Ving V860N[取扱説明書(日本語版)](Nikon)

Ving V860N[取扱説明書(日本語版)](Nikon)
TTL Li-ion Camera Flash
取扱説明書
はじめに
このたびは Ving V860N をお買い上げいただき、
ありがとうございます。
ご使用の前には必ず取扱説明書をよくお読みいただき安全に正しくお使い
ください。
また取扱説明書は必ず大切に保管しておいてください。
V860Nはクリップオンストロボで初めて専用リチウムバッテリーを採用し
ました。
従来のアルカリ電池と外付け電池を省略しました。
安全にお使い頂くために
1.
2.
3.
4.
大きなメリットはリサイクルタイムが速くなり使用時間が長く携帯がしやす
5.
Ving V860NはニコンDSLRカメラに対応します。
6.
くなりました。
さらにNikon i-TTLを使用することが可能です。
「内蔵ストロボ撮影と同じような感覚」
で気軽にストロボによる自動調光
水に濡れる場所や湿度の高い場所での使用はしないでください。
本製品は内部が高圧部品の為、分解や改造はしないでください。
修理の場合は修理専門店まはた販売店にご相談ください。
使用中に落としたり異常を感じた場合は使用を中止してください。
直接目に発光しないでください。
人物撮影の場合は被写体より1m以上離れて撮影してください。
撮影時、
引火性・可燃性(ガソリンなど)
の近くで使用しないでください。
火災の原因となります。
高温(約50℃以上)
の場所に置かないでください。製品内部の電気部品
の破損の原因となります。
撮影を行うことができます。
商品の特徴は以下の通りです。
GN58 ISO100 22段階調光(1/1 - 1/128)
Nikon i-TTLと共用でニコンカメラと組み合わせすることで多灯ライティ
ング撮影ができます。
大容量TTLリチウム電池 / i-TTL自動フラッシュ / ワイヤレスコントロール
フル発光1.5秒チャージ / フル発光1650回 / 1/8000の高速シンクロ
TS-978-M V860専用ワイヤレス送受信機セット
(別売)
を使用すること
で多灯のワイヤレス調光ができます。
マニュアル発光・FPモード・ハイスピードシンクロ・後幕シンクロ・発光補
正などi-TTLの機能があります。
FP発光は毎回の発光と同じく色温度・光量がほぼ一致し光の分布が均一
です。
01
02
目次
03
01
はじめに
02
安全にお使い頂くために
05
各部の名称
08
バッテリー
09
カメラへの取付け
09
パワーマネージメント
09
フラッシュモード i-TTL
12
マニュアル発光モード
12
マルチ発光機能
14
ワイヤレスフラッシュ
19
アプリケーション応用
22
C.Fn カスタム機能設定
23
保護機能
24
製品仕様
25
使用可能なカメラ
04
液晶パネル部
各部の名称
本体
01 キャッチライトパネル
08 ホットシュー
03 発光部
10 固定リング
02 内蔵ワイドパネル
04 受光センサー
05 フォーカス補助光
06 ワイヤレスコントローポート
07 シンクロジャック
09 液晶パネル
11 リチウムイオン電池挿入部
01 i-TTL 自動調光
11 外部同調モード・S1 / S2
13 スレーブインディケーター
03 ズーム焦点距離表示
13 チャンネル表示
12 USBポート
02 マニュアルズーム表示
04 フラッシュ光量補正表示
05 マニュアルフラッシュ出力レベル
ストロボ調光補正量
06 マニュアル発光レベル表示
07 マルチ発光回数 / 周波数
12 マスター表示
14 スレーブモード表示
15 スレーブID
(A:B:C)
16 電池残量表示
17 最大出力表示
18 過熱表示
08 HSS
(高速閃光モード FPモード)
表示 19 ワイヤレス
(電波)
信号表示
09 後幕シンクロ表示
10 ワイヤレスフラッシュモード表示
マスター ON
マスター OFF
マスター・スレーブ
スレーブモード
コントロールパネル部
14 モード選択ボタン
18 セレクトダイヤル
16 ワイヤレス設定ボタン
20 ワパースイッチ
15 ズーム
17 液晶パネル照明 /
カスタム機能設定ボタン
05
19 セットボタン
21 テスト発光 / レディランプ
06
梱包内容
バッテリー
01 フラッシュ本体
02 Li-ionバッテリー
03 バッテリーチャージャー
特徴
04 バッテリーチャージャーケーブル
1.
06 保護ケース
2.
05 ミニスタンド
07 取扱説明書
3.
V860は高性能・高耐久Li-ion(リチウムイオン)
バッテリーを採用してお
ります。
バッテリーの寿命は約500回です。
本バッテリーは、耐過充電、耐過放電、耐過電流、耐内部回路ショートの
高信頼設計となっておりますので、安心してご使用いただけます。
フル充電時間は標準バッテリーチャージャーで2.5時間です。
注意事項
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
端子をショートさせないでください。
バッテリーは防滴・防水ではありませんので、水滴がかかる場所に置い
たり水中には入れないでください。
お子様の手が届く場所に放置しないでください。
24時間を超える充電をしないでください。
湿気のない、
空気の流通がある場所で保管ください。
火気のある場所に置いたり、
火中に入れないでください。
使用できなくなったバッテリーを破棄する場合は、
お住まいの市区町村
のルールに従って処分してください。
8. 3ヶ月以上ご使用にならない場合は、
一度フル充電してからご使用ください。
バッテリーの着脱
バッテリー部カバーを図のよう
に押し下げてから開けてくださ
い。
別売アクセサリー
下記のアクセサリーが用意されております。
TS-970-CL VV-18 シガーソケット 01
バッテリー端子面の裏側にある
TS-991-CL クリップオンストロボ用ライティングセット
て挿入します。
カチッと音のする
三角マークを液晶パネル側にし
TS-978-M V860専用ワイヤレス送受信機セット 02
まで押し込みます。
白いストッパ
セット内容
ーノブがロックします。
03 ミニソフトボックス 04 ホワイト / シルバーリフレクター
05 ハニカムグリッド
抜き出す場合は、
白いノブを押す
06 カラーフィルター
とバッテリーはポップアップしま
07 スヌート
す。
バッテリー残量表示
バッテリー残量表示
液晶パネルのバッテリー残量レベル表示
フル
中
低
点滅
07
バッテリー残量は空です。速やかに充電してください。
08
カメラへの取付け
FEC : ストロボ調光補正
調光範囲は­3EV∼+3EVです。
セットボタンを押してセレクトダイヤルを回
カメラへの取付け
すことで調光補正ができます。設定後セットボタンを押すことで確定されま
ます。
が点灯しますがV860液晶パネルには、補正量は表示されません。
カメラのホットシューに差し込み
す。
なお、
カメラ側からの補正を加えても同期しますが、
その場合は補正表示
セットボタンを押すと 表示
が出ます。
カメラへの固定
固定リングを回してロックします。
調光補正量の設定
ダイヤルを回すことで調光補
正量が設定されます。
カメラの取り外し
調光補正を取り消したい場
取り外すときは、固定リングを緩
合は0に設定します。
めてから引き抜きます。
セットボタンを押すと調光補正
が確定し設定されます。
パワーマネージメント
カメラに取り付けられた場合、90秒以上シャッターボタンが半押しされない
とスリープ状態に入ります。
スレーブモードの場合は60分です。
この設定は
C.Fn(カスタム設定)
で変更可能です。
オートパワーオフ設定 C.Fn-00 P22参照
スレーブモードのオートパワーオフ設定
スレーブモードのオートパワーオフ設定 C.Fn-02 P22参照
初期設定60分、30分に変更可能
フラッシュモード i-TTL
FVロック フラッシュバリューロック
FVロックシーンのどの部分でも設定が正しいフラッシュ露出を固定すること
ができます。LCDパネル上のi-TTLディスプレイを表示し、
カメラのFVボタン
を押してください。
ピントを合わせます。
FVボタンを押します。
V860はi-TTL、
マニュアル(M)、
マルチ
(ストロボ・スコーピック)
の3つの発
ファインダーの中央に被写体を
ております。
なお、下記に説明しているいくつかの機能の設定はカメラの液晶
カメラのフラッシュはプリ発光を
光など)。
力はメモリに保存されてます。
光モードを持っております。i-TTLモードはカメラの自動調光に完全に対応し
メニュー画面から行います
(FEC、FEL、HSS、後幕シンクロ、モデリング発
(モードのボタンを押すと3つの発光モードが液晶に表示されます。)
i-TTLモード
モードボタンを押すとフラッシュはi-TTL機能になります。
カメラを半押しで自動合わせ ピントと絞りの値が液晶に表示されます。
プリ発光により撮影条件の情報をカメラに伝えます。
合わせます。
発射し、被写体に必要な発光出
FVボタンを押すたびに、
プリ発
光が解除され新しい調光設定が
ロックされます。
FVロックアイコン がカメラ
のビューファインダーに表示さ
れます。
このマーク が出たときはi-TTLの最大光量です。
この状態で露出不足の場合はカメラのシャッター ISOで設定してください。
09
10
被写体が遠すぎて露出不足の場合はアイコンがファインダー内に点
滅します。近い被写体まで移動し、再びFVロックをしてみてください。
i-TTLの文字がLCDパネルに表示されていない場合、FVロックが設
定することができない。
被写体が小さすぎると、FVロックは効果的でないかもしれない。
FVボタンは、
カメラの上にあります。FVボタンの位置はカメラモデル
後幕シンクロ
V860のシンクロモード設定ボタンによって後幕シンクロに切り替えられま
す。
カメラの外部ストロボ機能設定からも設定が可能です。
カメラの取扱説
明書を参照してください。
フラッシュディスプレイパネル
によって異なる場合があります。
カメラ機種の取扱説明書をご参照く
は第二幕が表示されリアモ
ださい。
ードにカメラを設定し、
シャッ
ターボタンを半押しします。
カメラはリアモードに設定さ
れていない場合には、シャッ
ハイスピードシンクロ
ターボタンを半押しすると、
フ
ラッシュの表示パネルに ハイスピードシンクロボタンを押します。i-TTLおよびマニュアルモード時に
が点灯しません。
高速シャッター速度に同調可能となります。
いわゆるFP発光となります。
※カメラ側のストロボ同調速度設定で、高速シンクロが可能になるように設
定されていないと、
カメラのシャッター速度がある速度以上にセットできな
い場合がありますので、
カメラの取扱説明書を参照ください。
ニコンのカメラメニューで
1/320
(オートFP)、
1/250S
(オートFP)
フラッシュ同調速
M : マニュアル発光モード
V860はフル光量から1/128光量まで1/3EVステップで選択できます。
マニ
ュアルモードで適正露出を得るには、
フラッシュメータなどを用いて発光量
を決定してください。
度を設定します。
モードボタンを押して、液晶ディ
シャッターボタンを半押しし
スプレイにMを表示させること
ます。
でマニュアルモードに入ります。
このマークを選択します。
カメラコマンドダイヤルを回すと1/250Sまたはより高速なシャッタースピ
ードを設定することができます。
FP発光機能が正常に動作するかどうかを確認するには、
ファインダー内
セレクトダイヤルを回して希望す
のシャッタースピードを見てください。
それが1/250またはより高速の速
る光量を設定します。
度が表示されている場合、
FP発光機能が動作します。
1/320(オートFP)
または1/250S(オートFP)
でカメラのシャッター
スピードを設定した場合、 に関係なく、
実用的なシャッタースピー
ドのフラッシュ画面が表示されます。
ハイスピードシンクロはシャッタースピードが速い場合、発光範囲が
狭くなります。
ノーマルフラッシュに戻るにはシャッターを半押ししたとき、 が消
えます。
そしてオートFP以外の他の同調速度を設定します。
マルチフラッシュモードはハイスピードシンクロモードに設定すること
ができません。
高速連続15回発光すると過熱防止の為発光機能が停止します。
マルチ発光機能
モードボタンを押して Multi を
表示させます。
セレクトダイヤルを回して発光量
を選択します。
発光周波数と発光回数の
設定方法
ボタンを1回押すと点滅
周波数の設定になります。
もう一度 を押すと発光回
数の設定になります。
最後に を押すと設定さ
れます。
11
12
マルチ発光を用いた撮影は、発光している間シャッターを開いておく必要が
あります。
マルチ発光設定とシャッター速度の関係は下記の式で求めてくだ
さい。
総発光回数 周波数=シャッター速度
例) 5(回) 5(Hz)
=1秒
注意:
マルチ発光は、内部回路や発光量への負荷がかかります。
オーバーヒー
トによるダメージを避けるために、10回以上の連続発光は避けてくださ
い。10回以上の連続発光を行った場合は、
できるだけ15分以上の休止
を行ってください。
また10回以上の連続発光後、
オーバーヒートによる
自動停止モードに入った場合も、同様に15分以上の休止を行ってくだ
さい。休止中は単発発光もしないでください。
ストロボスコピック効果を得るには、三脚を用いてバルブにセットし、
室内灯は消して
(あるいは露光に影響ない程度の明るさに)、黒バッ
クで撮影することをおすすめします。
また被写体の動く速度に応じた
設定を行う必要がありますので、
テストの上効果的な設定数値を決
定してください。
ワイヤレスフラッシュ
この製品はニコンクリエイティブライティングシステム
(CLS)に対応してい
ます。
これは光ファイバーワイヤレスマスターまたはスレーブフラッシュのい
ずれかとして機能することができます。
マスターユニットとしては、無線経由でニコンスピードライトEGSB-900と
SB-910を制御することができます。
スレーブユニットとしては、
ニコンスピードライトの無線信号EGSB-900とニ
コンのカメラEG
D7100/D7000/D800のポップフラッシュによって制
御することができる。
i-TTL自動調光撮影に3つのスレーブグループを設定することができます。
調光補正、高速シンクロ、
ストロボブラケッティング、
マニュアル操作、
マル
チ発光など、
すべてのストロボ設定をマスター側でセットすると、
自動的に
スレーブ側のストロボに送信されます。
図 マスターストロボから左右80 の範囲で10m(屋外)
または15m(室内)
以内がワイヤレス有効距離です。
カメラの取扱説明書も参照してください。
15m
(49.2ft)
三脚とレリーズの使用をおすすめします。
マルチ発光モードでは、
フル発光と1/2発光は選択できません。
以下の数値は最大マルチ発光の回数となります。
10m
(32.8ft)
最大連続発光周波数表
8m(26.2ft)
12m
(39.4ft)
カメラのプリ発光に応じたスレーブ発光ができます。
1. ワイヤレス設定
マニュアル発光かワイヤレス発光かの選択をすることができます。
マニュアル
発光を選択した場合は、
ワイヤレス発光をOFFにします。
マスターユニット設定
を2秒以上押します。
ワイヤレスモードアイコン
の ドットが点滅しま
す。
セレクトダイヤルを回して
表示を点滅させ
セットボタンを押します。
と が表示
されればマスターモード
に設定されました。
13
14
スレーブストロボ設定
S1とS2の同調発光はあくまでもマニュアル発光となります。
を2秒以上押します。
ワイヤレスモードアイコン
の ドットが点滅しま
す。
2. マスターユニットの設定
マニュアルモードとマルチモードでは、
スレーブユニットごとに異なる設定を
行えます。
またマスター機のデータを子機に送ることも可能です。
セレクトダイヤルを回して
マスターストロボをカメラ
セットボタンを押します。
チャンネルを設定します。
表示を点滅させ
のホットシューに取付け、
と が表示
されればスレーブモードに
設定されております。
他のストロボをスレーブモ
ードに設定します。
S1リモート設定(光通信ワイヤレスモード1)
マニュアル発光モード時、S1表示がある場合は、他のストロボ発光を受けて
マスター、スレーブのチャ
同調発光が行われます。S1モードは単発のフラッシュ光に対応しておりま
ンネル設定が同じかを確
す。他のストロボがマニュアル発光モードの場合や、
スタジオ用ストロボの光
認します。
を併用する場合に使用するモードとなります。
カメラとストロボの位置を
を長押しして、
ワイヤ
チェックします。マスター
レスアイコンを点滅させま
の光がスレーブに確実に
す。
届くように向きなどを確認
します。
セレクトダイヤルを回して
S1表示が点滅したらセッ
トボタンを押して確定させ
ます。
マスターの閃光モードを設定します。
モードボタンを押して OFF/i-TTL/M/Multi で切り替えること
ができます。
マスターのi-TTLモードを
選択します。
パネルにi-TTLが表示され
マークが表示されま
S2リモート設定(光通信ワイヤレスモード2)
マニュアル発光モード時、S2表示がある場合は、
プリ発光ストロボに対応し
た同調発光が行われます。i-TTLモードのプリ発光には同調しないで、本発
光にのみシンクロするモードです。
ただし、本機の発光はマニュアル発光なの
で、十分テストの上ご使用ください。
す。
セットボタンを押すと マークが出ていると
き、
調光補正ができます。
マスターのMモードを選択
します。
パネルにMが表示され を長押しして、
ワイヤ
レスアイコンを点滅させま
す。
マー クが 出たら、マ
ニュアル発光値を調整する
ことができます。
セレクトダイヤルを回して
S2表示が点滅したらセッ
トボタンを押して確定させ
ます。
15
OFFモードはマスターストロボの発光はしませんが、
スレーブの信号を
送信するためにプリ発光します。
そのとき とOFFが表示されます。
16
通常のストロボ撮影と同じようにカメラを設定します。
マスターストロボのOFF/i-TTL/Mモードとスレーブストロボの設
定(光量の調整)
を行います。
3. マスターを使わないとき
マスターストロボの発光が無効になっているときは、
スレーブストロボはフラ
ッシュを発光します。
マークを押して
i-TTL/Mモードでモード
A,B,Cグループの設定をし
ボタンを押すと が表
ます。
示されマスター発光をし
ません。
モ ードボ タンを 押 すと、
OFF/i-TTL/Mの切り
Multiのときに を押す
替えができます。
フラッシュ
と が点滅されます。
OFFモードでは、スレーブ
すとマスターは発光されま
ボードを選択します。
ダイヤルを回してセットを押
グループでの発光はしませ
せん。
ん。
i-TTLとMモードでは、
マークが出ているときにス
レーブグループが有効にな
ります。
プリ発光、赤外線信号の送信はします。
スレーブグループがi-TTLモード
に設定されている場合、 に下線が表示されます。
マルチモードでマスターストロボとスレーブストロボの設定(光量の調
整)
を行います。
マークを押して
4. 通信チャンネルの設定
A,B,Cグループの設定をし
を2回押すと ます。
表示が点滅します。
モードボタンを押すと、ON
/OFFをすることができま
セレクトダイヤルを回して、
す。
CHをセットします。
ONのときには発光モード
で が表示されます。
マスターとスレーブと
ん。そのときには マー
に合わせてください。
も同じCH(チャンネル)
OFFの場合は発光しませ
クが表示されます。
スレーブストロボの受光センサーがマスターのフラッシュ光を確実
に受けられる、距離と角度にご注意ください。
スレーブユニットの受光センサーが何かに遮られていないか確認し
てください。
撮影する前にテスト発光を行い、
きちんとスレーブ発光が行われるか
確認してください。
スレーブグループは、i-TTL/M/Multiに設定されている場合、 に下線が表示されます。OFFの場合は が表示され
ません。
5. 各組の設定
マスター機は以下の通り。
を押すと、A,B,Cの選
択ができます。
選択をした後、セットボタ
ンを押すと確定します。
チャンネルを設定した後、 を押すとグループIDが点滅します。
その後、
チャンネルとグループIDを同時に設定することができます。
17
18
出力グループ
出力グループ
複数灯のスレーブを用いる場合、
同じCHとID(AやBなど)
を1グル
ープとしてコントロールすることが
バウンスフラッシュ
ストロボ発光部は左右360 、上下は­7 ∼90 の首振りができます。
バウンスさせることで被写体の後ろの影を消すことができます。
できます。
アプリケーション応用
シンクロコード
本機は2.5mmφのシンクロコードジャックを持っておりますので、専用のシ
ンクロコードを用いてカメラフラッシュとしてシャッターに同調させることが
できます。
モデリング発光
カメラに被写界深度プレビューボタンを装備している機種では、
プレビュー
ボタンを押すことで、1秒間のモデリング点灯を行うことができます。
ライティ
ングの確認にご使用ください。
なお、
ワイヤレス使用時はスレーブモードでは
なくマニュアルのS1、S2モード時のみ使用可能となります。
注意:
オーバーヒートを避けるために、10回以上のモデリング発光は避け
てください。
もし10回のモデリング発光を行った場合、10分間の休
止をしてください。
注意:
天井が非常に高い場所では十分な反射光が得られない場合もござ
います。
壁や天井にバウンスする場合、
その表面の色によって正確なホワイト
オートフォーカスアシストビーム
カメラをAFにすると
(C Fn-01)
自動補助になります。
カメラをAFモードにしてください。
赤外線信号で点灯しないときは、
ピントが合っています。
位置
AF補助光有効距離
センター
0.6∼10m / 2.0∼32.8 feet
周辺
0.6∼5m / 2.0∼16.4 feet
バランスがとれない場合もございますので、
テストの上ご使用ください。
キャッチライトパネル
キャッチライトパネルを用いることで、
目にキャッチライトを入れることがで
きますので、表情に輝きをもたらす効果が得られます。
発光部を上90 にセットします。
ワイドパネルを引き上げますと、
キャッチライトパネルも一緒に
出てきます。
ワイドパネルだけを押し下げま
す。
キャッチライトパネルが使用
できます。
注意:
キャッチライトをうまく入れるには、
ストロボヘッドをまっすぐ上90
にセットしてください。
このときヘッドが左右に振られているとうまく
入らない場合があります。
また適切なキャッチライトが入る距離は被写体から1.5m程度の距
離でお使いください。
19
20
照射角ズームについて
C.Fn カスタム機能設定
フラッシュカバー範囲は、
自動あるいはマニュアルズームが選べます。対応
照射画角は24mm∼105mm相当です。
内蔵のワイドパネルを用いますと14mm超広角レンズ相当となります。
カスタム機能リスト
設定できるものは下記の通りです。
※ がフラッシュはOK。 が不可。
マニュアルズームのセットは、 を押して、
セレクトダイヤルでレンズ焦点
距離を選択します。Mズームの表示が出ていないときはレンズのズーミン
グに自動対応します。
カスタム番号
設置機能
オートパワーオフ
注意:
ワイドパネルを用いたときは、 ボタンは機能いたしません。
アシスト
発光距離が調整できます。
表示が出ていないときはレン
ズへのスーミングに自動的に対応
します。
設置機能の説明
※
オン
オフ
オートフォーカス
を押し、
ダイヤルを回すことで
No.
スレーブオート
パワーオフ時間
スレーブオート
パワーオフ取消
自動テスト発光
オン
オフ
60分
30分
8時間
1時間
1/32
フル発光
注意:
ワイドパネルを使用することで被写体の後の影が出にくくなります。
(液晶パネル照明 /
ワイドパネル
カスタム機能設定ボタン)
ボタンを2秒以上、
表示が出るまで押す。
ダイヤルを回してカスタム
番号を選択する。
設定の変更
セットボタンを押すと
液晶メニューが点滅し
ます。
ダイヤルを回して選択
し、
セットで設定します。
モードボタンを押しカメ
ラの撮影ができます。
21
22
保護機能
製品仕様
1. 過熱防止機能について
本機はオーバーヒートによる保護機能を持っております。下記の表を目安
に、連続発光によるダメージを避けるようにご注意ください。
V860N
ニコンDSLRカメラ i-TTL互換
ガイドナンバー
58(m ISO100)
フル1/1 ズーム105mm
連続発光回数制限
光量
型式
タイプ
回数
照射範囲
24mm∼105mm(ワイドパネル使用時14mm)
オートズーム
(レンズのズーム操作に対応)
マニュアルズーム
ヘッドのスイング/ティルト
水平方向0∼360 / 上下­7 ∼90
閃光時間
1/300∼1/20000秒
フラッシュ制御機能
i-TTLオート、
マニュアル発光
フラッシュ光量補正
マニュアル補正 FEB 3EV(1/3刻み)
FEC
光量補正とフラッシュブラケット併用可
FVロック
FVロックボタン
同調モード
FP発光モード
(1/8000秒まで同調)
先幕シンクロ / 後幕シンクロ
ハイスピードシンクロモード
光量
回数
マルチ発光
可(100回以内 100Hz)
ワイヤレス機能
マスター、スレーブ、オフ、S1/S2光トリガー
スレーブグループ
3(A, B, C)
ワイヤレス有効距離
室内 12∼15m / 屋外 8∼10m
マスターフラッシュ有効範囲
水平 40 / 垂直 30
ワイヤレスチャンネル
2. その他のエラーメッセージ
保護機能が働いた場合のメッセージです。
液晶表示
表示内容
内部回路のエラー。 発光できませんのでサポートセンター
までお問い合わせください。
内部温度上昇のエラーです。
10分以上の休止をしてください。
発光管の異常が生じております。 サポートセンターまでお
問い合わせください。
23
4グループ
(1, 2, 3, 4)
スレーブ機能表示
2つの赤色LED同時点滅
モデリングフラッシュ
カメラの被写界深度確認ボタンにて
AF補助光有効距離
センター:0.6∼10m 周辺0.6∼5m
電源
11.1V/2000mAh Li-ionポリマー電池
リサイクリングタイム
最大1.5秒 充電完了表示 赤色LED点灯
最大発光回数
約650回
スレーブ機能
約90秒間操作をしないと自動休止モードに
スレーブ待ち受け時間は最大60分
同調方式
ホットシュー、2.5mmφシンクロコード、
ワイヤレス同調
色温度
約5600K 200K
サイズ
(W H D)
64
重量
420g(電池無し) 540g(含電池)
76
190mm
24
使用可能なカメラ
ニコンDSLRカメラ
この表は、他のカメラモデルの互換性を維持するためにテストされたカメラ
モデルではなく、すべてのニコンデジタル一眼レフカメラが記載されていま
す。
お手持ちのカメラが対応しているかどうかは、各自でテストしてくださいま
すようお願い申し上げます。
25
26
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement