名刺読取革命Ver.2 マニュアル - GP-CLUB

名刺読取革命Ver.2 マニュアル - GP-CLUB
マニュアル
PTS-CPN0020
PTS-CDN0020
この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
お読みになったあとは、大切に保管し、必要なときにお読みください。
はじめに
このたびは、名刺管理ソフト「名刺読取革命 Ver.2」をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。
「名刺読取革命 Ver.2」は、スキャナー・デジタルカメラ・カメラ付き携帯電話などから名刺を読み取り、検索可能なデー
タに変換するソフトウェアです。
個人的または家庭内、その他これに準ずる限られた範囲内で使用する以外で、著作権の対象となっている著作物を読み取
るには著作権者の承諾が必要となります。
このソフトウェアおよび本マニュアルは、本製品の使用許諾書のもとでのみ使用することができます。
このソフトウェアおよび本マニュアルを運用した結果の影響については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
・Microsoft、Windows、Windows Vista、Outlook は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標ま
たは登録商標です。
・QR コードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
・「cocoa」は、NTT コミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
・その他、本マニュアルに記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
・本ソフトウェアを無断複製することを禁止します。
・本マニュアルの一部または全部を無断転載することを禁止します。
・本マニュアルの内容に関しては、将来予告なしに変更する場合があります。
© Panasonic Solution Technologies Co., Ltd. 2003-2010
ソフトウェア使用許諾契約書
重要
本ソフトウェアのインストールおよびご使用の前に必ずお読みください。
本契約は、名刺管理ソフト 「 名刺読取革命 Ver.2」( 以下、本プログラムといいます ) および本プログラムに関するマニュ
アル類などの著作物 ( 以下、関連資料といい、これらを総称して本製品 [ セットアップ CD-ROM がある場合は、当該
CD-ROM も含む ] といいます ) の使用許諾に関する契約であり、お客様は以下の内容をお読みいただき、同意されたうえで
本製品をご使用ください。もし、お客様が本契約の内容に同意されない場合は、直ちにインストール作業および本製品の
使用を中止し、購入先へご連絡ください。
第 1 条 ( 使用許諾 )
1.お客様は、本製品を、日本国内でのみ使用することができます。
2.お客様は、本プログラムを 1 台のコンピューターにインストールして使用することができます。本プログラムをネッ
トワークその他の方法により複数のコンピューターで使用する場合には、使用するコンピューターの台数に応じた本
数をご購入いただかなければなりません。また、本プログラムを異なるコンピューター間で共有、または同時に使用
することはできません。
第 2 条 ( 使用の制限 )
1.お客様は、前条に明記されている場合を除き、本製品を複製、変更することはできません。また、有償・無償を問わず、
本製品を第三者に使用させたり、譲渡したりすることはできません。
2.お客様は、本プログラムの全部または一部について、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アッセンブルを
行うことはできません。
第 3 条 ( 著作権 )
本製品の著作権は、弊社または弊社に使用許諾している者 ( 以下、許諾者といいます ) が有し、日本国の著作権法お
よび国際条約によって保護されています。お客様は、第 1 条に従い、本製品を使用する権利を取得することができま
すが、その著作権までがお客様に移転するものではありません。
第 4 条 ( 保証の範囲 )
1.本製品に物理的な不具合がある場合、あるいは本プログラムが関連資料に記載されたとおりに動作しない場合、本製
品の領収書または購入を証するもの ( またはその写し ) をご呈示いただければ、お買い上げ後 90 日間に限り、無償で
修理、交換いたします。ただし、不具合が修理または交換で解消できない場合は、本製品のお支払い済み代金をお客
様にお返しすることで保証の代わりとします。なお、風水害、地震、火災、その他の災害、第三者による行為、事故、
誤使用など、不具合の原因が弊社の責によるものでない場合については、当該保証の対象外とします。
2.お客様は、本プログラムの変更、改造を行わないでください。お客様の変更、改造により何らかの不具合が生じたと
しても、弊社では一切保証いたしません。また、お客様の変更、改造の結果、万一お客様に損害が生じたとしても弊
社が責任を負うものではありません。
3.弊社は、お客様に対し、本条第 1 項に記載された保証を除き、本製品の機能、性能、品質がお客様の特定の用途、利
用目的に適合していることを含むいかなる明示もしくは黙示の保証も行いません。
4.弊社は、ご愛用者登録を行ったお客様に対して、バージョンアップなどに関する最新情報の提供サービスを実施いた
します。お客様は、本プログラムのインストール後に別途弊社が定める方法によりご愛用者登録を行ってください。
なお、サービスの内容・提供時期・方法・条件などは、弊社独自の裁量にゆだねられるものとします。
第 5 条 ( 問い合わせ回答 )
1.弊社は、お客様から問い合わせがあった本製品の使用上の質問について回答するものとします。ただし、お客様から
の質問の受け付けとその回答は、関連資料記載のパナソニック株式会社の P3 カスタマーサポートセンターが行うも
のとします。
2.前項に基づく問い合わせ回答の実施期間は、お客様が本製品を購入された日から 1 年間とし、その実施時間は、P3
カスタマーサポートセンターの通常の営業時間内に限られるものとします。
第 6 条 ( 責任の制限 )
1.弊社および許諾者は、本製品の使用もしくは使用不能により、お客様に直接または間接的に生じるいかなる損害 ( 通
常損害、特別損害、結果的損害を問わない ) についても、一切責任を負わないものとします。ここでいう損害は、事
業利益の損失、業務の中断、情報の損失、金銭的な損失、あるいは第三者から請求を受けた損害などを含みますが、
これらに限定されません。
2.いかなる場合でも、
本契約に基づく弊社の責任は、
本製品のご購入に際しお客様が実際に支払った金額を上限とします。
3.前二項の定めにかかわらず、お客様が消費者契約法第 2 条第 1 項 ( 下記注釈参照 ) で定義される消費者にあたり、弊
社に故意または重過失がある場合はこの限りでないものとします。
第 7 条 ( 輸出規制 )
お客様は、米国および日本国の輸出関連法規のすべてを遵守するものとします。
第 8 条 ( 準拠法 )
本契約の成立、効力、解釈および履行については、日本法を準拠法とします。
第 9 条 ( 契約の終了 )
1.お客様は、いかなる場合でも本製品および本製品のすべての複製物を、お客様の責任と費用負担において弊社に返却
するか、破棄することにより、本契約を終了させることができます。
2.お客様が本契約の内容に違反した場合、
弊社は本契約を解除し、本製品の使用を終了させることができます。その場合、
お客様は、本製品および本製品のすべての複製物を、お客様の責任と費用負担において弊社に返却するか、破棄しな
ければなりません。
※ 消費者契約法第 2 条第 1 項において、
「消費者」とは、個人 ( 事業としてまたは事業のために契約の当事者となる場合
におけるものを除く ) をいう、と定義されています。
主な内容物のご確認 ( パッケージ版 )
ご使用いただく前に、次のものがそろっているかお確かめください。
万一不備な点がございましたら、お買い求めになった販売店までお申し付けください。
●簡単操作ガイド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 枚
●シリアル番号のご案内・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1 枚
本マニュアルの使い方
タイトルと内容
タイトルの下の欄には、こ
の機能についての簡単な説
明やどのような場面で使う
と有効であるかを記載して
います。
操作画面
「登録画面」と「検索画面」では、使用
できる機能が異なります。
登録画面 登 、検索画面 検 のいずれ
かの画面でしか操作できない機能説明
に表示しています。
章のタイトル
参照先
関連する機能や、
詳細な説明が記載
されている項目を
「☞」のあとに紹介
します。
補足説明
本文
補足説明や別の操作手順を記載
タイトルの操作を行う基
しています。
本的な手順を記載してい
また、本タイトルの操作に関連
ます。
する応用機能などの説明も記載
しています。
目 次
名刺読取革命について
12
名刺読取革命の概要........................................................................................................................ 13
画面構成.................................................................................................................................. 13
基本操作の流れ.................................................................................................................... 16
主な機能紹介......................................................................................................................... 17
画面表示の変更................................................................................................................................. 20
登録画面 / 検索画面の切り替え..................................................................................... 20
表示サイズの変更............................................................................................................... 20
ウィンドウの表示............................................................................................................... 21
ツールバーの表示............................................................................................................... 21
リスト表示 / サムネイル表示の切り替え.................................................................. 22
名刺画像表示 / 添付画像表示の切り替え.................................................................. 23
項目ウィンドウの各項目の表示.................................................................................... 24
セットアップ
25
インストール...................................................................................................................................... 26
アンインストール............................................................................................................................. 29
スキャナーの設定............................................................................................................................. 32
ScanSnap の設定................................................................................................................. 33
基本操作34
操作手順............................................................................................................................................... 35
初回起動時の操作手順................................................................................................................... 36
名刺読取革命を起動する............................................................................................................... 42
データベースの設定........................................................................................................................ 43
データベースを変更する............................................................................................................... 45
データベースの新規作成.................................................................................................. 45
データベースを開く........................................................................................................... 46
パスワードの変更............................................................................................................... 47
データベースのバックアップ......................................................................................... 48
共有したデータベースを開く......................................................................................... 48
名刺画像を読み込む........................................................................................................................ 49
デジタルカメラ入力........................................................................................................... 49
スキャナー入力.................................................................................................................... 50
画像ファイルを開く........................................................................................................... 52
クリップボード入力........................................................................................................... 53
画面キャプチャー入力...................................................................................................... 54
名刺データを選択する................................................................................................................... 55
クリックで直接選択する.................................................................................................. 55
ジャンプ機能で選択する.................................................................................................. 56
ドラッグで選択する........................................................................................................... 56
すべての名刺データを選択する.................................................................................... 57
項目を選択する................................................................................................................................. 58
クリックで直接選択する.................................................................................................. 58
ドラッグで選択する........................................................................................................... 58
列 / 行を選択する................................................................................................................ 59
キー操作で選択する........................................................................................................... 59
一覧ウィンドウの表示の変更...................................................................................................... 61
幅の変更.................................................................................................................................. 61
項目の移動............................................................................................................................. 62
昇順 / 降順での並び替え.................................................................................................. 62
氏名 / 会社名別に表示する.............................................................................................. 63
画像の表示位置を変える............................................................................................................... 64
認識する ( 登録画面 )...................................................................................................................... 65
日本語 / 英語認識モードの切り替え........................................................................... 65
認識........................................................................................................................................... 65
指定矩形認識......................................................................................................................... 66
QR コード認識...................................................................................................................... 67
表示倍率を変更する........................................................................................................................ 69
全体表示 / 原寸表示に変更する..................................................................................... 69
一定倍率で拡大 / 縮小する.............................................................................................. 69
名刺データを修正する................................................................................................................... 70
手動で入力する.................................................................................................................... 70
カナ候補をリストから選択する.................................................................................... 71
住所 / 郵便番号をリストから選択する....................................................................... 73
切り取り / コピー / 貼り付けをする............................................................................ 75
元に戻す............................................................................................................................................... 77
データベースに登録する............................................................................................................... 78
登録........................................................................................................................................... 78
すべて登録............................................................................................................................. 79
名刺データを削除する................................................................................................................... 80
検索する............................................................................................................................................... 82
検索........................................................................................................................................... 82
簡易検索.................................................................................................................................. 83
検索条件 / 検索履歴の管理........................................................................................................... 84
検索条件の追加.................................................................................................................... 84
検索条件 / 検索履歴の変更.............................................................................................. 87
検索条件 / 検索履歴の削除.............................................................................................. 88
認識する ( 検索画面 )...................................................................................................................... 90
グループの管理................................................................................................................................. 92
グループを作成する........................................................................................................... 92
名刺データを移動する...................................................................................................... 93
グループの名前を変更する............................................................................................. 95
グループを削除する........................................................................................................... 95
ごみ箱を空にする............................................................................................................... 96
終了する............................................................................................................................................... 97
応用操作
98
ツールバーのカスタマイズ.......................................................................................................... 99
各ツールバーの名称........................................................................................................... 99
ツールバーの表示 / 非表示............................................................................................100
ボタンの表示 / 非表示.....................................................................................................100
表示項目を変更する......................................................................................................................101
項目の追加...........................................................................................................................101
項目の削除...........................................................................................................................102
項目の移動 ..........................................................................................................................102
インポートする...............................................................................................................................103
カスタマイズ(入力項目の設定)を行う................................................................104
関連するダイアログボックス詳細.............................................................................106
エクスポートする...........................................................................................................................112
カスタマイズ(出力項目の設定)を行う................................................................113
再切り出しする...............................................................................................................................116
領域を削除する..................................................................................................................117
領域を手動で設定する....................................................................................................117
名刺の文字方向を指定する...........................................................................................118
レイアウトを保存する....................................................................................................118
レイアウトを開く.............................................................................................................119
画像なしデータの挿入.................................................................................................................121
画像の追加 / 変更...........................................................................................................................122
付属情報や面会情報を入力する...............................................................................................124
付属情報................................................................................................................................124
面会情報................................................................................................................................125
メールの作成....................................................................................................................................126
複数の宛先を設定する....................................................................................................127
ホームページを表示する.............................................................................................................129
Web 検索...........................................................................................................................................130
地図検索.............................................................................................................................................131
路線検索.............................................................................................................................................132
Outlook 連携....................................................................................................................................133
InterConnect 連携..........................................................................................................................135
cocoa ギガストレージ..................................................................................................................136
cocoa ギガストレージに名刺データを保存する..................................................136
保存した名刺データを参照する..................................................................................137
画像を保存する...............................................................................................................................139
印刷する.............................................................................................................................................140
印刷関連ダイアログボックスの詳細.........................................................................146
画像編集
151
操作モードを変更する.................................................................................................................152
現在の操作モードを確認する.......................................................................................152
領域設定モード..................................................................................................................153
消しゴムモード..................................................................................................................153
領域の範囲指定...............................................................................................................................154
消去する . ..........................................................................................................................................155
消去 ( 領域の内側を消去 )..............................................................................................155
トリミング ( 領域の外側を消去 )................................................................................156
消しゴム................................................................................................................................157
ノイズ除去........................................................................................................................................158
傾き補正.............................................................................................................................................159
自動傾き補正.......................................................................................................................159
手動傾き補正.......................................................................................................................160
回転......................................................................................................................................................161
上下反転.............................................................................................................................................162
左右反転.............................................................................................................................................163
傾斜......................................................................................................................................................164
長方形化.............................................................................................................................................165
色の反転.............................................................................................................................................166
減色......................................................................................................................................................167
カラーフィルター...........................................................................................................................168
シャープネス....................................................................................................................................169
エッジ強調........................................................................................................................................170
明るさ..................................................................................................................................................171
コントラスト....................................................................................................................................172
ガンマ補正........................................................................................................................................173
ユーザー辞書
174
パターン辞書....................................................................................................................................175
登録する................................................................................................................................175
削除する................................................................................................................................176
変更する................................................................................................................................176
インポートする..................................................................................................................177
単語辞書.............................................................................................................................................179
登録する................................................................................................................................179
削除する................................................................................................................................181
変更する................................................................................................................................182
インポートする..................................................................................................................183
CSV 出力する.......................................................................................................................184
10
環境設定
185
環境設定.............................................................................................................................................186
[ 入力 ] タブの設定............................................................................................................187
[ 表示 ] タブの設定............................................................................................................188
[ 認識 ] タブの設定............................................................................................................188
[ メール ] タブの設定.......................................................................................................189
[Web 検索 ] タブの設定..................................................................................................190
データベース移行ツール
191
データベース移行ツールの概要...............................................................................................192
データベース移行ツール ダイアログボックスの詳細........................................192
基本操作の流れ..................................................................................................................192
起動と終了........................................................................................................................................193
起動する................................................................................................................................193
終了する................................................................................................................................193
データベースを移行する.............................................................................................................194
トラブルシューティング・FAQ
196
トラブルシューティング.............................................................................................................197
インストール.......................................................................................................................197
起動.........................................................................................................................................197
読み込み / 認識...................................................................................................................197
画像修正................................................................................................................................197
その他....................................................................................................................................198
FAQ.......................................................................................................................................................199
画像.........................................................................................................................................199
認識.........................................................................................................................................199
メール....................................................................................................................................199
印刷.........................................................................................................................................199
データベース.......................................................................................................................199
インポート・エクスポート...........................................................................................200
その他....................................................................................................................................200
付録
201
エラー・メッセージ.........................................................................................................202
仕様.........................................................................................................................................207
動作環境................................................................................................................................208
認識対象文字一覧.............................................................................................................209
用語解説................................................................................................................................211
アフターサービス.............................................................................................................213
索引.........................................................................................................................................215
製品について.......................................................................................................................217
11
名刺読取革命について
名刺読取革命について
名刺読取革命の概要....................................................................................................................... 13
画面構成..................................................................................................................................... 13
基本操作の流れ......................................................................................................................... 16
主な機能紹介............................................................................................................................. 17
画面表示の変更............................................................................................................................... 20
登録画面 / 検索画面の切り替え............................................................................................. 20
表示サイズの変更..................................................................................................................... 20
ウィンドウの表示..................................................................................................................... 21
ツールバーの表示..................................................................................................................... 21
リスト表示 / サムネイル表示の切り替え............................................................................. 22
名刺画像表示 / 添付画像表示の切り替え............................................................................. 23
項目ウィンドウの各項目の表示............................................................................................ 24
12
12
名刺読取革命について
名刺読取革命の概要
「名刺読取革命」は、名刺画像を読み込んで文字認識を行い、データベースに登録することで、名刺データと名刺画像 /
添付画像を一括管理するソフトウェアです。
ここでは、画面構成・基本操作の概要・使われる用語・特長について紹介します。
画面構成
「名刺読取革命」は、「登録画面」と「検索画面」から構成され、画面を切り替えて操作を行います。
( ☞「登録画面 / 検索画面の切り替え」P.20)
登 登録画面
メニューバー
基本操作ツールバー
「登録画面」では、主に名刺画像
の読み込み、画像編集、認識、デー
タ修正、データベースへの登録
を行います。
検索ウィンドウ
一覧ウィンドウ
項目ウィンドウ
画像ツールバー
画像ウィンドウ
ステータスバー
検 検索画面
メニューバー
「検索画面」では、主にデータベー
基本操作ツールバー
50 音バー
スの編集、検索、アプリケーショ
ン連携を行います。
検索ウィンドウ
一覧ウィンドウ
項目ウィンドウ
画像ツールバー
グループウィンドウ
画像ウィンドウ
ステータスバー
13
名刺読取革命について
画面構成の詳細
■メニューバー
メニューを選択します。
■検索ウィンドウ
[ すべて ]、[ 検索条件 ]、[ 検索履歴 ] は、タイトルの [-]/[+] をクリックして表示 / 非表示を切り替えることができます。
[ 未登録 ]
データベースに未登録の名刺データを表示します。
[ すべて ]( 固定検索条件 )
固定検索条件には、次の項目があります。
[ すべて ]:データベースに登録されているすべての名刺データを表示します。
[ 昨日 / 今日 ]:前日と当日にデータベースへ登録した名刺データを表示します。
[ 未修正 ]:[ 修正済み ] チェックボックスがオフの名刺データを表示します。
[ 同姓同名 ( 漢字 )]:同姓同名の名刺データを漢字で検索して表示します。
[ 同姓同名 ( カナ )]:同姓同名の名刺データをカナで検索して表示します。
[ 検索条件 ] グループ
検索条件を表示します。検索条件は、追加 / 変更 / 削除が行えます。
[ 検索履歴 ] グループ
検索履歴を表示します。検索、または簡易検索を行うと、[ 検索履歴 ] グループに検索履歴が表示されます。検索履歴は、
検索条件への追加が行えます。
■グループウィンドウ
グループ別のフォルダーをツリー表示します。検索画面だけに表示されます。グループ内の名刺データは、検索ウィンドウ
で選択されている条件で表示されます。
[ すべて ]:検索ウィンドウで選択されている条件に該当する、すべての名刺データを表示します。
[ ごみ箱 ]:削除した名刺データを表示します。
■一覧ウィンドウ
名刺データを一覧表示します。リスト表示とサムネイル表示を切り替えて表示できます。
■画像ウィンドウ
一覧ウィンドウで選択した名刺画像 / 添付画像を表示します。
■項目ウィンドウ
名刺データを項目別に表示します。
[ 名前情報 ]:[ 氏名 ]、[ 氏名カナ ]、[ 登録者名 ]、[ 修正済み ] を表示します。
[ 会社情報 ]:[ 会社名 ]、[ 会社名カナ ]、[ 所属 ]、[ 役職 ]、[ 業種 ] を表示します。
[ 連絡先 1]:[ 住所種別 ]、[ 事業所 ]、[ 郵便番号 ]、[ 住所 ]、[ 電話番号 ]、[FAX 番号 ]、[ 携帯電話番号 ]、
[ メールアドレス ]、[URL] を表示します。
[ 連絡先 2]:[ 住所種別 ]、[ 事業所 ]、[ 郵便番号 ]、[ 住所 ]、[ 電話番号 ]、[FAX 番号 ]、[ 携帯電話番号 ]、
[ メールアドレス ]、[URL] を表示します。
[ 付属情報 ]:[ 性別 ]、[ 生年月日 ]、[ 登録日 ]、[ 更新日 ]、[ メモ 1]、[ メモ 2]、[ 年賀 / 暑中 / 中元 / 歳暮 ]、
[cocoa に保存済み ] を表示します。
[ 面会情報 ]:[ 面会日 ]、[ 場所 ]、[ 用件 ]、[ 特記事項 ] を表示します。
■基本操作ツールバー
使用頻度の高い機能をアイコンボタンで表示します。
■画像ツールバー
画像ウィンドウで使用する機能をアイコンボタンで表示します。
14
名刺読取革命について
■ 50 音バー
検索画面だけに表示されます。検索ウィンドウ、およびグループで選択されている条件に該当する名刺データを表示します。
[ すべて ]:登録されているすべての名刺データを表示します。
[ 英数 ]:[ 氏名カナ ] が英数字の名刺データを表示します。
[ あ ] ~ [ わ ]:50 音の「あ」~「わ」別に名刺データを表示します。
[ 氏名 ]:50 音バーの内容は、[ 氏名カナ ] によって表示されます。
[ 会社名 ]:50 音バーの内容は、[ 会社名カナ ] によって表示されます。
■ステータスバー
現在の表示画面 ( 登録画面 / 検索画面 ) や、現在の認識モード ( 日本語 / 英語 ) をステータスバーに表示します。
また、カーソルがメニューやツールバーのボタン上にあるとき、メニューやツールバーのボタンの意味、あるいは表示中のペー
ジ番号 / 総ページ数をステータスバーに表示します。
15
名刺読取革命について
基本操作の流れ
「名刺読取革命」を起動する
「名刺読取革命」は、Windows の [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] から選択して起動できるほか、デスクトップ
上のアイコンからも起動できます。
データベース作成 / 選択
データベースの新規作成を行います。( ☞「データベースの新規作成」P.45)
作成したデータベースを切り替えて使用できます。( ☞「データベースを開く」P.46)
「名刺読取革命 (Ver.1/Lite)」、「本格読取 おまかせ名刺管理」のデータベースを移行すると、
「名刺読取革命 Ver.2」
のデータベースとして使用できます。( ☞「データベース移行ツール」P.191)
画像を読み込む
画像ファイルを開くか、スキャナー、デジタルカメラ、または、画面キャプチャーやクリップボードなどから画像
を読み込みます。( ☞「名刺画像を読み込む」P.49)
特長 ・画像入力後は、自動で文字認識をし、各項目にデータ
を表示します。
・画像は、名刺画像と、添付画像の 2 種類を保存できます。
名刺
データ
名刺画像:主に名刺の表面を入力します。1 つの名刺デー
タにつき、1 枚の名刺画像を保存できます。
認識
結果
添付画像:主に名刺の裏面や、その他の付属的な情報を
画像データとして保存します。1 つの名刺デー
名刺
画像
タにつき、1 枚の添付画像を保存できます。
修正 / 登録する
認識結果 ( 名刺データ ) を修正し、名刺データをデータベースへ登録します。
特長
名刺データを修正するために便利な機能が用意されています。
・名刺画像が誤って切り出されている場合は、[ 再切り
再切り
出し
出し ] で手動で画像領域を指定できます。
( ☞「再切り出しする」P.116)
文字編集リス
・再切り出し後や、画像編集後に必要に応じて文字認識
トボックス
を行うことができます。異なった項目に認識結果が入
力されてしまう場合は、[ 指定矩形認識 ] を利用して、
指定した項目に認識結果を入力できます。
( ☞「指定矩形認識」P.66)
・名刺データの修正は、直接文字を入力する方法のほか、
リストからデータを選択する方法があります。
( ☞「名刺データを修正する」P.70)
・修正後の名刺データは、データベースに登録してデー
タを活用できます。
( ☞「データベースに登録する」P.78)
16
名刺読取革命について
検索する
登録された名刺データを検索します。
特長
・検索する条件を設定し、簡単に名刺データを検索でき
ます。複数の項目を組み合わせて最大 5 つまで検索す
る条件を設定できます。( ☞「検索」P.82)
・検索する条件を設定し、検索ウィンドウの検索条件に
追加することで、検索対象の名刺データを簡単に表示
できます。( ☞「検索条件の追加」P.84)
・簡易検索を使って、日付・チェック以外のすべての項
目を対象に検索できます。( ☞「簡易検索」P.83)
主な機能紹介
メールを送信する
[ メールアドレス ] ボタンをクリックして指定するだけで、新規メールウィンド
ウが開きます。
特長
To( 宛先 ) や、CC、BCC など宛先の種類を細かく指定できます。
ホームページを自動起動する
[URL] ボタンをクリックするだけで、ブラウザーを起動し、指定した URL を表
示します。
特長
名刺データの URL のアドレスから、
ブラウザーを自動的に起動し、
ホームペー
ジを表示できます。
Outlook と連携する
「Microsoft Outlook」の連絡先を「名刺読取革命」に取り込んだり、
「名刺読取革命」
の名刺データを「Microsoft Outlook」の連絡先に反映させることができます。
特長
「名刺読取革命」の名刺データと「Microsoft Outlook」の連絡先を相互に反
映させることができます。なお、同姓同名のデータがあった場合は、処理の
指定が可能です。
17
名刺読取革命について
InterConnect と連携する
「名刺読取革命」の名刺データと名刺画像 / 添付画像を「Microsoft
InterConnect」に登録できます。
特長
同姓同名データの処理を指定できます。
Web 検索
名刺データの会社名をキーワードに、検索 Web サイトと連携した検索ができ
ます。また、会社名・住所・電話番号をキーワードに、ランドスケイプ社の
LBCViewer と連携して企業情報を検索できます。
特長
Yahoo!JAPAN、Infoseek 、goo、LBCViewer の Web サイトと連携して検索
できます。
地図検索
名刺データの住所の地図を、地図検索ソフトと連携して表示できます。
特長
MapFan.net、MapFan PLANNER、ゼンリン電子地図帳 Z シリーズ、いつも NAVI PC と連携して地図を表示で
きます。
路線検索
路線検索ソフトと連携し、名刺データの住所を目的地として路線を検索できます。
特長
路線検索ソフト「乗換案内」や「駅すぱあと」と連携できます。
印刷
多彩な印刷機能が用意されています。
特長
印刷機能には、リスト印刷、タックシール印刷、はがき印刷、画像印刷が用
意されています。それぞれの印刷形式を詳細に設定できます。
18
名刺読取革命について
インポート・エクスポート
ほかのアプリケーションで作成されたデータを「名刺読取革命」の名刺データとして取り込んだり、
「名刺読取革命」
の名刺データを、ほかのアプリケーション形式のファイルに変換し、保存が可能です。
特長
インポート・エクスポートできるファイル形式は、以下のファイル形式です。
■インポート
■エクスポート
・CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・テキスト形式 (*.txt,*.log)
・テキスト形式 (*.txt,*.log)
・J アドレス形式 (*.jad)
・J アドレス形式 (*.jad)
・ContactXML 形式 (*.xml)
・ContactXML 形式 (*.xml)
・Outlook 2000/2002/2003 CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・Outlook 2000/2002/2003 CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・Outlook Express 5/6 CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・Outlook Express 5/6 CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・筆まめ Ver.13/14/15/16 J アドレス形式 (*.jad)
・筆まめ Ver.13/14/15/16 J アドレス形式 (*.jad)
・筆自慢 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 ( カンマ区切り )
・筆自慢 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 ( カンマ区切り )
(*.csv)
(*.csv)
・筆王 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
・筆王 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
( カンマ区切り )(*.csv)
・筆ぐるめ Ver.10/11/12/13 J アドレス形式 (*.jad)
・筆ぐるめ Ver.10/11/12/13 J アドレス形式 (*.jad)
・宛名職人 2003/2004/2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・宛名職人 2003/2004/2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・楽々はがき 2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・楽々はがき 2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・はがきスタジオ 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
・はがきスタジオ 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
( カンマ区切り )(*.csv)
・携快電話 11/12/13/14 CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・携快電話 11/12/13/14 CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・スキャナ de!! 名刺整理 Ver.4 CSV 形式 ( カンマ区切り )
(*.csv)
ユーザー辞書
頻繁に使用する単語や、誤認識しやすい文字画像を辞書に登録することにより、より高い認識結果を得ることがで
きます。
特長
パターン辞書:誤認識しやすい文字画像を登録します。
単語辞書:認識で頻繁に使用する単語を、辞書種別を指定
して辞書ファイルに登録します。
cocoa ギガストレージ
「名刺読取革命」の名刺データと名刺画像・添付画像を cocoa ギガストレージに保存できます。また、cocoa ギ
ガストレージの携帯電話用の URL アドレスをメール送信できます。
特長
パソコン、または携帯電話から cocoa ギガストレージのホームページにアクセスし、保存した名刺データを
検索できます。
19
名刺読取革命について
画面表示の変更
「登録画面」と「検索画面」の切り替えや、一覧ウィンドウのリスト表示 / サムネイル表示の切り替え、画像ウィンドウ
の名刺画像表示 / 添付画像表示の切り替えを行います。
また、各ウィンドウの表示サイズや、ウィンドウやツールバーの表示 / 非表示を変更します。
登録画面 / 検索画面の切り替え
データベースに未登録の名刺データを表示する「登録画面」と、データベースに登録された名刺データを表示する「検索画面」
を切り替えます。
■「検索画面」⇒「登録画面」
■「登録画面」⇒「検索画面」
[ 未登録 ] をクリック
[ 未登録 ] 以外をクリック
[ 名刺読み込み ] や [ 認識 ] を行うと、自動的に「登録画面」
検索ウィンドウの「未登録」以外の項目を選択すると「検
が表示されます。また、検索ウィンドウの「未登録」を
索画面」が表示されます。
選択すると「登録画面」が表示されます。
表示サイズの変更
各ウィンドウの境目でマウスの左ボタンを押したまま動かすと、 表示サイズの変更ができます。
20
名刺読取革命について
ウィンドウの表示
検索ウィンドウ、グループウィンドウ、画像ウィンドウ、項目ウィンドウは、表示 / 非表示の変更や表示位置の変更ができます。
●表示位置の変更
●表示のオン / オフ
各ウィンドウのタイトルバーでマウスの左ボタンを押したまま動か
ウィンドウは、表示 / 非表示の変更ができます。
すと、表示位置を自由に変更できます。また、ウィンドウを画面の
上下部、左右端に固定できます。
※ウィンドウを画面内に戻すには、ウィンドウのタイトルバーをダ
ブルクリックします。
ウィンドウを選択
表示されているときは、チェッ
クマークがついています。
クリックして
オン / オフ
※ [ ウィンドウの配置を戻す ] をクリックすると、
ウィンドウの配置がインストール直後の状態に
戻ります。
ツールバーの表示
利用頻度の高い機能は、あらかじめツールバーにボタンとして表示されています。
なお、ツールバーは、表示 / 非表示を選択して切り替えることができます。
●種類
●表示のオン / オフ
ツールバーは、表示 / 非表示を変更できます。
基本操作ツールバー
使用頻度の高い機能をアイコンボタンで表示します。
登録画面
検索画面
ツールバーを選択
表示されているときは、チェッ
クマークがついています。
クリックして
オン / オフ
画像ツールバー
画像ウィンドウで使用するアイコンボタンを表示します。
登録画面
検索画面
※ツールバーの種類では、各ツールバーのアイコンボタンをすべて表示させて解説を行っています。各ツールバーに表示さ
れるボタンは、表示 / 非表示を変更できます。( ☞「ボタンの表示 / 非表示」P.100)
※▼があるボタンは、前回選択した機能を示すアイコンが前面に表示されます。次回同じ操作を行う場合は、ボタン部分を
クリックするだけで前回と同じ操作を実行できます。
21
名刺読取革命について
リスト表示 / サムネイル表示の切り替え
一覧ウィンドウの名刺データは、リスト表示 / サムネイル表示に切り替えることができます。
 [ 表示 ] をクリック
リスト表示する場合
 [ リスト表示 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
サムネイル表示する場合
 [ サムネイル表示 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
■リスト表示
■サムネイル表示
※名刺データのフォントやフォントサイズは、環境設定で
変更できます。( ☞「[ 表示 ] タブの設定」P.188)
※サムネイルの大きさは、環境設定で変更できます。
( ☞「[ 表示 ] タブの設定」P.188)
22
名刺読取革命について
名刺画像表示 / 添付画像表示の切り替え
画像ウィンドウに表示される画像は、名刺画像 / 添付画像を切り替えることができます。
 [ 表示 ] をクリック
名刺画像を表示する場合
 [ 名刺画像表示 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
添付画像を表示する場合
 [ 添付画像表示 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
■名刺画像表示
■添付画像表示
23
名刺読取革命について
項目ウィンドウの各項目の表示
項目ウィンドウの各項目は、項目タイトルをクリックして折りたたみ / 展開することで、必要な部分だけを表示させることがで
きます。
折りたたみ→展開
展開させたいタイトル
をクリック
展開→折りたたみ
折りたたみたいタイトル
をクリック
24
セットアップ
セットアップ
インストール................................................................................................................................... 26
アンインストール........................................................................................................................... 29
スキャナーの設定........................................................................................................................... 32
ScanSnap の設定...................................................................................................................... 33
25
25
セットアップ
インストール
「名刺読取革命」をインストール ( パソコンに組み込む ) します。
※「名刺読取革命」をインストールする
前に、必ずすべてのアプリケーション
を終了してください。
※インストールは、コンピューターの管
理者権限を持つユーザーで行ってくだ
さい。
※ Windows 7 / Windows Vista をご使用の
場合は、「ユーザー アカウント制御」画
面が表示されます。プログラムを続行
するには許可を行ってください。
1
インストールプログラムを選択する
付属のセットアップ CD-ROM をドライブにセットしてください。
自動的にセットアップ画面が表示されます。
[ 名刺読取革命 Ver.2 インストール ]
をクリック
※「読取革命」をインストールす
る場合は、[ 読取革命 Ver.14 イ
ンストール ] をクリックしてく
ださい。
セットアップ画面が表示されない場合
■パッケージ版
Windows の [ スタート ] メニューをクリッ
ク。
[ すべてのプログラム ]-[ アクセサリ ]
の [ ファイル名を指定して実行 ] をク
リック。
※お使いの OS によっては、[ スタート ]
メニューの [ ファイル名を指定して実
行 ] をクリックします。
[D:¥setup] と入力。
([D:] は CD-ROM ドライブ名で、お使い
の環境によって異なります )
[OK] をクリック。
ダウンロード版の場合
インストールプログラムを実行する
ダウンロードした「YomiV14.exe」は、自己解凍ファイルです。
「YomiV14.exe」をダブルクリックして実行すると、指定した場所に「読
取革命 Ver.14」フォルダーが解凍され、ファイルが展開します。展開が完
了すると、自動的にセットアップ画面が表示されます。
2
インストールプログラムを開始する
■ダウンロード版
「YomiV14.exe」を解凍し、「読取革命
Ver.14」
「セットアップ」
フォルダーを開き、
「setup.exe」ファイルをダブルクリックし
てください。
[ 次へ ] をクリック
26
セットアップ
3
[ ソフトウェア使用許諾契約書 ] を確認する
※ [ ソフトウェア使用許諾契約書 ] は本マ
ニュアルの P.3 ~ P.4 にも記載してい
ます。
ソフトウェア使用許諾契約書の内容を
確認し、( 同意される場合は )[ 使用許諾
契約の条項に同意します ] をクリック
 [ 次へ ] をクリック
4
[ ユーザー情報 ] を入力する
ユーザ名、所属、
シリアル番号を入力
 [ 次へ ] をクリック
※シリアル番号を誤って入力した場合は、ダイアログ
ボックスが表示されます。確認のうえ、再度入力し
てください。
27
セットアップ
5
[ インストール先のフォルダ ] を選択する
※インストール先を変更する場合は、[ 変
更 ] をクリックしてインストールフォル
ダーを選択してください。
 [ 次へ ] をクリック
 [ インストール ] をクリックする
とインストールを開始します
・「名刺読取革命」へのショートカットをデスクトップに作成しない場合は、
「名刺
読取革命へのショートカットをデスクトップに作成する」のチェックボックスを
クリックしてオフにしてください。
・ご愛用者登録へのショートカットをデスクトップに作成しない場合は、
「ご愛用者
登録へのショートカットをデスクトップに作成する」のチェックボックスをクリッ
クしてオフにしてください。
6
インストール完了
※インストールが完了すると、再起動を
行うかどうかの確認のダイアログボッ
クスが表示されることがあります。その
場合は、[ はい ] をクリックして、Windows
の再起動を行ってください。
[ 完了 ] をクリック
28
セットアップ
アンインストール
インストールされている「名刺読取革命」をアンインストール ( パソコンから削除 ) します。
再度インストールを行う場合は、最初に「名刺読取革命」をアンインストールしてください。
スタートメニューからアンインストールする
※アンインストールは、コンピューター
の管理者権限を持つユーザーで行って
ください。
※アンインストールを実行する前に、「名
刺読取革命」とすべてのアプリケーショ
ンを終了してください。
1
[ 名刺読取革命 Ver.2 の削除 ] を選択する
 [ すべてのプログラム ]
を選択
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
を選択
※ [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] の表
示はお使いの OS によって異なります。
 [ スタート ]
をクリック
 [ 名刺読取革命 Ver.2
の削除 ] をクリック
2 「名刺読取革命」を削除する
※ Windows 7 / Windows Vista をご使用の
場合は、「ユーザー アカウント制御」画
面が表示されます。プログラムを続行す
るには許可を行ってください。
[ はい ] をクリック
インストール先のフォルダーが
削除されない場合
インストール先のフォルダー内にお客
様が作成されたファイルがある場合は、
この操作ではフォルダーを削除できま
せん。手動でフォルダーの削除を行っ
てください。
※デフォルトのインストール先フォル
ダーのパス
(C:¥Program Files¥Panasonic¥CardOCRV2)
29
セットアップ
プログラムの追加と削除からアンインストールする
1
コントロール パネルを選択する
 [ コントロール パネル ]
をクリック
※アンインストールは、コンピューター
の管理者権限を持つユーザーで行って
ください。
※アンインストールを実行する前に、「名
刺読取革命」とすべてのアプリケーショ
ンを終了してください。
 [ スタート ]
をクリック
2
[ プログラムの追加と削除 ] を開く
※お使いの OS によっては、[ アプリケー
ションの追加と削除 ]、または [ プログ
ラムのアンインストール ] を開きます。
[ プログラムの追加と削除 ]
をダブルクリック
30
セットアップ
3 「名刺読取革命」を選択する
※ [ プログラムの追加と削除 ] 画面の表示は、
お使いの OS によって異なります。
リストの中から「名刺読取革命 Ver.2」
をクリック
※お使いの OS によっては、[アンインストー
ル ] をクリックします。
 [ 削除 ] をクリック
4 「名刺読取革命」を削除する
※ Windows 7 / Windows Vista をご使用の
場合は、「ユーザー アカウント制御」画
面が表示されます。プログラムを続行す
るには許可を行ってください。
インストール先のフォルダーが
削除されない場合
インストール先のフォルダー内にお客
様が作成されたファイルがある場合は、
この操作ではフォルダーを削除できま
せん。手動でフォルダーの削除を行っ
てください。
※デフォルトのインストール先フォル
ダーのパス
[ はい ] をクリック
(C:¥Program Files¥Panasonic¥CardOCRV2)
ユーザー辞書ファイルを
削除する場合
ユーザー辞書ファイルは、この操作で
は削除できません。手動で削除してく
ださい。
※デフォルトのユーザー辞書ファイルの
保存先は、
「マイ ドキュメント」の
"¥ 名刺読取革命 ¥ 辞書 " です。
Windows 7 / Windows Vista では、
「ド
キュメント」が「マイ ドキュメント」
に相当します。
・パターン辞書ファイル
urcgdict.rcg
・単語辞書ファイル
姓:fname.cpf
名:lname.cpf
会社名:company.cpf
31
セットアップ
スキャナーの設定
「名刺読取革命」は、スキャナーを使用して画像を読み込むことができます。
スキャナー付属のマニュアルをご確認のうえ、ドライバーのインストールを行ってください。
ここでは、スキャナーのドライバーがインストールされた環境で、
「名刺読取革命」をご利用いただくための設定方法を
説明します。
1
[ スキャナー設定 ] を選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ スキャナー設定 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
■ドライバー
パソコンの画面からスキャナーを動作
させるためのソフトです。
一度設定されたドライバーは、「名刺読
取革命」終了後も記憶されていますの
で、次回「名刺読取革命」を起動した
ときには、設定の必要はありません。
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ スキャナー設定 ] を
クリック
2
ドライバーを選択する
リストの中から、スキャナーの
ドライバー名をクリック
 [ 選択 ] をクリック
32
セットアップ
ScanSnap の設定
カラーイメージスキャナー「ScanSnap」をご使用の場合は、[ スキャン ] ボタンを押
すだけで「名刺読取革命」に読み込むことができます。
連携を行うためには、次の設定が必要となります。
【設定を行う前に】
・ ScanSnap の設定は、コンピューターの管理者権限を持つユーザーでログオンし
て行ってください。
・ ScanSnap と連携するためには、ScanSnap Manager V3.1L10 以上が必要です。
■ ScanSnap Manager の設定(初回だけの設定です)
① ScanSnap のドライバーをインストールし、ScanSnap をコンピューターに接続
します。
・ 操作の詳細については、ScanSnap のマニュアルを参照してください。
②「名刺読取革命」を起動します。
③「ScanSnap Manager」が起動している場合は、常駐アイコンを右クリックし、
リストの中から [ 終了 ] を選択します。再度
「ScanSnap Manager」
を起動します。
④ ScanSnap Manager の常駐アイコンを右クリックし、リストの中から [ 設定 ] を
選択します。
・ 「ScanSnap Manager」ダイアログボックスが表示されます。
⑤ [ アプリ選択 ] タブの [ アプリケーションの選択 ] の▼をクリックし、リストの
中から「名刺読取革命 Ver.2」を選択します。
⑥ [OK] ボタンをクリックします。
※ ScanSnap を使用する場合は、「名刺読
取革命」から操作してスキャナー入力
することはできません。
■ ScanSnap からの読み込み
ScanSnap の [ スキャン ] ボタンを押します。
・ 「名刺読取革命」が自動的に起動し、読み込みが完了すると画像ウィンドウ
に表示されます。
33
基本操作
基本操作
操作手順........................................................................................................................................... 35
初回起動時の操作手順................................................................................................................... 36
名刺読取革命を起動する............................................................................................................... 42
データベースの設定....................................................................................................................... 43
データベースを変更する............................................................................................................... 45
データベースの新規作成......................................................................................................... 45
データベースを開く................................................................................................................. 46
パスワードの変更..................................................................................................................... 47
データベースのバックアップ................................................................................................. 48
共有したデータベースを開く................................................................................................. 48
名刺画像を読み込む....................................................................................................................... 49
デジタルカメラ入力................................................................................................................. 49
スキャナー入力......................................................................................................................... 50
画像ファイルを開く................................................................................................................. 52
クリップボード入力................................................................................................................. 53
画面キャプチャー入力............................................................................................................. 54
名刺データを選択する................................................................................................................... 55
クリックで直接選択する......................................................................................................... 55
ジャンプ機能で選択する......................................................................................................... 56
ドラッグで選択する................................................................................................................. 56
すべての名刺データを選択する............................................................................................ 57
項目を選択する............................................................................................................................... 58
クリックで直接選択する......................................................................................................... 58
ドラッグで選択する................................................................................................................. 58
列 / 行を選択する..................................................................................................................... 59
キー操作で選択する................................................................................................................. 59
一覧ウィンドウの表示の変更...................................................................................................... 61
幅の変更..................................................................................................................................... 61
項目の移動................................................................................................................................. 62
昇順 / 降順での並び替え......................................................................................................... 62
氏名 / 会社名別に表示する..................................................................................................... 63
画像の表示位置を変える............................................................................................................... 64
認識する ( 登録画面 )..................................................................................................................... 65
日本語 / 英語認識モードの切り替え..................................................................................... 65
認識............................................................................................................................................. 65
指定矩形認識............................................................................................................................. 66
QR コード認識........................................................................................................................... 67
表示倍率を変更する....................................................................................................................... 69
全体表示 / 原寸表示に変更する............................................................................................. 69
一定倍率で拡大 / 縮小する..................................................................................................... 69
名刺データを修正する................................................................................................................... 70
手動で入力する......................................................................................................................... 70
カナ候補をリストから選択する............................................................................................ 71
住所 / 郵便番号をリストから選択する................................................................................. 73
切り取り / コピー / 貼り付けをする..................................................................................... 75
元に戻す........................................................................................................................................... 77
データベースに登録する............................................................................................................... 78
登録............................................................................................................................................. 78
すべて登録................................................................................................................................. 79
名刺データを削除する................................................................................................................... 80
検索する........................................................................................................................................... 82
検索............................................................................................................................................. 82
簡易検索..................................................................................................................................... 83
検索条件 / 検索履歴の管理........................................................................................................... 84
検索条件の追加......................................................................................................................... 84
検索条件 / 検索履歴の変更..................................................................................................... 87
検索条件 / 検索履歴の削除..................................................................................................... 88
認識する ( 検索画面 )..................................................................................................................... 90
グループの管理............................................................................................................................... 92
グループを作成する................................................................................................................. 92
名刺データを移動する............................................................................................................. 93
グループの名前を変更する..................................................................................................... 95
グループを削除する................................................................................................................. 95
ごみ箱を空にする..................................................................................................................... 96
終了する........................................................................................................................................... 97
34
34
基本操作
操作手順
は、基本的な操作で、本章の次ページより説明を記載しています。
は、必要に応じて行ってください。
初回起動時の手順については、
「初回起動時の操作手順」P.36 で説明しています。
初回起動時の操作の流れ
2 回目以降の操作の流れ
1
起動する
1
2
データベースを作成する
2
├ データベースを新規作成する
└ データベースを移行する
3
4
起動する
データベースを開く
※パスワードを設定したデータベースを開く場合は、
設定したパスワードを入力する必要があります。
画像を入力する
├ デジタルカメラ
├ スキャナー
├ 画像ファイル
├ クリップボード
└ 画面キャプチャー
データベースに名刺
データを追加する
3
4
認識する ( 自動 )
画像を編集する
├ 消去
├ 色の反転
├トリミング
├ ノイズ除去
├ 傾き補正
├ 回転
├ 上下反転
├ 左右反転
└ 傾斜
├ 長方形化
├ シャープネス
├ エッジ強調
├ 減色
├ 明るさ
├ コントラスト
├ ガンマ補正
└ カラーフィルター
画像を入力する
認識する ( 自動 )
※デフォルトでは画像入力後
に自動認識を行うように設
定されていますが、[ 環境
設定 ] - [ 入力 ] タブで変更
できます。
検索画面を表示
検索を行う
データベースの新規作成/
別のデータベースを開く
データを更新する
認識する
名刺データを編集する
※名刺データの編集は、データベース登録後
の検索画面でも行うことができます。
5
名刺データを編集する
※名刺データの編集は、データベース登録後
の検索画面でも行うことができます。
5
3
画像を編集する
認識する
├ 日本語 / 英語認識モード
├ 認識 / すべて認識
└ 指定矩形認識
データ検索・更新・
データベース新規作成
データベースに登録する
└ 登録 / すべて登録
35
データベースに登録する
基本操作
初回起動時の操作手順
初回起動時からデータベースに登録するまでの基本的な操作手順をご紹介します。
初回起動時は、「名刺読取革命へようこそ!」ダイアログボックスが自動的に表示され、データベースの新規作成が行
えます。また、「名刺読取革命 (Ver.1/Lite)」
、
「本格読取 おまかせ名刺管理」のデータベースを移行すると、「名刺読取
革命 Ver.2」のデータベースとして使用できます。
1 「名刺読取革命」を起動する
 [ すべてのプログラム ]
を選択
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
を選択
※ [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] の表
示はお使いの OS によって異なります。
 [ スタート ]
をクリック
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
をクリック
※「名刺読取革命」は、デスクトップ上のショートカットアイコンからも
起動できます。( ☞「名刺読取革命を起動する」P.42)
データベースを新規作成する場合
データベースを新規作成します。
「名刺読取革命へようこそ!」ダイアログ
ボックスを起動しないようにするには
以下の 2 とおりの手順があります。
2
データベースを設定する
 [ データベースを新規作成する ]
をクリック
・[ 次回起動時から表示しない ] のチェッ
クボックスをクリックしてオンにする。
・[ 環境設定 ] の [ 表示 ] タブで [ 起動時
に「名刺読取革命へようこそ!」を表
示する ] のチェックボックスをクリッ
クしてオフにする。
( ☞「[ 表示 ] タブの設定」P.188)
 [OK] をクリック
※データベースの設定は、メニューから
も行えます。
( ☞「データベースを変更する」P.45)
( ☞「データベース移行ツール」P.191)
36
基本操作
▼をクリックして、データ
ベースの保存先を選択
※設定したパスワードは忘れないように
しましょう。データベースを開く場合
に、パスワードを正確に入力できない
ときは、データベースを開くことがで
きません。
データベース名を入力
 [ 保存 ] を
クリック
※パスワードは「*( アスタリスク )」で
表示されます。
※入力できるパスワードは、32 文字ま
でです。
※ [ キャンセル ] をクリックすると「名刺
読取革命」が終了します。
パスワードを入力
パスワードを再度入力
パスワードを設定する
場合は、チェックボック
スをクリックしてオン
※データベースは、パスワードが
未設定でも作成できます。
データベースを移行する場合
「名刺読取革命 (Ver.1/Lite)」
、
「本格読取 おまかせ名刺管理」のデータベースを「名刺
読取革命 Ver.2」のデータベースに移行します。
2
データベースを設定する
 [ データベース移行ツールを
起動する ] をクリック
 [OK] をクリック
[ 参照 ] をクリック
37
基本操作
移行するデータベースを選択
 [OK] をクリック
[ 参照 ] をクリック
▼をクリックして、データ
ベースの保存先を選択
データベース名を入力
 [ 保存 ] を
クリック
[ 開始 ] をクリック
※移行後のデータベースを使用する場合
は、「名刺読取革命」を起動し、「デー
タベースを開く」から移行後のデータ
ベースを選択してください。
[OK] をクリック
[ 終了 ] をクリック
38
基本操作
3
画像を入力する
※画像の入力方法は 5 とおりあります。ここでは、スキャナーから画像を読み
込む手順をご紹介します。
※スキャナーから入力する場合は、事前にスキャナーの設定を行う必要があり
ます。( ☞「スキャナーの設定」P.32 )
※読み込みを開始する前に、パソコンと接続されているか、必要な場合は電源
スイッチを入れているかの確認を行ってください。
名刺をスキャナーにセットする
スキャナー読み取り面に名刺を配置します。( ☞「スキャナー入力」P.50 )
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ スキャナー入力 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ スキャナー入力 ] を
クリック
スキャナーのダイアログで設定を行う
解像度は 400dpi に設定することをお勧めします。
表示されるダイアログボックスは、スキャナーのメーカーごとに異なります。
操作についてはお手持ちのスキャナーのマニュアルを参照してください。
※名刺画像を読み込んだあとに、認識領
域の切り出しを行うことができます。
( ☞「再切り出しする」P.116)
読み込みを開始する
画像を入力すると、文字認識が自動で行われます。
39
基本操作
4
認識する ( 自動 )
※デフォルトでは画像入力後に自動認識
を行うように設定されていますが、[ 環
境設定 ] - [ 入力 ] タブで変更できます。
( ☞「[ 入力 ] タブの設定」P.187)
名刺データ
項目ごとにデータが
入力されます。
読み込んだ画像が表示
されます。
名刺データを選択して確認する
一覧ウィンドウに表示されている名刺データをクリックすると、認識結果 ( 名
刺データ ) が表示されます。
クリックで選択
選択した名刺データ
の認識結果が表示さ
れます。
選択した名刺データ
の名刺画像が表示され
ます。
必要に応じて名刺データの修正を行う
認識結果 ( 名刺データ ) が誤っている場合は、修正作業を行います。修正には、
手動入力と、リストボックスを利用した方法があります。
( ☞「名刺データを修正する」P.70 )
修正済みの名刺データも検索画面で修正できます。
[ 修正済み ] をチェックする
[ 修正済み ] チェックボッ
クスをクリックしてオン
[ 修正済み ] チェックボックスがオフの場合は、データベース登録後、検索ウィ
ンドウの「未修正」に表示されます。修正が終了したデータは、[ 修正済み ] を
オンにしてデータベース内を整理しましょう。
40
基本操作
5
データベースに登録する
選択したデータだけを登録したい場合は、あらかじめ一覧ウィンドウで登録す
るデータを選択します。
 [ 編集 ] をクリック
選択したデータを登録する場合
 [ 登録 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
すべてのデータを登録する場合
 [ すべて登録 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
※データベースに名刺データを登録すると、登録された名刺データは登
録画面から削除され、検索画面に表示されます。すべての名刺データ
をデータベースに登録した場合は、自動的に検索画面が表示されます。
検索画面を表示して確認する
検索ウィンドウの「未登録」以外の項目を選択して「検索画面」を表示します。
 [ すべて ] をクリック
 50 音バーを選択し
て登録データを表示
名刺データを選択
選択した名刺データ
の認識結果が表示さ
れます。
選択した名刺データ
の名刺画像が表示され
ます。
41
基本操作
名刺読取革命を起動する
「名刺読取革命」は、Windows の [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] から選択して起動できるほか、デスクトップ上
のショートカットアイコンからも起動できます。
1
名刺読取革命を起動する
スタートメニューから
 [ すべてのプログラム ]
を選択
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
を選択
※ [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] の表
示はお使いの OS によって異なります。
 [ スタート ]
をクリック
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
をクリック
デスクトップ上のアイコンから
※デスクトップ上のショートカットアイ
コンは、インストール時に作成すること
が可能です。その場合は、「名刺読取革
命へのショートカットをデスクトップ
に作成する」のチェックボックスをオン
にします。
デスクトップ上の「名刺読取革命 Ver.2」の
ショートカットアイコンをダブルクリック
42
基本操作
データベースの設定
初回起動時に自動的に表示される「名刺読取革命へようこそ!」ダイアログボックスで、データベースを選択します。
「名刺読取革命へようこそ!」ダイアログボックスでは、データベースを開いたり、新規作成が行えます。
また、データベース移行ツールを起動して、データベースを移行することができます。
1 「名刺読取革命」を起動する
 [ すべてのプログラム ]
を選択
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
を選択
※ [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] の表
示はお使いの OS によって異なります。
 [ スタート ]
をクリック
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
をクリック
※「名刺読取革命」は、デスクトップ上のショートカットアイコンからも
起動できます。( ☞「名刺読取革命を起動する」P.42)
既存のデータベースを開く場合
既存のデータベースを開きます。
「名刺読取革命へようこそ!」ダイアログ
ボックスを起動しないようにするには
以下の 2 とおりの手順があります。
 [ データベースを開く ]
をクリック
 [ 参照 ] をクリック
・[ 次回起動時から表示しない ] のチェッ
クボックスをクリックしてオンにする。
・[ 環境設定 ]-[ 表示 ] タブで [ 起動時に「名
刺読取革命へようこそ!」を表示する ]
のチェックボックスをクリックしてオ
フにする。
( ☞「[ 表示 ] タブの設定」P.188)
※データベースの設定は、メニューから
も行えます。
( ☞「データベースを変更する」P.45)
( ☞「データベース移行ツール」P.191)
43
基本操作
▼をクリックして、データベース
フォルダーを選択
開きたいデータベー
スのファイル名をク
リック
表示されているファ
イル名を確認
 [ 開く ] を
クリック
[OK] をクリック
※「パスワードの入力」ダイアログボッ
クスの [ キャンセル ] をクリックすると
「対象のデータベースはパスワードが設
定されているため開けません。新しい
データベースを作成しますか?」という
ダイアログボックスが表示されます。[は
い ] ボタンをクリックすると、データ
ベースの新規作成が行えます。
■データベースにパスワードを設定している場合
パスワードを入力
 [OK] をクリック
データベースを新規作成する場合
データベースを新規作成します。( ☞「データベースを新規作成する場合」P.36)
データベース移行ツールを起動する場合
データベース移行ツールを使用して、
「名刺読取革命(Ver.1/Lite)
」
、
「本格読取 おま
かせ名刺管理」のデータべースを「名刺読取革命 Ver.2」のデータベースに移行します。
( ☞「データベース移行ツール」P.191)
44
基本操作
データベースを変更する
検
「名刺読取革命」では、複数のデータベースの管理ができます。データベースを切り替えて、表示する名刺データの変
更ができます。
また、データベースは、パスワードの変更や、バックアップが行えます。
データベースの新規作成
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ データベース ] をクリック
 [ データベースの新規作成 ]
をクリック
※ 1 つのデータベースに登録できる名刺
データは、50,000 件までです。
上限を超えた場合は、「登録数の上限
を超えました。」というメッセージが
表示されます。
またはツールバーの
ボタンを
クリック
※このボタンをツールバーに表示
させるには、
「ボタンの表示 / 非
表示」P.100 を参照してください。
2
保存先フォルダーを選択する
▼をクリックして、データ
ベースの保存先を選択
※設定したパスワードは忘れないように
しましょう。データベースを開く場合
に、パスワードを正確に入力できない
ときは、データベースを開くことがで
きません。
データベース名を入力
※パスワードは「*( アスタリスク )」で
表示されます。
 [ 保存 ] を
クリック
※入力できるパスワードは、32 文字ま
でです。
パスワードを入力
パスワードを設定する
場合は、チェックボック
スをクリックしてオン
45
で入力したパスワード
を再度入力
※データベースは、パスワードが
未設定でも作成できます。
基本操作
3
実行結果
※指定した保存先フォルダー内に、入力
したデータベース名のフォルダーが作
成され、データベースフォルダー内に、
「image」フォルダー、
「*.ldb」ファイル、
「*.ppd」ファイルが自動的に作成され
ます。(「*」はデータベース名)
新規に作成されたデータベースが開きます。
データベースを開く
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ データベース ] をクリック
 [ データベースを開く ] を
クリック
またはツールバーの
ボタンを
クリック
※このボタンをツールバーに表示
させるには、
「ボタンの表示 / 非
表示」P.100 を参照してください。
2
データベースを選択する
▼をクリックして、データベース
フォルダーを選択
開きたいデータベー
スのファイル名をク
リック
表示されているファ
イル名を確認
 [ 開く ] を
クリック
46
基本操作
データベースにパスワードを設定している場合
※パスワードを正確に入力できない場合
は、データベースを開くことができま
せん。
※パスワードにアルファベットを使用し
た場合、大文字・小文字は区別されます。
パスワードを入力
 [OK] をクリック
3
実行結果
指定したデータベースの名刺データが表示されます。
パスワードの変更
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ データベース ] をクリック
 [ パスワードの変更 ] を
クリック
※入力できるパスワードは、32 文字ま
でです。
2
パスワードを変更する
※パスワードは、未入力で設定できます。
現在のパスワードを入力
※設定したパスワードは忘れないように
しましょう。データベースを開く場合
に、パスワードを正確に入力できない
ときは、データベースを開くことがで
きません。
新しく設定するパスワード
を入力
で入力したパスワードを
再度入力
 [OK] をクリック
47
基本操作
データベースのバックアップ
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ データベース ] をクリック
 [ バックアップ ] をクリック
2
バックアップ先を指定する
 [ 参照 ] をクリックしてデータ
ベースの保存先を選択
 [OK] をクリック
共有したデータベースを開く
「名刺読取革命」のデータベースをネットワーク上の共有フォルダーに保存し、複数
のパソコン間で共有できます。
■データベースをネットワーク共有で利用するには
・ データベースを共有フォルダーに保存する場合、バックアップ機能を使用す
ると便利です。( ☞「データベースのバックアップ」P.48)
・共有されたデータベースは、同時に複数のパソコンから参照できますが、デー
タベースへの登録 / 修正は、データベースを最初に開いたパソコンだけが行
えます。
・ 複数のパソコンで、データベースを共有する場合は、使用するパソコンの台
数に応じた本数のライセンスが必要になります。ソフトウェア使用許諾契約
書をご確認ください。( ☞「ソフトウェア使用許諾契約書」P.3)
48
基本操作
名刺画像を読み込む
文字認識をする画像を「名刺読取革命」に読み込みます。
画像の読み込みには、画像ファイル、スキャナー、デジタルカメラ、クリップボード、画面キャプチャーを使用する
方法があります。
デジタルカメラ撮影ポイント
・内蔵ストロボはできるだけ発光させず
に明るい場所で撮影しましょう。
・三脚などを使用して手ぶれしないよう
にしましょう。
・原稿が傾かないように原稿の真上から
撮影しましょう。
デジタルカメラ入力
デジタルカメラをパソコンに接続します。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
デジタルカメラから
直接入力するための条件
・デジタルカメラが DCF に準拠してい
ること。
・デジタルカメラ、またはメディアをパ
ソコンに接続したとき、エクスプロー
ラーでリムーバブルディスクと認識さ
れること。
デジタルカメラのメディアとは
・スマートメディア
・メモリースティック
・コンパクトフラッシュ
・SD カード
・マイクロドライブ
・xD-Picture Card など
※お使いのデジタルカメラが DCF に準
拠しているかは、デジタルカメラの製
造元に確認してください。なお、準拠
していない場合は、一旦ハードディス
クに画像をコピーして、画像ファイル
を入力してください。
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ デジタルカメラ入力 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ デジタルカメラ入力 ] を
クリック
またはツールバーの
①▼をクリック
② [ デジタルカメラ ]
をクリック
49
基本操作
2
※名刺画像が正しく切り出されない場合
は、[ 環 境 設 定 ]-[ 認 識 ] タ ブ で [ 名 刺
切り出し方法 ] を変更してください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
※登録画面に表示できる名刺データは、
1,000 件までです。上限を超えた場合は、
「登録数の上限を超えました。」という
メッセージが表示されます。
入力する画像を指定する
画像の表示方法が選択できます。
入力したい 画像
をクリック
選択した画像を読み込みたい場合は、画像を
選択し、[ 取り込み ] をクリック
すべての画像を読み込みたい場合は、[ すべ
て取り込み ] をクリック
スキャナー入力
フラットベッドスキャナーの名刺の並べ方
※画像を読み込んだあとに名刺の切り出
しを行うことができます。
( ☞「再切り出しする」P.116)
■原稿位置合わせを基準に並べる場合
読み込む面を下向きにして、矢印マークに名刺の角を合わせて並べます。名刺と名
刺の間にすきまができないように並べます。
→
※黒い画用紙などを黒台紙としてお使い
ください。
■黒台紙を使う場合
名刺の大きさが不ぞろいの場合は、黒台紙を使用してください。読み込む面を下向
きにして名刺を並べます。名刺と名刺の間はすきまをあけて並べ、配置した名刺の
上に黒台紙を置きます。
→
50
基本操作
1
メニューを選択する
事前にスキャナーの設定を行い、必要な場合はスキャナーの電源を入れてください。
( ☞「スキャナーの設定」P.32 )
登 登録画面
添付画像として入力されてしまう場合
 [ ファイル ] をクリック
[ 環境設定 ] - [ 入力 ] タブの [ 偶数ペー
ジを添付画像にする ] がオンになってい
ないか確認してください。この設定が
有効になるのは以下の条件の場合です。
・複数枚の画像が 1 つのファイルとして
保存されている画像ファイルを読み込
んだ場合
・スキャナー入力で両面読み込みを行っ
た場合
名刺画像として入力する場合は、[ すべ
てのページを認識する ] をオンにして、
再度入力を行ってください。
( ☞「[ 入力 ] タブの設定」P.187)
■ 解像度
画像のきめ細かさや情報量を表現する
単位です。画像の情報量はピクセル ( 画
像を構成する点の数 ) で表します。ドッ
トの数が多いほど、きめ細かく美しい
画像となり、ドットの密度を表現する
単位として dpi が用いられます。
 [ スキャナー入力 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ スキャナー入力 ] を
クリック
またはツールバーの
①▼をクリック
スキャナーが動作しない場合
ディスプレイに表示されるエラーメッ
セージをご確認ください。本マニュア
ル記載のエラー・メッセージを参照し
て該当する項目をご覧ください。
( ☞「エラー・メッセージ」P.202)
※名刺画像が正しく切り出されない場合
は、[ 環 境 設 定 ]-[ 認 識 ] タ ブ で [ 名 刺
切り出し方法 ] を変更してください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
※スキャナー入力のダイアログボックス
を閉じずに連続して読み込む場合は、
[ 環境設定 ]-[ 入力 ] タブで [ スキャン終
了後スキャンダイアログを閉じる ] を
オフにしてください。
( ☞「[ 入力 ] タブの設定」P.187)
※登録画面に表示できる名刺データは、
1,000 件までです。上限を超えた場合は、
「登録数の上限を超えました。」という
メッセージが表示されます。
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
② [ スキャナー ]
をクリック
2
読み込みの設定を行う
解像度は、400dpi に設定することをお勧めします。
表示されるダイアログボックスは、スキャナーによって異なります。
操作については、お手持ちのスキャナーのマニュアルを参照してください。
3
読み込みを開始する
読み込みが完了すると、自動的に認識が開始され、認識結果が表示されます。
※パソコンやスキャナーの性能、または設定した解像度によって、読み込みに多少
時間がかかる場合があります。
51
基本操作
画像ファイルを開く
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
添付画像として入力されてしまう場合
[ 環境設定 ] - [ 入力 ] タブの [ 偶数ペー
ジを添付画像にする ] がオンになってい
ないか確認してください。この設定が
有効になるのは以下の条件の場合です。
・複数枚の画像が 1 つのファイルとして
保存されている画像ファイルを読み込
んだ場合
 [ 画像ファイル入力 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
・スキャナー入力で両面読み込みを行っ
た場合
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
名刺画像として入力する場合は、[ すべ
てのページを認識する ] をオンにして、
再度入力を行ってください。
( ☞「[ 入力 ] タブの設定」P.187)
 [ 画像ファイル入力 ] を
クリック
複数ファイルを指定する場合
・離れたファイルを指定する
[Ctrl] キーを押したまま、ファイルを
1 つずつクリックすると、任意のファ
またはツールバーの
①▼をクリック
イルが選択されます。
・連続したファイルを指定する
選択したいファイルが連続して並んで
いる場合、選択したい範囲の始めの
ファイルをクリックし、[Shift] キーを
押したまま、選択したい範囲の最後の
ファイルをクリックすると、間に挟ま
れたファイルがすべて選択できます。
② [ 画像ファイル ]
をクリック
2
読み込む画像ファイルを指定する
▼をクリックして、画像ファイル
のあるフォルダーを選択
※登録画面で既に読み込んでいる画像を
残したまま、さらに画像入力を行うと、
既存のデータの最後尾のあとに追加表
示されます。
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
※名刺画像が正しく切り出されない場合
は、[ 環 境 設 定 ]-[ 認 識 ] タ ブ で [ 名 刺
切り出し方法 ] を変更してください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
※登録画面に表示できる名刺データは、
1,000 件までです。上限を超えた場合は、
「登録数の上限を超えました。」という
メッセージが表示されます。
 [ 開く ] を
クリック
表示されているファ
イル名を確認
52
▼をクリックして、画像
ファイルの種類を選択
基本操作
クリップボード入力
「名刺読取革命」以外の画像編集ソフトで切り取り、またはコピーした画像を読み込
むことができます。
1
コピーする
読み込みたい部分を範囲指定し、
[ 切り取り ]、または [ コピー ] を
行う
※名刺画像が正しく切り出されない場合
は、[ 環 境 設 定 ]-[ 認 識 ] タ ブ で [ 名 刺
切り出し方法 ] を変更してください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
2
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
※登録画面に表示できる名刺データは、
1,000 件までです。上限を超えた場合は、
「登録数の上限を超えました。」という
メッセージが表示されます。
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ クリップボード入力 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ クリップボード入力 ] を
クリック
またはツールバーの
①▼をクリック
② [ クリップボード ]
をクリック
53
基本操作
画面キャプチャー入力
ディスプレイに表示されている画像を、範囲指定して、
「名刺読取革命」に読み込む
ことができます。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
 [ 画面キャプチャー入力 ] を
クリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読み込み ] を
クリック
※ [ 画面キャプチャー入力 ] が選択される
と、「名刺読取革命」のウィンドウは最小
化されます。選択する前に不要なウィン
ドウはあらかじめ閉じておきましょう。
 [ 画面キャプチャー入力 ] を
クリック
またはツールバーの
①▼をクリック
※ [ 画面キャプチャー入力 ] を中止するに
はキーボードの [Esc] キーを押します。
※ Windows の [ 画面のプロパティ ] の色
数の設定によって、キャプチャーする画
像のビット数が変わります。色数が 256
色に設定されている場合は 8 ビットへ、
色数が 16 ビット、24 ビット、32 ビッ
トに設定されている場合は 24 ビットの
画像になります。
② [ 画面キャプチャー ]
をクリック
2
範囲指定する
座標が表示されます
※名刺画像が正しく切り出されない場合
は、[ 環 境 設 定 ]-[ 認 識 ] タ ブ で [ 名 刺
切り出し方法 ] を変更してください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
取り込みたい部分を範囲指定
※登録画面に表示できる名刺データは、
1,000 件までです。上限を超えた場合は、
「登録数の上限を超えました。」という
メッセージが表示されます。
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
54
基本操作
名刺データを選択する
名刺データを選択して編集作業を行うことができます。
名刺データはクリック、またはメニューから選択できます。
クリックで直接選択する
複数ページを選択する場合
・離れたページを指定する
[Ctrl] キーを押したまま、ページを 1 つ
ずつクリックすると、任意のページが
選択されます。
登 登録画面
名刺データをクリック
・連続したページを指定する
選択したい範囲の始めのページをク
リックし、[Shift] キーを押したまま、
選択したい範囲の最後のページをク
リックすると、間に挟まれたページが
すべて選択できます。
選択した名刺データの
各項目が表示されます。
名刺画像 / 添付画像
が表示されます。
検 検索画面
サムネイル表示の場合
 50 音バーをクリック
して登録データを表示
名刺画像 / 添付画像
が表示されます。
名刺データをクリック
選択された名刺データは、枠で囲まれ、
背景色が変わります。
選択した名刺データの
各項目が表示されます。
名刺画像 / 添付画像
が表示されます。
55
基本操作
ジャンプ機能で選択する
現在選択されている名刺データの 1 つ前、または次の名刺データを選択します。
また、一覧ウィンドウの先頭・末尾の名刺データを選択できます。
1
メニューを選択する
 [ 表示 ] をクリック
 [ ジャンプ ] を選択
いずれかを選択
ドラッグで選択する
一覧ウィンドウに表示されている名刺データをドラッグ操作で選択します。
登 登録画面
左ボタンを押す
左ボタンを押したまま、
選択したいデータまでマ
ウスを移動
マウスの左ボタンを放す
ドラッグした間の名刺デー
タが選択されます。
検 検索画面
左ボタンを押す
左ボタンを押したまま、
選択したいデータまでマ
ウスを移動
マウスの左ボタンを放す
ドラッグした間の名刺デー
タが選択されます。
56
基本操作
すべての名刺データを選択する
一覧ウィンドウに表示されているすべての名刺データを選択します。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ 編集 ] をクリック
 [ すべて選択 ] をクリック
検 検索画面
 [ 編集 ] をクリック
 [ すべて選択 ] をクリック
サムネイル表示の場合
すべての名刺データが選択されます。
選択された名刺データは、背景色が変
わります。
2
実行結果
すべての名刺データが選択されます。
選択された名刺データは、背景色が変わります。
57
基本操作
項目を選択する
一覧ウィンドウにリスト表示されている名刺データの項目を選択します。
クリックで直接選択する
項目をクリックして直接選択します。
登 登録画面
検 検索画面
ドラッグで選択する
一覧ウィンドウに表示されている項目をドラッグ操作で選択します。
登 登録画面
左ボタンを押す
左ボタンを押したまま、
選択したい項目までマウ
スを移動
マウスの左ボタンを放す
ドラッグした間の項目が選
択されます。
58
基本操作
列 / 行を選択する
■列を選択する
一覧ウィンドウに表示されている項目の列を選択します。
選択したい項目名にマウスポイン
ターをあわせ、マウスポインターの
形状が変わったらクリック
クリックした項目の列が選択されます。
■行を選択する
一覧ウィンドウに表示されている名刺データの行を選択します。
選択したい番号にマウスポインター
をあわせ、マウスポインターの形状
が変わったらクリック
クリックした名刺データの行が選択されます。
キー操作で選択する
登録画面で一覧ウィンドウに表示されている項目をキー操作で選択します。
一覧ウィンドウに表示されている項目を選択
登 登録画面
キー操作
操作結果
[←]
[→]
[↑]
[↓]
[Home]
[End]
[Enter]
[F2]
[Shift]
[Ctrl]
[Shift]+[Ctrl]
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
[←]
[→]
[↑]
[↓]
[←]
[→]
[↑]
[↓]
[Home]
[End]
[←]
[→]
[↑]
[↓]
[Home]
[End]
59
左の項目を選択
右の項目を選択
上の項目を選択
下の項目を選択
文字列の先頭にカーソルを置く
文字列の最後にカーソルを置く
右の項目を選択
現在の項目の文字列を選択
選択しながら左へ移動
選択しながら右へ移動
選択しながら上へ移動
選択しながら下へ移動
左端の項目を選択
右端の項目を選択
上端の項目を選択
下端の項目を選択
左端、上端の項目を選択
下端の項目を選択
現在の項目と左端の項目の間を選択
現在の項目と右端の項目の間を選択
現在の項目と上端の項目の間を選択
現在の項目と下端の項目の間を選択
現在の項目と左端、上端の項目の間を選択
現在の項目と右端、下端の項目の間を選択
基本操作
検 検索画面
キー操作
操作結果
[←]
[→]
[↑]
[↓]
[Home]
[End]
[Enter]
[F2]
[Shift]
[Ctrl]
[Shift]+[Ctrl]
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
[↑]
[↓]
[←]
[→]
[↑]
[↓]
[Home]
[End]
[←]
[→]
[↑]
[↓]
+ [Home]
+ [End]
60
左の項目を選択
右の項目を選択
上の項目を選択
下の項目を選択
文字列の先頭にカーソルを置く
文字列の最後にカーソルを置く
右の項目を選択
現在の項目の文字列を選択
選択しながら上へ移動
選択しながら下へ移動
左端の項目を選択
右端の項目を選択
上端の項目を選択
下端の項目を選択
左端、上端の項目を選択
下端の項目を選択
現在の項目と左端の項目の間を選択
現在の項目と右端の項目の間を選択
現在の名刺データと上端の名刺データの間を選択
現在の名刺データと下端の名刺データの間を選択
現在の名刺データと上端の名刺データの間を選択し、
左端、上端の項目を選択
現在の名刺データと下端の名刺データの間を選択し、
右端、下端の項目を選択
基本操作
一覧ウィンドウの表示の変更
一覧ウィンドウがリスト表示の場合、幅の変更、項目の移動、項目ごとに昇順 / 降順で名刺データを並び替えること
ができます。
また、[ 氏名 ]、[ 会社名 ] を切り替えて 50 音別に名刺データを表示できます。
幅の変更
名刺データの列 / 行の幅を変更します。
※名刺データの行も、同様の手順で幅の
変更を行うことができます。
■ドラッグで項目の幅を変更する
名刺データの項目の幅を任意のサイズに変更します。
項目名の右端にマウスポインターを
あわせ、マウスポインターの形状が変
わったらマウスの左ボタンを押す
左ボタンを押したまま、左右に移動
して項目の幅を変更
マウスの左ボタンを放す
項目の幅が変更されます。
■ダブルクリックで項目の幅を変更する
名刺データの項目の幅を最大文字列にあわせて自動調整します。
項目名の右端にマウスポインターをあわ
せ、マウスポインターの形状が変わった
らダブルクリック
項目の幅が最大文字列にあわせて自動
調整されます。
61
基本操作
項目の移動
名刺データの項目の表示位置を変更します。
■ドラッグで項目を移動する
名刺データの項目をドラッグ&ドロップで任意の場所に移動します。
移動したい項目名にマウスポインター
をあわせ、マウスポインターの形状が
変わったらクリックして列を選択
項目名の上でマウスの左ボタンを押す
マウスポインターの形状が変わります。
左ボタンを押したまま、マウスを項目
と項目の間に移動
移動先の項目と項目の間に赤線が表示
されます。
マウスの左ボタンを放す
項目が移動します。
■ [ 表示項目設定 ] で表示位置を移動する
メニューバーの [ オプション ]-[ 表示項目設定 ] から一覧ウィンドウに表示する項目
の追加 / 削除 / 移動を行うことができます。( ☞「表示項目を変更する」P.101)
昇順 / 降順での並び替え
選択した項目を基準に名刺データを昇順 / 降順で並び替えます。
並び替えたい項目名の上で
ダブルクリック
指定した項目を基準に、名刺
データが昇順で並び替えられ
ます。
再度ダブルクリックすると降
順で並び替えられます。
62
基本操作
氏名 / 会社名別に表示する
データベースに登録された名刺データは、氏名・会社名別に表示できます。
検 検索画面
■氏名別に表示する
氏名別に表示する場合は、
[ 氏名 ] ボタンをクリック
各 50 音順タブの名刺デー
タは「氏名カナ」によって
表示されます。
■会社名別に表示する
会社名別に表示する場合は、
[ 会社名 ] ボタンをクリック
各 50 音順タブの名刺デー
タは「会社名カナ」によっ
て表示されます。
63
基本操作
画像の表示位置を変える
マウスポインターが手の形になっているとき、マウスの左ボタンを押したまま上下左右にスクロールすることで画像
の移動が行えます。
1
画像を動かす
画像ウィンドウにマウスポ
インターを移動すると、マ
ウスポインターの形状が
“手” に変わります。
※登録画面で画像の移動を行う場合は、
[Ctrl] キーを押したまま操作してくだ
さい。
※画像全体を表示しているときは、ス
クロールできません。
マウスの左ボタンを押す
左ボタンを押したまま ( グー
のまま ) 画像を動かしたい方
向へマウスを動かす
マウスの左ボタンを放す
64
基本操作
認識する ( 登録画面 )
登
名刺画像を認識します。項目ごとに認識したい場合は、手動で認識したい領域を範囲指定し、指定した項目に認識結
果を反映できます。
また、認識には [ 日本語認識モード ] と [ 英語認識モード ] があり、名刺の種類に応じて認識モードの変更を行えます。
日本語 / 英語認識モードの切り替え
名刺の種類に応じて [ 日本語認識モード ] と [ 英語認識モード ] を切り替えて認識で
きます。適切な認識モードを選択することで、認識率が向上します。
1
メニューを選択する
 [ 認識 ] をクリック
日本語の名刺を認識する場合
 [ 日本語認識モード ] をクリック
英語の名刺を認識する場合
 [ 英語認識モード ] をクリック
指定した認識モードに設定されます。現在の認識
モードは、ステータスバーに表示されます。
認識
画像ウィンドウに表示した名刺画像、または一覧ウィンドウに表示されているすべて
の名刺データの画像を認識します。
※認識は、複数の名刺データを選択して
行えます。
( ☞「名刺データを選択する」P.55)
1
メニューを選択する
 [ 認識 ] をクリック
選択した名刺データを認識する場合
 [ 認識 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
すべての名刺データを認識する場合
 [ すべて認識 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
※このボタンをツールバーに表示させるには、
「ボタンの表
示 / 非表示」P.100 を参照してください。
65
基本操作
2
実行結果
認識結果が表示されます。
指定矩形認識
名刺データが誤った項目に分類されている場合は、手動で領域を設定し、項目を指定
して正しい項目に認識結果を表示できます。項目を選択すると自動的に文字認識が行
われます。
1
領域を設定する
[ 指定矩形認識 ] で選択できる項目
・氏名
・会社名
・所属
・役職
・携帯電話番号 1
・携帯電話番号 2
・メールアドレス 1
・メールアドレス 2
・URL1
・URL2
・事業所 1
・郵便番号 1
・住所 1
・電話番号 1
・FAX 番号 1
・事業所 2
・郵便番号 2
・住所 2
・電話番号 2
・FAX 番号 2
・QR コード認識
領域を範囲指定
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
2
メニューを選択する
 [ 認識 ] をクリック
 [ 指定矩形認識 ] をクリック
または、画像ウィンドウ上で右ク
リックし、[ 指定矩形認識 ] を選択
項目を選択
※ QR コードを選択した場合の操作手順
は、「QR コード認識」P.67 を参照して
ください。
66
基本操作
3
実行結果
項目を選択すると自動的に認識処理が行われ、
指定した項目に認識結果 ( 名刺データ ) が表示
されます。
QR コード認識
※認識時に QR コードを自動的に読み取
り、取得した情報を各項目に反映す
る場合は、[ 環境設定 ]-[ 認識 ] タブで
[QR コードの認識データを使用する ] の
チェックボックスをクリックしてオン
にしてください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
QR コードを範囲指定し、指定矩形認識で「QR コード」を選択すると、QR コードを
読み取り、情報を取得できます。取得した情報は、
名刺データの各項目に反映できます。
1
QR コードを範囲指定する
※情報を取得できる QR コードは、携帯電
話用の電話帳データの QR コードです。
領域を範囲指定
2
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
メニューを選択する
 [ 認識 ] をクリック
 [ 指定矩形認識 ] をクリック
または、画像ウィンドウ上で右ク
リックし、[ 指定矩形認識 ] を選択
 [QR コード認識 ] をクリック
67
基本操作
3
取得した情報を反映する
[OK] をクリック
4
実行結果
取得した情報が各項目に反映され、
表示されます。
68
基本操作
表示倍率を変更する
画像ウィンドウに表示されている名刺画像の表示倍率を変更します。
表示倍率の変更には、全体表示 / 原寸表示と、一定倍率で拡大 / 縮小する方法があります。
全体表示 / 原寸表示に変更する
1
メニューを選択する
[ 全体表示 ]
画像ウィンドウに表示している名刺画
像全体が画面に収まる最大の大きさで
表示します。
 [ 表示 ] をクリック
全体を表示する場合
 [ 全体表示 ] をクリック
または画像ツールバーの
[ 原寸表示 ]
画像ウィンドウに表示している名刺画
像を原寸大 (100%) で表示します。
ボタンをクリック
原寸大で表示する場合
 [ 原寸表示 ] をクリック
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
一定倍率で拡大 / 縮小する
※ [ 拡大 ]/[ 縮小 ] をクリックしたときの
表示倍率の増減幅は、10%です。
1
メニューを選択する
 [ 表示 ] をクリック
拡大して表示する場合
 [ 拡大 ] をクリック
※最大表示倍率は、400%、最小表示倍率は、
2% です。
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
縮小して表示する場合
 [ 縮小 ] をクリック
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
69
基本操作
名刺データを修正する
項目ウィンドウで名刺データ ( 認識結果 ) の修正を行うには、テキストボックスに直接入力する方法と、リストボッ
クスから選択して入力する方法があります。
手動で入力する
※項目ウィンドウの各項目は、項目タイ
トルをクリックして折りたたみ / 展開
することで、必要な部分だけを表示さ
せることができます。用途に合わせて
表示を切り替え、効率よく作業を行っ
てください。( ☞「項目ウィンドウの各
項目の表示」P.24)
修正したい項目のテキストボックス
内をクリックし、文字列を入力
 [ 修正済み ] のチェックボッ
クスをクリックしてオン
70
基本操作
カナ候補をリストから選択する
氏名、または会社名は、候補リストから該当する読み仮名を選択できます。
氏名のカナ候補から選択する
1
カナ候補を表示する
[ 氏名カナ ] をクリック
2
リストからデータを選択する
 [ 姓カナ候補 ] 、[ 名カナ候補 ] リスト
ボックスから該当する読み仮名を選択
 [OK] をクリック
3
実行結果
[ 氏名カナ ] に指定した読み仮名が入力されます。
71
基本操作
会社名のカナ候補から選択する
1
カナ候補を表示する
[ 会社名カナ ] をクリック
2
リストからデータを選択する
 [ 会社名カナ候補 ] リストボックス
から該当する読み仮名を選択
 [OK] をクリック
3
実行結果
[ 会社名カナ ] に指定した読み仮名が入力されます。
72
基本操作
住所 / 郵便番号をリストから選択する
名刺データに入力されている住所から郵便番号を入力できます。また、郵便番号から
住所を入力できます。
住所から郵便番号を入力する
1
住所一覧を表示する
[ 郵便番号 ] をクリック
2
リストからデータを選択する
 [ 住所一覧 ] リストボックスか
ら該当する郵便番号を選択
リスト内で選択された住所データには、
会社名として登録できる住所データがあ
ります。[会社名として使用する ] のチェッ
クボックスをクリックしてオンにすると、
[ 会社名 ] の項目に自動的に入力されます。
 [OK] をクリック
3
実行結果
[ 郵便番号 ] に指定した郵便番号が入力されます。
73
基本操作
郵便番号から住所を入力する
1
住所一覧を表示する
[ 住所 ] をクリック
2
リストからデータを選択する
 [ 住所一覧 ] リストボックスか
ら該当する住所を選択
リスト内で選択された住所データには、
会社名として登録できる住所データがあ
ります。[会社名として使用する ] のチェッ
クボックスをクリックしてオンにすると、
[ 会社名 ] の項目に自動的に入力されます。
 [OK] をクリック
3
実行結果
[ 住所 ] に指定した住所が入力されます。
74
基本操作
切り取り / コピー / 貼り付けをする
一覧ウィンドウや項目ウィンドウの項目・文字列は、切り取り / コピー / 貼り付けを
行うことができます。
1
項目 / 文字列を選択する
切り取りとコピーの違い
■切り取りを選択した場合、選択した文
字列が切り取られ、クリップボードにコ
ピーされます。
■コピーを選択した場合、選択した文字
列は切り取られず、クリップボードにコ
ピーされます。
※ Windows 上に表示されている文字列を
切り取り、またはコピーし、「名刺読取
革命」に貼り付けることもできます。
一覧ウィンドウ、または項目ウィンド
ウで切り取り / コピーを行いたい項目・
文字列を選択
※ ( ☞「項目を選択する」P.58)
2
メニューを選択する
登 登録画面
 [ 編集 ] をクリック
 [ 切り取り ]、
または [ コピー ]
をクリック
文字列をキー操作で編集するには
各項目に入力された文字列は、対象とな
る文字列を範囲選択して、以下の方法で
編集が可能です。
検 検索画面
 [ 編集 ] をクリック
【文字列の削除】
[Delete] キー、または [Del] キーを押す。
 [ 切り取り ]、
または [ コピー ]
をクリック
【文字列の切り取り】
[Ctrl]+[X] キーを押す。
【文字列のコピー】
[Ctrl]+[C] キーを押す。
【文字列の貼り付け】
[Ctrl]+[V] キーを押す。
75
基本操作
3
貼り付けを実行する
登 登録画面
 [ 編集 ] をクリック
 [ 貼り付け ] をクリック
検 検索画面
 [ 編集 ] をクリック
 [ 貼り付け ] をクリック
ドラッグ操作でコピーする
一覧ウィンドウがリスト表示の場合、ドラッグ操作で同項目の名刺データをコピー
できます。
登 登録画面
コピーする名刺データの項目を選択
項目の右下にマウスポインターをあ
わせ、マウスポインターの形状が変
わったらマウスの左ボタンを押す
左ボタンを押したままコピーしたい
方向 ( 上下方向 ) にマウスを移動
マウスの左ボタンを放す
選択した項目がコピーされ、ドラッ
グした項目に貼り付けられます。
76
基本操作
元に戻す
登
名刺データの編集や、画像編集などの操作を取り消して、修正直前の状態に戻すことができます。
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
※ 2 つ以上前の状態に戻すことはできま
せん。[ 元に戻す ] は、直前に行われた
修正操作に対してだけ有効です。
 [ 元に戻す ] をクリック
※次の操作を行った場合は、操作履歴が
リセットされるため、元に戻すことは
できません。
・名刺データの削除
・文字認識
・環境設定の変更
・指定矩形認識
※項目の入力が確定されていない状態で
「Esc」キーを押すと、入力中のデータを
取り消して元のデータを表示できます。
77
基本操作
データベースに登録する
登
現在開いているデータベースに名刺データを登録します。名刺データの登録には、選択している名刺データを登録す
る「登録」と、一覧ウィンドウに表示されているすべてのデータを登録する「すべて登録」があります。
登録
複数ページを選択する場合
・離れたページを指定する
[Ctrl] キーを押したまま、ページを 1 つ
ずつクリックすると、任意のページが
選択されます。
・連続したページを指定する
選択したい範囲の始めのページをク
リックし、[Shift] キーを押したまま、
選択したい範囲の最後のページをク
リックすると、間に挟まれたページが
すべて選択できます。
1
名刺データを選択する
一覧ウィンドウで登録したい名刺データをクリック
※ ( ☞「名刺データを選択する」P.55)
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 登録 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
※ 1 つのデータベースに登録できる名刺
データは、50,000 件までです。
上限を超えた場合は、「登録数の上限
を超えました。」のメッセージが表示
されます。
3
実行結果
選択した名刺データがデータベースに登録されます。
データベースに登録すると、登録された名刺データは、
登録画面から削除され検索画面に表示されます。
78
基本操作
すべて登録
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ すべて登録 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
2
実行結果
すべての名刺データがデータベースに登録され、検索画
面が表示されます。
データベースに登録すると、登録された名刺データは、
登録画面から削除され検索画面に表示されます。
79
基本操作
名刺データを削除する
一覧ウィンドウで選択した名刺データを削除します。
登録画面での名刺データの削除
1
名刺データを選択する
一覧ウィンドウで削除したい名刺データを選択
※ ( ☞「名刺データを選択する」P.55)
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 削除 ] をクリック
3
削除する
[ はい ] をクリック
4
実行結果
選択した名刺データが削除されます。
80
基本操作
検索画面での名刺データの削除
1
名刺データを選択する
一覧ウィンドウで削除したい名刺データを選択
※ ( ☞「名刺データを選択する」P.55)
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 削除 ] をクリック
3
実行結果
選択した名刺データが削除され、ごみ箱に移動します。
81
基本操作
検索する
検
検索条件を設定し、データベースから検索条件と一致する名刺データを検索します。検索条件の項目から最大 5 つを
組み合わせて検索が行えます。検索は、現在開いているデータベースを対象に行われます。
また、検索ウィンドウで文字列を入力し、日付・チェック以外のすべての項目を対象に検索ができます。
検索
※条件項目に「項目指定なし」を選択して、
検索文字列を入力し、検索を実行した
場合は、日付・チェック以外のすべて
の項目を対象に検索します。
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
※ 条件項目に「項目指定なし」を指定で
きる件数は、3 件までです。
 [ 検索 ] をクリック
※条件項目に「日付」を選択した場合は、
[ 登録日 ]/[ 更新日 ]/[ 面会日 ]/[ 生年月
日 ] を対象に検索します。
※条件項目に「チェック」を選択した場
合は、[ 修正済み ]/[ 年賀 ]/[ 暑中 ]/[ 中
元 ]/[ 歳暮 ]/[cocoa に保存済み ] を対象
に検索します。
またはツールバーの
ボタンをクリック
2
検索条件を入力し、実行する
条件が複数の場合は、いずれかを選択
※大文字 / 小文字や全角 / 半角は、区別
せずに検索されます。
▼をクリックし、リスト
から条件に該当する項目
を選択
※検索条件 1 に文字列を入力して検索し
た場合は、入力した文字列が検索履歴
に表示されます。検索条件 1 が文字列
以外の検索条件の場合は、検索日時が
表示されます。
条件となる文字列を入力
 [ 検索 ] をクリック
入力した条件を取り消すには
[ 条件のクリア ] をクリック
3
実行結果
検索ウィンドウの検索履歴グループに検索条件が
表示され、一覧ウィンドウに検索された名刺デー
タが表示されます。
82
基本操作
簡易検索
1
検索条件を入力し、実行する
条件となる文字列を入力
 [ 検索 ] をクリック
2
実行結果
検索ウィンドウの検索履歴グループに検索条件が
表示され、一覧ウィンドウに検索された名刺デー
タが表示されます。
83
基本操作
検索条件 / 検索履歴の管理
検
検索ウィンドウの「検索条件」に、使用頻度の高い検索条件を登録することができます。1 クリックで検索条件と一
致した名刺データを表示できます。
検索条件は検索履歴から追加することもできます。
検索条件の追加
検索ウィンドウの検索条件グループに検索条件を追加します。追加した検索条件を選
択すると、検索条件に一致した名刺データが表示されます。
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 検索条件の追加 ] をクリック
2
検索条件を入力し、実行する
条件が複数の場合は、
いずれかを選択
※条件項目に「項目指定なし」を選択して、
検索文字列を入力し、検索を実行した
場合は、日付・チェック以外のすべて
の項目を対象に検索します。
検索条件名を入力
▼をクリックし、リスト
から条件に該当する項目
を選択
※ 条件項目に「項目指定なし」を指定で
きる件数は、3 件までです。
条件となる文字列を入力
※条件項目に「日付」を選択した場合は、
[ 登録日 ]/[ 更新日 ]/[ 面会日 ]/[ 生年月
日 ] を対象に検索します。
※条件項目に「チェック」を選択した場
合は、[ 修正済み ]/[ 年賀 ]/[ 暑中 ]/[ 中
元 ]/[ 歳暮 ]/[cocoa に保存済み ] を対象
に検索します。
 [OK] をクリック
入力した条件を取り消すには
[ 条件のクリア ] をクリック
※大文字 / 小文字や全角 / 半角は、区別
せずに検索されます。
84
基本操作
3
実行結果
検索ウィンドウの検索条件グループに
検索条件が追加され、一覧ウィンドウに
検索された名刺データが表示されます。
検索履歴を検索条件に追加する場合
検索履歴グループの検索履歴を検索条件に追加できます。
1
検索履歴を選択する
検索履歴を選択
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 検索条件の追加 ] をクリック
85
基本操作
3
※条件項目に「項目指定なし」を選択して、
検索文字列を入力し、検索を実行した
場合は、日付・チェック以外のすべて
の項目を対象に検索します。
検索条件の確認
条件が複数の場合は、
いずれかを選択
検索条件名を入力
※ 条件項目に「項目指定なし」を指定で
きる件数は、3 件までです。
▼をクリックし、リスト
から条件に該当する項目
を選択
※条件項目に「日付」を選択した場合は、
[ 登録日 ]/[ 更新日 ]/[ 面会日 ]/[ 生年月
日 ] を対象に検索します。
※条件項目に「チェック」を選択した場
合は、[ 修正済み ]/[ 年賀 ]/[ 暑中 ]/[ 中
元 ]/[ 歳暮 ]/[cocoa に保存済み ] を対象
に検索します。
※大文字 / 小文字や全角 / 半角は、区別
せずに検索されます。
条件となる文字列を入力
 [OK] をクリック
入力した条件を取り消すには
[ 条件のクリア ] をクリック
4
実行結果
検索履歴が検索条件に追加され、一覧ウィンドウ
に検索された名刺データが表示されます。
■ドラッグ&ドロップで検索条件に追加する場合
検索条件に追加したい検索履歴を、検索条件グループにドラッグ&ドロップする
ことで検索条件に追加できます。
検索履歴が検索条件に追
加され、一覧ウィンドウに
検索された名刺データが表
示されます。
86
基本操作
検索条件 / 検索履歴の変更
登録した検索条件、または検索履歴は、検索を行った条件を変更し、再度検索ができ
ます。
1
検索条件 / 検索履歴を選択する
検索条件、または検索履歴
のいずれかを選択
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 検索条件の変更 ] をクリック
※条件項目に「項目指定なし」を選択して、
検索文字列を入力し、検索を実行した
場合は、日付・チェック以外のすべて
の項目を対象に検索します。
3
検索条件を変更し、実行する
条件が複数の場合は、
いずれかを選択
※ 条件項目に「項目指定なし」を指定で
きる件数は、3 件までです。
検索条件名を入力
▼をクリックし、リスト
から条件に該当する項目
を選択
※条件項目に「日付」を選択した場合は、
[ 登録日 ]/[ 更新日 ]/[ 面会日 ]/[ 生年月
日 ] を対象に検索します。
※条件項目に「チェック」を選択した場
合は、[ 修正済み ]/[ 年賀 ]/[ 暑中 ]/[ 中
元 ]/[ 歳暮 ]/[cocoa に保存済み ] を対象
に検索します。
※大文字 / 小文字や全角 / 半角は、区別
せずに検索されます。
条件となる文字列を入力
 [OK] をクリック
入力した条件を取り消すには
[ 条件のクリア ] をクリック
87
基本操作
4
実行結果
変更された検索条件、または検索履歴
が表示され、一覧ウィンドウに検索さ
れた名刺データが表示されます。
検索条件 / 検索履歴の削除
検索条件、または検索履歴を削除します。
1
検索条件 / 検索履歴を選択する
検索条件、または検索履歴
のいずれかを選択
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 削除 ] をクリック
88
基本操作
3
実行結果
検索条件、または検索履歴が削除されます。
※検索履歴は、アプリケーションを終了
すると削除されます。
89
基本操作
認識する ( 検索画面 )
検
データベースに登録した名刺データの画像を再認識します。
1
名刺データを選択する
認識する名刺データを選択
※ ( ☞「名刺データを選択する」P.55)
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 認識 ] をクリック
3
認識する
[ はい ] をクリック
90
基本操作
※認識した名刺データは、「未登録」に移
動します。再度データベースに登録し
てください。
( ☞「データベースに登録する」P.78)
4
実行結果
選択した名刺データが認識されます。認識され
た名刺データは、検索画面から削除され、登録
画面の「未登録」に表示されます。
91
基本操作
グループの管理
検
グループを作成し、名刺データをグループ単位で管理できます。作成したグループは、名前の変更、削除ができます。
また、ごみ箱内の名刺データをすべて削除します。
グループを作成する
グループウィンドウにグループを作成します。
※グループ名に設定できる文字数は、200
文字までです。
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
※グループ内の名刺データは、検索ウィ
ンドウで選択されている条件で表示さ
れます。
※サブグループを作成する場合は、グルー
プを選択後、グループの新規作成を行っ
てください。
 [ グループの新規作成 ]
をクリック
2
実行結果
グループが作成されます。
3
グループ名を入力する
グループ名を入力
92
基本操作
名刺データを移動する
グループウィンドウのグループに名刺データを移動します。
1
名刺データを選択する
移動する名刺データを選択
2
※ ( ☞「名刺データを選択する」P.55)
メニューを選択する
※グループ内の名刺データをいずれのグ
ループにも所属させない場合は、名刺
データを選択後、右クリックし、[ グルー
プへ移動 ]-[ すべて ] を選択するか、グ
ループウィンドウの「すべて」にドラッ
グ&ドロップしてください。
※ごみ箱の名刺データを「すべて」に戻
すには、名刺データを選択後、右クリッ
クして [ すべてに戻す ] を選択するか、
グループウィンドウの「すべて」にド
ラッグ&ドロップしてください。
右クリック
 [ グループへ移動 ] を選択し、
移動先のグループをクリック
3
実行結果
移動先のグループに名刺
データが表示されます。
93
基本操作
ドラッグ&ドロップで移動する場合
名刺データの番号の上でマウスの左ボタ
ンを押したまま、グループウィンドウの
移動先のグループの上までドラッグ
マウスの左ボタンを放す
グループ内の名刺データを表示する場合
グループ内の名刺データは、検索ウィンドウで選択されている条件で表示されます。
表示したい名刺データの
条件を選択
名刺データが表示されます。
表示したい名刺データの
グループをクリック
94
基本操作
グループの名前を変更する
グループの名前を変更します。
1
グループを選択する
グループを選択する
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 名前の変更 ] をクリック
3
グループ名を入力する
グループ名を入力
グループ名が変更されます。
グループを削除する
グループを削除します。
※グループ内に、サブグループ、名刺デー
タが存在する場合は、グループを削除
することはできません。
1
グループを選択する
グループウィンドウで削除
したいグループをクリック
95
基本操作
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 削除 ] をクリック
3
実行結果
グループが削除されます。
ごみ箱を空にする
削除された名刺データは、グループウィンドウのごみ箱に移動します。ごみ箱内の
名刺データをすべて削除します。
※「ごみ箱」の名刺データを「すべて」
に戻すには、名刺データを選択後、右
クリックして [ すべてに戻す ] を選択す
るか、グループウィンドウの「すべて」
にドラッグ&ドロップしてください。
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ ごみ箱を空にする ]
をクリック
2
削除する
[ はい ] をクリック
3
実行結果
ごみ箱の名刺データがすべて削除されます。
96
基本操作
終了する
「名刺読取革命」を終了します。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 名刺読取革命の終了 ] をクリック
ウィンドウのコントロールメニューから
終了する場合
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
[ 閉じる ] をクリック
 [ 名刺読取革命の終了 ] をクリック
・ データベースに未登録の名刺データは、
次回起動時に表示されます。
97
応用操作
応用操作
ツールバーのカスタマイズ........................................................................................................... 99
各ツールバーの名称................................................................................................................. 99
ツールバーの表示 / 非表示...................................................................................................100
ボタンの表示 / 非表示...........................................................................................................100
表示項目を変更する.....................................................................................................................101
項目の追加...............................................................................................................................101
項目の削除...............................................................................................................................102
項目の移動 ..............................................................................................................................102
インポートする.............................................................................................................................103
カスタマイズ(入力項目の設定)を行う..........................................................................104
関連するダイアログボックス詳細......................................................................................106
エクスポートする.........................................................................................................................112
カスタマイズ(出力項目の設定)を行う..........................................................................113
再切り出しする.............................................................................................................................116
領域を削除する.......................................................................................................................117
領域を手動で設定する...........................................................................................................117
名刺の文字方向を指定する...................................................................................................118
レイアウトを保存する...........................................................................................................118
レイアウトを開く...................................................................................................................119
画像なしデータの挿入.................................................................................................................121
画像の追加 / 変更.........................................................................................................................122
付属情報や面会情報を入力する................................................................................................124
付属情報...................................................................................................................................124
面会情報...................................................................................................................................125
メールの作成.................................................................................................................................126
複数の宛先を設定する...........................................................................................................127
ホームページを表示する.............................................................................................................129
Web 検索........................................................................................................................................130
地図検索.........................................................................................................................................131
路線検索.........................................................................................................................................132
Outlook 連携.................................................................................................................................133
InterConnect 連携........................................................................................................................135
cocoa ギガストレージ.................................................................................................................136
cocoa ギガストレージに名刺データを保存する..............................................................136
保存した名刺データを参照する..........................................................................................137
画像を保存する.............................................................................................................................139
印刷する.........................................................................................................................................140
印刷関連ダイアログボックスの詳細..................................................................................146
98
98
応用操作
ツールバーのカスタマイズ
ツールバーおよびツールバーのボタンは、表示 / 非表示を選択できます。
ツールバーに使用頻度の高い機能のボタンを表示させることにより操作性が向上します。
各ツールバーの名称
登 登録画面
基本操作ツールバー
画像ツールバー
検 検索画面
基本操作ツールバー
画像ツールバー
99
応用操作
ツールバーの表示 / 非表示
 [ 表示 ] をクリック
 [ ツールバー ] を選択
表示するツールバーをクリッ
クしてオン、非表示にするツー
ルバーをクリックしてオフ
ボタンの表示 / 非表示
1
ツールバーを選択する
▼をクリック
ツールバーの右端、または下部に▼ボタン
が表示されている場合は、表示するボタン
の設定を変更できます。
2
各種設定をする
 [ ボタンの表示 / 非表示 ]
を選択
 [ 基本操作 ] を選択
※表示される名称は、手順 1 で選択し
たツールバーによって異なります。
表示するボタンをクリック
してオン、非表示にするボ
タンをクリックしてオフ
※インストール直後の状態に
戻す場合は、[ ツールバーの
リセット ] をクリックしてく
ださい。
100
応用操作
表示項目を変更する
一覧ウィンドウに表示する名刺データの項目を変更します。項目は、追加 / 削除 / 移動が行えます。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ オプション ] をクリック
※登録画面、検索画面それぞれに表示項
目の設定ができます。
 [ 表示項目設定 ] を選択
検 検索画面
 [ オプション ] をクリック
 [ 表示項目設定 ] を選択
項目の追加
一覧ウィンドウに表示する項目を追加します。
表示する項目を選択
すべての項目を表示する場合は、
[ すべて追加 ] をクリック
 [ 追加 ] をクリック
または、選択した項目をダブルク
リック
追加した項目が [ 表示する項目 ] リ
ストボックスの最後に表示されます。
[OK] をクリック
101
応用操作
項目の削除
一覧ウィンドウに表示された項目を削除します。
表示しない項目を選択
 [ 削除 ] をクリック
または、選択した項目をダブルク
リック
すべての項目を表示しない場合は、
[ すべて削除 ] をクリック
削除した項目が [ 表示しない項目 ]
リストボックスに表示されます。
[OK] をクリック
項目の移動
一覧ウィンドウに表示する項目を並び替えます。
移動したい項目を選択
 [ 上へ ]/[ 下へ ] のいずれか
をクリック
選択した項目が移動します。
 [OK] をクリック
102
応用操作
インポートする
検
ほかのアプリケーションで作成されたデータを「名刺読取革命」の名刺データとして取り込むことができます。
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ インポート ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
※このボタンをツールバーに表示させるには、
「ボタンの表示 / 非表示」P.100 を参照して
ください。
2
インポートする
▼をクリックして、ファイル
の保存先フォルダーを選択
※インポートできるファイル形式は、「仕
様」P.207 を参照してください。
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
 [ 開く ] を
クリック
表示されているファ
イル名を確認
▼をクリックして、
ファイルの種類を選択
※選択したファイル形式により、カスタマイズを行うかの選択ができます。
チェックボックスをオンにすると、
「入力項目の選択」ダイアログが表示され、
テンプレートの作成や入力項目の設定が行えます。
・J アドレス形式:オン / オフが選択できます。
・CSV/ テキスト形式:自動的にオンになります。
・ContactXML 形式:自動的にオフになります。
103
応用操作
※インポートデータの入力項目に「グルー
プ名」がある場合、
「インポート」グルー
プの配下にグループ名の項目でグルー
プが作成され、インポートされたデー
タがグループごとに表示されます。
※「日付データ修正」ダイアログボック
スは、判別できなかった日付型データ
の数だけ表示され、それぞれ修正する
必要があります。判別できないデータ
が多い場合は、[ 中断 ] ボタンをクリッ
クしてインポートを中断し、入力ファ
イルをチェックしたほうが効率がよい
場合があります。
3
実行結果
グループウィンドウに「インポート」
グループが作成され、インポートされ
たデータが表示されます。
インポートするデータに判別できない日付型データが含まれる
場合は、
「日付データ修正」ダイアログボックスが表示されます。
( ☞「日付データ修正ダイアログボックスの詳細」P.110)
カスタマイズ(入力項目の設定)を行う
インポートするデータが「名刺読取革命」に正しく入力されるように、インポート前
にあらかじめ項目を修正できます。インポートデータと異なる項目が割り当てられて
いる場合は、このダイアログボックスで正しい項目を設定してください。
例:異なる項目が設定されている場合
「名刺読取革命」に入力される項目
インポートされるデータ内容
 [OK] をクリック
▼をクリックして
項目を選択
104
応用操作
入力項目選択ダイアログボックスの詳細
※「入力項目選択」ダイアログボックス
に表示できる住所録データ数を超える
場合、表示は省略されますが、住所録
データはすべてインポートされます。
J アドレス形式のテンプレートを.
保存する場合
J アドレス形式のデータには「EX**」(*
は数字 ) 項目が存在します。「EX**」以
外の項目は、各項目と関連付けされて
いるため、テンプレート保存時にカス
タマイズの変更が反映されません。
カスタマイズを行いインポートを実行
すると、すべての項目にカスタマイズ
が反映されます。
[ 項目選択 ]
[ 項目選択 ] の▼を選択し、インポートするファイルの各データ列との関連
付けを設定します。選択できる項目は「名刺読取革命」の名刺データに表示
されるすべての項目です。
「名刺読取革命」に対応する項目がない場合、
「( 登
録しない )」を選択できます。
[OK] ボタン
設定した項目でインポートを開始します。
[ オプション ] ボタン
[ 項目選択 ] で読み仮名型、電話番号型、日付型、チェック型 (「年賀」
・
「修
正済み」など )、性別型の項目を選択した場合は、[ オプション ] ボタンが選
択可能になり、読み込みの詳細設定を行うことができます。
( ☞「オプションダイアログボックスの詳細」P.106)
※ J アドレス形式の日付型データは、
オプション設定が反映されないため、
[オ
プション ] ボタンが無効になります。
[ テンプレート ] ボタン
現在設定している「名刺読取革命」の項目と入力データの関連付けをテンプ
レートとして保存できます。保存されたテンプレートは次回インポート / エ
クスポート時の「インポート」ダイアログボックス /「エクスポート」ダイ
アログボックスの [ ファイルの種類 ] で選択できます。作成したテンプレー
トは、インポート / エクスポートして使用できます。
繰り返し同じ形式のファイルをインポートする場合に便利です。
( ☞「テンプレートの追加と削除ダイアログボックスの詳細」P.108)
[1 行目を読み込む ]
1 行目をデータ行としてデータを読み込みます。1 行目のデータが各データの
項目名の場合は、チェックボックスをクリックしてオフにします。
[ 区切り文字 ]
インポートされるテキストファイル内の各データを区切る文字を、リストか
ら選択するか、1 バイト文字 ( 半角英数文字 ) を入力して指定します。
※ CSV/J アドレス形式のファイルをインポートする場合は、区切り文字の
「,( カンマ )」以外を選択することはできません。
105
応用操作
関連するダイアログボックス詳細
オプションダイアログボックスの詳細
オプションダイアログボックスは選択された項目によって、表示されるダイアログ
ボックスが異なります。読み仮名型、電話番号型、日付型、チェック型 (「年賀」
・
「修
正済み」など )、性別型の項目を選択し、[ オプション ] をクリックしてオプション
ダイアログボックスを表示します。
■
読み仮名型データを選択した場合
「名刺読取革命」の名刺データのエクスポートに使用します。エクスポートするデー
タを、全角・半角・ひらがな・カタカナの仮名の組み合わせから指定できます。
※ インポートの場合、このダイアログボックスの設定は無効となります。
▼をクリックして項目を選択
 [OK] をクリック
すべての読み仮名に適用させる場合は、
チェックボックスをクリックしてオン
[ 読み仮名型項目形式 ]
▼ボタンをクリックし、読み仮名形式を選択します。
[ すべての読み仮名型項目に適用する ]
すべての読み仮名型項目に適用されます。
[OK] ボタン
設定を確定します。
■
電話番号型データを選択した場合
電話番号型項目データの「-」や「 ( )」を省略できます。
 - ( ) を省略する場合は、チェッ
クボックスをクリックしてオン
すべての電話番号型項目に適用
させる場合は、チェックボック
スをクリックしてオン
 [OK] をクリック
[- ( ) を省略する ]
インポートされる電話番号型データから「-」や「( )」の文字列を削除します。
[ すべての電話番号型項目に適用する ].
すべての電話番号型項目に適用されます。
[OK] ボタン
設定を確定します。
106
応用操作
■
日付型データを選択した場合
※ J アドレス形式のファイルをインポー
トする場合、日付データはオプション
で設定できません。
日付型項目の文字列フォーマットを指定できます。
▼をクリックして項目を選択
 [OK] をクリック
すべての日付型項目に適用させる場合は、
チェックボックスをクリックしてオン
[ 日付型項目形式 ]
インポートされるデータの日付フォーマットを選択します。
[ 日付型項目形式 ] ボックス
インポートされる日付型データを表示します。
[ すべての日付型項目に適用する ]
すべての日付型項目に適用されます。
[OK] ボタン
設定を確定します。
■
チェック型データを選択した場合
チェック型項目の文字列形式を指定できます。
▼をクリックして項目を選択、
または文字列を入力
 [OK] をクリック
すべてのチェック型項目に適用させる場合は、
チェックボックスをクリックしてオン
[ 有効時の文字列 ]
チェック型フォーマット (1/true/ チェックあり ) を選択するか文字列を入
力します。文字列に一致する場合に、オンであると認識されます。
[ 無効時の文字列 ]
登録されているチェック型フォーマット (0/false/ チェックなし ) を選択す
るか文字列を入力します。文字列に一致する場合に、オフであると認識さ
れます。
[ すべてのチェック型項目に適用する ]
すべてのチェック型項目に適用されます。
[OK] ボタン
設定を確定します。
107
応用操作
■
性別型データを選択した場合
性別型項目の文字列形式 ( 男性 / 女性 ) を指定できます。
▼をクリックして項目を選択、
または文字列を入力
 [OK] をクリック
[ 男性 ] リストボックス
「男性 /man/ ♂」を選択するか文字列を入力します。文字列に一致する場合に、
「男
性」であると認識されます。
[ 女性 ] リストボックス
「女性 /woman/ ♀」
を選択するか文字列を入力します。文字列に一致する場合に、
「女性」であると認識されます。
[OK] ボタン
設定を確定します。
テンプレートの追加と削除ダイアログボックス
テンプレートを追加 / 削除します。また、テンプレートをインポート / エクスポー
トします。
■テンプレートの追加と削除
●テンプレートの追加
 [ 追加 ] をクリック
テンプレート名を入力
 [OK] をクリック
テンプレートが追加されます。
 [ 閉じる ] をクリック
108
応用操作
●テンプレートの削除
削除するテンプレートを選択
 [ 削除 ] をクリック
 [ はい ] をクリック
テンプレートが削除されます。
 [ 閉じる ] をクリック
■テンプレートのインポートとエクスポート
●テンプレートのインポート
 [ インポート ] をクリック
▼をクリックして、ファイル
の保存先フォルダーを選択
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
 [ 開く ] を
クリック
表示されているファ
イル名を確認
テンプレートがインポートされます。
 [ 閉じる ] をクリック
109
応用操作
●テンプレートのエクスポート
エクスポートするテンプレートを選択
 [ エクスポート ] をクリック
▼をクリックして、ファイル
の保存先フォルダーを選択
ファイル名を入力
 [ 保存 ] を
クリック
テンプレートがエクスポートされ、テンプ
レートファイル (*.ief) が保存されます。
日付データ修正ダイアログボックスの詳細
インポート時に、判別できなかった日付型データがある場合に表示されます。判別
できないデータを個別に修正します。
判別できなかったイン
ポート元の日付データ
インポートされる日付
データ
▼をクリックし、カレンダー
を表示して日付をクリック、
または日付を直接入力
 [OK] をクリック
▼
▼
■カレンダー
左右の各 / ボタンをクリックし、月を変更
したり、西暦数字の上をクリックするとスピン
ボタンが表示され、西暦を変更できます。該当
する日付をクリックして選択します。
※データを修正するごとに [OK] ボタンをクリックします。
110
応用操作
[ インポートデータ ]
判別できなかったインポートファイルの日付型文字列データを表示します。
[ 日付フォーマット ]
「オプション」ダイアログボックスや、テンプレートで設定された日付文字
列フォーマットを表示します。
[ 修正後の日付 ]
「名刺読取革命」にインポートされる日付が表示されます。数値は▼ボタン
をクリックし、カレンダーを表示して日付を選択、または直接入力して修正
できます。
[ 中断 ]
インポートを中止します。
※「日付データ修正」ダイアログボックスは、判別できなかった日付型データの数
だけ表示され、それぞれ修正する必要があります。判別できないデータが多い場
合は、[ 中断 ] ボタンをクリックしてインポートを中断し、入力ファイルをチェッ
クしたほうが効率がよい場合があります。
111
応用操作
エクスポートする
検
「名刺読取革命」の名刺データを、ほかのアプリケーション形式のファイルに変換して保存が行えます。
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ エクスポート ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
※このボタンをツールバーに表示させるには、
「ボタンの表示 / 非表示」P.100 を参照して
ください。
2
エクスポートする
▼をクリックして、ファイル
の保存先フォルダーを選択
※エクスポートできるファイル形式は、
「仕様」P.207 を参照してください。
ファイル名を入力
 [ 保存 ] を
クリック
■エクスポートする範囲
[ すべてのデータ ]:
一覧ウィンドウに表示されているす
べての名刺データが対象となります。
[ 表示中のデータ ]:
画像ウィンドウに表示されている名
刺データが対象となります。
[ 選択中のデータ ]:
一覧ウィンドウで選択された名刺
データが対象となります。
▼をクリックして、ファイルの種類を選択、
またはテンプレートファイルを選択 ( 既に
テンプレートファイルが保存されている場
合リストに表示されます )
いずれかのラジオ
ボタンを選択
※選択したファイル形式により、カスタマイズを行うかの選択が決まります。
チェックボックスをオンにすると、
「入力項目の選択」ダイアログが表示され、
テンプレートの作成や入力項目の設定が行えます。
・J アドレス形式:オン / オフが選択できます。
・CSV/ テキスト形式:自動的にオンになります。
・ContactXML 形式:自動的にオフになります。
112
応用操作
3
実行結果
エクスポートが開始されます。
[ カスタマイズを行う ] チェックボックスがオンの場合は、
「出項目選択」ダイアログボックスが表示されます。
( ☞「カスタマイズ ( 出力項目の設定 ) を行う」P.113)
カスタマイズ(出力項目の設定)を行う
エクスポートする項目をカスタマイズできます。出力する項目の追加 / 削除 / 並べ替
えが行えます。
■項目を追加する場合
クリックして項目を選択
いずれかをクリック
 [OK] をクリック
出力されない項目
出力される項目
■項目を削除する場合
クリックして項目を選択
 [OK] をクリック
出力されない項目
出力される項目
いずれかをクリック
113
応用操作
■項目を並び替える場合
クリックして項目を選択
 [OK] をクリック
いずれかをクリック
出力項目選択ダイアログボックスの詳細
[ 未出力項目 ]
出力できる項目一覧が表示されます。クリックで選択し、[ 追加 ] ボタンをク
リックすることで [ 出力設定項目 ] に移動します。
[ 出力設定項目 ]
エクスポートする項目とその順序が表示されます。クリックで選択し、
[ 削除 ]
をクリックすることで、[ 未出力項目 ] に移動します。
[ すべて追加 ]
[ 未出力項目 ] のすべての項目を、[ 出力設定項目 ] に追加します。
[ 追加 ]
[ 未出力項目 ] で選択した項目を、[ 出力設定項目 ] へ追加します。
[ 削除 ]
[ 出力設定項目 ] で選択した項目を、[ 未出力項目 ] へ移動します。
[ すべて削除 ]
[ 出力設定項目 ] のすべての項目を、[ 未出力項目 ] へ移動します。
[ 空白 ]
[ 出力設定項目 ] の最後に空白のデータを追加します。エクスポートするファ
イル内に、空白項目を出力します。(J アドレス形式を選択した場合は、[ 空白 ]
の設定は反映されません )
114
応用操作
[ OK ]
[ 出力設定項目 ] に表示されている項目をエクスポートします。
[ オプション ]
出力設定項目で読み仮名型、電話番号型、日付型、チェック型 (「年賀」
・
「修
正済み」など )、性別型の項目を選択した場合は、[ オプション ] が選択可能
になり、出力の詳細設定を行うことができます。
( ☞「オプションダイアログボックスの詳細」P.106)
[ テンプレート ]
現在設定している項目とその順序をテンプレートとして保存できます。保存
されたテンプレートは次回インポート / エクスポート時の「インポート」ダ
イアログボックス /「エクスポート」ダイアログボックスの [ ファイルの種類 ]
で選択できます。作成したテンプレートは、インポート / エクスポートして
使用できます。
( ☞「テンプレートの追加と削除ダイアログボックスの詳細」P.108)
[ 区切り文字 ]
エクスポートされるファイル内の各データを区切る文字を指定します。テキ
ストファイルをエクスポートする場合は、
リストから区切り文字(半角スペー
ス、タブ、半角カンマ)を選択して各データを区切ることができます。
※ CSV/J アドレス形式のファイルをエクスポートする場合は、
「,( カンマ )」
以外を選択することはできません。
[ 項目名を出力 ]
チェックボックスがオンの場合は、1 行目に「項目名」を出力します。
※ J アドレス形式のファイルをエクスポートする場合は、チェックボックス
をクリックできません。
「項目名」は必ず出力されます。
[ 上へ ]
[ 出力設定項目 ] リストボックスで選択している項目を 1 つ上に移動します。
[ 下へ ]
[ 出力設定項目 ] リストボックスで選択している項目を 1 つ下に移動します。
115
応用操作
再切り出しする
登
名刺の画像領域が誤って切り出された場合は、手動で設定を行い、再度切り出しを行うことができます。同じレイア
ウトの画像ファイルを再切り出しする場合は、レイアウト情報 ( 領域の位置・サイズ・文字方向 ) を保存し、繰り返
し利用できます。再切り出しを行うと自動的に認識が実行されます。
1
名刺データを選択する
再切り出ししたい名刺
データをクリック
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 再切り出し ] をクリック
「再切り出し」ダイアログボックスが表示されます。
※必要に応じて設定を行ってください。
☞「領域を削除する」P.117
☞「領域を手動で設定する」P.117
☞「名刺の文字方向を指定する」P.118
☞「レイアウトを保存する」P.118
☞「レイアウトを開く」P.119
116
応用操作
領域を削除する
切り出し枠を削除します。
削除する切り出し枠
を選択
 [ 切り出し枠削除 ]
をクリック
切り出し枠が削除され
ます。
 [ 切り出し ] をクリック
領域を手動で設定する
名刺画像にあわせて切り出し枠を作成します。
プレビューウィンド
ウで、切り出し枠を
作成したい名刺画像
の角にマウスポイン
ターをあわせ、マウ
スの左ボタンを押す
左ボタンを押した
ままマウスを移動さ
せ、切り出しを行い
たい部分を枠で囲む
マウスの左ボタンを
放す
 [ 切り出し枠設定 ]
ボタンをクリック
切り出し枠が作成され
ます。
[ 切り出し ] をクリック
117
応用操作
名刺の文字方向を指定する
読み込んだ名刺画像の中に縦書きや横書きが混在している場合、個別に文字方向を指
定できます。
文字方向を指定する
切り出し枠を選択
該当する文字方向を
[ 文字方向 ] の中から
いずれかのラジオボ
タンを選択
文字方向が設定されます。
 [ 切り出し ] をクリック
レイアウトを保存する
レイアウト情報 ( 領域の位置・サイズ・文字方向 ) を保存し、繰り返し利用できます。
 [ レイアウトを保存 ]
をクリック
必要に応じて切り出し
枠を設定
▼をクリックして、レイアウト
の保存先を選択
レイアウト名を入力
 [ 保存 ] を
クリック
保存したレイアウトは「*.clt」ファイルと
して保存されます。
118
応用操作
レイアウトを開く
※保存したレイアウトは、同じ解像度で
入力した画像に対して使用できます。
保存されたレイアウトを開いて、再切り出しを実行します。
[ レイアウトを開く ] を
クリック
▼をクリックして、レイアウト
ファイルのあるフォルダーを選択
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
 [ 開く ] を
クリック
表示されているファ
イル名を確認
切り出し枠が表示され
ます。
119
応用操作
3
実行結果
設定した領域で名刺画像の切り出しが行われ、認識が実行されます。
認識が終了すると一覧ウィンドウと項目ウィンドウに認識結果が表示
されます。
120
応用操作
画像なしデータの挿入
検
画像がない名刺データを新規に追加できます。画像は、あとから読み込むことができます。
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 画像なしデータの挿入 ]
をクリック
2
実行結果
※画像なしデータを挿入したあとに画像
を読み込む場合は、
「画像の追加 / 変更」
P.122 を参照してください。
一覧ウィンドウの末尾に新規名刺
データが挿入されます。
121
応用操作
画像の追加 / 変更
検
名刺画像や添付画像を別の画像に変更できます。また、画像がない名刺データに画像を追加できます。
1
名刺データを選択する
登録画面で添付画像を入力する場合
[ 環境設定 ] - [ 入力 ] タブの [ 偶数ペー
ジを添付画像にする ] をオンにして以
下の条件で画像入力を行うと、偶数ペー
ジが添付画像として入力されます。
画像を追加 / 変更する
名刺データをクリック
・複数枚の画像が 1 つのファイルとして
保存されている画像ファイルを読み込
んだ場合
・スキャナー入力で両面読み込みを行っ
た場合
※ ( ☞「名刺データを選択する」P.55)
2
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 画像の変更 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
3
読み込み方法 / 画像の登録先を設定する
▼をクリックして、[ 読み込み方法 ] を選択
 [OK] をクリック
いずれかを選択
122
応用操作
4
画像を読み込む
[ 読み込み方法 ] で選択した方法で読み込みが開始
※画像の読み込みの操作手順は、
「名刺画像を読み込む」P.49 を参照してください。
5
実行結果
名刺画像、または添付画像が追加 / 変更されます。
123
応用操作
付属情報や面会情報を入力する
名刺データに付属情報や面会情報を入力します。
1
付属情報 / 面会情報を表示する
折りたたみタイトル
をクリックして表示
※ ( ☞「項目ウィンドウの各項目の表示」P.24)
付属情報
各項目に付属情報を入力します。
■性別
デフォルトでは、未設定になっています。▼をク
リックしてリストから選択します。
※ [ 登録日 ]/[ 更新日 ] は自動設定されます。
手動での変更はできません。
■挨拶状項目
チェックすることにより
検索対象となります。挨
拶状を印刷する場合は該
当する項目にチェックを
します。
■ cocoa に保存済み
cocoa ギガストレージに保
存した名刺データは、自
動的にチェックボックス
がオンになります。
124
▼
▼
■カレンダー
左右の / ボタンをク
リックし、月を変更した
り、西暦数字の上をクリッ
クし、西暦を変更できま
す。該当する日付をクリッ
クして選択します。
■生年月日
デフォルトでは今日の日付が表示されてい
ます。数値を直接入力するか、▼をクリッ
クしてカレンダーを表示させ、日付を選択
します。左のチェックボックスをオンにす
ると検索対象のデータとなります。
■メモ 1/ メモ 2
全角文字で 511 文字、半
角英数で 1,023 文字入力
ができます。
応用操作
面会情報
各項目に入力します。
■用件 / 特記事項
全角文字で 511 文字、半角
英数で 1,023 文字入力でき
ます。
125
▼
▼
■カレンダー
左右の / ボタンをク
リックし、月を変更した
り、西暦数字の上をクリッ
クし、西暦を変更できま
す。該当する日付をクリッ
クして選択します。
■面会日
デフォルトでは、今日の日付が表示されて
います。数値を直接入力するか、▼をクリッ
クしてカレンダーを表示させ、日付を選択
します。左のチェックボックスをオンにす
ると検索対象のデータとなります。
応用操作
メールの作成
メールアドレスの項目が入力されている場合に、
「名刺読取革命」から新規メールウィンドウを開くことができます。
起動したメールウィンドウの宛先には、選択したメールアドレスが自動的に表示されます。
メールの作成は登録画面 / 検索画面からでも行えますが、ここでは検索画面から作成する手順をご紹介します。
[ 連絡先 1]/[ 連絡先 2] の両方に
メールアドレスが入力されている場合
・設定されるメールアドレスの優先順位
は、[ 連絡先 1] → [ 連絡先 2] です。
・[ 連絡先 2] のメールアドレスを設定し
たい場合は、項目ウィンドウの [ 連絡
先 2] の [ メールアドレス ] ボタンをク
リックしてください。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
 [ メール ] をクリック
いずれかを選択
またはツールバーの
①▼をクリック
②いずれかを選択
※登録画面では、メニューバーとツール
バーからのメールの作成はできません。
※選択されたメールアドレスが、お使い
のメールソフトのアドレス帳に登録さ
れている場合、宛先には氏名が表示さ
れる場合があります。
※新規メールウィンドウは、[ インター
ネット プログラム ] で設定されている
メールソフトが起動します。設定を変
更する場合は、次の設定を行ってくだ
さい。
■ Windows 7 / Windows Vista
Windows の [ コントロール パネ
ル ]-[ ネットワークとインターネッ
ト ]-[ インターネット オプショ
ン ]-[ プログラム ] タブの [ インター
ネット プログラム ] の [ プログラム
の設定 ] ボタンをクリックし、[ 既
定のプログラムの設定 ] で設定を
行ってください。
■ Windows XP Professional / XP Home
Edition / 2000 Professional
Windows の [ コントロール パネ
ル ]-[ インターネットオプショ
ン ]-[ プログラム ] タブ -[ 電子メール ]
で設定を行ってください。
メール本文に入力する
項目をあらかじめ設定できます
環境設定で、新規メールに入力する項目
をあらかじめ設定できます。
( ☞「[ メール ] タブの設定」 P.189 )
■項目ウィンドウの [ メールアドレス ] ボタンから選択する場合
メールアドレス左横の [ メールアドレス ] ボタンをクリックして選択します。
いずれかを選択
メールの宛先は以下の 4 種類から選択できます。メールの宛先にはメールアドレス
が表示されます。
[ メール ]
新規メールウィンドウが表示され、メールの To( 宛先 ) にアドレスが設定されます。
[To( 宛先 ) に追加 ]
「メール送信先の設定」ダイアログボックスが表示され、To( 宛先 ) にアドレス
が設定されます。
[CC に追加 ]
「メール送信先の設定」ダイアログボックスが表示され、CC にアドレスが設定
されます。
[BCC に追加 ].
「メール送信先の設定」ダイアログボックスが表示され、BCC にアドレスが設定
されます。
2
実行結果
[ メール ] を選択した場合は、新規メールウィンドウが表示され、送信待機状態と
なります。また、[To( 宛先 ) に追加 ]/[CC に追加 ]/[BCC に追加 ] を選択して「メー
ル送信先の設定」ダイアログボックスが表示された場合は、次のページを参照して
ください。
126
応用操作
複数の宛先を設定する
「メール送信先の設定」ダイアログボックスでは複数の宛先を設定できます。
1
設定する名刺データを選択する
宛先を追加する名刺デー
タを選択
[ 連絡先 1]/[ 連絡先 2] の両方に
メールアドレスが入力されている場合
・設定されるメールアドレスの優先順位
は、[ 連絡先 1] → [ 連絡先 2] です。
・[ 連絡先 2] のメールアドレスを設定し
たい場合は、項目ウィンドウの [ 連絡
先 2] の [ メールアドレス ] ボタンをク
リックしてください。
2
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
 [ メール ] をクリック
いずれかを選択
またはツールバーの
①▼をクリック
※登録画面では、メニューバーとツール
バーからのメールの作成はできません。
②いずれかを選択
■項目ウィンドウの [ メールアドレス ] ボタンから選択する場合
メールアドレス左横の [ メールアドレス ] ボタンをクリックして選択できます。
いずれかを選択
※続けて宛先を設定する場合は、手順 1 ~ 2 を繰り返します。
127
応用操作
3
宛先を確定する
選択した名刺データのメール
アドレスが設定されます。
[ 送信 ] をクリック
4
実行結果
新規メールウィンドウが開き、設定したメールアドレスが入力されます。
128
応用操作
ホームページを表示する
名刺データの URL から、ブラウザーを自動的に起動し、ホームページを表示できます。
ホームページの表示は、登録画面 / 検索画面からでも行えますが、ここでは検索画面から表示する手順をご紹介します。
[ 連絡先 1]/[ 連絡先 2] の両方に
URL が入力されている場合
・表示される URL の優先順位は、[ 連絡
先 1] → [ 連絡先 2] です。
・[ 連絡先 2] の URL のホームページを
表示したい場合は、項目ウィンドウの
[ 連絡先 2] の [URL] ボタンをクリック
してください。
※登録画面では、メニューバーとツール
バーからのホームページの表示はでき
ません。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
 [ ホームページ ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
※このボタンをツールバーに表示させるには、
「ボタンの表示 / 非表示」P.100 を参照して
ください。
■項目ウィンドウの [URL] ボタンから選択する場合
URL 左横の [URL] ボタンをクリックして選択できます。
※あらかじめインターネットをご利用い
ただける環境が必要となります。
ボタンをクリック
2
実行結果
ブラウザーが起動し、ホームページ
が表示されます。
129
応用操作
Web 検索
検
名刺データの会社名をキーワードに、Yahoo!JAPAN、Infoseek、goo の Web サイトと連携して検索できます。
また、会社名・住所・電話番号をキーワードに、ランドスケイプ社の LBCViewer と連携して企業情報を検索できます。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
※あらかじめインターネットをご利用い
ただける環境が必要となります。
 [Web 検索 ] をクリック
※ LBCViewer のユーザー ID・パスワード
をお持ちの場合は、環境設定でユーザー
ID・パスワードを設定できます。Web
検索時に設定したユーザー ID・パスワー
ドでログインできます。
( ☞「[Web 検索 ] タブの設定」P.190)
いずれかを選択
またはツールバーの
①▼をクリック
②いずれかを選択
2
実行結果
ブラウザーが起動し、会社名をキー
ワードに検索されたページが表示さ
れます。
[LBCViewer【企業情報検索】] を選
択した場合は、会社名・住所・電話
番号をキーワードに検索されたペー
ジが表示されます。
130
応用操作
地図検索
検
MapFan.net、MapFan PLANNER、
ゼンリン電子地図帳 Z シリーズ、いつも NAVI PC の地図検索ソフトウェアと連携して、
名刺データの住所の地図を表示します。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
※表示する住所の優先順位は、[ 連絡先 1]
→ [ 連絡先 2] です。
 [ 地図検索 ] をクリック
※「MapFan.net」で地図検索を行うには、
「MapFan.net」がインストールされて
いる必要があります。
いずれかを選択
またはツールバーの
①▼をクリック
※「MapFan PLANNER」で地図検索を行
うには、「MapFan PLANNER」がインス
トールされている必要があります。
※「ゼンリン電子地図帳 Z シリーズ」で
地図検索を行うには、「ゼンリン電子地
図帳 Z[zi:]8/9/10/Professional5」がイン
ストールされている必要があります。
※「いつも NAVI PC」で地図検索を行う
には、「いつも NAVI PC」がインストー
ルされている必要があります。
②いずれかを選択
2
実行結果
地図検索ソフトが起動し、周辺地図が表示されます。
131
応用操作
路線検索
検
路線検索ソフト「乗換案内」や「駅すぱあと」と連携し、名刺データの住所を目的地として路線の検索ができます。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
 [ 路線検索 ] をクリック
※目的地に設定される優先順位は、[ 連絡
先 1] → [ 連絡先 2] です。
いずれかを選択
※「乗換案内」で路線検索を行うには、
「乗
換案内 2004 年 10 月版 (Ver.4.27)」以上
がインストールされている必要があり
ます。
※「駅すぱあと」で路線検索を行うには、
「駅すぱあと (Windows)2004 年 10 月」
以上がインストールされている必要が
あります。
またはツールバーの
①▼をクリック
②いずれかを選択
2
最寄りの駅を選択する
▼をクリックし、ユーザー情報を選択
ユーザー情報を入力したい場
合は、[ 設定 ] をクリック
( ☞「ユーザー設定ダイアログボッ
クスの詳細」P.147)
 [ 出発地 ] を選択
 [ 目的地 ] を選択
 [ 路線検索 ] をクリック
▼をクリックし、住所から検索する
駅の範囲を選択
3
実行結果
路線検索ソフトが起動し、路線の検索結果が表示されます。
132
応用操作
Outlook 連携
検
「名刺読取革命」の名刺データと「Microsoft Outlook」の連絡先を連携し、相互に反映させることができます。
1
メニューを選択する
※ Outlook 連携機能は、「Microsoft
Outlook 2000」以上がインストールさ
れている必要があります。
 [ アプリケーション ] をクリック
 [Outlook 連携 ] をクリック
またはツールバーの
※反映される項目は、「名刺読取革命」の
名刺データと、「Outlook」の連絡先の
共通項目になります。
①▼をクリック
② [Outlook 連携 ] をクリック
※名刺画像 / 添付画像は、反映されません。
2
連携を実行する
「名刺読取革命」⇒「Outlook」に反映させる場合
「名刺読取革命」に登録されている名刺データを Outlook の連絡先に反映させます。
 [ 名刺データを Outlook の
連絡先に反映 ] をクリック
同姓同名データの処理
[ 新規登録 ]
既に登録されている連絡先とは別に
新規登録します。
[ 上書き ( 名刺データを優先する )]
「名刺読取革命」の名刺データで
「Outlook」の連絡先を上書きします。
[ 未処理 ]
登録は行いません。
該当する項
目を選択
 [ 実行 ] を
クリック
133
応用操作
「Outlook」⇒「名刺読取革命」に反映させる場合
「Outlook」に登録されている連絡先を「名刺読取革命」の名刺データに反映させます。
 [Outlook の連絡先を名刺
データへ反映 ] をクリック
同姓同名データの処理
[ 新規登録 ]
既に登録されている連絡先とは別に
新規登録します。
[ 上書き (Outlook の連絡先を優先する )]
「Outlook」の連絡先で「名刺読取革命」
の名刺データを上書きします。
[ 未処理 ]
登録は行いません。
該当する項
目を選択
 [ 実行 ] を
クリック
「名刺読取革命」⇔「Outlook」に反映させる場合
「名刺読取革命」に登録されている名刺データと「Outlook」に登録されている連絡
先を相互に反映させます。
 [ 名刺データ・Outlook の連絡
先を相互に反映 ] をクリック
同姓同名データの処理
[ 新規登録 ]
既に登録されている連絡先とは別に
新規登録します。
[ 上書き ( 名刺データを優先する )]
「名刺読取革命」の名刺データで
「Outlook」の連絡先を上書きします。
[ 上書き (Outlook の連絡先を優先する )]
「Outlook」の連絡先で「名刺読取革命」
の名刺データを上書きします。
該当する項
目を選択
 [ 実行 ] を
クリック
134
[ 未処理 ]
登録は行いません。
応用操作
InterConnect 連携
検
「名刺読取革命」の名刺データと名刺画像・添付画像を「InterConnect」に登録できます。
開いているデータベースの名刺データを対象に登録されます。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
※ InterConnect 連携は、「Microsoft
Office InterConnect 2004」がインストー
ルされている必要があります。
 [InterConnect 連携 ] をクリック
またはツールバーの
①▼をクリック
② [InterConnect 連携 ] をクリック
同姓同名 / 同メールアドレスが既に登録されている場合
※「InterConnect」の連絡先を「名刺読
取革命」の名刺データに反映すること
はできません。
「Outlook」の連絡先に同姓同名データ、または同メールアドレスデータが既に登録
されている場合は、「InterConnect 連携」ダイアログボックスが表示されます。
「Outlook」の連絡先に既に登
録されている氏名とメールア
ドレスが表示されます。
[ 電子名刺を登録 ]
名刺画像・添付画像を InterConnect
電子名刺形式 (*.ibc) で登録します。
既に登録されているデータは、上書
きされません。
[ 未処理 ]
登録は行いません。
[ すべて継続 ]
重複しているすべての名刺データを
[ 同姓同名データの処理 ] で設定し
た内容で処理します。
該当する項
目を選択
いずれかを
クリック
[ 新規登録 ]
既に登録されているデータとは別に
新規登録します。
[ 上書き ]
既に登録されているデータに上書
きします。名刺画像・添付画像は、
InterConnect 電子名刺形式 (*.ibc) で
登録します。
135
[ 継続 ]
「InterConnect 連携」ダイアログボッ
クスに表示されている名刺データ
を、[ 同姓同名データの処理 ] で設
定した内容で処理します。同姓同名
データの数だけ「InterConnect 連携」
ダイアログボックスが表示され、名
刺データごとに処理を行うことがで
きます。
[ 中止 ]
「InterConnect」への転送を中止し
ます。
応用操作
cocoa ギガストレージ
検
「名刺読取革命」の名刺データと名刺画像・添付画像を cocoa ギガストレージに保存できます。また、cocoa ギガストレー
ジの携帯電話用の URL アドレスをメール送信できます。
cocoa ギガストレージに名刺データを保存する
※あらかじめインターネットをご利用い
ただける環境が必要となります。
※ cocoa ギガストレージを使用するには、
cocoa ギ ガ ス ト レ ー ジ の My cocoa ID
が必要となります。
※氏名がない名刺データは、cocoa ギガ
ストレージに保存できません。
名刺データと名刺画像・添付画像を cocoa ギガストレージに保存します。
1
メニューを選択する
 [ アプリケーション ] をクリック
 [cocoa ギガストレージ ]
をクリック
■保存する範囲
[ すべてのデータを保存 ]:
一覧ウィンドウに表示されているす
べての名刺データが対象となります。
[ 表示中のデータを保存 ]:
項目ウィンドウに表示されている名
刺データが対象となります。
[ 選択中のデータを保存 ]:
一覧ウィンドウで選択された名刺
データが対象となります。
いずれかを選択
またはツールバーの
①▼をクリック
②いずれかを選択
2
ID とパスワードを設定する
 My cocoa ID を入力
※ cocoaID は、利用できません。
パスワードを保存する場
合は、チェックボックス
をクリックしてオン
 [OK] をクリック
パスワードを入力
136
応用操作
3
※ cocoa ギガストレージに同姓同名の名
刺データが保存されている場合でも、新
規に保存されます。
実行結果
保存対象の名刺データが cocoa ギガストレージに保存されます。
cocoa ギガストレージに保存した名刺データは、[ 付属情報 ] の
[cocoa に保存済み ] チェックボックスが自動的にオンになります。
※ [cocoa に保存済み ] チェックボックス
がオンの場合は、cocoa ギガストレー
ジへの保存対象外データになります。
名刺データを更新し、再度 cocoa ギガ
ストレージに保存する場合は、チェッ
クボックスをクリックしてオフにする
と、保存対象データになります。
cocoa ギガストレージに保存される項目
・氏名
・氏名カナ
・会社名
・会社名カナ
・所属
・役職
・郵便番号
・住所
・電話番号
・FAX 番号
・携帯電話番号
・メールアドレス
・URL
・名刺画像
・添付画像
保存した名刺データを参照する
パソコン、または携帯電話から cocoa ギガストレージのホームページにアクセスし、
保存した名刺データを検索します。
パソコンから参照する
1
ホームページにログインする
 cocoa ギガストレージのホームページ
(http://cocoa.ntt.com/) にアクセス
 cocoa ギガストレージの ID と
パスワードを入力し、ログイン
2
名刺データを検索する
 [ 名刺アドレス帳 ] をクリック
 [ 会社名 ]、または [ 氏名 ] に
検索する文字列を入力
 [ この条件で検索する ]
をクリック
※ [ 氏名 ] をクリックすると、名刺デー
タの詳細を表示できます。
検索された名刺データが表示されます。
137
応用操作
携帯電話から参照する
※携帯電話用 URL のアドレスを送信する
には、「cocoa ギガストレージにログイ
ン」ダイアログボックスの [My cocoa
ID] に ID が設定されている必要があり
ます。「cocoa ギガストレージにログイ
ン」ダイアログボックスは、cocoa ギ
ガストレージに名刺データを保存する
ときに表示されます。
※新規メールウィンドウは、[ インター
ネット プログラム ] で設定されている
メールソフトが起動します。設定を変
更する場合は、次の設定を行ってくだ
さい。
■ Windows 7 / Windows Vista
Windows の [ コントロール パネ
ル ]-[ ネットワークとインターネッ
ト ]-[ インターネット オプショ
ン ]-[ プログラム ] タブの [ インター
ネット プログラム ] の [ プログラム
の設定 ] ボタンをクリックし、[ 既
定のプログラムの設定 ] で設定を
行ってください。
■ Windows XP Professional / XP Home
Edition / 2000 Professional
Windows の [ コントロール パネ
ル ]-[ インターネットオプショ
ン ]-[ プログラム ] タブ -[ 電子メール ]
で設定を行ってください。
1
携帯電話用 URL アドレスをメール送信する
 [ アプリケーション ] をクリック
 [cocoa ギガストレージ ]
をクリック
 [cocoa の URL をメール送信 ]
をクリック
またはツールバーの
①▼をクリック
② [cocoa の URL をメール送信 ]
をクリック
 [URL を送信 ] をクリック
新規メールウィンドウが開き、本文に携帯電話用の
URL アドレスが入力されます。
2
ホームページにログインする
携帯電話用の URL にアクセス
 cocoa ギガストレージのパス
ワードを入力し、ログイン
3
名刺データを検索する
 [ 会社名 ]、または [ 氏名 ] に
検索する文字列を入力
 [ 検索 ] をクリック
※ [ 氏名 ] をクリックすると、名刺デー
タの詳細を表示できます。
検索された名刺データが表示されます。
138
応用操作
画像を保存する
検
読み込んだ名刺画像や添付画像を画像ファイルに保存できます。
表示中の画像だけでなく、複数の画像も 1 つの画像ファイルに保存できます。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ ファイル ] をクリック
 [ 画像ファイルを保存 ] をクリック
検 検索画面
 [ ファイル ] をクリック
選択できる保存ファイル形式
・TIFF ファイル (*.tif)( 注 )
・TIFF[ 非圧縮 ] ファイル (*.tif)
・BMP ファイル (*.bmp)
・DCX ファイル (*.dcx)
・PCX ファイル (*.pcx)
・JPEG ファイル (*.jpg)
ファイル形式についての説明は、「用語
解説」P.211 に記載しています。
 [ 画像ファイルを保存 ] をクリック
2
画像ファイルを保存する
▼をクリックして、画像ファ
イルの保存先を選択
( 注 ) カラー画像の場合は、
TIFF[JPEG 圧縮 ]
で保存されます。白黒画像 (2 値画像 )
の場合は、TIFF[G4 圧縮 ] で保存さ
れます。
▼をクリックして、保存する
ファイル形式を選択
異なる形式のファイルから入力した複数
ページの画像を 1 つのファイルに保存す
る場合
ファイル名を入力
TIFF、または DCX 形式で保存してくだ
さい。
 [ 保存 ] を
クリック
いずれか
を選択
※保存先フォルダーに、同名・同形式の
ファイルが存在する場合は、上書き確認
のダイアログボックスが表示されます。
いずれか
を選択
■保存する範囲
[ すべてのデータ ]:
一覧ウィンドウに表示されているす
べての名刺データの画像が保存され
ます。
[ 表示中のデータ ]:
画像ウィンドウに表示されている名
刺データの画像が保存されます。
139
[ 選択中のデータ ]:
一覧ウィンドウで選択された名刺
データの画像が保存されます。
■保存するデータ
[ 名刺画像のみ ]:
名刺画像が保存されます。
[ 添付画像のみ ]:
添付画像が保存されます。
[ 両方の画像 ]:
名刺画像 / 添付画像が保存されます。
応用操作
印刷する
検
「名刺読取革命」には多彩な印刷機能が用意されています。
用途に応じて、リスト印刷・タックシール印刷・はがき印刷・画像印刷ができます。
1
メニューを選択する
 [ ファイル ] をクリック
 [ 印刷 ] をクリック
またはツールバーの
ボタンをクリック
2
印刷の種類を選択する
いずれかを選択
[ リスト ] タブ:
名刺データをリスト形式で印刷します。( ☞「リスト印刷」P.141)
[ タックシール ] タブ:
名刺データをタックシール形式で印刷します。( ☞「タックシール印刷」P.142)
[ はがき ] タブ:
名刺データをはがき形式で印刷します。( ☞「はがき印刷」P.143)
[ 画像 ] タブ:
画像を印刷します。( ☞「画像印刷」P.144)
140
応用操作
リスト印刷
名刺データをリスト形式で印刷します。必要な設定を行ってください。設定内容は、
プレビューで確認できます。( ☞「印刷プレビューダイアログボックスの詳細」P.149)
[ 基本項目 ]
[ タイトル ]:
入力した文字は、ヘッダーとして印刷されます。
[ ページ番号の印刷 ]:
ページ番号を印刷します。
[ 印刷項目 ]
[ 用紙幅に合わせて縮小印刷する ]:
選択された用紙幅に合わせて縮小印刷されます。
[ 折り返して全体を印刷する ]:
設定された列幅内で文字列を折り返して印刷されます。
[ 項目編集 ]
「項目編集」ダイアログボックスが表示され、リストから印刷項目を設定で
きます。( ☞「項目編集ダイアログボックスの詳細」P.146)
[ 項目幅調整 ]
「項目幅調整」ダイアログボックスが表示され、出力される各項目の列幅を
設定できます。( ☞「項目幅調整ダイアログボックスの詳細」P.147)
141
応用操作
タックシール印刷
名刺データをタックシール形式で印刷します。必要な設定を行ってください。設定内
容は、プレビューで確認できます。
( ☞「印刷プレビューダイアログボックスの詳細」P.149)
[ 種別選択 ]
[ メーカー ]:
印刷するタックシールのメーカー名を選択します。
[ 型番 ]:
印刷するタックシールの型番を選択します。
[ 敬称設定 ]
[ 敬称付与項目 ]:
敬称をつける項目を選択します。
[ 敬称 ]:
敬称を選択します。
[ 項目編集 ]
「項目編集」ダイアログボックスが表示され、リストから印刷項目を設定で
きます。( ☞「項目編集ダイアログボックスの詳細」P.146)
142
応用操作
はがき印刷
名刺データをはがき形式で印刷します。必要な設定を行ってください。設定内容は、
プレビューで確認できます。( ☞「印刷プレビューダイアログボックスの詳細」P.149)
[ 文字方向 ]
[ 縦 ]:
はがきの用紙設定を縦にします。
[ 横 ]:
はがきの用紙設定を横にします。
[ 宛先設定 ]
[ 会社名 ]:
会社名を印刷します。
[ 所属 ]:
所属を印刷します。
[ 役職 ]:
役職を印刷します。
[ 敬称 ]:
敬称を選択します。
[ 差出人 ]
[ ユーザー ]:
▼をクリックし、差出人として印刷するユーザー情報を選択します。ユー
ザー情報は、最大 3 つまで設定できます。
[ 設定 ]:
「ユーザー設定」ダイアログボックスが表示されます。ユーザー情報を入
力します。( ☞「ユーザー設定ダイアログボックスの詳細」P.147)
[ 氏名 ]:
名前を印刷します。
[ 会社名 ]:
会社名を印刷します。
[ 所属 ]:
所属を印刷します。
[ 役職 ]:
役職を印刷します。
[ 〒 ]:
郵便番号を印刷します。
[ 住所 ]:
住所を印刷します。
143
応用操作
画像印刷
画像を印刷します。必要な設定を行ってください。設定内容は、プレビューで確認で
きます。( ☞「印刷プレビューダイアログボックスの詳細」P.149)
[ 基本項目 ]
[ タイトル ]:
入力した文字は、ヘッダーとして印刷されます。
[ ページ番号の印刷 ]:
はがきの用紙設定を横にします。ページ番号を印刷します。
[ 氏名の印刷 ]:
画像と共に登録されている氏名を印刷します。
[ 縦長名刺を横向きに印刷 ]:
縦用紙の名刺を横転して印刷します。
[ 印刷画像選択 ]
[ 名刺画像のみ ]:
名刺画像を印刷します。
[ 添付画像のみ ]:
添付画像を印刷します。
[ 名刺・添付画像 ]:
名刺画像と添付画像を印刷します。
[ 印刷枚数設定 ]
[ 列 (1 ~ 8)]:
1 枚の用紙に印刷する列数を 1 ~ 8 まで指定できます。
[ 行 (1 ~ 8)]:
1 枚の用紙に印刷する行数を 1 ~ 8 まで指定できます。
144
応用操作
3
印刷情報を設定する
 [ プリンタの設定 ] をクリック
 [ フォント設定 ] をクリック
 [ 印刷位置調整 ] をクリック
[ 印刷情報 ]
[ プリンタの設定 ]:
「プリンタの設定」
ダイアログボックスが表示されます。プリンターの種類・
用紙・印刷の向きを設定します。
( ☞「プリンタの設定ダイアログボックスの設定」P.148)
[ フォント設定 ]:
「フォント設定」ダイアログボックスが表示されます。リスト / タックシー
ル印刷時に使用します。
( ☞「フォント設定ダイアログボックスの設定」P.148)
[ 印刷位置調整 ]:
「印刷位置調整」ダイアログボックスが表示されます。タックシール / は
がき印刷時に使用します。
( ☞「印刷位置調整ダイアログボックスの設定」P.149)
4
対象データ / 印刷部数を設定する
[ 対象データ ]
[ すべて ]:
一覧ウィンドウに表示され
たすべての名刺データを印
刷します。
[ 表示データ ]:
画像ウィンドウに表示され
た名刺データを印刷します。
[ 選択データ ]:
一覧ウィンドウで選択され
た名刺データを印刷します。
[ 印刷部数 ]
一度に印刷する部数を指定し
ます。
いずれかを選択
145
印刷部数を設定
応用操作
5
印刷を実行する
[ プレビュー ]
「プレビュー」ダイアログボッ
クスが表示され、設定した状
態をプレビューで確認できま
す。[ 印刷 ] や [ プリンター設定 ]
は、このダイアログボックス
からでも実行できます。( ☞
「印
刷プレビューダイアログボッ
クスの設定」P.149)
[ 印刷 ]
「印刷」ダイアログボックスで
設定した内容で、印刷を実行
します。
[ 印刷 ] をクリック
設定した内容のイメージを確認する
場合は、[ プレビュー ] をクリック
印刷関連ダイアログボックスの詳細
項目編集 ダイアログボックスの詳細
印刷を行う項目を設定します。
[ 印刷しない項目 ]
印刷しない項目の一覧を表示します。クリックで項目を選択し、[ 追加 ] ボタ
ンで [ 印刷する項目 ] に追加できます。
[ 印刷する項目 ]
印刷する項目の一覧を表示します。クリックで項目を選択し、[ 削除 ] ボタン
で [ 印刷しない項目 ] に移動ができます。
[ すべて追加 ]
すべての項目を [ 印刷する項目 ] に追加します。
[ 追加 ]
選択した項目を [ 印刷する項目 ] に追加します。
[ 削除 ]
選択した項目を [ 印刷しない項目 ] に移動します。
[ すべて削除 ] ボタン
すべての項目を [ 印刷しない項目 ] に移動します。
[ 上へ ]
[ 印刷する項目 ] で選択した項目を 1 つ上に移動します。
[ 下へ ]
[ 印刷する項目 ] で選択した項目を 1 つ下に移動します。
146
応用操作
項目幅調整 ダイアログボックスの詳細
印刷される各項目の列幅を設定します。
セパレーターをドラッグして
任意の幅に調整する場合
列の境目にマウスポインターを移動し、
マウスポインターが に変わったらド
ラッグして任意の幅に調整します。
ダブルクリックで自動調整する
列の境目にマウスポインターを移動し、
マウスポインターが に変わったらダ
ブルクリックします。
[ 自動調整 ]
各列幅を自動で調整します。
ユーザー設定 ダイアログボックスの詳細
ユーザー情報を設定します。ユーザー情報は、はがき印刷の差出人や、路線検索の出
発地で選択できます。
[ ユーザー ]
[ ユーザー ]:
▼をクリックし、ユーザー情報を選択します。ユーザー情報は、最大 3 つ
まで設定できます。氏名に入力された内容が表示されます。
[ 氏名 ]:
名前を入力します。
[ 会社名 ]:
会社名を入力します。
[ 所属 ]:
所属を入力します。
[ 役職 ]:
役職を入力します。
[ 〒 ] ボタン:
「住所検索」ダイアログボックスが表示されます。[ 住所 ] テキストボック
スに入力されている住所をもとに、該当する郵便番号一覧を表示します。
表示されたリストから郵便番号を選択し、[OK] ボタンをクリックすると、
[ 〒 ] テキストボックスに入力されます。
[ 〒 ] テキストボックス:
郵便番号を入力します。
[ 住所 ] ボタン:
「住所検索」ダイアログボックスが表示されます。[ 〒 ] テキストボックス
に入力されている郵便番号をもとに、該当する住所一覧を表示します。表
示されたリストから住所を選択し、[OK] ボタンをクリックすると、[ 住所 ]
テキストボックスに入力されます。
[ 住所 ] テキストボックス:
住所を入力します。
147
応用操作
プリンタの設定 ダイアログボックスの詳細
プリンターの種類・用紙・印刷の向きを設定します。
[ プリンタ ]
[ プリンタ名 ]:
▼をクリックし、使用するプリンターを選択します。
[ プロパティ ]:
プリンタ名で選択しているプリンターのプロパティを表示します。
[ 用紙 ]
[ サイズ ]:
▼をクリックし、使用する用紙サイズを選択します。
[ 給紙方法 ]:
▼をクリックし、給紙方法を選択します。
[ 印刷の向き ]
[ 縦 ]:
縦向きに印刷します。
[ 横 ]:
横向きに印刷します。
フォント設定 ダイアログボックスの詳細
印刷する文字のフォントを指定します。リスト / タックシール印刷時に使用します。
※ [ フォント名 ] や [ サイズ ] の一覧は、
お使いのパソコン環境によって異なり
ます。
[ フォント名 ]
印刷時に出力されるフォントを選択・表示します。
[ サイズ ]
印刷時に出力されるフォントサイズを選択・表示します。希望のサイズが
リストにない場合は、テキストボックスに直接入力し、設定できます。
148
応用操作
印刷位置調整 ダイアログボックスの詳細
印刷位置を調整します。タックシール / はがき印刷時に使用します。
[ 水平 ]
スライダーを移動するか、テキストボックスに数値を直接入力し、水平方向
の印刷位置を調整します。(-10 ~ +10mm までの数値 )
[ 垂直 ]
スライダーを移動するか、テキストボックスに数値を直接入力し、垂直方向
の印刷位置を調整します。(-10 ~ +10mm までの数値 )
印刷プレビュー ダイアログボックスの詳細
設定した状態をプレビューで表示します。[ 印刷 ] や [ プリンタの設定 ] は、このダイ
アログボックスからでも実行できます。
[<<]
印刷設定された先頭ページを表示します。
[<]
印刷設定された前ページを表示します。
[>]
印刷設定された次ページを表示します。
[>>]
印刷設定された最終ページを表示します。
[ 全体表示 ]
ページ全体がダイアログボックスに収まる最大の大きさで表示します。
[ 原寸表示 ]
ページを原寸大 (100%) で表示します。
[ 拡大 ]
表示倍率を拡大します。
[ 縮小 ]
表示倍率を縮小します。
149
応用操作
[ 印刷 ]
印刷を実行します。
[ プリンタの設定 ]
「プリンタの設定」ダイアログボックスが表示されます。
[ 閉じる ]
「印刷プレビュー」ダイアログボックスを閉じます。
[ 印刷プレビューエリア ]
印刷プレビューを表示します。
150
画像編集
画像編集
操作モードを変更する.................................................................................................................152
現在の操作モードを確認する...............................................................................................152
領域設定モード.......................................................................................................................153
消しゴムモード.......................................................................................................................153
領域の範囲指定.............................................................................................................................154
消去する ........................................................................................................................................155
消去 ( 領域の内側を消去 ).....................................................................................................155
トリミング ( 領域の外側を消去 ).........................................................................................156
消しゴム...................................................................................................................................157
ノイズ除去.....................................................................................................................................158
傾き補正.........................................................................................................................................159
自動傾き補正...........................................................................................................................159
手動傾き補正...........................................................................................................................160
回転.................................................................................................................................................161
上下反転.........................................................................................................................................162
左右反転.........................................................................................................................................163
傾斜.................................................................................................................................................164
長方形化.........................................................................................................................................165
色の反転.........................................................................................................................................166
減色.................................................................................................................................................167
カラーフィルター.........................................................................................................................168
シャープネス.................................................................................................................................169
エッジ強調.....................................................................................................................................170
明るさ.............................................................................................................................................171
コントラスト.................................................................................................................................172
ガンマ補正.....................................................................................................................................173
151
151
画像編集
操作モードを変更する
登
画像ウィンドウには 2 つの操作モードがあります。使用する機能に応じて操作モードを切り替えることができます。
現在の操作モードを確認する
次の方法で現在の操作モードを確認できます。
■メニューを表示させて確認
[ 編集 ] メニューを開くと現在の操作モードを確認できます。
現在の操作モードは、アイコンの背景色で区別されます。
■ツールバーで確認
現在の操作モードは、アイコンの背景色で区別されます。
■画像ウィンドウ上でのカーソルの状態で確認
マウスカーソルの形状がモードごとに変化します。
領域設定モード
消しゴムモード
152
画像編集
領域設定モード
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 領域設定モード ] をクリック
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
2
※領域の範囲指定については「領域の範
囲指定」P.154 を参照してください。
実行結果
画像修正や指定矩形認識の範囲指定は、領域設定モードで行います。
画像ウィンドウ上のマウスポイン
ターの形状は、" 矢印 " になります。
消しゴムモード
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 消しゴムモード ] をクリック
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
※消しゴムモードの詳細については「消
しゴム」P.157 を参照してください。
2
実行結果
画像内の黒点や汚れを、実際に消しゴムを使うようにして消去できます。
画像ウィンドウ上のマウス
ポインターの形状は、" □ "
になります。
153
消しゴムモードが選択
されると、消しゴムの大
きさを選択できるツール
ボックスが表示されます。
画像編集
領域の範囲指定
登
範囲指定をして、画像の部分的な修正 ( 消去・色の反転・トリミング・ノイズ除去・長方形化 ) を行うことができます。
なお、回転・傾き補正・上下反転・左右反転・傾斜・シャープネス・エッジ強調・減色・明るさ・コントラスト・ガ
ンマ補正・カラーフィルターは、画像全体に対して実行されますので、範囲指定は必要ありません。
1
領域設定モードにする
 [ 編集 ] をクリック
 [ 領域設定モード ] をクリック
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
2
範囲指定する
画像ウィンドウで、範囲指定した
い部分の角にマウスポインターを
あわせ、マウスの左ボタンを押す
左ボタンを押したままマウスを
移動させ、範囲指定したい部分を
枠で囲む
マウスの左ボタンを放す
154
画像編集
消去する
登
不要な画像を消去しておくことにより、文字認識の精度が向上します。
画像の消去には、範囲指定した領域の内側を消去する「消去」と、指定範囲の外側を消去する「トリミング」、また、ドラッ
グされた部分を消去する「消しゴム」が用意されています。
消去 ( 領域の内側を消去 )
範囲指定した領域の内側を消去します。
1
消去する部分を範囲指定する
領域を範囲指定する
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
2
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 消去 ] をクリック
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
※範囲指定を行わずに消去を行った場合は、
画像全体が消去されます。
3
実行結果
範囲指定した画像が消去
されます。
155
画像編集
トリミング ( 領域の外側を消去 )
範囲指定した領域だけを残して、それ以外を消去します。ある一部分だけが必要で、
ほかをすべて消去したい場合に便利です。
1
残す部分を範囲指定する
必要な領域を範囲指定
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
2
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ トリミング ] を
クリック
3
実行結果
範囲指定した部分以外の
画像が消去されます。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
156
画像編集
消しゴム
消しゴムで文字を消すように、ドラッグした箇所の画像を消すことができます。消し
ゴムの大きさには、大・中・小とあります。黒点や汚れなど画像の細かい修正に便利
です。
1
メニューを選択する
 [ 編集 ] をクリック
 [ 消しゴムモード ] をクリック
または画像ツールバーの
ボタンをクリック
2
消しゴムの大きさを選択する
消したい部分の大きさに合わせて
いずれかをクリック
※ [ 消しゴムモード ] での作業終了後も
[ 消しゴムモード ] のままにしておくと、
必要な画像の一部まで誤って消してし
まうおそれがあります。作業が終わっ
たら、その都度領域設定モードに変更
することをお勧めします。
3
消しゴムで消す
マウスの左ボタンを押す
左ボタンを押したまま実際に
消しゴムを使うように動かし
て消す
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
■元に戻す
直前に行われた動作にだけ有効です。マ
ウスボタンを一度放して、再びボタンを
押すと、別の操作が行われたとみなされ
ます。
例:[ 消しゴム ] で画像☆を消し、左ボ
タンを一度放してから [ 消しゴム ]
で画像★を消して、[ 元に戻す ] を
実行した場合
画像☆→元の画像には戻りません。
画像★→ [ 元に戻す ] で元の画像に
戻ります。
157
画像編集
ノイズ除去
登
白黒画像を編集時、範囲指定された領域内のノイズ ( 黒点状の汚れ ) を除去します。ノイズは、認識率を低下させる
大きな原因の 1 つです。ノイズ除去を行ってから文字認識を実行されることをお勧めします。
この機能は白黒画像 (2 値画像 ) に対してだけ有効です。
1
ノイズ除去する部分を範囲指定する
※範囲指定を行わずに実行した場合は、画
像全体に対して実行されます。
ノイズ除去を行う部分を範囲指定する
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
2
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ ノイズ除去 ] を選択
いずれかを選択
3
実行結果
※文字や表の一部までが除去されてし
まった場合は、すぐに [ 元に戻す ] を実
行し、除去するノイズの大きさを小さく
してから再度除去してください。
範囲指定した領域内のノイズ
が除去されます。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
158
画像編集
傾き補正
登
画像ウィンドウに表示された名刺画像に対して、自動的に傾斜角度を検出し、傾き補正を行います。または手動で傾
き補正を行います。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 傾き補正 ] を選択
いずれかを選択
または画像ツールバーの
いずれかを
選択
※ 45 度以上傾いている画像は傾き補正で
きません。画像を [ 回転 ] させたあとで、
傾き補正を実行してください。
( ☞「回転」P.161)
※ツールバーのボタンには、前回選択し
た機能を示すアイコンが前面に表示さ
れるようになっています。同じ操作を行
う場合は、ボタン部分をクリックするだ
けで前回と同じ操作を実行できます。
▼をクリック
自動傾き補正
2
実行結果
[ 自動 ] 傾き補正を中止する場合
実行中にステータスバーの [ 中止 ] ボタ
ンをクリックすると [ 傾き補正 ] を中止
し、補正開始前の状態に戻ります。
傾きが自動で補正されます。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
159
画像編集
手動傾き補正
傾き角度調整スライダーを操作することで、画像の傾きを補正できます。
2
■ [ 表示倍率 ]
画像の拡大表示、または縮小表示がで
きます。
■ [ グリッド ]
[ グリッド ] のチェックボックスをク
リックしてオンにすると、グリッド線に
画像を合わせて水平な位置を確認でき
ます。
■ [ 傾き角度 ]
[ 傾き角度 ] のスライダーを左右に動か
し、傾きを補正できます。
または、[-]/[+] ボタンをクリック、[ 傾
き角度 ] のテキストボックスに直接入力
できます。(-45.0 ~ +45.0 度までの数値 )
傾きを指定する
 [ 実行 ] をクリック
傾き角度調整スライダーを移動
3
実行結果
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
設定した角度に補正されます。
160
画像編集
回転
登
画像ウィンドウに表示された名刺画像の向きを変更します。認識は画面に表示されている向きで行われます。
画像ウィンドウに表示された名刺画像が回転している場合は文字認識できません。名刺画像の向きが正常となるよう
に回転させてください。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 回転 ] を選択
いずれかを選択
または画像ツールバーの
▼をクリック
いずれかを
選択
※ツールバーのボタンには、前回選択し
た機能を示すアイコンが前面に表示さ
れるようになっています。同じ操作を行
う場合は、ボタン部分をクリックするだ
けで前回と同じ操作を実行できます。
2
実行結果
※画像の回転は、画像全体に対して行わ
れます。部分的な回転はできません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
指定した角度に回転されます。
161
画像編集
上下反転
登
画像ウィンドウに表示された画像の向きを上下反転します。認識は画面に表示されている向きで行われます。
画像ウィンドウに表示された名刺画像が反転している場合は文字認識できません。画像の向きが正常となるように反
転させてください。反転には「上下反転」と、
「左右反転」の 2 とおりが用意されています。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 上下反転 ] をクリック
2
実行結果
※画像の上下反転は、画像全体に対して行
われます。部分的な反転はできません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
画像が上下反転します。
162
画像編集
左右反転
登
画像ウィンドウに表示された画像の向きを左右反転します。認識は画面に表示されている向きで行われます。
画像ウィンドウに表示された名刺画像が反転している場合は文字認識できません。画像の向きが正常となるように反
転させてください。反転には「上下反転」と、
「左右反転」の 2 とおりが用意されています。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 左右反転 ] をクリック
2
実行結果
※画像の左右反転は、画像全体に対して行
われます。部分的な反転はできません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
画像が左右反転します。
163
画像編集
傾斜
登
デジタルカメラなどで撮影された傾斜した名刺画像を修正できます。
1
メニューを選択する
※画像の傾斜は、画像全体に対して行わ
れます。部分的な傾斜はできません。
 [ 画像 ] をクリック
 [ 傾斜 ] をクリック
2
傾斜角を指定する
スライダーを移動
または、傾斜角のテキストボック
スに直接入力できます。
(-45.0 ~ 45.0 度までの数値 )
■ [ 水平方向の傾斜 ]
チェックボックスをクリックして、オン
にすると、水平方向に傾斜します。
 [OK] をクリック
3
実行結果
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
水平方向に傾斜した場合の実行結果
164
画像編集
長方形化
登
名刺画像のひずみを補正します。デジタルカメラで斜めから撮影した名刺画像のひずみを補正するのに便利です。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 長方形化 ] をクリック
※ 1 の手順の前に範囲指定し、修正する
範囲を指定できます。
2
矩形を設定する
■ [ 表示倍率 ]
表示倍率を変更することにより、画像を
拡大・縮小できます。
各頂点をドラッ
グして変形
プレビューで確認しながら
作業を進めます。
 [OK] をクリック
3
実行結果
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
頂点を移動させることにより元画像の
ひずみが補正されます。
165
画像編集
色の反転
登
画像全体、または、範囲指定された部分の名刺画像の色を反転します。
※範囲指定を行わずに実行した場合は、
画像全体に対して実行されます。
1
色の反転をする部分を範囲指定する
反転させる部分を範囲指定する
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
2
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 色の反転 ] をクリック
3
実行結果
範囲指定した部分が反転表示されます。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
166
画像編集
減色
登
カラー画像やグレースケール画像の色数を減らします。名刺画像のファイルサイズを小さくするのに便利です。
1
メニューを選択する
※表示されている画像のカラー数以上の
色数を指定することはできません。
 [ 画像 ] をクリック
 [ 減色 ] を選択
※画像の減色は、画像全体に対して行わ
れます。部分的な減色はできません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
いずれかを選択
167
画像編集
カラーフィルター
登
カラー画像やグレースケール画像に対して、文字認識に最適な画像修正を「名刺読取革命」が自動的に判断します。
フィルターは以下の 5 種類から選択されます。
・シャープネス ・エッジ強調 ・明るさ ・コントラスト ・ガンマ補正
1
メニューを選択する
※カラーフィルターは、画像全体に対し
て行われます。部分的なカラーフィル
ターはできません。
 [ 画像 ] をクリック
 [ カラーフィルター ] を
クリック
※画像によっては元画像が最適と判断さ
れ、画像修正が行われない場合がありま
す。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
168
画像編集
シャープネス
登
カラー画像やグレースケール画像のシャープネスを調整します。名刺画像全体をぼかしたり、シャープにします。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ シャープネス ] を
クリック
プレビュー画面の表示について
実際の画像を縮小して表示しているた
め、画像イメージと実行結果とが多少異
なる場合があります。
※画像のシャープネスは、画像全体に対
して行われます。部分的なシャープネス
はできません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
2
パーセントを指定する
スライダーを移動
または、パーセントのテキストボッ
クスに直接入力できます。(-100 ~
100 までの数値 )
 [OK] をクリック
169
画像編集
エッジ強調
登
カラー画像やグレースケール画像のエッジを強調させます。文字データの輪郭をはっきりさせ、認識精度を向上させ
ます。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ エッジ強調 ] をクリック
■ [ エッジ強調 ]
あらかじめ用意されたフィルターをか
けることにより、エッジや線要素などを
抽出します。
※画像のエッジ強調は、画像全体に対し
て行われます。部分的なエッジ強調はで
きません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
170
画像編集
明るさ
登
カラー画像やグレースケール画像の明るさを変更します。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ 明るさ ] をクリック
※画像の明るさは、画像全体に対して行
われます。部分的な明るさ調整はできま
せん。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
2
パーセントを指定する
スライダーを移動
または、パーセントのテキストボッ
クスに直接入力できます。
(-100 ~ 100 までの数値 )
 [OK] をクリック
171
画像編集
コントラスト
登
カラー画像やグレースケール画像のコントラストを変更します。背景と文字のコントラストを強調したいときに便利
です。
1
メニューを選択する
 [ 画像 ] をクリック
 [ コントラスト ] を
クリック
※画像のコントラストは、画像全体に対
して行われます。部分的なコントラスト
変更はできません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
2
パーセントを指定する
スライダーを移動
または、パーセントのテキストボッ
クスに直接入力できます。(-100 ~
100 までの数値 )
 [OK] をクリック
172
画像編集
ガンマ補正
登
カラー画像やグレースケール画像のガンマ値を補正します。縞模様のノイズ除去が行えます。
1
メニューを選択する
■ [ ガンマ補正 ]
輝度値を描画するときに使用するガン
マ定数を変更することによって、ビット
マップ内の色の明度を調整します。
 [ 画像 ] をクリック
 [ ガンマ補正 ] をクリック
2
ガンマ値を指定する
※画像のガンマ補正は、画像全体に対し
て行われます。部分的なガンマ補正はで
きません。
※操作を元に戻すには
( ☞「元に戻す」P.77)
スライダーを移動
または、ガンマのテキストボック
スに直接入力できます。(0.01 ~ 4.99
までの数値 )
 [OK] をクリック
173
ユーザー辞書
ユーザー辞書
パターン辞書.................................................................................................................................175
登録する...................................................................................................................................175
削除する...................................................................................................................................176
変更する...................................................................................................................................176
インポートする.......................................................................................................................177
単語辞書.........................................................................................................................................179
登録する...................................................................................................................................179
削除する...................................................................................................................................181
変更する...................................................................................................................................182
インポートする.......................................................................................................................183
CSV 出力する...........................................................................................................................184
174
174
ユーザー辞書
パターン辞書
登
パターン辞書は、文字画像と対応文字を関連付ける辞書です。 文字画像と異なる認識結果が表示される場合、パター
ン辞書に文字画像とその文字を登録しておくと、正しく認識されるようになります。
登録する
※ 1 つのパターン辞書ファイルに登録で
きるのはパターン 10,000 語までです。
1
登録したい文字画像を範囲指定する
登録したい文字を範囲指定
登録しても正しく認識できない文字
(例)
・類似した文字 0( ゼロ ) と O( オー )
・大きさが異なる文字 ア と ァ
※ ( ☞「領域の範囲指定」P.154)
2
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
学習効果の現れにくい文字
句読点などの小さく単純な文字は、画像
の劣化やノイズの影響を受けやすいの
で、 登録した画像とほかの同じ文字の画
像とでは、見た目が異なる場合がありま
す。そのため、既に登録済みであっても、
別の文字として認識することがありま
す。
[ パターン辞書 ] をクリック
3
登録する
リストの表示順序を変更するには
[ 登録順 ] :登録した順番で表示
[ コード順 ]:登録した文字コード数値の
順番で表示
のいずれかのラジオボタンをクリックし
てオンにする。
文字画像に対応する文字を
[ 対応文字 ] に入力
[ 追加 ] をクリック
4
終了する
登録された文字が表示されます。
[OK] をクリック
175
ユーザー辞書
削除する
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ パターン辞書 ] をクリック
2
削除する
リストの中から削除し
たい文字をクリック
[ 削除 ] をクリック
※続けて削除を行う場合、[OK] をクリッ
クする前に、手順 2 を繰り返します。
3
終了する
削除されます。
[OK] をクリック
変更する
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ パターン辞書 ] をクリック
176
ユーザー辞書
2
パターン辞書を変更する
[ 変更 ] をクリック
新規にパターン辞書を作成する場合
3
辞書ファイルを指定する
▼をクリックしてパターン
辞書ファイルのあるフォル
ダーを選択
新規でパターン辞書ファイルを作成する
場合は、[ ファイル名 ] に新たなファイ
ル名を入力します。
パターン辞書ファイルの保存場所
「マイ ドキュメント」の "¥ 名刺読取革
命 ¥ 辞書 ¥urcgdict.rcg" に保存されます。
Windows 7 / Windows Vista では、
「ドキュ
メント」が「マイ ドキュメント」に相当し
ます。
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
※旧バージョンで使用していたパターン
辞書も使用できます。
表示されているファイ
ル名を確認
[ 開く ] を
クリック
インポートする
現在使用しているパターン辞書に別のパターン辞書をインポートします。
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ パターン辞書 ] をクリック
177
ユーザー辞書
2
パターン辞書をインポートする
[ インポート ] を
クリック
3
辞書ファイルを指定する
▼をクリックしてパターン
辞書ファイルのあるフォル
ダーを選択
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
表示されているファイ
ル名を確認
178
[ 開く ] を
クリック
ユーザー辞書
単語辞書
登
「名刺読取革命」の文字認識は、1 つの文字画像に対して複数の候補文字を返し、その中から日本語の語句として正し
いと思われる文字を選び出しています。単語辞書に名刺画像の内容に応じた単語を登録することで認識率を向上させ
ます。
「名刺読取革命」は、[ 姓 ]、[ 名 ]、[ 会社名 ] の単語辞書を使用できます。
登録する
※単語は現在使用中の単語辞書ファイル
に追加されます。
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
※既に登録されている単語は追加登録さ
れません。
※空白文字は登録されません。
※ 1 つの単語辞書ファイルに登録できる
単語数は 10,000 語までです。
[ 単語辞書 ] をクリック
2
登録する
▼をクリックして辞書種別を選択
※単語辞書は、英語認識モードの認識に
は使用されません。
※選択する辞書種別に応じて、入力でき
る文字数が異なります。
[ 漢字表記 ] は、全角だけ登録できます。
[ カナ表記 ] は、半角カタカナだけ登録
できます。
 [ 漢字表記 ] を入力
 [ カナ表記 ] をクリック
入力できる最大文字数
■姓
[ 漢字表記 ]:全角 4 文字
[ カナ表記 ]:半角 14 文字
■名
[ 漢字表記 ]:全角 4 文字
[ カナ表記 ]:半角 14 文字
■ 会社名
[ 漢字表記 ]:全角 50 文字
[ カナ表記 ]:半角 100 文字
リストボックスから該当
する読み仮名を選択
 [OK] をクリック
 [ 追加 ] をクリック
179
ユーザー辞書
3
終了する
登録された単語が表示されます。
[OK] をクリック
180
ユーザー辞書
削除する
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ 単語辞書 ] をクリック
2
削除する
リストの中から削除し
たい単語をクリック
※続けて削除を行う場合、[ 終了 ] をクリッ
クする前に、手順 2 を繰り返します。
[ 削除 ] をクリック
3
終了する
削除されます。
[OK] をクリック
181
ユーザー辞書
変更する
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ 単語辞書 ] をクリック
2
単語辞書を変更する
▼をクリックして辞書種別を選択
 [ 変更 ] をクリック
3
辞書ファイルを指定する
▼をクリックして単語辞書ファ
イルのあるフォルダーを選択
新規に単語辞書を作成する場合
新規で単語辞書ファイルを作成する場合
は、[ ファイル名 ] に新たなファイル名
を入力します。
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
単語辞書ファイルの保存場所
「マイ ドキュメント」の "¥ 名刺読取革
命 ¥ 辞書 " に保存されます。Windows 7
/ Windows Vista では、
「ドキュメント」
が「マイ ドキュメント」に相当します。
姓:fname.cpf
表示されているファ
イル名を確認
名:lname.cpf
会社名:company.cpf
※旧バージョンで使用していた単語辞書
も使用できます。
182
[ 開く ] を
クリック
ユーザー辞書
インポートする
現在使用している単語辞書に別の単語辞書や CSV 出力したファイルをインポート
( 追加 ) します。
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ 単語辞書 ] をクリック
2
単語辞書をインポートする
▼をクリックして辞書種別を選択
 [ インポート ] をクリック
3
辞書ファイルを指定する
▼をクリックして単語辞書ファ
イルのあるフォルダーを選択
リストの中から読み込む
ファイル名をクリック
表示されているファ
イル名を確認
 [ 開く ] を
クリック
ファイルの形式を選択
183
ユーザー辞書
CSV 出力する
現在使用している単語辞書を CSV 出力します。
1
メニューを選択する
[ オプション ] をクリック
[ 単語辞書 ] をクリック
2
単語辞書を CSV 出力する
▼をクリックして辞書種別を選択
 [CSV 出力 ] をクリック
3
保存する
▼をクリックして保存先
フォルダーを選択
ファイル名を
入力
184
[ 保存 ] を
クリック
環境設定
環境設定
環境設定.........................................................................................................................................186
[ 入力 ] タブの設定.................................................................................................................187
[ 表示 ] タブの設定.................................................................................................................188
[ 認識 ] タブの設定.................................................................................................................188
[ メール ] タブの設定.............................................................................................................189
[Web 検索 ] タブの設定.........................................................................................................190
185
185
環境設定
環境設定
環境設定では用途に応じて「名刺読取革命」の環境を変更できます。変更することによって、操作性をさらに向上で
きます。
1
メニューを選択する
登 登録画面
 [ オプション ] をクリック
 [ 環境設定 ] をクリック
検 検索画面
 [ オプション ] をクリック
 [ 環境設定 ] をクリック
2
設定を変更する
設定を変更する
タブをクリック
設定完了後 [OK]
をクリック
※各タブの詳細については次ページ以降に記載しています。
186
環境設定
[ 入力 ] タブの設定
 [ 入力 ] タブを
クリック
必要に応じて
設定
[ データベースに画像を登録する ]
名刺データをデータベースに登録するときに画像も登録します。
[ 画像入力方法 ]
画像の入力方法を変更できます。
[ すべてのページを認識する ]:
すべてのページを認識し、名刺画像として入力します。
[ 偶数ページを添付画像にする ]:
複数の画像が 1 つに保存されている画像ファイル ( マルチページ ) や、複
数の画像ファイルを読み込む場合や、スキャナーで連続読み込みした画像
の偶数ページを添付画像として入力します。奇数ページの画像は名刺画像
に設定され、偶数ページの画像は奇数ページの添付画像に設定されます。
※添付画像は、画像の修正を行うことはできません。
[ 画像入力後の処理 ]
名刺画像の入力後の処理を変更できます。
[ 認識を行わない ]:
画像を入力後、認識を行いません。
[ 認識まで行う ]:
画像を入力後、自動的に認識を行います。
[ 認識後、登録を行う ]:
画像を入力後、自動的にデータベースへの登録まで行います。
[ スキャン終了後スキャンダイアログを閉じる ]
読み込み終了後にスキャナー入力のダイアログボックスを閉じます。チェッ
クボックスをクリックしてオフにすると、スキャナー入力のダイアログボッ
クスが閉じませんので、連続して読み込みが行えます。
※スキャナー入力時に表示されるダイアログボックスは、スキャナーのメー
カーごとに異なります。メーカーのダイアログボックス内にも、スキャン
終了後にダイアログボックスを閉じるかどうかの設定がある場合は、次の
ように動作します。
・[ スキャン終了後スキャンダイアログを閉じる ] チェックボックスがオン
の場合:メーカーのダイアログボックス内の設定に依存せずにダイアロ
グボックスが閉じます。
・[ スキャン終了後スキャンダイアログを閉じる ] チェックボックスがオフ
の場合:メーカーのダイアログボックス内の設定に依存します。
187
環境設定
[ 表示 ] タブの設定
 [ 表示 ] タブを
クリック
必要に応じて
設定
[ リスト表示 ]
一覧ウィンドウに表示されている名刺データのフォントやフォントサイズを
変更します。( ☞「リスト表示 / サムネイル表示の切り替え」P.22)
[ フォント名 ]:
▼をクリックし、使用するフォントを選択します。表示されるフォント名
は、お使いのパソコンの環境によって異なります。
[ フォントサイズ ]:
▼をクリックし、使用するフォントサイズを選択します。
[ サムネイル表示 ]
一覧ウィンドウに表示される画像の大きさを [ 小 ]/[ 中 ]/[ 大 ] から指定します。
( ☞「リスト表示 / サムネイル表示の切り替え」P.22)
[ 起動時に「名刺読取革命へようこそ!」を表示する ]
チェックボックスをクリックしてオンにすると、
「名刺読取革命」起動時に「名
刺読取革命へようこそ!」ダイアログボックスが起動できます。
[ 認識 ] タブの設定
 [ 認識 ] タブを
クリック
必要に応じて
設定
[ 住所の番地を半角に変換する ]
認識結果の住所の番地は、半角文字で表示されます。
[ 電話番号の表記を統一する ]
認識結果の電話番号の表記を統一して表示できます。
[ 名刺切り出し方法 ]
名刺画像を読み込むときの切り出し方法を選択できます。
[ 自動判定 ]:
黒台紙 / 均等切り出し /1 画像ファイルのいずれかを自動判定し、名刺画
像の切り出しを行います。
[ 黒台紙 ]:
黒台紙を使用した場合の名刺画像の切り出しを行います。
188
環境設定
[ 原稿位置合わせ ( 右 )]:
矢印マークが右側にあるスキャナーに名刺を均等に並べて読み込んだ名刺
画像の切り出しを行います。
[ 原稿位置合わせ ( 左 )]:
矢印マークが左側にあるスキャナーに名刺を均等に並べて読み込んだ名刺
画像の切り出しを行います。
[ なし ]:
名刺画像の切り出しを行いません。
[QR コードの認識データを使用する ]
認識時に QR コードを自動的に読み取り、取得した情報を各項目に反映します。
[ メール ] タブの設定
 [ メール ] タブ
をクリック
必要に応じて
設定
[ 会社名 ]
メール作成時に、会社名が自動的に入力されます。
[ 氏名 ]
メール作成時に、氏名が自動的に入力されます。
[ 敬称 ]
[ 氏名 ] チェックボックスをクリックしてオンにすると、リストで選択した敬
称が [ 氏名 ] のあとに自動的に入力されます。
[ ヘッダー ]
チェックボックスをクリックしてオンにし、テキストボックスに文字を入力
します。メール作成時に、本文の 1 行目として自動的に入力されます。
[ フッター ]
チェックボックスをクリックしてオンにし、テキストボックスに文字を入力
します。メール作成時に、本文の最下行として自動的に入力されます。
189
環境設定
[Web 検索 ] タブの設定
 [Web 検索 ] タブ
をクリック
必要に応じて
設定
[LBCViewer]
LBCViewer にログインするためのユーザー ID・パスワードを設定します。
LBCViewer のユーザー ID・パスワードをお持ちの場合は、設定したユーザー
ID・パスワードでログインできます。
[ ユーザー ID]:
LBCViewer にログインするためのユーザー ID を入力します。入力できる
ユーザー ID は、32 文字までの英数字です。
[ パスワード ]:
LBCViewer にログインするためのパスワードを入力します。入力できるパ
スワードは、32 文字までの英数字です。
190
データベース移行ツール
データベース移行ツール
データベース移行ツールの概要................................................................................................192
データベース移行ツール ダイアログボックスの詳細.....................................................192
基本操作の流れ.......................................................................................................................192
起動と終了.....................................................................................................................................193
起動する...................................................................................................................................193
終了する...................................................................................................................................193
データベースを移行する.............................................................................................................194
191
191
データベース移行ツール
データベース移行ツールの概要
「名刺読取革命 (Ver.1/Lite)」
「本格読取 おまかせ名刺管理」のデータベースを移行すると、
、
「名刺読取革命 Ver.2」のデー
タベースとして使用できます。
データベース移行ツール ダイアログボックスの詳細
1
2
3
4
5
6
7
① 移行するデータベース:移行するデータベースフォルダーのパスを表示します。
② 移行するデータベース [ 参照 ] ボタン:[ 参照 ] をクリックして移行するデータベースフォ
ルダーの保存先を選択します。
③ 移行後のデータベース:移行後のデータベースファイルのパスを表示します。
④ 移行後のデータベース [ 参照 ] ボタン:[ 参照 ] をクリックして移行後のデータベースファ
イルの保存先を選択します。
⑤ プログレスバー:移行の進行状況を表示します。
⑥ [ 開始 ] ボタン:データベースの移行を開始します
⑦ [ 終了 ] ボタン:「データベース移行ツール」を終了します。
基本操作の流れ
「データベース移行ツール」を起動する
「データベース移行ツール」は、Windows の [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] から選択して起動できるほか、
「名
刺読取革命へようこそ!」ダイアログボックスからも起動できます。
移行するデータベースを選択する
「名刺読取革命 (Ver.1/Lite)」、「本格読取 おまかせ名刺管理」のデータベースフォルダーを選択します。
移行後のデータベースを選択する
移行後のデータベースの保存先を選択します。
データベースの移行を開始する
データベースの移行を開始します。
192
データベース移行ツール
起動と終了
「データベース移行ツール」の起動と終了方法について説明します。
起動する
スタートメニューから
1
データベース移行ツールを起動する
 [ すべてのプログラム ]
を選択
 [ 名刺読取革命 Ver.2]
を選択
※ [ スタート ]-[ すべてのプログラム ] の表
示はお使いの OS によって異なります。
 [ スタート ]
をクリック
 [ データベース移行ツール ]
をクリック
名刺読取革命へようこそ!ダイアログボックスから
※「名刺読取革命へようこそ!」ダイアロ
グボックスについては、「データベース
の設定」P.43 を参照してください。
 [ データベース移行ツール
を起動する ] をクリック
 [OK] をクリック
終了する
1
終了する
[ 終了 ] をクリック
193
データベース移行ツール
データベースを移行する
データベースの移行方法について説明します。
1
移行するデータベースを指定する
 [ 参照 ] をクリック
移行するデータベースを選択
 [OK] をクリック
2
移行後のデータベースを指定する
 [ 参照 ] をクリック
▼をクリックして、データ
ベースの保存先を選択
データベース名を入力
 [ 保存 ] を
クリック
194
データベース移行ツール
3
移行を開始する
※移行後のデータベースを使用する場合
は、「名刺読取革命」を起動し、「デー
タベースを開く」から移行後のデータ
ベースを選択してください。
 [ 開始 ] をクリック
 [OK] をクリック
 [ 終了 ] をクリック
195
トラブルシューティング・FAQ
トラブルシューティング・FAQ
トラブルシューティング.............................................................................................................197
インストール...........................................................................................................................197
起動...........................................................................................................................................197
読み込み / 認識........................................................................................................................197
画像修正...................................................................................................................................197
その他.......................................................................................................................................198
FAQ..................................................................................................................................................199
画像...........................................................................................................................................199
認識...........................................................................................................................................199
データベース...........................................................................................................................199
印刷...........................................................................................................................................199
メール.......................................................................................................................................199
インポート・エクスポート...................................................................................................200
その他.......................................................................................................................................200
196
196
トラブルシューティング・FAQ
トラブルシューティング
インストール
●「正しいシリアル番号を入力してください。」と表示されます。
【原因】入力したシリアル番号が間違っているか、シリアル番号の入力に全角と半角文字が混在していると思われます。
【対策】シリアル番号を確認し、半角で再入力してください。
●「名刺読取革命」がインストールできません。
パッケージ版をご利用の場合
【原因】パソコンの CD-ROM ドライブが正常に動作していない可能性があります。
【対策】お使いのパソコンのハードディスクに十分な空き容量がある場合は、
「読取革命」のセットアップ CD-ROM 内の
「CardOCR」フォルダーをハードディスクにコピーしてからインストールをお試しください。
コピー先フォルダー内の setup.exe をダブルクリックしてインストールを開始できます。
起動
●「辞書の読み込みに失敗しました。」と表示されます。
【原因 1】「名刺読取革命」が正しくインストールされていない可能性があります。
【対策 1】「名刺読取革命」を再度インストールしてください。( ☞「インストール」P.26)
【原因 2】辞書ファイルが壊れている可能性があります。
【対策 2】以下の辞書ファイルを削除し、「名刺読取革命」を再起動してください。
・urcgdict.rcg ・fname.cpf ・lname.cpf ・company.cpf
●起動すると、1,2 秒経って Windows の例外処理が発生します。
【原因】ウィルスチェックなどの常駐ソフトが起動されています。( ウィルスチェックなどの常駐ソフトが起動していると、
「名
刺読取革命」が起動できない場合があります )
【対策】常駐ソフトを終了し、「名刺読取革命」を起動してください。
読み込み / 認識
●読み込んだ画像が名刺ごとに切り出されません。
【原因】フラットベッドスキャナーの場合、名刺の並べ方が正しくない可能性があります。
【対策】マニュアルを参照して、名刺の並べ方を確認してください。( ☞「フラットベッドスキャナーの名刺の並べ方」P.50)
または、[ 再切り出し ] で名刺画像の切り出しを行ってください。( ☞「再切り出しする」P.116)
読み込み時の切り出し方法を変更するには、[ 環境設定 ]-[ 認識 ] タブで [ 名刺切り出し方法 ] を変更してください。
( ☞「[ 認識 ] タブの設定」P.188)
●表示された名刺データの認識率が悪いです。
【原因 1】解像度が低い (200dpi 以下 ) 場合は、認識率が低下します。
【対策 1】解像度 400dpi 以上を推奨しています。スキャナーで読み込む際に、解像度を変更し、再度読み込んでください。
【原因 2】画像がかすれていたり、文字がつぶれている可能性があります。
【対策 2】濃度値などを変更し、スキャナーで再度読み込んでください。
画像修正
●自動で傾き補正できません。
【原因】画像によって、自動傾き補正できない場合があります。
【対策】手動で傾き補正を行ってください。( ☞「手動傾き補正」P.160)
197
トラブルシューティング・FAQ
●カラーフィルターが実行されません。
【原因】現在の状態が文字認識に最適と判断しています。
【対策】現在の画像状態が認識に最適と判断した場合、カラーフィルターは実行されません。
その他
●ダイアログボックスが表示され「名刺読取革命」が強制的に終了します。
【原因】「名刺読取革命」または、パソコンの動作環境に問題があります。
【対策】以下の内容を P3 カスタマーサポートセンターへご連絡ください。( ☞「アフターサービス」P.213)
・現象および頻度 ( どのようになるかをできるだけ詳しく、また毎回発生するのか )
・Windows の種類とバージョン
(Windows 7 / Windows Vista / Windows XP Home Edition / Windows XP Professional / Windows 2000 Professional)
・現象が発生する直前に行った操作 ( できるだけ詳しく )
・設定 ( 領域属性・詳細な設定など )
・ページ違反が出るモジュール名とアドレス ([ 詳細 ] ボタンで表示 )
・特定の画像で現象が発生するか ( 画像データがあれば、お問い合わせの際に送付してください )
●シリアル番号が分かりません。
パッケージ版をご利用の場合
シリアル番号は、同梱されている「シリアル番号のご案内」に記載されています。
ダウンロード版をご利用の場合
販売店へお問い合わせください。
198
トラブルシューティング・FAQ
FAQ
画像
●画像入力を行うと、自動で画像が回転します。
傾いた画像を入力すると、自動で回転処理が行われます。スキャナーから入力を行った場合は、再度名刺の配置をご確認く
ださい。また、入力後の画像の傾きは、「回転」や「傾き補正」でも修正できます。
( ☞「フラットベッドスキャナーの名刺の並べ方」P.50, ☞「回転」P.161, ☞「傾き補正」P.159 )
認識
●認識を自動実行しないようにするには?
[ オプション ]-[ 環境設定 ]-[ 入力 ] タブで認識の設定を変更できます。( ☞「[ 入力 ] タブの設定」P.187 )
●英語表記の名刺を認識することはできますか?
英語認識モードで認識が行えます。( ☞「日本語 / 英語認識モードの切り替え」P.65)
データベース
●名刺データは最大何件まで登録可能ですか?
1 つのデータベースに登録できる名刺データは、50,000 件までです。また、登録画面に表示できる名刺データは、1,000 件
までです。上限を超えた場合は、「登録数の上限を超えました。
」というメッセージが表示されます。上限を超えない範囲内
で操作を行ってください。
●名刺を重複して登録してしまいました。簡単に整理する方法は?
データベースに登録されている同姓同名の名刺データは、検索ウィンドウの「同姓同名」に表示されます。
( ☞「検索ウィンドウ」P.14 )
●データベースを複数のパソコン間で共有することはできますか?
「名刺読取革命」のデータベースをネットワーク上の共有フォルダーに保存し、複数のパソコン間で共有できます。
( ☞「共有したデータベースを開く」P.48)
印刷
●「年賀」にチェックを入れた名刺データだけ連続印刷する方法は?
「検索」で、条件に「年賀」を選択し、チェックボックスをクリックしてオンにして [ 検索 ] ボタンをクリックします。その
まま「検索履歴」グループの検索結果に表示させた状態で「印刷」の操作を行ってください。
( ☞「印刷する」P.140 ~ P.150 )
メール
●新規メールに自動挿入される文字を設定するには?
新規メールに挿入される文字列は、環境設定で設定できます。( ☞「[ メール ] タブの設定」P.189 )
●「名刺読取革命」から起動するメールソフトを変更したい。
■ Windows 7 / Windows Vista
Windows の [ コントロール パネル ]-[ ネットワークとインターネット ]-[ インターネット オプション ]-[ プログラム ] タブ
の [ インターネット プログラム ] の [ プログラムの設定 ] ボタンをクリックし、[ 既定のプログラムの設定 ] で設定を行っ
てください。
■ Windows XP Professional / XP Home Edition / 2000 Professional
Windows の [ コントロール パネル ]-[ インターネットオプション ]-[ プログラム ] タブ -[ 電子メール ] で設定を行ってく
ださい。
※この設定を行うと、パソコンで普段利用されているメールソフトも同時に変更されます。
199
トラブルシューティング・FAQ
インポート・エクスポート
●どのような形式のファイルがインポート・エクスポートできますか?
インポートできるファイル形式
エクスポートできるファイル形式
・CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・テキスト形式 (*.txt,*.log)
・J アドレス形式 (*.jad)
・ContactXML 形式 (*.xml)
・Outlook 2000/2002/2003 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・Outlook Express 5/6 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・筆まめ Ver.13/14/15/16 J アドレス形式 (*.jad)
・筆自慢 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 ( カンマ区切り )
(*.csv)
・筆王 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・筆ぐるめ Ver.10/11/12/13 J アドレス形式 (*.jad)
・宛名職人 2003/2004/2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・楽々はがき 2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・はがきスタジオ 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・携快電話 11/12/13/14 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・スキャナ de!! 名刺整理 Ver.4 CSV 形式 ( カンマ区切り )
(*.csv)
・CSV 形式 ( カンマ区切り )(*.csv)
・テキスト形式 (*.txt,*.log)
・J アドレス形式 (*.jad)
・ContactXML 形式 (*.xml)
・Outlook 2000/2002/2003 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・Outlook Express 5/6 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・筆まめ Ver.13/14/15/16 J アドレス形式 (*.jad)
・筆自慢 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 ( カンマ区切り )
(*.csv)
・筆王 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・筆ぐるめ Ver.10/11/12/13 J アドレス形式 (*.jad)
・宛名職人 2003/2004/2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・楽々はがき 2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・はがきスタジオ 2003/2004/2005/2006 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
・携快電話 11/12/13/14 CSV 形式
( カンマ区切り )(*.csv)
その他
●名刺データのフォントやフォントサイズを変更したい。
一覧ウィンドウの名刺データのフォントやフォントサイズは、環境設定で変更できます。
( ☞「[ 表示 ] タブの設定」P.188)
●一覧ウィンドウに表示する項目をカスタマイズしたい。
一覧ウィンドウに表示する項目は、ドラッグ&ドロップで移動できます。また、[ 表示項目設定 ] で項目を、追加 / 削除 / 移
動できます。( ☞「項目の移動」P.62, ☞「表示項目を変更する」P.101)
●動作確認済みのスキャナー・デジカメを教えてください。
「名刺読取革命」のホームページに、動作確認済みのスキャナー・デジカメの最新情報を記載しています。
(http://panasonic.co.jp/sn/psn/pstc/products/cardocr/index.html)
●使用可能なスキャナーは?
TWAIN 対応のスキャナーであれば基本的に問題ありません。
200
付録
付録
エラー・メッセージ...............................................................................................................202
仕様...........................................................................................................................................207
動作環境...................................................................................................................................208
認識対象文字一覧...................................................................................................................209
用語解説...................................................................................................................................211
アフターサービス...................................................................................................................213
索引...........................................................................................................................................215
製品について...........................................................................................................................217
201
201
付録
エラー・メッセージ
エラーメッセージが表示された場合は、下記の表をご覧になり、対策を実行してください。対策を実行しても解決しない場合は、
パナソニック P3 カスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。( ☞「アフターサービス」P.213)
■名刺読取革命 エラー・メッセージ
メッセージ
英 ( 数字 ) 番目の項目 ( 項目名 ) と
数 ( 数字 ) 番目の項目 ( 項目名 ) は、
同時に設定できません。
0.01 ~ 4.99 までの値を入力して
ください。
-100 ~ 100 までの値を入力して
ください。
-45.0 ~ 45.0 までの値を入力して
ください。
cocoa へのログインに失敗しまし
た。
InterConnect の初期化に失敗しま
した。
原因
対策
インポート / エクスポートしようとしてい 項目の設定を変更し、再度実行してくださ
る項目に重複する項目が含まれています。 い。
ガンマ補正で範囲が正しく設定されていま
せん。
シャープネス、明るさ、コントラストで範
囲が正しく設定されていません。
手動傾き補正、傾斜で範囲が正しく設定さ
れていません。
My cocoa ID、またはパスワードが不正で
す。
InterConnect がインストールされていない
か、または InterConnect が正常にインス
トールされていません。
InterConnect 連携に失敗しまし InterConnect がインストールされていない
た。
か、または InterConnect が正常にインス
トールされていません。
My cocoa ID が設定されていませ My cocoa ID が設定されていません。
ん。
範囲内で正しい値を入力してください。
範囲を正しく設定してください。
範囲を正しく設定してください。
正しい My cocoa ID とパスワードを入力し
てください。
InterConnect をインストールしてくださ
い。
InterConnect をインストールしてくださ
い。
cocoa への保存を実行し、
「cocoa ギガスト
レージにログイン」ダイアログボックスに
My cocoa ID を入力してください。
OLE の初期化に失敗しました。 本ソフトウェアの動作に必要な環境が整っ 本ソフトウェアを再度インストールしてく
OLE ライブラリーのバージョンが ていません。
ださい。
正しいことを確認してください。
Outlook の初期化に失敗しまし
Microsoft Outlook がインストールされて Microsoft Outlook をインストールしてくだ
た。
いないか、または Outlook が正常にインス さい。
トールされていません。
Outlook 連携に失敗しました。
Microsoft Outlook がインストールされて Microsoft Outlook をインストールしてくだ
いないか、または Outlook が正常にインス さい。
トールされていません。
QR コードの読み取りに失敗しま QR コードが、正しく範囲選択されていな QR コードの領域を正しく範囲選択してく
した。
いか、非対応の QR コードを使用している ださい。または、解像度を 400dpi にして
可能性があります。または、読み込んだ
原稿を読み込んでください。
QR コードの解像度が低いか、サイズが小
さい可能性があります。
TWAIN デバイスが正しく接続さ スキャナーでエラーが発生しました。
スキャナーの接続、電源を確認してくださ
れているか、確認してください。
い。また、スキャナー付属の説明書をご覧
になり、ドライバーを正しくインストール
してください。
あ 印刷できるデータがありません。 名刺画像・添付画像がありません。
名刺画像・添付画像が存在するデータを選
行
択してください。
インポートに失敗しました。
指定したファイルのインポートに失敗しま 再度、インポートを実行してください。
した。
インポートファイルの形式が正し インポートファイルが壊れているか、また 対応しているインポートファイルを読み込
くありません。
は、本ソフトウェアで対応していない形式 んでください。
のインポートファイルを読み込もうとして
います。
エクスポートに失敗しました。
指定した名刺データのエクスポートに失敗 再度、エクスポートを実行してください。
しました。
202
付録
メッセージ
か 会社名データがありません。
行
画像ファイルが見つかりません。
画像ファイルの読み込みに失敗し
ました。
さ
行
た
行
原因
対策
会社名が入力されていないため、Web 検索 会社名を入力してください。または会社名
ができません。
が入力されている名刺データを選択してく
ださい。
指定した画像ファイルが存在しません。
画像ファイル名、フォルダー名を確認して
ください。
画像ファイルが壊れているか、または、本 対応している画像ファイルを読み込んでく
ソフトウェアで対応していない形式の画像 ださい。
ファイルを読み込もうとしています。
現在のパスワードが正確に入力されていま 正しいパスワードを入力してください。
せん。
検索条件名が未入力です。
検索条件名を入力してください。
現在のパスワードが正しく入力さ
れていません。
検索条件の名称が入力されていま
せん。
項目指定なしを 4 件以上指定でき「項目指定なし」を 4 件以上指定して検索 「項目指定なし」を 3 件以内で指定して検
ません。
しようとしています。
索してください。
この形式の画像は読めません。
スキャナーの色設定が 16bit、または 48bit スキャナーの色設定を 16bit、48bit 以外に
で設定されています。
設定してください。
この形式の画像ファイルは読めま 画像ファイルが壊れているか、または、本 対応している画像ファイルを読み込んでく
せん。
ソフトウェアで対応していない形式の画像 ださい。
ファイルを読み込もうとしています。
この文字は登録できません。
ユーザー辞書に登録しようとした文字列に 非 JIS コードの文字や記号、空白は入力し
非 JIS コードの文字や記号、または空白が ないでください。
含まれています。
再切り出し処理に失敗しました。 メモリー不足、またはディスクの空き容量 メモリー不足の場合は、不要なアプリケー
が不足している可能性があります。
ションを終了してください。ディスクの空
き容量が不足している場合は、本ソフトウ
ェアをインストールしたドライブから不要
なファイルを削除してください。
辞書選択に失敗しました。
選択したファイルが辞書ファイルでない
異なるファイルを選択するか、または選択
か、または辞書ファイルに異常があります。したファイルを削除してください。
システム単語辞書またはユーザー 登録済みの単語を再び登録しようとしてい 同じ単語を登録することはできません。
単語辞書に登録済みです。
ます。
指定されたグループ名は既に存在 指定したグループ名は既に存在していま
別のグループ名に変更してください。
します。別の名前を指定してくだ す。
さい。
指定されたデータベースは既に存 指定したフォルダーに既に同じ名前のデー [ はい ] をクリックしてデータベースを開く
在します。
タベースファイルが存在します。
か、[ いいえ ] をクリックしてデータベー
既存のデータベースを開きます
スの新規作成を行ってください。
か?
指定の URL は無効またはブラウ 指定した URL が無効です。または WWW 正しい URL に変更してください。または
ザーを起動できませんでした。
ブラウザーが正常にインストールされてい WWW ブラウザーをインストールしてくだ
ません。
さい。
住所データがありません。
住所が入力されていないため、地図検索、 住所を入力してください。または住所が入
または路線検索ができません。
力されている名刺データを選択してくださ
い
初期化に失敗しました。
実行環境の初期化に失敗しました。
本ソフトウェアを再度インストールしてく
ださい。
新規のデータベース作成に失敗し データベースを作成しようとしているフォ データベースを作成するフォルダーを書き
ました。
ルダーが書き込み不可になっているか、
込み可能な状態に設定するか、保存先のド
ディスクの空き容量が不足している可能性 ライブから不要なファイルを削除してくだ
があります。
さい。
既にアプリケーションが起動され 別のユーザーが本ソフトウェアを起動して 別のユーザーで起動している本ソフトウェ
ています。
います。
アを終了してから起動してください。
対象のデータベースはパスワード 開こうとしているデータベースは、パス
[ はい ] をクリックしてデータベースの新
が設定されているため開けませ
ワードが設定されているため開けません。 規作成を行うか、[ いいえ ] をクリックし
ん。
てパスワードの入力を終了してください。
新しいデータベースを作成します
か?
203
付録
メッセージ
た 地図ソフトの起動に失敗しまし
行 た。
な
行
は
行
原因
対策
地図ソフトがインストールされていない
地図ソフトをインストールしてください。
か、または地図ソフトが正常にインストー
ルされていません。
ディスクの空き容量が不足してい 本ソフトウェアをインストールしたドライ 本ソフトウェアをインストールしたドライ
ます。
ブの空き容量が不足しています。
ブから不要なファイルを削除してくださ
不要なファイルを削除してくださ
い。
い。
データの削除に失敗しました。
データベースが書き込み不可になっている データベースを書き込み可能な状態に設定
可能性があります。ネットワーク上の共有 して再度実行してください。共有された
フォルダーのデータベースを開いている場 データベースへの登録 / 修正は、
データベー
合は、別のユーザーが先に開いている可能 スを最初に開いたパソコンだけが行えま
性があります。
す。
データベースが開けませんでし
データベースが壊れている可能性がありま 本ソフトウェアを再度起動してください。
た。
す。
改善しない場合は、新規にデータベースを
作成してください。
データベースへの登録に失敗しま データベースが書き込み不可になっている データベースを書き込み可能な状態に設定
した。
可能性があります。ネットワーク上の共有 して再度実行してください。共有された
フォルダーのデータベースを開いている場 データベースへの登録 / 修正は、
データベー
合は、別のユーザーが先に開いている可能 スを最初に開いたパソコンだけが行えま
性があります。
す。
テンプレートの削除に失敗しまし 作成したテンプレートが保存されている
テンプレートが保存されているフォルダー
た。
フォルダーが書き込み不可になっている可 を書き込み可能な状態に設定してくださ
能性があります。
い。デフォルトでインストールした場合の
テンプレートの保存先のパス:C:¥Program
Files¥Panasonic¥CardOCRV2¥template
テンプレートの種類と、選択した テンプレートが管理するファイルの拡張子 テンプレートに一致する拡張子のついた
ファイルの種類が異なっていま
(csv/txt/jad/xml など ) と指定したファイル ファイルを指定してください。
す。
の拡張子が異なっています。
テンプレートの入力に失敗しまし 本ソフトウェアで対応していない形式のテ 本ソフトウェアで作成したテンプレートを
た。
ンプレートを読み込もうとしています。
読み込んでください。
テンプレートの保存に失敗しまし 保存先のドライブの空き容量が不足してい 保存先のドライブから不要なファイルを削
た。
ます。
除してください。
電話帳データでないため、認識で 読み取ろうとしている QR コードは、携帯 電話帳データの QR コードを読み取ってく
きません。
電話用の電話帳データではないため、読み ださい。
取りできません。
登録数の上限を超えました。
登録できる名刺データの上限を超えていま 各画面で登録 / 表示できる件数は以下のと
す。
おりです。
検索画面:50,000 件まで
登録画面:1,000 件まで
入力されたパスワードは無効で
パスワードが正確に入力されていません。 正しいパスワードを入力してください。
す。
入力ファイルの初期化に失敗しま インポートしようとしたファイルの初期化 インポートしようとしたファイルが存在す
した。
に失敗しました。
るか確認してください。
認識処理に失敗しました。
メモリー不足か、またはレイアウトが複雑 メモリー不足の場合は、ほかのアプリケー
で認識できません。
ションを閉じて再度認識を行ってくださ
い。また、レイアウトが複雑な場合は、指
定矩形認識を行ってください
認識対象の画像がありません。
認識しようとしている名刺データに名刺画 名刺画像がある名刺データを選択してくだ
像がありません。
さい。
パスワードの変更に失敗しまし
データベースが書き込み不可になっている データベースを書き込み可能な状態に設定
た。
可能性があります。ネットワーク上の共有 して再度実行してください。共有された
フォルダーのデータベースを開いている場 データベースへの登録 / 修正は、
データベー
合は、別のユーザーが先に開いている可能 スを最初に開いたパソコンだけが行えま
性があります。
す。
バックアップ先のフォルダーは既 バックアップしようとしているデータベー 別のフォルダーを選択するか、バックアッ
に存在しています。
スは、指定したフォルダーに既にバック
プされているデータベースを削除してから
アップされています。
再度実行してください。
204
付録
メッセージ
は バックアップに失敗しました。
行
原因
対策
保存先のフォルダーが書き込み不可になっ 保存先のフォルダーを書き込み可能な状態
ているか、保存先のドライブの空き容量が に設定してください。または保存先のドラ
不足している可能性があります。
イブから不要なファイルを削除してくださ
い。
開こうとしているデータベース
開こうとしているデータベースは、別の
データベースにアクセスしている古いバー
は、古いバージョンのアプリケー ユーザーが、異なるバージョンのアプリ
ジョンのアプリケーションを終了するか、
ションで開かれています。
ケーションでアクセスしているため、開け 同時にアクセスしているアプリケーション
ません。
を最新のバージョンにアップデートし、本
ソフトウェアで再度データベースを開いて
ください。
ファイルの保存に失敗しました。 保存先のドライブの空き容量が不足してい 保存先のドライブから不要なファイルを削
ます。
除してください。
ファイルの読み込みに失敗しまし ファイルに異常があります。
正常なファイルを読み込んでください。
た。
ブラウザーの起動に失敗しまし
WWW ブラウザーが正常にインストールさ WWW ブラウザーをインストールしてくだ
た。
れていません。
さい。
変更するパスワードが正しく入力 変更するパスワードが正確に入力されてい 正しいパスワードを入力してください。
されていません。
ません。
保存しようとしている名刺データ 保存しようとしている名刺データは、すべ cocoa に保存する名刺データは、[cocoa に
は、cocoa に保存済みです。
て [cocoa に保存済み ] チェックボックスが 保存済み ] チェックボックスをオフにして
オンになっています。
ください。
ま 名刺データの保存中にエラーが発 インターネット接続の設定、または接続す インターネットが正常に接続されているこ
行 生しました。
るサーバーに問題があると、名刺データの とを確認し、再度実行してください。
保存が正常に行えない可能性があります。
メーラーを起動できませんでし
メールソフトがインストールされていない メールソフトをインストールしてくださ
た。
か、またはメールソフトが正常にインス
い。
トールされていません。
メモリーが足りません。
処理を実行するための十分なメモリーがあ 不要なアプリケーションを終了し、再度実
他のアプリケーションを閉じてく りません。
行してください。この操作で解決しない場
ださい。
合は、仮想メモリーを拡大するか、メモリー
を増設してください。 (Windows やご使用
のパソコンの説明書を参照してください )
文字サイズが大きすぎます。
パターン辞書に登録できる文字画像サイズ 60 ポイント ( 縦・横が 21mm、400dpi の
の上限を超えています。
場合 ) 以下の文字パターンを登録してくだ
さい。
や 有効な名前を入力してください。 検索条件名が入力されていません。
検索条件名を入力してください。
行
ユーザー辞書登録数の上限を超え 1 つのユーザー辞書に登録できるパターン ユーザー辞書登録数の上限は、単語辞書が
ました。
数、または単語数の上限を超えました。
10,000、パターン辞書は 10,000 です。
ら 路線検索に失敗しました。
路線検索ソフトがインストールされていな 路線検索ソフトをインストールしてくださ
行
いか、または路線検索ソフトが正常にイン い。
ストールされていません。
205
付録
■データベース移行ツール エラー・メッセージ
メッセージ
原因
対策
あ 移行先のデータベースファイルが 移行先のフォルダーが指定されていませ
移行先のフォルダーを指定してください。
行 指定されていません。
ん。
移行するデータベースのオープン 移行するデータベースが開けませんでし
正常なデータベースを選択してください。
に失敗しました。
た。データベースが壊れている可能性があ
ります。
移行元のフォルダーが指定されて 移行元のフォルダーが指定されていませ
移行元のフォルダーを指定してください。
いません。
ん。
さ 指定されたフォルダーはデータ
移行するデータベースに、
「名刺読取革命 「名刺読取革命 (Ver.1/Lite)」
、
「本格読取 お
行 ベースではありません。
(Ver.1/Lite)」、「本格読取 おまかせ名刺管
まかせ名刺管理」のデータベースフォル
理」のデータベースフォルダー以外のフォ ダーを選択してください。
ルダーが選択されています。
新規のデータベース作成に失敗し データベースを作成しようとしているフォ データベースを作成するフォルダーを書き
ました。
ルダーが書き込み不可になっているか、
込み可能な状態に設定するか、保存先のド
ディスクの空き容量が不足している可能性 ライブから不要なファイルを削除してくだ
があります。または指定したデータベース さい。または別のデータベース名に変更し
名は既に存在しています。
てください。
既にアプリケーションが起動され 別のユーザーが「データベース移行ツール」別のユーザーで起動している「データベー
ています。
を起動しています。
ス移行ツール」を終了してから起動してく
ださい。
た データベースが開けませんでし
移行先に指定したデータベースが存在しま 移行先に指定したフォルダーを指定しなお
行 た。
せん。データベースの移行に失敗している して、再度実行してください。
可能性があります。
データベースの移行に失敗しまし 移行するデータベースが壊れている可能性 正常なデータベースを選択してください。
た。
があります。
同一フォルダーにはデータベース 移行するデータベースフォルダーと移行後 移行するデータベースフォルダーと移行後
の移行はできません。
のデータベースの保存先に、同じフォル
のデータベースの保存先は、別のフォル
ダーが選択されています。
ダーを選択してください
206
付録
仕様
入力画像
画像編集
解像度
原稿サイズ
ファイル書式
50 ~ 2,400dpi(400dpi を推奨 )
・最大 A4 版 (600dpi の場合 ) ・最大 A3 版 (400dpi の場合 )
・TIFF 形式 ( 非圧縮 /G3/G4/JPEG/Exif/PackBits)(*.tif/*.tiff)
・ペイントブラシファイル (*.dcx/*.pcx)
・BMP 形式 (*.bmp)
・Kodak 形式 (*.fpx/*.pcd)
・JPEG 形式 (*.jpg/*.jpeg)
・Icon および Cursor ファイル (*.ico/*.cur/*.ani) ・FAX 形式 (*.fxs/*.ica)
・Windows メタファイル (*.wmf/*.emf)
・Macintosh Pict(*.pct)
・XpicMap(*.xpm)
・Windows クリップボード (*.clp)
・Windows AVI(*.avi)
・Interchange File Format(*.iff)
・Dr. Halo(*.cut)
・Portable Bitmap Utilities(*.pbm)
・Portable Network Graphics(*.png)
・Photoshop 3.0(*.psd)
・Encapsulated PostScript(*.eps)
・Truevision TARGA(*.tga)
・WordPerfect(*.wpg)
・Sun Raster(*.ras)
・XBit Map(*.xbm)
・X window Dump(*.xwd)
・Silicon Graphics Image(*.sgi)
・Flic Animation(*.flc)
・Graphic Interchange Format(*.gif)
・IntergraphRLE(*.itg)
・色の反転
・トリミング ・ノイズ除去 ・傾き補正
・回転
・左右反転
・傾斜
・シャープネス・エッジ強調 ・減色
・コントラスト
・ガンマ補正 ・長方形化
・カラーフィルター
・消去
・上下反転
・明るさ
・消しゴム
認識言語
日本語、英語 ( 英語名刺の住所振り分けはアメリカの住所表記のみ対応 )
文字認識
対象書体
マルチフォント ( 明朝体 , ゴシック体 , 教科書体 , ワープロ体 , 新聞文字 など )
対象文字種
約 4,000 字
英字 , 数字 , ひらがな , カタカナ , JIS 記号 ( 一部 ) 168 字 , ギリシャ文字 ( 一部 ) 32 字 ,
JIS 第 1 水準漢字 , JIS 第 2 水準漢字 ( 一部 ) 551 字
対象文字
6 ~ 60 ポイント (400dpi の場合 )
サイズ
QR コード認識 QR コード付き名刺の認識 (DoCoMo アドレス帳形式 ,au/SoftBank アドレス帳形式に対応 )
名刺形式
横書き、縦書き
インポート・ ・CSV 形式 (*.csv)
エクスポートの ・テキスト形式 (*.txt,*.log)
ファイル形式 ・J アドレス形式 (*.jad)
・ContactXML 形式 (*.xml)
・Outlook® 2000/2002/2003 CSV 形式 (*.csv)
・Outlook Express 5/6 CSV 形式 (*.csv)
・筆まめ Ver.13/14/15/16 J アドレス形式 (*.jad)
・筆自慢 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 (*.csv)
・筆王 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 (*.csv)
・筆ぐるめ Ver.10/11/12/13 J アドレス形式 (*.jad)
・宛名職人 2003/2004/2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・楽々はがき 2005/2006 J アドレス形式 (*.jad)
・はがきスタジオ 2003/2004/2005/2006 CSV 形式 (*.csv)
・携快電話 11/12/13/14 CSV 形式 (*.csv)
インポートの ・やさしく名刺ファイリング PRO v.7.0 CSV 形式 (*.csv)
ファイル形式 ・スキャナ de!! 名刺整理 Ver.4 CSV 形式 (*.csv)
地図連携対応ア ゼンリン電子地図帳 Z[zi:]8/9/10/Professional5、いつも NAVI PC、MapFan.net、Map Fan PLANNER
プリケーション
路線検索対応ア 駅すぱあと、乗換案内 時刻表対応版
プリケーション
画像出力形式
ファイル形式 ・BMP 形式
・TIFF 形式 ( 非圧縮 /G4/JPEG)
・JPEG 形式
・PCX 形式
・DCX 形式
ダイレクト登録ア Microsoft Office InterConnect 2004
プリケーション Microsoft Outlook 2000/2002/2003
オンラインサー 企業情報検索 LBCViewer
ビス連携
cocoa ギガストレージ
207
付録
動作環境
基本ソフトウェア
CPU / メモリー
Windows® 7 日本語版
Windows Vista® SP2 以上 日本語版
Windows® XP Home Edition SP3 以上 日本語版
Windows® XP Professional SP3 以上 日本語版
Windows® 2000 Professional SP4 以上 日本語版
※ Windows® 7 の 64 ビット版では、WOW64 サブシステム上で、32 ビットアプリケーションと
して動作します。
※ Windows Vista® の各エディションは、32bit 版に限り対応しています。
お使いの OS が推奨する環境以上
ハードディスク
128MB 以上の空き容量
ディスプレイ
800 × 600 ピクセル以上 (1024 × 768 ピクセル以上を推奨 )、High Color 以上
208
付録
認識対象文字一覧
▲
日本語文字認識------------------------------------------------------------------------------------------------
英字 52 字
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
数字 10 字
0123456789
ひらがな 83 字
ぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひ
びぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをん
カタカナ 86 字
ァアィイゥウヴェエォオヵカガキギクグヶケゲコゴサザシジスズセゼソゾタダチヂッツヅテデトドナニヌネノハ
バパヒビピフブプヘベペホボポマミムメモャヤュユョヨラリルレロヮワヰヱヲン
ギリシャ文字 ( 一部 ) 32 字
ΓΘΛΞΠΣΥΦΨΩ
αβγδεζηθιλμνξπρστυφχψω
JIS 記号の一部 151 字
、。,. ・:;?!゛゜ ´ `¨^ ̄_ヽヾゝゞ〃仝々〆〇ー—‐/\~∥|…‥ ‘’ “” () 〔〕 [] {} 〈〉《》 「」 『』
【】+-±×÷=≠<>≦≧∞∴♂♀°′″℃¥$¢£%#&*@§☆★○●◎◇◆□■△▲▽▼※→←↑↓∈∋
⊆⊇⊂⊃∪∩∧∨ ¬ ⇒⇔∀∃∠⊥⌒∂∇≡≒≪≫√∽∝∵∫∬ʼn〒♪†‡¶ ①②③④⑤⑥⑦⑧⑨
JIS 第 1 水準漢字 2,965 字
亜唖娃阿哀愛挨姶逢葵茜穐悪握渥旭葦芦鯵梓圧斡扱宛姐虻飴絢綾鮎或粟袷安庵按暗案闇鞍杏以伊位依偉囲夷委威
尉惟意慰易椅為畏異移維緯胃萎衣謂違遺医井亥域育郁磯一壱溢逸稲茨芋鰯允印咽員因姻引飲淫胤蔭院陰隠韻吋右
宇烏羽迂雨卯鵜窺丑碓臼渦嘘唄欝蔚鰻姥厩浦瓜閏噂云運雲荏餌叡営嬰影映曳栄永泳洩瑛盈穎頴英衛詠鋭液疫益駅
悦謁越閲榎厭円園堰奄宴延怨掩援沿演炎焔煙燕猿縁艶苑薗遠鉛鴛塩於汚甥凹央奥往応押旺横欧殴王翁襖鴬鴎黄岡
沖荻億屋憶臆桶牡乙俺卸恩温穏音下化仮何伽価佳加可嘉夏嫁家寡科暇果架歌河火珂禍禾稼箇花苛茄荷華菓蝦課嘩
貨迦過霞蚊俄峨我牙画臥芽蛾賀雅餓駕介会解回塊壊廻快怪悔恢懐戒拐改魁晦械海灰界皆絵芥蟹開階貝凱劾外咳害
崖慨概涯碍蓋街該鎧骸浬馨蛙垣柿蛎鈎劃嚇各廓拡撹格核殻獲確穫覚角赫較郭閣隔革学岳楽額顎掛笠樫橿梶鰍潟割
喝恰括活渇滑葛褐轄且鰹叶椛樺鞄株兜竃蒲釜鎌噛鴨栢茅萱粥刈苅瓦乾侃冠寒刊勘勧巻喚堪姦完官寛干幹患感慣憾
換敢柑桓棺款歓汗漢澗潅環甘監看竿管簡緩缶翰肝艦莞観諌貫還鑑間閑関陥韓館舘丸含岸巌玩癌眼岩翫贋雁頑顔願
企伎危喜器基奇嬉寄岐希幾忌揮机旗既期棋棄機帰毅気汽畿祈季稀紀徽規記貴起軌輝飢騎鬼亀偽儀妓宜戯技擬欺犠
疑祇義蟻誼議掬菊鞠吉吃喫桔橘詰砧杵黍却客脚虐逆丘久仇休及吸宮弓急救朽求汲泣灸球究窮笈級糾給旧牛去居巨
拒拠挙渠虚許距鋸漁禦魚亨享京供侠僑兇競共凶協匡卿叫喬境峡強彊怯恐恭挟教橋況狂狭矯胸脅興蕎郷鏡響饗驚仰
凝尭暁業局曲極玉桐粁僅勤均巾錦斤欣欽琴禁禽筋緊芹菌衿襟謹近金吟銀九倶句区狗玖矩苦躯駆駈駒具愚虞喰空偶
寓遇隅串櫛釧屑屈掘窟沓靴轡窪熊隈粂栗繰桑鍬勲君薫訓群軍郡卦袈祁係傾刑兄啓圭珪型契形径恵慶慧憩掲携敬景
桂渓畦稽系経継繋罫茎荊蛍計詣警軽頚鶏芸迎鯨劇戟撃激隙桁傑欠決潔穴結血訣月件倹倦健兼券剣喧圏堅嫌建憲懸
拳捲検権牽犬献研硯絹県肩見謙賢軒遣鍵険顕験鹸元原厳幻弦減源玄現絃舷言諺限乎個古呼固姑孤己庫弧戸故枯湖
狐糊袴股胡菰虎誇跨鈷雇顧鼓五互伍午呉吾娯後御悟梧檎瑚碁語誤護醐乞鯉交佼侯候倖光公功効勾厚口向后喉坑垢
好孔孝宏工巧巷幸広庚康弘恒慌抗拘控攻昂晃更杭校梗構江洪浩港溝甲皇硬稿糠紅紘絞綱耕考肯肱腔膏航荒行衡講
貢購郊酵鉱砿鋼閤降項香高鴻剛劫号合壕拷濠豪轟麹克刻告国穀酷鵠黒獄漉腰甑忽惚骨狛込此頃今困坤墾婚恨懇昏
昆根梱混痕紺艮魂些佐叉唆嵯左差査沙瑳砂詐鎖裟坐座挫債催再最哉塞妻宰彩才採栽歳済災采犀砕砦祭斎細菜裁載
際剤在材罪財冴坂阪堺榊肴咲崎埼碕鷺作削咋搾昨朔柵窄策索錯桜鮭笹匙冊刷察拶撮擦札殺薩雑皐鯖捌錆鮫皿晒三
傘参山惨撒散桟燦珊産算纂蚕讃賛酸餐斬暫残仕仔伺使刺司史嗣四士始姉姿子屍市師志思指支孜斯施旨枝止死氏獅
祉私糸紙紫肢脂至視詞詩試誌諮資賜雌飼歯事似侍児字寺慈持時次滋治爾璽痔磁示而耳自蒔辞汐鹿式識鴫竺軸宍雫
七叱執失嫉室悉湿漆疾質実蔀篠偲柴芝屡蕊縞舎写射捨赦斜煮社紗者謝車遮蛇邪借勺尺杓灼爵酌釈錫若寂弱惹主取
守手朱殊狩珠種腫趣酒首儒受呪寿授樹綬需囚収周宗就州修愁拾洲秀秋終繍習臭舟蒐衆襲讐蹴輯週酋酬集醜什住充
十従戎柔汁渋獣縦重銃叔夙宿淑祝縮粛塾熟出術述俊峻春瞬竣舜駿准循旬楯殉淳準潤盾純巡遵醇順処初所暑曙渚庶
緒署書薯藷諸助叙女序徐恕鋤除傷償勝匠升召哨商唱嘗奨妾娼宵将小少尚庄床廠彰承抄招掌捷昇昌昭晶松梢樟樵沼
消渉湘焼焦照症省硝礁祥称章笑粧紹肖菖蒋蕉衝裳訟証詔詳象賞醤鉦鍾鐘障鞘上丈丞乗冗剰城場壌嬢常情擾条杖浄
状畳穣蒸譲醸錠嘱埴飾拭植殖燭織職色触食蝕辱尻伸信侵唇娠寝審心慎振新晋森榛浸深申疹真神秦紳臣芯薪親診身
辛進針震人仁刃塵壬尋甚尽腎訊迅陣靭笥諏須酢図厨逗吹垂帥推水炊睡粋翠衰遂酔錐錘随瑞髄崇嵩数枢趨雛据杉椙
菅頗雀裾澄摺寸世瀬畝是凄制勢姓征性成政整星晴棲栖正清牲生盛精聖声製西誠誓請逝醒青静斉税脆隻席惜戚斥昔
析石積籍績脊責赤跡蹟碩切拙接摂折設窃節説雪絶舌蝉仙先千占宣専尖川戦扇撰栓栴泉浅洗染潜煎煽旋穿箭線繊羨
腺舛船薦詮賎践選遷銭銑閃鮮前善漸然全禅繕膳糎噌塑岨措曾曽楚狙疏疎礎祖租粗素組蘇訴阻遡鼠僧創双叢倉喪壮
209
付録
奏爽宋層匝惣想捜掃挿掻操早曹巣槍槽漕燥争痩相窓糟総綜聡草荘葬蒼藻装走送遭鎗霜騒像増憎臓蔵贈造促側則即
息捉束測足速俗属賊族続卒袖其揃存孫尊損村遜他多太汰詑唾堕妥惰打柁舵楕陀駄騨体堆対耐岱帯待怠態戴替泰滞
胎腿苔袋貸退逮隊黛鯛代台大第醍題鷹滝瀧卓啄宅托択拓沢濯琢託鐸濁諾茸凧蛸只叩但達辰奪脱巽竪辿棚谷狸鱈樽
誰丹単嘆坦担探旦歎淡湛炭短端箪綻耽胆蛋誕鍛団壇弾断暖檀段男談値知地弛恥智池痴稚置致蜘遅馳築畜竹筑蓄逐
秩窒茶嫡着中仲宙忠抽昼柱注虫衷註酎鋳駐樗瀦猪苧著貯丁兆凋喋寵帖帳庁弔張彫徴懲挑暢朝潮牒町眺聴脹腸蝶調
諜超跳銚長頂鳥勅捗直朕沈珍賃鎮陳津墜椎槌追鎚痛通塚栂掴槻佃漬柘辻蔦綴鍔椿潰坪壷嬬紬爪吊釣鶴亭低停偵剃
貞呈堤定帝底庭廷弟悌抵挺提梯汀碇禎程締艇訂諦蹄逓邸鄭釘鼎泥摘擢敵滴的笛適鏑溺哲徹撤轍迭鉄典填天展店添
纏甜貼転顛点伝殿澱田電兎吐堵塗妬屠徒斗杜渡登菟賭途都鍍砥砺努度土奴怒倒党冬凍刀唐塔塘套宕島嶋悼投搭東
桃梼棟盗淘湯涛灯燈当痘祷等答筒糖統到董蕩藤討謄豆踏逃透鐙陶頭騰闘働動同堂導憧撞洞瞳童胴萄道銅峠鴇匿得
徳涜特督禿篤毒独読栃橡凸突椴届鳶苫寅酉瀞噸屯惇敦沌豚遁頓呑曇鈍奈那内乍凪薙謎灘捺鍋楢馴縄畷南楠軟難汝
二尼弐迩匂賑肉虹廿日乳入如尿韮任妊忍認濡禰祢寧葱猫熱年念捻撚燃粘乃廼之埜嚢悩濃納能脳膿農覗蚤巴把播覇
杷波派琶破婆罵芭馬俳廃拝排敗杯盃牌背肺輩配倍培媒梅楳煤狽買売賠陪這蝿秤矧萩伯剥博拍柏泊白箔粕舶薄迫曝
漠爆縛莫駁麦函箱硲箸肇筈櫨幡肌畑畠八鉢溌発醗髪伐罰抜筏閥鳩噺塙蛤隼伴判半反叛帆搬斑板氾汎版犯班畔繁般
藩販範釆煩頒飯挽晩番盤磐蕃蛮匪卑否妃庇彼悲扉批披斐比泌疲皮碑秘緋罷肥被誹費避非飛樋簸備尾微枇毘琵眉美
鼻柊稗匹疋髭彦膝菱肘弼必畢筆逼桧姫媛紐百謬俵彪標氷漂瓢票表評豹廟描病秒苗錨鋲蒜蛭鰭品彬斌浜瀕貧賓頻敏
瓶不付埠夫婦富冨布府怖扶敷斧普浮父符腐膚芙譜負賦赴阜附侮撫武舞葡蕪部封楓風葺蕗伏副復幅服福腹複覆淵弗
払沸仏物鮒分吻噴墳憤扮焚奮粉糞紛雰文聞丙併兵塀幣平弊柄並蔽閉陛米頁僻壁癖碧別瞥蔑箆偏変片篇編辺返遍便
勉娩弁鞭保舗鋪圃捕歩甫補輔穂募墓慕戊暮母簿菩倣俸包呆報奉宝峰峯崩庖抱捧放方朋法泡烹砲縫胞芳萌蓬蜂褒訪
豊邦鋒飽鳳鵬乏亡傍剖坊妨帽忘忙房暴望某棒冒紡肪膨謀貌貿鉾防吠頬北僕卜墨撲朴牧睦穆釦勃没殆堀幌奔本翻凡
盆摩磨魔麻埋妹昧枚毎哩槙幕膜枕鮪柾鱒桝亦俣又抹末沫迄侭繭麿万慢満漫蔓味未魅巳箕岬密蜜湊蓑稔脈妙粍民眠
務夢無牟矛霧鵡椋婿娘冥名命明盟迷銘鳴姪牝滅免棉綿緬面麺摸模茂妄孟毛猛盲網耗蒙儲木黙目杢勿餅尤戻籾貰問
悶紋門匁也冶夜爺耶野弥矢厄役約薬訳躍靖柳薮鑓愉愈油癒諭輸唯佑優勇友宥幽悠憂揖有柚湧涌猶猷由祐裕誘遊邑
郵雄融夕予余与誉輿預傭幼妖容庸揚揺擁曜楊様洋溶熔用窯羊耀葉蓉要謡踊遥陽養慾抑欲沃浴翌翼淀羅螺裸来莱頼
雷洛絡落酪乱卵嵐欄濫藍蘭覧利吏履李梨理璃痢裏裡里離陸律率立葎掠略劉流溜琉留硫粒隆竜龍侶慮旅虜了亮僚両
凌寮料梁涼猟療瞭稜糧良諒遼量陵領力緑倫厘林淋燐琳臨輪隣鱗麟瑠塁涙累類令伶例冷励嶺怜玲礼苓鈴隷零霊麗齢
暦歴列劣烈裂廉恋憐漣煉簾練聯蓮連錬呂魯櫓炉賂路露労婁廊弄朗楼榔浪漏牢狼篭老聾蝋郎六麓禄肋録論倭和話歪
賄脇惑枠鷲亙亘鰐詫藁蕨椀湾碗腕
JIS 第 2 水準漢字 551 字
丼丿乖舒于仄佛佗佇侈佻佩侑俎俘俑俐俤倚倅伜俯倆會偕傀傅傲僊僥僣價儡兌兪冑冤冦冪冲冰冽凛几處凩凭凰刄刎
刮刳刹剋剌剔剪剽剱劈辨勁勣匈匍匯厖厠厦參簒雙叟曼吽吼吝呵咎呟呻咀咄咆咸咬咤哭哺啜啖唸喀喊喘啼喩喇嗚嗅
嗜嘔嘴嘲嘸噫噪囁囃囮圀圈國圓團圖嗇址坏垠埃埓堡毀塹墟壹壽夥夭奎奘奢奸妁佞姜姚娑婬婉娶婢媚嫂嬌孕孚孵學
宦宸寇寞寥寫對尨尹屁屎屏屹岑岫峙崔嵌嶮嶽嶼巍巫已帚帑帛帷幄幔幟幇廂廣廬廳廸彝弑弩彗彙彭彷彿徊徘徨忖悳
忿恚恪恟恍恣恂恬恙悍惧悄悛悒悋悸悴悽惘愕惶惺愧慄慟憬憚憑罹懺戈戌截戮扁扨抒拗拿拉拵挾掟揆揉搦摯撥攬擲
攘敞敲斂斟旁旛旱昶昴晏晨晟晰暉曖昿曰朧杞枡柩柝檜栞條梵棹椚楷楸楡槐槃榜榴槨樅檄檻櫃歿殤殯殲殷殼毬毫毯
汪沁泄泗洽洸洙洵洒浚浹浙濤涅渕涵涸淆淮渾渫游滉滓溥漑滸漿漱漓潭澪瀋濾瀾炒炳烋焉焙煥煕煌熹熾燎燧爛爰珈
珀琥琲瑕瑶璋璧瓊甕甦疆疵疸疼痍痙痰瘍瘤癈癩皓皺盧眩眸睨瞎瞑瞰瞼矣礦礪磋礒祀祠祗祚祓禧秉笏笙笞筥筧筰筝
篁篆簑籐籤粳紆絆絲絨絣綺總綸緞緻繩纒罠羞翔耘聊聘聚聳聶肆肛胚胱脛脩隋腱膀膠臍舅芒茉茲茫荼莉萍莽萬蔡蓼
蕭薔藪薇蘆虔蛉蛛蛯蜀蜃蜷蜻蝸螢雖袁袱裔裴襄訃訥誂誄誦諧謔謐謳謨譚豺貪貳賤贅赳趙趾蹊踪躇躊躬躾軋輛輦轜
辣迢迪逡逍逞隨邁邨邱鄙醵鉉銕鋏鍼鎬鎔鏃鏝閔閻雍霖靉勒靫竟頌頷颯餉饉饅饒饌馥馮駝駱騏驀鬘魏鮑鮨鴉鶯鸚鸞
黎
▲
英語文字認識---------------------------------------------------------------------------------------------------
英字 52 字
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
数字 10 字
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
JIS 記号の一部 18 字
,.:-/()[]〈〉+-=#&*@
210
付録
用語解説
ANI
アニメーションのカーソルファイルに与えられる拡張子。
AVI
Audio Video Interleaved Format の略。RIFF 仕様を採用し
たサウンドや動画のための Windows マルチメディアファ
イル形式。
GIF
Graphics Interchange Format の略。CompuServe 社で開発
された画像形式。256 色までの画像を保存できる。
ICA
IBM によって開発されたファイル形式。
「名刺読取革命」
では MO:DCA 形式 CCITT Group3、または Group4 画像の
IOCA ファイルと MO:DCA なしの形式に対応してる。
BMP
ICO
画像ファイルの書式の 1 つ ( ビットマップ )。画像ファイ
アイコンファイルに与えられる拡張子。
ルを扱うアプリケーションソフトの多くが対応している。
IFF
CLP
コモドール社製のアミガシステムとファイルのやりとりを
Windows のクリップボードの内容を保存したファイル形式。
する場合に使用される形式。グラフィックス以外に音声の
CSV
保存も可能。
表計算ソフトで使用するファイル書式。Microsoft Excel や
ITG
Lotus1-2-3 などで使用できる。
Intergraph 社の ITG で単色のビットマップ形式で保存され
CUT
る。
Dr.Halo ファイル形式の 1 つで、デバイス非依存型の画像
ファイル。
JAD
CUR
社団法人日本事務機械工業会が住所録データを各アプリ
ケーションで利用できるように策定したデータ形式。J ア
カーソルファイルに与えられる拡張子。
ドレス形式をサポートしたアプリケーションにデータを渡
DCF
す場合に使用される。
Design rule for Camera File system の略。日本電子工業振
JPEG
興協会の規格。デジタルカメラ、および関連機器における
Joint Photographic Coding Experts Group の略。
画像ファイル、画像に関連するファイルの記録、再生など
カラー静止画像の圧縮方式の国際規格。
取り扱いに関する仕様。
フルカラー画像のファイルサイズを小さく抑えたい場合に
DCX
よく用いられる。
米 Zsoft 社が開発した複数ページ対応のビットマップファ
「名刺読取革命」では、JTIF/JFIF/
プログレッシブ JPEG/Exif
イルフォーマット。PC 用のビットマップアプリケーショ
形式の読み込みが可能。
ンの多くが対応している。
PBM
DOC
Portable Bitmap Utilities で定義されている 3 つのファイル
ワープロソフトで使用するファイル書式。Microsoft Word
形式の 1 つ。pbm はモノクロファイル形式となる。
で使用できる。
PCD
EMF
Eastman Kodak 社と Philips 社が共同で開発した
EMF(Enhanced Meta File) は図や絵などクリップアートを
PhotoCD という CD-ROM の規格。写真画像をデジタルデー
保存する画像ファイル形式。
タとして収録できる。
EPS
PCT
EPS(Encapsulated PostScript File) は、解像度の低いディス
Macintosh で一般的な画像ファイル形式。QuickDraw で使
プレイでの表示用データを内部に持った PostScript ファイ
用される。
ル形式。
FXS
画像ファイル形式の 1 つ。Delrina 社によって開発された
FAX 形式の画像フォーマット。
FLC
Autodesk 社のソフトウェアで使用される動画ファイル形式。
FPX
Hewlett-Packard 社、Eastman Kodak 社、Live Picture 社、
Microsoft 社 が共同で開発した Flash Pix という画像ファイ
ル形式の 1 つ。複数の解像度のデータを 1 つのファイルに
持ち、出力に応じて適切な解像度で表示できる。
211
PCX
米 Zsoft 社が開発したビットマップファイルフォーマット。
海外で幅広く使用されている画像ファイルの書式の 1 つ。
PC 用のビットマップアプリケーションの多くが対応して
いる。
PNG
Portable Network Graphics の略。GIF 形式よりも多くの色
数が扱え、圧縮してもデータの損失がない。現在 Web 上
で使われる GIF や JPEG に代わるものといわれている。
付録
PSD
Adobe Systems 社の Adobe Photoshop で作成されたファ
イル形式。
QR コード
2 次元コードの一種で、株式会社デンソーウェーブが開発。
縦、横に情報を持つことで、記録できる情報量を増加させ
たコード。
RAS
SUN Raster 形式で、UNIX ではごく一般的に使用されるファ
イル形式。
SGI
Silicon Graphics 社のワークステーションで作成された
RGB 形式のファイル。
TGA
Truevision 社のグラフィックボードで使用されていた画像
形式。TGA は Targa のビットマップ形式ファイル。
TIFF
Tag Image File Format の略。この書式ではファイルを圧縮
して保存が行える。複数の圧縮形式に対応しているが、
「名
刺読取革命」では G3、G4 圧縮、非圧縮、Exif、PackBits
の形式の読み込み、非圧縮、JPEG 圧縮および G4 の保存に
対応している。
TWAIN
Tool Without An Interesting Name の略。このシステムを
パソコンに組み込むことで、イメージスキャナー、デジタ
ルカメラなどが使用できる。
TXT
文字データを扱うための基本的なファイル書式 ( テキス
ト )。ワープロソフトなど、文字を扱うアプリケーション
ソフトで使用される。
WMF
WMF(Windows Meta File) は図や絵などクリップアートを
保存する画像ファイル形式。
WPG
コーレル社の Draw 系ソフトやワードプロセッサーで使用
されるファイル形式。
XBM
MIT で開発された X Windows システムで使用されるカー
ソルとアイコン用のファイル形式。
XML
eXtensible Markup Language の略。文字、画像、動画、音
を統合管理し、統一した操作性で処理するための形式。
XPM
X Windows システムで使用される X PixMap 形式。メモ帳
などで表示できる。
XWD
X Windows システムで画面上のウィンドウの内容を保存す
るファイル形式。
チェックボックス
オプション項目の選択や非選択を決めるボックス。
212
ラジオボタン
グループの中から 1 つの項目を選択するボタン。
付録
アフターサービス
本製品に対するご意見、ご質問は、下記にお問い合わせください。
お問い合わせに対するご返答に多少時間を頂戴する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
名称
P3 カスタマーサポートセンター
電話・FAX によるお問い合わせ窓口です。
TEL
03-3436-1888
FAX
03-3436-1889
受付時間
月曜日~金曜日 ( 土日・祝日を除きます )
10:00 ~ 12:00、12:45 ~ 17:00
お願い
お問い合わせの際は、ご質問内容とあわせて、次ページの「サポート依頼書」の項目を P3 カスタマーサポー
トセンターまでお知らせ願います。
お問い合わせ窓口における個人情報のお取り扱い
パナソニック株式会社およびその関係会社は、お客様の個人情報やお問い合わせ内容を対応や確認などの
ために使用し、その記録を残すことがあります。また、折り返し電話させていただくときのため、ナンバー・
ディスプレイを採用しています。
なお、個人情報を適切に管理し、サポート業務を委託する場合やその他正当な理由がある場合を除き、当
社以外の第三者に開示・提供しません。
「P3 カスタマーサポートセンター」の Web サイトにおける個人情報の取り扱いについてはこちらをご参
照ください。
http://panasonic.jp/p3/
213
付録
P3 カスタマーサポートセンター 行
(FAX 03-3436-1889)
【サポート依頼書】
整理番号: — お問い合わせ日
年
月 日 お買い上げ日
年
月 日 品番
フリガナ
お名前
ご住所
( ご連絡先 )
PTS-CPN0020
PTS-CDN0020
ご愛用者登録手続き
済 未
ご自宅 〒
TEL ( ) FAX ( )
勤務先 〒
会社名:
TEL ( ) FAX ( )
販売店名
パソコン
メーカー名 :
メモリー :
機種名 :
ハードディスク容量 :
型番 :
スキャナー /
メーカー名 :
型番 :
デジタルカメラ 機種名 :
OS (Windows)
ドライバーのバージョン :
Windows 7 / Windows Vista / Windows XP Home Edition /
Windows XP Professional / Windows 2000 Professional
どのような状況になりましたか? ( できるだけ詳しくお書きください )
※本用紙はプリントアウトしてご使用ください。
214
付録
索引
【英数字】
【さ行】
再切り出し................................................................... 116
削除
グループの削除........................................................ 95
検索条件 / 検索履歴の削除.................................. 88
名刺データの削除................................................... 80
サムネイル表示............................................................. 22
左右反転........................................................................ 163
指定矩形認識.................................................................. 66
自動傾き補正............................................................... 159
ジャンプ........................................................................... 56
シャープネス............................................................... 169
終了.................................................................................... 97
縮小.................................................................................... 69
手動傾き補正............................................................... 160
消去................................................................................. 155
上下反転........................................................................ 162
スキャナー設定............................................................. 32
スキャナー入力............................................................. 50
ステータスバー............................................................. 13
すべて選択...................................................................... 57
すべて登録...................................................................... 79
すべて認識...................................................................... 65
全体表示........................................................................... 69
BCC に追加................................................................... 126
CC に追加...................................................................... 126
cocoa ギガストレージ............................................. 136
InterConnect 連携..................................................... 135
Outlook 連携............................................................... 133
QR コード認識............................................................... 67
ScanSnap の設定.......................................................... 33
To( 宛先 ) に追加........................................................ 126
Web 検索...................................................................... 130
【あ行】
明るさ............................................................................ 171
アンインストール........................................................ 29
一覧ウィンドウ............................................................. 13
色の反転........................................................................ 166
印刷................................................................................. 140
インストール.................................................................. 26
インポート................................................................... 103
英語認識モード............................................................. 65
エクスポート............................................................... 112
エッジ強調................................................................... 170
【か行】
回転................................................................................. 161
拡大.................................................................................... 69
画像ウィンドウ............................................................. 13
画像なしデータの挿入............................................ 121
画像の変更................................................................... 122
画像ファイルを開く.................................................... 52
画像ファイルを保存................................................. 139
傾き補正........................................................................ 159
画面キャプチャー入力............................................... 54
画面構成........................................................................... 13
カラーフィルター..................................................... 168
簡易検索........................................................................... 83
環境設定........................................................................ 186
ガンマ補正................................................................... 173
起動.................................................................................... 42
切り取り........................................................................... 75
クリップボード入力.................................................... 53
グループウィンドウ.................................................... 13
グループの新規作成.................................................... 92
消しゴムモード.......................................................... 153
傾斜................................................................................. 164
検索.................................................................................... 82
検索ウィンドウ............................................................. 13
検索画面........................................................................... 20
検索条件の追加............................................................. 84
検索条件の変更............................................................. 87
減色................................................................................. 167
原寸表示........................................................................... 69
項目ウィンドウ............................................................. 13
コピー............................................................................... 75
ごみ箱を空にする........................................................ 96
コントラスト............................................................... 172
【た行】
単語辞書........................................................................ 179
地図検索........................................................................ 131
長方形化........................................................................ 165
ツールバー..................................................... 21, 99, 100
データベース移行ツール........................................ 192
データベースの新規作成........................................... 45
データベースの設定.................................................... 43
データベースを開く.................................................... 46
デジタルカメラ入力.................................................... 49
添付画像........................................................................ 122
添付画像表示.................................................................. 23
同姓同名の検索............................................................. 14
登録.................................................................................... 78
ドライバー...................................................................... 32
トリミング................................................................... 156
【な行】
名前の変更...................................................................... 95
日本語認識モード........................................................ 65
認識 ( 検索画面 )........................................................... 90
認識 ( 登録画面 )........................................................... 65
ノイズ除去................................................................... 158
【は行】
パスワードの変更........................................................ 47
パターン辞書............................................................... 175
バックアップ.................................................................. 48
貼り付け........................................................................... 75
表示項目設定............................................................... 101
付属情報........................................................................ 124
ホームページ............................................................... 129
215
付録
【ま行】
名刺画像........................................................................ 122
名刺画像表示.................................................................. 23
メール............................................................................ 126
面会情報........................................................................ 125
元に戻す........................................................................... 77
【ら行】
領域設定モード.......................................................... 153
路線検索........................................................................ 132
216
製品について
製品名
名刺管理ソフト
「名刺読取革命 Ver.2」
品番
PTS-CPN0020
PTS-CDN0020
マニュアル
「名刺読取革命 Ver.2」 マニュアル
2010 年 2 月 第 6 版
〒 105-0013
東京都港区浜松町 1 丁目 17 番 14 号 浜松町ビル
P1205S50210
PTS05021UA
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement