"取扱説明書"

"取扱説明書"
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
A-1
建築改修工事特記仕様書(1)
A-11
1階平面図(補強後)
S-1
鉄筋コンクリート構造配筋標準図(1)
E-1
電気機械設備 特記仕様書
A-2
建築改修工事特記仕様書(2)
A-12
立面図(補強前)
S-2
鉄筋コンクリート構造配筋標準図(2)
E-2
電気機械設備 現況撤去図
A-3
建築改修工事特記仕様書(3)
A-13
立面図(補強後)
S-3
基礎伏図
E-3
電気機械設備 補強・改修図
A-4
建築改修工事特記仕様書(4)
A-14
平面詳細図
S-4
梁伏図
A-5
建築改修工事特記仕様書(5)
A-15
断面詳細図
S-5
軸組図-1
A-6
建築改修工事特記仕様書(6)
A-16
天井伏図
S-6
軸組図-2
A-7
配置図
A-17
展開図-1
S-7
軸組図-3
A-8
内部仕上表
A-18
展開図-2
S-8
補強壁詳細図-1
A-9
1階仮設計画平面図
S-9
補強壁詳細図-2
A-10
1階平面図(補強前)
平 成 26年 9月 ( 全 枚 )
仕 様 書
Ⅰ 工事概要
項 目
1 適用基準等
一般共通事項
下郡市民館耐震補強工事
章
1
特 記 事 項
11 技能士
防水改修工事
・工事写真の撮り方(改訂第2版)建築編(建設大臣官房官庁営繕部監修)
・塩化ビニル系シート防水工事作業・セメント系防水工事作業
(見え隠れ部分)
・シーリング防水工事作業
・コンクリート
※適用する
[1.1.4]
3 品質計画等
・建築基準法に基づく風圧区分等を必要とする場合は次による。
[1.2.2]
・改質アスファルトシートトーチ工法防水工事作業
・RC壁増設(2箇所)
上記工事に伴う内部床面、壁面の改修
・M4AS工法
・A S-1 ・ AS -2 ・A S- 3
※地表面粗度区分 ・Ⅰ ・Ⅱ ・Ⅲ ・Ⅳ
建具改修工事
・ビル用サッシ工事作業 ・ガラス工事作業
・M3AS工法
・A S-4 ・ AS -5 ・A S- 6
・自動ドア施工作業
・P0AS工法
内装改修工事
[1.3.3]
・プラスチック系床仕上げ工事作業 ・カーペット系床仕上げ作業
・M 3A SⅠ工 法
・ボード仕上げ工事作業 ・壁装作業 ・大工工事作業
・M 4A SⅠ工 法
・鋼製下地工事作業 ・左官作業 ・タイル張り作業
・P 0A SⅠ工 法
工事現場におく電気保安技術者は、電気事業法に基づく電気主任技術者の職務を補佐し、
塗装改修工事
・建築塗装作業
電気工作物の保安の業務を行うものとする。
耐震改修工事
・鉄筋組立作業 ・型枠工事作業 ・コンクリート圧送工事作業
[1.3.5]
ク・ALCパネル工事
・エーエルシーパネル工事作業
・工事用車両の駐車場所 ※図示 ・ 石工事
・石張り作業
・資機材置場 ※図示 ・ 植栽工事
・造園工事作業
下記以外は現場説明書による。
・ASⅠ-1 ・ASⅠ-2
[ 3 . 5 . 2 ・、3 ] [ 表 3 . 1 . 1 ] [ 表 3 . 5 . 1 ]
ルーフィング
防水改修工法の種類
シート防水
・ P0 S工法
・ S- F1 ・ S-F 2
・ S4 S工法
・S- M1 ・S -M 2
[1.6.9]
施工完了時に室内空気中のホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、ス
・P 0S Ⅰ工法
・SⅠ-F1 ・SⅠ-F2
測定はパッシブ型採取機器により行う。
・S 4S Ⅰ工法
・ SⅠ- M1 ・SⅠ -M 2
1.3.8]
・ 現 場 に お い て 再 利 用 を 図 る も の ( [)
着工前の測定 ・行う
1.3.8]
・ 再 資 源 化 を 図 る も の ( [)
測定対象室 ・図示 ・ ・ S3 S工法
・ S- F1 ・ S-F 2
測定箇所数 ・図示 ・ ・S 3S Ⅰ工法
・SⅠ-F1 ・SⅠ-F2
・完成図
[ 1 . 8 . 1 ~ 3 ] [表 1 . 8 . 1 ]
・ M4 S工法
・S- M1 ・S -M 2
・M 4S Ⅰ工法
・ SⅠ- M1 ・SⅠ -M 2
採取箇所 ※図示 ・ ・既存図面修正
・第二次判定:専門分析機関にてPCB含有量の分析を行う。
※作成する
分析個数 計( )箇所
提出部数 ※各2部 ・ 部(A3版第二原図及び電子媒体(CD-R))
脱気装置 ・設ける ・設けない
・除去処理工事
種類 ※改修標仕表1.8.1による。ただし、種類は当該工事で該当する図面、表
目地処理 PCコンクリートの場合( )
[3.5.4]
・SⅠ -M 3
※施工計画書 提出部数 ※1部 ・ 部
・「3.工事種目」のうち各工事項目における工事範囲は下記表のとおりとする。ただし、その他の工事種目はすべ
ものとし、次の(1)から(5)を満たすものとする。
て今回工事範囲とする。
(1)合板、木質系フローリング、構造用パネル、集成材、単板積層材、MDF、パー
6 塗膜防水
[ 3 . 6 . 2 ・、3 ] [ 表 3 . 1 . 1 ] [ 表 3 . 6 . 1 ]
※施工図 提出部数 ※1部 ・ 部
防水改修工法の種類
・保全に関する資料 提出部数 ※2部 ・ 部
ルベンゼンを放散させないか、放散が極めて少ないものとする。
1 足場その他
既存部分の養生 ※ビニルシート等 ・ モルタル塗り仕上げ外壁
外壁改修工事
タイル張り仕上げ外壁
8 シーリング
シーリング改修工法の種類 種 別
[2.3.2][表2.3.1]
下 地
充填材
仕上材(厚さ mm)
① JIS及びJASのF☆☆☆☆規格品
・A種
※軽量鉄骨
② 建築基準法施行令第20条の7第4項による国土交通大臣
・B種
・木下地
認定品
※C種
単管下地
防炎シート
③ 下記表示のあるJAS規格品
仮設扉
※木製扉
※合板張り程度 ・ ※なし
・鋼製扉
※片面フラッシュ程度 ・ ・あり
・合板(※9.0 ・ )
厚 さ m m
※せっこうボード(※9.5 ・ )
施工箇所
6 内装改修工事
・片面
ブリッジ工法 ボンドブレーカー張り ・適用する
4 監督職員事務所
※設ける
[2.4.1]
放散しない材料使用
・構内に新設する(規模及び仕上げの程度は現場説明書による)
d.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを
・既存建物内の一部を使用する
放散しない塗料使用
・設けない
9 とい
といの材種
5 工事用水
構内既存の施設 ※利用できない ・利用できる(※有償 ・無償)
6 工事用電力
構内既存の施設 ※利用できない ・利用できる(※有償 ・無償)
f.ホルムアルデヒドを放散しない塗料等使用
第三種
認定品
10 耐震補強に伴う工事
又はJASのマーク表示のない材料及びその製造者等は、次の(1)~(6)の事項を満たす
ものとする。
1 既存防水層の処理
防水改修工事
本工事に使用する材料は、設計図書に定める所要の品質及び性能を有するものとし、JIS
[ 3. 8 . 2 ・、3 ] [ 表 3 . 8 . 4 ・、5 ]
※行う(施工箇所 ※改修標仕表3.8.5による ・ )
防露材のホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・第三種
3
[ 1. 4 . 2 ]
8 材料の品質等
鋼管製といの防露巻き
① JIS及びJASのF☆☆☆規格品
② 建築基準法施行令第20条の7第3項による国土交通大臣
耐震改修工事
[ 3 . 8 . 2] [ 表 3 . 8 . 1 ]
※配管用鋼管
・硬質塩化ビニル管(・VP ・RF-VP )
放散しない塗料等使用
8 耐震改修範囲以外の躯体改修工事
[3.7.7]
接着性試験 ※簡易接着性試験 ・引張接着性試験(部位: )
[3.7.8]
e.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを
7 塗装改修工事
シーリング材の種類(記号)
※なし
エッジング材張り ・適用する
c.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを
5 建具改修工事
[ 3 . 1 . 4] [ 表 3 . 1 . 2 ]
シ ー リ ン グ 材 の 種 類 ※ 下 表 以 外 は 、 改 修 標 仕 表 3 . 7 . 1 に よ る [ 3 . 7 . 2] [ 表 3 . 7 . 1 ]
塗 装
b.非ホルムアルデヒド系接着剤使用
塗り仕上げ外壁
・ステンレス鋼 ・銅
・シーリング充填工法 ・シーリング再充填工法 仮設間仕切り等の種別
a.接着剤等不使用
外壁改修工事
( )
m2 当 た り 1 箇 所
・合成ゴム ・塩化ビニル樹脂
・拡幅シーリング再充填工法 ・ブリッジ工法
3 仮設間仕切り
該当する材料
ホルムアルデヒド放散量
規制対象外
設置数量
2
m 当たり1箇所
( )
・ステンレス鋼 ・鋳鉄
[2.3.1]
する。
外壁改修工事
材 質
・ポリエチレン樹脂 ・ABS樹脂
・立上り部脱気型
固定家具等の移動 ※行わない ・行う(図示)
また、設計図書に定める「ホルムアルデヒド放散量」は、次のとおりとする。
コンクリート打放し仕上げ外壁
[3.6.3]
種 類
・平場部脱気型
[2.2.1][表2.2.2]
既存家具等の養生 ※ビニルシート等 ・ 他の什器等は、ホルムアルデヒドを放散させないか、放散が極めて少ないものと
4 外壁改修工事
・カラー
[2.2.1]
[2.2.1][表2.2.1]
・A種 ※B種 ・C種 ・D種 ・E種
(5)(1)、(3)及び(4)の材料を使用して作られた家具、書架、実験台、その
9 環境配慮改修工事
内部足場 種別 ※脚立、足場板等 ・ 枠組足場
材料、撤去材等の運搬方法
2 既存部分の養生
いか、放散が極めて少ないものとする。
3 防水改修工事
・X-1 ※X-2
[ 3 . 3 . 3 ] [ 3 . 4 . 3 ][ 3 . 5 . 3 ] [ 3 . 6 . 3 ]
防護シート ※設置する ・設置しない
(4)塗料はホルムアルデヒド、トルエン、キシレン及びエチルベンゼンを放散させな
2 仮設工事
・ L4 X工法
※図示 ・ 外部足場 種別 ※A種 ・B種 ・C種 ・D種
仮設工事
い難揮発性の可塑剤を使用し、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン及びエチ
仕上げ塗料塗り
・シルバー
7 脱気装置
2
(3)接着剤はフタル酸ジ-n-ブチル及びフタル酸ジ-2-エチルヘキシルを含有しな
施工箇所
※X-1 ・X-2
脱気装置 ※設けない ・設ける
15 設計GL
ムアルデヒドを放散させないか、放散が極めて少ないものとする。
(2)保温材、緩衝材、断熱材はホルムアルデヒド及びスチレンを放散させないか、放
散が極めて少ないものとする。
新規防水層の種別
・ P0 X工法
14 設備工事との取合い 設備機器の位置、取合い等が検討できる施工図を提出して、監督職員の承諾を受ける。
ティクルボード、その他の木質建材、ユリア樹脂板、仕上塗材及び壁紙は、ホル
工事項目
[3.5.3]
及び計画書とする。
[1.4.1]
化学物質を放散させる建築材料等
本工事の建物内部に使用する材料等は、設計図書に定める所要の品質及び性能を有する
機 械
※非歩行
・カラー
・S -M 3
13 完成時の提出図書
※「3.工事種目」すべてを工事範囲とする。
電 気
・シルバー
・SⅠ -M 3
報告の様式等については、現場説明書による。
除去範囲 ※図示 ・ 建 築
仕上げ塗料塗り 使用分類
施工箇所
・S -M 3
チレンの濃度を測定し、報告する。
採取箇所数 計( )箇所
工事種目
新規防水層の種別
1 .)3 . 8 ]
・ 特 別 管 理 産 業 廃 棄 物 ( ・ 廃 石 綿 ・ P C B 含 有 物 ・ [ ・第一次判定:現場にてサンプルを採取し、シーリング材種及び分析の要否を判定する。
7 環境への配慮
[3.4.3]
5 合成高分子系
1.3.8]
・ 発 注 者 に 引 渡 し を 要 す る も の ( ・ 金 属 類 ・ [)
・PCB含有シーリング材の処理
[表3.4.3]
M 3A S 、 P 0 A S 、 M 3 A S Ⅰ 、 M 4 A S Ⅰ 及 び P 0 A S Ⅰ の 脱 気 装 置
※設けない ・設ける
12 化学物質の濃度測定
・ ※図示 ・ 施工箇所
M3ASⅠ、M4ASⅠ及びP0ASⅠ工法の防湿層 ・設ける ・設けない
・構造物鉄工作業 ・とび作業 ・建設発生土仮置場 ※図示 ・ 5.工事範囲
厚さ(mm)
・左官作業 ・タイル張り作業 ・建築塗装作業
コンクリートブロッ ・コンクリートブロック工事作業
6 発生材の処理等
新規防水層の種別
外壁改修工事
・要 ・不要
5 施工条件
[ 3 . 4 . 2 ・、3 ] [ 表 3 . 1 . 1 ] [ 表 3. 4 . 1 ~ 3 ]
防水改修工法の種類
シート防水
※ 風 速 V o = ( ) m / s ( 平 1 2 建 告 第 1 4 5 4 号 第 2 )
4 電気保安技術者
・部分スリット(3箇所)
4 改質アスファルト
・左官作業 ・内外装板金作業
・
耐震補強工事
・市販品のれんが又は市販品のれんが形コンクリートブロック
・アクリルゴム系塗膜防水工事作業・合成ゴム系シート防水工事作業
・積雪区分 平12建告第1455号 別表( )
3.工事内容
・れんが ※JIS R 1250によるもの
・アスファルト防水工事作業 ・ウレタンゴム系塗膜防水工事作業
・建築物解体工事共通仕様書(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修 平成18年版)
・
2 工事実績情報の登録
鉄 筋 コ ン ク リ ー ト 造 2 階 建 、 延 べ 面 積 585.0 ㎡
2.敷地面積
[3.3.2]
・乾式保護材 ※押出成形セメント板(厚さ15mm) ・ ・FRP防水工事作業
伊賀市下郡地内
1.工事場所
立上り部の保護材
[1.6.2]
技能検定作業
適用工事種別
・建築工事標準詳細図(国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課監修 平成17年版)
[3.2.3]
既存保護層(平場)の撤去 ・行う(範囲 ・図示 ・ )
といの掃除口 ※あり(図示) ・なし
既存防水層(平場)の撤去 ・行う(範囲 ・図示 ・ )
[3.2.4]
たてどい受金物の取付け
立上り部の防水層撤去
※図 示 ・ 標仕 13 .5. 3((d)
2)による
[ 表 3 . 1 . 1]
[3.8.3]
・行う(・P0S(機械) ・P0SⅠ(機械) ・M4S ・M4SⅠ
・S4S(機械) ・S4SⅠ(機械))
[ 3 . 8 . 3] [ 表 3 . 8 . 1 ]
ルーフドレン
露出防水層表面の仕上げ塗装除去
[3.2.6]
種 別
施工箇所
(1)品質及び性能に関する試験データが整備されていること
・行 う( ・M 4AS ・ M4 ASⅠ ・ M4C ・ M4 DⅠ ・L 4X)
・ろく屋根用(・たて形 ・横形)
(2)生産施設及び品質の管理が適切に行われていること
改修用ドレン
・バルコニー中継用
(3)安定的な供給が可能であること
・設け る( ・P 0AS ・ P0A SⅠ ・ P0D ・ P0 DⅠ ・P 0S ・P 0S Ⅰ ・ P0 X)
・バルコニー用
(4)法令等で定める許可、認可、認定、免許等を取得していること
2 既存下地の補修
(5)製造又は施工の実績があり、その信頼性があること
アスファルト補修の材料 ※JIS K 2207による3種 ・ [3.2.2]
既存下地の補修箇所、範囲、数量等 ※図示 ・ (6)販売、保守等の営業体制が整えられていること
10 ア ル ミ ニ ウ ム 製 笠 木
[3.2.6]
明となる資料又は外部機関((社)公共建築協会等)が発行する「建築材料・設備機材等品
質性能評価事業」の評価書等の写しを、監督職員に提出して承諾を受けるものとする。ただ
図面及び特記仕様書に記載されていない事項は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共建築改修工事標準仕様
し、あらかじめ監督職員の承諾を受けた場合は、この限りでない。
書 ( 建 築 工 事 編 ) ( 平 成 2 5 年 版 ) 」 ( 以 下 ・「改 修 標 仕 ・」と い う 。 ) に よ り 、 ま た 、 改 修 標 仕 に 記 載 さ れ て い な い 事 項 は 、
また、備考欄に商品名が記載された材料は、当該商品又は同等品を使用するものとし、同
国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 監 修 「 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) ( 平 成 2 5 年 版 ) 」 ( 以 下 「 標 仕 ・」と い
等品を使用する場合は、監督職員の承諾を受ける。
う。)による。
改修標仕及び標仕に記載されていない特別な材料の工法については、材料製造所の指定す
る工法とする。
(1)項目は、番号に 印の付いたものを適用する。
・
(2)特記事項は、 印の付いたものを適用する。
・
印の付かない場合は、※印の付いたものを適用する。
・
印と※印の付いた場合は、ともに適用する。
10 施工数量調査
調査範囲及び調査方法 ※図示
[ 1. 5 . 2 ]
既存部分の破壊を行った場合の補修方法 ※図示 ・ [ 1. 5 . 3 ]
[ 3 . 3 . 2 ・、3 ] [ 表 3 . 1 . 1 ] [ 表3 . 3 . 3 ~ 1 0 ]
防水改修工法の種類
露出防水
9 特別な材料の工法
2.特記仕様
3 アスファルト防水
保護防水
1.共通仕様
新規防水層の種別
施工箇所
・BⅠ-1 ※BⅠ-2
・
・P2 AⅠ 工法
・AⅠ-1 ※AⅠ-2
・A-1 ※A-2
・M 4C 工法
・C-1 ※C-2
・M 3 D 工 法 ・ P 0 D 工 法
・P0DⅠ工法 ・M3DⅠ工法
(4)特記事項に記載の( . .)内表示番号は、標仕の当該項目、当該図又は当該表を示す。
( 6 )G
印は「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」の特定調達品目を示す。
B-1種
間隔は図示によ 役物は本体製造所の仕様に
2.0
・B-2種
る。
よる。
( )
板材折曲げ形の笠木の取付方法 ※図示 ・ ・D-1 ※D-2
11
・DⅠ-1 ※DⅠ-2
( 1 3 . 3 . 2 ・、3 ) ( 表 1 3 . 2 .1 )
※重ね形
形状(mm)
材料(規格等)
山高( )
※塗装溶融55%アル
屋 内 ・ P1 E工法 ・P 2E工 法
・E-1 ※E-2
・はぜ締め形 山ピッチ
防水
(保護層は図示による)
・かん合形
[ 3 .2 . 2 ] [ 3 . 3 . 2 ]
M3D、P0D、P0DⅠ、M3DⅠ及びM4DⅠ工法の脱気装置 ※設ける ・設けない
[3.3.3]
断熱工法の断熱材
[3.3.2]
[3.9.3]
折板葺
形 式
・M4 DⅠ 工法
アスファルトの種類 ※3種 ・4種
備 考
1.8
・350形
・P1BⅠ工法 ・T1BⅠ工法
固定間隔
※固定方法及び コーナー部、突当り部等の
・300形
・100形
表面処理
※A-1又は
1.6
・B-1 ※B-2
・P 2A 工法
最小呼称肉厚(mm)
・250形
・P 1B 工法
(3)特記事項に記載の[ . .]内表示番号は、改修標仕の当該項目、当該図又は当該表を示す。
( 5 ) 特 記 事 項 に 記 載 の ( 別 2 - . ) は 、 標 仕 の ・「別 図 2 ボ ル ト 間 隔 等 及 び 溶 接 継 手 の 開 先 形 状 ・」の 該 当 項 目 を 示 す 。
[ 3 . 9 . 2] [ 表 3 . 9 . 1 ]
種 類
なお、これらの材料を使用する場合は、設計図書に定める品質及び性能を有することの証
Ⅱ 建築改修工事仕様
軒先面戸板
※あり
ミニウム-亜鉛合金 ・なし
( )
めっき鋼板及び鋼帯
板厚
(CGLCCR-20-
※0.6 ・0.8
AZ150)
断熱材
耐火性能
※あり
※3 0分
種別
・なし
( )
厚さ
( ) mm
防火性能
( )時間
※押出法ポリスチレンフォーム3種bスキン層付き 厚さ(mm) ※25 ・ ・なし
・ 厚さ(mm) ・ 工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
建築改修工事特記仕様書(1)
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-1
4
1 施工数量調査
調査範囲 ※外壁改修範囲 ・図示の範囲
[1.5.2]
(4)塗り仕上げについては、コンクリート又はモルタル表面のはがれ及びはく落部を壁
面に表示し、既存塗膜と新規上塗材との適合性を確認する。
調査報告書の部数 ※2部 ・ 2 改修材料
・既製調合モルタル
保水率
単位容積質量
(%)
(kg/ )
70.0以上
2
接着強さ(N/mm )
標準時
1.80程度
長さ変化率
曲げ強さ
(%)
2
(N/mm )
温冷繰返し後
0.60程度
0.40以上
0.20以下
4.0以上
・パテ状エポキシ樹脂
初期硬化性
接着強さ(標準)
2
圧縮強さ
2
曲げ強さ
2
硬化収縮率
2
(N/mm )
(N/mm )
(N/mm )
(N/mm )
(%)
標準2.0以上
標準6.0以上
50.0以上
30.0以上
3.0以下
[4.1.4][4.3.4]
※樹脂注入工法
注入工法の種類
※自動式低圧エポキシ
ひび割れ幅(mm)
注入口間隔(mm)
0.2以上~1.0未満
樹脂注入工法
注入量(m /m)
※200~300
※130 ・ ・
・
・手動式エポキシ樹脂
0.2以上~0.3未満
※50~100
※40 ・ 注入工法
0.3以上~0.5未満
※100~200
※70 ・ ・機械式エポキシ樹脂
0.5以上~1.0未満
※150~250
※130 ・ ・
・
注入工法
備 考
[4.2.2]
注入材料
※建築補修用注入エポキシ樹脂(JIS A 6024 低粘度形又は中粘度形)
・ [4.3.4]
検査(コア抜取り) ※行わない
・行う(抜取り部の補修方法: )
[4.1.4][4.2.2][4.3.5]
・Uカットシール材充填工法
充填材料
品質・規格等
・シーリング材
4-3
1 既存タイル張りの
撤去
2 ひび割れ部改修工法
撤去範囲 ※下地モルタルまで ・張付けモルタルまで ・タイルのみ
改修箇所 ※既存タイル張り面
・既存タイル撤去面(・コンクリート面 ・モルタル面)
[4.1.4][4.3.4][4.5.5]
※樹脂注入工法 ひび割れ幅(mm)
注入工法の種類
0.2以上~1.0未満
※自動式低圧エポキシ
・
・
0.2以上~0.3未満
※50~100
※40 注入工法
0.3以上~0.5未満
※100~200
※70 ・機械式エポキシ樹脂
0.5以上~1.0未満
※150~250
※130 ・
・
注入工法
・パテ状エポキシ樹脂
製造後6箇月間保存したのちであっても、上記の品質性能の各項目に適合していること。
※行わない ・行う
検査(コア抜取り) ※行わない
加熱減量
(mm)
(%)
3.0以下
引張強さ
伸び
2
(N/mm )
[4.1.4][4.2.2][4.3.6]
充填材料
[4.1.4][4.2.2][4.3.7]
※充填工法
・欠損部改修工法
※50MPa程度
・塗膜はく離剤工法
※既存仕上面全体 ・ ・水洗い工法
※上記処理範囲以外の既存仕上面全体
・
塗膜はく離剤の種類 ・ 2 下地調整
常温物性1.0以上
常温物性30.0以上
5.0以下 低温性 1.0以上
低温性 30.0以上
加熱劣化1.0以上
加熱劣化30.0以上
[4.2.2][4.6.4]
・防水形仕上げ塗材主材を使用
仕上塗材の種類、仕上げの形状等
3 欠損部改修工法
呼び名
樹脂の種類 変成シリコーン樹脂系、ウレタン樹脂系
接着強さ
標準
2
強度(N/mm )
アルカリ温水
凍結融解
熱劣化
0.40以上
0.40以上
0.40以上
0.40以上
75以上
50以上
50以上
50以上
50以上
凝集破壊率(%)
皮膜物性
2
引張強さ(N/mm )
低温硬化
0.60以上
標準
高温
低温
0.60以上
0.60以上
0.60以上
0.40以上
0.40以上
35以上
35以上
35以上
25以上
25以上
伸び(%)
アルカリ温水
熱劣化
質量の変化が5%以内で、かつ、均質で異物が認められないこと。
(一液形のみ)
混練終結時の色が明瞭であること。
外壁改修工事 モルタル塗り仕上げ外壁
適用範囲 張替え面積が比較的小さく、下地モルタルが健全な場所に用いる。
・ゆず肌状 ・さざ波状 ・凹凸状
砂壁状
・複層仕上塗材
注入工法の種類
※自動式低圧エポキシ
ひび割れ幅(mm)
溶媒 ※水系 ・溶剤系
樹脂 ※アクリル系 外観 ※つやあり ・つやなし
・防水形複層塗材CE
・メタリック
・防水形複層塗材E
防水形の増塗材 ※行う
[4.1.4][4.5.8]
・防水形複層塗材RE
[4.5.8][表4.5.1]
・防水形複層塗材RS
充填量
2
(箇所/m )
又は注入量
2
(本/m )
指定部
一般部
※16
・アンカーピンニング
一般部
指定部
※25
(箇所/m )
・
・
・アンカーピンニング
※13
※20
※12
※20
全面エポキシ樹脂注入工法
・
・
・
・
・
※40 ・ ・アンカーピンニング
※13
※20
※12
※20
※50
※70 ・ 全面ポリマーセメントスラリー
・
・
・
0.2以上~0.3未満
※50~100
注入工法
0.3以上~0.5未満
※100~200
・
・
・機械式エポキシ樹脂
0.5以上~1.0未満
※150~250
※130 ・ 注入工法
・
・
・注入口付アンカーピンニング
※9
※16
部分エポキシ樹脂注入工法
・
・
・注入口付アンカーピンニング
※9
※16
・ [4.3.4]
検査(コア抜取り) ※行わない
・行う(抜取り部の補修方法: )
ること。
・平たん状
・可とう形改修塗材RE
・さざ波状
・可とう形改修塗材CE
・ゆず肌状
防火材料の指定
[4.2.2]
・
部分エポキシ樹脂注入工法
※130 ・ ・
[4.2.2]
・可とう形改修塗材E
※屋内の壁、天井の仕上材は防火材料とする。
※25
・
※建築補修用注入エポキシ樹脂(JIS A 6024 低粘度形又は中粘度形)
JIS A 5557の試験において、80℃で4週間1kgの重りで安定してい
注入口の箇所数
※200~300
注入材料
(二液形のみ)
[4.1.4][4.5.9~15][表4.4.3・、4]
アンカーピンの本数
・手動式エポキシ樹脂
注入工法
上塗材
・複層塗材RS
(モルタルを撤去しない場合)
備 考
・複層塗材E
・タイル部分張替え工法用接着剤(・変成シリコーン樹脂系 ・ウレタン樹脂系)
改修工法の種類
注入口間隔(mm) 注入量(m /m)
0.2以上~1.0未満
耐候性 ※耐候形3種 ・可とう形複層塗材CE
・可とう形改修用仕上塗材
樹脂注入工法
・ゆず肌状 ・凸部処理 ・凹凸模様
・複層塗材Si
・複層塗材RE
[4.1.4][4.2.2][4.5.7]
4 浮き部改修工法
[4.1.4][4.4.2][4.4.5]
・複層塗材CE
※ポリマーセメントモルタル
・タイル部分張替え工法
・行う(※全面 ・図示の範囲)
※樹脂注入工法 (※既存モルタル面 ・既存躯体コンクリート面)
・砂壁状 ・ゆず肌状 ・さざ波状
・防水形外装薄塗材E
・外装薄塗材S
位置 ※改修標仕表4.5.1による ・図示
・タイル部分張替え工法用接着剤
・砂壁状 ・着色骨材砂壁状
※行わない ・行う
伸縮調整目地及びひび割れ誘発目地
・既存モルタル撤去工法(範囲は図示 撤去部分の補修は、3.欠損部改修工法による)
・外装薄塗材E
ポリマーセメントモルタルの充填
・タイル張替え工法
2 ひび割れ部改修工法
・
※1成分形又は2成分形
10.0%以上
撤去
・
ポリウレタン系シーリング材
破断時の伸び
1 既存モルタル塗りの
仕上げの形状等
・外装薄塗材Si
・可とう形外装薄塗材Si
・可とう形外装薄塗材E
備 考
1.0 N/mm 以上
4-2
[4.1.4][4.2.2][表4.2.3・、4]
種 類
2
6箇月間保存したのちであっても、上記の品質性能の各項目に適合していること。
[4.2.2]
材料 ※下地調整塗材
・可とう性エポキシ樹脂
最大引張応力
(3)常温常湿(温度20±15℃、湿度65±20%)において製造所の指定する期間又は製造後
ずれ抵抗性
・浮き部改修工法
[4.1.4][4.2.2][4.3.5][4.5.6]
品質・規格等
・シーリング材
・ポリマーセメントモルタル
引張接着性
(%)
(2)対象とする被着体を侵さず、かつ、周囲を汚損しないこと。
耐熱性
※既存仕上面全体 ・ ・薄付け仕上塗材
・行う(抜取り部の補修方法: )
(1)均質で有害と認められる異物の混入がないこと。
混練終結確認容易性
・高圧水洗工法
・エポキシ樹脂モルタル
押出し性 スランプ
貯蔵安定性
[4.3.4]
・
・可とう性エポキシ樹脂
±0.10
・ひび割れ部改修工法
・ 3 仕上塗材仕上げ
ポリウレタン系シーリング材
・可とう性エポキシ樹脂
2 欠損部改修工法
下地面の補修
※既存仕上面全体 ・ 加圧力
[4.2.2]
・ (4)試験方法は、JIS A 6024(建築補修用注入エポキシ樹脂)に準ずる。
60以下
処理範囲
工 法
※サンダー工法
・ポリマーセメントモルタル
注入材料
ポリマーセメントモルタルの充填
・Uカットシール材充填工法(既存タイル張り撤去面)
(3)常温常湿(温度20±15℃、湿度65±20%)において製造所の指定する期間又は
[4.6.3][表4.6.2~5]
既存塗膜劣化部の除去、下地処理の工法
及び下地処理
※建築補修用注入エポキシ樹脂(JIS A 6024 低粘度形又は中粘度形)
備 考
※1成分形又は2成分形
・
・シール工法
表示値
備 考
注入量(m /m)
※130 ・手動式エポキシ樹脂
樹脂注入工法
(1)均質で有害と認められる異物の混入がないこと。
(秒)
注入口間隔(mm)
※200~300
1 既存塗膜等の除去
・可とう性エポキシ樹脂
(2)対象とする被着体を侵さず、かつ、周囲を汚損しないこと。
比重
4-4
・外壁タイル張り全面 ・図示の範囲
外壁改修工事 塗り仕上げ外壁
欠損部の形状寸法等を調査する。
(3)コンクリート表面のはがれ及びはく落部を壁面に表示する。
1 ひび割れ部改修工法
外壁改修工事 タイル張り仕上げ外壁
錆汁の流出の有無を調査する。
(2)モルタル塗り仕上げ及びタイル張り仕上げについては、浮き部分を表面に表示し、
4-1
外壁改修工事 コンクリート打放し仕上げ外壁
外壁改修工事 共通事項
調査内容
(1)ひび割れの幅及び長さを壁面に表示し、ひび割れ部の挙動の有無、漏水の有無及び
※25
※25
・
※9
※16
※25
全面エポキシ樹脂注入工法
・
・
・
・
・
・注入口付アンカーピンニング
※9
※16
※9
※16
※50
全面ポリマーセメントスラリー
・
・
・
・
・
・注入口付アンカーピンニング
※9
※16
※9
※16
※50
エポキシ樹脂注入タイル固定工法
・
・
・
・
・
注入工法
・Uカットシール材充填工法
ずれが生じないこと。
[4.1.4][4.2.2][4.4.6]
充填材料
(1)外観は、均質で、有害と認められる異物の混入がないこと。
(2)タイル、下地材等を侵すものでないこと。
・シーリング材
(3)「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」に規定された第一種特定化学物質及
び第二種特定化学物質、並びに「労働安全衛生法」に基づく「有機溶剤中毒予防規則」
備 考
品質・規格等
ポリマーセメントモルタルの充填
アンカーピン
ポリウレタン系シーリング材
※行わない ・行う
材質 ※ステンレス鋼(SUS304)、呼び径4mmの丸棒で全ねじ切り加工したもの
・
に規定された第一種有機溶剤を使用しないこと。
[4.2.2]
※1成分形又は2成分形
・可とう性エポキシ樹脂
[4.2.2]
注入口付アンカーピン
(4)常温常湿(温度20±15℃、湿度65±20%)において製造後6箇月間保存しても上記の品
材質 ※ステンレス鋼(SUS304)、呼び径外径6mm
質性能に適合していること。
[4.1.4][4.2.2][4.4.7]
・シール工法(※既存モルタル面 ・既存躯体コンクリート面)
・パテ状エポキシ樹脂
・エポキシ樹脂モルタル
5 タイル張り
・可とう性エポキシ樹脂
2
接着強さ(N/mm )
2
圧縮強さ(N/mm )
2
曲げ強さ(N/mm )
1.0以上
20.0以上
10.0以上
(1)こて塗りが容易で・、かつ・、硬化後の仕上りが良好であること。
[4.2.2][4.5.7・、8]
タイルの種類
施工箇所
[4.4.2][4.6.3]
・既存塗り仕上材の撤去及び補修
形状寸法
うわぐすり
(mm)
施ゆう 無ゆう
(※シール工法の範囲 ・ )
(2)均質で有害と認められる異物の混入がないこと。
(3)「労働安全衛生法」に基づく「有機溶剤中毒予防規則」に規定された第一種有機溶剤を
3 欠損部改修工法
使用しないこと。
既存モルタル面の欠損部
[4.1.4][4.4.8・、9]
改修工法の種類
(4)形状に異常がなく、だれが生じないこと。
材 料
品質・規格等
色
再生材の
Ⅲ あり なし あり なし 標準 特注
適用 G
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
ポリマーセメントモルタル
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・モルタル塗替え工法
改修標仕4.2.2(g)による
塗厚25mmを超える場合の補強
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
既製目地材
※行う ・行わない ・図示
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ポリマーセメントモルタル
・適用する
備考
標準的な曲がり(小口、標準、二丁、びょうぶ)の役物は一体成形とする。
(形状 ※図示 ・ )
種類 合成ゴム系、アクリル系、エチレン-酢ビ系等
タイルの見本焼き ※行わない ・行う
2
接着強さ (N/mm )
曲げ強さ
圧縮強さ
2
(N/mm )
2
(N/mm )
標準時
湿潤時
低温時
6.0以上
20.0以上
1.0以上
0.8以上
0.5以上
(1)表面状態 だれの下がり量は5mm以内とし、ひび割れが発生していないこと。
(3)均質で有害と認められる異物の混入がないこと。
(4)ポリマーセメントモルタルに用いる高分子エマルションは、常温常湿において製造後
6箇月間保存しても変質しないこと。
・ポリマーセメントスラリー
広がり速度
長さ変化率
引張接着性
曲げ性能
吸水性
耐久性
(cm/s)
(収縮)
(材齢28日)
(材齢28日)
(72時間)
(劣化曲げ強さ)
2
(N/mm ) 2
(N/mm ) [4.1.4][4.4.10~15][表4.4.3・、4]
4 浮き部改修工法
改修工法の種類
(モルタルを撤去しない場合)
(2)透水性 裏面の濡れ、水滴の付着がないこと。
2
(N/mm ) アンカーピンの本数
注入口の箇所数
2
2
(本/m )
一般部
指定部
(箇所/m )
一般部
指定部
又は注入量
※16
※25
※25
部分エポキシ樹脂注入工法
・
・
・
・アンカーピンニング
※13
※20
※12
※20
※25
全面エポキシ樹脂注入工法
・
・
・
・
・
・アンカーピンニング
※13
※20
※12
※20
※50
全面ポリマーセメントスラリー
・
・
・
・
・
※9
※16
3以下
部分エポキシ樹脂注入工法
・
・
・注入口付アンカーピンニング
※9
※16
※9
※16
※25
粘調係数
0.50~1.00
全面エポキシ樹脂注入工法
・
・
・
・
・
・注入口付アンカーピンニング
※9
※16
※9
※16
※50
全面ポリマーセメントスラリー
・
・
・
・
・
5.0以上
15%以下
5.0以上
・吸水調整材
全固形分(%)
吸水量(g)
表示値±1.0以内
30分間で1以下
均質で有害と認められる異物の混入がないこと。
2
接着強度(N/mm )
界面破断率(%)
0.98以上
50以下
外装ユニットタイル ・マスク張り ・モザイクタイル張り
タイルの試験張り ※行わない ・行う
6 目地改修工法
・目地ひび割れ部改修工法
[4.2.2]
[4.1.4][4.5.16]
既製調合モルタル ・使用する
・伸縮調整目地改修工法
シーリング用材料
[4.1.4][4.5.16]
[3.7.2][表3.7.1]
種類 ※改修標仕表3.7.1による
注入工法
0.35~0.55
0.5以上
[4.5.7・、8][表4.5.3]
外装タイル ※密着張り ・改良積上げ張り ・改良圧着張り (箇所/m )
・アンカーピンニング
3以上
(%)
壁タイル張りの工法
充填量
保水係数
(%)
役物
Ⅱ
・充填工法
(5)常温常湿(温度20±15℃、湿度65±20%)において製造後6箇月間保存しても上記の品
質性能に適合していること。
耐凍害性
吸水率
Ⅰ
・注入口付アンカーピンニング
※25
・
注入工法
アンカーピン
[4.2.2]
材質 ※ステンレス鋼(SUS304)、呼び径4mmの丸棒で全ねじ切り加工したもの
・ 注入口付アンカーピン
[4.2.2]
材質 ※ステンレス鋼(SUS304)、呼び径外径6mm
・ 工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
建築改修工事特記仕様書(2)
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-2
5
1 改修工法
[5.1.3]
かぶせ工法
撤去工法
15 ガラス
・
※建具表による ・図示
・鋼製建具
・外部
・
・
※建具表による ・図示
・正方形
・内部
・
・
※建具表による ・図示
・長方形
・鋼製軽量建具
・
・
※建具表による ・図示
・ステンレス製建具
・
・
※建具表による ・図示
表面形状
[5.12.5]
呼び寸法(mm)
・
厚さ(mm)
・
※クリア ・熱線反射
[5.1.5]
3 防犯建物部品
・適用する(適用箇所は建具表による)
[5.1.7]
[5.2.2][表5.2.1]
気密性
水密性
・A種
S-4
※A-3
※W-4
※70
・B種
S-5
・ ・
・ ・C種
S-6
A-4
W-5
100
種 別
耐風圧性
施工箇所
枠見込み(mm)
※なし
6
1 改修範囲
既存間仕切壁の撤去に伴う当該壁の取り合う天井、壁、床の改修範囲
[ 6 . 1. 3 ]
樹脂(以下「ユリア樹脂等」という)又はホルムアルデヒド系防腐剤を用いた接着剤のホルム
・図示の範囲
[ 6 . 1. 3 ]
天井内の既存壁の撤去に伴う当該壁の取り合う天井の改修範囲
※規制対象外 ・第三種
※接着剤に含まれる可塑剤は、難揮発性のものとする。
・図示の範囲
[ 6 . 1. 3 ]
天井の撤去に伴う取合い部の壁面の改修
9 軽量鉄骨天井下地
※既存のまま
※シーリング材 ・ガスケット(FIX部はシーリング材)
鋼製及び鋼製軽量
※シーリング材 ステンレス製
※シーリング材 アルデヒド放散量
※壁面より両側600mm程度とし、既存仕上げに準じた仕上げを行う
材 種
アルミニウム製
野縁等の種類
[6.6.2][表6.6.1]
屋外(・19形 ※25形) 屋内(※19形 ・25形)
・図示の範囲
既存の埋込みインサート ・使用する ・使用しない
下地補修
[5.12.3]
JASS17 ガラス工事「納まり寸法標準」によるほか、性能値が確認できる資料を監督職員
[6.6.4]
屋外の軒天井、ピロティ天井等
・下地モルタル共(※図示の範囲 ・除去範囲すべて)
[ 6 . 6 . 3 ・、4 ]
合成樹脂塗床材の除去工法 ・機械的除去工法 ・目荒し工法
[ 6 . 2. 2 ]
野縁受、吊りボルト、インサートの間隔及び周辺部からの距離 ※図示 ・ 改修後の床の清掃範囲 ※改修箇所の室内 ・ [ 6 . 2. 2 ]
野縁の間隔 ※図示 ・ 耐風圧性を考慮した補強 ※図示 ・ [6.6.4]
天井下地材における耐震性を考慮した補強
[6.3.2][4.4.9]
3 既 存 壁 の 撤 去 並 び に間 仕 切 壁 撤 去 に 伴 う 他 の 構 造 体 の 補 修
下地補修
に提出する。
[6.6.4]
あと施工アンカーの引抜き試験 ・行う ・行わない
[ 6 . 2. 2 ]
2 既 存 床 の 撤 去 並 び にビ ニ ル 床 シ ー ト 等 の 除 去 ※ 仕 上 材 の み ( 接 着 剤 共 )
防火戸のガラス留め材は、防火戸が建築基準法に基づき定められ
又は認定を受けた条件による。
改修標仕5.12.3 以外のアルミニウム製建具及び板ガラスの場合は(社)日本建築学会
※図示
[ 6 . 5 . 2 ] [ 6 . 8 . 2 ] [ 6. 9 . 3 ] [ 6 . 1 1 . 5 ・、6 ] [ 6 . 1 3 . 2 ] [ 6 . 1 4 . 2 ] [ 6. 1 6 . 3 ]
8 接着剤
(内装改修工事全般) 壁紙施工用でん粉系接着剤、ユリア樹脂、メラミン樹脂、フェノール樹脂、レゾルシノール
※壁厚程度とし、既存仕上げに準じた仕上げを行う
[5.12.2][表5.12.1]
板ガラスをはめ込む溝の大きさ
外部に面する建具
防火認定
・ 乳 白 色 ・ カ ラ ー ( )・ あ り
建具の種類
・特殊な建具の仮組(建具符号: )
性能等級等
色 調
ガラス留め材
2 見本の製作等
4 アルミニウム製建具
[5.12.2]
板ガラスの種類、厚さ等は建具表による
・ガラスブロック
適用箇所
・
内装改修工事
建具改修工事
建具の種類
・アルミニウム製建具
・行う(補強箇所 ※図示 補強方法 ※図示)
※モルタル塗り(塗厚25mmを超える場合の補強 ※行う ・行わない)
・図示
10 軽量鉄骨壁下地
ガラス用フィルム
防音ドアセット、防音サッシ ・適用する 遮音性の等級( )
名 称
断熱ドアセット、断熱サッシ ・適用する 断熱性の等級( )
※ガラス飛散防止フィルム
耐震ドアセット ・適用する 面内変形追随性の等級( )
[5.2.4][表5.2.2]
表面処理
種 類
第2種
張り面
※内張り ・外張り
性能値
4 木材 G
飛散防止率 D1
現場搬入時の木材の含水率 ※A種 ・B種
構造材及び下地材の品質の基準 ※改修標仕6.5.2(a)(2)(iv)による ・ [ 6 . 5 .2 ]
[6.5.2][表6.5.3]
造作材の材面の品質の基準 ※A種 ・B種
※B-1種 ・B-2種(・ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
[表6.7.1]
[6.5.2][表6.5.2]
保存処理木材 ・使用する(使用箇所: )
[ 6 . 5 .2 ]
・
品質JIS A 5759による
外部に面する建具
ス タ ッ ド 、 ラ ン ナ ー の 種 類 ※ 改 修 標 仕 表 6 . 7 . 1 に よ る ・ 図 示 [ 6 . 7 . 3 ] [表 6 . 7 . 1 ]
スタッドの高さが5mを超える場合 ※ 図示
[6.5.1][表6.5.1]
表面仕上げの程度 ・A種 ※B種 ・C種
11 ビニル床シート、
ビニル床シート及びビニル床タイルの特殊機能
[6.8.2]
ビニ ル 床タ イ ル 及び 帯電防止 ・帯電防止性能評価値(JIS A 1455)1.2以上~3.2未満
ゴム床タイル張り
7
10
又は体積電気抵抗値(JIS A 1454)1×10 ~1×10 Ω程度
代 用 樹 脂 を 使 用 し な い 箇 所 ( )[ 6 . 5 . 2 ] [ 表 6 . 5 . 4 ]
耐動荷重 JIS A 1454による、へこみ試験、残留へこみ試験、滑り性試験、摩耗性試験、
屋内建具
5 集成材等 G
※C-1種 ・C-2種(・ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
集成材及び単板積層材のホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・第三種
層間はく離強度試験(発泡層のあるビニル床シートのみ)及びキャスター性試
[ 6 . 5 .2 ]
験等の試験後、異常がないこと
網戸
[ 5 .2 . 3 ]
構造用集成材
防虫網の材種 ※合成樹脂製 ・ガラス繊維入り合成樹脂製 ・ステンレス製(SUS316)
[ 6 . 5 .2 ]
施工箇所
品 名
強度等級
材面の品質
形式 ※外部可動式 ・固定式
5 鋼製建具
[5.3.2][表5.3.1]
外部に面する建具の耐風圧性の適用は建具表による
[5.3.2][表5.2.1]
ビ ニ ル 床 シ ー トG
寸法(mm)
・使用環境A
種 類
※2種
・使用環境B
※発泡層のないもの
・3種
・使用環境C
・1種
簡易気密型ドアセットの適用は建具表による
樹種名
接着性能
[6.8.2]
記号
・発泡層のあるもの
色 柄
施工箇所
厚さ(mm) 特 殊機 能
※NC
※無地
・
・マーブル柄 ・
・耐動荷重
・
※柄物
・帯電防止
※2 . 5
・帯電防止
・
・無地
構造用単板積層材
6 鋼製軽量建具
簡易気密型ドアセットの適用は建具表による
[5.4.2]
7 ステンレス製建具
簡易気密型ドアセットの適用は建具表による
[5.3.2][表5.3.1]
・使用環境1
外部に面する建具の耐風圧性の適用は建具表による
[5.3.2][表5.2.1]
・使用環境2
施工箇所
表面仕上げ ※HL ・鏡面 ・ 接着性能
曲げ性能
寸法(mm)
樹種名
工法 ※熱溶接工法 ・突付け(施工箇所: )
か ま ち 戸 の 樹 種 か ま ち ( ) 鏡 板 ( )( 1 6 . 6 . 2 )
ふすまの上張り
9 建具用金物
・コンポジション
[6.5.2]
施工箇所
樹種名
見付け材面の品質
(表16.6.3)
ビニル床タイル(軟質)
建物内部の木製建具に使用する表面材(合板)及び接着剤のホルムアルデヒド放散量
・ホモジニアスビニル床タイル
化粧ばり造作用集成材
施工箇所
[5.6.4]
鍵
心材の樹種名
化粧薄板の
化粧薄板の
樹種名
厚さ(mm)
見付け材面の
・置敷きビニル床タイル
寸法(mm)
品質
単板積層材
・耐動荷重
※2 . 0
・帯電防止
・
・
・耐動荷重
※ 無 地 ・ 3 0 0× 3 0 0
※2 . 0
・帯電防止
・
・ 4 5 0× 4 5 0
・
・耐動荷重
※ 無 地 ・ 5 0 0× 5 0 0
・
・帯電防止
・ 4 5 0× 4 5 0
・
・耐動荷重
[6.8.2]
ドアの種類
高さ(mm) ※60 ・75 ・100
[6.5.2]
表面の品質
[ 5 . 7 . 2 ・、3 ] [ 表 5 . 7 . 1 ~ 3 ]
センサーの種類
・する
・塗装加工
・しない
厚さ(mm) ※2.0 ・ 寸法(mm)
防虫処理
※天然木化粧加工
ゴム床タイル
[6.8.2]
・マットスイッチ ※光線(反射)スイッチ
・化粧加工しない
色柄 ( )
種類 ・SSLD-1 ・SSLD-2
・熱線スイッチ ・音波スイッチ
(・1等・2等・3等)
厚さ(mm) ・3.0 ・4.5 ・6.0 ・9.0
・DSLD-1 ・DSLD-2
・光電スイッチ ・電波スイッチ
※スライデイングドア
寸法 ( )
・タッチスイッチ ・押しボタンスイッチ
・スイングドア
種類 ・SWD-1 ・SWD-2
6 床張り用合板及び
・ペダルスイッチ ・多機能便所スイッチ
合板のホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・第三種
[6.5.2]
12 カーペット敷き
[5.7.3]
・凍結防止措置(適用箇所は建具表による)
材料 ※ SUS304、アルミニウム製等防錆性能を有するもの
施工箇所
[5.8.2]
(床)
性能 ※ 改修標仕5.8.3による
[6.5.2][6.13.2]
普通合板
・ 製造所標準仕様による
厚さ
表板の
(mm)
樹種名
5.5
[5.8.3][表5.8.1]
(壁、天井)
・ 製造所標準仕様による
重量シャッター
接着の
板面の品質
程度
防虫処理
※1類
広葉樹 ・1等 ※2等 ・す る
・2類
針葉樹 ※C-D
その他の
処理
シャッターの種類
耐 風 圧 性 能 ( ) N 2/ m
・1類
・する
・2類
・しない ・防炎処理
施工箇所
・屋内用防火シャッター
(床)
・屋内用防煙シャッター
開閉機能 ※上部電動式(手動併用) ・上部手動式
樹種名
[ 5. 9 . 2 ]
一般重量シャッターのシャッターケース ※設ける ・設けない
[ 5. 9 . 2 ]
等級
板面の品質
・特類
・1級
※C-D
・する
・柄物
3kV以下
・C種
・カット、ループ併用
・アキスミンスターカーペット
(標準品) ・
※1類
※2級
・
・しない
[ 6 . 9 . 3 ・、4 ] [ 表 6 . 9 . 2 ]
施工箇所
厚さ
化粧板の
(mm)
樹種名
※4.2
ガイドレール等 ※鋼板製 ・ステンレス製SUS304(厚さ1.5mm)
※5~7 ・ ※全面接着工法
・ループパイル
※4~6 ・ ・グ リ ッパ ー 工法 3kV以下
接着の程度
防虫処理
・なら
・1類
・する
難燃処理
・しおじ
・2類
・しない
・防炎処理
特殊加工化粧合板
施工箇所
[ 5 . 11 . 2 ・、3 ]
収納形式
厚さ
(mm)
( 壁 、 天 井 )※ 4 . 0
ガイドレールの材質
・
化粧加工
の方法
表面性能
・オ ー バー ・F
レイ
・FW
※スチールタイプ
※バランス式
・スタンダード形
※溶融亜鉛めっき鋼板
・アルミニウムタイプ
・チェーン式
・ローヘッド形
・ステンレス鋼板
・プ リ ント ・W
・ハイリフト形
(SUS304)
・塗装
・ファイバーグラスタイプ・電動式
・
[6.9.3]
備考
その他の処理
タイルカーペット
[ 6 . 9 . 3 ・、4 ]
パイル形状
種 類
※ループパイル
[5.10.4]
2
開閉方式
※人体帯電圧
ニードルパンチカーペット
[表5.10.2]
耐風圧性能( )N/m
オーバーヘッドドア
備 考
帯電性
・カットパイル
・6.0
・鋼板
形状 ※インターロッキング形 ・オーバーラッピング形
工 法
パイル長さ(mm)
帯電性 ※人体帯電圧3kV以下 ・ 又はJIS G 3318(塗装溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯)
加工面
接着の
程度
防虫処理
7 防腐、防蟻処理
寸法(mm)
総厚さ(mm)
帯電性
備 考
※ 第 一 種 ※500×500
※6.5
※人体帯電圧3kV
・第二種 ・
・
以 下 ( ・フ・リ・ー・ア・ク・セ・ス
・カットパイル
・フ・ロ・ア敷 設 範 囲 )
・カット、ループ併用
・
[6.13.2]
タイルカーペットの敷き方 平場 ※市松敷き ・模様流し ・ その他の
階段部分 ※模様流し ・市松敷き ・ 処理
・表面
・1類
・する
難燃処理
・両面
・2類
・しない
・防炎処理
見切り、押え金物 ・適用する(材質、形状等 ※図示 ・ )
[6.9.3]
[ 6 . 1 0 . 2 ・、3 ] [ 表 6 . 10 . 1 ~ 7 ]
13 合成樹脂塗床
種 別
・SW
・バーチカル形
2
・ダブルフェースカーペット
下敷き材 ※反毛フェルト(JIS L 3204)の第2種2号 呼び厚さ8mm ・ [6.13.2]
( 壁 、 天 井 ) ・3.2
耐風圧性能( )N/m
・ループパイル
・ レベ ル ルー プ パイ ル ※4 ・ 防虫処理
天然木化粧合板
[5.10.3]
セクション材料
・B種
厚さ(mm) ・ [ 5 . 1 0 . 2 ] [表 5 . 1 0 . 1 ]
スラット 材質 ※JIS G 3312(塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)
※人体帯電圧
・カット、ループ併用 ・
[5.9.2][表5.9.1]
危害防止機構 ※障害物感知装置 (自動閉鎖型)
開閉形式 ※手動式 ・上部電動式(手動併用)
(mm)
12.0
接着の程度
※無地
パイル形状
[6.5.2]
表板の
備 考
帯電性
・ウィルトンカーペット
タフテッドカーペット
難燃処理
構造用合板
厚さ
色柄等
織り方
・カットパイル
・しない
・ラワン
・しな
性 能
耐 風 圧 性 能 ( ) N 2/ m
・外壁用防火シャッター
[6.9.3][表6.9.1]
パイル形状
・A種
下敷き材 ※反毛フェルト(JIS L 3204)の第2種2号 呼び厚さ8mm ・ ・難燃処理
[5.9.2]
・一般重量シャッター
織じゅうたん
種 別
その他の合板 G
14
・
※ 無 地 ・ 3 0 0× 3 0 0
材質 ※軟質 ・硬質
自動ドア開閉装置
軽量シャッター
・ 柄 物 ・ 4 5 0× 4 5 0
ビニル幅木
施工箇所
13
・帯電防止
※1等 ・2等
[5.6.4]
形式 ・30組用 ・60組用 ・120組用 ・ 12
H T L
厚さ(mm) 特 殊機 能
※2 . 0
・
市販品
11 自 閉 式 上 吊 り 引 戸 装 置
HT
[6.5.2]
マスターキー ※製作する ・製作しない
鍵箱
10
C T S
・コンポジション
寸法(mm)
※ 無 地 ・ 3 0 0× 3 0 0
ビニル床タイル(半硬質)
寸法(mm)
※1等 ・2等
(16.6.2)
色柄
施工箇所
記号
CT
※新鳥の子又はビニル紙程度(押入等の裏面は除く) ・鳥の子
※規制対象外 ・第三種
[6.8.2]
種 類
[5.5.5]
造作用集成材
8 木製建具
[6.8.3]
ビ ニ ル 床 タ イ ルG
[5.5.4]
曲げ加工 ※普通曲げ ・角出し曲げ(補強あり)
・耐動荷重
・
[6.5.2]
仕上げの種類
施工箇所
・弾性ウレタン塗床材
※平滑仕上げ ・防滑仕上げ ・つや消し仕上げ
・エポキシ樹脂塗床材
※薄膜流し展べ仕上げ
防腐処理 ※行う(※改修標仕6.5.2(h)(3)による ・図示 )
[ 6 .5 . 2 ]
・厚膜流し展べ仕上げ(※平滑 ・防滑)
防蟻処理 ・行う(※図示 ・ )
[ 6 .5 . 2 ]
・樹脂モルタル仕上げ(※平滑 ・防滑)
防腐、防蟻処理剤の種類及び品質
[ 6 .5 . 2 ]
・防滑仕上げ
表面処理用木材保存剤(防腐・防蟻剤)は監督職員の承諾するものとする。
ユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒド放散量
[6.10.2]
※規制対象外 ・第三種
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
建築改修工事特記仕様書(3)
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-3
6
14 フローリング張り
単層フローリング
[ 6 . 1 1 . 2 ~ 6 ] [ 表 6 .1 1 . 1 ・、2 ]
内装改修工事
種 類
樹 種
厚さ
大きさ
(mm)
(mm)
・ フ ロ ー リ ン グ 根 太 張 用 ※ な ら ※15
ボード
・
直張用
防水剤(防水モルタル塗りの混入剤)
[6.15.3]
防水剤の種類は建築用のモルタルに用いるセメント防水剤とする。(JIS A 1404による試験)
工 法
・釘留め工法
セメント重量
※合成樹脂
・接着工法
の5%以下
幅 ※75 ・ 長さ 500以上
・
19 モルタル塗り
緩衝材
混合割合
凝結時間
曲げ及び圧縮強度比 吸水比
JIS R 5201の試験8において
70%以上
95%以下
始発 1時間以上
終結 10時間以内
発泡シート
・フローリング 直張用
※ な ら ※15
※303×303
・モルタル
ブロック
・
・
埋込み工法
※合成樹脂
パーケット
・
・
※合成樹脂
・接着工法
20 タイル張り
種 類
種別又は
防湿処理
大きさ(mm)
又は緩衝材
・防湿処理を行う
根太 張 用 ※ なら ・A種
・複合1種
・複合2種
直張用
厚さ 8以上
※合成樹脂発泡シート
幅 75以上
・
(2 0 .2 . 10 )
・コンロ台
※ 6 0 0 ・7 0 0 ・ 床目地 ・設ける(工法 ※押し目地 ・ )
[6.15.6]
・室名札
※アクリル板
※図示
※5
※図示
・吊戸棚
※ 12 00 ・9 00 ・ 60 0
・ピクトグラフ
・
・
・
・水切棚
※ 12 0 0 ・9 0 0
※5
※図示
・
・
[6.16.3]
うわぐすり
形状寸法
役物
耐凍害性
吸水率
色
再生材の
(mm) 施ゆう 無ゆう Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ あり なし あり なし 標準 特注
適用 G
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・建物案内板
※アクリル板
・各階案内板
・
43 収納家具
表面仕上げ
材 質
31 ブラインド
施工箇所
厚さ(mm)、規格等
・せっこうボード
GB-R
・シージングせっこうボード
GB-S
12.5(不燃)
・強化せっこうボード
GB-F
・12.5(不燃) ・15.0(不燃)
・せっこうラスボード
GB-L
・化粧せっこうボード(木目)
GB-D
性 能
※焼付け塗装品
種 類
G B- NC
0 .8 F K
9.5(不燃)・化粧なし(下地張り用) ※200
回り縁はとい付
・4種 ・5種 ・6種
・アルミスラット
・80
※2本操作コード
・クロススラット
・100
枠の材質 ※アルミニウム製
表面の材質 ※塩ビ発泡シート張り ・ (2 0 .2 .1 3 )
・アルマイト処理品
・100
きとし、製造所
※塗装品
※300
の標準品とする。
・木目調
・100
操作方式
仕上り高 適用地震時
構 法
(mm)
耐荷重性能
水平力
遮光性能
施工箇所
寸法(mm)
※ポリエステル ・電動式
・1級
・図示
・綿
・スプリング式
・2級
・
・
・チェーン式
・3級
備 考
防炎性能 ※あり
・
33 カーテン
・既存再使用する(養生方法: )
[2.3.1][5.1.6]
(2 0 .2 .1 4 )
・新設する
表面仕上材
開閉操作
・ダブル
備 考
施工箇所
ひだの種類
・シングル ・片引き ・電動
備 考
・フランスひだ
・引分け ・ひも引き ・箱ひだ・つまひだ
・プレーンひだ・片ひだ
・手引き
・パネル構法
・1 .0 G
・ 3 ,0 0 0N
・帯電防止床タイル
・
・溝構法
・0 .6 G
・ 5 ,0 0 0N
・タイルカーペット
・
(暗幕)
R W -B
の開発」の建設技術評価において評価を取得したもの又は同等品とする。
形式 ・片引き ・引分け(※暗幕用は300mm以上の召合せの重ね掛けとする)
形状 ・C形 ・D形 ・Ⅰ形 ・ 及びカーテンボックス
表面処理 ※B-1 ・B-2(※ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
※なし
・図示
・あり(※固定式 ・可変式):施工箇所(※図示 ・ )
コ
ン
セ
ン
ト
等
の
取
付
け
対
応
※
製
造
所
の
仕
様 に よ る ( コ ン セ ン ト 本 体 は 別 途 設 備 工 事 )
・15 ・20 ・25 ・ コ ン セ ン ト の 箇 所 数 ※ 図示
・15 ・20 ・25 ・ ローリングロード性能 ※適用する ・適用しない
・硬質木片セメント板
HF
・12 ・15 ・18 ・21 ・ ・普通木片セメント板
NF
・10 ・12 ・15 ・18 ・ パネル部の
・
・スタッド式
・ プ ラ ス チ ッ ク オ ー バ ー レ イ (D O ) ・ 塗 装 ( D C )
(・内臓 ・露出)
・10(難燃) ・12(難燃) ・ ・スタッドパネル式
表面仕上げ
厚さ(mm)
※鋼板
遮音性能 防火性能
・
・あり
※メラミン樹脂又は ・あり
・なし
・ 25 移動間仕切
遮音性能
寸 法
※アルミニウム製
・4 5 0 × 4 5 0
・ステンレス製
・鋼製
形 式
・一般形
・屋内外用 ・張物用
・6 0 0 × 6 0 0
・密閉形
・屋内用
・
・結露防止形
表面仕上げ
38 防煙垂れ壁
操作方法
・充填用
・張物、充填兼用
・焼付け塗装
・手動式 ・電動式
・
・壁紙張り
・部分電動式
※ 網 入 り 磨 き 板 ガ ラ ス ※6.8
※500
・遮音タイプ
※鋼板
・焼付け塗装
・手動式 ・電動式
・線入り磨き板ガラス ・
・
(36db以上)
・
・壁紙張り
・部分電動式
種 類
J I S K 6 9 0 3 に よ る 厚 さ1 . 2
26 トイレブース
(20.2.5)
表面仕上げ材
[6.13.2]
脚 部
表面材の材質
※規制対象外 ・第三種
形 状
・メラミン樹脂系化粧板
[6.13.2]
※幅木
・ポリエステル樹脂系化粧板 ・支柱
※適用する ・適用しない
・
[6 .1 3 .3 ][ 表 6. 13 . 3]
備 考
高さ(mm)
アルミ製枠付き
・可動式
遮音性能はJIS A 6512の遮音性試験に準拠する。
・9 ・12 ・15 ・18
厚さ(mm)
材 質
表面仕上げの壁紙張りの品質は18壁紙張りによる。
(・天井仕上 ・内装仕上 ・ )
・固定式
※鋼板
・内装用化粧(DI) ・外装用化粧(DE)
A級二次加工品
表面材
厚さ(mm)
・一般タイプ
・2.5 ・3.5 ・5 ・7
合板類の張付け ・A種 ※B種
・目地タイプ
・目地タイプ
(20.2.4)
・未研磨板(RN) ・研磨板(RS)
軽量鉄骨下地ボード遮音壁の遮音シール材
内 枠
・額縁タイプ
・屋内用
・鋳鉄製
・2.5 ・3.5 ・5 ・7
パーティクルボード及びMDFのホルムアルデヒド放散量 外 枠
・屋内外用 ・額縁タイプ
・密閉形
材 種
( ※ 0 . 6 ・ 0 . 8 ) アクリル樹脂焼付け
( )・ な し
・
・一般形
37 床点検口
・パネル式
・素地MFD(RS)
・化粧MDF(・DV・DO・DC)
・3 ・7 ・9 ・12 ・ ・メラミン樹脂化粧板
表面材種
総厚さ(mm)
形 式
寸 法
・600×600
(20.2.3)
構造形式
・単板オーバーレイ(DV)
IB
材 種
※ ア ル ミ ニ ウ ム 製 ・450×450
24 可動間仕切
・30 ・ 36 天井点検口
・
・無研磨板(VN) ・研磨板(VS)
HB
溝幅×深さ(mm) ・90×150 ※120×80 ・120×150 ・150×80 ・ 空調用吹出し(吸込み)パネル
・25(ガラスクロス包) ・ HB
・市販品(アルミニウム製 押出形材)
配線取出し開口 ※パネル1枚につき40×80(mm)程度の開口1箇所以上 ・図示
NW
MD F
[5.1.6]
・新設する
※凹凸タイプ(※12(不燃)・15 ・19 ・ )
HW
ファイバーボード
・既存再使用する
※フラットタイプ(※9(不燃)・12 ・ )
・普通木毛セメント板
・化粧パーティクルボード
3 5 ブラインドボックス
配線用取出しパネル
・硬質木毛セメント板
・単板張りパーティクルボード
(2 0 .2 .1 4 )
表面仕上材の品質、性能は、標仕19章による。
スロープ及びボーダー ※製造所の仕様による ・図示
・25 ・ G W -B
[5.1.6]
・既存再使用する
材種 ※アルミニウム製 ・ステンレス製
フリーアクセスフロア全体面積に対する設置割合 ※20~30% ・ ・6 ・8 ・ DR
・インシュレーションボード
耐荷重による種類
・1種 ・2種 ・3種
構成材の材質 ・アルミニウム製 ・鋼製 ・ タイプ2(無石綿)
1 .0 F K
・ハードボード(化粧)
規格等
J IS S 10 3 9に よ る
・鋼製物品棚
45 屋内掲示板
・新設する
・化粧あり(トラバーチン模様)
・ハードボード(素地)
(mm)
・
・
・1本操作コード
材 種
34 カーテンレール
9. 5
・けい酸カルシウム板
・ミディアムデンシティ
種 類
・鋼製書架
施工箇所
32 ロールスクリーン
耐震性能5,000Nについては、平成元年建設省告示第1322号「耐震型フリーアクセスフロア
12.5(不燃) 幅440mm程度
・不燃積層せっこうボード
・グラスウール吸音ボード2号32K
スラットの材質
・9.5(準不燃) ※12.5(不燃)
模様(※柾目 ・板目) 専用下地材付き
・ロックウール吸音ボード1号
スラットの幅
※ ギ ヤ 式 ・ コ ー ド 式 ※ ア ル ミ ニ ウ ム 合 金 製 ※25
・縦形
備 考
幅(mm)
準不燃品
・15.0(不燃)
・ロックウール化粧吸音板
[ 6. 5 .2 ][ 6 .1 3. 2 ]
4 4 鋼製書架及び物品棚
(2 0 .2 . 12 )
・操作棒式
(20.2.2)
[6.13.2][表6.13.1]
JISの記号
[ 2 . 3 . 1 ] [ 5. 1 . 6 ]
・新設する
形 式
種 類
材質 ・ ※規制対象外 ・第三種
・既存再使用する(養生方法: )
形 式
2 3 フリーアクセスフロア
フローリング類下地 厚さ(mm) ※80 ・95 (不燃)
その他ボード張り
材種 ・メラミン樹脂化粧板張り(心材:集成材) ・人工大理石 形状・寸法 ※図示
誘導標識、非常用進入口表示等は市販品とする。
市販品
・硬質塩ビ製
1 7 せっこうボード及び
・
ス テ ン レ ス 製 ※ 1 段 式※ 市 販 品
[6 . 17 . 2] [表 6 .1 7. 1 ]
※アルミニウム製
畳下地 厚さ(mm) ※40 ・65 ・80(不燃)
規格・品質等
※優良住宅部品
バックガード ※あり(セクショナルキッチンⅠ型)
合板、集成材、MDF、パーティクルボード等のホルムアルデヒド放散量
1 6 ポリスチレンフォーム ・ A 種 ( ノ ン フ ロ ン の も の )
床下地材
トラップ付き
奥行き(mm) ・約450 ・約600
・
・せっこう系(施工箇所及び厚さ ※仕上表による ・図示 ・ )
畳の種別
※C種 ・ ※図示
案内用図記号はJIS Z 8210による。
・セメント系(施工箇所及び厚さ ※仕上表による ・図示 ・ )
畳表及び畳床はVOC含有量が少ないものとする
42 洗面カウンター
・階数表示
内 装 壁 タ イ ル 張 り の 工 法 ※ 壁 タ イ ル 接 着 剤 張 り ・ 改 良 積 上 げ 張 り[6 . 16 . 5] [表 6 .1 6. 5 ]
22 浴室天井材
※1 2 00 ・1 50 0 ・ 18 0 0
・扉番号
備考
[ 6 . 1 6 .5 ]
21 セルフレベリング材
[6.12.2][表6.12.1]
※ステンレス製 ※30φ
適用内容
寸法(L= mm)
・流し台
・
・無塗装品(・塗装する 施工箇所: )
・生地のままワックス塗り
種 類
※図示
※横形
塗り
41 流し台ユニット
書 体
・
・接着工法
種類 ※ウレタン樹脂ワニス塗り
取付け高さ
厚さ(mm)
※市販品
・釘留め工法
・オイルステインのうえワックス塗り
寸法(mm)
・
工 法
仕 上 げ 塗 装 ・ 塗 装 品 ( )[ 6 . 1 1 . 7 ]
材 質
( ・ 両 面 ・ 片 面 )・ 図 示
タイルの見本焼き ※行わない ・行う
・ポリスチレンフォーム床下地
・
・衝突防止表示
コンクリート素地面の目荒し工法(高圧水洗) ・行う
※B種 ・ ・硬質アルミニウム合金
・ステンレス鋼(SUS304)製
[6.15.3]
施工箇所
長さ 900以上
下地の種類
・硬質アルミニウム合金製
備 考
・
区 分
複合フローリングのホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・ 第三種
・改修標仕 表6.5.9による床組
※平面 ・曲面 ・スクリーン付引分
30 表示
標準的な曲がり(小口、標準、二丁、びょうぶ)の役物は一体成形とする
15 畳敷き
※白
[6.15.3]
※C種
・複合3種
ボード
・ステンレス鋼(SUS304)
吸水調整材は、4章外壁改修工事共通事項による。
・B種
・
・ホワイト ※ほうろう
受 枠
・塩化ビニル又はゴム製
既製目地材 ※適用しない ・適用する
[6 .1 1 .2 ・、3 ・、5・、6] [ 表6 . 11 .3 ・、4]
樹 種
材 種
※平面 ・曲面 ・スクリーン付引分
※緑 ・黒
80%以下
タイルの種類
・
単層フローリングのホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・ 第三種
天然木化粧複合フローリング
40 くつふきマット
備 考
※緑 ・黒
の水圧を
接着工法
発泡シート
・
色 彩
寸法(mm)
※焼付け
( 2 94 .0 kP a
る)
・
・なら ・8
直張用
種 類
・黒板
安定性、膨張性のひび割れ及びそりがないこと。(JIS R 5201の試験9)
発泡シート
・モザイク
(20.2.8)
ホワイトボード
1時間かけ
・
・
29 黒板及び
透水比
材 質
※不燃布
※500
ガイドレール
(巻取り型)
(不燃認定品)
・800
※固定式(壁埋込み型)
・
・可動式(天井収納型)
・回転降下式
鋼 板 製 又 は ア ル ミ 製 ※500
ドアエッジ
形 状
材 質
・アルミニウム製 ・標準
・ステンレス製
・R
材 質
表面仕上げ
・アルミニウム製
・800
※天井材張り
・ステンレス製
・
・ 降下機構 煙感知器連動及び手動開放装置(埋込み型)
・表面材と同材
・なし
備 考
高さ(mm)
・垂直降下式
・
18 壁紙張り
3 9 視覚障害者用床タイル
[6.14.2]
壁紙の種類
施工箇所
紙
繊 維 プラ ス チッ ク
その他
無機質
(ビニル)
(化学繊維)
(織物)
防火性能
材 種
備 考
幅(mm)
端部フラットエンド
取付け工法
・ステンレス製(SUS304)
・約35
※接着工法
ビニルタイヤ入り
・
・埋込み工法 ・なし
・
・
・
・
・
・不燃・準不燃・難燃
・
・
・
・
・
・不燃・準不燃・難燃
・
・
・
・
・
・不燃・準不燃・難燃
・
・
・
・
・
・不燃・準不燃・難燃
・
・
・
・
・
・不燃・準不燃・難燃
※集成材
・
・
・
・
・
・不燃・準不燃・難燃
・ステンレスパイプ
・HL ・ ・鋼製パイプ
・EP-G ・ 壁紙のホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・第三種
下地調整
( 2 0. 2 . 6 )
27 階段滑り止め
※あり(※ビニル製・ステンレス製)
施工箇所
注意喚起用床材)
屋内
材 種
表面仕上げ
※クリヤラッカー ・ 直径(mm)
種 類
寸法(mm)
※塩化ビニル製
※300×300 ・ ・レジンコンクリート製
※300×300 ・ 厚さ(mm)
※7.0 ・ ・ 磁 器 又 は せ っ 器 質 タ イ ル ※300×300 ・ 屋外
28 階段手すり
[ 6 . 1 4 .2 ]
(19.2.2)
(誘導用及び
取付箇所
※レジンコンクリート製
300×300
※30 ・ ・ 磁 器 又 は せ っ 器 質 タ イ ル 300×300
ブロックパターンはJIS T 9251による。
・60 ・45
・ビニル製
[ 6 . 1 4 . 3 ] [ 表 7 . 2 . 4 ] [ 表 7 . 2. 5 ] [ 表 7 . 2 . 7 ]
モルタル面、プラスター面 ・RA種 ※RB種 (施工箇所: )
コンクリート面 ・RA種 ※RB種 (施工箇所: )
せっこうボード面 ・RA種 ・RB種 (施工箇所: )
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
建築改修工事特記仕様書(4)
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-4
7
1 材料
[ 7 .1 . 3 ] 8
建物内部に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒド放散量
[ 7 .1 . 3 ]
防火材料 ※屋内の壁、天井仕上げは防火材料とする。
・次の箇所を除き防火材料とする。(施工箇所: )
2 下地調整
[ 7 . 2 .1 ] [ 表 7 . 2 . 1 ~ 7 ]
既存塗膜の除去範囲(塗替えでRB種の場合)
※塗替え面積の30% ・図示
・柱補強工事(溶接金網巻き工法又は溶接閉鎖フープ巻き工法)
・柱補強工事(鋼板巻き工法又は帯板巻き工法)
・柱補強工事(連続繊維補強工法)
・耐震スリット新設工事
・免震改修工事
・制振改修工事
[7.2.2~7][表7.2.1~7]
下地調整の種別等
塗替え
新 規
設計基準強度
[ 8 . 9. 1 ]
設 計 基 準 強 度 F c ( N / m m 2 )
ート
・金属系アンカー
適用箇所
・27 ・30 ・33 ・36
セット方式 ※本体打込み式
引張耐力 ※図示
せん断耐力 ※図示
混和材料
接合筋の種類、径、長さ ※図示
※混和剤
性能確認試験 ・実施する(試験方法及び試験数 ※図示) ・実施しない
[ 8 . 9. 3 ]
※高性能AE減水剤標準形又は遅延形
・ ・接着系アンカー
アンカーの種類 ※カプセル型
7 断熱材兼用型枠
種 類
引張耐力 ※図示
施工箇所
・ 断 熱 材 兼 用 型 枠・ 木 質 系
せん断耐力 ※図示
・撤去工事(設備機器配管及び仕上げの取壊し・撤去(下地の一部又はすべてを
厚さ(mm)
※ 壁( 図 示の 範 囲) ※40以下
品質等
断熱抵抗
含む)、構造体のはつり)
接着剤の品質 ※有機系 ・無機系
・コンクリート系 ・
木部
※RB種 ・ ・RA種 ・RB種
・鉄筋工事
アンカー筋の種類 ※改修標仕表8.2.1の異形棒鋼 ・全ねじボルト
・プラスチック系
鉄鋼面
※RB種 ・ RA種
・あと施工アンカー工事
性能確認試験 ・実施する(試験方法及び試験数 ※図示) ・実施しない
亜鉛めっき鋼面(鋼製建具を除く)
※RB種 ・ 亜鉛めっき鋼面(鋼製建具)
※RB種 ・ RC種
モルタル面、プラスター面
※RB種 ・ ・RA種 ・RB種
・行う
・グラウト工事
※RB種 ・ ・RA種 ・RB種
・行う
・連続繊維補強工事
・図示
・スリット新設工事
探査方法
・免震改修工事
※鉄筋探査機(金属探知機)により探査し、鉄筋、配管類の位置に墨出しを行う
現場打ち鉄筋
・制振改修工事
・はつり出しによる
コンクリート
・流 し 込 み 工 法 [ 8 . 1 9 . 8 ( a ) ( 1 ) 及 び ( b ) ] ・ す べ て の 増 設 壁 ・ 図 示 ・ ・その他工事
・
壁の増設工事
・ 圧 入 工 法 [ 8 . 1 9 . 8 ( a ) ( 2 ) 及 び ( c )]
・すべての増設壁 ・図示 ・ ・
・図示 ・ ※工法指定なし
・すべての増設柱 ・図示 ・ コンクリート面、ALCパネル面
の補修
6 高い強度のコンクリ
[8.2.4]
材料等
1 あと施工アンカー
工事種別 ・施工調査(施工計画調査、施工数量調査、調査のための破壊部分の補修)
ひび割れ部
下地調整の種別
下地面の種類
[ 8 . 1 .1 ]
8-3
工事内容 ・現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設工事
・鉄骨ブレースの設置工事
あと施工アンカー工事
建物内部に使用する塗料の材質 ・水性系 1 適用範囲
耐震改修工事 共通事項
塗装改修工事
※規制対象外 ・第三種
RA種
・行う
( 2 - U E ・、2 - A S E ・、2 - F U E の 場 合 )
せっこうボード面、その他ボード面
・RA種 ・RB種
※RB種 ・ 3 錆止め塗料塗り 錆止め塗料塗りの種別等
工程種別
※A種 ・B種
※C種 ・ 屋内
・A種 ※B種
※C種 ・ C種
※C種 ・ ※A種 ・B種
※C種 ・ C種
※C種 ・ 新規(鋼製建具
※A種 ・B種
・A種 ・B種
を除く)
C種
・A種 ・B種
新規鋼製建具
※A種 ・B種
A種
塗替え
3 施工確認試験
8-1
EP-Gの場合
1 既存部分の撤去等
EP-Gの場合
[ 8 . 1 9 . 2 ] [ 8 . 2 0 . 2 ] [ 8 . 2 1 . 2 ] [ 8. 2 2 . 2 ] [ 8 . 2 3 . 3 ]
はつり出した鉄筋及び鉄骨の処置
[ 8 . 1 9 . 2 ] [ 8 . 2 0 . 2 ] [ 8 . 2 1 . 2 ] [ 8. 2 2 . 2 ] [ 8 . 2 3 . 3 ]
※露出部分は、錆止め塗料塗りを行う ・ 2 既存部分の処理
新 規
・ ・柱、梁面 打継ぎ面又は接合面全面の15~30%程度
塗料の種類 ※1種 ・ 亜鉛めっき鋼面
※B種 ・ ※B種 ・ ・壁 打継ぎ面又は接合面全面の10~15%程度
※A種 ・ 亜鉛めっき鋼面(鋼製建具)
※B種 ・ ・ (鋼製建具を除く)
・クリヤラッカー塗り(CL)
木部
・A種 ※B種 ・A種 ※B種
・フタル酸樹脂エナメル塗り
屋内木部
※B種 ・ 目荒しの程度
※平均深さ2~5mm(最大7mm)程度の凹面を、全体にわたってつける。
・図示 ・ ※B種 ・ ・A種 ・B種
※B種 ・ ・A種 ・B種
・アクリル樹脂系水分散系塗料 屋内コンクリート面
※B種 ・A種 ※B種 ・A種
屋内モルタル面
※B種 ・A種 ※B種 ・A種
鉄 筋 コ ン ク リ ー ト 柱 の 溶 接 金 網 巻 き 工 法 及 び 溶 接 閉 鎖 フ ー プ 巻 き 工 法 で の 型 枠 等 [8.21.5]
※発泡プラスチック保温材等を埋め込む
既存壁への有効埋込み長さ(mm) ※7d(d:シアコネクタの径)
屋外コンクリート面
※B種 ・ ・A種 ・B種
屋内モルタル面
※B種 ・ ・A種 ・B種
・2液形ポリウレタンエナメル
屋外鉄鋼面
・
A種
塗り(2-UE)
屋外亜鉛めっき鋼面
・
A種
屋外コンクリート面
・A種 ・B種 ・A種 ・B種
屋外押出成形セメント板面 ・A種 ・B種 ・A種 ・B種
※ B 種 A種
屋外亜鉛めっき鋼面
※ B 種 A種
屋外コンクリート面
※B種 ・A種 ※B種 ・A種
1 コンクリートの種類
・
A種
屋外亜鉛めっき鋼面
・
A種
屋外コンクリート面
・A種 ・B種 ・A種 ・B種
レディーミクストコンクリートの類別 ※Ⅰ類 ・Ⅱ類
[8.1.3]
普通コンクリートの設計基準強度
[8.1.3] 8- 5
2
設計基準強度Fc(N/mm )
・21
1 鉄筋
・21
・1種 ・2種
・
・1種 ・2種
・SD295A
※D16以下 ・ ・SD345
※D19以下 ・ 適用箇所
・
規 格
網目の形状、寸法(縦×横)(mm) 鉄線の径又は呼び名(mm)
※100×100
※6.0
・
・
SS400
JIS G 3551による
3 鉄筋の継手及び定着
継手方法等
[ 8 . 3 . 4 ] [ 8 .4 . 2 ・、3 ]
部 位
継手方法
柱、梁の主筋
種 別
※ガス圧接 ・機械式継手
5 高力ボルト
・A種
その他の鉄筋( )※重ね継手 ・ ボルトの区分
[ 8 . 2. 8 ]
※トルシア形高力ボルト
・JIS形高力ボルト
・B種
コンクリート面
※B種 ・ ・A種 ・B種
・ ※改修標仕表8.1.4による
モ ル タル 面 ・プ ラ スタ ー 面 ※B種 ・ ・A種 ・B種
※B種 ・ ・A種 ・B種
[8.3.4]
※(別2-1.1~1.3)による ・ [8.1.4][表8.1.4]
すべり係数試験
[8.13.2]
※行わない ・行う (試験方法等: )
・ (適用箇所: )
[8.3.4]
鉄筋の定着長さ
6 溶融亜鉛めっき
3 コンクリートの材料
※鉄筋の定着長さは、建築基準法施行令第73条による。(図示)
[8.2.5][表8.2.3]
セメント
帯筋組立の形の種別
[ 8 . 3 . 4 ] [図 8 . 3 . 4 ]
・W-Ⅰ形 ・W-Ⅱ形 ・W-Ⅲ形 ・ ボルトの縁端距離、ボルト間隔、ゲージ等
[ 8 . 2 . 8 ] [8 . 1 . 6 ] ( 別 2 - 1 . 1 ~ 1 . 3 )
※(別2-1.1~1.3)による ・ 摩擦面の処理
種 類
その他ボード面
高力ボルト
セメントの種類
・ ・ 合 成 樹 脂 エ マ ル シ ョ ン 模 様 塗 料屋 内 の コ ン ク リ ー ト 下 地
(7.12.4)
※ブラスト処理(表面粗度50μmRz以上)
適用箇所
※普通ポルトランドセメント
・りん酸塩処理
又は混合セメントのA種
すべり耐力等の確認方法 ※すべり耐力試験方法等 ・図示
・高炉セメントB種
4 鉄筋のかぶり厚さ
調整
※ B 種 ・A種 ・B種
A種
・A種 ・B種
C-3種
・A種 ・B種
鉄筋及び溶接金網の最小かぶり厚さは目地底から算定する。
・フライアッシュセメントB種
[ 8 . 3 . 5 ] [表 8 . 3 . 6 ]
施工箇所
7 普通ボルト
普通ポルトランドセメントは、JIS R 5210に示された規定のほか、水和熱が7日目で
・耐久性上不利な箇所の鉄筋の最小かぶり厚さは下表による。
改修標仕表8.3.6の値に加える寸法(mm)
・ 柱 ・梁 ・壁 及 び 庇 等 の 外 気 に 接 す る 打 放 し 面 ※ 1 0 ・ 用いる場合を除く。
8 アンカーボルト
・
・A種 ※B種 ・A種 ※B種
ボルトの縁端距離、ボルト間隔、ゲージ等
アンカーボルトの保持及び埋込み工法の種別
[8.2.5]
骨材
・建方用 (・A種 ※B種 ・C種 )
木部
・マスチック塗材塗り
コンクリート面
・
・
押出成形セメント板面
・
・
※壁配筋の重ね継手の長さは、建築基準法施行令第73条による。(図示)
・フェロニッケルスラグ細骨材 使用部位( )
柱底均しモルタルの工法の種別
モルタル面
・
・
・ ・銅スラグ細骨材 使用部位( )
※A種 ・B種
ALCパネル面
・
・
壁配筋の重ね継手の長さ
[8.3.7]
細骨材及び混合細骨材
[8.3.7]
壁配筋の定着長さ ※図示
・電気炉酸化スラグ細骨材 使用部位( )
9 鉄骨工作仮組
砂利及び砂のアルカリシリカ反応性による区分 ※A ・B
6 壁開口部の補強
耐震壁の開口部補強 ※図示 ・ 7 ガス圧接
圧接部の確認試験 ※超音波探傷試験 ・引張試験
10 溶接接合
砕石及び砕砂のアルカリシリカ反応性による区分 ※A ・B
[8.3.8][表8.3.8][図8.3.7]
[8.2.5][8.5.8]
混和材料
[8.3.9]
割裂補強筋
[ 8 . 1 9. 6 ] [ 8 . 2 0 . 7 ]
種 類
※スパイラル筋
材 料
材 質
径
本数ピッチ等
適用箇所
※ 鉄 筋 コ ン ク リ ※SR235
※φ6
・ス パ イ ラ ル の 径 ( m m )
※図示
ート用棒鋼
・φ9
( )
・
・
・ス パ イ ラ ル の ピ ッチ ( m m )
・
・ 4 コンクリートの調合
強度
※ 鉄 筋 コ ン ク リ ※SD295A
・D10
壁面内方向筋
ート用棒鋼
・
( )
・
(異形鉄筋)
壁面外方向筋
( )
・
・
・
・
・
[8.5.5]
コンクリート強度の気温による補正値
・行う ※行わない
[8.12.9]
開先の形状 ※鉄骨溶接基準図による ・ [ 8 . 1 4 . 4 ] ( 別 2- 3 . 1 ~ 3 . 4 )
鋼製エンドタブの切除する部分 ※図示
[8.14.7]
スカラップの形状 ※鉄骨溶接基準図による ・ [8.14.7]
11 スタッド
5 無筋コンクリート
完全溶込み溶接部の超音波探傷試験 ※行う ・行わない
[8.14.11]
放射線透過試験 ※行わない ・行う [8.14.11]
マクロ試験(エンドタブ使用) ※行わない ・行う [8.14.11]
室内の工事における温度補正 ・行う ・行わない
(6.14.1~3)
設計基準強度等
( )
・はしご筋
( 7 . 1 0 . 3 ) ( 表 7. 1 0 . 2 )
種類 ※混和剤 ・混和材
混 和 材 料 の 使 用 量 ※ 改 修 標 仕 8 . 5 . 8 ( a ) ・、( b ) ・、( c ) に よ る
8 既存構造体との取合い
( 7 . 1 0 . 3 ) ( 表 7. 1 0 . 1 )
・構造用 (※図示 ・ )
・オイルステイン塗り(OS)
5 壁の配筋
( 7 . 2 . 3 ) [8 . 1 . 6 ] ( 別 2 - 1 . 1 ~ 1 . 3 )
※(別2-1.1~1.3)による ・ 325J/g以下、かつ、28日目で402J/g以下のものとする。ただし、無筋コンクリートに
A種及びC種の凸面処理
・行う ・行わない
[ 8 . 1 . 6 ] ( 別2 - 1 . 1 ~ 1 . 3 )
ボルトの縁端距離、ボルト間隔、ゲージ等
・C種
その他ボード面
R C種
※JISによる ・ [8.1.4][表8.1.3]
適用箇所
仕上りの平たんさ
・ ウ レ タ ン 樹 脂 ワ ニ ス 塗 り ( U C )木 部
※JISによる ・ 合板せき板を用いるコンクリートの打放し仕上げ
呼び名(mm)
規格等
※JISによる ・ ※JISによる ・ ※改修標仕表8.1.2による
※鉄筋の重ね継手の長さは、建築基準法施行令第73条による。(図示)
R B種
ブレース等
・ (適用箇所: )
・A種 ・B種
こうボード面等
[ 8 .2 . 4 ] [ 8 . 2 . 7 ] [ 表 8 . 2 . 5 ]
適用箇所
[8.1.4][表8.1.2]
部材の位置及び断面寸法の許容差
※B種 ・ プ ラ ス タ ー 面 ・ せ っ R A種
鋼材の材質等
コンクリートの仕上り
屋内亜鉛めっき鋼面
面・モルタル面
4 鋼材
[8.1.5][8.14.2]
種類の記号
鉄筋の重ね継手の長さ
塗り(EP-T)
※適用する ・適用しない
[8.2.2]
網目の形状、寸法等
※ A 種 ・A種 ・B種
3 施工管理技術者
※18
・A種 ・B種
※ B 種 ※鉄骨溶接基準図による ・ [8.1.4]
スランプ(cm)
※B種 ・ せっこうボード面
溶接条件
スランプ
※B種 ・ ・A種 ・B種
2 入熱、パス間温度の鋼材と溶接材料の組合せと溶接条件
・図示( )
2 コンクリートの品質
屋内鉄鋼面
モルタル面・プラスター面 ※ B 種 ・監督職員の承諾する工場
適用箇所
種 別
適用箇所 ※柱、梁、ブレースのフランジ端部の完全溶込み溶接部
・
屋外押出成形セメント板面 ・A種 ・B種 ・A種 ・B種
・A種 ・B種
定める(
J R ) グ レ ー ド と し て 国 土 交 通 大 臣 か ら 認 定 を 受 け た 工 場 又 は 同 等 以 上 の 能 力 の
呼び名(mm)
種類の記号
2 溶接金網
(株)日本鉄骨評価センター又は(社)全国鐵構工業協会の「鉄骨製作工場の性能評価基準」に
[ 8. 2 . 1 ] [ 表 8 . 2 . 1 ]
鉄筋の種類
[ 8 . 1. 5 ]
鉄骨製作工場の加工能力
※建築基準法第77条の45第1項に基づき国土交通大臣から性能評価機関として認可を受けた
ある工場
3
設計基準強度Fc(N/mm )気乾単位容積質量(t/m )
8-2
1 鉄骨製作工場
[8.1.3][8.10.1][表8.10.1][8.10.3]
軽量コンクリートの設計基準強度等
ペイント塗り(EP-G)
※ B 種 適用箇所
・
・つや有合成樹脂エマルション 屋内木部
塗り(EP)
既存柱外周部あと打ちコンクリート又はモルタルの厚さ ※図示
及び強度
屋外押出成形セメント板面 ※B種 ・A種 ※B種 ・A種
・ 合 成 樹 脂 エ マ ル シ ョ ン ペ イ ン トコ ン ク リ ー ト 面
・ 柱頭柱脚の隙間寸法 ※図示 ・ [8.7.9]
2
鉄筋工事
・アクリル樹脂エナメル塗り
(AE)
せっこうボード面
[8 . 2 . 4 ] [ 8 . 3 . 7 ]
・ 柱頭柱脚の隙間部間の型枠
・ ・A種 ・B種
塗り(NAD)
・ 常 温 乾 燥 形 ふ っ 素 樹 脂 エ ナ メ ル屋 外 鉄 鋼 面
・
鉄骨工事
目荒しの範囲
・A種 ・B種
コンクリート工事
※A種 ・ ※B種 ・ 塗り(2-FUE)
溶接閉鎖フー
間隔(mm) ※500×500
8-4
※B種 ・ ・ ア ク リ ル シ リ コ ン 樹 脂 エ ナ メ ル屋 外 鉄 鋼 面
・すべての増設柱 ・図示 ・ ・実施しない
シアコネクタとセパレーターの兼用 ※兼用してもよい ・兼用しない
鉄鋼面
塗り(2-ASE)
・ 圧 入 工 法 [ 8 . 1 9 . 8 ( a ) ( 2 ) 及 び ( c )]
※既存コンクリートとモルタル又はグラウト材の充填部の接合面
木部
屋内亜鉛めっき鋼面
・流 し 込 み 工 法 [ 8 . 1 9 . 8 ( a ) ( 1 ) 及 び ( b ) ] ・ す べ て の 増 設 柱 ・ 図 示 ・ 金網巻き及び
5 型枠工事
・合成樹脂調合ペイント塗り
屋内鉄鋼面
ート柱の溶接
シアコネクタ)
※既存コンクリートとの打継ぎ面
工 程
・すべての増設壁 ・図示 ・ 壁 の打 増 し部 に 用い る 径(mm) ※D10
[ 8 . 1 9 . 3 ] [ 8 . 2 0 .3 ] [ 8 . 2 1 . 3 ]
既存コンクリート面の目荒し
(SOP)
(FE)
鉄筋コンクリ
※工法指定なし
部 位
確認強度 ※図示 ・ 増打ち壁への有効定着長さ(mm) ・ [ 7 . 4 . 1~ 7 . 1 6 . 2 ] [ 表 7 . 4 . 1 ~ 7 . 1 6 . 1 ]
塗替え
[ 8 . 1 1 . 5]
[ 8 . 1 9 . 8] [ 8 . 2 1 . 5 ]
打込み工法
※実施する(試験方法 ※引張試験 ・ )
種類 ※金属拡張系あと施工アンカーの異形差筋アンカー
(現場打ちコンクリート
2 - U E ・、2 - A S E ・、
塗装面
補強工法
打込み工法等
プ巻き工法
4 シアコネクタ
※図示 ・ 適用範囲
塗装の種類
[8.11.2]
※図示 ・ 既存鉄筋コンクリート内の鉄筋の切断
EP-Gの場合
2-FUEは除く
4 塗装
部位ごとのコンクリート打込み工法の指定
8 コンクリートの
試験の適用
[ 8 . 1 9 . 2 ] [ 8 . 2 0 . 2 ] [ 8 . 2 1 . 2 ] [ 8. 2 2 . 2 ] [ 8 . 2 3 . 3 ]
撤去範囲
開発」において、評価を取得したもの
※あと施工アンカー施工部分すべて
備 考
撤去工事
亜鉛めっき鋼面
塗料種別
屋外
[8.11.2]
探査範囲
等の探査
[ 7 . 3 . 2 ・、3 ] [ 表7 . 3 . 1 ~ 4 ]
塗装面
鉄鋼面
=0.676以上
製造所 建設技術評価「建築物の断熱材兼用型枠工法の
2 穿孔前の埋込み配管
・鉄骨工事
・RA種 ・RB種
コンクリート面、押出成形セメント板面 ・
=厚さ/熱伝導率
( m 2 ・ K / W )
・コンクリート工事
( 2 - U E ・、2 - A S E ・、2 - F U E は 除 く )
・
種 類
設計基準強度
スランプ
2
(N/mm )
※普通コンクリート
※18
・軽量コンクリート
・
粗骨材の最大寸法
(cm)
※ 1 5又 は 1 8
・
セメントの種類
※普通ポルトランドセメント又は混合セメントのA種
(mm)
適用箇所
呼び名等
呼び長さ(mm)
呼び名
(頭付きスタッド
JIS B 1198)
適用箇所
・16
・19
※25
・22
・20
12 錆止め塗装
[8.16.3]
耐火被覆材の接着する面の塗装
・行う(※JIS K 5622 ・ ) ※行わない
・高炉セメントB種 (捨コンクリート)
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
建築改修工事特記仕様書(5)
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-5
8-5
13 耐火被覆
種別等
[8.17.2~7]
所要性能及び適用箇所
8-8
1 スリットの施工
・乾式吹付けロックウール
・半乾式吹付けロックウール
・湿式吹付けロックウール
・
・耐火板張り
・耐火材巻付け
・ラス張りモルタル塗り
・
[8.22.2]
既存撤去部の配管等の探査
2 外断熱改修工事
断熱材の種類
※鉄筋探査機(金属探知機)により探査し、鉄筋、配管類の位置に墨出しを行う
耐震スリット新設工事
鉄骨工事
種 別
・耐火材吹付け
[9.3.2]
種 類
・はつり出しによる
[8.22.2]
スリットの幅及び深さ ※図示
厚さ
放散による区分
(mm)
採取箇所数 計 箇所
採取箇所 ※図示 ・ F☆☆☆☆等級
・
・押出法ポリスチレンフォーム保温材
・
A種 G
F☆☆☆☆等級
・
・硬質ウレタンフォーム保温材
・
A種 G
F☆☆☆☆等級
・
・第二次判定
・フェノールフォーム保温材
・
A種 G
F☆☆☆☆等級
・
専門分析機関にてPCB含有量の分析を行う
・ロックウール
・
F☆☆☆☆等級
・
分析個数 計 箇所
・グラスウール
・
F☆☆☆☆等級
・
・除去処理工事
[9.3.2]
防火性能
種 類
構造体用モルタル
[8.2.10][8.5.10]
柱底均しモルタル
[8.2.10]
※無収縮モルタル ・ グラウト材
[8.2.10]
※無収縮グラウト材(セメント、混和材、砂は無収縮モルタルに準ずる)
無収縮モルタル及び無収縮グラウト材の仕様は次による
無収縮モルタルの材料及び調合
9
環境配慮改修工事
グラウト工事
※[8.2.10]及び[8.5.10]による ・ 1 アスベスト含有建材の
処理工事
分析によるアスベスト含有の調査 [9.1.1]
撤去方法 ・・「標準施工要領書・」(日本シーリング工事業共同組合連合会・日本シーリング
調査方法(1材料当たりの試料数)
材料名
※定性分析(※3 ・ ) ・定量分析(・3 ・ )
※定性分析(※3 ・ ) ・定量分析(・3 ・ )
セメント系(酸化カルシウム、カルシウムサルファルミネート等によっ
※JIS A 1481(建材製品中のアスベスト含有率測定方法)による
・ 分析結果については,監督職員に報告すること
セメントとする。
報告書の様式
・(社)日本作業環境測定協会発行「石綿分析結果報告書」
ので、特に精選されたものを絶対乾燥状態で使用する。
・ [表8.2.8]
・行う(測定箇所 ※図示) 測定時期、場所及び測定点数
練混ぜ2時間後のブリーディング率 2.0%以下
適用
凝結開始時間 1時間以上
圧縮強度
2
材齢 3日 25.0 N/mm 以上
・
・
2
材齢 28日 45.0 N/mm 以上
・
2
材齢 28日 3.0 N/mm 以上
3
0.30kg/m 以上
(1) 日本道路公団規格JHS 312-1999(無収縮モルタル品質管理試験方法)
による。
(2) 塩化物量は、JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の9.6
塩化物含有量の試験方法による。
無収縮グラウト材の材料(プレミックス及び現場調合形)
混和材
セメント系(酸化カルシウム、カルシウムサルファルミネート等によっ
JIS R 5210(ポルトランドセメント)による普通又は早強ポルトラン
ドセメントとする。
砂
測定
名称
処理作業前
測定2
測定4
測定5
・
測定6
・
測定7
・
測定8
(社)土木学会「コンクリート標準示方書」に定められた品質を有するも
ので、特に精選されたものを絶対乾燥状態で使用する。ただし、現場調
各( )点
施工区画周辺
計2点
各( )点
セキュリティーゾーン
各1点
を確認
各1点
口(処理作業室外の場合)
4方向各1点
練混ぜ2時間後のブリーディング率 2.0%以下
凝結開始時間 1時間以上
処理作業後
処理作業室内
各( )点
(隔離シート
施工区画周辺
4方向各1点
撤去前)
又は敷地境界
・吹付け硬質ウレタン
※A種1 G
難燃性を
有するもの
フォーム
G
-
・一般部
・
[9.6.1・、2]
[9.6.3]
既存保護層の撤去 ・行う
6 透水性アスファルト
舗装改修工事
[9.7.3]
路床の構成及び厚さ
・遮断層 厚さ(mm) ※150 ・ 含む本処理工事に直接又は間接的に係る区画、施工区画周辺とは、その区画境界の
前後1m以内の範囲をいう。
・フィルター層 厚さ(mm) 車道部 ※150 ・ 歩道部 ※ 50 ・ 2
2
2
(2)処理作業室の面積が50m 以下の場合は2点・
、300m までは3点とする。300m を
路床安定処理
超えるような場合は,監督職員と協議する。
添加材料の種類
・普通ポルトランドセメント
・高炉セメントB種
※位相差顕微鏡法
・生石灰( )
・消石灰( )
3
添加量 ( )kg/m (目標CBR ※5以上 ・ )
・ジオテキスタイル
保存しておく。
2
単位面積質量 60g/m 以上
・位相差・、分散顕微鏡法
2
厚さ(mm) 0.5~1.0
測定機関は,都道府県労働局に登録されている作業環境測定機関とする。
材齢 28日 2.5 N/mm 以上
G
種類
・フライアッシュセメントB種
方はその結果が高い場合(10本/L以上)に行う位相差・分散顕微鏡法用に
2
材齢 3日 20.0 N/mm 以上
引張強さ 98N/5cm(10kgf/5cm)以上
3
0.30kg/m 以上
(1) 日本道路公団規格JHS 312-1999(無収縮モルタル品質管理試験
なお、プレミックス形と現場調合形で混和材が同一の場合はプレ
測定3
(2) 塩化物量は、JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の
9.6塩化物含有量の試験方法による。
[8.21.7]
測定1,4,5,7
測定2,6,8
(作業環境)
(室内環境)
(大気環境)
25
25
47
メンブレンフィルターの
直径(mm)
ミックス形のみ試験を行う。
透水係数 1.5×10cm/sec以上
盛土の種別 ・A種 ・B種 ・C種 ・D種
・建設汚泥から再生した処理土
試料の吸引流量 (L/分)
1
5
10
試料の吸引時間 (分)
5
120
240
計数視野数
50
50
50
定量限界 (本/L)
50
0.5
0.3
G
遮断層及び凍上抑制層の材料
・遮断層 ※川砂、海砂又は良質な山砂 ・ 厚さは図示
・凍上抑制層 ※再生クラッシャラン ・クラッシャラン ・切込砂利 ・砂
厚さは図示
発生土の処理 ※構外搬出適切処理
連続繊維補強工事
・・「連続繊維補強材を用いた既存鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の
耐震改修設計・施工指針」((財)日本建築防災協会発行)の第4章[補強工事の施工]によ
測定記録項目
・構内指定場所に敷均し
る工法又は同等の性能を有する工法
(1)除去するアスベスト含有建材の種類
・構内指定場所に堆積
・(財)日本建築防災協会の評価を受けた工法
(2)測定点の位置の図面
・構内指定場所に処分(搬出調査等を監督職員に提出する)
・ (3)測定日時、天候、気流
路床土の支持力比(CBR)試験 ※行う ・行わない
(4)試料採取条件
路床の絞固め度試験 ※行う ・行わない
(5)標本作製方法
砂の粒度試験 ※行う ・行わない
連続繊維の材料
[8.2.11]
・炭素繊維 ・アラミド繊維 ・ガラス繊維 ・ 連続繊維の材質
[8.2.11]
2
引張強度(含浸硬化後) ・( )N/mm ・ 2
ヤング係数(含浸硬化後) ・( )N/mm ・ (6)使用顕微鏡の種類(開口数を含む)
G
(7)計数条件(HSEテストスライドの読取りグループ番号を含む)
路盤材料 ・再生クラッシャラン
(8)繊維数濃度(位相差顕微鏡法の場合は総繊維数濃度、位相差・分散顕微鏡法の場
・クラッシャラン鉄鋼スラグ
合はアスベスト繊維数濃度)
・ シート厚さ ・( )mm ・ (9)定量限界
路盤厚さ(mm) 車道部 ※150 ・ シート張り方向 ※図示
(10)その他
2
繊維目付け量 ・( )g/m ・ [9.7.4]
G
歩道部 ※100 ・ 路盤の締固め度試験 ※行う ・行わない
定着方法 ※図示
含浸接着樹脂 ・低臭型 ・ アスベスト含有吹付け材の除去(レベル1) ・行う
プライマー ・低臭型 ・ 除去対象範囲 ※図示
下地処理
※断熱材補修部分
※15
・
植栽基盤及び材料
・凍上抑制層 厚さ(mm) ※150 ・ 方法)による。
2 連続繊維シート
※A種 G
かん水装置 ・設置する(工事区分は図示による)
試料採取フィルターを二分割し、一方を位相差顕微鏡法用として使用し、他
材齢 7日 収縮しないこと
連続繊維補強工法
・
・
工法
鏡法)による。
2
材齢 28日 40.0 N/mm 以上
1 連続繊維補強工法
・接地部分
・
※添加材料による安定処理
終結時間 10時間以内
8-7
5 屋上緑化改修工事
又は敷地境界
測定方法
試験方法
※25
(スキン層付き)
芝及び地被類の種類等 ※図示 ・ JIS K 3850-1(空気中の繊維状粒子測定方法-第1部:光学顕微鏡法及び走査電子顕微
塩化物量
※一般部
・保温板3種b
・屋上緑化軽量システム
Jロートによる流下時間
付着強度
※25
・
の性能確認
練混ぜ完了から3分以内の値 8±2秒
圧縮強度
A種 G
フォーム保温材
除じん装置
コンシステンシー
無収縮性
A種 G
空気の流れ
無収縮グラウト材の品質及び試験方法(現場調合形においては標準使用量・配合値)
凝結時間
・
施工箇所
保温材
泡工法
処理作業室内
施工区画周辺
(mm)
・保温板2種b
・硬質ウレタンフォーム
現場発
合形に使用される砂の乾燥状態については、規定しない。
ブリーディング
打込み
備 考
(各処理作業室ごと)
処理作業室内
負圧・除じん装置の排出
厚さ
種類等
・
測定点数
入口
処理作業中
発泡剤の
フォーム保温材
又は敷地境界
測定3
・
[9.5.2・、3]
工 法
測定場所
[9.4.2]
断熱材の種類
[9.1.1]
測定時期
測定1
・
[9.4.2]
・ビーズ法ポリスチレン
(1)施工区画とは、処理作業室、セキュリティーゾーン、廃棄物置場、資材置場等を
て膨張する性質を利用するもの)とする。
セメント
4 断熱・防露改修工事
アスベスト粉じん濃度測定
Jロートによる流下時間
材齢 7日 収縮しないこと
試験方法
復層ガラスの厚さ 建具表による
・押出法ポリスチレン
練混ぜ完了から3分以内の値 8±2秒
無収縮性
塩化物量
[9.3.4]
(各重量比) (セメント+混和材):砂=1:1
終結時間 10時間以内
付着強度
試験施工、工法及び品質は、確認できる資料を提出し監督職員の承諾を受ける。
種 類
(社)土木学会「コンクリート標準示方書」に定められた品質を有するも
無収縮モルタルの品質及び試験方法
凝結時間
[9.3.4]
複層ガラスの断熱性・日射遮へい性による区分 ※U3-1 ・U3-2
て膨張する性質を利用するもの)とする。
ブリーディング
3 ガラス改修工事
分析方法
JIS R 5210(ポルトランドセメント)による普通又は早強ポルトランド
コンシステンシー
通気層 ・あり( mm) ・なし
特記なき事項は、製造所の仕様による。
※定性分析(※3 ・ ) ・定量分析(・3 ・ )
セメント
配合比
[9.3.3]
[9.3.3・、4]
下地面の清掃及び下地調整 ※断熱材製造所の指定する仕様
調査方法
除去範囲 ※図示 ・ 材工業会)による
既存外壁の仕上材の撤去 ・あり ・なし
・行う(採取箇所 ※図示) 混和材
砂
現場にてサンプルを採取し、シーリング材種及びPCB含有分析の要否を判定する
A種 G
・
グラウト材
材処分
・
外装材の種類
1 モルタル及び
・第一次判定
ホルムアルデヒド
種類
・ビーズ法ポリスチレンフォーム保温材
耐火被覆面への錆止め塗装 ・行わない ・行う(適用箇所: )
8-6
7 PCB含有シーリング
発泡剤の
[8.21.7]
[9.1.3]
舗装材料及び厚さ
仕上げモルタルの除去 ※行う ・行わない
除去したアスベスト含有吹付け材等の処理
下地処理の範囲 ※図示
※密封処理(二重袋梱包)
下地処理の程度 ※図示
・セメント固化
柱の隅角部の面取り
除去対象範囲 ※図示
箇所 ※図示
作業場の隔離 ・行う ・行わない
[9.7.5・、6]
車道部 ※改質アスファルトⅠ型 厚さ(mm) ※50 ・ 除去工法 ※改修標仕9.1.3(b)(1)(ⅰ)~(ⅳ)による ・ 歩道部 ※ストレートアスファルト 厚さ(mm) ※30 ・ 透水性アスファルト混合物等の抽出試験 ※行う ・行わない
[9.7.9]
大きさ ※図示
下地調整 ※行う ・ [8.21.7]
アスベスト含有保温材等の除去(レベル2) ・行う
ひび割れ部改修 ・行う ・行わない
[8.21.7]
除去対象範囲 ※図示
[8.21.7]
アスベスト含有成形板の除去(レベル3) ・行う
[9.1.4]
種類及び部位 ※図示
引張強度試験 ・行う ・行わない
[9.1.5]
試験数量 ※図示
付着強度試験 ・行う ・行わない
[8.21.7]
試験数量 ※図示
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
建築改修工事特記仕様書(6)
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-6
25,000
3,000
隣地境界線 29,130
a
1,800
2,400
凡 例
補強工事建築物
a
UP
13,000
隣地境界線 18,400
a
補強工事建築物
H=2,000
仮囲い(A型バリケード)
仮設仮囲い(成型鋼板)を示す。
工事用車両の動線を示す。
テラス
a
a
5,500
a
900
隣地境界線 39,300
ガードマン立位置を示す(1人)。
スロープ
5,000
クロスゲート(キャスター)ゲート
W6000×H1800
17,800
仮設仮囲い[成型鉄板]
H=2,000
仮設
トイレ
H=2,000
現場事務所
9,500
4,750
道路境界線 29,600
道路中心線
前面道路
法42条1項1号道路
4,750
隣地境界線 20,000
6,000
配置図 S=1:200
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
配置図
伊賀市建設部建築住宅課
1:200
A-7
内 部 仕 上 表
F
室 名
床
下 地
補強前
仕 上
事 務 室
下 地
補強壁 ■
スリット
■
補強後
仕 上
下 地
補強前
仕 上
通用口
下 地
補強壁 ■
スリット
□
補強後
仕 上
下 地
補強前
仕 上
ホール
下 地
補強壁 ■
スリット
□
補強後
仕 上
下 地
巾 木
H
腰 壁
下地 モルタル
補強前部分 撤去 その他部分は現状のまま
塩ビ長尺シート貼り 厚2.5
(補強壁前部分)
補強前部分 撤去 その他部分は現状のまま
既設 ソフト巾木撤去
RC壁 撤去 LGS下地 撤去
100
※スリット施工部
下地 モルタル
塩ビ長尺シート貼り 厚2.5
(補強壁前部分)
補強前部分 新設
既設 ソフト巾木新設
スリット
■
塩ビ長尺シート貼り 厚2.5
(補強壁前部分)
補強前部分 撤去 その他部分は現状のまま
既設 ソフト巾木撤去
RC壁 撤去 LGS下地 撤去
100
下地 モルタル
塩ビ長尺シート貼り 厚2.5
(補強壁前部分)
補強前部分 新設
既設 ソフト巾木新設
塩ビ長尺シート貼り 厚2.5
(補強壁前部分)
補強前部分 撤去 その他部分は現状のまま
既設 ソフト巾木撤去
RC壁 撤去 LGS下地 撤去
100
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付撤去
下地 モルタル
(補強壁部分 撤去)
補強前部分 新設
Pタイル貼り 厚2.0
(補強壁前部分)
補強前部分 新設
既設 ソフト巾木新設
下地 モルタル
下地 モルタル
RC壁 新設
100
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付新設
(補強壁部分 撤去)
RC壁 撤去 LGS下地 撤去
100
仕 上
ラバークリート塗り 現状のまま
ラバークリート塗り 現状のまま
下 地
下地 モルタル
下地 モルタル
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付撤去
(補強壁部分 撤去)
RC壁 新設
100
補強後
ラバークリート塗り 現状のまま
下 地
下地 モルタル
※スリット施工部
ラバークリート塗り 現状のまま
LGS下地 現状のまま(補強壁前部分 撤去)
化粧PB 厚9.0
(補強壁部分 撤去)
補強前部分 撤去 その他部分は現状のまま
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付新設
仕 上
Pタイル貼り 厚2.0 現状のまま
下 地
下地 モルタル
木製巾木 現状のまま
2,710
LGS下地 現状のまま(補強壁前部分 新設)
(補強壁前部分 新設)
備 考
塩ビ製現状のまま
塩ビ製一部撤去
塩ビ製現状のまま
塩ビ製一部撤去
2,710
塩ビ製現状のまま
塩ビ製一部撤去
塩ビ製現状のまま
塩ビ製一部撤去
化粧PB 厚9.0
木下地 現状のまま(補強壁前部分 撤去)
(補強壁前部分 撤去)
2,250
塩ビ製現状のまま
塩ビ製一部撤去
ダイロートン 厚6.0
木下地 現状のまま(補強壁前部分 新設)
(補強壁前部分 新設)
2,250
塩ビ製現状のまま
塩ビ製一部撤去
ダイロートン 厚6.0
木下地 現状のまま(補強壁前部分 撤去)
(補強壁前部分 撤去)
2,810
塩ビ製現状のまま
2,810
塩ビ製現状のまま
2,710
塩ビ製現状のまま
2,710
塩ビ製現状のまま
2,800
塩ビ製現状のまま
2,800
塩ビ製現状のまま
プラスターボード 厚6.0 EP
木下地 現状のまま(補強壁前部分 新設)
(補強壁前部分 新設)
プラスターボード 厚6.0 EP
RC壁 木下地 現状のまま
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付 現状のまま
プラスターボード 厚6.0 EP
RC壁 木下地 現状のまま
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付 現状のまま
プラスターボード 厚6.0 EP
100
補強前
2,710
廻 縁
化粧PB 厚9.0
PB厚12.0+寒冷紗 ラフトン吹付 撤去
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付新設
下地 モルタル
(補強壁前部分 新設)
(補強壁前部分 撤去)
RC壁 新設
100
2,710
LGS下地 現状のまま(補強壁前部分 新設)
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付撤去
(補強壁部分 撤去)
補強前部分 新設
仕 上
化粧PB 厚9.0
(補強壁部分 撤去)
補強前部分 撤去 その他部分は現状のまま
生活改善室
□
PB厚12.0+寒冷紗 ラフトン吹付 撤去
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付新設
下地 モルタル
補強前
補強壁 (補強壁前部分 撤去)
RC壁 新設
100
天井高
LGS下地 現状のまま(補強壁前部分 撤去)
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付撤去
(補強壁部分 撤去)
補強前部分 新設
天 井
壁
(補強壁部分 撤去)
小会議室
補強壁 □
スリット
■
100
補強後
仕 上
Pタイル貼り 厚2.0 現状のまま
下 地
下地 モルタル
※スリット施工部
木製巾木 現状のまま
RC壁 木下地 現状のまま
100
補強前
仕 上
磁器質100角タイル貼り 現状のまま
下 地
下地 モルタル
100角タイル貼り 現状のまま
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付 現状のまま
化粧PB 厚9.0
RC壁 木 下地 現状のまま
モルタル金コテ押エ ラフトン吹付 現状のまま
化粧PB 厚9.0
玄 関
補強壁 □
スリット
□
100
補強後
仕 上
磁器質100角タイル貼り 現状のまま
100角タイル貼り 現状のまま
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
内部仕上表
伊賀市建設部建築住宅課
NS
A-8
X5
X4
X3
X2
X1
X0
凡 例
事務室 仮設仮囲いを示す。
LGS65下地PB12.5貼り
25,000
5,000
5,000
壁四周の目貼りを行う事。
5,000
5,000
5,000
仮設仮囲い内
床養生:ラワンベニア + 養生シート
仮設仮囲い外
床養生:ラワンベニア + 養生シート
通用口 壁:垂直養生を行い、入口の目貼りを行う事。
工事進入路 窓ガラス養生を行う。
Y2
掃除具入
込
物
UP
入
仮設仮囲い
廊
RC増設壁(t=150)
下
入
仮設仮囲い
押
4,550
生活改善室
保健衛生室
1,000
床の間
Y0
2,500
事務室
テラス
スロープ
工事
進入路
下駄箱
カウンター
3,000
4,550
会議室
2,000
Y1
仮設仮囲い
RC増設壁(t=180)
1,950
湯沸室
13,000
踏
2,000
物置
男子便所
仮設仮囲い
1,950
女子便所
倉庫
4,500
小会議室
教養講座室
6,500
4,550
床の間
玄関
傘立て
スロープ
6,000
5,000
1階平面図 S=1: 100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
1階仮設計画平面図
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
A-9
X5
X4
X3
X2
X1
X0
25,000
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
Y2
掃除具入
踏
込
物
UP
入
湯沸室
入
4,550
保健衛生室
1,000
床の間
事務室
Y0
2,500
4,550
生活改善室
6,500
押
会議室
2,000
Y1
下
既設 撤去壁(t=150)
廊
既設LGS撤去壁
13,000
物置
男子便所
テラス
スロープ
下駄箱
カウンター
3,000
倉庫
1,950
1,950
女子便所
4,500
小会議室
教養講座室
2,000
4,550
床の間
玄関
傘立て
スロープ
6,000
5,000
1階平面図( 補強前) S=1: 100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
尺度
図面名称
1階平面図(補強前)
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
A-10
X5
X4
X3
X2
X1
X0
※ 補 強 概 要
① 1階 Y1通り(X0~X1間)増設壁 t=150
25,000
5,000
5,000
② 1階 X1通り(Y0~Y1間)増設壁 t=180 [開口付]
5,000
5,000
5,000
③ 1階 Y0ーX3 柱部分スリット
④ 1階 Y0ーX0 柱部分スリット
⑤ 1階 Y2ーX0 柱部分スリット
Y2
掃除具入
スリット
4,500
4,550
床の間
小会議室
教養講座室
犬走り改修
踏 込
UP
物 入
湯沸室
RC増設壁(t=150)
Y1
廊 下
4,550
生活改善室
保健衛生室
スリット
1,000
6,500
RC増設壁(t=180)
押 入
会議室
床の間
スリット
事務室
2,500
2,000
Y0
テラス
スロープ
下駄箱
3,000
4,550
13,000
物置
男子便所
2,000
倉庫
1,950
1,950
女子便所
カウンター
玄関
傘立て
スロープ
6,000
5,000
1階平面図(補強後) S=1:100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
1階平面図(補強後)
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
A-11
対象外建築物
対象外建築物
東立面図 S=1:100
北立面図 S=1:100
対象外建築物
下 郡 市 民 館
対象外建築物
対象外建築物
対象外建築物
西立面図 S=1:100
南立面図 S=1:100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
立面図(補強前)
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
A-12
部分スリット
(今回工事)
部分スリット
(今回工事)
東立面図 S=1:100
北立面図 S=1:100
対象外建築物
下 郡 市 民 館
400
対象外建築物
400
400
対象外建築物
対象外建築物
西立面図 S=1:100
対象外建築物
部分スリット
(今回工事)
対象外建築物
南立面図 S=1:100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
立面図(補強後)
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
A-13
X2
X1
X2
X0
5,000
X1
5,000
X0
5,000
5,000
Y2
Y2
小会議室
4,500
4,500
スリット
小会議室
男子便所
男子便所
通用口
通用口
250
柱寸法
500×500
柱側面
モルタル撤去
5,000
UP
4,750
既設壁LGS75下地PB12.5撤去
2,000
UP
250
柱寸法
500×500
△カッター切り
2,000
5,000
4,750
柱側面
モルタル金コテ下地
内部用ラフトン吹付
RC増設壁(厚150)
柱側面
モルタル撤去
柱寸法
500×500
1,000
6,500
6,500
事務室
4,050
保健衛生室
1,350
13,000
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
ホール
事務室
保健衛生室
入
RC増設壁(厚180)
6,500
押
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
▽カッター切り
△カッター切り
5,290
ホール
6,500
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
既設 撤去壁(t=180)
入
既設RC壁(厚150)解体撤去
(地中は利点~2階張り下まで)
Y1
柱寸法
500×500
柱側面
モルタル金コテ下地
内部用ラフトン吹付
柱側面
モルタル金コテ下地
内部用ラフトン吹付
木製フラッシュ戸
新設
既設
木製フラッシュ戸
撤去
1,350
床の間
床の間
スリット
柱側面
モルタル金コテ下地
内部用ラフトン吹付
柱側面
モルタル撤去
Y0
2,500
Y0
2,500
押
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
1,350
250
Y1
1,200
960
▽カッター切り
柱側面
モルタル撤去
13,000
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
1,350
250
既設LGS撤去壁
柱寸法
500×700
柱寸法
500×700
5,000
5,000
柱寸法
500×700
5,000
柱寸法
500×700
5,000
A
10,000
10,000
D
展開案内
平面詳細図 S=1:50
B
平面詳細図 S=1:50
C
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
平面詳細図
伊賀市建設部建築住宅課
1:50
A-14
Y1
Y1
300
300
2階梁下端
500
斜線部:既設土間コンクリート 厚90
鉄筋共撤去
砕石 厚120
下部土掘削撤去(地中梁天まで)
4,200
3,700
斜線部:新設土間コンクリート 厚90
鉄筋D[email protected]タテヨコシングル
砕石 厚120 新設
下部 埋め戻し
Y1通り 断面詳細図 S=1:50
既設地中梁:FG4(350*1000)
X1
X1
既設梁:2G2(300*700)
300
既設梁:2G2(300*700)
300
2階梁下端
地中梁天端
斜線部:既設土間コンクリート 厚90
鉄筋共 撤去
砕石 厚120
下部 土掘削撤去(地中梁天まで)
既設地中梁:FG2(350*1000)
1,000
500
② 1階 X1通り(Y0~Y1間)増設壁 t=180 [開口付]
X1通り 断面詳細図 S=1:50
350
4,200
500
1,000
500
200
1FL
200
地中梁天端
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
700
1FL
460 120 30
90
▽カッター切
3,700
4,200
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
カッター切▽
通用口
ホール
700
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
RC壁(厚180)新設
(地中梁天~2階梁下まで)
天井高
2,710
通用口
ホール
180
20 20
3,700
天井高
2,710
既設RC壁(厚150)解体撤去
(地中梁天~2階梁下まで)
150
20 20
天井:化粧PB 厚9.0 (補強壁前一部新設)
天井:ダイロートン 厚6.0
(補強壁前一部新設)
460 120 30
90
天井:化粧PB 厚9.0 (補強壁前一部撤去)
天井:ダイロートン 厚6.0
(補強壁前一部撤去)
990
700
990
2階梁下端
700
150
150
150150
150
150
150150
350
500
① 1階 Y1通り(X0~X1間)増設壁 t=150
既設地中梁:FG4(350*1000)
500
350
200
地中梁天端
500
1,000
350
1,000
地中梁天端
500
1FL
200
1FL
700
▽カッター切
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部新設
460 120 30
90
カッター切▽
天井高
2,710
4,200
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
床:長尺シートt=2.5
補強壁前一部撤去
通用口
事務室
700
通用口
RC壁(厚150)新設
(地中梁天~2階梁下まで)
150
20 20
3,700
天井高
2,710
既設壁LGS75下地PB12.5撤去
事務室
天井:化粧PB 厚9.0 (補強壁前一部新設)
天井:化粧PB 厚9.0 (補強壁前一部新設)
460 120 30
90
天井:化粧PB 厚9.0
(補強壁前一部撤去)
75
12 12
990
700
990
2階梁下端
天井:化粧PB 厚9.0 (補強壁前一部撤去)
既設梁:2G4(300*700)
150
150
150150
700
既設梁:2G4(300*700)
150
150
150150
斜線部:新設土間コンクリート 厚90
鉄筋D[email protected]タテヨコシングル
砕石 厚120 新設
下部埋め戻し
既設地中梁:FG2(350*1000)
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
断面詳細図
伊賀市建設部建築住宅課
1:50
A-15
天 井 仕 上 表
記 号
補 強 前
補 強 後
記 号
A
LGS下地 及び 化粧PB厚9.0(補強壁前部分 撤去)
A
LGS下地 及び 化粧PB厚9.0(補強壁前部分 新設)
B
木下地 及び ダイロートン厚6.0貼り VP
B
木下地 及び ダイロートン厚6.0貼り
施工範囲
(補強壁前部分 撤去)
斜線部分
(補強壁前部分 新設)
耐震補強補強壁前のみ施工を行う、その他部分は現状のままとする。
床の間
小会議室
小会議室
教養講座室
踏 込
物 入
湯沸室
廊 下
A
既設LGS撤去壁
RC増設壁(t=150)
押 入
B
生活改善室
既設RC撤去壁(t=150)
A
会議室
押 入
B
事務室
1,350
床の間
A
A
保健衛生室
2,000
A
RC増設壁(t=180)
物置
1,350
倉庫
男子便所
1,350
男子便所
A
事務室
保健衛生室
1,350
床の間
テラス
玄 関
天井伏図 S=1:100
玄 関
天井伏図 S=1:100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
天井伏図
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
A-16
事務室 展開図 S=1:50
RC壁(厚150)新設
モルタル金コテ 内部用ラフトン吹付
既設カーテンBOX
現状のまま
天井:化粧PB 厚9.5 (補強壁前一部新設)
100 585
天井:化粧PB 厚9.5
(補強壁前一部新設)
柱型:モルタル塗り下地 内部用ラフトン吹付
RC壁(厚180)新設
モルタル金コテ 内部用ラフトン吹付
1,100
アルミサッシ現状のまま
柱型:モルタル塗り下地 内部用ラフトン吹付
床:長尺シート貼り t=2.5
補強壁前一部新設
900
天井高
2,710
RC壁 新設
モルタル金コテ 内部用ラフトン吹付新設
ソフト幅木 H=100
壁:(補強壁以外の部分)現状のまま
通用口
ホール
ホール
ソフト幅木 H=100
5,000
X1
6,500
X0
A
Y1
B
天井:化粧PB 厚9.5
(補強壁前 一部新設)
5,000
Y0
X0
(新設建具図)
記号 ・ 数 量
事 務 室
WD-1
柱型:モルタル塗り下地
内部用ラフトン吹付 新設木製フラッシュ戸
WD-1
1
150
姿 図
長尺シート貼り t=2.5
補強壁前一部新設
2,000
750
2,710
天井高
RC壁(厚150)新設
モルタル金コテ 内部用ラフトン吹付新設
ソフト幅木 H=100
X1
C
通用口
建 具
片開き木製フラッシュドア
硝 子
型板ガラス 厚4.0mm
備 考
メラミン化粧合板
金 物
DC,SUS丁番,レバーハンドル,サムターン他付属金物一式
見 込
40mm
6,500
Y0
1,000
Y1
D
(補強壁部分撤去)
LGS下地撤去
PB厚12.0+寒冷紗 ラフトン吹付 撤去
既設カーテンBOX
現状のまま
天井:化粧PB 厚9.0 (補強壁前一部撤去)
(補強壁部分撤去)
RC壁(厚150)撤去
モルタル金コテ押え ラフトン吹付 撤去
既設アルミサッシ
現状のまま
1,100
(補強壁部分撤去)
LGS下地撤去
PB厚12.0+寒冷紗 ラフトン吹付 撤去
柱型:モルタル塗り
全面撤去 柱型:モルタル塗り
全面撤去 1,800
2,710
天井高
100
770
100 585
40
天井:化粧PB 厚9.0
(補強壁前一部撤去)
900
床:長尺シート貼り t=2.5
補強壁前一部撤去
(補強壁部分)幅木撤去
壁:(補強壁以外の部分)現状のまま
通用口
ホール
ホール
(補強壁前部分)幅木撤去
5,000
X1
6,500
X0
A
Y1
B
5,000
Y0
X0
C
X1
40
天井:化粧PB 厚9.0
補強壁前一部撤去
770
※ 補 強 概 要
(補強壁部分撤去)
RC壁(厚150)撤去
モルタル金コテ押え ラフトン吹付 撤去
① 1階 Y1通り(X0~X1間)増設壁 t=150
100
(補強壁部分撤去)
LGS下地撤去
PB厚12.0(両面)+寒冷紗 ラフトン吹付 撤去
40
800
40
(補強壁部分)巾木撤去
④ 1階 Y0ーX0 柱部分スリット
⑤ 1階 Y2ーX0 柱部分スリット
床:長尺シート貼り t=2.5
補強壁前一部撤去 通用口
工事名
6,500
Y0
D
② 1階 X1通り(Y0~Y1間)増設壁 t=180 [開口付]
③ 1階 Y0ーX3 柱部分スリット
1,800
2,710
天井高
既設木製フラッシュ戸
撤去(枠とも)
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
Y1
図面名称
尺度
展開図-1
伊賀市建設部建築住宅課
1:50
A-17
生活改善室 展開図 S=1:50
400
2,810
天井高
400
2,710
天井高
小会議室 展開図 S=1:50
50
③スリット
50
⑤スリット
5,000
Y2
5,000
2,000
X3
Y1
B
C
2,000
X4
※ 補 強 概 要
① 1階 Y1通り(X0~X1間)増設壁 t=150
② 1階 X1通り(Y0~Y1間)増設壁 t=180 [開口付]
③ 1階 Y0ーX3 柱部分スリット
④ 1階 Y0ーX0 柱部分スリット
5,000
Y2
2,810
天井高
2,710
天井高
⑤ 1階 Y2ーX0 柱部分スリット
5,000
2,000
B
Y1
X3
C
2,000
X4
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
展開図-2
伊賀市建設部建築住宅課
1:50
A-18
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
鉄筋コンクリート構造配筋
標準図(1)
伊賀市建設部建築住宅課
尺度
NS
S-1
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
鉄筋コンクリート構造配筋
標準図(2)
伊賀市建設部建築住宅課
尺度
NS
S-2
X0
5,000
X2
X3
5,000
X1
通 ま で 5,000
X0
5,000
5,000
175
FG3
FG3
F2
Y2
F1
FG1
FG2
FG2
6,775
F2
FG1
FG2
F1
6,500
F2
FG2
6,775
F2
Y2
Y2
275
FG3
275
FG3
275
Y2
175
275
X1
通 ま で 5,000
6,500
X2
X3
※RC増設壁(t=150)
F3
FG4
Y1
1,125
Y1
F4
Y
F2
F1
175
X
5,000
通 ま で 5,000
X2
基 礎 伏 図 ( 補 強 前 ) S=1/100
Y0
FG2
※RC増設壁(t=180)
FG3
Y
X0
FG3
F2
F2
Y0
F1
175
X
X3
5,175
X1
Y0
275
FG3
F2
X3
F4'
3,875
FG2
6,775
6,500
FG1
FG2
3,040
FG3
275
Y0
275
1,035 1,050
FG2
6,775
F4'
※既存RC壁撤去(t=150)
Y1
275
F4
FG4
6,500
FG4
Y1
1,150 1,150 250
FG4
F3
f4
FG1
f4
5,000
通 ま で 5,000
X2
5,175
X1
X0
基 礎 伏 図 ( 補 強 後 ) S=1/100
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
基礎伏図
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
S-3
X1
X0
5,000
X2
X1
5,000
X0
5,000
5,000
175
1C1'
2B3
2B3
Y2
Y2
1C1'
2B3
Y2
階段
2B1
2B3
2B2
2G2
2G1'
6,500
2B3
2G2'
6,500
2G2'
2B1
2B2
2G2
2G3''
1C2'
6,775
階段
6,775
2B3
2B3
2G3
1C2
2G1'
275
2G3''
1C2'
275
2B3
2B3
2G3
1C2
275
2B3
Y2
175
275
X2
2G4''
2B3
2B3
2G2
1C1'
Y0
Y0
2B3
2B3
Y
2B1
※RC増設壁(t=180)
275
2G3''
1C2'
275
2G3
275
2B3
1C2
Y1
2G4'''
2B1
2G1
2G2'
2G2
275
2B1
1C3'
2B3
2G1
6,500
6,775
2B3
2B1
1C4'
6,500
2G4'''
※既存RC壁撤去(t=150)
Y0
Y1
6,775
2G4''
1C4
Y1
2G2'
1C3'
2B3
1,150 1,150
1C4'
3,875
1C4
Y1
250
※RC増設壁(t=150)
2B3
1C2
2G3
2B3
2G3''
1C2'
1C1'
Y0
2B3
2B3
Y
1,225
175
X
5,000
X2
1,225
175
X
5,175
X1
5,000
X0'
X2
5,175
X1
1 階 柱 壁 伏 図 兼 2 階 梁 伏 図 S=1/100
1 階 柱 壁 伏 図 兼 2 階 梁 伏 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
X0'
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
梁伏図
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
S-4
X5
X4
X3
5,000
X2
5,000
X1
5,000
X0
5,000
5,000
175
175
4,300
5,000
700
RCL
2C4
2C3
1C4
1C4
1C4'
1C3'
500
1CL
3,000
1C4
3,500
1C3
GL
200
500
3,700
700
2CL
175
175
4,825
X5'
5,000
X4
5,000
X3
5,000
5,175
X2
X1
X0'
Y1通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
X5
X4
X3
5,000
X2
5,000
X1
5,000
X0
5,000
5,000
175
175
4,300
5,000
700
RCL
2C4
2C3
1C4
1C4'
※ RC壁 増 設
(t=150)
1C3'
500
1CL
3,000
1C4
3,700
1C4
3,500
1C3
200
GL
200
500
3,700
700
2CL
175
175
4,825
X5'
5,000
X4
5,000
X3
5,000
X2
5,175
X1
X0'
工事名
Y1通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
軸組図-1
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
S-5
Y0
Y1
Y2
6,500
Y0
Y1
Y2
6,500
6,500
275
275
6,500
275
275
700
RCL
2C4
945 1,000
2C2'
2,550
2CL
1C2'
※ 既 存 RC壁 撤 去
(t=150)
3,535
250
750 1,150
1C4'
1C2'
500
200
GL
2,700
1CL
500
1CL
1,925
3,700
1,150
3,000
3,025
3,025
1,150
3,535
3,000
2,050
1,200
1C1'
1,435
3,360
1,850
125
1C3'
1,115
GL
200
1,435
1C1'
700
700
2CL
3,700
5,410
5,410
2,050
1,115
5,000
1,650
1,250
2,930
4,300
2C2'
275
275
6,775
275
275
6,775
6,775
Y2'
Y1'
Y0'
6,775
X0'通 り 軸 組 図 S=1/100
X1通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
Y0
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
Y1
Y2
6,500
Y2'
Y1'
Y0'
Y0
Y1
Y2
6,500
6,500
275
275
6,500
275
275
700
RCL
2C4
945 1,000
2C2'
2,550
2CL
1C1'
(外部)
275
Y0'
6,775
Y1'
3,000
3,025
2,350
1C2'
500
200
GL
1C1'
(外部)
275
275
6,775
スリット詳細図 S=1/50
Y2'
1C4'
(内部)
275
6,775
2,700
3,700
650
耐火目地材
シール材
750 1,150
700
30mm
腰壁等
1,925
1CL
50mm以下
GL
耐火目地材
シール材
スリット詳細図 S=1/50
※ RC壁 増 設
(t=180)
1C2'
500
1CL
部分スリット
1,150250
250
1C1'
150
腰壁等
1,150
3,700
3,000
2,450
2,050
400
2,050
1,435
1,850
125
1C3'
3,875
700
700
2CL
350
1,115
200
30mm
3,360
2,050
1,435
400
部分スリット
150
(内部)
50mm以下
1C1'
5,410
5,410
2,050
2,450
1,115
5,000
1,650
1,250
2,930
4,300
2C2'
Y0'
6,775
Y1'
Y2'
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
X0'通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
X1通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
図面名称
尺度
軸組図-2
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
S-6
X5
X4
X3
5,000
X2
5,000
X1
5,000
X0
5,000
5,000
175
175
700
RCL
1,900
4,300
1,650
700
1C1'
175
3,000
1C2'
500
1C2
3,300
3,050
1C2
2,850
435
GL
1,900
435
1C2
435
1,635
2,350
1,160
3,700
500
1CL
1,075
970
3,800
1C1
175
500
2C2'
200
1,285
2C2
2,680
1,970
1,130
595
350
2C2
2,750
2CL
175
1,100
2C2
2,850
2,850
2C1
1,970
1,427.5
500 500
230
1,970
1,350
5,000
1,427.5
175
4,825
5,000
X5'
5,000
X4
5,000
X3
5,175
X2
X1
X0'
Y0'通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
X5
X4
X3
5,000
X2
5,000
X1
5,000
X0
5,000
5,000
175
175
700
RCL
1,900
1,635
2C2'
1,075
700
175
1C2
3,300
1C2
2,850
2,680
2,750
400
1,900
1C2'
500
200
595
435
435
GL
シール材
耐火目地材
50mm以下
175
(外部)
1C1'
3,000
500
4,300
1,650
2,850
2C2
部分スリット
435
1CL
1C2
3,050
2,350
1,160
3,700
1C1
1,130
970
1,330
1,285
3,800
500
150
腰壁等
1,970
2C2
500 500
230
350
175
1,100
2C2
2CL
1,970
1,427.5
2,850
2C1
(内部)
1,970
1,350
5,000
1,427.5
30mm
4,825
1C2
スリット詳細図 S=1/50
175
X5'
5,000
X4
5,000
X3
5,000
X2
Y0'通 り 軸 組 図 S=1/100
※ 特 記 な き 限 り 壁 は W15と す る
5,175
X1
X0'
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
軸組図-3
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
1:50
S-7
X1
X0
Y1
5,175
250
300
4,675
250
150150
既 設 梁 :2G4'''(300*700)
2CL
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 75
無 収 縮 モルタル圧 入
(H=200)
2G4'''
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
1-D16
700
700
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
1-D16
無 収 縮 モルタル圧 入
(H=200)
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 75
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
4,200
3,700
壁筋
タテ: [email protected](S)
1C4'
1C3'
3,700
ヨコ: [email protected](S)
3,700
4,200
壁 筋 [email protected](S)
150
1FL
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
500
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
1-D16
200
基礎梁天端
1,000
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
FG4
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 75
1,000
200
GL
既 設 梁 :FG4(350*1000)
樹 脂 アンカー:16φ @200(S)
250
壁 筋 [email protected](S)
150
D ( 10d )
250
Y1
500
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
1-D16
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
250
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 75
4,675
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
L ( 20d )
250
樹 脂 ア ン カ ー 16φ : D=160
接 合 筋 D16(ナ ッ ト 付 ): L=320
5,175
X1
接合筋
[email protected](S)ナット付
X0
ア ン カ ー 定 着 詳 細 図 S=1/20
Y 1 通 補 強 壁 詳 細 図 S=1/30
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
補強壁詳細図-1
伊賀市建設部建築住宅課
1:30
1:20
S-8
Y0
Y1
X1
6,775
350
300
6,175
250
150
150
既 設 梁 :2G2'(300*700)
2CL
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 100
無 収 縮 モルタル圧 入
(H=200)
2G2'
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
2-D16
700
700
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
2-D16
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
定 着 L=400以 上
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 100
650
無 収 縮 モルタル圧 入
(H=200)
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
180
2,350
開 口 補 強 筋 4-D16
タテ・ ヨコ共
4,200
3,700
4,200
カ ン ザ シ 筋 :[email protected]
ヨコ: [email protected](W)
1C4'
定 着 L=400以 上
1,150
1FL
180
開 口 補 強 筋 4-D16
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
700
500
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
2-D16
1,000
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
FG2
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 100
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
1,000
200
基礎梁天端
200
GL
2,350
3,700
タテ: [email protected](W)
1C2'
3,700
壁筋
既 設 梁 :FG2(350*1000)
開 口 補 強 筋 4-D16
250
壁 筋 [email protected](W)
180
樹 脂 アンカー:16φ @200(S)
250
X1
500
壁 周 辺 補 強 筋 (四 周 )
2-D16
カ ン ザ シ 筋 :[email protected]
接合筋(四周)
[email protected](S)ナット付
D ( 10d )
3,875
350
アンカー:16φ @200(S)
(四周)
スパイラル筋 (四 周 )
6φ @50 径 100
1,150
6,175
250
Y1
X 1 通 補 強 壁 詳 細 図 S=1/30
L ( 20d )
1,150
6,775
Y0
接合筋
[email protected](S)ナット付
樹 脂 ア ン カ ー 16φ : D=160
接 合 筋 D16(ナ ッ ト 付 ): L=320
ア ン カ ー 定 着 詳 細 図 S=1/20
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
補強壁詳細図-2
伊賀市建設部建築住宅課
1:30
1:20
S-9
電気・機械設備工事特記仕様書
項 目
Ⅰ 工事名称
下郡市民館耐震補強計工事
Ⅱ 工事場所
三重県伊賀市 地内
Ⅲ 建物概要
建物名称
管理普通教室棟
構 造
S造2階建て
延面積(㎡)
**** ㎡
消施令の適用
項 目
1.施行基準
2.一般事項
・施工計画等
・工事使用材料等
機器の動作確認、電圧・極性・相回転等の確認が出来るよう電源を確保すること。
◆足場
設置する足場については、「手すり先行工法等に関するガイドライン」(厚生労働省 平成21
年4月)により、「働きやすい安心感のある足場に関する基準」に適合する手すり、中さん及び
幅木の機能を有する足場とし、足場の組立て、解体又は変更の作業は、「手すり先行工法による足
場の組立て等に関する基準」の2の(2)手すり据置方式又は(3)手すり先行占用足場方式によ
り行うこと。
備 考
(*)項
Ⅳ 工事仕様 *包含工事の場合、◆印の項目及び事項については元請業者の業務内容に含むものとする。
◆施工条件
監督員及び関係部署と協議調整し決定すること。
◆事故の発生時
工事施工中に事故が発生した場合には直ちに監督員に通報するとともに、所定の様式により工事
事故報告書を監督員が指示する期日までに、監督員に提出しなければならない。
なお、事故発生後の措置について監督員と協議を行うとともに、当該事故に係る状況聴取調査、
検証等に協力すること。
特 記 事 項
図面及び特記仕様書に記載のない事項については以下による。
*国土交通省大臣官房官庁営繕部監修
「公共建築工事標準仕様書 最新版」(建築工事編・電気設備工事編・機械設備工事編)
「公共建築設備工事標準図 最新版」(電気設備工事編・機械設備工事編)
「公共建築改修工事標準仕様書 最新版」(電気設備工事編・機械設備工事編)
「建築工事監理指針」「電気設備工事監理指針」「機械設備工事監理指針」 最新版
*国土交通省国土技術政策総合研究所及び独立行政法人建築研究所監修
「建築設備耐震設計・施工指針2005年版」
*電気設備に関する技術基準を定める省令(電気設備技術基準)
*電力会社供給約款
*消防関連法規(条例・所轄署指導要領を含む)
*電気工事業の業務の適正化に関する法律・電気工事士法・労働安全衛生法
*その他関連法規、関連諸基準
工事の詳細については、本設計図面及び仕様書による他、上記各施工基準に準拠し、
監督員指示の下に入念かつ誠実に施工すること。
設計図書に定められた内容、現場の納まり・取り合い等の不明な点や施工上の困難・不都合、
図面上の誤記及び記載漏れ等に起因する問題点及び疑義、設計図書のとおりに施工することで将
来不具合が発生しうると予想される場合については、その都度、監督員と協議すること。
なお設計図書のとおりの施工であっても使用上の不具合が発生した場合は協議の上、
改善策を講じること。
他工事との取合いについては予め当該工事関係者間において協議し、円滑な工事進捗に努める
こと。なお調整不足による意匠的な仕上がり不備や不具合が発生した場合は監督員の指示により
手直し施工を行うこと。
受注者は、施工に先立ち、次の書類を提出し、監督員と打合わせを行うこと。
◆総合施工計画書
*詳細施工図(施工図リストを含む)
主要機器、重量機器、3kg超過吊器具等については固定方法、吊り方法等の詳細図を作図
し充分な耐震性能を確保する施工法を提案すること。
なお、これらの書類の作成に際し、施工上密接に関連する工事との納まり等について十分検討
すること。
工事に使用する機器及び材料等については、予め、次の書類を提出すること。
*使用機材届出書(メーカーリスト)
*機器明細図(主要機器の耐震計画書、大空間の照度計算書、配光図を含む)
*カタログ・製作図・その他諸資料
なお、機器及び材料等の選定にあたっては電気設備工事指定資材見積メーカー(参考)及び国土
交通省大臣営繕部監修「建設材料・設備機材等品質性能評価事業」評価名簿(最新版)又は
これらと同等以上のものとする。
また、品質が求められる水準以上であれば、県内生産品の優先使用に努め、「みえ・グリーン購
入基本方針」に準ずること。
◆工程表
関連業者間にて十分協議し実施工程表、月間工程表を作成して監督員に提出すること。
なお月間工程表には埋設・隠蔽・高所等の施工確認項目の該当時期を印すること。
◆工事写真
国土交通大臣官房官庁営繕部監修「工事写真の撮り方(改訂第3版)-建築設備編」によるほか
監督員の指示により撮影し、電子納品及び以下のものを提出する。
なおCDの提出部数は「電子納品」を参照
*全写真をサムネールにて印刷(A4版用紙に両面印刷にて15枚程度/ページ) 1部
*代表写真(不可視部分や材料、寸法写真、拡大写真、撤去処分品、搬出状況等)を抽出しL
判相当サイズで印刷。 (A4版用紙に両面印刷にて3枚/ページ) 1部
◆完成写真
主たる電気設備の全景写真を黒板無しにて撮影し、L判相当サイズで印刷する。
(A4版用紙に3枚/ページ)1部
撮影箇所は主要機器類、室内及び外構等の電気設備とする。詳細は監督員と協議する。
・完成書類
工事が完成した時は各種の試験及び検査を受けるものとする。
書類については以下のもの及び上記書類を併せ、監督員の指示に従い取りまとめ提出する。
◆工事完成報告書、工事目的物引渡書、完成写真
◆製本図面(竣工図、施工図):図面枚数が少ない場合、合冊でもよい。
竣工図は、原図サイズ及びA3縮小版を各2部・施工図は、原図サイズ1部。
白焼き(青焼き不可)で文字潰れのないこと。表紙(可能な範囲で背表紙にも)に「年度、
工事名、工期、竣工図(又は施工図)、請負者名」を印字(シール不可)すること。
◆引渡目録、工事書類預り書
◆工事書類(工事写真、工事日報、安全教育・訓練に関する書類、産業廃棄物処理集計表等)
*工事書類(打合記録、工事材料搬入報告)
*完成図書(試験成績表、自社検査記録、機器完成図、取扱説明書、保証書、機器銘板写し等)
*官公署手続き書類等(検査済証、着工届出書、設置届出書、電力会社届出書類等)
*その他監督員の指示する書類
ただし、作成しがたい場合は、監督員との協議による。
なお、完成書類の著作権にかかる使用権は発注者に移譲するものとする。
特 記 事 項
・完成確認、完成検査時
の電源確保
◆建設副産物
新築増築の延べ面積が500㎡以上の工事、及び修繕又は模様替えは請負額1億円以上の工事
について、再生資源の利用又は建設副産物の搬出がある場合、受注者は工事の着手までに「再生
資源利用計画書」(建設資材を搬入する場合)及び「再生資源利用促進計画書」(建設副産物を
搬出する場合)を施工計画書に綴じ込んで監督員に提出する。
また、工事が変更又は完了した場合には「再生資源利用実施書」(建設資材を搬入した場合)及
び「再生資源利用促進実施書」(建設副産物を搬出した場合)を作成し、監督員に提出する。
計画書及び実施書の提出とともにJACICが運営する「建築副産物情報交換システム」への
データ入力も併せておこなう。
・発生材の処理等
発注者へ引き渡すものについては「現場発生品調書」を提出すること。また再利用を図るものに
ついても調書を作成し、監督員へ提出すること。 引渡を要しないものは、全て構外に搬出し、
建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律、再生資源の利用の促進に関する法律、廃棄物の
処理及び清掃に関する法律、その他関係法令に従い適正に処理し、監督員に報告すること。
(マニフェストA、E票の写を監督員に提出する)
◆電子納品
工事写真は「営繕工事に係る電子納品マニュアル(デジタル工事写真編)」等に基づき電子媒体
も提出すること。(提出部数 ※2部・ 部)
工事完成図書は、「営繕工事に係る電子納品マニュアル(工事完成図書編)」等に基づき電子媒
体も提出すること。(提出部数 ※2部・ 部)
竣工図・施工図のCADデータ(JWW)及びPDFを格納。
・諸手続
工事に伴う関係官公署、電力会社、電気保安管理者等への諸手続きは、請負者がこれを代行し、
必要経費も本工事に含む。
・消防提出書類
消火器の設置届については、電気設備にて設置届を提出する必要がある場合は、消火器について
も併せて届出すること。ただし機械設備にて設置届を提出する必要がある場合は機械設備に含める
ものとする。防火対象物使用開始届については書類の作成(電気設備図面の用意及び電気設備に関
する部分の記述)を行うこと。
・既設との取合い
本工事施工に伴う既設設備の軽微な加工改造は、本工事とする。
・既設設備の調査
既設設備の改修を含む場合、他の設備、施設運営に影響を来さないよう、現地工事着工前に充分
な調査をおこなうこと。又、施工前後で比較を行るよう工事前にも絶縁抵抗測定を行っておくこと。
◆不当介入を受けた
場合の措置
暴力団員等による不当介入(三重県公共工事等暴力団等排除処置要綱第2条第1項第1項第10
号)を受けた場合の措置について
(1)受注者は暴力団員等(三重県公共工事等暴力団等排除処置要綱第2条第1項第1項第8
号)による不当介入を受けた場合は、断固としてこれを拒否するとともに、不当介入があった
時点で速やかに警察に通報を行うとともに、捜査上必要な協力を行うこと。
(2)(1)により警察に通報を行うとともに、捜査上必要な協力を行った場合には、速やかに
発注者に報告すること。発注者への報告は文書で行うこと。
(3)受注者は暴力団員等により不当介入を受けたことから工程に遅れが生じる等の被害が生じ
た場合は、発注者と協議を行うこと。
3.施工
(1)塗装
・指定色で2回塗りとする。
金属管、2種金属線ぴ、吊りボルト、支持具等鋼板製(SUS、溶融亜鉛メッキ、樹脂製は
除く)は原則として塗装を施すこと。
(2)行先表示等
・分電盤、端子盤、制御盤、プルボックス、ハンドホール内の電線ケーブル類にはケーブル
サイズ及び行先の表示を施すこと。
(3)セパレータ
・分電盤、端子盤、制御盤、コンセント内等に強電回路、弱電回路が混在する場合はセパレータ
を取り付けること。
(4)保護キャップ等
・レースウェイ等のダクタークリップが、人が容易に近づける場所、高さ(おおよそ2m以下)
にある場合は保護キャップを取り付けること。
(5)地中埋設配管及び埋設表示杭・シート
・配管の埋設深さは、強電=GL-750、弱電=GL-600とする。
埋設Wシート、埋設表示杭を布設のこと。
(6)防火区画部は国土交通大臣認定工法にて防火区画処理を行うこと。
4.その他
(1)使用機械
・低騒音型、低振動型の建設機械の使用に努めること。
(2)測定機器の校正記録
・工事で使用する測定機器に対しては適正に校正した器具を使用しなければならない。測定に先
立ち使用する測定機器の検査済証(写し)又は校正記録(写し)を監督員に提示すること。
(3)設計図書上に示すメーカー型番・姿図等は参考とする。
分 類
資 機 材 名
適 用 範 囲
規 格 ・ メ ー カ ー 等
電線
電線、ケーブル類
(エコ電線・ケーブルを
優先使用) 一般配線工事に使用する
もので、エコ電線・ケー
ブルのあるもの
●JIS規格適合品
●JCS(日本電線工業会規格)規格適合品
上記以外の一般配線工事
に使用するもの
●JIS規格適合品
耐火、耐熱電線
耐火・耐熱性を必要とする
場所に使用するもの ●登録認定機関((社)電線総合技術センター)または指定認定
機関((社)日本電線工業会(耐火・耐熱電線認定業務委員会))
により認定または評定されたもの
●(社)日本電線工業会により自主認定(評定)されたもの
圧着端子
裸圧着スリーブ
一般配線工事に使用する
もの
●JIS規格適合品
電線保護物類
金属管、VE、PF、H
IVE、FEP、CD、
合成樹脂製可とう管、可
とう電線管、フロアダク
ト、各付属品
一般配線工事に使用する
もの
●JIS規格適合品
●JIS規格のない物にあっては、電気用品の技術上の基準を
定める省令の適合品
配線器具
コンセント、スイッチ
一般配線工事に使用する
もの
●JIS規格適合品
●JIS規格のない物にあっては、電気用品の技術上の基準を
定める省令の適合品
注 ・「JIS規格適合品」と指定された資材は、工業標準化法に基づく適合の表示(製品・包装の外面、容器の外面、結束荷札ごとの納品書にJIS
マーク表示、またはJIS規格証明書等の添付)のあるものをいう。
・「設備機材等評価名簿」とは、国土交通省官房官庁営繕部監修「建築材料・設備機材等品質性能評価事業 設備機材等評価名簿(電気設備機材
機械設備機材)」の最新版をいう。ただし、納入地区及びアフターサービス地区に中部地区または近畿地区が含まれ、評価の有効期間内にある
場合にのみ有効とする。
・「設備機材等評価名簿」に記載されていないメーカーの資機材を使用する場合は、評価基準と同じ条件を満たすことを証明する書類を監督員に
提出し、承諾が得られた場合のみ使用できるものとする。
・特殊仕様の資機材を使用する必要がある場合は、仕様、性能等を証明する書類を監督員に提出し、承諾が得られた場合のみ使用できるものとする。
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
電気機械設備 特記仕様書
伊賀市建設部建築住宅課
NS
E-1
X5
X4
X3
X2
X1
X0
25,000
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
Y2
掃除具入
小会議室
教養講座室
女子便所
男子便所
空調室内機機(PC-RP112GA)の脱着を行うこと
※ポンプダウンも本工事内とする。
物入
湯沸室
※テ
B
P
2
MMA
1,950
工事期間中、照明スイッチが使用出来るよう仮設工事を行う事
廊下
※テ
★
※イ
※テ
★
会議室
4,550
Y1
※テ
押入
4,550
★
AE
R
2
13,000
踏込
2,000
物置
6,500
1,950
UP
倉庫
4,500
4,550
床の間
生活改善室
保健衛生室
注1,図中に示す既設器具(実線のみ)の撤去を行うこと。
(点線にて示す器具等は流用とする)
,
2
2
1P15A×1~6
コンセント(埋込型)
2P15A×1,2
コンセント(埋込型-引掛)
2P15A、E×2
※イ
既設器具撤去。(再取付器具を示す)
※テ
既設器具撤去。(廃棄)
★
★
2E
※テ
スイッチ(埋込型)
空調リモコンスイッチ
R
MMA
床の間
2
※テ
2
事務室
※テ
Y0
2,500
~
ガス湯沸かし器(20号)
脱着を行うこと
テラス
スロープ
既設配線の切断ヶ所を示す。
下駄箱
玄関
伴い不要になった露出配管、配線の撤去を行うこと。
AE
AE 1.2-2C (19)
3,000
カウンター
注2,配線図中実線にて示す露出配管、配線及び、既設器具撤去に
傘立て
スロープ
6,000
5,000
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
電気機械設備 現況撤去図
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
E-2
X5
X4
X3
X2
X1
X0
25,000
5,000
5,000
5,000
5,000
5,000
Y2
掃除具入
スリット
4,500
4,550
床の間
小会議室
教養講座室
女子便所
男子便所
既設空調室内機機(PC-RP112GA)
再取付
物置
踏込
2,000
1,950
UP
倉庫
物入
MMA
2
1,950
13,000
湯沸室
★
Y1
AE
廊下
★
※サ
R
会議室
★
4,550
2
6,500
押入
生活改善室
保健衛生室
★
床の間
スリット
2E
注1,図中に示す実線の器具、配管、配線の新設を行うこと。
MMA
2
事務室
スリット
Y0
2
VVF 2.0-2C
(PF22)
2,500
注2,配線図中特記なき配管配線は下記とする。
テラス
〃 2.0-3C(1C=E3) (PF22)
(PF22)
〃 1.6-3C
(PF22)
〃 1.6-4C
(PF22)
〃 1.6-2C+3C
(PF28)
AE 1.2-2C
(PF16)
スロープ
下駄箱
3,000
AE
〃 1.6-2C
玄関
但し、二重天井内は、ケーブルコロガシとする。
M
露出ケーブル部分の保護 (メタルモールジング)
傘立て
※補強概要
スロープ
①1階Y1通(X0~X1間)増設壁t=150
※イ
既設器具撤去後、再取付ヶ所を示す。
※サ
既設器具の、再取付ヶ所を示す。
②1階X1通(Y0~Y1間)増設壁t=180(開口付)
既設配線への接続ヶ所を示す。
③1階Y0-X3柱部分スリット
④1階Y0-X0柱部分スリット
★
⑤1階Y2-X0柱部分スリット
6,000
5,000
工事名
図面番号
平成26年度 下郡市民館耐震補強工事
図面名称
尺度
電気機械設備 補強・改修後
伊賀市建設部建築住宅課
1:100
E-3
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement