HP BladeSystem c

HP BladeSystem c
HP BladeSystem c-Class
「仮想化」
「自動化」を見据えた<第3世代>ブレード
「攻め」のITへ
ビジネスの競争力を支える「攻め」のIT。
柔軟性、管理性、省エネに優れたブレードのデファクト、
HP BladeSystem c-Classがこれを担います。
変化し続けるビジネスにITは同期しなければなりません。
しかし、現在のITは既存システムの
維持・管理という「守り」に追われています。
IT投資の7割近くが維持・管理コスト
IT投資の7割を占めるといわれるまでに増大した「守り」のコスト。
アプリケーションの維持
30%
これを削減し、新サービスの開発やシステム刷新といった
アプリケーションの刷新
23%
「攻め」の投資に振り向けることができるように
インフラストラクチャの刷新
インフラストラクチャの維持
ITは、変わらなくてはなりません。
5%
42%
出典:HP社内推計資料より
その変革をリードするのが、<第3世代>ブレード、
HP BladeSystem c-Classです。
HP自身が進めた「守り」から「攻め」へのIT変革のために
開発されたこのHP BladeSystem c-Classは、
製品発表以来、金融機関や通信会社などのシステムに
圧倒的な浸透度を誇るHPのブレード型サーバー
Other 11.1%
次々と採用されてきました。
HP 52.8%
Dell 11.8%
その結果、HPは世界のブレード型サーバー市場で
50%を超える圧倒的な台数シェアトップを獲得し、
IBM 24.2%
ブレード型サーバーの業界標準ともいえる高い評価を受けています。
Source: IDC Worldwide Quarterly Server Tracker Q1 2009 (x86, ISS)
ビジネスの厳しい競争を勝ち抜いていくための「攻め」のIT。
HP BladeSystem c-Classは、その実現に向けた最良の選択肢です。
システムそのものを統合する<第3世代>ブレード
ブレード型サーバーの進化
一般にブレード型サーバーは、省スペース化を目指す高密度設置を目的に誕生しました。
統合範囲
H
W
ストレージ
その後、高性能・高可用性を備えサーバー統合にフォーカスした第2世代へと進化。今日、
ネットワーク
利用されているブレード型サーバーのほとんどはこの第2世代に属します。これに対しHP
BladeSystem c-Classは、さらに進化した<第3世代>です。<第3世代>ブレードは、スト
レージやネットワークも含めたシステム全体の統合を実現します。ビジネスとITとを完全に
〈第3世代〉
HP BladeSystem
c-Class
サーバー
同期できるようにするには、サーバー統合や仮想化、そして自動化といったテクノロジーを
適用する必要があり、それにはシステムとしての統合が不可避だったのです。
hp BL20p
hp BL25p
hp BL20p
hp BL25p
hp BL20p
hp BL25p
hp BL20p
hp BL25p
〈第2世代〉
HP BladeSystem
p-Class
BL10e BL10e BL10e BL10e BL10e BL10e BL10e BL10e
BL10e
BL10e BL10e BL10e
BL10e BL10e BL10e BL10e
BL10e BL10e BL10e BL10e
〈第1世代〉
システム自動化
仮想化
サーバーコンソリデーション
可用性/運用性
統合化、そして仮想化、自動化へ。
「攻め」のためのITインフラは
3つのプロセスで現実のものとなります。
現状の複雑なITシステムを、ビジネス変化と同期できる
1
統合化
俊敏さを備えた柔軟なものへと変革していくには、
HP BladeSystem c-Classでシステムを統合化
分散したサーバーを集約する統合化、
過剰な投資や運用負荷は大幅に減少
個別適応で歩んできた従来のITシステムでは、業務や部署ごと
プール化したリソースを臨機応変に活用する仮想化、
に大量のサーバーが分散して設置され、設備は過剰なまま放置
そして、ITの自律的な運用を可能にする自動化という
されてきました。また、異なるハードウェアやソフトウェアが混在
3つのプロセスを経由する必要があります。
し、管理のための手間やコストがかさんでいました。こうした状
況を改善し、「攻め」のITシステムへと向かうための最初のプロ
HP BladeSystem c-Classは、このすべてに対応できる
セスがサーバーの統合化です。HP BladeSystem c-Classは、分
テクノロジーとポテンシャルを備えています。
散していたサーバーやストレージ、ネットワーク機器などをまと
めて整理・統合します。
ブレード型サーバーは非常にコンパクトに設計されているため、複
1 統合化
2 仮想化
数のサーバーを高密度に設置することが可能です。また、ブレー
3 自動化
ドを抜き差しするだけでサーバーの交換や増設が可能なため、簡
単に修理やサーバー追加ができるという特長も備えています。
さらに、HP BladeSystemが他の一般的なブレード型サーバーと
決定的に異なる点は、サーバー統合の実行から、その後の運用、
メンテナンスまでを極めて簡単に実現できることにあります。
これを可能にしているのが、HPが独自に開発し、長年実績を積
み重ねてきたHP Insightソフトウェアという管理ソフトウェアや、
Insight Displayなどのテクノロジーの存在です。これらを活用す
ることで、大量サーバーの統合や運用に伴う負担を大幅に軽減
できます。
コンソリデーションで「サーバー構成」
と「管理」をシンプルに
[統合化]
APL1
M/W
APL2
Windows
H/W
APL3
APL4
M/W
M/W
Linux
Linux
APL1
M/W
APL2
H/W
H/W
Windows
APL4
H/W
M/W
Linux
APL5
APL3
M/W
Linux
M/W
H/W
APL6
Windows
APL5
H/W
M/W
H/W
APL6
Windows
H/W
各所に点在する、使用環境の異なるサーバー
分散したハードウェア・コンポーネントを統合し、
全体最適化されたITシステムへ
1
[仮想化]
APL1
APL3
M/W
APL2
M/W
OS
OS
H/W
H/W
アプリケーション
アプリケーション
アプリケーション
M/W
Windows
M/W
Linux
Microsoft Hyper-V、VMware ESX、Citrix XenServer
サーバー
NW
サーバーの物理的統合から、リソースを柔軟に割り当てて自在に利用できる仮想化へ
2
仮想化
3
自動化
物理的な制約からシステムを解放する仮想化
システムが自らを監視し、制御する自動化
リソースの利用効率とサービス品質が格段に向上
自律的な運用がビジネス変化への適応力をさらに強化
業務や部署ごとに設置されているサーバーの場合、それぞれで
サーバーの統合化、仮想化を実現し、システムの複雑さに起因
行う処理ピークを想定してリソースが用意されているため、プロ していた管理コストの削減やリソースの利用率向上を達成した
セッサーやメモリ、ストレージなどのリソースを無駄なく活用し 後に残るのは、運用の問題です。システムの運用管理は、人の
切ることが難しくなっています。こうした状況を抜本的に解決す
担う部分が大きく、IT投資全体に占める運用コストの大きな割合
るなら、物理的なリソースを仮想的に統合し、プールし、必要な
を占めます。今後、サーバー統合や仮想化の導入は複数のシス
ときに必要なだけリソースを自在に利用できるようにする、仮想
テムが連携するデータセンターの領域にも広がるものと見られ
化の適用が不可欠です。
ています。データセンターでは、複数のシステムにまたがる複
HP BladeSystemでは、Microsoft Hyper-V、VMware ESX、Citrix
雑で高度な運用管理が必要となり、運用担当者の負担は一層重
XenServerなど多くの仮想化ソフトウェアに対応。お客様の環境 くなります。その解決には、運用管理の自動化が不可欠です。
やシステム規模、求められる可用性レベルに応じて高度なバー
ただし、運用の自動化といっても、そのレベルはさまざまです。
チャリゼーションを低コストで実現できることが大きな魅力の1
あらかじめ決めておいた条件に合致したとき、指定した制御を
つです。
行うという単純な自動化。これとは対照的に、理想とするサービ
サーバーを統合化し、さらに仮想化することで、リソースの利
スレベルをポリシーとして設定しておくと、ハードウェアやソフト
用率は飛躍的にアップし、システムが提供するサービス品質を ウェアの稼動状況を監視しながら、ポリシーとのずれが最も小さ
高いレベルに保つことが可能になります。あるサーバーの負荷 くなるようITの構成要素が協調的、自律的に最適化を実施する
が高まったときには、別の処理をしているサーバーのプロセッ 極めて高度な自動化も想定できます。
サーリソースの一部を動的に再割り振りするといった操作もス
HPが目指すのは後者のレベルの自動化です。運用自動化が可
ムーズに実現。また、仮想化されたリソースなら交換や追加も
能になれば、定期的なシステム需要のピークに応じてリソース
容易です。
を追加する、障害の発生を検知してリカバリを実行する、シス
このような仮想化導入による高度なシステム管理は、HP Insight
テム需要が拡大傾向を示しているときにはスケールアップやス
ソフトウェアなどの管理ソフトウェアがアシストするため、日々の
ケールアウトによるキャパシティ拡張を実施するといった柔軟な
運用工数を削減することが可能です。
運用を、人的な負担なしに実現できます。俊敏さと運用コスト
共有リソース・プールを柔軟に再配分
削減を両立できるITは、自動化ではじめて可能になるのです。
HP BladeSystem c-Classでは、この極めて高いレベルの自動化
を目指す最初のアプローチとして、HPバーチャルコネクトや管理
ソフトウェア間の自動連携にフォーカスしたHP Virtual Connect
Enterprise ManagerやHP Insight Dynamics-VSEなどを提供して
います。これにより、現行システムで大きな負担になっている運
用管理コストを削減することが可能になります。
2
小規模から大規模ミッションクリティカルまで。
変化するビジネスに応じて自在に進化する
適応力の高いITシステムを、HP BladeSystem c-Classが実現。
HP BladeSystem c3000
ブレード型サーバーならではの省スペース性、構成の柔軟さを中小規模システムでも実感できるHP BladeSystem c3000。
これまで分散していた各種サーバーをコンパクトに集約し、システム全体の機能をシンプルに統合します。
ニーズや今後のビジネス成長も見据えながら、自由な発想で活用ください。
おすすめ利用例1
おすすめ利用例2
SIM
ICE
Webサーバー、プロキシサーバー、
メールサーバーを中心に統合したオフィスサーバーに
SIM
ICE
ファイルサーバー、グループウェアサーバー、
会計システムサーバーなどを統合した業務サーバーに
Webやメール、プロキシといったインターネット機能を中心に、オフィスでの利用度が
業務で利用する大量の重要データを安全に保護・保管することを重視した構成です。
高いファイルサーバーやプリントサーバーも統合した構成です。エンドユーザーが日
サーバーブレードとストレージブレードを組み合わせることで記憶容量は最大2.4TB
常的に利用する多くのサーバー機能をコンパクトに集約することが可能です。
(サーバー側、
ストレージブレード側合計)。テープブレードへ重要データを随時バック
アップしていくことが可能です。
サーバーブレード
+
ストレージブレード
ファイル
サーバー
バックアップ
サーバー
メールサーバー
プリンタサーバー
WEBサーバー
プロキシサーバー
テープブレードと
組み合せて
バックアップサーバーに
サーバーブレード
+
テープブレード
ストレージブレード
と組み合わせて、
最大2.4TB搭載
可能のサーバー3台
サーバーブレード
HP BladeSystem c7000
より大型のエンクロージャーサイズを採用し、多数のブレード類を格納できるエンタープライズ用途にも適したHP BladeSystem c7000。
サーバーやストレージなどの多様なブレード類を、目的に応じて自在に組み込むことができるため、
複数のシステムを単一筐体内に構築することも可能です。
ビジネスプロセス全体の統合、ミッションクリティカル環境全体の統合など、大規模なシステムであればあるほど、その集約効果は絶大です。
おすすめ利用例1
おすすめ利用例2
SIM
ICE
VC
VCEM
SIM
ICE
VC
VCEM ID-VSE
社内向けの各種サーバーも共存する
Web3階層モデルの本格的e-コマースサーバーに
N+1コールドスタンバイ構成を活用した
経済性に優れる高信頼性サーバーに
社内向けのグループウェアやメール、アプリケーション開発といったサーバーと同時
クラスタ化されていない複数台のサーバーに対し、1台のスペアサーバー(予備機)
に、e-コマース用のショップサーバー、アプリケーションサーバー、DBサーバーを統合
を用意し、いずれかのサーバーに障害が発生した際には、そのサービスを代行できる
する構成です。接続先ネットワークが異なる異種サービスを、1つのエンクロージャー
コス
SANブートN+1コールドスタンバイ構成。スペアサーバーは1台だけで済むため、
内に混在できるため、集約性の大幅な向上が実現できます。
トを低く抑えながらもより可用性・信頼性に優れたシステム環境を構築できます。
受発注アプリサーバー
商品マスタDBサーバー
オンラインショップサーバー
アプリケーションサーバー
外部サービス向け
サーバー群
社内用メールサーバー
社内用グループウェアサーバー
仮想化環境サーバー群
(VMware)
Webサーバー
内部サービス向け
サーバー群
検疫・スキャンサーバー
障害
社内用アプリ開発サーバー
人事アプリサーバー
認証サーバー
メールサーバー
スペアサーバー
ファイアウォール
スペアサーバーに移行!
!
3
ストレージもネットワークも、もちろんサーバーも。
ビジネスからのあらゆるIT要求を満たすことのできる
機能、性能、拡張性の豊富な選択肢をラインアップ。
最適を選べる2タイプのエンクロージャー
HP BladeSystem c3000
HP BladeSystem c7000
• サーバー台数が少ない(8台以下)
• サーバー台数が多い
(8台以上∼数千台)
• AC100V電源で利用したい
• IOの数がたくさん必要
• 手軽にブレードを始めたい
• ネットワークなどの高い冗長化を求める
データセンター、マシンルームに設置
• IOの数があまり必要ない
HP BladeSystem c-Class オプション
パネルオプション
c3000前面
サーバーブレード
• HP ProLiant BL2x220c/ • HP ProLiant BL680c/
BL280c/BL460c/
BL685c
BL465c/BL490c/
• HP Integrity
BL495c
BL860c/BL870c
(ハーフハイト)
• HP Integrity
NonStop NB50000c
(フルハイト)
追加用パワーサプライ
c7000用
パワーサプライオプションキット
(2250W・200V-2400W)
最大で6個まで搭載可能
c3000用
パワーサプライオプションキット
(1200W)
最大で6個まで搭載可能
c3000タワーエンクロージャー
パネルキット
ストレージブレード
HP StorageWorks SB40cストレージブレード
ストレージ・コントローラ
インタフェース
最大ドライブ数
サイズ(W×D×H)/質量
c7000前面
HP StorageWorks All-in-One SB600c ストレージブレード
主な機能
ストレージ容量
主な機能
HP BladeSystem c-Class GbE2c L2/3
ネットワークスイッチモジュール
Cisco Catalyst Blade Switch 3020
Cisco Catalyst Blade Switch 3120G
Cisco Catalyst Blade Switch 3120X
バーチャルコネクト
SANサポート
c3000背面
バーチャルコネクト
テープブレード
バーチャルコネクト イーサネットモジュール
NAS/SAB gatewayとして、外部接続スト
レージを利用してのファイルサービス、およ
びiSCSI、SANでのストレージ共有を提供
EVA、MSAストレージ
HP StorageWorks SB448c テープブレード
インタフェース
搭載ドライブ
HP BladeSystem c-Class 1/10Gb
SAS(Serial Attached SCSI)
Ultrium 448 SASテープドライブ
HP StorageWorks SB920cテープブレード
HP BladeSystem c-Class 10/10Gb
SAN用
インターコネクト
ストレージ共有(iSCSI SAN)、ファイルサー
ビス(NAS)、データ保護
146GB SAS x2 を搭載済み、また、
250GB SATA x6、146GB SAS x6、
300GB SASx6 のいづれかの追加が必要
HP ProLiant SB460c SAN Storage Server
イーサネット用インターコネクト
HP BladeSystem c-Class
Smartアレイ P400コントローラ(オンボード)
SAS(Serial Attached SCSI)
6(2.5インチ ホットプラグ対応)
50×500×182mm/5kg
バーチャルコネクト Flex-10 イーサネットモジュール
インタフェース
搭載ドライブ
HP BladeSystem c-Class
インタフェース
搭載ドライブ
SAS(Serial Attached SCSI)
Ultrium 920 SASテープドライブ
HP StorageWorks SB1760cテープブレード
Brocade SANスイッチ 8/12
Brocade SANスイッチ 8/24
Brocade SANスイッチ 8/24 Power Pack+
HP BladeSystem c-Class 4Gb
バーチャルコネクト ファイバチャネル モジュール
HP BladeSystem c-Class 8Gb
バーチャルコネクト ファイバチャネル モジュール
c7000背面
SAS(Serial Attached SCSI)
Ultrium 1760 SASテープドライブ
PCI拡張ブレード
BladeSystem c-Class PCI拡張ブレード
サーバーブレードの横に挿入し、
PCIスロットを拡張可能
管理モジュール冗長化用
リタンダント Onboard
Administratorモジュール
c7000リダンダント統合管理
モジュール
(KVM内蔵)
SASストレージ用インターコネクト
HP StorageWorks 3Gb SAS BLスイッチ(2個パック)
HP StorageWorks MSA2000sa 3Gb SAS BLスイッチ HA バンドル
4
追加用冷却ファン
アクティブ冷却ファン
c3000エンクロージャー(モデル100)は
最大で6個まで搭載可能
c7000エンクロージャー(モデル200)は
最大で10個まで搭載可能
HP BladeSystem c3000エンクロージャー
ラック搭載型(単相モデル)
タワー型(単相モデル)
Insight Control Environment for BladeSystem Insight Control Environment for BladeSystem
8ライセンス付属
8ライセンス付属
サーバーブレード最大搭載数
パワーサプライ
冷却ファン
入力電力
高さ
サイズ
(W×D×H)
質量
標準 2、最大 6
標準 4、最大 6
標準 4、最大 6
標準 6、最大 6
6U
445×835×265mm
約59kg
ラック搭載型(単相モデル)
8(フルハイトの場合 4)
標準 2、最大 6
標準 2、最大 6
標準 4、最大 6
標準 4、最大 6
単相100V∼200V IEC C14×6
541mm
6U
342×875×541mm
445×835×265mm
約59kg
約59kg
タワー型
(単相モデル)
標準 2、最大 6
標準 4、最大 6
標準 4、最大 6
標準 6、最大 6
541mm
342×875×541mm
約59kg
約91.0kg
HP BladeSystem c7000エンクロージャー
単相モデル、
三相モデル、
Insight Control Environment for BladeSystem Insight Control Environment for BladeSystem
16ライセンス付属
16ライセンス付属
サーバーブレード最大搭載数
パワーサプライ
冷却ファン
入力電力
高さ
サイズ
(W×D×H)
質量
単相モデル
三相モデル
標準 2、最大 6
標準 6、最大 6
標準 4、最大 10
標準 10、最大 10
単相100/200V、IEC 320-C20×6、
PDUが別途必要
16(フルハイトの場合 8)
標準 6、最大 6
標準 2、最大 6
標準 6、最大 10
標準 10、最大 10
標準 4、最大 10
三相200V、NEMA L15-30p×2、
単相100/200V、IEC 320-C20×6、
PDU不要
PDUが別途必要
標準 6、最大 6
標準 6、最大 10
三相200V、NEMA L15-30p×2、
PDU不要
標準 90.04kg、最大 217.7kg 標準 107.44kg、最大 217.7kg
10U
447.04×813×442mm
標準 107.44kg、最大 217.7kg
標準 90.04kg、最大 217.7kg
標準 103.36kg、最大 217.7kg
HP ProLiant/HP Integrity/HP Integrity NonStop サーバーブレード一覧
HP ProLiant BL2x220c
G5
プロセッサー搭載数(Pはソケット数、Cはコア数) 最大 2P/8C
(2ノード)
メモリ
メモリ容量
ハードディスクドライブベイ
サイズ
(W×D×H)
/質量
PC2-5300 REG DDR2 ECC SDRAM
標準 4GB、
最大 32GB
1(2.5インチ ノンホットプラグ対応)
50×500×182mm/5.9kg(2ノード)
HP ProLiant BL280c G6 HP ProLiant BL460c G6 HP ProLiant BL465c
G6
最大 2P/8C
最大 2P/8C
最大 2P/12C
PC3-8500R/10600R/10600E
標準1GB/2GB、最大 96GB
2(2.5インチ ノンホットプラグ対応)
50×500×182mm/6.58kg(最大)
PC3-8500R/10600R/10600E
標準1GB/6GB、最大 96GB
2(2.5インチ ホットプラグ対応)
50×500×182mm/6.44kg(最大)
PC2-5300/6400 REG DDR2 ECC SDRAM※1
標準1GB/4GB、最大 64GB※1
2(2.5インチ ホットプラグ対応)
50×500×182mm/5.9kg(最大)
※ HP ProLiant BL2x220cは1ノードあたりの仕様を記載しています。
(サイズ/質量を除く)
※1 33GB以上の場合では、PC2-5300 REG DDR2 ECC SDRAMメモリをサポートします
(最大 64GB)。
HP ProLiant BL490c G6 HP ProLiant BL495c G6 HP ProLiant BL680c G5 HP ProLiant BL685c G6
プロセッサー搭載数(Pはソケット数、Cはコア数) 最大 2P/8C
メモリ
メモリ容量
ハードディスクドライブベイ
サイズ
(W×D×H)
/質量
PC3-8500R/10600R/10600E
標準1GB/6GB、
最大 144GB
2(ノンホットプラグソリッドステートドライブ)
50×500×182mm/5.9kg(最大)
最大 2P/12C
最大 4P/24C
最大 4P/24C
PC2-5300/6400 REG DDR2 ECC SDRAM※1
標準4GB、最大 128GB※1
2(ノンホットプラグソリッドステートドライブ)
50×500×182mm/5.9kg(最大)
PC2-5300 FB-DIMM DDR2-667
標準 8GB、最大 128GB
2(2.5インチ ホットプラグ対応)
50×500×365mm/12.02kg(最大)
PC2-5300/6400 REG DDR2 ECC SDRAM※2
標準8GB、最大 256GB※2
2(2.5インチ ホットプラグ対応またはノンホットプラグ SSD)
50×500×365mm/10.3kgまたは11.8kg(最大)
※1 65GB以上の場合では、PC2-5300 REG DDR2 ECC SDRAMメモリをサポートします
(最大 128GB)。
※2 129GB以上の場合では、PC2-5300 REG DDR2 ECC SDRAMメモリをサポートします
(最大 256GB)。
HP Integrity
BL860c
プロセッサー搭載数(Pはソケット数、Cはコア数) 最大 2P/4C
メモリ
メモリ容量
ハードディスクドライブベイ
サイズ
(W×D×H)
/質量
PC-4200 ECC機能付きDDR2
標準 2GB、
最大 48GB
2(2.5インチ ホットプラグ対応 SAS)
52×509×366mm/10.3kg(最大)
HP Integrity
BL870c
HP Integrity
NonStop
NB50000c
BladeSystem
最大 4P/8C
最大 4080P/8160C
PC-4200 ECC機能付きDDR2
最小 4GB、最大 192GB
4(2.5インチ ホットプラグ対応 SAS)
104×509×366mm/17kg(最大)
PC-4200 ECC DDR2
最大48GB
(論理1CPUあたり)
̶
610×1,143×2,007mm/524kg
HP ProLiant BL2x220c/BL280c/BL460c/BL465c/BL490c/BL495c/BL680c/BL685c、HP Integrity BL860c/BL870c/NonStop NB50000c BladeSystemを稼動させるには、ブレードエンクロージャー、イン
ターコネクト、パワーサプライ(ブレードの台数に応じて)、ファン(ブレードの台数に応じて)
が必要です。
www.hp.com/jp/bladesystem
最新の製品ラインアップ/仕様は下記Webサイトでご確認いただけます。
www.hp.com/jp/integrity
www.hp.com/jp/nonstopblade
5
HP BladeSystem c3000
中小規模システムにおけるブレード活用を
徹底的に研究しつくすことから生まれた
オフィスサイズのコンパクトブレード、c3000。
「ブレード型サーバーでは大きすぎる」
と感じていた中小規模システムでも、
c3000なら簡単に信頼性、管理性の高いブレードの導入が可能です。
ラック不要だから、ラックマウント型サーバーよりも導入が容易。
技術的な問題からラックマウント型サーバーを見送り、
タワー型サーバーを選択していたシステムでも、
容易に置き換えが可能です。
c3000活用
のヒント1
ブレードは大量に導入するユーザー向けでは?
1台からでも導入できる「ちょうど良い」サイズを実現
44.5cm
これまでブレード型サーバーは数十∼数百台といったサーバー
83.5cm
で構成される大規模システムで主に採用されてきたという経緯
から、「サーバー数台の中小規模システムで利用できる環境は
26.5cm
用意されていないのでは」
というイメージがあったかもしれませ
ん。
しかし、
HP BladeSystem c3000は〈コンパクト第3世代ブレー
ド〉という名称が示すように、オフィス内に設置できる「ちょうど
34.2cm
87.5cm
ラック搭載型
良い」サイズを実現。サーバー 1台、2台といった規模からのス
54.1cm
モールスタートが可能です。最大で8台のサーバーブレードを収
容できるので、システム増強の際にもサーバーブレードを追加で
挿すだけ。c3000なら、ブレード型サーバーの優れた省スペース
性と柔軟性を中小規模システムにおいても享受できるのです。
c3000活用
のヒント2
タワー型
専用のラックやコンソールが必要なのでは?
特別な追加機器は不要で、管理操作も自分のノートPCから可能
これまでのブレード型サーバーは、エンクロージャーを収容す ク型サーバーと同様に、設置場所近くのディスプレイ、キーボー
るラックや、管理操作で使う専用のコンソール機器を用意する ド、マウスでサーバーを操作することが可能です。設置場所、操
必要がありました。しかし、HP BladeSystem c3000は、専用の
ディスプレイやキーボードを使わずに、管理担当者のパソコンの
ブラウザから、LAN経由で完全な制御が可能です。設置・稼動条
件を満たせばサーバールームやデータセンターだけでなく、オ
フィスなどにもブレード型サーバーを容易に設置できるように
作場所、操作方法に制約がない、自由度の非常に高い製品です。
ラックやコンソールが不要に
19インチラック
不要
※ラックに設置する
ことも可能です
なりました。
HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャーは床置き対応、
HP BladeSystem c3000エンクロージャーはラック搭載と平置
サーバー専用TFT
不要
キーボード
切替えスイッチ
不要
サーバー専用
キーボード・マウス
不要
従来のサーバー以上に
スモールスタートが可能
きをサポートします。また、c-Class向けのサーバーブレードは、
HPの定評あるリモート管理ツール「HP Integrated Lights-Out 2
(iLO2)」を標準で装備し、電源のON/OFF/長押し、ブルース
クリーン画面の確認などのすべてのサーバー操作が可能です。
また管理者側のPCのDVDドライブを遠隔マウントするような高
度な遠隔管理機能も提供します。
一方、これまで慣れ親しんだ操作方法をご希望なら、c3000専
用KVMオプションを使用することで、これまでのタワー型やラッ
6
全てオフィスのPCから
遠隔操作が可能なため
c3000活用
のヒント3
200Vなどの特殊な電源が必要になるのでは?
オフィスで標準のAC100V電源をサポート
これまでは、数十台といったブレード型サーバーの稼動を想定し
通常のAC100Vコンセントが利用可能
ていたため、200Vなどの特殊な電源を確保しなければならず、
特別な電気工事なども必要でした。しかしc3000では最大8台
までのサーバー稼動が前提であるため、通常の100V電源がそ
のまま利用できます。もちろん特別な電気工事も不要。これは、
ブレード型サーバーをより気軽に導入できるようにするc3000
の大きな特長の1つです。さらに、100V電源でありながら、より
パフォーマンスに優れるコア数の多いプロセッサーを搭載した
サーバーブレードをフル搭載することも可能。一般的な電源設
備のままシステムをさらにパワーアップできます。
c3000活用
のヒント4
複数サーバーのインストールに時間とコストがかかるのでは?
内蔵DVDドライブのディスク共有機能で短時間に、簡単インストール
複数のサーバーを導入する際には、サーバーすべてに1台ずつ
OSをインストールするため、多くの時間と手間がかかります。
内蔵DVDのディスク共有機能で複数インストールも容易
他社ブレード
HP BladeSystem c3000
最大8台で同時にドライブを共有可能
サーバー1台のみドライブを利用可能
HPでは、大量サーバーの導入支援ソフトウェアHP Insight Rapid
DVDドライブ
Deployment ソフトウェア for HP ProLiantを提供し、この課題を解
決しました。しかし、専用サーバーの用意、事前のセットアップと
いった準備が必要なため、中小規模システムでのRDP利用は難し
い面があります。
そこでc3000では、内蔵DVDドライブをすべてのサーバーで共
有可能にしています。この共有機能により、1枚のCDからエン
OSインストールなどを
簡単、短時間で実行可能
1台のインストールが終了してから
で な いと次 のブレードの インス
トールは開始できない
ブレード8台へのOSインストール
ブレード8台へのOSインストール
約2時間30分
約8時間
クロージャー内のすべてのサーバーに同時並行でOSをインス
トール可能です。共有機能のない一般的なDVDドライブで、1
台ずつインストールしていく場合と比べて、作業時間は約3分の
1。c3000なら、導入の際の手間とコストが大幅に削減できる
のです。
c3000活用
のヒント5
ブレードはストレージの拡張が難しいのでは?
Blade SASソリューションを活用すれば共有ストレージを安価に効率良く接続可
高密度に実装をしているブレード型サーバーでは、ストレージ きるうえ、転送速度はiSCSIより高速というメリットがあります。
の自由な拡張が難しいと一般には見られてしまいがちです。特
このソリューションにより、最大192TBまでのストレージ拡張が
に、クラスタ環境や仮想化環境をブレード型サーバーで構築し 可能になります。
ようとするとき、ストレージのキャパシティ不足は大きな問題に
さらに、多彩なRAID方式のサポート、SASブートへの対応といっ
なります。こうした課題に対し、HP BladeSystemではエンクロー
た特長も加え、使いやすさと拡張性、そしてコストという3つの
ジャー内のサーバーが共有できる外部共有ストレージを接続し、 課題を、Blade SASソリューションが同時に解決します。
自由に拡張できるソリューションを提供してきました。
ただし、その選択肢はファイバチャネルかiSCSIかの2種類に限ら
低コスト、高速転送を可能にするSAS接続
共有ストレージ
HP BladeSystem c-Class
れていました。高速ではあるものの、高価なうえ設定などで手間
がかかるファイバチャネル。一方、低コストで設定も容易ながら、
EVA4400
Fibre Channel
4Gb/s
転送スピードの遅いiSCSI、といったようにそれぞれに悩みを抱
えていました。
そこでHPで は、 第3の 選 択 肢として、SAS(Serial Attached
SCSI)接続による外部共有ストレージを構築できる「Blade SAS
ソリューション」を新たに提供することにしました。SAS接続は、
MSA2012fc
HP StorageWorks
MSA2012sa
SAS
3Gb/s
AiO600c
iSCSI
1Gb/s
MSA2012i
ファイバチャネルより低コスト、簡単に共有ストレージを実現で
7
HP BladeSystem c7000
厳しい可用性への要求にも余裕で応える
優れたパフォーマンスと信頼性、拡張性を提供する
強力なエンタープライズブレード、c7000。
「ブレードでは力不足」
と考えられていた用途でも、
c7000は、<第3世代>ブレードの強みである優れた集約力を活かし、
高い信頼性と拡張性、パフォーマンスを発揮、
ブレード型サーバーの適用範囲を一気に広げました。
複雑、大規模、さらにはミッションクリティカルなシステムとして
c7000はビジネスの成長に貢献します。
c7000活用
のヒント1
企業レベルのシステムでブレードは実績が少ないのでは?
HP自身の必要性から誕生したc7000。止められないシステムでも多数の採用実績
ITの「守り」のコスト増大という課題を抱えていたHPは、2002 こうした様々な特長が市場から高く評価され、システム停止が絶
年、自社システムの管理コスト削減に向け、全世界に散らばる約
対に許されない金融機関や通信会社などの大規模な基幹システ
300のデータセンターを3箇所に集約する計画をスタートさせま ムに次々と採用され、豊富な実績を積み上げています。
した。集約すべきサーバー数は約2万台。しかし、従来型のサー
「守り」
と「攻め」の最適化へのHPの挑戦
バーでは可用性、管理性、電力などの面で目標達成が困難と判
断、新たなサーバーシステムの開発を決断しました。その結果、
生まれたのがHP BladeSystem c-Classです。
その最初のモデルであるc7000は、最大で16台のサーバーブ
レード、最大8台のネットワークスイッチ、最大6台のハードディス
アトランタ
クを1つのエンクロージャー内に格納可能で、複雑なシステム構
A
ン
スチ
オー
B
B
c7000活用
のヒント2
ヒュ
ース
トン
優れた管理性、大幅な発熱や電力の削減を実現します。
A
成にも柔軟に対応することができます。同時に、高い可用性や
A B
可用性を高めるには投資額がかさむのでは?
可用性向上をコスト効率良く実現するSANブート N+1コールドスタンバイに対応
従来、システムの可用性を高める際には、アクティブな本番サー
バーと同じ数のスタンバイサーバーを用意するクラスタ構成が
多く採用されてきました。ただし、投資額は膨らんでしまいます。
経済性に優れたSANブート N+1コールドスタンバイ構成
クラスタ構成
SANブート N+1コールドスタンバイ構成
ブ バイ
ブ バイ
ブ バイ
ティ ン
ティ ン
ティ ン
ク タ
ク タ
ク タ
ア ス
ア ス
ア ス
本番機
予備機
この解決策として、複数の本番サーバーに対してスタンバイサー
故障
故障
バーを1台だけ用意するという、N+1コールドスタンバイ構成に
注目が集まっています。クラスタ構成に比べ、投資額を低く抑え
HPとCompaq合併時(2003年)の
社内情報システム部の予算配分
ることが可能になるからです。
HP BladeSystem c-Classは、このN+1コールドスタンバイ構成を
サポート。さらに、障害発生時にスタンバイサーバーへ切り替え
インフラスト
ラクチャの
維持
アプリケー
ションの
維持
30%
るときに必要となるサーバーやネットワークの設定移行作業を、 クラスタソフ
42% トによる冗長
HPバーチャルコネクトにより、簡単なweb操作で、手動もしくは
自動切りかえが可能です。c7000なら、コストも管理負担も抑え
ながら、高可用なシステムを容易に構築できるのです。
8
アプリケー
通常は1台のアクティブ機に対し
ションの
て1台のスタンバイ機を用意
刷新
23%
インフラスト
ラクチャの刷新
5%
現状
「守り」のコスト
「攻め」
HPバーチャルコネクト
理想
(リモート操作可能)
「守り」の
「攻め」
コスト
SAN環境
IT投資の7割近くが維持・管理に消えていた
LAN環境
ビジネスの変化に追随するための
新規投資額は大幅に減少
1台追加するだけ
HP BladeSystem Technology
ブレード型サーバーが備えるポテンシャルを最大限に引き出すため、
HP独自の最新テクノロジーを全力投入。
HP BladeSystem c3000
HP BladeSystem c7000
c7000
c3000(ラック搭載型)
仮想コネクションでI/O設定変更を省力化
HPバーチャルコネクト
従来のブレード型サーバーでは、エンクロージャー内の構成変更
mac変更なし
4
8
3
2
6
1
5
X1
HP BladeSystem Ethernet Module
X2
LAN
4
3
WWN変更なし
Spare
ネットワーク管理者
ストレージ管理者
2
C
1
B
HP Fibre Channel Concentrator Module
A
7
サーバー管理者
HPバーチャルコネクト モジュール
VC
SAN
エンクロージャー
• サーバーを移動させ
ても、増設してもネッ
トワーク側macアドレ
ス、SAN側WWNの
変更は必要なし
• ネットワーク側、スト
レージ側は今までの
環境がそのまま利用
可能(Cisco、Nortel、
Brocadeなど)
• サーバーとLAN&SAN
を明確に切り離すこ
とが可能
• サーバーメンテナン
ス時の、LAN&SAN管
理者作業は大幅減少
に伴い、MACアドレスやWWN(World Wide Name)
が変わっ
てしまうため、ネットワークスイッチやSANスイッチなどのI/O機
器の設定を個別に変更する必要がありました。しかし、HPバー
チャルコネクトが提供する仮想コネクション機能でI/Oを仮想化
することにより、サーバーの移動や増設、あるいはスペアサー
バーの立ち上げなどを行った場合でも、スイッチ類の設定変更
は不要になります。それまでのネットワーク環境やストレージ環
境がそのまま利用できるのです。ネットワーク管理者やストレー
ジ管理者との連携も考えなくて済むため、サーバー管理者は
サーバーメンテナンスの手間と時間を大幅に削減することが可
能になります。
ネットワークの柔軟性、拡張性を強化
Flex-10テクノロジー
1つの物理ポートを4つに分割できるFlex-10
1つの10GbEポートを
4つのFlexNICに分割可能
Virtual
Connect
Flex-10
Mb/s
※OS上では4つの物理NICとして認識。OS非依存
Gb/s
各FlexNICを
100Mb∼10Gbで自由に設定可能
(100Mb単位)
Flex-10テクノロジーとは、10Gbpsのイーサネット物理ポートを
最大4つのポートに分割できる仮想化技術です。
ブレード型サーバーには2∼4つのNICが標準装備されていま
すが、実際にシステムを構築しようとすると、もっと多くの物理
ネットワークポートが必要となる場合がしばしば発生します。こ
うしたポート不足を解消し、ネットワークの柔軟性と拡張性をさ
せるのがFlex-10テクノロジーです。
Flex-10テクノロジーは、HPバーチャルコネクトの新機能です。
Flex-10適用後のBIOS画面《2つのオンボードNICを8ポートに》
1つの10Gbpsのポートを4つに分割することができ、分割され
た各ポートはBIOSやOSからは物理ポートとして認識されるう
え、ポートの帯域を100Mbpsから10Gbpsまで自由に設定でき
ます。
このため、ブレードにNICを増設することなくネットワークポート
数を4倍に増やすことができ、トータルの導入価格を低く抑えら
れます。また、物理的な作業を行うことなくWeb GUIからポー
ト数や速度設定を変更できるため、ネットワーク構成の変更や
拡張が容易になり、システム構成の柔軟性・運用性の向上にも
貢献します。
9
HP BladeSystem Technology
ビジュアルで分かりやすい管理環境を提供
Onboard Administrator & Insight Display
管理のためのインテリジェント・インフラストラクチャとして、HP
“見て分かる”
管理を実現したOnboard Administrator
BladeSystem c-Classで新たに採用したのが、総合管理ポータル
Onboard Administrator画面
(Webブラウザ経由の場合)
〈Onboard Administrator〉と状 態 表 示 画 面〈Insight Display〉
です。
エンクロージャー背面に挿入されるOnboard Administratorは、
エンクロージャーの全ての情報を管理・監視します。Webコン
ソールを搭載し、説明書なしでも直感的で分かりやすいGUIを
提供。サーバーブレードや各種コンポーネントの容易な設定、
監視が可能です。新しいサーバーブレードやコンポーネントの
OA自体の2重化も可能
追加・交換を行った際には自動で感知し、設定を自動修正する機
能も提供しています。
サーバーの前ならInsight Displayで操作・チェック
エンクロ ージャー 前 面には、カラー 液 晶 を 利 用したInsight
Displayが装備されています。異常時には赤い表示となり、故障
箇所の把握のみならず、コピー機の紙詰まり時のように、復旧
方法までを案内します。また、コンソールなどを別途用意しなく
ても、サーバーが設置されているその場で、Insight Displayから
初期設定の実施や稼動状況チェックが可能です。
3インチのカラー LCDがシステ
ムの状態をリアルタイム表示
これらの 強 力 な 管 理 機 能は、 統 合 監 視ツー ル「HP Systems
Insight Manager(HP SIM)」や、リモート管理機能「HP Integrated
Lights-Out 2(iLO2)」とも、 もちろん 連 携。 HP BladeSystem
c-Classでは、一歩進んだ管理手法を体験できます。
熱と電力に関する課題を総合的に解決
HPサーマルロジック
IT機器のCPUやチップレベルでの省電力性能は、システム管理
HPサーマルロジックの3つの視点
冷却する
• 独自開発の冷却ファン
• PARSECアーキテクチャ
抑止する
• ダイナミックパワー
セーバー
監視する
における大きな課題のひとつになっています。ブレード型サー
• Onboard Administrator
バーはその特徴により、従来のサーバーと比較して省電力を実
(発熱・電力監視ツール)
現できるシステムです。しかし、実装サイズが小さく、高密度実
装も可能な反面、単位面積あたりの消費電力、発熱量は、従来
独自開発の冷却ファン
20個の特許を取得
のサーバーと比べ非常に高くなります。スペースメリットを高め
るには、
これらの問題を同時に解決しなくてはなりません。また、
ブレードやエンクロージャーだけでなく、ラックさらにはデータ
1台のファンで4Uラックマウント型サー
バーが4台も冷却可能な能力
センターまでを想定し、総合的な対策をとる必要があります。
HPでは、「HPサーマルロジック」というコンセプトの下で問題解
決に取り組んでおり、HP BladeSystem c-Classにもその具体的
10
な成果を投入しています。
PARSECアーキテクチャ
FAN
ブレード型サーバー
FAN
FAN
ブレード型サーバー
FAN
ブレード型サーバー
並列冷却
(PARSEC)
風量確保
ブレード型サーバー
ブレード型サーバー
ブレード型サーバー
ブレード型サーバー
ブレード型サーバー
端が冷えにくい
風量不足
FAN
FAN
「冷却」
「抑止」
「監視」
という3つのアプ
HPサーマルロジックは、
ローチで構成されます。まず「冷却」では、HPが独自に開発した
長寿命・省電力・静音の冷却ファン、エンクロージャー内の冷却効
果を高めるPRASEC(並列冷却)
アーキテクチャなどを提供。
「抑
従来の背面冷却ブレード
HP BladeSystem c-Class
止」では、ダイナミックパワーセーバーがブレードの稼動状況を
主流は1エンクロージャーに2個
1エンクロージャーに10個
チェックし、必要容量に応じて電源を自動制御。
「監視」の面で
ダイナミックパワーセーバー
は、エンクロージャーに搭載されたOnboard Administratorが、
利用電力
上昇を検知
CPU利用率が上昇
新規にブレードを追加
必要容量以上のパワーサプライは、
電源を供給せず待機
良
100%
変換効率
90%
80%
悪
70%
利用電力上昇を検知し、待機していた
パワーサプライを起動させて、電力を供給
1+1 up to 2250W
80% at 700W
(10.4% Load)
2+2 up to 4500W
PS1個
PS2個
3+3 up to 6750W
ラックレベルでの発熱量やエンクロージャーに出入りする空気
の温度、電力使用量などをモニタリングします。
こうしたテクノロジーを連携させることことで、HP BladeSystem
c-Classは高い冷却能力と大幅な省電力性能を獲得しています。
さまざまなレベルや視点から総合的に発熱と消費電力の問題に
対応するHPサーマルロジックは、他社のブレードには真似ので
PS3個
必要電力
きない安心感を確実に提供します。
コンポーネント故障に起因する障害を排除
NonStopシグナルミッドプレーン
NonStopシグナルミッドプレーンの外観
ブレード型サーバーを格納するエンクロージャーは、収納する
サーバー全体の可用性に影響を与える非常に重要なインフラで
す。HP BladeSystemのエンクロージャーは高信頼性と高可用性
を実現するために様々な工夫を凝らしています。
HP BladeSystem c-Classのエンクロージャーはモジュール構造
になっており、冷却ファンやパワーサプライといった個々のコン
ポーネントは、冗長化およびオンライン交換が可能な設計になっ
ています。これによりシステム全体に影響を与えることなく障害
から復旧することが可能です。
また、オンライン交換ができないミッドプレーンについては、そ
の信頼性を極限まで高めるため、ICチップ、コンデンサ、ファンな
どの故障可能性のある“アクティブコンポーネント”
を一切排除し
たパッシブ型ミッドプレーン「NonStopシグナルミッドプレーン」
を開発。これにより、搭載する全サーバーの計画停止を伴うよう
な故障交換の可能性を極限まで低減しています。さらに、この
パッシブ型を採用したことにより、ひとつ(1箇所)の故障が複数
サーバーの通信経路に影響を与えない仕組み(Single Point of
Multi Failureの排除)を実現。万が一のポイント故障も通信経路
の冗長化によってサービスを停止させないアーキテクチャとし
て業界最高レベルの高信頼性・高可用性を実現しています。
11
Software
HP伝統の優れた管理性をブレード環境でも実現。
あらゆる管理プロセスをカバーし、
運用の負担とコストを軽減する管理ソフトウェア群。
サーバー、
ストレージ、ネットワークといったITリソースを統合管理し、
仮想化、自動化にも対応したシステムの実現には、優れた管理ソフトウェアが必要となります。
HPでは、一般のサーバーで実績のある多彩な管理ソフトウェアを
HP BladeSystem c-Class向けにブラッシュアップしてそろえています。
管理のための一貫した環境を提供
SIM
HP Systems Insight Manager
HP Systems Insight Manager(HP SIM)は、HP BladeSystem
ICE
ITライフサイクル統合管理スイート
HP Insight Control スイート
HP Insight Control スイート(ICE)は、HP BladeSystemの監視と
をはじめ、HPサーバー製品からストレージ製品、ネットワーク 管理を簡素化する管理ソフトウェアのパッケージライセンスで
機器まで、ハードウェアレベルの統合管理を実現します。また、 す。この管理ソフトウェアにより、HP BladeSystemのライフサイ
Windows、Linux、そしてHP-UXの3つのOSと、32ビット、64ビッ クル全般にわたって、柔軟なハードウェアリソースの配備、仮想
トの両プラットフォームを監視可能なこのツールは、単一のユー
マシン管理、および電力や温度の管理に加えて、総合的なシス
ザーインタフェース上で全てのサーバーを管理できます。
テム状態の監視、リモート制御、脆弱性検出およびパッチ管理と
管理ツールはモジュラー式で追加できるため、目的に応じた一
いった広範な機能を提供します。
貫した管理環境を容易に構築可能です。万が一、システムに障
害が発生した場合には、
「HP通報サービス」
と連携して、直ちに
HP Insight Control スイートに含まれる主な管理ソフトウェア
障害情報を日本HPへ通報。迅速な復旧をサポートします。操
• HP Integrated Lights-Out 2(iLO 2)
作ミスを減らし、ダウンタイムを縮小するだけでなく、管理者の
HPが独自に開発した遠隔管理機能iLOテクノロジーにより、サー
トレーニングコストや時間・人的コストなどの大幅な削減を、HP
バー管理者はいつでも、どこからでもサーバーを自在に監視、
SIMが実現します。
制御、操作することが可能になります。
HP Systems Insight Managerのデバイス監視画面
iLO 2でサーバーの遠隔操作が可能に
Web GUIによるリモート管理
遠隔地に設置したサーバー
ネットワーク経由で
サーバーブートが可能
WAN
• HP Insight Power Manager(IPM)
IPMは、統合的な電源監視および管理のためのソフトウェアで、
サーバーの電力消費と熱出力をエンクロージャーレベル、さら
iLO2の主な機能
• ハードウェアベースのリモートコンソー
にはデータセンターレベルで集中管理することを可能にします。
仮想テキストリモートコンソール
HP通報サービス
データ暗号化に対応
SSL暗号化通信(https)
中央管理サーバー(CMS)
SIM
IRS
SSL
外向き片方向
問題解決!
IMA
IMA
サーバー
サーバー
インターネット
• 仮想メディアによるCDやDVDの機能を
サーバーのパフォーマンスを維持しながら、きめ細かな電源管理
を実現できるため、電力コストの削減に大きく貢献します。
• HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア
解析・アクションプラン作成
for HP ProLiant 3.7
HP Insight Virtual Machine Manager ソ フト ウ ェ ア for HP
エンジニア派遣指示
HP
サポートセンター
ProLiant 3.7は、仮想化環境において、物理サーバーと仮想サー
バーとを一括して管理できるツールです。複雑になりがちな物
理サーバーと仮想サーバーの関係やその稼動状況を容易に把
握でき、設定の変更も容易です。
12
HPのサーバー管理ソフトウェアロードマップ
リソース配置・システム統合管理
仮想化環境管理
OS配布・電源管理
遠隔操作・障害管理
• 遠隔操作
(iLO)
• OS配布(RDP)
• 障害検知
(SIM)
• 電源管理(IPM)
サーバー管理
ICE(iLO+SIM+保守)
VCEM
• 統合リソース管理
(ID-VSE)
• 仮想化環境管理
(VMM)
• プロビジョニング自動化(HP IO)
• 統合環境の災害対策
(HP IR)
システム管理
ICE(RDP+IPM)
複数エンクロージャーのネットワーク管理を実現
HP Virtual Connect Enterprise Manager(VCEM)
データセンター管理
ICE(VMM)
ID-VSE
ID-VSE(IO、IR)
仮想化技術を前提にしたインフラ管理に効果的
HP Insight Dynamics-VSE(HP ID-VSE)
VCEMは、HPバーチャルコネクトを使用したLANおよびSAN接
HP ID-VSEは、物理および仮想リソース、HP ProLiantサーバーお
続環境において、HP BladeSystemのネットワークの管理を簡素
よびHP Integrityサーバーを透過的に分析し最適化できる、デー
化するための管理ソフトウェアで、HP SIMに統合可能なプラグ
タセンターに最適なITインフラ統合管理ツールです。HP ID-VSE
インです。複数台のエンクロージャーがある環境でHP バーチャ は、HP BladeSystemで提供されているHPバーチャルコネクト、
ルコネクトの設定・管理を行う際、このVCEMを使用することによ
HP-UXで 提 供 さ れ て い るHP Virtual Server Environment、HP
り、1つのコンソールからすべてのエンクロージャーに対して設
ProLiantサーバーで提供されているHP Insightソフトウェアといっ
定・管理を行うことが可能になります。対応する管理対象は、最
た、HPの定評あるテクノロジーをベースに、仮想/物理リソー
大200のVCドメイン(最大800台のHP BladeSystemエンクロー
スの一元的な管理、サーバーリソースのインテリジェントなキャ
ジャー、12,800台のサーバー)。データセンターやエンタープ
パシティプランニングなどの機能を提供。ITインフラ全体の適応
ライズ規模のシステムをHP BladeSystemで構築しているような
性を大幅に向上させると同時に、日常的な管理業務の簡素化も
ケースで、ネットワークの管理性を大幅に向上させ、管理コスト
実現します。
の削減にも寄与します。
ITインフラ全体の統合管理を支えるHP ID-VSE
また、SANブートN+1コールドスタンバイ構成では、本番サー
バーに発生した障害をHP SIMと連携して検知し、スペアサー
バーへの切りかえ、ブートの自動化を実現します。
機能拡張の活用でHP ID-VSEによる管理がさらに充実
短時間での容易なサービス設計を支援
物理および仮想環境を1クリックで移動
HP ID-VSEの機能拡張として提供されるHP IOは、セルフサービス方
HP IRは、HP ID-VSEの機能拡張の1つで、物理サーバー環境および仮
HP Insight Orchestration(HP IO)
HP Insight Recoveryソフトウェア(HP IR)
式のポータルを利用して、共有リソースのプールから必要なリソース
想サーバー環境の自動ディザスタリカバリ機能を提供します。ボタン
を調達し、提供したいサービスのためのプロビジョニングを自動化し
を1クリックするだけで自動的にフェイルオーバーが実行され、リカバ
ます。プロビジョニングできるリソースは、単一の仮想マシンから物理
リまでの時間も分単位に短縮します。
および仮想サーバー、さらにはストレージ、ネットワークまでをカバー。
GUIによる容易な操作でサービスに必要なインフラを短時間で設計・
プロビジョニングできるため、生産性の向上、開発期間の短縮、効率
的なリソース利用、管理負担の軽減といったメリットが得られます。
13
地球環境にも、電力コストにもやさしいサーバー
それがHP BladeSystem c-Classです。
サーバーの保有台数が増えれば増えるほど、
システム全体で費やされる電力コストは見過ごせない重要な課題となります。
サーバーを2年間稼動させるための電力コストは、サーバー本体の購入価格を超えてしまうという試算もあるほどです。
これにサーバーからの排熱を冷却する空調の電力コストも考え合わせるなら、
消費電力の低いサーバーへと置き換えることがいかに効果を発揮するか理解いただけるでしょう。
データからも低消費電力が証明されているHP BladeSystem c-Classは、その第1の選択肢となるはずです。
4年前のサーバーと比べれば、
最新のラックマウント型と比べても、
消費電力は65%減
最大20%の低消費電力
8,000
7,000
7,000
6,000
65%
DL360 G4p
5,000
削減
(W)
4,000
3,000
DL160
4,000
(W)
3,000
BL280c
2,000
2,000
BL460c G6
1,000
0
5,000
電力
電力
6,000
20%削減
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12 13 14 15 16
1,000
0
DL360 G4p:インテル® Xeon® 3.80GHz×2(計2コア)、12GBメモリ、146GB HDD×2
BL460c G6:インテル® Xeon® L5506×1(4コア)、12GBメモリ、146GB HDD×2
上記構成にて、電力計算ツールを用いて200V接続時の値を算出
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12 13 14 15 16
台数
台数
DL160ラックサーバー、BL280c共に:インテル® Xeon® X5570(2,93GHz)×2、96GBメモリ、250GB SATA×2
上記構成にて、電力計算ツールを用いて200V接続時の値を算出
※Blade
(BL280c)
にはL2スイッチ×2込み
4000
3000
2000
1000
Technology for better business outcomes.
安全に関するご注意
0
ご使用の際は、商品に添付の取扱説明書をよくお読みの上、
正しくお使いください。水、湿気、
油煙等の多い場所に設置しないでください。火災、故障、感電などの原因となることがあります。
お問い合わせはカスタマー・インフォメーションセンターへ
03-6416-6520
月∼金 9:00∼19:00
(土、
日、祝祭日、年末年始および5/1を除く)
HP BladeSystem製品に関する情報は www.hp.com/jp/bladesystem
HP Integrityサーバー製品に関する情報は www.hp.com/jp/integrity
HP Integrity NonStop NB50000cに関する情報は www.hp.com/jp/nonstopblade
ヒューレット・パッカード社の商標です。
ProLiantは、
インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Centrino、Centrino Inside、Centrino ロゴ、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、
Intel、
Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Viiv Inside、
アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
vPro Inside、Xeon、Xeon Insideは、
AMD、AMD Arrowロゴ、AMD Opteronならびにその組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の登録商標です。
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
記載事項は2009年7月現在のものです。
本カタログに記載された内容は、予告なく変更されることがあります。
© Copyright 2007, 2008, 2009 Hewlett-Packard Development Company,L.P.
本カタログは、環境に配慮した用紙と
植物性大豆油インキを使用しています。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
〒102-0076 東京都千代田区五番町7番地
JPB09167-02
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement