ダウンロード - Azbil Corporation

ダウンロード - Azbil Corporation
CM1-ATS100-2001
AT9000 Advanced Transmitter
SuperAce
TM
差圧・圧力発信器
取扱説明書
お願い
• このマニュアルは、本製品をお使いになる担当者のお手元に確実に届
くようお取りはからいください。
• このマニュアルの全部または一部を無断で複写または転載することを
禁じます。
• このマニュアルの内容を将来予告無しに変更することがあります。
• このマニュアルの内容については万全を期しておりますが、万一、ご
不審な点や記載もれなどがありましたら、当社までご連絡ください。
• お客さまが運用された結果につきましては、責任を負いかねる場合が
ございますので、ご了承ください。
• 本製品は、一般機器、防爆機器としての使用を前提に、開発・設計・
製造されています。本製品の働きが直接人命にかかわる用途および、
原子力用途における放射線管理区域では使用しないでください。
特に、
・人体保護を目的とした安全装置
・輸送機器の直接制御
・航空機
・宇宙機器
など、安全性が必要とされる用途に使用する場合は、フェールセーフ
設計、冗長設計および定期点検の実施など、システム・機器全体の安
全性に配慮した上でご使用ください。
システム設計・アプリケーション設計・使用方法・用途などについて
は、弊社担当者にお問い合わせください。なお、お客様が運用された
結果につきましては、責任を負いかねる場合がございますので、ご了
承ください。
保証について
製品の保証は下記のようにさせて頂きます。
保証期間内に弊社の責任による不良が生じた場合、ご注文主に対して弊
社の責任でその修理または代替品の提供により保証とさせて頂きます。
1.保証期間
保証期間は初期納入時より1ヶ年とさせていただきます。
ただし有償修理品の保証は修理個所について納入後3ヶ月とさせていただ
きます。
2.保証適用除外について
次に該当する場合は本保証の適用から除外させていただきます。
①弊社もしくは弊社が委託した以外の者による不適当な取扱い、改造、
または修理による不良
②取扱説明書、スペックシート、または納入仕様書等に記載の仕様条件
を超えての取扱い、使用、保管等による不良
③接液部の腐食による不良
④その他弊社の責任によらない不良
3.その他
①本保証とは別に契約により貴社と弊社が個別に保証条件がある場合に
は、その条件が優先します。
②本保証はご注文主が日本国内のお客様に限り適用させていただきます。
③有償修理の適否は当社の調査結果によるものとします。
2014 Azbil Corporation All Rights Reserved.
はじめに
当社のスマート・トランスミッタ AT9000 Advanced Transmitter SuperAceTM シリーズをご購入いただき、
誠にありがとうございます。
本シリーズの構成
本シリーズは次のような機種と形番構成となっています。
AT9000 Advanced Transmitter SuperAce
TM
シリーズ
差圧発信器
ゲージ圧
圧力発信器
絶対圧
圧力発信器
フランジ形
差圧発信器
JTD910S
JTD920S
JTD930S
JTD921S
JTD931S
JTD960S
JTD961S
JTG940S
JTG960S
JTG980S
JTA922S
JTA940S
JTC929S
JTC940S
AT9000 Advanced Transmitter SuperAce
TM
シリーズ
リモートシール形
差圧発信器
リモートシール形
圧力発信器
リモートシール形
絶対圧力発信器
JTE929S
JTE930S
JTH920S
JTH940S
JTH960S
JTS922S
JTS940S
※ 外部端子箱付き仕様の場合、末尾が“S”の代わりに“W”となります。
i
安全に関するご注意
はじめに
本器を安全にご使用いただくためには、正しい設置・操作と定期的な保守が不可
欠です。この取扱説明書に示されている安全に関する注意事項をよくお読みにな
り、十分理解されてから設置作業・操作・保守作業を行ってください。
確認
• 製品がお手元に届きましたら、仕様の間違いがないか、また輸送上での破損
がないかを確認してください。本器は、厳しい品質管理プログラムによるテス
ト後出荷されています。万一品質や仕様面での不備な点がありましたら、銘板
に書かれている形番・工番をお知らせください。
• 銘板はケース上部に取付けられています。
使用上の注意
この取扱説明書では、機器を安全に使用していただくために次のようなシンボル
マークを使用してます。
警告
取扱を誤った場合に、使用者が死亡または重傷を負う
危険の状態が生じることが想定される場合、その危険
を避けるための注意事項です。
注意
取扱を誤った場合に、使用者が軽傷を負うか、または
物的損害のみが発生する危険の状態が生じることが想
定される場合、その危険を避けるための注意事項です。
機器を正しく安全にお使いいただくため、次頁の注意事項を必ずお守りください。
これらの注意事項に反した取扱により生じた損害について、当社は責任と保証を
いたしかねます。
■絵表示の例
このような表示は、してはいけない「禁止」を表す内容です。
このような表示は、必ず実行していただきたい「指示」を表す内容
です。
ii
製品取扱上の注意
使用上の制限・お願い
本製品は、一般機器、防爆機器としての使用を前提に、開発・設計・製造されています。本製品の
働きが直接人命にかかわる用途および、原子力用途における放射線管理区域では使用しないでくだ
さい。
特に、
・人体保護を目的とした安全装置
・輸送機器の直接制御
・航空機
・宇宙機器
など、安全性が必要とされる用途に使用する場合は、フェールセーフ設計、冗長設計および定期点
検の実施など、システム・機器全体の安全性に配慮した上でご使用ください。
システム設計・アプリケーション設計・使用方法・用途などについては、弊社担当者にお問い合わ
せください。なお、お客様が運用された結果につきましては、責任を負いかねる場合がございます
ので、ご了承ください。
設置上の注意
警告
本製品は形番により、質量が 10kg 以上あります。本製品を運搬・設置するときは運搬具など
を使用するか、2 人以上で持ち運ぶなど十分注意してください。不用意に持ち上げたり落下さ
せると、けがを負ったり本製品を破損することがあります。
設置の際、プロセスとの接続部(アダプタフランジと導圧管、フランジとの接続)は、ガスケッ
トがはみ出さないようにしてください。またベント・ドレンプラグの締め忘れにもご注意くだ
さい。測定流体が漏れ出し、火傷など身体に有害な影響を及ぼす危険があります。測定流体が
人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込みなどが行われないように、ゴーグルやマスク
を着用するなどの安全対策をしてください。
本製品は仕様に記載された使用条件(防爆、圧力定格、温度、湿度、電圧、振動、衝撃、取付
け方向、雰囲気など)の範囲で使用してください。機器の故障や火災により、火傷など身体に
有害な影響を及ぼす恐れがあります。
取付けや結線は、安全のため、計装工事、電気工事などの専門の技術を有する人が行ってくだ
さい。防爆エリアでの工事は、防爆指針に定められた工事方法に従った設置および施工をして
ください。
注意
本製品を設置後、足場にしたり、体重をかけたりしないでください。破損の原因となる恐れが
あります。また、本製品に掛けた足を滑らせて、けがをする可能性があります。
表示のガラス部分は工具などを当てますと破損し、けがをする可能性があります。
接地は本取扱説明書にしたがって正しく行ってください。正しく接地されない場合、本器の出
力が影響を受ける恐れがあります。また、防爆指針に反することとなります。
製品に衝撃を加えないでください。機器が破損することがあります。
本製品の電源には、過電流保護機能付きの電源をご使用ください。
iii
配線上の注意
注意
配線は濡れた手での作業や通電しながらの作業は行わないでください。また、活線挿抜も行わ
ないでください。感電の危険があります。作業は乾いた手や手袋を用い、電源を切って実施し
てください。
配線は仕様を十分に確認し、正しく行ってください。間違って配線されますと機器破損や誤作
動の原因となります。
電源は仕様に基づき正しく使用してください。異なった電源を入力しますと機器が破損すると
ともに、作業をされていた方が怪我をする可能性があります。
保守上の注意
警告
本製品を保守等のためにプロセスから取外す場合は、測定対象物の残圧・残留を取り除くため
にベント・ドレン抜きを行ってください。また、ベント・ドレン抜きを行う際は、ベント・ド
レンの抜ける方向を確認し、人体に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な
影響を及ぼす危険があります。測定流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込みな
どが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をしてください。
防爆エリアでの使用中、機器のケース・カバーや電気コンジット部を開放しないでください。
爆発などの危険があります。
防爆エリアでの使用の際、ケース ・ カバーや電気コンジット接続口のネジ部に腐食、変形、傷、
ねじ部、接合面の損傷が発生していないか確認してください。防爆性能が低下すると引火源と
なり、爆発などの危険があります。本製品の定期的なメンテナンスの実施や、腐食などが著し
い場合には新品と交換をしてください。
破損したシールガスケットは新品と交換してください。破損した状態で本器を運転した場合に
は十分なシール性能が確保できず、測定対象物が噴出し、火傷など身体に有害な影響を及ぼす
危険があります。
ボルト、ナット、カバーフランジ、アダプタフランジなどの耐圧部品に腐食の形跡が見られた
場合には、新品と交換してください。耐圧性能が低下した部品が破損する可能性があり危険で
す。また、破損した部品で身体に打撲や裂傷などを負う危険があります。
製品内に取り残された測定物の残渣には十分ご注意ください。人体に影響のある物質が含まれ
ている場合には、身体に有害な影響を及ぼす可能性があります。取外した機器を保守する際に
は、受圧部を十分に清浄にしてから行ってください。
注意
本製品の分解・改造をしないでください。製品の故障や感電の恐れがあります。防爆機器に関
しては、防爆エリアでの点検・分解はできません。また、防爆品を改造して使用することはで
きません。
本製品を高温流体に使用する場合、本体に不用意に触らないでください。本体が高温になって
いるため、やけどを負う恐れがあります。
本製品が不要になったときは、産業廃棄物として各地方自治体の条例に従って適切に処理して
ください。また、本製品の一部または全部を再利用しないでください。
iv
通信機器の使用上の注意
本器の近くで、トランシーバー、携帯電話、PHS、ポケットベルなどの通信機器
を使用すると送信周波数によっては、本器が正常に機能しない場合がありますの
で、次の注意事項をお守りください。
• 通信機器を使用する前に、通信機器が本器の動作に影響を与えないよう距離
を確認し、その距離以上に離して使用してください。
• 発信部のケースのケース・カバーを閉めてから通信機器を使用してください。
HART 通信使用上の注意
HART 通信使用上の注意事項として、下記を記載すること。
• バーンアウトで本器の出力が 3.6mA または 3.2mA(オプション)以下となっ
た場合、HART 通信ができない場合があります。その場合、一旦電源を OFF
にし、電源の再投入後に通信を開始してください。バーンアウトおよび通信で
きない状態が継続する場合には、故障の可能性がありますので、当社までお問
合せください。
HART 使用機器使用時の注意
HART 使用機器使用時の注意事項として、下記を記載すること。
• 設置環境におけるノイズの影響により、ホストと HART 通信できない場合
には、ノイズ源から信号ケーブルを分離する、接地条件を見直す、信号ケーブ
ルをシールドケーブルに変更する等の対策をとってください。なお、ノイズの
影響で HART 通信が行えない場合でも、4-20mA アナログ信号は影響を受けま
せん。
• 本器をマルチドロップモードで使用する場合、台数に制限があります。マル
チドロップで使用する場合は、当社までご相談ください。
v
開梱と製品の確認・保管
開梱
本器 は精密機器です。事故や損傷を防ぐためにも、ていねいに扱ってください。
付属品の確認
開梱すると、本器の本体と次のものが入っていますので確認してください。
• 標準付属品(L レンチ (M3)1 個)
• 取扱説明書(CD 付)
仕様の確認
本体の銘板に仕様が記載してあります。ご指定の仕様と比較して内容をご確認く
ださい。特に次の仕様については必ずご確認ください。
• タグ No. (TAG No.)
• 形番 (MODEL)
• 工番 (PROD No.)
• 設定レンジの下限値と上限値 (RANGE)
• 供給電源電圧 (SUPPLY)
• 防爆検定合格標章 ( 防爆仕様の場合 )
お問い合わせ
本器に関するお問い合わせは、最寄りの当社の支店、営業所へお願い致します。
お問い合わせには、銘板に記載されている以下の番号を必ずお知らせください。
• 形番 (MODEL)
• 工番 (PROD NO.)
保管について
本器をご購入後そのまま長期間保管される場合は、以下の注意事項をお守りくだ
さい。
• 振動や衝撃の少ない、常温、常湿の屋内に保管してください。
• 納品時の梱包状態のまま保管してください。
vi
目 次
1. 本器、Commstaff の機能、構成および構造 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-1
1-1 本器の機能と構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-1-1 本器の機能と構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-1-2 本器の各部の名称. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-1-3 指示計(オプション). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2 Commstaff の機能と構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2-1 はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2-2 注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2-3 CommStaff と周辺機器の構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2-4 使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-2-5 組合せる機器の条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)PC. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)通信インターフェース. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1-1
1-1
1-2
1-4
1-7
1-7
1-7
1-7
1-7
1-8
1-8
1-8
2. 本器の設置. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
2-1 設置場所の選定条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
2-1-1 一般的な設置条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
(1)はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
(2)設置場所の選定条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
2-1-2 防爆形発信器の設置基準. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
(1)防爆形発信器の設置について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
(2)耐圧防爆形設置基準 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
(3)参考資料. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-2
2-2 据付け. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3
2-2-1 据付け寸法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3
2-2-2 据付け場所. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3
2-2-3 発信器本体の据付け. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3
(1)据付けに必要な部材 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3
(2)据付け方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-3
2-2-4 フランジ形 / リモートシール形の接液部のプロセスへの据付け. . . . . . . . 2-7
(1)フランジ形(JTC)発信器の据付け時の注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-7
(2)リモートシール形(JTE/JTH/JTS)発信器 受圧部取付け時の注意. . . 2-8
(3)キャピラリチューブの取扱い時の注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-9
(4)JTE 形発信器による密閉タンク液面測定時のフランジ取付け時の注意. . . 2-10
2-2-5 FEP 保護膜の取付け時の注意(JTE/JTH/JTC 形). . . . . . . . . . . . . . . 2-11
(1)3B フランジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-11
(2)1-1/2B,2B フランジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-13
2-2-6 ピッタンクの据付け(JTE 形). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-15
(1)組合せ可能な形式. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-15
(2)設置要領. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-16
(3)プロセス条件別設置例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-19
2-2-7 1/2B リモートの据付け(JTE/JTH 形). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-21
(1)設置要領. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-21
2-3 配管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-23
2-3-1 流量測定の配管(JTD 形). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-23
(1)配管について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-23
(2)液体または気体流量測定の配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-25
vii
(3)蒸気流量測定の配管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-3-2 圧力測定の配管(JTD/JTG/JTA 形). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)配管について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)圧力測定の配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-3-3 液位測定の配管(JTD/JTG 形). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)配管について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)開放タンクの配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)密閉タンクの配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-3-4 液位測定の配管(JTC 形). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)配管について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)開放タンクの配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)密閉タンクの配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-4 電気配線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-4-1 一般形の配線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)配線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(4)配線用配管 / ケーブルグランド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(5)接地. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(6)供給電源と外部負荷抵抗. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-4-2 耐圧防爆形の配線. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)指針. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)錠締め . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(4)外部配線の引き込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-5 本器のプロセス接続口の位置変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-5-1 プロセス接続口の上下位置を変更する(JTD/JTG/JTA/JTC 形). . . . .
2-27
2-28
2-28
2-29
2-31
2-31
2-33
2-34
2-36
2-36
2-37
2-37
2-38
2-38
2-38
2-38
2-38
2-39
2-40
2-40
2-41
2-41
2-41
2-41
2-42
2-43
2-43
3. 本器の運転と停止. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-1
3-1 運転準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2
3-1-1 コミュニケータを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-2
3-1-2 設定の確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-3
(1)タグナンバー設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-3
(2)出力形式設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-3
(3)指示計の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-5
(4)ダンピング時定数設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-5
3-2 JTD 形による測定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-6
3-2-1 流量測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-6
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-6
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-8
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-9
3-2-2 圧力測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-10
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-10
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-12
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-13
3-2-3 開放タンク、密閉タンク(ドライレグ)の液位測定 . . . . . . . . . . . . . . . 3-14
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-14
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-15
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-17
3-2-4 密閉タンク(ウェットレグ)の液位測定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-18
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-18
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-20
viii
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-3 JTG 形 /JTA 形による測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-3-1 圧力測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-3-2 液位測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-4 JTC 形による測定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-4-1 液位測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-5 JTE 形による測定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-5-1 液位測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-5-2 流量測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)流量測定時の注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-6 JTH 形 /JTS 形による測定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-6-1 液位 / 圧力測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)運転の準備をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)運転を開始する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)運転を停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-7 液位測定中の実レベルによるゼロ調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-8 レンジ相当入力圧によるゼロ・スパン調整. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-9 外部ゼロ調整(オプション). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(1)はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)外部ゼロ調整手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-10 液位測定時の設定レンジの計算方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-10-1 開放タンク、密閉タンク(ドライレグあるいはリモートシール)の設定レンジ. . .
(1)JTD 形を用いた場合の計算例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)JTG 形を用いた場合の計算例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)JTC 形を用いた場合の計算例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(4)JTE 形を用いた場合の計算例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(5)JTH 形を用いた場合の計算例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-10-2 密閉タンク(ウェットレグあるいはリモートシール)の設定レンジ. . .
(1)JTD 形を用いた場合の計算例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(2)JTC 形を用いた場合の計算例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
(3)JTE 形を用いた場合の計算例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ix
3-21
3-22
3-22
3-22
3-24
3-25
3-26
3-26
3-27
3-28
3-29
3-29
3-29
3-31
3-31
3-32
3-32
3-32
3-34
3-34
3-34
3-34
3-35
3-35
3-35
3-37
3-37
3-38
3-38
3-39
3-39
3-39
3-40
3-40
3-40
3-42
3-44
3-46
3-48
3-50
3-50
3-52
3-54
4. 本器の保守とトラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-1
4-1 本器の分解と組立 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-1
4-1-1 分解と組立にあたっての注意事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-1
4-1-2 ケース・カバーの取外し、取付け. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2
4-1-3 センタボディカバーの取外し、取付け(JTD,JTG,JTA,JTC 形). . . . . . . 4-3
(1)取外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-3
(2)取付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-4
4-1-4 本器の洗浄. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-5
(1)はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-5
(2)センタボディの洗浄(JTD/JTG/JTA/JTC 形)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-5
(3)リモートシール形の洗浄. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-5
4-2 設定レンジと出力信号の校正. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-6
4-2-1 基準入力による設定レンジの校正. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-6
(1)準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-6
(2)使用機器. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-6
(3)注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-6
(4)校正条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-6
(5)校正時の配線および配管. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-7
(6)設定レンジの確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-7
(7)測定レンジの校正手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-7
4-2-2 出力信号の校正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8
(1)準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8
(2)使用機器. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8
(3)校正時の配線 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8
(4)出力信号の校正手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-8
4-3 校正値の復帰、履歴機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9
4-3-1 出荷時校正値の復帰. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9
4-3-2 診断履歴の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9
4-3-3 ゼロ校正内部データ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-9
4-4 トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-11
4-5 絶縁抵抗試験、耐電圧試験. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-14
付録 A 工場出荷時のレンジ・ダンピング時定数の設定. . . . . . . . . . . . . . . 付録 A-1
x
1. 本器、Commstaff の機能、構成および構造
この章では本器の基本的機能、構造、構成、および本器を操作するために必要なコミュ
ニケータ(CommStaff)の基本的機能と構成について説明します。はじめて本器を使用
される方は、この章により本器および CommStaff の基本事項を理解してください。
1-1 本器の機能と構成
1-1-1 本器の機能と構成
本器は複合半導体センサ上の差圧センサにより差圧を測定し、ゲージ圧、絶対圧、流量
および液位のデータを発信します。正確な差圧測定のためには静圧や温度の変化による
補正が必要ですが、それらの変化を複合半導体センサ上の静圧センサ、温度センサで測
定し、工場出荷時に記憶させてある実測データと比較演算することにより、測定した差
圧を真の差圧に補正して出力します。本器はメータボディ部内の差圧、温度、静圧の 3
種類のセンサ、マルチプレクサと A/D 変換器、発信部内のマイクロプロセッサ、各種記
憶素子と D/A 変換器などで構成されます。
次の図により本器の基本的な機能と構成について説明します。
プロセス流体の流量、圧力、液位は、センタボディ部の複合半導体チップ上の差圧セン
サに伝えられます。
このセンサの出力は、複合半導体センサ上の温度センサと静圧センサにより検出された
温度および静圧と同時に A/D 変換されます。
これらの A/D 変換された信号は、マイクロプロセッサにより演算処理され、設定された
レンジに対応した 4-20mADC のアナログ信号に変換されて出力します。
図 1-1 本器のブロック図
不揮発メモリ: メータボディの入出力特性、温度特性、静圧特性、機種、レンジ設定可
(EEPROM) 能範囲などを記憶させてあります。また、発信器の各種設定データを非
通電時でも保持します。
A/D
: 複合半導体センサのアナログ信号をデジタル信号に変換します。
D/A
: 補正演算された差圧のデジタル信号をアナログ信号に変換します。
1-1
1-1-2 本器の各部の名称
本器は主に、センタボディ、エレクトロニクス・モジュール、指示計一体形端子台、発
信部ケース、ケース・カバーで構成されています。
次の図に本器の構造と各部の名称を示します。
アダプタフランジ
カバー・フランジ
センタボディ
発信部ケース
エレクトロニクス・
モジュール
指示計一体形端子台
ボルト・ナット
ケース・カバー
フレキシブル・ケーブル
図 1-2 JTD 形の構造
センタボディ
検出部
発信部ケース
エレクトロニクス・
モジュール
指示計一体形端子台
フランジ/
ダイアフラムベース
ボルト・ナット
ケース・カバー
フレキシブル・ケーブル
図 1-3 JTC 形の構造
センタボディ
検出部
発信部ケース
エレクトロニクス・
モジュール
キャピラリチューブ
指示計一体形端子台
ケース・カバー
フランジ
フレキシブル・ケーブル
ダイアフラムベース
図 1-4 JTE/JTH 形の構造
1-2
•センタボディ
:複合半導体センサ、A/D 回路、受圧ダイアフラム、
過大圧保護機構などから構成されます。
•カバーフランジ
:センタボディを両側から挟み、圧力を保持する部品
です。
•アダプタフランジ
:カバーフランジに取付けて使用します。導圧管を接
続します。
•ボルトナット
:センタボディをカバーフランジで挟む際に使用しま
す。
•ベントドレンプラグ
:ベントやドレンを抜くときに使用します。
•フランジ
:JTC/JTE/JTH 形において、ダイアフラムベースを
相手方プロセスフランジとの間に挟みこむ際に使用
します。
•ダイアフラムベース
:JTC/JTE/JTH 形において、測定圧を受圧します。
•キャピラリチューブ
:JTE/JTH 形において、センタボディとダイアフラム
ベースを接続している部品です。
•エレクトロニクスモジュール :差圧信号などを処理して発信する電子回路です。
•フレキシブルケーブル
:センタボディ部とエレクトロニクス・モジュールを
電気的に接続する部品です。
•発信部ケース
:エレクトロニクス・モジュール、端子台などを収納
します。
•ケースカバー
:発信部ケースを密閉するためのカバーです。
•指示計一体形端子台
:電気信号を取出す端子で、CommStaff はここにも接
続することができます。指示計はオプションです。
1-3
1-1-3 指示計(オプション)
指示計表示部の名称は以下の通りです。
図 1-5 指示計の表示部
表 1-1 指示計の表示部
No.
表示・マーク
表示内容
1
メイン表示(4.5 桁)
数字 Err.
PV 値(実目盛、実圧)、%
ステータス番号
2
小数点(4 桁)
小数点
3
16 セグメント(7 桁)
単位 ※、ステータス
外部ゼロ調整
4
%
百分率
5
指数
×10, ×100, ×1000
6
絶対圧
abs
7
ゲージ圧
G
8
バーグラフ
出力 % のバーグラフ
9
出力開平
OUT √
10
表示部開平
DISP √
11
鍵マーク
ライトプロテクト状態
12
旗マーク
診断履歴
13
表示部更新マーク
●と○の交互表示
14
外部ゼロ調整
↑または↓
※ 選択可能単位一覧(SI 単位)
kPa
MPa
Pa
hPa
kPaG
MPaG
kPa abs
MPa abs
Pa abs
hPa abs
g/cm3
kg/m3
m3
l
kl
ml/h
l/h
kl/h
t/h
m3/h
km3/h
l/min
kl/min
m3/min
kl/d
m3/d
t/d
kg/h
mm
m
%
t
kg
none
1-4
(i)
“メイン表示”
表示
• 表示値が以下の範囲では表示限界値を点滅表示します。
表示値範囲
表示値 <-19999
表示値 >19999
点滅表示値
-19999
19999
(ii)
“バーグラフ”
表示
本器の出力値が 22 セグメントのアナログバーグラフに表示されます。このときのバーグ
ラフセグメントの点灯、点滅は以下の通りです。
-5%
0%
5%
10%
15%
:
:
85%
90%
95%
100%
105%
出力
OUT<
≦ OUT<
≦ OUT<
≦ OUT<
≦ OUT<
≦ OUT<
:
:
≦ OUT<
≦ OUT<
≦ OUT<
≦ OUT<
<OUT
-5%
0%
5%
10%
15%
20%
:
:
90%
95%
100%
105%
点滅
点灯
右端のみ点滅
セグメント表示状態
■
■
■■
■■■
■■■■
■■■■■
:
:
■■■■■ ---- ■
■■■■■ ---- ■■
■■■■■ ---- ■■■
■■■■■ ---- ■■■■
■■■■■ ---- ■■■■
(iii)
“出力開平”
および ”表示部開平”表示
本器の出力値および指示計表示値が、リニア(差圧)、または開平演算処理後のもの(流
量)であるかを判断するために使用します。
表 1-2 リニア・開平の表示状態
表示
出力
表示状態
呼称
リニア
(差圧)
リニア
(差圧)
なし
リニア
開平
(流量)
リニア
(差圧)
DISP √
表示流量
(表示開平)
開平
(流量)
開平
(流量)
OUT √
流量
(開平)
1-5
(iv)
“外部ゼロ調整”
表示
外部ゼロ調整(オプション)機能付の場合、その動作状態が次のように表示されます。
表 1-3 外部ゼロ調整動作時の表示
調整状態
表 示
上下矢印
出力上昇中
16 セグメント
ZERO.ADJ
出力下降中
(v)
“鍵マーク”
表示
鍵マークが表示されているとき、ライトプロテクトが有効であることを示します。ライ
トプロテクトについては、3-1-2 項を参照してください。
(vi)
“旗マーク”
表示
発信器に診断履歴情報が残っていると旗マークが表示されます。履歴として残る項目に
ついては 4-3-2 項を参照してください。
(vii)
“表示部更新マーク”表示
発信器が動作していることを示します。
(viii)発信器情報の表示について
発信器の自己診断のステータスをエラー番号および項目を指示計の上段(メイン表示)、
および下段(16 セグメント)にそれぞれ表示します。
例: 各表示内容の意味については、4-4 項を参照してください。
1-6
1-2 Commstaff の機能と構成
1-2-1 はじめに
CommStaff は、アズビル製スマートデバイス(AT9000 差圧圧力発信器など)と通信を
おこなってデバイスの各種設定を行う設定ツールで、Windows PC 上で動作するソフト
ウェアです。CommStaff は Windows PC の USB 端子に通信インターフェースを接続し、
アズビル製スマートデバイスの通信端子に通信ケーブルを接続して通信をおこないます。
CommStaff は、HART 通信および、弊社オリジナルの SFN 通信をサポートしています。
※HART は、HART Communication Foundation の登録商標です。
SFN/DE 通信をする場合と HART 通信する場合とでは、それぞれの専用通信インター
フェースを使用します。
1-2-2 注意事項
※ 接続デバイスを変更するときの注意事項
CommStaff は、圧力などのダイナミック値を表示している間、それらダイナミック
値を更新するためにデバイスと通信を続けます。接続するデバイスを変更するため
に通信ケーブルをデバイスから外すと、CommStaff に通信エラーが発生します。し
たがいまして、通信エラーを避けるために、通信ケーブルをデバイスから外す前に
CommStaff を一旦終了させ、新しいデバイスに通信ケーブルを接続したあとに再度
CommStaff を起動してください。
※PC に AC 電源を接続したまま使用しないでください。
※CommStaff ソフトウェアを PC にインストールする前に通信インターフェースを接
続しないでください。ドライバがみつからないため正常な動作ができません。
1-2-3 CommStaff と周辺機器の構成
CommStaff の構成は、以下のとおりです。
1-2-4 使用環境
通信インターフェース(CFS100 SFN DE)の使用環境は下記のとおりです。
動作温度: 0 ~ 50℃
動作湿度: 5 ~ 95%
ただし、使用する PC の環境条件が上記条件より狭い場合は PC の使用条件範囲内で使
用してください。
HART 通信インターフェースの使用環境については、MACTek 製品の仕様書を参照して
ください。
1-7
1-2-5 組合せる機器の条件
(1)PC
CommStaff の共通操作説明書にてご確認ください。
CommStaff 共通操作説明書 :
CM1-CFS100-2001
(2)通信インターフェース
通信モジュールは以下の条件のものを使用してください。
SFN/DE 通信インターフェース
CFS100 SFN DE
アズビル製品形番
:80345962-001(ワニ口タイプ)
:80345962-002(イージーフックタイプ)
HART 通信インターフェース
MACTek VIATOR USB HART
MACTek 製品形番:010031
1-8
2. 本器の設置
この章では本器の据付け、配管および配線の方法や重要事項などについて説明します。
設置工事を担当される方はこの章をお読みください。
2-1 設置場所の選定条件
2-1-1 一般的な設置条件
(1)はじめに
本器は長期にわたってその性能を最大限に発揮させるために、ここに述べる選定条件に
従って設置してください。
なお、防爆形の場合は、産業安全研究所指針「工場電気設備防爆指針(ガス蒸気防爆
2006)」または、労働安全衛生総合研究所指針「ユーザーのための工場防爆設備ガイド」
にしたがって設置してください。
(2)設置場所の選定条件
本器の設置場所については次の条件に従って選定してください。
• 温度変化のできるだけ少ない場所に据付けてください。
• プラント側から輻射熱を受ける場所への据付けは避けてください。
• 測定流体やシール液が凍結するおそれがある場合は保温処置を施してください。
• できるだけ衝撃や振動の少ない場所を選んでください。
• 腐食性雰囲気への据付けは避けてください。
• 外部ゼロ調(オプション)付の場合、磁気の強い場所(モーター、ポンプなどのある
10 ガウス以上の場所)では、本器の出力が変動する場合がありますので、これらから
1m 以上離して設置してください。
• 本器に取付けられる導圧管は振動させないでください。
2-1-2 防爆形発信器の設置基準
(1)防爆形発信器の設置について
防爆形発信器は労働安全衛生法に基づき、公的機関の検定に合格し、下記に示す危険場
所での使用を許可されたものです。これらの発信器には銘板に検定合格標章を貼り付け、
防爆上必要な項目が記載してあります。その内容を確認の上、正しく設置してください。
(2)耐圧防爆形設置基準
耐圧防爆形は、次の電気機器のグループと爆発性ガスの分類、温度等級と危険場所の区
分の合致する場所に設置してください。
• 対象ガスの爆発等級および発火度 :
IIC T4
IIC :電気機器のグループと爆発性ガスの分類
(水素を含む)
T4 :最高表面温度 135℃です。
• 危険場所の区分 :
「第一類危険箇所」または「第二類危険箇所」です。
「特別危険箇所」への設置はできません。
2-1
• 温度 :
下記の温度条件を満たすような場所に設置してください。
周囲温度
JT □ 9 □□ S メータありの場合:-20℃~ +55℃
JT □ 9 □□ S メータなしの場合:-20℃~ +60℃
JT □ 9 □□ W メータありの場合:-20℃~ +55℃
JT □ 9 □□ W メータなしの場合:-20℃~ +60℃
受圧部(センタボディ部)接液温度:110℃
注意
この温度を超えると防爆性能は保証できなくなります。その可能性がある場合
は、断熱処理や、通風の良いところを選ぶなどして、本器の温度が範囲内とな
るような処置を施してください。
本器の信号配線口には、必ず付属(指定)の耐圧パッキン式ケーブルグランド
を装着してください。
また、配線の向きを変える必要があるときは、付属のエルボジョイントを使用
してください。防爆認証に基づく防爆性能を保証するためには、指定の耐圧
パッキン式ケーブルグラント、エルボジョイント以外はご使用にならないでく
ださい。
配線は下記の最高許容温度のケーブルをご使用ください。
JT □ 9 □□ S メータありの場合:65℃
JT □ 9 □□ S メータなしの場合:70℃
JT □ 9 □□ W メータありの場合:60℃
JT □ 9 □□ W メータなしの場合:65℃
(3)参考資料
産業安全研究所指針「工場電気設備防爆指針(国際規格に整合した技術指針 2008)」
2-2
2-2 据付け
2-2-1 据付け寸法
本器の外形寸法図(スペックシートまたは、納入仕様書の外形寸法図)を参照してくだ
さい。
2-2-2 据付け場所
2-1-1 一般的な設置条件を参照してください。
2-2-3 発信器本体の据付け
(1)据付けに必要な部材
本器の設置には以下の部材をご用意ください。
• 取付けブラケット(U ボルト、ナット、取付けボルト付属) ---- オプション
ブラケットは 2 タイプの中から選択できます。
・ ブラケット(図 2-1 左図)
・ 丸ブラケット(図 2-1 右図)
※ 丸ブラケットは、従来に比べてコンパクトに設置できます。
• 2B パイプ
(2)据付け方法
(i)パイプスタンション据付け
取付けブラケット(2 種類選択可)を用いて垂直または水平の 50A(2B)パイプに U ボ
ルトで固定します。受圧部本体の裏面に 4 個のボルト穴がありますので、ここにブラケッ
トを取付けてください。パイプは基礎にしっかり固定し、ぐらつかないようにしてくだ
さい。
(ii)ラインマウント据付け
パイプが 50A(2B)の場合には、パイプスタンションの場合と同様に取付けてください。
50A(2B)でない場合には、ラインパイプに 50A(2B)パイプを取付けてください。
図 2-1 発信器本体の据付け
※ フランジ形(JTC 形)は、直接タンクに据付ける構造となります。
2-3
(iii)圧力 / 差圧リモートシール形発信器据付け時の注意
• 封入液が高温高真空用の場合、測定温度および周囲温度が低温になるにつれて封入液
の粘度が上がるため、発信器の応答速度が遅くなります。キャピラリチューブとセン
タボディの周囲温度が常に 10℃以上になるように計装してください。
• 密閉タンクレベル測定の場合、発信器の取付け位置はタンクノズル位置より下側に
10cm 以上の寸法を取ってください。10cm 以上下側に設置できない場合は、次に記載
する事項にしたがって設置位置の検討を行ってください。
図 2-2 密閉タンクレベル測定の据付け位置
(図 2-2 は差圧リモートの場合)
2-4
(iv)密閉タンクへの設置位置の検討方法
密閉タンクの下部フランジよりも上方に発信器本体を設置する場合は、以下の条件を満
たす必要があります。検討に際しては、タンクが空の状態で考えます。
図 2-3 密閉タンクへの設置位置検討
P0 : タンク内圧(絶対圧:kPa abs)
ρ’ : キャピラリ部の封入液の比重
h : タンク下部フランジから発信器までの高さ
図 2-3 のように発信器を設置した場合、発信器本体の下部フランジのダイアフラム面が
受ける圧力は、タンク内圧のほか、キャピラリ部の封入液の水頭圧により引かれる圧力
があります。このダイアラム面が受ける圧力が、発信器本体の許容圧力の下限値 P(kPa
abs)以上であればよいのですが、タンク内圧が真空となっているアプリケーションにお
いては特に注意が必要です。
設置条件を以下に示します。
P0 +(
h≤
-ρ' h
)≥ P
102
(P0-P)×102
ρ'
1kPa = 102mmH2O
2-5
表 2-1 許容圧力下限値の例
封入液比重
ρ’
許容圧力下限値
P(kPa abs)
接液温度範囲
℃
一般用
0.935
2
-40 ~ +40
高温用
1.07
2
-5 ~ +90
高温真空用
1.07
0.133
-5 ~ +100
高温高真空用
1.09
0.133
10 ~ +250
酸素用、塩素用
1.87
53
-5 ~ +40
許容圧力下限値に対する注意
• 表 2-1 の接液温度範囲を超える場合は許容圧力下限値も変わりますので、仕様書を参
照して算出してください。
• 正常動作の周囲温度範囲よりも許容圧力下限値を算出した接液温度範囲の方が狭い場
合、設置場所の周囲温度範囲は、その接液温度範囲内に収めるようにしてください。
(v)算出例:一般用封入液のリモートシール形発信器 JTE を真空アプリケー
ションに使用する場合
接液温度
許容圧力下限値(P)
封入液比重(ρ’)
タンク内圧(P0)
:25℃
:2kPa abs.(15mmHg abs.)
:0.935
:3kPa abs (下限値)
発信器の仕様を満足するためには、
(P0-P)×102
に代入し、
ρ'
(3-2)×102
h≤
=109mm となります。
0.935
h≤
したがって、発信器をタンク下部フランジより、109mm 上方まで設置できます。
負圧に関する注意: 上記条件から外れた場合、ダイアフラム面が使用範囲を超えて負
圧に引っ張られ、封入液が飽和蒸気圧に達して気泡化します。さらに負圧が大きくなる
とダイアフラムがバックリングを起こし、破損する可能性があります。弊社では、設置
位置算出のための諸数値がお客様でも必ずしも明確にできないことを考慮し、下側フラ
ンジより 100mm 以上下方に発信器本体を設置することを推奨しております。
2-6
2-2-4 フランジ形 / リモートシール形の接液部のプロセスへの据付け
警告
設置の際、プロセスとの接続部(フランジとの接続)は、ガスケットがはみ出
さないようにしてください。測定流体が漏れ出し、火傷など身体に有害な影響
を及ぼす危険があります。測定流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、
吸い込みなどが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対
策をしてください。
注意
運搬の際、フランジ部と保護パイプ部を掴むようにしてください。キャピラリ
チューブ部を掴み、フランジ部をぶら下げたりすると、掴んだ手の中でキャピ
ラリチューブが滑り、フランジ部を落下させ、けがをする危険があります。
接液部にはダイアフラム面保護のためのカバーを取付けてあります。プロセス
への据付け時には取外してください。ガスケットではありません。
保護カバー
保護パイプ
フランジ
例:リモートシールの場合
(1)フランジ形(JTC)発信器の据付け時の注意
図 2-4 を参照し、フランジをプロセスに取付けます。
図 2-4 フランジ形発信器のタンクへの据付け
• 据付けに必要な部品(ボルト、ナット、ガスケット)は、プロセス側フランジに合わ
せて用意してください。選定は、口径・圧力定格・使用温度などを考慮してください。
• 漏れ防止のためにボルトは均等に固く締めてください。
2-7
(2)リモートシール形(JTE/JTH/JTS)発信器 受圧部取付け時の注意
• JTE 形の場合、周囲の温度差による影響を小さくするため、高圧側と低圧側のキャピ
ラリチューブを一緒に束ね合わせます。また、キャピラリチューブが風や振動で動か
ないように固定してください。余ったキャピラリチューブは巻いて固定するようにし
てください。その際、小径に巻こうと無理に曲げないようにしてください。
• JTH/JTS 形の場合、フランジおよびキャピラリチューブは周囲温度変化が少なく、振
動のない場所にしっかり固定してください。
• フランジは取付けボルトおよびガスケットを用いてプロセス側フランジに取付けます。
漏れ防止のためにボルトは均等に固く締めてください。
• フランジガスケットはプロセスフランジ側に合わせて用意してください。セミメタル
形あるいはゴム製のガスケットを使用する場合は、ガスケットが発信器のダイアフラ
ムに接触することのない形状のものを選定してください。
• FEP 保護膜は 2-2-5 項にしたがって取付けてください。
※3B フラッシュマウントタイプのガスケット選定時の注意
図 2-5 に示すようにダイアフラム径が Φ95mm となっているため、市販の 3B 用ガ
スケットを使用すると、ダイアフラムに当たり、誤差の原因となる場合があります。
流体、使用圧力、使用温度などにより適切な材料を選定すると共に、内径にも注意
してください。
• 使用するガスケットの内径に注意してください。市販の 3B 用ガスケット内径
(80 ~ 90mm)は内径がダイアフラム径より小さくなっています。
図 2-5 3B フラッシュマウントタイプのダイアフラム径
外形寸法:134mm
内径寸法: 98mm +2
-0
厚さ:2mm
図 2-6 ガスケットの選定例(寸法)
• ガスケットが潰れるときに、ダイアフラムに当たらないガスケットを選定して
ください。ガスケット材質が柔らかい場合、締付けによる変形があります。ま
た、ガスケットが垂れたり、たわんだりして、ずれが発生する場合があります
ので、ガスケットの中心とダイアフラムの中心が合うよう取付けてください。
2-8
(3)キャピラリチューブの取扱い時の注意
• キャピラリチューブはねじらないように取り扱ってください。
• キャピラリチューブをほどくときは、フランジ部を持ってチューブの大きな輪を戻す
ように回してください。
• キャピラリチューブ取出し方向は、水平より下側に取付けるようにしてください。
• フランジの付け根付近がねじれるような回し方をしないでください。
• キャピラリチューブは振動防止のため、途中を固定するようにしてください。
2-9
(4)JTE 形発信器による密閉タンク液面測定時のフランジ取付け時の注意
• 発信器の高圧側(HP)フランジをタンク上部に取付ける場合と、タンク下部に取付け
る場合では設定レンジが異なります。(3-10-2 項を参照)
• 発信器の高圧側(HP)フランジをタンク下部に取付ける場合、封入液補正機能を高さ
の値にマイナス(-)符号を付けて設定します。(3-10-2 項を参照)
• JTE930S 形は、発信器の高圧側(HP)を必ずタンク上部に取付けてください。
タンク
上部
タンク
発信器本体
キャピラリー
チューブ
タンク
下部
取付け
ブラケット
パイプ
スタンション
図 2-7 密閉タンクへの据付け(JTE 形)
タンク
発信器本体
キャピラリー
チューブ
タンク
取付け
ブラケット
パイプ
スタンション
図 2-8 開放タンクへの据付け(JTH/JTS 形)
2-10
2-2-5 FEP 保護膜の取付け時の注意(JTE/JTH/JTC 形)
※FEP 保護膜はオプションとなります。選択した場合には、製品に”テフロン保護膜取
付け説明書”が付属されますので、合わせて参照してください。
• FEP 保護膜が破損する場合がありますので、締め付け過ぎには注意してくだ
さい。
• 受圧部をプロセス側フランジに取付けたときにゼロ点が大きくずれる場合はグ
リースが多すぎるか、ガスケットのずれが考えられますので、取付け状態を確
認してください。
(1)3B フランジ
受圧部をプロセス側のフランジに取付ける直前に、以下の要領で取付けてください。
①発信器の受圧部のダイアフラム面が上向きになるように保持してください。
②ダイアフラム面にダイフロングリースを約 15g(チューブの約 1/3)塗布し、全面に
指で薄くのばしてください。このとき、ダイアフラム上のグリースの平均厚さは約
2mm となります。
図 2-9 グリースの塗布
また、取付け時に下記にご注意ください。
• グリースを塗布するとき、無理な力を与え、ダイアフラムを変形させないよう
にしてください。
• グリース内に空気(泡)が残らないようにしてください。
③ダイアフラムのガスケット座面に FEP 保護膜をはめこんでください。
図 2-10 FEP 保護膜の取付け
2-11
④ダイアフラムの中心から外側に向かってグリースが外周からはみ出るように押し出し
てください。このときダイアフラムと FEP 保護膜の間に空気が残らないようにゆっ
くり押してください。押し出したとき、ガスケット当たり面のグリース量がほとんど
なくなるまで搾り出してください。5 ~ 7g 搾り出すとダイアフラム面には平均で約
0.5mm の厚さのグリースが残ります。このとき、無理な力を与え、変形させないよう
に十分注意してください。
図 2-11 余分なグリースの除去
⑤受圧部のフランジにガスケットを当て、プロセスフランジに取付けてください。ボル
ト、ナットの締付けトルクは表 2-2 を参照してください。
⑥ゼロ点変動で操業に支障の発生する場合はコミュニケータなどでフランジ締付け前後
のデータをとり、±0.1kPa 程度の変動となっていることを確認してください。変動
幅が大きい場合、受圧部をプロセスから取外し、FEP 保護膜の取付け状態を確認し、
異常がないか確認してください。
2-12
(2)1-1/2B,2B フランジ
受圧部をプロセス側のフランジに取付ける直前に以下の要領で取付けてください。
①発信器の受圧部のダイアフラム面が上向きになるように保持してください。
②ダイアフラム面およびフランジのガスケット当たり面にダイフロングリースを約 10g
(チューブの約 1/4)塗布し、ガスケット面で約 0.5mm の厚さとなるよう、指で平ら
にのばしてください。(図 2-12)
また、取付け時に下記にご注意ください。
• グリースと塗布するとき、無理な力を与え、ダイアフラムを変形させないよう
にしてください。
• グリース内に空気(泡)が残らないようにしてください。
③ダイアフラム面に FEP 保護膜をはめこんでください。このとき、片側を持ち上げ、
反対方向から空気が残らないように静かにはめこんでください。(図 2-13)
また、取付け時に下記にご注意ください。
• FEP 保護膜を金属ダイアフラムに密着するようにしてください。
• FEP 保護膜の波部は、凸にならないようにしてください。
④取付け後、ダイアフラムと FEP 保護膜の間に空気が残っていないことを確認してく
ださい。もし、空気が残っていると測定に影響が出ることがあります。この場合は、
ダイアフラム中心部から外側に向かって、指で空気を押出すようにして除去してくだ
さい。(図 2-14)
⑤受圧部のフランジにガスケットを当て、プロセスフランジに取付けてください。ボル
ト、ナットの締め付けトルクの参考値を表 2-2 に示します。
ボルト締めの際、各ボルトは均一な締付けトルクとなるように締め付けてください。
図 2-12 グリースの塗布 図 2-13 FEP 保護膜の取付け 図 2-14 余分なグリースの除去
2-13
表 2-2 締め付けトルク(参考値)
フランジ定格
締付けトルク(N・m)
JIS10k 80A
45
JIS10k 50A
30
JIS10k 40A
20
ANSI/JPI 3B
45
ANSI/JPI 150# 2B
28
ANSI/JPI 150# 1-1/2B
20
2-14
2-2-6 ピッタンクの据付け(JTE 形)
ピッタンクとは、リモートシール形発信器用の取付けキット(アダプタ、チューブクラ
ンプ)です。これにより、快適なタンクレベル計装を実現するものです。ピッタンクを使っ
て計装すると、発信器本体を設置するスタンションを必要としません。また、リモートシー
ル形発信器に標準で組み込まれているアズビル独自の封入液の温度補正機能やキャピラ
リチューブが整然と配線できるようになり、良好な温度特性が得やすくなります。
図 2-15 ピッタンクの設置例
図 2-16 ピッタンク用取付けキット
(1)組合せ可能な形式
JTE929S 一般用封入液
高温用 / 高温真空用 / 高温高真空用との組合せはできません。
2-15
(2)設置要領
(i)設置寸法
図 2-17 にプロセス側フランジに取付けたときのアダプタ組付け図を、図 2-18 にアダプ
タ外形図および取付けキットのアダプタ長を示します。
保護パイプ
リモートシール形
差圧発信機
アダプタ
プロセス側
アダプタ固定用ボルト
プロセス側
フランジ
発信器側フランジ
図 2-17 アダプタ組付け図
(単位:mm)
64
図 2-18 アダプタ外形図
(ii)設置場所
2-1-1 項の一般的な設置条件についての注意事項を参照してください。
(iii)設置方法
①発信器本体にアダプタが取付けられていることを確認する。
発信器本体にアダプタが 4 本のボルトでしっかりと固定されているか確認してくださ
い。
リモートシール型
差圧発信器
アダプタ固定用
ボルト
アダプタ
図 2-19 アダプタ取付け
2-16
②本体を取付ける発信器側フランジのプロセス側フランジへの取付け
まず、発信器を固定したい側のフランジをプロセス側フランジに取付ける。フランジ
の取付けは、2-2-4 項を参照してください。HP 側、LP 側いずれのフランジにも発信
器本体を取付け可能です。
図 2-20 プロセス側フランジ取付け 1
③アダプタを取付けた発信器本体の取付け
(1)でアダプタを取付けた発信器を(2)で取付けた発信器側フランジに 4 本の固定
用ボルトでしっかりと固定してください。
保護パイプ
リモートシール形
差圧発信器
アダプタ
プロセス側
アダプタ固定用ボルト
発信器側フランジ
プロセス側
フランジ
図 2-21 発信器側フランジへの取付け
2-17
④残りの発信器側フランジのプロセス側フランジへの取付け
まだプロセス側に取付けていない方の発信器側フランジをプロセス側フランジに取付
けてください。フランジの取付けは 2-2-4 項を参照してください。
図 2-22 プロセス側フランジ取付け 2
⑤チューブクランプの取付け
付属のチューブクランプを用いて、図 2-21 のようにキャピラリチューブを束ねます。
キャピラリチューブの最小曲げ径(直径)は 5cm 程度としてください。キャピラリ
チューブの取扱いについては、2-2-4 項を参照してください。
発信器側
フランジ
タンク
キャピラリチューブ
チューブクランプ
保護パイプ
アダプタ
発信器側
フランジ
図 2-23 チューブクランプの取付け
2-18
注意
図 2-23 のように折り返すキャピラリチューブをプロセス下部側フランジより
上にする場合、タンク内圧が大気圧以上であることが条件です。したがって、
大気圧以下となる場合は折り返すキャピラリチューブをプロセス下部側フラン
ジより下げるようにしてください。
キャピラリ取出し方向を水平より上向きにする場合は、必ずオレフィン被覆付
きキャピラリチューブを選定してください。オレフィン被覆なしの場合、キャ
ピラリ取出し部の保護パイプ内に雨水が溜まり、腐食するおそれがあります。
(3)プロセス条件別設置例
図 2-24 設置例(1)
2-19
図 2-24 設置例(2)
※密閉タンクに取付けの場合、2-2-3(2)(iv)項 密閉タンクへの設置位置の検討方法
を参照してください。
2-20
2-2-7 1/2B リモートの据付け(JTE/JTH 形)
(1)設置要領
(i)設置寸法
図 2-25 に組付け寸法図を示します。
(単位:mm)
図 2-25 1/2B リモートアダプタ組付け図および寸法
(ii)設置方法
①1/2B リモート用アダプタの取付け状態の確認
キャピラリチューブの先端の受圧部とアダプタが 4 組のボルト・ナットでしっかりと
組付いていることを確認してください。組付いていない場合、また緩んでいる場合は
しっかりと組付けてください。締付けの際、かじり止めのグリスの状態を確認し、か
じらないようグリスアップしてください。また、異物が付着しているとかじりの原因
となりますので、取り除いてください。
表 2-3 締め付けトルク
ボルト・ナット締付けトルク(N・m)
ボルト・ナット材質
アダプタフランジ材質
SCS14A/SUSF316
アダプタフランジ材質
PVC
SUS304
10±1
7±0.5
SUS630
20±1
-
炭素鋼
20±1
7±0.5
2-21
② プロセス側フランジへの取付け
図 2-26 にタンクへの取付け例を示します。フランジの取付けは 2-2-4 項を参照して
ください。キャピラリチューブの最小曲げ径(直径)は 5cm 程度としてください。キャ
ピラリチューブの取扱については、2-2-4 項を参照してください。また、測定流体の
性状によっては、アダプタ内に固結して測定に支障をきたす場合があります。このよ
うな場合、アダプタ周りを十分に保温し、流体が固結しないようにしてください。
タンク
発信器本体
キャピラリー
チューブ
パイプ
スタンション
図 2-26 タンクへの計装例
2-22
2-3 配管
2-3-1 流量測定の配管(JTD 形)
警告
配管の際、導圧管部品と発信器や 3 方マニホールド弁との接続部は、確実にシー
ルが確保できるように作業を行ってください。シールが不十分である場合、測
定流体が漏れ出し、火傷など身体に有害な影響を及ぼす危険があります。測定
流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込みなどが行われないよう
に、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をしてください。
(1)配管について
(i)はじめに
配管方法は、本器の設置場所、パイプラインへの設置方法によって異なります。ここで
は一般的な配管方法として、3 方マニホールド弁(必要に応じてエクステンション・パイプ)
を接続した方法について説明します。
JTD 形には、高圧側と低圧側の配管接続口がありますので、設置工事の際は間違えない
ように注意してください。
3 方マニホールド弁とエクステンション・パイプは別売りです。
図 2-27 3 方マニホールド弁
図 2-28 エクステンション・パイプ
2-23
(ii)本器の高圧側の表示
本器のセンタボディの高圧側には高圧を示す H が表示してありますので、配管の際に必
ず確認して間違えないようにしてください。無印の側は低圧となります。
図 2-29 センタボディ上の高圧側の表示
(iii)使用配管の選択
プロセスからの導圧配管はプロセス側の選定基準(プロセス圧力などの条件)にしたがっ
て配管のスケジュール番号や呼び厚さを選定してください。よく使用される導圧配管の
例としては口径 1/2B、スケジュール番号 80 の鋼管があります。
(iv)必要な部品例
配管の際、配管例の図を参考にして、次のような部品を用意してください。各部品の定格、
材質などは、プロセス側の選定基準に従って選定してください。
• 3 方マニホールド弁
• 配管
• 元弁
• ユニオンまたはフランジ
• ティー
• ドレン弁
• ガス抜きプラグ
• コンデンサ(蒸気流量測定用導圧配管の場合のみ)
(v)アダプタフランジについて
配管において、アダプタフランジを使用する際の締付けトルクは下記の表に従ってくだ
さい。工場出荷時、アダプタフランジを締付けるボルトは緩めた状態になっていますので、
ご注意ください。
表 2-4 アダプタフランジの締付けトルク
材 質 / ボルトサイズ
締め付けトルク(N・m)
炭素鋼
20±2
SUS304/316
10±1
2-24
(2)液体または気体流量測定の配管
(i)推奨配管例 -1
本器がプロセス配管の差圧取出し口より下にある場合の代表的な配管例を次に図示しま
す。
次の点をお守りください。
• 測定流体に応じて、ドレンやベントが抜けるように、差圧取出し部の配管は勾配を付
ける。
図中の勾配記号 ⊿の意味: 低位 ⊿ 高位
• 導圧管内のガスが抜ける位置に、ガス抜きプラグを取付ける。
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
差圧取り出し口
元弁
勾配 ガス抜きプラグ
オリフィス
勾配
勾配
高圧側
低圧側
プロセス配管(垂直)
差圧取り出し口
オリフィス
元弁
勾配
勾配 低圧側
ガス抜きプラグ
勾配
高圧側
2 方マニホールド弁
ティー
ドレン弁
ドレン弁
ドレンプラグ
図 2-30 液体または気体流量測定の配管例
(本器がプロセス配管の差圧取出し口より下にある場合)
2-25
(ii)推奨配管例 -2
本器がプロセス配管の差圧取出し口より上にある場合の代表的な配管例を次に図示しま
す。
次の点をお守りください。
• 測定流体に応じて、ドレンやベントが抜けるように、差圧取出し部の配管は 1/10 以
上の勾配を付ける。
図中の勾配記号 ⊿の意味: 低位 ⊿ 高位
• 導圧管内のガスが抜ける位置に、ガス抜きプラグを取付ける。
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
差圧取り出し口
オリフィス
元弁
勾配
低圧側
ガス抜きプラグ
高圧側
勾配
プロセス配管(垂直)
ガス抜きプラグ
3 方マニホールド弁
オリフィス
差圧取り出し口
元弁
低圧側
ガス抜きプラグ
勾配
高圧側
ティー
図 2-31 液体または気体流量測定の配管例
(本器がプロセス配管の差圧取出し口より上にある場合)
2-26
(3)蒸気流量測定の配管
(i)推奨配管例
代表的な配管例を次に図示します。蒸気流量測定の配管では、本器を差圧取出し口より
下に設置します。
次の点をお守りください。
• 測定流体に応じて、ドレンが抜けるように、差圧取出し部の配管は 1/10 以上の勾配
を付ける。
図中の勾配記号 ⊿の意味: 低位 ⊿ 高位
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
• プロセスが垂直配管のとき、コンデンサを図のように段違いの位置に設置すると、こ
れまで生じやすかった差圧計のゼロドリフトを予防できます。なお、この場合は 3 方
マニホールド弁によるゼロ調整はできません。
差圧取り出し口
オリフィス
元弁
勾配
コンデンサ
勾配
低圧側
高圧側
勾配
プロセス配管(垂直)
オリフィス
差圧取り出し口
元弁
コンデンサ
勾配
勾配
高圧側
低圧側
3 方マニホールド弁
ティー
ドレン弁
ドレン弁
ドレンプラグ
図 2-32 蒸気流量測定の配管例
2-27
2-3-2 圧力測定の配管(JTD/JTG/JTA 形)
警告
配管の際、導圧管部品と発信器との接続部は、確実にシールが確保できるよう
に作業を行ってください。シールが不十分である場合、測定流体が漏れ出し、
火傷など身体に有害な影響を及ぼす危険があります。測定流体が人体に有害な
場合、皮膚や目への付着、吸い込みなどが行われないように、ゴーグルやマス
クを着用するなどの安全対策をしてください。
(1)配管について
(i)はじめに
JTD 形の場合、本器の高圧側をプロセス配管に接続し、低圧側を大気開放にします。そ
の際、雨水の侵入を避けるため、大気開放口は鉛直下向きを選んでください。JTG 形 /
JTA 形の場合、低圧側はプロセス配管に接続しません。
(ii)本器の高圧側表示
本器のセンタボディの高圧側には高圧を示す H が表示してありますので、配管の際に必
ず確認して間違えないようにしてください。無印の側は低圧となります。
図 2-33 センタボディ上の高圧側の表示
(iii)使用配管の選択
プロセスからの導圧配管はプロセス側の選定基準(プロセス圧力などの条件)にしたがっ
て配管のスケジュール番号や呼び厚さを選定してください。よく使用される導圧配管の
例としては口径 1/2B、スケジュール番号 80 の鋼管があります。
(iv)必要な部品例
配管の際、配管例の図を参考にして、次のような部品を用意してください。各部品の定格、
材質などは、プロセス側の選定基準に従って選定してください。
• 配管
• 元弁、必要に応じて手元弁
• ユニオンまたはフランジ
• ティー
• ドレン弁
• ガス抜きプラグ
2-28
(2)圧力測定の配管
(i)推奨配管例
圧力測定の代表的な配管例を次に図示します。
次の点をお守りください。
• 測定流体に応じて、ドレンやベントが抜けるように、差圧取出し部の配管は勾配を付
ける。
図中の勾配記号 ⊿の意味: 低位 ⊿ 高位
• 導圧管内のガスが抜ける位置に、ガス抜きプラグを取付ける。
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
ガス抜きプラグ
ティー
プロセス配管
元弁
ガス抜きプラグ
手元弁
JTD 形発信器
ドレン弁
大気開放
ガス抜きプラグ
ティー
プロセス配管
元弁
ガス抜きプラグ
手元弁
JTG/JTA 形発信器
ドレン弁
図 2-34 気体圧力測定の配管例
2-29
(ii)配管方法
配管方法は測定流体やメータの据付け位置、パイプラインなどの状態により異なります。
代表的な配管例を次に図示します。次のように配管してください。
元弁
元弁
プロセス
手元弁
プロセス
手元弁
ドレイン弁
A. 液体
ドレイン弁
C. 湿りガス
手元弁
ドレイン弁
手元弁
サイフォン
ドレイン弁
元弁
元弁
プロセス
プロセス
B. 乾燥ガス
D. 蒸気
図 2-35 圧力測定配管例
(iii)補助装置
①オイルシールおよびエアパージ
測定流体が、懸濁液、高粘度、高温度や腐食性などで直接本器に導けない場合、シー
ルまたはパージを行います。シールやパージの方法については弊社担当まで問合せて
ください。
②脈動防止のための絞り弁
プロセス流体に高速な脈動や、大きな圧力変動がある場合は、導圧管の途中に絞りな
どを設けることで変動を抑えることができます。
2-30
2-3-3 液位測定の配管(JTD/JTG 形)
警告
配管の際、導圧管部品と発信器や 3 方マニホールド弁との接続部は、確実にシー
ルが確保できるように作業を行ってください。シールが不十分である場合、測
定流体が漏れ出し、火傷など身体に有害な影響を及ぼす危険があります。測定
流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込みなどが行われないよう
に、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をしてください。
(1)配管について
(i)はじめに
JTD 形発信器でタンク内の液位を測定する場合、開放タンクか、密閉タンクかにより配
管の方法が異なります。また、密閉タンクの場合、ガス・シール方式(ドライレグ)に
するか、液シール方式(ウェットレグ)にするかによっても配管の方法が異なります。
JTG 形発信器でタンクの液位を測定する場合、一般的には開放タンクへの適用となりま
す。
(ii)本器の高圧側表示
本器のセンタボディの高圧側には高圧を示す H が表示してありますので、配管の際に必
ず確認して間違えないようにしてください。無印の側は低圧となります。
図 2-36 センタボディ上の高圧側の表示
(iii)注意
製品出荷時に銘板に記載されているレンジにおいて、サプレッション量がスパンの 1/2
より大きい場合、H と L の位置が入れ替わります。このとき、H が左側となり、H の表
示は後ろ側となります。この場合、プロセス配管はHの刻印がない側に高圧を接続して
ください。
例: レンジ –50 ~ +20kPa のとき
サプレッション量 50kPa
スパン 70kPa
70
50 >
=35 となり、
2
サプレッション量の方が大きいので、高圧側は左側となります。
2-31
(iv)使用配管の選択
プロセスからの導圧配管はプロセス側の選定基準(プロセス圧力などの条件)にしたがっ
て配管のスケジュール番号や呼び厚さを選定してください。よく使用される導圧配管の
例としては口径 1/2B、スケジュール番号 80 の鋼管があります。
(v)必要な部品例
配管の際、配管例の図を参考にして、次のような部品を用意してください。各部品の定格、
材質などは、プロセス側の選定基準に従って選定してください。
• 3 方マニホールド弁
• 配管
• 元弁
• ユニオンまたはフランジ
• ティー
• ドレン弁
• ガス抜きプラグ
• シールポット(密閉タンク、ウェットレグの場合のみ)
2-32
(2)開放タンクの配管
(i)推奨配管例
開放タンクの液位測定の代表的な配管例を次に図示します。
次の点をお守りください。
• 本器の高圧側をタンク下部につなぎ、低圧側を大気開放にする。
• 本器の設置位置は、最小測定液位より下方とする。
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
開放タンク
液面
元弁
大気開放
3 方マニホールド弁
低圧側
高圧側
JTD 形発信器
ティー
ドレン弁
ドレンプラグ
開放タンク
液面
元弁
ティー
JTG/JTA 形
発信器
ドレン弁
ドレンプラグ
図 2-37 液位測定(開放タンク)の配管例
2-33
(3)密閉タンクの配管
(i)ドライレグの推奨配管例
密閉タンクのドライレグによる液位測定の代表的な配管例を次に図示します。
次の点をお守りください。
• 本器の高圧側をタンク下部につなぎ、低圧側をタンクのガス・シール用配管につなぐ。
• 本器の設置位置は、最小測定液位より下方とする。
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
図 2-38 液位測定(密閉タンク・ドライレグ)の配管例
2-34
(ii)ウェットレグの推奨配管例
密閉タンクのウェットレグによる液位測定の代表的な配管例を次に図示します。
次の点をお守りください。
• 本器の高圧側をタンクの液シール用配管につなぎ、低圧側をタンク下部につなぐ。
• 本器の設置位置は、最小測定液位より下方とする。
• 配管後、導圧管、3 方マニホールド弁、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認
する。
• 導圧管メンテナンスのために、ティーを使ってドレン弁を設置する。
図 2-39 液位測定(密閉タンク・ウェットレグ)の配管例
2-35
2-3-4 液位測定の配管(JTC 形)
警告
配管の際、導圧管部品と発信器との接続部は、確実にシールが確保できるよう
に作業を行なってください。シールが不十分である場合、測定流体が漏れ出し、
火傷など身体に有害な影響を及ぼす危険があります。測定流体が人体に有害な
場合、皮膚や目への付着、吸い込みなどが行われないように、ゴーグルやマス
クを着用するなどの安全対策をしてください。
(1)配管について
(i)はじめに
JTC 形発信器でタンク内の液位を測定する場合、開放タンクか、密閉タンクかにより配
管の方法が異なります。また、密閉タンクの場合、ガス・シール方式(ドライレグ)と
なります。本器のプロセスへの据付けについては、2-2-4 項を参照してください。ここで
は、配管方法について説明します。
(ii)使用配管の選択
プロセスからの導圧配管はプロセス側の選定基準(プロセス圧力などの条件)にしたがっ
て配管のスケジュール番号や呼び厚さを選定してください。よく使用される導圧配管の
例としては口径 1/2B、スケジュール番号 80 の鋼管があります。
(iii)必要な部品例
配管の際、配管例の図を参考にして、次のような部品を用意してください。各部品の定格、
材質などは、プロセス側の選定基準に従って選定してください。
• 配管
• 元弁
• ユニオンまたはフランジ
• ティー
• ドレン弁
• ガス抜きプラグ
2-36
(2)開放タンクの配管
(i)推奨配管例
開放タンクの液位測定の代表的な配管例を次に図示します。
高圧側をタンク下部のノズルに直接据付けのため、通常導圧配管を必要としません。
図 2-40 液位測定(開放タンク)の配管例
(3)密閉タンクの配管
(ii)推奨配管例
密閉タンク(ドライレグ)の液位測定の代表的な配管例を次に図示します。
次の点をお守りください。
• 本器の高圧側をタンク下部につなぎ、低圧側をタンクのガス・シール用配管につなぐ。
• 配管後、導圧管、発信器などに圧力漏れが起きないことを確認する。
図 2-41 液位測定(密閉タンク・ドライレグ)の配管例
2-37
2-4 電気配線
2-4-1 一般形の配線
(1)はじめに
ここでは防爆基準の適用を受けない配線について説明します。防爆形の場合は、ここで
の説明に加えて 2-4-2 項の耐圧防爆形の配線を参照して工事を行ってください。
(2)配線
配線は次の図を参照して行ってください。
図 2-42 配線
(3)注意
SFN や HART を使った通信には、外部負荷抵抗が 250Ω 以上必要です。受信計器側の
負荷抵抗の合計が 250Ω 以下の場合は、必要な抵抗をループの挿入してください。また、
外部メータ配線時、ジャンパ板を取外してください。
2-38
(4)配線用配管 / ケーブルグランド
発信器ケースへのケーブル引き込みは、次のように行ってください。
• 本器横の電気配線用のコンジットにコンジット用パイプまたは、ケーブルグランドを
取付けます。配線の引き込みは、これらを通して行ってください。
• 雨水などの本器内部への侵入を防止するため、コンジット接続部にはシール材などで
防水処理を施してください。また、ケーブルグランドの場合には、防水性・防塵性の
保証されたものを選定してください。
• 必要に応じて電気配線の引き込み方向を変更するのにエルボ配管を使用してください。
2-39
(5)接地
接地は本器内部の端子台と外部の 2 ヵ所にありますので、いずれかを接地してください。
• 接地端子は D 種接地(接地抵抗 100Ω 以下)としてください。
• 防爆形の場合は、必ず接地工事が必要です。
• 発信器近傍で溶接工事がある場合の注意
溶接機および溶接電源変圧器の接地は直接行い、発信器設置用のスタンションパイプ
への接地は行わないでください。本器が溶接電流の影響を受ける場合があります。
• 外部接地配線は、ケースに直接接触させず、2 枚の平座金の間に端子を入れてください。
(6)供給電源と外部負荷抵抗
本器に使用する電源電圧と外部負荷抵抗の関係は、次の図に示す範囲内となるように決
める必要があります。外部の負荷抵抗とは、ループを構成するケーブル抵抗、途中に接
続する計器の内部抵抗など、本器の出力端子に接続される抵抗の総和となります。
図 2-43 供給電源電圧と外部負荷抵抗の関係
2-40
2-4-2 耐圧防爆形の配線
(1)指針
TIIS 耐圧防爆形の配線については、2-4-1 一般形の配線の説明と以下の説明を参照して
工事を行ってください。詳細は、独)労働安全衛生総合研究所「ユーザーのための工場
防爆設備ガイド」、「工場電気設備防爆指針-国際規格に整合した技術指針 2008」を参照
してください。
(2)注意
配線作業において、特に下記の点にご注意ください。
• 本器の仕様として TIIS 耐圧防爆仕様を選定すると、耐圧パッキン式ケーブルグラン
ドが付属されます。これを発信器ケースの一部として検定試験に合格しています。し
たがって、付属のケーブルグランド以外のものと組合せて外部配線の引き込みを行っ
た場合には、防爆認証の保証がありませんので十分ご注意ください。
• 爆発雰囲気中で発信器のケース・カバーを開けることができません。
(3)錠締め
本器は錠締め構造となっています。まず M3 の六角レンチを使用して発信器ケース・カバー
の錠締めを外してから配線を行います。配線後には、ケース・カバーを最後まで十分に
締付け、錠締めしてください。防爆形は発信器ケースのケース・カバーに錠締めするこ
とが義務付けられています。本器に錠締め用の六角レンチを付属しています。
錠締
図 2-44 発信器ケースの錠締め
2-41
(4)外部配線の引き込み
本器へのケーブルの引き込みは、次の図に示す耐圧パッキン式ケーブルグランド(オプ
ション)あるいは、電線管用フィッチングを使用します。そのための接続スペースを確
保してください。また、機器の使用温度が 50℃を超える場合、配線に使用するケーブル
は最高許容温度 70℃以上のケーブルを使用してください。
図 2-45 耐圧パッキン式ケーブルグランド
2-42
2-5 本器のプロセス接続口の位置変更
2-5-1 プロセス接続口の上下位置を変更する(JTD/JTG/JTA/JTC 形)
JTD/JTG/JTA/JTC 形のセンタボディカバーのプロセス接続口は、形番選定された位置
(上部または下部)となっていますが、変更することができます。ここでは本器の下部に
ついているプロセス接続口を、上部へ変更する場合について説明します。
図 2-46 プロセス接続口の上下位置変更
◆ 手順 ◆
①高圧側、低圧側のアダプタフランジを固定しているボルト 4 本を外します。
②高圧側、低圧側のベント・ドレンプラグ 2 本を外します。
③2 個のアダプタフランジを本器の上部にボルトで固定します。このときプロセスコネ
クタ・ガスケットを忘れないように気をつけてください。
ボルトは下記の規定トルクで締付けてください。
規定トルク :
SNB7/SUS630 20±1N・m
SUS304
10±0.5N・m
④ベント・ドレンプラグ 2 本のネジ部にシールテープを巻き、潤滑剤を吹きつけます。
⑤ベント・ドレンプラグを本器の下部に締め込みます。
プラグは規定トルクで締付けてください。
規定トルク :
5±0.3N・m
下部から上部に移動する場合も同様の手順で行います。
2-43
3. 本器の運転と停止
注意
発信器プロセスが自動制御の状態で SFN 通信を行うと、出力が変動し危険な運
転状態になることがあります。この操作を実施する前にプロセスの制御ループ
を必ず手動制御に切り替えてください。
この章で説明するのは以下の次項となります。
• コミュニケータ(CommStaff, CommPad, HART コミュニケータなど)と本器
の接続方法
• 受入時に必要なタグナンバー、本器の出力形式などの設定確認
• 測定前の準備
• 測定の開始と終了
• 本器の保守、交換時の運転停止に必要な事項
コミュニケータの使用方法については、それぞれの操作説明書などを参照してください。
CommStaff 共通操作説明書
: CM1-CFS100-2001
CommStaff CFS100 形
スマート・トランスミッタ GTX 編 : CM1-CFS100-2003
CommPad 共通操作説明書
: CM1-CFN100-2001
CommPad 操作説明書
Advanced Transmitter GTX 編
: CM1-CFN100-2009
AT9000 Advanced Transmitter
HART コミュニケータ編
: CM1-GTX000-2002
本器との接続を行う前に、必ず操作説明書を精読してください。
3-1
3-1 運転準備
3-1-1 コミュニケータを接続する
次の図でコミュニケータを本器と接続する配線を示します。
CommStaff を用いた SFN/DE 通信、CommPad を用いた SFN/DE 通信の場合には、通
信ケーブルと本器のターミナルは必ず次のように接続してください。
赤線:Supply +(S+) ターミナル 黒線:Supply –(S-) ターミナル
※コミュニケータとの通信には、外部負荷抵抗が 250Ω 以上必要です。受信
計器側の負荷抵抗の合計が 250Ω 以下の場合は、必要な抵抗をループに挿入
してください。
図 3-1 コミュニケータの接続
3-2
3-1-2 設定の確認
運転に必要な設定が正しくされているか確認をしてください。
(1)タグナンバー設定
あらかじめ指定されたタグナンバーであることを確認してください。タグナンバーを変
更する場合には、本器の仕様が設置箇所に適合することを確認してください。
(2)出力形式設定
警告
指示計一体形端子台を取外すために、ケース ・ カバーを開ける際、4 章を参照し、
十分注意してケース ・ カバーを開けてください。防爆エリアでの使用中にはケー
ス・カバーを開放しないでください。爆発などの危険があります。
注意
出力形式の設定には十分注意してください。特に、バーンアウト方向の設定や
ハードウェアライトプロテクトの設定を誤ると、危険な運転状態になることが
あります。
ハードウェアライトプロテクトの設定の変更は十分注意してください。本器の
設定を誤って変更してしまう可能性が生じ、その結果、危険な運転状態になる
ことがあります。
• 出力形式:
「リニア / 開平」の選定ができます。
• カットオフ:
低流量時に出力をカットオフします。そのときのしきい値を設定します。
• ドロップアウト:
カットオフ出力時に出力をゼロにするかリニアにするか選択します。
• 流量モード:
正方向のみ開平するか、両方向開平するかを選択します。
• バーンアウト方向:
重故障時の出力の挙動を示します。図 3-2 のスイッチ S2 で切り替えます。
Hi (H 側)
: 出力は上限(21.6mA)に振り切れます。
Low(L 側)
: 出力は下限(3.6mA)に振り切れます。
付加仕様(特殊バーンアウト)を選択した場合、下限は 3.2mA
となります。
なし
: 出力は継続。
• バーンアウトの On/Off:
バーンアウトの On/Off を設定できます。図 3-2 のスイッチ S3 で切替えます。
On(E 側)
: バーンアウトを動作させます。
Off(D 側)
: バーンアウトは動作せず、本器は測定した結果を出力し続
けます。
• 出力リミット設定:
バーンアウト時を除き、出力電流の範囲を設定するリミット値に制限することができ
ます。
3-3
• 定電流出力:
定電流モードでは、出力を 4-20mA の間で一定に保持します。ループテストなどに使
用することができます。
• ライトプロテクト
機器の設定を保護する機能です。この機能を有効にすると、機器の設定変更ができな
くなります。ライトプロテクトにはハードウェアによるプロテクトとソフトウェアに
よるプロテクトがあります。
[ハードウェアライトプロテクト]
エレクトロニクス・モジュールに存在するスイッチ(S1)をスライドさせることで
ON、OFF(基板には OFF の記載なし)の切り替えができます。(図 3-3)
図 3-2 バーンアウト設定スイッチ
図 3-3 ハードウェアライトプロテクト設定スイッチ
3-4
[ソフトウェアライトプロテクト]
ソフトウェアライトプロテクトに関しては、コミュニケータの操作説明書を参照して
ください。
CommStaff
: 2-1 項 メニュー一覧
CommPad
: 4-30 項 ライトプロテクト
HART コミュニケータ : 2-3 項 Device メニューツリー
(3)指示計の設定
指示計の表示形式(リニア / 開平)および表示単位(%/ 実圧 / 実目盛)の設定確認がで
きます。実圧は実際の測定値を選択された圧力単位で表示します。
実目盛は流量、レベルなどの値を指定のスケール、単位で表示します。実目盛の単位が
設定された場合には EULO(0% 出力時の値)と EUHI(100% 出力時の値)の設定も行
います。実目盛の場合、単位を選択、もしくは任意に定義した単位も表示することがで
きます。
(4)ダンピング時定数設定
ダンピング設定できる値は、次の通りです。
SFN 通信時:
0, 0.16, 0.32, 0.48, 1, 2, 4, 8, 16, 32(単位は秒)
HART 通信時:
0 から 120 秒の範囲で値を設定
3-5
3-2 JTD 形による測定
3-2-1 流量測定
(1)運転の準備をする
(i)重要事項
警告
ベント / ドレン抜きを行う際は、ベント / ドレンの抜ける方向を確認し、人体
に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険
があります。プロセス流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込み
などが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をして
ください。
注意
プロセスが手動制御モードにあることを確認します。自動制御モードの場合、
必ず手動制御モードに切り替えて作業を実施してください。
次に示す本器の操作に入る前に配管上の差圧取出し弁(元弁)、ドレン弁、ガ
ス抜きプラグ(図 2-30, 図 2-31 参照)および 3 方マニホールド弁のストップ弁
は、高・低圧側とも閉じた状態になっていること。また 3 方マニホールド弁の
均圧弁は開いた状態になっていることを確認します。
(ii)プロセス圧の導入操作とリークチェック
次の手順で、本器の受圧部にプロセス圧を導入します。
◆ 手順 ◆
①高・低圧側の元弁(図 2-30, 図 2-31 参照)を開き、導圧管内にプロセス流体を導入
します。ここで、プロセス温度が高い場合は、導圧管が冷えるまで待ちます。
②本器の受圧部内をプロセス流体で充満させます。
(1)高圧側ストップ弁を徐々に開き、プロセス流体が充満したところで弁を閉じ
ます。
(2)低圧側ストップ弁を徐々に開き、プロセス流体が充満したところで弁を閉じ
ます。
3-6
③本器にかかる差圧をゼロにします。
均圧弁を徐々に開きます。次に、高圧側ストップ弁を徐々に開き、本器の受圧部内に
プロセス圧を導入します。本器の高圧側、低圧側に等しい圧力が加わった状態(均圧
状態)となります。
④導圧管、3 方マニホールド弁、本器などに圧力リークのないことを確認します。
(iii)ゼロ点の確認 / 校正
◆ 手順 ◆
①前の操作で、均圧状態であることを確認します。
②コミュニケータを用いて、本器の出力を確認してください。本器の出力がゼロでない
場合、ゼロ点の校正を行ってください。ゼロ校正の手順については、使用するコミュ
ニケータの操作説明書を参照してください。
3-7
(2)運転を開始する
(i)プロセス圧の印加操作
次の手順で弁を操作し、本器にプロセスの差圧を印加してからコミュニケータで測定値
を確認します。
◆ 手順 ◆
①3 方マニホールド弁が、以下の状態になっていることを確認します。
(1)高圧側ストップ弁:全開
(2)低圧側ストップ弁:全閉
(3)均圧弁:全開
②低圧側にプロセス圧を導入します。
(1)均圧弁を閉じます。
(2)低圧側のストップ弁を徐々に開きます。
(ii)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、設定レ
ンジなどの再確認を行ってください。それでも解決しない場合は、第 4 章のトラブル
シューティングを行うか、弊社に問合せください。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、第 4 章を参照してダンピング時定数を調
節します。
(iii)測定値確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
3-8
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器の運転を停止する場合、次の手順で行います。
◆ 手順 ◆
①本器の電源を切ります。
②3 方マニホールド弁を次の順で操作します。
(1)低圧側ストップ弁を閉じます。
(2)均圧弁を開きます。
(3)高圧側ストップ弁を閉じます。
③高・低圧側の元弁(図 2-30, 図 2-31 参照)を閉じます。
(ii)運転の停止に関する注意
• 長期間にわたり運転を停止するときは、導圧管内および本器受圧部内のプロセス流体
を抜いておいてください。ダイアフラム面にプロセス流体が固着するなど、運転再開
時の測定に支障をきたすことがあります。
• 均圧弁は開いた状態にしておいてください。閉じた状態にしておくと、運転を再開す
るために電源を投入すると同時に、ゼロ以外の出力となる場合があります。 3-9
3-2-2 圧力測定
(1)運転の準備をする
(i)重要事項
警告
ベント / ドレン抜きを行う際は、ベント / ドレンの抜ける方向を確認し、人体
に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険
があります。プロセス流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込み
などが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をして
ください。
注意
プロセスが手動制御モードにあることを確認します。自動制御モードの場合、
必ず手動制御モードに切り替えて作業を実施してください。
次に示す本器の操作に入る前に配管上の圧力取出し弁(元弁)、手元弁、ドレ
ン弁、およびガス抜きプラグ(図 2-34 参照)が閉じた状態になっていることを
確認します。
(ii)ゼロ点の確認 / 校正
◆ 手順 ◆
①高圧側のガス抜きプラグ(ベントプラグ)を開き、受圧部を大気開放にします。この
とき、受圧部にプロセス流体が残っている場合は、ダイアフラムを損傷させないよう
に注意しながら、完全に取り除いてください。プロセス流体が残っていると、ゼロ校
正が正しくできません。
また、低圧側が大気開放されていることを確認してください。
②コミュニケータを用いて、本器の出力を確認してください。本器の出力がゼロでない
場合、ゼロ点の校正を行ってください。ゼロ校正の手順については、使用するコミュ
ニケータの操作説明書を参照してください。
③校正 / 確認が完了したら、高圧側のガス抜きプラグ(ベントプラグ)を閉めます。
3-10
(iii)プロセス圧の導入操作とリークチェック
次の手順で、本器の受圧部にプロセス圧を導入します。
◆ 手順 ◆
①本器の受圧部内をプロセス流体で充満させます。
(1)元弁(図 2-34 参照)を開き、導圧管内にプロセス流体を導入します。ここで、
プロセス温度が高い場合は、導圧管が冷えるまで待ちます。
(2)手元弁を徐々に開き、本器の受圧部内にプロセス圧力を導入します。
②エア抜きを行ないます。
(1)高圧側のガス抜きプラグ(ベントプラグ)を徐々に開き、センタボディ内の
エアを除去します。
(2)エアが抜けたらガス抜きプラグ(ベントプラグ)と手元弁を閉じます。
ガス抜きプラグ
大気開放
手元弁
ドレン弁
③導圧管、本器などに圧力リークのないことを確認します。
3-11
(2)運転を開始する
(i)プロセス圧の印加操作
次の手順で弁を操作し、本器にプロセスの圧力を印加してコミュニケータで測定値を確
認します。
◆ 手順 ◆
①手元弁を徐々に開けます。
ガス抜きプラグ
手元弁
ドレン弁
大気開放
(ii)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、設定レ
ンジなどの再確認を行ってください。それでも解決しない場合は、第 4 章のトラブル
シューティングを行うか、弊社に問合せください。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(iii)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
3-12
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器の運転を停止する場合、次の手順で行います。
◆ 手順 ◆
①本器の電源を切ります。
②手元弁を閉めます。
ガス抜きプラグ
大気開放
手元弁
ドレン弁
③元弁(図 2-34 参照)を閉めます。
(ii)運転の停止に関する注意
• 長期間にわたり運転を停止するときは、導圧管内および本器受圧部内のプロセス流体
を抜いておいてください。ダイアフラム面にプロセス流体が固着するなど、運転再開
時の測定に支障をきたすことがあります。
• 均圧弁は開いた状態にしておいてください。閉じた状態にしておくと、運転を再開す
るために電源を投入すると同時に、ゼロ以外の出力となる場合があります。 3-13
3-2-3 開放タンク、密閉タンク(ドライレグ)の液位測定
(1)運転の準備をする
(i)重要事項
警告
ベント / ドレン抜きを行う際は、ベント / ドレンの抜ける方向を確認し、人体
に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険
があります。プロセス流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込み
などが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をして
ください。
注意
プロセスが手動制御モードにあることを確認します。自動制御モードの場合、
必ず手動制御モードに切り替えて作業を実施してください。
次に示す本器の操作に入る前に配管上の元弁、ドレン弁、ドレンプラグ、ガス
抜きプラグおよび 3 方マニホールド弁のストップ弁は、高・低圧側とも閉じた
状態になっていること。また 3 方マニホールド弁の均圧弁は開いた状態になっ
ていることを確認します。(図 2-37, 図 2-38 参照)
(ii)設定レンジの計算
設定レンジを計算により求める場合は、3-10 項を参照してください。
(iii)ゼロ点の確認 / 校正
◆ 手順 ◆
①高圧側、低圧側のガス抜きプラグ、ドレンプラグおよび 3 方マニホールド弁のストッ
プ弁を開き、受圧部を大気開放にします。このとき、受圧部に流体が残っている場合は、
ダイアフラムを損傷させないように注意しながら取り除いてください。
②コミュニケータを用いて、本器の出力を確認してください。本器の出力がゼロでない
場合、ゼロ点の校正を行ってください。ゼロ校正の手順については、使用するコミュ
ニケータの操作説明書を参照してください。
③校正 / 確認が完了したら、高圧側、低圧側のガス抜きプラグ、高圧側ドレンプラグと
3 方マニホールド弁の高圧側ストップ弁および均圧弁を閉めます。
3-14
(iv)プロセス圧の導入操作とリークチェック
次の手順で、本器の受圧部にプロセス圧を導入します。
◆ 手順 ◆
①
(1)元弁(図 2-37 参照)を開き、導圧管内にプロセス流体を導入します。ここで、
プロセス温度が高い場合は、導圧管が冷えるまで待ちます。
(2)高圧側ストップ弁を徐々に開き、プロセス流体が充満したところで高圧側ス
トップ弁を閉じます。
②導圧管、3 方マニホールド弁、本器などに圧力リークのないことを確認します。
(2)運転を開始する
(i)プロセス圧の印加操作
次の手順で弁を操作し、本器にプロセスの差圧を印加してからコミュニケータで測定値
を確認します。
◆ 手順 ◆
①3 方マニホールド弁が、以下の状態になっていることを確認します。
(1)高圧側ストップ弁:全閉
(2)低圧側ストップ弁:全開
(3)均圧弁:全閉
②高圧側ストップ弁を徐々に開いてプロセス圧を導入します。
3-15
(ii)運転中のゼロ点調整
運転中にゼロ点調整を行うときは、3-7 項を参照してください。
(iii)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。測定値の確認を終了したときは通
信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、設定レ
ンジなどの再確認を行ってください。それでも解決しない場合は、第 4 章のトラブル
シューティングを行うか、弊社に問合せください。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(iv)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
3-16
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器の運転を停止する場合、次の手順で行います。
◆ 手順 ◆
①本器の電源を切ります。
②3 方マニホールド弁を次の順で操作します。
(1)低圧側ストップ弁を閉じます。
(2)均圧弁を開きます。
(3)高圧側ストップ弁を閉じます。
③元弁(図 2-39 参照)を閉じます。
(ii)運転の停止に関する注意
• 長期間にわたり運転を停止するときは、導圧管内および本器受圧部内のプロセス流体
を抜いておいてください。ダイアフラム面にプロセス流体が固着するなど、運転再開
時の測定に支障をきたすことがあります。
• 均圧弁は開いた状態にしておいてください。閉じた状態にしておくと、運転を再開す
るために電源を投入すると同時に、ゼロ以外の出力となる場合があります。 3-17
3-2-4 密閉タンク(ウェットレグ)の液位測定
(1)運転の準備をする
(i)重要事項
警告
ベント / ドレン抜きを行う際は、ベント / ドレンの抜ける方向を確認し、人体
に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険
があります。プロセス流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込み
などが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をして
ください。
注意
プロセスが手動制御モードにあることを確認します。自動制御モードの場合、
必ず手動制御モードに切り替えて作業を実施してください。
次に示す本器の操作に入る前に配管上の元弁、ドレン弁、ガス抜きプラグおよ
び 3 方マニホールド弁のストップ弁は、高・低圧側とも閉じた状態になってい
ること。また 3 方マニホールド弁の均圧弁は開いた状態になっていることを確
認します。(図 2-39 参照)
(ii)設定レンジの計算
設定レンジを計算により求める場合は、3-10 項を参照してください。
3-18
(iii)ゼロ点の確認 / 校正
◆ 手順 ◆
①シールポットよりシール液を入れ、導圧管内をシール液で満たします。
②3 方マニホールド弁の高圧側、低圧側ストップ弁、次いで、ドレンプラグを徐々に開き、
本器の受圧部内にシール液を充満させます。
③高圧側、低圧側のドレンプラグよりシール液が流出したら、ドレンプラグを閉じ、次
いで高圧側、低圧側ストップ弁を閉じます。本器の高圧側、低圧側に等しい圧力が加
わった(均圧)状態になります。
④コミュニケータを用いて、本器の出力を確認してください。本器の出力がゼロでない
場合、ゼロ点の校正を行ってください。ゼロ校正の手順については、使用するコミュ
ニケータの操作説明書を参照してください。
⑤校正 / 確認が完了したら、まず均圧弁を閉じ、続いて低圧側ストップ弁およびドレン
プラグを開き、低圧側のシール液を取り除きます。最後に、低圧側のストップ弁とド
レンプラグを閉じます。
(iv)プロセス圧の導入操作とリークチェック
次の手順で、本器の受圧部にプロセス圧を導入します。
◆ 手順 ◆
①高圧側、低圧側それぞれの元弁(図 2-39 参照)を徐々に開き、導圧管内にプロセス
圧を導入します。ここで、プロセス温度が高い場合は、導圧管が冷えるまで待ちます。
②3 方マニホールド弁の高圧側、低圧側ストップ弁を徐々に開き、本器の受圧部内にプ
ロセス流体を導入し、導入が終わったら、高圧側、低圧側ストップ弁を閉じます。
③導圧管、3 方マニホールド弁、本器などに圧力リークのないことを確認します。
3-19
(2)運転を開始する
(i)プロセス圧の印加操作
次の手順で弁を操作し、本器にプロセスの差圧を印加してからコミュニケータで測定値
を確認します。
◆ 手順 ◆
①3 方マニホールド弁が、以下の状態になっていることを確認します。
(1) 高圧側ストップ弁:全閉
(2) 低圧側ストップ弁:全閉
(3) 均圧弁:全閉
②液シール配管をシール液で満たします。
③プロセス圧を導入します。
(1)高圧側ストップ弁を徐々に開きます。
(2)低圧側ストップ弁を徐々に開きます。
(ii)測定中のゼロ点調整
運転中にゼロ点調整を行うときは、3-10 項を参照してください。
(iii)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルのクリップを外し、本器のケース・カバー
を締め、プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、設定レ
ンジなどの再確認を行ってください。それでも解決しない場合は、第 4 章のトラブル
シューティングを行うか、弊社に問合せください。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(iv)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
3-20
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器の運転を停止する場合、次の手順で行います。
◆ 手順 ◆
①本器の電源を切ります。
②3 方マニホールド弁を次の順で操作します。
(1)低圧側ストップ弁を閉じます。
(2)均圧弁を開きます。
(3)高圧側ストップ弁を閉じます。
③元弁(図 2-39 参照)を閉じます。
(ii)運転の停止に関する注意
• 長期間にわたり運転を停止するときは、導圧管内および本器受圧部内のプロセス流体
を抜いておいてください。ダイアフラム面にプロセス流体が固着するなど、運転再開
時の測定に支障をきたすことがあります。
• 均圧弁は開いた状態にしておいてください。閉じた状態にしておくと、運転を再開す
るために電源を投入すると同時に、ゼロ以外の出力となる場合があります。 3-21
3-3 JTG 形 /JTA 形による測定
3-3-1 圧力測定
(1)運転の準備をする
(i)重要事項
警告
ベント / ドレン抜きを行う際は、ベント / ドレンの抜ける方向を確認し、人体
に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険
があります。プロセス流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込み
などが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をして
ください。
注意
プロセスが手動制御モードにあることを確認します。自動制御モードの場合、
必ず手動制御モードに切り替えて作業を実施してください。
次に示す本器の操作に入る前に配管上の元弁、手元弁、ドレン弁、およびガス
抜きプラグ(図 2-33 参照)が閉じた状態になっていることを確認します。
(ii)ゼロ点の確認 / 校正
◆ 手順 ◆
①本器側のガス抜きプラグを開き、受圧部を大気開放します。このとき、受圧部に流体
が残っている場合は、ダイアフラムを損傷させないように注意しながら取り除いてく
ださい。
②コミュニケータを用いて、本器の出力を確認してください。本器の出力がゼロでない
場合、ゼロ点の校正を行ってください。ゼロ校正の手順については、使用するコミュ
ニケータの操作説明書を参照してください。
③校正 / 確認が完了したら、ガス抜きプラグを閉めます。
(iii)絶対圧計に関する注意
JTA 形は絶対圧計です。ゼロ点調整は行わないでください。絶対圧計においてゼロ点の
校正が必要になった場合は、弊社にお問合せください。
3-22
(iii)プロセス圧の導入操作とリークチェック
次の手順で、本器の受圧部にプロセス圧を導入します。
◆ 手順 ◆
①本器の受圧部内をプロセス流体で充満させます。
(1)元弁(図 2-33 参照)を開き、導圧管内にプロセス流体を導入します。ここで、
プロセス温度が高い場合は、導圧管が冷えるまで待ちます。
(2)手元弁を徐々に開き、本器の受圧部内にプロセス圧力を導入します。
②エア抜きを行ないます。
(1)本器側のガス抜きプラグを徐々に開き、センタボディ内のエアを除去します。
(2)エアが抜けたらプラグと手元弁を閉じます。
③導圧管、本器などに圧力リークのないことを確認します。
3-23
(2)運転を開始する
(i)プロセス圧の印加操作
次の手順で弁を操作し、本器にプロセスの圧力を印加してコミュニケータで測定値を確
認します。
◆ 手順 ◆
①手元弁を徐々に開けます。
(ii)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、設定レ
ンジなどの再確認を行ってください。それでも解決しない場合は、第 4 章のトラブル
シューティングを行うか、弊社に問合せください。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(iii)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
3-24
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器の運転を停止する場合、次の手順で行います。
◆ 手順 ◆
①本器の電源を切ります。
②手元弁を閉めます。
③元弁(図 2-33 参照)を閉めます。
(ii)運転の停止に関する注意
長期間にわたり運転を停止するときは、導圧管内および本器受圧部内のプロセス流体を
抜いておいてください。ダイアフラム面にプロセス流体が固着するなど、運転再開時の
測定に支障をきたすことがあります。
3-25
3-3-2 液位測定
(1)運転の準備をする
(i)重要事項
警告
ベント / ドレン抜きを行う際は、ベント / ドレンの抜ける方向を確認し、人体
に触れないように行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険
があります。プロセス流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込み
などが行われないように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をして
ください。
注意
プロセスが手動制御モードにあることを確認します。自動制御モードの場合、
必ず手動制御モードに切り替えて作業を実施してください。
次に示す本器の操作に入る前に配管上の元弁、手元弁、ドレン弁、およびドレ
ンプラグ(図 2-37 参照)が閉じた状態になっていることを確認します。
(ii)設定レンジの計算
設定レンジを計算により求める場合は、3-10 項を参照してください。
(iii)ゼロ点の確認 / 校正
◆ 手順 ◆
①ドレンプラグを開き、受圧部を大気開放します。このとき、受圧部に流体が残ってい
る場合は、ダイアフラムを損傷させないように注意しながら取り除いてください。
②コミュニケータを用いて、本器の出力を確認してください。本器の出力がゼロでない
場合、ゼロ点の校正を行ってください。ゼロ校正の手順については、使用するコミュ
ニケータの操作説明書を参照してください。
③校正 / 確認が完了したら、ドレンプラグを閉めます。
(iv)絶対圧計に関する注意
JTA 形は絶対圧計です。ゼロ点調整は行わないでください。絶対圧計においてゼロ点の
校正が必要になった場合は、弊社にお問合せください。
3-26
(iv)プロセス圧の導入操作とリークチェック
次の手順で、本器の受圧部にプロセス圧を導入します。
◆ 手順 ◆
①元弁(図 2-37 参照)を開き、導圧管内にプロセス流体を導入します。ここで、プロ
セス温度が高い場合は、本器の受圧部が使用範囲を超えないよう、徐々にプロセス圧
を導入します。
②元弁を閉じます。
③導圧管、本器などに圧力リークのないことを確認します。
(2)運転を開始する
(i)プロセス圧の印加操作
次の手順で弁を操作し、本器にプロセスの圧力を印加してコミュニケータで測定値を確
認します。
◆ 手順 ◆
①元弁(図 2-37 参照)を徐々に開けます。
(ii)測定中のゼロ点調整
運転中にゼロ点調整を行うときは、3-10 項を参照してください。
(iii)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、設定レ
ンジなどの再確認を行ってください。それでも解決しない場合は、第 4 章のトラブル
シューティングを行うか、弊社に問合せください。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(iv)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
3-27
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器の運転を停止する場合、次の手順で行います。
◆ 手順 ◆
①本器の電源を切ります。
②元弁(図 2-37 参照)を閉めます。
(ii)運転の停止に関する注意
長期間にわたり運転を停止するときは、導圧管内および本器受圧部内のプロセス流体を
抜いておいてください。ダイアフラム面にプロセス流体が固着するなど、運転再開時の
測定に支障をきたすことがあります。
3-28
3-4 JTC 形による測定
3-4-1 液位測定
(1)運転の準備をする
(i)最小液面の位置(ゼロ位置)と入力均圧時のゼロ点確認
液面のゼロ位置は、本器のプロセス接続フランジ面にあるシール・ダイアフラムの中心
にとります(図 3-4、3-5 参照)。したがって、測定範囲 H は発信器フランジの中心より
使用レンジの高さまでとなります。ただし、ゼロ点チェックは、液面をシール・ダイア
フラムの下端より下げて行ってください。また、密閉タンクのウェットレグの場合には、
シール液を抜いてください。すなわち、高圧および低圧の両側のダイアフラムを均圧の
状態にしてゼロ点の確認を行います。確認方法については、コミュニケータの操作説明
書を参照してください。
図 3-4 最小液面の特性
図 3-5 ゼロ位置の決定
3-29
(ii)ゼロ調整
本器のゼロ調整は、コミュニケータで本器と通信して行う方法と、外部ゼロ調整(オプショ
ン 3-9 項参照)により行う方法があります。
1. タンク内の液位を測定レンジの下限値(0%)にできる場合
(1)コミュニケータで行う方法
3-7 項 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
3-8 項 レンジ相当入力圧によるゼロ調整
を参照してください。
(2)外部ゼロ調整(オプション)で行う方法
3-9 項 外部ゼロ調整(オプション)の項
を参照してください。
2. タンク内の液位を測定レンジの下限値(0%)にできない場合
(1)コミュニケータで行う方法
3-7 項 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
を参照してください。
(2)外部ゼロ調整(オプション)で行う方法
3-9 項 外部ゼロ調整(オプション)の項
を参照してください。
3-30
(2)運転を開始する
前項のゼロ調整が完了した時点で、運転が可能な状態となります。引き続き、測定値の
確認を行ってください。
(i)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、
- レンジ確認
- フランジのプロセスへの取付け位置確認
- 再校正
を行います。それでも改善しない場合は第 4 章を参照してトラブルシューティングを
行います。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(ii)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器に供給されている電源を切ります。
(ii)運転の停止に関する注意
長期間にわたり運転を停止するときは、本器のフランジ部をタンクから取外し、ダイア
フラムを軟毛ブラシと溶剤を用いて洗浄した後、保管してください。このとき、ダイア
フラムを変形させたり、傷つけたりしないように十分注意してください。また、導圧管
内および本器受圧部内のプロセス流体についても抜いておいてください。ダイアフラム
面にプロセス流体が固着するなど、運転再開時の測定に支障をきたすことがあります。
3-31
3-5 JTE 形による測定
運転開始にあたり、調整はプロセスの実際の状態で行ってください。
3-5-1 液位測定
(1)運転の準備をする
(i)最小液面の位置(ゼロ位置)と入力均圧時のゼロ点確認
液面のゼロ位置は、本器のプロセス接続フランジ面にあるシール・ダイアフラムの中心
にとります(図 3-6、3-7 参照)。したがって、測定範囲 H は発信器フランジの中心より
使用レンジの高さまでとなります。ただし、ゼロ点チェックは、液面をシール・ダイア
フラムの下端より下げて行ってください。プロセス流体によるヘッド圧がかかっていな
い状態が必要です。すなわち、高圧側、低圧側の両側のダイアフラムをタンク内で均圧
の状態にしてゼロ点の確認を行います。確認方法については、コミュニケータの操作説
明書を参照してください。
図 3-6 最小液面の特性
100% Level
H
0% Level
ゼロ点
チェックレベル
図 3-7 ゼロ位置の決定
3-32
(ii)ゼロ調整
本器のゼロ調整は、コミュニケータで本器と通信して行う方法と、外部ゼロ調整(オプショ
ン 3-9 項参照)により行う方法があります。
1. タンク内の液位を測定レンジの下限値(0%)にできる場合
(1)コミュニケータで行う方法
3-7 項 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
3-8 項 レンジ相当入力圧によるゼロ調整
を参照してください。
(2)外部ゼロ調整(オプション)で行う方法
3-9 項 外部ゼロ調整(オプション)の項
を参照してください。
②タンク内の液位を測定レンジの下限値(0%)にできない場合
(1)コミュニケータで行う方法
3-7 項 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
を参照してください。
(2)外部ゼロ調整(オプション)で行う方法
3-10 項 外部ゼロ調整(オプション)の項
を参照してください。
3-33
(2)運転を開始する
前項のゼロ調整が完了した時点で、運転が可能な状態となります。引き続き、測定値の
確認を行ってください。
(i)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、
- レンジ確認
- フランジのプロセスへの取付け位置確認
- 再校正
を行います。それでも改善しない場合は第 4 章を参照してトラブルシューティングを
行います。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(ii)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器に供給されている電源を切ります。
(ii)運転の停止に関する注意
長期間にわたり運転を停止するときは、本器のフランジ部をタンクから取外し、ダイア
フラムを軟毛ブラシと溶剤を用いて洗浄した後、保管してください。このとき、ダイア
フラムを変形させたり、傷つけたりしないように十分注意してください。また、導圧管
内および本器受圧部内のプロセス流体についても抜いておいてください。ダイアフラム
面にプロセス流体が固着するなど、運転再開時の測定に支障をきたすことがあります。
3-5-2 流量測定
(1)流量測定時の注意
リモートシール形の受圧部の構造上、均圧弁やストップ弁の設置ができない場合があり
ますので、ゼロ点のチェックは本管に流体を流す前に必ず済ませてください。また、垂
直配管に差圧取出しフランジ口がある場合は、高圧側フランジと低圧側フランジの位置
に高さの差があります。この場合は LRV の設定でゼロ点を決定してください。
3-34
3-6 JTH 形 /JTS 形による測定
運転開始にあたり、調整はプロセスの実際の状態で行ってください。
3-6-1 液位 / 圧力測定
(1)運転の準備をする
(i)最小液面の位置(ゼロ位置)と入力均圧時のゼロ点確認
液面のゼロ位置は、本器のプロセス接続フランジ面にあるシール・ダイアフラムの中心
にとります(図 3-8、3-9 参照)。したがって、測定範囲 H は発信器フランジの中心より
使用レンジの高さまでとなります。ただし、ゼロ点チェックは、液面をシール・ダイア
フラムの下端より下げて行ってください。
図 3-8 最小液面の特性
100% Level
H
0% Level
ゼロ点
チェックレベル
図 3-9 ゼロ位置の決定
3-35
(ii)ゼロ調整
本器のゼロ調整は、コミュニケータで本器と通信して行う方法と、外部ゼロ調整(オプショ
ン 3-9 項参照)により行う方法があります。
1. タンク内の液位を測定レンジの下限値(0%)にできる場合
(1)コミュニケータで行う方法
3-7 項 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
3-8 項 レンジ相当入力圧によるゼロ調整
を参照してください。
(2)外部ゼロ調整(オプション)で行う方法
3-9 項 外部ゼロ調整(オプション)の項
を参照してください。
2. タンク内の液位を測定レンジの下限値(0%)にできない場合
(1)コミュニケータで行う方法
3-7 項 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
を参照してください。
(2)外部ゼロ調整(オプション)で行う方法
3-11 項 外部ゼロ調整(オプション)の項
を参照してください。
3-36
(2)運転を開始する
前項のゼロ調整が完了した時点で、運転が可能な状態となります。引き続き、測定値の
確認を行ってください。
(i)測定値の確認
• コミュニケータを使用して、測定値を確認します。
• 測定値の確認を終了したときは通信ケーブルを外し、本器のケース・カバーを締め、
プロセスを通常の運転に切替えます。
• アナログ信号の出力値や、表示値がプロセス条件に対応していない場合には、
- レンジ確認
- フランジのプロセスへの取付け位置確認
- 再校正
を行います。それでも改善しない場合は第 4 章を参照してトラブルシューティングを
行います。
• 測定値の出力や表示が安定しない場合には、ダンピング時定数を調節します。
(ii)測定値の確認後の注意
測定値の確認後、本器のケース・カバーが確実に閉まっていることを確認してください。
確実に閉まっていないと雨水などが入って、内部の端子やエレクトロニクス・モジュー
ルが傷む原因となります。
(3)運転を停止する
(i)本器の運転の停止
本器に供給されている電源を切ります。
(ii)運転の停止に関する注意
長期間にわたり運転を停止するときは、本器のフランジ部をタンクから取外し、ダイア
フラムを軟毛ブラシと溶剤を用いて洗浄した後、保管してください。このとき、ダイア
フラムを変形させたり、傷つけたりしないように十分注意してください。また、導圧管
内および本器受圧部内のプロセス流体についても抜いておいてください。ダイアフラム
面にプロセス流体が固着するなど、運転再開時の測定に支障をきたすことがあります。
3-37
3-7 液位測定中の実レベルによるゼロ調整
液位測定中にゼロ点調整を行う場合は、液位を実際にゼロにせず、レベルゲージ等によ
る液位の実測値から、実レベルに合わせた出力値に調整することができます。次の図で、
密閉タンクにリモートシール形発信器を用いる場合を例に示します。あわせて、下記の
コミュニケータの操作説明書を参照してください。
CommStaff 操作説明書 : 3-3 項
HART コミュニケータ操作説明書: 3-2-3 項
CommPad 操作説明書 : 4-31-2 項
3-8 レンジ相当入力圧によるゼロ・スパン調整
希望するレンジに相当する圧力を発信器に加えることにより、実圧にあわせた LRV(0%
出力時の入力圧)と URV(100% 出力時の入力圧)の設定ができます。希望する液面あ
るいは入力圧で LRV, URV が自動設定され、ゼロ・スパン調整を完了することができま
す。本項とあわせて、下記のコミュニケータの操作説明書を参照してください。
CommStaff 操作説明書 : 3-2 項
HART コミュニケータ操作説明書: 3-2-3 項
CommPad 操作説明書 : 4-21 項
3-38
3-9 外部ゼロ調整(オプション)
(1)はじめに
外部ゼロ調整機能付きの本器では、コミュニケータを使用しないでも現場でゼロ調整を
することができます。
図 3-10 外部ゼロ調整
※図 3-11 ではケース・カバーを外していますが、ケース・カバーを装着したまま外部
ゼロ調整ができます。ケース・カバーはケースとの隙間なくしっかりと閉めてくださ
い。
(2)外部ゼロ調整手順
① 設定レンジの 0% 基準となる差圧(圧力)を、本器に正確に印加してください。また、
リークがないことも確認してください。
② ガラス窓の上から専用のマグネット棒を“ZERO UP”、または“ZERO DOWN”と
書かれた箇所に 2 秒間以上タッチし続けてください。“ZERO.ADJ”が表示され、ゼ
ロ調整をする準備ができます。
③ 発信器の出力が 4mA 以下となっている場合には、“ZERO UP”の箇所にマグネット
を出力が 4mA となるまで当て続けてください。発信器の出力が 4mA 以上となってい
る場合には、“ZERO DOWN”の方にマグネットを当てます。出力が 4mA となった
ところで、マグネット棒をガラス窓から遠ざけてゼロ調整を完了します。
④ 液位測定では、レベルゲージ等による液位の実測値から、実レベルに合わせた出力値
に調整することが出来ます。
※外部ゼロ調整中にコミュニケータなどで通信を行う場合、ゼロ調整が優先されるため、
コミュニケータからの設定変更は制限されます。
3-39
3-10 液位測定時の設定レンジの計算方法
3-10-1 開放タンク、密閉タンク(ドライレグあるいはリモートシール)の設定レンジ
(1)JTD 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
高圧側導圧管内の液体の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
高圧取出し口と発信器の間の距離
図 3-11 開放タンクの場合
図 3-12 密閉タンク(ドレイレグ)の場合
3-40
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ + d×ρ0
100% 液位の差圧
URV = l×ρ + h×ρ + d×ρ0
=(l + h)×ρ + d×ρ0
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ + dρ0
上限値(URV):(l + h)ρ + dρ0
のように設定します。
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 1.0
l : 1500mm
h : 250mm
d : 500mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV = 250×0.9 + 500×1.0=725mmH2O=7.110kPa
100% 液位の差圧
URV ={(1500 + 250)×0.9}+ 500×1.0=2075mmH2O=20.35kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 7.110kPa
上限値(URV): 20.35kPa
となります。
3-41
(2)JTG 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
高圧側導圧管内の液体の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
高圧取出し口と発信器の間の距離
図 3-13 開放タンクの場合
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ + d×ρ0
100% 液位の差圧
URV = l×ρ + h×ρ + d×ρ0
=(l + h)×ρ + d×ρ0
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ + dρ0
上限値(URV):(l + h)ρ + dρ0
のように設定します。
3-42
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 1.0
l : 1500mm
h : 250mm
d : 500mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV = 250×0.9 + 500×1.0=725mmH2O=7.110kPa
100% 液位の差圧
URV ={(1500 + 250)×0.9}+ 500×1.0=2075mmH2O=20.35kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 7.110kPa
上限値(URV): 20.35kPa
となります。
3-43
(3)JTC 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ : タンク内の液体の比重
l : 100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
h : 0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
図 3-14 開放タンクの場合
図 3-15 密閉タンク(ドライレグ)の場合
3-44
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ
100% 液位の差圧
URV = l×ρ + h×ρ
=(l + h)×ρ
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ
上限値(URV):(l + h)ρ
のように設定します。
計算例:
ρ : 0.9
l : 1500mm
h : 250mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV = 250×0.9=225mmH2O=2.206kPa
100% 液位の差圧
URV =(1500 + 250)×0.9=1575mmH2O=15.45kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 2.206kPa
上限値(URV): 15.45kPa
となります。
3-45
(4)JTE 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
封入液の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
高圧取出し口と発信器の間の距離
100% 液位
開放タンク
0% 液位
低圧側フランジ
高圧側
フランジ
図 3-16 開放タンクの場合
※ ここでは、低圧側のフランジを高圧側のフランジと同じ高さに設置します。
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ + d×ρ0 - d×ρ0
100% 液位の差圧
URV = l×ρ + h×ρ
=(l + h)×ρ + d×ρ0 - d×ρ0
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ
上限値(URV):(l + h)ρ
のように設定します。
3-46
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 0.935(一般用リモート)
l : 1500mm
h : 250mm
d : 500mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV = 250×0.9=225mmH2O=2.206kPa
100% 液位の差圧
URV =(1500 + 250)×0.9=1575mmH2O=15.45kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 2.206kPa
上限値(URV): 15.45kPa
となります。
3-47
(5)JTH 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
封入液の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
高圧取出し口と発信器の間の距離
100% 液位
開放タンク
0% 液位
プロセス接続
フランジ
図 3-17 開放タンクの場合
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ + d×ρ0
100% 液位の差圧
URV = l×ρ + h×ρ
=(l + h)×ρ + d×ρ0
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ + dρ0
上限値(URV):(l + h)ρ + dρ0
のように設定します。
3-48
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 1.0
l : 1500mm
h : 250mm
d : 500mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV = 250×0.9 + 500×1.0=725mmH2O=7.110kPa
100% 液位の差圧
URV ={(1500 + 250)×0.9}+ 500×1.0=2075mmH2O=20.35kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 7.110kPa
上限値(URV): 20.35kPa
となります。
3-49
3-10-2 密閉タンク(ウェットレグあるいはリモートシール)の設定レンジ
(1)JTD 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
シール液の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と発信器の間の距離
高圧取出し口と発信器の間の距離
高圧側取出口
100% 液位
0% 液位
低圧側取出口
密閉タンク
密閉タンク
(ウエットレグの場合)
低圧側
高圧側
図 3-18 密閉タンク(ウェットレグ)の場合
0% 液位の差圧
LRV = d×ρ0 - h×ρ
100% 液位の差圧
URV = d×ρ0 - l×ρ + h×ρ
= d×ρ0 -(l + h)×ρ
したがって、レンジは
下限値(LRV): dρ0 - hρ
上限値(URV): dρ0 -(l + h)ρ
のように設定します。
3-50
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 1.0
l : 1500mm
h : 250mm
d : 2000mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV =(2000×1.0)-(250×0.9)=1775mmH2O=17.41kPa
100% 液位の差圧
URV =(2000×1.0)-(1500 + 250)×0.9=425mmH2O=4.168kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 17.41kPa
上限値(URV): 4.168kPa
となります。
3-51
(2)JTC 形を用いた場合の計算例
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
シール液の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
シールポッド側取出し口と発信器の間の距離
図 3-19 密閉タンク(ウェットレグ)の場合
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ - d×ρ0
100% 液位の差圧
URV = l×ρ - h×ρ
=(l + h)×ρ - d×ρ0
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ - dρ0
上限値(URV):(l + h)ρ - dρ0
のように設定します。
3-52
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 1.0
l : 1500mm
h : 250mm
d : 2000mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV =(250×0.9)-(2000×1.0)= - 1775mmH2O= - 17.41kPa
100% 液位の差圧
URV =(1500 + 250)×0.9 -(2000×1.0)
= - 425mmH2O= - 4.168kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): - 17.41kPa
上限値(URV): - 4.168kPa
となります。
3-53
(3)JTE 形を用いた場合の計算例
高圧側フランジをタンク上部に付ける場合とタンク下部につける場合があります。
(i)高圧側フランジをタンク上部に付ける場合
設定レンジの計算について説明します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
封入液の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側取出し口の間の距離
フランジ間の距離
高圧側
取付フランジ
100%
液位
密閉
タンク
0%
液位
低圧側
取付フランジ
取付け
ブラケット
パイプ
スタンション
図 3-20 密閉タンク(ウェットレグ)の場合
0% 液位の差圧
LRV = d×ρ0 - h×ρ
100% 液位の差圧
URV = d×ρ0 - l×ρ + h×ρ
= d×ρ0 -(l + h)×ρ
したがって、レンジは
下限値(LRV): dρ0 - hρ
上限値(URV): dρ0 -(l + h)ρ
のように設定します。
3-54
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 0.935(一般用リモート)
l : 1500mm
h : 250mm
d : 2000mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV =(2000×0.935)-(250×0.9)=1645mmH2O=16.13kPa
100% 液位の差圧
URV =(2000×0.935)-(1500 + 250)×0.9
=295mmH2O=2.893kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): 16.13kPa
上限値(URV): 2.893kPa
となります。
3-55
(ii)高圧側フランジをタンク下部に付ける場合
JTE929S の場合に、この接続が可能です。
また、封入液の温度補正機能を有効にする場合は、高さの値にマイナス(-)符号を付
けて設定します。
この計算では、次の記号で密度と距離を表します。また、密度は液位測定中では一定と
します。
ρ :
ρ0:
l :
h :
d :
タンク内の液体の比重
封入液の比重
100% 液位と 0% 液位の間の距離(測定範囲)
0% 液位と高圧側フランジの間の距離
フランジ間の距離
低圧側
取付フランジ
100%
液位
密閉
タンク
0%
液位
高圧側
取付フランジ
取付け
ブラケット
パイプ
スタンション
図 3-21 密閉タンク(ウェットレグ)の場合
0% 液位の差圧
LRV = h×ρ - d×ρ0
100% 液位の差圧
URV = l×ρ + h×ρ - d×ρ0
=(l + h)×ρ - d×ρ0
したがって、レンジは
下限値(LRV): hρ - dρ0
上限値(URV):(l + h)ρ - dρ0
のように設定します。
3-56
計算例:
ρ : 0.9
ρ0: 0.935(一般用リモート)
l : 1500mm
h : 250mm
d : 2000mm
の場合、
0% 液位の差圧
LRV =(250×0.9)-(2000×0.935)
= - 1645mmH2O= - 16.13kPa
100% 液位の差圧
URV =(1500 + 250)×0.9 -(2000×0.935)
= - 295mmH2O= - 2.893kPa
したがって、レンジは
下限値(LRV): - 16.13kPa
上限値(URV): - 2.893kPa
となります。
3-57
4. 本器の保守とトラブルシューティング
この章では本器のデータの保存、分解と組立、出力のチェック、校正方法およびトラブ
ルが発生した場合の対処方法などについて説明します。
4-1 本器の分解と組立
4-1-1 分解と組立にあたっての注意事項
警告
本製品を保守等のためにプロセスから取外す場合は、測定対象物の残圧・残留
を取り除くためにベント / ドレン抜きを行ってください。また、ベント・ドレ
ン抜きを行う際は、ベント・ドレンの抜ける方向を確認し、人体に触れないよ
うに行ってください。火傷など、身体に有害な影響を及ぼす危険があります。
測定流体が人体に有害な場合、皮膚や目への付着、吸い込みなどが行われない
ように、ゴーグルやマスクを着用するなどの安全対策をしてください。
耐圧防爆形発信器は、ケース、ケース・カバーの腐食、変形、傷、ねじ部、接
合面の損傷により耐圧防爆性能が損なわれる場合がありますので、特に注意し
てください。
2-1-2 項に示す危険場所において本器に通電中は、ケース・カバーは開けない
でください。
耐圧防爆形発信器はケース・カバーの錠締めをすることで耐圧防爆性能が保証
されます。ケース・カバーは、最後まで締め、必ず錠締めしてください。
破損したシールガスケットは新品と交換してください。破損した状態で本器を
運転した場合には十分なシール性能が確保できず、測定対象物が噴出し、火傷
など身体に有害な影響を及ぼす危険があります。
交換する部品は純正品をご使用ください。特にガスケットやアダプタフランジ
は他社製部品でも組付く場合がありますが、耐圧、気密性能を保証するもので
はないため、測定流体が漏れだし、身体に有害な影響を及ぼす可能性がありま
す。
製品内に取り残された測定物の残渣には十分ご注意ください。人体に影響のあ
る物質が含まれている場合には、身体に有害な影響を及ぼす可能性があります。
取外した機器を保守する際には、受圧部を十分に清浄にしてから行ってくださ
い。
4-1
4-1-2 ケース・カバーの取外し、取付け
本器は錠締め構造となっています。ケース・カバーを外すときはまず標準付属工具の六
角レンチを使用して錠締めを緩めます。ケース・カバーを取付けるときは、まずケース・
カバーをしっかりとねじ込んでから錠締めを六角レンチで締め付けます。
注意
ケース・カバーを取外したら、発信部ケースの内部にほこりや雨水が入らない
ように十分注意してください。
図 4-1 本器の錠締め
4-2
4-1-3 センタボディカバーの取外し、取付け(JTD, JTG, JTA, JTC 形)
(1)取外し
センタボディカバーを取外すときは、次の図に示す 4 組のボルトとナットを外します。
注意
センタボディカバーを取外したら、ダイアフラムを傷つけないように十分注意
してください。
図 4-2 センタボディカバー固定ボルト・ナット
4-3
(2)取付け
センタボディカバー取付けるときは、次の締付けトルクでボルトを締めてください。シー
ルガスケットが傷んでいる場合は新品交換してください。
表 4-1 カバーボルト・ナットと締付けトルク
ボルト・ナット締付けトルク(N・m)
形番
接液部材質
JTD910S
SUS316
JTD920S
JTD930S
SUS316
ASTMB575
JTD920S
JTD930S
JTD960S
タンタル
SUS316L
JTD921S
JTD931S
JTD961S
SUS316
JTG940S
JTG960S
SUS316
ASTMB575
タンタル
SUS316L
JTG980S
SUS316
ASTMB575
JTA922S
JTA940S
JTC929S
JTC940S
SUS316
ASTMB575
タンタル
SUS316L
SUS316
ボルト・
ナット材質
センタボディカバー材質
SCS14A
センタボディカ
バー材質 PVC
新品ガスケット
の使用時
ガスケットを
再使用時
センタボディカバー
再使用時共通
SUS304
15±1
10±1
−
SNB7
22±2
17±1
10±1
SUS630
22±2
17±1
−
SUS304
15±1
10±1
10±1
SNB7
22±2
17±1
10±1
SUS630
−
−
−
SUS304
15±1
10±1
10±1
SNB7
90±20
90±20
−
SUS630
90±20
90±20
−
SUS304
55±10
55±10
−
SNB7
22±2
17±1
10±1
SUS630
22±2
17±1
−
SUS304
15±1
10±1
10±1
SNB7
90±20
90±20
−
SUS630
90±20
90±20
−
SUS304
55±10
55±10
−
SNB7
22±2
17±1
−
SUS630
22±2
17±1
−
SUS304
15±1
10±1
−
SNB7
22±2
17±1
−
SUS630
22±2
17±1
−
SUS304
15±1
10±1
−
表 4-2 アダプタフランジ用ボルト・ナット締付けトルク
ボルト・ナット材質
炭素鋼
ボルト・ナット締付けトルク(N・m)
アダプタフランジ材質 SCS14A
アダプタフランジ材質 PVC
20±1
7±0.5
SUS630
20±1
-
SUS304
10±0.5
7±0.5
4-4
4-1-4 本器の洗浄
(1)はじめに
発信器の性能を持続させるためには、発信器と配管をきれいに清掃しておく必要があり
ます。発信器の圧力室に沈殿物がたまるような場合には、測定誤差の原因となります。
(2)センタボディの洗浄(JTD/JTG/JTA/JTC 形)
(i)手順
①ボルト・ナットを外し、センタボディカバーを取外します。
②ダイアフラムやセンタボディカバー内部を軟毛ブラシや溶剤を用いて洗浄します。こ
のとき、ダイアフラムを変形させたり、傷をつけたりしないよう十分注意してくださ
い。
③再組立の場合、必要に応じてカバーのガスケットを新品に交換します。
④ボルト・ナットは規定の締付けトルクで組付けます。(表 4-1)
寒冷地などで水など凍結のおそれのあるものを測定し運転を停止したときには、センタ
ボディから水を抜いておいてください。ドレンプラグを緩めて行います。
(3)リモートシール形の洗浄
日常の保守・点検は、特に必要ありません。保守のためにフランジを外したときは、ダ
イアフラムを軟毛ブラシや溶剤を用いて洗浄してください。この時、ダイアフラムを変
形させたり、傷つけたりしないように十分注意してください。
4-5
4-2 設定レンジと出力信号の校正
ここでは、弊社または指定のサービスステーションにおいて実施する校正作業について
説明します。精密な基準入力器と測定器が必要なため、通常、ユーザーが実施する作業
ではありませんが、止むを得ず実施する場合への対応として説明します。
校正には以下に示すとおり、2 種類があります。
• 基準入力による設定レンジ校正(入力の校正)
• 出力信号の校正
4-2-1 基準入力による設定レンジの校正
(1)準備
ここでは、本器に基準の圧力を入力して設定レンジの下限値(LRV)と、上限値(URV)
を校正する方法について説明します。最初に下限値、続いて上限値の校正を行ってくだ
さい。
(2)使用機器
この校正では、次のような機器を用意してください。各機器の要求性能を参考に記載し
ます。計測器側の不確かさは、校正する発信器の精度の 4 倍以上であることが望ましい
ものとなります。
• 標準圧力発生器 :本器の測定レンジの圧力を発生できるもの
精度 ±0.025%rdg.
• 電源
:24VDC
• 精密抵抗器
:250Ω±0.005%
• 電圧計
:10VDC レンジ ±0.02%+1digit
• コミュニケータ :CommStaff, HART コミュニケータ
CommPad(本器が SFN 通信形式の場合に限る)
(3)注意
校正後の本器の精度は、ここでの使用機器の性能によります。
(4)校正条件
実圧校正は次の環境条件下で行ってください。
• 無風の試験室内で行う。風があると大気開放側の受圧部に圧力がかかり、校正精度に
影響を及ぼす場合があります。
• 標準動作温度 23℃、湿度 65%。急激な変化がなければ常温 15℃~ 35℃、常湿 45% ~
75% の範囲内でも大きな影響はありません。
4-6
(5)校正時の配線および配管
一般的には次のように配線、配管します。
DC 電源
24V
+
赤線
通信ケーブル
黒線
−
図 4-3 校正時の配線および配管
(6)設定レンジの確認
各コミュニケータの操作説明書を参照してください。
CommStaff 操作説明書
:2-6 項
HART コミュニケータ操作説明書 :3-2-1 項
CommPad 操作説明書
:4-4 項
(7)測定レンジの校正手順
各コミュニケータの操作説明書を参照してください。
CommStaff 操作説明書
:4-2 項
HART コミュニケータ操作説明書 :3-2-8 項
CommPad 操作説明書
:4-22 項
4-7
4-2-2 出力信号の校正
(1)準備
通常の使用状態では、出力信号の校正(D/A 変換部の調整)が必要になることはありま
せん。したがってこの操作は通常行わないでください。止むを得ず実施する場合は、以
下の機器を用意してください。
(2)使用機器
• 精密電流計
:0.03%FS
• 精密抵抗器
:250Ω±0.005%
• コミュニケータ
:CommStaff, HART コミュニケータ
CommPad(本器が SFN 通信形式の場合に限る)
(3)校正時の配線
次の図を参照して配線を行ってください。正しく接続され、本器とコミュニケータが通
信状態にあることを確認するために、3 項を参照して接続検査をしてください。
DC 電源
24V
赤線
+
−
通信ケーブル
黒線
250Ω
図 4-4 配線
(4)出力信号の校正手順
各コミュニケータの操作説明書を参照してください。
CommStaff 操作説明書
:4-1 項
HART コミュニケータ操作説明書 :3-2-8 項
CommPad 操作説明書
:4-24 項
4-8
4-3 校正値の復帰、履歴機能
ここでは、以下の機能の説明をします。これらの機能は、コミュニケータとの接続が必
要です。
注意
発信器プロセスが自動制御の状態で SFN 通信を行うと、出力が変動し危険な運
転状態になることがあります。この操作を実施する前にプロセスの制御ループ
を必ず手動制御に切り替えてください。
4-3-1 出荷時校正値の復帰
発信器の校正値を工場出荷時の状態に戻します。誤った値で校正したときに、工場出荷
時の適正な値に戻すときに使用します。
CommStaff 操作説明書
:4-3 項
HART コミュニケータ操作説明書 :3-2-8 項
CommPad 操作説明書
:4-22-4 項
4-3-2 診断履歴の表示
発信器に保存されている診断結果を表示します。過去に発生したエラーを確認すること
ができます。診断メッセージの内容については、表 4-3 を参照してください。
CommStaff 操作説明書
:4-4 項
HART コミュニケータ操作説明書 :3-3 項
CommPad 操作説明書
:4-5 項
4-3-3 ゼロ校正内部データ
発信器内部に保存されているゼロ点校正のデータです。ゼロ点校正のデータを保存しま
す。校正データの読み出しはコミュニケータにて実施します。ゼロ校正値の推移を見る
ことで、発信器のメンテンナンスの周期、交換時期の予測に使えます。
CommStaff 操作説明書
:4-6 項
HART コミュニケータ操作説明書 :HART コミュニケータに表示機能なし
CommPad 操作説明書
:4-28-2 項
4-9
表 4-3 診断表示メッセージの内容
診断表示メッセージ
重故障
機器ステータス
説明
内部データミスマッチ
発信器の設定データまたは校正データが壊れ
ています。
PROM 異常
PROM の故障
入力データ異常
・入力データの異常
・プロセス側の異常
・発信器の故障
NVM 異常
電気部品の故障
RAM 異常
電気部品の故障
ROM 異常
電気部品の故障
メータボディ温度が高い
メータボディの温度が高すぎます。
ゼロ校正異常
ゼロ校正量が大きすぎます。
スパン校正異常
スパン校正量が大きすぎます。
過大圧またはメータボディ異常
・入力圧力が設定可能レンジの 2 倍を超えて
います。
・発信器不良
未校正
校正値が消去されています。
外部ゼロ調整スイッチ異常
外部ゼロ調整スイッチが故障しています。
4-10
4-4 トラブルシューティング
本発信器が動作しない、もしくは動作が異常な場合は、表 4-4、表 4-5 の項目を確認して
ください。確認しても改善されない場合には、使用を直ちに中断し、電源を外した上で
弊社支店、営業所、販売代理店へ連絡してください。
表 4-4 トラブルシューティング
現 象
対 策
表示部に何も表示されない
・電源電圧が正しく印加されている確認してください。
・電源の結線がされているか確認してください。
出力が 0 のまま変化しない
・本器の設定内容が合っているか確認してください。
・ローフローカット範囲の流量でないか確認してください。
・導圧配管に詰まりがないか確認してください。
・マニ弁や止め弁が正しく開、閉されているか確認してください。
出力がずれている
・配管から流体が漏れていないか確認してください。
・流体が逆流していないか確認してください。
・HP 側、LP 側の接続の向きが合っているか確認してください。
・発信器が大きく傾いていないか確認してください。
上記以外に下記の確認を行います。
• コミュニケータによる自己診断結果の確認(表 4-5)
• HP 側、LP 側の接続の向きは合っているか
• 配管接続部に漏洩はないか
• 製品側のボルト締付け部に緩みはないか
• 配線に緩みや断線がないか
• 電源電圧や負荷抵抗は仕様どおりか
• 圧力・温度は仕様どおりか
• 強い磁気やノイズ発生源が近くにないか
4-11
表 4-5 診断表示メッセージと対処方法
診断表示
メッセージ
内 容
対処方法
指示計表示
内部データ
ミスマッチ
内部データ
ミスマッチ
機器の設定データ 終了ボタンを押し、再度通信 Err.09
または校正データ してください。機器データを CONFIG
が壊れています。 再設定し、もう一度校正して
ください。
重故障
A/D コンバータ
異常
A/D コンバータの センサまたはプリント板に異 Err.01
故障
常がありますので問合せ先に A-D CNV
ご連絡ください。
センサ特性データ センサ特性データ センサ特性データに異常があ Err.02
異常
の異常
りますので、問合せ先にご連 PROM
絡ください。
機器
ステータス
入力データ異常
入力データの異常 センサまたはプリント板に異 Err.03
常がありますので問合せ先に INPUT
ご連絡ください。
CPU 異常
CPU の動作異常
NVM 異常
NVM の読み / 書
き異常
プリント板に異常があります Err.04
ので問合せ先にご連絡くださ CPU
い。
Err.05
NVM
RAM 異常
RMA の読み / 書
き異常
Err.06
RAM
ROM 異常
ROM の読み出し
異常
Err.07
ROM
出力回路異常
出力回路の異常
Err.08
OUTPUT
メータボディ温度 メータボディの温 メータボディの温度が仕様範 AL.20
が高い
度が高すぎます
囲内に入るように設置してく M/B TEMP
ださい。またはプロセス流体
の温度に異常がないか確認し
てください。
ゼロ校正異常
スパン校正異常
定電流モード
ゼロ校正量が大き 入力圧が校正値とあっている AL.21
すぎます
か確認し、再度校正してくだ ZERO. CAL
スパン校正量が大 さい。
AL.22
きすぎます
SPAN. CAL
定電流モードで動 定電流モードを解除してくだ OUTPUT%
作しています
さい。
OUTMODE
過大圧またはメー ・入力圧力が設定 ・入力圧が仕様範囲内である
か確認をしてください。
タボディ異常
可能レンジの 2
倍を超えていま
す
・発信器不良
AL.24
OVRLOAD
・入力圧力が大きい場合は入
力圧を下げるか、必要に応
じてレンジの大きい機種と
交換してください。
未校正
校正値が消去され 出荷時校正値復帰を実施する AL.26
ています
か、設定レンジの下限値と上 NO.CALIB
限値を校正してください。
外部ゼロ調整
スイッチ異常
外部ゼロ調整スイッチまたは AL.28
外部ゼロ調整ス
イッチが故障して プリント板に異常があります SWITCH
ので、問合せ先にご連絡くだ
います
さい。
4-12
診断表示
メッセージ
機器
ステータス
内 容
対処方法
指示計表示
出力値を確認してください。 AL.51
出力アラーム検出 出力値が出力ア
OUT%. AL.
ラーム上 / 下限値
を超えています。
センサ温度
アラーム検出
センサ温度がセン センサ温度を確認してくださ AL.52
TEMP. AL
サ温度アラームの い。
上 / 下限値を超え
ています。
4-13
4-5 絶縁抵抗試験、耐電圧試験
(i)絶縁抵抗試験および耐電圧試験に関する注意
絶縁抵抗試験、耐電圧試験は原則として実施しないでください。この試験を行うと、内
蔵のサージ電流吸収用のバリスタが破損する場合があります。止むを得ず実施する場合
は、指定の手順に従って慎重に行ってください。
(ii)試験手順
①本器の外部配線を外します。
②SUPPLY 端子+と-をそれぞれ短絡します。
③これらの各短絡部と接地端子の間で試験を行います。
④印加電圧および判定基準は下記のとおりです。計器の破損を防ぐため、下記の値以上
の電圧は印加しないでください。
(iii)判定基準
試 験
絶縁抵抗試験
耐電圧試験
判定基準
試験電圧 25VDC で 2×10 Ω 以上
(25℃、60%RH 以下)
7
50VAC、1 分、設定電流 2mA
4-14
付録 A
工場出荷時のレンジ・ダンピング時定数の設定
粗調整時の工場出荷時レンジ設定
レンジ指定がある場合は指定レンジにて出荷。
形式
JTD910 □
JTD920 □
JTD921 □
JTD930 □
JTD931 □
JTD960 □
JTD961 □
JTC929 □
JTC940 □
JTE929 □
JTE930 □
JTG940 □
JTG960 □
JTG980 □
JTH920 □
JTH940 □
JTH960 □
JTH980 □
JTA922 □
JTA940 □
JTS922 □
JTS940 □
SI 単位
Pa
kPa
kPa
kPa
kPa
MPa
MPa
kPa
MPa
kPa
kPa
MPa
MPa
MPa
kPa
kPa
MPa
MPa
kPa abs
MPa abs
kPa abs
MPa abs
LRV
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
URV
500
50
50
350
350
7
7
50
0.7
50
350
2
7
20
50
700
2
20
13
2
13
0.7
工場出荷時のダンピング時定数 *
形式
JTD910 □
JTD920 □
JTD921 □
JTD930 □
JTD931 □
JTD960 □
JTD961 □
JTC929 □
JTC940 □
JTE929 □
JTE930 □
JTG940 □
JTG960 □
JTG980 □
JTH920 □
JTH940 □
JTH960 □
JTH980 □
JTA922 □
JTA940 □
JTS922 □
JTS940 □
調整スパン(X)/ダンピング時定数
4s
2s
0.1kPa ≦ X < 2kPa
5kPa ≦ X < 2.5kPa
2.5kPa ≦ X < 5kPa
0.75kPa ≦ X < 2.5kPa
2.5kPa ≦ X < 5kPa
35kPa ≦ X < 45kPa
45kPa ≦ X < 90kPa
35kPa ≦ X < 45kPa
45kPa ≦ X < 90kPa
0.25MPa ≦ X < 0.7MPa
0.7MPa ≦ X < 1.4MPa
0.25MPa ≦ X < 0.7MPa
0.7MPa ≦ X < 1.4MPa
2.5kPa ≦ X < 5kPa
70kPa ≦ X < 80kPa
80kPa ≦ X < 210kPa
2.5kPa ≦ X < 5kPa
35kPa ≦ X < 45kPa
45kPa ≦ X < 90kPa
17.5kPa ≦ X < 80kPa
80kPa ≦ X < 210kPa
0.7MPa ≦ X < 1.4MPa
0.7MPa ≦ X < 1MPa
2.5kPa ≦ X < 5kPa
35kPa ≦ X < 80kPa
80kPa ≦ X < 210kPa
0.7MPa ≦ X < 1.4MPa
0.7MPa ≦ X < 1MPa
4kPaabs ≦ X < 5kPaabs
35kPaabs ≦ X < 80kPaabs
80kPaabs ≦ X < 210kPaabs
4kPaabs ≦ X < 5kPaabs
35kPaabs ≦ X < 80kPaabs
80kPaabs ≦ X < 210kPaabs
* 指定がある場合は別途指定値にて出荷
付録 A-1
1s
5kPa ≦ X
5kPa ≦ X
90kPa ≦ X
90kPa ≦ X
1.4MPa ≦ X
1.4MPa ≦ X
5kPa ≦ X
210kPa ≦ X
5kPa ≦ X
90kPa ≦ X
210kPa ≦ X
1.4MPa ≦ X
1MPa ≦ X
5kPa ≦ X
210kPa ≦ X
1.4MPa ≦ X
1MPa ≦ X
5kPaabs ≦ X
210kPaabs ≦ X
5kPaabs ≦ X
210kPaabs ≦ X
宛:当社担当者→マーケティング部
マニュアルコメント用紙
このマニュアルをよりよい内容とするために、お客さまからの貴重なご意見(説明不足、間違い、誤
字脱字、ご要望など)をお待ちいたしております。お手数ですが、本シートにご記入の上、当社担当
者にお渡しください。
ご記入に際しましては、このマニュアルに関することのみを具体的にご指摘くださいますようお願い
申し上げます。
AT9000 Advanced Transmitter SuperAce
資料名称: 差圧・圧力発信器
取扱説明書
TM
資料番号: CM1-ATS100-2001 初 版
お 名 前
貴 社 名
所属部門
電話番号
貴社住所
キ
ページ
行
コ メ ン ト 記 入 欄
リ
ト
リ
線
当社記入欄
記
事
受付 No.
受付担当者
資 料 番 号
資 料 名 称
CM1-ATS100-2001
TM
AT9000 Advanced Transmitter SuperAce 差圧・圧力発信器
取扱説明書
発 行 年 月
発
行
2014 年 7 月 初 版
アズビル株式会社
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement