中・高温用アネモマスター風速計の5つの特長

中・高温用アネモマスター風速計の5つの特長
■仕 様
CAT.No.E6162-3J
<本 体>
<プローブ>
型 名
本 体:MODEL6162
測定対象
清浄な空気流(ただし、結露しないこと)
計測機能
風速・風温(同時計測)
表示機能
デジタル表示
風速・風温同時表示
入出力端子
デジタル出力端子…RS-232C(シリアル)
アナログ出力端子…風速・風温同時出力
出力電圧0∼1V(出力インピーダンス 47Ω)
リモート端子…START/STOP 機能
型 名
MODEL0203(中温プローブ)
MODEL0204(高温プローブ)
計測範囲
風速……V0∼50.0m/s
V0 =0.2m/s: 0∼99℃
V0 =0.4m/s:100∼200℃
風速……V0∼50.0m/s
V0 =0.2m/s: 0∼99℃
V0 =0.4m/s:100∼199℃
V0 =0.7m/s:200∼299℃
V0 =1.0m/s:300∼400℃
風 速
計測精度
記憶容量
最大 999 データ
電 源
乾電池………単二電池6本(1.5×6=9V)
アルカリ電池、マンガン電池
ACアダプタ…12.5V、450mA(AC100V ± 10%、50/60Hz)
動作温度
5∼40℃
電池寿命
約 8 時間(アルカリ電池、風速 5m/s 連続動作時、
ただし、バックライトを使用していない場合)
風 温
外観寸法
220(W)×85(D)×150(H)mm
質 量
本 体…約1.8kg
付 属 品
肩掛ベルト………………………………………………… 1本
乾電池(単二アルカリ電池)……………………………… 6個
ACアダプター
(DC12V、450mA)…………………………1個
出力ケーブル(ミノムシクリップ:アナログ出力用)………… 2本
取扱説明書 ……………………………………………… 1冊
別 売 品
中温用延長棒、高温用延長棒、計測ソフトウェア、
プリンター、コンプレッション・フィッティング
計測範囲
V0∼4.99m/s
5.00∼9.99m/s
10.0∼24.9m/s
25.0∼50.0m/s
0∼99.9℃
100∼199℃
200∼500℃
(0204のみ)
風温
風速
V0∼4.99m/s
5.00∼9.99m/s
10.0∼24.9m/s
25.0∼50.0m/s
温度補償
精度(風速)
応 答 性
ケーブル
ケーブルの
耐 熱
質 量
付 属 品
表示分解能
精 度
±0.15m/s
±0.3m/s
±0.75m/s
±1.5m/s
定温度型熱式風速計
0.01m/s
0.1m/s
0.2℃
±(指示値の1%+1℃)
1℃
MODEL0203
MODEL0204
0∼200℃
±0.5m/s
±0.6m/s
±1.5m/s
±3.0m/s
0∼400℃
±0.75m/s
±1.0m/s
±2.5m/s
±5.0m/s
風速…4秒(90%応答、風速 5m/s時)
風温…5秒(90%応答、風速 5m/s時)
テフロン被覆線1.5m+ビニール線5m
テフロンコート(プローブ側)…200℃
ビニールコート(接続ケーブル)…80℃
約200g
プローブボード……………………1枚
プローブ収納ケース………………1個
接続ケーブル(ビニール線5m)…1本
R
○
中・高温用アネモマスター
テフロン被覆線2.3m+ビニール線10m
約500g
プローブボード……………………1枚
プローブ収納ケース………………1個
接続ケーブル(ビニール線10m)……1本
試薬ビン、
ビーカー、竹ブラシ …… 各1本
■プローブ外観図(単位:mm)
①高温用プローブ0204
①中温用プローブ0203
耐熱200℃
耐熱80℃
930
耐熱500℃
耐熱200℃
耐熱80℃
②高温用接続ケーブル
②中温用接続ケーブル
耐熱80℃
耐熱80℃
③中温用延長棒6162-03(別売品)
③高温用延長棒6162-04(別売品)
最大延長
約700
①
③
注意
最小約300
耐熱 耐熱
200℃ 80℃
①
耐熱500℃
耐熱200℃
③
耐熱 耐熱
200℃ 80℃
●正しく安全にお使いいただくため、ご使用の前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。
本カタログの製品仕様は改善のため予告なく変更する場合があります。
□本 社 大阪府吹田市清水2番1号
(〒565‐0805)
□製品に関する
お問い合わせ 0120‐009‐750
E-mail:
□大 阪 事 務 所 TEL.(06)
6877-0447
□東 京 事 務 所 TEL.(03)
3378-4151
□名古屋事務所 TEL.(052)
241-0535
この印刷物はリサイクル可能な古紙
100%再生紙とソイインキ(大豆油
インキ)を使用しています。
■乾燥工程の風速管理に
(
登録証番号 JQA-2790
本社にて取得
登録証番号 JQA-EM1628
()
)
ISO9001認証 ISO14001認証
本カタログの記載内容は2006年7月現在のものです。
■乾燥炉・オーブン設備内の風量測定に
■ボイラー等の煙道排気ガスの風量測定に
測定例
製品の品質管理や生産性の向上に貢献します。
中・高温用アネモマスター風速計の5つの特長
[HOLD] ……… 表示値のホールドを行います。
[FAST/SLOW]FAST、SLOW1、SLOW2の切換で、それぞれ
1、5、10秒間の移動平均値を表示できます。
※演算計測機能では使用できません。
通信機能内蔵
1
2
3
プローブタイプは中温用(200℃まで)、高温用(500℃まで)の2種類をご用意。
4
測定環境の温度が変化しても、風速値に影響を与えないよう、温度補償回路が内蔵
されております。また、高温風洞を用いて実温度で温度補償効果の検証も行っております。
5
多彩な操作機能
※
最大500℃までの高温環境で風速 ・風温の同時測定。
プローブ互換性があり、プローブとプローブボードを交換すれば、中温用と
高温用の使い分けや、プローブ故障時も校正せずに測定が続けられます。
………
[BATT] 電池の残量を表示します。
乾電池使用のみ有効と
なります。
デジタル端子(RS-232C で
プリンタ・パソコンとの接続
が可能)
、アナログ出力端子、
リモート端子を標準装備して
います。
2電源仕様
乾電池(アルカリ、
マンガン)
とAC専用の2電源。乾電池は、
AC電源が得られない場所での計測に便利です。
風速センサー、温度補償センサーどちらにも白金の素子を使用し、
早い応答性と高精度な温度補償効果を実現しました。
※ただし、風速の精度補償範囲は400℃までです。
トレーサビリティ証明
デジタル表示(風速・風温同時表示)
風速計は、素子の汚れや経年劣化により、指示値が変化してしまうことがあるため、
定期的に校正する必要があります。(校正周期は使用頻度によって異なります。)
弊社の風速計は国家基準・国家標準に対して定期的にトレースされた基準器を使用し
て校正しており、国家基準・国家標準とのつながりを対外的に証明するトレーサビリ
ティ証明書(トレーサビリティ体系図と校正証明書)を発行しています。
バックライト付の見やすいデジタル画面。
風速・風温を同時に表示することが可能です。
演算モードの設定
平均、最大、最小、風量を
演算することができます。
トレーサビリティ証明書が必要な場合は製品ご購入時にお申し付けください。
トレーサビリティ証明書
平均・最大・最小
用途例
■乾燥工程の風速管理に
■ボイラー等の煙道排気ガスの風量測定に
風量
MENU画面
時間変動グラフ
プローブ互換
本体共通でプローブの付け替えができます。
・MODEL 0203 と MODEL 0204 の使い分け
・不測の故障に備えての予備プローブの保有
が可能です。
MODEL 0204
MODEL 0203
別 売 品
[携帯型アネモマスター計測ソフトウェア(S600-00)]
for Windows
[コンプレッション・フィッティング]
プローブの固定にご使用ください。
φA
R1/2
【取付図】
R 3/4
締め付け固定
プローブ
測定値をリアルタイムでグラフ表示も可能です。また、あらかじめ
本体にメモリされたデータの転送も可能です。
測定データはCSV形式で保存されますので、Excelをはじめとする
表計算ソフト上でデータ編集、グラフ作成が可能です。
対応OS:Windows98/Me/2000/XP
B
測定例
C
■乾燥炉・オーブン設備内の風量測定に
締
め
付
け
リ
ン
グ
コンプレッション・
フィッティング
管
用
ネ
ジ
の
呼
ビ
D
材質;SUS304
対応
プロ−ブ 締め付けリング
ネジの呼ビ
プローブ
材質
サポ−ト径A
B
C
D
0204
R 3/4 ※1
φ14
黄銅
61
20
33
0203
※2
φ11
テフロン
52
16
26.3
R 1/2
※ 1 一度締め付けた後、取り外すと、再利用できません。(単位:mm)
※ 2 締め付け、取り外しを繰り返し行えます。
お問い合わせ先変更のお知らせ
本カタログに記載のお問い合わせ先が、下記の通り変更となりました。
日本カノマックス株式会社
〒565-0805 大阪府吹田市清水2番1号
この製品に関するお問い合せは・・・
TEL 0120-009-750
E-mail: [email protected]
□ 東京事務所
〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-18-20第1横田ビル
TEL: (03) 3378-4151 FAX: (03) 5371-7680
□ 大阪事務所
〒565-0805 大阪府吹田市清水2番1号
TEL: (06) 6877-0447 FAX: (06) 6877-8263
□ 名古屋事務所 〒460-0011 名古屋市中区大須4丁目1番71号 時計ビル8F
TEL: (052) 241-0535 FAX: (052) 241-0524
以 上
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement