取扱説明書(約1.96MB)

取扱説明書(約1.96MB)

RS232C

LAN プロトコルコンバータ

MDC-iT10 mini

取扱説明書

Ver1.1

2006 年 3 月 13 日

モディアシステムズ株式会社

1. 概要

MDC-iT10mini はネットワークと RS232C インターフェイス間でデータの送受信を行うためのプロト

コルコンバータです。次の各機能を持っています。

(1) シリアルインターフェイスからの連続したデータを TCP/IP もしくは UDP/IP に変換し、ネット

ワーク上に配信します。

(2) ネットワークから受信した TCP/IP もしくは UDP/IP のデータを、シリアルインターフェイスの連

続したデータに変換します。

2

2.仕様

CPU :DSTni-EX 16bit 48MHz

メモリ :256KB SRAM

プロトコル :ARP UDP/IP TCP/IP TELNET ICMP DHCP BOOTP TFTP

AutoIP HTTP

ネットワークインタフェイス :Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX RJ45

シリアルインターフェイス :RS232C D-sub 9 ピン(オス)

ボーレート:300∼230400BPS

データビット:7ビット/8ビット

パリティ:EVEN/ODD/NONE

ストップビット:1ビット/2ビット

フロー制御:XON/XOFF

電源 :DC3.3V(必ず付属の AC アダプタをお使い下さい。)

全長 :約33cm(内ケーブル部約22cm)

重量 :約60g

使用条件 :温度0∼50℃(保管時-10∼60℃)

※但し、付属ACアダプタの動作温度は0∼40℃

湿度20∼80%(結露無きこと)

強い振動、ガス等が無いこと

LED :[左]橙−点灯 10BASE-T でリンク

[左]緑−点灯 100BASE-TX でリンク

[右]橙−点滅 半二重通信で通信中

[右]緑−点滅 全二重通信で通信中

左の LED

OFF

橙 点灯

右の LED

意味

リンクなし

10BASE-T

緑 点灯

OFF

橙 点滅

緑 点滅

100BASE-TX

通信なし

半二重通信 通信中

全二重通信 通信中

3

RS232C ピンアサイン

1 −

2 RXD 受信データ

3 TXD 送信データ

4 −

5 GND シグナルグランド

6 −

7

8

9 −

※MDC-iT10mini とシリアル機器を接続するためには、別途、RS232C クロスケーブルが必要で

す。

※MDC-iT10mini の RS232C インターフェイスは、通常のシリアル機器同様、D-sub9 ピンのオスで

あることに注意してください。

RS232C クロスケーブル結線例

MDC-iT10 側

接続機器側

1

2

RXD

DCD

RXD

1

2

3 TXD

TXD 3

4

5

GND

DTR

GND

4

5

6

7

DSR

RTS

6

7

8 −

CTS 8

9 −

− 9

(2−3 クロス、4-6 短絡、5 ストレート、7-8 短絡)

4

3.梱包内容

下記のものがすべて揃っていること、製品に損傷がないことをご確認ください。不足または損傷し

ているものがありましたら、お買い求めの販売店または弊社までお問い合わせ下さい。

●MDC-iT10mini 本体 1 台

●AC アダプタ 1 個

●ユーティリティ/マニュアル CD 1 枚

●保証書 1 枚

5

4.DeviceInstaller による MDC-iT10mini の IP アドレス設定

DeviceInstallerはネットワーク上のMDC-iT10miniを検出し、IPアドレスの設定を行うためのソフト

ウェアです。

※DeviceInstallerを利用するためには、お使いのPCにMicrosoft .NET Framework1.1がインストー

ルされている必要がございます。

4−1.DeviceInstaller のインストール

MDC-iT10mini に同梱されている CD から DeviceInstaller を適当なフォルダにインストールします。

Device_Configuration フォルダの中の setup.exe を実行して、インストールを開始してください。

インストーラが起動し、プログラムは任意のフォルダに自動的にインストールされます。

※DeviceInstaller は MDC-iT10mini の IP アドレスおよびサブネットマスクを設定する目的でのみ

ご使用ください。本ソフトウェアにはファームウェアのアップデイトやその他設定を変更する機能も

ございますが、誤った操作により正しく動作しなくなってしまう可能性がございます。

本書で説明されている以外の操作は絶対に行わないでください。

※DeviceInstaller は UDP ブロードキャストパケットを使って MDC-iT10mini の検索を行いますので、

ファイアウォールなどセキュリティ関連のソフトウェアが起動している場合は検索できません。ファ

イアウォール機能を停止させるか、許可する設定にしてください。また、ルータをまたいだ検索も

できませんので、同一ネットワーク内にある必要があります。

6

4−2.IP アドレスの設定(DHCP)

DeviceInstaller を 立 ち 上 げ て く だ さ い 。 正 常 に 立 ち 上 が る と 次 の よ う な 画 面 が 開 き ま の で

[Search]アイコンをクリックして、ネットワーク上の MDC-iT10mini を検索してください

ネットワーク上の MDC-iT10mini を認識すると次のように画面に表示されます。もし、認識できな

い場合は、ネットワーク環境(ハードウェア、PC 側のセキュリティ設定など)を再確認してください。

※MDC-iT10mini は出荷時、DHCP クライアント機能が有効になっています。(IP アドレスの値を

[0.0.0.0]にすることで DHCP クライアント機能が有効になります。)同一ネットワーク上に動作中の

7

DHCP サーバがある場合は、自動的に IP アドレスを割り当てられます。ない場合は、AutoIP 機能

が有効になり IP アドレス[169.254.xxx.xxx]が割り当てられます。

検索された MDC-iT10mini を選択してから[Assign IP]アイコンをクリックし、IP アドレス設定画面を

呼び出します。

「Assign a specific IP address」を選択し、[Next]ボタンをクリックしてください。

8

任意の IP アドレスとサブネットマスクを入力し、[Next]ボタンをクリックしてください。

※下記の例では IP アドレスを[192.168.0.253]サブネットマスクを[255.255.255.0]に設定していま

す。

上記で入力した内容で間違いがなければ[Assign]ボタンをクリックし決定してください。もし、変更

したい場合は、[Back]ボタンで前の画面に戻り、再入力してください。

9

設定が完了すると次のような画面が表示されます。[Finish]ボタンをクリックして終了させてくださ

い。

設定した IP アドレスが反映されます。正しい値になっているか、ご確認ください。

10

[Web]アイコンをクリックすることにより、自動的にブラウザを起動し、MDC-iT10mini の Web セッ

ティング画面を開くことができます。

※Web ブラウザを手動で起動し、MDC-iT10mini の IP アドレスを入力することでも同様にセッティ

ング画面にアクセスすることができます。

11

4−3.IP アドレスの設定(AutoIP)

DeviceInstaller を立ち上げ[Search]アイコンをクリックして、ネットワーク上の MDC-iT10mini を検

索してください。ネットワーク上に DHCP サーバがある場合は、自動的に IP アドレスを割り当てら

れますが、ない場合は、AutoIP 機能が有効になり次の画面のように IP アドレス[169.254.xxx.xxx]

が割り当てられます。[OK]ボタンをクリックしウィンドウを閉じてください。

検索された MDC-iT10mini を選択してから[Assign IP]アイコンをクリックし、IP アドレス設定画面を

呼び出します。

12

「Assign a specific IP address」を選択し、[Next]ボタンをクリックしてください。

任意の IP アドレスを入力し、[Next]ボタンをクリックしてください。

※下記の例では IP アドレスを[192.168.0.253]に設定しています。

13

上記で入力した内容で間違いがなければ[Assign]ボタンをクリックし決定してください。もし、変更

したい場合は、[Back]ボタンで前の画面に戻り、再入力してください。

設定が完了すると次のような画面が表示されます。[Finish]ボタンをクリックして終了させてくださ

い。

14

設定した IP アドレスが反映されます。正しい値になっているか、ご確認ください。また、「Status」

が Unreachable から Online に変わっていることも合わせてご確認ください。

サブネットマスクの値は Web セッティング画面より設定してください。設定方法は次項以降で説明

いたします。

15

5.Web ブラウザによる MDC-iT10mini のセットアップ

インターネットエクスプローラや他の Web ブラウザを利用して MDC-iT10mini の各種の設定を行い

ます。

Web ブラウザを開き MDC-iT10mini の IP アドレスを設定すると Web Manager が起動し、次のよう

にセッティング画面が開きます。

※Web Manager を動作させるためには、JAVA v1.3.1x 以降が必要です。

5−1.Port Properties

RS232C や TCP/UDP のポートに関する設定を行います。

16

(1)Serial Port Settings

シリアルポートのボーレート、データ長、パリティーおよびストップビット等を設定します。

Serial Protocol: RS232

Speed: 300/600/1200/2400/4800/9600/19200/38400/57600/115200/230400

Character Size: 8/7

Parity: None/Even/Odd

Stop Bit: 1/2

Flow Control: None

XON/XOFF

XON/XOFF Pass Characters to Host

CTS/RTS (Hardware) (※未サポート)

17

(2)Connect Mode Settings

TCP/IP と UDP/IP の設定をします。

UDP Datagram Mode: Enable/Disable

UDP Datagram Type: 上記で Enable を選択した場合、「01」を入力してください。

Incoming Connection: Accept unconditional (常に接続を受け付ける)

Accept incoming/DTR (※未サポート)

Never accept incoming (接続を受け付けない)

Response: Nothing (quiet) (なし)

Character Response (文字による応答)

Startup: No Active Connection Startup (自動接続しない)

With Any Character (文字を受信した時に自動接続する)

With a Carriage Return (0x0D) Only (CR のみを受信した時に接続する)

Manual Connection (※未サポート)

Autostart (常に自動接続する)

Modem Mode (※未サポート)

With Active DTR (※未サポート)

■本機を TCP サーバモードで使用する場合の設定例

UDP Datagram Mode: Disable

UDP Datagram Type: 空欄(入力不可)

Incoming Connection: Accept unconditional (常に接続を受け付ける)

Response: Nothing (quiet) (なし)

Startup: No Active Connection Startup (自動接続しない)

■本機を TCP クライアントモードで使用する場合の設定例

UDP Datagram Mode: Disable

UDP Datagram Type: 空欄(入力不可)

Incoming Connection: Never accept incoming (接続を受け付けない)

Response(Autostart): Nothing(Without Echo)

Startup: Autostart (常に自動接続する)

■本機をペアモード(TCP/IP)で使用する場合の設定例

UDP Datagram Mode: Disable

UDP Datagram Type: 空欄(入力不可)

Incoming Connection: Accept unconditional (常に接続を受け付ける)

Response: Nothing (quiet) (なし)

Startup: With Any Character (文字を受信した時に自動接続する)

18

■本機を UDP で使用する場合の設定例

UDP Datagram Mode: Enable

UDP Datagram Type: 01

Incoming Connection: Accept unconditional (常に接続を受け付ける)

Response: なし(選択不可)

Startup: なし(選択不可)

(3)Dedicated Connection

コネクション時の接続先の IP アドレス、ポート番号と接続元のポート番号を設定します。

Remote IP Address: 接続先の IP アドレスを設定します。

Remote Port: 接続先のポート番号を設定します。

Local Port: サーバモード時は待受けのポート番号を、クライアントモード時は接続元

のポート番号を設定します。(出荷時設定 10001)

(4)Flush Mode Input Buffer(Line to Network)

シリアルからネットワークに送信する際に使用するバッファをクリアするタイミングを設定します。

On Active Connection: Enable/Disable

On Passive Connection: Enable/Disable

At Time to Disconnect: Enable/Disable

(5)Flush Mode Input Buffer(Network to Line)

ネットワークからシリアルに送信する際に使用するバッファをクリアするタイミングを設定します。

On Active Connection: Enable/Disable

On Passive Connection: Enable/Disable

At Time to Disconnect: Enable/Disable

(6)Packing Algorithm

シリアルから受信したデータを送り出すタイミングを設定します。

Packing Algorithm: Enable/Disable

Idle Time: Packing Intervals of 12ms/52ms/250ms/5000ms

Trailing Characters: None/One/Two

Send Immediate After Sendchars: Enable/Disable

Sendchar Define 2-Byte Sequence: Enable/Disable

Send Character 01: 任意の文字を HEX で登録してください。(出荷時設定 00)

Send Character 02: 任意の文字を HEX で登録してください。(出荷時設定 00)

19

(6)Additional Settings

通信の切断に関する設定をします。

Disconnect Mode: Ignore DTR (DTR を無視する)

With DTR Drop (※未サポート)

Check for CTRL-D to Disconnect: Enable/Disable (※未サポート)

Port Password: Enable/Disable

Telnet Mode: Enable/Disable (※未サポート)

Inactivity Timeout: Enable/Disable

Inactivity Timer:

Port Password:

上記で[Inactivity Timeout]Enable を選択した場合、0:0 か

ら 99:59(99 分 59 秒)の間で任意の数値を入力してくださ

い。(出荷時設定 0:0)

上記で[Port Password]を Enable にすることで有効になり

ます。パスワードを必要に応じて、半角 15 文字まで設定す

ることができます。パスワードは大文字/小文字の区別を

認識します。

※パスワードを設定した場合、コネクション確立後 10 秒以

内にパスワードが入力されない場合、またはパスワードが

正しくなかった場合は通信を切断します。

20

5−2.Update Settings

設定した内容を保存します。

各項目を設定後、[Update Settings]ボタンをクリックしてください。設定した内容を保存し、再起

動します。その間、画面は次のように変わります。

※各種設定後、この操作を行うことで設定が書き換わります。

21

5−3.Factory Settings 1

出荷時の設定に戻します。

[Factory Settings 1]ボタンをクリックすることにより、各項目を出荷時の設定に戻すことができま

す。(IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス、Telnet パスワードは変更されません。)

※設定を保存するには、[Update Settings]ボタンをクリックして再起動する必要があります。

22

5−4.Server Properties

IP アドレスやパスワードの設定を行います。

IP Address: IP アドレスを設定します。(出荷時設定 0.0.0.0)

Subnet Mask: サブネットマスクを設定します。(出荷時設定 0.0.0.0)

Gateway Address: ゲートウェイアドレスを設定します。(出荷時設定 0.0.0.0)

High Performance: Enable/Disable

RS232C のボーレートで 460800/921600 を使用したいときに Enable に設

Telnet Password:

定します。通常は Disable に設定してください。

Web セッティング画面にパスワードを設定します。必要に応じて、半角 4

文字まで設定することができます。パスワードは大文字/小文字の区別

を認識します。

パスワードを設定するには、文字を入力した後[Enter]キーを押します。

(図1参照)確認のためのウィンドウが出てきますので、もう一度同じパス

ワードを入力して[Enter]キーを押します。(図2参照)パスワードを設定

23

するためには[Update Settings]ボタンをクリックしてください。

※パスワードを忘れてしまいますと、セッティング画面には二度と入れな

くなりますので、控えるなどして忘れないように十分注意してください。

図1(パスワードを入力して[Enter]キーを押す)

図2(再度パスワードを入力して[Enter]キーを押す)

24

5−5.Unit Configuration

現在の各項目の設定を確認することができます。

25

6.通信テスト

MDC-iT10mini は次のような構成で簡単な通信テストを行うことができます。

(1) PC と MDC-iT10mini を直接、接続する。

・[PC]⇔[MDC-iT10mini]の LAN はクロスケーブルで接続してください。

・[PC]⇔[MDC-iT10mini]の RS232C はクロスケーブルで接続してください。

イーサネットクロスケーブル

RS232C クロスケーブル

(2) PC と MDC-iT10mini を HUB を経由して接続する。

・[PC]⇔[HUB]⇔[MDC-iT10mini]の LAN はストレートケーブルで接続してください。

・[PC]⇔[MDC-iT10mini]の RS232C はクロスケーブルで接続してください。

HUB

イーサネットケーブル

RS232C クロスケーブル

26

6−1.IP アドレスの確認

接続テストの前に MDC-iT10mini の IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイの各アドレスがご

利用のネットワーク環境に適合していることを確認してください。

MDC-iT10mini の IP アドレス

接続する PC の IP アドレス

上記の例では、サブネットマスク[255.255.255.0]と IP アドレスのネットワークアドレス[192.168.0]

を同一にしてください。

※実際の運用の際は、お客様のネットワーク環境に合わせて適切な値に設定してください。

27

6−2.Windows ハイパーターミナルによる通信テスト

ハイパーターミナルは COM ポートと Winsock の2種のウィンドウを開きます。

(1) ハイパーターミナルの COM ポート設定

ハイパーターミナルを起動し、COM ポートを選択します。

COM ポートの設定を MDC-iT10mini に合わせます。

ここでは 9600BPS、データ長8ビット、ノンパリティー、ストップビット1、フロー制御なしとします。

28

(2) ハイパーターミナルの Winsock 設定

ハイパーターミナルを起動し、TCP/IP(Winsock)を選択します。

ホストアドレスを MDC-iT10mini の IP アドレス(ここでは 192.168.0.100 とします)、ポート番号を

MDC-iT10mini の[Local Port](ここでは 1001 とします)に合わせてください。

29

(3) テストの実行

ケーブル等、ハードウェアが正しく接続され、かつ適正な設定であればウィンドウ内のステータス

バーに接続開始後の経過時間(H/MM/SS)が表示されます。また、コミュニケーションが正しく行

われていることをキーボードからの入力データが受信側の画面に表示されることで確認できま

す。

30

MDC-iT10mini 取扱説明書 Ver.1.1

モディアシステムズ株式会社

〒343−0025 埼玉県越谷市大沢1−14−12

TEL 048−976−5351 FAX 048−976−3070

お問い合わせ: [email protected]

ホームページ: http://www.modia.co.jp/

※本書からの無断転載はお断りいたします。

※記載の商品名は各社の商標です。

31

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement