TDG 東京電気技術工業株式会社

TDG 東京電気技術工業株式会社

資料 No.031-0089

ミニ制御盤CBT―2823取扱説明書

(三菱版QnA対応)

第二版

TDG

東京電気技術工業株式会社

はじめに

本製品を安全に正しくご使用していただくため、本書を必ずお読み下さいますようお願い申

し上げます。

ソフトです。

おことわり

1.本製品および本書の内容について万一記載誤り、もれなどお気付きの点がございましたら

ご連絡下さい。

注意事項

本製品には一般電子機器用に製造された半導体部品を使用しています。半導体製品を使用し

た製品は、外来ノイズやサージ等により誤動作もしくは故障する可能性がありますので、ご使

用になる場合は、万一誤動作、故障した場合においても生命/身体・財産などが侵害されるこ

とのないよう、装置としての安全対策に万全を期されますようお願い申し上げます。

- 1 -

日 付

2008 年 12 月

2009 年 4 月

1版

2版

改訂記録

改 訂 履 歴

初版

内容変更

- 2 -

目次

1.概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4

2.添付品説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4

3.製品仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4

4.各部品説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

5.プログラム開発手順説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9

6.三菱版LtC Soft使用可能デバイス一覧表・・・・・・・・・・10

7.三菱システムデバイス対応一覧表・・・・・・・・・・・・・・・・・10

8.GX−Developer設定説明・・・・・・・・・・・・・・・・10

9.FlashROM書込ケーブル説明・・・・・・・・・・・・・・・・12

10.ラダーオンライン操作説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13

11.CPU基板プログラムバージョン確認・・・・・・・・・・・・・・16

- 3 -

1.概要

本書は東京電気技術工業製「ミニ制御盤CBT−2823」の仕様、機能説明と開発手

順を記載しています。

2.添付品説明

1)CBT−2823(本体)

2)電源ケーブル(2m)

3)USBガードキー(1個)

4)FlashROM 書込ケーブル(1本)

5)インストールCD(2枚)

①ライブラリインストールCD

②LtC-TOOL インストールCD

(ルネサス製、もしくは YellowSoft 社製)」が別途必要です。

3.製品仕様

外形 230(W)×160(D)×66(H)

材質 ケース:アルミ、前後面パネル:アルミ

色 本体:ブラック、パネル:シルバ

使用温度 0∼55℃

入力電源 AC100V(50Hz/60Hz)

《CBT-2823 外形図》

前面視

後面視

側面視

- 4 -

各部品名称

①モニタ LED/モニタセレクタスイッチ

②外部機器通信ポート(USER PORT)

③ツールポート(TOOL PORT)

④電源ON/OFFスイッチ

⑤ヒューズ(5A)

⑥電源ケーブル接続インレット

⑦入力ポート(IN)

⑧出力ポート(OUT)

4.各部品説明

1)モニタLED/モニタセレクトスイッチ説明

ボックス正面パネルのLED18個で POWER、PLC RUN、入力、出力の状況をモニタできます。

また入出力についてはセレクタスイッチでLEDの表示内容を切り替えることができます。

モニタLED/モニタセレクトスイッチ正面図

0 1 2 3 4 5 6 7

PLC

RUN

8 9 A B C D E F

POWER

0

1

2

3

MONITOR

SELECT SW

3

4 5 6

2

1

0

7

9

8

X00-X0F

X10-X1B

Y20-Y2F

Y30-Y36

①POWER LED説明

AC100V電源が正常に供給時点灯します。

②PLC RUN LED説明

ラダープログラムが動作時点滅します。

③モニタセレクトSWと表示データ一覧表

MONITOR

SELECT

SW

0

1

2

3

0 1 2 3 4 5 6

モニタ LED

7

X00 X01 X02 X03 X04 X05 X06 X07 X08 X09 X0A X0B X0C X0D X0E X0F

X10 X11 X12 X13 X14 X15 X16 X17 X18 X19 X1A X1B − − − −

Y20 Y21 Y22 Y23 Y24 Y25 Y26 Y27 Y28 Y29 Y2A Y2B Y2C Y2D Y2E Y2F

Y30 Y31 Y32 Y33 Y34 Y35 Y36 −

8

9

A

B

C D E F

− − − −

4∼9

− − − − − − − − − − − − − − − −

(−は予備です。点灯しません)

2)外部機器通信ポート(USER PORT)

外部機器との通信することが可能なポートです、デフォルトは三菱専用プロトコル4対応機

器にプログラムレスで通信出来る様に設定しています。

①通信設定(固定)

通信設定項目 設定内容

(※1)通信プロトコルは出荷時に三菱専用プロトコル5、または三菱 GOT 専用に設定可能。

- 5 -

②コネクタ仕様

USER PORT

1 2 3 4 5

6 7 8 9

使用コネクタ:HDEB−9P(ヒロセ電機製)

取付ネジ:インチネジ(4−40)

ピン番号 信号名 説明

1 − NC

RD

SD

受信データ

送信データ

NC

SG

+24V 外部機器供給(DC24V)(

0V

シグナルグランド

(ケーブルについてはお客様にてご用意下さい)

(※1)外部機器への供給可能電力は3W以下です。

3)ツールポート(TOOL PORT)

プログラム転送、デバッグ用のツールポートです。使用できるケーブルはTDG製「FlashROM

4)電源ON/OFFスイッチ説明

ONで汎用治工具コントローラが起動します。

5)ヒューズ(5A)

供給電流オーバーの時ヒューズが切れます。切れた時は筒型ヒューズを交換して下さい。

代替品:筒型ヒューズ φ5.2×20mm (AC125V 5A)

注意.ヒューズ交換時は必ず電源コードをコンセントから抜いて下さい。

6)電源ケーブル接続インレット

付属の電源ケーブル(2m)を接続してください。供給する電源はAC100V(50Hz

/60Hz)を供給してください。

- 6 -

7)入力ポート(IN)

①入力仕様

定格入力電流 4mA

駆動電源 CBT−2823内部DC24V電源

コネクタタイプ D−Sub37ピン

使用コネクタ HDCB−37S(ヒロセ電機製)

取付ネジ ミリネジ(M2.6)

②コネクタ仕様

IN

19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

37 36 35

34 33 32

31

30

29 28 27

26 25 24 23

22 21 20

ピンNo 三菱デバイス

1 X00

2 X01

3 X02

4 X03

5 X04

6 X05

7 X06

8 X07

9 COM(−)

10 X08

11 X09

12 X0A

13 X0B

14 X0C

15 X0D

16 X0E

17 X0F

18 COM(−)

19 COM(−)

ピンNo 三菱デバイス

29 X18

30 X19

31 X1A

32 X1B

33 NC

34 NC

35 NC

36 NC

37 COM(−)

(接続ケーブルについてはお客様でご用意下さい)

③入力回路

下図を参考に配線をして下さい。

《入力回路図》

外部 CBT-2823 側

X00

X1B

COM(-)

内部回路

- 7 -

8)出力ポート(OUT)

①出力仕様

出力方式 オープンコレクタ出力

許容電流 0.1A/1 点

駆動電源 CBT−2823内部DC24V電源

コネクタタイプ D−Sub25ピン

使用コネクタ HDCB−25S(ヒロセ電機製)

取付ネジ ミリネジ(M2.6)

注意.サージが発生する機器を使用する時は必ず保護回路を取り付けて下さい。

②コネクタ仕様

13 12 11

10 9 8

OUT

7

6

5

4 3 2 1

25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14

ピンNo 三菱デバイス ピンNo 三菱デバイス

1 Y20

2 Y21

3 Y22

4 Y23

5 Y24

6 Y25

7 Y26

8 Y27

9 Y28

10 Y29

11 Y2A

12 Y2B

13 COM(+)

23 Y35

24 Y36

25 COM(+)

(接続ケーブルについてはお客様でご用意下さい)

③出力回路

下図を参考に配線をして下さい。

《出力回路図》

外部 CBT-2823 側

L

L

Y20

Y36

COM(+)

内部回路

- 8 -

5.プログラム開発手順説明

三菱電機製 GX-Developer

でラダープログラム作成/保存

《TDG 製 LtC-Tool ソフト》

注意.USB ガードキーを取り付けて下さい。

USB ガードキーを取り付けていない時はエラー

終了します。

TDG 製

LtC-Tool

ソフト使用

ソースに変換」を実行

ラダープログラムを C ファイルにコンバートする。

(TDG 製三菱版 LtC Soft 使用)

「コンパイル/リンク」を実行

「書き込み」を実行

ソースをコンパイル/リンクする。

(ルネサス製 or イエロー製コンパイラ必要)

TDG 製 FlashROM 書込ケーブルを使用して

CBT-2823 内部フラッシュ ROM にプロ

グラムを書き込みます

CBT-2823

GX-Developer を使用して

ラダープログラムモニタリング

デバッグ

修正時は①へ

備考)LtC-Tool の操作については LtC―Tool 取扱説明書を確認して下さい。

- 9 -

6.三菱版LtC Soft使用可能デバイス一覧表

デバイス デバイスコード デバイス範囲

入力デバイス

出力デバイス

内部リレー

タイマ

カウンタ

データレジスタ

データレジスタ

00000∼003FF(16 進)

00000∼003FF(16 進)

1024 点

1024 点

00000∼08191(10 進) 8192 点

00000∼00511(10 進) 512 点

00000∼00511(10 進) 512 点

00000∼01999(10 進) 2000 点

02000∼02199(10 進) 200 点

インデックスレジスタ Z 00000∼00015(10 進) 16 点

(※1)ラッチデバイスとは電源をOFFしても内容を保持しているデバイスです。

7.三菱システムデバイス対応一覧表

システムデバイス 容

SM402

SM403

RUN後1スキャンのみON

RUN後1スキャンのみOFF

SM411

SM412

SM413

0.2秒クロック

1秒クロック

2秒クロック

8.GX-Developer 設定説明(ルネサス製コンパイラ/イエローソフト製コンパイラ共通)

①GX-Developer を起動して以下の初期設定を行ってください。

メニュー「プロジェクト」→「プロジェクト新規作成」を実行して以下の設定を行って下さい。

PCシリーズ:QnACPU

PCタイプ:Q2AS(H)S1

- 10 -

②ラダープログラムの作成/編集を行って下さい。

注意.プログラム名の「MAIN」は変更しないでください。

③ラダープログラムの保存

GX-Developer の「プロジェクト」→「プロジェクトの名前を付けて保存」を実行して下さい。

下記のウィンドウが表示しますのでPROJECT名(任意)を入力して「保存」し

て下さい。

④プログラム開発は LtC-Tool を使用して下さい。

操作の詳細については「LtC-Tool 取扱説明書」を参照して下さい。

注意.LtC-Tool を使用時は必ずUSBガードキーを取り付けて行って下さい。取り付け

ていない時にはエラー終了します。

- 11 -

9.FlashROM書込ケーブル説明

9_1.各名称説明

CBT−2823へのプログラム書込はTDG製「FlashROM書込ケーブル」を

使用して下さい。

TDG製FlashROM書込ケーブル図

DSUB9PIN

SW

SW操作

開発パソコン側

BOOT RESET

H8 有効

MIL コネクタ 10PIN

CBT-2823 側

USR

① ②

SH

無効

①「BOOT⇔USR」SW

FlashROM書込モードを切り替えます。

BOOT側:CPUをFlashROM書き込みモードにします。

USR側: CPUをプログラム実行モードにします。

②「RESET」SW

CBT-2823 をRESETできます。

③「H8⇔SH」SW

SWをH8側にして下さい。SH側では正常動作しません。

④「有効⇔無効」SW

なります。

なります。誤操作禁止ができます。

⑤D−SUB9ピンコネクタ

開発パソコンの通信ポートに接続して下さい。

⑥MILコネクタ10ピンコネクタ

9_2.FlashROM書込ケーブル接続説明

手順1.安全の為、CBT−2823の電源をOFFして下さい。

手順2.以下の図の様に接続して下さい。

CBT-2823 側

差込む

FlashROM書込ケーブル

TOOL PORT

J1

備考)書き込みの手順については LtC―Tool 取扱説明書を確認して下さい。

- 12 -

10.ラダーオンライン操作説明

1)FlashROM書込ケーブルを開発パソコンとCBT−2823(TOOL PORT)に接続

して下さい。

2)GX-Developer を起動して以下の設定を行って下さい。

①「メニューのオンライン」→「接続先指定」を実行して下さい。

②「パソコン側I/F」→「シリアル」をダブルクリックして下さい

COMポート:実際に使用されるCOM番号を指定

ボーレート:19200bps を指定

- 13 -

③「PC側I/F」→「C24」をダブルクリックして下さい

形名:AJ71QC24N

局番:0

パリティ:奇数

④「他局指定」をクリックして下さい、確認ウィンドウが表示しますので「はい」を指定

して下さい。

⑤接続確認の為「通信テスト」をクリックして下さい。以下の画面が表示したら接続終了

です。

- 14 -

⑥「メニューのオンライン」→「モニタ」→「モニタ開始」を実行して下さい。モニタステ

ータスが表示され、画面上のラダープログラムのデバイスに現在の状態が表示されます。

- 15 -

11.CPU基板プログラムバージョン確認

C P U 基 板 へ 転 送 し た プ ロ グ ラ ム の バ ー ジ ョ ン と コ ン パ イ ル さ れ た 日 付 、 時 刻 を

GX-Developer の一括デバイスモニタリング(16進)で確認できます。

割付デバイス一覧(GX-Developer の一括デバイスモニタ(16進)で確認できます)

D2240

D2241

D2242

D2243

D2244

D2245

バージョン情報(LtC ‐Tool で入力したバージョンを表示します。

西暦 2×××年

月 ××月

日 ××日

時 ××時

分 ××分

- 16 -

お問い合わせ先

電気・電子・コンピュータ応用

自動制御の総合メーカー

東京電気技術工業株式会社

〒152-0031 東京都目黒区中根 2-12-2

TEL03-3723-3631 FAX03-3723-9404

E−mail:[email protected]

URL http://www.tdg-net.co.jp

- 17 -

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement