曽教26-42末吉総合センター倉庫増床工事

曽教26-42末吉総合センター倉庫増床工事
曽教26-42末吉総合センター倉庫増床工事
図 面 リ ス ト
図面番号
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
面
名
称
縮 尺
図面番号
図
面
名
称
縮 尺
A-01
表紙、図面リスト
NO SCALE
A-20
2階平面図(トレース)
1/300
A-02
特記仕様書 - 建築工事( 1 )
NO SCALE
A-21
3階平面図(トレース)
1/300
A-03
特記仕様書 - 建築工事( 2 )
NO SCALE
A-22
スノコ等平面図(トレース)
1/300
A-04
特記仕様書 - 建築工事( 3 )
NO SCALE
A-23
東側・西側立面図(トレース)
NO SCALE
A-05
特記仕様書 - 建築工事( 4 )
NO SCALE
A-24
南側・北側立面図(トレース)
NO SCALE
A-06
特記仕様書 - 建築工事( 5 )
NO SCALE
A-07
設計概要書・外部仕上表
NO SCALE
E-01
電気設備 特記仕様書
NO SCALE
A-08
配置図,附近見取図
1/500
E-02
電気設備 1階平面図
1/200
A-09
敷地面積求積図
1/500
E-03
電気設備 平面詳細図
1/50
A-10
改修前 求積図・面積表(コミュニティーセンター)
1/300
A-11
求積図・面積表(農業構造改善センター)
1/300
M-01
空調設備 特記仕様書
NO SCALE
A-12
改修後 求積図・面積表(コミュニティーセンター)
1/300
M-02
空調設備 平面詳細図
1/50
A-13
改修前 1階平面図
1/200
A-14
改修後 1階平面図
1/200
A-15
改修後 西側・北側立面図
A-16
平面詳細図・部分詳細図
A-17
建具キープラン・建具表・耐火構造標準図
図示
A-18
太鼓棚詳細図
1/50
A-19
1階平面図(トレース)
1/300
NO SCALE
1/50・1/30
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
製作年月日
工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
担当
図面内容
表紙、図面リスト
縮尺
訂 正
図
整理番号
NO.SCALE
A-01
の限りではない。
また、備考欄に商品名が記載された材料は、当該商品又は同等品を使用するものとし、同
等品を使用する場合は、監督職員の承諾を受ける。
8 化学物質を放散する
建築材料等
3)接着剤はフタル酸ジ-n-ブチル及びフタル酸ジ-2-エチルヘキシルを含有しない
散が極めて少ないものとする。
規制対象外
杭の傾斜 ・1/100以内 ・ 2 場所打ちコンクリート
杭地業
工事施工に際し,既存部分を汚染又は損傷した場合は監督職員に報告するとともに承認を受けて現状に準
この工事については,中間検査を ・行う ・行わない
セメントの種類 6章コンクリート工事のセメントの種類による
行う場合は,工事の進捗率が概ね50%に達した時期又は,躯体工事中(基礎地中梁,中間階及び最上階配
杭の精度
・場所打ち鋼管コンクリート杭工法
孔壁測定 ・行う( ) ・行わない
水平方向の位置ずれ ・100mm以下 ・ 職員と協議の上,発注者に申し出ること。
杭の傾斜 ・1/100以内 ・ この工事については,平成15年7月制定「防除施工標準仕様書」による。(以下,「防除」という)
杭の種類 ※本杭と同じ ・( )
※使用薬剤は,社団法人日本しろあり対策協会認定薬剤のうち,非有機リン系薬剤とする。 杭の寸法 長さ(m) ※本杭と同じ ・( )
d.ホルムアルデヒドを放散しない塗料等使用
※工事施工者は,原則として社団法人しろあり対策協会登録施工業者とする。
断面寸法 ※本杭と同じ ・( )
e.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散しない塗料使用
※土壌処理
f.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散しない塗料等使用
処理の適用区分 ※行う ・行わない
第三種
処理の方法 ※帯状散布法,面状散布法の一つ又はその組み合わせによって行う。
①JIS及びJASのF☆☆☆規格品
・木材処理
②建築基準法施行令第20条の7第3項による国土交通大臣認定品
処理の適用区分 ※行う ・行わない
③旧JISのEo規格品
処理の方法 ※吹付け処理法,塗布処理法の一つ又はその組み合わせによって行う。
④旧JASのFco規格品
※処理の箇所
標仕に記載されていない特別な材料の工法については、材料製造所の指定する工法とする。
下記により適用する技能士については,適用する工事作業中,1名以上の者が自ら作業をすると
(1.5.2)
参考長期設計地耐力 ( )KN/㎡
(防Ⅰ.2)
位 置 ※図示による
載荷荷重 ※( )t
(防Ⅰ.2)
(防Ⅰ.3.(2))
5 地盤の地耐力試験
試験対象土質 ( ) 最大荷重( )t
※Ⅰ.4.(2)①~⑥及び⑧に規定する箇所
・スウェーデン式サウンディング試験
・陸梁,合掌,小屋梁,間仕切,桁,火打梁などと敷桁又は軒桁との仕口面
図示の( )箇所 試験深さ 設計GLより( )m
・2階梁,火打梁と胴差との仕口面
試験対象土質 ( ) ・( )
・鉄筋施工(鉄筋組立て作業)
※Ⅰ.4.(2)⑦に規定する箇所
コンクリート工事
・型枠施工
・2以上の階の床面より1m以内にある木部でコンクリート,石,レンガに接する面
※保証書及び期間
ブロック・ALCパネル工事
・ブロック建築 ・ALCパネル施工
白蟻防除工事について,下記事項を記載した5年保証書を提出すること。なお,保証書については元請
防水工事
・アスファルト防水工事作業 ・合成ゴム系シート防水工事作業
業者と白蟻防除工事施工業者と連帯とする。
(ア)工事名称
・石材施工(石張り施工)
別並びに使用薬剤名,製造者名,施行年月日 (カ)登録施工業者会員名簿 (キ)施行した防除士の氏名及び
タイル工事
・タイル張り
登録番号・取得年月日・登録年月日 (ク)保証期間
木工事
・建築大工
※工事施工にあたり,社団法人しろあり対策協会平成15年8月制定「しろあり防除施工における安全管
屋根及びとい工事
・建築板金(内外装板金作業)
理基準を遵守すること
金属工事
・内装仕上げ施工(鋼製下地工事作業)
左官工事
・左官
建具工事
・サッシ施工 ・ガラス施工 ・自動ドア施工
カーテンウォール工事
・カーテンウォール施工 ・サッシ施工 ・ガラス施工
塗装工事
・塗装(建築塗装作業)
内装工事
・プラスチック系床仕上げ工事作業
・造園
畳工事
・畳製作
5
製品名( )
一 般共通 事項
施工完了時に室内空気中のホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン (1.5.9)
1 監督職員事務所
監督職員事務所の規模規 ・10㎡ ・20㎡ ・35㎡ ・65㎡ ・100㎡
構内既存の施設 ※利用できない ・利用できる(※有償 ・無償)
(2.3.1)
3 工事用電力
構内既存の施設 ※利用できない ・利用できる(※有償 ・無償)
(2.3.1)
4 現場表示板
規格 ※下図による ・監督職員の承諾による
※完成図 監理者
完成図の種類 ※表1.7.1による他,矩計図,面積表,構造図及び植栽図( )
施工者
種別 ※A種 ・B種 ・C種 ・D種
土工 事
・( 形式))完成図全て
1 埋戻し及び盛土
2 建設発生土の処理
・建設汚泥から再生した処理土
・柱、梁、壁及び庇などの外気に接する打放し面
※図示 ・ (5.3.1)
6 最上階柱頭補強
※行う ・行わない
(別2.1)
7 帯筋
※H形(□は除く) 8 壁開口部の補強
一般壁 ・A形 ※B形 ・図示
(別2.2)
(別4.4)(別表4.3~4)
耐震壁 ※図示
(別7.1)(別表7.1~3)
※超音波探傷試験 ・引張試験
12 土間スラブ打継ぎ補強
※入れる ・入れない
(3.2.5)
13 土間コンクリート補強
※入れる ・入れない
6
・構内指示の場所にたい積
・アスファルトコンクリート塊
のうえ提出する。
コン クリ ート工 事
・構内指示の場所に敷き均し
提出部数 ※1部 ・( )部
マニュアル」による)
地業 工事
提出部数 印刷物 ※3部 ・( )部
電子媒体 ※3部 ・( )部
地業
種類
(4.3.1~2)
杭の種類
杭径(mm)
杭長(m) 継手数 セット数
備考
・遠心力高強度
※JIS規格品
プレストレストコンクリート杭
※A種 ・B種 ・C種
1
設計基準強度
(6.1.4)
2
種別
・18
※21
・普通コンクリート
部位
土間
躯体
・軽量コンクリート
・1種 ・2種
部位
設計基準強度Fc(N/mm )
・24
部位
(PHC)
撮影箇所及び方法については,「工事写真の取り方建築編(改訂第2版)」による。
(別図 図5.11)
補強箇所 ※土間コンクリート ・犬走り ・( )
※搬出調書等を提出する。
1 既製コンクリート杭
(5.4.9)
((別図 図5.11)
補強箇所 ※S型背筋のスラブ ・( )
G
※管理者のための建築物保全の手引き(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修)に必要事項を記入
4
※図示
11 圧接完了後の試験
・保全に関する資料 ・保全管理マニュアルの作成,提出(スットクマネジメント技術検討委員会報告「施設保全
10 機械吊上げ用フック
(3.2.3)(表3.2.1)
・セメントコンクリート塊
2
レディーミクスト
※Ⅰ類 ・Ⅱ類
(6.1.5)(6.4.1~2)(表6.1.1)
コンクリートの類別
下記のものを監督職員に提出する。ただし、原版は撮影業者の保管とする。
JIS及びJASマークの表示のない材料及びその製造者等は、次の(1)~(6)の事項
を満たすものとする。
(1)品質及び性能に関する試験データが整備されていること
杭頭の処理 ※切断しない ・ (4.3.7)
先端部形状 ※開放形 ・閉そく平たん形
(4.3.2)
杭の継手 建築基準法に基づく指定又は認定を受けた継手を使用してもよい。
(2)生産施設及び品質の管理が適切に行われていること
杭の工法
(3)安定的な供給が可能であること
(4.3.6)
(4.3.3~5)
・打込杭工法
(4)法令等で定める許可、認可、認定又は免許等を取得していること
3
スランプ
工作物のスランプ 15又は18cm
4
セメントの種類
※普通ポルトランドセメント又は混合セメントのA種
(6.2.3)
(6.3.2)(6.13.2)(6.16.2)(表6.3.1)
・高炉セメントB種 (・ )
普通ポルトランドセメントの品質は、JIS R 5210に示された規定の他、次の規定の全てに適合する
ものとする。ただし、無筋コンクリートに用いる場合を除く。
※プレボーリング併用打撃工法
(5)製造又は施工の実績があり、その信頼性があること
プレボーリングの掘削深さ及び径 深さ( )m 径( )
(6)販売、保守等の営業体制が整えられていること
杭打機 ※油圧パイルハンマー ・( )
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
製作年月日
工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
担当
図面内容
特記仕様書(1)
縮尺
年 月 日
※10 ・ ・ 9 梁貫通孔の補強形式
・構外搬出適正処理
・搬出距離( )㎞
年 月 日
(5.3.5)
標仕表5.3.6の値に加える寸法(mm)
※柱及び梁の主筋にD29以上を使用する場合は,表5.3.6によるほか,経の1.5倍以上確保すること。
※設置位置は,監督職員との協議による。また,取付けは,強風に対し安全な工法とする。
3
・受け入れ場所( )
年 月 日
最小かぶり厚さは目地底から算定する。
※H形 ・MH形 ・M形
提出部数 ※1部 ・( )部
年 月 日
※重ね継手 ・
杭頭補強
CADデータ ・提出する(完成図と同じデータ形式) ・提出しない
本工事に使用する材料等は、設計図書に規定する所要の品質及び性能を有するものとし、
※重ね継手 ・
その他の鉄筋( ) 1800
・施工図 工事完成後は監督職員の指示する施工図の原図及び陽画複写図を監督員に提出する。 13 完成写真等
(5.3.4)
・ 40d ・ 表5.3.4(保有水平耐力計算又はH23国交告432) 5 既製コンクリート杭の
再生資源化を図るもの又は廃棄するもの ・有 ・無
・再生資源利用計画書及び再生資源利用促進計画書の作成
耐力壁の鉄筋 施工箇所
工 期 平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日
・施工計画書 提出部数 ※1部 ・( )部
・建設廃棄物処理計画書の作成
呼び名19mm以上の柱、梁の主筋 ※ガス圧接 ・重ね継手 4 鉄筋の最小かぶり厚さ
・A2 ・A3)完成図全て(二つ折り製本)
・CD-ROM(・SXF(sfc)形式 ・DWG形式 ・DXF形式 ・jww形式 ・PDF形式
上記に示す受入れ施設は参考であり,実施にあたっては監督職員と協議のうえ決定する。
※D19以上 ・ ・耐久性上不利な箇所の鉄筋の最小かぶり厚さは下表による。
発注者
(1.7.1~3)(表1.7.1)
部数 ※ 3部 ・( )部
搬出距離
・SD345
3 梁主筋の定着
工 事 名 工 事
ごとの必要図面,納品形式及び納品部数は下記による。
(1.3.8)
呼び名(mm)
※D16以下 ・ 継手位置 ※図示による ・ 市シンボルマーク 150*150程度
材質 ※県産杉板 ・監督職員の承諾による
設計者
(5.2.1)(表5.2.1)
種類の記号
・SD295A
・特殊な継手(・機械式継手 ・溶接継手)
完成図の様式等 ※1.7.2(b)(1)による他,CADデータ及びマイラーベースA4版完成図様式
(1.3.5)
受入れ場所
1 鉄筋の種類
(2.3.1)
2 工事用水
部数 ※ 1部 ・( )部
受入れ施設名
厚さ ※50mm ・( )mm
・重ね継手(・ 40d ・ 表5.3.2(保有水平耐力計算)) 引渡し場所 ※構内 ・( )
分 類
(4.6.5)
8 捨てコンクリート
仕上げの程度は現場説明書による
・マイラーベース(アセテート系)完成図全て
・引渡しを要するもの( )
(4.6.3)
施工箇所 ※建物内の土間スラブ及び土間コンクリート下(ピット下を除く)

※作成する ・作成しない
・陽画複写図製本(・A1
標準仕様書(1.3.5)以外の施工条件
※再生クラッシャラン ・切込み砂利及び切込み砕石
7 床下防湿層
2 鉄筋の継手
発注制度の製品等
仮設 工事
植栽工事
(イ)建物の所在地 (ウ)建物の構造・用途・面積 (エ)白蟻防除工事の施工面積 (オ)防除処理
6 砂利地業
鉄筋工 事
・塗膜防水工事作業 ・シーリング防水工事作業
石工事
2
参考長期設計地耐力 ( )KN/㎡
・平板載荷試験 図示の( )箇所 試験深さ 設計GLより( )m
鉄筋工事
21 鹿児島県トライアル
試験の種類 ・鉛直載荷試験 ・水平載荷試験
・木造の場合
900
・図示 ・工事補足説明事項
訂 正
4 杭の載荷試験
(防Ⅰ.3.(1))
・木造以外の場合
技能検定の職種
(4.5.4)
杭の本数 ※最初の1本 ・( )
c.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散しない材料使用
※結果が良好でなかった場合には,監督職員と協議し対策を行うこと。
・要 ・不要
7 建築材料等
3 試験杭
この項目に記載の(防 )内表示番号は,防除の当該項目を示す。
測定箇所数 ・図示 ・ 電気工作物の保安の業務を行うものとする。
(4.5.5)
・拡底杭工法(※安定液使用 ・ )
筋完了時,鉄骨建方完了時)及び内装工事等施工中を検査の目安とし,工事受注者は検査の希望日を監督
測定対象室 ・図示 ・ (1.3.3)
(4.5.4)
・オールケーシング工法(孔内の水張 ・行う ・行わない)
※当該建物の取得する完成図等の著作権に係わる当該建物に限る使用権は発注者に移譲するものとする。
工事現場におく電気保安技術者は、電気事業法に基づく電気主任技術者の職務を補佐し、
(4.5.3)
2
堀削工法 ・アースドリル工法(・安定液使用 ・無水堀削)
・リバース工法
着工前の測定 ・行う
・ALCパネル ・押出成形セメント板 ・外壁石張 ・長尺金属板葺き ・折板葺
鉄筋の種類 5章鉄筋工事の鉄筋の種類による
19 中間検査
鉄骨工事
・スレート波板葺 ・( )
(4.5.3)(表4.5.1)
( )種かつ( )N/mm 以上
b.接着剤等不使用
適用工事種別
12 完成図等
コンクリートの種別及び設計基準強度
この工事については,部分使用は ・有 ・無
ともに,他の技能者に対して,施工品質の向上を図るための作業指導を行う。
適用工種
6 発生材の処理等
水平方向の位置ずれ ・杭径の1/4かつ100mm以下 ・ 18 部分使用
20 白蟻防除工事
a.非ホルムアルデヒド系接着剤使用
・積雪区分 建告示第1455号 別表( )
5 条件明示項目
杭の精度
低騒音型,低振動型建設機械指定要領に基づき指定された建設機械を使用する。
③下記表示のあるJAS規格品
※地表面粗度区分( ・Ⅰ ・Ⅱ ・Ⅲ ・Ⅳ)
4 電気保安技術者
杭先端部形状 ※認定条件による
17 騒音振動の防止
②建築基準法施行令第20条の7第4項による国土交通大臣認定品
測定はパッシブ型採取機器により行う。
※風速(Vo= )
Ra=1/3{25NAp+(1/5NsLs+1/2quLc)ψ}
・完成時写真 ・工事中写真 ・着工前写真
※図示による。 ・現地地盤の平均高さとし,監督職員の指示による。
①JIS及びJASのF☆☆☆☆規格品
・構内舗装・排水設計基準 (平成13年版)
(1.2.2)
建築基準法に基づく国土交通省大臣の認定を受けた受けた工法で,長期許容支持力が下式を満足する工法
適用工事(土,地業,コンクリート,舗装,植栽,とりこわし等)
また、設計図書に規定する「ホルムアルデヒドの放散量」は、次のとおりとする。
(学校施設については,パラジクロロベンゼンを加えた6物質)の濃度を測定し、報告すること。
・建築基準法に基づく風圧区分等を必要とする場合は次による。
杭先端部形状 ※閉そく形
外観4面/棟 15 設計GL
5)1)、3)及び4)の建築材料等を使用して作られた家具、書架、実験台、その他の
什器等は、ホルムアルデヒドを放散しないか、放散が極めて少ないものとする。
対象工事 ※工事請負金額 500万円以上 ・( )
3 品質計画
※ドロップハンマー ・( )
じて補修する。
4)塗料はホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンを放散しないか、放
(1.1.4)
※ 2 部
設備機器の位置、取合い等の検討できる施工図を提出して、監督職員の承諾を受ける。
ンを放散しないか、放散が極めて少ないものとする。
・建築鉄骨設計基準及び同解説 (平成10年版)
※適用する
・特定埋込杭工法
・セメンミルク工法
・( )部
14 設備工事との取合い
16 既存部分等への措置
難揮発性の可塑剤を使用し、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼ
・擁壁設計標準図 (平成12年版)
推定支持力の算定方法は,共仕4.3.3(3),(4.3.1式)による。
撮影業者 ※監督職員の承諾する撮影者 ・監督職員の承諾する撮影業者
めて少ないものとする。
11 化学物質の濃度測定
部分:サービスサイズ
外観4面/棟 内部全状況
長期設計支持力( )KN/本
電子データは,RBG(フルカラー),JPEG形式最高画質とし,CD-ROMにて提出する。
・ボード仕上げ工事作業 ・表装(壁装作業)
・工事写真の撮り方(改訂第二版)建築編(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修)
※ 3 部
4
100*125以上の原板を使う場合には,監督職員にあらかじめべた焼きを提出し確認を受ける。
2)保温材、緩衝材、断熱材はホルムアルデヒド及びスチレンを放散しないか、放散が極
・建築工事標準詳細図(国土交通省大臣官房官庁営繕部建築課監修 平成22年版)
2 工事実績情報の登録
電子データ
するものとし、次の1)から5)を満たすものとする。
・( )部
※デジタルカメラ カラーサービスサイズ
実態調査用
本工事の建物内部に使用する建築材料等は、設計図書に規定する所要の品質及び性能を有
備 考
※ 1 部
カラーサービスサイズ
※デジタルカメラ 全景:キャビネサイズ
(出来形時) ・カメラ
デヒドを放散しないか、放散が極めて少ないものとする。
10 一級技能士
※ 1 部
・( )部
部分:サービスサイズ
※デジタルカメラ
完成時
部 数
※デジタルカメラ 全景:キャビネサイズ
・カメラ
(検査状況) ・カメラ
クルボード、その他の木質建材、ユリア樹脂板、仕上げ塗材及び壁紙は、ホルムアル
特 記 事 項
1 適用基準等
工事中
1)合板、木質系フローリング、構造用パネル、集成材、単板積層材、MDF、パーティ
9 特別な材料の工法
規 格
分 類
着工前
)
※工事に使用する材料は,アスベストを含有しないもの(含有率0.1%以下)とする。
区 分
)
に提出して承諾を受けるものとする。ただし、あらかじめ監督職員の承諾を受けた場合はこ
地 業工 事 続
(き
1
明となる資料又は外部機関((社)公共建築協会 他)が発行する資料等の写しを監督職員
一 般共 通事 項 続
(き
1
項 目
なお、これらの材料を使用する場合は、設計図書に定める品質及び性能を有することの証
)
章
1
一 般共 通事 項 続
(き
建 築 工 事 特 記 仕 様 書
1.共通仕様
(1)図面及び特記仕様に記載されていない事項は、国土交通省大臣官房営繕部監修の「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)
(平成25年版)」(以下、「標仕」という。)による。
2.標準仕様書のうち必要として特記する事項と,その他必要として特記する事項を特記事項とする。
3.特記仕様
(1)項目は、番号に
印の付いたものを適用する。
(2)特記事項は、 ・ 印の付いたものを適用する。
・ 印の付かない場合は、※印の付いたものを適用する。
・ 印と ※ 印の付いた場合は、共に適用する。
(3)特記事項に記載の( )内表示番号は、標仕の当該項目、当該図又は当該表を示す。
(4)特記事項に記載の(別 )は「各部配筋参考図」の当該項目を示す。
(5)製造所名は、五十音順とし「株式会社」等の記載は省略する。また( )内は製品名を示す。
(6)G 印は「国等による環境物品等の調達の推進に関する法律」の特定調達品目を示す。
4.前金払
契約金額100万円以上の工事にあっては,契約金額(全体又は年度毎の出来高予定額)の10分の4を越えない範囲内に限り前払金の支払
を請求することができる。
5.中間前金払か部分払かの選択
契約金額100万円以上の工事にあっては,契約に当たり中間前払金又は部分払を選択することができる。
6.中間前金払
契約金額(全体又は年度毎の出来高予定額)の10分の2を越えない範囲内に限り7の全ての要件を満たす場合に中間前払金の支払を請求
することができる。
7.中間前金払の要件
(1)工期の2分の1を経過していること。
(2)工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。
(3)既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負金額の2分の1以上の額に相当するものであること。
8.部分払
前払金を支払ったものについては工期中2回まで,前払金の支払がされていないものは工期中3回までとする。
9.火災保険
契約締結後速やかに火災保険に加入し,保険期間は工期後21日とする。
10.県産資材の優先使用
(1)工事に使用する資材については,県内で産出,生産製造されたもの(以下「県産資材」という)の優先使用をすることとし,さら
に,県産資材以外の資材等についても,県内に本店を置く資材業者等から調達するよう努めることとする。
(2)前項で定めた県産資材等を使用しない場合は, 材料承認願の提出と併せて「不使用等状況報告書」を監督員に提出すること。
11.下請工事における管内(市内)建設業者の優先使用
(1)工事の一部を下請に付する場合は曽於市に主たる営業所を有する者を使用するよう努めることとする。
(2)前項で定めた建設業者を活用しない場合は,施工計画書等の提出と併せて「不使用等状況報告書」を監督員に提出すること。
12.配置技術者等の途中交代
(1)技術者等の途中交代が認められる場合としては,主任技術者又は監理技術者の死亡,傷病,または退職者等,真にやむを得ない場合
のほか,下記に該当する場合である。
① 受注者の責務によらない理由により工事中止又は工事内容の大幅な変更が発生し,工期が延長された場合
② 工事製作を含む工事であって,工事から現地へ工事の現場が移行する時点
③ 大規模な工事で一つの契約工期が多数年に及ぶ場合
(2)上記1のいずれの場合であっても,請負者と発注者が協議し,工事継続性,品質確保等に支障がないと認められる場合のみ途中交代
が可能となる。
13.電子納品
(1)本工事は,電子納品対象工事であり,電子納品とは,「調査,設計,工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品する
こと」をいう。ここでいう電子納品とは,「鹿児島県電子納品ガイドライン (平成25年3月):(以下,「ガイドライン」という。)に
定める基準に基づいて作成した電子データを指す。
(2)ガイドラインに基づいて作成した電子成果品は電子媒体(CD-R)で正本1部,副本2部の計3部提出する。電子化しない成果品については従来
どおりの取扱いとする。電子納品レベル及び成果品の電子化の範囲については,事前協議を行い決定するものとする。
(3)電子成果品を提出する際は,鹿児島県の公開する電子納品チェックソフトによるチェックを行い,エラーが無いことを確認した後,
ウィルス対策を実施した上で提出すること。
14.暴力団関係者による不当介入を受けた場合の措置
曽於市が発注する建設工事等(以下「市工事等」という。)において,暴力団関係者による不当要求又は工事妨害(以下「不当介入」
という。)を受けた場合は,断固としてこれを拒否するとともに,その旨を遅滞なく市(発注者)及び警察に通報すること。
市工事等において,暴力団関係者による不当介入を受けたことにより工程に遅れが生じる等の被害が生じた場合は,市(発注者)と協
議を行うこと。
15.ダンプトラック等による過積載等の防止について
(1)工事用資機材等の積載超過のないようにすること。
(2)過積載を行っている資材納入業者から,資材を購入しないこと。
(3)資材等の過積載を防止するため,資材の購入等に当たっては,資材納入業者等の利益を不当に害することがないようにすること。
(4)さし枠の装着又は物品積載装置の不正改造をしたダンプカーが,工事現場に出入りすることがないようにすること。
(5)「土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法」(以下法という)の目的に鑑み,法第12条に規定する
団体等の設立状況を踏まえ,同団体等への加入者の使用を促進すること。
(6)下請契約の相手方又は資材納入業者を選定するに当たっては,交通安全に関する配慮に欠けるもの又は業務に関しダンプトラック等 によって悪質かつ重大な事故を発生させたものを排除すること。
(7)(1)から(6)のことにつき,下請契約における受注者を指導すること。
16.下請け契約に関する請負代金内訳書及び支払い状況等の確認
請負者は,建設工事の下請契約の請負代金の総額が3,000万円(建築一式工事は4,500万円)以上となる場合は,施工体制台帳
の作成及び提出と併せて,契約額が500万円以上となる下請者並びに再下請者に関する「請負代金内訳書」を取りまとめ,監督職員に提
出するものとする。(施工体制点検「様式-1」に基づく。)
また,発注者が実施する施工体制点検の現場確認時には,現場が稼働中にある契約額500万円以上の下請(再下請)業者の主任技術者
に対し,施工状況が契約書どおりであるか,さらに点検時点迄において,契約書どおりの支払いが履行されたか等について,適宜,聞き取
りを実施するものとする。(施工体制点検「様式-2」に基づく。)
整理番号
NO.SCALE
A-02
6
7
アルカリシリカ反応による区分
・B(※コンクリート中のアルカリ総量Rt=3.0kg/m 以下)
※混和剤 ・混和材
(6.3.5)(6.4.8)
等によって膨張する性質を利用するもの)とする。
セメント
砂
無筋コンクリート
配合比
(6.2.2)(6.11.3)
2
設計基準強度 ※18N/mm スランプ(㎝) ※15または18
コンシステンシー
18N/mm
9
コンクリート躯体
外装タイル後張り面の躯体表面の処理
表面の処理
MCR工法を行う場合は、せき板面にMCR工法用気泡ポリエチレンシート張りとし、仕上がり面凹凸
2
2
打放し仕上げの種類
ブリージング
練り混ぜ2時間後のブリージング率 : 2.0%以下
凝結時間
凝結開始時間 1時間以上
無収縮性
材齢7日 収縮しないこと
圧縮強度
材齢3日 25.0N/mm2以上
材齢28日 3.0N/mm2以上
塩化物量
0.30kg/m3 以下
試験方法
1)日本道路公団規格(JHS)「無収縮モルタル品質管理試験
付属書5(規定)「フレッシュコンクリート中の水の塩化物
見え掛かりの床版
イオン濃度試験方法」による。
13 打増し厚さ
・打放し仕上げ(仕上げ塗材、塗装等の仕上げを行う場合を含む)の打増し厚さ
(7.12.3)(表14.2.2)
13 アンカーボルト
適用部位
)
)
建築技術評価「鉄筋コンクリート建築物等における床型枠用鋼製デッキプレートの開発」に
デッキプレート
おいて評価を取得したものまたは,評価名簿によるもの。
(6.9.3)
イ)契約電力 ( )以上
ロ)建築士 一級( )名以上2級( )名以上
ハ)WES8103 一級( )名以上2級( )名以上
ニ)NDIUT Ⅲ種( )名以上Ⅱ種( )名以上
ヘ)超音波探傷機又は放射線透過試験装置 ( )台以上
※省エネ化等合理的な理由がある場合,契約電力についてはイ)の80%以上で可とする。
ハ)のWES8103は,鉄骨製作管理技術者の1・2級と読替え可とする。
ニ)のⅢ種は「鉄骨超音波検査技術者」と読替え可とする。
鉄骨評価センター又は(社)全国鐵構工業協会の「鉄骨製作工場の性能評価基準」に定める
「(M)グレード」として国土交通大臣から認定を受けた工場又は同等以上の能力のある工場。
入熱、パス間温度の溶接条件
適用箇所 ・図示 ・柱、梁、ブレースのフランジ端部の完全溶け込み溶接部
鋼材と溶接材料の組み合わせと溶接条件
2
施工管理技術者
適用 ・ する ・ しない
3
鋼材
鋼材の材質
(7.1.3~4)(7.6.2)(7.12.2)
(7.2.1)(7.2.10)(表7.2.1)
種類の記号
使用箇所
・花こう岩
(7.8.1)
補強コンクリート
※空洞ブロック16 ・空洞ブロック16-W
(8.2.2)
ブロック造
厚さ ・120 ※150
4
スカラップ
改良型スカラップ(建築鉄骨設計基準 別図3.11)
5
エンドタブ
鋼製エンドタブ
6
高力ボルト
3
床及び階段の石張り
7
溶接材料
※JIS規格による(表7.4.2) ・( ) 8
溶接部の試験
AOQL ※4.0% ・2.5%
目地シーリング
・ 2m以下
・120
2mを超える
・150
・衛生配管用裏積みブロック ・100
工法 コンクリートブロック積帳壁の積高さは,壁厚の25倍かつ3,500以内とし,その他の部分は,
同厚の鉄筋コンクリート造垂壁とする。
3
ALCパネル
(8.4.2~7)(表8.4.2~4)
種 類
単位荷重(N/m2 )
・外壁パネル
・1180 ・1960
・間仕切壁パネル
厚さ(mm)
取付け工法種別
※100 ・ ・A種 ・B種 ・C種
※100 ・ ・B種 ・C種 ・D種 ・E種
・屋根パネル
・980
※100 ・ ・床パネル
・2350 ・3530
・100 ・150
11
(ECP)
厚さ
仕上の種類
厚さ(mm)
・外壁パネル
8
製造所及び施工業者
・監督員の承諾による ・( )
1
陶磁器質タイル
タイルの種類
施工箇所
張り付け用材料
工法種別
(9.2.2~3)(表9.2.3~8)
床型枠用鋼製デッキプレートを使用したコンクリートスラブ
・建方用アンカーボルト (・A種 ※B種 ・C種)
シート防水
(%)
( kg/l )
標準時
70.0以上
1.80程度
0.60以上
内装タイル ※壁タイル接着剤張り(・タイプⅠ
(13.5.2)
1
あと施工アンカー
14.1.3(b)(4)による確認試験を行う
の確認試験
設計引張強度 ( )
2
(14.2.1)
施工箇所
※SUS304
下記及び図面に特記のない全ての建材
※HL程度
下記以外の見え掛かり全て
(%)
(N/mm2)
表面
・No.2B程度
0.40以上
0.20以下
4.0以上
処理
・鏡面仕上げ
(11.2.3)
※タイプⅡ) ・改良積上げ張り(11.3.3)(表11.3.2)
躯体表面
3
工 法
・小口
・MCR工法
※密着張り
・二丁掛
・目荒し(高圧水洗)工法
・改良積上張り
アルミニウム及び
の表面処理
(14.2.2)(表14.2.1)
4
(14.2.3)(表14.2.2)
鉄鋼の亜鉛めっき
表面処理方法
・モザイクタイル張り
種 別
・B種 (HDZ45)
・C種 (HDZ35)
・D種 (5級)
電気亜鉛めっき
(11.2.2)(11.4.2)(表11.4.1)
大型タイル
(9.3.2~4)(表9.3.1)
厚 さ
( )
木材の品質
仕上塗料塗り ※カラー ・シルバー
軽量鉄骨天井下地
(屋外の場合)
・補強 ※図示 ・( )
金属成形板張り
構造材については,「認証かごしま材」を優先して使用することとし,次に示す部位の木材は,「認証
2
表面仕上
見え掛かり面 ・A種 ※B種 ・C種
(12.1.4)
木材の品質
※標仕12.2.1 ・市販品
(12.2.1)
4
樹種
※標仕表12.2.3による (12.2.1)(表12.2.3)
G
(12.2.2)
(7.2.9)(7.10.3)(表7.10.2)
無収縮モルタル
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
規格・品質
芯材の種類
化粧単板の樹種
※集成材 ※一般材 ・たも ・なら ・しおじ
・構造用集成材
・1種 ※2種 ・3種
・ ・造作用集成材
※1等 ・2等
・ ・化粧ばり造作用集成材
※1等 ・2等
・ T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
・押出し
・パネル形
材 種
寸法(mm)
※アルミニウム製
厚さ(mm)
表面処理
・B-1種
・B-2種( )
※プレス
伸縮調整継手 ※設けない ・設ける(施工箇所は図示)
アルミニウム製笠木
(14.7.2)(表14.2.1)(表14.7.1)
種 類
呼称肉厚(mm)
表面処理
固定間隔
備 考
・250形
1.6以上
※Aー1又は
固定方法及び間
隅角部及び突当たり部等の役
・300形
1.8以上
B-1種
隔は品質計画で
物は本体製造所の仕様による。
・350形
2.0以上
・100形
・B-2種
定めたもの
( )
・ 工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
担当
図面内容
特記仕様書(2)
縮尺
( 有) 永吉建築設計事務所
製作年月日
製 法
・ロール
7
・代用樹種を適用しない箇所( )
品 名
(14.6.2~3)(表14.2.1)
形 状
・スパンドレル形
3
集成材等
(14.4.3)
・( )
・( )
かごしま材」を使用すること。( , , )
5
野縁受,吊りボルト及びインサートの間隔
野縁の間隔
6
施工標識 ※監督員の指示する位置に取り付ける
・AS-1 ・AS-2
・F種 (3級)
5
タイル型枠先付け面のせき板
・桟木法
1
・E種 (4級)
(11.2.1)
金属製タイル先付け用パネル
施工箇所
・A種 (HDZ55)
溶融亜鉛めっき
※標仕6.9.3[材料](b)(2)又は
(9.2.5)
施工箇所
種 別
・B-1種(無着色)
・B-2種(・ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
・マスク張り
・50二丁
適用タイル
(14.1.3)
ステンレスの種類
アルミニウム合金
種 別
施工箇所
(7.10.3)(表7.10.1)
金属屋根工事の施工については,10年保証書を提出すること。なお,保証書は元請業者と施工者の連帯
温冷繰返し後
・二丁掛タイル
種 別
保証書及び期間
曲げ強さ
・小口タイル
脱気装置(D-1,Dー2工法の場合) ※製造所評価名簿による ・( )箇所 場所は図示
改質アスファルト
材質 表13.5.1による
6
及び表面仕上げ
・押出成形セメント板(厚さ 15mm)
2
・第三種
長さ変化率
陶磁器質タイル型枠
先付け工法
木工事
及び埋込み工法
接着強さ(N/mm2)
・目地桝工法
・( )
(13.5.3)(表13.5.4)
5 ルーフドレン
種類
単位容積質量
※タイルシート法
・現場打ちコンクリート
・耐火材巻付け
・構造用アンカーボルト (※図示 ・ )
4
12
(13.5.2)(表13.5.1)
材 種 ※配管用鋼管 ・硬質塩化ビニル管(・カラー)
掃 除 口 ※有り ・無し
備考
磁器 せっ器 陶器 施ゆう無ゆう あり なし 標準 特注 適用 G
立上り部の保護
・乾式保護材 製造所評価名簿による
・湿式ロックウール
アンカーボルトの保持
再生材の
ただし、特定フロンを含まないもの。
・セメントれんが
・耐火板張り
色
タイルの試験張り ※行わない ・行う(※外壁タイル ・ )
(9.2.2)
・半乾式吹付けロックウール
役物
下地モルタル塗り ※標仕15.2.2~15.2.5
断熱工法の断熱材 材質( ) 厚さ( )
・ラス張りモルタル塗り
・有 ・無
躯体表面の処理 ・行わない ※行う(施工範囲 ※図示 ・ )
・図示
(7.9.2~6)
うわぐすり
仕上がり面の程度は監督職員の承諾を受ける。
・マクロ試験
備 考
外 壁
目荒し工法 目荒し工法の仕上がり面の程度は,高圧水洗により,50N/mmの水圧で2.5分/㎡程度とし
(9.2.2)
役 物
・有 ・無
防露材のホルムアルデヒド放散量
MCR工法 MCR工法の仕様はシート製造所若しくは販売店の指定による。
種類 JIS K 2207 による防水工事用アスファルト3種
大 波
とい受け金物の材質 ※ステンレス ・鋼製(溶融亜鉛めっき)
・改良圧着張り
・D-2
所要性能及び適用構造部位
きじ
保水率
外装タイル
施工箇所
・BⅠ-2
中 波
・次の箇所は行わない( )
タイル形状・寸法
・放射線試験
耐火被覆
小 波
屋 根
・ステンレス鋼管(SUS304 厚2)
外装タイル,ユニットタイル
・A-2
※標仕7.6.11(b)による
完全溶込み溶接部
※30分耐火 ・無し
・排水用リサイクル硬質塩化ビニル管(REP-VU)G
(10.3.2)(10.6.2)(10.7.2)
接着剤のホルムアルデヒド放散量 ※規制対象外 ・第三種
壁タイル張りの工法
※AⅠ-2
試験方法
※有り(種別: 厚さ: mm) ・無し
耐火性能
専門業者 ※監督員の承諾による ・( )
とい
既成調合モルタル
・C種
種 別
※有り ・無し
断 熱 材
とする。
・B種
アスファルト防水
防水 工事
(7.6.11)(表7.6.2)
試験箇所
(mm)
外装ユニットタイル
1
軒先面戸板
とめ付け金具 ※亜鉛メッキボルト ・ステンレスボルト
(11.2.1)
形状寸法
※製造所評価名簿による
9
※塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯(CGLCCR-20-AZ150)
鋼管製といの防露 ※標仕表13.5.4による 笠木,甲板等の乾式工法の場合は行う。
(7.2.2)(7.12.4)
(7.2.5)
山高( ) 山ピッチ( ) 板厚※0.6 ・0.8
材 料
建築基準法に基づき耐風圧力を満足するものとする。
4
石裏の補強用モルタル
3
・D ・D-R
形状(mm)
スレート波板葺
(10.3.3)(10.5.3)(表9.6.1)
7
・B種
・T ・T-R
(13.3.2~3)(表13.2.1)
※重ね形 ・はぜ締め形 ・かん合形
※粗磨き ・( )
・湿式工法 目地幅 ※ 6 ・( )
※行う ・次の箇所には行わない( )
・A種
・D ・D-R
※0.4 形 式
・軒先面戸板 (・換気面戸) 材種( )
役物:標準的な曲がり(小口、標準、二丁、屏風)の役物は一体成形とする
幅(mm)
板厚(mm)
折板葺
備 考
タイルの見本焼き ※行わない ・行う(※外壁タイル ・ )
※F ・F-R
(13.2.2~3)(表13.2.1)
長尺金属板の種類
※粗磨き ・( )
裏打ち処理
2
表面形状
2
(10.6.2~3)(表10.2.1)(表10.2.2)
産地・種別・名称
6
・無し
(7.6.11)
検査水準 ※第6水準 ・図示
年 月 日
石の品質 ※2等品
※内部幅木部分(H=200まで)及び湿式工法の全ての部分
(8.5.2~5)(表8.5.1~3)
種 類
※ひのき ・ 鋼板及び鋼帯(CGLCCR-20-AZ150)
3
(10.2.4)
14
※製造所評価名簿による
※規制対象外 ・第三種
・縁甲板
※塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき
工 法
※標仕8.4.5による
・T ・T-R
※トルシア形高力ボルト ・JIS形高力ボルト ・溶融亜鉛めっき高力ボルト
年 月 日
仕上の種類
石表面処理
・床パネルの耐火性能(・1時間 ・2時間)
押出成形セメント板
ホルムアルデヒドの放散量
(標仕19.5.2による)
屋根葺形式
※規制対象外 ・ ※単層フローリング
長尺金属板葺
(10.2.1)
厚さ
5
耐火性能 ・有り( )
吹付け
工 法
1
(10.2.1)(10.7.2~3)(表10.2.2)
産地・種別・名称
施工箇所
厚さ(mm)
適用箇所
・塀
切断する個所( )
年 月 日
仕上の種類
※本磨き ・( ) ・内壁空積
(8.3.2)
※F ・F-R
訂 正
(表10.2.1)(表10.2.2)
厚さ
13
・乾式工法 目地幅 ※ 8 ・( )
※標仕表8.3.1及び下表による
・間仕切パネル
・乾式吹付けロックウール
床板
(10.1.5)
ホルムアルデヒドの放散量
※規制対象外 ・第三種
(規格等)
施工箇所
4
・間仕切壁 ・地下二重壁 ・外壁
※JIS規格による
年 月 日
産地・種別・名称
石の品質 ※1等品 ・( )
種類 ※表8.3.1による
帳壁及び塀
※合板張り
・有り
(9.6.5)
(10.2.1)(10.7.2~3)
石の品質 ※1等品 ・( )
(12.7.1)(表12.7.1)
・板張り 防水工事の施工については,10年保証を提出すること。なお,保証書は元請業者と施工業者の
乾式工法用金物 ・スライド式 ・ロッキング式
(7.2.7)
コンクリートブロック
フローリング及び縁甲板張り床 下張り用床板
(9.6.2)(表9.6.1)
(7.2.6)
種別 ※表18.3.1による
2
床板張り
※本磨き ・( ) ・内壁空積
材料、形状および寸法 ・図示による ・( ) 1
9
※無し
壁及び特殊部位の
(7.2.4)
デッキプレート
※JIS規格による
・耐火材
表面処理用防腐剤は,環境に配慮した材料とし監督職員が承諾するものとする。
※設けない ・設ける
・大理石
錆止め塗料
※JIS規格による
種 別
防腐剤の種類、品質
Y-2工法の保護層
ジェットバーナー仕上げのバフ仕上げ ※ 有 ・ 無 15
4
※JIS規格による
試験の種別
・カラー
・乾式 ・湿式
16
規格等
※JIS規格による
※A種 ・B種
地下外壁防水
金属工 事
※図示 ・ 11 柱底均しモルタル工法
(12.2.9)
防除工事については,一般共通事項の19項目による。
2
タ イル工 事
※建築基準法第77条の56に基づき国土交通大臣から性能評価機関として認可を受けた(株)日本
10
(12.2.8)
防蟻処理 ・行う(※図示 ・ )
施工箇所
・ターンバックル胴の種類 ※割枠式 ・( )
高さ
ホ)万能試験機 50t以上( )台以上
コン クリー トブロ ック・ ALC パネル・押出 成形セ メント板 工事
鉄骨 工事
8
・「溶接作業判定基準」に適合する製作を行う製作工場のうち,下記条件を満足する製作工場とする。
※超音波探傷試験
防腐処理 ※行う(※図示 ・ )
・シルバー
屋内床用汚れ防止及びつや出しワックス ※使用する ・使用しない
石張り
(12.2.1)
仕上げ塗料塗り
(7.1.3)
製作工場の加工能力
適用箇所 ・土台,転ばし大引き,転ばし根太 ・( )
行う箇所( )
備 考
施工個所
清掃
・ターンバックルボルトの種類 ※羽子板ボルト ・( )
床型枠用鋼製
保存処理木材
防腐・防蟻処理
・X-2
1
素地ごしらえは、JIS H 9124溶融亜鉛めっき作業指針による。
・建方用ボルト(材質 ・SNR400 ※SS400 ・
・監督職員の承諾する製作工場
9
保証書及び期間
最低板厚1.6mm以上、3.2mm未満の形鋼、鋼板 (HDZ35)
・構造用ボルト(材質 ※SNR400 ・SS400 ・
14 ターンバックル
7
8
・X-1
下表以外は、標仕表9.6.1による
普通ボルト、アンカーボルト
せき板の厚さ ※12mm ・( ) スリーブの材種 ※標仕6.9.3(i)(2)及び表6.9.1による ・ (以下、「ユリア樹脂等」という。)を用いた接着剤のホルムアルデヒドの放散量
・乾式 ・湿式
せき板の材料 ※合板 ・( ) 断熱材の兼用 ・行う 適用箇所( ) ・行わない
鉄骨の製作工場
※1.2 ・ 最低板厚3.2mm以上、6mm未満の形鋼、鋼板 (HDZ45)
C種
内部に面する部分 ・( ) 1
シーリング
最低板厚6mm以上の形鋼、鋼板 (HDZ55)
B種
(6.9.2)
外部に面する部分 ・20mm ・( )
7
・S-M3
(12.2.6)
ユリア樹脂、メラミン樹脂、フェノール樹脂、レゾルシノール樹脂又はホルムアルデヒド系防腐剤
※規制対象外 ・第三種
・乾式 ・湿式
・外壁タイル張りで,MCR工法又は目荒らし(高圧水洗)工法を行う場合は外部側に20mmの打増しを行う
15
材 料
A種
※1.5 ・ 接着剤に含まれる可塑剤は、難揮発性のものとする。
連帯とする。(シーリングを除く)
10
12 溶融亜鉛めっき工法
(6.6.3)(6.9.2)(9.6.3)
※1.5 ・ ・S-M2
屋根及 びとい 工事
間隔、位置、形状 ・図示による( ) ・( )
・S-M1
接着性試験 ※簡易接着性試験 ・引張接着性試験(部位 )
6
石工 事
目地寸法 ・(9.6.3)による ・図示による( )
・軽歩行
2面接着とする範囲 ※「金属と金属」及び「金属とガラス」 ・( ) (9.6.4)
防水立上がり,防水押さえコンクリートの立上がり
12 ひび割れ誘発目地
14 型枠
5
・C種
打継目地
・カラー
接着剤
2
付着強度
亜鉛めっきの種別
※2.0 ・ ホルムアルデヒドの放散量 ※規制対象外 ・第三種
6
・設ける 材質( ) 設置数量( m 当たり1箇所)
・B種
(6.8.2)
・S-F2
12
脱気装置
2)塩化物量は、JIS A 5308「レディミクストコンクリート」
・( ) 使用分類
※非歩行
・Y-2
・A種
2
仕上げ塗料塗り
・シルバー
・Y-1
方法」312-1992による。
(6.4.5)(表6.4.1)
施工箇所
種 別
種 別
各地区生コン組合気温表
厚さ(mm)
※1.2 ・ (9.5.2~3)(表9.5.1~2)
材齢28日 45.0N/mm 以上
(6.2.5)(表6.2.3)
種 別
・S-F1
塗膜防水
2
る。
暑中コンクリート強度構造体強度補正値 ※6N/mm
防水
終結時間 10時間以内
※施工範囲は図示による。
構造体強度補正値
(9.4.2~3)(表9.4.1)
ルーフィングシート
練混ぜ完了から3分以内の値は 8±2秒
2
施工計画書を監督に提出し承諾を受ける。また、目荒しの状態は、事前に監督職員に承諾を受け
11
合成高分子系
Jロートによる流下時間
適 用 箇 所
状態とする。高圧水洗工法の目荒しを行う場合は、水圧50N/mm 以上かつ、2.5分/m 以上とし、
10
3
4
無収縮モルタルの品質及び試験方法
(6.14.1)(6.14.3)
適用箇所は6.14.1による。ただし6.14.1の他は下記による。
発 注 強 度
製造所の仕様による。
9
)
8
3
※2.3t/m 程度 ・( )
JIS R 5210(ポルトランドセメント)による普通または早強ポル
トランドセメントとする。
)
7 気乾単位容積質量
セメント系(酸化カルシウム及びカルシウムサルファルミネート
混和材
)
混和材料
(6.3.3)(6.5.4)
3
※A
6
402J/g以下
木 工事 続
(き
骨材の種類
352J/g以下
防 水工事 続( き
5
7d
28d
鉄 骨工事 続( き
コ ンク リー ト工事 続
( き)
水和熱
整理番号
NO.SCALE
A-03
8
(14.2.1)(14.8.2~3)(表14.2.2)
手すり及びタラップ
亜鉛めっき 内外部 ※C種
亜鉛めっき 外部 ※C種 ・ )
・ 1
モルタル塗り材料
吸水調整材
工事範囲 一次側配線は別途工事とし,開閉機構以降の二次側配線は本工事に含む。
凍結防止措置 ・適用する(※図示 ・( ))・適用しない
8
自閉式上吊り引戸装置
9
木製建具
吸水量(g)
表示値±1.0
2
接着強度(N/mm )
30分で1g以下
50以下
(15.2.2)
凝結時間
曲げ及び圧縮強度比
吸水比
透水比
95%以下
80%以下
10
建具用金物
床コンクリートの
表面材の合板の種類 ※普通合板 ・難燃合板 ・特殊合板
(16.6.2)
※障害物感知装置(自動閉鎖型)
(16.6.2)
・その他
一般重量シャッターのシャッターケース ※設ける ・設けない (表16.6.3)
フラッシュ戸の表面板の厚さ ※表16.6.6による ・( )
(16.6.3)
建物内部の木製建具に使用する表面材及び接着剤のホルムアルデヒドの放散量
(16.6.2)
17
3mにつき7以下
標準型建具以外の建具
塗料塗りの場合も含む
(16.7.2)(16.7.4)(表16.7.1)
・マスターキー ※製作する(※新規 ・既存にあわせる) ・製作しない
(15.5.2)(表15.5.1)
呼び名
18
仕上げの形状等
・本締り付きモノロック 握り玉の材質 ※ステンレス ・黄銅
・本締り錠
・外装薄塗材E
・砂壁状 ・着色骨材砂壁状
・空錠
・内装薄塗材E
砂壁状じゅらく
※レバーハンドル 材質 ※アルミニウム合金 ・ステンレス ・黄銅
・可とう形外装薄塗材E
・砂壁状 ・ゆず肌状 ・さざ波状
座金 ※丸座 ・長座
・防水形外装薄塗材E
・ゆず肌状 ・さざ波形 ・凹凸状
・握り玉 座金 ※ステンレス
・外装薄塗材S
砂壁状 ・点検口錠(平面ハンドル錠) 材質 ※ステンレス ・亜鉛合金程度
・フロアヒンジ
・内装薄塗材L
・ヒンジクローザー(丁番形)
・ヒンジクローザー(ピポット形)
京壁状じゅらく ・ドアクローザー ディレードアクション(遅延閉)機能 (・有 ・無)
・複層塗材CE
・ゆず肌状 ・凸部処理 ※凹凸模様
上記建具金物の製造所は評価名簿による
・可とう形複層塗材CE
耐候性 ※3種 ・ ・グレモン錠 レバーハンドルの材質 ※亜鉛合金 ・ステンレス
・複層塗材Si
上塗材
製造所 ※図示 ・( ) ・複層塗材E
溶媒 ※水系 ・溶剤系
・非常錠 製造所 ・( )
※複層塗材RE
樹脂 ※アクリル系 ・ピボットヒンジ カバー部の材質 ※ステンレス ・亜鉛合金
・複層塗材RS
・ ・閉鎖順位調整器 材質 ※ステンレス ・鋼製
・防水形複層塗材CE
外観 ※つやあり ・つやなし
・押棒・押板 製造所 ※図示 ・( )
・防水形複層塗材E
・メタリック
・アームストッパー 材質 ※鋼(クロームめっき) ・ステンレス
防水形の増塗材 ※行う
砂壁状
・こて塗用軽量塗材
平たん状
11
ガラス
色 彩
吹付け厚さ
・着色 ・原色
・10 ・15 ・20 ・( )
建具工 事
保証書及び期間
防水工事の施工については,10年保証書を提出すること。なお,保証書は元請業者と施工者の連帯とする。
1
見本の製作等
・特殊な建具の仮組(建具符号: )
2
アルミニウム製建具
外部に面する建具
・B種
S-5
・C種
S-6
気密性
水密性
※W-4
※70
A-4
W-5
100
枠見込み(mm)
(表14.2.1)
6.8
材料板ガラスの種類
4
記 号
主成分による区分
耐久性による区分
ガラス
(17.2.2)
アルミニウムの表面処理
・A-2種 ・B-2種 ※ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー ・ ・熱線吸収磨き板ガラス
・着色塗膜
2
主要部材のたわみ
たわみ量
支点間距離(h)
4
状 態
※各部の破損、残留変形
かつ絶対量20mm以下
有害な変形が起こらないこと
建物の構造種別
・熱線吸収磨き板ガラス
・ 三種
層間変位量(h=支点間距離)
防火認定
・特定防火設備
・防火設備
・カラー( ) ・なし
鉄骨造
※±(1/100)×h以上 ※部材の脱落、ガラスの破損及び主要
※±(1/200)×h以上 シーリングは補修程度
PCカーテンウォール
曲げ加工 ※普通曲げ ・角出し曲げ(補強あり)
アルミニウム製
※シーリング材 ・ガスケット(FIX部はシーリング材)
鋼製及び鋼製軽量
※シーリング材
ステンレス製
※シーリング材
(表16.5.1)
(16.8.2~4)(表16.8.1~3)
ガラス用フィルム
名 称
※ガラス飛散防止フィルム 種 類
第2種
※内張り ・外張り
・B種
・ループパイル
・柄物(標準品)
・C種
・カット、ループパイル併用
(19.3.3~4)(表19.3.2)
パイル長(mm)
※5~7 ・ ※全面接着工法
・ループパイル
※4~6 ・ ・グリッパー工法
・レベルループパイル
※4 ・ 備 考
※A種 ・ ※E種 ・ ※ステンレスボルト
2次ファスナー
※E種 ・ ※A種 ・ 取付けボルト
※E種 ・ ※A種 ・ レベル調整ボルト
※E種 ・ ※A種 ・ (19.3.3)(表19.3.2)
パイル形状
種 類
寸法(mm)
総厚さ(mm)
※第一種
※500×500
※6.5
・カットパイル
・カット、ループ併用
耐電性 ・人体帯電圧3kV以下(フリーアクセスフロア敷設範囲)
7
合成樹脂塗床
(19.4.2~3)(表19.4.1~7)
種 別
仕上げの種類
・弾性ウレタン塗床材
※平滑仕上げ ・防滑仕上げ ・つや消し仕上げ
・エポキシ樹脂塗床材
※薄膜流し展べ仕上げ
・厚膜流し展べ仕上げ(※平滑 ・防滑) ・樹脂モルタル仕上げ(※平滑 ・防滑) (9.6.2)(17.3.2)(表9.6.1)
シーリング材の種別
記 号
備 考
・第二種
外 部
内 部
※E種 ・ PC版打込み取付けボルト
主成分による区分
耐久性による区分
カーテンウォール板間目地
電 源 ※単層100V(過電流保護装置付) ・( )
工 法
・カットパイル
(14.2.3)(表14.2.2)
PC版打込み金物
施工箇所
駆動力 ※電気式又は電動油圧式 ・( )
備 考
※無地
※ループパイル
下記以外は標仕表9.6.1による 品質 JIS A 5759による 色柄等
・カットパイル
シーリング材料
飛散防止率 D1
スライデイングドア用 ※表16.8.1による ・図示
スイングドア用 ※表16.8.2による ・図示
(19.3.3~4)(表19.3.1~2)
パイル形状
・A種
・タイルカーペット
所要スランプ(cm)
上記以外はカーテンウォール製作所の仕様による
性能値
・織じゅうたん
耐電性 ※人体帯電圧3kV以下 ・ 設計基準強度(Fc)
金物種類及び部位
張り面
(19.2.2)
・カット、ループ併用
取付け用金物の表面処理(鉄の亜鉛めっき)及び材質
督職員に提出する
14
(17.3.2)
鉄筋 ※SD295A ・ (16.13.3)
9
高さ(mm) ※60 ・75 ・( ) 厚さ(mm) ※1.5以上 ・( )
パイル形状
※12mm以下 ・( )mm
材 種
JASS 17ガラス工事「3.1納まり寸法標準」によるほか、性能値が確認できる資料を監
(16.5.5)
特定防火設備の戸 ・適用あり
1.0X10 Ω以下、または、
耐電性 ※人体帯電圧3kV以下 ・ 設計図書による規定の他、特記無き事項は(社)日本建築学会JASS 14による。
コンクリートの種類
標仕16.13.3 以外のアルミニウム製建具及び板ガラスの場合は(社)日本建築学会
(16.5.4)
※4.0又は4.5
種 別
・下表による。ただし、下表以外は標仕17.3.2による。
(16.13.2)(表9.6.1)
板ガラスをはめ込む溝の大きさ
表面仕上げ ※HL程度 ・鏡面仕上げ ・( ) ・ホモジニアスビニル床タイル
・タフテッドカーペット
コンクリートの種類及び品質
防火戸のガラス留め材は建築基準法に基づく防火性能を有するものとする。
耐風圧性の適用は建具表による
カーペット敷き
※標仕17.3.2による
ガラス留め材
建具の種類
6
製造所 性能等の確認できる資料を提出し監督職員の承諾を受ける
・熱線反射
簡易気密型ドアセットの適用は建具表による
体積抵抗値(JIS K 6911による)
10
映像調整 ※行わない ・行う(建具表による)
2
性 能
※2 ・ 1.0X10 Ω未満
ビニル幅木
鉄骨鉄筋コンクリート造
備 考
・乳白
・アルミニウム
開閉装置の性能値
色 調
・クリア
・押出形材
厚さ(mm)
・コンポジションビニル床タイル
材質 ※軟質 ・硬質
部材に有害な歪みが起こらない
(16.13.5)
召合せ,縦小口包み板等の材質
・カラー鋼板
(19.2.2)
帯電防止床タイル張り
状 態
鉄筋コンクリート造
映像調整
JIS A5212によるもの又は評価名簿によるもの
・ステンレス鋼板
・鋼板
※2
備 考
漏えい抵抗値(JIS A 1454による)
5
・適用しない(図示)
・ビニール被覆鋼板
厚さ(mm)
H
V
垂直方向(K ) ※0.5 ・ ※表16.3.2による
・( )
JISの記号
(17.1.3)
・S-5
・ステンレス鋼板
(19.2.2)
種 類
※±(1/150)×h 耐震性能
・グレー
(19.2.3)
2
・正圧 N/m 以上及び負圧 N/m 以上に対して安全であること。 ・グリーン ・( )
・ 外面
※2.5
ビニル床タイル張り
HT
・S-4
※溶融亜鉛メッキ鋼板
※無地 ・マーブル柄
CTS
※4m以下 厚さ(mm)
※柄物 ・無地
CT
・適用しない
・A-3
※NC ・ ・発泡層のあるもの
・ホモジニアスビニル床タイル ・表16.3.1を適用する
ガラス留め材及び溝
※発泡層のないもの
色 柄
・コンポジションビニル床タイル(軟質)
(17.1.3)
13
JISの記号
※コンポジションビニル床タイル(半硬質)
・ブルー ・グレー ・ブロンズ
(16.13.2)(16.13.4)
(16.4.2~6)
(19.2.2)
種 類
(17.1.3)
(17.1.3)
・鋼板
ビニル床シート張り
安全であること。
耐火性能 ※適用しない ・適用する( 時間、施工箇所:図示)
・アルミニウム
2
性能値 ※建築基準法施行令第87条及び建設省告示第1454号に定められた風圧力に対して
気密性 ・A-3 ・A-4 ・ ・押出形材
※接着剤に含まれる可塑剤は、難揮発性のものとする。(水廻り及び湿度の高い箇所を除く)
種 類
水密性 ・W-4 ・W-5 ・ ・カラー鋼板
※規制対象外 ・第三種
帯電防止ビニル床タイル(置敷タイプ)の接着剤は粘着剥離形とし,製造所の指定する製品とする。
塗装材料( )焼付け方法( )コート( )ベーク
耐風圧性能
・ブロンズ
(19.2.2)(19.3.3)
壁紙施工用でん粉系接着剤、ユリア樹脂等を用いた接着剤のホルムアルデヒドの放散量
3
・( )
・ビニール被覆鋼板
接着剤
工法 ※熱溶接工法 ・突付け(施工箇所: )
・熱線吸収フロートガラス
・シルバー
・( )
1
色彩等
・ブロンズ
戸の鋼板
19
(17.2.3)(表14.2.1)
種 別
・A-1種 ※B-1種 無着色
・平面強化ガラス
※溶融亜鉛メッキ鋼板
2
(17.2.3)(表17.2.1)
・磨き板ガラス
・グレー ・ブロンズ ・グリーン
材 質 水性アクリル系樹脂塗料(※標準色 ・ )
塗布量 主剤2回塗とし、総塗布量は0.25kg/m 以上とする。
(17.2.2)
※熱線吸収フロートガラス
簡易気密型ドアセットの気密性の等級
防塵用塗料塗り
・製造所標準製作規定寸法許容差による 色 調
材 質 ウレタン樹脂系塗料(※標準色 ・ )
シーリング材の種別
・適用しない(図示)
・A-3
製造所(商品名)
仕上種別 コーティング(ローラー刷毛塗り)
※表16.3.2による
特定防火設備の戸 ・適用あり
床用塗料塗り
(9.6.2)(17.2.2)(表9.6.1)
断熱材 ※適用しない ・四種 ・五種
厚さ
種 別
設計用震度 水平方向(K ) ※1.0 ・ ・ 二種
寸法
フッ素樹脂塗装
2
製品の寸法許容差 ※標仕表17.2.1による
日射熱遮へい性による区分 反射皮膜の使い方 色調
・ブルー
※ 一種
※ 内面
(18.2.7)(表18.2.7)
塗布量 プライマー塗りのうえ主剤2回塗りとし、総塗布量は0.5kg/m 以上とする 5
石、タイル
ガラス
・一種 ・二種 ・三種
・磨き板ガラス
表面形状
下塗りに変成エポキシ樹脂塗料を塗装する場合
仕上種別 ※平滑仕上げ ・防滑仕上げ
・S-5
ガラスブロック
A種、C種以外
C種
・カラークリアー
・S-4
12
B種
種別 ※B種 ・A種(施工箇所: )
3
・表16.3.1を適用する
鋼板類の厚さ
(18.2.4)(表18.2.3)(表18.3.4)
施工部位及び塗料種別
鋼製の建具及び、耐候性塗料塗り、常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル
せっこうボード及びその他のボード面の素地ごしらえの種別
規格等
・適用しない
簡易気密型ドアセットの性能 外部に面する建具の耐風圧性能
亜鉛めっき面の素地ごしらえの種別
塩化ビニル樹脂パテを使用する箇所 便所,湯沸室,更衣室,( )
ガラス
金属
(16.13.2)
・フロートガラス
素地ごしらえ
(17.2.2)
※標仕16.2.3のアルミニウム製建具の材料による
被着体の組合せ
・熱線反射板ガラス
(18.1.3)
※規制対象外 ・第三種
・4mを超える
・日射熱遮へい復層ガラス
防火材料の指定 ※無し ・有り(仕上表による)
種 別
・バックマリオン方式 (・単純2辺支持構法 ・SSG構法)
・( )
・断熱復層ガラス
(16.3.2~6)(表16.2.1)(表16.3.1~5)
自動ドア開閉装置
6.8
シーリングは補修程度
建物内部に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒドの放散量
2
・方立方式
・型板ガラス
※Ⅰ類
※±(1/200)×h以上 ・クリアー
断熱性・日射熱遮へい性による種類
(16.2.3)
材料
カーテンウォール方式
※フロートガラス
・Ⅲ類
鉄筋コンクリート造
状 態
※部材が損傷せず、破損脱落もしない。
塗りの場合
下記以外は標仕表9.6.1による
・復層ガラス
形 式 ※外部可動式 ・固定式
1
(16.1.6)
種 類
材料板ガラス
※Ⅰ類
厚さ(mm)
・熱線吸収網入型板ガラス
18
(16.7.4)
カーテンウォール材料の種類
製造所 評価名簿による
(表14.2.1)
(SUS304)
ウォール
(16.13.2)
・熱線吸収線入磨き板ガラス
網の種別 ※合成樹脂製 ・ガラス繊維入り合成樹脂製 ・ステンレス製(SUS316)
7
・平面
・熱線吸収網入磨き板ガラス
防虫網
ステンレス製建具
形 状 特性による種類
※±(1/100)×h以上 A種
※アルミニウム製
層間変位量(h=支点間距離)
鉄骨造
鉄骨鉄筋コンクリート造
・適用する(種類: 厚さ(mm) :施工個所※図示 ) ・平面
※図示 ・ ・C-2種又はB-2種(・ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
6
・ハイリフト形
設計図書による規定の他、特記無き事項は(社)日本建築学会JASS14による。
(16.13.2)
※図示 ・ 表面処理 ※C-1種又はB-1種 以外の建具
・電動式
メタルカーテン
(16.13.2)
※熱線吸収フロート板ガラス
施工箇所
屋内建具
・標準型建具
※ステンレス鋼板
・ファイバーグラスタイプ
・適用する(施工箇所:図示 )
材料板ガラス種類
建物の構造種別
シーリング材及びガラス取付け材料
・熱線吸収板ガラス
・( )
・標準型建具
・溶融亜鉛めっき鋼板
・ローヘッド形
・角網入磨き板ガラス ・線入型板ガラス ・線入磨き板ガラス
※図示 ・ 鋼製建具
・スタンダード形
・チェーン式
構造用ガスケット ※適用しない
・型板強化ガラス
(16.1.4)
表面処理 ※B-1種 ・B-2種(・ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
種 別
1
(16.13.2)
・曲面
(16.2.2~4)
※A-3
※バランス式
・アルミニウムタイプ
・ひし網入型板ガラス ・ひし網入磨き板ガラス ・角入型板ガラス
材料板ガラスの種類による名称
V
垂直方向(K ) ※0.5 ・ ガラス等の破損もない
※スチールタイプ
2
(17.1.3)
H
設計用震度 水平方向(K ) ※1.0 ・ ・小型パネル組み合わせ方式 (・ノックダウン方式 ・ユニット方式)
・網入板ガラス及び線入板ガラス
※フロート強化ガラス
耐震性能
(16.12.2~3)
ガイドレール
収納形式
※適用しない ・適用する(建具表による)
特性による種類 ・Ⅰ類 ・Ⅱ-1類 ・Ⅱ-2類 ・Ⅲ類
5
S-4
開閉方式
2
・正圧 N/m 以上及び負圧 N/m 以上に対して安全であること。 ・パネル方式
・強化ガラス
(15.7.2~4)
種 類
・一般用 ・( )
(17.1.3)
性能値 ※建築基準法施行令第87条及び建設省告示第1454号に定められた風圧力に対して
安全であること。
(表16.11.2)
防犯建物部品
形状 ・平面 ・曲面
ロックウール吹付け
規 格 等 ・( )
耐風圧性能
・スパンドレル方式
・合わせガラス
※屋内の壁、天井の仕上げ材は防火材料とする。
内 装工事
・防水形複層塗材RS
防火材料の指定
鋼製軽量建具
(16.11.4)
耐風圧性能 ( )N/m
・レール 材質 ※ステンレス ・アルミニウム合金 ・黄銅
※規制対象外 ・第三種
耐風圧性
17
・内装薄塗材W
・吹付用軽量塗材
耐火材料 施工部位 ・ファスナー部 ・取付けブラケット ・パネル目地部 ・層間ふさぎ
鋼製市販品とし,監督職員の承諾による。
19
・内装薄塗材C
表面仕上げ ( )
種 別 ・( )
・( )本( 個)
・可とう形外装薄塗材Si
建物内部に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒド放散量
・A種
鍵箱
・握り玉 座金 ※ステンレス
・外装薄塗材Si
(17.3.3)(表17.3.1)
・製造所標準製作規定寸法許容差による 形式 ・30本( 個) ・60本( 個) ・120本( 個) ・200本( 個) カー テンウ ォール 工事
・軽量骨材仕上塗材
5
(16.11.3)
・バーチカル形
座金 ※丸座 ・長座
・防水形複層塗材RE
以外の建具
スラット 材質 ※塗装溶融亜鉛めっき鋼板 ・鋼板
形状 ※インターロッキング形 ・オーバーラッピング形
※シリンダー箱錠
仕上塗材仕上げ
・標準型建具
(16.11.2)(表16.11.1)
セクション材料
※ドアクローザー ディレードアクション(遅延閉)機能 (・有 ・無)
備 考
・適用する (種類: 厚さ(mm) :施工箇所 ※図示)
塗 装工 事
1mにつき10以下
フリーアクセスフロア(溝構法)範囲
種 別
開閉形式 ※手動式 ・上部電動式(手動併用)
オーバーヘッドドア
座金 ※丸座 ・長座
(表6.2.4)(15.3.1~2)
平たんさ(mm)
断熱材 ※適用しない
製品の寸法許容差 ※標仕表17.3.1による
2
※レバーハンドル 材質 ※アルミニウム合金 ・ステンレス ・黄銅
フリーアクセスフロア(パネル構法)範囲
・標準型建具
軽量シャッター
※シリンダー箱錠
下表以外は標仕表6.2.4及び標仕15.3.2による
17
2
16
終結 10時間以内
・複層仕上塗材
4
(16.10.2)
工事範囲 一次側配線は別途工事とし,開閉機構以降の二次側配線は本工事に含む。
工事範囲 一次側配線は別途工事とし,開閉機構以降の二次側配線は本工事に含む。
施工箇所
網戸
(16.10.2)(表16.10.1)
・マスターキー ※製作する(※新規 ・既存にあわせる) ・製作しない
70%以上
・内装薄塗材Si
3
危害防止機構
始発 1時間以上
5%以下
種 別
・( )
開閉機能 ※上部電動式(手動併用) ・上部手動式 耐風圧性能 ( )N/m
・薄付け仕上塗材
16
耐風圧性能( )N/m
ガイドレール等 ※鋼板製 ・ステンレス製SUS304(厚さ1.5mm)
種 類
4
・外壁用防火シャッター
かまち戸の樹種 かまち( ) 鏡板( ) ※レバーハンドル 材質 ※アルミニウム合金 ・ステンレス ・黄銅
3
2
標準型建具 (16.3.6)(16.4.6)(16.7.4)
JIS R 5201の試験において
直均し仕上げ
2
耐風圧性能( )N/m
※16.4.6による ・( )
セメント重量の
膨張性のひび割れ及びそりがないこと。
2
(16.10.2)
シャッターの種類
・一般重量シャッター
※規制対象外 ・第三種
防水剤の種類 建築用のモルタルに用いるセメント防水剤
混合割合
(16.6.2)(表16.6.1)
重量シャッター
※新鳥の子又はビニル紙程度(押入等の裏面は除く) ・鳥の子
均質で有害と認められる異物の混入がないこと。
防水剤(防水モルタル塗りの混入剤) 製造所 評価名簿による
建具材の含水率 ・A種 ※B種 ・C種
ふすまの上張り 界面破断率(%)
0.98以上
(16.9.2~4)
・製造所標準仕様による
(15.2.2)
全固形分(%)
品質規格 ※標仕表16.9.1による
15
)
左 官工事
15
16
補助センサ ※安全光線スイッチ1組 ・( )
)
※#400程度 ・ ・鉄
・鉄
内部 ※E種 ・ タラップ
16
※ステンレスSUS304
※HL程度 ・鏡面程度 ・ カ ーテン ウォー ル工事 続( き
手すり
表面処理
※ステンレスSUS304
建 具工事 続( き
材料の種別
)
種 類
建 具工事 続( き
金 属工事 続( き
14
・防滑仕上げ ユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒドの放散量
(19.4.2)
※規制対象外 ・第三種
センサの種類 ※光線スイッチ ・( )
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
製作年月日
工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
担当
図面内容
特記仕様書(3)
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
NO.SCALE
A-04
8
(19.5.2~7)(表19.5.1~4)
フローリング張り
工 法
仕上げ塗装等
備 考
※釘どめ工法(C種) ※塗装品
・ひのき
・無塗装品
)
ホルムアルデヒドの放散量 ※規制対象外 ・ 第三種
9
畳敷き
(19.5.2)
鹿児島県畳工事特記仕様書による。
(19.6.2)(表19.6.1)
下地の種類
20
15 浴室天井材
材 質
・硬質塩ビ製
16 システム天井
ポリスチレンフォーム床下地
※C種 ・ 1
施工箇所
・100
とし、製造所の
※塗装品
※300
標準品とする。
・木目調
・100
Tバーの材質
・シングル
・アルミニウム製
・ダブル
・鋼製
仕上り高 適用地震時
構 法
(mm)
水平力
耐荷重性能
表面仕上げ材
ロールスクリーン
防炎性能 ※有り
(20.2.13)
装 置
施工箇所
電動
備 考
手引
形 式
施工箇所
片引
装 置
引分
性 能
ひだの種類
電動 ひも引 手引
・1.0G
・3,000N
・帯電防止床タイル
・溝構法
・0.6G
・5,000N
・タイルカーペット
15
カーテンレール
・3,000N
・帯電防止床タイル
形 式 ・片引き ・引分け(※暗幕用は300mm以上の召合せの重掛けとする)
・5,000N
・タイルカーペット
形 状 ※角型 ・C型又はD型
・1.0G
・3,000N
・帯電防止床タイル
・溝構法
・0.6G
・5,000N
・タイルカーペット
・15 ・20 ・25 ・ NW
・15 ・20 ・25 ・ ・けい酸カルシウム板
0.8FK
タイプ2(無石綿)(・6 ・8 ・ )
・ロックウール化粧吸音板
DR
・フラットタイプ(・9(不燃)・12 ・ )
・ロックウール化粧吸音板
DR
・フラットタイプ 9(不燃)
(軒天井用)
DR(凹凸)
・凹凸タイプ(・12 ・15)(不燃)
配線用取り出しパネル 配線取り出し開口:パネル1枚につき40mm×80mm程度の開口1ヶ所以上
フリーアクセスフロア全体面積に対する設置割合
※20~30% ・ ・12.5(不燃) ・9.5(準不燃)
GB-NC
・9.5(不燃)化粧無(下地張り用)
・シージングせっこうボード
GB-S
・12.5(不燃)
・強化せっこうボード
GB-F
・12.5(不燃) ※15.0(不燃)
・スタッド式
※鋼板
・せっこうラスボード
GB-L
・9.5
・スタッドパネル式
(※0.6 ・0.8) アクリル樹脂焼付け
・化粧せっこうボード(木目) GB-D
・12.5(不燃)幅440mm程度
・パネル式
模様(・柾目 ・板目) 専用下地材付き
ガラス留め材 ※ガスケット ・シーリング
・難燃合板
・生地、透明塗料塗り(ラワン合板程度)
3
・インシュレーションボード
IB
(・スタンダード
・あり
材 質 アルミニウム製(※額縁タイプ ・目地タイプ)
19
床点検口
材 質 アルミニウム製(受け枠 ※アルミ製 ・ステンレス製)
20
鋼製書架及び物品棚
かぎ箱
くつふきマット
(20.2.4)
厚さ(mm)
表面材
表面仕上げ
※鋼板
※鋼板
操作方法
・焼付け塗装
・手動式 ・電動式
・壁紙張り
・部分電動式
・焼付け塗装
・手動式 ・電動式
・壁紙張り
・部分電動式
4
トイレブース
規格等
・鋼製書架
JIS S 1039の規格による
水平荷重Ⅰ又は水平荷重Ⅱ
・鋼製物品棚
JIS S 1040の規格による
※1種 ・2種 ・3種
(20.2.5)
種 類
・コンロ台
※600 ・700 ・
バックガード ※有り
(セクショナルキッチンⅠ型)
・つり戸棚
※1200 ・900 ・600
・水切り棚
※1200 ・900
屋内掲示板
表面の材質 ※塩ビ発泡シート張り ・ 25
洗面カウンター
材 26
防煙垂れ壁
・固定式
材 質
・突付け工法
・ベベルエッジ
・目透し工法
・スクェアエッジ
(塗装、薄手壁紙張り等仕上)
製造所
(表19.7.1)
種 類
JISの記号
・ロックウール吸音ボード1号
RW-B
※25 ・ ※グラスウール吸音ボード32K
GW-B
※25 ・ 厚さ(mm)
階段手すり
27
既製手すり
形 式
ガラスクロス張りグラスウール吸音ボード(910×1820)の取り付け工法
径又は幅
・O型
ポリプロピレン及びプラスチックファスナー留め
壁紙張り
・C型
(19.8.2)
材 質
(不燃認定品)
・800
※固定式(壁埋込型)
鋼板製又はアルミ製
笠木受材
製 造 所
40φ
アルミ押出形材
・48~55
※鋼材
・62~65
・( )
備 考
指づめ防止材共
視覚障害者用床タイル
ブロックパターンはJIS T 9251による
(誘導用及び
色彩は黄色を原則とする
注意喚起用床材)
防火性能
旗竿
7
・不燃・準不燃・難燃
床目地棒
※ステンレス製冂型(幅40程度 厚1.5) ・ステンレス製6×12 ・黄銅製6×12
・不燃・準不燃・難燃
・不燃・準不燃・難燃
8
・不燃・準不燃・難燃
黒板及び
(20.2.8)
ホワイトボード
・不燃・準不燃・難燃
種 類
・黒板
寸法(mm)
※焼付け
・不燃・準不燃・難燃
素地ごしらえ
・ホワイト
モルタル、プラスター面 ※B種 ・A種(施工箇所: )
壁紙のホルムアルデヒドの放散量 ※規制対象外 ・第三種
(19.8.2)
(19.9.2~3)
ロックウール、グラスウール、フェノールフォーム、ユリア樹脂又はメラミン樹脂を使用した
9
鏡
10
表示標識
・ピーズ法ポリスチレン
・押出法ポリスチレン
寸法(mm) ・図示 ・ (20.2.9)
衝突防止表示 (20.2.10)
フォーム保温材
※保温板2種b(一般部)
・25 ・ ・保温板3種b(設置部分)
・25 ・ 11
煙突用成形ライニング
工 法 ※こて押さえ ・( )
厚さ(mm)
施工箇所
※25
※窓廻り等の断熱材補修部分、ルーフドレン廻りの床版等、
・( )
部分的に後張りとしなければならない箇所
・( )
※横型
※ギヤ式 ・コード式
スラットの材質
※天井材張り
※50mm ・ ※30mm ・ -
※30mm ・ 区分
表層
基層
(19.2.2)
10 コンクリート舗装
(22.4.3)
※一般地域
・寒冷地域
※密粒度アスファルト混合物(13)
※密粒度アスファルト混合物(13F)
・細粒度アスファルト混合物(13)
・細粒度ギャップアスファルト混合物(13F)
・粗粒度アスファルト混合物(20)
シールコート ※行わない ・行う(施工範囲: ) (22.4.5)
アスファルト混合物の抽出試験 ※行わない ・行う (22.4.6)
(22.5.3)
早強セメント ※使用しない ・使用する (22.5.3)(表22.5.3)
注入材料 ※低弾性タイプ ・高弾性タイプ (22.5.3~4)
溶接金網 ※有り ・無し (22.5.6)
厚さ試験 ※行わない ・行う 11 カラー舗装
(22.6.2~6)
種 類
区 分
車道部の基底
※加熱系アスファルト混合物
・車道
・有
・常温系樹脂系混合物
・歩道
・無
・常温系ニート工法
・常温系塗布工法
12 透水性アスファルト舗装 表層舗装材料および厚さ
(22.7.2~5)
歩道部 ※ストレートアスファルト 厚さ ※30 ・( ) ・ 透水性アスファルト混合物等の抽出試験 ※行う ・行わない
製造所
(22.7.6)
13 排水性アスファルト舗装 表層舗装材料および厚さ
※ステンレス製(上下式鎖内蔵型) 径114.3mm t=2.5mm H=GL+700mm
32 車止め支柱
(22.4.3)
(22.4.4)(表22.4.6)
加熱アスファルト混合物の種類
施 錠 ※有り ・無し
(22.8.2~5)
※ポリマー改質アスファルトⅡ型 厚さ ※40 ・( ) ※スプリング付 ・スプリング無し
※ポリマー改質アスファルトⅠ型 厚さ ※40 ・( ) (22.8.6)
アスファルト混合物等の抽出試験 ※行う ・行わない 33
収納家具
材質
エキスパンション
材質 ・アルミ ・ステンレス
・ジョイント金物
クリアランス ・50 ・100 ・150 ・ 14
JIS K 5665(路面標示用塗料)による
施工
・1種 G
常温
・1種 G
加熱
・3種1号
溶融
適用
液状
色
※白
幅(mm)
※150
布厚さ(mm)
※1.0
・100
粉体状
揮発性有機溶剤の含有率
塗料総質量に対して
5%以下
・1.5
G 低揮発性有機溶剤型の路面表示用水性塗料
防水型 ※適用する ・適用しない
コーナービート
路面標示用塗料
種類
耐火性能 ・有り( ) ・無し
・区画線
・身障者用駐車スペース表示(1300角)
材料 ※アルミニウム押出型材差込型
・駐車スペースナンバー表示( 350角)
36
天井見切縁
材種 ※アルミニウム押出型材 ・塩化ビニル製
37
消火器ボックス
製造所 ・( ) 設置箇所 ※図示 ・( )
38
敷地境界石標
種別 ※コンクリートブロック製 ・花こう岩 ・( )
施工箇所 ※仕上表による ・( )
スラットの幅(mm)
※アルミニウム合金製
※25
・1本操作コード
・アルミスラット
・80
・2本操作コード
・クロススラット
・100
・操作棒式
・縦型
表面仕上げ
・800
表 層
-
・コーナー保護金物付ジョイントテープ
(20.2.12)
種 類
基 層
※50mm ・ 骨材 ※アスファルトコンクリート再生骨材 ・砕石
(壁ボード出隅保護金物) ※シルバー ・焼付 ・( )
ブラインド
形 式
※500
(22.4.2)
舗装の厚さ
・ 最高使用温度 ※400℃ ・( )
12
舗装の構成および厚さ
・樹脂塗装メッシュフェンス
35
・キャスタブル耐火材
A種
難 燃 性
アスファルト舗装
照明器具 ※有り ・無し
最高使用温度 ※650℃ ・400℃
・フェノールフォーム保温材
難燃性を有すること
※行う
9
屋外掲示板
(20.2.11)
A種
(19.9.3)
路盤の締固め試験
31
34
・煙突用成形ライニング材
(22.3.5)
8
・歩道部
ホルムアルデヒドの放散量 ※規制対象外 ・第三種
・硬質ウレタンフォーム保温材
・現場発泡断熱材(A種1)
※再生クラッシャラン(RC-40)
車道部 ※ポリマー改質アスファルトⅡ型 厚さ ※50 ・( ) 誘導標識、非常用進入口表示等は市販品とし、その他は共通詳細図による。
A種
路盤材料 G
アスファルト ※再生アスファルト ・ストレートアスファルト
形状・寸法 ※図示
表示標識、案内用図記号についてはJIS Z 8210による
A種
(22.2.5)
7
・ビニル被覆エキスパンドフェンス
・無し
フォーム保温材
(22.2.5)
JIS A1102により ※行う
フェンス
(・両面 ・片面)
厚さ(mm)
JIS A1214により ※行う
砂の粒度試験
30
※平面 ・曲面 ・スクリーン付引分
※図示(市販品 ※ステンレス製 径約30mm ・ )
(19.9.2)
種 類
路床締固め度の試験
6
材 種 ステンレス製SUS304
厚さ(mm) ※5 ・ 断熱材のホルムアルデヒドの放散量 ※規制対象外 ・第三種
・打込み断熱材
発泡剤の種類
※白
(22.2.5)
旗竿受金物
ボード
せっこうボード面 ※B種 ・A種(施工箇所: )
材 種
※ほうろう
JIS A1211(CBR試験方法)による
29
備 考
※平面 ・曲面 ・スクリーン付引分
※緑 ・黒
(表18.2.4)(表18.2.7)
断熱材 G
色 彩
※緑 ・黒
(22.2.2~3)(表22.2.2)
5
製造所
(20.2.7)
(22.2.2~3)
※行う(※乱した土 ・乱さない土)
固定方法 ・埋込式 ・ベース式 ・バンド式
床仕上げの異なる箇所には目地棒を入れる。
(22.2.3)(表3.2.1)
※添加材料による安定処理
・車道部(基層なし)
材 質 ※アルミニウム合金製
仕上 ※CL ・( )
備 考
路床土の支持力比試験
屋 外 ※レジンコンクリート製 ・磁器又はせっ器質タイル(※300 ・ )
28
操作方法 ※ハンドル式 ・ロープ式
無機質
4
・レジンコンクリート製 地上高さ(m) ・6 ・8 ・10 ・12
その他
路床安定処理
部 位
屋 内 ※塩化ビニル製 ・磁器又はせっ器質タイル(※300 ・ )
形 式 ※テーパー型 ・同一断面型
プラ
厚さは図示
備 考
(巻取り型)
材種 ※タモ ・( )
繊維
高さ(mm)
ガイドレール
径 ※40φ程度 ・30φ ・( )
(織物)(ビニル)
(化学繊維)
の材料
アルミ製枠付き
※500
・集成材手すり
紙
※500
※不燃布
同等の基準,性能に適合するもの。
施工箇所
・遮断層 ※川砂、海砂又良質な山砂 ・ ・車道部(基層あり)
「生活環境の安全に配慮したインテリア材料に関するガイドライン(ISM)」あるいはそれと
壁紙の種類
・A種 ※B種 ・C種 ・D種
遮断層及び凍上抑制層
備 考
降下機構 煙感知器連動及び手動開放装置(埋込型)
・磁器製
6
高さ(mm)
※6.8
取付け工法 ※接着工法 ・埋込み工法
JIS A6301による
盛り土に用いる材料
2
透水性アスファルト舗装にもちいる場合は透水性の高いもの
・垂直降下式
・回転降下式
幅(mm) ※約35 ・( ) 目地処理無し
1
・可動式(天井収納型)
両端フラットエンド ※有り(・ステンレス製 ※ビニル製) ・無し
(21.2.3)(表3.2.1)
・クラッシャラン(C-40) ・クラッシャランスラグ(CS-40) ・( )
厚さ(mm)
種 類
(20.2.6)
・凹凸形 ※B種 ・ ・可動式
形 状 ビニルタイヤまたは合成ゴムタイヤ入り
目地処理有り
※市販品
種 ・メラミン樹脂化粧板張り(心材:集成材) ・人工大理石
エッジ,笠木,幅木 ※ステンレス製 ・アルミニウム製 ・( )
テーパーエッジ
ステンレス製 ※1段式
24
足形状 ※幅木型 ・足金物型
・継目処理工法
規格・品質等
※優良住宅部品
※適用する ・適用しない
・金 属 材 種 ステンレスSUS304
・細目
・T-20用
3
適用内容
トラップ付き
軽量鉄骨下地ボード遮音壁の遮音シール材
階段滑止め
・T-14用
添加量 kg/m (目標CBR ※5以上 ・ )
※1200 ・1500 ・1800
・線入り磨板ガラス
5
・U字溝用
・生石灰( ) ・消石灰( )
・流し台
※網入り磨板ガラス
備 考
※無し
製造所
3
寸法(L= mm)
・ポリエステル樹脂系化粧板
エッジの種類
※平形 種類 ・普通ポルトランドセメント ・フライアッシュセメントB種
※メラミン樹脂系化粧板(標準色 アルミ製コーナーエッジ付き)
種 類
※普通目
・T-6用
浸透管及び浸透桝
市販品
※規制対象外 ・第三種
(19.7.3)(表19.7.5)
・T-2用
・かさ上げ用
・凍上抑制層 ※再生クラッシャラン ・クラッシャラン 切り込み砂利 ・砂
奥行き(mm) ・約450 ・約600
表面仕上げ材
・桝ふた用
ボルト固定
厚さは図示
合板類、繊維板、及びパーティクルボードのホルムアルデヒドの放散量
せっこうボードの目地工法
22
耐荷重による種類
枠の材質 ※アルミニウム製
製造所 評価名簿による
)
上面形状
※凹凸形 埋戻し土
・硬質アルミニウム製(受枠とも) ・ステンレス製(受枠とも)
流し台ユニット
メンバーピッチ
※細目 4
材 質 ・塩化ビニル製(コイル状 ステンレス製受枠) ・ビニル製(ステンレス製受枠)
23
適用荷重
・歩行用
3
市販品
・あり
・なし
種 類
形 式 ・30組用 ・60組用 ・120組用 ・ 22
種 類
・溝ふた用
・図示
天井点検口
21
(21.2.2)
形 式
※受枠付き
製造所
18
( ) ・なし
・ 遮音性能
・T-6用
・ステンレス製
形 状 ・据置式 ・壁張り式 ・差込式
遮音性能はJIS A 6512の遮音試験に準拠する
・テンパード )
・ 遮音性能 防火性能
表面仕上げの壁紙張りの品質は19章内装工事による
・テンパード )
A級(・天井仕上 ・内装仕上 ・
表面仕上げ
※メラミン樹脂又は
(36db以上)
・ ・ 9 ・ 12 ・ 15 ・18
吸音材
表面材種
厚さ(mm)
・遮音タイプ
・研磨板
・ 無研磨板(・スタンダード
・ 研磨板
パネル部の
総厚さ(mm)
・一般タイプ
・ ・ 10 ・ 12 ・ 15 ・18
HB
構造形式
移動間仕切
ファイバーボード
・無研磨板
(20.2.3)
(スライディングウォール)
JIS K 6903による 厚さ ・1.2 ・ 3 ・ 7 ・ 9 ・12
可動間仕切
(既製間仕切)
・不透明塗料塗り(しな合板程度)
・メラミン樹脂化粧板
・ハードボード(素地)
止水板
・有り(※固定式 ・可変式 :施工箇所は図示) GB-R
・単板張りパーティクルボード
17
空調用吹き出しパネル ※無し
化粧有(トラバーチン模様)
・簡易気密形(パッキン式) ・中ふた付密閉形
色彩 ※B-1 ・B-2(※ブラウン系 ・ブラック ・ステンカラー)
製造所
コンセントの箇所数は図示
2
・T-2用
グレーチングふた
寸 法
コンセント等の取付け対応 ※製造所の標準仕様 (コンセント本体は別途設備工事)
・不燃積層せっこうボード
適用荷重
・水封形 ・密閉形(テーパー・パッキン式)
・図示
・せっこうボード
MDF
溝幅×深さ(mm) ・90×150 ※120×80 ・120×150 ・150×80 ・ スロープ及びボーダー ※製造所の標準仕様 ・図示
DR(軒天凹凸)
・ミディアムデンシティ
・市販品(アルミニウム製 押出し型材)
寸法 ※450角以上600角以下 ・( )
DR(軒天)
(21.2.2)
鋳鉄製マンホールふた
材 質
16 ブラインドボックス
表面仕上げ材の品質・規格等は、19章内装工事による
・凹凸タイプ(・12(不燃)・15・19・ )
排水桝及びふた
製造所
舗装工 事
HW
・砂基礎(地業厚さ20cm以上 材料 山砂の類)
備 考
・鋼製
及びカーテンボックス
設技術評価において評価を取得したもの又は同等品とする。
床パネル 材質 ※アルミ合金ダイカスト製,スチール製又は複合材等 ・( )
・普通木毛セメント板
(21.3.1)(21.3.3)
・T-20用
・0.6G
・硬質木毛セメント板
・DV ・VU継手
・T-14用
・1.0G
(19.7.2)(表19.7.1)
・VP ・VU ・RS-VU G
・硬質塩化ビニル管継手
※図示
(20.2.14)
材 種 ※アルミニウム製 ・ステンレス製
・パネル構法
5,000Nについては、平成元年建設省告示第1322号「耐震型フリーアクセスフロアの開発」の建
管形状(接合方法)
B形(ゴム接合)
・硬質塩化ビニル管
きれ地名称品質に記載した商品名は,品質の程度を示す参考商品名である。
・溝構法
厚さ(mm)、規格等
管の種類
※外圧管(※1種 ・2種)
種 類
・パネル構法
JISの記号
(21.2.1)(表21.2.1)(21.3.3)
材 種
備 考
・パネル構法
排水管用材料
※遠心力鉄筋コンクリート管
2
製造所
種 類
排水管
(きれ地名称品質)
フローリング類 厚さ(mm) ※80 ・95
せっこうボード
1
(20.2.14)
カーテン
畳下地 厚さ(mm) ※40 ・65 ・80
その他のボード張り
21
車道部の排水管の敷設
14
床下地材
・乾式遮音二重床用床下地材(樹脂製支柱式)
14
備 考
13
ポリスチレンフォーム
BL認定及び住宅・都市基盤整備公団で規定する遮音性能を有するもの。(LL-45,LH-50)
13
・アルマイト処理品
(20.2.2)
畳表は,熊本県畳表検査規定による「綿糸引通 五八 2等級」規定品同等以上とする。
12
回り縁は樋付き
フリーアクセスフロア
防虫処理は加熱による方法及び防虫加工紙(布)による方法とし,人体に無害なもとする。
11
備 考
※200
種 別
・ラインタイプ
幅(mm)
準不燃品
・□型タイプ
畳表及び畳床はVOC含有量が少ないものとする
10
性 能
※焼付け塗装品
)
※B種 ・ 表面仕上げ
※アルミニウム製
畳の種別
標仕表12.5.1による床組 20
市販品
排 水工事
樹 種
※なら
ユ ニット 及びそ の他の 工事 続
(き
種 別
※天然木化粧複合フローリング
ユ ニット 及びそ の他の 工事
内 装工事 続( き
19
・金属製(真ちゅう製50角 アンカー共)
製造所
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
製作年月日
工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
担当
図面内容
特記仕様書(4)
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
NO.SCALE
A-05
22
15 ブロック系舗装
(22.9.2~3)
舗 装工事 続( き
舗装
種類
厚さ
備考
・コンクリート平板舗装
※普通平板(N)
※60
目地材
※砂 ・モルタル
・透水平板(P)
表面加工
・研ぎ出し
)
・洗い出し
・たたき出し
・インターロッキング
※普通ブロック
車道部
色彩及び表面加工
ブロック舗装
・透水性ブロック
※80
※標準品
歩道部
張り方
※60
※ヘリンボンボンド
・ストレッチャーボンド
・植生用ブロック
※80
・図示
・100
・舗石舗装
※小舗石(花こう岩)
※80~100
施工方法
※うろこ張り
基層
※コンクリート舗装
・アスファルト舗装
コンクリート平板舗装、インターロッキングブロック舗装の歩道部は、原則再生材料を用いた舗装用
ブロック G とする。ただし、調達困難な場合は監督職員と協議を行うものとする。
1
樹木の植栽基盤整備
植栽工 事
23
芝及び地被類
(23.2.2~3)(表23.2.1~2)
適 用
有効土層の厚さ(cm)
※行う ・行わない
工 法
※20 ※B種 樹木
整備範囲
※植栽範囲 ・図示
(23.2.2~3)(表23.2.1~2)
樹木の樹高(m)
有効土層の厚さ(cm)
工 法
整備範囲
・12以上
※100 ・ ※A種
・葉張りの範囲
・7以上~12未満
※80 ・ ・B種
ただし、低木は植栽範囲
・3以上~7未満
※60 ・ ・C種
・図示
・3未満
※50 ・ ・D種
工法D種以外の工法で、現状地盤高と計画地盤高が同一でない場合は、計画地盤高からを有効土層と
する。ただし、計画地盤高が現状地盤高より高い場合は、計画地盤高まで植込み用土で盛土を行う。
2
植込み用土
※現場発生土の良質土 ・客土(※畑土 ・黒土)
3
土壌改良材 G
※適用する
(23.2.3)
(23.2.3~4)
施工箇所 ※植栽範囲 ・図示
バークたい肥
有機物の含有量(乾物)
:70%以上
炭素窒素比(C/N比)
:35以下
陽イオン交換容量(乾物)
:70meq/100g以上
pH
:5.5~7.5
水分 :55~65%
幼植物試験の結果
:生育阻害その他の異常を認めない
窒素全量(現物)
:0.5%以上
りん酸全量(現物)
:0.2%以下
加里全量(現物)
:0.1%以上
汚泥発酵肥料(下水汚泥コンポスト)
「金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令」の別表第一の基準に適合する原料を使用
したもので、食害試験の調査の結果、害が認められないものとする
有機物の含有量(乾物) :35%以上
炭素窒素比(C/N比)
:20以下
pH :8.5以下
水分 :50%以下
窒素全量(現物) :0.8%以上
りん酸全量(現物) :1.0%以上
アルカリ分(現物)
4
芝張り
:15%以下
種類 ・こうらい芝 ・野芝 ・( )
(23.4.2)
植込用土 ※客土ァ100 ・現場発生の良質土
5
樹木札等
支柱材 ※加圧式防腐処理丸太材 ・真竹
(23.3.2)
幹巻き用材料 ※幹巻き用テープ ・わら及びこも
(23.3.2)
樹木札 ※下記図による ・監督職員の承諾による (文字は黒ペンキ書きとする) (上・中木用)
100mm
プラスチック
50mm
年 月 日
植付年月
かいずかいぶき
植物名
(例)
支柱
植物名札
10mm
規格 H-W-φ
上段設計規格
H-W-φ
下段実測規格
最終の数字は設計本数と一致のこと
(下木寄植・生垣用)針金又は支柱釘止め
上段設計規格
230
下段実測規格
杉材厚15(釘3本打)
年 月 日
100
○本ひらどつつじ
規格 H-W
杉正割30×30×600
350
H-W
OP2回塗り
600
20
クレオソート塗布
6
屋上緑化 G
植栽基盤及び材料
(23.5.2~3)
・屋上緑化システム
土壌層の厚さ ・図示 ・( )
排水層 ・軽量骨材(層の厚さ: ) ・板状成型品
植込み用土 ※改良土 ・人工軽量土
樹木の材種、寸法、株立数、寸法等 ※図示 ・ ・屋上緑化軽量システム
芝及び地被類の樹種並びに種類等 ※図示 ・ 見切り材、舗装材、水抜き管、マルチング材等 ※図示 ・ 性能は建築材料等品質性能表による
支柱 ・設置する(種類 ・図示 ・ )
灌水装置 ※設ける ・設けない
7 樹木の枯補償
※引渡しの日から1年 ・( ) 年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
製作年月日
工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
担当
図面内容
特記仕様書(5)
縮尺
訂 正
(23.3.4)(23.3.6)
整理番号
NO.SCALE
A-06
● 外部仕上げ
● 一 般 事 項
曽 於 市 末 吉 町 二 之 方 1 9 80 番 地 曽 於 市 長 五 位 塚 剛
建
物
用
途
公会堂及び集会場
工
事
種
別
増 築
都 市 計 画 規 制
建築主(住所・氏名)
建
築
場
所
都市計画区域 内
用
途
地
域
指 定 な し
建 蔵 率 制 限
防
火
地
域
指 定 な し
高
度
地
区
関
連
法
規
開発行為の有無
市街化調整区域 外
その他の地域・地区
市
計
画
施
住
居
表
部 位
鹿 児 島 県 曽 於 市 末 吉 町 諏 訪 方 8 12 7 番 地
屋 根
示
工程着工~竣工
都市計画区別の内外の別
都
地 名 地 番
無 し
%
%
容 積 率 制 限
日
影
規
制
パラペット
軒 裏
設
一般部
コンクリートコテ仕上
下 地・防 水
ゴムアスファルト防水層(密着工法)
斜 部
かわら棒葺き フッ素樹脂焼付塗装
下 地・防 水
コンクリート打放 防水下地t=1.5 冷工法アスファルトルーフィング下地t=0.4 長尺亜鉛鉄板 下部 樹脂防水
笠 木
コンクリート打放下地 エポキシ系複層模様吹付け
立上り
コンクリート打放 C種+アスファルト防水層
南側庇
石綿セメントケイ酸カルシウム板t=12下地 エポキシ系複層模様吹付け
南アプローチデッキ
磁器質100角フロアータイル貼
モルタル下地磁器質小口タイル(108×60)
外 壁
床
駐車台数・方式
道 路 状 況
幅 員 : 6. 0 m
敷 地 状 況
配置図による
設計GLと道路との
高低差等
● 構造・階数・高さ
造
鉄筋コンクリート造 建
階
主
要
構
数
地 下 階 地 上 3階 塔 屋 階
最 高 の 高 さ
基
礎
独 立 基 礎
最高の軒の高さ
平均地盤面 +22.7m
床
平均地盤面 +0.400m
特 殊
物
の
高
さ
高
さ
平均地盤面 +22.7m
● 面 積
敷
地
面
積
● 外部金物
15326.28 ㎡
ルーフドレイン
増築前コミュニティーセンター
農業構造改善センター
建
築
面
積
2615.84
㎡
1147.47
㎡
延
べ
面
積
2498.40
㎡
1054.49
㎡
㎡
増築後コミュニティーセンター
増築部分
30.20
合
計
備
㎡
2620.14
㎡
3767.61
㎡
㎡
2528.60
㎡
3583.09
㎡
㎡
0.00
㎡
0.00
㎡
㎡
0.00
㎡
自動車車庫等の部分
0.00
㎡
0.00
住 宅 の 部 分
0.00
㎡
0.00
㎡
㎡
0.00
地階の住居の部分
0.00
㎡
0.00
㎡
㎡
0.00
㎡
0.00
㎡
0.00
㎡
0.00
㎡
㎡
0.00
㎡
0.00
㎡
2498.40
㎡
1054.49
㎡
㎡
2528.60
㎡
3583.09
㎡
㎡
㎡
共同住宅の共用の廊下等の部分
容積率対象延べ面積
㎡
㎡
φ100 鋳鉄製 タール焼付
考
17.09% ≦ 許容建ぺい率 70%
23.37% ≦ 許容容積率 400%
㎡
● 各階床面積
コミュニティーセンター
階
合
農業構造改善センター
1
2269.80
㎡
坪
2
190.40
㎡
3
68.40
㎡
計
階
㎡
坪
3324.29
㎡
坪
坪
㎡
坪
190.40
㎡
坪
坪
㎡
坪
68.40
㎡
坪
1054.49
高
主
要
用
途
備 考
●外構・その他
木
材
特 記 事 項
造作材和室廻りは杉無節 その他杉上小節 木材挽立寸法は特記を除き両面の場合5mm片面の場合3mm以内とする
屋
コンクリート
基礎・躯体コンクリートFc=21N/mm2+温度補正 土間コンクリートFc=18N/mm2 捨コンクリートFc=18N/mm2 防水コンクリートFc=21N/mm2
内 装 仕 上 材
防
建物内部は全てポリエチレンフィルム敷込みt=0.15 重ね幅タテ、ヨコ共250以上
湿
層
地
業
工
木
材
塗
鉄
仕
様
全て砂利地業とする
装
内部木材現し部分 特記及び和室を除きCL仕上とする。 外部木材現し部分 特記を除き木材保護塗装(ガードラック2回塗)仕上とする。
書
小屋裏仕上
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
具
屋内建具は全てF☆☆☆☆(接着剤共)とする。
内部仕上げ材は全てF☆☆☆☆(接着剤・下地共)とする。 ビニールクロスは、防火認定番号 NM-9913認定品とする。
D10・D13・D16はSD295A D19はSD345とする。
記載なき事項は「建築工事共通仕様書」を準用する。
小屋裏仕上は全てF☆☆☆☆(接着剤共)とする。
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
製作年月日
工事名称
設計番号
図面番号
曽 教 26-8末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 設 計 業 務 委 託
担当
縮尺
訂 正
建
ビニールクロスはISM適合品又は同等品以上とし、接着剤はJISA6922適合品とする。
事
筋
内
図面内容
設計概要書・外部仕上表
整理番号
NO.SCALE
A-07
隣
山林
地
境
61
14
2
隣
地
境
界
線
9.
71
用悪水路(長)
3
隣
12
.2
32
.1
7.
境
16
線
地
線
界
隣
界
地
16
隣
.7
地
10
境
線
界
界
線
境
山林
境
界
817
17.
線
線
21
.6
境界
02
隣地
隣
地
15,350
申請地
鹿児島県曽於市末吉町諏訪方8127番地
隣地境界線 3.564
N
隣地 境界 線
25.501
地
境
界
5,000 1,700
13,430
隣
Q
P
7
隣地 境
界 線 11
.8 39
隣地
境界
線1
0. 7
3
隣地境界線 1.192
9
隣地境界線 2.501
隣地境界線 3.112
大道具搬入口
K
.392
界 線 20
隣
境
8,550
8
附近見取図
46
線 19.8
屋外調理土間
隣地境界線 4.162
1.182
20. 733
隣地
隣地境界線 5.242
境界
54
4.1
線1
線
雑種地
隣地境界線 3.092
3,0003,0003,000
6,000
6,000
29,300
6,000
45,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
1. 1
5,000
03
隣地
線
線
境界
線
境界
隣
界
地境
1 4.
5 11
隣地
畑
畑
隣
65,000
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
雑種地
3.4
隣地境界線 2.655
宅地
隣地境界線 2.124
隣地境界線 6.297
隣地境界線 0.761
畑
隣地境界線 1.044
隣地境界線 2.120
9 3 隣地境 界線 11.905
隣地 境界 線
界
41
線7
.3 7
6
線 3. 35
5
境
.5
境界
. 489
線 23
9,300
境界
隣地境界
隣地境界 線 26.737
畑
地
10
隣地
道路
隣
隣地境 界線 14.884
隣地境界線 0.559
90
隣地境界線 7.426
A
8
4.
界線
副出入口
線6
. 12
線
界
隣地境
8,550
隣地境
農業構造改善センター
B
境界
地
副出入口
道路境界線 7.850
隣地
隣
受水槽 キュービクル
農業構造改善センター
主出入口
C
1,000
8,550
青年・婦人研修室出入口
界
隣地境 界線 7.916
D
道路境界線 7.850
浄化槽(建物に平行)
6,700
E
道路境界線 6.120
7,000
コミュニティセンター
主出入口
30,500
道路境界線 6.120
コミュニティセンター
F
農業構造改善センター
G
道路境界線 5.808
楽屋出入口
± 0
6,700
線5
.80
8
H
境界
道路
道路-市道
法第42条1項1号道路
幅員-9.500m
コミュニティセンター
81,300
4,800 2,250 5,700
J
I
雑種地
隣地境
アプローチデッキ
50,800
5,700
5,700
L
16.349
地境界線
コミュニティセンター
非常口
道路
M
78
5,700
線5
1.
境界
N
7.
5,700
606
O
線
地境
界線
隣地境界線 7.108
6 .5
09
隣地境界線 3.839
隣地境界線 4.075
14
配 置 図 S : 1/500
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
配置図・附近見取図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/500
A-08
6. 587
41
17.517
27
5.
40
.7
20
30
75
1
21.0
3
4
0
1.
38
1.
37
83
0
39
37
.7
82
敷 地 面 積
28
25 2
.2
52 .
底 辺(m)
82
49.4
40
N
4. 7
.2
36
30
6
17
7.
25
7 51
5
8
49 9
0. .97
0 32
6.
.6
25
5.
5
31
42
54
31
69
1 6 30
.6
8
2 8. 8
06 5
29
1.
2. 5
19
20
.3
7
2 .1
49
5
14
28
11
35
43
41
4
.19
4
63
.0
10
33
.7
0
.3
46
129
46
00
.9
10
3.376
03
41
5
.8
11
3.
2.1 96
24
0.
11
2. 10 6
1
19
20
.6
07
55.921
.0
50. 678
17
45.355
.7
53
21
44
97
45
22
26
530
2.625
2
10.866
3.010
32.706660
3
29.283
8.821
258.305343
4
24.576
1.778
43.696128
5
20.896
3.769
78.757024
6
10.316
1.143
11.791188
7
4.155
0.431
1.790805
8
36.117
3.591
129.696147
9
42.530
3.448
146.643440
10
42.530
21.182
900.870460
11
22.493
5.425
122.024525
12
10.538
2.532
26.682216
13
8.868
2.435
21.593580
14
3.251
0.827
2.688577
15
43.991
5.265
231.612615
16
45.668
3.735
170.569980
17
53.797
15.955
858.331135
18
19.846
1.075
21.334450
19
745.482621
69.007
10.803
20
19.559
3.376
66.031184
21
78.958
3.251
256.692458
22
79.620
0.374
29.777880
23
110.241
20.612
2272.287492
24
39.193
3.639
142.623327
25
19.131
1.414
27.051234
26
112.659
2.300
259.115700
27
113.415
41.704
4729.859160
28
42.614
11.346
483.498444
29
28.065
2.519
70.695735
30
16.688
1.695
28.286160
31
6.315
0.498
3.144870
32
5.255
0.979
5.144645
33
113.900
7.751
882.838900
34
130.320
19.652
2561.048640
35
130.320
49.376
6434.680320
36
52.252
2.130
111.296760
37
49.440
21.034
1039.920960
38
37.782
1.751
66.156282
39
28.282
1.830
51.756060
40
27.720
5.300
146.916000
.2
115.384479
13.437
1735.979778
129.194
4.717
609.408098
44
108.612
1.544
167.696928
45
1.597
0.062
0.099014
46
108.612
24.176
2625.803712
47
55.921
2.378
132.980138
48
50.678
2.196
111.288888
45.355
2.106
95.517630
39.664
1.961
77.781104
8
51
33.922
2.237
75.883514
52
26.492
2.017
53.434364
53
23.489
3.747
88.013283
54
63.010
20.225
1274.377250
89 6
83
42 .
17
76
24.5
42
5
5.
1.
.3
82
10
3
8.
14
69
倍 面 積
計
30652.579410
敷 地 面 積
(㎡)
15326.28
3
16
49
0.8
11
6.587
129.194
43
50
5
3 .7
3
.
22
13
2.435 12
2.3532
. 25
1
14
182
17.517
42
49
7
4
.1
21.
41
36
8.868
38
31
15.532125
0. 431
2 0.
10
4
27
25
37
10.5
19.1
4
24
1.41
0.0 62
45
39.1 93
3.639
0
30
1. 5
44
1.5 97
1
1.77
8
65
0.
2.
3.747
59
15
1
5.2
89
437
3.
9
29
2
23.4
1 3.
53
991
16
25
35
492
.6
5
43.
48
3. 7
26 .
19
8
. 66
4.1 55
3.
12
22
.6
20
33.9
52
1.07 5
3.4
39.664
17
18
69
34
42
23
51
55
2.237 50
.9
49
2. 0
2.
15
11
1. 961
9
65
79
48
78
.9
58
47
倍 面 積(㎡)
5.917
20
113
1 08
2.37 8
1 76
.6 1
24.
2
13
0.
19.559
32
0
27
高 さ(m)
1
1
6
3.010
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
敷地面積求積図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
25
2.6
10.866
2
17
5.9
1
整理番号
1/500
A-09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
2,000
12,600
14
5
5
6
7
8
9
10
5,000
3,500
Q
4
3,500
Q
A
13-1
5,000
P
6,300
P
E
O
O
F
5,700
19
13-2
12
J
G
I
5,400
9,370
30,000
16-2
13,200
14
H
16-1
1
2
3
4
5
23
22,500
J
4,000
6,000
19
20
5,600
6,000
I
H
G
5,000
G
K
2,000
6,050
13-1
18
2,800
16-3
22
6,100
12
15
L
5,700
1,850 3,430 2,270 1,500 1,550
1,550 1,500
13,100
28,900
35,750
B
11
7
21
5,300
8
D
K
33,900
L
10
5,700
16-4
M
5,700
9
5,700
3,050 3,050
M
N
17,100
N
20
6
F
F
1,200
8,550
12,000
17
C
12,000
5,200
24,000
16-5
6,000
5,200
4,000
10,400
1,800
3,000
4
10,200
5
5
6
7
8
9
10
50,600
2,600
6,600
2,000
E
1
1階 面積求積図 S:1/300
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
3
4
5
6
7
計算式
8
計
9
小計
10
11
符号
室名
符号
室名
1
文化展示室
12.00 ×
5.00
60.00
16
廊下
2
創作活動室
12.00 ×
5.00
60.00
17
管理室
3
作法室
6.00 ×
5.00
30.00
4
青年研修室
5.20 ×
5.00
26.00
12
13
計算式
5
2.00 ×
8.55
6.60 ×
8.55
婦人研修室
5.20 ×
5.00
26.00
視聴覚室 リハーサル室
10.20 ×
5.00
51.00
18
客席
7
大ホール 客席
(30.00 × 28.90) - (6.05 × 13.10)
787.70
19
投光室
5.60 ×
2.80 × 2
8
舞 台
13.20 × 33.90
447.50
20
階段室
6.00 ×
2.00 × 2
9
楽屋-1
5.00 ×
3.05
15.30
10
楽屋-2
5.00 ×
3.05
15.30
11
楽屋-3
5.00 ×
5.30
26.50
12
シャワー室
3.50 ×
1.55 × 2
10.90
13
便所
14
控室
15
ホール ホワイエ
16
廊下
6.30
79.40
2
3.50 ×
1.50 × 2
10.50
3.00 ×
3.43
89.90
10.30
9.37 × 35.75
3階 面積求積図 S:1/300
2階 面積求積図 S:1/300
小計
191.80
56.40
2239.60
6
12.60 ×
計
17.10
1階床面積
5
1
14
建築面積表
符号
6.00 × 22.50
2階床面積
135.00
31.40
24.00
190.40
21
音響調整室
22
映写室
22.80
調光室
22.80
3階床面積
68.40
23
4.00 ×
5.70
22.80
計算式
計
A
6.30 ×
2.60
16.38
B
35.75 ×
5.40
193.05
C
8.55 ×
2.60
22.23
D
13.10 ×
6.05
79.26
E
5.00 ×
2.00
10.00
F
10.70 ×
5.00
53.50
G
2.27 ×
0.80
1.82
1階床面積
合
2239.60
計
2615.84
335.00
1
50.60 ×
1.85
93.60
2
4.00 ×
5.70
25.50
1.20 ×
2.27
3
3.50 ×
6.10
21.40
4
2.00 × 17.10
34.20
合
計
2498.40
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
改修前 求積図・面積表
(コミュニティセンター)
縮尺
訂 正
2
整理番号
1/300
A-10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
E
E
C
D
D
E
F
G
C
B
A
C
B
B
C
D
A
A
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
1階 面積求積図 S:1/300
床面積表
符号
建築面積表
計算式
2.40 ×
B
6.175× 13.40
82.75
G
2.60 × 30.50
C
0.175×
D
12.35 ×
0.15
1.85
E
2.40 ×
5.70
13.68
6.70 × 2
9.625× 13.40
年 月 日
2.35
5.70
1階床面積
合
計
13.68
79.30
1054.49
1147.47
128.98
計
1054.49㎡
318.98坪
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
求積図・面積表
(農業構造改善センター)
縮尺
年 月 日
計
E
合
年 月 日
計算式
1110.20
(A+B+C+D)-(E+F)
訂 正
符号
36.40 × 30.50
F
年 月 日
計
A
整理番号
1/300
A-11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
2,000
12,600
14
5,000
3,500
Q
4
5
5
6
7
8
9
10
350
3,500
Q
13-1
E
F
5,000
A
5,055
P
6,300
P
O
O
5,645
13-2
12
J
G
I
5,400
9,370
30,000
16-2
13,200
14
H
16-1
1
2
3
4
5
23
22,500
J
4,000
6,000
19
20
5,600
6,000
I
H
G
5,000
G
K
2,000
6,050
13-1
18
2,800
16-3
22
6,100
12
15
L
5,700
1,850 3,430 2,270 1,500 1,550
1,550 1,500
13,100
28,900
35,750
B
11
7
21
5,300
8
D
K
33,900
L
10
5,700
16-4
M
5,700
9
5,700
3,050 3,050
M
20
N
17,100
24
N
19
6
F
F
1,200
8,550
12,000
17
C
12,000
5,200
24,000
16-5
6,000
5,200
4,000
10,400
1,800
3,000
4
10,200
5
5
6
7
8
9
10
50,600
2,600
6,600
2,000
E
1
1階 面積求積図 S:1/300
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
3階 面積求積図 S:1/300
2階 面積求積図 S:1/300
床面積表
符号
室名
符号
室名
1
文化展示室
12.00 ×
5.00
計算式
60.00
16
廊下
2
創作活動室
12.00 ×
5.00
60.00
17
3
作法室
6.00 ×
5.00
30.00
24
4
青年研修室
5.20 ×
5.00
26.00
年 月 日
年 月 日
年 月 日
計算式
5
2.00 ×
8.55
管理室
6.60 ×
8.55
太鼓倉庫
5.38 ×
5.635
1階床面積
婦人研修室
5.20 ×
5.00
26.00
視聴覚室 リハーサル室
10.20 ×
5.00
51.00
18
客席
7
大ホール 客席
(30.00 × 28.90) - (6.05 × 13.10)
787.70
19
投光室
5.60 ×
2.80 × 2
8
舞 台
13.20 × 33.90
447.50
20
階段室
6.00 ×
2.00 × 2
9
楽屋-1
5.00 ×
3.05
15.30
10
楽屋-2
5.00 ×
3.05
15.30
11
楽屋-3
5.00 ×
5.30
26.50
12
シャワー室
3.50 ×
1.55 × 2
10.90
13
便所
14
控室
15
ホール ホワイエ
16
廊下
12.60 ×
6.30
79.40
2
3.50 ×
1.50 × 2
10.50
3.00 ×
3.43
10.30
9.37 × 35.75
1
50.60 ×
89.90
小計
191.80
56.40
30.20
建築面積表
2269.80
6
1
計
17.10
符号
6.00 × 22.50
2階床面積
135.00
31.40
24.00
190.40
21
音響調整室
22
映写室
22.80
調光室
22.80
3階床面積
68.40
23
4.00 ×
5.70
22.80
計算式
計
A
6.30 ×
2.60
16.38
B
35.75 ×
5.40
193.05
C
8.55 ×
2.60
22.23
D
13.10 ×
6.05
79.26
E
5.00 ×
2.00
10.00
F
5.065×
5.00
25.33
G
2.27 ×
1.80
4.09
1階床面積
合
2269.80
計
2620.14
335.00
1.85
93.60
25.50
4.00 ×
5.70
1.20 ×
2.27
3
3.50 ×
6.10
21.40
4
2.00 × 17.10
34.20
合
計
2528.60
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
改修後 求積図・面積表
(コミュニティセンター)
縮尺
訂 正
小計
5
2
年 月 日
計
整理番号
1/300
A-12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
65,000
Q
5,000
P
1,700
3,000
3,000
3,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
5,000
Q
男子便所
女子便所
P
身障者便所
O
2,800
O
前室
前室
側廊下
階段2-2
出待-2
N
N
2,900
倉庫
DS
M
M
前室
5,700
楽屋1
楽屋2
L
5,700
L
ホワイエ
ステージ
廊下
楽屋3
K
5,700
K
前室
2,900
J
J
DS
階段-7
I
2,800
I
楽屋前室
階段2-1
出待-1
前室
側廊下
控室
吊元
ロッカー(荷物置場)
H
2,250
H
前室
G
4,800
G
文化展示室
創作活動室
青年研修室
婦人研修室
視聴覚室兼リハーサル室
作法室
F
F
1階改修前平面図 S:1/200
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
1階改修前平面図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/200
A-13
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
65,000
Q
5,000
P
1,700
3,000
3,000
3,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
5,000
Q
男子便所
女子便所
P
身障者便所
床上げ部分
O
2,800
O
前室
前室
側廊下
階段2-2
出待-2
増築部分
倉庫
N
N
2,900
倉庫
DS
M
M
前室
5,700
楽屋1
楽屋2
L
5,700
L
ホワイエ
ステージ
廊下
楽屋3
K
5,700
K
前室
2,900
J
J
DS
階段-7
I
2,800
I
楽屋前室
階段2-1
出待-1
前室
側廊下
控室
吊元
ロッカー(荷物置場)
H
2,250
H
前室
G
4,800
G
文化展示室
創作活動室
青年研修室
婦人研修室
視聴覚室兼リハーサル室
作法室
F
F
1階改修後平面図 S:1/200
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
1階改修後平面図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/200
A-14
増築部分
コンクリート壁
床上げ部分
西側立面図 S:NO.SCALE
増築部分
コンクリート壁
北側立面図 S:NO.SCALE
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
改修後 西側・北側立面図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
NO.SCALE
A-15
部分断面図:床上げ部 北側立上部
1:30
13
120
175
14
差筋アンカーD13
[email protected]
D13
基礎ボルトM16
駐車場緩衝材
2,000
5,000
1,500
1,500
[email protected]
100
1,900
320
差筋アンカーD13
150
120
既存土間
盛土(A種)
床上げ部分
P
部分断面図:床上げ部 東側立上部
1:30
駐車場緩衝材
175
120
差筋アンカーD13
D13
[email protected]
5,000
[email protected]
150
120
差筋アンカーD13
コンクリート壁 W=140(増打ち20)
盛土(A種)
コンクリート壁 W=140(増打ち20)
1:30
145
部分断面図:O通り壁面
既存土間
1:30
部分断面図:14通り壁面
O
開口寸法 1,500
新設棚
5,700
増築部分
コンクリート壁 W=140(増打ち20)
既存棚移設
2,580
開口寸法 1,300
3,770
コンクリート壁 W=140(増打ち20)
M
850
750
内部仕上
床 :コンクリートコテ仕上(既存のまま)
壁 :既存外壁面 コンクリート打放し アクリルリシン吹付(既存のまま)
新設壁面 コンクリート打放し 内装厚塗材E
天井:コンクリート打放し アクリルリシン吹付(既存のまま)
平面詳細図 S:1/50
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
320
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
平面詳細図・部分詳細図
縮尺
訂 正
145
1/50
1/30
整理番号
A-16
13
14
2,000
壁 リ ス ト
1:30
・ 巾 止 メ 筋 は 、 D10 @100 0以 下 と す る 。
5,000
1,500
1,500
100
1,900
320
符 号
W12
壁 厚
120
開口部補強要領
80
d
40 d
コンクリート壁 W=140(増打ち20)
4,125
断 面
145
コンクリート壁 W=140(増打ち20)
40d
開口寸法 1,500
開口部
1
SS
120 20
新設棚
開
口
補
増築部分
5,150
5,700
強
縦 筋
D10 @200 (S)
横 筋
D10 @200 (S)
縦 筋
2-D1 3
横 筋
2-D1 3
斜メ筋
2-D1 3
開口寸法 1,300
既存棚移設
6
WD
建具キープラン S:1/50
符号
型式
数量
6
WD
親子扉
1
1
SS
シャッター
1
2,000
姿 図
2,000
法
900
取付場所
内法寸法
枠
沓 摺
扉
ガラス
建具金物
1,500
400
1F 太鼓倉庫
W×H
1,300×2,000
型
見込
仕上
210
木製 CL
型
幅
70
仕上
SUS・HL
見込
36
仕上
メラミン化粧合板t=4.0
両面フラッシュ扉
丁番SUS・シリンダー錠・レバーハンドル
フランス落し・ドアチェック
1F 太鼓倉庫
W×H
1,500×2,000
型
見込
型
幅
見込
仕上
仕上
仕上
スチール SOP
スチール SOP
ディンプル錠
備 考
建具表 S:1/100
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
建具キープラン・建具表
耐火構造標準図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
図示
A-17
1:30
既存木製棚移設
60*[email protected]
太鼓倉庫
新設木製棚
仕 様
3,910
仕 様
60*[email protected]
1,900
柱 : 杉材一等材 8585
柱 : 杉材一等材 8585(フレーナー仕上寸法)
框 : 杉材一等材 8585
框 : 杉材一等材 8585(フレーナー仕上寸法)
根 太: 杉材一等材 6060
根 太: 杉材一等材 6060(フレーナー仕上寸法)
棚 板: t12ラワン合板 ステン45釘打ち
棚 板: t12ラワン合板 ステン45釘打ち
750
1,100
※ カット部分については、現場打合せの上施工する事
※ 転倒防止措置を行う事
1,100
750
85
85
60 12
890
85
890
85
60 12
2,470
85
690
85
690
60 12
85
85
60 12
690
690
85
60 12
1,900
60 12
3,910
85
1:30
2,270
太鼓倉庫
カット部分
200
200
カット部分
太鼓倉庫
※ 転倒防止措置を行う事
1:30
既存木製棚 上部棚板カット
仕 様
55*[email protected]
柱 : 杉材一等材 9090
6,280
框 : 杉材一等材 9090
根 太: 杉材一等材 5555
棚 板: t12ラワン合板 ステン45釘打ち
1,100
※ カット部分については、現場打合せの上施工する事
55 12
90
600
90
55 12
1,050
1,100
90
55 12
600
90
2,900
90
55 12
600
カット部分
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
既存木製棚・新設木製棚詳細図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/30
A-18
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
65,000
750
3,000 3,000 3,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
5,000
3,000 2,000
Q
1,700
Q
6,700
男子便所
5,000
P
女子便所
P
身障者便所
特
O
側廊下
前室
特
屋内消火栓
5,700
N
特
出待-2
階段2-2
特
特
前室
N
特
倉庫
M
O
特
ロッカー(荷物置場)
大道具搬入口
特
特
特
DS
M
特
前室
5,700
楽屋1
楽屋2
5,700
L
42,250
L
客席
ホワイエ
オーケストラピット
ステージ
楽屋3
廊下
屋内消火栓
K
K
5,700
シャワー室(女子)
女子便所
男子便所
特
J
J
特
前室
ロッカー(荷物置場)
2,250
G
特
特
屋内消火栓
特
側廊下
H
特
DS
階段-7
5,700
I
シャワー室(男子)
特
前室
特
階段2-1
特
控室
特
吊元
H
特
廊下
I
楽屋前室
出待-1
特
特
前室
コミュニティーセンター
G
特
4,800
主出入口
文化展示室
創作活動室
青年研修室
作法室
婦人研修室
視聴覚室兼リハーサル室
煙感知連動甲種防火S.S
F
F
特
館長室兼
応接室
8,550
特
中 庭
煙感知連動甲種防火戸
管理室
E
E
6,700
特
倉 庫
農業技術資料室
会議室
1,850
ホール
6,700
D
廊 下
非常口
D
男子便所
農業構造改善センター
主出入口
30,500
女子便所
C
広 場
倉庫-2
健康相談室
幼児室
1,850
B
大研修室
中 庭
6,700
C
倉庫-3
B
検尿室
廊 下
6,700
踏込-1
水屋
非常口
倉庫-4
踏込-2
生活改善室
小研修室
屋外調理土間
和室研修室
A
A
特 特定防火設備を示す
1階平面図 S:1/300
1
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
3
4
5
6
7
8
9
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
10
11
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
12
13
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
14
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
1階平面図(トレース)
縮尺
訂 正
2
整理番号
1/300
A-19
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
65,000
750
3,000 3,000 3,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
5,000
3,000 2,000
Q
1,700
Q
6,700
P
5,000
P
O
O
5,700
天井裏
N
投光室
階段3-2
特
N
DS
DS
M
M
5,700
特
音響調整室
L
L
5,700
42,250
特
映写室
ステージ上部吹抜
客室上部吹抜
K
K
5,700
特
調光室
J
J
5,700
特
I
DS
DS
階段-7
投光室
天井裏
I
特
階段3-1
吊元上部
H
2,250
H
G
4,800
G
F
8,550
F
E
6,700
E
1,850
屋外機置場
D
C
中庭吹抜
6,700
C
30,500
6,700
D
1,850
B
屋外機置場
6,700
B
A
A
特 特定防火設備を示す
2階平面図 S:1/300
1
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
3
4
5
6
7
8
9
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
10
11
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
12
13
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
14
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
2階平面図(トレース)
縮尺
訂 正
2
整理番号
1/300
A-20
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
65,000
750
3,000 3,000 3,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
5,000
3,000 2,000
Q
1,700
Q
6,700
P
5,000
P
O
O
特
5,700
N
上部フライギャラリー
階段3-2
天井裏
N
DS
M
5,700
M
5,700
L
42,250
L
客席上部
天井裏
ステージ上部
K
5,700
K
J
J
5,700
DS
I
I
特
天井裏
階段3-1
特
フライギャラリー
吊元上部
H
2,250
H
G
4,800
G
F
8,550
F
E
1,850
6,700
E
D
C
中庭吹抜
6,700
C
30,500
6,700
D
1,850
B
6,700
B
A
A
特 特定防火設備を示す
3階平面図 S:1/300
1
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
3
4
5
6
7
8
9
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
10
11
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
12
13
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
14
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
3階平面図(トレース)
縮尺
訂 正
2
整理番号
1/300
A-21
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
65,000
750
3,000 3,000 3,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
6,000
5,000
5,000
5,000
5,000
3,000 2,000
Q
1,700
Q
6,700
P
5,000
P
O
O
5,700
天井裏
N
特
手摺 φ42.7 スチールパイプSOP
特
N
DS
特
M
M
5,700
H-250×125×6×9
1,000
3,000
2,000
2,000
2,000
□-125×65×6
特
天井裏
タラップ W=400 D=150
K
L
シーリングスポット室
6,200
5,700
42,250
上部屋上ハッチ 550×550
センタースポット室
L
可動プロセニアム 16,800×1,200
プロセニアムスピーカー
K
5,700
特
キャットウォーク W=600
J
J
5,700
特
I
手すり
手摺 φ42.7 スチールパイプSOP
特
天井裏
特
I
フライギャラリー
吊元上部
H
2,250
H
G
4,800
G
F
8,550
F
E
1,850
6,700
E
D
C
中庭吹抜
6,700
C
30,500
6,700
D
1,850
B
6,700
B
A
A
特 特定防火設備を示す
スノコ等平面図 S:1/300
1
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
3
4
5
6
7
8
9
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
10
11
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
12
13
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
14
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
スノコ等平面図(トレース)
縮尺
訂 正
2
整理番号
1/300
A-22
西側立面図 S:NO.SCALE
東側立面図 S:NO.SCALE
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
東側・西側立面図(トレース)
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
NO.SCALE
A-23
南側立面図 S:NO.SCALE
北側立面図 S:NO.SCALE
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
南側・北側立面図(トレース)
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
NO.SCALE
A-24
(特記仕様書)
8.施工中の安全確保
及び環境保全
※「低騒音型・低振動型建設機械の指定に関する規定」(建設省告示第1536号)に基づき指定された
建設機械を使用する。
22.屋外の支持金物
及びプルボックス
※屋外の支持金物、ボルト及びナットなどは、溶融亜鉛めっき仕上げ又はステンレス製とする。
屋外に使用するプルボックスは、図面に特記なき場合は、ステンレス製とする。
23.塗 色
※盤類、電線管その他の塗装色は、特に指示しない場合は、2.5Y9/1とする。
24.呼 び 線
※長さ1m以上の入線しない電線管には、1.2mm以上のビニル被覆鉄線を挿入する。
25.プレートの材質
フラッシュプレート
フロアプレート
26.カバープレート及び
ノズルプレート等の
刻印
※刻印の直径は10mm、文字は黒色とし下記による。
L
電灯
動力 P
電話
電気時計 C
電鈴 B
インターホン
テレビ共聴 TV
火報 F
防犯
シルバーケア
N
LAN LAN
27.その他の表示
※スイッチ、コンセントで用途の判別のし難いもの及び2連以上のスイッチは表示する。
Ⅲ 機 器 取 付 高
設計図書に特記なき壁付、壁掛形の機器等の取付高は下表を標準とし、監督員の承諾を得るものとする。
Ⅰ 工 事 概 要
※「排出ガス対策型建設機械指定要領」に基づき指定された建設機械を使用する。
1.工 事 名 称
曽 教 26-8末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 に 伴 う 電 気 設 備
2.工 事 場 所
曽於市末吉町諏訪方地内
(対象機種:バックホウ、ブルドーザ、トラクタショベル、発動発電機、油圧ユニット等但し、ディーゼルエンジ
ン(エンジン出力7.5Kw以上260Kw以下)を搭載したものに限る。)
3.建 物 概 要
建 物 名 称
構 造
階 数
RC
3
末吉総合センター
建築面積
(㎡)
延面積
(㎡)
消防法施行令
別表第一区分
2498.4
1項(イ)
備 考
9.工事用電力、水、
その他
※本工事に必要な工事用電力、水等の費用及び官公署その他の関係機関への諸手続等に要する費用は、
請負者の負担とする。
10.工事用仮設物
構内につくることが
・ できる
11.監督員事務所
・ 設けない
・ 設ける( 号)
12.足場・桟橋類
4.工 事 種 目 (○印のついたものを適用する)
建物別及び屋外
工 事 種 目
・ 別契約の関係請負者が定置したものは、無償で使用できる。
・ 本工事で設置する。
・ 枠組足場を設ける場合は、「手すり先行工法に関するガイドライン」(厚生労働省平成15年4月策定)により
、設置については「手すり先行工法による足場の組立て等の基準」による「働きやすい安心感のある足場」
とし、二段手すり及び幅木の機能を有するものとする。
屋外
1 電灯設備
2 動力設備
3 電熱設備
4 雷保護設備
5 受変電設備
6 静止形電源設備
7 発電機設備
8 構内情報通信網設備
9 構内交換設備
10 情報表示設備
11 映像・音響設備
12 拡声設備
13 呼出し設備
14 テレビ受信設備
15 テレビ電波障害防除設備
16 監視カメラ設備
17 電気時計設備
18 防犯・入退室管理設備
19 火災報知設備・防火防排煙設備
20 中央監視制御設備
21 構内配電線路
22 構内通信線路
23 撤去工事
13.発生材の処理
・ ステンレス又は新金属
・ 砲金製
・ 樹脂製(カラープレート含む)
・ アルミ合金製
・ できない
(1)引き渡しを要するもの
・ 有り (
(2)引渡しを要するもの以外
・ 構外搬出適正処理
(3)特別管理産業廃棄物
T
t
S
I
表 示 放 送 H
G
ガス漏れ ※コンセントプレートには、回路番号を表示すること。
ハンドホール・マンホールのふたは、下図による。用途種別を刻印する。
)
ハンドホール鉄ふた姿図
電気マーク
用途種別
電力
通信
※PCB使用機器は関係法令により適切に処理し、建物管理者に引き渡す。
(4)再利用又は再資源化を図るもの
・ 有り (
14.残土処理
・ 構内指示の場所に敷きならし ・ 構内指示の場所にたい積
15.工 事 写 真
※下記のものを監督職員に提出する。
)
用途種別
弱電
高圧
名 称
取引用計器
引込用計器
引込開閉器箱(低圧)
分電盤、制御盤、実験盤
開閉器箱
ホーム分電盤
測点
取付高(㎜)
名 称
測 点
取付高(㎜)
地上~窓中心
1,800~2,000
端子盤
天井下~上端 200(上端1,900以下)
地上~中心
1,800~2,200
中間端子盤(EPS、電気室)床上~中心
1,500
床上~上端
1,500
集合保安器箱
天井下~上端
200
床上~中心 1,500(上端1,900以下) 壁付電話機
床上~中心
1,300
〃
1,500
親時計
床上~中心 1,500(上端1,900以下)
〃
(天井高)×0.9 子時計・スピーカ
〃
(天井高)×0.9
アッテネータ
〃
1,300
〃
1,300
スイッチ(一般)
〃
2,000
増幅器用位置ボックス
〃
500
〃 (24h換気用)
〃 (身体障害者用)
〃
900
出退表示盤
〃
(天井高)×0.9
コンセント、電話用アウトレット
〃
300
発信器(出退表示用)
〃
1,300
直列ユニット(一般)
ベル・ブザー・チャイム
〃
(天井高)×0.9
コンセント、電話用アウトレット
〃
200
直列ユニット(和室)
インターホン
〃
1,300
コンセント、電話用アウトレット
台上~中心
150
インターホン子機(身障者用)
〃
1,100
直列ユニット(台上)
壁付位置ボックス(一般)
〃
300
コンセント
200以上
壁付位置ボックス(和室)
〃
200
ガスコックとの離隔
コンセント(車庫)
床上~中心
800
呼出ボタン(身体障害者用)
〃
900
復帰ボタン( 〃 )
〃
1,800
壁付灯(一般)
〃
2,100~2,300
廊下表示灯( 〃 )
〃
2,000
壁付灯(踊場)
〃
2,000~2,500
シルバーケア用位置ボックス
〃
900
壁付灯(鏡上)
鏡上端~中心
150
避難口誘導灯
床上~下端
1,500以上
火報受信機(複合盤)
床上~操作部
800~1,500
廊下通路誘導灯
床上~上端
1,000以下
副受信機、総合盤、発信器
床上~中心
800~1,500
操作スイッチ押し釦
床上~中心
1,300
警報ベル
〃
(天井高)×0.9
警報盤
〃
1,800
表示灯
〃
(天井高)×0.8
給油ボックス
地上~給油口
1,000
連動制御器(自動閉鎖)
〃
1,500
サーモ・ヒューミディ用位置ボックス
床上~中心
1,500
ガス漏れ検知器(LPガス)
〃
300
(天井面)-200
〃 (都市ガス) 天井面~中心
・ 構外搬出適切処理
撮影箇所及び方法については、国土交通大臣官房官庁営繕部監修「工事写真の撮り方(改訂第2版)
建築設備編」及び監督職員の指示による。
28.地中線の埋設標
※構内線路における埋設標の材質及びその個数は、図面に記載のない場合は次による。
・ 鉄製( 箇所) ・ コンクリート製( 箇所)
4
(注)天井高3,000mm以上の場合は、監督員と協議する。
29.標識シート
※標識シートは、2倍長以上重ね合せを使用し、低圧地中幹線路及び通信地中幹線路にも設ける。
30.電 路 の 保 護
※特記のない引き下げ部分及び露出部分の配線はMM2にて保護する。
※貫通部分の配線は、金属管などにて保護する。
31.接 地 極
※接地極の材料は下記による。
Ⅳ 他 工 事 と の 取 合 い
なお、工事写真の提出は、デジタルカメラとする。
区 分
着工前
工事中
完 成
分類・規格
カラー・サービスサイズ
カラー・サービスサイズ
カラー・サービスサイズ
(レーザープリンタ使用)
2部
備 考
全景については、原則として外構
工事完了後とする
機 器 の 基 礎
16.完 成 図 書
Ⅱ 工 事 仕 様
(2) 機械設備工事及び建築工事を本工事に含む場合は、機械設備工事及び建築工事はそれぞれの工事仕様書を適用する。
なお、機械設備工事の工事仕様書は( / )図、建築工事書の仕様は( / )図による。
2.特 記 仕 様
(1) 項目は、番号に○印の付いたものを適用する。
(2) 特記事項は、「 ・」 に ○ 印のついたものを適用する。
○の付かない場合は、※印の付いたものを適用する。○印と※印の付いた場合は、共に適用する。
項 目
1.工事実績情報の登録
(工事カルテ)
2.建設リサイクル法
18.耐 震 施 工
※設備機器の固定は、「建築設備耐震設計・施工指針 最新版」(国土交通省国土技術政策総合研究所他
監修)により、耐震強度計算書を監督職員に提出し、承諾を受けるものとする。
なお、設計用水平地震力、設計用鉛直地震力は下記による。
(1)設計用水平地震力
設計用水平地震力は機器の重量に、次に示す設計用標準水平震度を乗じたものとする。
耐震安全の分類
設置場所
・ 特定の施設
・ 一般の施設
重要機器
一般機器
重要機器
一般機器
2.0
1.5
1.5
1.0
上層階の天井以上
(2.0)
(2.0)
(2.0)
(1.5)
<2.0>
<1.5>
<1.5>
<1.0>
1.5
1.0
1.0
0.6
1階天井~上層階の床
(1.5)
(1.5)
(1.5)
(1.0)
<1.5>
<1.0>
<1.0>
<0.6>
1.0
0.6
0.6
0.4
1階の床以下 (1.0)
(1.0)
(1.0)
(0.6)
<1.5>
<1.0>
<1.0>
<0.6>
(注) ( )内の数値は防振支持の機器の場合に適用する。
< >内の数値は水槽類に適用する。
上層階の定義
・ 請負代金の額による
対象建設工事の種類
建築物の解体
対象建
建築物の新築・増築
築工事
建築物の修繕・模様替(リフォーム等)
建築物以外のものの解体・新築等(土木工事等)
3.機材等
※施工図等の著作権に係わる当該建物に限る使用権は、発注者に委譲するものとする。
※適用する。
・ 対象外工事
規模の基準
床面積の合計
床面積の合計
請負代金の額
請負代金の額
80 ㎡
500 ㎡
1億円
500 万円
※設備機材等は、設計図書に規定する所要の品質及び性能を有するものとし、JIS及びJASマーク表示の
ない機材及びその製造者等は、つぎの(1)~(6)の事項を満たすものとする。
(1) 機材等が所要の品質・性能を確保し、試験データが整備されていること。
(2) 生産施設及び品質の管理が適切に行われていること。
(3) 安定的な供給が可能であること。
(4) 法令等で定める許可、認可、認定または免許等を取得していること。
(5) 製造又は施工の実績があり、その信頼性があること。
(6) 販売、保守等の営業体制が整えられていること。
・ 一般用
5.電気工事士
※契約電力500kW以上の場合は、第1種電気工事士により施工を行う。
6.工事担任者
電気通信事業法第71条に規定する工事担任者
・ AI第一種
・ AI第二種
・ AI第三種
・ DD第一種
・ DD第二種
・ DD第三種
7.契 約 種 別
・ 従量電灯 ( ・ A ・ B ・ C )・ 低圧電力
●
年 月 日
年 月 日
33.照明器具の接地
・ コードペンダント以外の放電器具及び水気のある場所の白熱灯器具は接地する。
なお、金属管配線の場合は、配管を利用してもよい。(乾燥した場所のコンパクト器具(27W以下)を除く)
34.電線類
※本工事においては、EM電線・EMケーブルを原則使用するものとする。
※ビニル電線等を使用する旨の記載があるものは、EMケーブルの規格に読みかえ使用する。
※EMケーブルの電線の色別は、原則として標仕による。
ただし、ケーブルの一心を接地線として使用する場合は、緑色の心線とする。
(1)コンクリート製造工場の選定
※JIS表示認定工場で、生コンクリート品質管理監査会議の監査に合格した工場
上記工場で製造されたレディーミクスコンクリートを使用する場合には、「品質管理監査合格
証」の写し及び「配合報告書」のみの提出とし、セメント、骨材、練り混ぜ水、混和剤の試験成
績表及び配合計算書の提出を省略することができる。
35.コンクリート工事
・上記以外の工場
(2)小規模工事の品質管理試験
小規模工事(1工種の総使用量が50m3未満)のうち、構造上の安全確保が必要な部分を除
き、1日の打設量が10m3未満の場合は、JIS表示認定工場の品質証明書(別途様式)の提出
により、スランプ試験、空気量試験、塩化物試験、コンクリート強度試験を省略することができる
。
ただし、監督員の指示があった場合は、この限りではない。
開 口 部
※重要機器
・ 配電盤
・ 交換機
・ 自家発電装置
・ 火災報知受信機
・ 直流電源装置
・ 中央監視装置
19.電線本数・管路など
・ AI・DD総合種
・ 業務用電力
・ 臨時電力
・ B )
・ 主任技術者(
)
機械設備
工事
点 検 口
外部取付ガラリ
湯沸かし室のフード
換気扇の取付枠
流 し 台
排水トラップ共
防 油 提
自家発用
空調用
オイルサービスタンクの防油提
床下水槽のマンホール
雨水
屋外配水管
汚水、雑排水
雨水立管(たてどい)
多目的用便所手すり
はめ込形洗面器用カウンター(前板共)
ガスボンベ転倒防止用の鎖
自動ドア及び電動シャッターなどの制御部と操作スイッチ間の
配管配線及び操作スイッチ
防火扉レリーズ
電極棒
配線ピット及びふた
機器などへの接続(1次側)
機器附属の制御盤以降の配管配線(接地共)
機器附属の制御盤への電源供給配管配線
自動制御盤と動力盤との電源供給の渡り配管配線
自動制御盤と動力盤との操作回路の渡り配管配線
(2)設計用鉛直地震力
設計用鉛直地震力は設計用水平地震力の1/2とし、水平地震力と同時に働くものとする。
建築工事
屋内
配電盤、制御盤の基礎
屋外
屋上
電気関係
自家用発電機の基礎(アンカーボルト除く)
テレビアンテナ基礎( 〃 )
避雷針の基礎( 〃 )
屋内設備
機械関係
屋上設備(架台、アンカーボルトを除く)
屋外設備
架台、アンカーボルト(電気及び機械関係以外)
特記した基礎(電気及び機械関係以外)
補強を要するもの
梁、床、壁
貫通スリーブ
補強を要しないもの
補強を要するもの
梁、床、壁
貫通部型枠
補強を要しないもの
軽量鉄骨下地、壁、 補強を要するもの
天井ボード類の切込 補強を要しないもの
補強を要するもの
埋込形分電盤、
端子盤等の型枠
補強を要しないもの
上記の開口部の補強
上記の開口部の墨だし
スリーブの穴埋(型枠の穴埋を含む)
OAフロアー用配線器具
床、天井、壁
ダクト、チャンバーの接続用フランジを含む
電気配管配線
●
●
天井吊り形FCU、個別パッケージ、全熱交換ユニット等の
機器と付属操作スイッチとの渡り配管(接地共)
天井吊り形FCU、個別パッケージ、全熱交換ユニット等の
機器と付属操作スイッチとの渡り配線
・ 無停電電源装置
天井吊り形FCU、個別パッケージ、全熱交換ユニット等の
機器と付属操作スイッチ
天井吊り形FCU、個別パッケージ、全熱交換ユニット等の
機器と付属操作スイッチの埋込ボックス
※ 分電盤、制御盤及び端子盤等の二次以降の配線経路は、電線太さ、電線本数及び管径等は監督職員
の承諾を受けて変更しても差し支えない。
また、機械室等の床配線は図面上PF管で記載している場合であっても、立上げ部分等の露出配管部分
は金属管とし、その場合は全長に亘って接地線を設ける。
※ ケーブルがハンドホールを経由する場合、最初と最後のハンドホール内で一巻の余長をとること。
20.形状・寸法等
※ 姿図の形状寸法等は、図面表示と多少相違してもよい。
21.予 備 配 管
※ 埋込、露出分電盤の場合は予備の配線用遮断器数に応じ、次のように予備配管を設ける。
天井スラブの場合
天井又は梁下200㎜まで仕上げジョイントボックス取付
二重天井の場合
天井内まで仕上げ、ジョイントボックス取付
配 管
予備の配線用遮断器
4個以下…(PF22相当)×2
5個以上…(PF22相当)×4
個別パッケージの室内機、室外機の渡り配線(接地共)
煙感知器から連動操作盤を経て防煙ダンパに至る配管配線
小便器用節水装置の制御盤以降の2次側の配管配線
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
●
ガス漏れ検知器
電気錠及び通電金具
電 気 錠
TENキー及び制御盤
エレベーター出入口三方枠
シャワーユニット、バスユニット、洗濯機パン
ボード、Tバー
システム天井
照明ライン設備プレート
空調ライン設備プレート
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
電気設備 特記仕様書
縮尺
年 月 日
Hf蛍光灯安定器は、記載無き場合はPH型とする。
電化でナイト
・ 高圧電力 ( ・ A
訂 正
32.蛍 光 灯 器 具
・ 自家用
※新築における工事目的物の引渡しまでの基本料金及び使用電力料金は、請負者負担とする。
年 月 日
C種及びD種
接 地 極
EP(アースプレート 1.5t×900×900銅板)
EP(アースプレート 1.5t×600×600銅板)
EB(アースブロック D=14, L=1,500,より線22゚×300 銅製接地棒)
接地線太さ30mm以上は2本使用
6階建以下の場合は最上階、7~9階建の場合は上層2階、10~12階建ての場合は上層3階、
13階以上の場合は上層4層とする。
なお、これらの機材を使用する場合は、設計図書に定める品質及び性能を有することの証明となる
資料又は外部機関( (社) 公共建築協会 他)が発行する資料等の写しを監督職員に提出して承諾を
受けるものとする。
4.電気工作物の種類
※完成図書 (鍵、保証書、取扱説明書等)
・ 1部
・ ( ) 部
17.施工図の取扱い
特 記 事 項
・ 対象工事
接 地 種 別
A種
B種
※設計原図訂正の上、陽画複写図2ツ折り製本・ 電気工事(A2サイズ)1部・建築,電気,管工事全体(A3サイズ)1部
※施工図訂正の上、陽画複写図2ツ折り製本 ・ 電気工事(A2サイズ)1部・建築,電気,管工事全体(A3サイズ)1部
・ 修正CADデータ
・ 1部
・ ( 1 ) 部
・ 保全に関する資料等(標仕1.7.3による)
・ 1部
・ ( ) 部
・ 建設副産物実態調査について
※電子データにより、監督職員に提出する
・ 紙面により、監督職員に提出する
1.共 通 仕 様
(1) 特記仕様及び図面に記載されてない事項は、すべて国土交通省大臣官房官庁営繕部監修の公共建築工事標準仕様書(電気設備工事
編)最新版(以下「標仕」という。)及び公共建築改修工事標準仕様書(電気設備工事編)最新版並びに国土交通省大臣官房官
庁営繕部設備・環境課監修の公共建築設備工事標準図(電気設備工事編)最新版による。
本工事
(電気工事)
工 事 内 容
提出部数
1部
1部
整理番号
NO.SCALE
E-01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
32,500
1,500
1,500
1,500
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
2,500
2,500
2,500
2,500
Q
850
2,500
P
特記
男子便所
1.既設各分電盤からの立上げ配線は、CN1盤を経由してより立上げる。
2.今回の引出し用開閉器は、既設分電盤のSP回路を利用する。
尚、動力盤の開閉器は、MCCB3P125A→MCCB3P60Aに取替。
女子便所
身障者便所
床上げ部分
O
3.壁貫通部は、電線管等で保護し補修を十分すること。
1,400
前室
前室
側廊下
階段2-2
出待-2
増築部分
倉庫
壁貫通(コンクリート150mm)
N
1,450
倉庫
Pb(金属製)
400×400×400
DS
M
前室
2,850
楽屋1
楽屋2
2,850
L
ホワイエ
ステージ
楽屋3
廊下
N
EM-EEE2.0-2C(天井内配線)電灯
EM-CE 5.5-3C(天井内配線)動力
2,850
K
前室
1,450
J
DS
階段-7
壁貫通(コンクリート150mm)
1,400
I
楽屋前室
階段2-1
出待-1
前室
側廊下
控室
CN-1
吊元
ロッカー(荷物置場)
P
1M-3 TVC
1L-3 L
1,125
H
前室
2,400
G
文化展示室
創作活動室
青年研修室
婦人研修室
視聴覚室兼リハーサル室
作法室
F
電気設備 1階平面図 S:1/200
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
電気設備 1階平面図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/200
E-02
13
14
2,000
5,000
照明器具意匠図
※型番は参考とする。
FSA42219FPX9
ガード(FK41534)
● ガード付
● 電圧 100~242v
5,000
A
FHF32W×2
反射笠付
1. 特記なき配線器具は下記の通りとする。(スイッチはネーム付とする。)
埋込タンプラ (新金P) 1P15A×1 ネーム
埋込タンプラ (新金P) 1P15A×1 +確認表示灯 ネーム
3 貫通工事
2
2
S
煙感知器(光電式)2種
(イ)
(イ)
埋込コンセント(新金P) 2P15A × 2 丸型露出ボックス
増築部分
S
5,700
A -4
特記
5
1.天井が無い為、コンクリート壁 スラブ下露出配管とする。
(イ)
(イ)
2.照明器具は全て接地工事を施す事。
3.照明器具は全てガード付とする。
3
至る別図参照
貫通工事
(2.0)
5
(1.6)
4.二重天井内はケーブル工事とし、立上り引下げ個所、壁貫通部分及び
コンクリート埋込は適合するEP管にて保護すること。
Pb
400×400×400(金属製)
EM-AE1.2×4c(EP19)
貫通工事
(1)特記なき配管配線は下記による。
電灯コンセント設備
EM-IE1.6×2+E1.6(EP19)
EM-IE1.6×3+ (EP19)
S
5
EM-IE1.6×4+E1.6(EP25)
5(2.0)(1.6)
EM-IE2.0×2+IE1.6×2+E1.6(EP25)
楽屋1
電気設備 平面詳細図 S:1/50
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
電気設備 平面詳細図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/50
E-03
特 記 仕 様 書
建 物 概 要
構 造 ●RC ○SRC ○S ○W
地下 階 地上 階 階 延べ床面積 ㎡(対象面積 ㎡)
:
建築基準法別表第一 建物用途
消防法施行令別表第一 工 事 項 目
給 排 水 衛 生 工 事
○衛生器具工事
○給水工事
○排水工事(含通気)
○給湯工事
○消火工事
○ガス工事
項 目
1.共通事項
空 気 調 和 工 事
●空気調和工事
●換気工事
○浄化槽工事
○厨房器具工事
1.本工事は、本特記仕様書によるほか、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修の公共建築工事標準仕様書(機械
設備工事編)(平成22年版)同上監修公共建築改修工事標準仕様書(機械設備工事編)(平成22年版)
並びに国土交通省住宅局監修の公共住宅建設工事共通仕様書(平成22年版)(以下標準仕様書という)、
国土交通省国土技術政策総合研究所監修建築設備耐震設計・施工指針(2005年版)による。
2.本工事の使用資材の品質、規格、種別等は、本特記による。
3.本工事に必要な工事用電力、水及び諸手続等の費用はすべて請負業者の負担とする。
4.施工計画書は、着工に先だち、監督員に提出する。
5.本工事に下記の当該職種別技能士を適用させる。(但し●印のみ)
○配管技能士 ○ダクト板金技能士 ○熱絶縁施工技能士 ○冷凍、空気調和機器施工技能士〔 標P-15 1.5.2〕
6.本工事で、特記事項に定める「立会検査を要する施工工程」に達するときは、事前に監督員に連絡して立会
検査もしくは指示に従うこと。〔 標P-16 1.5.6〕
7.設計図書に明記なくとも関係法令上または機器の機能上当然必要となるものについては、原則として請負金
の範囲内で施工する。
8.発生材の処置については、監督員の指示によること。 〔 標P-10 1.3.9〕
9.本工事の施工に伴う既設建物の破損箇所は従来にならい復旧する。
10.前払金について
○契約金額の40%の範囲内で請求することができる。
○出来高予定額の40%の範囲内で請求することができる。
{契約会計年度の率は,契約金額の %程度,次年度の率は %程度である
○建設工事請負契約書第52条第3項を適用し,原則として契約会計年度に翌会計年度分も含めて,契約金額の
40%の範囲内で請求することができる。
11.中間前金払い又は部分払いについて
本工事において,中間前金払い又は部分払いのいずれかを選択するものとする。
1)中間前金払い
○中間前金払いを選択した場合,部分払いは行わない。
○中間前金払いを選択した場合でも,契約会計年度末には出来高予定額に応じた部分払いを受けること
ができる。{契約会計年度出来高予定 %}
中間前金払いは契約金額の20%以内とし,前金払いとの合計額が契約額の60%を超えないものとする。
2)部分払い
本工事で前払い金を支払ったものについては2回、支払いがなされていないものについては3回を超えて
部分払いをすることはできない。
12.「工事カルテ」の作成の必要がある場合(工事請負代金が500万円以上)には,工事実績情報として「工
事カルテ」を作成し、監督職員に提出し承諾を受けた後に,(財)日本建設情報総合センタ-に登録すると
ともに登録結果(工事カルテ受領書)の写しを監督職員に提出すること。(受注時,変更時及び完成時)
ただし,期間については契約締結後,土,日,祝日を除く10日以内とする。 〔 標P-5 1.1.4〕
13.下請工事における管内(県内)建設業者の優先活用について
1)請負業者は,工事の一部を下請に付する場合は,施工地を管轄する地域振興局等の管内に主たる営業所
を有する者を使用するように努めることとする。ただし,管内に対象業者がいない場合は,県内業者も
可とする。
2)請負業者は,前項で定めた建設業者を活用しない場合は,施工計画書等の提出と併せて「不使用等状況
報告書」を監督員に提出すること。
14.県産資材等の優先使用について
1)工事に使用する資材については,県内で産出,生産または製造されたもの(以下「県産資材」という。)
の優先使用に努めることとし,さらに,県産資材以外の資材等についても,県内に本店を置く資材業者
等から調達するよう努めることとする。
2)請負業者は,前項で定めた県産資材等を使用しない場合は,材料承諾願の提出と併せて「不使用等状況報
告書」を監督員に提出すること。
15.各工種の施工にあたっては,関係法令に定められた有資格者を配置すること。
16.ダンプトラック等による過積載等の防止について
1)工事用資機材等の積載超過のないようにすること。
2)過積載を行っている資材納入業者から、資材を購入しないこと。
3)資材等の過積載を防止するため、資材の購入等に当たっては、資材納入業者等の利益を不当に害するこ
とがないようにすること。
4)さし枠の装着又は物品積載装置の不正改造をしたダンプカーが、工事現場に出入りすることがないよう
にすること。
5)「土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法」(以下法という)
の目的に鑑み,法第12条に規定する団体等の設立状況を踏まえ,同団体等への加入者の使用を促進する
こと。
6)下請け契約の相手方又は資材納入業者を選定するに当たっては,交通安全に関する配慮に欠けるものまた
は,業務に関しダンプトラック等によって悪質かつ重大な事故を発生させたものを排除すること。
7)1)~6)のことにつき,下請契約における受注者を指導すること。
Ⅱ 特記事項
1.特殊な材料 標準仕様書に記載されていない特殊な材料により施工する場合は監督員の承諾を得ること。
と工法
なお、特殊な材料による施工は当該製品の指定工法による。
2.建設工事と 壁面、天井面等に機器取付のため必要な開口部等を設ける場合の施工の範囲は、設計図書等に
の取合
明記のない場合は、監督員の指示によること。
3.別契約との 別契約の関係工事については、当該工事関係者と協力し、工事の円滑な進ちょくを図るものと
関係工事
し、疑問が生じたら監督員の指示によること。
4.施工過程に 工事現場進行の過程における調整については、地域振興局・支庁の建築担当職員と充分に打合
おける調整 せを行い、指導を受けること。
設計原図を施工現場と一致するよう訂正をした後、下記製本およびCD-ROMを提出する。
5.完成図
訂正した原図は監督員に返納する。完成図の提出期限は工事契約期間の終了する日以内とする。
〔 標P-18 1.7.2〕 (●A-4版1部,●A-3縮小版2部,○A-1サイズ 部)
6.試験成績書 都市ガス設備、液化石油ガス設備は、ガス供給事業者の規定する気密試験成績書を2部提出す
る。県指定様式による。その他の試験成績書は監督員の指示による。
〔 標P-16 1.5.5〕〔 標P-17 1.7.1〕
7.申請書類
本工事の施工に必要な官公署への申請書類は原本またはその写しを2部ずつ作成し、完成図と
一緒に提出する。〔 標P-5 1.1.3〕〔 標P-17 1.7.1〕
8.保守指導
本工事の機械設備について保守管理上必要な案内書をワ-プロ等にて2部作成し、完成図と一
案内書
緒に提出する。(A-4版)〔 標P-18 1.7.3〕
9.工事報告
工事報告は、別に定める工事出来高報告書により毎月末見込みの出来高等を当月の20日まで
に監督員に提出する。(A-4版)
工事写真は、工程写真と完成写真とする。工程写真は、工事工程に応じて撮影し、工程順に整
理したものを請負者にて保管する。
なお、工程写真の提出を監督員が指示した場合は、出来高報告書と共に提出し、確認を受ける
こと。また、施工された設備の全部もしくは一部が地中又は水中に埋没あるいはコンクリート
に埋込まれる設備は写真で確認できる様にすること。必要に応じてスケール写し込みとする。
工事写真は次の条件を満たすものであること。
(1)原則として,電子媒体による写真を使用するものとし,デジタルカメラの有効画素数100万
画素以上、プリンターは、フルカラー300dpi以上の機能を有する機種とし、インク・用紙等
は通常の使用条件のもとで、3年間程度に顕著な劣化が生じないものとする。
(2)「現行のカラー写真」と電子媒体による写真の混合管理は原則として行わないこと。
(3)現行のカラー写真も可とする。
国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)に定めるところにより,環
境負荷を低減できる機器及び材料を選定するように努める。 〔 標P-11 1.4.1〕
使用資機材は,原則新品とし,JIS・JWWA等標準仕様書に定められた規格品とする。 使用機材は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「建築材料・設備機材等品質性能評価事業設備機
材等評価名簿」記載品、または同等品以上のものとする。 〔 標P-11 1.4.2〕
3.化学物質を
塗料,接着剤,保温材等の材料については,原則としてホルムアルデヒド等揮発性有機化合物の放
放散する
散量が小さく建築基準法の規制対象外である「F☆☆☆☆」の材料を使用すること。
建築材料等
〔 監P-62 1.4.1〕
4.防火区画
区画貫通の管類は、建築基準法に従い施工する。なお、その際の充填材はモルタルまたはロックウ
貫通部
-ルとし、保温材はロックウールとする。
国土交通大臣認定工法(防火パテ等)の使用も可。 〔 標P-77 2.8.1,監P-279 2.8.1〕
地中部分等で水密を要する部分はつば付鋼管とし,地中部分で水密を要しない部分のスリーブは,
5.配管用のス
ビニル管とする。
リ-ブ
上記以外は原則として亜鉛鉄板製とするが,柱及び梁以外の個所で,開口補強が不要であり,かつ
,スリーブ径が200mm以下の部分は,紙製仮枠として良い。
〔 標P-51 2.2.24〕〔 標P-77 2.8.1〕〔監P-279~284〕
6.専用工具
塩ビライニング鋼管、ポリ粉体鋼管及び外面被覆鋼管は、帯のこ盤又は丸のこ機などで切断し、パ
の使用
イプカッタ-による切断は禁ずる。ねじ切り機は、自動切り上げ装置付とする。
ねじ切りに際しては、ねじゲ-ジを使用して適正(JISねじ)に切られているか確認する。
(施工手順を撮影の上,工程写真に表す。) 〔 標P-61 2.5.1〕
事業者からの指定がある場合を除き,原則としてライニング鋼管はヘルメシ-ル88同等とする。
7.配管接合材 〔 標P-51 2.2.25〕
8.支持金物類
屋外、ピット内及び多湿箇所の支持金物類はステンレス鋼製とする。
9.外面被覆鋼管 埋設施工される外面被覆鋼管(内外面被覆含む)については,継手スリーブ端及びチャック・パイ
の傷部補修
プレンチの傷部分にプラスチックテープを巻くこと。(露出部分は原則不要)〔 監P-224 2.5.4〕
10.鋼管の傷部
鋼管(内面被覆鋼管含む)については,ねじ込んだ後,残りねじ部及びチャック・パイプレンチの
補修
傷部分に,十分さび止めペイントを塗布すること。 〔 監P-209 2.5.2〕
11.排水横引管
への接続
12.建物導入
部の配管
13.標準埋設
深さ
14.土中埋設
鋼管類
(エラス,コー
ト継手及び排
水用鋼管もこ
の項に準じる)
15.コンクリ-ト
埋設鉛管
・鋼管
16.埋設管表示
テ-プ
17.埋設管標識
シ-ト
18.埋設標
19.弁類
標=標準仕様書,監=監理指針,図=標準図
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
プラスチックテ-プ(JISZ 1901に準じたもの、厚さ0.4mm)で1/2重ね1回巻を行う。
〔 標P-76 2.7.3〕
下記の埋設管には、管頂部全長にわたって、粘着材付表示テ-プを貼り付ける。
○直結給水管(上水道本管接続部) <紺色> ○給水管(水槽以降) <空色>
○揚水管(受水槽~高置水槽間) <茶色> ○井水管 <白色>
○消火管 <橙色> ●ガス管 <緑色>
各種管上部(地表から150mm程度の深さ)にビニ-ル製標識シ-ト(巾150)を埋設する。
(排水管は除く) 〔 標P-76 2.7.1,監P-273 2.7.1〕
土中埋設のガス管、給水管及び消火管の分岐曲り部に設置する埋設標は次のとおりとする。
(設置箇所は図示による)
・未舗装部分は,アルミ製表示盤をコンクリ-ト(200φ×300)で巻き込んだものを,ステ
ンレス線で配管に緊結の上設置する。
・舗装部分は,キャッツアイを専用工具を用いて設置する。
水槽以降の配管には5K型,その他は10K型。(JIS規格) ○水道事業者指定( )
内面をライニングした管に使用するねじ込み式の弁等には管端防食継手の規定に準じた管端コアを
備えたものとする。
呼び径65以上の弁は外ネジ式とする。(水道用ソフトシール弁は除く) 〔 標P-41 2.2.1〕
呼び径50以下の揚水ポンプ付属逆止弁はバイパス弁付きでもよい。
呼び径65以上の仕切弁、逆止弁はライニング弁とする。
屋内オイルタンク及びオイルサービスタンクの最高液面以下に設ける元バルブ及びドレンバルブは
JIS B2071(鋳鋼10K外ねじ仕切弁)または同等以上によるものとする。
(所轄消防署の承認するもの) 〔 標 P-41 2.2.1〕
21.埋設弁類の
防食措置
22.機器の
防振措置
23.可撓継手
弁桝内等の直接土砂に接触しない個所に弁類を設置する場合には,防食措置は原則不要とする。
ただし,水道事業者の指定工法がある場合および,鋼管ねじ部分については防食を行うこと。
振動を発生する機器については,ダブルナットで固定し,かつ防振措置を施すこと。
(特記無き場合は防振吊り金具,防振パットとする。)
管 径
25以下
65~150
32~50
200以上
水用
全 長mm
300以上 500以上
750以上 1,000以上
ステンレス製
管 径
20 以下
25 ~ 40
50 ~ 100
油用
全 長mm
500以上
300以上
700以上
管 径
40 以下
50 ~ 80
100以上
合成ゴム製(水用)
全 長mm
300以上
500以上
700以上
(油用で管径40以上は消防法令適合品とする) (鋼製フランジ付) 〔 標 P-47 2.2.8〕
鋼製フランジ付 〔 標 P-46 2.2.7〕
厚さ100mmとする。 〔 図 P-87~92 〕
24.防振継手
25.既製コンク
リ-ト桝
26.サ-ビスタン ○ゲ-ジ式(側圧式) ○ガラス管式(流出防止形) 〔 標 P-54 2.3.4〕
クの油面計
27.標識その他
機器類・弁類・保守工具及び配管等には適宣その名称、内容及び矢印等を記入、もしくはプラスチ
ック製札に刻印したものを取り付ける。
(パイプシャフト・ピット内など隠ぺい部の配管類は,文字シ-ル貼り付けでも良い)
必要に応じ消防法,ガス事業法,液石法などによる標識(危険物・火気厳禁他)を設置する。
〔 標P-18 1.7.4〕
(例)・弁類に取り付ける場合は,小判型樹脂製札をSUS針金または耐候インシロックで取り付け。
彫り込み文字は 表面:「○○系統」 裏面:「○○A(口径)」 ・桝蓋の裏に取り付けの場合は,表面に「○○系統 ○○A(口径)」彫込み,接着剤にて
取付け。
・常時開,閉等の注意書きは,用途に応じて追記のこと。 12.マニフェスト
(1)産業廃棄物となる資機材は,産業廃棄物管理票制度(マニフェストシステム)により適
正に処理すること。
(2) 検査時には,マニフェストシステム関係書類の控えを提出し産業廃棄物の処理が適正に行
われたことの確認を受けること。
13.産業廃棄物
税
本工事により発生する建設廃棄物のうち,焼却施設及び最終処分場に搬入する産業廃棄物には
,産業廃棄物税が課税されるので適正に処理すること。
(1) 台風など風水害による現場被害が予想される場合は,事前の現場養生を確実に行い災害の
予防に努めること。
(2) なお,事前の対策完了報告および事後の現場状況報告を,書面にて監督職員に提出するこ
と。(盆,正月等長期間現場運営を休止する場合も同様とする)
(3) 塗装,シーリング材,接着剤その他の化学製品の取扱いに当たっては,当該製品の製造者
が作成した化学物質等安全データーシート(MSDS)を常備し,記載内容の周知徹底を図り,作
業者の健康,安全の確保及び環境保全に努める。 〔標P-9 1.3.5,P-10 1.3.8〕
解体及び改修作業において,石綿含有建築材料を撤去する必要が生じた場合には,ただちに監
督職員に報告すると共に,作業においては「石綿障害予防規則」を遵守すること。
2.衛生器具工事 〔 標P-229 1.1.1~P-235 1.1.16〕
1.和風大便器
躯体との緩衝材付、鉛管接続の場合は吊り金物を使用する。和便器と前壁との離隔は,250mm
程度を確保する。和風大便器用フラッシュバルブ壁面取り付けの場合はF.L.+800mm程度とする。
〔 標P-272 2.1.2,図P-158〕
2.大便器用洗
○バキュ-ムブレ-カ-付フラッシュバルブ(ノンホルディング機構付) 〔 標P-234 1.1.12〕
浄弁
○ロ-タンク(防露型)洗浄管固定。 ○自動洗浄 〔 標P-272 2.1.2,監P-632 1.1.12〕
3.小便器洗浄
○フラッシュバルブ ○ハイタンク ○水栓 ○自動洗浄
〔 標P-229 1.1.2,標P-272 2.1.2,監P-632 1.1.11~1.1.12〕
方式
○陶器製 ○不要 (器具付属の説明シール等は最寄りに貼り付けのこと。)
4.標 示 板
5.汚物入
プラスチック製とし、大便器1組に1個とする。YBC21同等品以上とする。
6.紙巻器
ステンレス鋼板製ワンタッチ形とする。 ○シングル 縦型二連 〔 標P-230〕
7.水栓類
原則としてJIS規格、JWWA規格(日水協)適合品とし節水こまとする。シングルレバーは
8.シールテープ
の除去
9.化粧鏡の
裏板補強
10.水栓柱
15.解体等作業
時の石綿対策
2.煤煙濃度計
3.ばいじん量
測定孔
4.煙道
5.ダクト
上げ吐水方式。〔 標P-234 1.1.10,監P-630 1.1.10,図P-64〕
水栓類と配管を接合した後の,見えがかり部分の余分なシールテープは,カッター等を使用し丁寧
に除去すること。
化粧鏡を壁に取り付けた際の隙間には,鏡の割れを防止するため補強材を設けること。
(厚さ4mm程度,ゴムシート等)
VB仕様 ○900h ○1,200h 必要に応じコンクリート根巻き,または壁にバンドにて固定する。
陶器類,洗濯機パン等については,原則として器具廻りをコーキング処理すること。
6.フレキシブ
ルダクト
11.器具廻りの
コーキング
12.洗面化粧台
洗面化粧台に付属の照明器具については,周波数切り替えスイッチを60Hzにあわせること。
の照明器具
3.屋内給水工事
1.給水方式
引込み付近水圧( )MPa ○水道直結方式 ○重力(高置水槽)方式 ○加圧送水方式
○直結増圧方式
○FRP製 ○ステンレス製(○一体型 ○組立型 ○単板構造 ○保温構造)
2.水槽類
タンク本体は,地震力及び地震力によって生ずるスロッシングによって損傷を起こさないような
強度を有するものとする。 2m以上は内外はしご付。 マンホ-ルは内蓋及び南京錠付。
〔 標P-245 1.4.1,標P-277 2.2.4,図P-66~73〕
3.ポンプ付属品 フ-ト弁本体は、ステンレス製・樹脂製又は青銅製とする。 〔 標P-235~P-239〕
4.ポンプ電動機 屋外:全閉防まつ形、屋内:(多湿箇所)全閉防まつ形、(その他)防滴保護形〔 標P-24 1.2.1〕
5.ボ-ルタッ
○銅板製 ○耐食性のある樹脂等 ○ステンレス製 〔 標P-49 2.2.17〕
プフロ-ト
4.屋外給水工事
1.継手材
管端防食継手としネジ部にコンパウンド、継手受口の隙間に専用テ-プを使用すること。
(ゴムリング方式は不可)〔 標P-36 2.1.2.5〕
親メ-タ-(○貸与 ○買取り) 子メ-タ-(○貸与 ○買取り) ○集中検針盤
水道事業者の指定がない限り,乾式直読型とする。 〔 標P-49 2.2.14〕
3.量水器桝
呼び径32までMC-1(430×310×550HフタMB-1)、呼び径40~65までM
C-2(710×510×750HフタMB-2小窓付)とする。呼び径80からはMC-3(
1100×710×750HフタMB-3小窓付)とする。 〔 標P-271 1.8.4,図P-88〕
呼び径25までVCーP,呼び径40までVC-1(180×180フタB1),呼び径50~
4.仕切弁桝
80までVC-3(300×300フタMHA-P300)とする。
呼び径100からはVC-5(450×450フタMHA-P450)とする。
〔 標P-270 1.8.2,図P-87〕
5.弁桝,量水器 舗装部分以外に設置する弁桝,量水器桝については,コンクリート巻きにて固定のこと。
桝と蓋とは鎖でつなぐこと(鎖は溶融亜鉛めっき仕上げまたはステンレス製)
の固定
6.伸縮ジョイン 鋼管とビニル管の接続箇所には、エラス(又はフリ-)ジョイントを使用する。
ト
〔 標P-39~P-41 , 標P-60 2.4.8〕
5.屋内排水工事
1.洗面器等
の排水管
2.床上掃除口
直下の曲管
3.器具との接続
4.通気金物
排水通気弁
5.排水金物
原則として配管接続とする。(ジャバラ・簡易ゴム接続は不可,専用アダプター使用のこと)
通気金物 ○アルミ(耐食性) ○ビニル製 排水通気弁 ○屋内型 ○屋外型
ネジ込型(掃除口、目皿は差込型とする。)原則として椀は,樹脂製とする。〔 標P-269 1.7.1〕
13.各種試験,調整
(1)給水装置に該当する管は、水道事業者の規定圧力。ただし、最小〔鋼管1.75MPa(
17.5kgf/c㎡)、ビニ-ル管1.0MPa(10kgf/c㎡)〕とする。
(2)揚水管、圧送管は当該ポンプの全揚程に相当する圧力の2倍の圧力。
〔最小0.75MPa(7.5kgf/c㎡)〕
6.屋外排水工事
1.マンホ-ル
ふた
2.汚水・雑排水
桝
3.小口径桝
〔 標P-270~P-271〕〔 標P-39 2.1.2.6〕
○鋳鉄製(○MHA形 ○MHB形 ○MHD形)名称入り蓋、鎖付とする。
(鎖は溶融亜鉛めっき仕上げまたはステンレス製)〔 図P-36〕
既製コンクリ-ト桝使用可。深さ1.2mを超える桝には足掛金物(巾≒150以上 防錆処理)
を取り付けること。 〔 図P-89~92〕
塩ビ製 ○防護蓋T-8(内蓋付き) ○塩ビ蓋ミカゲ(SUS鎖共)
●コンクリート巻(蓋呼び径+200)角×150h
4.掃除口コンク 300×300×150hで掃除口(COA)コンクリ-ト巻込みとする。
リ-ト巻
1.給水設備
給湯設備
7.給湯工事
〔 標P-36~P-39 , 標P-242〕
1.貯湯槽の材質 ○SUS444製 ○ステンレス鋼板製(電気防食装置付)
○ステンレスクラッド鋼板製(電気防食装置付) ○鋼板製 〔 標P-250 1.4.3,図P-74,75〕
ロックウ-ル2号 50t、外装はステンレス鋼板(0.3t)
2.膨張水槽の
1.種類
2.ガスメ-タ
3.プロパン庫
4.接合材
5.継手材
6.絶縁継手
7.施工
10.浄化槽工事
1.型 式
2.マンホ-ル
ふた
3.金物類
2.消火設備
3.ガス設備
○都市ガス(発熱量 MJ/m ) ●液化石油ガス(プロパンガス)発熱量50.2MJ/kg
マイコン型〔 標P-284 2.1.7 , P-291 3.1.3.3〕
○有 ○特定供給設備 ○無 ○集合装置+転倒防止鎖(鎖はステンレス製)
ガス専用接合材を使用すること。
専用継手としネジ部にコンパウンド、継手受口隙間に専用テ-プを使用すること。器具接続以外
のユニオン接続は使用しないこと。
外部から建物内へ引き込まれる箇所の付近の露出配管部に絶縁継手を設ける。〔 標P-287 2.2.5〕
有資格者の責任施工とする。使用材料についてはガス事業者の規定に準ずる。
〔 標P-301~318〕
鋼板厚3.2mm以上 〔 標P-112 1.1.9〕
風速(○低圧 ○高圧1 ○高圧2)
○アングル工法 ○コ-ナ-ボルト工法(共板・スライド) 〔 標P-175 ~ 184〕
フランジ部のダクト端折り返しは5mm以上とし、ダクト折り返し部の四隅にはシ-ルを施す。
〔 標P-192 2.2.2.3〕
厨房、浴室などの多湿箇所の排気風道は、その継目及び継手を外面よりシ-ル材でシ-ルを施し、
必要により水抜管を設ける。 〔 標P-190 2.2.1,図P-142,143〕
※シ-ル材:シリコンゴム系又はニトリルゴム系を基材としたもので、ダクト材質に悪影響を与え
ないものとする。 〔 標P-176 1.14.2.6〕
建築基準法施行令第108条の2の規定により、不燃材料の規定を受けたもので、十分な可撓性と
耐圧強度及び耐食性を有するものとし、空調用の場合、断熱材付のものとする。
〔 標P-178 1.14.4 , P-197 2.2.5〕
18.パイプフード ●深型 ○浅型 ●ステンレス
○着脱式防虫網付き(メンテナンス可能箇所) ○ガラリ付き(メンテナンス困難な箇所)
屋外機カバ-(○要 ●不要) 材質はナイロンタ-ポリン0.34tとする。
耐塩処理(○要 ●不要) JRA耐重塩仕様
(日本冷凍空調工業会標準規格)(JRA9002-1991)(空調機器の耐塩害試験基準)
吊り長さ600mm以上の機器は耐震支持を取る。ただし,軽量機器は除く。
20.耐震支持
〔 標 P-80,監 P-288〕
12.保温工事
保温材,外装材及び補助材の材料仕様は,標準仕様書による。 〔 標 P-80表2.3.1〕
1.保温仕様
管及びダクト類の外装材は図示によるものとし,保温材は図示がない場合は以下を標準とする。
給水管,排水管,消火管,冷水管,冷温水管 :ポリスチレンフォーム保温材
給湯管,温水管,一般ダクト :グラスウール保温材
防火区画等貫通個所,蒸気管,排煙ダクト,煙道 :ロックウール保温材
汚水系統に取り付ける床上掃除口直下の曲管は90゜長曲管とする。
耐塩処理(○要 ○不要) 配管カバー(○450h ○ )
○設定温度50℃以下(ガス瞬間湯沸器のダイレクト着火方式で離島の場合)
8.消火工事
〔 標P-36~P-39 , 標P-252〕
1.屋内消火栓箱 ○1号 ホ-ス掛型とする。 鋼製t=1.6mm 操作方法表示付き
○易操作性1号 日本消防検定協会の鑑定証票が貼付されたもの
○2号 〔 標P-252 1.5.2 ,図P-76~85〕
2.消火栓開閉弁 45°回転型で1.0MPa型とする(JIS規格)。 ○一般型 ○定圧定流量型
3.ポンプ付属品 フ-ト弁本体は、ステンレス製・樹脂製又は青銅製とする。 〔 標P-241 1.2.7 , 図P-167〕
4.消火管の保温 屋内は原則保温不要。屋外は図示による。
9.ガス工事
〔 標P-281~292 , 図P-168,P-169〕
○煙導の直線部に径80φの孔 〔 標P-112 1.1.9〕
19.パッケ-ジ
型空調機
洗面器および手洗器に直結する排水立管寸法は器具トラップよりワンサイズアップとする。
保温
3.瞬間湯沸器
室 内
一 般 系 統
( )系 統
温度(DB)
湿度(RH) 温度(DB) 湿度(RH) 温度(DB) 湿度(RH)
50 %
34.4℃
℃
%
夏季
58.8 %
26.0 ℃
3,3 ℃
冬季
22.0 ℃
40 %
℃
%
51.1 %
電源はバ-ナ-電源(2次)側より取出すものとして配管配線を含む。〔 標P-113 1.1.10〕
7.ダクトテ-プ JIS H 4160に準ずるアルミニウム箔(厚さ0.05mm以上)の片面に樹脂系接着剤を塗
布した粘着性の高いものとする。
布製テープは不可とする。 〔 標P-176 1.14.2.5〕
取付箇所(○送風機に近接した部分 ○外気取入付近 ○取付を図示されたダンパ-近接部分)
8.風量測定口
※取付辺300以下は1個、300を超え700以下は2個、700を超えるものは3個とする。
〔 標P-198 2.2.7.3〕
9.チャンバ-
消音内貼を施す。 〔 標P-198 2.2.7.1〕
○SA・RA ○OA・EA 〔 標P-178 1.14.5〕
膨張管、空気抜管及び膨張タンクよりボイラへの給水管は、配管用炭素鋼鋼管(白管)とする。
10.配管材料
11.機器類の基礎 パッケ-ジ型空調機室外機 ○防振パット○簡易防振(ゴム被覆ばね)○専用防振架台(ばね)
防振パットは厚さ15mmとする。 〔 標P-185 2.1.1 図P-124〕
原則としてアルミニウム製とする。 〔 標 P-180 1.15.1~1.15.4〕
12.吹出口及
び吸込口
13.温度計
標準仕様書によるほか、下記の箇所に取付ける。
○温水ボイラの温水入口
○空気調和機廻りの給気風道、還気風道及び外気風道
○冷温水管寄せ(往)及び冷温水管寄せ(還)の各還り管 〔 標 P-180 1.14.11〕
標準仕様書によるほか、下記の箇所に取付ける。 ○瞬間流量計 ○流量測定口
14.瞬間流量計
・冷凍機の冷水出口 ・ボイラ又は熱交換器の温水出口 ・冷温水管寄せの各送り管
及び流量測
※測定用タッピングは32φピト-管流量計用とする。 〔 標 P-55 2.3.7〕
定口
15.膨張水槽
ロックウ-ル保温板(2号)25tを使用し、外装はステンレス鋼板0.3tとする。
の保温
〔 標 P-80 〕〔 標 P-84 3.1.4〕
フランジ部は保温材2枚重ねとする。または,フランジ高さ+10mmとする。 〔 標 P-87 〕
16.風道フラン
ジ部の保温
●第1種 ○第2種 ○第3種
17.換気方式
2.量水器
(3) 関係書類は施工者にて5年間保管すること。 〔 標P-10 1.3.9〕
14.施工中の安
全確保及び環
境保全
11,空気調和工事・換気工事・排煙工事
1.設計条件
外 気
(3)高置水槽以下の配管は、静水頭に相当する圧力の2倍の圧力。
〔最小0.75MPa(7.5kgf/c㎡)〕 〔 標 P-78 2.9.3〕
(4)器具取付後の水圧試験 ・住戸内給水管(但し、水道メ-タ-以降とする。)
〔0.75MPa(7.5kgf/c㎡)〕
(5)飲料水用タンク設置の場合端末において遊離残留塩素が0.2mg/L以上検出されるまで
消毒を行う。(1m3に付き2cc〔10%希釈液の場合〕) 〔 標 P-55 2.4.1〕
(6)水圧試験の保持時間は最小60分とする。
消防用設備等試験結果報告書の記入にあたって行う。消防用設備等の機能等についての試験基準に
基づく外観試験及び性能試験を行う。 〔 標 P-79 2.9.5〕
(1)気密試験及び点火試験とする。
(高圧側1.56MPa、低圧側8.4kPa以上10.0kPa以下又は供給事業者の規定試験)
〔 標 P-292 3.2.6〕
(2)点火試験は,管内の空気を除去して行う。 〔 標 P-288 2.2.6〕
(3)給湯器と接続されているガス管の気密試験については,給湯器直近のガス栓を閉めて上記
(1)の気密試験を行った後,給湯器直近のガス栓を開いて5.0kPa以上の圧力で再度気密
試験を行うこと。ただし,供給事業者の配管気密試験規定圧力が5.0kPa以下の場合は,
2回にわけて気密試験を行う必要はない。
4.浄化槽設備 槽の水張り、配管、各機器の操作試験を行う。
(満水試験・・・24時間後第三者の立会い写真を工程写真に表す。) 〔 標 P-315 2.2.2〕
(1)冷媒配管は配管接続完了後、「高圧ガス保安法」等に基づいたメーカー指定の方法により気
5.空調設備
密試験を行う。 〔 標 P-78 2.9.2〕
(2)各種機器調整及び風量、風速、騒音、温度、湿度の測定等。 〔 標 P-226 2.3.1〕
(3)自動制御設備の総合調整を行う。 〔 標 P-226 2.3.2〕
上記試験、調整状況の写真を撮影すること。
建設省告示1292号(最終改正第154号)に指定する構造とする。
処理対象人員・処理水量・処理方式については,図示による。
○MHA型 ○MHB型 ○縞鋼板(4.5t) ○標準FRP ○耐荷重FRP ※メーカー標準を除き全てボルトロック式とする。
鋼板製のふたについてはメンテナンスを考慮し,分割を検討する。取手付〔 標P-313 2.1.28〕
支持金物、ボルトナット、その他すべてステンレス鋼製(SUS304)又は,溶融亜鉛めっき
仕上げ品とする。
槽内に半分程度注水の後、良質土にて深さ1/3程度ずつ周囲を均等に突固め水締めを行う。
〔 標P-317 3.2.1〕
4.ユニット型
浄化槽の埋
戻し
浄化槽工事現場に国土交通省令で定める事項を記載した標識を掲げること。(浄化槽法第30条)
5.標識の掲示
6.浄化槽設備士 浄化槽設置に係る各工程に,浄化槽設備士が立会い確認している状況を,写真に残すこと。
の立会い
7.水質検査
浄化槽使用開始後4~8ヶ月以内に施主が水質検査を行った報告書を確認の上,その写しを監督員
に提出する。(浄化槽法第7条に基づく検査)
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
空調設備 特記仕様書
縮尺
訂 正
修正履歴:H230816
管のたわみ性を利用した方法(スリークッション)で施工する。エルボ×5 〔 図P-102〕
ビニル管(一般450H・車路600H) 鋼管(一般300H・車路600H)
〔 標P-76 2.7.2,監P-275 2.7.2〕
外面を被覆していない鋼管は、プライマーを塗布のうえ、防食テ-プ1/2重ね1回巻きをさらに
プラスチックテ-プ(JISZ 1901に準じたもの、厚さ0.4mm)で1/2重ね1回巻きを行う。
また、継手等の部分は,ペトロラタム系の充填材を詰め,表面を平滑にしたうえで防食シートで包み
プラスチックテープを1/2重ね巻1回巻きとする。
(施工手順を撮影の上、工程写真に表す。) 〔 標P-76 2.7.3〕
防露・保温の上ステンレス鋼板による外装を施し、弁棒はグリスアップする。
工事打合簿については、電子メールにて取り交わすことが出来る。
※この特記仕様書における参考ページの略号は以下のとおりとする。
原則としてY管接続とする。(ドレン配管含む)
20.屋外露出
の弁類
(4)請負者は、完成検査若しくは工事目的物引渡が完了するまで写真管理に利用した電子媒体
を保管すること。(A-4版) 〔 標P-7 1.2.4〕
11.工事打合簿
特 記 事 項
1.環境への
配慮
2.機 材
Ⅰ 一般事項
10.工事写真
Ⅲ 特記仕様(下記項目及び特記事項中●印を付けたものを本工事に適用)
整理番号
NO.SCALE
M-01
13
14
2,000
13
5,000
14
2,000
5,000
5,000
5,000
床上げ部分
除湿機(コア抜き、屋外へ排水する改造を行う)
配管切断撤去の上、キャップ止め
(空調改修工事が終わり
不要な配管なため)
VB25,SGP125,SGP125
既設冷温水管及び補給水管
(天井架空配管)
新設棚
5,700
5,700
増築部分
既存棚移設
空調設備 改修前平面詳細図 S:1/50
空調設備 改修後平面詳細図 S:1/50
空調換気機器表
記 号
名 称 ・ 仕 様
除湿機 床置型
電 源
100V
消費電力
圧縮機出力
設置部屋名
台
300/330W
1
参 考 型 番
CD-H1814
倉庫
( コロナ)
型番は参考とし、同等品以上とする
年 月 日
年 月 日
年 月 日
年 月 日
T E L ( 0986) 72-2182( 代)
F A X ( 0986) 72-2185
( 有) 永吉建築設計事務所
管理建築士 1 級建築士 〈 大臣登録〉 第8 4 5 7 5 号 永吉 正
工事名称
製作年月日
年 月 日
担当
設計番号
図面番号
曽 教 26-42末 吉 総 合 セ ン タ ー 倉 庫 増 床 工 事
図面内容
空調設備 平面詳細図
縮尺
訂 正
〈 県知事登録〉 第 1-25-229 号
整理番号
1/50
M-02
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement