安全上のご注意 - リズム時計工業株式会社

安全上のご注意 - リズム時計工業株式会社
安全上のご注意
ここに示した注意事項は、あなたや他の人への危害や損害を未
然に防ぐためのものです。必ず守ってください。
■ 表示の説明について
■ 誤飲による事故防止について
付属部品(掛金具、ねじなど)、小形の電池(ボタン形、コ
イン形および単4形、単5形など)は、幼児の手の届く所に
置かないでください。万一、飲み込んだ場合は、すぐに医師
の治療を受けてください。
警告
表示内容を無視して、誤った使い方をした時に生じる危害や損
害の程度を、下記の表示で区分して説明しています。
●電池からもれた液が眼に入った場合は、失明するおそれが
ありますのですぐにきれいな水で洗い、医師の治療を受け
てください。また、皮膚や衣服に付着した場合は、水で洗
い流してください。
●ショート、分解、加熱、火に入れるなどしないでください。
液もれ、発熱、破裂の原因になります。
警告
この表示は、
「傷害を負う可能性または物的傷害のみが発生す
る可能性が想定される」内容です。
■ 電池について
注意
電池の使い方を間違えると、発熱、破裂の危険や液もれによ
り人体や時計周りを傷めることがあります。
(プラス)
、−
(マイナス)を逆に入れないでください。
● +
● 新しい電池と使用した電池や種類の異なる電池の混用はし
ないでください。
● 指定された電池を使用してください。
● 使い切った電池は速やかに取り出してください。
● 長期間使用しない場合は、電池を取り出してください。
● 電池交換時は、すべて新しい電池とお取りかえください。
● 電池交換時は、電池と時計の端子(接触部)の汚れを落と
してから入れてください。
お守りいただく内容の種類を、下記の表示で区分して説明して
います。(表示の一例です。)
注意
この表示は、してはいけない「禁止」内容です。
禁止
この表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
強制
分解禁止
■ 液晶表示板について
下記のような場所では使わないでください。
機械やケース、電池の品質が低下し、精度不良や時計、電池
の寿命が短くなります。
■ アルカリ電池について
この表示は、
「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」
内容です。
警告
■ 使用場所について
禁止
●温度が+50℃(50度)以上になる所。例えば、長時間直
射日光のあたる所。暖房器具等の熱風や火気に近い所。
●温度が−10℃(氷点下10度)以下になる所。(プラスチ
ックの部品や電池の劣化が起きることがあります。)
●ほこりが多く発生する所。(空気中のちり等が機械部にた
まって、時計が止まることがあります。)
●テレビ・OA機器・オーディオのそばなど強い磁気が発生
する所。(磁力の影響で、時計の進みや遅れが生じたり、
止まることがあります。)
●車中や船舶、工事現場など、振動の激しい所。
●浴室など、湿気の多い所。
●温泉場など、ガスの発生する所。
●多くの油を使用する所。
(霧状になった油分がケースや機械部に付着し、汚れや止ま
りの原因になります。)
●プラスチック製の時計の場合、軟質のポリ塩化ビニルに
長 い 間 、 直 接 ふ れ さ せ て お くと、相互に色移りしたり、
付着することがあります。
液晶には毒性が含まれていますので、破損等でもれた
液には直接ふれないようにしてください。
注意
■販売店の方へ
この保証書は、お客様へのアフターサービスの実施と責
任を明確にするためのものです。ただし、貴店で別に保
証書を発行する場合は、この限りではありません。
■次のような場合には、保証期間中でも有料修理になりま
すので、ご注意ください。
1.保証書のご提示がない場合。
2.保証書の※欄に記入・捺印のない場合、字句を書きか
えられた場合。
3.お買い上げ店以外の販売店にご依頼の場合。
4.お客様のお手元に渡ってからのお取り扱いや輸送での
落下など異常な衝撃による故障、または損傷。
5.天災・火災または異常な塩分・酸・蒸気・熱・有毒ガ
スなどの影響による故障、または損傷。
6.お客様による修理・改造などが原因で故障した場合。
7.ご使用中に生じる外観上の変化(ケース、ガラスなどの小キズ)。
ご贈答・転居などにより、お買い上げ店での保証が
受けられない場合は、お客様相談室にご相談ください。
尚、送料・出張料は、実費をお客様にご負担願います。
受付年月日
修 理 内 容
確認印
取扱説明書にそった正常な使用状態で、万が一保証期間
内に故障がおきた場合、本保証書を添えて時計をお買い
上げ販売店にご持参くだされば、無料修理・調整いたし
ます。尚、本保証書の発行によりお客様の法律上の権利
を制限するものではありません。
この保証書は、お買い上げ店で発行いたします。必ず※
印欄の記入・捺印をお確かめのうえ大切に保存してください。
※品名・型番
8RZ013
※保証期間
お買いあげ 年 月 日より 1年間
お客様ご氏名
様
ご住所
T E L( )
−
※販売店所在地
※店 名
■ お手入れについて
長くご愛用いただくために、2∼3年に一度の点検・調整(有料)をおす
すめします。販売店にご相談ください。
本保証書は再発行いたしませんので、大切に保存してください。
●汚れがひどい時は、水でうすめた中性洗剤や石けん水を、やわらかい
布に少量つけてふき取り、その後、からぶきしてください。
分解したり改造しないでください。
故障の原因になります。
保証書
●部品の保証期間などアフターサービスについては、取扱説明書に記載
してあります。●この保証書は国内のみ有効です。
●ケースなどの汚れ落としに、ベンジン、シンナー、アルコール、スプ
レー式クリーナー類は、使用しないでください。
This guarantee is valid only in Japan.
※印は販売店記入
取扱説明書番号
電波時計について
電波を受信しにくい環境
次のような場所では受信できない場合があります。
電波時計とは
電波時計は、
正確な時刻およびカレンダー情報をのせた標準電波を受信
することにより、
自動的に表示時刻を修正し正確な時刻をお知らせします。
アフターサービスについて
この時計のアフターサービスは、お買い上げ販売店がいたしま
す。
標準電波とは
次の記載事項と保証書をよくお読みの上、
ご利用ください。
標準電波(JJY)は、
日本標準時(JST)をお知らせするために、通信総合研
究所が運用している電波です。標準時の信号は、通信総合研究所の維持
する国家標準により常に高い精度に保たれています。
※標準電波の時刻情報は、
およそ10万年に1秒の誤差という「セシウム原
子時計」によるものです。
標準電波送信所は、
福島県の「福島局:おおたかどや山標準電波送信所」と
佐賀県と福岡県の県境にある「九州局:はがね山標準電波送信所」の2ヵ所
あります。
標準電波の詳細については、通信総合研究所のホームページをご覧く
ださい。(http://jjy.crl.go.jp)
ビルの地下など
この時計の修理用性能部品(電子回路)は製造打ち切り
後、3年間を基準に保有しています。ただし、外装部品(
ケース・文字板等)の修理には、類似の代替品を使用さ
せていただくこともあります。なお、都合により商品を現
品交換させていただく場合もあります。
電波の受信範囲について
条件のよい時は、
送信所から約1200km離れた場所でも受信可能と想定
されます。ただし、
受信範囲であっても電波障害(太陽活動、
季節、
天候、
置
き場所、
時間帯(昼/夜)あるいは地形や建物の影響など)により、
受信で
きないことがあります。
●修理可能期間について
金属製の雨戸や
ブラインドの近く
電化製品やOA機器の近く、又は
スチール机等の金属製家具の上や近く
N
九州局
(送信周波数60kHz)
1200km
500km
無料保証期間が過ぎても、
この時計の性能部品保有期
間中は、原則として有料修理が可能です。ただし、修理に
は販売店と修理工場の往復運賃・諸掛り費用も加わり、
商品により修理代金が高額になる場合がありますので、
販売店とよくご相談ください。
500km 1200km
福島局
(送信周波数40kHz)
この時計は福島局と九州局に対応しており、標準電波を自動選択して受信します。
お問い合わせについて
アフターサービスなどについてご不明なことがありました
らお客様相談室にお問い合わせください。
お買い上げの製品に関するお問い合わせにつきましては、
この商品の製品番号「8RZ013」をお伝えください。
●修理部品の保有について
高圧線、テレビ塔、
電車の架橋近く
工事現場、空港の近くや交通量の
多い所など電波障害の起きる所
朝夕の時間帯、
雨天の時
※受信範囲内であっても、設置場所、時計の向き、地形や建物の影
響などの環境条件では受信できない場合があります。
※電波障害により、誤った受信をした際に、誤った時刻を表示する
ことがあります。
●転居または贈答品の場合
転居または遠隔地からの贈答品で、お買い上げ販売店でのア
フターサービスが受けられない場合は、
お客様相談室にご相談
ください。
(保証期間中の場合は、
販売店の保証書が必要です。
)
8RZ013-3
電波時計
デジタル目覚まし時計
取扱説明書/保証書
アフターサービスについて
■お客様相談室 フリーダイヤル 7 0120-557-005
0330-9551 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目299番12
札 幌 支 店 0003-0030 札幌市白石区流通センター1-6-2 1(011)863-3788
仙 台 支 店 0983-0045 仙台市宮城野区宮城野2-10-36 1(022)291-3235
東 京 支 店 0130-8551 東京都墨田区錦糸1-2-1
1(03)5807-7814
名古屋支店 0460-0008 名古屋市中区栄5-19-31
1(052)264-4581
大 阪 支 店 0542-0081 大阪市中央区南船場2-7-30
1(06)6264-2388
広 島 支 店 0730-0054 広島市中区南千田東町1-12
1(082)244-7774
お買い上げいただきありがとうございます。
●お使いになる前に、
この説明書をよくお読みください。
●お読みになった後も、必ず保存してください。
福 岡 支 店 0816-0097 福岡市博多区半道橋1-11-14 1(092)471-5585
全国自動受信
Y0406
所在地・電話番号が変更になることがありますのでご了承ください。
■海外での電波時計の使用について
この製品は日本国内用です。海外での使用には適していません。手動で時刻
合せをして使用していても、まれに日本標準時を受信し、日本の時刻を表示
してしまう恐れがあります。
■Regarding Overseas Usage of The Radio Wave Clock
This clock is intended for use within Japan. It is not suited for overseas use. Even
if the time is adjusted manually, Japan time may still be displayed due to
infrequent reception of Japan standard time signals.
This clock can only receive Japan Standard Time signals.
はシチズン時計株式会社の登録商標です。
は じ め て お 使 い に な る 場 合( 電 池 を 交 換 す る と き )
各部のなまえ
表示面
1
スヌーズボタン
(ライトボタン兼用)
飾り穴
開
閉
電波受信マーク点滅
電池ぶたを左図のように外
します。
「+」ボタンを1回押すと
1つだけ進みます。
押し続けると早送りで進
みます。
※閉めるときは、先に凸部を
差し込み、閉じてください。
電池ぶた
「−」ボタン
「+」または「−」ボタンの使い方
②「ピ・ピ・ピ・ピ」と確認音が鳴り、受信を開始し「電波受信マー
ク」が点滅します。
電池ぶたを外します
電池ぶた
音穴
アラームの 使 い 方
「+」ボタン
−
Mode
+
凸部
単4形マンガン乾電池 2本
MODEボタン
2
<表示面詳細>
① 「MODE」 ボタンを1回押してアラ−
ム時刻表示にします。秒表示が「AL」
表示に変わります。
③電池ぶたを取りつけます。
アラームボタン
【裏面】
●図は操作説明用ですので、実際の商品とデザインなどが
異なることがあります。
アラーム時刻表示
電池を入れ電波を受信させます
商品の種類によっては、絶縁シ
ートが付いていることがあります。
その場合は、これを取り外して
ください。
【正面】
アラ−ム時刻をセットする
電池を入れた直後は、時刻は2002年1月1日火曜日 午前12:
00、
アラームは午前12:00に設定されます。
アラーム On/Off
取る
<アラーム設定時刻表示の例>
④時計が電波を受信しやすい場所(窓際など)に設置してくだ
さい。
②「MODE」ボタンを「時」が点滅するま
で約3秒間押し続けてください。
⑤受信結果を確認します。受信に要する時間は最大約14分間
です。
「時」の設定
受信に成功した場合:電波受信マーク 点灯
絶縁シート
「曜日」
表示
「カレンダー」表示
電池を入れると大きな音がします。
①電池の + − を電池ホルダーの + − に合わせて電池を入れます。
電波受信マーク
「午前」または
「午後」表示
アラームON/OFF
ONのとき表示
スヌーズ状態のとき点滅
現在時刻表示
(12時間制)
または「西暦」表示
電池の + − を入れ間違えた場合、電池の漏液・発熱・破裂す
る原因となり、人的・物的損害が発生することがあります。
警告
※液晶表示板は下方から見ると(目の位置より上にすると)薄くなって見えにくくなります。
「AL」
表示になります。
注意
次のような場合は、必ず電池を取り出してください。電池から
の液漏れで時計の故障や家具などを汚す原因になります。
● 使い切った電池。
● 長期間時計を使用しない。
受信を失敗した場合
2
■ 電波を受信出来なかった場合、窓際などの受信しやすい
所で再受信を試みてください。
●受信に成功している場合は、
この操作はしないでください。
●電波を受信出来ない場合の時刻精度は、平均月差±30秒に
なります。
●手動で時刻合わせをしても、電波受信に成功すると自動的に
時刻は修正されます。
5
q西暦合せ後「MODE」ボタンを1回押
してください。
「月」が点滅します。
w「+」または「−」ボタンを 押して「
月」を合わせます。
また、一般に夜間になると電波を受信しやすくなりますの
でそのままの状態にしてください。受信できる可能性が高
くなります。
受信出来ない場合の手動による時刻の設定方法
「月」の合わせ方
3
「日」の合わせ方
q月合わせ後「MODE」ボタンを1回押
してください。 「日」が点滅します。
w「 + 」ま た は「− 」ボタン を 押して
「日」を合わせます。
受信に失敗した場合:電波受信マーク 表示しません
「分」の合わせ方
q時合わせ後「MODE」ボタンを1回
押してください。
「分」が点滅します。
w「+」または「−」ボタンを押して「分」
を合せます。
※「+」
「−」ボタンを押すたびに、秒が
「00」に設定されます。
6
通常表示に戻します
西暦、
カレンダー、現在時刻合わせが完
了したら、
「MODE」ボタンを1回押し
てください。手動設定モードが解除さ
れます。
※曜日は自動的設定されます。
現在時刻が表示されているときに、
「MODE」ボタンを約3秒
間押していると、手動設定モードになります。
●受信に成功しない場合は、
「電波を受信できない場合」をお読
みください。
「+」と「−」ボタンを同時に押して、電波受信マークが
点滅するまで約3秒間押し続けます。
「西暦(年)
」の合わせ方
q「MODE」ボタンを約3秒押し続け
てください。西暦(年)」が点滅し、
手動設定モ−ドになります。
②「+」または「−」ボタンを押して「
西暦(年)」を合わせます。
4
静電気による誤作動について
静電気により、内蔵されているマイコンが誤作動し、時刻違
いなどが発生することがあります。この場合は、電池を2本
とも取り出し、その後電池を入れ直してください。
「はじめてお使いになる場合」に従って操作してください。
表示面の照明について
スヌーズボタンはライトボタンも兼ねています。ボタンを
押すと約4秒間表示部を照明します。
※手動設定モ−ド状態で、約30秒ボタン操作しない場合、
手動設定モ−ドは自動的に解除されます。
(通常モ−ドに
戻ります)
※手動設定モ−ド状態で「+」
「−」ボタンを同時に3秒間以
上押しても強制受信は作動しません。
⑤「+」または「−」ボタンを押し「分」を
設定し、
「MODE」ボタンを1回押して
ください。アラーム時刻の設定されま
した。
Mode
ライトの効果は暗いところ
で確認ください。
※暗いところで、ライトを
使用した場合、表示面下
方より見ると表示が見え
にくくなります。
アラ−ム機能(設定した時刻にアラームを鳴らす)
アラ−ムを鳴らしたい場合は、
「ALARM」ボタンを押してくださ
い。
「 」マ−クは点灯し、セット時刻になるとアラ−ム音が鳴り
ます。
(4段階音→約10秒+約10秒+約10秒+約90秒)
スヌ−ズ機能(繰り返しアラームを鳴らす)
アラ−ムが鳴っているとき「SNOOZE 」ボタンを押すとアラ−ム
は止まり、
「 」マ−クが点滅します。約5
押す
分間後にまた鳴り出します。この機能は繰
り返し7回までご使用になれます。
※鳴り止め操作をしない場合、アラ−ム
が鳴り始めてから約2分後に自動的に
止まります。
(アラ−ムオ−トストップ機
能)
※アラ−ムが鳴っているときやススーズ状態のときには、強制受
信することはできません。
アラーム機能(アラームを鳴らさない、止める)
「ALARM」ボタンを押して「 」マークを消灯させてください。
アラームが鳴っているときに押すと、
アラーム音は止まりますが、
アラーム設定は解除されませんので、
もう一度押してください。
状 マ「 」点灯:指定時刻にアラームが鳴ります。
態 ー「 」点滅:スヌーズ中
ク
の「 」消灯:アラームは鳴りません。
※「午前」
「午後」の表示に注意してくだ
さい。
アラ−ム時刻の確認方法
※点滅状態で約30秒間ボタン操作をし
ないと、表示される時刻にアラーム時
刻が設定され、現在時刻の表示に戻り
ます。
「MODE」ボタンを1回押すとアラーム時刻を表示します。そ
のまま放置した場合、約5秒後に現在時刻の表示に戻ります。
直ぐに、現在時刻に戻したい場合は、
「MODE」を1回押して直
ぐに離してください。
製品仕様
こんなときには
Q
マークが消えた。
A 標準電波を受信した後、
24時間以上受信に成功しなかったことを
意味します。もう1度受信すると復帰します。マークが消えてもク
オーツ精度で時計は動いています。
A まれに誤受信や時計の修正タイミングにより一致しないことがあり
ます。
対策1. 受信処理などで、
±1秒程度の誤差を生じることがありま
す。これ以上の誤差が生じたときには、強制受信操作(「
+」 と 「−」 ボタンを3秒間同時に同時に押す)を行なっ
てください。
対策2. 電池が消耗すると、遅れ進みの原因になります。新しい
電池と交換してください。
「時」の合わせ方
q日合わせ後「MODE」ボタンを1回押
してください。 「時」が点滅します。
w「+」また は「− 」ボ タン を 押し て
「時」を合せます。
③「+」または「−」ボタンを押し「時」を
設定し、
「MODE」ボタンを1回押して
ください。
「分」が点滅します。
Q 受信できても、テレビやラジオなどの時報サービスと一致しない。
押す
1
「分」の設定
●すぐに、再受信を試みたい場合は、
「+」
「−」ボタンを同時に
3秒以上押します。
(強制受信操作)
※アラームON状態で、
「+」
「−」ボタンを同時に押すときに、
タイミングがずれると時刻が変わることがあります。
手動で電波を再受信させるには
電波を受 信できな い場合
「−」ボタンを1回押すと
1つだけ戻ります。
押し続けると早送りで戻
ります。
アラ−ムの使い方、スヌ−ズの使い方
Q 目覚ましがセットした時刻に鳴らない。
A 目覚まし時刻または現在時刻の午前と午後が逆になっていませ
んか?
この時計は12時 間 制 で すから、午前と午後が逆になっている場
合は再セットしてください。
Q 電波を受信できていなくても、目覚ましは鳴るのか?
A 電波を受信できていなくても、
クオーツ精度で時計は動いていま
すので、
セットされた時刻に鳴ります。
Q 今まで受信できていたのに、急に受信できなくなった。
A 標準電波を送信している設備の定期点検や落雷などの影響で停波
(送信停止)することがあります。停波に関する情報は「通信総合
研究所」のホームページに掲載されてます。
ホームページアドレス http://jjy.crl.go.jp
● 標準電波の受信に成功している場合
表示精度:±1秒
時 間 精 度
● 標準電波を受信できない場合 平均月差:±30秒以内(常温中)
使用温度範囲
−10∼+50℃(0∼+40℃ 液晶表示可視範囲)
使 用 電 池
1.5V 単4形マンガン乾電池(JIS規格 R03)2本
電 池 寿 命
約1年間
●
時計機能
● カレンダー機能
機 能
: 12時間制(「午前」
「午後」を表示)
: 西暦(2000∼2099年)、月、
日、曜日
●
目覚まし機能
●
目覚まし鳴り時間 : 約2分間(4段階音)
: 12時間制(「午前」
「午後」を表示)
●
スヌーズ機能
: スヌーズ間隔 約5分間(7回まで)
●
自動電波受信
: 1日4回(夜間4回)最大14分間
4回の自動受信で1回でも成功すれば
その時から24時間電波受信マークは
点灯します
●時計に付いている電池は、工場出荷時に入れていますので、電池寿命が製
品仕様より短い場合があります。
※0℃∼+40℃の範囲を超えると、液晶表示が見えにくくなることがありま
すが、時計精度には影響ありません。
※液晶表示板は5年を過ぎると、
コントラストが低下して数字が読みにくくな
ることがあります。
※製品仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement