施工マニュアル 2009.11.VOL.01

施工マニュアル 2009.11.VOL.01
施工マニュアル
2009.11.VOL.01
JPジョイント施工時の五大注意事項
1
2
3
4
5
ゴムリングに傷を付けない。
パイプを直角に切断する。
パイプにインコアを確実に装着する。
ラインマークまでパイプを差し込む。
プレス忘れをしない。
施工講習会
JPジョイントを施工される際、本施工マニュアルを熟読して頂き、
必ずメーカーの施工講習会を受けてください。
(その際、受講者には受講証明書を発行します。
)
目 次
1.製品の特長と構造 ………………………2
3-2.パイプの端部にインコアを
確実に装着する ……………………7
2.継手施工時の注意点 ……………………3
3-3.差し込み代のマーキング …………8
2-1.重要な注意点 ………………………3
3-4.継手にパイプを差し込む …………8
2-2.樹脂管について ……………………5
3-5.専用締付工具でプレスする ………9
2-3.給水・給湯配管について …………6
3-6.接合部を確認する …………………9
2-4.樹脂管のJISについて ……………6
3.JPジョイントの施工手順………………7
3-1.パイプをロータリーカッターで
直角に切断する ……………………7
1
1. 製品の特長と構造
ステンレス配管で培った実績と経験と信頼に未来へ
のチャレンジスピリッツが融合した新継手の誕生!
!
ステンレス配管継手メーカーとして多くの実績と
信頼を築いてきたベンカン。専用締付工具にて
プレスするだけというスピーディーな施工性は
そのままに、新たな配管ニーズに対応するため
樹脂管対応の新継手、JPジョイントが誕生しま
した。
特長
1
専用締付工具にてプレスするだけ。作業効率の向上と、曲がり
での継手の使用数が少なくなり、ローコストの実現ができます。
2
継手による接合箇所を減らすことで、画一された施工品質を得
ることができます。
3
部材アイテム数の削減と、図面から部材詳細が認識できること
から、使用材料の管理が容易になります。
構造
樹脂管
管
規
種
格
呼び径
管
規
樹脂管
10
13
16
種
格
呼び径
10
13
16
外径×肉厚(mm)
架橋ポリエチレン管 水道用架橋ポリエチレン管
JIS K 6769 PN15 XM種 JIS K 6787 XM種
13.0×1.60
13.0×1.60
17.0×2.10
17.0×2.10
21.5×2.65
22.0×2.60
外径×肉厚(mm)
ポリブテン管
水道用ポリブテン管
JIS K 6778 J種
JIS K 6792 J種
13.0×1.60
13.0×1.60
17.0×2.10
17.0×2.10
22.0×2.60
22.0×2.60
JPジョイント
名
JPジョイント本体
インコア
ゴムリング
2
称
JPジョイント本体
ゴムリング
インコア
SUS304
I IR
SUS304
特
徴
と
構
造
2. 継手施工時の注意点
2-1.重要な注意点
①パイプをロータリーカッターで直角に切断する
(パイプ表面が傷付いたり、ゴミなどが付着した部分は除去してください。)
施
工
時
の
注
意
点
●ロータリーカッターは、樹脂管用(TC105PE)を推奨します。
● 2mm以上の斜め切りや、のこ刃、カッターナイフでの切断は禁止です。
②パイプの管端にインコアを確実に装着する
(インコアは根元まで完全に差し込んでください。)
JPジョイント
インコア
ゴムリング
●手で差し込みにくい場合は、樹脂ハンマーで圧入してください。
③専用ラインマーカーで差し込み代をマーキングする
●専用ラインマーカーは、簡易タイプを用意しました。
JPマーカーペン
(架橋ポリエチレン・ポリブテン管用)
簡易タイプ
3
④ラインマークまで真っ直ぐ差し込み、専用締付工具でプレスする
“作業開始前に必ず専用締付工具の取扱説明書をお読みください”
●無理にパイプを差し込んで、ゴムリングを傷付けない。
●パイプに水を塗布するとスムーズに差し込めます。
⑤専用の六角確認ゲージでプレス寸法の確認をする
(また、規定の水圧試験を実施して漏水がないか確認してください。)
●ラインマークまで差し込まれていることを確認します。
4
施
工
時
の
注
意
点
2-2.樹脂管について
(1)配管部材はパイプ、継手共にていねいに取り扱いください。傷、へこみ、偏平の要因と
なりますので特に現場において落下させないように気をつけてください。釘の打ち抜き
やつぶれに注意してください。
(2)樹脂管を直射日光に当てないでください。(短時間でも仮養生してください)劣化するお
それがあります。
(3)パイプ、継手の油・ゴミ等の汚れは拭き取ってご使用ください。特にパイプ端部や継手
のゴムリング部に異物が付着していないか確認してください。異物等がありますと差し
施
工
時
の
注
意
点
込み不良、又は差し込み後に漏れの原因となります。
(4)油・薬品等の配管には使用できません。ベンゼン、アセトン、キシレン、トルエン、灯
油、ガソリン、塗料、溶剤系のマジックインキ、ビニルテープ等で劣化します。
(5)パイプの無理な曲げ加工はしないでください。最小曲げ半径を守ってください。表1を
参照してください。
(6)配管を土中及びコンクリート埋設する場合は、さや管等で適切な処理を施してください。
(7)保管場所や工事現場で火の使用はしないでください。熱や火の粉などにより管が劣化す
る恐れがあります。
(8)被覆電線(コード)や接着テープなど可塑剤が入ったものは、管を劣化させることがあ
ります。直接、接触させないようにしてください。
表1
単位:mm
呼び径
最小曲げ半径
10
150mm
13
200mm
16
250mm
※さや管の最小曲げ半径は300mm
5
2-3.給水・給湯配管について
(1)樹脂管を踏みつけたりしないでください。また、つぶれがないようにしてください。
(2)樹脂管は可とう管です。水圧試験の時に、水圧を加えると管が真円に戻ろうとします。
その為、時間が経過すると圧力が低下します。規定の水圧試験の要領に従っての実施を
お願いします。
(3)パイプと継手の接合は、確実に行なってください。
万一やり直しがあった場合は、やり直し部分を切除し、新しい継手で再施工をお願いし
ます。
(4)被覆材や保温材の切断や除去する場合は、樹脂管をカッターなどで傷付けないようにし
てください。傷によっては、漏水のおそれがあります。
(5)外気温が0℃以下になる環境の場合は、凍結防止対策を施してください。配管や継手が
凍結により破損し、解凍時に漏水により家財など損害を与えることがあります。一般的
な凍結防止対策の例を示します。
①配管が設置されている空間を暖房などで0℃以下にならないようにして下さい。
有効な厚さの保温材を巻いても効果があります。
②水抜き栓から配管内の水を落として下さい。
③シースヒーターを配管に巻き保温して下さい。
2-4.樹脂管のJIS規格について
(1)JIS規格品以外の樹脂管の使用はおやめください。
※漏水の原因となります。
使用可能な樹脂管の規格は、表2を参照してください。呼び径10,13,16です。
表2 該当する樹脂管のJIS規格
JIS番号
管 種
10径
13径
16径
JIS K 6769
架橋ポリエチレン管 PN15 XM種
○
○
○
JIS K 6787
水道用架橋ポリエチレン管 XM種
○
○
○
JIS K 6778
ポリブテン管 J種
○
○
○
JIS K 6792
水道用ポリブテン管 J種
○
○
○
(2)樹脂管はJIS規格品を採用しています。使用温度と圧力はJISにより定められております。
表3を参照して、ご使用ください。なお、使用範囲外では、パイプ、継手が損傷する恐
れがあり、重大なケガや漏水などの事故を引き起こす可能性がありますので、ご注意く
ださい。
表3 使用温度と最高使用圧力
・架橋ポリエチレン管 PN15 XM種
使用温度(℃)
0∼20 21∼40 41∼60 61∼70 71∼80 81∼90 91∼95
最高使用圧力(MPa) 1.50
1.25
0.95
0.85
0.75
0.70
0.65
・ポリブテン管 J種
使用温度(℃)
5∼30 31∼40 41∼50 51∼60 61∼70 71∼80 81∼90
最高使用圧力(MPa) 1.0
0.9
0.8
0.7
0.6
0.5
0.4
※継手単体の最高使用温度は、100℃なので、十分な安全度があります。
※水道用樹脂管の使用圧力は、0.75MPa以下とし、屋内配管の水道に使用します。
6
施
工
時
の
注
意
点
3. JPジョイントの施工手順
3-1.パイプをロータリーカッターで直角に切断する
“JPジョイントの特性上、必ず外側にバリの残らない工法を基準とする”
施工寸法取りをし、パイプに寸法を罫書いてください。そのライン上に刃をあてがい押し切
りします。その際、過度な力をかけるとへん平の原因になりますのでご注意ください。
〔代表的な施工例〕パイプをロータリーカッター(推奨)で直角に切断する。
※ロータリーカッター以外の外バリが出るような切断は避けてください。
※ロータリーカッターは必ず「樹脂管用」を使用してください。
※スーパーツール社製の樹脂管専用ロータリーカッターTC105PEをお薦めします。
施
工
手
順
3-2.パイプの端部にインコアを確実に装着する
継手が梱包されている袋を開き、インコアを取り出します。そのインコアをパイプに根元ま
で完全に差し込んでください。手で差し込みにくい場合は、樹脂ハンマーで圧入してください。
2mm以上の斜め切りは、インコアのツバとの隙間で判定できます。インコアを入れ忘れると、
継手の性能が十分に引き出せません。継手に差し込む時に、インコアが装着してある事を必ず
確認してください。
JPジョイント
インコア
ゴムリング
7
3-3.差し込み代のマーキング
“差し込み代のマーキングは全数、必ず行なってください”
※ラインマークが無い場合、万が一漏水などが発生しても保証の対象外となりますので、ご注
意下さい。
●差し込み代のマーキングはJPジョイントにおける最も重要な作業の1つになります。必ず
行なうよう作業の徹底をお願いします。
JPマーカーペンで罫書きます
JPラインマーカー
専用ラインマーカーを用い、パイプの端面から基準値の位置に罫書します。
●各サイズの差し込み基準値
単位:mm
呼び径
10
13
16
差し込み基準値
17
21
24
3-4.継手にパイプを差し込む
“差し込みの際はゴムリングに傷を付けないようにしてください”
●差し込み前に各部品が所定の位置に納まっているか確認します。
●パイプはまっすぐにゆっくりと差し込みます。
! 差し込みにくい場合は、無理に差し込まず、水に浸してください。
8
施
工
手
順
3-5.専用締付工具でプレスする
“作業開始前に必ず専用締付工具の取扱説明書をお読みください”
インコア
カール部
溝
ダイス
●ダイスの刻印(J)と継手のサイズ(呼び径)を合わせてください。
●専用締付工具先端のダイス溝部へ、継手カール部を直角にセットします。
●専用締付工具のスイッチを押し、上下ダイスの先端が接するまでプレスします。
JP ジョイント
SUS用ダイス CU用ダイス JP用新ダイス
(呼び径)
施
工
手
順
10径
×
10A
10J
13径
×
×
13J
16径
20SU
20A
16J
3-6.接合部を確認する
●プレス作業終了後、専用の六角確認ゲージでプレス寸法の確認をします。
注意事項
●確認時に、プレス部が正規寸法を得られなかった場合、
専用締付工具を点検し、増し締めを行ってください。
(その後、必ず六角確認ゲージで再確認してください。
)
*プレス部が正規寸法を得られないで、施工を完了すると
後で漏水や抜管など不具合の原因につながります。
●プレス完了時にラインマークまで継手が差し込まれてい
なかった場合は、その継手を切り取り、新しい継手で再
施工してください。
(ラインマークと継手端部の位置が3mm以内であれば、
正規寸法の範囲内です。)
3mm以内は、合格
9
メカニカルジョイント事業部
本
社
札幌オフィス
仙台オフィス
東京オフィス
名古屋オフィス
大阪オフィス
広島オフィス
福岡オフィス
M
J 工 場
群
馬
県
太
田
市
六
千
石
町
5
−
1
北海道札幌市中央区大通西12-4(あいおいニッセイ同和損保 札幌大通ビル)
TEL.011-232-1921 FAX.011-232-1924
宮 城 県 仙 台 市 泉 区 泉 中 央 3 − 2 7 − 3( 日 泉 ビ ル )
TEL.022-772-8471 FAX.022-772-8472
東 京 都 大 田 区 山 王 2 − 5 − 1 3( 大 森 北 口 ビ ル )
TEL.03-3777-1531 FAX.03-3777-1500
愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 名 駅 3 − 3 − 2( 志 摩ビル )
TEL.052-571-3270 FAX.052-571-3276
兵 庫 県 尼 崎 市 西 長 洲 町 3−1−1 8
TEL.06-6482-1856 FAX.06-6482-1824
広島県広島市東区二葉の里1−4−18(日宝二葉ビル)
TEL.082-261-5205
福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 天 神 3 − 1 1 − 2 2( C Sビル )
TEL.092-724-0720 FAX.092-724-0730
群
馬
県
太
田
市
六
千
石
町
5
−
1
ホームページアドレス http://www.benkan.com
取扱店
※本施工マニュアルの内容は2009年11月現在のものです。
本施工マニュアルは、再生紙を使用しています。
SCD-0909026-01
07090000KP
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement