AT-VC22 取説 - オーディオテクニカ

AT-VC22 取説 - オーディオテクニカ

AT-VC22_j.book 1 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

取扱説明書

お買い上げありがとうございます。

この機器を正しくお使いいただくために、ご使用前に

「安全上のご注意」

(P.5)をよく

お読みください。また保証書と一緒にいつでもすぐ読める場所に保管しておいてください。

付属品一覧

□ 電源コード

■ 取扱説明書(本書)

□ 保証書

□ ゴム足

特長

● 最適録音機能(REC モード)

ボタン一つで録音に最適なエフェクトを設定します。議事録作成の障害となるノイズを大幅に除去し、最適

な会議録音を実現します。

● フィードバック・サプレッサー機能(FS モード)

音響フィードバック現象(ハウリング)の発生するポイントを自動的に検出し、非常に幅の狭いフィルター

でハウリングを抑制します。

事前にハウリング・ポイントを測定しフィルターを生成する「オート(AUTO)」(最大 12 ポイント)と、

リアルタイムに検出/抑制する「ダイナミック(DYNAMIC)」(最大 8 ポイント)の 2 種類を搭載してお

り、最大で 20 ポイントのハウリングを抑制します。

● フレキシブルなチャンネル設定

たとえば、CH 1 は FS モード、CH 2 は REC モードといった運用ができます。

また、2 つのチャンネルに同じ設定を行うリンク動作も可能です。

● パネル・ロック機能

ロック機能をオンにすることによって、誤操作を防止することができます。

● 外部コントロール端子装備

外部制御機器を接続すれば、入力レベルの遠隔操作などができます。

● AUX IN 端子

CD プレーヤーなどのオーディオ機器を接続することができる AUX IN 端子を搭載していますので、本機の

みでオーディオ信号とマイク信号のミックスが可能です。

© 2007 株式会社オーディオテクニカ 

本書の一部、もしくは全部を無断で複写・転載することを禁じます。

1

AT-VC22_j.book 2 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

目 次

安全上のご注意...............................................................................................3

使用上のご注意...............................................................................................5

各部の名称とはたらき(フロント・パネル)..............................................6

各部の名称とはたらき(リア・パネル)......................................................8

設置について................................................................................................10

ゴム足(付属品)の取り付け ........................................................................................................... 10

ラック・マウント・アングルの取り外し........................................................................................ 10

機器を接続する............................................................................................11

電源コードの接続 .............................................................................................................................. 11

接続時および電源投入時のご注意 ................................................................................................... 11

接続例.......................................................................................................................................12 〜 14

チャンネル選択/リンク動作 ....................................................................15

REC モード .................................................................................................15

ローカット/ハイカット・フィルター .....................................................16

フィードバック・サプレッサー.................................................................16

自動調整を行う(オート)................................................................................................................. 17

自動調整を途中で止める................................................................................................................... 18

自動調整を再開する .......................................................................................................................... 18

オート・フィルターをクリアする ................................................................................................... 18

ダイナミックを使用する................................................................................................................... 18

メモリー機能................................................................................................19

初期値に戻す ...................................................................................................................................... 19

その他の機能................................................................................................20

バイパス .............................................................................................................................................. 20

モノ・ミックス .................................................................................................................................. 20

パネル・ロック .................................................................................................................................. 20

外部制御 .............................................................................................................................................. 20

故障かな?と思ったら ................................................................................21

主な仕様 .......................................................................................................22

周波数特性 ...................................................................................................23

ブロック・ダイアグラム ............................................................................23

レベル・ダイアグラム ................................................................................23

2

AT-VC22_j.book 3 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

安全上のご注意

マークについて 

この機器に表示されているマークには、次のような意味があります。 

注意 

感電の恐れがあります。 

キャビネットをあけないでください。 

このマークは、機器の内部に絶縁されていない「危

険な電圧」が存在し、感電の危険があることを警

告しています。 

注意: 

感電防止のため、パネルやカバーを外さないでください。

この機器の内部には、お客様が修理/交換できる部品

はありません。 

修理は、お買い上げの特約店または別紙記載の問い合

わせ窓口に依頼してください。 

このマークは、注意喚起シンボルです。取扱説明書

などに、一般的な注意、警告、危険の説明が記載さ

れていることを表わしています。 

警告と  注意の意味について 

警告 

取扱いを誤った場合に、使用者が

死亡または重傷を負う可能性が想

定される内容を表わしています。 

注意 

火災・感電・傷害を防止するには 

取扱いを誤った場合に、使用者が

傷害を負う危険が想定される場合

および物的損害のみの発生が想定

 

される内容を表わしています。 

※物的損害とは、家屋・家財およ

び家畜・ペットにかかわる拡大

損害を表わしています。 

図記号の例 

  は、注意(危険、警告を含む)を表わしていま

す。 

具体的な注意内容は、  の中に描かれています。 

左図の場合は、「一般的な注意、警告、危険」を

表わしています。 

  は、禁止(してはいけないこと)を表わしてい

ます。 

具体的な禁止内容は、  の中に描かれています。 

左図の場合は、「分解禁止」を表わしています。 

 は、強制(必ずすること)を表わしています。 

具体的な強制内容は、

 の中に描かれています。 

左図の場合は、「電源プラグをコンセントから抜

くこと」を表わしています。 

警告 

001

● この機器を使用する前に、以下の指示と取扱説明

書をよく読んでください。

.........................................................................................................

002a

● この機器を分解したり、改造したり しないでくだ

さい。

.........................................................................................................

003(改)

● 修理/部品の交換などで、取扱説明書に書かれて

いないことは、絶対にしないでください。必ずお

買い上げの特約店、または別紙記載の問い合わせ

窓口に相談してください。

.........................................................................................................

004

● 次 のよ うな場 所で の使 用や保 存は しな いでく だ

さい。

○ 温 度が極端に 高い場所(直射 日光の当た る場

所、暖房機器の近く、発熱する機器の上など)

○ 水気の近く(風呂場、洗面台、濡れた床など)

や湿度の高い場所

○ 雨に濡れる場所

○ ホコリの多い場所

○ 振動の多い場所

.........................................................................................................

以下の指示を必ず守ってください 

警告 

007

● この機器を、ぐらつく台の上や傾いた場所に設置

しないでください。必ず安定した水平な場所に設

置してください。

.........................................................................................................

008a

● 電源プラグは、必ず AC100V の電源コンセント

に差し込んでください。本機の製造メーカー、消

費電力などの仕様は、本機底面の銘板に記載され

ています。

.........................................................................................................

008e

● 電源コードは、必ず付属のものを使用してくださ

い。また、付属の電源コードを他の製品に使用し

ないでください。

.........................................................................................................

009

● 電源コードを無理に曲げたり、電源コードの上に

重いものを載せたりしないでください。電源コー

ドに傷がつき、ショートや断線の結果、火災や感

電の恐れがあります。

.........................................................................................................

3

AT-VC22_j.book 4 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

警告 

010

● この機器をアンプ、スピーカー、ヘッドホンなど

と組み合わせて使用した場合、設定によっては永

久的な難聴になる程度の音量になります。大音量

で、長時間使用しないでください。万一、聴力低

下や耳鳴りを感じたら、直ちに使用をやめて専門

の医師に相談してください。

.........................................................................................................

011

● この機器に、異物(燃えやす いもの、硬貨、針金

など)や液体(水、ジュースなど)を 絶対に入れ

ないでください。

.........................................................................................................

012a(改)

● 次のような場合は、直ちに電源を切って電源コー

ドを コンセント から外し、お買い 上げの特約 店、

ま たは別 紙記 載の問 い合 わせ窓 口に修 理を 依頼

してください。

○ 電源コードやプラグが破損したとき

○ 煙が出たり、異臭がしたとき

○ 異物が内部に入ったり、液体がこぼれたりしたとき

○ 機器が(雨などで)濡れたとき

○ 機器に異常や故障が生じたとき

.........................................................................................................

014

● この機器を落としたり、この機器に強い衝撃を与

えないでください。

.........................................................................................................

015

● 電源は、タコ足配線などの無理な配線をしないで

ください。特に、電源タップを使用している場合、

電源タップの容量(ワット/アンペア)を超える

と発熱し、コードの被覆が溶けることがあります。

.........................................................................................................

016(改)

● 日本国外では使用しないでください。動作品質や

各種法令などへの適合について保証できません。

.........................................................................................................

024

● 電 源コ ード のア ースを 確実 に取 り付 けて くだ さ

い。感電の恐れがあります(P.11)。

.........................................................................................................

026

● 本機の上に水の入った容器(花びんなど)、殺虫

剤、香水、アルコール類、マニキュア、スプレー

缶などを置かないでください。また、表面に付着

した液体は、すみやかに乾いた柔らかい布で拭き

取ってください。

.........................................................................................................

注意 

101a

● この機器は、風通しのよい、正常な通気が保たれ

ている場所に設置して、使用してください。

.........................................................................................................

102b

● 電源 コード を機 器本 体やコ ンセ ント に抜き 差し

するときは、必ずプラグを持ってください。

.........................................................................................................

103a

● 定期的に電源プラグを抜き、乾いた布でゴミやほ

こりを拭き取ってください。また、長時間使用し

ないときは、電源プラグをコンセントから外して

ください。電源プラグとコンセントの間にゴミや

ほこりがたまると、絶縁不良を起こして火災の原

因になります。

.........................................................................................................

104

● 接続したコードやケーブル類は、繁雑にならない

ように配慮してください。特に、コードやケーブ

ル類は、お子様の手が届かないように配慮してく

ださい。

.........................................................................................................

106

● この機器の上に乗ったり、機器の上に重いものを

置かないでください。

.........................................................................................................

107b

● 濡れた手で電源コードのプラグを持って、機器本

体やコンセントに抜き差ししないでください。

.........................................................................................................

108a

● この機器を移動するときは、電源プラグをコンセ

ントから外し、外部機器との接続を外してくださ

い。

.........................................................................................................

109a

● お手入れをするときには、電源を切って電源プラ

グをコンセントから外してください。

.........................................................................................................

110a

● 落雷の恐れがあるときは、早めに電源プラグをコ

ンセントから外してください。

.........................................................................................................

120

● ファントム電源供給の必要なコンデンサー・マイ

クロホンを接続したとき以外は、ファントム電源

を必ずオフにしてください。ダイナミック・マイ

クロホ ンや オーデ ィオ 再生装 置な どにフ ァント

ム電源を供給すると故障の原因になります。マイ

クロホンの仕様については、お使いのマイクロホ

ンの取扱説明書をお読みください。

(本機のファントム電源:DC48V、10mA Max)

.........................................................................................................

4

AT-VC22_j.book 5 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

使用上のご注意

291a

3 〜 4 ページに記載されている「安全上のご注意」以外に、次のことに注意してください。

電源について

301

● 本機を冷蔵 庫、洗濯機、電子レンジ、エアコンなどのイン

バーター制御 の製品やモーターを使った電気製品が接続さ

れているコン セントと同じコンセントに接続しないでくだ

さい。電気製品 の使用状況によっては、電源ノイズにより

本機が誤動 作したり、雑音が発生する恐れがあります。電

源コ ンセントを分 けることが難し い場合は、電源ノ イズ・

フィルターを取り付けてください。

307

● 接続するとき は、誤動作やスピーカーなどの破損を防ぐた

め、必ずすべての機器の電源を切ってください。

308

● 電源 スイッ チを切っ た後、本機上 のランプ は消えま すが、

これは主電源 から完全に遮断されているわけではありませ

ん。完全に電源 を切る必要があるときは、この機器の電源

スイッチを切 った後、コンセントからプラグを抜いてくだ

さい。そのため、電 源コ−ドのプラグを差し込むコンセン

トは、この機器 にできるだけ近い、すぐ手の届くところの

ものを使用してください。

お手入れについて

401a

● 通常のお手入れは、柔らかい布で乾 拭きするか、堅く絞っ

た布で汚 れを拭 き取って ください。汚 れが激し いときは、

中性洗剤を含んだ布で汚れを拭き 取ってから、柔らかい布

で乾拭きしてください。

402

● 変色 や変 形の原 因と なる ベン ジン、シ ンナ ーお よびア ル

コール類は、使用しないでください。

修理について

451a

● お客様がこの機器を分解、改造され た場合、以後の性能に

ついて保証できなくなります。また、修 理をお断りする場

合もあります。

設置について

351

● この機器の近 くにパワー・アンプなどの大型トランスを持

つ機器があ ると、ハム(うなり)を誘導することがありま

す。この場合は、こ の機器との間隔や方向を変えてくださ

い。

352a

● テレビやラジ オの近くでこの機器を動作させると、テレビ

画面に色ムラ が出たり、ラジオから雑音が出ることがあり

ます。この場合は、この機器を遠ざけて使用してください。

352b

● 携帯電話など の無線機器を本機の近くで使用すると、着信

時や発信時、通話時に本機から雑音が出ることがあります。

この場合は、そ れらの機器を本機から遠ざけるか、もしく

は電源を切ってください。

354a

● 直射日光の 当たる場所や、発熱する機器の近く、閉め切っ

た車内など に放置しないでください。変形、変色すること

があります。

355b

● 極端に温湿度 の違う場所に移動すると、内部に水滴がつく

(結露)ことがあります。そのまま使用すると故障の原因に

なりますの で、数時間放置し、結露がなくなってから使用

してください。

360

● 設置条件(設置 面の材質、温度など)によっては本機のゴ

ム足が、設置した 台などの表面を変色または変質させるこ

とがあります。

ゴム足の下に フェルトなどの布を敷くと、安心してお使い

いただけま す。この場合、本機が滑って動いたりしないこ

とを確認してからお使いください。

その他の注意について

552

● 本体メモ リーの失 われた記 憶内容の 修復に関し ましては、

補償を含めご容赦願います。

553

● 故障の原因になりますので、ボタ ン、つまみ、入出力端子

などに過度の力を加えないでください。

556

● ケーブルの抜き差しは、ショートや 断線を防ぐため、プラ

グを持ってください。

557

● この機器は多少発熱することがあ りますが、故障ではあり

ません。

559c

● この機器が入っていた梱包箱や緩 衝材を廃棄する場合、各

市町村のゴミの分別基準に従って行ってください。

562(改)

● 接続ケーブルには抵抗が入ったも のがあります。音が極端

に小さくなったり、まったく聞こえな くなる場合がありま

すので、本機との接続には、抵抗入りの ケーブルを使用し

ないでください。

5

AT-VC22_j.book 6 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分 fig.Front.eps

各部の名称とはたらき(フロント・パネル)

2 3

6

1 4 5 6

1

電源[POWER]スイッチ

スイッチを押し込むことで電源が入ります。再度スイッ

チを押すことで電源が切れます。

2

パワー・インジケーター

電源が入っているとき、赤く点灯します。

3 4

シグナル・インジケーター

入力信号があると緑色に点灯します。歪み始めるレベル

より約 3dB 低いレベルになると赤く点灯します。

頻繁に赤く点灯する場合は、リア・パネルの入力トリム・

ボリュームを調整してください。

* フロント・パネルの[CH LEVEL]ボリュームを操作して

も、シグナル・インジケーターの点灯状態は変わりません

ブロック・ダイアグラム (P.23)参照)

6 7

[CH LEVEL]ボリューム

各チャンネルの音量を調整します。

* このボリュームを操作しても、シグナル・ インジケーターの

点灯状態は変わりません(

ブロック・ ダイアグラム (P.23)

参照)。

8 9

[CH SELECT]ボタン

エフェクト設定を行うチャンネルを選びます。

2 つのボタンを同時に押すと、両チャンネルに同じ設定

を行う リンク動作

になります(P.15)

* リンク動作ではない状態からリンク動作にすると、 CH 1 の

設定を CH 2 にコピーしてからリンク動作になります。

10

17

のボタンは、ここで選んだチャンネルに対して

有効になります。

10

[HIGH CUT]ボタン

5

フィルター・インジケーター

フィードバック・サプレッサーの稼働状態、または REC

モードのタイプを表示します。

表示は状態に応じて以下のように切り替わります。

状態

FS モード

(ダイナミック オン)

FS モード

(ダイナミック オフ)

REC モード

表示

ダイナミック・フィルターの稼働状

オート・フィルターの稼働状態

REC モードのタイプ

* ダイナミック・フィルターは 1 チャンネルあたり最大で 8 ポ

イント、オート・フィルターは 1 チャンネルあたり最大で

12 ポイントです。

11

[LOW CUT]ボタン

7

AT-VC22_j.book 7 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

8 10 13 14 16 19 20

9 11 12 15 17 18 21

12

[DYNAMIC]ボタン

フィードバック・サプレッサーのダイナミックをオン/

22

18

[MONO MIX]ボタン

各チャンネルの音声をミックスし、両チャンネルに分配

13

AUTO SET[NORMAL]ボタン

フィードバック・サプレッサーの自動調整を開始します

調整中はボタンのランプが点滅し、調整が完了すると点

灯します。

14

AUTO SET[WIDE]ボタン

ノーマルよりも帯域幅の広いフィルターを用いて、

フィードバック・サプレッサーの自動調整を行います

19

[WRITE]ボタン

このボタンを 1 秒以上押し続けると、設定が本機に記憶

* 本機の設定を変更すると、ボタンのランプが点滅して記憶す

ることを促します。

20

[RELOAD]ボタン

このボタンを 1 秒以上押し続けると、本機に記憶されて

いる設定を再読み込みし、それまでに行った設定変更を

15

AUTO SET[CLEAR]ボタン

このボタンを 1 秒以上押し続けると、フィードバック・

サプレッサーのオート・フィルターをクリアします

16

[BYPASS]ボタン

21

[LOCK]ボタン

このボタンを 1 秒以上押し続けると、パネル操作を無効

* パネル・ロックすると、そのときの設定が自動的に本機に記

憶されます。

22

[AUX IN]ボリューム

AUX IN 端子に入力された音声の音量を調整します。

17

[REC MODE]ボタン

7

AT-VC22_j.book 8 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分 fig.Rear.eps

各部の名称とはたらき(リア・パネル)

2 7 11 12

8

1 3

1

外部コントロール端子

RS-232C 準拠の制御端子です。外部から本機の入力レ

* 接続にはストレート・ケーブルを使用してください。

4

2 3

REC OUT 端子

ラインレベル(-10dBV)出力専用の端子です。

4 8

音声出力端子

外部機器の入力端子に接続します。

922(改)

この端子は次のように配線されています。接続する機器

の配線をご確認のうえ、接続してください。 fig.XLR-Output.eps

1: GND

2: HOT

3: COLD

* RCA ピン・プラグなどによりアンバランス機器へ接続する場

合には下記のように配線してください。 fig.CannonPin.eps

シールド線(GND) 

1

3

2

芯線(信号) 

キャノン・コネクター(メス)からRCAピン・プラグへの接続例 

* 1 番ピンと 3 番ピンをショートさせないでください。

5 6 8 9 10

5 9

出力レベル切替スイッチ

接続する外部機器の入力レベルに合わせて、音声出力端

子の出力レベルを切り替えます。

レベルは -50dBu、-10dBV、+4dBu から選ぶことがで

きます。

6 10

グランド・リフト・スイッチ

音声出力端子のグランド端子をグランドから切り離しま

す。

通常は「GND」側で使用しますが、バランス接続でグラ

ンド・ループによるハム音が出る場合は「LIFT」側に切

り替えてください。

7 11

入力位相反転スイッチ

音声入力端子に入力された音声の位相を反転します。

* AUX IN 端子に入力された音声は反転しません。

12 13

AUX IN 端子

CD プレーヤーなどのオーディオ機器を接続します。

この端子の基準入力レベルは -10dBV です。

* この端子に入力した音声にエフェクトはかかりません。

13

AT-VC22_j.book 9 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

17 21

14 15 16 18 19 20

14 18

音声入力端子

マイクや外部機器の出力端子を接続します。

922(改)

この端子は、XLR-3-31 相当品と TRS 標準ジャック

(φ6.3 ステレオジャック)が兼用になっており、次のよ

うに配線されています。接続する機器の配線をご確認の

うえ、接続してください。 fig.XLR-Input.eps

GND (SLEEVE)

1: GND

2: HOT

3: COLD

HOT (TIP)

COLD (RING)

* ファントム電源スイッチがオンのとき、XLR ジャックと

TRS ジャック両方の HOT 端子と COLD 端子にファントム

電源が供給されます。

15 19

入力トリム・ボリューム

接続する外部機器の出力レベルに合わせて、本機の入力

感度を微調整します。

このボリュームで約 30dB の調整が可能です。

入力感度スイッチが「MIC」のとき、基準入力レベルは

-50 〜 -20dBu となります。入力感度スイッチが

「LINE」のときは、-26 〜 +4dBu となります。

● ボリューム位置の目安

-6dBu -30dBu

-16dBu

+4dBu -26dBu

入力感度スイッチ 

「LINE」のとき 

-40dBu

-20dBu -50dBu

入力感度スイッチ 

「MIC」のとき 

22

16 20

入力感度スイッチ

接続する外部機器の出力レベルに合わせて、本機の入力

感度を切り替えます。

スイッチを切り替えると入力感度が約 24dB 切り替わり

ます。

* 入力感度スイッチの切り替えは、電源を入れる前に行ってく

ださい。

17 21

ファントム電源スイッチ

ファントム電源(DC48V)を必要とするマイクを接続

する場合は「ON」にします。

その他のマイクや、マイク以外の機器を接続する場合は

「OFF」にします。

* 入力感度スイッチが「MIC」のときだけ、ファントム電源が

供給されます。

* ファントム電源を必要としない接続機器を、 ファントム電源

スイッチが「ON」の状態で接続して本機の電源を入れると、

接続機器に不具合が発生する恐れがあります。 接続の前にス

イッチの設定を確認してください。

* TRS 標準ジャックにもファントム電源が供給されます。

* ファントム電源スイッチの切り替えは、 電源を入れる前に

行ってください。

22

AC インレット端子

付属の電源コードを使用して、AC100V、50/60Hz の

電源に接続してください。

電源、消費電力の仕様については、P.22 もご参照くださ

い。

9

AT-VC22_j.book 10 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

設置について

ラックへの設置(放熱に対するご注意)

● 本機をラックなどへマウントする場合は、効率の良い冷却をするため下記の点にご注意ください。

• 通気性の良い場所に設置してご使用ください。

• 密閉タイプのラックへのマウントは避けてください。

• 多段マウント時は、特にラック内の排気が十分に行えるようにしてください。

• 移動用ケース(ポータブル・ラック)などに収納して使用する場合は、ケースの前面および後面のフタをはず

してください。

● ラックにセットするときは、指などをはさまないように注意しておこなってください。

● 設置については、使用上のご注意の

設置について (P.5)もあわせてお読みください。

ゴム足(付属品)の取り付け

本機をラックなどにマウントしないで使用するときなど、

必要に応じて取り付けてください。 fig.Foot.eps

1

付属のゴム足の両面テープをはがします。

2

本機を裏返し、ゴム足を貼り付けます。

右図のように、底面の穴を隠すようにして合計 4 カ所

に貼り付けてください。

929(改)

* 本機を裏返すときには、電源を切り、電源コードを抜いてく

ださい。また、落下や転倒を引き起こさないよう取り扱いに

ご注意ください。

ラック・マウント・アングルの取り外し

本機をラックにマウントしないで使用する場合など、必要に応じて取り外してください。 fig.Angle.eps

1

本体左右のネジ(各 3 箇所)を取り外します。

ラック・マウント・アングルが取り外せる状態になります。

2

外したネジを締めなおします。

* 取り外しが完了したら、必ずネジを締めなおしてください。

10

AT-VC22_j.book 11 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

機器を接続する

電源コードの接続

感電を防ぐために付属の電源コードを使用し、アースを確実に取り付けてください。

付属の電源コードには、感電と機器の損傷を防ぐためにアース用電極端子を加えた 3 端子のプラグがついてい

ます。

○ コンセントが接地コンセント(端子穴が 3 個)の場合

そのままコンセントにプラグを挿し込んでください。

○ コンセントがアースターミナル付コンセント(端子穴が 2 個)の場合

プラグに 2P-3P 変換器をつけ、アース接続後コンセントに挿し込みます。

* アース接続は必ず、電源プラグをコンセントに挿し込む前に行なってください。

* アース接続を外す場合は、必ず電源プラグをコンセントから抜いてから行なってください。

コンセントにアース端子がない場合は、電気工事店に接地工事を依頼してください。

なお、接続方法がわからないときは、別紙記載の問い合わせ窓口にご相談ください。 fig.PowerCord.eps

AT-VC22 

リア・パネル 

接地コンセント 

ターミナル付き 

コンセント 

または 

電源コード 

 (付属) 

アース接続 

2P-3P変換器 

 (付属) 

2P-3P変換器 

N L

接続時および電源投入時のご注意

● 他の機器と接続するときは、誤動作やスピーカーなどの破損を防ぐため、必ずすべての機器の音量をしぼった状態

で電源を切ってください。

● 抵抗入りの接続ケーブルを使用すると、音声入力端子や AUX IN 端子に接続した機器の音量が小さくなることがあ

ります。このときは、抵抗の入っていない接続ケーブルをご使用ください。

● 正しく接続したら、必ず次の手順で電源を投入してください。手順を間違えると、誤動作をしたりスピーカーなど

音声入力端子や AUX IN に接続した機器 ⇒ 本機 ⇒ 音声出力端子や REC OUT に接続した機器

● 本機は回路保護のため、電源をオンしてから数秒間は動作しません。

11

AT-VC22_j.book 12 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

接続例 1:講演会場、ホール、宴会場、講義室、体育館などでの運用(1)

fig.Example1.eps

コンデンサー・マイクロホン 

パワー・アンプ 

スピーカー 

スピーカー 

AT-VC22 

接続例 2:講演会場、ホール、宴会場、講義室、体育館などでの運用(2)

fig.Example2.eps

コンデンサー・マイクロホン 

パワー・アンプ 

スピーカー 

スピーカー 

AT-MX51  AT-VC22 

接続例 3:小会議室、商談室録音、小委員会室などでの録音、監視カメラ用モニター

fig.Example3.eps

天井付けマイクロホン AT845RWa/AT847RWa 

録音機器 

AT-VC22 

12

AT-VC22_j.book 13 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

接続例 4:会議室、役員会議室、委員会室などでの録音、講義録画用の音声取り込みなど

fig.Example4.eps

天井付けマイクロホン AT845RWa/AT847RWa 

オートマチック・ミキサー  AT-VC22 

接続例 5:幼稚園などでのお遊戯音声支援

fig.Example5.eps

バウンダリーマイクロホン AT871Ra など 

パワー・アンプ 

AT-VC22 

接続例 6:会議室での運用(1)(残響が少ない部屋の場合)

fig.Example6.eps

コンデンサー・マイクロホン 

スピーカー 

スピーカー 

録音機器 

オートマチック・ミキサー 

AT-VC22 

オートマチック・ミキサー 

録音機器 

パワー・アンプ 

スピーカー 

スピーカー 

13

AT-VC22_j.book 14 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

接続例 7:会議室での運用(2)(残響がやや多い部屋の場合)

fig.Example7.eps

コンデンサー・マイクロホン 

オートマチック・ミキサー 

AT-MX44 

AT-VC22 

オートマチック・ミキサー 

録音機器 

AT-VC22 

パワー・アンプ 

スピーカー 

スピーカー 

接続例 8:会議室での運用(3)(残響が多い部屋の場合)

fig.Example8.eps

コンデンサー・マイクロホン 

AT-VC22  AT-VC22  AT-VC22 

オートマチック・ミキサー 

パワー・アンプ 

録音機器 

AT-VC22 

AT-VC22 

スピーカー 

スピーカー 

14

AT-VC22_j.book 15 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

チャンネル選択/リンク動作

トを設定することができます。また、2 つの[CH SELECT]ボタンを同時に押すと、両方のチャンネルに同じエフェ

クト設定を行うことができる「リンク動作」になります。

リンク動作にすると、それまで CH 1 に設定していた内容が CH 2 にコピーされ、その後の操作は両方のチャンネルに

反映されます。

リンク動作の状態(両方の[CH SELECT]ボタンのランプが点灯)から、どちらかの[CH SELECT]ボタンを押す

と、リンク動作は解除されます。

REC モード

録音に最適なエフェクトをボタン一つで設定することができます。

REC モードには 3 つのタイプがあり、以下のような特徴になっています。

タイプ 説明

タイプ 1 低域と高域を抑え、 人の声を聞き取りやすくします。

タイプ 2 タイプ 1 よりも通過帯域が広くなります。

タイプ 3 フィードバック・サプレッサーの自動調整の結果を元にしたフィルターがかかります。

* タイプ 3 に設定するときは、事前にフィードバック・サプレッサーの自動調整を実行してください。

詳しくは

「自動調整を行う(オート) (P.17)を参照してください。

1

[CH SELECT]ボタンを押して、REC モードを設定するチャンネルを選びます。

*[CH 1]ボタンと[CH 2]ボタンを同時に押すと「リンク動作」になります。

2

[REC MODE]ボタンを押します。

ボタンのランプが点灯し、REC モードがオンになります。

さらにボタンを押すと、下記のようにタイプ 1 ⇒タイプ 2 ⇒タイプ 3 ⇒オフ⇒タイプ 1... と順に切り替わります。

タイプ

オフ(FS モード)

ボタンのランプ

消灯

タイプ 1

タイプ 2

タイプ 3

オレンジ

フィルター・インジケーターの表示

フィードバック・サプレッサーの稼働状態

○ ○ ○ ○ ● ● ● ● ○ ○ ○ ○

○ ○ ● ● ● ● ● ● ● ● ○ ○

●:点灯

○:消灯

○ ● ○ ● ○ ● ● ○ ● ○ ● ○

* REC モードをオンにしているチャンネルでは、以下のボタンが無効になり、それぞれのボタンのランプも消灯します。

[HIGH CUT]ボタン

[LOW CUT]ボタン

[DYNAMIC]ボタン

AUTO SET[NORMAL]ボタン

AUTO SET[WIDE] ボタン

AUTO SET[CLEAR]ボタン

15

AT-VC22_j.book 16 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

ローカット/ハイカット・フィルター

本機には、低音域の「モコモコ」といったノイズをカットする「ローカット・フィルター」と、高音域の「シャー」と

いったノイズをカットする「ハイカット・フィルター」が搭載されています。

1

[CH SELECT]ボタンを押して、フィルターをオンにするチャンネルを選びます。

*[CH 1]ボタンと[CH 2]ボタンを同時に押すと「リンク動作」になります。

* REC モードがオンになっているチャンネルでは、フィルターをオン/オフできません。 その場合は、[REC MODE]ボタンを数

回押して、REC モードをオフにしてください。

2

[LOW CUT]ボタンまたは[HIGH CUT]ボタンを押します。

ボタンのランプが点灯し、フィルターがオンになります。

オフにするには、もう一度ボタンを押して、ランプを消灯させます。

* フィルターのオン/オフの設定は、電源を切ると本機内部のメモリーに記憶されている状態に戻ります。 本機に記憶させるには、

フィードバック・サプレッサー

「オート」と「ダイナミック」について

ります。

「オート」は、機器接続後、無音状態(マイクに向かって喋らない状態)において、ハウリングの発生しやすいポイント

を検出し、ハウリング・マージンをかせぐためのフィルターを生成します。一度生成されたフィルターは、クリアする

まで常に有効です。

一方「ダイナミック」は、常に再生音を監視し、突発的にフィードバックが発生したときに、瞬時に反応してフィード

バックを抑制します。フィードバックが収まれば、生成されたフィルターは徐々に弱まります。

本機では、1 チャンネルあたり最大 20(オート:12、ダイナミック:8)のハウリング・ポイントに対してフィル

ターを生成し、ハウリングを抑制します。

16

AT-VC22_j.book 17 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

自動調整を行う(オート)

オートには、「NORMAL」と「WIDE」の 2 種類があります。

「NORMAL」では帯域幅の非常に狭いフィルターを用いて、極めて音質劣化の少ない調整を行います。

「WIDE」では帯域幅の広いフィルターを用いて、フィードバックの除去効果を高めます。

1

通常の使用状態にします。

マイクやスピーカーの位置をはじめ、アンプのボリュームや各種エフェクト設定など、通常使用する環境を用意し

てください。

本機のローカット・フィルターやハイカット・フィルターも必要に応じて設定してください。

2

[CH SELECT]ボタンを押して、調整を行うチャンネルを選びます。

*[CH 1]ボタンと[CH 2]ボタンを同時に押して「リンク動作」にすれば、両チャンネルを同時に調整することができます。

* REC モードがオンになっているチャンネルでは、調整を開始することができません。 その場合には、[REC MODE]ボタンを数

回押して、REC モードをオフにしてください。

3

AUTO SET[NORMAL]ボタン、または AUTO SET[WIDE]ボタンを押します。

ボタンのランプが点滅し、ハウリング・ポイントの検出とハウリング・マージンの調整が始まります。

* 調整は静かな環境で行ってください。

調整を開始すると、音量が徐々に上がってハウリングが誘発され、「キーン」という音が一時的に発生します。

それを検出すると、ハウリングを抑制するためのフィルターが生成され、同時にフィルター・インジケーターのラ

ンプが左から順に点灯します(最大 12 ポイント)。

* バイパスされた状態(P.20)で調整を開始すると、バイパスは自動的に解除されます。

* 調整を開始するとフィードバック・サプレッサーの「ダイナミック」は自動的にオフになります。

* 調整中にもう一度同じボタン(点滅しているボタン)を押すと、調整を中断します。

* 調整中は他のボタン操作を受け付けません。

調整は次のいずれかの条件で自動的に終了し、ボタンのランプが点灯します。

● 12 ポイントのハウリング・ポイントを検出し、フィルターがすべて生成されたとき

● 本機のゲインが 12dB に達したとき(約 1 分かけてゲインが徐々に上がります。)

* フィルターが 1 つも生成されなかった場合、ランプは点灯しません。

* 自動生成したフィルターは電源を切ると失われます。 本機に記憶させるには、調整完了後、[WRITE] ボタンを 1 秒以上押して

* 調整が完了し、AUTO SET[NORMAL]ボタン、または AUTO SET[WIDE]ボタンの一方のランプが点灯しているときに、

もう一方のボタンを押しても反応しません。 フィルターの幅を変更して調整をやり直す場合は、一度フィルターをクリアしてから

* リンク動作の場合、両方のチャンネルの調整が終了するまでボタンのランプは点滅し、他のボタン操作を受け付けません。

17

AT-VC22_j.book 18 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

自動調整を途中で止める

1

調整中に、ランプが点滅している AUTO SET[NORMAL]ボタン、または AUTO SET[WIDE]ボ

タンを押すと、調整が止まります。

止めるまでにハウリング・ポイントを検出してフィルターが生成されていた場合、ボタンのランプとフィルター・

インジケーターが点灯します。

フィルターが 1 つも生成されていなかった場合、ボタンのランプは消灯します。

* 調整を最初からやり直す場合は、一度フィルターをクリアしてから再度調整を行ってください。

自動調整を再開する

1

ランプが点灯している AUTO SET[NORMAL]ボタン、または AUTO SET[WIDE]ボタンを押し

ます。

それまでに生成されていたフィルターはそのままに、再度調整を行います。

* すでに 12 ポイントすべてのフィルターが生成されていた場合、再開することはできません。

オート・フィルターをクリアする

1

AUTO SET[CLEAR]ボタンを1秒以上押します。

生成されていたフィルターが解除され、AUTO SET[NORMAL]ボタン、または AUTO SET[WIDE]ボタンの

ランプは消灯します。

* クリアを実行しても、内部に記憶された設定は残っており、電源を再投入するとフィルターが戻ります。

ダイナミックを使用する

ダイナミックを使用すると、突発的に発生したハウリングを最大 8 ポイント抑制することができます。

オートと併用すれば最大 20 ポイントのハウリング抑制が可能となります。

1

[CH SELECT]ボタンを押して、チャンネルを選びます。

*[CH 1]ボタンと[CH 2]ボタンを同時に押すと「リンク動作」になります。

* REC モードがオンになっているチャンネルでは、ダイナミックをオン/オフできません。

その場合、[REC MODE] ボタンを数回押して、REC モードをオフにしてください。

2

[DYNAMIC]ボタンを押します。

ボタンのランプが点灯し、ダイナミックがオンになります。

オフにするには、もう一度ボタンを押してランプを消灯させます。

ダイナミックをオンにすると、稼動中のダイナミック・フィルターの数がフィルター・インジケーターに表示されます。

* ダイナミックのオン/オフの設定は、電源を切ると本機内部のメモリーに記憶されている状態に戻ります。 本機に記憶させるに

● ダイナミックをオンにしてもハウリングが多発する場合、次のような理由が考えられます。

拡声ボリュームを上げ過ぎている

最大レベルを超えて、音声がクリップしている

設置環境が変化して、ハウリング・ポイントも変化している

このような場合、音量設定や設置環境の見直しを行ってから、再度自動調整を行ってください。

18

AT-VC22_j.book 19 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

メモリー機能

設定を本機内部のメモリーに記憶させることができます。一度設定を記憶させると、電源を再投入しても記憶させた設

定で立ち上がるようになります。

本機に記憶できる項目は以下のとおりです。

● チャンネル選択/リンク動作の状態

● REC モードの設定

● ローカットのオン/オフ

● ハイカットのオン/オフ

● オート・フィルターの状態

● ダイナミック・フィルターのオン/オフ

● バイパスのオン/オフ

● モノ・ミックスのオン/オフ

設定を記憶させる(メモリー・ライト)

1

本機の設定を行います。

記憶できる項目に変更があると、[WRITE]ボタンが点滅します。

2

[WRITE]ボタンを 1 秒以上押します。

そのときの設定が本機内部のメモリーに記憶されます。

記憶動作が完了すると、すべてのランプが 2 回点滅し、[WRITE]ボタンは消灯します。

* 動作が完了するまでは、電源を絶対に切らないでください。

記憶された設定を再読み込みする(メモリー・リロード)

それまでの設定変更を取り消し、本機内部のメモリーに記憶されている状態に戻します。

1

[RELOAD]ボタンを 1 秒以上押します。

本機内部のメモリーに記憶されている設定が反映されます。

リロードが完了すると、すべてのランプが 2 回点滅します。

*[WRITE]ボタンが点滅していた場合、[WRITE]ボタンは消灯します。

初期値に戻す

本機内部のメモリーに記憶された設定を初期化し、工場出荷の状態に戻します。

* この操作を実行すると、それまで記憶されていた設定はすべて消去されます。

1

[WRITE]ボタンと[RELOAD]ボタンを押しながら電源を入れます。

すべてのランプが数回点滅した後、工場出荷時の設定で起動します。

19

AT-VC22_j.book 20 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

その他の機能

バイパス

エフェクトをバイパスして、入力音声をそのまま出力します。

REC モードやフィードバック・サプレッサーの効果を確認するときなどに使用します。

1

[CH SELECT]ボタンを押して、エフェクトをバイパスするチャンネルを選びます。

*[CH 1]ボタンと[CH 2]ボタンを同時に押すと「リンク動作」になります。

2

[BYPASS]ボタンを押します。

ボタンのランプが点灯し、以下のエフェクトがバイパスされます。

ローカット・フィルター

• ハイカット・フィルター

• フィードバック・サプレッサー(オート/ダイナミック)

• REC モード

もう一度[BYPASS]ボタンを押してランプを消灯させると、バイパスは解除されます。

モノ・ミックス

2 つのチャンネルの音声をミックスし、両チャンネルに分配します。

1

[MONO MIX]ボタンを押します。

ボタンのランプが点灯し、CH 1 と CH 2 に入力された音声がミックスされ、両チャンネルから出力されるように

なります。

もう一度[MONO MIX]ボタンを押してランプを消灯させると、モノ・ミックスが解除されます。

* 詳細は

ブロック・ダイアグラム (P.23)を参照してください。

パネル・ロック

操作ボタンをロックして、誤操作を防止することができます。

1

[LOCK]ボタンを 1 秒以上押します。

すべてのランプが 2 回点滅した後、[LOCK]ボタンのランプが点灯し、その他のボタンが反応しなくなります。

パネル・ロックを解除するには、もう一度[LOCK]ボタンを 1 秒以上押し続けます。

* パネル・ロックしても、[CH LEVEL] ボリュームと[AUX IN]ボリューム、およびリア・パネルのスイッチとつまみは有効です。

* パネル・ロックすると、そのときの設定が自動的に本機に記憶されます。

外部制御

リア・パネルの外部コントロール端子を使用して、本機を外部から制御することができます。

インターフェースは RS-232C 準拠になっています。

本機では、2 つのチャンネルの入力音量を制御できます。

外部制御機器を使用される場合は、別紙記載の問い合わせ窓口までお問い合わせください。

* フロント・パネルの[CH LEVEL] ボリュームと外部制御のボリュームは独立していて、直列に繋がった状態になっています。

そのため、 どちらか一方が最小になっている場合にもう一方を調整しても音は出ません。

詳細は

ブロック・ダイアグラム (P.23)を参照してください。

20

AT-VC22_j.book 21 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

故障かな?と思ったら

音が出ない

● 外部制御ボリュームが絞られていませんか?(P.20)

●[CH LEVEL]ボリュームや[AUX IN]ボリュームが絞られていませんか?(P.6、P.7)

● 電源は正しく接続されていますか?(P.11)

● 他の機器と正しく接続されていますか?(P.12 〜 14)

● 電源を入れたまま入力感度スイッチやファントム電源スイッチを操作すると、回路保護機能が働き、数秒間音が出

なくなります。

● ファントム電源スイッチが「ON」の状態で、ファントム電源を必要としない機器を接続していませんか?(P.9)

⇒ ファントム電源を必要としない機器にファントム電源を供給すると、接続機器に不具合を発生させる恐れがあ

りますので、ご注意ください。

フィードバックが抑制されない

● フィードバック・サプレッサーの設定は正しくされていますか?(P.17、P.18)

● フィードバック・サプレッサーがバイパスされていませんか?(P.20)

● 音声がクリップしたり、同時に大きな音が鳴っていたりしませんか?

⇒ 過大入力の場合、正しくハウリング・ポイントを検知できないことがあります。本機の入力トリム・ボリュー

ム(P.9)やアンプの音量、外部機器の音量などを調整してください。

自動調整を実行してもフィルターが作られない

● 通常の使用環境になっていますか?(P.17)

⇒ ハウリングが発生しない環境の場合、フィルターは作られません。

● ノイズ・ゲートを使用していませんか?

⇒ 無音時のノイズを抑えるノイズ・ゲートを使用すると、自動調整を開始してもハウリングが誘発されず、ハウリ

ング・ポイントを見つけることができないことがあります。

そのような場合、手を叩くなどしてノイズ・ゲート機能が働かないようにしながら自動調整を行ってください。

* 一部のワイヤレス・マイクには、 ノイズ・ゲートに似た動作をするものがあります。

エフェクトがかからない

●[CH SELECT]ボタンで、エフェクトをかけたいチャンネルを選んでいますか?(P.15)

● AUX IN 端子に入力した音声にエフェクトはかかりません。

ボタンが反応しない

● パネル・ロックされていませんか?(P.20)

・ [HIGH CUT]ボタン

・ [LOW CUT]ボタン

・ [DYNAMIC]ボタン

・ AUTO SET[NORMAL]ボタン

・ AUTO SET[WIDE]ボタン

・ AUTO SE[CLEAR]ボタン

● フィードバック・サプレッサーの自動調整中ではありませんか?(P.17)

21

AT-VC22_j.book 22 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

主な仕様

電源

AC100V(50/60Hz)

消費電力

ファントム電源出力

9W

DC48V(Max 10mA)

音声入力

入力チャンネル数

XLR/TRS 入力

RCA 入力

基準入力レベル

XLR/TRS 入力

RCA 入力

最大入力レベル

XLR/TRS 入力

RCA 入力

入力インピーダンス

XLR/TRS 入力

RCA 入力

音声出力

出力チャンネル数

XLR 出力

RCA 出力

基準出力レベル

XLR 出力

RCA 出力

最大出力レベル

XLR 出力

RCA 出力

出力インピーダンス

XLR 出力

RCA 出力

2 チャンネル

2 チャンネル

-50 〜 -20dBu(ATT. = MIC)、-26 〜 +4dBu(ATT. = LINE)

-10dBV

+16dBu

+20dBu

13kΩ

2 チャンネル

2 チャンネル

-50dBu、-10dBV、+4dBu

-10dBV

+26dBu

+26dBu

1kΩ

特性

周波数特性

全高調波歪率

ノイズレベル

20Hz 〜 22,000Hz(0/-3dB)

0.1% 以下(1kHz、最大利得時)

-110dBu 以下(1ch、最大利得時入力換算、A-Weighted)

外部制御端子

端子形状 D-Sub 9 ピン オス

(* 接続にはストレート・ケーブルを使用してください。)

その他

• 動作温度

保存温度

0 ℃〜 +40 ℃

-20 ℃〜 +50 ℃

• 外形寸法

(突起物を除く)

430(幅)× 44(高さ)× 197.5(奥行き)mm

482(幅)× 44(高さ)× 197.5(奥行き)mm

(ラック・マウント・アングル装着時)

• 質量 2.5kg

* -10dBV = -7.786dBu

* 0dBu = 0.775Vrms

● 本機は日本国内用です。

● 製品の仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。

22

AT-VC22_j.book 23 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

周波数特性

fig.FreqRes.eps

[dB]

0

-10

-20

-30

-40

-50

20

LOW CUT

50 100 200 500 1k 2k

ブロック・ダイアグラム

fig.BlockDiagram.eps

CH 1

HOT

2 3 1

GND

PHANTOM

POWER

COLD

ATT./

TRIM

-50dBu

A/D

+4dBu

PEAK/

SIGNAL

INPUT

PHASE

CH 2

HOT

2 3 1

GND

PHANTOM

POWER

COLD

ATT./

TRIM

-50dBu

+4dBu

A/D

PEAK/

SIGNAL

INPUT

PHASE

MONO

MIX

RS-232C

Volume

CH

LEVEL

LOW

CUT

HIGH

CUT

FEEDBACK

SUPPRESSOR

REC MODE

BYPASS

LINK

D/A

RS-232C

Volume

CH

LEVEL

LOW

CUT

HIGH

CUT

FEEDBACK

SUPPRESSOR

REC MODE

BYPASS

D/A

AUX IN

BYPASS

HIGH CUT

5k 10k 20k [Hz]

CH 1

GND

1 3 2

HOT

-50dBu

-10dBV

+4dBu

GND

LIFT

COLD

CH 2

-50dBu

-10dBV

+4dBu

GND

1 3 2

HOT

GND

LIFT

COLD

REC OUT

AUX IN

LEVEL

レベル・ダイアグラム

fig.Level.eps

[dBu]

+10

LINE

(+4)

0

-10

-20

MIC

LINE

(-20)

TRIM Min

(-26)

-30

-40

-50

MIC

(-50)

TRIM Max

A/D D/A

AUX IN

(+4)

+4dBu

(-7.786)

-10dBV

REC OUT

(-50)

-50dBu

23

AT-VC22_j.book 24 ページ 2007年3月28日 水曜日 午後2時23分

 

〒194-8666 東京都町田市成瀬2206  http://www.audio-technica.co.jp

* 0 4 6 7 2 1 5 6 0 1 *

04672156 07-04-1N

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents