取扱説明書

取扱説明書
S611
■ BUTTONS AND CHANGE OF DISPLAY
KSJS611-A1411
Button Ⓑ
弊社製品についての修理その他のご相談は、「お買い上げ店」で
うけたまわっております。なお、ご不明の点は下記へお問い合せ
ください。
取扱説明書
INSTRUCTIONS
全国共通フリーダイヤル
S611
Button Ⓐ
0120-612-911
お客様相談室
この度は弊社製品をお買い上げいただき、
誠にありがとうございました。
ご使用の前にこの説明書をよくお読みの上、
正しくご愛用くださいますよう、お願い申
し上げます。
なお、この説明書はお手元に保管し、必要
に応じてご覧ください。
Button Ⓔ
〒 100-0005 東京都千代田区丸の内 3-1-1 国際ビル
〒 550-0013 大阪市西区新町 1-4-24 大阪四ツ橋新町ビルディング
本 社 〒105-8467 東京都港区芝浦1-2-1
http://www.seiko-watch.co.jp/
● With each pressing of Button Ⓐ , the display changes in the following order.
■ FEATURES
TIMER
display
WORLD
TIME
display
ALARM
display
Button Ⓒ
Button Ⓐ
Button Ⓓ
Button Ⓔ
Button Ⓐ: Change to TIME/CALENDAR display
Button Ⓐ (long press): C h a n g e t o T I M E /
CALENDAR SETTING
display
Button Ⓑ: Selection of city name, adjusting
items or digits (moving back or
decreasing)
Button Ⓒ: Engagement/disengagement of
hourly time signal, adjusting items or
digits (advancing or increasing)
Button Ⓓ: No function
Button Ⓔ: WORLD TIME display/selection of
the item or digit to be adjusted
Tapping × one time: Turning on the built-in light
Tapping × two times: Setting/canceling the
auto illumination
(2)
How to set the time and calendar
①Long press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR SETTING display.
The city name currently set starts flashing.
②Press Button Ⓔ to select the item to be adjusted (flashing).
※Once the year, month and date have been set, the day of the week is automatically set.
※If the city name is set to GMT, on“on”
(
) /off“--”
( ) mark of DST is not displayed.
※If the“DST (summer time)”is set to“on,”the“DST”mark is displayed and the
time advances for one hour.
(3)
How to adjust the contrast level
③Press Button Ⓑ or Button Ⓒ to select the OFF or set
When POWER SAVE time is
When POWER SAVE is OFF
set to 1 hour
・The contrast level of the display (variations of shading) can be
time. The factory default setting is OFF.
adjusted. When the digital display is initialized or the built-in IC is
second
minute
hour
date
month
year
12/24H
City
DST(summer time)
Contrast level
Power save
Tap sensitivity
OFF
1H
3H
6H
12h
reset, the contrast is reset to the default level“0.”
name “on/ -”
adjustment
setting
adjustment
※The POWER SAVE function turns off the display to save consumption power
●Press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR display.
while no button operation is performed for the predetermined time. To recover
③To reset the seconds to“00,”press Button Ⓔ to select the second digits (flashing), and ①Long press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR SETTING display.
the display, press any button to recover the display before turning off.
The city name currently set starts flashing.
then press Button Ⓑ or Ⓒ in accordance with a time signal.
④After the adjustment is completed, press Button Ⓐ to
※If Button Ⓑ or Ⓒ is pressed while the second digits count any number between "30" and "59,”one ②Press Button Ⓔ to select“contrast.”
return to the TIME/CALENDAR display.
minute is added and the second digits are immediately reset to“00.”
③Press Button Ⓑ or Ⓒ to adjust the contrast
If the watch is left untouched with the digits flashing, the display will automatically return to
※The telephone time signal service (Tel. 117) is convenient to set the time.
level.
the TIME/CALENDAR display in two to three minutes.
④After selecting the item to be adjusted, press Button Ⓒ or Ⓓ to set the digits. With each
pressing of Button Ⓒ, one digit is increased or the city name advances one by one. (With
(Low)
−2
−1
0
1
2
(High)
(5)
How to adjust the tap sensitivity
each pressing of Button Ⓑ, one digit is decreased or the city name moves back one by
・Adjust the tap sensitivity.
Contrast level: 0
one). (Except“second,”
“12H/24H,”and“DST”
)
④After the adjustment is completed, press
●Press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR display.
①Long press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR SETTING display. The city name currently set starts flashing.
Button Ⓐ to return to the TIME/CALENDAR display.
⑤After all adjustments are completed, press Button A to return to the TIME/CALENDAR
display. If the watch is left untouched with the digits flashing, the display will automatically If the watch is left untouched with the digits flashing, the display will ②Press Button Ⓔ to show the TAP SENSITIVITY SETTING display. Sensitivity Low
Sensitivity High
return to the TIME/CALENDAR display in two to three minutes.
③Press Button Ⓑ or Button Ⓒ to adjust the tap sensitivity.
automatically return to the TIME/CALENDAR display in two to three minutes.
−1
0
1
※Because the year, month, date, and day from 2014 to 2063 have been programmed in the automatic
※If tapping does not turn on the light easily, select Sensitivity High.
calendar, in this period, it is not necessary to manually adjust odd and even months including
(4)
How to adjust the POWER SAVE setting
February of leap years.
(6)
How to test the alarm sound and how to engage/disengage the hourly time signal and
※If summer time is set in the TIME/CALENDAR display and the same city is selected in the WORLD ●Press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR display.
confirmation sound for button operations
(Hourly time signal does not sound.)
TIME display, the summer time will also be shown in the WORLD TIME display.
①Long press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR SETTING ・With each pressing of Button Ⓒ in the TIME/CALENDAR (Hourly time signal sounds.)
Ⓒ
Ⓒ
※If all indicators of the display light while in the TIME/CALENDAR SETTING display, it is not a
display. The city name currently set starts flashing.
display, the hourly time signal and confirmation sound for
malfunction. This happens if buttons C and D are pressed at the same time. In such a case, press ②Long press Button Ⓔ to show the POWER SAVE SETTING display.
Hourly time
Hourly time
any one of buttons to return to the TIME/CALENDAR display, and then, follow the above procedures
signal mark
button operations can be engaged or disengaged.
signal mark is
appears.
from step ① of (2) to set the time and calendar.
not displayed.
・The alarm sound can be heard by pressing and
holding Button Ⓒ and Ⓓ at the same time.
(1)
Buttons and operations
●Press Button Ⓐ to show the STOPWATCH display.
Button Ⓐ
Button Ⓒ
Button Ⓐ
Button Ⓓ
Button Ⓔ
How to measure time
3 to 4 units of memory
2 Start → Stop/Restart → Stop → Reset
3 to 4 units of memory
3 Start → Lap/Split → Stop → Reset
4 to 5 units of memory
4 Start → Stop/Restart → Lap/Split → Stop → Reset
4 to 5 units of memory
5 Start → Lap/Split → Lap/Split → Stop → Reset
5 to 6 units of memory
※Due to the function displaying the best lap time and average lap time, it takes at least three
units of memory to store 1 time data.
If you store data only in one channel, you can use 300 units of memory per channel. If you use
more than one channel, the units of memory you can use will be less than 300 units of memory
in total.
For example, if the measured time data are stored in one channel, 300 units of memory can be
used, but if data is divided and stored in 2 channels, 297 units of memory can be used in total.
※When the lap/split time is measured, if the“FULL”and the lap number alternately flash, the
lap/split time cannot be stored. This indicates that the memory is full.
※If“F---”is displayed on the bottom row when the stopwatch function is used, the memory of
lap/split time cannot be stored. (See“How to use the memory recall function”and delete
unnecessary data.)
Button Ⓐ: Change to TIMER display
Button Ⓐ (long press): C h a n g e t o T I M E R
SETTING display
Button Ⓑ: Timer time setting (decreasing digits)
Button Ⓒ: Timer time setting (increasing digits)
Button Ⓓ: Change to the TIME/CALENDAR display
Button Ⓔ: Selection of the item or digits to be
adjusted Reset the timer
Tapping × one time: Turning on the built-in light
Tapping × two times: Setting/canceling the
auto illumination
②Long press Button Ⓐ to show the TIMER SETTING display. The hour digits for Timer 1 starts flashing.
Press Button Ⓔ to select the item or digits to be adjusted (flashing).
Ⓔ
Ⓔ
Units of memory used for storing 1 time data
■ HOW TO USE THE ALARM
TIMER 2
Hour → Minute → Second
Ⓔ
Ⓔ
THE NUMBER OF TIMES
THE COUNTDOWN IS
TO BE REPEATED
③With each pressing of Button Ⓒ, one digit is increased. (With each pressing of
Button Ⓑ, one digit is decreased.)
※If Button Ⓑ or Ⓒ is kept pressed, the digits move quickly.
④Press Button Ⓐ to return to the TIMER display. If the watch is left untouched with the digits
flashing, the display will automatically return to the TIMER display in two to three minutes.
Ⓔ
Ⓐ
(TIMER 2:1 minute) (THE NUMBER OF TIMES THE COUNTDOWN IS (TIMER display)
TO BE REPEATED: 5 times)
⑤Press Button Ⓒ to start/stop the timer. After stopping the timer,
press Button Ⓔ to reset the timer.
※Restarting and stopping the timer can be repeated as many times as necessary.
※A time-up warning beep sounds 3 seconds before the set time is up. When
the set time is up, the time-up beep sounds for approximately 5 seconds.
※To stop the time-up warning beep and time-up beep while sounding, press either Button Ⓐ, Ⓑ, Ⓒ, Ⓓ, or Ⓔ.
※While the timer is counting, the timer mark“ ”flashes.
※The battery life (three years) is based on the operation of alarm one
time/day, lighting one time/day, and timer one time/day.
(2)
Monitor battery
The battery in your watch may run down in less than two years after
the date of purchase, as it is a monitor battery which is inserted at
the factory to check the function and performance of the watch.
(3)
Battery replacement
①For battery replacement, be sure to have the battery replaced
with a new one at the retailer from whom the watch was
purchased, and specify a genuine SEIKO battery.
②If the old battery is left in the watch for a long time, a
malfunction may be caused due to battery leakage, etc. Have
it replaced with a new one as soon as possible.
③Battery replacement is charged even if it runs down within
the guarantee period.
Button Ⓔ
Lap/Split
Button Ⓔ
Lap/Split
Button Ⓔ
・・
・・ Lap/Split
→
Button Ⓒ
Stop
→
Button Ⓔ
Reset
How to check and set the TARGET TIMER time
・Long press Button Ⓐ in the state where the stopwatch is reset to
show the TARGET TIMER SETTING display.
・Items and digits to be adjusted are selected by Button Ⓔ, and
digits are decreased and increased by Button Ⓑ and Button Ⓒ,
respectively.
・The time can be set between one to fifty-nine minutes fifty-nine
seconds in one-second increments.
・When the setting is finished, press Button Ⓐ to return to the
STOPWATCH RESET display.
Ex.1
Button Ⓒ
Set time elapsed
→ Alarm sound“beep, beep” →
Start
・If "F-300" is displayed, it means that 300 units of memory can be used.
・After starting the stopwatch, "F-300" changes to "L-1."
(4)
Lap time/split time measurement (if lap time measurement is repeated 10 times)
Button Ⓔ
Button Ⓒ
Button Ⓔ
Button Ⓔ
Button Ⓒ
→
→
・
・・・
Reset
Start
Lap/Split
Lap/Split
Stop
→
Second set
※Make sure that the stopwatch is reset before deleting the data.
※The newest channel is displayed.
Ⓔ
Minute set
Ⓔ
Button Ⓑ
Button Ⓒ
Button Ⓐ
Button Ⓓ
Button Ⓔ
Button Ⓐ: Change to MEMORY RECALL display
Button Ⓐ (long press): Data deletion
Button Ⓑ: Selection of channel
Button Ⓒ: Selection of channel
Button Ⓓ: Change to the TIME/CALENDAR display
Button Ⓔ: Data recall
Tapping × one time: Turning on the built-in light
Tapping × two times: Setting/canceling the auto
illumination
(2)
How to use the memory recall function
Example: If you want to see data in channel 5 (CH-5)
①Press Button Ⓑ and Ⓒ to show the desired
channel number (CH-5).
Timer restart
(Displayed after 10 seconds)
Button Ⓒ
→ L-2 Measurement →──→
→
Stop
Button Ⓔ
Reset
※T h e d i s p l a y o n
the top row shows
countdown from
the set time.
※After the set time
has elapsed,“----”
is displayed.
→
Button Ⓔ
Lap/Split
Total measurement time
Ⓔ
※The difference between
the set time and LAP
time is displayed in
conjunction with the lap
button.
Timer restart
(Displayed after 10 seconds)
→
L-2 Measurement
→──→
Button Ⓒ
Stop
→
Button Ⓔ
Reset
The date when the
measurement is
started Channel No.
③Press Button Ⓐ for approximately 2
seconds. “CLR?”will be displayed.
※The channel number after the deleted data
moves up.
Lap time
Best lap time
Ⓔ
・・・
Split time
Lap time
LAP No.
Average lap time
Ⓔ
Split time
Lap time
BEST⇔LAP No.
①Press Button Ⓐ to show the MEMORY
RECALL display.
※The newest channel is displayed.
②Press Button Ⓐ for approximately 2
seconds. “CLR?”will be displayed.
(No Indication)
Average
lap time
※When the best lap is displayed, the“BEST”and“LAP-**”are alternately displayed.
※The LAP time and SPLIT time positions are displayed in accordance with the stopwatch display
position setting.
・"F-288" means that 288 units
of memory can be used.
②Press Button Ⓑ or Ⓒ to select the channel
you want to delete.
●How to delete all channels
Ⓔ
(No Indication)
Total measurement
time
※The newest channel is displayed.
⑤After the number of remaining units is
displayed, the watch automatically returns
to the MEMORY RECALL display.
Ⓑ
→
・・・
Ⓒ
←
②Press Button Ⓔ to check the lap time. With
e a c h p r e s s i n g o f B u t t o n Ⓔ, t h e d i s p l a y
changes in the following order.
CH display
●How to delete a channel
①Press Button Ⓐ to show the MEMORY RECALL display.
④Keep Button Ⓐ pressed for approximately
2 seconds. When“ALL CLR?”is displayed,
release Button Ⓐ.
※If no data is stored in memory, "---" mark is displayed.
Button Ⓔ
Ex.2
Button Ⓒ
Start
③Keep Button Ⓐ pressed for approximately 2 seconds to
show“ALL CLR?”And then keep Button Ⓐ pressed for
approximately another 2 seconds.
④After the number of remaining units is displayed, the watch
automatically returns to the MEMORY RECALL display.
※After measuring lap time/split time, the STOPWATCH display is stopped for approximately 10 seconds, during which the number
of laps flash. Then, the STOPWATCH display automatically starts again. The number of laps displayed is the next number of laps.
※The lap can be repeated as many times as necessary. The number of laps up to 999 can be displayed.
Afterwards, the number of laps is displayed successively like 1001 (display: 001) and 1002 (display: 002).
■ TO PRESERVE THE QUALITY OF YOUR WATCH
■ HOW TO USE THE WORLD TIME
■ NECESSARY PROCEDURE AFTER THE BATTERY CHANGE (RESETTING THE IC)
④Once the case back is opened for battery replacement or ・After the battery is replaced with a new one, or when an abnormal
other purposes, the original water resistant quality designed
display such as broken digits appears, follow the procedure below.
for the watch may deteriorate when it is closed. When you
The built-in IC will be reset and the watch will resume normal
have the battery replaced with a new one, also request the
operation.
water resistance test pertaining to the water resistant quality
of your watch.
How to reset the built-in IC
If your watch has 10-bar or higher water resistant quality, be Keep buttons Ⓐ, Ⓑ, Ⓒ and Ⓓ pressed at the same time for 2 to 3
sure to have such test performed on the watch every time the seconds. The display will become blank, and "1-1 WED AM 12:00oo"
battery is replaced.
will be displayed as the buttons are released.
Please note that it takes several days to check the water
resistant quality of your watch. When requesting the Before using the watch, set the watch in the following order.
checking, therefore, please check the period required for it.
①Time/calendar setting
②Alarm setting
Button Ⓑ
Button Ⓒ
2.
Battery life indicator
The watch is equipped with a battery life indicator that enables
you to know when the battery needs to be replaced.
※When all the digits start flashing in the TIME/CALENDAR display,
the watch may stop operating in 2 to 3days.
In such a case, immediately have the battery replaced with a new
one by the retailer from whom the watch was purchased.
ON/OFF set
Ⓔ
(3)
How to delete the stored data
(1)
Buttons and operations
●Press Button Ⓐ to show the MEMORY RECALL display.
・"F-297" means that 297 units
of memory can be used.
※"Restart" and "Stop" can be repeated as many times as necessary.
※If the stopwatch mark“ ”is flashing in the display other than the stopwatch display, the stopwatch is in use.
・If "F-300" is displayed, it means that 300 units of memory can be used.
・After starting the stopwatch, "F-300" changes to "L-1."
Button Ⓔ
Lap/Split
・The three-channel daily alarm sounds at a designated time (hour and minute) every 24 hours. ・The time of 44 cities (including GMT) in different time zones (4)
Comparison table between city and time difference (GMT indicates the Greenwich mean
・Each alarm channel can be engaged“on”
(
) or disengaged“--”
( ) independently.
time. + indicates advancement from the GMT and ‒ indicates time lag from the GMT.
throughout the world can be displayed.
※The alarm can be set only for the home time city.
都市名
GMTとの時差
NO.
・The summer time (DST) can also be set for each city (except GMT).
Greenwich
00:00
GMT
1
(1)
Buttons and operations
Lisbon
00:00
LIS
2
●Press Button Ⓐ to show
(1)
Buttons and operations
London
00:00
LON
3
Button Ⓐ: Change to ALARM display
Paris
+01:00
PAR
4
the ALARM display.
Button Ⓐ: C h a n g e t o W O R L D
Rome
Button Ⓐ (long press): C h a n g e t o A L A R M
+01:00
ROM
5
Berlin
+01:00
BER
6
TIME SETTING display
TIME display
Button Ⓑ
Button Ⓒ
Button Ⓑ
Button Ⓒ
Athens
+02:00
ATH
7
Button Ⓑ: Alarm time setting (decreasing digits)
Button Ⓑ: Selection of the city
Cairo
+02:00
CAI
8
Button Ⓒ: Alarm time setting (increasing digits)
(moving back)
Moscow
+03:00
MOW
9
Engagement/disengagement of the alarm
Jeddah
+03:00
JED
10
Button Ⓒ: Selection of the city
Baghdad
+03:00
BGW
11
Button Ⓓ: Change to the TIME/CALENDAR display
(advancing)
Button Ⓐ
Button Ⓓ
Tehran
+03:30
THR
12
Button Ⓔ: Change between the alarm 1, 2, and 3
Button Ⓓ: Change to the TIME/
Dubai
+04:00
DXB
13
Button Ⓐ
Button Ⓓ Tapping × one time: Turning on the built-in light
Kabul
+04:30
KBL
14
CALENDAR display
Button Ⓔ
Tapping
×
two
times:
Setting/canceling
the
Karachi
+05:00
KHI
15
Button Ⓔ
Button Ⓔ: Setting/canceling the DST
auto illumination
Delhi
+05:30
DEL
16
Tapping × one time: Turning on the built-in light
Dhaka
+06:00
DAC
17
(2)
How to use the alarm
Yangon
+06:30
RGN
18
Tapping × two times: Setting/canceling the
Bangkok
+07:00
BKK
19
・The way of using the alarm is the same for every alarm
auto illumination
Jakarta +07:00
JKT
20
channel.
Singapore
+08:00
SIN
21
Example: Selecting alarm 1 and setting the alarm
Hong Kong
+08:00
HKG
22
(2)
How to use the world time
Beijing
+08:00
BJS
23
time to“6:30 a.m.”
Seoul
+09:00
SEL
24
①Press Button Ⓐ to show the WORLD TIME display.
①Press Button Ⓔ to show“ALARM 1.”
Tokyo
+09:00
TYO
25
The city name, month, date, and time are displayed.
L o n g p r e s s B u t t o n Ⓐ t o s h o w t h e A L A R M
Adelaide
+09:30
ADL
26
Guam
+10:00
GUM
27
②To select the city, press Button Ⓒ or Ⓓ.
SETTING display. The hour digits start flashing.
Sydney
+10:00
SYD
28
②With each press of Button Ⓔ, hour digits and
Gold Coast +10:00
OOL
29
(3)
How to set the summer time
minute digits flash alternately. Select the digits to
Nouméa
+11:00
NOU
30
Wellington
+12:00
WLG
31
be adjusted (flashing).
・With each pressing of the Button Ⓔ in the
Honolulu
−10:00
HNL
32
(Hour:
6
a.m.)
③With each pressing of Button Ⓒ, one digit is
WORLD TIME display, the summer time
Anchorage
−09:00
ANC
33
↓Ⓔ
increased. (With each pressing of Button Ⓑ, one
Vancouver
−08:00
YVR
34
can be alternately set or cancelled.
Los Angels
−08:00
LAX
35
digit is decreased.)
・When the summer time is set, the DST
Denver
−07:00
DEN
36
※If Button Ⓑ or Ⓓ is kept pressed, the digits move quickly.
Chicago
−06:00
CHI
37
mark appears.
New York
−05:00
NYC
38
④After all adjustments are completed, press Button Ⓐ to
Montreal
−05:00
YMQ
39
release the ALARM SETTING display and to return to
(When the summer
Boston
−05:00
BOS
40
the ALARM 1 display. If the watch is left untouched
time is set)
Santiago
−04:00
SCL
41
Buenos Aires
−03:00
BUE
42
with the digits flashing, the display will automatically (Minute: 30 minutes)
※If summer time is set to the city which has also been set as“HOME”in the TIME/
Rio
de
Janeiro
−03:00
RIO
43
return to the ALARM 1 display in two to three minutes.
↓Ⓐ
Azores
−01:00
PDL
44
CALENDAR display, the summer time will also be shown in the TIME/CALENDAR display.
(Alarm engaged)
If summer time is set in the TIME/CALENDAR display and the same city is selected in the
(As of November 2014)
(3)
How to engage or disengage the alarm
WORLD TIME display, the summer time will also be shown in the WORLD TIME display.
・With each pressing of Button Ⓒ in the ALARM
※The time differences in each city in the table on the right are subject to change
display,“ON”(the alarm is engaged) or“--”(the
When
according to the governments of the respective countries of regions.
Alarm is
■ BUILT-IN ILLUMINATING LIGHT (LED)
alarm is disengaged) mark is displayed alternately.
ON
Alarm mark appears.
(4)
How to stop the alarm while sounding
The watch employs a method to uniformly diffuse light from a light-emitting
■ NOTE ON THE LIQUID CRYSTAL PANEL
・A t a d e s i g n a t e d t i m e t h e a l a r m s o u n d s f o r
diode (LED) by light guiding panel.
(Alarm disengaged)
approximately 20 seconds and automatically stops.
The normal life expectancy for the liquid crystal panel of the watch is
To stop the alarm manually while sounding, press
any of Buttons Ⓐ, Ⓑ, Ⓒ, Ⓓ, Ⓔ, Ⓕ or Ⓖ.
approximately 7 years. After that, it may decrease in contrast, becoming ※ When the voltage gets lowered with the battery life running out, the luminance
When
level decreases.
※Doing this in any display can stop the alarm.
Alarm is
difficult to read. Please contact the retailer from whom the watch was
OFF
purchased to have the liquid crystal panel replaced with a new one.
Alarm mark disappears.
■ REMARKS ON THE BATTERY
1.
Notes on the battery
(1)
Battery life
This watch operates for two years after assembling a new
normal battery.
→
Split time
1 Start → Stop → Reset
※The timer is initially set for 1 minute.
Ⓔ
Button Ⓒ
Start
(3)
How to use the stopwatch (Standard measurement)
Button Ⓒ
Button Ⓒ
Button Ⓒ
→
→
Start
Stop
Restart
Lap time
↓↑Button Ⓑ
●When the time exceeds one hour, the LP/ SP display section on the left side shows hours.
● About memory
(2)
How to set the timer
Example: If the timer 1 is set to three minutes, the timer 2 is set to one minute, and the
repeating number is set to 5.
①Press Button Ⓐ to show the TIMER display.
TIMER 1
Hour → Minute → Second
The bottom row constantly displays the current time.
Button Ⓐ: Change to the STOPWATCH display
Button Ⓑ: Changes over the display positions between
lap time and split time
Button Ⓒ: Start/Stop
Button Ⓓ: Change to the TIME/CALENDAR display
Button Ⓔ: Lap, Split/Reset
Tapping × one time: Turning on the built-in light
Tapping × two times: Setting/canceling
the auto illumination
“Lap time”is the time that has elapsed from
the start of one stage of an activity to that
of the next stage.“Split time”is the time
that has elapsed from the start of an
activity to any given stage.
・The timer can be set from 10 seconds up to 99 hours, 59 minutes in one-second increments.
・Two timers are provided, and the timer 2 starts after the timer 1 counted up. The repeating
function is also included so that the timer 1 restarts after the timer 2 counted up.
・To use either Timer 1 or Timer 2 as a standard repeat timer, set the timer not in use to“00:00’
00.”
・The number of times the timers repeat the countdown can be set from 1 to 100 times.
Button Ⓑ
Button Ⓓ
Button Ⓔ
■ HOW TO USE THE TIMER
(1)
Buttons and operations
●Press Button Ⓐ to show the TIMER
display.
Button Ⓒ
Ⓓ
④To check data in other channels, press Button Ⓑ or Ⓒ to
select the desired channel number and check the data in the
same way as procedure ③.
・Up to 300 units of memory can be used to store measured time data.
・The stored data can be recalled per channel.
・The best lap time and average lap time can be displayed.
・The date when the measurement is started is memorized in each channel.
※When measuring the LAP time, the display on the top row shows the difference between the set time and
the LAP time.
※If there is no operation after the elapse of the TARGET TIMER set time, the bar display“----”flashes.
※When the target timer is used, either LP or SP is displayed.
Button Ⓑ
Ⓓ
■ HOW TO USE THE MEMORY RECALL FUNCTION
Contents of
display
[Function to change the display to the TIME/CALENDAR display]
・A special button is provided to change any display to the TIME/CALENDAR display.
(TIMER 1:3 minutes)
MEMORY
RECALL
display
Button Ⓑ
With each pressing of Button Ⓔ, the display changes in the following order.
・The stopwatch can measure up to 99 hours 59 minutes 59 seconds 99 in 1/100 (2)
How to display the measured time
(5)
How to use the TARGET TIMER
second increments.
●Each time Button Ⓑ is pressed, the display positions are changed over between“LP”time and“SP”time. ・The target timer starts, stops, resets, and restarts counting in conjunction with operation of the
・Lap time“LP”and split time“SP”can be displayed simultaneously. The memory of
START, STOP, and LAP/SPLIT buttons of the stopwatch.
best lap time and average lap time can be stored.
・When the TARGET TIMER is ON, the“TT”mark lights up on the left side of the display. The timer
Button
Ⓑ
set time is displayed on the top row, and the timer operates in conjunction with the stopwatch.
・Up to 300 units of memory can be sorted.
・Data within 300 units of memory can be sorted by channel when being stored.
When the timer set time is reached, the timer sounds (with a 3-second countdown function).
※Push Button Ⓑ to switch over the display between LAP time and SPLIT time on the middle row.
・Lap/split time, best lap time, and average lap time can be recalled on the display.
Start
※The auto illumination function is a function to simultaneously perform the
pressed function and illuminate the display.
Ⓔ
STOPWATCH
display
(1)
Buttons and operations
●Press Button Ⓐ to show the TIME/CALENDAR display.
■ HOW TO USE THE STOPWATCH
This is a runner’
s watch that can store up to 300 units of measured
memory and can recall data on demand.
Data within 300 units of memory can be sorted by channel when being stored.
The results measured by the stopwatch function can be recalled, and when results
are recalled, the best lap time and average lap time can be also displayed.
This watch is equipped with a target timer function. The target timer is a
countdown timer that works in conjunction with the stopwatch operation,
and is displayed together with the stopwatch.
Also, the watch employs a tapping method for switching the light; a
slight tap on the watch face turns on the light.
In addition, this watch is equipped with a 3-channel alarm function,
timer function, and world time function which can display the time of 44
cities (including GMT) throughout the world.
TIME/CALENDAR
・Month, date, day, hour, minute, second, and summer time mark can be displayed.
Either of a 12-hour indication or a 24-hour indication of time display can be
selected. (The western calendar year is displayed only when adjustments are made.)
・The calendar automatically adjusts for odd and even months including February
of leap years from January 1, 2014 to December 31, 2063 (Automatic calendar).
STOPWATCH
・The stopwatch can measure up to 99 hours 59 minutes 59 seconds 99
in 1/100 second increments.
・Up to 300 units of lap time and split time memory can be stored.
・Up to 300 units of memory can be sorted by channel when being stored.
・The display positions can be changed over between lap time and split time.
・Equipped with a target timer function that works in conjunction with the stopwatch operation.
・The current time is constantly displayed even when the stopwatch is working.
MEMORY RECALL
・The stored data (lap number, lap time, and split time) can be recalled
on demand after the measurement.
・The total time, best lap, and average lap can be displayed.
TIMER
・The watch is equipped with a double repeat timer function which
allows you to set two different timer times.
・The timer can be set from 10 seconds up to 99 hours, 59 minutes in one-second increments.
・The number of times that the timers repeat their cycles can be set from 1 to 100
times. The number of times the countdown has been completed is displayed.
ALARM
・The three-channel daily alarm sounds at a designated time (hour and
minute) every 24 hours.
・Each alarm channel can be engaged“on”
(
) or disengaged“--”
( ) independently.
WORLD TIME
・The time of 44 cities (including GMT) in different time zones
throughout the world can be displayed.
・The summer time (DST) can also be set for each city (except GMT).
THE BUILT-IN ILLUMINATING LIGHT (LED) FUNCTION/TAP INPUT FUNCTION
・Tapping the watch face once illuminates the display for approximately 4 seconds.
・Tapping the watch face two times sets/cancels the auto illumination function.
Ⓔ
※If the stopwatch mark“ ”is flashing in the
display other than the stopwatch display, the
stopwatch is in use.
Button Ⓒ
※If the timer mark“ ”is flashing in the display
other than the timer display, the timer is in use.
※If the confirmation sound for button operation is
set, the watch emits a brief sound when the
Button Ⓓ
display is changed. When the display is
changed to the TIME/CALENDAR display, the
watch emits a sound different from other button
operations. (Refer to“HOW TO SET THE
TIME AND CALENDAR” regarding the
confirmation sound for button operations.)
・The built-in illuminating light function can be operated by tapping the watch face:
Tapping × one time: Turning on the built-in light
Tapping × two times: Setting/canceling the auto illumination
・Press Button Ⓓ to change the display to the TIME/CALENDAR display.
TIME/CALENDAR
display
Ⓔ
■ HOW TO SET THE TIME AND CALENDAR
Button Ⓐ
Button Ⓓ
Button Ⓔ
■ TROUBLESHOOTING
Problem
Possible cause
The watch stops operating. ・The battery has run down.
The watch temporarily
gains/loses time.
・The watch has been left in extremely
high or low temperatures for a long time
・You dropped the watch, hit it against a hard
surface or wore it while playing active sports.
・The watch was exposed to strong vibrations.
All the segments of the
display are flashing.
・The battery nears its end.
The blur in the glass
persists for a long time.
・Water got inside the watch due to the
deterioration of the gasket, etc.
WARNING
・Immediately stop wearing the watch in following cases.
○If the watch body or band becomes edged by corrosion etc.
○If the pins protrude from the band
※Immediately consult the retailer from whom the watch was purchased or SEIKO CUSTOMER SERVICE CENTER.
・Keep the watch and accessories out of the reach of babies and children.
Care should be taken to prevent a baby or a child accidentally swallowing the accessories.
If a baby or a child swallows the battery or accessories, immediately consult a doctor, as it will be harmful to the health of the baby or child.
・Do not remove the battery from the watch.
Replacement of the battery requires professional knowledge and skill.
Please ask a watch retailer for replacement of the battery. Do not recharge the battery, as
doing so can generate heat which may cause bursting, leakage or ignition.
・Do not use the watch in scuba diving or saturation diving.
The various tightened inspections under simulated harsh environment, which are usually required for watches designed for scuba diving or saturation
diving, have not been conducted on the water-resistant watch with the BAR (barometric pressure) display. For diving, use special watches for diving.
CAUTION
・Avoid wearing or storing the watch in the following places.
○Places where volatile agents (cosmetics such as polish remover, bug repellent, thinners etc.) are vaporizing
○Places where the temperature drops below 5 ℃ or rises above 35 ℃ for a long time ○Places of high humidity
○Places affected by strong magnetismor static electricity ○Dusty places
○Places affected by strong vibrations
※For watches with batteries, do not leave a dead battery compartment for a long time as it may cause battery leakage.
・If you observe any allergic symptoms or skin irritation
Stop wearing the watch immediately and consult a specialist such as a dermatologist or an allergist.
・Do not pour running water directly from faucet.
The water pressure of tap water from a faucet is high enough to degrade the water resistant
performance of a water resistant watch for everyday life.
・Do not turn or pull out the crown when the watch is wet.
Water may get inside of the watch.
※If the inner surface of the glass is clouded with condensation or water droplets appear inside
of the watch for a long time, the water resistant performance of the watch is deteriorated.
Immediately consult the retailer from whom the watch was purchased or SEIKO CUSTMER SERVICE CENTER.
・Do not leave moisture, sweat and dirt on the watch for a long time.
Be aware of a risk that a water resistant watch may lessen its water resistant performance because
of deterioration of the adhesive on the glass or gasket, or the development of rust on stainless steel.
・Do not wear the watch while taking a bath or a sauna.
Steam, soap or some components of a hot spring may accelerate the deterioration of water resistant performance of the watch.
・Other cautions
○Replacement of the metal band requires professional knowledge and skill. Please ask a watch retailer
for replacement of the metal band, as there is a risk of hand or finger injury and fear of losing parts.
※Length adjustment service for metallic bands is available at the retailer from whom the watch was purchased or SEIKO CUSTOMER SERVICE CENTER.
The service may also be available on a chargeable basis at other retailers, however, some retailers may not undertake the service.
○Do not disassemble or tamper with the watch.
○Keep the watch out of the reach of babies and children. Extra care should be taken to avoid risks
of any injury or allergic rash or itching that may be caused when they touch the watch.
○When disposing of used batteries, follow the instructions of your local authorities.
■ SPECIFICATIONS
Solution
・Have the battery replaced with a new
one immediately by the eailer from
whom the watch was purchased.
・This condition will be corrected when
the watch temperature returns to
normal. Set the correct time before use.
・Set the correct time before use. If the
abnormal condition persists, consult the
retailer from whom the watch was
purchased.
・Have the battery replaced with a new
one as soon as possible by the retailer
from whom the watch was purchased.
・Consult the retailer from whom the
watch was purchased.
※For the solution for troubles other than above, contact the retailer from whom the watch was purchased.
Frequency of crystal oscillator ······ 32,768Hz
(1)
(2)
Loss/gain (monthly rate) ····· Less than 20 seconds
(when the watchis worn on
your wrist in the temperature
range between 5℃ and 35℃)
(3)
Operational temperature range······ Between −10℃ and +60℃
For the display function:
Between 0℃ and +50℃
(4)
Display medium ···················· Nematic Liquid Crystal,
FEM (Field Effect Mode)
(5)
Battery ···································· Miniature lithium battery SB-T1,
1 piece
(6)
Battery life ····························· Approx. 3 years
(7)
Battery life indicator
(8)
IC (Integrated Circuit) ·········· Oscillator, frequency divider
and driving circuits (C-MOSLSI), 1 piece
※The specifications are subject to change without prior notice, for product improvement.
■ AFTER-SALE SERVICE
●Daily care
The watch requires good daily care
・Wipe away moisture, sweat or dirt with a soft cloth
・After soaking the watch in seawater, be sure to wash the watch in clean pure water and wipe it dry
carefully.
※If your watch is rated as“non-water resistant”or“water resistant for daily use,”do not wash the watch.
●Water resistance
Refer the table below for the description of each degree of water resistant performance of your watch
before using.
Indication on the case back
Water resistant performance
Condition of use
No indication
Non-water resistance
Avoid drops of water or sweat
Water resistance for The watch withstands accidental contact
Not suitable
WATER RESISTANT everyday life
WARNING for swimming
with water in everyday life.
WATER RESISTANT Water resistance for everyday
The watch is suitable for sports such as swimming.
5 BAR
life at 5 barometric pressures
WATER RESISTANT Water resistance for everyday life The watch is suitable for diving not using an air cylinder.
10(20)BAR
at 10(20) barometric pressures.
●Band
The band touches the skin directly and becomes dirty with sweat or dust. Therefore, lack of care may
accelerate deterioration of the band or cause skin irritation or stain on the sleeve edge. The watch
requires a lot of attention for long usage.
Metallic band
・Moisture, sweat or soil will cause rust even on a stainless steel band if they are left for a long time.
・Lack of care may cause a yellowish or gold stain on the lower sleeve edge of shirts.
・Wipe off moisture, sweat or soil with a soft cloth as soon as possible
・To clean the soil around the joint gaps of the band, wipe it out in water and then brush it off with a soft
toothbrush.
(Protect the watch body from water splashes by wrapping it up in plastic wrap etc.)
・Because some titan bracelets use pins made of stainless steel, which has outstanding strength, rust may
form in the stainless steel parts.
・If rust advances, pins may poke out or drop out, and the watch case may fall off the bracelet, or the clasp
may not open.
・If a pin is poking out, personal injury may result. In such a case, refrain from using the watch and request
repair.
Leather band
・A leather band is susceptible to discoloration and deterioration from moisture, sweat and direct sunlight.
・Wipe off moisture and sweat as soon as possible by gently blotting them up with a dry cloth.
・Do not expose the watch to direct sunlight for a long time.
・Please take care when wearing a watch with light-colored band, as dirt is likely to show up.
・Refrain from wearing a leather band watch other than Aqua Free bands while bathing, swimming, and when
working with water even if the watch itself is water-resistant enforced for daily use
(10-BAR water resistant)
.
Polyurethane band
・A polyurethane band is susceptible to discoloration from light, and may be deteriorated by solvent or atmospheric humidity.
・Especially a translucent, white, or pale colored band easily adsorbs other colors, resulting in color smears or discoloration.
・Wash out dirt in water and clean it off with a dry cloth.
(Protect the watch body from water splashes by wrapping it up in plastic wrap etc.)
・When the band becomes less flexible, have the band replaced with a new one. If you continue to use the
band as it is, the band may develop cracks or become brittle over time.
Notes on skin irritation and allergy
Skin irritation caused by a band has various reasons such as allergy to metals or leathers, or skin
reactions against friction on dust or the band itself.
Notes on the length of the band
Adjust the band to allow a little clearance with your wrist to ensure proper airflow.
When wearing the watch, leave enough room to insert a finger between the band and your
wrist.
●Notes on guarantee and repair
・C o n t a c t t h e r e t a i l e r t h e w a t c h w a s
purchased from or SEIKO CUSTOMER
SERVICE CENTER for repair.
・Within the guarantee period, present the
certificate of guarantee to receive repair
services.
●Inspection and adjustment by disassembly and cleaning (overhaul)
・Guarantee coverage is provided in the ・Periodic inspection and adjustment by disassembly and cleaning (overhaul) are recommended approximately
certificate of guarantee.
once every 3 to 4 years in order to maintain optimal performance of the watch for a long time.
Read carefully and retain it.
According to use conditions, the digital display may go out due to liquid leakage.
・For repair services after the guarantee
As the parts such as the gasket may deteriorate, water-resistant performance may be impaired due to
period has expired, if the functions of the
intrusion of perspiration and moisture.
watch can be restored by repair work, we
Please contact the retailer from whom the watch was purchased for inspection and adjustment by
will undertake repair services upon request
disassembly and cleaning (overhaul). For replacement of parts, please specify“SEIKO GENUINE
and payment.
PARTS.”When asking for inspection and adjustment by disassembly and cleaning (overhaul), make sure
that the gasket and push pin are also replaced with new ones.
・When your watch is inspected and adjusted by disassembly and cleaning (overhauled), the movement of
your watch may be replaced.
■特長
■ボタンの名称と表示の切替
■時刻・カレンダーの合わせかた
この時計は、最大300本の計測タイムをメモリー(記憶)し、呼び出すこ
※クロノグラフ表示以外でクロノグラフ表示マーク
とができるランナーズウオッチです。
「 」
が点滅している場合は、
クロノグラフが計測
メモリーは300本以内であれば、分割(チャンネル)してメモリーすること
中であることを示しています。
ボタン Ⓒ
ボタン Ⓑ
※タイマー表示以外でタイマー表示マーク
「 」
が点
もできます。
滅している場合は、
タイマーが計測中であることを
クロノグラフ機能により計測した結果はリコール機能を使い呼び出すこ
示しています。
とができ、呼び出した際にはベストラップタイム・平均ラップタイム表示
※操作確認音がセットされていますと、表示を切り替
もおこないます。
ボタ
ン
Ⓓ
えるごとに
「ピッ」
と鳴ります。
ボタン Ⓐ
ターゲットタイマー機能があります。ターゲットタイマーはクロノグラフ
「時刻・カレンダー表示」に切り替わるところのみ
音色が違います。
操作に連動して作動する減算タイマーでクロノグラフと同時に表示しま
(操作確認音については、
「 時刻・カレンダーの合
す。
ボタン Ⓔ
わせかた」
を参照してください。)
また、スイッチ入力にタップ方式を採用し、時計正面を軽くたたくことで
ライトを点灯します。
・内部照明(ライト)機能は、時計正面をタップする(軽くたたく)ことで操作します。
さらに、3チャンネルアラーム機能、タイマー機能、世界44都市(GMTを タップ× 1 回:内部照明の点灯
タップ×2 回:オートライト セット/解除
含む)の時刻を表示するワールドタイム機能があります。
・ボタンⒹを押すと、時刻・カレンダー表示に移行します。
「時刻・カレンダー機能」
・月、日、曜日、時、分、秒、サマータイムマークを表示し、12時間制24
時間制いずれかの時刻表示を選択できます。
(年は修正時のみ西暦
で表示します。)
・2014年から2063年までの50年間、うるう年などの月末修正がいら
ない「フルオートカレンダー」です。
●ボタンⒶを押すごとに、次の順序で切り替わります。
時刻・カレンダー
表示
TIME
クロノグラフ
表示
CHRONO
リコール
表示
RECALL
タイマー
表示
TIMER
アラーム
表示
ALARM
ワールドタイム
表示
WORLD
(1)ボタンの名称とはたらき
●ボタンⒶを押して「時刻・カレンダー表示」状態にしてください。
ボタン Ⓑ
ボタン Ⓒ
ボタン Ⓐ
ボタン Ⓓ
ボタン Ⓔ
ボタンⒶ :時刻・カレンダー表示への切替
ボタンⒶ(長押し)
:時刻カレンダー合わせ
状態の呼び出し
ボタンⒷ :都市名の呼び出し、
修正箇所の合わせ(戻り)
ボタンⒸ :報時のセット / 解除、
修正箇所の合わせ(進み)
ボタンⒹ :無機能
ボタンⒺ :ワールドタイム表示 / 修正箇所の選択
タップ× 1 回 : 内部照明の点灯
タップ× 2 回:オートライト
セット / 解除
(2)時刻・カレンダーの合わせかた
「時刻・カレンダー合
①ボタンⒶを長押しすると現在設定されている都市名を表示し、
わせ」状態になります。
②ボタンⒺを1回押すごとに合わせたいところ(点滅)を選ぶことができます。
(3)コントラスト調整の合わせかた
・表示のコントラスト(濃薄)の調整ができます。初期化された時及びオールクリア
時のコントラストは「0」設定です。
秒
分
時
日
月
年
12/24H
HOME
DST
(サマータイム)
コントラスト
パワーセーブ
タップ
(都市名)
のon/-調整
設定
感度調整
●ボタンⒶを押して「時刻・カレンダー表示」状態にしてください。
「時刻・カレンダー
①ボタンⒶを長押しすると現在設定されている都市名が表示し、
③ボタンⒺを押して「秒」を点滅状態にし、時報と同時にボタンⒷまたはボタンⒸを押すと 「00」に合います。
合わせ」状態になります。
※表示が 30 ∼ 59 秒の時、ボタンⒷまたはボタンⒸを押すと1分繰り上がって「00」に合います。
②ボタンⒺを押して「コントラスト調整」状態にしてください。
※時刻合わせは、電話の時報サービス(TEL.117)が便利です。
③ボタンⒷまたはボタンⒸを押してコントラストを調整します。
④合わせたいところを選択したあと、ボタンⒸを1回押すごとに点滅している数字・都市名が1つずつ進み
(薄)−2
−1
0
1
2(濃)
ます。(反対にボタンⒷを押すごとに1つずつ戻ります。)
(
「秒」
「12/24H」
「DST」を除く。
)
⑤「時刻・カレンダー合わせ」が終わりましたら、ボタンⒶを押して修正状態を解除して「時刻・カレンダー
表示」にもどしてください。押し忘れた場合でも2∼3分後には「時刻・カレンダー表示」状態へ自動的 ④調整が終わりましたら、ボタンⒶを押して「時刻・カレンダー コントラストレベル「0」
にもどります。
表示」状態にもどしてください。
※カレンダーは 2014 年から 2063 年までの年・月・日・曜がプログラムされていますので、この間、月の大小や、う 押し忘れた場合でも 2 ∼ 3 分後には「時刻・カレンダー表示」状態へ自動的にも
どります。
るう年でも修正する必要はありません。
わせ」状態になります。
②ボタンⒺを押して「パワーセーブ設定」状態にしてください。
「クロノグラフ機能」
・1/100秒単位で計測できる最大計測時間99時間59分59秒99のス
■クロノグラフの使いかた
トップウオッチ機能です。
・ラップタイム、スプリットタイムは最大300本メモリー(記憶)するこ
・1/100秒単位で計測し、最大計測時間99時間59分59秒99です。
(2)計測時間の表示のしかた
とができます。
・ラップタイム“LP”とスプリットタイム“SP”表示を同時に表示することができます。ベ
●ボタンⒷを押すごとにラップ“LP”/ スプリット“SP”タイムの表示位置を入れ替えることができます。
・メモリーは300本以内であれば、分割してメモリーすることができま
ストラップタイム・平均ラップタイムをメモリー(記憶)します。
す。
・最大300本メモリー(記憶)する事ができます。
ボタンⒷ
・ラップタイムとスプリットタイムの表示位置を切り替えることができ ・メモリーは300本以内であれば、分割してメモリーすることができます。
ます。
・計測したラップ/スプリットタイム、およびベストラップタイム・平均ラップタイムはリコール表示で
・クロノグラフ操作に連動して作動するターゲットタイマー機能があり
呼び出して見ることができます。
ます。
下段には常に時刻が表示されます
(1)ボタンの名称とはたらき
・クロノグラフ動作中も、常に現在時刻が表示されます。
「リコール機能」
・メモリーしたデータ(ラップ回数、ラップタイム、スプリットタイム)を
計測後リコール(呼び出し)することができます。
・合計時間、ベストラップ、平均ラップが表示できます。
「アラーム機能」
・設定した時刻(時・分)で毎日報知する3チャンネルのデイリーアラー
ム機能付です。
・各チャンネルは、アラームのo n/−−(セット/解除)切替ができま
す。
ボタン Ⓒ
ボタン Ⓐ
ボタン Ⓓ
ボタン Ⓔ
ラップタイムは、区間ごとの経過時間で
あり、スプリットタイムは、スタートか
らある区間までの途中経過時間です。
ラップタイム
計測の使いかた
メモリーの使用量
2 スタート→ストップ/再スタート→ストップ→リセット
3 ∼ 4 メモリー
3 スタート→ラップ→ストップ→リセット
4 ∼ 5 メモリー
4 スタート→ストップ/再スタート→ラップ→ストップ→リセット
4 ∼ 5 メモリー
「内部照明(LED)機能/タップ入力機能」
・時計正面をタップする(軽くたたく)ことにより、約4秒間ライトが点
灯します。
また、2度タップすることでオートライト機能のセット/解除を行いま
す。
※オートライト機能とはいずれのボタンを操作しても本来の機能動作とライトの点
5 スタート→ラップ→ラップ→ストップ→リセット
5 ∼ 6 メモリー
→
ボタンⒺ
リセット
※中段の表示はボタンⒷを押すことでラップタイムとスプリットタイムを切替えます。
※ラップタイム計測時に上段の表示は設定時間とラップ時間の差を表示します。
※ターゲットタイマーの設定時間を超えても操作がない時はバー表示“−−−−”で点滅します。
(4)ラップ/スプリットタイムの計りかた(ラップを 10 回測定した場合)
ボタンⒸ
ボタンⒺ
ボタンⒺ
ボタンⒸ
・・・ ストップ
スタート → ラップ/スプリット → ラップ/スプリット ・
例1
ボタンⒸ
スタート
→
※ベストラップタイム、平均ラップタイムを表示する関係のため、1つでもデータを取ると、最低3つのメモリー
を使います。
1チャンネル(C H)のみ使用した場合は300メモリー(記憶)できますが、C Hを複数使用した場合はメモ
リーの合計が300本に達しません。
たとえば、1チャンネル(CH)使用の場合は300メモリ−、2チャンネル(CH)使用の場合は合計297メモリ
−となります。
※ラップ/スプリットを計測した際、FULLとラップ回数が交互に点滅した場合、ラップ/スプリットタイムのメモ
リーができません。メモリーがいっぱいになっているという意味です。
※クロノグラフ機能を使用するときに、下段に「F---」と表示されていた場合は、ラップ/スプリットタイムのメ
モリーができません。
(「リコールの使いかた」を参照して不要なデータを消去してください。
)
設定時間経過
ボタンⒺ
報音 「 ピ . ピ . ピピ ・・・」 → ラップ/スプリット
ON/OFF設定
Ⓔ
※アラームはホームタイム都市でのみ設定可能です。
ボタン Ⓑ
ボタン Ⓒ
ボタン Ⓐ
ボタン Ⓓ
ボタンⒶ:アラーム表示への切り替え
ボタンⒶ(長押し):アラーム修正状態の呼び出し
ボタンⒷ:修正箇所の合わせ(戻り)
ボタンⒸ:修正箇所の合わせ(進み)
アラームの ON / OFF 切替
ボタンⒹ:時刻・カレンダー表示状態への移行
ボタンⒺ:アラームチャンネルの切替
タップ× 1 回:内部照明の点灯
タップ× 2 回:オートライト セット / 解除
ボタン Ⓔ
(2)アラームの使いかた
・3 チャンネルとも、使いかたは同じです。
例:「ALARM 1」のところで、アラーム時刻「午前
(2)タイマーの使いかた
6 時 30 分」にセットする場合
例:タイマー 1 のセットを 3 分、タイマー 2 のセットを 1 分、リピート回数を 5 回にした場合
①ボタンⒺを押して「ALARM 1」を呼び出します。
①ボタンⒶを押して「タイマー表示」状態にしてください。
「アラー
ボタンⒶを長押しすると「時」が点滅し、
②ボタンⒶを長押しするとタイマー 1 の「時」が点滅表示し「タイマーセット」状態になります。
ム時刻合わせ状態」になります。
ボタンⒺを 1 回押すごとに合わせたいところ(点滅)を選ぶことができます。
②ボタンⒺを押しますと、押すたびに「時」と「分」
Ⓔ
Ⓔ
タイマー1
タイマー2
リピート回数
が交互に点滅表示します。修正する箇所をボタンⒺ
時 → 分 → 秒
時 → 分 → 秒
で選択してください。
Ⓔ
Ⓔ
Ⓔ
Ⓔ
( 時:午前6時)
Ⓔ
③合わせたいところを点滅させたあと、ボタンⒸを 1
↓Ⓔ
回押すごとに点滅している数字が 1 つずつ進みます。
③合わせたいところを点滅させたらボタンⒸを押すごとに点滅している数字が 1 つ進みます。
)
(反対にボタンⒷを押すごとに点滅している数字が 1 つもどります。
(反対にボタンⒷを押すごとに 1 つずつもどります。)
秒修正
Ⓔ
分修正
※鳴っているタイムアップ音を止めるには、Ⓐ、Ⓑ、Ⓒ、Ⓓ、Ⓔいずれか 1 つのボタンを押してください。
※タイマー計測中はタイマーマーク「 」が点滅します。
※どの表示の時でも、この操作は可能です。
■電池について
④電池交換等で裏ぶたを開閉しますと当初の防水性能を維持でき
なくなる場合が有ります。電池交換の際には、お客様の時計の
防水性能にあった防水検査をご依頼ください。
特に 10 気圧以上のものは検査が必要です。
防水検査は日数を要しますので、期間をご確認のうえご依頼く
ださい。
2.電池寿命切れ予告機能
この時計には、電池の交換時期を知らせる電池寿命切れ予告機能
が付いています。
※
「時刻・カレンダー表示」のときに全ての点灯セグメントが点滅状態に
なりますと、2∼3日中に時計が止まる可能性があります。
お早めにお買い上げ店で電池交換をご依頼ください。
Ⓓ
④他の測定結果を見たい場合は、ボタンⒷまたはボタンⒸを押
して見たいチャンネルを選び、③のように確認してください。
(3)データ消去のしかた
※クロノグラフがリセット状態であることを確認してからおこなって
ください。
(1)ボタンの名称とはたらき
●ボタンⒶを押して「リコール表示」状態にしてください。
ボタン Ⓑ
ボタン Ⓒ
ボタン Ⓐ
ボタン Ⓓ
ボタンⒶ :リコール表示への切替
ボタンⒶ(長押し):データ消去
ボタンⒷ :チャンネルの呼び出し
ボタンⒸ:チャンネルの呼び出し
ボタンⒹ:時刻・カレンダー表示状態への移行
ボタンⒺ:データ呼び出し
タップ× 1 回:内部照明の点灯
タップ× 2 回:オートライトセット / 解除
Ⓔ
例2
ボタンⒸ
スタート
※設定時間を超え
た時は“−−−−”
表示になります
→
ボタンⒺ
ラップ/スプリット
●1つのチャンネルを消去する場合
①ボタンⒶを押して「リコール表示」にしてください。
※はじめに最新のチャンネルが表示されます。
②ボタンⒷまたはボタンⒸを押して消去し
たいチャンネルを呼び出します。
③ボタンⒶを約2秒押し続けると「CLR?」
と表示されます。
※測定結果がないときは、「−−−−」と表示します。
ボタンⒸ
ストップ
→
ボタンⒺ
リセット
④ボ タ ン Ⓐ を そ の ま ま 約 2 秒 押 し 続 け、
「ALL CLR?」と表示されたらボタンⒶ
をはなします。
(2)リコールの使いかた
例:チャンネル 5(CH-5)を見たい場合
①ボタンⒷとボタンⒸを押して呼び出したいチャ
ンネルを選びます。
Ⓑ
→
・・・
Ⓒ
←
②ボタンⒺを押して、ラップタイムの確認ができ
ます。ボタンⒺを押すごとに、次の順序で確認
できます。
※ラップボタンと連
動し、設定時間と
の差を表示します
トータル
CH表示
Ⓔ
タイマー再スタート
(10 秒後表示)
→ L-2 計測 →──→
ボタンⒸ
ストップ
→
ボタンⒺ
リセット
⑤フリーメモリー数を表示した後「リコー
ル表示」にもどります。
※削除したデータ以降のチャンネル NO が繰り
上がります。
●全てのチャンネルを消去する場合
記録日
チャンネルNO
RECALL
ラップ
Ⓔ
(表示なし)
トータル時間
TOTAL
ベストラップ
Ⓔ
・・・
スプリットタイム
ラップタイム
LAP番号
平均ラップ
①ボタンⒶを押して「リコール表示」にし
てください。
※はじめに最新のチャンネルが表示されます。
Ⓔ
②ボタンⒶを約2秒間押し続けると「CLR?」
と表示されます。
(表示なし)
スプリットタイム
平均ラップタイム
ラップタイム
AVG
BEST⇔ラップ番号
③ボタンⒶをそのまま約2秒押し続け、
「ALL CLR?」と表示さ
れたら、さらにボタンⒶを約2秒押し続けます。
※ベストラップを表示する時は、「BEST」表示と「LAP- **」表示を交互に表示します。
※ラップタイムとスプリットタイムの表示位置はクロノグラフでの表示位置設定に準じて表示されます。
・「F-288」表示は、残り
288 メモリーできます。
■使用上のご注意とお手入れについて
・世界 44 都市 (GMT を含む)の時刻を表示します。
(4)都市と時差の比較表(GMT は、グリニッチ標準時を示しています。 ●製品取扱上のご注意
・各都市(グリニッチを除く)ごとにサマータイム(DST)の設定がで
+は GMT より進み、−は遅れを示しています。
)
警告
きます。
NO.
都市名
GMTとの時差
・次のような場合、ご使用を中止してください
グリニッチ
00:00
GMT
1
リスボン
00:00
LIS
2
○時計本体やバンドが腐食などにより鋭利になった場合
(1)ボタンの名称とはたらき
ロ
ン
ドン
00
:
00
LON
3
○バンドのピンが飛び出してきた場合
パリ
+01:00
PAR
4
ボタンⒶ:ワールドタイム表
ローマ
+01:00
ROM
5
※ すぐに、お買い上げ店・弊社お客様相談窓口にご連絡ください。
示への切り替え
ボタン Ⓑ
ボタン Ⓒ
ベルリン
+01:00
BER
6
・乳幼児の手の届くところに、時計本体や部品を置かないでください
アテネ
+02:00
ATH
7
ボタンⒷ:都市選択(戻り)
カイロ
+02:00
CAI
8
部品を乳幼児が飲み込んでしまうおそれがあります。
ボタンⒸ:都市選択(進み)
モスクワ
+03:00
MOW
9
万が一飲み込んだ場合は、身体に害があるため、ただちに医師にご相談ください。
ジッダ
+03:00
JED
10
ボタンⒹ:時刻・カレンダー
ボタン Ⓐ
バグダット
・時計から電池を取り出さないでください
+03:00
BGW
11
ボタン Ⓓ
表示状態への移行
テヘラン
+03:30
THR
12
電池の交換には専門知識・技能が必要ですので、お買い上げ店にご相談ください。
デュバイ
+04:00
DXB
13
ボタンⒺ:サマータイムのセッ
ボタン Ⓔ
電池は充電しないでください。破裂・発熱・液漏れ・破損などのおそれがあります。
カブール
+04:30
KBL
14
ト / 解除
カラチ
+05:00
KHI
15
・この時計はスキューバダイビングや飽和潜水には絶対に使用しないでください
デリ
ー
+05
:
30
タップ× 1 回:内部照明の点灯
DEL
16
BAR(気圧)表示防水時計はスキューバダイビングや飽和潜水用の時計に必要とされる苛酷な環
ダッカ
+06:00
DAC
17
タップ× 2 回:オートライト
ヤンゴン
+06:30
RGN
18
境を想定した様々な厳しい検査を行っていません。専用のダイバーズウオッチをご使用ください。
セット / 解除
バンコック
+07:00
BKK
19
(2)ワールドタイムの使いかた
①ボタンⒶを押して「ワールドタイム表示」にしてください。
都市名と月、日と時刻を表示します。
②ボタンⒷ、ボタンⒸを押して都市名を変更します。
(3)サマータイムのセットのしかた
・「ワールドタイム表示」でボタンⒺを押すご
とにセットと解除ができます。
・サマータイムセット時は「DST」マークが
点灯します。
※ボタンⒷまたはボタンⒹを押し続けると、早送りできます。
④セットが終わりましたらボタンⒶを押して修正状態を解除して「タイマー表示」状態にもどし ④セットが終わりましたらボタンⒶを押して修正状態
てください。押し忘れた場合でも 2 ∼ 3 分後には「タイマー表示」状態へ自動的にもどります。
を解除して「ALARM 1 表示」にもどしてください。
忘れた場合でも 2 ∼ 3 分後には「ALARM 1 表示」
Ⓔ
Ⓔ
Ⓐ
へ自動的にもどります。
(3)アラームを鳴らしたい場合、鳴らしたくない場合
・
「アラーム表示」でボタンⒸを押すごとにセット(on)
(タイマー1
:
3分)
(タイマー2
:
1分)
(リピート回数:
5回)
(タイマー表示)
と解除(−−)ができます。
⑤ボタンⒸを押してタイマーをスタート/ストップができます。ストップ後は、
(4)鳴っているアラームを止めるには
ボタンⒺを押してタイマーがリセットされます。
・アラームはセットした時刻になると、20 秒間鳴り続
けます。
※途中のストップ、再スタートは何回でも繰り返すことができます。
鳴っているアラームを途中で止めたい場合は、いず
※タイムアップする 3 秒前に予告音が鳴り、タイムアップすると 5 秒間タイムアップ音が鳴ります。
れかのボタンを押してください。
Ⓒ
報時マーク
消灯
※ラップ/スプリット計測後、約10秒間表示をホールドし、
ラップ回数が点滅します。
その後自動的にストップウオッチ計測表示に
もどります。
ラップ回数は、
次のラップ回数を表示します。
※途中のラップは、
何回でも繰り返すことができます。
ラップ回数は、999回まで表示します。以降は、
1001
(表示:001)、
1002
(表示:002)
と順次表示します。
・設定した時刻(時・分)で毎日報知する3チャンネルのディリーアラーム機能付です。
・各チャンネルは、アラームの on/ −−(セット/解除)切り替えができます。
※ボタンⒷまたはボタンⒸを押し続けると、早送りできます。
ボタンⒺ
リセット
Ⓒ
報時マーク
点灯
Ⓓ
④フリーメモリー数を表示した後「リコール表示」にもどります。
・「F-300」表示は、300 メモリーできます。
・スタート後「L- 1」表示に切り替わります。
・タイマー 1、2 とも 10 秒以上 99 時間 59 分 59 秒まで設定ができます。
・タイマー 1 のタイムアップ後、タイマー 2 がスタートする 2 つのタイマーを備えています。また、タ
イマー 2 のタイムアップ後再びタイマー 1 がスタートするリピート(繰り返し)機能となっています。
・タイマー1またはタイマー2のどちらかを、0時間00分00秒に合わせると普通のリピートタイマーとして使えます。
・リピート回数は、1 ∼ 100 回まで設定ができます。
(1)ボタンの名称とはたらき
●ボタンⒶを押して「タイマー表示」状態
にしてください。
ボタンⒶ :タイマー表示への切替
:タイマーセット状態の呼び出し
ボタンⒶ(長押し)
ボタンⒷ
ボタンⒸ ボタンⒷ:修正箇所の合わせ(戻り)
ボタンⒸ:修正箇所の合わせ(進み)
タイマーのスタート/ストップ
ボタンⒹ:時刻・カレンダー表示状態への移行
ボタンⒺ:修正箇所の選択
ボタンⒶ
ボタンⒹ タイマーのリセット
タップ× 1 回:内部照明の点灯
ボタンⒺ
タップ× 2 回:オートライト セット / 解除
(5)タップ感度調整の合わせかた
・タップ入力の感度を調整します。
●ボタンⒶを押して「時刻・カレンダー表示」状態にしてください。
①ボタンⒶを長押しすると現在設定されている都市名が表示し、
「時刻・カレンダー合わせ」状態になります。
②ボタンⒺを押して「タップ感度調整」状態にしてください。
感度低
感度高
③ボタンⒷまたはボタンⒸを押してタップ入力の感度を調整します。
−1
0
1
除ができます。
・また、ボタンⒸとボタンⒹを同時に押し
続けると「アラーム音の試し聞き」がで
きます。
ボタン Ⓔ
タイマー再スタート
(10 秒後表示)
→ L-2 計測 →──→
■ワールドタイムの使いかた
(1)ボタンの名称とはたらき
●ボタンⒶを押して「アラーム表示」に
してください。
12時間
④設定が終わりましたら、ボタンⒶを押して「時刻・カレンダー表示」にもどしてください。
押し忘れた場合でも 2 ∼ 3 分後には「時刻・カレンダー表示」状態へ自動的にもどります。
ボタンⒺ
※上段は設定時間か
らカウントダウン
の表示になります
→
6時間
※はじめに最新のチャンネルが表示されます。
・「F-297」表示は、残り
297 メモリーできます。
※途中のストップ・再スタートは、何回でも繰り返すことができます。
※クロノグラフが計測中は マークが点滅します。
■アラームの使いかた
(2)最初の電池
お買い上げの時計にあらかじめ組み込まれている電池は、機能・性能
をみるためのモニター用です。
お買い上げ後上記の期間に満たないうちに電池寿命が切れること
がありますのでご了承ください。
(3)電池交換
①電池交換は、必ずお買い上げ店で「純正電池」とご指定の上、ご
用命ください。
②電池寿命切れの電池をそのまま長時間放置しますと、漏液など
で故障の原因になりますので、お早めに交換してください。
③電池交換は、保証期間内でも有料となります。
→
・「F300」表示は、300 メモリーできます。
・スタート後「L- 1」表示に切替わります。
■タイマーの使いかた
※電池寿命(3年)は、アラーム 1 回/日、ライト1回/日、タイマー
1回/日を基準としています。
↓↑ボタンⒷ
表示の内容
「ワールドタイム機能」
・世界44都市(GMTを含む)の都市名、月、日、時刻を表示します。
・各都市ごとにサマータイム(D S T)の設定ができます。
(G M Tを除
く)
1.電池について
(1)電池寿命
この時計は、新しい正常な電池を組み込んだら場合は、
その後約3年間作
動します。
ボタンⒸ
ストップ
3時間
・最大 300 メモリー(記憶)できます。
・チャンネル(CH)ごとにメモリーを呼びだすことができます。
・ベストラップタイム、平均ラップタイムを表示します。
・各チャンネルには測定開始時の日付が記憶されます。
●メモリーの考えかた
3 ∼ 4 メモリー
「時刻・カレンダー表示への移行機能」
・いずれの表示状態からでも、ひと押しで時刻・カレンダー表示に移行
する専用ボタンを設けました。
(5)ターゲットタイマーの使いかた
・ターゲットタイマーはクロノグラフの START/STOP、LAP/RESET のボタン操作に連動してスター
ト、ストップ、リセット、再スタートを行うタイマーです。
・ターゲットタイマーが ON の時、画面左側に“TT”マークが点灯します。タイマー設定時間は上
段表示され、クロノグラフに連動してタイマーが作動します。タイマー設定時間に達した時に報
音します。
(3秒間のカウントダウン付き)
ターゲットタイマーの時間の確認と設定のしかた
・クロノグラフがリセットの状態でボタンⒶを長押しすると
ターゲットタイマー時間設定状態になります。
・ボタンⒺで修正箇所の選択、ボタンⒷでマイナス、ボタンⒸでプ
ラスの修正を行ないます。
・設定時間は 1 分∼ 59 分 59 秒の間で 1 秒単位です。
・設定が終了したらボタンⒶを押してクロノグラフリセット
状態へもどります。
スプリットタイム
1 スタート→ストップ→リセット
灯動作を同時に行う機能です。
●1時間を超えた時は左側に表示されている LP、SP 部で時間桁の表示を行います。
ボタンⒺ
ボタンⒸ
ボタンⒺ
ボタンⒺ
ラップ / スプリット ・・
→ ラップ / スプリット
・・ラップ / スプリット
スタート
(3)クロノグラフの使いかた(積算タイムを計る)
ボタンⒸ
ボタンⒸ
ボタンⒸ
→
→
スタート
ストップ
再スタート
1時間
※パワーセーブは一定時間ボタン操作が無い時、表示を消灯させて
消費電力を低減する機能です。表示状態へ復帰する場合はいずれ
かのボタンを押すことで消灯前の表示状態にもどります。
■リコール(呼び出し)の使いかた
※ターゲットタイマー使用時は LP か SP いずれかの表示になります。
ボタンⒶ:クロノグラフ表示への切替
ボタンⒷ :ラップ・スプリット表示位置切替
ボタンⒸ:スタート / ストップ
ボタンⒹ:時刻・カレンダー表示状態への移行
ボタンⒺ:ラップ・スプリット / リセット
タップ× 1 回 : 内部照明の点灯
タップ× 2 回:オートライト セット / 解除
スタート
「タイマー機能」
・2つの時間設定が出来るダブルタイマー機能付です。
・10秒から99時間59分59秒までの1秒単位で設定可能です。
・繰り返し回数設定は、1∼100回可能です。繰り返し回数も表示しま
す。
ボタン Ⓑ
OFF
パワーセーブ1時間の時
※タップしてもライトが点灯しづらい場合は、感度高
(1)
を選択してください。
※サマータイムをセットした都市は、
「ワールドタイム表示」で同じ都市を選択するとサマータイム表示になります。
※時刻修正の途中で「全点灯表示」になるのは、故障ではありません。ボタンⒸとボタンⒹが同時に押された状態です。 (4)パワーセーブ設定の合わせかた
(6)アラーム音の試し聞き(サウンドデモンストレーション)と報時並びに操作確認音のセットと解除
その場合はいずれか1つのボタンを押して、
「時刻・カレンダー表示」状態にもどしてください。次にあらためて、
(2) ●ボタンⒶを押して「時刻・カレンダー表示」状態にしてください。
・
「時刻・カレンダー表示」でボタンⒸを押
(報時しません。
)
(報時します。
)
①ボタンⒶを長押しすると現在設定されている都市名が表示し、「時刻・カレンダー合
の①から合わせなおしてください。
すごとに報時・操作確認音のセットと解
※年月日をセットすると 「 曜日」は自動的に設定されます。
※都市名をGMTにすると「DST」の「on または−−」は表示しません。
※
「DST」の「on」を表示させると「DST」マークが点灯し、1時間進みます。
●ボタンⒶを押して「クロノグラフ表示」状態にしてください。 ③ボタンⒷまたはボタンⒸを押して OFF または設定時間を パワーセーブOFFの時
選択します。出荷時は OFF に設定されています。
ボタンⒺを押すたびに修正箇所が替わります。
( 分:30 分)
↓Ⓐ
(報知します。)
アラーム
ON
アラームマーク点灯
(サマータイム
セット時)
※
「ワールドタイム表示」である都市のサマータイムをセットした場合は、
「時刻・
カレンダー表示」にした場合同じ都市のときはサマータイム表示をします。
また、
「時刻・カレンダー表示」で、サマータイムをセットした場合も「ワー
ルドタイム表示」で同じ都市を選択したときはサマータイム表示をします。
※右表の各地域の時差は、国または地域の都合により変更される場合があります。
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
JKT
SIN
HKG
BJS
SEL
TYO
ADL
GUM
SYD
OOL
NOU
WLG
HNL
ANC
YVR
LAX
DEN
CHI
NYC
YMQ
BOS
SCL
BUE
RIO
PDL
ジャカルタ
シンガポール
ホンコン
北京
ソウル
東京
アデレード
グアム
シドニー
ゴールドコースト
ヌーメア
(ニューカレドニア)
ウェリントン
ホノルル
アンカレッジ
バンクーバー
ロサンジェルス
デンバー
シカゴ
ニューヨーク
モントリオール
ボストン
サンチアゴ
ヴェノスアイレス
リオデジャネイロ
アゾレス諸島
■内部照明(LED)について
+07:00
+08:00
+08:00
+08:00
+09:00
+09:00
+09:30
+10:00
+10:00
+10:00
+11:00
+12:00
−10:00
−09:00
−08:00
−08:00
−07:00
−06:00
−05:00
−05:00
−05:00
−04:00
−03:00
−03:00
−01:00
(2014年11月現在)
注意
・以下の場所での携帯・保管は避けてください
○揮発性の薬品が発散しているところ(除光液などの化粧品、防虫剤、シンナーなど)
○ 5℃∼ 35℃から外れる温度に長期間なるところ ○高湿度なところ
○磁気や静電気の影響があるところ ○ホコリの多いところ
○強い振動のあるところ
※電池式の場合は、電池が切れた状態で長時間放置しないでください。電池が漏液するおそれがあります。
・アレルギーやかぶれを起こした場合
ただちに時計の使用をやめ、皮膚科など専門医にご相談ください。
・直接蛇口から水をかけることは避けてください
水道水は非常に水圧が高く、日常生活用強化防水の
時計でも防水不良になるおそれがあります。
・水分のついたまま、りゅうずやボタンを操作しないでください
時計内部に水分が入ることがあります。
※万が一、ガラス内面にくもりや水滴が発生し、長時間消えない場合は防水不良です。
お早めに、お買い上げ店・弊社お客様相談窓口にご相談ください。
・水や汗、汚れが付着したままにしておくのは避けてください
防水時計でもガラスの接着面・パッキンの劣化やステンレスがさびることにより、防水不良になるおそれがあります。
・入浴やサウナの際はご使用を避けてください
蒸気や石けん、温泉の成分などが防水性能の劣化を早めることがあります。
・その他のご注意
○金属バンドの調整は専門知識・技能が必要ですので、お買い上げ店にご依頼ください。手や指
などをケガする可能性があるほか、部品を紛失する可能性があります。
※ご贈答・ご転居などにより、お買い上げ店での調整が受けられない場合は、弊社お客様相談窓口へご依頼ください。
お買い上げ店以外では有料もしくはお取扱いいただけない場合があります。
○商品の分解・改造はしないでください。
○乳幼児に時計が触れないようにご注意ください。ケガやアレルギーをひき起こすおそれがあります。
○使用済み電池の処理は自治体の指示に従ってください。
●お手入れについて
日ごろからこまめにお手入れしてください
・水分や汗、汚れはこまめに柔らかい布でふき取るように心がけてください。
・海水につけた後は、必ず真水でよく洗ってからふき取ってください。
その際、直接蛇口から水をかけることは避け、容器に水をためるなどしてから洗ってください。
※非防水・日常生活防水の場合はおやめください。
●防水性能について
お買い上げいただいた時計の防水性能を裏ぶたでご確認の上ご使用ください。
裏ぶた表示
防水性能表示なし
防水性能
非防水です。
お取扱方法
水滴がかかったり、
汗を多くかく場合には、
使用しないで下さい。
日常生活での「水がかかる」程度
水泳には使用しないで
WATER RESISTANT 日常生活用防水です。
警告
の環境であれば使用できます。
下さい。
WATER RESISTANT 日常生活用強化防水で
水泳などのスポーツに使用できます。
5 BAR
5気圧防水です。
WATER RESISTANT 日常生活用強化防水で
空気ボンベを使用しないスキンダイビングに使用できます。
10(20)BAR
10
(20)
気圧防水です。
●バンドについて
バンドは直接肌に触れ、汗やほこりで汚れます。そのため、お手入れが悪いとバンドが早く傷んだり、
肌のかぶれ・そで口の汚れなどの原因になります。
長くお使いになるためには、こまめなお手入れが必要です。
金属バンド
・ステンレスバンドも水や汗・汚れをそのままにしておくと、さびやすくなります。
・手入れが悪いと、かぶれやワイシャツのそで口が黄色や金色に汚れる原因になります。
・水や汗・汚れは、早めに柔らかな布でふき取ってください。
・バンドのすき間の汚れは、水で洗い、柔らかな歯ブラシなどで取り除いてください。
(時計本体は水にぬれないように、台所用ラップなどで保護しておきましょう。
)
残った水分は柔らかな布でふき取ってください。
・チタンバンドでも、ピン類には強度に優れたステンレスが使用されているものがあり、ステンレスからさびが発生することがあります。
・さびが進行すると、ピンの飛び出しや抜けが発生し、時計を脱落させてしまうことがあります。また、
逆に中留が外れなくなることがあります。
・万が一、ピンが飛び出している場合は、怪我をするおそれがありますので、ただちに使用をやめて修理をご依頼ください。
皮革バンド
・水や汗、直射日光に弱く、色落ちや劣化の原因になります。
発光ダイオード(LED)の光を導光板により、均一に拡散発光させる方式を採
・水がかかったときや汗をかいた後は、すぐに乾いた布などで、吸い取るように軽くふいてください。
(報知しません。
)
用しています。
・直接日光にあたる場所には放置しないでください。
この時計の〈液晶パネル〉は、7年をすぎますと、コントラストが低下
・色の薄いバンドは、汚れが目立ちやすいので、ご使用の際はご注意ください。
したり数字が読みにくくなることがあります。お買い上げ店に交換をお ※電池寿命切れが近づいて電圧が低下すると、輝度(明るさ)が低下します。
アラーム
・時計本体が日常生活用強化防水 10(20)気圧防水になっているものでも、アクアフリーバンド以外の
申しつけください。有料にて申し受けます。
OFF
皮革バンドは、水泳・水仕事などでのご使用はお控えください。
アラームマーク消灯
ポリウレタンバンド
・光で色があせたり、溶剤や空気中の湿気などにより劣化する性質があります。
・特に半透明や白色・淡い色のバンドは、他の色を吸着しやすく、また変色をおこします。
■電池交換後のお願い(システムリセット)
■こんな時には
■製品仕様
■アフターサービスについて
・汚れたら水で洗い、乾いた布でよくふき取ってください。
(時計本体は水にぬれないように、台所用ラップなどで保護しておきましょう。
)
・電池交換後や、万一異常な表示(読めない表示など)になった場合、 現象
●保証と修理について
(1)水晶振動数 ··························· 32,768Hz
考えられる原因
このようにしてください
以下の操作をしてください。
・修理はお買い上げ店、または弊社お客様相 ・弾力性がなくなったら取り換えてください。そのまま使い続けるとひび割れが生じバンドが切れやすくなります。
(2)精度······································· 平均月差± 20 秒
・電池の容量がなくなった。
・直ちに電池交換をお買い上げ店にご依頼く
時計内部のシステムがリセットされ、
正常に機能するようになります。 時計が止まった
談窓口へご依頼ください。
かぶれやアレルギーについて
(気温 5℃∼ 35℃において腕に
ださい。
・保証期間内に不具合が生じた場合は、必ず バンドによるかぶれは、金属や皮革が原因となるアレルギー反応や、汚れ、もしくはバンドとのすれ
つけた場合)
システムリセットのしかた
保証書を添えてお買い上げ店へお持ちくだ
時計が一時的に進む/遅れる ・寒いところ、
または暑いところへ放置した。 ・精度は、常温にもどれば元にもどります。時 (3)作動温度範囲 ······················· − 10℃∼+ 60℃
などの不快感が原因となる場合など、いろいろな発生原因があります。
さい。
ボタンⒶ、Ⓑ、Ⓒ、Ⓓ 4 つを同時に 2 ∼ 3 秒間押し続けてください。
刻を合わせ直してください。
ただし表示機能は 0℃∼+ 50℃
バンドサイズのめやすについて
・保証内容は保証書に記載したとおりです。
表示が一旦消え、ボタンを離した後「1 月 1 日 WED AM12 時 00 分
・落としたり強くぶつけたりまたは激しいス ・時刻を合わせ直してください。元にもどらな (4)表示体 ··································· FE ネマチック液晶
バンドは多少余裕をもたせ、通気性をよくしてご使用ください。
保証書をよくお読みいただき、大切に保管
00 秒」になります。
(5)使用電池
·······························
小型リチウム電池
時計をつけた状態で、指一本入る程度が適当です。
ポーツをした。
い場合は、
お買い上げ店にご相談ください。
してください。
SB-T14 1 個
・強い振動が加え
られた。
・保証期間終了後については、修理によって ●点検調整のための分解掃除(オーバーホール)について
ご使用前に下記の順番で操作し
(6)電池寿命 ······························· 約 3 年
機能が維持できる場合には、ご要望により ・長くご愛用いただくために、3 年∼4年に 1 度程度の点検調整のための分解掃除(オーバーホール)をおすすめします。
全ての点灯セグメントが点滅表 ・電池切れが間近であることを知らせていま ・お早めに電池交換をお買い上げ店にご依
てください。
ボタンⒷ
ボタンⒸ
(7)電池寿命切れ予告機能
有料修理させていただきます。
ご使用状況によっては、漏液により表示消えが生じることがあります。
①時刻・カレンダーの合わせ
示になった。
す。
頼ください。
(8)電子回路 ······························· 発振・分周・駆動回路
またパッキンなどの部品の劣化が進み、汗や水分の浸入などで防水性能が損なわれる場合があります。
②アラームの設定
ガラスのくもりが消えない
・パッキンの劣化などにより時計内部に水 ・お買い上げ店にご相談ください。
(C-MOS-LSI 1 個)
点検調整のための分解掃除(オーバーホール)は、
「純正部品」とご指定の上、お買い上げ店にご依頼
ボタンⒶ
ボタンⒹ
分が入った。
※上記の製品仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。
ください。その際、パッキンやばね棒の交換もあわせてご依頼ください。
ボタンⒺ
※その他の現象は、
お買い上げ店にご相談ください。
・点検調整のための分解掃除(オーバーホール)の際には、ムーブメント交換となる場合もあります。
■液晶パネルについて
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement