圧力伝送器 DPA DPL

圧力伝送器 DPA DPL
圧力伝送器
取扱説明書
D PA □A □ □ 型 番 D PL □ K □ □
こ の た び は 、圧 力 伝 送 器 D P A・D P L を お 買 い 上 げ い た だ き あ り が と う ご ざ い ま す 。
正 し く ご 使 用 い た だ く た め に 、こ の 取 扱 説 明 書 を よ く お 読 み く だ さ い 。
ま た 、製 品 は 日 々 改 良 さ れ て お り ま す の で 現 品 に 付 属 さ れ た 取 扱 説 明 書 で
操 作 を 行 っ て く だ さ い 。な お 、本 取 扱 説 明 書 は 大 切 に 保 管 し て く だ さ い 。
1.注意事項
2.結線図
日本工業規格表示許可工場
株式
会社
第一計器製作所
http://www.daiichikeiki.co.jp
本社 工場 〒660-0823 尼崎市大物町1丁目7番ー2号
TEL.06(6481)5551(代) FAX.06(6401)4646
東京営業所 〒140-0013 東京都品川区南大井6-7-9
大森FNビル1階
TEL.03(3768)6761(代) FAX.03(3768)6663
1. 注意事項
●圧力伝送器の取り付けについて
圧力伝送器の締め付けトルクは19.6N・m以内で締め付けてください。
過大トルクで締め付けると精度の保証はできません。
●サージ圧について
サージ圧が圧力伝送器の耐圧を超えると予想される場合は、サージ圧対策を行うか
圧力伝送器の圧力レンジを変更するかの処置を行ってください。
●ノイズについて
測定値が時々変動したり、異なる値を示すなど数値が一定しない場合は、
ノイズの影響があると思われますので、ノイズの発生源を調べ断ちきる必要があります。
主な方法としましては、供給電源にノイズが乗っている場合は別の電源に交換したり、
その電源にノイズフィルターを入れる方法などが有効的です。
また、外部からの誘導ノイズにより圧力伝送器ケーブルの信号にノイズが乗ってくることも
ありますので、圧力伝送器ケーブルはノイズ源から遠ざけることが必要です。
また、本ケーブルと動力線を束ねたり、同じコンジット管に入れないでください。
●その他
1.センサ受圧部材質:SUS316L+ハステロイC-22
2.型番仕様・外形図等はカタログ、またはhttp://www.daiichikeiki.co.jpをご覧ください。
2. 結線図
In+(白・WHITE)
N.C.
RT・(黒・BLACK)
相手コネクタ:日本AMP(株) 174357
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement