イモビバイパスアダプター (IBA-01)

イモビバイパスアダプター (IBA-01)
ミツバエンジンスターター専用オプション
取付・取扱説明書
イモビバイパスアダプター (IBA-01)
この製品は、ミツバGシステム搭載エンジンスターターシリーズと併用する事で、一部の車種を除くイモビライザー(盗難防止装置)搭載車両にエンジンスターターを取付ける事が出来
るようになります。必ず「適応車種一覧表」に記載されている車種である事を確認をしてください。
このたびは、ミツバ「イモビバイパスアダプター」をお買い上げいただきまして、ありがとうござ
います。この取付・取扱説明書は、製品の正しい使い方や取付け方、使用上の注意について記
載しております。取付・取扱説明書を最後まで必ずお読みいただき、正しく製品を取付け、お使
いください。また、取付・取扱説明書が必要になったとき、すぐに利用できるように大切に保管し
てください。 (5) イモビバイパスアダプターケースからボードを取出
1.安全上の注意事項
ここには、安全に関する重要な内容を記載していますので、必ず守ってください。記号と意味は次のようになって
おります。
図3
キー収納部
し、キー収納部へスペアキーを挿入します。図3の
様にスペアキーを挿入し、ボードから出ている結束
バンドでキーブレード部を仮固定してから、ケース
の内溝にあわせてボードを入れてください。
内溝
スペアキー
この時、ケースカバーはまだはめないでく
ださい。
取扱いを誤った場合、傷害を負う危険性が想定されることを意味します。また、物的損害が発
生する恐れがあることを意味します。
キーブレード
ボード
結束バンド
2.取付け前の確認事項
ボードを落としたり、濡らしたりしないようにしてください。また、ゴミ等が付着しないようボードの
取扱には十分注意してください。落としたり、濡らしたりすると製品や車両を損傷、故障させる
恐れがあります。
● この製品の取付けには、イモビライザー解除可能なスペアキーが1個必要となりますので、あらかじめ用意く
ださい。スペアキーのお求めは、お近くのカーディーラーへご相談ください。
※ お求めの際に、車検証及びお手持ちのスペアキーの提示を求められる場合があります。
(6)
・ 純正キーレス機能付きのマスターキーを代用する事はおやめください。キーに内蔵された
電池の液漏れ等により、マスターキーや製品の故障につながる恐れがあります。
・ イモビライザー以外の盗難防止装置や警報機を装備した車両へ取付けた場合には、それら
を解除(またはOFF)した状態でエンジンスターターをご使用ください。エンジンスターター始
動時に、誤作動する恐れがあります。
・ 製品の分解や改造は絶対に行わないでください。製品や車両を損傷したり事故の恐れがあ
ります。
● この製品を取付け後に、万一盗難に会われても、弊社では一切保証は致しません。
あらかじめご了承ください。
● この製品を取付けた場合、エンジンスターターでエンジン駆動中のみイモビライザー機能を一時的に解除しま
す。一部の車両保険によっては、盗難割引等の契約に支障をきたす場合もありますので、ご契約された保険
会社へ必ず確認をしてください。
● Gシステムを搭載していないミツバエンジンスターター「EGS-M1」「EGS-S1」「EGS-G1」への取付けは出来ま
せん。
● この製品を取付けた場合、キーレスアダプターを除く他のGシステム製品は取付けできません。
● この製品の取付けには専門知識が必要となりますので、取付専門業者へ依頼してください。
この時、必ず運転席ドアスイッチ配線も行ってください。
詳しくはエンジンスターターの取付・取扱説明書をよく読んで作業してください。
運転席ドアスイッチ配線を必ず行い、エンジンスターターで駆動させた場合は、ドアを開けるこ
とで一旦エンジンが停止する様にしてください。この配線を行わないと、車両側イモビライザー
機能が正常に動作しない事により、盗難や事故の恐れがあります。
(7)
3.使用工具
エンジンスターターが正しく動作する事を確認します。
必ず周囲の安全を確認し、ドアを閉めた状態で動作を確認してください。
リモコンでエンジン始動を行ってから、ドアを開ける事でエンジンが停止する事も確認してください。
※ キーレスアダプターを接続したした場合は、リモコンのACCCスイッチ操作で、ドアロックのロックとアンロ
ックが出来る事も確認してください。
※ ACCスイッチ動作及び、エンジンスターター動作の詳しい確認方法については、エンジンスターターの
取付・取扱説明書をご覧ください。
※ リモコンのACCスイッチは押す毎にロック/アンロック信号を交互に発信します。
リモコンにてドアロックを操作した場合は、その後、必ずドアがロックされたことを確認してくださ
い。ドアロックを忘れますと、盗難等、思わぬ事故に会う恐れがあります
ドライバー・ニッパー・カッター・ヤスリ・ペンチ・ビニールテープ等
(8)
4.取付方法
※キーレスアダプターを取付けた場合
コネクター部(CN3、CN4)
※リッドをあらかじめ
※キーレスアダプター
外しておく。
KES-04
リモコンエンジンスターター
エンジンスターターを車両に取付けて「オートマチック車の登録」作業まで行います。
2Pコネクター
(黄線と青線)
コネクター部
(2P側)
5Pコネクター
コネクター部
(7P側)
イモビバイパスアダプター
イモビバイパスアダプターケースのボードからスペアキーを取出し、キーブレード部(キーシリンダーに差し
込む部分)に刻まれた溝の一部をヤスリで削るなど、キーとして使用出来なくなるようにしてください。
※ キーブレード溝を一部加工する事で、イモビバイパスアダプター内蔵のスペアキーを悪用した盗難や思
わぬ事故を未然に防止できます。
※ セメダイン社製金属用エポキシパテ等を別途ご用意頂き、キーブレード部の溝をうめる事で、より一層セ
キュリティ性を確保する事ができます。
スペアキーのブレード溝加工を行う場合は、キーグリップ部(樹脂で覆われた部分)を万力等で
固定したり、著しい衝撃等を与えないでください。内蔵されているイモビライザーICが損傷し、イ
モビライザーを解除できなくなる恐れがあります。
ビニール手袋
CO
NT
RO
M IBA L A
IT - SS
SU 01 Y
BA SZ A
D
JA -20 AP
PA 27 TO
R
N
12
V
7Pコネクター
2Pコネクター
(青線)
ハーネスA
(キーレスアダプター付属)
(9)
シール剤
スペアキーのキーグリップ部に付属のクッションテー
プを図4のように巻き付けてから、ボードのキー収
納部へ挿入します。この時、キー収納部より少し大
き目(1∼2mm程度)に巻き付けます。
A寸法
クッションテープ
スペアキー
キーブレード
インシュロックタイ
ボード
車両側へ配線
ケースカバー
キー収納部
2Pオス側カプラー
(黄線と緑線)
2Pメス側カプラー
(白線と紫線)
(1)
車両側キーシリンダー
ループアンテナカプラーへ配線
図1
エンジンスターター本体のコネクター部(CN3、CN4)に付いているリッドを取外し、図1を参考にスターター
とイモビアダプターを接続します。
CN3へ5Pコネクターを接続し、CN4へ2Pコネクター(青線1本)を接続してください。
※ 2Pコネクターは2個あります。(割り込み用2Pカプラーも2個あります。…計4個)
さらにキーレスアダプターを接続される場合は(2)へお進みください。
キーレスアダプターを接続しない場合、黄線と青線の2Pコネクターは接続不要です。
その場合は(3)車両とイモビバイパスアダプターとの接続へ進んでください。
A
O
CC
車両側へ
ART
車両とイモビバイパスアダプターとの接続
図2を参考に車両側イモビライザーのループア
ンテナから出ている2Pカプラー部を一旦外し、
そこにイモビアダプターの2Pカプラーのオス側
(黄線と緑線)とメス側(白線と紫線)を割り込ま
せます。
※ ループアンテナのカプラーは、キーシリンダー
本体付近にあります。
キーシリンダー
ST
キーレスアダプターを接続します。(Gシステム接
続ケーブル[別売]は不要です。)図1を参考にエ
ンジンスターターとキーレスアダプターを接続し
ます。
※ この時、キーレスアダプター付属のハーネス
Bは使用しません。
※ キーレスアダプターと車両との接続はキーレス
アダプターの取扱説明書をご覧ください。
N
(3)
図4
クッションテープ
・ 取付け済みエンジンスターター本体のリッドを外す際は、必ずパワースイッチを切って8Pケ
ーブルを取外してからリッドを外してください。そのまま作業しますと、電源ショート等により、
故障したり発火したりする恐れがあります。
・ リッドの取外しは、精密ドライバー等で端からはがすように行ってください。その際にケガを
しないように十分注意してください。
・ キーレスアダプターを接続しない場合は、2Pコネクター(黄線と青線)をビニールテープ等で
絶縁処理してください。絶縁処理を行わないと、車両の金属部分と接触し製品を損傷・故障
させる恐れがあります。
(2)
この厚みはキー
収納部(A寸法)
より1∼2mm太
く巻きつける。
シール剤
ボード
結束バンドで
固定する。
図5
(11) シール剤を塗布したボードをケースに挿入し、ケースカバーをはめ込みます。
ケースカバーは、ケースのツメで固定されるまではめてください。
(12) エンジンスターターとイモビバイパスアダプターを設置します。
エンジンスターターの設置と配線のまとめ方は、エンジンスターターの取付・取扱説明書をご覧ください。
イモビバイパスアダプターの本体は、付属のインシュロックタイ等を使用して、ダッシュボード内等の見えな
い場所へ設置してください。
キーレスアダプター取付け時は、キーレスアダプターの取扱説明書をご覧ください。
・ イモビバイパスアダプターの本体部及び配線類はオーディオや無線機及びエンジンスター
ター本体(アンテナUNIT含む)等から出来るだけ離れた場所に設置してください。これらの
近くに設置すると、イモビライザー機能や解除機能が正常動作しない恐れがあります。
・ イモビバイパスアダプターの本体部及び配線類は、高温になる場所や被水しやすいような
場所には設置しないでください。(ヒーター吹き出し口、フロアマット下、足もと等)製品を損
傷、故障させる恐れがあります。
・ シール剤をはがしてスペアキーを再使用しないでください。キーシリンダー部やイモビバイ
パスアダプターを損傷、故障させる恐れがあります。
(13) 配線をまとめます。
配線コードや、ケーブル類が運転の妨げとならないようにきちんと結束・固定し、外したアンダーカバーや内
張り等を元に戻してください。
割込ませる
ループアンテナ
2Pメス側カプラー
(白線と紫線)
(10) ボードの結束バンドで再度固定し、その上から図5
のように付属のシール剤を塗布します。
※ 塗布する時は、付属のビニール手袋を使用し、 シール剤が皮膚や衣類に付着しないよう注意し
て作業をしてください。
※ シール剤は温度等の条件にもよりますが、完全
硬化するまでに約24時間程度かかります。
2Pオス側カプラー
(黄線と緑線)
図2
ケーブルが運転の妨げになると運転操作を誤ったり、事故の原因となる恐れがあります。きち
んと結束・固定してください。
以上で終了です。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement