電子レンジやIHヒーター等で加熱する湯たんぽの安全

電子レンジやIHヒーター等で加熱する湯たんぽの安全

報道発表資料

平成 21 年 11 月 4 日

独立行政法人 国民生活センター

電子レンジや IH ヒーター等で加熱する湯たんぽの安全性

. 目的

湯たんぽは古くから用いられている暖房器具の一つで、一般的には金属、樹脂等の容

器にお湯を入れ暖を取るものである。湯たんぽの安全基準を策定している財団法人製品

安全協会によると 2008 年度の SG マーク

1

表示数量は約 890 万個となっている。最近

では、電子レンジで温めるタイプや、従来からのガスコンロに加え IH ヒーターでも直接

加熱できる湯たんぽも販売されている。

危害情報システム

2

によると 2004 年度以降 2009 年度(8 月末)

3)

までに湯たんぽに関

する危害・危険情報は 218 件寄せられており、その件数は年々増加している。そのうち、

就寝中などに低温やけどを負った事例が 113 件(52%)

注 4 )

と最も多いものの、電子レンジ

で加熱するタイプでの加熱中の事故と思われるものが 23 件

4

、直接コンロや IH ヒーター

で加熱中の事故と思われるものが 11 件

4

寄せられている。

ターにかけ、数分離れたら爆発してヒーターが壊れた」、「金属製の湯たんぽをコンロで

温めている最中に、口金を取ったためお湯が吹き上がり顔面などにⅢ度のやけどを負い

入院した」など大きな事故となった事例も見られる。

そこで、電子レンジや IH ヒーター等で加熱できる湯たんぽについて、どのような使用

状況で事故となるのか、また、製品に事故を防止するための対策があるのかなどの調査

を行って消費者に情報提供することとした。

注 1)生命又は身体に対して危害を与えるおそれのある製品について、(財)製品安全協会によって安全な製

品として必要な認定基準に適合した製品につけられるマーク。この SG(Safety Goods)マークが表示さ

れた製品に万一欠陥があり人身事故が生じた場合、その人身の損害に対して賠償がなされる。なお、「ゆ

たんぽの認定基準及び基準確認方法」では、湯を熱源とし、金属製、ゴム製、合成樹脂製の容器のもの

に限っている。

注 2)商品やサービス等により生命や身体に危害を受けたり(危害情報)、そのおそれのある情報(危険情報)

を全国の消費生活センター及び危害情報収集協力病院からオンラインで収集・分析し、消費者被害の未

然防止・拡大防止に役立てることを目的として作られたシステム。

注 3)2004 年 4 月 1 日以降 2009 年 8 月末日までの登録分。なお、病院危害情報は 2004 年 4 月 1 日以降 2009

年 8 月末日までの受診分(2009 年 9 月 30 日までのデータベース登録分)。

注4)本調査のため事例を確認したもの。

. テスト実施時期

検 体 購 入:2009 年 8~9 月

テ ス ト 期 間:2009 年 9~10 月

1

. テスト対象銘柄

インターネットのショッピングモール(Yahoo!ショッピング、楽天市場、ケンコーコム

など)の中で「売れ筋」、「おすすめ」の上位に掲載されている販売価格が 2,000 円以下の

ものの中から、電子レンジで加熱するもの 3 銘柄と IH ヒーターでも直接加熱できるもの

3 銘柄の計 6 社 6 銘柄をテスト対象とした(表 1 参照)。

表1. テスト対象銘柄一覧

No.

銘柄名

製造または

販売者名

材質や内容物など

SG

マー

クの

有無

購入

価格

(税込み)

電子レンジ

1

2

快温くん湯たんぽ オカモト(株)

湯たロン 三洋エンジニアリング(株)

成分:水、CMC、色素

布カバー:ポリエステル 100%

不織布:ポリエステル 50%、ポリエチ

レン 50%

本体:ポリエチレングリコール・天然増

粘剤

本体袋:PET/ナイロン/PP

カバー袋:ポリエステル

なし(

798 円

1,659 円

3

レンジでゆたぽん

ゆたんぽタイプ

(株)白元

成分:ゲル化剤、色素

カバー素材:ポリエステル 100%

648 円

IHヒーター等

4

湯たんぽトタン

大型 3.5L

岩谷マテリアル(株)

本体/亜鉛鉄板

口金/しんちゅう

パッキン/天然ゴム

1,180 円

5

6

湯湯婆(ゆたんぽ)

3.4 型

マルカ湯たんぽ

大型約 3.5L

土井金属化成(株)

マルカ(株)

本体:高耐腐食性メッキ鋼板

口栓:真鍮・亜鉛鉄線(空気吸

入弁付口栓)

パッキン:合成ゴム

本体/亜鉛鉄板

口 金 /しんちゅう(空気調整弁

付)

パッキン/天然ゴム

あり

※このテスト結果は、テストのために購入した商品のみに関するものである。

1,380 円

1,575 円

写真1. 電子レンジで加熱するタイプ 写真2. IH ヒーター等で直接加熱できるタイプ(例)

口金

( IH ヒ ー タ ー で 加

熱できるように底が

平らになっている)

2

. 主な事故事例(危害情報システムより)

危害情報システムには、2004 年度以降 2009 年度(2009 年 8 月末日)までに湯たんぽに関

する危害・危険情報が 218 件寄せられており、その件数は年々増加している(図 1 参照)。

そのうち、就寝中などに低温やけどを負っている事例が 113 件(52%)と最も多いものの、

電子レンジや IH ヒーター等で加熱中の事故により、やけどなどの大きな被害となってい

る事例もある。

図1. 湯たんぽの危害・危険情報

70

63

60

59

50

40

30

31

36

20

20

10

0

(1)電子レンジで加熱するタイプの主な事故事例

【事例 1】

「いつもは決められた時間で加熱していたが、その日は体調が悪かったため、「あたた

めオート」ボタンを押して加熱したら、破裂して中のジェルで顔面にやけどを負った。」

(2009 年 3 月受付 20 歳代 女性 熊本県)

【事例 2】

「電子レンジで温める湯たんぽの内容物がこぼれてしまい、腕と足にかかりⅡ度のやけ

どを負い入院した。」

(2008 年 12 月受診 30 歳代 男性)

【事例 3】

「電子レンジで温める湯たんぽ。2、3 度目の使用で表示どおりに加熱し、レンジから

取出す際に破裂して手にⅡ度のやけどをした。」

(2008 年 12 月受付 50 代 女性 千葉県)

【事例 4】

「湯たんぽを電子レンジで温めて取り出したところ破裂し、両上肢、胸、腹にⅡ度のや

けどを負い要通院となった。」

(2006 年 12 月受診 30 歳代 女性)

3

(2)IH ヒーター等で直接加熱できるタイプの主な事故事例

【事例 5】

「湯たんぽを口金を取らずに IH ヒーターで加熱したので破裂した。口金を取って沸か

してくださいのシールが張ってあるが剥がれやすく、分からなくなってしまう。」

(2008 年 1 月受付 30 歳代 女性 福井県)

【事例 6】

「IH 対応の湯たんぽを口金を閉めたままヒーターにかけ、数分離れたら湯たんぽが爆

発してヒーターが壊れた。」

(2007 年 1 月受付 30 歳代 女性 埼玉県)

【事例 7】

「金属製の湯たんぽをコンロにかけ、温めている最中に湯たんぽの口金を取ったためお

湯が吹き上がり、顔面などにⅢ度のやけどを負い入院した。」

(2008 年 2 月受診 60 歳代 女性)

【事例 8】

「湯たんぽをガスの直火にかけていたところ、口金を開けた時に中の熱湯が右腕にか

かり、Ⅱ度のやけどを負い要通院となった。」

(2006 年 2 月受診 20 歳代 女性)

表2. やけどの深さと症状

症状

Ⅰ度 ヒリヒリ痛い

Ⅱ度 強い痛み

Ⅲ度 痛みがない

皮膚の外見

赤くなる

冷やした後の処置

清潔なガーゼで傷口を

保護する(自然治癒)

水ぶくれができる

清潔なガーゼでおお

い、医師へ

白っぽくなる

黒く焦げる

ただちに病院へ

参考文献:家庭の医学(第六版);保健同人社

4

. テスト結果

(1)電子レンジで加熱するタイプ

「表示どおりに加熱し、レンジから取出す際に破裂した。」、「「あたためオート」ボタ

ンを押して加熱したら破裂した」との事例があることから、取扱説明書に記載されてい

る加熱条件で加熱したときと、電子レンジのオート加熱

を行ったときに内容物が漏れ出

ることがないのかなどを調べた。なお、電子レンジは、家庭用オート加熱機能付きの出

力 1000W のものを使用した。

* オート加熱とは、一般的には「あたため」キー等を押すだけで加熱し、電子レンジ固有のセンサーで食品

の温度を調べ、適切な時間で自動的に停止する運転モードのことである。

1)表示された加熱時間で行わずに、オート加熱を行うと加熱時間が長くなり、高温の内

容物が外へ漏れ出ることがあり危険であった

間やオート加熱を行ったときのそれぞれについて内容物が漏れ出ることがないのかなど

を調べた。

電子レンジの出力を 1000W に設定し、表示された加熱時間で使用したところ、破裂や

内容物が漏れ出ることはなく、表面温度は約 40~60℃であった(表 3 参照)。

一方、オート加熱を行うと、加熱時間が表示(2 分~約 3 分)の 2 倍以上も長くなり、

破裂するものはなかったものの、徐々に本体の袋が膨れ、外袋から内容物が外へ漏れ出

るもの(No.2、3)があった(表 4、写真 4、5 参照)。

このとき、外へ漏れ出た内容物の温度は、No.2 は約 140℃、No.3 は約 80℃でいずれも

高温となっているのでやけどを負うおそれがあり注意が必要であった。また、内容物が

内袋から漏れ出た場合でも、外袋の表面の温度は No.1 で約 70℃、No.2 で約 110℃と高温

になっていた(表 4 参照)。

写真3.袋の 2 重構造(例)

内袋

(内容物が入っている)

外袋

5

No.

表4.オート加熱したとき(5 回実施)

No.

運転が停止す

るまでの時間

1

約 4 分 20 秒

2

約 7 分 10 秒

3

約 4 分 50 秒

内袋から漏れ出た回数

(このときの外袋の表面温度)

外へ漏れ出た回数

(外へ漏れ出た内容物の温度)

5 回(約 70℃) 0 回

5 回(約 110℃)

5 回(約 70℃)

2 回(約 140℃)

5 回(約 80℃)

1

2

3

表3.表示された時間で加熱したとき(5 回実施)

加熱条件

1000W、2 分

1000W、3 分

1000W、2 分

内袋から漏れ出た回数

0 回

0 回

0 回

外へ漏れ出た回数

(このときの外袋表面の温度)

0 回(約 43℃)

0 回(約 61℃)

0 回(約 50℃)

写真4.オート加熱で内容物が外へ漏れ出たもの(例)

(No.2) (No.3)

写真5.オート加熱で内容物が外へ漏れ出なかったもの(No.1、例)

6

(構造及び表示)

前述の結果から、内容物が外に漏れ出るものと漏れ出ないもの、また漏れ出たものに

より内容物の温度に違いがあったので、内容物の成分や構造について調べた。

2)オート加熱で過剰加熱した場合でも、高温の内容物が外へ漏れ出ないものもあった

内容物

外へ漏れ出た内容物の温度に違いがあったので内容物を調べたところ、温度が高かっ

た No.2 は、主成分がポリエチレングリコールの固形で、加熱すると液体になった。No.1、

表5.内容物

No.

内容物(表示より)

1

水、CMC、色素

常温 加熱後の性状

ジェル状 ジェル状

2

ポリエチレングリコール・天然増粘剤 固形

3

ゲル化剤、色素 ジェル状

液体

ジェル状

CMC:カルボキシメチルセルロース

袋の構造

3 銘柄とも袋が 2 重構造であった。No.2、3 は、オート加熱で過剰加熱した場合、内容

物の温度が上がり膨張するなどして袋の縁のシーリング部分が破れ内容物が外へ漏れ出

た(写真 6 参照)。

一方、外へ漏れ出なかったもの(No.1)は、外側の袋が不織布

になった構造で、オート

加熱で過剰加熱した場合、内側の袋からは内容物(ジェル状)が漏れ出るものの、外側の袋

は不織布の小さなすき間から水蒸気が抜けやすくなっており、ジェル状の内容物が外へ

漏れ出ないようになっていた(写真 7 参照)。

* 不織布:糸の形態を経ずに、繊維シート(ウェブ)を機械的・化学的・熱的に処理し、接着剤や繊維自

身の融着力で接合して作る布。一般に縮んだりしわになることが少なく、通気性にすぐれ、柔らかく

軽い。:広辞苑(第三版);岩波書店

写真6.シーリング部分から外へ漏れ出た例(No.3)

7

写真7.内容物が外に漏れ出なかった外袋(No.1)

(拡大写真)

小さなすき間が開いている

3)1銘柄はオート加熱禁止の絵表示が外箱に記載されていたが、本体に絵表示が記載さ

れたものはなかった

加熱時間や出力、追加加熱方法などの加熱に関する表示は、いずれの銘柄も本体及び

外箱に記載されていた。しかし、より目立つようにオート加熱禁止の絵表示を記載して

いたものは、No.3 の外箱のみであり、本体に記載されているものはなかった(写真 8、9

参照)。

写真8.オート加熱禁止の本体表示(例)

(No.1) (No.2)

写真9.オート加熱禁止の外箱表示(No.3)

8

4)使用期限に関する表示については、使用可能な回数や使用できる年数などを記載して

いるものはなかった

使用期限に関する表示を調べたところ、袋が破れるなどの異常が見られた場合には、

使用を中止する旨の記載はあるものの、経年劣化等による事故を未然に防ぐため使用可

能な回数や年数などの使用期限を具体的に記載しているものはなかった(表 6 参照)。

表6.使用期限に関する表示

No.

使用を止める旨の表示

長期間の使用や使用状況により、本体に破れなど異常が見られた場合

は使用をおやめください。

2

「内袋が破れて内容物が出ない限り、何度でも繰り返し使えます」

3

長期間の使用や使用状況により、本体に破れなど異常が見られた場合

は使用をおやめください。

(2)IH ヒーター等で直接加熱できるタイプ

1)間違って口金をしたまま直接加熱すると湯たんぽが爆発することがあった

「IH 対応の湯たんぽを口金を閉めたまま IH ヒーターにかけ、数分離れたら爆発してヒー

ターが壊れた。」という事故事例があることから、口金をしたまま加熱し続けたときの危

険性について調べた。

水を入れた湯たんぽに口金をしたまま、IH ヒーター(2.5kW)で加熱し続けると、内部の

圧力が高まり徐々に上下に大きく膨らみ、接合部分から蒸気が漏れ始め、約 15 分後には、

ごう音とともに爆発した。湯たんぽは接合部から裂けて大きく変形し、また IH ヒーター

は内部まで破壊された(写真 10、11 参照)。

写真10.口金をしたまま加熱し続けた様子

加熱直後

爆発寸前

(上下に大きく膨れ上がる)

接合部

9

IH ヒーター

写真11.爆発後の様子

湯たんぽの上部

湯たんぽの下部

2)間違って口金をしたまま直接加熱し、高温になっているときに口金を外すと、高温の

水蒸気が噴出し危険であった

「金属製の湯たんぽをコンロにかけ温めている最中に、湯たんぽの口金を取ったためお

湯が吹き上がった」という事例があることから、加熱中に口金を外したときの危険性に

ついて調べた。

水を入れた湯たんぽに口金をして IH ヒーター(1.4kW)で加熱した。加熱を始めてから約

状態になった(写真 12 参照)。

写真12.加熱中に口金を外した様子

60cm

10

(構造及び表示)

前述の結果から、湯たんぽ本体にどの程度の圧力が加わって壊れるのか、また、直接

加熱に関する表示について調べた。

3)湯たんぽは約 400~500kPa と大きな圧力にも耐えることが爆発を招く原因となってい

るが、圧力を逃がすような構造を備えたものはなかった

湯たんぽ本体に圧力(水圧)を加えて、どの程度の圧力で壊れるのか調べたところ、約 400

~500kPa で接合部から壊れた。湯たんぽの SG 認定基準

では、金属製湯たんぽの気密性

は 35kPa で漏れない構造にするよう規定されているが、どの銘柄も基準よりはるかに高

い強度を有していた。このような大きな圧力にも耐えることが爆発を招く原因となって

いるが、圧力を逃がすような構造のものはなかった。

* 「ゆたんぽの認定基準及び基準確認方法」;財団法人製品安全協会

※ Pa(パスカル):圧力の単位(100kPa=1.0197kgf/cm²)

4)3銘柄とも包装材には口金をしたまま加熱しないよう記載されていた。このうち 2 銘

柄は本体にも注意表示のシールがあったが剥がれやすいものであった

3 銘柄とも包装材(写真 13 参照)には口金をしたまま直接加熱しない旨の注意表示が

されていた(表 7 参照)。しかし、本体には、1 銘柄(No.5)は注意表示がなく、2 銘柄(No.4、

写真13.包装材(例) 写真14.本体の注意表示のシール(例)

包装材

表7.直接加熱に関する注意表示の有無

No.

4

5

6

包装材

本体

有(シール)

なし

有(シール)

11

. 消費者へのアドバイス

(1)電子レンジで加熱するタイプ

過剰加熱するようなオート加熱などは使用してはいけない

オート加熱を行うと加熱時間が長くなり、高温の内容物が外へ漏れ出たり、本体が高

温になりやけどを負うおそれがあるので、本体表示や取扱説明書の加熱時間、出力を厳

守すること。

(2)IH ヒーター等で直接加熱できるタイプ

口金をして直接加熱した場合には危険であるので、直接加熱することは控えること

間違って口金をして直接加熱した場合には危険な状況になることから、直接加熱は控

え、やかんなどでお湯を沸かして、湯たんぽに入れて使用すること。

止むを得ず直接加熱する際には、必ず口金を外して加熱すること。万が一、口金をし

たまま加熱した場合には、途中で口金を外さず火を止め十分冷ますこと。

12

. 業界への要望

(1)電子レンジで加熱するタイプ

1)過剰に加熱した場合でも内容物が熱くなり過ぎず、外に漏れ出ない構造にするよ

う要望する

漏れ出た内容物でやけどを負っている事例もあることから、過剰に加熱した場合でも

内容物が熱くなり過ぎず、外に漏れ出ない構造にすることを要望する。

2)消費者が安全に使用できるように使用期限を表示するよう要望する

経年劣化等による事故を未然に防ぎ消費者が安全に使用できるよう、使用可能な回数

や年数などを具体的に記載するよう要望する。

3)オート加熱禁止については、本体にわかりやすく注意表示するよう要望する

オート加熱を行うと加熱時間が長くなり、高温の内容物が外へ漏れ出たり、本体が高

温になりやけどを負うおそれがあるので、特にオート加熱禁止については本体に色や絵

表示などのわかりやすい方法で表示するよう要望する。

(2)IH ヒーター等で直接加熱できるタイプ

1)内部の圧力が異常に上昇しないように、圧力を逃がす構造の商品を要望する

口金をしたまま加熱した場合でも内部の圧力が異常に上昇しないように、圧力を逃が

す構造にするなどの安全装置を備えた商品の開発を要望する。

2)口金をしたまま直接加熱しない旨の注意表示は、本体に容易に消えない方法で表示

するよう要望する

口金をしたまま直接加熱しない旨の注意表示は、本体に記載されていたものもあった

が、容易に剥がれてしまうものであった。口金を外さずに加熱すると、重大な事故とな

るおそれがあるので、本体に容易に消えない方法で表示するよう要望する。

○要望先

日本カイロ工業会 電子レンジ加熱式ゆたんぽ部会

○情報提供先

消費者庁 消費者情報課 地方協力室

経済産業省 商務情報政策局 商務流通グループ 消費経済政策課

社団法人 日本電機工業会 家電部

社団法人 日本ガス石油機器工業会

本件問い合わせ先

商品テスト部:042-758-3165

13

. テスト方法

(1)電子レンジで加熱するタイプ

加熱に使用した電子レンジの仕様を表 8 に示す。なお、試験は室温 13~17℃の部屋で

行った。

表8.電子レンジの仕様

定格消費電力 1,460W

高周波出力 1000W・600W・500W・200W 相当

総庫内容量 26L(ターンテーブルなし)

製造年 2009 年製

1)加熱試験

電子レンジを 1000W に設定し表示時間(表 9 参照)で加熱したときと、オート機能を

使って加熱したときに内容物が漏れ出ることがないか調べ、漏れ出た場合には内容物の

最高温度、漏れ出なかった場合には外袋の表面温度を測定した。

表9. 加熱条件

No.

1

加熱条件

商品を 45℃程度まで加熱する目安時間

加熱開始時の本体温度

10℃ 15℃

500W

600W

3 分 30 秒

3 分 15 秒

3 分 00 秒

2 分 45 秒

1000W 2 分 20 秒

<十分温まらない場合>

2 分 00 秒

気温が低く本品の温度が低い場合などは、十分に温まらない場

合があります。

その際には様子を見ながら 10 秒単位で追加加熱をしてください。

温まりムラのある場合には、手で袋を揉んで温度を均等にして

ください。

2

600W 以下

700(800)W 以下

900(1000)W 以下

約 4 分

約 3 分 30 秒

約 3 分

加 熱時 間を 厳守

してください。

3

500W

600W

1000W

温かさが

足りない場合

3 分 10 秒

2 分 40 秒

2 分

本体を手でもみほぐした後、温かさを確

認しながら 10~20 秒ずつ追加加熱

2)構造及び表示

内容物や袋の構造、加熱に関する注意表示や使用期限に関する表示について調べた。

14

(2)IH ヒーター等で直接加熱できるタイプ

IH ヒーター等で直接加熱できる湯たんぽを用いて、表 10 の条件で口金をしたまま加熱

したときの危険性について調べた。

また、本体の構造、注意表示について調べた。

表10.IH ヒーターの加熱条件と仕様

口 金 を し た ま ま

加 熱 し 続 け た と

加 熱 中 に 口 金 を

外したとき

表 示 容 量 に 対 し ほ ぼ

満水

加熱条件 IH ヒーターの仕様

電源 単相 200V

消費電力(使用ヒーター) 2500W

製造年 2005 年製

表 示 容 量 に 対 し 約 半

電源

100V

消費電力

1400W

製造年 2008 年製

<title>電子レンジや IH ヒーター等で加熱する湯たんぽの安全性</title>

15

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement