同軸回線用避雷器

同軸回線用避雷器
仕様書
Model
サージハンター モリブデン避雷器
同軸回線用避雷器
NRAT-N□
(N型コネクタ対応)
■ 形式
■ 対応規格
NRAT-N□
JIS C 5381-21準拠
J:ジャック+ジャック(標準型)
インピーダンス 50Ω
P:ジャック+プラグ
インピーダンス 50Ω
C:ジャック+ジャック(標準型)
インピーダンス 75Ω
カテゴリC2,D1
■ 特長
・世界初のモリブデン素子を採用
-9
・超高速応答時間2~4ナノ秒(10 秒)
・自復作用
・極微少静電容量1pF以下(素子のみ)
・超低抵抗(僅少)
(ジャック+プラグの75Ωは製作不可)
・超高速弁作用(0.004μs)
000A以上
・サージ電流耐量 4,
■ 用途
・無続流
無線アンテナ、高周波伝送回路、テレビカメラなど
■ 接続方法
■ 性能
周波数範囲
2GHz以下 *1
挿入損失
0.44dB以下(2GHzにて)
ANT
インピーダンス 50Ω
避雷器
V.S.W.R 1.
12(1000MHzにて)
NRAT-N□
耐 電 力
500W
放電開始電圧
DC400~900V
サージ
電流耐量
000A (8/20μs)
4,
限界10,
000A (8/20μs)
応答時間
2~4ns
漏れ電流
僅少
静電容量値
1pF以下(素子のみ)
絶縁抵抗
200MΩ以上 *2
(DC500VMo素子なしにて)
E:接地端子(D種接地)
使用湿度範囲:5~85%RH以下(結露しないこと)
量:約150g
大地アース
■ 機器仕様
構
造:単体 パネル直取付
接 続 方 式:N型コネクタ両側付き
アース端子:M6ねじ
ハウジング材質:アルミ
使用温度範囲:-30~+60℃
法:W65×H33×D63(71)
高周波
増幅
E
■ 設置仕様
重
大地アース
避雷器
NRAT-N□
*1:接続コネクタやケーブルの種類により異なります。
*2:インパルス特性素子に付き、試験時の直流電圧印加注意
寸
同軸ケーブル
E
■ 付属品
①接地用ねじM6×8、スプリングワッシャー 各1個
②圧着端子 R5.5-6
1個
■ 外形寸法図 (単位:mm)
Model
Model
NRAT-NP
65
28
65
55
3
Molybdenum
Arrester
日本雷研
71
NRAT-N□
取付穴
MODEL
NRAT-NP
Molybdenum
Arrester
日本雷研
MADE IN JAPAN
アース用ネジ
M6*8
ジャック
27
MADE IN JAPAN
19
3
同軸回線用避雷器
MODEL
5
25
63
同軸回線用避雷器
ジャック
19
取付穴
25
19
ジャック
名称シール
28
55
5
Model
NRAT-NJ、NRAT-NC
名称シール
プラグ
アース用ネジ
M6*8
注意:対応のコネクタはユーザーにてご用意願います。
2015.03.20 更新 旧形式 VM-AT-N□
図番 ZS-1116
サージハンター
取扱説明書
Model
サージハンター モリブデン避雷器
ightning
rrester
同軸回線用避雷器
■ コネクタ配列および取付寸法 (単位:mm)
NRAT-NJ
NRAT-NP
NRAT-NC
■ 付属品
① 接地用ねじM6×8、スプリングワッシャー
N型コネクタ
ジャック
各1個
② 圧着端子 R5.
5-6
1個
①
②
取付穴
同軸回線用避雷器
25
MODEL
5
NRAT-N□
■ 取付方法
・本体下部の取付穴にM4のねじにて固定してください。
Molybdenum
Arrester
日本雷研
MADE IN JAPAN
ジャック
又はプラグ
55
注意
対応のジャック・プラグはユーザーにてご用意願います。
65
■ 結線図
ANT
監視カメラ
NRAT-N□
被保護
機器
FG ※1
避雷器
E
渡り配線
映 像
増幅器
FG ※1
E
渡り配線
接地
NRAT-N□
※2
NRAT-N□
避雷器
避雷器
同軸ケーブル
E
E
接地 ※2
E
接地
E
※3
シールドの非接地端の対策
E:接地端子(D種接地)
FG:フレーム グランド
軽減対策
※1 渡り配線とは、保護したい機器のフレームグランド端子を避雷器の端子Eに接続してからパネル接地端子に接続することで、
被保護機器に誘導雷サージが及ばないようにする軽減対策です。
※2 通信先にもモリブデン避雷器を取り付けることをお勧め致します。
※3 長距離でシールド端を接地できない場合、ZnOで浮遊容量による電位の上昇を抑え、サージ侵入を軽減します。
対応製品としてシールドケーブル用避雷器SC-E270があります。
■ 使用上の注意事項
1)接地工事はD種接地(100Ω以下)にて必ずおこなってください。接地線は太く短く(2m㎡以上)、余った線はループ状に
しないこと。また、避雷針アースや高圧電力アースとの共用は避けてください。
2)ネジの緩みがないように注意
雷サージ通過時ネジの緩みによるギャップがあると、接合部で放電を起し高周波および高電圧を発生します。また、避雷器の
応答速度に遅れが生じたり、破損することもあります。(続流対策のない、ギャップ式避雷器との併用もしないでください。)
3)設置場所の湿度範囲は85%以下(結露しないこと)であることをご確認ください。
■ 定期点検の方法
・JIS規格による直流電圧を印加して1mA時の電圧を見る方法は、ラインと接地間のモリブデン素子には、おこなわないで
ください。性質上、直流インパルス電圧もしくは交流電圧による方法となります。
・避雷器専用の簡易チェッカーCLA-2000(2000V用)をご使用ください。
・わからない間に誘導雷サージを受けている場合があります。雷シーズンの前後年2回位、定期点検の実施をお勧め致します。
交換用避雷器の手配中に被保護機器がサージを受けて破損することも考えられます。予備品の在庫をお勧め致します。
■ 保証期間
仕様範囲および正常な使用状態で製造上の故障と認められる場合、1年間とします。
ただし、製品の故障や不具合などによる付随的損害の補償については、その責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
2015.03.20 更新
図番 TH-1116
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement