取扱説明書 - エー・アンド・デイ

取扱説明書 - エー・アンド・デイ

1WMPD4000071E

注意事項の表記方法

「取扱いを誤った場合、使用者が死亡または重傷を負う危険の状態が生じることが想定

される場合」について記述します。

「取扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負うかまたは物的損害のみが発生する危険の状

態が生じることが想定される場合」について記述します。

「取扱いを誤りやすい場合」や「本機を使用するときの一般的なアドバイス」につい

て記述しています。

ご注意

(1)

本書の一部または全部を無断転載することは固くお断りします。

(2)

本書の内容については予告なしに変更することがあります。

(3)

本書の内容について、ご不審な点や誤り、記載もれなどお気づきの点がありましたら、ご連絡ください。

(4)

当社では、本機の運用を理由とする損失、損失利益等の請求については、(3)項にかかわらずいかなる責任も

負いかねますのでご了承ください。

©

2000 株式会社 エー・アンド・デイ

株式会社エー・アンド・デイの許可なく複製・改変などを行なうことはできません。

基本編

1.はじめに

..............................................................................................................................3

特長

.........................................................................................................................................4

2.製品構成(各部の名称)、設置と注意

.................................................................................5

組立・設置

..............................................................................................................................6

計量前の注意(設置条件と計量準備)

...................................................................................7

計量中の注意(より精密な計量を行うために)

.....................................................................7

計量後の注意(天びんの保守管理)

.......................................................................................8

電源についての注意

................................................................................................................8

3.表示とキーの基本操作(基本動作)

...................................................................................9

4.計量

...................................................................................................................................10

基本的な計量

........................................................................................................................10

モードの切替

........................................................................................................................10

個数計量

................................................................................................................................10

%計量モード(パーセント計量モード)

..............................................................................12

天びんの適性化

5.環境設定/自己点検機能

...................................................................................................12

自動環境設定/自己点検機能

...............................................................................................13

手動環境設定

........................................................................................................................13

6.キャリブレーション(天びんの校正)

..............................................................................14

自動校正(温度変化による校正)

........................................................................................15

内蔵分銅によるキャリブレーション(ワンタッチ・キャリブレーション)

........................15

お手持ちの分銅によるキャリブレーション・テスト

............................................................16

機能の活用

7.機能選択と初期化

..............................................................................................................17

機能選択

................................................................................................................................17

初期化

...................................................................................................................................18

8.内部設定

............................................................................................................................19

内部設定の表示と操作キー

...................................................................................................19

項目一覧

................................................................................................................................20

環境・表示の解説

.................................................................................................................23

データ出力の解説

.................................................................................................................24

データフォーマットの解説

...................................................................................................25

1

データフォーマットの出力例

...............................................................................................28

単位(モード)登録の解説

...................................................................................................29

時刻・日付の確認と設定方法

...............................................................................................29

コンパレータの解説

..............................................................................................................30

9.GLPとIDナンバ

..........................................................................................................32

主な用途

...............................................................................................................................32

IDナンバの設定

.................................................................................................................32

GLP出力

............................................................................................................................33

10.データメモリ機能

..........................................................................................................36

データメモリ使用上の注意事項

............................................................................................36

データメモリの使用方法・計量値データの場合

...................................................................37

データメモリの使用方法・校正履歴の場合

..........................................................................39

データメモリの使用方法・単位質量の場合

..........................................................................40

11.床下ひょう量金具

..........................................................................................................41

12.比重(密度)測定

..........................................................................................................42

RS-232Cインタフェース

13.RS-232Cインタフェース

.....................................................................................45

インタフェースの仕様/外部入力...................................................................................45

周辺機器との接続............................................................................................................46

コマンド ..........................................................................................................................48

保守管理

14.保守

...............................................................................................................................51

お手入れ

...............................................................................................................................51

15.トラブル(故障)への対応

............................................................................................51

天びんの動作確認や測定環境、測定方法の確認

...................................................................51

エラー表示(エラーコード)

...............................................................................................52

その他の表示

........................................................................................................................54

修理依頼

...............................................................................................................................54

16.仕様

...............................................................................................................................55

外形寸法図

............................................................................................................................56

オプション

............................................................................................................................56

17.用語と索引

.....................................................................................................................58

2

1.はじめに

このたびは、エー・アンド・デイの電子天びんをお買い求めいただきありがとうございます。GX-

Rシリーズは

*新計量法(平成 4 年 5 月 20 日法律第 51 号)対応の基準適合証印又は検定証印付き天びん

です。天びんを理解し、十分に活用していただくため使用前に本書をよくお読みください。

*新計量法対応について

□ 平成 22 年 9 月以降新計量法対応の基準適合証印又は検定証印が付加されます。

□ 旧計量法対応機器は、そのままお使いいただけます。

使用地域

GX-Rシリーズは、自己補正機構で正しく計量するよう校正した場合、日本国内どこでも「取引」

や「証明」に使用できます。

校正(自己補正機構)

校正(キャリブレーション)が必要なのは、天びんを新たに設置した場合、移動した場合、使用環

境が変化した場合などです。また設置した天びんの定期的な校正も必要です。(14ページ参照)

使用範囲

正しく計量するために天びん本体に記載されている「使用範囲」内で計量してください。

定期検査

「取引」や「証明」に使用する天びんは、2年毎に計量法に基づく定期検査を受ける必要がありま

す。この定期検査の前にメーカの定期点検をご希望される場合は、お買い求めの販売店又はお近く

の都道府県計量検定所までお問い合わせください。

※ グラム(g)と宝石用カラット( ct)の単位が検定対象で「取引」・「証明」に使用できます。

※ 検定付きの天びんでは、法規制により外部分銅による校正は行えません。

本書の構成

基本編

·············································· 基本的な操作・計量方法と注意事項を記述しています。

天びんの適性化

································ 天びんを設置した場所の風や振動の状態(使用環境)に対応

して表示の応答特性(安定度)を調整する機能の説明と、室

温が温度変化しても計量精度を維持するための機能の説明と、

天びんの校正の説明です。

機能の活用

······································· 天びんに備わった機能の説明です。

RS-232Cインタフェース

······· 天びんの計量値やデータを出力するインタフェースです。使

用するには、パソコンまたは、オプション・プリンタが必要

です。

保守管理

··········································· 天びんの保守や、トラブル(故障)が生じた場合の説明です。

3

特長

□ 基準適合証印付き(1級、2級)のため、日本国内での「取引」 「証明」に使用することができます。

□ 設置場所を移動しても内蔵分銅で校正して使用することができます。

□ 温度変化に応じて自動的に内蔵分銅でキャリブレーションします。(自動校正)

□ 使用環境(風、振動)に応じて表示の応答特性(安定度)をキー操作により自動調整します

(自動環境設定)。また、内蔵分銅を利用して天びんを自分自身で点検できる自己点検機能を

備えています。

□ 測定物を載せてから表示値を読み取るまでの応答時間について、約1秒を実現しました。

(応答特性が

FAST のとき)

□ 計量値や校正結果、複数の単位質量(個数モードでサンプル1個あたりの質量)を記憶できる

データメモリ機能を搭載しています。(計量値のデータのみの場合で最大200個記憶)

計量値を定期的に計量しデータメモリに記憶するインターバルメモリモード付きです。

□ GLPに対応した保守記録を出力できます。

□ 天びん内部に時計機能が内蔵されていますので、日付・時刻付きで計量値を出力できます。

□ 天びんの使用残量が分かるひょう量インジケータ機能付きです。

□ 比重測定、磁性体測定に使用する床下ひょう量金具を標準装備しています。

□ 4種類の計量モードを選択できます。 g、ct(カラット)、pC(個数)、pct(%)。

□ 固体比重(密度)を計算できる比重計モードを搭載しています。

□ 天びんの計量値やデータを出力するRS-232Cインタフェースを標準装備しています。

また、付属のデータ通信ソフトウエア

WinCTにより、Windowsパソコンとの通信が容易に行え

ます。

Windowsは米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。

□天びんの操作を容易に確認できるステップカード付きです。

□ GX-200R/300R/400R/600R/800R/1000Rには、より精密な計量ができ

るように小型風防が付属しています。

4

2.製品構成(各部の名称)、設置と注意

本製品は精密機器ですので、開梱時の取り扱いには気をつけてください。また、機種により梱包内容

が異なりますので、品物がそろっているかよくご確認ください。

なお、梱包箱や梱包材は修理時の輸送に使う場合がありますので、保管をお勧めします。

GX-200R/300R/400R/600R/800R/1000R の場合

5

GX-2000R/3000R/4000R/6100R/6000R/8000R の場合

組立・設置

① 天びんを設置する場所については、後述の「注意」を考慮してください。

② 前項の「製品構成」を参考にしながら、計量皿と風防枠(GX-200R/300R/400R/

600R/800R/1000Rの場合は小型風防)を組み立ててください。

③ 水平器の赤い円の中に気泡が入るように、足コマを回して天びんの水平を合わせてください。

④ 天びん背面のACアダプタ入力ジャックにACアダプタを差し込み、もう一方のプラグをコン

セントに差し込んでください。(使用前に30分以上通電してください)

6

計量前の注意(設置条件と計量準備)

電子天びんの性能を十分に引き出すために、下記の設置条件を整えてください。

□ 理想的な設置条件は、20℃±2℃、湿度45~60%RHの安定した環境です。

□ 塵埃の少ない部屋に設置してください。

□ 天びん台は堅固な物を使用してください。(防振台、石盤が理想です)

□ 部屋の中央よりもすみの方が、また建物の2階、3階よりも1階の方が振動が小さく、計量に

適しています。

□ エアコン等の近くに天びんを設置しないでください。

□ 直射日光のあたらない場所に設置してください。

□ 磁気を帯びた機器の近くに天びんを置かないでください。

□ 足コマを回して水平器の気泡が赤い円の中央に位置するように

してください。

□ 使用前には必ず30分以上通電してください。(ACアダプタ

を電源に接続した状態)

□ 天びんを始めて使用する場合、使用する場所を変えた場合や計

量を始めるときには、正しく計量できるよう必ずキャリブレー

ションを行ってください。「6.キャリブレーション」を参照し

てください。

腐食性ガス、引火性ガスが漂うところに設置しないでください。

計量中の注意(より精密な計量を行うために)

正確な計量を行うためには、下記の事項に注意してください。

□ 静電気の影響により、計量誤差を生じることがあります。

特に湿度が45%RH以下になるとプラスチック等の絶縁物

は帯電しやすくなります。静電気のエネルギーが大きい場合

は、天びんを保護する意味で接地します。また計量誤差を低

減するために下記の対処をしてください。

別売品の除電器AD-1683を使い、試料の静電気を直

接除去する。

天びんの設置場所の相対湿度を高くする。

試料を導電性の金属製容器等に入れて計量する。

プラスチック等の帯電物は湿った布で拭いて静電気を抑える。

□ 磁気の影響により計量値に誤差が入る事があります。磁性体

(鉄など)を測定する場合は、床下計量等の方法により天び

ん本体と試料とを遠ざけてください。

□ 周囲の温度と計量物(風袋を含む)の温度に差があると、計

量誤差が生じる事があります。例えば、室温20℃のときに

40℃のフラスコの周囲には対流が生じて本来の重さよりも

軽く表示されます。計量物や風袋はできるだけ周囲の温度に

なじませてから測定してください。

□ 計量操作は丁寧に素早く操作してください。測定に時間がか

かると計量室内の温湿度の変化、空気の乱れや試料の反応・

湿度の吸収により誤差要因が多くなります。

7

□ 計量皿にものを載せるときは、衝撃的な荷重やひょう量を越

えた荷重を加えないでください。また、計量物は皿の中央に

載せてください。

□ キーを押すときはペンなど先の尖ったもので押さずに指でキ

ーの中央を押してください。

□ 測定誤差をなくすために計量前に必ず

RE-ZERO キーを押

してください。

□ 測定結果には空気の浮力の誤差が含まれています。空気の浮

力は試料体積や大気圧、温度、湿度によって変わります。

精密な測定には浮力の補正を行ってください。

□ 天びん内に異物が入らないようにしてください。(粉体、液体

、金属片など)

□ GX-Rシリーズには本体カバーが付属しております。また、GX-200R/300R/4

00R/600R/800R/1000Rには小型風防が付属しております。これらを梱包から取

り出した後しばらくの間は帯電している場合があります。また、湿度が低い時には、これらが

帯電する場合もあります。計量値が安定しない時や、再現性が悪い場合は、これらを外してみ

てください。湿らせた布で透明な板を拭くと帯電の問題は解決します。また、市販の帯電防止

剤を使用することも効果があります。

計量後の注意(天びんの保守管理)

□ 天びんに衝撃を加えたり、落とさないでください。

□ 天びんを分解しないでください。

□ 強力な有機溶剤で清掃しないでください。清掃には、洗剤を湿らせた柔らかく埃のでない布を

使ってください。

□ 天びん内に埃や水が入らないようにしてください。

電源についての注意

□電源投入直後や内蔵分銅によるキャリブレーション(校正)中など、内蔵分銅の動作中には

ACアダプタを抜かないでください。内蔵分銅が固定されない状態となり、天びんを移動する

際に機構部を破損する恐れがあります。ACアダプタを抜く場合は、必ず

ON:OFF キー

を押し、表示がゼロとなった事を確認してください。

□この電子天びんは、ACアダプタが接続されている限り、常に通電状態となっています。

この状態で天びんに悪影響を及ぼす事はありません。

正確に計量するために使用前に30分以上通電することをお勧めします。

8

3.表示とキーの基本操作(基本動作)

キーを「押してすぐ離した場合」と「押し続けた場合」とでは、

天びんの動作が異なります。通常の計量操作では、キーを「押

してすぐ離す」です。必要がない限り、キーを押し続けないで

ください。

・データメモリ機能の情報を表示

・荷重とひょう量の関係を%表示(ひょう量インジケータ)

NET マーク(風袋引中)

処理中マーク

計量値の安定マーク

電源のスタンバイ・イン

ジケータ

計量値や記憶した

データを表示

表示中のデータナンバ

処理中マーク

点滅中

自動校正の予告

応答特性の設定状態を表示

コンパレータ表示 g、pC(個数)、 ct(カラット)、 pct(%)表示

補助表示マーク

イ ン タ ー バ ル メ モ リ

モード稼動中

キー キーを押した場合(押してすぐ離す) キーを押し続けた場合

表示をオン、オフするキーです。表示をオフすると、スタンバイ・インジケータのみ

表示します。表示をオンすると、計量が可能になります。

ON:OFF キーはいつでも有効で、操作中に ON:OFF キーを押せば必ず表示オフに

なります。

内部設定のメニューを表示します。 計量表示にて押すと、補助表示の有無を切り

替えます。

個数・パーセント表示にて押すと、登録モー

ドに入ります。

内部設定で登録した単位を切り替えます。

g、pC、pct、ct、 )

自動環境設定/自己点検機能のモード

に入ります。

内蔵分銅によるキャリブレーションを開始

します。

キャリブレーション関連のメニューを

表示します。

内部設定により安定時に計量値のデータを

出力します。

出荷時設定では機能なし。

内部設定変更により

・ GLPの「見出し」「終了」を出力し

ます。

・ データメモリ機能のメニューを表示

します。

表示をゼロにします。

9

4.計量

基本的な計量

① 必要に応じて容器等を載せ、

RE-ZERO キーを押し の表示に

します。(小数点の位置は機種により異なります)

② 計量物を載せ、安定マーク 〇

表示後、計量値を読み取ります。

③ 計量後、計量皿に載っているものを取り除いてください。

SAMPLE キーを押すと補助表示をオン/オフします。

※ 補助表示は器差の測定に利用するもので、取引または証明には使用で

きません。

※ 個数モード、%モードでは補助表示は出ません。

※ 内部設定を変更することにより、計量値をデータメモリに記憶すること

ができます。詳しくは「10.データメモリ機能」を参照してください。

表示をゼロにする RE-ZERO キーには2種類の動作があります。

計量皿

容器

・計量値が計量開始時のゼロからゼロ設定範囲なら、ゼロを設定します。

・計量値がゼロ設定範囲を超えているなら、

NET マークが点灯します。

計量皿からも

のを取り除く

機種

ゼロ設定範囲

GX-200R GX-300R GX-400R GX-600R GX-800R GX-1000R

± 4g ± 6g ± 8g ± 12g ± 16g ± 20g

機種

GX-2000R GX-3000R GX-4000R GX-6100R GX-6000R GX-8000R

ゼロ設定範囲 ±

40g

±

60g

±

80g

±

120g

±

120g

±

160g

モードの切替

天びんで使用できるモードは、 g(重量表示モード)、pC(個数モード)、pct(パーセントモード)、 ct(カラットモード)の4種類です。ただし、グラム(g)とカラット(

ct

)の単位のみが検定対

象となります。

MODE キーを押すと、表示のモードが切り替わります。

(比重計モード)を使用する場合は、内部設定で登録する必要があります。

※ 表示させる単位とその順番は内部設定であらかじめ登録することができます。詳しくは、

「8.内部設定」の「単位登録の解説」を参照してください。

個数計量

品物の個数を調べる計量方法です。基準となるサンプルの単位質量(1個の重さ)に対し、計量し

たものが何個に相当するかを計算して表示します。この場合、サンプルの単位質量のバラツキが小

さいほど、正確に計数(品物の個数を計る)できます。また、以下に示すACAI機能を使用する

ことで計量しながら更に計数精度を向上させることができます。

10

個数モードへの切替

MODE キーを押して単位を

pC

にします。( pC =個)

単位質量の登録

② SAMPLE キーを押し、単位質量登録モードに入ります。

※登録モードでも MODE キーを押すと次のモードに切り替わります。

③ さらに SAMPLE キーを押すと、登録時のサンプル数を変更できます。

(10,25,50,100個)

※サンプルの単位質量は、通常多少のバラツキがあると考えられますので、

登録時のサンプル数が多いほうが正確に計数できます。

④ 必要に応じて容器等を載せ、

RE-ZERO キーを押し

25 0

の表示に

します。(25個の例)

⑤ 指定した数のサンプルを載せます。

⑥ PRINT キーを押すと、単位質量を登録して計数表示になります。

(25個のとき

25

pC

※ 載せられたサンプルの重量が軽すぎると判断される(計数誤差が大きく

なる)場合は、サンプルの追加を指示してきますので、表示されたサン

プル数になるように追加して再度 PRINT キーを押してください。

正常に登録されれば計数表示になります。

※ 単位質量が軽すぎて登録不可能の場合は lo を表示します。

※ 登録した単位質量は、電源を切っても記憶しています。

個数モード(計数)

⑦ 計数が可能です。

※ 内部設定を変更することにより、複数(20個)の単位質量をデータメ

モリに記憶し、サンプルの種類により切り替えることができます。詳し

くは「10.データメモリ機能」を参照してください。

ACAI

ACAIはサンプル数を増すごとに計数精度を自動で向上させる(サン

プル1個1個のバラツキが平均化され誤差を少なくする)機能です。

⑥の単位質量登録した後、以下の⑧のステップへ進んでください。

⑧ サンプルを少し追加すると処理中マークが点灯します。(誤動作を防ぐために3個以上追加し

てください。また、載せ過ぎでは点灯しません。表示個数と同程度の個数を目安として追加し

てください。

⑨ 処理中マークが点滅している間はサンプルを動かさないでください。

⑩ 処理中マーク消灯後、精度は更新されます。この作業を繰り返すごとに、計数精度は更に向上

します。また、100個を越えてからのACAIの範囲は特に定めてありません。表示個数と

同程度の個数を目安として追加してください。

⑪ ACAIで使用したサンプルを全て降ろし、計数作業に入ります。

11

%計量モード(パーセント計量モード)

基準となるサンプル重量を100%とした場合、これに対し計量したものが何%に相当するかを

表示します。目標重量に「計り込む」場合や、試料のバラツキを調べるときに有用です。

%計量モードへの切替

MODE キーを押して単位を pct にします。( pct =パーセント)

100%質量の登録(パーセント計量の準備)

SAMPLE キーを押し、100%質量登録モードに入ります。

※登録モードでも

MODE キーを押すと次のモードに切り替わります。

③ 必要に応じて容器等を載せ、

RE-ZERO キーを押し

示にします。

の表

④ 100%に相当するサンプルを載せます。

PRINT キーを押すと、100%質量を登録してパーセントの値を表示

します。

100.00

pct

※100%に相当するサンプルの重量が軽すぎて登録不可能の場合

は lo を表示します。

※ 小数点の位置は100%質量により変化します。

※ 登録した値は電源を切っても記憶しています。

パーセント計量

⑥ パーセント計量が可能です。

5.環境設定/自己点検機能

天びんを設置した場所の風や振動が計量に及ぼす影響を判定して応答特性を自動で設定する機能

です(自動環境設定)。設定は3段階あります。また、手動で設定することも可能です(手動環境

設定)。自動環境設定を選択すると同時に天びん自身で天びんの動作を点検します(自己点検機能)。

表示

FAST

MID.

SLOW

内部設定

Cond 0

Cond 1

Cond 2

応 答 特 性

応答が速い、 振動に弱い

応答が遅い、 安定した表示

自動環境設定または手動環境設定により応答特性が変更された場合、表示書換周期も変更されます。

応答特性が

MID. または SLOW から FAST になった場合、表示書換周期は10回/秒になります。

応答特性が

FAST から MID. または SLOW になった場合、表示書換周期は5回/秒になります。

応答特性が

MID. または SLOW で表示書換周期を10回/秒にしたい場合、また応答特性が FAST

で表示書換周期を5回/秒にしたい場合、内部設定「環境・表示(

ba5fnc

5pd

の設定を変更してください。設定方法は「8.内部設定」を参照してください。

12

自動環境設定/自己点検機能

天びんが使用環境を自動的に判定し、応答特性の設定値を更新する方法です。

また、内蔵分銅を利用して、天びん内部の動作点検も同時に行います。

MODE キーを RESPONSE が表示されるまで押し続けてください。

② 自動的に天びんの動作点検を開始し、また、自動で応答特性を設定し

ます。

その間、天びんに振動などを加えないでください。

③ 更新終了後、更新結果を表示し計量表示に戻ります。

更新の結果は一定時間表示されます。

例)“

MID. OK ”

(動作点検結果は

OK であり、また応答設定は MID. となったことを

示します。)

※ 天びんの動作が異常な場合

CH no

表示になります(“

CHECK NO”を表します)。

修理を依頼してください。

※ 自動設定できなかった場合は

CH ng

表示になります(“

CHECK NG”を表します)。

CAL キーを押すと計量モードに戻ります。振動、風、計量皿の接触等の周囲環境をチェッ

クし再度試してください。

メモ

自動環境設定による設定値が使用しにくい場合、次の「手動環境設定」を試してください。

手動環境設定

自動環境設定による設定を変更する場合、次の方法で設定できます。

MODE キーを RESPONSE が表示されるまで押し続け、表示

したなら再度

MODE キーを押してください。

MODE キーを押して設定を選択してください。

FAST、MID. または、SLOW の何れかを選択します。)

③ 放置すると

end

を表示し計量表示に戻り、一定時間更新

した状態を表示します。

メモ

環境設定の設定値は、内部設定「環境・表示」の「応答特性(

Cond)」

で変更できます。

設定方法は、

13

6.キャリブレーション(天びんの校正)

キャリブレーション

自動校正

-------------------------------------------------使用環境の温度変化により自動的に内蔵分銅を使っ

て天びんを校正します。

内蔵分銅によるキャリブレーション

----------- 内蔵分銅を使ってワンタッチで天びんを校正します。

キャリブレーション・テスト

お手持ちの分銅によるキャリブレーション・テスト --------- お手持ちの分銅を使って計量の正確さ

を確認した結果を出力します。

※校正は行いません。

キャリブレーションの注意

□ お手持ちの分銅によるキャリブレーションは計量法により禁止されています。

□ キャリブレーション中は特に振動、風、温度変化に注意してください。

□ キャリブレーションおよびキャリブレーション・テストでは、GLPに対応した保守記録の出

力が行えます。GLPの保守記録を出力するには、内部設定「データ出力(

dout

)」の「GL

Pに関する出力(

info

)」を設定する必要があります。GLP出力にはパソコンまたはオプシ

ョン・プリンタが必要です。GLP出力では、天びんに搭載されている時計機能により、日付・

時刻を出力します。日付・時刻が合っていない場合は、「8.内部設定」の「時刻・日付の確認

と設定方法」を参照し、時計を合わせてください。

なお、キャリブレーション・テストは、GLPに対応した保守記録の出力を設定している時の

み有効な機能です。

□内部設定「不揮発メモリの使用方法(

data

)」を変更(校正履歴を記憶)することにより、キャ

リブレーションの「実行記録」およびキャリブレーション・テストによる「校正状態」をデー

タメモリに記憶することができます。詳しくは、「10.データメモリ機能」を参照してくださ

い。

表示

「天びんが校正データを取り込んでいるマーク」です。表示していると

きは振動や風などを天びんに与えないようにしてください。

14

自動校正(温度変化による校正)

使用環境の温度変化により自動的に内蔵分銅を使って天びんを校正します。表示オフでも動作しま

す。GLP出力を設定している場合、キャリブレーション後に「校正実行記録」を出力またはデー

タメモリに記憶します。

注意 計量皿に何か載っている場合、天びんは使用中と判断し自動校正は行われません。

常に正しく校正した状態を保つため、通常は計量皿に何も載せないでください。

自動校正の予告マーク(

マーク点滅)です。使用中でない場合、

点滅を始めてしばらくすると内蔵分銅によるキャリブレーションを開始

します。(点滅時間は使用環境により異なります)

「天びんが校正データを取り込んでいる状態」です。表示しているとき

は振動や風などを天びんに与えないようにしてください。

終了すると、自動的にもとの表示に戻ります。

アドバイス マークが点滅していても継続して使用できますが、計量精度維持のため

なるべく校正後使用してください。

内蔵分銅によるキャリブレーション(ワンタッチ・キャリブレーション)

内蔵分銅を使ってワンタッチでキャリブレーションします。(天びんを校正します)

① 計量皿に何も載せずに30分以上通電してください。

CAL キーを押すと

Calin

を表示します。

③ 内蔵分銅を使って自動的にキャリブレーションします。振動などを加えないでください。

④ キャリブレーション後、GLP出力を設定している場合、

終了すると自動的に計量表示に戻ります。

15

お手持ちの分銅によるキャリブレーション・テスト

お手持ちの校正分銅を使って計量の正確さを確認するとともに、その結果を出力します。

GLPに対応した保守記録の出力を設定している時(

dout info 1

または

2)

のみ有効な機能です。(校正は行いません)

① 計量皿に何も載せずに30分以上通電してください。

② CAL キーを押し続けます。

CC out

が表示されたらキー

から指を離します。

押す

③ 校正分銅(下表の分銅が使用可能)を設定する場合、 SAMPLE

キーを押し④へ進んでください。

校正分銅を変更しない場合、⑤へ進んでください。

分銅選択

④ 次のキーで校正分銅値を設定してください。

SAMPLE キー 全桁点滅(校正分銅の選択)と下2桁点滅(器

差の選択)を切り替えます。

RE-ZERO キー 使用する校正分銅(全桁点滅時)または器差

(下2桁点滅時)を変更します(下表参照)。

器差設定では+15デジットの次は-15デ

ジットになります。

PRINT キー 変更した校正分銅を登録します。登録した値

は電源を切っても記憶しています。

CAL キー 設定を中断します。 CC 0 表示に戻ります)

例 更新した分銅値

1000.12g

入力可能な器差範囲 機種 使用可能分銅

GX-200R 200g*, 100g

GX-300R 300g, 200g*, 100g

GX-400R 400g*, 300g, 200g

GX-600R 600g, 500g*, 400g, 300g, 200g

GX-800R 800g, 700g, 600g, 500g*, 400g, 300g, 200g

GX-1000R 1000g*, 800g, 700g, 600g, 500g, 400g, 300g, 200g

GX-2000R 2000g*, 1000g

GX-3000R

3000g, 2000g*, 1000g

GX-4000R 4000g*, 3000g, 2000g

GX-6100R 6000g, 5000g*, 4000g, 3000g, 2000g

GX-6000R 6000g, 5000g*, 4000g, 3000g, 2000g

GX-8000R 8000g, 7000g, 6000g, 5000g*, 4000g, 3000g, 2000g

-0.015g~+0.015g

-0.15g~+0.15g

-1.5g~+1.5g

校正

分銅

* は出荷時設定

⑤ 計量皿に何も載せていないことを確認して PRINT キーを押してくださ

い。ゼロ点を計量します。振動などを加えないでください。

⑥ ゼロ点の計量値を数秒間表示します。

⑦ 使用する校正分銅が表示されますので、計量皿に校正分銅を載せ

PRINT

キーを押してください。分銅を計量します。振動などを加えないでください。

GLP

出力

⑧ 分銅の計量値を数秒間表示します。

⑨ 計量皿から分銅を取り除いてください。計量の正確さの確認結果を出力し

ます。

⑩ 自動的に計量表示に戻ります。

押し続ける

離す

16

7.機能選択と初期化

機能選択

天びんは内部設定を変更することで、いろいろな使用方法に対応できるようになっています。

次の方法で内部設定の変更を禁止し、不用意な設定変更を防ぐことができます。

設定方法

① 表示をオフします。

② PRINT と SAMPLE キーを押しながら ON:OFF キーを押すと

p5

を表示します。

PRINT キーを押し、次のキーで機能を選択してください。

RE-ZERO キー 点滅中のスイッチの状態を選択します。

0 内部設定変更禁止

1 内部設定変更可能

PRINT キー

CAL キー

登録し、計量表示に戻ります。

操作をキャンセルします。(

Clr

を表示します。)

もう一度

CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

(出荷時の表示)

17

初期化

天びんの各設定値を工場出荷時の値に戻す機能です。

初期化される内容は次の通りです。

□ 校正データ

□ 内部設定

□ 単位質量(個数モード)

□ データメモリ機能により記憶したデータ

□ 機能選択の状態

□ 比重計モードでの液体の密度、水温

注意 初期化後、必ず校正を実行してください。

設定方法

① 表示をオフします。

② PRINT と SAMPLE キーを押しながら ON:OFF キーを押すと

p5

表示します。

③ SAMPLE キーを押して

Clr

の表示にします。

PRINT キーを押します。(キャンセルする場合は CAL キーを押します)

RE-ZERO キーを押します。

PRINT キーを押すと初期化を実行します。

実行後、計量表示になります。

18

8.内部設定

内部設定は、天びんの動作方法を指定する項目を更新・閲覧する機能です。設定値は、ACアダプ

タを抜いても記憶されていて、更新するまで有効です。

内部設定のメニュー構造は、下図の例のように分類項目と設定項目の2層からなり、各設定項目に

は一つの設定値が登録されています。各設定項目で有効になる設定値は、最後に表示した設定値で

す。変更した設定値が天びんの動作に反映されるのは、

PRINT キーを押した後です。

設定例とメニュー構造

計量データに「日付・時刻を付加」に設定し、

データ出力間隔を「1

.6秒空ける」に設定する例。

注意 設定と使用条件(使用環境)によっては正しく動作しない場合がありますので、変更内容を確

かめて変更してください。

内部設定の表示と操作キー

「〇」マークは現在有効になっている設定値に表示されます。

計量表示で押し続けると内部設定メニューに入ります。(分類項目を表示)

分類項目または、設定項目を選択します。

設定値を変更します。

分類項目から設定項目に入ります。

設定値を登録し、次の分類項目に進みます。

設定項目を表示中は、設定をキャンセルし次の分類項目に進みます。

分類項目を表示中は、内部設定を終了し、計量表示になります。

19

項目一覧

20

21

「デジット」は、最小表示の単位。

注意 ボーレートや計量データに付加するデータ(日付、時刻、IDナンバ等)の有無によっては、

表示書換毎のデータを全て出力できない場合があります。

22

環境・表示の解説

応答特性(

Cond)の特性と用途

荷重の変動に対し鋭敏に表示が反応します。

粉末や液体の計り込み、きわめて軽いサンプルの計量や、計量値の安定度よりも作

業能率を優先する場合、設定値を小さくします。設定後 FAST と表示されます。

荷重の変動に対してゆっくりと表示が変化します。

使用環境等により計量値が安定しにくい場合、設定値を大きくします。設定後

SLOW と表示されます。

※これらの選択は、自動環境設定においては自動で選択されます。

安定検出幅(

5t-b)の特性と用途

計量値が安定したと判定するための設定です。一定時間内の計量値の変動幅が設定値以下になると

安定マークを表示し計量値の記憶や出力を行います。この設定はオートプリントに影響します。

計量値が十分安定しないと安定マークを表示せず、少しの計量値の変動でも安定マ

ークが消えます。

厳密に計量する場合、設定値を小さくします。

荷重の微少微動に対して反応しにくくなります。

使用環境等により計量値が安定しにくい場合、設定値を大きくします。

ゼロトラック( trc)の特性と用途

表示がゼロのとき、使用環境の影響等によりゼロ点が微少変動する場合、自動的にゼロ点を追尾し

てゼロ表示を維持する機能です。計量値が数デジットの場合、ゼロトラックをオフにした方が正確

に計量できます。「デジット」は、最小表示の単位。

ゼロトラックを使用しない。

ゼロトラックを使用する。

表示書換周期(

5pd)の解説

にストリームモードの動作状態に影響します。

※この選定は、自動環境設定においては自動で選択されます。

小数点( pnt)の解説

表示および出力の小数点の形状を選択します。

オートパワーオン( p-on)の解説

ACアダプタから電源を投入したとき、

ON:OFF キーを押さなくても自動的に計量表示になる設

定です。天びんを自動機器に組み込んでいる場合などに使用します。ただし、正しく計量するには

電源投入後30分以上の通電が必要です。

23

オートパワーオフ( poff)の解説

電源がオンの状態で一定時間(約10分間)、何も操作されない状態が続くと自動的に表示のみを

オフとする機能です。

ひょう量インジケータ( g5i)の解説

ひょう量インジケータは、通常の計量では荷重とひょう量の関係をパーセントで表示します(ゼロ

0

%、ひょう量

100

%)。なお、内部設定によりデータメモリ機能を使用する設定(「不揮発メモリ

( data)

タ No.の表示)に使用します。

データ出力の解説

内部設定「データ出力モード

( prt)

( data)

量データを記憶」にする)での動作と、RS-232Cへデータを出力するときの動作に適用され

ます。

キーモード

安定マークを表示しているとき、

PRINT キーを押すと計量値を1回出力(または記憶)します。

このとき表示を1回点滅させ出力(または記憶)したことを知らせます。

必要な設定

dout prt 0

キーモード

オートプリント Aモード

計量値が基準の「ゼロ表示」より「オートプリント極性」と「オートプリント幅」で指定した範囲

を越え、かつ安定マークを表示したとき、計量値を1回出力(または記憶)します。また、安定マ

ークを表示しているとき、 PRINT キーを押すと計量値を1回出力(または記憶)します。このと

き表示を1回点滅させ出力したことを知らせます。

必要な設定

dout prt

Aモード。

dout ap-p

オートプリント極性。

dout ap-b

オートプリント幅。

使用例 「計量物を載せ降ろしながら計量値を出力する。」

オートプリント Bモード

計量値が基準の「直前の安定マークを表示した値」より「オートプリント極性」と「オートプリン

ト幅」で指定した範囲を越え、かつ安定マークを表示したとき、計量値を1回出力(または記憶)

します。

また、安定マークを表示しているとき、

PRINT キーを押すと計量値を1回出力(または記憶)し

ます。このとき表示を1回点滅させ出力(または記憶)したことを知らせます。

必要な設定

dout prt

Bモード。

dout ap-p

オートプリント極性。

dout ap-b

オートプリント幅。

使用例 「計量物を追加しながら計量値を出力する。」

24

ストリームモード

表示が安定するしないに関わらず表示書き換えごとに計量値を出力します。このモードでは表示の

点滅は行いません。データメモリ機能(「不揮発メモリ

( data)

を使用しているときはインターバルメモリモードになります。

必要な設定

dout prt

ストリームモード。

dout data

データメモリを使用しない。

ba5fnc 5pd

表示書換周期。

5if bp5

ボーレート。

使用例 「パソコンで計量値を常時モニタする。」

注意 ボーレートや計量データに付加するデータ(日付、時刻、IDナンバ等)の有無によっては、

表示書換毎のデータを全て出力できない場合があります。

インターバルメモリモード

定期的に計量データをメモリに記憶します。

必要な設定

dout prt

インターバルメモリモード。

dout data

データメモリを使用する。

dout int

インターバル時間。

使用例 「パソコンを占有せずに定期的に計量し記録し、一括出力する。」

5-tb

で時刻・日付をつけられます。

データフォーマットの解説

内部設定「

5if type

データフォーマット」による計量データの出力フォーマットと計量データ

に付加されるデータフォーマットの解説です。

A&D標準フォーマット

5if type 0

周辺機器と接続する標準フォーマットです。AD-8121Bは

MODE1、MODE2 を使用します。

・ 1データは15文字(ターミネータを含まず)固定です。

・ 最初に2文字のヘッダがあり、データの種類・状態を示します。

・ データは符号付きで、上位の不要なゼロも出力します。

・ データがゼロのとき、極性はプラスです。

・ 単位は3文字で表します。

25

DPフォーマット(ダンプ プリント)

5if type 1

AD-8121Bは

MODE3 を使用します。

・ 1データは16文字(ターミネータを含まず)固定です。

・ 計量オーバ以外は最初に2文字のヘッダがあり、データの種類・状態を示します。

・ 計量オーバでもゼロでもない計量値には、数値の前に極性が付きます。

・ データの上位の不要なゼロはスペースとなります。

・ 単位は3文字で表します。

KFフォーマット

5if type 2

カールフィシャー水分計用フォーマットです。

・ 1データは14文字(ターミネータを含まず)固定です。

・ ヘッダはありません。

・ 計量オーバでもゼロでもない計量値には、数値の前に極性が付きます。

・ データの上位の不要なゼロはスペースとなります。

・ 安定時には単位を出力します。不安定時には単位を出力しません。

MTフォーマット

5if type 3

上記以外のフォーマットを使用したい場合選択してください。

・ データが負数の時のみ符号があります。

・ 2文字のヘッダがあります。

・ データの上位の不要なゼロはスペースとなります。

・ 1データの文字数は単位の文字数で変わります。

NUフォーマット

5if type 4

数値のみ出力するフォーマットです。

・ データは9桁(ターミネータを含まず)固定です。

・ 極性1桁、数値8桁の構成です。

26

・ 上位ゼロも出力します。

・ ゼロの場合、正極性です。

CSVフォーマット

5if type 5

A&D標準フォーマットのデータ部と単位部を“,”で区切ったものです。オーバ時も単位がつき

ます。

計量値にIDナンバ、データナンバ、日付、時刻を付加する場合、それぞれがカンマで区切られ計

量値までが1つのデータとなります。

IDナンバ dout 5-id 1

天びんの識別番号です。7桁固定です。

データナンバ dout d-no 1

データメモリ機能でメモリした計量値をRS-232Cから出力するとき、その直前にデータナン

バを付加することができます。

・ データナンバは6桁(ターミネータを含まず)固定です。

・ CSVフォーマット選択時(

5if type 5

)“. は“,”になります。

日付 dout 5-td 2

または

4

年/月/日の順番は設定によります。(「

Cl adj

」参照)

年は4桁で出力します。

時刻 dout 5-td 1

または

3

24時間制です。

※ 計量値にIDナンバ、データナンバ、日付、時刻を付加する場合の出力順序は、IDナンバ、

データナンバ、日付、時刻、計量データとなります。

27

データフォーマットの出力例

28

単位(モード)登録の解説

内部設定「単位登録

Unit)

MODE キーで選択できます。単位の順番を変更するときや必要のない単位を表示させない場合に

使用します。

設定手順

① SAMPLE キーを押し続け、

ba5fnc

の表示にします。

② SAMPLE キーを数回押して、

Unit

の表示にします。

PRINT キーを押します。

④ 次のキーで必要な単位(

g 、 pC 、 pct 、 ct および )を

表示させる順番に指定していきます。( は、比重計モードにて使

用します)

SAMPLE キー

単位を選択します。

RE-ZERO キー 単位を指定し、 〇 を表示します。

⑤ PRINT キーを押して登録します。

Iend

を表示後、次項目の

表示になります。

CAL キーを押すと、選択した単位の計量表示になります。

時刻・日付の確認と設定方法

天びんには時刻・日付機能が内蔵されています。内部設定「データ出力(

dout

)」にて、時刻・日

付付加の選択をした場合に、データとともに時刻・日付が付加されます(

5-td

info

)。このモ

ードでは時刻・日付の確認、設定を行うことができます。

確認・設定手順

SAMPLE キーを押し続け、

ba5fnc

の表示にします。

SAMPLE キーを押して、

Cl adj

の表示にします。

③ PRINT キーを押すと、時刻・日付の確認と設定を行うモードに入ります。

時刻の確認

④ 現在の時刻が表示されます。(全桁点滅)

□ 時刻が合っており、日付の確認も不要の場合、 CAL キーを押してください。⑧に進みます。

□ 時刻が合っており、日付も確認したい場合、 SAMPLE キーを押してください。⑥に進みます。

□ 時刻を変更する場合、 RE-ZERO キーを押してください。⑤に進みます。

時刻の設定(一部の桁の点滅)

⑤ 下記のキーで時刻を設定してください。(24時間制)

RE-ZERO キー 点滅桁の数値を+1します。

MODE キー 点滅桁の数値を-1します。

SAMPLE キー 点滅桁を移動します。

PRINT キー

新たに設定された時刻を登録します。

end

表示後

CAL キー

⑥に進みます。

設定された時刻をキャンセルし、⑥に進みます。

29

日付の確認

⑥ 現在の日付が表示されます。(全桁点滅)

□ 年[西暦下2桁](

y

)、月(

m

)、日(

d

)の順番を変更する場合、

MODE キー

を押してください。年、月、日の順番は、日付の出力時に反映されます。

□ 日付が合っており、時刻・日付の確認と設定を終了する場合、

CAL キーを押

してください。⑧に進みます。

□ 再度時刻の確認を行う場合、

SAMPLE キーを押してください。④に進みます。

□ 日付を変更する場合、 RE-ZERO キーを押してください。⑦に進みます。

日付の設定(一部の桁の点滅)

下記のキーで日付を設定してください。(年は西暦下2桁で設定します。

2000年の場合は「00」になります。)

RE-ZERO キー 点滅桁の数値を+1します。

MODE キー 点滅桁の数値を-1します。

SAMPLE キー 点滅桁を移動します。

PRINT キー 新たに設定された日付を登録します。

end

表示

後⑧に進みます。

CAL キー

確認・設定終了

設定された日付をキャンセルし、⑧に進みます。

次の項目が表示されます。CAL キーを押すと終了です。

※ 不正な値(存在しない日付)は設定しないでください。

※ 時計のバックアップ電池が切れると

rtc pf

表示になります。

Rrtc pf

表示の場合、

どれかのキーを押し、時刻・日付の設定を行ってください。時計のバックアップ電池が切れ

ても時計機能以外には影響しません。また、時計機能は天びんが通電されていれば、正常に

動作します。

コンパレータの解説

コンパレータの結果は

HI OK LO で表示します。比較の適用範囲には次の5種類があります。

「比較しない」

「安定時・オーバ時に比較する(ゼロ付近を除く)」

「安定時・オーバ時に比較する(ゼロ付近を含む)」

「常に比較する(ゼロ付近を除く)

「常に比較する(ゼロ付近を含む)

比較の基準には「上限値と下限値」と「基準値と許容範囲」があります。

各値の入力方法には「デジタル入力」と「サンプル荷重による入力」があります。

内部設定

Cp fnc

を参照してください。

ゼロ付近とは、最小表示の±10デジット以内です。GX-2000Rでグラム表示の場合は、

±0.10g以内がゼロ付近となります。

設定例1(ゼロ付近を除き常に比較、基準値・許容範囲のデジタル入力)

比較方法の選択(適用範囲と比較基準、値の入力)

SAMPLE キーを押し続けて内部設定モードの

ba5fnc

を表示させます。

SAMPLE キーを数回押して、

Cp fnc

の表示にします。

30

PRINT キーを押します。

RE-ZERO キーを数回押して、

Cp 3

の表示にします。

SAMPLE キーを押して

Cpin

の表示にします。

RE-ZERO キーを数回押して、

Cpin 2

の表示にします。

PRINT キーを押すと、選択した方法を登録します。

値の入力

Cp ref

を表示しているとき、PRINT キーを押してください。現在設定されている値を表示

します(全点滅)。設定値を変更する必要がない場合

PRINT または CAL キーを押してくだ

さい。⑨に進みます。

設定値を変更する場合、

RE-ZERO キーを押し、次のキーで登録してください。

SAMPLE キー

点滅する桁を移動します。

RE-ZERO キー

点滅する桁の値を変更します。

MODE キー

PRINT キー

極性反転します。

登録し、⑨へ進みます。

CAL キー

キャンセルし、⑨へ進みます。

Cp lmt

を表示しているとき、PRINT キーを押すと、現在設定されている値を表示します。

設定値を変更する場合は、次のキーで許容範囲を登録できます。許容範囲は基準値を100%

とする値で入力します。

SAMPLE キー

点滅する桁を移動します。

RE-ZERO キー

点滅する桁の値を変更します。

PRINT キー

登録し、⑩へ進みます。

CAL キー

キャンセルし、⑩へ進みます。

CAL キーを押すと、計量表示に戻ります。

設定例2(ゼロ付近も含め安定時・オーバ時に比較、上下限値、荷重入力)

比較方法の選択(適用範囲と比較基準、値の入力)

SAMPLE キーを押し続けて内部設定モードの

ba5fnc

を表示させます。

SAMPLE キーを数回押して、

Cp fnc

の表示にします。

③ PRINT キーを押します。

RE-ZERO キーを数回押して、

Cp 2

の表示にします。

SAMPLE キーを押して、

Cpin

の表示にします。

RE-ZERO キーを数回押して、

Cpin 1

の表示にします。

⑦ PRINT キーを押すと、選択した方法を登録します。

値の入力

Cp Hi

を表示しているとき、PRINT キーを押すと、現在設定されている値を確認でき(全

点滅)、

RE-ZERO キーを押すと、荷重入力モードに入ります。

RE-ZERO キーを押すと、

を表示します。上限値の重さのサンプルを天びんに載せ、

PRINT キーを押します。(上限値を登録します。)

⑩ 終了すると

Cp lo

を表示します。

Cp lo

を表示しているとき、PRINT キーを押すと、現在設定されている値を確認でき(全

31

点滅)、

RE-ZERO キーを押すと

荷重入力モードに入ります。

RE-ZERO キーを押すと、

を表示します。下限値の重さのサンプルを天びんに載せ、

PRINT キーを押します。(下限値を登録します。)

CAL

9.GLPとIDナンバ

主な用途

□ GLPは、「医薬品の安全性試験の実施に関する基準」(

Good Laboratory Practice)です。GL

Pに対応したデータ出力をRS-232Cからオプションプリンタやパソコンへ出力できます。

□ GLPに対応したデータ出力には、天びんメーカ名(A&D)、機種名、シリアルナンバ、ID

ナンバ、日付、時刻およびサイン欄を含みます。キャリブレーションおよびキャリブレーショ

ン・テストでは、使用分銅および結果を含みます。

□ RS-232Cから次のGLPに対応したデータを出力できます。

・ 校正実行記録(内蔵分銅によるキャリブレーション時[温度変化による自動校正、及びワン

タッチ・キャリブレーション]の出力)

・ 校正状態(お手持ちの分銅によるキャリブレーション・テストの出力)

・ 一連の計量値をわかりやすく管理するための区切り(「見出し」、「終了」)

□ 内部設定を変更することにより、校正実行記録、校正状態を一旦、データメモリに記憶してお

いて、一括して出力することができます。

※詳しくは「10.データメモリ機能」を参照してください。

□ IDナンバは、天びんの保守管理のとき天びんの識別ナンバとして使用できます。

□ IDナンバは、ACアダプタを外しても保持され、新たに登録するまで有効です。

□ 時刻・日付の確認・調整は、「8.内部設定」の「時刻・日付の確認と設定方法」を参照してく

ださい。

IDナンバの設定

SAMPLE キーを押し続け、内部設定モードに入り

ba5fnc

の表示にします。

SAMPLE キーを数回押して、

id

の表示にします。

PRINT キーを押すと、次のキーでIDナンバを入力できます。

RE-ZERO キー

点滅する桁の文字を変更します。「表示の対応表」を参照。

SAMPLE キー

PRINT キー

CAL キー

点滅する桁を移動します。

変更を登録し、

ba5fnc

を表示します。

変更をキャンセルし、

ba5fnc

を表示します。

ba5fnc

の表示のとき、CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

32

GLP出力

GLPデータを出力するためには内部設定

info 1

(コンパクトプリンタ:AD-8121B用

フォーマット)または

info 2

(汎用フォーマット)に設定します。

注意 コンパクトプリンタ:AD-8121Bに出力する場合

・ 接続に関しては「13.RS-232Cインタフェース」の「② 周辺機器との接続」を

参照してください。

・ コンパクトプリンタ:AD-8121Bは MODE3 を使用します。

・ 出力データに含まれる日付・時刻が合っていない場合は、天びんの内部設定「時計

Cl adj

内蔵分銅によるキャリブレーション時の出力

内蔵分銅を使って天びんを校正したときのGLP出力です。

33

お手持ちの分銅によるキャリブレーション・テスト時の出力

お手持ちの分銅を使って天びんの計量精度を確認するときのGLP出力です。(校正は行いません)

34

見出しと終了の出力

用途・動作

「一連の計量値」の管理方法として、計量値の前後に「見出し」と「終了」の部分を追加します。

PRINT キーを押し続ける操作で「見出し」と「終了」を交互に出力します。

注意 ・コンパクトプリンタ:AD-8121Bへデータを出力する場合、AD-8121Bは

MODE3 に設定してください。

・ データメモリ機能を使用している場合(

data 0

以外のとき)、見出しと終了は出力でき

ません。

キーによる出力方法

① 計量値を表示しているとき、

PRINT キーを押し続け

5tart

の表示にすると「見出し」を出

力します。

② 計量値を出力させます。出力方法は、データ出力モードの設定によります。

PRINT キーを押し続け

recend

の表示にすると「終了」を出力します。

35

10.データメモリ機能

データメモリは、計量値データや校正結果などを天びんに記憶しておいて、あとからデータ確認や

一括出力することができる機能です。

記憶できるデータは以下の3種類です。

・ 計量値データ(最大200個)(時刻・日付付加時、最大100個)

・ 個数計モードの単位質量(最大20個)

データメモリ使用上の注意事項

データメモリ機能を使用するには、あらかじめ内部設定の設定項目「不揮発メモリ( data)」およ

び計量値データの場合「時刻・日付付加(

5-td

)」の変更が必要です。変更方法については、「8.

内部設定」を参照してください。

計量値データの場合「時刻・日付付加(

5-td

)」が「時刻・日付を出力しない」と、それ以外で記

憶データの種類および最大記憶量が異なります。

データを記憶するときに、データメモリに別の種類のデータが残っている場合

(例えば、計量値データを記憶する場合に、前回の校正結果や個数計モードの単

位質量の記憶データが残っている場合)は、表示部左上に

Clr”

が点滅表示

しますので、下記の方法で一旦古いメモリを削除する必要があります。

Clr”表示の解除方法

① “

Clr

”が点滅表示しているときに、

PRINT キーを押し続け

を表示させます。

RE-ZERO キーを押して

を表示させます。

表示部左上に現在記憶されているデータの種類が表示されます。

単位質量

計量値(時刻・日付なし)

計量値(時刻・日付あり)

校正結果

pC

-dd-t

Hi5

PRINT キーを押すと記憶したデータを全て削除します。

終了すると

end

を表示後、計量表示に戻ります。

36

データメモリの使用方法・計量値データの場合

特徴

□ 計量値データのみを記憶する場合は、最大200個記憶できます。(日付、時刻を付加する場合

は最大100個です)また、電源を切っても記憶されています。

□ 計量値を天びんが記憶することで、プリンタやパソコンがなくても計量作業を継続できます。

□ 計量値を天びんが記憶することで、プリンタやパソコンを長時間占有せずに計量作業ができます。

□ 記憶したデータを、必要に応じて天びんの表示上で確認できます。

□ 記憶したデータを一括して出力(オプション・プリンタやパソコン)することができます。こ

のとき、内部設定の設定内容により、データナンバ、時刻・日付、IDナンバの付加の有無お

よび出力フォーマットを選択できます。

記憶方法

※データ記憶時に表示部左上に

Clr”

が点滅表示した場合は、36ページの「データメモリ使

用上の注意事項」を参考に一旦、古いメモリを削除してください。

① 内部設定の設定項目「不揮発メモリ( d

ata

2

」に設定します。

② 内部設定の設定項目「時刻・日付付加(

5-td

)」を設定します。

③ 計量値データの記憶方法は、内部設定の設定項目「データ出力モード(

prt

)」の動作により

ます。動作方法(モード)には4種類あります。

キーモード 計量値が安定しているとき、

PRINT キーを押す毎に計量値を記

憶します。

オートプリントAモード ゼロ点からオートプリント極性とオートプリント幅による範囲

を越え安定表示したとき、計量を記憶します。

オートプリントBモード 前回の安定表示からオートプリント極性とオートプリント幅に

よる範囲を越え安定表示したとき、計量を記憶します。

インターバルメモリモード

計量値を「インターバル時間(

int

)」で設定した一定時間毎に

自動記憶するモードです。このモードの開始と停止は、

PRINT

キーで行います。

注意 □計量値を記憶するとき、同時にRS-232Cよりデータを出力しません。

□ “

fUl

”はフルメモリを意味します。記憶したデータを削除しないかぎり新たに計量値

を記憶できません。

□ インターバルメモリモードが稼働中のとき、温度変化による自動校正を行いません。

□ データメモリを使用しているときは次のコマンドを使用できません。

Q 即時、計量データを出力する。

S 安定後、計量データを出力する。

37

SI 即時、計量データを出力する。

SIR 継続した計量データを出力する。

内部設定の準備

・動作方法別、内部設定の組み合わせ

設定項目

モード名

キーモード

オートプリントAモード

オートプリントBモード

データ出力

モード

prt 0 prt 1 prt 2

インターバルメモリモード

prt 3

オートプリント極

性と幅

無関係

ap-a 0~2 ap-b 0~2

無関係

データメモ

リ機能

Ddata 2

Ddata 2

Ddata 2

Ddata 2

・データナンバ、IDナンバ、時刻・日付の出力の有無

データナンバ

IDナンバ

添付しない

添付する

添付しない

添付する

d-no 0 d-no 1

5-id 0

5-id 1

時刻・日

付 の 出

出力しない

時刻出力する

日付出力する

時刻・日付出力する

インターバル時間

無関係

int 0~8

5-td 0

5-td 1

5-td 2

5-td 3

記憶できる最大

データ数は100

個になります。

データメモリ機能を有効にする

① SAMPLE キーを

ba5fnc

が表示されるまで押し続けてください。

② SAMPLE キーを数回押して、

dout

を表示させます。

PRINT キーを押します。

④ SAMPLE キーを3回押して、

data 0

を表示させます。

⑤ RE-ZERO キーを押して、

data 2

を表示させます。

PRINT キーを押して記憶させます。

CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

記憶した計量値の表示方法

※内部設定の設定項目「不揮発メモリ

( data)

2」

に設定されていることを確認してください。

PRINT キーを

reCall

が表示されるまで押し続けてください。

PRINT キーを押すと、

reCall

モードに入ります。(表示部左上に

-d-”

または

“ d-t”

[計量値データの種類]が表示されます)

次のキーで操作できます。

RE-ZERO キー

MODE キー

PRINT キー

次のデータを表示します。

1つ前のデータを表示します。

表示データをRS-232Cから出力

SAMPLE キーを押し

ながら

CAL キーを押す

します。

表示しているデータを削除します。

※表示しているデータを削除しても、その分のメモリ容量は増えません。

CAL キー

reCall

モードを終了します。

CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

38

記憶の一括出力

注意 □一括出力するには、内部設定のシリアルインタフェース

5if)

を設定する必要があり

ます。「8.内部設定」と「13.RS-232Cインタフェース」の「② 周辺機器との

接続」を参照してください。

PRINT キーを

reCall

が表示されるまで押し続けてください。

SAMPLE キーを押して、

out

を表示させます。

PRINT キーを押すと

を表示します。

RE-ZERO キーを押して

を表示させます。

PRINT キーを押すと記憶したデータを全てRS-232Cから出力します。

⑥ 終了すると

Clear

を表示します。CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

記憶の一括削除

PRINT キーを

reCall

が表示されるまで押し続けてください。

SAMPLE がーを数回押して、

Clear

を表示させます。

③ PRINT キーを押すと を表示します。

④ RE-ZERO キーを押して を表示させます。

⑤ PRINT キーを押すと記憶したデータを全て削除します。

⑥ 終了すると

end

を表示後、

reCall

が表示されます。

⑦ CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

データメモリの使用方法・校正履歴の場合

特徴

□ いつキャリブレーションを行ったか、キャリブレーション・テストの結果はどうだったかをメ

モリに記憶できます。

□ 上記の結果を一括して出力(オプション・プリンタやパソコン)することができます。

□ 最新の50回分の校正結果を記憶できます。

“ fUl”

表示が点灯します。

記憶方法

※データ記憶時に表示部左上に

Clr”

が点滅表示した場合は、36ページの「データメモリ使

用上の注意事項」を参考に一旦、古いメモリを削除してください。

① 内部設定の設定項目「不揮発メモリ

( data)

3」

に設定します。

② 内部設定の設定項目「GLP出力

( info)

( info 1

または

info 2)

③ この状態で、通常のキャリブレーション、キャリブレーション・テストを行うことにより、自

動的にデータを記憶します。

39

記憶した校正履歴の出力方法

注意 □一括出力するには、内部設定のシリアルインタフェース

5if)

を設定する必要がありま

す。「8.内部設定」と「13.RS-232Cインタフェース」の「② 周辺機器との接

続」を参照してください。

※ 内部設定の設定項目「不揮発メモリ

( data)

3」

に設定されていることを確認してくだ

さい。

PRINT キーを

out

が表示されるまで押し続けてください。

PRINT キーを押すと

を表示します。

RE-ZERO キーを押して を表示させます。

PRINT キーを押すと記憶したデータを全てRS-232Cから出力します。

終了すると

Clear

を表示します。CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

記憶の削除

PRINT キーを

out

が表示されるまで押し続けてください。

SAMPLE キーを押して、

Clear

を表示させます。

③ PRINT キーを押すと を表示します。

④ RE-ZERO キーを押して を表示させます。

⑤ PRINT キーを押すと記憶したデータを全て削除します。

終了すると

out

を表示します。CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

データメモリの使用方法・単位質量の場合

特徴

□ 個数計モードでの単位質量について、最大20個の記憶が可能です。また、電源を切っても記

憶されています。

※“

p01

”(一番目の単位質量データ)は標準(通常の個数計モード)のメモリで、その他に

19個記憶可能です。

□ 記憶した単位質量を読み出すことで、そのつど単位質量を登録せずに計数できます。

□ 記憶した単重質量を読み出して、変更することが可能です。

単位質量データの読み出し方法

① 内部設定の設定項目「不揮発メモリ(

data

1

」に設定します。

② MODE キーを押して、単位を

pC

(個数)にします。

※表示しない場合は、内部設定の単位登録で

pC

を登録してください。

※表示部左上に

Clr”

が点滅表示した場合は、36ページの「データメモリ使用上の注意事

項」を参考に一旦、古いメモリを削除してください。

40

PRINT キーを押しつづけて、単位質量選択モードに入ります。下図の表示になります。

表示例

次のキー操作で使用する単位質量ナンバを選択してください。

RE-ZERO キー 単位質量ナンバを+1します。(“

p01

”から“

p20

”まで変更が可能です)

MODE キー

単位質量ナンバを-1します。

PRINT キー

CAL キー

単位質量ナンバを選択します。

キャンセルし、⑤へ進みます。

単位質量の再登録と登録後のACAIは、個数計量の操作と同様に使用できます。(10ページ

「個数計量」参照)

※読み出した単位質量に対し、ACAIを働かせることはできません。

※“UN:mm”コマンドにより単位質量を読み出すことが可能です。(mmは01~20でP01

ドにより変更可能です。

11.床下ひょう量金具

床下ひょう量金具の用途は、磁性体の測定や比重測定などの床下計量です。

床下ひょう量金具は、天びんの底面のカバーを開けると使用できます。

注意

金具部分に無理な力を加えないでください。

防塵のため、必要がないかぎりカバーを開けないでください。

床下ひょう量金具はつり下げ方向(引っ張り方向)のみです。

41

12.比重(密度)測定

GX-Rシリーズは、空気中の重さと液体中の重さから個体の密度を計算する「比重計モード」を

搭載しています。なお、この比重計算機能により得られる密度は、検定対象ではありません。

□ 工場出荷時の設定では、比重計モードは使えません。比重計モードを利用するには、内部設定

を変更し、比重計モードを登録してください。

□ 液体の密度設定には、水温入力による方法と、密度を直接入力する方法があります。(選択し

てください)

□ GX-200R/300R/400R/600R/800R/1000Rには、専用比重計キ

ット(GX-13)が使用できます。

密度計算式

密度は下記の式により算出します。

ρ:試料の密度

A:空気中の重さ

B:液体中の重さ

ρ

:液体の密度

内部設定の変更

① 比重計モードを登録する

比重計モードは単位の1つとして MODE キーで選択します。工場出荷時では比重計モードは

使えませんので、「8.内部設定」の「単位登録の解説」を参照し、比重計モードを登録してく

ださい。(

Unit

を選択します。)

② 液体の密度の入力方法を選択する

液体の密度設定は、水温入力による方法と、密度を直接入力する方法があり、下記内部設定に

より入力方法を選択します。なお、下記内部設定は比重計モードが有効になっていないときは

表示しません。最初に「①比重計モードを登録する」操作を行ってください。また、内部設定

の変更の操作方法は、「8.内部設定」を参照してください。

※ 内部設定

「 d5 fnc」

5if」

の次になります。

液体の密度設定

まず、比重計モードを選択し(※1)、比重計モードで

MODE キーを押し続け(※2)、液体の

密度を設定するモードに入ります。

※1:必要に応じて

MODE キーを押します。比重計モードスタート時は、単位は“g”で、左上

“ ”が点滅しています。

42

※2:通常の計量モードで

MODE キーを押し続けると、「自動環境設定」が起動しますが、比重

計モードは液体密度の設定モードとなり、「自動環境設定」は利用できません。

● 水温入力の場合

( ldin 0)

・ 比重計モードから

MODE キーを押し続けると、まず現在設定されている水温(単位℃、出荷時

設定25℃)が表示されます。下記キー操作により設定値を変更できます。

RE-ZERO キー +1℃(99℃の次は0℃になります)

MODE キー

PRINT キー

CAL キー

–1℃(0℃の次は99℃になります)

設定値を記憶し

end

表示後、比重計モードに戻ります。

設定値を記憶せずに比重計モードに戻ります。

※ 設定可能範囲は0℃~99℃で1℃単位です。また、水温と密度は下記の対応になります。

● 密度直接入力の場合

( ldin 1)

・ 比重計モードから

MODE キーを押し続けると、まず現在設定されている密度(単位 g/cm

出荷時設定1.0000g

/cm

)が表示されます。下記キー操作により設定値を変更できます。

RE-ZERO キー

SAMPLE キー

PRINT キー

CAL キー

点滅している桁の数値を変更します。

点滅桁を移動します。

設定値を記憶し

end

表示後、比重計モードに戻ります。

設定値を記憶せずに比重計モードに戻ります。

※ 設定可能範囲は0.0000~1.9999g/cm

です。

密度測定

密度測定は、空気中の重さ測定、液体中の重さ測定を経て、密度を固定表示します。

各状態と表示の関係は下記のようになります。

・ 空気中の重さ測定モード

単位部は“ g”表示、左上“ ”マークが点滅します。

43

・ 液体中の重さ測定モード

単位部は“ g”表示、左上“ ”マークが点灯します。

・ 密度表示モード

単位部は“ ”表示、左上“ ”マークが点灯します。

・各モードの移行は

SAMPLE キーを使用します。

測定手順

① 空気中の重さ測定モードを確認します。

(単位部は“ g”表示、左上“ ”マークが点滅)

② 天 び ん の 表 示 ゼ ロ を 確 認 し ま す 。 表 示 ゼ ロ で な い 場 合 は

RE-ZERO キーを押し表示ゼロにします。

空中計量皿に試料を載せ、表示が安定したら SAMPLE キーを

押し、空気中の重さを確定します。次に液体中の重さ測定モー

ド(左上“ ”マーク点灯)になります。

※マイナスまたはE表示のとき、

SAMPLE キーは無効です。

空中計量皿の試料を液体中計量皿に移し、表示が安定したら

SAMPLE キーを押し、液体中の重さを確定します。次に密度

表示モードになります。 g”表示が消える)

※Eのとき、

SAMPLE キーは無効です。

密度を出力(または記憶)する場合、PRINT キーを押します。

別の試料を測定する場合、

SAMPLE キーを押し、空気中の重

さ測定モードから始めます。

※密度出力時の単位は“

DS”となります。

測定の途中で液体の温度が変わった場合や、液体の種類を変え

たときなど、必要に応じて「液体の密度設定」を参照し、液体

の密度を再設定してください。

44

13.RS-232Cインタフェース

インタフェースの仕様/外部入力

伝送方式 EIA RS-232C

伝送形式 調歩同期式(非同期)、双方向、半二重伝送

信号形式 ボーレート 600,1200,2400、4800、9600bps

データビット

7ビット または 8ビット

パリティ

使用コード

EVEN、ODD(データ長 7ビット)

NONE (データ長 8ビット)

ストップビット 1ビット

ASCII

回路

ピン配置

ピンNo.

8~17

18

19

20~25

信号名

FG

RXD

TXD

RTS

CTS

方向 意 味

- フレーム グラウンド

入 受信データ

出 送信データ

入 送信要求

出 送信許可

DSR

SG

PRINT

データセットレディ

N.C.

PRINT入力

RE-ZERO 入 RE-ZERO入力

シグナル グラウンド

- - N.C.

45

外部入力使用方法

18ピン、19ピンを7ピンとそれ

ぞれショート(100mS以上)さ

せることで、パネルの

RE-ZERO 、

PRINT キーと同じ操作ができます。

使用例

別売品

外部入力用コネクタ:

AX-HDB-25P/CTF

フットスイッチ:

AX-SW128

② 周辺機器との接続

コンパクトプリンタ:AD-8121Bとの接続

コンパクトプリンタ:AD-8121Bを接続し、データをプリントする場合、天びんの内部設定

を次のようにしてください。

内部設定の項目

dout prt 0~3 dout ap-p 0~2 dout ap-b 0~2

設定方法と内容

必要に応じたプリントを選択

オートプリント選択時に設定

オートプリント選択時に設定

dout pU5e 0、1

出力間隔の選択

5if bp5 2

(出荷時設定)

2400bps

5if btpr 0

(出荷時設定)

7bit EVEN

5if Crlf 0

(出荷時設定)

ターミネータC

5if Ct5 0

(出荷時設定)

CTS、RTSによる制御を禁止

コンパクトプリンタ:AD-8121Bを MODE1 または 2 に設定する場合

dout 5-td 0

(出荷時設定)

時刻・日付を出力しない

dout 5-id 0

(出荷時設定)

IDナンバを出力しない

dout at-f 0

(出荷時設定)

オートフィードを行わない

5if type 0

(出荷時設定)

A&D標準フォーマット

コンパクトプリンタ:AD-8121Bを MODE3 に設定する場合

dout 5-td 0~3

時刻・日付の出力を必要に応じて設定

dout 5-id 0、1

IDナンバの出力を必要に応じて設定

dout at-f 0、1

オートフィードの出力を必要に応じて設定

5if type 1

DPフォーマット

46

天びんから連続したデータを出力する場合

dout pU5e 1

出力間隔の選択

メモ data 0

の場合、計量値をプリンタに出力できます。

data 2

の場合、記憶した計量値をプリンタに出力できます。

data 3

の場合、記憶した校正履歴をプリンタに出力できます。

校正履歴のプリントサンプルは「9.GLPとIDナンバ」を

参考にしてください。

パソコンとの接続(データ通信ソフトウエア

WinCT

本 器 は R S - 2 3 2 C イ ン タ フ ェ ー ス を 使 用 し て パ ソ コ ン と 接 続 で き る D C E (

Data

Communication Equipment)です。接続に際しては、接続する機器の取扱説明書等を十分読んで接

続し、使用してください。接続用ケーブルは、モデム用または音響カプラ等との接続用として販売

されているものを使用してください。(パソコンがDOS/VでCOMポートが9ピンの場合、

25ピン(オス)/9ピン(メス)のストレートケーブルを使用してください)

データ通信ソフトウェア

WinCT を用いての接続

OSが

Windows のパソコン(以下PC)の場合、付属品の WinCT(CD-ROM)を使用するこ

とで、計量データを簡単にPCに転送できます。

WinCT」の通信方法には、「RsCom」と「RsKey」との2種類あります。

WinCT のインストール方法などの詳細は WinCT の取扱説明書をご覧ください。

RsCom

・ パソコン(PC)からのコマンドにより天びんを制御することができます。

・ RS-232Cを介し、天びんとPCとの間でデータの送信、受信が行えます。双方向通信が

可能です。

・ 送信、受信した結果をPC画面上に表示したり、テキストファイルに保存したりすることがで

きます。また、PCと接続されているプリンタにそのデータを印字できます。

・ PCの複数のポートそれぞれに天びんを接続した場合、各天びんと同時に通信できます。(多重

実行)

・ 他のアプリケーションと同時に実行が可能です。(PCを占有しません)

・ 天びんのGLP出力データもPCが受信することができます。

RsKey

・ 天びんから出力された計量データを他のアプリケーション(

Microsoft Excel 等)に直接転送す

ることができます。

・ 表計算(

Excel)、テキストエディタ(メモ帳、Word)などアプリケーションの種類は問いませ

ん。

・ 天びんのGLP出力データもPCが受信することができます。

47

Microsoft、Windows、Excel、Word は米国およびその他の国における米国 Microsoft Corporation

の登録商標または商標です。

「 WinCT」を使用することで、次のように天びんを使用することができます。

① 計量データの集計

「 RsKey」を使用すれば、計量データを Excel のワークシート上に直接入力できます。その後

Excel の機能によりデータの合計、平均、標準偏差、MAX、MIN などの集計、グラフ化がで

きますので、材料の分析や品質管理等に便利です。

② パソコン(PC)から各指令を出し、天びんをコントロール

「 RsCom」を使用すれば、PC側から“リゼロ指令”や“データ取り込み指令”(コマンド)

を天びんに送信し、天びんをコントロールできます。

③ お手持ちのプリンタに天びんGLPデータを印字、記録

天びんからのGLPデータを、お手持ちのプリンタ(PCに接続したプリンタ)に印字させる

ことができます。

④ 一定時間おきに計量データを取り込み

例えば1分間隔でデータを自動で取り込み、計量値の経時特性を得ることができます。

⑤ PCを外部表示器として使用

「 RsKey」の“テスト表示機能”を利用すれば、PCを天びんの外部表示器として使用できま

す。(天びんはストリームモードにします)

コマンド

コマンド一覧

※コマンドには、

5if Crlf

で指定したターミネータ(

CR LF または CR)を付加し天びんに送信します。

計量値を要求するコマンド

内容

S,SIRコマンド解除を要求する

即時、一計量データを要求する

安定後、一計量データを要求する

SI

SIR

即時、一計量データを要求する

即時、継続した計量データを要求する(繰り返し)

天びんを制御するコマンド

安定後、一計量データを要求する

内容 (計量表示での機能)

CAL

CAL キー、 (内蔵分銅によるキャリブレーション)

OFF

ON

表示をOFFする

表示をONする

ON:OFF キー、表示のON,OFF

PRT

PRINT キー

R RE-ZERO キー (ゼロ表示)

SMP

SAMPLE キー (最小表示切替)

MODE キー (単位切替)

RE-ZERO キー (ゼロ表示)

Z RE-ZERO キー (ゼロ表示)

T RE-ZERO キー (ゼロ表示)

48

天びんを制御するコマンド

UN:mm

?UN

UW:***

.** g

?UW

?ID

?SN

?TN

内容 (計量表示での機能)

記憶している単位質量を読み出す(mmは01~20)

選択している単位質量のコードナンバを要求する

単位質量値を変更する コマンド例)UW:

+0.123 g

(単位質量を0.123gに設定する: はスペース)

単位質量値を要求する

IDナンバを要求する

シリアルナンバを要求する

機種名を要求する

コンパレータ機能を制御するコマンド 内容 (計量表示での機能)

HI:***

.** g

LO:***

.** g

上下限値を設定する(

HI:上限値、LO:下限値)

付加する単位はその時の計量単位で、A&D標準フォーマッ

?HI

?LO

トの単位コード(3桁)を使用してください。

コマンド例)HI:100.00

(上限値を100gに設定する: はスペース)

上下限値を要求する(?

HI:上限値、?LO:下限値)

HI 応答例)HI, +100.00 g

※上記コマンドを使用する場合、内部設定

Cpin

は「

0」

または「

1」

に設定してください。

データメモリ関連のコマンド 内容

MCL

MD:nnn

?MA

?MQnnn

?MX

記憶したデータを全て削除する

データナンバnnnの計量値データを削除する

記憶した計量値データを全て出力する

データナンバnnnの計量値データを出力する

記憶した計量値のデータ数を出力する(最終データナンバ出力) nnn:3桁の数値です。

:エスケープコード 1Bh

<AK>コードとエラーコードの送出

内部設定

5if

erCd 1

に設定すると、全てのコマンドに対して必ず何らかの応答があり、通信

の信頼性が向上します。

EerCd 1 の場合

□ データを要求するコマンドを天びんに送信したとき、天びんが要求されたデータを送出できな

い場合には、天びんはエラーコード(EC,Exx)を返します。天びんが要求されたデータ

を出力できる場合は、天びんは要求されたデータを返します。

□ 天びんを制御するコマンドを天びんに送信したとき、天びんがそのコマンドを実行できない状

態にある場合は、天びんはエラーコード(EC,Exx)を返します。天びんが送られたコマ

ンドを実行できる場合は<AK>コードを返します。

次のコマンドはコマンド受信時だけでなく、処理終了時にも<AK>コードを返します。安定

待ちエラー等処理が正常終了しなかった場合、エラーコード(EC,Exx)を返し、この時

は“CAL”コマンドでエラーを解除します。

CALコマンド ONコマンド Pコマンド

(但し、内蔵分銅によるキャリブレーションを行う場合)

Rコマンド

(但し、表示をゼロにするリゼロ動作を行う場合)

49

Rコマンドの例

□ ノイズ等により送信したコマンドが本来のものと変わってしまった場合や、通信上のエラー(パ

リティーエラー等)が発生したときにもエラーコードを返します。そのときは再度コマンドを

送信する等の処理が行えます。

<AK>コードはASCIIコード

06H です。

CTS,RTSによる制御

内部設定

5if

Ct5

の設定により、天びんは以下の動作を行います。

Ct5 0 の場合

天びんがコマンドを受信できる状態/できない状態に関わらず、CTSは常にHiになります。

また、天びんはRTSの状態に関わらずデータを出力します。

Ct5 1 の場合

CTSは通常Hiを出力します。コマンドを受信できない状態のとき(前回のコマンドの処理中

などの場合)はLoを出力します。また、天びんは1セットのデータを出力するとき、RTSの

状態を確認し、RTSがHiならばデータを出力し、RTSがLoならばデータは出力しません。

(出力しようとしたデータはキャンセルされます)

関連する設定

天びんには、RS-232C出力に関連して内部設定「データ出力(

dout

)」と「シリアル・

インタフェース(

5if

)」があります。使用方法に応じて設定してください。

50

14.保守

お手入れ

□ 汚れたときは中性洗剤を少ししみこませた柔らかい布で拭き取ってください。

□ 有機溶剤や化学ぞうきんは使わないでください。

□ 天びんは分解しないでください。

□ 輸送の際は専用の梱包箱をご使用ください。

15.トラブル(故障)への対応

天びんの動作確認や測定環境、測定方法の確認

天びんは精密機器ですので、測定環境や測定方法によっては正しい値を得られないことがあります。

測定物を何度か載せ降ろししたときに、その再現性がない場合、また天びんの動作が正常でないと思

われた場合、以下の項目を確認してください。各項目にてチェックし、それでも異常がある場合は修

理を依頼してください。

1.天びんが正常に動作しているかどうかの確認。

□ 自己点検機能により、天びんの動作点検を行ってください。(12ページ参照)

致命的な故障はメッセージで表示されます。

□ または、簡単な確認方法としては、お手持ちの分銅にて再現性(繰り返し性)を確認してくだ

さい。このとき、必ず皿の中央に分銅を載せてください。

□ 正確な確認方法は、分銅値が明確となっているお手持ちの分銅にて、再現性、直線性、校正値

などを確認してください。

2.測定環境や測定方法が正しく行われているかどうかの確認。

以下の各項目をチェックしてください。

測定環境のチェック

□ 天びんを設置する台は、しっかりしていますか?(特に最小表示1mgタイプ)

□ 天びんの水平はとりましたか?(7ページ参照)

□ 天びん周囲の風や振動は問題ありませんか?

最小表示1mgタイプでは小型風防(付属)をつけていますか?

□ 天びんを設置している周囲に強いノイズ発生源(モータなど)はありますか?

天びん使用方法のチェック

□ 計量皿が風防枠などに接触していませんか?(計量皿が正しくセットされていますか?)

□ 測定物を載せる前に必ず RE-ZERO キーを押していますか?

□ 測定物は皿の中央へ載せていますか?

□ 計量作業の前にワンタッチ・キャリブレーションをしましたか?

□ 計量作業の前に30分以上電源を接続してウオームアップを行いましたか?

51

測定物のチェック

□ 測定物が周囲の温湿度等の影響により、水分の吸湿や蒸発などの現象は発生していませんか?

□ 測定物の容器の温度は周囲温度になじんでいますか?(7ページ参照)

□ 測定物が静電気により帯電されていませんか?(7ページ参照)

(特に最小表示1mgタイプにて、相対湿度が低いときに発生します)

□ 測定物は、磁性体(鉄など)ですか?磁性体の測定は注意が必要です。(7ページ参照)

エラー表示(エラーコード)

エラー表示 エラーコード

EC,E11

計量値不安定

内容と対処例

計量値が不安定のため、「ゼロ表示にする」や「キャリブ

レーション」などが実行できません。

皿周りを点検してください。「計量中の注意」を参照して

ください。設置場所の環境(振動、風、静電気など)を改

善し、自動環境設定を試してください。

CAL キーを押す

と計量表示に戻ります。

EC,E16

内蔵分銅エラー

内蔵分銅を昇降して、規定以上の重量変化がありませんで

した。皿の上に何も載っていないことを確認し、再度操作

してください。

EC,E17

内蔵分銅エラー

内蔵分銅の加除機構が異常です。

再度操作してください。

EC,E20

CAL不良(正)

内蔵分銅を昇降して規定以上の重量になっています。

皿周りを確認してください。計量皿に何も載っていないこ

とを確認してください。

CAL キーを押すと計量表示に戻

ります。

EC,E21

CAL不良(負)

内蔵分銅を昇降して規定以下の重量になっています。

皿周りを確認してください。

CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

荷重超過エラー

計量値がひょう量を越えました。

皿の上のものを取り除いてください。

荷重不足エラー

計量値が軽すぎます。皿が正しく載っていません。

皿を正しく載せてください。キャリブレーションを行って

ください。

サンプル質量エラー

個数、パーセント計量のサンプル登録中、サンプル質量が

軽すぎることを示しています。そのサンプルは使用できま

せん。

52

エラー表示 エラーコード

(点滅)

(点灯)

その他のエラー表示

内容と対処例

サンプル不足

個数計モードで、サンプル質量が軽すぎるため、そのまま

登録すると計数誤差が大きくなる可能性があります。サン

プルを追加せず、

PRINT キーを押せば計数表示になりま

すが、正確な計数のため表示されている数になるようサン

プルを追加し

PRINT キーを押してください。

更新時ゼロ点エラー

自動環境設定更新中、皿に何か載っています。

皿の上のものを取り除いてください。

CAL キーを押すと

計量表示に戻ります。

更新時値不安定

自動環境設定更新中、計量値が不安定なため更新できませ

ん。(“

CHECK NG”を表します)使用環境を安定させて

ください。

・ 周囲の振動・風を再チェックしてください。

・ 周囲の帯電物や強い磁気を取り除いてください。

・皿が正しくセットされているのを確認してください。

CAL キーを押すと計量表示に戻ります。

内部エラー

自己点検機能を実行後、内部不良を示します。(“

CHECK

NO”を表します)

修理を依頼してください。

時計のバッテリエラー

時計のバックアップ電池がなくなりました。どれかのキー

を押した後、日付・時刻の調整を行ってください。時計の

バックアップ電池がなくなっていても、天びんが通電され

ていれば正常に動作します。頻繁にエラーが発生する場合

は修理を依頼してください。

フルメモリ

記憶した計量値の数が上限に達しました。

新たに計量値を記憶するには、データを削除する必要があ

ります。「10.データメモリ機能」参照。

フルメモリ

記憶した校正履歴が50個に達しました。これ以上記憶す

る場合、古い履歴が削除されていきます。「10.データ

メモリ機能」参照。

メモリ種類エラー

設定されているメモリと記憶しているメモリが異なりま

す。「10.データメモリ機能」参照。

これ以外のエラー表示のとき、または上記のエラーが解消

できないときは、最寄りの販売店へご連絡ください。

53

エラー表示 エラーコード 内容と対処例

EC,E00 コミュニケーションエラー

通信上のエラーを検出しました。

フォーマットやボーレート等を確認してください。

EC,E01

未定義コマンドエラー

定義されていないコマンドを検出しました。

送信したコマンドを確認してください。

EC,E02

実行不能状態

受信したコマンドは実行できません。

例)計量表示でないのにQコマンドを受けた場合

例)リゼロ実行中にQコマンドを受けた場合

送信するコマンドのタイミングを確認してください。

EC,E03

タイムオーバ t-Up 1 に設定したとき、コマンドの文字を受信中に約1

秒間以上の待ち時間が発生しました。

通信を確認してください。

EC,E04 キャラクタオーバ

受信したコマンドの字数が許容値を越えました。

送信するコマンドを確認してください

EC,E06

フォーマットエラー

受信したコマンドの記述が正しくありません。

例)数値の桁数が正しくない場合

例)数値の中にアルファベットが記述された場合

送信したコマンドを確認してください。

EC,E07

設定値エラー

受信したコマンドの数値が許容値を越えました。

コマンドの数値の設定範囲を確認してください。

その他の表示

自動校正の予告マーク( マーク点滅)です。使用中でない場合、点滅を

始めてしばらくすると内蔵分銅によるキャリブレーションを開始します。

(点滅時間は使用環境により異なります)

マークが点滅していても継続して使用できますが、計量精度維持のためなる

べく校正後使用してください。

修理依頼

天びんの動作確認後の不具合や、また修理を要するエラーメッセージが発生した場合、ご購入先等

へ修理としてお問い合わせください。

なお、天びんは精密機器ですので輸送時の取扱いには注意願います。

・ ご購入時に天びんが収納してあった梱包材、梱包箱を使用してください。

・ 計量皿は外して輸送願います。

54

16.仕様

象 gモード

(*)

カラット

モード

(*)

本体質量

精度等級

ひょう量

目量

補助表示

使用範囲

精度等級

ひょう量

目量

補助表示

使用範囲

個数

モード

最小単位質量

サンプル数

パーセント

モード

最小 100%質量

最小表示

型式承認番号

使用温度範囲

使用地域

安定所要時間(FAST 設定時の代表値)

表示書換時間

通信機能

計量皿寸法

外形寸法

電源(ACアダプタ)

本体質量

象 gモード

(*)

精度等級

ひょう量

目量

補助表示

使用範囲

精度等級

ひょう量

目量

補助表示

カラット

モード

(*)

使用範囲

個数

モード

パーセント

モード

型式承認番号

使用温度範囲

最小単位質量

サンプル数

最小表示

最小 100%質量

使用地域

安定所要時間(FAST 設定時の代表値)

表示書換時間

通信機能

計量皿寸法

外形寸法

電源(ACアダプタ)

GX-200R GX-300R GX-400R GX-600R GX-800R GX-1000R

2級 1級

210g 310g

410g 610g 810g 1100g

0.01g

0.001g

0.01g

0.001g

0.02g~

210g

0.02g~

310g

0.02g~

410g

1050ct 1550ct

2級

2050ct

0.1ct

0.01ct

0.02g~

610g

3050ct

0.1g~

810g

4050ct

0.1g~

1100g

2級

5500ct

0.1ct

0.01ct

0.2ct~

1050ct

0.2ct~

1550ct

0.2ct~

2050ct

0.2ct~

3050ct

0.2ct~

4050ct

0.2ct~

5500ct

0.001g

10、25、50 または 100 個

0.100g

0.01%、0.1%、1%(100%質量にて自動切り替え)

第 D0910 号

10℃~30℃

日本国内(自己補正付き)

約 1 秒

5 回/秒 または、10 回/秒

約 1.5 秒

RS-232C(標準装備、データ通信用ソフトウエア WinCT 付き)

128 × 128 mm

210(W) × 317(D) × 86(H) mm

AC アダプタ規格名:TB109 または TB237 入力:AC100V(+10%、-15%) 50Hz/60Hz

消費電力:約 11VA(AC アダプタ含む)

約 4.6kg

GX-2000R GX-3000R GX-4000R GX-6100R

GX-6000R GX-8000R

2級 2級

2100g 3100g

4100g 6100g 6100g 8100g

0.5g~

2100g

0.5g~

3100g

0.1g

0.01g

0.5g~

4100g

2級

10500ct 15500ct

20500ct 30500ct

1ct

0.1ct

0.5g~

6100g

5g~

6100g

-

1g

0.1g

5g~

8100g

-

(**)

-

-

-

5ct~

10500ct

5ct~

15500ct

5ct~

20500ct

5ct~

30500ct

- -

0.01g

0.1g

10、25、50 または 100 個

1g 10g

0.01%、0.1%、1%(100%質量にて自動切り替え)

第 D0910 号

10℃~30℃

日本国内(自己補正付き)

約 1 秒 約 1.5 秒

5 回/秒 または、10 回/秒

約 1 秒

RS-232C(標準装備、データ通信用ソフトウエア WinCT 付き)

165 × 165 mm

210(W) × 317(D) × 86(H) mm

AC アダプタ規格名:TB109 または TB237 入力:AC100V(+10%、-15%) 50Hz/60Hz

消費電力:約 11VA(AC アダプタ含む)

約 5.1kg

(**)

55

外形寸法図

GX

-

200R / 300R / 400R / 600R /

800R / 1000R

GX

-

2000R / 3000R / 4000R / 6100R /

6000R / 8000R

単位: mm

オプション

GX-10 ガラス風防 GX-11 ガラス風防

(GX-200R/300R/400R/600R/800R/1000R 用) (GX-2000R/3000R/4000R/6100R/6000R/8000R 用)

56

GX-13 比重計キット

(GX-200R/300R/400R/600R/800R/1000R 用)

GX-02 :

USBインタフェース(対応OSは

Windows 98 OSR2 以降となります。)

天びん本体のRS-232Cインタフェースと交換して取付けます。

を、

Excel や Word、メモ帳などに重量データ(数値のみ)を自動的に入力できます。

□ ドライバのインストールは不要です。

WinCT を使った双方向通信(Qコマンド等による重量データの受信)や、統計演算出力やGL

P出力をパソコンに取り込む場合は、USBコンバータ(AX-USB-25P)を使用してく

ださい。

出荷時オプション

工場出荷時のみ取り付けることができます。

GX-04:

コンパレータ出力(リレー/ブザー付)/RS-232C/カレントループ

計量値を比較し、データを出力することができます。

GX-06:

アナログ電圧出力/カレントループ

計量値をアナログ電圧として出力することができます。

(アナログ電圧出力値を取引・証明には使用できません)

57

17.用語と索引

用語

安定表示

環境

記憶する

スパン値

デジット

データナンバ

安定マークを表示したときの計量値

計量に影響する振動、風、温度変化、静電気、磁界などの総称

デジタルの分解能の単位。天びんでは、表示できる最小表示を1単位と

する単位です。(

Digit)

データメモリ機能を使って個数モードにて単位質量を天びんに記憶する

ことです。

キャリブレーション 正しく計量できるよう天びんを校正することです。

Calibration)

出力

ゼロ点

RS-232Cインタフェースからデータを出力すること。

計量の基準点。天びんの計量皿に何も載っていないときの計量値(基準

値)を言います。通常、基準値はゼロ表示です。

測定物を載せた値からゼロを引いた値です。

個数モードにて単位質量を記憶したときの整理番号です。

風袋引き

モード

リゼロ

GLP

安定所要時間

計量皿に載っている器、皿、紙などの計量対象外の質量をキャンセルす

ること。

天びんの目的別動作を言います。

表示をゼロにすること。

「医薬品の安全性試験の実施に関する基準」。

Good Laboratory Practice)

測定物を載せてから、安定マークが点灯し、読みとれるまでの時間を示

します。

58

索引

1)記号

?HIコマンド ........................................... 49

?IDコマンド

........................................... 49

?LOコマンド ........................................... 49

?MAコマンド

........................................... 49

?MQnnnコマンド ................................. 49

?MXコマンド

........................................... 49

?SNコマンド

........................................... 49

?TNコマンド

........................................... 49

?UNコマンド

........................................... 49

?UWコマンド

........................................... 49

,

キャリッジリターン

.................................. 28

,

ラインフィード

......................................... 28

,

スペースマーク

................................... 28, 32

,

安定マーク

............................ 9, 10, 19

,

インターバルメモリモード稼働中

....... 37

,

インターバルメモリモードスタンバイ

...... 37

,

自動校正の予告

...................... 9, 15, 54

,

処理中

........................................ 9, 14

100%質量

............................................... 12

2)アルファベット

-A-

A&D標準フォーマット ............................. 25 a-01011....................................................... 17

ACAI

...................................................... 11

ACアダプタ ................................... 5, 6, 8, 55

ACアダプタ識別シール

........................... 5, 6

AD-8121B ........................................ 46

AKコード

................................................... 49 ap-b ............................................................ 21 ap-p ............................................................ 21 ar-d ............................................................ 21

ASCII ........................................................... 45 at-f ............................................................ 21

-B- ba5fnc................................................... 19, 20 bp5 .............................................................. 22 btpr ............................................................ 22

-C-

Cal e .......................................................... 52

-Cal e......................................................... 52

Cal in......................................................... 15

CAL キー ................................................. 9, 19

CALコマンド

..................................... 48, 49

CC out......................................................... 16

CH ................................................................ 13

CH 0 ............................................................ 53

CH ng .................................................... 13, 53

CH no .................................................... 13, 53

Cl adj................................................... 20, 29

Clear .......................................................... 40

Clr .................................................. 18, 36, 53

59

Clr go.......................................18, 36, 39, 40

Clr no.............................................18, 36, 40

Cond.................................................12, 20, 23

Cp...........................................................20, 31

Cp fnc.............................................20, 30, 31

Cp Hi.....................................................20, 31

Cp lmt...................................................20, 31

Cp lo.....................................................20, 31

Cp ref...................................................20, 31

Cpin.......................................................20, 31

Crlf.............................................................22

CSVフォーマット

.....................................27 ct...........................................................10, 22

Ct5.........................................................22, 50

CTS

..........................................................50

Cコマンド

...................................................48

-D-

-d-...................................................36, 38, 39 d 1.0000.......................................................43 data.............................................................21

DCE ..........................................................47 d-no.............................................................21 dout.......................................................19, 21

DPフォーマット

........................................26

...........................................................10, 22 d5 fnc.........................................................22 d-t...................................................36, 38, 39

-E- e .................................................................52

-e.................................................................52

EC,E00

...............................................54

EC,E01

...............................................54

EC,E02

...............................................54

EC,E03

...............................................54

EC,E04

...............................................54

EC,E06

...............................................54

EC,E07 ...............................................54

EC,E11

...............................................52

EC,E16 ...............................................52

EC,E17

...............................................52

EC,E20 ...............................................52

EC,E21

...............................................52 erCd.......................................................22, 49 error 1.......................................................52 error 6.......................................................52 error 7.......................................................52

Pコマンド..............................................48

Tコマンド..............................................48

-F-

FAST .................................................9, 12, 23 fUl...................................................37, 39, 53

-G- g ...........................................................10, 22

GLP .............................. 9, 14, 15, 32, 33, 58 g5i ........................................................ 20, 24

GX-10

.................................................. 56

GX-11 .................................................. 56

GX-13

.................................................. 57

-H-

HI ............................................................ 9, 30

Hi5 ........................................................ 36, 40

HI:***

.** gコマンド.............. 49

-I- id .......................................................... 22, 32

IDナンバ

............................................ 27, 32 info ...................................................... 21, 33 int .............................................................. 21

-K-

KFフォーマット

........................................ 26

-L- ldin ...................................................... 22, 43 lo .................................................... 11, 12, 52

LO ........................................................... 9, 30

LO:***

.** gコマンド.............. 49

-M-

MCLコマンド

........................................... 49

MD:nnnコマンド

................................. 49

MID. ........................................................ 9, 12

MODE キー ................................................... 9

MTフォーマット

........................................ 26

-N-

NET ......................................................... 9, 10

NUフォーマット ........................................ 26

-O-

OFFコマンド ........................................... 48

OK........................................................... 9, 30

OL ............................................................. 25

ON:OFF キー ................................................ 9

ONコマンド ......................................... 48, 49 out ........................................................ 39, 40 out go .................................................. 39, 40 out no .................................................. 39, 40

-P- p01 .............................................................. 40 pC .................................................... 10, 22, 36 pct ........................................................ 10, 22 pnt ........................................................ 20, 23 poff ...................................................... 20, 24 p-on ...................................................... 20, 23

PRINT キー ............................................. 9, 19 prt .................................................. 19, 21, 37

PRTコマンド

........................................... 48 p5 .......................................................... 17, 18 pU5e ...................................................... 19, 21

Pコマンド

............................................ 48, 49

-Q-

QT

............................................................. 25

Qコマンド

............................................ 37, 48

-R-

60 reCall...................................................38, 39 recend.........................................................35

RESPONSE ................................................13

RE-ZERO キー ....................................8, 9, 19

RS-232C

.................... 3, 5, 6, 32, 45, 47

RsCom.........................................................47

RsKey ..........................................................47 rtc pf...................................................30, 53

RTS

..........................................................50

Rコマンド

.............................................48, 49

-S-

.................................................................26

SAMPLE キー....................................9, 10, 19

SD

.............................................................26

5el p02.......................................................41

SI .............................................................26

5-id.............................................................21

5if...................................................19, 22, 25

SIRコマンド

......................................38, 48

SIコマンド

.........................................38, 48

SLOW................................................9, 12, 23

SMPコマンド

............................................48

5pd.........................................................20, 23

ST .............................................................25

5tart...........................................................35

5t-b.......................................................20, 23

5-td.......................................................19, 21

Sコマンド .............................................37, 48

-T- t 25.............................................................43 trc.........................................................20, 23 t-Up.............................................................22 type.............................................................22

Tコマンド

...................................................48

-U-

Unit.......................................................22, 29

US

.............................................................25

Uコマンド ...................................................48

UN:mmコマンド

....................................49

UW:*** .** gコマンド ..............49

-W-

WinCT..........................................................47

WT .............................................................26

-Z-

Zコマンド ...................................................48

3)五十音

-あ-

アース端子

.................................................5, 6

足コマ

....................................................5, 6, 7

安定検出幅

...................................................23

安定所要時間

.........................................55, 58

安定表示

................................................12, 58

安定マーク

.....................................................9

-い-

1級、2級 .....................................................4

インターバルメモリモード

................ 9, 25, 37

インタフェース ..................................... 45, 47

-お-

応答特性 .................................................. 9, 23

オートパワーオフ

........................................ 24

オートパワーオン

........................................ 23

オートプリント Aモード

.................... 24, 37

オートプリント Bモード

.................... 24, 37

温度

......................................................... 7, 15

-か-

外形寸法

...................................................... 56

外部入力

...................................................... 46

外部入力端子 ............................................. 5, 6

回路

............................................................. 45

ガラス風防 ................................................... 56

環境

....................................................... 12, 58

-き-

キー

......................................................... 9, 19

キーモード ............................................. 24, 37

記憶する

...................................................... 58

基準適合証印 ............................................. 3, 4

キャリブレーション

.............. 3, 14, 15, 33, 58

キャリブレーション・テスト .......... 14, 16, 34

-け-

形式承認番号

............................................... 55

計量皿

........................................................ 5, 6

計量皿寸法

................................................... 55

-こ-

校正

................................................. 3, 14, 15

校正実行記録

............................................... 15

校正状態

...................................................... 14

小型風防

........................................................5

コンパレータ表示

..........................................9

-さ-

最小100%質量

........................................ 55

最小単位質量 ............................................... 55

サンプル数

................................................... 55

サンプル不足 ............................................... 53

-し-

磁気の影響 .....................................................7

自己点検機能

............................................... 13

自動環境設定 ............................................... 13

自動校正

............................................ 4, 14, 15

終了 ............................................................. 35

出荷時オプション

........................................ 57

出力

............................................................. 58

使用温度範囲

............................................... 55

小数点

.......................................................... 23

使用地域

.................................................. 3, 55

使用範囲

.................................................. 3, 55

初期化

.......................................................... 18

処理中マーク

........................................... 9, 11

61

振動 ..............................................................12

-す-

水平器 ....................................................5, 6, 7

スタンバイ・インジケータ

............................9

ステップカード ..........................................5, 6

ストップビット

............................................45

ストリームモード

........................................25

ストレートケーブル

.....................................47

スパン値

......................................................58

-せ-

静電気の影響

.................................................7

精度等級

......................................................55

設置条件

........................................................7

設定項目 ......................................................19

ゼロ点

..........................................................58

ゼロトラック ...............................................23

-た-

単位 ..........................................................9, 29

単位質量

......................................................10

-つ-

通信機能

......................................................55

通電 ............................................................7, 8

-て-

定期検査 ........................................................3

データナンバ

...............................9, 27, 37, 58

データビット

...............................................45

データメモリ

...............................................36

適性化

............................................................3

デジット

......................................................58

電源

..........................................................8, 55

伝送方式

......................................................45

-は-

パーセント計量

............................................12

パーセントモード最小表示

..........................55

パソコン

......................................................47

パリティ

......................................................45

-ひ-

比重計キット

...............................................57

表示書換時間 ...............................................55

表示書換周期

...............................................23

ひょう量 ......................................................55

ひょう量インジケータ

.............................9, 24

ピン配置 ......................................................45

-ふ-

風袋引き ......................................................58

風防枠

............................................................6

フォーマット

...............................................25

フットスイッチ

............................................46

プリンタ

......................................................46

フルメモリ

...................................................37

分類項目

......................................................19

-へ-

変更可能

......................................................17

変更禁止 ...................................................... 17

-ほ-

ボーレート .................................................. 45

保守管理

........................................................ 8

補助表示 ...................................................... 55

補助表示マーク

............................................. 9

本体カバー

.................................................... 8

-み-

見出し

.......................................................... 35

62

-め-

目量

.............................................................55

-も-

モード

..........................................................58

-ゆ-

床下ひょう量金具

........................................41

-り-

リゼロ

..........................................................58

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement