PDFファイル/266KB

PDFファイル/266KB
建
物
内
部
の
安
全
性
に
関
す
る
基
準
②
建
物
の
構
造
に
関
す
る
基
準
①
住
地
耐
内
対
救出・救助
エレベーター
戸
震
火
の
策
性
住宅性能評価「耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)」等級2以上
性
震
耐
( い ず れ か)
(防災倉庫には室名札等による表示を設置)
救出・救助資器材を防災倉庫に設置
防災倉庫 場所(
)階
□
現場
書類
□
書類
書類
現場
現場
現場
書類
書類
書類
書類
書類
確認
地震時管制運転装置の設置
□
□
□
□
□
□
□
□
□
チェッ
ク欄
自主検査
担当者
申請者
自主検査日
2-6耐火等級(延焼の恐れある部分(開口部以外)) (□該当なし)
2-5耐火等級(延焼の恐れある部分(開口部)) (□該当なし)
済証がある
別記
1-2耐震等級(構造躯体の損傷等防止)
1-1耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
1-3その他(免震建築物であるか否か)
1-2耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
1-1耐震等級(構造躯体の損傷等防止)
確認する内容
申請者自主検査
防災倉庫
エレベーターの検査済証
各室(※)
JIS規格証明書
転倒防止マニュアル
防災アクションプラン
各室(※)
各室(※)
平成 年 月 日
現場
4702面内変形追随製の規定で「D-3」等級である
室名札等が設置されている (表示内容: )
品目・員数は申請書どおりである 適切な備蓄がされている
済証がある
ドアガードが設置されている
JIS A
□全ての住宅が分譲済でなければ最終分譲済から1年間である
(入居開始日: )
□全ての住宅が分譲済であれば入居開始日から1年間である
□◆
□◆
□
□◆
□◆
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
担当者名と電話番号、窓口設置期間が明記されている
□
□
□
□◆
□
□
□◆
□
□
□
□
□
-
□
□
□
□
□
メモ
大阪府検査
チェック チェック
欄
欄
書類
手直し確認(平成 年 月 日)
平成 年 月 日
手直し確認(平成 年 月 日)
平成 年 月 日
手直し確認(平成 年 月 日)
表示位置および内容は適切である
□
□
□
□
□
□
-
□
□
□
□
□
チェック欄
最終
確認日
現場
確認日
書類
確認日
壁下地等は申請書どおりである
吊戸棚に申請書どおり耐震ラッチを設置している
実際に配付予定の転倒防止 内容は申請書どおりであり、申請書どおりの壁下地である
マニュアル
配付の方法は適切である (方法: )
性能評価書
性能評価書
検査済証
防災アクションプラン
性能評価書
性能評価書
明示書
性能評価書
性能評価書
確認する書類・現場
平成 年 月 日
内をご記入ください。その他の欄には記入しないでください。
申請者自主検査チェック欄に◆印あるものについては、それぞれが確認できる完成写真が必要です。
現場
4702面内変形追随性の規定で「D-3」等級
)
)
))
入居開始日( 年 月 日)(予定)
全住戸入居後1年間
窓口設置期間
( 相談窓口担当者(予定)
( 対象室タイプ
(キッチン、その他( 対象室
【マニュアル案の添付】
算 定 根 拠 等
注)
耐震性に配慮されたドアガード
JIS A
対震枠付玄関ドアの設置
耐震等級1の場合、専門家による相談窓口を一定期間設置
居間等に直接面する冷蔵庫の背面等に連結ベルトを固定するた
めの金具を設置できる壁下地の設置及びその旨の表示
吊り戸棚等への耐震ラッチの設置
家具転倒防止の必要性と壁下地に応じた対応方策を明記
家具転倒防止マニュアルの作成・配付
家具転倒防止対策の実施
〃 「耐火等級(延焼の恐れのある部分(開口部以外)」等級4以上
住宅性能評価「耐火等級(延焼の恐れのある部分(開口部)」等級2以上
延焼の恐れのある部分を有する場合、
耐火建築物であること。
家具転倒防止対策で専門家による相談窓口を一定期間設置
〃 「耐震等級(構造躯体の損傷防止)」等級1以上
住宅性能評価「耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)」等級1以上
住宅性能評価で免震建築物の明示を受けたもの
〃 「耐震等級(構造躯体の損傷防止)」等級2以上
基 準
項 目
(計画認定申請に添付したチェックシートと同じ内容を記入してください)
計画認定の内容
※基準を満たす項目のチェック欄にチェックし、該当する項目の算定根拠等の記入をしてください。
申請者名
所在地
マンション名
大阪府防災力強化マンション認定基準チェックシート(工事等完了時用)
<指定様式6>
③
災
害
に
対
す
る
備
え
に
関
す
る
基
準
■
□
□
生活用水の確保
一時避難場所の
確保
目 的
□
□
□
高層階用
防災倉庫の確保
生活場所の
確保
災害後も使用で
きるエレベーター
→選択不要
□11階以上に住戸無
→1項目以上選択
□11階以上に住戸有
11階以上の高層部に通ずる、少なくとも一基以上のエレベー
ターについては、災害後の停電時等にも3日間継続して使用で
きる仕様のものとすること
高層住戸の住民の避難生活に使用できる屋内スペースを低層部
に設置すること
(11階以上の居住者数×2㎡×50%で算出される面積以上、最小
50㎡)
高層住戸の住民の飲料水や食糧、災害時用ポータブルトイレ等
を備蓄するため、高層階用防災倉庫を11階以上の階に設置する
こと。なお、高層階用防災倉庫は11階以上の各階に設置される
ことが望ましいが、少なくとも11階以上の住民が利用するにあ
たり、居住階から5階上ったフロア又は5階下ったフロアに1カ
所以上設置すること
(高層階用防災倉庫には室名札等による表示を設置)
(倉庫面積の合計が、11階以上の戸数×0.05㎡で算出される面
積以上、最小5㎡)
対 策
(最小5㎡)
( )基( )号機
≧ ( )㎡=11階以上( )人×2㎡×0.5
(最小50㎡)
面積の合計( )㎡
場所 ( )階 室名( )
□
□
書類
現場
取扱説明書・仕様書等
生活場所
高層階用防災倉庫
□
□
・パーテション設置位置が適切である
・パーテション備蓄場所が適切である
申請書どおりの仕様である
□
□◆
□◆
パーテション等で通路と区分する場合は
生活場所の大きさは申請書どおりである
室名札等が設置されている (表示内容: )
□
□
□
□
□
□
現場
□
施錠が可能である
≧ ( )㎡=11階以上( )戸×0.05㎡
□
□◆
備蓄物がある場合は申請書どおりである
メモ
大阪府検査
チェック チェック
欄
欄
面積の合計 ( )㎡
チェック欄
高層階用防災倉庫の場所 ( )階
確認する内容
現場
□
□◆
周囲に利用の障害となるものがない
申請者自主検査
□
□◆
申請書どおりの仕様である
□
□◆
周囲に利用の障害となるものがない
□
確認する書類・現場
書類
□
□
□◆
申請書どおりの仕様である
□◆
□
□◆
取扱説明書・仕様書等
□
□◆
周囲に利用の障害となるものがない
□
申請書どおりの仕様である
□
□◆
□
適切な備蓄がされている
□
□◆
□◆
品目・員数・詰まり等への対策が申請書どおりである
□◆
□
□
□
□
□
□
メモ
大阪府検査
チェック チェック
欄
欄
周囲に利用の障害となるものがない
□◆
□◆
□◆
□◆
□◆
□◆
チェック欄
現場
申請書どおりの仕様である
適切な備蓄がされている
燃料・備品が申請書どおりである
周囲に利用の障害となるものがない
申請書どおりの仕様である
適切な備蓄がされている
品目・員数が申請書どおりである 消費期限は( )年
確認する内容
申請者自主検査
書類
□
□◆
歩行距離は申請書どおりである
□
□
□◆
水源は適切である
□
□
□◆
適切な備蓄がされている
能力は申請書どおりである
□
メモ
大阪府検査
チェック チェック
欄
欄
□◆
チェック欄
品目・員数は申請書どおりである 消費期限は( )年
確認する内容
現場
□◆
確認
設置場所
取扱説明書・仕様書等
設置場所
設置場所
備蓄場所
設置場所
備蓄場所
設置場所
備蓄場所
確認する書類・現場
取扱説明書・仕様書等
水源
備蓄場所
確認する書類・現場
書類
高層階用防災倉庫の場所や大きさは申請書どおりである
□
チェッ
ク欄
現場
書類
現場
現場
現場
現場
現場
確認
書類
現場
現場
確認
申請者自主検査
11階以上の住戸のある階( )階~( )階
算 定 根 拠 等
対象空地面積 ( )㎡ ≧ 200㎡
一時避難の際の有効な200㎡以上のまとまった敷地内オープン
スペース
□
□
貯湯量( )リットル
≧ ( )リットル=( )人×24リットル
貯湯式給湯器の設置
一人1日当たり8リットルを3日分準備
□
雤水貯留槽の設置
防災井戸の設置
貯留槽( )リットル
≧ ( )リットル=( )人×24リットル
□
□
□
チェッ
ク欄
□
□
□
備蓄場所( )階 室名( )
=( )人÷100人(小数点以下切り上げ)
≧( )カ所
トイレキットの数 ( )セット
マンホールトイレの数 ( )カ所
備蓄場所( )階 室名( )
( )
かまどベンチの燃料および量
=( )戸÷200戸(小数点以下切り上げ)
かまどベンチの数( )基 ≧( )基
備蓄場所( )階 室名( )
( ):( )食
食糧の内容( ):( )食
≧( )食=( )戸×( )人×( )食
備蓄食糧 合計( )食
算 定 根 拠 等
生活用水造水能力 ( )ℓ/時
飲料水造水能力 ( )ℓ/時
水源までの歩行距離( )m ≦1km
水源 ( )
≧( )リットル=( )人×9リットル
備蓄飲料水の量 ( )リットル
算 定 根 拠 等
深度・径等( )
マンホールトイレ用マンホール及びトイレキットを100人当たり1基設置
(ただし、災害後の利用における詰まり等を防止するため適切
な対策を講じていること)
かまどベンチの設置及びかまどベンチ用燃料等の備蓄
(200戸あたり1基(かまど2脚)以上)
乾パンなど煮炊き不要な食糧を防災倉庫に準備
(全住戸に対し3日分以上)
選択した目的から対策を1以上選択
対策
小型造水機の設置(ただし、敷地内に有効な水源があること)
2)高層住戸の災害後の生活の確保について
□
□
し尿処理
食糧、食事の
確保
→2項目以上、
かつ200戸以上
□11階以上に住戸なし
→1項目以上
または200戸未満
□11階以上に住戸あり
目 的
飲料水の確保
選択した目的から対策を1以上選択
は必須項目
防災倉庫に一人1日当たり3リットルを3日分準備
対策
飲料水の確保
1)災害後3日間の生活維持を図る備え
<指定様式6>
□
□
管理規約等に位置づける。
名称、住所、規模等、防災対策を策定するための基礎情報として記述
マンション周辺の街並み状況、避難所の位置など記述
マンションの概要
マンション周辺の
防災関連情報
災害時に一定期間周辺住民に開放できる施設など、マンションとして地域貢献できる項目を記述
※各段階で活動目的別に一つ以上の対策を行う。
「A.災害直後の身体の安全確保」
「B.災害後3日間の生活維持」
「C.ライフライン復旧までの生活支援」
「D.日常の自主防災活動」
の4段階に応じ、活動目的別に対策を記述する。
耐震性能や耐火性能、ほか建物仕様における防災上の工夫など記述
防災アクションプラン
市町村防災マニュアル、家具転倒防止マニュアル、防災訓練マニュアルなど、災害対策活動をサポートする各種マ
を補完する
ニュアルを添付
各種マニュアル
地域への貢献
について
災害に対する備え
マンションが備える
防災性能、防災設備
備品・備蓄物資など
計画の位置づけ
□
□
□
□
現場
書類
□
被災時のマンション住民の自立を主眼においた防災方針を記述
計画の目標
□
書類
□
津波避難ビルの指定に関する市町との協議録・協定書
□
確認
基 準
チェッ
ク欄
④
項 目
津
波
避
難 津波避難ビルの
指定
対
策
⑤
防
災
ア
ク
シ
ョ
ン
プ
ラ
ン
の
策
定
に
関
す
る
基
準
に
関
す
る
基
準
計画認定の内容
備蓄物その他
重要事項説明書
管理規約
協議録・協定書等
確認する書類・現場
□
□
・防災アクションプランの内容が添付図面を含めて申請書どおりである
□
□
□
□◆
( )
□◆
□
□◆
( )
( )
□
□◆
( )
□◆
□
□◆
( )
□
□◆
( )
□
( )
(防災アクションプランに「マンションが備える防災性能、防災設
備、備品・備蓄物資など」に掲げるものが全て備わっている)
建設当初からの備えとして位置づけられているものが設置されている
□
□
□
□
□
・防災アクションプランが管理規約集の一部として綴じられている又
は綴じられていると同等の状態である
□
・防災力強化マンション認定制度の認定基準に基づき防災アクション
プランを策定していることを位置づけられている。
・防災力強化マンション認定制度に基づき防災アクションプランを策
定していることが説明されている。
現場
メモ
大阪府検査
チェック チェック
欄
欄
□
チェック欄
書類
市町との協議により、津波避難ビルの指定が必要な場合に協定等を締
結しているかどうか
確認する内容
申請者自主検査
<指定様式6>
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement