イモビハ−ネス配線全体図 裏面 に続く

イモビハ−ネス配線全体図 裏面 に続く
イモビ対応アダプター Be-IL505/IL506 取扱説明書
101180
上フタを下図のようにスライドさせ、
上にあげて取外します。
本製品に純正イモビライザーキー(エンジンをかけることのできるキー。以下イモビキー)を内蔵することに
よって弊社のリモコンエンジンスタータービータイムシリーズ※でイモビライザー装着車のエンジン始動
させることができます。また、
イモビキーを内蔵した状態でも、
万一不審者にキー溝(イモビライザー無し)を
コピーされたとしてもそのキーではエンジン始動できない方式を採用しています。
上にあげる
上フタ
スライドする
※対応機種:ビータイム A-9#/10#/11#以降の新シリーズ
詳しくは最新の弊社「車種別専用ハーネス適合表」をご覧下さい。
注意
!
スライドさせずに無理矢理上フタを上げると
上フタのツメが折れますのでご注意ください。
○本製品を取付けるにはイモビライザー解除可能なイモビキーが1個必要です。
イモビキーのお求めはお近くのカーディーラーへお問い合わせ下さい。
また、
純正キーレス付きマスターキーを代用することはおすすめできません。
キーに内蔵された電池の液漏れ等により本製品やマスターキー等の故障の原因となります。
スペアキーで純正キーレス付きしか無い場合はキー内蔵の電池を抜き取ってご使用願います。
○ダイハツ、
トヨタ、
ホンダ車等電子カードキー内蔵のカギでエンジンが始動できない場合
(イモビ解除不可)
は
リボンケーブルコネクターをどちらか片側だけ外し、
両面テープの外紙を全てめくります。
イモビキーの本体部分を両面テープにしっかり固定した後、
リボンケーブルを接続します。
必ずエンジンの始動できるカギが必要となります。
本体
リボンケーブルコネクター
純正キーレス付き
イモビキー
純正キーレス無し
イモビキー
両面テープの外紙を
全てめくります。
エンジンの始動できるカギ
※キー溝を削る前に、必ず
エンジンがかかるカギを
用意してください。
この部分を削る※
電子カードキーから
内蔵キーを
取外した状態
電子カードキーに
キーが内蔵された
状態
エンジンの始動できないカギ
キーの各社名称等 トヨタ :スマートキー
日産
:インテリジェントキー
ホンダ :スマートキーシステム
三菱
:キーレスオペレーションキー
スバル :キーレスアクセス
マツダ :アドバンストキー
ダイハツ:キーフリーシステム
スズキ :キーレススタートシステム
キーブレード部
!
注意
●防犯性を高めるために、必ずキー溝の一部をヤスリ等で
削ってください。この作業を行うことによりキーとして
使用出来なくします。
●リボンケーブルを外した状態ではリモコンでエンジン始動
できません。
○防犯性を高めるために、必ずキー溝の一部をヤスリ等で削ってください。
この作業を行うことによりキーとして使用出来なくします。
○本製品を取付け後に、
万一車両盗難、
車上あらしに遭われても、
弊社では一切の責任を負いません。
○本製品はエンジンスターターで作動中のみ一時的にイモビライザー機能を解除します。
ご契約されている一部車両保険では盗難保険等の契約に支障をきたす可能性がありますので
ご契約の保険会社へ必ずご確認ください。
○本製品の取付けには専門知識が必要です。必ず専門の取付け業者へご依頼願います。
お客様ご自身での取付けサポートは行っていません。
■プラスドライバー ■ニッパー ■ハサミ ■ペンチ ■ヤスリ ■スパナ又はボックスレンチ
■テスター ■絶縁テープ
セット内容
※( )内の数字は個数は表します。
■イモビアダプター本体(1個) ■イモビハ−ネス(1本) ■ネジ(2個) ■インシュロック大(1本)
■インシュロック小(2本) ■エレクトロタップ(2個) ■両面テープ(2枚) ■本書 ■保証書
下図のようにイモビキー本体を入れた状態でインシュロック小を必ず2ケ所通し、
キーブレード部
(金属)をしっかり固定します。
イモビハ−ネス配線全体図
リボンケーブル
キーブレード部
※配線図例:A-9#/10#/11#シリーズ インシュロック小で縛った後、
余分な
インシュロック先端はニッパー等で
カットします。
対応機種:A-9#/10#/11#シリーズ
以降の新シリーズ
キーリマインド線・導通線の接続方法は
を参照してください。
車両キーシリンダー
(AタイプもしくはCタイプのみ接続)
車両側
リボンケーブル
リボンケーブル
橙・青線を
接続
ループアンテナ
キーシリンダヘ
( で取付け)
イモビハ−ネス
10Pコネクター( で取付け)
イモビアダプター
メインユニットコネクタ
3番ピンへ緑/白線を接続
( で取付け)
!
4Pコネクター( で取付け)
注意
リボンケーブルとイモビキーが平行になる様に固定します。
リボンケーブルが折れ曲がっていると、
イモビライザー信号を読み取れない為、
リモコンにてエンジン始動出来ません。
12Pコネクター
イモビアダプター(OP)
メインユニット
上フタを下図のように本体に取付けた後、付属のネジで固定します。
付属のネジ(2個)
下におろす
上フタのツメ(2ケ所)に注意
スライドする
上フタのツメ
裏面 に続く
キーリマインド線と導通線の接続方法は、
車両によって3タイプに異なります。接続方法をお間違えに
なりますとイモビライザーが解除できなかったり、純正セキュリティアラームが鳴ってしまう場合があったり、
セキュリティ性が低下してしまいますので十分ご注意ください。
にて接続方式A∼Cタイプをご確認の上、車両側のキーリマインド線と導通線を探してください。
詳しくは弊社車種別配線資料をホームページ上にて参照してください。
キーリマインド線とは?
キーが差し込まれているかいないかを見ている線です。
A、
B、
C、各タイプにつきましては、弊社車種別配線資料
(車種別専用ハーネス適合表)
を
ホームページ上にて参照してください。
①キーリマインド線(イモビハ−ネスの橙色線を接続する線)の調べ方
例:キーを抜いて0V、差して12Vの車両の場合(車両によって異なります)
http://www.e-comtec.co.jp/tekigou/index.html
メーカーや車種によって接続方法が下記A∼Cタイプにわかれます。
キーを抜いて0V
Aタイプ キーリマインド線と導通線にイモビハ−ネスからでている2本の線(橙色と青色)を
キーを入れて12V
エレクトロタップで2ヶ所接続して下さい。
導通線
エレクトロタップ
キーシリンダー
キーシリンダー
テスター
キーシリンダー側
テスター
車両側
キーリマインド線
橙色線
青色線
②導通線(イモビハ−ネスの青色線を接続する線)の調べ方
キーを抜いた状態
Bタイプ
Cタイプ
キーリマインド線を接続する必要はありません。イモビハーネスからでている2本の線
(橙色と青色)
を絶縁テープで保護した後、 へ進んで下さい。
・キーリマインド線を切断し、
車両側の線にエレクトロタップでイモビハーネスから
出ている橙色線を接続し、
キーシリンダー側の線は必ず絶縁テープで保護してください。
・イモビハーネスから出ている青色線を導通線にエレクトロタップで接続してください。
※車両側のキーリマインド線にエレクトロタップで橙色線を接続しないとリモコンで
エンジンを始動できません。
導通線
エレクトロタップ
キーを入れて通電
①で調べた
キーリマインド線
(橙色線)
テスター
コネクタを外し
キーシリンダー
側を調べます。
テスター
ピー
導通線
(青色線接続)
ループアンテナの取付け
付属のハ−ネスのループアンテナをキーシリンダーに巻きつけ、
両面テープ等で動かないように固定します。
キーシリンダー側
車両側
˜
絶縁テープで保護して
ください。※
キーリマインド線
橙色線
青色線
※ショートし、
壊れる可能性があるため
! ループアンテナについて
※取付け例
キーシリンダー、
コネクタ形状は車両
によって異なります。
・ループアンテナが適切な位置に固定されていないと
スペアキーからのイモビライザー信号を通信出来ない
ため、
リモコンでエンジン始動出来ません。
A寸法 1cm以上離れると
通信不可になります。
(例 Be-IL506)
両面テープ ※1
断面図 固定テープ
車両シリンダー
アンテナ
ループアンテナ
キーシリンダ
A
ループアンテナ
※1両面テープはハサミ
等で適当な長さに切
り貼り付けて下さい。
※Cタイプで接続を行った車両のみ
・車両盗難防止の為、
イモビキーでもエンジンは始動できません。またキー抜き忘れ
防止ブザーは鳴らなくなります。
・車両イモビキーの紛失や追加等による再登録の際は、キーリマインド線切断部の
再接続を行わないと再登録が出来ない場合があります。
ループアンテナ
取付け
ループアンテナ
取付け
NG
OK
・車種により右図の様な位置
にループアンテナを取付け
した方が安定して動作する
場合があります。
・コラムカバーでループアン
テナが潰れない位置に取付
けして下さい。
ビータイムのメインユニットから12Pコネクターを外し、
イモビハ−ネスからでている緑/白色線を
12PコネクターのOP1(3番ピン)に接続します。その後、12Pコネクターをメインユニットに差込みます。
12Pコネクター
No.3
上側
向きに注意!
下側
※イモビハ−ネスの緑/白色線を一度差し込むと抜けなく
なりますので差込み位置にご注意ください。
付属イモビハ−ネスの10Pコネクターをイモビアダプター本体に差し込みます。
次に、
付属イモビハ−ネスの4Pをビータイムメインユニットの「イモビアダプター(OP)」の
ポートへ差します。
取付け例 A-104
イモビアダプター(OP)
ポート
12Pコネクター
車両のスマートキー等の使用方法について
車両によりスマートキー等を携帯していても、
エンジンスタータ−でエンジン始動中はドアロック、
アンロック、
キーノブの操作ができない車種があります。ご使用いただく車種がどのタイプか確認して下さい。
車種により3タイプあります。
10Pコネクター
スマートキー等を携帯していれば、
すべての操作が可能な車種。
(ドアロック、
アンロック、
キーノブ操作が可能)
スマートキー等を携帯していれば、
ドアロック、
アンロックのみ可能な車種。
(ドアロック、
アンロック可能、
キーノブ操作不可)
スマートキー等を携帯していても、
すべての操作ができない車種。
(ドアロック、
アンロック、
キーノブ操作不可)
4Pコネクター
エンジンスターター取付け後スターターの取扱説明書の動作確認手順に従って、
リモコンでエンジン
始動させ、
動作確認を行います。エンジン始動すれば正常です(カーテシ線を接続している場合はドアを
閉じた状態で行って下さい)
取付けを確認する時は必ず、スマートキー・キーフリ−システムを車両から2m以上離して下さい※
※スマートキー・キーフリーシステムが2m以内にある場合は、
スマートキー・キーフリーシステムとの
通信が優先されるため、
正常な動作確認が出来ない可能性があります。
No.2ランプ
1 2
1 2
車両動作確認方法
エンジンスターターのリモコンでエンジンを始動後、
スマートキー等でドアロック、
アンロック、
キーノブの
操作が可能か確認して下さい。
(エンジン始動後、
5秒以内にキーノブを回すと安全機能の為エンジンが停止することがありますので
注意して下さい)
はい
No.1ランプ
受信前
いいえ
エンジン始動
はい
リモートエンジンスタート後、
キーノブが回らないこ とを確認して下さい。
もし回ってしまう場合、
スマートキー・キーフリーシステムが2m以内にないか確認して下さい。
動作確認後、
正常であればイモビアダプター本体を
付属のインシュロック大又は付属の両面テープで
車両に固定します。
イモビアダプター本体 LEDランプ状態
リモコンでスタートしてもNo.1のランプが
点灯しない
点灯しない
スマートキー等を携帯し、キーノブ
をONの位置まで回せますか?
いいえ
車両イモビランプやキーランプ等が
点灯もしくは点滅していませんか?
取付け例
インシュロック(大)で車両配線の
束に固定した場合
故障かな?と思ったら
症 状
エンジンスターターのリモコンで
エンジン始動後、スマートキー等
でドアロック、
アンロックの操作
が可能ですか?
はい
いいえ
(Ⅰの車種)
キーノブをONの位置まで
回して走行して下さい。
考えられる原因と対策
イモビハ−ネスから出ている緑/白色線がビータイムのメインユニット
コネクタの3番ピンに接続されていないか、違うピンの場所に接続されて
いる。又は4Pコネクタがメインユニットに接続されていない。
対策 ビータイムのコネクタを確認して下さい。
参照
(Ⅱの車種)へ
(Ⅱの車種)
カーテシ線の接続によるドアの開閉※、
フットブレーキ※もしくはリモコンで
エンジンを停止してから、
キーノブを
ONの位置まで回し、
エンジンを再始動
し走行して下さい。
※カーテシ線の接続、
フットブレーキ線の
接続を必ず行って下さい。
(Ⅲの車種)
リモコンでエンジンを停止させてから、
スマートキー等を使用し、エンジンを
再始動し走行して下さい。
①ループアンテナが通信していない。
対策 ループアンテナがずれていないかを確認して下さい。
②キーリマインド線と導通線の両方が配線されていない。
(Bタイプ除く)
リモコンでエンジン始動できない
対策 キーリマインド線と導通線を接続しているかを確認して下さ
リモコンでスタートしてもNo.1のランプが
い。また、
配線されている場合、
正しい線かテスターで確認
数秒しか点灯せず、
この動作を3回行い終了。 して下さい。
参照
数秒点灯
③イモビキーが入っていない。
リボンコネクターが外れている又は、
リボンコネクターが折れ曲がっている。
対策 イモビキー又はリボンコネクターを入れて下さい。
リボンコネクターを延ばして下さい。
点灯
リモコンでスタートすると、
No.2の
ランプが点灯する。
対策 故障の可能性があります。
弊社 サービス部へお問い合わせ下さい。
http://www.e-comtec.co.jp/tekigou/index.html
弊社ホームページにて適合表・車種別取付け配線図をご確認いただけます。
サービス部お問い合わせ電話番号、時間は 電話 0561-36-5654 時間 10:00∼18:00
※当社の都合により日時等は変更する場合があります。
※本取扱説明書は大切に保管願います。
上記 の車両の場合、
カーテシ線の接続、
フットブレーキ線の接続を必ず行なって下さい。
リモコンでエンジンを始動させた場合、
スマートキー・キーフリーシステム装着車は、
カーテシ線の接続によるドアの開閉、
フットブレーキもしくはリモコンでエンジンを
停止させてからキーノブ操作でエンジンを再始動して下さい。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement