698KB

698KB
FT-仕様-第 09037C号
2010 年 10 月
建築配管貫通部防火措置キット
「ニジカン-APW」
仕様書
古河電気工業株式会社
株式会社古河テクノマテリアル
4日
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
1. 製品概要
本製品は、空調用・給水給湯用・排水用・電気配線用などの配管が建築物内の壁を貫通す
る場所に使用する防火措置材料です。1 箇所の防火措置に必要な部材をキット化しています。
2. 防耐火性能と適用範囲
2.1 国土交通大臣認定
本製品は、建築基準法第 68 条の 26 第 1 項の規定に基づき、同法施行令第 129 条の 2 の
5 第 1 項第七号ハ「防火区画貫通部 1 時間遮炎性能」の規定に適合するものとして、国土交通
大臣認定(認定番号:PS060WL-0455)を取得しています(表-1)。
表-1 国土交通大臣認定の適用範囲
項目
仕様
国土交通大臣認定番号
形状
PS060WL-0455
円形
開口部
サイズ
占積率
貫通する部位の構造等
貫
通
物
項目
φ160mm 以下
67.0%以下
両面強化せっこうボード重張軽量鉄骨下地間仕切壁(準耐火構造)
厚さ 100mm以上
及び建築基準法第 2 条第七号の規定に基づく耐火構造(60 分)において、国土交通大臣が
認めた壁 厚さ 100mm以上
種類
寸法
導体の断面積 38mm2以下(1 本あたり)
ケーブル
配管
( ※印は 被覆 材を 適用
可能なものを示す)
合成樹脂製可とう電線管
(JIS C 8411(CD 管又は PF 管)
又は、JIS 規格準拠品)
材質:ポリエチレン樹脂製
外径 52mm以下
硬質塩化ビニル電線管
(JIS C 8430)
外径 89mm以下 厚さ 6.3mm以下
※硬質塩化ビニル管
(JIS K 6741、JIS K 6742、
JIS K 6776:記号 VP 又は HT)
外径 114mm以下 厚さ 7.6mm以下
被覆材を用いる場合は外径 32mm以下
※架橋ポリエチレン管
(JIS K 6769、JIS K 6787)
外径 27mm以下 厚さ 3.25mm以下
※ポリブテン管
(JIS K 6778、JIS K 6792)
外径 27mm以下 厚さ 2.9mm以下
※金属強化ポリエチレン管
外層・内層(ポリエチレン)
補強層(アルミニウム)
ポリエチレン管
(JIS K 6761、JIS K 6762
又は JWWA K 144)
外径 25.1mm以下 厚さ 2.75mm以下
外径 125mm以下 厚さ 11.4mm以下
ABS樹脂管
外径 110mm以下 厚さ 6.6mm以下
※銅管
(JIS H 3300、JIS H 3320)
外径 44.5mm以下 厚さ 2.3mm以下
1/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
材質:発泡ポリエチレン系、発泡架橋ポリエチレン系、発泡ポリウレタン系、発泡ポリスチレン
被覆材(後付タイプ)
系、発泡ポリプロピレン系、発泡フェノール系、発泡シリコーン系、発泡合成ゴム系(ニトリル、
(「配管」 項目中の※印
ブチルゴム等)
のものに対してのみ適
用)
厚さ 20mm以下(ただし、金属強化ポリエチレン管は 30mm以下、および硬質塩化ビニル管
は 6mm以下)
2.2 (財)日本消防設備安全センター評定(共住区画)
本製品は、「特定共同住宅等の住戸等の床又は壁並びに当該住戸等の床又は壁を貫通す
る配管等及びそれらの貫通部が一体として有すべき耐火性能を定める件」(平成 17 年消防庁
告示第 4 号)に規定された耐火性能を有しているものとして、(財)日本消防設備安全センター
評定(評定番号:KK21-007 号、008 号)を取得しています(表-2)。
表-2 (財)日本消防設備安全センター評定の適用範囲
項目
仕様
(財)日本消防設備安全センター評定番号
形状
KK21-007 号(共住区画:壁)
KK21-008 号(共住区画:中空壁)
円形
開口部
サイズ
φ160mm 以下
KK21-007 号
貫通する部位の構造等
KK21-008 号
厚さ 100mm 以上の耐火構造の壁
強化せっこうボード両面 2 枚重ね張り
厚さ 100mm 以上の耐火構造の壁
適用配管
※組み合わせごとに各配管の最大本数を記載しています
1. 断熱被覆架橋ポリエチレン管(JIS K 6769、JIS K 6787)(外径 27 ㎜以下 被覆厚さ 20 ㎜以下) 2 本
2. 断熱被覆架橋ポリエチレン管(JIS K 6769、JIS K 6787)(外径 21.5 ㎜以下 被覆厚さ 20 ㎜以下) 2 本
3. 付随電線・ケーブル EM-CE/F(JIS C 3605) 3×8mm2以下 2 本
2
1
1
3
1. 断熱被覆ポリブテン管(JIS K 6778、JIS K 6792)(外径 27 ㎜以下 被覆厚さ 20 ㎜以下) 2 本
2. 断熱被覆ポリブテン管(JIS K 6778、JIS K 6792)(外径 22 ㎜以下 被覆厚さ 20 ㎜以下) 2 本
3. 付随電線・ケーブル EM-CE/F(JIS C 3605) 3×8mm2以下 2 本
2
2
1
3
2/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
3
1. 断熱被覆金属強化ポリエチレン管(外径 65.1 ㎜以下) 2 本
金属強化ポリエチレン管(外径 25.1 ㎜以下)
内層および外層:ポリエチレン
中間層:アルミニウム
被覆材:ポリエチレンフォーム(厚さ 20 ㎜以下)
2. 断熱被覆金属強化ポリエチレン管(外径 60.1 ㎜以下) 2 本
金属強化ポリエチレン管(外径 20.1 ㎜以下)
内層および外層:ポリエチレン
中間層:アルミニウム
被覆材:ポリエチレンフォーム(厚さ 20 ㎜以下)
3. 付随電線・ケーブル EM-CE/F(JIS C 3605) 3×8mm2以下 2本
1
3
4
1. 断熱被覆金属強化ポリエチレン管(外径 85.1 ㎜以下) 1 本
金属強化ポリエチレン管(外径 25.1 ㎜以下)
内層および外層:ポリエチレン
中間層:アルミニウム
被覆材:ポリエチレンフォーム(厚さ 30 ㎜以下)
2. 断熱被覆金属強化ポリエチレン管(外径 65.1 ㎜以下) 1 本
金属強化ポリエチレン管(外径 25.1 ㎜以下)
内層および外層:ポリエチレン
中間層:アルミニウム
被覆材:ポリエチレンフォーム(厚さ 20 ㎜以下)
3. 付随電線・ケーブル EM-CE/F(JIS C 3605) 3×8mm2以下 1本
2
1
5
1. ポリエチレン管(JWWA K144、JIS K 6761、JIS K 6762)(外径125㎜以下) 1本
6
1. ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン)樹脂管(外径110㎜以下) 1本
7
1. 硬質塩化ビニル管(JIS C 8430、JIS K 6741、JIS K 6742、JIS K 6776)(外径 114 ㎜以下) 1 本
※KK21-008 号は適用対象外
1. さや管(JIS C 8411)(外径 42 ㎜以下)
ア 挿入管 架橋ポリエチレン管((JIS K 6769、JIS K 6787)外径 27 ㎜以下 1 本) 3 本
イ 挿入管 架橋ポリエチレン管
((JIS K 6769、JIS K 6787)外径 17 ㎜以下 2 本、電線ケーブル IV(JIS C 3307) 5.5mm2以下 2 本) 3 本
2. 付随電線・ケーブル EM-CET/F(JIS C 3605) 38mm2以下 1 条
8
2
1.イ
1.ァ
3/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
1. さや管(JIS C 8411)(外径 42 ㎜以下)
ア 挿入管 ポリブテン管((JIS K 6778、JIS K 6792)外径 27 ㎜以下 1 本) 3 本
イ 挿入管 ポリブテン管((JIS K 6778、JIS K 6792)外径 17 ㎜以下 2 本、
電線ケーブル IV(JIS C 3307) 5.5mm2以下 2 本) 3 本
2. 付随電線・ケーブル EM-CET/F(JIS C 3605) 38mm2以下 1条
KK21-007 号
の場合
2
1.イ
1.ア
9
KK21-008号
の場合
1. さや管(JIS C 8411)(外径 42 ㎜以下)
ア 挿入管 ポリブテン管((JIS K 6778、JIS K 6792)外径 27 ㎜以下 1 本) 4 本
イ 挿入管 ポリブテン管((JIS K 6778、JIS K 6792)外径 17 ㎜以下 2 本、
電線ケーブル IV(JIS C 3307) 5.5mm2以下 2 本) 4 本
2. 付随電線・ケーブル EM-CET/F(JIS C 3605) 38mm2以下 1条
2
1.ア
1.イ
10
1. さや管(JIS C 8411)(外径 42 ㎜以下)
ア 挿入管 金属強化ポリエチレン管
(内層および外層:ポリエチレン、中間層:アルミニウム、外径 25.1 ㎜以下 1 本) 3 本
イ 挿入管 金属強化ポリエチレン管
(内層および外層:ポリエチレン、中間層:アルミニウム、外径 16.1 ㎜以下 2 本、
電線ケーブル IV(JIS C 3307) 5.5mm2以下 2 本) 3 本
2. 付随電線・ケーブル EM-CET/F(JIS C 3605) 38mm2以下 1条
3
1.ア
1.イ
1. 合成樹脂製可とう電線管(JIS C 8411)
ア PF 管(外径 52 ㎜以下 電線・ケーブル EM-CET/F(JIS C 3605) 38mm2以下 1 条) 3 本
イ CD 管(外径 48 ㎜以下 電線・ケーブル EM-CET/F(JIS C 3605) 38mm2以下 1 条) 3 本
2
11
1
1.
2.
3.
4.
断熱被覆銅管(JIS H 3300)(外径 44.5 ㎜以下 被覆厚さ 20mm 以下) 1 本
断熱被覆銅管(JIS H 3300)(外径 19.05 ㎜以下 被覆厚さ 20mm 以下) 1 本
断熱被覆銅管(JIS H 3300)(外径 12.7 ㎜以下 被覆厚さ 10mm 以下) 1 本
被覆付き硬質塩化ビニル管(JIS C 8430、JIS K 6741、JIS K 6742、JIS K 6776)
(外径 32 ㎜以下 被覆厚さ 6mm 以下) 1 本
5. 付随電線・ケーブル EM-CE/F(JIS C 3605) 3×8mm2以下 1 本
12
3
4
5
2
1
※一つの開口に対して、上記組み合わせ「1」~「12」のいずれか 1 つの仕様が、適用配管の最大
の仕様(サイズおよび本数)となります
4/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
3. 標準施工図
本製品の標準施工図を図-1 に示します。
4. 品番および構成部材
本製品の各品番の適合開口径と構成材料を表-3 に示します。また、各構成材料の仕様をそ
れぞれ表-4 および図-2、3 に示します。
表-3 各品番の適合開口径と構成材料
構成材料
品番
適合
ボイド管
開口径
呼び径
コア
押え
耐熱シール材
固定
(mm)
[仕上がり
ドリル
金具
(ヒートメルパテ)
ねじ
熱膨張性
外径]
(合計)
APW -50055
50~55
50 [55]
55
APW -75080
75~80
75 [80]
80
APW-100110
100~110
100 [110]
110
APW-125135
125~135
125 [135]
135
APW-150160
150~160
150 [160]
160
4枚
(2 つ割)
(壁片側
1 組×
両側分)
(品番別)
3 枚/袋×1(3 枚)
3 枚/袋×2(6 枚)
5 枚/袋×2(10 枚)
7 枚/袋×2(14 枚)
パテ
支持板
(4 枚/袋)
取扱
説明書※1)
-
4本
1枚
(各品番
1袋
(各品番
共通)
(各品番
共通)
共通)
3 枚/袋×6(18 枚)
※1) 取扱説明書には、国土交通大臣認定工法表示ラベル請求書および(財)日本消防設備
安全センター評定プレート請求書が付属します。
表-4 各構成材料の仕様
名称
押え金具
固定ねじ
仕様
用途
ヒートメルパテを押え、脱落を防止するために使用します。
材質
亜鉛めっき鋼板
寸法
図-3 参照
用途
押え金具を壁面に固定するために使用します。
種類
コンクリート用なべ頭セルフタッピングアンカー
寸法
M4×25mm
下穴径
用途
ヒートメルパテ
(熱膨張性
耐熱シール材)
パテ支持板
寸法
φ3.4mm
火災時の熱で膨張し、樹脂製の配管や断熱被覆材などが溶融・焼
失してできた空間を素早く閉塞し、延焼を防ぐ役割を担います。
200×40×10mm
膨張開始温度
約 120℃
密度
1.7g/cm3
膨張倍率
3 倍以上
用途
材質
貫通物に巻きつけたヒートメルパテが、開口内に入り込むのを防ぐた
めのものです。
ポリプロピレン
5/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
製品の施工要領、品番選定方法や施工上の注意事項を記載したも
取扱説明書
のです。また、「認定ラベル請求書」が付属しており、国土交通大臣
内容
認定工法表示ラベルおよび(財)日本消防設備安全センター評定プ
レートのご請求の際に必要となります。
5. 梱包
本製品の梱包仕様を表-5 に示します。
表-5 ニジカン-APW梱包仕様
品番
販売単位
小箱梱包
大箱梱包
(組)
入り数(組)
梱包寸法(mm)
質量(kg)
入り数(組)
梱包寸法(mm)
質量(kg)
APW- 50055
1
1
270×110×45
0.6
10
605×280×105
6
APW- 75080
1
1
295×130×50
1.1
10
305×270×325
11
APW-100110
1
1
295×165×55
1.6
10
350×305×285
16
APW-125135
1
1
220×190×85
2.1
5
505×230×205
11
APW-150160
1
1
220×190×85
2.6
5
505×230×205
13
6/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
6. 注意事項
・取扱説明書やカタログ・施工要領書などに記載された認定条件および品番選定方法をよくお
読みのうえ、最適な品番のものを正しく施工してください。
・配管サイズ・本数に対して品番(開口径)が大きすぎると、ヒートメルパテ(熱膨張性耐熱シー
ル材)が不足する場合がありますのでご注意ください。万一、不足が生じた場合は、別売のヒ
ートメルパテ(熱膨張性耐熱シール材)をお買い求めください。
・本製品には配管等の支持機能はございません。配管等の支持・固定は貫通部の前後で別途
確実に行ってください。配管等の支持・固定が不十分な場合、ヒートメルパテ(熱膨張性耐熱
シール材)がずれたり隙間が生じたりする恐れがあります。
・断熱被覆付の配管の場合、被覆接続部の補修を確実に行ってください。接続部が外れると、
ヒートメルパテ(熱膨張性耐熱シール材)が引きずられる恐れがあります。
・押え金具は壁面に堅固に固定してください。固定ねじがゆるい場合は下穴を開け直して再度
固定してください。
・両面強化せっこうボード 2 枚重ね張り構造の中空壁に施工する場合は、厚さ 0.4mm 以上の鋼
製貫通枠を必ず設置してください。
・本製品は屋内施工を前提としております。屋外もしくはそれに準じた環境下でご使用の場合
は弊社までお問い合わせください。
・常時温水の流れる架橋ポリエチレン管・ポリブテン管・塩化ビニル管・ポリエチレン管およびA
BS管に直接触れる場合には、ヒートメルパテの油分が管に移る恐れがあります。
・幹線ケーブルが貫通する場合は、弊社姉妹品の「ロクマル丸穴キット(325 ㎜2以下)」「ニジカ
ン-マルカベ(250 ㎜2以下)」「プチロクワイド(150 ㎜2以下)」をお使いください。
7. その他
本仕様書記載の内容は、製品改良等のため、お断りなく変更する場合がありますのでご了
承ください。
以上
7/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
図-1 標準施工図
8/10
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
単位:mm
品番
APW- 50055
APW- 75080
APW-100100
APW-125135
APW-150160
図-2 構成材料一覧
9/10
A
94
115
143
169
193
B
56
78
106
132
156
H
35
ニジカン-APW仕様書
FT-仕様-第 09037C号
B
A
(APW-150160 のみ 1.2mm)
品番
APW- 50055
APW- 75080
APW-100100
APW-125135
APW-150160
A
94
115
143
169
193
B
56
78
106
132
156
図-3 押え金具詳細
10/10
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement