2010-09-17 08:38:16 | 取扱説明書 - 535.16 KB | vl

2010-09-17 08:38:16 | 取扱説明書 - 535.16 KB | vl
»
VL-X5
D00822400A
BI-AMPLIFIED NEARFIELD STUDIO MONITOR
取扱説明書
安全にお使いいただくために
この取扱説明書への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への
危害や財産への損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。その表示と
意味は次のようになっています。内容をよく理解してから本文をお読みください。
表示の意味
á 警告
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
á 注意
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定される内容および物的損害のみの
発生が想定される内容を示しています。
絵表示の例
á
è
ì
ì
△記号は注意(警告を含む)を促す内容があることを告げるものです。
í 記号は禁止の行為であることを告げるものです。
図の中に具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
●記号は行為を強制したり指示する内容を告げるものです。
図の中に具体的な指示内容(左図の場合は電源プラグをコンセントから抜け)が描かれています。
万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなど
の異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因
となります。すぐに機器本体の電源スイッチを切
í
この機器の通風孔などから内部に金属類や燃えや
すいものなどを差し込んだり、落とし込んだりし
ないでください。火災・感電の原因となります。
り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
煙が出なくなるのを確認して販売店またはティア
この機器の上に花びんや水などの入った容器や小
ック修理センターに修理をご依頼ください。
さな金属物を置かないでください。こぼれたり、
中に入った場合火災・感電の原因となります。
ì
万一機器の内部に異物や水などが入った場合は、
まず機器本体の電源スイッチを切り、電源プラグ
をコンセントから抜いて、販売店またはティアッ
ク修理センターにご連絡ください。そのまましよ
í
電源コードの上に重いものをのせたり、コードが
í
電源コードを傷つけたり、加工したり、無理に曲
本機の下敷にならないようにしてください。コー
ドに傷がついて、火災・感電の原因となります。
うすると火災・感電の原因となります。
ó
電源コードが傷んだら(芯線の露出、断線など)
販売店またはティアック修理センターに交換をご
げたり、ねじったり、引っ張ったり加熱したりし
ないでください。コードが破損して、火災・感電
の原因となります。
依頼ください。そのまま使用すると火災・感電の
原因となります。
í
この機器を使用できるのは日本国内のみです。表
示された電源電圧(交流 100 ボルト)以外の電
è
この機器のカバーは絶対に外さないでください。
感電の原因となります。内部の点検・修理は販売
店またはティアック修理センターにご依頼くださ
い。
圧で使用しないでください。また、船舶などの直
流(DC)電源には接続しないでください。火災・
感電の原因となります。
í
2
この機器の通風孔をふさがないでください。通風
孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因とな
ります。
TASCAM VL-X5
è
この機器を改造しないでください。火災・感電の
原因となります。
安全にお使いいただくために
ì
万一、この機器を落としたり、キャビネットを破
損した場合は、機器本体の電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜いて、販売店また
ó
この機器を設置する場合は、壁から 20 cm 以上
の間隔をおいてください。また、放熱をよくする
ために、他の機器との間は少し離して置いてくだ
はティアック修理センターにご連絡ください。そ
さい。ラックなどに入れるときは、機器の天面か
のまま使用すると火災・感電の原因となります。
ら 2 cm 以上、背面から 10 cm 以上のすきまを
あけてください。内部に熱がこもり、火災の原因
ó
電源プラグの刃および刃の付近にほこりや金属物
となります。
が付着している場合は、電源プラグを抜いてから
乾いた布で取り除いてください。そのまま使用す
ると火災・感電の原因となります。
ó
オーディオ機器、スピーカー等の機器を接続する
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでくださ
場合は、各々の機器の取扱説明書をよく読み、電
い。感電の原因となることがあります。
源を切り、説明に従って接続してください。また
接続は指定のコードを使用してください。
ó
電源を入れる前には音量を最小にしてください。
á
2 年に一度くらいは機器内部の掃除を販売店また
突然大きな音が出て聴力障害などの原因となるこ
ないでください。コードが傷つき、火災・感電の
原因となることがあります。必ずプラグを持って
抜いてください。
とがあります。
はティアック修理センターにご相談ください。内
部にほこりがたまったまま、長い間掃除をしない
と火災や故障の原因となることがあります。特に、
湿気の多くなる梅雨期の前に行なうと、より効果
í
í
電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張ら
ó
ì
この機器はコンセントの近くに設置し、電源プラ
グに容易に手が届くようにしてください。
移動させる場合は、電源スイッチを切り、必ず電
源プラグをコンセントから抜き、機器間の接続コ
ードなど外部の接続コードを外してから行なって
的です。なお、掃除費用についてはご相談くださ
ください。コードが傷つき、火災・感電の原因と
い。
なることがあります。
次のような場所に置かないでください。火災、感
ì
旅行などで長期間、この機器をご使用にならない
ì
お手入れの際は安全のため電源プラグをコンセン
電やけがの原因となることがあります。
・ 調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたる
ときは、安全のため必ず電源プラグをコンセント
から抜いてください。
場所
・ 湿気やほこりの多い場所
・ ぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所
í
トから抜いて行なってください。
電源コードを熱器具に近付けないでください。コ
ードの被ふくが溶けて、火災・感電の原因となる
ことがあります。
TASCAM VL-X5
3
はじめに
このたびは、TASCAM VL-X5 をお買いあげいただきまして誠に
ありがとうございます。
本機の構成
本機の構成は以下の通りです。なお、本機を開梱する時、損傷を
ご使用になる前にこの取扱説明書をよくお読みいただき、正しい
与えないよう慎重に行なってください。梱包箱と梱包材は後日輸
取扱い方法をご理解いただいた上で、十分に機能を発揮させ末永
送するときのために保管しておいてください。
くご愛用くださいますようお願い申しあげます。お読みになった
あとは、いつでも見られるところに保管してください。
付属品が不足している場合や輸送中の損傷が見られる場合、当社
までご連絡ください。
VL-X5 ........................................................... 2(1 ペア)
付属品
– 電源コード................................................. 2(1 ペア)
目次
– 取扱説明書................................................. 1
– 保証書 ........................................................ 1
はじめに .............................................................................................. 4
主な特長 .............................................................................................. 4
本機の構成 .......................................................................................... 4
設置上のご注意 .................................................................................. 4
設置上のご注意
使用上のご注意 .................................................................................. 5
設置場所について次のような場所に設置しないでください。音質
設置...................................................................................................... 6
低下の原因、または故障の原因となります。
リアパネル .......................................................................................... 6
定格および性能 .................................................................................. 8
ブロックダイアグラム ....................................................................... 9
– 振動の多い場所や不安定な場所。
– 窓際など直射日光が当たる場所。
– 暖房器具のそばなど極端に温度が高い場所。
– 極端に温度が低い場所。
– 湿気の多い場所や風通しが悪い場所。
– チューナー、テレビやビデオデッキなどのそば。
– 雑音の原因や映像の乱れが生じることがあります。
主な特長
– HF: 30 W / LF: 60 W アンプ内蔵ニアフィールドスタジオモ
ニターシステム
– 20 mm(0.75 インチ)ナチュラルシルクドームツイーター
– 210 mm(5.25 インチ)ウーハー
– LF カット(500 Hz)機能
– 150 Hz または 800 Hz を 1.5 dB ブースト / カット(DIP ス
イッチ)
– 3 kHz または 8 k Hz を 1.5 dB ブースト / カット(DIP スイ
ッチ)
– アンプ部と独立したエンクロージャー設計
– コントロールルームに合わせたファインチューンが可能な ASC
(Acoustic SpaceControl)
– 防磁仕様
4
TASCAM VL-X5
使用上のご注意
使用上のご注意
1, ご使用前の注意点
– VL-X5 を開梱するとき、スピーカー部を持たないでください。
– 信号用ケーブルや AC 電源コードは、引っ掛けたりする恐れの
ないように接続してください。
– 大音量で長時間連続使用しないでください。聴感上の障害をお
こす恐れがあります。
– このスピーカーシステムは防磁加工されていますが、組み合わ
– 本機の内蔵アンプの電源を入れる前には、入力信号をゼロか最
せるテレビモニターの種類によっては、画面への影響が異なり
小にしてから電源を入れてください。大きな入力信号のまま電
ます。設置位置を確定する前に、いろいろな設置方法や位置な
源を入れると、スピーカーユニットを損傷する恐れがあります。
どをテストしてください。
2, 接続前のご注意
– 電源電圧は AC 100V を使用してください。
– 本機には音声信号以外の信号を入力しないでください。
– 電源コードや電源コンセントまたは音声信号用ケーブルやプラ
– 音声信号を本機に接続する際には、入力信号レベルをゼロか最
グには、損傷がなく、芯線同時のショートなどのないものをご
小にし、内蔵パワーアンプの電源スイッチをオフになっている
使用ください。
ことを確認してから接続してください。
– 内蔵パワーアンプ用電源スイッチ(リアパネル)をオフにして
– 音声信号は正しい極性で入力してください。
から電源コードを接続してください。
– 内蔵パワーアンプ用電源ヒューズは定められた規格のものをご
使用ください。
XLR / TRS Combo Jack
Power Cord
XLR Balanced Cable
Power Cord
TRS Balanced or Unbalanced Cable
3, 接続
– 電源スイッチをオフにしてください。
– 付属の電源コードを VL-X5 に接続し、プラグが抜けないよう奥
Pre-Amplifier, Sound card, Mixer Output
まで確実に差し込んでください。また、電源コードのもう一方
を AC 100V のコンセントに確実に接続してください。
– XLR タイプまたは TRS ジャックを接続して音声信号を入力し
てください。
VL-X5
VL-X5
TASCAM VL-X5
5
設置
4. VL-X5 は縦置きでお使いください。横置きはお勧めしませんが、
設置
横置きする場合は、図のように、ツイーターを外側にして設置
正しくモニターを行うためには、スピーカーの設置は非常に重要
してください。
です。VL-X5 の性能を最大限に活用するために、以下の手順に従
って、スピーカーの設置を行ってください。
1, 壁から背面は 60cm(100 cm推奨)、側面は 40 cm(60
cm推奨)以上離してください。
40 cm
60 cm
ご注意
鏡、ガラスなど、音を反射させるものなどの近くに設置しないで
ください。また、スピーカーとリスニングポイントの間にも物を
2, リスニングポイントと 2 つのスピーカーユニットが、正三角形
になるように設置してください。
Left
Right
3. ウーハーの最上部が耳の高さの位置になるように設置してくだ
さい。
6
TASCAM VL-X5
置かないでください。
リアパネル
リアパネル
1
2
7
3
4
5
8
9
6
1 XLR 入力端子音声入力端子です。
5 ACOUSTIC SPACE CONTROL SWITCH (HF
1 番ピン:グランド
Control)HF コントロールとして、8kHz と 3kHz の調
2 番ピン:ホット
整ができます。
3 番ピン:コールド
1) 8 kHz
音源から2∼3mの位置のレベル調整を行いま
2 TRS 入力端子音声入力端子です。
Tip:ホット
す。 距 離 が さ ら に 2m 伸 び る 場 合 は、+1.5dB ス
イ ッ チ を オ ン に し て く だ さ い。0.5m 短 く な る 場
合 は、-1.5dB ス イ ッ チ を オ ン に し て く だ さ い。
Ring:コールド
Sleeve:グランド
2) 3 kHz
TRS ジャックを使用してアンバランス接続を行う場合、コ
ールドをグランドと接続することをお勧めします。
HF の ゲ イ ン で す。+1.5dB を オ ン に す る と、 迫
力 の あ る サ ウ ン ド に な り ま す。-1.5dB を オ ン に
す る と、 ソ フ ト で マ イ ル ド な サ ウ ン ド に な り ま す。
3 ボリュームコントロール出力レベルを調整します。
< MIN >
< MAX >
4 POWER LED
TASCAM VL-X5
7
リアパネル
6 ACOUSTIC SPACE CONTROL SWITCH(LF
Control)
1) 150Hz
VL-X5 は、壁から背面は 60cm(100 cm推奨)、側面は
40 cm(60 cm推奨)以上離して設置していただくこと
をお勧めしています。ただし、様々な理由により、推奨の設
置が困難な場合、この設定を利用して最適なモニターレベル
を調整してみてください。
2) 800Hz
150Hz の設定と同様の調整ができます。
3) LF CUT 500Hz
ミッドレンジ以上のサウンドをチェックする場合に使用し
す。
ご注意
コントロールスイッチを使用する際は、スピーカーに損傷を
与えないよう、十分に注意してください。
7 AC 電源コネクター電源コードを接続します。
8 ヒューズホルダー
ヒューズを交換する場合は電源ンコードを抜いて行ってくだ
さい。また、使用されていたものと同じ定格のヒューズに交
換してください。
9 パワースイッチ
8
TASCAM VL-X5
定格および性能
定格および性能
周波数特性(1W @1m).......... ± 3 d B ............ 45Hz ∼ 22kHz
感度(dB SPL, 60W @1m) ...................................................... 1 0 3
LF 出力(RMS)............................................................................. 60W
HF 出力(RMS) ............................................................................ 30W
LF ドライバー ...................................................................5.25 インチ
HF ドライバー...................................................................0.75 インチ
クロスオーバー周波数 ..................................................................3kHz
HF コントロール........................ ± 1.5 d B ................... 3kHz/kHz
( ディップスイッチ )
LF コントロール......................... ± 1.5dB..............150Hz/800Hz
( ディップスイッチ )
ローカット周波数......................................................................500Hz
(12dB OCT)
システム ......................................... 2 ウェイ・ニアフィールド・
リファレンス・モニター
歪率.............................................. 0.01% (40 W 1 kHz 8 ohms)
入力端子 .................................................................................XLR/TRS
コンボジャック
入力レベル ............................................................... 200mV、10k Ω
電源 AC...................................................................100V、50/60Hz
消費電力 ....................................................................................... 2 0 W
キャビネット .................................................................................. MDF
色............................................................................................................黒
外形寸法 (W x H x D mm) ...............................198 x 291 x 290
質量.................................................................................................. 7 k g
TASCAM VL-X5
9
ブロックダイアグラム
ブロックダイアグラム
HF Control
0.75 inch Shielded silk Dome
Active
XLR IN
TRS IN
nd
Balanced Input Amp
2
Order HF
2
Crosspver
XLR / TRS
Combo Jack
HF Driver
Active
nd
Order HF
30W HF Amp
Crossover
5.25 inch Shielded PP
4 th Order High Pass Filter
LF Driver
Volume
Active
nd
Active Subsonic Filter
2
Order LF
Crossover
Active
2
nd
Order LF
Crossover
4 th Order Low Pass Filter
10
TASCAM VL-X5
40W HF Amp
LF Control
MEMO
TASCAM VL-X5
11
この製品のお取り扱いなどに関するお問い合わせは
タスカム営業技術までご連絡ください。お問い合わせ受付時間は、
土・日・祝日・弊社休業日を除く 9:30 ∼ 12:00/13:00 ∼ 17:00 です。
タスカム営業技術 〒 180-8550
東京都武蔵野市中町 3-7-3
電話:0422-52-5106 / FAX:0422-52-6784
故障・修理や保守についてのお問い合わせは
修理センターまでご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、土・日・祝日・弊社休業日を除く 9:00 ∼ 17:00 です。
ティアック修理センター 〒 190-1232 東京都西多摩郡瑞穂町長岡 2-2-7
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
0570-000-501
ナビダイヤルは全国どこからお掛けになっても市内通話料金でご利用いただけます。
携帯電話・PHS・自動車電話などからはナビダイヤルをご利用いただけませんので、
通常の電話番号(下記)にお掛けください。
新電電各社をご利用の場合、「0570」がナビダイヤルとして正しく認識されず、
「現在、この電話番号は使われておりません」などのメッセージが流れることがあり
ます。このような場合は、ご契約の新電電各社へお問い合わせいただくか、通常の
電話番号(下記)にお掛けください。
電話:042-556-2280 / FAX:042-556-2281
■ 住所や電話番号は , 予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
ティアック株式会社
〒 180-8550 東京都武蔵野市中町 3-7-3
http://www.teac.co.jp/tascam/
Printed in China
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement