XL-9311/9281 ハードウェアガイド

XL-9311/9281 ハードウェアガイド
B5WY-1471-02
Printia LASER XLシリーズ
ハードウェアガイド
ページプリンタ XL-9311/9281
製品を安全に使用していただくために
安全にお使いいただくために
このマニュアルには、本製品を安全に正しくお使いいただくための重要な情報が記載されています。
本製品をお使いになる前に、このマニュアルを熟読してください。特に、このマニュアル冒頭の「安全上のご注意」
(→ P.6)をよくお読
みになり、理解されたうえで本製品をお使いください。
また、このマニュアルは、本製品の使用中にいつでもご覧になれるよう大切に保管してください。
この装置は、クラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的にしていますが、この装置がラジオやテレビジョ
ン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして下さい。
VCCI-B
本製品は、日本工業規格(JIS C 6950)の漏えい電流基準に適合しております。
本製品は、高調波電流規格 JIS C 61000-3-2 適合品です。
本製品およびオプション品のハイセイフティ用途での使用について
本製品およびオプション品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用などの一般的用途を想定したものであり、ハイセイフ
ティ用途での使用を想定して設計・製造されたものではありません。
お客様は、当該ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すことなく、本製品を使用しないでください。
ハイセイフティ用途とは、以下の例のような、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接生命・身体に
対する重大な危険性を伴う用途をいいます。
・ 原子力施設における核反応制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行制御、生命維持のための医療用
機器、兵器システムにおけるミサイル発射制御など
地球環境への配慮から本製品には一部リサイクル部品を使用しています。
本製品は、危険なレーザ光を出さない「クラス 1」のレーザシステムです。本書に従って操作してください。本書に書かれた以外の操作
は行わないでください。思わぬ故障や事故を起こす原因になります。
矩形波が出力される機器に接続すると、故障する場合があります。
本製品の粉塵、オゾン、スチレン、ベンゼンおよび TVOC の拡散については、エコマーク No.122「プリンタ version2」の物質エミッショ
ンの放散速度に関する認定基準を満たしています。
トナーは本製品にて推奨しておりますプロセスカートリッジを使用し、印刷を行った場合について、試験方法:RAL-UZ122:2006 の付録 2
に基づき試験を実施しております。
推奨プロセスカートリッジについては、
「サプライ品一覧」
(→ P.194)をご覧ください。
本製品は、突入電流がありますので、UPS に接続しないでください。
梱包物の確認とプリンタの設置は済んでいますか
添付されている梱包物の確認や、プリンタの設置、および動作確認が済んでいない場合は、
添付の 『設置ガイド』をご覧になり、プリンタを使用するための準備を行ってください。
1
このマニュアル以外の情報は「画面で見るマニュアル」
をご覧ください
プリンタドライバのインストール方法など、このマニュアル以外の情報については、「画面
で見るマニュアル」をご覧ください。添付の 「Printia LASER プリンタユーティリティ」を
パソコンにセットすると表示される「Printia LASER プリンタユーティリティ セットアップ」
画面で、
「画面で見るマニュアル」をクリックすると次の画面が表示されます。
「XL-9311/XL-9281」を選択後、ご覧になりたいマニュアル名をクリックすると、マニュア
ルが表示されます。
製品に関する注意事項
ここでは、お客様に特に見ていただきたいことや、注意していただきたい項目について概要
を説明します。詳しくは、本文をよくお読みになったうえで本製品を正しくお使いください。
製品寿命(耐用期間)について
本製品の耐用期間(寿命)は、次のいずれか早いほうです。
・ 60 万ページ印刷(A4 サイズ横送り(
LEF))
「LEF」については、「用紙をセットする向きについて」(→ P.60)をご覧ください。
・ 5 年(8 時間 / 日)
詳しくは、「本体仕様」(→ P.182)をご覧ください。
・耐用期間は、プリンタの設置環境・使用頻度により大幅に変動します。
・A4 LEF より長い用紙を使用した場合、耐用期間は A4 LEF 印刷時の半分程度が目安となります。
サプライ品(消耗品)について
プロセスカートリッジや用紙などは、本製品専用の純正サプライ品をお使いください。
非純正サプライ品をお使いになったことによる、製品のトラブル、誤動作については当社は
一切責任を負いかねますのでご了承ください。
詳しくは、「サプライ品一覧」(→ P.194)をご覧ください。
2
定期交換部品について
定期交換部品の交換時期の目安は以下になります。
表:定期交換部品の交換時期の目安
定期交換部品
定着器
交換時期の目安
10 万ページ印刷ごとを目安に「定期交換キット(テイキ
コウカンキット)」で交換
用紙搬送ロールキット
(給紙トレイ・給紙カセット用)
転写ロール
[注]上記は、A4 サイズ横送り(
LEF)/片面印刷での目安であり、これ以外の印刷の
場合、交換時期がずれることがあります。
A4 LEF より長い用紙を使用した場合、寿命は A4 LEF 印刷時の半分程度が目安となります。
プリンタドライバのバージョンを確認する方法
本製品に関するお問い合わせをするときに、お問い合わせの内容によってプリンタドライバ
のバージョンをお聞きする場合があります。
プリンタドライバのバージョンをご確認のうえ、お問い合わせください。
プリンタドライバのバージョンを確認する方法については、 「ソフトウェアガイド」の「第
5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
冷却ファンについて
冷却ファンは、印刷終了後もしばらくの間(最大で 25 分)
、機内冷却のため回転したままに
なることがあります。冷却ファン回転中は、電源を切らないでください。
3
このマニュアルの表記について
安全にお使いいただくための絵記号について
このマニュアルでは、いろいろな絵表示を使用しています。これは本製品を安全に正しく使
用していただき、あなたや他の人々に加えられるおそれのある危害や損害を、未然に防止す
るための目印となるものです。その表示と意味は次のようになっています。内容をよくご理
解のうえ、お読みください。
表:安全にお使いいただくための絵記号
記号
内容
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡する可能性または重傷を負
う可能性があることを示しています。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性があること、
物的損害が発生する可能性があることを示しています。
また、危害や損害の内容がどのような種類のものかを区別するために、上記の表示と同時に
次のような記号を使っています。
表:危害や損害の内容を示す絵記号
記号
内容
△ で示した記号は、警告・注意をうながす内容であることを告げるものです。記号
の中やその脇には、具体的な警告内容が示されています。
で示した記号は、してはいけない行為(禁止行為)であることを告げるものです。
記号の中やその脇には、具体的な禁止内容が示されています。
で示した記号は、必ず従っていただく内容であることを告げるものです。記号の
中やその脇には、具体的な指示内容が示されています。
画面例、イラストについて
・ このマニュアルに掲載されている画面例の IP アドレスやホスト名などは一例であり、実
際の入力内容を表すものではありません。
・ 画面例でプリンタ名を「XL-XXXX」と表示している箇所があります。このときは、お使
いのプリンタ名で読み替えてください。
・ 機種、ソフトウェアのバージョン、OS によっては、画面例とは表示内容が一部異なるこ
とがあります。
・ このマニュアルに掲載されているプリンタのイラストは、XL-9311 のものです。
XL-9281 のプリンタ本体、および XL-9281 用の給紙カセットは、XL-9311 のものと一部
形状が異なりますが、設置手順や動作確認手順は同じです。
・ このマニュアルに掲載されているプリンタのイラストは、説明の都合上、本来接続され
ているケーブル類を省略していることがあります。
クリック操作について
このマニュアルは、マウスのクリック操作をダブルクリックで記述しています。お使いのパ
ソコンの設定によっては、シングルクリックに読み替えてください。
4
本文中の記号について
本文中に記載されている記号には、次のような意味があります。
表:本文中で使用する記号
記号
内容
お使いになるときに注意していただきたいことや、してはいけないことを記述してい
ます。必ずお読みください。
操作に関連することを記述しています。必要に応じてお読みください。
→
参照先を記述しています。
印刷されたマニュアル(紙のマニュアル)を表しています。
画面で見るマニュアルを表しています。起動方法は、
「このマニュアル以外の情報は
「画面で見るマニュアル」をご覧ください」(→ P.2)をご覧ください。
CD-ROM/DVD-ROM を表しています。
製品などの呼び方について
このマニュアルでは製品名称などを、次のように略して表記しています。
表:製品名称の表記
製品名称
Windows® 7 Ultimate(64 ビット版/ 32 ビット版)
7
このマニュアルでの表記
Windows
Windows® 7 Enterprise(64 ビット版/ 32 ビット版)
Windows® 7 Professional(64 ビット版/ 32 ビット版)
Windows® 7 Home Premium(64 ビット版/ 32 ビット版)
Windows® 7 Starter
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Standard
2008 R2
2008
Microsoft® Windows Server® 2008 R2 Enterprise
2008
(R2
以外)
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard without Hyper-V™(64-bit/32-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 Standard(64-bit/32-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise(64-bit/32-bit)
Microsoft® Windows Server® 2008 Enterprise without Hyper-V™(64-bit/32-bit)
Windows Vista® Ultimate(64 ビット版/ 32 ビット版)
Vista
Windows Vista® Enterprise(64 ビット版/ 32 ビット版)
Windows Vista® Business(64 ビット版/ 32 ビット版)
Windows Vista® Home Premium(64 ビット版/ 32 ビット版)
Windows Vista® Home Basic(64 ビット版/ 32 ビット版)
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Standard x64 Edition
2003
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Enterprise x64 Edition
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Standard Edition
Microsoft® Windows Server® 2003 R2, Enterprise Edition
Microsoft® Windows Server® 2003, Standard x64 Edition
Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise x64 Edition
Microsoft® Windows Server® 2003, Standard Edition
Microsoft® Windows Server® 2003, Enterprise Edition
5
表:製品名称の表記
製品名称
Windows® XP Professional x64 Edition
このマニュアルでの表記
Windows
XP
Windows® XP Professional
Windows® XP Home Edition
Microsoft® Windows® 2000 Professional
2000
Microsoft® Windows® 2000 Server
Microsoft® Windows NT® Workstation Version 4.0
NT
Microsoft® Windows NT® Server Version 4.0
Microsoft® Windows® Millennium Edition
Me
Microsoft® Windows® 98
98
電源プラグとコンセント形状の表記について
本製品に添付されている電源コードの電源プラグは「平行 2 極プラグ」です。
このマニュアルでは「電源プラグ」と表記しています。
接続先のコンセントには「平行 2 極接地極付プラグ(125V15A)用コンセント」
をご利用ください。このマニュアルでは「コンセント」と表記しています。
安全上のご注意
設置および移動に関するご注意
・次の場所には設置しないでください。火災や感電の原因になります。
火気のある場所
ストーブやヒーター等の発熱器具に近い場所、高温になる場所
アルコール、シンナー、ガソリン等の揮発性可燃物やカーテン等の燃えやすい物に近い場所
風呂場、シャワー室等の水場、水気のある場所
・プリンタの上に次のような物を置かないでください。火災や感電の原因になります。
花瓶、植木鉢、コップ等の水や液体の入った容器
クリップ、アクセサリー等の金属物
6
・プリンタの吸気口、および排気口をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因になることがありま
す。プリンタの操作および消耗品の交換、日常の点検など、プリンタを正しく使用し性能を維持
するために、下図の設置スペースを確保してください。
35cm
20cm
30cm 䌛ᵈ䌝
10cm
76cm
ᵈ䋺䉥䊒䉲䊢䊮䈱ਔ㕙䊡䊆䉾䊃䉕ข䉍ઃ䈔䈢႐ว䈲䇮ਔ㕙䊡䊆䉾䊃䈎䉌
30cm䈱㑆㓒䉕ⓨ䈔䈩⸳⟎䈚䈩䈒䈣䈘䈇䇯
・本製品は、オプションや消耗品、用紙がない状態で約 22kg(XL-9311)/ 20kg(XL-9281)あり
ます。プリンタを動かす場合は、必ず 2 人以上で持ち運んでください。プリンタを持ち上げると
きは、腰を痛めないように充分に膝を折り、左右にあるくぼみをしっかりと持ってください。
くぼみ以外を持って持ち上げることは絶対にしないでください。落下によりけがの原因になるこ
とがあります。
また、移動する際は足元に何も置かないようにしてください。転倒のおそれがあります。
・プリンタの重さに耐えられる丈夫で水平な場所に設置してください。
本製品は本体のみで約 22kg(XL-9311)/ 20kg(XL-9281)、最大で約 57kg(フルオプション、
消耗品含む)の重さがあります。
・次の場所には設置しないでください。火災や感電、けが、または故障の原因になります。
湿気・ほこり・油煙の多い場所
通気性の悪い場所
直射日光の当たる場所
振動の激しい場所や傾いた場所等の不安定な場所
温泉地など、硫黄の影響を受ける場所
・プリンタの上に重い物を置かないでください。また、衝撃を与えないでください。バランスが崩
れて倒れたり、落下してけがの原因になることがあります。
・プリンタを移動する場合は、10°以上傾けないでください。
転倒などによりけがの原因になることがあります。
・プリンタを移動する場合は、必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。また、接続ケー
ブル等も外してください。作業中は、足元に充分注意してください。
電源コードが傷つき、火災や感電の原因になったり、本製品が倒れたりしてけがの原因になるこ
とがあります。
7
電源に関するご注意
・添付されている電源コード以外は使用しないでください。また、添付の電源コードは、他の製品
に使用しないでください。
火災や感電の原因になります。
・電源プラグは、交流 100V、15A 以上のコンセント以外には差し込まないでください。本製品の
定格電源は 100V、11A です。また、タコ足配線はしないでください。
火災や感電の原因になります。
・電源コードを傷つけたり、加工したりしないでください。また重い物を置いたり、引っ張ったり、
無理に曲げたりしないでください。
火災や感電の原因になります。
・延長コードは、定格(125V、15A)未満の物は使用しないでください。特に容量不足の延長コー
ドは絶対に使用しないでください。
火災や感電の原因になります。
・電源コードや電源プラグが傷んだり、コンセントの差し込み口がゆるいときは使用しないでくだ
さい。
火災や感電の原因になります。
・矩形波が出力される機器に接続しないでください。
火災の原因になります。
・電源プラグおよびその周辺にほこりが付着しているときは、乾いた布でよく拭いてください。
そのまま使用すると火災の原因になります。
・電源プラグはコンセントの奥まで確実に差し込んでください。
ほこりが付いたりして、火災や故障の原因になります。
・濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。
感電の原因になります。
・次のような箇所には絶対にアース線を接続しないでください。
ガス管(引火や爆発の危険があります。)
電話専用アース線および避雷針(落雷時に大量の電流が流れる場合があり危険です。)
水道管や蛇口(配管の途中がプラスチック等になっている場合は、アースの役目を果たしません。
)
・電源プラグから出ているアース線は、必ず次のいずれかに接続してください。
電源コンセントのアース線端子
銅片等を 650 ㎜以上地中に埋めたもの
D 種(旧:第 3 種)接地工事を行っている接地端子
・アース接続は必ず電源プラグを電源に差し込む前に行ってください。またアース接続を外す場合
は、必ず電源プラグを電源から抜いてから行ってください。アース接続できない場合は「ハード
ウェア修理相談センター」(→ P.200)にご連絡ください。
アース接続しないで使用すると、万一漏電した場合に火災や感電の原因になります。
適正電源コンセント
電源コード
・本製品は漏電ブレーカーを内蔵していますが、アース接続しないと有効に働きません。
8
・オプション品の取り付け、取り外しを行うときは、必ずプリンタ本体および接続されている機器
の電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いた後に行ってください。
感電の原因になります。
・近くで落雷が起きたときは、電源コードをコンセントから抜いて雷が治まるのを待ってください。
入れたままにしておきますと、雷によっては機器を破壊し火災の原因になります。
・プリンタの電源スイッチを入れたままでコンセントから電源プラグを抜き差ししないでくださ
い。
プラグが変形し、火災の原因になることがあります。
・電源プラグをコンセントから抜くときは、必ず電源プラグを持って抜いてください。電源コード
を引っ張ると電源コードの芯線が露出したり断線したりして、火災や感電の原因になることがあ
ります。
・1ヶ月に一度は次のようなことを点検してください。
電源プラグがコンセントにしっかりと差し込まれていますか?
電源プラグに異常な発熱および錆、変形などはありませんか?
電源プラグやコンセントにほこりが付いていませんか?
電源コードに亀裂や擦り傷などはありませんか?
アース線はアース接続端子に取り付けられていますか?
なお異常があるときは、「ハードウェア修理相談センター」(→ P.200)にご連絡ください。
・長期間プリンタを使用しないときは、安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜いてくださ
い。
そのままにしておくと、劣化により火災や感電の原因になることがあります。
・プリンタの清掃、保守および故障の処置を行う場合は、電源スイッチを切り、必ず電源プラグを
コンセントから抜いてください。
電源プラグを抜かずに清掃や保守を行うと、やけどや感電の原因になることがあります。
9
取り扱いに関するご注意
・プリンタに水をかけたり、濡らしたりしないでください。
火災や感電の原因になります。
・吸気口や排気口などの開口部から、内部に金属類や燃えやすい物などの異物を差し込んだり、落
とし込んだりしないでください。
火災や感電の原因になります。
・カバーを外した状態で電源プラグを差したり、電源スイッチを入れたりしないでください。
火災や感電の原因になります。
・プリンタの近くで可燃性のスプレーなどを使用しないでください。
火災や故障の原因になります。
・次のようなときは、ただちに電源を切って電源プラグをコンセントから抜いてください。
発煙や発火、異臭、異常音がするなどの異常が発生したとき
異物(金属片、水などの液体)が内部に入ったとき
プリンタを落としたり、カバーなどを破損したとき
その後「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)にご連絡ください。お客様自身による修理
は危険ですから絶対におやめください。そのまま使用すると、火災や感電の原因になります。
・プリンタ、オプション品、サプライ品(プロセスカートリッジなど)を分解したり改造したりし
ないでください。このマニュアルで指示している箇所以外のネジやカバーは絶対に外さないでく
ださい。
内部には電圧の高い部分があるため感電の原因になったり、レーザ光漏れにより失明するおそれ
があります。
・プロセスカートリッジを火中に投じないでください。
トナー粉が跳ねてやけどの原因になります。使用済みのプロセスカートリッジを処分するときは、
当社の回収サービスをご利用ください。
詳しくは、「使用済みプロセスカートリッジの回収サービス」(→ P.200)をご覧ください。
10
・「高温注意」をうながすラベルが貼ってある箇所(定着器やその周辺)には絶対に触れないでくだ
さい。
やけどの原因になることがあります。
・詰まった用紙を取り除くときは次の点に注意してください。
このマニュアル内の「紙詰まりになったとき」(→ P.134)をよくお読みください。
ネクタイやネックレス等を身に着けている場合は、プリンタ内部に巻き込まれないように、外し
てから操作してください。
鋭利部に触れないよう注意してください。
プリンタ内部に紙片が残らないようすべて取り除いてください。紙片が残ったままになっている
と、火災などの原因になることがあります。
定着器やローラ部に用紙が巻き付いているときは、無理に取らないでただちに電源を切り、
「ハー
ドウェア修理相談センター」
(→ P.200)にご連絡ください。
・使用中のプリンタは布などで覆ったり、包んだりしないでください。
熱がこもり、火災の原因になることがあります。
・プリンタ内部には磁気を帯びたマグネット類を近づけないでください。
プリンタが動作状態になる場合があり、けがの原因になることがあります。
・プロセスカートリッジを交換する際は、トナーが飛散しないように注意してください。
また、飛散した場合は、トナーが皮膚や衣服に付いたり、トナーを吸引したりしないよう注意し
てください。
・換気の悪い部屋で長時間ご使用になる場合や、大量印刷する場合は、充分な換気を行ってくださ
い。
・用紙排出部のローラが作動しているときは作動部には触れないでください。
指をはさみ、けがをする原因になることがあります。
・トナーが目や口に入らないように注意してください。手に付いた場合は速やかに洗い落としてく
ださい。
万一、目や口に入った場合は、ただちに医師と相談してください。
・プロセスカートリッジを保管する場合は、小さなお子様がトナーを誤って飲むことがないように、
小さなお子様の手が届かない所に置いてください。
万一、お子様がトナーを飲み込んだ場合は、ただちに医師と相談してください。
11
警告ラベル/注意ラベル
本製品には警告ラベルおよび注意ラベルが貼ってあります。指示内容をご覧になり、安全に
ご利用ください。
なお、警告ラベルや注意ラベルは、絶対にはがしたり、汚したりしないでください。
商標および著作権について
Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Server、Windows NT は、米国 Microsoft Corporation
の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
ウイングアーク テクノロジーズ、SVF、Super Visual Formade、RDE、Report Director Enterprise
は、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社の日本およびその他の国における登録商標また
は商標です。
ESC/P、ESC/Page は、セイコーエプソン株式会社の登録商標です。
その他の製品名、会社名は各社の登録商標または商標です。
Copyright FUJITSU LIMITED 2009
12
目次
製品を安全に使用していただくために . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
梱包物の確認とプリンタの設置は済んでいますか . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
このマニュアル以外の情報は「画面で見るマニュアル」をご覧ください . . . . .
製品に関する注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
このマニュアルの表記について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
安全上のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
1
2
2
4
6
セットアップ編
第 1 章 お使いになる前に
1 本製品の特長 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
18
20
第 2 章 プリンタを設置・接続する
1 設置時の注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
本製品のサイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
設置~動作確認までの注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 パソコンやネットワークに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LAN ケーブル接続の場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パラレルケーブル接続の場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタ USB ケーブル接続の場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
26
26
27
30
30
33
36
第 3 章 オプションを取り付ける
1 取り付け可能なオプションとご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り付け可能なオプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り付け時のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 プリンタ RAM モジュールの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 両面ユニットの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4 拡張給紙ユニットの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
38
38
41
42
42
46
47
47
50
52
52
58
13
運用編
第 4 章 日常の操作
1 用紙をセットする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙をセットする向きについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
給紙カセット、拡張給紙ユニット(オプション)に用紙をセットする . . . . . . .
給紙トレイにセットする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 印刷する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタの状態確認(ポップアップ). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 印刷を中止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パソコンの画面から中止する(双方向通信が有効なとき). . . . . . . . . . . . . . . .
オペレータパネルから中止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4 プロセスカートリッジの交換と注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プロセスカートリッジを交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プロセスカートリッジの取り扱いと保管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5 プリンタを清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタ外部を清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタ内部を清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6 プリンタを長時間使用しないとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7 プリンタを移動するとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
近くに移動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
梱包して運搬する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
60
60
62
70
73
74
75
75
76
78
78
82
83
83
84
91
92
92
95
第 5 章 オペレータパネルの操作
1 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 液晶ディスプレイの表示内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電源を入れたときの表示内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オンライン(印刷できる状態)時の表示内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
節電時の表示内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 操作方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基本的な操作方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
設定項目一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4 代表的な設定項目とその操作方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
設定の一覧印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
テスト印刷(印字率約 5% サンプル). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IP アドレスの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
TCP/IP の動作確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
セキュリティに関する設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
98
100
100
100
102
103
103
106
114
114
115
116
118
120
第 6 章 使用できる用紙と保管方法
1 使用できる用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
給紙方法と用紙のサイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
使用できる用紙の種類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 使用できない用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 用紙保管上のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
124
124
126
129
131
第 7 章 こんなときには
1 紙詰まりになったとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
紙詰まり発生時の状態と発生場所 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
給紙カセット付近で詰まった用紙を取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
給紙トレイで詰まった用紙を取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
定着器付近で詰まった用紙を取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
両面ユニットに詰まった用紙を取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
14
134
134
136
139
142
145
151
2 故障かなと思ったとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 印刷品質が低下したとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4 メッセージ一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オペレータパネルに表示されるメッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Windows 画面に表示されるメッセージ一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
153
157
163
163
173
第 8 章 付録
1 仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
本体仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
インターフェース仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 オプション品一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 有寿命部品/消耗品/定期交換部品/ 24 時間運用について . . . . . . . . .
4 サプライ品一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5 印刷確認済みの用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6 用紙の印刷方向と印刷可能領域について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷方向 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷可能領域 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7 アフターサービスについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
本製品の廃棄について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
182
182
188
190
192
194
196
197
197
198
200
201
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
202
15
Memo
16
セットアップ編
第1章
お使いになる前に
この章では、本製品の特長、および各部名称と機能について説
明します。
1 本製品の特長 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
18
20
17
1
本製品の特長
本製品の特長は次のとおりです。
■高速で高品位な印刷
XL-9311 は最大 31 ページ / 分、XL-9281 は最大 28 ページ / 分の高速での印刷が可能です。
また、1200dpi の高解像度で印刷できます。
■3 つのポートに対応
USB2.0、パラレル、LAN(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T 対応)の 3 つのポートを標準装
備しており、各ポートの同時接続による運用が可能です。
■高性能なプリンタドライバとネットワークソフトウェア
・ プリンタドライバの設定により、ヘッダー/フッター、スタンプ機能、地紋印刷、N-up
印刷、拡大縮小印刷など、さまざまな印刷が可能です。
・ 双方向プリンティングシステム「Printianavi2」(7/2008/Vista/2003/XP/2000 対応)または
「Printianavi」
(NT/Me/98 対応)を利用することにより、Printia LASER XL シリーズプリ
ンタの状態表示、印刷中止、印刷完了通知などの統合的な管理をパソコンで行うことが
できます。
・ ネットワークソフトウェアにより、LAN やインターネット環境への対応や複数のプリン
タの管理を実現します。
詳しくは、 「ソフトウェアガイド」をご覧ください。
■さまざまな用紙サイズに対応
・ 給紙トレイ(標準)を使用することで、簡単に用紙サイズを変更できます。
・ 定形では、最大 A3 サイズの用紙への印刷が可能です。また、はがき、ユーザ定義サイズ
(長尺紙を含む)、厚紙(91g/ ㎡~ 216g/ ㎡)といった、さまざまな種類の用紙へ印刷する
ことも可能です。
■便利な機能
・ 給紙カセットごとに、自動給紙の指定(有効/無効)が可能です(定形サイズ印刷時のみ)。
・ 給紙カセットからのユーザ定義サイズ(長尺紙除く)の用紙への印刷が可能です。
■優れた拡張性
次のオプションを用意しており、使用環境に合わせて機能を拡張することができます。
・ 両面ユニットを取り付けることにより、用紙の両面に印刷することができます。
・ 拡張給紙ユニットを 2 段まで取り付けることができ、給紙トレイを合わせると XL-9311
は最大 1850 枚、XL-9281 は最大 1550 枚の用紙をセットすることができます。
18
第 1 章 お使いになる前に
セットアップ編
■セキュリティ機能の充実
・ ネットワーク経由でプリンタを使用する場合、指定した IP アドレスのホストのみにプリ
ンタへのアクセスを許可したり、管理者以外のユーザーがプリンタの設定を勝手に変更
したりできないようにするなど、セキュリティ面でも優れた機能をもっています。
・ オプションの「認証印刷ユニット SecureLoginPrint(XL-SE100F)」と連携し、指紋認証に
よるセキュリティ印刷を行うことができます。
■E メール送信機能
1
1
消耗品や定期交換部品の交換要求やハードエラーが発生したときに、設定した E メールアド
レスに、E メールを送信してお知らせします。E メールの送信先は 3 つまで設定できます。 ■ユーザビリティへの配慮
1
用紙搬送経路に透明な部材を使用しているため、紙詰まりが発生したときに、詰まった用紙
をみつけやすくなっています。
1
■SVF 帳票基盤ソリューションと連携
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社製「Report Director Enterprise」、
「SVF for Java Print」
使用時は、プリンタの「機種」を「EPSON ESC/Page」にすることで、本製品への印刷が可
能です。
1
1
1
1
1
1
1
本製品の特長
19
2
各部の名称と機能
本製品の各部の名称と機能は、次のとおりです。
前面
■ XL-9311
■ XL-9281
1
1
2
2
3
3
4
4
5
10 9
8
7
6
5
10 9
8
7
6
1 排紙口
印刷された用紙が、おもて面を下にして排出されます。
2 排紙トレイ(上部カバー)
排紙口から排出された用紙が、おもて面を下にして積み重なっていきます。
3 オペレータパネル
操作に必要なスイッチ、表示ランプ、および液晶ディスプレイがあります。
「オペレータパネルの操作」(→ P.97)をご覧ください。
4 排紙延長トレイ
A4 サイズより大きな用紙を印刷するときに引き出します。
5 吸気口
プリンタ内部の過熱を防ぐため、外気を取り込みます。吸気口をふさがないでください。
6 給紙トレイ
はがき~ A3 サイズの用紙(普通紙)を 200 枚までセットします。
7 給紙トレイ引き抜き用取っ手
閉じた状態の給紙トレイを、引き抜くときに使用します。
8 給紙カセット
A5 ~ A3 サイズの用紙(普通紙)を XL-9311 は 550 枚、XL-9281 は 250 枚までセットします。
9 用紙サイズカード
セットした用紙のサイズに合わせて、差し替えます。
10 電源スイッチ
電源を入/切します。
20
第 1 章 お使いになる前に
セットアップ編
背面
1
1
1
2
6
3
1
4
5
1
1 USB ケーブルコネクタ
プリンタとパソコンをプリンタ USB ケーブルで接続するためのコネクタです。
2 パラレルケーブルコネクタ
1
プリンタとパソコンをパラレルケーブルで接続するためのコネクタです。
3 LAN ケーブルコネクタ
プリンタを LAN 経由で接続するためのコネクタです。
4 漏電ブレーカースイッチ/テストボタン
漏電を検知すると、自動的に電源を切ります。プリンタ運用時は「ON」の状態から変更しない
でください。
なお、漏電ブレーカーはアース接続しないと有効に働きませんので、アース線を接続してくださ
い。
漏電ブレーカースイッチ
1
1
テストボタン
1
漏電ブレーカーの定期動作テストについて
・1ヶ月に1度は次の操作を行い、
漏電ブレーカーが正常に動作することを確認してください。
1. 漏電ブレーカースイッチが「ON」の状態になっていることを確認し、テストボタン
を押します。
漏電ブレーカースイッチが切れ、
「OFF」の状態になります(正常に動作しています)。
1
2. 手動で漏電ブレーカーを「ON」の状態に戻します。
漏電ブレーカーが正常に動作しない場合は、
「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)
にご連絡ください。
1
5 電源コードコネクタ
電源コードを差し込むコネクタです。
1
6 排気口
プリンタ内部の熱を排気します。排気口をふさがないでください。
各部の名称と機能
21
内部
1
2
3
緑色のレバー
(下げたままにし、操作しない)
排紙どめ
6
7
4
給紙トレイ
オレンジ色のレバー
(上げたままにし、操作しない)
5
8
1 排紙延長トレイ
A4 サイズより大きな用紙に印刷する場合に引き出します。排出された用紙が落ちないよう、排
紙どめを立てて使用してください。
2 上部カバー(排紙トレイ)
プロセスカートリッジを交換するときや、詰まった用紙を取り除くときに開きます。
3 プロセスカートリッジ
感光ドラム、現像器ユニット、およびトナーから構成される機構です。
4 吸気口
プリンタ内部の過熱を防ぐため、外気を取り込みます。吸気口をふさがないでください。
なお、給紙トレイを閉じて使用しても問題ありません。
5 給紙トレイダイヤル
給紙トレイにセットした用紙のサイズを設定するダイヤルです。
「パネルで設定」の位置に設定すると、プリンタドライバまたはオペレータパネルで設定したサ
イズが有効となります。
22
第 1 章 お使いになる前に
セットアップ編
6 定着器
用紙にトナーを定着させる機構です。プリンタ使用時は、高温になっているので手を触れないよ
うに注意してください。
・定着器左右の緑色のレバーは操作せず、下げた状態で使用してください。
・定着器左右下部のオレンジ色のレバーは定着器を固定するものです。通常は操作せず、上
げたままの状態で使用してください。
1
1
7 背面カバー
詰まった用紙を取り除くときに開きます。
8 背面カバーを開くレバー(XL-9311 のみ)
背面カバーを開くときに上げます(閉じるときは、背面カバー中央を押します)
。
1
1
1
1
1
1
1
1
1
各部の名称と機能
23
Memo
24
第2章
プリンタを設置・接続する
この章では、本製品を設置し、単体で正しく動作することを確
認するまでの注意事項と、パソコンやネットワークに接続する
手順を説明します。
1 設置時の注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 パソコンやネットワークに接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
26
30
25
1
設置時の注意事項
本製品を設置し、単体で動作確認する手順については、『設置ガイド』をご覧くだ
さい。ここでは、設置時に注意していただきたいことや、補足情報を記載します。
本製品のサイズ
本製品のサイズは次のとおりです。設置時のスペース確認にご利用ください。
また、設置スペースについては、「安全上のご注意」(→ P.6)をご覧ください。
‫ع‬਄㕙࿑
‫ع‬஥㕙࿑
676mm (*15)
476mm (*14)
556mm (*13)
‫ع‬ᱜ㕙࿑
444mm (*7)
475mm (*8)
506mm (*9)
510mm (*10)
541mm (*11)
572mm (*12)
505mm
384mm (*3) 324mm (*1)
415mm (*4) 390mm (*2)
450mm (*5)
481mm (*6)
408mm (*1)(*2)
607mm (*16)
*1 : XL-9281 ᮡḰ᭴ᚑᤨ
*2 : XL-9311 ᮡḰ᭴ᚑᤨ
*3 : XL-9281ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻A㧔250ᨎ㧕ࠍ1Ბ៞タᤨ
*4 : XL-9281ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻B㧔550ᨎ㧕ࠍ1Ბ៞タᤨ
*5 : XL-9311ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻A㧔250ᨎ㧕ࠍ1Ბ៞タᤨ
*6 : XL-9311ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻B㧔550ᨎ㧕ࠍ1Ბ៞タᤨ
*7 : XL-9281ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻A㧔250ᨎ㧕ࠍ2Ბ៞タᤨ
*8 : XL-9281ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻A㧔250ᨎ㧕ߣ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻B㧔550ᨎ㧕ࠍ៞タᤨ
*9 : XL-9281ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻B㧔550ᨎ㧕ࠍ2Ბ៞タᤨ
*10: XL-9311ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻A㧔250ᨎ㧕ࠍ2Ბ៞タᤨ
*11: XL-9311ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻A㧔250ᨎ㧕ߣ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻B㧔550ᨎ㧕ࠍ៞タᤨ
*12: XL-9311ߦ᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻B㧔550ᨎ㧕ࠍ2Ბ៞タᤨ
*13: ⛎⚕࠻࡟ࠗࠍ㐿޿ߡ૶↪ߒߚߣ߈
*14: ਔ㕙࡙࠾࠶࠻ࠍ៞タᤨ
*15: ⛎⚕ࠞ࠮࠶࠻ࠍᑧ㐳‫ޔ‬ਔ㕙࡙࠾࠶࠻ࠍ៞タᤨ
*16: ⛎⚕ࠞ࠮࠶࠻ࠍᑧ㐳ᤨ
26
第 2 章 プリンタを設置・接続する
設置~動作確認までの注意事項
2
設置時
安全に快適に本製品をご利用いただくために、「安全上のご注意」(→ P.6)と共に、次の点
に注意して設置してください。
・ ご使用いただける環境範囲は次のとおりです。
2
温度:10 ~ 32 ℃、湿度:15 ~ 85%RH
また、いつも良い状態でご使用いただける温度・湿度(推奨温度/推奨湿度)は、温度:18 ~ 27 ℃、
湿度:20 ~ 65%RH です。
温度 32 ℃以上のときは湿度 70%RH 以下、湿度が 85%RH 前後のときは温度 28 ℃以下でご使用く
ださい(ただし、結露しないこと)。
冷えきった部屋を暖房器具などで急激に暖めると、機械の内部に水滴が付着し部分的に印刷できな
い場合があります。室温になじませてから使用してください。
・ サーバー接続などにより本製品の 24 時間運用や無人運用をする場合は、不慮の事故に対
する安全性を高める必要から、適切な防災対策(耐震対策、煙感知機、温度センサーな
ど)が施された場所に設置してください。
また、防災管理者(警備員、管理人など)が建物内に待機していることも必要です。
・ 本製品を前後左右に 5°以上傾けないでください。
2
2
2
トナーがこぼれるなど故障の原因となります。
・ 本製品は凹凸のない、平らな場所に設置してください。
斜行などにより印字ずれが大きくなったり、故障の原因となったりします。
・ ラジオの雑音、テレビやディスプレイ(CRT)のチラツキやゆがみなどの電波や磁気に
よる障害が発生し、原因が本製品であると考えられる場合は、本製品の電源を切って障
害がなくなるかどうか確認してください。電源を切ると電波や磁気による障害がなくな
るようであれば、次の方法を組み合わせて障害を防止してください。
- プリンタとラジオ、テレビ、ディスプレイ(CRT)の距離を離してみる。
- プリンタとラジオ、テレビ、ディスプレイ(CRT)の位置や向きを変えてみる。
- プリンタとラジオ、テレビ、ディスプレイ(CRT)の電源を別系統のものに変えてみる。
- 受信アンテナやアンテナ線の配置を変えてみる(アンテナが屋外にある場合は電気店にご相談く
ださい)。
- ラジオやテレビのアンテナ線を同軸ケーブルに変えてみる。
・ 化学薬品や油分を使用または保管している環境では、本製品を使用しないでください。故
障の原因となります。
・ プリンタや他の機器の電源コードに本製品を載せないでください。
2
2
2
2
2
2
設置時の注意事項
27
・ 本製品の右側面および前面内部には吸気口、左側面および背面には排気口があります。
吸気口、排気口をふさがないよう、壁から充分離して設置してください。設置スペース
については、「安全上のご注意」(→ P.6)をご覧ください。なお、装置前面の吸気口は、
給紙トレイを閉じて使用しても問題ありません。
吸気口
排気口
給紙トレイ
・ 本製品を設置する台は、本製品の底面全体が充分載る大きさのものを準備してください。
・ 移転など、本製品を今後運搬する可能性がある場合は、梱包箱を保管しておくと便利です。
超音波加湿器をご使用のお客様へ
超音波加湿器を使用するときに水道水や井戸水を使用すると、水中の不純物が大気中に放出されて本製品の
内部に付着し、画像不良の原因となります。使用時は、純水など不純物を含まない水のご使用をお勧めしま
す。
プロセスカートリッジ取り付け時
・プロセスカートリッジは、本製品専用品を取り付けてください。専用品以外のプロセスカートリッ
ジを取り付けると、プロセスカートリッジおよびプリンタ本体の故障の原因となるおそれがあり
ます。
プロセスカートリッジを取り扱うときは、次の点にご注意ください。
・ 直射日光や強い光に当てないでください。
・ プロセスカートリッジの取り付け作業は、強い光が当たる場所を避け、できるだけ 5 分
以内で終了してください。
・ トナーは人体に無害ですが、手や衣服に付いたときにはすぐに洗い流してください。
・ 感光体(ドラム)の表面には絶対に手を触れないでください。
・ トナーシールは水平にまっすぐ引き抜いてください。斜めに引くと、途中でテープが切
れてしまうことがあります。
・ トナーシールを引き抜いた後は、プロセスカートリッジを振ったり、衝撃を与えたりし
ないでください。
28
第 2 章 プリンタを設置・接続する
電源コード接続時・電源投入時
2
・電源コードを接続するときは、必ず電源スイッチをオフ(「○」側)にしてください。電源を切ら
ずに接続すると、感電の原因になります。
2
・電源プラグから出ているアース線は、必ず次のいずれかに接続してください。
電源コンセントのアース線端子
銅片等を 650 ㎜以上地中に埋めたもの
D 種(旧:第 3 種)接地工事を行っている接地端子
・危険ですので、次の箇所にアース線を接続しないでください。
ガス管(引火や爆発の危険があります。)
電話専用アース線および避雷針(落雷時に大量の電流が流れる場合があり危険です。)
水道管や蛇口(配管の途中がプラスチックなどになっている場合は、アースの役目を果たしませ
ん。)
2
・プリンタや他の機器の電源コードに本製品を載せないでください。電源コードが傷つき、感電・
火災・故障の原因になります。
2
本製品の電圧定格値は、AC100V です。
上記の定格は、プリンタの後部にある製造銘板に表示してあります。使用するコンセントの
電圧が、プリンタの定格電圧と一致するか確認してください。
2
2
2
2
2
2
2
設置時の注意事項
29
2
パソコンやネットワークに接続する
本製品をパソコンやネットワークに接続する方法を説明します。お使いの環境に合
わせて接続方法を選択してください。
・接続、運用形態は、次の基準を目安に選択してください。
・LAN ケーブルで接続
プリンタの設置場所を自由に動かしたい場合や、インターネットを利用して印刷する場合に選択しま
す。LAN ケーブルを利用するとデータの転送速度が高速になります。
・パラレルケーブル/プリンタ USB ケーブルで接続
1 台のパソコンからのみ印刷する場合や、プリンタ用に IP アドレスを使いたくない場合に選択します。
より速く印刷したい場合は、プリンタ USB ケーブルによる接続をお勧めします。
・サーバー経由で印刷すると、クライアント側の設定/管理が比較的容易になります。また、大規模なネッ
トワークに適しています。
・本製品は、パラレル/ USB / LAN ケーブルを同時に接続できます。
接続時は、「複数のポートに同時接続するときの注意事項」(→ P.32)もあわせてご覧ください。
LAN ケーブル接続の場合
本製品をネットワーク経由で接続するときは、ハブユニットとツイストペアケーブルで接続
します。通信速度に応じた適切なケーブルを選択してください。
表:利用できる LAN ケーブル
利用できる LAN ケーブル
通信速度
1000Base-T
エンハンスドカテゴリー 5 以上に対応したツイストペアケーブル
100Base-TX
カテゴリー 5 以上に対応したツイストペアケーブル
10Base-T
カテゴリー 3 以上に対応したツイストペアケーブル
また、
「LAN 接続時の注意事項」(→ P.32)もあわせてお読みください。
1
電源スイッチを「○」側に倒し、プリンタの電源を切ります。
電源スイッチ
30
第 2 章 プリンタを設置・接続する
・オペレータパネルにエラーメッセージが表示されているときは、表示内容に従った処置を
してから電源を切ってください。エラーメッセージの表示内容と対処方法については、
「オ
ペレータパネルに表示されるメッセージ」(→ P.163)をご覧ください。
2
LAN ケーブルを背面の LAN ケーブルコネクタに差し込みます。
ハブユニット側の接続は、ハブユニットのマニュアルをご覧ください。
2
2
2
2
LAN ケーブル
2
3
電源スイッチを「|」側に倒し、プリンタの電源を入れます。
電源が入らない場合は、「こんなときには」(→ P.133)をご覧ください。
2
2
2
この後は、 「ソフトウェアガイド」の「第 2 章 ネットワークを利用したプリンタの接続」
2
をご覧ください。
・LAN ケーブルで接続した場合は、本製品に IP アドレスを設定する必要があります。
2
IP アドレスは、 「Printia LASER プリンタユーティリティ」に格納されている「IP アドレス設定ユーティ
リティ 2」から設定するか、オペレータパネルから直接設定することができます。「IP アドレス設定ユー
ティリティ 2」については 「ソフトウェアガイド」を、オペレータパネルの操作方法については「オペ
レータパネルの操作」(→ P.97)をご覧ください。
パソコンやネットワークに接続する
2
31
LAN 接続時の注意事項
・ LAN ケーブルをハブユニットに接続しても、ハブユニット側や本製品のリンクランプが
点灯せず、ネットワークサーバーなどに接続できなかったり、印刷速度が低下したりす
ることがあります。
このようなときは、プリンタの Ethernet タイプの設定を変更してください。本製品では Ethernet タ
イプとして「自動」「100Mbps Full」「100Mbps Half」「10Mbps」の中から選択できます(本製品の
「10Mbps」は「10Mbps Half」を意味します)
。本製品のオペレータパネルのメニューモードで、
「ショ
キ セッテイ」→「LAN セッテイ」→「Ethernet タイプ」を選択し、値を変更してください。オペ
レータパネルの操作方法については、
「操作方法」
(→ P.103)をご覧ください。プリンタの Ethernet
タイプを変更しても改善されない場合は、プリンタを接続しているハブユニットの設定も変更して
みてください。ハブユニットの Ethernet タイプの設定方法については、お使いのハブユニットのマ
ニュアルをご覧ください。
・ ハブユニットに STP(スパニングツリープロトコル)の設定がある場合は、本製品を接
続するポートの STP を「無効」に設定することをお勧めします。
「有効」に設定している場合は、なんらかの要因でネットワーク通信が途切れると、通信が再開され
るまでに数十秒程度を要する場合があります。また、プリンタの IP アドレスが他の装置で使用され
ているときに検出できないことがあります。詳しくはハブユニットのマニュアルをご覧ください。
・ ハブユニット LH1100 と接続する場合は、次の点にご注意ください。
- ケーブル長 100m のツイストペアケーブルは使用しないでください。100m のツイストペアケーブ
ルでは、ネットワークのサーバーなどに接続できないことがあります。
- ハブユニットのラベルに「A8」以降の表記がある必要があります。
「A7」や「A6」の表記がある
場合は、「ハードウェア修理相談センター」(→ P.200)にご相談ください。
ラベルはハブユニットの底面に貼られており、次のように表記されています。
A8ߩ଀
A7ߩ଀
SER.NO.000001
DATE:2007-5
AB-0123456789
SER.NO.000001
DATE:2007-5
AB-0123456789
A6ߩ଀
SER.NO.000001
DATE:2007-5
AB-0123456789
該当するものに消し線(=)がつけられます。
複数のポートに同時接続するときの注意事項
本製品は、LAN 経由でサーバプリンタとして動作すると共に、他のパソコンをパラレルポー
トや USB ポートにそれぞれ接続することができます。
複数のポートにプリンタを接続したときは、次の点にご注意ください。
・ ポートは、自動で切り替えることができます。ただし、プリンタの状態によっては、ポー
トの自動切り替えが働かない場合や、切り替えに時間がかかる場合があります。
・ 使用中のポートがある場合、他のポートは使用できません。複数のポートを同時に使用
していて、パソコンの画面に「印刷エラー」などが表示された場合は、印刷中のパソコ
ンからの印刷が完了してから印刷を再開してください。
・「Printianavi2」または「Printianavi」、および「Printianavi ネットワークポートモニタ」を
使用して複数台のパソコンから同時に印刷した場合、複数台のうちの 1 台が印刷中のと
きは、残りのパソコンには「プリンタが他で使用中のため待ち合わせています。」とメッ
セージが表示されます。
・ 使用中のポートで未印刷データがある場合、他のポートには切り替わりません。
・ ポートの切り替え時間については、「設定項目一覧」(→ P.106)の「ポート セッテイ」
の「タイムアウト ジカン」をご覧ください。
・印刷中は、プリンタから他のケーブルを抜き差ししないでください。
32
第 2 章 プリンタを設置・接続する
パラレルケーブル接続の場合
2
・パラレルケーブルを接続するときは、必ず本製品とパソコンの電源を切ってください。電源を切
らずに接続すると、感電の原因になります。
・接続時はこのマニュアルをよく読み、間違いがないようにしてください。誤った接続状態で使用
すると、本製品およびパソコンが故障する原因になることがあります。
2
2
2
・お使いの OS により、パラレルケーブルの接続を先に行うか、プリンタドライバのインストールを先に行
うかが異なります。
・7/2008 R2 の場合
「ソフトウェアガイド」の「第 3 章 ネットワークを利用しないプリンタの接続」をご覧になり、プ
リンタドライバをインストールしてから、パラレルケーブルを接続してください。
2
・2008(R2 以外)/Vista/2003/XP/2000/NT/Me/98 の場合
パラレルケーブルを接続してから、 「ソフトウェアガイド」の「第 3 章 ネットワークを利用しないプ
リンタの接続」をご覧になり、プリンタドライバをインストールしてください。
・パソコンとプリンタの接続に使用するパラレルケーブルは、1.5m 以下のシールドケーブルをお使いくだ
さい。
2
・パラレルケーブル接続時の環境は、次のとおりです。
・パソコン:双方向パラレルインターフェースをサポートする PC/AT 互換機
・OS: 7/2008/Vista/2003/XP/2000/NT/Me/98 日本語版
・本製品には、パラレルケーブルは添付されていません。別売ケーブルをお使いください。詳しくは、
「プ
リンタケーブル」(→ P.40)をご覧ください。
2
2
2
2
2
パソコンやネットワークに接続する
33
1
電源スイッチを「○」側に倒し、プリンタの電源を切ります。また、パソ
コンの電源も切ります。
電源スイッチ
・オペレータパネルにエラーメッセージが表示されているときは、表示内容に従った処置を
してから電源を切ってください。エラーメッセージの表示内容と対処方法については、
「オ
ペレータパネルに表示されるメッセージ」(→ P.163)をご覧ください。
2
パラレルケーブルを背面のパラレルケーブルコネクタに差し込み、両側の
ワイヤクリップで固定します。
パソコン側の接続は、パソコンのマニュアルをご覧ください。
ワイヤクリップ
パラレルケーブル
34
第 2 章 プリンタを設置・接続する
3
電源スイッチを「|」側に倒し、プリンタの電源を入れます。
電源が入らない場合は、「こんなときには」(→ P.133)をご覧ください。
2
2
2
4
パソコンの電源を入れて、Windows を起動します。
2
2
2
2
2
2
2
2
パソコンやネットワークに接続する
35
プリンタ USB ケーブル接続の場合
USB インターフェースをサポートする PC/AT 互換機に接続できます。対応 OS は、7/2008/
Vista/2003/XP/2000/Me/98 日本語版です。
なお、本製品にプリンタ USB ケーブルは添付されていません。別売ケーブルをお使いくだ
さい。詳しくは、「プリンタ USB ケーブル」(→ P.41)をご覧ください。
・お使いの OS により、プリンタ USB ケーブルの接続を先に行うか、プリンタドライバのインストールを
先に行うかが異なります。
・7/2008 R2 の場合
「ソフトウェアガイド」の「第 3 章 ネットワークを利用しないプリンタの接続」をご覧になり、プ
リンタドライバをインストールしてから、プリンタ USB ケーブルを接続してください。
・2008(R2 以外)/Vista/2003/XP/2000/Me/98 の場合
プリンタ USB ケーブルを接続してから、 「ソフトウェアガイド」の「第 3 章 ネットワークを利用し
ないプリンタの接続」をご覧になり、プリンタドライバをインストールしてください。
・Microsoft® Windows® 95/ Microsoft® Windows® Version3.1 から Me/98 へアップグレードインストールし
た環境での動作は保証できません。
・NT では動作しません。
・パソコンとプリンタの接続に使用するプリンタ USB ケーブルは、5m 以下のシールドケーブルをお使いく
ださい。
・印刷中にプリンタ USB ケーブルを抜き差ししないでください。
・USB ハブを使用する場合は、パソコンと直接接続された USB ハブに接続してください。
・本製品と接続したプリンタ USB ケーブルのもう一方は、パソコン本体の USB コネクタ、またはセルフパ
ワータイプの USB ハブ(電源コードや AC アダプタにより電源が供給されるタイプのハブ)のコネクタ
に接続してください。上記以外の USB コネクタに接続すると、正常に動作しない場合があります。
・USB2.0 でお使いになるには、パソコンが USB2.0 に対応している必要があります。
1
プリンタ USB ケーブルを、背面の USB ケーブルコネクタに差し込みます。
パソコン側の接続は、パソコンのマニュアルをご覧ください。
プリンタ USB ケーブル
36
第 2 章 プリンタを設置・接続する
第3章
オプションを取り付ける
本製品のオプションには、プリンタ RAM モジュール、両面ユ
ニット、および拡張給紙ユニットがあります。この章では、こ
れらのオプションの取り付け方法を説明します。
1
2
3
4
取り付け可能なオプションとご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタ RAM モジュールの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
両面ユニットの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
拡張給紙ユニットの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
38
42
47
52
37
1
取り付け可能なオプションとご注意
本製品に取り付け可能なオプションと、取り付け時に注意していただきたいことを
説明します。
取り付け可能なオプション
本製品には、次のオプションを取り付け可能です。必要に応じてご購入ください。
なお、オプション品の情報は、このマニュアルを発行した時点のものです。
最新情報は、富士通製品情報ページ(http://www.fmworld.net/biz/)でご確認ください。
両面ユニット
プリンタ RAM モジュール
拡張給紙ユニット
38
第 3 章 オプションを取り付ける
拡張給紙ユニット
2 段目、3 段目の給紙ユニットとして使用できます。大量文書の印刷時にご利用ください。
表:拡張給紙ユニット
品名
型名
拡張給紙ユニット -A
XL-EF25W1G
内容
収容枚数は約 250 枚(64g/ ㎡の用紙の場合)です。
(LB315 給紙カセット(A3 ユニバーサル)添付)
拡張給紙ユニット -B
XL-EF55W1G
3
3
収容枚数は約 550 枚(64g/ ㎡の用紙の場合)です。
(LB315 給紙カセット(550 枚)A3U 添付)
■取り付け形態
拡張給紙ユニットは、1 段目(標準)の給紙カセットとあわせて、次の取り付け形態を選択
3
できます。
ᮡḰ
⛎⚕࠻࡟ࠗ
⛎⚕ࠞ࠮࠶࠻
1Ბ⋡㧔ᮡḰ㧕
200ᨎ
*1
200ᨎ
*2
250ᨎ㧛550ᨎ
2Ბ⋡
*1
3
200ᨎ
*2
*1
*2
250ᨎ㧛550ᨎ
250ᨎ㧛550ᨎ
250ᨎ㧛550ᨎ
250ᨎ㧛550ᨎ
3
᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻
3Ბ⋡
250ᨎ㧛550ᨎ
᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻
㧗
᜛ᒛ⛎⚕࡙࠾࠶࠻
*1㧦XL-9281ߩ႐ว
*2㧦XL-9311ߩ႐ว
3
3
・異なるサイズの用紙を、同時に 1 つの給紙カセットにセットすることはできません。
・印刷中でも、使用していない給紙カセットであれば、印刷を停止することなく用紙をセットすることがで
きます。
3
両面ユニット
本製品背面に取り付けることで、A3、A4 横(
LEF)、A4 縦(
SEF)、A5 横、B4、B5
横、リーガル、レター横サイズの用紙を両面印刷できるようになります。
表:両面ユニット
品名
型名
内容
両面ユニット
XL-DUPMB
両面印刷用のユニットです。
3
3
3
取り付け可能なオプションとご注意
39
プリンタ RAM モジュール
本製品に内蔵します。プリンタ RAM モジュールの容量を増やすことにより、サポートする
すべての用紙サイズ、解像度、両面印刷の組み合わせで確実に印刷できるようになります。
表:プリンタ RAM モジュール
品名
型名
内容
プリンタ RAM モジュール 256MB
XL-EM256MC
RAM を 256MB 搭載したメモリモジュールです。
■プリンタ RAM モジュールの有無と印刷可能範囲
プリンタ RAM モジュールの有無により、印刷できる用紙サイズが異なります。搭載量と印
刷可能範囲の対応は、次の表のとおりです。
表:プリンタ RAM モジュール搭載量と印刷可能範囲の対応
64MB
(プリンタ RAM モジュールなし)
用紙サイズ
/ 解像度 (dpi)
片面
300
600
320MB
(プリンタ RAM モジュールあり:256MB)
両面
1200
300
600
片面
1200
300
600
両面
1200
300
600
1200
A3
B4
Legal
Letter
A4
B5
A5
はがき
ユーザ定義サ
イズ
長尺紙
:どのデータも確実に印刷できます。
:データの内容によっては、印刷できない場合があります(プロテクトモード使用時は印刷できません)。
:印刷できません。
解像度、プロテクトモード:プリンタドライバで設定します。詳しくは、プリンタドライバのヘルプ、または
ガイド」の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
「ソフトウェア
プリンタケーブル
本製品とパソコンを接続します。
接続インターフェースに応じて、パラレルケーブル、またはプリンタ USB ケーブルを使用
できます。本製品にはプリンタケーブルは添付されていませんので、次の別売ケーブルをお
使いください。
■パラレルケーブル
表:パラレルケーブル
品名
プリンタケーブル
40
第 3 章 オプションを取り付ける
型名
FMV-CBL716
内容
FMV シリーズ、各社 PC/AT 互換機に接続できます。
■プリンタ USB ケーブル
表:プリンタ USB ケーブル
品名
プリンタUSBケーブル
型名
XL-CBLU2G
内容
3
7/2008/Vista/2003/XP/2000/Me/98 が動作するパソコンに
接続できます。本ケーブルはUSB2.0に対応しています。
3
・プリンタケーブルは、次の長さのシールドケーブルをお使いください。
・パラレルケーブル:1.5m 以下
・プリンタ USB ケーブル:5m 以下
3
認証印刷ユニット
プリンタと USB で接続し、指紋認証によるセキュリティ印刷を行うことができます。
表:認証印刷ユニット
品名
SecureLoginPrint
型名
XL-SE100F
3
内容
Vista/XP が動作するパソコンに接続できます。
[注]
:64 ビット版 /x64 Edition には対応していません。
3
取り付け時のご注意
3
オプションを取り付けるときは、次の点をお守りください。
・オプションを接続する場合には、当社推奨品以外の機器は接続しないでください。
当社推奨品以外を接続すると、感電・火災・故障の原因になります。
・オプション類の取り付け、取り外しを行うときは、指定された場所以外のネジは外さないでくだ
さい。指定された場所以外のネジを外すと、けがや故障の原因になることがあります。
3
3
3
・オプション品の取り付け、取り外しを行うときは、必ず電源を切った状態で作業してください。
3
3
取り付け可能なオプションとご注意
41
2
プリンタ RAM モジュールの取り付け
プリンタ RAM モジュールの取り付け・取り外し方法は次のとおりです。
なお、本作業にはプラスのドライバーが必要です。あらかじめ用意しておいてくだ
さい。
・プリンタ RAM モジュールの取り付けおよび取り外しは、電源スイッチが「○」側に倒れている
ことを確認し、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
電源を切らずに作業すると、感電または故障の原因になります。
・静電気によってプリンタ RAM モジュールが破壊されないように、次の点にご注意ください。
・本製品に取り付ける直前まで、袋からモジュールを取り出さないでください。
・モジュールに触れる前に、金属製のもの(ロッカーなど)に触れて、人体の静電気を取り除いてください。
・モジュールを持つときは、必ずモジュールの端を持ってください。モジュールの電気回路部品および配
線部分には、手を触れないでください。
取り付け
1
2
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
サイドカバーを取り外します。
背面のネジを外した後、サイドカバーを本体に沿って背面側へスライドし、カバーの下部
を外側にずらすようにして外します。
ネジ
サイドカバー
・ネジを完全に取り外さなくても、サイドカバーを取り外すことができます。
42
第 3 章 オプションを取り付ける
3
ネジ(2ヶ所)をプラスのドライバーでゆるめてから、オプションパネル
を外します。
3
ネジ
オプションパネル
3
3
4
コネクタの溝に合わせてプリンタ RAM モジュールをゆっくりと差し込み
ます。
3
向きに注意して差し込みます。プリンタ RAM モジュールの金色の端子がほとんど見えなく
なるまで押し込んでください。
3
3
3
・プリンタ RAM モジュールの基板は壊れやすいので、取り扱いには充分注意してください。
5
3
プリンタ RAM モジュールをカチッと音がするまで押し倒し、固定します。
3
3
3
プリンタ RAM モジュールの取り付け
43
6
パネル下部の突起部を本体内部に差し込んでから、プラスのドライバーで
ネジ(2ヶ所)を固定します。
ネジ
突起部を差し込む
7
サイドカバーのすべてのツメ(計 9ヶ所)を本体の穴に差し込んでから、
プリンタ本体に沿って前面側にスライドさせて取り付けます。
サイドカバーの 9ヶ所のツメは、カバー内部/前面/上面にそれぞれ 3ヶ所あります。
8
プリンタ背面のネジを締めます。
動作確認
次の操作でプリンタ RAM モジュールをチェックし、プリンタが問題なく動作することを確
認してください。
1
2
電源スイッチがオフ(「○」側)であることを確認します。
オペレータパネルの「リセット」スイッチを押しながら、電源スイッチを
オン(「|」側)に倒して電源を入れます。
RAM モジュールのチェックが開始されます。
・「RAM1 チェック」と表示されたら、「リセット」スイッチを放してもかまいません。
44
第 3 章 オプションを取り付ける
3
オペレータパネルの表示が次のように変化することを確認します。
1. 標準 RAM(RAM1)のチェックが開始された後、増設した RAM モジュール(RAM2)
のチェックが開始されます。
■標準 RAM のチェック開始
3
■増設 RAM モジュールのチェック開始
㧾㧭㧹㧝‫ޓޓޓޓࠢ࠶ࠚ࠴ޓ‬㧜㧜㧑
㧾㧭㧹㧞‫ޓޓޓޓࠢ࠶ࠚ࠴ޓ‬㧜㧜㧑
‫ޓޓޓޓޓ‬
‫ޓޓޓޓޓ‬
3
2. RAM モジュールチェック後、増設した RAM 容量(320MB)が表示されることを確認
します。
3
㨄㧸㧙㨄㨄㨄㨄
㨂㨑㨞‫ޓ‬㨤㨤㧚㨤㨤‫ޓޓ‬㨤㨤㨤㧹㧮
3. ファームがロードされ、「オンライン」と表示されることを確認します。
‫࠙ࡘ࠴ࠐ࠻࡯ࡠޓࡓ࡯ࠔࡈޓ‬
ࠝࡦ࡜ࠗࡦ
‫ޓޓ‬㨤㨤㨤㨤㨤㨤㨤㨤㨤㨤㨤㨤
‫ޓޓޓޓޓޓޓ‬
3
「オンライン」と表示されれば、RAM モジュールに問題はありません。
次のメッセージが表示された場合は、増設したプリンタ RAM モジュールが正常に取り付け
られているか確認してください。
3
㧥㧝㧜㧝ࠞࠢ࠴࡚࠙‫࡯࡜ࠛ࡝ࡕࡔޓ‬
‫ࡦࠞ࠙ࠦޓࡥޓ࡝ࡕࡔޓ‬
その他のメッセージが表示された場合は、
「オペレータパネルに表示されるメッセージ」
(→
P.163)をご覧ください。
・プリンタRAMモジュールを増設した場合は、
必ずプリンタドライバでオプションの設定を行ってください。
設定方法は
3
3
「ソフトウェアガイド」の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
3
3
3
3
プリンタ RAM モジュールの取り付け
45
取り外し
1
2
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
左右のレバーを開いてロックを外し、プリンタ RAM モジュールを手前に
引き抜きます。
サイドカバー、オプションパネルの取り外し・取り付け方法は、
「取り付け」
(→ P.42)をご
覧ください。
46
第 3 章 オプションを取り付ける
3
両面ユニットの取り付け
3
両面ユニットの取り付け・取り外し方法は次のとおりです。
3
・両面ユニットの取り付けおよび取り外しは、電源スイッチが「○」側に倒れていることを確認し、
電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
電源を切らずに作業すると、感電または故障の原因になります。
・「高温注意」をうながすラベルが貼ってある箇所(定着器やその周辺)には、絶対に触れないでく
ださい。
やけどの原因になることがあります。
3
3
⼊๔࡜ࡌ࡞
3
3
取り付け
1
3
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
3
3
3
3
両面ユニットの取り付け
47
2
背面にある両面ユニット取り付け用カバー(2ヶ所)を外します。
取り付け用カバー
・取り外したカバーは、両面ユニットを取り外した後に必要となります。紛失しないよう、
大切に保管してください。
3
コネクタのカバーを外し、両面ユニットの突起部(2ヶ所)を本体背面の
穴(2ヶ所)に合わせて取り付けます。
このとき、両面ユニットのコネクタとプリンタ側のコネクタが接続されるようにしてくだ
さい。
コネクタ
・取り外したコネクタカバーは、両面ユニットを取り外した後に必要となります。紛失しな
いよう、大切に保管してください。
48
第 3 章 オプションを取り付ける
4
両面ユニットの左右 2ヶ所にあるネジで固定します。
3
3
3
ネジ
・両面ユニットを取り付けた場合は、必ずプリンタドライバでオプションの設定を行ってください。
設定方法は
3
「ソフトウェアガイド」の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
3
・両面ユニットを取り付けた場合は、次のいずれかの操作を行い、取り付けた両面ユニットをプリンタが認
識していることを確認してください。
・オペレータパネルの液晶ディスプレイの表示が「オンライン」または「セツデン」のときに、
「設定」ス
イッチを押します。
液晶ディスプレイの下段に「DUP アリ」と表示されていることを確認してください。
3
‫ޓ‬㨄㨄㨄㨄ࡋࠑ࡯ࠪࠐ㧦㧭㧠㧸㧱㧲
㧲㧰㧾࠽ࠪ㧛㧰㨁㧼ࠕ࡝
「DUP ナシ」と表示されている場合は、両面ユニットが正しく取り付けられているか確認してください。
確認後は、オペレータパネルのいずれかのスイッチを押してください。液晶ディスプレイの表示が「オ
ンライン」または「セツデン」に戻ります。
・設定の一覧(→ P.114)を印刷し、
「システム情報」欄に「両面ユニット=あり」と印刷されていること
を確認してください。「両面ユニット=なし」と印刷された場合は、両面ユニットが正しく取り付けら
れているか確認してください。
3
3
3
3
3
両面ユニットの取り付け
49
取り外し
1
2
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
両面ユニット左右 2ヶ所のネジをゆるめます。
ネジ
3
両面ユニットを手で支えながら、左側面上部にあるレバーを上げてロック
を外し、両面ユニット上部を本体から外します。
レバー
50
第 3 章 オプションを取り付ける
4
両面ユニットを持ち上げるようにしながら、両面ユニット左右の突起部を
本体背面の穴から外します。
3
3
3
5
6
3
コネクタのカバーを取り付けます。
「取り付け」
(→ P.47)の手順 3 で外したコネクタのカバーを、元通りに取り付けてください。
両面ユニット取り付け用カバー(2ヶ所)を、本体背面にカチッと音がす
るまで押し込んで取り付けます。
3
3
3
取り付け用カバー
3
3
3
3
両面ユニットの取り付け
51
4
拡張給紙ユニットの取り付け
拡張給紙ユニットの取り付け・取り外し方法は次のとおりです。
本製品に取り付けることができる拡張給紙ユニットには、拡張給紙ユニット -A(A3 ユニ
バーサル・250 枚)と拡張給紙ユニット -B(A3 ユニバーサル・550 枚)があります。プリ
ンタへの取り付け/取り外し方法や用紙のセット方法は、どちらの拡張給紙ユニットの場合
も同様です。
本製品には、最大 2 段まで取り付けることができます。
・拡張給紙ユニットの取り付けおよび取り外しは、電源スイッチが「○」側に倒れていることを確
認し、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
電源を切らずに作業すると、感電または故障の原因になります。
・拡張給紙ユニットは、本製品専用品を取り付けてください。指定外の拡張給紙ユニットを取り付
けると、拡張給紙ユニットおよびプリンタ本体の故障の原因になります。
・拡張給紙ユニットの金属部分に手を触れる場合は、充分に注意してください。手を傷つけるおそ
れがあります。
・プリンタと拡張給紙ユニットの間に指をはさまないように注意してください。けがの原因になる
ことがあります。
・本製品は、オプションや消耗品、用紙が入っていない状態で約 22kg(XL-9311)/ 20kg(XL-9281)
あります。プリンタを動かす場合は、必ず 2 人以上で持ち運んでください。プリンタを持ち上げ
るときは、腰を痛めないように充分に膝を折り、本体のくぼみをしっかり持ってください。くぼ
み以外を持って持ち上げることは絶対にしないでください。落下によりけがの原因になることが
あります。
また、移動するときに足元に何も置かないようにしてください。転倒のおそれがあります。
・取り付け時は、指をはさまないように注意してください。
取り付け
1
2
52
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
拡張給紙ユニットから給紙カセットを引き抜きます。
第 3 章 オプションを取り付ける
3
下段に取り付ける拡張給紙ユニットを平らな場所に置きます。
取り付ける拡張給紙ユニットが 1 段のみの場合は、手順 7(→ P.54)へ進んでください。
3
3
3
4
上段に取り付ける拡張給紙ユニット側面のくぼみを持って、持ち上げま
す。
3
3
3
5
上下の拡張給紙ユニットの前面と後面の角を合わせます。
下段の給紙ユニットの四隅にあるガイドピンが、上の拡張給紙ユニットの底面にある穴に
入るようにしてください。
3
3
3
3
ガイドピン
3
拡張給紙ユニットの取り付け
53
6
拡張給紙ユニットの内部 2ヶ所、背面 2ヶ所の差し込み部に、拡張給紙ユ
ニットに添付されている固定クリップを押し込み、拡張給紙ユニットどう
しを固定します。
(内部)
固定クリップ
(背面)
・固定クリップで拡張給紙ユニットどうしをしっかりと固定してください。
・固定クリップが正常に押し込まれていないと、給紙カセットに引っかかり、給紙カセット
の抜き差しができない場合があります。
7
54
本体に取り付けられているカセットを引き抜きます。
第 3 章 オプションを取り付ける
8
本体下部のくぼみを持ち、本製品を持ち上げます。
3
3
3
9
本体を拡張給紙ユニットの上にゆっくりおろします。
3
本体と拡張給紙ユニットの角を合わせます。次に給紙ユニットの四隅にあるガイドピンを
本体底面の穴に差し込みます。
3
3
3
3
3
ガイドピン
3
3
拡張給紙ユニットの取り付け
55
10
本体の内部 2ヶ所、後部 2ヶ所の差し込み部に、拡張給紙ユニットに添付さ
れている固定クリップを押し込み、本体と拡張給紙ユニットを固定します。
(背面)
(内部)
固定クリップ
・固定クリップで本体と拡張給紙ユニットをしっかりと固定してください。固定しにくい場
合は、本体から給紙トレイを引き抜いてください。給紙トレイを引き抜く方法について
は、「給紙トレイの紙送りローラの清掃」(→ P.86)の手順 1 をご覧ください。
・固定クリップが正常に押し込まれていないと、給紙カセットに引っかかり、給紙カセット
の抜き差しができない場合があります。
11
本体から取り外したカセットと拡張給紙ユニットのカセットを、奥に突き
当たるまで押し込みます。
・拡張給紙ユニットを取り付けた場合は、必ずプリンタドライバでオプションの設定を行ってください。
設定方法は
56
「ソフトウェアガイド」の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
第 3 章 オプションを取り付ける
・拡張給紙ユニットを取り付けた場合は、次のいずれかの操作を行い、取り付けた拡張給紙ユニットをプリ
ンタが認識していることを確認してください。
・オペレータパネルの液晶ディスプレイの表示が「オンライン」または「セツデン」のときに、
「設定」ス
イッチを押します。
液晶ディスプレイ下段の、「FDR」と表示されている部分を確認してください。
‫ޓ‬㨄㨄㨄㨄ࡋࠑ࡯ࠪࠐ㧦㧭㧠㧸㧱㧲
3
3
㧲㧰㧾㧩㧝㧛㧰㨁㧼ࠕ࡝
拡張給紙ユニットを 1 段取り付けたときは「FDR=1」
、2 段取り付けたときは「FDR=2」と表示されま
す。「FDR ナシ」と表示されている場合は、拡張給紙ユニットが正しく取り付けられているか確認して
ください。
確認後は、オペレータパネルのいずれかのスイッチを押してください。液晶ディスプレイの表示が「オ
ンライン」または「セツデン」に戻ります。
3
・設定の一覧(→ P.114)を印刷し、「システム情報」欄の給紙口情報を確認してください。
取り付けた段数に応じて、次のように印刷されます。印刷されない場合は、拡張給紙ユニットが正しく
取り付けられているか確認してください。
・ 1 段取り付けたとき:「カセット 1 =(用紙サイズ)」「カセット 2 =(用紙サイズ)」
3
・ 2 段取り付けたとき:「カセット 1 =(用紙サイズ)」「カセット 2 =(用紙サイズ)」「カセット 3 =
(用紙サイズ)」
3
3
3
3
3
3
3
拡張給紙ユニットの取り付け
57
取り外し
1
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
2 拡張給紙ユニットから給紙カセットを引き抜きます。
3 「取り付け」(→ P.52)と逆の手順で、拡張給紙ユニットを取り外します。
58
第 3 章 オプションを取り付ける
運用編
第4章
日常の操作
この章では、本製品を使って印刷するときに必要となる、日常
的な操作について説明します。
1
2
3
4
5
6
7
用紙をセットする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷を中止する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プロセスカートリッジの交換と注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタを清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタを長時間使用しないとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プリンタを移動するとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
60
73
75
78
83
91
92
59
1
用紙をセットする
給紙カセット、給紙トレイ、拡張給紙ユニット(オプション)に用紙をセットする
方法を説明します。
・ラベル紙、郵便はがき、長尺紙は、給紙トレイから印刷してください。給紙カセット、拡張給紙ユニット
(オプション)からは印刷できません。詳しくは「給紙トレイにセットする」(→ P.70)をご覧ください。
・用紙の種類やサイズを頻繁に変更する場合は、給紙トレイをご使用ください。
・給紙カセット、給紙トレイ(小サイズの用紙をセットした場合)は、必ずふたを閉めてご使用ください。
ふたを閉めずに使用した場合、給紙カセット、給紙トレイの出し入れに支障をきたすことがあります。
・異なるサイズの用紙を、同時に 1 つの給紙カセットにセットすることはできません。
用紙をセットする向きについて
給紙カセット、給紙トレイ、拡張給紙ユニット(オプション)に用紙をセットするときは、
用紙を「横送り」または「縦送り」されるように置きます。
↪⚕៝ㅍᣇะ
・「横送り」とは、用紙の長辺が、用紙搬送方向に対して垂直に位置している状態です。
「LEF(Long Edge Feed の略)
」とも表記されます。
䊒䊥䊮䉺
㐳ㄝ
↪⚕
↪⚕៝ㅍᣇะ
・「縦送り」とは、用紙の短辺が、用紙搬送方向に対して垂直に位置している状態です。
「SEF(Short Edge Feed)」とも表記されます。
䊒䊥䊮䉺
⍴ㄝ
60
第 4 章 日常の操作
↪⚕
運用編
用紙サイズと送り方向のラベル
給紙カセットや給紙トレイには、さまざまな用紙をセットするときの目安となるラベルが貼
られています。
ラベル
4
4
4
4
このラベルには、用紙サイズやマークが記載されていて、セットする用紙に合わせて給紙カ
セットを伸縮したり、用紙の縦/横ガイドのクリップを移動したりするときに使用します。
4
表:ラベルの内容
記載
説明
(用紙サイズ)
表示されているサイズの用紙を、横送り方向でセットする位置を示しています。
(用紙サイズ)
表示されているサイズの用紙を、縦送り方向でセットする位置を示しています。
A4
A4 用紙は、横送り方向にも、縦送り方向にもセットできます。
のマークは、A4 サイズの用紙を横送り方向でセットする位置を示します。
A4
A4 用紙は、横送り方向にも、縦送り方向にもセットできます。
のマークは、A4 サイズの用紙を縦送り方向でセットする位置を示します。
4
4
・このマニュアルでは、A4 サイズの用紙を「横送り」と「縦送り」で区別して説明する箇所で、次のよう
に表記します。
・横送り:
「A4 サイズ横送り(
LEF)」
・縦送り:
「A4 サイズ縦送り(
SEF)
」
4
・横送り(
LEF)のほうが高速に印刷できます。
・排紙のカールが大きい、または両面印刷時に紙詰まりしやすい場合は、プリンタドライバの「用紙種類」
の設定を「普通紙 L」
(トナーの定着温度を少し低くする設定)にすることで、改善される場合があります。
また、A4 サイズであれば LEF と SEF を変更することで改善される場合があります。ただし、SEF に変
更すると、LEF に比べて製品の耐用期間が短くなったり、定期交換部品やプロセスカートリッジの交換時
期が早くなったりする場合があります。
4
4
4
用紙をセットする
61
用紙ごとのセット方向
用紙ごとのセット方向は次のとおりです。
表:用紙ごとのセット方向
セット方向
用紙の種類
横送り(
LEF) A4、A5、B5、レター、はがき
縦送り(
SEF) A4、A3、B4、リーガル
給紙カセット、拡張給紙ユニット(オプション)に用紙を
セットする
ここでは、給紙カセットに用紙をセットする手順を説明します。
・拡張給紙ユニット(オプション)に用紙をセットする場合も、給紙カセットと同じ手順でセットできます。
A4 横送り(
LEF)
、A5、B5、レターサイズの場合
横送り方向にセットする用紙は、次の手順でセットします。ここでは、B5 サイズの用紙を
例に説明します。
1
給紙カセットを平らな場所に置きます。
・給紙カセットがプリンタにセットされている場合は、カセットをプリンタから引き抜いて
ください。上斜め方向に持ち上げながら引っ張ると、スムーズに引き抜けます。
62
第 4 章 日常の操作
運用編
2
ふたを持ち上げて取り外します。
4
ふた
4
4
4
3
縦ガイドのクリップを指でつまみながら、縦ガイドを用紙サイズの位置ま
で移動します。
縦ガイドのクリップ
4
4
4
4
横ガイドのクリップを指でつまみながら、横ガイドを用紙サイズの位置ま
で移動します。
4
4
4
4
横ガイドのクリップ
用紙をセットする
63
5
用紙の四隅を揃え、印刷する面(包装された用紙の開封面)を上にして
セットします。
横ガイドに用紙が乗り上げないようにします。また、カセットの底にある板が上がってい
るときには、押し下げてから用紙をセットします。
印刷面を上にする
・反り、シワ、折り目の入った用紙は使用しないでください。
・収容枚数または用紙上限線を超える枚数の用紙は、セットしないでください。
・横ガイドは、用紙の幅に正しく合わせてください。横ガイドの位置がずれていると、用紙
が正常に搬送されず、紙詰まりの原因となることがあります。
・給紙カセットに収容できる枚数は、約 550 枚(64g/ ㎡の場合)です。
・550 枚収容できる給紙カセットに少数枚の用紙をセットした場合、用紙がたわむことがあ
ります。異常ではありませんので、そのままお使いください。
6
64
セットした用紙サイズに合わせて、用紙サイズカードを差し替えます。
第 4 章 日常の操作
運用編
7
ふたを取り付けます。
4
4
4
4
8
プリンタの奥に突き当たるまで、給紙カセットをしっかりと押し込みます。
4
・給紙カセットは奥に突き当たるまで押し込んでください。突き当たるまで押し込んでいな
いと、カセットなしと認識されたり、紙が詰まったりする原因となります。
4
4
4
4
4
4
用紙をセットする
65
A4 縦送り(
SEF)
、A3、B4、リーガルサイズの場合
縦送り方向で用紙をセットする場合は、用紙サイズに合わせ、カセットを縦方向に延長して
セットします。
ここでは、A3 サイズの用紙を例に説明します。
・拡張給紙ユニット(オプション)に用紙をセットする場合も、給紙カセットと同じ手順でセットできます。
1
給紙カセットを平らな場所に置きます。
・給紙カセットがプリンタにセットされている場合は、カセットをプリンタから引き抜いて
ください。上斜め方向に持ち上げながら引っ張ると、スムーズに引き抜けます。
2
ふたを持ち上げて取り外します。
ふた
66
第 4 章 日常の操作
運用編
3
カセットの左右の突起部を外側に動かしてロックを解除します。
4
突起部
4
4
4
カセットの持ち手部分を持って延長部を引き出し、用紙サイズに合わせます。
4
4
4
・ユーザ定義サイズの用紙をセットする場合は、用紙サイズの長さに合わせて、適切なロッ
ク位置で固定してください。用紙サイズに合わせて、縦ガイド/横ガイドを調整してくだ
さい。
5
4
4
カセットの左右の突起部を内側に動かしてロックします。
4
4
4
用紙をセットする
67
6
縦ガイドのクリップを指でつまみながら、縦ガイドを用紙サイズの位置ま
で移動します。
縦ガイドのクリップ
7
横ガイドのクリップを指でつまみながら、横ガイドを用紙サイズの位置ま
で移動します。
横ガイドのクリップ
8
用紙の四隅を揃え、印刷する面(包装された用紙の開封面)を上にして
セットします。
横ガイドに用紙が乗り上げないようにします。また、カセットの底にある板が上がってい
るときには、押し下げてから用紙をセットします。
・反り、シワ、折り目の入った用紙は使用しないでください。
・収容枚数または用紙上限線を超える枚数の用紙は、セットしないでください。
・横ガイドは、用紙の幅に正しく合わせてください。横ガイドの位置がずれていると、用紙
が正常に搬送されず、紙詰まりの原因となることがあります。
・給紙カセットに収容できる枚数は、250 枚給紙カセットの場合は約 250 枚、550 枚給紙
カセットの場合は約 550 枚です(64g/ ㎡の場合)
。
68
第 4 章 日常の操作
運用編
9
セットした用紙に合わせて、用紙サイズカードを差し替えます。
4
4
4
10
ふたを取り付けます。
4
4
4
11
プリンタの奥に突き当たるまで、給紙カセットをしっかりと押し込みます。
・給紙カセットは奥に突き当たるまで押し込んでください。突き当たるまで押し込んでいな
いと、カセットなしと認識されたり、紙が詰まったりする原因となります。
4
4
4
4
4
用紙をセットする
69
給紙トレイにセットする
ここでは、給紙トレイに用紙をセットする手順について説明します。
・給紙トレイに用紙をセットする場合は、プリンタの電源を入れてからセットしてください。
1
給紙トレイのカバーを開きます。
2
サイドガイドを、セットする用紙サイズの目盛りに合わせます。
サイドガイドはセットする用紙の幅に正しく合わせてください。サイドガイドの位置がず
れていると、用紙が正常に搬送されず、紙詰まりの原因となることがあります。
サイドガイド
70
第 4 章 日常の操作
運用編
3
給紙トレイダイヤルを、セットする用紙のサイズと向きに合わせます。
該当するサイズや向きがない場合は、ダイヤルを「パネルで設定」に合わせ、オペレータ
パネルで設定してください。設定方法について詳しくは、「A4 サイズ縦送り(SEF)、リー
4
ガルサイズを使用する場合」(→ P.72)をご覧ください。
給紙トレイダイヤル
4
4
4
4
用紙の四隅を揃え、印刷する面(包装された用紙の開封面)を上にして、
差し込み口に軽く突き当たるまで入れます。
4
4
4
4
印刷面を上にする
4
・反り、シワ、折り目の入った用紙は、使用しないでください。
・収容枚数を超える用紙をセットしないでください。
4
・セットした用紙の、給紙方向の寸法が A4 サイズ短辺以下の場合は、給紙トレイのカバー
を閉めて印刷ができます。
用紙をセットする
4
71
A4 サイズ縦送り(
SEF)
、リーガルサイズを使用する場合
A4 サイズ縦送り( SEF)、またはリーガルサイズの用紙を給紙トレイにセットした場合
は、オペレータパネルの設定が必要になります。
1
給紙トレイに、A4 サイズまたはリーガルサイズの用紙を縦送り方向でセッ
トします。
2 給紙トレイダイヤルを「パネルで設定」に合わせます。
オペレータパネルを次のように操作し、用紙サイズを「A4
3 「リーガル
SEF」に切り替えます。
SEF」または
オペレータパネルについて詳しくは、
「オペレータパネルの操作」
(→ P.97)をご覧ください。
1. オペレータパネルの「メニュー」スイッチを押し、メニューモードにします。
ࡔ࠾ࡘ࡯
ࠪࠬ࠹ࡓࠗࡦࠨ࠷ٕ
2. 「
」スイッチを 2 回押して「インサツ セッテイ」を表示します。
ࡔ࠾ࡘ࡯
ࠗࡦࠨ࠷࠮࠶࠹ٕࠗ
3. 「
」スイッチを押して「キュウシグチ」を表示します。
‫ࠗ࠹࠶࠮࠷ࠨࡦࠗޓ‬
ࠠࡘ࠙ࠪࠢࠐ࠴
4. 「
」スイッチを 2 回押して「キュウシトレイ サイズ」を表示します。
‫ࠗ࠹࠶࠮࠷ࠨࡦࠗޓ‬
ࠠࡘ࠙ࠪ࠻࡟ࠗ‫ࠐࠬࠗࠨޓ‬
5. 「
」スイッチを押して「*A 4 LEF」を表示します。
‫ࠐࠬࠗࠨޓࠗ࡟࠻ࠪ࠙ࡘࠠޓ‬
㧭㧠‫ޓ‬㧸㧱㧲
6. A4 サイズ縦送り( SEF)の場合は、
「 」スイッチを 1 回押して「A 4 SEF」
を表示します。リーガルサイズの場合は、「 」スイッチを 4 回押して「リーガル
SEF」を表示します。
‫ࠐࠬࠗࠨޓࠗ࡟࠻ࠪ࠙ࡘࠠޓ‬
㧭㧠‫ޓ‬㧿㧱㧲
7. 「設定」スイッチを押してから、「オンライン」スイッチを押します。
A4 サイズ縦送り(
SEF)、またはリーガルサイズのモードに切り替わります。
‫ࠐࠬࠗࠨޓࠗ࡟࠻ࠪ࠙ࡘࠠޓ‬
㧭㧠‫ޓ‬㧿㧱㧲
72
第 4 章 日常の操作
運用編
2
印刷する
4
アプリケーションで作成したデータを実際に印刷するときの操作は、お使いのアプ
リケーションによって異なりますが、ここでは一例を説明します。
1
印刷を行う前に、プリンタドライバをインストールします。
2
本製品が印刷できる状態であることを確認します。
3
4
インストール方法は、 「ソフトウェアガイド」をご覧ください。
4
・正しく接続されているか
・本製品の電源が入っているか
・用紙がセットされているか(
「用紙をセットする」(→ P.60))
4
「ファイル」メニュー→「印刷」の順にクリックします。
「印刷」ウィンドウが表示されます。
(2)
「プロパティ」を
4 (1)プリンタが正しく選択されていることを確認し、
4
クリックします。
(1)
(2)
4
4
4
・アプリケーションによっては、
「プロパティ」が「詳細設定」と表示されたり、プロパティ
ウィンドウのタブが「印刷」ウィンドウ内に表示されたりします。詳しくは、お使いのア
プリケーションのマニュアルをご覧ください。
4
4
4
印刷する
73
5
各項目を設定し、
「OK」をクリックします。
各設定項目について詳しくは、プリンタドライバの「ヘルプ」、または
「ソフトウェアガ
イド」の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
6 「印刷」ウィンドウで「OK」をクリックします。
印刷が開始されます。
正常に印刷できないときは、「こんなときには」(→ P.133)をご覧ください。
プリンタの状態確認(ポップアップ)
Printianavi 機能を使うと、本製品の状態をパソコン上で確認できます。
Printianavi 機能は、印刷が実行されると本製品のモニタを開始します。本製品でエラーが発
生すると、エラーの内容と対処方法が、パソコンの画面にポップアップ表示されます。
Printianavi 機能によるエラー情報をポップアップ表示にするための設定、およびポップアッ
プについて詳しくは、プリンタドライバの「ヘルプ」、または 「ソフトウェアガイド」の
「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
74
第 4 章 日常の操作
運用編
3
印刷を中止する
4
印刷開始後(オペレータパネルのオンラインランプが点滅、または液晶ディスプレ
イに「データアリ」と表示されている場合)に、印刷を中止する方法を説明します。
印刷を中止するには、パソコンから中止する方法と、本製品のオペレータパネルから中止す
る方法の 2 通りがあります。
パソコンの画面から中止する(双方向通信が有効なとき)
パ ソ コ ン か ら 印 刷 を 中 止 す る と き の 操 作 は、プ リ ン タ の プ ロ パ テ ィ ウ ィ ン ド ウ の
「Printianavi2」または「Printianavi」タブの表示方法の設定によって異なります。
詳しくは、プリンタドライバの「ヘルプ」
、または 「ソフトウェアガイド」の「第 5 章 プリ
ンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
4
4
4
ポップアップ表示のとき
「印刷中止」をクリックします。
4
4
4
4
エラー時ポップアップ表示または最小化のとき
画面右下の通知領域(タスクトレイ)のアイコンをダブルクリックし、表示されたウィンド
ウで「印刷中止」をクリックします。
4
4
4
印刷を中止する
75
・画面右下の通知領域(タスクトレイ)のアイコンを右クリックし、表示されるメニューで「印刷中止」を
クリックして、印刷を中止することもできます。
オペレータパネルから中止する
オペレータパネルでプリンタをオフライン状態に切り替えて、リセットの操作をします。
リセットすると、本製品はプリンタ内の未印刷データを消去し、パソコンから残りデータを
受信しながら、印刷ジョブを削除します。
Printia XL ドライバから印刷しているときは、印刷ジョブの終了を検出するとリセット(初
期化)を終了します。
1
印刷中に「オンライン」スイッチを押します。
オペレータパネルの操作について詳しくは、
「オペレータパネルの操作」
(→ P.97)をご覧
ください。
使用ポート
ࠗࡦࠨ࠷࠴ࡘ࠙‫ޓ‬㨄㨄㨄㨄㨄
‫ޓޓޓޓޓޓޓޓޓޓޓ‬㧙㧭
オペレータパネルに「ハイシュツ ショリチュウ」と表示されて印刷中の用紙が排出され、
オフライン状態になります。
ࡂࠗࠪࡘ࠷‫࠙ࡘ࠴࡝࡚ࠪޓ‬
‫ޓޓޓޓޓޓޓޓޓޓޓ‬㧙㧭‫ޓޓޓ‬
2 「リセット」スイッチを押します。
ࠝࡈ࡜ࠗࡦ‫ޓޓޓ‬㨄㨄㨄㨄㨄‫ޓޓ‬
「ショキカ シマスカ(Y,N)?」と表示されます。このとき、
「オンライン」スイッチを押
すと、リセットせずに印刷を再開できます。
࡚ࠪࠠࠞ‫ࠞࠬࡑࠪޓ‬㧔㨅㧘㧺㧕㧫
࡝࠮࠶࠻ψ㨅‫ࡦࠗ࡜ࡦࠝޓ‬ψ㧺
76
第 4 章 日常の操作
運用編
3
再度「リセット」スイッチを押します。
「ショキカチュウ」と表示され、初期化されます。
4
࡚ࠪࠠࠞ࠴ࡘ࠙‫ޓޓޓޓޓޓ‬
受信データがあると、オンラインランプが点滅します。
初期化が終了すると、オンライン状態に戻ります。
4
・プリンタの接続方法や使用しているパソコンによっては、印刷ジョブが完全には削除でき
ず、オンライン状態に戻った後、文字化けなどのトラブルが発生することがあります。
「Printianavi2」または「Printianavi」を使用しているときは、パソコン上の Printianavi2 /
Printianavi メッセージ上から「印刷中止」または「印刷打ち切り」を行うことをお勧めし
ます。
4
4
4
4
4
4
4
4
4
印刷を中止する
77
4
プロセスカートリッジの交換と注意事項
プロセスカートリッジの交換方法と、使用時の注意事項を説明します。
プロセスカートリッジを交換する
プロセスカートリッジ 1 本あたりの印刷量の目安は、LB317A が約 6000 ページ、LB317B が
約 10000 ページです(JIS X 6931(ISO/IEC19752) に基づく)。
トナー残量が少なくなると、プロセスカートリッジの交換をうながすメッセージがオペレー
タパネルに表示されます。また、低印字率での運用環境では、トナー残量が充分にあって
も、感光体(ドラム)の寿命が近づいたり、感光体(ドラム)の寿命に達したりすると、プ
ロセスカートリッジの交換をうながすメッセージがオペレータパネルに表示されることが
あります。メッセージが表示されたら、新しいプロセスカートリッジに交換してください。
プロセスカートリッジの有効期限は、製造から 30ヶ月間(開封後は 1 年間)です。安定し
た画質を維持するために、有効期限内での使用をお勧めします。
・プロセスカートリッジを火中に投じないでください。トナー粉が跳ねてやけどの原因になります。
・使用済みのプロセスカートリッジを処分するときは、当社の回収サービス(→ P.82)をご利用く
ださい。
・トナーが目や口に入らないように注意してください。
プロセスカートリッジの交換時などにトナーが手に付いた場合は、速やかに洗い落としてくださ
い。万一、目や口に入った場合は、ただちに医師と相談してください。
・プロセスカートリッジを保管する場合は、小さなお子様がトナーを誤って飲むことがないように、
小さなお子様の手が届かない所に置いてください。万一、お子様がトナーを飲み込んだ場合は、
ただちに医師と相談してください。
・上部カバーを開くとき、カバーとプリンタ本体に手をはさまないように注意してください。けが
をすることがあります。
・上部カバーが開いているときに、上部カバーに手を触れると、閉じる方向に自然落下することが
あります。手をはさんでけがをする原因になりますので、触れないようにしてください。
・プロセスカートリッジを分解したり、改造したりしないでください。
・プロセスカートリッジは、本製品専用品を取り付けてください。指定外のプロセスカートリッジ
を取り付けると、プロセスカートリッジおよびプリンタ本体の故障の原因になります。
・プロセスカートリッジを交換するときは、トナーが飛散しないように注意してください。
また、飛散した場合は、トナーが皮膚や衣服に付いたり、トナーを吸引したりしないよう注意し
てください。
・プリンタを使用した直後は、定着器が非常に熱くなっています。
「高温注意」をうながすラベルが
貼ってある箇所(定着器やその周辺)には、絶対に触れないでください。
やけどの原因になることがあります。
⼊๔࡜ࡌ࡞
78
第 4 章 日常の操作
運用編
交換に関する留意事項
プロセスカートリッジは、光に対して非常に敏感です。トナーを均一にするときや交換に際
しては、次の点に注意してください。
・ 直射日光や強い光(約 1500 ルクス以上)に当てないでください。通常の室内灯の下でも
5 分以上は放置しないでください。
・ 感光体(ドラム)表面には絶対に手を触れないでください。
・ 立てたり、裏返しにしたりして置かないでください。
・ トナーは人体に無害ですが、手や衣服に付いたときにはすぐに洗ってください。
・ 常に、予備のプロセスカートリッジを用意しておいてください。
・ 純正品以外のプロセスカートリッジをセットすると、次のようなエラーメッセージがオ
ペレータパネルに表示される場合があります。
4
4
4
㧷㧜㧜㧠‫࡯࡜ࠛޓࠐࠪ࠶࡝࠻࡯ࠞޓ‬
ࡈࠑࡠ࠮ࠬࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐࡈࠗ࠶࠴
・ プロセスカートリッジ内のトナーがかたよっていると、交換をうながすメッセージがオ
ペレータパネルに表示されることがあります。
・ 交換をうながすメッセージがオペレータパネルに表示されない場合でも、次のようなと
きはプロセスカートリッジの交換が必要です。
- 縦のカスレや部分的なカスレがある場合
プロセスカートリッジを取り出して、次の図のように左右にゆっくり 7 ~ 8 回傾けるようにして
4
4
振り、内部トナーの状態を均一にして印刷してみても、改善されないとき
4
4
- 不鮮明な印刷状態が発生した場合
適切な用紙に替えて印刷しても改善されないとき
4
4
4
4
プロセスカートリッジの交換と注意事項
79
交換方法
1
上部カバーを開きます。
上部カバー
2
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、ゆっくり引き上げます。
取り外したプロセスカートリッジを処分するときは、当社の回収サービス(「使用済みカー
トリッジの回収サービス」(→ P.82))をご利用ください。
取っ手
・トナーで汚さないよう、取り出したプロセスカートリッジを置く場所には、あらかじめ紙
などを敷いておいてください。
3
80
プロセスカートリッジを梱包袋から取り出して、次の図のように左右に
ゆっくり 7 ~ 8 回傾けるようにして振ります。
第 4 章 日常の操作
運用編
4
トナーシールを引き抜きます。
4
4
トナーシール
4
・トナーシールを引き抜くときは、プロセスカートリッジを平らな場所に置き、トナーシー
ルを水平にまっすぐ引き抜いてください。斜めに引くと、途中でテープが切れてしまうこ
とがあります。トナーシールの全長は、約 67cm です。
・トナーシールを引き抜いた後は、プロセスカートリッジを振ったり、プロセスカートリッ
ジに衝撃を与えたりしないでください。
5
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、プリンタ内部の溝に静かに挿入し
ます。
取っ手を下に押し、所定の位置にセットします(手ごたえがあるまで押し込んでください)。
4
4
取っ手
4
4
4
6
上部カバーを閉じます。
4
上部カバー
4
4
プロセスカートリッジの交換と注意事項
81
使用済みカートリッジの回収サービス
富士通グループでは大切な資源を上手に使う循環型社会の実現を目指し、使用済みカート
リッジを無償で回収しております。
回収した使用済みカートリッジは大切な資源として、最終的に部材の再使用や再資源化を
行っております。
当社の活動主旨にご賛同いただける場合には、『エコ受付センター』までご連絡ください。
・ エコ受付センター
通話料無料:0120-300-693
平日 8:40 ~ 12:00 および 13:00 ~ 17:30(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
ご協力をお願いいたします。
プロセスカートリッジの取り扱いと保管
取り扱い上のご注意
プロセスカートリッジを取り扱うときは、次の点に注意してください。
・ 直射日光や強い光(約 1500 ルクス以上)に当てないでください。通常の室内灯の下でも
5 分以上は放置しないでください。
・ プロセスカートリッジをプリンタから外した場合は、強い光に当てないよう、梱包され
ていたアルミ袋に入れるか、厚い布などに包んでください。
・ 寒い所から暖かい所に移動した場合は、1 時間以上室温に慣らしてから使用してくださ
い。
・ 立てたり、裏返しにしたりして置かないでください。
・ トナーは人体に無害ですが、手や衣服に付いたときにはすぐに洗ってください。
・ トナーシールを引き抜いた後は、プロセスカートリッジを強く振ったり、衝撃を与えた
りしないでください。トナーがこぼれることがあります。
・ 感光体(ドラム)表面には絶対に手を触れないでください。
・ トナーは掃除機で吸い取らないでください(トナーに対応した業務用掃除機は使用でき
ます)
。
保管上のご注意
プロセスカートリッジを保管するときは、次の点にご注意ください。
・ 使用するまでは開封しないでください。万一、開封してしまった場合は、梱包されてい
たアルミ袋に入れ、保管してください。
・ 直射日光を避け、次の環境で保管してください。
温度範囲 0 ~ 35 ℃、湿度範囲 15 ~ 80%RH(ただし、結露のないこと)
・ 高温多湿になる場所には置かないでください。
・ 立てたり、裏返しにしたりして置かないでください。
・ CRT 画面、ディスクドライブ、フロッピーディスクなど、磁気を帯びたものの近くに置
かないでください。
・ 小さなお子様の手が届かない所に保管してください。
82
第 4 章 日常の操作
運用編
5
プリンタを清掃する
4
プリンタを良好な状態に保ち、いつもきれいな印刷ができるように、約 1ヶ月に 1
回、プリンタ本体周辺を清掃してください。また、プロセスカートリッジ交換時や
紙詰まりの処置時には、プリンタ内部を点検してください。
・プリンタの清掃を行う場合は、電源スイッチを切り、必ず電源プラグをコンセントから抜いてく
ださい。
4
4
・電源スイッチを切らずにプリンタの清掃を行うと、やけどや感電の原因になることがあります。
4
・清掃時には、次の点にご注意ください。
・プリンタを使用した直後は、プリンタ内部が非常に熱くなっています。10 分くらいたって内部の温度
が下がってから作業してください。
・水または中性洗剤以外は、絶対に使用しないでください。ベンジン、シンナーなど揮発性のものを使用
すると、カバーの変色や変形のおそれがあります。
・油をさす必要はありません。注油はしないでください。
・トナーは掃除機で吸い取らないでください(トナーに対応した業務用掃除機は使用できます)。
・清掃用スプレー(可燃性物質を含むもの)は使用しないでください。
プリンタ外部を清掃する
カバー表面の汚れは、水または薄めた中性洗剤を含ませて固く絞った布で拭き取ります。そ
の後、柔らかい乾いた布で拭きます。
4
4
4
4
4
4
4
プリンタを清掃する
83
プリンタ内部を清掃する
プリンタ内部の清掃方法を、清掃場所ごとに説明します。
内部の点検
紙詰まりの処置や、プロセスカートリッジ交換(→ P.80)の後、上部カバーを閉じる前に、
内部を点検してください。
1
上部カバーを開き、プロセスカートリッジをゆっくり引き上げます。
2
内部の点検を行います。
上記操作の手順については、「交換方法」(→ P.80)の手順 1 ~手順 2 をご覧ください。
・紙片が残っていれば取り除きます。
・ほこり、汚れ、こぼれたトナーは、乾いた清潔な柔らかい布で拭き取ります。
紙送りローラの清掃
紙粉により送り不良が発生することがあります。給紙カセット(オプションの拡張給紙ユ
ニットを含む)を取り外し、紙送りローラ(ゴムローラ(2 個))を清掃してください。
1
84
カセットを本体から引き抜きます。
第 4 章 日常の操作
運用編
2 (1)黒いホルダ部分を押し下げたまま、紙送りローラのツメを広げて、
(2)紙送りローラを給紙カセットの軸からゆっくり取り外します。
4
紙送りローラ
ツメ
黒いホルダ部分
4
(1)
(2)
4
3
水で濡らして固く絞った柔らかい布で、紙送りローラのゴムの部分をてい
ねいに拭きます。
4
・水以外は使用しないでください。ゴムが破損することがあります。
4
4
カセットの黒いホルダ部分を押し下げたまま、紙送りローラの凸部側から、
カセットの軸にゆっくりと差し込みます。
紙送りローラの凸部を白い筒の凹部に合わせるようにして、紙送りローラをしっかり奥ま
で差し込み、ツメを軸の溝に合わせます。
4
紙送りローラの凸部
軸の溝
4
ツメ
白い筒の凹部
5
4
カセットを、本体の奥に突き当たるまでしっかりと押し込みます。
4
4
4
プリンタを清掃する
85
シールドガラスの清掃
シールドガラスが汚れていると、レーザ光が遮断されて印刷がかすれることがあります。プ
ロセスカートリッジを取り出し、シールドガラスを清掃してください。
1
シールドガラスを、乾いた布でていねいに拭きます。
シールドガラス
給紙トレイの紙送りローラの清掃
年賀はがきなど、絵入り郵便はがきに印刷するとき、はがきの粉により送り不良が発生する
ことがあります。給紙トレイの紙送りローラを清掃してください。
1
給紙トレイを本体から引き抜きます。
■ 給紙トレイを開いていない場合
給紙トレイ引き抜き用取っ手を持ち、引き抜きます。
取っ手
86
第 4 章 日常の操作
運用編
■ 給紙トレイを開いている場合
1. 両側のくぼみの部分を持ちながら、給紙トレイを途中で止まる位置まで引き出します。
4
4
4
2. 給紙トレイを持つ手の位置を、図のように持ち替えて引き抜きます。
4
4
4
4
図中の位置にある紙送りローラの、
(1)左側のツメを広げてロックを外し、
2 (2)白い部品だけを止まる位置まで左にずらします。
(2)
白い部品
4
4
(1)
紙送りローラ
4
ツメ
4
プリンタを清掃する
87
3
紙送りローラを左にずらし、手前に 90°回転させてから取り外します。
90q
4
水で濡らして固く絞った柔らかい布で、紙送りローラのゴム部分をていね
いに拭きます。
ゴム部分
・水以外は使用しないでください。ゴムが破損することがあります。
5
紙送りローラを元通りに取り付けます。
1. 側面が平面になっているほうを右側にして、紙送りローラを水平に軸に押し込みます。
2. 紙送りローラを奥側に 90°回転させます(紙送りローラの凹部に軸のピンがはまるよ
うに調整してください)。
3. 紙送りローラを右にずらします。
(2)
90q(3)
軸のピン
(1)
・紙送りローラの側面は、片方が平らで、もう片方には溝があります。軸に押し込むときに
は、紙送りローラの向きに注意してください。
88
第 4 章 日常の操作
運用編
6
左側の白い部品を、右側(紙送りローラ側)へずらします。
しっかりと軸の溝にはまるまで、右側にずらしてください。
4
白い部品
4
7
水で濡らして固く絞った柔らかい布で、給紙トレイの図中の位置にあるゴ
ム部分をていねいに拭きます。
回転させながら、まんべんなく拭いてください。
4
4
4
4
8
4
給紙トレイを本体に取り付けます。
1. 給紙トレイを次の図のように持ち、挿入します。
4
4
4
4
プリンタを清掃する
89
2. 給紙トレイの両側にあるくぼみの部分を持ち、プリンタの奥に突き当たるまでしっか
りと押し込みます。
90
第 4 章 日常の操作
運用編
6
プリンタを長時間使用しないとき
1 週間以上プリンタを使用しないときは、電源プラグをコンセントから抜いておき
ます。また、用紙を給紙トレイや給紙カセットから取り出し、湿気やほこりの少な
い場所に保管します。
・電源プラグは絶対に濡れた手で触らないでください。感電の原因となるおそれがあります。
・電源プラグをコンセントから抜くときは、必ず電源プラグを持って抜いてください。電源コード
を引っ張ると電源コードの芯線が露出したり、断線したりして、火災・感電の原因になることが
あります。
1
プリンタの電源スイッチを「○」側に倒します。電源コードを電源コンセ
ントおよびプリンタの電源コードコネクタから抜きます。
・エラーメッセージが表示されているときは、オペレータパネルのメッセージに従った処置
をしてから電源を切ってください。エラーメッセージの表示内容と対処方法については、
「オペレータパネルに表示されるメッセージ」(→ P.163)をご覧ください。
2
4
4
4
4
4
4
用紙を取り出します。
給紙カセットから用紙を取り出し、湿気やほこりのない場所に保管します。用紙の保管に
ついては、「使用できる用紙と保管方法」(→ P.123)をご覧ください。
4
4
4
4
4
プリンタを長時間使用しないとき
91
7
プリンタを移動するとき
プリンタを運搬したり、移動したりするときには、次の点に注意してください。
・本製品は、オプションや消耗品、用紙が入っていない状態で約 22kg(XL-9311)/ 20kg(XL-9281)
あります。プリンタを動かす場合は、必ず 2 人以上で持ち運んでください。プリンタを持ち上げる
ときは、腰を痛めないように充分に膝を折り、プリンタ正面(オペレータパネル側)および背面に
向かい、左右両側のくぼみを両手でしっかりと持ってください。くぼみ以外を持って持ち上げるこ
とは絶対にしないでください。落下によりけがの原因になることがあります。
・拡張給紙ユニット(オプション)を取り付けているプリンタを移動する場合には、本体から拡張給紙ユ
ニットを取り外します。本体や拡張給紙ユニットは傷が付かないように梱包してから運搬してください。
移転など、プリンタを長距離移動する可能性がある場合は、梱包材を保管しておくと便利です。
近くに移動する
プリンタを設置していた机を変えたり、となりの部屋に移動させたりする場合は、次の手順
に従ってください。
1
電源を切り、ケーブル類を取り外します。
・電源スイッチを「○」側に倒します。
・電源コンセントおよび電源コードコネクタから、電源コードを抜きます。
・パラレルケーブル、LAN ケーブル、およびプリンタ USB ケーブルを外します。
(2)排紙延長トレイ
2 (1)排紙トレイに用紙がある場合は用紙を取り除き、
が引き出されている場合は元に戻します。
(1)
(2)
92
第 4 章 日常の操作
運用編
3
給紙カセットと給紙トレイから用紙を取り除きます。
取り除いた用紙は、湿気やほこりのない場所に保管します。用紙の保管については、
「使用
できる用紙と保管方法」(→ P.123)をご覧ください。
4
4
4
4
・用紙の入っている給紙カセットは重いため、注意してプリンタから抜いてください。
4
4
上部カバーを開きます。
上部カバー
4
4
4
・内部の部品には、手を触れないでください。
4
4
4
プリンタを移動するとき
93
5
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、ゆっくり引き上げます。
取っ手
・プロセスカートリッジを取り付けたまま運搬すると、トナーでプリンタ内部が汚れること
があります。必ず取り外してください。
・取り外したプロセスカートリッジを振らないでください。トナーがこぼれることがありま
す。
・取り外したプロセスカートリッジは、強い光に当てないよう、梱包されていたアルミ袋に
入れるか、厚い布などで包んでください。
・トナーで汚さないよう、取り出したプロセスカートリッジを置く場所には、あらかじめ紙
などを敷いておいてください。
6
上部カバーを閉じます。
上部カバー
7
94
適切な場所に設置し直します。
設置方法については、『設置ガイド』をご覧ください。
第 4 章 日常の操作
運用編
梱包して運搬する
本製品を運搬するときは、取り付けてある付属品などを外し、もう一度梱包する必要があり
ます。次の手順に従ってください。
(→ P.92)をご覧になり、用紙やプロセスカートリッ
1 「近くに移動する」
ジなどを取り外します。
・プロセスカートリッジを取り付けたまま運搬すると、トナーでプリンタ内部が汚れること
があります。必ず取り外してください。
2
次の図のように梱包し直して、運搬します。
精密機械のため、梱包や運搬するときは次の点に注意し、ていねいに取り扱ってください。
・梱包時は、ご購入時に使用していた梱包材を使用してください。
・取り出したプロセスカートリッジはビニール袋などに入れて運搬してください。プロセ
スカートリッジの取り扱いについては、「プロセスカートリッジの取り扱いと保管」(→
P.82)をご覧ください。
4
4
4
4
4
電源コード、
CD-ROM、マニュアルなど
4
本体(背面側)
4
4
プロセス
カートリッジ
4
4
4
プリンタを移動するとき
95
Memo
96
第5章
オペレータパネルの操作
この章では、液晶ディスプレイに表示される内容と、オペレー
タパネルの操作方法について説明します。
1
2
3
4
各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
液晶ディスプレイの表示内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
操作方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
代表的な設定項目とその操作方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
98
100
103
114
97
1
各部の名称と機能
オペレータパネルには、操作に必要なスイッチ、表示ランプ、および液晶ディスプ
レイがあります。ここでは、オペレータパネルの機能を説明します。
1
3 4
2
5
6
7
8
9
1 メニュースイッチ
プリンタをメニューモードにします。メニューモードでは、プリンタに関する各種の設定を行い
ます。メニューモードを終了するときも使用します。詳しくは、
「操作方法」
(→ P.103)をご覧
ください。
2 設定スイッチ
メニューモードのときに、選択した値を有効にします。また、印刷中止の確認など、プリンタが
一時停止している印刷を続行します。
液晶ディスプレイの表示が「オンライン」または「セツデン」のときに、「設定」スイッチを押
すと、総印刷ページ数、プリンタの装置構成が、液晶ディスプレイに表示されます。
㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄ࡋࠑ࡯ࠪࠐ㧦㧭㧠㧸㧱㧲
㧲㧰㧾㧩㧝㧛㧰㨁㧼ࠕ࡝
確認後は、オペレータパネルのいずれかのスイッチを押してください。液晶ディスプレイの表示
が「オンライン」または「セツデン」に戻ります。
3 リンクランプ
ネットワークと接続されている状態かどうかを知らせます。
・点灯:ネットワークと接続されていることを示します。
・消灯:ネットワークと接続されていないことを示します。
4 エラーランプ
プリンタの異常を知らせます。
・点灯:プリンタでエラーが発生していることを示します。
・消灯:プリンタが正常に印刷できる状態であることを示します。
5 液晶ディスプレイ
プリンタの状態を知らせるメッセージや設定項目などが表示されます(1 行 16 文字の 2 段に表示
されます)。
98
第 5 章 オペレータパネルの操作
6 節電中ランプ/解除スイッチ
節電中ランプは、プリンタの節電状態を次のように知らせます。
・点灯:プリンタは節電状態です。解除スイッチを押すと、節電状態を解除します。
・消灯:プリンタは節電状態ではありません。
・「エミュレーションセッテイ」
(→ P.109)で「ESC/P」に設定している場合は、プリンタ
がオフライン状態のときに解除スイッチを押すと、未処理のデータを印刷します。
7
5
5
スイッチ
メニューモードのときに、設定項目および設定値の選択に使用します。詳しくは、「操作方法」
(→ P.103)をご覧ください。
5
8 オンラインランプ/オンラインスイッチ
オンラインランプは、プリンタが印刷できる状態かどうかを次のように知らせます。なお、オン
ラインスイッチを押すと、「オンライン」「オフライン」が切り替わります。
・点灯:印刷できる状態、または印刷中です。
・点滅:データ受信中です。
・消灯:印刷できない状態です。
9 リセットスイッチ
5
5
印刷を中止します。また、テスト印刷(連続印刷)を中断します。
5
5
5
5
5
5
各部の名称と機能
99
2
液晶ディスプレイの表示内容
液晶ディスプレイは、プリンタの設定状態や、エラーが発生したときの内容などを
表示するものです。1 行 16 文字で 2 段に表示されます。
エラーが発生すると「エラー」ランプが点灯し、液晶ディスプレイにエラーメッセー
ジが表示されます。
・メッセージ(エラーを含む)の表示内容と対処方法については、
「オペレータパネルに表示されるメッセー
ジ」(→ P.163)をご覧ください。
電源を入れたときの表示内容
本製品の電源を入れると、プリンタが動作するために必要な診断が行われます。診断が終わ
り、プリンタを使用できるようになると、液晶ディスプレイに「オンライン」と表示されます。
電源を入れたときの表示内容については、 『設置ガイド』をご覧ください。
オンライン(印刷できる状態)時の表示内容
印刷可能状態のときに液晶ディスプレイに表示される内容について説明します。
プリンタ状態
インターフェース状態
動作モードの設定
ࠝࡦ࡜ࠗࡦ‫ޓ࡞࡟࡜ࠑࡂޓޓޓ‬㧱㧼
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐ‫ޓޓޓ‬㧝㧙㧭㧠‫ޓޓ‬
警告情報
100
第 5 章 オペレータパネルの操作
給紙口/用紙サイズ
表:表示内容一覧
項目
プリンタ状態
インターフェース状態
動作モードの設定
表示内容
説明
プリンタの状態が表示されます。
オンライン
オンライン状態または印刷データを受信中です。
オフライン
オフライン状態です。
インサツチュウ
印刷を行っています。
ジュンビ
ウォームアップ中です。
クールダウン
クールダウン中[注 1]です。
セツデン
節電中です。
5
5
データを受信したポート状態が表示されます(データを受信していないと
きは表示されません)。
パラレル
パラレルポート経由でパソコンと通信しています。
LAN
LAN ポート経由でパソコンと通信しています。
USB
USB ポート経由でパソコンと通信しています。
5
5
プリンタの動作モードが表示されます。エミュレーション設定が「ESC/P」
の場合は、Printia XL ドライバからの印刷時、動作モードを自動で切り替
えます(初期値はエミュレーション設定「カイジョ」)。
EP
ESC/P モード
HX
HEX ダンプ印刷モード
表示なし
Printia XL ドライバの印刷動作中です。
MW
Printia XL ドライバを使用した部単位印刷時のメモリ
書き込み中です。
MR
5
5
Printia XL ドライバを使用した部単位印刷時のメモリ
読み出し中です。
警告情報
警告情報が表示されます。詳しくは、
「警告メッセージ一覧」
(→ P.172)を
ご覧ください。
表示なし
警告なし
データアリ
未処理データがある状態です。[注 2]
カセットカクニン n
カセットなし状態です。
カートリッジ
プロセスカートリッジの交換時期が近づいた状態で
す。[注 3]
テイキコウカン
[注 4]
定期交換キットの交換時期です。
詳しくは、
「定期交換部品について」
(→ P.193)をご
覧ください。
ソウチジュミョウ
[注 5]
5
5
5
プリンタが装置寿命に近づいた状態です。
残り寿命が 20%(消耗率 80%)になると、20%、10%、
0% と 10% 単位で残り寿命を表示します。
5
5
液晶ディスプレイの表示内容
101
表:表示内容一覧
項目
給紙口/用紙サイズ
表示内容
説明
印刷中の給紙口と用紙サイズが表示されます。
【給紙口】
1-
給紙カセット 1 から、給紙、印刷中です。
2-
給紙カセット 2 から、給紙、印刷中です。
3-
給紙カセット 3 から、給紙、印刷中です。
M-
給紙トレイから、給紙、印刷中です。
M*
給紙トレイ(ダイヤル設定)から給紙、印刷中です。
【用紙サイズ】
A3
A3 用紙を給紙、印刷中です。
A4
A4 用紙を給紙、印刷中です。
A5
A5 用紙を給紙、印刷中です。
B4
B4 用紙を給紙、印刷中です。
B5
B5 用紙を給紙、印刷中です。
LG
リーガル用紙を給紙、印刷中です。
LTR
レター用紙を給紙、印刷中です。
ハガキ
郵便はがきを給紙、印刷中です。
ユーザ
ユーザ定義サイズの用紙を給紙、印刷中です。
ユーザ L
長尺紙を給紙、印刷中です。
注 1 : 大量の連続印刷中や、異なる用紙設定に切り替えて印刷する場合に、定着器の過熱を防ぐために冷やしています。
注 2 : 「エミュレーションセッテイ」(→ P.109)を「ESC/P」に設定している場合は、次の表示になります。
「データガ アリマス」
注 3 : オンライン/オフライン中は、次の表示になります。
「カートリッジ ジュンビ」:プロセスカートリッジの交換準備
「カートリッジ コウカン」:プロセスカートリッジの交換時期
注 4 : オンライン/オフライン中は、次の表示になります。
「テイキコウカンキット」
注 5 : オンライン/オフライン中は、次の表示になります。
「ソウチジュミョウ ノコリ xx%」(xx:20、10)
節電時の表示内容
メニューモードの「ショキ セッテイ」→「ソノタ ノ セッテイ」→「セツデン モー
ド」(→ P.108)で選択した設定により、表示が異なります。
・「セツデン 1」を選択している場合
印刷待機状態のまま、設定時間が経過すると、液晶ディスプレイに「セツデン」と表示され、節電
中ランプが点灯します。
・「セツデン 2」を選択している場合
印刷待機状態のまま、設定時間が経過すると、液晶ディスプレイに「セツデン」といったん表示さ
れた後、表示が消え、オンラインランプが消灯して、節電中ランプが点灯します。
ただし、冷却ファンが回転中の場合は、回転が停止するまで「セツデン」と表示されたままになり
ます。
節電時は、印刷データを受信するか、解除スイッチを押すことにより、ウォームアップが開
始され、オンライン状態となります。
102
第 5 章 オペレータパネルの操作
3
操作方法
5
プリンタの設定を変えたり、設定内容を確認したりするときの操作方法について説
明します。設定の変更や確認は、メニューモードで行います。
5
基本的な操作方法
メニューモードに入るときは、「メニュー」スイッチを押します。
メニューモードを終了させるには、
「メニュー」または「オンライン」スイッチを押します。
5
‫ޠ࡯ࡘ࠾ࡔޟ‬
⸳ቯ
࡝ࡦࠢ
ࡔ࠾ࡘ࡯
ࡔ࠾ࡘ࡯‫ޓޓޓޓޓޓޓޓޓޓ‬
‫ٕޓޓ࠷ࠨࡦࠗޓࡓ࠹ࠬࠪޓ‬
⸳ቯ
࡝ࡦࠢ
ࠛ࡜࡯
5
ࠛ࡜࡯
ً
ً
ٕ
ٕ
࡝࠮࠶࠻
ٕ
ٕ
ࠝࡦ࡜ࠗࡦ
ٕ
ࡔ࠾ࡘ࡯
ࠝࡦ࡜ࠗࡦ
ࠝࡦ࡜ࠗࡦ
࡝࠮࠶࠻
ٕ
5
‫ޠࡦࠗ࡜ࡦࠝޟߪߚ߹ޠ࡯ࡘ࠾ࡔޟ‬
メニューモードでは、目的の設定値を上位のレベルから順に選んで表示し、設定します。設
定値までのレベルの深さは項目によって異なります。
・プリンタがオフライン状態、オンライン状態のいずれの場合も、「メニュー」スイッチを押せばメニュー
モードに移行します。ただし、印刷の途中(オペレータパネルのオンラインランプが点滅、または液晶
ディスプレイに「データアリ」と表示されている場合)は、メニューモードには移行できません。
・電源を入れてからしばらくたつと、オペレータパネルに「セツデン」と表示されることがありますが、メ
ニューモードに移行できます。
・オペレータパネルの操作を制限している場合は、次の画面が表示され、パスワードの入力が必要になりま
す。詳しくは、「オペレータパネルの操作制限」(→ P.121)をご覧ください。
ࡂࠑࠬࡢ࡯࠻㩨‫ޓ‬
5
5
5
㨇㨋‫ޓޓޓ‬㨉
5
5
5
操作方法
103
使用するスイッチ
メニューモードでは、次のスイッチを使用します。
表:使用するスイッチ
スイッチ
説明
「
」または「
」スイッチ
同じレベルで項目を切り替えます。設定する値を変えたいときにも
使用します。
「
」または「
」スイッチ
上のレベルまたは下のレベルに移動します。
「設定」スイッチ
表示された値に設定するときや、メニュー印刷、テスト印刷を行う
ときに押します。
■各スイッチによる切り替え例
ࡔ࠾ࡘ࡯
‫ٕޓ࠷ࠨࡦࠗޓࡓ࠹ࠬࠪޓ‬
‫ޠٕޟ‬ωχ‫ޠًޟ‬
‫ޠޟ‬
‫ޠޟ‬
ࡔ࠾ࡘ࡯
ࡔ࠾ࡘ࡯
ψ
ψ
࡚ࠪࠠ‫ ٕޓޓࠗ࠹࠶࠮ޓ‬φ ࠗࡦࠨ࠷‫ٕޓࠗ࠹࠶࠮ޓ‬
φ
‫ޠޓޟ‬
‫ޠޓޟ‬
ࠪࠬ࠹ࡓ‫࠷ࠨࡦࠗޓ‬
࠮࠶࠹ࠗࡁࠗࡦࠨ࠷ً
ω‫⸳ޟ‬ቯ‫ޠ‬
࠮࠶࠹ࠗ‫࠷ࠨࡦࠗޓࡁޓ‬
ࠗࡦࠨ࠷࠴ࡘ࠙
スイッチの使い分けと設定例
「
」
「
」スイッチをカーソルの移動に使用している場合は、設定値は「
」「
」スイッ
チを使用します。
IP アドレスの設定を例に、設定方法を説明します。
1「
」
「 」スイッチで、設定するブロックにカーソルを移動します。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ
‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜 2「
」
(加算)、「 」
(減算)スイッチで値を設定します。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ
㧝㧥㧞㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜‫ ޓ‬
3
各ブロックの設定が終わったら「 」
「 」スイッチでカーソルを左端に移
動し、「設定」スイッチを押します。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ
㧖㧝㧥㧞㧚㧝㧢㧤㧚‫ޓ‬㧜㧚‫ޓ‬㧝㧜
4 「メニュー」スイッチ、または「オンライン」スイッチを押します。
104
第 5 章 オペレータパネルの操作
プリンタのリセット
「IP アドレス設定」および「LAN 設定」内の設定値を変更し、「メニュー」スイッチまたは
「オンライン」スイッチでメニューモードを終了した場合、本製品はリセットされます。
5
テスト印刷(連続印刷)の終了
5
「テスト印刷」の連続印刷は、「リセット」スイッチを押すと終了します。
5
5
5
5
5
5
5
5
5
操作方法
105
設定項目一覧
メニューモードで設定できる項目の一覧は次のとおりです。設定値に記載された「*」およ
び数値は、ご購入時に登録される初期設定を示します。
各項目を選択して値を設定する方法については、「基本的な操作方法」(→ P.103)をご覧く
ださい。
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
レベル 3
レベル 4
システム イ
ンサツ
セッテイ ノ
インサツ
現在のプリンタの設定内容を印刷します。
HEX ダンプイ
ンサツ[注 1]
ヘキサダンプ形式で印刷します。
設定値
5%サンプル
テスト イン
サツ
機能(範囲)
A4 サイズ横送り(
LEF)、300dpi で印
字率約 5% のテスト印刷(→ P.115)をしま
す。
ESC/P イン ESC/P モードで使用する文字をエミュレー
サツ[注 1] ション解像度でテスト印刷します。
ショウモウヒ
ン レポート
ショキ セッ
テイ
IP アドレス セッテイ[注
2]
消耗品の交換履歴および、警告発生の
履歴レポートを印刷します。詳しくは、
「消
耗品の管理」(→ P.121)をご覧ください。
DHCP ジドウ
シュトク
* セッテイ
IP アドレス、サブネットマスク、ゲート
ウェイを DHCP により自動取得します。
カイジョ
IP アドレス、サブネットマスク、ゲート
ウェイを DHCP により自動取得しません。
XXX.XXX.X
XX.XXX
IP アドレスを設定します。
サブネットマ
スク[注 3]
XXX.XXX.X
XX.XXX
サブネットマスクを設定します。
ゲートウェイ
[注 3]
XXX.XXX.X
XX.XXX
ゲートウェイを設定します。
ゲートウェイを使用しない場合は、0.0.0.0
に設定してください。
MAC アドレ
ス
表示
MAC アドレスを表示します。
Ethernet タイ
プ[注 7]
* ジドウ
IP アドレス
[注 3]
LAN セッテイ
TCP/IP プロ
トコル
106
第 5 章 オペレータパネルの操作
自動検出して動作します。
100Mbps Full
100Mbps(Full)で動作します。
100Mbps Half
100Mbps(Half)で動作します。
10Mbps
10Mbps で動作します。
* ユウコウ
TCP/IP を有効にします。
ムコウ
TCP/IP を無効にします。
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
レベル 3
レベル 4
ショキ セッ
テイ
LAN セッテイ
ポートバンゴ
ウ[注 2]
インサツポー
トバンゴウ
9313
印刷を行うときに使用するポート番号を
設定します。
[1 ~ 65535]
ケンサクポー
トバンゴウ
9313
ネットワーク内のプリンタを検索すると
きに使用するポート番号を設定します。
[1 ~ 65535]
サービス セッテイ[注
2][注 9]
プリンタケン
サク
インターネッ
トサービス
SNMP
プリンタキド
ウツウチ
BPP インサツ
IPP インサツ
パラレルポー
ト セッテイ
USB ポート セッテイ
機能(範囲)
* ユウコウ
ネットワーク内のプリンタを検索する機
能を有効にします。
ムコウ
ネットワーク内のプリンタを検索する機
能を無効にします。
* ユウコウ
Web ブラウザでプリンタの状態を確認する
ことや設定を更新することができます。
ムコウ
Web ブラウザでのプリンタの状態確認や、
設定が無効になります。
* ユウコウ
SNMP を有効にします。
ムコウ
SNMP を無効にします。
* ユウコウ
プリンタ起動時にネットワークに通知し
ます。
ムコウ
プリンタ起動時にネットワークに通知し
ません。
* ユウコウ
Printianavi ネットワークポートモニタでの
LAN ポート印刷を有効にします。
ムコウ
Printianavi ネットワークポートモニタでの
LAN ポート印刷を無効にします。
* ユウコウ
IPP による印刷を有効にします。
ムコウ
IPP による印刷を無効にします。
LPR インサツ
* ユウコウ
LPR 印刷を有効にします。
ムコウ
LPR 印刷を無効にします。
RAW インサ
ツ
* ユウコウ
RAW 印刷を有効にします。
ムコウ
ユウコウ
アクセスカン
リ[注 2][注
8]
[注 10]
ポート セッテイ
設定値
5
5
5
5
5
5
5
RAW 印刷を無効にします。
プリンタにアクセスするホストをIPアドレ
ス で 制 限 し ま す(IP ア ド レ ス の 範 囲 は
「Printia LASER Internet Service」で設定しま
す)。
* ムコウ
プリンタへのアクセスを制限しません。
ソウホウコウ
モード
* セッテイ
双方向インターフェースを有効にします。
カイジョ
双方向インターフェースを無効にします。
INIT ジュシン
* ユウコウ
INIT 信号を受信したときの初期化動作を
有効にします。
ムコウ
INIT 信号を受信したときの初期化動作を
無効にします。
タイムアウト
ジカン
30 ビョウ
一定時間印刷しなかった場合に、他のポー
トからの印刷を可能にするときのタイム
アウト時間を設定します。
[10 ~ 3600 秒]10 秒単位
タイムアウト
ジカン
30 ビョウ
一定時間印刷しなかった場合に、他のポー
トからの印刷を可能にするときのタイム
アウト時間を設定します。
[10 ~ 3600 秒]10 秒単位
5
5
5
5
操作方法
107
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
ショキ セッ
テイ
カンリ/ショ
キカ
ソノタ ノ セッテイ
レベル 3
レベル 4
メニューソウ
サ セイゲン
[注 9]
設定値
機能(範囲)
セッテイ
オペレータパネルをロックし、パスワード
の入力を要求します。
* カイジョ
オペレータパネルの操作が有効になりま
す。
LAN ショキ
カ
LAN に関する設定値をご購入時の値に戻
します。
セッテイ ショキカ
すべての設定値をご購入時の値に戻しま
す(LAN に関する設定を除きます)。
パスワード ヘンコウ
オペレータパネルをロックしているとき
に要求されるパスワードを変更します。パ
スワードは 4 桁以内の数字を入力します。
ショウモウヒ
ンリレキショ
キカ
消耗品レポートに表示される消耗品の交
換履歴および警告発生履歴をクリアしま
す。
セツデン モード
セツデン ジ
カン
セツデン 1
印刷待機状態のまま、
「セツデン ジカン」
(→ P.108)で設定した時間を経過すると、
自動的に定着器をオフにします。
* セツデン 2
印刷待機状態のまま、
「セツデン ジカン」
(→ P.108)で設定した時間が経過すると、
自動的に定着器と液晶ディスプレイの表
示をオフにします。
* 10 ビョウ
設 定 し た 時 間 が 経 過 す る と、「セ ツ デ ン
モード」(→ P.108)に遷移します。
1 プン
15 フン
30 プン
60 プン
240 プン
* ON
ブザー
OFF
* ON
タッチオン
OFF
インジノウド
チョウセイ
シュソウサ ホウコウ イ
チ
キュウシトレ
イ
カセット 1
エラー時にブザーを鳴動させます。
エラー時にブザーを鳴動させません。
スイッチを押したときに、タッチ音を鳴ら
します。
スイッチを押したときに、タッチ音を鳴ら
しません。
8
印刷濃度を設定します。
[0 ~ 15]数値が大きくなると濃くなりま
す。
0.0 mm
給紙トレイ、各カセット、両面ユニットの
スキャンする方向(横ライン)の位置を調
整します。
[-3.5 ~ 3.5 ㎜]0.5 ㎜単位
カセット 2
[注 4]
カセット 3
[注 4]
リョウメンユ
ニット[注 5]
108
第 5 章 オペレータパネルの操作
「リョウメンユニット」の中にレベル 5 と
して、次のメニューがあります(設定値お
よび設定範囲は他のメニューと同じで
す)
。
・ キュウシトレイ
・ カセット 1
・ カセット 2
・ カセット 3
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
レベル 3
レベル 4
ショキセッテ
イ
ソノタ ノ セッテイ
フクソウサ ホウコウ イ
チ
キュウシトレ
イ
設定値
0.0 mm
カセット 1
機能(範囲)
給紙トレイ、各カセット、両面ユニットの
紙送り方向(縦ライン)の位置を調整しま
す。
[-3.5 ~ 3.5 ㎜]0.5 ㎜単位
カセット 2
[注 4]
5
カセット 3
[注 4]
「リョウメンユニット」の中にレベル 5 と
して、次のメニューがあります(設定値お
よび設定範囲は他のメニューと同じで
す)。
・ キュウシトレイ
・ カセット 1
・ カセット 2
・ カセット 3
リョウメンユ
ニット[注 5]
インサツセッ
テイ
エミュレー
ションセッテ
イ
* カイジョ
カートリッジ
ジュンビ
* ゾッコウ
プロセスカートリッジの交換時期が近づ
いても印刷を停止しません。
テイシ
プロセスカートリッジの交換時期が近づ
くと印刷を停止します。
ESC/P[注
11]
* カセット 1
キュウシグチ
キュウシトレ
イ
カセット 1
プリンタを XL ドライバモードで動作させ
ます。
プリンタを ESC/P エミュレーションモード
で動作させます。
2 段目の給紙ユニット(拡張給紙ユニット
上段)から給紙します。
カセット 3
[注 4]
3 段目の給紙ユニット(拡張給紙ユニット
下段)から給紙します。
* ユウコウ
ムコウ
5
5
5
標準の給紙カセットから給紙します。
カセット 2
[注 4]
キュウシト
レイ
ジドウキュウ
シ セッテイ
5
5
給紙トレイから給紙します。
自動給紙を行います。
5
自動給紙を行いません。
カセット 2
[注 4]
カセット 3
[注 4]
5
5
5
5
操作方法
109
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
レベル 3
インサツセッ
テイ
ヨ ウ シ シ ュ
ルイ
キュウシトレ
イ
カセット 1
レベル 4
設定値
機能(範囲)
* ドライバユ
ウセン
ドライバで設定した用紙種類に設定しま
す。
フツウ
用紙種類を普通紙/再生紙(→ P.124)に
設定します。
カセット 2
[注 4]
フツウ L
薄めの普通紙/再生紙、あるいはカールし
やすい普通紙/再生紙での印刷トラブル
を軽減するために、トナーの定着温度を少
し低く設定します。
カセット 3
[注 4]
アツガミ 1
用紙種類を厚紙 1(→ P.124)に設定します。
アツガミ 2
用紙種類を厚紙 2(→ P.124)に設定します。
OHP
用紙種類を OHP(→ P.124)に設定します。
なお、OHP は、給紙トレイとカセット 1 か
ら印刷可能です。
ラベルシ 1
用紙種類をラベル紙 1(→ P.124)に設定し
ます。なお、ラベル紙 1 は、給紙トレイか
らのみ印刷可能です。
ラベルシ 2
用紙種類をラベル紙 2(→ P.124)に設定し
ます。なお、ラベル紙 2 は、給紙トレイか
らのみ印刷可能です。
キュウシトレ
イ サイズ
* A4 LEF
A4 サイズを横置きに設定します。
A4 SEF
A4 サイズを縦置きに設定します。
B5 LEF
B5 サイズを横置きに設定します。
A5 LEF
A5 サイズを横置きに設定します。
リーガル
SEF
リーガルサイズを縦置きに設定します。
レター LEF
レターサイズを横置きに設定します。
ハガキ LEF
はがきサイズを横置きに設定します。
ユーザテイ
ギ
ユーザ定義サイズに設定します。このとき
の用紙サイズは、「ユーザ定義サイズ」で
設定します。
A3 SEF
A3 サイズを縦置きに設定します。
B4 SEF
ユーザテイギ
サイズ[注
1]
リョウメン インサツ[注
5]
110
第 5 章 オペレータパネルの操作
B4 サイズを縦置きに設定します。
ユーザテイギ
ハバ
297 mm
給紙トレイにセットする、ユーザ定義サイ
ズ用紙の横の長さを指定します。
[100 ~ 297 ㎜]1 ㎜単位
ユーザテイギ
ナガサ
420 mm
給紙トレイにセットする、ユーザ定義サイ
ズ用紙の縦の長さを指定します。
[148 ~ 420 ㎜]1 ㎜単位
* カイジョ
システム印刷時および ESC/P 印刷時に両面
印刷を行いません(片面印刷)。
セッテイ
システム印刷時および ESC/P 印刷時に両面
印刷を行います。
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
インサツセッ
テイ
インサツ ホ
ウコウ[注 1]
レベル 3
レベル 4
設定値
* タテ
タテヨハク
用紙の短い辺に対して平行に印刷します。
縦余白設定で設定した余白を付けて印刷
します。
ヨコ
用紙の長い辺に対して平行に印刷します。
上端/左端の余白は固定になります。
ヨコヨハク
用紙の長い辺に対して平行に印刷します。
横余白設定で設定した余白を付けて印刷
します。
* 100%
シュクショウ
インサツ
[注 1]
トジシロ ホ
ウコウ[注 1]
トジシロ モード[注 1]
75% に縮小して印刷します。
70%
70% に縮小して印刷します。
リストイン
サツ A4
ストックフォーム用の印刷データを 75%
に縮小して A4 用紙に横方向で印刷します。
リストイン
サツ B4
ストックフォーム用の印刷データを B4 用
紙に横方向で印刷します。
* チョウヘン
トジ
長辺側をとじしろとします。
タンペン トジ
短辺側をとじしろとします。
* ヒダリ/ウ
エ トジ
左側、または上側をとじます。
ミギ/シタ
トジ
右側、または下側をとじます。
5
0 mm
裏面のとじしろ量を設定します。
[0 ~ 30 ㎜]1 ㎜単位
スムージング
[注 1]
* セッテイ
印刷結果をなめらかにします。
トナーセーブ
[注 1]
* カイジョ
データ ナシ
インサツ
[注 1]
* カイジョ
タイマー カ
ンシ インサ
ツ[注 1]
* カイジョ
カイジョ
セッテイ
セッテイ
5
5
表面のとじしろ量を設定します。
[0 ~ 30 ㎜]1 ㎜単位
ウラ[注 5]
5
印刷する部数を設定します。
[1 ~ 999 枚]
0 mm
トジシロ オモテ
リョウ[注 1]
5
5
縮小せずに印刷します。
75%
1 マイ
コピー マイ
スウ[注 1]
機能(範囲)
用紙の短い辺に対して平行に印刷します。
上端/左端の余白は固定になります。
5
印刷結果をなめらかにしません。
トナーを節約しません。
輪郭部分はそのままに、濃度を抑えて印刷
し、トナーの消費を約 25% 節約します。
[注 12]
試し印刷など、印刷品質にこだわらないと
きにご利用ください。
5
データのないページを印刷しません。
データのないページを印刷します。
タイマー監視印刷を行いません。
30 ビョウ
監視時間を 30 秒にします。
10 ビョウ
監視時間を 10 秒にします。
5
5
5
操作方法
111
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
EP モード セッテイ[注
1]
モジ コード
レベル 3
レベル 4
設定値
* カタカナ
グラフィッ
ク
キュウシ イ
チ[注 6]
ミギ マージ
ン イチ
印刷開始位置を用紙の上辺から 8.5 ㎜に設
定します。
22 mm
印刷開始位置を用紙の上辺から 22 ㎜に設
定します。
* ヨウシ ハ
バ
用紙幅に合わせて右マージンを設定しま
す。右マージンは、使用する用紙サイズの
印刷領域右端までです。
136 ケタ
用紙サイズに関係なく 136 桁(13.6 インチ)
に設定します。用紙幅が 136 桁に満たない
場合、印刷領域を超えた部分は印刷されま
せん。
* ローマン
カンジ ショ
タイ
* ミンチョウ
CR コード
* CR ノミ
サンセリフ
ゴシック
CR & LF
ヨコ ヨハク
インジ イチ
チョウセイ
112
第 5 章 オペレータパネルの操作
拡張グラフィックコード表を使用します。
詳しくは 「エミュレーション編」をご覧
ください。
* 8.5 mm
ANK モジ
タテ ヨハク
機能(範囲)
カタカナコード表を使用します。
詳しくは 「エミュレーション編」をご覧
ください。
ANK 文字の書体をローマンにします。
ANK 文字の書体をサンセリフにします。
漢字の書体を明朝体にします。
漢字の書体をゴシック体にします。
CR 動作(復帰のみ)を行います。
CR 動作(復帰)と LF 動作(改行)を行い
ます。
タテ ジョウ
タン ヨハク
8.5 mm
縦印刷のときの上端余白を設定します。
[給紙位置[注 6]~ 50.0 ㎜]0.1 ㎜単位
タテ サタン
ヨハク
5.0 mm
縦印刷のときの左側余白を設定します。
[5.0 ~ 50.0 ㎜]0.1 ㎜単位
ヨコ ジョウ
タン ヨハク
8.5 mm
横印刷のときの上端余白を設定します。
[給紙位置[注 6]~ 50.0 ㎜]0.1 ㎜単位
ヨコ サタン
ヨハク
5.0 mm
横印刷のときの左側余白を設定します。
[5.0 ~ 50.0 ㎜]0.1 ㎜単位
タテ インジ
イチ
0.0 mm
印刷時の縦印字位置を設定します。
[-30.0 ㎜~ 30.0 ㎜]0.1 ㎜単位
ヨコ インジ
イチ
0.0 mm
印刷時の横印字位置を設定します。
[-30.0 ㎜~ 30.0 ㎜]0.1 ㎜単位
表:設定項目一覧
レベル 1
レベル 2
ホシュ メ
ニュー
インサツ ページスウ
XXXXX
ページ
総印刷ページ数を表示します。
A 4 L E F カ
ンサン
XXXXX
ページ
A4 サイズ横送り(
数を表示します。
メモリ ヨウ
リョウ
XXX MB
標準メモリおよび増設メモリの合計のメ
モリ容量を表示します。
メイン ROM
ハンスウ
Ver XX.XX
プリンタのファームウェアの版数を表示
します。
エンジン ROM ハンス
ウ
Ver X.XX
プリンタのハードウェア制御プログラム
の版数を表示します。
エンジン ス
テータス
STATUS XX=XX
サービス員がメンテナンスのために使用
する装置情報です。
NV コード
XX=XX
サービス員がメンテナンスのために使用
する装置情報です。
カートリッジ
ステータス
XX=XX
サービス員がメンテナンスのために使用
する装置情報です。
カートリッジ
ジョウホウ
ジョウホウ
=X
サービス員がメンテナンスのために使用
する装置情報です。
USB ステー
タス
表示
USB の接続状態を表示します(HIGH
LAN ステー
タス
a.bbb.ccc.dd
IP アドレス ヒョウジ[注
2]
IP アドレス
現在の IP アドレスを表示します。
サブネット
マスク
現在のサブネットマスクを表示します。
ゲートウェ
イ
現在のゲートウェイを表示します。
ソフトスイッ
チ
レベル 3
レベル 4
設定値
機能(範囲)
5
LEF)換算ページ
SPEED、FULL SPEED、未接続)。
ソフトスイッ
チ X-X
LAN の通信状態を表示します。
「TCP/IP の動作確認」(→ P.118)をご覧く
ださい。
* OFF
ON
サービス員がメンテナンスのために使用
する装置情報です。
変更しないでください。
注1
: 「エミュレーション設定」で「解除」を選択している場合は、表示されません。
アプリケーションで PrintiaXL ドライバを使用して印刷する場合には、オペレータパネルの設定は無効になります。プ
リンタドライバ側で設定してください。詳しくは、プリンタドライバの「ヘルプ」、または 「ソフトウェアガイド」
の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
注2
: 「TCP/IP プロトコル」が「無効」のときは、表示されません。
注3
: 「DHCP 自動取得」が「設定」のときは、表示されません。
注4
: 拡張給紙ユニット(オプション)を取り付けているときに表示されます。
注5
: 両面ユニット(オプション)を取り付けているときに表示されます。
注6
: 給紙位置が余白の最小値となります。
注7
: Ethernet タイプを設定した場合、電源を切ってから数秒経過後に再び電源を入れてください。
注8
: 「Printia LASER Internet Service」のアクセス許可リストの許可設定がすべて「無効」になっているときは表示されま
せん。
注9
: 設定について詳しくは、「セキュリティに関する設定」(→ P.120)をご覧ください。
設定を無効にした場合について詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 8 章 Web ブラウザによるプリンタの管理
(Printia LASER Internet Service)」の説明をご覧ください。
5
5
5
5
5
5
5
5
注10 : 機能について詳しくは「IP アドレスによるアクセス管理」(→ P.120)をご覧ください。
注 11 : ウイングアーク テクノロジーズ株式会社製「Report Director Enterprise」
、「SVF for Java Print」使用時に、プリンタ
の機種を「EPSON ESC/Page」にして印刷するときは、エミュレーション設定を「ESC/P」にします。
なお、プリンタの機種を「Dot Printer」
( ESC/P)や「FUJITSU VSP」(FM シーケンス)にして印刷することはでき
ませんので、ご注意ください。
注12 : JIS X 6931(ISO/IEC19752) 標準テストパターンを使用した場合のトナーセーブ率です。トナーセーブ率は、印刷デー
タの内容によって変わります。
操作方法
5
5
113
4
代表的な設定項目とその操作方法
ここでは、オペレータパネルで行える、代表的な機能の設定方法や操作方法につい
て説明します。
設定の一覧印刷
プリンタおよび LAN ポートの、現在の設定内容の一覧を印刷します。設定の一覧は、メ
ニューモードの「システム インサツ」→「セッテイ ノ インサツ」で印刷します。
■印刷例
・印刷は、現在設定されている方法で行われます。A4 サイズの用紙を基準とし、A4 より小さい用紙が
セットされているときは、自動的に縮小して印刷します。ただし、A4SEF、A5SEF、はがきサイズより
小さいユーザ定義サイズの用紙は印刷できません。
印刷した場合は、「サイズ フイッチ」または「サイズフソク」と表示されますので、オペレータパネル
に表示されたサイズの用紙をセットして再度印刷するか、いったん印刷をキャンセルして、他の用紙サ
イズに変更してから、再度印刷してください。
・用紙がない場合は「ヨウシ ナシ」と表示されますので、用紙を補給してください。
・印刷を中止する場合は、「リセット」スイッチを押してください。
・LAN 設定で「TCP/IP プロトコル」を「ムコウ」にしたとき、LAN 設定内容は印刷されません。
また、
「エミュレーションセッテイ」を「ムコウ」にしたときは、エミュレーション設定の内容は表示さ
れません。
114
第 5 章 オペレータパネルの操作
テスト印刷(印字率約 5% サンプル)
300dpi で印字率約 5%のサンプルを印刷します。印字率約 5%のサンプルは「システム イ
5
ンサツ」→「テスト インサツ」→「5%サンプル」で印刷します。
5
■印刷例
5
5
5
5
5
5
5
5
5
代表的な設定項目とその操作方法
115
IP アドレスの設定
本製品に IP アドレスを設定する場合、次の 2 種類の方法があります。ご使用の環境に合わ
せていずれかの方法で設定してください。
・ プリンタに直接設定する手動設定
・ プリンタの電源を入れたときに DHCP サーバから自動的に取得する自動取得設定
なお、IP アドレスの設定は、ネットワークに接続されたパソコンから、添付の「Printia LASER
プリンタユーティリティ」CD-ROM に収められているソフトウェアを使用して行うことも
できます。ソフトウェアによる設定方法については、 「ソフトウェアガイド」の「第 2 章
ネットワークを利用したプリンタの接続」をご覧ください。
手動設定の場合
設定は、メニューモードの「ショキ セッテイ」→「IP アドレス セッテイ」で、まず
「DHCP ジドウシュトク」を解除してから、IP アドレスの設定を行います。
メニューモードで DHCP 自動取得の画面を表示し、次の手順で設定してください。
1
DHCP 自動取得を解除します。
「
」または「
」スイッチを押して、
「カイジョ」と表示させます。
「設定」スイッチを押
すと「*」が表示され、値が設定されます。初期設定は「* セッテイ」です。
‫ޓ‬㧰㧴㧯㧼ࠪࠐ࠻ࠐ࠙ࠪࡘ࠻ࠢ
‫ޓ‬㧖ࠞࠗࠪࠐ࡚
2
ً
IP アドレスを設定します。
1. 「
」スイッチを押して、次の表示にします。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ‫ࠗ࠹࠶࠮ޓ‬
‫ޓ‬㧰㧴㧯㧼ࠪࠐ࠻ࠐ࠙ࠪࡘ࠻ࠢ
2. 「
」スイッチを押して「IP アドレス」と表示し、「
」スイッチを押します。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ‫ࠗ࠹࠶࠮ޓ‬
㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ‫ޓޓޓޓޓޓ‬
3. 「 」または「 」スイッチを押して IP アドレスを変更するブロック(IP アドレス 1
~ 4)を選択して、
「 」「 」スイッチで値を設定します。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ
㧝㧥㧞㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓޓ‬㧜 116
第 5 章 オペレータパネルの操作
4. 各ブロックすべてを設定したら「設定」スイッチを押し、カーソルが * に移動してい
るのを確認します(この操作では、IP アドレスはまだ反映されません)。
‫ޓ‬㧵㧼ࠕ࠻ࠐ࡟ࠬ
5
㧖㧝㧥㧞㧚㧝㧢㧤㧚‫ޓޓ‬㧜㧚‫ޓ‬㧝㧜
サブネットマスク、ゲートウェイアドレスの設定を行うときは、「
して手順 2 の表示に戻した後、「
」「
」スイッチを押
」スイッチを押して「サブネットマスク」
5
「ゲートウェイ」とそれぞれ表示された状態で手順 3 ~手順 4 の操作を行ってください。
3
設定を終了します。
設定が終わったら「メニュー」スイッチを押し、本製品に設定値を反映します。
設定値反映後、プリンタが再起動しオンライン状態に戻ります。
DHCP による自動取得の場合
メニューモードの「ショキ セッテイ」→「IP アドレス セッテイ」→「DHCP ジドウシュ
5
5
トク」が「* セッテイ」になっていることを確認します。いったん本製品の電源を切ってか
ら、DHCP サーバと本製品をネットワークに接続し、本製品の電源を入れてください。プリ
ンタの起動時に IP アドレスを DHCP サーバから取得します。
・DHCP により TCP/IP 構成情報を自動的に取得する場合は、本製品の電源を再度入れたときに同じ IP アド
レスを取得できるように、DHCP サーバにクライアントの予約を行ってください。予約のときに必要とな
るプリンタの MAC アドレスについては、メニューモードの「ショキ セッテイ」→「LAN セッテイ」→
「MAC アドレス」をご覧になるか、設定の一覧を印刷してください。
・DHCP による自動取得の場合、IP アドレスの取得までにかかる時間はネットワーク環境によって異なりま
す。
取得した IP アドレスは、メニューモードの「ホシュ メニュー」 →「IP アドレス ヒョウジ」で確認す
ることができます。
・IP アドレスが取得できなかった場合や、表示された IP アドレスが以前手動設定した値の場合は、メニュー
(「手動設定の場
モードの「ショキ セッテイ」 →「IP アドレス セッテイ」 →「DHCP ジドウシュトク」
合」
(→ P.116)の手順 1 ~手順 2 参照)が「* セッテイ」になっているか確認します。
「* カイジョ」の場
合は、「* セッテイ」に変更してください(初期値は「* セッテイ」です)。
設定変更後、メニューモードを解除するとプリンタが再起動し、IP アドレスの取得を行います。
5
5
5
5
5
5
5
代表的な設定項目とその操作方法
117
TCP/IP の動作確認
TCP/IP が正常に動作しているかどうかの確認は、メニューモードの「システム インサツ」
→「セッテイ ノ インサツ」を行い、「LAN 設定」の「TCP/IP 動作状態」および「LAN
ステータス」を確認してください。
TCP/IP 動作状態
表:TCP/IP の動作状態一覧
コード
内容と処置
0
TCP/IP は正常に動作しています。
1
IP アドレス、またはサブネットマスクの設定に誤りがあります。設定内容が正し
いか確認してください。
2
DHCP により TCP/IP 構成情報を取得中です。
3
DHCP による TCP/IP 構成情報の取得要求がタイムアウトしました。
LAN ケーブルが正しく接続されているか、または DHCP サーバの電源が入ってい
るか確認してください。
4
DHCP による TCP/IP 構成情報のリース更新が拒否されました。
いったん電源を切り、再び入れてください。
5
DHCP による TCP/IP 構成情報のリース更新要求がタイムアウトしました。
LAN ケーブルが正しく接続されているか、または DHCP サーバの電源が入ってい
るか確認してください。
118
第 5 章 オペレータパネルの操作
表:TCP/IP の動作状態一覧
コード
6
5
内容と処置
IP アドレスが他のホストで使用されています。
他のホストの設定を確認し、重複していない IP アドレスを設定してください。
DHCP で IP アドレスを自動取得している場合は、電源を再度入れてください。
STP(スパニングツリープロトコル)の設定があるハブユニットを使用している場
合は、本製品を接続するポートの STP を「無効」に設定してください。
「有効」に
5
設定していると、プリンタの IP アドレスが他の装置で使用されているときに検出
できないことがあります。
9
その他不明の状態です。
考えられる主な原因に、ゲートウェイの設定に誤りがある可能性があります。
5
LAN ステータス
LAN の接続状態を「a.bbb.ccc.dd」の形式で表示します。各部の意味は次のとおりです。
表:LAN ステータス一覧
各部
5
意味
a
ネットワークに接続されているかどうかを表します。
・1:ネットワークに接続されています。
・0:ネットワークに接続されていません。LAN ケーブルが正しく接続されているか確認
してください。
bbb
プリンタのデータ転送能力を表します。
それぞれ左から、
・1 桁目…1000Base-T(0:Half/Full 無効/ 2:Full 有効)
・2 桁目…100Base-TX(0:Half/Full 無効/ 1:Half 有効/ 2:Full 有効/ 3:Half/Full 有効)
・3 桁目…10Base-T(0:Half/Full 無効/ 1:Half 有効/ 3:Half/Full 有効)
注:メニューモードの「LAN セッテイ」→「Ethernet タイプ」で設定を変更できます。
ccc
ハブなど、プリンタの接続先のデータ転送能力を表します。
それぞれ左から、
・1 桁目…1000Base-T(0:Half/Full 無効/ 1:Half 有効/ 2:Full 有効/ 3:Half/Full 有効)
・2 桁目…100Base-TX(0:Half/Full 無効/ 1:Half 有効/ 2:Full 有効/ 3:Half/Full 有効)
・3 桁目…10Base-T(0:Half/Full 無効/ 1:Half 有効/ 2:Full 有効/ 3:Half/Full 有効)
注:ハブによっては「000」と表示される場合があります。このときは、ハブのマニュア
5
5
5
5
ルで転送能力を確認してください。
dd
現在プリンタがどの転送速度で接続しているかを表します。
それぞれ左から、
・1 桁目…0:Half / 1:Full
・2 桁目…0:10Mbps / 1:100Mbps / 2:1000Mbps
注:a が 0 のときは、「--」と表示されます。
5
5
5
代表的な設定項目とその操作方法
119
セキュリティに関する設定
ここでは、本製品を使用する場合に設定できるセキュリティ機能について説明します。
・セキュリティに関するすべての機能は、「Printia LASER Internet Service」から設定することができます。
詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 8 章 Web ブラウザによるプリンタの管理(Printia LASER
Internet Service)」をご覧ください。
「サービス管理」の「インターネットサービス」を無効に設定した場合など、「Printia LASER Internet
Service」からの設定が行えないときは、オペレータパネルで設定を行ってください。
ポート/サービスの管理
ネットワークサービスと印刷や検索に使用するポートの有効/無効を設定します。
設定は、メニューモードの「ショキ セッテイ」→「LAN セッテイ」→「サービス セッ
テイ」から行います。
・各設定を無効にした場合について詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 8 章 Web ブラウザによるプ
リンタの管理(Printia LASER Internet Service)」のネットワークサービスの説明をご覧ください。
IP アドレスによるアクセス管理
プリンタにアクセスできるパソコン(IP アドレス)を制限するかしないかを設定します。設
定は、メニューモードの「ショキ セッテイ」→「LAN セッテイ」→「アクセスカンリ」
から行います。
・IP アドレスを制限する場合は、あらかじめ「Printia LASER Internet Service」のネットワークサービス設
定でアクセス許可リストの設定を行っておく必要があります。詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第
8 章 Web ブラウザによるプリンタの管理(Printia LASER Internet Service)」をご覧ください。
120
第 5 章 オペレータパネルの操作
オペレータパネルの操作制限
管理者以外のユーザーによるプリンタの設定変更を防止するために、オペレータパネルから
のメニューモードの操作をパスワード(4 桁以内の数字)で制限します。
設定は、メニューモードの「ショキ セッテイ」→「カンリ/ショキカ」→「メニューソウ
サ セイゲン」から行います。
パスワードの初期値は、
「9999」です。パスワードの変更は、メニューモードの「ショキ
セッテイ」→「カンリ/ショキカ」→「パスワード ヘンコウ」から行ってください。
「メニューソウサ セイゲン」を有効にすると、オペレータパネルでメニューモードに移行
するときにパスワードの入力を要求されます。
5
5
5
ࡂࠑࠬࡢ࡯࠻㩨‫ޓ‬
㨇㨋‫ޓޓޓ‬㨉
「
」または「
」スイッチを押してパスワードを入力する桁を選択し、「
」または「
」
スイッチで値を設定した後、「設定」スイッチを押してください。
5
・パスワードを忘れた場合は、次のいずれかの方法で対処してください。
・「Printia LASER Internet Service」で新しいパスワードを設定
「管理者モード」→「オプション情報」→「管理者情報」の「オペレータパネル操作制限のパスワード
5
の変更」で新しいパスワードを設定してください。詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 8 章
Web ブラウザによるプリンタの管理(Printia LASER Internet Service)」をご覧ください。
・オペレータパネル操作制限無効モードで起動
「メニュー」スイッチと「設定」スイッチを同時に押しながら、本製品の電源を入れると、オペレータ
パネル操作制限機能を無効にしてプリンタが起動します。この場合は、メニューモードに入る前のパス
ワード入力が必要ありません。パスワードの変更で新しいパスワードを設定し直してください。
消耗品の管理
プリンタのプロセスカートリッジなど、消耗品の警告発生履歴の保存と出力を行うことがで
きます。
5
5
5
・プロセスカートリッジの交換時期が近づいたときには印刷を停止し、通知する方法もあります。メニュー
モードの「ショキ セッテイ」→「ソノタ ノ セッテイ」→「カートリッジ ジュンビ」で「テイシ」
を選択してください。
・「Printia LASER Internet Service」の「E メール送信設定」を利用すると、消耗品や定期交換部品の交換要
求、ハードエラーの発生などを、E メールで受信することができます。
詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 8 章 Web ブラウザによるプリンタの管理(Printia LASER
Internet Service)」をご覧ください。
・添付ソフトウェアにより、パソコン上で消耗品の警告発生履歴のログを採取・管理する方法もあります
(NT/Me/98 のみ)。詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 6 章 印刷ログ/消耗品ログの確認」をご
覧ください。
5
5
■履歴の保存
履歴は最大 500 件まで自動的に保存されます。500 件以上になった場合は、古いものから順
に削除され、最新の 500 件を保存します。
代表的な設定項目とその操作方法
5
121
■履歴の出力
履歴は次の方法で出力できます。
・ レポート印刷
メニューモードの「システム インサツ」→「ショウモウヒン レポート」で消耗品履歴レポート
の印刷を行います。
消耗品履歴レポートの出力例
:.::::‫ޓ‬ᶖ⠻ຠጁᱧ࡟ࡐ࡯࠻
ⵝ⟎ᖱႎ
/#%ࠕ࠼࡟ࠬ㧦ZZZZZZZZZZZZ
41/ ᢙ‫ޓޓ‬㧦8GTZZZZ
=+&?‫✚=ޓ‬ශ೚ࡍ࡯ࠫᢙ?‫=ޓ‬#.'(឵▚ࡍ࡯ࠫᢙ?‫=ޓ‬㔚Ḯᛩ౉ᤨ㑆?‫ࠣࡠ=ޓޓޓ‬ᖱႎ?‫ⷐ=ޓޓޓޓޓ‬࿃?
::‫ޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓ‬ቯᦼ੤឵ㇱຠ‫ޓޓޓޓ‬੤឵ࠠ࠶࠻⼊๔⊒↢
::‫ޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓ‬ቯᦼ੤឵ㇱຠ‫ޓޓޓޓ‬੤឵ࠠ࠶࠻⼊๔⸃㒰
‫ޓ‬㧦
::‫ޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓࠫ࠶࡝࠻࡯ࠞޓޓޓޓ‬Ḱ஻⼊๔⊒↢
::‫ޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓ‬::::::::‫ޓޓޓޓޓޓޓ‬::::::::‫⟎ⵝޓޓޓޓ‬ኼ๮‫ޓޓޓޓޓޓ‬ኼ๮ᱷࠅ㧑
・「電源投入時間」では、電源が入れられていた累積時間が表示されます。単位は、時間に
なります。
・「Printia LASER Internet Service」による CSV ファイル出力
「管理者モード」→「オプション情報」→「消耗品履歴の保存」で CSV ファイルとして保存するこ
とができます。詳しくは、 「ソフトウェアガイド」の「第 8 章 Web ブラウザによるプリンタの管
理(Printia LASER Internet Service)」をご覧ください。
■履歴の消去
履歴は、メニューモードの「ショキ セッテイ」→「カンリ/ショキカ」→「ショウモウヒ
ンリレキショキカ」で「ジッコウ」を選択すると消去できます。
122
第 5 章 オペレータパネルの操作
第6章
使用できる用紙と保管方法
この章では、本製品で使用できる用紙とその保管方法について
説明します。
1 使用できる用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 使用できない用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 用紙保管上のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
124
129
131
123
1
使用できる用紙
本製品で使用できる用紙について、給紙方法、用紙サイズ、および用紙の種類ごと
に説明します。
給紙方法と用紙のサイズ
給紙方法と用紙サイズの関係は、次の表のとおりです。
表:給紙方法と用紙サイズ
給紙方法
給紙トレイ
タイプ
重量
普通紙/普通紙 L[注 1] 60 ~ 90g/ ㎡
横ガイドの上限線まで レター LEF、ユーザ定義サイズ
(幅 90 ~ 297 ×長さ 148 ~ 432 ㎜)
厚紙 1
91 ~ 157g/ ㎡
厚紙 2
158 ~ 216g/ ㎡
ラベル紙 1
60 ~ 90g/ ㎡
ラベル紙 2
91 ~ 135g/ ㎡
郵便はがき
190g/ ㎡
約 60 枚
OHP フィルム
―
約 75 枚
A4LEF、A4SEF、レター LEF
長尺紙
60 ~ 135g/ ㎡
1 枚ずつ手でセット
幅297
(固定)
×長さ432.1~900㎜
普通紙/普通紙 L[注 1] 60 ~ 90g/ ㎡
約 75 枚
ハガキ LEF
約 250 枚または 550 枚 A3SEF、B4SEF、A4LEF、A4SEF、
(64g/ ㎡の用紙の場合) B5LEF、A5LEF、リーガル SEF、
(再生紙含む)
厚紙 1
91 ~ 157g/ ㎡
厚紙 2
158 ~ 216g/ ㎡
OHP フィルム
―
拡張給紙ユニット 普通紙/普通紙 L[注 1] 60 ~ 90g/ ㎡
(オプション)
(再生紙含む)
注1
サイズ
A3SEF、B4SEF、A4LEF、A4SEF、
(64g/ ㎡の用紙の場合) B5LEF、A5LEF、リーガル SEF、
(再生紙含む)
給紙カセット
(標準)
収容枚数
約 200 枚
厚紙 1
91 ~ 157g/ ㎡
厚紙 2
158 ~ 216g/ ㎡
横ガイドの上限線まで レター LEF、ユーザ定義サイズ
(幅 90 ~ 297 ×長さ 148 ~ 432 ㎜)
約 100 枚
A4LEF、A4SEF、レター LEF
約 250 枚または 550 枚 A3SEF、B4SEF、A4LEF、A4SEF、
(64g/ ㎡の用紙の場合) B5LEF、A5LEF、リーガル SEF、
横ガイドの上限線まで レター LEF、ユーザ定義サイズ
(幅 90 ~ 297 ×長さ 148 ~ 432 ㎜)
: 普通紙 L は、薄めの普通紙/再生紙、またはカールしやすい普通紙/再生紙での印刷トラブルを軽減するために、ト
ナーの定着温度を少し低く設定します。
・用紙を大量にご購入する前に、サンプル用紙で試し印刷を行い、支障がないことを確認することをお勧め
します。
・はがきは、郵便はがきを使用してください。あらかじめ印刷されたはがきや反りのあるはがきを使用する
と、走行不良が発生することがあります。
・ラベル紙、郵便はがき、長尺紙は、給紙トレイからのみ印刷できます。
・ラベル紙を印刷する場合は、ラベル紙の重量に応じて、プリンタドライバで「用紙種類」の設定を切り替
えてください。重量が 60 ~ 90g/ ㎡の場合は「ラベル紙 1」を、91 ~ 135g/ ㎡の場合は「ラベル紙 2」を
選択してください。
・プリンタドライバおよびオペレータパネルで設定した用紙のサイズと、実際に使用する用紙のサイズは、
必ず一致させてください。異なるサイズの用紙に印刷した場合、本製品が故障するおそれがあります。
・A4 LEF より長い用紙を使用した場合、耐用期間は A4 LEF 印刷時の半分程度が目安となります。
124
第 6 章 使用できる用紙と保管方法
・厚紙を印刷する場合は、厚紙の重量に応じて、プリンタドライバで「用紙種類」の設定を切り替えてくだ
さい。重量が 91 ~ 157g/ ㎡の場合は「厚紙 1」を、158 ~ 216g/ ㎡の場合は、
「厚紙 2」を選択してください。
指でこすると、印字がはがれることがありますので、
「普通紙」または「普通紙 L」は選択しないでください。
・OHP フィルムを印刷する場合、プリンタドライバの用紙サイズと給紙方向の設定は、「A4LEF、A4SEF、
レター LEF」のいずれかを選択してください。
・ユーザ定義サイズ用紙および長尺紙に印刷する場合は、プリンタドライバの用紙サイズ設定を、それぞれ
「ユーザ定義サイズ」
「長尺紙」にしてください。印刷する用紙とプリンタドライバで設定した用紙サイズ
が異なっていると、本製品が故障するおそれがあります。
・ユーザ定義サイズ用紙に印刷する場合は、用紙の幅と長さの組み合わせにより、印刷速度が異なります。
詳しくは、「ユーザ定義サイズの用紙を印刷する場合の印刷速度」(→ P.184)をご覧ください。
・幅が 297 ㎜未満の長尺紙は絶対に使用しないでください。本製品が故障するおそれがあります。
・OHP フィルム、ラベル紙、郵便はがきは拡張給紙ユニットから印刷できません。
・用紙の種類やサイズを頻繁に変更する場合は、給紙トレイをご使用ください。
・再生紙を使用する場合は、次の点にご注意ください。
・湿度が高い環境では用紙が吸湿するため、印刷時に紙詰まりやシワ、折れ、印字乱れなどが発生する場
合があります。高湿度環境下では、包装紙から必要な分だけ用紙を取り出して使用してください。
また、夜間/休日などのプリンタ停止時は、給紙カセット/給紙トレイに用紙を放置しないでください。
プリンタから用紙を取り出して包装紙に戻し、密閉して保管してください。
・「再生紙」は銘柄によって吸湿の傾向が異なります。特に、夏場の空調が入らないような高温・高湿環
境で使用する場合は、事前に同様の環境で充分な確認を行ったうえで、銘柄を選定してください。
・ユーザ定義サイズ用紙の印刷において、シワ/斜行/角折れ/二重送り/紙詰まりなどが発生する場合
があります。印刷する前に、用紙のカール/反りを直してから用紙をセットしてください。
また、高温/高湿環境や低温/低湿環境を避けて、保管/運用してください。
・用紙の状態によっては、紙詰まりやシワ/カールが発生する場合があります。
次のように対処することで軽減できる場合がありますので、お試しください。改善されない場合は、
「用
紙保管上のご注意」(→ P.131)をご確認ください。
1. 印刷方向を変えてみる(90°または 180°)。
2. 用紙を裏返して印刷する面を変えてみる。
3. プリンタドライバの「用紙種類」の設定を「普通紙 L」
(トナーの定着温度を少し低くする設定)に
してみる。
・A4LEF、B5、A5 など、LEF(横送り方向)にセットする場合は「横目」の用紙をお勧めします。
A4SEF、B4、A3 など、SEF(縦送り方向)にセットする場合は「縦目」の用紙をお勧めします。
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
使用できる用紙
125
使用できる用紙の種類
普通紙
本製品では、PPC 用紙および普通紙を使用できます。本製品での印刷に適した普通紙の仕様
について、次の表でご確認ください。
一般の市販品には、本製品に適さないものもあります。できるだけサプライ用紙をご使用く
ださい。サプライ用紙について詳しくは、「サプライ品一覧」(→ P.194)をご覧ください。
表:推奨する普通紙の仕様
項目
推奨仕様[注 1]
測定方法
坪量
-
64 ~ 68g/ ㎡
連量
-
55 ~ 58 ㎏
紙厚
JIS P-8118
88 ~ 94μm
密度
-
0.68 ~ 0.74g/cm³
平滑度
JIS P-8119
表:23 ~ 47 秒、裏:20 ~ 37 秒
剛度
JIS P-8143
縦:70 ~ 123cm³/100、横:28 ~ 60cm³/100
水分
JIS P-8127
4 ~ 5%
摩擦係数
JIS P-8147
静止:0.45 ~ 0.75、動:0.40 ~ 0.70
紙質
-
中性紙
すき目方向
-
縦(用紙搬送方向)
注1
: 開封直後の用紙を常温常湿環境(23 ℃、50%RH)で測定した値
プレプリント紙、カラー紙
カラー紙の着色顔料やプレプリント用のインクは、耐熱性で 230 ℃でも変質せず、紙質は普
通紙と同等のものを使用してください。プレプリント用紙に耐熱性の低いインクを使用した
場合やインクが乾いていない状態で用紙を使用した場合、インクが本製品の定着器、感光ド
ラムおよびローラなどに付着し、印字品質の低下、紙詰まり、装置破損の原因となります。
また、インクや紙粉の影響により、用紙搬送/印刷/定着に関係する部品が汚損/変質/摩
耗する場合があります。定期的に清掃、または部品の交換を行ってください。
・金属混入インク、導電性インク、コールドセットインク、ラバーベースインクで印刷された用紙は絶対に
使用しないでください。
・印刷枠を設ける場合、次の印刷位置のバラツキを充分考慮に入れて設計してください。
・位置精度:A4 サイズで± 2 ㎜程度(普通紙推奨用紙の場合)
・用紙の傾き:100 ㎜あたり± 1 ㎜程度(普通紙推奨用紙の場合)
・画像の伸縮:100 ㎜あたり± 1 ㎜程度(普通紙推奨用紙の場合)
[注]:普通紙推奨用紙以外の用紙では、バラツキはより大きくなります。
126
第 6 章 使用できる用紙と保管方法
長尺紙
・ 縦や横に長いデータ(900 ㎜の長さまで)を印刷することができます。印刷は Printia XL
ドライバのみ使用可能です。
・ 長尺紙は、給紙トレイからのみ印刷できます。
6
給紙トレイに用紙をセットする方法は、「給紙トレイにセットする」(→ P.70)をご覧ください。
・ 長尺紙は、サプライ用紙をご使用ください。サプライ用紙以外を使用した場合は、シワ、
印刷ずれ、定着不良、および汚れが発生することがあります。
6
サプライ用紙について詳しくは、「サプライ品一覧」(→ P.194)をご覧ください。
・ 長尺紙の全領域(全長)に印刷すると、印刷内容の下端(用紙方向:縦の場合)、または
左端(用紙方向:横の場合)が欠けることがあります。その場合は、下端(用紙方向:縦
の場合)、または左端(用紙方向:横の場合)余白を増やして印刷してください。
・幅が 297 ㎜未満の長尺紙は絶対に使用しないでください。本製品が故障するおそれがあります。
・アプリケーションによっては長尺紙に印刷できない場合があります。
・長尺紙に印刷する場合は、下端(用紙方向:縦の場合)、または左端(用紙方向:横の場合)余白を充分
に(10 ㎜以上)とって印刷してください。全領域(全長)に印刷すると、下端が欠けることがあります。
・用紙サイズスイッチは「パネルで設定」に合わせてください。
・長尺紙は、1 枚ずつセットしてください。
・長尺紙をセットするときは、次の図のように手で支えてください。
6
6
6
6
6
・長尺紙に印刷する場合は、プリンタドライバの用紙サイズ設定を、
「長尺紙」にしてください。設定した
用紙のサイズと、実際に使用する用紙のサイズは、必ず一致させてください。異なるサイズの用紙に印刷
した場合、本製品が故障するおそれがあります。
・印刷が始まったら、長尺紙に無理な力を加えないでください。紙詰まりの原因になります。また、排紙口
から出てくる長尺紙は次の図のように手で支えてください。
6
6
6
6
使用できる用紙
127
郵便はがき
郵便はがきは、郵便局から発売されている通常はがきをご使用ください(ただし、絵入りは
がき、インクジェット用はがきは除く)。はがきに印刷するときは、文章面→宛名面の順に
片面ずつ印刷してください(両面印刷機能には、対応していません)。
宛名面→文章面の順で印刷すると、はがきの反りの影響できれいに印刷できないことがあり
ます。反りがあるときは上向きに約 2 ㎜以内の反りになるように修正してから印刷してくだ
さい。
1. ᢥ┨㕙ࠍශ೚
2. ෻ࠅ߇޽ࠆߣ߈ߪ
‫ୃޓ‬ᱜ
ᢥ
┨
㕙
3. ተฬ㕙ࠍශ೚
෻
ࠅ
ࠍ
ୃ
ᱜ
郵便はがきをセットするときは、次の点に留意してください。
・ 印刷面を上にしてセットしてください。
・ 給紙トレイに横送り(
LEF)でセットしてください。
・ 使用するアプリケーションの設定内容と印刷方向に合わせて郵便はがきをセットしてく
ださい。試し印刷で方向を確認されることをお勧めします。
OHP フィルム
定着時の熱(約 230 ℃)で溶けたり、変質したりしないものを使用してください。
本製品で使用できる OHP フィルムについては、
「サプライ品一覧」
(→ P.194)をご覧ください。
・OHP フィルムは、給紙カセット(標準)および給紙トレイで印刷できます。
ラベル紙
ツルツルした台紙面が表面になく、台紙全体がラベルで覆われているレーザプリンタ用のも
のを使用してください。また、粘着剤が定着時の熱(約 230 ℃)で溶けたり変質したりしな
いものを使用してください。
本製品で使用できるラベル紙については、「サプライ品一覧」(→ P.194)をご覧ください。
・OHP フィルムやラベル紙を使用するときは、レーザプリンタ用のものをご購入ください。市販品の中に
は本製品に適さないものがありますので、試し印刷などで確認したうえで使用してください。
・ラベル紙は、給紙トレイからのみ印刷できます。
128
第 6 章 使用できる用紙と保管方法
2
使用できない用紙
6
次の用紙は、本製品では使用できません。
本製品で使用できない用紙
次の用紙は、紙詰まりを起こしたり、本製品の故障の原因となったり、またはきれいに印刷
できなかったりしますので、使用しないでください。
・ 厚すぎる用紙や、薄すぎる用紙
・ 湿っている用紙や、濡れている用紙
・ 一度印刷された用紙
・ 貼り合わせた用紙や、糊などが付いている用紙
・ 反り、シワ、折り目のある用紙や、破れている用紙
・ カールしている用紙
・ 静電気で密着している用紙
・ 長方形以外の用紙や、バインダー用の穴またはミシン目のある用紙
・ 表面を加工、または特殊なコーティングを行った用紙(感熱紙、カーボン紙、メールシー
ル紙など)
・ 大量のタルク成分を含んだ用紙(オフセット印刷用の用紙など)や酸性紙(中性紙を使
用してください)
・ 用紙の全面または大部分にあらかじめ印刷されているプレプリント用紙
・ インクに導電材料(金属、カーボンなど)を使用したり、230 ℃の熱でガスが発生したり
するインクを使用したプレプリント用紙
・ 230 ℃の熱で溶けたり、変質したりする用紙
・ ステープラ、クリップ、リボン、テープなどが付いている用紙
・ ざら紙や繊維質の多い用紙など、表面がなめらかでない用紙
・ 裁断部のバリが大きい用紙
・ 紙粉の多い用紙
・ インクジェット専用紙、インクジェット用 OHP フィルム、インクジェット用はがき
・ カラーページプリンタ用の OHP フィルム、長尺紙
・ 封筒
・ 台紙全体がラベルで覆われてなく、かつレーザプリンタ用以外のラベル紙
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
使用できない用紙
129
両面印刷で使用できない用紙
次の用紙は両面印刷では使用できません。
・ 厚紙(91g/ ㎡~ 216g/ ㎡)
、OHP フィルム、ラベル紙、ユーザ定義サイズ用紙、長尺紙、
郵便はがき
給紙カセットで使用できない用紙
ラベル紙、郵便はがき、長尺紙は、給紙カセットでは使用できません。給紙トレイを使用し
てください。
130
第 6 章 使用できる用紙と保管方法
3
用紙保管上のご注意
6
用紙は水分を吸収しやすい特性をもっているため、非常に変化しやすいものです。
製造条件を厳重に管理して製造した用紙でも、保管状態が悪いと品質が損なわれ、
印刷品質や紙送りなどに悪い影響を与えます。次の保管上の注意事項を守って、最
良の状態に保ってください。
保管場所
6
6
用紙は次のような場所に保管してください。
・ 暗く、湿気の少ない、平らな書棚のような場所
・ 平らなパレットの上
・ 温度 20 ℃、湿度 50%RH の環境
6
■保管場所として適さない場所
次のような場所は避けてください。
・ 床の上(直接置く)
・ 直射日光の当たる場所
・ 外壁の内側の近く
・ 段差や、曲がりのある場所
・ 静電気が発生する場所
・ 過度の温度上昇と、急激な温度変化のある場所
・ 複写機、空調機、ヒーター、ダクトの近く
6
6
保管方法
次のような状態で保管してください。
・ 開封後の残りの用紙は、ほこりが付かないよう、包装してあった紙に包む
・ 本製品を長期間にわたり使用しないときは、給紙カセットや給紙トレイから用紙を抜き
取り、包装してあった紙に包む
6
6
・長時間放置した用紙を使用した場合、次のような現象が発生し、うまく印刷できない場合があります。
・印刷した用紙が丸まり、排出不良となる
・印刷した用紙にシワが発生する
・紙詰まりが発生する
・再生紙を使用する場合は、次の点にご注意ください。
・湿度が高い環境では用紙が吸湿するため、印刷時に紙詰まりやシワ、折れ、印字乱れなどが発生する場
合があります。高湿度環境下では、包装紙から必要な分だけ用紙を取り出して使用してください。
また、夜間/休日などのプリンタ停止時は、給紙カセット/給紙トレイに用紙を放置しないでください。
プリンタから用紙を取り出して包装紙に戻し、密閉して保管してください。
・「再生紙」は銘柄によって吸湿の傾向が異なります。特に、夏場の空調が入らないような高温・高湿環
境で使用する場合は、事前に同様の環境で充分な確認を行ったうえで、銘柄を選定してください。
6
6
6
用紙保管上のご注意
131
Memo
132
第7章
こんなときには
この章では、故障が発生したと思われるとき、紙詰まりのとき、
各種メッセージが表示されたときの対処方法について説明しま
す。
1
2
3
4
紙詰まりになったとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
故障かなと思ったとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷品質が低下したとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メッセージ一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
134
153
157
163
133
1
紙詰まりになったとき
紙詰まりが発生したときの対処方法は、次のとおりです。
紙詰まり発生時の状態と発生場所
発生時の状態
紙詰まりが発生するとメッセージランプが点灯し、液晶ディスプレイに「カミヅマリ」と表
示されます。また、エラーメッセージには、
「キュウシトレイ」
「プリンタナイブ」などのよ
うに紙詰まりが発生した場所も表示されます。
紙詰まりに関するエラーメッセージと対処時の参照先については、次の表をご覧ください。
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
2200 カミヅマリ
キュウシトレイ
2201 カミヅマリ
カセット 1
2202 カミヅマリ
カセット 2
参照先
・「給紙トレイで詰まった用紙を取り除く」
(→ P.139)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
・「給紙カセット付近で詰まった用紙を取り除く」
(→
P.136)
・「給紙トレイで詰まった用紙を取り除く」
(→ P.139)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
2203 カミヅマリ
カセット 3
2210 カミヅマリ
「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
プリンタナイブ
2211 カミヅマリ
プリンタナイブ
・「給紙トレイで詰まった用紙を取り除く」
(→ P.139)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
2212 カミヅマリ
キュウシトレイ ヲ ヒキダス
2213 カミヅマリ
リョウメン ユニット
2221 カミヅマリ
ハイシグチ
2222 カミヅマリ
ハイシグチ
2223 カミヅマリ
ハイシグチ
134
第 7 章 こんなときには
・「給紙トレイで詰まった用紙を取り除く」
(→ P.139)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
・「両面ユニットに詰まった用紙を取り除く」
(→ P.151)
・「定着器付近で詰まった用紙を取り除く」
(→ P.142)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
参照先
2232 カミヅマリ
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
・「両面ユニットに詰まった用紙を取り除く」
(→ P.151)
リョウメン ユニット
7
2233 カミヅマリ
リョウメン ユニット
7
2234 カミヅマリ
リョウメン ユニット
2312 ヨウシノコリ
プリンタナイブ/リョウメン
[注]
「/リョウメン」は両面ユニットを取り付けている場合
2321 ヨウシノコリ
ハイシグチ
2333 ヨウシノコリ
リョウメン ユニット
・「定着器付近で詰まった用紙を取り除く」
(→ P.142)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
・「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)
・「両面ユニットに詰まった用紙を取り除く」
(→ P.151)
7
発生場所
次の図の
7
で囲まれた位置で、紙詰まりが発生する可能性があります。
਄ㇱ䉦䊋䊷
䊒䊨䉶䉴䉦䊷䊃䊥䉾䉳
7
⢛㕙䉦䊋䊷
7
⛎⚕䊃䊧䉟
ਔ㕙䊡䊆䉾䊃䉦䊋䊷
⛎⚕䉦䉶䉾䊃
7
㶎䉫䊧䊷䈪Ⴃ䉌䉏䈩䈇䉎ㇱಽ䈲䉥䊒䉲䊢䊮ຠ䈪䈜䇯
紙詰まりを防ぐために
7
紙詰まりを防ぐため、次の点を確認してください。
・ プリンタを水平に設置する
・ 適切な用紙を使用する
・ 給紙カセットや給紙ユニットに用紙を正しくセットする
・ カールしていない用紙を使用する
・ 給紙カセットを奥に突き当たるまで、しっかりと押し込む
・ A4 サイズの場合は、用紙をセットする向きを変えてみる
7
A4 サイズであれば、LEF(横送り方向)と SEF(縦送り方向)を変更することで紙詰まりが改善さ
れる場合があります。ただし、SEF に変更すると、LEF に比べて製品の耐用期間が短くなったり、
定期交換部品やプロセスカートリッジの交換時期が早くなったりする場合があります。
7
・ セット方向に適した用紙を使用する
A4LEF、B5、A5 など、LEF(横送り方向)にセットする場合は「横目」の用紙をお勧めします。
A4SEF、B4、A3 など、SEF(縦送り方向)にセットする場合は「縦目」の用紙をお勧めします。
7
紙詰まりになったとき
135
詰まった用紙の取り除き方
オペレータパネルで紙詰まりが発生した場所を確認し、以降で説明する部位ごとの取り除き
方をご覧になり、詰まった用紙を取り除いてください。
詰まった用紙をすべて取り除いてカバーを閉じると、印刷可能状態になり、紙詰まりが発生
したページから印刷が再開されます。
・詰まった用紙を取り除いてカバーを閉じてもメッセージが消えないときは、用紙がまだ残っています。再
度点検して、詰まった用紙を完全に取り除いてください。
・詰まった用紙を取り除いた後に、必ず上部カバーを一度開き、内部に紙が残っていないことを確認します。
その後、上部カバーを閉じてください。
・用紙は破れないようゆっくりと取り除いてください。
・上部カバーを開くと、オペレータパネルのメッセージが「0006 カバーオープン ウエ / ハイメンカバー」
と表示されます。上部カバーを開く前に紙詰まりのエラーメッセージ内容を確認してください。
また、上部カバーを閉じると、エラーメッセージ内容が変わる場合があります。
・詰まった用紙を取り除いたり故障処置を行ったりするときは、次の点に注意してください。
ネックレスやネクタイなどを身に着けていると、プリンタ内部に巻き込まれ、けがの原因になる
ことがあります。必ず外してから操作してください。
プリンタの突起部分などに触れないように注意してください。けがの原因になることがあります。
・詰まった用紙を取り除くときは、プリンタ内部に紙片が残らないようすべて取り除いてください。
紙片が残ったままになっていると火災などの原因になることがあります。
なお、定着器やローラ部に用紙が巻き付いているときには無理に取らないで、
「ハードウェア修理
相談センター」
(→ P.200)にご連絡ください。
給紙カセット付近で詰まった用紙を取り除く
給紙カセット付近で詰まった用紙は、次の手順で取り除きます。
1
136
カセットを本体から引き抜きます。
第 7 章 こんなときには
2
カセット内にシワのある用紙があれば取り除きます。
セットしてある用紙が乱れている場合は、整えてください。
7
7
7
3
プリンタの奥に詰まった用紙がないか確認します。
7
詰まった用紙はゆっくりと引き抜きます。
7
7
7
・長い用紙が詰まった場合、詰まった用紙にトナーが未定着のまま残っていることがありま
す。そのため、給紙トレイ、給紙カセット側から詰まった用紙を引き抜くと、用紙搬送
ローラなどがトナーで汚れる場合があります。
長い用紙が詰まった場合は、
「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)の手
順 7(→ P.148)をご覧になり、プリンタ内部からロールを回して用紙を取り除いてくだ
さい。
・オプションの拡張給紙ユニットを取り付けている場合は、すべてのカセットを引き抜いて
確認してください。
・手を入れる部分が狭くて手が入らない場合は、給紙トレイも引き抜いてください。給紙ト
レイの引き抜き方は、
「給紙トレイで詰まった用紙を取り除く」
(→P.139)をご覧ください。
7
7
7
7
紙詰まりになったとき
137
4
5
カセットを、プリンタの奥に突き当たるまでしっかりと押し込みます。
上部カバーを開いてプロセスカートリッジを取り外し、内部に用紙が残っ
ていないことを確認して閉じます。
・トナーで汚さないよう、取り出したプロセスカートリッジを置く場所には、あらかじめ紙
などを敷いておいてください。
・上部カバーを開くと、オペレータパネルのメッセージが「0006 カバーオープン ウエ / ハ
イメンカバー」と表示されます。
また、上部カバーを閉じると、エラーメッセージ内容が変わる場合があります。
138
第 7 章 こんなときには
給紙トレイで詰まった用紙を取り除く
7
給紙トレイで詰まった用紙は、次の手順で取り除きます。
1
セットされている用紙を取り出します。
7
7
7
7
2
給紙トレイを引き抜きます。
1. 両側のくぼみの部分を持ちながら、給紙トレイを途中で止まる位置まで引き出します。
7
7
7
7
7
7
紙詰まりになったとき
139
2. 給紙トレイを持つ手の位置を、図のように持ち替えて引き抜きます。
・給紙トレイを引き抜かなくても、詰まった用紙を取り除ける場合もあります。
3
本体の奥に詰まった用紙がないか確認します。
詰まった用紙はゆっくりと引き抜きます。
・長い用紙が詰まった場合、詰まった用紙にトナーが未定着のまま残っていることがありま
す。そのため、給紙トレイ、給紙カセット側から詰まった用紙を引き抜くと、用紙搬送
ローラなどがトナーで汚れる場合があります。
長い用紙が詰まった場合は、
「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)の手
順 7(→ P.148)をご覧になり、プリンタ内部からロールを回して用紙を取り除いてくだ
さい。
・用紙が破れた場合は、紙片が残っていないかどうかを確認してください。
140
第 7 章 こんなときには
4
給紙トレイを本体に取り付けます。
1. 給紙トレイを次の図のように持ち、挿入します。
7
7
7
2. 給紙トレイの両側にあるくぼみの部分を持ち、プリンタの奥に突き当たるまでしっか
りと押し込みます。
7
7
7
7
7
7
7
7
紙詰まりになったとき
141
定着器付近で詰まった用紙を取り除く
定着器付近で詰まった用紙は、次の手順で取り除きます。
1
排紙トレイに用紙がある場合は取り除きます。
2
上部カバーを開きます。
3
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、ゆっくり引き上げます。
上部カバー
取っ手
・トナーで汚さないよう、取り出したプロセスカートリッジを置く場所には、あらかじめ紙
などを敷いておいてください。
142
第 7 章 こんなときには
4
背面カバーを開きます。
XL-9311 の場合は、背面カバーを開くレバーを上げて開きます。
7
7
レバー
7
・両面ユニットを取り付けている場合は、
「両面ユニットに詰まった用紙を取り除く」
(→
P.151)をご覧になり、両面ユニットのカバーを開いてから、背面カバーを開いてください。
・背面カバーを開くと、オペレータパネルのメッセージが「0006 カバーオープン ウエ / ハ
イメンカバー」と表示されます。
また、背面カバーを閉じると、エラーメッセージ内容が変わる場合があります。
5
印の付いたレバーを手前に下げ、詰まっている用紙があれば取り除きます。
7
7
途中で用紙が破れている場合は、紙片が残っていないかどうかを確認してください。
7
7
7
・
印の付いたレバーは、手を離すと元の位置に戻ります。
左右にある緑色のレバーは、下がった状態にしておいてください。
左右にあるオレンジ色のレバーは、上がった状態にしておいてください。
・長い用紙が詰まった場合、詰まった用紙にトナーが未定着のまま残っていることがありま
す。そのため、定着器から詰まった用紙を引き抜くと、定着器がトナーで汚れる場合があ
ります。
長い用紙が詰まった場合は、上部カバーを開いてプロセスカートリッジを取り外し、プリ
ンタ内部から用紙を引き抜いてください。
・定着器は高温になっています。直接触れるとやけどすることがありますので、充分に注意
してください。
紙詰まりになったとき
7
7
7
143
6
7
8
背面カバーを閉じます。
内部に用紙が残っていないことを確認します。
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、プリンタ内部の溝に静かに挿入し
ます。
取っ手を下に押し、所定の位置にセットしてください(手ごたえがあるまで押し込んでく
ださい)。
取っ手
9
上部カバーを閉じます。
上部カバー
144
第 7 章 こんなときには
プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く
7
プリンタ内部に詰まった用紙は、次の手順で取り除きます。
1
カセットを本体から引き抜きます。
7
7
7
2
7
給紙トレイを本体から引き抜きます。
■ 給紙トレイを開いていない場合
給紙トレイ引き抜き用取っ手を持ち、引き抜きます。
7
7
7
取っ手
7
7
7
紙詰まりになったとき
145
■ 給紙トレイを開いている場合
1. 両側のくぼみの部分を持ちながら、給紙トレイを途中で止まる位置まで引き出します。
2. 給紙トレイを持つ手の位置を、図のように持ち替えて引き抜きます。
・給紙トレイを引き抜かなくても、詰まった用紙を取り除ける場合もあります。
3
146
本体の奥に詰まった用紙がないか確認します。
詰まった用紙はゆっくりと引き抜きます。
第 7 章 こんなときには
4
・長い用紙が詰まった場合、詰まった用紙にトナーが未定着のまま残っていることがありま
す。そのため、給紙トレイ、給紙カセット側から詰まった用紙を引き抜くと、用紙搬送
ローラなどがトナーで汚れる場合があります。
長い用紙が詰まった場合は、
「プリンタ内部に詰まった用紙を取り除く」
(→ P.145)の手
順 7(→ P.148)をご覧になり、プリンタ内部からロールを回して用紙を取り除いてくだ
さい。
7
・オプションの拡張給紙ユニットを取り付けている場合は、すべてのカセットを引き抜いて
確認してください。
・用紙が破れた場合は、紙片が残っていないかどうかを確認してください。
7
排紙トレイに用紙がある場合は取り除きます。
7
7
7
7
5
7
上部カバーを開きます。
上部カバー
7
7
7
7
紙詰まりになったとき
147
6
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、ゆっくり引き上げます。
取っ手
・トナーで汚さないよう、取り出したプロセスカートリッジを置く場所には、あらかじめ紙
などを敷いておいてください。
7
プロセスカートリッジを取り出した奥を確認し、詰まっている用紙や破れ
た紙片が残っていたら、取り除きます。
用紙がきつくはさまっている場合は、下図の位置にあるロールを回してください。
用紙がたるみ、簡単に取り除くことができます。
ロールを回しにくい場合は、給紙トレイを外すと回しやすくなります。
ロール
・長い用紙が詰まった場合、詰まった用紙にトナーが未定着のまま残っていることがありま
す。そのため、給紙トレイ、給紙カセット側から詰まった用紙を引き抜くと、用紙搬送
ローラなどがトナーで汚れる場合があります。
長い用紙が詰まった場合は、プリンタ内部からロールを回して用紙を取り除いてくださ
い。
148
第 7 章 こんなときには
8
給紙トレイを本体に取り付けます。
1. 給紙トレイを次の図のように持ち、挿入します。
7
7
7
2. 給紙トレイの両側にあるくぼみの部分を持ち、プリンタの奥に突き当たるまでしっか
りと押し込みます。
7
7
7
7
9
カセットを、本体の奥に突き当たるまでしっかりと押し込みます。
7
7
7
7
紙詰まりになったとき
149
10
プロセスカートリッジの取っ手を持ち、プリンタ内部の溝に静かに挿入し
ます。
取っ手を下に押し、所定の位置にセットしてください(手ごたえがあるまで押し込んでく
ださい)。
取っ手
11
上部カバーを閉じます。
上部カバー
150
第 7 章 こんなときには
両面ユニットに詰まった用紙を取り除く
7
両面ユニットに詰まった用紙は、次の手順で取り除きます。
排紙口付近に詰まった用紙を取り除く
排紙口を確認し、詰まっている用紙を取り除きます。
用紙が破れた場合は、紙片が残っていないかどうかを確認してください。
7
7
7
7
両面ユニットのカバー内に詰まった用紙を取り除く
1
両面ユニットの左側面上部にあるレバーを上げてロックを外し、両面ユ
ニットのカバーを開きます。
7
7
7
7
7
・両面ユニットのカバーを開くと、オペレータパネルに「0023 カバーオープン リョウメ
ンカバー」というエラーメッセージが表示されます。
また、両面ユニットのカバーを閉じると、エラーメッセージの内容が変わる場合がありま
す。
紙詰まりになったとき
7
151
152
2
カバー内部を確認し、詰まっている用紙があれば取り除きます。
3
両面ユニットのカバーを閉じます。
用紙が破れた場合は、紙片が内部に残っていないかどうかを確認してください。
第 7 章 こんなときには
2
故障かなと思ったとき
7
故障かなと思っても、故障ではないことがよくあります。まず、次の各項目をご確
認ください。
7
・パソコンのアプリケーションからの印刷時やネットワーク経由で使用時のトラブルについては、 「ソフ
トウェアガイド」の「第 9 章 こんなときには」をご覧ください。
表:確認項目
こんなとき
よくある例
ここをお調べください
参照先
電源が入らない ・電源コードの抜け
・電源コードを確実に差し込み、電源 ・「安全上のご注意」
(→
・停電
が入っている(「|」側に倒れてい P.6)
電源を入れても ・コンセントに問題あり
る)ことを確認してください。
・ 『設置ガイド』
すぐに切れる ・電圧が違う
・他の電気製品が動作することを確認 ・「各 部 の 名 称 と 機 能」
・プリンタ背面の漏電ブレーカース してください。
(→ P.20)
イッチが「OFF」になっている。
・コンセントの電圧を調べてくださ
い。
・プリンタ背面の漏電ブレーカース
イッチが「ON」になっていることを
確認してください。
「OFF」になって
いる場合は、
「ハードウェア修理相談
センター」(→ P.200)にご連絡くだ
さい。
印刷されない
正しい用紙を
セットしている
のに、エラーが
表示される
7
・プリンタの電源が入っていない。
・LAN ケーブル、パラレルケーブル、・ 『設置ガイド』
・LAN ケーブル、パラレルケーブル、 プリンタUSBケーブルが外れていな ・「LAN ケーブル接続の
プリンタUSBケーブルが抜けている。 いか確認してください。
場合」
(→ P.30)
・オンライン状態でない。
・「オンライン」ランプが点灯し、
「オ ・「パラレルケーブル接
ンライン」と表示されていることを 続の場合」
(→ P.33)
確認してください。
・「プリンタ USB ケーブ
ル 接 続 の 場 合」(→
P.36)
A4 サイズの用紙をセットしているの ・Printianavi機能を利用してプリンタの ・ 「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
に、プリンタがレターサイズと認識し、 状態を表示し、カセットの用紙サイ イド」
・「用 紙 を セ ッ ト す る」
用紙サイズ不一致のエラーが表示され ズを確認してください。
・カセットの縦/横ガイドのクリップ (→ P.60)
る。
が正しくセットされているか確認し
てください。
オペレータパネ オペレータパネルの操作が制限されて オペレータパネルの操作制限を解除 「オペレータパネルの操
ルのスイッチが いる。
してください。
作制限」
(→ P.121)
機能しない
オペレータパネ ・スイッチを確実に押していない。
スイッチの中央部をしっかり押して 「オペレータパネルの操
ルのスイッチが ・プリンタの状態で効かないスイッチ ください。
作」
(→ P.97)
ときどき機能し がある。
ない
7
7
7
7
7
7
7
7
故障かなと思ったとき
153
表:確認項目
こんなとき
異常音がする
よくある例
ここをお調べください
参照先
・プリンタ内部に用紙くずやクリップ ・プリンタ内部を点検してください。 ・「用 紙 を セ ッ ト す る」
などの異物がある。
・給紙カセットを完全に装着してくだ (→ P.60)
・給紙カセットの装着が不完全。
さい。
・「紙詰まりになったと
・両面ユニットの装着が不完全。
・両面ユニットを完全に装着してくだ き」
(→ P.134)
さい。
・「両面ユニットの取り
付け」
(→ P.47)
用紙が傾く、外 ・用紙が正しくセットされていない。 それぞれの状態をよく確認し、適切な ・「安全上のご注意」
(→
れる、破れる、詰 ・用紙が適切でない。
処置を行ってください。用紙やプリン P.6)
まる
・プリンタが水平でない。
タの設置状態に異常がなければ、紙送 ・「使用できる用紙と保
・紙送りローラが汚れている。
りローラが汚れていないか確認して 管方法」
(→ P.123)
・一度印刷された用紙を使用している。 ください。
・「プ リ ン タ を 清 掃 す
・裏紙を使用している。
る」
(→ P.83)
・給紙トレイや給紙カセットの用紙ガ
イドが正しくセットされていない。
それぞれの状態をよく確認し、適切な
用紙が二重送り ・用紙どうしがくっついてしまう。
される
・紙送りローラが汚れている。
処置を行ってください。
・一度印刷された用紙を使用している。 ・用紙をよくさばいてください。
・ラベル紙の場合は 1 枚ずつセットし
・裏紙を使用している。
て印刷してください。
・紙送りローラが汚れていないか確認
してください。
・「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
・「使用できる用紙と保
管方法」
(→ P.123)
・「プ リ ン タ を 清 掃 す
る」
(→ P.83)
紙詰まりが発生 ・用紙がくっつきやすい。
それぞれの状態をよく確認し、適切な ・「安全上のご注意」
(→
した
・用紙が正しくセットされていない。 処置を行ってください。
P.6)
・用紙が適切でない。
・用紙のセット方向を確認してくださ ・「使用できる用紙と保
・プリンタが水平でない。
い(A4 は横送り、縦送りの両方で 管方法」
(→ P.123)
・紙送りローラが汚れている。
・「紙詰まりになったと
セットできます)。
・一度印刷された用紙を使用している。 B5、A5、レターサイズの用紙は、横 き」
(→ P.134)
・裏紙を使用している。
・「プ リ ン タ を 清 掃 す
送りでセットしてください。
・印刷中に給紙カセットを引き抜い A3、B4、リーガルサイズの用紙は、 る」
(→ P.83)
た。
縦送りでセットしてください。
・給紙カセットが正しくセットされて ・紙送りローラが汚れていないか確認
いない。
してください。
・A4 サイズであれば、LEF(横送り方
向)と SEF(縦送り方向)を変更す
ることで改善される場合がありま
す。ただし、SEF に変更すると、LEF
に比べて製品の耐用期間が短くなっ
たり、定期交換部品やプロセスカー
トリッジの交換時期が早くなったり
する場合があります。
・A4LEF、B5、A5 など、LEF(横送り
方向)にセットする場合は「横目」
の用紙をお勧めします。A4SEF、B4、
A3 など、SEF(縦送り方向)にセッ
トする場合は「縦目」の用紙をお勧
めします。
154
第 7 章 こんなときには
表:確認項目
こんなとき
よくある例
ここをお調べください
参照先
給紙カセットの ・印刷中に電源を切った。
それぞれの状態をよく確認し、適切な ・ 『設置ガイド』
出し入れができ ・紙詰まりが発生している。
処置を行ってください。
・「紙詰まりになったと
ない
・給紙カセットのふたがずれている。 ・電源を「○」側に倒して切り、数秒 き」
(→ P.134)
・拡張給紙ユニットの固定クリップが 経過後に入れてください。
外れている、または外れかけている。 ・給紙カセットのふたは、必ず閉めて
使用してください。
・拡張給紙ユニット内に、固定クリッ
プが落ちていないか確認してくださ
い。
・拡張給紙ユニット内の固定クリップ
が外れかけていないか確認してくだ
さい。
エラーメッセー -
ジ が 表示 さ れ、
印刷されない
裏面が汚れる
それぞれの状態をよく確認し、適切な 「オペレータパネルに表
処置を行ってください。
示 さ れ る メ ッ セ ー ジ」
(→ P.163)
・プリンタ内の用紙搬送路が汚れてい 数枚テスト印刷して、汚れの薄れ具合
で、汚れがとれたかどうか判断してく
る。
ださい。
・転写ローラが汚れている。
・一度印刷された用紙を使用している。 オ ペ レ ー タ パ ネ ル で プ リ ン タ を メ
ニューモードにして、テスト印刷をし
・裏紙を使用している。
てください。
・「プ リ ン タ を 清 掃 す
る」
(→ P.83)
・「基 本 的 な 操 作 方 法」
(→ P.103)
・「使用できる用紙と保
管方法」
(→ P.123)
用紙がないのに ・ブザーが鳴らない設定にしている。 ・オペレータパネルでプリンタをメ 「基本的な操作方法」
(→
ブザーが鳴らな ・給紙トレイから用紙を補給している。 ニューモードにして、ブザーの設定 P.103)
い
値を「ON」にしてください。
・給紙トレイからの印刷時は、ブザー
は鳴りません。
プロセスカート ・他社製のプロセスカートリッジを取 ・他社製のプロセスカートリッジを使「プロセスカートリッジ
用していないか確認してください。 を交換する」
(→ P.78)
リッジを取り付 り付けている。
けても、カート ・プロセスカートリッジが故障してい ・上部カバーを開いている場合には、
上部カバーを閉じてください。
リッジなしとエ る。
純正のプロセスカートリッジを使用
ラーが表示され
していて、次のエラーメッセージが
る
表示される場合にはプロセスカート
リッジが故障しています。新しいプ
ロセスカートリッジに交換してくだ
さい。
㧷㧜㧜㧠‫࡯࡜ࠛޓࠐࠪ࠶࡝࠻࡯ࠞޓ‬
7
7
7
7
7
7
7
7
ࡊࡠ࠮ࠬࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐࡈࠗ࠶࠴
印刷開始時や印 印刷終了後、すぐに異なる用紙設定の 定着器の温度調整中であり、プリンタ -
の異常ではありません。しばらく待つ
刷中にジュンビ 印刷を開始した。
と印刷が再開されます。
と表示される
印刷中にクール ・大量に両面連続印刷した。
ダウンと表示さ ・用紙サイズが切り替わった。
れる
・A5LEF と A4LEF を交互に印刷して
いる。
定着器の温度調整中であり、プリンタ -
の異常ではありません。しばらく待つ
と印刷が再開されます。
A5LEF と A4LEF を交互に印刷してい
て表示された場合は、A4 を「SEF」
(縦
7
7
送り方向)の設定にして印刷してくだ
さい。
7
故障かなと思ったとき
155
表:確認項目
こんなとき
よくある例
・液晶ディスプ 静電気による誤作動が起きた。
レイの表示が
判読できない
・プリンタの動作
が安定しない
・ハングアップ
する
ここをお調べください
参照先
アースが正しく接続されていること 「安 全 上 の ご 注 意」(→
を確認してください。
P.6)
連続印刷にもか ・アプリケーション側で印刷処理に時 ・解像度を下げてみてください。
・ 「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
かわらず、印刷速 間がかかっている。
・他のアプリケーションと印刷速度を イド」
度が遅い(1 ペー ・定期交換部品の交換時期がきている。 比べてみてください。
・「定期交換部品につい
・定期交換キットを交換してください。 て」
(→ P.193)
ジ以下/分)
連続印刷にもか -
かわらず、印刷速
度が遅い(ユーザ
定義サイズの用
紙を使用)
プリンタの異常ではありません。
「ユーザ定義サイズの用
紙を印刷する場合の印
刷速度」
(→ P.184)
・ネットワーク ・LAN ケーブルが抜けている。
・LAN ケーブルが外れていないか確 「LAN ケーブル接続の場
に接続できな ・通信速度に適していないLANケーブ 認してください。
合」
(→ P.30)
い(オペレー ルを使用している。
・通信速度に適した LAN ケーブルを
タパネルのリ ・プリンタ、もしくはハブユニットの ご使用ください。
ンクランプが Ethernet タイプが一致していない。 ・プリンタ、またはハブユニットの
点灯しない)
Ethernet タイプを変更してください。
・ネットワーク
印刷速度が向上する場合がありま
経由での印刷
す。
速度が遅い
Ethernet タイプには速度(自動、
100Mbps、10Mbps)、双方向モード
(Full、Half)があります。
冷却ファンの回 ・大量印刷を行った。
転音が大きい ・上カバーや背面カバーを開いた。
冷却ファンは、大量印刷を行った後、 -
機内冷却のためしばらくの間(最大 25
分間)高速回転のままになることがあ
ります。また、上カバーや背面カバー
を開いたときは、高速回転します。プ
リンタの異常ではありませんので、低
速回転になるまでしばらくお待ちく
ださい。なお、高速回転中は、電源を
切らないでください。
156
第 7 章 こんなときには
3
印刷品質が低下したとき
7
印刷品質が低下したときの処置について説明します。
ここで説明する処置を行っても印刷品質が改善されない場合や、記載以外の現象が
起きた場合は、「ハードウェア修理相談センター」(→ P.200)にご連絡ください。
・プリンタを使用した直後は定着器が非常に熱くなっています。
「高温注意」ラベルが貼ってある箇
所(定着器やその周辺)には、絶対に触れないでください。やけどの原因となることがあります。
表:確認項目
こんなとき
よくある例
ここをお調べください
参照先
印刷が薄い(かすれ 印字濃度の設定が適正でない。
る、不鮮明)
印字濃度を調整してください。オペ 「オペレータパネルの
レータパネルでプリンタをメニュー 操作」(→ P.97)
モードにして、
「ソノタ ノ セッテ
イ」の「インジノウドチョウセイ」で
設定してください。
シールドガラスが汚れている。
シールドガラスを清掃してくださ 「シールドガラスの清
い。
掃」(→ P.86)
用紙が湿気を含んでいる。
新しい用紙に交換してください。
「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
プロセスカートリッジの交換時期。 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
オペレータパネルに次のメッセージ してください。
ジ を 交 換 す る」(→
が表示される。
P.78)
7
7
7
7
7
7
㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐ‫ࠐࡅࡦࡘࠐࠪޓ‬
プロセスカートリッジが劣化、また
は損傷している。
プリンタドライバで「ドット径を補 プリンタドライバの「グラフィック
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
正する」が になっている。
ス」タブにある「ドット径を補正す イド」
る」を にすると、ドット径を小さ
くして印刷します。
「ドット径を補正する」を
ださい。
7
にしてく
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
イド」
7
7
7
印刷品質が低下したとき
157
表:確認項目
こんなとき
よくある例
黒点「・」や黒い小円 使用している用紙が適切でない。
「。」が印刷される
ここをお調べください
参照先
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
トナー残量が少なくなった。
新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
ジ を 交 換 す る」(→
プロセスカートリッジが劣化、また してください。
P.78)
は損傷している。
定期交換キットの交換時期。
オペレータパネルに表示されている 「定期交換部品につい
オペレータパネルに次のメッセージ 定期交換キットを交換してくださ て」(→ P.193)
が表示される。
い。
㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄
࠹ࠗࠠࠦ࠙ࠞࡦࠠ࠶࠻
紙詰まりした用紙に未定着のトナー オペレータパネルでプリンタをメ ・「オペレータパネル
が付着していたため、紙送りローラ、 ニューモードにして、テスト印刷を の操作」(→ P.97)
用紙搬送ローラ、定着器などが汚れ 行ってください。数枚印刷してみて、・「プリンタ内部を清
汚れの薄れ具合で、汚れがとれたか 掃する」(→ P.84)
ている。
・「紙詰まりになった
どうか判断してください。
とき」(→ P.134)
黒線が印刷される
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
等間隔に汚れる
プリンタ内の用紙搬送路が汚れてい 数枚テスト印刷して、汚れの薄れ具 「オペレータパネルの
る。
合で汚れがとれたかどうか判断して 操作」(→ P.97)
ください。
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
黒く塗りつぶされた 使用している用紙が適切でない。
部分に白点がある
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
は損傷している。
P.78)
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
イド」
158
第 7 章 こんなときには
表:確認項目
こんなとき
よくある例
指でこすると、印字が 用紙が湿気を含んでいる。
はがれる
ここをお調べください
参照先
新しい用紙に交換してください。
「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
7
定着器の左右にある緑色のレバーが 定着器の左右にある緑色のレバーを 「定着器」
(→ P.23)
上がった状態になっている。
下げてください。
使用している用紙が適切でない。
一度印刷された用紙を使用している。
裏紙を使用している。
結露している。
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
プリンタを室温に充分になじませて -
ください。
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
イド」
用紙全体に黒色が付 プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
いて印刷される
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
プリンタ内の高圧電源などの故障が 「ハードウェア修理相談センター」に 「ハードウェア修理相
考えられる。
ご連絡ください。
談センター」
(→ P.200)
プロセスカートリッジが正しくセッ プロセスカートリッジを正しくセッ 「プロセスカートリッ
トされていない。
トしてください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
何も印刷されない
プロセスカートリッジのトナーシー トナーシールを引き抜きます。
ルが完全に引き抜かれていない。
「プロセスカートリッ
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
一度に複数枚の用紙が搬送されてい 用紙をいったん取り出し、よくさば 「用 紙 を セ ッ ト す る」
る。
いてから再度セットしてください。 (→ P.60)
プロセスカートリッジが正しくセッ プロセスカートリッジを正しくセッ 「プロセスカートリッ
トされていない。
トしてください。
ジ を 交 換 す る」(→
プロセスカートリッジが寿命、劣化、 新しいプロセスカートリッジに交換 P.78)
または損傷している。
7
7
7
7
7
7
してください。
プリンタ内の高圧電源などの故障が 「ハードウェア修理相談センター」に 「ハードウェア修理相
考えられる。
ご連絡ください。
談センター」
(→ P.200)
7
7
7
7
印刷品質が低下したとき
159
表:確認項目
こんなとき
白抜けが起こる
よくある例
ここをお調べください
参照先
シールドガラスが汚れている。
シールドガラスを清掃してくださ 「シールドガラスの清
い。
掃」(→ P.86)
用紙が湿気を含んでいる。
新しい用紙に交換してください。
使用している用紙が適切でない。
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
トナーシールの切れはしが、プロセ 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
スカートリッジ内に残っている。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
プロセスカートリッジの交換時期。
オペレータパネルに次のメッセージ
が表示される。
㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐ‫ࠐࡅࡦࡘࠐࠪޓ‬
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
イド」
用紙にシワが付く
用紙のセットが適切でない。
用紙を正しくセットしてください。 「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
用紙が湿気を含んでいる。
新しい用紙に交換してください。
「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
定着器の左右にある緑色のレバーが 定着器の左右にある緑色のレバーを 「定着器」
(→ P.23)
上がった状態になっている。
下げてください。
使用している用紙が適切でない。
一度印刷された用紙を使用している。
裏紙を使用している。
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。特に、薄い用紙や再
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
生紙はシワが付きやすい傾向があり
イド」
ます。
「普通紙 L」に設定し、印刷し
てみてください。
160
第 7 章 こんなときには
表:確認項目
こんなとき
文字がにじむ
よくある例
ここをお調べください
参照先
用紙が湿気を含んでいる。
新しい用紙に交換してください。
「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
使用している用紙が適切でない。
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
プロセスカートリッジの交換時期。
オペレータパネルに次のメッセージ
が表示される。
7
7
7
㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐ‫ࠐࡅࡦࡘࠐࠪޓ‬
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
イド」
縦長に白抜けする
プロセスカートリッジが正しくセッ いったんプロセスカートリッジを取 「プロセスカートリッ
ト さ れ て い な い、ま た は プ ロ セ ス り 出 し、軽 く 振 っ て か ら も う 一 度 ジ を 交 換 す る」(→
カートリッジ内のトナーがかたよっ セットしてください。
P.78)
ている。
シールドガラスが汚れている。
シールドガラスを清掃してくださ 「シールドガラスの清
い。
掃」(→ P.86)
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
プロセスカートリッジの交換時期。
オペレータパネルに次のメッセージ
が表示される。
7
7
7
7
㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄㨄
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠪࠐ‫ࠐࡅࡦࡘࠐࠪޓ‬
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
イド」
7
7
7
7
印刷品質が低下したとき
161
表:確認項目
こんなとき
不要なトナーが付く
よくある例
ここをお調べください
参照先
印字濃度の設定が適正でない。
印字濃度を調整してください。オペ 「オペレータパネルの
レータパネルでプリンタをメニュー 操作」(→ P.97)
モードにして、
「ソノタ ノ セッテ
イ」の「インジノウドチョウセイ」で
設定してください。
使用している用紙が適切でない。
適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
一度印刷された用紙を使用している。
裏紙を使用している。
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
紙詰まりした用紙に未定着のトナー オペレータパネルでプリンタをメ ・「オペレータパネル
が付着していたため、紙送りローラ、 ニューモードにして、テスト印刷を の操作」(→ P.97)
用紙搬送ローラ、定着器などが汚れ 行ってください。数枚印刷してみて、・「プリンタ内部を清
ている。
汚れの薄れ具合で、汚れがとれたか 掃する」(→ P.84)
どうか判断してください。
・「紙詰まりになった
とき」(→ P.134)
太い文字や図形に影 解像度、ディザ、明るさの設定が適 プリンタドライバの「グラフィック
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
が出る
切でない。
ス」タブで、解像度、ディザ、明る イド」
さを調整してください。
一度印刷された用紙を使用している。 適切な用紙をセットしてください。 ・「使 用 で き る 用 紙」
(→ P.124)
・「使 用 で き な い 用
紙」(→ P.129)
裏紙を使用している。
プロセスカートリッジが劣化、また 新しいプロセスカートリッジに交換 「プロセスカートリッ
は損傷している。
してください。
ジ を 交 換 す る」(→
P.78)
用紙がカールする
用紙のセットが適切でない。
用紙を正しくセットしてください。 「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
用紙の表裏を間違っている。
用紙の表裏を間違えていないか確認 「用 紙 を セ ッ ト す る」
してください。用紙に表裏の表示が (→ P.60)
ない場合は、印刷面を入れ替えて印
刷してみてください。包装された用
紙は、開封面が印刷面です。
用紙が湿気を含んでいる。
新しい用紙に交換してください。
「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
プリンタドライバで選択している プリンタドライバの「用紙種類」の 「使用できる用紙」
(→
「用紙種類」の設定が正しくない。 設定を、お使いの用紙の種類に合わ P.124)
せてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア ガ
特に、再生紙はカールしやすい傾向
イド」
があります。「普通紙 L」に設定し、
印刷してみてください。
162
第 7 章 こんなときには
4
メッセージ一覧
7
オペレータパネルの液晶ディスプレイに表示されるメッセージと、
「Printianavi2」ま
たは「Printianavi」、および「Printia LASER Internet Service」利用時に表示される
メッセージについて、表示内容と対処方法を説明します。
・「オペレータパネルに表示されるメッセージ」(→ P.163)
7
・「Windows 画面に表示されるメッセージ一覧」(→ P.173)
7
オペレータパネルに表示されるメッセージ
プリンタでエラーなどが発生すると、オペレータパネルの液晶ディスプレイにメッセージが
表示されます。次の表に従って処置してください。
液晶ディスプレイ
7
7
7
エラーメッセージ一覧
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
0006 カバーオープン
ウエ/ハイメンカバー
0023 カバーオープン
リョウメンカバー
1007 カセット ナシ
カセット ヲ イレテクダサイ
1010 キュウシトレイ ナシ
トレイ ヲ イレテクダサイ
1021 カセット ナシ
カセット 1 ヲ イレテクダサイ
1022 カセット ナシ
カセット 2 ヲ イレテクダサイ
表示内容と処置
参照先
上カバーまたは背面カバーが開いていると表示されます。
表示された箇所のカバーを閉じてください。
-
両面ユニットのカバーが開いていると表示されます。
表示された箇所のカバーを閉じてください。
-
7
7
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙口にカセット 「用紙をセットする」
(→
がセットされていないと表示されます(メニューモードで P.60)
給紙トレイの自動給紙設定を「ムコウ(無効)」に設定し
ているとき)。
自動給紙対象の給紙カセットに印刷するサイズの用紙を
入れてセットすると印刷を開始します。
給紙トレイを指定して印刷したときに、給紙トレイがセッ 「用紙をセットする」
(→
トされていない場合に表示されます。
P.60)
給紙トレイをセットしてください。
給紙カセットを指定して印刷したときに、指定した給紙カ 「用紙をセットする」
(→
セットがセットされていないと表示されます。
P.60)
表示された給紙カセット(1 ~ 3)に印刷するサイズの用
7
7
紙を入れてセットすると、印刷を開始します。
7
1023 カセット ナシ
カセット 3 ヲ イレテクダサイ
メッセージ一覧
163
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
1100 ヨウシナシ
ccccccc →キュウシトレイ
表示内容と処置
参照先
給紙トレイを指定して印刷したときに、給紙トレイに用紙 「用紙をセットする」
(→
がない、または印刷中に用紙がなくなった場合に表示され P.60)
ます。
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙を給紙トレイにセッ
トすると印刷を開始します。定形外の用紙の場合、「ヨウ
シナシ」を検知するまでに数十秒かかる場合があります。
1101 ヨウシナシ
ccccccc →カセット 1
給紙カセット 1 を指定して印刷したときに、給紙カセット 「用紙をセットする」
(→
1 に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった場合に P.60)
表示されます。
給紙カセット 1 に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙
をセットすると印刷を開始します。
1102 ヨウシナシ
ccccccc →カセット 2
給紙カセット 2 を指定して印刷したときに、給紙カセット 「用紙をセットする」
(→
2 に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった場合に P.60)
表示されます。
給紙カセット 2 に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙
をセットすると印刷を開始します。
1103 ヨウシナシ
ccccccc →カセット 3
給紙カセット 3 を指定して印刷したときに、給紙カセット 「用紙をセットする」
(→
3 に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった場合に P.60)
表示されます。
給紙カセット 3 に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙
をセットすると印刷を開始します。
1106 ヨウシナシ
ccccccc →トレイ/カセット
(→
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセットまた 「用紙をセットする」
は給紙トレイに用紙がない、または印刷中に用紙がなく P.60)
なった場合に表示されます。
自動給紙対象の給紙カセット(1 ~ 3)または給紙トレイ
に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙をセットすると
印刷を開始します。
1107 ヨウシナシ
ccccccc →カセット
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセットに用 「用紙をセットする」
(→
紙がない、または印刷中に用紙がなくなった場合に表示さ P.60)
れます(メニューモードで給紙トレイの自動給紙設定を
「ムコウ(無効)
」に設定しているとき)。
自動給紙対象の給紙カセット(1 ~ 3)に、「ccccccc」に
表示されたサイズの用紙をセットすると印刷を開始しま
す。
1220 サイズフイッチ
ccccccc →キュウシトレイ
給紙トレイを指定して印刷したときに、給紙トレイの用紙 「用紙をセットする」
(→
サイズと印刷データの用紙サイズが異なっていると表示 P.60)
されます。
給紙トレイに、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙を
セットすると印刷を開始します。
1221 サイズフイッチ
ccccccc →カセット 1
給紙カセット 1 を指定して印刷したときに、給紙カセット 「用紙をセットする」
(→
1の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっている P.60)
と表示されます。
給紙カセット 1 に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙
をセットすると印刷を開始します。
1222 サイズフイッチ
ccccccc →カセット 2
給紙カセット 2 を指定して印刷したときに、給紙カセット 「用紙をセットする」
(→
2の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっている P.60)
と表示されます。
給紙カセット 2 に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙
をセットすると印刷を開始します。
164
第 7 章 こんなときには
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
1223 サイズフイッチ
ccccccc →カセット 3
表示内容と処置
参照先
給紙カセット 3 を指定して印刷したときに、給紙カセット 「用紙をセットする」
(→
3の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっている P.60)
7
と表示されます。
給紙カセット 3 に、
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙
をセットすると印刷を開始します。
1226 サイズフイッチ
ccccccc →トレイ/カセット
1227 サイズフイッチ
ccccccc →カセット
1320 サイズカクニン
ccccccc →キュウシトレイ
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセットまた 「用紙をセットする」
(→
は給紙トレイの用紙サイズと、印刷データの用紙サイズが P.60)
異なっていると表示されます。
給紙カセット(1 ~ 3)または給紙トレイに、
「ccccccc」に
表示されたサイズの用紙をセットすると印刷を開始しま
す。また、給紙カセットの縦/横のガイドグリップが正し
く設定されていない場合に表示されることがあります。縦
/横のガイドグリップが正しく設定されているか確認し
てください。
7
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセットの用 「用紙をセットする」
(→
紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっていると表 P.60)
示されます。
印刷データのサイズの用紙を給紙カセットにセットする
と印刷を再開します。
7
・給紙トレイから印刷を開始したときに指定した用紙サ ・「用 紙 を セ ッ ト す る」
イズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると
(→ P.60)
表示されます。
・「使用できる用紙」
(→
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙をセットすると印
P.124)
・「使 用 で き な い 用 紙」
刷を開始します。
(→ P.129)
・用紙が 2 枚以上重なったり、斜めになったりして給紙さ
7
れると表示される場合があります。
本製品で使用できる用紙を正しくセットしてください。
1321 サイズカクニン
ccccccc →カセット 1
7
・カセット1から印刷を開始したときに指定した用紙サイ ・「用 紙 を セ ッ ト す る」
ズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると表
(→ P.60)
示されます。
・「使用できる用紙」
(→
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙をセットすると印
P.124)
・「使 用 で き な い 用 紙」
刷を開始します。
(→ P.129)
・用紙が 2 枚以上重なったり、斜めになったりして給紙さ
7
7
れると表示される場合があります。
本製品で使用できる用紙を正しくセットしてください。
1322 サイズカクニン
ccccccc →カセット 2
・カセット2から印刷を開始したときに指定した用紙サイ ・「用 紙 を セ ッ ト す る」
ズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると表
(→ P.60)
示されます。
・「使用できる用紙」
(→
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙をセットすると印
P.124)
・「使 用 で き な い 用 紙」
刷を開始します。
(→ P.129)
・用紙が 2 枚以上重なったり、斜めになったりして給紙さ
れると表示される場合があります。
本製品で使用できる用紙を正しくセットしてください。
1323 サイズカクニン
ccccccc →カセット 3
・カセット3から印刷を開始したときに指定した用紙サイ ・「用 紙 を セ ッ ト す る」
(→ P.60)
ズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると表
示されます。
・「使用できる用紙」
(→
「ccccccc」に表示されたサイズの用紙をセットすると印
P.124)
・「使 用 で き な い 用 紙」
刷を開始します。
(→ P.129)
・用紙が 2 枚以上重なったり、斜めになったりして給紙さ
れると表示される場合があります。
本製品で使用できる用紙を正しくセットしてください。
7
7
7
7
メッセージ一覧
165
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
1400 サイズフソク
A4 LEF → キュウシトレイ
表示内容と処置
参照先
「設定の印刷」時に給紙トレイに A4 LEF 方向(横送り)よ 「用紙をセットする」
(→
P.60)
り小さい用紙がセットされているときに表示されます。
給紙トレイに A4 を LEF(横送り)の用紙をセットするか、
リセットスイッチで印刷を中止し、A5 以上の大きさで再
度印刷してください。
2200 カミヅマリ
キュウシトレイ
2201 カミヅマリ
カセット 1
2202 カミヅマリ
カセット 2
2203 カミヅマリ
カセット 3
2210 カミヅマリ
プリンタナイブ
2211 カミヅマリ
プリンタナイブ
2212 カミヅマリ
キュウシトレイ ヲ ヒキダス
2213 カミヅマリ
リョウメン ユニット
2221 カミヅマリ
ハイシグチ
2222 カミヅマリ
ハイシグチ
2223 カミヅマリ
ハイシグチ
166
第 7 章 こんなときには
紙詰まりが発生すると表示されます。
・「給紙トレイで詰まっ
表示されている給紙カセット、給紙トレイ、プリンタ内
た 用 紙 を 取 り 除 く」
部、排紙口、両面ユニットの中を確認してください。ま
(→ P.139)
た、プリンタ内で紙詰まりが発生している場合は、給紙ト ・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
レイにセットされている用紙を取り出し、給紙カセット/
まった用紙を取り除
給紙トレイを取り外してプリンタ内部を確認してくださ
く」
(→ P.145)
い。
・「給紙カセット付近で
詰まった用紙を取り
除く」
(→ P.136)
・「給紙トレイで詰まっ
た 用 紙 を 取 り 除 く」
(→ P.139)
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
「プリンタ内部に詰まっ
た用紙を取り除く」(→
P.145)
・「給紙トレイで詰まっ
た 用 紙 を 取 り 除 く」
(→ P.139)
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
・「給紙トレイで詰まっ
た 用 紙 を 取 り 除 く」
(→ P.139)
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
・「両 面 ユ ニ ッ ト に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.151)
・「定着器付近で詰まっ
た 用 紙 を 取 り 除 く」
(→ P.142)
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
2232 カミヅマリ
表示内容と処置
(紙詰まりエラー続き)
リョウメン ユニット
2233 カミヅマリ
リョウメン ユニット
2234 カミヅマリ
リョウメン ユニット
参照先
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
・「両 面 ユ ニ ッ ト に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.151)
7
7
2312 ヨウシノコリ
プリンタナイブ/リョウメン
[注]
「/リョウメン」は両面ユ
ニットを取り付けている場合
2321 ヨウシノコリ
・「定着器付近で詰まっ
た 用 紙 を 取 り 除 く」
(→ P.142)
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
ハイシグチ
2333 ヨウシノコリ
・「プ リ ン タ 内 部 に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.145)
・「両 面 ユ ニ ッ ト に 詰
まった用紙を取り除
く」
(→ P.151)
リョウメン ユニット
5003 トレイフル
ハイシトレイ カクニン
排出用紙が、排紙トレイにたまりすぎている場合に表示さ
れます(XL-9311 のみ)
。
1 ブ インサツ→セッテイ
メモリを増設しているとき、部単位印刷を設定して行っ
た印刷のデータ量が、部単位印刷用のメモリ残量より大
きい場合に表示されます。
「Printianavi2」または「Printianavi」使用時は、
「設定」ス
7
7
-
7
排紙トレイのすべての用紙を取り除くと、印刷を開始/再
開します。
7002 メモリオーバー
7
-
7
イッチを押す、または 3 秒経過すると 1 部のみ印刷しま
す。
「Printianavi2」または「Printianavi」未使用時は、
「設
定」スイッチを押すと 1 部のみ印刷します。
ただし、プリントサーバが 7/Vista/2003/XP/2000/NT 環境
7
で「Printianavi2」または「Printianavi」を使用している場
合は、上記メッセージを表示後、部単位印刷が再開され
ます。
7003 メモリフソク
メモリを増設していない状態で A3、B4、Legal の用紙を 「プリンタRAMモジュー
カタメン インサツ→セッテイ
1200dpi で両面印刷するときに、次の状態の場合、表示さ
ルの取り付け」
(→ P.42)
れます。
・プリンタドライバで「プロテクトモードで印刷する」を
にしている
・プリンタドライバの「プロテクトモードで印刷する」が
のとき、および印刷データの処理に必要なメモリが
確保できないとき
「Printianavi2」または「Printianavi」使用時は、「設定」ス
7
7
イッチを押す、または3秒経過すると片面で印刷されます。
「Printianavi2」または「Printianavi」未使用時は、
「設定」ス
イッチを押すと片面で印刷されます。
7
メッセージ一覧
167
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
7004 キュウシシテイ エラー
ジドウキュウシ ムコウ
7005 アンダーラン エラー
インサツ セッテイ カクニン
7007 カイゾウドムコウ
インサツ セッテイ カクニン
7008 データ エラー
インサツデータ カクニン
7009 データ エラー
表示内容と処置
参照先
すべての給紙口に対し、メニューモードの自動給紙設定を 「基本的な操作方法」
(→
「ムコウ(無効)
」にしているときに、自動給紙で印刷を行 P.103)
うと表示されます。
給紙口を指定して印刷を行うか、メニューモードの自動給
紙設定を「ユウコウ(有効)」にして、印刷をし直してく
ださい。
印刷中にアンダーランエラーが発生した場合に表示され
ます(アンダーランエラーは、印刷内容が複雑でプリンタ
の処理が追いつかない場合に発生します)。
再度印刷するには、メモリを増設する、用紙のサイズを小
さくする、またはドライバの解像度を下げてください。メ
モリを増設するときは、あらかじめ電源を切ってから行っ
てください。
-
プリンタが印刷できない解像度が指定された印刷データ
を受信した場合に印刷を中止して表示されます。
プリンタドライバの解像度を設定し直してください。
-
印刷処理中にエラーが発生した場合に表示されます。
-
「Printianavi2」または「Printianavi」を使用しているときは、
自動的に印刷が打ち切られます。
インサツデータ カクニン
7020 データ エラー
-
インサツデータ カクニン
9001 コントローラ エラー
ROM および RAM の異常を検出した場合に、「デンゲン
RAM エラー
ヲ OFF / ON シテクダサイ」というメッセージと交互
9002 コントローラ エラー
に表示されます。
いったん電源を切り、再度入れてください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、その内容
を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)へご連絡
フォント ROM エラー
9003 コントローラ エラー
MAC アドレスエラー
9004 コントローラ エラー
Flash-ROM エラー
9005 コントローラ エラー
LSI アクセスエラー
9006 コントローラ エラー
EEPROM エラー
9007 コントローラ エラー
プログラム ROM エラー
9008 コントローラ エラー
USB デバイス エラー
9101 カクチョウメモリエラー
メモリ ヲ コウカン
9102 メモリバス エラー
カクチョウメモリ トリハズシ
9103 セッテイメモリ エラー
トウロク ショキカ シマス
9104 ログメモリ エラー
データ ショキカ シマス
9105 プログラム エラー
168
第 7 章 こんなときには
ください。
-
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
D11 ハード エラー
ADH コマンド エラー
D12 ハード エラー
ADH パリティ エラー
表示内容と処置
ハードウェアの異常を検出した場合に、「デンゲン ヲ
OFF / ON シテクダサイ」というメッセージと交互に表
参照先
-
示されます。
いったん電源を切り、再度入れてください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、その内容
を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)へご連絡
7
ください。
D21 コントローラ エラー
ROM の異常を検出した場合に、
「デンゲン ヲ OFF /
EEPROM W エラー
ON シテクダサイ」というメッセージと交互に表示され
D22 コントローラ エラー
ます。
いったん電源を切り、再度入れてください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、その内容
を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)へご連絡
EEPROM R エラー
7
-
7
ください。
H073 ユニット カクニン
リョウメン ユニット
K001 カートリッジカクニン
カートリッジ ナシ
K003 カートリッジコウカン
カートリッジ ジュミョウ
K004 カートリッジ エラー
プロセスカートリッジ フイッチ
両面ユニットが外れているか、正しく認識されていない場 「両面ユニットの取り付
け」(→ P.47)
合に表示されます。
いったん電源を切ってから、ユニットが正しく取り付けら
れているか確認し、再び電源を入れてください。それでも
エラーメッセージが表示される場合は、装置の修理が必要
です。メッセージ内容を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)へご連絡ください。
プロセスカートリッジがセットされていない場合に表示 「プロセスカートリッジ
されます。
を交換する」(→ P.78)
プロセスカートリッジをセットしてください。
メニューモードで「カートリッジ ジュンビ」→「テイ 「プロセスカートリッジ
シ」を設定している場合に、プロセスカートリッジの交換 を交換する」(→ P.78)
時期(トナー残量が少ない)が近づくと表示されます。本
エラーが表示されてからの印字品質は保証できませんの
で、早急にプロセスカートリッジを交換してください。
なお、本エラーが表示されても、「設定」スイッチを押す
ことで、一定枚数(10 枚以下)の印刷は可能です。
セットされたプロセスカートリッジが使用できない場合 「プロセスカートリッジ
に表示されます。
を交換する」(→ P.78)
プロセスカートリッジを交換してください。
7
7
7
7
7
7
7
7
メッセージ一覧
169
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
K013 カートリッジコウカン
カートリッジ ジュミョウ
K014 カートリッジコウカン
カートリッジ ジュミョウ
K023 カートリッジコウカン
カートリッジ ジュミョウ
K024 カートリッジコウカン
カートリッジ ジュミョウ
170
第 7 章 こんなときには
表示内容と処置
参照先
メニューモードで「カートリッジ ジュンビ」→「テイ 「プロセスカートリッジ
シ」を設定している場合に、プロセスカートリッジの交換 を交換する」(→ P.78)
時期(感光体(ドラム)が寿命に近い)が近づくと表示さ
れます。特に、低印字率での運用環境では、トナー残量が
充分にあってもプロセスカートリッジの感光体(ドラム)
が寿命に近づき、プロセスカートリッジの交換をうながす
メッセージがオペレータパネルに表示されることがあり
ます。
本エラーが表示されてからの印字品質は保証できません
ので、早急にプロセスカートリッジを交換してください。
なお、本エラーが表示されても、「設定」スイッチを押す
ことで、一定枚数(10 枚以下)の印刷は可能です。
プロセスカートリッジの交換時期(感光体(ドラム)が寿
命に達した)になると表示されます。特に、低印字率での
運用環境では、トナー残量が充分にあってもプロセスカー
トリッジの感光体(ドラム)が寿命に達し、プロセスカー
トリッジの交換をうながすメッセージがオペレータパネ
ルに表示されることがあります。
本エラーが表示されてからの印字品質は保証できません
ので、早急にプロセスカートリッジを交換してください。
なお、本エラーが表示されても、「設定」スイッチを押す
ことで、一定枚数(10 枚以下)の印刷は可能です。
メニューモードで「カートリッジ ジュンビ」→「テイ
シ」を設定している場合に、プロセスカートリッジの交換
時期(感光体(ドラム)が寿命に近い、かつトナー残量が
少ない)が近づくと表示されます。
本エラーが表示されてからの印字品質は保証できません
ので、早急にプロセスカートリッジを交換してください。
なお、本エラーが表示されても、「設定」スイッチを押す
ことで、一定枚数(10 枚以下)の印刷は可能です。
プロセスカートリッジの交換時期(感光体(ドラム)が寿
命に達した、かつトナー残量が少ない)になると表示され
ます。
本エラーが表示されてからの印字品質は保証できません
ので、早急にプロセスカートリッジを交換してください。
なお、本エラーが表示されても、「設定」スイッチを押す
ことで、一定枚数(10 枚以下)の印刷は可能です。
表:エラーメッセージ一覧
表示メッセージ
M001 ハード エラー
テイチャクキ エラー
M002 ハード エラー
ROS モータ エラー
M003 ハード エラー
メイン モータ エラー
表示内容と処置
ハードウェアの異常を検出した場合に、「デンゲン ヲ
OFF / ON シテクダサイ」というメッセージと交互に表
参照先
-
示されます。
いったん電源を切り、再度入れてください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、その内容
を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)へご連絡
7
7
ください。
M004 ハード エラー
ファン エラー
M005 ハード エラー
7
NV コード エラー
M006 ハード エラー
NV コード エラー
M007 ハード エラー
7
NV コード エラー
M101 ハード エラー
ツウシン エラー
M102 ハード エラー
ツウシン エラー
7
M103 ハード エラー
ツウシン エラー
M201 ハード エラー
タイムアウト エラー
7
M202 ハード エラー
タイムアウト エラー
7
7
7
7
7
メッセージ一覧
171
警告メッセージ一覧
メンテナンス情報や給紙口のセット状態に関する警告を下段に表示します。
警告メッセージが表示されても、印刷は続けることができます。
・ 警告メッセージの例
‫ࡦࠗ࡜ࡦࠝޓ‬
ࠞ࠮࠶࠻ࠞࠢ࠾ࡦ㧝
・警告が複数発生している場合は、次の表の該当する警告が、表の上から順番に交互に表示されます。
表:警告メッセージ一覧
表示メッセージ
表示内容と処置
データアリ
未処理データがある状態です。
カートリッジ
プロセスカートリッジの交換時期が近づくと表示されます。新しいプロセスカートリッジを
セットしてください。
なお、オンライン/オフライン中は、次の表示になります。
・「カートリッジ コウカン」
:プロセスカートリッジの交換時期
・「カートリッジ ジュンビ」
:プロセスカートリッジの交換準備
ソウチジュミョウ
本製品の寿命として規定している印刷ページ数に近づいた場合に表示されます。残り寿命が
20%(消耗率 80%)になると、20%、10%、0% と、10% 単位で残り寿命が表示されます。こ
の警告が表示されても、ただちに印刷ができなくなるわけではありませんが、故障頻度が上昇
することが予想されます。
また、この警告が表示されなくても、装置導入後 5 年を経過した場合は装置寿命となります。
詳しくは、「本体仕様」
(→ P.182)をご覧ください。
なお、オンライン/オフライン中は、次の表示になります。
・「ソウチジュミョウ ノコリ xx% (xx:20、10)」
テイキコウカン
定期交換キットの交換時期になると表示されます。「ハードウェア修理相談センター」
(→
P.200)へご連絡ください。
なお、オンライン/オフライン中は、次の表示になります。
・「テイキコウカンキット」
カセットカクニン n
172
第 7 章 こんなときには
セットされていない給紙カセットがあると、表示されます。給紙カセットをセットしてくださ
い(n:カセット番号)
。
Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
「Printianavi2」または「Printianavi」、および「Printia LASER Internet Service」を利用時に、
Windows 画面に表示されるメッセージについて、表示内容と対処方法を説明します。
「Printianavi2」または「Printianavi」、および「Printia LASER Internet Service」について詳しく
は、 「ソフトウェアガイド」をご覧ください。
■「Printianavi2」/「Printianavi」の場合
7
7
■「Printia LASER Internet Service」の場合
7
7
7
7
7
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
表示メッセージ
表示内容と処置
0000
2000
[ 情報取得中...]
しばらくお待ちください。
0000
2000
通信中
プリンタと通信中に表示されます。
0300
0101
[****-**** プリンタリセット ]
プリンタがリセットされました。
プリンタをオンラインにしてください。
0300
0102
[****-**** オフライン ]
プリンタがオフラインとなってい
ます。
0300
0103
[****-**** リモート設定中 ]
プリンタがリモート設定中です。
0300
0104
[****-**** プリンタリセット ]
プリンタが初期化中です。
0301
00**
[****-**** 用紙なし ]
指定した用紙がありません。
(用紙
サイズ)
用紙を補給してください。
プリンタの状態情報を取得中に表示されます。
しばらくお待ちください。
参照先
-
7
-
「オ ペ レ ー タ パ ネ ル
の操作」(→ P.97)
7
-
7
-
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙口にカ 「用紙をセットする」
セ ッ ト が セ ッ ト さ れ て い な い と 表 示 さ れ ま す(メ (→ P.60)
ニューモードで給紙トレイの自動給紙設定を「無効」
に設定しているとき)。
自動給紙対象の給紙カセットに印刷するサイズの用紙
を入れてセットすると印刷を開始します。
メッセージ一覧
7
173
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
174
表示メッセージ
表示内容と処置
参照先
0301
01**
[****-**** 用紙なし ]
指定した用紙がありません。
(用紙
サイズ)
用紙を補給してください。
給紙カセット1を指定して印刷したときに、給紙カセッ 「用紙をセットする」
ト 1 に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった (→ P.60)
場合に表示されます。
給紙カセット 1 に、表示されたサイズの用紙をセット
すると印刷を開始します。
0301
02**
[****-**** 用紙なし ]
指定した用紙がありません。
(用紙
サイズ)
用紙を補給してください。
給紙カセット2を指定して印刷したときに、給紙カセッ 「用紙をセットする」
ト 2 に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった (→ P.60)
場合に表示されます。
給紙カセット 2 に、表示されたサイズの用紙をセット
すると印刷を開始します。
0301
03**
[****-**** 用紙なし ]
指定した用紙がありません。
(用紙
サイズ)
用紙を補給してください。
給紙カセット3を指定して印刷したときに、給紙カセッ 「用紙をセットする」
ト 3 に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった (→ P.60)
場合に表示されます。
給紙カセット 3 に、表示されたサイズの用紙をセット
すると印刷を開始します。
0301
10**
[****-**** 用紙なし ]
指定した用紙がありません。
(用紙
サイズ)
用紙を補給してください。
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセット 「用紙をセットする」
に用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった場合 (→ P.60)
に表示されます(メニューモードで給紙トレイの自動
給紙設定を「無効」に設定しているとき)。
自動給紙対象の給紙カセット(1 ~ 3)に、表示された
サイズの用紙をセットすると印刷を開始します。
0301
80**
[****-**** 用紙なし ]
指定した用紙がありません。
(用紙
サイズ)
用紙を補給してください。
給紙トレイを指定して印刷したときに、給紙トレイに 「用紙をセットする」
用紙がない、または印刷中に用紙がなくなった場合に (→ P.60)
表示されます。
表示されたサイズの用紙を給紙トレイにセットすると
印刷を開始します。定形外の用紙の場合、「ヨウシナ
シ」を検知するまでに数十秒かかる場合があります。
0304
11**
[****-**** カセットなし ]
給紙カセット 1 がセットされてい
ません。
(用紙サイズ)
給紙カセットをセットしてくださ
い。
給紙カセットを指定して印刷したときに、指定した給 「用紙をセットする」
紙カセットがセットされていないと表示されます。
(→ P.60)
カセット * で表示された給紙カセット(1 ~ 3)に印刷
するサイズの用紙を入れてセットすると印刷を開始し
ます。
0304
12**
[****-**** カセットなし ]
給紙カセット 2 がセットされてい
ません。
(用紙サイズ)
給紙カセットをセットしてくださ
い。
0304
13**
[****-**** カセットなし ]
給紙カセット 3 がセットされてい
ません。
(用紙サイズ)
給紙カセットをセットしてくださ
い。
0304
20**
[****-**** カセットなし ]
給紙カセットがセットされていま
せん。(用紙サイズ)
給紙カセットをセットしてくださ
い。
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙口にカ 「用紙をセットする」
セ ッ ト が セ ッ ト さ れ て い な い と 表 示 さ れ ま す(メ (→ P.60)
ニューモードで給紙トレイの自動給紙設定を「無効」
に設定しているとき)。
自動給紙対象の給紙カセットに印刷するサイズの用紙
を入れてセットすると印刷を開始します。
0304
30**
[****-**** 用紙サイズ不一致 ]
プリンタにセットされている用紙
が指定したサイズ(用紙サイズ)
と違います。
セットされている用紙とプリンタ
側の用紙サイズの設定が指定サイ
ズとあっているか確認し、正しく
セットしてください。
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセット 「用紙をセットする」
または給紙トレイの用紙サイズと、印刷データの用紙 (→ P.60)
サイズが異なっていると表示されます。
給紙カセット(1 ~ 3)または給紙トレイに、表示され
たサイズの用紙をセットすると印刷を開始します。ま
た、給紙カセットの縦/横のガイドグリップが正しく
設定されていない場合に表示されることがあります。
縦/横のガイドグリップが正しく設定されているか確
認してください。
第 7 章 こんなときには
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
0304
0304
31**
32**
表示メッセージ
表示内容と処置
参照先
[****-**** 用紙サイズ不一致 ]
給紙カセット 1 にセットされてい
る用紙が指定したサイズ(用紙サ
イズ)と違います。
セットされている用紙とプリンタ
側の用紙サイズの設定が指定サイ
ズとあっているか確認し、正しく
セットしてください。
給紙カセット1を指定して印刷したときに、給紙カセッ 「用紙をセットする」
ト 1 の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっ (→ P.60)
ていると表示されます。
給紙カセット 1 に、表示されたサイズの用紙をセット
すると印刷を開始します。
[****-**** 用紙サイズ不一致 ]
給紙カセット 2 にセットされてい
る用紙が指定したサイズ(用紙サ
イズ)と違います。
セットされている用紙とプリンタ
側の用紙サイズの設定が指定サイ
ズとあっているか確認し、正しく
セットしてください。
給紙カセット2を指定して印刷したときに、給紙カセッ 「用紙をセットする」
ト 2 の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっ (→ P.60)
ていると表示されます。
給紙カセット 2 に、表示されたサイズの用紙をセット
すると印刷を開始します。
0304
33**
[****-**** 用紙サイズ不一致 ]
給紙カセット 3 にセットされてい
る用紙が指定したサイズ(用紙サ
イズ)と違います。
セットされている用紙とプリンタ
側の用紙サイズの設定が指定サイ
ズとあっているか確認し、正しく
セットしてください。
給紙カセット3を指定して印刷したときに、給紙カセッ 「用紙をセットする」
ト 3 の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっ (→ P.60)
ていると表示されます。
給紙カセット 3 に、表示されたサイズの用紙をセット
すると印刷を開始します。
0304
40**
[****-**** 用紙サイズ不一致 ]
給紙カセットにセットされている
用紙が指定したサイズ(用紙サイ
ズ)と違います。
セットされている用紙とプリンタ
側の用紙サイズの設定が指定サイ
ズとあっているか確認し、正しく
セットしてください。
自動給紙で印刷したときに、給紙対象の給紙カセット 「用紙をセットする」
の用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なってい (→ P.60)
ると表示されます。
印刷データのサイズの用紙を給紙カセットにセットす
ると印刷を再開します。
0304
41**
[****-**** 用紙サイズ確認 ]
給紙カセット 1 の設定サイズ(用
紙サイズ)と違う用紙がセットさ
れています。
給紙カセット 1 の用紙を正しく
セットし直してください。
カセット 1 から印刷を開始したときに指定した用紙サ 「用紙をセットする」
イズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると (→ P.60)
表示されます。
表示されたサイズの用紙をセットすると印刷を開始し
ます。
0304
42**
[****-**** 用紙サイズ確認 ]
給紙カセット 2 の設定サイズ(用
紙サイズ)と違う用紙がセットさ
れています。
給紙カセット 2 の用紙を正しく
セットし直してください。
カセット 2 から印刷を開始したときに指定した用紙サ 「用紙をセットする」
イズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると (→ P.60)
表示されます。
表示されたサイズの用紙をセットすると印刷を開始し
ます。
0304
43**
[****-**** 用紙サイズ確認 ]
給紙カセット 3 の設定サイズ(用
紙サイズ)と違う用紙がセットさ
れています。
給紙カセット 3 の用紙を正しく
セットし直してください。
カセット 3 から印刷を開始したときに指定した用紙サ 「用紙をセットする」
イズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると (→ P.60)
表示されます。
表示されたサイズの用紙をセットすると印刷を開始し
ます。
0304
a60c
「設定の印刷」時に給紙トレイに A4 LEF 方向(横送り) 「用紙をセットする」
[****-**** 用紙サイズ不足 ]
指定した給紙口に印刷が行えない より小さい用紙がセットされているときに表示されま (→ P.60)
す。
用紙がセットされています。
給紙トレイに A4 を LEF 方向(横 給紙トレイに A4 を LEF(横送り)の用紙をセットす
置き)にセットし、プリンタ側の るか、リセットスイッチで印刷を中止し、A5 以上の大
用紙サイズ設定スイッチを A4 に きさで再度印刷してください。
合わせると印刷を続行します。
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
メッセージ一覧
175
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
176
表示メッセージ
表示内容と処置
参照先
0304
b0**
[****-**** 用紙サイズ不一致 ]
給紙トレイにセットされている用
紙が指定したサイズ(用紙サイズ)
と違います。
セットされている用紙とプリンタ
側の用紙サイズの設定が指定サイ
ズとあっているか確認し、正しく
セットしてください。
給紙トレイを指定して印刷したときに、給紙トレイの 「用紙をセットする」
用紙サイズと印刷データの用紙サイズが異なっている (→ P.60)
と表示されます。
給紙トレイに、表示されたサイズの用紙をセットする
と印刷を開始します。
0304
c0**
[****-**** 用紙サイズ確認 ]
給紙トレイの設定サイズ(用紙サ
イズ)と違う用紙がセットされて
います。
給紙トレイの用紙を正しくセット
し直してください。
給紙トレイから印刷を開始したときに指定した用紙サ 「用紙をセットする」
イズと実際に給紙された用紙サイズが異なっていると (→ P.60)
表示されます。
表示されたサイズの用紙をセットすると印刷を開始し
ます。
0304
e000
[****-**** 給紙トレイなし ]
給紙トレイがセットされていない
為、印刷が行えません。
給紙トレイをセットしてくださ
い。
給紙トレイを指定して印刷したときに、給紙トレイが 「用紙をセットする」
(→ P.60)
セットされていない場合に表示されます。
給紙トレイをセットしてください。
0305
0003
[****-**** カバーオープン ]
カバーが開いています。
カバーを閉じてください。
両面ユニットのカバーが開いていると表示されます。
表示された箇所のカバーを閉じてください。
-
0305
0101
[****-**** カバーオープン ]
カバーが開いています。
カバーを閉じてください。
上カバーまたは背面カバーが開いていると表示されま
す。
表示された箇所のカバーを閉じてください。
-
0313
1002
[****-**** カートリッジ寿命 ]
プロセスカートリッジの交換時期
です。
プロセスカートリッジを交換してください。
0314
2200
2201
2202
2203
2204
2210
2211
2212
2213
2221
2222
2223
2232
2233
2234
[****-**** 紙詰まり ]
紙詰まりが発生しました。
カバーを開け、カセット/プリン
タ内/排紙口/両面ユニットに詰
まった紙を取り除いた後、カバー
を閉じてください。
「紙 詰 ま り に な っ た
紙詰まりが発生すると表示されます。
表示されている給紙カセット、給紙トレイ、プリンタ とき」(→ P.134)
内部、排紙口、両面ユニットの中を確認してください。
また、プリンタ内で紙詰まりが発生している場合は、
給紙トレイにセットされている用紙を取り出し、給紙
カセット/給紙トレイを取り外してプリンタ内部を確
認してください。
0315
2312
2321
2333
[****-**** 用紙残り ]
用紙が装置内に残っています。
カバーを開け、カセット/プリン
タ内/排紙口/両面ユニットに詰
まった紙を取り除いた後、カバー
を閉じてください。
「紙 詰 ま り に な っ た
紙詰まりが発生すると表示されます。
表示されている給紙カセット、プリンタ内部、排紙口、 とき」(→ P.134)
両面ユニットの中を確認してください。また、プリン
タ内で紙詰まりが発生している場合は、給紙トレイに
セットされている用紙を取り出し、給紙カセットを取
り外してプリンタ内部を確認してください。
0319
0000
[****-**** カートリッジなし ]
プロセスカートリッジが正しく
セットされていません。
プロセスカートリッジをセットし
直してください。
プロセスカートリッジがセットされていない場合に表 「プ ロ セ ス カ ー ト
リ ッ ジ を 交 換 す る」
示されます。
(→ P.78)
プロセスカートリッジをセットしてください。
0320
0001
[****-**** トレイフル ]
排紙トレイが用紙でいっぱいで
す。
すべての用紙を取り除いてくださ
い。
排出用紙が、排紙トレイにたまりすぎている場合に表
示されます(XL-9311 のみ)。
排紙トレイのすべての用紙を取り除くと、印刷を開始
/ 再開します。
第 7 章 こんなときには
「プ ロ セ ス カ ー ト
リ ッ ジ を 交 換 す る」
(→ P.78)
-
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
0330
0350
0350
0350
0350
0350
0350
0104
0601
0703
0704
0706
0708
070b
070c
070d
表示メッセージ
[****-**** ユニット確認 ]
ユニットが外れています。
プリンタの電源を切り、ユニット
を正しく装着してください。
表示内容と処置
参照先
両面ユニットが外れているか、正しく認識されていな 「両 面 ユ ニ ッ ト の 取
り付け」(→ P.47)
い場合に表示されます。
いったん電源を切ってから、ユニットが正しく取り付
けられているか確認し、再び電源を入れてください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、装置
の修理が必要です。メッセージ内容を「ハードウェア
修理相談センター」(→ P.200)へご連絡ください。
メモリオーバー(ESC/page コマンド受信中に登録領域 -
[****-**** 論理エラー ]
メモリオーバーが発生したため、 が不足)が発生した場合に表示されます。
オペレータパネルの表示を確認し、対処してください。
印刷を一時停止しています。
(ESC/Page)
プリンタのオペレータパネルの表
示を確認し、対処してください。
処理を続行します。
メモリを増設しているとき、部単位印刷を設定して
[****-**** 論理エラー ]
メモリオーバーが発生したため、 行った印刷のデータ量が、部単位印刷用のメモリ残量
より大きい場合に表示されます。
印刷を一時停止しています。
「Printianavi2」または「Printianavi」使用時は、「設定」
(部単位印刷)
プリンタのオペレータパネルの表 スイッチを押す、または 3 秒経過すると 1 部のみ印刷
示を確認し、対処してください。 します。
「Printianavi2」または「Printianavi」未使用
一部のみ印刷します。
時、
「設定」スイッチを押すと 1 部のみ印刷します。
ただし、プリントサーバが 7/2008/Vista/2003/XP/2000/
NT 環境で「Printianavi2」または「Printianavi」を使用
している場合、上記メッセージを表示後、部単位印刷
が再開されます。
[****-**** 論理エラー ]
プリンタメモリが不足しているた
め、指定した印刷が行えません。
プリンタのオペレータパネルの表
示を確認し、対処してください。
片面印刷で続行します。
7
7
-
7
メモリを増設していない状態で A3、B4、Legal の用紙 「プ リ ン タ RAM モ
を 1200dpi で両面印刷するときに、次の状態の場合、表 ジ ュ ー ル の 取 り 付
け」(→ P.42)
示されます。
・ プリンタドライバで「プロテクトモードで印刷する」
を
にしている
・ プリンタドライバの「プロテクトモードで印刷する」
が
のとき、および印刷データの処理に必要なメモ
リが確保できないとき
「Printianavi2」または「Printianavi」使用時は、「設定」
スイッチを押す、または 3 秒経過すると片面で印刷さ
れます。
「Printianavi2」または「Printianavi」未使用時は、
「設定」
スイッチを押すと片面で印刷されます。
[****-**** 論理エラー ]
印刷中にアンダーランエラーが発
生しました。
「プロテクトモードで印刷する」に
チェックを付けるか、プリンタド
ライバの解像度を低く設定し直し
て、再度印刷してください。
印刷中にアンダーランエラーが発生した場合に表示さ
れます(アンダーランエラーは、印刷内容が複雑でプ
リンタの処理が追いつかない場合に発生します)。
再度印刷するには、メモリを増設する、用紙のサイズ
を小さくする、またはドライバの解像度を下げてくだ
さい。メモリを増設するときは、あらかじめ電源を切っ
てから行ってください。
-
[****-**** 論理エラー ]
印刷できない解像度が指定されま
した。
印刷先のプリンタ装置に合ったプ
リンタドライバをインストールし
てください。
プリンタが印刷できない解像度が指定された印刷デー
タを受信した場合に印刷を中止して表示されます。
プリンタドライバの解像度を設定し直してください。
-
印刷処理中にエラーが発生した場合に表示されます。
[****-**** 印刷データエラー ]
印刷処理中の印刷データにエラー 「Printianavi2」または「Printianavi」を使用していると
きは、自動的に印刷が打ち切られます。
があります。
ケーブルが正しく接続されている
ことを確認し、再度印刷を行って
ください。
7
7
7
7
7
7
-
7
7
メッセージ一覧
177
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
178
表示メッセージ
表示内容と処置
0350
0712
[****-**** 論理エラー ]
プリンタの給紙口が全て自動給紙
無効となっているため、自動給紙
が行えません。
プリンタドライバで給紙口を指定
するか、プリンタの自動給紙設定
を有効にして、再度印刷してくだ
さい。
すべての給紙口に対し、メニューモードの自動給紙設
定を「ムコウ(無効)」にしているときに、自動給紙で
印刷を行うと表示されます。
給紙口を指定して印刷を行うか、メニューモードの自
動給紙設定を「ユウコウ(有効)」にして、印刷をし直
してください。
-
0362
0000
0100
0200
0400
1000
2000
4000
8000
[****-**** 未サポートプリンタ ]
プリンタドライバが未サポートの
プリンタに接続されています。
印刷先のプリンタに適合したプリンタドライバをイン
ストールしてください。
「ソ フ ト ウ ェ ア
ガイド」
0420
0001
[****-**** カートリッジ不一致 ]
装着されたプロセスカートリッジ
は使えません。
プロセスカートリッジを交換して
ください。
セットされたプロセスカートリッジが使用できない場 「プ ロ セ ス カ ー ト
リ ッ ジ を 交 換 す る」
合に表示されます。
(→ P.78)
プロセスカートリッジを交換してください。
0420
1002
1003
2001
2002
[****-**** カートリッジ寿命 ]
プロセスカートリッジの交換時期
です。
プロセスカートリッジを交換して
ください。
プロセスカートリッジの交換時期が近づくと表示され 「プ ロ セ ス カ ー ト
リ ッ ジ を 交 換 す る」
ます。
交換用のプロセスカートリッジを準備してください。 (→ P.78)
0500
d300
d001
d002
d003
d004
d005
d006
d100
d201
d202
d203
d204
d211
d212
d213
d220
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
プリンタの電源を入れ直してください。
0520
0700
0001
0002
0003
0004
000a
000b
000c
2001
2002
2003
2101
2102
[****-**** ハードエラー ]
ハードエラーが発生しました。
プリンタの電源を再投入し、再度
印刷してください。
-
ハードウェアの異常を検出すると表示されます。
いったん電源を切り、再度入れてください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、その
内容を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)
へご連絡ください。
1500
0000
[****-**** 応答なし ]
プリンタからの応答がありませ
ん。
プリンタの電源、およびケーブルを確認してください。 -
1520
~
1572
1574
~
1599
****
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
プリンタの電源を入れ直してください。
1573
0000
第 7 章 こんなときには
参照先
-
-
表:Windows 画面に表示されるメッセージ一覧
(注:実際の画面では、表中の「表示メッセージ」欄の「****-**** 」と記載している部分に、
「エラー番号」欄の数字が表示されます。
)
エラー番号
表示メッセージ
表示内容と処置
参照先
1900
0000
[****-**** メモリ不足 ]
メモリ不足が発生しました。
プリンタが接続されているパソコンで、使用していな
いアプリケーションを終了してください。
1901
~
1999
2900
~
2999
****
[****-**** システムエラー ]
システムエラーが発生しました。
プリンタドライバ、「Printianavi ネットワークソフト -
ウェア 2」をインストールし直してください。
それでもエラーメッセージが表示される場合は、その
内容を「ハードウェア修理相談センター」
(→ P.200)
へご連絡ください。
5900
5901
0000
[****-**** システムエラー ]
システムエラーが発生しました。
-
5500
5501
5502
5503
5504
5505
0000
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
プリンタの電源を入れ直してください。
-
5510
0000
[****-**** 通信エラー ]
プロキシサーバとの通信でエラー
が発生しました。
ネットワーク管理者に連絡し、プロキシサーバで処理
できる HTTP リクエストのデータサイズを大きくする
よう依頼してください。
-
5511
0000
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
ポートの設定画面で、接続先のプリンタの URL を確認
してください。
5512
5520
0000
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
プリンタの電源を入れ直してください。
-
5521
0000
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
ポートの設定画面で、接続先のプリンタの URL を確認
してください。
「ソ フ ト ウ ェ ア
ガイド」
5522
5530
5531
5532
0000
[****-**** 通信エラー ]
プリンタとの通信がエラーとなり
ました。
プリンタの電源を入れ直してください。
-
7510
****
[****-**** 情報取得失敗 ]
プリンタからの情報取得ができま
せん。
環境を確認してください。
-
-
7
7
7
7
「ソ フ ト ウ ェ ア
ガイド」
7
7
7
7
7
7
7
メッセージ一覧
179
Memo
180
第8章
付録
この章では、本製品を使用するときに補助的に必要となること
がらについて説明します。
1
2
3
4
5
6
7
仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オプション品一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
有寿命部品/消耗品/定期交換部品/ 24 時間運用について . . . . . . . . .
サプライ品一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
印刷確認済みの用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
用紙の印刷方向と印刷可能領域について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アフターサービスについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
182
190
192
194
196
197
200
181
1
仕様
本製品の本体仕様とインターフェース仕様は、次のとおりです。
本体仕様
表:本体仕様
XL-9311
型名
印刷方式
XL-9281
電子写真方式
普通紙
普通紙
A4 LEF
片面
31.0
両面
21.4
A4 LEF
片面
28.0
両面
19.6
A4 SEF
23.0
15.5
A4 SEF
19.0
13.8
A3
17.4
12.2
15.6
10.9
A5
B4
30.6
21.4
13.6
A3
A5
30.6
21.4
B4
17.1
12.0
B5
30.6
21.4
19.5
30.6
印刷速度(コピー動作に
21.4
B5
よる連続印刷時)
単位:ページ / 分
ユーザ定義サイズの用紙[注 4]
2.0 ~ 30.0
ユーザ定義サイズの用紙[注 4]
2.0 ~ 25.0
-
長尺紙
1.0
182
1.0
ウォームアップ時間
・ 両面印刷にすると印刷速度は遅くなります。
・ 厚紙モードにすると印刷速度は遅くなります。
・ ユーザ定義サイズの用紙の場合は、用紙サイズによって、印刷速度が異なります。
・ 大量に印刷すると、クールダウンのため、いったん停止します。
・ 大量に印刷すると、A4SEF の印刷速度が遅くなる場合があります。
12 秒以下(22 ℃、電源電圧 100V 時)
エンジン解像度
600dpi / 1200dpi
データ処理解像度
300dpi × 300dpi
600dpi × 600dpi
1200dpi × 1200dpi
スムージング処理
-
長尺紙
Super FEIT(1200dpi 以外)
[注]FEIT=Fujitsu Enhanced Image Technology
用紙種類
・ 給紙トレイ(標準)
普通紙(60g/ ㎡~ 90g/ ㎡)
、厚紙 1(91g/ ㎡~ 135g/ ㎡)、厚紙 2(136g/ ㎡~ 216g/ ㎡)、OHP フィル
ム、ラベル紙 1(60g/ ㎡~ 90g/ ㎡)、ラベル紙 2(91g/ ㎡~ 135g/ ㎡)、はがき、長尺紙
・ 給紙カセット(標準)
普通紙、厚紙 1(91g/ ㎡~ 135g/ ㎡)、厚紙 2(136g/ ㎡~ 216g/ ㎡)
、OHP フィルム
・ 拡張給紙ユニット(オプション)
普通紙、厚紙 1(91g/ ㎡~ 135g/ ㎡)、厚紙 2(136g/ ㎡~ 216g/ ㎡)
用紙サイズ
・ 給紙トレイ(標準)
A3、B4、B5、A4、A5、リーガル、レター、郵便はがき、長尺紙(幅 297 ㎜固定、長さ 420.1 ㎜~
900.0 ㎜)、ユーザ定義サイズ(幅 90 ~ 297 ㎜、長さ 148 ㎜~ 432 ㎜)
・ 給紙カセット(標準)/拡張給紙ユニット(オプション)
A3、B4、B5、A4、A5、リーガル、レター、ユーザ定義サイズ(幅 90 ~ 297 ㎜、長さ 148 ㎜~ 432 ㎜)
給紙方式[注 1]
給紙カセットによる自動給紙(収容枚数 XL-9311:550 枚、XL-9281:250 枚、拡張給紙ユニット使用
時 XL-9311:1850 枚、XL-9281:1550 枚)
給紙トレイによる自動給紙(収容枚数 200 枚(はがき 60 枚))
両面印刷(オプション)
用紙種類:普通紙(60g/ ㎡~ 90g/ ㎡)
用紙サイズ:A3、A4、A5、B4、B5、レター、リーガル
排紙方法[注 1]
フェースダウンスタッカ(スタック枚数 XL-9311:500 枚、XL-9281:250 枚)
第 8 章 付録
表:本体仕様
XL-9311
型名
XL-9281
温度 :10 ~ 32 ℃、湿度 :15 ~ 85%RH(推奨紙使用時)
温度 32 ℃以上のときは湿度 70%RH 以下、湿度が 85%RH 前後のときは温度 28 ℃以下で使用してくだ
さい(ただし、結露しないこと)。また、その他の用紙については、上記使用温湿度環境で使用されて
いても、用紙の特性により、充分にプリンタの性能を発揮できない場合があります。
冷えきった部屋を暖房器具などで急激に暖めると、機械の内部に水滴が付着し部分的に印刷できない
場合があります。室温になじませてから使用してください。
%RH
使用環境条件
10͠85%
8
8
28͠85%
80
32͠70%
60
40
20
૶↪᷷Ḩᐲ▸࿐
䋨ផᅑ⚕૶↪ᤨ䋩
10͠15%
8
32͠15%
10䇭䇭䇭䇭䇭䇭20䇭䇭䇭䇭䇭䇭30
電源・電源周波数
消費電力
定格電流
突入電流
㷄
AC100V ± 10%、50/60 Hz + 2%- 4%(安定した正弦波であること)
[注]
:矩形波が出力される機器に接続すると、故障する場合があります。また、本製品は、突入電流
がありますので、UPS に接続しないでください。
動作時 1100W 以下、節電時 20W 以下(節電モード移行後、冷却ファン回転中は 20W 以下、冷却ファ
ン停止後は約 5W)
平均消費電力:XL-9311:660W 以下(片面印刷時)、XL-9281:650W 以下(片面印刷時)
電源オフ時:0W[注 5]
11A
最大突入電流 100A 以下(定着器ヒーター ON 時 突入時間:10m 秒以下)
XL-9311: 動作時 56dB(A)、待機時 36dB(A)(フルオプション 59dB(A))
XL-9281: 動作時 53dB(A)、待機時 36dB(A)(フルオプション 58dB(A))
騒音
外形寸法
質量
インターフェース
XL-9311: 幅 505 ㎜、奥行き 408(607)㎜、高さ 390 ㎜
XL-9281: 幅 505 ㎜、奥行き 408(607)㎜、高さ 324 ㎜
( ): カセット延長時
8
対応ネットワーク
プリンタシーケンス[注
XL プリンタドライバ、ESC/P
2]
文字・書体
ESC/P 用:ANK、明朝体、ゴシック体
5 年(8 時間 / 日)または 60 万ページ印刷(A4 サイズ横送り(
8
8
XL-9311: 約 21.5kg
XL-9281: 約 19.5kg
(消耗品、オプションを除く)
IEEE1284 双方向パラレルポート
USB2.0 準拠 USB インターフェース
1000Base-T/100Base-TX/10Base-T LAN ポート
TCP/IP(IPP,HTTP,BPP,LPR,DHCP,SNMP,SMTP,DNS,RAW(Port9100))
耐用期間[注 3]
8
LEF)
)のいずれか早いほう
8
注1
: 収容枚数は 64g/ ㎡で換算
注2
: データ処理解像度
・XL プリンタドライバ:1200dpi/600dpi/300dpi(スーパー FEIT:2400dpi × 600dpi 相当)
・ESC/P:180dpi
注3
: 耐用期間のページ数は、用紙サイズや用紙種類、印刷条件、オプション構成、およびプリンタ本体の電源 ON・OFF
による初期化動作の頻度などにより異なります。
LEF)
推奨日間印刷ページ数は平均500ページ、推奨月間印刷ページ数は10000ページ以下です(A4サイズ横送り(
の場合)
。
また、本製品には、有寿命部品、消耗品および定期交換部品が含まれています。詳しくは「有寿命部品/消耗品/定
期交換部品/ 24 時間運用について」(→ P.192)をご覧ください。
注4
: ユーザ定義サイズの用紙に印刷する場合は、
「ユーザ定義サイズの用紙を印刷する場合の印刷速度」
(→ P.184)に記
載の速度で印刷します。
注5
: 電源プラグがコンセントに差し込まれていても、電源スイッチがオフの場合、電力の消費はありません。
注6
: 排紙枚数は 64g/ ㎡換算です。センサーで排紙枚数の高さを検知しているため、スタック枚数は約 500 枚± 50 枚の
誤差があります。
仕様
8
8
8
183
ユーザ定義サイズの用紙を印刷する場合の印刷速度
ユーザ定義サイズの用紙を印刷する場合、次の表とグラフで示すように、用紙の幅と長さの
組み合わせにより、印刷速度が異なります。一般的に、用紙の長さが短いほど、印刷速度は
速くなります。
■XL-9311 の場合
表:ユーザ定義サイズの用紙を印刷する場合の印刷速度(XL-9311)
印刷速度(単位:ページ / 分)
普通紙/普通紙 L
厚紙 1
厚紙 2
グラフの線
用紙の長さ
(グラフ A を参照)(グラフ B を参照)(グラフ C を参照)
216 ㎜以下 30.0
18.5
8.5
(1)
ユーザ定義サイズ
用紙の幅
279 ㎜以上
184 ㎜以下
20.7
13.8
16.1
9.1
(2)
364 ㎜以下
11.5
13.8
7.4
(2)
149 ㎜以下
13.8
16.2
9.1
(3)
270 ㎜以下
9.2
6.9
3.0
(3)
250 ㎜以下
5.0
3.0
1.0
(4)
508 ㎜以下
2.0
2.0
1.0
432 ㎜以下
13.8
13.8
7.0
-
-
432 ㎜以下
257 ㎜以上
210 ㎜以上
210 ㎜未満
297 ㎜以上
16.7
7.0
(1)
長尺
1.0
1.0
1.0
上記以外
3.0
3.0
1.0
(4)
グラフ A:普通紙/普通紙 L における印刷速度
35
ශ೚ㅦᐲ䋨න૏䋺䊕䊷䉳㪆ಽ䋩
30
㧔1㧕
25
㧔2㧕
20
㧔1㧕
㧔3㧕
15
㧔2㧕
10
㧔3㧕
5
㧔4㧕
㧔4㧕
0
80
90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240 250 260 270 280 290 300
↪⚕䈱᏷䋨න૏䋺䋘䋩
184
第 8 章 付録
グラフ B:厚紙 1 における印刷速度
ශ೚ㅦᐲ䋨න૏䋺䊕䊷䉳 /ಽ䋩
8
35
30
8
25
20
㧔1㧕
8
㧔2㧕
15
㧔1㧕
㧔3㧕
㧔2㧕
10
㧔3㧕
5
8
㧔4㧕
㧔4㧕
0
80
90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240 250 260 270 280 290 300
↪⚕䈱᏷䋨න૏䋺䋘䋩
8
グラフ C:厚紙 2 における印刷速度
ශ೚ㅦᐲ䋨න૏䋺䊕䊷䉳/ಽ䋩
35
8
30
25
8
20
15
10
㧔3㧕
8
㧔2㧕
㧔1㧕
㧔1㧕
5
㧔2㧕
8
㧔3㧕
㧔4㧕
0
80
90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240 250 260 270 280 290 300
↪⚕䈱᏷䋨න૏䋺䋘䋩
8
8
仕様
185
■XL-9281 の場合
表:ユーザ定義サイズの用紙を印刷する場合の印刷速度(XL-9281)
279 ㎜以上
印刷速度(単位:ページ / 分)
普通紙/普通紙 L
厚紙 1
厚紙 2
グラフの線
用紙の長さ
(グラフ D を参照)(グラフ E を参照)(グラフ F を参照)
216 ㎜以下 25.0
15.4
7.0
(1)
432 ㎜以下
13.9
257 ㎜以上
184 ㎜以下
17.3
11.5
13.4
364 ㎜以下
149 ㎜以下
11.5
13.5
270 ㎜以下
ユーザ定義サイズ
用紙の幅
210 ㎜以上
210 ㎜未満
297 ㎜以上
5.7
(1)
7.4
(2)
9.6
11.5
5.7
(2)
7.5
(3)
7.7
5.8
2.5
(3)
250 ㎜以下
4.2
2.5
1.0
(4)
508 ㎜以下
2.0
2.0
1.0
(4)
11.5
11.5
5.7
-
長尺
432 ㎜以下
1.0
1.0
1.0
-
上記以外
3.0
3.0
1.0
グラフ D:普通紙/普通紙 L における印刷速度
ශ೚ㅦᐲ䋨න૏䋺䊕䊷䉳㪆ಽ䋩
30
25
㧔1㧕
20
㧔2㧕
15
㧔1㧕
㧔3㧕
㧔2㧕
10
㧔3㧕
5
㧔4㧕
㧔4㧕
0
80
90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240 250 260 270 280 290 300
↪⚕䈱᏷䋨න૏䋺䋘䋩
186
第 8 章 付録
グラフ E:厚紙 1 における印刷速度
ශ೚ㅦᐲ䋨න૏䋺䊕䊷䉳/ಽ䋩
8
35
30
8
25
20
8
㧔1㧕
15
㧔2㧕
㧔1㧕
㧔3㧕
10
㧔2㧕
8
㧔3㧕
5
㧔4㧕
㧔4㧕
0
80
90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240 250 260 270 280 290 300
↪⚕䈱᏷䋨න૏䋺䋘䋩
8
グラフ F:厚紙 2 における印刷速度
ශ೚ㅦᐲ䋨න૏䋺䊕䊷䉳/ಽ䋩
35
8
30
25
8
20
15
10
㧔3㧕
8
㧔2㧕
㧔1㧕
㧔1㧕
5
㧔2㧕
8
㧔3㧕
㧔4㧕
0
80
90 100 110 120 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240 250 260 270 280 290 300
↪⚕䈱᏷䋨න૏䋺䋘䋩
8
8
仕様
187
インターフェース仕様
パソコンとのインターフェースは、パラレルインターフェースおよび USB インターフェー
スを採用しています。
パラレルインターフェース仕様とコネクタピン配列
・ 基本仕様
IEEE 1284 に準拠した双方向パラレルインターフェース
・ インターフェースコネクタ
プリンタ側:36 極コネクタ(メス)アンフェノール 57-40360 相当品
ケーブル側:36 極コネクタ(オス)アンフェノール 57-30360 相当品
・ ケーブル
1.5m 以下のケーブルを使用してください(雑音対策にはツイストペア線を使用し、シールドされて
いること)。
・ 信号レベル
LOW:0.0V ~ +0.4V HIGH:+2.4V ~ +5.0V
・ データ転送方式
8 ビットパラレル
・ コネクタピン配列
18
1
36
19
ࠗࡦ࠲࡯ࡈࠚ࡯ࠬࠦࡀࠢ࠲㧔36ࡇࡦ㧕
表:コネクタピン仕様
ピン番号
188
1
信号名称
* Strobe
パソコン
2
Data 1
パソコン
3
Data 2
パソコン
4
Data 3
パソコン
5
Data 4
パソコン
6
Data 5
パソコン
7
Data 6
パソコン
8
Data 7
パソコン
9
Data 8
パソコン
10
* Ack
パソコン
11
Busy
プリンタ
12
Perror
プリンタ
13
Select
プリンタ
14
* AutoFd
パソコン
15
-
16
-
SG
17
FG
-
18
+5Vsignal
プリンタ
19
-RET
-
20
-RET
-
21
-RET
-
第 8 章 付録
発信元
-
表:コネクタピン仕様
ピン番号
信号名称
発信元
22
-RET
-
23
-RET
-
24
-RET
-
25
-RET
-
26
-RET
-
27
-RET
-
28
-RET
-
29
-RET
-
30
-RET
-
31
* Init
パソコン
32
* Fault
プリンタ
33
-RET
-
34
-
-
35
-
-
36
* SelectIn
パソコン
8
8
8
「*」は、負論理信号であることを示します。
-RET 信号は、すべて SG に接続されています。
8
USB インターフェース仕様とコネクタピン配列
・ 基本仕様
8
USB 仕様の Revision2.0 準拠
・ インターフェースコネクタ
プリンタ側:B レセプタクル(メス)
・ ケーブル
8
XL-CBLU2G または、5m 以下の USB 仕様 Revision2.0 に適合したケーブル
・ 伝送モード
High Speed(最大 480Mbps)、Full Speed(最大 12Mbps)
・ 電力制御
セルフパワーデバイス
8
・ USB ピン配列
2
1
8
3
4
8
表:コネクタピン仕様
ピン番号
信号名称
機能
1
vbus
電源(+5v)
2
D-
データ転送用
3
D+
データ転送用
4
GND
信号グランド
8
8
仕様
189
2
オプション品一覧
本製品で使用できるオプション品の一覧は次のとおりです。
なお、オプション品の情報は、このマニュアルを発行した時点のものです。
最新情報は、富士通製品情報ページ(http://www.fmworld.net/biz/)でご確認ください。
拡張給紙ユニット
表:拡張給紙ユニット
品名
拡張給紙ユニット -A
型名
内容
XL-EF25W1G
2 段目、3 段目の給紙ユニットとして使用できます。収容枚数は約 250 枚
(64g/ ㎡の用紙の場合)です。
LB315 給紙カセット(A3 ユニバーサル)添付
拡張給紙ユニット -B
XL-EF55W1G
2 段目、3 段目の給紙ユニットとして使用できます。収容枚数は約 550 枚
(64g/ ㎡の用紙の場合)です。
LB315 給紙カセット(550 枚)A3U 添付
両面ユニット
表:両面ユニット
品名
両面ユニット
型名
内容
XL-DUPMB
両面印刷用のユニットです。
プリンタ RAM モジュール
表:プリンタ RAM モジュール
品名
プリンタ RAM モ
型名
XL-EM256MC
内容
RAM を 256MB 搭載したメモリモジュールです。
ジュール -256MB
プリンタケーブル
■パラレルケーブル
表:パラレルケーブル
品名
プリンタケーブル
型名
FMV-CBL716
内容
FMV シリーズ、各社 PC/AT 互換機に接続できます。
(1.5m)
■プリンタ USB ケーブル
表:プリンタ USB ケーブル
品名
プリンタUSBケーブル
型名
XL-CBLU2G
内容
7/2008/Vista/2003/XP/2000/Me/98 が動作するパソコンに接続できます。本
ケーブルは USB2.0 に対応しています。
(1.5m)
190
第 8 章 付録
認証印刷ユニット
8
表:認証印刷ユニット
品名
SecureLoginPrint
型名
XL-SE100F
内容
プリンタと USB で接続し、指紋認証によるセキュリティ印刷を行うこと
ができます。
Vista/XP が動作するパソコンに接続できます。
[注]
:64 ビット版 /x64 Edition には対応していません。
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
オプション品一覧
191
3
有寿命部品/消耗品/定期交換部品
/ 24 時間運用について
有寿命部品、消耗品、定期交換部品、24 時間運用について、留意していただきたい
点を説明します。
有寿命部品について
・ 本製品には、有寿命部品が含まれています。有寿命部品は、使用時間の経過に伴って摩
耗、劣化などが進行し、動作が不安定になる場合がありますので、本製品をより長く安
定してお使いいただくためには、一定の期間で交換が必要となります。
・ 有寿命部品の交換時期の目安は、使用頻度や使用環境などにより異なりますが、適切な
使用環境(22 ℃/ 55%RH)において 1 日 8 時間のご使用で約 5 年、または 60 万ページ
印刷(A4 サイズ横送り(
LEF))のいずれか早いほうです(A4 LEF より長い用紙を使
用した場合は A4 LEF 印刷時の半分程度)。なお、この期間はあくまでも目安であり、こ
の期間内に故障しないことをお約束するものではありません。また、長時間連続使用な
ど、ご使用状態によっては、この目安の期間よりも早期に部品交換が必要となる場合が
あります。
・ 本製品に使用しているアルミ電解コンデンサは、寿命が尽きた状態で使用し続けると、電
解液の漏れや枯渇が生じ、異臭の発生や発煙の原因となる場合がありますので、早期の
交換をお勧めします。
・ 摩耗や劣化などにより有寿命部品を交換する場合は、保証期間内であっても有料となり
ます。なお、有寿命部品の交換は、当社の定める補修用性能部品単位での、修理による
交換となります。交換するときは「ハードウェア修理相談センター」(→ P.200)にご連
絡ください。
・ 補修用性能部品の保有期間は、プリンタ本体の製造終了後 5 年間です。
・ 本製品をより長く安定してご利用いただくために、省電力機能の使用をお勧めします。ま
た、一定時間お使いにならない場合は電源をお切りください。
<主な有寿命部品一覧>
光学ユニット、制御基板、電源基板、高圧電源基板、用紙搬送ガイド、用紙搬送ローラ
消耗品について
プロセスカートリッジなどの消耗品(サプライ品)は、その性能/機能を維持するために適
時交換が必要となります。なお、交換する場合は、保証期間の内外を問わずお客様ご自身で
の新品購入ならびに交換となります。
サプライ品については、「サプライ品一覧」(→ P.194)をご覧ください。
192
第 8 章 付録
定期交換部品について
本製品には、下表の定期交換部品が設定されています。安定してご使用いただくためには、
定期的な交換が必要です。交換するときは、ご購入元または「ハードウェア修理相談セン
ター」(→ P.200)にご連絡ください。なお定期交換部品料金および交換作業費は契約保守
サービスの料金に含まれています(ご契約によっては有償となりますので、詳しくは弊社担
当営業または販売パートナーまでお問い合わせください)。なお、保守サービス未契約のお
客様は保証期間の内外を問わず有償となります。保守サービスについて詳しくは、弊社ホー
ムページ「製品サポート」
(http://segroup.fujitsu.com/fs/products/)のコーナーをご覧くださ
い。補修用性能部品(保守部品)、定期交換部品の保有期間は、プリンタ本体の製造終了後
5 年間です。
表:定期交換部品の交換時期の目安
定期交換部品
定着器
8
8
8
交換時期の目安
10 万ページ印刷ごとを目安に「定期交換キット」で交換
用紙搬送ロールキット
(給紙トレイ・給紙カセット用)
8
転写ロール
[注]上記は、A4 サイズ横送り(
LEF)/片面印刷での目安であり、これ以外の印刷の
場合、交換時期が早まることがあります。
A4 LEF より長い用紙を使用した場合、寿命は A4 LEF 印刷時の半分程度が目安となります。
24 時間以上の連続運用について
本製品は、24 時間以上の連続運用を前提とした設計にはなっておりません。
8
8
24 時間以上の連続運用を行うと、有寿命部品の交換時期の目安となる期間よりも、早期に
部品交換が必要となる場合があります。
8
8
8
8
8
有寿命部品/消耗品/定期交換部品/ 24 時間運用について
193
4
サプライ品一覧
本製品に用意されているサプライ品は次の表のとおりです。
なお、サプライ品の情報は、このマニュアルを発行した時点のものです。
最新情報は、富士通製品情報ページ(http://www.fmworld.net/biz/)でご確認ください。
サプライ品のご購入については、本製品をご購入の販売店、または富士通コワーコ にご相
談ください。
・ 富士通コワーコお客様総合センター
通話料無料 0120-505-279
月曜~金曜 9:00 ~ 17:30(祝日・年末年始を除く)
URL:http://jp.fujitsu.com/group/coworco/
PPC 用紙および普通紙を使用することができますが、より良い印刷品質が得られるよう、下
記の推奨用紙のご使用をお勧めします。
・プロセスカートリッジは、本製品専用品を取り付けてください。指定外のプロセスカートリッジ
を取り付けると、プロセスカートリッジおよびプリンタ本体の故障の原因になります。
表:サプライ品一覧
商品名
普通紙推奨用紙
オフィス用紙 W
再生オフィス用紙 EC
(古紙 40%FSC 認証用紙)
商品番号
備考
A3
0411650
500 枚× 3 冊で 1 ケース
B4
0411620
500 枚× 5 冊で 1 ケース
A4
0411610
A4(Y)
0411612
B5(Y)
0411645
A5(Y)
0411635
A3
0416440
500 枚× 3 冊で 1 ケース
B4
0416420
500 枚× 5 冊で 1 ケース
A4
0416410
B5
0416430
長尺用紙 297mm × 900mm
0421015
プリンタドライバで「用紙種類」を「厚紙 2」に設定してください。
プロセスカートリッジ LB317A
0854110
印刷量の目安は、約 6000 ページ[注 1]です(JIS X 6931(ISO/
IEC19752) に基づく)。
有効期限は、製造から 30ヶ月間(開封後は 1 年間)です。安定
した画質を維持するために、有効期限内での使用をお勧めしま
す。
プロセスカートリッジ LB317B
0854120
印刷量の目安は、約 10000 ページ[注 1]です(JIS X 6931(ISO/
IEC19752) に基づく)。
有効期限は、製造から 30ヶ月間(開封後は 1 年間)です。安定
した画質を維持するために、有効期限内での使用をお勧めしま
す。
194
第 8 章 付録
表:サプライ品一覧
商品名
商品番号
LB315 給紙カセット
(A3 ユニバーサル) 0805320
備考
XL-9281 用です。XL-9311 では使用できません。
サイズ:A3 ~ A5、ユーザ定義サイズ
8
枚数:250 枚(推奨用紙)
本体および拡張給紙ユニット -A(XL-EF25W1G)添付のカセッ
トと同一品です。
0805330
LB315 給紙カセット(550 枚)A3U
XL-9311 用です。XL-9281 では使用できません。
8
サイズ:A3 ~ A5、ユーザ定義サイズ
枚数:550 枚(推奨用紙)
拡張給紙ユニット -B(XL-EF55W1G)添付のカセットと同一品
です。
レーザプリンタ置台
0530580
デスクサイド専用置台
外形寸法:600(W)× 610(D)× 440(H)㎜
OHP フィルム[注 2]
A4
GAAA5224
100 枚× 1 冊
ラベル紙[注 2]
A4(20 面
V860
100 枚× 1 冊
8
カット)
注1
: 上記枚数はあくまでも目安であり、印刷寿命を保証するものではありません。
また、低印字率での運用環境では、オペレータパネルに「カートリッジ ジュンビ」または「カートリッジ コウカ
ン」の警告表示が出る前に、黒筋、薄黒い汚れやカスレが発生する場合があります。
プロセスカートリッジの寿命ですので、新しいプロセスカートリッジに交換してください。
なお、印刷モード(本製品のメインモータが停止している状態から印刷を開始し、印刷後にメインモータが停止する
までの印刷ページ数)とプロセスカートリッジ寿命の関係は、次のグラフをご覧ください。
ࠞ䳦࠻࡝䳟ࠫኼ๮⋡቟䴿ࡍ䳦ࠫ䵀
φLB317B
10,000
0
8
8
8,000
6,000
8
φLB317A
1
2
3
4
5
8
࡮࡮࡮ㅪ⛯
ශ೚ࡕ࡯࠼㧔ࡍ࡯ࠫ,QD㧕
(A4 LEF、片面、
印字率 5% 時。実際の寿命は印刷条件や印刷内容によって異なりますので、目安としてご覧ください。)
注2
: OHP フィルム、ラベル紙を購入されるときのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
富士ゼロックス(株)
http://www.fujixerox.co.jp/
なお、OHP フィルム、ラベル紙以外のサプライ品については、
「富士通コワーコお客様総合センター」
(→ P.194)に
お問い合わせください。
・プロセスカートリッジは、純正品をご使用ください。リサイクル品や他社製サプライ品を使用すると、印
字品質の低下、故障および装置破損の原因となることがあります。
・100% 再生紙に印刷した場合、シワやカールが発生する場合があります。A4 サイズであれば、LEF(横送
り方向)と SEF(縦送り方向)を変更することで改善される場合があります。ただし、SEF に変更する
と、LEF に比べて製品の耐用期間が短くなったり、定期交換部品やプロセスカートリッジの交換時期が早
くなったりする場合があります。
・A4LEF、B5、A5 など、LEF(横送り方向)にセットする場合は「横目」の用紙を推奨します。
A4SEF、B4、A3 など、SEF(縦送り方向)にセットする場合は「縦目」の用紙を推奨します。
8
8
8
8
サプライ品一覧
195
5
印刷確認済みの用紙
本製品で印刷確認を行った用紙は、次の表のとおりです。なお、印刷確認は、包装
した状態の用紙を、温度 22 ℃、湿度 55 ~ 60% 環境下に 12 時間放置した後、印刷
直前に包装紙から取り出して実施しています。
表:印刷確認済みの用紙一覧
メーカー名
富士通コワーコ(株)
品名
オフィス用紙 W
(A3,A4,A4Y,A5,A5Y,B4,B5,B5Y)
オフィス用紙 MP(A3,A4,B4,B5)
備考
普通紙推奨紙
-
コピー用紙 N(A3,A4,B4,B5)
-
再生オフィス用紙 EC(A3,A4,B4,B5)
古紙 40% 再生紙、FSC 認証用紙
[注 1]
富士ゼロックス(株)
(株)リコー
キヤノン(株)
紀州製紙(株)
偽造防止用紙(A4)
-
OA ラベル A4(単票用紙)Ⅱ
-
P 紙(A3,A4)
-
ラベル紙 Z776/V860(A4)
-
OHP フィルム GAAA5224(A4)
-
マイペーパー 901301(A4)
-
マイリサイクルペーパー GP(A4)
再生紙[注 1]
オフィスプランナー(A4)
LBP /インクジェット共用紙
再生コピー用紙(A4)
古紙 70% 再生紙[注 1]
ファイン PPC(A4)
-
住友スリーエム(株) OHP フィルム CG3720(A4)
エーワン(株)
再生紙[注 1]
ラベル紙 28362(A4)
-
ラベル紙 28436(B4)
-
サンワサプライ(株)
カラーレーザー用ラベル TA-LPC2(A4) -
郵便事業(株)
郵便局などで発売
郵便はがき
注1
196
-
再生ラベル紙 31362(A4)
多色刷りはがきは除く
: 再生紙は、吸湿しやすい性質をもっており、包装紙から取り出した状態で放置された用紙を使用すると、紙詰まりや用
紙シワなどが発生する場合があります。再生紙使用時は、必要枚数のみをプリンタにセットし、残った用紙は元の包装
紙に戻して密閉保管してください。
第 8 章 付録
6
用紙の印刷方向と印刷可能領域につ
いて
8
本製品は、給紙カセットや給紙トレイを使い分けることによって、いろいろな用紙
を使うことができます。ここでは、給紙方法と用紙サイズとの対応を説明します。
8
印刷方向
8
A4 縦送り(
SEF)
、A3、B4、リーガル、長尺紙サイズの用紙の場合
❑ᣇะශ೚
A4 横送り(
8
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
↪⚕៝ㅍᣇะ
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
8
ᮮᣇะශ೚
LEF)
、A5、B5、レター、はがきサイズの用紙の場合
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
↪⚕៝ㅍᣇะ
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
8
❑ᣇะශ೚
ᮮᣇะශ೚
ユーザ定義サイズの用紙の場合
■横長(幅>長さ)の用紙の場合
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
❑ᣇะශ೚
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
↪⚕៝ㅍᣇะ
❑ᣇะශ೚
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
■縦長(幅<長さ)の用紙の場合
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
8
8
8
ᮮᣇะශ೚
8
ᮮᣇะශ೚
8
用紙の印刷方向と印刷可能領域について
197
とじ穴のある A4 サイズの用紙を使用する場合は、「印刷方向」の指定に合わせてとじ穴の
位置が正しくなるようにセットします。
㧭㧮㧯㧰࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
↪⚕៝ㅍᣇะ
㧭㧮㧯㧰࡮࡮࡮࡮
࡮࡮࡮࡮
Ꮐߣߓߩ႐ว
਄ߣߓߩ႐ว
・用紙方向、印刷の向きに関する設定は、プリンタドライバで設定できます。詳しくは、プリンタドライバ
のヘルプか、 「ソフトウェアガイド」の「第 5 章 プリンタドライバの機能と利用方法」をご覧ください。
印刷可能領域
本プリンタで印刷できる、各用紙サイズの印刷可能領域は次のとおりです。
Printia XL ドライバ使用時
a1=a2=5 ㎜、b1=b2=5 ㎜
表:印刷可能領域(Printia XL ドライバ使用時)
用紙方向
縦方向
横方向
198
第 8 章 付録
A3
用紙サイズ
B4
A4
B5
A5
リーガル
レター
はがき
A 寸法
410
354
287
247
200
346
270
138
B 寸法
287
247
200
172
138
206
206
90
A 寸法
287
247
200
172
138
206
206
90
B 寸法
410
354
287
247
200
346
270
138
ESC/P モード使用時
8
a1=a2=8.5 ㎜または 22 ㎜(はがき:10 ㎜)、b1=b2=5 ㎜
表:印刷可能領域(ESC/P モード使用時)
用紙方向
縦方向
用紙サイズ
A 寸法
A 寸法
B 寸法
B4
A4
B5
A5
リーガル
レター
はがき
399.5
343.5
276.5
236.5
189.5
335
259
128
22 ㎜時
386
330
263
223
176
321.5
245.5
128
287
247
200
172
138
206
206
90
8.5 ㎜時
276.5
236.5
189.5
161.5
127.5
195
195
78.5
22 ㎜時
263
223
176
148
114
182
182
78.5
410
345
287
247
200
345
269
138
B 寸法
横方向
A3
8.5 ㎜時
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
用紙の印刷方向と印刷可能領域について
199
7
アフターサービスについて
本製品のアフターサービスについて説明します。
・ ご購入時に販売店でお渡しする保証書は、大切に保管してください。
・ 保証書は日本国内のみで有効です。
・ 無償保証期間は、お買い上げ日より 6ヶ月です。詳しくは保証書をご覧ください。
・ 本製品の保守部品の最低保有期間は製造終了後 5 年です。ご了承ください。
・ 分解、改造などを行わないでください。無償保証の期間内でも無償修理が受けられない
ことがあります。
・ 本製品のご使用にあたっては、純正のサプライ用品をお使いください。純正のサプライ
用品以外の用品をお使いになったことによる製品の誤動作および故障に関しては、当社
は一切責任を負いかねますのでご了承ください。
・ 故障時は下記にご連絡ください。
ハードウェア修理相談センター
通話料無料:0120-422-297
受付時間:平日 9:00 ~ 17:00(土曜・日曜・祝日および当社指定の休日を除く)
・ 本製品の使用に関する技術的なご相談などにつきましては、製品のご購入元、または弊
社の担当営業/ SE にお問い合わせください。なお、保守運用支援サービス「SupportDesk」
をご契約のお客様は、ご契約のお客様専用の電話やホームページなどで製品に関するご
質問を受け付けております。
使用済みプロセスカートリッジの回収サービス
富士通グループでは大切な資源を上手に使う循環型社会の実現を目指し、使用済みカート
リッジを無償で回収しております。
回収した使用済みカートリッジは大切な資源として、最終的に部材の再使用や再資源化を
行っております。
当社の活動主旨にご賛同いただける場合には、『エコ受付センター』までご連絡ください。
・ エコ受付センター
通話料無料:0120-300-693
平日 8:40 ~ 12:00 および 13:00 ~ 17:30(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
ご協力をお願いいたします。
200
第 8 章 付録
修理装置の返却準備 ~お客様へ~
「ハードウェア修理相談センター」に連絡した結果、修理装置の返却が必要と判断された場
合は、輸送時のトラブル防止のため、次の手順で準備をお願いいたします。
1
オペレータパネルから設定の一覧を印刷し、設定を復元するときに必要と
なる情報を控えます。
詳しくは「設定の一覧印刷」(→ P.114)をご覧ください。
2
両面ユニット、拡張給紙ユニットを取り付けている場合は、取り外します。
詳しくは両面ユニットの「取り外し」
(→ P.50)、および拡張給紙ユニットの「取り外し」
(→ P.58)をご覧ください。
8
8
8
3 「梱包して運搬する」(→ P.95)の手順に従って、本製品の梱包を行います。 8
本製品の廃棄について
製品(付属品を含む)を廃棄する場合は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規制を
受けます。
法人、企業のお客様へ
本製品の廃棄については、弊社ホームページ「IT 製品の処分・リサイクル」(http://
8
8
jp.fujitsu.com/about/csr/eco/products/recycle/recycleindex.html)をご覧ください。
8
8
8
8
8
アフターサービスについて
201
索引
E
EP モード設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
H
HEX ダンプ印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
L
LAN
ケーブルコネクタ . . . . . . . . . . . . . . . . 21
ステータス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
LEF. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
O
OHP フィルム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
S
SEF . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
U
USB
インターフェース仕様 . . . . . . . . . . . 189
ケーブルコネクタ . . . . . . . . . . . . . . . . 21
接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
W
Windows 画面のメッセージ一覧 . . . . . . . 173
あ行
アフターサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
移動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
中止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
印刷確認済みの用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . 196
印刷可能領域 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198
印刷品質が低下したとき . . . . . . . . . . . . 157
印刷が薄い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
黒く塗りつぶされた部分に
白点がある . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
黒線が印刷される . . . . . . . . . . . . . . . 158
黒点や黒い小円が印刷される . . . . . . 158
白抜けが起こる . . . . . . . . . . . . . . . . 160
縦長に白抜けする . . . . . . . . . . . . . . . 161
等間隔に汚れる . . . . . . . . . . . . . . . . 158
何も印刷されない . . . . . . . . . . . . . . . 159
太い文字や図形に影が出る . . . . . . . . 162
不要なトナーが付く . . . . . . . . . . . . . 162
文字がにじむ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161
指でこすると、印字がはがれる . . . . . 159
用紙がカールする . . . . . . . . . . . . . . . 162
202
用紙全体に黒色が付いて印刷される . 159
用紙にシワが付く . . . . . . . . . . . . . . . 160
印刷方向 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
ウォームアップ時間 . . . . . . . . . . . . . . . . 182
液晶ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . . . 20, 98
表示内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
エコ受付センター . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
エラーランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
オプション
拡張給紙ユニットの取り付け . . . . . . . 52
取り付け可能なオプション . . . . . . . . . 38
取り付け時のご注意 . . . . . . . . . . . . . . 41
プリンタ RAM モジュールの取り付け . 42
両面ユニットの取り付け . . . . . . . . . . . 47
オペレータパネル . . . . . . . . . . . . . . . 20, 98
設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
メッセージ一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . 163
オンラインランプ/オンラインスイッチ . . 99
か行
カーソルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
回収サービス
(使用済みプロセスカートリッジ). . . . . . . 82
解除スイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
拡張給紙ユニット . . . . . . . . . . . . . . 39, 190
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
紙送りローラ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
紙詰まり
給紙カセット付近で詰まった用紙を
取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136
給紙トレイで詰まった用紙を
取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139
定着器付近で詰まった用紙を
取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
発生時の状態と発生場所 . . . . . . . . . . 134
プリンタ内部に詰まった用紙を
取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
予防方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
両面ユニットに詰まった用紙を
取り除く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151
カラー紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
吸気口 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20, 22
給紙カセット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
使用できない用紙 . . . . . . . . . . . . . . . 130
給紙トレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
給紙トレイダイヤル . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
パネルで設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
給紙トレイ引き抜き用取っ手 . . . . . . . . . . 20
給紙方法と用紙のサイズ . . . . . . . . . . . . 124
警告メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
故障かなと思ったとき . . . . . . . . . . . . . . 153
異常音がする . . . . . . . . . . . . . . . . . . 154
印刷開始時や印刷中にジュンビと
表示される . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155
印刷されない . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
印刷中にクールダウンと表示される . 155
裏面が汚れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155
液晶ディスプレイの表示が
判読できない . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
エラーメッセージが表示され、
印刷されない . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155
オペレータパネルのスイッチが
機能しない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
オペレータパネルのスイッチが
きどき機能しない . . . . . . . . . . . . . . . 153
紙詰まりが発生した . . . . . . . . . . . . . 154
給紙カセットの出し入れができない . 155
正しい用紙をセットしているのに、
エラーが表示される . . . . . . . . . . . . . 153
電源が入らない . . . . . . . . . . . . . . . . 153
電源を入れてもすぐに切れる . . . . . . 153
ネットワーク経由での印刷速度が
遅い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
ネットワークに接続できない . . . . . . 156
ハングアップする . . . . . . . . . . . . . . . 156
プリンタの動作が安定しない . . . . . . 156
プロセスカートリッジを取り付けても、
カートリッジなしとエラーが表示される . . 155
用紙が傾く、外れる、破れる、詰まる 154
用紙がないのにブザーが鳴らない . . . 155
用紙が二重送りされる . . . . . . . . . . . 154
冷却ファンの回転音が大きい . . . . . . 156
連続印刷にもかかわらず、印刷速度が
遅い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
コネクタピン配列 . . . . . . . . . . . . . 188, 189
さ行
サイズ
給紙方法と用紙のサイズ . . . . . . . . . . 124
プリンタ本体のサイズ . . . . . . . . . . . . 26
シールドガラス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
仕様
インターフェース仕様 . . . . . . . . . . . 188
本体仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
上部カバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20, 22
スイッチ
オンラインスイッチ . . . . . . . . . . . . . . 99
カーソルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . 99
解除スイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
電源スイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
メニュースイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . 98
リセットスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . 99
漏電ブレーカースイッチ . . . . . . . . . . . 21
清掃 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
設置上のお願い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
節電 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
節電中ランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
た行
耐用期間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 183
中止(印刷). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
長尺紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127
定着器 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
電源コネクタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
電源スイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
な行
認証印刷ユニット . . . . . . . . . . . . . . 41, 191
は行
ハードウェア修理相談センター . . . . . . . 200
排気口 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
排紙延長トレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . 20, 22
排紙口 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
排紙トレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20, 22
背面カバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
背面カバーを開くレバー . . . . . . . . . . . 23
はがき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
パラレル
インターフェース仕様 . . . . . . . . . . . 188
ケーブルコネクタ . . . . . . . . . . . . . . . . 21
接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
普通紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
プリンタ RAM モジュール . . . . . . . . 40, 190
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
プリンタケーブル . . . . . . . . . . . . . . 40, 190
プレプリント紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
プロセスカートリッジ . . . . . . . . . . . . . . . 22
交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
交換時のお願い . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
使用済みプロセスカートリッジの
回収サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
取り扱いと保管 . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
本体仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
ま行
メッセージ一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163
メニュースイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
メニューモード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
項目一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
や行
用紙
印刷確認済みの用紙 . . . . . . . . . . . . . 196
使用できない用紙 . . . . . . . . . . . . . . . 129
使用できる用紙 . . . . . . . . . . . . . . . . 124
セット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
用紙サイズカード . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
203
ら行
ラベル紙 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
ランプ
エラーランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
オンラインランプ . . . . . . . . . . . . . . . . 99
節電中ランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
リンクランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
リセットスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
両面印刷で使用できない用紙 . . . . . . . . . 130
両面ユニット . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39, 190
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
リンクランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
漏電ブレーカー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
204
ページプリンタ XL-9311/9281
ハードウェアガイド
B5WY-1471-02-00
発 行 日 2009 年 11 月
発行責任 富士通株式会社
Printed in Japan
● このマニュアルの内容は、改善のため事前連絡なしに変更することがありま
す。
● このマニュアルに記載されたデータの使用に起因する第三者の特許権および
その他の権利の侵害については、当社はその責を負いません。
● 無断転載を禁じます。
● 落丁、乱丁本は、お取り替えいたします。
ア 0911-1
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement