VF66PCTool 取扱説明書_J

VF66PCTool 取扱説明書_J
TOYO INTELLIGENT INVERTER
VF66 Series
Programming & Maintenance Tool
◆目次◆
第 1 章 セットアップ ........................................................ 3
1-1. 接続 ...................................................................................................................... 3
1-2. VF66PCTool のインストール ................................................................................ 3
1-3. USBIF66 Device Driver のインストール ............................................................. 3
1-4. 通信ポート・表示言語の設定 ............................................................................... 4
第 2 章 Console Dataset ................................................... 6
2-1. Console Dataset の起動 ........................................................................................ 6
2-2. 操作方法 ............................................................................................................... 8
2-2-1. 新規作成 .............................................................................................................................. 8
2-2-2. パラメータ編集 ................................................................................................................... 9
2-2-3. ファイルを開く ................................................................................................................. 11
2-2-4. ファイルに保存 ................................................................................................................. 11
2-2-5. インバータから読込み....................................................................................................... 11
2-2-6. インバータへ書込み .......................................................................................................... 12
2-2-7. ワンショット書込みモード................................................................................................ 13
2-2-8. ファイルコンペア.............................................................................................................. 14
2-2-9. 印刷 ................................................................................................................................... 15
2-2-10. インバータ変更 ............................................................................................................... 16
第 3 章 VF Monitor......................................................... 17
3-1. VF Monitor の起動 ............................................................................................. 17
3-2. トレースバックモード ........................................................................................ 19
3-2-1.
3-2-2.
3-2-3.
3-2-4.
3-2-5.
トレースバックデータの取得 ............................................................................................ 19
トレースバックデータの選択 ............................................................................................ 19
トレースバックデータの表示 ............................................................................................ 19
トレースバックデータの操作 ............................................................................................ 20
チャネル・フラグの説明 ................................................................................................... 21
3-3. ストレージモード ............................................................................................... 27
3-3-1.
3-3-2.
3-3-3.
3-3-4.
ストレージモードの操作 ................................................................................................... 27
ポイント数とトルク制御周期 ............................................................................................ 29
トリガモードの操作 .......................................................................................................... 30
チャネル・フラグの説明 ................................................................................................... 31
3-4. トレンドモード .................................................................................................. 34
3-4-1. トレンドモードの操作....................................................................................................... 34
3-4-2. チャネル・フラグの説明 ................................................................................................... 35
3-5. Scale・0 Level .................................................................................................... 36
3-6. コピー ................................................................................................................ 36
第 4 章 Control Block Editor.......................................... 37
4-1. Control Block Editor の起動 ............................................................................... 40
4-2. プロジェクト ...................................................................................................... 46
4-2-1.
4-2-2.
4-2-3.
4-2-4.
プロジェクトの新規作成 ................................................................................................... 46
プロジェクトの保存 .......................................................................................................... 47
印刷 ................................................................................................................................... 47
回路の作成 ........................................................................................................................ 48
4-3. 閲覧モード ......................................................................................................... 49
4-4. 編集モード ......................................................................................................... 51
4-4-1. 回路の編集 ........................................................................................................................ 51
4-4-2. 制御ブロックの選択と設定方法......................................................................................... 52
4-4-3. ラダーブロックの選択と設定方法 ..................................................................................... 54
4-4-4. データフローブロックの選択と設定方法 .......................................................................... 56
4-4-5. 入力補助機能..................................................................................................................... 58
4-4-6. コメント ............................................................................................................................ 59
4-4-7. コンパイル ........................................................................................................................ 59
4-4-8. インバータへ書込み .......................................................................................................... 60
4-4-9. インバータから読込み....................................................................................................... 60
4-4-10. その他編集方法 ............................................................................................................... 61
4-4-11. 回路削除 .......................................................................................................................... 62
4-5. モニタモード ...................................................................................................... 63
4-5-1. モニタモード..................................................................................................................... 63
4-5-2. モニタモード実行手順....................................................................................................... 63
4-5-3. 状態表示 ............................................................................................................................ 63
4-6. トレンドモード .................................................................................................. 64
4-6-1.
4-6-2.
4-6-3.
4-6-4.
トレンドモード ................................................................................................................. 64
トレンドモード実行手順 ................................................................................................... 64
グラフ描画 ........................................................................................................................ 64
描画設定 ............................................................................................................................ 65
4-7. エラーメッセージ ............................................................................................... 66
第 5 章 Convert from 64Series ..................................... 68
5-1. Convert from 64Series の起動 ............................................................................ 68
5-2. パラメータ変換の手順 ........................................................................................ 69
5-3. パラメータ変換項目 ........................................................................................... 70
第1章
セットアップ
第1章
セットアップ
VF66PCTool は、VF66 シリーズ汎用インバータをカスタマイズ及びメンテナンスするための機能を
併せ持ったパソコン専用ツールです。
VF66PCTool を使用するには、VF66PCTool のインストール及び、インバータとユーザーPC 間を接
続する USBIF66 のセットアップを行う必要があります。
1-1. 接続
インバータとユーザーPC の接続は次のようになります。
インバータ
USBIF66
ユーザーPC
※「USBIF66」は推奨ケーブルです。推奨品以外を使用した場合、動作しないことがあります。
また、推奨品以外を使用し機器を破損した場合の保証は致しません。
・ 動作環境
対応言語:日本語・英語
対応 OS:Windows® 2000・Windows® XP・Windows Vista®・Windows® 7
(*Windows、Windows Vista は Microsoft 社の登録商標です)
モニタ:XGA(1024×768)以上(推奨)
※使用する PC(モニタ)または OS によっては、画面が大きく表示されることがあります。
1-2. VF66PCTool のインストール
VF66PCTool のインストールは次の手順により行って下さい。
[1]VF66PCTool インストールソフトが入ったフォルダを展開して下さい。
[2]フォルダ内にある「setup.exe」を起動します。
[3]起動したプログラムの指示に従って、セットアップを行って下さい。
1-3. USBIF66 Device Driver のインストール
USBIF66 付属の USBIF66 Device Driver のインストールマニュアルをご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
3
第1章
1-4. 通信ポート・表示言語の設定
通信ポート及び表示言語の設定は、次の手順により行って下さい。
[1]VF66PCTool の起動
VF66PCTool を起動すると、スタートメニュー画面が表示されます。
Start Menu(簡易版)*
Start Menu
イベントログ
*Start Menu(簡易版)
Control Block Editor
Console Dataset
VF Monitor
VF66 Series Help Tool
Communication
Convert from VF64 Series
V F 6 6 P C To o l
4
セットアップ
第1章
セットアップ
[2] 通信ポート及び表示言語の設定
スタートメニューより「Communication」を選択し、通信及び表示言語の設定を行います。
a)通信設定
COM ポート:
USBIF66 が割り当てられている COM ポートを設定して下さい。
(USBIF66 の COM ポートは、コントロールパネルのデバイスマネージャーより確認できます。)
タイムアウト時間:
COM ポートの設定が正しくされており、かつ、ケーブルが正常にインバータとパソコンに接続
されているにも関わらず、下図の様に「通信エラー:○○○○」が表示された時は、通信中のデータ
のデータ数不一致やデータの総和不一致などデータ自体に異常があると考えられます。
デフォルトは 20[ms]に設定されていますが、パソコンによってはこの設定時間が短いとエラーが
発生することがあります。エラーが出た場合はタイムアウト時間を長く設定して下さい。
通信速度[bps]:
通信速度は 19200[bps]で固定となっているので、この項目は特に設定を行う必要はありません。
注.通信設定が完了したら必ず「適用」をクリックして下さい。
b)表示言語設定
本ソフトの表示言語を設定します。日本語、英語のどちらかを選択して下さい。
注.表示言語の設定が完了したら必ず「適用」(英語:「Apply」)をクリックし、PC Tool を再起動し
て下さい。
V F 6 6 P C To o l
5
第2章
Console Dataset
第2章
Console Dataset
Console Dataset では、インバータとユーザーPC 間でパラメータ(設定値)の送受信や PC 上での編
集・保存が行えます。なお、インバータとユーザーPC 間でパラメータの送受信を行うには、インバー
タとユーザーPC を USBIF66 で接続する必要があります。
2-1. Console Dataset の起動
Console Dataset の起動は次の手順により行って下さい。
[1]Console Dataset の起動
スタートメニューより「Console Dataset」を選択し、Console Dataset を起動します。
[2]Console Dataset メイン画面の表示
Console Dataset 起動後、下図の様なメイン画面が表示されます。
V F 6 6 P C To o l
6
第2章
Console Dataset
Console Dataset のメイン画面における、各メニューについて簡単に説明します。
ファイル
新規作成
新規にパラメータのデータファイルを作成します。(⇒2-2-1.参照)
ファイルを開く
保存しているデータファイルを開きます。(⇒2-2-3.参照)
上書き保存
編集中の保存データファイルを上書きします。
(⇒2-2-4.参照)
名前を付けて保存
データファイルに名前をつけて保存します。(⇒2-2-4.参照)
閉じる
現在開いているデータファイルを閉じます。
ファイルコンペア
保存しているデータファイルを最大4個まで比較できます。(⇒2-2-8.参照)
CSV 形式で保存
ファイルコンペア後の表示データを CSV 形式で保存します。(⇒2-2-8.参照)
印刷
表示されている各項目の印刷を行います。(⇒2-2-9.参照)
Console Dataset 終了
Console Dataset を終了します。
編集
インバータ変更
データファイルに設定されているインバータの仕様を変更します。(⇒2-2-10.参照)
データ
インバータへ書込み
Console Dataset で編集したパラメータをインバータに書込みます。
(⇒2-2-6.参照)
ワンショット書込みモード
ワンショット書込みモードを起動します。(⇒2-2-7.参照)
ワンショット書込み解除
ワンショット書込みモードを解除します。
(⇒2-2-7.参照)
インバータから読込み
インバータからパラメータを読込みます。(⇒2-2-5.参照)
V F 6 6 P C To o l
7
第2章
Console Dataset
通信
通信と表示言語の設定
通信ポートの選択と画面に表示される言語の設定を行います。(⇒1-4.参照)
ヘルプ
VF66 シリーズヘルプ
VF66PCTool の操作説明やインバータ操作についての簡易検索が行えます。
バージョン情報
VF66PCTool のバージョン情報を表示します。
2-2. 操作方法
2-2-1. 新規作成
新規にデータファイルを作成します。ただし、データファイルは1つしか開くことができないので、
「新規作成」を行う前に現在開いているデータファイルがある場合は閉じて下さい。
メインメニューより、「ファイル」―「新規作成」をクリックすると機種選択画面が表示されます。
機種選択画面では、各項目に使用する製品に合わせた設定を行って下さい。
機種:
使用機種を選択して下さい。
操作モード:
操作モードを次の2つから選択して下さい。
・Simple mode (簡易モード)
・Full mode
(詳細モード)
インバータ容量:
インバータの容量を選択して下さい。
設定ブロック:
第 1、第 2 設定ブロックの制御モードを選択して下
さい。
機種によって制御モードの表示がことなるので、各
機種の取扱説明書を参考に選択してください。
ROM Version:
本体 ROM バージョンを選択して下さい。
(※制御基板上のシール:○○-○○)
オプション:
内蔵 PLC 機能を組込む場合、「Control Block Editor」
で作成したプロジェクトファイル(.vfp)を適用すること
によって、P エリアの小数点位置情報が更新されます。
「デフォルト値」をクリックすると、すべての設定が初期化されます。
注.各設定は必ずご使用のインバータに合わせて下さい。詳細についてはインバータ本体説明書をご参
照下さい。また、設定がご使用のインバータと一致しない場合、パラメータの書込みは行いません。
V F 6 6 P C To o l
8
第2章
Console Dataset
設定が完了したら「実行」をクリックして下さい。インバータ選択画面は閉じられメイン画面にパラメー
タが表示されます。
2-2-2. パラメータ編集
 メイン画面説明
パラメータを表示したメイン画面の各項目について説明します。
なお、各パラメータの詳細については、現在使用されている制御モードのインバータ取扱説明書をご
参照下さい。
このタブで表示する設
定ブロックを切換えま
す。
Console Dataset の
動作履歴をここに表
示します。
履歴欄で右クリック
す る と 履 歴 の
Save(.txt)/Clear が
実行できます。
設定範囲:
パラメータを設定できる範囲です。
注.パラメータの編集中で設定範囲を超えた値に編集できますが、その場合、インバータへの書込み
は行えません。
初期化データ:
インバータ本体を初期化したときのデータです。初期化の方法は本体取扱説明書をご参照下さい。
小数点位置:
パラメータの小数点位置です。正しい位置に小数点がない場合、パラメータの変更は行われません。
有効桁数:
パラメータの有効桁数です。
注.パラメータの編集で有効桁数を超えた値に編集できますが、その場合、インバータへの書込みは
行いません。
V F 6 6 P C To o l
9
第2章
Console Dataset
設定値:
現在設定されているパラメータの値です。パラメータの編集はこの欄の値を変更して行います。
運転中書換:
インバータの運転中にパラメータが書換えられるかを示します。
OK:運転中書換え可能
NG:運転中書換え不可
クイックエリアセレクト:
選択したエリアの先頭を表の一番上に表示します。
 パラメータ編集手順
パラメータの編集は次の手順により行って下さい。
[1]クイックエリアセレクトで、画面に表示したいパラメータのエリアを選択して下さい。
スクロールバー
クイックエリアセレクトでは、選択したエリアの最上段からパラメータを表示します。もし、変更し
たいパラメータが表示されていない場合は、画面横のスクロールバーのカーソルを上下に移動させて表
示して下さい。
V F 6 6 P C To o l
10
第2章
Console Dataset
[2]変更したいパラメータの設定値の欄にカーソルを合わせ、値を入力して Enter キーで確定して下さい。
設定値の変更が確定すると、その入力動作が履歴として画面下部に表示されます。
注.設定値は設定範囲、小数点位置、有効桁数に注意して入力を行って下さい。
入力に問題があるときは履歴欄にその詳細が表示されます。
注.c,G,J,L,P エリアは第 1、第 2 設定ブロック共通エリアです。一方の設定ブロックで共通エリアのパ
ラメータを編集すると、もう一方の設定ブロックを自動で同じ値に編集します。
2-2-3. ファイルを開く
保存したデータファイル(CDS ファイル)を開くにはメインメニューより、「ファイル」―「開く」で行い
ます。ただし、データファイルは1つしか開くことができないので、「開く」を行う前に現在開いている
データファイルがある場合は閉じて下さい。
2-2-4. ファイルに保存
データファイル(CDS ファイル)の保存はメインメニューより、「ファイル」―「名前をつけて保存」また
は「上書き保存」で行います。
「名前をつけて保存」を行った場合、データファイルの保存と同時に CSV ファイルの作成も行います。
「上書き保存」を行った場合、データファイルと CSV ファイルの上書き保存を行います。
注.ファイルコンペアを行いその表示結果を保存したい場合は、「ファイル」―「CSV 形式で保存」より
CSV ファイルとしてのみ保存可能です。
2-2-5. インバータから読込み
インバータから読込んだパラメータをメイン画面に表示します。読込みを行う前に現在開いているデ
ータファイルがある場合は閉じて下さい。また、インバータとユーザーPC 間が USBIF66 で接続され
ていることをご確認下さい。
メインメニューより、「データ」―「読込み」をクリックすると読込み実行画面が表示されます。
V F 6 6 P C To o l
11
第2章
Console Dataset
通信設定:
通信ポートの設定を行います。
(詳細は 1-4.通信ポート、表示言語の設定を
参照して下さい)
注.読込み実行画面からの表示言語の変更
は行えません。
「読込み」をクリックするとパラメータの読込みが開始され、読込みの進行状況がメッセージ欄に表示
されます。また、読込み中にエラーがあった場合についてもメッセージ欄に表示されます。読込み中に
エラーがあった場合は読込みが中断されますので、エラーメッセージの内容を参考に問題を解消して再
度行って下さい。
“読込み終了”メッセージが表示されたら、パラメータの読込みは終了です。インバータから読込ん
だパラメータがメイン画面に表示されますので「閉じる」をクリックして下さい。
2-2-6. インバータへ書込み
開いているデータファイルのパラメータをインバータに書込みます。書込みを行う前に、インバータ
とユーザーPC 間が USBIF66 で接続されていることをご確認下さい。
書込みを行う条件として、データファイルのインバータ仕様とご使用のインバータ仕様が一致してい
る必要があります。
データファイルの
インバータ仕様は
ここでご確認下さい。
もし、インバータ仕様が一致しておらずインバータへの書込みが行えなかった場合は、メインメニュ
ーの「インバータ変更」にてデータファイルのインバータ仕様を変更して下さい。
(インバータ変更については 2-2-10.インバータ変更をご参照下さい)
メインメニューより、「データ」―「書込み」をクリックすると書込み実行画面が表示されます。
書込み実行画面では、次の設定を行って下さい。
V F 6 6 P C To o l
12
第2章
Console Dataset
書込み設定1:
書込みを行う設定ブロックを選択して下さい。
書込み設定2:
書込みを行うパラメータの範囲を全エリアま
たはエリア指定のいずれかを選択して下さい。
オートチューニングデータ・アナログゲイン・オフセットデータ書込み:
チェックを入れるとオートチューニングデータ(A-11 以
降)とアナログゲイン・オフセットデータ(L-01~20)項目
の書込みを行います。通常、チェックは入って
いないため上記項目の書込みは行いません。
書込みエリア選択(書込み設定2でエリア指定
を選択した場合のみ):
書込みを行うパラメータのエリアを選択しま
す。
注.書込み実行画面からの表示言語の変更は
行えません。
通信設定:
通信ポートの設定を行います。
(詳細は 1-4.通信ポート、表示言語の設定をご参照下
さい)
O エリア表示:
O エリアは弊社調整用エリアであり、
チェックを入れるとこれについての書込み
エラーを表示するようになります。
(O エリア以外は常にエラーの表示を行います)
設定が終わったら「書込み」をクリックして下さい。インバータへの書込みが開始され、書込みの進行
状況がメッセージ欄に表示されます。また、書込み中にエラーがあった場合についてもメッセージ欄
に表示されます。書込み中にエラーがあった場合は書込みが中断されますので、エラーメッセージの
内容を参考に問題を解消して再度行って下さい。
“書込み終了”のメッセージが表示されたらインバータへの書込みは終了です。
2-2-7. ワンショット書込みモード
ワンショット書込みモードを起動すると、選択した1項目のみパラメータ編集を行うと同時に、その
項目のみインバータへの書込みを行います。ワンショット書込みを行う前に、インバータとユーザーPC
間が USBIF66 で接続されていることをご確認下さい。
書込みを行う条件として、データファイルのインバータ仕様とご使用のインバータ仕様が一致する必
要があります。詳しくは 2-2-6.インバータへ書込みをご参照下さい。
メインメニューより、「データ」-「ワンショット書込みモード」をクリックし、ワンショット書込
みを行う設定ブロックを選択して下さい。選択した設定ブロックがワンショット書込みモードに切換わ
り、赤いランプが点灯します。
V F 6 6 P C To o l
13
第2章
Console Dataset
ワンショット書込みモードが起動した状態でパラメータ編集を行うと、入力と同時にインバータへの
書込みが行われます。ただし、運転中書換欄が“NG”のパラメータについては、インバータ運転中の
ワンショット書込みは行えません。また、ワンショット書込みはモード起動時に選択した設定ブロック
についてのみ行うため、別の設定ブロックにおいてワンショット書込みを行う場合は、「ワンショット
書込みモード」より設定ブロックを選び直す必要があります。
なお、ワンショット書込みモードの解除はメインメニューより、「データ」―「ワンショット書込み解
除」で行います。
2-2-8. ファイルコンペア
ファイルコンペアは、保存してあるデータファイルを複数個(2~4個)選択し、選択したファイルの
パラメータを比較します。
ただし、データファイルは1つしか開くことができないので、「ファイルコンペア」を行う前に現在開
いているデータファイルがある場合は閉じて下さい。
メインメニューより、「ファイル」―「ファイルコンペア」をクリックすると、ファイルコンペア実行画
面が表示されます。
File1(基準ファイル)に選択されたファイルの設定値
は、各ファイルの設定値を比較するときの基準値とな
ります。また、File1 が選択されていない場合は、フ
ァイルコンペアは実行できません。
このボタンより比較したいファイルを選択します。
ファイルコンペアするファイルを選択したら「実行」をクリックします。ファイルコンペアが完了する
と、“Complete”のメッセージが表示され各ファイルのパラメータを比較した結果が表示されます。
V F 6 6 P C To o l
14
第2章
Console Dataset
・ エリア名、タイトル、設定範囲は基準ファイル(File1)のものを表示します。
・ 基準ファイル(File1)に対して他のいずれかのファイル(File2~4)の設定値が異なっている場合、
“Judge”欄に‘@’が表示されます。
・ ファイルコンペアを行ったデータは、「ファイル」―「CSV 形式で保存」より CSV ファイルとし
て保存可能です。但し、保存した CSV ファイルから画面上へのデータ展開はできません。
注. 印刷については、2-2-9.印刷 ◆ファイルコンペアの印刷設定画面をご参照下さい。
2-2-9. 印刷
メイン画面に表示しているパラメータの印刷を行います。また、ファイルコンペアを行ったデータも
印刷可能です。
メインメニューより、「ファイル」―「印刷」をクリックすると印刷設定画面が表示されます。
印刷設定画面では次の設定を行って下さい。
 通常の印刷設定画面
各項目に入力して下さい。
未入力の場合は空欄が印刷されます。
現在設定されているインバータ仕
様が表示されます。
メモ欄
プリントエリア選択:
印刷を行うパラメータのエリアを選択して下さい。
「All check」をクリックするとすべてのエリアを選択します。チェックをはずすと解除されます。
印刷設定:
印刷を行う設定ブロックを選択して下さい。
V F 6 6 P C To o l
15
第2章
Console Dataset
プリンタ設定:
プリンタの設定を行います。
注.印刷の向きによって、印刷する項目数が変わります。横印刷の場合は、メイン画面と同じ項目数
で印刷しますが、縦印刷の場合は、一部の項目が省略された形で印刷されます。
設定の終了後、「印刷実行」をクリックして印刷を行って下さい。
 ファイルコンペアの印刷設定画面
比較するファイル名が表示されます。
設定項目は通常時の印刷設定画面と同様に行って下さい。
2-2-10. インバータ変更
現在展開しているデータファイルのインバータ仕様を変更するときに用います。ここでは、操作モー
ド、インバータ容量、ROM バージョンの変更が可能です。
(※但し、Full mode から Simple mode へ
の変更は不可。)
メインメニューより、
「編集」-「インバータ変更」をクリックすると機種選択画面が表示されます。
機種選択画面では、各項目にご使用の製品に合わせた設定変更を行って下さい。
操作モード:
操作モードを選択して下さい。
注.Full mode→Simple mode への変更はできません。
インバータ容量:
インバータの容量を選択して下さい。
ROM Version:
本体 ROM バージョンを選択して下さい。
(※制御基板上のシール:○○-○○)
注.機種と制御モードを変更することはできません。
設定の変更が完了したら「実行」をクリックして下さい。
V F 6 6 P C To o l
16
第3章
VF Monitor
第3章
VF Monitor
VF Monitor とは、トルク指令、出力電流・電圧、内蔵 PLC 出力などの運転時内部演算データや、ア
ナログ入力、多機能入力の各信号波形をリアルタイムに PC でモニタリングするトレンドモニタ機能と、
保護動作時または故障時のデータをパソコンにトレースしグラフ化表示するトレースバック機能、さら
に、メモリレコーダと同様なトリガ付きストレージ機能を持ったマルチモニタツールです。
3-1. VF Monitor の起動
VF Monitor の起動は次の手順により行って下さい。
[1] VF Monitor の起動
スタートメニューより「VF Monitor」を選択し、VF Monitor を起動します。
[2] VF Monitor メイン画面の表示
VF Monitor 起動後、下図の様なメイン画面(ストレージモードのとき)が表示されます。
V F 6 6 P C To o l
17
第3章
VF Monitor
VF Monitor のメイン画面における、各メニューについて簡単に説明します。
ファイル
ログファイルを開く
以前に保存したログファイル※を開きます。
ログファイルの保存
現在表示しているデータをログファイル※として保存します。
CSV 形式で保存(表示単位)
現在表示しているデータを表示単位のままCSVファイル形式で保存します。
CSV 形式で保存(digit 単位)
現在表示しているデータを digit 単位でCSVファイル形式として保存します。
画面印刷
画面全体を印刷します。BMP ファイルの保存もできます。
VF Monitor 終了
VF Monitor を終了します。
※ファイル拡張子は、トレースバックモード:.trc,ストレージモード:.str,トレンドモード:.trd
コピー
描画停止中に範囲を選択すると、その範囲をクリップボードにコピーします。
(⇒3-6.参照)
モード
トレースバック
保護動作時及び故障動作時のデータを描画します。(⇒3-2.参照)
インバータから読込み
トレースバックデータをインバータから読込みます。データが複数ある場合は描画
したいブロックを選択して下さい。
(⇒3-2-1.参照)
ストレージ
所定周期でインバータ内に蓄積されたデータを読み出して描画します。(⇒3-3.参照)
トレンド
データをリアルタイムに描画します。(⇒3-4.参照)
設定
通信と表示言語の設定
通信ポートの選択と画面に表示される言語の設定を行います。(⇒1-4.参照)
ヘルプ
VF66 シリーズヘルプ
VF66PCTool の操作説明やインバータ操作についての簡易検索が行えます。
バージョン情報
VF66PCTool のバージョン情報を表示します。
V F 6 6 P C To o l
18
第3章
VF Monitor
3-2. トレースバックモード
3-2-1. トレースバックデータの取得
メインメニューの「モード」―「トレースバック」をクリックし、トレースバックモードにして下さ
い。その後「インバータから読込み」でトレースバックデータの読込みを実行します。
注.選択したモードの左側には“●”が
表示されます。
3-2-2. トレースバックデータの選択
トレースバックデータから表示したいデータブロックを選択します。
※5回目以降のデータの上書きについて
トレースバック動作時の累積運転時間(T)と、保存
されているデータの内、最新データの累積運転時間
動作時データを最
(T4)との差が240時間以上ならば、
古データへ上書きします。しかし、240時間未満の場
合は、2番目に古いデータへ上書きします。
また、初期化操作や保護記録消去操作しますと全
てのデータはクリアされます。
現在保存されているデータ(T1<T4)
D1(T1)
D2(T2)
D3(T3)
D4(T4)
動作時のデータ
D(T)
240 時間未満
240 時間以上
3-2-3. トレースバックデータの表示
実行するとデータをインバータから読込みグラフとして表示します。
Flag Data
保護動作時のフラグデ
ータが上段に表示され
ます。(“Flag Data”にチ
ェックが入っていると
表示されます)
Ch Data
Ch に設定したデータが
下段に表示されます。
(“Flag Data”のチェック
を外すと大きく表示でき
ます)
※異なる Flag Data を比
較するときに Ch に設定
V F 6 6 P C To o l
19
第3章
VF Monitor
3-2-4. トレースバックデータの操作
描画した画面の各項目及び操作方法について説明します。
項目
説明
Ch
名称
チャネル番号
測定項目
データ:単位
フラグ:ビットデータ選択
単位/Bit
測定項目単位
Scale/div
縦軸(1グリッド当たり)(⇒3.5. Scale・0 Level 参照)
0 Level
線色
オフセット量(⇒3.5. Scale・0 Level 参照)
グラフ色
測定値
カーソル測定値
背景色
グラフ背景色
グリッド色
Cursor
Horiz. Sec/div
Horiz. Point/div
機種
制御モード
インバータ容量
設定ブロック
ROM バージョン
カウンタ
グリッド色
チェックを入れるとカーソル線がグリッドに表示され、カーソル線とグラ
フが交差したポイントの値を各 Ch の「Value」欄に表示
(カーソル線の移動はトラックバーまたは十字キーで行います。)
横軸(1グリッド当たりの時間)
横軸(1グリッド当たりのポイント数)
保護動作時の機種
保護動作時に使用していた制御モード
インバータ機種
チョッパ機種
66CH :降圧チョッパ
o mode:誘導電動機 V/f モード
66CHb:降圧チョッパ(BTS)
V mode:誘導電動機ベクトルモード
CH66 :昇降圧チョッパ
E mode:EDモータベクトルモード
保護動作時に使用していたインバータ容量
No.1:第 1 設定ブロック
保護動作時に使用していた設定ブロック
No.2:第 2 設定ブロック
本体 ROM バージョン(制御基板上のシール:○○-○○)
トレースバックカウンタ値
トレースバック
ピッチ
トレースバックピッチ
F-13 設定値
トリガポイント
トリガポイント
F-14 設定値
運転時間
日付
時間
Flag Data
保護動作時の累積運転時間
保護動作時の通信オプションから送信された月日
保護動作時の通信オプションから送信された時間
フラグデータの表示/非表示の切換え
(フラグデータを非表示にすると Ch データが全体表示されます。)
Fault Flag(1)
保護・故障フラグ(1)
(⇒フラグ説明参照)
Fault Flag(2)
保護・故障フラグ(2)
(⇒フラグ説明参照)
State Flag
状態フラグ(⇒フラグ説明参照)
Command Flag
指令フラグ(⇒フラグ説明参照)
Ext.Flt1
*J-14:ON
*バイナリデータ
GAC からの保護検知ビット情報1(⇒フラグ説明参照)
GAC からの保護検知ビット情報2(⇒フラグ説明参照)
Ext.Flt2
注.Flag データの切換えは、表示したい Flag 名を選択して下さい。
V F 6 6 P C To o l
20
第3章
VF Monitor
3-2-5. チャネル・フラグの説明
・チャネルの説明(インバータ機種)
Ch 名
内容
iu
U 相出力電流(瞬時値)
iv
V 相出力電流(瞬時値)
iw
W 相出力電流(瞬時値)
Vdc
直流電圧
Vout
出力電圧実効値
---/ Speed /Speed
未設定/回転速度/回転速度※1
Fref / Sref /Sref※1
周波数指令/回転速度指令/回転速度指令※1
※1
Trq
トルク
Fout
出力周波数
---/ Slip /id
※1
---/ Flx/iq※1
Temp/Temp/daxis※1
未設定/すべり周波数/d軸電流※1
未設定/磁束指令/q軸電流※1
温度/温度/d軸位置※1
Fault Flag(1)
保護・故障フラグ(1)※2
Fault Flag(2)
保護・故障フラグ(2)※2
State Flag
状態フラグ※2
Command Flag
指令フラグ※2
t00000~t0000B
トレースバックレジスタ※3
(注)(100%/20000digit)
※1:制御モードで異なり、左から、
o mode / V mode / E mode を意味しています。
※2:次項フラグ説明をご参照下さい。
※3:内蔵PLC機能でトレースバックレジスタを使用した場合のみ選択できます。
詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書 4-2.トレースバックレジスタ」をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
21
第3章
VF Monitor
・チャネルの説明(チョッパ機種)
Ch 名
内容
iu
U 相出力電流(瞬時値)
iv
V 相出力電流(瞬時値)
iw
W 相出力電流(瞬時値)
Vdc
直流電圧
Vout
出力電圧実効値
AVR
AVR 電流指令フィルタ出力
Vref
電圧指令
Iref
電流指令
DutyU
DutyV / Iout / Iout
DutyW
Temp
U 相 Duty
V 相 Duty/制御対象電流/制御対象電流
W 相 Duty
リアクトル温度
Fault Flag(1)
保護・故障フラグ(1)※2
Fault Flag(2)
保護・故障フラグ(2)※2
State Flag
状態フラグ※2
Command Flag
指令フラグ※2
t00000~t0000B
トレースバックレジスタ※3
(注)(100%/20000digit)
※1:制御モードで異なり、左から、
66CH / 66CHb / CH66 を意味しています。
※2:次項フラグ説明をご参照下さい。
※3:内蔵PLC機能でトレースバックレジスタを使用した場合のみ選択できます。
詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書 4-2.トレースバックレジスタ」をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
22
第3章
VF Monitor
・フラグの説明
下表に各フラグの内容を表記します。詳しい内容はインバータ本体説明書の「簡易モード取扱説明書
(トラブルシューティング・保全編)」をご参照下さい。
【インバータ機種】
Fault Flag(1)
表記
oc
iGbt
Fault Flag(2)
表記
内容
SLSE
過電流保護
IGBT 保護動作
tS
内容
センサレス始動エラー
通信タイムアウトエラー
---
---
SPdE
速度制御エラー
---
---
inoH
モータ過熱
GAC 異常(⇒次頁参照)
roH
充電抵抗過熱
oV
直流部過電圧
FcL
FCL 動作
oL
過負荷保護
SE--
設定エラー
CtEr
DCCT 異常
Cut
欠相
StrF
始動渋滞
PSL
CPU 異常処理
oS
過速度保護
FnF
FAN 故障
oF
過周波数保護
PEr
PG エラー
uV
不足電圧(停電)
SnE
センサ異常
ot
過トルク保護
EF1
外部故障1
oH
ユニット過熱
EF2
外部故障2
cS2
記憶メモリ異常
EF3
外部故障3
オプションエラー
EF4
外部故障4
GAc
oPEr
Command Flag
State Flag
表記
start
表記
内容
通常運転指令
内容
start
通常運転指令
run
通常運転
jog
寸動運転指令
jog
寸動運転
rev
逆転指令
rev
逆転指令
Excit
励磁指令
DC
DC 励磁
DcB
DC ブレーキ指令
停電
Rst
リセット指令
powdw
Mes
自動計測
Excia
初励磁指令
Gate
通電
Emg
非常停止指令
Excit
励磁
DcExc
DC 励磁指令
DcB
DC ブレーキ
0SpdH
0速度維持指令
FlxUp
始動時強め磁束
PgEnd
プログラム運転終了
---
Mes
EmgB
自動計測指令
非常 B 接点指令
---
---
---
運転直前の逆転指令
---
---
---
---
---
---
fcl
高速電流制限 FCL 動作中
revic
V F 6 6 P C To o l
Cnv
23
定数再計算要求
第3章
VF Monitor
【チョッパ機種】
Fault Flag(1)
表記
oc
Fault Flag(2)
表記
内容
LoH
過電流保護
内容
リアクトル過熱保護
iGbt
IGBT 保護動作
tS
EmgA
非常 A 接点指令
AVrE
電圧制御エラー
EmgB
非常 B 接点指令
bLnc
電流バランス異常
GAC 異常(⇒次頁参照)
roH
充電抵抗過熱
oV
直流部過電圧
FcL
FCL 動作
oL
過負荷保護
SE--
設定エラー
GAc
-
StrF
-
-
始動渋滞
CPU 異常処理
FAN 故障
-
FnF
-
-
-
不足電圧(停電)
-
PSL
-
uV
通信タイムアウトエラー
-
SnE
センサ異常
-
-
EF1
外部故障1
oH
ユニット過熱
EF2
外部故障2
cS2
記憶メモリ異常
EF3
外部故障3
オプションエラー
EF4
外部故障4
oPEr
Command Flag
State Flag
表記
start
run
表記
内容
start
通常運転指令
通常運転
内容
通常運転指令
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
Rst
リセット指令
-
-
powdw
停電
-
Gate
-
Emg
通電
非常停止指令
-
-
-
-
-
0vltH
-
-
-
-
-
EmgB
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
fcl
高速電流制限 FCL 動作中
Cnv
V F 6 6 P C To o l
24
-
0電圧維持
-
非常 B 接点指令
定数再計算要求
第3章
VF Monitor
Ext.Flt1,Ext.Flt2 は、30kW 以上の機種において、FaultFlag(1)の GAc が 1(0:保護でない状態、
1:保護状態)を示していた場合、その異常内容を詳細に判別するためのフラグデータであり
8 桁の数値で表示します。異常がない場合は、“0000 0000”が表示されます。
詳しい内容はインバータ本体説明書の「簡易モード取扱説明書(トラブルシューティング・保全編)」
をご参照下さい。
※インバータ機種とチョッパ機種共通です。
Ext.Flt1
表示
0000 0001
0000 0002
0000 0004
0000 0008
0000 0010
0000 0020
0000 0040
0000 0080
0000 0100
0000 0200
0000 0400
0000 0800
0000 1000
0000 2000
0000 4000
0000 8000
V F 6 6 P C To o l
内容
表示
マスタ GAC との通信異常
(3回連続応答なし)
マスターユニット内
ゲート電源異常
マスターユニット内
U 相 IGBT 過電流
マスターユニット内
V 相 IGBT 過電流
マスターユニット内
W 相 IGBT 過電流
マスターユニット内 U 相
出力部フィン過熱
マスターユニット内
主回路直流部ヒューズ溶断
全ユニットで 290%以上の電
流が 2 秒以上流れた
PRIM66-Z,PRIS66-Z 基板
電源異常(並列機種)
0001 0000
0002 0000
0004 0000
0008 0000
0010 0000
0020 0000
0040 0000
0080 0000
0100 0000
マスターユニット FM 故障
0200 0000
0400 0000
―
スレーブユニット1との通信
異常(3回連続応答なし)
スレーブユニット1内
ゲート電源異常
スレーブユニット1内
U 相 IGBT 過電流
スレーブユニット1内
V 相 IGBT 過電流
スレーブユニット1内
W 相 IGBT 過電流
0800 0000
1000 0000
2000 0000
4000 0000
8000 0000
25
内容
スレーブユニット1内
直流部過電圧
スレーブユニット1内 U 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット1内
主回路直流部ヒューズ溶断
スレーブユニット1
FM 故障
スレーブユニット1
制御 15V 電源低下
スレーブユニット2との通信
異常(3回連続応答なし)
スレーブユニット2内
ゲート電源異常
スレーブユニット2内
U 相 IGBT 過電流
スレーブユニット2内
V 相 IGBT 過電流
スレーブユニット2内
W 相 IGBT 過電流
スレーブユニット2内
直流部過電圧
スレーブユニット2内 U 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット2内
主回路直流部ヒューズ溶断
スレーブユニット2
FM 故障
スレーブユニット2
制御 15V 電源低下
スレーブユニット3との通信
異常(3回連続応答なし)
第3章
VF Monitor
Ext.Flt2
表示
0000 0001
0000 0002
0000 0004
0000 0008
0000 0010
0000 0020
0000 0040
0000 0080
0000 0100
0000 0200
0000 0400
0000 0800
0000 1000
0000 2000
0000 4000
0000 8000
V F 6 6 P C To o l
内容
表示
スレーブユニット3内
ゲート電源異常
スレーブユニット3内
U 相 IGBT 過電流
スレーブユニット3内
V 相 IGBT 過電流
スレーブユニット3内
W 相 IGBT 過電流
スレーブユニット3内
直流部過電圧
スレーブユニット3内 U 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット3内
主回路直流部ヒューズ溶断
スレーブユニット3
FM 故障
スレーブユニット3
制御 15V 電源低下
マスターユニットの MC が
ON とならない
スレーブユニット1の MC が
ON とならない
スレーブユニット2の MC が
ON とならない
スレーブユニット3の MC が
ON とならない
マスターユニットの
コンバータの過熱
スレーブユニット1の
コンバータの過熱
スレーブユニット2の
コンバータの過熱
0001 0000
0002 0000
0004 0000
0008 0000
0010 0000
0020 0000
0040 0000
0080 0000
0100 0000
0200 0000
0400 0000
0800 0000
1000 0000
2000 0000
4000 0000
8000 0000
26
内容
スレーブユニット3の
コンバータの過熱
外部 DB1 保護状態または通信
異常状態
外部 DB2 保護状態または通信
異常状態
外部 DB3 保護状態または通信
異常状態
外部 DB4 保護状態または通信
異常状態
外部 DB5 保護状態または通信
異常状態
外部 DB6 保護状態または通信
異常状態
マスターユニット内 V 相
出力部フィン過熱
マスターユニット内 W 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット1内 V 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット1内 W 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット2内 V 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット2内 W 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット3内 V 相
出力部フィン過熱
スレーブユニット3内 W 相
出力部フィン過熱
―
第3章
VF Monitor
3-3. ストレージモード
3-3-1. ストレージモードの操作
メインメニューの「モード」―「ストレージ」をクリックし、ストレージモードにして下さい。下図
のような画面に切り替わります。
トリガモードを選択し測定したいチャネル(Ch)を設定後、赤丸で囲ったボタンをクリックすると測
定を開始します。
チャネル(Ch)横のチェック有無で表示/非表示を切替えることができます。
計測の条件によっては、異なるチャネルの波形同士が重なる場合があります。その際、非表示にした
いチャネルのチェックを無しにすると、そのチャネルの波形は非表示となります。
また、測定チャネル数が多いほどサンプリング間隔が長くなります(CSV 形式での保存も同様です)。
もし、短い間隔で CSV 形式保存する場合は、チャネルの名称欄を“End”に設定すると、その設定し
た前のチャネルまで測定・表示を行うためチャネル数が少なくなり、短い間隔でのサンプリングが可能
となります。
V F 6 6 P C To o l
27
第3章
VF Monitor
・ 項目の説明
項目
Ch
名称
説明
チャネル番号
測定項目
データ:単位
フラグ:ビットデータ選択
フィルタ:時定数選択
単位/Bit
測定項目単位
Scale/div
縦軸(1グリッド当たり)
(⇒3.5. Scale・0 Level 参照)
0 Level
線色
グラフ色
測定値
カーソル測定値
背景色
グラフ背景色
グリッド色
Cursor
Horiz. Sec/div
Horiz. Point/div
グリッド色
チェックをいれるとカーソル線がグリッドに表示され、カーソル線とグラフ
が交差したポイントの値を各 Ch の「Value」欄に表示
(カーソル線の移動はトラックバーまたは十字キーで行います。
)
横軸(1グリッド当たりの時間)
横軸(1グリッド当たりのポイント数)
Trg.Ch
トリガ設定に関係なく設定した Ch データを連続で収集・表示し続ける
トリガ設定条件を満たしている間はデータの収集・表示を行うが、満たさな
くなると中止する
トリガ設定条件を満たした直後1回のみ設定した Ch データを収集・表示
する
トリガ検知チャンネル
Trg.Lvl
トリガ検知レベル
Trg.Dir
トリガ検知方向
AUTO
Trg.Mode
オフセット量(⇒3.5. Scale・0 Level 参照)
NORM
SINGLE
Trg.Point
Pitch
ボタン
Exec
Stop-1
Stop
+:レベル以上になったとき
-:レベル以下になったとき
トリガポイント[%]
サンプリング間隔[msec](※0を選択するとトルク制御周期※1となる)
データの取得及びグラフ表示の実行
直ちに停止
現在のデータ取得・表示後に停止
現在のデータを破棄
Next
※1 トルク制御周期はキャリア周波数によって変動します
(⇒3.3.2. ポイント数とトルク制御周期内
。
グラフ参照)
詳細はインバータ取扱説明書をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
28
第3章
VF Monitor
3-3-2. ポイント数とトルク制御周期
ストレージモードは、Pitch で設定したサンプリング間隔でインバータに内蔵されているメモリにデ
ータを蓄積後、PC にデータ転送してグラフ描画する機能です。
この内蔵されているメモリに 1600 ポイント分のデータを蓄積していきます。測定するチャネル数によ
って1チャネル当たりのサンプリング可能なポイント数がかわるので、下のグラフを参考に設定して下
さい。
1600
1400
ポイント数
1200
1000
800
600
400
200
0
1
2
3
4
5
6
7
チャネル数
8
9
10
また、Pitch を 0 に設定するとトルク制御周期でサンプリングします。トルク制御周期は設定されて
いるキャリア周波数によって変動します(下グラフ参照)
。
V F 6 6 P C To o l
29
第3章
VF Monitor
3-3-3. トリガモードの操作
ストレージモードではトリガ機能が使用できます。下記の使用例をご参照下さい。
例)Ch1 を Trg.Lvl:620・Trg.Dir:+・Trg.Point:50%・SINGLE モードでトリガを設定した場合
トリガ発生
50%
620V
データ取得範囲
・Trg.Point を20%に設定した場合
トリガ発生
20%
620V
データ取得範囲
・Trg.Dir を“-”に設定した場合
トリガ発生
50%
620V
データ取得範囲
V F 6 6 P C To o l
30
第3章
VF Monitor
3-3-4. チャネル・フラグの説明
・チャネルの説明
【インバータ機種】
Ch 名
単位
内容
END
-
その前のチャネル(Ch)までデータを取得
iu
A
U 相出力電流(瞬時値)
iv
A
V 相出力電流(瞬時値)
iw
A
W 相出力電流(瞬時値)
Vdc
V
直流電圧
Vout
V
出力電圧実効値
Iout
A
出力電流実効値
Fref
Hz
周波数指令
Sref
r/min
Fout
Hz
Speed
r/min
回転速度
FlxRate
%
磁束指令
MotTemp
degC
AIN1
%
アナログ入力1
AIN2
%
アナログ入力2
AIN3
%
アナログ入力3
AIN4
%
アナログ入力4
AIN5
%
アナログ入力5
AIN6
%
アナログ入力6
Ain1SpdC
%
アナログ入力1速度指令
digit 表示:i00006
Ain2SpdC
%
アナログ入力2速度指令
digit 表示:i00007
Ain3SpdC
%
アナログ入力3速度指令
digit 表示:i00008
Ain1TrqC
%
アナログ入力1トルク指令
digit 表示:i0000A
Ain2TrqC
%
アナログ入力2トルク指令
digit 表示:i0000B
PlcHSpdC
%
内蔵 PLC 制御周期速度指令
digit 表示:o00001
PlcHTrqC
%
内蔵 PLC 制御周期トルク指令
digit 表示:o00000
Trq
%
演算トルク
OLcount
%
過負荷カウンタ
BcdSpdC
%
BCD 速度指令
BcdIn
%
BCD 入力
PlcOut1
%
内蔵 PLC 出力1
digit 表示:o00008
PlcOut2
%
内蔵 PLC 出力2
digit 表示:o00009
PlcOut3
%
内蔵 PLC 出力3
digit 表示:o0000A
PlcOut4
%
内蔵 PLC 出力4
digit 表示:o0000B
回転速度指令
出力周波数
モータ温度
内蔵 PLC 出力5
digit 表示:o0000C
PlcOut5
%
※ digit 表示とは、速度指令ならば A-00 を 20000 とした場合の数値であり、トルク指令について
は 150%(-10V)を 7500 としたときの数値です。
内蔵 PLC 出力については、5V を 20000 とした数値となります。
V F 6 6 P C To o l
31
第3章
Ch 名
単位
Fault Flag(1)
digit
保護・故障フラグ(1)
Fault Flag(2)
digit
保護・故障フラグ(2)※1
State Flag
digit
状態フラグ※1
Command Flag
digit
指令フラグ※1
MlOut1
digit
多機能出力1(52MA,86A,MO1,MO2)
MlOut2
digit
多機能出力2(MO3~MO6)
MlIN1
digit
多機能入力1(ST-F~MI5)
MlIN2
digit
多機能入力2(MI6~MI17)
I0****
digit
入力リレー
O0****
digit
出力リレー
LS****
digit
ラッチリレーセットコイル
LR****
digit
ラッチリレーリセットコイル
LC****
digit
ラッチリレー接点
US****
digit
オン微分リレーコイル
UC****
digit
オン微分リレー接点
DS****
digit
オフ微分リレーコイル
DC****
digit
オフ微分リレー接点
TS****
digit
オンタイマリレーコイル・瞬時接点
TD****
digit
オンタイマリレー限時接点
TR****
digit
オフタイマリレーコイル・瞬時接点
TC****
digit
オフタイマリレー限時接点
i0****
digit
入力レジスタ
o0****
digit
出力レジスタ
t0****
digit
トレースバックレジスタ
Vout_Filter
V
フィルタ付き出力電圧実効値
Iout_Filter
A
フィルタ付き出力電流実効値
Trq_Filter
%
フィルタ付き演算トルク
Sref_Filter
r/min
Fout_Filter
Hz
Speed_Filter
r/min
UserDef.
-
内容
※1
フィルタ付き回転速度指令
フィルタ付き出力周波数
フィルタ付き回転速度
弊社調整用
※1 3.2.5.チャネル・フラグの説明をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
VF Monitor
32
※計測したいデ
ータを「単位
/BIT」欄で選択
すると、ビット
データとして表
示します。
空欄のままだと
ワードデータ
(2Byte)として
表示します。
第3章
VF Monitor
【チョッパ機種】
Ch 名
単位
内容
END
-
その前のチャネル(Ch)までデータを取得
iu
A
U 相出力電流(瞬時値)
iv
A
V 相出力電流(瞬時値)
iw
A
W 相出力電流(瞬時値)
Vdc
V
直流電圧
Vref
V
出力電圧指令
Vout
A
出力電圧実効値
Iref
A
電流指令
Iout
A
制御対象電流
OLcount
Hz
出力周波数
DcLTemp
degC
リアクトル温度
AIN1
%
アナログ入力1
AIN2
%
アナログ入力2
AIN3
%
アナログ入力3
AIN4
%
アナログ入力4
AIN5
%
アナログ入力5
AIN6
%
アナログ入力6
Ain1VoC
%
アナログ入力1電圧指令
digit 表示:i00006
Ain2VoC
%
アナログ入力2電圧指令
digit 表示:i00007
Ain3VoC
%
アナログ入力3電圧指令
digit 表示:i00008
Ain1IoC
%
アナログ入力1電流指令
digit 表示:i0000A
Ain2IoC
%
アナログ入力2電流指令
digit 表示:i0000B
PlcHVoC
%
内蔵 PLC 制御周期電圧指令
digit 表示:o00001
PlcHIoC
%
内蔵 PLC 制御周期電流指令
digit 表示:o00000
BcdVoC
%
BCD 電圧指令
BcdIn
%
BCD 入力
PlcOut1
%
内蔵 PLC 出力1
digit 表示:o00008
PlcOut2
%
内蔵 PLC 出力2
digit 表示:o00009
PlcOut3
%
内蔵 PLC 出力3
digit 表示:o0000A
PlcOut4
%
内蔵 PLC 出力4
digit 表示:o0000B
PlcOut5
%
内蔵 PLC 出力5
Fault Flag(1)
digit
保護・故障フラグ(1)
Fault Flag(2)
digit
保護・故障フラグ(2)※1
State Flag
digit
状態フラグ※1
Command Flag
digit
指令フラグ※1
MlOut1
digit
多機能出力1(52MA,86A,MO1,MO2)
MlOut2
digit
多機能出力2(MO3~MO6)
MlIN1
digit
多機能入力1(ST-F~MI5)
digit 表示:o0000C
※1
多機能入力2(MI6~MI17)
MlIN2
digit
以下、インバータ機種を参照してください。
V F 6 6 P C To o l
33
※計測したいデータを
「単位/BIT」欄で選択す
ると、ビットデータとし
て表示します。
空欄のままだとワード
データ(2Byte)として
表示します。
第3章
VF Monitor
3-4. トレンドモード
3-4-1. トレンドモードの操作
メインメニューの「モード」―「トレンド」をクリックし、トレンドモードにして下さい。下図のよ
うな画面に切り替わります。
測定したいチャネル(Ch)を設定し赤丸で囲ったボタンをクリックすると測定を開始します。
チャネル(Ch)横のチェック有無で表示/非表示を切替えることができます。
計測の条件によっては、異なるチャネルの波形同士が重なる場合があります。その際、非表示にした
いチャネルのチェックを無しにすると、そのチャネルの波形は非表示となります。
また、測定チャネル数が多いほどサンプリング間隔が長くなります(CSV 形式での保存も同様です)。
もし、短い間隔で CSV 形式保存する場合は、チャネルの名称欄を“End”に設定すると、その設定し
た前のチャネルまで測定・表示を行うためチャネル数が少なくなり、短い間隔でのサンプリングが可能
となります。
V F 6 6 P C To o l
34
第3章
VF Monitor
・ 項目の説明
項目
Ch
名称
説明
チャネル番号
測定項目
データ:単位
フラグ:ビットデータ選択
フィルタ:時定数選択
単位/Bit
測定項目単位
Scale/div
縦軸(1グリッド当たり)
(⇒3.5. Scale・0 Level 参照)
0 Level
線色
オフセット量(⇒3.5. Scale・0 Level 参照)
グラフ色
測定値
カーソル測定値
背景色
グラフ背景色
グリッド色
Cursor
Horiz. Sec/div
グリッド色
チェックをいれるとカーソル線がグリッドに表示され、カーソル線とグ
ラフが交差したポイントの値を各 Ch の「Value」欄に表示
(カーソル線の移動はトラックバーまたは十字キーで行います。
)
※1
横軸(1グリッド当たりの時間)
ボタン
Exec
データの取得及びグラフ表示の実行
Stop
停止
現在のデータを破棄
Next
※1 PC の負荷状態によって設定より長くなることがあります。
3-4-2. チャネル・フラグの説明
設定可能なチャネルの種類はストレージモード(3-3-4. チャネル・フラグの説明)をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
35
第3章
VF Monitor
3-5. Scale・0 Level
Scale/div はグラフの1グリッド当たりの縦軸方向の大きさを変更でき、0 Level は原点からのオフセ
ット量を調節できます。
Scale/div
0 Level
変更前
20
変更前
0
変更後
10
変更後
1
0Level で“Userdef”を選択した場合、下図の様な 0Level 設定ダイアログが表示されます。
ここで設定した値と現在設定されている Scale/div を積算した値が、オフセット量としてグラフを再
描画します。
例)100 Scale/div で回転速度 15000[r/min]を 5 グリッド目(500[r/min])に表示したい場合
⇒500-15000=-14500[r/min] -14500/100=-145 ∴Userdef に-145 を設定する。
Userdef を選択後
3-6. コピー
描画一時停止中にハードコピーが行えます(下図はトレンドモード)。グラフ描画エリアでドラッグす
ると囲み線が表示されコピーする範囲を指定できます。
範囲を指定後、メインメニュー「コピー」をクリックするとクリップボードにデータが保存され、
ペイント等で編集可能です。
V F 6 6 P C To o l
36
第4章
Control Block Editor
第4章
Control Block Editor
Control Block Editor は、インバータの制御及びシーケンス機能を用途に合わせてカスタマイズする
ためのプログラミングソフトで、実際にインバータ内部に組み込まれている制御及びシーケンス機能を
機能別にシンボルで表し、そのシンボルを画面上に配置しシンボル間を線でつなぐことによって制御シ
ステムを構築することができます。
下表に、プログラミング仕様について示します。
プログラミング仕様一覧
対応機種
VF66B,VF66CH
プログラム容量
最大 約 16 kByte(16,171Byte)※1
プログラムテーブル
・高速処理テーブル※2(以下、PLCH)
・低速処理テーブル※3(以下、PLCL)
制御ブロック
18種類
ラダーブロック
8種類
データフローブロック
35種類 (加減乗除算、インクリメント、デクリメント、ビットシフトなど)
ページ数
各テーブル最大7ページまで※4
分割数
分割方法
(PI 制御、フィルタ、フィードフォワード制御など)
(A 接点、B 接点、タイマリレー、論理反転など)
PLCH
4分割※5
PLCL
なし
PLCH
コンパイル時の自動分割または選択分割(⇒4-4-7.参照)
PLCL
コンパイル時に自動計測し 5ms または 10ms に自動設定
【備考】
※1 回路中のコメントの挿入量によって変動
※2 1ms 毎の制御周期で動作
※3 5ms または 10ms 毎の制御周期で動作
※4 プログラム容量によって変動
※5 最大制御周期 4ms
【注意】
1.PLCH を使用するには i-01=1 または 2 に設定する必要があります。
2.PLCL を使用するには i-00=ON その際、下記機能が無効となります。
・ b-11、b-12
・ c エリア(但し、第1設定ブロックまたは第2設定ブロックのどちらか一方の PLCL を ON した
場合、多機能入力機能「24:第2設定ブロック選択」のみ設定可能です。)
・ H-00~H-05(多機能出力)
V F 6 6 P C To o l
37
第4章
Control Block Editor
◆PLCH と PLCL について
備考
PLCH
PLCL
設定データの i-01=1 または 設定データの i-00=ON
実行選択方法
i-01=2
1ms(全体のプログラム量が 5ms(全体のプログラム量が 実際の制御周期は、
大きくなると自動的に分割さ 大きくなると自動的に 10ms コ ン パ イ ル 後 に
制御周期
Control Block Editor
れて最大 4ms まで拡大しま となります)
の画面に明示されます
す)
出 力 リ レ ー コ イ ル の 設 置 出力レジスタの設置
不可能処理
(PLCH 専用コイルは除く)
・設定データの i-01=2 とする ・設定データの b-11、b-12、 PLCL の保護リセット
と、標準に内蔵されている速 c エリア、H-00~H-05 が無効 については、左記以外
に O00003 またはコン
度制御に使用する速度指令値 となります。
として、内蔵 PLC 機能出力レ ・MI4(多機能入力端子(4)) ソ ー ル の い ず れ か が
機能選択によ ジスタの o00001 が選択され が PLCH、PLCL のマスター ON するとリセットし
コントロール※1となります。 ます。
る内部処理へ ます。
・i-00=OFF の場合は、c-04 ・MI5(多機能入力端子(5))
の影響
の設定に拘らず MI4(多機能 が保護リセットとなります。
入力端子(4))が非常停止(A 接 ・52MA、86A のリレー動作
点)及び PLCH のマスターコ を PLCL で行う必要がありま
ントロール※1となります。
す。
※1:マスターコントロールを ON するとプログラムされた全てのブロックの演算が停止し、出力レジ
スタは 0 にクリアされます。また、出力リレー(運転指令など)が全て OFF します。
※2:第1設定ブロックまたは第2設定ブロックのどちらか一方の PLCL を ON した場合は、多機能
入力機能「24:第2設定ブロック選択」のみ有効です。また、両方を ON した場合は、PLCL 内
で「O00026:第2設定ブロック切替指令」のコイル操作が有効となります。
【内蔵 PLC 機能入出力フロー図】
V F 6 6 P C To o l
38
第4章
Control Block Editor
◆インバータ出力周波数と内蔵 PLC 機能-PLCH 分割数について
インバータの出力周波数が高くなるとそれに伴って内蔵 PLC 機能の制御処理周期が短くなるため、
条件によってはプログラムを分割し制御処理周期内に収める必要があります。
下図の条件確認フロー図から、インバータの設定条件に合う処理時
間(Tpcl)となるよう PLCH 分割数を選択し、コンパイルを実行し
てください。
PLCH 分割数を増やしても処理時間(Tpcl)が制限内に収まらなけ
れば、制限内に収まるようにプログラム量を削減してください。
※Tpcl の制限は機種・設定条件によって異なるので注意が必要です。
その条件を無視して本体に組み込んだ場合、制御に影響を及ぼす可
能性があります。
【条件確認フロー図】
VF66B・VF66CH
fo max 
N max p
[Hz]
120
PBUS66 使用
Nmax:最高回転数[rpm](A-00 設定値)
p:モータ極数(A-06 設定値)
NO
YES
J-08=2
NO
プログラム量削減
YES
fomax≧660Hz
NO
YES
PLCH 分割数=Auto
コンパイル実行
Tlimit=662-0.648×fomax[us]
PLCH 分割数変更
Tlimit=692-0.648×fomax[us]
NO
Tpcl<Tlimit
(※但し、Tpcl<230us)
YES
コンパイル完了
V F 6 6 P C To o l
NO
PLCH 分割数=4
YES
プログラム量削減
39
NO
Tpcl<Tlimit
YES
コンパイル完了
OK
YES
コンパイル完了
NO
第4章
Control Block Editor
4-1. Control Block Editor の起動
Control Block Editor の起動は次の手順により行って下さい。
[1] Control Block Editor の起動
スタートメニューより「Control Block Editor」を選択して起動します。
[2] Control Block Editor 画面の表示
Control Block Editor 起動後、画面左に下図の様な“ProjectTree_View”が表示されます。
V F 6 6 P C To o l
40
第4章
Control Block Editor
Control Block Editor の画面における、各メニューについて簡単に説明します。
プロジェクトの回路を開いてない時は下記メニュー①が表示され、回路を展開したときはメニュー②に
切り換わります。
【メニュー①】
ファイル
新規プロジェクト作成
新規にプロジェクト作成します。(⇒4-2-1.参照)
プロジェクトを開く
保存したプロジェクトを展開します。
PLCH 回路作成
新規作成または展開したプロジェクトの PLCH に回路を作成します。
(⇒4-2-4.参照)
PLCL 回路作成
新規作成または展開したプロジェクトの PLCL に回路を作成します。
(⇒4-2-4.参照)
プロジェクトを上書き保存
現在展開中のプロジェクトを上書き保存します。(⇒4-2-2.参照)
プロジェクトに名前を付けて保存
現在展開中のプロジェクトに名前を付けて保存します。(⇒4-2-2.参照)
印刷
プロジェクト中の回路、各パラメータを印刷します。
(⇒4-2-3.参照)
プロジェクトを閉じる
現在展開中のプロジェクトを閉じます。
新たにプロジェクトを作成するときはこのメニューで一度プロジェクトを閉じてから
作成して下さい。
Control Block Editor 終了
Control Block Editor を終了します。
終了
VF66PCTool を終了します。
編集
※使用できません。
V F 6 6 P C To o l
41
第4章
Control Block Editor
表示
ProjectTree_View
画面左にある“ProjectTree_View”表示(チェック有)/非表示(チェック無)の切換えを行います。
全プログラムクロスリファレンス
指定したシンボルラベルをプロジェクト内から検索表示します。(⇒4-3.参照)
ツールバー
各ブロックを種類ごとにツールバーで分け表示(チェック有)/非表示(チェック無)を選択できます。
入出力設定一覧
インバータかチョッパの各リレー・レジスタの一覧表示とプロジェクトで使用している
pレジスタの使用一覧表を表示します。(⇒4-3.参照)
チョッパ切替
入出力設定一覧で表示する内容についてインバータ(チェック無)かチョッパ(チェック有)かを選
択できます。
データ
プロジェクトをインバータへ書込み
コンパイルして作成された MOT ファイルをインバータへ書込みます。(⇒4-4-7.参照)
インバータからプロジェクト読込み
現在インバータに書込まれているプロジェクトを読込み表示します。
(⇒4-4-8.参照)
ツール
回路ウィンドウ色設定
背景色、フォント、罫線の各表示色を設定します。
ウィンドウ
上下に並べて表示
ウィンドウを上下に並べて表示します。
左右に並べて表示
ウィンドウを左右に並べて表示します。
重ねて表示
ウィンドウを左上から順に重ねて表示します。
ヘルプ
VF66 シリーズヘルプ
VF66PCTool の操作説明やインバータ操作についての簡易検索が行えます。
バージョン情報
VF66PCTool のバージョン情報を表示します。
V F 6 6 P C To o l
42
第4章
Control Block Editor
【メニュー②】
ファイル
閲覧モード
プロジェクトの回路を表示し、回路や制御ブロック内設定値を閲覧することができます。
編集するときは「編集モード」を実行して下さい。(⇒4-3.参照)
編集モード
展開した回路を編集します。(⇒4-4.参照)
モニタモード
展開されている回路にインバータ内で演算された値を表示します。
ラダーブロックについては、ON 状態では赤く表示され、OFF 状態では元の色で表示さ
れます。(⇒4-5.参照)
回路を閉じる
現在編集中の回路をコンパイルして閉じます。
編集
選択
配置したシンボルを複数個選択できます。
切り取り
選択した部分を切り取ります。
コピー
選択した部分をコピーします。
貼り付け
切り取りまたはコピーした部分を貼り付けます。
キャンセル
選択を中止します。
行挿入
カーソルがある行に一行挿入します。
行消去
カーソルがある行のシンボル全てを消去します。
行削除
カーソルがある行を削除し以降を上に詰めます。
検索
指定したシンボルラベル※1が回路内にあるか検索します。
置換(一括変換)
指定したシンボルラベル※1を新しく設定したラベルに置換します。
V F 6 6 P C To o l
43
第4章
Control Block Editor
表示
ページ変更
表示するページを変更します。
表示倍率
表示している回路の拡大表示/縮小表示の大きさを選択できます。
クロスリファレンス
指定したシンボルラベル※1について現在編集中の回路から検索表示します。
(⇒4-3.参照)
全プログラムクロスリファレンス
指定したシンボルラベルをプロジェクト内から検索表示します。(⇒4-3.参照)
入出力設定一覧
インバータかチョッパの各リレー・レジスタの一覧表示とプロジェクトで使用している
pレジスタの使用一覧表を表示します。(⇒4-3.参照)
データ
プロジェクトをインバータへ書込み
コンパイルして作成された MOT ファイルインバータへ書込みます。
インバータからプロジェクト読込み
現在インバータに書込まれているプログラムを読込み表示します。
ツール
回路ウィンドウ色設定
背景色、フォント、罫線の各表示色を設定します。
ウィンドウ
上下に並べて表示
ウィンドウを上下に並べて表示します。
左右に並べて表示
ウィンドウを左右に並べて表示します。
重ねて表示
ウィンドウを左上から順に重ねて表示します。
ヘルプ
VF66 シリーズヘルプ
VF66PCTool の操作説明やインバータ操作についての簡易検索が行えます。
バージョン情報
VF66PCTool のバージョン情報を表示します。
V F 6 6 P C To o l
44
第4章
Control Block Editor
※1シンボルラベルとは、シンボルの上部に表示されたシンボルを識別するためのラベルです。
・ 制御ブロック
シンボルラベル
シンボル
CMAP
・ ラダーブロック
シンボルラベル
シンボル
I00001
G00001
・ データフローブロック
シンボルラベル
p00005
g01000
シンボル
同じシンボルラベル名を複数設定可能ですが、その場合、同じラベル名を使用したシンボル全てのデ
ータ参照先は同じになります。下記にその一例を示します。
p00005
g01000
12345
12345
g01000
t00001
12345
g01000
t00002
12345
V F 6 6 P C To o l
45
第4章
Control Block Editor
4-2. プロジェクト
4-2-1. プロジェクトの新規作成
新規にプロジェクトを作成します。ただし、現在展開しているプロジェクトがある場合は、
「ファイル」-「プロジェクトを閉じる」でプロジェクトを閉じてから行って下さい。
「ファイル」-「新規プロジェクト作成」をクリックすると、プロジェクト名とその保存先を指定す
るダイアログが表示されるので、プロジェクト名を入力し保存して下さい。(※ファイル名にスペース
は挿入しないでください。)
プロジェクト名を入力し「保存」をクリックすると、画面左にある“ProjectTree_View”の最上段(プ
ロジェクト名)が先ほど入力したプロジェクト名に変更されます。
(下図はプロジェクト名を“PLC_Prj”とした場合)
保存したプロジェクト名
現在の通信設定ポート
PLCH テーブル
PLCL テーブル
V F 6 6 P C To o l
46
第4章
Control Block Editor
4-2-2. プロジェクトの保存
作成した回路のコンパイルが完了してからプロジェクトの保存を実行して下さい。コンパイルが不完
全な場合は、正常に保存できないことがあります。
(※ファイル名にスペースは挿入しないでください。)
・ 既存のプロジェクトを開いてそのまま保存する場合
「ファイル」-「プロジェクトを上書き保存」を実行して下さい。
・ 名前を変えて保存したい場合
「ファイル」-「プロジェクトに名前を付けて保存」を実行して下さい。
ダイアログが表示されるのでプロジェクトファイル名(.vfp)を入力し保存して下さい。
4-2-3. 印刷
プロジェクトに関連した内容を印刷します。「ファイル」-「印刷」を実行すると下図ウィンドウが
表示されます。デフォルトは“印刷しない”となっているので、印刷したい項目は“印刷する”を選択
して下さい。設定が完了したら「印刷開始」をクリックして下さい。終了する場合は「閉じる」を、プ
リンタの詳細設定を行う場合は「プリンタの設定」をクリックして下さい。
・ 回路リスト
プロジェクトにある回路を画面と同様にラダーの形で印刷します。
・ パラメータ
タイマリレーなどパラメータを設定する必要があるシンボルの使用リストを印刷します。
・ クロスリファレンス
各シンボルラベルに対して位置や数を表形式で印刷します。
V F 6 6 P C To o l
47
第4章
Control Block Editor
4-2-4. 回路の作成
プロジェクトのテーブルに新規に回路を作成します。ただし、既にテーブルに回路がある場合は作成
できません。
・ PLCH テーブルに回路を作成する場合
「ファイル」-「PLCH 回路作成」を実行
・ PLCL テーブルに回路を作成する場合
「ファイル」-「PLCL 回路作成」を実行
実行すると選択したテーブルに「プロジェクト名+_H(または_L)」の回路が作成されます。
下図は、例として前記 PLC_Prj プロジェクトに PLCH 回路を作成した例です。
作成したプロジェクトの「回路」をダブルクリックすると回路編集用ウィンドウが表示されます。
これでプログラム作成の準備は完了です。
V F 6 6 P C To o l
48
第4章
Control Block Editor
4-3. 閲覧モード
閲覧モードは下記に示す機能と使用可能なリレー・レジスタのリスト一覧表示のみで、編集は行えま
せん。回路を編集する場合は「編集モード」にして下さい。
・モニタモード
4.5.モニタモード参照
・トレンドモード
4.6.トレンドモード参照
・回路追加
回路ページを追加します。但し、最大7ページまでで「閲覧モード」でしか行うことはできません。
追加すると画面上部表示の“回路数”の値が増えます。
・一括変換
一括変換を実行すると『一括変換データを検索しますか?』とメッセージが表示されるので「はい」
をクリックすると下図が表示されます。(下図はあるプロジェクトの一例です。)
“変換先”欄に入力後「変換実行」をクリックすると変換が行われます。
【表示の見方】
緑色:行の終端シンボル
灰色:制御ブロック内シンボル
白色:一般シンボル
Ⓕ
0001 – 12 (S)
ページ番号
行番号
(S):コイル
(L):接点
(I):数値データ
例)背景色が緑色で 0001-12(S)と表示
⇒1ページ目の12行目にコイルが設定されている。
V F 6 6 P C To o l
49
第4章
Control Block Editor
・クロス
クロスリファレンスを実行すると下図ダイアログが表示されます。
シンボルラベルを入力後“OK”をクリックするとそのシンボルラベルの位置と使用数を表示します。
表の見方は前途『4-3.閲覧モード・一括変換』をご参照下さい。
※「全プログラムリファレンス」実行時は、表示が[I00010][全プログラム]・・・となる。
【使用可能リレー・レジスタ一覧表示】
メニューの「表示」-「入出力設定一覧」-「リレー」または「レジスタ」で、設定可能な項目のリス
トを一覧表示します。また、メニューの「表示」-「チョッパ切替」からインバータとチョッパの項目
の切替えを行うことができます。ただし、PLCH または PLCL 回路の作成中は切替えできません。
「使用pレジスタ一覧」では、そのプロジェクト内で使用されているpレジスタを一覧表示します。
(下図はあるプロジェクトの一例です。)
・pレジスタ使用一覧
そのプロジェクトで使用されているpレジスタのみを一覧表示します。
“Function”欄は編集可能で、編集した場合は「適用」をクリックして下さい。
「印刷」をクリックすると、一覧表示されている項目を印刷します。
「CSV 保存」をクリックすると、一覧表示されている内容を CSV 形式ファイルに保存します。
・入出力設定
設定可能なインバータまたはチョッパのリレーとレジスタの一覧を表示します。pレジスタを選択
すると、ウィンドウ下部にある「pレジスタ名称変更入力欄」が編集可能となり、入力欄にコメント
を入力後「編集」をクリックするとリスト中の選択したpレジスタの項目が編集され、「決定」で保
存されます。
※「pレジスタ使用一覧」と「入出力設定」は互いに連携しているので、一方が編集された場合は他方
にも反映されます。
「チョッパ
切替」選択時
は、チョッパ
と表示され
ます。
入出力設定ウィンドウ
pレジスタ使用一覧ウィンドウ
V F 6 6 P C To o l
50
第4章
Control Block Editor
4-4. 編集モード
4-4-1. 回路の編集
回路を編集します。プロジェクトの「回路」をダブルクリックし回路編集用ウィンドウを表示して下
さい。
但し、
「プロジェクトを開く」よりプロジェクトを展開した場合と、
「新規プロジェクト」で展開した
場合とでは「編集モード」への操作が異なります。
・「プロジェクトを開く」よりプロジェクトを展開した場合
「回路」をダブルクリックし回路編集用ウィンドウを表示させ、ウィンドウ内のセクションボタン「編
集モード」
(下図)をクリックすることにより編集が行えるようになります。また、メニューの「ファ
イル」-「編集モード」でも可能です。
・「新規プロジェクト」で展開した場合
新規プロジェクトによって表示された回路は既に“編集モード”となっているので上記操作は必要あ
りません。
編集はシンボルの選択と配置、結線のみで行います。
シンボルは、制御ブロック・ラダーブロック・データフローブロックの三種類に分けられ、制御ブロ
ックとラダーブロックの A 接点と B 接点、データフローブロックのロードとストアについては、同じ
シンボルで複数のデータを表現します。
それ以外のシンボルについてはカーソルをグリッド上に合わせ配置したいシンボルを選択しボタン
をクリックして下さい。
グリッドクロスポイント
カーソル
シンボルによっては配置可能な位置があるので注意して下さい。
多くは上図ロード i00000 の様にグリッドクロスポイント(以下‘+’)と‘+’の間に配置しますが、
データフローブロックの中で下からも接続できる(上図加算)シンボルは‘+’上に配置します。
V F 6 6 P C To o l
51
第4章
Control Block Editor
4-4-2. 制御ブロックの選択と設定方法
使用できる制御ブロックとその演算時間を下記に示します。
・制御ブロック(※シンボルの上に4文字の名称を入力する)
名称
シンボル
演算時間
名称
CMPA
LAG1
FFWD
DBAN
ASR1
ASR2
PI3A
PI1A
MCAN
CMPA
LAG1
FFWD
DBAN
ASR1
ASR2
PI3A
PI1A
MCAN
0.5μs
EARC
0.8μs
SARC
1.9μs
PCTQ
0.9μs
MRHF
3.5μs
DSEL
4.8μs
DRPC
2.1μs
HYSC
2.7μs
FUNC
2.7μs
FNC2
シンボル
EARC
SARC
PCTQ
MRHF
DSEL
DRPC
HYSC
FUNC
FNC2
演算時間
0.7μs
9.2μs
2.1μs
1.2μs
0.4μs
1.7μs
1.2μs
1.1μs
1.0μs
※機能詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書」をご参照下さい。
制御ブロックは上記のようにシンボルの上部にシンボルラベル4文字を入力し設定します。
通常は、制御ブロックを配置後、選択リスト(下図)が表示されるのでリストから選択して下さい。も
し、間違って選択した場合は、キーボードで上書きすれば訂正可能です。その際間違えずに上記表の様
に4文字のシンボルラベルを入力して下さい。
V F 6 6 P C To o l
52
第4章
Control Block Editor
入力後、そのシンボルをダブルクリックするとその制御ブロックの入力設定画面が表示されます(下
図は“CMPA”を設定した場合の図)。
入力項目の設定方法は、入力項目をクリックしてカーソルを合わせ、マウスを右クリックして下さい。
メニューが表示されるので「入力」をクリックすると「入出力設定」ウィンドウが表示されます。
表示された「入出力設定」ウィンドウのリストから設定したい項目を選択し「決定」をクリックして
下さい。また、キーボード入力も可能ですが間違えのないよう6文字の名称を入力して下さい。
全ての項目を設定し終わったら「OK」をクリックして下さい。
また、「クリア」をクリックすると入力項目がクリアされます。
カーソルを合わせて右クリック
ダブルクリック
各項目の先頭にジャンプします
※(H):PLCH
※(L):PLCL
設定可能なリスト一覧です。
ここから設定する項目を選択
します。
V F 6 6 P C To o l
53
第4章
Control Block Editor
4-4-3. ラダーブロックの選択と設定方法
使用できるラダーブロックとその演算時間を下記に示します。
・ラダーブロック
名称
シンボル
演算時間
A 接点
0.150μs
B 接点
0.163μs
コイル
0.225μs
PLCBRK
反転
―
PLCBRKとは、PLCH回路に
おいて制御を分割する場合に自動
で挿入されるブロックで、プログラ
ムを最大で4分割します。
(4-4-7.コンパイルを参照)
0.313μs
0.088μs
※ 詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書」をご参照下さい。
下図はラダーブロックの B 接点を配置した時の画面図です。B 接点(①)を配置すると「入出力設定」
ウィンドウが表示されるのでリストから配置したいシンボルラベルを選択して下さい。選択すると「選
択シンボル」欄に選択したシンボルラベルが表示されます(②)。
「決定」ボタンをクリックすると回路
編集用ウィンドウに選択したシンボルラベルの B 接点が配置されます。
①
②
V F 6 6 P C To o l
54
第4章
Control Block Editor
下記に A 接点・B 接点・コイルを配置時に表示される前記「入出力設定」ウィンドウのリスト内容詳細
を下記に示します。
名称
コイル
接点
グローバルリレー(PLCL操作)
○
◎
G00000~G0003F
64点
グローバルリレー(PLCH操作)
●
◎
G01000~G0103F
64点
保持リレー(PLCL操作)
○
◎
RI0000~RI000F
16点
保持リレー(PLCH操作)
●
◎
RI1000~RI100F
16点
入力リレー
×
◎
I00000~I00072
出力リレー(PLCL操作)
○
◎
O00000~O0004F
セットコイル
○
◎
LS0000~LS000F
リセットコイル
○
◎
LR0000~LR000F
ラッチ接点
×
◎
LC0000~LC000F
セットコイル
●
◎
LS1000~LS1007
リセットコイル
●
◎
LR1000~LR1007
ラッチ接点
×
◎
LC1000~LC1007
オン微分コイル
○
◎
US0000~US000F
オン微分接点
×
◎
UC0000~UC000F
オフ微分コイル
○
◎
DS0000~DS000F
オフ微分接点
×
◎
DC0000~DC000F
オン微分コイル
●
◎
US1000~US1007
オン微分接点
×
◎
UC1000~UC1007
オフ微分コイル
●
◎
DS1000~DS1007
オフ微分接点
×
◎
DC1000~DC1007
ラッチリレー
(PLCL操作)
ラッチリレー
(PLCH操作)
オン微分リレー
(PLCL操作)
オフ微分リレー
(PLCL操作)
オン微分リレー
(PLCH操作)
オフ微分リレー
(PLCH操作)
リレー名
備考
コイルの操作は
PLCLでのみ可
コイルの操作は
PLCHでのみ可
コイルの操作は
PLCLでのみ可
コイルの操作は
PLCHでのみ可
コイルの操作は
PLCLでのみ可
オン限時接点
×
◎
TD0000~TD000F
設定時間:
○
◎
TR0000~TR000F
オフタイマリレー オフタイマコイル
00.01S(10ms)~
(PLCL操作)
オフ限時接点
×
◎
TC0000~TC000F
10M55S
※ ◎:PLCL,PLCH 双方で操作可、○:PLCL のみで操作可、●PLCH のみで操作可、×:操作不可
※ 機能詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書」をご参照下さい。
オンタイマリレー
(PLCL操作)
V F 6 6 P C To o l
オンタイマコイル
○
◎
55
TS0000~TS000F
第4章
Control Block Editor
4-4-4. データフローブロックの選択と設定方法
使用できるデータフローブロックとその演算時間を下記に示します。
・データフローブロック
名称
ロード
シンボル
演算時間
名称
0.113μs
c接点(1)
0.175μs
c接点(2)
0.175μs
コンペア・ハイ
0.100μs
ストア
シンボル
演算時間
0.225μs
ロード&ストア
加算
0.088μs
コンペア・ロー
0.100μs
減算
0.100μs
コンペア・
イコール
0.113μs
乗算
0.150μs
符号変換
0.088μs
除算
1.300μs
局所変数(整数)
0.113μs
剰余
1.150μs
絶対値変換
0.125μs
規格乗算
1.325μs
1の補数
0.088μs
規格除算
1.425μs
インクリメント
0.088μs
論理積
0.088μs
デクリメント
0.088μs
論理和
0.088μs
2分の1
0.088μs
排他的論理和
0.088μs
2倍
0.088μs
上位優先
1.400μs
規格2乗
1.200μs
下位優先
0.138μs
係数
0.175μs
a接点
0.175μs
右シフト
0.100μs
b 接点
0.175μs
左シフト
0.088μs
結合子ロード
0.100μs
結合子ストア
0.088μs
※ 機能詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書」をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
56
第4章
Control Block Editor
下図はデータフローブロックのストアを配置した時の画面図です。ストア(①)を配置すると「入出
力設定」ウィンドウが表示されるのでリストから配置したいシンボルラベルを選択して下さい。選択す
ると「選択シンボル」欄に選択したシンボルラベルが表示されます(②)。
「決定」ボタンをクリックす
ると回路編集用ウィンドウに選択したシンボルラベルのストアが配置されます。
ロード・ストアを配置時に表示される「入出力設定」ウィンドウのリスト内容を下記に示します。
ストア
ロード
トレースバックレジスタ
◎
◎
t00000~t0000B
12点
グローバルレジスタ(PLCL用)
○
◎
②
g00000~g0007F
最大128点※1
グローバルレジスタ(PLCH用)
●
◎
g01000~g0107F
最大128点※1
保持レジスタ(PLCL用)
○
◎
ri0000~ri000F
最大16点※1
保持レジスタ(PLCH用)
●
◎
ri1000~ri100F
最大16点※1
pレジスタ
×
◎
p00000~p00063
入力レジスタ
×
◎
i00000~i00031
①
名称
レジスタ名
備考
P-00~P-99※1※2
(最大100点)
50点
出力レジスタ
●
◎
o00000~o0001E
31点
※1 プログラムの組み方によっては最大数が変わります
※2 別紙「Control Block Editor 機能説明書」4章の対応表をご参照下さい。
※3 ◎:PLCL,PLCH 双方で操作可、○:PLCL のみで操作可、●PLCH のみで操作可、×:操作不可
※4 機能詳細は別紙「Control Block Editor 機能説明書」をご参照下さい。
V F 6 6 P C To o l
57
第4章
Control Block Editor
4-4-5. 入力補助機能
入力補助機能はシンボルや回路のコピー・貼り付け、または、一括削除が行えます。
ウィンドウ内のセクションボタン「入力補助」をクリックするとボタンが下図の様に切り替わります。
[1.メインメニュー]
入力補助から回路編集に戻ります。
[2.選択]
コピーする箇所の先頭を指定します。
[3.切り取り]
選択した部分を切り取ります。
[4.コピー]
選択した部分をコピーします。
[5.貼り付け]
カーソル先に、切り取り、または、コピーしたものを貼り付けます。
[6.行挿入]
カーソルがある行に一行挿入します。
[7.行消去]
カーソルがある行のシンボル全てを消去します。
[8.行削除]
カーソルがある行を削除し以降の行を上に詰めます。
[9.元に戻す]
行消去や行削除を実行した場合、その直前の状態に戻します。
行削除や行削除を実行していない場合は操作できずボタン表示が薄く表示されます。
[10.行コピー]
カーソルがある一行をすぐ次の行にコピーします。
[Shift]
※未使用
[~~~~~]または[_ _ _ _ _]
このセクションボタンを上部に表示するか下部に表示するかを切換えます。
V F 6 6 P C To o l
58
第4章
Control Block Editor
4-4-6. コメント
回路の13列目には全角で6文字(半角12文字)のコメントが書き込めます。
また、ラダーブロックのみブロックの下部(下図)にコメントが書き込め、ブロックを配置していない
部分についてはその行の三段目(下図③)にコメントの書き込みが可能です。
①
1
I00001
G00001
②
③
入力リレー
4-4-7. コンパイル
編集が終了したら回路編集ウィンドウ内にあるセクションボタンの「コンパイル」をクリックして下
さい。クリックするとインバータに組み込むためのコード変換処理が実行され、エラーが無ければ画面
下部のログ欄に“Compile Complete!”と表示、MOTファイルが生成されます。
回路編集に誤りがある場合は“Compile Error”と表示されます。“Compile Error”と同時にエラー
内容も表示されるので、それを参考に編集しなおして下さい(下図参照)。
コンパイル完了
コンパイルエラー
コ ン パ イ ル に よ っ て PLCH 処 理 分 割 時 間 、 PLCL 処 理 周 期 が 設 定 さ れ 、 設 定 さ れ た 値 は
ProjectTree_View 下の項目に表示されます。また、PLCBRK が自動挿入された場合はログ欄にその位
置が表示されます。
分割・処理時間表示
PLCBRK 自動挿入時メッセージ
エラーになったら以下のことを確認して下さい。
・
・
・
・
・
ラダーブロックとデータフローブロックが接続されている。
未接続部分がある。
配置不可のテーブルに配置している。
制御ブロック内の入力項目が設定されていない。
入力のみのシンボルを出力側に接続している。または、その逆の状態。
※4-7.エラーメッセージ参照
V F 6 6 P C To o l
59
第4章
Control Block Editor
4-4-8. インバータへ書込み
コンパイルが完了したら生成されたコード(MOT ファイル)をインバータに書き込みます。
メニュー「データ」-「プロジェクトをインバータへ書込み」をクリックすると下図が表示されます。
USBIF66 が接続されていることを確認して「実行」をクリックし書込みを行って下さい。
通信が正常で書込み時に異常が発生した場合は、BaudRate の値を小さめに設定して下さい。
クリック後、下図の様なメッセージが表示されます。コンソールで S-04 を“1040”に設定し、
“SET”
を押して確定して下さい。
「OK」をクリックすると書込みが開始されます。
4-4-9. インバータから読込み
現在インバータに書込まれているデータをパソコンに取り込み回路を表示します。
メニュー「データ」-「インバータからプロジェクトを読込み」をクリックすると下図が表示されます。
「実行」をクリックし保存ダイアログで保存先のディレクトリとプロジェクト名を設定して下さい。
データが正常に全てのデータを読込めた場合、
“全ての変換完了”とメッセージリスト欄に表示され、
プロジェクトが画面左の“ProjectTree_View”に表示されます。
V F 6 6 P C To o l
60
第4章
Control Block Editor
4-4-10. その他編集方法
回路編集において前途した方法以外にも以下の方法があります。
① 回路編集ウィンドウ内セクションボタン
回路編集ウィンドウ内の上部(下部)にあるセクションボタンについて説明します。
[2.制御線]~[7.関数2]まではクリックすると表示が切り替わり、各シンボルを選択できます。
(※[3]~[5]については“Shift”で下図の上段と下段の表示が切り替わります。)
[2.制御線]
[3.ラダー]
[4.数値]
[5.数値演算]
[6.関数1]
V F 6 6 P C To o l
61
第4章
Control Block Editor
[7.関数2]
[8.入力補助]
[9.クロス]
クロスリファレンスを実行します。(⇒4-3.参照)
[~~~~~]または[_ _ _ _ _]
このセクションボタンを上部に表示するか下部に表示するかを切換えます。
② 回路編集ウィンドウポップアップメニューボタン
回路編集ウィンドウ内でマウスを右クリック
すると右図の様なメニューが表示されます。
各メニューは前途してきた内容と同じです。
4-4-11. 回路削除
回路を削除する場合は画面左にある ProjectTree_View の削除したい回路の回路名を選択し右クリッ
クすると下図メニューが表示されるので「削除」を選択して下さい。
V F 6 6 P C To o l
62
第4章
Control Block Editor
4-5. モニタモード
4-5-1. モニタモード
プロジェクトのモニタしたい回路を開き「モニタモード」にすることによって、リアルタイムに回路
上のシンボルの状態や数値データを表示します。(※トレンドモードとの併用はできません。
)
4-5-2. モニタモード実行手順
1.インバータと USBIF66 が接続されていることを確認
2.メニュー「データ」-「インバータからプロジェクト読込み」を実行
(※コンパイル直後に書込みを行った場合は『5.モニタしたい回路を展開』に進む)
3.保存先プロジェクトを指定
4.保存したプロジェクト展開
5.モニタしたい回路を展開
6.回路編集ウィンドウ内セクションボタンの「モニタモード」をクリックするか、メニュー「ファ
イル」-「モニタモード」をクリックすることによって実行
4-5-3. 状態表示
リレーやコイルなどのラダーブロックはON状態だと“赤色”に、OFF状態だと“もとの色”で表
示されます。レジスタはシンボルの下部に数値データが表示されます。
・リレー
I00001
ON
G00001
G00001
OFF
・レジスタ
p00005
g01000
12345
12345
V F 6 6 P C To o l
I00001
63
第4章
Control Block Editor
4-6. トレンドモード
4-6-1. トレンドモード
プロジェクトのモニタしたい回路を開き「トレンドモード」にすることによって、リアルタイムに回
路上のシンボルの状態や数値データをグラフ表示します。
(※モニタモードとの併用はできません。)
4-6-2. トレンドモード実行手順
1.インバータと USBIF66 が接続されていることを確認
2.メニュー「データ」-「インバータからプロジェクト読込み」を実行
(※コンパイル直後に書込みを行った場合は『5.モニタしたい回路を展開』に進む)
3.保存先プロジェクトを指定
4.保存したプロジェクト展開
5.モニタしたい回路を展開
6.回路編集ウィンドウ内セクションボタン「トレンドモード」実行。または、ProjectTree_View の
モニタする回路の回路名を選択し右クリックメニューから「トレンドグラフ」を選択(下図参照)
7.グラフウィンドウ表示・グラフ描画開始
8.チャネル設定・再描画
ProjectTree_View 内メニュー
セクションボタン
4-6-3. グラフ描画
グラフウィンドウ上で右クリックするとメニューが表示されます(下図参照)
。
・ 「一時停止/再開」
グラフの描画を一時中断、または、中断から再開して描画します。
・ 「罫線表示」
グリッドを表示します。
・ 「リレー/レジスタ表示設定」
グラフ表示するリレー/レジスタを設定するウィンドウを表示します。
・ 「トレンドグラフ終了」
トレンドグラフを終了しウィンドウを閉じます。
V F 6 6 P C To o l
64
第4章
Control Block Editor
4-6-4. 描画設定
メニューの「リレー/レジスタ表示設定」を実行すると下図設定ウィンドウが表示されます。
設定後「OK」をクリックして下さい。
・レジスタ
・リレー
チェックをはずすと描画され、
入れると描画されません。
描画の最小値を指定して下さい。(レジスタ)
描画の最大値を指定して下さい。(レジスタ)
シンボルラベル下4文字を入力して下さい。
レジスタ(リレー)の種類を選択して下さい。
チャネル番号をクリックすると色を変更できます。
V F 6 6 P C To o l
65
第4章
Control Block Editor
4-7. エラーメッセージ
エラーメッセージの一覧とその対処方法について下表に示します。
エラー番号
ER0000
ER0001
ER0002
ER0003
ER0004
ER0005
ER0006
ER0007
ER0008
ER0009
ER0010
ER0011
ER0012
ER0013
対処方法
シンボルの配置に問題があります。異なる性質のブロックを接続していない
か、シンボルラベルは正確に入力されているかを確認して下さい。
本ソフトで使用しないシンボルラベルを用いています。
取扱説明書に記載以外のシンボルラベルは使用できません。
システムファイルが見つからないためソフトが正常に動作できません。
一度本ソフトをアンインストールし再度インストールし直して下さい。
(※プロジェクトファイル等は念のため違う場所にコピーしておくことをお
勧めします。
)
入力リレーや接点をコイルとして使用したか、入力レジスタやpレジスタを
ストアとして使用したことによるエラーです。
データをロードすることしかできないのでコイル/ストアとして使用するこ
とはできません。
設定したシンボルラベルが設定可能範囲以上となっています。設定可能範囲
内となる様に修正を行って下さい。
コンパイルした結果、PLCH で処理できる分割数を超過しました。
PLCH 内に配置したブロック数を減らして下さい。
コメントを含むプログラム全体量が上限を超えました。コメントを減らすか
ブロック数を減らして下さい。
多分岐によるビットデータの参照用リレーの使用点数が上限を超過しまし
た。分岐数を減らして下さい。
多分岐によるデータの参照用レジスタの使用点数が上限を超過しました。
分岐数を減らして下さい。
グローバルレジスタ(g0)またはpレジスタ(p0)の合計使用点数が上限を超え
ました。使用点数を減らして下さい。
保持レジスタ(ri)の合計使用点数が上限を超えました。
使用点数を減らして下さい。
リレーまたはレジスタの中で現在使用不可となっているものを設定していま
す。設定可能なものに修正して下さい。
制御ブロック内の設定項目に未設定状態の項目があります。設定してから再
度コンパイルして下さい。
該当する制御ブロックが色付きで表示されます。
データをロードせずにストアや他のデータフローブロック・制御ブロックを
配置しています。
必ずデータフローブロックのロードを配置してから、各種ブロックを配置し
て下さい。
ER0014
ビットデータを用いる時は、必ず 1 列目に接点が必要です。
ER0015
反転の前には必ず接点を配置して下さい。
ER0016
ER0017
V F 6 6 P C To o l
異なるデータ属性が繋がっている可能性があります。
回路を確認して下さい。
コイル専用のシンボルラベルを接点に使用しています。接点のシンボルラベ
ルを確認・修正して下さい。
66
第4章
Control Block Editor
ER0018
入力のみのシンボルを出力として設定しています。
シンボルラベルを確認・修正して下さい。
ER0019
出力側が未接続状態のシンボルがあります。命令の終端は必ず終端シンボル
であるストアやコイルで命令を終わらせて下さい。
ER0020
配置した制御ブロックの演算結果を保存しておく領域が不足しています。
制御ブロックは、演算結果をグローバルレジスタ(pレジスタを含む)と同
じ領域に保存します。そのため、グローバルレジスタの使用点数が多いと領
域が確保できずエラーとなります。グローバルレジスタの使用点数を減らし
て領域を確保するか、制御ブロックの数を減らさないとコンパイルできませ
ん。但し、制御ブロックによって保存領域の占有量は異なります。
ER0021
制御ブロックの出力端子に入力用レジスタ(i0 レジスタ等)が設定されてい
ます。出力用レジスタ(g0 レジスタ等)を設定してください。
※エラーメッセージを無視して書込みを行った場合の保証は致しません。
V F 6 6 P C To o l
67
第5章
Convert from 64Series
第5章
Convert from 64Series
Convert from 64Series は、64 シリーズインバータのパラメータを VF66 シリーズインバータ用に自
動で変換します。(※但し、一部の 64 シリーズインバータでは変換できない場合があります。)
変換後、CDS ファイルが生成され Console Dataset で使用できます。
5-1. Convert from 64Series の起動
Convert from 64Series の起動は次の手順により行って下さい。
[1] Convert from 64Series の起動
スタートメニューより「Convert from 64Series」を選択して起動します。
[2] Convert from 64Series 画面の表示
V F 6 6 P C To o l
68
第5章
Convert from 64Series
5-2. パラメータ変換の手順
パラメータの変換は次の手順に沿って行って下さい。
[1] 64 シリーズパラメータファイルの選択
「参照」ボタンより 64 シリーズインバータのパラメータファイル(.csl)を選択して下さい。
「ファイル名」には選択したファイルのフルパスが表示されます。
[2] 機種選択と操作モード選択
使用する VF66 シリーズインバータの機種を「機種選択」から、操作モードを「操作モード選択」か
ら設定して下さい。
[3] 変換の実行
「実行」ボタンをクリックするとパラメータの変換が実行されます。変換時に、仕様により設定値を
変更した場合は「変更履歴欄」に表示されます。履歴は「保存」ボタンからテキスト形式で保存可能で
す。また、「クリア」は各欄を消去します。
[4] 変換終了
変換が終了すると CDS ファイルが生成され、
「変換後ファイル名」に保存先ファイルのフルパス名を
表示します。
【パラメータ変換可能 VFC 基板 ROM バージョン一覧】
変換可能 ROM バージョン
機種
VF64
02-A1,02-A2,02-A4~-A7,21-A1,21-B1~-B9
VF64A
A1-A2,A1-B1~-B9
ED64sp
02-A2,02-A4~-A9,02-B1-~B8,21-A1~-A3,21-B1,21-B2,21-B9,21-C1~-C9
ED64A
A1-A1,A1-B1,A1-B2,A1-C1~-C9
V F 6 6 P C To o l
69
第5章
Convert from 64Series
5-3. パラメータ変換項目
64 シリーズから 66 シリーズ用にパラメータを変換する際、データコピーが基本ですが項目によって
は換算式を適用するか、互換性がないため初期化データを設定する場合があります。下表に各モードの
各項目についての処理内容を示します。
【注意】
※ 多機能入力端子機能が 64 シリーズとは異なるため、配線及び各端子の設定値を確認してください。
※ i-22~-32 は通信オプション ASYC66-Z の特殊モード(位置決めモード1,位置決めモード2)で
使用します。
[1] VF66 誘導電動機 V/f モード(IM-V/f)
VF66
V/f モード(変換先)
項目
項目内容
VF64 シリーズ O モード(変換元)
対応項目
処理内容
基本エリア
運転基本設定項目
基本エリア
データをコピーします。
A-00~-07
モータ仕様項目
A-00~-07
データをコピーします。
A-09
PWM キャリア周波数
A-10
上限 6.0[kHz]で制限されます。
A-11~-16
デッドタイム補償量
A-11~-16
弊社容量別デッドタイムデータを
設定します。
A-17
モータ一次抵抗
A-17
換算式を適用します。
b-00
設定データ書換えプロテクト
b-01
停止モード選択
b-03
データをコピーします。
b-02
停止周波数
b-04
データをコピーします。
b-03
DCブレーキ動作時間
b-05
データをコピーします。
b-05
寸動時停止モード選択
b-07
データをコピーします。
b-06
寸動時停止周波数
b-08
データをコピーします。
b-07
瞬時停電再始動
b-11
データをコピーします。
b-08
逆転禁止モード選択
b-12
データをコピーします。
b-09
連動時の指令入力場所選択
b-15
データをコピーします。
b-10
周波数指令入力場所選択
b-16
データをコピーします。
b-11
運転指令入力場所選択
b-17
データをコピーします。
b-12
寸動指令入力場所選択
b-18
データをコピーします。
b-13
力行側トルク制限値
E-00
データをコピーします。
b-14
回生側トルク制限値
E-01
データをコピーします。
b-15
力行側トルク制限使用選択
E-02
データをコピーします。
b-16
回生側トルク制限使用選択
E-03
データをコピーします。
―
初期化データを設定します。
b-17
アナログ周波数指令特性選択
G-02
64 シリーズでパルストレインを使用してい
た場合は 1 を設定します。
上記以外の場合はデータをそのま
まコピーします。
b-18
アナログ周波数指令上限周波数
G-03
データをコピーします。
b-19
アナログ周波数指令下限周波数
G-04
データをコピーします。
b-20
アナログ入力0リミット電圧
G-05
データをコピーします。
b-21
アナログ出力(1)特性選択
G-06
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
70
第5章
c-00
多機能入力場所選択
c-01~-05
多機能入力端子(1)~(5)
c-06
多機能入力端子(6)機能選択
c-01
データをコピーします。
c-07
多機能入力端子(7)機能選択
c-02
データをコピーします。
c-08
多機能入力端子(8)機能選択
c-03
データをコピーします。
c-09
多機能入力端子(9)機能選択
c-04
データをコピーします。
c-10
多機能入力端子(10)機能選択
c-05
データをコピーします。
c-11
多機能入力端子(11)機能選択
c-06
データをコピーします。
c-12~-17
多機能入力端子(12)~(17)
機能選択
d-00~-14
加減速・S 字加減速設定
d-00~-14
データをコピーします。
d-15
プリセット周波数(1)
H-00
データをコピーします。
d-16
プリセット周波数(2)
H-01
データをコピーします。
d-17
プリセット周波数(3)
H-02
データをコピーします。
d-18
プリセット周波数(4)
H-03
データをコピーします。
d-19
プリセット周波数(5)
H-04
データをコピーします。
d-20
プリセット周波数(6)
H-05
データをコピーします。
d-21
プリセット周波数(7)
H-06
データをコピーします。
d-22
ジャンプ周波数(1)
d-18
データをコピーします。
d-23
ジャンプ周波数(2)
d-19
データをコピーします。
d-24
ジャンプ周波数(3)
d-20
データをコピーします。
d-25
ジャンプ周波数(4)
d-21
データをコピーします。
d-26
ジャンプ周波数幅
d-22
データをコピーします。
d-27
MRH機能使用選択
d-23
データをコピーします。
d-28
MRH上限周波数
d-24
データをコピーします。
d-29
MRH下限周波数
d-25
データをコピーします。
E-00
回生失速防止機能使用選択
b-13
データをコピーします。
E-01
回生失速防止電圧
F-00
設定値の小数点位置を変更します。
E-02
始動モード選択
b-02
データをコピーします。
E-03
正転方向切替
―
初期化データを設定します。
E-04
シミュレーションモード
―
初期化データを設定します。
E-05
オートブーストモード
b-09
データをコピーします。
E-06
再始動時間
b-06
データをコピーします。
E-07
V/f パターン選択
E-04
データをコピーします。
E-08
折れ点電圧
E-05
データをコピーします。
E-09
折れ点周波数
E-06
データをコピーします。
F-00
内蔵DB(発電制動)動作レベル
F-00
データをコピーします。
F-01
正転側過周波数設定
F-01
換算式を適用します。
F-02
逆転側過周波数設定
F-02
換算式を適用します。
F-03
過負荷保護設定
F-03
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
c-00
Convert from 64Series
データをコピーします。
―
―
71
初期化データを設定します。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
F-04
累積運転タイマー(1)
―
初期化データを設定します。
F-05
累積運転タイマー(2)
―
初期化データを設定します。
F-06
モータ過熱保護動作選択
F-12
データをコピーします。
F-07
停電時保護動作リレー(86A)動作
選択
F-13
データをコピーします。
F-08
保護リトライ回数設定
F-14
データをコピーします。
F-09
外部故障1検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-10
外部故障2検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-11
外部故障3検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-12
外部故障4検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-13
トレースバックピッチ
F-15
データをコピーします。
F-14
トレースバックトリガポイント
F-16
データをコピーします。
F-15~-26
トレースバック Ch 選択
F-17~-28
初期化データを設定します。
64 シリーズで F-12=1 を設定していた
場合は 2 を設定します。
上記以外の場合は 0 を設定します。
G-00
温度検出選択
G-01
温度検出オフセット調整
G-19
データをコピーします。
G-02
温度検出ゲイン調整
G-20
データをコピーします。
G-03
アナログ入力(2)特性選択
G-11
64 シリーズでの設定値に 1 を加えた値
となります。
G-04
アナログ入力(2)上限周波数
G-12
データをコピーします。
G-05
アナログ入力(2)下限周波数
G-13
データをコピーします。
G-06
アナログ入力(3)特性選択
―
64 シリーズでパルストレインを使用してい
た場合は 3 を設定します。
上記以外の場合は 1 を設定します。
G-07
アナログ入力(3)上限周波数
―
初期化データを設定します。
G-08
アナログ入力(3)下限周波数
―
初期化データを設定します。
―
G-09
アナログ出力(2)特性選択
G-16
64 シリーズで 8 以上を設定していた場
合、8 を引いた値を設定します。
上記以外の場合はデータをそのま
まコピーします。
G-10
アナログ出力(3)特性選択
G-16
データをコピーします。
G-11
アナログ入力(4)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-12
アナログ入力(5)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-13
アナログ出力(4)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-14
アナログ出力(5)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-15
ライン速度モニタ調整
G-16
アナログ入力モニタ表示選択
H-00
多機能出力端子(1)機能選択
c-07
データをコピーします。
H-01
多機能出力端子(2)機能選択
c-08
データをコピーします。
H-02
多機能出力端子(3)機能選択
c-09
データをコピーします。
H-03
多機能出力端子(4)機能選択
c-10
データをコピーします。
H-04
多機能出力端子(5)機能選択
V F 6 6 P C To o l
n-00
―
―
72
データをコピーします。
初期化データを設定します。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
H-05
多機能出力端子(6)機能選択
H-06
検出周波数(1)
c-11
データをコピーします。
H-07
検出周波数(2)
c-12
データをコピーします。
H-08
周波数検出幅
c-13
データをコピーします。
H-09
検出トルク(極性付)
c-14
データをコピーします。
H-10
検出トルク(絶対値)
c-15
データをコピーします。
H-11
過負荷プリアラーム動作レベル設
定
c-16
データをコピーします。
H-12
最高周波数低減率
c-17
データをコピーします。
i-00
PLCL 機能
b-14
初期化データを設定します。
i-01
PLCH 機能
b-00
初期化データを設定します。
i-02
垂下制御使用選択
i-00
データをコピーします。
i-03
垂下開始周波数
i-01
データをコピーします。
i-04
垂下率切換周波数
i-02
データをコピーします。
i-05
垂下率
i-03
データをコピーします。
i-06
垂下開始トルク
i-04
データをコピーします。
J-00
デジタル通信オプション選択
J-00
初期化データを設定します。
J-01~-08
各通信オプション設定
J-01~-08
データをコピーします。
J-17
データをコピーします。
J-18
データをコピーします。
J-09
J-10
DNET66-Z 出力インスタンス番号
設定
DNET66-Z 入力インスタンス番号
設定
―
初期化データを設定します。
J-11
DNET66-Z SpeedScale 設定
J-19
データをコピーします。
J-12
DNET66-Z MonitorDataNo.設定
J-20
データをコピーします。
J-13
高速応答入力選択
―
初期化データを設定します。
J-14
通信からの日時データ選択
―
初期化データを設定します。
J-15
通信付き外部 DB(発電制動)
ユニット接続数
―
初期化データを設定します。
L エリア
アナログ入出力設定
―
初期化データを設定します。
n-00
インバータモード
S-01
データをコピーします。
n-01
容量・電圧クラス
S-02
データをコピーします。
P エリア
P レジスタ定数設定
V F 6 6 P C To o l
―
73
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
[2] VF66 誘導電動機ベクトルモード(IM-Vector)
VF66
IM ベクトルモード(変換先)
項目
項目内容
VF64 シリーズ S/V モード(変換元)
対応項目
処理内容
基本エリア
運転基本設定項目
基本エリア
データをコピーします。
A-00~-07
モータ仕様項目
A-00~-07
データをコピーします。
A-08
PGパルス数
A-09
データをコピーします。
A-09
PWM キャリア周波数
A-10
上限 6.0[kHz]で制限されます。
A-10
PG 選択
A-11~-16
デッドタイム補償量
A-11~-16
A-17
モータ一次抵抗
A-17
換算式を適用します。
A-18
モータ二次抵抗
A-18
換算式を適用します。
A-19
モータ漏れインダクタンス
A-19
換算式を適用します。
A-20
モータ相互インダクタンス
A-20
換算式を適用します。
A-21
モータインダクタンス飽和係数(1) A-21
データをコピーします。
A-22
モータインダクタンス飽和係数(2) A-22
データをコピーします。
A-23
モータ鉄損分補正トルク
換算式を適用します。
A-24
モータ損失係数(1)
A-24
データをコピーします。
A-25
モータ損失係数(2)
A-25
データをコピーします。
b-00
設定データ書換えプロテクト
b-01
停止モード選択
―
―
―
VF64 シリーズで S モード時:0、
V モード時:1 を設定します。
弊社容量別デッドタイムデータを設
定します。
初期化データを設定します。
b-03
データをコピーします。
b-02
停止回転速度
b-04
センサレスモードのみ換算式を適用
します。センサ付きはデータをその
ままコピーします。
b-03
DCブレーキ動作時間
b-05
データをコピーします。
b-04
DCブレーキゲイン
b-06
データをコピーします。
下限 20.0[%]で制限されます。
b-05
寸動時停止モード選択
b-07
データをコピーします。
b-06
寸動時停止回転速度
b-08
換算式を適用します。
b-07
瞬時停電再始動選択
b-11
データをコピーします。
b-08
逆転禁止モード選択
b-12
データをコピーします。
b-09
連動時の指令入力場所選択
b-15
データをコピーします。
b-10
回転速度指令入力場所選択
b-16
データをコピーします。
b-11
運転指令入力場所選択
b-17
データをコピーします。
b-12
寸動指令入力場所選択
b-18
データをコピーします。
b-13
正転力行トルク制限値
E-00
データをコピーします。
b-14
正転回生トルク制限値
E-01
データをコピーします。
b-15
逆転力行トルク制限値
E-02
データをコピーします。
b-16
逆転回生トルク制限値
E-03
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
74
第5章
Convert from 64Series
b-17
アナログ回転速度指令特性選択
G-02
64 シリーズでパルストレインを使用していた
場合は 1 を設定します。
上記以外の場合はデータをそのまま
コピーします。
b-18
アナログ回転速度指令上限回転速度
G-03
データをコピーします。
b-19
アナログ回転速度指令下限回転速度
G-04
データをコピーします。
b-20
アナログ入力0リミット電圧
G-05
データをコピーします。
b-21
アナログ出力(1)特性選択
G-06
データをコピーします。
c-00
多機能入力場所選択
c-00
データをコピーします。
c-01~-05
多機能入力端子(1)~(5)
c-06
多機能入力端子(6)機能選択
c-01
データをコピーします。
c-07
多機能入力端子(7)機能選択
c-02
データをコピーします。
c-08
多機能入力端子(8)機能選択
c-03
データをコピーします。
c-09
多機能入力端子(9)機能選択
c-04
データをコピーします。
c-10
多機能入力端子(10)機能選択
c-05
データをコピーします。
c-11
多機能入力端子(11)機能選択
c-06
データをコピーします。
c-12~-17
多機能入力端子(12)~(17)
機能選択
d-00~-14
加減速・S 字加減速設定
d-00~-14
データをコピーします。
d-15
プリセット回転速度(1)
H-00
データをコピーします。
d-16
プリセット回転速度(2)
H-01
データをコピーします。
d-17
プリセット回転速度(3)
H-02
データをコピーします。
d-18
プリセット回転速度(4)
H-03
データをコピーします。
d-19
プリセット回転速度(5)
H-04
データをコピーします。
d-20
プリセット回転速度(6)
H-05
データをコピーします。
d-21
プリセット回転速度(7)
H-06
データをコピーします。
d-22
ジャンプ回転速度(1)
d-18
データをコピーします。
d-23
ジャンプ回転速度(2)
d-19
データをコピーします。
d-24
ジャンプ回転速度(3)
d-20
データをコピーします。
d-25
ジャンプ回転速度(4)
d-21
データをコピーします。
d-26
ジャンプ回転速度幅
d-22
データをコピーします。
d-27
MRH機能使用選択
d-23
データをコピーします。
d-28
MRH上限回転速度
d-24
データをコピーします。
d-29
MRH下限回転速度
d-25
データをコピーします。
d-30
速度偏差制限指令選択
d-15
データをコピーします。
d-31
正方向偏差最大値
d-16
データをコピーします。
d-32
負方向偏差最大値
d-17
データをコピーします。
E-00
回生失速防止機能使用選択
b-13
データをコピーします。
E-01
回生失速防止電圧
F-00
設定値の小数点位置を変更します。
E-02
高効率モード選択
b-02
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
―
―
75
初期化データを設定します。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
E-03
正転方向切替
―
初期化データを設定します。
E-04
シミュレーションモード
―
初期化データを設定します。
E-05
トルク指令モード選択
E-05
データをコピーします。
E-06
始動時磁束強め率
E-11
データをコピーします。
E-07
電流制御比例ゲイン
E-12
初期化データを設定します。
E-08
電流制御積分ゲイン(1)
E-13
初期化データを設定します。
E-09
電流制御積分ゲイン(2)
E-13
初期化データを設定します。
E-10
モータ温度補償
E-15
データをコピーします。
E-11
磁束指令
E-10
データをコピーします。
E-12
モータ冷却ファン
(センサレス駆動の場合)
A-08
データをコピーします。
F-00
内蔵DB(発電制動)動作レベル
F-00
データをコピーします。
F-01
正転側過速度設定
F-01
換算式を適用します。
F-02
逆転側過速度設定
F-02
換算式を適用します。
F-03
過負荷保護設定
F-03
データをコピーします。
F-04
累積運転タイマー(1)
―
初期化データを設定します。
F-05
累積運転タイマー(2)
―
初期化データを設定します。
F-06
モータ過熱保護動作選択
F-12
データをコピーします。
F-07
停電時保護動作リレー(86A)動作選択
F-13
データをコピーします。
F-08
保護リトライ回数設定
F-14
データをコピーします。
F-09
外部故障1検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-10
外部故障2検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-11
外部故障3検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-12
外部故障4検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-13
トレースバックピッチ
F-15
データをコピーします。
F-14
トレースバックトリガポイント
F-16
データをコピーします。
F-15~-26
トレースバック Ch 選択
F-17~-28
初期化データを設定します。
F-27
過トルク保護機能選択
F-05
データをコピーします。
F-28
過トルク保護動作レベル設定
F-06
データをコピーします。
F-29
過トルク保護動作基準トルク
F-07
データをコピーします。
F-30
速度制御エラー機能使用選択
F-08
データをコピーします。
F-31
速度制御エラー正側検出速度幅
F-09
換算式を適用します。
F-32
速度制御エラー負側検出速度幅
F-10
換算式を適用します。
G-00
温度検出選択
G-01
温度補正オプションオフセット調整量
G-19
データをコピーします。
G-02
温度補正オプションゲイン調整量
G-20
データをコピーします。
G-03
アナログ入力(2)特性選択
G-11
64 シリーズでの設定値に 1 を加えた値
となります。
V F 6 6 P C To o l
―
76
64 シリーズで E-15=1、または F-12=1 を
設定していた場合は 2 を設定します。
上記以外の場合は 0 を設定します。
第5章
Convert from 64Series
G-04
アナログ入力(2)上限回転速度
G-12
データをコピーします。
G-05
アナログ入力(2)下限回転速度
G-13
データをコピーします。
G-06
アナログ入力(3)特性選択
―
64 シリーズでパルストレインを使用していた
場合は 3 を設定します。
上記以外の場合は 1 を設定します。
G-07
アナログ入力(3)上限回転速度
―
初期化データを設定します。
G-08
アナログ入力(3)下限回転速度
―
初期化データを設定します。
G-09
アナログ出力(2)特性選択
G-16
64 シリーズで 8 以上を設定していた場
合、8 を引いた値を設定します。
上記以外の場合はデータをそのまま
コピーします。
G-10
アナログ出力(3)特性選択
G-16
データをコピーします。
G-11
アナログ入力(4)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-12
アナログ入力(5)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-13
アナログ出力(4)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-14
アナログ出力(5)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-15
ライン速度モニタ調整
G-16
アナログ入力モニタ表示選択
H-00
多機能出力端子(1)機能選択
c-07
データをコピーします。
H-01
多機能出力端子(2)機能選択
c-08
データをコピーします。
H-02
多機能出力端子(3)機能選択
c-09
データをコピーします。
H-03
多機能出力端子(4)機能選択
c-10
データをコピーします。
H-04
多機能出力端子(5)機能選択
―
初期化データを設定します。
H-05
多機能出力端子(6)機能選択
―
初期化データを設定します。
H-06
検出回転速度(1)
c-11
データをコピーします。
H-07
検出回転速度(2)
c-12
データをコピーします。
H-08
回転速度検出幅
c-13
データをコピーします。
H-09
検出トルク(極性付)
c-14
データをコピーします。
H-10
検出トルク(絶対値)
c-15
データをコピーします。
H-11
過負荷プリアラーム動作レベル設定
c-16
データをコピーします。
H-12
最高速度低減率
c-17
データをコピーします。
i-00
PLCL 機能
b-14
初期化データを設定します。
i-01
PLCH 機能
b-00
初期化データを設定します。
i-02
垂下制御使用選択
i-00
データをコピーします。
i-03
垂下開始回転速度
i-01
データをコピーします。
i-04
垂下率切換回転速度
i-02
データをコピーします。
i-05
垂下率
i-03
データをコピーします。
i-06
垂下開始トルク
i-04
データをコピーします。
i-07
運転モード選択
b-01
データをコピーします。
i-08
トルク指令入力場所選択
b-19
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
n-00
―
77
データをコピーします。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
i-09
アナログ入力トルク指令ゲイン
G-14
データをコピーします。
i-10
速度制御比例ゲイン(2)
b-09
データをコピーします。
i-11
速度制御積分時定数(2)
L-19
初期化データを設定します。
i-12
速度制御システム慣性モーメント(2)
i-13
寸動時比例ゲイン選択
b-10
データをコピーします。
i-14
ASR キャンセレーション使用選択
E-06
データをコピーします。
i-15
ASR フィードフォワード使用選択
E-07
データをコピーします。
i-16
可変構造比例可変開始速度
E-08
データをコピーします。
i-17
可変構造比例最小ゲイン割合
E-09
データをコピーします。
i-18
初励磁選択
b-20
データをコピーします。
i-19
機械ロス補償選択
i-05
データをコピーします。
i-20
機械ロスオフセット量
i-06
データをコピーします。
i-21
機械ロス傾き
i-07
データをコピーします。
i-22
位置決め速度(0)
J-09
データをコピーします。
i-23
位置決め速度(1)
J-10
データをコピーします。
i-24
位置決め加速時間
J-11
データをコピーします。
i-25
位置決め減速時間
J-12
データをコピーします。
i-26
クリープ速度
J-13
データをコピーします。
i-27
クリープ期間移動パルス数
J-14
データをコピーします。
i-28
ストップパルス数
J-15
データをコピーします。
i-29
位置決め非常停止選択
J-16
データをコピーします。
i-30
位置決め用 P ゲイン
L-18
データをコピーします。
i-31
位置決め用 I 時定数
L-19
データをコピーします。
i-32
位置決め用 J
L-20
データをコピーします。
J-00
デジタル通信オプション選択
J-00
初期化データを設定します。
J-01~-08
各通信オプション設定
J-01~-08
データをコピーします。
J-09
DNET66-Z 出力インスタンス番号設定
J-17
データをコピーします。
J-10
DNET66-Z 入力インスタンス番号設定
J-18
データをコピーします。
J-11
DNET66-Z SpeedScale 設定
J-19
データをコピーします。
J-12
DNET66-Z MonitorDataNo.設定
J-20
データをコピーします。
J-13
高速応答入力選択
―
初期化データを設定します。
J-14
通信からの日時データ選択
―
初期化データを設定します。
J-15
通信付き外部 DB(発電制動)
ユニット接続数
―
初期化データを設定します。
L エリア
アナログ入出力設定
―
初期化データを設定します。
n-00
インバータモード
S-01
データをコピーします。
n-01
容量・電圧クラス
S-02
データをコピーします。
P エリア
P レジスタ定数設定
V F 6 6 P C To o l
―
―
78
初期化データを設定します。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
[3] VF66 ED モータベクトルモード(ED-Vector)
VF66
ED ベクトルモード(変換先)
項目
項目内容
ED64 シリーズ全モード(変換元)
対応項目
処理内容
基本エリア
運転基本設定項目
基本エリア
データをコピーします。
A-00~-06
モータ仕様項目
A-00~-06
データをコピーします。
A-07
q軸パルス磁極判定電流
A-09
データをコピーします。
A-08
PGパルス数
A-07
データをコピーします。
A-09
PWM キャリア周波数
A-08
上限 6.0[kHz]で制限されます。
ED64 シリーズで S モード時:0、
V モード時:1、P モード時:2 に設
定します。
弊社容量別デッドタイムデータを設
定します。
A-10
PG 選択
A-11~-16
デッドタイム補償量
A-11~-16
A-17
モータ一次抵抗
A-17
換算式を適用します。
A-18
モータd軸インダクタンス
A-18
換算式を適用します。
A-19
モータq軸インダクタンス
A-19
換算式を適用します。
A-20
モータ磁束
A-20
データをコピーします。
A-21
モータ鉄損分補正トルク
A-22~-29
Ld・Lp 変化率
A-22~-29
データをコピーします。
A-30
d軸位置(磁石磁極位置)
A-30
データをコピーします。
A-31
磁極判定方式選択
A-31
データをコピーします。
A-32
d軸計測パルス幅
A-32
データをコピーします。
A-33
d軸計測パルス電圧振幅
A-33
データをコピーします。
b-00
設定データ書換えプロテクト
b-01
停止モード選択
b-03
データをコピーします。
b-02
停止回転速度
b-04
データをコピーします。
b-03
DCブレーキ動作時間
b-05
データをコピーします。
b-04
DC ブレーキゲイン
b-06
データをコピーします。
下限値 20.0[%]で制限されます。
b-05
寸動時停止モード選択
b-07
データをコピーします。
b-06
寸動時停止回転速度
b-08
データをコピーします。
b-07
瞬時停電再始動選択
b-11
データをコピーします。
b-08
逆転禁止モード選択
b-12
データをコピーします。
b-09
連動時の指令入力場所選択
b-15
データをコピーします。
b-10
回転速度指令入力場所選択
b-16
データをコピーします。
b-11
運転指令入力場所選択
b-17
データをコピーします。
b-12
寸動指令入力場所選択
b-18
データをコピーします。
b-13
正転力行トルク制限値
E-00
データをコピーします。
b-14
正転回生トルク制限値
E-01
データをコピーします。
b-15
逆転力行トルク制限値
E-02
データをコピーします。
b-16
逆転回生トルク制限値
E-03
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
―
―
―
79
換算式を適用します。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
b-17
アナログ回転速度指令特性選択
G-02
64 シリーズでパルストレインを使用していた
場合は 1 を設定します。
上記以外の場合はデータをそのまま
コピーします。
b-18
アナログ回転速度指令上限回転速度
G-03
データをコピーします。
b-19
アナログ回転速度指令下限回転速度
G-04
データをコピーします。
b-20
アナログ入力0リミット電圧
G-05
データをコピーします。
b-21
アナログ出力(1)特性選択
G-06
データをコピーします。
c-00
多機能入力場所選択
c-00
データをコピーします。
c-01~-05
多機能入力端子(1)~(5)
c-06
多機能入力端子(6)機能選択
c-01
データをコピーします。
c-07
多機能入力端子(7)機能選択
c-02
データをコピーします。
c-08
多機能入力端子(8)機能選択
c-03
データをコピーします。
c-09
多機能入力端子(9)機能選択
c-04
データをコピーします。
c-10
多機能入力端子(10)機能選択
c-05
データをコピーします。
c-11
多機能入力端子(11)機能選択
c-06
データをコピーします。
c-12~-17
多機能入力端子(12)~(17)
機能選択
d-00~-14
加減速・S 字加減速設定
d-00~-14
データをコピーします。
d-15
プリセット回転速度(1)
H-00
データをコピーします。
d-16
プリセット回転速度(2)
H-01
データをコピーします。
d-17
プリセット回転速度(3)
H-02
データをコピーします。
d-18
プリセット回転速度(4)
H-03
データをコピーします。
d-19
プリセット回転速度(5)
H-04
データをコピーします。
d-20
プリセット回転速度(6)
H-05
データをコピーします。
d-21
プリセット回転速度(7)
H-06
データをコピーします。
d-22
ジャンプ回転速度(1)
d-18
データをコピーします。
d-23
ジャンプ回転速度(2)
d-19
データをコピーします。
d-24
ジャンプ回転速度(3)
d-20
データをコピーします。
d-25
ジャンプ回転速度(4)
d-21
データをコピーします。
d-26
ジャンプ回転速度幅
d-22
データをコピーします。
d-27
MRH機能使用選択
d-23
データをコピーします。
d-28
MRH上限回転速度
d-24
データをコピーします。
d-29
MRH下限回転速度
d-25
データをコピーします。
d-30
速度偏差制限指令選択
d-15
データをコピーします。
d-31
正方向偏差最大値
d-16
データをコピーします。
d-32
負方向偏差最大値
d-17
データをコピーします。
E-00
回生失速防止機能使用選択
b-13
データをコピーします。
E-01
回生失速防止電圧
F-00
設定値の小数点位置を変更します。
E-02
高効率モード
b-02
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
―
―
80
初期化データを設定します。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
E-03
正転方向切替
―
初期化データを設定します。
E-04
シミュレーションモード
―
初期化データを設定します。
E-05
トルク指令モード選択
E-05
データをコピーします。
E-06
再始動禁止時間
E-14
データをコピーします。
E-07
電流制御比例ゲイン
E-12
初期化データを設定します。
E-08
電流制御積分ゲイン(1)
E-13
初期化データを設定します。
E-09
電流制御積分ゲイン(2)
E-13
初期化データを設定します。
E-10
モータ温度補償
E-15
データをコピーします。
E-11
フリー始動最大回転速度
b-20
データをコピーします。
E-12
インバータ最大電圧
b-21
データをコピーします。
F-00
内蔵DB(発電制動)動作レベル
F-00
データをコピーします。
F-01
正転側過速度設定
F-01
換算式を適用します。
F-02
逆転側過速度設定
F-02
換算式を適用します。
F-03
過負荷保護設定
F-03
データをコピーします。
F-04
累積運転タイマー(1)
―
初期化データを設定します。
F-05
累積運転タイマー(2)
―
初期化データを設定します。
F-06
モータ過熱保護動作選択
F-12
データをコピーします。
F-07
停電時保護動作リレー(86A)動作選択
F-13
データをコピーします。
F-08
保護リトライ回数設定
F-14
データをコピーします。
F-09
外部故障 1 検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-10
外部故障 2 検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-11
外部故障 3 検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-12
外部故障 4 検出遅延時間
―
初期化データを設定します。
F-13
トレースバックピッチ
F-15
データをコピーします。
F-14
トレースバックトリガポイント
F-16
データをコピーします。
F-15~-26
トレースバック Ch 選択
F-17~-28
初期化データを設定します。
F-27
過トルク保護機能選択
F-05
データをコピーします。
F-28
過トルク保護動作レベル設定
F-06
データをコピーします。
F-29
過トルク保護動作基準トルク
F-07
データをコピーします。
F-30
速度制御エラー機能使用選択
F-08
データをコピーします。
F-31
速度制御エラー正側検出速度幅
F-09
換算式を適用します。
F-32
速度制御エラー負側検出速度幅
F-10
換算式を適用します。
G-00
温度検出選択
G-01
温度補正オプションオフセット調整量
G-19
データをコピーします。
G-02
温度補正オプションゲイン調整量
G-20
データをコピーします。
G-03
アナログ入力(2)特性選択
G-11
64 シリーズでの設定値に 1 を加えた値
となります。
G-04
アナログ入力(2)上限回転速度
G-12
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
―
81
64 シリーズで E-15=1、または F-12=1 を
設定していた場合は 2 を設定します。
上記以外の場合は 0 を設定します。
第5章
G-13
Convert from 64Series
G-05
アナログ入力(2)下限回転速度
G-06
アナログ入力(3)特性選択
―
64 シリーズでパルストレインを使用していた
場合は 3 を設定します。
上記以外の場合は 1 を設定します。
G-07
アナログ入力(3)上限回転速度
―
初期化データを設定します。
G-08
アナログ入力(3)下限回転速度
―
初期化データを設定します。
データをコピーします。
G-09
アナログ出力(2)特性選択
G-16
64 シリーズで 8 以上を設定していた場
合、8 を引いた値を設定します。
上記以外の場合はデータをそのまま
コピーします。
G-10
アナログ出力(3)特性選択
G-16
データをコピーします。
G-11
アナログ入力(4)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-12
アナログ入力(5)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-13
アナログ出力(4)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-14
アナログ出力(5)特性選択
―
初期化データを設定します。
G-15
ライン速度モニタ調整
G-16
アナログ入力モニタ表示選択
H-00
多機能出力端子(1)機能選択
c-07
データをコピーします。
H-01
多機能出力端子(2)機能選択
c-08
データをコピーします。
H-02
多機能出力端子(3)機能選択
c-09
データをコピーします。
H-03
多機能出力端子(4)機能選択
c-10
データをコピーします。
H-04
多機能出力端子(5)機能選択
―
初期化データを設定します。
H-05
多機能出力端子(6)機能選択
―
初期化データを設定します。
H-06
検出回転速度(1)
c-11
データをコピーします。
H-07
検出回転速度(2)
c-12
データをコピーします。
H-08
回転速度検出幅
c-13
データをコピーします。
H-09
検出トルク(極性付)
c-14
データをコピーします。
H-10
検出トルク(絶対値)
c-15
データをコピーします。
H-11
過負荷プリアラーム動作レベル設定
c-16
データをコピーします。
H-12
最高速度低減率
c-17
データをコピーします。
i-00
PLCL 機能
b-14
初期化データを設定します。
i-01
PLCH 機能
b-00
初期化データを設定します。
i-02
垂下制御使用選択
i-00
データをコピーします。
i-03
垂下開始回転速度
i-01
データをコピーします。
i-04
垂下率切換回転速度
i-02
データをコピーします。
i-05
垂下率
i-03
データをコピーします。
i-06
垂下開始トルク
i-04
データをコピーします。
i-07
運転モード選択
b-01
データをコピーします。
i-08
トルク指令入力場所選択
b-19
データをコピーします。
i-09
アナログ入力トルク指令ゲイン
G-14
データをコピーします。
V F 6 6 P C To o l
n-00
―
82
データをコピーします。
初期化データを設定します。
第5章
Convert from 64Series
i-10
速度制御比例ゲイン(2)
b-09
データをコピーします。
i-11
速度制御積分時定数(2)
L-19
初期化データを設定します。
i-12
速度制御システム慣性モーメント(2)
i-13
寸動時比例ゲイン選択
b-10
データをコピーします。
i-14
ASR キャンセレーション使用選択
E-06
データをコピーします。
i-15
ASR フィードフォワード使用選択
E-07
データをコピーします。
i-16
可変構造比例可変開始速度
E-08
データをコピーします。
i-17
可変構造比例最小ゲイン割合
E-09
データをコピーします。
i-19
機械ロス補償選択
i-05
データをコピーします。
i-20
機械ロスオフセット量
i-06
データをコピーします。
i-21
機械ロス傾き
i-07
データをコピーします。
i-22
位置決め速度(0)
J-09
データをコピーします。
i-23
位置決め速度(1)
J-10
データをコピーします。
i-24
位置決め加速時間
J-11
データをコピーします。
i-25
位置決め減速時間
J-12
データをコピーします。
i-26
クリープ速度
J-13
データをコピーします。
i-27
クリープ期間移動パルス数
J-14
データをコピーします。
i-28
ストップパルス数
J-15
データをコピーします。
i-29
位置決め非常停止選択
J-16
データをコピーします。
i-30
位置決め用 P ゲイン
L-25
データをコピーします。
i-31
位置決め用 I 時定数
L-26
データをコピーします。
i-32
位置決め用 J
L-27
データをコピーします。
J-00
デジタル通信オプション選択
J-00
初期化データを設定します。
J-01~-08
各通信オプション設定
J-01~-08
データをコピーします。
J-09
DNET66-Z 出力インスタンス番号設定
J-17
データをコピーします。
J-10
DNET66-Z 入力インスタンス番号設定
J-18
データをコピーします。
J-11
DNET66-Z SpeedScale 設定
J-19
データをコピーします。
J-12
DNET66-Z MonitorDataNo.設定
J-20
データをコピーします。
J-13
高速応答入力選択
―
初期化データを設定します。
J-14
通信からの日時データ選択
―
初期化データを設定します。
J-15
通信付き外部 DB(発電制動)
ユニット接続数
―
初期化データを設定します。
L エリア
アナログ入出力設定
―
初期化データを設定します。
n-00
インバータモード
S-01
データをコピーします。
n-01
容量・電圧クラス
S-02
データをコピーします。
P エリア
P レジスタ定数設定
V F 6 6 P C To o l
―
―
83
初期化データを設定します。
初期化データを設定します。
http://www.toyodenki.co.jp/
http://www.toyodenki.co.jp/
本
社
東京都中央区八重洲一丁目 4-16(東京建物八重
洲ビル)
産業事業部
TEL.03(5202)8132~6 FAX.03(5202)8150
〒103-0028
HAED OFFCE :
Tokyo Tatemono Yaesu Builiding 1-4-16 , Yaesu, Chuou-ku,
Tokyo, 103-0028, Japan
TEL: +81-3-5202-8132~6
FAX: +81-3-5202-8150
サービス網
東洋産業株式会社
http://www.toyosangyou.co.jp/
本
社
東京都千代田区東神田1丁目 10-6(幸保
第二ビル)
TEL.03(3862)9371 FAX.03(3866)6383
〒101-0031
◆本資料の記載内容は予告なしに変更することがあります。
QG18333J
2013-06 発行
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement