ZERO 100L

ZERO 100L

GPS 搭載 LED 表示レーダー探知機

ZERO 100L

取扱説明書/保証書

この度は本製品をお買い求めいただきまして誠にありがとうございます。本書には取付けおよび操

作手順が説明されております。正しくご使用いただくために本書をよくお読みのうえ、ご使用くだ

さい。なお読み終えた後、いつでも見られるよう大切に保管してください。

本書の見かた

⇒ PXX 参照先を記載しています。(XX はページ )

アドバイス 本製品に関する補足情報を説明しています。

長押し スイッチを 2 秒程度長めに押すことを示しています。

GPS を受信している場合に対応する内容を説明しています。

PWR GPS RADAR

LED の点滅を示しています。

PWR GPS RADAR

LED の点灯を示しています。

本製品は安全運転と法規走行を促進するためのものです。

スピードの出し過ぎには注意しましょう。

目次

目次 ……………………………… 2 OBD Ⅱアダプター

はじめに ………………………… 3

(オプション)を使用する ……… 56

OBD Ⅱアダプターを使用し、

安全上のご注意 …………………… 3

取付ける …………………………… 56

ご使用上の注意 …………………… 4

知っておきたいこと ……………… 5

付録 ……………………………… 58

取締りの種類と方法 ……………… 58

各部の名称 ……………………… 6

初期状態に戻す

梱包内容 …………………………… 6

(オールリセット) ………………… 62

レーダー本体 ……………………… 6

取付方法 ………………………… 9

ディスプレイモード

(販売店向け機能) ………………… 63

レーダー本体を取付ける ………… 9

故障かな ? と思ったら …………… 64

製品仕様 …………………………… 65

基本操作 ………………………… 12

電源を ON にする ………………… 12

さくいん ………………………… 66

電源を OFF にする ………………… 12 microSD/

SDHC カードの抜き差し ………… 13

音量を調整する …………………… 14

オートディマー機能 ……………… 14

保証規定 ………………………… 67

ZERO 100L 保証書 …………… 裏面

便利な機能 ……………………… 15

ユーザーポイントを登録する …… 15

警報をキャンセルする …………… 16

ASC 機能 …………………………… 20

LSC 機能 …………………………… 22

アナウンス機能 …………………… 23

アラーム音を変更する …………… 24

GPS データを更新する…………… 25

レーダー本体をアップデートする … 26

走行エリアを選ぶ ………………… 28

設定項目 ………………………… 29

GPS 設定…………………………… 29

警報時の動作 ……………………… 30

無線設定 …………………………… 47

2

はじめに

安全上のご注意

ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。

また、注意事項は誤った取扱いをした時に生じる危害や損害の程度を「警告」

と「注意」の 2 つに区分して説明しています。

警告

警告を無視した取扱いをすると、使用者が死亡や重傷を負う原因となります。

注意

注意を無視した取扱いをすると、使用者が障害や物的損害を被る可能性があります。

本書で使用している記号について

この記号は、してはいけない内容を示しています。

この記号は、しなければならない内容を示しています。

警告

運転者は走行中に本製品を絶対に操作しないでください。わき見や前方不注

意により交通事故の原因になります。運転者が操作する場合は、必ず安全な

場所に車を停車させてから行なってください。

本製品を水につけたり、水をかけたりしないでください。火災・感電・故障

の原因となります。

本製品を分解・改造しないでください。火災、感電、故障の原因となります。

本製品を医療機器の近くで使用しないでください。電波により医療機器に影

響を与える恐れがあります。

本製品が万一破損・故障した場合は、すぐに使用を中止して販売店へ点検・

修理を依頼してください。そのまま使用すると火災・感電・車の故障の原因

となります。

本製品は、運転や視界の妨げにならない場所に取付けてください。事故や怪

我の原因となります。

面ファスナーの剥がれなどがないか、定期的に点検を行なってください。運

転の妨げや事故の原因となることがあります。

注意

本製品は電子部品を使用した精密機器のため、衝撃を与えないでください。

故障の原因となります。 microSD カードを抜く時は、必ず本体電源が OFF になった事を確認してか

ら抜いてください。microSD カードへのアクセス中に抜き差しを行うと、デー

タ破損や本体故障の原因となりますのでご注意ください。 microSD カードは必ず指定の方向で差込んでください。故障や破損の原因と

なります。

3

はじめに

ご使用上の注意

などの消耗品は保証の対象となりません)

● 本製品の近くに他の GPS 機能を持つ製品を設置しないでください。誤作動を起こす

可能性があります。

● 衛星からの信号を受信できない下記のような場所では、本製品の GPS 機能が働かない

ため、GPS 機能による警報、表示、メモリー機能が正常に働きません。(トンネル・地

下道・建物の中・ビルなどに囲まれた場所・鉄道や道路の高架下・木々の多い森の中など)

● 車載テレビなどで UHF56 チャンネルを受信(設定)していると、GPS 衛星を受信

できないことがあります。そのような場合、車載テレビなどのチューナー部から離し、

GPS 受信に影響のない箇所へ本製品を取付けてください。

● 本製品の GPS 警報は、予め登録されたオービスや取締ポイントなどの GPS データ

(位置情報)とお客様が任意で登録した位置のみ有効です。

● G システムのみでは、自車位置を完全に検出することはできません。走行状況によって

は警報できない場合があります。

● 電源を分岐して使用している場合や車のバッテリーが劣化している場合など、電流が足

りず電源が不安定になり、本製品の電源が遮断されることがあります。

● 一部断熱ガラス(金属コーティング・金属粉入りなど)、一部熱吸収ガラス、一部のミラー

式フィルム装着車の場合、GPS・レーダー波などの電波が受信できない場合があります。

● 本製品の受信機能は、製品仕様欄に記載されている周波数帯のみ有効です。

● 一部ナビゲーションシステム、車載用 BS チューナー、CS チューナー、地上デジタル

チューナーや衛星放送受信機などの車載電子機器から本製品の受信できる周波数帯と

同じ電波が出ている場合、本製品が警報を行うことがあります。

● 取締機と同一周波数のマイクロ波を使用した機器(下記)周辺で、本製品がレーダー警

報を行うことがありますが誤作動ではありません。予めご了承ください。(自動ドア・防

犯センサー・車両通過計測器・気象用レーダーの一部・航空用レーダーの一部、車線変

更支援システムの一部)

● 本製品を使用中にデータが消失した場合でも、データなどの補償に関しては一切の責任

を負いかねます。

● 部品の交換修理、パーツ購入に関しましては、販売店にお問い合わせください。

● 本製品の故障による代替品の貸出は弊社では一切行なっておりません。

● 本製品は DC12V 車専用です。(DC24V 車へのお取付けはできません)

● 本製品の仕様および外観は改良のため、予告なく変更することがあります。ご了承ください。

● キーを抜いた状態、または車両電源が OFF 状態でシガープラグに通電している車両は、

バッテリー保護のためエンジン停止時は必ずシガープラグコードを抜くか、オプション

の ZR-02『OBD Ⅱ対応レーダー探知機用直接配線コード』でイグニッション電源に

直接接続してください。

※ 本製品を取付けての違法行為(スピード違反など)に関しては、製品動作有無に

かかわらず一切の責任を負いかねます。

4

はじめに

知っておきたいこと

● GPS とは

「Global Positioning System」アメリカ国防総省の衛星を利用し、地上での現

在位置を計測するシステムです。

● 準天頂衛星「みちびき」(QZSS)

本製品は、準天頂衛星「みちびき」に対応しています。「みちびき」からの信号を

受信することにより、GPS のみによる測位に比べ、山間部や都心部の高層ビル街

などでも、さらに正確な現在位置を計測できるようになりました。

● GPS レシーバーの警報システム

衛星からの電波を受信して現在位置・移動方向・移動速度を算出し、あらかじめ

登録してある各データ(座標データなど)と比較演算し、接近すると警報を行います。

● 衛星受信までの時間について

本製品は「最速 GPS 測位」機能により、起動後すばやく GPS 衛星を測位する事

ができます。ただし以下のような場合、「最速 GPS 測位」は機能しません。

・前回電源 OFF 後 72 時間以上経過した場合。

・ 前回電源 OFF 後、直線距離で 300km 以上離れた場所で電源を ON にした場合。

・ 前回電源 OFF した時と、次に電源 ON した時の GPS 衛星の状態が異なる場合。

● 衛星データ

本製品は、一旦 GPS 衛星を正常に受信した後、衛星の移動軌跡を計算し記憶します。

これは走行時にトンネルなどで衛星受信ができなくなった場合、再受信するまでの

処理を早めるためです。また、まれに GPS 受信が長時間に渡ってできない場合が

あります。

● GPS 衛星受信と車載電子機器

車載テレビなどで UHF56 チャンネルを受信(設定)している時やナビゲーション

本体や、地デジチューナーおよび

衛星放送受信機などの車載電子機器からの漏れ電波

により、GPS 衛星を受信できないことがあります。そのような場合、車載電子機器から

離し GPS 衛星の受信に影響のない箇所へ本製品を取付けてください。

● GPS の測定誤差について

本製品の GPS 機能は衛星の受信状態などにより、約 50m 程度の測定誤差が出る

場合があります。

● アイドリングストップ車への取付けについて

本製品は、供給電圧が 8 ∼ 16V の範囲内で動作するため、一部のアイドリングス

トップ車両のエンジン始動時など車両のバッテリー電圧が低下する場合でも、正常

動作する事ができます。

5

各部の名称

梱包内容

以下の物が揃っているか確認してください。

ZERO100L 本体 取扱説明書(1冊)

レーダー探知機

GPS搭載LED表示

ZERO 100L

USB シガープラグコード(1 個)

(約 4m/1A ヒューズ内蔵 /8pin)

面ファスナー(1 セット)

アドバイス

本 製 品 に microSD/SDHC カ ー ド は 付 属 し て い ま せ ん。

GPS データ更新を行う際は、16GB 以下の microSD カード、

または microSDHC カードをご用意ください。

[16GB以下]

※ 取扱説明書のイラストと実際の製品では一部形状が異なる場合があります。

レーダー本体

GPSアンテナ

(⇒P9)

VOL−スイッチ

MUTEスイッチ

LED表示部 VOL+スイッチ

電源ランプ

GPS 警報

ランプ

レーダー警報

ランプ

無線警報ランプ

PWR GPS RADAR RCV ZERO 100L

電源ジャック

(⇒P11) microSD/

SDHCカードスロット

(⇒P13)

6

各部の名称

本体スイッチ操作一覧

項目 状態

音量を上げる

下げる

ロードセレクト機能

テスト機能

終了

全状態

全状態

待機中

待機中

待機中

ミュート機能 警報中

解除 ミュート中

ユーザーポイントの登録 待機中

解除

誤警報地点の登録

解除

オービスポイントのキャンセル登録

解除

ユーザー

ポイント警報中

レーダー

警報中

キャンセル

ミュート中

オービス

警報中

キャンセル

ミュート中

スイッチ操作

VOL ースイッチ MUTE スイッチ VOL +スイッチ

― ― 短押し

短押し

短押し

長押し ―

音量調整以外の全操作

長押し

長押し

長押し

長押し

短押し

備考

同時に長押し

パスメモリの登録 無線受信中

GPS 設定モードに入る 待機中

GPS 設定の内容を変更する 設定モード中

無線設定モードに入る 待機中

無線設定の内容を変更する 設定モード中

アラーム設定

LSC 設定

待機中

待機中

ASC 設定

ディスプレイモードの設定

解除

オールリセット

データ更新モードに入る

データ更新実行

待機中

起動時

ディスプレイ

モード中

起動時

待機中

データ更新

モード中

長押し

短押し

短押し

長押し

短押し

短押し

短押し

短押し

長押し

短押し

短押し

短押し

解除はオールリセット

を行う

同時に短押し

同時に短押し

同時に短押し

押しながら電源を入れる

押しながら電源を入れる

押しながら電源を入れる

各部の名称

LED 表示内容

電源ランプ

GPS 警報

ランプ

レーダー警報

ランプ

無線警報ランプ

PWR GPS RADAR RCV ZERO 100L

●待機時

電源ランプ

GPS 警報ランプ

レーダー警報ランプ

無線警報ランプ

各種設定変更時

(ボリューム変更時は青点灯)

GPS 衛星 未受信

受信

ロードセレクト オールモード

シティーモード

ハイウェイモード

オートモード

青点滅

青点滅

青点灯

橙点灯

緑点灯

赤点灯

3 色が順に点灯

消灯(設定変更時は各設定内容により、点灯・点滅)

●警報時

電源ランプ

GPS 警報ランプ

警報ミュート時またはキャンセル時は青点滅

GPS 警報時のみ

レーダー警報ランプ レーダー警報時のみ

点滅(距離や警報の種類により色は異なる)

赤点滅

無線警報ランプ 無線警報時のみ 点滅(警報の種類により色は異なる)

8

取付方法

レーダー本体を取付ける

車両の機能(エアバッグや運転支援システムなど)に影響のない場所に

取付けてください。

GPS アンテナ上方向、前方向に遮蔽物があると衛星からの電波が受信

できなくなります。取付位置には十分注意してください。

障害物がないので電波の受信ができる 車両ルーフによって電波が受信できない

車両ルーフ 車両ルーフ

フロントガラス

フロントガラス

GPSアンテナ

GPSアンテナ

ダッシュボード ダッシュボード

警告

エアバッグの飛び出し場所など、運転や視界の妨げにならない場所に取付けてください。

誤った場所への取付けは、事故の原因となります。

注意

一部の運転支援システム装着車の場合、取付け位置によっては制御に影響を及ぼす

恐れがあります。取付けの前に車両の取扱説明書をご確認ください。

9

取付方法

1.

レーダー本体裏面とダッシュボードに面ファスナーを貼付けます。

面ファスナー

アドバイス

・ 濡れたタオルなどでダッシュボード上を拭き、きれいにしてから面ファスナー

を貼付けてください。

・ レーダー本体ができるだけ地面と平行になるような場所へ取付けを行なって

ください。

2.

レーダー本体後部が、車両の進行方向に向くように固定します。

進行方向

3.

車両シガーソケットに付属のシガープラグ

コードを差込みます。

※ シ ガ ー プ ラ グ コ ー ド を 脱 着 す る 際 は、 右 記 図 の

通りにプラグ部を持ち、まっすぐ脱着してください。

コ ー ド 部 を 引 っ 張 っ た り 回 し た り す る と 断 線 の

おそれがあります。

車両シガーソケット

アドバイス

キ ー を 抜 い た 状 態、 ま た は 車 両 電 源 が OFF 状 態 で シ ガ ー プ ラ グ に 通 電 し て

いる車両は、バッテリー保護のためエンジン停止時は必ずシガープラグコードを

抜くか、オプションの ZR-02『OBDⅡ対応レーダー探知機用直接配線コード』で

イグニッション電源に直接接続してください。

10

取付方法

4.

シガープラグコードの向きを確認し、レーダー本体の電源ジャックに

接続します。

※レーダー背面

注意

電源ジャック

※プラグ部拡大図

注意

• 電源ジャックおよびプラグには向きがあるため、無理に差し込むと破損します。

上記図の通りに、プラグ部の黒い部分を本体電源ジャックの▼に合わせて接続

してください。

• シガープラグコードの配線が引っ張られた状態で配線の取回しを行うと、断線や

接 触 不 良 に よ り 電 源 が 不 安 定 に な る 可 能 性 が あ り ま す。 配 線 は 余 裕 を 持 た せ

取回しをしてください。

11

基本操作

電源を ON にする

1.

車両の電源を ACC または ON にします。

ON

2.

オープニングを確認します。

左から順に LED が点灯

電源ランプ

左から順に LED が消灯

GPS 警報

ランプ

レーダー警報

ランプ

無線警報ランプ

PWR GPS RADAR RCV ZERO 100L

全ての LED が 2 回点滅

全ての LED が点灯

3.

衛星の受信状態を確認します。

※ 数秒∼数分かかる場合があります。

衛星の受信状態 電源ランプ

衛星受信時

未受信時

点灯

点滅

受信アナウンス

ピンポン♪ 衛星を受信しました。

チャララン♪ 衛星を受信できません。

アドバイス

走行中に衛星の受信ができなくなった場合、『G システム』によって自車位置の

検出を行います。

※ G システムのみでは、自車位置を完全に検出することはできません。

電源を OFF にする

車両の電源を OFF にすることで、レーダー本体の電源を切る事ができます。

アドバイス

キ ー を 抜 い た 状 態、 ま た は 車 両 電 源 が OFF 状 態 で シ ガ ー プ ラ グ に 通 電 し て

いる車両は、バッテリー保護のためエンジン停止時は必ずシガープラグコードを

抜くか、オプションの ZR-02『OBDⅡ対応レーダー探知機用直接配線コード』で

イグニッション電源に直接接続してください。

12

基本操作

microSD/SDHC カードの抜き差し

注意 microSD/SDHC カードを抜き差しする際は、必ずレーダー本体の電源が OFF に

なっていることを確認してください。

microSD/SDHC カードを挿入するときは、「カチッ」と音が鳴るまで

軽く押し込んでください。

取り出すときは、microSD/SDHC カードを「カチッ」と音が鳴るまで

軽く押し込むと少し飛び出してきますので、落とさないよう注意し、引抜

いてください。

●挿入方法 microSD/SDHC カードの端子部が本体裏側を向くように挿入し、「カチッ」と

音が鳴るまで軽く押し込んでください。

●取り出し方法 microSD/SDHC カードを「カチッ」と音が鳴るまで軽く押し込むと少し飛び

出してきますので、落とさないよう注意し、引抜いてください。

基本操作

音量を調整する

LED 表 示 を 確 認 し な が ら、7 段 階 の 音 量 調 整 が

できます。

【VOL −スイッチ】を短押しすることで音量が下が

り、【VOL +スイッチ】を短押しすることで音量が

上がります。

お買い上げ時は、【4】に設定されています。

PWR

VOL−

スイッチ

GPS RADAR RCV

ZERO100L

VOL+

スイッチ

音量 0(消音) 1、2 3、4 5、6

LED 表示

PWR GPS RADAR RCV PWR GPS RADAR RCV PWR GPS RADAR RCV PWR GPS RADAR RCV

テスト機能を使用する

・ 本製品がどのような音量で警報するかを確認できる機能です。

・ 待機中に【VOL −スイッチ】【VOL +スイッチ】を同時長押しすると、

レーダー本体から警報時のテスト音が鳴ります。

オートボリュームダウン機能

本製品は、オービス最接近警報(200m 以下)してから約 10 秒後、また、

レーダー受信警報してから約 15 秒後に、警報音のボリュームを自動的に

小さくします。一度警報が解除されると、元の警報音のボリュームに

戻ります。

オートディマー機能

本製品は時刻によって、LED の明るさを

自動的に調整するオートディマー機能を

採用しています。

各エリアを中心に時季(2 ∼ 4 月 /5 ∼

7 月 /8 ∼ 10 月 /11 ∼ 1 月)の日の出

と日の入り時刻の統計を基にオートディ

マー作動時刻を決めています。

福岡エリア

大阪エリア

東京エリア

札幌エリア

14

便利な機能

ユーザーポイントを登録する

未登録、または新たに設置されたオービスポイントを任意に 100 件まで

登録することができます。

注意

運転者は、走行中に本製品を絶対に操作しないでください。

登録方法

① ポイントを登録したい

地点で各種警報をして

いないときに

オービス

② 【VOL −スイッチ】

を長押しします。

③ 「チャラーン♪ ユーザー

ポイント登録しました」

と ア ナ ウ ン ス さ れ れ ば

登録完了です。

青点灯 緑点灯

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ

PWR GPS RADAR RCV

登録時の走行エリアの設定

オールモード

シティーモード

ハイウェイモード

警報条件

一般道路 / 高速道路共通のポイントとして登録し、オール / ハイ

ウェイ / シティーモード設定時に警報します。

一般道路上のポイントとして登録し、オール / シティーモード

設定時に警報します。

高速道路上のポイントとして登録し、オール / ハイウェイ

モード設定時に警報します。

解除方法

登録したポイントの警報中に、再度上記操作を行うことで登録が解除され

ます。

アドバイス

下記の場合、ユーザーポイントは登録できません。

・ 各種警報時

・ 衛星未受信時

・ 一度登録した場所(登録場所から半径約 200m)に再度登録しようとした場合

・ ユーザーポイントの登録件数が 100 件を超える場合

15

便利な機能

警報をキャンセルする

警報を一時的にキャンセルしたり、不要な警報をキャンセルポイントとして

登録することで誤警報を低減し、警報の信頼度を高めることができます。

注意

運転者は、走行中に本製品を絶対に操作しないでください。

一時的にキャンセルする ( ミュート )

①各種警報中に

② 【MUTE スイッチ】を

短押しします。

③ 「ピッ」 とブザー音が

鳴り、電源ランプが点

滅します。

PWR GPS RADAR RCV

オービス警報

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

MUTEスイッチ

PWR GPS RADAR RCV

電源ランプ点滅

PWR GPS RADAR RCV

レーダー警報

解除方法

ミュート中に再度上記操作を行うことで、ミュート状態は解除されます。

アドバイス

・ ミュート中は、警報音 / アナウンスによる警報を行いません。

・ 下記の場合もミュート状態になります。

・誤警報の登録地点(⇒ P17)

・オービスポイントのキャンセル地点(⇒ P18)

・ASC 機能が作動中(⇒ P20)

・LSC 機能が作動中(⇒ P22)

16

便利な機能

誤警報地点を登録する

・ 自動ドアなど、レーダー波を受信してしまう場所をキャンセルポイント

として登録することで、半径約 300m 内のレーダー警報を消音します。

・ 最大登録件数は、50 件です。

注意

運転者は、走行中に本製品を絶対に操作しないでください。

①レーダー警報中に

② 【VOL − ス イ ッ チ 】

を長押しします。

③ 「 チ ャ ラ ー ン ♪ レ ー

ダーキャンセルポイン

ト登録しました」 とア

ナウンスされれば登録

完了です。

青点灯 緑点灯

PWR GPS RADAR RCV

レーダー警報

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ

PWR GPS RADAR RCV

解除方法

登録地点を走行中に再度上記操作を行うことで登録が解除されます。

アドバイス

下記の場合、キャンセルポイントは登録できません。

・ 衛星未受信時

・ 一度登録した場所(登録場所から半径約 300m)に再度登録しようとした場合

・ ポイント登録件数が 50 件を超える場合

17

便利な機能

オービスポイントをキャンセル登録する

・ お買い上げ時から GPS データに登録してあるオービスポイントや N シ

ステムポイントをキャンセルポイントとして登録することで、該当ポイ

ントの警報を1地点単位で消音します。

・ 最大登録件数は、30 件です。

・ 同時にレーダー波もキャンセルされます。

注意

運転者は、走行中に本製品を絶対に操作しないでください。

①オービス警報中に

② 【VOL − ス イ ッ チ 】

を長押しします。

③ 「 チ ャ ラ ー ン ♪ 警 報

キャンセルポイント登

録しました」 とアナウ

ンスされれば登録完了

です。

青点灯 緑点灯

PWR GPS RADAR RCV

オービス警報

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ

PWR GPS RADAR RCV

解除方法

登録地点を走行中に再度上記操作を行うことで登録が解除されます。

アドバイス

下記の場合、キャンセルポイントは登録できません。

・ 衛星未受信時

・ ポイント登録件数が 30 件を超える場合

18

便利な機能

無線警報をキャンセル登録する(パスメモリ)

車両ノイズや一部地域など一定周波数のみを受信したままの状態が続く場

合に、対象の周波数を登録し、受信対象から外すことができます。

※ カーロケ・350.1MHz 無線・警備無線は設定 ( 登録 ) できません。

( 例 ) デジタル無線の場合

159.0MHz帯

159.4MHz

159.5MHz

159.6MHz

車両ノイズなどで

常時受信してしまう

159.5MHzのみを

キャンセル

160.0MHz帯

 キャンセルされずに警報を行います。

・ 無線設定(⇒ P47)で OFF に設定した警報は、キャンセル登録に関係

なく警報しません。

①無線警報中に

② 【VOL − ス イ ッ チ 】

を長押しします。

③ 「チャラーン パスメモ

リを登録しました」 と

鳴れば登録完了です。

青点灯 緑点灯

PWR GPS RADAR RCV

無線警報

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ

PWR GPS RADAR RCV

解除方法

レーダー本体をオールリセット(⇒ P62)することで、登録が解除できます。

ただし、その他の設定した内容も全てお買い上げ時の状態になります。

アドバイス

カーロケ・350.1MHz 無線・警備無線は登録できません。

19

便利な機能

ASC 機能

ASC 機能とは、オート・センシティブ・コントロールの略称で、

低速走行中(渋滞など)は受信感度を下げて警報音ミュート(消音)し、高

速走行中はレーダーの受信感度を上げて警報しやすくします。

【AUTO】【LOW】【HI】【S-HI】【HYPER】から選択することができます。

設定方法

・ 待機中に【MUTE スイッチ】と【VOL+スイッチ】

を 同 時 に 短 押 し す る ご と に 設 定 が 切 替 わ り

ます。

受信感度設定 適切な走行場所 走行状態

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

MUTEスイッチ VOL+スイッチ

青点滅

LED 表示

緑点滅

AUTO ー ー

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 赤点滅

LOW 市街地 低速走行

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 橙点滅

HI 郊外地 中速走行

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 3色を順に点滅

S-HI 郊外地・高速道路 中・高速走行

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 消灯

HYPER 高速道路 高速走行

PWR GPS RADAR RCV

20

便利な機能

● AUTO

[AUTO] に設定することで、走行する速度によってレーダーの受信感度を

自動的に調節します。

車両状態

受信感度

信号待ち、低速走行時など

LOW

走行中

LOW ⇔ HI ⇔ S-HI ⇔ HYPER

と車速に応じて受信感度が変化

機能 内容

ASC 機能

( オート・センシティブ・

自車の走行速度に合わ

コントロール )

せて設定を切替えます

走行速度

30km/h 未満

30km/h ∼ 60km/h 未満

60km/h ∼ 80km/h 未満

80km/h 以上

受信感度

LOW

HI

S-HI

HYPER

※ OBD Ⅱアダプター未接続で衛星を受信できない場合は、受信感度が [HYPER]

に固定されます。

21

便利な機能

LSC 機能

LSC 機 能 と は、 ロ ー・ ス ピ ー ド・ キ ャ ン セ ル の 略 称 で、 渋 滞 な ど 車 が

低速走行時は、警報音を自動的にミュートする機能です。

【ON】【ALL-ON】【OFF】から選択することができます。

設定方法

を 同 時 に 短 押 し す る ご と に 設 定 が 切 替 わ り

ます。

・ お買い上げ時は、【ON】に設定されています。

状態 内容

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ MUTEスイッチ

LED 表示

青点滅 緑点滅

ON

低速走行時に GPS 警報、レーダー警報の警報音を

ミュートします。

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 橙点滅

ALL-ON

低速走行時に GPS 警報、レーダー警報、および

無線警報の警報音をミュートします。

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 消灯

OFF 走行速度に関係なく警報音を鳴らします。

PWR GPS RADAR RCV

LSC 機能の動作内容

走行状態

停車中∼ 30km/h

30km/h 以上

LSC 機能を OFF または OBD Ⅱアダプター未接続で

衛星を受信していない時

22

警報

しない

する

する

便利な機能

アナウンス機能

※ OFF にすることはできません。

お知らせ機能

電源 ON 時のあいさつアナウンスや、衛星受信・未受信時のアナウンス

などを行います。

状態

衛星受信

アナウンス内容

衛星を受信しました。

衛星未受信

起動後、2 時間経過

衛星を受信できません。

運転時間が 2 時間になりました。

そろそろ休憩してください。

走行エリアの切替えアナウンス

(ハイウェイ / シティー / オール)モードに切替えます。

(オートモード設定時)

あいさつアナウンス ※下記表参照

電源 ON 時のあいさつアナウンスは起動時刻により切替わります。

起動時刻

4:00 ∼ 9:59

10:00 ∼ 17:59

18:00 ∼ 3:59

アナウンス内容

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

時報機能

時報を「チャイム」+「ボイス」で行います。

セーフモード

セーフティーウィーク期間中に起動すると、音声アナウンスを行います。

セーフティーウィーク

春の交通安全運動期間

期間 ( ※ )

4 月 6 日∼ 4 月 15 日

※統一地方選挙のある年は

5 月 11 日∼ 5 月 20 日

に変更となります。

アナウンス内容

春の交通安全運動期間です。

秋の交通安全運動期間 9 月 21 日∼ 9 月 30 日 秋の交通安全運動期間です。

年末年始取締強化運動期間 12 月 15 日∼ 1 月 5 日 年末年始取締強化運動期間です。

※ 交通安全運動期間は原則として上記期間ですが、都合により変更となる場合があります。

23

便利な機能

アラーム音を変更する

【VOL −スイッチ】【VOL +スイッチ】を同時に短押しするごとに、警報音を

ブザー 1 /ブザー 2 /ブザー 3 の 3 種類から選択することができます。

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ VOL+スイッチ

内容 設定 LED 表示

青点滅 緑点滅

ブザー 1( 初期設定 )

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 橙点滅

ブザー 2 警報音をブザーで鳴らします。

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 赤点滅

ブザー 3

PWR GPS RADAR RCV

※ 設定を変更するごとに警報音が鳴り、確認することができます。

24

便利な機能

GPS データを更新する

本製品の GPS データ(GPS ポイントデータ)は、最新バージョンへの

更新ができます。

弊社調査地点以外にもオービス・N システムが設置されている可能性が

あります。お車を運転するときは安全のため、必ず法定速度内で走行して

ください。

※ ダウンロードのサイトは、予告なく変更・中止される場合があります。

microSD/SDHC カードに GPS データを書き込む

◆必要な物

・ パソコン(対応 OS:Windows)

・ 16GB 以下の市販 microSD/SDHC カード

・ データを書き込むためのメモリーカードリーダライタ

◆更新方法

下記 2 通りの方法でデータの書き込みができます。

①ワンクリック DL App を使用する

弊社ホームページよりダウンロードできる『ワンクリック DL

App』をインストールすることで、カンタンに GPS データ

をダウンロードし、microSD/SDHC カードに書き込むこと

ができます。

② microSD/SDHC カードに直接書き込む

『ワンクリック DL App』をインストールできない場合や、

『ワンクリック DL App』が動作しない場合は、弊社ホームペー

ジより GPS データをダウンロードし、microSD/SDHC カード

にデータを直接書き込んでください。

アドバイス

上記のダウンロードできる環境をお持ちでないお客様は、本製品を直接コムテック

サービスセンターまでお送りください。

※お預かりでのデータ更新に関しましては

有料

となります。あらかじめご了承ください。

〒 470-0206

住所 愛知県みよし市莇生町下石田 60 番

電話 0561-36-5654

株式会社 コムテック サービスセンター データ更新係 迄

25

便利な機能

レーダー本体をアップデートする

最新の GPS データをダウンロードした microSD/SDHC カードをレーダー

本体に読み込ませることで、GPS データの更新ができます。

注意 microSD/SDHC カードを抜き差しする際は、必ずレーダー本体の電源が OFF に

なっていることを確認してください。

操作方法

1.

レーダー本体の microSD/SDHC カード

ス ロ ッ ト に、microSD/SDHC カ ー ド を

「カチッ」と音がするまで差し込みます。

(⇒ P13)

2.

【MUTE スイッチ】と【VOL +スイッチ】を

同 時 に 押 し な が ら、 レ ー ダ ー 本 体 の 電 源 を

入れます。(⇒ P12)

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

MUTEスイッチ VOL+スイッチ

3.

電源ランプ以外の LED が緑点滅したら、【MUTE スイッチ】を短押し

します。

青点灯 緑点滅

PWR GPS RADAR RCV

PWR GPS RADAR RCV

ZERO100L

MUTEスイッチ

4.

電源ランプ以外の LED が左から順に緑点灯し

データ更新を開始します。

青点灯 緑点灯

PWR GPS RADAR RCV

左から順に点灯を繰返す

26

便利な機能

青点灯 緑点灯

5.

全ての LED が点灯に変わり、自動的に再起動

します。

PWR GPS RADAR RCV

6.

レーダー本体が正常に起動したら、データ更新は完了です。

エラー表示一覧

アップデート中にエラー表示がされた場合は、下記対処方法をご確認の上

再度手順 1 から操作を行なってください。

青点灯

LED 表示

赤点滅

PWR GPS RADAR RCV

エラー内容 対処方法

アップデートに失敗しました。

※正常にアップデートされる

ま で、 本 製 品 は 再 起 動 後 も

データ更新モードから切替わ

りません。

再 起 動 後、GPS デ ー タ の

アップデートを行なってくだ

さい。

青点灯 赤点灯

PWR GPS RADAR RCV microSD/SDHC カ ー ド 内 に

更 新 デ ー タ が 存 在 し て い ま

せん。

再度、パソコンから GPS

デ ー タ を microSD/SDHC

カードにコピーしてください。

青点灯 橙点灯

PWR GPS RADAR RCV microSD/SDHC カ ー ド が

挿入されていません。 microSD/SDHC カードの

挿入を確認してください。

注意

• microSD/SDHC カードを無理に抜き差しすると、microSD/SDHC カードや

レーダー本体が破損することがあります。

• microSD/SDHC カード以外のものを挿入しないでください。レーダー本体が破損す

ることがあります。

• アップデート中は、microSD/SDHC カードを抜いたり、電源を切ったりしない

でください。microSD/SDHC カードやレーダー本体が破損することがあります。

ただし、アップデートが開始されなかったり、途中で停止した場合は再起動を行い、

再度アップデートを行なってください。

27

便利な機能

走行エリアを選ぶ

GPS 警報を行う道路を【オールモード】【シティーモード】【ハイウェイ

モード】【オートモード】から選択することができます。

設定方法

・ 待機中に【MUTE スイッチ】を短押しするごとに

設定が切替わります。

設定

オールモード

( 初期設定 )

シティーモード

ハイウェイモード

オートモード

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

MUTEスイッチ

GPS 警報を行う道路

青点滅

LED 表示

橙点灯

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 緑点灯

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 赤点灯

一般道路/高速道路

一般道路のみ

高速道路のみ

PWR GPS RADAR RCV

青点滅 3色が順に点灯

PWR GPS RADAR RCV

オールモード、シティーモード、

ハイウェイモードを自動で切替える

※ シティーモード設定中、走行速度が 80km/h を超えたり、ハイウェイモード設定中、

車が停車状態になると、「モード確認をしてください」とアナウンスします。

アドバイス

オートモードに設定した場合、自車の走行速度と GPS のデータを基に「オールモー

ド」、「シティーモード」、「ハイウェイモード」を自動的に切替えます。そのため、下

記のような場合、実際の走行道路と設定が異なり、GPS 警報を行わない事があります。

・ 高速道路走行中に渋滞等により低速走行をしている場合。

・ 高速道路から速度を落とさずに一般道路に合流する場合。

・ 一般道路と高速道路が並行している場合。

28

設定項目

GPS 設定

GPS 警報の設定を 3 つのモードから簡単に切替える事ができます。

設定方法

1.

待機中に【MUTE スイッチ】を長押しし、

GPS 設定モードに入ります。

2.

【MUTE スイッチ】を短押しするごとに設定

が切替わります。

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

MUTEスイッチ

3.

GPS 警報ランプの色で設定を表示します。

・オールオン:緑点滅

・おまかせ 1:橙点滅

・おまかせ 2:赤点滅

4.

【VOL −スイッチ】を短押しして設定を終了

します。

・ 変更した設定内容を約 5 秒間表示した後、待機状態

に戻ります。

・ 何もスイッチを押さないで約 5 秒経過した場合、変更

した設定は保存され、設定内容の表示は行いません。

PWR GPS RADAR RC

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ

機能

W オービス

取締ポイント/白バイ警戒エリア

駐車監視エリア

信号無視取締機ポイント/

過積載取締機ポイント

警察署エリア/交番エリア/

高速警察隊エリア/

事故ポイント/ N システム

SA/PA/HO /道の駅ポイント

急カーブポイント/

トンネルポイント/

県境ポイント

分岐・合流ポイント

逆走お知らせポイント/

消防署エリア/スクールエリア

踏切ポイント

ゾーン 30

ラウンドアバウト

冠水エリア

おまかせ 1

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

おまかせ 2

OFF

ON

OFF

ON

OFF

オールオン(初期設定)

距離:500m

ON

29

設定項目

警報時の動作

GPS 警報表示について

本製品は GPS 機能を利用し、登録された警報ポイントに近づくと、GPS

警報ランプの表示とアナウンスでお知らせします。

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

GPS警報ランプ

警報種類

約 2km 地点

オービス/

ユーザーポイント

約 1km 地点

約 500m 地点

接近

SA/PA/HO /道の駅ポイント

長いトンネル・連続トンネルポイント

スクールエリア/県境ポイント

冠水エリア/ラウンドアバウト

N システム/信号無視取締機ポイント

過積載取締機ポイント/警察署エリア

交番エリア/高速警察隊エリア

事故多発ポイント/急カーブポイント

分岐・合流ポイント/駐車監視エリア

逆走お知らせポイント/消防署エリア

踏切ポイント/ゾーン 30

W オービス/取締ポイント

白バイ警戒エリア/

取締ポイント回避

GPS 警報ランプ表示

赤点滅

赤点滅

緑点滅

橙点滅

赤点滅

赤点滅

点滅速度

遅い

早い

遅い

早い

遅い点滅

30

オービス警報のしかた

オービスポイントに接近した場合、下記の位置で警報を行います。

※ 対向車線上のオービスへの警報は行いません。

■警報を行う距離

●一般道 / 高速道

オービス

約2km(高速道路のみ)

※1

約1km

約500m

約200m

設定項目

●トンネル内

トンネル手前

※2

約1km 約500m 約200m

オービス

●トンネル出口オービス

トンネル手前

※2

オービス

※ 1 警報を行う距離は、対象とするオービスからの直線距離です。道路の高低差、

カーブの大きさなどによっては実際の走行距離と異なる場合があります。

また、オービスの設置された道路の側道など、警報対象近くの平行する道路を

走行中にも警報を行う場合があります。

※ 2 トンネル入口から 1km 以上先にオービスがある場合のみ警報します。

31

設定項目

音声アナウンス

速度や道路種などによりアナウンスの内容が変わります。

■オービス / ユーザーポイント警報

警報対象

ループコイル

ループコイル式オービスシステム

LH システム

H システム

レーダー

小型オービス

ユーザーポイント

約 2 キロ /1 キロ手前

PWR

LED

赤点滅

GPS RADAR RCV

対象までの距離

2 キロ先 ※ 1

道路種

高速道

1 キロ先

高速道

一般道

約 500 メートル手前

警報対象

※ 2 があります。

時速 / 到達時間 / 制限速度アナウンス

時速は

約(※ 3)、

到達時間は(※ 4)です。

制限速度は(※ 4)です。

時速は約(※ 5)です。

制限速度は(※ 5)です。

この先

道路種

高速道 / 一般道

カメラ位置

右側 / 左側 / 正面

警報対象

※ 2 があります。

※ 1 2 キロは高速道路のみアナウンスします。

※ 2 取締機の種類をアナウンスします。

※ 3  アナウンスを始めた時の速度を 10km/h 単位(四捨五入)でアナウンスします。

190km/h 以上は「190 キロ以上です」とアナウンスします。

※ 4  制限速度データの有無と走行状態によってアナウンス内容が異なります。

・到達時間アナウンス… 制限速度データがない場合、または制限速度データがあり、

制限速度内で走行している場合、到達時間をアナウンスします。

・制限速度アナウンス… 制限速度データがあり、制限速度を超えて走行している場合、

制限速度をアナウンスします。

※ 5  制限速度データの有無と走行状態によってアナウンス内容が異なります。

・時速アナウンス……… 制限速度データがない場合、または制限速度データがあり、

制限速度内で走行している場合に、※ 3 の内容で速度を

アナウンスします。

・制限速度アナウンス… 制限速度データがあり、制限速度を超えて走行している場合、

制限速度をアナウンスします。

32

設定項目

■トンネル内オービス / トンネル出口警報

トンネル入口手前(トンネル内オービス警報 / トンネル出口オービス警報)

道路種

高速道

一般道

場所

トンネル内

トンネル出口

警報対象

※ 1 があります。

時速 / 制限速度アナウンス

時速は約(※ 2)です。

制限速度は(※ 2)です。

約 1 キロ手前(トンネル内オービス警報)

対象までの距離 道路種 場所 警報対象 時速 / 制限速度アナウンス

1 キロ先 高速道 / 一般道 トンネル内 ※ 1 があります。

制限速度は(※ 2)です。

約 500 メートル手前(トンネル内オービス警報)

対象までの距離

この先

道路種

高速道 / 一般道

場所

トンネル内

カメラ位置 警報対象

右側 / 左側 / 正面 ※ 1 があります。

※ 1  取締機の種類をアナウンスします。

※ 2  制限速度データの有無と走行状態によってアナウンス内容が異なります。

・時速アナウンス……… 制 限 速 度 デ ー タ が な い 場 合、 ま た は 制 限 速 度 デ ー タ が

あり、制限速度内で走行している場合に、アナウンスを始めた

時の速度を 10km/h 単位(四捨五入)でアナウンスします。

190km/h 以上は「190 キロ以上です」とアナウンスします。

・制限速度アナウンス… 制限速度データがあり、制限速度を超えて走行している場合、

制限速度をアナウンスします。

※ 3 時速は、別売の OBD Ⅱアダプター接続時のみアナウンスを行います。

アドバイス

G システム(⇒ P12)のみでは、自車位置を完全に検出することができません。

そのため、走行状況によっては、実際のオービスまでの距離と警報を行う距離が異なっ

たり、警報を行わない場合があります。あらかじめご了承ください。

33

設定項目

ダブルオービス警報

・ ダブルオービスとは、固定式オービスの先に移動式オービスを設置する

ことで、固定式オービス通過後に速度を上げる車両をねらい撃ちする

二重オービスの呼称です。

・ ダブルオービスを設定した場合は、一般道路上のオービスポイントを

通過後、500m 以内で、オービスの設置された道路の制限速度以上で

走行すると、警報アナウンスで警告します。

オービス警報

移動式オービス

500m以内でオービスの

設置された道路の制限速度を

超えると警報します。

アナウンス

効果音、この先ダブルオービスにご注意ください。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

アドバイス

・ 設定した距離の範囲内で信号などにより停止(5km/h 以下)した場合、再度

オービスの設置された道路の制限速度を超えると 3 回まで警報します。

・ オービス警報キャンセルポイントに設定されているオービスポイントでは、ダ

ブルオービス警報もキャンセルされます。

・ オービス通過後、設定範囲内であれば車両の進行方向にかかわらず、オービスの

設置された道路の制限速度を超えればダブルオービスの警報を行います。

34

設定項目

N システム /NH システム警報

N システム /NH システムポイントに接近した場合、下記のように警報を

行います。

※ 対向車線上の N システム/ NH システムへの警報は行いません。

※ GPS 電波が受信できていない状態では、GPS 警報ができません。

※ 本製品は、NH システムを N システムとして警報を行います。

約500m

(高速道路のみ)

約300m

(一般道路のみ)

Nシステム/NHシステム

アナウンス

効果音、この先(

高速道

一般道

)N システムがあります。

アドバイス

警報を行う距離は、対象とする N システム/ NH システムからの直線距離です。

道路の高低差、カーブの大きさなどによっては実際の走行距離と異なる場合が

あります。

35

設定項目

取締ポイント警報

速度取締りを中心に頻繁に行われているポイントや、過去に検問や取締り

の事例があるポイントが予め本機に登録してあり、取締ポイントに接近

す る と 約 200m ∼ 1km の 間 で 注 意 を お 知 ら せ し、 ポ イ ン ト に よ り

離れた時に回避をお知らせします。

• [ 重点取締り ] .............. その地点での取締内容が 2 種類ある場合、重点取締り

ポイントとして警報します。

• [ 最重点取締り ] .......... その地点での取締内容が 3 種類以上ある場合、最重点取締り

ポイントとして警報します。

取締種類

取締ポイント

重点取締

ポイント

最重点取締

ポイント

回避

効果音、この先 (

アナウンス

高速道

一般道

)取締りにご注意ください。

効果音、この先 一般道重点取締ポイントがあります。

ご注意ください。

効果音、この先 一般道最重点取締ポイントがあります。

ご注意ください。

効果音、【取締 / 重点取締 / 最重点取締】ポイントを回避しました。

信号無視取締機ポイント警報

・ 信号無視監視機が設置されている交差点で、信号を無視して走行した

違反車両の様子が撮影・記録されます。

・ 本機に登録されている信号無視取締機ポイントに接近すると約 200m

∼ 600m の間で注意をお知らせします。

アナウンス

効果音、この先 一般道 信号無視取締機にご注意ください。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

36

設定項目

過積載取締機ポイント警報

・ 過積載取締機が設置されている路線で、車両の積載量を無視して走行

した違反車両の様子が撮影・記録されます。

・ 本機に登録されている過積載取締機ポイントに接近すると約 200m ∼

600m の間で注意をお知らせします。

アナウンス

効果音、この先(

高速道

一般道

)過積載取締機にご注意ください。

白バイ警戒エリア警報

本 機 に 登 録 さ れ て い る 白 バ イ 警 戒 エ リ ア に 接 近( 約 300m) す る と

お知らせします。

アナウンス

効果音、この先 白バイ取締りにご注意ください。

効果音、この先 白バイ重点警戒エリアです。

取締りにご注意ください。

アドバイス

白バイ重点警戒エリアは白バイ警戒エリア警報を行ったあと、特定の無線を受信

した際に警報を行います。

37

設定項目

警察署エリア警報

本機に登録されている警察署付近に接近(約 300m)するとお知らせ

します。

アナウンス

効果音、この付近 警察署があります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

交番エリア警報

本機に登録されている交番付近に接近(約 200m)するとお知らせします。

アナウンス

効果音、この付近 交番があります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

高速道路交通警察隊エリア警報

本機に登録されている高速道路交通警察隊エリアに接近(約 300m)

するとお知らせします。

アナウンス

効果音、この付近 高速道路交通警察隊エリアです。

事故ポイント警報

全国の事故多発ポイントを予め本機に登録してあり、事故多発ポイントに

接近(約 300m)するとお知らせします。

アナウンス

効果音、この先(

高速道

一般道

)事故多発地点です。

38

設定項目

SA/PA/HO 警報

本機に登録されているサービスエリア / パーキングエリア / ハイウェイ

オアシスに接近 ( 約 2km) するとお知らせします。

状況

パーキングエリア

アナウンス

効果音、この先 高速道 パーキングエリアがあります。

サービスエリア 効果音、この先 高速道 サービスエリアがあります。

ハイウェイオアシス 効果音、この先 高速道 ハイウェイオアシスがあります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

道の駅ポイント警報

本機に登録されている道の駅付近に接近(約1km)すると、お知らせ

します。

アナウンス

効果音、この付近、一般道 道の駅があります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

39

設定項目

急カーブポイント警報

本機に登録されている急カーブ付近に接近(約 300m)すると、お知ら

せします。

アナウンス

効果音、この先、高速道(※1)急カーブです。

※ 走行エリア(⇒ P28)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※ 1 カーブの状況に応じて、右、左、連続のいずれかをアナウンスします。

アドバイス

・ 全ての急カーブポイントで警報するわけではありません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報する

ことがあります。

トンネルポイント警報

本機に登録されているトンネル付近に接近(約 1km)すると、お知らせします。

アナウンス

効果音、この先、高速道(※ 1)トンネルがあります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※ 1 トンネルの状況に応じて、長い、連続する のいずれかをアナウンスします。

アドバイス

・ 全てのトンネルポイントで警報するわけではありません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報する

ことがあります。

40

設定項目

県境ポイント警報

県境付近に接近(高速道路:約1km、一般道路:約 200m)すると、

都道府県をお知らせします。

アナウンス

効果音、この先、(※ 1)です。

※ 1 都道府県をアナウンスします。

アドバイス

全ての県境ポイントで警報するわけではありません。山間部やトンネル内または

出口付近など、GPS の受信が不安定な場所では警報しない場合があります。

分岐 / 合流ポイント警報

本機に登録されている分岐または合流付近に接近(約 500m)すると、

お知らせします。

アナウンス

効果音、この先、高速道 分岐(または合流)があります。

※ 分岐と合流のアナウンスは、それぞれ異なります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

アドバイス

・ 全ての分岐合流ポイントで警報するわけではありません。また、SA・PA・HO

インターチェンジからの分岐合流も警報を行いません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報する

ことがあります。

・ ジャンクションの形状によっては一つの分岐・合流ポイントで複数回警報する

ことがあります。

41

設定項目

駐車監視エリア警報

各警察より発表がありました「最重点地域」、「重点地域」を基に弊社調査

による監視(駐禁)エリアが登録されています。監視エリア付近に接近す

ると、お知らせします。

アナウンス

効果音、駐車監視エリアです。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

アドバイス

・ 全ての監視エリアで警報するわけではありません。

・ 実際の監視エリアと異なるエリアで警報することがあります。

スクールエリア警報

本機に登録されている小学校付近を 7:00 ∼ 9:00、12:00 ∼ 18:00

に接近(約 200m)するとお知らせします。

※ 土曜日、日曜日は警報は行いません。

アナウンス

効果音、この付近 スクールエリアです。

安全運転を心がけましょう。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

42

設定項目

逆走お知らせ警報

全国の高速道路にあるサービスエリア、パーキングエリアやハイウェイ

オアシスで停車した時や入口から本線に合流しようとすると、お知らせ

します。

≪出入口が別方向の場合≫

サービスエリア等で停車し、速度が 20km/h 以上でサービスエリア等の

入口に向かって走行(逆走)すると警報を行います。逆走お知らせポイン

トから離れるまで警報を続けます。

≪出入口が同じ方向の場合≫

サービスエリア等の出入口が同じ方向の場合、サービスエリアなどで停車

した時に警報を行います。その後発進し、速度が 20km/h 以上になった

場合、再度警報を行います。

アナウンス

効果音、逆走注意 進行方向をご確認ください。

※ 走行エリア(⇒ P28)の設定および LSC の設定(⇒ P22)に関わらず、警報を

行います。

アドバイス

逆走お知らせ警報とオービス警報が重なる場所ではオービス警報が優先される

ため、逆走お知らせ警報を行いません。ご注意ください。

消防署エリア警報

本機に登録されている消防署付近に接近(約 300m)するとお知らせ

します。

アナウンス

効果音、この付近 消防署があります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

43

設定項目

踏切ポイント警報

本機に登録されている踏切付近に接近(約 200m)するとお知らせします。

アナウンス

効果音、この先 踏切があります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ 有効です。

ゾーン 30 警報

各警察より発表されるゾーン 30 が登録されています。ゾーン 30 付近に接近

するとお知らせします。

アナウンス

効果音、この付近 ゾーン 30 です。

安全運転を心がけましょう。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

アドバイス

ゾーン 30 とは

生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域

(ゾーン)を定めて時速 30 キロの速度規制を実施するとともに、その他の安全対策

を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における速度抑制や、ゾーン内を抜け道

として通行する行為の抑制等を図る生活道路対策です。

44

設定項目

冠水エリア警報

本機に登録されている冠水エリア付近に接近(約 100m)するとお知らせ

します。

アナウンス

効果音、この先 冠水エリアがあります。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

ラウンドアバウト警報

本機に登録されているラウンドアバウトに接近(約 100m)するとお知らせ

します。

アナウンス

効果音、この付近 ラウンドアバウトがあります。

進行方向をご確認ください。

※ 走行エリア(⇒ P28)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

45

設定項目

レーダー警報表示について

レーダー式取締機(⇒ P58)に接近した場合、下記のように警報を行います。

レーダー式取締機迄の

距離(電波の強さ)

遠い

(弱い)

近い

(強い)

レーダー警報ランプ表示

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

レーダー警報ランプ

赤点滅

点滅速度 遅い   早い

アラーム音

ステルス波

受信

(⇒ P58)

LOW

HI

S-HI

HYPER

レーダー警報

ランプ表示

アラーム音

アラーム音が鳴らない

※警報表示は行います。

アラーム音が鳴る

早い赤点滅

ピコッピコッピコッ・・・

アラーム音が鳴ります。

※ レーダー警報中でも GPS 警報、無線警報を優先します。

46

無線設定

無線警報の設定を 4 つのモードから簡単に切替える事ができます。

設定方法

1.

待機中に【VOL +スイッチ】を長押しし、

無線設定モードに入ります。

2.

【VOL + ス イ ッ チ 】 を 短 押 し す る ご と に

設定内容を変更することができます。

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL+スイッチ

設定項目

3.

無線警報ランプの色で設定を表示します。

・オールオン:緑点滅

・おまかせ 1:橙点滅

・おまかせ 2:赤点滅

・オールオフ:消灯

4.

【VOL −スイッチ】を短押しして設定を終了

します。

・ 変更した設定内容を約 5 秒間表示した後、待機状態

に戻ります。

・ 何もスイッチを押さないで約 5 秒経過した場合、変更

した設定は保存され、設定内容の表示は行いません。

PWR GPS RADAR RCV

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

VOL−スイッチ

オールオフ おまかせ 1 おまかせ 2

オールオン

(初期設定)

機能

カーロケ

350.1MHz

デジタル

取締特小

署活系

ワイド

警察 / 消防ヘリテレ

レッカー

新救急

消防

高速管理車両

警察活動

警備

タクシー

パトロールエリア

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

ON

47

ON

設定項目

受信範囲

下図の受信感度 ( 距離 ) は直線見通し距離で、間に障害物が無い状態での

受信距離目安です。

約1000m 約2000m

警察/消防ヘリテレ無線

アドバイス

・ 放送局や無線中継局の近くを通過する時、強い電波の影響により誤作動する場合

があります。また、VHF 帯の放送局の近くを通過する場合は、デジタル無線の

受信をすることがあります。

・ 使用状況、走行状態、製品取付け位置、周囲の環境(電波状況)によって受信感度

(距離)が短くなる場合があります。

48

設定項目

無線警報表示について

無線警報ランプの表示とアナウンスでお知らせします。

PWR GPS RADAR RCV ZERO100L

無線警報ランプ

警報種類

カーロケ/ 350.1 /デジタル/

署活系/ワイド/取締特小/

警察活動/警察ヘリテレ

無線警報ランプ表示 受信レベル 点滅速度

弱い

(遠い)※ 1

遅い

赤点滅 強い

(近い・接近)

※ 1

早い

橙点滅 ― 早い パトロールエリア

レッカー/高速管理車両/警備/

タクシー

新救急/消防ヘリテレ/消防

カーロケ回避

緑点滅

橙点滅

赤点滅

※ 1 カーロケ、デジタル、ワイド無線のみ遠近識別警報を行います。

遅い

遅い

遅い

49

設定項目

カーロケ無線警報(カー・ロケーター・システム)

緊急車両に装備された GPS 受信機より算出された位置データを、各本部の

車両管理センターへ定期的に送信する無線です。本製品は緊急車両からの

電波を受信し、音声で警報を行い緊急車両の走行を妨げないよう安全な

回避を促します。

状況 アナウンス

遠い 効果音、カーロケ無線を受信しました。

近い

接近

回避

効果音、カーロケ無線を受信しました。

緊急車両にご注意ください。

効果音、カーロケ無線を受信しました。

接近する緊急車両にご注意ください。

効果音、カーロケ無線を回避しました。

アドバイス

・ カー・ロケータ−・システムは間欠で送信されるため、実際の緊急車両の接近と

受信のタイミングにズレが生じることがあります。

・ 緊急車両は走行状態(緊急走行、通常走行、駐停車)によって、電波の送信時間が

変化するため、実際の緊急車両の接近と受信のタイミングにズレが生じることがあ

ります。

・ 緊急車両がエンジン停止時は電波の送信を行わないため、本製品での受信はできま

せん。

※ カー・ロケーター・システム搭載車であっても、使用されていない場合カーロケ

無線を受信できません。

※ カー・ロケーター・システムは全国的に新システムへの移行が進んでいます。現在

受信できる地域であっても、新システムへの移行により受信できなくなる場合が

ありますのであらかじめご了承願います。また、新システムが導入された地域

ではカーロケ無線の警報ができません。

50

設定項目

350.1MHz 警報(取締用連絡無線)

取締用連絡無線で使用する周波数帯で、速度違反取締りやシートベルト

装着義務違反取締りなどで使用することがあります。また、通話内容を

コード化したデジタル無線方式を使用するケースもあり、音声受信が

できない場合もあります。

現認係

(測定係)

白  乗用車

No. ○○-××

25km/hオーバー

停止係

アナウンス

効果音、通話音声(デジタル信号はノイズ)、

350.1 無線を受信しました。

デジタル無線警報

各警察本部と移動局(緊急車両など)とが行う無線交信で、159MHz 帯

∼ 160MHz 帯の電波を受信します。通話内容がコード化(デジタル化)

されており通話内容を聞くことはできませんが、音声と表示で警報を行い、

付近を走行する緊急車両の走行を妨げないよう安全な回避を促します。

状況 アナウンス

遠い 効果音、デジタル無線を受信しました。

近い

接近

効果音、デジタル無線を受信しました。

緊急車両にご注意ください。

効果音、デジタル無線を受信しました。

接近する緊急車両にご注意ください。

51

設定項目

署活系無線警報

パトロール中の警察官が警察本部や他の警察官との連絡用として使用して

いる無線交信の電波を受信します。

アナウンス

効果音、署活系無線を受信しました。

ワイド無線警報

警察専用の自動車携帯電話システムのこと。移動警察電話(移動警電)

ともいいます。

状況 アナウンス

遠い 効果音、ワイド無線を受信しました。

近い

接近

効果音、ワイド無線を受信しました。

緊急車両にご注意ください。

効果音、ワイド無線を受信しました。

接近する緊急車両にご注意ください。

取締特小無線警報

シートベルト、一旦停止など取締現場では普通 350.1MHz 無線を使用

しますが、取締の連絡用などに特定小電力無線を使用する場合があります。

アナウンス

効果音、通話音声、

取締特小無線を受信しました。

52

設定項目

警察活動無線警報

機動隊が主に災害や行事に使用する無線です。

アナウンス

効果音、警察活動無線を受信しました。

パトロールエリア警報

検問などで使用されている一定の無線電波を受信するエリアです。

アナウンス

効果音、パトロールエリアです。ご注意ください。

アドバイス

必ず検問、取締等を行なっているとは限りません。

警察/消防ヘリテレ無線警報

警察ヘリテレは主に事件・事故等の情報収集、取締りなどの時に上空と

地上とで連絡を取るために使われています。

また消防ヘリテレは火事などの事故処理や連絡用として使われています。

例:警察ヘリテレ

無線中継所

※一部地域又は、一部ヘリコプターにはヘリテレ無線が

 装備されていない為、本製品では受信できないことが

 あります。

※ヘリテレ無線は、ヘリコプターが電波を送信した時のみ

 受信することができます。

※送信電波の中継所周辺ではヘリコプターの接近に

ピ ピ ピッ・ ・

受信種類

警察ヘリテレ

消防ヘリテレ

アナウンス

効果音、通話音声、

警察ヘリテレ無線を受信しました。

効果音、通話音声、

消防ヘリテレ無線を受信しました。

53

設定項目

新救急無線警報

救急車と消防本部の連絡用無線として使用しています。主に首都圏で使用

されています。

アナウンス

効果音、通話音声、

新救急無線を受信しました。

消防無線警報

消防車が消火活動中や移動時に連絡用として使用している無線です。

アナウンス

効果音、通話音声、

消防無線を受信しました。

レッカー無線警報

東名、名神の一部高速道路や一部地域でレッカー業者が駐車違反や事故

処理などの時に業務用無線を使用しています。

※ 一般の業務用無線と同じ周波数のため、地域によっては一般業務無線を受信す

ることもあります。

アナウンス

効果音、通話音声、

レッカー無線を受信しました。

54

設定項目

高速管理車両無線警報

東日本、中日本、西日本の高速道路株式会社が使用している業務連絡無線

です。おもに渋滞や工事、事故情報などでパトロール車両と本部との連絡

に使用します。

アナウンス

効果音、通話音声、

高速管理車両無線を受信しました。

警備無線警報

各地の警備会社が使用する無線です。

アナウンス

効果音、通話音声、

警備無線を受信しました。

タクシー無線警報

各地のタクシー会社が使用する無線です。

アナウンス

効果音、通話音声、

タクシー無線を受信しました。

55

OBD Ⅱアダプター(オプション)を使用する

OBD Ⅱアダプターを使用し、取付ける

別売オプションの「OBD Ⅱアダプター」を使用することで、トンネル内

などの衛星からの信号を受信できないような場所でも、OBD Ⅱからの

速度情報により、正確な警報を行うことができるようになります。

OBDⅡアダプター

OBD Ⅱアダプターを接続する際は、ディップスイッチの設定

が必要です。ディップスイッチの設定方法は OBD Ⅱアダプ

ターの取扱説明書をご確認ください。

また、『対応車両』および『車種別のディップスイッチの設定

内容』は OBD Ⅱアダプター適合表をご確認ください。

● OBD Ⅱとは

On-Board Diagnostics Ⅱの略称で、車載式故障診断システムのことを

言います。車両のコネクターより車両のエラーコード(本製品では表示を

行いません)の他、車速などの情報を車両のセンサーから得ることが

できます。

● OBD Ⅱアダプターの種類

本製品は、OBD2-R1 と OBD2-R2 のどちらも使用することができます。

・ OBD Ⅱアダプターは適合する車両のみ接続できます。詳しくは弊社ホームペー

ジの OBD Ⅱアダプター適合表をご確認ください。

・ 初めて OBD Ⅱアダプターの接続を行なった際、車両によっては本製品が起動

するまでに数秒∼数分かかる場合があります。

・ 適合車両の場合でも、各種警告灯が点灯する場合や、装着している電装品に

よってはレーダー本体または車両機能が正常に動作しない場合があります。

(車両 OBD に接続する他の電装品、一部ディーラーオプションのセキュリティ

システムなど)

・ 弊社対応製品のみ接続することができます。その他の製品に接続して発生した

製品の故障、破損などに関しては一切責任を負いません。

アドバイス

・ 車両により、キー OFF 後に再度本製品の電源が ON になる場合がありますが、

異常ではありません。しばらくすると電源は OFF になります。

・ ACC ON ではレーダーの電源は入りません。

56

OBD Ⅱアダプター(オプション)を使用する

車両 OBD Ⅱコネクター位置

⑧ ⑥

番号 場所

① アクセルペダル脇

② 運転席足元右側

③ 運転席足元中央

④ 運転席足元左側

⑤ センターコンソール右側

⑥ 助手席足元右側

⑦ ステアリング右脇パネル裏側

⑧ 助手席足元左側

⑨ センターコンソール左側

⑩ センターコンソール下

上記①∼⑩の位置で車両 OBD Ⅱコネクターを探

して接続を行なってください。

車両によってはカバーが付いていたり、コンソー

ル内に存在する場合があります。

警告

• アクセルやブレーキなどのペダル操作や、ハンドル操作などの運転操作の妨げに

なるような配線は行わないでください。事故や怪我の原因となります。

• ドアや車両金属部などに挟み込まないように配線を行なってください。

注意

OBD Ⅱアダプターを接続する際は、必ずキーを抜いた状態、または車両電源が OFF

の状態で行なってください。故障の原因となります。

車両 OBD Ⅱコネクターにカバーが付いている場合、OBD Ⅱアダプターを取付ける

ことにより、カバーが閉まらなくなることがあります。

付録

取締りの種類と方法

レーダー式の取締り

● ステルス式取締方法(有人式取締り)

取締り対象の車が取締機の近くに接近してから、レーダー波を発射する

狙い撃ち的な取締り方式です。走行車両の先頭や、前方走行車との車間

距離が極端に長い場合などに測定されるケースが多く、100m 以下の

至近距離でレーダー波を発射するため、受信できなかったり、警報が間に

合わないことがありますので、先頭を走行するときは、注意が必要です。

取締り対象車両

(車間距離が極端に長い)

取締り対象車両

(先頭を走行)

ステルス取締り

(接近してからレーダー波を発射)

● レーダー式取締方法

(有人式取締り/オービス式取締り/移動式小型オービス)

レーダー波を常時発射し、通過する車両の速度を測定します。

また、オービス式の場合は、違反車両を自動的に写真撮影します。多くの

取締り現場に採用しておりレーダー波も 500m 以上の距離から受信する

ことができます。また、オービス式であれば、本製品に位置データが登録

してある場合、最長 2km より警報を行います。

○有人式取締り ○オービス式取締

遠くより警報を行う レーダー取締り

(常時レーダー波を発射)

遠くより警報を行う レーダー取締り

(常時レーダー波を発射)

58

付録

● 新 H システム式取締方法(オービス式取締り)

レーダー波を間欠発射し、通過する車両の速度を測定し違反車両の写真撮影

を自動で行い、警察本部の大型コンピュータへ専用回線で転送されます。

レーダー波も 500m 前後で受信します。また、本製品に位置データが登録

してある場合、最長 2km より警報を行います。

新Hシステム

警報を行う

● 移動オービス式/パトカー車載式取締方法

ワンボックス車の後部にレーダー式オービスを搭載し、違反車両を取締る

移動オービスとパトカーの赤色灯を改良して取締機を搭載したパトカー

車載式があります。どちらも出力の強いレーダー波を発射しますので、

500m 以上の距離から受信することができます。

※ 移動オービスで、本製品で探知できない光電管式もあります。

● ダブルオービス式取締方法

固定式オービスの先に移動式オービスを設置することで、固定式オービス

通過後に速度を上げる車両をねらい撃ちする二重オービスの呼称です。

移動式オービス

オービス

付録

レーダー式以外の取締り

● ループコイル式取締方法(オービス式取締り)

測定区間の始めと終わりに磁気スイッチ(金属センサー)を路面下、中央

分離帯などに埋め込み、通過時間から速度を算出し、違反車両の写真を

撮影します。本製品に位置データが登録してある場合、最長 2km より

警報を行います。

センサー部 赤外線カメラ

● ループコイル式オービスシステム

速度計測部はループコイル式と同様で、撮影ユニットをデジタル化し、

通信機能を搭載した取締機です。本製品に位置データが登録してある場合、

最長 2km より警報を行います。

センサー部 撮影ユニット

● LH システム式取締方法(オービス式取締り)

速度計測部がループコイル方式で、違反車両の写真撮影が H システム方式

の取締機です。従来のレーダー探知機では警報ができませんでした。本製

品では位置データが登録してある場合、最長 2km より警報を行います。

LHシステム

センサー部

60

付録

● 光電管式取締方法(有人式取締り)

2 点間に置かれたセンサーの通過時間から速度を算出し、違反車両を特定

します。

● 追尾式取締方法

パトカー・覆面パトカー・白バイなどが、一定の車両間隔を保った状態で

後方を追尾し、走行速度を測定し記録します。

POLICE

アドバイス

光電管式取締方法(有人式取締り)および追尾式取締方法はレーダー波を発射

しないタイプの取締方法のため本製品では探知できません。(光電管式取締方法に

関しては本製品の取締ポイントに登録されている地点(⇒ P36) であれば GPS

警報を行います)

● NH システム式取締方法

通過車両を一定のシャッタースピードで撮影し、写真画像の残像をコン

ピュータで解析し残像の度合いによって走行速度を割出すシステムです。

現在は車両識別用監視カメラとして稼動していますが、将来的には取締り

に使用される可能性があります。

NHシステム

長さ

61

付録

初期状態に戻す(オールリセット)

登録したすべてのデータをリセット ( 初期化 ) し、お買い上げ時の状態に戻

します。

※ 更新した GPS データは初期化されません。

アドバイス

・ 消去したデータの復元はできません。

・ お買い上げ時にあらかじめ登録してあるデータは消去できません。

・ ディスプレイモード中はオールリセットできません。

リセット方法

レーダー本体の電源が OFF の状態で、【VOL −スイッチ】と【VOL +ス

イッチ】を押しながら、電源を ON にしてください。

① 【VOL −スイッチ】と

【VOL +スイッチ】を

押しながら

② 車 両 の 電 源 を ACC

 または ON にします。

③ 「オールリセットしま

した」のアナウンスと

LED が 全 点 灯 す れ ば

リセット完了です。

青点灯 赤点灯

ON

PWR GPS RADAR RCV

ZERO100L

VOL−

スイッチ

VOL+

スイッチ

PWR GPS RADAR RCV

62

付録

ディスプレイモード(販売店向け機能)

レーダー本体の一連の動きをデモンストレーションします。本製品を店頭

ディスプレイとして使用する場合に、設定してください。

設定方法

レーダー本体の電源が OFF の状態で、【MUTE スイッチ】を押しながら、

電源を ON にしてください。

① 【MUTE スイッチ】を

押しながら

② 車 両 の 電 源 を ACC

または ON にします。

③ LED が点灯し、ディ

ス プ レ イ モ ー ド が 始

まります。

青点灯 緑点灯

ON

PWR GPS RADAR RCV

PWR GPS RADAR RCV

MUTEスイッチ

解除方法

再度【MUTE スイッチ】を押しながら電源を ON にすると、ディスプレ

イモードは終了します。

63

付録

故障かな ? と思ったら

製品に異常があった場合、下記内容をご確認ください。

症 状

電源が入らない

ここをチェックしてください。

● USB シガープラグコードが抜けかかっていませんか?

●車両シガーソケットを分岐していませんか?

● データ更新をした後ではないですか?データ更新が正常に終了し

ていないと、電源が入らないことがあります。再度データ更新を

行なってください。

GPS 衛星を受信しない

警報をしない

GPS 警報をしない

レーダー警報をしない

●フロントガラスが断熱ガラス等ではありませんか?

●レーダー本体は正しく取付けられていますか?

●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

●音量は正しく設定してありますか?

●走行エリアの設定は正しく設定してありますか?

● LSC 機能が作動していませんか?

●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

●反対(対向)車線上のオービスではありませんか?

●オービス・N システム以外のカメラではありませんか?

● GPS 設定で OFF になっている警報ではありませんか?

●新たに設置されたオービス・N システムではありませんか?

●誤って警報キャンセルを設定していませんか?

●走行エリアの設定は正しく設定してありますか?

●レーダー式以外の取締りではありませんか?

●誤ってレーダーキャンセルを設定していませんか?

●レーダー受信感度は適正ですか?

無線警報しない

LSC 機能が働かない

●無線設定で OFF になっている警報ではありませんか?

● LSC 設定が OFF になっていませんか?

ASC 機能が働かない ● ASC 設定が HYPER になっていませんか?

ユーザーポイント、レー

ダーキャンセルポイント、

●各機能の登録可能件数の上限を超えて登録しようとしていませんか?

警報キャンセルポイント

の登録ができない

●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

参照ページ

10 ページ

4 ページ

25 ∼ 27 ページ

4 ページ

9 ページ

9 ページ

14 ページ

28 ページ

22 ページ

9 ページ

31 ページ

32,35 ページ

29 ページ

25 ページ

18 ページ

28 ページ

59,60 ページ

17 ページ

20 ページ

47 ページ

22 ページ

20 ページ

9 ページ

15,17,18

ページ

OBD Ⅱアダプター接続時

症 状

電源が入らない

ここをチェックしてください。

● 車両 OBD Ⅱコネクターに確実に接続されていますか?

● ディップスイッチの設定が車両ごとの設定内容と合っていますか?

突然本製品の電源が OFF

になった

● OBD Ⅱアダプターのコネクターが外れていませんか?車両の振動に

よってコネクターが緩むことがあります。

参照ページ

56 ページ

56 ページ

64

付録

製品仕様

レーダー本体

電源電圧 DC12V 専用

最小消費電流 50mA 以下

受信周波数

・GPS(1575.42MHz)

最大消費電流

受信方式

重量

200mA 以下

パラレル 22ch

ダブルスーパーヘテロダイン

47g

対応 SD カード microSD/SDHC カード

・X バンド(10.525GHz)

・K バンド(24.200GHz)

・取締り用連絡無線(350.1MHz 帯)

・カー・ロケーター・システム(407MHz 帯)

測位更新時間 最短 0.5 秒

検波方式

動作温度範囲

本体サイズ

FM トラッキングタイムカウント方式

10℃∼ 60℃

・デジタル無線(159 ∼ 160MHz 帯)

・署活系無線(347MHz 帯、361MHz 帯)

・警察ヘリテレ無線(340 ∼ 372MHz 帯)

/ mm

・消防ヘリテレ無線(382 ∼ 383MHz 帯)

・取締特小無線(422MHz 帯)

1GB ∼ 16GB

・レッカー無線(154MHz 帯、

465 ∼ 468MHz 帯)

・新救急無線(371MHz 帯)

・消防無線(150MHz 帯、466MHz 帯)

・高速管理車両無線(383MHz 帯)

・警察活動無線(162MHz 帯)

・警備無線(468MHz 帯)

・ タクシー無線(458 ∼ 459MHz 帯、

467MHz 帯)

※ 本製品はおもに取締りに使用されている周波数を中心に受信します。そのため、

記載されている周波数帯であっても受信できない周波数があります。

取扱説明書はホームページ上でも公開しています。 http://www.e-comtec.co.jp/

65

さくいん

1/A

350.1MHz 警報 …………………………… 51

ASC 機能 …………………………………… 20

GPS …………………………………………… 5

GPS データを更新 ………………… 25 ∼ 27

LSC 機能 …………………………………… 22 microSD/SDHC カード ………………… 13

N システム /NH システム警報 …………… 35

OBD Ⅱアダプター ……………………56,57

SA/PA/HO 警報 …………………………… 39

ZR-02 …………………………… 4,10,12

アナウンス機能……………………………… 23

アラーム……………………………………… 24

移動式小型オービス………………………… 58

オートディマー機能………………………… 14

オートボリュームダウン機能……………… 14

オービス警報………………………………… 32

オールオンモード………………………29,47

オールリセット……………………………… 62

おまかせモード…………………………29,47

音量調整……………………………………… 14

各部の名称…………………………………6 ∼ 8

過積載取締機ポイント警報………………… 37

カーロケ無線警報…………………………… 50

冠水エリア警報……………………………… 45

逆走お知らせ警報…………………………… 43

急カーブポイント警報……………………… 40

警察活動無線警報…………………………… 53

警察署エリア警報…………………………… 38

警察ヘリテレ………………………………… 53

警備無線警報………………………………… 55

警報キャンセルポイント登録 / 解除……… 18

県境ポイント警報…………………………… 41

高速管理車両無線警報……………………… 55

高速道路交通警察隊エリア………………… 38

交番エリア警報……………………………… 38

誤警報地点の登録 / 解除…………………… 17

故障かな ? と思ったら …………………… 64

梱包内容………………………………………… 6

事故ポイント警報…………………………… 38

準天頂衛星「みちびき」 ……………………… 5

消防署エリア警報…………………………… 43

消防ヘリテレ………………………………… 53

消防無線警報………………………………… 54

署活系無線警報……………………………… 52

白バイ警戒エリア警報……………………… 37

新救急無線警報……………………………… 54

信号無視取締機ポイント警報……………… 36

スクールエリア警報………………………… 42

66

ステルス式取締方法………………………… 58

ステルス波受信……………………………… 46

ゾーン 30 警報 …………………………… 44

走行エリア…………………………………… 28

タクシー無線警報…………………………… 55

ダブルオービス警報………………………… 34

駐車監視エリア警報………………………… 42

ディスプレイモード………………………… 63

データ更新…………………………… 25 ∼ 27

デジタル無線警報…………………………… 51

テスト機能…………………………………… 14

取締特小無線警報…………………………… 52

取締ポイント警報…………………………… 36

取締用連絡無線……………………………… 51

取付け…………………………………… 9 ∼ 11

トンネルポイント警報……………………… 40

パスメモリ…………………………………… 19

パトロールエリア警報……………………… 53

踏切ポイント警報…………………………… 44

分岐 / 合流ポイント警報…………………… 41

保証規定……………………………………… 67

保証書…………………………………………裏面

道の駅ポイント警報………………………… 39

ミュート……………………………………… 16

無線キャンセル登録 / 解除………………… 19

ユーザー登録ポイント警報………………… 32

ユーザーポイント登録 / 解除……………… 15

ラウンドアバウト警報……………………… 45

ループコイル式オービスシステム………… 60

レーダー警報………………………………… 46

レッカー無線警報…………………………… 54

ワイド無線警報……………………………… 52

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement