E4990A 材料測定Excelソフト 簡易取扱説明書 16452A 液体測定電極

E4990A 材料測定Excelソフト 簡易取扱説明書 16452A 液体測定電極

E4990A

材料測定Excelソフト

簡易取扱説明書

16452A 液体測定電極

(無償トライアル版 Rev1.07 )

Application Note

02 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

目次

1) はじめに

2) 材料測定ソフトの基本構成について

3) E4990Aとの通信の確立

4) 測定条件設定

5) 治具補正の実施

5-1) Step-1:アダプタセットアップ

5-2) Step-2:Fixture Compensation(Short)

5-3) Step-3:Measure C0(Air Capacitance)

5-4) Step-4:Measure Cp(MUT Capacitance)

6) その他

6-1)試料の排出と処理について

6-2)電極について

6-3)使用上の注意

7) 参考資料

P-3

P-3

P-4

P-5

P-6

P-7

P-8

P-9

P-10

P -11

P -11

P -11

P -12

03 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

) はじめに

本書で説明をするE4990A用材料測定ソフトはE4990A インピーダンス・アナライザと

材料測定治具の組み合わせで誘電率ならびにtanδ等の材料パラメータの測定を行うソフトウエアになります。

E4990A_material_meas.xlsm(無償トライアル版 Rev1.07)は201512月末までの期限付きとなります。

本ソフトウエアの実行に関しては以下の機材が必要となります。

-E4990A インピーダンス・アナライザ

-液体測定電極(16452A)

-100Ω標準抵抗(E4990-61001)

-本ソフト E4990A_material_meas.xlsm

(無償トライアル版 Rev1.07 )

-本ソフト動作用PC

-Microsoft Office 2010以上

-LAN I/FあるいはUSB2.0 I/F

-Keysight I/O Library Suite がインストールされていること

-PCとE4990Aの通信のためのアクセサリ

-LANケーブル

または

-82357B Keysight USB-GPIB I/F

2) 材料測定ソフトの基本構成について

本ソフトは各材料測定用治具を使用した測定に対して、対応したExcelのシートで

校正から測定、結果表示まで行います。

それとは別にE4990Aとの通信の設定を行うシートがあります。

まず最初にE4990Aとの通信の設定を行った後に、治具に対応したシートで

校正ならびに測定を実施する流れになっています。

1. Keysight Connection Expert

でE4990Aを見付けます。

-E4990Aとの通信設定(シート名:Connection)

-各治具の測定用シート(例:シート名:16452A)

2. E4990AのVISA address

をExcelシートへコピー&

ペーストで貼り付けます。

04 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

3) E4990Aとの通信の確立

事前にPCにKeysight I/O Library Suit をインストールし、82357B USB-GPIB インターフェース/USBケーブル/

LANケーブルでE4990Aと接続しておくこと

PCのスタートメニューからKeysight Connection Expert を起動します。

Rescan ボタンを押してE4990Aを表示させます。

E4990Aが表示されたら選択をし、表示されるVISAアドレスをコピーしておきます。

例:USB0::0x0957::0x1809::MY54100130::0::INSTR

コピーしたVISAアドレスをExcelシートのVISAアドレスにペーストし、

Check Connectionボタンを押し、Connection StatusにOKとE4990Aのシリアル等が

表示されれば通信が出来た状態になります。

05 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

4)測定条件設定

測定の条件設定は各治具の名前のシートで行います。(例:16452Aの場合はシート名:16452A)

画面左側が測定条件設定画面、画面右側が校正並びに測定実施の画面になります。

掃引タイプの指定

測定速度の指定

ケーブル長の指定

スペーサーの厚み指定

Stimulus: Start Frequency[Hz] 掃引開始周波数[Hz]

Stop Frequency[Hz] 掃引終了周波数[Hz]

Sweep Type 掃引タイプ(Linear、Log)

Number of Points 測定点数

OSC Level[V] AC印可信号レベル[Volt]

Averaging: Measurement Time 測定速度[1~5より選択]

Point Average 測定点毎の平均処理回数

Sweep Average 掃引毎の平均処理回数

Delay Time: Point Delay[Sec] 測定点あたりの待ち時間[Sec]

Sweep Delay[Sec] 掃引毎の待ち時間

Fixture : Cable Length[mm] 液体測定電極とE4990Aを接続するケーブル長の選択

(1m/2mから選択)

Spacer[mm] 挟み込むスペーサーの厚みの選択[mm]

(1.3/1.5/2/3から選択)

Nominal C0[pF] 選択したスペーサーでの測定容量値の目安[pF]

06 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

5) 治具補正の実施

測定条件の設定が終了したら、治具部分の影響を取り除いた測定を行うために治具部分の補正を行います。

順番にStep-1からStep-4まで実施する事で校正から測定まで行うことが出来ます。

液体電極接続用ケーブルの補正

(BNCケーブルの先端までの位相補正)

治具の補正

基準となる空気(試料が入っていない

状態)の測定

被測定物測定

07 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

5-1)Step-1:アダプタセットアップ

まず液体電極接続用ケーブルで延長した部分の位相の補正を行います。

Adapter Setupを押します。

OKで進みます。

E4990Aに延長用BNCケーブル(1mまたは2m)を接続します。

その先に100Ω標準抵抗(E4990-61001)を図のように接続します。

Lcur(Cable)とHpot(100Ω抵抗)、Lpot(Cable)とHcur(100Ω抵抗)を接続

接続したらOKボタンを押します。

Finishedが表示されたら、OKを押します。

表示がDoneとなりStep-1は終了です。

08 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

5-2) Step-2:Fixture Compensation(Short)

治具の残留インピーダンスの補正を行います。

Fixture Compensationを押します。

OKで進みます。

-16452Aの4つのねじを外します。

-1.3mmのスペーサーとショートプレートを取り付けます。

-再度組み立てます。

-延長用ケーブルを取り付けて、OKボタンを押します。

Finishedが表示されたら、OKを押します。

Doneと表示されればStep-2は終了です。

09 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

5-3) Step-3:Measure C0(Air Capacitance)

被測定物をセットして測定を行います。

Measure C0を押します。

-16452Aの4つのねじを外します。

-1.3mmのスペーサーを取り付け他状態で

ショートプレートを取り外します。

-再度組み立てます。

-延長用ケーブルを取り付けて、OKボタンを押します。

Doneと表示されればStep-3は終了です。

010 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

5-4) Step-4:Measure Cp(MUT Capacitance)

被測定物をセットして測定を行います。

Measure C0を押します。

-Cのねじを取り付けます。

-ホルダに立ててセットします。

-Aにはなにも取り付けず開けておきます。

-Bより試料をスポイト等で静かに注入します。

-液漏れ等がないことを確認します。

上記が終了したら、OKボタンを押し、測定を実施します。

Doneと表示されればStep-3は終了です。

同じ設定条件で測定を行う場合には、被測定物を交換し

Measure MUTを押すと再度測定し、結果を表示します。

測定結果の保存は表あるいはグラフを別のExcelやパワーポイントにコピー&ペーストするか

このシート毎保存をする形になります。

測定終了のための処理は特にありません。

必要に応じて

-このExcelを閉じる

-測定器の電源を切る

等の処理をしてください。

011 | E4990A 材料測定ソフト 簡易取扱説明書 – Application Note

6) その他

6-1)試料の排出と処理について

測定した試料は下の穴から抜くことが出来ます。

排出した試料は適切な処分をお願いします。

6-2)電極について

16452Aには4種類のスペーサーが付属しています。

それぞれのスペーサーを使用した際に必要な資料の量、空の状態の容

量値につきましては以下のようになっております

6-3)使用上の注意

使用上の注意:一般的な注意点として、導伝率またはコンダクタンスの高いイオン性の液体物質

(例えばNa+Cl-)などは測定できません。

可能性があります。電極間で誘電分極が発生し、正しい容量値の測定ができなくなることに起因します。

7) 参考資料

以下の資料のタイトルの横に記載の 4桁-4桁

- IO Libraries Suite の簡易取扱説明書

[ IO Libraries Suite 16.2/16.3 簡易取扱説明書 ] ( 5991-0331JAJP ) http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5991-0331JAJP.pdf

-E4990A インピーダンス・アナライザ製品情報

E4990A 製品WEBページ http://www.keysight.com/ja/pn-E4990A

-誘電率・透磁率測定治具関係

[ インピーダンス測定アクセサリ・ガイド ] (5965-4792JA ) http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5965-4792JA.pdf

[ 16451B 誘電体テスト・フィクスチャ ] http://www.keysight.com/ja/pn-16451B

[16454A 磁性材料テスト・フィクスチャ ] http://www.keysight.com/ja/pn-16454A

[ 16452A 液体テスト・フィクスチャ ] http://www.keysight.com/ja/pn-16452A

-アプリケーションノート他

[ Keysight Technologies 誘電体測定の基礎 ] (5989-2589JAJP) http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5989-2589JAJP.pdf

カタログ番号

( 例:5991-2363JAJP ) で検索!

[ Measuring Dielectric Properties Using Keysight’s Materials Measurement Solutions ] ( 5991-2171EN ) http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5991-2171EN.pdf

[ LCRメータおよびインピーダンス・アナライザを用いた誘電率/透磁率の測定ソリューション ] (5980-2862JAJP ) http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5980-2862JAJP.pdf

[ Materials Measurement:Magnetic Materials ] ( 5991-4714EN ) http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5991-4714EN.pdf

キーサイト・テクノロジー合同会社

本社〒

192-8550 東京都八王子市高倉町9-1

計測お客様窓口

受付時間

9:00-18:00(土・日・祭日を除く)

TEL 0120-421-345 (042-656-7832)

FAX 0120-421-678 (042-656-7840)

Email [email protected]

ホームページ

www.keysight.co.jp

記載事項は変更になる場合があります。

ご発注の際はご確認ください。

©

Keysight Technologies. 2015

Published in Japan, February 13,2015

5992-0517JAJP

0000-08A

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement