LU20-5061

LU20-5061
2 線式 超音波レベル計
タイトなビームアングルで安定検出!
CAT. No. UMF-100-1109J
2 線式 超音波レベル計
小型ながら高機能!
!
■特 長
■ 動作原理
/変換器一体型
150mmより測定可能
● 発信器
超音波式連続レベル計は、発信器から
●
音波を発信し、その音波が測定面で反射し、
● 狭いビームアングル
再び発信器に受信されるまでの
● 材質は樹脂製のため腐食性の液にも使用可能
伝搬時間から、測定液までの距離を算出します。
● フェイルセーフ機能付き
● エコー消失フェイルセーフ機能付き
116
44
R4
2.
5
■ 外形寸法図
ĭ72
● 配線例
LV1000- AI / A2
LU20-5061
+
供給電源
−
警報接点
92
74
160
35
本体
33
17 16 8
DC4∼20mA 出力
電線取出口
NPT 1/2
取付部
ĭ52
プローブ
標準仕様
出 力 信 号: DC4 ∼ 20mA / DC20 ∼ 4mA
( DC24V )
許 容 負 荷: 500Ω
測 定 レ ン ジ: 15.2 ∼ 548.4cm
※最小設定値 20.3cm 以上推奨
度:±0.25%(空気中)
出 力 平 滑 時 間: FAST = 1 秒毎 /SLOW = 10 秒毎
※工場出荷時はFAST
精
使 用 温 度:−40 ∼+60 ℃
)
発 信 周 波 数: 50kHz(放射角 8゜
温 度 補 償 機 能:測定範囲内自動補正
サンプリング周波数: 2 回 / 秒
使 用 圧 力: Max.200kPa( 25 ℃)
不
分
能: 3mm
解
帯: Min.15.2cm
※最小設定値 20.3cm 以上推奨
感
ハウジング構造: NEMA 4X / IP65
ハウジング材質: PP
表 示 タ イ プ: 4 桁 LCD(液晶)表示
プ ロ ー ブ 材 質: PVDF
表
示
単
位: cm/inch ※工場出荷時はcm
設 定 値 記 憶:内蔵 EEP-ROM 書き込み
電
源
電
圧: DC12 ∼ 32V
( MTL728+ 使用時 DC20 ∼ 28V )
取 付 規 格: G 2
供 給 最 小 電 流: 25mA
■ 超音波放射範囲
■ 取付ノズルの寸法制限
LU20 型 / LU20 IS 型(単位mm)
確実な測定の為、
ノズルの寸法を下記の表に従い設計してください。
半径( R )
305
610
914
1219
1524
1829
2134
2438
2743
3048
3353
3658
3962
4267
4572
4877
5182
5484
但し、高さは本体発信面から
66
107
145
186
226
267
307
345
386
427
467
508
546
587
627
668
706
746
タンク天板内面までの距離と
します。
内径(mm)
8°
D
高さ(mm)
80以上
80以下
100以上
175以下
125以上
275以下
150以上
325以下
175以上
475以下
200以上
650以下
高さ
範囲( D )
内径
R
■ 特性グラフ
【エコー強度のチェック方法】
● 発信面からの距離とエコー強度の関係
エコー 強 度( dB )
50
例1
理想的な状態で測定液面が発信面から
40
約 1000mm にある場合、可能なALIN 値は28dBです。
例1
30
ALIN 値が最大となるようにユニットの機械的な調整をしてください。
20
例2
例2
測定液面が発信面から約1000mm にあり、
10
表示部のdB表示値が18dBを示す場合の
0
最大測定可能距離は約 3500mm となります。
1000 2000 3000 4000 5000 6000
発信面からの距離( mm )
● 供給電圧−周囲温度の関係
● 周囲温度−使用圧力の関係
1000
80
250
MTL728+使用時
600
400
200
0
12
16
20
24
28
MTL728+使用時
使 用 圧 力( kPa )
800
周 囲 温 度( ℃)
最 大 負 荷 抵 抗(Ω)
● 供給電圧−最大負荷抵抗の関係
60
40
20
0
32
12
16
供給電源( DCV )
20
24
28
32
200
150
100
50
0
36
-20
0
20
40
周 囲 温 度( ℃)
供 給 電 源( DCV )
プログラムチャート
消灯
EC4
EC20
SAF
4mA(0%)
の電流を
出力させる値
20mA(100%)
の電流を
出力させる値
ロストエコー時
の電流出力値
の選択
出力平滑時間
の選択
FAST : 1秒毎に
SAF1 : 22mA
SAF2 : 4mA
SAF3 : 直前の出力値保持
SLOW : 10 秒毎に
指示
ALINが
OFFの時
LEVL
設定値
MINR
の設定値
MINR
最小測定距離
(不感帯)
の設定
設定値
MAXR
の設定値
液面がこの距離内に
入ると指示不良と
なります
出力が更新
出力が更新 MAXR
ALIN
最大測定距離
の設定
表示モード
を選択
ON : エコー強度
表示モード [dB]
OFF : 通常指示モード
[発信面からの距離]
タンク全長を
入力します
ALINが ONの時
FAST/SLOW
アライメント
60
■取付上の注意点
タンク壁にビーム(超音波)
が当たらないように取付け
てください。
タンク壁に垂直に
取付けてください。
ビーム内(超音波放射範囲内)
に障害物が無いように取付け
てください。
バキューム状態では
使用しないでください。
CSA 本質安全防爆仕様
セイフティバリヤ
■セイフティバリヤ MTL728+ 仕 様
CSA
本質安全防爆仕様
防
CSA:ClassⅠ, Groups A,
B,C,D; Class Ⅱ,Groups
E,F,G; Class Ⅲ;T3C
26.5
2-M4
危険場所
14.2
非危険場所
使
用
電
圧:DC25.5V
使
用
電
流:DC50mA
周
囲
温
度:60℃
LV1000-AI / A2
セイフティバリヤ
3+
4−
−
シールドケーブル
1.25sq×2c
LU20-5061-IS
許容インダクタンス:2.75mH
安全場所側端子
+
MTL728+
DC250V
許容キャパシタンス:0.047μF
2 1
61.5
49.2
3 4
85
● 配線例
造:本質安全防爆構造
非本安回路 / 許容電圧 AC250V
接地端子
2 1
93.5
構
危険場所側端子
10
11.5
爆
安 全 保 持 定 格 :本 安 回 路 / 最大電圧 28V
最大電流 93mA
最大電力 650mW
供給電源
1+
2−
警報接点
第一種接地
DC4∼20mA 出力
許容負荷抵抗 500Ω
■仕様
電 源 電 圧:AC85∼264V
DC12∼24V ±10%(オプション)
デジタルパネルメータ
LV1000- AI / A2
消 費 電 力:23VA
(オプション DCタイプ 10W)
114
130
4
96
50
25
75
15
111
100
48
1
2
3 4
Out
特
ENT
Mode
%
RST
Line of business
負荷抵抗 MAX500Ω
警 報 接 点 出 力:AC250V O.3A / DC30V 2A
0
Hold
センサ供給電源:DC24V ±5% MAX150mA
アナログ出力:DC4∼20mA
長:21点のリニアライズ機能・
警報接点出力は最大 4点(標準2点)
大切なモノとココロを届けます。10 年後もあなたとともに…
粉・粒・液体………レベル制御機器総合メーカー
●
回転式レベルスイッチ
●
フロースイッチ
●
振動式レベルスイッチ
●
電極式レベルスイッチ
●
振子式レベルスイッチ
●
フロート式スイッチ
●
音波式レベルスイッチ
●
フロート式レベルメータ
●
静電容量式レベルスイッチ
●
超音波式レベルメータ
●
静電容量式近接センサ
●
コンベア周辺機器
URL http://www.kansai-automation.co.jp
●
静電容量式レベルメータ
●
ダストモニター
●
ダイヤフラム式レベルスイッチ
●
ジルコニア酸素濃度計
●
チルトスイッチ
●
レーザー式レベルメータ
東 京 支 店 〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目29-6 TEL.03-5777-6931 FAX.03-5777-6933
名古屋営業所 〒464-0075 名古屋市千種区内山3丁目31-27 TEL.052-741-2432 FAX.052-741-1588
九 州 営 業 所 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野1丁目2-39 TEL.093-511-4741 FAX.093-511-4580
●
リーク式レベルスイッチ
●
電波式レベルメータ
●
マイクロウェーブ式スイッチ
●
液体濃度・濁度計
●
サウンジング式レベルメータ
●
超音波流量計
※ご使用に際しては取扱説明書を必ずお読みください。
※予告なく仕様変更することがありますので予めご了承ください。
本 社 〒530-0056 大阪市北区兎我野町2番14号
TEL.06-6312-2071・FAX.06-6314-0848
e-mail: [email protected]
代理店
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement