
50
230
250
190
250
t=6(1号∼8号)
t=9(9号)
250
接合剤
R16(1号∼5号)R19(6号∼9号)
250
φ19
丸鋼
250
L
250
250
32×6平鋼(1号∼5号)、38×6(6∼8号)、38×9平鋼(9号)
(mm)
備考
1500
1800
2100
2550
2700
2750
3150
3450
3850
250
50
100
50
200
200
150
200
100
FB6×32
FB6×32
FB6×32
FB6×32
FB6×32
FB6×38
FB6×38
FB6×38
FB9×38
備考 材質はSS400(溶融亜鉛メッキ)、SUS304(ステ
ンレス)の2種類があります。
32(1号∼5号)
38(6号∼9号)
VBシリーズ
MBシリーズ
タイプ
セット数
適用型式
A(4kg)
1
VB1018、
1015
AL-1
(1kg)
1
MB609
B(5kg)
1
VB1323、
1515
AL-2
(2kg)
1
MB612、
912
C(6.5kg)
1
VB1430、
1818
D(7.5kg)
1
VB1432、
2020
備考 分割タイプの場合のみ使用します。
79
L(mm)
タイプ
セット数
適用型式
接合用品・その他
接着剤・滑剤
1
ビニル系接着剤
2
滑剤
3
接着剤・滑剤の使用量
80
接合用品・その他
接着剤・滑剤
1
ビニル系接着剤 (品番1039)
タフダイン赤
タフダイン青
100g 缶(ハケ付)
500g 缶(ハケ付)
JWWA S101準拠品
JWWA S101準拠品
用途 TS接合用
性状 高粘度速乾性(赤缶)
(粘度1,700mPa・s)
用途 TS接合用
性状 低粘度速乾性(青缶)
(粘度150mPa・s)
タフダインHI
500g 缶(ハケ付)
1kg 缶
(ハケ付)
・乾きやすいため、
φ200 以上の大口径管の
接続には適しません。
・HI の接着受口には使用できません。
1kg 缶(ハケ付)
HI の接着受口には使用できません。
100g 缶(ハケ付)
500g 缶(ハケ付)
タフダインHI(白)
1kg 缶(ハケ付)
500g 缶(ハケ付)
1kg 缶(ハケ付)
タフダイン黄
1kg 缶 ( ハケ付 )
管体色と対比して、
塗布状況が
ひと目でわかる白色接着剤。
接着剤の初期強度を高めた
HI 専用接着剤。
JWWA S101準拠品
3kg 缶
水道等の飲料用管路には絶対
に使用しないでください。
JWWA S101準拠品
用途 HI接着(HI・TS)受口の接合用
(一般の接着受口にも使用できます。)
性状 低粘度速乾性
(粘度500mPa・s)
用途 HI接着
(HI・TS)受口の接合用
(一般の接着受口にも使用できます。)
性状 低粘度速乾性
(粘度500mPa・s)
用途 農下水TS接合用
(呼び径200mm以上)
性状 高粘度遅乾性(黄缶)
(粘度1,000mPa・s)
接着受口用接着剤
水道
用途
呼び径
オールシーズン
容器および
刷毛の目安
VP
小
13∼50
中
65∼150
タフダイン青
タフダイン青
100g 缶
(ハケ付)
*1
500g 缶
(ハケ付)
一般(農水他)
HI・VP
大
200 以上
タフダイン赤
タフダイン赤
500g 缶
(ハケ付)
1kg 缶
(ハケ付)
500g 缶
(ハケ付)
1kg 缶
(ハケ付)
*2
小、中
13∼150
小、中
13∼150
タフダイン HI
タフダイン青
タフダイン HI(白)
100g 缶
(ハケ付)
*1 100g 缶
(ハケ付)
*1
500g 缶
(ハケ付)
500g 缶
(ハケ付)
1kg 缶
(ハケ付)
1kg 缶
(ハケ付)
*1 :100g缶はタフダイン青及びタフダインHI の 2 品種のみです。
*2 : 呼び径 200 以上の大口径管に塗布する場合は、缶から別の金属容器に必要分だけ取り出してご使用ください。
*3 : タフダイン黄の 3kg 缶にはハケが付いていません。予めご準備ください。
接着剤のご使用にあたっては、巻末に記載の「塩ビ管用接着剤の取扱い上の注意点」
をご熟読ください。
81
大
200 以上
タフダイン黄
1kg 缶
(ハケ付)
3kg 缶*2、
*3
ビニル系接着剤・滑剤
2
滑剤 (品番7000)
Vソープ
(滑剤)
1kg 缶
(ハケ付)
Vスプレー(滑剤)
2kg 樹脂容器
340ml
ゴム輪受口接合をスムーズに行う専用滑剤です。
スプレー式の滑剤でスムーズな接合が可能です。
倒立噴射も可能です。
メーカー規格品
メーカー規格品
用 途 ゴム輪(SGR)
受口接合用
性 状 粘液状
主成分 カリ石けん(水溶性)
3
用 途 ゴム輪(SGR)受口接合用
接着剤・滑剤の使用量
接着剤の使用量(参考数値)
g/1 ヶ所
13 16 20 25 28 30 35 40 50 65 75 100 125 150 200 250 300 350 400 450 500 600
呼び径
タフダイン赤
0.9 1.2 1.7 2.4 2.6 3.2 3.5 5.0 7.1 9.9 12 20 30 45 80 130 180 ̶
̶
̶
̶
̶
タフダイン青
0.6 0.8 1.1 1.6 1.7 2.1 2.3 3.3 4.8 6.6 8.1 13 20 30 ̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
タフダイン黄
タフダインHI、HI
(白)
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶ 70 105 150 205 265 330 410 595
0.6 0.8 1.1 1.6 ̶ 2.1 ̶ 3.3 4.8 6.6 8.1 13 20 30 55 ̶
̶
̶
̶
̶
̶
̶
2
備考 1. 使用量は表面積 1m あたり、
タフダイン赤は 300g、
タフダイン青は 200g、
タフダイン黄は 250g で求めたものです。
2. 各数値は TS 接合の受口、
挿し口両面塗布 1 ヶ所あたりの使用量です。
3. 材料の発注時には、
現場でのロスを見込んで 2∼3 割多めにしてください。
Vソープ
(滑剤)の使用量(参考数値)
呼び径
100
125
150
200
250
300
350
400
450
500
600
使用量
(g/1カ所)
10
15
20
25
35
50
65
90
115
140
190
備考 この使用量は、
目安を示すものですから、配管に際しては、
ロスを見込んでください。
Vスプレー(滑剤)の接合箇所数(参考数値)
呼び径
150
200
250
接合可能箇所数
35 ヶ所
23 ヶ所
15 ヶ所
82
83
施工
基本接合方法
1
切断・面取り・標線記入
2
ゴム輪接合
3
ゴム輪接合(ロング受口)
4
鋳鉄 SGR-N 形異形管の接合
5
SGR-VN 形継手の接合
6
接着接合(呼び径 50 以上)
7
接着接合(呼び径 40 以下)
8
離脱防止金具(ドックラー)
の取り付け
9
耐震金具(エルリンク)の取り付け
10
SGR-NA ベンドを組合わせてS ベンドとして使用する場合の寸法
11
SGR-NA-FN 形異形管の再接合手順
84
施工
1
切断・面取り・標線記入
管の切断
切断線の記入
切 断
2
1
幅の広い厚紙やテープを利用し
て全周にわたって切断線を記入
します。
ディスクサンダーによる場合
電動丸鋸による場合
塩ビ管用鋸による場合
切断線を目安に、管軸に対して直角に切断します。
電動丸鋸の取扱いについては
「携帯用丸のこ盤」
を使用する作業に従事する者に対する
安全教育の受講が求められています。 基安発 0714 第 3 号(H22.7 月14 日)
面取り
ディスクサンダーによる場合
ヤスリによる場合
面取り器(一般市販品)による場合
面取り器(リーマ:一般市販品)による場合
TS 接合時のみ
接合方式(TS または RR)に合わせた所定の寸法の面取りを行います。
(下表参照)
標線記入
ゴム輪接合
TS
(接着)接合
VP 系の面取り幅(X)
と管厚
(t)の関係
75
5.9
11
50
呼び径
4.5
t
X(標準) 8
100
7.1
13
125
7.5
14
面取り
単位:mm
150
9.6
18
200
11.5
21
250
14.2
25
300
17.0
30
単位:mm
呼び径
面取り幅
30 以下
1
40∼65
2
75∼150
5
200 以上
10
RR 接合、
ロングRR 接合、TS 接合では、
挿し込み標線位置はそれぞれ異なりますのでご注意ください。
標線の入れ方
SGR パイプ・継手・異形管との接合
5 13 5
管端の仕上げができると、管挿し口に
挿入長さを表す標線をマジックインキ
などで記入します。
標線はできるだけ管の全周にわたって
記入します。
約 15
TS(接着)継手との接合
(呼び径 40 以下)
X
。
約 15°
t
受口長さ
t/2
標線
接着代長さ
1
3
*
ゼロポイント
ストッパー
0
VH 系の挿し込み標線長さと面取り幅
呼び径
50
107
0
X( 標準)
8
75
120
11
100
132
13
単位:mm
150
152
18
200
175
21
VP 系の挿し込み標線長さと面取り幅
250
194
25
300
214
30
単位:mm
75 100 125 150 200 250 300
50
107 120 132 138 152 175 194 214
21
18
14
25
X( 標準) 9
11
30
13
呼び径
0
VM 系の挿し込み標線長さと面取り幅
呼び径
0
X( 標準)
VU 系の挿し込み標線長さと面取り幅
350
97
27
400
244
30
単位:mm
450
263
34
500
276
37
標線位置
(接着代長さ)単位:mm
1
3
受口長さ
受口長さ
26
30
35
40
44
55
呼び径
13
16
20
25
30
40
*受口に挿し口を軽く挿入して、
管が止まる位置
標線位置
(接着代長さ)
SGR-ロングNAパイプとの接合
標線(管挿入位置)
X
標線(耐震金具取付位置)
約 15゜
t
t/2
単位:mm
75 100 125 150 200 250 300 350 400 450 500 600
114 125 132 144 171 149 206 224 236 254 266 312
0
5
6
68
12
15
18
20
21
22
25
27
33
X( 標準)
呼び径
85
TS(接着)継手との接合
(呼び径 50 以上)
13
1
75
2
呼び径
50
75
100
125
150
200
t
4.5
5.9
7.1
7.5
9.6
11.5
X
8
11
13
14
18
21
1
156
166
179
191
201
222
2
231
241
245
266
276
297
呼び径
50
65
75
100
125
150
200
250
300
350
400
450
500
600
受口長さ
[63]
[61]
[64]
[84]
[104]
[132]
[200]
[250]
[300]
[350]
[400]
[450]
[500]
[600]
単位:mm
1/3
20
20
25
30
35
45
67
84
100
117
134
150
167
200
施工
2
ゴム輪接合
SGR-NA パイプ、
SGR 継手・鋳鉄 SGR 異形管の接合
清掃
Vソープの塗布
1
2
受口内面および挿し口外面を乾
いたウエスなどで清掃します。
受口内面ゴム輪部、挿し口外面
の順に、塗りムラのないよう円
周方向に均一に V ソープを塗布
します。この時、挿し口は管端
から標線まで全円周にわたって
塗布してください。
ゴム輪の汚れがひどい場
合は、
ゴム輪を取外し、
ゴム
輪溝に付着した土砂をウ
エスで拭取ってください。
チェックゲージによる検査
4
挿入
3
荷締器による場合
挿入機(一般市販品)による場合
管軸を合わせ、2 本の標線の間まで一気に挿入します。
力をかけながら締める
荷締器
完成
5
たたき込みによる挿入は行わないでください。
ゴム輪が溝から
離脱する事故の原因になります。
管挿入後、全円周にわたってゴ
ム輪が正常な状態かどうかチェッ
クゲージで確認します。異常が
認められた場合は直ちに管を抜
き、作業をやり直してください。
ゴム輪の再装着
受口からの取外し
ゴム輪の洗浄
装着方法
ゴム輪溝への装着
1
2
3
4
ゴム輪の汚れがひどい場合は、
ゴム輪を取外し、ゴム輪溝に付
着した土砂をウエスなどで拭取
ってください。原則としてゴム
輪を外さないでゴム輪内周面
を清掃するだけで十分です。
ゴム輪を洗浄するとともに、装
着を容易にするため、水でゴム
輪を濡らします。
ゴム輪の装着は「ハート形」に
すれば容易に装着できます。
装 着 後、ゴム輪がゴム輪 溝 へ
確実に装着されているかどうか
確認してください。
Vソープの 塗 布 面に砂や
異物が付着していると、接
合不良の原因になります。
水の代わりに石けん水、滑
剤 などは使 用しな いでく
ださい。
ゴム輪が溝から離
脱する事故の原因になり
ます。
ゴム 輪 の 装 着 方 向(管 の
入り口 側と奥 側)を、間 違
えないように注意してくだ
さい。
86
Ⅶ 施工
3
ゴム輪接合(ロング受口)
HI・SGR-ロングNAパイプの接合
清掃
Vソープの塗布
挿入
1
2
受口内面および挿し口外面を乾
いたウエスなどで清掃します。
受口内面ゴム輪部、挿し口外面
の順に、塗りムラのないよう円周
方向に均一に V ソープを塗布し
ます。この時、挿し口は管端から
標線まで全円周にわたって塗布し
てください。
ゴム輪の汚れがひどい場
合 は、ゴ ム 輪 を 取 外し、
ゴム輪溝に付着した土砂
をウエスで拭取ってくだ
さい。
チェックゲージによる検査
3
4
荷締器による場合
管軸を合わせ、2 本の標線の間
まで一気に挿入します。
たたき込みによる挿入は
行わないでください。ゴ
ム輪が溝から離脱する事
故の原因になります。
管挿入後、全円周にわたってゴ
ム輪が正常な状態かどうかチェッ
クゲージで確認します。異常が認
められた場合は直ちに管を抜き、
作業をやり直してください。
完成
5
正しい位置に!
伸縮代を
確保する
管の接合に際しては、正しい位置に必ずセットしてください。
正しい位置にセットしないと、
±75 ㎜(管長 5m の±1.5%)の
伸縮量をもたせた耐震機能を損ないます。
HI・SGR-ロングNAパイプ 標線及び離脱金具取り付け
①SGR-NA ベンドに装着する場合
②ロング -NA パイプに装着する場合
ゴム輪
HI・SGR-ロングNA パイプ
アーム
SGR-NA ベンド
標線長さmm
(参考)
口径
φ50
ロング NA パイプ
156
SGR-NA ベンド
107
φ75
166
120
φ100
179
132
φ150
201
152
φ200
222
175
アーム
ゴム輪
備考:1. 横線について
①ロング NA パイプ挿ロとSGR−NA ベンド受口の接合は、挿ロにべンド受口長さの
横線記載を行い、接合作業を行ってください。
②SGR−NA ベンド挿口とロング NA パイプ受口の接合は、ベンドの横線に従い接合
作業を行ってください。
2. 離脱防止金具(ドックラー)は、NA−SL 形の使用をお願いします。
アームは NA ベンド・ロング NA パイプ兼用です。
①NA ベンド受口はアームの短い方を取り付けてください。
②ロング NA パイプ受口はアームの長い方を取り付けてください。
3. 耐震金具は、NA−L 形の使用をお願いします。
87
HI・SGR-ロングNA パイプ
施工
4
鋳鉄SGR-N形異形管の接合
清掃および滑剤の塗布
挿入
1
2
受口、ゴム輪、離脱防止リング、ハウジング
をきれいに清掃した後、受口部のゴム輪およ
び挿し口全周にわたり V ソープを塗布します。
軸芯を合わせ、ゴム輪の手前までパイプを差
し込みます。挿入機(プーラー)を用いて標
線まで挿入します。(伏せ越し、立ち上げの
場合を除いて、鋳出マークを上面に配置して
ください。また、ハンマーでのたたき込みや
バックホーなどでの挿入は絶対に避けてくだ
さい。)
確認
3
チェックゲージを用いてゴム輪が正常な位置
にあるかどうかも確認します。
完成
4
万一、正しく接合できなかった場合は下図のようにして
パイプの抜きかた( )
パイプを抜き、再度接合してください。
ご注意 再施工時には必ずゴム栓、
ピンを元通りセットして
から施工してください。
受口のあるパイプと接合している場合
①異形管にセットされた「回り止めピン」
を抜きます。
②ハウジングのロック部を 45°
程度回転させます。
③パイプを矢印方向に抜き取ります。
④離脱防止リング拡径穴からゴム栓を外してドライバーな
どを差し込み、
リング切欠部の先にあてがってリングを押
し拡げます。
⑤ リングを押し拡げながら、ハウジングを矢印方向に抜き
取ります。
受口のないパイプと接合している場合
①異形管にセットされた「回り止めピン」
を抜きます。
②ハウジングのロック部を 45°
回転させます。
③パイプを矢印方向に抜き取ります。
④ハウジングを矢印方向に抜き取ります。
パイプを抜いた後、再度接合する場合には特に下記事項
にご注意ください。
①パイプに傷がないかをよく調べ、傷のある場合は切断
するか新しいパイプに取り替えてください。
②パイプを抜くときに継手からはずしたハウジング、回り
止めピン、
ゴム栓を元どおりセットしてください。
③離脱防止リングにゴミ等が付着していないか確認して
ください。
④上述の施工方法に従い再度接合してください。
88
Ⅶ 施工
5
SGR-VN形継手の接合
切断・面取り・標線記入
1. 管の切断および面取り
2. 標線の記入
切断線が管軸に対して直角になるように切断
します。次に下表に示す所定の寸法の面取り
を行います。
管には必ず所定寸法の面取りを行っ
てください。
面取りなしや面取り不足の状態では
挿入できません。
万一挿入できた場合
でもゴム輪離脱等の恐れがあります。
管挿し口に挿入長さを示す標線をマジックなどでできるだけ管の全周にわたって記入します。
RR 接合とロングRR 接合では、挿し込み標線位置はそれぞれ異なりますのでご注意ください。
SGR パイプとの接合
ロングNA パイプとの接合
標線 ( 管挿入位置 )
標線 ( 耐震金具取付位置 )
5 13 5
約 15。
約 15゜
X
約 15°
t
t/2
13
75
0
1
2
面取代(X)
と管厚(t)の関係
挿し込み標線長さ
呼び径
t
挿し込み標線長さ
単位:mm
単位:mm
単位:mm
呼び径
呼び径
X(標準)
50
4.5
8
50
107
50
156
231
75
5.9
11
75
120
75
166
241
100
7.1
13
100
132
100
179
245
150
9.6
18
150
152
150
201
276
接合
ゴム輪の清掃
1
Vソープの塗布
挿 入
2
てこ棒を使って挿入しないでください。
標線位置で止めるのは非常に困難です。
3
受口内面および挿し口外面を乾
いたウエスなどで清掃します。
ゴム輪の汚れがひどい場合
は、
右ページの
「ゴム輪の再
装着」を参考に清掃してく
ださい。離脱防止リングで
ケガをする恐れがあります
ので注意してください。
荷締め機による場合
受口内面ゴム輪部、挿し口外面
の順に、塗りムラのないよう円
周方向に均一にVソープを塗布
します。このとき、挿し口は管
端から標線まで全円周にわたっ
て塗布してください。
挿入機(一般市販品)による場合
引き込みながら後方に力を加える
荷締め機
たたき込みによる接合は、
絶対行わないでください。
ゴム輪が離脱する事故の原因になります。
チェックゲージによる検査
4
管挿入後、ゴム輪が正常な状態
かどうかチェックゲージで確認し
ます。離脱防止リングの切欠き
部(受口端面の△印部)および
チェックゲージ挿入溝(受口端
面の□印部)にチェックゲージ
を差し込んで確認します。
89
完成
チェックゲージの挿入位置
5
完了です。
計 3 箇所 呼び径 50
計 4 箇所 呼び径 75∼150
施工
継手どうしが隣接する場合(ご参考)
継手どうしが隣接し、荷締機による挿
入が困難な場合は、次のように市販の
挿入機を用いて接合したり、市販のサ
ドルバンドを標線位置に固定し、標線
位置以上は挿入しないように配管して
ください。
市販の挿入機を使用する場合
市販のサドルバンド等を使用する場合
サドルバンド
再施工について
再施工は必ず再施工治具を使用してください。
チェックゲージで確認した際、
ゴム輪がころんでいた場合や、誤って標線位置より深く
挿入した場合には再施工を行う必要があります。その手順は以下の通りです。
1
2
3
4
受口端面の離脱防止リング切欠
き 部(受 口 端 面 の△印 部)①に
再施工治具をハンマー等で挿
入します。
左右 120°
で振り分けた 2 箇所
②、③に再施工治具を挿入しま
す。
再施工治具を叩きながら継手を
引き抜きます。
完了です。
再施工治具の挿入位置
再施工上のご注意
①
再施工治具
再施工は2回以上行わないでく
ださい。
何度も行うと離脱防止リ
ングが傷み、離脱防止機能が働
かなくなる可能性があります。
120°
120°
120°
120°
120°
120°
②
③
再施工治具は
別売です。
ゴム輪の再装着
受口からの取外し
ゴム輪の洗浄
装着方法
ゴム輪溝への装着
1
2
3
4
ゴム輪の汚れがひどい場合は、
ゴム輪を取外し、ゴム輪溝に付
着した土砂をウェスなどで拭取
ってください。原則として付着
物がない場合は、ゴム輪内周
面を清掃するだけで十分です。
ゴム輪を洗浄するとともに、装
着を容易にするため、水でゴム
輪を濡らします。
ゴム輪の装着は「ハート形」に
すれば容易に装着できます。
装着後、ゴム輪がゴム輪溝へ
確実に装着されているかどうか
確認してください。
Vソープの塗布面に砂や異
物が付着していると、接合
不良の原因になります。
水の代わりに石けん水、滑
剤などは使用しないでくだ
さい。
ゴム輪が溝から離脱
する事 故 の 原 因になりま
す。
ゴム 輪 の 装 着 方 向(管 の
入り口 側と奥 側)を、間 違
えないように注意してくだ
さい。
ゴム輪の取外しおよび再
装着時に離脱防止リングで
ケガをする恐 れが ありま
す。注意して作業してくだ
さい。
90
Ⅶ 施工
6
接着接合(呼び径 50 以上)
清掃
接着剤の塗布
挿入
完成
1
2
3
4
継手内面および管挿し口外面を
乾いたウエスなどで清掃します。
なお荷締機およびワイヤー等は
予めセットしておきます。
継手内面、管挿し口の順に、薄
く塗りムラや塗り洩らしのないよ
う、円周方向に均一に塗布します。
接着剤を塗り終わったら、直ちに
管を継手にひねらず標線まで一
気に挿入し、そのまま保持します。
接合後、はみ出した接着剤は直
ちに拭取り、接合部に無理な力
を加えないようにしてください。
接着剤の塗布面に土砂や
水、油 類 が 付 着して いる
と接着不良の原因となり
ます。
夏期の作業では、塗布作
業中の乾燥を極力防止す
るため、2 名での作業等を
適宜行ってください。
呼び径
(mm)
50
65∼150 200以上
標準押え
夏期1分以上
30秒以上 60秒以上
時間
冬期3分以上
※標線の記入方法は P85 を
ご覧ください。
7
接 合 後、通 風などにより
溶剤ガスを排除してくだ
さい。
接着接合の標準保持時間
管が破損する恐れがある
ため、
たたき込みによる挿
入は絶対にしないでくだ
さい。
接着接合(呼び径 40 以下)
清掃
接着剤の塗布
挿入
完成
1
2
3
4
継手内面および管挿し口外面を
乾いたウエスなどで清掃します。
継手内面、管挿し口の順に、薄
く塗りムラや塗り洩らしの な い
よう、円周方向に均一に塗布し
ます。
接 着 剤を塗り終 わったら、直
ちに管を継手にひねらず標線
まで一 気に挿 入し、そ のまま
保持します。
接合後、はみ出した接着剤は直
ちに拭取り、接合部に無理な力
を加えないようにしてください。
接着剤の塗布面に土砂や
水、油 類が付 着している
と、接 着 不 良 の 原 因とな
ります。
※標線の記入方法は P85 を
ご覧ください。
呼び径(mm)
40 以下
標準押え時間
30 秒以上
管が破損する恐れがある
ため、たたき込 みによる
挿入は絶対にしないでく
ださい。
呼 び 径 40 以 下 の 標 線
位 置 は 管 端 から 継 手 の
受口長さの位置としまし
たが、必 ずしも継 手 のス
トッパーまで入らなくて
もかまいません。但し、接
着剤の乾燥等により入ら
ない場合は、接合部を切
断し、新しい 継 手を使 用
して再度接合しなおして
ください。
91
接 合 後、通 風などにより
溶剤ガスを排除してくだ
さい。
施工
8
離脱防止金具(ドックラー)の取り付け
ドックラーの装着は、パイプの接合を確認してから行っ
てください。
ドックラー NA-NC 形
ドックラー NA-NV 形
SGRベンド
ドックラーは、接合管種に合わせて、NV 形、NC 形、NT
形、NS 形、
SL 形を使い分けてください。
ドックラー NA-NV 形
パイプとサドルとの間に小石や土砂をはさみ込まないよ
うにしてください。
鋳鉄 SGR 異形管
サドルのボルト締めは、片締めにならないように交互に
締付けてください。
必ずパイプが標線まで挿入されていることを確認した
後、挿し口サドルを受口から10mm の位置にセットして
ください。
SGR-NAパイプ
(定尺管)
ドックラーのボルト締付トルク
呼び径
ボルト締付トルクN・m(kgf・m)
50
30∼40(3.1∼4.1)
75
40∼50(4.1∼5.1)
100
挿し口用サドル
125
挿し管
50∼60(5.1∼6.1)
150
200
250
300
NV 形
(SGR-NA パイプ・SGR 継手用)
70∼90(7.1∼9.2)
80∼100
(8.2∼10.2)
接合手順
①挿し口用サドルの仮止め
②受口用サドルのセット
③アームのセット
④ボルトの本締め
矢印
(▶)
を受口側に
向けて装着してください。
⑤完了
※ボルト廻り止めのないサドルを上側にしてください。
92
Ⅶ 施工
SL 形
(HI・SGR-ロングNA パイプ用)
接合手順
①挿し口用サドルの装着と仮止め
②受口用サドルのセット
③アームのセット
④ボルトの本締め
2
4
1
GR
・S
HI ング
口
ロ
4
NA
3
受
口
挿し
ンド
ベ
R
SG
矢印
(▶)
を受口側にしてください。
3
⑤完了
※ボルト廻り止めのないサドルを上側に
してください。
NC 形
接合手順
(鋳鉄 SGR 異形管用)
アームに前後
(受口側・挿し口側)
の
方向性はありません。
矢印
(▶)
を受口側に
向けて装着してください。
※ボルト廻り止めのないサドルを上側にしてください。
93
①挿し口用サドルの仮止め
②アームのセット
③ボルトの本締め
④完了
施工
NT 形
(SGR-NA チーズ用・ハイゲート弁ゴム輪形用) 接合手順
矢印
(▶)
を
受口側に向けて
装着してください。
①受口用サドルの装着
②挿し口用サドルの仮止め
③アームのセット
④ボルトの本締め
⑤完了
アームに前後
(受口側・挿し口側)
の方向性はありません。
※ボルト廻り止めのないサドルを上側にしてください。
NS 形
接合手順
(SGRソケット用)
3
3
①サドルの装着と仮止め
②アームのセット
③ボルトの本締め
④完了
3
3
1
2
2
アームに前後
(受口側・挿し口側)
の
方向性はありません。
矢印(▶)
を受口側に
向けて装着してください。
※ ボルト廻り止めのないサドルを上側にしてください。
※ アームの取り付け位置に注意してください。
94
Ⅶ 施工
9
耐震金具(エルリンク)
の取り付け
本製品は、
曲がり部等の接合部に装着するスラスト防護用離脱防止金具ではありません。
地盤の大変位が生じた場合に隣接した接合部への力を伝達・分散するためのものです。
接合手順
②受口用サドルをセットします。
①挿し口用サドルを標線位置に合せて装着し、仮止めします。
③アームをセットします。
※ボルト廻り止めのない
サドルを上側にしてく
ださい。
④ボルトを本締めします。
⑤完了
エルリンクの装着は、
パイプの接合を確認して
から行ってください。
パイプとサドルとの間に小石や土砂をはさみ込
まないようにしてください。
サドルのボルト締めは、片締めにならないよう
に交互に締付けてください。
エルリンクのボルト締付トルク
ボルト締付トルク
N・m(kgf・m)
呼び径
50
50 (5.1)
75
50 (5.1)
100
60 (6.1)
125
60 (6.1)
150
60 (6.1)
200
80 (8.2)
ベンド曲管
10 SGR-NA ベンドを組合わせて S ベンドとして使用する場合の寸法
90°
曲管
45°
曲管
22
°
曲管
11
単位:mm
°
曲管
5
°
曲管
呼び径
L
95
H
L
H
40
615
615
813
337
50
535
535
609
252
L
H
L
H
L
H
814
162
782
77
758
37
568
113
525
52
493
24
75
755
755
792
328
683
136
604
60
553
27
100
865
865
877
363
741
147
644
63
589
29
125
1085
1085
1052
436
856
170
721
71
648
32
150
1220
1220
1180
489
962
191
810
80
722
35
200
1615
1615
1562
647
1260
251
1060
104
948
47
250
1870
1870
1792
742
1443
287
1208
119
1077
53
300
2215
2215
2074
859
1645
327
1347
133
1187
58
施工
11 SGR-NA-FN 形異形管 ( 離脱防止リング内蔵型 ) の再接合手順
万一、ゴム輪のコロビなどで正しく接合できなかった場合は、滑剤が乾燥するまでの間に下記の手順でパイプを抜き、
再度接合しなおしてください。
1
●次の工具を準備してください。
・ラジオペンチ、フラットノーズプライヤー等
・下敷き又は金属板(厚み 0.3mm程度)
(例)下敷き(A4 サイズ)の場合
φ200:約 3 枚、
φ500:約 5 枚
※工具はホームセンター等で購入できます。
下敷き・金属板
2
ラジオペンチ等
●離脱防止リング拡径孔のゴム栓を外します。
リング切欠部にラジオペンチ等の先をあてがいリングを
押し拡げます。
※ペンチのストロークが足り
ない時は、スペーサ等を
ガイドにしてリングを押し
拡げて下さい。
離脱防止リングを拡げる
スペーサ
※離脱防止リングの切欠部からラジオペンチ等が外れないように注意
してください。
※マイナスドライバーの拡径作業は、大口径や横向きでは困難になり
ます。
3
●離脱防止リングを押し拡げた状態で、下敷き、金属板
(厚さ 0.3mm程度)などの薄板を受口部 全周に挿入
してください。
※リングを拡径する人と薄板を挿入する人の 2 人作業になります。
※薄板が全周に挿入できていない場合は、離脱防止リングがパイプ
に食い込み、引き抜き作業が出来なくなりますのでご注意ください。
薄板を全周に挿入する
4
●パイプを継手から引き抜く場合は、挿入機等をご使用
ください。
※φ200 程度であれば人力で引き抜くことも可能です。
96
一般圧送管の標準配管例
地盤変化層の配管
離脱防止金具
(ドックラー NA-NV 形 )
SGR-NAパイプ
5m 定尺管
SGR-NAパイプ
5m 定尺管
約 10m
SGRソケット
ドックラー NA-NS 形
ドックラー
2.5m 短管 ( 切管残材 ) NA-NS 形
ドックラー NA-NV 形
ドックラー NA-NV 形
SGR-NAパイプ
5m 定尺管
SGRソケット
2.5m 短管
( 切管残材 )
通常の砂基礎
軟弱地盤
普通地盤
備考 図のようにSGR-NAパイプ (5m 定尺管)
を半分に切管し、
SGRソケットと組み合わせれば効率的です。
水そう回りの配管
クボタハイゲート弁
水槽
ドレッサー形ジョイント
(またはKCジョイント)
離脱防止金具
(ドックラー NA-NC 型 )
空気弁 ( 単口 )
SGR-NAフランジ
離脱防止金具
(ドックラー NA-NT 型 )
SGR-NAフランジ
ドレッサチーズ
SGR-NA 定尺管
SGR-NA 定尺管
調整用短管
離脱防止金具
(ドックラー NA-NT 形 )
栗石
SGRフランジ短管
アンカー
コンクリート
砂利またはクラッシャラン
伏せ越し工
G.L.
W.L.
空気弁 ( 単口 )
SGR-NA 短管
SGR-NA 定尺管
SGR-NA 短管
SGR ベンド
SGR ベンド
ドレッサ
チーズ
通常の2倍厚
の砂基礎
砂利またはクラッシャラン
SGR-NA 短管
SGR-NA 定尺管
97
一般圧送管の標準配管例
空気弁工
仕切弁工
SGR-NAタイプ
(呼び径 50∼150)
単口空気弁の場合
(その 1)
鉄ふた
鋼製フタ
クボタシーアイ
ハイゲート弁
(SGR-NA 形 )
コンクリート管
単口空気弁
(ねじ込み形)
コンクリート管
鋼管ソケット
離脱防止金具
(ドックラー NA-NT 形 )
ビニルパイプ
鋼管
ドレッサチーズ
フランジタイプ
(呼び径 40∼150)
(水道形)
鉄ふた
クボタシーアイ
ハイゲート弁
( 水道フランジ形 )
単口空気弁の場合
(その 2)
コンクリート管
鉄フタ
SGR-NAフランジ
離脱防止金具
(ドックラー NA-NT 形 )
ビニルパイプ
(JIS 10K 形)
単口空気弁
(フランジ形)
2F 鋼管
SGRフランジ付きT 字管
または台付きT 字管または
SGR-NA-F T 字管
鉄ふた
クボタシーアイ
ハイゲート弁
(JIS10K 形 )
コンクリート管
TSフランジ
(JIS10K 形 )
ビニルパイプ
98
ソルベントクラッキング対策
ソルベントクラッキングとは、
ストレスクラッキング
の一種で、
ソルベント( 溶剤 ) の加わったときにヘア
ソルベントクラッキング予防対策
ークラック( 小亀裂 ) が生じる現象です。ヘアークラ
ックは供用開始後、大きな亀裂に成長し、漏水事故
接着接合時
につながる可能性が高くなります。塩ビ管の場合、
次の要因が加わったときに特に発生する可能性が
高くなり、それらの要因すべてが相乗すると、さら
管外面の塗布位置
標線以上にはみ出して接着剤を塗布しない。
に発生しやすくなります。
●接着接合後の管路密封
( 溶剤の滞留 )
くるしい
キャップ
密封
接着剤の管内面はみ出し
TS 継手受口内面には、薄く均一に塗布する。
薄く均一
厚い・ヌリムラ
●溶剤の存在
とくに接着剤の塗りすぎによる管
内面へのはみ出し、防腐剤などの
悪影響を及ぼす薬品の付着
余分な接着剤の拭き取り
挿し口挿入後、
はみ出した接着剤はウエス等で拭取る。
すぐに拭き取る
そのまま設置
標線
●無理な応力が作用している
( 熱応力、管の偏平、管の曲げ )
配管時
ベンドの使用
曲がり部にはベンド管を使用し、
管の生曲げ配管を行わない。
●低温時での配管
(とくに冬季配管時 )
99
ソルベントクラッキング対策
埋め戻し
配管支持
サドルバンド等で固定する場合は、U ボルトは避け、幅の広い
締付け用バンドを用い、バンドの閉めすぎに注意する。
気温差による熱応力の発生や外的衝撃を防止するため、配管後は速
やかに埋戻す ( 管を冷やさない )。
お∼い
埋めて
行きなさい!
接着接合後の溶剤ガスの排除
通風の実施
管の両端を開放
配管後、
送風機(低圧仕様のもの)等で溶剤ガスを排除する。
送風機
接着したまま放置
ふ∼っ
ガス
溶剤
ガス
溶剤
水圧がかからないよう水洗
密封
くるしい
キャップ
管路の末端部を密封せずに開放し、接着剤蒸気を排除し
てください。
呼び径 50 以下は30 分、呼び径 65 以上は、1 時間経過後、
水圧がかからないよう通水洗浄する。
その他の注意事項
最近、屋内配管として壁等を硬質塩化ビニル管を貫通させた後、
この隙間をシーリング材で充填する工法が採用
される場合がありますが、
シーリング材には、硬質塩化ビニル管又は継手にソルベントクラッキングを発生させ破
損に至らしめるDOP・フタル酸エステルなどの可塑剤やキシレン・トルエンなどの溶剤が含まれるものがあり
ます。
このような可塑剤並びに溶剤は、一般的には、ポリウレタン系シーリ
ング材に含まれており、
シリコン系シーリング材には含まれていません。
塩ビ管
壁
但し、
シリコン系においても材料改良等によりソルベントクラッキングを発
生させる可塑剤・溶剤が今後添加される事も考えられるので、
シーリング
継手
材メーカーに問い合わせる事を推奨させて頂きます。
シーリング材
クラック発生
100
使用上の注意事項
ここでは、クボタシーアイビニルパイプおよび継手の性能を十分に発揮させるために、注意すべき事柄や禁止事項について項目
別に説明しています。各種管材を適切かつ安全に使用するためにも、一度よくお読みになり、必要のつど安全マニュアルとして
ご活用ください。
●お守りください。
お守りいただく内容の種類を次の絵表示で区分し、説明しています。
気をつけていただきたい
「注意喚起」の内容です。
行ってはいけない「禁止」の
内容です。
必ず実行していただく
「強制」の内容です。
1. 製品の使用に関する注意点
他用途への使用は禁止
流体輸送用途以外には使用しないでください。
法令に従った処理を
塩ビ管・継手の残材や使用後の廃材の処分は、法令
および地方自治体の条例にしたがって行ってください。
現場焼却の禁止
また、残材や廃材はハンマーなどで砕かないでくだ
塩ビ管・継手は、現場焼却しないでください。有害な
塩素ガスが発生し、
たいへん危険です。
さい。破片が飛散し危険です。
2. 運搬上の注意点
手袋を着用
取り扱いはていねいに
作業時は、けが防止のために、必ずすべりにくいゴム
トラックへの積み込み、積み降ろし時は、塩ビ管を投げ
込んだり、引きずったりしないでください。管の傷つ
き、破損防止、ケガ防止のためにていねいに扱ってく
ださい。
引き手袋を着用してください。
安易な荷扱いは危険です
塩ビ管は、大口径管あるいは管の結束単位によっては
重くなります。
ケガ防止のために、荷扱いにはくれぐれ
もご注意ください。安易に扱うと危険です。
運送中の荷くずれ防止
ロープのゆるみやはずれによる管の落下等に充分注意
してください。
管の上には乗らない
管の上には乗らないでください。塩ビ管の表面はすべ
りやすく、
事故の原因になります。
管の吊り上げ吊り下ろしに注意
クレーン付トラックなどを使用するときは、
ケガ防止の
ために吊りバランスに注意してください。
クッション材を活用
管の傷つき、変形防止のために、
トラックの荷台との接
触部、
ロープの固定部などには、
クッション材をあてて
ください。
3. 保管上の注意点
屋内に横置き
立てかけ保管の場合
塩ビ管の反り、変形などを防止するために、井げた積
やむをえず立てかけ保管する場合は、安全確保の
み、または千鳥積みにして保管してください。また、
ために、ロープがけなどの転倒防止策を施してくだ
端部には必ず荷くずれ防止の端止め材を施してくだ
さい。
さい。
継手の保管
屋外保管の場合
継手の保管も管と同様に屋内保管とし、やむをえず
屋外で保管する場合は、塩ビ管の反りや変形などを
屋外保管する場合は、シートを掛けて保護してくだ
防止するために、簡単な屋根を設けるか、不透明シ
さい。とくにゴム輪製品については、直射日光が当
ートをかけて直射日光を避けるようにしてください。
たるとゴム輪が劣化するので、必ず覆いを掛けてく
シートがけの場合は、風通しがよくなるように注意し
ださい。
てください。
101
使用上の注意事項
4. 施工上の注意点
施工にあたっては、作業の安全性とパイプラインとしての性能を確保するために、当社の推奨する標準施工法にしたがって施工
してください。施工条件などにより、これにしたがえない場合は、当社にお問い合せください。
軟弱地盤ではまっすぐ配管
現場での加熱加工は禁止
全ての SGR パイプ・継手・異形管の施工曲げ角は
施工現場での管の加熱加工は、決して行わないでくだ
さい。管が焦げたり焼けたりして、強度が低下する恐れ
があります。
埋設後の余裕をみて、良好地盤では片側 2゜
以下とし
ます。なお、不等沈下を起こす可能性がある軟弱地盤
ではまっすぐに配管してください。
防護カバーの設置
適切な工具の使用
屋外露出配管では、直射日光による管の劣化を防ぐた
正しい施工と安全のために、切断・せん孔・接合など
めに、防護カバーを施し、
また外部からの衝撃が加わら
の作業に用いる工具は、適切な仕様品を選択してくだ
ないような処理を行ってください。
さい。
また、それぞれの取扱説明書の内容を充分理解
した上で使用してください。
保護断熱カバーの設置
高熱による管の変形や破損を防止するために、
スチー
接着接合後の換気
ム配管や熱湯配管との近接配管は避けてください。
や
接着接合時は、接合後の管路内の換気を充分行って
むえず近接させる場合には、保護断熱カバーを卷くな
ください。接合後、管路を密閉状態にすると、
ソルベ
どの処置を行ってください。
ントクラッキングという接着剤中の残存溶剤蒸気によ
って塩ビ管に小さな亀裂が発生する恐れがあります。
管の占用に関する取扱い
とくに冬季配管時は溶剤が蒸発しにくく残存しやす
公道下に埋設する場合は、道路管理者の埋設基準並
いので、
ご注意ください。
びに指示にしたがってください。
また、河川の伏せ越し
配管や軌道下の横断配管についても、それぞれの管
有機薬品に注意
塩ビ管・継手は、有機薬品に対して材質的に侵される
恐れがあります。
クレオソート( 材木用防腐剤 )、白アリ
駆除剤、殺虫剤、塗料に接触させないでください。
配管
系路でこれらによる土壌汚染が予想される場所では、
迂回配管などの汚染防止対策を施してください。
熱伸縮処理
接着接合配管では、熱伸縮による管の抜けや破損を
理者の指示にしたがってください。
管のスクイズオフ
小口径の給水管の補修等において、ポリエチレン管
用のスクイズオフ工具は使用しないでください。塩ビ
管はポリエチレン管に比べて大きな延性を有さない
ため、
ポリエチレン管用スクイズオフ工具を使って止
水作業を行うと塑性変形による白化現象を示し、将来
破損を起こす原因となります。
防止するために伸縮継手を設置してください。
凍結防止について
生曲げの禁止
寒冷地での埋設管は、
最大凍結深度よりさらに20cm
管の生曲げは行わないでください。管の生曲げを行う
と歪みが残り、破損事故の原因となる恐れがあります。
曲がり配管を行う場合は、必ず(ベンドなど)
を使用し
てください。
深く施工してください。給水管の立上りで露出する部
分は、凍結防止のため、管に保温剤を巻き付けてくだ
さい。
小口径管の切断
スラスト防護処理
水圧のかかる埋設配管では、曲がり部および分岐部な
どの管抜け防止のために、
スラスト防護処理を行って
小口径管の切断にはパイプカッターを使用しないで
ください。管の切断部に欠けや変形を生じる恐れがあ
ります。
ください。
102
使用上の注意事項
給水栓の給水栓継手への接続上の注意
①給水栓継手 Rp めねじのシール材には必ずシール
テープをご使用ください。有機溶剤入りシール材は
給水栓
Rp めねじ
シールテープ巻き
給水栓継手の割れの原因となりますので、使用し
メタル入り
給水せん用
エルボ
ないでください。
②給水栓PJねじは、管用平行Gねじのマイナス側許
PJ ねじ
容差を、マイナス側に、更に大きくした平行おねじ
です。従いまして、給水栓の給水栓継手へのねじか
TS 接続部
給水栓
ん合は、遊びが大きく隙間がありますのでシールテ
Rp めねじ
ガスケット
メタル入り
給水せん用
エルボ
ープは多めにしてください。
③給水栓接続の際、過度に締め付けますと給水栓継
手が破損する場合がありますので、標準締め付けト
PJ ねじ
TS 接続部
ルクをご遵守ください。
④なお、つば部を持った給水栓の場合には、
ガスケット
をはさんでシールする方法もあります。
給水栓用継手へのテーパおねじ接続上の注意
①化粧管やニップルなどのおねじは、管用テーパおね
化粧管
じ
(Rねじ)ですが、給水栓接続と同様に必ず、シー
シールテープ巻き
ルテープをご使用ください。
Rp めねじ
②テーパおねじを、過度に締め付けますと、給水栓継
手が破損する場合がありますので、標準締め付けト
メタル入り
給水せん用ソケット
R ねじ
ルクをご遵守ください。
③なお、
テーパおねじ
(R ねじ)の場合、
ねじ込みに応じ
TS 接続部
て給水栓継手の Rp めねじが徐々に拡径し、破損し
ニップル
シールテープ巻
易くなりますのでご注意ください。
④現場でねじ切り加工した鋼管は、給水栓継手に直
接、
ねじ接合しないでください。
給水栓継手の標準締め付けトルク
呼び径
(ねじの呼び)
標準締め付けトルク
(N・m)
ねじの種類と記号
JIS B0203 管用テーパねじ
13
20
25
(Rp 1/2)(Rp 3/4) (Rp 1)
30
40
50
JIS 規格
JIS
JIS
B0202 B2061
管用
給水栓
平行ねじ
ねじ
テーパ
おねじ
テーパ
めねじ
平 行
めねじ
R
Rc
Rp
G
PS
PF
旧 JIS 規格
PT
PJ
金属管と塩ビ管との接続上の注意
金属管と塩ビ管を接続する場合は、金属管と塩ビ管
金属製ソケット
の間に、
メタル入りバルブ用ソケットと金属製ソケッ
トを介して接続してください。
103
金属管
メタル入りバルブ用ソケット
塩ビ管
使用上の注意事項
接着接合時の注意
ゴム輪接合には専用の滑剤を
TS 接合の場合、管と継手の寸法によっては、継手受口
ゴム輪接合時は、専用の滑剤を使用してください。接
奥のストッパー部まで管を無理に引き入れると、継手
着剤や油、
グリスはゴム輪を傷める恐れがありますの
に過大な応力が発生し、継手破損の原因となりますの
で、絶対に使用しないでください。
で、
ご注意ください。接着長さと耐水圧の関係は、接着
剤を塗布しない状態での挿入長さの位置(ゼロポイン
ト)
から、継手の受口長さの 1/3 の長さまで管を挿入
すれば、実用上十分な耐水圧強度を得られることが試
験結果から確認されています。
但し、DV および VU-DV の場合は継手受口奥のストッ
パー部まで挿入してください。
5. 塩ビ管用接着剤の取扱い上の注意点
他用途への使用は禁止
手袋の着用を
塩ビ管用接着剤や樹脂系接合剤は、塩ビ管・継手の
接合用として開発されたものです。他の用途に流用し
ないでください。
かぶれ・ただれを防ぐために手袋を着用し、直接皮
膚に触れないように注意してください。万一皮膚に触
れた場合は、すみやかに石鹸と水で洗い落としてくだ
さい。
接着接合には専用の接着剤を
接着剤には一般材質用とHI 材質用とがあり、各々の
手洗いとうがい
管ならびに継手の接合強度が適切になるよう配慮さ
使用後は、
手洗いとうがいを充分に行ってください。
れています。
したがって、その管の材質に適合する接
着剤を使い分ける必要があります。
なお、一般材質とHI 材質の管を接合するときは、HI 材
質用の接着剤を使用してください。
火気をさけて冷暗所に
接着剤には有機溶剤が含まれています。使用後は、缶
のふたをしっかり閉め、火気をさけて屋内の冷暗所に
保管してください。
目に入ったら
誤って目に入った場合は、
こすったりしないですみやか
に医師の診断を受けてください。
古くなったら使わない
保管は法令に従って
古くなって固まりかけた接着剤をシンナーなどでうす
めて使用することはさけてください。接着効果が低下
し、配管の抜けや漏水の原因になります。
接着剤は消防法の危険物に該当します。保管にあた
っては法令および市町村条例を守ってください。
換気・火気に注意
有機系溶剤による中毒と火災を防止するために、
作業
現場では換気に注意し、
火気をさけてください。
104
資料
1
性能・品質
①ビニルパイプの一般的性質
物理的性質
項 目
色
機 械 的 性 質
熱 的 性 質
電 気 的 性 質
単 位
̶
̶
ロックウェル R
常温 1 週間 mg/cm2
MPa (kgf/cm2)
MPa (kgf/cm2)
%
MPa (kgf/cm2)
MPa (kgf/cm2)
MPa (kgf/cm2)
̶
kJ/m2 (kgf・cm/cm2)
℃
1/℃
J/( ㎏・K) (cal/g・℃)
W/(m・K) (kcal/m・h・℃)
℃
̶
kV/mm
Ωcm
̶
̶
̶
102
102
102
比
重
か
た
さ
吸
水
率
引
張
強
さ
縦 弾 性 係 数
破 断 時 伸 び
曲
げ
強
さ
曲 げ 弾 性 係 数
圧
縮
強
さ
ポ ア ソ ン 比
衝撃強さシャルピー
ビ カット 軟 化 温 度
線 膨 張 係 数
比
熱
熱 伝 導 係 数
使 用 限 界 温 度
燃
焼
性
耐
電
圧
体 積 固 有 抵 抗
誘 電 率
60Hz
〃
10 3 Hz
〃
10 6 Hz
力 率 60Hz
〃
10 3 Hz
〃
10 6 Hz
一般材質管
耐衝撃性管
(HI)
試験方法
灰青色
灰色
1.40
JIS K 7112 浮沈法 20℃
1.43
115
ASTM D 785 20℃
115
0.15 以下
0.15 以下
JIS K 6742 23℃他
49∼54(500∼550) 49∼52(500∼530)
2942(3×104)
JIS K 7113 20℃
2942(3×104)
JIS K 6741 23℃
50∼150
50∼150
78.5∼98.1(800∼1000) 78.5∼98.1(800∼1000) JIS K 7171 20℃ 65%RH
JIS K 7171 20℃ 65%RH
2746(2.8×104)
2746(2.8×104)
JIS K 7181 20℃ 65%RH
69(700)
64(650)
0.35∼0.40
0.35∼0.40
JIS K 7111 20℃
6.9∼9.8(7∼10)
17.7 以上
JIS K 6742
76 以上
76 以上
6∼8×10−5
6∼8×10−5
3
3
1.05×10(0.25)
1.05×10(0.25)
DIN 8061
0.15(0.13)
0.15(0.13)
60
60
自己消火性
自己消火性
40 以上
40 以上
30℃ 65%RH
5.3×1015
5.3×1015
30℃ 55%RH
3.2
3.2
3.1
3.1
3.0
3.0
30℃ 55%RH
1.18
1.18
1.91
1.91
1.72
1.72
備考 1. 上表の数値は標準値を示し、保証値ではありません。
2. 本表の使用限界温度は、無圧で使用した場合の使用限界温度を示しています。
②ビニルパイプの耐薬品性
表中の耐薬品性は参考であり、
ビニルパイプ ( 特にHI パイプ )を薬液配管等に使用する場合は、弊社までご相談ください。
薬 品 名
◎
酸 10%
◎
◎
△
(×)
酸 98%
硝
酸 70%(△※)
(△※)(×)
硝
酸 95%
酸
×
×
○
△
×
×
×
×
◎
○
○
×
×
×
×
×
◎
◎
△
弗 化 水 素 酸 10 %(△※)(×) (×)
燐
◎
◎
△
酸 30% (◎)(○※)
(△※)
○
△
△
△
×
×
◎
○
×
◎
◎
◎
○
△
△
◎
○
△
備考 1. ◎:全く侵食されない ○:侵食されないとみなせる △:若干侵食される ×:使用不可
但し※印については、使用条件により使えない場合がありますので、弊社までご相談ください。
2. 本表は、塩ビ以外の部材には適用できません。
3.( )
は HIVP の耐薬品性を示します。
105
◎
○
◎
○
○
△
◎
◎
◎
○
○
△
△
×
○
△
△※ ×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
△
×
×
×
○
△
○
△
×
×
×
×
×
×
×
×
その他
酢 酸 95%未満
酢 酸 95%以上
蟻
酸 50%
蓚
酸
9%
乳
酸 50%
過 酸 化 水 素 30 %
苛 性 ソ ー ダ 40% 以下 ◎
苛 性 カ リ 40% 以下 ◎
ア ン モ ニ ア 水 30% ◎
石
灰
乳 ◎
大概の金属の塩化物・硝酸塩・硫酸塩 ◎
重 ク ロ ム 酸 カ リ 10% ○
過 塩 素 酸 カ リ 1% ○
過 マ ン ガ ン 酸 カリ 15% ◎
次 亜 塩 素 酸 ソ ー ダ △※
メ チ レ ン ク ロ ラ イド ×
ト ル オ ー ル(ト ル エ ン) ×
トリク ロ ー ル エ チレ ン ×
ア
セ
ト
ン ×
ケ
ト
ン
類 ×
メ チ ル ア ル コ ー ル ◎
エ チ ル エ ー テ ル ×
エ チ ル ア ル コ ー ル ◎
ブ チ ル ア ル コ ー ル ◎
ア
ニ
リ
ン ×
ベ
ン
ゼ
ン ×
四
塩
化
炭
素 ×
ク ロ ロ ホ ル ム ×
薬 品 名
ガ ス
△
有 機 薬 品
50∼10%:
H2SO4:HNO3 20∼40%
の混酸
50%:50%
CrO3:H2SO4
25%:25%
の混酸
×
塩 類
硫
温度(℃)
20 40 60
有 機 薬 品
硫
◎
酸 35%(△※)
(△※) ×
薬 品 名
アルカリ
塩
温度(℃)
20 40 60
酢
酸
エ
チ
ル
エ チ レ ン ク ロ ラ イド
ホ
ル
マ
リ
ン
二
硫
化
炭
素
ア セ ト ア ル デ ヒ ド
ガ
ソ
リ
ン
石
油
芳 香 族 炭 化 水 素
グ
リ
セ
リ
ン
油
・
脂
肪
クレゾ ー ル 水 溶 液 5%
ラ ッ カ ー シ ン ナ ー
塩 素 ガ ス 乾 性 100 %
塩素ガス湿性
5%
アンモニアその他多くの廃ガス
海
水
・
塩
水
防
蟻
剤
木材防腐剤(クレオソート)
温度(℃)
20 40 60
×
×
×
×
×
×
◎
○
○
×
×
×
×
×
×
△
−
−
×
×
×
×
×
×
◎
◎
◎
◎
◎
◎
×
×
×
×
×
×
△
×
×
△
×
×
◎
○
○
◎
◎
◎
×
×
×
×
×
×
資料
③性能規格
●水道用 VP 直管、水道用 HI・VP 直管(JIS K6742:2007 より抜粋)
性 能 項 目
性 能
引張強さ
MPa
耐圧性
23℃における引張降伏強さが、
45 以上 (VP)、40 以上 (HIVP)
漏れ、その他の異常があってはならない
偏平性
割れ及びひびがあってはならない
(1)
耐衝撃性
異常があってはならない
ビカット軟化温度
浸出性(2)
℃
76 以上
濁度
度
0.5 以下
色度
度
1 以下
全有機炭素
(TOC)
の量
㎎ /ℓ
1 以下
鉛
㎎ /ℓ
0.008 以下
亜鉛
㎎ /ℓ
0.5 以下
残留塩素の減量
㎎ /ℓ
0.7 以下
臭気
異常があってはならない
味
異常があってはならない
(3)
%
不透明性
可視光透過率が 0.2 以下
注(1)耐衝撃性は、耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管(HI・VP)
に適用する。
(2)試験温度は、常温とする。
(3)不透明性は、硬質ポリ塩化ビニル管(VP)
に適用する。
●SGR-NA パイプ、
HI・SGR-NA パイプ、HI・SGR-ロングNA パイプ(JWWA K129:2011 より抜粋)
性 能 項 目
引張強さ
性 能
MPa
SGR-NA パイプ
(23℃における引張降伏強さが 45 以上)
HI・SGR-NA 及びロングNAパイプ(23℃における引張降伏強さが40 以上)
漏れ、その他の欠点がないこと。
耐圧性
割れ、その他の異常がないこと。
偏平性
(1)
異常がないこと。
耐衝撃性
耐候性(1)
ビカット軟化温度
kJ/m2
14 以上
℃
76 以上
味
異常でないこと。
臭気
色度
浸出性(2)
濁度
異常でないこと。
度
0.5 以下
度
0.2 以下
全有機炭素
(TOC)
の量
㎎ /ℓ
0.5 以下
残留塩素の減量
㎎ /ℓ
0.7 以下
鉛
㎎ /ℓ
0.001 以下
亜鉛 ㎎ /ℓ
0.1 以下
注(1)耐衝撃性および耐候性は、
耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管(HI・VP)
に適用する。
(2)試験温度は、常温とする。
106
資料
●ゴム輪(JWWA K129、130、131 附属書より抜粋)
品 質 項 目
デュロメータ硬さ
引張試験
HA
7.0MPa
荷重時の伸び
引張強さ
老化試験
%
MPa
400 以上
−20 以内
伸び変化率
%
+10
−30
デュロメータ硬さの変化
HA
+7
+0
%
20 以下
%
+7
+0
質量変化率
異常のないこと。
異常でないこと。
臭気
107
18 以上
%
色度
注(1)試験温度は、常温とする。
400 以下
350 以下
350 以下
%
味
浸出性
ゴム輪形
ドレッサー形
押輪形
引張強さ変化率
オゾン劣化試験
(1)
50±5
55±5
55±5
伸び
圧縮永久ひずみ
浸せき試験
品 質
ゴム輪形
ドレッサー形
押輪形
濁度
異常でないこと。
度
0.5 以下
度
0.2 以下
有機物
[全有機炭素
(TOC)
の量]
mg/L
0.5 以下
残留塩素の減量
mg/L
0.7 以下
亜鉛及びその化合物
mg/L
亜鉛の量に対して 0.1 以下
資料
2
布設歩掛〈水道〉
「平成 21 年度 水道施設整備費国庫補助事業に係る歩掛表(厚生労働省健康局水道課)」
より抜粋
①硬質塩化ビニル管布設工
●管布設歩掛表
呼び径
(mm)
据付工(10m 当り)
配管工(人)
TS 継手工
(2 口当り)
普通作業員(人)
配管工(人)
普通作業員(人)
RR 継手工(1 口当り)
配管工(人)
普通作業員(人)
13
0.06
0.10
0.01
0.01
16
0.06
0.10
0.01
0.01
20
0.07
0.12
0.02
0.02
25
0.07
0.12
0.02
0.02
30
0.08
0.14
0.03
0.03
40
0.08
0.14
0.03
0.03
50
0.10
0.18
0.04
0.04
0.03
0.03
75
0.10
0.18
0.04
0.04
0.03
0.03
100
0.12
0.20
0.06
0.06
0.05
0.05
125
0.12
0.20
0.06
0.06
0.05
0.05
150
0.18
0.26
0.07
0.07
0.06
0.06
200
0.25
0.49
0.07
0.07
0.06
0.06
250
0.30
0.66
0.07
0.07
300
0.30
1.01
0.07
0.08
備考 1. 労務費は管の小運搬を含む。 2. RRロング受口管の据付工・RRロング継手工歩掛は本表の据付工・RR 継手工歩掛と同等とする。
3. 本表は一般配管の標準を示したもので、現場の状況に応じて割増することができる。
4. 離脱防止金具を使用する場合は RR 継手工の 30%増とする。
5. TS 継手工において 1 口の場合は本表の 50%とする。
●硬質塩化ビニル管切断歩掛表
(1カ所当り)
呼び径
(mm)
配管工(人)
普通作業員(人)
13
0.01
0.01
16
0.01
0.01
20
0.01
0.01
25
0.01
0.01
30
0.01
0.01
40
0.01
0.01
50
0.01
0.01
75
0.02
0.02
100
0.02
0.02
125
0.02
0.02
150
0.02
0.02
200
0.02
0.02
250
0.02
0.02
300
0.03
0.03
雑材料
労務費の 1%
労務費の 5%
備考 雑材料には、工具損料、損耗費等を含む。
●塩ビ管用鋳鉄異形管被覆工
種別
T 字 管
曲 管
片 落 管
フランジ短管
ド レッ サ ー
ジ ョ イ ント
(1カ所当り)
管径(mm)
ポリエチレンスリーブ(m)
粘着テープ
(m)
雑材料
普通作業員(人)
75
1.0
3.4
0.06
100
1.2
4.6
0.07
125
1.4
5.3
0.07
150
1.6
6.4
0.08
75
1.0
2.8
0.05
100
1.1
3.8
0.06
125
1.3
4.4
0.06
150
1.4
5.4
75
0.6
2.2
100
0.7
3.0
0.04
125
0.9
3.5
0.04
150
1.0
4.3
0.05
75
0.4
1.7
0.03
100
0.4
2.3
0.03
125
0.5
2.6
0.03
150
0.5
3.2
0.04
材料費の 2%
0.07
0.04
備考 雑材料は、
スリーブを損傷した場合の補修用スリーブ及びスリーブ切断用カッターの費用である。
108
資料
3
流量計算表〈農水〉
下表はヘーゼン・ウィリアムス公式により求めた流量計算表です。
109
資料
4
他管種との接合
①鋼管との接合
②ダクタイル鉄管との接合
ビニルパイプと鋼管の接続は、
フランジ接合とする。
鋳鉄管との接合は、
フランジ接合以外に専用の継手を用い
る方法があり、
鋳鉄管が受口、
挿し口により使用する製品が
異なる。
鋼管との接合
接合方法
鋳鉄
管の接合部
鋼管 (フランジ付 )
フランジ接合法
鋳鉄管用
MFジョイント
ビニルパイプ
挿し口
受 口
短管 1 号
鋳鉄管用
短管 2 号
送り接合法 ソケット接合法
+
MFジョイント
(50∼300)
SGRフランジ短管
(50∼300)
SGR−NA−F
フランジ短管
(250∼500)
+
同 上
VCドレッサー
(75・100・150)
SGR
VCソケット
(75∼200)
挿し口との接合
鋼管 (フランジ付 )
ガスケット
ビニルパイプ
鋳鉄管挿し口
短管 1 号
MFジョイント
ビニルパイプ
SGRフランジ短管
鋳鉄管挿し口
ビニルパイプ
VCドレッサー
受口との接合
鋳鉄管受口
鋳鉄管受口
短管 2 号
SGRフランジ短管
ビニルパイプ
SGR VCソケット
ビニルパイプ
110
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement