技術英語講読

技術英語講読
様式A
技術英語講読(福田)
科目にかかわる情報
科目の
授業科目
技術英語講読
(欧文)
Reading on Technical English
基本
一般・専門の別・
情報
学習の分野
専門・自然科学系基礎
・
対象学生
単位
2
授業形態・学期
講義・前期
必修・選択必修・
選択
共通
MS-1
選択の別
教員に
担当教員・所属
かかわ
研究室等の連絡先
研究室:福田,機械・電気電子工学科棟1階
E-mail:[email protected]
る情報
基礎となる学問分野
科目の
学習・
福田昌准・機械工学科
工学/機械工学
学習・教育目標
F(F-2)
機械・制御システムに関する取扱説明書,マニュアル,教科書
授業の概要
等の技術英文の講読と文献紹介を行う。専門知識を確認しながら
教育内
読解力の育成を図るとともに,技術英文の内容をまとめて発表す
容にか
る文献紹介を通してプレゼンテーション能力とコミュニケーショ
かわる
ン能力の育成を図る。
情報
英文の技術書や取扱説明書の内容を理解して仕事に活用したり,
学習目的
これを要約して分かりやすく伝えるための素養を育成する。
1.技術英語単語の理解を深める。
到達目標
2.専門知識を生かして,簡単な技術英文を理解できる。
3.技術英文の内容を要約して発表し,質疑応答に対応できる。
履修に
履修上の注意
本科目は「授業時間外の学習を必修とする」科目である。1単
かかわ
位あたり授業時間として15単位時間開講するが,これ以外に3
と履修
0単位時間の学習が必修となる。これらの学習については担当教
のアド
員の指示に従うこと。
バイス
文献紹介(発表)を行わない場合は,単位認定をしない。
技術者教育
プログラムとの関連
本科目が主体とする学習・教育目標は「(F)コミュニケーショ
ン能力,プレゼンテーション能力の育成,F-2:発表や討論を
とおして,相手の考えや知識の相互理解ができること」である。
付随的には「A-2」にも関与する。
専門分野の基礎知識が前提となる。必ず予習をし,毎日英語に
履修のアドバイス
触れる機会を持つように心掛けること。
基礎・
関連科
基礎科目
英語,機械工学・電子制御工学に関する専門基礎知識
関連科目
実践英語Ⅰ(専1),実践英語Ⅱ(専2)
目にか
かわる
情報
様式B
技術英語講読(福田)
授業にかかわる情報
「技術英文の講読」では,学生が技術英文を和訳することによって授業
授業の方法
を進め,裏付けとなる専門基礎知識の確認も併せて行う。
「文献紹介(発表)」では,内容をまとめる(概要作成)とともにプロジェ
クターなどを用いて口頭による発表を行い,質疑応答を通して内容の理解
を深める。
開講週
授業時間内の学習内容〔項目〕
1週
2週~4週
●
●
前
授
期
授業時間外の学習内容〔項目〕
(指示事項)
(指示事項)
講義の概要〔ガイダンス〕
予習・復習,特に予習が前提となる.
大学入試問題(1)
数回,予習の状況を確認し,これを
取扱説明書(1)〔VCR〕
評価に加える.
オットーサイクル,応力ひずみ
5週・6週
●
短文(1)〔温度目盛,オームの
業
法則,フライス盤〕
計
大学入試問題(2)〔アレルギー〕
画
ベルヌーイの定理
単語テスト(1)(6週目)
7週・8週
●
ジュール熱,インターネット
商品の注意書き,携帯電話
9週~ 11 週
●
小テスト(9週目)
ロボット,自動車生産・アルキ
メデスの原理
取扱説明書(2)〔アイロン〕
大学入試問題(3),
12 週・13 週
●
短文(2)〔トランス,ボイルの
文献紹介準備(冬季休業前に文献提
法則など
示)〔概要作成,発表準備など〕
大学編入学試験問題
コンピュータ音楽
14 週・15 週
●
単語テスト(2)(14 週目)
文献紹介〔準備と発表〕
概要作成(主に自宅)
プログラム(概要付)を作成
(期末試験)
教科書:自作の教材(プリント)
教科書,教材等
参考書:
試験成績(70%)〔期末試験成績(50%),小テストおよび単語テスト
成績評価方法
(20%)〕,文献紹介(発表)(20%),授業時間外の学習成果(10%)の
総合評価とする。
試験(単語テストを除く)には英和辞典の持込を許可する。
受講上のアドバイス
エンジニアに英語は必須である。授業には,各自で自発的,積極的に取
り組むとともに,英語に触れる機会を多く持つように心掛けること。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement