HP CloudSystem Matrix

HP CloudSystem Matrix
ASCEND
HPのIT戦略『 HP Converged Infrastructure 』を
具現化したプライベートクラウドを
実現するプラットフォーム
HP CloudSystem
Matrix
HPのIT戦略『 HP Converged Infrastructure 』を具現化した
プライベートクラウドを実現するプラットフォーム
HP CloudSystem Matrix
ITスプロールからの脱却
HP CloudSystem Matrix導入のメリット
アプリケーション要件に合わせてシステム構築を行ってきたこ
プライベートクラウド環境の実現
とにより、異機種混在の膨大なハードウェア環境が形成され、多
柔軟なリソースプールを提供し、要求に対して迅速にシステム
くの企業におけるIT運用の課題となっています。
を構築・提供が可能
一般に、これらシステム維持にかかる費用は、年間の IT 予算の
70%と試算されており、システム変更に対する柔軟性の欠如と
ともに、業務プロセスの刷新・変化や新規ビジネスの立ち上げに
伴う新規システムの導入の足かせとなっています。
このITスプロールから脱却するための手段として、必要な時に必
要なITサービスを迅速に構築・提供可能な基盤として、物理・仮想
環境を集約・統合プラットフォーム
「HP CloudSystem Matrix」が
最適解です。
アプライアンス型による容易な導入
必要なリソースと管理機能をすぐ使える状態で納品。コンフィグ
レーションや購入後のセットアップに関するお悩みは不要
運用管理工数の削減
直観的にわかりやすいGUI 管理機能と、ネットワーク再配線不
要に加え、物理・仮想環境に対応した管理ツールにより、運用管
理の工数を大幅削減
圧倒的な導入実績と信頼性
世界で最も売れているHP CloudSystem c-Classを中核に、販
売実績豊富なコンポーネントで構成された、安心と実績のある
アイコンを使って図を描き
アプライアンス
自動構築
システムを
仮想・物理サーバーの
混在システム対応
システムを提供する際の
コスト・期間設定
仮想サーバーの最適配置を
シミュレーション
HP Converged Infrastructure(コンバージド・インフラストラクチャ)
IT のスプロール化(無秩序な拡大)によって、IT 予算の 70%が運用/保守に費やされ、新規アプリケーションへの投資は
30%に抑制されています。HP Converged Infrastructureによって、この比率を逆転させることができます。
HP Converged Infrastructureは、コンピューター、ストレージ、ネットワーク、電源冷却およびIT設備の既存リソースの
統一管理を可能にすることで、仮想化され、高度に自動化された弾力性のあるデータセンターを実現する戦略、アーキ
テクチャーです。ビジネス価値の迅速な創出、管理の合理化、利用率の向上、およびエネルギーコストの低減といった利
点をもたらします。
インフラからアプリケーションまで自動プロビジョニング
HP CloudSystem Matrixは、サーバーとネットワーク、ストレージで構成されるシステム基盤構築、仮想および物理サーバー上で稼働するOSまでを提供する
「Basic構成」
と、さらにそのOS上で稼働するアプリケーションのインストールやパラメーター設定、パッチのインストールまでを一気通貫で実行、さらにアプ
リケーションやOSの稼働監視まで行うことができる「Full構成」
と、必要な機能レベルに合わせた構成を選択することができます。
(Basic構成は導入後にFull
構成にアップグレードすることも可能)
「Full構成」のHP CloudSystem Matrixは、
「Basic構成」の構成要素であるHP BladeSystem
(ハードウェア)、Matrix OE
(Matrix基本管理ソフトウェア)
に加
え、
「HP Cloud Service Automation for Matrix」
(Matrix拡張管理ソフトウェア)
がインテグレーションされます。これにより、
システム利用者は専用ポータル
サイト上のサービスカタログから利用したいメニュー選ぶだけで、
インフラやアプリケーションの構築・監視まで、一連の作業が自動的に行われて、従来に比べ
きわめて短時間で利用できるようになります。
ハードウェア
基本管理ソフトウェア
拡張管理ソフトウェア
HP BladeSystem
Matrix OE
Cloud Service Automation for Matrix
MatrixのFull構成とBasic構成
Matrix
Basic構成
Matrix
Full構成
サーバー(仮想、物理)の実装・監視OSの実装
OSまで
サーバー(仮想、物理)の実装・監視OSの実装
アプリの実装・監視
提供
APまで
提供
MatrixのFull構成時のライフサイクル
GO
インフラの
プロビジョニング
アプリケーションの
プロビジョニング
共有リソースプール
へリソース返却
システムの
管理とモニター
サービスポータルからのリクエスト
次世代データセンター用プロセッサー
インテル ® Xeon ® プロセッサー 5600 番台
インテル® Xeon® プロセッサー 5600番台は、最新の32nmプロセスで製造される、
拡張版インテル® マイクロアーキテクチャー Nehalemベースの最新世代プロセッサーです。
インテル® Xeon® プロセッサー 5600番台
(インテル社開発コード名:Westmere-EP)
は、サーバー向けで最初の32nm製造
プロセスを採用した最新世代のインテル® Xeon® プロセッサーです。前世代のインテル® Xeon® プロセッサー 5500番台に
搭載されていたインテル® マイクロアーキテクチャー Nehalemも強化されており、処理性能と電力効率も向上しています。
向上した処理性能
電力効率のさらなる強化
インテル Xeon プロセッサー 5600番台は、CPUコア数がソ コア数およびキャッシュ・サイズを従来の1.5倍に拡張し、さらに
ケットあたり最大6コアになり、L3キャッシュメモリ容量もインテ 最新の32nmプロセスを用いることで、インテル® Xeon® プロ
ル® Xeon® プロセッサー 5500番台の8MBから12MBに向上 セッサー 5600番台は、同じ消費電力でも前世代製品より高い
し、処理性能の向上が実現されています。6コアプロセッサーモ 性能を実現し、電力効率が40%向上されています。
デルでは、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーを利
用すれば1システムで2ソケット24スレッドの同時実行が可能に
なります。
®
®
優れた仮想化性能
インテル® Xeon® プロセッサー 5600番台は、幅広いベンチマークに置いて性能向上を実現し、特に仮想化に置いてはインテル®
Xeon® プロセッサー 5500番台と比較すると最高62%の性能向上を実現しています。また、32nmプロセスで製造されるため、イ
ンテル® Xeon® プロセッサー 5500番台と比較すると電力効率が約40%向上しています。これにより、
より多くのバーチャルマシ
ンをより少ない消費電力で稼働させることとなり、エネルギーコストを大幅に削減することが可能となります。
ベースライン性能※1
仮想化性能
機能向上
SPECint*_rate_base2006Performance
10
仮想化性能※2
VMmark* Performance
10
インテルQPI
バンド幅向上
5
5
0
インテル® Xeon®
プロセッサー 5600番台
安全に関するご注意
最高10倍
性能向上
インテル
®
2006
Xeon®
5100
2007
Xeon®
5300
2008
Xeon®
5400
2009
Xeon®
5500
2010
Xeon®
5600
VT-x
VT-d
VT-c
VT
0
2006
Xeon®
5100
2007
Xeon®
5300
2008
Xeon®
5400
2009
Xeon®
5500
※1: 出典:SPEint*_rate_2006を用いたインテル® Xeon® プロセッサー 5600番台のインテル社内で行った測定結果に基づく
(2011年1月31日現在)
。詳細については www.spec.orgを参照してください
(2010年2月現在)
。
※2: Vmmark結果による測定値
(2010年10月20日現在)
。
SYSmark及びMobileMarkによる性能に関するテストや評価は、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、またはそれらを組み合わせて行ったものであり、このテストによるインテル製品の性能の概算の値を表しているも
のです。システム・ハードウェア、
ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。システムやコンポーネントの購入を検討される場合は、ほかの情報も参考にして、
パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。
ご使用の際は、
商品に添付の取扱説明書をよくお読みの上、
正しくお使いください。水、
湿気、
油煙等の多い場所に設置しないでください。火災、
故障、
感電などの原因となることがあります。
お問い合わせはカスタマー・インフォメーションセンターへ 03-6416-6520 月∼金 9:00∼19:00 土 10:00∼17:00(日、祝祭日、年末年始および5/1を除く)
HP ProLiant製品に関する詳細情報は http://www.hp.com/jp/proliant
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
記載事項は2011年10月現在のものです。
本カタログに記載された内容は、予告なく変更されることがあります。
© Copyright 2011 Hewlett-Packard Development Company,L.P.
日本ヒューレット・パッカード株式会社
〒136-8711 東京都江東区大島2-2-1
JPB11576-01
2010
Xeon®
5600
本カタログは、環境に配慮した用紙と
植物性大豆油インキを使用しています。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement