ハンドピース・クリーニング

ハンドピース・クリーニング
ハンドピース ・ クリーニング
-ハンドピースの清掃・消毒方法-
お願い
本書は 「オペレーザ-Lite用ハンドピース」 及び 「オペレーザーPRO用ハンドピース」 のお手入れ方法について記載してあり
ます。 取り扱いについては必ずレーザー装置の取扱説明書をお読みください。
●思わぬ事故, 故障および損傷にいたることがありますのでご使用になる前に、 必ず本書をお読みください。
●お読みになった後は、 本製品の近くの見やすいところに大切に保管してください。
『お手入れの流れ』
はじめに
『先端ミラーが汚れると ・ ・ ・ ・ ・ 』
治
療
ハンドピースの先端についている 「先端ミラー」 が汚れているとガイ
ド光が 『暗くなった』 『見えない』 『割れて見える』 または 『出力
が弱くなった』 などの原因となります。
先端ミラー
の清 掃
注
『汚れたらどうすればいいのか ・ ・ ・ ・ ・ 』
日頃の先端ミラーのお手入れが大変重要となります。 日頃のお手入
れをこまめに行ってください。
ハンドピース
の消 毒
意
・ 出血を伴う治療をおこなった場合は必ず 『先端ミラーの清掃』
を行ってください。 ミラー表面に付着した血液がレーザー照射に
より焼き付く可能性があります (落ちにくい汚れになります)。
・ 治療をおこなう前に必ず 『ハンドピースの消毒』 を行ってくだ
さい。 『先端ミラーの清掃』 は治療後、 毎回行ってください。
2. お手入れ用品
1. ハンドピースの構造
先端ミラー
ヘッド
ジョイント
グリップ
・ ミラークリーナーチップ ・ ・ ・ 1 0本 (付属消耗品)
[別売 50本入<ヨシダ コードNo. 509175>]
・ 洗浄液 [99. 5%エタノール]
・ 消毒液 [70%エタノール]
※お手数ですが洗浄液/消毒液は医院でご用意ください。
3. ヘッドの滅菌
4. 超音波洗浄の禁止
1. 滅菌はヘッドのみが可能です。
※ 先端ミラーは外す必要はありません。
2. 滅菌方法は高圧蒸気滅菌が可能です。
3. 滅菌を行う場合は必ずヘッド及び先端ミラーの清掃をおこなって
ください。
4. 滅菌を行う場合は必ず滅菌パック(袋)に入れてください。
意
超音波洗浄器を使用しますとハンドピース表面が変質 (削れ, 剥
がれ) しますので使用しないでください。
5. エタノールについて
○滅菌例
(例 1)
滅菌温度 : 135℃
滅菌時間 : 6分間
滅菌圧力 :
196.1kPa
乾燥 : 送風乾燥
(例2)
滅菌温度 : 132℃
滅菌時間 : 10分間
滅菌圧力 :
196.1kPa
乾燥 : 自然乾燥
注
意
・ 必ずご使用の滅菌器の取扱説明書をよくお読みください。
・ 高温乾燥は行わないでください。
・ 先端ミラーの汚れを残したまま滅菌を行うと汚れがミラー表面
に焼き付き普通の清掃では落ちなくなる場合があります。
・ 135℃を超える滅菌は行わないでください。
・ 乾燥工程は中高温(135℃以上)になるので、 乾燥工程は行わ
ないでください。
注
注
意
エタノールは皮膚を乾燥させますので保護手袋を使用してください。
6. その他
ハンドピースのオプション 「90ヘッド」 についても同様の方法
で清掃してください。
『 先端ミラーの清掃』 , 『ハンドピース
の消毒』 は裏面になります。
7. お手入れ方法
7-1. 先端ミラーの清掃
① 『ヘッドを外す』
② 『ホコリやゴミを吹き飛ばす ・ 洗い流す』
ヘッドを90°ひねりジョイントより取り外します。
ジョイント
ヘッド
注
絵のようにシリンジでヘッドの先端側 (または逆側)
からスプレーし、 おおまかな汚れを落とします。
グリップ
注
意
グリップを持ってヘッドを外さないでください。 グリップを
持ってヘッドを外すと、 ジョイント部分も同時に緩み、 光軸
がずれる可能性があるため、 ヘッドを外す場合は必ずジョイン
トを持って外してください。
意
シリンジを使用する場合は必ずヘッドを
ジョイントから外してください。 ヘッド
を取らずにハンドピースのまま清掃する
と内部まで水が流れ込みハンドピース内
部のレンズを破損します。
③ 『先端ミラーの清掃』
a.洗浄液を用意しミラークリーナーチップのスポン
ジ部分に洗浄液を十分に浸す。
注
b.ヘッド先端からミラークリーナーチップを挿入
し、なでるように動かす。
意
強く擦るとミラークリーナーチップ
の柄の部分 (プラスチック) が
出てしまいミラー表面をキズつけて
しまいます。
c. ヘッドを水で濯ぐ。
ミラークリーナーチップを前後に動かしミ
ラー表面をなでるように動かして汚れを浮
かせます。
注
意
強く擦るとミラークリーナーチップの柄の
部分 (プラスチック) が出てしまいミ
ラー表面をキズつけてしまいます。
d. 汚れを再度確認する。
「b.」 で浮かせた汚れを水で洗い
流します。 十分に濯いでください。
②の方法でも可能です。
先端ミラーに汚れが残っているようであれば③を繰り返し行って
ください。
注
意
汚れが落ちないからといってミラー表面を強く擦ることは避け
てください。 強く擦るとミラー表面を傷つける原因となりま
す。
e. ヘッドを洗浄液で仕上げ濯ぎをし、 乾燥させる。
洗浄液で十分に濯ぎます。 その後に乾燥を十分行ってくださ
い。 方法は②と同じです。 エアーのみで行ってください。
水やスプレーは使用しないでください。
注
意
注
清掃の際にピンセットなどの
先端がとがったものは使用し
ないでください。 ミラー表面
をキズつける原因となります。
意
×
十分な乾燥が行われていないと残った水分が原因でハンドピー
ス 内部のレンズを損傷する恐れがあります。
④ 『ヘッドを取り付ける』
清掃が終わりましたらヘッドをジョイントに取り付けます。
7-2. ハンドピースの消毒
ハンドピースの表面を消毒液で拭いてください。
文書番号
M3取05-004
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement