圧力発信器

圧力発信器
KH15
圧力発信器
圧力発信器
形 番 構 成 ご用命に際しては、形番、各仕様および圧力レンジをご指定ください。
KH15
K H 1 5
圧力発信器
モデル
①
形 式 ※1
KH15は、半導体歪ゲージを用いた検出部と、内蔵の電子回路
―
K
9
―
1
①
②
③
④
⑤
⑥
選択仕様
K
端子箱式(大) ゼロスパン調可能
②
接続ネジ
とで、圧力を4∼20mA DC の電気信号に変換し伝送する圧力
③
シール方式
発信器です。従来品に比べ、ケース構造を見直し、防水性能を
向上させております。
耐久性・安定性・耐振動・耐衝撃性に優れており、液体、気体
ご注文に際してはレンジ、
単位を別途ご指定ください。
また、③シール方式により
選択してください。
など様々な媒体の圧力計測が可能です。
特 長
・蒸 着 形 半 導 体 歪 ゲ ージを 用 い た 感 圧 部を 採 用して います の で
耐久性、安定性があります。
・金属ダイアフラムを用いているため耐食性がよく、液体など、幅広い
用途に使用できます。
・可動部がないので、耐振動、耐衝撃性に優れています。
・RoHS 指令に対応しております。
・同一形状でレンジ0.1MPa から50MPa まで製作致します。
・ケース構造は IP67
(JIS C 0920)を実現し、 防水性能を大幅に
向上しております。
仕 様
測定流体
:気体または液体(接液部材質を腐食させないこと)
電 源
:24V DC ±10%
使用環境
:通常の状態において、引火・爆発の原因となるような
出 力
:4∼20mA DC(2線式)
可燃性ガス、または液体の存在のない場所
形式〔ケース構造〕:端子箱式(大)
IP67
(JIS C 0920)*1
負荷抵抗
:500Ω max.
伝送方式
:2線式
精 度
:±0.25%F.S.、±0.5%F.S.、±1.0%F.S.
(仕様により異なる)*3
接続ネジ
:R1/2
温度係数
シール方式 :感圧部を構成するダイアフラム部とツギテ部との接合
±0.05%F.S./ ℃(精度±0.5%F.S.)
方式であり、次のタイプがあります。
O リング式…O リングにより密閉性を確保し接合
:ゼロ点 ±0.025%F.S./ ℃(精度±0.25%F.S.)
スパン点 応答速度
±0.1%F.S./ ℃(精度±1.0%F.S.)
:1ms 以下
ダイアフラム材質 SUS630
(17−4PH)
RoHS 指令 :RoHS 指令に対応
O リング材質 NBR
質 量
全溶接式 …溶接により完全密封し接合
別売アクセサリ:パイプサイホン、ゲージコック、ユニオンジョイント、
ツギテ SUS316
ダンプナ
(EPDM、フッソ、クロロプレン対応可)
:O リング式 −0.1∼0→−0.1∼0.3MPa、
※記載のない電源、 出力、 伝送方式、 接続ネジの仕様については
お問い合わせください。
0∼0.1、0∼0.3MPa
全溶接式 −0.1∼0.5→−0.1∼2MPa、
0∼0.5→0∼50MPa
許容最大圧力:圧力レンジの2倍
(ただし、35・50MPa レンジは1.5倍)
0.1MPaレンジ以下は0∼70℃)*2
使用温度範囲:−20∼70℃(ただし、
(氷結、結露なきこと)
1
⑦
出 力
※1
⑧電線取出口
⑨ケーブル種類
端子箱式(大)
・ゼロ調、スパン調:
端子箱のフタを開けて調整可能
*1 ケースは防水構造(IP67)ですが、配線口(貫通金物〔JIS F 8801〕
を使用)の防水処理を十分ご注意ください。
*2 接液部が70℃を超える場合(蒸気、温水など)、必ずパイプサイ
ホンなどを用い、
70℃以内でご使用ください。
*3 圧力センサ の 出力精度は出荷 の 際、以下 の 条件で調整されて
います。
・周囲温度:23℃±5℃
・取付姿勢:垂直取付
⑮ドキュメント
0
1
0
⑩
×
⑪
×
⑫
×
⑬
×
⑭
⑮
O リング式(SUS630
(17−4PH)、NBR、SUS316)
全溶接式(SUS630
(17−4PH)、SUS316)
シール
精度別製作可否(%F.S.)
④
④圧力レンジ(MPa)
圧力レンジ
方式
±0.25
±0.5
±1.0
(MPa)
○
−
1
−
−0.1∼0
(真空計)
O
○
−
2
−
−
0.1
∼
0.1
(連成計)
リ
ン
○
−
3
−
−0.1∼0.3
(連成計)
グ
○
−
A
−
0∼0.1
式
○
−
C
−
0∼0.3
○
○
5
−
−0.1∼0.5
(連成計)
○
○
6
−
−0.1∼1
(連成計)
○
○
7
−
−0.1∼2
(連成計)
○
○
E
−
0∼0.5
○
○
G 0∼1
−
全
○
○
J
−
0∼2
溶
接
○
○
K
0∼3.5
○
式
○
○
L
0∼5
○
○
○
N 0∼10
○
○
Q 0∼20
○
○
○
R
○
0∼35
−
○
S
○
0∼50
−
⑤
±0.25%F.S.
4
精 度
±0.5%F.S.
5
±1.0%F.S.
7
1 24V DC ±10%
⑥
電 源
O リング NBR(O リング式のみ)
圧力レンジ
0
⑨
3
4
:約0.36kg
適合規格:EN61326-1:2006;EN61326-2-3:2006
4
⑧
R1/2 50MPa レンジ以下のみ製作可能
CEマーキング:適合指令:2004/108/EC
ダイアフラム材質 SUS630
(17−4PH)
接液部材質 :ダイアフラム SUS630
(17−4PH)
9
1
⑦
ナシ
アリ
(ご希望のものを別途ご指示ください。
)
提出図、取扱説明書、検査要領書、
ミルシート、検査成績表、
検査・トレーサビリティ証明書、
強度計算書、立会検査
⑩
処理
4∼20mA DC 2線式
⑨
⑧電線取出口
⑨ケーブル種類
⑧
端子箱(大)(付属ケーブル無し)
4
0
−
JIS 15b
0
ナシ
※上記形番構成以外の仕様についてはお問い合わせください。
KH15
圧力発信器
圧力発信器
形 番 構 成 ご用命に際しては、形番、各仕様および圧力レンジをご指定ください。
KH15
K H 1 5
圧力発信器
モデル
①
形 式 ※1
KH15は、半導体歪ゲージを用いた検出部と、内蔵の電子回路
―
K
9
―
1
①
②
③
④
⑤
⑥
選択仕様
K
端子箱式(大) ゼロスパン調可能
②
接続ネジ
とで、圧力を4∼20mA DC の電気信号に変換し伝送する圧力
③
シール方式
発信器です。従来品に比べ、ケース構造を見直し、防水性能を
向上させております。
耐久性・安定性・耐振動・耐衝撃性に優れており、液体、気体
ご注文に際してはレンジ、
単位を別途ご指定ください。
また、③シール方式により
選択してください。
など様々な媒体の圧力計測が可能です。
特 長
・蒸 着 形 半 導 体 歪 ゲ ージを 用 い た 感 圧 部を 採 用して います の で
耐久性、安定性があります。
・金属ダイアフラムを用いているため耐食性がよく、液体など、幅広い
用途に使用できます。
・可動部がないので、耐振動、耐衝撃性に優れています。
・RoHS 指令に対応しております。
・同一形状でレンジ0.1MPa から50MPa まで製作致します。
・ケース構造は IP67
(JIS C 0920)を実現し、 防水性能を大幅に
向上しております。
仕 様
測定流体
:気体または液体(接液部材質を腐食させないこと)
電 源
:24V DC ±10%
使用環境
:通常の状態において、引火・爆発の原因となるような
出 力
:4∼20mA DC(2線式)
可燃性ガス、または液体の存在のない場所
形式〔ケース構造〕:端子箱式(大)
IP67
(JIS C 0920)*1
負荷抵抗
:500Ω max.
伝送方式
:2線式
精 度
:±0.25%F.S.、±0.5%F.S.、±1.0%F.S.
(仕様により異なる)*3
接続ネジ
:R1/2
温度係数
シール方式 :感圧部を構成するダイアフラム部とツギテ部との接合
±0.05%F.S./ ℃(精度±0.5%F.S.)
方式であり、次のタイプがあります。
O リング式…O リングにより密閉性を確保し接合
:ゼロ点 ±0.025%F.S./ ℃(精度±0.25%F.S.)
スパン点 応答速度
±0.1%F.S./ ℃(精度±1.0%F.S.)
:1ms 以下
ダイアフラム材質 SUS630
(17−4PH)
RoHS 指令 :RoHS 指令に対応
O リング材質 NBR
質 量
全溶接式 …溶接により完全密封し接合
別売アクセサリ:パイプサイホン、ゲージコック、ユニオンジョイント、
ツギテ SUS316
ダンプナ
(EPDM、フッソ、クロロプレン対応可)
:O リング式 −0.1∼0→−0.1∼0.3MPa、
※記載のない電源、 出力、 伝送方式、 接続ネジの仕様については
お問い合わせください。
0∼0.1、0∼0.3MPa
全溶接式 −0.1∼0.5→−0.1∼2MPa、
0∼0.5→0∼50MPa
許容最大圧力:圧力レンジの2倍
(ただし、35・50MPa レンジは1.5倍)
0.1MPaレンジ以下は0∼70℃)*2
使用温度範囲:−20∼70℃(ただし、
(氷結、結露なきこと)
1
⑦
出 力
※1
⑧電線取出口
⑨ケーブル種類
端子箱式(大)
・ゼロ調、スパン調:
端子箱のフタを開けて調整可能
*1 ケースは防水構造(IP67)ですが、配線口(貫通金物〔JIS F 8801〕
を使用)の防水処理を十分ご注意ください。
*2 接液部が70℃を超える場合(蒸気、温水など)、必ずパイプサイ
ホンなどを用い、
70℃以内でご使用ください。
*3 圧力センサ の 出力精度は出荷 の 際、以下 の 条件で調整されて
います。
・周囲温度:23℃±5℃
・取付姿勢:垂直取付
⑮ドキュメント
0
1
0
⑩
×
⑪
×
⑫
×
⑬
×
⑭
⑮
O リング式(SUS630
(17−4PH)、NBR、SUS316)
全溶接式(SUS630
(17−4PH)、SUS316)
シール
精度別製作可否(%F.S.)
④
④圧力レンジ(MPa)
圧力レンジ
方式
±0.25
±0.5
±1.0
(MPa)
○
−
1
−
−0.1∼0
(真空計)
O
○
−
2
−
−
0.1
∼
0.1
(連成計)
リ
ン
○
−
3
−
−0.1∼0.3
(連成計)
グ
○
−
A
−
0∼0.1
式
○
−
C
−
0∼0.3
○
○
5
−
−0.1∼0.5
(連成計)
○
○
6
−
−0.1∼1
(連成計)
○
○
7
−
−0.1∼2
(連成計)
○
○
E
−
0∼0.5
○
○
G 0∼1
−
全
○
○
J
−
0∼2
溶
接
○
○
K
0∼3.5
○
式
○
○
L
0∼5
○
○
○
N 0∼10
○
○
Q 0∼20
○
○
○
R
○
0∼35
−
○
S
○
0∼50
−
⑤
±0.25%F.S.
4
精 度
±0.5%F.S.
5
±1.0%F.S.
7
1 24V DC ±10%
⑥
電 源
O リング NBR(O リング式のみ)
圧力レンジ
0
⑨
3
4
:約0.36kg
適合規格:EN61326-1:2006;EN61326-2-3:2006
4
⑧
R1/2 50MPa レンジ以下のみ製作可能
CEマーキング:適合指令:2004/108/EC
ダイアフラム材質 SUS630
(17−4PH)
接液部材質 :ダイアフラム SUS630
(17−4PH)
9
1
⑦
ナシ
アリ
(ご希望のものを別途ご指示ください。
)
提出図、取扱説明書、検査要領書、
ミルシート、検査成績表、
検査・トレーサビリティ証明書、
強度計算書、立会検査
⑩
処理
4∼20mA DC 2線式
⑨
⑧電線取出口
⑨ケーブル種類
⑧
端子箱(大)(付属ケーブル無し)
4
0
−
JIS 15b
0
ナシ
※上記形番構成以外の仕様についてはお問い合わせください。
KH15
圧力発信器
圧力発信器
外 形 寸 法 図 お よ び 端 子 配 列(単位:mm)
(17)
KH15
使用上の注意
(86)
2線式
46
■取 付
■配線導入部の防水性について
1)圧力ラインに接続する際は、ケース本体をパイプレンチなどで締め
本製品は、グランドサイズに応じた適切な外径のケーブルを使用する
付けないでください。
Z
S
+ +CH
-
φ8
2
事で防水性能を確保しています。 端子箱のフタの締め付けや、配線
取付は必ず接続ネジの六角部を使用してください。
導入部の組み込みは防水性能に影響を及ぼしますので、 充分注意
2)本製品は耐振性に優れておりますが、計測器ですので激しい振動
が加わらない様にしてください。
してください。 なお、付属のグランド部品ではなく、市販されている
ケーブルグランドやケーブルコンジットなどを使用される場合は、お客様
にて防水性能を確認されるようお願いします。
端子台
M3
■結 線
1)下表を参考に適合するシールドケーブルを用意してください。
形番
端子口サイズ
KH15-K9□
G1/2
ガスケット内径
(適合ケーブル径)
15b(標準)
φ10
■運搬・管理上の注意
1)運搬上の注意
精密計器ですので、落下したり衝撃を加えたりしますと使用不能に
なる場合がありますので、運搬には充分な注意を払ってください。
139
2)開梱上の注意
2)形番に応じて、下図に従ってケーブル端末を加工してください。
96
JIS F8801 15b
φ38
〈PF1/2〉
26
φ32
20
11
22X25.4六角
電線取出口
適合ケーブル外径
JIS 15b
φ10
R1/2
開梱に先立って梱包の外観を一応確かめてください。
なお、圧力レンジ1MPa 以下を使用される場合は、ケーブルを
開梱の際、荷を乱暴に扱わないようにご注意ください。
通して大気を導入しますので、 ケーブル端は密閉しないでくだ
荷から取り出した時、誤って落下させたりする事の無い様に充分
さい。
注意して荷を解いてください。
〈KH15-K9□ケーブル端末加工方法〉
開梱後製品に外傷が無いか、また製品の形式が注文通りか確かめて
ケーブルシースを80mm むき、使用される M3用圧着端子に合わ
ください。
せて芯線被覆をむいてください。
万一異常がありましたら、購入代理店または弊社営業所へご連絡
配線端末に圧着端子を取り付けてください。
ください。
シース根元でシールド処理をしてください。
■保管上の注意
本製品の故障・損傷の原因となりますので、次の
ような場所に保管しないでください。
結線図
・水のかかる場所
出力チェック用電流計
KH15
・気圧、 温度、 湿度、 風通し、 日光、 ほこり、
+
+CH
+
A
−
電源装置
−
4∼20mADC
−
+
A
−
−
挿入してください。
(下図参照)
0V
V
−
塩分、イオウ分を含んだ空気などにより悪影響の
生ずる恐れのある場所
・傾斜、振動、衝撃(運搬時を含む)などのある
場所
・化学薬品の保管場所やガスの発生する場所
フタ
・直射日光の当たる場所や高温の車内など
負荷抵抗
+
注意
4)グランドを締め付け、端子口を密閉してください。
(下図参照)
*
+
−
+24V
3)端子箱のフタを開け、端子口からケーブルをガスケットの奥まで
ザガネ
端子台
グランド
−
作 動
ケーブル
(1)電源を投入する前に、もう一度結線に間違いが無い事を確認して
*同一電源からサージなど発生する機器を接続する場合、KH15を保護するためにバリスタなどを接続してください。
ください。
(2)電源投入後から5分間位ウォームアップを行ってから本運転に入って
動作原理
ください。
本製品は、受圧部をダイアフラムとして圧力を歪に変換し、この歪量を半導体歪ゲージで検出しています。
検出回路は、ブリッジの四辺すべてが半導体歪ゲージで構成されているフルブリッジ方式です。
このブリッジ回路より歪に比例した電気信号が得られ、次段の信号変換により、直流電流を伝送します。
■ブロック図
■構成例(4∼20mA DC 出力)
ガスケット
端子箱
5)電線を端子台に固定してください。
端子台への推奨締付トルクは、0.45N・m です。
6)端子箱のフタを締め付け、端子箱を密閉してください。
KH15
圧力発信器
圧力発信器
外 形 寸 法 図 お よ び 端 子 配 列(単位:mm)
(17)
KH15
使用上の注意
(86)
2線式
46
■取 付
■配線導入部の防水性について
1)圧力ラインに接続する際は、ケース本体をパイプレンチなどで締め
本製品は、グランドサイズに応じた適切な外径のケーブルを使用する
付けないでください。
Z
S
+ +CH
-
φ8
2
事で防水性能を確保しています。 端子箱のフタの締め付けや、配線
取付は必ず接続ネジの六角部を使用してください。
導入部の組み込みは防水性能に影響を及ぼしますので、 充分注意
2)本製品は耐振性に優れておりますが、計測器ですので激しい振動
が加わらない様にしてください。
してください。 なお、付属のグランド部品ではなく、市販されている
ケーブルグランドやケーブルコンジットなどを使用される場合は、お客様
にて防水性能を確認されるようお願いします。
端子台
M3
■結 線
1)下表を参考に適合するシールドケーブルを用意してください。
形番
端子口サイズ
KH15-K9□
G1/2
ガスケット内径
(適合ケーブル径)
15b(標準)
φ10
■運搬・管理上の注意
1)運搬上の注意
精密計器ですので、落下したり衝撃を加えたりしますと使用不能に
なる場合がありますので、運搬には充分な注意を払ってください。
139
2)開梱上の注意
2)形番に応じて、下図に従ってケーブル端末を加工してください。
96
JIS F8801 15b
φ38
〈PF1/2〉
26
φ32
20
11
22X25.4六角
電線取出口
適合ケーブル外径
JIS 15b
φ10
R1/2
開梱に先立って梱包の外観を一応確かめてください。
なお、圧力レンジ1MPa 以下を使用される場合は、ケーブルを
開梱の際、荷を乱暴に扱わないようにご注意ください。
通して大気を導入しますので、 ケーブル端は密閉しないでくだ
荷から取り出した時、誤って落下させたりする事の無い様に充分
さい。
注意して荷を解いてください。
〈KH15-K9□ケーブル端末加工方法〉
開梱後製品に外傷が無いか、また製品の形式が注文通りか確かめて
ケーブルシースを80mm むき、使用される M3用圧着端子に合わ
ください。
せて芯線被覆をむいてください。
万一異常がありましたら、購入代理店または弊社営業所へご連絡
配線端末に圧着端子を取り付けてください。
ください。
シース根元でシールド処理をしてください。
■保管上の注意
本製品の故障・損傷の原因となりますので、次の
ような場所に保管しないでください。
結線図
・水のかかる場所
出力チェック用電流計
KH15
・気圧、 温度、 湿度、 風通し、 日光、 ほこり、
+
+CH
+
A
−
電源装置
−
4∼20mADC
−
+
A
−
−
挿入してください。
(下図参照)
0V
V
−
塩分、イオウ分を含んだ空気などにより悪影響の
生ずる恐れのある場所
・傾斜、振動、衝撃(運搬時を含む)などのある
場所
・化学薬品の保管場所やガスの発生する場所
フタ
・直射日光の当たる場所や高温の車内など
負荷抵抗
+
注意
4)グランドを締め付け、端子口を密閉してください。
(下図参照)
*
+
−
+24V
3)端子箱のフタを開け、端子口からケーブルをガスケットの奥まで
ザガネ
端子台
グランド
−
作 動
ケーブル
(1)電源を投入する前に、もう一度結線に間違いが無い事を確認して
*同一電源からサージなど発生する機器を接続する場合、KH15を保護するためにバリスタなどを接続してください。
ください。
(2)電源投入後から5分間位ウォームアップを行ってから本運転に入って
動作原理
ください。
本製品は、受圧部をダイアフラムとして圧力を歪に変換し、この歪量を半導体歪ゲージで検出しています。
検出回路は、ブリッジの四辺すべてが半導体歪ゲージで構成されているフルブリッジ方式です。
このブリッジ回路より歪に比例した電気信号が得られ、次段の信号変換により、直流電流を伝送します。
■ブロック図
■構成例(4∼20mA DC 出力)
ガスケット
端子箱
5)電線を端子台に固定してください。
端子台への推奨締付トルクは、0.45N・m です。
6)端子箱のフタを締め付け、端子箱を密閉してください。
圧力発信器
KH15
保守・調整
■保守
2)スパン調整
本製品は、 構造上検出部に可動部分が無いため、 ほとんど保守の
圧力基準器が無い場合は、スパン調整を行わないでください。
必要はありませんが、 使用状況により、 適切な保守が必要です。
圧力基準器を用いてスパン調整を行う場合の要領は次の通りです。
一般に年2回程度の定期点検をお勧めします。
なお、スパン調整用トリマを回しますと、ゼロ点も変化します。
ここに定期点検時のチェックリストを記載しますので、 参考にして
また、逆出力および、連成計は出力値が異なりますので注意して
ください。
ください。
<定期点検チェックリスト>
①[1)ゼロ点調整]と同様に、ゼロ点出力を調整します。
・外観
②圧力レンジ上限の圧力を加え、スパン調整トリマでスパン出力を
・圧力導入口の腐食状況
電流出力では20mA DC に調整します。
・各端子とケース間の絶縁抵抗
③①、②を数回交互に繰り返してゼロ点とスパンを調整します。
(50V DC において、100M Ω以上)
・接続ネジなどの再締め付け
■ノイズ対策について
・圧力基準器による出力チェック
ノイズの問題は複雑で、容易に理論的な解決ができないものが多く、
電流出力の場合、チェック端子(+ CH)がついているため、結線を
完全ではありません。
取り外す事無く点検が可能です。
測定値が時々変動したり、実際の圧力と異なった値を示す時はノイズ
点検時は、内部抵抗10Ω以下の電流計でチェックしてください。
の影響が考えられます。
電源ラインにノイズが重畳している時は、 何処でノイズが発生して
■調整
いるかを調査し、発生源で対策する事が原則です。 ノイズが定常的に
本製品は、端子箱のフタを外す事で出力調整が行えます。
発生している時は、ノイズフィルタなどで対策する事も有効です。
端子箱のフタを外すと下図の様なプレートがあります。 そこに印刷
また、ノイズが重畳している電源とは別系統の電源を使用する事も
されている Z、S の部分が、それぞれゼロ点調整、スパン調整トリマ
大切です。
です。
外部からの誘導によって信号ラインにノイズが入ってくる事もあります
ので、ノイズ源を遠ざける、磁気シールド、静電気シールドなどを行い、
ゼロ点調整トリマ
スパン調整トリマ
対策する事も必要です。
サージに対しても同様です。
その他
この取扱説明書は、 機器の細目全てに渡るものではありません。
また、据え付け、保守に関し直面する全ての付随事項に備える事を
プレート
目的とするものでもありません。
従って、さらに詳しい説明を必要としたり、貴社の意図されるところ
KH15-K9□の電流出力
に充分そぐわない場合は、弊社にお問い合わせください。
1)ゼロ点調整
ゼロ点調整用トリマをマイナスドライバーで回転する事により行い
ます。 ただし、正圧力レンジと連成レンジとでは調整方法が異なり
ますので以下をご参照ください。
<正圧レンジ>
大気開放(無加圧)状態における出力を4mA DC に調整します。
<連成レンジ>
次の計算式に基づき、大気開放状態での出力値を算出します。
・電流出力(4∼20mA DC)の場合
[大気開放状態における出力 mA]
=[16mA]/[レンジ上限圧力MPa]−[−0.1MPa]×0.1+[4mA]
例)
0.5MPa連成レンジ:6.67mA、
1.0MPa連成レンジ:5.45mA
商品改良のため、仕様・外観は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
http://panasonic.co.jp/es/peseg/
● 東 京 本 部 TEL : 03−5564−6213
● 東 北 支 店 TEL : 022−225−5819
● 中 部 支 店 TEL : 052−563−1171
●近畿支店
TEL : 06−6910−0138
●中国・四国支店 TEL : 082−247−3539
●九州支店
TEL : 092−523−9623
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement