形名 CC431

形名 CC431
エルモカメラコントロールユニット取扱説明書
形名
CC431
このたびはエルモカメラコントロールユニットC C 4 3 1 をお買いあげいただき、まこと
にありがとうございます。
お求めのカメラを安全に正しく使っていただくために、お使いになる前に「取扱説
明書」をよくお読みください。お読みになった後はいつでも手元においてご使用く
ださい。
安全上のご注意
ご使用の前に、この安全上のご注意をよくお読みのうえ、正しくお使いください。この取扱説明書には、お使
いになるかたや他の人への危害と財産の損害を未然に防ぎ、安全に正しくお使いいただくために、重要な内容
を記載しています。
次の内容(表示、図記号)をよく理解してから本文をお読みになり、記載事項をお守りください。
[表示の説明]
表
示
表示の意味
※1
警告
“取り扱いを誤った場合、人が死亡、または重傷を負うことが想定されるこ
注意
“取り扱いを誤った場合、人が傷害を負うことが想定されるか、または物的損
と”を示します。
※2
※3
害の発生が想定されること”を示します。
※ 1: 重傷とは、失明やけが、やけど(高温・低温)
、感電、骨折、中毒などで、後遺症が残るもの、および
治療に入院・長期の通院を要するものをさします。
※ 2: 傷害とは、治療に入院や長期の通院を要さない、けが・やけど・感電などをさします。
※ 3: 物的損害とは、家屋・家財および家畜・ペットなどにかかわる拡大損害をさします。
[図記号の説明]
図 記 号
図記号の意味
“
禁 止
指 示
”は、禁止(してはいけないこと)を示します。
具体的な禁止内容は、図記号の中や近くに絵や文章で示します。
“ ”は、指示する行為の強制(必ずすること)を示します。
具体的な指示内容は、図記号の中や近くに絵や文章で示します。
警 告
電源プラグを
抜け
■ 異常や故障のときは、すぐ使用をやめること
煙が出る、こげくさい、落として破損した、内部に水や異物が入ったなどの、異常状
態で使用すると、火災・感電の原因となります。すぐに機器の電源プラグをコンセン
トから抜き、販売店にご連絡ください。
■ 風呂、シャワー室には置かないこと
火災・感電の原因となります。
水場禁止
■ 水がかかる場所で使用しないこと
火災・感電の原因となります。
水ぬれ禁止
分解禁止
■ 修理・分解・改造はしないこと
火災・感電の原因となります。
内部の修理・点検・清掃は販売店にご依頼ください。
■ 指定された電源を使用すること
指定された電源以外では、火災・感電の原因となります。
指 示
−2−
■ 本機の上に物を置かないこと
金属類や液体など、異物が内部に入った場合、火災・感電の原因となります。
禁 止
■ 不安定な場所、傾いた所、振動のある所に置かないこと
落ちたり倒れたりして、けがの原因となります。
禁 止
■ 雷が鳴り出したら、機器の本体、電源コード、接続ケーブルなどに触れないこと
感電の原因となります。
接触禁止
注 意
指 示
■ 設置の際は次のことを守ること
・テーブルクロスなどを掛けない
・じゅうたんや布団などの上に置かない
・通風孔をふさがない
・熱のこもりやすい狭い場所に押し込まない
内部に熱がこもり、火災の原因となることがあります。
■ 直射日光の当たる場所や温度の高い場所に置かないこと
内部の温度が上がり、火災の原因となることがあります。
禁 止
■ 湿気・油煙・湯気・ほこりの多い場所に置かないこと
火災・感電の原因となることがあります。
禁 止
■ レンズで太陽を見ない、レンズを太陽光など強い光が当たる場所に置かないこと
光が焦点に集まり、目を痛めたり、火災の原因となることがあります。
禁 止
■ カメラを口に入れない、飲み込まないこと
窒息・けがの原因となることがあります。
禁 止
指 示
■ 定期的(おおむね 5 年に 1 度)に点検・清掃を販売店にご依頼ください
内部にほこりがたまると、火災・故障の原因となることがあります。
点検・清掃費用については販売店にお尋ねください。
免責事項について
● 地震、火災、第三者による行為、その他事故、お客様の故意または過失、誤用、その他異常な条件下での
使用により生じた損害に関して、当社は一切責任を負いません。
● 本製品の使用または使用不能から生ずる付随的な損害(事業利益の損失・事業の中断・記憶内容の変化・
消失など)に関して、当社は一切責任を負いません。
● 取扱説明書の記載内容を守らないことにより生じた損害に関しては、当社は一切責任を負いません。
● 当社が関与しない接続機器、ソフトウエアとの組み合わせによる誤動作等から生じた損害に関して、当社
は一切責任を負いません。
● お客様ご自身又は権限のない第三者が修理・改造を行った場合に生じた損害に関して、当社は一切責任を
負いません。
● 本製品に関し、いかなる場合も当社の費用負担は本製品の個品価格以内とします。
著作権
・肖像権について
権・
お客様がテレビカメラで撮像した画像を権利者に無断で使用、開示、頒布または展示等を行うと著作権法等
に抵触する場合があります。また、著作権の対象となっている画像やファイルの伝送は、著作権法で許容さ
れた範囲内でのご使用に限られますのでご注意ください。
−3−
− 目 次 −
安全上のご注意 ..................................................................................
2
1. 使用・設置上のお願い ...............................................................
5
2. 構成 ........................................................................................
5
3. 各部の名前と働き ......................................................................
6
4. 接続のしかた(例)...................................................................
8
5. 背面パネルの接続について ........................................................
9
6. カメラ制御器を固定して使用する場合 ........................................
10
7. 操作のしかた.............................................................................
11
7 . 1 A G C(自動ゲインコントロール) .................................
11
7 . 2 ホワイトバランス .............................................................
11
7 . 3 F U N C L O C Kスイッチ ....................................................
12
8. 画面表示によるモードの設定 .....................................................
13
8 . 1 F I L E(シーンファイル) ..............................................
14
8 . 2 S H U T T E R(電子シャッタ,逆光補正) ..........................
14
8 . 3 P E D E S T A L(ペデスタル) ............................................
16
8 . 4 S Y N C(外部同期設定) ...................................................
17
8 . 5 A R E A(測光エリア) ......................................................
18
8 . 6 W B - O F F S E T(ホワイトバランスオフセット) ............... 2 0
8 . 7 F L C(フリッカ軽減) ......................................................
20
8 . 8 I N I T . (シーンファイルの初期化) ...................................
21
8 . 9 E N D(画面表示の終了) ...............................................
21
9. 外部同期 ...................................................................................
22
10. 故障かな?!と思われたとき .....................................................
23
11. オプション(別売品) ...............................................................
23
12. 保証と修理サービスについて .....................................................
24
13. 仕様(別売カメラヘッドM N 4 3 H 接続時) ................................
25
14. 外観図.......................................................................................
26
サービスマン操作用
15. カメラヘッドM N 4 2 H / C N 4 2 H の接続について .......................
−4−
27
1.使用・設置上のお願い
● 取扱はていねいに
● 保護キャップの扱いは
落下させたり強い衝撃や振動を与えないでくだ
さい。故障の原因になります。また、接続ケー
保護キャップは、乳幼児が触れないようにしてく
ださい。口に含んだり、誤って飲み込んだりする
ブルは乱暴に取り扱わないでください。ケーブ
危険があります。また、保護キャップはカメラ
ル断線の恐れがあります。
ヘッドからレンズを外したときに、撮像面の保護
をしますので捨てずに保存してください。
● 強い光を撮らないで
画面の一部分にスポット光のような強い光があ
たるとブルーミング、スミアを生じることがあ
● 長時間ご使用にならないときは
安全のために電源の供給を停止しておいてくだ
さい。
りますのでさけてください。強い光が入った場
合、画面に縦縞が現れることがありますが故障
ではありません。また、被写体の近くに強い光
● お手入れの際は
電源を切って乾いた柔らかい布で拭いてくださ
い。ベンジン、アルコール、シンナー、家庭用
があった場合にゴーストが発生することがあり
ます。このような場合は撮影の角度をかえてく
洗剤、化学雑巾などは使用しないでください。
塗装や表示がはげたり、変質することがありま
ださい。
す。レンズの清掃は、レンズクリーニングペー
● 画面ノイズの入らない場所に
パーなどで行ってください。
カメラ設置、ケーブル類の配線に際し、電灯線
やテレビ受像器が近くにある場合、画面ノイズ
が入ることがあります。そのときは位置や配線
をかえてください。
● 次のような場所での使用や保管は避けてくだ
さい
・引火性の高いガスが充満しているところ
● モアレの発生
・ガソリン、ベンジン、シンナーなどの近く
細かい縞模様を撮ると実際にはない縞模様(モ
アレ)が干渉ジマとして現れることがあります
・振動の激しいところ
・防虫剤などの薬品やゴム、ビニール製品に長
時間接触するところ
が、故障ではありません。
● 使用周囲温度・湿度
仕様を超える周囲温度・湿度の場所では使用し
ないでください。画質の低下の他、内部の部品
に悪影響を与えます。直射日光の当る所でのご
使用には特にご注意ください。また、高温時で
の撮影では被写体やカメラの状態(ゲインを上
げている場合等)によっては縦スジや白点状の
ノイズが発生することがありますが、故障では
ありません。
2.構 成
(1)カメラコントロールユニット(カメラ制御器) ................................ 1
(2)付属品
(a)取扱説明書 ..................................................................................... 1
(b)保証書 ............................................................................................. 1
(c)ビデオケーブル(2 m ) .............................................................. 1
(d)B N C → U S ピン変換器 .............................................................. 1
−5−
3. 各部の名前と働き
カメラ制御器
POWERスイッチ
2POWERスイッチ
②
POWER表示灯
③ POWER表示灯
3
CAMERA
CAMERA端子
1①CAMERA端子
AGC
POWER
UP
ON
OFF
ON
OFF
AGCスイッチ
4④AGCスイッチ
⑤ WBスイッチ
5 WBスイッチ
R
WB
WB
SET
AUTO
SET
MANU
⑧ UPボタン
UPボタン
8
FUNC
B
DOWNボタン
⑨ DOWNボタン
9
FUNCボタン
⑦FUNCボタン
7
⑥ ホワイトバランス調整ボリウム
ホワイトバランス調整ボリウム
6
EXTSYNC端子
SYNC端子
qEXT
⑪
DC IN 12V
S-VIDEO端子 e⑬VIDEO端子
VIDEO端子
⑫ S-VIDEO端子
w
EXT SYNC
S-VIDEO
VIDEO
DCIN
IN12V端子
12V端子
p⑩DC
REMOTE
IRIS
FUNC LOCK
ON
OFF
⑮ FUNC
FUNCLOCKスイッチ
LOCKスイッチ
t
REMOTE端子
REMOTE端子
r⑭
−6−
⑯
IRIS端子
yIRIS端子
1 C A M E R A 端子
カメラヘッド(別売品)との接続用端子です。
2 P O W E R スイッチ
カメラ制御器の電源を入/切します。
3 P O W E R 表示灯
電源が入るとランプが点灯します。
4 A G C スイッチ
ゲインのモードを切換えます。
(A G C O F F / A G C O N / S E N S U P )
5 W B スイッチ
ホワイトバランスのモードを切換えます。
(M A N U / S E T / A U T O )
6 ホワイトバランス調整ボリウム
5 のW B スイッチにてホワイトバランスのモードをM A N U
にしたときにR ゲインとB ゲインを調整します。
7 F U N C ボタン
画面上に設定メニューを表示するとき、設定表示内容を決
定するときに使用します。
8 U P ボタン
画面上に設定メニューを表示している場合、設定項目を選
ぶときに使います。( 5 のW B スイッチがS E T になって
いるときは、U P スイッチを2 秒以上押すことによりホワイ
トバランスS E T 動作を行います。)
9 D O W N ボタン
画面上に設定メニューを表示している場合、設定項目を選
ぶときに使います。
p D C I N 1 2 V 端子
D C 電源(1 2 V )を接続します。
q E X T S Y N C 端子
カメラ出力信号を外部信号に同期させるときに、外部信号
を入力します。
w S - V I D E O 端子
モニターテレビやV T R 等のS 映像入力端子に接続します。
e V I D E O 端子
モニターテレビやV T R 等の映像入力端子に接続します。
S - V I D E O 端子と同時使用が可能です。
r R E M OT E 端子
R S 2 3 2 C により機能の制御を行いたいときに使用します。
t F U N C L O C K スイッチ
フロントパネルのスイッチおよびボリウムのL O C K ス
イッチです。O N の場合は、 2 P O W E R スイッチおよび
画面設定メニューのF I L E の項目以外は、設定を変えるこ
とができません。
y I R I S 端子
自動絞りレンズを使用するときに接続します。
−7−
4. 接続のしかた(例)
モニターテレビ
<標準接続の例>
(M N 4 3 H の場合)
カメラ制御器
VIDEO
レンズ
(別売品)
カメラ
ヘッド(別売品)
CAMERA
DC IN 12V
カメラケーブル
(別売品)
DC電源
(12V)
お願い
● カメラケーブル(カメラヘッド部とカメラ制御器の接続用)を接続、または取り外すとき
は、必ずカメラ制御器のP O W E R スイッチをO F F にしてください。P O W E R スイッチが
O N の状態で接続、取り外しを行ないますと、カメラヘッドの故障の原因となります。
● カメラヘッドを接続するときは、必ずカメラ制御器、接続機器の電源を切っておいてくだ
さい。
● カメラヘッドは指定されたものを使用してください。
(1)カメラヘッド(別売品)の保護カバーを外し、レンズ(別売品)を取り付けます。
(2)カメラヘッド(別売品)とカメラ制御器を接続します。
(3)カメラ制御器のVIDEO端子(またはS-VIDEO端子)とモニターテレビ等の映像入力端
子をケーブルで接続します。
(4)カメラ制御器のD C I N 1 2 V 端子にD C 電源(1 2 V )を接続します。
● D C I N 1 2 V 端子に接続するD C 電源(1 2 V )は、下記の定格のものをご使用ください。
電 源 電 圧
電 流 容 量
リップル電圧
接続コネクタ
:
:
:
:
DC12 ± 0.5V
8 0 0 m A 以上
5 0 m V (p - p )以下
D C 入力コネクタ
(ヒロセ電機 H R 1 0 A - 7 P - 4 S )
+
−
ピン1 ,2 :⃝ ピン3
,4 :⃝
−8−
5. 背面パネルの接続について
カメラ制御器の背面の接続端子は、下記のようになっています。
DC IN 12V
1
3
2
4
EXT SYNC
S-VIDEO
4
3
2
1
VIDEO
REMOTE
IRIS
FUNC LOCK
3
4
5
9
8
2 1
ON
OFF
7 6
S- VIDEO
DC IN 12V
6
1
4
3
5
2
R E M OT E
IRIS
1
+12V
1
GND
1
NC
1
NC
2
+12V
2
GND
2
TXD
2
VIDEO
3
GND
3
Y
3
RXD
3
GND
4
GND
4
C
4
DSR
4
+12V
5
GND
5
GND
6
DTR
6
NC
7
CTS
8
RTS
9
NC
*R E M O T E 端子をご使用になる場合は、販売店へご相談ください。
●
自動絞り(E E)レンズを使用する場合
IRIS端子の電気的接続は、下表の通りです。IRIS端子に接続可能なコネクタは、ヒロセ電機(株)
HR10A-7P-6Pです。
表1
I R I S端子
信 号
1
(非接続)
2
ビデオ信号
3
アース
4
D C 電源
5
アース
6
(非接続)
定 格 0 . 8 ±0 . 1 V ( p - p )
+ 1 2 V (5 0 m A 以下)
* 電源供給電流は、5 0 m A までです。
* 接続の誤り、短絡(ショート)がないようご注意ください。
−9−
●
アイリス延長ケーブル(別売品)を使用する場合
E Eレンズを使用する場合は、アイリス延長ケーブル(別売品)を使用することができます。
レンズ側につけるコネクタはヒロセ電機(株)H R 1 0 A - 7 P - 4 P 、接続は下記とします。
アイリス延長ケーブルを使用すると、延長ケーブル
内部で接続が変換され、表1のE E レンズ用の接続と
なります。
E Eレンズコネクタ接続
使用コネクタ H R 1 0 A - 7 P - 4 P
1.D C 電源(+ 1 2 V )
2.アース
3.ビデオ信号
4.非接続またはアース
6. カメラ制御器を固定して使用する場合
カメラ制御器の底面の4 ヵ所のゴム脚を外すと、M3 のネジにてカメラ制御器を直接とめること
ができます。ただし、内部のユニットにショートする恐れがありますのでカメラ制御器取付け
面より制御器内部へ5 m m 以上入らぬようにとめてください。M3 ネジ穴の位置は、外観図をご
参照ください。
− 10 −
7. 操作のしかた
カメラ制御器のP O W E R スイッチをO N 側にし、レンズ絞りやフォーカスをモニターテレビを
見ながら調節します。最良の画像が得られるように、必要に応じて各種設定を行います。
7 . 1
AGC(自動ゲインコントロール)
1 A G C 機能がオフ「O F F 」、オン「O N 」、センスアップ「U P 」のいずれかをA G C スイッチで
選択できます。
A G C は通常、「O F F 」で使用し、カメラ感度が不足する場合は「O N 」に、さらに不足すると
きは「U P 」にします。感度は「O N 」で約2倍になり、「U P 」にするとさらに約2 倍感度が上
がりますが、ノイズも多少増えるため、良い画像を得るためには照明を明るくすることをお勧
めします。
A G C 測光エリアは、8. 5 A R E A (測光エリア)を参照ください。
7 . 2
ホワイトバランス
2 正しい色調の画像を得るためには、ホワイトバランスの調整が必要です。本カメラは、自動
「A U T O 」/プッシュセット「S E T 」/手動「M A N U 」のいずれかのホワイトバランスの選
択が可能です。「A U T O 」モードでは、カメラが自動的にホワイトバランスを合わせます。ほ
とんどの撮影は「A U T O 」で行なうことができます。
このカメラの対応可能な光源の色温度は、約2 5 0 0 ∼ 7 0 0 0 K です。
自 動 (AU TO )
プッシュセット (S E T)
手 動 (M A N U)
カメラが自動的に色温度 白い被写体を写しながらカメラ制 白い被写体を写しながらカメ
概 要 をはかり、ホワイトバラ 御器の「U P 」ボタンを押してホ ラ制御器のR (赤), B (青)
ンスを合わせます。
のレベル調整をします。
ワイトバランスを合わせます。
色温度の変化に自動追尾 自動より精度が高い。
プッシュセットより精度が高
してカメラがホワイトバ 色温度の変化が少ない撮影条件 い。人為的なホワイトバランス
特 徴 ランスを合わせます。
設定ができる。色温度の変化が
のときに有効。
少ない撮影条件のときに有効。
照明条件が悪い場合、ホ
備 考 ワイトバランスがとれな
いことがあります。
モニターテレビまたはベクト
ルスコープで確認しながら調
整を行います。
− 11 −
● 「自動(AUTO) 」以外のホワイトバランス
(a)プッシュセットホワイトバランス
(1)W B スイッチを「S E T 」に切り換えます。
▲
(2)白い被写体を画面いっぱいに写し、U P ボタン(□)を約2秒間押します。
(3)ホワイトバランスがとれると、画面右上に点滅表示されている「WB SET」の文字
が「WB OK 」に変わったのち消えます。 「WB NG」が表示された場合は、ホワ
イトバランスがとれません。原因は、白い被写体を写していないか、白い被写体を
写していても映像レベルが高すぎるか低すぎるか等が考えられます。白い被写体を
写すか、適切な映像レベルにしてください。
お願い
画面メニューを表示している状態ではU P ボタンは、カーソルの移動、データの変
更などに使用します。U P ボタンを押してプッシュセットを行うときは画面メ
ニューを消している状態で行ってください。
(b)手動ホワイトバランス
(1)W B スイッチを「M A N U 」に切り換えます。
(2)白い被写体を写し、モニターテレビやベクトルスコープで確認しながら、ホワイト
バランス調整ボリウム「R」「B」をドライバーで調整しホワイトバランスを合わせ
ます。
7 . 3
F U N C L O C K
スイッチ
3 Kス
F U N C L O C K スイッチは、各種スイッチ設定後、誤って
スイッチをさわっても設定された内容が変わらないように
するためのスイッチです。
F U N C L O C K スイッチをO N にすると
P O W E R スイッチ(O N / O F F )
画面メニューのF I L E (A / B )
のみ操作可能で他のスイッチは動かしても設定内容は変更
されません。また、FUNC LOCKスイッチがONのときの
画面メニューは、F I L E の項目とE N D 以外は黒文字となり
(FUNC LOCK OFF時は白文字)「FUNCTION LOCK
A C T I V E 」が点滅表示されF U N C L O C K スイッチがO N
であることを示します。 − 12 −
A
FILE
AUTO
SHUTTER
00
PEDESTAL
INT
SYNC
LINK:1
AREA
00
WB-OFFSET
OFF
FLC
INIT.
END
FUNCTION LOCK ACTIVE
PUSH FUNC TO SELECT
8. 画面表示によるモードの設定
本カメラはモニターテレビ上に表示される画面メニューを見ながら、各種の設定を行うことがで
きます。設定できるのは次の8項です。
(1) シーンファイル
(2) 電子シャッタ(A U T O /M A N U A L )、逆光補正
(3) ペデスタルレベル
(4) 外部同期の位相合わせ(水平同期、サブキャリア同期)
(5) ホワイトバランス、オート電子シャッタ、A G C の測光エリア
(6) ホワイトバランスオフセット
(7) フリッカ軽減
(8) シーンファイルの工場出荷設定
画面メニューを表示するには、FUNCボタンを押します。
すると右図のようなメニューが表示され、現在の設定状態
を示します。UPボタン、DOWN ボタンでカーソルを上下
に移動し設定したい項目に合わせ、FUNCボタンで決定し
ます。終わるときには、ENDにカーソルを合わせFUNCボ
タンを押して画面メニューを消します。
FUNC
UP ボタン
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
カーソルあるいはデータをアップします。
DOWN ボタン カーソルあるいはデータをダウンします。
FUNC ボタン
メインメニュー
項目あるいはデータの決定をします。
お願い
画面メニューにて設定を変更したときは、必ず
E N D にカーソルを合わせ、F U N C ボタンを押して
画面メニューを消してください。その時点で設定
された内容がカメラに記憶されます。
画面メニューが表示されている状態でP O W E R ス
イッチを切ると表示されていた内容は記憶され
ず、その前の古いデータとなりますのでご注意く
ださい。
− 13 −
PUSH FUNC TO SELECT
8 . 1
F I L E
(シーンファイル)
1 E(
本カメラには、撮影状態に合わせて選べる A,Bふたつの
シーンファイルがあります。
(1)メインメニューにてUP,DOWNボタンにてカーソル
をF I L E に合わせます。
(2)F U N C ボタンを押してF I L E の設定できる内容A , B
を表示させます。UP,DOWNボタンにてカーソルを
A またはB に合わせます。そしてF U N C ボタンを押
して決定します。
お知らせ
シーンファイルは、画面メニューに対してのファイ
ルであり、A G C スイッチ、W B スイッチはそのス
イッチのポジションの設定が有効です。
8 . 2
S H U T T E R
(電子シャッタ
2 R(
タ,, 逆 光 補 正 )
本カメラの電子シャッタには、A U T O (オート電子シャッ
タ), 1/60∼1/10000, SS(シンクロスキャン)があります。
A U T O : 設定された映像レベルになるように自動的に電子
シャッタを制御します。逆光補正、ピーク測光、
アベレージ測光、測光エリアの選択ができます。
1 / 6 0 ∼1 / 1 0 0 0 0 : 1/60, 1/100, 1/250, 1/500, 1/1000,1 /
2 0 0 0 , 1 / 4 0 0 0 , 1 / 1 0 0 0 0 の8種類の中
からいずれかの露光時間に固定でき
ます。
S S : 電子シャッタを水平走査時間(1H )単位で設定でき
ます。
(1)メインメニューにてUP,DOWNボタンにてカーソル
をS H U T T E R に合わせます。
(2)FUNCボタンを押してSHUTTERの設定できる内容
AUTO∼EXITを表示させます。UP,DOWNボタン
にてカーソルをA U T O ∼S S まで希望する項目に合
わせます。そしてFUNCボタンを押し希望する項目
を白ふちにします。
(3)UP,DOWNボタンによりカーソルをEXITへ移動さ
せFUNCボタンを押しメインメニューへ戻ります。
− 14 −
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
B
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
AUTO
1/60
1/100
1/250
1/500
1/1000
1/2000
1/4000
1/10000
SS 262/525H
EXIT
PUSH FUNC TO SUB MENU
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
① AUTOモード(オート電子シャッタ)の詳細設定について
A U T O を選択した状態でF U N C ボタンを押すと
S H U T T E R :A U T O のサブメニューが表れます。
この画面メニューにて詳細の設定をします。
L E V E L : オート電子シャッタの映像レベルの調整をし
ます。値が大きくなると明るくなり小さくな
ると暗くなります。- 3 0 ∼3 0 までデータ設定
できます。
B L C : 逆光補正を行います。メインメニューのAREA の
項目で測光エリアが「1/2」,「1/8」,「SLIT」の
どれかを選択している場合逆光補正を設定するこ
とができます。O N で逆光補正を行い、O F F で補
正を行いません。
測光エリアが「1 」のときは、B L C は黒文字とな
り設定を行うことができません。
P E A K : A V E : オート電子シャッタの映像レベルの測光
をピーク測光するかアベレージ測光する
かを選択します。00:10∼10:00までピー
ク測光とアベレージ測光の比率を変える
ことができます。
AUTO
1/60
1/100
1/250
1/500
1/1000
1/2000
1/4000
1/10000
SS 262/525H
EXIT
PUSH FUNC TO SUB MENU
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
SHUTTER:AUTO
LEVEL
BLC
PEAK:AVE
EXIT
SUB MENU
00
OFF
00:10
PUSH FUNC TO SELECT
お知らせ
B L C がO N になっている場合には、P E A K : A V E は
黒文字となり、設定を行うことができません。
(1)U P , D O W N ボタンにて設定したい項目(L E V E L ,
B L C , P E A K : A V E )にカーソルを合わせF U N C
ボタンを押します。するとカーソルが項目のデータ
のところに移動します。UP,DOWNボタンを押して
データを設定します。
(2)データが設定できたらFUNCボタンを押します。す
るとカーソルが項目へ移動します。サブメニューの
設定を終えるときは、E X I T へカーソルを動かし
FUNCボタンを押しメインメニューのSHUTTERの
項目に戻ります。
− 15 −
SHUTTER:AUTO
LEVEL
BLC
PEAK:AVE
EXIT
SUB MENU
00
PUSH FUNC TO SELECT
(L E V E L の場合の表示例)
② S S (シンクロスキャン)について
(1)U P , D O W N ボタンでS S にカーソルを合わせ、
F U N C ボタンを押します。(S S に決定)
(2)もう一度、FUNCボタンを押すとデータにカーソル
が移動し点滅表示します。
U P , D O W N ボタンによりデータが
1 / 5 2 5 H ∼2 6 2 / 5 2 5 H
と変化します。希望のデータに設定しFUNCボタン
を押します。
(3)S H U T T E R のS S の項目に戻ります。
AUTO
1/60
1/100
1/250
1/500
1/1000
1/2000
1/4000
1/10000
SS 262/525H
EXIT
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
8 . 3
P E D E S T A L
(ペデスタル)
3 L(
(1)U P , D O W N ボタンでP E D E S T A L にカーソルを合
わせます。
(2)FUNCボタンを押します。カーソルがデータに移り
ます。U P , D O W N ボタンでデータを設定します。
データは、- 5 0 ∼5 0 まで設定できます。データが
設定できたらFUNCボタンを押しメインメニューに
戻ります。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
00
PUSH FUNC TO SELECT
− 16 −
8 . 4
S Y N C
(外部同期設定)
4 C(
外部同期をかけているときに水平位相、サブキャリア位相
を調整する項目です。内部同期時はI N T と表示し外部同期
信号が入力されるとE X T へ自動的に切換わります。
(1)U P , D O W N ボタンでS Y N C にカーソルを合わせ
ます。
(2)F U N C ボタンを押し設定できる項目(H - P H S ,
S C - P H S , S C - F I N E )を表示させます。
H- PHS
: H (水平)位相合わせ
0 ∼9 9
S C - P H S : S C (サブキャリア)粗調整
0,90,180,270
S C - F I N E : S C (サブキャリア)微調整
0 ∼9 9
(3)U P , D O W N ボタンで設定したい項目(H - P H S ,
SC- PHS, SC- FINE)にカーソルを合わせ、FUNC
ボタンを押すとデータが表示されます。UP,DOWN
ボタンでデータを設定しFUNCボタンを押しデータ
を確定します。メインメニューに戻るには、E X I T
へカーソルを合わせF U N C ボタンを押します。
お知らせ
S Y N C の項目表示中(H - P H S , S C - P H S , S C F I N E )に内部同期に切換えると、表示は自動的に
I N T に変わり、項目の設定はできなくなります。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
EXT.VBS
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
H-PHS
50
SC-PHS 0
SC-FINE 50
EXIT
PUSH FUNC TO SELECT
− 17 −
8 . 5
A R E A
(測光エリア
)
5 A(測光エリア
(測光エリア)
AREAは、AGC, オート電子シャッタ、ホワイトバランス
用の測光エリアの項目です。A G C とオート電子シャッタ
のA R E A 設定は連動していますが、A G C , オート電子
シャッタとホワイトバランスの測光エリアは個別設定が
可能です。
(1)U P , D O W N ボタンでA R E A にカーソルを合わせ
ます。
(2)FUNCボタンを押し設定できる項目(LINK,SEP)
を表示させます。
(3)UP,DOWNボタンで設定したい項目(LINK,SEP)
にカーソルを合わせます。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INIT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
① AGC,オート電子シャッタとホワイトバランスのAREA
設定を同じにするとき
(1)U P , D O W N ボタンでL I N K にカーソルを合わせま
す。
(2)F U N C ボタンを押しL I N K のデータ1 ∼S L I T を表
示させます。A R E A データ(1 , 1 / 2 , 1 / 8 , S L I T )の
うち設定したいデータにU P , D O W N ボタンでカー
ソルを合わせます。
(3)F U N C ボタンを押しデータを決定します。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
LINK 1
SEP
EXIT
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
LINK 1
SEP 1/2
EXIT 1/8
SLIT
PUSH FUNC TO SELECT
− 18 −
② A G C , オート電子シャッタとホワイトバランスの
A R E A 設定を個別にするとき
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
(1)UP,DOWNボタンでSEPにカーソルを合わせFUNC
ボタンを押します。SEPに白ふちがつき、SEPが選
択されている状態になります。
(2)F U N C ボタンを押しサブメニューを表示します。
(3)設定したい項目にUP,DOWNボタンでカーソルを合
わせます。
W B : ホワイトバランス用測光A R E A 1, 1/2, 1/8, SLIT
WBスイッチがAUTOおよびSETのとき有効
です。
S H U T T E R : オート電子シャッタおよびAGC 用測
光A R E A
1, 1/2, 1/8, SLIT
LINK 1
SEP
EXIT
PUSH FUNC TO SUB MENU
(4)F U N C ボタンで項目を決定します。
設定データ(1 , 1 / 2 , 1 / 8 , S L I T )が表示されます
のでUP,DOWNボタンで設定するデータにカーソル
を合わせ、F U N C ボタンでデータを決定します。
AREA:SEP
SUB MENU
WB
SHUTTER
EXIT
1
1
PUSH FUNC TO SELECT
(5)A R E A のサブメニューに戻りますのでE X I T にカー
ソルを合わせFUNCボタンを押しメインメニューに
戻ります。
AREA:SEP
SUB MENU
WB
SHUTTER
EXIT
1
1/2
1/8
SLIT
A R E A の大きさはほぼ次の通りです。
PUSH FUNC TO SELECT
① 1(モニター画面全体)
② 1/2
1
6
③ 1/8
H
4
6
1
6
H
V
6
8
V
1
8
V
1
8
V
6
8
V
1
8
V
H
④ SLIT
2.5
8 V
3
8
V
2.5
8 V
1
3
1
8
H
1
3
H
1
3
H
2.5
6 H
1
6
H
2.5
6 H
− 19 −
8 . 6
W B - O F F S E T
(ホワイトバランスオフセット)
6 T(ホワイトバランスオフセット)
W B スイッチがS E T のポジションのときホワイトバランス
の収束点をオレンジ方向あるいはシアン方向にオフセット
をつける場合の設定項目です。
(1)UP,DOWN ボタンでカーソルをWB-OFFSETに合
わせます。
(2)FUNCボタンを押すとデータの項目にカーソルが移
動します。
(3)U P , D O W N ボタンでデータを変えます。
+ 2 0 ∼- 2 0
+オレンジ方向
−シアン方向
希望のデータ値でFUNCボタンを押しデータを決定
します。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
00
PUSH FUNC TO SELECT
8 . 7
F L C
(フリッカ軽減)
7 C(
5 0 H z の電源周波数地域の蛍光灯フリッカ(ちらつき)現
象を軽減するための項目です。
O N でフリッカの軽減を行います。
(1)UP,DOWNボタンでカーソルをFLCに合わせます。
(2)F U N C ボタンを押しO N , O F F を表示させます。
U P , D O W N ボタンでO N , O F F を選択し、F U N C ボ
タンを押します。
お知らせ
F L C をO N にしてもフリッカの軽減の少ない時は、
レンズの絞りを調整してフリッカが最も軽減するよ
うにしてください。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
ON
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
− 20 −
8 . 8
I N I T ..(
(シーンファイルの初期化)
8 I N I T . は、シーンファイルの各設定を工場出荷状態に初期
化する機能です。
(1)F I L E の項目で初期化したいシーンファイルを選
びます。(A あるいはB )
(2)U P , D O W N ボタンにてカーソルをI N I T . に合わせ
ます。
(3)F U N C ボタンを押します。
現在選択しているシーンファイル(A またはB )が
表示され、N O ・Y E S が表示されます。
(4)初期化しない場合はN O を、初期化する場合はY E S
を選択しF U N C ボタンを押します。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
NO
YES
PUSH FUNC TO SELECT
工場出荷設定(I N I T . すると下記の内容になります。)
シーンファイルA , B とも同じ設定です。
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
AUTO
00
EXT.VBS
LINK:1 SEP WB
1
SHUTTER 1
00
OFF
(
H-PHS 50
SC-PHS 0
SC-FINE 50
)
LEVEL
BLC
PEAK:AVE
00
OFF
00:10
8 . 9
E N D
(画面表示の終了)
9 D(
画面メニューを終了させるには、UP,DOWNボタンでEND
にカーソルを合わせF U N C ボタンを押して終了します。
設定データをカメラに記憶させるには、必ずE N D にて表
示を消してください。その時点でカメラが設定したデー
タを記憶します。
画面メニューが表示されている状態でPOWERスイッチを
切ると表示された設定内容は記憶されずその前の古い
データとなりますのでご注意ください。
FILE
SHUTTER
PEDESTAL
SYNC
AREA
WB-OFFSET
FLC
INIT.
END
A
AUTO
00
INT
LINK:1
00
OFF
PUSH FUNC TO SELECT
− 21 −
9. 外 部 同 期
本カメラを外部同期で使用する場合は、カメラ制御器背面の端子「EXT SYNC」に複合映像信
号(C - V I D E O )を入力します。外部同期信号が入力されると、カメラは内部同期から外部同期
へ自動的に切換わります。
外部同期信号入力条件
C-VIDEO
(75Ω不平衡)
SYNC部
バースト部
0.3 ± 0.1V
0.3 ± 0.1V
外部同期引込周波数範囲
NTSC標準周波数に対して ±50 ppm以内
(水平周波数 15733.5 Hz ∼ 15735.0 Hz)
外部同期でカメラ2台以上を同時に使用する場合、 1台のカメラからもう1台のカメラに切り換え
たときに、画調が変わらないように調整することができます。必要に応じて、H (水平)位相と
S C (サブキャリア)位相を調整します。
● H(水平)位相合わせ
外部同期信号と本カメラの映像出力の波形を2
現象オシロスコープで観測し、H 位相が合うよ
うに画面メニューの「S Y N C 」の「H - P H S 」
を調整します。
外部同期信号
位相を
合わせる
カメラ映像出力
● SC(サブキャリア)位相合わせ
画面メニューの「S C 」の「S C - P H S 」で、0 ゜
、9 0 ゜
、1 8 0 ゜
、2 7 0 ゜
の粗調整を行い、「S C F I N E」で微調整を行ないます。ベクトルスコープで位相調整をすると、より精度が高くなり
ます。
− 22 −
10. 故障かな?!と思われたとき
症 状
調 べ る と こ ろ
映 像 が で な い
● カメラ及び接続機器の電源は入っていますか?
● レンズの絞りは正しく調節されていますか?
(QN42H用レンズには絞りはありません。)
● ケーブル類は正しく接続されていますか?
色が正しく出ない
● モニター(テレビ)は正しく調節されていますか?
● カメラのホワイトバランスを合わせましたか?(自動以外)
● 照明が暗くありませんか?
● SC位相合わせを行いましたか?(外部同期)
モニター画面上に
「HEAD UNCONNECTED」
あるいは
「CABLE DETECT ERR」
が表示されたとき
● 一度カメラの電源を切り、カメラヘッド、カメラケーブル、
カメラ制御器を正しく接続してからカメラの電源を入れてく
ださい。
(カメラケーブルが正しく接続されていないことが考えられ
ます。)
11. オプション(別売品)
詳しくは、お求めの販売店にお問い合わせください。
カメラヘッド
形 名
QN42H
QN42HL
CN43H
MN43H
UN43H
カメラケーブル
仕 様
形 名
直径7mmカメラヘッド
直径7mmカメラヘッド
Cマウントカメラヘッド
直径17mmカメラヘッド
直径12mmカメラヘッド
EMC-02H
EMC-03H
EMC-05H
EMC-12H
EMC-20H
EMC-30H
* レンズは含まれていません。
長さ(公称値)m 直径 m m
2
3
5
12
20
30
5.0
5.0
5.0
5.0
5.0
5.0
* C N 4 2 H ,M N 4 2 H ,C N 4 3 H ,M N 4 3 H ,
U N 4 3 H 接続用
− 23 −
12. 保証と修理サービスについて
● 保証について
必ず「販売店名・ 購入日」等の記入をお
確かめになり、保証内容をよくお読みの
うえ大切に保存して下さい。
保証期間:お求めの日から1 年間です
● 保証期間経過後、修理を依頼されるとき
お求めの販売店に、まずご相談くださ
い。修理により製品の機能が維持できる
場合には、ご要望により有料で修理いた
します。
● 保証期間中に修理を依頼されるとき
「使用・設置上のお願い」をはじめ、取
扱説明書の内容をもう一度ご覧いただき
なお異常のあるときは必ず電源の供給を
停止してから、お求めの販売店にご連絡
ください。保証書の記載内容により、販
売店が修理いたします。アフターサービ
スについてご不明な点はお求めの販売店
にお問い合わせください。
● 補修用性能部品について
このカメラの補修用性能部品の保有期間
は、製造打切後8 年です。(補修用性能
部品とは製品の機能を維持するために必
要な部品です。)
修理のため取り外した部品は、特段のお
申し出がない場合は弊社にて引き取らさ
せていただきます。
修理の際、弊社の品質基準に適合した再
利用部品を使用することがあります。
● <ご連絡していただきたい内容>
・ご住所 ・ご氏名 ・電話番号
・製品名 ・形名
・ご購入日
・故障内容
・異常の状況(できるだけ詳しく)
− 24 −
13.仕 様 (別売カメラヘッドMN43 H接続時)
電
源
消
費
電
流
撮
像
素
子
有
効
画
素
有 効 撮 像 サ イ ズ
走
査
方
式
走 査 周 波 数
同
期
方
式
解
像
度
標 準 被 写 体 照 度
最 低 被 写 体 照 度
S
/
N
映
像
出
力
出力インピーダンス
入 力
外部同期
調整機能
ホ ワ イ ト バ ラ ン ス
ゲイン切換(AGC)
電 子 シ ャ ッ タ
動作周囲温度/湿度
耐 振 動 / 耐 衝 撃
質
量
外
形
寸
法
( 突 起 部 を 除 く )
DC12V ± 0.5V
310 mA
1/2インチサイズ IT-CCD 水平:768画素 垂直:494画素
水平:6.54 mm 垂直:4.89 mm 2 : 1 インターレース
水平:15.734 kHz 垂直:59.94 Hz
内部同期/外部同期 (自動切換)
水平:470TV本以上 垂直:350TV本以上
30 lx (F1.6,3000K)
2.5 lx (F1.6,3000K)
46 dB以上
VBS 1.0V(p-p) (BNC端子) NTSC方式準拠 Y/C分離出力(S端子)
75Ω不平衡
VBS 1.0V(p-p) (BNC端子) 75Ω不平衡
サブキャリア位相 水平位相
自動/セット/手動
SENS UP (+6 dB) / ON / OFF
オート, 1/60s, 1/100s, 1/250s, 1/500s, 1/1000s, 1/2000s, 1/4000s, 1/10000s,
シンクロスキャン
−10℃ ∼ +40℃/90%以下
70 m/s2 (10 ∼ 200 Hz) / 700 m/s2
カメラ制御器 約 390g
カメラ制御器 幅 :85 mm 高さ:40 mm 奥行:156 mm
●意匠、仕様等は改良のため予告なく変更することがあります。
− 25 −
14. 外観図
単位 m m
カメラ制御器
85
156
11
7
20
R
20
DC IN 12V
FUNC
B
21.5
EXT SYNC
WB
SET
21.5
S-VIDEO
28
REMOTE
27
IRIS
FUNC LOCK
4-M3ネジ
3.9
63
9
10
ON
OFF
Φ12
114
VIDEO
26.5
10.5
WB
AUTO
SET
MANU
UP
ON
OFF
ON
OFF
40
AGC
POWER
CAMERA
24.5
24
19
3.9
− 26 −
10.8
サービスマン操作用
15. カメラヘッドM N 4 2 H / C N 4 2 H の接続について
カメラヘッドM N 4 2 H / C N 4 2 Hを接続する時は、下記の手順でカメラ制御器の内部スイッチを切
換えます。
(1)電源を切り、接続してあるすべてのケーブ
ルを外します。
(2)カメラ制御器底面の3 ヶ所のビスを外し、
内部ユニットを取り出します。
(2)
(1)
(3)
(3)内部回路ユニット上面のスイッチS 1 0 1 の
N o . 3 をO F F にします。
S101 No.3
OFF
ON
接続カメラヘッド
MN42H
CN42H
MN43H
CN43H
UN43H
QN42H
QN42HL
H101
ON
S101
OFF
Q508
P101
※他のスイッチは絶対に動かさないでくださ
い。動かしますと映像が正常に出ません。
(4)ケースをかぶせ、ビスをしめます。
− 27 −
Q503
R
本 社
名古屋市瑞穂区明前町 6 番 14 号
(052)811-5131 〒 467-8567
東 京 支 店
名古屋支店
大 阪 支 店
九 州 支 店
北海道営業所
仙台営業所
広島営業所
東京都港区三田 3 丁目 7 番 16 号
名古屋市瑞穂区明前町 6 番 14 号
大阪市中央区東高麗橋 2 番 4 号
福岡市博多区冷泉町 2 番 8 号朝日プラザ祇園 2 階
札幌市中央区北 4 条西 15 丁目 1 番 40 号
仙台市青葉区中央 4 丁目 10 番 14 号エノトセーフビル
広島市中区小町 5 番 8 号広島ドルチェ
(03)3453-6471
(052)824-1571
(06)6942-3221
(092)281-4131
(011)631-8636
(022)266-3255
(082)248-4800
〒 108-0073
〒 467-8567
〒 540-0039
〒 812-0039
〒 060-0004
〒 980-0021
〒 730-0041
URL: http://www.elmo.co.jp
*所在地電話番号は変更になることがありますのでご了承ください。
*「
」「
」は、株式会社エルモ社の登録商標です。
23552117
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement