取扱説明書 圧力センサー PN78 704408 / 00 01 / 2010

取扱説明書 圧力センサー PN78 704408 / 00 01 / 2010

本社  〔〒₂₈₃︲₀₈₂₆〕 千葉県東金市丘山台₂︲₉︲₂₀

千葉東テクノグリーンパーク

TEL︵₀₄₇₅︶₅₀︲₃₀₀₀︵代︶

営 業 所     東 京   名 古 屋   大 阪   広 島   九 州

取扱説明書

圧力センサー

PN78

JP

目次

1 はじめに(注意) �����������������������������������������������������������������������������������������������������3

1�1 表記の説明������������������������������������������������������������������������������������������������������3

2 安全の為の注意 ����������������������������������������������������������������������������������������������������3

3 機能と特徴 ������������������������������������������������������������������������������������������������������������4

4 機能 ����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������5

4�1 測定信号の処理 ����������������������������������������������������������������������������������������������5

4�2 スイッチング機能 ��������������������������������������������������������������������������������������������5

4�3 診断機能 ���������������������������������������������������������������������������������������������������������6

4�4 差圧測定 ���������������������������������������������������������������������������������������������������������6

5

取付方法 ���������������������������������������������������������������������������������������������������������������7

5�1 取付用アクセサリー �����������������������������������������������������������������������������������������7

5�2 差圧測定の為の圧力接続 ��������������������������������������������������������������������������������7

5�3 DIN レールへの取付 ����������������������������������������������������������������������������������������8

5�5

背面から圧力供給する場合のパネル取付 ��������������������������������������������������������9

5�6 床への取付����������������������������������������������������������������������������������������������������10

5�7 メンテナンス用ユニットの取付 ����������������������������������������������������������������������11

6 接続方法 �������������������������������������������������������������������������������������������������������������12

7 表示、操作部の説明 ���������������������������������������������������������������������������������������������13

8 メニュー ��������������������������������������������������������������������������������������������������������������14

8�1 メニュー構成 �������������������������������������������������������������������������������������������������14

8�2 メニュー説明 �������������������������������������������������������������������������������������������������15

9 パラメータ設定 ���������������������������������������������������������������������������������������������������16

9�1 パラメータの設定 ������������������������������������������������������������������������������������������16

9�2 出力信号の設定 ��������������������������������������������������������������������������������������������18

9�2�1 測定単位の設定 �����������������������������������������������������������������������������������18

9�2�2 出力機能の設定 �����������������������������������������������������������������������������������18

9�2�3 スイッチング出力値の設定 �������������������������������������������������������������������18

9�3 ユーザー設定(オプション) ����������������������������������������������������������������������������18

9�3�1 スイッチングディレーの設定 �����������������������������������������������������������������18

9�3�2 OUx のスイッチングロジックの設定 ������������������������������������������������������18

9�3�3 出力のダンピングの設定 ����������������������������������������������������������������������19

9�3�4 表示の設定 ������������������������������������������������������������������������������������������19

2

9�3�5 ゼロ点調整 �������������������������������������������������������������������������������������������19

9�4 サービス機能 ������������������������������������������������������������������������������������������������20

9�4�1 システム圧力の最小値 / 最大値の記録 �������������������������������������������������20

9�4�2 工場出荷時の値にリセット �������������������������������������������������������������������20

10 操作方法 �����������������������������������������������������������������������������������������������������������21

10�1 パラメータ設定値の確認 �����������������������������������������������������������������������������21

10�2 エラー表示 ��������������������������������������������������������������������������������������������������21

11

外形寸法図 ��������������������������������������������������������������������������������������������������������22

12 仕様(技術データ) ���������������������������������������������������������������������������������������������23

JP

12�1 設定範囲 �����������������������������������������������������������������������������������������������������24

13

工場出荷時の設定 ���������������������������������������������������������������������������������������������25

1 はじめに(注意)

1.1 表記の説明

► 操作の指示

>

操作に対する対応

[…] 設定ボタン又は指示の名称

参照

重要注意事項

誤動作や干渉の原因になりますので注意して下さい。

2 安全の為の注意

• 製品を動作させる前に製品説明を読み、製品がアプリケーションに問題なく適して

いる事を確認して下さい。

• 取扱説明や技術仕様を無視した場合、物的および人的損害につながる恐れがあ

ります。

• 全てのアプリケーションにおいて、製品材料( →12 仕様参照)が検出媒体に

対して耐性がある事を確認して下さい。

3

cULusを満たす為には、下表にある最大定格電流を持つUL認定のヒューズを使って

二次側を絶縁して下さい。

電流保護

AWG

22

20

18

16

14

12

ケーブルサイズ

[mm 2 ]

0�32

0�52

0�82

1�3

2�1

3�3

最大定格電流[A]

3

5

7

10

20

25

3 機能と特徴

この圧力センサーは装置の圧縮空気ネットワークのシステム圧を監視します。

アプリケーション

圧縮空気

圧力はゲージ圧です。

コードNo�

PN7834

PN7809

測定範囲

MPa

-0�1 ~1�0 kPa

-100 ~100

許容圧力

MPa

2 kPa

2000

破壊圧力

MPa

3 kPa

3000

センサーには許容圧を超える圧力を絶対に加えないで下さい。

破壊圧力を超える圧力が瞬間的に加わった場合でもセンサーは損傷する恐

れがありますので注意して下さい。

(事故につながる恐れがあります。)

許容圧力を超える圧力が加わる場合は測定範囲の高いPN70xxを使用して下さい。

ご不明な点がありましたらお問合せ下さい。

4

4 機能

4.1 測定信号の処理

このセンサーはシステム圧力を表示します。

• パラメータの設定により、 つの出力信号を出します。

OUT1

OUT2

(出力2

2つの機能から選択

設定可能なシステム圧力のスイッチング出力

自己診断出力 (出力1の異常時出力OFF).

4.2 スイッチング機能

OUTx はシステム圧力が設定された値 (SPx, rPx) より高いか又は低いかによって、出

力を切り替えます。以下のようなスイッチング機能が選択出来ます。

ヒステリシス機能

ヒステリシス機能

/

/

ノーマルオープン:[OUx] = [Hno](図1)

ノーマルクローズ:[OUx] = [Hnc](図1)

まずセットポイント(SPx)を設定してからリセットポイント(rP2)を設定して下さい。

JP

• ウインド機能 / ノーマルオープン:[OUx] = [Fno](図2)

• ウインド機能 / ノーマルクローズ:[OUx] = [Fnc](図2)

ウインドの幅はSPxとrPxで設定する事が出来ます。SPx=上限値,rPx=下限値

1

��

��

��

��

���

���

P = システム圧; HY = ヒステリシス; FE = ウィンド

��

��

���

���

2

5

4.3 診断機能

出力2は[OU2] = [dESI]�の時に、DESINA規格による自己診断出力として使用されま

す。

• 異常がなければ出力は

出力します。

ON し、UB+(P-n=PnPの時)もしくはUB-(P-n=nPnの時)を

• 異常時に出力は

出力 1 の短絡

OFF になります。以下の異常を検出します。

-

EPROM の異常

RAM の異常

パラメータ設定異常

プロセッサーの異常

4.4 差圧測定

センサーは圧力接続口①以外に換気用

の接続口②が付いています。

両方の接続口に圧力を加える事で差圧

センサーとして使用する事が出来ます。

注意

正常に機能させる為、以下の条件を守って下さい。

• 圧力接続口①より大きな圧力を接続口②に加えないで下さい。

• 接続口②に 1MPa を超える圧力を加えないで下さい。

誤差はシステム圧に依存します。

オフセット値(→9.3.5ゼロポイント調整)を設定する事で最小にする事が出来ます。

0�1MPa のシステム圧あたり0�35~0�83kPaになります。

6

5 取付方法

センサーの取付け、取外しの際は取付ける装置に圧力が加わっていない事を

確認して下さい。

► 圧力連結部をネジ止めするか圧力

接続口①にG1/8アダプターを接続し

て下さい。

最大の締付けトルクは8Nmです。

その他の注意→以下を参照して下さい。

5.1 取付用アクセサリー

以下の付属品を別売で用意しております。

DIN レール取付セット (DIN レール TH 35-7�5 to EN 60715)

アダプター R1/8 → R1/8

T 配管取付セット

• T 配管(G1/2)

レデューサー

アダプターR

G1/2 → R1/8

1/8 → R1/8

アダプターG1/8フランジ取付け

ワンタッチ継手 G1/8 → Ø 6 mm

ワンタッチ継手 G1/8 → Ø 8 mm

5.2 差圧測定の為の圧力接続

► M5 の換気用の接続口②からラベル

を外してシステム圧を加えて下さい。

最大締付けトルクは2�5Nmです。

► システム圧力を圧力接続口 G1/8

接続して下さい。

最大締付けトルクは8Nmです。

①に

コードNo�

E37340

E37350

E37360

E30075

E30076

E30077

JP

7

5.3 DIN レールへの取付

DIN レール TH 35-7�5 to EN 60715

��

� �

► 取付クリップ①を M4 x 40 の固定用ネジ②を使用して取り付けて下さい。

最大締付けトルクは2�5Nmです。

► 取付クリップを

取外し:

DIN レールに掛けて下さい。

► 取付レバーの上部及び下部をドライバーの先で取外して下さい。

5.4 背面パネル取付

��

► 2個のM4 x 40 の固定用ネジを①を使用して背面パネルに取付けて下さい。

8

5.5 背面から圧力供給する場合のパネル取付

��

� �

1: メイン圧力接続口

2:

背面圧力接続口

3: アダプタープラグ(センサーに付属していません)

4:O-

リング(センサーに付属していません)

5: 固定用ネジ(センサーに付属していません)

► アダプタープラグ G 1/8 を圧力接続口にねじ込んでカバーして下さい。

最大締付けトルクは8Nmです。

► 背面圧力接続口を外して下さい。

► 背面圧力挿入口と圧力供給口に O (直径2mm)

► 2 本のM4 x 40の固定用ネジを使用して背面パネルに取付けて下さい。

最大締付けトルクは2�5Nmです。

JP

9

5.6 床への取付

1

2

3

9

8

28�5

4

5

4 x M3 6 4 x M4

1: メイン圧力接続口

2: 取付穴(M3 のネジ切り x 4個又はM4のネジ用内径内径4�5mmの穴 x 4個)

3: G1/8アダプター取付口

4: 換気接続口

5: M3取付用ネジ(センサーに付属していません)

6: M4取付用ネジ(センサーに付属していません)

► 床板と圧力接続口をネジで固定する為の取付穴を開けて下さい。

► 圧力接続口①に G1/8 アダプターを締め付けて下さい。

最大締付けトルク8Nmです。

► 床板の圧力接続口にシールの為に O-

(O-リングは付属されていません。)

リングを入れて下さい。

► センサーと床板を 4 本のM3取付ネジを使って上部より締め付けて下さい。

最大締付けトルク1�5Nmです。

他の方法として;

► センサーと床板を 4 本のM4取付ネジを使って下から締め付けて下さい。

最大締付けトルク2�5Nmです。

換気接続口を妨げる取付方法や汚したりしないで下さい。

10

5.7 メンテナンス用ユニットの取付

別売りのアクセサリーを使用して、センサーを取付ける事が可能です。

アダプター R1/8 → R1/8(E37350)

T 配管取付セット(E37360)

アクセサリーを使用する事で、圧力センサーを並べて取付ける事が可能です。

アダプターを使用した取付

JP

T 配管取付セットを使用した取付

11

6 接続方法

配線の接続は電気的な知識をもっている人が行なって下さい。

電子機器の取付けは、国内、又は海外の規格に従って下さい。

供給電源:EN 50178,SELV,PELV

► 取付け及び配線は必ず電源を切ってから行って下さい。

► 結線に際しては誤配線のないように充分注意して下さい。

無負荷接続はしないで下さい。

通電前に結線が正しい事を必ず確認して下さい。

► センサーを取付けた後、コネクター付ケーブルを接続して下さい。

�������

�������

2 x PNP 出力

��

��

��

��

��

�������

�������

2 x NPN 出力

��

��

��

��

��

Pin 1

Pin 3

Pin 4 (OUT1)

Pin 2 (OUT2)

電源電圧+(Ub+)

電源電圧-(Ub-)

• (OUT1)

スイッチング出力

• (OUT2) スイッチング出力 ([OU2] = [Hno], [Hnc], [Fno] or [Fnc]の場合)

自己診断出力 ([OU2] = [dESI]の場合) ifm ソケットケーブル芯線色:

1 = BN ( 茶), 2 = WH (白), 3 = BU (青), 4 = BK (黒)

12

7 表示、操作部の説明

� � � � � � � �

���������� ���

��

��

1 –8: 表示LED

LED 2 =

LED 4

測定しているシステム圧をパスカルで表示

~ 6:未使用

LED 7, LED 8 = 出力時点灯

9: 4 桁デジタル表示

-

-

システム圧力の表示

パラメータとパラメータ値を表示

10: セットボタン”Set”

パラメータ値の設定(ボタンを長押する事でスクロールし、短く押す事で増加します。)

11: モード/エンターボタン"Mode/Enter”

パラメータの選択とパラメータ値の決定

JP

13

8 メニュー

8.1 メニュー構成

M

RUN

M

M

M

M

M

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

M

M

M

M

M

M

M

M

M

M

M

M

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

S

M

14

8.2 メニュー説明

SP1/rP1

SP2/rP2

OU1

OU2

SP1/rP1 OUT1 が切替わるシステム圧力の上限値/下限値

SP2/rP2 OUT2 が切替わるシステム圧力の上限値/下限値

OUT1 の出力機能:

スイッチング信号:ヒステリシス no] or ノーマルクローズ [� nc]

[H ��] or ウインド [F ��], ノーマルオープン [�

OUT2 の出力機能:

スイッチング信号:ヒステリシス

自己診断出力 [OU2] = dESI

[H ��] or ウインド [F ��],

ノーマルオープン [� no] or ノーマルクローズ [� nc]�

EF

拡張機能 / メニューレベル2へ進む

Uni システム圧力測定単位

HI システム圧力の最大値記録

LO システム圧力の最小値記録 tCOF ティーチゼロ点調整機能

COF マニュアルゼロ点調整機能 dS1/dS2 OUT1 / OUT2のスイッチオンディレー時間 dr1/dr2 OUT1 / OUT2のスイッチオフディレー時間

P-n 出力設定 PNP /NPN dAP スイッチング出力のダンピング diS 表示設定 rES 工場出荷時の値にリセット

JP

15

9 パラメータ設定

パラメータの設定中は、パラメータ設定が終了するまで既存のパラメータで機能を監

視します。

9.1 パラメータの設定

パラメータの設定は3ステップ必要です。

1

パラメータの選択

► 設定するパラメータが表示されるまで

[Mode/Enter] を押て下さい。

���������� ���

2

パラメータ値の変更

>

>

[Set] ボタンを長押しして下さい。

パラメータ値が 5 秒間点滅します。

5 秒後値が増加します。

長押しする事でスクロールし、短く押す

事で増加します。

���������� ���

数値は連続して増加します。値を減少させたい場合は最大値まで増加させて下さい。

値は最小値から再び増加していきます。

3

パラメータ値の決定

>

[Mode/Enter] ボタンを押して下さい。

パラメータが表示され、新しいパラメ

ータが保存されます。

���������� ���

他のパラメータの設定

► 再度ステップ 1 から始めて下さい。

設定の終了

>

15

秒待つか測定値が表示されるまで[Mode/Enter]ボタンを押して下さい。

動作モードに戻ります。

16

• メニューレベル 1 からメニューレベル2への変更

[EF] が表示されるまで[Mode/Enter]ボ

タンを押して下さい。

メニューレベル2がアクセスコードで

保護されている場合は"Cod1”と点滅表

示されます。

有効なコード No� が表示されるまで

[Set] ボタンを押し続けて下さい。

[Mode/Enter] ボタンを押して下さい。

工場出荷時の値:アクセス制限無し

>

[Set] ボタンを押して下さい。

メニューレベル 2 の最初のパラメータ

���������� ���

���������� ���

ロック / アンロック

設定したパラメータを容易に変更されない為に電気的にロックする事が出来ま

す。

>

動作モードになっている事を確認し

て下さい。

[Mode/Enter] ボタンと[Set]ボタンを同

時に10秒間押して下さい。

[Loc] と表示します。

���������� ���

����

パラメータ値を変更しようとすると、[Loc]と表示します。

ロックを解除するには:

>

[Mode/Enter] ボタンと[Set]ボタンを同

時に10秒間押して下さい。

[uLoc] と表示します。

���������� ���

����

工場出荷時:アンロック

タイムアウト:

15 秒以上ボタンを押さなかった時は、設定を変えずに動作モードに戻ります。

JP

17

9.2 出力信号の設定

9.2.1 測定単位の設定

► [Uni] を選んで測定単位を設定して下さい。

[MPa] [kPa]

日本国内では新計量法によりSI単位以外使用する事が出来ません。

9.2.2 出力機能の設定

-

-

-

-

[OU1] を選んで、機能を設定して下さい。

[Hno] =

[Hnc] =

[Fno] =

[Fnc] =

ヒステリシス / ノーマルオープン

ヒステリシス / ノーマルクローズ

ウィンド / ノーマルオープン

ウィンド / ノーマルクローズ

-

-

-

-

-

[OU2] を選んで、機能を設定して下さい。

[Hno] =

[Hnc] =

[Fno] =

[Fnc] =

[dESI] =

ヒステリシス / ノーマルオープン

ヒステリシス / ノーマルクローズ

ウィンド / ノーマルオープン

ウィンド / ノーマルクローズ

自己診断出力として使用

9.2.3 スイッチング出力値の設定

► [SP1] / [SP2] を選んで、出力が切替わる値を設定して下さい。

► [rP1] / [rP2] を選んで、出力が切替わる値を設定して下さい。 rPx はSPxよりも常に小さい値になります。センサーはSPxよりも小さい値

にしか設定出来ません。

9.3 ユーザー設定(オプション)

9.3.1 スイッチングディレーの設定

[dS1] / [dS2] = OUT1 / OUT2 のオンディレー

[dr1] / [dr2] = OUT1 / OUT2 のオフディレー

► [dS1], [dS2], [dr1] or [dr2] を選んで、0�1~50秒の間で設定して下さい。

(0�0 に設定した場合、ディレーは無効になります。)

9.3.2 OUx のスイッチングロジックの設定

► [P-n] を選んで[PnP]か[nPn]に設定して下さい。

18

9.3.3 出力のダンピングの設定

► [dAP] を選んでダンピングの値を設定して下さい。 dAP 値 =設定された時間以上の圧力変化のみ測定します。

ダンピングと応答周波数の相関関係 dAP 3 6 10 17 30 60 125 250 500 f [Hz] 170 80 50 30 16 8 4 2 1

9.3.4 表示の設定

-

-

[diS] を選んで表示の更新間隔を設定して下さい。

[d1]: 50 ms 間隔で表示

[d2]: 200 ms

[d3]: 600 ms

間隔で表示

-

-

-

[OFF]:

間隔で表示

[rd1], [rd2], [rd3]: d1, d2, d3; の180°反転表示

動作モードでの表示機能をOFFします。

9.3.5 ゼロ点調整

差圧測定の精度を最適にする為のゼロ点調整

[COF] を選んで-10 % から+10 % の範囲で設定して下さい。

内部測定値「0」はこの値によって変化します。

以下の設定値は 0�1MPa(100kPa) のシステム圧あたり0�6kPaまで改善する

事が出来ます。

システム圧力

[MPa]

0�1

0�2

0�3

0�4

0�5

0�6

0�7

0�8

0�9

1�0

PN7809の設定値

[%]

-0�2

-0�6

-0�9

-1�2

-1�6

-2�0

-2�4

-2�7

-3�0

-3�4

PN7834の設定値

[%]

---

---

-0�1

-0�1

-0�2

-0�2

-0�2

-0�3

-0�3

-0�4

JP

19

その他の方法:自動調整機能を使ってゼロ点調整を行う事も出来ます。

ゼロ点キャリブレーションティーチ機能

自動適応オフセット(設定範囲0MPa±10%);

例)センサーの取付け位置及びレベル測定時の0点レベルの調整

パラメータCOFの項目も参照して下さい。

設定方法

► 圧力差を

下さい。

0MPa にするかシステムに圧力が加わっていないことを確認して

>

[tCOF] が表示されるまで、[Mode/Enter ]ボタンを押して下さい。

[Set] ボタンを押し続けて下さい。

現在のオフセット値 [%] が点滅します。

[SET] ボタンを離して下さい。

[Mode/Enter] ボタンを押して下さい。(=新たなオフセット値の承認)

値のリセット

[COF] を選んで値を[0]に設定して下さい。

9.4 サービス機能

9.4.1

システム圧力の最小値 / 最大値の記録

► [HI] 又は[LO]を選んで[Set]ボタンを押して下さい。

[HI] = 最大値, [LO] = 最小値

記録の消去:

[HI] 又は[LO]を選んで[----] 表示になるまで[Set]ボタンを長押して下さい。

[Mode/Enter] ボタンを押して下さい。

9.4.2 工場出荷時の値にリセット

[rES] を選んで[----]表示になるまで[Set]ボタンを長押して下さい。

[Mode/Enter] ボタンを押して下さい。

リセットを実行する前にご使用の設定値を書き留めておく事をお奨めし

ます。

(→13工場出荷時の設定)Select [rES]�

20

10 操作方法

(通常の状態)

センサーは設定されたパラメータによって機能、出力します。

動作表示→7 表示、操作部のの説明参照

10.1 パラメータ設定値の確認

► [Mode/Enter] ボタンを押してパラメータをスクロールさせて下さい。

► 確認したいパラメータが表示されたら、 [Set] ボタンを押して下さい。

> 約 15 秒間パラメータ値を表示し、その15秒後動作モードに戻ります。

10.2 エラー表示

[OL] 定格圧力最大値を上回った時(Over load)

[UL]

定格圧力最小値を下回った時(Under load)

[SC1]

OUT1 が短絡した時*

[SC2]

OUT2 が短絡した時*

[SC]

OUT1 / OUT2 の両方が短絡した時*

[Err]

点滅:内部エラー

* 短絡している状態では、その出力はOFFとなります。

表示機能をOFFにしていてもSC1, SC2, SC, Err は表示されます。

JP

21

11 外形寸法図

1

4

2

34

3

5

6 4�5

200

35�6

28�5

35

48�4

7 M4

単位:mm

1: 換気接続口M5; 最大締付けトルク 2�5 Nm

2: メイン圧力接続口 G 1/8; 最大締付けトルク 8 Nm�

3: 設定ボタン

4: LED (表示単位 / スイッチング状態)

5: 4桁デジタル表示

6: M4ネジ切り; 最大締付けトルク 2�5 Nm

7: M4ネジ切り; 最大締付けトルク 2�5 Nm

22

12 仕様(技術データ)

使用電源電圧 [V] ������������������������������������������������������������������������������������������������18~36 DC

1)

内部消費電流 [mA] ��������������������������������������������������������������������������������������������������������� < 50

出力開閉電流 [mA] ���������������������������������������������������������������������������������������������������������� 250

逆接続,過負荷保護 ������������������������������������������������������������������������������������������������� 40 Vまで

短絡保護,内部電圧監視機能;

内部電圧降下 [V] ������������������������������������������������������������������������������������������������������������� < 2

起動時遅延時間 [s] ���������������������������������������������������������������������������������������������������������� 0�3

スイッチング出力の最小応答時間 [ms] ������������������������������������������������������������������������������ 3

スイッチング出力の応答周波数 [Hz] �����������������������������������������������������������������������max�170

精度 / 誤差 (最大定格圧力に対して)

- スイッチング精度 ���������������������������������������������������������������������������������������������������� < ± 0�5

- 総合精度 ����������������������������������������������������������������������������� < ± 0�25 (BFSL) / < ± 0�5 (LS)

- ヒステリシス �������������������������������������������������������������������������������������������������������������� < 0�25

- 繰り返し精度( < 10 K) �����������������������������������������������������������������������������������������������< ± 0�1

- 長期安定性(/ 6ヶ月) ���������������������������������������������������������������������������������������������� < ± 0�05

- 温度ドリフト(TEMPCO)

温度範囲 0~60 ℃ (/ 10 K)

- ゼロ点誤差 / スパン誤差 ��������������������������������������������������������������������������� < ± 0�2 / < ± 0�2

媒体接液部の材質 ��������������������SUS304Cu,真鍮,CuZn,FPM (Viton); PPS; silicon (メッキ)

外装材質 �����������������������������SUS304,PPS,PC (Makrolon),PBT(Pocan),PEI,FPM (Viton);

EPDM/X (Santoprene)

保護構造 ����������������������������������������������������������������������������������������������������������������� IP 67 III

絶縁抵抗 [MΩ] ������������������������������������������������������������������������������������������ > 100 (500 V DC)

耐衝撃 [m/s 2 ] �������������������������������������������������������������� 50 x 9�81 (DIN / IEC 68-2-27, 11 ms)

耐振動 [m/s 2 ] ���������������������������������������������������� 20 x 9�81 ( DIN / IEC 68-2-6, 10-2000 Hz)

最小圧力サイクル ��������������������������������������������������������������������������������������������������������� 1億回

使用周囲温度 [°C] ��������������������������������������������������������������������������������������������������� -25~85

媒体温度 [°C] �������������������������������������������������������������������������������������������������������������� 0~60

保存温度 [°C] ������������������������������������������������������������������������������������������������������������-25~85

EMC EN 61000-4-2 静電気放電に対する耐性: ��������������������������������������������������������4 / 8 KV

EN 61000-4-3 電磁界に対する耐性: ��������������������������������������������������������������� 10 V/m

EN 61000-4-4 バーストに対する耐性: �����������������������������������������������������������������2 KV

EN 61000-4-5 サージに対する耐性: ������������������������������������������������������������0�5 / 1 KV

EN 61000-4-6 高周波誘導結合に対する耐性: ����������������������������������������������������� 10 V

1)

to EN50178, SELV, PELV

BFSL = 最小値設定 / LS = 限界値設定

JP

23

12.1 設定範囲

MPa min

SP1 / SP2 max

-0�090 1�000

100�0 min rP1 / rP2 max

-0�095 0�995

-98�0 99�5 kPa

ΔP = ステップ

-97�5

ΔP

0�005

0�1

この製品は人体の保護を目的とした

安全回路に組込む事は出来ません。

• センサーの表示圧力はゲージ圧です。

• センサーのセンシング部を手で触ったり、固い物で押したりしないで下さい。

• 測定媒体によっては、センサーの接液部を腐食させる恐れがあります。

耐性を確認の上ご使用下さい。

使用環境は所定の条件(例えば温度等)を守って下さい。 •

• 薬品のかかる所では、原則として使用しないで下さい。使用する場合は前もってテス

トし、確認の上ご使用下さい。

• センサーに荷重をかけないで下さい。

コネクター付きケーブルを接続する際は手でしっかりと締め、工具(プライヤー)等は

絶対に使用しないで下さい。

• 使用済みのセンサーは産業用廃棄物として処理して下さい。

日本国内では新計量法により SI 単位以外使用出来ません。

24

13 工場出荷時の設定

SP1 rP1

OU1

OU2

SP2 rP2

COF dS1 dr1 dS2 dr2

P-n

工場出荷時の値

25% VMR *

23% VMR *

Hno

Hno

75% VMR *

73% VMR *

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

PnP dAP diS

Uni

6 d2

MPa / kPa * 2)

* = 測定範囲(VMR)の最大値を%で表示

*2) 日本国内では新計量法により SI 単位以外使用する事が出来ません。

MPa / kPa の工場出荷時の設定は日本で行っています。

ユーザー設定

技術データ、その他情報については、下記も併せてご参照下さい。 www�ifm�com

→ Data sheet direct:

JP

お断りなく仕様等記載事項を変更する事がありますのでご了承下さい。

25

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project