HSB78G1C-48 シリーズ

HSB78G1C-48 シリーズ
HSB78G1C-48 シリーズ
取扱説明書
ルネサス エレクトロニクス社 RL78/G1C グループマイコン(48 ピン)搭載
HSB シリーズマイコンボード
-本書を必ずよく読み、ご理解された上でご利用下さい-
株式会社
REV.2.0.1.0
-目 次-
注意事項 .........................................................................................................................................................1
安全上のご注意 ...............................................................................................................................................2
特徴 ................................................................................................................................................................4
製品内容 .........................................................................................................................................................4
1.
2.
概要..........................................................................................................................................................5
1.1.
仕様概要 .............................................................................................................................................. 5
1.2.
ボード配置図 ........................................................................................................................................ 7
1.3.
ブロック図 ............................................................................................................................................. 8
詳細..........................................................................................................................................................9
2.1.
電源 ..................................................................................................................................................... 9
2.2.
信号インタフェース .............................................................................................................................. 11
2.2.1.
USB インタフェース ...................................................................................................................... 11
2.2.2.
フラッシュインタフェース ................................................................................................................ 14
2.2.3.
エミュレータインタフェース ............................................................................................................. 14
2.2.4.
拡張 I/O インタフェース ................................................................................................................. 15
2.3.
ユーザインタフェース ........................................................................................................................... 18
2.3.1.
評価用 LED ................................................................................................................................. 18
2.3.2.
評価用スイッチ ............................................................................................................................. 19
2.3.3.
リセットスイッチ............................................................................................................................. 19
2.4.
クロック ............................................................................................................................................... 19
3.
こんな時は ..............................................................................................................................................20
4.
付録........................................................................................................................................................22
4.1.
ボード寸法図 ...................................................................................................................................... 22
4.2.
評価用 LED・スイッチ回路図 ............................................................................................................... 23
4.2.1.
評価用 LED ................................................................................................................................. 23
4.2.2.
評価用スイッチ ............................................................................................................................. 23
4.3.
初期設定図......................................................................................................................................... 24
4.4.
取扱説明書改定記録 .......................................................................................................................... 25
4.5.
お問合せ窓口 ..................................................................................................................................... 25
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
注意事項
本書を必ずよく読み、ご理解された上でご利用下さい
【ご利用にあたって】
1. 本製品をご利用になる前には必ず取扱説明書をよく読んで下さい。また、本書は必ず保管し、使用上不明な点があ
る場合は再読し、よく理解して使用して下さい。
2. 本書は株式会社北斗電子製マイコンボードの使用方法について説明するものであり、ユーザシステムは対象ではあ
りません。
3. 本書及び製品は著作権及び工業所有権によって保護されており、全ての権利は弊社に帰属します。本書の無断複
写・複製・転載はできません。
4. 弊社のマイコンボードの仕様は全て使用しているマイコンの仕様に準じております。マイコンの仕様に関しましては
製造元にお問い合わせ下さい。弊社製品のデザイン・機能・仕様は性能や安全性の向上を目的に、予告無しに変更
することがあります。また価格を変更する場合や本書の図は実物と異なる場合もありますので、御了承下さい。
5. 本製品のご使用にあたっては、十分に評価の上ご使用下さい。
6. 未実装の部品に関してはサポート対象外です。お客様の責任においてご使用下さい。
【限定保証】
1. 弊社は本製品が頒布されているご利用条件に従って製造されたもので、本書に記載された動作を保証致します。
2. 本製品の保証期間は購入戴いた日から1年間です。
【保証規定】
保証期間内でも次のような場合は保証対象外となり有料修理となります
1. 火災・地震・第三者による行為その他の事故により本製品に不具合が生じた場合
2. お客様の故意・過失・誤用・異常な条件でのご利用で本製品に不具合が生じた場合
3. 本製品及び付属品のご利用方法に起因した損害が発生した場合
4. お客様によって本製品及び付属品へ改造・修理がなされた場合
【免責事項】
弊社は特定の目的・用途に関する保証や特許権侵害に対する保証等、本保証条件以外のものは明示・黙示に拘わらず
一切の保証は致し兼ねます。また、直接的・間接的損害金もしくは欠陥製品や製品の使用方法に起因する損失金・費用
には一切責任を負いません。損害の発生についてあらかじめ知らされていた場合でも保証は致し兼ねます。
ただし、明示的に保証責任または担保責任を負う場合でも、その理由のいかんを問わず、累積的な損害賠償責任は、弊
社が受領した対価を上限とします。
本製品は「現状」で販売されているものであり、使用に際してはお客様がその結果に一切の責任を負うものとします。弊
社は使用または使用不能から生ずる損害に関して一切責任を負いません。
保証は最初の購入者であるお客様ご本人にのみ適用され、お客様が転売された第三者には適用されません。よって転
売による第三者またはその為になすお客様からのいかなる請求についても責任を負いません。
本製品を使った二次製品の保証は致し兼ねます。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
1
安全上のご注意
製品を安全にお使いいただくための項目を次のように記載しています。絵表示の意味をよく理解した上で
お読み下さい。
表記の意味
取扱を誤った場合、人が死亡または重傷を負う危険が切迫して生じる可能性が
ある事が想定される
取扱を誤った場合、人が軽傷を負う可能性又は、物的損害のみを引き起こすが
可能性がある事が想定される
絵記号の意味
一般指示
一般禁止
使用者に対して指示に基づく行為を
強制するものを示します
一般的な禁止事項を示します
電源プラグを抜く
一般注意
使用者に対して電源プラグをコンセ
ントから抜くように指示します
一般的な注意を示しています
以下の警告に反する操作をされた場合、本製品及びユーザシステムの破壊・
発煙・発火の危険があります。マイコン内蔵プログラムを破壊する場合もあります。
1. 本製品及びユーザシステムに電源が入ったままケーブルの抜き差しを行わない
で下さい。
2. 本製品及びユーザシステムに電源が入ったままで、ユーザシステム上に実装さ
れたマイコンまたはIC等の抜き差しを行わないで下さい。
3. 本製品及びユーザシステムは規定の電圧範囲でご利用下さい。
4.
本製品及びユーザシステムは、コネクタのピン番号及びユーザシステム上のマ
イコンとの接続を確認の上正しく扱って下さい。
発煙・異音・異臭にお気付きの際はすぐに使用を中止してください。
電源がある場合は電源を切って、コンセントから電源プラグを抜いてください。そ
のままご使用すると火災や感電の原因になります。
2
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
以下のことをされると故障の原因となる場合があります。
1. 静電気が流れ、部品が破壊される恐れがありますので、ボード製品のコネク
タ部分や部品面には直接手を触れないで下さい。
2. 次の様な場所での使用、保管をしないで下さい。
ホコリが多い場所、長時間直射日光があたる場所、不安定な場所、
衝撃や振動が加わる場所、落下の可能性がある場所、水分や湿気の多い
場所、磁気を発するものの近く
3. 落としたり、衝撃を与えたり、重いものを乗せないで下さい。
4. 製品の上に水などの液体や、クリップなどの金属を置かないで下さい。
5. 製品の傍で飲食や喫煙をしないで下さい。
ボード製品では、裏面にハンダ付けの跡があり、尖っている場合があります。
取り付け、取り外しの際は製品の両端を持って下さい。裏面のハンダ付け跡
で、誤って手など怪我をする場合があります。
CD メディア、フロッピーディスク付属の製品では、故障に備えてバックアップ
(複製)をお取り下さい。
製品をご使用中にデータなどが消失した場合、データなどの保証は一切致し
かねます。
アクセスランプがある製品では、アクセスランプが点灯中に電源を切ったり、パソ
コンをリセットをしないで下さい。
製品の故障の原因となったり、データが消失する恐れがあります。
本製品は、医療、航空宇宙、原子力、輸送などの人命に関わる機器やシステム
及び高度な信頼性を必要とする設備や機器などに用いられる事を目的として、設
計及び製造されておりません。
医療、航空宇宙、原子力、輸送などの設備や機器、システムなどに本製品を
使用され、本製品の故障により、人身や火災事故、社会的な損害などが生じ
ても、弊社では責任を負いかねます。お客様ご自身にて対策を期されるよう
ご注意下さい。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
3
特徴
本製品は、フラッシュメモリ内蔵のルネサス エレクトロニクス製 R78/G1C グループ(48 ピン)マイコン搭載ボードです。
下記 11 点の特徴があります
・RL78/G1C 実装
・USB インタフェース(USB-A) 2ch 搭載 (ホスト:USB0, USB1)※
・USB インタフェース(USB MINI-B) 1ch 搭載(ファンクション:USB0)
・USB ホスト使用時の過電流保護スイッチ搭載
・USB ファンクション使用時のポリスイッチリセッタブルヒューズ搭載
・フラッシュインタフェース(20P)(高速フラッシュメモリ書込み)搭載
・エミュレータインタフェース(14P)(E1,E20)搭載
・拡張 I/O(34P)2 つ搭載可 (コネクタ未実装)
・評価用 LED 2 つ搭載
・評価用ボタンスイッチ 2 つ搭載
・リセットスイッチ 1 つ搭載
※実装マイコンが R5F10KGCAFB の際、USB ホストインターフェース(USB-A)及び関連部品は未実装
製品内容
本製品は、下記の品が同梱されております。ご使用前に必ず内容物をご確認下さい。
・マイコンボード.............................................................................................1 枚
・DC 電源ケーブル ......................................................................................1 本
※2P コネクタ片側圧着済み 30cm(JST)
・回路図 ...........................................................................................................1 部
4
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
1. 概要
1.1. 仕様概要
マイコン
ボードシルク
HSB78G1C-48
RL78/G1Cグループ
マイコン
(48ピン PLQP0048KF-A)
マイコンの詳細は「表 1-1 搭載可能マイコン一覧」及びルネサス エレクトロニクス当該
マイコンハードウェアマニュアルをご参照下さい。
内部最大 24MHz
実装発振子
メインクロック(X1):16MHz
クロック
サブクロック(X2):32.768KHz
USB
USB インタフェース 12Mbps USB2.0 対応 (J4, J5, J6 コネクタ実装済)
エミュレータ
内蔵 ROM
書き換え
エミュレータインタフェース (J7 14P コネクタ実装済)
拡張 I/O
34PIN×2 個 (J1,J2 コネクタ未実装 MIL 規格準拠)
ボード電源電圧
3.3~5V
消費電流
実測値
約 60mA
(出荷前テストプログラム動作時実測値、拡張 I/O は全てオープン)
ボード寸法
58.0 × 74.0 (mm) 突起部含まず
フラッシュインタフェース (J8 20P コネクタ実装済)
本ボードの実装コネクタについては「表 1-2 コネクタと適合コネクタ」をご参照下さい。
その他の主な実装部品については「表 1-3 その他主な実装部品」をご参照下さい。
本ボードには「表 1-1 搭載可能マイコン一覧」のいずれかのマイコンが搭載されています。 必ず搭載マイコンの記
載型名をご確認下さい。
表 1-1 搭載可能マイコン一覧
マイコンボード
型名
HSB78G1C-48
搭載可能
マイコン型名
R5F10JGCAFB
R5F10KGCAFB
内蔵
ROM
E2 データ
フラッシュ
内蔵
RAM
動作周波数
(max)
32KB
2KB
5.5KB
24MHz
マイコン
電源範囲
パッケージ
2.4~5.5V PLQP0048KF-A
※ R5F10KGCAFB には USB ホスト機能は搭載されていません。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
5
表 1-2 コネクタと適合コネクタ
コネクタ
J1 拡張 I/O インタフェース
J2 (未実装)
実装コネクタ型名
-
-
J3 DC 電源
B2B-XH-A
JST
2
XHP-2
JST
54819-0572
molex
5
USB シリーズ
MINI-B コネクタ
-
4
USB シリーズ
Aコネクタ
-
4
USB シリーズ
Aコネクタ
-
USB0 インタフェース
(USB MINI-B)
USB1 インタフェース
J5
(USB-A)
USB0 インタフェース
J6
(USB-A)
J4
メーカ
Tyco
Electronics
Tyco
Electronics
292303-1
292303-1
極数
適合コネクタ
・MIL 規格準拠
34
・2.54 ピッチ
メーカ
-
J7 エミュレータインタフェース H310-014P
Conser
14 FL14A2FO 準拠
OKI 電線、または準拠品
J8 フラッシュインタフェース
Conser
20 FL20A2FO 準拠
OKI 電線、または準拠品
H310-020P
J7・J8 は Conser 製もしくは互換品(MIL 規格準拠 2.54 ピッチボックスプラグ 切欠 中央1箇所)を使用
実装マイコンが R5F10KGCAFB の際、USB ホストインターフェース(USB-A)及び関連部品は未実装
J8 フラッシュインタフェースは内蔵 ROM へのプログラム書込み用インタフェース (弊社製 FM-ONE 対応)
J7 エミュレータ インタフェースはルネサス エレクトロニクス製 E1,E20 で動作確認済
表 1-3 その他主な実装部品
部品番号
部品
型名
メーカ
X1
メインクロック
HC-49/S3
九州電通
16MHz
X2
サブクロック
VT-200-FL(4.4PF)
セイコーインスツル
32.768KHz
U2※1
過電流保護スイッチ
MIC2009A-1YM6
Micrel Inc
-
U3※1
過電流保護スイッチ
MIC2009A-1YM6
Micrel Inc
-
U1※2
ソケット
NQPACK048SD-ND 東京エレテック
※1 実装マイコンが R5F10KGCAFB の際は未実装
※2 ソケット仕様時のみ実装
6
備考
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
-
1.2. ボード配置図
U2
過電流保護
スイッチ
JP4
JP5
UOVRCUR1
UOVRCUR0
信号制御ジャンパ 信号制御ジャンパ
JP2
評価用 LED
イネーブル制御
ジャンパ
LED1, LED2
評価用 LED
J1 拡張 I/O インタフェース
(34P) 未実装
SW1
評価用スイッチ
J6
USB1
インタフェース※
(USB-A)(ホスト)
SW2
評価用スイッチ
U3
過電流保護
スイッチ
RL78/
G1C
(48 ピン)
J5
USB0
インタフェース※
(USB-A)(ホスト)
J7
エミュレータ
インタフェース
(14P)
X1
X2
J8
フラッシュ
インタフェース
(20P)
J4
USB0
インタフェース
(USB NIMI-B)
(ファンクション)
J3
DC 電源
■…1P
JP6
JP1
ボード電源選択 UVDD 接続
ジャンパ
ジャンパ
J2 拡張 I/O(34P)
未実装
SW3
リセットスイッチ
図 1-1 ボード配置図
※ 実装マイコンが R5F10KGCAFB の際、USB ホストインターフェース(USB-A)及び関連部品は未実装
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
7
1.3. ブロック図
電源
信 号 インタフェース
J3 (2P)
USB0 インタフェース
(USB MINI-B)
(ファンクション)
DC 電源
(3.3V~5V)
X1
LED1~
LED2
SW3
SW1,
SW2
X2
ボード電源選択
ジャンパ
JP1
評価用 LED
リセットスイッチ
J4
RL78/G1C
(48 ピン)
USB0 インタフェース
J5
(USB-A)(ホスト) ※
USB1 インタフェース
(USB-A)(ホスト) ※
評価用スイッチ
その他
ユーザインタフェース
フラッシュ
インタフェース
J8
(20P)
エミュレータ
インタフェース
J7
(14P)
拡張 I/O
インタフェース
(未実装)
J1
(34P)
拡張 I/O
インタフェース
(未実装)
J2
(34P)
※ 実装マイコンが R5F10KGCAFB の際、USB ホストインターフェース(USB-A)及び関連部品は未実装
ご注意:本ブロック図はマイコン機能を表したもので、マルチプレクス機能により同時に使用できないも
のがありますのでご注意下さい。
8
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
J6
2. 詳細
2.1. 電源
本ボードは J4 に USB インタフェース(USB MINI-B)と J3 に DC 電源(2P)が標準搭載されており、USB インタフェース
と DC 電源(2P)から選択し電源供給が可能です。電源供給イメージは「図 2-1 電源供給イメージ図」をご参照下さい。
電源供給はボード電源選択ジャンパ(JP1)で設定します。
ジャンパ設定の詳細は「表 2-1 ボード電源選択ジャンパ設定表(JP1)」をご参照下さい。また、DC 電源(2P)からの電
源供給を行う場合は、次頁「図 2-2 DC 電源図」もご参照下さい。
J1 拡張 I/O インタフェース※からも電源供給できますが、一部ご利用できない機能がございます。
電源供給は必ずいずれか 1 箇所から行って下さい。
※製品出荷時コネクタ未実装
ご注意:
・電源電圧が 3V 以下の場合、評価用 LED は点灯致しません。
・USB ホスト使用時は 5V にてご使用下さい。
外部からの電源供給
J3
DC 電源
J4
USB
1-2 ショート
3.3V~5V
U1 マイコン
RL78/G1C
3.3V~5V
JP1
ジャンパ
VDD
2-3 ショート
5V
J1-31, J1-32
J2-31, J2-32
3.3V~5V
DC 電源
外部への電源供給
J1-31, J1-32
J2-31, J2-32
※
DC 電源
※ 本ボードから外部へ 5V の電源を供給する場合は、J3 もしくは J4 から電源を供給して下さい。
その場合、電源供給元が J3 の時は J1 ジャンパを 1-2 ショート、J4 の時は J1 ジャンパを 2-3 ショートにして下さい。
(J4 から電源供給する場合、電流制限がございますのでご注意下さい。)
図 2-1 電源供給イメージ図
電源の極性及び過電圧には十分にご注意下さい
・ ボードに電源を供給する場合は、複数個所からの電源供給を行わないで下さい。製品の破損、故障の原因となります。
・ 極性を誤ったり、規定以上の電圧がかかると、製品の破損、故障、発煙、火災の原因となります。
・ 各端子には逆電圧・過電圧防止回路が入っておりません。破損を避けるために、電圧を印加する場合には VSS~VCC の
範囲になるようにご注意下さい。
・ エミュレータから電源供給をする場合は、マイコンの電源範囲でご使用下さい。その場合、5V で動作する IC は動作致しま
せんのでご注意下さい。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
9
表 2-1 ボード電源選択ジャンパ設定表(JP1)
電源供給先
JP1 電源選択
ジャンパの設定
電圧
J3
DC 電源(2P)
1-2 ショート
製品出荷時状態
3
2
1
3.3V~5V
J4
USB インタフェース(USB MINI-B)
2-3 ショート
3
2
1
5V
J1_3,J1_4
拡張 I/O インタフェース(34P)
オープン
3
2
3.3V~5V
1
本ボード製品出荷時は J3 DC 電源からの設定(JP1:1-2 ショート)になっています。
JP1 ジャンパをオープンにしたまま、J3 や J4 より電源の供給を行わないで下さい
製品やマイコンの破損、故障の原因となります。
10
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
J3DC 電源(2P)について
J3 から電源供給する場合は、コネクタの向きにご注意の上ご使用下さい。詳細は「図 2-2 DC 電源図」を
ご参照下さい。
J3 DC 電源(2P)
5V
付属 DC 電源ケーブルは黒線が
VSS(1P)となります
VSS
図 2-2 DC 電源図
2.2. 信号インタフェース
2.2.1. USB インタフェース※
本ボードには、USB2.0 フルスピードに対応したホスト(USB0, 1)とファンクション(USB0)のインタフェースが搭載され
ています。 USB0はホスト(J5)、ファンクション(J4)機能を持っていますが、同時にはご使用できません。 どちらか一
方にてご使用下さい。
また、ホストには過電流保護スイッチも搭載しています。
※実装マイコンが R5F10KGCAFB の際、USB ホストインターフェース(USB-A)及び関連部品は未実装
本インタフェースの信号表については「表 2-2 USB0 インタフェース(USB -A)信号表 (J5)」 「表 2-3 USB1 インタフェ
ース(USB -A)信号表 (J6)」「表 2-4 USB0 インタフェース(USB MINI-B)信号表 (J4)」をご参照下さい。
表 2-2 USB0 インタフェース(USB -A)信号表 (J5)
No.
1
2
3
4
マイコン
ピン番号
23
24
-
信号名
VOUT(U3)
UDM0
UDP0
VSS
表 2-3 USB1 インタフェース(USB -A)信号表 (J6)
No.
1
2
3
4
マイコン
ピン番号
19
20
-
信号名
VOUT(U2)
UDM1
UDP1
VSS
表 2-4 USB0 インタフェース(USB MINI-B)信号表 (J4)
No.
1
2
3
4
5
マイコン
ピン番号
22
23
24
-
信号名
VBUS (JP1_3)
UVBUS
UDM0
UDP0
NC
VSS
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
11
マイコンの USB 機能を使用する場合の電源供給のジャンパ設定については「表 2-5 UVDD 接続ジャンパ設定表」を
ご参照下さい。
本ボードは UVDD として外部印加 3.3V もしくは、USB 用内部電源を選択できますが、内部電源にてご使用されること
をお薦めします。
表 2-5 UVDD 接続ジャンパ設定表
ジャンパ
備考
初期設定(製品出荷時状態)
JP6
オープン:マイコンのUSB機能を使用する場合 (内部電源)
ショート:マイコンのUSB機能を使用しない場合
オープン
・UVDD(USB 電源)の供給方法につきましては、ルネサス エレクトロニクス当該マイコンハードウェアマニュアルを
ご参照下さい。
USB ホストの過電流保護スイッチの信号表については「表 2-6 過電流保護スイッチ信号表 (U2)」「表 2-7 過電流
保護スイッチ信号表 (U3)」をご参照下さい。
表 2-6 過電流保護スイッチ信号表 (U2)
No.
1
2
3
マイコン
ピン番号
15
4★
16
5
6
-
接続先信号名
VDD
VSS
P17/TI02/TO02/UVBUSEN1
P16/TI01/TO01/INTP5/UOVRCUR1
(JP4:1-2 ショートの場合)
VSS
VBUS
表 2-7 過電流保護スイッチ信号表 (U3)
No.
1
2
3
マイコン
ピン番号
17
4★
18
5
6
-
接続先信号名
VDD
VSS
P15/PCLBUZ1/UVBUSEN0
P14/UOVRCUR0
(JP5:1-2 ショートの場合)
VSS
VBUS
★が付いているピンはジャンパの設定で
12
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
NC になります。
USB ホ ス ト の 過 電 流 保 護 ス イ ッ チ を 使 用 す る 場 合 の ジ ャ ン パ の 設 定 に つ い て は 「 表 2-8 UOVRCUR0,
UOVRCUR 1 信号制御ジャンパ設定表」をご参照下さい。
詳細は「図 2-3 過電流保護スイッチ(U2, U3)ジャンパ設定図」をご参照下さい。
表 2-8 UOVRCUR0, UOVRCUR 1 信号制御ジャンパ設定表
可電流保護
ジャンパ
スイッチ
U2
JP4
U3
JP5
備考
初期設定
1-2 ショート:ホストの過電流保護スイッチを使用する場合
2-3 ショート:P16 をポートとして使用する場合
1-2 ショート:ホストの過電流保護スイッチを使用する場合
2-3 ショート:P14 をポートとして使用する場合
1-2 ショート
1-2 ショート
過電流保護スイッチを使用する場合
U2 を使用する場合
UOVRCUR1 信号制御ジャンパ(JP4)の設定
JP4 を 1-2 ショートにして下さい
(過電流保護スイッチを使用しない場合はオープン)
3
2
1
JP4
U3 を使用する場合
UOVRCUR0 信号制御ジャンパ(JP5)の設定
JP5 を 1-2 ショートにして下さい
(過電流保護スイッチを使用しない場合はオープン)
3
2
1
JP5
図 2-3 過電流保護スイッチ(U2, U3)ジャンパ設定図
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
13
2.2.2. フラッシュインタフェース
本ボードには J8 にフラッシュインタフェースコネクタが標準搭載されており、北斗電子製オンボードプログラマ
(FM-ONE もしくは FLASH2)にて搭載マイコンの内蔵 ROM にユーザプログラムの書き換えを行う事ができます。
弊社オンボードプログラマの使い方については、各オンボードプログラマの取扱説明書をご確認下さい。
本インタフェースの信号表については「表 2-9 フラッシュインタフェース信号表 (J8)」をご参照下さい。
表 2-9 フラッシュインタフェース信号表 (J8)
No
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
マイコン
ピン番号
40
39
14
13
-
No
信号名
*RESET
NC
P40/TOOL0
NC
NC
NC
NC
P51/INTP2/SO00/TxD0/TOOLTxD
P50/INTP1/SI00/RxD0/TOOLRxD/SDA00
NC
信号名
2
VSS
4
VSS
6
VSS
8
VSS
10
VSS
12
VSS
14
VSS
16
VSS
18
VDD
20
VDD
*は負論理です。NC は未接続です。
2.2.3. エミュレータインタフェース
本ボードには J7 にエミュレータインタフェースコネクタが標準搭載されています。本インタフェースは、E1,E20(ルネサ
ス エレクトロニクス製)にて動作確認済みです。エミュレータの使用方法等についてはエミュレータの取扱説明書をご
確認下さい。
本インタフェースの信号表については「表 2-10 エミュレータインタフェース信号表 (J7)」をご参照下さい。
表 2-10 エミュレータインタフェース信号表 (J7)
No
1
3
5
7
9
11
13
マイコン
ピン番号
39
40
信号名
NC
NC
P40/TOOL0
NC
VDD
NC
*RESET
No
2
4
6
8
10
12
14
マイコン
ピン番号
40
-
信号名
VSS
NC
T_RES
VDD
*RESET
VSS
VSS
*は負論理です。NC は未接続です。
ご注意:J7 エミュレータインタフェースのコネクタピン番号とルネサス エレクトロニクスのコネクタピン番号の数
え方が一部異なる場合がございますのでご注意ください。
14
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
2.2.4. 拡張 I/O インタフェース
本ボードには J1、J2 に MIL 規格準拠 2.54 ピッチの拡張 I/O インタフェースを用意しておりますが、コネクタは未実装と
なっております。MIL 規格準拠 2.54 ピッチのコネクタを用途に合せて別途用意してご使用下さい。
ご注意:各端子の特性をお調べの上、お客様の責任の下でご使用下さい。
本インタフェースの信号表については「表 2-11 拡張 I/O インタフェース信号表 (J1)」と「表 2-12 拡張 I/O インタフェ
ース信号表 (J2)」をご参照下さい。
表 2-11 拡張 I/O インタフェース信号表 (J1)
マイコン
マイコン
信号名
信号名
No ピン番号
No
ピン番号
1
2
VSS
VSS
3
4
1
P60/SCLA0
2
P61/SDAA0
5
6
3
P62
4
P63
7
8
5
P31/TI03/TO03/INTP4
6
P75/KR5/INTP9/*SCK01/SCL01
9
10
7
P74/KR4/INTP8/SI01/SDA01
8
P73/KR3/SO01
11
12
9
P72/KR2/(TI02)/(TO02)
10
P71/KR1/(TI01)/(TO01)/(INTP5)
13
14
11
P70/KR0
12
P30/INTP3/RTC1HZ/*SCK00/SCL00
P50/INTP1/SI00/RxD0/TOOLRxD/
15
16
13
14
P51/INTP2/SO00/TxD0/TOOLTxD
SDA00
17
18
15
P17/TI02/TO02/UVBUSEN1
16★
P16/TI01/TO01/INTP5/UOVRCUR1
19
20
17
P15/PCLBUZ1/UVBUSEN0
18★
P14/UOVRCUR0
21
22
NC
NC
23
24
NC
NC
25
26
NC
NC
27
28
NC
NC
29
30
NC
NC
31
32
VDD
VDD
33
34
VSS
VSS
*は負論理です。NC は未接続です。
★が付いているピンはジャンパの設定で
NC になります。
一部を除き入力信号の振幅が VDD と VSS を超えないようにご注意下さい。
規定以上の振幅の信号が入力された場合、永久破損の原因となります。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
15
表 2-12 拡張 I/O インタフェース信号表
マイコン
マイコン
信号名
No ピン番号
No ピン番号
1
2
VSS
3
4
NC
45☆
5
6
44☆ P122/X2/EXCLK
43
7
8
42☆ P123/XT1
41☆
9
10
40
*RESET
39
11
38
P41/(TI03)/(TO03)/(INTP4)/(PCLBUZ1) 12
37
13
14
36
P140/PCLBUZ0/INTP6
35
15
16
34
P01/TO00/(SCLA0)
33
17
18
32
P20/ANI0/AVREFP
31
19
20
30
P22/ANI2
29
21
22
28
P24/ANI4
27
23
24
26
P26/ANI6
25
25
26
NC
27
28
NC
29
30
NC
31
32
VDD
33
34
VSS
-
(J2)
信号名
VSS
P121/X1
P137/INTP0
P124/XT2/EXCLKS
P40/TOOL0
P120/ANI19
P00/TI00/(SDAA0)
P130
P21/ANI1/AVREFM
P23/ANI3
P25/ANI5
P27/ANI7
NC
NC
NC
VDD
VSS
*は負論理です。NC は未接続です。
☆が付いているピンは初期状態では
NC です。0Ω抵抗の設定によりご利用可能となります。
一部を除き入力信号の振幅が VDD と VSS を超えないようにご注意下さい。
規定以上の振幅の信号が入力された場合、永久破損の原因となります。
16
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
P121, P122, P123, P124 端子使用時の設定について
P121, P122, P123, P124 端子を J2 拡張 I/O インタフェースで使用する場合は、マイコン実装面にある R17, R24, R28,
R29 の 0Ω抵抗を実装する必要がございます。
(出荷時:R17, R24, R28, R29 未実装)
詳細は「図 2-4 R17, R24, R28, R29 抵抗設定図」をご参照下さい。
P121, P122, P123, P124 をポートとして J2 拡張 I/O インタフェースで使用する場合は、内蔵クロックをご利用下さい。
出荷時状態では、ボード上の外部 X1 メインクロックが使用可能な状態になっています。
P121, P122, P123, P124 端子を使用する
R17, R24, R28, R29 未実装(出荷時状態)
R17, R24, R28, R29 に 0Ω抵抗を実装する
X1
R28
R17
R28
R17
R24
R24
R29
R29
R17, R24, R28, R29 に 0Ω抵抗を実装後、再度外部 X1 メインクロックを使用可能状態にする場合
は、R17, R24, R28, R29 を未実装にして下さい。
図 2-4 R17, R24, R28, R29 抵抗設定図
R17,R24,R28,R29 を変更する場合は、近隣のパターンや部品の破損にご注意の上、
お客様の責任の下で行って下さい。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
17
2.3. ユーザインタフェース
2.3.1. 評価用 LED
本ボードには LED1, LED2 に評価用 LED が標準搭載しており、P62, P63 で制御可能です。
本インタフェースの信号表については「表 2-13 評価用 LED 信号表 (LED1, LED2)」をご参照下さい。
表 2-13 評価用 LED 信号表 (LED1, LED2)
LED
LED1
LED2
マイコン
ピン番号
3
4
信号名
P62
P63
備考
Low 出力で点灯
評価用 LED1 と LED2 を使用する場合は JP2 評価用 LED イネーブル制御ジャンパをショートする必要があります。
詳細は「表 2-14 評価用 LED イネーブル制御ジャンパ設定表 (JP2)」と「図 2-5 評価用 LED イネーブル制御ジャン
パ設定図(JP2)」をご参照下さい。
表 2-14 評価用 LED イネーブル制御ジャンパ設定表 (JP2)
ジャンパ
設定
初期設定
備考
(製品出荷時状態)
ショート
LED1:P62 を Low 出力で点灯、High 出力で消灯します。
LED2:P63 を Low 出力で点灯、High 出力で消灯します。
オープン
評価用 LED を使用しない
JP2
評価用 LED1, LED2
ショート時に LED1, LED2 が制御可能
評価用 LED イネーブル制御ジャンパ(JP2)
図 2-5 評価用 LED イネーブル制御ジャンパ設定図(JP2)
18
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
ショート
2.3.2. 評価用スイッチ
本ボードには SW1 と SW2 に評価用スイッチが標準搭載されています。
内蔵プルアップ(PU)設定によりご使用下さい。
本インタフェースの信号表については「表 2-15 評価用スイッチ信号表 (SW1,SW2)」をご参照下さい。
表 2-15 評価用スイッチ信号表 (SW1,SW2)
SW1
マイコン
ピン番号
12
SW2
5
スイッチ
信号名
備考
評価用スイッチ
(押すと"Low"信号発生)
P30/INTP3/RTC1HZ/*SCK00/SCL00
P31/TI03/TO03/INTP4
*は負論理です。
2.3.3. リセットスイッチ
本ボードには SW3 にリセットスイッチが標準搭載しており、スイッチを押すことにより、リセット可能となっております。
本インタフェースの信号表については「表 2-16 リセットスイッチ信号表 (SW3)」をご参照下さい。
表 2-16 リセットスイッチ信号表 (SW3)
スイッチ
SW3
マイコン
ピン番号
40
信号名
備考
*RES
リセット
*は負論理です。
2.4. クロック
本ボードには外部クロックとして、メインクロック X1 に 16MHz、サブクロック X2 に 32.768KHz が実装されています。
出荷時状態では外部クロックが使用可能です。(出荷時:R17, R24, R28, R29 未実装)
R17, R24, R28, R29 の 0Ω抵抗の実装によって、外部クロックのメインクロック X1、サブクロック X2 を使用するか、
P121, P122, P123, P124 を拡張 I/O インタフェース(J2)でポートとして使用するかを選択できます。ポートとして使用す
る場合は、内蔵クロックを使用し、設定を変更してご利用下さい。
ポートとして使用する場合の詳細は、「2.2.5.拡張 I/O インタフェース」の「P121, P122, P123, P124 端子使用時の設
定について」をご参照下さい。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
19
3. こんな時は
Q1 USB バスパワーで電源供給をする場合、設定が必要ですか?
A1 はい必要です。
ボード上では必要です。設定方法は下記図をご参照下さい。
電源供給の詳細については、「2.1電源」をご参照下さい。
J4 USB インタフェース(USB MINI-B)から供給する場合
3
JP1 ボード電源選択ジャンパ
2
2-3 ショート
1
Q2
USB を使って通信をする場合、設定が必要ですか?
A2 いいえ、必要ございません。
本ボードには、ファンクションが 1 つ、ホストが 2 つ搭載しており、ご使用の際ボード上での設定は必要ありません。
尚、USB ホストをご使用の際は、過電流を防ぐ為に過電流保護スイッチ(U2,U3)をご使用する事をお薦めします。
過電流保護スイッチを使う場合の設定は下記を参照して下さい。
U2 を使用する場合
UOVRCUR1 信号制御ジャンパ(JP4)の設定
JP4 を 1-2 ショートにして下さい
3
2
1
(過電流保護スイッチを使用しない場合はオープン)
JP4
U3 を使用する場合
UOVRCUR0 信号制御ジャンパ(JP5)の設定
JP5 を 1-2 ショートにして下さい
(過電流保護スイッチを使用しない場合はオープン)
3
2
1
JP5
ご注意:USB0 はホスト(J5)、ファンクション(J4)機能を持っていますが、同時にはご使用できません。
どちらか一方にてご使用下さい。
20
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
Q3 エミュレータでデバッグやマイコンにデータの書き換えをする場合本ボード上で設定が必要ですか?
A3 いいえ、必要ございません。
Q4 FM-ONE を使って書き換えをする場合ボード上で設定が必要ですか?
A4 いいえ、必要ございません。
弊社オンボードプログラマ FM-ONE ではマイコンのモード端子設定(ブートモード)が可能です。詳細は「2.2.2.フラッシ
ュインタフェース」をご参照下さい。
FM-ONE20-14Pin RL78 SINGLE WIRE を使うとエミュレータインタフェース(14P)からの書き換えも可能です。
オンボードプログラマ FM-ONE(北斗電子製)
URL:http://www.hokutodenshi.co.jp/7/OnboardProgrammer-1.htm
Q5 評価用スイッチを使う場合ボード上で設定が必要ですか?
A5 いいえ、必要ございません。
プログラムで P30、P31 をプルアップ制御(PU)を使用してプルアップして下さい。
Q6 評価用 LED を使う場合ボード上で設定が必要ですか?
A6 はい、必要です。
ボード上では評価用 LED イネーブル制御ジャンパ(JP2)をショートする必要があります。
詳細は「2.3.1. 評価用 LED」をご参照下さい。
評価用 LED1, LED2
ショート時に LED1, LED2 が制御可能
評価用 LED イネーブル制御ジャンパ(JP2)
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
21
4. 付録
4.1. ボード寸法図
22
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
4.2. 評価用 LED・スイッチ回路図
4.2.1. 評価用 LED
1KΩ
P62, P63
JP2
LED1, LED2
4.2.2. 評価用スイッチ
SW1,SW2
100Ω
P30, P31
SW1,SW2
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
23
4.3. 初期設定図
ボードは動作確認用として、テストプログラムを書き込んでおります。
本ボードのジャンパピンの初期設定については下記「図 4-1 初期設定図」をご参照下さい。
DC 電源(J3 )から電源を供給すると下記【テストプログラム内容】の動作が確認出来ます。
【テストプログラム内容】
下記の状態で、DC 電源(J3)から電源を供給すると、初期状態では LED1、LED2 は消灯しています。 SW1 を押すと
LED1, 2 が同時に点滅します。 同様に SW2 を押すと LED1, 2 が交互に点滅します。
これらの動作をすれば、プログラムが正常に動作する事を示します。
ショート
3
3
2
2
1
1
LED2
LED1
SW1 SW2
1-2 ショート
RL78/
G1C
(48 ピン)
X1
オープン
X2
3
2
1
1-2 ショート
図 4-1 初期設定図
24
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
4.4. 取扱説明書改定記録
バージョン
発行日
REV.1.0.0.0
REV.2.0.0.0
2013.1.24
2013.3.28
REV.2.0.1.0
2013.11.26
ページ
改定内容
―
7
24
6
初版発行
1.2.ボード配置図 差し替え 基板 VER1.0 → VER1.1
4.3.初期設定図 差し替え 基板 VER1.0 → VER1.1
表 1-2 コネクタと適合コネクタ J4 適合コネクタ訂正
11
表 2-3 USB0 インタフェース(USB -A)信号表 (J6) →
表 2-3 USB1 インタフェース(USB -A)信号表 (J6) へ訂正
表 2-4 USB0 インタフェース(USB MINI-B)信号表(J4)
1 番ピン「VBUS (JP1_3) 」追加
4.5. お問合せ窓口
最新情報については弊社ホームページをご活用ください。
ご不明点は弊社サポート窓口までお問合せ下さい。
株式会社
〒060-0042 札幌市中央区大通西 16 丁目 3 番地 7
TEL 011-640-8800 FAX 011-640-8801
e-mail:[email protected] (サポート用)、[email protected] (ご注文用)
URL:http://www.hokutodenshi.co.jp
商標等の表記について
・
全ての商標及び登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。
・
パーソナルコンピュータを PC と称します。
HSB78G1C-48 シリーズ取扱説明書
株式会社
25
ルネサス エレクトロニクス RL78/G1C グループマイコン(48 ピン)搭載
HSB シリーズマイコンボード
HSB78G1C-48 シリーズ
取扱説明書
株式会社
©2013 北斗電子 Printed in Japan 2013 年 1 月 24 日初版 REV.2.0.1.0 (131126)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement