User`s Manual ダイアフラムシール付 差圧・圧力伝送器 EJ

User`s Manual ダイアフラムシール付 差圧・圧力伝送器 EJ
User's
Manual
ダイアフラムシール付
差圧・圧力伝送器
EJ□118J,EJ□438J
IM 01C26H01-01
IM 01C26H01-01
7版
目次 -1
ダイアフラムシール付差圧・圧力伝送器
EJ□118J,EJ□438J
IM 01C26H01-01 7 版
目 次
1
2.
はじめに........................................................1-1
6.3
運転開始.........................................................................................6-3
1.1
本計器を安全にご使用いただくために....................1-2
6.4
運転停止.........................................................................................6-4
1.2
納入後の保証について.........................................................1-2
6.5
伝送器受圧部のドレン抜きおよびガス抜き..........6-4
2.1
形名と仕様の確認について...............................................2-1
2.2
運搬について..............................................................................2-1
2.3
保管場所について....................................................................2-1
2.4
設置場所について....................................................................2-2
2.5
加圧部分について....................................................................2-2
2.6
配線接続口の防水処理について....................................2-2
2.7
トランシーバの使用について.........................................2-2
2.8
絶縁抵抗テストと耐電圧テストについて...............2-3
2.9
耐圧防爆形の伝送器について.........................................2-3
3.
各部の名称....................................................3-1
4.
取付...............................................................4-1
5.
6.
6.5.1 フラッシングコネクションリングの
ドレン抜き.....................................................................6-4
6.5.2 フラッシングコネクションリングの
ガス抜き..........................................................................6-4
取扱上の注意事項........................................2-1
4.1
取付時の注意事項....................................................................4-1
4.2
ダイアフラムシール部の取付.........................................4-1
4.3
伝送器本体の取付....................................................................4-2
4.4
フラッシングコネクションリングの取付け..........4-4
4.5
4.4.1 受圧部への取付け.....................................................4-4
4.4.2 プロセスへの取付け...............................................4-4
テフロン膜の取付け...............................................................4-5
4.6
伝送部を回転させる場合....................................................4-5
4.7
内蔵指示計の向きを変更させる場合..........................4-6
配線...............................................................5-1
5.1
配線時の注意事項....................................................................5-1
5.2
電線の選定....................................................................................5-1
5.3
外部配線の端子部への接続...............................................5-1
5.4
5.3.1 電源配線の接続..........................................................5-1
5.3.2 現場指示計用配線の接続.....................................5-2
5.3.3 BRAIN TERMINAL の接続.......................................5-2
5.3.4 チェックメータの接続..........................................5-2
..............................5-2
5.3.5 ステータス出力(EJX のみ)
配線....................................................................................................5-2
5.5
5.4.1 ループ構成.....................................................................5-3
5.4.2 配線工事..........................................................................5-3
接地....................................................................................................5-4
5.6
電源電圧と負荷抵抗...............................................................5-5
5.7
電源投入時の内蔵指示計の表示....................................5-5
運転...............................................................6-1
6.1
運転開始準備..............................................................................6-1
6.2
ゼロ点調整....................................................................................6-2
7th Edition: June 2014(KP)
All Rights Reserved, Copyright © 2004. Yokogawa Electric Corporation
7.
BRAIN TERMINAL BT200 の操作.................7-1
7.1
BT200 操作時の注意事項....................................................7-1
7.2
7.1.1 接続方法..........................................................................7-1
7.1.2 通信ライン条件..........................................................7-1
BT200 の操作方法....................................................................7-2
7.2.1 操作キーの配置..........................................................7-2
7.2.2 操作キーの機能..........................................................7-3
7.2.3 メニューアドレスの呼び出し..........................7-4
7.3
7.2.4 設定パラメータのプリントアウト
(プリンタ付きの場合)
..........................................7-5
BT200 によるパラメータ設定..........................................7-5
7.3.1 7.3.2
7.3.3
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10)
(11)
(12)
(13)
(14)
(15)
(16)
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
(23)
パラメータの用途と選択.....................................7-5
メニューツリー..........................................................7-7
パラメータの設定方法..........................................7-8
Tag No. の設定............................................................7-8
レンジの設定...............................................................7-8
ダンピング時定数の設定.....................................7-9
出力モード ( 比例 / 開平 ) と
表示モード ( 比例 / 開平 ) の設定..................7-9
ローカットの設定..................................................7-10
内蔵指示計の設定..................................................7-11
表示温度の単位の設定.......................................7-13
表示静圧の単位とレンジの設定..................7-13
出力反転 ( 正 / 逆信号 ) の設定.....................7-13
導圧管接続方向 ( 右 / 左高圧 ) の設定.....7-13
CPU 異常時の出力状態の表示.......................7-13
ハードエラー時の出力状態の設定.............7-14
正逆流量測定の設定............................................7-14
レンジ変更 ( 実入力を加える場合 )...........7-14
ゼロ点調整とスパン調整
(4-20 mA 出力信号の調整 )..............................7-15
表示静圧のゼロ点調整とスパン調整.......7-17
調整量の消去............................................................7-17
テスト出力 ( 定電流出力 ) の設定...............7-17
ソフトウェアライトプロテクトの設定..7-18
折れ線近似機能の設定.......................................7-18
アラーム設定............................................................7-19
ステータス接点出力の設定
( 付加仕様コード:/AL, EJX のみ )..............7-19
キャピラリ封入液の密度補正機能の設定
. ..........................................................................................7-20
IM 01C26H01-01
目次 -2
7.4
(24) 調整情報と自由メモ欄.......................................7-21
BT200 によるデータ表示.................................................7-21
7.5
7.4.1 測定データの表示..................................................7-21
7.4.2 伝送器の形名,仕様の表示.............................7-21
自己診断......................................................................................7-22
7.5.1 異常発生の確認.......................................................7-22
(1) BT200 による確認..................................................7-22
(2) 内蔵指示計による確認.......................................7-22
8.
保守...............................................................8-1
8.1
概要....................................................................................................8-1
8.2
校正用機器の選定....................................................................8-1
8.3
校正....................................................................................................8-2
8.4
分解および組立て....................................................................8-2
8.5
8.4.1 内蔵指示計の交換.....................................................8-3
8.4.2 CPU アセンブリの交換..........................................8-4
故障探索.........................................................................................8-5
8.5.1 故障探索の基本フロー..........................................8-5
8.5.2 故障探索フローの事例..........................................8-5
8.5.3 異常内容と対策..........................................................8-7
9.
パラメータ一覧............................................9-1
10. 標準仕様......................................................10-1
10.1 標準仕様......................................................................................10-1
10.2 形名およびコード一覧......................................................10-5
10.3 付加仕様...................................................................................10-15
10.4 外形図........................................................................................10-17
付録 1. 安全計装システムの設置にあたって.付 1-1
付 1.1 適用範囲と目的....................................................... 付 1-1
付 1.2 安全計装システム用途における
本伝送器のご使用.................................................. 付 1-1
付 1.2.1 安全確度........................................................... 付 1-1
付 1.2.2 診断応答時間................................................. 付 1-1
付 1.2.3 設定...................................................................... 付 1-1
付 1.2.4 必要なパラメータの設定...................... 付 1-1
付 1.2.5 プルーフテスト........................................... 付 1-1
付 1.2.6 修理・交換...................................................... 付 1-2
付 1.2.7 起動時間........................................................... 付 1-2
付 1.2.8 ファームウェアの更新............................ 付 1-2
付 1.2.9 安全性データ................................................. 付 1-2
付 1.2.10 耐用年数の制限........................................... 付 1-2
付 1.2.11 環境の制限...................................................... 付 1-2
付 1.2.12 用途の制限...................................................... 付 1-2
付 1.3 用語と略語................................................................. 付 1-2
付 1.3.1 用語...................................................................... 付 1-2
付 1.3.2 略語...................................................................... 付 1-2
耐圧防爆形機器についての注意事項............ EX-B03
説明書 改訂情報
IM 01C26H01-01
1
1-1
< 1. はじめに>
はじめに
このたびは当社の差圧・圧力伝送器 DPharp をご採用い
ただき,まことにありがとうございました。
本計器は納入に先立ち,ご注文仕様に基づいて正確に
調整されております。
■ 本書に対するご注意
・ 本書は,最終ユーザまでお届けいただきますよう
お願いいたします。
・ 本書の内容は,将来予告なしに変更することがあ
本計器の全機能を生かし,効率よく,正しくご使用い
ただくために,ご使用前に本取扱説明書をよくお読み
になり,機能・操作を十分に理解され,取り扱いに慣
れていただきますようお願いいたします。
本書は以下の製品に対応しています。製品銘板に記載
の形名とスタイルコードをご確認ください。
ります。
・ 本書の内容の全部または一部を無断で転載,複製
することは禁止されています。
・ 本書は,本計器の市場性またはお客様の特定目的へ
の適合などについて保証するものではありません。
・ 本書の内容に関しては万全を期していますが,万一
ご不審の点や誤りなどお気づきのことがありまし
形名
スタイルコード
EJX118J
S2, S3
EJX438J
S2, S3
EJA118J
S1
EJA438J
S1
注記
HART 通信形 ( 出力信号コード:E または J) の場合に
は取扱説明書 IM01C26T01-06JA を,FOUNDATION フィー
ルドバス通信形 ( 出力信号コード:F) の場合には取扱
説明書 IM 01C26T02-01 を併用してください。
たら,裏表紙に記載の当社各営業拠点またはご購
入の代理店までご連絡ください。
・ 特別仕様につきましては記載されておりません。
・ 機能・性能上とくに支障がないと思われる仕様変
更,構造変更,および使用部品の変更につきまし
ては,その都度の本書改訂が行われない場合があ
りますのでご了承ください。
■ 安全および改造に関するご注意
・ 人体および本計器または本計器を含むシステムの
保護・安全のため,本計器を取り扱う際は,本書
の安全に関する指示事項に従ってください。なお,
注記
本書では,EJ □等と表記をしている場合には,EJX と
EJA いずれにも適用されることを示します。特記すべ
これらの指示事項に反する扱いをされた場合,当
社は安全性を保証いたしかねます。
・ 当該製品を無断で改造することは固くお断りいた
します。
き事項がない限り,伝送器の図は EJX118J ダイアフラ
・ 防爆形計器について,お客様が修理または改造さ
ムシール付差圧伝送器を用いています。圧力伝送器を
れ,原形復帰ができなかった場合,本計器の防爆
ご使用される場合には,図が実際とは異なる場合があ
構造が損なわれ,危険な状態を招きます。修理・
る点にご注意ください。
改造については必ず当社にご相談ください。
・ 本製品および本書では,安全に関する次のような
注記
本伝送器を安全計装システム (Safety Instrumentation
System) にご使用いただく場合には,必ず付録 1「安
シンボルマークとシグナル用語を使用しています。
警告
全計装システムの設置にあたって」をお読みください。
回避しないと,死亡または重傷を招く恐れがある危険
本伝送器が,適合する安全レベルに則した性能を維持
な状況が生じることが予見される場合に使う表示で
するためには,付録 1 の指示に従ってシステムの設計・
す。本書ではそのような場合その危険を避けるための
設置・運転を行う必要があります。
注意事項を記載しています。
IM 01C26H01-01
1-2
< 1. はじめに>
注意
注意
回避しないと,軽傷を負うかまたは物的損害が発生す
本計器は防爆形計器として検定を受けた製品です。本
る危険な状況が生じることが予見される場合に使う表
計器の構造,設置場所,外部配線工事,保守・修理な
示です。本書では取扱者の身体に危険が及ぶ恐れ,ま
どについては厳しい制約があり,これに反すると危険
たは計器を損傷する恐れがある場合,その危険を避け
な状態を招くおそれがありますのでご注意ください。
るための注意事項を記載しています。
取り扱いに先だって,本書巻末の「耐圧防爆形計器に
ついての注意事項」を必ずお読みください。
重要
計器を損傷したり,システムトラブルになるおそれが
ある場合に,注意すべきことがらを記載しています。
注記
操作や機能を知るうえで,注意すべきことがらを記載
しています。
1.2
納入後の保証について
・ 本計器の保証期間は,ご購入時に当社よりお出し
した見積書に記載された期間とします。保証期間
中に生じた故障は無償で修理いたします。
・ 故障についてのお客様からのご連絡は,ご購入の当
社代理店または最寄りの当社営業拠点が承ります。
・ もし本計器が不具合になった場合には,本計器の形
名・計器番号をご明示のうえ,不具合の内容およ
機能接地端子
び経過などについて具体的にご連絡ください。略
直流
図やデータなどを添えていただければ幸いです。
取扱注意
人体および機器を保護するために本取扱説明
書を参照する必要がある場所についています。
・ 故障した本計器について,無償修理の適否は当社
の調査結果によるものとします。
■ 次のような場合には,保証期間内でも無償修理の対
象になりませんのでご了承ください。
1.1
本計器を安全にご使用いただくた
めに
警告
・ プロセスに設置した差圧・圧力伝送器は加圧状態に
ありますから,受圧部の締付けボルトを締めたりゆ
るめたりすることは,プロセス流体の噴出を招く危
険があります。絶対に行わないでください。
・ 伝送器受圧部内のドレンまたはガスを抜く際に,プ
ロセス流体が人体に有害な物質の場合,皮膚や目へ
の流体の付着,流出ガスの吸入などが行われないよ
う十分ご注意ください。
・ プロセス流体が人体に有害な物質の場合は,メンテ
ナンスなどで伝送器をラインから取りはずした後も
慎重に取り扱い,人体への流体付着,残留ガスの吸
入などのないよう十分ご注意ください。
・ お客様の不適当または不十分な保守による故障の
場合。
・ 設計・仕様条件をこえた取扱い,使用,または保
管による故障,または損傷。
・ 当社が定めた設置場所基準に適合しない場所での
使用,および設置場所の不適合な保守による故障。
・ 当社もしくは当社が委嘱した者以外の改造または
修理に起因する故障,または損傷。
・ 納入後の移設が不適切であったための故障,また
は損傷。
・ 火災・地震・風水害・落雷などの天災をはじめ,原
因が本計器以外の事由による故障,または損傷。
■ 商標
・ 本文中の各社の登録商標または商標には,™ ,® マー
クは表示しておりません。
・ その他,本文中に使われている会社名・商品名は,
各社の登録商標または商標です。
IM 01C26H01-01
2.
2-1
< 2. 取扱上の注意事項>
取扱上の注意事項
本器は工場で充分な検査をされて出荷されております。
本器がお手もとへ届きましたら,外観をチェックして,
損傷の無いことと図 2.1 および図 2.2 のような伝送器取
付用部品が付属されていることをご確認ください。
なお,取付ブラケットなしとご指定いただいた場合に
は伝送器取付用部品は付属されません。
本章では取扱いに当って必要な注意事項を記載してあ
2.1
形名と仕様の確認について
ケース外側のネームプレートに形名および仕様が記載
されています。10 章の「形名およびコード一覧」と仕
様を対応させて,ご注文の仕様どおりであることを確
認してください。お問い合せの際はそれらの情報も合
せてご連絡ください。
りますので,まず本項を良く読んでください。本項記
載以外の事項については関係する項目をご参照くださ
い。
F0203.ai
図2.3
伝送器固定用
ボルト
Uボルト
2.2
ネームプレートの例
運搬について
運搬中の事故により損傷することを防ぐため,本伝送
フラット形
取付ブラケット
Uボルト用
ナット
図2.1
F0201.ai
伝送器取付用部品(端子箱一体形)
伝送器固定用
ボルト
器はなるべく出荷時の包装状態で設置場所まで運んで
ください。
2.3
保管場所について
長期間の保管が予想される場合は,以下の点にご注意
ください。
(1) 保管場所は下記の条件を満足する所を選定してく
ださい。
・ 雨や水のかからぬ場所。
Uボルト用
ナット
・ 振動や衝撃の少ない場所。
Uボルト
・ 保管場所の温度,湿度が次のような場所。でき
るだけ常温常湿 (25℃,65% 程度 ) が望ましい。
L形
取付ブラケット
温度:
内蔵指示計なし - 40 ~ 85℃
内蔵指示計付き - 30 ~ 80℃
または各仕様で定められた温度
湿度:
0 ~ 100%RH
(2) 本伝送器はなるべく当社から出荷した時の包装状
態にして,保管してください。
F0202.ai
図2.2
伝送器取付用部品(端子箱分離形)
特に湿度の高い場所では,当社から出荷した時の
包装状態にして保管する必要があります。
(3) 一度使用した本伝送器を保管する場合,ダイアフ
ラムシールの受圧部分(ダイアフラム面)に残留
している測定流体を完全に洗浄してください。
また,伝送部と受圧部がしっかり固定されている
ことを確認してから保管してください。
IM 01C26H01-01
2.4
設置場所について
2.5
本伝送器は厳しい環境条件のもとにおいても動作する
加圧部分について
警告
ように設計されておりますが,安定に,精度よく,長
期にわたってご使用いただくため下記の点に注意して
2-2
< 2. 取扱上の注意事項>
・ プロセスに設置した差圧・圧力伝送器は加圧状態に
ください。
ありますから,ダイアフラムシールのフランジ部の
■ 周囲温度
締付けボルトを締めたりゆるめたりすることは,プ
温度勾配や温度変動の大きい場所に設置することはで
ロセス流体の噴出を招く危険があります。
きるだけ避けてください。プラント側から輻射熱など
絶対に行わないでください。
を受けるときは,断熱措置を施したり,風通しがよく
・ プロセス流体が人体に有害な物質の場合は,伝送器
なるように設置してください。
受圧部のドレンまたはガスを抜く際,メンテナンス
また,高温多湿環境が長期に連続するような場所への
などで伝送器をラインから取り外した後も慎重に取
設置は避けてください。
り扱い,皮膚や目への流体の付着,流出ガスの吸入
■ 雰囲気条件
などが行われないよう十分ご注意ください。
腐食性雰囲気に設置することはできるだけ避けてくだ
なお,ドレンまたはガス抜き作業は,測定圧力に外
さい。腐食性雰囲気にて使用するときは,風通しがよ
乱を与えることになりますので,運転中の作業は避
くなるよう考慮するとともに,電線管内に雨水が入っ
けてください。
たり,滞留したりしないように配慮をしてください。
■ 衝撃 ・ 振動
衝撃や振動に強い構造に設計されていますが,できる
だけ衝撃や振動の少ない場所に設置してください。
■ 防爆形計器の設置
当該品は,対象ガスに応じた危険場所に設置し,使用
することができます。重要な注意事項を巻末に「耐圧
防爆形機器についての注意事項」として記載してあり
ますので,必ずお読みください。
本伝送器に加圧する場合,安全にご使用していただく
ため下記の点に注意してください。
(1) 導圧配管にリークがないことを確認してください。
(2) 規定以上の圧力を印加しないでください。
2.6
配線接続口の防水処理について
本伝送器のケーブル配線は,ねじ部には必ず非硬化性
シール材を塗布し,
防水処理を施してください。( 図 5.8,
図 5.9,図 5.11 をご参照ください。)
2.7
トランシーバの使用について
重要
本伝送器は高周波ノイズに対し充分な考慮と対策をし
ておりますが,トランシーバを伝送器およびその配線
近くで使用する場合は,高周波ノイズによる影響が考
えられます。このためトランシーバの使用にあたって
は,トランシーバを伝送器に対し数メートルの距離よ
り徐々に近づけながら,伝送器ループへのトランシー
バの影響を調査し,問題の発生しない距離でトラン
シーバを使用してください。
IM 01C26H01-01
2.8
絶縁抵抗テストと耐電圧テストに
ついて
2-3
< 2. 取扱上の注意事項>
2.9
耐圧防爆形の伝送器について
注意
(1) テスト電圧が絶縁破壊を生じない程度の過電圧で
も絶縁を劣化させ,安全性を低下させることがあ
TIIS 耐圧防爆形の伝送器は,IEC 規格に整合した電気
りますので,本テストの実施は必要最小限にとど
機械器具防爆構造規格の技術的基準 ( 労働省通達基発
めてください。
第 556 号 ) による型式検定に合格しており,可燃性ガ
(2) 絶縁抵抗テストの電圧は 500V DC( 内蔵アレスタつ
スまたは蒸気の発生する危険雰囲気で使用できるよう
きの場合は 100V DC) 以下とし,耐電圧テストでは
に作られています。
500V AC( 内蔵アレスタつきの場合は 100V AC) を超
(1 種場所および 2 種場所に設置できます。)
える電圧を印加しないでください。
耐圧防爆構造の機器は,安全性を確保するために,取
(3) テストは以下の手順で実施します。このとき伝送
ラインの配線ははずしておきます。
■ 絶縁抵抗テストの手順
① 端子箱の SUPPLY +端子と-端子間に渡り配線をし
付け,配線,配管などに充分な注意が必要です。
また,保守や修理には安全のために制限が加えられて
おります。巻末の「耐圧防爆形機器についての注意事
項」を必ずお読みください。
ます。
② 渡り配線と接地端子間に絶縁抵抗計 ( 電源 OFF) を
注意
接続します。極性は渡り配線を正極,接地端子を
負極にします。
③ 絶縁抵抗計の電源を ON にして,絶縁抵抗を測定し
(内蔵指示計なしの場合)
当該機器においては,センサ部周囲の封入液が外部
ます。電圧印加時間は 20M Ω以上が確認されるま
へ移動した場合に機器の出力信号は振り切れます。
での間にしてください。
万一,出力信号が振り切れた場合には防爆性能が失わ
④ テスト終了後,絶縁抵抗計をはずし,渡り配線と
れている可能性がありますのでアラームを出してくだ
接地端子間に 1 0 0 k Ωの抵抗器を接続して放電さ
さい。
せます。1 秒間以上放電させ,放電中には素手で端
なお,内蔵指示計付の場合には指示計の表示部にア
子に触れないようにしてください。
ラームが表示されますので上記対応は不要です。
■ 耐電圧テストの手順
① 端子箱の SUPPLY +端子と-端子間に渡り配線をし
ます。
② 渡り配線と接地端子間に耐電圧試験器 ( 電源 OFF)
を接続します。耐電圧試験器の接地側を接地端子
に接続します。
危険場所
非危険場所
4∼20 mA DC
伝送器
1∼5 V DC
電源
DCS
ディスプレイ
F0204.ai
図2.4 DCS(分散型制御システム)を使用した例
③ 耐電圧試験器の電流制限値を 10mA に設定後,電
源を ON にし,印加電圧を 0V から指定値までゆっ
くり上昇させてください。
④ 指定電圧に 1 分間保持します。
⑤ テスト終了後,電圧サージが発生しないようにゆっ
くり電圧を下げます。
IM 01C26H01-01
3.
3-1
< 3. 各部の名称>
各部の名称
端子箱一体形アンプケース
EJ□118J
EJ□438J
伝送部*
伝送部*
ベント・ドレンプラグ
*詳しくは
図3.2を
ご覧ください。
キャピラリ
チューブ
フラッシング
コネクション
リング
カバーフランジ
*詳しくは
図3.2を
ご覧ください。
フラッシングコネクション
リング付の場合
ダイアフラムシール部
(高圧側)
カバーフランジ
ダイアフラムシール部
ダイアフラムシール部
(低圧側)
受圧部
受圧部
F0301.ai
図3.1
各部の名称(フラッシュ形の外観)
(注1)
外部指示計用接続口
電源接続口
ゼロ調ねじ
(注2)
設定スイッチ
受圧部
(注1)
CPUアセンブリ
内蔵指示計
アンプ部カバー
カバーフランジ
カバーフランジ
締付用ボルト
バーンアウト方向設定スイッチ
伝送部
取付ねじ
BO H
L
WR E
D
バーンアウト方向設定スイッチ (BO)
設定スイッチの
位置 (注2)
H
L
H
L
ライトプロテクト設定スイッチ
(注1) ご指定によります。10.2「形名およびコード一覧」をご参照ください。
(注2) ・ BRAIN通信形およびHART通信形(出力信号コードD, E, J)の場合のみ適用可。
・ CPU異常時のバーンアウト方向の設定およびライトプロテクトの設定方法は図に示
す設定スイッチ(BO, WR)をスライドさせて行います。納入時は,バーンアウト設定は
H側(付加仕様コード/C1および/C2付の場合はL側)に,
ライトプロテクト設定は E
側(書き込み可能)に設定してあります。
・ 設定状態はBRAIN TERMINALでパラメータD25およびD55を呼び出すことにより確認
できます。
・ 外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整を禁止する場合は,
ライトプロテクトスイッチをE側
にした状態で,パラメータJ55の設定を変更します。
図3.2
各部の名称(伝送部詳細)
表3.1
内蔵指示計の表示
表示記号
HIGH
バーンアウト方向
LOW
ハードウェアライトプロテクト設定スイッチ (WR)
設定スイッチの
位置 (注2)
ライトプロテクト
H
L
H
L
E
D
E
D
NO
YES
(書き込み可能) (書き込み不可)
F0302.ai
備考
表示モードは「開平」になっています。
(「比例」の場合は消灯)
ゼロ点調整中の出力信号は増加しています。
ゼロ点調整中の出力信号は減少しています。
ライトプロテクト機能が働いています。
F0303.ai
IM 01C26H01-01
3-2
< 3. 各部の名称>
端子箱分離形アンプケース
EJX118J
カバーフランジ
伝送部*
*詳しくは図3.4を
ご覧ください。
ベント・ドレンプラグ
キャピラリ
チューブ
フラッシング
コネクション
リング
*詳しくは図3.4を
ご覧ください。
EJX438J
カバーフランジ
伝送部*
フラッシングコネクション
リング付の場合
ダイアフラムシール部
(高圧側)
キャピラリチューブ
ダイアフラムシール部
(低圧側)
ダイアフラムシール部
ダイアフラム
フランジ
受圧部
ダイアフラム
受圧部
フランジ
F0304.ai
図3.3
各部の名称(フラッシュ形の外観)
外部指示計用
接続口 (注1)
カバーフランジ
カバーフランジ
締付用ボルト
端子部
電源接続口
CPUアセンブリ
内蔵指示計(注1)
伝送部
ゼロ調ねじ
設定
スイッチ(注2)
バーンアウト方向設定スイッチ (BO)
設定スイッチの
位置 (注2)
アンプ部カバー
H
L
H
HIGH
バーンアウト方向
L
LOW
バーンアウト方向設定スイッチ(注2)
取付ねじ
BO H
L
WR E
D
ハードウェアライトプロテクト設定スイッチ (WR)
設定スイッチの
位置 (注2)
ライトプロテクト設定スイッチ(注2)
H
L
H
L
E
D
E
D
NO
YES
(注1) ご指定によります。10.2「形名およびコード一覧」をご参照ください。
ライトプロテクト
(書き込み可能) (書き込み不可)
(注2)・ BRAIN通信形およびHART通信形(出力信号コードD, E, J)の場合のみ適用可。
F0305.ai
・ CPU異常時のバーンアウト方向の設定およびライトプロテクトの設定方法は図に示す設定スイッチ(BO, WR)をスライドさせて行います。
納入時は,バーンアウト設定はH側(付加仕様コード/C1および/C2付の場合はL側)に,
ライトプロテクト設定は E側(書き込み可能)に
設定してあります。
・ 設定状態はBRAIN TERMINALでパラメータD25およびD55を呼び出すことにより確認できます。
・ 外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整を禁止する場合は,
ライトプロテクトスイッチをE側にした状態で,パラメータJ55の設定を変更します。
図3.4
各部の名称(伝送部詳細)
表3.2
内蔵指示計の表示
表示記号
備考
表示モードは「開平」になっています。
(「比例」の場合は消灯)
ゼロ点調整中の出力信号は増加しています。
ゼロ点調整中の出力信号は減少しています。
ライトプロテクト機能が働いています。
F0306.ai
IM 01C26H01-01
4-1
< 4. 取付>
4.
取付
4.1
取付時の注意事項
重要
本伝送器を設置する場合は,2.4 項「設置場所について」
の注意事項を参照してください。
設置場所の周囲条件については,10 章の「標準仕様」
を参照ください。
ガスケットはダイアフラムシール部のガスケット当り
面の内径(Ød)より大きいものをご使用ください。
ガスケット当り面の内径より小さいガスケットを使用
するとガスケットが接液ダイアフラムに接触し測定誤
差を生じる原因となります。
重要
( Ød は 10.4 項「外形図」を参照)
・ 現地配管工事などで溶接工事を行う場合,伝送器へ
溶接電流を流さないように注意してください。
・ 本伝送器を足場にしないでください。
・ EJ□438J 形の場合,大気開放孔からの雨水などの侵
重要
・ タンクの液位測定の場合,最低液位(ゼロ点)は,
入は避けなければなりません。大気開放孔が上向き
高圧側ダイアフラムシール部の中心より 50mm 以
になるような取付け方はしないでください。
上高く設定してください(図 4.2 参照)
。
大気開放孔の位置は 10.4 項「外形図」を参照して
・ HIGH および LOW のラベル表示にしたがって,タン
クの高圧側および低圧側にダイアフラムシール部を
ください。
取付けてください。
4.2
ダイアフラムシール部の取付
ダイアフラムシール部は図 4.1 のようにフランジによっ
てプロセスに取付けます。図 4.2 ではタンクの取付例を
示しています。タンク側のプロセスフランジ,ガスケッ
ト,フランジボルト,ナットはご使用者にてご用意し
てください。
。
低圧側のキャピラリチューブは一緒に束ね合わせま
す。また,キャピラリチューブが風や振動により動
かないように固定します(余分な長さのキャピラリ
チューブは,直径 300mm 以上の円状に,ゆるく巻
いて固定してください)
。
・ 取付作業中はダイアフラムシール部に封入液のヘッ
ド圧ができるだけ加わらないようにします。
プロセスフランジ
フランジボルト
・ 周囲温度差による影響を小さくするため,高圧側と
ダイアフラム
ナット
・ 接液ダイアフラム表面に傷をつけないように注意し
てください。約 1mm ダイアフラム面が凸になって
いますので,ダイアフラム面を下にして置くと傷が
ついてしまう可能性があります。
・ キャピラリチューブをつぶしたり,ねじったり,無
ød
理な応力を加えないでください。
ガスケット
当社から製品を出荷
する場合にはすでに
組立ててあります。
図4.1
HIGHおよびLOWのラベル表示に
従って,
プロセスの高圧側および低
圧側にダイアフラムシールを取付
けます。
F0401.ai
ダイアフラムシール部の取付
IM 01C26H01-01
重要
4-2
< 4. 取付>
4.3
低圧側
伝送器本体の取付
図 4.4 および図 4.5 のように取付用ブラケットを使用し,
キャピラリ引出部の保護
管が下向きになるように
取付けてください。
50A(2B) パイプに取付けます。
水平パイプおよび垂直パイプのいずれにも取付けるこ
とができます。
高圧側
最低液位
50mm以上
重要
・ 伝送器本体は封入液のヘッド圧ができるだけ加わる
ようにダイアフラムシール取付部より 600mm 以上
伝送器本体の取付位置
は高圧側ダイアフラム
シール部よりできるだけ
下方に設置します。
F0402.ai
図4.2 タンクへの取付例(差圧伝送器)
下方に設置してください。
特に,タンク内圧が負圧の場合,注意してくださ
い。600mm 以上下方に設置できない場合は次の「■
600mm 以上下方に設置できない場合」をご参照く
ださい。
・ カバーフランジを締付けている 4 本のボルト
(図 3.2,
重要
図 3.4 参照)およびキャピラリチューブとカバーフ
キャピラリ引出部の保護管
が下向きになるように取付
けてください。
ランジとの接続部分のねじは絶対にゆるめないでく
ださい(封入液が入っていますので,これが漏れる
と使用できなくなります)
。
水平パイプ取付
伝送器固定用
ボルト
F0403.ai
図4.3 タンクへの取付例(圧力伝送器)
Uボルト用
ナット
ブラケット
Uボルト
50A(2B)パイプ
垂直パイプ取付
伝送器固定用
ボルト
50A(2B)パイプ
Uボルト用
ナット
ブラケット
図4.4
Uボルト
F0404.ai
伝送器本体の取付(水平配管接続形)
IM 01C26H01-01
4-3
< 4. 取付>
[ 封入液コード 1, 2, 4 の場合 ]
伝送器固定用
ボルト
接液部材質
コード
取付ブラケット
(L形)
SW
Uボルト用
ナット
SE
Uボルト
SY
50A(2B)パイプ
HW
TW
キャピラリ
長さ
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
プロセス取付サイズコード
2, 8
3
4,W
2570
320
4680
530
2570
320
4680
530
320
530
10220
2050
3450
4270
570
960
F0405.ai
図4.5
伝送器本体の取付(垂直配管接続形)
ds:
封入液の比重(at 25℃)
,10.1 項の表 10.3 参照
■ 600mm以上下方に設置できない場合
低圧側
重要
伝送器本体は封入液のヘッド圧が加わるように,ダイ
アフラムシール部取付部より 600mm 以上下方に設置
ds:封入液の比重
h
してください。設置条件で 600mm 以上下方にできな
い場合,あるいは止むなく伝送器本体をダイアフラム
(+)
シール部取付部より上方に設置する場合は次式の範囲
h:
高圧側
0
内としてください。
h=
P
(−)
(P‒P0)
×0.102 [mm]
ds
ダイアフラムシール取付部から伝送器本体まで
の高さ(mm)
F0406.ai
h ≦ 0 の場合,伝送器本体を下方 h(mm) 以上に
図4.6 差圧伝送器のタンクへの取付例(設置上の注意)
設置する
h > 0 の場合,伝送器本体を上方 h(mm) 以下に
設置する
P:
タンク内圧(Pa abs)
P0:
伝送器本体使用圧力下限値,下表参照
[ 封入液コード A, B, C, D, E の場合 ]
接液部材質
コード
SW
SE
SY
HW
TW
UW
キャピラリ
長さ
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
1-5m
6-10m
プロセス取付サイズコード
2, 8
3
4,W
6790
3190
10030
3520
6790
3190
10030
3520
3190
3520
19150
6140
8290
9620
3620
4210
9540
4750
6050
h
(+)
0
(–)
P
ds:封入液の比重
F0407.ai
図4.7 圧力伝送器のタンクへの取付例(設置上の注意)
IM 01C26H01-01
4.4
4.4.1
4-4
< 4. 取付>
フラッシングコネクションリング
の取付け
4.4.2
プロセスへの取付け
受圧部側のガスケット当り面は締切り形になっていま
すので,リングと受圧部の間に隙間がなくなるまでフ
受圧部への取付け
ランジを締め付けてください。タンク側の合フランジ,
フラッシングコネクションリングは図 4.8 のように受圧
ガスケット,スタットボルト,ナットはご使用者にて
部に取付けます(フラッシングコネクションリング付
用意してください。
きを指定された場合,出荷時はすでにフラッシングコ
ネクションリングが受圧部に組付けられています)
。
合フランジ
ご使用者用意
受圧部
専用うず巻ガスケット
リング
専用うず巻ガスケット
リング
リングホルダー
ダイアフラム
受圧部
ベント・ドレンプラグ
ガスケット
ご使用者用意
リングの溝
受圧部側(伝送器側)
F0408.ai
図4.8
受圧部への取付け
F0409.ai
図4.9
① リングにリングホルダーを取付けます。この時,取
プロセスへの取付け
重要
付けねじは仮締め状態にしておきます。
② ガスケットをリングの溝に挿入し,ダイアフラム
・ フランジを締め付ける際,必ずリングと受圧部の間
を傷つけないようにリングを受圧部に取付け,リ
に隙間がないことを確認してください。隙間があり
ングホルダーの取付けねじを締めて固定します。
ますと,プロセス流体の噴出を招く危険があります。
③ ベント・ドレンプラグの位置を上下(垂直方向)に
なるように調整します。
・ リングの取付け・取はずしの際には,受圧部に取付
いているリングを下側に向けないでください。
下側に向けますと,リングが落下する危険がありま
す。
・ 再度リングを取付ける際には,下表に示す新しいガ
スケット(受圧部側)に必ず交換してください。
表4.1 受圧部側ガスケット(専用うず巻ガスケット)*
部品番号
ガスケットサイズ
仕様
F9350SV
Ø100 × Ø120 × t4.5 80A(3B) 用
F9970XF
Ø100 × Ø120 × t4.5 80A(3B) 用,禁油処理 **
F9350ST
Ø70 × Ø90 × t4.5
50A(2B) 用
F9970XD
Ø70 × Ø90 × t4.5
50A(2B) 用,禁油処理 **
F9346ZH
Ø60 × Ø75 × t4.5
40A(1 1/2B) 用
F9970XB
Ø60 × Ø75 × t4.5
40A(1 1/2B) 用,
禁油処理 **
*: 材質は SUS316(フープ材)
,PTFE(フィラー)です。
**: 付加仕様 /K1, /K5 を指定した場合。
IM 01C26H01-01
4.5
4-5
< 4. 取付>
テフロン膜の取付け
4.6
付加仕様としてテフロン膜付きの場合,テフロン膜と
フッ素系オイルが付属されます。
伝送部を回転させる場合
警告
ダイアフラムシール部をプロセスフランジに取付ける
耐圧防爆形の場合,原則として通電中には伝送部の回
前に,以下の手順でテフロン膜を取付けてください。
転を行わないでください。やむを得ず通電中に行う場
重要
合には,ガス検知器などで爆発性ガスのないことを確
① ダイアフラムシール部のダイアフラム面が上向きに
なるように保持してください。
② ダイアフラム表面およびガスケット当り面に付属の
フッ素系オイルを塗布してください。このとき,ダ
イアフラムに傷をつけたり変形させたりしないよう
に注意してください。
③ ダイアフラムおよびガスケット当り面に,テフロン
膜をはめ込んでください。
④ 取付後,ダイアフラムとテフロン膜の間に空気が
残っていないことを確認してください。もし,空気
が残っている場合は,測定圧力に誤差が生じる要因
になりますので,この場合は,ダイアフラムの中心
認しながら行ってください。
本伝送器は,伝送部を任意の角度で固定することがで
きます。
① 伝送部と受圧部のはめあい部分の六角穴付き止め
ねじ (2 か所 ) を六角棒スパナで十分に緩めます。
② 伝送部を目的の角度までゆっくり回転させます。
③ 六角穴付き止めねじ (2 か所 ) を締め,伝送部と受
圧部を固定します。
(1 . 5 N・m のトルクで締め付
けます。
)
重要
部から外側に向かって,指で空気を押し出すように
伝送部に固定されたストッパで制限された範囲内で回
して除去してください。
してください。
⑤ テフロン膜を取付けたダイアフラムシール部にガス
ケットを当て,プロセスフランジに取付けてくださ
い。
水平配管接続形
伝送部
テフロン膜
部品番号
F9347YA[50A(2B)用]
F9347XA[80A(3B)用]
±180°
回転
電源接続口
フッ素系オイル
部品番号F9145YN
受圧部
ダイアフラム
ガスケット当り面
ダイアフラムシール部
F0411.ai
図4.11 伝送部の回転
F0410.ai
図4.10 テフロン膜の取付
IM 01C26H01-01
4.7
< 4. 取付>
4-6
内蔵指示計の向きを変更させる
場合
重要
取りはずし,取付け時は,必ず電源を切り,圧力をとめ,
伝送器を非危険場所に移してから行ってください。
内蔵指示計は以下の三方向のいずれかに取付けること
が可能です。伝送器を取り付ける方向に応じて,あら
かじめ見やすい向きに変えてください。
指示計の取りはずし,取付けについては 8.4 項を参照く
ださい。
F0412.ai
図4.12 内蔵指示計の向き
IM 01C26H01-01
5.
配線
5.1
配線時の注意事項
重要
・ 大容量の変換器,モータ,あるいは動力用電源など
のノイズ源を避けて配線してください。
・ 配線は電源接続口の防塵プラグを外して配線しま
す。
・ 有害なガスや液体または油や溶剤の存在する雰囲
気で使用する場合は,これに耐える材料を使用し
た電線あるいはケーブルを用います。
・ 電線の端末は絶縁スリーブ付き圧着端子(4mm ね
じ)を推奨します。
5.3
外部配線の端子部への接続
注記
・ ネジ部には防水処理を必ず施してください。
(防水処理にはシリコン樹脂系の非硬化性シール剤
をお薦めします。
)
・ ノイズ防止のため,信号ケーブルと動力用ケーブル
は同一のダクトを使用しないでください。
・ 防爆形の場合,防爆性能保持のため,法規に従った
5-1
< 5. 配線>
端子の位置は,アンプケースの種類(端子箱一体形,
分離形左端子箱,分離形右端子箱)によって異なりま
す。端子部の図は,端子箱一体形を用いています。
端子箱一体形
端子箱分離形
配線をする必要があります。
・ 耐圧防爆形の場合,錠締ボルトを時計方向に回しカ
バーのロックを解除してからカバーを取りはずして
ください。錠締ボルトの取扱いは 8.4 項「分解およ
び組立て」を参照してください。
本取扱説明書巻末の「耐圧防爆形機器についての注意
事項」をご参照のうえ,正しく配線してください。
5.2
電線の選定
・ 配線用の電線は,600V ビニル絶縁電線(JIS C3307)
左端子箱タイプ
右端子箱タイプ
F0501.ai
図5.1
5.3.1
端子の配置
電源配線の接続
重要
と同等以上の性能を持つより線の電線,あるいは
必ず仕様内の DC 電源を使用してください。
ケーブルを使用します。
商用 AC 電源を接続すると機器が破損します。
・ ノイズの影響を受けやすい場所に配線する場合は
シールド線を使用します。
電源配線は SUPPLY の+,-端子に接続します。
・ 周囲温度が高い場所あるいは低い場所に配線する
場合は,使用場所に合った電線あるいはケーブル
+
電 源
を使用します。
端子部
–
F0502.ai
注意
図5.2
電源配線の接続
TIIS 耐圧防爆形の場合で,周囲温度が 50℃以上の場合
は,機器の発熱,配線の自己発熱を考慮し,最高許容
温度が 75℃もしくはそれ以上の電線またはケーブル
をお使いください。
IM 01C26H01-01
5.3.2
5-2
< 5. 配線>
現場指示計用配線の接続
重要
現場指示計用の配線は CHECK の A(+)
,SUPPLY の-
・ 内部抵抗が 10 Ω以下のチェックメータをご使用く
端子に接続します。
ださい。
・ 付加仕様コード /AL 付きの場合,チェックメータを
重要
・ 内部抵抗が 10 Ω以下の現場指示計をご使用くださ
い。
・ 付 加 仕 様 コ ー ド /AL 付 き の 場 合, 現 場 指 示 計 を
CHECK の A(+)
,SUPPLY の-端子に接続すること
CHECK の A(+)
,SUPPLY の-端子に接続すること
はできません。
チェックメータ
+
はできません。
–
電 源
端子部
現場指示計
+
電 源
F0505.ai
–
図5.5
チェックメータの接続
端子部
F0503.ai
図5.3
現場指示計の接続
5.3.5
ステータス出力(EJXのみ)
付加仕様コード /AL 付きの場合,ステータス出力用の
5.3.3
BRAIN TERMINAL の接続
配線は ALM の A(+)
,SUPPLY の-端子に接続します。
図 5.6 の例に従って配線してください。
重要
工場出荷時は,ステータス出力機能は無効に設定され
ブレインターミナル接続時に,ブレインターミナルへ
ています。ステータス出力機能を有効にするには,ご
初期回路電流が流れ,出力が一時的に変化します。上
使用前にパラメータの設定が必要です。設定方法につ
位システムに影響を与えないために,受信計器側に 0.1
いては,7.3.3(21), (22) 項を参照ください。
秒程度のローパスフィルターを設定することを推奨し
ます。
端子部
シールド線*
+
–
BRAIN TERMINAL は SUPPLY の+,-端子(フック)に
24V DC
ディストリビュータ
250Ω
接続します。
電磁弁
端子部
+
電 源
–
BRAIN TERMINALは
交流結合しますので
極性が反対でも問題
ありません。
BT200
AC 電源
*シールド線は,2線がそれぞれ個別にシールドされた
ケーブルを使用してください。
図5.6
F0506.ai
ステータス出力の接続
F0504.ai
図5.4
5.3.4
外部電源
30V DC, 120mA max
BRAIN TERMINALの接続
チェックメータの接続
チェックメータは CHECK の A(+)
,SUPPLY の-端子
(フック)に接続します。
・ CHECK の+,-端子からは,出力信号 4 ~ 20mA
DC の電流信号が出力されます。
5.4
配線
注意
防爆形計器については,周辺機器を含めて配線材料と
配線作業にはきびしい制約があります。作業の前に巻
末の「耐圧防爆形計器についての注意事項」を必ずお
読みください。
IM 01C26H01-01
5.4.1
5-3
< 5. 配線>
ループ構成
DPharp は 2 線伝送方式ですので電源配線と信号配線を
兼用しています。
耐圧パッキン金具
(シーリングフィッティング)
フレキシブル
フィッティング
伝送ループには直流電源が必要です。伝送器とディス
トリビュータとの接続は以下のように行ってください。
電線管
なお,電源電圧と負荷抵抗は 5.6 項,通信ライン条件は
10.1 項を参照してください。
ねじ部には非硬化性
シール剤を塗布して
防水処理を必ず施し
てください。
ティー
ドレンプラグ
一般形および耐圧防爆形の場合
(危険場所)
F0509.ai
図5.9
(非危険場所)
ケーブル配線(耐圧パッキン金具を用いた例)
■ 耐圧パッキン金具を用いたケーブル配線
ディストリビュータ
(電源ユニット)
受信器
・ 使用するケーブルの外径を 2 方向,1mm 単位まで
測ります。
・ 2 方向の平均値を求め,その値に最も近い内径の
パッキンを選びます。
(表 5.1 参照)
端子部
F0507.ai
図5.7
5.4.2
伝送器とディストリビュータとの接続
表5.1
耐圧パッキンの種類と適用ケーブル外径
付加仕様 配線口の 適用ケーブル
コード
ねじ径
外径(mm)
配線工事
G11
G12
(1) 一般形の場合
金属管配線,または水防グランド(電線貫通金物 J I S
F8801)を用いたケーブル配線を行います。
・ 配線口,フレキシブルフィッティングのねじ部に
は,非硬化性シール剤を塗布して防水処理をしま
す。
G21
G22
識別
マーク
部品番号
G 1/2
8 ~ 10
10.1 ~ 12
16 8-10
16 10-12
G9601AM
G 3/4
10 ~ 12
12.1 ~ 14
14.1 ~ 16
22 10-12
22 12-14
22 14-16
G9601AN
● 耐圧パッキン金具の配線口への取付方法
① 耐圧パッキン金具本体を配線口にねじ込みます。こ
の場合,O -リングが配線口に接触するまで(6 山
以上)ねじ込み,レンチでロックナットを固く締
め付けます。
② ケーブルをユニオンカバー,ユニオンカップリン
グ,クランプナット,クランプリング,グランド,
フレキシブル
フィッティング
電線管
ワッシャ,ゴムパッキン,パッキンボックスの順
ねじ部には非硬化性
シール剤を塗布して
防水処理を必ず施し
てください。
ティー
ドレンプラグ
図5.8
F0508.ai
電線管を用いた配線(例)
に挿入します。
③ ケーブルの先端を端子箱内に挿入します。
④ グランドを締め付けてケーブルを固定します。グラ
ンドの締め付け量はケーブルを上下にゆすりケー
ブルが動かなくなってから約 1 回転確実に締め付
けてください。この締め付け量は非常に重要で,締
(2) 耐圧防爆形の場合
耐圧パッキン金具を用いたケーブル配線,または耐圧
防爆金属管配線を行います。
・ 耐圧パッキン金具およびシーリングフィッティン
グは,必ず,当社の選定したものをお使いください。
・ 配線口,耐圧パッキン金具の本体のねじ部には,非
硬化性シール剤を塗布して防水処理を行います。
めすぎるとケーブルの断線事故につながり,締め
足りないと耐圧防爆性が維持できません。
⑤ クランプナットを締め付けてケーブルを固定しま
す。
⑥ ユニオンカバーに付いているロックナットを締め
付けます。
⑦ ケーブルの各線を端子に接続します。
IM 01C26H01-01
5.5
O-リング
本体
ロックナット
レンチ
パッキンボックス
ゴムパッキン
ワッシャ
グランド
クランプリング
5-4
< 5. 配線>
ねじ部には非硬化性
シール剤を塗布して
防水処理を必ず施して
ください。
クランプナット
ユニオンカップリング
ロックナット
接地
D 種接地工事(接地抵抗 100 Ω以下)を行ってください。
ただし,内蔵アレスタ付の場合は,C 種接地工事(接地
抵抗 10 Ω以下)を行ってください。接地端子は端子部
の内側と外側にそれぞれあります。どちらの端子を使
用してもかまいません。
レンチ
ユニオンカバー
ケーブル
F0510.ai
図5.10 耐圧パッキン金具の取付け
警告
耐圧防爆形の場合は必ず接地が必要です。
■ 耐圧防爆金属管配線
注意
・ シーリングフィッティングの手配方法については,
お問い合わせください。
・ 伝送器の配線口にシーリングフィッティングを付
けて密封構造とします。
外付避雷器を使用の場合は,下図のような連接接地を
行い,避雷器側で C 種接地工事(接地抵抗 10 Ω以下)
を行ってください。
● シーリングフィッティングの取付方法
① 伝送器とシーリングフィッティング本体を接続す
る付属の継手配管を伝送器の配線口およびシーリ
機器
避雷器
ングフィッティング本体にねじ込みます。この場
合,両側ともに7山以上ねじ勘合させてください。
F0512.ai
② ケーブルをシーリングフィッティングに通し,ケー
ブルの各線を端子に接続します。
③ 配線終了後,コンパウンドを充填して管路を密封
端子部
してください。
接地端子
(内側)
コンパウンド
ねじ部には非硬化性
シール剤を塗布して
防水処理を必ず施し
てください。
接地端子
(外側)
接地端子
(外側)
F0511.ai
図5.11 シーリングフィッティングの取付け
接地端子
(内側)
接地端子
(外側)
接地端子
(内側)
<左端子箱>
<右端子箱>
F0513.ai
図5.12 接地端子
IM 01C26H01-01
5.6
< 5. 配線>
電源電圧と負荷抵抗
ループ構成をする場合,配線の負荷抵抗が下図の範囲
内になるように注意してください。
5-5
注記
以下のパラメータ設定により,全点灯のみの表示にす
ることも可能です。
電源投入時画面設定パラメータ I41:POWER ON INF
負荷抵抗R
600
R=
ON: 電源投入時の表示は全点灯 , モデル名 , 通信プロ
E−10.5
0.0244
通信可能範囲
(BRAIN通信形および
HART通信形)
(Ω)
トコル , バーの順番に切り替わる。
OFF: 電源投入時の表示は全点灯のみ。
250
0
10.5
16.6
25.2
42
電源電圧 E (V)
F0514.ai
図5.13 電源電圧と負荷抵抗
5.7
電源投入時の内蔵指示計の表示
伝送器に電源を投入すると , 内蔵指示計付きの場合は液
晶画面が全点灯し,その後下記のような画面表示に切
り替わっていきます。
全セグメント点灯
通信プロトコル(3 秒)
形名の一部を表示(3 秒)
‒ ‒ ‒ ‒(3 秒)
F0515.ai
通信プロトコルの画面ではプロトコルとして BRAIN の
表示が出ます。
上記の機能は出力信号コード D のソフトウェアレビ
ジョン 2.02 以降でサポートしています。ソフトウェア
レビジョンは M15:SOFT REV で確認できます。
IM 01C26H01-01
6-1
< 6. 運転>
6.
運転
6.1
運転開始準備
(1) 接液部のリークの確認
EJ□118J ダイアフラムシール付差圧伝送器の BRAIN 通
信形を用いて図 6.1 に示す密閉タンクの液位測定をする
場合と,EJ□438J ダイアフラムシール付圧力伝送器の
BRAIN 通信形を用いて図 6.2 に示すタンク内の圧力測定
をする場合の運転手順を述べます。
ダイアフラムシール部取付けフランジの接続部にリー
クの無いことを確認します。
(2) BRAIN TERMINALの接続
電源を投入し BRAIN TERMINAL を接続します。端子部の
カバーを開け SUPPLY の+,−端子に BRAIN TERMINAL
を接続します(5.3.3 項参照)
。
ダイアフラムシール部
(低圧側)
(3) 伝送器が正常状態であることの確認
密閉タンク
BRAIN TERMINAL を操作して,伝送器が正常であること
の確認および必要に応じてパラメータ値の確認あるい
は設定値変更を行います。
ダイアフラムシール部
(高圧側)
BRAIN TERMINAL の操作方法につきましては 7 章をご参
照ください。なお,伝送器が正常であることの確認は,
伝送器の内蔵指示計付きの場合には表示部でも確認す
キャピラリチューブ
ることができます。
差圧伝送器
■ BRAIN TERMINALによる確認
・ 配 線 系 統 に 異 常 の あ る 場 合 は 表 示 部 に
「communication error(ツウシン エラー)
」の表
示が出ます。
パイプ(伝送器取付用)
50A(2B)
図6.1
F0601.ai
密閉タンクの液位測定
・ 伝送器に異常のある場合は表示部に「SELF CHECK
ERROR」の表示が出ます。
PARAM
C60:SELF CHECK
ERROR
communication error
DATA
通信エラー
(配線系統の異常)
ダイアフラムシール部
図6.3
DIAG
PRNT
自己診断エラー
(伝送器の異常)
ESC
F0603.ai
BRAIN TERMINALの画面(1)
キャピラリチューブ
圧力伝送器
パイプ(伝送器取付用)
50A(2B)
F0602.ai
図6.2
タンク内の圧力測定
IM 01C26H01-01
6-2
< 6. 運転>
なお,BRAIN TERMINAL では,% または任意の圧力単位
■ 内蔵指示計による確認
・ 電源投入時の表示の遷移については 6.7 項を参照く
ださい。
で調整することができます。単位の設定はパラメータ
「J09:ADJ UNIT」で行います。出力信号の確認は%のと
・ 配線系統に異常のある場合は表示部は「消灯」状
態になります。
きはパラメータ「A10:OUTPUT(%)
」
,圧力単位のとき
はパラメータ「J10:ADJ PRES」を表示させて行います。
・ 伝送器に異常のある場合は表示部に,異常内容に
対応した「エラー No.」の表示が出ます。
自己診断エラー(伝送器の異常)
PARAM
A10:OUTPUT(%)
0.0 %
A11:PRES
A15:OUTPUT mA
DATA
DIAG
図6.5
PRNT
出力信号(%)表示の確認
ESC
F0605.ai
BRAIN TERMINALの画面(2) (1) プロセス圧力を測定レンジの下限値(0%)にできる
場合
F0604.ai
図6.4
内蔵指示計のエラー表示
■ 伝送器本体のゼロ調ねじで行う方法
本体ケース外側のゼロ調ねじでゼロ点調整を行う場合
は次のことを確認してください。
注記
BRAIN TERMINAL または内蔵指示計の表示部に上記の
異常表示が出た場合は 7.5.2 項を参照して,異常内容
に対する処置を行ってください。
■ 伝送器のパラメータ設定値の確認,変更
下記のパラメータは伝送器を運転するために最低限必
要な設定項目です。ご注文時にご指定された値に設定
して出荷されていますが,必要に応じて確認あるいは
設定値変更を行ってください。
・ パラメータ「J55: EXT ZERO ADJ」の表示が「ENABLE」
になっていること。操作方法につきましては 7 章
をご参照ください。
・ ゼロ調ねじをマイナス・ドライバを用いて回しま
す。右回しで出力は増加,左回しで出力は減少し,
設定レンジの 0.01% の分解能でゼロ点調整を行う
ことができます。
なお,ゼロ点の調整量はゼロ調ねじを回す速さに応じ
て変わりますので,微調整をする場合はゆっくりと,
粗調整をする場合は速く回します。
・ 測定レンジ(測定レンジの下限値,上限値,単位)
・ 出力 / 内蔵指示計モード
( 比例モード / 開平モード)
6.2
ゼロ点調整
ゼロ調ねじ
重要
ゼロ点調整後,伝送器の電源はすぐに切らないでくだ
さい。
30 秒以内に電源を切りますと,ゼロ点の調整量は調
整前の値に戻りますのでご注意ください。
運転開始準備が終了しましたらゼロ点調整を行います。
本器のゼロ点調整は以下の 2 通りの方法で行うことが
できます。
ゼロ調ねじ
F0606.ai
図6.6
ゼロ調ねじ
IM 01C26H01-01
< 6. 運転>
■ BRAIN TERMINALの操作で行う方法
SET
J11:P ZERO ADJ
–0.0 %
+ 000.0
BRAIN TERMINAL の簡単なキー操作でゼロ点調整を行う
ことができます。
6-3
パラメータJ11を選択したと
きの表示
パラメータ「J11:P ZERO ADJ」を選択し,
「ENTER」キー
CLR
を 2 度押すだけで自動的にゼロ点調整が行われ,出力
ESC
信号を 0%(4mADC)とします。ただし,パラメータ
に表示されている設定値が「0.0%」であることを確認
SET
J11:P ZERO ADJ
–0.0 %
+ 40.0
してから「ENTER」キーを押してください。
実測値(40%)に設定変更す
る
キーを2度押す
と出力信号は40%(10.4mA
DC)となる
パラメータJ11を選択したときの表示
SET
J11:P ZERO ADJ
–0.0 %
+ 000.0
CLR
キーを2度押すと
出力信号は0% (4mA DC)
となる
ESC
F0607.ai
図6.7
BRAIN TERMINALの画面(3) 注記
伝送器のゼロ点調整を行うとき,タンク内の液位を測
CLR
図6.8
6.3
ESC
F0608.ai
BRAIN TERMINALの画面(4)
運転開始
ゼロ点調整が終了した時点で,すでに運転状態になっ
ています。以下の作業を行ってください。
① 運転状態を確認します。
プロセス圧力の周期的な変動によって,出力信号
定レンジの下限値(0%)にすることができない場合
が大幅に振れる(ハンチング状態)ことがあります。
があります。このような場合には,グラスゲージなど
このような場合には,BRAIN TERMINAL の操作で伝
の測定器で得た実測値に,伝送器の出力信号を合わせ
送器の出力信号にダンピングをかけることができ
込むことになります。
ます。受信計器あるいは内蔵指示計でハンチング
状態を確認し,最適なダンピング時定数に設定し
(2) プロセス圧力を測定レンジの下限値(0%)にできない
場合
てください。
② 運転状態を確認したら下記事項を確実に実施して
ください。
グラスゲージなどで得た実測値に,伝送器の出力信号
を合わせ込みます。
重要
[例]測定レンジ:0 ~ 2 m,実測値:0.8 m の場合
0.8
実測値=
×100 = 40.0%
2
■ 伝送器本体のゼロ調ねじで行う方法
ゼロ調ねじを回して出力信号を実測値に合わせます。
・ 端子部から BRAIN TERMINAL をはずし,各端子にゆ
るみのないことを確認します。
・ 端子部カバー,アンプカバーを閉めます。各カバー
は回らなくなるまでしっかりねじ込んでください。
・ 耐圧防爆形の場合,錠締ボルト(六角穴付ボルト)
■ BRAIN TERMINALの操作方法で行う方法
を特殊工具(六角 L レンチ)で反時計方向に回しカ
パラメータ「J11:P ZERO ADJ」を選択します。パラメー
バーをロックします。
タに表示されている設定値(%)を実測値(%)に設
(8.4 項「分解および組立て」参照)
定変更し,
「ENTER」キーを 2 度押します。
カバーが手では開かないことを確認してください。
・ ゼロ調ねじ蓋を定位置に固定し取付けねじを締めま
す。
IM 01C26H01-01
6.4
6-4
< 6. 運転>
運転停止
ドレンスクリューをゆるめると
矢印の方向にドレン(またはガス)
が抜けます。
運転を停止する場合は電源を切ります。
注記
長期間にわたって運転を停止する場合は伝送器をタン
クから取りはずしてください。
6.5
伝送器受圧部のドレン抜きおよび
ガス抜き
伝送器受圧部にドレン(またはガス)が溜まると測定
圧力に誤差を生じる要因になります。フラッシングコ
ネクションリング付きの場合にはリングのベント・ド
レンスクリューをゆるめてドレン(またはガス)を完
全に抜いてください。ドレン(またはガス)を抜いた
後は,再びベント・ドレンスクリューを締めてください。
重要
ドレン(またはガス)抜きの操作は測定圧力に外乱を
与えることになりますので,運転中の操作は避けてく
ださい。
6.5.1
フラッシングコネクションリングのドレ
ン抜き
① ドレンスクリューを徐々に開き,リング内のドレ
ンを抜きます。
ドレンスクリュ−
F0609.ai
図6.9
6.5.2
フラッシングコネクションリングのドレン抜き
の方法
フラッシングコネクションリングのガス
抜き
① ベントスクリューを徐々に開き,リング内のガス
を抜きます。
② ガスが完全に抜け切ったら,ベントスクリューを
閉じます。
(ベントスクリューは 10N・m のトルク
で締め付けます)
警告
人体に有害なプロセス流体の場合は,液体が身体にか
からないように注意してください。
ベントスクリュ−
ベントスクリューをゆるめると
矢印の方向にガス(またはドレン)
が抜けます。
② ドレンが完全に抜け切ったら,ドレンスクリュー
を閉じます。
(ドレンスクリューは 10N・m のトル
クで締め付けます)
警告
人体に有害なプロセス流体の場合は,液体が身体にか
からないように注意してください。
F0610.ai
図6.10 フラッシングコネクションリングのガス抜きの
方法
IM 01C26H01-01
7.
7-1
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
BRAIN TERMINAL BT200の操作
7.1
BT200操作時の注意事項
通信時は,出力信号に通信信号が重畳します。通信信
7.1.1
接続方法
号による出力の影響を低減するために,受信計器側に
伝送器と BT200 との接続は図 7.1 のように端子箱に設
0.1 秒程度のローパスフィルターを設定することを推
けてある BT200 接続用フックに接続する方法と中継端
奨します。オンラインで通信を行う際は,通信信号が
子板などで接続する方法があります。
重要
上位システムに影響を与えないことを確認の上,通信
を行ってください。
7.1.2
通信ライン条件
[通信仕様]横河独自通信方式
DPharp には BRAIN 通信機能が搭載されており,BRAIN
< 通信方式 > バースト波変調
TERMINAL BT200 や CENTUM CS などとの相互通信によ
0:2400Hz
り「レンジ変更」
,
「TAG NO. の設定」
,
「自己診断結果な
1:キャリアなし
どのモニタ」
,
「ゼロ点/スパン調整」などを遠隔で行
< 通信速度 > 1200bps
うことができます。
< 通信信号 > 上位→計器:± 0.5V(負荷抵抗 250Ω 時)
ここでは,BT200 を使って設定,変更する方法につい
計器→上位:± 2mA
て 述 べ ま す。 な お,BT200 の 詳 細 は IM 01C00A11-01
ケーブル抵抗Rc
「BT200 取扱説明書」を参照してください。
cc
電源
計器室
BT200
中継端子
端子板
負荷
抵抗R
ディストリ
ビュータ
DPharp
(2線式伝送器)
ケーブル
抵抗Rc
ループ抵抗=R+2Rc=250∼600Ω
ループ容量=0.22μF以下
(他の条件はGS記載の通信ライン条件参照)
BT200
BT200
図7.2
BT200
BT200
F0702.ai
通信ライン条件
F0701.ai
図7.1
BT200の接続
IM 01C26H01-01
7-2
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
7.2
BT200の操作方法
7.2.1
操作キーの配置
BT200 の各キーの配置を図 7.3 に示します。
メニュー画面
画面タイトル
MENU
BATTERY
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
C:BASIC SETUP
D:AUX SET1
E:AUX SET2
G:ALARM SET
HOME
SET
ADJ
ESC
パラメータ画面
LCD
21文字×8行
移動キー
・項目の選択
・カーソルの移動
・ページめくり
POWER
ON/OFFキー
シフトキー
図7.3
PARAM
A10:OUTPUT
0.0 %
A11:PRES
0.0000 kPa
A15:OUTPUT mA
4.000 mA
DATA DIAG PRNT
メッセージ
メニュー項目
最大6項目表示
ファンクション・
コマンド
パラメータ
最大3項目表示
ESC
ファンクション・
コマンド
ファンクションキー
画面の下部に表示されます
表示コマンドの内容を実行
ENTキー
・選択した項目へ入ります
・入力データを通信対象機器に設定
・BT200の機能を実行
英数字キー
・数字の入力
・シフトキーとの組合せによる
アルファベットの入力
F0703.ai
BT200のキー配置
IM 01C26H01-01
7.2.2
7-3
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
操作キーの機能
■ 記号の入力
ファンクションキー [F1]
(1) 英数字キーとシフトキー
英数字キーとシフトキーの組み合せによって数字・記
号やアルファベットを入力できます。
CODE
を押すことで下記の記
号を選択し,データとして入力ができます。
[F1] CODE を押すごとにカーソルの位置に記号が以下の
順番に現れます。
/ . - , + * ) ( ’ & % $ # ” !
英数字キー
上記の記号の次に文字を入力する場合は [>] でカーソル
をずらしてから入力します。
入力
シフトキー
キー操作
F0704.ai
(小文字)
■ 数字・記号・スペースの入力
l/m
(I)
英数字キーのキーインにより入力できます。
(/)
(m)
F0708.ai
入力
(2) ファンクションキー
キー操作
−4
ファンクションキーの機能は,画面表示中のファンク
0.3
ションコマンドによってきまります。
1
‒9
F0705.ai
■ アルファベットの入力
シフトキーを押した後に英数字キーを押すとシフトさ
れた側の表記のアルファベットが入力できます。
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
C:BASIC SETUP
D:AUX SET1
E:AUX SET2
G:ALARM SET
HOME
SET
ADJ
ESC
ファンクション・キー
シフトキーは アルファベット 1 文字を入力するごとに
F0709.ai
押してください。
表7.1
英数字キーの左側の
アルファベット
英数字キーの右側の
アルファベット
入力
キー操作
W
IC
J. B
F0706.ai
■ 大文字/小文字の切り替え
ファンクションキー [F2]
CAPS
により大文字 / 小文字
切替ができます。( アルファベットのみ )
[F2] CAPS を押すごとに大文字 / 小文字が切替ります。
大文字入力の場合
CODE
CAPS
CLR
小文字入力の場合
ESC
CODE
入力
caps
CLR
ESC
キー操作
(小文字)
Boy
(B)
(o)
(y)
F0707.ai
ファンクション・コマンド
ファンクション・コマンドの一覧
コマンド
意味
ADJ
調整項目から表示
CAPS/caps
大小文字モード変更
CODE
記号 / 符号の選択
CLR
入力データクリア / 全データ削除
DATA
パラメータデータの更新
DEL
1 文字削除
DIAG
自己診断画面へ入る
ESC
直前の画面へ戻る
HOME
メニューの先頭から表示
NO
再設定 設定 画面に戻る
OK
次の画面へ進む
PARM
パラメータ番号設定モード
SET
設定項目から表示
SLOT
スロット選択画面へ戻る
UTIL
ユーティリィティ画面へ
*COPY
画面中のパラメータ印字
*FEED
ペーパーフィード
*LIST
メニュー内の全パラメータ印字
*PON/POFF
設定変更データのプリンタ出力モード
ON/OFF
*PRNT
プリントモードへ変更
*GO
印字スタート
*STOP
印字ストップ
* は BT200-P00( プリンタ付 ) のみ表示します。
IM 01C26H01-01
7.2.3
7-4
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
メニューアドレスの呼び出し
スタート画面
(ユーティリティ画面)
UTILITY
1.ID
2.SECURITY CODE
3.LANGUAGE SELECT
4.LCD CONTRAST
5.PRINTER ADJUST
––WELCOME––
BRAIN TERMINAL
ID: BT200
check connection
push ENTER key
UTIL
FEED
ユーティリティ画面では次の項目が
あります。
1. BT200のIDの設定
2. セキュリティコードの設定
3. メッセージ(日本語/英語)切替
4. LCDコントラスト調整
5. 印字濃度の調整(BT200-P00のみ)
esc
(UTIL)
初期データ画面
PARAM
01:MODEL
EJX*** *
02:TAG NO.
YOKOGAWA
03:SELF CHECK
GOOD
(ファンクション画面)
FUNC
1.MENU
2.UPLOAD TO BT200
3.DOWNLOAD TO INST
4.PRINT ALL DATA
(ESC)
OK
HOME
ADJ
(SETメニュー画面)
メニュー画面
MENU
C:BASIC SETUP
D:AUX SET 1
E:AUX SET 2
G:ALARM SET
H:AUTO SET
I:DISP SET
HOME
SET
ADJ
ESC
ESC
(ADJ)
(SET)
(HOMEメニュー画面)
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
C:BASIC SETUP
D:AUX SET1
E:AUX SET2
G:ALARM SET
HOME
SET
ADJ
SET
(ADJメニュー画面)
MENU
J:ADJUST
K:TEST
M:DEVICE INFO
P:RECORD
T:CHARACTERIZR
ESC
HOME
SET
ADJ
ESC
パラメータ画面
PARAM
A60:SELF CHECK
GOOD
PARAM
C60:SELF CHECK
GOOD
PARAM
J60:SELF CHECK
GOOD
PARAM
A16:ENGR.OUTPUT
0.0000 mmHg
DATA DIAG PRNT
A17:ENGR.EXP
PARAM
C22:PRES URV
100.00 kPa
DATA DIAG
C23:PRES
POINTPRNT
PARAM
J12:P SPAN ADJ
100.000 %
DATA ZERO
DIAGDEVPRNT
J15:P
ESC
PARAM
A10:OUTPUT
0.0 %
DATA DIAG PRNT
ESC
A11:PRES
0.0000 kPa
A15:OUTPUT mA
4.000 mA
DATA DIAG PRNT
ESC
設定画面
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
YOKOGAWA
CODE
CAPS
ESC
PARAM
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
DATA DIAG
ESC
C20:PRES
UNIT PRNT
kPa
C21:PRES LRV
0.00000 kPa
DATA DIAG PRNT
ESC
ESC
PARAM
J09:ADJ UNIT
%
DATA DIAG
ESC
J10:ADJ
PRES PRNT
0.02563 %
J11:P ZERO ADJ
0.04792 %
DATA DIAG PRNT
ESC
パラメータのアップロード・ダウンロードやプリン
トアウト(BT200-P00のみ)などについてはBT200取
扱説明書に詳しく記載されていますので,
そちらを
参照してください。
CLR
ESC
F0710.ai
IM 01C26H01-01
7.2.4
7-5
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
設定パラメータのプリントアウト
(プリンタ付きの場合)
(1) 全パラメータのプリントアウト
7.3
BT200によるパラメータ設定
7.3.1 パラメータの用途と選択
ファンクション画面にある「4. PRINT ALL DATA」を選
パラメータの設定方法を述べる前に,どのようなとき
択します。プリントアウトには約 10 分間を要します。
に,どのパラメータを使用するかを下表にまとめまし
たので参照ください。
(2) メニュー項目ごとのプリントアウト
パラメータ画面のプリント機能を使用して,各メニュー
項目ごとの設定内容をプリントアウトします。
必要なメニュー項目のみをプリントアウトするときに
ご使用ください。
重要
ブレインターミナルで設定を行ったあと,伝送器の電
源をすぐに切らないでください。
パラメータ設定後,30 秒以内に伝送器の電源を切る
と設定したはずのパラメータは伝送器に記憶されず,
設定前のデータに戻りますのでご注意ください。
表7.2 パラメータの用途と選択
設定項目
概要
Tag No. の設定
P. 7-8
Tag No を設定します。英数 16 文字で設定可能です。
レンジの設定
P. 7-8
4 ~ 20mA DC に対応するレンジを設定します。
レンジの単位,4mA DC 時の入力値 ( レンジの下限値 ),20mA DC 時の入力
値 ( レンジの上限値 ) を設定します。
( 注 ) レンジの下限値および上限値 ( 小数点を含むときは小数点を除いた数字列 ) は
- 32000 ~ 32000 の範囲内で設定できます。
ダンピング時定数の設定
P. 7-9
4 ~ 20mA DC の出力応答速度を調整します。
0.00 ~ 100.00 秒の間で設定可能です。
出力信号と内蔵指示計のモード設定
P. 7-9
出力信号および内蔵指示計のモードを比例モード ( 入力差圧比例 ) にするか
開平モード ( 流量比例 ) にするかを設定します。
出力信号ローカットの設定 P. 7-10
主として出力信号を開平とした場合,0% 付近の出力を安定させるために使
用します。
一定の入力以下になると強制的に 0% にするモードと,一定の入力以下を比
例出力に変えるモードがあります。
内蔵指示計の目盛範囲と単位の設定
P. 7-11
内蔵指示計の目盛りを以下の 5 種類から指定します。
差圧 / 圧力値,差圧 / 圧力の%値,ユーザスケール値,静圧値,静圧の%値
ユーザスケールにする場合は,単位,4mADC 時の表示値 ( レンジの下限値 ),
20mA DC 時の表示値 ( レンジ上限値 ) を設定します。
( 注 ) レンジの下限値および上限値 ( 小数点を含むときは小数点を除いた数字列 ) は
- 32000 ~ 32000 の範囲内で設定できます。
表示温度単位の設定 P. 7-13
BT200 に表示される温度の単位を設定します。
表示静圧単位の設定
P. 7-13
内蔵指示計に表示される静圧の単位とレンジを設定します。
出力反転 ( 正 / 逆信号 ) の設定
P. 7-13
入力に対する 4 ~ 20mA DC の出力の方向を反転させます。
入力がなくなったとき 20mA DC にふり切れる方が安全サイドのアプリケー
ションに使用します。
導圧管接続方向
( 右 / 左高圧 ) の設定
工事上の都合でどうしても低圧側に高圧側導圧管を接続せざるを得ない時,
使用します。
できるだけ導圧管の入れ換えで処理し,この機能はやむを得ない場合にのみ
使用してください。
P. 7-13
CPU 異常時の出力状態の表示
P. 7-13
CPU 異常が発生した場合の 4 ~ 20mA DC 出力の状態を表示します。
標準品は上限値に設定されています。
IM 01C26H01-01
7-6
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
設定項目
概要
ハードエラー時の出力状態の設定
P. 7-14
自己診断でカプセル異常,アンプ異常が検出されたときの 4 ~ 20mA DC 出
力の状態を設定します。直前値ホールドまたは CPU 異常時のバーンアウト方
向の値のいずれかから選択します。
正逆流量の測定
P. 7-14
両方向の流量を測定したい場合に使用します。
流量ゼロの時の出力を 12mA DC として,正 / 逆を振り分けます。開平モー
ドも可能です。
実入力を加えたレンジの設定
P. 7-14
実入力を加えた状態で 4 ~ 20mA DC に対応するレンジを設定します。
ユーザの基準器出力に対して,ピッタリ 20mA DC の出力設定が行えます。
ただし,DPharp は出荷時高精度にキャリブレーションされているのでスパ
ン設定は,通常のレンジ設定で行ってください。
P. 7-15
ゼロ点 / スパン調整を行います。
ゼロ点調整は,外部ゼロ調整ねじで行う方法と BT200 を使用して行う方法が
あります。
ゼロ点調整とスパン調整
表示静圧のゼロ点調整とスパン調整
P. 7-17
内蔵指示計に表示される静圧の単位とレンジを設定します。
調整量の消去
ユーザで行ったゼロ点 / スパン調整などを,工場出荷時の状態に戻すことが
できます。
P. 7-17
テスト出力 ( 定電流出力 ) の設定
P. 7-17
ループチェックを行う時に使用してください。
- 2.5 ~ 110% の間を 0.01% ステップで任意に出力設定できます。
ソフトウェアライトプロテクトの
設定
P. 7-18
パスワードを設定することにより,設定データの書き込みを禁止します。
折れ線近似機能の設定
P. 7-18
%値に対して,折れ線近似演算をします。
異形タンクの液位計測で比例出力が得られます。
アラーム設定
P. 7-19
差圧 / 圧力や静圧の入力値があらかじめ設定した値を超えたときに,内蔵指
示計にアラームを発生させることができます。
ステータス接点出力の設定
P. 7-19
アラームの設定値に従って,オン・オフ信号を出力します。
差圧 / 圧力や静圧の入力圧により上下限値警報を設定できます。
キャピラリ封入液の密度補正機能の キャピラリ部の周囲温度変化によって生じるゼロシフトを補正する機能で
設定
P.7-20
す。
調整情報と自由メモ欄
P. 7-21
調整時の情報として,点検日,点検者,その他に自由に書き込むことのでき
る自由メモ欄があります。
IM 01C26H01-01
7.3.2
HOME
7-7
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
メニューツリー
A: DISPLAY
B: SENSOR TYPE
A10: OUTPUT
A11: PRES
A15: OUTPUT mA
A16: ENGR. OUTPUT
A17: ENGR. EXP
A20: SP %*1
A21: SP*1
A30: CAPSULE TEMP
A60: SELF CHECK
B10: MODEL
B11: STYLE NO.
B20: PRES LRL
B21: PRES URL
B22: P MIN SPAN
B30: SP LRL*1
B31: SP URL*1
B32: SP MIN SPAN*1
B60: SELF CHECK
SET
C: BASIC SETUP
D: AUX SET 1
E: AUX SET2
G: ALARM SET
H: AUTO SET
I: DISP SET
C10: TAG NO.
C20: PRES UNIT
C21: PRES LRV
C22: PRES URV
C23: PRES POINT
C30: AMP DAMPING
C40: OUTPUT MODE
C60: SELF CHECK
D10: LOW CUT
D11: LOW CUT MODE
D15: H/L SWAP*1
D16: H2O UNIT SEL
D20: OUT LIMIT(L)
D21: OUT LIMIT(H)
D22: REV OUTPUT
D25: BURNOUT
D26: ERROR OUT
D30: SP UNIT*1
D31: SP A/G SLCT*1
D32: ATM. PRESS*1
D33: SP LRV*1
D34: SP URV*1
D35: SP POINT*1
D36: SP DAMPING*1
D37: SP SELECT*1
D40: TEMP UNIT
D50: QUICK RESP
D55: WRT PROTECT
D56: WRT ENABLE
D57: NEW PASSWORD
D58: SOFTWR SEAL
D60: SELF CHECK
E10: T. ZERO CMP
E11: TEMP ZERO
E30: BI DIRE MODE
E50: DO SELECT*2
E51: DO SIG.TYPE*2
E52: D OUTPUT*2
E60: SELF CHECK
G10: P AL MODE
G11: P HI. AL VAL
G12: P LO. AL VAL
G20: SP AL MODE*1
G21: SP HI. AL VAL*1
G22: SP LO. AL VAL*1
G30: T AL MODE
G31: T HI. AL VAL
G32: T LO.AL VAL
G50: AUTO RECOVER
G60: SELF CHECK
H10: AUTO P LRV
H11: AUTO P URV
H20: AUTO SP LRV*1
H21: AUTO SP URV*1
H60: SELF CHECK
I10: DISP OUT1
I11: DISP OUT2
I12: DISP OUT3
I13: DISP OUT4
I20: P DISP MODE
I21: PRES % RESO
I30: ENGR. UNIT
I31: EASY EU SET
I32: ENGR. EXP
I33: ENGR. LRV
I34: ENGR. URV
I35: ENGR. POINT
I40: BAR INDICATR
I41: POWER ON INF
I60: SELF CHECK
J: ADJUST
K: TEST
M: DEVICE INFO
P: RECORD
T: CHARACTERIZR
J09: ADJ UNIT
J10: ADJ PRES
J11: P ZERO ADJ
J12: P SPAN ADJ
J15: P ZERO DEV
J16: P SPAN DEV
J20: ADJ SP
J21: SP ZERO ADJ*1
J22: SP SPAN ADJ*1
J25: SP ZERO DEV*1
J26: SP SPAN DEV*1
J40: OUTPUT 4mA
J41: OUTPUT 20mA
J45: AMP TEMP
J50: ADJ WHO
J51: ADJ DATE
J52: ADJ LOC
J53: ADJ DESC
J55: EXT ZERO ADJ
J56: CLEAR ADJ
J60: SELF CHECK
K10: OUTPUT X %
K40: DO TEST*2
K45: TEST TIME
K50: TEST KEY1
K51: TEST KEY2
K52: TEST KEY3
K53: TEST KEY4
K60: SELF CHECK
M10: SERIAL NO.
M11: MFTR. DATE
M12: EXTRA NO.
M15: SOFT REV
M16: BRAIN REV
M17: MEMO1
M18: MEMO2
M19: MEMO3
M20: ISOL MATL
M21: FILL FLUID
M22: GASKET MATL
M23: PRO CON MATL
M24: D-VENT MATL
M25: PRO CON TYPE
M26: RS ISOL MATL
M27: PRO CON SIZE
M28: NUM RS
M29: RS FILL FLID
M30: RS TYPE
M50: MS CODE 1
M51: MS CODE 2
M52: MS CODE 3
M53: MS CODE 4
M54: MS CODE 5
M55: MS CODE 6
M60: SELF CHECK
P10: ERROR REC 1
P12: ERROR REC 2
P14: ERROR REC 3
P16: ERROR REC 4
P50: REC CLEAR
P60: SELF CHECK
T10: S. C. ENABLE
T11: NUM OF POINT
T20: X START (FIX)
T21: Y START (FIX)
T22: X1
T23: Y1
T24: X2
T25: Y2
T26: X3
T27: Y3
T28: X4
T29: Y4
T30: X5
T31: Y5
T32: X6
T33: Y6
T34: X7
T35: Y7
T36: X8
T37: Y8
T38: X9
T39: Y9
T40: X END (FIX)
T41: Y END (FIX)
T60: SELF CHECK
ADJ
*1:圧力伝送器の場合,
これらのパラメータは表示されません。
*2:EJAの場合にはこれらのパラメータは表示されません。
F0711.ai
IM 01C26H01-01
7.3.3
7-8
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
パラメータの設定方法
必要に応じて設定,変更を行ってください。設定後は
必ず「DIAG」キーを押し,自己診断結果「□ 60: SELF
CHECK」が「GOOD」を表示していることを確認してく
新しいTAG NO.「FIC-1a」を
設定します。
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
YOKOGAWA
CODE
CAPS
FOKOGAWA
CLR
FIKOGAWA
ESC
FICOGAWA
FIC-GAWA
ださい。設定パラメータの一覧および出荷時設定値に
FIC-1AWA
ついては,
9 章の「パラメータ一覧」を参照してください。
FIC-1a
(入力ミスをした場合, キー
でカーソルをもどしてから再入力します。)
(1) Tag No.の設定
(C10:TAG NO)
ご注文時の指定どおり,TAG NO. を設定して出荷して
います。
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
FIC-1a _
CODE
変更する場合は下図の手順に従ってください。
キーを押しBT200の
電源をONにします。
DPharpとBT200を通信ケーブ
ルで接続し, キー
を押します。
––WELCOME––
BRAIN TERMINAL
ID: BT200
check connection
push ENTER key
FEED
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
C:BASIC SETUP
D:AUX SET1
E:AUX SET2
G:ALARM SET
HOME
SET
ADJ
MENU
C:BASIC SETUP
D:AUX SET 1
E:AUX SET 2
G:ALARM SET
H:AUTO SET
I:DISP SET
HOME
SET
ADJ
MENU
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
C20:PRES UNIT
kPa
C21:PRES LRV
0.00000 kPa
DATA DIAG PRNT
ESC
設定データ確認画面です。
設定データがフラッシング
します。
確認後, キーを
もう1度押します。
( (NO) キーを押せば設定
画面にもどり,再設定が可能
です。)
説 明
<When power is off>
PARAM
01:MODEL
EJX
02:TAG NO.
YOKOGAWA
03:SELF CHECK
GOOD
CLE
PRINTER OFF
F2:PRINTER ON
FEED POFF
NO
・例 : FIC-1aに設定します。
画面表示
caps
TAG NO.の設定後
キーを押します。
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
FIC-1a
英数 16 文字まで記入できます。
UTIL
FIC-1aWA
(caps)
OK
接続したDPharpの形名と
TAG NO.および自己診断情
報が表示されます。確認後,
(OK) キーを押します。
(SET) キーを押して
SETメニュー画面に入ります。
DPharpのTAG NO.が書き換え
られました。
SET
C10:TAG NO.
FIC-1a
FEED
NO
PARAM
C10:TAG NO.
FIC-1a
C20:PRES UNIT
kPa
C21:PRES LRV
0.00000 kPa
DATA DIAG PRNT
OK
(OK) キーを押せば
パラメータ画面へもどります。
( (NO) キーを押せば
設定画面にもどります。)
ESC
F0712-2.ai
(2) レンジの設定
① 測定レンジ単位の設定(C20:PRES UNIT)
ご注文時の指定どおり単位を設定して出荷しています。
単位を変更する場合は下図の手順に従ってください。
ESC
C : SETTINGを選択し,
キーを押します。
ESC
C10 : TAG NO. を選択し,
キーを押します。
・例「kPa」
:
から
「MPa」に変更します。
SET
C20:PRES UNIT
kPa
< kPa >
< MPa >
< mbar >
< bar >
キーで
ESC
SET
C20:PRES UNIT
MPa
ESC
「MPa」を選択します。
キーを2回押して
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定を
完了します。
F0712-1.ai
FEED
NO
OK
F0713.ai
下記の単位から指定してください。
kPa
MPa
mbar
bar
atm
Pa
hPa
IM 01C26H01-01
(3) ダンピング時定数の設定
② 測定レンジの下限値,上限値の設定
(C21:PRES LRV,C22:PRES URV)
(C30:AMP DAMPING)
ご注文時の指定どおりレンジを設定して出荷していま
す。レンジを変更する場合は下図の手順に従ってくだ
さい。
測定スパンはレンジの上限値と下限値で決まります。
本器は,下限値を変更すると自動的に上限値も変更さ
れ,スパンを一定に保ちます。
・例1: 現在の設定値が0∼30kPaの場合,下限値
を0.5kPaに変更します。
「0.5」を入力します。
SET
C21:PRES LRV
0 kPa
+
0.5
DEL
CLR
NO
PARAM
C20:PRES UNIT
kPa
C21:PRES LRV
0.5 kPa
C22:PRES URV
30.5 kPa
DATA DIAG PRNT
ご注文時に指定のない場合はダンピング時定数は 2.0 秒
で出荷しています。変更する場合は下図の手順に従っ
てください。
・例:2.0秒から4.0秒に変更する場合
CLR
ESC
データを書き換えます。
FEED
設定を完了します。
OK
上限値はスパンを一定に
保って変更されます。
ESC
・例2: 現在の設定値が0∼30kPaの場合,上限値を
10kPaに変更します。
ESC
SET
C22:PRES URV
10 kPa
NO
PARAM
C20:PRES UNIT
kPa
C21:PRES LRV
0 kPa
C22:PRES URV
10 kPa
DATA DIAG PRNT
(OK) キーを押して設定
を完了します。
OK
D50 : QUICK RESP
OFF
ON
ダンピング時定数(秒)
0.50 ~ 100.00
0.00 ~ 100.00
(4) 出力モード(比例/開平)と表示モード(比例/開
平)の設定
(C40:OUTPUT MODE,I20:P DISP MODE)
「10」を入力します。
SET
C22:PRES URV
30 kPa
+
10
NO
データを書き換えます。
( 注 ) 本項で設定するダンピング時定数は,伝送部 ( 電気回路
部 ) のダンピング時定数です。伝送器としてのダンピン
グ時定数は,電気回路部とカプセル部を加算した値です。
カプセル部のダンピング時定数 ( 固定 ) は,10 章の「標
準仕様」を参照してください。
( 注 ) ダンピング時定数の設定可能範囲は,
「D50:QUICK RESP」
の設定により異なります。
(次表参照)
出力信号が瞬時に変化する状況では,ダンピング時定数
を 0.5 秒以上に設定してください。
上限値を変更するとスパンも変更されます。
FEED
ESC
F0716.ai
(OK) キーを押して
ただし,上限値を変更しても下限値は変更されません。
CLR
キーを2回押して
SET
C30:AMP DAMPING
4.00 sec
F0714.ai
DEL
「4」を入力します。
SET
C30:AMP DAMPING
2.00 sec
+ 004.00
キーを2回押して
SET
C21:PRES LRV
0.5 kPa
FEED
7-9
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
キーを2回押して
出力信号の出力モードと内蔵指示計の表示モード(目
データを書き換えます。
盛特性)のそれぞれに,
「比例」または「開平」の演算モー
ドを設定できます。
(OK) キーを押して設定
ご注文時の指定どおりモードを設定して出荷していま
を完了します。
す。モードを変更する場合は下図の手順に従ってくだ
OK
さい。
下限値は変更されず,
スパン
内蔵指示計付きのときは,表示モードが「開平」のと
が変更されます。
きには「√」が内蔵指示計に表示されます。
詳細は 3 章を参照してください。
ESC
F0715.ai
校正レンジは,小数点を除いた数字列が- 32000 ~
32000 の範囲内となるように設定してください。また,
設定値が次の関係にあるときは,入力に対する 4-20
mA 出力は反転します。
測定レンジの下限値 (0%) >測定レンジの上限値 (100%)
IM 01C26H01-01
・出力信号の出力モード
[開平出力の場合]
ローカットモード LINEAR
・例:出力モードを「比例」から
「開平」に設定します。
ESC
「SQUARE ROOT」を選択します。
20
(%)
50
LOW CUT 20%の場合
データを書き換えます。
0
(OK) キーを押して設定
入 力
0
50 (%)
ローカットモード LINEAR
OK
F0717.ai
SET
I20:P DISP MODE
SQUARE ROOT
FEED
NO
0
, キーで
「SQUARE ROOT」を選択します。
キーを2回押して
(%)
50
出 力
20
・例:表示モードを「比例」から
「開平」に設定します。
ESC
50 (%)
入 力
ローカットモード ZERO
(%)
50
出 力
・内蔵指示計の表示モード
>
>
LOW CUT 20%の場合
[比例出力の場合]
を完了します。
SET
I20:P DISP MODE
LINEAR
< LINEAR
< SQUARE ROOT
20
キーを2回押して
SET
C40:OUTPUT MODE
SQUARE ROOT
NO
出 力
>
>
ローカットモード ZERO
(%)
50
出 力
, キーで
SET
C40:OUTPUT MODE
LINEAR
< LINEAR
< SQUARE ROOT
FEED
7-10
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
20
LOW CUT
20%の場合
入 力
0
50 (%)
LOW CUT
20%の場合
50 (%)
入 力
F0719.ai
図7.4
ローカットモード
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定
を完了します。
OK
F0718.ai
・例:ローカットの設定範囲を10%から20%,
ローカットモードを「LINEAR」から
「ZERO」に設定します。
ゼロ点付近を安定させるため,出力信号のローカット
キーを2回押して
データを書き換えます。
(5) ローカットの設定
(D10:LOW CUT,D11:LOW CUT MODE)
「20」を入力します。
SET
D10:LOW CUT
10.00 %
+ 20.00
CLR
ESC
(OK) キーを押して設定
SET
D10:LOW CUT
20.00 %
を完了します。
を行うことができます。
① ローカット判定基準値の設定「D10: LOW CUT」
設定範囲は 0 ~ 20%です。ローカットの設定値に対
して,± 10%のヒステリシスがあります。出荷時の
FEED
NO
SET
D11:LOW CUT MODE
LINEAR
< LINEAR >
< ZERO
>
設定はご注文時に出力モードを比例(C40:OUTPUT
MODE=LINEAR), 表 示 モ ー ド を 開 平(I20:DISP
MODE=SQUARE ROOT)に指定の場合には,ソフトウェ
アレビジョン 2.02 以降の機器における出荷時設定は 1%
になります。ローカット機能がアナログ出力値に対し
て 1%,表示値に対して 10% で作動します。ご注文時
に出力モード,表示モードの設定がともに比例または
開平の場合には,アナログ出力値,表示値それぞれに
対してローカットの機能が 10%で作動します。出力モー
ドを開平にし,表示モードを比例にした場合には,ア
ナログ出力値に対してのみローカットの機能が 10%で
作動します。表示値には作動しません。
OK
, キーで
「ZERO」を選択します。
キーを2回押して
ESC
PARAM
D10:LOW CUT
20.0 %
D11:LOW CUT MODE
ZERO
D15:H/L SWAP
NORMAL
DATA DIAG PRNT
次に「D11: LOW CUT MODE」
の設定画面に入ります。
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定
を完了します。
ESC
F0720.ai
( 注 ) 出力モードを比例にし,表示モードを開平にしたときは,
アナログ出力値に対してローカットの判定をします。例
えば,ローカットを 4%とした場合は,出力信号の 4%
に対して機能が作動します。その時の表示値はローカッ
ト設定がなければ 20% ですが,ローカットが機能する
ことにより表示は 4%( ローカットモード :LINEAR) また
は 0%( ローカットモード :ZERO) となります。
一方,出力モードを開平,表示モードを比例にしたとき
には,出力信号にはローカット機能が作用しますが,表
示値にはローカット機能は働きません。
②ローカットモードの設定「D11: LOW CUT MODE」
ローカット時の出力動作を指定します。LINEAR または
ZERO を選択してください。出荷時の設定は LINEAR で
す。
IM 01C26H01-01
(6) 内蔵指示計の設定
[出力モード:比例,表示モード:開平の場合]
● LOW CUT 4%の場合
ローカットモード LINEAR
(%) 表示値
20
ローカットモード ZERO
(%) 表示値
20
出 力
出 力
出力信号
4
出力信号
4
内蔵指示計の表示は次の 5 つから選択できます。
内蔵指示計表示
記事および関連パラメータ
差圧/圧力値
(PRES)
差圧/圧力値をC20で設定した単位
で表示します。表示は−32000∼
32000の範囲に限られます。
A11:PRES
0
7-11
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
入 力
0
(%)
(%)
入 力
456 kPa
F0721.ai
ヒステリシスにより,ローカット設定値付近の出力は
下図のような動きになります。
差圧/圧力の%値
(PRES %)
測定レンジ(C21,C22)に従い,−2.5∼
110%の範囲の表示をします。
A10:OUTPUT
45.6 %
<例>
出力モード:比例出力
ローカットモード:ZERO
ローカット設定値:20.00%
出力
ローカット設定値
ユーザスケール値
(ENGR. PRES)
7.2mA
(20%)
4mA
設定範囲:0 ∼ 20%
入力
2%
A16:ENGR.OUTPUT
20.5 m3/min
A17:ENGR.EXP
×100
2%
ヒステリシスは
ローカット設定値の
±10%固定
ユーザスケール(I33,I34)に従った表
示をします。表示単位はI30で設定した
単位です。
静圧値
(SP)
静圧値をD30で設定した単位で表示し
ます。表示は−32000∼32000の範囲
に限られます。
A21:SP
4.000 MPa
F0721-02.EPS
D31で静圧を絶対圧表示に設定した
場合は,単位の最後に「A」が表示され
ます。
(出荷時はゲージ圧に設定されています。)
静圧の%値
(SP %)
静圧の測定レンジ(D33,D34)に従い,
−10∼110%の範囲の表示をします。
A20:SP %
52.6 %
F0722.ai
IM 01C26H01-01
7-12
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
① 表示内容の選択(I10:DISP OUT1)
・任意の単位を設定する場合
本パラメータ(LCD 画面 1)で設定した表示内容が内蔵
パラメータ「I30:ENGR.UNIT」にて設定します。
指示計に表示されます。
内蔵指示計の表示目盛を変更する場合は下図に従って
・例 : ユーザスケール単位「M」を設定します。
SET
I30:ENGR.UNIT
ください。
「M」を設定し, キー
を2回押してデータを書き換え
M_
・例:内蔵指示計の目盛りを差圧/圧力の%値
表示から差圧/圧力値表示に設定します。
, キーで
SET
I10:DISP OUT1
PRES %
< PRES
< PRES %
< ENGR.PRES
< SP
>
>
>
>
ESC
SET
I10:DISP OUT1
PRES
FEED
CAPS
CLR
ESC
SET
I30:ENGR.UNIT
M
(OK) キーを押して設定を
完了します。
「PRES」を選択し,
キーを2回押して
FEED
NO
OK
データを書き換えます。
F0724.ai
(OK) キーを押して設定
を完了します。
NO
ます。
CODE
( 注 ) 下記の記号は表示できません。これらの記号が入力され
たときは,
内蔵指示計には “-- -- -- -- -- --” が表示されます。
. - , + * ) ( ’ & % $ # ” !
④ ユーザスケール上限値,下限値の設定
OK
F0723.ai
② 周期表示の設定(I11:DISP OUT2, I12:DISP OUT3,
I13:DISP OUT4)
(I33:ENGR.LRV, I34:ENGR.URV)
内蔵指示計に表示されるユーザスケール値 (ENGR.PRES)
の上限値,下限値を設定することができます。ご注文
最大4つのLCD画面を周期表示します。それぞれの
時の指定どおり設定して出荷されます。
LCD画面2,
LCD画面3,
パラメータ
(LCD画面 1 ,
変更のある場合は次の手順に従ってください。
LCD画面4)に設定した内容をパラメータ番号順に
目盛レンジは,レンジの下限値および上限値の数値(小
表示します。
数点を含むときは小数点を除いた数字列)が- 32000
③ ユーザスケール単位の設定(I30:ENGR.UNIT,
~ 32000 の範囲内にあることが条件です。
I31:EASY EU SET)
内蔵指示計に表示されるユーザスケール値 (ENGR.PRES)
の単位を設定することができます。最大英数6文字と
スラッシュひとつを内蔵指示計に表示できます。
ご注文時の指定どおり設定して出荷されます。変更の
ある場合は次の手順に従ってください。
・例 : 下限値(LRV) : −50,上限値(URV) : 50に
設定します。
<下限値の設定>
SET
I33:ENGR.LRV
0.00 M
50
単位から選択してください。
kPa
MPa
mbar
bar
atm
kg/h
t/h
m3/h
m3/min
l/h
l/min
kl/h
kl/min
Nl/h
Nl/min
Nm3/h
Nm3/min
m
mm
kg/m3
g/cm3
キーを2回押して
データを書き換えます。
・あらかじめ登録された単位から選択する場合
下記に示すパラメータ「I31:EASY EU SET」に登録された
「-50」を設定し,
DEL
CLR
ESC
(OK) キーを押して設定
SET
I33:ENGR.LRV
50 M
FEED
を完了します。
NO
OK
<上限値の設定>
「50」を設定し,
SET
I34:ENGR.URV
100.00 M
+
50
キーを2回押して
データを書き換えます。
DEL
CLR
PARAM
I32:ENGR.EXP
--I33:ENGR.LRV
–
50 M
I34:ENGR.URV
50 M
DATA DIAG PRNT
ESC
(OK) キーを押して設定
を完了します。
ESC
F0725.ai
IM 01C26H01-01
7-13
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
(7) 表示温度の単位の設定
(10)導圧管接続方向(右/左高圧)の設定
(D40:TEMP UNIT)
(D15:H/L SWAP)
単位は「deg C」に設定され出荷されます。「D40:TEMP
導圧管の逆接続を行うことができます。この機能は,
UNIT」にて単位を変更すると「A30:CUPSULE TEMP( カ
差圧伝送器の設置において,導圧管の低圧側と高圧側
プセル温度 )」
,
「J45:AMP TEMP( アンプ温度 )」
,が変更
の配管を誤って接続したときに使用します。変更方法
されます。
は下図のとおりです。
・例 : 表示温度単位は「deg C」が選択されています。
・例:導圧管接続を右高圧から左高圧に変更します。
SET
D15:H/L SWAP
NORMAL
< NORMAL >
< REVERSE>
SET
D40:TEMP UNIT
deg C
< deg C >
< k
>
, キーで
選択し,
キーを2回押して
ESC
ESC
データを書き換えます。
F0726.ai
(8) 表示静圧の単位とレンジの設定
F0728ai
(11)CPU 異常時の出力状態の表示
(D30:SP UNIT, D33:SP LRV, D34:SP URV)
(D25:BURNOUT)
静圧値 (SP, SP %) の表示内容を設定できます。これらの
CPU 異常時の出力状態を表示します。なお異常が発生
パラメータで静圧の単位とレンジを設定してください。
した場合は通信ができなくなります。
なお,パラメータ「D37:SP SELECT」にて,静圧の表示
HIGH または LOW の設定変更が可能です。設定は CPU
値として HIGH / LOW 側どちらの圧力を使用するか選
アセンブリ上の設定スイッチで変更します。
択することができます。
詳細は 3 章を参照してください。
・ 標準仕様の場合
(9) 出力反転(正/逆信号)の設定
(D22:REV OUTPUT)
HIGH に設定されています。異常が発生したときは
110% 以上の出力を出します。
入力と 4 ~ 20mA 出力の方向を反転させることができ
・ 付加仕様コード/C1 付の場合
ます。出力反転時にゼロ点付近でローカット機能がは
たらくときは,20 mA 出力の状態になります。
LOW に設定されています。異常が発生したときは
- 5% 以下の出力を出します。
変更方法は下図のとおりです。
・例 : 標準仕様の場合
・例:出力を4∼20mAから20∼4mAに変更します。
D25: BURNOUT
HIGH
設定スイッチの位置 H
, キーで
SET
D22:REV OUTPUT
NORMAL
< NORMAL >
< REVERSE>
・例 : 付加仕様コード/C1 付の場合
選択し,
キーを2回押して
ESC
データを書き換えます。
F0727.ai
D25: BURNOUT
LOW
設定スイッチの位置 L
F0729.ai
IM 01C26H01-01
7-14
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
(12)ハードエラー時の出力状態の設定
比例出力の場合
(D26:ERROR OUT)
20mA (100%表示)
ハードエラー時※ 1 の出力状態の設定をします。以下の
2 つの設定が可能です。
・ HOLD:エラー発生直前の出力を出し続けます。
LRV
・ BURNOUT DIR:CPU アセンブリ上のバーンアウト
方向設定スイッチ(H または L 側)の位置に従いエ
URV
4mA (−100%表示)
ラー発生時に 110% または- 5% 相当の出力を出し
開平出力の場合
ます。
バーンアウト方向は,パラメータ「D25:BURNOUT」
20mA (100%表示)
で確認できます。
Low Cut
※ 1:ハードエラーとは,8.5.3 項「異常内容と対策」の AL.01
の CAP.ERR と AL.02 の AMP.ERR をさします。
LRV
・例:ハードエラー時の出力状態をHOLDに設定
する場合
SET
D26:ERROR OUT
BURNOUT DIR
< BURNOUT DIR
< HOLD
URV
4mA (−100%表示)
, キーで
>
>
ESC
選択し,
正逆流量測定の設定
キーを2回押して
データを書き換えます。
F0730.ai
(14)レンジ変更(実入力を加える場合)
(H10:AUTO P LRV,H11:AUTO P URV)
(13)正逆流量測定の設定
本器は実入力を加えた状態でレンジの下限値と上限値
(E30:BI DIRE MODE)
測定レンジの下限値を中心に,正負対称の出力およ
び表示を行います。0%入力のときの出力を 50%(12
mA)とし,差圧伝送器を用いて正方向の流量と逆方向
の流量の両方を計測したいときに使用します。手順を
下図に示します。
・「C40:OUTPUT MODE」 と 組 み 合 せ る と 出 力 0 ~
50% および 50 ~ 100% 間をそれぞれ独立して開平
演算します。
・ ローカット機能は 0% 点を中心に正負対称にはたら
きます。
を自動的に設定することができます。ここで上限値,
下 限 値 を 設 定 す る と「C21:PRES LRV」 と「C22:PRES
URV」も同時に変更されます。設定方法は下図に従って
ください。
測定スパンはレンジの上限値と下限値で決まります。
本器は,下限値を変更すると自動的に上限値も変更さ
れ,スパンを一定に保ちます。
・例1 : 現在の設定値が0∼30kPaとします。
下限値を0.5kPaにしたいとき,入力圧を0.5kPa
加えた状態で次の操作を行います。
SET
H10:AUTO P LRV
0 kPa
+
0
・例 : 測定レンジ0∼10kPa
(LRV=0kPa,URV=10kPa)のとき
SET
E30:BI DIRE MODE
OFF
< OFF
>
< ON
>
F0732.ai
図7.5
, キーで
選択し,
キーを2回押して
データを書き換えます。
ESC
SET
H10:AUTO P LRV
0.5000 kPa
(OK)キーを押して設定を
完了します。
キーを2回押して
ESC
データを書き換えます。
FEED
測定レンジは−10∼0∼10 kPa(出力0∼50∼100%)に変更
されます。ただし,
「C21:PRES LRV」および「C22:PRES URV」
は変更されません。
F0731.ai
NO
PARAM
H10:AUTO P LRV
0.5000 kPa
H11:AUTO P URV
30.500 kPa
H20:AUTO SP LRV
0.0 MPa
DATA DIAG PRNT
OK
ESC
上限値はスパンを一定に保っ
て変更されます。
パラメータC21およびC22も
同時に変更されます。
F0733.ai
ただし,上限値を変更しても下限値は変更されません。
上限値を変更するとスパンも変更されます。
IM 01C26H01-01
7-15
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
・例2 : 現在の設定値が0∼30kPaとします。
上限値を10kPaにしたいとき,入力圧を10kPa
加えた状態で次の操作を行います。
SET
H11:AUTO P URV
30 kPa
+
30
ゼロ調整量を変更した場合,パラメータ A11 で表示さ
れる値は実際には以下のようになります。
例)実際の入力圧 52 kPa に対して,2 kPa ゼロ遷移させ
キーを2回押すと,
た場合,A11 の入力表示はゼロ点調整後の 50 kPa
上限値が10kPaに変更されます。
になります。
ESC
SET
H11:AUTO URV
10.000 kPa
FEED
NO
PARAM
H10:AUTO P LRV
0 kPa
H11:AUTO P URV
10.000 kPa
H20:AUTO SP LRV
0.0 MPa
DATA DIAG PRNT
(OK)キーを押して設定
52 kPa
を完了します。
50 kPa
OK
下限値は変更されずスパン
が変更します。
ESC
パラメータC21およびC22も
同時に変更されます。
2 kPa
0 kPa
ゼロ調整
ゼロ調整量(J15)
実際の差圧
・圧力入力
A11の
入力表示
0 kPa
F0735.ai
F0734.ai
なお,BT200 では,% または任意の圧力単位で調整す
(15)ゼロ点調整とスパン調整
(4-20 mA出力信号の調整)
ることができます。単位の設定はパラメータ「J09:ADJ
UNIT」で行います。出力信号の確認は % のときはパラ
伝送器は,仕様に基づいて工場出荷時に正確に調整さ
メータ「A10:OUTPUT(%)
」
,
圧力単位のときはパラメー
れていますが,設置環境や取付姿勢によって微少な誤
タ「J10:ADJ PRES」を表示させて行います。
差を生じることがあります。それらの誤差を微調整す
るためにゼロ点/スパン調整機能があります。ゼロ点
調整は,測定レンジの下限値を 0%出力に合わせる1
点調整です。伝送器本体の取付姿勢や静圧による誤差
を補正するために使用します。スパン調整は,ゼロ点
を一方の基準とした2点間の入出力特性を定義します。
お客さま特有の圧力基準に合わせるとき,スパンドリ
フトの疑いがあるとき,または絶対圧のようにゼロ状
態が作れないときに使用します。
■ ゼロ点調整
(J11:P ZERO ADJ, J15:P ZERO DEV, J55:EXT ZERO ADJ)
① 現在の出力値を 0%(4 mA) にする場合は次の手順に
従ってください。この方法は測定レンジの下限値
に相当する圧力が0(ゼロ)のときにかぎります。
A11:PRES
0.03585 kPa
出力値が0.03585 kPaです。
SET
J11:P ZERO ADJ
0.00000 kPa
+
0
DEL
CLR
加圧した入力圧0(ゼロ)が
安定したことを確認します。
ESC
SET
J11:P ZERO ADJ
0.00000 kPa
ゼロ点調整が完了しました。
(OK)キーを押して設定を
伝送器にはいくつかの調整方法があります。
現場の状況に合わせて最適な方法を選択してください。
調整方法
概要
BT200を ①現在の入力値を 0% にする
使用した 入力信号を 0% 状態にして 0% 出力を調整
します。
ゼロ調
②別の手段で得た基準値に出力を合わせる
タンクレベルなど,入力信号を 0% 状態に
するのが難しい場合,グラスゲージなど,
他の手段で得た基準値に出力を合わせま
す。
外部ゼロ ③伝送器本体に付いているゼロ調ねじを使
調ねじを 用してゼロ点調整を行う
使用した BT200 を使用しなくてもゼロ点調整が可能
です。出力電流を正確に読み取る電流計を
ゼロ調
使用して,出力電流を 4mA,または目的の
出力値に正確に調整します。
キーを2回押します。
完了します。
FEED
NO
OK
A11:PRES
0.00000 kPa
出力値は0%になります。
F0736.ai
② タンクのレベル測定などで,実際の水位をゼロレ
ベルにしてゼロ調ができない場合,グラスゲージ
など,他の測定器で得た実レベルに出力を合わせ
ることができます。
DPharpのスパン:0∼25.00 kPa
現在のレベル:13.50 kPa
現在の出力:13.83 kPa
25.00 kPa
現在のレベル
13.50 kPa
0.00 kPa
伝送器
F0737.ai
図7.6
タンクのレベル測定
IM 01C26H01-01
7-16
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
■スパン調整
A11:PRES
13.83 kPa
現在の出力値は13.83 kPaです。
SET
J11:P ZERO ADJ
0.00000 kPa
+ 045.0
+ 13.5
現在の実レベル13.50 kPaを
( J11:P ZERO ADJ, J12:P SPAN ADJ, J15:P ZERO DEV,
J16:P SPAN DEV)
DEL
CLR
入力し, キーを2回
押します。
出力値は13.50 kPaに変更され
ます。
F0738.ai
③ 外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整
(J55:EXT ZERO ADJ)
伝送器本体に付いているゼロ調ねじからのゼロ点
調整の許可 / 禁止の設定は下図の手順に従ってくだ
さい。
出荷時には許可 (ENABLE) に設定されています。
・例 : 外部ゼロ調ねじからの設定を禁止します。
, キーで
的にパラメータ「J15:P ZERO DEV」,「J16:P SPAN DEV」
を更新します。自動スパン調整をするときは下図の手順
に従ってください。
・例 : 10∼30 kPaのスパン調整をします。
●下限値の設定
基準圧力10 kPaを入力したとき,
SET
J10:ADJ PRES
9.94000 kPa
設定前の伝送器の出力値は
9.94 kPaです。
ESC
キーを2回押して
データを書き換えます。
F0739.ai
・外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整
「10」を設定します。
SET
J11:P ZERO ADJ
9.94000 kPa
+
10
キーを2回押して
データを書き換えます。
DEL
本体ケースの外側に付いているゼロ調ねじをマイ
ナス・ドライバを用いて回します。右回しで出力
は増加,左回しで出力は減少し,設定レンジの 0.01%
の分解でゼロ点調整を行うことができます。( 内蔵
指示計付の場合,ゼロ調ねじを出力増加の方向に回
すと▲,出力減少の方向に回すと▼を表示します。)
調整したい点の圧力を加えた状態で,その圧力値をパラ
「INHIBIT」を選択し,
ESC
① 自動調整
ます。設定後は,伝送器内部で調整量を計算して,自動
SET
J55:EXT ZERO ADJ
ENABLE
< ENABLE >
< INHIBIT>
調整があります。
メータ「J11:P ZERO ADJ」
,
「J12:P SPAN ADJ」に設定し
・外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整の許可 / 禁止
る機能です。したがって,スパン調整は,必ずゼロ点調
整後に実施してください。設定方法は,自動調整と手動
ESC
A11:PRES
13.5000 kPa
スパン調整は,ゼロ点を基準とした入出力特性を変更す
CLR
ESC
SET
J11:P ZERO ADJ
10.0000 kPa
FEED
NO
(OK)キーを押して設定を
完了します。
OK
SET
J10:ADJ PRES
10.0000 kPa
基準圧力10 kPaを入力したとき,
設定後の伝送器の出力値が
なお,ゼロ点の調整量はゼロ調ねじを回す速さに
10.0 kPaであることを確認します。
ESC
応じて変わりますので,微調整をする場合はゆっ
くりと,粗調整をする場合は速く回します。
●上限値の設定
基準圧力30 kPaを入力したとき,
SET
J10:ADJ PRES
30.1500 kPa
設定前の伝送器の出力値は
30.15 kPaです。
ESC
「30」を設定します。
SET
J12:P SPAN ADJ
30.1500 kPa
+
30
ゼロ調ねじ
キーを2回押して
データを書き換えます。
DEL
CLR
ESC
SET
J12:P SPAN ADJ
30.0000 kPa
FEED
ゼロ調ねじ
NO
(OK)キーを押して設定を
完了します。
OK
SET
J10:ADJ PRES
30.0000 kPa
基準圧力30 kPaを入力したとき,
設定後の伝送器の出力値が
30.0 kPaであることを確認します。
F0740.ai
図7.7
ゼロ調ねじ
ESC
F0741.ai
IM 01C26H01-01
7-17
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
(16)表示静圧のゼロ点調整とスパン調整
② 手動調整
実際に加えた圧力と伝送器の出力からゼロ点とスパン
の調整量を手計算し,その値をパラメータ「J15:P ZERO
(J21:SP ZERO ADJ, J22:SP SPAN ADJ,
J25:SP ZERO DEV, J26: SP SPAN DEV)
DEV」,「 J16:P SPAN DEV」に設定します。手動スパン
差圧伝送器については,表示静圧のゼロ点/スパン調
調整をするときは下図の手順に従ってください。
整を設定することができます。設定方法は,差圧のゼ
・例 : 10∼30 kPaのスパン調整をします。
過去に調整が行われていたことを想定し,
そのときのゼロ・スパン調整量を次とします。
「J15: P ZERO DEV」= −0.04 kPa
「J16: P SPAN DEV」= −0.03 kPa
基準圧力10 kPaを入力したとき,パラメータ
「J10:ADJ PRES」
の値は9.94 kPaです。
そのときの出力誤差 (0.06 kPa) を過去の調整量(−0.04 kPa)
に加えてゼロ調整量を計算します。
SET
J15:P ZERO DEV
-0.04000 kPa
+
0.02
「0.02」を設定します。
キーを2回押して
ESC
SET
J15:P ZERO DEV
0.02000 kPa
データを書き換えます。
NO
(17)調整量の消去
各種調整量を消去し,工場出荷時の状態に戻すことが
できます。
SET
J56:CLEAR ADJ
--< -->
< PRES
>
< SP
>
< 4-20mA >
, キーで
「PRES」を選択し,
キーを2回押して
ESC
(OK)キーを押して設定を
完了します。
FEED
ください。
・例 : 差圧/圧力のゼロ/スパン調整の調整量
を工場出荷時の設定に戻します。
−0.04+0.06=+0.02
CLR
点/スパン調整を行ったあとに表示静圧の調整をして
(J56:CLEAR ADJ)
●下限値の設定
DEL
ロ点/スパン調整の要領と同じです。差圧信号のゼロ
OK
SET
J56:CLEAR ADJ
---
FEED
データを書き換えます。
(OK)キーを押して設定を
完了します。
NO
OK
●上限値の設定
F0743.ai
基準圧力30 kPaを入力したとき,パラメータ
「J10:ADJ PRES」
の値は30.15 kPaです。
(K10:OUTPUT X%)
1. 出力誤差を計算します
出力誤差 =
基準圧力値−伝送器出力値
基準圧力値
× (URV−LRV)
30.00−30.15
=
× (30.00−10.00) = −0.1
30.00
えてスパン調整量を計算します。
−0.03+(−0.1)=−0.13
CLR
NO
「50.0%」を設定します。
キーを2回押すと
定電流が出力されます。
キーを2回押して
ESC
定電流出力が実行中は「ACTIVE」
SET
K10:OUTPUT X %
50.00% ACTIVE
が表示されます。
データを書き換えます。
(OK)キーを押すと定電流出
FEED
SET
J16:P SPAN DEV
-0.13000 kPa
FEED
SET
K10:OUTPUT X %
0.00 %
+ 050.00
CLR
「−0.13」を設定します。
ESC
ことができます。
・例 : 12mA (50%)の定電流を出力します。
出力誤差 (−0.1 kPa) を過去の調整量 (−0.03 kPa) に加
DEL
3.6mA( - 2.5%) ~ 21.6mA(110%) の定電流を出力する
ループチェックを行うときに便利です。
2. スパン調整量を計算します
SET
J16:P SPAN DEV
-0.03000 kPa
0.13
(18)テスト出力(定電流出力)の設定
(OK)キーを押して設定を
NO
OK
力は解除されます。
F0744.ai
完了します。
OK
F0742.ai
IM 01C26H01-01
7-18
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
② ライトプロテクトの解除(D56:WRT ENABLE)
重要
ソフトウェアライトプロテクトを一時的に解除します。
1. テスト出力は実行後一定時間保持され,その後は自
設定したパスワードを入力し一致すると,10 分間書き
込みが有効になります。パラメータを書き込むごとに
動的に解除されます。
テスト出力実行中に,BT200 の電源を OFF あるいは
解除時間は 10 分間延長されます。
通信ケーブルを取りはずしたりした場合でも,テス
・例 : パスワード「1234ABCD」を設定します。
ト出力は一定時間保持されます。
保持時間の設定は以下の通りです。
継続時間
(パラメータ K45: TEST TIME)
工場出荷時 10 分
変更可能範 10 分 , 30 分 , 60 分 ,3 時間 , 6 時間 ,
囲
12 時間から選択
注 : 上記の機能は出力信号コード D のソフトウェアレビ
ジョン 2.02 以降でサポートしています。
ソフトウェアレビジョンは M15:SOFT REV で確認で
きます。
2. テ スト出力を瞬時に解除したい場合は,
キーを押してください。
(OK)
「1234ABCD」を入力し,
SET
D56:WRT ENABLE
キーを2回押して
1234ABCD
データを書き換えます。
CODE
CAPS
CLR
ESC
SET
D56:WRT ENABLE
PASS
FEED
NO
(OK)キーを押して設定を
完了します。
OK
F0746.ai
③ パスワードの変更とライトプロテクトの無効
パスワードを変更するときは,ライトプロテクトを解
除した状態で,パラメータ「D57:NEW PASSWARD」に
(19)ソフトウェアライトプロテクトの設定
新しいパスワードを設定してください。また,ライト
(D55:WRT PROTECT, D56:WRT ENABLE,
D57:NEW PASSWARD)
プロテクト機能を無効にするときは,スペース 8 文字
を入力してください。
パスワードの設定により,通信によるパラメータの書
④ ソフトウェアシールの表示(D58:SOFTWARE SEAL)
き込みを禁止状態にし,伝送器に設定したデータを保
パスワードを忘れたときは,Joker パスワードでソフト
護することができます。ハードウェアでのライトプロ
ウェアライトプロテクトを一時的に解除できます。
テクトの設定については3章を参照してください。外
Joker パスワードでライトプロテクトが解除されたとき
部ゼロ調ねじによるゼロ点調整もあわせて禁止する場
は BREAK の表示をします。正しいパスワードでライト
合には,ライトプロテクト機能を有効にする前に,ま
プロテクトを解除すると KEEP に戻ります。Joker パス
ずパラメータ J5 5 の設定を変更してください。7 . 3 . 3
ワードについては当社営業拠点またはご購入の代理店
項 (15) ③を参照ください。
までご連絡ください。
① 新規パスワードの設定(D57:NEW PASSWARD)
このパラメータを設定すると,ソフトウェアでのライ
(20)折れ線近似機能の設定
トプロテクト機能がはたらき,伝送器へのパラメータ
差圧/圧力の%値に対して折れ線近似演算をして出力
設定が禁止状態になります。設定は下図の手順に従っ
します。異形タンクの液位計測で,比例出力を得たい
てください。
ときに使用します。各点の座標は 0 - 100%間で最大
・例 : 新しいパスワード「1234ABCD」を設定します。
SET
D57:NEW PASSWORD
「1234ABCD」を入力し,
1234ABCD
CODE
CAPS
CLR
FEED
NO
ください。座標の設定が終わって,出力に反映すると
きに ENABLE にします。
データを書き換えます。
また,下記の条件にある場合は,自己診断異常となり,
(OK)キーを押して設定を
完了します。
OK
タ「T10:S.C. ENABLE」が INHIBIT であることを確認して
キーを2回押して
ESC
SET
D57:NEW PASSWORD
1234ABCD
9点まで設定できます。座標を設定するときはパラメー
内蔵指示計付きはエラーメッセージ「AL.60 SC.CFG」を
表示します。
「D55: WRT PROTECT」
・折れ点の X, Y 座標が単調増加でないとき
(ライトプロテクトの状態表示)
・出力モードが開平かつローカットが比例に設定され
がYESになります。
F0745.ai
ているとき
IM 01C26H01-01
(21)アラーム設定
Y
(G10:P AL MODE, G11:P HI.AL VAL,
G12:P LO.AL VAL)
100%
入力
差圧/圧力に対しての入力圧(プロセス変数)が設定
出力
入力圧(%)
折れ線近似値
0%
してください。
「5」を入力し, キー
SET
T11:NUM OF POINT
9
5
を2回押してデータを書き換え
ます。
ESC
SET
T11:NUM OF POINT
5
FEED
NO
(OK)キーを押して設定を
完了します。
OK
F0748.ai
・例 : 座標 (X1, Y1) に,%値で (12, 14)を設定します。
SET
T22:X1
「12」を入力し, キー
10.00%
+ 012.00
・例 : 差圧/圧力に対する入力圧がHIGH側の
閾値を超えたときに,
アラームが発生す
るように設定します。
SET
G10:P AL MODE
INHIBIT
< INHIBIT
< HI.AL DETECT
< LO.AL DETECT
< HI/LO.AL DETECT
, キーで
>
>
>
>
ESC
SET
G10:P AL MODE
HI.AL DETECT
FEED
NO
ます。
ESC
(OK)キーを押して設定を
完了します。
SET
T23:Y1
「14」を入力し, キー
10.00%
+ 014.00
を2回押してデータを書き換え
CLR
キーを2回押して
データを書き換えます。
(OK)キーを押して設定を
完了します。
ESC
ESC
ます。
・例 : 差圧/圧力に対するHIGH側の閾値を
「75 kPa」に設定します。
SET
G11:P HI.AL VAL
100.000 kPa
+
75
(OK)キーを押して設定を
「75」を入力します。
キーを2回押して
データを書き換えます。
CODE
完了します。
0.00%
F0751.ai
CAPS
CLR
ESC
SET
G11:P HI.AL VAL
75.0000 kPa
(OK)キーを押して設定を
完了します。
12.00%
入力値が閾値を超えると
T23:Y1
DATA
「HI.AL DETECT」を選択し,
を2回押してデータを書き換え
CLR
T22:X1
割り当てることができます。表示されるアラームの内
容については,表 8.3「エラーメッセージ一覧」を参照
・例 : 5つの折れ点座標を設定します。
CLR
したレンジを超えたときに,表示器にアラームを発生
させることができます。また,静圧やカプセル温度も
100% X
F0747.ai
PARAM
T21:Y
7-19
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
14.00%
DIAG
PRNT
FEED
ESC
NO
OK
「AL.35 P.HI」を表示します。
F0752.ai
F0749.ai
(22)ステータス接点出力の設定
・例 : 折れ線近似機能を適用します。
SET
T10:S.C.ENABLE
INHIBIT
< INHIBIT>
< ENABLE >
SET
T10:S.C.ENABLE
ENABLE
NO
(E50:DO SELECT, E51:DO SIG.TYPE)
「ENABLE」を選択し,
ESC
FEED
(付加仕様コード:/AL, EJXのみ)
, キーで
キーを2回押して
(21) 項のアラーム設定による差圧/圧力および静圧の
データを書き換えます。
High / Low 設定値に従って,オン/オフ信号(トラン
(OK)キーを押して設定を
ジスタ接点出力)を出力します。設定は下図の手順に
完了します。
従ってください。
注意
OK
F0750.ai
電源投入時および瞬停検知時には,接点の状態がア
ラームの状態を正しく反映していることを確認してく
ださい。また,
パラメータ
「K40:DO TEST」
にアクセスし,
接点の ON/OFF 動作の確認を実施してください。
IM 01C26H01-01
7-20
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
(23)キャピラリ封入液の密度補正機能の設定
重要
(E10:T.ZERO CMP, E11:TEMP ZERO)
CPU異常時,ハードエラーのときのステータス接点
出力の状態は定義されていません。伝送器の異常を通
知するには,必ず 4-20 mA 信号を使用してください。
ダイアフラムシール付差圧・圧力伝送器において,キャ
ピラリ部の周囲温度変化によって生じるゼロシフトを
補正する機能です。
次の関係式に示すように,伝送器のカプセル部に内蔵
・例 : 差圧/圧力に対する入力圧が75 kPaを超
えたとき,
ステータス接点出力がOFFにな
るように設定します。
SET
E50:DO SELECT
INHIBIT
< INHIBIT
< PRES
< SP
< TEMP
度変化による出力誤差を演算して補正します。
補正出力=出力+補正値 K ×周囲温度
「PRES」を選択し,
キーを2回押して
① 温度ゼロ補正モードの設定(E10: T.ZERO CMP)本
機能を使用する場合には T.ZERO CMP を「ON」
(起
データを書き換えます。
動状態)
,使用しない場合には「OFF」
(停止状態)
(OK)キーを押して設定を
に設定します。
完了します。
NO
OK
, キーで
SET
E51:DO SIG.TYPE
ON WHEN ALARM
< ON WHEN ALARM
< OFF WHEN ALARM
>
>
NO
SET
E10:T.ZERO CMP
OFF
< OFF
>
< ON
>
キーを2回押して
データを書き換えます。
SET
E51:DO SIG.TYPE
OFF WHEN ALARM
「ON」にする場合は下図の手順に従ってください。
・例:温度ゼロ補正モードを「ON」に設定します。
「OFF WHEN ALARM」を選択し,
ESC
FEED
数(補正値 K:%/℃)から,キャピラリ部封入液の密
, キーで
>
>
>
>
ESC
SET
E50:DO SELECT
PRES
FEED
された温度センサの測定値(周囲温度)と補正勾配係
, キーで
選択し, キーを2回
押してデータを書き換えます。
(OK)キーを押して設定を
ESC
完了します。
SET
E10:T.ZERO CMP
ON
OK
F0753.ai
・例 「E51:DO
:
SIG.TYPE」をON WHEN ALARMに設
定したときのステータス接点出力の状態
● High側閾値付近の出力
出力
(%)
差圧/圧力設定スパンに
対して5%のヒステリシス
(温度は5℃)
閾値
FEED
(OK)キーを押して設定
を完了します。
NO
OK
F0755.ai
② 温度ゼロ補正勾配の設定(E11: TEMP ZERO)
補正値 K は下記の(1)式より求めます。
K =- h × B ÷ span × 100 ‥‥(1)
B:封入液の定数(表 A. 参照)
span:スパン(|URV - LRV|)
h:低圧側の高さ-高圧側の高さ
On
ステータス出力
に対する高圧側ダイアフラムシールの位置の差
時間 (t)
On
Off
● Low側閾値付近の出力
出力
(%)
EJ□118J‥‥低圧側ダイアフラムシールの位置
EJ□438J‥‥伝送器本体(低圧側)の位置に対
するダイアフラムシール(高圧側)の位置の差
差圧/圧力設定スパンに
対して5%のヒステリシス
(温度は5℃)
[EJ□118Jの場合]
h
(+)
閾値
伝送器本体
On
ステータス出力
On
時間 (t)
Off
低圧側
0
高圧側
F0756.ai
F0754.ai
IM 01C26H01-01
7-21
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
[EJ□438Jの場合]
伝送器本体
・例 : 点検日2004年10月21日をメモリします。
PARAM
J50:ADJ WHO
低圧側
J51:ADJ DATE
h
(+)
J52:ADJ LOC
高圧側
DATA
0
(−)
伝送器本体
低圧側
DIAG
PRNT
ESC
SET
J51:ADJ DATE
MM-DD-YYYY
10-21-2004
h
「10-21-2004」を入力し,
キーを2回押して
データを書き込みます。
CODE
(注)伝送器本体がダイアフラムシール部より低い位置に
あるとき,hは負の値になります。
CAPS
CLR
ESC
F0759.ai
F0757.ai
・例: 計算式(1)で求めた補正値Kを設定します。
小数点以下3桁まで入力できます。
h=+3 m, 封入液コードA, span=15 kPa
K=-(+3) 0.00745 15 100=-0.149
SET
E11:TEMP ZERO
0.000 %/degC
- 00.149
CLR
NO
BT200によるデータ表示
7.4.1
測定データの表示
BT200 を利用して測定データの表示を行うことができ
ます。
「−0.149」を入力します。
キーを2回押して
測定データは 7 秒周期で自動的に更新されます。
データを書き換えます。
また,
「DATA」キーを押すと,その時点のデータに更
ESC
新されます。測定データ表示のパラメータについては
SET
E11:TEMP ZERO
-0.149 %/degC
FEED
7.4
(OK)キーを押して設定
10 章のパラメータ一覧を参照してください。
を完了します。
・例 : 出力を表示させます。
OK
F0758.ai
(注 1)
本機能には伝送器本体に内蔵されている温度センサを用
いています。伝送器本体とキャピラリ部との間に温度
差がある場合は最適な補正ができません。できる限り,
温度差を少なくするような処置を施してください。
(注 2)
スパン(|URV - LRV|)を変更した場合には補正値 K を再
計算し,パラメータ E11:TEMP ZERO に再入力してく
ださい。
表A. 封入液の定数[B]
封入液
A, C,
コード
1, 2, 4
0.00745
定 kPa
数 mbar
0.07453
[B] atm
0.000074
B
D
E
0.00853
0.08532
0.000084
0.01422
0.1422
0.000140
0.00736
0.07355
0.000073
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
C:BASIC SETUP
D:AUX SET1
E:AUX SET2
G:ALARM SET
HOME
SET
ADJ
ESC
PARAM
A10:OUTPUT
0.0 %
A11:PRES
0.0000 kPa
A15:OUTPUT mA
4.000 mA
DATA DIAG PRNT
ESC
PARAM
communi
A10:OUTPUT
0.0 %
A11:PRES
0.0000 kPa
A15:OUTPUT mA
4.000 mA
7秒周期で自動的に更新
されます。
(注 3)
定数 [B] は,span の単位と同一単位の中から選択します。
(24)調整情報と自由メモ欄
(J50:ADJ WHO, J51:ADJ DATE, J52:ADJ LOC,
J53:ADJ DESC, M17~M19 MEMO1~3)
校正などの調整したときの情報を入力することができ
ます。ここには点検日,点検者,その他メモリしてお
きたい事柄を書き込むことができます。 また,英数 16
文字まで自由に書き込むことのできる自由メモ欄があ
ります。
F0760.ai
7.4.2
伝送器の形名,仕様の表示
BT200 を利用して形名,仕様を表示させることができ
ます。
・例 : 伝送器の形式を見ます。
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
C:BASIC SETUP
D:AUX SET1
E:AUX SET2
G:ALARM SET
HOME
SET
ADJ
PARAM
B10:MODEL
EJX*** *
B11:STYLE NO.
1.00
B20:PRES LRL
– 98.07 kPa
DATA DIAG PRNT
ESC
パラメータについては9章の
パラメータ一覧を参照してく
ださい。
ESC
F0761.ai
IM 01C26H01-01
7.5
自己診断
7.5.1
異常発生の確認
・例3 : 異常履歴の確認
(1) BT200による確認
以下 4 つの点について確認できます。
①接続がきちんとなされているか ② BT200 の操作が
きちんとなされているか ③設定がきちんとなされて
いるか ④今までにどのような異常発生があったか それぞれ例をあげますので参照してください。
・例1 : 接続時のミス
伝送器にBT200を接続し,
––WELCOME––
BRAIN TERMINAL
ID: BT200
キーを押します。
check connection
push ENTER key
UTIL
左画面表示後に キー
を押します。
FEED
BT200との接続が悪いと通信
communication error
ESC
できないので左のような表示
が出ます。
再度,接続を確認してください。
確認後 (ESC) キーを押し
MENU
J:ADJUST
K:TEST
L:CALIBRATION
M:MEMO
P:RECORD
T:CHARACTERIZR
HOME
SET
ADJ
ESC
PARAM
P10:ERROR REC 1
ERROR
P12:ERROR REC 2
ERROR
P14:ERROR REC 3
GOOD
DATA DIAG PRNT
ESC
また,5回めのエラーが発生するとP.10に記憶され,P.16の
内容が消され,P.16にはP.14の内容が移されます。
つまり順に記録が移り,最も古い記録が削除されます。
以前にエラーがなかった場合 GOOD と表示します。
P10:ERROR REC 1を選択し, キーを押すと,
エラーメッセージ内容を表示します。
SET
P10:ERROR REC 1
ERROR
< ERROR
<50:P ILLEG LRV
・例2 : 設定時のミス
PARAM
C20:PRES UNIT
kPa
C21:PRES LRV
600 kPa
C22:PRES URV
600 kPa
DATA DIAG PRNT
初期データ画面に現在のDPharp
の自己診断結果が表示されます。
PRNT
<①設定画面>
注1: 設定画面(①の画面)で キーを2回押すと,
P10∼P16のすべてのエラーメッセージ内容がクリア
されます。
F0764.ai
(2) 内蔵指示計による確認
OK
パラメータ画面で (DIAG)キー
を押すと
「□60:SELF CHECK」の
診断画面に入ります。
ESC
DIAG
C60:SELF CHECK
ERROR
<
ERROR
>
<
ILLEGAL LRV >
>
>
エラーメッセージは,
8.5.3項「異常内容と対策」
で示
された表示および内容です。
ESC
F0762.ai
PARAM
01:MODEL
EJX*** *
02:TAG NO.
YOKOGAWA
03:SELF CHECK
ERROR
伝送器にBT200を接続し,
「P:RECORD」を選択します。
P10:ERROR REC 1は最新のエラーを表示します。
P12:ERROR REC 2は1回前のエラーを
P14:ERROR REC 3は2回前のエラーを
P16:ERROR REC 4は3回前のエラーを
表し,最大4つの異常履歴をもちます。
てください。
FEED
7-22
< 7. BRAIN TERMINAL BT200 の操作>
注記
自己診断結果に異常があった場合,内蔵指示計にはエ
ラー NO. が表示されます。
診断画面では,エラーが発生中,
エラーメッセージが表示されます。
複数のエラーがある場合,3 秒間隔でエラー NO. が変
更されます。
エラー NO. は表 8.3 を参照してください。
ESC
F0763ai
F0764.ai
図7.8
内蔵指示計による異常確認
IM 01C26H01-01
8.
保守
8.1
概要
警告
・ 伝送器受圧部のドレンまたはガスを抜く際に,プロ
セス流体が人体に有害な物質の場合,皮膚や目への
流体の付着,流出ガスの吸入などが行われないよう
十分ご注意ください。
・ プロセス流体が人体に有害な物質の場合は,メンテ
ナンスなどで伝送器をラインから取りはずした後も
慎重に取り扱い,人体への流体付着,残留ガスの吸
入などのないよう十分ご注意ください。
本器の各部品はユニット化してありますので,保守を
容易に行うことができます。
この章では本器の保守に必要な校正,調整および部品
交換などにともなう分解・組立作業の手順を記載して
あります。
本器は高精度の機器ですので,保守に際しては以下の
各項目の説明をよくお読みになり正しい取扱いをして
ください。
重要
・ 本器の保守は原則として,必要な機器を用意したメ
インテナンスルームで行ってください。
・ CPU アセンブリの取扱いについて
CPU アセンブリは,静電気により機能破壊を受ける
部品を一部に使用しています。そのため,取扱い時
にはアースバンドなどで帯電防止を行い,各電子部
品および回路などに直接触れることのないよう十分
に注意してください。
また,取りはずした CPU アセンブリは帯電防止袋
に入れるなどの処置を行ってください。
< 8. 保守>
表 8.1
8-1
校正用機器
当社推奨品
電源
・SDBT あるいは SDBS 形ディストリビュータ
[4 ~ 20mA DC 信号用]
負荷抵抗
・2792 形 標準抵抗器 (250 Ω± 0.005%,3W)
・負荷調整用抵抗器 (100 Ω± 1%,1W)
電圧計
・2501A 形 ディジタルマルチメータ
精度 (10V DC レンジ ) : ± 0.002% of rdg + 1dgt.
圧力計
・MT220 形高精度ディジタル圧力計
1) 10kPa 用
精度: 0 ~ 10kPa の範囲;
± (0.015% of rdg + 0.015% of FS)
- 10 ~ 0kPa の範囲;
± (0.2% of rdg + 0.1% of FS)
2) 130kPa 用
精度: 25 ~ 130kPa の範囲;± 0.02% of rdg
0 ~ 25kPa の範囲;± 5digits
- 80 ~ 0kPa の範囲;
± (0.2% of rdg + 0.1% of FS)
3) 700kPa 用
精度: 100 ~ 700kPa の範囲;
± (0.02% of rdg + 3digits)
0 ~ 100kPa の範囲;± 5digits
- 80 ~ 0kPa の範囲;
± (0.2% of rdg + 0.1% of FS)
4) 3000kPa 用
精度: 0 ~ 3000kPa の範囲;
± (0.02% of rdg + 10digits)
- 80 ~ 0kPa の範囲;
± (0.2% of rdg + 0.1% of FS)
5) 130kPa abs 用
精度: 0 ~ 130kPa abs の範囲;
± (0.03% of rdg + 6digits)
[伝送器の測定範囲に近いものを選定してください。
]
圧力発生器
・7674 形標準圧力発生器(200kPa 用 , 25kPa 用)
精度: ± 0.05% of F.S.
・重錘型圧力試験器
精度: ± 0.03% of setting
表 8.1 に本器の校正に必要な機器と,当社機器での推奨
[空気圧源が必要です。伝送器の測定範囲に近いもの
を選定してください。
]
圧力源
・6919 形 加圧調整器(加圧ポンプ)
加圧範囲:0 ~ 133kPa
品を記載してあります。伝送器を必要な精度内に校正
[負圧レンジの時は真空ポンプをご用意ください。
]
8.2
校正用機器の選定
あるいは調整できる機器を選定してご使用ください。
なお,校正用機器を使用する場合には,各機器の性能
が充分に維持管理されたものをご使用ください。
IM 01C26H01-01
8.3
< 8. 保守>
校正
8.4
定期保守時あるいは故障探索など,本器の動作確認や
精度確認をする場合には次の手順で行ってください。
① 図 8 . 1 のように各機器を接続し,5 分以上ウォーム
アップします。
8-2
分解および組立て
注意
耐圧防爆形計器についての注意事項
1. 耐圧防爆形伝送器の場合は,伝送器を非危険場所に
移してから保守を実施し,原形復帰することが原則
重要
です。詳しくは巻末の「耐圧防爆形機器についての
1. 伝送器を高い精度に調整する場合は,伝送器を設置
している状態に近い電源電圧,リード線などの負荷
抵抗にして調整します。また,高圧側と低圧側の位
置を同じ高さにします。
2. 測定レンジの 0% が 0kPa または正方向に遷移され
ている場合は,下図のように高圧側に基準圧力を加
えます。
(低圧側は大気開放)測定レンジの 0% が
負方向に遷移されている場合は,差圧計の場合は,
注意事項」をご参照ください。
2. 耐圧防爆形伝送器では,錠締ボルト(六角穴付ボル
ト)を特殊工具(六角レンチ)で時計方向に回しカ
バーのロックを解除してからカバーを取りはずして
ください。
カバーを取付けたときは,必ず錠締ボルトを反時計
方向に回しカバーをロックしてください。
(0.7N・
m のトルクでロックします)
低圧側に基準圧力を加えます。
(高圧側は大気開放)
圧力計の場合は,真空ポンプを用い,負圧の基準圧
力を加えます。
高圧側
ダイアフラム
シール部
校正用
合フランジ MT220形圧力計
錠締ボルト
(六角穴付ボルト)
圧力源と圧力計を
組み合わせた場合
P
圧力源
P
基準差圧
7674形
圧力発生器
供給圧
圧力発生器を
使用した場合
低圧側
ダイアフラムシール部
負荷抵抗250Ω
Rc
負荷調整抵抗
100Ω
R
F0802.ai
図8.2 錠締ボルト
V
デジタル
電圧計
(注)突出し形の場合は,突出し長さおよび外径に合うよう
な校正用合フランジを用意してください。
図8.1
錠締ボルト
(六角穴付ボルト)
電源
E
部品交換あるいは保守作業の都合で各部品を分解およ
F0801.ai
び組み立てる場合の手順を示します。
各機器の接続
② 測定レンジの 0,50,100% に相当する基準圧力を
本器に加えます。その際,0 → 100% に増加させな
がら加えたときと,100 → 0% へ減少させながら加
えたときの誤差(基準圧力とディジタル電圧計の指
示値との誤差)を計算し,必要とする精度内に入っ
ていることを確認します。
注意
分解・組立作業は,必ず電源を切り,圧力を止めて行
います。また,工具は適切なものをお使いください。
表 8.2 に本器の分解・組立作業に必要な工具を示します。
(注)
出力モードが「開平」の場合は,測定レンジの 0,6.25,
25,56.25,100% に相当する基準圧力を本器に加えます。
IM 01C26H01-01
表8.2
< 8. 保守>
分解・組立用工具
工具名称
数量
備考
プラスドライバ
1 JIS B4633 2 番
マイナスドライバ
1
六角棒スパナ
2 JIS B4648
六角棒スパナ 2.5, 3, 4 各 1 本
スパナ
1 2 面幅 17mm
トルクレンチ
1
モンキレンチ
1
ボックスレンチ
1 2 面幅 16mm
ボックスドライバ
1 2 面幅 5.5mm
ピンセット
1
8.4.1
■ 内蔵指示計の取付け
① LCD ボードアセンブリと CPU アセンブリのコネク
タ位置を合わせ接続します。
② 2 本の取付けねじで固定します。
③ カバーを取付けます。
出力端子ケーブル
手前に
倒す
内蔵指示計の交換
内蔵指示計を交換するための手順を以下に述べます。
(図 8.3 参照)
設定
スイッチ
内蔵
指示計
ボス
CPU
アセンブリ
ブラケット
(ゼロ調ねじ用)
注意
耐圧防爆形伝送器の場合,ご使用者の改造は認められ
ておりません。従って内蔵指示計を追加したり,取り
8-3
ゼロ調
ねじ
ゼロ調ねじのピン
取付ねじ
アンプ部カバー
はずしたまま使用することはできません。やむを得ず
このような改造を行う場合は当社にご相談ください。
■ 内蔵指示計の取りはずし
① カバーを取りはずします。
② 内蔵指示計を手で支えながら 2 本の取付けねじを
ゆるめます。
フラットケーブル
CPUアセンブリ
内蔵指示計
③ CPU アセンブリから LCD ボードアセンブリをはず
します。
ゼロ調ねじのピン
この時,CPU アセンブリと LCD ボードアセンブリ
出力端子ケーブル
を接続しているコネクタを損傷させないように,
取付ねじ
LCD ボードアセンブリはまっすぐに引き抜いてく
アンプ部カバー
ださい。
F0803.ai
図8.3
内蔵指示計およびCPUアセンブリの取付けおよ
び取りはずし
IM 01C26H01-01
8.4.2
CPUアセンブリの交換
CPU アセンブリを交換するための手順を以下に述べま
す。
(図 8.3 参照)
■ CPUアセンブリの取りはずし
< 8. 保守>
■ CPUアセンブリの取付け
① CPU アセンブリとカプセルを接続しているフラッ
トケーブル(白色のコネクタ)を接続します。
② 出力端子のケーブル(茶色のコネクタ)を接続し
ます。
① カバーを取りはずします。
8-4
内蔵指示計付きの場合は,8.4.1 項を参照して取り
注記
はずします。
② ゼロ調ねじのピンが図 8 . 3 のような位置になるよ
ケーブルをケースと CPU アセンブリの間にはさみこ
うに合わせます。
まないように注意してください。
③ 出力端子のケーブル(先端に茶色のコネクタが付
いているケーブル)をはずします。
③ ゼロ調ねじのピンを CPU アセンブリに付いている
その際,CPU アセンブリ側のコネクタの側面を軽
く横に押し,ケーブル側のコネクタを引抜きます。
(図 8.3 左上図参照)
④ 2 本のボスをボックスドライバ(2 面幅 5.5mm)を
使用してゆるめます。
ブラケットの溝に合わせます。
アンプケースの内側にあるポストに CPU アセンブ
リをまっすぐに差し込んでください。
④ 2 本のボスを締めます。内蔵指示計付きの場合は
8.4.1項を参照して取付けます。
⑤ CPU アセンブリをまっすぐに取り出します。
⑥ CPU アセンブリとカプセルを接続しているフラッ
トケーブル(先端に白色のコネクタのついている
ケーブル)をはずします。
注記
取りはずしの際に CPU アセンブリに無理な力をかけ
重要
2 本のボスを締めるとき,
ゼロ調ねじのピンがブラケッ
トの溝に確実に入っていることを確認してください。
もし,ゼロ調ねじのピンがブラケットの溝に入ってい
ない状態でボスを締めますと,ゼロ調機構が破損しま
すので注意してください。
ないよう注意してください。
⑤ カバーを取付けます。
IM 01C26H01-01
8.5
8-5
< 8. 保守>
故障探索
8.5.2
測定値に異常が発生した場合は,下記の故障探索フロー
に従って対処します。故障原因の中には複雑なものも
あり,下記のフローだけでは発見できないものもある
ので,難しいトラブルと思われる場合は,当社サービ
故障探索フローの事例
次のような現象は,本器が動作していない疑いがある。
(例)
・出力信号が出ていない。
・プロセス量は変化しているのに,出力信号は変化しない。
・プロセス量の推定値と出力とが全く一致しない。など
ス員にご相談ください。
8.5.1
BRAIN TERMINALを接続し,
自己診断を確認する。
故障探索の基本フロー
プロセスの測定値が異常を示したときには,まずプロ
セス量が本当に異常なのか,測定系に問題があるのか
を判定することが必要です。測定系に問題があると判
断できる場合には,次に問題箇所を特定して処置を検
討します。
自己診断で異常箇所を発
見できたか
電源の極性は正しいか
: 自己診断
サポート部分
8.5.3項エラーメッセ
ージ一覧を参照して
対応をとる。
NO
5.3項を参照して電源
∼端子箱間の極性を
調べ正しくする。
NO
5.6項を参照して規定
の電圧および負荷抵
抗にする。
NO
断線,誤配線箇所を
正しく処置する。
NO
これらの過程で本器の自己診断機能が役立ちますので,
7.5 項を参照してご活用ください。
YES
YES
測定値に異常発生
電源電圧および
負荷抵抗は正しいか
Yes
プロセス量
の異常か
測定系に異常あり
No
プロセス系調査
ループに
断線はないか,
ループ番号は合って
いるか
測定系の問題箇所
Yes
受信計器異常
受信計器調査
YES
YES
当社サービス員にご相談ください。
No
F0805.ai
環境条件
伝送器
チェック・検討修正
伝送器チェック
使用条件
チェック・検討修正
F0804.ai
図8.4 基本フローと自己診断
IM 01C26H01-01
8-6
< 8. 保守>
出力誤差が大きい。
0%あるいは100%側に振り切れている。
BRAIN TERMINALを接続し,
自己診断を確認する。
自己診断で異常箇所を発
見できたか
YES
BRAIN TERMINALを接続し,
自己診断を確認する。
8.5.3項エラーメッセ
ージ一覧を参照して
対応をとる。
NO
正しくプロセスに
接続されているか
NO
正しく接続する。
電源電圧および
負荷抵抗は正しいか
NO
5.3項を参照して電源
∼端子箱間の極性を
調べ正しくする。
NO
5.6項を参照して規定
の電圧および負荷抵
抗にする。
外部からのノイズが
含まれているか
YES
接地を完全にする。
シールド線を使用す
るなどのノイズ対策
をする。
NO
NO
データプレートに記
載されている測定範
囲内で使用する。
YES
ゼロ点は
正しく調整されているか
8.5.3項エラーメッセ
ージ一覧を参照して
対応をとる。
YES
YES
プロセス圧は適当か
YES
NO
YES
電源の極性は正しいか
自己診断で
異常箇所を発見できたか
高圧側と低圧側の
キャピラリの周囲温度が
大きすぎないか
YES
キャピラリをできるだ
け一緒に這わせるか
断熱処理を施す。
NO
風や振動で動かない
ようにする。
YES
断熱,
保温を施したり,
風通しを良くするなど
の対策をする。
NO
8.2項を参照して校正
用機器を選定する。
NO
NO
調整する。
余分なキャピラリは
固定されているか
YES
YES
当社サービス員にご相談ください。
F0806.ai
温度変化のはげしい
場所に設置しているか
NO
校正用機器は適切な
ものを使用しているか
YES
出力調整が
正しく行われているか
NO
調整する。
YES
当社サービス員にご相談ください。
F0807.ai
IM 01C26H01-01
8.5.3 8-7
< 8. 保守>
異常内容と対策
表8.3
エラーメッセージ一覧
内蔵指示計
BRAIN TERMINAL
表示
の表示
なし
GOOD
AL. 01
01:P-SENSOR ERR
CAP. ERR
01:CT-SENSOR ERR
01:C-EEPROM ERR
AL. 02
AMP. ERR
AL. 10
PRESS
AL. 11
ST. PRSS
AL. 12
CAP. TMP
AL. 13
AMP. TMP
AL. 30
RANGE
AL. 31
SP. RNG
AL. 35
P. HI
AL. 36
P. LO
AL. 37
SP. HI
AL. 38
SP. LO
AL. 39
TMP. HI
AL. 40
TMP. LO
AL. 50
P. LRV
AL. 51
P. URV
AL. 52
P. SPN
AL. 53
P. ADJ
AL. 54
SP. RNG
AL. 55
SP.ADJ
AL. 60
SC. CFG
AL. 79
OV. DISP
02:AT-SENSOR ERR
02:A-EEPROM ERR
02:CPU BOARD ERR
10:P OVER SPEC
11:SP OVER SPEC
12:CT OVER SPEC
13: AT OVER SPEC
30: P OVER RANGE
31: SP OVER RANGE
35:P HIGH ALARM
36:P LOW ALARM
37:SP HIGH ALARM
38:SP LOW ALARM
39:CT HIGH ALARM
40:CT LOW ALARM
50: P ILLEG LRV
51: P ILLEG URV
原因
圧力センサの異常です。
エラー時の出力動作
処理
設定されている値 ( 直
前 値 ホ ー ル ド, 上 限
値,下限値 ) を出力し
ます。
電源を OFF にし再び
ON にしてもエラーが
表示される場合には
カプセルを交換して
ください。
カプセルを交換して
ください。
カプセル温度センサの異常です。
カプセル EEPROM メモリの異常
です。
アンプ温度センサの異常です。
アンプ EEPROM の異常です。
アンプの異常です。
入力がカプセルの最大レンジを 上限値あるいは下限
越えています。
値を出力します。
静圧が仕様範囲を越えています。 現在値を出力します。
カプセル部の温度が範囲 ( - 50
~ 130℃ ) を越えています。
アンプ部の温度が範囲 ( - 50 ~
95℃ ) を越えています。
出力が上限値あるいは下限値を
越えています。
静圧が設定されたレンジを越え
ています。
差圧 ( 圧力 ) が設定されたしきい
値を越えています。
アンプを交換してく
ださい。
入力値を確認してく
ださい。
保温あるいは断熱処
置をとり使用温度範
囲内になるようにし
てください。
上限値あるいは下限 入力値と設定レンジ
値を出力します。
の 確 認 を し, 変 更 し
直前の出力をホール てください。
ドします。
現在値を出力します。 入力値を確認してく
ださい。
静圧が設定されたしきい値を越
えています。
温度が設定されたしきい値を越
えています。
設定値が設定可能範囲外です。
直前の出力をホール 仕様を確認し変更し
ドします。
てください。
52: P ILLEG SPAN
53:P SPAN ADJ
53:P ZERO ADJ
54:SP ILLEG LRV
54:SP ILLEG URV
54:SP ILLEG SPAN
55:SP SPAN ADJ
55:SP ZERO ADJ
60:SC CONFIG ERR
—
現在値を出力します。 入力値を確認してく
ださい。
現在値を出力します。 仕様を確認し変更し
てください。
現在値を出力します。 入力値を確認してく
ださい。
折れ線近似機能の設定値が仕様
仕様を確認し変更し
を満足していません。
てください。
表示値が- 99999 ~ 99999 の範
囲を超えています。
IM 01C26H01-01
9.
9-1
< 9. パラメータ一覧>
パラメータ一覧
適用機種 : F : 差圧伝送器
P : 圧力伝送器,絶対圧力伝送器
L : フランジ取付差圧伝送器,液位伝送器
項目
内容
適用機種
備考
出荷時設定
F
P
L
アップロード
対象
No.
*1
R
/
W
01
MODEL
形名,カプセル種類
R
○
○
○
―
02
TAG No.
タグナンバー
R
ご注文時指定
○
○
○
―
03
SELF CHECK
自己診断結果
R
GOOD
○
○
○
―
A
DISPLAY
測定データ表示
A10
OUTPUT
出力の%表示
A11
PRES
A15
OUTPUT mA
A16
ENGR. OUTPUT
A17
A20
A21
SP
A30
A60
R
- 2.5 ~ 110%
○
○
○
―
R
C20 で設定した単位
○
○
○
―
出力電流の表示
R
3.6000 ~ 21.600 mA
○
○
○
―
ユーザスケール値の表示
R
I30 で設定した単位
○
○
○
―
ENGR. EXP
ユーザスケール値の指数部表示
R
I32 で設定した単位
○
○
○
―
SP %
静圧の%表示
R
- 10.0 ~ 110.0%
○
―
○
―
静圧の表示
(ゼロ点調整後の値)
R
D30 で設定した単位
○
―
○
―
CAPSULE TEMP
カプセル温度の表示
R
D40 で設定した単位
○
○
○
―
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
表 8.3 エラーメッセージ
一覧を参照
○
○
○
―
○
○
○
―
差圧/圧力の表示
(ゼロ点調整後の値)
B
SENSOR TYPE
センサの種類
B10
MODEL
形名,カプセル種類
R
B11
STYLE NO.
スタイルナンバー
R
○
○
○
―
B20
PRES LRL
差圧/圧力の最小レンジ
R
C20 で設定した単位
○
○
○
―
B21
PRES URL
差圧/圧力の最大レンジ
R
C20 で設定した単位
○
○
○
―
B22
P MIN SPAN
差圧/圧力の最小スパン
R
C20 で設定した単位
○
○
○
―
B30
SP LRL
静圧の最小レンジ
R
D30 で設定した単位
○
―
○
―
B31
SP URL
静圧の最大レンジ
R
D30 で設定した単位
○
―
○
―
B32
SP MIN SPAN
静圧の最小スパン
R
D30 で設定した単位
○
―
○
―
B60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
C
BASIC SETUP
設定データ
C10
TAG NO.
タグナンバー
W
英数 16 文字
ご注文時指定
○
○
○
○
C20
PRES UNIT
差圧/圧力の測定レンジの単位
W
kPa, MPa, mbar, bar, atm, Pa,
hPa
ご注文時指定
○
○
○
○
C21
PRES LRV
差圧/圧力の測定レンジの下限
値
W
- 32000 ~ 32000
(ただし測定範囲内)
ご注文時指定
○
○
○
○
C22
PRES URV
差圧/圧力の測定レンジの上限
値
W
- 32000 ~ 32000
(ただし測定範囲内)
ご注文時指定
○
○
○
○
C23
PRES POINT
表示値の小数点以下桁数
W
0~4
2
○
○
○
○
C30
AMP DAMPING
差圧/圧力のダンピング時定数
W
0.50 (0.00) ~ 100.00 sec,
D50 を参照
2.00 またはご
注文時指定
○
○
○
○
C40
OUTPUT MODE
差圧/圧力の出力モード
W
LINEAR, SUQARE ROOT
LINEAR または
ご注文時指定
○
○
○
○
C60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
*1:
*2:
R/W: R = 表示のみ , W = 表示および設定
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,次章「標準仕様」に記載の範囲でご使用ください。
出荷時設定値は,カプセルの MWP になります。
(サニタリ用差圧伝送器については 1MPa)
IM 01C26H01-01
項目
内容
*1
R
/
W
適用機種
備考
出荷時設定
F
P
L
アップロード
対象
No.
9-2
< 9. パラメータ一覧>
D
AUX SET 1
補助設定データ1
D10
LOW CUT
ローカット
W
0.00 ~ 20.00%
10.00%*3
○
○
○
○
D11
LOW CUT
MODE
ローカットモード
W
LINEAR, ZERO
LINEAR
○
○
○
○
D15
H/L SWAP
導圧管接続方向(右/左高圧)
切換
W
NORMAL, REVERSE
NORMAL
○
―
―
○
D16
H2O UNIT SEL
水柱圧力単位の基準温度切換
W
@4degC, @20degC (68.0degF)
@4degC
○
○
○
○
D20
OUT LIMIT (L)
出力下限リミッタ-
W
- 2.50 ~ 110.00%
- 2.50%
○
○
○
○
D21
OUT LIMIT (H)
出力上限リミッタ-
W
- 2.50 ~ 110.00%
110%
○
○
○
○
D22
REV OUTPUT
出力反転(正/逆信号)
W
NORMAL, REVERSE
NORMAL
○
○
○
○
D25
BURNOUT
CPU 異常時の出力
R
HIGH, LOW
HIGH または
ご注文時指定
○
○
○
―
D26
ERROR OUT
ハードエラー時の出力
W
BURNOUT DIR, HOLD
BURNOUT DIR
○
○
○
○
D30
SP UNIT
静圧の測定レンジの単位
W
C20 を参照
MPa
○
―
○
○
D31
SP A/G SLCT
静圧単位の Abs/Gauge 切換
W
GAUGE, ABSOLUTE
GAUGE
○
―
○
○
D32
ATM. PRESS
W
D30 で設定した単位
0.10133 MPa
○
―
○
○
D33
SP LRV
静圧の測定レンジの下限値
W
- 32000 ~ 32000
(ただし測定範囲内)
0.0 MPa
○
―
○
○
D34
SP URV
静圧の測定レンジの上限値 *2
W
- 32000 ~ 32000
(ただし測定範囲内)
○
―
○
○
D35
SP POINT
静圧表示値の小数点以下桁数
W
0~4
1
○
―
○
○
D36
SP DAMPING
静圧のダンピング時定数
W
0.00 ~ 100.00 sec
2.00 sec
○
―
○
○
静圧変換のオフセット量
(1 atm)
D37
SP SELECT
静圧 H/L 切換
W
HIGH, LOW
HIGH
○
―
○
○
D40
TEMP UNIT
温度設定単位
W
degC, K
degC
○
○
○
○
D50
QUICK RESP
クイックレスポンス
W
OFF, ON(C30 で 0.00 ~ 0.49
sec 設定可)
OFF
○
○
○
○
D55
WRT PROTECT
ライトプロテクトの状態表示
R
NO, YES
NO
○
○
○
―
D56
WRT ENABLE
ライトプロテクト解除パスワー
ド設定
W
英数8文字
○
○
○
―
D57
NEW
PASSWORD
ライトプロテクト新規パスワー
ド設定
W
英数8文字
○
○
○
―
D58
SOFTWR SEAL
ソフトウェアシール
R
BREAK, KEEP
○
○
○
―
D60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
E
AUX SET 2
補助設定データ2
E10
T. ZERO CMP
温度ゼロ補正モード
W
OFF, ON
OFF
○
○
○
―
E11
TEMP ZERO
温度ゼロ補正温度勾配設定
W
- 99.999 ~ 99.999%/degC
0.000%/degC
○
○
○
―
E30
BI DIRE MODE
正逆流量モード
W
OFF, ON
OFF
○
○
○
―
E50
DO SELECT*4
ステータス接点信号の出力選択
W
INHIBIT, PRES, SP, TEMP,
PRES/SP, PRES/TEMP,
SP/TEMP, PRES/SP/TEMP
INHIBIT
○
○
○
―
E51
DO SIG. TYPE*4
ステータス接点信号のタイプ
W
OFF WHEN ALARM,
ON WHEN ALARM
ON WHEN
ALARM
○
○
○
―
E52
D OUTPUT*4
ステータス接点信号の表示
R
OFF, ON
OFF
○
○
○
―
E60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
G
ALARM SET
アラーム設定
G10
P AL MODE
差圧/圧力の Hi / Lo アラーム
選択
W
INHIBIT, HI. AL DETECT, LO. AL
DETECT, HI/LO. AL DETECT
○
○
○
―
*1:
*2:
*3:
*4:
KEEP
INHIBIT
R/W: R = 表示のみ , W = 表示および設定
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,次章「標準仕様」に記載の範囲でご使用ください。
出荷時設定値は,カプセルの MWP になります。
(サニタリ用差圧伝送器については 1MPa)
ご注文時に「出力モード:比例,表示モード:開平」の組み合わせで指定をされた場合には 1%,それ以外の組合せの指定
の場合には 10% です。
EJX のみ。
IM 01C26H01-01
項目
内容
*1
R
/
W
適用機種
備考
出荷時設定
アップロード
対象
No.
9-3
< 9. パラメータ一覧>
F
P
L
○
○
○
―
○
○
○
―
○
―
○
―
○
―
○
―
○
―
○
―
○
○
○
―
G11
P HI. AL VAL
差圧/圧力の Hi アラーム閾値
W
- 32000 ~ 32000, C20 で設
定した単位
100.000 kPa
G12
P LO. AL VAL
差圧/圧力の Lo アラーム閾値
W
- 32000 ~ 32000, C20 で設
定した単位
- 100.000 kPa
G20
SP AL MODE
静圧の Hi / Lo アラーム選択
W
INHIBIT, HI. AL DETECT, LO. AL
DETECT, HI/LO. AL DETECT
INHIBIT
G21
SP HI. AL VAL
静圧の Hi アラーム閾値 *2
W
- 32000 ~ 32000, D30 で設
定した単位
G22
SP LO. AL VAL
静圧の Lo アラーム閾値
W
- 32000 ~ 32000, D30 で設
定した単位
0.00000 MPa
G30
T AL MODE
温度の Hi / Lo アラーム選択
W
INHIBIT, HI. AL DETECT, LO. AL
DETECT, HI/LO. AL DETECT
INHIBIT
G31
T HI. AL VAL
温度の Hi アラーム閾値
W
- 50 ~ 130
120 degC
○
○
○
―
G32
T LO. AL VAL
温度の Lo アラーム閾値
W
- 50 ~ 130
- 40 degC
○
○
○
―
G50
AUTO RECOVER
センサ異常時の自動復帰機能
W
OFF, ON
ON
○
○
○
―
G60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
H
AUTO SET
自動設定
H10
AUTO P LRV
差圧/圧力の測定レンジ下限値
自動設定
W
- 32000 ~ 32000, C20 で設
定した単位
0.00000 kPa
○
○
○
―
H11
AUTO P URV
差圧/圧力の測定レンジ上限値
自動設定
W
- 32000 ~ 32000, C20 で設
定した単位
100.000 kPa
○
○
○
―
H20
AUTO SP LRV
静圧の測定レンジ下限値自動設
定
W
- 32000 ~ 32000, D30 で設
定した単位
0.00000 MPa
○
―
○
―
H21
AUTO SP URV
静圧の測定レンジ上限値自動設
定 *2
W
- 32000 ~ 32000, D30 で設
定した単位
○
―
○
―
H60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
I
DISP SET
内蔵指示計 (LCD) の設定
I10
DISP OUT1
LCD 画面1の表示内容
W
PRES, PRES %, ENGR. PRES, SP,
SP %
PRES %
○
○
○
○
I11
DISP OUT2
LCD 画面2 の表示内容
W
PRES, PRES %, ENGR. PRES, SP,
SP %, ---
---
○
○
○
○
I12
DISP OUT3
LCD 画面3の表示内容
W
I11 参照
---
○
○
○
○
I13
DISP OUT4
LCD 画面4の表示内容
W
I11 参照
---
○
○
○
○
I20
P DISP MODE
差圧/圧力%値の表示モード
W
LINEAR, SQUARE ROOT
LINEAR または
ご注文時指定
○
○
○
○
I21
PRES % RESO
差圧/圧力%値の表示分解能
W
NORMAL, HIGH RESOLUTION
NORMAL
○
○
○
○
I30
ENGR. UNIT
ユーザスケール単位
W
英数8文字(内蔵指示計表示:
英数 6 文字)
○
○
○
○
I31
EASY EU SET
ユーザスケール単位の簡易設定
W
○
○
○
―
I32
ENGR. EXP
ユーザスケール単位の指数部
W
---, × 10, × 100, × 1000
---
○
○
○
○
I33
ENGR. LRV
ユーザスケールの下限値
W
- 32000 ~ 32000, I30 で設定
した単位
0.00
○
○
○
○
I34
ENGR. URV
ユーザスケールの上限値
W
- 32000 ~ 32000, I30 で設定
した単位
100.00
○
○
○
○
I35
ENGR. POINT
ユーザスケール値の小数点以下
桁数
W
0~4
1
○
○
○
○
I40
BAR INDICATR
バーグラフ表示
W
OFF, ON
ON
○
○
○
○
I41
POWER ON INF
電源投入時画面
W
ON, OFF
ON
○
○
○
―
I60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
J
ADJUST
調整データ
J09
ADJ UNIT
調整単位の選択
W
%, PRES UNIT
○
○
○
―
*1:
*2:
PRES UNIT
R/W: R = 表示のみ , W = 表示および設定
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,次章「標準仕様」に記載の範囲でご使用ください。
出荷時設定値は,カプセルの MWP になります。
(サニタリ用差圧伝送器については 1MPa)
IM 01C26H01-01
項目
内容
*1
R
/
W
適用機種
備考
出荷時設定
F
P
L
アップロード
対象
No.
9-4
< 9. パラメータ一覧>
J10
ADJ PRES
調整時参照用の差圧/圧力値
R
J09 で設定した単位
○
○
○
―
J11
P ZERO ADJ
差圧/圧力の自動ゼロ調整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
0.00000 kPa
○
○
○
―
J12
P SPAN ADJ
差圧/圧力の自動スパン調整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
100.000 kPa
○
○
○
―
J15
P ZERO DEV
差圧/圧力のマニュアルゼロ調
整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
0.00000 kPa
○
○
○
―
J16
P SPAN DEV
差圧/圧力のマニュアルスパン
調整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
100.000 kPa
○
○
○
―
J20
ADJ SP
調整時参照用の静圧値
R
J09 で設定した単位
○
―
○
―
J21
SP ZERO ADJ
静圧の自動ゼロ調整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
○
―
○
―
J22
SP SPAN ADJ
静圧の自動スパン調整 *2
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
○
―
○
―
J25
SP ZERO DEV
静圧のマニュアルゼロ調整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
0.00000 MPa
○
―
○
―
J26
SP SPAN DEV
静圧のマニュアルスパン調整
W
- 32000 ~ 32000, J09 で設定
した単位
0.00000 MPa
○
―
○
―
J40
OUTPUT 4mA
4 mA 調整
W
- 10.000 ~ 10.000%
0.000%
○
○
○
―
J41
OUTPUT 20mA
20 mA 調整
W
- 10.000 ~ 10.000%
0.000%
○
○
○
―
J45
AMP TEMP
アンプ温度
R
D40 で設定した単位
0 degC
○
○
○
―
J50
ADJ WHO
調整情報
W
英数 8 文字
○
○
○
―
J51
ADJ DATE
調整情報
W
英数 16 文字
○
○
○
―
J52
ADJ LOC
調整情報
W
英数 8 文字
○
○
○
―
J53
ADJ DESC
調整情報
W
英数 16 文字
○
○
○
―
J55
EXT ZERO ADJ
差圧/圧力の外部ゼロ調整の許
可
W
INHIBIT, ENABLE
ENABLE
○
○
○
―
J56
CLEAR ADJ
調整量の消去
W
---, PRES, SP, 4-20mA, ALL
---
○
○
○
―
J60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
K
TEST
テスト
K10
OUTPUT X %
テスト出力%設定
W
D20 と D21 で指定された範
囲内
0.00%
○
○
○
―
K40
DO TEST*3
テスト接点出力
W
OFF, ON
OFF
○
○
○
―
K45
TEST TIME
テスト自動解除時間
W
OUTPU X%, DO TEST の自動解
除時間を設定する。10 min,
30 min, 60 min, 3 hour, 6 hour,
12 hour
10 min
○
○
○
―
K50
TEST KEY1
特殊仕様作業用パラメータ
W
○
○
○
―
K51
TEST KEY2
特殊仕様作業用パラメータ
W
○
○
○
―
K52
TEST KEY3
特殊仕様作業用パラメータ
W
○
○
○
―
K53
TEST KEY4
特殊仕様作業用パラメータ
W
○
○
○
―
K60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
○
○
○
―
M
DEVICE INFO
デバイス情報
M10
SERIAL NO.
計器番号
R
○
○
○
―
M11
MFTR. DATE
製造年月
R
○
○
○
―
M12
EXTRA NO.
特殊仕様調整要領番号
R
○
○
○
―
M15
SOFT REV
ソフトウェアレビジョン
R
○
○
○
―
M16
BRAIN REV
BRAIN 通信レビジョン
R
○
○
○
―
M17
MEMO1
メモ
W
英数 16 文字
○
○
○
―
M18
MEMO2
メモ
W
英数 16 文字
○
○
○
―
*1:
*2:
*3:
0.00000 MPa
A60 と同じ
R/W: R = 表示のみ , W = 表示および設定
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,次章「標準仕様」に記載の範囲でご使用ください。
出荷時設定値は,カプセルの MWP になります。
(サニタリ用差圧伝送器については 1MPa)
EJX のみ。
IM 01C26H01-01
項目
内容
*1
R
/
W
適用機種
備考
出荷時設定
F
英数 16 文字
P
L
アップロード
対象
No.
9-5
< 9. パラメータ一覧>
M19
MEMO3
メモ
W
○
○
○
―
M20
ISOL MATL
カプセル材質
W
○
○
○
―
M21
FILL FLUID
封入液種類
W
○
○
○
―
M22
GASKET MATL
ガスケット材質
W
○
○
○
―
M23
PRO CON MATL
フランジ材質
W
○
○
○
―
M24
D-VENT MATL
ベントプラグ材質
W
○
○
○
―
M25
PRO CON TYPE
フランジタイプ
W
○
○
○
―
M26
RS ISOL MATL
ダイアフラムシール材質
W
○
○
○
―
M27
PRO CON SIZE
フランジサイズ
W
○
○
○
―
M28
NUM RS
ダイアフラムシール個数
W
○
○
○
―
M29
RS FILL FLUID
ダイアフラムシール封入液種類
W
○
○
○
―
M30
RS TYPE
ダイアフラムシールタイプ
W
○
○
○
―
M50
MS CODE 1
MS コード1
W
○
○
○
―
M51
MS CODE 2
MS コード2
W
○
○
○
―
M52
MS CODE 3
MS コード3
W
○
○
○
―
M53
MS CODE 4
MS コード4
W
○
○
○
―
M54
MS CODE 5
MS コード5
W
○
○
○
―
○
○
○
―
○
○
○
―
M55
MS CODE 6
MS コード6
W
M60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
P
Record
履歴
P10
ERROR REC 1
異常履歴(最新エラー)
W
A60 と同じ
GOOD
○
○
○
―
P12
ERROR REC 2
異常履歴(1回前のエラー)
W
A60 と同じ
GOOD
○
○
○
―
P14
ERROR REC 3
異常履歴(2回前のエラー)
W
A60 と同じ
GOOD
○
○
○
―
P16
ERROR REC 4
異常履歴(3回前のエラー)
W
A60 と同じ
GOOD
○
○
○
―
P60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
T
CHARACTERIZR
折れ線近似機能
T10
S. C. ENABLE
折れ線近似機能
W
INHIBIT, ENABLE
INHIBIT
○
○
○
―
T11
NUM OF POINT
折れ点数
W
0~9
0
○
○
○
―
T20
X START (FIX)
折れ線の始点(固定値)
R
0.00%
○
○
○
―
T21
Y START (FIX)
折れ線の始点(固定値)
R
0.00%
○
○
○
―
T22
X1
折れ点1(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
10.00
○
○
○
―
T23
Y1
折れ点1(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
10.00
○
○
○
―
T24
X2
折れ点2(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
20.00
○
○
○
―
T25
Y2
折れ点2(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
20.00
○
○
○
―
T26
X3
折れ点3(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
30.00
○
○
○
―
T27
Y3
折れ点3(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
30.00
○
○
○
―
T28
X4
折れ点4(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
40.00
○
○
○
―
T29
Y4
折れ点4(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
40.00
○
○
○
―
T30
X5
折れ点5(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
50.00
○
○
○
―
T31
Y5
折れ点5(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
50.00
○
○
○
―
T32
X6
折れ点6(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
60.00
○
○
○
―
T33
Y6
折れ点6(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
60.00
○
○
○
―
T34
X7
折れ点7(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
70.00
○
○
○
―
T35
Y7
折れ点7(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
70.00
○
○
○
―
T36
X8
折れ点8(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
80.00
○
○
○
―
T37
Y8
折れ点8(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
80.00
○
○
○
―
*1:
*2:
R/W: R = 表示のみ , W = 表示および設定
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,次章「標準仕様」に記載の範囲でご使用ください。
出荷時設定値は,カプセルの MWP になります。
(サニタリ用差圧伝送器については 1MPa)
IM 01C26H01-01
項目
内容
*1
R
/
W
適用機種
備考
出荷時設定
F
P
L
アップロード
対象
No.
9-6
< 9. パラメータ一覧>
T38
X9
折れ点9(X 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
90.00
○
○
○
―
T39
Y9
折れ点9(Y 座標)
W
0.00 ~ 100.00%
90.00
○
○
○
―
T40
X END (FIX)
折れ線の終点(固定値)
R
100.00%
○
○
○
―
T41
Y END (FIX)
折れ線の終点(固定値)
R
100.00%
○
○
○
―
T60
SELF CHECK
自己診断メッセージ
R
A60 と同じ
○
○
○
―
*1:
*2:
R/W: R = 表示のみ , W = 表示および設定
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,次章「標準仕様」に記載の範囲でご使用ください。
出荷時設定値は,カプセルの MWP になります。
(サニタリ用差圧伝送器については 1MPa)
IM 01C26H01-01
10.
10-1
< 10. 標準仕様>
標準仕様
10.1 標準仕様
通信ライン条件(◇):
FOUNDATION フィールドバス通信形の場合は ( ◇ ) 部の仕
様が異なりますので IM01C26T02-01 を参照してくださ
い。
電源電圧と負荷抵抗との関係は図 10.1 を参照
通信距離…2 km*,CEV ケーブル使用の時
[EJX118J]
測定スパン
2 ~ 100 kPa
10 ~ 500 kPa
測定範囲
- 100 ~ 100 kPa
- 500 ~ 500 kPa
[EJX438J]
カプセル
測定スパン
測定範囲
A*1
0.035 ~ 3.5 MPa - 0.1 ~ 3.5 MPa
フラッシュ形 *1 0.16 ~ 16 MPa - 0.1 ~ 16 MPa
B
突出し形 *1
0.16 ~ 7 MPa
- 0.1 ~ 7 MP
*1:測定範囲はフランジ規格以内
測定スパン
2.5 ~ 100 kPa
25 ~ 500 kPa
測定範囲
- 100 ~ 100 kPa
- 500 ~ 500 kPa
[EJA438J]
カプセル
A*2
フラッシュ形 *2
B
突出し形 *2
測定スパン
0.06 ~ 3.5 MPa
0.46 ~ 16 MPa
0.46 ~ 7 MPa
負荷容量…0.22 μ F 以下 *
負荷インダクタンス…3.3 mH 以下 *
動力線との間隔…15 cm 以上
受信抵抗に接続される受信計器の入力インピーダン
ス…2.4 kHz に於いて 10 k Ω以上
* 一般,耐圧防爆形の場合
精度:
[EJX118J] GS 01C26H01-01JA 参照
[EJA118J]
カプセル
M
H
負荷抵抗…250 ~ 600 Ω,ケーブル抵抗を含む
[BRAIN 通信形の場合 ]
測定範囲:
カプセル
M
H
電源電圧…16.6 ~ 42 V DC*
測定範囲
- 0.1 ~ 3.5 MPa
- 0.1 ~ 16 MPa
- 0.1 ~ 7 MP
*2:測定範囲はフランジ規格以内
出力信号(◇):
4 ~ 20 mA DC 2 線式
出力信号範囲(◇):
3.6 ~ 21.6 mA( - 2.5 ~ 110%)
出力モード:
比例/開平選択
異常時の出力信号
(バーンアウト, 出力信号コードD,E,Jの場合):
HIGH 側:110%(21.6 mA DC)以上…出荷時設定
LOW 側:- 5%(3.2 mA DC)以下
電源電圧(◇):
10.5 ~ 42 V DC(一般,TIIS 耐圧防爆形)
10.5 ~ 32 V DC
(内蔵アレスタ付,
付加仕様コード /A)
[EJX438J] GS 01C26J03-01JA 参照
[EJA118J] GS 01C32H01-01JA 参照
[EJA438J] GS 01C32J03-01JA 参照
周囲温度:
- 40 ~ 60℃ ( 一般形 )
- 30 ~ 60℃ ( 内蔵指示計付 )
- 20 ~ 60℃ (TIIS 耐圧防爆形 )
ただし,封入液の使用温度範囲内のこと
接液温度:
表 10.3 参照
周囲湿度:
0 ~ 100% RH(40℃の時 )
使用圧力:
封入液
一般,高温用
禁油用
低温用
高温・高真空用
高真空用
使用圧力範囲
2.7 kPa abs ~フランジ最高使用圧力
51 kPa abs ~フランジ最高使用圧力
大気圧~フランジ最高使用圧力
0.013 kPa abs ~フランジ最高使用
圧力
大気圧以下の場合は図 10.2,10.3,10.4,10.5 参照
伝送器本体部取付:
2B パイプ取付
保護等級:
IP66/IP67
防爆構造:
「付加仕様」参照
IM 01C26H01-01
10-2
< 10. 標準仕様>
一般安全適合規格
接液材質:
EN61010-1,EN61010-2-030
ダイアフラムシール;
・設置上の高度:2,000 m 以下
ダイアフラム…「形名およびコード一覧」参照
・設置カテゴリ(過電圧カテゴリ)
:I
その他接液部…「形名およびコード一覧」参照
(予想される過渡過電圧 330V)
フラッシングコネクションリング(オプション)
;
・汚染度:2
リング…SUS316
・Indoor/Outdoor use
ベント・ドレンプラグ…SUS316 または ASTM
grade 316
電源接続口:
「形名およびコード一覧」参照
プロセス接続口:
うず巻ガスケット(伝送器側)
フランジ接続(下表参照)
ラー)
非接液材質:
表10.1 フランジサイズと規格
プロセス接続
構造
フランジサイズ
フラッシュ形
80A (3B)
50A (2B)
40A (1 1/2B)*1
突出し形
100A (4B)
80A (3B)
突出しと
フラッシュの
組合せ形 *3
高圧側:
100A( 4B)
低圧側:
80A ( 3B)
…SUS316(フープ材)
,PTFE テフロン(フィ
フランジ規格
JIS 10K, 20K, 40K, 63K*2
ANSI クラス 150, 300, 600
JPI クラス 150, 300, 600
JIS 10K, 20K, 40K*2
ANSI クラス 150, 300
JPI クラス 150, 300
JIS 10K, 20K
ANSI クラス 150, 300
JPI クラス 150, 300
*1:フラッシングコネクションリング(レジュー
ダイアフラムシール部;
プロセスフランジ
キャピラリ…SUS316
プロテクションチューブ…SUS304
…「形名およびコード一覧」参照
塩ビ樹脂被覆付(塩ビの最高使用温度は 100
℃)
封入液…表 10.3 参照
伝送器本体部;
カプセル…SUSF316L*1, SUS316L*1(ダイアフラ
ムはハステロイ C-276*2)
サー形)と組合せた構造になります。
*1:SUSF316L または ASTM grade F316L。
*2:EJ□438J のみ
SUS316L または ASTM grade 316L。
*3:EJ□118J のみ
*2:ハステロイ C-276 または ASTM N10276
ガスケット当り面:
(ハステロイ C-276 相当品)
下表参照
表10.2 ガスケット当り面
フランジ
JIS
JPI
ANSI
接液部材質
コード
SW, SE, SY
HW, TW, UW
SW, SE, SY
HW, TW, UW
ガスケット当り面
コード ‘1’
コード ‘2’
セレーション
フラット
( セレーションなし )
付
―
●
―
●
●*
●
―
●
カバーフランジ…SCS14A(SUS316 相当鋳造品)
カバーフランジ締付ボルト
伝送部ケース…アルミニウム合金鋳物
…「形名およびコード一覧」参照
タグプレート…SUS316(/N4 のタグプレートを
含む)
,ねじ止め
塗装:
●:適用可
ポリウレタン硬化剤入り粉体塗装
―:適用不可
付加仕様コード /P □,/X2 の場合はエポキシプライ
*:セレーション加工(ANSI B16.5)
マー,ポリウレタン溶剤塗装
内蔵指示計:
LCD ディジタル指示計 ( オプション )
IM 01C26H01-01
● 端子箱分離形アンプケース
応答時間(◇):
・フラッシュ形:16.8 kg
約 200ms*
(80A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m;指
* 伝送部ソフトウェアダンピング設定値が 0.00 s
示計,取付用ブラケットなし )
で,一般用封入液,キャピラリ長 10 m の時の常
・突出し形:22.2 kg
温における概略値
(100A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m,突
伝送部ソフトウェアダンピングは 0.00 ~ 100.00 s
出し長さ X2=100mm;指示計,取付用ブラケッ
に設定可能で,応答時間に加算されます。
注: 出力信号が瞬時に変化する状況で BRAIN 通信を
使用する場合は,ソフトウェアダンピングを 0.5s
以上に設定してください。
トなし)
・突出しとフラッシュの組合せ形:19.4 kg
(100A JIS10K フランジ,
80A JIS10K フランジ,
キャ
更新周期:45 ms
ピラリ長さ 5m,突出し長さ X2=100mm;指示計,
外部ゼロ調整機構(◇):
取付用ブラケットなし)
連続可変
ゼロ調整軸を回す速さに応じてゼロ点の遷移量が変
[EJ□438J]
化する。
● 端子箱一体形アンプケース
分解能 : スパンの 0.01%
・フラッシュ形:7.2 kg
ゼロ点遷移可能範囲:
(80A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m;指
示計,取付用ブラケットなし )
負方向遷移量,正方向遷移量とも,測定レンジの下
限値および上限値が各カプセルの測定範囲を越えな
・突出し形:12.3 kg
(100A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m,突
い範囲で設定可能
出し長さ X2=100mm;指示計,取付用ブラケッ
静圧信号(EJ□118Jの場合):
トなし)
BRAIN 通信または内蔵指示計による表示
● 端子箱分離形アンプケース
静圧測定範囲:
ゲージ圧
絶対圧
10-3
< 10. 標準仕様>
設定可能スパン(注)
0.5 ~ 16 MPa
0.5 ~ 16 MPa
レンジ設定可能範囲(注)
・フラッシュ形:7.6 kg
- 0.1 ~ 16 MPa
0 ~ 16 MPa abs
(80A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m;指
示計,取付用ブラケットなし)
注:フランジの最高使用圧力以内で使用してください。
更新周期:360 ms
測定対象として
高圧側または低圧側のいずれかを選択可能
・突出し形:12.7 kg
(100A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m,突
出し長さ X2=100mm;指示計,取付用ブラケッ
トなし)
質量:
[EJ□118J]
600
● 端子箱一体形アンプケース
(80A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m;指
荷
示計,取付用ブラケットなし )
抵
(100A JIS10K フランジ,キャピラリ長さ 5m 突
出し長さ X2=100mm;指示計,取付用ブラケッ
トなし )
・突出しとフラッシュの組合せ形:19.0 kg
(100A JIS10K フランジ,
80A JIS10K フランジ,
キャ
ピラリ長さ 5m,突出し長さ X2=100mm;指示計,
R= E−10.5
0.0244
通信可能範囲
(BRAIN通信形および
HART通信形)
抗
・突出し形:21.8 kg
負
・フラッシュ形:16.2 kg
250
R
(Ω)
10.5
16.6
25.2
電源電圧 E(V)
42
F1001.ai
図10.1 電源電圧と負荷抵抗の動作可能限界の範囲
取付用ブラケットなし)
IM 01C26H01-01
10-4
< 10. 標準仕様>
封入液コードBの
接液温度
封入液コードAの 封入液コードCの
接液温度
接液温度
封入液コード1の
伝送器本体の
接液温度
周囲温度範囲*1*2
フランジ
最高使用圧力
伝送器本体の
周囲温度範囲*1
封入液コード2の
接液温度
フランジ
最高使用圧力
大気圧
100
大気圧
100
10
使用圧力
kPa abs
10
使用圧力
kPa abs
2.7
2.7
1
1
0.1
0.1
-50
0
50 100 150 200 250 300 350
温度℃
0.013
F1002.ai
0.01
-50 0
図10.2 使用圧力と温度の関係
(一般,高温用封入液の場合)
50 100 150 200 250 300 350
温度℃
F1017.ai
図10.4 使用圧力と温度の関係
(高温・高真空用封入液の場合)
封入液コードEの
接液温度
伝送器本体の
周囲温度範囲
封入液コードDの
接液温度
フランジ
最高使用圧力
伝送器本体の
周囲温度範囲*2
封入液コード4の
接液温度
フランジ
最高使用圧力
大気圧
100
51
大気圧
100
使用圧力
kPa abs
10
2.7
10
1
使用圧力
kPa abs
2.7
1
0.1
-50
0
50 100 150 200 250 300 350
温度℃
F1003.ai
図10.3 使用圧力と温度の関係
(禁油,低温用封入液の場合)
0.1
0.013
0.01
-50 0
50 100 150 200 250 300 350
温度℃
F1018.ai
図10.5 使用圧力と温度の関係
(高真空用封入液の場合)
*1: 封入液コード C または 2 の場合,周囲温度下限値は+ 10℃です。
*2: プロセス接続フラッシュ形 W にてプロセス取付サイズが 50A(2B) または 40A(1 1/2B) の場合,ならびにプロセス接続突出し形 E
にてプロセス取付サイズが 80A の場合,周囲温度上限値は +50℃です。
IM 01C26H01-01
10-5
< 10. 標準仕様>
表10.3 プロセス接液温度および周囲温度(℃)
封入液
コード
一般用(シリコンオイル)
A
一般用(シリコンオイル)
B
高温用(シリコンオイル)
C
禁油用(フッ素系オイル)
D
低温用(エチレングリコール)
E
高温・高真空用(シリコンオイル)
1
高温・高真空用(シリコンオイル)
2
高温・高真空用(シリコンオイル)
4
接液温度*1
周囲温度*2
[比重]*3
使用圧力
- 10 ~ + 250℃ *4
- 10 ~ + 60 ℃
- 15 ~ + 60 ℃
- 30 ~ + 180 ℃
+ 10 ~ + 310℃
+ 10 ~ + 60 ℃
- 20 ~ + 120℃
- 10 ~ + 60 ℃
- 50 ~ + 100℃
- 40 ~ + 60 ℃
- 10 ~+ 250℃ *4 - 10 ~+ 60℃ *5
+ 10 ~+ 310℃
+ 10 ~+ 60℃ *5
- 10 ~+ 100℃
- 10 ~+ 60℃ *5
図 10.2 参照
図 10.3 参照
図 10.4 参照
図 10.5 参照
1.07
0.94
1.09
1.90 ~ 1.92
1.09
1.07
1.09
1.07
注:差圧圧力伝送器本体は高圧側のダイアフラムシール取付部より 600 mm 以上下方に設置してください。
ただし,この値は周囲温度,使用圧力,封入液およびダイアフラム材質によって異なりますので,600 mm 以上下方にできない
場合はご相談ください。
*1: 図 10.2, 10.3, 10.4, 10.5 の使用圧力と接液温度の関係を参照してください。
*2: この周囲温度は伝送器本体の周囲温度です。
*3: 温度 25℃における概略値です。
*4: 接液部材質コード TW(タンタル)の場合の接液温度は- 10 ~+ 200℃です。
*5: プロセス接続フラッシュ形 W にてプロセス取付サイズが 50A(2B) または 40A(1 1/2B) の場合,ならびにプロセス接続突出し形 E
にてプロセス取付サイズが 80A の場合,周囲温度上限値は +50℃です。
10.2 形名およびコード一覧
● コード体系
EJ□118J,EJ□438J の基本仕様コードは,伝送器本体部(I)およびダイアフラムシール部(II)から成り立っています。
本書では基本仕様コードを伝送器本体部(I)およびダイアフラムシール部(II)に分類し,各々に関するコード表とし
て示しています。さらにダイアフラムシール部に関しましては,
プロセス接続構造毎にコード表を分類しています。コー
ド指定時には,各部のコード表からコードを選定した上,2 つのコード群を組み合わせて指定してください。
EJ□118J
EJ□438J
I 伝送器本体部
[EJ□118J]
● 端子箱一体形アンプケース …10-6ページ参照
[EJX118J]
● 端子箱分離形アンプケース …10-7ページ参照
[EJ□438J]
II ダイアフラムシール部
● フラッシュ形
フランジサイズ:80A, 50A
フランジサイズ:40A
● 突出し形
● 組合せ形
…10-10ページ参照
…10-12ページ参照
…10-13ページ参照
…10-14ページ参照
● 端子箱一体形アンプケース …10-8ページ参照
[EJX438J]
● 端子箱分離形アンプケース …10-9ページ参照
F1004.ai
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-6
[EJ□118J]
I. 伝送器本体部
● 端子箱一体形アンプケース
EJ□118J
F1005.ai
形名
EJX118J
EJA118J
出力信号
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-D・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-E・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-J・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-F・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
測定スパン
(カプセル)
M・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
S・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カバーフランジ締付
J・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボルト・ナット材質
G・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伝送部取付方向
-9・ ・・・・・・・・・・・・・・・
アンプケース
1・・・・・・・・・・・・・・・
電源接続口
※ 0・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・
5・・・・・・・・・・・・
7・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・
内蔵指示計
D・・・・・・・・・
※ N・・・・・・・・・
取付ブラケット
B・・・・・・・
J・ ・・・・・・
N・・・・・・・
※
ダイアフラムシール部
仕様
ダイアフラムシール付差圧伝送器
ダイアフラムシール付差圧伝送器
4 ~ 20 mA DC 出力,BRAIN 通信形
4 ~ 20 mA DC 出力,HART 通信形
4 ~ 20 mA DC 出力,HART5/HART7 通信形
FOUNDATION フィールドバス通信形 *1
[EJA118J]
[EJX118J]
2.5 ~ 100 kPa
2 ~ 100 kPa
25 ~ 500 kPa
10 ~ 500 kPa
常に S
常に C
SNB7
SUS316L
SUH660
水平配管接続形,右端子箱,左高圧,キャピラリ前面取り出し
端子箱一体形,アルミニウム合金鋳物
G1/2 めねじ,接続口 1 箇所
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグなし
G1/2 めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
G1/2 めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
ディジタル指示計
なし
SUS304 2B パイプ取付用(フラット形)
SUS316 2B パイプ取付用(フラット形)
なし
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。
*1: フィールドバス通信形については,GS 01C26T02-01JA(EJX), GS 01C32T02-01JA(EJA) を参照ください。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-7
● 端子箱分離形アンプケース
EJX118J
F1006.ai
形名
EJX118J
出力信号
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-D・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-E・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
測定スパン
M・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(カプセル)
H・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
S・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カバーフランジ締付
J・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボルト・ナット材質 ※ G・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伝送部取付方向
-7・ ・・・・・・・・・・・・・・・
アンプケース
A・・・・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・・・・
電源接続口
※ 0・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・
5・・・・・・・・・・・・
6・・・・・・・・・・・・
7・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・
内蔵指示計
D・・・・・・・・・
※ N・・・・・・・・・
取付ブラケット
D・・・・・・・
K・・・・・・・
N・・・・・・・
※
ダイアフラムシール部
仕様
ダイアフラムシール付差圧伝送器
4 ~ 20 mA DC 出力,BRAIN 通信形
4 ~ 20 mA DC 出力,HART 通信形
2 ~ 100 kPa
10 ~ 500 kPa
常に S
常に C
SNB7
SUS316L
SUH660
垂直配管接続形,左高圧,キャピラリ下部取り出し
端子箱分離形,左端子箱,アルミニウム合金鋳物
端子箱分離形,右端子箱,アルミニウム合金鋳物
G 1/2 めねじ,接続口 1 箇所 *1
G 3/4 めねじ,接続口 1 箇所 *1
G 1/2 めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
G 3/4 めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
G 1/2 めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
G 3/4 めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
ディジタル指示計
なし
SUS304 2B パイプ取付用(L 形)
SUS316 2B パイプ取付用(L 形)
なし
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。
*1: アンプケースコード B(右端子箱)との組合せは不可。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-8
[EJ□438J]
I. 伝送器本体部
● 端子箱一体形アンプケース
EJ□438J
F1007.ai
形名
EJX438J
EJA438J
出力信号
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-D・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-E・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-J・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-F・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
測定スパン
(カプセル)
A・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
S・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カバーフランジ締付
J・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボルト・ナット材質
G・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伝送部取付方向
-9・ ・・・・・・・・・・・・・・・
アンプケース
1・・・・・・・・・・・・・・・
電源接続口
※ 0・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・
5・・・・・・・・・・・・
7・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・
内蔵指示計
D・・・・・・・・・
※ N・・・・・・・・・
取付ブラケット
B・・・・・・・
J・ ・・・・・・
※ N・・・・・・・
ダイアフラムシール部
仕様
ダイアフラムシール付圧力伝送器
ダイアフラムシール付圧力伝送器
4 ~ 20 mA DC 出力,BRAIN 通信形
4 ~ 20 mA DC 出力,HART 通信形
4 ~ 20 mA DC 出力,HART5/HART7 通信形
FOUNDATION フィールドバス通信形 *2
[EJX438J]
[EJA438J]
0.035 ~ 3.5 MPa
0.06 ~ 3.5 MPa
0.16 ~ 16 MPa *1
0.46 ~ 16 MPa *1
常に S
常に C
SNB7
SUS316L
SUH660
水平配管接続形,右端子箱,左高圧,キャピラリ前面取り出し
端子箱一体形,アルミニウム合金鋳物
G1/2 めねじ,接続口 1 箇所
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグなし
G1/2 めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
G1/2 めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
ディジタル指示計
なし
SUS304 2B パイプ取付用(フラット形)
SUS316 2B パイプ取付用(フラット形)
なし
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。
*1: 突出し形(プロセス接続コード E)の場合,最大レンジおよび最大スパンは 7 MPa です。
*2: フィールドバス通信形については GS 01C26T02-01JA を参照ください。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-9
● 端子箱分離形アンプケース
EJX438J
F1008.ai
形名
EJX438J
出力信号
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-D・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-E・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
測定スパン
A・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(カプセル)
B・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
S・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ー
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カバーフランジ締付
J・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボルト・ナット材質
G・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伝送部取付方向
-7・ ・・・・・・・・・・・・・・・
アンプケース
A・・・・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・・・・
電源接続口
※ 0・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・
5・・・・・・・・・・・・
6・・・・・・・・・・・・
7・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・
内蔵指示計
D・・・・・・・・・
※ N・・・・・・・・・
取付ブラケット
D・・・・・・・
K・・・・・・・
※ N・・・・・・・
ダイアフラムシール部
仕様
ダイアフラムシール付圧力伝送器
4 ~ 20 mA DC 出力,BRAIN 通信形
4 ~ 20 mA DC 出力,HART 通信形
0.035 ~ 3.5 MPa
0.16 ~ 16 MPa*1
常に S
常に C
SNB7
SUS316L
SUH660
垂直配管接続形,左高圧,キャピラリ下部取り出し
端子箱分離形,左端子箱,アルミニウム合金鋳物
端子箱分離形,右端子箱,アルミニウム合金鋳物
G 1/2 めねじ,接続口 1 箇所 *2
G 3/4 めねじ,接続口 1 箇所 *2
G 1/2 めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
G 3/4 めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,ブラインドプラグ 1 個付
G 1/2 めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
G 3/4 めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
1/2NPT めねじ,接続口 2 箇所,SUS316 ブラインドプラグ 1 個付
ディジタル指示計
なし
SUS304 2B パイプ取付用(L 形)
SUS316 2B パイプ取付用(L 形)
なし
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。
*1: 突出し形(プロセス接続コード E)の場合,最大レンジおよび最大スパンは 7 MPa です。
*2: アンプケースコード B(右端子箱)との組合せは不可。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-10
II. ダイアフラムシール部(フラッシュ形)
● プロセス取付サイズ:80A(3B)/50A(2B)
EJ□118J
EJ□438J
W
3
2
形名
EJ□118J
EJ□438J
プロセス接続構造
フランジ規格
プロセス取付サイズ
( フランジサイズ )
フランジ材質
ガスケット当り面 *1
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-W・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J1・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J2・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J4・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J6・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A4・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・・・・・・
※
B・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・・・・
接液部材質
フラッシングコネクションリング *2
突出し
封入液
仕様
2・・・・・・・・・・・・・・・
SW・ ・・・・・・・・・・
HW・・・・・・・・・・・
TW・ ・・・・・・・・・・
UW・・・・・・・・・・・
※
0・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・
0・・・・・・・・・
-A・・・・・
※
-B・ ・・・・
-C・ ・・・・
-D・・・・・
-E・ ・・・・
-1・ ・・・・
-2・ ・・・・
-4・ ・・・・
キャピラリ取出構造
―
キャピラリ長さ *6
付加仕様コード
A・・・・・
2・・・
1・
2・
3・
4・
5・
伝送器本体部
□
EJ 118J
□
EJ 438J
F1009.ai
フラッシュ形
JIS 10K
JIS 20K
JIS 40K
JIS 63K
ANSI クラス 150 P1 … JPI クラス 150
ANSI クラス 300 P2 … JPI クラス 300
ANSI クラス 600 P4 … JPI クラス 600
80A(3B)
50A(2B)
S25C
SUS304 *10
SUS316 *11
セレーション
(ANSI フランジにて接液材質コード SW の場合のみ)
フラット(セレーションなし)
[ダイアフラム]
[その他]
SUS316L
SUS316L *12
ハステロイ C-276 *8
ハステロイ C-276 *8
タンタル *7
タンタル *7
チタン
チタン
(EJ □ 118J は 80A のみ)
[ リング ]
[ ベント・ドレンプラグ ]
[ 材質 ]
なし
-
-
ストレート形リング
接続口 R 1/4*9
SUS316
ストレート形リング
接続口 1/4NPT
SUS316
ストレート形リング
接続口 R 1/4*9
SUS316
ストレート形リング
接続口 1/4NPT
SUS316
なし
[ 周囲温度 ]
[ 接液温度 ]
一般用 ( シリコンオイル )*3
- 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃
一般用 ( シリコンオイル )
- 30 ~ 180℃ - 15 ~ 60℃
高温用 ( シリコンオイル )*4*7
10 ~ 310℃
10 ~ 60℃
禁油用 ( フッ素系オイル )*5
- 20 ~ 120℃ - 10 ~ 60℃
低温用 ( エチレングリコール)
- 50 ~ 100℃ - 40 ~ 60℃
高温・高真空用 ( シリコンオイル )*3*13
- 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃ (50℃ )*14
高温・高真空用 ( シリコンオイル )*4*7*13
10 ~ 310℃
10 ~ 60℃ (50℃ )*14
高真空用 ( シリコンオイル )*13
- 10 ~ 100℃ - 10 ~ 60℃ (50℃ )*14
側面取出構造
常に 2
1 m
6 …6 m
2 m
7 …7 m
3 m
8 …8 m
4 m
9 …9 m
5 m
A …10 m
/ □ 付加仕様
○
○
○
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
○
○
-
-
○
○
○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。 〈例〉EJX118J-DMSCG-912DN-WJ13B2SW00-BA25/ □
〈例〉EJX438J-DASCG-912DN-WJ13B2SW00-BA25/ □
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-11
*1:
*2:
*3:
*4:
*5:
詳細は 10-2 ページの表 10.2 ガスケット当り面を参照してください。
フラッシングコネクションリングには伝送器側ガスケットが含まれます。
封入液コード A,1(シリコンオイル)を選んだ場合,接液部材質コード TW(タンタル)の接液温度は- 10 ~ 200℃です。
接液部材質コード TW(タンタル)を選んだ場合,封入液コード C,2 との組合せはできません。
封入液コード D(フッ素系オイル)を選んだ場合でも,接液部の脱脂洗浄処理あるいは脱脂洗浄・禁水処理が必要な場合には
付加コード K1 あるいは K5 を指定してください。
*6: フランジサイズ 50A (2B) にて接液部材質コード HW(ハステロイ C)
,TW(タンタル)
,UW(チタン)を選んだ場合。
キャピラリ長さは 5 m 以下に指定してください。
*7: フラッシングコネクションリングコード 1, 2, A, B との組合せはできません。
*8: ハステロイ C-276 または NW0276(ハステロイ C-276 相当品)
*9: ガスケット当り面コード 1(セレーション)との組合せは不可。
*10: SUS304 または ASTM grade 304。鍛造材を使用する場合があります。
*11: SUS316 または ASTM grade 316。鍛造材を使用する場合があります。
*12: SUS316L または ASTM grade 316L。
*13: 接液部材質コード UW(チタン)との組み合わせはできません。
*14:プロセス取付サイズコード 2(フランジサイズ:50A(2B)
)の場合,周囲温度上限値は +50℃です。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-12
II. ダイアフラムシール部(フラッシュ形)
● プロセス取付サイズ:40A(1 1/2B)
EJ□118J
EJ□438J
W
8
F1010.ai
プロセス取付サイズ
( フランジサイズ )
フランジ材質
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-W・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J1・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J2・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J4・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A4・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P4・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※
ガスケット当り面 *1
接液部材質
フラッシングコネクションリング *2
突出し
封入液
仕様
A・・・・・・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・・・・
SW・ ・・・・・・・・・・
※
3・・・・・・・・・・・・
4・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・
D・・・・・・・・・・・・
0・・・・・・・・・
-A・・・・・
※
-B・ ・・・・
-D・・・・・
-E・ ・・・・
-1・ ・・・・
-4・ ・・・・
キャピラリ取出構造
―
キャピラリ長さ
付加仕様コード
A・・・・・
2・・・
1・
2・
3・
4・
5・
□
EJ 118J
□
EJ 438J
形名
EJ□118J
EJ□438J
プロセス接続構造
フランジ規格
伝送器本体部
フラッシュ形
JIS 10K
JIS 20K
JIS 40K
ANSI クラス 150
ANSI クラス 300
ANSI クラス 600
JPI クラス 150
JPI クラス 300
JPI クラス 600
40A(1 1/2B)
S25C
SUS304*5
SUS316*6
セレーション(ANSI フランジの場合のみ)
フラット(セレーションなし)
[ダイアフラム]
[その他]
SUS316L
SUS316L*7
[ リング ]
[ ベント・ドレンプラグ ]
[ 材質 ]
レジューサー形リング
接続口 R 1/4*4
SUS316
レジューサー形リング
接続口 1/4NPT
SUS316
レジューサー形リング
接続口 R 1/4*4
SUS316
レジューサー形リング
接続口 1/4NPT
SUS316
なし
[ 接液温度 ]
[ 周囲温度 ]
一般用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃
一般用 ( シリコンオイル )
- 30 ~ 180℃
- 15 ~ 60℃
禁油用 ( フッ素系オイル )*3
- 20 ~ 120℃
- 10 ~ 60℃
低温用 ( エチレングリコール)
- 50 ~ 100℃
- 40 ~ 60℃
高温・高真空用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 250℃
- 10 ~ 50℃
高真空用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 100℃
- 10 ~ 50℃
側面取出構造
常に 2
1 m
6 …6 m
2 m
7 …7 m
3 m
8 …8 m
4 m
9 …9 m
5 m
A …10 m
/ □ 付加仕様
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○
○
○
-
-
○
-
-
○
○
○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。 〈例〉EJX118J-DMSCG-912DN-WJ18B2SW30-BA25/ □
〈例〉EJX438J-DASCG-912DN-WJ18B2SW30-BA25/□
*1: 詳細は 10-2 ページの表 10.2 ガスケット当り面を参照してください。
*2: フラッシングコネクションリングには伝送器側ガスケットが含まれます。
*3: 封入液コード D(フッ素系オイル)を選んだ場合でも,接液部の脱脂洗浄処理あるいは脱脂洗浄・禁水処理が必要な場合には
付加コード K1 あるいは K5 を指定してください。
*4: ガスケット当り面コード 1(セレーション)との組合せは不可。
*5: SUS304 または ASTM grade 304。鍛造材を使用する場合があります。
*6: SUS316 または ASTM grade 316。鍛造材を使用する場合があります。
*7: SUS316L または ASTM grade 316L。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-13
II. ダイアフラムシール部(突出し形)
● プロセス取付サイズ:100A(4B)/80A(3B)
EJ□118J
EJ□438J
E
4
3
プロセス取付サイズ
( フランジサイズ )
フランジ材質
ガスケット当り面 *1
接液部材質
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キャピラリ取出構造
―
キャピラリ長さ *3
付加仕様コード
伝送器本体部
突出し形
JIS 10K
JIS 20K
JIS 40K
ANSI クラス 150 P1 … JPI クラス 150
ANSI クラス 300 P2 … JPI クラス 300
100A(4B)
80A(3B)
S25C
SUS304*4
SUS316*5
セレーション(ANSI フランジの場合のみ)
フラット(セレーションなし)
[ダイアフラム]
[パイプ形]
[その他]
SE・・・・・・・・・・・・
SUS316L*7
SUS316
SUS316*6
0・・・・・・・・・・・・ なし
1・・・・・・・・・
長さ(X2)= 50 mm
2・・・・・・・・・
長さ(X2)= 50 mm
3・・・・・・・・・
長さ(X2)= 100 mm
4・・・・・・・・・
長さ(X2)= 100 mm
5・・・・・・・・・
長さ(X2)= 150 mm
6・・・・・・・・・
長さ(X2)= 150 mm
[ 接液温度 ]
[ 周囲温度 ]
-A・・・・・
一般用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃
※
-B・ ・・・・
一般用 ( シリコンオイル )
- 30 ~ 180℃ - 15 ~ 60℃
-C・ ・・・・
高温用 ( シリコンオイル )
10 ~ 310℃
10 ~ 60℃
-D・・・・・
禁油用 ( フッ素系オイル )*2
- 20 ~ 120℃ - 10 ~ 60℃
-E・ ・・・・
低温用 ( エチレングリコール)
- 50 ~ 100℃ - 40 ~ 60℃
-1・ ・・・・
高温・高真空用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃ (50℃ )*8
-2・ ・・・・
高温・高真空用 ( シリコンオイル )
10 ~ 310℃
10 ~ 60℃ (50℃ )*8
-4・ ・・・・
高真空用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 100℃ - 10 ~ 60℃ (50℃ )*8
B・・・・・
背面取出構造
2・・・
常に 2
1・
1 m
6 …6 m
2・
2 m
7 …7 m
3・
3 m
8 …8 m
4・
4 m
9 …9 m
5・
5 m
A …10 m
/ □ 付加仕様
-E・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J1・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J2・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J4・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A・・・・・・・・・・・・・・・・・
※
B・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・・・・
フラッシングコネクションリング
突出し
封入液
仕様
□
EJ 118J
□
EJ 438J
F1011.ai
形名
EJ□118J
EJ□438J
プロセス接続構造
フランジ規格
○
○
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
○
-
○
-
○
○
○
○
-
○
-
○
-
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。 〈例〉EJX118J-DMSCG-912DN-EJ14B2SE02-BB25/ □
〈例〉EJX438J-DASCG-912DN-EJ14B2SE01-BB25/ □
*1: 詳細は 10-2 ページの表 10.2 ガスケット当り面を参照してください。
*2: 封入液コード D(フッ素系オイル)を選んだ場合でも,接液部の脱脂洗浄処理あるいは脱脂洗浄・禁水処理が必要な場合には
付加コード K1 あるいは K5 を指定してください。
*3: キャピラリ長さは,ご注文時指定の長さよりも突出し長さ(X2)とフランジ厚(t)の加算相当分だけ短くなりますのでご注意
ください。
*4: SUS304 または ASTM grade 304。鍛造材を使用する場合があります。
*5: SUS316 または ASTM grade 316。鍛造材を使用する場合があります。
*6: SUS316 または ASTM grade 316。
*7: SUS316L または ASTM grade 316L。
*8: プロセス取付サイズコード 3(フランジサイズ:80A(3B)
)の場合,周囲温度上限値は +50℃です。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-14
II. ダイアフラムシール部(組合せ形)
● プロセス取付サイズ: 高圧側 100A(4B)…突出し形
低圧側 80A(3B)…フラッシュ形
EJ□118J
Y
W
F1012.ai
形名
EJ□118J
プロセス接続構造
フランジ規格
プロセス取付サイズ
( フランジサイズ )
フランジ材質
基本仕様コード
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-Y・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J1・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J2・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
W・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ガスケット当り面 *1
接液部材質
フラッシングコネクションリング
突出し
封入液
キャピラリ取出構造
―
キャピラリ長さ *3
付加仕様コード
※
A・・・・・・・・・・・・・・・・・・
B・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・・・・・・・
2・・・・・・・・・・・・・・・・
SY・・・・・・・・・・・・・
0・・・・・・・・・・・・
1・・・・・・・・・・
3・・・・・・・・・・
5・・・・・・・・・・
※
-A・・・・・・・
-B・ ・・・・・・
-C・ ・・・・・・
-D・・・・・・・
-E・ ・・・・・・
-1・ ・・・・・・
-2・ ・・・・・・
-4・ ・・・・・・
C・・・・・・
2・・・・・
1・・・・
2・・・・
3・・・・
4・・・・
5・・・・
6・・・・
7・・・・
8・・・・
9・・・・
A・・・・
仕様
伝送器本体部
突出しとフラッシュの組合せ形
JIS 10K
JIS 20K
ANSI クラス 150
ANSI クラス 300
JPI クラス 150
JPI クラス 300
高圧側:100A(4B)
低圧側:80A(3B)
S25C
SUS304*4
SUS316*5
セレーション(ANSI フランジの場合のみ)
フラット(セレーションなし)
[ダイアフラム] [パイプ形]
[その他]
高圧側: SUS316L*7
SUS316
SUS316*6
低圧側: SUS316L
-
SUS316L*7
なし
長さ(X2)= 50 mm
長さ(X2)= 100 mm
長さ(X2)= 150 mm
[ 接液温度 ]
[ 周囲温度 ]
一般用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃
一般用 ( シリコンオイル )
- 30 ~ 180℃ - 15 ~ 60℃
高温用 ( シリコンオイル )
10 ~ 310℃
10 ~ 60℃
禁油用 ( フッ素系オイル )*2 - 20 ~ 120℃ - 10 ~ 60℃
低温用 ( エチレングリコール)
- 50 ~ 100℃ - 40 ~ 60℃
高温・高真空用 ( シリコンオイル ) - 10 ~ 250℃ - 10 ~ 60℃
高温・高真空用 ( シリコンオイル )
10 ~ 310℃
10 ~ 60℃
高真空用 ( シリコンオイル )
- 10 ~ 100℃ - 10 ~ 60℃
高圧側:背面取出構造
低圧側:側面取出構造
常に 2
1m
2m
3m
4m
5m
6m
7m
8m
9m
10 m
/ □ 付加仕様
※印は標準仕様の中でも,代表的な仕様を示します。 〈例〉EJX118J-DMSCG-912DN-EJ1WB2SY01-BC25/ □
*1: 詳細は 10-2 ページの表 10.2 ガスケット当り面を参照してください。
*2: 封入液コード D(フッ素系オイル)を選んだ場合でも,接液部の脱脂洗浄処理あるいは脱脂洗浄・禁水処理が必要な場合には
付加コード K1 あるいは K5 を指定してください。
*3: 高圧側のキャピラリ長さは,ご注文時指定の長さよりも突出し長さ(X2)とフランジ厚(t)の加算相当分だけ短くなりますの
でご注意ください。
*4: SUS304 または ASTM grade 304。鍛造材を使用する場合があります。
*5: SUS316 または ASTM grade 316。鍛造材を使用する場合があります。
*6: SUS316 または ASTM grade 316。
*7: SUS316L または ASTM grade 316L。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
10-15
10.3 付加仕様
項目
TIIS 防爆規格
( 旧呼称 JIS 防爆 )
耐圧パッキン金具付 *2
仕様
コード
TIIS 耐圧防爆 *1 Ex do IIC T4X
JF3
周囲温度:- 20 ~ 60℃
電源接続口:G1/2 めねじ用
1 個付
G11
2 個付
G12
適用ケーブル外径:Ø8 ~ Ø12
電源接続口:G3/4 めねじ用 *3
1 個付
G21
2 個付
G22
適用ケーブル外径:Ø10 ~ Ø16
塗装 塗色変更
伝送部アンプ部カバーのみ
P□
アンプ部および端子箱カバー赤色(マンセル 7.5 R4/14 相当)
PR
X2
塗装変更
重防食塗装 *4
ケース外装部品 SUS316 アンプケース外装部品 材質 SUS316 ( 銘板類,ゼロ調ねじ,外部接地端子ねじなど )
HC
内蔵アレスタ
電源電圧:10.5 ~ 32 V DC
許容電流:最大 6000A(1 × 40 µs),反復 1000A (1×40 µs)100 回
A
適合規格:IEC 61000-4-4, IEC 61000-4-5
ステータス接点出力 *5 トランジスタ接点出力(シンクタイプ)
接点定格:10.5 ~ 30 V DC,120 mA DC (max) AL
Low レベル:0 ~ 2 V DC
禁油処理
脱脂洗浄処理
K1
禁油・禁水処理
脱脂・禁水洗浄処理
K5
テフロン膜付 *6 *7
プロセス流体の接液ダイアフラムへの付着防止用。
FEP テフロン,フッ素系オイル付 TF1
使用範囲:20 ~ 150℃,0 ~ 2MPa(真空下での使用不可)
接液温度零補正 *8
補正範囲:80℃~封入液の最高使用温度(封入液コードによる)
R
キャピラリ塩ビ被覆無 周囲温度が 100℃を超える,あるいは塩ビ使用禁止の場合
V
し
CPU,センサおよびアンプ異常時の出力方向を Low 側 ( - 5%,3.2 mA 以下 ) に
出力信号制限および
C1
設定
異常時出力信号 *9
正常時出力:3.8 ~ 20.5 mA,異常時出力:Low 側 ( - 5%,3.2 mA 以下 ) に設定
C2
正常時出力:3.8 ~ 20.5 mA,異常時出力:High 側 (110%,21.6 mA 以上 ) に設定
C3
金メッキ *10
水素透過対策用。接液ダイアフラムの裏面に金メッキを施す
A1
Tag プレート吊下げ
SUS316 Tag プレート吊下げ
N4
パラメータ設定
伝送部ソフトウェアダンピング *11
CB
伝送部ソフトウェアダンピング,Descriptor,Message*12
CA
校正単位 *13
bar 校正 (bar 単位 )
D3
14
アドバンス診断 *
マルチセンシングプロセス監視機能
DG6
・導圧管つまり検出機能 *15
材料証明書
フランジ,ブロック
M2W
フランジ,ブロック,カバーフランジ締付ボルト・ナット
M8W
フラッシュ形用
フランジ,ブロック,リング *16
M5W
フランジ,ブロック,リング,カバーフランジ締付ボルト・
MBW
ナット *16
フランジ,ブロック,パイプ,ベース
M2E
フランジ,ブロック,パイプ,ベース,カバーフランジ締 突出し形用
M8E
付ボルト・ナット
高圧側:フランジ,ブロック,パイプ,ベース
M2Y
低圧側:フランジ,ブロック
突出しとフラッシュ
高圧側:フランジ,ブロック,パイプ,ベース
の組合せ形用
低圧側:フランジ,ブロック
M8Y
カバーフランジ締付ボルト・ナット
IM 01C26H01-01
10-16
< 10. 標準仕様>
項目
耐圧・
リーク
試験成績表
□
EJ
438J
*17
仕様
フランジ規格:JIS 10K 試験圧力:2 MPa
試験圧力:5 MPa
フランジ規格:JIS 20K フランジ規格:JIS 40K 試験圧力:10 MPa*6
EJ □ 118J フランジ規格:ANSI/JPI クラス 150 試験圧力:3 MPa
フランジ規格:ANSI/JPI クラス 300 試験圧力:8 MPa*6
フランジ規格:ANSI/JPI クラス 300 試験圧力:7 MPa*18
フランジ規格:ANSI/JPI クラス 600 試験圧力:16 MPa*6
試験圧力:2 MPa
A フランジ規格:JIS 10K
カ フランジ規格:JIS 20K, 40K, 63K
試験圧力:3.5 MPa
プ
フランジ規格:ANSI/JPI
クラス
150,
300,
600
セ
ル 試験圧力:3.5 MPa
フランジ規格:JIS 10K
試験圧力:2 MPa
フランジ規格:JIS 20K
試験圧力:5 MPa
フランジ規格:JIS 40K
試験圧力:10 MPa*6
B
試験圧力:7 MPa*18
カ フランジ規格:JIS 40K
試験圧力:16 MPa*6
プ フランジ規格:JIS 63K
セ フランジ規格:ANSI/JPI クラス 150 試験圧力:3 MPa
ル
フランジ規格:ANSI/JPI クラス 300 試験圧力:8 MPa*6
フランジ規格:ANSI/JPI クラス 300 試験圧力:7 MPa*18
フランジ規格:ANSI/JPI クラス 600 試験圧力:16 MPa*6
試験流体:
窒素(N2)ガス *19
保持時間:10 分
コード
T51
T54
T57
T52
T56
T55
T58
T51
T53
T53
T51
T54
T57
T55
T58
T52
T56
T55
T58
*1: 電源接続口 G1/2 および G3/4 めねじ(電源接続口コード 0, 1, 5, 6)の場合に限り適用。
*2: TIIS 耐圧防爆機器への配線がケーブル配線方式の場合には,当社認定品の耐圧パッキン金具(/G □)を必ず付加してください。
*3: 端子箱分離形アンプケース(アンプケースコード A, B)の場合に限り適用。
*4: 塗色変更(/P □,/PR)との組合せは適用外。
*5: 外部指示計端子は使用できません。端子配置図,配線例を参照ください。出力信号コード D, E, J の場合のみ適用可。
*6: フラッシュ形(プロセス接続構造コード W)の場合にのみ適用可。封入液コード 1, 2, 4 との組合せは不可。
*7: フラッシングコネクションリングコード 0 の場合にのみ適用可。封入液コード 1, 2, 4 との組合せは不可。
*8: 接液温度零補正の温度を指定してください。指定方法(例)
:接液温度零補正 90℃
*9: 標準品は HIGH 側(110% , 21.6 mA DC 以上)です。出力信号コード D, E, J の場合のみ適用可。
*10: 接液部材質コード SW, SE, SY, HW の場合にのみ適用可。
*11: 注文時指定事項を参照ください。出力信号コード D の場合のみ適用可。
*12: 注文時指定事項を参照ください。出力信号コード E, J の場合のみ適用可。
*13: 主銘板に表示される MWP(最大使用圧力)の単位は,付加仕様コードで指定された単位と同単位です。
*14: 出力信号コード E, J の場合のみ適用可。
*15: 圧力揺動の変化を監視し,導圧管の詰まりを検知します。
*16: フラッシングコネクションリング付き(フラッシングコネクションリングコード 1, 2, 3, 4, A, B, C, D)の場合にのみ適用可。
*17: 校正単位
(/D3)
選択の場合でも試験圧力は Pa 単位です。
フラッシングコネクションリングコード 1, 2, 3, 4, A, B, C, D の場合,
フラッ
シングコネクションリングを取り外した状態の耐圧・リーク試験成績となります。
*18: 突出し形(プロセス接続構造コード E)および組合せ形(プロセス接続構造コード Y)の場合にのみ適用可。
*19: 禁油処理(/K1, /K5)されている場合,試験流体は純窒素ガスです。
IM 01C26H01-01
10-17
< 10. 標準仕様>
10.4 外形図
[EJ□118J]
<伝送器本体部>
ゼロ調ねじ
Ø77
54
39
12
178
6
電源接続口
89
外部指示計接続口
(オプション)
単位:mm
110
319
接地端子
高圧側
124
電源接続口コード5
の場合
端子側
129
内蔵指示計(オプション)
137
Ø69
● 端子箱一体形アンプケース / 水平配管接続
83
低圧側
錠締ボルト
(耐圧防爆のみ)
47
2Bパイプ(Ø60.5)
2Bパイプ取付ブラケット
(フラット形, オプション)
● 端子箱分離形アンプケース / 垂直配管接続
・左端子箱
2Bパイプ取付ブラケット
(L形, オプション)
2Bパイプ(Ø60.5)
外部指示計接続口
(オプション)
ゼロ調ねじ
97
錠締ボルト
(耐圧防爆のみ)
52
142
58
Ø77
電源接続口コード:5
( )内は コード 6の場合
191
(7)
6
(65)
64
高圧側
低圧側
84
88
接地端子
146
電源接続口
2Bパイプ取付ブラケット
(L形, オプション)
2Bパイプ(Ø60.5)
(7)
6
142
97
外部指示計接続口
(オプション)
58
Ø77
電源接続口コード:5
( )内は コード6の場合
191
(65)
64
51
52
・右端子箱
97
高圧側
低圧側
錠締ボルト
(耐圧防爆のみ)
88
51
146
接地端子
電源接続口
84
97
F1013.ai
IM 01C26H01-01
10-18
< 10. 標準仕様>
[EJ□438J]
<伝送器本体部>
● 端子箱一体形アンプケース / 水平配管接続
外部指示計接続口
(オプション)
単位:mm
内蔵指示計
(オプション)
137
89
110
電源接続口
95
54
12
ゼロ調ねじ
39
Ø70
高圧側
低圧側
錠締ボルト
(耐圧防爆のみ)
2Bパイプ取付ブラケット
(フラット形, オプション)
大気解放孔(Ø5) 2Bパイプ
(Ø60.5)
2Bパイプ取付ブラケット
(L形, オプション)
2Bパイプ(Ø60.5)
142
外部指示計接続口
(オプション)
52
(65)
64
ゼロ調ねじ
58
電源接続口コード:5
( )内は コード 6の場合
Ø78
97
接地端子
電源接続口
88
146
44
錠締ボルト
(耐圧防爆のみ)
97
97
(65)
64
・右端子箱
2Bパイプ取付ブラケット
(L形, オプション)
(7)
6
2Bパイプ(Ø60.5)
取付ブラケット
52
142
ゼロ調ねじ
接地端子
電源接続口コード:5
( )内は コード6の場合
外部指示計接続口
(オプション)
58
Ø78
97
191
191
47
124
83
● 端子箱分離形アンプケース / 垂直配管接続
・左端子箱
(7)
6
端子側
接地端子
315
電源接続口コード5
の場合
129
175
Ø78
6
高圧側
低圧側
電源接続口
88
97
97
48
錠締ボルト
(耐圧防爆のみ)
146
F1014.ai
IM 01C26H01-01
10-19
< 10. 標準仕様>
[EJ□118J, EJ□438J]
<ダイアフラムシール部>
● フラッシュ形
・フラッシングコネクションリングコード
0の場合(リングなし)
単位:mm
・フラッシングコネクションリングコード
1, 2, 3, 4, A, B, C, Dの場合(リング付)
t
t
1
25
f
6
3 4
*
3*4
*
フラッシング 5
コネクションリング
*
f
*
k
1
Ød
112
*
n-Øh
j
*
ダイアフラムシール
*
2
ød
*
2
øg
øC
øD
Øg
ØC
ØD
*
n-øh
キャピラリ長さ
キャピラリ長さ
ベント・ドレンプラグ
● 突出し形
ØD
ØC
Øg
*1:
*2:
*3:
*4:
X2
14
ØA
接液部材質コードUW (チタン)の場合,34となります。
ガスケット当り面の内径を示します。
フランジ材質がS25Cの場合,f寸法は0となります。
ANSI/JPIフランジにてフランジ材質がSUS304の場合,f寸
法はt寸法に含まれます。
*5: フラッシングコネクションリング
t
レジューサー形
うず巻
ガスケット
キャピラリ
長さ 7
*
フランジサイズ
80A(3B), 50A(2B)用
うず巻
ガスケット
Ø44
f
Ø30
Ød
n-Øh
*
120
3*4
ストレート形
フランジサイズ
40A(1 1/2B)用
*6: 付加仕様コードK1またはK5(禁油処理)を選択した場合,
11mm加算となります。
*7: キャピラリ長さは突出し長さ (X2)とフランジ厚 (t)の加算
相当分を含みます。
● 突出しとフラッシュの組合せ形
ØD
ØC
Øg
n-Øh
14
ØA
n-Øh
t
f
25
突出し長さ
(X2)
3*4
*
Ød
2
Ø30
キャピラリ長さ
*
Øg
ØD
ØC
t
f
*
120
3*4
X2
*
突出しコード
X2
1,2
50
3,4
100
5,6
150
7
キャピラリ長さ
高圧側
低圧側
F1015.ai
IM 01C26H01-01
10-20
< 10. 標準仕様>
フランジサイズ:100A(4B)
単位:mm
ØC
175
185
205
190.5
200.2
190.5
200.2
Øg
155
155
155
155
155
155
155
Ød
―
―
―
―
―
―
―
t
18
24
36
23.9
31.8
24
32
f*3*4
0
0
0
1.6
1.6
1.6
1.6
n
8
8
8
8
8
8
8
Øh
19
23
25
19.1
22.4
19
22
j
―
―
―
―
―
―
―
k
―
―
―
―
―
―
―
ØA
96 ± 0.5
96 ± 0.5
96 ± 0.5
96 ± 0.5
96 ± 0.5
96 ± 0.5
96 ± 0.5
フランジサイズ:80A(3B)
フランジ規格
ØD
JIS 10K
185
JIS 20K
200
JIS 40K
210
JIS 63K
230
ANSI クラス 150
190.5
ANSI クラス 300
209.6
ANSI クラス 600
209.6
JPI クラス 150
190
JPI クラス 300
210
JPI クラス 600
210
ØC
150
160
170
185
152.4
168.1
168.1
152.4
168.1
168.1
Øg
130
130
130
130
130
130
130
130
130
130
Ød*2
90
90
90
90
90
90
90
90
90
90
t
18
22
32
40
23.9
28.5
38.2
24
28.5
38.4
f*3*4
0
0
0
0
1.6
1.6
6.4
1.6
1.6
6.4
n
8
8
8
8
4
8
8
4
8
8
Øh
19
23
23
25
19.1
22.4
22.4
19
22
22
j*1
25
25
25
25
25
25
25
25
25
25
k
27
27
27
27
27
27
27
27
27
27
ØA
71 ± 0.5
71 ± 0.5
―
―
71 ± 0.5
71 ± 0.5
―
71 ± 0.5
71 ± 0.5
―
フランジサイズ:50A(2B)
フランジ規格
ØD
JIS 10K
155
JIS 20K
155
JIS 40K
165
JIS 63K
185
ANSI クラス 150
152.4
ANSI クラス 300
165.1
ANSI クラス 600
165.1
JPI クラス 150
152
JPI クラス 300
165
JPI クラス 600
165
ØC
120
120
130
145
120.7
127.0
127.0
120.6
127.0
127.0
Øg
100
100
100
100
100
100
100
100
100
100
Ød*2
61
61
61
61
61
61
61
61
61
61
t
16
18
26
34
19.1
22.4
31.8
19.5
22.5
31.9
f*3*4
0
0
0
0
1.6
1.6
6.4
1.6
1.6
6.4
n
4
8
8
8
4
8
8
4
8
8
Øh
19
19
19
23
19.1
19.1
19.1
19
19
19
j*1
25
25
25
25
25
25
25
25
25
25
k
27
27
27
27
27
27
27
27
27
27
フランジサイズ:40A(1 1/2B)
フランジ規格
ØD
ØC
JIS 10K
140
105
JIS 20K
140
105
JIS 40K
160
120
ANSI クラス 150
127
98.6
ANSI クラス 300
155.4 114.3
ANSI クラス 600
155.4 114.3
JPI クラス 150
127
98.6
JPI クラス 300
155
114.3
JPI クラス 600
155
114.3
Øg
86
86
86
86
86
86
86
86
86
Ød*2
44
44
44
44
44
44
44
44
44
t
16
18
24
17.5
20.6
28.8
17.6
20.6
28.9
f*3*4
0
0
0
1.6
1.6
6.4
1.6
1.6
6.4
n
4
4
4
4
4
4
4
4
4
Øh
19
19
23
15.9
22.4
22.4
16
22
22
j
27
27
27
27
27
27
27
27
27
k
30
30
30
30
30
30
30
30
30
フランジ規格
JIS 10K
JIS 20K
JIS 40K
ANSI クラス 150
ANSI クラス 300
JPI クラス 150
JPI クラス 300
*1:
*2:
*3:
*4:
ØD
210
225
250
228.6
254
229
254
接液部材質コード UW(チタン)の場合,34 となります。
ガスケット当り面の内径を示します。
フランジ材質が S25C の場合,f 寸法は 0 となります。
ANSI/JPI のフランジにてフランジ材質が SUS304 の場合,f 寸法は t 寸法に含まれます。
IM 01C26H01-01
< 10. 標準仕様>
● 端子配置図
10-21
端子 1
端子 3
端子 2
端子 2
端子 3
端子 1
端子 1
端子 3
端子 2
EJXシリーズ,EJAシリーズ
端子箱一体形
EJXシリーズ
端子箱分離形(左端子箱)
EJXシリーズ
端子箱分離形(右端子箱)
● 端子の結線
<EJXシリーズ>
SUPPLY
CHECK
または
ALARM
+
‒
+
‒
1
2
電源および出力信号用端子
3
2
外部設置の電流計用端子*1*2
+
‒
3
2
または
ステータス接点出力用端子(/AL付加時) *2
接地端子
*1:外部指示計あるいはチェックメータは内部抵抗が10 Ω以下のも
のをお使いください。ステータス出力仕様 (付加仕様コード/AL)
の場合,チェックメータまたは外部指示計は接続できません。
*2:フィールドバス通信形 (出力信号コードF) の場合には使用できま
せん。
<EJAシリーズ>
SUPPLY
CHECK
+
‒
+
‒
1
2
電源および出力信号用端子
3
2
外部設置の電流計用端子*1*2
接地端子
*1:外部指示計あるいはチェックメータは内部抵抗が10 Ω以下のも
のをお使いください。
*2:フィールドバス通信形 (出力信号コードF) の場合には使用でき
ません。
F1016.ai
IM 01C26H01-01
<付録 1. 安全計装システムの設置にあたって>
付1-1
付録1. 安全計装システムの設置にあたって
警告
本 伝 送 器 を 安 全 計 装 シ ス テ ム (Safety Instrumented
Systems: SIS) 用途として用いる際には,本伝送器の安
全度を保つために本付録で述べる指示と手順を遵守し
てください。
付1.1
適用範囲と目的
付1.2.4
必要なパラメータの設定
安全度を保つために,以下のパラメータ設定が必要で
す。
表付1.1 設定パラメータ
項目
バーンアウト方向
スイッチ
ライトプロテクト
スイッチ
説明
内部故障検出時の出力の値を
21.6 mA 以上あるいは 3.6 mA 以
下に指定します。
書き込み機能を無効にします。
本項では,安全計装システム用途として設計された安
全度を保つ上で求められる,本伝送器の設置と操作の
付1.2.5
際に必要な使用上の注意点と行うべき作業の概要につ
伝送器の意図した通りの安全機能の実行を阻害するよ
いて述べます。ここで取り上げる項目は,伝送器のプ
うな,自己診断で検知されない故障を検出するために
ルーフテストと修理・交換,安全性データ,耐用年数,
プルーフテストの実施が必要です。
環境および用途に関する制限,パラメータの設定です。
プルーフテストの間隔は,本伝送器を含む安全計装機
付1.2
付1.2.1
安全計装システム用途における
本伝送器のご使用
安全確度
本伝送器の規定安全確度は 2% です。これは内部部品の
故障により生じる誤差が 2% 以上の場合に,機器の故障
として扱われるということです。
付1.2.2
診断応答時間
本伝送器は内部故障の発生を 5 秒以内に通知できます。
付1.2.3
設定
BT200 を用いて,レンジと単位を設定してください。
プルーフテスト
能ごとに行われる安全度計算により決定します。安全
計装機能の安全度を維持するには,安全度計算で指定
した頻度またはそれ以上でプルーフテストを行う必要
があります。
プルーフテストでは,以下の試験を実施する必要があ
ります。プルーフテストの結果は文書化される必要が
あり,その文書はプラントの安全管理の一部とすべき
です。故障が検出された場合は当社までご連絡くださ
い。
伝送器のプルーフテストを行う作業者は,バイパス手
順,本伝送器のメンテナンス,変更管理の手順など,
安全計装システムの運用について熟知している必要が
あります。
伝送器の設置後,レンジと単位が正しく設定されてい
ることをご確認ください。伝送器の校正は,パラメー
タの設定後に行ってください。
表付1.2 プルーフテスト
試験方法
必要なツール
・BT200
機能試験
1.必要に応じ,ロジックソルバーをバイパスするための
変更管理手順にすべて従います。
2.BRAIN コマンドを実行してハイアラーム(21.6 mA)の
値を出力させ,電流がこの水準にあるか検証します。
3.BRAIN コマンドを実行してローアラーム(3.6 mA)の
値を出力させ,電流がこの水準にあるか検証します。
4.ロジックソルバーの動作を復元させ,検証を行います。
三点校正を上記の機能試験と同時に行います。
・BT200
・校正圧力源
予想される結果
プルーフテスト
カバー率 : 52%
備考
伝送器が正確な信
号を出しているか
確認するために出
力を監視する必要
があります。
プルーフテスト
カバー率 : 99%
IM 01C26H01-01
付1.2.6
付1-2
<付録 1. 安全計装システムの設置にあたって>
修理・交換
付1.2.12
用途の制限
プロセスがオンライン中に本伝送器の修理を行う場合
本取扱説明書で規定した本伝送器の用途に関する制限
は,本伝送器をバイパスしてください。ユーザーはバ
を外れて使用する場合,
付 1.2.9 に記載された安全性デー
イパス手順を正しく設定する必要があります。検出さ
タは無効です。
れた故障については当社までご連絡ください。本伝送
器の交換に際しては,本取扱説明書の手順に従ってく
ださい。本伝送器の修理あるいは交換の際は,訓練を
受けたエンジニアが行ってください。
付1.2.7
起動時間
付1.3
用語と略語
付1.3.1
用語
安全
本伝送器は,電源投入後 1 秒以内に有効な信号を出力
します。
付1.2.8
(JIS C 0508 の表現です。
)
機能安全
ファームウェアの更新
せん。ファームウェアの更新が必要と判断された場合,
更新は引取りによって行います。
機器・機械・プラント・装置に対して安全と定義
された状態を達成または維持するために必要な動
ユーザーはファームウェアの更新を行うことはありま
付1.2.9
受容できないリスクから免れている状態 作を実行するシステムの能力を指します。
基本的安全
安全性データ
感電,火災,爆発などの危険から人間を保護する
ように機器は設計および製造されなければなりま
当社が提供する FMEDA レポート (Failure Mode, Effects
せん。こうした保護は,通常使用時および 1 故障
and Diagnostic Analysis: FMEDA report) には,故障率と
時でも常に有効でなければなりません。
故障モードが記載されています。
検証
本伝送器は単独使用において,安全計装機能全体の
適合 確認
PFDavg 計 算 に よ る 安 全 度 水 準 (Safety Integrity Level:
ライフサイクルの各段階で,各段階の最初に意図
SIL)2 までに適用できるという認証を受けています。ま
した目的と要求事項に見合うものが最終的に得ら
た冗長構成では最大 SIL3 までの適用が可能として認定
れたことを実証します。検証は,
分析あるいは試験,
されています。
またはその両方により行われるのが普通です。
冗長構成で使用する際には,安全計装機能の PFD 計算
妥当性確認
のための共通原因故障率 ( β -factor) を 2% にすること
安全関連システムあるいはその組み合わせと,外
を推奨します。
(冗長構成の伝送器同士で導圧管を共有
的リスク軽減施設が,あらゆる点において安全要
する場合,または導圧管が詰まる可能性がある場合に
求仕様を満たしていることを実証します。妥当性
は,10% にするようお勧めします)
。導圧管の故障率を
検査は,試験により行われるのが普通です。
PFDavg の計算に算入する必要があります。
付1.2.10
耐用年数の制限
本伝送器の予測耐用年数は 50 年です。FMEDA レポー
安全アセスメント
安全関連システムによって安全性が実現されたこと
を,証拠に基づいて判断するための調査を指します。
トの信頼性データは 50 年を有効とします。50 年を超
その他の安全手法および対策で用いられる用語の定
えて使用されると本伝送器の故障率は上昇すると考え
義および安全関連システムの説明については,JIS C
られるので,FMEDA レポートに記載された安全性デー
0508-4(IEC 61508-4)をご参照ください。
タに基いた安全度水準は達成できない可能性がありま
付1.3.2
す。
付1.2.11
略語
FMEDA (Failure Mode, Effects and Diagnostic Analysis) 環境の制限
故障モード,影響および診断分析
本伝送器の環境に関する制限は,本取扱説明書で規定
SIF (Safety Instrumented Function) 安全計装機能
しています。
SIL (Safety Integrity Level) 安全度水準
SIS (Safety Instrumented Systems) 安全計装システム
SLC (Safety Lifecycle) 安全ライフサイクル
IM 01C26H01-01
<耐圧防爆形機器についての注意事項>
1
耐圧防爆形機器についての注意事項
技術的基準(IEC整合規格)による検定合格品
1. 概要
本説明は防爆電気機器の中で耐圧防爆構造の電気機器(以下,
耐圧防爆機器と称します)に関しての注意事項を述べていま
す。
耐圧防爆機器とは労働安全衛生法に基づき,IEC 規格に整合し
た「電気機械器具防爆構造規格の技術的基準(労働省通達 基
発第 556 号)
」
(以下,技術的基準と称します)で,可燃性ガ
スまたは蒸気の発生する危険雰囲気で使用できる機器です。
検定合格品には検定合格標章,防爆上で必要な仕様を記載した
銘板,および防爆上で必要な注意事項を記載した注意書きが取
付けられております。これら記載されている内容を確認のう
え,仕様に合った条件のもとでご使用ください。
配線工事ならびに保守にあたっては,
「電気設備技術基準,内
線規定」および「ユーザーのための工場防爆電気設備ガイド(ガ
ス防爆 1994)
」を参考に実施してください。
耐圧防爆機器と呼称できる機器は,次の範囲に属するものに限
ります。
(1)
労働安全衛生法に基づく公的機関の検定に合格し,検定
合格標章が取付けられている機器であること。
(2)
検定合格標章,銘板,注意書きに記載されている内容に
合致して使用するもの。
2. 耐圧防爆構造の電気機器
耐圧防爆構造の電気機器は,工場等の事業所において可燃性ガ
スまたは蒸気が存在する場所で電気機器より爆発事故を起こ
さないよう設計されたもので,労働省の型式検定を受けていま
す。
耐圧防爆構造は,次のように定義されております。
耐圧防爆構造とは,全閉構造であって,ガスまたは蒸気が容器
内部に進入して爆発を生じた場合に,当該容器が爆発圧力に耐
え,かつ,爆発による火炎が当該容器の外部のガスまたは蒸気
に点火しないようにしたものをいう。
以上の定義を満たす特殊防爆構造,安全増防爆構造,油入防爆
構造,本質安全防爆構造等の他の防爆構造と組み合わせた耐圧
防爆構造の製品も総称として耐圧防爆構造と記載します。
3. 用語の意味
(1) 容 器
電気機器において,その充電部分を内蔵し,防爆構造を
構成するために必要な外被をいう。
(2) 錠締( じょうじめ)
鍵締めとは,第三者が防爆電気機器の防爆性能を失わせ
るような行為をすることを防止するように設計された締
付部をいう。
(3) 容器の内容積
耐圧防爆構造の電気機器の容器の容積から電気機器の機
能上欠くことのできない内容物の体積を差し引いた容積
をいう。
(4) 接合面の奥行き
接合面において,容器の内部から外部への火炎の経路の
うちの最短距離をいう。ただし,この定義は,ねじ接合
部には適用しない。
(5) 接合面のすきま
接合面において,相対する面の間の距離をいう。ただし,
相対する面が円筒状の場合は,穴と円筒状部品との直径
差をいう。
注 :
接合面のすきまと接合面の奥行の値およびねじ接合部の
山数等は,容器の内容積,接合面の構造,対象ガスまた
は蒸気の分類などに応じて規格に許容値が定められてい
ます。
4. 耐圧防爆形機器の設置
(1) 設置場所の制限
耐圧防爆機器は,当該機器の対象ガスに応じた 1 種また
は 2 種の危険場所に設置し,使用することができます。
耐圧防爆機器は,0 種場所では使用できません。
注 :
危険場所は爆発性雰囲気生成の頻度および時間をもと
にして,次に示す区域に分類されています( IEC 規格
79-10 危険場所の分類)
。
0 種場所;爆発性雰囲気が連続してまたは長時間存在す
る区域
1 種場所;爆発性雰囲気が設備機械の正常運転時に生成
するおそれのある区域
2 種場所;爆発性雰囲気が設備機械の正常運転時には生
成するおそれがなく,また,仮に生成するに
しても短時間のみ存在するような区域
(2) 設置場所における環境条件
耐圧防爆機器の設置場所における標準環境条件は,周囲
温度 -20 ~ +40℃(技術的基準による合格品の場合)の
範囲ですが,フィールド計器では +60℃まで認可されて
いるものが多くあり,これは銘板に表示されております。
機器が直射日光,プラント設備などから放射熱などを受
ける恐れのある場合には,断熱処置を講じてください。
5. 耐圧防爆形機器の外部配線工事
耐圧防爆機器の外部配線は,ケーブルを使用する場合はケーブ
ル配線工事,または絶縁電線を使用する場合は耐圧防爆金属管
配線工事を施してください。
耐圧防爆機器のケーブル配線では配線口に直接ケーブルグラ
ンド(耐圧パッキン金具)
,
金属管配線では配線口の近くにシー
リングフィッチング金具を付け,機器を確実に密封する必要が
あります。また,容器などの非充電露出金属部分は確実に接地
してください。なお,詳しくは「ユーザーのための工場防爆電
気設備ガイド(ガス防爆 1994)
」等をご参照ください。
(1) ケーブル配線
● ケーブル配線では,機器に付属または指定されたケーブ
ルグランド(耐圧パッキン金具)を機器の配線口に直接
取付け,機器を密閉構造にしてください。
● ケーブルグランドと機器の接続ねじは,シール性のない
JISB0202 の管用平行ねじ(記号 G または PF)が使用され
ています。機器内への腐食性ガスまたは湿気などの侵入
を防ぐため,ねじ部には液状ガスケットなどの非硬化性
のシール材を塗布し防水処理を施してください。
● ケーブルには制御用ケーブル(JIS C3401)等「ユーザー
のための工場防爆電気設備ガイド(ガス防爆 1994)
」で
推奨されているものを使用してください。
EX-B03
● ケーブルグランド以降のケーブルは,外傷を防ぐため必
要に応じ保護管(電線管,フレキシブルチューブ)
,ダク
トまたはトレイなどに納めて布設してください。
● 爆発性雰囲気が保護管,ダクトなどを通って,1 種場所
または 2 種場所から種別の異なる他の所または非危険場
所へ流動するのを防止するために,それぞれの境界付近
において保護管をシールし,またはダクトの内部に砂な
どを充填するなどの適切な処理をしてください。
● ケーブルの分岐接続およびケーブルと金属管配線におけ
る絶縁電線との接続は,耐圧防爆構造または安全増防爆
構造の接続箱内において行ってください。この場合,接
続箱へのケーブルの引込み部には,接続箱の種類に適合
した耐圧防爆または安全増防爆構造のケーブルグランド
を使用する必要があります。
(2) 耐圧防爆金属管配線
● 金 属 管 配 線 に 使 用 す る 電 線 は,600V ビ ニ ル 絶 縁 電 線
(JISC3307)等「ユーザーのための工場防爆電気設備ガイ
ド(ガス防爆 1994)
」で推奨されている絶縁電線を使用
してください。
● 電線管は,JIS C8305(鋼製電線管)に規定する厚鋼電線
管を使用してください。
● 機器の配線口の近くに耐圧防爆構造のシーリングフィッ
チング金具付けてコンパウンドを充填し,機器を密閉構
造にしてください。また,電線管路を爆発性ガス,湿気
または爆発による火炎が流動することを防止するため,
次の箇所にシーリングフィッチングを設けて管路を密封
してください。
(a)
危険場所と非危険場所の境界のいずれか一方の側。
(b)
危険場所が異なる部分の境界線。
● 機 器 と 電 線 管 ま た は 電 線 管 用 付 属 品 の 接 続 部 は,JIS
B0202 の管用平行ねじ(記号 G または PF)により,完全
ねじ部で 5 山以上結合させてください。
なお,ねじ部は平行ねじのためシール性がないので,ね
じ部には液状ガスケットなどの非硬化性のシール材を塗
布し防水処理を施してください。
● 金属管部に可とう性が必要とされる場合には,耐圧防爆
構造のフレキシブルフィッチングを使用してください。
6. 耐圧防爆機器の保守
耐圧防爆機器の保守は,次より行ってください。また,詳細
については「ユーザーのための工場防爆電気設備ガイド(ガ
ス防爆 1994)の第 10 章 防爆電気設備の保守」を参照してく
ださい。
(1) 通電中の保守
耐圧防爆形機器の保守は,原則として通電中には行わな
いでください。やむを得ず通電中にふたなどを開いて保
守する場合には,ガス検知器などで爆発性ガスのないこ
とを確認しながら行ってください。また,爆発性ガスの
有無を確認できないときの保守は次の範囲に止めてくだ
さい。
a) 目視による点検
耐圧防爆機器,金属管,ケーブルなどの損傷,腐食の程度,
その他の機械的構造の目視点検。
b) ゼロ点調整,スパン調整などの調整部
容器のふたなどを開けずに,外部から可動部を調整でき
る構造となっている場合にかぎります。この場合,工具
による衝撃火花を発生させないようにご注意ください。
<耐圧防爆形についての注意事項>
2
(2) 修理
耐圧防爆形機器を修理する場合には,通電を停止し,安
全な場所に持ち帰って行ってください。
また,修理に際して次の事項にご注意ください。
a) 修理は,機械的にも電気的にも,原形復帰が原則です。
耐圧防爆形機器は,接合面のすきま,接合面の奥行,ね
じ接合部,容器の機械的強度が防爆性を左右する重要な
要素です。したがって接合面を傷をつけたり,容器に衝
撃を与えないように十分注意してください。
b) 耐圧防爆性保持に必要な部分(たとえば,ねじ結合のね
じ部分,接合面,のぞき窓,本体と端子箱の接合部,錠締,
外部配線引込口など)が損傷した場合には,当社にご相
談ください。
注 :
ねじ接合部のねじの切直し,接合面の仕上直しなどは行
わないでください。
c) 容器内部の電気回路部分,内部機構の修理は特に指定の
ない限り,
耐圧防爆性に直接影響を及ぼしません(ただし,
原形復帰が原則です)
。なお,修理する場合は当社が定め
た指定部品を使用してください。
d) 修理品を再び使用する前に,耐圧防爆性保持に必要な部
分の再点検を行い,ねじのゆるみ(締め忘れ)などのな
いことを確認してください。
(3) 仕様変更,改造の禁止
仕様の変更,改造,たとえば外部配線引込口の追加,改
造などは行わないでください。
7. 耐圧パッキン金具の選定
注意
技術的基準 (IEC 整合規格 ) に対応した耐圧防爆機器の外部配
線引込口に使用する,ケーブルグランド ( 耐圧パッキン金具 )
は耐圧防爆機器と組合せた状態で認可されております。従っ
て,耐圧パッキン金具は当社の指定したものをお使いくださ
い。
参考文献
(1) 防爆構造電気機械器具型式検定ガイド
(国際規格に整合した技術的基準関係)
平成 8 年 11 月 社団法人 産業安全技術協会
(2) ユーザーのための工場防爆電気設備ガイド
(ガス防爆 1994)
労働省産業安全研究所
EX-B03
1
説明書 改訂情報
資料名称
: ダイアフラムシール付差圧・圧力伝送器 EJ□118J,EJ□438J
資料番号
: IM 01C26H01-01
版 No.
改訂日付
初版
2004 年 10 月
2版
2008 年 2 月
ページ
―
新規発行
ー
スタイル変更
全般
アンプケースの図を変更
1-1
スタイルコード表を追加
7-9
(5) ローカットの注意書きを修正
7-13
(15) パラメータ A11 に関する記述を追加
7-18
(22) 接点出力に関する注意を追加
10-2
10.1 質量の記述を変更
10-5, 10-6
10-11
10-13, 10-14
3版
2009 年 9 月
1-1
7-10
4版
5版
2010 年 3 月
2012 年 6 月
1. 注記に HART 通信形を追加
7.3.3 (5) ローカットにヒステリシスの説明を追加
10-5 ~ 10-12
10.2 HART 通信形を追加,材料表記の一部改訂,誤記訂正
10.3 /DG6,/CA を追加
3-2
3. 図 3.4 誤記訂正
10-4, 10-6, 10-8
10.2 図の誤記訂正
10-13
10.3 /M8W, /MBW, /M8E, /M8Y を追加
10-16
10.4 誤記訂正 , 大気開放孔を追記
全般
EJA-J シリーズを追加 , EJX-J シリーズスタイル変更
1-1
形名・スタイルコードの追加
「5.7 電源投入時の内蔵指示計の表示」を追加
7-6
7.3.2 パラメータ I41, K45 と注記を追加
7-9
(5) ローカット値の出荷時設定を改訂
7-17
(18) テスト出力保持時間を改訂
パラメータ追加
EJA-J を追加
4-3
伝送器本体の推奨取付位置に設置できない場合の条件仕様
を改訂(封入液コード 1,2,4 追加)
7-20
封入液定数の改訂(封入液コード 1,2,4 追加)
10-1 ~ 10-16
2014 年 6 月
外形図変更
10-13 ~ 10-14
9-3, 9-4
7版
オプションコード追加
10.1 HART 通信形の記述を追加
10-1 ~ 10-17
2012 年 12 月
コードを追加
10-1 ~ 10-2
5-4
6版
訂正・変更箇所
1-2
5-1 ~ 5-5, 7-1
5-1
5-2, 7-1
5-3 ~ 5-4
封入液コード 1,2,4 に関する記述追加
1. 記号に関する注記を追加
端子記号変更に伴う記号,記述の更新
5.3.1 使用電源に関する注記を追加
BRAIN 通信に関する注記を追加
5.4.2 耐圧防爆金属管配線の内容を更新
10-2
10.1 カプセルボディ接液部材質表記修正
10-21
端子配置・端子結線図を更新
IM 01C26H01-01
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement