非分散形赤外線ガス分析計

非分散形赤外線ガス分析計
取扱説明書
非分散形赤外線ガス分析計
形式:ZRH
INZ-TN2ZRHa
はじめに
このたびは,非分散形赤外線ガス分析計(形式:ZRH)をお買い上げいただき,まことにありがとうござい
ます。
・この取扱説明書をよくお読みいただき,十分に理解した上で赤外線ガス分析計の設置,運転,
保守をしてください。取扱いを誤ると事故や傷害を発生させる恐れがあります。
・この赤外線ガス分析計の仕様は,製品改良のため予告なく変更することがあります。
・無断で,この赤外線ガス分析計を改造することは,固く禁止致します。無断で改造したこと
により生じた事故については,一切責任を負いません。
・この取扱説明書は,実際に赤外線ガス分析計をお使いになる方が保管してください。
・お読みになった後は,お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
・この取扱説明書は,必ず最終需要家まで渡るように配慮してください。
製
形
造
者 :富士電機計測機器株式会社
式 :本体銘板に記す。
製 造 年 月 日 :本体銘板に記す。
納入品
赤外線ガス分析計(本体)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1台
電源ヒューズ(1A)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2個
取付金具(パネル埋込形)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4個
取扱説明書(本書)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1冊
 富士電機システムズ株式会社 1996
お願い
●
●
●
本書の内容の一部,または全部を無断で記載することは禁止されてい
ます。
本書の内容に関しましては,将来予告なしに変更することがあります。
本書の中の分かりにくい箇所,記述の誤り,記載もれなどお気づきの
点がございましたら,
巻末のマニュアルコメント用紙にご記入のうえ,
担当営業員にお渡しください。
―i ―
発 行
改訂2版
1996-04
2003-04
安全上のご注意
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上,正しくご使用ください。
・ここに示した注意事項は,安全に関する重大な内容を記載していますので,必ず守ってください。安全
事項のランクを「危険」,
「注意」,
「禁止」と区分してあります。
危険
取扱いを誤った場合に,危険な状況が起こりえて,死亡または重傷を受け
注意
取扱いを誤った場合に,危険な状況が起こりえて,中程度の障害や軽傷を
受ける可能性が想定される場合および物的損害のみの発生が想定される場合。
禁止
禁止(してはいけないこと)を示します。
る可能性が想定される場合。
ガス分析計の据付け,
運搬上の注意
危険
・本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しない
でください。爆発,火災などの重大な事故の原因になります。
注意
・据付けは,取扱説明書に示される据付けのルールを守り,赤外線ガス分
析計の質量に耐える所に据付けてください。不完全な場所への据付けは,
転倒,落下の原因となり,けがをする恐れがあります。
・赤外線ガス分析計は,重量物です。人力での運搬は,2人以上で十分に
注意して行ってください。体を痛めたり,けがをする恐れがあります。
・赤外線ガス分析計を持ち上げるときには,必ず手袋を着用してください。
素手の場合けがをする恐れがあります。
・ドアが開かないように固定した上で運搬をしてください。不安定な状態
で運搬すると,けがをする恐れがあります。
・据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。
火災,故障,誤動作の原因になります。
― ii ―
配管上の注意
危険
◎配管は,下記の注意事項を守って行ってください。誤った配管,接続は
ガス漏れの原因になります。
漏れたガスに有毒ガスが含まれる場合,重大な事故につながる恐れがあ
ります。また,可燃性ガスが含まれる場合は,爆発,火災などを引き起
こす可能性があります。
・配管接続は,取扱説明書に従い正しく行ってください。
・排出ガスは,サンプリング装置内,屋内にこもらないように屋外に排出
してください。
・赤外線ガス分析計からの排出ガスは,大気開放として不要な圧力が赤外
線ガス分析計にかからないように注意してください。赤外線ガス分析計
内の配管が外れ,ガス漏れの原因になることがあります。
・配管は油脂類の付着がないパイプ,減圧弁をご使用ください。油脂類の
付着があると,火災などを引き起こす可能性があります。
配線上の注意
注意
・配線は,必ずすべての電源を落としてから行ってください。感電の恐れ
があります。
・アース線はD種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を怠
ると,感電や故障の原因になります。
・配線材は,機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に
耐えない配線材の使用は,感電や火災の原因になります。
・定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると
火災の原因になります。
使用上の注意
危険
注意
禁止
・校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは,標準ガスの取扱説明書を熟読
して正しく使用してください。
・長期間休止させたり,またその再立上げは,通常の運転・休止とは異な
りますので,各取扱説明書の指示に従ってください。十分な性能が発揮
されないばかりか,事故やけがの原因になります。
・赤外線ガス分析計のカバーを開けたまま連続運転しないでください。
粉塵,埃などが内部に付着し,故障の原因になります。
・入出力端子部を金属,指などで触らないでください。感電,けがの恐れ
があります。
・赤外線ガス分析計周辺で喫煙など,火気を使用しないでください。火災
の原因になることがあります。
・赤外線ガス分析計に水の侵入原因になることをしないでください。故障,
感電,装置内部の火災の原因になることがあります。
― iii ―
保守,点検上の注意
危険
・保守,点検など,赤外線ガス分析計のカバーを開けて作業をを行う際は,
赤外線ガス分析計内だけでなく測定ガスラインをゼロガスで十分パージ
してから行ってください。ガス漏れなどによる中毒,火災,爆発を引き
起こす原因となります。
注意
◎感電,けがを避け,安全に作業するために以下のことを必ず守ってくだ
さい。
・時計などの金属物を外して作業してください。
・濡れた手で装置に触れないでください。
・ヒューズが溶断したときは,その原因を確認,対策の上,必ず同容量,
同形式のものと交換してください。感電や事故の原因となります。
・交換部品は,メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に
発揮されないばかりか事故や故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は,不燃物として処理ください(地域のルール
に従ってください)。
その他
注意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず販売店または当社の
調整技術員に連絡ください。不用意に分解すると感電,けがの恐れがあ
ります。
― iv ―
目 次
はじめに ................................................................................................................................ i
安全上のご注意 .................................................................................................................... ii
1. 概 要 .......................................................................................................................... 1
2. 各部の名称と説明 ............................................................................................................ 2
2.1 ケース各部の名称と説明 .................................................................................................................................. 2
2.2 表示・操作パネルの名称と説明 ...................................................................................................................... 4
3. 据付方法 .......................................................................................................................... 5
3.1
3.2
3.3
3.4
取付け方法 .......................................................................................................................................................... 5
配管方法 .............................................................................................................................................................. 6
サンプリング ...................................................................................................................................................... 8
配線方法 .............................................................................................................................................................. 9
4. 運 転 ........................................................................................................................ 12
4.1
4.2
4.3
4.4
運転手順 ............................................................................................................................................................ 12
運転準備 ............................................................................................................................................................ 13
測定開始 ............................................................................................................................................................ 13
停 止 ............................................................................................................................................................ 13
5. 表示・操作パネルの操作 ............................................................................................... 14
5.1 表示・操作パネルの概要 ................................................................................................................................ 14
5.2 一般操作 ............................................................................................................................................................ 15
① 校正濃度設定 ............................................................................................................................................... 16
② ホールドの設定 ........................................................................................................................................... 17
③ リモートレンジの設定(オプション)..................................................................................................... 19
④ 自動校正(オプション)............................................................................................................................. 20
④ -1 自動校正開始時間の設定 ................................................................................................................ 22
④ -2 自動校正周期の設定 ........................................................................................................................ 23
④ -3 校正ガス流通時間の設定 ................................................................................................................ 24
④ -4 校正ガス流通モードの設定 ............................................................................................................ 25
④ -5 自動校正 ON/OFF の設定 ................................................................................................................. 26
⑤ キーロック ON/OFF の設定 ....................................................................................................................... 26
⑥ ゼロ校正 ....................................................................................................................................................... 27
⑦ スパン校正 ................................................................................................................................................... 28
6. 保 守 ........................................................................................................................ 29
6.1 日常点検 ............................................................................................................................................................ 29
6.2 測定セルの清掃 ................................................................................................................................................ 30
7. 異常時の点検 ................................................................................................................. 34
7.1 トラブルシューティング ................................................................................................................................ 35
7.2 点検修理 ............................................................................................................................................................ 39
7.3 エラーコードと対策 ........................................................................................................................................ 43
付 録 ............................................................................................................................. 44
仕 様 ................................................................................................................................................................... 44
―v ―
1. 概 要
本赤外線ガス分析計は,数多くの実績をもち高感度,高信頼性で定評のあるマスフロー形検出器を使用し,マ
イクロプロセッサ搭載により,CH4,CO2, COなどのガス濃度を測定する多機能で操作性の良い非分散形赤外線
ガス分析計です。
《特徴》
・自己診断機能
・キー操作で,ゼロ,スパン調整ができる。
・自動校正機能(オプション)
・リモートレンジ機能(オプション)
〈ZRH1,2タイプ〉
INFRARED GAS ANALY
CO2
ZER
vol%
ppm
POWER
ON
CO
RANGE
vol%
ppm
OFF
RANGE
MEAS
SPAN
FUNC COMP
>
〈ZRH3,4タイプ〉
INFAFED
GAS AN
ALYZER
VOL
ppm
VOL
MEAS
FUNC
COMP
ppm
SPAN
>
HOLD
∧
RMT RA
ENT
NGE AU
TO
ZERO
―1 ―
SPAN
CAL
CAL
HOLD
∧
ENT
RMT RANGE
AUTO CAL
ZERO SPAN
CAL
2. 各部の名称と説明
2.1 ケース各部の名称と説明
2.1.1 ZRH1,2 タイプ
INFRARED GAS
①取手
ANALYZER
CO2
vol%
CO
vol%
ppm
POWER
ON
RANGE
ppm
OFF
RANGE
MEAS
SPAN
HOLD
FUNC COM
P >
②ローレットツマミ
RMT RANGE
AUTO CAL
∧
ENT
ZERO SPA
N
CAL
③電源スイッチ
④表示・操作パネル
(2.2項参照)
正 面
⑦パージガス入口
(Rc1/4またはNPT1/4)
⑥試料ガス出口
(Rc1/4またはNPT1/4)
⑤試料ガス入口
(Rc1/4またはNPT1/4)
⑪電源端子
⑧COMP1(第1成分)入出力端子
⑨COMP2(第2成分)入出力端子
⑩AUTO CAL入出力端子(オプション)
名 称
①取 手
背 面
説 明
名 称
・本体内部(ベース)を引出すときに
使用する取手
④表示・操作
パネル
⑦パージガス入口 ・パージガスを配管します。
・1成分計の第1成分の入出力端子
⑧COMP1
(第1成分) です。
入出力端子
②ローレットツマミ ・本体とケースを止めているツマミ
③電源スイッチ
説 明
・電源スイッチをONにすると内部の全
ての電源が投入されます。1∼2秒後 ⑨COMP2
・2成分計の第2成分の入出力端子
に表示部のLEDが点灯します。
(第2成分) です。
入出力端子
・ガス濃度・測定レンジなどを表示す
る他日常の運転に必要な操作および ⑩AUTO CAL ・自動校正機能の入出力端子です。
各種設定に用いるキーがあります
入出力端子
(2.2 項参照)。
(オプション)
⑤試料ガス入口 ・測定するガスを配管します。
⑪電源端子
⑥試料ガス出口 ・測定し終わったガスを配管します。
―2 ―
・本体の電源を供給する端子です。
2.1.2 ZRH3,4 タイプ
壁取付板(オプション)
①ローレットツマミ
INFAFED
GAS ANA
LYZER
VOL
②表示・操作パネル
(2.2項参照)
ppm
VOL
ppm
FUNC COM
P
SPAN
>
HOLD
>
MEAS
RMT RAN
GE AUTO
CAL
ENT
ZERO SPA
N
CAL
⑦AUTO CAL入出力端子
(オプション)
⑧COMP2(第2成分)入出力端子
⑨COMP1(第1成分)入出力端子
⑩電源スイッチ
③電源端子
正 面
OUTLET INLET PURGE
④試料ガス出口
(Rc1/4またはNPT1/4)
⑤試料ガス入口
(Rc1/4またはNPT1/4)
配線口(ゴムグロメット)
⑥パージガス入口
(Rc1/4またはNPT1/4)
底 面
名 称
説 明
名 称
①ローレットツマミ ・本体とケースを止めているツマミ
②表示・操作
パネル
③電源端子
・ガス濃度・測定レンジなどを表示す
る他日常の運転に必要な操作および
各種設定に用いるキーがあります
(2.2 項参照)
。
⑦AUTO CAL
入出力端子
(オプション)
説 明
・自動校正機能の入出力端子です。
・2成分計の第2成分の入出力端子で
⑧COMP2
(第2成分) す。
入出力端子
・本体の電源を供給する端子です。
④試料ガス出口 ・測定し終わったガスを配管します。
・1成分計の第1成分の入出力端子で
⑨COMP1
(第1成分) す。
入出力端子
⑤試料ガス入口 ・測定するガスを配管します。
⑩電源スイッチ
⑥パージガス入口 ・パージガスを配管します。
―3 ―
・電源スイッチをONにすると内部の全
ての電源が投入されます。1∼2秒後
に表示部のLEDが点灯します。
2.2 表示・操作パネルの名称と説明
③単位表示ランプ
④サブ表示
⑤レンジ切換スイッチ
②メイン表示
①成分表示
Vol%
CO2
RANGE
ppm
Vol%
CO
⑥機能表示ランプ
MEAS
RANGE
ppm
SPAN
HOLD
FUNC COMP
RMT-RNG AUTO CAL
ENT
ZERO
SPAN
⑦ファンクション
キー
⑧成分切換キー
⑨桁移動キー
⑩数値入力キー
CAL
⑭校正スタートキー
⑬スパン校正キー
⑫ゼロ校正キー
⑪ENTキー
(本図は,CO2,COの2成分形で示されています。)
名 称
説 明
①成分表示
・測定ガスの種類を表しています。
②メイン表示
名 称
説 明
⑦ファンク
ションキー
・1回押すごとに各設定モードに切換
わります。(5章参照)
・測定濃度を表示します。また自動校
正機能(オプション)などの各種設
定値を表示します。
⑧成分切換
キー
・各設定モードのとき,設定する成分
に切換えます。
③単位表示
ランプ
・測定ガス濃度の単位を表示します。
⑨桁移動キー
・1回押すごとに最上位桁から下位桁
へ移行します。
④サブ表示
・測定レンジの表示の他,エラーコー
ドの表示・各種設定値などを表示し
ます。
⑩数値入力
キー
・1回押すごとに選択した桁の数値が
増加します。
⑪ENTキー
⑤レンジ
切換キー
・レンジの切換えをする場合に使用し
ます。 を押すと高レンジ, を押
すと低レンジに切換わります。
・設定後押すと設定内容がメモリされ
有効となります。
⑫ゼロ校正
キー
・ゼロ校正するときに使用します(ゼロ
校正モードでランプが点滅します)。
・スパン校正するときに使用します
(スパン校正モードでランプが点滅し
ます)。
⑥機能表示
ランプ
・以下の機能のときランプが点灯しま
す。
⑬スパン校正
MEAS : 測定状態のとき点灯します。 キー
SPAN : 校正濃度設定モードのとき
点滅します。
HOLD : ホールド設定モードのとき ⑭校正
点滅およびホールド機能動 スタートキー
作中に点灯します。
RMT RANGE:
リモートレンジ設定モード
のとき点滅およびリモート
レンジ機能動作中に点灯し
ます。
AUTO CAL:
自動校正設定モードのとき
点滅および自動校正機能動
作中に点灯します。
―4 ―
・マニュアル校正スタートキーです。
ZERO CAL
キーを押すとゼロ校
正されます。
キーを押すとスパン
SPAN CAL
校正されます(校正中にCALランプ
が点灯します)。
3. 据付方法
危険
●
本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,火
災など重大な事故の原因になります。
注意
●
据付けは,取扱説明書に示される据付けのルールを守り,赤外線ガス分析計の質量に耐える所
に据付けてください。不完全な場所への据付けは,転倒,落下の原因となり,けがをする恐れ
があります。
●
赤外線ガス分析計は,重量物です。人力での運搬は,2人以上で十分に注意して行ってくださ
い。体を痛めたり,けがをする恐れがあります。
●
赤外線ガス分析計を持ち上げるときには,必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをす
る恐れがあります。
●
ドアが開かないように固定した上で運搬をしてください。不安定な状態で運搬すると,けがを
する恐れがあります。
据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。
火災,故障,誤動作の原因になります。
●
3.1 取付け方法
取付け方法は,タイプにより次の種類があります。
〈ZRH1,2タイプ(横形ケース)〉
取 付 寸 法
133
ZRH
M6
443
441以上
483
465
支え
260以上
取付金具
<パネル穴明け寸法>
133
126 +2
−0
ZRH
パネル埋込み
443
436 +2
−0
卓上形
145
133
ZRH
443
―5 ―
124.5
19インチラック
取付け
取 付 方 法
124.5
外 形 寸 法
57.2
種 類
(単位:mm)
支え
260以上
〈ZRH3,4タイプ(縦形ケース)〉
種 類
(単位:mm)
外 形 寸 法
取 付 寸 法
取 付 方 法
440
−0
430 +2
ZRH
パネル埋込
取付金具
281 +2
−0
294
4-M6
またはφ8
取付ボルト
440
454
484
454
ZRH
10
壁取付け
70
280
70
取付ボルト
(1) 取付け方式
前面が垂直になるように取付けてください。
(2) 設置上の注意事項
計器重量の 70%以上をケース底部で支持してください。
(横形ケースパネル取付け,19インチラック取付けの場合には,支えを設けケース後部を支持して
ください。)
3.2 配管方法
危険
◎配管は,下記の注意事項を守って行ってください。誤った配管,接続はガス漏れの原因になり
ます。
漏れたガスに有毒ガスが含まれる場合,重大な事故につながる恐れがあります。また,可燃性
ガスが含まれる場合は,爆発,火災などを引き起こす可能性があります。
●
配管接続は,取扱説明書に従い正しく行ってください。
●
排出ガスは,サンプリング装置内,屋内にこもらないように屋外に排出してください。
●
赤外線ガス分析計からの排出ガスは,大気開放として不要な圧力が赤外線ガス分析計にかから
ないように注意してください。赤外線ガス分析計内の配管が外れ,ガス漏れの原因になること
があります。
●
配管は油脂類の付着がないパイプ,減圧弁をご使用ください。油脂類の付着があると,火災な
どを引き起こす可能性があります。
―6 ―
(1) 配管方法
配管方法は,本器背面上部のガス入口−出口へ接続してください。
計器とサンプリングシステムをテフロン,ステンレス,ポリエチレンなど耐食性のあるチューブで
接続してください。
腐食の心配がない場合でもゴムや軟質ビニールのチューブは使わないでくださ
い。配管材料によるガスの吸着のため指示が不正確になります。配管接続口は Rc1/4 または NPT1/4
になっています。配管は応答を速くするためできるかぎり短かくしてください。内径は4mm位が
適当です。計器内にダストが浸入すると動作不良を起こす可能性がありますので,配管や継手は清
浄なものを使用してください。
下記の方法で,ガス配管を行ってください。
パージガス入口
パージガスの管を配管しま
す。
〈ZRH1,2タイプ〉
INLET
OUTLET PURGE
〈ZRH3,4タイプ〉
OUTLET
試料ガス出口
測定し終わったガスを出す
管を配管します。
(大気圧開放)
試料ガス入口
測定するガスの管を配管し
ます。
(2) 配管構成図
次に2成分測定時の構成例を示します。
赤外線ガス分析計
(ZRH)
試料ガス入口
試料ガス出口
流量計
1±0.5r/min
切換弁
N2
試料ガス
(ゼロガス)
CO2
試料ガス出口の圧力は大気圧
となるようにしてください。
CO
( ス パ ン ガ ス )
―7 ―
INLET
PURGE
3.3 サンプリング 危険
●
校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは,標準ガスの取扱説明書を熟読して正しく使用してくださ
い。
3.3.1 試料ガス条件
(1) 試料ガスに含まれているダストは,フィルターにより完全に除去してください。最終段のフィル
ターは 0.3 μのダストを除去できるものを使用してください。
(2) 分析計内にドレンが発生しないために試料ガスの露点は周囲温度より低くなくてはなりません。試
料ガス中に水蒸気が含まれているときは除湿器をとおして露点を0℃付近まで下げてください。
(3) 試料ガス中にSO3 ミストが含まれている場合はミストフィルター,冷却器などによりSO3 ミストを
取り除いてください。その他のミストについても同様です。
(4) Cr2, F2, HCr などの強腐食性ガスが試料ガス中に多量に含まれていると計器の寿命が短かくなる
ので注意してください。
(5) 試料ガス温度は0∼ 50℃です。高温のガスを直接計器内に入れないよう注意してください。
3.3.2 試料ガス流量
試料ガスの流量は,1r/min ± 0.5r/min を流してください。
流量計を前ページの配管構成図のように設けて,流量値を測定してください。
3.3.3 標準ガスの準備
ゼロ点,スパン校正用の標準ガスを準備してください。
ゼロガス
N2 ガス
スパンガス 各成分ともにフルスケールの 80%以上の濃度のガス
3.3.4 器内パージ
器内パージは一般には必要ありませんが,次の場合にはご検討ください。
(1) 測定ガスに可燃性ガスが含まれる場合
(2) 設置場所の雰囲気中に腐食性ガスが含まれている場合
(3) 設置場所の雰囲気中に測定成分と同じガスが含まれている場合
このような場合は,計器内部を計装用エアーまたは N2 でパージしてください。
パージ流量は,約1r/min です。
パージ用のガス中にダスト・ミストが含まれる場合は,これらを十分に取り除いて使用してください。
3.3.5 試料ガス出口の圧力
試料ガス出口の圧力は大気圧となるようにしてください。
―8 ―
3.4 配線方法
注意
●
●
配線は,必ずすべての電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあります。
アース線はD種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を怠ると,感電や故障の原因に
なります。
●
配線材は,機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に耐えない配線材の使用は,
感電や火災の原因になります。
●
定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると火災の原因になります。
各外部端子は,本体背面にあります。
3.4.1 ∼ 3.4.4 項の図を参照して各端子の配線を行ってください。
端子ねじは,M3.5 です(ただし,電源端子は M4)。
出力信号の配線は,外部ノイズの影響を低減させるためシールド線を使用してください。
〈ZRH1,2タイプ〉
電源端子(3.4.1項参照)
AUTO CAL入出力端子(オプション)
(3.4.4項参照)
COMP 2(第2成分)入出力端子(3.4.3項参照)
COMP 1(第1成分)入出力端子(3.4.2項参照)
〈ZRH3,4タイプ〉
COMP1(第1成分)入出力端子(3.4.2項参照) COMP2(第2成分)入出力端子(3.4.3項参照) AUTO CAL入出力端子(オプション)
(3.4.4項参照) 電源端子(3.4.1項参照)
―9 ―
アース線
3.4.1 電源端子
AC電源
電源端子は,図のような配置になっています。
電源端子に所定の電源をつなぎ,アース端子にはアース線をつないで
ください。
アースはD種接地を行ってください。
端子に接続する線は,圧着端子(M4 用)を使用してください。
E AC SOURCE
ノイズ発生源が近くにあるときは
電源ノイズを発生する電気的装置の近くにこの計器を
設置しないでください(高周波炉,電気溶接機など)。
このような装置の近くで計器を使用する場合はノイズ
を避けるため電源ラインを全く別にしてください。
電源からリレー,電磁弁などのノイズが入る場合は,ノ
イズ発生源にバリスタまたはスパークキラーを図のよ
うに付けてください。ノイズ発生源から離して付ける
と効果がありませんから注意してください。
ZRH電源
バリスタまたは,
スパークキラー
近接配置接続
ノイズ発生源
3.4.2 COMP1(第1成分)入出力端子
第1成分の入出力端子です
下記の接続図に結線方法を示します。
瞬時値出力信号
DC0∼1V
瞬時値出力信号
DC4∼20mA
1
7
2
8
3
9
4
10
5
11
6
12
FAULT
レンジ
識別接点出力
(オプション)
リモート
ホールド入力
(オプション)
リモート
レンジ入力
(オプション)
3.4.3 COMP2(第2成分)入出力端子
第2成分の入出力端子です。
下記の接続図に結線方法を示します。
瞬時値出力信号
DC0∼1V
瞬時値出力信号
DC4∼20mA
1
7
2
8
3
9
4
10
5
11
6
12
レンジ
識別接点出力
(オプション)
<リモートホールド入力>(オプション)
C O M P 1 入出力端子の⑩と⑫の間に
DC5Vを入力すると出力信号がホールド
されます。
<レンジ識別信号出力>(オプション)
第1レンジを選択すると⑧と⑨間が導通
第2レンジを選択すると⑧と⑨間が開放
1a 接点 AC250V, 2A(抵抗負荷)
< FAULT >
分析計に異常が発生した時の接点出力
1a 接点 AC250V, 2A(抵抗負荷)
<リモートレンジ入力>(オプション)
⑪と⑫間にDC5Vを入力すると第1レン
ジが選択されます。
⑪と⑫間に入力がないと第2レンジが選
択されます。
※)出力信号を3m以上延ばして使用する
場合,外部ノイズの影響を受ける場合
がありますので絶縁変換器を設置する
ようにしてください。
絶縁変換器
ZRH
リモート
レンジ入力
(オプション)
― 10 ―
出力線
※)盤内に計器を組み込む場合は,電源系
と信号系を分離布線することを推奨し
ます。
3.4.4 AUTO CAL 入出力端子(オプション)
自動校正機能の入出力端子です。
下記の接続図に結線方法を示します。
1
7
2
8
3
9
4
10
5
11
6
12
自動校正中接点出力
自動校正異常接点出力
リモートスタート入力
ゼロガス用
接点出力
スパンガス1
用接点出力
スパンガス2
用接点出力
<自動校正中接点出力>
自動校正の動作中接点が「ON」します。
1a 接点 AC250V,2A(抵抗負荷)
<ゼロガス用接点出力>
ゼロガスを流すための電磁弁駆動の接点
出力
1a 接点 AC250V, 2A(抵抗負荷)
<スパンガス1用接点出力>
第1成分のスパンガスを流すための電磁
弁駆動の接点出力
1a 接点 AC250V, 2A(抵抗負荷)
<スパンガス2用接点出力>
第2成分のスパンガスを流すための電磁
弁駆動の接点出力
1a 接点 AC250V, 2A(抵抗負荷)
ガス流通用の各接点出力は,自動校正の
タイムチャート(5.2項④を参照)に沿っ
て ON,OFF します。
また,マニュアルでの校正時に ZERO
キーを押すと,ゼロガス用接点出力が,
SPAN キーを押して第1成分が点滅の
状態でスパンガス1用接点出力が,第2
成分点滅の状態でスパンガス2接点用出
力がそれぞれ ON します。
<自動校正異常接点出力>
自動校正中に校正異常があった場合の接
点出力
<リモートスタート入力>
外部信号により自動校正をスタートさせ
る時の入力
⑤と⑥間に DC5V,100msec 以上のワン
ショットパルスを入力するとスタートし
ます。
― 11 ―
4. 運 転
危険
●
校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは,標準ガスの取扱説明書を熟読して正しく使用してくださ
い。
注意
●
長期間休止させたり,またその再立上げは,通常の運転・休止とは異なりますので,各取扱説明書
の指示に従ってください。十分な性能が発揮されないばかりか,事故やけがの原因になります。
●
赤外線ガス分析計のカバーを開けたまま連続運転しないでください。
粉塵,埃などが内部に付着し,故障の原因になります。
禁止
●
入出力端子部を金属,指などで触らないでください。感電,けがの恐れがあります。
●
赤外線ガス分析計周辺で喫煙など,火気を使用しないでください。火災の原因になることがありま
す。
●
赤外線ガス分析計に水の侵入原因になることをしないでください。故障,感電,装置内部の火災の
原因になることがあります。
4.1 運転手順
下記の手順を行って運転状態にしてください。
運転開始の際の操作は,計器前面操作パネルのキーで行います。なお,分析装置でご使用の場合は,先に
装置の取扱説明書をお読みになり作業を進めてください。
取 付 け
配 管
配 線
3.1項
一般操作
ホールドの設定
5.2項②
リモートレンジの設定
5.2項③
3.2項
3.4項
自動校正の設定
配管の確認
5.2項
4.2項(1)
器内パージ
4.2項(2)
電源の投入
4.2項(3)
暖機運転
4.2項(4)
スパン校正ガスの
濃度設定
5.2項①
ゼロ,スパン校正
5.2項⑥∼⑦
キーロックの設定
5.2項⑤
試料ガスの導入
:必要に応じて行ってください。
― 12 ―
(測定開始)
4.3項
(4) 暖機運転
4.2 運転準備
電源投入後,暖機運転をしてください。
指示が安定したら(約2時間)暖機運転
終了です。
(1) 配管の確認
正しく配管されているかどうか,確認し
てください。
(5) 校正ガスの濃度設定
(2) 器内パージ
防爆対策,指示誤差の影響など必要に応
じて器内パージを行ってください。
可燃性ガスを含む場合は,電源を投入す
る約3時間前からパージガス(1r/min)
を流してください。
(6) ゼロ校正
ゼロ校正ガスを流して,ゼロ校正を行っ
てください。
ゼロ校正のキー操作は,5.2 項⑥を参照
してください。
〈ZRH1,2タイプ〉
INLET
次に校正ガスの濃度設定を行ってくださ
い。
操作方法は,5.2 項①を参照してくださ
い。
OUTLET PURGE
(7) スパン校正
パージガス
スパン校正ガスを流して,スパン校正を
行ってください。
スパン校正のキー操作は,5.2 項⑦を参
照してください。
〈ZRH3,4タイプ〉
OUTLET
INLET
4.3 測定開始
PURGE
試料ガスを流してください。
パージガス
4.4 停 止
試料ガスの導入を止めて,乾燥窒素ガスを 10 分
間流し,測定セル内部をパージしてください。
本体の電源スイッチを OFF します。
※)電源を切っても設定値は,メモリされてい
ます。
自動校正機能の自動校正開始時間は,電源
を OFF したときの値をバックアップします
ので,再び電源を ON したとき,その残り時
間後に自動校正がスタートします。ただし,
4時間以上経ちますとバックアップが効か
なくなりますので,この場合は電源を再投
入したとき,再度正しい値を入力してくだ
さい。
(3) 電源の投入
電源スイッチを入れますと,測定モード
表示になります。
〈ZRH1,2タイプ〉
INFRARED GAS ANALY
ZER
CO2
vol%
ppm
POWER
ON
CO
vol%
ppm
OFF
MEAS
SPAN
FUNC COMP
>
HOLD
∧
ENT
〈ZRH3,4タイプ〉
― 13 ―
5. 表示・操作パネルの操作
5.1 表示・操作パネルの概要
下記の順序で構成されています。
キー
機能
FUNC
測定モ ード
メイン表示
サブ表示
機能表示ランプ
参照ページ
測定値
レンジ
MEAS点灯
15
校正濃度
レンジ
SPAN点滅
16
FUNC
設定モ ード
校正 濃度設定
FUNC
ホールド設定
ONまたはOFF
HOLD点滅
17
FUNC
リモートレンジ設定
(オプション)
ONまたはOFF
RMT RANGE点滅
19
FUNC
自動校正開始時刻設定
時間/分
AUTO CAL 点滅
22
自動校正周期設定
時間
AUTO CAL 点滅
23
校正ガス流通時間設定
時間
AUTO CAL 点滅
24
モード番号
AUTO CAL 点滅
25
自動校正切換
ONまたはOFF
AUTO CAL 点滅
26
FUNC
キーロック切換
ONまたはOFF
ZERO
ゼロ校正
測定値
レンジ
ゼロキー表示点滅
27
SPAN
スパン校正
測定値
レンジ
スパンキー表示点滅
28
FUNC
FUNC
FUNC
FUNC
自
動
校
正
︵
オ
プ
シ
ョ
ン
︶
校正ガス流通モード設定
26
・設定モードに入ると,アナログ出力信号は設定モードに入る直前の値にホールドされます。
・オプション機能が付加していない場合は,その機能の内容は表示されません。
― 14 ―
5.2 一般操作
電源 ON により測定モードに入ります。
メイン表示には,ガス濃度が表示されます。
サブ表示には,使用レンジが表示されます。
CO
ガス濃度表示
レンジ表示
操作上のアドバイス
☆ レンジを選択する場合
設定状態で右図のように
押すと高レンジに
選択されます。
キーを押すと高レ
ンジに選択され, キーを押すと低レンジに
選択されます。
押すと低レンジに
選択されます。
☆ ガス成分を選択する場合
設定状態で右図のように COMP キーを押す
とガス成分が設定できます。
第1成分
例)第 1 成分が点滅している状態で COMP
キーを押すと,点滅が第2成分(右図)に
移ります。
第 2 成分の設定が変更可能となります。
注 )1 成分計の場合は COMP キーはありま
せん。 第2成分
COMP
ENT ZERO SPAN CAL
押すと設定できるガス成分が切換わります。
☆ゼロ,スパンを解除する場合
ゼロ,スパン校正の場合,間違って操作した
場合は,次の方法で解除してください。 右図に例を示します。
・ ZERO キ ー を 押 す と こ ろ を 間 違 え て
SPAN キーを押してしまった場合は,再
度 SPAN キーを押すことで校正は解除さ
れます。
ZERO SPAN
間違えて押した。
ランプが点滅する。
ZERO SPAN
ZERO SPAN
・ SPAN キ ー を 押 す と こ ろ を 間 違 え て
もう一度押してランプを消灯させる。
ZERO キーを押してしまった場合は,再
これで解除されますので,改めて ZERO キー
度 ZERO キーを押すことで校正は解除さ
を押してます。
れます。
― 15 ―
① 校正濃度設定
校正ガス濃度(スパン値)の設定をします。 測定状態で FUNC キーを押しますと,前回に設定
してあったスパン値がメイン表示に表示されます。
機能表示ランプの「SPAN」の LED が点滅します。
CO
> キーを押すと第1成分のメイン表示の最上位桁
が点滅して,スパン値の設定が可能な状態になりま
す。
FUNC
CO
キーを押してレンジを選択します。
レンジを選択しましたら,その状態でスパン値を設
定します。
SPAN
∧ キーを押しますと,数値が大きくなります。
> キーを押しますと,設定したい桁が選択できま
す。
CO
第2成分以降の成分,レンジを選択する場合
は,> キーを押して第1成分のメイン表示
が点滅している状態で COMP キーを押し,
設定する成分のメイン表示を点滅させます。
CO
キーを押して設定したいレンジを選択
します。
ENT
スパン値の設定ができましたら ENT キーを押し
て,設定を終了します。
CO
〔各レンジごとに調整する場合〕
下記の操作,設定を行ってください。
CO
第1成分のメイン表示の最上位桁が点滅している状
態 で C A L キーを押しますと,メイン表示に
「
」,サブ表示に「
」が表示されます。
∧ キーを押すと「
」に切換わります。
CAL
CO
=設定値の意味=
:そのレンジのみに有効で,各レンジ
ごとに独立して,スパン校正をする
ことができます。
:1つのレンジを,スパン校正すると
他のレンジも連動して,スパン校正
されます。
CO
ENT
選択ができましたら ENT キーを押し,設定を終了
します。
― 16 ―
CO
② ホールドの設定
校正時に校正直前の出力信号値を保持する場合に使
用します(表示はホールドされません)。
ホールドは,各成分ごとに設定できます。
使用しない場合は本設定で「OFF 」にします。
測定状態で FUNC キーを押して「
」を表示
させます。
機能表示ランプの「HOLD」の LED が点滅します。
FUNC
CO
HOLD
( , )
COMP
> キーを押すとホールドを設定できる状態になり
ます。
サブ表示が点滅します。
CO
COMP キーを押して,ガス成分を選択しま
す。
ホールドの「
」
「
」を ∧ キーを押して選
択します。
ホールドの設定ができましたら ENT キーを押し,
設定を終了します。
ホールドONで機能表示ランプの「HOLD」は,ホー
ルド動作中に点灯となります。
」の状態では,出力のみがホール
注)設定が「
ドされ,表示はホールドされません。
ホールド機能の注意(次頁)参照。
― 17 ―
CO
ENT
CO
ホールド機能の注意
<手動校正後の出力ホールド機能>
手動校正後(ゼロまたはスパン)の出力ホールド機能です。
解除法には 30 分後の自動解除またはキー操作(強制)解除があります。
1. 動 作
ZERO
キー
CAL
キー
校正動作
出力ホールド
30分
2. 解除方法
①自動解除
ホールド設定後(0N/OFF), ZERO キーまたは SPAN キーを押すと,出力ホールドが開始さ
れ, CAL キーにて校正を終了し,30 分間のホールド継続後,自動解除されます。
② 強制解除
前面キーの ENT キー+ CAL キーを同時に押すことで強制解除されます。
注1)自動校正出力端子台①−②間の校正中接点出力は,手動校正時動作しません。
注2)出力ホールドはあらかじめホールド機能「ON」に設定された成分のみ有効です。
注3)自動校正中に強制解除を行うと自動校正動作も中止します。
<自動校正の出力ホールド機能>
自動校正中および置換時間の出力ホールド機能です。
動作は本項⑥を参照願います。
<外部ホールド機能>(オプション)
外部からの信号で出力ホールドを行う場合に使用します。
1. 動 作
ON
OFF
外部信号
出力ホールド
2. 操 作
第1成分入出力端子台⑩−⑫間( + − − )に DC5Vを入力すると,あらかじめホールド機能「ON」
に設定された成分のみ動作します。
注1)動作中の表示は校正時ホールドと同じです。
注2)本機能はリモートレンジ,レンジ識別のオプション付加時のみ有効です。
注3)本機能は標準形1.2レンジ計のみ有効です。
― 18 ―
③ リモートレンジの設定(オプション)
外部からの信号でレンジ切換を行う場合に使用しま
す。 測定状態で FUNC キーを押して「
」を表示
させます。
機能表示ランプの「RMT RANGE 」の LED が点滅
します。
> キーを押すとリモートレンジを設定できる状態
になります。
サブ表示が点滅します。
リモートレンジの「
」
「
」を ∧ キーを押
して選択します。
設定は全成分に有効となります。
リモートレンジの設定ができましたら ENT キーを
押し,設定を終了します。
FUNC
CO
RMT RANGE
CO
CO
リモートレンジを ON に設定した場合は,機
能表示ランプの「RMT RANGE 」の LED が
ENT
キーではレンジ切換が
常時点灯となり,
できなくなります。
CO
― 19 ―
④ 自動校正(オプション)
本器はオプションにより,背面の入出力端子からの信号で外部に設けた電磁弁を駆動させて,標準ガスを
順次導入し,自動的にゼロ点・スパン点の校正をすることができます。
自動校正は,・④ -1 自動校正開始時間 ・④ -2 自動校正周期 ・④ -3 校正ガス流通時間 ・④ -4 校
正ガス流通モード ・④ -5 自動校正 ON/OFF を設定することにより行われます。
操作上の注意
1.
キー操作中に自動校正を開始する時刻になった場合には,自動校正が優先して開始されます。
この間,自動校正終了までキー操作は,全て不能となります。
2.
一度開始した自動校正を強制的に中断させたい場合には,ENT キーと CAL キーの2つを同
時に押してください。この場合,強制中断後は測定モードに戻り,全てのキー操作が可能にな
ります。
また,その回の自動校正は見送られますが,次回以降の自動校正は最初に設定した周期で作動
します。
例 設定時間から3時間おきに自動校正を設定した場合
:自動校正中
スタート
11 : 00
14 : 00
17 : 00
スタート
11 : 00
14 : 00
17 : 00
強制中断
3.
自動校正で,校正の行われていない時間は,キー操作をすることは可能です。したがって,手
動校正を含む他の全ての設定(スパン値の設定・ホールドの設定・リモートレンジの設定)を
することができます。
4.
リモートスタート入力端子に入力信号(DC5V,100msec 以上のパルス電圧)を印加すること
により,自動校正を開始させることができます。この場合,自動校正 ON/OFF の設定に関係な
く校正開始となります。
― 20 ―
例として自動校正ガス流通モード3を設定した場合
自動校正開始時刻
測定中
ガス流通時間
自動校正ガス
流通時間
自 動 校 正 中
測定中
ゼロガス
スパン
ガス1
スパン
ガス2
置 換
T
T
T
T
次回分
T:100∼599秒で設定
自動校正周期
導入ガス
導入ガス
ゼロガス
スパンガス1
スパンガス2
表示ランプ
点 灯
AUTO CAL.
点 滅
ZERO
点 滅
SPAN
点灯
点灯
点灯
CAL
点 灯
HOLD
(HOLD ON
のとき)
自動校正異常:自動校正中に校正異常となった場合,上部出入力端子から自動校正異常の接点出力信号を
出します。自動校正終了後,エラー表示をします。
校正異常となった測定成分は校正されず,次の測定成分の校正を行います。
― 21 ―
④ -1 自動校正開始時間の設定
自動校正開始時間の設定を行います。
測定状態で FUNC キーを押します。
機能表示ランプの「AUTO CAL」の LED が点滅し
ます。
> キーを押すと時刻を設定できる状態になりま
す。
サブ表示に校正開始までの時間が表示されます。
> キーを押しますと,桁が選択できます。
∧ キーを押しますと,数値が大きくなります。
CO
FUNC
CO
AUTO CAL
設定範囲は 0.1(6 分) ∼ 199.0 時間の間です。
( )
自動校正開始時刻の設定ができましたら
ENT キーを押してください。内容が記憶さ
れます。
CO
( )
ENT キーを押した時点から,設定した時間
がカウントダウン表示されます。
なお,自動校正開始後の次回以降は校正周期
設定内容が表示カウントダウンされます。
CO
ENT
本表示は,自動校正 ON/OFF に無関係に校正
周期設定内容をカウントしています。
CO
自動校正開始時刻の設定が終了しましたら,続いて自動校正周期の設定を行ってください。
― 22 ―
④ -2 自動校正周期の設定
校正周期は,「時間」のどちらかで設定します。
校正開始時刻の表示で FUNC キーを押して,
「
」を表示させます。
機能表示ランプの「AUTO CAL」の LED が点滅し
ます。
> キーを押すと自動校正周期の設定できる状態に
なります。
サブ表示の桁が点滅します。
> キーを押しますと,桁が選択できます。
∧ キーを押しますと,数値が大きくなります。
CO
FUNC
CO
AUTO CAL
( )
「時間」は1時間∼ 199 時間の範囲で設定で
きます。
CO
校正周期の設定ができましたら,ENT キーを押し
てください。内容が記憶されます。
( )
CO
ENT
CO
自動校正周期の設定が終了しましたら,続いて自動校正ガス流通時間の設定を行ってください。
― 23 ―
④ -3 校正ガス流通時間の設定
校正周期の表示で FUNC キーを押して,
「
」
を表示させます。
機能表示ランプの「AUTO CAL」の LED が点滅し
ます。
> キーを押すと自動校正ガス流通時間の設定がで
きる状態になります。
サブ表示に校正ガスを流す時間を設定します。
> キーを押しますと,桁が選択できます。
> キーを押しますと,桁が選択できます。
CO
FUNC
CO
AUTO CAL
設定範囲は 100 ∼ 599 秒の間です。
( )
校正ガス流通時間の設定ができましたら ENT キー
を押してください。内容が記憶されます。
CO
ENT
CO
自動校正ガス流通時間の設定が終了しましたら,
続いて自動校正ガス流通モードの設定を行ってくださ
い。
― 24 ―
④ -4 校正ガス流通モードの設定
校正する成分数に応じて校正ガスの流し方を選択し
ます。
校正ガス流通時間の表示で FUNC キーを押して,
CO
「
」を表示させます。
機能表示ランプの「AUTO CAL」の LED が点滅し
ます。
FUNC
CO
> キーを押すと自動校正ガス流通モードの設定が
できる状態になります。
AUTO CAL
流通モード番号を ∧ キーを押して設定します。
(流通モード番号の意味付を下記に示します。)
校正ガス流通モードの設定ができましたら ENT
キーを押してください。内容が記憶されます。
( )
CO
ENT
CO
流通モードの意味付
モード番号0:ゼロガス
モード番号1:ゼロガス −
第1成分 スパンガス
モード番号2:ゼロガス − 第2成分
スパンガス
モード番号3:ゼロガス − 第1成分 −
スパンガス
第2成分
スパンガス
自動校正の各設定が完了しましたら,次に自動校正を行うか,どうか設定してください。
― 25 ―
④ -5 自動校正 ON/OFF の設定
自動校正機能を行うか,行わないか選択します。
自動校正を行わない場合は,本設定で「
します。
FUNC
校正ガス流通モードの表示で FUNC キーを押し
て,「
」を表示させます。
機能表示ランプの「AUTO CAL」の LED が点滅し
ます。
> キーを押すと自動校正ON/OFFの設定ができる
状態になります。
サブ表示に「
」または「
押して設定します。
NO
」に
NO
AUTO CAL
NO
」を ∧ キーを
NO
自動校正ON/OFFの設定ができましたら ENT キー
を押し,設定を終了します。
ENT
NO
⑤ キーロック ON/OFF の設定
誤ってキー操作されるのを防ぐための機能です。
キーロックを「
」にすると FUNC キー以外の
キー操作ができなくなります。
解除する場合は,本設定で「
い。
CO
FUNC
」にしてくださ
測定状態で FUNC キーを押して,
「
」を表示
させます。
> キーを押すとキーロックを設定できる状態にな
ります。
サブ表示が点滅します。
キーロックのON/OFFを ∧ キーを押して設定しま
す。
キーロックの設定ができましたら ENT キーを押し
てください。設定を終了します。
CO
CO
CO
注)キーロックの設定が「
」の状態では,キー
操作は FUNC キー以外は機能しません。
ENT
CO
― 26 ―
⑥ ゼロ校正
ゼロ点の調整を行う場合に使用します。
ゼロガスを流した状態で指示が安定するのを待ちま
す。
指示が安定したら,校正を行う測定レンジを
CO
キーを使用して選択します。
ZERO
ゼロ校正は,全成分,全レンジ同時に校正を
行ます。
CO
ZERO キーを押します。
点滅
ZERO キーランプが点滅します。
ENT ZERO SPAN CAL
CAL
続けて CAL キーを押してゼロ校正を行います。
校正中 CAL キーランプが点灯します。
校正後,測定状態に戻ります。
CO
点灯
ENT ZERO SPAN CAL
ENT ZERO SPAN CAL
(校正後ランプは消灯します。)
― 27 ―
⑦ スパン校正
スパン値として設定されている濃度の校正ガスを流
し,スパン校正を行います。
校正ガスを流します(1.0r/min)。この状態で指示
が安定するまで待ち,スパン校正をします。
CO
SPAN
SPAN キーを押します。
SPAN キーランプが点滅します。
CO
多成分計の場合は,校正できる成分のメイン
表示が点滅します。
COMP キーを押すと,校正できるガス成分
が変わります。
ガス成分が決まりましたら,
点滅
ENT ZERO SPAN CAL
キーを押し
( )
COMP
てレンジを選択します。
続けて CAL キーを押してスパン校正を行います。
校正中 CAL キーランプが点灯します。
校正後,測定状態に戻りますので,続けて各成分,
各レンジごとに校正を行ってください。
CO
点滅
ENT ZERO SPAN CAL
(多成分計の場合)
CAL
CO
点灯
ENT ZERO SPAN CAL
ENT ZERO SPAN CAL
(校正後ランプは消灯します。)
― 28 ―
6. 保 守
危険
●
保守,点検など,赤外線ガス分析計のカバーを開けて作業をを行う際は,赤外線ガス分析計内だけ
でなく測定ガスラインをゼロガスで十分パージしてから行ってください。ガス漏れなどによる中毒,
火災,爆発を引き起こす原因となります。
注意
◎感電,けがを避け,安全に作業するために以下のことを必ず守ってください。
● 時計などの金属物を外して作業してください。
●
●
濡れた手で装置に触れないでください。
ヒューズが溶断したときは,その原因を確認,対策の上,必ず同容量,同形式のものと交換してく
ださい。感電や事故の原因となります。
交換部品は,メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないばかりか事故
や故障の原因になります。
● 保守部品などの交換部品は,不燃物として処理ください(地域のルールに従ってください)。
●
6.1 日常点検
下表の保守点検表に従い,日常点検および定期点検を行ってください。
保守点検表
点 検 個 所
毎
日
点
検
す
る
所
記録計の指示
現 象
指示低下
試料ガスの流量(器内
パージを行っている場
合はパージガスの流量
を含む)
対 策
1)試料セルの中に,ダス 1)試料セルの掃除,同時に
トが混入してしまった。 サンプリング機器,特に
ガスフィルタを点検する。
2)サンプリング配管の途
中で空気を吸引してい
る。
0.5 ∼1.5r/min の規定 配管の漏れ,はずれ
流量からはずれている
(標準流量は1r/min
±0.5 r/min )
監視フィルタ(メンブ 汚れ大
レンフィルタ)の交換
一
点週
検間
すご
ると
所に
原 因
一次フィルタの破損など
2)サンプリングラインの漏
れを見つけて修理する。
1)フロレータのニードル弁
などで調整
2)サンプリングラインの確
認,修理
1)一次フィルタの交換
2)フィルタ(ろ紙)の交換
赤外線ガス分析計のゼ ゼロ点のずれ
ロ点
ゼロ校正(5.2項⑥参照)
赤外線ガス分析計のス 標準からのずれ
パン点
スパン校正(5.2項⑦参照)
監視フィルタ(メンブ 現象のいずれかにかか
レンフィルタ)の交換 わらず
フィルタ(ろ紙)の交換
点1 赤外線ガス分析計
現象のいずれかにかか
検年
わらず
すご
ると
所に 赤外線ガス分析計出力 オーバーホール後
オーバーホール
配管交換,Oリング交換含む
器差試験
― 29 ―
6.2 測定セルの清掃
測定セル内にダストや水滴が入ると,測定セルの内部が汚れてドリフトを起こす場合があります。
汚れている場合は清掃が必要です。同時にサンプリング機器,特にフィルターを点検し,ダスト,ミスト
などによりセル内が汚れないようにしてください。
6.2.1 測定セルの分解組み立ての方法
測定セルにはブロックセル(セル長:4mm,8mm,16mm,32mm)とパイプセル(セル長:64mm,125mm,
250mm)の2種類があります。2成分分析計においては,両方のセルが光学系に含まれている場合があり
ます。そのときは,まずパイプセル,次にブロックセルという順序で外してください(図6−3参照)
。
(1) パイプセルの外し方(図6−1参照)
① 測定ガスを止めます。有害なガスが含まれているときは,ゼロガスで測定セル内を十分パージし
てください。
② 電源スイッチを切ってください。
③ <ZRH1,2タイプ>: 前面パネルのローレットねじを緩め本体内部を手前に引き出します。
ストッパーにより途中で止まるようになっていますので,
完全に引き
抜いてしまいたいときは,前面パネルを持ち上るようにして引き抜い
てください。
<ZRH3,4タイプ>: 前面パネルのローレットねじを緩め,扉を開けます。
④ 測定セルに接続されている配管を測定セルから外します。
⑤ 赤外線光源ユニット(図6−1の No. 5)を,ベース板に固定しているねじ(図6−1の No. 1)
を緩めてずらし,パイプセル(図6−1の No.12)との間にすき間を作ります。
⑥ パイプセルを固定しているセル押え(図6−1の No.11)のねじ(図6−1の No. 7)を緩め外し
ます。 ⑦ セルを測定部ユニットから取り外し両側の窓(図6−1の No.14)を回して外してください。窓
は右ねじになっています。
⑧ 窓の弗化カルシウム板は窓ホルダーに,セル内の反射板はセルに接着されており外れません。
⑨ 組立ては分解と全く逆の順序で行ってください。赤外線光源ユニットとセル,セルと検出器の間
は 0.5mm すき間を開けて組み立ててください。
― 30 ―
No.
名 称
No.
名 称
1
ねじ(光源ユニット固定用)
11
セル押さえ
2
ねじ(検出器固定用)
12
パイプセル
3
ねじ(ベース板固定用)
13
Oリング
4
ベース板
14
窓
5
光源ユニット
15
検出器
6
ねじ(支え固定用)
16
ブリッジ用プリント板
7
ねじ(セル押え固定用)
8
チョッパモータ用コネクタ
(18)
検出器:2成分計の場合,取付け
フィルタ
(19)
ねじ:第2成分検出器取付け用
(9)
10
17
ブリッジ抵抗
(19)
支え
17
16
7
11
7
11
(18)
12
13
14
(9)
15
10
1
3
10
5
2
8
4
6
6
図6−1 測定部の構成(パイプセル)
(2) ブロックセルの外し方(図6−2参照)
① ①∼④は(1)パイプセルの外し方と同じです。
⑤ 検出器の出力コードのコネクタをプリント板から外します。
2成分計の場合は,第2成分用検出器(図6−2の No.13)の出力コードコネクタを第2成分用
プリント板から外した後,第2成分用検出器取り付けねじ2本(図6−2の No.14)を緩めて,第
2成分用検出器を取り外します。
⑥ 検出器を赤外線光源ユニットに取り付けている2本のねじ(図6−2の No.10)を緩め検出器を
測定部ユニットから外します。セルは検出器と一体になって外れます。
⑦ セルを検出器に固定している2本のねじ(図6−2のNo. 6)を緩め,セルを外してください。ブ
ロックセルの一方の窓は検出器とブロックセルの間にはさまっているだけで,固定されていませ
んから,落とさないよう検出器を上にして外してください。
⑧ 組み立ては分解と全く逆の順序で行ってください。Oリングは窓ホルダーと検出器の間に入れま
す。Oリングの位置を間違えないように十分注意してください。
2成分計の場合は,最後に第2成分用検出器を取り付けますが,このとき第1成分用検出器との
間に隙間ができないように注意してください。
また,検出器出力コードのコネクタをプリント板に差し込むとき,第1成分用と第2成分用の取
り付けを間違えないように注意してください。
― 31 ―
(3) 測定部ユニットの外し方
① ①∼④は(1)パイプセルの外し方と同じです。
⑤ 検出器の出力コードのコネクタをプリント板から外します。
⑥ 赤外線光源組立の2ピン端子への配線とチョッパーモータの2ピンコネクタ(図6−1のNo.8)
を外してください。
⑦ ベース板(図6−1の No. 4)を固定している4本のねじ(図6−1の No. 3)を外し,測定部
ユニットを取り出します。
注) 測定セルの分解組立の際,検出器のパイプ,および赤外線光源ユニットのパイプに力が加わらない
ように特に注意してください。パイプが変形すると,封入されているガスが漏れ正常に動作しなく
なる恐れがあります。
No.
1
名 称
No.
ねじ(光源ユニット固定用)
8
名 称
窓
フィルタ
9
Oリング
3
ねじ(ベース板固定用)
10
ねじ(検出器固定用)
4
ベース板
11
チョッパモータ用コネクタ
5
光源ユニット
12
検出器
6
ねじ(ブロックセル固定用)
(13)
検出器:2成分計の場合,取付け
7
ブロックセル
(14)
ねじ:第2成分検出器取付け用
(2)
(14)
(13)
10
6
12
1
(2)
8
9
7
3
5
11
4
図6−2 測定部の構成(ブロックセル)
― 32 ―
No.
名 称
No.
名 称
1
ねじ(光源ユニット固定用)
10
ねじ(支え固定用)
2
ねじ(検出器固定用)
11
支え
3
ベース板
12
ねじ(セル押え固定用)
4
光源ユニット
13
セル押え
5
ねじ(ブロックセル固定用)
14
パイプセル
6
ブロックセル
15
Oリング
7
窓
16
窓
8
Oリング
17
ねじ(検出器固定用)
9
検出器
18
検出器
12
13
12
13
14
15
16
18
11
11
5
1
9
4
5
6
8
2
7
17
3
10
10
図6−3 測定部の構成(2成分計:ブロックセル+パイプセルの場合)
6.2.2 セルの掃除方法
(1) セル内面や赤外線透過窓の掃除は,最初にやわらかいブラシなどで大きなダストを取り除き,次
にやわらかい布で軽くふいてください。
決して硬い布などは用いないでください。
注)窓は割れ易いものですから取扱いには十分注意してください。
また,強くこすって傷をつけないように注意してください。
(2) 窓の汚れがひどい場合,やわらかい布にアルコールやアセトンなどの溶剤をつけ汚れを落として
ください。
(3) 万一窓が腐食した場合は,軽度の時はやわらかい布に酸化クロム粉末をつけて軽くこすればとれ
ますが,はなはだしく腐食した場合は取り換える必要があります。
(4) セル・窓の清掃が終わったら,セルの分解組立の方法に従って組み立ててください。特に配管は
気密不良のないようしっかり接続し,配管の不自然な折れ曲りを修正してください。
― 33 ―
7. 異常時の点検
危険
●
保守,点検など,赤外線ガス分析計のカバーを開けて作業をを行う際は,赤外線ガス分析計内だけ
でなく測定ガスラインをゼロガスで十分パージしてから行ってください。ガス漏れなどによる中毒,
火災,爆発を引き起こす原因となります。
注意
●
取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず販売店または当社の調整技術員に連絡ください。
不用意に分解すると感電,けがの恐れがあります。
◎感電,けがを避け,安全に作業するために以下のことを必ず守ってください。
●
時計などの金属物を外して作業してください。
●
濡れた手で装置に触れないでください。
ヒューズが溶断したときは,その原因を確認,対策の上,必ず同容量,同形式のものと交換してく
●
ださい。感電や事故の原因となります。
●
交換部品は,メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないばかりか事故
や故障の原因になります。
●
保守部品などの交換部品は,不燃物として処理ください(地域のルールに従ってください)。
― 34 ―
7.1 トラブルシューティング
7.1.1 表示が点灯しない場合
表示が点灯しない
仕様銘板通りの
AC 電源は供給されて
いますか?
NO
電源を確認し
供給してください。
NO
スイッチを入れて
ください。
YES
電源スイッチは
入っていますか?
YES
ヒューズは
切れていませんか?
NO
接触不良や
ショートによる断線
があるか
YES
コネクタを差して
ください。
NO
第 1 成分プリント板
CN4,CN8 の差し込みは
良いか
YES
電源電圧を調整
してください。
NO
YES
修 理
NO
第 1 成分プリント板の CN8 を
外してヒューズを入れてください。
プリント板
の各部の電圧は
正常ですか
ヒューズが切れますか?
YES
YES
一次側電源ライン部品不良。
交換・修理
プリント板交換
― 35 ―
NO
プリント板不良
交換・修理
7.1.2 指示が変化しない場合
指示が変化しない
サンプルガス流量は
規定流量ですか?
NO
流量を規定流量に合わせてください。
YES
内部配管の
緩み,外れはないですか?
YES
修 理
NO
第1成分CN1,
第2成分CN21の
コネクタは接続されていますか?
NO
コネクタの接続
YES
赤外線光源ユニットは
正常ですか?
NO
赤外線光源ユニットの交換
YES
検出器ユニットは正常ですか?
NO
検出器ユニットの交換
YES
プリント板の電圧は正常ですか?
NO
電源電圧を調整してください
― 36 ―
7.1.3 表示の指示が安定しない場合
指示が安定しない
ゼロガスを流すと,
指示が安定しますか?
YES
正 常
NO
内部配管の緩み,外れはないですか?
NO
修 理
YES
電源電圧は
仕様どおりですか?
NO
規定の電源電圧を
供給してください。
YES
電源ラインに
ノイズがのっていませんか?
YES
ノイズを除去する
NO
器内パージ
をすると安定するか
YES
常時器内パージを
行ってください。
NO
激しい振動がありますか?
YES
防振対策をしてください。
NO
配線やコネクタに
接続不良はありませんか?
YES
修 理
NO
電源回路,増幅回路は正常ですか?
NO
プリント板の交換
YES
赤外線光源ユニットは正常ですか?
NO
赤外線光源ユニットの交換
YES
モータ,セクターユニットは
正常ですか?
NO
YES
検出器ユニットは正常ですか?
NO
検出器ユニットの交換
― 37 ―
赤外線光源ユニットの交換
7.1.4 応答が遅い場合
応答が遅い
サンプルガスは
規定流量流れていますか?
NO
流量を規定流量に合わせてください。
YES
外部配管途中に
タンクなどの大容量の容器が
入っていませんか?
YES
容量を取り除くか,バイパスを設け
流量を増やしてください。
NO
内部配管が
緩んだり外れたりしていますか?
YES
修 理
7.1.5 ゼロに戻るのが遅い場合
ゼロに戻るのが遅い
YES
セルの窓が割れていませんか?
窓ホルダーかブロックセル交換
NO
セルのOリングの気密が悪くないですか?
YES
NO
配管にガスを吸着する
材料を使っていませんか?
YES
配管を SUS,テフロン,ポリエチレンなどに替えてください。
― 38 ―
Oリング交換
7.1.6 ドリフトが大きい場合
ドリフトが大きい
セル内や光源検出器の
窓が汚れていませんか?
YES
セルや窓を清掃し,サンプリングの除塵,
除湿機能をチェックしてください。
NO
検出器は正常ですか?
NO
検出器交換
YES
赤外線光源ユニットは正常ですか?
NO
赤外線光源ユニット交換
YES
電源回路,増幅回路は正常ですか?
NO
プリント板交換
7.2 点検修理
7.2.1 検出器(図6−1の No.15)
故障:マスフローセンサの断線,ブリッジ抵抗の不良,検出器封入ガスの漏れ
現象:ゼロ調整ができない。
点検:① 検出器のブリッジプリント板(図6−1の No.16)の端子,1−3間と2−3間に 1.5V か
ら 2V 位の DC 電圧があり,各々の電圧の差が 0.1V 以内ならばマスフローセンサとブリッ
ジ抵抗(図6−1の No.17)は正常です。
② 第1成分プリント板のチェック端子CP6 −SC間にシンクロスコープを接続してください。
①項が正常で,赤外線光源ユニット,チョッパが正常にもかかわらずにAC波形(8 Hz
または 10Hz)が出ていないときは検出器封入ガスが漏れています。
第2成分プリント板のチェック端子は,CP2 − SC 間にて確認してください。
③ ①項において電圧が異常であるときは,
電源を切り検出器のコネクターとブリッジ抵抗を
外してマスフローセンサの抵抗を調べます。
ブリッジプリント板の端子1−3間と2−3
間の抵抗を測定してください。25 Ωから50 Ω位の抵抗値があればマスフローセンサは正
常です。この場合はブリッジ抵抗が不良です。抵抗が無限大であればマスフローセンサが
断線しています。
交換:① 6.2項を参照して検出器を交換してください。パイプセルの場合検出器はベース板の下か
らねじ止めしてありますので測定部ユニットを外して交換してください。
② 交換後,第1成分プリント板 SV1 − SC 間が指定検出器電圧となるよう VR2 で調整して
ください。
第2成分プリント板SV2 −SC間が指定検出器電圧となるようVR1 で調整してください。
③ ゼロ,スパンの調整を行ってください。
― 39 ―
7.2.2 赤外線光源ユニット(図6−1の No. 5)
故障:赤外線光源の断線,封入ガスの漏れ
現象:表示値の指示ふり切れ,出力不安定
点検:① 電源を切り,2ピン端子台のリード線を外して2ピン端子間の抵抗を測定してください。
この抵抗値が 37 Ω位あれば正常です。抵抗が無限大のときは赤外線光源が断線していま
す。抵抗値が小さくなると出力がマイナス方向にドリフトします。
② 検出器と増幅器プリント板が正常であるにもかかわらず,
周囲の雰囲気の影響により計器
の出力がドリフトする場合は赤外線光源ユニットの封入ガスが漏れています(ただし,低
濃度 CO2 計の場合は,測定部ユニットのすき間に大気中の CO2 が浸入して計器出力がふ
らつく場合があるので注意してください)。
交換:① 2ピン端子の配線およびモータのコネクタを外し,
ベース板に赤外線光源ユニットを固定
している2本のねじを取れば交換できます。
図6−1または図6−2を参照して交換して
ください。
② 交換後ゼロスパン調整をしてください。
7.2.3 チョッパ
故障:回転不良
現象:計器出力不安定,表示値の指示ふり切れ
点検:① 電源を入れた状態でチョッパブレードが他の部品に当たる音がするかどうか聞いてくださ
い。
音がするようであれば赤外線光源ユニットを取り出し保護カバーを外してチョッパブ
レードを少し曲げて,他の部分に当たらないように調整する必要があります。チョッパブ
レードは非常に薄い板でできていますから損傷しないよう注意して取り扱ってください。
出力に影響がなければ調整は不要です。
② 電源を入れてもモータのシャフトが回らない場合モータの電源コネクタを外しコネクタの
電源側に,AC100V電源が供給されているかどうか確認してください。電源が供給されて
いるのにモータのシャフトが回らない場合は,
軸やセクタが他の部品に接触していないか
調べてください。どこも接触していないのにモータが回らなければモータの不良です。
交換:赤外線光源ユニットとして交換します。前記 7.2.2 項を参照してください。
7.2.4 測定セル,検出器,赤外線光源の窓
故障:セルおよび窓が著しく汚れる。
現象:ゼロ調整ができない。
点検:セルを外し,セルおよびすべての窓が汚れているかどうか確認できます。汚れている場合は,
汚れをアルコールをしみ込ませた軟らかい布でふき取ってください。
窓は傷つき易いので損傷
しないよう特に注意してください。詳細は 6.2 項を参照してください。
7.2.5 配管
故障:緩み,外れ,汚れ,詰まり
現象:計器出力不安定,応答が遅い
点検:① 配管が外れたり緩んだりしている場合は正しく取り付けてください。
② 配管の中が汚れたり詰まったりした場合は,
それらを取り除き高圧エアーでダストを吹き
飛ばしてください。
― 40 ―
7.2.6 第1成分プリント板
以下の点検で不良と判断される場合は,第1成分プリント板の交換が必要です。
(1) 電源回答
点検:① トランスの2次電圧
トランスの2次電圧は約 AC18V,約 AC17V,約 AC8V,約 AC100V の4種類の電圧が出
力されます。
② + 14V 電源電圧
チェック端子 P14 − SC 間で確認します。電圧は DC14V ± 0.05V です(電圧は VR1 で調
整できますが,規定電圧を超えないよう特に注意してください)
。
③ + 5V 電源電圧チェック端子 Vcc − Vss 間で確認します。電圧は DC5V ± 0.1V です(電
圧は VR3 で調整してください)。
④ − 12V 電源電圧
チェック端子 N12 − SC 間で確認します。電圧は DC-12V ± 1V です。
⑤ − 5V 電源電圧
チェック端子 CP1 − SC 間で確認します。
電圧は DC-5V ± 0.5V です。
⑥ 検出器電圧
チェック端子 SV1 − SC 間で確認します。電圧は検出器に記入してあります(検出器電圧
は VR2 で調整できます)。
(2) 増幅回路
電源回路が正常であることを確認してから点検してください。
点検:① 交流増幅回路
1)シンクロスコープをチェック端子 CP6 − SC 間に接続し,AC 波形を観測します。ゼロ
ガスを流した状態で波形の振幅は約 3.5Vp-p になるよう VR4 で調整されています。
約3.5Vp-p
8 Hz(電源50Hz)
10Hz(電源60Hz)
2)1)項で AC 波形が観測できなかった場合は,チェック端子 CP5 − SC 間の AC 波形を
観測します。
8 Hz または 10Hz の AC 波形が観測されれば AC アンプ Q8 は正常です。AC アンプ
Q11 か VR4 が故障しています。
3)もし CP5 − SC 間で AC 波形が観測されない場合は,7.2.1 項により検出器の点検を行っ
てください。
(3) 平滑回路
点検:① 平滑回路
1)ゼロガスを流し,電圧計にて PC3 − SC 間にて約 DC2.0V であることを確認します。
2)1)項で電圧が大きく異なる場合は Q11 が故障しています。
― 41 ―
7.2.7 第2成分プリント板
(1) 電源回路
点検:① 各回路電圧は,7.2.6 項の第1成分プリント板にて確認,調整をしてください。
② 検出器電圧(第2成分用)
チェック端子 SV2 − SC 間で確認します。電圧は検出器に記入してあります(検出器電圧
は VR1 で調整できます)。
(2) 増幅回路
電源回路が正常であることを確認してから点検してください。
点検:① 交流増幅回路
1)シンクロスコープをチェック端子 CP2 − SC 間に接続し,AC 波形を観測します。ゼロ
ガスを流した状態で波形の振幅は約 3.5Vp-p になるよう VR2 で調整されています。
約3.5Vp-p
8 Hz(電源50Hz)
10Hz(電源60Hz)
2)1)項で AC 波形が観測できなかった場合は,チェック端子 CP1 − SC 間の AC 波形を
観測します。 8 Hz または 10Hz の AC 波形が観測されれば AC アンプ Q1 は正常です。AC アンプ
Q2 か VR2 が故障しています。
3)もし CP1 − SC 間で AC 波形が観測されない場合は,7.2.1 項により検出器の点検を行っ
てください。
(3) 平滑回路
点検:① 平滑回路
1)ゼロガスを流し,電圧計にて CP3 − SC 間にて約 DC2.0V であることを確認します。
2)1)項で電圧が大きく異なる場合は Q2 が故障しています。
― 42 ―
7.3 エラーコードと対策
本器には自己診断機能があり,計器に異常が生じた場合はエラーコードが表示されます。
エラーコード
異常の内容
ディジタル部異常
対策
キーを押してエラー表示が消えた後,再びエラー表
ENT
示されないようなら,ゼロガスおよびスパンガスを流したと
温度センサー信号処理系の異常
き表示,出力が正常な指示を示すことを確認の上そのままお
使いください。
ENT
キーを押しても再びエラー表示される場合,一度電
源を切り再度入れてください。なお,エラー表示される場合
は,プリント板交換などが必要となります。ご連絡ください。
ドリフトにより校正量が校正可
6.2項に従ってセル内部を清掃してください。
能範囲を超えた
セル清掃後も校正できない場合は,検出器などのチェックが
ゼロの校正量が測定レンジの
必要となります。ご連絡ください。
50%を超えた
スパンの校正量が測定レンジの
スパン濃度設定値とスパンガス濃度が合っているか確認して
50%を超えた
ください。
1. エラーコードは,1成分計の場合はサブ表示に,また,2成分計の場合は第2成分のサブ表示に表示さ
れます。
2. 複数のエラーに該当する場合は,ENT キーを押すと数字の小さいエラーコードから順次表示されます。
全てのエラーコードが表示された後,さらに ENT キーを押すとエラー表示は消えますが,異常が発生
している間は,再びエラーを表示します。
3. エラー発生後,エラー原因が取り除かれれば,計器は正常に動作を続けます。
ただし,エラーコードの表示は,異常が発生したことを知らせるために,そのまま表示を続けます。
ENT キーを押すとエラー表示は消えます。
4. エラーコードが表示された場合,まず,電源およびガス配管に異常がないかを確認してください。
5. エラーが発生した場合は,FAULT の接点出力が導通します。
6. エラー表示が消えない,
また頻繁にエラー表示される場合は,最寄りの当社営業所までご連絡ください。
― 43 ―
付 録
仕 様
・ 測 定 成 分:1成分:CO2,CO,CH4,SO2
2成分計:CO2 /CO
・ 測 定 レ ン ジ:形式指定による。
・ 測 定 方 式:赤外線吸収法,非分散形,偏位法,単光源
単光束
(シングルビーム方式)
・ 出 力 信 号:出力1;DC 0∼1V
出力2;DC 4∼20mA
(許容負荷抵抗 550Ω以下)
非標準にてDC 0∼100mVまたは DC 0∼10mV(出力抵抗 100Ω以 下)製作可能
・ 再 現 性:第1レンジ
(低レンジ)
フルスケールの±0.5%
第2レンジ
(高レンジ)
フルスケールの±1%
・ 直 線 性:フルスケールの±2%
・ ゼ ロ ド リ フ ト:フルスケールの±2%/週
・ スパンドリフト:フルスケールの±2%/週
・ 応 答 速 度:電気系応答
(90%)2秒
試料セルの置換時間を含め最高15秒以内
(90%応答)
。ただし,セルの長さにより異
なる。
・ 供 給 電 源:AC 100V±10%,50/60Hz
指定によりAC 115V,220V,240Vも可能
注)
形式指定による。
・ 消 費 電 力:最大 37VA
・ 周 囲 温 度:−5∼+45℃
・ 周 囲 湿 度:90%RH以下
・ 外 被 形 式:鋼板製ケース,屋内形
・ 保 管 管 理:温度;−20℃∼60℃
湿度;100%RH以下
(但し結露なきこと)
・ 外形寸法(H×W×D):
①横形ケース
ラック取付形;133×483×435mm
パネル埋込形;133×443×435mm
机上形 ;145×443×435mm
②縦形ケース
パネル埋込形;440×294×178mm
壁取付形 ;484×294×178mm
・ 質 量:約12kg
・ 塗 装 色:マンセル2.5Y 8.4/1.2
・ 表 示:濃度表示用4桁LED
サブ表示用4桁LED
・ 出 力 ホ ー ル ド:手動校正時または自動校正時に校正直前の
出力値を保持します。ホールドの有無は選
択可能です。
・ 標準測定ガス条件:
温 度;0∼50℃
水 分;室温飽和以下
ただし,SO2計は除湿2℃飽和以下
ダスト;0.3μm以下
圧 力;10kPa以下
― 44 ―
(2℃飽和)
・ 水 分 干 渉:SO2;50ppm以下
(電子式除湿器をサンプリングラインに設
置してください)
(20℃飽和)
CO,CO2,CH4;2%FS 以下
・ 接 ガ ス 部 材 質:試料セル SUS304,ネオプレンゴム
赤外線透過窓 CaF2,またはサファイヤ,
内部配管 トアロンチューブ
・ ガス入口,出口,パージガス入口寸法:
Rc1/4またはNPT1/4めねじ
・ 測定ガスの流量:1L/min±0.5L/min
・ パージガスの流量:約1L/min
(必要に応じて行う)
・ 取 付 方 法:①横形ケース
19インチラック取付け,またはパネル
取付け,または机上設置
約250mm
支え
90°
備考:計器質量の70%以上をケース底部で支持
してください。
パネル取付け,19インチラック取付けの
場合には支えを設け,ケース後部を支持
してください。
②縦形ケース
パネル取付けまたは壁取付け
90°
または
90°
・ 設 置 条 件:直射日光,高温物体からのふく射が当た
らない場所を選ぶこと。振動のある場所
は避けること。ふん囲気の清浄な場所を
選ぶこと。腐食性ガス,可燃性ガスがあ
る場所は避けること。屋外設置の場合は
風雨に直接さらされないように適当な
ケース・カバーを用意すること。
付加仕様(オプション)
・リモートホールド入力:
外部信号により出力信号(DC 0∼1V,4∼
20mA)
のホールドができます。
リモートホールド入力;DC 5V
・リモートレンジ切換え:
外部信号によりレンジの切換えができます。
レンジ切換信号入力;DC 5V
・レンジ識別信号出力:
接点出力;1a接点
接点容量;AC 250V,2A
(抵抗負荷)
・ 自 動 校 正:ゼロ,スパンの校正をあらかじめ設定した周期
で自動的に行います。
校正ガスは外部に設けた電磁弁を駆動して順
次に流します。
校正チャンネル:2成分まで同時に校正ができます。
ゼ ロ 校 正 点:0%固定
スパン校正点:50∼100% FS
校 正 開 始:内蔵タイマまたはリモートスタート信号
校正時出力ホールド:可能
校正ガス流通モード:
(1) ゼロガス
(2) ゼロガスースパンガス1
(3) ゼロガスースパンガス2
(4) ゼロガスースパンガス1−スパンガス2
校正ガス流通時間:100∼599秒まで設定可能
校 正 周 期:1∼199時間
(1時間単位)
校 正 異 常:自動校正中に異常が発生したとき出力
アラーム接点出力:
自動校正中;1a接点 接点容量 AC 250V,
2A(抵抗負荷)
校正異常 ; 1a 接点 接点容量 AC 250V,
2A(抵抗負荷)
電磁弁駆動; 1a 接点 接点容量 AC 250V,
2A(抵抗負荷)
リモートスタート:リモートスタート信号
電圧入力 DC 5V
― 45 ―
★ マ ニ ュ ア ル コ メ ン ト 用 紙 ★
お客様へ
マニュアルに関するご意見,ご要望,その他お気付きの点,または内容の不明確な部分がございまし
たら,この用紙に具体的にご記入のうえ,担当営業員にお渡しください。
マニュアルNo.
マニュアル名称
ご 提 出 日 年 月 日
INZ−TN2ZRHa
非分散形赤外線ガス分析計
社名
取扱説明書
ご提出者 所属
形式:ZRH
ページ
行
氏名
内 容
意見,要望,内容不明確‥‥‥‥‥いずれかに○印
出版元記入欄 担当
受付
年 月 日 受付番号
本社 〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号(ゲートシティ大崎イーストタワー)
http://www.fesys.co.jp
技術相談窓口(インフォメーションセンター)
http://www.fic-net.jp
(042)585-2800
FAX (042)585-2810
受付時間 AM9:00∼12:00 PM1:00∼5:00
[月∼金曜日(祝日を除く)、FAXでの受信は常時行っています]
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement