クイックスタートガイド - 1.34 MB | j_us-322_366_qsg_vb

クイックスタートガイド - 1.34 MB | j_us-322_366_qsg_vb
D01194201B
US-322/366 USB Audio Interface
クイックスタートガイド
このたびは、
TASCAM USB Audio Interface US-322/366をお買い上げいただきまして、
誠にありがとうございます。
本機は、パソコンをベースにしたデジタルレコーディングシステムの中で使用したり、パソコン、ゲーム機、ギターやシ
ンセサイザーなどの楽器、またはマイクでのナレーションの音などを手軽にミックスして、インターネット上での生放送
を行うのに最適でコンパクトなUSBインターフェースユニットです。付属のドライバーソフトには、フェーダーやつまみ、
ボタンなどを配置したミキサー画面や各種エフェクト画面があり、より直感的な操作が可能です。本機はUSB電源のみ
で動作しますので、ノートパソコンと組み合わせることにより、非常にコンパクトなシステムを組むことができます。
本書では、本機の基本的な操作例を紹介します。詳細については、TASCAMのウェブサイト(http://tascam.jp/)か
ら取扱説明書をダウンロードしご確認ください。
安全にお使いいただくために
この取扱説明書の表示は、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止
するために、いろいろな絵表示をしています。その表示と意味は、次のようになっています。内容をよく理解してから本
文をお読みください。
V
警告
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、火災や感電などによって、死亡や大怪我などの人身事故の原因となります。
=
この機器の隙間などから内部に金属類や燃えやすい物などを差し込んだり、落としたりしない
火災・感電の原因となります。
C
機器の上に花びんや水などが入った容器を置かない
内部に水が入ると火災・感電の原因となります。
禁止
禁止
Y
分解禁止
V
N
指示
この機器のカバーは絶対に外さない
カバーを開けたり改造すると、火災・感電の原因となります。
内部の点検・修理は販売店またはティアック修理センターにご依頼ください。
この機器を改造しない
火災・感電の原因となります。
注意
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、感電やその他の事故によって、怪我をしたり、周辺の家財に損害を
与えたりすることがあります。
オーディオ機器を接続する場合は、各々の機器の取扱説明書をよく読み、電源を切り、説明に従って接続する
また、接続は指定のコードを使用する
電源を入れる前には、音量を最小にする
突然大きな音が出て、聴力障害などの原因となることがあります。
ヘッドホンをご使用になるときは、音量を上げすぎないように注意してください。
耳を刺激する様な大きな音量で長時間続けて聴くと、聴力に悪影響を与えることがあります。
=
禁止
次のような場所に置かないでください。火災、感電やけがの原因となることがあります。
・調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたる場所
・湿気やほこりの多い場所
・ぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所
TASCAM US-322/366
1
その他の注意
0次のような場所に設置しないてください。故障の原因
となります。
i 振動の多い場所
i 極端に温度が低い場所
i 窓際などの直射日光が当たる場所
i 湿気の多い場所や風通しが悪い場所
i 暖房器具のそばなど極端に温度が高い場所
i ほこりの多い場所
0パワーアンプなど熱を発生する機器の上に本製品を置
かないでください。
0本機の上に物を置かないでください。
0本機を寒い場所から暖かい場所へ移動したときや、寒い
部屋を暖めた直後など、気温が急激に変化すると結露を
生じることがあります。結露したときは、約1〜2時間
放置した後にご使用ください。
2.メニュー画面が表示されたら、《InstallDriver》ボタ
ンをクリックしてください。メニュー画面が表示され
ない場合は、付属のドライバー CD-ROM内のファイル
を参照して《Autorun》フォルダー内の《Autorun2.
exe》ファイルを実行してください。
3.しばらくすると言語選択の画面が表示されますので、
上下カーソルキーを使用して希望の言語を選択し《OK》
ボタンをクリックします(以降は日本語を選択した場
合の画面およびボタン名による説明になります)。
4.次の画面が表示されたら、
《USB-AUDIOインストー
ル》ボタンをクリックします。
この装置は、クラスB技術情報装置です。この装置は家庭環境で
使用することを目的としていますが、この装置がラジオやテレビ
ジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすこと
があります。取扱説明書に従って正しく取り扱いをしてください。
VCCI-B
ドライバーソフトをインストールする
本機を使用するには、パソコンにドライバーをインストー
ルする必要があります。
以下に述べるように、本機に付属のドライバー CD-ROM
を使って簡単にインストールすることができます。
ドライバーは、随時更新されています。最新のドライバー
は、TASCAMの ウ ェ ブ サ イ ト(http://tascam.jp) か
らダウンロードすることができます。
5.使用ライセンス許諾契約書の内容を確認し、《使用許諾
契約の条項に同意します》を選択します。次に《イン
ストール》ボタンをクリックすると、インストールが
開始されます。
Windows用ドライバーのインストール
注意
ドライバーのインストール中に、
《Windowsロゴテス
トに合格していません...》という警告が表示されるこ
とがあります。このメッセージが表示されたときは、
《続
行》をクリックしてインストールを続けてください。
6.次の画面が表示されたら、付属のUSBケーブルを使っ
て本機とパソコンを接続します。
パソコンにUSBケーブルで接続する前にドライバーをイ
ンストールしてください。USBケーブルを接続した場合
には、Windowsによるドライバーのインストールをキャ
ンセルしたうえで、USBケーブルを抜いてください。
1.付属のドライバー CD-ROMをご使用のパソコンにセッ
トします。
パソコン
USB
2 TASCAM
US-322/366
7.次の画面が表示されたら、インストール作業は完了で
す。《再起動》ボタンをクリックして、インストーラー
を終了し、パソコンを再起動します。
外部機器を接続する
フロントパネル
ギター
ベースギター
ボーカルマイク
ヘッドホン
Mac OS X用ドライバーのインストール
インストールを開始する前に、本機からUSBケーブルを
抜いてください。
1.付属のドライバー CD-ROMをご使用のパソコンにセッ
トします。
マイクはXLR、ギターはINPUT 1/Lチャンネルに接続し
ます。
2.CDアイコンが表示されるのでダブルクリックします。
注意
3.ドライバーのディスクイメージファイル(
《TASCAM_
US-322_US-366_driver_1.00.dmg》 ファイル)を
ダブルクリックし、開いたフォルダー内の 《TASCAM
US-322 US-366 1.00》 をダブルクリックします。
iヘッドホンを接続する前には、PHONESつまみで音量
を最小にしてください。突然大きな音が出て、聴力障
害などの原因になることがあります。
i48Vスイッチのオン/オフ切り換えは、PHONESつ
まみとLINE OUTつまみを下げた状態で行ってくださ
い。マイクによっては大きなノイズを発生し、他の機
器または人体を損傷する恐れがあります。
i48Vスイッチをオンにした状態でマイクの抜き差しを
しないでください。
iファントム電源を必要とするコンデンサーマイクを使
用する場合のみ、48Vスイッチをオンにしてください。
iアンバランスタイプのダイナミックマイクにファント
ム電源を供給しないでください。
iリボンマイクの中には、ファントム電源を供給すると
故障の原因になるものがあります。疑わしい場合はリ
ボンマイクにファントム電源を供給しないでください。
i48Vスイッチをオンにすると、バッテリー電源のノー
トパソコンを使って本機を駆動している場合、パソコ
ンの電源の消耗が早くなります。
4.インストーラーが起動するので、その後は画面の指示
に従ってインストールを進めます。
メモ
パソコンを再起動すると、ドライバーのインストール
は完了です。
本機には、INPUT 1/L、INPUT 2/Rのそれぞれに2
つの入力端子(XLRとTRS)があります。
これらのアナログ入力端子には同時に信号を入力しな
いでください。同時に信号を入力すると、信号が本機
に正しく入力されません。
TASCAM US-322/366
3
2LINE I/Oスイッチ(US-366のみ)
リアパネル
リアパネルのRCA端子を出力に使うときは「OUTPUT」
に、入力に使うときは「INPUT」に設定します。
3MODEスイッチ
本機への入力音とパソコンから出力した音をミックス
した後にパソコンに返す/返さないを切り換えられま
す。状況に応じて切り換えてください。
MULTI TRACKモード:
各入力はミキサーに入ると同時にUSB経由で別々の
チャンネルとしてパソコンに送られます。ミキサー
からはステレオで出力され、スピーカーやヘッドホ
ンから聴くことができます。
使用例:DAW(例:Cubase)などを使用する場合
パソコン
USB
ゲーム機器
CDレコーダー
マイク
ギター
ゲーム機器
パワードモニタースピーカー
または
アンプ/スピーカーシステム
注意
パソコン
USB1.1には、対応していません。
MIC
LINE/GUITAR
DIGITAL
USB
メモ
US-366のDIGITAL IN / OUT端子は、24ビット/
192kHzの同時入出力に対応しています。
本体の設定をする
本機のボトムパネルには、US-366では「DIGITAL IN、
LINE I/O、MODE」、US-322では「MODE」の選択スイッ
チがあります。
ミキサー
ヘッドホン
US-366
PHONES
STEREO MIXモード:
各入力はミキサーに送られ、ミキサーからのステレ
オ出力がUSB経由でパソコンに送られます。またミ
キサー出力はスピーカーやヘッドホンからも聴くこ
とができます。
使用例:インターネットの生放送などを行う場合
マイク
ギター
ゲーム機器
パソコン
MIC
LINE/GUITAR
DIGITAL
USB
インターネット
生放送
ミキサー
ヘッドホン
US-366
PHONES
USBケーブルを接続する
注意
これらの操作を行うときは、アプリケーションを閉じて
USBケーブルを本機から抜いた状態で行ってください。
1DIGITAL INスイッチ(US-366のみ)
デジタルの入力に同軸ケーブルを使うとき
は「COAXIAL」 に、 光 ケ ー ブ ル を 使 う と き に は
「OPTICAL」に設定してください。
メモ
同軸ケーブルと光ケーブルの同時入力はできません。
4 TASCAM
US-322/366
これらの設定が終わったら、USBケーブルを接続してく
ださい。
注意
USB1.1には、対応していません。
ドライバーソフトの設定をする
本機のトップパネルにあるMIXER PANELボタン(次項
を参照)を押して、パソコンのディスプレー上にミキサー
パネルを表示します。
INTERFACE画面の設定
ミキサーパネル画面には3つのタブ画面があり、その中の
《INTERFACE》 タブを選択して下記の《INTERFACE》
画面を表示します。
2MON MIXつまみ
本機の入力音とUSB経由で入力されたパソコンの再生
音のバランスを調節します。
3PHONESつまみ
ヘッドホン出力端子(PHONES)からの出力レベルを
調節します。
4SIGインジケーター
各チャンネルに信号が入力されている(−30dBFS以
上)ときに点灯します。
5OLインジケーター
入力が歪む直前(−2dBFSを超えた場合)で点灯しま
す。
6MIC/LINE-GUITAR切り換えスイッチ
LINE/GUITAR入力端子にギターやベースなどを接続
する場合は、スイッチを「GUITAR」側にしてください。
その他は「MIC/LINE」側にしてください。
7LINE OUTつまみ
ライン出力端子(OUT 1/L、OUT 2/R)からの出力
レベルを調節します。
1Sample Clock Source
通常は、
《Automatic》に設定します。
2Digital Output Format
通常は、
《S/PDIF》に設定します。
プロ機器などで《AES/EBU》にする必要がある場合
には設定を変更してください。
他の設定項目については、取扱説明書をお読みください。
入力音を聴く
8USBインジケーター
USB接続が有効なときに点灯します。
948Vインジケーター
48Vスイッチを「48V」側にするとインジケーターが
点灯します。
048Vスイッチ
MIC入力端子にファントム電源を供給するためのスイ
ッチです。スイッチを「48V」側にすると、その上の
48Vインジケーターが点灯します。
qMIXER PANELボタン
このボタンを押すと、パソコンのディスプレー上にミ
キサーパネルを表示します。
注意 1INPUT 1 / 2つまみ
INPUT 1/L、INPUT2/Rの入力レベルは、それぞれ
の調節つまみ(INPUT 1、UNPUT 2)で行います。
OL(オーバーロード)インジケーターが点灯しないよ
うに調節してください。
iヘッドホンを接続する前には、PHONESつまみで音量
を最小にしてください。突然大きな音が出て、聴力障
害などの原因になることがあります。
i48Vスイッチのオン/オフ切り換えは、PHONESつ
まみとLINE OUTつまみを下げた状態で行ってくださ
い。マイクによっては大きなノイズを発生し、他の機
器または人体を損傷する恐れがあります。
i48Vスイッチをオンにした状態でマイクの抜き差しを
しないでください。
iファントム電源を必要とするコンデンサーマイクを使
用する場合のみ、48Vスイッチをオンにしてください。
iアンバランスタイプのダイナミックマイクにファント
ム電源を供給しないでください。
iリボンマイクの中には、ファントム電源を供給すると
故障の原因になるものがあります。疑わしい場合はリ
ボンマイクにファントム電源を供給しないでください。
i48Vスイッチをオンにすると、バッテリー電源のノー
トパソコンを使って本機を駆動している場合、パソコ
ンの電源の消耗が早くなります。
TASCAM US-322/366
5
ミキサーパネルでミキサー機能を使う
本機のトップパネルにあるMIXER PANELボタンを押し
て、パソコンのディスプレー上にミキサーパネルを表示
し、《MIXER》 タブを選択して下記の 《MIXER》 画面を
表示します。
パソコンの設定をする
WindowsおよびWindows Media Player
1.すべてのアプリケーションを終了し、《スタート》 より
《コントロールパネル》 を開きます。
2.《サウンド》 を開きます。
メモ
上記項目が見当たらない場合は、《ハードウェアとサウ
ンド》 をクリックした後に表示されます。
1パンスライダー
ノブを左右にドラッグして各チャンネルの定位を設定
します。
センター(C)になっているときは青色、それ以外は
オレンジ色で表示されます。
3.《再生》 タブをクリックし、《スピーカー TASCAM
US-322》( ま た は《 ス ピ ー カ ー TASCAM US366》
)をクリックし、《既定のデバイスとして設定》
をクリックします。
こ の と き、 緑 の チ ェ ッ ク マ ー ク が 《 ス ピ ー カ ー
TASCAM US-322》(または《スピーカー TASCAM
US-366》
)に移動します。
2フェーダー
ノブを上下にドラッグして各入力のミックスバランス
を調節します。また、MASTER L/Rフェーダーを使
用して、ミキサーの出力レベルを調節します。
他の設定項目については、取扱説明書をお読みください。
インターネットで生放送を行うなど本機を録音デバイ
スとして使う場合に、次の設定も行ってください。
録音タブをクリックし、《ライン入力 TASCAM US322》
(または《ライン入力 TASCAM US-366》
)を
クリックし、《既定のデバイスとして設定》をクリッ
クします。このとき、緑のチェックマーカーが《ライ
ン 入 力 TASCAM US-322》( ま た は《 ラ イ ン 入 力
TASCAM US-366》
)に移動します。
4.《OK》 をクリックします。
6 TASCAM
US-322/366
5.Windows Media Playerを起動し、オーディオファイ
ルの再生を行ってください。
メモ
iこの設定を行うと、本機経由で音は出ますが、パソコ
ンのスピーカーやPHONES端子からは音が出なくなり
ます。
iWindows Media Playerを起動した状態で設定を行
っ た 場 合 は、Windows Media Player側 で デ バ イ ス
の切り換えが認識されません。この場合、Windows
Media Playerを再起動してください。
i上記設定/操作を正しく行っても音が出ない場合は、
パソコンを再起動してください。
iWindows Media Playerの 出 力 を 本 機 のDIGITAL
OUT端子から出力したい場合は、ミキサーパネルの
INTERFACEタ ブ 画 面 で 《DIGITAL OUTPUTS》 を
《Computer 1-2》 に設定してください。
Mac OS XおよびiTunes
1.《アプリケーション》 フォルダーの中の 《ユーティリテ
ィ》 フォルダーの中にある 《Audio MIDI 設定》 をダ
ブルクリックして起動します。
2.《オーディオ装置》 を開き、《US-322》
(または《US366》) が選択された状態で 《US-322》
(または《US366》) をコントロールキーを押しながらクリックして
表示される 《このサウンド出力装置を使用》 をクリッ
クします。スピーカーのマークが 《US-322》
(または
《US-366》) に移動します。
インターネットで生放送を行うなど本機を録音デバイ
スとして使う場合には、次の設定も行ってください。
《オーディオ装置》 を開き、《US-322》
(または《US366》) が選択された状態で 《US-322》
(または《US366》) をコントロールキーを押しながらクリックして
表示される 《このサウンド入力装置を使用》 をクリッ
クします。
マイクのマークが 《US-322》
(または《US-366》)
に移動します。
3.iTunesを起動し、オーディオファイルを選択して再生
を行ってください。
メモ
iTunesの 出 力 を ミ キ サ ー 機 能 を 通 さ ず に 本 機 の
DIGITAL OUT端 子 か ら 出 力 し た い 場 合 は、 ミ キ
サ ー パ ネ ル のINTERFACEタ ブ 画 面 で 《DIGITAL
OUTPUTS》の《Computer 1-2》に設定してください。
TASCAM US-322/366
7
この製品の取り扱いなどに関するお問い合わせは
タスカム カスタマーサポートまでご連絡ください。お問い合わせ受付時間は、土・日・祝日・弊
社休業日を除く10:00〜12:00 / 13:00〜17:00です。
タスカム カスタマーサポート
〒 206-8530 東京都多摩市落合 1-47
0120-152-854
携帯電話・PHS・IP電話などからはフリーダイヤルをご利用いただけませんので、通常の電話番
号(下記)にお掛けください。
電話:042-356-9137 / FAX:042-356-9185
故障・修理や保守についてのお問い合わせは
修理センターまでご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、土・日・祝日・弊社休業日を除く9:30〜17:00です。
ティアック修理センター 〒 358-0026 埼玉県入間市小谷田 858
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
0570-000-501
ナビダイヤルは全国どこからお掛けになっても市内通話料金でご利用いただけます。
PHS・IP電話などからはナビダイヤルをご利用いただけませんので、通常の電話番号(下記)に
お掛けください。
新電電各社をご利用の場合は、「0570」がナビダイヤルとして正しく認識されず、「現在、この
電話番号は使われておりません」などのメッセージが流れることがあります。
このような場合は、ご契約の新電電各社へお問い合わせいただくか、通常の電話番号(下記)に
お掛けください。
電話:04-2901-1033 / FAX:04-2901-1036
■ 住所や電話番号は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
〒 206-8530 東京都多摩市落合 1-47
http://tascam.jp/
Printed in China
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement