電波時計について - リズム時計工業株式会社

電波時計について - リズム時計工業株式会社
おもな製品仕様
電 波 時 計(デジタル掛・置兼用時計) 取扱説明書
本体 8RZ075
室外温度センサー 8RDA37-A
使用温度範囲
−10℃∼ 50℃
(結露しないこと)
温度測定範囲
−40℃∼ 70℃
(結露しないこと)
温度表示単位
0.1℃
標準電波を受信してカレンダーと時刻を自動修正
使用温度範囲 0 ∼50℃(結露しないこと)
時間精度
標準電波受信直後
±1秒
標準電波を受信しない場合
平均月差 ±30 秒
温度精度
±2℃(0∼ 50℃)
室外温度センサーにより室外の温度を表示
温度測定範囲 -30 ∼ 60℃
(内蔵センサー)
使用電池
単 3 形アルカリ乾電池 3個
約 1 年㊟ 1
最高・最低温度を記録し表示します
温度表示単位 0.1℃
電池寿命
無線設備種別
特定小電力無線送信機㊟ 2
取扱説明書番号 D029−CXXY
∼ 製品の特長 ∼
温度精度
表示項目
±2℃(0∼ 50℃)
時刻 12 時間/ 24 時間制切替
月日、曜日
お買い上げいただきありがとうございます。
お使いになる前にこの取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
カレンダー
2000 年∼ 2099 年まで対応
お読みになった後もお手元に保管して、必要に応じてご覧ください。
使用電池
単 3 形アルカリ乾電池 4 個
電池寿命
その他
約1年
専用室外温度センサーにより外部
温度表示
最低・最高温度記録
標準電波時計
受信 40/60kHz 自動切替
電波受信結果の表示
電波受信機能 ON/OFF 切替
標準電波強制受信操作
手動時刻合わせ機能
電池交換時期お知らせ機能
置・掛け兼用
アフターサービスについて
この時計のアフターサービスは、
お買い上げ販売店がいたします。次の記載事項と保証書をよくお読みの
上、
ご利用ください。
●修理部品の保有について
この時計の修理用性能部品
(電子回路など)
は製造打ち切り後、7年間を基準に保有しています。
ただ
し、外装部品
(ケース類)
の修理には、類似の代替品を使用したり、現品交換させていただくことがありま
す。
●修理可能期間について
無料保証期間が過ぎても、
この時計の性能部品保有期間中は、原則として有料修理が可能です。
ただ
し、修理には販売店と修理工場の往復運賃・諸掛り費用も加わり、商品により修理代金が高額になる
場合がありますので、
販売店とよくご相談ください。
送信電波周波数 426.025MHz
電波伝搬距離
約30m㊟ 3
温度の変動により寿命が変化します。また、
0℃以下の状態では、電池性能の低下により電
波の伝搬距離が低下することがあります。
㊟2 総務省技術基準適合品です。使用にあたって
の資格・免許申請や届け出などは一切不要で
す。室外温度センサーの裏面に貼ってある技
術基準適合シールは適合を証明するものです。
はがしたり、傷つけないでください。
㊟ 3 障害物のない見通しの良いところ。
㊟1
本体の標準電波の自動受信は1日8回行います。
午前 2:00、 5:00、 8:00、11:00
午後 14:00、17:00、20:00、23:00
共通事項
⒈ 付属の電池は、工場出荷時に入れておりますので、電池寿命が製品仕様より短くなることがあります。
●転居または贈答品の場合
転居または遠隔地からの贈答品で、
お買い上げ販売店でのアフターサービスが受けられない場合は、
お
客様相談室にご相談ください。
(保証期間中の場合は、
販売店の保証書が必要です。)
アフターサービスなどについてご不明なことがありましたらお客様相談室にお問い合わせください。
お問い合
わせに際しては、
製品番号
(型番)
「8RZ075」
をお伝えください。
⒉ 液晶は、低温(0℃以下)では反応が鈍くなったり、表示が薄くなることがあります。
⒊ 液晶はおよそ5年を経過すると表示が薄くなることがあります。
⒋ 指定以外の電池を使用しないでください。指定以外の電池、例えば充電式電池などでは正常に機能し
⒌
⒍
⒎
⒏
発売元
(フリーダイヤル)
受付時間 9:00 ∼ 17:00(土日、祝日および当社休日を除く)
ない、電池寿命が短くなるなどの障害が発生することがあります。
本製品は厳密な温度管理する用途には適しておりません。
室外温度センサーは1つのみ使用できます。
本体および室外温度センサーは防水・防滴構造になっておりません。
製品仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。
この取扱説明書を許可なく複製、変更することを禁じます。
〒330-9551 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目299番12
http://www.rhythm.co.jp
本製品を使用することによって生じたいかなる支出、損益、その他の損失に対して
はシチズンホールディングス株式会社の登録商標です。
(Y0809)
安全にお使いいただくために(はじめにお読みください)
なんら責任を負いません。
電波時計について
ここに示した注意事項は、あなたや他の人への危害や損害を未然に防ぐためのものです。必ず守ってください。
電波時計とは
電波の受信範囲について
■表示の説明について
電波時計は、正確な時刻およびカレンダー情報を
のせた標準電波を受信することにより、自動的に
表示時刻を修正し正確な時刻をお知らせする時計
です。
送信所から約1200km離れた場所でも受信可能
です。ただし、受信範囲であっても電波障害(太陽
活動、季節、天候、置き場所、時間帯(昼/夜)あ
るいは地形や建物の影響など)により、受信でき
ないことがあります。
表示内容を無視して、誤った使い方をしたときに
生じる危害や損害の程度を、下記の表示で区分し
て説明しています。
お守りいただく内容の種類を、下記の表示で区分し
て説明しています。
(表示の一例です。)
この表示は、
「 死亡または重傷などを負う
可能性が想定される」内容です。
この表示は、してはいけない「禁止」内容
です。
警告
注意
この表示は、
「傷害を負う可能性または物
的傷害のみが発生する可能性が想定され
る」内容です。
禁止
強制
この表示は、必ず実行していただく
「強制」内
容です。
■誤飲による事故防止について
小さな部品や電池は、幼児の手の届く所に置かないでください。万一、飲み込んだ場合は、すぐに医
師の治療を受けてください。
警告
分解したり改造しないでください。故障の原因になります。
分解禁止
室外温度センサーのアンテナを付け替えたり、
回路に改造を加えると法令違反になることがあります。
本製品は精密機器です。落としたりして衝撃を与えないでください。故障や破損の原因になります。
注意
■液晶について
表示部が破損して液晶が手などについた場合は、石鹸で洗い流してください。目や口に入った場合
注意
は、
すぐに水道水でよく洗い流し、医師の治療を受けてください。
N
標準電波(JJY )は、日本標準時(JST )をお知らせ
するために、情報通信研究機構が運用している電
九州局
(送信周波数60kHz)
波です。
500km 1200km
※標準電波の時刻情報は、およそ10万年に1秒の
1200km 500km
福島局
(送信周波数40kHz)
誤差という「セシウム原子時計」によるものです。
標準電波送信所は、福島県の「福島局:おおたかど
や山標準電波送信所」と佐賀県と福岡県の県境に
この時計は福島局と九州局に対応しており、標準電
ある「九州局:はがね山標準電波送信所」の2ヵ所
波を自動選択して受信します。
あります。
標準電波の詳細については、情報通信研究機構の
ホームページをご覧ください。
(http://jjy.nict.go.jp)
電波を受信しにくい環境
次のような場所では受信できない場合や誤っ
た時刻を表示することがあります。
標準電波の送信停止について
●工事現場、空港の近くや交通量の多い所など電波
障害の起きる所。
●金属製の雨戸やブラインドの近くビルの地下など
●高圧線、
テレビ塔、電車の架橋近く
●朝夕の時間帯、雨天のとき
●家電製品やOA機器の近く、
スチール机等の金属製
家具の上や近く
送信所の定期点検や落雷などの影響により、標準
電波の送信が停止することがあります。標準電波
の送信状態については「情報通信研究機構」のホー
ムページをご覧ください。 海外でのご使用について
■使用場所について
下記のような場所では使わないでください。
機械やケース、電池の品質が低下し、精度不良や時計、電池の寿命が短くなります。
禁止
●温度が+50℃以上になる所。例えば、長時間直射日光のあたる所。暖房器具等の熱風や火気に近い所。
●製品仕様の使用温度範囲より低温のところでは、性能や精度が低下することがあります。
●浴室など湿気が多いところ。
●ほこりが多く発生するところ。
●テレビ・OA機器・オーディオのそばなど強い磁気が発生する所。磁力の影響で、時計の進みや遅れが生
じたり、止まることがあります。
●車中や船舶、工事現場など、振動の激しい所。
●温泉場など、ガスの発生する所。
●多くの油を使用する所。霧状になった油分がケースや機械部に付着し、汚れや止まりの原因になります。
●プラスチック製の時計の場合、軟質のポリ塩化ビニルに長い間、直接ふれさせておくと、相互に色移りし
たり、付着することがあります。
電池のご注意 (電池の正しい使い方)
この時計は、日本以外の標準電波は受信できませ
ん。海外で使用した場合、まれに日本の標準電波
を受信し、日本の標準時を表示したり、ノイズに
より誤った時刻を表示することがあります。海 外
でご使 用になるときには、電 波 受信 機能をOFF
にして手動で時刻を合わせてお使いください。
標準電波受信機能のON/OFF
標準電波機能を OFF にするには (標準電波を受信しない)
強制受信ボタンを8秒間押し続けてください。受信マークが消灯し、標準電波の
受信を停止します。標準電波を受信しにくい場所やノイズにより誤表示するとき
に OFF にします。OFF にした後は、手動で時刻・カレンダーを合わせてください。
(注意)
電池のご使用上のポイント
●プラス(+)、マイナス(−)を間違えない。
●電池を新しくするときは、全部まとめて取り替える。
●長期間使用しないときは電池を取り外す。
●電池に表示されている使用推奨期間内に使う。
標準電波とは
●種類の異なる電池を混ぜない 。
●時計が動いていても定期的に交換する。
●時計が止まったらすぐに電池を取り外す。
●幼児の手が届かないところに置く 。
電池の種類について
●本製品は 電池の特性に合わせて設計されています。指定以外の電池では、製品仕様を満たさない
場合や正常に機能しないことがあります。
●アルカリ乾電池とマンガン乾電池は形状的に互換性があり、一般にアルカリ乾電池のほうが長持ちし
ます。㊟ アルカリとマンガン乾電池の混在使用は液もれの原因となりますのでおやめください。
●一般に充電式乾電池は電圧が低く、時計には不向きですので使用しないでください。
●一部の高性能電池では、初期電圧が高く時計には不向きなものがあります。
(例 . 松下電池工業株式会社製オキシライド乾電池)
取り扱いについて
電池からの液もれや発熱、破裂を防止するために、つぎのことをお守りください。
●電池に傷をつけたり、分解しない。
●電池をショートさせない。
●電池を充電しない。
●時計を使用しないときは電池を取り外す。
●時計が止まったらすぐに電池を取り外す。
注意
受信マークが点滅しているとき、強制受信ボタンを押すと、受信マークが消灯し
ますが、これは受信を「中断」しただけですので、OFF にするには、8秒間押し
続ける必要があります。
標準電波機能を ON にするには (標準電波の受信を開始する)
強制受信ボタンを押してください。標準電波の受信を開始します。
本体の強制受信とリセットボタン
強制受信ボタン
リセットボタン
場所を移動したときなど標準電波の受信を
試みたいときに使います。受信に失敗して
も時刻は継続して表示します。
つぎのようなときは受信を開始しません。
手動で時刻を設定している最中
電池を交換するときに押します。
リセットボタンを押すと、工場出荷時の
状態に戻ります。すべての情報は消去さ
れ、標準電波の受信を開始し、室外温度
センサーとの同期を取る状態になります。
液もれが起きてしまったとき
警告
電池からもれた液が目や皮膚についたら、すぐに水道水でよく洗い流して医師の治療をうけてく
ださい。アルカリ乾電池の場合、失明や炎症などの障害が発生する危険性が高くなります。
衣服に付着した場合は、すぐに水道水で洗い流してください。
注意
もれた液に直接触れないでください。特にアルカリ乾電池には注意してください。
ゴム手袋をして電池をはずし、もれた液を布や紙でよくふき取ってください。修理が必要なと
きはお買い上げの販売店または当社お客様相談室にご相談ください。
電池の寿命について
●付属の電池は、工場を出荷するときに入れていますので、製品仕様より短い期間で電池切れになる
ことがあります。
●使用環境の温度などにより、製品仕様より電池寿命が短くなることがあります。
●買い置きの電池を使用した場合、保管状態や乾電池に示されている「使用推奨期限」により、電池
寿命が短くなることがあります。
電池の廃棄
●お住まい地区自治体の指定にしたがって廃棄してください。
Q & A こんなときには
室外温度が表示されなくなった。なぜか?
室外温度センサーからの信号を受信できません。つぎのことを確認してください。
○室外温度センサーの温度表示がされているか
表示が消えているまたは表示が薄い場合は電池の交換が必要です。
☞「電池の交換」に従ってください。
※室外温度センサーの置かれている環境が0℃以下の場合、電池性能が低下し、送信する
電波が弱くなっていることがあります。
○室外温度センサーや本体の近くにノイズの発生源となるものがないか
室外温度が表示されていたときと環境が変化していることが考えられます。
ノイズ源と思われるものを停止させてから、
「
使用方法 電池を入れて時刻を合わせる」
に従い、本体と室外温度センサーの同期を取ってください。
火に入れると破裂の原因となり危険です。
注意
室外温度センサーの表示
お手入れについて
送 信 するとき はアンテ ナ
室 外 温 度 セン サ ー
●汚れがひどい時は、
水でうすめた中性洗剤や石けん水を、
やわらかい布に少量つけてふき取り、
その後、
からぶきし
てください。
●ケースなどのよごれ落としに、
ベンジン、
シンナー、
アルコール、
スプレー式クリーナー類は、
使用しないでください。
時計の廃棄
●お住まい地区自治体の指定にしたがってください。
THERMOMETER SENSOR
W I R E L E S S
受信できない場合の表示。
マークが点滅します。
通常は5分間隔です。
※電池を入れてから5分以
429MHz
本体の表示
内は12秒おきに送信。
アンテナマークは受信中
点滅。
図は操作説明用ですので、実際と異なることがあります。
本体
8RZ075
表示の切り替え
室温:本体内蔵温度センサーの値
室外:室外温度センサーの値
設置場所の温
度を測定
送信
12時間制/24時間制表示切り替え
温度表示切り替え(最高・最低温度表示)
12/24 H ボタンを押すと時刻の表示形式が切り替
わります。 午前 / 午後付き12時間制 24時間制表示
MAX/MIN ボタンを押すごとに、
最高(MAX)→最低(MIN)→現在の温度表示の順
に切り替わります。
※つぎのようなときは表示の切り替えはできません。
室 外 温 度 セン サ ー
最高または最低温度の表示は、そのまま放置すると
約30秒で現在の温度表示に切り替わります。
●標準電波の受信中
THERMOMETER SENSOR
W I R E L E S S
の項参照
●手動で時刻を合わせている最中
記憶している最高・最低温度を消去し、改めて記録
を開始するには、MAX/MIN ボタンを約3秒間押し
続けます。消去が完了すると「ピィ」と鳴ります。
429MHz
スタンド
(置時計のとき使用)
12時間制表示
24時間制表示
現在の温度
の項参照
時刻合わせボタン
戻るボタン
◀▶
本体
1個
室 外 温 度センサー
1個
取扱 説 明 書
本書
保証書
1枚
単 3 形アルカリ乾電池
7個
木ねじ
コインなどで
ネジを回す。
電池ぶた
〈図ー1〉
室外温度センサー
❻
❷
閉じる
電池ぶた
開く
押す
(−1.7℃)
「HI 」:高温 「L o 」:低温 標準電波を受信できない場合
同期とは
室外温度センサーからの電波を受け取るタイミング
を合わせることです。
❶
押す
●測定範囲を超えたときの表示
2 個 本体と室外温度センサーを同期させるため、つぎ
のことを必ず守ってください。
締まる
MAX/MIN温度
押す
電池を入れて時刻を合わせる
❻
MAX/MIN温度
12/24H切替
同梱 品
緩む
●電池は本体に先に入れ、その後5分以内に室外
温度センサーに電池を入れる。
●本体が標準電波の受信を終えるまでボタン操作
をしない。
●本体と室外温度センサーは同期が取れるまでは
そばに置く。
●同期を取り直すときは、本体と室外温度センサー
の電池を取り出し、約1分後にそれぞれのリセッ
トボタンを押してから改めて電池を入れる。
●手動で時刻を合わせるときも電池を入れる手順
を守る。
※手動で時刻を合わせるときは、
「 標準電波を
受信できない場合」の「■ 手動での時刻の合わ
せ方」参照。
操作例.
2008年12月25日 午前10
:
37に合わせる
●朝までそのままにしておく
一般的に、夜間は電波状態が良くなるので、手
動で時刻合わせをして一晩そのままにしておく
①西暦年が点滅するまで、時刻
合わせボタンを約2秒間押し
つづけます。
と受信できる可能性が高くなります。
●場所を変える/受信をやり直す
「
使用方法 電池を入れて時刻を合わせる」
を行うときに、電波の受信しやすい窓ぎわや時
② 進 むまた は 戻るボタン で
「年」を「2008」に合わせ、時
刻合わせボタンを押して確定
します。
計の正面または裏面が電波の送信所(取扱説
明書の日本地図を参考)に、なるべく向くよう
にしてください。
受信できない場合は、下記操作でご使用になれます。
③進むまたは戻るボタンで「月
日」を「12月25日」に合わ
せ、時刻合わせボタンを押し
て確定します。
■ 手動での時刻の合わせ方
⑴時刻合わせボタンを西暦年が点滅するまで約
2秒間押し続けます。
⑵西暦年、
月日、時刻の順に設定します。
④進むまたは戻るボタンで「時
分」を「10:37」に合わせま
す。このとき進むまたは戻る
ボタンを押すたびに秒は「0
0」秒に設定されます。
時刻合わせボタンを押して設
定を終わります。
進むまたは戻るボタンを押して数値を合わ
せます。
〈図ー2〉
本体
❸
単3形アルカリ乾電池を4個入れる
リセット
先に入れる
強制受信
〈図ー3〉
強制受信ボタン
リセットボタン
❶ 室外温度センサーの電池ぶたを取る
押してすぐ離すと1つ単位に変わり、押し続
2ヵ所のネジをコインなどで回して電池ぶたを
取り外します。 〈図ー1〉参照
❷ 本体の電池ぶたを取る
〈図ー2〉参照
❸ 本体に電池を入れる
電池ホルダーの⊕⊖表示に合わせて電池を入
れます。 〈図ー3〉参照
❹ 室外温度センサーに電池を入れる
電池ホルダーの⊕⊖表示に合わせて電池を入
れます。 〈図ー4〉参照
けると連続して変わります。
電 池 は本 体 ➡ 室 外 温 度
センサーの順に入れる。
注意
〈図ー4〉
単3形アルカリ乾電池を3個入れる
室外温度センサー
同期の確認 (本体)
同期に失敗
同期に成功
本体のアンテナマークは、受信中に点滅します。
通常は消灯しています。
送受信は、電池を入れてから5分間は12秒間隔、それ
以降は5分間隔で行います。
室外温度センサーのアンテナマークは、送信するとき
にのみ点滅します。
❼
電池を表示と逆向きに入れると、電池の
液もれや発熱、破裂の原因になります。
時刻合わせボタンを押すとつぎのステップ
に移ります。
※操作を約4分間中断すると、表示されている内容に設定して通常の表示に戻ります。
※電波受信機能が「ON」の場合、手動で時刻合わせをしても、自動受信を行い、受信に成功す
ると時刻を修正します。
☞「
電波受信機能のON/OFF」
※標準電波を受信しない場合は、平均月差 ±30秒になります。
※時刻表示は12/24時間制がありますので、時刻を合わせるときに注意してください。
標準電波−受信の流れ
〈電池を入れた直後〉
受信マークの変化
電波の状態により変化します。
(電波サーチ機能)
受信できない
❶
❺ 室外温度センサーとの同期を確認する
RESET
❹
最低温度
室外温度センサー
8RDA37-A
「表示の切り替え」参照
MAX/MIN ボタン
本体、室外温度センサーとも防
12/24H ボタン
水・防滴仕様ではありません。
進むボタン
使用方法
最高温度
受信成功すると受信マークが点灯
室外温度センサーに電池を入れてから5分以
内に、本体が「ピィ」と鳴り、
「室外」温度が表示
されていれば同期が取れています。
失敗しているときは、本体および室外温度セン
サーの電池を取り出し、約1分後にそれぞれの
リセット
(RESET)ボタンをボールペンの先な
どで押して❸からやり直してください。
❻ 電池ぶたを取り付ける
本体と室外温度センサーの電池ぶたを取り付
けてください。
室外温度センサーの電池ぶたを、
しっかり締め
ないと水分が浸入しやすくなり、故障の原因に
なります。
❼ 標準電波の受信結果を確認する
受信時間は最長で16分程度です。
受信に成功すると正しいカレンダー・時刻が表
示され、受信マークが点灯します。
標準電波-受信の流れ 参照。
❽ 本体と室外温度センサーを設置する
本体:
「 本体の設置」参照。
室外温度センサー:
「 室外温度センサーの設置」参照。
本体と室外センサーが同じ場所にあっても測定誤差
などにより、表示が異なることがあります。
受信しやすい
❷
❸
❹
(表示しない)
受信マーク
(受信中点滅)
〈受信開始〉
1∼2分経過しても❶または❷の受信状態が
続く場合は受信できません。場所を変えて「
使用方法 電池を入れて時刻の合わせる」に
従って最初からやり直してください。
※2007年1月1日 午前12
:
00に設定される。
最長16分後
受信終了
(受信に成功したときの表示例)
(受信に失敗したときの表示例)
受信成功すると受
受信マーク消灯
失敗!
信マークが点灯
受信マークは受信成功後、
24時間点灯
※「
標準電波が受信できない場合」を参照してく
ださい。
※受信に失敗した場合は、表示されている時刻は正
しくありません。
※受信に成功しても、
ノイズにより誤った時刻を表示
することがあります。このような場合は、強制受信
ボタンを押して再度受信させてください。
テレビ、蛍光灯などの家電製品やパソコンなどのOA機器からのノイズにより、電波を受信できない場合や誤
った時刻を表示することがあります。場所を変えてから「
使用方法 電池を入れて時刻を合わせる」に従っ
て操作してください。
♦ 電池の交換
本体の電池消耗
●電池を交換するときは、本体と室外温度センサーを同時に交換してください。
●電池からの液もれを防ぎ、安定した性能を維持するために、動いていても1年に1回
定期的に交換してください。
電池からの液もれに注意
電池の交換時期お知らせ機能
本体の設置
掛
強制
ける
注意
は、電池を取り出し、1分後にリセットボタンを押してか
ら、「
使用方法 電池を入れて時刻を合わせる」に従っ
てください。
電池の交換時期になりますと本体に電池マーク( )が表示されます。本体、室外温度センサー
のいずれかに表示されたときには、本体と室外温度センサーの電池を同時に交換してください。
本体および室 外温 度センサーの電 池を交 換するときに
室外温度センサーの電池消耗
室外温度センサーの設置
掛け方が不適切な場合、時計が落下する危険があります。
○垂直に掛けてください。傾くと掛け具から外れる恐れがあります。
○掛けたときは、上下、左右に軽く動かして、確実に掛かっていることを確
認してください。
○市販の掛け具を使用するときは、壁掛け穴にしっかり掛かるものを選
んでください。
○ドア開閉時の振動などが伝わらないところに設置してください。
故障や正常に機能しない原因となりますので、室外温度センサーを設置するときは、つぎのこ
とをお守りください。
①本体との通信距離は見通しの良いところで
約30m以内です。
してください。
本体から室外温度センサーとの間に、遮へ
い物(障害物)がある場合、電波の伝達距
離が短くなります。
0℃以下で使用すると、電池性能の低下に
●木ねじは下図の通り、壁面にしっかりねじ込んで固定してください。
より送信出力が極端に低下し本体で受信で
きないことがあります。
高温になると性能の低下、故障、電池から
るものがないところ。
⑦同一周波数帯(426MHz)を使用する製
ない場合があります。本製品の複数使用は
混信の原因となります。
の液もれ・破裂の原因となります。
、
壁掛け穴
引っかかって
いる
と周囲との誤差が大きくなります。
品が近くにあると混信により正常に受信でき
②直射日光を受けないところに設置する。
木または木質の
厚い壁面
壁掛け穴
⑤蓄熱性の高いコンクリートなどに取り付ける
⑥設置場所近くに、電気的なノイズを発生す
●付属の木ねじを使用できる場所は、木の柱または木質の厚い壁面です。
ストッパーのところま
でしっかりねじ込む
④風や振動で倒れたり、落下しないように設置
引っかかって
いない
③雨や雪が直接かからないところに設置する。
室外温度センサーの取り付ける高さや場
防水構造ではありませんので、水中や直接
所により、温度は変化します。
水がかかるところに設置しないでください。
●上記以外の場所(石膏ボード、コンクリートなどの壁面)に掛ける場合は、壁の材質・構造と
時計の重量に合った、市販の掛け具をご使用ください。その際、両面テープ式や吸盤式は時
ストッパーのところまで
しっかりねじ込む
計が落下する危険がありますので、使用しないでください。
●付属の木ねじを使用できる場所は、木の柱または木質
●掛けて使用するときはスタンドを閉じてください。
の厚い壁面です。
室外
温度
THE
RMO
MET
ER
置
く
注意
無理な荷重を加えるとスタンドが外
れたり、破損することがあります。
セン
サー
SEN
SOR
W I
R E
L E
S S
42 9M
Hz
●木ねじは左図の通り、壁面にしっかりねじ込んで固定し
てください。
置時計としてご使用になるときには、ス
タンドを左図のようにしてください。
※水平で振動などが少ない安定したとこ
スタンド
ろに設置してください。
※室外温度センサーを設置した後は、本体の室外温度表示部に5分ごとに マークが点滅す
るか確認してください。点滅しないときは、室外温度センサーの向きや設置場所を変えて様
子をみてください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement