取付説明書はこちら - コムエンタープライズ

取付説明書はこちら - コムエンタープライズ

ソニックスタート リモコン付き(スマートフォン対応タイプ) (Ver.1.0) インストールガイド

【スーパーロックマン】

3

4

SL CN4 7ピン白

1

IN (+)

ACC(+)入力。

2

赤/白

IN (-/+)

ドア開閉検知(−)入力。

IN (-)

IN (-)

BTモジュールの緑線へ接続。

BTモジュールの青線へ接続。

5 橙/白 IN (+)

アンサーバック入力。

ソニックスタート CN2 灰線へ接続。

6

7

IN (+/-)

ロックモータ(+)入力。

純正キーレスを使用する場合に接続。

IN (+/-)

アンロックモータ(+)入力。

純正キーレスを使用する場合に接続。

ON

1

2

3

4

5

DIPスイッチ

設定項目

フォグアンサーバック

未使用

ドアロック入力

ドア開閉検知入力

アンサーバック入力

接続なし

2

3

SL CN3 4ピン白

1

OUT (+)

BTモジュールの赤線へ接続。

4

OUT (-)

IN (-)

IN (-)

BTモジュールの黒線へ接続。

BTモジュールの白線へ接続。

BTモジュールの桃線へ接続。

接続なし

5

6

SL CN2 12ピン白

1 橙 OUT NO

2

OUT COM

トランクオープン出力。車両トランクスイッチに接続。

3

OUT NC

4

OUT NO

OUT COM

フォグ(スモール)アンサーバック出力。

OUT NC

7 桃 OUT (-) 接続なし。

8 赤/白 OUT (-) 右スライドドア(−)出力。

9 灰 OUT (-) 左スライドドア(−)出力。

10

11

白/黒

12

橙/白

接続なし。

SS CN2 青線へ接続。

SS CN2 紫線へ接続。

ON

無効

見ない

20130421

SL CN1 10ピン白

1 黒 IN (-) ボディーアースへ接続。

2

IN (+) 常時電源へ接続。

3 茶 OUT (+) 接続なし。

6

7

4

5

8

9

OUT NC

OUT COM

紫 OUT NO

青/白

OUT NC

緑/白

OUT COM

紫/白

OUT NO

キーレス基本結線図を参照。

10 灰 OUT (+)

ハザードアンサーバック(+)出力。

ハザード接続モジュールの1本側へ接続。

2本側は左右のウインカー線へ接続。

OFF

有効

見る

接続なし

【ソニックスタート】

CN5 2ピン赤

1

2

赤 OUT (+)

OUT (-)

常時12V出力。ボイスモジュールやソニックボイス

の電源としては使用できません。

セキュリティオン中マイナス出力。

2

3

4

CN3 4ピン白

1 赤

IN (-)

IN (-)

オプションのセンサーを接続。

CN4 2ピン白

1

2

OUT (+)

OUT (-)

常時12V出力。ボイスモジュールやソニックボイス

の電源としては使用できません。

単発LED用マイナス出力。

CN2 12ピン白

1 青 IN (+/-) SL CN2 白/黒線へ接続。

2

IN (+/-)

SL CN2 橙/白線へ接続。

3 橙 IN (+)

エンジン始動自動検出ができない場合は、L端子

線(エンジン始動中12V)へ接続。

社外エンジンスターターと併用する場合は、IG

(CN1の白線)へ接続。

4 赤/白

5 橙/白

6

7

IN (-/+) ドア開閉検知線(−)へ接続。

IN (+)

ウインカー(+)入力。

ハザード接続モジュールの2本側へ接続。

IN (+/-)

ブレーキ線(+)/クラッチ線(−)へ接続。

IN (+/-)

Pポジションへ接続。P/N自動検出ができない場

合に接続。Pポジションの線が取れない場合や

MT車の場合は、サイドブレーキへ接続。

8

9

IN (-)

スタートスイッチ(−)へ接続。

OUT (+)

ハザードアンサーバック用出力。

ハザード接続モジュールの1本側へ接続。

10

11

白/黒

12

OUT (+)

IN (-)

サイレンの赤線へ接続。

接続なし。

ボディアースへ接続。

ON

※ コネクタは、必ず同じ色同士を接続してください。

4

5

DIPスイッチ

設定項目

1

P/N自動検出

2

エンジン始動検出方法

3

ブレーキ/クラッチ入力

未使用

未使用

6 ドア開閉検知入力

ON

配線

配線(L端子)

クラッチ(-)

OFF

自動

自動

ブレーキ(+)

2

3

CN6 4ピン青

1

OUT (-)

4

OUT NO

OUT COM

OUT NC

FETルームランプ出力。

接続なし。

接続なし。

接続なし。

CN7 2ピン黒

1

OUT (-)

2 桃 OUT (-)

常時アース出力。

イモビキャンセラー用マイナス出力。

4

5

6

2

3

CN1 6ピン白

1

IN (+)

赤/白

IN (+)

OUT (+)

OUT (+)

白/黒

OUT (+)

OUT (+)

常時電源1へ接続。

常時電源2へ接続。

ACCへ接続。

IG1へ接続。

IG2へ接続。

スターターへ接続。

設定メニュー①【アンサーバック】

番号 設定項目

1 ロック サウンドアンサーバック回数

2 アンロック サウンドアンサーバック回数

3 サウンドアンサーバック速度

4 ロック ハザードアンサーバック回数

5 アンロック ハザードアンサーバック回数

6 ハザードアンサーバック速度

7 スキャナ点滅パターン

8 ルームランプ点灯時間

9 エンスタ時サウンドアンサーバック

設定メニュー②【セキュリティ・その他】

番号

1 セキュリティ解除操作(ドア)

2 セキュリティ解除操作(ブレーキ)

3 お知らせサウンド

4 セキュリティ監視開始タイマー

設定項目

5 セキュリティセンサー警告パターン

6 ターボタイマー

7 スタートスイッチ有効時間

8 エンジンオフ後のACC動作

9 設定メニュー③変更

設定メニュー③【エンジン始動】

番号

1 グロータイム

2 スターター始動中のIG動作

3 スターター始動中のACC動作

4 エンジン始動方法

5

設定項目

スタータータイマー

※上記 番号4 エンジン始動方法が「タイマー」の場合有効

6 リモコンエンスタ機能

7

エンスタ中 タイマー

※ リモコンエンスタ機能オンの場合有効

8 設定メニューリセット

1

1回

1回

1回

1回

通常

30秒

オン

2

2回

2回

2回

2回

60秒

オフ

3

3回

3回

3回

3回

オフ

90秒

1

1回

1回

オン

5秒後

サウンド+ハザード

警告のみ

1分

1分

オン

2

2回

2回

オフ

10秒後

ハザード

警告のみ

3分

3分

オフ

不可

3

3回

3回

4

4回

4回

30秒後

サウンド+ハザード

警告5回目で

アラーム

5分

10分

60秒後

ハザード

警告5回目で

アラーム

10分

30分

4

オフ

オフ

オフ

オフ

120秒

4

4秒

1

1秒

IG1+IG2

オフ

L端子/自動検出

0.5秒

2

2秒

IG1

オン

タイマー

1.0秒

ロック時のみ有効 常に有効

5分

-

10分

3

3秒

IG2

マニュアル

1.5秒

無効

15分

2.0秒

20分

5

5

5回

5回

オフ

オフ

60分

5

5秒

2.5秒

30分

6

6

無制限

6

10秒

3.0秒

40分

7

7

7

オフ

3.5秒

8

8

8

4.5秒

20130421

ソニックスタートⅢ リモコン付き

(スマートフォン対応タイプ) (Ver.1.0)

取付説明書

1.はじめに

2.注意事項

3.製品構成

4.配線方法(スーパーロックマン)

5.配線方法(ソニックスタート)

6.DIP スイッチの設定

7.本体の接続

8.ハンドルロックの解除

9.配線検査手順

1.はじめに

この度は、「ソニックスタートⅢリモコン付き(スマートフォン対応タイプ)」(以後、本製品)をお買い上げ頂き誠にありがとうございます。この製

品は、車両のエンジンスタートをプッシュスイッチで行うようにします。またセキュリティ機能も付いており、専用リモコンやスマートフォンでのロッ

ク・アンロックに連動してセキュリティのオン・オフも可能です。さらに専用リモコンやスマートフォンでの近距離エンジンスタートも可能です。

2.注意事項

危険

以下の注意事項を無視し取扱いを誤った場合、使用者が重傷を負ったり死に至る危険性があります。

■ このキットは、正確に確実に配線しないと走行中エンジンが停止し、ブレーキの利きが悪くなったりハンドルが重くなり、重大な事故を起こす

可能性があります。必ずプロショップで配線を行ってください。

■ 本製品は12V 車専用です。24V 車には取り付けできません。

■ アンロックした状態で車を離れると車両の盗難の可能性が極めて高くなります。

■ アンサーバックしない車の場合、ピッキングされるとエンジンがかかる状態になりますので盗難の可能性が高くなります。

■ イグニッションキーを挿している場合、機械的なハンドルロックが解除されているため、ロック中でも車両の盗難の可能性が通常車両より高

くなります。盗難の危険が高い場所に駐車する場合は、キーシリンダーからキーを抜いてください。

■ 本キットが原因で発生したお客様の損害は、当社では一切、賠償の責を負いません。同意できない場合は、取り付け前に規定に基づき返

品してください。

ソニックスタートの使用にあたっての注意事項 【重要】

■ 必ず取付説明書に従って配線してください。

■ 接続しない線は、必ず絶縁処理してください。

■ 取り付け作業が終わると、配線をまとめて、運転の妨げにならないような場所に格納してください。

3.製品構成

取付説明書 ― 1 ―

4.配線方法(スーパーロックマン)

SL CN1 10ピン白カプラー

■ 別紙「キーレス基本結線図」の資料を見て配線してください。

■ 必ず「キーレス基本結線図」裏面の配線検査手順も行ってください。

■ ③茶線は接続しないでください。

SL CN2 12ピン白カプラー

1 橙 トランクリレーの NO 出力。

2

3

4

5

トランクリレーの COM 出力。車両トランクオープンスイッチの片側に接続。

トランクリレーの NC 出力。接続なし。

フォグリレーの NO 出力。プラスコントロールの場合+12V、マイナスコントロールの場合アースに接続します。

フォグリレーの COM 出力。フォグリレー付き車の場合は、フォグスイッチ線に接続します。

6

7

フォグリレーの NC 出力。接続なし。

接続なし。

8 赤/白 右スライドドア(−)出力。

9 灰 左スライドドア(−)出力。

10 茶 接続なし。

11 白/黒 ソニックスタート CN2 青線へ接続。

12 橙/白 ソニックスタート CN2 紫線へ接続。

● トランクオープン機能

■ リモコンでトランクオープンを行いたい場合に配線してください。

■ 車両のトランクオープンスイッチに配線します。

■ ワイヤー式の場合、トランクリリースキットが必要になります。

運転席にトランクオープンスイッチがある場合

内部トランクリレー

車両トランク

オープンスイッチ

車両トランク

アクチュエータ

● フォグ(スモール)アンサーバック機能

ワイヤー式の場合

フォグリレー無し車への配線例

■ フォグやスモールアンサーバックが必要な場合に接続

してください。

■ 車両にフォグリレーが付いていない場合、下図の様に

リレーを追加して配線してください。

■ スモールへ接続する場合は、リレーは必要ありません。

トランク

リリースキット

フォグランプ

取付説明書 ― 2 ―

● スライドドア出力

■ リモコンで左右スライドドアの開閉を行う場合に接続してください。

■ 左右スライドドアの開閉スイッチに接続してください。

【注意】 この線を+12V に接続すると本体が故障します。

● ソニックスタートとの接続

■ ソニックスタート本体と接続してください。

【注意】 この線を+12V に接続すると本体が故障します。

SL CN3 4ピン白カプラー

1 赤 (+) BT モジュール 赤線へ接続。

2

3

(−)

(−)

BT モジュール 黒線へ接続。

BT モジュール 白線へ接続。

4 緑 (−) BT モジュール 桃線へ接続。

SL CN4 7ピン白カプラー

1 橙 (+) ACC(+)入力。

2 赤/白

3 桃

4 灰

5 橙/白

(−/+) ドア開検知線に接続。ドア開検知線(+)へ接続する場合は、DIP スイッチ4の設定を変更してください。

(−) BT モジュール 緑線へ接続。

(−)

(+)

BT モジュール 青線へ接続。

接続なし。

6 青 (+/−) ロックモータ入力。純正キーレスを使用する場合に接続してください。 (24V 車は接続不可)

7 紫 (+/−) アンロックモータ入力。純正キーレスを使用する場合に接続してください。 (24V 車は接続不可)

ロック・アンロック線の配線時の注意事項 【重要】

6番の青線と7番の紫線は、ドアロックモーターの線(+)へ接続してください。ロック線(−)へ接続する場合は、社外キーレスのマイナス出力に配線す

る場合です。

■ ドア開検知線が各ドアで分かれている場合、下記の図のようにダイオードを入れてください。

ダイオードが不要な場合 ダイオードが必要な場合

ルームランプ

車両コンピュータ

CN4 2番

赤/白線へ

CN4 2番

赤/白線へ

1A 整流

ドアスイッチ

ダイオード

ドアスイッチ

取付説明書 ― 3 ―

5.配線方法(ソニックスタート)

SS CN1 6ピン白カプラー

1

3

4

2 赤/白

常時電源1へ接続。内部回路で ACC と IG1とつながっています。

常時電源2へ接続。内部回路で IG2とスターターとつながっています。

(常時電源が1系統の場合は、1番の赤線と一緒に接続してください。)

ACC へ接続。

IG1 へ接続。

接続例

5 白/黒 IG2 へ接続。(IG が1系統の場合は、接続しないでください。)

6 緑

スターターへ接続。

(スターターが2系統の場合は、この線を分岐して接続してください。)

赤/白 赤 橙

■ 車のイグニッションハーネスを抜いて、そのハーネスに配線します。

■ 配線は、必ずはんだ付けで行ってください。接触不良を起こすと、急にエンジンが止まってしまい事故の原因になります。

■ 必ず純正配線図を確認してから作業してください。

■ 常時電源が1系統の場合は、1番の赤線と2番の赤/白線は、一緒に接続してください。

■ スターターが2系統の場合は、6番の緑線を分岐して接続してください。

白 緑

白/黒

SS CN2 12ピン白カプラー

※ は接続しなくてもよい

1 青 スーパーロックマン CN2 白/黒線へ接続。

2

3

4

赤/白

(+)

ソニックスタート CN2 橙/白線へ接続。

L 端子線(エンジン始動中 12V)へ接続。エンジン始動自動検出がうまくいかない場合に接続してください。

社外エンジンスターターと併用される場合は、IG(CN1の4番の白線)に接続してください。

(−/+)

ドア開閉検知線へ接続。ドア開閉検知線が各ドアで分かれている場合は、ダイオードを接続してください。

ドア開閉検知線(+)へ接続する場合は、DIP スイッチ6の設定を変更してください。

(+/−) ハザード接続モジュールの2本側へ接続。 5

6

橙/白

7 桃

8

9

10 茶

11 白/黒

(+) ブレーキ線へ接続。 MT 車で、クラッチ(+)へ接続する場合は、DIP スイッチ3の設定をオンにしてください。

(+/−)

P ポジション信号線へ接続。P/N 自動検出がうまくいかない場合に接続してください。

P ポジションの線が取れない場合や、MT 車はサイドブレーキに接続してください。

(−)

OUT

OUT

スタートスイッチへ接続。スイッチの片方は、アースに接続してください。

ハザード接続モジュールの 1 本側へ接続。2本側を左右のウインカー線に接続してください。

サイレンの赤線へ接続。サイレンの黒線は、アースに接続してください。

接続なし。

12 黒 ボディアースへ接続。

ロック・アンロック線の配線時の注意事項 【重要】

■ 1番の青線と2番の紫線は、ドアロックモーターの線(+)へ接続してください。ロック線(−)へ接続する場合は、社外キーレスのマイナス

出力に配線する場合です。

■ 3番の橙線や7番の桃線は、自動検出がうまくいかない場合に接続してください。その際、必ず DIP スイッチの設定を変更してください。

取付説明書 ― 4 ―

ドア開閉検知

線が各ドアで分かれている場合、下記の図のようにダイオードを入れてください。

ダイオードが不要な場合

CN2 4番

ル ー ム ラ ン

ダイオードが必要な場合

CN2 4番

赤/白線へ

赤/白線へ

1A 整流

ダイオード

ドアスイッ

ドアスイッ

SS CN3 4ピン白カプラー

車両コンピュータ

センサー追加時のみ接続

1

2

3

4

センサー用電源。

アース。

センサー警報信号(重度異常検出)入力。

センサー警告信号(軽度異常検出)入力

切断

同じ線色同士接続 セキュリティへ接続

■ ダブルショックセンサーの配線方法

1.センサーに付属している4ピンのハーネスをセンサーのカプラーに挿します。

2.センサーに挿したカプラーの反対側のカプラー(緑線がループ)の根元で切断します。

3.当社セキュリティのセンサーハーネスに同色の線同士を接続します。センサーが複数ある場合は、それぞれ同色の線を並列に接続します。

■ ダブルショックセンサーの設置方法・感度調整

・ 車両の太いハーネスにインシュロック等で固定します。

・ 衝撃を2段階で感知します。軽度の衝撃を感知すると警告し、大きな衝撃を感知するとアラームします。

・ ボリュームを右に回すと感度が良くなります。

切断

■ ダブルフィールドセンサーの配線方法

1.センサーに付属している4ピンのハーネスをセンサーのカプラーに挿します。

2.センサーに挿したカプラーの反対側のカプラーの根元で切断します。

3.当社セキュリティのセンサーハーネスに同色の線同士を接続します。

青 同じ線色同士接続 セキュリティへ接続

センサーが複数ある場合は、それぞれ同色の線を並列に接続します。

【注意】

・セキュリティにも4ピンで同じ形状のハーネスが付属していますが、線の並びが違います。必ずセンサーにはセンサーに付属しているハーネスを

接続してください。

・フィールドセンサーに付属しているカプラーは、セキュリティに付属しているカプラーと比べると、色が少し違います。

フィールドセンサー :薄茶色コネクタ(束線)

セキュリティ :白色コネクタ(バラ線)

■ ダブルフィールドセンサーの設置方法・感度調整

・ フィールドセンサー本体は、車内の中心付近に取り付けてください。樹脂等の裏側は問題ありませんが、鉄板の裏側では、うまく動作しませ

ん。

・ ダブルゾーンで監視しています。外側のゾーンで人を感知すると、フィールドセンサーの緑LEDが点灯し警告します。

内側のゾーンで人を感知すると、赤LEDが点灯し即アラームします。

・ 感度調整は、まずボリューム1で行います。ボリューム1は、外側ゾーンの感度調整を行います。次に感度調整ボリューム2で内側ゾーンの

感度を調整します。右に回すと感度が良くなります。

さわらない!

ボリューム1

(外側ゾーン)

ボリューム2

(内側ゾーン)

【注意】

・車両の両サイドのガラスにプライベートガラスや断熱ガラスなどが使用

されていたり、金属含有率の高いウインドフィルムを貼っている場合

は、車外の人を感知できない場合があります。ただし、ドア内の人は感

知します。

・感度を上げすぎると誤作動の原因になりますので注意してください。

内側ゾーン フィールドセンサー 外側ゾーン

取付説明書 ― 5 ―

SS CN4 2ピン白カプラー

1

2

スキャナ用電源。

LED(−)出力。

【注意】 赤線は、ボイスモジュールやソニックボイスの電源には使用できません。

LED スキャナ以外の電源には使用しないでください。

■ 単発の LED スキャナを接続します。

■ ブレーキを踏むと「パパパッ」と点滅後点灯し、ロック中は点滅します。

SS CN5 2ピン赤カプラー

オプション追加時のみ接続

1

線色

説 明

スキャナ用電源。

2 黒 セキュリティオン時に(−)出力。

【注意】 赤線は、ボイスモジュールやソニックボイスの電源には使用できません。

LED スキャナ以外の電源には使用しないでください。

<516U ボイスモジュールとの接続>

■ 2番の黒線をボイスモジュールの橙線に接続してください。

<629L ブルーLED スキャナとの接続>

■ 同じ線色同士を接続してください。

SS CN6 4ピン青カプラー

線色 説 明

ウェルカム機能・エンスタ中出力使用時のみ接続

1

2

接続なし。

接続なし。

3 紫 接続なし。

4 茶 FET(−)出力。ルームランプへ接続してください。

<FET の配線(茶)>

■ ルームランプに接続します。

■ ドアスイッチとルームランプが1本の線で車両コンピュー

タに接続されている場合は、付属のダイオードを入れて

配線してください。

CN7 2ピン黒カプラー

1

2

イモビキャンセラー用(−)出力。

アース。

ダイオードが必要な場合の配線例

イモビキャンセラー使用時のみ接続

■ イモビキャンセラー用の出力です。

■ 556Uの場合、1番の桃線と556Uの青線を接続します。

■ PKALL の場合、1番の桃線と PKALL の青/白線を接続します。

取付説明書 ― 6 ―

6.DIP スイッチの設定

DIP スイッチの設定は、取り付け時にのみ行ってください。不用意に設定を変更すると、本製品が正しく動作しなくなる可能性があります。

出荷時は、全てオフに設定しています。(上:オフ、下:オン)

スーパーロックマン本体

番号

1

2

3

4

5

設定項目

フォグアンサーバック

未使用

ドアロック入力

ドア開検知入力

アンサーバック入力

ON

無効

見ない

OFF

有効

見る

1. フォグアンサーバック

フォグアンサーバックの有効・無効を設定できます。

3. ドアロック入力

【注意】 ロック線・アンロック線は、ドアロックモーターの線(+)へ接続してください。

ロック線(−)へ接続する場合は、社外キーレスのマイナス出力に配線する場合です。

4. ドア開検知入力

ドア開検知信号がプラスコントロールの車に取り付ける場合は、このスイッチをオンにしてください。

5. アンサーバック入力

アンサーバック無し車に取り付ける場合は、このスイッチをオンにしてください。このスイッチをオンにした場合、ピッキングが検出でき

ないため、セキュリティレベルは低下します。

ソニックスタート本体

番号

1

2

3

4

5

6

設定項目

P/N 検出方法

エンジン始動検出方法

ブレーキ/クラッチ入力

未使用

未使用

ドア開閉検知入力

ON

配線

配線(L 端子)

クラッチ(-)

OFF

自動

自動

ブレーキ(+)

1. P/N 検出方法

P ポジションの検出がうまくいかない時は、このスイッチをオンにしてください。

2. エンジン始動検出方法

エンジン始動検出がうまくいかない時は、このスイッチをオンにしてください。

3. ブレーキ/クラッチ入力

MT 車に取り付ける場合は、このスイッチをオンにしてください。

6. ドア開閉検知入力

ドア開閉検知入力がプラスコントロールの車に取り付ける場合は、このスイッチをオンにしてください。

その他の設定変更は、取扱説明書をご覧ください。

取付説明書 ― 7 ―

7.本体の接続

■ 本体を接続する前に、シフトが P の位置にあること(サイドブレーキを引いていること)を確認してください。

■ 本体の接続は、他のコネクタを全て挿した後、最後に CN2のコネクタを挿し込んでください。

■ 一瞬車両の ACC・IG がオンになり、学習が終了します。

8.ハンドルロックの解除

■ ハンドルロックを解除するためにキーをキーシリンダーに挿し込み、ON の位置まで回してください。

■ キーは、ホームセンター等で作成できるスペアキーで結構です。

■ キーの柄の部分をカットして、キーシリンダーカバー(オプション)等で隠すと見た目も自然で、防犯上も安心です。

【注意】

・キーシリンダー裏のキー挿入検知用のカプラー(4ピンぐらいの小さなカプラー)は、必ず抜いてください。

柄の部分をカットして差し込みます キーシリンダーカバーの取付例

取付説明書 ― 8 ―

9.配線検査手順

※ 本製品取り付け後、必ず以下の確認を順番に行ってください。

■ エンジン始動

手 順

① シフトが P の位置でコネク

タを接続する。

② アンロック状態でブレーキ

を踏まずにスタートスイッ

チを押す。

③ アンロック状態のシフトが P

の位置でブレーキを踏む。

④ ③の状態で純正のエンジ

ンキーをキーシリンダーに

挿し、スタートスイッチを短

く押す。

⑤ ③の状態で純正のエンジ

ンキーをキーシリンダーに

挿さずに、スタートスイッチ

を短く押す。

⑥ エンジンがかかっている状

態でシフトを D にし、スター

トスイッチを押す。

正 常

サウンドが 1 回鳴り、車両

の ACC と IG が一瞬オンに

なる。

異 常

サウンドが鳴らない。

ACC と IG が一瞬オンにな

らない。

車両の状態が切り替わら

ない。

原因・備考

・SS CN1赤線の電源の結線不良、もしくは SS

CN2黒線のアース不良。

・SS CN2茶線(サイレン)の結線不良、もしくは

サイレンのアース不良。

SS CN1の橙線(ACC)、白線(IG1)、白/黒線

(IG2)の結線不良。

SS CN2緑線(スタートスイッチ)の結線不良、ま

たはスタートスイッチのアース不良。

スタートスイッチを押すた

び に 車 両 の 状 態 が 、 OFF

→ACC→IG→OFF→・・・と

切り替わる。

CN4の LED が「パパパッ」

と光る。

セルモータが回り、エンジ

ンが始動する。

セルモータが回り、エンジ

ンが始動する。

エンジンが止まらない。

(スイッチが反応しない。)

CN4の LED が反応しない。 SS CN2白線(ブレーキ)の結線不良。(ソニック

スタート DIP スイッチ3も確認)

ACC・IG がオンになり、そ

の後 CN4の LED が「パパ

パッ」と光る

P ポジションの自動検出ができない車両です。

ソニックスタートの DIP スイッチ1をオンにし、SS

CN2桃線(P ポジション/サイドブレーキ)を配線

してください。

ACC・IG がオンになり、約 5

秒後に全てオフになる。

セルモータは回るが、エン

ジンがかからない。 (約 5

秒後に ACC・IG がオフ)

SS CN1緑線(ST)の結線不良。

車両の IG ラインが2系統に分かれていないか確

認する。

2系統ある場合、SS CN1白/黒線(IG2)を配線

する。

エンジンがかかった後、し

ばらくすると止 まってしま

う。

セルモータは回るが、エン

ジンがかからない。 (約 5

秒後に ACC・IG がオフ)

・エンジン始動自動検出ができていない。

・ソニックスタートの DIP スイッチ2をオンにしてい

る場合、CN2橙線(L 端子)の結線不良。

イモビキャンセラーの配線を確認する。

エンジンが止まる。 P ポジションの自動検出ができない車両です。ソ

ニックスタートの DIP スイッチ1をオンにし、SS

CN2桃線(P ポジション/サイドブレーキ)を配線

してください。

取付説明書 ― 9 ―

■ キーレス機能・セキュリティ(初期設定時の動作)

手 順 正 常

① 専用リモコンでロックする。 アンサーバックし、5秒後

にセキュリティがオンにな

る。セキュリティオン時は、

CN4の LED が点滅する。

② セキュリティオン中に専用

リモコンでアンロックする。

アンサーバックし、セキュリ

ティがオフになる。

③ セキュリティオン中に、ドア

を開ける。

④ セキュリティオン中に、鍵

穴でアンロックする。

⑤ ロック中に、ウェルカムボタ

ンをゆっくりダブルクリック

する。

サイレンが30秒間鳴る。

(CN2の灰線(ハザード出

力 ) を 接 続 し て い る 場 合

は、ハザードも高速点滅す

る)

サイレンが30秒間鳴る。

(CN2の灰線(ハザード出

力 ) を 接 続 し て い る 場 合

は、ハザードも高速点滅す

る)

サウンドが3回鳴り、エンジ

ンが始動する。

ロックできない。

サウンドアンサーバックし

ない。

アンロックできない。

サウンドアンサーバックし

ない。

サイレンが鳴らない。

セキュリティが解除されて

しまう。

異 常

エンジン始動しない。

ドアロック配線検査手順を行う。

SL CN2橙/白線と SL CN2紫線の結線不良。

SS CN2の赤/白線(ドア開閉検知)の結線不

良。

原因・備考

ドアロック配線検査手順を行う。

SL CN2橙/白線と SL CN2紫線の結線不良。

スーパーロックマンの DIP スイッチ5がオフにな

っていることを確認。

SL CN2白/黒線と SL CN2青線の結線不良。

取付説明書 ― 10 ―

★本書の著作権は、有限会社コムエンタープライズに帰属しており、記載の一部、または全部を当社の許可なく、

転用・複製・改変・掲載・頒布・販売・出版等を行うことはできません。

20130421

ソニックスタートⅢ リモコン付き

(スマートフォン対応タイプ) (Ver.1.0)

取扱説明書

1.はじめに

2.注意事項

3.リモコン操作方法

4.使用方法

5.設定方法

1.はじめに

この度は、「ソニックスタートⅢリモコン付き(スマートフォン対応タイプ)」(以後、本製品)をお買い上げ頂き誠にありがとうございます。この製

品は、車両のエンジンスタートをプッシュスイッチで行うようにします。またセキュリティ機能も付いており、専用リモコンやスマートフォンでのロッ

ク・アンロックに連動してセキュリティのオン・オフも可能です。さらに専用リモコンやスマートフォンでの近距離エンジンスタートも可能です。

2.注意事項

危険

以下の注意事項を無視し取扱いを誤った場合、使用者が重傷を負ったり死に至る危険性があります。

■ このキットは、正確に確実に配線しないと走行中エンジンが停止し、ブレーキの利きが悪くなったりハンドルが重くなり、重大な事故を起こす

可能性があります。必ずプロショップで配線を行ってください。

■ 本製品は12V 車専用です。24V 車には取り付けできません。

■ アンロックした状態で車を離れると車両の盗難の可能性が極めて高くなります。

■ イグニッションキーを挿している場合、機械的なハンドルロックが解除されているため、ロック中でも車両の盗難の可能性が通常車両より高

くなります。盗難の危険が高い場所に駐車する場合は、キーシリンダーからキーを抜いてください。

■ 本キットが原因で発生したお客様の損害は、当社では一切、賠償の責を負いません。同意できない場合は、取り付け前に規定に基づき返

品してください。

ソニックスタートの使用にあたっての注意事項 【重要】

■ エンジンをかける際は、必ず周囲の安全を確認してください。

■ 本体およびリモコンは、防水ではありません。水に濡れないように注意してください。

■ 本体およびリモコンに強い衝撃を与えないでください。故障の原因になります。

■ 本体およびリモコンは、絶対に分解・改造を行わないでください。

■ リモコンの到達範囲は、周囲の環境に左右されます。

3.リモコン操作方法

ボタン マーク 機 能

アンロック

ロック

ロックします。設定時間経過後にセキュリティがオンになります。

(ファンクション中は、右スライドドアが開閉します。)

アンロックします。同時にセキュリティがオフになります。

(ファンクション中は、左スライドドアが開閉します。)

サーチ(ロケーター)

ウェルカムハザード

エンジンスタート

(4chリモコンのみ)

ハザードが30秒間点滅します。いずれかのボタンを押すと止まります。

ロケーター中は、ロック・アンロック時のサウンドのアンサーバックがキャンセルされます。

(ファンクション中は、フォグのオンオフができます。)

ハザードが30秒間点灯します。いずれかのボタンを押すと止まります。

ウェルカムハザード中は、ロック・アンロック時のサウンドのアンサーバックがキャンセルされます。

ロック中にダブルクリックすると、リモコンでエンジンスタートできます。

■ サイレント機能

カーサーチ中に、「ロック」・「アンロック」を押すと、サウンドのアンサーバックをキャンセルします。

■ リモコンでのエンジンスタート

ロック中にウェルカムハザードボタンをダブルクリックすると、サウンドが3回鳴り、エンジンが始動します。エンジン始動に失敗した場合

は、サウンドが5回鳴ります。

■ リモコンでのエンジンストップ

ロック中にエンジンが作動している時にウェルカムハザードボタンをダブルクリックすると、サウンドが4回鳴り、エンジンが停止します。

■ トランクオープン

「カーサーチ」を長押しすると、トランクをオープンすることができます。

■ スライドドア開閉

「ファンクション」を押した後、2秒以内に「ロック」・「アンロック」を押すと、スライドドアの開閉ができます。「ロック」が右、「アンロック」が

左スライドドアです。

■ フォグのオンオフ

「ファンクション」を押した後、2秒以内に「カーサーチ」を押すと、フォグランプのオンオフができます。

取扱説明書 ― 1 ―

4.使用方法

スタートスイッチでのエンジンの始動方法

① シフトが、P ポジションの位置にあること(サイドブレーキを引いていること)を確認します。

② フットブレーキ(MT 車の場合はクラッチ)を踏みます。CN4に接続している LED がパパパッと点滅し、その後点灯します。

③ スタートスイッチを短く1回押すとセルモータが回り、エンジンが始動します。

(5秒間セルモータを回してもエンジンが始動しない場合は、セルモータを回すのを止め、ACC・IG 共にオフになります。)

【注意】

・スイッチは 5 秒以上押し続けないでください。設定モードに入ります。

・ロック中にスイッチを押すとサイレンが鳴ります。

スタートスイッチでのエンジンの停止方法

① シフトが、P ポジションの位置にあること(サイドブレーキを引いていること)を確認します。

② スタートスイッチを押すとエンジンが停止し、ACC がオンになります。

(→ P4 「8.エンジンオフ後の ACC 動作」参照)

③ ドアを開けると ACC もオフになります。

ACC(アクセサリーモード)・IG(イグニッションオンモード)の切り替え

① アンロック状態でのエンジン停止中、フットブレーキ(MT 車の場合はクラッチ)を踏まずに、プッシュスイッチを押します。

② スタートスイッチを押すたびに車両の状態が、OFF→ACC→IG→OFF→・・・と切り替わります。

③ 車両がどの状態でも、上記エンジンの始動方法を行うと、エンジンを始動することができます。

④ エンジン停止中、ACC または IG の状態でドアを開けると警告します。(設定でオフにすることも可能)

⑤ エンジン停止中、IG の状態で3分間経過すると自動的に IG をオフし、ACC のみオンになります。

セキュリティのオン・オフ

① リモコンでロックすると、アンサーバックし、5秒後にセキュリティがオンになります。

(→ P5 「4.セキュリティ監視開始タイマー」参照)

② リモコンでアンロックすると、アンサーバックし、セキュリティがオフになります。

③ ロック中は CN4 に接続しているLEDが点滅し、セキュリティが作動していることを示します。

(→ P4 「7.スキャナ点滅パターン」参照)

④ セキュリティオン中に「ドアが開けられる」「スタートスイッチが押される」「ブレーキが踏まれる」「センサーが重度障害を検出する」(以後、異

常事態)のいずれかで、ハザードが高速点滅し、30秒間サイレンが鳴ります。

⑤ ロック中にエンジンがかかっている間は、異常事態または P ポジションでなくなると、エンジンを停止し、IG をオフにし、ハザードが高速点滅し、

30秒間サイレンが鳴ります。

⑥ ロック中バッテリーを外され、再度バッテリーを接続された場合、ハザードが高速点滅し、30秒間サイレンが鳴ります。

⑦ 警報中にリモコンのいずれかのボタンを押すと止まります。

⑧ 万一リモコンの電池がなくなり、セキュリティが解除できなくなった場合、純正キーでドアを開け(サイレンが鳴ります。)、下記のセキュリティ

強制解除操作を行ってください。セキュリティが解除されエンジンが始動できるようになります。

セキュリティの強制解除

① ドアを閉め、スタートスイッチを設定した回数(初期設定:2回)押します。(約1秒に1回のペース)

(→ P5 「1.セキュリティ解除操作(ドア)」参照)

② ドアを開けます。

③ ブレーキを踏んだ状態で、スタートスイッチを設定した回数(初期設定:3回)押します。(約1秒に1回のペース)

(→ P5 「2.セキュリティ解除操作(ブレーキ)」参照)

非公開

④ ブレーキを放します。

(製品に付属する取扱説明書には記載されています)

【注意】

・スタートスイッチを押す回数を間違うとサイレンが30秒間鳴り、2分間セキュリティ解除操作はできません。

・ドアの操作とブレーキの操作はどちらが先でもかまいません。

・セキュリティ解除操作の後付スタートスイッチを押す回数は設定できます。

取扱説明書 ― 2 ―

フォグランプの動作

■ アンロック時

① リモコンでアンロックすると、フォグランプが点灯します。

② 「ドアを開ける」「一定時間経過」「リモコンでロック」のいずれかで、フォグランプが消灯します。

ルームランプの動作

※ CN6の緑線と紫線を接続した場合のみ

※ CN6の茶線を接続した場合のみ

■ アンロック時

① リモコンでアンロックすると、ルームランプが点灯します。

② 「エンジン始動」「一定時間経過」「リモコンでロック」のいずれかでルームランプが消灯します。

■ エンジン停止時

① エンジンを停止すると、ルームランプが点灯します。

② 「エンジン始動」「一定時間経過」「リモコンでロック」のいずれかでルームランプは消灯します。

【エンジンスターターについて】

・エンジンスターターでエンジン始動された場合は、スイッチを押さずにそのまま発進してください。

・ブレーキを踏まずにスイッチが押された場合は、IG モードになり、3 分後にエンジンが停止し非常に危険です。

・セキュリティオン中にエンジンスターターでエンジンを始動すると、センサーを無視し、ドアのみを監視します。

・セキュリティオン中にエンジンスターターでエンジンを停止すると、セキュリティがオフになり、5秒後に再度オンになります。

※ セキュリティ開始時間は設定で変更できます。ドア開検知信号をルームランプ等から取り、エンジン停止時にルームランプが点灯する場合は、こ

の時間を延ばしてください。

5.設定方法

① アンロック状態で、ブレーキを踏まずにスタートスイッチを5秒以上押すと、LEDが点灯しサウンドが短く5回鳴り、設定モードになります。

② スタートスイッチを押す度に、サウンドが短く鳴り、設定メニューが切り替わります。

③ 変更したい設定メニューの回数サイレンが鳴ったところでブレーキを踏みます。サウンドが短く鳴って、各設定メニューになります。

【注意】

・誤って設定モードに入ってしまった場合は、もう一度スタートスイッチを5秒以上押してください。サウンドが短く5回鳴り、設定モードから抜けます。

・設定メニュー②の設定項目9【設定メニュー③変更】を不可に設定している場合、設定メニュー③は選択できません。

④ 各設定メニューで、スタートスイッチを押す度に、サウンドが短く鳴り、設定項目が切り替わります。

⑤ 変更したい設定項目の回数サイレンが鳴ったところでブレーキを踏みます。サウンドが短く鳴って、各設定項目になります。

⑥ 各設定項目で、スタートスイッチを押す度に、サウンドが短く鳴り、設定値が切り替わります。

⑦ 変更したい設定値の回数サイレンが鳴ったところでブレーキを踏みます。サウンドが短く5回鳴り、設定モードから抜けます。設定項目の値

が変わります。

設定モードの流れ

設定モード開始 設定メニュー選択 設定項目選択 設定値選択 設定モード終了

番号

1

2

設定メニュー

アンサーバック

セキュリティ・その他

3 エンジン始動

アンサーバックやスキャナに関する設定ができます。

説 明

セキュリティやターボタイマー、スタートスイッチに関する設定ができます。

エンジン始動に関する設定ができます。変更するとエンジン始動ができなくなる可能性があります。

変更する際は、十分に注意して変更してください。

取扱説明書 ― 3 ―

設定メニュー① 【アンサーバック】

番号 設定項目

5

6

7

8

9

1

2

3

4

ロック サウンドアンサーバック回数

アンロック サウンドアンサーバック回数

サウンドアンサーバック速度

ロック ハザードアンサーバック回数

アンロック ハザードアンサーバック回数

ハザードアンサーバック速度

スキャナ点滅パターン

ルームランプ点灯時間

エンスタ時サウンドアンサーバック

1

1 回

1 回

1 回

1 回

通常

30 秒

オン

2

2 回

2 回

2 回

2 回

60 秒

オフ

3

3 回

3 回

3 回

3 回

オフ

90 秒

※ 色つきは初期設定

4

オフ

オフ

オフ

オフ

120 秒

1. ロック サウンドアンサーバック回数

リモコンでロックしたときにサウンドを鳴らす回数です。

2. アンロック サウンドアンサーバック回数

リモコンでアンロックしたときにサウンドを鳴らす回数です。

3. サウンドアンサーバック速度

リモコンでロック・アンロックしたときのサウンドの速度です。

4. ロック ハザードアンサーバック回数

リモコンでロックしたときにハザードを点滅させる回数です。純正でハザードのアンサーバックがある車両の場合、オフにしてください。

5. アンロック ハザードアンサーバック回数

リモコンでアンロックしたときにハザードを点滅させる回数です。純正でハザードのアンサーバックがある車両の場合、オフにしてくださ

い。

6. ハザードアンサーバック速度

リモコンでロック・アンロックしたときのハザードの点滅速度です。

7. スキャナ点滅パターン

セキュリティオン中の LED スキャナの点滅速度です。

8. ルームランプ点灯時間

(CN6の茶線を接続した場合のみ)

リモコンでアンロック、またはエンジン停止時に、ルームランプを点灯させる時間です。この時間内にリモコンでロック、またはエンジン

を始動してもルームランプは消灯します。

9. エンスタ時サウンドアンサーバック

リモコンでのエンジンスタート時に、サウンドアンサーバックさせるかを設定できます。

取扱説明書 ― 4 ―

設定メニュー② 【セキュリティ・その他】

番号 設定項目

1

2

3

4

セキュリティ解除操作(ドア)

セキュリティ解除操作(ブレーキ)

お知らせサウンド

セキュリティ監視開始タイマー

1

1 回

1 回

オン

5 秒後

5

6

7

8

9

センサー警告パターン

ターボタイマー

スタートスイッチ有効時間

エンジンオフ後の ACC 動作

設定メニュー③変更

サウンド+

ハザード

警告のみ

1 分

1 分

オン

1. セキュリティ解除操作(ドア)

2

2 回

2 回

オフ

10 秒後

ハザード

警告のみ

3 分

3 分

オフ

不可

3

3 回

3 回

30 秒後

サウンド+

ハザード

警告 5 回目で

アラーム

5 分

10 分

4

4 回

4 回

60 秒後

ハザード

警告 5 回目で

アラーム

10 分

30 分

※ 色つきは初期設定

5

5 回

5 回

オフ

オフ

60 分

6

無制限

2. セキュリティ解除操作(ブレーキ)

(製品に付属する取扱説明書には記載されています)

3. お知らせサウンド

オンに設定すると、エンジン停止中、ACC または IG の状態でドアを開けるとサウンドで警告します。

4. セキュリティ監視開始タイマー

リモコンでロックしてからセキュリティの監視が始まるまでの時間です。

ドア開閉検知線

をルームランプ等から取られて、残照機能が付い

ている場合、この時間を延ばしてください。

5. センサー警告パターン

センサー警告時の動作です。

サウンド+ハザード

警告のみ

サウンドが毎回短く6回鳴り、ハザードが6回点滅します。

ハザード

警告のみ

ハザードが毎回6回点滅します。

サウンド+ハザード

警告5回目でアラーム

初回警告時にサウンドが短く2回鳴り、ハザードも2回点滅します。それから約15秒以内に再

度検知した場合、サウンドが短く4回鳴り、ハザードも4回点滅します。同様に6回、8回と増え

ていきます。5回目は約15秒間サイレンが鳴り、同時にハザードも高速で点滅します。警告し

てから15秒間何も検知しなかった場合、次の警告は2回から始まります。

ハザード

警告5回目でアラーム

初回警告時にハザードが2回点滅します。それから約15秒以内に再度検知した場合、ハザー

ドが4回点滅します。同様に6回、8回と増えていきます。5回目は約15秒間サイレンが鳴り、

同時にハザードも高速で点滅します。警告してから15秒間何も検知しなかった場合、次の警

告は2回から始まります。

オフ センサー警告時のサウンドをオフにします。

6. ターボタイマー

手動でエンジン停止後、アイドリングする時間です。

7. スタートスイッチ有効時間

アンロック後のスタートスイッチの有効時間を設定できます。この時間を設定すると、万一アンロック状態で車を離れてしまった場合で

も、乗り逃げを防止できます。

8. エンジンオフ後の ACC 動作

エンジン停止後 ACC をオンにするかを設定できます。オンにすると、ドアを開けると ACC もオフになります。

9. 設定メニュー③変更

設定メニュー③の変更を可能にするか、不可能にするかの設定ができます。設定メニュー③を変更された後は、不可に設定しておくこ

とをお勧めします。

取扱説明書 ― 5 ―

設定メニュー③ 【エンジン始動】

番号

1

2

3

設定項目

グロータイム

スターター始動中の IG 動作

スターター始動中の ACC 動作

1

1 秒

IG1+IG2

オフ

4 エンジン始動方法

L 端子/

自動検出

5

スタータータイマー

※オート(タイマー)の場合有効

0.5 秒

6 リモコンエンスタ機能

ロック時

のみ有効

7

エンスタ中 タイマー

※リモコンエンスタ機能オンの

場合有効

5 分

2

2 秒

IG1

オン

1.0 秒

常に有効

10 分

3

3 秒

IG2

タイマー マニュアル

1.5 秒

オフ

15 分

4

4 秒

2.0 秒

20 分

5

5 秒

2.5 秒

30 分

6

10 秒

3.0 秒

40 分

※ 色つきは初期設定

【注意】

・設定メニュー③を変更すると、エンジン始動ができなくなる可能性があります。変更する際は、十分に注意して変更してください。

7

オフ

3.5 秒

8

4.5 秒

1. グロータイム

スタートスイッチを押してから、エンジンを始動するまでの時間です。ディーゼル車の場合に、設定してください。

2. スターター始動中の IG 動作

セルモータが始動している間の IG 動作です。

IG1+IG2

IG1

セルモータが回っている間、IG1 と IG2がオンになります。

セルモータが回っている間、IG1 のみがオンになります。

IG2 セルモータが回っている間、IG2のみがオンになります。

3. スターター始動中の ACC 動作

セルモータが始動している間の ACC 動作です。

オフ セルモータが回っている間、ACC がオンになります。

オン

4. エンジン始動方法

セルモータを回す際に、ACC をオフにします。

セルモータを止めるタイミングです。

L 端子/自動検出 エンジンがかかったことを検知し、セルモータを自動で止めます。

タイマー 一定時間セルモータを回します。

マニュアル

5. スタータータイマー

スイッチを押している間、セルモータを回します。

エンジン始動方法をタイマーに設定した場合に設定します。設定した時間セルモータが回ります。

6. リモコンエンスタ機能

当社キーレス(ロックマン・スーパーロックマン・マーベラス 500)でエンジンスターター機能を使用する場合、有効にしてください。

7. エンスタ中タイマー

リモコンエンスタ機能でエンジンを始動した場合、エンジンを停止するまでの時間です。

8. 設定メニューリセット

全設定が出荷時の状態に戻ります。

取扱説明書 ― 6 ―

★本書の著作権は、有限会社コムエンタープライズに帰属しており、記載の一部、または全部を当社の許可なく、

転用・複製・改変・掲載・頒布・販売・出版等を行うことはできません。

取扱説明書 ― 7 ―

スマートロックマン・ソニックスタート用 Bluetooth モジュール取扱説明書(Ver1.0)

1.はじめに

この度は、スマートロックマン・ソニックスタート用ブルートゥースモジュール(以下、本製品)をご購入いただき、有難うご

ざいました。本製品は車両の制御をスマートフォンで行うことができる製品です。安全にお使いいただくために、ご使用の

前に必ず取扱説明書をお読みください。

取り扱いに関する注意事項

„ 本製品はアンドロイド端末専用です。

„ 本製品は Bluetooth 対応のすべての機器との接続動作を保証したものではありません。

„ 本製品は防水ではありません。屋内に設置して下さい。感電や故障の原因になります。

„ 本キットが原因で発生したお客様の損害は、当社では一切、賠償の責を負いません。同意できない場合は、取り付

け前に規定に基づき返品してください。

電波に関する注意事項

„ 本製品の使用周波数帯では、産業・科学・医療用機器等のほか、工場の製造ライン等で使用されている移動体識

別用の構内無線局(免許を要する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)が運用されています。

„ 本製品を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局が運営されてないことを確認し

てください。

„ 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して電波干渉の事例が発生した場合には、使用場所を変える

か、速やかに電波の発射を停止してください。

制限事項

„ 磁場や静電気、電波障害が発生する場所や、2.4GHz帯域の電波を使用しているものの近く、壁や障害物の影響

によって、通信が安定しない場合があります。

„ 本製品の通信距離は最大10mです。見通しの良い場所で通信してください。建物の構造や障害物によっては、通

信距離が短くなります。特に鉄筋コンクリートや人間の身体(接触した状態)などを挟むと、通信不能になる場合が

あります。

2.各部の名称

LED

未使用

ペアリングボタン

3.ペアリング

① 本製品のペアリングボタンを約 10 秒長押しし、LED が赤く点灯するとスイッチから手を外します。

② LED が赤く点滅します。

③ ご使用のスマートフォンの取扱説明書をご参照のうえ、ペアリング作業を行い、登録/接続を完了してください。

モジュール名は「SmartStartBT-####」です。

130422

スマートフォンのペアリング方法の例

① 本製品のペアリングボタンを約 10 秒長押しし、LED が赤く点滅することを確認します。

② スマートフォンの「メニュー」を押し、「設定」を選択します。

③ 「無線とネットワーク」を選択します。

④ 「Bluetooth 設定」を選択します。

⑤ 「端末のスキャン」を選択します。

⑥ 一覧に表示される SmartStartBT-####を選択します。

⑦ 「ペア設定する」を選択します。

⑧ SmartStartBT-####がペア設定になれば完了です。

4.アプリインストール方法

以下の QR コード・URL からアプリをインストールします。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cepinc.SmartLockman

5.初回接続方法

① アプリを起動し「メニュー」を押し、「接続」をタッチします。

② ペアリングしたモジュールを選択します。

③ 右上にブルートゥースのアイコンが表示されれば、接続完了です。

接続できないときは・・・

■ 「接続」をタッチしてもモジュールが表示されない場合は、ペアリングが完了していません。もう一度ペアリ

ングを行ってください。

■ 他のスマートフォンが接続中でないか確認してください。接続中の場合は、アプリを終了してください。

■ 何度か時間を置いて行ってください。

■ 一度エアリースターの AC アダプタのジャックを抜き、10秒後もう一度挿してください。その後もう一度接続

を行ってください。

■ 受信機とスマートフォンの距離が長すぎます。通信距離内で接続してください。(約10m以内)

■ スマートフォンのブルートゥースを OFF し、再度 ON にしてください。

■ スマートフォンの電源を OFF し、再度 ON にしてください。

※一度接続すると、以後は自動的に接続されます。ただし、以下の条件で接続が解除されますので、再接続される場合

は、もう一度上記の操作を行ってください。

・ ペアリング解除時

・ 他のスマートフォンで接続時

※通信状態によってはすぐに接続されない場合があります。通常、2秒以内に接続されます。

6.アプリ画面説明

■通常画面1

■通常画面2

⑦ ⑧

■通常画面3

① モジュールと接続中を表すアイコン

② 「接続」メニュー

「メニュー」を押すと表示されます。押すと最右の画面が表示され、接続するモジュールを選択できます。

③ 「ボタン切替」メニュー

「メニュー」を押すと表示されます。押すと「通常画面1→2→3→1→・・・」の順に画面が切り替わります。

④ 「ロック」 ⑤ 「アンロック」 ⑥ 「左スライドドア」

⑨ 「トランク」 ⑩ 「フォグ」 ⑪ 「エンジンスタート/ストップ」

※ スマートロックマン 300 の場合、「エンジンスタート/ストップ」ボタンは使用できません。

※ スマートフォンの種類によって、「接続」、「ボタン切替」バーが、操作ボタンと重なる場合があります。

7.使用方法

ボタンを押すと、車両が動作します。

※ 詳細は、スマートルーフ取扱説明書を参照してください。付属のリモコンと同様の動作をします。

通信が完了すると、ボタンの色が緑色に変化し、本製品の LED が青く点灯します。

アプリを終了する場合は、スマートフォンの「戻る」ボタンを押して下さい。

⑦ 「右スライドドア」

★本書の著作権は、有限会社コムエンタープライズに帰属しており、記載の一部、または全部を当社の許可なく、転用・複製・改変・掲載・頒布・販売・出版等を行うことはできません。

■メニュー画面

② ② ③

⑧ 「ハザード」

■デバイス選択画面

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement