MECABLITZ 58AF-2 digital取扱説明書

MECABLITZ 58AF-2 digital取扱説明書
MECABLITZ 58 AF-2 digital
取扱説明書
キヤノン用
ニコン用
ごあいさつ
このたびは、
メッツ「メカブリッツ58AF-2」をお買い上げいただ
きまして、誠にありがとうございます。ご使用の前にこの取扱説
明書をよくお読みになり、十分に性能を生かして正しくお使いく
ださい。お読みになった後は必ず保管してください。
■ 58AF-2 Canon:
■ 58AF-2 Nikon:
キヤノン製フィルムカメラとデジタル
カメラ( E O SとP o w e r S h o t )で、
TTL、E-TTL、E-TTL II調光を行うカ
メラにお使いいただけます。
ニコン製フィルムカメラとデジタルカメラで、
TTL、D-TTL、i-TTL調光を行うカメラと、富
士フィルムデジタルカメラの、FinepixS3Pro
/ S5Proにお使いいただけます。
他のブランドのカメラには適合しません。
本取扱説明書の中で、すべてのカメラタイプとそれぞれの専用機能について詳述でき
ません。カメラの取扱説明書のストロボに関する項目をご参照いただき、サポートされて
いる機能や、設定の仕方をご確認ください。
※本取扱説明書をお読みになる場合、最後のページを開いた
状態にして、
イラストで名称を確認しながらご覧ください。
1.安全上のご注意
【 必ずお守りください】
ご使用になる人や他人への危害、財産への損害を未然に防止する為、お守り
頂くことの説明をしています。よくお読みになり取扱いにご注意ください。
警告
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定
される内容を示しています。必ずお守りください。
注意
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が障害を負う可能性が想定される内容、
および物的損害の発生が想定される内容を示しています。必ずお守りください。
警告
●本機は、写真撮影専用に製造された製品です。 ●人や動物の目に近い場所で、本機を決して発光させな
いでください。網膜にダメージを与え、失明する危険性があります。 ●可燃性のガスや液体(ガソリンやアル
コールなどの溶媒)のそばで、決して使用しないでください。爆発を引き起こす恐れがあります。
●車、バス、電車、自転車やバイクのドライバーなどに向けて決してストロボ発光しないでください。ドライバー
の目を眩ませ、事故を引き起こす恐れがあります。 ●取扱説明書で指定された電源のみをご使用ください。
●決して電池を分解したり、ショートしたりしないでください。 ●直射日光の当たる場所や火のそばなど過剰な
高温状態のなかに、決して電池をさらさないでください。 ●消耗した電池を火の中に投げ入れないでください。
●短い発光間隔で何回か発光させた後に、ディフューザーを触らないでください。発火の危険性があります。 ●光を通さないものを、決してリフレクターの前においたり、触れさせたりしないでください。発光の高熱により、
それが燃えたり、破裂したりするか、または、リフレクターが破損する場合があります。
●本機の接点に触れないでください。 ●本機がひどく破損し内部の部品が露出したときは、本機を使用しな
いでください。その際、電池は取り外してください。 ●連続発光後は、リフレクターに触らないでください。や
けどをする危険があります。 ●決して本機を分解しないでください。高電圧により危険です。修理は指定の
サービスセンターへご依頼ください。
注意
●消耗した電池はすぐにストロボから取り出してください。液もれにより、機器が故障する原因となります。 ●乾電池は決して充電しないでください。 ●水の飛液や、水滴にさらさないでください。 ●高温多湿の場
所にさらさないでください。車のダッシュボードの中などに保管しないでください。 ●ストロボの構成部品は、
専門家以外の人は分解修理できません。 ●速いリサイクルタイムで、続けざまにフル発光を行うときは、
15 回発光させた後に少なくとも 10 分間は休止してください。そうしなければ、ストロボに負荷がかかりすぎ
てしまいます。 ●35mm やそれ以下の広角のときに、速いリサイクルタイムで、続けざまにフル発光を行う
と、高レベルのエネルギー照射により拡散板が高熱になります。 ●本機は、カメラの内蔵ストロボのポップ
アップが完全に開くタイプであれば、共用することができます。 ●急な温度変化により結露が生じた場合
は、時間をかけてゆっくり環境になじませてください。 ●正常でない電池は絶対に使用しないでください。
その他の注意
●ベンジンやシンナー、アルコールなどで本機を拭かないでください。変色や変形の原因となります。汚れのひ
どいときは柔らかい布で乾拭きしてください。 ●本機を長期間使用しない場合は、電池を抜いて保管してくだ
さい。
目 次
安全上のご注意
専用機能
58AF-2 Canon
58AF-2 Nikon
撮影の準備
電源について
カメラへの取り付け・取り外し
液晶画面のバックライト照明
発光距離表示
調光確認表示
基本的な操作方法
撮影モードの設定(MODE)
TTLモード(スタンダードTTL/フィルムカメラ)
プリ発光式TTLモード(デジタルカメラ)
Aモード(外部オートモード)
Mモード(マニュアル)
Mモードでの発光量の設定
モード(ストロボスコピックモード)
HSS/FPモード(ハイスピードモード)
設定値パラメーター(Para)
絞り値(F)
ズーム(Zoom)
ISO感度
特別機能セレクト(SELECT)
第二リフレクター( )
後幕シンクロ(REAR)
ブザー(Beep)
( マーク)
ワイヤレスリモートモード(Remote)
マスターモード(Remote Master)
スレーブモード(Remote Slave)
サーボモード(Servo)
フラッシュブラケット(FB)
オートオフ機能(Standby)
( 時計マーク)
モデリングライト(ML)
操作ボタンのロック
(KEY LOCK)
拡張ズーム機能(Ex)
ズームサイズ調節機能(S Zoom)
メーターとフィートの切換(m/ft)
1
1
1∼2
2
2∼3
3
3
3
4
4
4
5
5
5
5
5
5∼6
6
7
7
7
8
8
9
9
10
11
11∼12
12∼13
13
14
14
15
15
16
16
17
AF補助光のON/OFF(AF-BEAM)
ストロボテクニック
ズーム(Zoom)
ワイドパネル
バウンス発光
反射パネルを使ったバウンス発光
第二リフレクターを使ったバウンス発光
近接/マクロ撮影
調光補正機能(EV)
日中シンクロモード
FE/FVロック
ストロボ同調方式
ストロボ同調スピード自動設定
先幕シンクロ
後幕シンクロ(REAR)
スローシンクロ(SLOW)
赤目軽減発光
マルチAF補助光
発光制御(auto-flash)
FEEエラー表示(58AF-2 Nikonの機能)
露出アンダー警告「EV」
(58AF-2 Nikonの機能)
メンテナンスとお手入れ
ファームウェアアップデート
リセット
コンデンサーのメンテナンス
トラブルシューティング
テクニカルデータ
オプションアクセサリー
表1:最大発光時のガイドナンバー
表2:発光量設定時の閃光時間
表3:電池タイプ別のリサイクルタイムと発光回数 表4:HSSモード時の最大ガイドナンバー
表5:ストロボスコピック発光時のカメラシャッタースピード
保証書
ストロボと付属品を確認する
各部の名称
17
18
18
19
19
19
19
19∼20
20
20
20
21
21
21
21
21
21
22
22
22
22
23
23
23
23
23∼24
25
26
26
27
27
27
28
29
30
31∼32
58AF-2 Nikon
専用機能
本機は、以下の機能をサポートしています。カメラのタイプによってサポートする機
58AF-2 Canon
本機は、以下の機能をサポートしています。カメラのタイプによってサポートする機
能は異なります(カメラの取扱説明書でご確認ください)。
能は異なります(カメラの取扱説明書でご確認ください)。
■カメラグループの分類
ニコンカメラは、専用機能によって以下のグループに分類されています。
● カメラファインダー内発光準備完了表示
● ストロボ同調スピード自動設定
グループAの
カメラ
● スタンダードTTL
(プリ発光なし)
● E-TTL/E-TTL
II モード
グループBの
カメラ
● 自動 TTL/E-TTL 日中シンクロモード
● 調光補正機能
(TTL/E-TTL/E-TTL
● FEロック
(E-TTL/E-TTL
II)
II)
● 先幕または後幕シンクロ
(REAR)
● 自動ハイスピードシンクロ
(HSS)
(E-TTL/E-TTL
● オートパワーズーム(Zoom)
● 拡張ズーム機能
(Ex)
● ズームサイズ調節機能
(S.Zoom)
II/M)
グループ C の
カメラ
グループ D の
カメラ
● 自動 AF 補助光
● 自動発光距離表示
● プログラム自動発光モード
(AUTO
FLASH)
● ワイヤレスE-TTLリモートモード
(SL)
● ワイヤレススレーブ
(SERVO)
● ウェークアップ機能
● ファームウェアアップデート
1
グループ E の
カメラ
ストロボとデジタルデータ通信を行わないカメラ
【例】
:Nikon F601, F601M, F60, F50, FM-3A
デジタルコンパクトカメラニコンクールピクス
ストロボとデジタルデータ通信を行うカメラ
【例】
:Nikon F4, F4s, F801, F801s
ストロボとデジタルデータ通信を行い、3D マルチ BL 調光を
サポートするカメラ
【例】
:Nikon F5, F100, F80, F70
D-TTL 調光モードをサポートするデジタル一眼レフカメラ
(CLS 非対応)
【例】
:Nikon D1, D1x, D1H, D100, Fuji FinePixS3Pro
i-TTL 調光モードをサポートするデジタル一眼レフカメラ
(CLS 対応)
【例】
:Nikon D40, D50, D70, D80, D90, D200, D300,
D2Hs, F6, D2x, D3, D3000, D5000,
CoolPix8400, 8800, Fuji FinePixS5Pro
カメラグループ
専用機能
A B C D E
カメラファインダー /カメラディスプレーでの充電完了表示
カメラファインダー /カメラディスプレーでの調光確認表示
ストロボ液晶画面での露出アンダー表示 EV
ストロボ同調スピード自動設定
スタンダードTTL(プリ発光なし)
自動 TTL 日中シンクロ
TTL-BL 調光
3D マルチ BL 調光
D-TTL、D-TTL 3D モード
i-TTL、i-TTL-BL モード
FVロック(※クールピクスを除く)
撮影の準備
電源について
使用できる電池 / 充電池の種類
● 単 3 形ニッカド電池 1.2V
4本
リサイクルタイムが早く、充電により繰り返し使えるので経済的。
● 単 3 形ニッケル水素電池 1.2V
4本
ニッカド電池に比べより高容量で、カドミウムフリーなので環境負荷も少ない。
● 単 3 形アルカリ乾電池 1.5V
4本
標準的なパワーを持つ一次電池。
● 単 3 形リチウム電池 1.5V
自己放電の少ない高容量の一次電池。
● パワーパックP76と接続ケーブル V58-50
(オプション)
調光補正
電池を入れる
後幕シンクロ(REAR)
● ストロボのメインスイッチをOFFにします。
自動 FP 発光(HSS)
● 電池蓋を下にスライドさせて開きます。
オートパワーズーム(Zoom)
● 電池蓋内側の極性表示にあわせ電池を入れ、
拡張ズームモード(Ex)
ズームサイズ調節機能(S.
Zoom)
AF 補助光
電池蓋を元の通りに閉めます。
電池を入れるときは、極性が正しく、電
+
­
+
­
池蓋の表示と適合していることを確認し
発光距離自動表示
てください。極性を間違うと、ストロボが破損するおそれがあります。
プログラム自動発光モード
電池は常に全部同時に交換を行ってください。そして、電池は同一ブランドで
赤目軽減プリ発光
発光制御(auto-flash)
同じ容量のものであることを確認してください。
使い切った電池は、一般ごみとして廃棄しないでください。環境保護のため、
決められた方法で廃棄して下さい。
ワイヤレスリモートモード(アドバンストワイヤレスリモートモード)
フル発光後、再び充電完了ランプ⑯が点灯するまで1分以上かかるときは電
ウェークアップ機能
池が消耗していますので交換してください。
2
パワーパックP76(オプション )
電池で作動するストロボでは発光回数やリサイクルタイムなど、使用目的に対して物
足りなさを感じるときは、余裕のあるパワーを供給するパワーパックP76(オプショ
ン)を接続することができます。接続するには、V58-50 接続ケーブル(オプション)
が必要になります。
この場合、ストロボ本体に電池を入れる必要はありません。
ストロボにパワーパックP76とV58-50 接続ケーブルを接続するときは、ストロボと
パワーパックの電源を切ってください。
カメラへの取り付け・取り外し
取り付けや取り外しの前に、カメラとストロボの電源を切ってください。
● ロックピンが完全に見えなくなるまで、ロックリング⑥を回してください。
● ストロボをカメラのホットシューに奥まで差し込んでください。
● ロックリングをしっかり締めて、本機を固定します。カメラにロックピン用の穴がな
い場合は、バネ式のロックピンが引っ込んだままになり、カメラの表面に傷をつけ
ないようになっています。
● 取り外しは、ロックリングを完全に緩め、ホットシューからスライドさせて抜きます。
それから、パワーパックP76 のスイッチにより、ストロボの電源をオン、オフします。
パワーパック接続時にオーバーヒートからストロボを守るため、負荷がかかり
すぎる間、モニター制御回路がリサイクルタイムの時間を長くします。接続す
るときは、ストロボやパワーパックのスイッチを切ってください。
液晶画面のバックライト照明
本機のボタン(Mode / Para / Sel)を押すと、液晶画面のバックライトが 10 秒間
点灯します。カメラのシャッターを切るか、または、ストロボのテスト発光ボタン ⑯を押してテスト発光を行うと、バックライト照明は消えます。
電源のオン、オフ
● メインスイッチ⑮をONの位置にスライドさせると電源が入ります。
● 充電が完了すると充電完了ランプ⑯が点灯します。
● テスト発光ボタン⑯を押すと、
ストロボが発光します。
● 電源を切るときは、
メインスイッチを左にスライドします。
長期間ストロボを使用する予定がないときは、電源を切って電池を外してくだ
さい。
発光距離表示
ISO 感度、レンズ焦点距離、絞り値情報
を送信するカメラに装着されている場合、
発光距離範囲が表示されます。表示する
14 m
F 4.5
A
AZoom 70
14 m
ためには、例えばシャッターを半 押し
するなどして、カメラとストロボの間でデータ通信を行わなければなりません。発光
距離範囲はメートルかフィートで表示することが出来ます。
以下の場合、発光距離は液晶画面に表示されません。
● 発光部が上左右にバウンスしているとき
● ワイヤレスリモートモードのとき
3
調光確認表示
基本的な操作方法
A モードと TTL モードにおいて、撮影が適正調光
58AF-2 では、ストロボ背面のボタン操作により、各種撮影機能の設定が簡単に行
で行われたとき、調 光 確 認 表 示「OK」⑭が点 灯し
えます。
ます。
撮 影 後、
「OK」が点 灯しな いときは、撮 影が露 出
アンダーになったことを表しています。その場合、絞りを1段開けてもう一度撮影
を行ったり(例えば、F11 の代わりに F8 に設定するなど)、または被写体や反射
面(バウンス時)までの距離を短くしたりする必要があります。最大発光距離は、
ストロボの液晶画面に表示されます。
● モードボタン
(Mode): 調光方式の設定を行います。
● パラメーター
(Para): 設定値の設定を行います。
● セレクトボタン
(Sel): 特別機能の設定を行います。
●▲
▼ ボタン : 表示の変更を行います。
●+−
ボタン : 設定値の変更を行います。
● ボタン : 前の操作画面に戻ります。
それぞれの操作はボタンを押した後、5秒以内に次の操作に移ってください。
5秒間操作をしなかった場合は、通常画面に戻ります。
撮影モードの設定(MODE)
モードボタンでストロボの調光方式の変更ができます。
Mode
● ストロボとカメラの電源を ON にし、シャッターを
半押して、通信を行います。
E TTL
EA
E TTL HSS
● モードボタンを2回押すと
「Mode」と現在設定
Set
されている「調光モード」が表示されます。
●
「Mode」が点灯中に、
「▲」か「▼」を押して調光
方式をセットしてください。
キヤノン
ニコン
E-TTL → E-TTL-HSS → A
TTL
→
TTL
→ M → M-HSS →
BL → A → M →
カメラのタイプにより、利用できるモードは異なります。
ニコンカメラの HSS / FP モードは、カメラ側で設定してください。
4
TTL モード(スタンダードTTL/フィルムカメラ)
M モードでの発光量の設定
TTL モードは、カメラ内蔵センサーがフィルム面を直接測光し、ストロボの発光量を
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「P
コントロールします。撮影レンズを通した光を測光するため露出倍数のかかるフィル
ターの使用や、絞り値の変更、ズームレンズの照射角を変更した場合でも適正露出
1/1」を
表示させます。
F 8.0
M
MZoom 35
17 m
P1/1
Para
で調光を行えます。
–
+
プリ発光式 TTL モード(デジタルカメラ)
プリ発光式 TTL モードは、フィルム一眼レフカメラで使用されるスタンダードTTLに
改良を加えたデジタルカメラ用の発光モードです。撮影時、実際の露光前にかすかに
見える程度のプリ発光がストロボから照射されます。カメラはプリ発光の反射光を評
価測光し、続く本発光で撮影状況に最適な調光を実現します(詳しくは、カメラの取
扱説明書をご覧ください)。
●
「P
1/1」が 表 示 中 に、
「+」か「−」ボタンを
押して、発光量のセットをします。
●
「−」ボタンを押すと、フル発 光 の P1/1 から
F 8.0
M
MZoom 35
6,1 m
P1/8
Para
–
+
1/256まで 1/3 ステップ間隔で調整できます。
A モード(外部オートモード)
外部オート調光モードでは、ストロボ本体内蔵のセンサー⑩が、被写体からの反射光
を測光します。センサーは 25°
の受光角を持っており、適正露出のために十分な光量
が照射されると発光が停止されます。センサーは、被写体の方向に向いていなけれ
ばなりません。
最大発光距離は液晶画面に表示され、最短発光距離は最大発光距離の約 1/10
モード(ストロボスコピックモード)
ストロボスコピクモードは、マルチ発光により、動体を分解写真のように写すことが
できるモードです。発光回数と発光間隔がそれぞれ任意で設定できます。
です。ストロボの電子回路が十分な余裕を持って調光できるように、被写体を、表示
■発光回数の設定
された距離範囲の真ん中前後に置くようにしてください。
1回の撮影で設定できる発光回数は、2回∼
50回まで設定できます。
M モード(マニュアル)
マニュアルモード撮影は、特定の撮影状況に適合させるために、絞りや、発光量の設
定をします。発光量の設定範囲は、P1/1(フル発光 ) から1/256まで 1/3 ステップ
ごとに設定できます。液晶画面には、被写体までの距離が表示され、その距離におい
て適正露出となります。
5
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「N」を
表示させます。
●
「N」が表 示 中に、
「+」か「−」ボタンを
押して、発光回数をセットします。
N8
2.0 m
Para
–
+
■発光間隔の設定
HSS / FP モード(ハイスピードシンクロ)
発光間隔は、
Hz
(ヘルツ)で設定します。
自動ハイスピードシンクロ機能は、ストロボ同調スピードよりも速いシャッタースピー
例として、1Hzで、1秒間隔、2Hzで、1/2 秒間隔(0.5 秒間隔)
10Hzであれば、
1/10 秒間隔(0.1 秒間隔)となります。
ドでストロボ発光ができるモードです。このモードは、例えば定常光が明るい中での
ポートレート撮影時に、開放絞り(例えば F2)を使って被写界深度を浅くしたいとき
本機は1Hz∼50Hzの間で設定できます。
などに良く使われます。ハイスピードシンクロは、
「プリ発光式 TTL」や「M」モードで
お使いいただけます。
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「f」を表示させます。
ただし、システム上の理由から、ハイスピードシンクロはガイドナンバーや最大発光
●
「f」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、周波数をセットします。
距離を著しく減少させます。使用時は、ストロボの液晶画面の最大発光距離表示に
注意してください。ハイスピードシンクロはシャッタースピードが、ストロボ同調スピ
■発光量の設定
ストロボスコピックモードでは、設定された発光回数や発光間隔により自動的に発光
量がセットされます。自動でセットされた光量を上限に発光量を変えて、撮影距離の
設定ができます。
ードよりも早くなったときに自動的に起動します。
ハイスピードシンクロの場合、ガイドナンバーはシャッタースピードによって変
わります。シャッタースピードが速いほど、ガイドナンバーは小さくなります。
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「P」
F 4.0
を表示させます。
MZoom 24
4,6 m
P1/1
Para
–
+
●
「P」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して発光
量の設定をします。
発光量は、P1/4 ∼ P1/256 の範囲で 1 ステッ
プごとにセットできます。
2.1 m
P1/32
Para
–
+
ストロボスコピックモードは、第二リフレクター⑨と併用できません。
6
設定値パラメーター(Para)
●
「F」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して
ストロボを正確に操作するには、絞り、Zoom 位置、ISO 感度の設定値をカメラに合
カメラと同じ絞り値にセットしてください。
F 8.0
A
AZoom 70
3,8 m
わせてストロボにセットする必要があります。
ISO 200
Para
–
+
カメラとストロボ間で設定値のデータ通信が行われれば、ストロボに設定値の
入力をする必要はありません。
カメラとストロボがデータ通信を行わないときは、手動で設定値をセットして
ください。
TTL /
TTL-HSS /
A
M/
M-HSS
―
―
―
―
Zoom
(ズーム)
24mm-28mm-35mm-50mm-70mm-85mm-105mm(35mm フォーマット)
N
ストロボスコピクモード時の発光回数:2 ∼ 50 回
のズーム位置がセットできます。手動ズームセット時は、
「M.Zoom」が表示されます。
―
f
ストロボスコピクモード時の発光間隔:1 ∼ 50Hz
■設定方法
P
P
発光量の設定:P1/1 ∼ P/256
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「Zoom」を
F
F
F
絞り:F1.0 ∼ F45
Zoom
Zoom
Zoom
EV
―
―
調光補正:−3 ∼ +3EV
ISO
ISO
ISO
ISO 感度:6 ∼ 6400
表示させます。
■設定方法
てカメラと同じズーム位置にセットしてください。
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「
7
F」
AZoom 70
7,7 m
Mode
ISO 200
Para
Sel
–
+
F 8.0
A
MZoom 70
8.1 m
F 4.0
A
ISO 200
Para
●
「Zoom」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押し
F1.0 からF45(ISO100)まで 1 段ごとに、絞り値がセットできます。
を表示させます。
MZoom 35
6.1 m
メインリフレクターのズーム位置:24 ∼ 105mm
絞り値(F)
F 8.0
A
ISO 200
Para
–
+
ISO 感度
特別機能セレクト(SELECT)
ISO 6 ∼ 6400 の間で ISO 感度がセットできます。
Sel ボタンを押して、特別機能の設定を行います。カメラのモデルや、セットされて
いるモードによって異なりますが、以下の特別機能がご利用できます。
■設定方法
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「ISO」を表示
させます。
F 8.0
A
MZoom 35
12 m
ISO 200
Para
●
「ISO」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押してカメ
ラと同じISO 感度にセットしてください。
–
MZoom 70
17 m
ISO 400
Para
–
M/
M-HSS
REAR
REAR
+
F 8.0
A
TTL /
TTL-HSS /
A
+
―
第2リフレクター発光:1/1 1/2 1/4 OFF
―
後幕シンクロ:ON / OFF
Beep
Beep
Beep
Remote
Remote
Remote
FB
―
―
Standby
Standby
Standby
ML
ML
ML
ブザー:ON / OFF
ワイヤレスリモート:Master / Slave / Servo / OFF
フラッシュブラケット:1/3 ∼ 3EV
オートオフ:1 分 / 10 分 / OFF
モデリングライト:ON /OFF
KEY LOCK KEY LOCK KEY LOCK
操作ボタンロック:YES / NO
Zoom Ext Zoom Ext Zoom Ext
拡張ズーム:ON / OFF
Zoom Size Zoom Size Zoom Size
撮像素子サイズ:ON / OFF
m / ft
m / ft
m / ft
AF-BEAM AF-BEAM AF-BEAM
発光距離表示:メーター / フィート
AF 補助光:ON / OFF
8
第二リフレクター(
)
後幕シンクロ(REAR)
第二リフレクターは、メインリフレクターがバウンス発光を行っているときに、正面
から目にキャッチライトを入れたり、被写体下部の光量不足を補うことができます。
第二リフレクターの発光量は、P1/1 , P1/2 , P1/4に設定できます。
ます。
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
させます。
」を選びます。
Select
REAR
BEEP
て「REAR」を選びます
Beep
Mode
Select
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを押し
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを押
●
「Set」ボタンを押して、
「
■設定方法
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示させ
■設定方法
して「
後幕シンクロは、シャッター閉まる直前に発光を行います。
Para
Sel
Set
●
「Set」ボタンを押して、
「REAR」をセットします。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して任意の設定を行って
ください。
」をセットします。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して任意の設定を行って
ください。
●
「 Off」表示:第二リフレクターは発光しません。
●
「 P1/1」表示:第二リフレクターはフル発光
ON」表示:後幕シンクロが起動します。
●「REAR
OFF」表示:後幕シンクロを解除します。
REAR ON
Set
1/1
します。
●
「 ●
「REAR
Set
P1/2」表示:第二リフレクターは 1/2 で
発光します。
●
「 P1/4」表示:第二リフレクターは 1/4 で
後幕シンクロ起動時は、液晶画面に
発光します。
第二リフレクターが起動時は、液晶画面に
「
」が表示されます。
「REAR」が表示されます。
ETTL
REAR
4.1 m
カメラによっては、後幕シンクロはカメラ側でセットします。
F 4.5
A
AZoom 70
14 m
9
REAR
F 5.6
AZoom 24
ブザー(Beep)
( マーク)
●
「
ON」表示:ブザー音が鳴ります。
ブザー機能は、発光準備が完了したとき、調光が適正に行われたとき、誤操作が生じ
●
「
OFF」表示:ブザー音を解除します。
ON
たときにブザー音で知らせます。
Set
■充電完了後の電子音
● ストロボの充電が完了すると、ピー音が鳴ります。
■撮影直後になる電子音
● シャッターを切った直後のピー音は、適正露光が行われ次の発光準備が完了した
ことを表します。シャッターを切った後に電子音が鳴らないときは、写真が露出アン
ダーだったことを示しています。
Beep 機能が設定されているときは、
液晶画面に
マークが表示されます。
M
F 4.0
MZoom 24
10 m
ISO 200
● シャッターを切った直後の断続的なピー、ピー音は、適正調光が行われましたが、
次の発光準備が完了していないことを表しています。ストロボが充電中です。
■外部オート調光モード(A)設定時の電子音
● 外部オート調光モードのとき、設定した絞りや ISO 感度が調光許容範囲を超えた
場合、短いピー音が鳴り、ストロボが自動的に許容範囲内の値に調整します。
■設定方法
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
させます。
●
「Select」が 表 示 中に、
「▲」か「▼」ボタンを
押して「Beep」を選びます
Select
Beep
Remote
Set
●
「Set」ボタンを押して、
「Beep」をセットします。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して任意の設定を行って
ください。
10
ワイヤレスリモートモード(Remote)
●
「Remote
本機は、ワイヤレスリモートシステムのマスター機能とスレーブ機能をサポートして
います。リモートシステムは、カメラに装着されたマスターストロボ (58AF-2)によっ
て、一台以上のスレーブストロボを同時に遠隔操作でコントロールできます。
ストロボは、3 つのグループ(A、B、C)にセットできます。マスターストロボやコント
ローラーは、これらのグループを同時に制御したり、同時にグループごとの設定を認
識したりすることが出来ます。
同じ部屋で、複数のリモートシステムを使用する場合は、お互いに干渉をしないよう
Master」表示:
カメラに付けて、マスターストロボとして操作
します。
●
「Remote
Remote
Master
Set
Slave」表示:
ワイヤレスリモートのスレーブストロボとして
機能し ます。
●
「Servo」表示:
スレーブストロボとして機能します。
にするために、4 つのチャンネル(1、2、3、4、)にセットできます。マスターストロボ、
Servo
コントローラーとスレーブストロボは、同じリモートチャンネルに設定しなければいけ
ません。スレーブストロボは、マスターストロボやコントローラーの発光を、リモート
Set
センサー ③によって受信できるようにしなければいけません。
■モードの設定
●
「Sel」ボタンを2回 押して、
「Select」を表 示
させます。
●
「Select」が 表 示 中に、
「▲」か「▼」ボタンを
押して「Remote」を選びます。
Select
BEEP
Remote
FB
Set
本機は、ワイヤレスリモートシステムのマスター機として設定できます。
マスター機として設定した場合は、第二リフレクターの発光が、スレーブストロボを
●
「Set」ボタンを押して、
「Remote」をセットし
遠隔操作で制御します。第二リフレクターの発光は、この場合、露出には影響しま
ます。
せん。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して任意の設定を行っ
てください。
●
「Remote
マスターモード(Remote Master)
OFF」表 示:ワイヤレスリモ ート・
サーボモードを解除し
ます。
■マスター機の発光モード
Remote
OFF
Set
58AF-2 Canon:
マスター機のグループ A に設定した発光モードが、グループ B、Cとマスター M の
発光モードに反映されます。ですので、グループ A に「TTL」をセットした場合、グル
ープ B、Cとマスター M の発光モードも「TTL」にセットされます。
58AF-2 Nikon:
グループA、
B、
C、とマスターMの発光モードは、
「TTL」か「M( マニュアル発光 )」が
任意で設定できます。
11
■マスター機のズーム位置の手動設定(Zoom)
■発光モードの設定
発光モードは、
「TTL」か「M(マニュアル)」の設定が
できます。
●
「Para」ボタンを繰り返し押すと、
「M」
・
「A」
・
「B」
・
M
A TTL
B TTL+ 1/ 3
Para
CH1
AZoom 28
F32
Sel
「C」が表示されます。
●
「M」
・
「A」
・
「B」
・
「C」そ
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「A.Zoom」を表示させます。
●
「A.Zoom」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、ズーム位置をセットします。
24mm-28mm-35mm-50mm-70mm-85mm-105mm(35mm フォー マッ
ト) のズーム位置がセットできます。
れ ぞ れ が 表 示 中 に、
「Mode」ボタンを押して、
「TTL」か「M( マニュア
ル発光 )」にセットします。
マスターストロボのメインリフレクターの発光は解除が可能です。発光が解
除されると、露出には影響しなくなります。
設定するには、Mに発光モードをセットしないでください。
■TTL 設定時の調光補正の設定
●
「Para」ボタンを押して、
「TTL」がセットされているグループを表示させます。
●
「+」か「−」ボタンを押して、補正値をセットしてください。
調光補正値は、-3EV から+3EVまであり、1/3EV ステップごとにセットできます。
スレーブモード(Remote Slave)
■スレーブ機としての設定
本機は、ワイヤレスリモートシステムのスレーブ機として設定できます。
スレーブ機の発光モードは、マスター機によって、自動制御されます。
スレーブ機として設定した場合は、マスター機と同じチャンネルに合わせてください。
■スレーブ機のグループ設定(GROUP)
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「GROUP」を表示させます。
●
「GROUP」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、A、B、C から選びます。
■スレーブ機のチャンネル設定(CHANNEL)
■M(マニュアル)設定時の発光量の設定
●
「Para」ボタンを押して、
「M」がセットされているグループを表示させます。
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「CHANNEL」を表示させます。
●
「CHANNEL」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、1、2、3、4から選びます。
●
「+」か「−」ボタンを押して、発行量をセットしてください。
発行量は、1/1 ∼ 1/128まで1ステップ間隔でセットできます。
■スレーブ機のズーム設定(M.Zoom)
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「M.Zoom」を表示させます。
■マスター機のチャンネル設定(CH)
●
「M.Zoom」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、ズーム位置をセットします。
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「CH」を表示させます。
24mm-28mm-35mm-50mm-70mm-85mm-105mm(35mm フォー マッ
●
「CH」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、1、2、3、4から選びます。
ト) のズーム位置がセットできます。
12
リモート操 作 のテスト
● スレーブストロボを、撮影するために適当な場所に設置してください。スレーブ
ストロボを設置するためには、ストロボスタンドを使用してください。
● 関係するすべてのストロボが発光準備完了になるまで待機してください。発光
準備が完了すると、スレーブストロボの AF 補助光が点滅します。必要であれば、
電子音も起動できます。
マスターストロボのテスト発光ボタン ⑯を押して、テスト発光してください。
スレーブストロボがスレーブグループ分けにしたがって、テスト発光に反応をします。
スレーブストロボがテスト発光を行わないときは、リモートチャンネルやスレーブ
グループのチェックを行ってください。マスターストロボの発光を受光できるよう
にスレーブストロボの位置を調整してください。
■発光量の設定
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「1/1」
の発光量を表示させます。
●
「1/1」が 表 示 中 に、
「+」か「−」ボタンを
押して、発行量をセットしてください。
58AF-2 Canon は、スレーブ機能が備わっています。E-TTL 調光(プリ発光)に
反応してワイヤレスでマニュアル発光させることができます。
他の撮影者がプリフラッシュ撮影をしている場合はそのフラッシュ光に反応し
て発光します。
58AF-2 Nikon は、スレーブ機能が備わっています。他のフラッシュ光に反応して
ワイヤレスでマニュアル発光させることができます。
プリ発光を行うカメラでは、プリ発光に連動してストロボが発光してしまうた
めサーボモードは使用できません。
他の撮影者がストロボ撮影をしている場合はそのストロボ光に反応して発光
します。
13
MZoom 35
P1/1
Para
Sel
発行量は、1/1 ∼ 1/256 まで1ステップ
間隔でセットできます。
■ズーム位置の設定
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「M.Zoom」を表示させます。
●
「M.Zoom」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して、ズーム位置をセットします。
24mm-28mm-35mm-50mm-70mm-85mm-105mm(35mm フォー マッ
ト) のズーム位置がセットできます。
サーボモード (Servo)
Servo
フラッシュブラケット(FB)
オートオフ機能(Standby)( 時計マーク)
フラッシュブラケット撮影は、ストロボが A モード、TTL モードのとき、発光量を一定
電池の無駄な消耗を防ぐため、無操作状態が 10 分間続くと自動的に電源が切れる
の幅で3段階に分けて調光する機能です。
ようになっています。
■設定方法
Select
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
させます。
Remote
FB
Standby
もう一度電源を入れるには、カメラのシャッターボタンを半押しします。または、スト
ロボのボタンを押すことでも可能です。
(ウェークアップ機能)。
長期間使用しないときは、メインスイッチ⑮の電源を切るようにして下さい。
Set
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
最後の操作から 1 分後にオートオフになるようにセットすることもできます。また、
押して「FB」を選びます。
オートオフ機能は解除することもできます。
●
「Set」ボタンを押して、
「FB」をセットします。
■設定方法
FB
1 1/3
●
「▲」か「▼」ボタンを押して補正値の設定を
行ってください。
設定できる補正値の範囲は、1/3 絞りから
Set
3 絞りまでで、1/3 絞りごとにセットできます。
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
させます。
Select
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
FB
Standby
ML
Set
押して「Standby」を選びます。
●
「Set」ボタンを押して、
「Standby」をセット
します。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってくだ
●
「FB1」表示:1回目の撮影、補正なし
FB1
で行われます。
●
「FB2」表示:2回目の撮影、マイナス
TTL
7.7 m
F 5.1 FB1
AZoom 28
補正で行われます。
● 3 回目の撮影後は、フラッシュブラケッ
●
「1min」表示:電源が 1 分後に切れます。
Set
●
「10min」表示:電源が 10 分後に切れます。
●
「FB3」表示:3回目の撮影、プラス補
正で行われます。
Standby
10 min
さい。
EV– 1 / 3
TTL
7.7 m
F 5.1 FB2
●
「OFF」表示:自動的に電源は切れません。
AZoom 28
EV– 1 / 3
ティング機能は、自動的に解除されます。
フラッシュブラケットは、ストロボの調光補正機能をサポートしているカメラで
のみ可能です。サポートしていない場合は、撮影は補正値なしで行われます。
設定は自動保存されます。
オートオフ機能起動後は、
「 」が
液晶画面に表示されます。
TTL
F 5.6
AZoom 35
12 m
14
モデリングライト(ML)
操作ボタンのロック(KEY LOCK)
モデリングライトは、定常光のように見える約3秒間の高周波による連続マルチ発光
ロック機能は、ボタンの誤操作を防ぐために、操作ボタンをロックできる機能です。
です。モデリングライトにより、ユーザーは、光の当たり方や影の出方を撮影前にチェ
ックすることができます。モデリングライトは、テスト発光ボタン⑯により照射を行い
ます。
■設定方法
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
ML
KEYLOCK
Zoom Ext
Select
させます。
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
■設定方法
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
させます。
Standby
ML
KEYLOCK
Select
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
押して「ML」を選びます。
Set
押して「KEY LOCK」を選びます。
●
「Set」ボタンを押して、
「KEY
LOCK」を
セットします。
Set
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってください。
●
「Set」ボタンを押して、
「ML」をセットします。
●
「YES」表示:操作ボタンがロックされます。
KEYLOCK?
YES
●
「NO」表示:操作ボタンのロックがされません。
Set
●
「Set」ボタンを押すと設定が完了します。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってください。
●
「ML
ON」表示:モデリングライトを起動します。
●
「ML
OFF」表示:モデリングライトを解除します。
ML
ON
Set
設定は自動保存されます。
ロック起動後は、
「
」が液晶画面に
表示されます。
設定は自動保存されます。
モデリングライト起動後は、
「
液晶画面に表示されます。
」が
F 4.5
A
AZoom 70
14 m
Mode
Sel
●
表 示 の ボ タ ン を 押し て、
「UNLOCK?
● 真ん中の2つのボタンを同時に3秒間押します。
ロックが解除され通常画面に戻ります。
メインスイッチで電源を入れ直すことでも、
ロックは解除されます。
15
F 5.6
AZoom 35
12 m
■ロック機能の解除方法
Press these Keys!」を表示させます。
Para
TTL
UNLOCK?
Press these keys!
拡張ズーム機能(Ext)
ズームサイズ調節機能(S Zoom)
拡張ズームモードとは、カメラレンズの焦点距離に対し、メインリフレクターの照射角
カメラによっては、ズームサイズ調節機能(S Zoom)を使って、メインリフレクター
を1段階広角にする機能のことです。これにより、屋内でストロボ光が拡散(反射)
の照射角表示をカメラの撮像素子のサイズに合わせることができます。
され、よりソフトな照明効果を生み出すことができます
■設定方法
拡張ズームモードの例
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
カメラレンズの焦点距離: 50mm
させます。
拡張ズームモードでのストロボ照射角: 35mm
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
※液晶画面には、50mmと表示されます。
Select
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
させます。
KEYLOOK
Zoom Ext
m/ft
●
「Set」ボタンを 押して、
「Zoom
Size」を
セットします。
Set
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってください。
押して「Zoom Ext」を選びます。
●
「Size
Ext」を
●
「Size
Ext ON
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってください。
●
「Ext
ON」表示:拡張ズーム機能が起動します。
●
「Ext
OFF」表示:拡張ズーム機能は解除されます。
OFF」表示:ズームサイズ調節機能を解除し
Set
設定は自動保存されます。
「S.Zoom」が液晶画面に表示されます。
液晶画面に表示されます。
ETTL
EZoom
Set
ます。
ズームサイズ調節機能起動後は、
設定は自動保存されます。
Size ON
ON」表示:ズームサイズ調節機能が起動し
ます。
セットします。
拡張ズーム起動後は、
「E.Zoom」が
Zoom Ext
Zoom Size
m/ft
Set
押して「Zoom Size」を選びます。
■設定方法
●
「Set」ボ タ ン を 押 し て、
「Zoom
Select
TTL
SZoom
F 5.0
SZoom 35
12 m
F 5.6
EZoom 35
4.1 m
ズームサイズ調節機能をサポートしないカメラでは、ズームサイズ調節機能
は設定できません。
システムによりますが、拡張ズーム機能は 28mm(35mmフォーマット)以
上の焦点距離を持つレンズでサポートされます。
16
メーターとフィートの切換(m/ft)
AF 補助光の ON/OFF(AF-BEAM)
ストロボの発光距離表示はメーターかフィートで表示できます。
ストロボ発光前の AF 補助光の切換ができます。
■設定方法
■設定方法
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
Select
させます。
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
Zoom Ext
m/ft
AF-BEAM
Set
押して「m / ft」を選びます。
●
「Set」ボタンを押して、
「m
●
「Sel」ボタンを2回押して、
「Select」を表示
m/ft
AF-BEAM
Select
させます。
●
「Select」が表示中に、
「▲」か「▼」ボタンを
Set
押して「AF-BEAM」を選びます。
●
「Set」ボタンを押して、
「AF-BEAM」を
/ ft」をセットします。
セットします。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってください。
●
「▲」か「▼」ボタンを押して設定を行ってください。
m
●
「m」表示:メーターで表示します。
●
「ft」表示:フィートで表示します
設定は自動保存され、
液晶画面に表示されます。
17
Set
m
F 4.5
A
AZoom 70
14 m
●
「AF-BEAM
ON」表示:AF 補助光が発光します。
●
「AF-BEAM
OFF」表示:AF 補助光が発光しません。
設定は自動保存されます。
AF-BEAM OFF 設定後は、
「 AF 」が
液晶画面に表示されます。
AF
AF-BEAM OFF
Set
A
AF
14 m
F 4.5
AZoom 70
ストロボテクニック
活用事例
ストロボを必ずしも最大光量や最大発光距離で使用しない場合、照射角をズームレン
ズーム(Zoom)
本機がレンズ焦点距離情報の通信を行えるカメラに装着されている場合、メインリフ
レクター ⑦のズーム照射角が、レンズ焦点距離に合わせて自動設定されます。
メインリフレクターの照射角は、24mm-28mm-35mm-50mm-70mm-85mm105mm(35mmフォーマット)の焦点距離をカバーできます。
ズの一番広角側に合わせて固定してください。この方法を使えば照射角が撮影画角
全体を万遍なくカバーしますし、レンズ焦点距離を変えるたび毎回ズーム調節をしな
くても良くなります。
【例】
: 35-105mm のズームレンズをお使いの場合、ストロボの照射角は 35mm
にセットしてください。
マニュアルズーム(M.Zoom)
レンズ焦点距離情報を送信しないカメラにストロボを取り付けた場合、または、意図
マニュアルズームからオートズームへのリセット
的にズーム位置を変えたい場合は、メインリフレクターの照射角を、手動で設定がで
● シャッターを半押しし、ストロボとカメラがデータ通信できるようにします。
きます。
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「M.Zoom」を表示させます。
●
「M.Zoom」が表示中に、
「+」ボタンを繰り返し押すと、
「M.Zoom」の表示が、
■マニュアルズームの設定
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「Zoom」
を表示させます。
「A.Zoom」
(オートズーム)に変わり、レンズ焦点距離に自動連動したメインリ
MZoom 35
6.1 m
メインスイッチ⑮により本機の電源をもう一度入れなおすと、マニュアルズー
Para
●
「Zoom」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを
押して、ズーム照射角を設定してください。
設 定 できる照 射 角 は、24-28-35-50-70-
フレクターの照射角を表示します。
F 8.0
A
–
+
ムからオートズームへ復帰します。
F 8.0
A
MZoom 70
8.1 m
Para
–
+
85-105mm(35mm フォーマット ) です。
18
ワイドパネル
反射パネルを使ったバウンス発光
ワイドパネル ② を使用すると 12mm の照射角を
バウンス使 用 時に内 蔵 反 射 パネ ル①を 使うと、
カバーします(35mmフォーマット)。
人 物 の目にキャッチライトを入れることができ
ワイドパネルをメインリフレクターから引き出し、止
ます。
まる場所で手を離します。ワイドパネルは自動でリフ
レクターに重なります。ワイドパネルを元の位置を戻
● リフレクターを上方 90°
向けてバウンスさせます。
すには、パネルを90°
上げてから中に押し込みます。
● 反 射 パネ ル ①とワイドパネ ル ② を発 光 部から
ワイドパネル使用時は、オートズームは機能しません。
一緒に引き出します。
● 反射パネルを持ったまま、ワイドパネルを発光部に収納します。
メカバウンス 58-90
メカバウンス 58-90( オプションアクセサリー)をメインリフレクター ⑦ に装着す
ると16mm の照射角をカバーします。
メカバウンス使用時は、オートズームは機能しません。
第二リフレクターを使ったバウンス発光
人物ポートレート撮影などでは、第二リフレクターを併用することで目にキャッチ
ライトを入れたり被写体下部の光量不足を補うことができます。
ワイドパネルとメカバウンスの併用はできません。
バウンス発光
第二リフレクターは、ストロボスコピックモード、モデリングライト、リモート
モードをサポートしていません。
メインリフレクターが、ノーマルポジション(バウンスしていないとき)または、
バウンス発光は被写体をよりソフトに照射し、濃い影を和らげます。また、前景
下方向にバウンスしているときは発光しません。
から背景に向かって降り注ぐ直接光の割合を少なくする効果もあります。
メインリフレクター ⑦ は、水平方向や垂直方向にバウンスすることができます。
色かぶりを防ぐためには、反射面は白か淡い色をお選びください。
メインリフレクターをバウンスする時は、ロック解除ボタン⑬を押しながら
クローズアップとマクロ撮影において、ストロボとレンズの位置関係のずれ(パラ
回転させてください。
ラックス)によって画像の下部分が暗くなります。これを緩和するために、メイン
メインリフレクターを垂直にバウンスさせるときは、基本的に直接光が被写体
リフレクター ⑦ を下方向−7°
の角度に傾けることができます。これを行うには、リ
を照らさないために十分な角度に動かすことが必要です。そのためには、通
フレクターのロック解除ボタン ⑬ を押しながら、リフレクターを下方向に押し下げ
常はリフレクターを少なくとも 60°
の位置まで回転させてください。発光部が
ます。
バウンス状態のとき、直接光が被写体を照らさないように、
メインリフレクター
クローズアップ撮影時には露出オーバーにならないように、決められた最小発光
の照射角は70mm の位置に移動されます。メインリフレクターの発光距離と
距離を守ってください。
ズーム位置は表示されません。
19
近接 / マクロ撮影
最小発光距離は、液晶画面に表示
される最大発光距離の約 10%に
あたります。発光部が下を向いて
TILT
●「+」
ボタンで、プラス補正ができます。
F 5.6
TTL
「−」ボタンで、マイナス補正ができます。
TILT 35
調光補正値は、
−3EV から+3EVまであり、
12 m
いるときは、液晶画面に「TILT」
が表示されます。クローズアップ撮影のときは、ストロボ光によってレンズの
1/3EV ステップごとにセットできます。
F 8.0
A
MZoom 35
6,1 m
EV+2
Para
–
+
影が画像に写りこまないようにご注意ください。
調光補正機能(EV)
日中シンクロモード
調光補正は、
AモードとTTLモードで意図的に露出をオーバーまたはアンダーに
日中シンクロモードは、日中において、プログラムモードまたはフルオートモード
したい場合、または、被写体の反射率によって適正露光にならないような場合に
補正を行います。
のコンピュータ制御による測光システムによって最適な組み合わせにセットされ
ます。
明るい背景の前にある暗い被写体 → プラス補正
カメラの TTL 測光システムが正常に機能しなくなりますので、逆光の太陽
暗い背景の前にある明るい被写体 → マイナス補正
が直接レンズに入らないようにご注意ください。
日中シンクロのためのストロボ側での設定や表示はありません。
■設定方法
させます。
F 8.0
A
補正値をセットしてください。
FE / FV ロック
MZoom 35
12 m
EV 0
Para
●
「EV」が表示中に、
「+」か「−」ボタンを押して
日中シンクロは、日中の目障りな影を和らげ、逆光時の被写体と背景との間に
よりよい露出バランスを生み出します。シャッタースピード、絞り、発光量は、カメラ
活用事例
●
「Para」ボタンを繰り返し押して、
「EV」を表示
で機能します(カメラの取扱説明書をご覧下さい)。
–
+
カ メ ラ に よっ て は、FE/FV ロック 機 能(FE=flash Exposure / FV=Flash
Value)をサポートしています(カメラの取扱説明書でご確認ください)。
FE/FV ロックは、本発光に必要な発光量をあらかじめロックしておく機能です。
ロック中は、構図を変えたり、絞り値を変えても、発光量は追随するので被写体へ
の発光量は変わりません。
FE/FV ロックのためのストロボ側での設定や表示はありません。
20
ストロボ同調方式
ストロボ同調スピード自動設定
シャッターを使用します。
カメラの中には、特定の操作モードで REAR 機能が使用できない場合があります
(カメラの取扱説明書でご確認ください)。
カメラの種類や使用するモードによりますが、ストロボが発光完了状態になるとシャッ
タースピードは自動的にストロボ同調速度に切り替わります。ほとんどのカメラでは、
同調スピードは 1/30 秒から1/125 秒の範囲内にあります。
(カメラの取扱説明書
でご確認ください)。
レンズシャッターやハイスピードシンクロ機能が使用されているカメラの場
合は、ストロボ同調スピードは自動設定されません。
スローシンクロ(SLOW)
スローシンクロ機能によって、定常光の照度が低いときに背景を目立たせることがで
きます。そのためには、定常光の露出にシャッタースピードを合わせることが必要で
す。カメラによっては、特定のプログラムモード(例えば、ナイトショットなど)で自動
的にスローシンクロモード(SLOW)が起動します。
ストロボの設定は必要なく、液晶画面にはこのモードの表示はありません。
先幕シンクロ
スローシンクロ(SLOW)は、カメラ側でセットしてください(カメラの取扱
先幕シンクロのときは、カメラのシャッター(先幕)
説明書でご確認ください)。スローシャッタースピードによるブレを防ぐため
が開いた直後に同調発光します。先幕シンクロは、
には三脚を使用して下さい。
すべてのカメラで標準の方式で、ほとんどのストロ
ボ発光に適用されています。カメラは使用されてい
るモードにもよりますが、ストロボ同調スピードに切
赤目軽減発光
り替えられます。1/30 秒から1/125 秒の間のス
人物がカメラをまっすぐ見ていて、定常光が暗く、ストロボとカメラの位置関係が
ピードが一般的です。
赤い網膜をストロボが照らし出してしまいます。
後幕シンクロ(REAR)
カメラの中には、赤目軽減のためにプリ発光を行うモデルがあります。一回以上プリ
カメラの中には、後幕シンクロ(REAR)機能を備え
発光を行うと、瞳孔が収縮し始め赤目現象を軽減します。
たものがあります。この機能は、露光が終了する直
前に発光を行います。後幕シンクロ(REAR)は、ス
ローシャッタースピード(1/30 以下)を使うときや、
光りを発しながら動く物体を撮影するときに、特に
効果的です。通常、先幕シンクロのときには、光源
の前に光の軌跡ができてしまうのですが、後幕シン
クロでは、光の軌跡が光源から出ているように見えるので、よりリアルな動きの印象
を与えます。操作モードによりますが、カメラはストロボ同調スピード以下のスロー
21
近い場合に赤目現象が現れます。瞳孔が大きく開くこのような状況下では、目の中の
カメラによっては、カメラの内蔵ストロボかまたはカメラボディに組み込まれ
た照明のみが赤目軽減発光をサポートします(カメラの取扱説明書でご確認
ください)。赤目軽減発光はカメラ側で設定します。ストロボ側ではこの機能
に関する設定や表示はありません。
マルチ AF 補助光
FEE エラー表示(58AF-2 Nikon の機能)
オートフォーカスを行うために定常光が不十分なときには、カメラが自動 AF 補助
カメラのモデルやモード設定によっては、レンズの絞りリングを最大 F 値(最小
光を起動します。AF 補助光はストライプ状のパターンを被写体に映し出し、この
絞り)に設定する必要があります。そうでない場合は、エラーメッセージ「FEE」が
パターンを使ってカメラが自動的にフォーカシングを行います。AF 補助光はおよ
ストロボかカメラに表示され、カメラのシャッターが切れない状態になります。
そ 6∼9m(50mm F1.7 の標準的なレンズで)の到達距離を持っています。最
カメラの モデ ルによっては、カメラがプログラム「P」やシーンモ ードのときに、
大到達距離は、カメラの中央測距センサーを使用する場合の距離です。レンズと
ストロボのマニュアルモード「M」をサポートしません。このような場合は、警告と
AF 補助光の位置関係の違い(パララックス)により、AF 補助光の接近できる距離
して「FEE」が表示されシャッターがロックされます。
には制限があり、約 0.7m∼1m となります。
FEE 表示が出た場合は、カメラやレンズの設定をチェックしてください(カメラの
マルチエリア AF 補助光 ⑪をカメラによって起動するときは、カメラを「シン
取扱説明書でご確認ください)。
グル AF(S)」にセットして、ストロボの充電を完了させてください。カメラの
中には、内蔵の AF 補助光を備えているものがあります。この場合は、スト
ロボのマルチエリア AF 補助光は起動しません。
露出アンダー警告「EV」
(58AF-2 Nikon の機能)
グループ C、D、E のカメラは露出アンダーを感知して、アンダー分の露出量を F
値で表示しながら、液晶画面に警告表示を出します。
発光制御(auto-flash)
カメラによっては、定常光が明るい場合、十分な露出量のためにシャッターを押し
てもストロボが発光しません。
この発光制御はフルオートまたは、
「P」モードで機能します(カメラの取扱説明書
でご確認ください)。
撮影後、調光確認表示 ④ が「OK」を表示しないときや、カメラのファインダー内
でフラッシュマークが点滅するときは、本機の液晶画面に 1/3 ステップごとに
−0.3EV∼−3.0EV の 範囲で露出アンダー表示をします。
境界線上のケースでは、ストロボに「OK」表示はされません。たとえ適正調光が
行われても、カメラファインダー内では発光マークが点滅します。
露出アンダー警告表示を行うには、TTL モード(3D-TTL、D-TTL、i-TTL)
で撮影してください。
22
メンテナンスとお手入れ
汚れや埃があるときは、やわらかい乾いたシリコンクロスで拭きとってください。プラ
スチック部分を傷めることがありますので、洗剤は使わないでください。
トラブルシューティング
■ ストロボが正常に機能しないときは、ストロボのメインスイッチ ⑮ を OFF にして
電池を取り外してください。
■ カメラの設定をチェックし、ストロボがカメラのシューに正常に装着されているか
ファームウェアアップデート
ストロボのファームウェアは、アップデート端子 ⑤ 通じてアップデートが行われ、今後
発売されるカメラの技術的な必要条件に適合されます。
(ファームウェアアップデート)
詳 し い 情 報 を お 知 り に な り た い 場 合 は、メ ッ ツ ホ ー ム ペ ー ジ
www.metz.de にアクセスしてください。
メインスイッチを「ON」すると本機のバージョンが液晶画面に表示されます。
リセット
本機は、
リセットにより工場出荷時の状態に戻すことが出来ます。
リセットするためには、
「Mode」ボタンを約5秒間押し続けます。すると、液晶画面に初期化されたことを
示す「RESET」が表示されます。
リセット機能は、ファームウェアアップデートに影響を与えません。
確認してください。
■ 新品の電池を入れ、もう1度スイッチを入れると正常に機能します。もし、正常に
機能しない場合は、代理店へご連絡お願いします。
以下は、ストロボ使用時に生じるいくつかの問題をリストアップしています。それ
ぞれの項目に、問題について考えられる原因や対処方法が記載されております。
最大発光距離表示が液晶画面に表示されません。
● メインリフレクターが、ノーマルポジションになっていません。
「TILT」マークが画面に表示されます。
● メインリフレクターが、クローズアップやマクロ撮影用に下方向にバウンスして
います。
液晶画面に電池マーク が表示されます。
● この表示が画面上に表示されるときは、あと数回しか発光できないことを示して
います。しかし、電池によっては、この表示が比較的早く表示される場合ありますが、
そのような場合でも、まだ 50%くらいの発光が可能です。ワイヤレスリモートモー
ドでは、システムの関係上、電池表示は表示されません。
コンデンサーのメンテナンス
液晶画面に電池マーク が表示されます。
ストロボに組み込まれているコンデンサーは、長期間にわたって電源を入れない場合、
● メッツパワーパックP76 がメカブリッツに接続されていて、メカブリッツの電池ボッ
劣化が起きます。劣化を防ぐには、3 ヶ月ごとに 10 分程度電源を入れてください。
クスに電池が入っています。メカブリッツから電池を取り出してください。
その際、電源オンから1 分以内に充電完了ランプが点灯するように、十分な容量のあ
る電池を使ってください。
AF 補助光が機能しません。
● ストロボの発光準備が完了していない。
● カメラが内蔵の AF 補助照射を起動させている。
● AF-BEAM の設定を
「ON」にしてください。
23
後幕シンクロ(REAR)がストロボで起動しません。
マスターストロボとして、ワイヤレスリモート操作のための設定ができません。
● 後幕シンクロをサポートしているカメラでのみ、本機能をご使用できます。
● カメラとストロボの間でデータ通信が有効になっていないので、シャッターボタンを
リフレクターの照射角が、レンズの焦点距離にあわせて自動設定されません。
半押ししてください。
● カメラとストロボの間で通信が行われていません。シャッターボタンを半押しして
ストロボ同調スピードに自動的に切り替わりません。
ください。
● カメラが、レンズシャッターなので、切り替わる必要がない。
● カメラに装着されているレンズにCPU が入っていない
● カメラが、ハイスピードシンクロで操作されています
(カメラ設定)。この場合、スト
● ストロボがマニュアルズーム
「M
ロボ同調スピードに切り替わりません。
Zoom」で操作されています。
「A Zoom」に切り
替えてください。
● カメラが、ストロボ同調スピードよりも遅いシャッタースピードに設定されています。
● メインリフレクター ⑦ がバウンスされています通常位置に戻してください。
カメラのモードによりますが、ストロボ同調スピードへは切り替わりません。
(カメラ
● ワイドパネルを元の位置に戻してください。
の取扱説明書をご覧ください)。
ストロボの絞り設定がレンズの絞りにあわせて自動設定されません。
撮影画像の下に影が出ます。
● カメラとストロボの間で通信が行われていません。シャッターボタンを半押しして
● ストロボとレンズの位置関係のずれ
(パララックス)によって、クローズアップ撮影
ください。
などで、焦点距離にもよりますが、画像の下の端に影が出やすくなります。これを
● カメラに装着されているレンズにCPU が入っていない。
緩和するために、メインリフレクターを下方向に傾けたり、リフレクターの前に、ワ
第二リフレクターが起動しないまたは、発光しません。
イドパネルをかぶせたりします。
● 第二リフレクターは、ストロボスコピックモード、リモートモード、モデリングライト
撮影画像が暗すぎます。
モードをサポートしていません。これらのモードのときは、第二リフレクターは発光
● 被写体がストロボの発光距離範囲より遠くにあります。
【注】
: バウンス発光を行う
しません。
と発光距離が短くなります。
● メインリフレクターが、ノーマルポジションか、下方向に傾いている。
● 被写体が非常に明るくて反射率の高い場所にあり、カメラの測光システムや、スト
スイッチを切っているのに、第二リフレクターが発光します。
ロボが誤認識をします。プラスの調光補正を行ってください。
●リモートモードのマスターとして操作されています。マスターストロボの第二リフ
撮影画像が明るすぎます。
レクターは、スレーブの制御を行っています。この場合は、第二リフレクターの
● 近接撮影は、被写体との最短撮影距離が、最大発光距離表示の 10%となります。
発光は、露出に影響しません。
ISO 感度や絞りのパラメーターが、ストロボに手動で設定されません。
手動 TTL 調光補正の設定が有効になりません。
● ストロボとカメラの間で、データ通信が行われ自動設定されています。ISOと絞りは、
● カメラが、ストロボの手動 TTL 調光補正をサポートしていません。
データ通信を行わないときだけ、ストロボで設定ができます。
24
テクニカルデータ
最大ガイドナンバー(ISO100/21°
、照射角105mm)
:
58
発光モード
スタンダードTTL、プリ発光式TTL、外部オート(A)、マニュアル(M)、
ストロボスコピック
( )、ハイスピードシンクロ(HSS/FP)
発光量手動設定:
1/1∼1/256、1/3ステップごとに設定
閃光時間:
表2をご参照ください。
センサー受光角:
約25°
色温度:
約5,600K
ISO感度設定:
ISO6∼6400
同調方式:
低電圧式
発光回数:
(フル発光の場合)
約180回(高容量アルカリ乾電池)
約250回(ニッケル水素電池2100mAh)
リサイクルタイム:
(フル発光時)
約5秒 照射角:
メインリフレクター: 24mm以上(35mmフォーマット)
ワイドパネル付メインリフレクター: 12mm以上(35mmフォーマット)
メインリフレクターのバウンス角度とロックポジション:
上方向: -7°45°60°75°90°
反時計回り: 30°60°90°120°150°180°
時計回り: 30°60°90°120°
寸法(WxHxD)
:
71x148x99mm
質量:
約370g(電池除く) 本体および付属品:
内蔵ワイドパネル付ストロボ本体、ストロボケース、ストロボスタンド、取扱説明書、
製品の仕様は予告なく変更する場合がございます。
25
オプションアクセサリー
他社のアクセサリー使用によって、ストロボに不具合や破損が報じた場合は、
当社は一切責任を持ちません。
● メカバウンス[58-90]
(商品番号:4003915002875)
簡単な方法で照明をソフトにするためのディフューザー。写真に驚くほどソフトな外観
を与え、肌のトーンも自然な感じに仕上げます。光のロスにより、最大発光距離は減少
します。
● バウンスディフューザー[58-23]
(商品番号:4003915002905)
強い影を反射光により緩和します。
● ストロボスタンド
S60
(商品番号.4003915002974)
スレーブモード時に使用します。
電池の廃棄について
使い切った電池は、一般ごみとして廃棄しないでください。
国によって定められた収集箇所に返却してください。
完全に放電した電池のみ返却してください。
一般的に、電池が完全に放電するのは、以下のような場合です。
◎電源をオフできる機器や、電池が消耗したことを表示できる機器
◎長期間使用して、正常に機能しなくなった場合
廃棄するときは電池がショートしないように、電池の両極を絶縁して下さい。
表1:最大発光時のガイドナンバー
ISO感度
6/9°
8/10°
10/11°
12/12°
16/13°
20/14°
25/15°
32/16°
40/17°
50/18°
64/19°
80/20°
100/21°
125/22°
160/23°
200/24°
250/25°
320/26°
400/27°
500/28°
650/29°
800/30°
1000/31°
1250/32°
1600/33°
2000/34°
2500/35°
3200/36°
4000/37°
5000/38°
6400/39°
ズーム照射角
12
5
5.6
6.3
7
7.9
8.9
10
11
12
14
15
17
20
22
25
28
31
35
40
44
50
56
63
71
80
89
100
113
127
142
160
24
7
8
9
10
12
13
15
16
18
21
23
26
29
33
37
41
46
52
58
65
73
82
92
103
116
130
146
164
184
207
232
28
8
9
10
11
12
14
16
17
20
22
25
28
31
35
39
44
49
55
62
70
78
88
98
110
124
139
156
175
197
221
248
35
9
10
11
12
14
16
18
20
22
25
28
31
35
39
44
49
56
62
70
79
88
99
111
125
140
157
176
198
222
249
280
50
11
12
13
15
17
19
21
24
26
30
33
37
42
47
53
59
67
75
84
94
106
119
133
150
168
189
212
238
267
299
336
70
12
13
14
16
18
20
23
26
29
33
37
41
46
52
58
65
73
82
92
103
116
130
146
164
184
207
232
260
292
328
368
85
13
15
16
18
21
23
26
29
33
37
41
46
52
58
66
74
83
93
104
117
131
147
165
185
208
233
262
294
330
371
416
105
15
16
18
21
23
26
29
33
37
41
46
52
58
65
73
82
92
103
116
130
146
164
184
207
232
260
292
328
368
413
464
26
表3:電池タイプ別のリサイクルタイムと発光回数
表2:発光量設定時の閃光時間
発光レベル
P 1/1
閃光時間
1/125
ガイドナンバー
ガイドナンバー
(ISO100、照射角50mm) (ISO100、照射角105mm)
42
P 1/1∼2/3
1/650
30
41
P 1/2∼1/3
P 1/1∼2/3
P 1/4
1/1500
21
29
1/3200
15
20.5
発光回数
M
A / TTL
アルカリ乾電池
5s
0,1∼5s
180∼3000
ニッケル水素電池
2100mAh
5s
0,1∼5s
250∼2000
58
P 1/1∼1/3
P 1/2
リサイクルタイム
電池タイプ
P 1/4∼1/3
P 1/4∼2/3
P 1/8
P 1/8∼1/3
表4:HSSモード時の最大ガイドナンバー
ズーム照射角
P 1/8∼2/3
P 1/16
1/5500
10.5
14.5
P 1/16∼1/3
P 1/32
1/9000
7.5
10
1/14000
5
7
1/22000
3.5
5
1/33000
2.5
3.5
P 1/32∼1/3
P 1/32∼2/3
P 1/64
P 1/64∼1/3
P 1/64∼2/3
P 1/128
P 1/128∼1/3
P 1/128∼2/3
P 256
27
HSS
ハイスピードシンクロ
P 1/16∼2/3
12
24
28
35
50
70
85 105
11
13
14
15
19
20
23
26
表5:ストロボスコピック発光時のカメラシャッタースピード
発光周波数
(Hz) (発光回数/秒)
発光回数
3
4
5
6
7
8
9
10
15
20
25
30
40
50
2
4
4
8
8
8
8
15
15
15
30
30
30
60
60
2
1
2
2
4
4
4
4
8
8
8
15
15
15
30
30
3
1
1
2
2
2
4
4
4
4
8
8
15
15
15
30
4
1/2
1
1
2
2
2
2
4
4
4
8
8
8
15
15
5
1/2
1
1
1
2
2
2
2
2
4
4
8
8
15
15
6
1/2
1/2
1
1
1
2
2
2
2
4
4
8
8
8
15
7
1/2
1/2
1
1
1
1
2
2
2
4
4
4
8
8
8
8
1/4
1/2
1/2
1
1
1
1
2
2
2
4
4
4
8
8
9
1/4
1/2
1/2
1
1
1
1
1
2
2
4
4
4
8
8
10
1/4
1/2
1/2
1/2
1
1
1
1
1
2
2
4
4
4
8
15
1/4
1/4
1/2
1/2
1/2
1/2
1
1
1
1
2
2
2
4
4
20
1/8
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1/2
1/2
1/2
1
1
2
2
2
4
25
1/8
1/8
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1/2
1/2
1
1
1
2
2
2
30
1/15
1/8
1/4
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1/2
1/2
1/2
1
1
2
2
35
1/15
1/8
1/8
1/4
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1/2
1
1
1
2
2
40
1/15
1/8
1/8
1/8
1/4
1/4
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1
1
1
2
45
1/15
1/15
1/8
1/8
1/4
1/4
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1
1
1
2
50
1/15
1/15
1/8
1/8
1/8
1/4
1/4
1/4
1/4
1/2
1/2
1/2
1
1
1
カ メ ラ シ ャッ タ ー ス ピ ー ド
2
1
28
各部の名称
1 反射パネル
7 メインリフレクター
2 ワイドパネル
8 電池蓋
3 ワイヤレスリモートセンサー
9 第二リフレクター
12 AF補助光
58 AF-2
4 パワーパック用接続ソケット
5 ファームウェアアップデート端子
6 ロックリング
10 ストロボオート用センサー
11 マルチエリアAF補助光
90°
13 メインリフレクターの
ロック解除ボタン
PRESS
75°
60°
45°
0°
-7°
14 調光確認表示
15 メインスイッチ
16 充電完了ランプ/
テスト発光ボタン
液晶画面表示
リセット
液晶画面
液晶画面
Mode
Para
Mode
Para
■ ワイヤレスリモート
Sel
Sel
セレクト
5秒
グループ B
液晶画面
モード
パラメータ
液晶画面
液晶画面
Sel
Pala
−
TTL +21/3 EV
Sel
液晶画面
Sel
グループ A
+
TTL +12/3 EV
1/1 1/2 1/4 OFF
TTL
F
TTL ※
E-TTL ※ / TTL
BL※
E-TTL-HSS
※
A
M
M-HSS
※
※
カメラ対応時
1.0 . . .45
M-Zoom 24....105mm
EV
−3 . . . .+3
P
1/1∼1/256
ISO
6 . . . . 6400
N
2 . . . . 50
f
1 . . . . 50Hz
REAR
ON/OFF
Beep
ON/OFF
Remote
Remote OFF/Master/Slave
FB
1/3 ∼ 3 EV
Standby
OFF/1mini/10mini
ML
ON/OFF
KEYLOCK
NO/YES
Zoom Ext
Ext ON-Ext OFF
Zoom Size
ON/OFF
m / ft
m / ft
AF-BEAM
ON/OFF
グループ C
TTL -2/3 EV
M Master
A TTL +12/3 EV
CH2
B TTL +21/3 EV
M Zoom 24
※C
TTL - 2/3 EV
F16
※ 液晶画面に表示されません。
輸入発売元
101210K
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement