null  null
»
X-48
48 Track Digital Audio Workstation
取扱説明書
D00871100A
安全にお使いいただくために
この取扱説明書への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止
するために、いろいろな絵表示をしています。その表示と意味は次のようになっています。内容をよく理解してから本文をお
読みください。
表示の意味
á 警告
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
á 注意
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定される内容および物的損害のみの
発生が想定される内容を示しています。
絵表示の例
á
è
ì
ì
△記号は注意(警告を含む)を促す内容があることを告げるものです。
í 記号は禁止の行為であることを告げるものです。
図の中に具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
●記号は行為を強制したり指示する内容を告げるものです。
図の中に具体的な指示内容(左図の場合は電源プラグをコンセントから抜け)が描かれています。
万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなど
この機器の上に花びんや水などの入った容器や小
の異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因
さな金属物を置かないでください。こぼれたり、
となります。すぐに機器本体の電源スイッチを切
中に入った場合火災・感電の原因となります。
り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
煙が出なくなるのを確認して販売店またはティア
ック修理センターに修理をご依頼ください。
ì
í
電源コードを傷つけたり、加工したり、無理に曲
本機の下敷にならないようにしてください。コー
ドに傷がついて、火災・感電の原因となります。
万一、機器の内部に異物や水などが入った場合は、
まず機器本体の電源スイッチを切り、電源プラグ
をコンセントから抜いて、販売店またはティアッ
ク修理センターにご連絡ください。そのまま使用
ó
í
電源コードの上に重いものをのせたり、コードが
げたり、ねじったり、引っ張ったり、加熱したり
しないでください。コードが破損して、火災・感
すると火災・感電の原因となります。
電の原因となります。
電源コードが傷んだら(芯線の露出、断線など)
この機器のカバーは絶対に外さないでください。
販売店またはティアック修理センターに交換をご
依頼ください。そのまま使用すると火災・感電の
è
感電の原因となります。内部の点検・修理は販売
店またはティアック修理センターにご依頼くださ
原因となります。
い。
í
船舶などの直流(DC)電源には接続しないでく
この機器を改造しないでください。火災・感電の
í
この機器の通風孔をふさがないでください。通風
í
この機器の通風孔などから内部に金属類や燃えや
ださい。火災・感電の原因となります。
孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因とな
ります。
すいものなどを差し込んだり、落とし込んだりし
ないでください。火災・感電の原因となります。
2 TASCAM
X-48
è
原因となります。
安全にお使いいただくために
ì
万一、この機器を落としたり、キャビネットを破
損した場合は、機器本体の電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜いて、販売店また
ó
この機器を設置する場合は、壁から 20 cm 以上
の間隔をおいてください。また、放熱をよくする
ために、他の機器との間は少し離して置いてくだ
はティアック修理センターにご連絡ください。そ
さい。ラックなどに入れるときは、機器の天面か
のまま使用すると火災・感電の原因となります。
ら 1U 以上、背面から 10 cm 以上のすきまをあ
けてください。内部に熱がこもり、火災の原因と
ó
なります。
電源プラグの刃および刃の付近にほこりや金属物
が付着している場合は、電源プラグを抜いてから
乾いた布で取り除いてください。そのまま使用す
ると火災・感電の原因となります。
ó
オーディオ機器、スピーカー等の機器を接続する
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでくださ
場合は、各々の機器の取扱説明書をよく読み、電
い。感電の原因となることがあります。
源を切り、説明に従って接続してください。また
接続は指定のコードを使用してください。
ó
電源を入れる前には音量を最小にしてください。
突然大きな音が出て聴力障害などの原因となるこ
ないでください。コードが傷つき、火災・感電の
原因となることがあります。必ずプラグを持って
抜いてください。
とがあります。
ディスクトレイが閉まるときに手指をはさまれな
いようにご注意ください。けがの原因となること
があります。
á
í
電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張ら
5 年に一度くらいは機器内部の掃除を販売店また
ó
この機器はコンセントの近くに設置し、電源プラ
ì
移動させる場合は、電源スイッチを切り、必ず電
グに容易に手が届くようにしてください。
源プラグをコンセントから抜き、機器間の接続コ
ードなど外部の接続コードを外してから行なって
はティアック修理センターにご相談ください。内
ください。コードが傷つき、火災・感電の原因と
部にほこりがたまったまま、長い間掃除をしない
なることがあります。
と火災や故障の原因となることがあります。特に、
湿気の多くなる梅雨期の前に行なうと、より効果
的です。なお、掃除費用についてはご相談くださ
い。
í
次のような場所に置かないでください。火災、感
電やけがの原因となることがあります。
・調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたる
ì
旅行などで長期間、この機器をご使用にならない
ì
お手入れの際は安全のため電源プラグをコンセン
ó
この機器には、付属の電源コードセットをご使用
í
付属の電源コードセットを他の機器に使用しない
場所
・湿気やほこりの多い場所
・ぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所
í
電源コードを熱器具に近付けないでください。コ
ードの被ふくが溶けて、火災・感電の原因となる
ことがあります。
ときは、安全のため必ず電源プラグをコンセント
から抜いてください。
トから抜いて行なってください
下さい。それ以外の物を使用すると故障、火災、
感電の原因となります。
でください。故障、火災、感電の原因となりま
す。
TASCAM X-48
3
もくじ
安全にお使いいただくために . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
もくじ
.......................................... 4
入出力の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
アナログ入出力の基準レベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
コントロールモード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
第 1 章 はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
MIDI デバイス ID . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
ご使用前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
Sony 9 ピン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
本取扱説明書の表記など . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
ビデオリファレンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
本製品の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
プルアップ/プルダウン時のサンプリング周波数 19
設置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
ネットワーク設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
設置上のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
ハードディスクの空き容量をチェックする . . . . . . 21
ラックマウント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
ハードディスクのベンチマークユーティリティ . . 21
結露について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
新しいハードディスクをフォーマットする . . . . . . 21
必要な機器 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
出荷時の設定に戻す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
ユーザー設定の保存/呼び出し . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
第 2 章 各部の名称と機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
フロントパネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
リアパネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
第 3 章 セットアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
I/O カードのインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
準備 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
アナログカード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
TDIF . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
S/PDIF . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
AES/EBU . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ADAT . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
デジタルオーディオクロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ワードクロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
アナログオーディオ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
同期信号とコントロール信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
MIDI . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
タイムコード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
フットスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
リモート(Sony 9 ピン) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
ビデオリファレンス(トライレベルシンク) . . . . 13
キーボード、マウス、モニター . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
ネットワーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
外部ドライブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
電源のオン/オフ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
外部アプリケーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
VST プラグイン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
X-48 システムリストア CD を使う . . . . . . . . . . . . . 15
ミキサーのバイパス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
デフォルトプロジェクトを作る . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
VST プラグインをインストールする . . . . . . . . . . . . 22
第 5 章 レコーダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
プロジェクトの作業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
新規プロジェクトを作る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
プロジェクトを開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
プロジェクトを保存する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
プロジェクトを自動保存する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
プロジェクトをインポートする . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
プロジェクトをエクスポートする . . . . . . . . . . . . . . . 24
プロジェクトをコピーする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
プロジェクトを CD や DVD にバックアップする . 25
プロジェクトを削除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
最後に作業したプロジェクトをロードする . . . . . . . 25
トランスポートの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
ローカル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
ワンボタン録音 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
タイムコードチェース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
リハーサル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
プリ/ポストロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
バリスピード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
録音と再生 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
インプットモニター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
レコードレディ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
パンチクロスフェードタイム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
アンドゥ/リドゥ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
メーターの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
第 4 章 各種設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
マーカーを使う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
各種設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ループ再生 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
ディスプレイ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ループモード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
メニュー画面の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
オートパンチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
サンプリング周波数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ループ録音 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
デジタルオーディオクロックの選択 . . . . . . . . . . . . . 17
VGA レコーダーインタフェースを使う . . . . . . . . . . . . 30
4 TASCAM
X-48
もくじ
メーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
オーディオプロセッシング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
トラックに名前を付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
スクロールの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
ピッチ/タイムストレッチ
(Pitch/Time Stretch) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
タイムバー形式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
統合(Consolidate) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
クリッププロパティ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
タイムラインをナビゲートする . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
ステータス表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
入力のルーティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
同期走行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
必要条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
サンプリング周波数の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
クロックソースの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
ワードクロック入力/出力の設定 . . . . . . . . . . . . . . . 32
ワードクロック出力極性の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
ビデオクロックのフレームエッジリゾルブの設定 33
フレームレートの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
コントロールモードの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
チェースのフリーホイールの設定 . . . . . . . . . . . . . . . 34
チェースリロックの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
第 7 章 ミキサー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
ミキサーインタフェース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
ミキサーについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
ミキサーのバイパス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
DSP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
ミキサータブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
オートメーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
外部コントロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
サードパーティのプラグイン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
CPU メーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
ルーティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
ミキサーアプリケーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
サブミックス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
録音中のモニター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
最終ミックス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
チェースリロックのスレッショルドの設定 . . . . . . 34
タイムコードオフセットの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
第 8 章 仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
チェースロック偏差の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
オーディオ入出力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
タイムコード出力のミュート設定 . . . . . . . . . . . . . . . 35
各種入出力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
高度なレコーダー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
物理的仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
オーディオファイルのネーミング . . . . . . . . . . . . . . . 35
トラックキーパンチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
第 6 章 編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
編集ツール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
I ビームツール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
オブジェクトツール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
スマートツール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
拡大ツール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
選択と編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
クリップを選択する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
タイムを選択する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
イン/アウトポイント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
クリップのプロパティ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
グリッドのスナッピング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
カット、コピー、削除、ペースト
(Cut、Copy、Delete、Paste) . . . . . . . . . . . . . . 37
リピートペースト(Repeat Paste) . . . . . . . . . . 37
クロップ(Crop) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
インサートタイム(Insert Time) . . . . . . . . . . . . . 38
デリートタイム(Delete Time) . . . . . . . . . . . . . . 38
スプリット(Split) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
選択範囲からの再生(Play From Selection) . . 38
ヒストリーリスト(History List) . . . . . . . . . . . . . 38
TASCAM X-48
5
第 1 章 はじめに
このたびは TASCAM X-48 デジタルオーディオワークステーショ
ンをお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。本機
を使うことによって、よりパワフルなオーディオレコーディングが
可能になります。この取扱説明書をよくお読みいただき、正しい取
設置
設置上のご注意
扱い方法をご理解いただいた上で、末永くご愛用くださいますよう
本機は精密機器です。次のような場所に設置しないでください。音
お願い申しあげます。お読みになったあとは、いつでも見られると
質低下の原因、または故障の原因となります。
ころに保管してください。
– 振動の多い場所や不安定な場所。
– 窓際など直射日光が当たる場所。
ご使用前に
– 傾斜のある場所。
ご使用前に本書をよく読んで X-48 の機能をご理解ください。また
水平な場所に設置してください。傾斜のあるラックにはマウン
TASCAM のウェブサイト(http://www.tascam.jp/)でソフト
トしないでください。
ウェアアップデート情報をチェックすることをお勧めします。なお
– 暖房器具のそばなど極端に温度が高い場所、あるいは極端に温
付属の「クイックスタートガイド」にはフロントパネルの各機能概
度が低い場所。
要、LCD メニュー一覧、VGA メニュー一覧が掲載されています。
本機の性能保証温度は 5 ℃∼ 35 ℃です。
– 湿気の多い場所や風通しが悪い場所。
本取扱説明書の表記など
本取扱説明書では、以下のルールに基づいた表記を行ないます。
– フロントパネルのつまみ/ボタンなど:太字表記(例: STOP
本機の動作保証湿度は 30%∼ 80%です。
– チューナー、テレビやビデオデッキなどのそば。
映像の乱れや雑音の原因となることがあります。
ボタン)
また本取扱説明書では以下のアイコンを使用します。
–
注意 :守らないとデータを失ったり十分な性能が得られな
い可能性のある注意事項、または機器の破損を招く恐
れのある注意事項
–
メ モ :知っておくと便利なことや補助的な情報
ラックマウント
付属のマウントキットを使って、本機を EIA 規格のラックにマウン
トすることができます。
足を外して、4U のラックスペースにマウントします。
£警告
– 本機は動作中に高温になる場合がありますので、放熱のための
–
:キーボード、マウス、モニターを使った操作
–
: X-48 フロントパネルからの操作
スペースを十分に確保してください。ラックにマウントする場
合、本機上部に 1U 以上の空きスペース、後部に 10cm 以上の
すき間をあけてください。
本製品の構成
本製品の構成は以下のとおりです。
– X-48 本体
– 電源コード
– システムリストア CD
– ドキュメンテーション CD
– デジタルカード取り付け用のプラスチックスペーサとビス
– 取扱説明書(本書)
– クイックリファレンスガイド
– 保証書
メ モ
– 付属品が不足している場合や輸送中の損傷が見られる場合、当
社までご連絡ください。
– 本機を運搬するときのために、梱包箱および梱包材を保管して
おくことをお勧めします。
6 TASCAM
X-48
第 1 章 はじめに
結露について
本製品を寒い場所から暖かい場所へ移動したときや、寒い部屋を暖
めた直後など、気温が急激に変化すると結露を生じることがありま
す。結露したときは約 1 ∼ 2 時間放置した後、電源を入れてお使
いください。
必要な機器
X-48 は多機能のプロ用オーディオ機器ですが、周辺機器を接続す
ることによって機能を最大限に生かすことができます。
– 8 つ以上の出力(24 出力を推奨)と使用するトラック数以上の
入力を持つミキシングコンソール。
– X-48 をアナログコンソールに接続する場合、別売のアナログ
I/O カード(IF-AN24X)。IF-AN24X を X-48 にインストール
することによって、24 アナログ入力/ 24 アナログ出力が装備
されます。
– X-48 をデジタルコンソールに接続する場合、別売のデジタル
I/O カード(IF-AD24(X)または IF-AE24(X))。これらの I/O
カードを X-48 にインストールすることによって、24 デジタル
入力/ 24 デジタル出力が装備されます。
– 使用するミキシングコンソールと入出力フォーマットに応じた
(アナログまたはデジタルの)ケーブル。
– X-48 の編集/ DSP /ミキシング機能を使うためには、VGA
モニター(1024 x 768 以上の解像度)、2 ボタン PC マウス
(PS/2 または USB)および PC キーボードが必要。
アフターサービス
– この製品には保証書を別途添付しております。保証書は所定事項
を記入してお渡ししておりますので、大切に保管してください。
– 保証期間はお買い上げ日より 1 年です。保証期間中は記載内容
によりティアック修理センターが修理いたします。ただし、業
務用製品の場合は、保証期間内であっても使用 1,000 時間を超
えた場合は有償になります。その他の詳細につきましては保証
書をご参照ください。
– 保証期間経過後、または保証書を提示されない場合の修理など
については、お買い上げの販売店またはティアック修理センタ
ーなどにご相談ください。修理によって機能を維持できる場合
は、お客さまのご要望により有料修理いたします。
– 万一、故障が発生し修理を依頼される場合は、次の事項を確認
の上、ティアック修理センターまでご連絡ください。
・型名、型番(X-48)
・製造番号(Serial No.)
・故障の症状(できるだけ詳しく)
・お買い上げ年月日
・お買い上げ販売店名
TASCAM X-48
7
第 2 章 各部の名称と機能
フロントパネル
フロントパネルの概要を説明します。
3 4 5 67
12
8
1 トラックメーター(1 ∼ 48)
9
0q
w
e
8 DVD ドライブ
各トラックの信号レベルを表示します。メーターレンジは−
ファイルのバックアップ、インポート、エクスポートを行なう
60dBFS ∼− 1dBFS で、さらにオーバーロードインジケータ
ための DVD ドライブが搭載されています。
ーを装備しています。
2 レックレディボタン(1 ∼ 48)
"All Safe"点灯時を除いて、このボタンを押すとトラックが録音
レディになります。録音レディ時には、ボタンの上にある REC
インジケーターが赤く点滅します。
3 STATUS インジケーター
X-48 がハードディスクにアクセス中(DISK)、内部処理中
(BUSY)、MIDI 信号入力中(MIDI)、エラー発生時(ERROR)
にそれぞれのインジケーターが点滅します。
4 SAMPLE RATE インジケーター
9 トランスポートボタン
トランスポートをコントロールします。詳細については「トラ
ンスポートの操作」をご覧ください。
0 メニューボタンセクション
Project、Sync、Preferences などのメニューグループにア
クセスするためのボタンを搭載しています。また入力ステータ
スの変更、ディスクのアンマウントなども、このセクションか
ら行なうことができます。
q ENTER/YES ボタン、NO/EXIT ボタン
ENTER/YES ボタンはメニュー操作を確定するときに使いま
現在のサンプリング周波数を表示します。例えば 96kHz 時は
す。NO/EXIT ボタンはメニュー操作をキャンセルするときに使
"48kHz"インジケーターと"2X"インジケーターが点灯します。
います。
標準以外のサンプリング周波数の場合(プルダウン時の
47952Hz など)
、"Non Std."インジケーターが点灯します。
5 TIME CODE インジケーター
現在のタイムコードのフレームレートを表示します。
6 SYSTEM インジケーター
外部ソースにサンプルロック時(SAMPLE LOCK)、ディスト
ラクティブレコーディングモード時(DEST REC)、バリスピ
ード時(VARISPEED)に、それぞれのインジケーターが点灯
します。
7 POWER ボタン
本機の電源のオン/オフを行ないます。電源オフ時にはシステ
ムのシャットダウンを確認するメッセージが表示されます。こ
のボタンを数秒間押したままにすると、確認メッセージなしに
シャットダウンします。
8 TASCAM
X-48
w CHNG ボタン
Project、Sync などのメニューで、メニュー項目を変えるとき
に使います。
e ▲/▼ボタン
メニュー内のスクロールや設定を変更するときに使います。
r CLEAR/HOME ボタン
メニューモード時に押すと、ホーム画面に戻ります。また設定
した数値をクリアするときにも使います。
第 2 章 各部の名称と機能
リアパネル
12
8 9 0qw e r
t
1 TDIF 入出力
3
4 5
y
u
6
7
6 FOOTSWITCH ジャック
各コネクターは、8 チャンネルの TDIF フォーマットのデジタル
モメンタリータイプのフットスイッチ(TASCAM RC-30P な
オーディオの入力または出力を行ないます。96kHz / 24 ビッ
ど)を接続することにより、足下操作によるパンチイン/アウ
トまで対応しています。
トが可能になります。
メ モ
96kHz の 8 チャンネル入出力を行なうには、最新の TDIF フォ
ーマットに対応している外部機器(TASCAM の DM-4800 /
DM-3200 デジタルミキサーなど)と接続する必要があります。
2 オプションカード用スロット 1
別売のアナログカード(IF-AN24X)、ADAT オプティカルカ
ード(IF-AD24(X))、AES/EBU カード(IF-AE24(X))を搭
載するためのスロットです。搭載されたカードはチャンネル 1
∼ 24 の入出力になります。
3 オプションカード用スロット 2
別売のアナログカード(IF-AN24X)、ADAT オプティカルカ
ード(IF-AD24(X))、AES/EBU カード(IF-AE24(X))を搭
載するためのスロットです。搭載されたカードはチャンネル 25
∼ 48 の入出力になります。
メ モ
スロット 1 とスロット 2 に別の種類のカードを搭載することも
できます。
4 MIDI 入出力端子
MIDI OUT 端子は MIDI タイムコードの送信、MIDI IN 端子は
MIDI タイムコードまたは MMC(MIDI マシンコントロール)コ
マンドの受信を行ないます。
5 TIME CODE 入出力端子
SMPTE/EBU タイムコード(LTC)を送受信します。コネク
ターは標準ホンジャックです。
メ モ
X-48 の電源を入れる前にフットスイッチを接続してください。
7 REMOTE コネクター
マシンコントロール用のコネクターで、RS-422 / Sony 9 ピ
ン・エディットコントローラーに対応しています。
8 VIDEO (IN、THRU)端子
ブラックバースト信号の入力、スルー出力を行ないます。コネ
クターは BNC です。
9 MOUSE 端子、KEYBOARD 端子
PS/2 タイプのマウス、キーボードを接続します。USB タイプ
のマウス、キーボードを接続することもできます。
0 WORD SYNC(IN、OUT、THRU)端子
ワードクロックの入力、出力、スルー出力を行ないます。コネ
クターは BNC です。
q VGA 出力端子
VGA モニターを接続します。1024 x 768 ピクセル以上の解
像度と 60Hz 以上のリフレッシュレートを持つモニターをお勧
めします。X-48 のディスプレイ出力の最大解像度は 2048 x
1536 ピクセルです。
w OPTION コネクター
現在機能しません。
e USB 端子
キーボード、マウス、フラッシュドライブ、ハードディスクを
接続するための USB 2.0 端子を 4 つ装備しています。
TASCAM X-48
9
第 2 章 各部の名称と機能
r イーサネット端子
10/100/1000(ギガビット対応)および 10/100 のイーサ
ネット端子を 1 つずつ装備しています。10/100/1000 端子
は自由に設定可能ですが、10/100 端子はあらかじめ DCHP
ポートに設定されています。
詳細については( → 19 ページ 「ネットワーク設定」)をご覧
ください。
t S/PDIF(IN、OUT)端子
S/PDIF フォーマットのステレオデジタル信号の入出力を行な
うコアキシャル端子です。
y FireWire(1、2)端子
外部ハードディスクドライブ接続用の FireWire 端子です。
u 放熱用ファン
本機の過熱を防ぐためのファンです。ファンの部分を塞いで放
熱を妨げることのないようにしてください。
10 TASCAM
X-48
第 3 章 セットアップ
I/O カードのインストール
デジタルカード
1. トップパネルを固定している 6 本のビスを外します(1 本はリ
異なるタイプの別売の I/O カードを X-48 に同時にインストールす
アパネル上にあります)
。
ることができます。例えばアナログカードとデジタルカードをそれ
ぞれ 1 枚ずつインストールして、個別に入出力のルーティングを行
2. トップパネルを外して横に置きます。
なうことができます。別売の I/O カードはいずれも 24 チャンネル
本機内部にそれぞれ SLOT1、SLOT2 と表記された 2 つの黒
の入出力を装備しています。
いコネクターがあります。X-48 の背面には、それぞれ
SLOT1(1-24)、SLOT2(25-48)と表記された 2 枚のブラン
準備
1. 中サイズのプラスドライバーを用意します。
2. X-48 の電源を切り、電源コードを外します。
3. X-48 をラックマウントしている場合、ラックから外してトッ
クパネルがあります。
3. I/O カードを接続する黒いコネクターに対応するブランクパネ
ルを外します。例えばデジタルカードをチャンネル 1-24 にイ
ンストールする場合、SLOT1 と表記されたブランクパネルを
外します。
プパネルを開けられる状態にします。
4. デジタルカードに付属しているグレイのフラットケーブルを X48 のスロットコネクターに接続します。
アナログカード
5. X-48 のリアパネル側から、デジタルカードをスロットに挿入
1. トップパネルを固定している 6 本のビスを外します(1 本はリ
します。
アパネル上にあります)。
6. 手順 2 で外したビスを使って、デジタルグカードのコネクター
2. トップパネルを外して横に置きます。
プレートを X-48 のリアパネルに固定します。
本機内部にそれぞれ SLOT1、SLOT2 と表記された 2 つの黒
7. X-48 に付属している白いプラスチックのスペーサーとビスを
いコネクターがあります。X-48 の背面には、それぞれ
使って、デジタルカードのリア部を X-48 のメタルプレートに
SLOT1(1-24)、SLOT2(25-48)と表記された 2 枚のブラン
固定します。(IF-AE24、または IF-AD24 使用時のみ。IF-
クパネルがあります。
AE24X、または IF-AD24X 使用時は不要。
)
3. I/O カードを接続する黒いコネクターに対応するブランクパネ
ルを外します。例えばアナログカードをチャンネル 1-24 にイ
8. グレイのフラットケーブルの反対側のコネクターをカード上の
黒いコネクターに接続します。
ンストールする場合、SLOT1 と表記されたブランクパネルを
外します。
9. トップパネルを元に戻します。
4. アナログカードに付属しているグレイのフラットケーブルを X48 のスロットコネクターに接続します。
5. X-48 のリアパネル側から、アナログカードをスロットに挿入
します。カード上の黒いコネクターの近くにはビス穴がありま
す。カードを奥まで挿入した状態で、このビス穴の下にシャー
シのビスがあります。このビスを外します(外したビスはアナ
ログカードのリア部を固定するのに使います)。
6. 手順 6 で外したビスを使って、アナログカードのコネクタープ
接続
X-48 のリアパネルには、外部機器に接続するためのコネクターが
数多く装備され、さまざまな信号の入出力を行なうことができます。
以下に述べるの説明のうち、ご使用のシステムで利用する信号/コ
ネクターの説明をよくお読みください。なお、コネクターの入出力
信号のルーティングに関しては( → 17 ページ 「入出力の設定」)
をお読みください。
レートを X-48 のリアパネルに固定します。
7. グレイのフラットケーブルの反対側のコネクターをカード上の
TDIF
黒いコネクターに接続します。
X-48 は 6 つの DB25 コネクターを標準装備しています。各コネ
8. フロントパネルのすぐ裏に、黄/黒/赤ケーブルが付いた白お
クターは、ノーマルサンプリング周波数(44.1k、48k)または
よび黒い 4 ピンコネクターが、それぞれ 1 つずつあります。
ダブルスピードサンプリング周波数(88.2k、96k)の 8 チャン
これらはアナログカード用の電源ケーブルです。これらのうち
ネルの TDIF 信号の入出力を扱います。
の 1 つを、アナログカードの白いコネクターに接続します。
9. トップパネルを元に戻します。
メ モ
TASCAM の新しい仕様では、1 つの TDIF コネクターでダブル
スピードサンプリング周波数の 8 チャンネル信号を扱うことが
できます。X-48 に接続する機器がこの仕様をサポートしてい
るかどうかについては、機器メーカーにご確認ください。
注意
"TDIF ケーブル"と明記されているケーブルをお使いください。
異なるケーブルを使うと機器を破損する可能性があります。
TASCAM X-48
11
第 3 章 セットアップ
S/PDIF
ワードクロック
X-48 は S/PDIF 信号の入力用および出力用の RCA ピンジャック
X-48 とデジタル接続されているオーディオ機器が 2 台以上の場
を標準装備しています。これらはノーマルサンプリング周波数およ
合、1 つのマスターソースからのワードクロックを共通で使うこと
びダブルスピードサンプリング周波数に対応しています。
をお勧めします。X-48 のリアパネルには BNC タイプのワードク
ロック端子(IN、OUT、THRU)が装備されています。
注意
デジタルデータの送受信を確実に行なうために、"S/PDIF ケー
ブル"と明記されているケーブルをお使いください。
IN
別の機器からのワードクロックを入力します。この入力クロックを
マスタークロックとして使用するには、X-48 のクロック選択を
AES/EBU
Word Clock に設定します。
別売の AES/EBU デジタル I/O カードを X-48 のスロットにインス
OUT
トールすることにより、ノーマルサンプリング周波数またはダブル
スピードサンプリング周波数の 24 チャンネルの AES/EBU 信号を
入出力することができます。
X-48 の内部ワードクロックを外部機器に送出します。このクロッ
クをマスタークロックとして使用するには、X-48 のクロック選択
を Internal Clock に設定します。
注意
"AES/EBU ケーブル"と明記されている DB25 ケーブルをお使
THRU
いください。同じ外観で配線の異なるケーブルがあります。
WORD IN 端子から入力したワードクロックをそのまま出力しま
AES/EBU ポートの DB25 コネクターの配線は以下の通りです。
す。X-48 のクロック選択を Word Clock に設定したとき、デイジ
ーチェーン(じゅずつなぎ)した外部機器にマスタークロックを供
給することができます。
アナログオーディオ
別売の IF-AN24X は 24 チャンネルのバランスアナログ入出力を
装備しています。このカードを装着した場合、X-48 のアナログリ
ファレンスレベルを 5 つの中からソフトウェア的に選択することが
できます。詳しくは(→ 18 ページ 「アナログ入出力の基準レベ
ADAT
ル」)をご覧ください。
別売の ADAT デジタル I/O カードを X-48 のスロットにインストー
ルすることにより、ノーマルサンプリング周波数(44.1k、48k)
の 24 チャンネルの ADAT 信号を入出力することができます。
注意
"アナログケーブル"と明記されている DB25 ケーブルをお使い
ください。同じ外観で配線の異なるケーブルがあります。
アナログポートの DB25 コネクターの配線は以下の通りです。
デジタルオーディオクロック
複数のデジタルオーディオ機器が互いに接続されている場合、ある
いはひとつの機器に対して複数のオーディオが接続されている場
合、接続機器のすべてのデジタルオーディオクロックがロックして
いる必要があります。クロックが正しくロックしていない場合、ク
リックが発生したり、音が歪んだりミュートされるといった症状が
現れます。X-48 はシステム内においてクロックマスターにもクロ
ックスレーブにもなることができます。
本章ではクロックのロックを得るための物理的接続についてのみ説
明します。システムの設定については「デジタルオーディオクロッ
クの選択」をご覧ください。複数のデジタルオーディオクロックを
同時に接続しても問題ありません。その中から一つを Settings 画
面で選択します。
X-48 とデジタル接続されているオーディオ機器が 1 台のみの場
合、デジタルオーディオ接続を介してクロックがロックされます。
別の接続は必要ありません。
12 TASCAM
X-48
第 3 章 セットアップ
同期信号とコントロール信号
ビデオリファレンス(トライレベルシンク)
X-48 のリアパネルには VIDEO IN および VIDEO THRU 端子が装
ここでは同期を行なうための接続を説明します。詳しくは「同期走
備されています。
行」をご覧ください。
IN
X-48 をフィルム/ビデオポストプロダクションスタジオで使用す
MIDI
る場合、ビデオリファレンス(ブラックバースト)信号をこのコネ
X-48 のリアパネルには MIDI IN および MIDI OUT 端子が装備さ
クターに供給することによって、X-48 がタイムコードエッジにリ
れ、MIDI マシンコントロール(MMC)や MIDI タイムコード
ゾルブして走行できるようになります。
(MTC)用として使われます。
入力される信号に関する設定については、33 ページをご覧くださ
IN
い。
X-48 が MIDI にチェースするために MTC を受信したり、 X-48 を
トライレベルシンクは HD ビデオ (High Definition Video) で使
外部からマシンコントロールするために MMC を受信します。この
われるビデオリファレンス信号です。この信号が入力された場合、
端子に有効な MIDI 信号が入力されているとき、フロントパネルの
X-48 はこれを自動検出します。
MIDI インジケーターが点灯します。
THRU
OUT
IN 端子に入力されたビデオリファレンス信号をそのまま出力しま
X-48 トランスポート動作中、常に MTC を出力します。出力 MTC
す。デイジーチェーン(じゅずつなぎ)した外部機器にビデオリフ
のフレームレートなどの設定は、LTC 出力に関する設定に従いま
ァレンス信号を供給することができます。
す。
キーボード、マウス、モニター
タイムコード
一般の PC キーボードとマウス(あるいはトラックボール)を、XX-48 のリアパネルには TRS ホンジャックの TIME CODE IN およ
48 リアパネルの P/S2 または USB ポートに接続することができ
び TIME CODE OUT 端子が装備され、タイムコード(LTC)の入
ます。機能をフルに生かすには、テンキー付きのキーボードとスク
出力を行ないます。バランスタイプですので、ケーブルを長く引き
ロールホイール付きのマウスをお使いになることをお勧めします。
回すことができます。
タイムコード設定に関する詳細は 33 ページをご覧ください。
メ モ
X-48 では、マルチメディアキーボード上にある付加コントロ
ール(メディアプレーヤーのトランスポートコントロールなど)
フットスイッチ
をサポートしていません。同様に、カスタムドライバソフトウ
X-48 のリアパネルの FOOTSWITCH 端子は 2 極のホンジャック
ポートしていません。
ェアのインストールを必要とするマウスやトラックボールもサ
で、ノーマルオープン、モメンタリータイプのフットスイッチを接
続することにより、フット操作によるトランスポート/録音操作が
可能になります。
モニターは、1024 x 768 ピクセル以上の解像度、60Hz 以上の
リフレッシュレートのものを推奨します。X-48 のディスプレイ出
力の最大解像度は 2048 x 1536 ピクセルです。
メ モ
正しい動作を得るために、X-48 の電源を入れる前にフットス
イッチを接続してください。
ネットワーク
X-48 のリアパネルには独立した 2 系統のネットワーク端子(イー
リモート(Sony 9 ピン)
サネット端子)− 10/100/1000 ポート(ギガビット対応)お
X-48 のリアパネルの REMOTE 端子は、Sony 9 ピンプロトコル
DCHP ポートとしてあらかじめ設定されています。
(別名 P2、RS-422)によるマシンコントロール信号の送受信を
10/100/1000 ポート(ギガビットポート)は X-48 のソフトウ
行ないます。このプロトコルはトランスポートコントロールや録音
ェアを使ってユーザーが設定することができます。使用するネット
トラック選択を行なうためのもので、多くのレコーディングコンソ
ワークケーブルは CAT-5 以上のものをお使いください。ネットワ
ールやビデオコントローラーがこのプロトコルをサポートしていま
ークハブやスイッチの使用も可能ですが、ネットワークが混雑した
す。接続には専用の RS-422 ケーブルが必要です。
ときなど、ネットワークのスループットが低下する可能性がありま
1 : GND
6 : GNC
す。
2 : TX-
7 : TX+
3 : RX+
8 : TX-
4 : GND
9 : FGND
よび 10/100 ポート−が装備されています。10/100 ポートは
5 : NC
TASCAM X-48
13
第 3 章 セットアップ
プリインストールされている MX-View ソフトウェアを使って MX2424 をコントロールするには、10/100/1000 ポートを使用
しなければなりません。このとき、IP アドレスを正しく設定しな
いと MX-2424 とコミュニケーションすることができません。
外部アプリケーション
注意
X-48 は PC / Windows アーキテクチャをベースに設計されて
ネットワーク環境の中で X-48 を使うためのソフトウェア設定の詳
いますが、一般の PC と同じように構成されているわけではあ
細については、(→ 19 ページ 「ネットワーク設定」)をご覧くだ
りません。X-48 に使われている Windows Embedded オペレ
さい。
ーティングシステムには一般使用のためのコンポーネントが含
まれていません。したがって、X-48 には指定以外のソフトウ
ェアをインストールすると X-48 の誤動作などを引き起こす可
外部ドライブ
能性があります。万が一、誤ってそのような事態になった場合
外部のハードディスクドライブを X-48 の FireWire または USB
は、X-48 のシステムリストア CD を使って、工場出荷時の設定
2.0 ポートに接続して、録音先あるいはコピー先ディスクとして使
に戻してください。
うことができます。
MX-View
注意
MX-View は MX-2424 をコントロールするためのソフトウェアア
外部ハードディスクに録音を行なうときは、ドライブのベンチ
プリケーションです。X-48 には MX-View バージョン 1.40 がプ
マークテストを行なって、録音トラックの数に対してドライブ
リインストールされています。MX-View の操作方法については、
のスピードが十分であることを確認することをお勧めします。
MX-View 取扱説明書をご覧ください。
例えば録音トラック数が多いとき、FireWire の転送スピードは
十分であったとしても、外部ドライブ自体が回転数の低いドラ
イブだと、処理が追いつかない場合があります。
X-48 の USB ポートに USB フラッシュドライブ(サムドライ
ブ)を接続することも可能です。音声素材のコピー元ドライブ
として使ったり、コピー先ドライブとして使ったり、あるいは
ソフトウェアアップデートに利用することができます。なお
TASCAM Mixer Companion (TMC)
X-48 には TASCAM Mixer Companion 1.30 がプリインストー
ルされています。X-48 と TASCAM の DM-3200 または DM4800 デジタルミキサーを USB 接続したときに、X-48 を
TASCAM Mixer Companion のホストコンピュータとして使うこ
とができます。
USB フラッシュドライブは書き込みスピードが遅いため、直接
TASCAM Mixer Companion をアップデートするには、X-48 の
録音を行なうことはお勧めできません。
File メニューの Launch External Application 項目を選択して
外部の光ディスクドライブ(DVD ドライブ、CD-R / CD-RW
TMC update installer を起動します。TMC update installer は
ドライブ)はサポートしていません。
X-48 がアクセス可能なメディア(CD、USB フラッシュドライブ
など)で供給されます。
電源のオン/オフ
注意
TASCAM Mixer Companion を X-48 上で操作するには、
機器の接続を終えたら、X-48 の電源を接続して電源をオンにしま
す。
TASCAM Mixer Companion がバージョン 1.20 以上
(Windows 版)であることが必要です。バージョン 1.20 未満
X-48 の電源はユニバーサルタイプですので、世界中の電圧や電源
周波数に対応しています。世界のどこへ行っても、電源プラグアダ
の TASCAM Mixer Companion を X-48 にインストールしな
いでください。
プターさえあれば使用することができます。
フロントパネルの POWER ボタンを押すと X-48 が起動を開始し
VST プラグイン
ます。約 1 分後に完全に起動し、接続されている VGA モニターに
現時点で、以下のプラグインを X-48 にインストールして使用でき
はトラック画面が表示され、X-48 フロントパネルの LCD ディス
ることが確認されています。最新情報については、TASCAM のウ
プレイには現在ロードされているプロジェクトがタイムコードとと
ェブサイトをご覧ください。
もに表示されます。
・ Waves 5(iLok キーを使用)
X-48 の電源をオフにするには、VGA モニターの File メニューの
Shutdown 項目を選択するか、フロントパネルの POWER ボタン
を短く押します。いずれの場合も、現在ロード中のプロジェクトを
保存する確認画面が表示され、確認後にシャットダウンします。
14 TASCAM
X-48
・ Antares Auto Tune 4
第 3 章 セットアップ
X-48 システムリストア CD を使う
X-48 システムリストア CD を使って X-48 を工場出荷時の設定に
戻す必要が生じた場合、以下の手順を実行します。
1. オーディオデータをバックアップします(バックアップは日常
的に行われるべきです)。
2. TASCAM ウェブサイトからダウンロードした X-48 ソフトウ
ェアインストーラやパッチアップデートがあれば、バックアッ
プがあることを確認します。
3. X-48 の電源をオンにして、システムリストア CD を挿入し、
X-48 を再起動します。
4. X-48 が自動的にシステムリソース CD から起動し、X-48 イ
ンストーラが立ち上がります。そのあとは X-48 のインストー
ラ画面の指示に従ってください。
TASCAM X-48
15
第 4 章 各種設定
・ I/O 25-48 → 入出力画面 (25-48)
各種設定
入力 25 ∼ 48 のルーティングを設定するメニューです。通常は
本章では X-48 をご自分のシステムの中で快適に使うためのソフト
初期設定のままで使用し、出力のルーティングをレコーディン
ウェア設定について説明します。
グコンソールで行ないます。出力が 48 未満のコンソールを使
用するとき、このメニューで状況に応じた設定を行なうとよい
ディスプレイ設定
マウス/キーボード操作
1024 x 768 ピクセル以上の解像度と 60Hz 以上のリフレッシュ
レートを持つモニターをご使用になることをお勧めします。X-48
のディスプレイ出力の最大解像度は 2048 x 1536 ピクセルです。
でしょう。
・ SYNC → シンク画面
同期に関する設定を行なうメニューです。タイムコードフレー
ムレート、デジタルオーディオクロック設定、タイムコードチ
ェース関連の設定などを行ないます。
・ PREF → プリファレンス画面
ディスプレイ解像度は Windows メニューから変更することができ
ます。
X-48 の一般設定を行なうメニューです。トランスポート関連
の設定、プリ/ポストロール設定、フロントパネルのユーザー
1. Windows メニューをクリックし、'Display Setting...' を選択
します。
インタフェース設定、外部コントロール設定などを行ないます。
・ SYS → システム画面
2. スライダーを使ってディスプレイ解像度を変更(最小解像度は
1024 x 768)し、
、'Apply' をクリックします。
メニュー画面の操作
フロントパネル操作
システム設定を行なうメニューです。ユーザー設定の保存/呼
び出し、ネットワーク設定などを行ないます。
サンプリング周波数
X-48 は 44.1k、48k、88.2k、96k の 4 種類の基本サンプリン
X-48 フロントパネル上で LCD メニュー内の操作・設定を行うに
グ周波数をサポートしています。新規プロジェクトを作成したら、
は、LCD ディスプレイの下にある6つのボタンを使用します。
録音を行なう前にプロジェクトのサンプリング周波数を設定する必
1. 本機の右下部にある 7 つのメニューボタン(PROJ、DISK、
要があります。デフォルトでは、新規プロジェクトのサンプリング
I/O 1-24、I/O 25-48、SYNC、PREF、SYS)の中から希
周波数は現在設定されているサンプリング周波数に設定されます。
望のボタンを押します(各メニューの概要については以下を参
オーディオを録音した後でプロジェクトのサンプリング周波数を変
照ください)。
更しようとすると、確認のダイアログが表示されます。変更を行な
2. ▲/▼ボタンを使ってメニュー内をスクロールします。
うと、以前録音されたオーディオの再生速度が変わります。
3. 編集したい項目を選択して CHNG ボタンを押します。
サンプリング周波数設定のメニューには、上記の4つのサンプリン
4. ▲/▼ボタンを使って希望の値を選択します。
グ周波数以外のサンプリング周波数も表示されすが、これらは「プ
5. ENTER/YES ボタンを押して設定を確定します。キャンセルす
ルアップ」「プルダウン」されたサンプリング周波数で、フィルム
るには EXIT/NO ボタンを押します。
6. CLEAR/HOME ボタンを押すと、いつでもメニュー画面を終了
してホーム画面に戻ることができます。
7 つのメニューボタンはそれぞれ以下のメニューにアクセスしま
す。
やビデオのスタジオで使われます。詳しくは( → 31 ページ「同
期走行」)をご覧ください。
サンプリング周波数の設定方法
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックして、Settings...項目を選択し
・ PROJ → プロジェクト画面
ます。
プロジェクトを管理するメニューです。New、Open、Save、
2. Sync タブをクリックします。
Save As、Delete、Copy といった項目があります。
3. Sample Clock の下のプルダウンメニューから Rate 項目を選
・ DISK → ディスク画面
択します。
ハードディスクドライブを管理するメニューです。空きスペー
4. 現在選択されているサンプリング周波数にチェックマークが付
ス表示、ディスクのフォーマットなどを行なう項目があります。
いています。変更するには希望のサンプリング周波数をクリッ
クします。
・ I/O 1-24 → 入出力画面 (1-24)
入力 1 ∼ 24 のルーティングを設定するメニューです。通常は
初期設定のままで使用し、出力のルーティングをレコーディン
グコンソールで行ないます。出力が 48 未満のコンソールを使
用するとき、このメニューで状況に応じた設定を行なうとよい
でしょう。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Sample Rate を表示します。
3. CHNG ボタンを押します。
4. ▲/▼ボタンを使って希望のサンプリング周波数を表示します。
5. ENTER/YES ボタンを押します。
16 TASCAM
X-48
第 4 章 各種設定
デジタルオーディオクロックの選択
出力することもできます。例えば、最大サンプリング周波数が
デジタル接続を行なった場合、複数のオーディオ機器が同じデジタ
の中で使うことができます。
48kHz のクロックジェネレーターを、96kHz で動作するシステム
ルオーディオクロックレートで正確に走行し、各デジタルサンプル
が正確に揃っていなければなりません。そうでないと、オーディオ
ADAT カード/ AES カード(1, 2)
からクリックやポップノイズが発生したり、あるいはオーディオが
X-48 のデジタルオーディオクロックが、スロット 1 または 2 にイ
完全にミュートされるといった不具合が生じます。
ンストールしているデジタル入出力カードの最初の 8 チャンネル入
X-48 はさまざまな条件のデジタルオーディオクロックに対応して
います。以下にクロックに関する選択肢およびそれらがどうのよう
な状況で使われるかを説明します。
力グループに供給されるデジタルオーディオクロック信号にロック
します。例えば、X-48 がスロットを通じてミキサーや別のレコー
ダーなどの機器にデジタル接続されているときに、この設定が使わ
れます。
なおこれらの設定は Setting 画面の Sync タブで行ないます。
S/PDIF
Internal
X-48 のデジタルオーディオクロックが、リアパネルの S/PDIF 端
内部デジタルオーディオクロックを基準に、選択中のサンプリング
子に入力されるデジタルオーディオ信号にロックします。例えば、
周波数で X-48 が走行します。X-48 をアナログミキサーと接続し
ステレオオーディオを X-48 にコピーする目的で X-48 が外部機器
た場合や、デジタル機器との接続で X-48 をクロックマスターにす
の S/PDIF 出力にデジタル接続されているときに、この設定が使わ
るときに選択します。
れます。
Varispeed
TDIF Port 1
バリスピードというのはレコーダーが基準スピードと異なるスピー
X-48 のデジタルオーディオクロックが、リアパネルの TDIF 1-8
ドで走行することを言います。基準スピードで録音したオーディオ
ポートに入力されるデジタルオーディオ信号にロックします。例え
を、スピードを変えて再生することにより、再生トータル時間を変
ば、X-48 が TDIF を通じてミキサーや別のレコーダーなどの機器
えたり、音の高さを変えることができます。X-48 ではクロックを
にデジタル接続されているときに、この設定が使われます。
Internal に設定したときのみ、バリスピード機能を使うことができ
ます。外部クロックを基準に動作している場合、X-48 は常に外部
Resolve to Video In
クロックのレートに従います。
チェックマークを付けると、X-48 のタイムコードのフレームエッ
Word Clock
ジがビデオリファレンス信号のエッジにアラインします。この項目
はサンプルクロックソースとしては使われません。X-48 がビデオ
X-48 のデジタルオーディオクロックが、WORD CLOCK IN 端子
レコーダー、カメラ、エディットコントローラーなどの機器にタイ
に供給されるワードクロックにロックします。Word Clock に設定
ムコード同期していて、すべての機器が同じビデオリファレンス信
されているときにワードクロックが供給されない場合、GUI 内のサ
号(ブラックバースト)にロックしているときに、このボックスに
ンプリング周波数表示およびフロントパネルの SAMPLE LOCK
チェックマークを付けます。フィルムやビデオとの同期に関する詳
インジケーターが点滅して、クロックがロックしていないことを示
します。
細については、「ビデオクロックのフレームエッジにリゾルブ」
(33 ページ)をご覧ください。
一般的に、多くのデジタルオーディオ機器がシステム内に接続され
ていて、クロックジェネレーターまたはデジタルオーディオ機器の
入出力の設定
うちのいずれかがクロックを発生しているとき、ワードクロックが
基準クロックとして使われます。
Invert Word Out Polarity
以下に、X-48 の別売の入出力カードの設定について説明します。
マウス/キーボード操作
デジタルオーディオ機器のメーカーによって、機器がクロック信号
Windows メニューから Settings を選択し、I/O タブをクリック
の立ち上がりでロックするものと立ち下がりでロックするものがあ
します。
ります。この設定項目を適切に設定することにより、いずれのタイ
プの機器をクロックマスターにしたときであっても X-48 を正しく
同期させることができます。なお、クロック信号のロック位置につ
いては、すべてのメーカーの取扱説明書に書かれているわけではあ
りませんので、クロック設定が正しいにもかかわらず、クリックな
どの問題がある場合はこの設定値を変更してみてください。
Clock Rate Multipliers
古いワードクロックジェネレーターの中にはベースサンプリング周
波数(44.1k、48k)のみをサポートしているものがあります。
これらのジェネレーターをハイサンプリング周波数(88.2k、
96k)のシステム内で使った場合でも、X-48 はロックすることが
I/O Cards
画面の上部に、インストールされている別売の入出力カードのリス
トが表示されています。
I/O Setup
I/O Card Select メニューを使って、プルダウンメニューから入
力および出力のタイプを 8 チャンネルグループで選択することがで
き ま す ( デ フ ォ ル ト で は T D I F に 設 定 さ れ て い ま す )。 I n p u t
Routing プルダウンメニューで、トラック入力ソースを 8 チャン
ネル単位で設定します。これらは出力系統が 48 未満のコンソール
の出力をレコーダー入力に割り当てるときに使います。
できるだけでなく、2 倍のサンプリング周波数のワードクロックを
TASCAM X-48
17
第 4 章 各種設定
例えば、24 系統の TDIF 出力を持つコンソールの場合、X-48 に以
下のように接続します。
1. コンソールの TDIF 出力 1-24 を TDIF 入力 1-24 に接続します。
2. チャンネル 1-8 と 25-32 の Input Routing を Input Group 1
1-8 に設定します。
3. チャンネル 9-16 と 33-40 の Input Routing を Input Group
2 9-16 に設定します。
アナログ入出力の基準レベル
Settings メニューからアナログの基準レベルの設定を行なうこと
ができます。
Windows メニューから Settings を選択し、I/O タブをクリック
して、プルダウンメニューから I/O Operating Level を選択しま
す。選択できる基準レベル(dBFS)は-9、-14、-16、-18 およ
び-20 です。
4. チャンネル 17-24 と 41-48 の Input Routing を Input
Group 3 17-24 に設定します。
この接続によって、物理的にパッチ変更を行なうことなく、全 48
コントロールモード
トラックが信号を入力することができます。コンソール出力 1 はト
X-48 には以下の 4 つのトランスポートコントロールモードがあり
ラック 1 と 25 に送られ、コンソール出力 2 はトラック 2 と 26 に
ます。
送られる、というようになります。なお、Edit/Track 画面にはト
ラック単位の入力選択プルダウンメニューがあり、ここでの設定が
Settings 画面での設定より優先されます。
また画面下部のプルダウンメニューからアナログ入出力の基準レベ
Internal
デフォルトはトランスポート、マウス、キーボードからのローカル
コントロールです。
ルを選択することができます。詳しくは次項「アナログ入出力の基
SMPTE
準レベル」をご覧ください。
このモードを選択中、フロントパネルの TC CHASE ボタンが点灯
S/PDIF
していると、X-48 は TIME CODE IN 端子に入力される SMPTE
画面下部のチェックボックスで、S/PDIF 入力のサンプリング周波
数変換のオン/オフを選択することができます。
タイムコードをチェイスします。
MIDI (MTC)
このモードを選択中、フロントパネルの TC CHASE ボタンが点灯
フロントパネル操作
以下の手順でフロントパネルから入出力カードの設定を行なうこと
していると、X-48 は MIDI IN 端子に入力される MIDI タイムコー
ドをチェイスします。
ができます。
Theater Play
1. INP 1-24 ボタンまたは INP 25-48 ボタンを押します。
2. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て 、 8 入 出 力 単 位 の バ ン ク ( " I O C a r d
CD プレーヤーのオートキュー機能によく似た再生モードです。詳
細については 34 ページをご覧ください。
Select 1-8"など)を選択して、CHNG ボタンを押します。
3. TDIF 1-8 または Slot 1 (1-8) を選択し、ENTER/YES ボタ
ンを押します。
4. 入出力タイプの変更を終えたら、EXIT/NO ボタンを押します。
入力信号を異なる番号のトラックに送る(例えば、入力 1-24 をト
ラック 25-48 に送るなど)には、以下の手順で行ないます。
1. INP 1-24 ボタンまたは INP 25-48 ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って、トラックのバンクに対するルーティング
("Input Routing 25-32"など)を選択し、CHNG ボタンを押
します。
MIDI デバイス ID
MIDI マシンコントロールを使った作業では、コマンドの送信先を
指定できるように、システム内の各機器に MIDI デバイス ID を設定
します。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューから Settings を選択し、System タブをク
リックします。
2. MIDI Device ID プルダウンをクリックします。
3. 入 力 の バ ン ク ( " I n p u t G r p 1 1 - 8 " な ど ) を 選 択 し 、
3. リストから希望のデバイス ID を選択します。
ENTER/YES ボタンを押します。
4. 入力グループの変更を終えたら、EXIT/NO ボタンを押します。
フロントパネル操作
1. SYS ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Midi Device ID を選択し、CHNG ボタン
を押します。
3. リストから ID を選択し、ENTER/YES ボタンを押します。
18 TASCAM
X-48
第 4 章 各種設定
Sony 9 ピン
VIDEO IN 端子はハイデフィニションビデオ用のトライレベルシン
X-48 を Sony 9 ピン(P2 あるいは RS-422 と呼ばれることもあ
場合、X-48 は自動的にトライレベルシンク機能をオンにします。
ります)プロトコルでコントロールすることができます。以下の手
サンプルクロックとビデオシンクに関する詳細は、「第 3 章 録音」
順でコントロールするための設定を行ないます。
をご覧ください。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューから Settings を選択し、System タブをク
リックします。
2. Prefs タブをクリックします。
Sony 9-pin セクションに、3 つの設定(Track Arm、Punch
Delay、Chase Control)があります。以下に、これらの設定に
ついて説明します。
クをサポートしています。ブラックバースト入力がトライレベルの
プルアップ/プルダウン時のサンプリング周波数
X-48 はサンプリング周波数のプルアップ/プルダウン機能をサポ
ートし、フィルムやビデオのポストプロダクションで威力を発揮す
ることができます。新規のセッションでサンプリング周波数を設定
するとき、最後の納品形態を考えてそれに応じたサンプリング周波
数を選択するようにしてください。サンプリング周波数に関する詳
細は、「第 5 章 レコーダー」をご覧ください。
フロントパネル操作
1. PREF ボタンを押します。
ネットワーク設定
2. ▲/▼ボタンを使って設定項目(P2 Track Arm、P2 Punch
X-48 は高速ギガビットイーサネット接続を使ってコンピュータに
Delay または P2 Chase Control)を選択し、CHNG ボタン
接続することができます。X-48 とコンピュータの接続にはイーサ
を押します。
ネットクロスオーバーケーブルが必要です。ただし、最近の Apple
Track Arm
Digital/Console を選択すると、9 ピンプロトコルでトラックのレ
コンピュータのようにオートセンシング機能付きのイーサネットコ
ネクターを装備しているコンピュータの場合、ストレートケーブル
を使うことも可能です。
ックレディのオン/オフを行なうことができます。Local を選択す
ると 9 ピン経由によるレックレディのオン/オフができません。
イーサネットケーブルの接続を終えたら、X-48 とコンピュータの
双方のネットワーク設定を行ないます。
Punch Delay
パンチインディレイを 0 ∼ 6 フレームの間で設定することができ
ます。パンチイン時に遅れが発生する古いビデオデッキをエミュレ
ートする機能です。
X-48 のネットワーク設定方法:
マウス/キーボード操作
1. Settings 画面の"System"タブをクリックします。
Chase Control
2."Configure..."ボタンをクリックします。
LTC (SMPTE)、MTC (MIDI)またはオフを選択します。
3. "Use the following IP address"を選択します。
4. "IP address"を"192.168.1.1"に設定します。すでにこのアド
ビデオリファレンス
ビデオ機器との作業では、ビデオリファレンスを選択して、X-48
の再生オーディオ/タイムコードをビデオブラックバースト信号の
レスがルーターで使用されている場合、最後桁を別の数字にし
てください。
5. "Subnet mask"を"255.255.255.0"に設定します。
フレームエッジに揃えます。以下の手順でビデオリファレンスを選
6. "Default gateway"項目は空欄にしておきます。
択します。
7. "Use the following DNS server addresses."を選択されて
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューから Settings を選択し、System タブをク
リックします。
2. Sync タブをクリックします。
3. Resolve to Video In と表示されたボックスにチェックマーク
を入れます。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを押して Resolve to Video In を選択し、CHNG
ボタンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って On を選択し、ENTER/YES ボタンを押
します。
いることを確認してください。
8. "Preferred DNS server"と"Alternate DNS server"項目は空
欄にしておきます。
9. OK ボタンをクリックします。
10File メニューから"Drive Sharing..."を選択して、X-48 のハー
ドディスクの共有を開始します。
Windows XP コンピュータを X-48 とネットワーク接続す
る設定の方法:
1. スタート→コントロールパネル→ネットワーク接続 と進みま
す。
2. ネットワーク接続のリストの中に"ローカルエリア接続"という
項目があります。
3. "ローカルエリア接続"を右クリックして"プロパティ"を選択しま
す。
TASCAM X-48
19
第 4 章 各種設定
4. "インターネットプロトコル(TCP/IP)"をクリックして反転
表示にします(チェックボックスはチェックされたままの状態
にしてください)。
5. "プロパティ"ボタンをクリックします。
「ローカルエリア接続のプロパティ」画面が表示されます。
6. "次の IP アドレスを使う"を選択します。
21.アイコンをダブルクリックすると、X-48 の内蔵ハードディス
クが表示されます。名前は"X48 Data Drive"です。
22."X48 Data Drive"をダブルクリックすると、内容が表示され
ます。
23.'XProjects' をダブルクリックすると、X-48 の各プロジェク
トのディレクトリが表示されますので、希望のファイル操作を
行って下さい。
7. "IP アドレス"を"192.168.1.2"に設定します(X-48 の IP アド
レスと異なります)。IP アドレスがすでにネットワーク上で使
用されている場合、最後桁を違う数字に設定してください。
8. "サブネットマスク"を"255.255.255.0"に設定します。
9. "デフォルトゲートウェイ"は空白のままにします。
10."次の DNS サーバーのアドレスを使う"が選択されていることを
確認します。
Mac OS X コンピュータを X-48 とネットワーク接続する
設定の方法:
1. アップルメニューの「システム環境設定...」項目をクリックし、
「ネットワーク」をクリックします。
2. ネットワーク画面に切り替わりますので、「表示」プルダウン
メニューをクリックし、「内蔵 Ethernet」を選択します。
3. TCP/IP を選択し、Configure IPv4 プルダウンメニューをク
11."優先 DNS サーバー"と"代替 DNS サーバー"は空白のままにし
ます。
リックし、手入力を選択します。
4. IP アドレスを"192.168.1.2"(X-48 の IP アドレスと異なり
12.OK ボタンを押します。
13.「ローカルエリア接続のプロパティ」ウィンドウを閉じます。
14.スタート-> マイネットワークを開きます。
15.「マイネットワーク」ウィンドウの左側に「ネットワークタス
ク」のリストがあります。
16."ワークグループのコンピュータを表示する"を選択します。こ
の左側のリストが表示されない場合、ツールメニューのフォル
ダオプションを選択し、"全般"タブを選択し、"フォルダに共通
の作業を表示する"をクリックします。
ます)に設定します。IP アドレスがすでにネットワーク上で使
用されている場合、最後桁を違う数字に設定してください。
5. サブネットマスクを"255.255.255.0"に設定します。
6. ルータ、DNS サーバおよび検索ドメインは空白のままにしま
す。
7. 今すぐ適用をクリックし、ウィンドウを閉じます。
8. 新しい"Finder" を開き、ウィンドウの左側にある Network グ
ローブをクリックします。
9. X-48 は"X48-uo0t97er5vk"のように表示されます(X-48
あるいは、「その他」のリスト内の「ネットワーク全体」をク
がこのリストに表示されるまで約 1 分ぐらいを要する可能性が
リックし、"Microsoft Windows Network"をダブルクリック
あります)。
すると、"Workgroup" が表示されます。この"Workgroup"を
ダブルクリックすると、X-48 が表示されます。
お手持ちのコンピュータと X-48 のワークグループ名が異なる
場合、1 レベル上のウィンドウを開いて、ネットワーク上のす
べてのワークグループを見て、"WORKGROUP"の中に X-48
があることを確認してください。
10.接続されている X-48 のアイコンをダブルクリックします。
11.ユーザー名とパスワードを入力するプロンプトが表示されま
す。
12.名前を"administrator"、パスワードを"admin"に設定します。
13.マウントしたいドライブを選ぶよう、メッセージが表示されま
X-48 は"X48-uo0t97er5vk"のように表示されます(X-48
す。選択肢は"X48 Data Drive"のみです。OK をクリックし
がこのリストに表示されるまで約 1 分ぐらいを要する可能性が
ます。
あります)。
14."X48 Data Drive"をダブルクリックすると、内容が表示され
17.X-48 のワークグループ名は必ず"WORKGROUP"です。
Windows XP ホームは"MSHOME"というデフォルトネットワ
ーク名を持っています。コンピュータのワークグループ名を見
つけるには、コントロールパネル-> システム-> コンピュータ名
タブと進みます。
18.接続されている X-48 のアイコンをダブルクリックします。
19.ユーザー名とパスワードを入力するプロンプトが表示されま
15..'XProjects' をダブルクリックすると、X-48 の各プロジェク
トのディレクトリが表示されますので、希望のファイル操作を
行って下さい。
動作上のトラブルがある場合、X-48 と PC のネットワーク接続を
確認することができます。MO-DOS ウィンドウ(Windows)ま
たはアプリケーション/ユーティリティのターミナル(Mac OS
X)を開き、"ping 192.168.1.1"を入力します(この例では上記
す。
20.ユーザー名を"administrator"、パスワードを"admin"に設定し
ます。
20 TASCAM
ます。
X-48
の手順で指定された IP アドレスを使っています)。X-48 が応答し
ない場合、接続または設定が正しく行なわれていません。
第 4 章 各種設定
ハードディスクの空き容量をチェックする
レコーディングプロジェクトを開始する前に、ハードディスクの空
きスペースをチェックするとよいでしょう。
フロントパネル操作
1. DISK ボタンを押します。
5. FireWire ドライブに接続した場合、Disk1 としてマウントされ
ます。このディスクをフォーマットするには、右のバーを右ク
リックし、"Format"を選択します。
6. ディスクに名前を付け、OK を 2 回クリックします。
7. 作業を終えたら、右上部のクローズボックスをクリックします。
X-48 がシャットダウンします。ドライブを使ってレコーダー
を再スタートしてください。
2. ▲/▼ボタンを使って Free Space を選択します。
フロントパネル操作
3. ▲/▼ボタンを使ってドライブを選択し、空きスペースをチェッ
クします。
4. チェックを終えたら HOME ボタンを押します。
1. DISK ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Quick Format を選択し、CHNG ボタン
を押します。
ハードディスクのベンチマークユーティリティ
3. ▲/▼ボタンを使ってドライブを選択し、ENTER/YES ボタン
を押します。
X-48 には、使用前に接続ハードディスクをテストするユーティリ
ティがあります。レコーダーが書き込み/読み出しテストを実行し、
48kHz および 96kHz のサンプリング周波数でそのハードディス
4. ドライブをフォーマットするかどうかのプロンプトが表示され
ますので、ENTER/YES ボタンを押します。
クに何トラックの録音ができるかをレポートします。新しいハード
ディスクドライブをシステムに接続したとき(とくに中身の不明な
外部 FireWire ハードディスクドライブ接続時)、このユーティリテ
ィを実行することをお勧めします。
ドライブベンチマークツールを動作させるには:
出荷時の設定に戻す
X-48 を出荷時の設定に戻す方法を説明します。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューを開き、Settings を選択します。
マウス/キーボード操作(この方法のみ)
1. File メニューをクリックし、Drive Benchmarking..項目をク
リックします。
2. プルダウンメニューからハードディスクドライブを選択します。
2. System タブをクリックします。
3. System Settings Reset ボタンをクリックします。X-48 を
出荷時の設定に戻すかどうかのプロンプトが表示されますので、
OK ボタンをクリックします。
3. OK をクリックするとテストが始まります。約 1 分後、48kHz
フロントパネル操作
および 96kHz のサンプリング周波数でそのドライブに何トラッ
クの録音ができるかを、X-48 がレポートします。
1. SYS ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Settings を選択し、CHNG ボタンを押し
新しいハードディスクをフォーマットする
新しいハードディスクドライブは、X-48 の録音を行なう前にフォ
ーマットする必要があります。以下の手順でフォーマットを行ない
ます。
ます。
3. ▲/▼ボタンを使って Recall Defaults を選択し、CHNG ボタ
ンを押します。
4. ディスプレイに"Reset settings to factory defaults?"が表
示されますので、ENTER/YES ボタンを押します。
マウス/キーボード操作
1. File メニューをクリックし、Disk Management..項目をクリ
ックします。
2. このアプリケーションを実行後、X-48 がシャットダウンする
ことを警告するプロンプトが表示されます。Yes ボタンをクリ
ックすると、最初にプロジェクトが保存されます。
3. 続いて、Disk Management ツールを誤って使用(C ドライブ
を変更するなど)すると深刻なダメージが起きる可能性がある
ことを警告するプロンプトが表示されます。
フォーマットを開始する用意ができたら OK をクリックします。
4. Disk Management ツールが開きます。Disk0(X-48 の内蔵
ハードディスク)を起動ディスクにします。Disk0 は C ドライ
ブ(オペレーティングシステムとプログラムファイル)および
D ドライブ(書き込み可能なデータパーティション)にパーテ
ィション分割されています。
TASCAM X-48
21
第 4 章 各種設定
ユーザー設定の保存/呼び出し
デフォルトプロジェクトを作る
システム設定を保存し、後から呼び出すことができます。ときによ
以下の方法で、現在のルーティングや同期設定が反映されたデフォ
ってタイプの異なるセッションを行なうような環境では、タイプ毎
ルトプロジェクトを保存することができます。
のシステム設定を保存しておくとよいでしょう。
マウス/キーボード操作(この方法のみ)
マウス/キーボード操作
1. File メニューを開き、Save Project As...を選択します。
1. Windows メニューを開き、Settings を選択します。
2. D:エ XProjects エ Startup エに進みます。
2. System タブをクリックします。
3. プロジェクトの名前を"Startup"に設定します。OK をクリック
3. System Settings Store ボタンをクリックします。設定の名
前を入力し、OK ボタンをクリックします。
4. 保存したシステム設定を呼び出すには、Recall ボタンをクリッ
クし、呼び出す設定をクリックして、"Open" ボタンを押します。
すると、デフォルトプロジェクトが新しいファイルに置き換わ
ります。
VST プラグインをインストールする
サードバーティのプラグインに関する情報は「第 7 章 ミキサー」
フロントパネル操作
1. SYS ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Settings を選択し、CHNG ボタンを押し
ます。
3. ▲/▼ボタンを使って Store...を選択し、CHNG ボタンを押しま
す。
4. ▲/▼ボタンと CHNG ボタンを使って設定に名前を付けます。
CHNG ボタンを押すとカーソルが前に移動します。名前を付け
たら ENTER/YES ボタンを押します。
5. 設定を呼び出すには、Settings 画面で▲/▼ボタンを使って
Recall...を選択後、CHNG ボタン押します。さらに▲/▼ボタ
ンを使って呼び出すファイルを選択し、ENTER/YES ボタンを
押します。
ミキサーのバイパス
X-48 を純粋なレコーダーとして使用するとき、ミキサーをバイパ
スすることによって、入力から出力までのディレイを改善し、
CPU の負担を軽減することができます。バイパス時、ミキサーの
EQ、レベルなどの設定は無効になります。デフォルトでは、ミキ
サーバイパスがオンになっています(ミキサーがバイパスされてい
ます)。したがって、ミキサーを使用する前にバイパスを解除する
必要があります。以下の手順でミキサーバイパスの設定/解除を行
ないます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューを開き、Settings を選択します。
2. System タブをクリックします。
3. Mixer Bypass のチェックボックスをチェックするとバイパス
され、チェックを外すとミキサーが有効になります。
22 TASCAM
X-48
をご覧ください。
第 5 章 レコーダー
プロジェクトの作業
新規プロジェクトを作る
マウス/キーボード操作
1. File メニューをクリックし、New Project...を選択します(ま
たはキーボードの"Ctrl + N"操作)。
・ 現在のプロジェクトの変更を保存するかどうかのポップアップ
が表示されますので、Yes ボタンをクリックします。
・ディスプレイに以下の情報が表示されます。
ノンデストラクティブ選択時、新規レコーディングはハードディス
クに新規 WAVE ファイルとして書き込まれます。この方式では、
Undo ボタンを使うか、または以前のテイクを編集することによっ
て、以前のレコーディングテイクに戻ることができます。
この方法の欠点は、レコーディングを行なうたびに WAVE ファイ
ルが新たに作られるためハードディスクスペースの消費が激しいこ
とです。またこれらのファイルをデジタルワークステーションにイ
ンポートした場合、AAF ファイルを一緒にエクスポートしないか
ぎり、最終テイクがどれであるかが分からなくなります。
デストラクティブ方式はマルチトラックテープレコーダーと同じよ
Name: キーボードを使ってプロジェクトの名前を入力します。
うなレコーディング方式で、「テープモード」と呼ばれることもあ
キーボードは、日本語用キーボード対応となっていませ
ります。この方式では、レコーディングの後ハードディスクを見る
ん。この為、セミコロンやアンダースコア等のアルファ
と、記録したトラック毎に WAVE ファイルが 1 つずつ存在します。
ベット以外の文字入力は、日本語キーボードと異なりま
フィルムのリレコ作業では、通常デストラクティブ方式を使って最
す。
終ミックスを録音します。この作業では一日中ミックスレコーダー
Drive: 録音先のドライブを選択します。
Mode: 編集モードを設定します。Non-Destructive(非破壊
に対してパンチイン/アウト操作を行ないますが、ドルビーデジタ
ルエンコード用の最終承認ミックスのマスターファイルのみが必要
です。デストラクティブ方式では以前のテイクをキープしないため、
編集)または Destructive(破壊編集)を選択しま
ハードディスクのスペースの消費量が少ないという長所がありま
す。詳細については次節をご覧ください。
す。ただしマルチトラックテープ同様、上書きを行なうと以前の録
Sample Rate:セッションのサンプリング周波数を選択しま
す。通常、44.1k(CD 規格)、48k(DAT 規格)
、
音データは回復できません。デストラクティブモードにはアンドゥ
機能がありません。
88.2(CD の 2 倍)、96k(DAT の 2 倍)の中から選
択します。これら以外のサンプリング周波数はポストプ
プロジェクトを開く
ロダクション用として使われます。これらを使用する状
況などについては「サンプリング周波数(XX ページ)
」をご覧ください。
マウス/キーボード操作
1. File メニューをクリックし、Open Project..項目をクリックし
Bit Depth:ビット長を 16、24、32 ビット浮動小数点の中か
ら選択します。
2. OK ボタンをクリックします。
ます(またはキーボードの"Ctrl + O"操作)
。
2. 現在のプロジェクトの変更を保存するかどうかのポップアップ
が表示されますので、Yes ボタンをクリックします。
3. Open Project ウィンドウが表示されます。ウィンドウ上部の
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PROJ ボタンを押し、▲/▼ボタンを
使って New を選択し、CHNG ボタンを押します。
2. ENTER/YES ボタンを押して、現在のプロジェクトを保存しま
す。
3. ▲/▼ボタンを使って録音先のドライブを選択し、ENTER/YES
ボタンを押します。
Up ボタンを使ってハードディスクの階層レベルを上げることが
できます。最上レベルでは、システムに接続されているドライ
ブを見ることができます。
4. プロジェクト内のフォルダをダブルクリックします。拡張子
".ndr"の付いているファイル名のプロジェクトがあるはずです。
このファイルをダブルクリックすると、プロジェクトが開きま
す。
4. ビット長を 16、24、32 ビット浮動小数点の中から選択し、
ENTER/YES ボタンを押します。
5. プロジェクト名を入力します。▲/▼ボタンを使って文字を選択
し、CHNG ボタンを使ってカーソルを移動します。
6. ENTER/YES ボタンを押すとプロジェクトが作成されます。
EXIT/NO ボタンを押すとキャンセルされます。
デストラクティブ(破壊)とノンデストラクティブ
(非破壊)
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PROJ ボタンを押し、▲/▼ボタンを
使って Open を選択し、CHNG ボタンを押します。
2. ENTER/YES ボタンを押して、現在のプロジェクトを保存しま
す。
3. ドライブを選択します。
4. ▲/▼ボタンを使ってファイルを選択し、ENTER/YES ボタン
を押して選択したファイルを開きます。キャンセルするには
EXIT/NO ボタンを押します。
X-48 にはデストラクティブとノンデストラクティブの 2 種類のレ
コーディング方式があります。デフォルトはノンデストラクティブ
です。
TASCAM X-48
23
第 5 章 レコーダー
プロジェクトを保存する
プロジェクトをインポートする
X-48 は Open TL プロジェクトをインポートすることができます。
マウス/キーボード操作
・ File メニューをクリックし、Save Project..項目をクリックし
ます(またはキーボードの"Ctrl + S"操作)
。
フロントパネル操作
・ X-48 のフロントパネルの PROJ ボタンを押し、▲/▼ボタンを
使って Save を選択し、CHNG ボタンを押します。
ファイルデータをまめに保存しましょう
X-48 はレコーディング中にドライブにデータを書き込みます。レ
コーディング中は定期的に保存を行なうことをお勧めします。また
ミキサー設定を変更したときは常に保存を行なうことをお勧めしま
この機能はマウス/キーボードによる操作でのみ実行できます。フ
ロントパネルの LCD ディスプレイを使って実行することはできま
せん。
マウス/キーボード操作(この方法のみ)
1. File メニューから Import Project...を選択します。
2. 現在のプロジェクトの変更を保存するかどうかのポップアップ
が表示されますので、Yes ボタンをクリックします。
3. インポートするプロジェクトを選択します。別のドライブを選
択することもできます。Open をクリックしてプロジェクトを
選択します。
す。また以下に述べる自動保存機能もあります。ただし、レコーデ
ィング中に X-48 の電源が落ちた場合、レコーディング中のオーデ
ィオクリップは失われます。
作業を無駄にしないためにも、また安心のためにも、頻繁に保存を
実行することをお勧めします。
プロジェクトを自動保存する
プロジェクトをエクスポートする
X-48 のレコーディングプロジェクトを、AAF(Advanced
Authoring Format)ファイルまたは Open TL ファイルでエクス
ポートすることができます。AAF ファイルは Pro Tools、Logic、
Nuendo など多くのデジタルオーディオワークショップによってサ
ポートされています。AAF ファイルをインポートするためにはソ
自動保存モードをオンにすろと、停電時や電源異常時などにレコー
フトウェアの追加が必要な場合があります。たとえば Pro Tools
ディング/ミックスの内容が自動的に保存されます。
の場合、Digi Translator が必要です。詳細についてはお手持ちの
ワークステーションの説明書またはサポートウェブサイトをご覧く
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings を選択します(ま
たはキーボードの"Shift + F8"操作)。
ださい。この機能はマウス/キーボードによる操作でのみ実行でき
ます。フロントパネルの LCD ディスプレイを使って実行すること
はできません。
2. Prefs タブを選択します。
3. Auto-save Projects のチェックボックスをクリックします。
マウス/キーボード操作(この方法のみ)
自動保存を行なう間隔を 1 ∼ 120 分の間に設定することができ
1. File メニューから Export Project...を選択します。
ます。
2. ウィンドウ下部の Filter を使って、出力フォーマット(AAF ま
たは Open TL)を選択します。
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PREF ボタンを押します。
3. 別のドライブを選択することもできます。Save をクリックす
るとプロジェクトがエクスポートされます。
2. ▲/▼ボタンを使って Auto Save を選択し、CHNG ボタンを押
します。
プロジェクトをコピーする
3. ▲/▼を使って On を選択し、ENTER/YES ボタンを押します。
4. PREF ボタンを再度押し、▲ボタンを 1 回押して Auto Save
Time を選択し、CHNG ボタンを押します。
5. 自動保存を行なう間隔時間を設定(デフォルトは 10 分)し、
ENTER/YES ボタンを押します。
X-48 のプロジェクトのコピーを作成することができますので、例
えば別の機器にプロジェクトをバックアップすることができます。
"Save as..."を使うとプロジェクト設定ファイルをコピーできるの
に対して、Copy 機能では全レコーディングデータを含むプロジェ
クト全体がコピーされます。
マウス/キーボード操作
1. File メニューをクリックし、File Manager を選択します(ま
たはキーボードの"Control + F"操作)。
2. File Manager ウィンドウが表示されます。このウィンドウの
左右に分かれています。左側で、コピー元のプロジェクトフォ
ルダ(.ndr ファイルおよび Audio フォルダを含みます)を選択
します。このフォルダをクリックして反転表示します。
3. 右側で、プロジェクトのコピー先(例えば、FireWire ハードデ
ィスクなど)を選択します。
24 TASCAM
X-48
第 5 章 レコーダー
4. コピー元とコピー先を選択後、中央部の Copy >> ボタンをクリ
ックします。
フロントパネル操作
このフォルダをクリックして反転表示します。
2. 中央部の Delete ボタンをクリックします。
・ Confirm Delete ウィンドウが表示されますので、OK ボタンを
クリックします。
1. X-48 フロントパネルの PROJ ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Copy を選択し、CHNG ボタンを押しま
す。
3. ▲/▼ボタンを使ってコピー元プロジェクトフォルダを選択し、
ENTER/YES ボタンを押します。
4. ▲/▼ボタンを使ってプロジェクトファイル(.ndr ファイル)を
選択し、ENTER/YES ボタンを押します。
5. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て コ ピ ー 先 ド ラ イ ブ を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
6. ▲/▼ボタンと CHNG ボタンを使ってコピー先のプロジェクト
名を入力し、ENTER/YES ボタンを押します。
フロントパネル操作
1. X-48 フロントパネルの PROJ ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Delete を選択し、CHNG ボタンを押しま
す。
3. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て プ ロ ジ ェ ク ト フ ォ ル ダ を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
4. ▲/▼ボタンを使って削除するプロジェクトファイル(.ndr ファ
イル)を選択し、ENTER/YES ボタンを押します。
5. 確認メッセージが表示されますので、ENTER/YES ボタンを押
します。EXIT/NO ボタンを押すと削除操作がキャンセルされま
す。
プロジェクトを CD や DVD にバックアップする
プロジェクトをバックアップすることができます。バックアップ先
最後に作業したプロジェクトをロードする
は、内蔵 DVD ドライブ、ネットワーク、または別のハードディス
X-48 の起動時、最後に作業したプロジェクトをロードするような
クです。
デフォルト設定にすることができます。何日も掛かる作業を行なう
別のハードディスクにバックアップする方法は、前述の「プロジェ
ような環境やライブ/シアター用の再生機として X-48 を使う場合
クトをコピーする」をご覧ください。接続しているネットワークに
など、この設定が役に立ちます。
プロジェクトをコピーする方法については「ネットワーク設定」
(19 ページ)をご覧ください。
以下に内蔵の DVD レコーダーにバックアップする方法を説明しま
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックして Settings を選択します(ま
たはキーボードの"Alt + F8"操作)。
す。
・ Settings ウィンドウが表示されます。このウィンドウの下部の
マウス/キーボード操作
1. File メニューをクリックして File Manager を選択します(ま
たはキーボードの"Control + F"操作)。
・ File Manager ウィンドウが表示されます。このウィンドウの
左右に分かれています。左側で、バックアップしたいプロジェ
クトフォルダ(.ndr ファイルおよび Audio フォルダを含みます)
を選択します。このフォルダをクリックして反転表示します。
2. 中央部の Backup ボタンをクリックします。
・ Burn Options ウィンドウが表示されます。このウィンドウに
は選択したプロジェクトフォルダの容量が表示され、プロジェ
Prefs タブをクリックします。
2. ウィンドウ上部の Load Last Project on startup チェックボ
ックスをチェックします。
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PREF ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Load Last Project を選択し、CHNG ボ
タンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って On を選択し、ENTER/YES ボタンを押
します。
クトをコピーするメディアを 650MB CD、70MB CD、
4.7GB DVD の中から選択することができます。またチェック
ボックスにチェックマークを付けると、コピーした後でディス
クの検証が行なわれます。
プロジェクトを削除する
マウス/キーボード操作
1. File メニューをクリックして File Manager を選択します(ま
たはキーボードの"Control + F"操作)。
・ File Manager ウィンドウが表示されます。このウィンドウの
左右に分かれています。左側で、削除したいプロジェクトフォ
ルダ(.ndr ファイルおよび Audio フォルダを含みます)を選択
します。
TASCAM X-48
25
第 5 章 レコーダー
トランスポートの操作
タイムコードチェース
タイムコードチェース機能を使って、X-48 を入力タイムコードに
ローカル
チェースさせることができます。
X-48 のフロントパネルおよび VGA モニター上には、6 つの一般
フロントパネル操作
的なトランスポートボタンが装備されています。
・ X-48 のフロントパネルの TC CHASE ボタンを押します。
REW ボタン
Sync Control Mode メニューで選択したタイムコードを X-48
トランスポートを早戻します。3 秒間押し続けると、早戻し速
がチェースします。
度が上がります。さらに 3 秒間押し続けると、さらに早戻し速
度が上がります。
リハーサル
F FWD ボタン
トランスポートを早送りします。3 秒間押し続けると、早送り
速度が上がります。さらに 3 秒間押し続けると、さらに早送り
速度が上がります。
STOP ボタン
リハーサル機能を使って、実際にディスクに録音をせずにレコーデ
ィングのシミュレートが可能です。オートパンチイン/アウト時に
ポイントチェックやリハーサルをするときに便利な機能です。
マウス/キーボード操作
再生、録音、ループ再生を停止します。
・ 画面右上部のトランスポートセクション内の REH ボタンをクリ
ックします。
PLAY ボタン
再生、ループ再生、ループ録音を開始します。
RHSL ボタン
フロントパネル操作
・ X-48 のフロントパネルの RHSL ボタンを押します。
録音リハーサルを開始します。実際に録音を行なわず、録音を
エミュレートしてインプットモニターモードが変化します。パ
ンチイン/アウトポイントを設定するときなどに使います。
REC ボタン
プリ/ポストロール
リハーサル機能を使って、実際にディスクに録音をせずにレコーデ
ィングのシミュレートが可能です。オートパンチイン/アウト時に
PLAY ボタンと同時に押すことによって録音を開始します。た
ポイントチェックやリハーサルをするときに便利な機能です。
だしワンボタン録音機能をオンにしておくと、このボタンだけ
を押すことによって録音が始まります(次項参照)。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックして Settings を選択します(ま
たはキーボードの"Alt + F8"操作)。
ワンボタン録音
・ Settings ウィンドウが表示されます。このウィンドウの下部の
ワンボタン録音機能をオンにすると、REC ボタンだけを押すこと
によって X-48 が録音を開始します(PLAY ボタンとの同時押しを
行なう必要がありません)。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックして Settings を選択します(ま
Transport タブをクリックします。
・ ウィンドウ下部の Enable Pre/Post-Roll チェックボックスを
チェックします。
2. Pre-Roll と Post-Roll の時間フィールドに希望の時間を入力し
ます。
たはキーボードの"Alt + F8"操作)。
・ Settings ウィンドウが表示されます。このウィンドウの下部の
Transport タブをクリックします。
2. ウィンドウ上部の One Button Record チェックボックスをチ
ェックします。
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PREF ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Use Pre/Post0Roll を選択し、CHNG
ボタンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って On を選択し、ENTER/YES ボタンを押
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PREF ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って One Button Record を選択し、CHNG
ボタンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って On を選択し、ENTER/YES ボタンを押
します。
4. プリロールタイムとポストロールタイムを設定することができ
ます。
5. ▲/▼ボタンを使って Pre-Roll を選択し、▲/▼ボタンと CHNG
ボタンを使ってプリロールタイムを設定します。設定を終えた
ら ENTER/YES ボタンを押します。
します。
6. ▲/▼ボタンを使って Post-Roll を選択し、▲/▼ボタンと
CHNG ボタンを使ってプリロールタイムを設定します。設定を
終えたら ENTER/YES ボタンを押します。
26 TASCAM
X-48
第 5 章 レコーダー
バリスピード
バリスピード機能はレコーダーの再生スピードを変える機能です。
録音と再生
このときサンプリング周波数は再サンプルされますので、出力され
インプットモニター
るデジタル信号のサンプリング周波数は変わりません。スピードの
X-48 のインプットモニター機能では、3 種類のオプションモード
変化に伴ってピッチも変わりますので、曲のスピードを変える目的
を選択することができます。
で使うほかに、楽器のピッチを合わせるために使うこともできます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックして Settings を選択します(ま
たはキーボードの"Alt + F8"操作)。
通常のインプットモニターでは、レコードレディがオンのトラック
はすべて、再生中、録音中、停止中に関わらず、常に入力をモニタ
ーします。トラッキング時にはこの基本モードが使われますが、状
況に応じて以下のオプションモードと組み合わせて使うことができ
ます。
2. Settings ウィンドウが表示されます。このウィンドウの下部の
Sync タブをクリックします。
3. Varispeed Enable チェックボックスをチェックします。
4. Enable 表記右の数値ボックスにピッチ(%)を入力するか、
Enable 表記下のスライダーを移動してピッチ値を設定します。
・オートインプットモード
トランスポートが停止中または録音中、入力モニターになります。
再生中は再生モニターになります。このモードはパンチイン/アウ
ト録音時に使われます。パンチイン手前のプリロール部は再生音が
聞こえます。
・ ADR モニターモード
オートインプットモードに似ていますが、トランスポートが録音中
のみインプットモニターになります。停止中や再生中は再生モニタ
ーになりますので、フィードバックを避けることができます。
・オールインプットモード
レコードレディ設定に関わらず、全トラックがインプットモニター
になります。ライブレコーディングで使われます。
マウス/キーボード操作
1. Option メニューをクリックします。
・ オートインプットにするには、Auto Input 項目から On を選択
します。ADR モニターモードにするには、Auto Input 項目か
ら ADR を選択します。オールインプットにするには、All
Input 項目を選択します。
フロントパネル操作
1. オートインプットにするには、フロントパネルの AUTO/ALL
INPUT ボタンを押します。
2. オールインプットにするには、SHIFT ボタンを押しながら
AUTO/ALL INPUT ボタンを押します。
ヒント
個々のトラック別にインプットモードの設定を行なうことができま
す。
トラック別にインプットモードの設定を行なうことができます。
・ マウス/キーボード操作では、画面左側の各トラック番号の脇
の "I" ボタンをクリックします。
・ フロントパネル操作では、SHIFT ボタンを押しながら希望のト
ラックのレックレディボタンを押します。
TASCAM X-48
27
第 5 章 レコーダー
レコードレディ
メーターの設定
マウス/キーボード操作
メーターのパラメータを設定することができます。
・ 画面左側の各トラック番号右にある"R"ボタンをクリックしま
Peak Hold
す。
・ レコードレディ状態では、ボタンが赤く点滅します。
最大信号レベル時のメーターポジションをホールドします。一定時
間経過後に自動クリアするか、手動でクリアするまでホールドする
かを設定できます。
パンチクロスフェードタイム
パンチイン/アウトポイントでのオーディオクリックをなくすため
に、X-48 は自動的に録音のフェードイン/アウトを行ないます。
非常に短いクロスフェードタイムでオーディオクリックを回避する
ことができます。クロスフェードタイムは 0ms(オフ)∼ 90ms
の範囲で 10ms ステップで設定することができます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックして Settings を選択します(ま
たはキーボードの"Alt + F8"操作)。
2. Settings ウィンドウが表示されます。このウィンドウの下部の
Pref タブをクリックします。
3. ウィンドウ内の Punch Crossfades 項目をクリックし、希望
のクロスフェードタイムを選択します。
フロントパネル操作
1. X-48 のフロントパネルの PREF ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Punch Crossfade を選択し、CHNG ボ
タンを押します。
Pre-fader / Post-fader
メーターの信号監視位置をプリフェーダーにするかポストフェーダ
ーにするかを選択します(ミキサーバイパスモード時は無効です)。
View Masters
VGA モニター上でグループや AUX 出力の信号レベルを見ること
ができます。
マウス/キーボード操作
1. 画面の上部にメーターが表示されていない場合、メーターボタ
ン(
)をクリックします。
2. Options メニューをクリックして、Meters 項目を選択します。
この項目からさらに、Peak Hold と Clear Overloads を選択
できます。
3. Options メニューをクリックして、Meters 項目を選択します。
この項目から Pre-Fader と Post-Fader のモード選択を行ない
ます。
4. Options メニューをクリックして、Meters 項目を選択します。
この項目から View Master を選択すると、グループ/ AUX マ
3. ▲/▼ボタンを使って希望のクロスフェードタイムを選択し、再
度 CHNG ボタンを押します。
スター/ステレオマスターのレベルを見ることができます。あ
るいは、画面上のメーターをクリックします。
5. メーターピーク値のホールド時間を設定するには: Windows
アンドゥ/リドゥ
テープレコーダーと異なり、X-48 は実行したレコーディングを取
り消して(アンドゥ)、以前の状態に戻す(リドゥ)ことができま
す。アンドゥ/リドゥ操作はマウス/キーボード操作でのみ可能で
す。
メニューをクリックして Settings を選択 → Prefs タブをクリ
ック → Clear Overloads のプルダウンで 1sec、5sec、
30sec または Hold(∞)を選択します。
ヒント
GUI メーターを表示するには、画面の中央にあるメーターボタ
ン(
マウス/キーボード操作(この方法のみ)
)をクリックするか、あるいはキーボードの"1"を押すと、
メーターが表示されます。
・ アンドゥを行なうには、Edit メニューをクリックして Undo を
フロントパネル操作
選択します(またはキーボードの"Control + Z"操作)。この操
作を繰り返し行なうことにより、アンドゥを遡ることができま
す。
1. PREF ボタンを押して、Meters を選択し CHNG ボタンを押し
ます。
・ リドゥを行なうには、Edit メニューをクリックして Redo を選
択します(またはキーボードの"Control + Y"操作)。
2. Meter Mode を選択し、CHNG ボタンを押して Pre-Fader
(デフォルト)と Post-Fader を切り替えます。
3. Meter Range を選択し、CHNG ボタンを押してメーターレン
ジ を 切 り 換 え ま す 。 - ∞ ∼ 0 d B ( デ フ ォ ル ト )、 - 2 4 d B ∼
0dB、-12 ∼ 0dB の中から選択します。アナログ I/O カードや
ドルビーエンコーダーの調整用のテストトーンをレコーダーに
送るときなど、細かい dB スケールが役に立ちます。
4. Peak Hold を選択し、CHNG ボタンでピークホールドモード
のオン/オフを切り換えます。
28 TASCAM
X-48
第 5 章 レコーダー
マーカーを使う
マウス/キーボード操作
マーカー機能を使って、レコーディングのセクションにラベルを付
1. Windows メニューをクリックし、Settings を選択します。
けることができます。後からロケートを行なうときのリファレンス
2. Transport タブを選択します。
として役立ちます。
3. Loop Mode 項目で希望のループ再生モードを選択します。
マウス/キーボード操作
フロントパネル操作
・ マーカーを作成するには、Edit メニューをクリックして New
Marker を選択するか、またはキーボードの数字パッド上の
Enter キーを押します。
1. PREF ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Loop Mode を選択し、CHNG ボタンを
押します。
・ メモリーロケーションにアクセスするには: Windows メニュ
ーから Markers を選択して Markers ウィンドウを開きます。
3. 希望のループモードを選択し、ENTER/YES ボタンを押します。
このウィンドウから、メモリーロケーションを選択したり名前
を変更したり、あるいはロケートを行なうことができます。
オートパンチ
オートパンチ機能は、あらかじめ設定したポイントで自動的に録音
ループ再生
開始、録音終了を行なう機能です。正確なタイミングを必要とする
タイムライン上の任意の範囲を繰り返し再生することができます。
このとき、プリロールやポストロールの設定も有効です。ループ再
生は STOP ボタンを押すまで続きます。
パンチイン/アウト(ボーカルの 1 音差し替え)や、連続した
ADR 作業などでは、この機能が役立ちます。
マウス/キーボード操作
メ モ
・ あらかじめオートパンチのインポイント、アウトポイントを設
ループ録音を行なうこともできます。( → 30 ページ「ループ
定します。デフォルトでは、最後に行なった録音の開始点と終
録音」)
了点が、それぞれインポイントとアウトポイントに自動設定さ
れます(Settings ウィンドウの Transport タブ をクリックし、
マウス/キーボード操作
1. ループボタン(
Update Punch Points のチェックマークを外すと、この自動
)をクリックすると、ループ再生機能
設定機能がオフになります)。
がオンになります(ボタンが点灯)。2 つのループマーカー(始
パンチインポイントとアウトポイントはタイムラインルーラー
点と終点)が青い三角のマーカーとしてタイムラインルーラー
内でドラッグ移動することができます。
上に表示されます。デフォルトでは、始点マーカーと終点マー
これらのポイントはタイムラインルーラー上で赤い三角のアイ
カーともに、0:00:00:00 に置かれています。
コンで表示されます。録音したオーディオの一部を差し替えた
2. 始点と終点のループマーカーを希望の位置にドラッグします。
動でマーカーを設定することもできます。
3. 再生ボタンを押して、再生を開始します。
4. ループ機能を解除するには、再びループボタン(
りスポットイレーズを行なうとき、波形をズーム表示して、手
)を
クリックします。
ループモード
X-48 には以下の 3 種類のループ再生モードがあります。
・ Play Once and Cue
ループを 1 回再生し、ループの始点(あるいはプリロールを設
定してある場合はプリロールポイント)にロケートして停止し
ます。
・ Play Once and Stop
・ キーボードの Shift ボタンを押しながら、画面上の録音ボタン
をクリックすると、オートパンチモードがオンになり、録音ボ
タンのインジケーターが点滅します。
・ トランスポートをパンチインポイントの手前にロケートして、
再生ボタンを押します。トランスポートがパンチンインポイン
トに来ると、録音が始まります。パンチアウトポイントを過ぎ
ると、再生になります。
フロントパネル操作
・ あらかじめオートパンチのインポイント、アウトポイントを設
定します。デフォルトでは、最後に行なった録音の開始点と終
了点が、それぞれインポイントとアウトポイントに自動設定さ
ループを 1 回再生し、ループの終点(あるいはポストロールを
れます(プリファレンスメニューから Update Punch Points
設定してある場合はポストロールポイント)にロケートして停
を選択し、これを Off に設定すると、この自動設定機能がオフ
止します。
になります)。
・ Play Repeatedly
リハーサルボタンを使って実際のレコーディングを実行しない
ループの始点(あるいはプリロールを設定してある場合はプリ
でパンチイン/アウトのリハーサルをすることができます。イ
ロールポイント)と終点間の再生を繰り返します。
ンポイント、アウトポイントの設定時にこの機能を使うと、ポ
デフォルトではループ再生モードが Play Once and Cue に設定さ
イントの確認に便利です。
れています。これを変更するには以下の手順で行ないます。
TASCAM X-48
29
第 5 章 レコーダー
・ オートパンチモードに入るには、SHIFT ボタンを押しながらト
ランスポート部の REC ボタンを押します。REC ボタンが点滅
します。
スクロール表示方法を選択するには:
1. Options メニューをクリックし、Scrolling を選択します。
2. None、Auto-Scroll、Page Flip の中から、希望の表示方法を
・ トランスポートをパンチインポイントの手前にロケートして、
PLAY ボタンを押します。トランスポートがパンチンインポイ
ントに来ると、録音が始まります。パンチアウトポイントを過
ぎると、再生になります。
選択します。
Tracks ディスプレイの左上部の Auto Scroll ボタン(
)を
クリックしてスクロールのオン/オフを変更することもできます。
Auto Scroll ボタンは、スクロールのオン/オフのみ可能で、
Auto-Scroll と Page Flip 間の切り替えはできません。
ループ録音
ループモード中に録音することもできます。ループモード中に録音
を行なうと(ノンデストラクティブレコーディング選択時)、ルー
タイムバー形式
プ区間を録音する度に新規オーディオファイルが作成されます。例
タイムバーの目盛りを、SMPTE タイムコード値またはサンプルで
えばギターソロのテイクをいくつか録音したいときなど、この機能
表示することができます。以下の方法で設定を行ないます。
を使うと便利です。ループ録音を行なうには、ループモードを設定
し、オートパンチモードをオンにして、再生ボタンを押します(上
記の「オートパンチ」参照)。
1. Options メニューをクリックし、Timebar Format を選択しま
す。
2. SMPTE または Samples を選択します。
VGA レコーダーインタフェースを使う
クリッププロパティ
オーディオクリップに関する情報を設定するには、Clip Properties
メーター
ウィンドウを開きます。
デフォルトでは、X-48 の画面上部にメーターが表示されています。
メーターを隠すには、画面中央部にあるメーターボタン(
)
をクリックします。オンスクリーンメーターに関する詳細は「メー
ター設定」(28 ページ)をご覧ください。
・ スマートツールを使ってオーディオクリップを選択します。(
→ 36 ページ「スマートツール」)
・ Windows メニューから Clip Properties...を選択します(また
はキーボードの"Control + 2"操作)。
トラックに名前を付ける
以下の方法で、各トラックに名前を付けることができます。
マウス/キーボード操作
1. 画面下の Tracks タブをクリックします(または F1 キーを押し
ます)。
・ ファイルの名前変更、始点と終点の設定、オーディオクリップ
の移動(ブロードキャスト WAVE ファイル内に埋め込まれたタ
イムコードあるいは再生ポジションへの移動)を行なうことが
できます。
・ さらにフェードイン/フェードアウトの時間および波形の設定、
ミュート、クリップポジションのロックなども、このウィンド
ウから行なうことができます。
2. 画面左のトラック名("Track 1"など)をダブルクリックします。
3. トラックの名前を入力し、ENTER キーを押します
また Clip Properties ウィンドウを開かずにこれらの値を編集する
こともできます。ディスプレイ内の Info ボタン(
)をクリッ
クすると、トランスポートの下に新しいパネルが開き、Clip
スクロールの表示
Properties ウィンドウと同じ内容が表示されます。
トラックのスクロールの表示方法を以下の中から選択することがで
タイムラインをナビゲートする
きます。
・ None
再生ポジションを変更するには以下の方法があります。
再生が進んでも、画面内の表示が変わりません。
・ 下部のスクロールバーを左右にドラッグして希望のポジション
・ Auto-Scroll
を表示させ、トラックディスプレイ内をクリックすると、その
生ラインがトラック画面中央に固定され、波形が移動します。
まず最初に再生ラインが中央に移動し、そのままそこに留まり
ます。
・ 画面上あるいはフロントパネルの早送りボタン、早戻しボタン
を使います。
・ Page Flip
・ タイムコードポジション表示部をダブルクリックして、キーボ
再生ラインが画面内をスクロールし、その後、タイムラインの
進んだ画面に変わり、新しい画面内を再生ラインがスクロール
します。この方法は ProTools のデフォルト表示です。
30 TASCAM
ポジションにジャンプします。
X-48
ードで希望のタイムコード値を入力します。
・ 外部マシンコントロール機器を使います(→ 31 ページ「同期
走行」)をご覧ください)。
第 5 章 レコーダー
ステータス表示
きます)。スタジオシステム全体が単一のマスタークロックにリゾ
プルダウンメニューの右側には上図のような画面が表示され、左か
が発生します。
ら右に以下の情報を表示しています。
ルブしていないと、デジタルオーディオにクリックやポップノイズ
X-48 はビデオクロックを入力することができますが、これを X-
・ 現在のサンプリング周波数
48 のリファレンスクロックとして使うことはできません。これは、
・ オートインプット、オールセーフ、タイムコードチェース状態
ワードクロックが毎秒 48,000 クロック以上であるのに対して、
(オンのとき青色)
・ DSP 負荷(複数のプラグインが負荷されていると、DSP 負荷
のレベルが高くなり、システムがスローダウンします)
・ プロジェクト名
入力のルーティング
入力をトラックにルーティングする方法が 2 通りあります。
8 チャンネル単位のルーティング
・ Windows メニューを選択し、Settings をクリックします。
・ I/O タブをクリックします。
・ Input Routing プルダウンメニューを使って、トラック(8 ト
ラック単位)にルーティングする入力グループ(8 入力単位)
のを選択します。例えば、トラック 25 ∼ 32 の Input
Routing を Input Grp 1-8 に設定すると、入力 1 ∼ 8 がトラッ
ク 25 ∼ 32 にルーティングされます。
個々のチャンネル単位のルーティング(上記の 8 チャンネル
単位の設定より優先されます)
・ 画面下の Tracks タブをクリックします(または F1 キーを押し
ます)。
ビデオクロックは毎秒 60 クロックしかないためです。またケーブ
ルが長いとビデオクロックの位相がずれる可能性があり、デジタル
コンソールと接続して使用している場合などに問題となります。X48 に入力されるビデオクロックは、SMPTE 入力のフレームエッ
ジを揃えるために使われます。
・ Word Clock
再生速度を設定します。いったん SMPTE 入力によってトラン
スポートの位置が決まると、X-48 はサンプルクロックソース
(Settings ウィンドウの Sync タブ> Source 項目で設定)の
クロックレートに従って再生を行ないます。
・ Video Clock
SMPTE タイムコードのフレームエッジ情報を供給します。ク
ロックリファレンスとして使うことはできません。
・ SMPTE タイムコード
X-48 がタイムライン上のどこに行くべきかを指定するロケー
ションリファレンスとして使われます。
・ MIDI タイムコード(MTC)
X-48 を MIDI シーケンサーソフトウェアやコンピュータベース
の DAW ソフトウェアと一緒に使用するとき、MIDI タイムコー
ドをロケーションリファレンスとして使われる場合があります。
・ 設定したいトラックをクリックします。
・ ディスプレイ中央の DSP ボタンをクリックします(または F6
キーを押します)。
・ Input プルダウンメニューメニューをクリックし、1 ∼ 48 から
入力を選択します。
・ RS-422
再生、録音といったトランスポートコマンドを受信するだけで
なく、ロケーションリファレンスになる SMPTE タイムコード
も扱います。
これらのリファレンスソースはすべてお互いに関連し合っています
同期走行
必要条件
ので、システム内のすべての機器が同じクロックリファレンスにリ
ゾルブしていることを確認してください。
各種の外部リファレンス信号に対して X-48 がシステム内でどのよ
うな動きを行なうかを見てみましょう。
X-48 を別の機器に同期するには、以下の 2 種類のリファレンスが
必要です。
1. X-48 は RS-422 信号からのトランスポートコマンドあるいは
SMPTE タイムコードを受信すると、再生を始めます。
・ロケーションリファレンス
一般には、X-48 の TIME CODE IN 端子または RS-422
(Sony 9 ピン)リモート端子に供給される SMPTE (LTC) タイ
ムコードです。X-48 がタイムライン内のどの場所に行くべき
かを指定します。
・クロックリファレンス
一般には、WORD SYNC IN 端子経由で X-48 に供給されるワ
ードクロックです。いったん正しい位置にロケートした X-48
はこのクロックに従って走行します。
X-48 は外部ワードクロックソースがなくても走行することができ
ますが、クロック同期が外れる場合があります(クロックソースと
して AES/EBU のようなデジタルオーディオ信号を使うこともで
2. X-48 は SMPTE 入力または RS-422 を見て、再生を開始する
タイムライン上の位置を知ります。
3. X-48 がビデオクロックを入力している場合は、ビデオクロッ
クを見て SMPTE 入力信号のタイムスタンプを正確に把握しま
す。
4. X-48 がいったん SMPTE フレームにロックすると、クロック
ソースの速度に従って再生を始めます。
5. 入力 SMPTE が同じクロックにリゾルブせず、同期が外れてフ
リーホイール設定以上のドリフトが起きると、X-48 は停止し
ます。
6. SMPTE タイムコードが停止するか RS-422 のストップコマン
ドを受信すると、X-48 トランスポートが停止します。
TASCAM X-48
31
第 5 章 レコーダー
サンプリング周波数の設定
プロジェクトを最初に作成するとき、最終的な作品の形態を考慮し
てサンプリング周波数を設定します。サンプリング周波数は以下の
中から選択することができます。
● 44100 (CD 規格)
● 48000 (DAT 規格)
● 88200 (2 x CD 規格)
● 96000 (2 x DAT 規格)
● 42336 (フィルム (24) から PAL (25) への 44.1k 変換)
● 44056 (44.1k プルダウン)
● 44144 (44.1k プルアップ)
● 45938 (PAL (25) からフィルム (24) への 44.1k 変換)
● 46080 (フィルム (24) から PAL (25) への 48k 変換)
・ Internal(デフォルト)
X-48 を単独で使う場合、アナログコンソールと接続して使う
場合、あるいはスタジオシステムのマスタークロックとして使
う場合に Internal を選択します。
・ Word Clock
外部の専用マスタークロックを使える場合に選択します。ワー
ドクロックジェネレーターと X-48 を同じサンプリング周波数
に設定しなければなりません。
・ S/PDIF
S/PDIF IN 端子に入力されるオーディオ信号から X-48 にクロ
ックが供給されます。
・ TDIF Port 1
TDIF 1-8 端子に入力されるオーディオ信号から X-48 にクロッ
クが供給されます。
● 47952 (48k プルダウン)
・ 別売のデジタルオーディオカード(IF-AD24(X)、IF-AE24(X)
● 48048 (48k プルアップ)
)が X-48 にインストールされている場合、ADAT 機器や
● 50000 (PAL (25) からフィルム (24) への 48k 変換)
AES/EBU オーディオ機器をクロックソースにすることができ
● 84672 (2 x フィルム (24) から PAL (25) への 44.1k 変換)
● 88112 (2 x 44.1k プルダウン)
● 88288 (2 x 44.1k プルアップ)
● 91875 (2 x PAL (25) からフィルム (24) への 44.1k 変換)
ます。それぞれ"ADAT Card"、"AES/EBU Card"としてクロッ
クソースリストに表示されます。
さまざまなクロックソースを使用できる場合、ワードクロックをリ
ファレンスにすることをお勧めします。
クロックソースの設定は以下の方法で行ないます。
● 92160 (2 x フィルム (24) から PAL (25) への 48k 変換)
● 95904 (2 x 48k プルダウン)
● 96096 (2 x 48k プルアップ)
● 100000 (2 x PAL (25) からフィルム (24) への 48k 変換)
オーディオを録音した後にサンプリング周波数を変更すると、オー
ディオの速度、ピッチが変わります。サンプリング周波数の変更は
以下の方法で行ないます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Sync タブをクリックし、Source 項目をクリックします。リス
トから希望のマスタークロックを選択します。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Sample Clock Source を選択し、
CHNG ボタンを押します。
します。
2. Sync タブをクリックし、Sample Clock Rate 項目でサンプリ
ング周波数を選択します。
フロントパネル操作
3. ▲/▼ボタンを使ってリストから希望のクロックソースを選択
し、ENTER/YES ボタンを押します。
ワードクロック入力/出力の設定
1. SYNC ボタンを押します。
WORD SYNC IN 端子および WORD SYNC OUT 端子で扱うワ
2. ▲/▼ボタンを使って Sample Rate を選択し、CHNG ボタン
ードクロック信号を、2 倍(Multiply × 2) 1/2 倍(Divide by 2)に
を押します。
することができます。例えば WORD SYNC IN 入力信号を 2 倍に
3. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て 希 望 の サ ン プ リ ン グ 周 波 数 を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
する設定にすると、48kHz のワードクロックジェネレーターを入
力して 96kHz の録音を行なうことができます。また WORD
SYNC OUT 出力信号を 2 倍にする設定にすると、X-48 が
クロックソースの設定
クロックソースの設定は、X-48 の重要な設定のひとつです。クロ
ックソースによって再生スピードが管理され、ノイズのないオーデ
ィオ再生が可能になります。クロックソースは以下の中から選択し
ます。
32 TASCAM
X-48
48kHz で動作し、外部機器が 96kHz で動作する、といった環境
を作ることができます。
第 5 章 レコーダー
以下の方法で設定を行ないます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Sync タブをクリックし、BNC In または BNC Out 項目をクリ
ックします。リストから希望の設定を選択します。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って BNC Clock In または BNC Clock Out を
選択し、CHNG ボタンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って希望の設定を選択し、ENTER/YES ボタ
ンを押します。
フレームレートの設定
X-48 は以下の各種 SMPTE タイムコードに同期することができま
す。
・ 30 fps、ノンドロップフレーム
音楽スタジオで、コンソールオートメーションやテープレコー
ダーとの同期に一般的に使われます。
・ 30 fps、ドロップフレーム
ほとんど使用されません。
・ 29.97 fps、ノンドロップフレーム
アメリカのテレビ以外のポストプロダクションの標準です。
・ 29.97 fps、ドロップフレーム
アメリカのテレビのポストプロダクションの標準です。
ワードクロック出力極性の設定
ワードクロック出力の極性を反転することができます。大規模なシ
ステムで長いケーブルを使う場合に極性を反転するとよい場合があ
ります。
・ 25 fps
ヨーロッパの標準です。
・ 24 fps、ノンドロップフレーム
HDTV プロダクションやフィルムを使ったロケーションレコー
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Sync タブをクリックし、Invert Word Out Polarity 項目のチ
ェックボックスをクリックします。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Word Out Polarity を選択し、CHNG ボ
ディングで使われる場合があります。
・ 24.975 fps、ノンドロップフレーム
25 フレームのプルダウンです。25 フレームのビデオを NTSC
モニターを使って再生するときのレートです。
・ 23.976 fps、ノンドロップフレーム
HDTV のプルダウンです。ダウンコンバートされた HD ビデオ
を NTSC モニターを使って再生するときのレートです。
以下の方法でフレームレートを設定します。
タンを押します。
3. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て N o r m a l ま た は I n v e r t e d を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
ビデオクロックのフレームエッジリゾルブの設定
ビデオ信号入力時、タイムコードのフレームエッジを、ビデオクロ
ックフレームにリゾルブすることができます。
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Frame
Rate 項目のプルダウンリストから希望のフレームレートを選択
します。
フロントパネル操作
メ モ
ビデオクロックをサンプルクロックソースとして使うことはで
1. SYNC ボタンを押します。
きません。( → 31 ページ「必要条件」)
2. ▲/▼ボタンを使って Frame Rate を選択し、CHNG ボタンを
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Resolve
to Video In 項目のチェックボックスをクリックします。
押します。
3. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て 希 望 の フ レ ー ム レ ー ト を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
コントロールモードの設定
X-48 には以下の 4 種類のコントロールモードがあります。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Resolve to Video In を選択し、CHNG
・ Internal(デフォルト)
X-48 のトランスポートコントロールボタンでトランスポート
をコントロールします。タイムコード入力は無視します。
ボタンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って On を選択し、ENTER/YES ボタンを押
します。
TASCAM X-48
33
第 5 章 レコーダー
・ SMPTE
・ Always
リアパネルの REMOTE コネクター(RS-422)または TIME
CODE IN 端子から入力されるタイムコードに従って、トランス
ポートが動作します。
・ MIDI (MTC)
(録音中であっても)タイムコードをチェースして、正しい位
置に移動します。
・ Only if not recording
録音中でなければタイムコードをチェースして、正しい位置に
MIDI IN 端子から入力される MIDI タイムコードに従って、トラ
ンスポートが動作します。
・ Theater Play
移動します。
・ Never
タイムコードのズレを無視します。
タイムライン上の一つのセクションを再生してから停止し、
Play コマンドを受信したら次のセクションを再生します。
以下の方法でコントロールモードを設定します。
以下の方法でリロック設定を行ないます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
します。
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Chase
Relock 項目のプルダウンリストから希望の設定を選択します。
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Control
フロントパネル操作
Mode 項目のプルダウンリストから希望のコントロールモード
を選択します。
1. SYNC ボタンを押します。
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Control Mode を選択し、CHNG ボタン
2. ▲/▼ボタンを使って Chase Relock を選択し、CHNG ボタン
を押します。
3. ▲/▼ボタンを使って希望の設定を選択し、ENTER/YES ボタ
ンを押します。
を押します。
3. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て 希 望 の コ ン ト ロ ー ル モ ー ド を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
チェースのフリーホイールの設定
チェースフリーホイール項目では、X-48 と SMPTE タイムコード
の同期がどの程度ズレたときに再生や録音を停止するかを設定しま
す。以下の方法で、フリーホイールを 0、5、10、20、50 また
は 100 フレームの中から選択します。
マウス/キーボード操作
チェースリロックのスレッショルドの設定
X-48 のタイムコードがマスタータイムコードとどれだけズレたと
きにチェースリロック機能が働いてチェースを行なうかを設定する
ことができます。(ズレに関わらずチェースを行なわない設定も可
能です。前項を参照ください。)
スレッショルド値は 1/3 フレーム、1 フレーム、2 フレーム、5 フ
レーム、10 フレームの中から選択できます。タイムコードが突然
ジャンプして Chase Freewheel 項目で設定した値を越えた場合、
再生あるいは録音を停止します。この設定は VGA モニター上での
み行なうことができます。
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
マウス/キーボード操作
2. S y n c タ ブ を ク リ ッ ク し 、 T i m e C o d e セ ク シ ョ ン の
Freewheel 項目のプルダウンリストから希望の値を選択しま
す。
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Relock
フロントパネル操作
Threshold 項目のプルダウンリストから希望の値を選択しま
す。
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Freewheel を選択し、CHNG ボタンを押
タイムコードオフセットの設定
します。
3. ▲/▼ボタンを使って希望の値を選択し、ENTER/YES ボタン
を押します。
入力タイムコードと X-48 のトランスポートとのオフセットを設定
することができます(正方向、負方向のどちらの設定も可能)。以
下の方法で設定を行ないます。
チェースリロックの設定
マスタータイムコードと X-48 のタイムコードのドリフト(ズレ)
がチェースリロックのスレッショルド(次項参照)を越えたときの
X-48 の動作を設定します。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Chase
Offset フィールドをクリックします。
34 TASCAM
X-48
3. キーボードを使って希望のオフセット値を入力します。
第 5 章 レコーダー
2. Sync タブをクリックし、Time Code セクションの Output
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
Muting 項目のプルダウンリストから希望の出力ミュート設定
を選択します。
2. ▲/▼ボタンを使って Chase Offset を選択し、CHNG ボタン
フロントパネル操作
を押します。
3. CHNG ボタンと CLEAR/HOME ボタンを使って、カーソルを
移動し、▲/▼ボタンを使って値を変更します。
4. オフセット値を設定したら、ENTER/YES ボタンを押して確定
します。
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Output Muting を選択し、CHNG ボタン
を押します。
3. ▲ / ▼ ボ タ ン を 使 っ て 出 力 ミ ュ ー ト 設 定 を 選 択 し 、
ENTER/YES ボタンを押します。
チェースロック偏差の表示
入力タイムコードと X-48 トランスポートのタイムコードの差(チ
高度なレコーダー操作
ェースロック偏差)を表示することができます。同期がズレている
ように聞こえたときやトラブルシューティング時に、この表示を見
オーディオファイルのネーミング
てチェックすることができます。設定はできません。完全ロック時
X-48 本体のみでの使用時は新規オーディオファイルに対して、プ
は 00:00:00 を表示します。以下の方法でチェースロック偏差を
ロジェクト名またはトラック名をベースにした名前を自動的に付け
見ることができます。
ることができます。この設定は VGA モニター上でのみ行なうこと
ができます。X-48 使用時にはトラック名がありませんので、デフ
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
ォルトのオーディオファイル名はプロジェクト名ベースに付けられ
ます。デフォルトのオーディオファイル名の付け方は、以下の手順
で変更することができます。
2. Sync タブをクリックします。
3. 画面下部に Lock Deviation が表示されます。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Prefs ウィンドウを選択しま
フロントパネル操作
1. SYNC ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Chase Lock Deviation を選択し、
す。
2. Audio File Naming 項目のプルダウンリストから希望の設定を
選択します。
CHNG ボタンを押します。
3. ロック偏差が表示されます。見終えたら、EXIT/NO ボタンまた
は CLEAR/HOME ボタンを押します。
トラックキーパンチ
トラックキーパンチ機能をオンにすると、レコードレディがオンの
トラックがない状態でも録音モードに入ることができます。つまり、
タイムコード出力のミュートの設定
コンソールオートメーションシステムの中には、オフスピードの
(スピード偏差のある)タイムコードを受け付けないものがありま
す。こうした機器に X-48 のタイムコード出力を供給しているとき
トラックのレックレディボタンがすべてオフの状態でトランスポー
トのレックレディボタンを押して走行を開始し、後から希望のトラ
ックのレックレディボタンを押すと、録音が始まります。
この設定は以下の方法で行ないます。
に、状況に応じた出力ミュート設定が役立つ場合があります。
マウス/キーボード操作
・ Play Only
トランスポートが通常スピードで走行中のみ、タイムコードを
出力し、それ以外のときはミュートします。
・ Mute FF/REW
早送り/早戻し時、タイムコード出力をミュートします。
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
2. Transport タブをクリックします。
3. Track Key Punch のチェックボックスをクリックしてチェッ
クマークを付けます。
・ Mute Jog/Shuttle
シャトル時のように、トランスポートが通常スピード以外で走
行しているとき、タイムコード出力をミュートします。
・ None
タイムコードをミュートすることはありません。
フロントパネル操作
1. PREF ボタンを押します。
2. ▲/▼ボタンを使って Track Key Punch を選択し、CHNG ボ
タンを押します。
3. ▲/▼ボタンを使って On または Off を選択し、ENTER/YES ボ
出力ミュート設定は以下の方法で行ないます。
タンを押します。
マウス/キーボード操作
1. Windows メニューをクリックし、Settings ウィンドウを選択
します。
TASCAM X-48
35
第 6 章 編集
編集ツール
スマートツール
スマートツールを選択するには、F11 キーを押すか、または画面
I ビームツール
I ビームツールを使って、録音されたクリップの一部分を選択する
ことができます。I ビームツールを 1 つのクリップ内でドラッグす
ると、そのセクションのみが編集対象になります。例えば、録音済
みのナレーション中で咳をした個所を削除したい場合、I ビームツ
ールを使って咳の部分を選択し、キーボードの Delete キーを押し
ます。I ビームツールでクリップ上をダブルクリックすると、クリ
ップ全体が選択されます。
マウス/キーボード操作(この方法のみ)
左上部のスマートツールボタンをクリックします。オブジェクトツ
ールボタン同様、置かれている位置によって動作が異なります。
・ クリップ上にない場合あるいはクリップの下半分上にある場合、
I ビームツールのような動作を行ないます。I ビームツールのよ
うに、波形の一部を選択することができます。ただし I ビームツ
ールと異なり、単一トラック上のオーディオしか選択できませ
ん。
・ クリップの左下隅または右下隅に置かれているとき、両側に矢
印の付いた横線のように表示されます。この状態では、クリッ
プの始点または終点を変更することができます。終点を内側に
メ モ
ドラッグするとクリップが短くなり、外側にドラッグすると長
編集はマウス/キーボード操作でのみ可能です。フロントパネ
ル操作で編集を行なうことはできません。したがって、本章の
説明はすべて、マウス/キーボード操作によるものです。また
本章の説明は、画面下部の Tracks タブを選択して(または F1
キーを押して)トラック画面を表示していることを前提にして
います。
くなります(波形がある場合)。
・ 左上部または右上部にこのツールを置くと、白いアークの下に
横線のように表示されます。これはフェードツールで、クリッ
プをフェードイン/フェードアウトするときに使います。複数
のトラック上のクリップを選択している場合、これらのトラッ
ク全部に対してフェードイン/フェードアウトを行ないます。
1. 画面左上部の I ビームボタンをクリックするか、キーボードの
F9 キーを押します。
2. クリック&ドラッグ操作により、タイムライン上のクリップ全
体または一部を選択することができます。複数のトラックに対
してクリップ全体または一部を選択することもできます。選択
した部分が反転表示になり、編集操作(カット、コピー、ペー
・ クリップの上半分に移動すると、フィンガーツールになります。
クリック&ドラッグによってクリップ(複数クリップも可)を
移動することができます。
・ フィンガーツールでクリップ上をダブルクリックすると、クリ
ッププロパティウィンドウが表示されます。このウィンドウの
詳細については 30 ページをご覧ください。
スト、削除)の対象になります。
オブジェクトツール
オブジェクトツールを選択するには、F8 キーを押すか、または画
面左上部のオブジェクトツールボタンをクリックします。このツー
ルは、置かれている位置によって動作が異なります。
・ クリップ上にない場合、"+"のように表示されます。クリップ上
をクリックあるいはドラッグして複数のオブジェクトを選択す
ることができます(I ビームツールのようにクリップの部分のみ
の選択を行ないません)
。
・ クリップの左下隅または右下隅に置かれているとき、両側に矢
印の付いた横線のように表示されます。この状態では、クリッ
プの始点または終点を変更することができます。終点を内側に
ドラッグするとクリップが短くなり、外側にドラッグすると長
くなります(波形がある場合)
。
・ 左上部または右上部にこのツールを置くと、白いアークの下に
横線のように表示されます。これはフェードツールで、クリッ
プをフェードイン/フェードアウトするときに使います。複数
のトラック上のクリップを選択している場合、これらのトラッ
ク全部に対してフェードイン/フェードアウトを行ないます。
・ クリップの中に移動すると、フィンガーツールになります。ク
リック&ドラッグによってクリップ(複数クリップも可)を移
動することができます。
36 TASCAM
X-48
拡大ツール
拡大ツールを選択するには、F12 キーを押すか、または画面左上
部の拡大ツールボタンをクリックします。
拡大ツールを使って、タイムライン上のセクションを選択して画面
いっぱいに表示することができます。このツールを使うには、拡大
したいセクション(トラック 1 と 2 のクリップペアなど)をクリ
ック&ドラッグします。マウスを離すと、選択したセクションが画
面いっぱいに拡大されます。
第 6 章 編集
選択と編集
OK ボタンを押して編集を確定します。編集を取り消すときは
Cancel ボタンを押します。
クリップを選択する
クリップ全体を選択するには、オブジェクトツールを使います。
(1 つまたは複数の)クリップの一部を選択するには、I ビームツー
グリッドのスナッピング
クリップをグリッドに合わせることができます(スナッピング機
ルまたはスマートツールを使います。詳しくは上記の「編集ツール」
能)。インポートあるいは録音したオーディオをタイムライン内
をご覧ください。
で正確な位置に合わせるときに、この機能を使います。この機能
の設定を行なうには、Options メニューをクリックして、
タイムを選択する
Snapping サブメニューを選択します。このサブメニューには 3
つの設定があります。
全トラックに渡るクリップの時間範囲を選択するには、全トラック
の上部のタイムライン上にマウスを置きます。選択しているツール
に関わらず、カーソルが I ビームツールに変わります。タイム目盛
り内をクリック&ドラッグして、全トラックに渡るクリップの時間
範囲を選択します。選択範囲の始点と終点がインポイント、アウト
ポイントとして表示されます(下記参照)。
イン/アウトポイント
選択範囲の始点と終点は、画面のタイムラインルーラー上にインポ
・ Enable Snapping
スナッピング機能のオン/オフを設定します。
・ Draw Snap Grid
グリッドを視覚的に見るために、タイムライン内のグリッド
の縦線を表示します。
・ Snap To
グリッドの細かさを設定します。時、分、秒、フレーム、サ
ブフレームの中から選択します。
イントマーカーとアウトポイントマーカー(青い旗のようなマーカ
ー)で表示されます。
(
)ボタンをクリックすると、始点と終点の時間および選択範
カット、コピー、削除、ペースト(Cut、Copy、
Delete、Paste)
囲の長さが表示されます。またこの画面ではそれぞれの時間を入力
することができますので、希望の始点、終点、あるいは長さを指定
することができます。
選択したオーディオに対して、これらの編集機能を実行すること
ができます。キーボードのショートカット操作は、カットが
Control + X、コピーが Control + C、ペーストが Control + V
です。削除は Delete キーで行ないます。削除に関しては説明が
クリップのプロパティ
Clip Properties ウィンドウでクリップのプロパティを編集するこ
とができます。このウィンドウを表示するには以下の 3 通りの方法
があります。
必要です。この編集機能は、実際にオーディオをドライブから削
除するわけではなく、EDL (Edit Decision List) から削除する
だけです。したがって、いつでも削除操作を取り消す(アンドゥ)
することができます。またクリップの一部を削除した場合、元に
戻すことができます。
・ クリップを選択し、Windows メニューをクリックして Clip
Properties を選択します。
・ クリップを選択し、キーボードの"Control ボタンを押しながら
"2"ボタンを押します。
・ スマートツールのフィンガーツール機能を使って、クリップを
ダブルクリックします。
Clip Properties ウィンドウでは、以下の編集/設定を行なうこと
ができます。
・クリップ名 (name) の編集。
リピートペースト(Repeat Paste)
リピートペースト機能を使って、クリップボードにコピーしたオ
ーディオを複数回ペーストすることができます。ショートカット
操作は Control + Alt + V です。ソング内にループを作成したり、
アフレコ作業においてセリフパートにルームトーンを付加すると
きなど、この機能が役に立ちます。リピートペーストコマンドを
選択すると、何回オーディオをリピートペーストするかを尋ねる
プロンプトが表示されます。
・ スタートタイム (start)、エンドタイム (end)、長さ (length)
の編集。
クロップ(Crop)
・ フェードインタイム (fade-in)、フェードアウトタイム (fade-out)
の編集、クロスフェード形状の選択(linear、exponential ま
クロップ機能は、クリップの選択範囲外の領域をカットする機能
たは reverse exponential)
。
です。ショートカット操作は Control + U です。I ビームツール
・ クリップのミュート (muted) およびロック (locked)。クリッ
プをロックすると編集ができなくなります。
を使ってクリップの内部の範囲を選択し、クロップコマンドを実
行すると、クリップが選択範囲のみになります。
・ このほかのボタン群を使って、クリップをブロードキャスト
WAVE ファイルに埋め込まれたタイムコード("Broadcast
Time")または現在のプレイポジション(Play Position)にク
リップを移動することができます。
TASCAM X-48
37
第 6 章 編集
インサートタイム(Insert Time)
インサートタイム機能は、選択領域に無音をインサートする機能で
オーディオプロセッシング
す。インサートした領域以降のオーディオは、インサートした分後
ピッチ/タイムストレッチ(Pitch/Time Stretch)
方ににシフトされます。(したがって、その分全体の長さも長くな
Process メニューから Pitch/Time Stretch 項目を選択すると、
ります。) ショートカット操作は "Control + T" です。クリップを
Time Compression/Pitch Shift ウィンドウが表示されます。こ
インポイントで分割し、そのポイント以降のオーディオを選択時間
のウィンドウには 2 つの項目があります。
領域分だけ後ろにシフトするのと同じです。
Time Compression は、クリップの時間長を変える機能で、マウ
ス/キーボードを使ってクリップの長さを指定することができま
デリートタイム(Delete Time)
デリートタイム機能は、選択領域を削除し、それ以降のオーディオ
を前方にシフトします。したがって、削除した分、全体の長さが短
す。クリップの始点の時間は同じで、長さに応じて終点の時間が変
化します。クリップのフェードイン/フェードアウトはノンデスト
ラクティブです。
Pitch Shift はスライダーを使って選択クリップのピッチを変える
くなります。
機能です。可変範囲は 150%(1/2 オクターブ上)∼ 50%(1
スプリット(Split)
オクターブ下)です。OK ボタンをクリックするとクリップが処理
されます。
スプリット機能は、クリップを分割する機能です。ショートカット
操作は Control + E です。クリップの一部を選択してスプリット機
能を実行すると、新しいクリップとして分割されます。クリップの
統合(Consolidate)
ある部分を他の部分と別のやり方で編集したい場合は、この機能を
Process メニューから Consolidate 項目を選択すると、選択中の
使っていったんクリップを分割します。
全クリップまたは時間が 1 つのオーディオファイルに統合されま
す。クリップに加えられたクロスフェードやフェードイン/アウト
選択範囲からの再生(Play From Selection)
選択領域の始点から再生を開始することができます。ショートカッ
ト操作は"P"です。プリロールが設定されていても無視します。編
集の効果を確認するときなどに役立ちます。
ヒストリーリスト(History List)
この機能はプロジェクト内で行なった編集の履歴リストを表示する
機能です。最大で 200 の編集操作の履歴が表示されます。ショー
トカット操作は "Control + H" です。ヒストリーリストウィンド
ゥの下部に Undo ボタンと Redo ボタンがあります。また、リスト
内の編集操作項目をクリックすると、その編集以降のすべてが取り
消されます。
Clear ボタンを使って、ヒストリーリストを削除することができま
す。削除を実行すると、すべての編集データがアンドゥ履歴から削
除され、編集のアンドゥができなくなります。
履歴はプロジェクトとともに保存されますので、後からプロジェク
トを呼び出したときでも、アンドゥが可能です。
38 TASCAM
X-48
も新しいクリップに書かれます。このコマンドは、トラックに加え
られた全編集を 1 つの長いブロードキャスト WAVE ファイルとし
てエクスポートする前に使われます。
第 7 章 ミキサー
ミキサーインタフェース
ミキサーについて
X-48 には、以下の機能を持つソフトウェアベースのデジタルミキ
サー/ルーターが内蔵されています。
すると、プラグインの編集ウィンドウが表示されます。センタ
ーメニューは、システムにインストールされている全 VST プラ
グインのリストを表示します。
・ AUX Sends セクション
6 系統の AUX センドに関する設定を行ないます。選択チャンネ
ルの信号を各 AUX センドに送ることができます。Pre ボタンを
・ 4 バンドパラメトリック EQ およびコンプレッサーを装備した
48 再生チャンネル。
・ 各再生チャンネルは、レベル、パン、ソロ、ミュートのコント
ロールが可能。
・ トラック/チャンネル毎に入出力のソース選択が可能。
点灯させると、プリフェーダーセンドになります。On ボタンを
使ってセンドのオン/オフを設定します。下部のノブを使って
センドレベルを調節します。
・ Dynamics セクション
選択チャンネルのコンプレッサーに関する設定を行ないます。
・ プリ/ポスト選択可能な 6 系統の AUX センド。
Threshold はチャンネルコンプレッサーのスレッショルドを調
・ VST エフェクト(リバーブなど)との接続に役立つ 6 系統のス
節し、値を dBFS で表示します。Ratio はスレッショルドを越
テレオ AUX リターン。
・ サポートしている VST プラグインに対応した 4 系統のインサー
えたオーディオのゲインリダクションの量を調節します。
Attack は信号を感知してから圧縮動作に移るまでの時間、
release は、動作を止めるまでの時問を調節します。Soft は極
ト。
・ 12 ステレオサブグループ機能。
・ ダイナミックオートメーションエンジン。マウス描画が可能な
ブレイクポイントスタイルのオートメーション。
端なレシオ設定を行なったときの圧縮の掛かり方を滑らかにす
るためのソフトニーを調節します。On はコンプレッサーのオ
ン/オフを設定し、Gain はメイクアップゲインを調節します。
・ Equalizer セクション
ミキサーのバイパス
4 バンドのフルパラメトリック EQ セクションです。右上の On
ボタンは EQ のオン/オフを設定するマスターボタンで、各 EQ
最初に X-48 をしようするとき、ミキサーセクションは無効に設定
バンド上部の On ボタンはそれぞれのバンド毎のオン/オフを
されています。これは入力から出力のディレイを最小限にするため
設定します。したがって EQ を使うには、マスター On ボタンと
と、CPU の負担を減らすためです。ミキサー機能を使う前に、以
バンド On ボタンの両方をオンにする必要があります。各 EQ バ
下の方法で Mixer Bypass をオフに切り換えてください。
ンドの Type のプルダウンメニューでは、Low Shelf、High
・ Windows メニューをクリックし、Settings を選択します。
Shelf、Peaking、Low Pass、High Pass の中から EQ のタ
・ System タブを選択し、Mixer Bypass のチェックボックスの
チェックを外します。
DSP
DSP ボタンをクリックすると(またはキーボードの F6 キーを押
すと)、DSP パネルが開きます。このウィンドウには以下の 5 つの
セクションがあります(必要に応じて、三角アイコンのクリックや
スクロールを行ないます)。
イプを選択します。EQ ゲイン、中心周波数、Q の設定は、
Gain、Frequency、Q つまみを使って行なうか、あるいはグラ
フィックディスプレイ上のドットを動かして行ないます。
ミキサータブ
VGA ディスプレイの下部には以下の 5 つのタブがあります。
・ Tracks :トラック/波形を表示します。F1 キーを押してこの
画面を表示することもできます。
・ Ch.1-24 :ミキサーのチャンネル 1 ∼ 24 を表示します。F2
・ Track セクション
フェーダー、メーター、パンの他に、rec ボタン(レコードレ
ディボタン)、input モニター ボタン、solo ボタン、mute ボタ
ンがあります。また Mix ボタンを使って、トラック/チャンネ
ルをマスター出力に送ることができます。またトラックの名前
を付ける name フィールド、トラック送り先の設定を行なうた
めの output メニューがあります。
・ Inserts セクション
キーを押してこの画面を表示することもできます。
・ Ch.25-48 :ミキサーのチャンネル 25 ∼ 48 を表示します。
F3 キーを押してこの画面を表示することもできます。
・ Groups :ミキサーのサブグループと AUX リターンを表示しま
す。F4 キーを押してこの画面を表示することもできます。
・ Masters :ミキサーのマスター出力を表示します。F5 キーを
押してこの画面を表示することもできます。
すべてのミキサーチャンネル、グループ、マスターは大きな画面に
VST プラグインに接続するための 4 系統のインサートポイント
配置されていますので、例えばチャンネル 12 ∼ 35 を表示するこ
に関する設定を行ないます(サードパーティのプラグインのイ
ともできます。
ンストールと使い方に関する詳細は、後述の「サードパーティ
のプラグイン」をご覧ください)。On ボタンを使ってインサー
トエフェクトを有効にします。このボタンをオフにするとイン
サートエフェクトがバイパスされます。Edit ボタンをクリック
TASCAM X-48
39
第 7 章 ミキサー
Waves と Antares を使用するにはどちらもコピープロテクション
オートメーション
オートメーションを表示するには、オートメーションボタン
(
)をクリックするか、またはキーボードの"Alt + A"操作を行
用の iLok ドングルが必要です。ドングルをコンピュータ上でオー
ソライズし、プラグインのインストーラのプロンプトに従って X48 の USB ポートに接続します。
ないます。このオートメーションを使ってトラックのレベル調整を
自動で行なうことができます。またインポートしたプロジェクトの
オートメーションを再生することもできます。
CPU メーター
画面上部に CPU メーターがあります。このメーターには使用して
このモードでは編集ツールが変わります。
いる CPU のパーセンテージがバーグラフ表示されます。EQ、ダ
・ カーソルツール("+"ボタンをクリック、またはキーボードの
イナミクス、VST プラグインなどを使うと、CPU メーターが上が
F8 キー押し)を使ってオートメーションの書き込みを行ないま
り始めます。X-48 がエラーを表示したり、トラック再生が正常に
す。トラック上をクリック&ドラッグして、新しいオートメー
行われなかったりする場合、使用しているエフェクトの一部を無効
ションポイントを書き込みます。
にしてみてください。VST エフェクトはミックスダウン時のみに
・ オートメーションポイントの上にカーソルツールを置くと、フ
ィンガーツールに変わります。オートメーションポイントをク
リック&ドラッグしてレベルや時間位置を変更します。
使用することをお勧めします。VST エフェクトの使用によりレイ
テンシーおよび CPU 負荷が増すため、レコーディング中にの使用
はお勧めできません。
・ オートメーションモードでは、スマートツールがイレーズツー
ルになり、オートメーションデータを削除するときに使います。
ルーティング
・ I ビームツールを使ってオートメーションを選択します。キーボ
各レコーダートラックは、同じ番号のミキサーチャンネルに直接送
ードや編集メニューを使って、オートメーションのカット、コ
られます。ミキサーチャンネルは、さまざまな出力(リアパネルの
ピー、ペースト、削除を行なうことができます。
出力端子やグループ)にルーティングすることができます。ミキサ
ーチャンネル上の下部のテキスト表示をクリックすると、出力ルー
外部コントロール
ティングの選択メニューが表示されます。あるいは DSP View を
開くと、同じメニューがミキサーチャンネルの他のパラメータとと
X-48 はミキシングコンソールサーフェスとして TASCAM US-
もに表示されます。サブミキシング用に出力先を変更することがで
2400 をサポートしています。US-2400 を USB ポートに接続し、
きます。下記の具体例を参照ください。
Select と Channel を押しながら電源をオンにすることによって、
コントロールモードを Native にします。US-2400 は X-48 のト
ランスポート、フェーダーレベル、パン、AUX センド、バンク選
ミキサーアプリケーション
択チャンネルなどをコントロールします。
サブミックス
サードパーティのプラグイン
X-48 は Waves プラグインと Antares Auto-Tune プラグインを
公式サポートしています。その他のプラグインはまだテストを行な
っていませんので、インストールすると不具合が生じる可能性があ
サブグループの典型的な使い方は、レコーディング作業中にミキサ
ーの入力が足りないときにトラック出力をまとめる、という使い方
です。例えば、17 トラックを使用しているパーカッションをステ
レオグループにまとめ、出力端子からコンソールの入力に送ります。
具体的な操作手順は以下のようになります。
ります。
・ Mixer Bypass が無効になっていることを確認します。( →
注意
不具合を生じた場合は、リストア CD から Software を再インスト
ールする必要が生じる場合がありますので、ご注意下さい。
39 ページ「ミキサーのバイパス」)
・ 画面下部のタブの中から、対象チャンネルを含むタブ(例えば
"Ch.1-24")をクリックします。
プラグインのインストールは以下の手順で行ないます。
・ X-48 にプラグインのインストーラ CD をセットします。CD 上
・ ミキサー画面内のトラックのレベル、パン、EQ などの設定を行
ないます。
に autorun.exe ファイルがある場合、コンピュータ上のプロン
・ チャンネルストリップの最下部の出力フィールドをクリックし
プトに従います。プラグインを"D:エ FreewareVST"内にインス
ます。選択肢のメニューが表示されます。Groups サブメニュ
トールします。
ーを選び、1 から 12 の中からステレオグループを選択します。
・ autorun.exe が無い場合、File メニューの Launch External
・ 画面下部の Group タブを選択します。グループチャンネルの最
Application コマンドを使って、CD 上のインストーラを起動し
下部の出力フィールドをクリックします。Stereo Outs を選択
ます。その後、プロンプトに従います。プラグインを"D:エ
し、グループの出力ペアを選択します。
FreewareVST"内にインストールします。
40 TASCAM
X-48
第 7 章 ミキサー
録音中のモニター
ミキサー機能のもう一つの便利な機能として、レコーディング中の
トラックモニターがあります。ライブイベントでは、X-48 を 48
トラックレコーダーとしてだけでなく、モニターミキサーとして使
うことができます。マイクプリアンプを(別売の)アナログ入力に
接続し、S/PDIF 出力を D/A コンバーターまたは 2 トラックレコ
ーダー(TASCAM DV-RA1000HD など)に接続します。この
状態でヘッドホンまたはモニターシステムを使って、D/A コンバ
ーターまたはレコーダー経由のモニターが可能です。X-48 をレコ
ーディング時のモニター用に使う場合、以下のように設定します。
・ Mixer Bypass が無効になっていることを確認します。( →
22 ページ「ミキサーのバイパス」)
・ チャンネルストリップをチェックし、MIX ボタンがオン(緑色
に点灯)になっていて、トラックがステレオミックス出力にル
ーティングされていることを確認します。
・ 画面下部の Masters タブをクリックします。
・ ウィンドウ右側のマスターチャンネル上の出力フィールドをク
リックします。選択肢のメニューが表示されます。Stereo
Outputs サブメニューを選択し、SPDIF を選択します。
・ X-48 の S/PDIF デジタル出力端子を D/A コンバーターまたは
レコーダーの S/PDIF デジタル入力端子に接続します。画面の
ミキサーチャンネルを使って最適なモニターミックスの設定を
行ないます。
ミキサーはレコーダーの後ですので、モニターミックスに加えられ
た変更はレコーディングには影響がありません。
最終ミックス
X-48 上でプロジェクトの最終ミックスまでを作成できます。VST
プラグインを使ったエフェクト処理を行ない、必要に応じて EQ や
コンプレッションを掛け、またミックスダウン時のチャンネルレベ
ルのオートメーションを行なうことができます。最終ミックスは
TASCAM DV-RA1000HD のようなマスターレコーダーに録音
します。
以下の手順で X-48 上でのミックスを行なうことができます。
1. ウィンドウの右側のマスターチャンネル上の出力フィールドを
クリックします。メニューが表示されますので、Stereo
Outputs サブメニューから SPDIF を選択します。
2. Master 出力に送りたいトラック/チャンネルの Mix ボタンが
オン(緑色に点灯)になっていることを確認します。
3. S/PDIF デジタル出力端子を D/A コンバーターまたはレコーダ
ーの S/PDIF デジタル入力端子に接続します。
必要に応じて、画面上のミキサーチャンネル設定および DSP 設定
を、プロジェクトのミックス用に変更します
TASCAM X-48
41
第 8 章 仕様
VGA ポート:
オーディオ入出力
コネクター:
15 ピン D サブ(メス)VGA コネク
ター
TDIF コネクター(x 6)
コネクター:
25 ピン D サブ(メス)コネクター
データフォーマット:
TDIF-1 規格準拠
ワード長:
24 ビット
S/PDIF IN、S/PDIF OUT 端子:
コネクター:
RCA ピンジャック
データフォーマット:
IEC60958(S/PDIF)
MOUSE ポート:
コネクター:
PS/2 マウスポート
KEYBOARD ポート:
コネクター:
PS/2 キーボードポート
FireWire (1、2)ポート:
コネクター:
IEEE 1394 6 ピンコネクター
IEEE 1394a
各種入出力
物理的仕様 WORD SYNC IN 入力端子:
コネクター:
BNC(アンバランス)
TTLレベル、75 Ω終端ON/OFF切替
WORD SYNC THRU、WORD SYNC OUT 出力端子:
コネクター:
BNC(アンバランス)
TTL レベル、75 Ω
MIDI IN、MIDI OUT 端子:
コネクター:
5 ピン DIN コネクター
MIDI 規格準拠
TIME CODE IN、TIME CODE OUT 端子:
コネクター:
TRS ホンジャック SMPTE 規格準拠
外形寸法:
483(幅)x 439(幅)x 184(高さ)
mm
質量:
13.7kg
電源:
100V、50/60Hz AC
消費電力:
付属品:
150W
電源コード
×1
取扱説明書
×1
クイックリファレンスガイド
×1
システムリストア CD
×1
ドキュメンテーション CD
×1
デジタルカード取り付け用の
プラスチックスペーサとビス
×1
保証書
×1
FOOT SW 端子:
コネクター:
6 φ、2 極ホンジャック
REMOTE 端子:
コネクター:
9 ピン D サブ(メス)
RS-422 準拠、ソニー 9 ピンシリア
ルプロトコル(P2)
USB ポート(X 4):
コネクター:
USB2.0A タイプコネクター
10/100/1000 ポート:
コネクター:
RJ45 LAN コネクター
10BASE-T/100BASE-TX/
1000BASE-TX イーサネット
10/100 ポート:
コネクター:
RJ45 LAN コネクター
10BASE-T/100BASE-TX イーサ
ネット
42 TASCAM
X-48
●仕様・外観などは、改善のため予告なく変更することがあります。
Memo
TASCAM X-48
43
この製品の取り扱いなどに関するお問い合わせは
タスカム営業技術までご連絡ください。お問い合わせ受付時間は、
土・日・祝日・弊社休業日を除く 10:00 ∼ 12:00/13:00 ∼ 17:00 です。
タスカム営業技術 〒 180-8550 東京都武蔵野市中町 3-7-3
電話: 0422-52-5106 / FAX : 0422-52-6784
故障・修理や保守についてのお問い合わせは
修理センターまでご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、土・日・祝日・弊社休業日を除く 10:00 ∼ 17:00 です。
ティアック修理センター
〒 190-1232
東京都西多摩郡瑞穂町長岡 2-2-7
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
0570-000-501
ナビダイヤルは全国どこからお掛けになっても市内通話料金でご利用いただけます。
携帯電話・ PHS ・自動車電話などからはナビダイヤルをご利用いただけませんの
で、通常の電話番号(下記)にお掛けください。
新電電各社をご利用の場合、「0570」がナビダイヤルとして正しく認識されず、
「現在、この電話番号は使われておりません」などのメッセージが流れることがあり
ます。このような場合は、ご契約の新電電各社へお問い合わせいただくか、通常の
電話番号(下記)にお掛けください。
電話: 042-556-2280 / FAX : 042-556-2281
■ 住所や電話番号は, 予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
ティアック株式会社
〒 180-8550 東京都武蔵野市中町 3-7-3
http://www.tascam.jp/
Printed in Taiwan
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement