オクトセンス

オクトセンス
オクトセンス
ニッタ簡易圧力分布測定システム
ユーザーズマニュアル
2
・Windows2000/Xp/Vista/7 は、米国マイクロソフト社の登録商標
です。
・その他、本書に記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標
または商標です。
3
このたびは、ニッタ簡易圧力分布測定システム「オクトセンス」をお買い
上げいただき、誠にありがとうございます。
本書では、オクトセンスの機能や操作方法について詳しく解説しています。
オクトセンスをご使用になる前に本書をよく読み、内容を十分に理解して
ください。 また、お読みになった後も必要なときに参照できるように大
切に保管してください。
・本書の内容は、仕様改良により予告なく変更する場合があります。
・本書の内容を、弊社の許可なく複写、複製することをお断りします。
・本書の内容についてご不明な点や誤りなど、お気づきのことがございま
したら巻末の弊社窓口までご連絡ください。
4
安全のために
安全のために
オクトセンスを安全に、また末永くお使いいただくために以下の注意事項
をお守りください。
!
警告
以下の警告を無視して誤った取り扱いをすると、
人体に多大な損傷を負う可能性が想定されます。
・本製品を使用する場合は、ご使用のパーソナルコンピュータメー
カーが指示している警告・注意表示を厳守してください。
・本製品を分解したり、改造しないでください。火災・人体への傷害・
故障の原因となります。
・本製品をご使用中、煙が出たり、変な臭いや音がしたら、すぐに使
用を中止してください。
5
!
以下の注意を無視して誤った取り扱いをすると、
注意 人が傷害を負う可能性または物的損害の発生が
想定されます。
・本製品を使用中にデータなどが消失した場合でも、データなどの保
証は一切いたしかねます。故障に備えて定期的にバックアップをお
取りください。
・本製品は以下のような場所で使用しないでください。故障の原因に
なることがあります。
振動や衝撃が加わる場所
直射日光の当たる場所
湿気やホコリが多い場所
温度差の激しい場所
熱を発生するものの近く
強い磁力電波が発生するものの近く
水気の多い場所
・本製品は以下のような場所で保管しないでください。故障の原因に
なることがあります。
振動や衝撃が加わる場所
直射日光の当たる場所
湿気やホコリが多い場所
温度差の激しい場所
熱を発生するものの近く
強い磁力電波が発生するものの近く
水気の多い場所
・本製品は精密機器です。以下のことにご注意ください。
落としたり、衝撃を加えない
製品の上にものをのせない
・本製品(ソフトウェアも含む)は、日本国内仕様です。本製品を日
本国外で使用された場合、弊社は一切責任を負いかねます。また、
弊社は本製品に関し、日本国外への技術サポート、およびアフター
サービス等を行っておりませんので、予めご了承下さい。
6
センサシートについて
センサシートについて
センサシートは、フィルム状のシートに特殊インクと電極が薄膜形成
された、非常に繊細な部品です。センサシートの取り扱いについては
以下の注意事項をお守りください。
・センサシートを折り曲げたり、表面を鋭利なもので傷つけないでく
ださい。断線や、不良セルが発生する原因になります。
・センサシートにしわができる状態で使用したり、保管しないでくだ
さい。断線やセンサ寿命を縮める原因になります。
・センサシートの接続部を傷つけたり、汚したりしないでください。
接続部は、本体サコネクタ内部の電極と接触する部分です。接触不
良によって、計測結果に誤差が生じたり計測できない場合がありま
す。
・センサシートを本体コネクタに挿入するとき、無理に押し込まない
でください。センサシートのコネクタ部が破損する原因になります。
取り外すときも、引っかかりがある場合は無理に引き抜かないでく
ださい。
・測定時以外は、センサシートに荷重をかけないでください。センサ
シートが劣化し、寿命を縮める原因になります。
7
目
次
安全のために ......................................... 5
センサシートについて .................................. 7
1. オクトセンスについて ................................ 10
1-1.システム構成 .................................... 11
1-2.システム必要要件................................. 11
1-2.システム必要要件................................. 12
1-3.システムのインストール............................ 13
2. アプリケーションの表示と操作手順 ...................... 15
2-1.表示........................................... 15
2-2.センサシートの接続 ............................... 17
2-3.測定開始 ....................................... 18
3. 機能リファレンス ................................... 19
3-1.[ファイル]メニュー............................... 19
3-1-1.[新規測定] .....................................
3-1-2.[継承新規測定] ..................................
3-1-3.[繋ぎ録り測定] ..................................
3-1-4.[開く] .........................................
3-1-5.[閉じる] .......................................
3-1-6.[上書き保存] ....................................
3-1-7.[名前を付けて保存] ...............................
3-1-8.[AVI ファイルとして保存]..........................
3-1-9.[印刷] .........................................
3-1-10.[印刷プレビュー] ...............................
3-1-11.[プリンタの設定] ...............................
3-1-12.[アプリケーションの終了] .........................
19
19
19
20
20
20
21
21
21
22
22
22
3-2.[表示]メニュー .................................. 23
3-2-1.[棒グラフ] .....................................
3-2-2.[折れ線(セル毎)] ...............................
3-2-3.[折れ線(総合)] ................................
3-2-4.[グラフの縦軸の倍率] .............................
3-2-5.[数値表示] .....................................
3-2-6.[グラフの拡大] ..................................
8
23
23
23
24
24
24
3-2-7.[グラフの縮小] .................................. 24
3-2-8.[ツールバー] .................................... 24
3-2-9.[ステータスバー] ................................ 24
3-3.[設定]メニュー .................................. 25
3-3-1.[コネクタの設定] ................................
3-3-2.[領域] .........................................
3-3-3.[レコーディングパラメータ] ........................
3-3-4.[自動保存] .....................................
3-3-5.[背景ビットマップの選択] ..........................
3-3-6.[背景ビットマップの表示/非表示] ....................
3-3-7.[ユーザー設定] ..................................
3-3-8.[個別情報] .....................................
3-3-9.[感度] .........................................
3-3-10.[較正] ........................................
3-3-11.[較正の解除] ...................................
3-3-12.[較正値の保存] .................................
3-3-13.[較正値の読み込み] ..............................
3-3-14.[単位の変更] ...................................
25
25
26
26
27
27
28
28
29
29
29
30
30
30
3-4.[ムービー]メニュー............................... 31
3-4-1.[レコーディング] ................................
3-4-2.[再生] .........................................
3-4-3.[逆再生] .......................................
3-4-4.[前のフレーム] ..................................
3-4-5.[次のフレーム] ..................................
3-4-6.[はじめのフレーム] ...............................
3-4-7.[最後のフレーム] ................................
3-4-8.[停止] .........................................
3-4-9.[解析] .........................................
3-4-10.[再生速度] ....................................
31
31
31
31
31
32
32
32
32
34
3-5.[ウィンドウ]メニュー ............................. 35
3-5-1.[重ねて表示] .................................... 35
3-5-2.[並べて表示] .................................... 35
3-5-3.[アイコンの整列] ................................ 35
3-6.[ヘルプ]メニュー ................................ 35
3-6-1.[バージョン情報] ................................ 35
4. 付録 ............................................. 36
仕様............................................... 36
トラブルシューティング................................ 37
ニッタ圧力分布測定システムの基礎 ....................... 39
9
1. オクトセンスについて
オクトセンスについて
オクトセンスは、複雑な操作なしで 8 チャンネルの圧力点を測定すること
ができます。
このソフトウェアは 8 チャンネルの圧力をリアルタイムに表示すること
ができます。
また、データはパーソナルコンピュータ上で保存・読み込みを行うことが
できます。
10
1-1.システム
システム構成
システム構成
オクトセンスは、Windows2000/Xp/Vista/7 がインストールされてい
るパーソナルコンピュータの USB ポートに接続してご使用いただけます。
センサコネクタ(センサアダプタ付属)
センサアダプタ(予備)
ソフトウェアディスク(CD)
取扱説明書(本書)
1台
1枚
1枚
1部
センサシート(オプション)
センサシートはご使用用途に応じて様々な形状のものを用意し
ております。
Rec ランプ
センサアダプタ
Rec ボタン
電源ランプ
センサコネクタ(本体)
11
1-2.システム
システム必要要件
システム必要要件
オクトセンスのご使用にあたって、必要となる要件を以下に示します。
パーソナルコンピュータ
コンピュータ本体
IBM PC/AT 互換機
CPU
Intel Pentium 1GHz 以上
メモリ
64MB 以上の空きメモリ
ハードディスク
64MB 以上の空き容量
CD-ROM ドライブ(ソフトウェアのインストール用)
ディスク装置
I/O ポート
USB ポート
OS
Windows2000/Xp/Vista/7
上記は必要要件となっております。これらの要件を満たした環境であっても、
すべての場合において動作することを保証するものではありません。
12
1-3.システム
システムの
システムのインストール
オクトセンスをご使用になる前に、ハードウェアの接続、ソフトウェアの
インストールを行う必要があります。
システムの
システムのインストール
1. センサシステムボックスの USB ケーブルをパーソナルコン
ピュータに接続して下さい。電源ランプ(緑色)が点灯するかど
うかを確認して下さい。
2. Windows がセンサコネクタを認識し、ドライバを指定するダイ
アログボックスが表示されます。(以下は、WindowsXP の場合の
一例を示しています。お使いのコンピュータの環境等によって、
表示内容が異なることがございますが、その場合は表示に従って
インストールを行ってください)
「いいえ、今回は接続しません」を選択して、[次へ]をクリックし
てください。
3.「一覧または特定の場所からインストールする」を選択し、[次へ]
をクリックしてください。
13
4. [リムーバブルメディア(フロッピー、CD-ROM など)を検索]を
選択し、CD-ROM ドライブにソフトウェアディスクを入れたのち、
[次へ]をクリックしてください。
補足
パーソナルコンピュータの環境によっては、デバイスドライバの
入ったフォルダを直接指定する必要がある場合があります。
このとき、OS が Vista/7 のときは、CD-ROM 内の「WindowsXP」
フォルダを指定してください。
ソフトウェアの
ソフトウェアのインストール
1. CD-ROM ドライブ内の、
「アプリケーション」フォルダを、パーソ
ナルコンピュータの任意のフォルダにコピーして下さい。
補足
本ソフトウェア「オクトセンス」をアンインストールする時は、
「ソフトウェアのインストール」でコピーしたファイルをパソコ
ンから削除してください。
14
2. アプリケーションの
アプリケーションの表示と
表示と操作手順
ここでは、オクトセンスのアプリケーションの表示と操作手順の説明を行
います。
1.タイトルバー
2.メニューバー
4.ドキュメント
ウィンドウ
3.ツールボタン
5.圧力分布表示
6.拡張情報表示
7.ドキュメント
ステータス表示
2-1.表示
表示
1. タイトルバー
アプリケーション名と、現在アクティブなドキュメント名が表示
されます。
2. メニューバー
現在使用可能なメニュー項目が表示されます。
3. ツールボタン
メニューバーのメニュー項目のうちで、利用頻度の高い項目がボ
タンとして並んでいます。
4. ドキュメントウィンドウ
リアルタイム/ムービーデータを表示します。
15
5. 圧力分布表示
リアルタイム/ムービーデータの圧力分布を表示します。圧力が
掛かっていないところは白、低い圧力のところは濃い青、圧力が
高くなるに従って、青・緑・黄色・オレンジ・赤、と、10 階調
の色で表示されます。
6. 拡張情報表示
左側には、各チャンネルのセンサ出力値が表示されます。出力値
は単位が Raw の場合、0~255 の範囲をとります(251 以上の値
の場合、赤字で表示されます)。Raw 以外の単位の場合は、設定
された単位で表示されます。
右側には、表示メニューを選択することにより、各チャンネルの
出力のバーグラフ、各チャンネル毎の対時間折れ線グラフ、全
チャンネルの総和の対時間折れ線グラフを表示させることがで
きます。
7. ドキュメントステータス表示
左のペインから、
現在のフレーム
出力セル数
総荷重値
が表示されます。
「現在のフレーム」のペインは、そのときの動作モードによって
表示される内容が異なります。
リアルタイムモードの時は、
(計測待機中)
と表示されます。
レコーディングモードの時は、
(計測中) ○○/××××
と表示されます。このときの値は、○○が現在のフレーム、××
××がレコーディング可能最大フレーム数となります。
ムービーモードの時は、
(再生モード) ○○/××××
と表示されます。このときの値は、○○が現在のフレーム、××
××がレコーディングされたフレームの総数となります。
16
2-2.センサシート
センサシートの
センサシートの接続
1. パソコンの USB ポートに 8ch センサコネクタの USB 端子を差し
込んで下さい。
注意
市販の USB ハブを介して複数の 8ch センサコネクタを接続する
際は、電源供給タイプの USB ハブをご使用下さい。供給電源の
関係上、バスパワータイプの USB ハブはご使用になれない場合
があります。
2. アダプタ先端のコネクタにセンサシートを挿入します。センサ
シートは型番などの文字が読める面を上にしてください。
注意
センサシートの着脱は必ずセンサアダプタ(青色のコネクタ部
分)で行ってください。アダプタは 8ch センサコネクタ本体か
ら抜かないで下さい。
17
2-3.測定開始
測定開始
1-3.でインストールしたアプリケーションをダブルクリックして
「オクトセンス」ソフトウェアを起動してください。
初回起動時のみ下記のユーザー設定画面で用途等を選択してくださ
い。(3-3-7 参照)
計測前に、センサを指で押して出力があることを確認してください。
アプリケーションを終了するときは、[ファイル]-[終了]を選択する
か、アプリケーションウィンドウの[×]ボタンをクリックしてくださ
い。
18
3. 機能リファレンス
機能リファレンス
3-1.[ファイル
ファイル]メニュー
ファイル メニュー
3-1-1.[新規測定]
新規にリアルタイム表示ウィンドウを開きます。
補足
[新規測定]は、利用可能なデバイスが存在する場合にのみアク
ティブになります。
3-1-2.[継承新規測定]
個別情報を引き継いでリアルタイム表示ウィンドウを開きます。
補足
[継承新規測定]は、利用可能なデバイスが存在する場合にのみア
クティブになります。
3-1-3.[繋ぎ録り測定]
現在アクティブなムービーデータに対して、繋ぎ録りのモードでリア
ルタイム表示ウィンドウを開きます。
補足
[繋ぎ録り測定]は、利用可能なデバイスが存在する場合にのみア
クティブになります。
注意
[繋ぎ録り測定]は、複数のウィンドウに対して実行することはで
きません。また、コネクタが余る状態での繋ぎ録りも行えません。
19
3-1-4.[開く]
保存されているデータを開きます。開くことのできるファイルは、拡
張子が .csv で、オクトセンスシステムで保存されたデータです。
補足
CSV ファイルは汎用フォーマットですが、オクトセンスで保存さ
れたファイル以外はデータ構造が異なるため、開くことはできま
せん。
3-1-5.[閉じる]
アクティブなドキュメントウィンドウを閉じます。
3-1-6.[上書き保存]
データを上書き保存します。
レコーディング直後のデータの場合はファイル名を指定するダイア
ログが表示されます。
ファイルから開いたデータの場合、ファイル名をそのままで上書き保
存します。
データは CSV 形式で保存されますが、書き込み禁止属性で保存され
ます。データを Microsoft Excel 等で再利用する場合、データを
コピーした上で、書き込み禁止属性を外してご利用ください。
20
3-1-7.[名前を付けて保存]
データに名前を付けて保存します。
このコマンドの場合、ファイルから開いたデータの場合でも、ファイ
ル名を指定するダイアログが表示されます。
3-1-8.[AVI ファイルとして保存]
ムービーデータを AVI ファイルとして保存します。AVI ファイルと
して保存したデータは、Windows Media Player 等の動画再生ソ
フトウェアで再生することができます。
注意
AVI ファイルとして保存したデータは、オクトセンスでロードす
ることはできません。
3-1-9.[印刷]
アクティブなドキュメントウィンドウのデータの印刷を行います。
21
3-1-10.[印刷プレビュー]
アクティブなドキュメントウィンドウの印刷プレビュー画面を表示
します。
3-1-11.[プリンタの設定]
現在選択されているプリンタの設定を変更するためのダイアログを
表示します。
3-1-12.[アプリケーションの終了]
アプリケーションを終了します。
22
3-2.[表示
表示]メニュー
表示 メニュー
3-2-1.[棒グラフ]
拡張情報表示領域に、各チャンネルの出力のバーグラフを表示させる
ことができます。
3-2-2.[折れ線(セル毎)]
拡張情報表示領域に、各チャンネル毎の対時間折れ線グラフを表示さ
せることができます。
3-2-3.[折れ線(総合)]
拡張情報表示領域に、全チャンネルの総和の対時間折れ線グラフを表
示させることができます。
23
3-2-4.[グラフの縦軸の倍率]
拡張情報表示領域の、グラフの縦軸の倍率を変更します。1 倍、2 倍
4 倍から選択することができます。
注意
本機能は感度を変更するものではありません
3-2-5.[数値表示]
拡張情報表示領域の、各チャンネル毎の出力の数値表示の表示/非表
示を切り替えます。
3-2-6.[グラフの拡大]
現在のフレームを中心にして、時間レンジを 1/2 にします。
3-2-7.[グラフの縮小]
現在のフレームを中心にして、時間レンジを2倍にします。
3-2-8.[ツールバー]
ツールバーの表示・消去を切り替えます。
3-2-9.[ステータスバー]
ステータスバーの表示・消去を切り替えます。
24
3-3.[設定
設定]メニュー
設定 メニュー
3-3-1.[コネクタの設定]
ウィンドウに表示するセンサ(コネクタ)の数を設定します。最大4
個のコネクタの出力を1枚のウィンドウに表示することができます。
パソコンに接続されているコネクタの数が「有効コネクタ数」に表示
されます。1 枚のウィンドウに表示させたいコネクタの数を「使用コ
ネクタ数」に設定してください。複数のコネクタの画面を個別のウィ
ンドウで表示させる場合は、1を選択してください。
注意
「使用コネクタ数」は、「有効コネクタ数」よりも大きくするこ
とはできません。
3-3-2.[領域]
オクトセンスアプリケーションでは、各セルの出力を任意の場所に表
示させることができます。[領域]メニューには、表示場所を変更する
ためのコマンドがあります。
枠を表示
センサセルの領域の枠の表示/非表示を切り換えます。
編集
表示場所を変更するためのモードに遷移します。
表示場所を変更する・表示の大きさを変更
するためには、任意の領域(色枠)をドラッ
グしてください。
補足
編集モードでは、圧力データはリアル
タイムで更新されません。
非表示
選択されている領域の出力を非表示にします。
全表示
すべての領域の出力を表示します。
25
大きさの一括変換
きさの一括変換
すべての領域の大きさを一括変換します。
大きさの指定方法は、全表示領域を 3000×2000 としたときの比で
指定します。
デフォルトに
デフォルトに戻す
すべての領域の位置と大きさをデフォルトに戻します。
保存
領域の設定値を保存します。
ロード
領域の設定値を開きます。
3-3-3.[レコーディングパラメータ]
レコーディングパラメータを変更するためのダイアログを表示しま
す。
変更可能な項目は、総フレーム数、フレーム間隔、待機時間です。
3-3-4.[自動保存]
レコーディング後に自動保存を行う・行わないを切り替えます。自動
保存を行う設定の時は、このメニューにチェックマークがつきます。
自動保存を行った場合、データファイルは、直前に保存したフォルダ
に、レコーディングを開始した日時より生成したファイル名でデータ
を保存します。
26
3-3-5.[背景ビットマップの選択]
圧力分布表示の背景に、任意のビットマップを表示することができま
す。このコマンドでは、ビットマップを指定するためのダイアログを
開きます。
注意
データを保存するとき、使用する背景ビットマップのファイルの
位置も記録され、データのロード時に自動的に背景ビットマップ
も表示されます。
背景ビットマップのファイルの位置が変わると、データをロード
したときにビットマップが表示されなくなることがあります。
以下のフォルダに存在する場合は自動的に検索され、表示されま
す。
・専用ビットマップフォルダ(アプリケーションフォルダ
内の「bm」フォルダ)
・データファイルと同じフォルダ
・アプリケーションフォルダ
・MyPicture フォルダ
・MyDocument フォルダ
3-3-6.[背景ビットマップの表示/非表示]
圧力分布表示の背景の表示/非表示を切り換えます。
27
3-3-7.[ユーザー設定]
使用中のシステムにおいて参照される設定を行います。
現バージョンでは、使用目的を「一般工業用」、
「医療用」の切り換え、
背景の描画方法を「線画向け」、
「写真向け」の切り換えを行うことが
できます。
使用方法(用途)に関しては、この設定により、[個別情報]で、測定
データ毎の情報を入力・保存することができるようになります。
ムービーモードの状態では、誤って設定することを防ぐために、この
コマンドは選択できないようになります。
背景の描画方法に関しては、画像の種類により、きれいに表示される
方を選択してください。
3-3-8.[個別情報]
測定データ毎の情報を入力します。
一般工業用途では、
「装置名」
「型式」
を入力することができ、
医療用途では、
「氏名」
「生年月日」
「性別」
「カルテ No」
「病名」
「メモ」
を入力することができます。
これらの情報は、データを保存するときに同時に保存されます。
28
3-3-9.[感度]
感度の変更を行います。設定できる感度は
Low(1/2)
Mid(デフォルト)
High(×2)
の3種類です。
3-3-10.[較正]
センサの較正を行います。較正は、専用治具を用いて行います。
較正は、計測待機中に実施が可能です。ただし、既に較正が行われて
いる場合は、一旦較正を解除しなければ較正はできません。
1. センサに対して、較正冶具をセットします。
(詳しくは較正冶具の
マニュアルを参照してください)
2. [待ち時間]に、較正を行うまでの時間を入力します。較正冶具の
圧力と、センサの出力が安定していたら 0 で構いません。
3. 較正冶具で与えている圧力値を入力します。
4. [較正]ボタンをクリックしてください。待ち時間がカウントダウ
ンされ、時間経過後、較正が行われます。
補足
センサは使用回数や時間経過によって劣化しますので、定期的に
較正を行うことをお勧めします。
注意
ご使用になるセンサ(チャンネル)の数が画面に表示された領域
の数よりも少ない場合、較正はできません。較正の前に必ず、領
域の編集(3-3-2 参照)で、不要な領域を非表示にして下さい。
3-3-11.[較正の解除]
較正を解除します。
29
3-3-12.[較正値の保存]
アクティブなリアルタイムウィンドウの較正値を保存します。同じセ
ンサを後日使用する場合、再度較正を行わなくても、このデータを読
み込むことで同じ効果が得られます。
3-3-13.[較正値の読み込み]
較正値を読み込みます。較正値はアクティブなウインドウがリアルタ
イムモード、ムービーモードで較正されていない状態の時、読み込む
ことができます。
リアルタイムモードの時は、既に較正が行われていても、較正を解除
することによって較正値を読み込むことができるようになります。
ムービーモードの時は、既に較正が行われている場合、較正を解除で
きません。また、較正が行われていない状態で較正値を読み込んだ場
合でも、較正を解除できなくなりますので、操作を慎重に行ってくだ
さい。
3-3-14.[単位の変更]
圧力の単位を任意の単位に変更します。
30
3-4.[ムービー
ムービー]メニュー
ムービー メニュー
3-4-1.[レコーディング]
レコーディングを開始します。
このコマンドはリアルタイムモードのウィンドウが開かれていると
きのみ使用できます。
3-4-2.[再生]
ムービーデータを再生します。
このコマンドはアクティブなドキュメントウィンドウがムービー
モードの時のみ使用できます。
3-4-3.[逆再生]
ムービーデータを逆再生します。
このコマンドはアクティブなドキュメントウィンドウがムービー
モードの時のみ使用できます。
3-4-4.[前のフレーム]
ムービーデータを1つ前のフレームに移動します。
このコマンドはアクティブなドキュメントウィンドウがムービー
モードの時のみ使用できます。
3-4-5.[次のフレーム]
ムービーデータを次のフレームに移動します。
このコマンドはアクティブなドキュメントウィンドウがムービー
モードの時のみ使用できます。
31
3-4-6.[はじめのフレーム]
ムービーデータをはじめのフレームに移動します。
このコマンドはアクティブなドキュメントウィンドウがムービー
モードの時のみ使用できます。
3-4-7.[最後のフレーム]
ムービーデータを最後のフレームに移動します。
このコマンドはアクティブなドキュメントウィンドウがムービー
モードの時のみ使用できます。
3-4-8.[停止]
レコーディング、ムービーモードの再生・逆再生などを停止します。
3-4-9.[解析]
ムービーデータの解析を行います。
解析項目
初期接触順位 :各セルで、接触が開始された順番を示します
初期接触時間 :各セルで、接触が開始された時間を示します
最終解放時間 :各セルで、接触から解放された時間を示します
接触時間
:各セルで、接触していた時間を示します。
ピーク順位
:各セルで、すべての時間において最も高い圧力値
を比較し、その順番を示します。
ピーク値
:各セルで、すべての時間において最も高い圧力値
を示します。
ピーク出現時間 :各セルで、すべての時間において最も高い圧力値
のときの時間を示します。
積分値順位
:各セルで、すべての時間の圧力値を積分した値を
比較し、その順番を示します。
積分値
:各セルで、すべての時間の圧力値を積分した値を
示します。
積分比率
:各セルで、すべての時間の圧力を積分した値の比
を示します。
32
総積分値
:すべてのセルの、すべての時間の圧力を積分した
値を示します。
必要な項目にチェックを加え、[計算]をクリックすると、計算結果が
表示されます。
解析を行う範囲はフレーム単位で設定することができます。
任意の出力を解析の対象外とする場合、その数値を「オフセット」に
入力します。
拡張情報表示領域を折れ線グラフのモードにし、グラフの左端と右端
をドラッグして範囲を設定し、解析を行ってください。(下図参照。
グレーの部分は解析対象から外れます)
33
3-4-10.[再生速度]
ムービーデータの再生速度を設定します。
注意
再生速度の数値はあくまで目安です。速度はパーソナルコン
ピュータの性能等に依存します。
この値はリアルタイムの更新速度には影響を与えません。
34
3-5.[ウィンドウ
ウィンドウ]メニュー
ウィンドウ メニュー
3-5-1.[重ねて表示]
複数表示されているドキュメントウィンドウを、少しずつ重ねて整列
表示します。
3-5-2.[並べて表示]
複数表示されているドキュメントウィンドウを、アプリケーション
ウィンドウの大きさに従って並べて整列表示します。
3-5-3.[アイコンの整列]
ドキュメントウィンドウがアイコン表示(最小化された状態)のとき、
アイコンを整列表示します。
3-6.[ヘルプ
ヘルプ]メニュー
ヘルプ メニュー
3-6-1.[バージョン情報]
オクトセンスアプリケーションのバージョンとクレジットが表示さ
れます。
35
4. 付録
仕様
センサコネクタ
分解能
チャンネル数
サンプリング速度
サイズ
ケーブルの長さ
重量
電源
使用環境温度
36
8 ビット
8 チャンネル
約 200Hz(5msec/frame)
幅 50mm×奥行 90mm×高さ 17mm
(センサアダプタ除く)
約 60cm
約 80g(ケーブル除く)
USB バスパワー
-10~70℃(ただし、結露のないこと)
トラブルシューティング
[新規作成]
新規作成]が選択不可になっている
選択不可になっている。
になっている。
原因:開かれているリアルタイムウィンドウ以外に、使用可能な物
理デバイスがない。
対処:この場合、[新規作成]は選択不可になります。(これ以上新
しいリアルタイムウィンドウは開くことはできません)
原因:USB ケーブルがパーソナルコンピュータに接続されていない。
対処:センサシステムボックスの電源ランプが点灯しているか確認
してください。USB ケーブルをパーソナルコンピュータに接
続したのち、アプリケーションを再起動してください。
原因:センサシステムボックスの故障。
対処:弊社窓口にお問い合わせください。
荷重を
荷重を加えているにもかかわらず、
えているにもかかわらず、圧力分布が
圧力分布が表示されない
表示されない。
されない。
原因:USB ケーブルがパーソナルコンピュータに接続されていない。
対処:センサシステムボックスの電源ランプが点灯しているか確認
してください。USB ケーブルをパーソナルコンピュータに接
続したのち、アプリケーションを再起動してください。
原因:荷重が一定値より小さい。
対処:荷重を大きくしてください。
原因:センサが外れている。
対処:センサシートを接続し直してください。
原因:センサ接続部の端子がはがれている。
対処:センサシートを交換してください。
原因:センサシートが劣化している。
対処:センサシートを交換してください。
37
荷重を
荷重を加えていないにも関
えていないにも関わらず、
わらず、出力がある
出力がある。
がある。
原因:センサシートが曲がっている。
対処:曲げによる力を検出しています。平坦な場所で使用してくだ
さい。
原因:センサシートが寿命になった。
対処:新しいセンサシートと交換してください。
原因:センサシートが不良。
対処:弊社窓口にお問い合わせください。
原因:センサシステムボックスの故障。
対処:弊社窓口にお問い合わせください。
較正ができない
較正ができない。
ができない。「圧力が
圧力が低すぎます」
すぎます」のメッセージが
メッセージが出る。
原因:全てのセンサに荷重がかけられていない。
対処:較正治具を使用して全てのセンサに均一な荷重をかけてくだ
さい。センサシートの感圧点が8個未満の場合、領域の編集
(3-3-2 参照)で、領域の数を感圧点の数と同じになるよ
うに設定してください。
原因:較正荷重が低すぎる。
対処:較正荷重を高くしてください。
原因:センサの感度が低すぎる。
対処:センサシートを高感度のものに変更してください。
感度調節(3-3-9 参照)で感度を変更してください。
較正ができない
較正ができない。
ができない。「圧力
「圧力が
圧力が高すぎます」
すぎます」のメッセージが
メッセージが出る。
原因:較正荷重が高すぎる。
対処:較正荷重を低くしてください。
原因:センサの感度が高すぎる。
対処:センサシートを低感度のものに変更してください。
感度調節(3-3-9 参照)で感度を変更してください。
38
ニッタ圧力分布測定
ニッタ圧力分布測定システム
圧力分布測定システムの
システムの基礎
ここでは、ニッタ圧力分布システムを構成するいくつかの要素についての
基礎を簡単に説明します。
■センサシート
センサシートは、ニッタ圧力分布測定システムの中で最も重要な部品
です。形状、サイズ、測定範囲などによっていろいろな種類のセンサ
シートがあります。センサシートには、行方向と列方向の電極があり、
これらの電極は特殊インキ(感圧抵抗物質)でコーティングされてい
ます。センサシートに荷重が加えられると、荷重の量に応じてこの特
殊インキの抵抗値が変化します。この抵抗値の変化は、行方向、列方
向の電極によって電流の変化としてセンサコネクタに伝えられます。
センサシートの
センサシートの寿命
センサシートは繰り返し使用することができますが、使用状態によっ
て寿命は異なります。小さなしわは問題ありませんが、折り曲げてし
まうと、電極を破損して使用できなくなることがあります。
センサシートの
センサシートのチェック
センサシートが正常に動作しているかのチェックはソフトウェアで
行います。リアルタイムモードでセンサシートを指で触れてみて、セ
ンサセルが全部動作しているかを調べます。
■センサコネクタ
センサコネクタは、センサシートの抵抗値から圧力を計測し、パーソ
ナルコンピュータに USB 接続することによって高速にデータを送信
する装置です。センサシステムボックスには、8 チャンネルのアンプ
と A/D 変換を行う回路、USB インターフェース回路が内蔵されてい
て、センサシートの荷重の変化をデジタル情報に変換してパーソナル
コンピュータに伝えます。A/D 変換の分解能は8ビットです。
■出力表示(単位)、較正について
センサシートの出力は、負荷の大小と対象物の硬度・形状により左右
されます。
39
正確な計測を行うためには、較正の際には実際の使用測定対象物と同
じ硬度・材質と同程度の荷重で行うことが必要です。
弊社より提供させて頂く較正データは、弊社独自の検査装置によるも
のであり、お客様でご使用の測定対象物によっては工学単位の出力値
に誤差を生じることがあります。
40
41
問い合わせ窓口
わせ窓口
インターネットメールによるお問い合わせ
[email protected]
第2版
Original Copyright(c)ニッタ株式会社
本マニュアルの内容の一部または全部を無断転載することは禁止さ
れています。
42
43
44
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement