ダウンロード - ワゴジャパン

ダウンロード - ワゴジャパン

  

         

                  

Ethernet / シリアル通信

                

ワゴI

/Oシステム

取り扱い説明書

Ver. 7.1 (2007.09.10)

< 目 次 >

1

ワゴ

I/O システムの特長と概要........................................................................................................................1-1

1.1

他のフィールドバスシステムへの変更

.......................................................................................................1-1

1.2

信頼性の高いケージクランプ接続

...............................................................................................................1-1

1.3

シンプルな取り付け、モジュールの変更追加がワンタッチ

.....................................................................1-1

1.4

ディジタル、アナログモジュールの豊富な品揃え

....................................................................................1-2

1.5

センサーへの電源供給ライン

.......................................................................................................................1-3

2

ハードウェアの取扱い

.......................................................................................................................................2-1

2.1

シリアル通信バスカプラ (750−312/314/315/316)

..........................................2-1

2.1.1

バスカプラの種類

.................................................................................................................................2-1

2.1.2

2.1.3

バスカプラの取り扱いとモジュールのアセンブリ

............................................................................2-1

ノード設定スイッチ

..............................................................................................................................2-3

2.1.4

2.1.5

2.1.6

カップラ内部のスライドスイッチ(フィールドバスの終端)

.........................................................2-3

ピンアサイン

.........................................................................................................................................2-4

パソコンとの接続

.................................................................................................................................2-5

2.2

Ethernet バスカプラ (750−342/842)............................................................................2-6

2.2.1

ハードウェアの取り扱い

......................................................................................................................2-6

2.2.2

Ethernet の接続....................................................................................................................................2-7

2.2.3

LED の表示と動作状況........................................................................................................................2-8

2.3

バスカプラ仕様書

..........................................................................................................................................2-8

3

通信のための設定

...............................................................................................................................................3-1

3.1

シリアル

Modbus 通信バスカプラ..............................................................................................................3-1

3.1.1

シリアル

Modbus の通信について......................................................................................................3-1

3.2

通信用の内部

DIP スイッチの設定 .............................................................................................................3-1

3.2.1

ハイパ−ターミナル(ウィンドウズ)を使用するときの設定

.........................................................3-4

3.3

Ethernet バスカプラの設定(バスカプラに IP アドレスを書き込む)...............................................3-5

3.3.1

BootP テーブルソフトウェア..............................................................................................................3-5

3.3.2

3.3.3

3.3.4

Bootpテーブルの編集.........................................................................................................................3-6

BootP Server の実行.........................................................................................................................3-7

IP アドレス設定の確認 ........................................................................................................................3-8

4

ビット割当て

.......................................................................................................................................................4-1

4.1

内部ビット幅

.................................................................................................................................................4-1

4.2

ビット割当優先順位

......................................................................................................................................4-1

4.3

ビット割当の例

..............................................................................................................................................4-4

5

通信プロトコル

...................................................................................................................................................5-1

5.1

シリアル通信

Modbus プロトコル..............................................................................................................5-1

5.2

データ読み出しと書き込みの機能分類

.......................................................................................................5-1

5.2.1

5.2.2

読み出し、書き込みコマンドの送出方法

...........................................................................................5-3

ワゴ

I/O からデータを読み出す...........................................................................................................5-4

5.2.3

5.2.4

ワゴ

I/O へデータを書き込む ..............................................................................................................5-7

(参考)

CRC(巡回符号方式)コードの生成................................................................................ 5-13

5.3

Ethernet Modbus/TCP プロトコル ................................................................................................... 5-18

5.3.1

5.3.2

5.3.3

5.3.4

Modbus/TCP プロトコル............................................................................................................... 5-18

Modbus/TCP のデータ構造.............................................................................................................. 5-18

データ読み出しと書き込みの機能分類

............................................................................................ 5-19

読み出し、書き込みコマンドの送出方法

........................................................................................ 5-20 i

5.3.5

5.3.6

ワゴ

I/O からデータを読み出す........................................................................................................ 5-21

ワゴ

I/O へデータを書き込む ........................................................................................................... 5-24

6

標準添付 開発支援ソフト(

Dynamic Link Library)...........................................................................6-1

6.1

システムインストール

..................................................................................................................................6-1

6.2

C言語および

C++での使用について..........................................................................................................6-2

6.3

DLL(

Wago_io.dll)の機能......................................................................................................................6-2

6.3.1

「RS−232C,RS−485の場合」

750-312, 750-315, 750-314, 750-316.........................6-2

6.3.2

「Ethernetの場合」

750-342, 750-842................................................................................6-2

6.4

サンプル プログラムについて

(Sample.exe)........................................................................................6-3

6.5

関数仕様書

.....................................................................................................................................................6-5

6.5.1

6.5.2

モジュール構成(コンフィグレーション情報)通知に関する関数

.................................................6-5

ポートのオープン・クローズに関する関数

.......................................................................................6-6

6.5.3

6.5.4

6.5.5

6.5.6

6.5.7

6.5.8

データ入力(取得)に関する関数

ディジタル出力に関する関数

アナログ出力に関する関数

.......................................................................................................6-7

........................................................................................................... 6-10

................................................................................................................6-11

カウンターモジュール取扱いの関数

コマンド回数確認のための関数

レジスタの読み書き関数

................................................................................................ 6-12

....................................................................................................... 6-14

................................................................................................................... 6-15

6.6

VB プログラムサンプル ......................................................................................................................... 6-16

7

デジタル入出力モジュール

................................................................................................................................7-1

7.1

デジタル入力(

24V DC; 120V AC, 230V AC, 48V DC) 型番 750-400∼415.....................................7-1

7.2

8 チャンネル デジタル入力(DC 24V/3.0ms/0.2ms、正方向スイッチ) 型番 750-430, 431............7-4

7.3

4 チャンネル デジタル入力(DC 24V/3.0ms/0.5ms、2 線式) 型番 750-432, 433 ......................7-6

7.4

8 チャンネル デジタル入力(DC 24V/3.0ms、負方向スイッチ) 型番 750-436 .............................7-8

7.5

デジタル出力(標準)

型番 750-501∼504, 516, 519 .......................................................................... 7-10

7.6

デジタル出力(診断機能付きの標準タイプ)

型番 750-506 ............................................................... 7-12

7.7

8 チャンネル デジタル出力(DC24V/0.5A、正方向スイッチ) 型番 750-530 ............................. 7-14

7.8

4 チャンネル デジタル出力(DC 24V/0.5A、2 線式) 型番 750-531............................................. 7-16

7.9

8 チャンネル デジタル出力(DC 24V/0.5A、負方向スイッチ) 型番 750-536 ............................ 7-18

7.10

7.11

デジタル出力(ソリッドステートリレー)

デジタル出力(リレー)

型番 750-509............................................................... 7-20

型番 750-512...514, 517............................................................................ 7-22

8

アナログ入力モジュール

....................................................................................................................................8-1

8.1

2 チャンネルアナログ入力 0∼20mA/4∼20mA(外部電源利用型) 型番 750-452, 454....................8-1

8.2

2 チャンネルアナログ入力 0∼20mA/4∼20mA (シングルエンド入力:システム電源供給型) 型番

750-465(12 ビット 0∼20mA) 750-472(15 ビット 0∼20mA) 750-466(12 ビット 4∼20mA) 750-474

15 ビット 4∼20mA)...............................................................................................................................................8-4

8.3

2 チャンネルアナログ入力 +/-10V(差動、外部電源利用型) 型番 750-456(12 ビット) .................8-8

8.4

2、4 チャンネルアナログ入力 0∼10V(シングルエンド入力) 型番 750-467, 468.........................8-11

8.5

2 チャンネルアナログ入力 –10V∼+10V/0∼10V(15 ビット高分解能型) 型番 750-476,478....... 8-14

8.6

PT 100 用入力 型番 750-461 シリーズ................................................................................................ 8-17

8.7

熱電対入力モジュール

型番 750-469(診断機能付)........................................................................... 8-20

8.8

4 チャンネルアナログ入力 0∼20mA/4∼20mA (シングルエンド入力:外部電源供給型) 型番 750-

453, 455................................................................................................................................................................... 8-25

8.9

4 チャンネルアナログ入力 ±10V/0-10V(シングルエンド入力) 型番 750-457,459............................ 8-28

8.10 4 チャンネル RTD 用入力モジュール 型番 750-460 シリーズ ....................................................... 8-33

8.11

2 チャンネルアナログ入力 ±10V(差動、外部電源利用型) 型番 750-479...................................... 8-36

8.12 2 チャンネルアナログ入力 0-20mA(差動、外部電源利用型) 型番 750-480................................. 8-39

8.13 2 チャンネルアナログ入力 4-20mA(絶縁差動、外部電源利用型) 型番 750-492......................... 8-42 ii

8.14 2 チャンネルアナログ入力モジュール AC/DC 0-1A(差動、外部電源利用型) 型番 750-475...... 8-45

8.15 2 チャンネルアナログ入力モジュール AC/DC 0-10V(差動、外部電源利用型) 型番 750-477..... 8-48

8.16 2 チャンネルアナログ入力モジュール 0-30V(差動、外部電源利用型) 型番 750-483 ............... 8-51

9

アナログ出力モジュール

....................................................................................................................................9-1

9.1

2 チャンネルアナログ出力 0∼10V 型番 750-550....................................................................................9-1

9.2

2 チャンネルアナログ出力 0∼20mA/4∼20mA 型番 750-552, 554 ......................................................9-4

9.3

2 チャンネルアナログ出力+/-10V 型番 750-556......................................................................................9-7

9.4

4 チャンネルアナログ出力 ±10V/0-10V 型番 750-557,559................................................................. 9-10

9.5

4 チャンネルアナログ出力 0∼20mA/4∼20mA 型番 750-553, 555 ................................................... 9-14

10

カウンタモジュール

.........................................................................................................................................10-1

10.1

型番

750-404, 750-404/000-001, 750-404/000-002 アップ/ダウンカウンタ 100kHz, 750-40410-

1

10.2

カウンタモジュール

型番 750-638 2ch アップ/ダウンカウンター 最大 500Hz ................. 10-8

11

その他のモジュール

.........................................................................................................................................11-1

11.1

終端モジュール、電源拡張モジュール

型番 750-600, 750-614........................................................11-1

11.2

11.3

セパレーションモジュール

電源入力モジュール

型番 750-616, 750-616/030-000, 750-621............................................11-2

型番 750-601, 602, 609, 610, 611, 612, 613, 615............................................11-3

11.4

シリアルインタフェースモジュール

RS232C インタフェース 型番 750-650(9600bps、パリティ無、

8 ビット、ストップビット 1)   750-650/003-000(通信条件可変タイプ) RS485 インタフェース 型番 750-653

9600bps、パリティ無、8 ビット、ストップビット 1)   750-653/003-000(通信条件可変タイプ) ................11-5

12 LabVIEW 開発用ソフトウェアライブラリ...................................................................................................12-1

12.1

ファイル構成

.......................................................................................................................................... 12-1

12.1.1

WAGO_IO.dll 呼び出し用 DLL(WdllCall.dll).......................................................................... 12-1

12.1.2

WagoIO.llb 概要................................................................................................................................. 12-2

12.1.3

WagoSamples.llb 概要...................................................................................................................... 12-3

12.2

基本命令−

DLL(WAGO_IO.dll)呼び出し用 VI............................................................................. 12-3

12.2.1

DLL(WAGO_IO.dll)呼び出し用 VI 関数仕様書........................................................................ 12-4

12.3

目的別命令−

WagoIO 入出力 VI........................................................................................................ 12-22

12.3.1

WagoIO 入出力 VI 関数仕様書....................................................................................................... 12-23

12.4

12.4.1

サンプルライブラリ解説

..................................................................................................................... 12-41

サンプル名:

WagoPnlConfig.vi................................................................................................ 12-43

12.4.2

12.4.3

12.4.4

12.4.5

12.5

サンプル名:

Wago_AI_Sample.vi............................................................................................ 12-47

サンプル名:

Wago_AO_Sample.vi........................................................................................... 12-49

サンプル名:

Wago_DI_Sample.vi............................................................................................ 12-51

サンプル名:

Wago_DO_Sample.vi .......................................................................................... 12-53

データ収集アプリケーション例 (

DAQ_Apply.vi)..................................................................... 12-55

13 LabVIEW 実行ソフトウェアサンプル...........................................................................................................13-1

13.1

データ収集システム 

DAQ_Sample1∼4......................................................................................... 13-2 iii

1 ワゴ I/O システムの特長と概要

1.1

他のフィールドバスシステムへの変更

バスカップラー(通信制御モジュール)を含む各モジュールはスライド接続式のブロックになっており、

将来異なるフィールドバスへ変更する場合でも、このバスカップラーを交換するだけで既存のオープン

フィールドバスへの変更が可能です。このとき、センサーやアクチュエーターなどのフィールド機器を

接続しているノード内のモジュール部分は変更する必要がなく、そのまま引き続き使用できます。

                

1.2

信頼性の高いケージクランプ接続

ワゴ

I/O システムはセンサーやアクチュエータを直接結線できるケージクランプ接続方式を採用して

おります。スプリング方式によるこの接続方式は一旦接続したあとは、ネジ式端子台のようなメンテナ

ンスが不要であるばかりではなく、センサー等の結線変更がワンタッチで実行できます。

               

1.3

シンプルな取り付け、モジュールの変更追加がワンタッチ

センサーやアクチュエータの組み合わせ変更が発生した場合でも、工具を使わずに簡単にモジュールの

追加・削除、組替えができます。

               

                                             

1-1

1.4

ディジタル、アナログモジュールの豊富な品揃え

入出力モジュールにはアナログ、デジタル、熱電対など温度センサーを接続できるもの、さらにはカレ

ントループやRS485へ入出力できるインターフェイスモジュールなどを豊富に取り揃えておりま

す。しかもこれらの組み合わせは自由自在で、入出力モジュールの混在、アナログとデジタルモジュー

ルの混在も可能です。

<モジュール一覧>    

2007/09/10.現在

 750−452

 750−453

 750−454

 750−455

 750−456

 750−457

 750−459

 750−460

 750−461

 750−462

 750−465

 750−466

 750−467

 750−468

 750−469

 750−472

 750−474

 750−475

 750−476

 750−477

 750−478

 750−479

 750−480

 750−483

 750−492

 750−650

 750−650

 /003−000

 750−653

 750−653

  /003−000

 750−342   Ethernet   10 BaseT               750−312   (RS-485)   19.2Kbps

 750−842   Ethernet   10 BaseT               750−314   (RS-232C)  19.2Kbps

                                          750−315   (RS-485)   115.2Kbps

                                          750−316   (RS-232C)  115.2Kbps

 750−400

 750−401

 750−402

 750−403

 750−405

 750−406

 750−408

 750−409

 750−410

 750−412

 750−414

 750−415

 750−430

 750−431

 750−432

 750−433

 750−436

 750−404

 750−638

2 Ch ディジタル入力 DC24V、応答3ms

2 Ch ディジタル入力 DC24V、応答0.2ms

4 Ch ディジタル入力 DC24V、応答3ms

4 Ch ディジタル入力 DC24V、応答0.2ms

2 Ch ディジタル入力 AC230V、応答10ms

2 Ch ディジタル入力 AC120V、応答10ms

4 Ch ディジタル入力 DC24V、応答3ms、負方向

4 Ch ディジタル入力 DC24V、応答0.2ms、負方向

2 Ch ディジタル入力 DC24V 応答3ms、センサー入力

2 Ch ディジタル入力 DC48V 応答3ms

4 Ch ディジタル入力 DC5V  応答0.2ms

4 Ch ディジタル入力 AC/DC24Vダイレクト入力

8 Ch ディジタル入力 DC24V、応答3ms

8 Ch ディジタル入力 DC24V、応答0.2ms

4 Ch ディジタル入力 DC24V、応答3ms、2線式

4 Ch ディジタル入力 DC24V、応答0.2ms、2線式

8 Ch ディジタル入力 DC24V、応答3ms、負方向

1 Ch アップダウンカウンター DC24V、 100kHz

2 Ch アップダウンカウンター CD24V,  500Hz

 750−501

 750−502

 750−504

 750−506

 750−509

 750−516

 750−519

 750−530

 750−531

 750−536

 750−512

 750−513

 750−514

 750−517

2 Ch ディジタル出力 DC24V 0.5A

2 Ch ディジタル出力 DC24V 2A

4 Ch ディジタル出力 DC24V 0.5A

2 Ch ディジタル出力 DC24V 0.5A診断機能付

2 Ch ソリッドステートリレー出力 AC230V、 300mA

4 Ch ディジタル出力 DC24V 0.5A 負方向接続

4 Ch ディジタル出力 

DC5V 20mA

8 Ch ディジタル出力 DC24V 0.5A

4 Ch デジタル出力 DC24V 0.5A 2線式

8 Ch ディジタル出力 DC24V 0.5A 負方向接続

2 Ch リレー出力 最大AC230V 2A、+側コモン a接点

2 Ch リレー出力 最大AC230V 2A、独立型、 a接点

2 Ch リレー出力 最大 125V 0.5A、独立型、c 接点

2 Ch リレー出力 最大 250V 1A、独立型、c 接点

750−600

2 Ch アナログ電流入力、 0-20mA

4 Ch アナログ電流入力、0-20mA、外部電源利用型

2 Ch アナログ電流入力、 4-20mA

4 Ch アナログ電流入力、4-20mA、外部電源利用型

2 Ch アナログ電圧入力、 ±10V、 差動入力型

4 Ch アナログ電圧入力、 ±10V、シングルエンド

4 Ch アナログ電圧入力、0-10V、シングルエンド

4 Ch RTDセンサー入力 各種、2線用

2 Ch RTDセンサー入力 各種

2 Ch 熱電対入力 各種

2 Ch アナログ電流入力、 0-20mA、電源供給型

2 Ch アナログ電流入力、 4-20mA、電源供給型

2 Ch アナログ電圧入力  0-10V、シングルエンド

4 Ch アナログ電圧入力  0-10V、シングルエンド

2 Ch 熱電対入力、診断機能付

2 Ch アナログ電流入力、 0-20mA  高分解能(15ビット)

2 Ch アナログ電流入力、 4-20mA  高分解能(15ビット)

2 Ch アナログ電流入力 AC/DC 0-1A

2 Ch アナログ電圧入力、 ±10V、 高分解能(15ビット)

2 Ch アナログ電圧入力、 AC/DC 0-10V 差動入力型

2 Ch アナログ電圧入力、 0-10V、 高分解能(15ビット)

2 Ch アナログ電圧入力、 ±10V、 差動入力型

2 Ch アナログ電流入力、 0-20mA  差動入力型

2 Ch アナログ電圧入力、 0-30V 差動入力型

2 Ch アナログ電流入力、 4-20mA 絶縁差動入力型

RS232Cインタフェース、パリティ無 8ビット ストップビット1

RS232Cインタフェース、通信条件可変タイプ

RS485インタフェース、パリティ無 8ビット ストップビット1

RS485インタフェース、通信条件可変タイプ

終端モジュール

 750−550

 750−552

 750−554

 750−556

 750−557

 750−559

 750−601

 750−602

 750−609

 750−610

 750−611

 750−612

 750−613

 750―614

 750−615

2 Ch アナログ電圧出力 0-10V、

2 Ch アナログ電流出力 0-20mA、

2 Ch アナログ電流出力 4-20mA、

2 Ch アナログ電圧出力 ±10V、

4 Ch アナログ電圧出力 ±10V

4 Ch アナログ電圧出力 0-10V

電源モジュール ヒューズ付DC24V 6.3A

電源モジュール        DC24V

電源モジュール ヒューズ付AC230V 6.3A

電源モジュール ヒューズ付DC24V 6.3A、 診断機能付

電源モジュール ヒューズ付AC230V 6.3A、 診断機能付

電源モジュール AC、DC 0∼230V ヒューズなし

電源モジュール システムおよびフィールド用DC24V

電源端子拡張モジュール

電源モジュール ヒューズ付 AC120V 6.3A

1-2

1.5

センサーへの電源供給ライン

各モジュールに接続するセンサーやアクチュエータに対しては、ワゴ

I/O から電源を供給することが可

能です。単独のノード内で複数種類の供給電源を設定するには、各セクションごとに電源供給モジュー

ルを挿入して

DC 、AC の各電圧に対応した電源供給ラインを準備してください。

                   

    

   

1-3

2 ハードウェアの取扱い

2.1

シリアル通信バスカプラ (750−312/314/315/316)

2.1.1

バスカプラの種類

シリアル通信にて外部と通信できるユニットをバスカプラと呼びます。シリアル通信仕様のバスカプラ

は以下の4種類のタイプがあります。尚、通信プロトコルについては

MODBUS 仕様に基づいていま

す。

MODBUS は公開された一般的な通信仕様で、MODBUS プロトコルを採用したコントローラに

直接接続して通信することもできますが、パソコンやその他のシリアル通信機器でも簡単に通信制御す

ることが可能です。

Modbus 通信プロトコルについては第5章で詳しく説明しています。)

             

         型名              仕      様

      750−312   RS485 準拠、 最大通信速度 19.2 k Baud

      750−314   RS232C準拠  最大通信速度 19.2 k Baud

      750−315   RS485 準拠  最大通信速度 115.2k Baud

       

750−316   RS232C準拠  最大通信速度 115.2k Baud

2.1.2

バスカプラの取り扱いとモジュールのアセンブリ

   <供給電源(駆動電源)>

バスカプラを駆動させるためには、

24VDC の電源が必要となります。電源は図のようにカプラ最上部

にある最初の

2 個のケージクランプに接続します。24V DC の電源電圧は内部の電圧レギュレータ

DC/DC コンバータ)によって変換され、この電圧が電子回路部(5V DC)に供給されます。外部バ

スシステムに対する電気的絶縁は、光カップラーによって行われます。尚この5

VDC はバスカプラに

接続された各機能モジュールを駆動する電源としても使用され、内部の「K−バス」を通じて供給され

ます。

                 

          

      

各機能モジュール内部に実装されている制御用の電子回路部の電源結線は、モジュールをアセンブリ上

に嵌め込むと次のモジュールのデータ接点によって自動的に行われ、付加された

I/O モジュールへの電

源は、メッキが施されたセルフクリーニングのスライド式接点を通して供給されます。既に設定済みの

コンフィギュレーションから付加モジュールを取り出すと、

K−バスの通信は断たれます。バスカプラ

はこれを検出する能力を備えています。

                 

2-1

   <終端モジュール>

バスカプラに各機能モジュールを接続した最終端には必ず750−600(終端モジュール)を嵌め込

んでください。K−バス用の終端モジュールです。

   <センサー用電源(フィールド側電源)>

使用する各機能モジュールを一緒に

DIN レール上に嵌め込むと、フィールド用電源電圧が自動的に供

給されます。セルフクリーニングの電源ジャンパー接点(

P. J. C.)があるので、安全な結線が保証さ

れています。バスカップラーと

I/O 筐体にはメス型接点が組込まれています。各機能モジュール(I/O)

筐体にはオス型接点も同様に組込まれていますので、各

I/O モジュールを右方向に並べて挿入していけ

ば、このオス型接点を通して各モジュールに電源電圧が供給されるように結線されます。

尚、バスカプラからセンサ用電源として供給できるのは

24VDC(最大 10A)に限定されています。こ

れ以外の電源電圧が必要になる場合、電流が

10A 以上になる場合には750−609、750−61

2などの電源供給モジュールを別途お使いください。

         

<電源モジュールの活用(フィールド側電源)>

I/O 機能の内容に応じて、一部のモジュールには電源ジャンパ接点が用意されていないタイプがありま

す。アセンブリ時には、この点に注意してください。フィールド側の電源が必要のないモジュールはフ

ィールド用電源ジャンパは用意されておらず、その後にフィールド電源が必要な

I/O モジュールを追加

接続していくためには、その前に電源モジュールを追加しなければなりません。また、単独のノード内

で複数種類の供給電源を設定する場合、同じ供給電源仕様でもそのセクション内の総消費電流合計が、

電源モジュールの容量をオーバーする場合にも、各セクションごとに電源供給モジュールを挿入して

DC 、AC の各電圧に対応し電源供給ラインを準備してください。

                  図2−2−5

             

2-2

                                                

   <グラウンド(アース)>

グラウンド(アース)接点は電気規格に準拠してファースト・メイク/ラスト・ブレークの動作構造に

なっており、内部回路保護用のアースとして使用できます。

2.1.3

ノード設定スイッチ

バスカップラごとにノードアドレスロータリスイッチにて設定します。図で下側の数値は×10倍、上

側の数値は×1倍で00∼99(10進法)の範囲で設定できます。16進数では00∼63までの9

9個のアドレスになります。

                        図2−3−5

                 

2.1.4

カップラ内部のスライドスイッチ(フィールドバスの終端)

のRS485に対応できます。通常、RS485バスラインにおいては両端の機器あるいはノードにタ

ーミネータ(終端抵抗)を付ける必要がありますが、これをワゴ

I/O 内部のスライドスイッチにて設定

することができます。

    <ハウジングのはずしかた>

① バスカップラからすべての接続をはずして単独にします。

② ハウジングは底の金属板を両脇から抱え込むように小さなストッパ−(突起)で留まっています。

③ ハウジングを親指で横に広げるように押すと同時に、はずす方向へも力を加えます。

④ ストッパーは2ケ所あるので交互に両サイドに対して同じ動作を行います。

⑤ ストッパーの部分が金属板部分からはずれたら、ゆっくりとハウジングをはずします。

     

2-3

図2−4−1

RS485 バスラインの終端抵抗の設定

      

2.1.5

ピンアサイン

RS485タイプ、すなわち750−312および750−315の

D-sub9ピンコネクタのピンアサ

インは以下のとおりです。

      ピン番号  

信号名    入出力     

内容

        1

        2   

RxD+      入力     データ受信線(+側)

        3   

TxD+      出力     データ送信線(+側)

        4

        5

        6

        7   

RxD−      入力     データ受信線(−側)

        8   

TxD−      出力     データ送信線(−側)

        9

                          (

D-sub 9ピン メス)

RS232Cタイプ、すなわち750−314および750−316のピンアサインは以下のとおり

です。

DOS-V パソコンのシリアルポートと接続する場合はストレートケーブルで接続します。

      ピン番号  

信号名    入出力     

内容

        1

        2   

TxD       出力     データ送信線

        3   

RxD       入力     データ受信線

        4

        5   GND             信号用グランド

        6

        7

        8

        9

                            (

D-sub 9ピン メス)

2-4

2.1.6

パソコンとの接続

   750―314、750−316の場合

750-314、750-316 と DOS-V パソコンの接続は以下のとおりです。一般に市販されている「ストレー

トケーブル」にてそのまま接続できます。

  

 パソコン側

(DOS−V)

  

バスカップラー側

  

750-314、750-316

信号名 ピン

No

 ――――――――――――――

ピン

No

信号名

RxD(受信)

TxD(送信)

信号グランド

 ――――――――――――――

 ――――――――――――――

(D-sub9 ピンメス)――(D-sub9 ピンオス)

TxD(送信)

RxD(受信)

信号グランド

(D-sub 9ピンオス)    ストレートケーブル      (D-sub 9ピンメス)

750−312、750−315の場合

750-312 および 750-315 を RS-485 で接続する場合は、パソコン側のRS−232CをRS―485に

変換するためのレベルコンバータが必要になります。レベルコンバータは4線式対応(全二重対応)の

ものをお使いください。半二重(2線式)には対応しておりません。以下の接続例は株式会社アール・

エー・システムズ社のモデルRC57を使用した場合の接続例です。

2-5

2.2 Ethernet バスカプラ (750−342/842)

2.2.1

ハードウェアの取り扱い

① 駆動電源は

DC24V です。この電圧は内

部で

DC-DC コンバータによって DC5V に

変換されます。

② 

Ethernet 接続口は 10Base-T、RJ45

タイプの標準コネクタ対応です。

③ センサー用電源はジャンパーを介して

次のモジュールへ供給されます。

④ フラップ開閉部のサービスポートはサ

ービス用ですので使用しないでください。

⑤ 

RJ45 のコネクタ、およびピンアサイン

は一般使用のもので、以下のとおりです。

RJ−45ピンアサイン

端子番号

信号名

TD+  送信+

RD−  送信―

RD+  受信+

RD−  受信―

2-6

2.2.2 Ethernet の接続

① バスカプラの接続部は

10Base-T の仕様に基づいて設計されています。ネットワーク構成詳細につ

いては

10Base-T の仕様に準拠します。

通信線

伝送方式

速度

セグメントあたりのケーブル長

最大パケットサイズ

最小パケットサイズ

ツイストペア線

ベースバンド方式

10

M bps

100m

1512バイト

64バイト

  

   

② パソコンとダイレクトに接続する場合はクロスタイプのケーブルを使用してください。

③ ハブ(

Hub)を経由して接続する場合には通常のストレートケーブルを使用してください。

2-7

2.2.3 LED の表示と動作状況

  

 表示

LED

   表示内容

ON

バス(

Ethernet)の初期化正常

LINK

物理的に接続完了

TxD/RxD

データ受信および送信

ERROR

バス(

Ethernet)の接続エラー

I/O I/O システム内の稼動状況

赤点滅は異常

  

2.3

バスカプラ仕様書

  750−342仕様

接続

I/O モジュール数

最大処理入力

最大64

最大512バイト

最大処理出力 最大512バイト

駆動電源 24

V DC(-15% ∼+20%)

内部最大消費電流

内部入力電流

500 mA, 24V

200mA, 5V

センサー用供給電源電圧および最大電流容量 24

V DC(-15% ∼+20%)10A

動作温度 0℃ ∼ +55℃

保存温度

電線接続

外形寸法 

重量

振動、衝撃

EMC

保護等級

W×H×L

その他認定規格

−25℃ ∼ +85℃

ケージクランプ方式

0.08∼2.5φ(AWG28∼AWG14)

被覆カット長 8∼9 mm

51×65×100

約 195 g

IEC60068-2-6、 IEC60068-2-27

EN50082-2(95)、EN50081-2(94)

IP20

UL: E175199

CE: 自己認定

2-8

3 通信のための設定

3.1

シリアル

Modbus 通信バスカプラ

3.1.1

シリアル

Modbus の通信について

当社のシリアル通信ユニットはハードウェア通信仕様が

RS232C および RS485、そして通信プロトコ

ルはその仕様が公開されている

Modbus に準拠しています。Modbus はシンプルな構造になっており、

既に公開されていますので、

RS232C や RS485 を装備した装置から通信・制御することが可能です。

Modbus の通信はマスター/スレーブにおける1対1の通信を基本としています。パソコン等のマスタ

ー側は毎回リクエスト信号を発信することによって動作指令を行います。このリクエスト信号データに

はノードアドレス(スレーブのアドレス)が含まれており、これによって指定されたノードだけが動作

を行ってレスポンス信号(アンサーバック)をマスター側へ返します。

ノード(スレーブ)側はリクエスト信号を受け取った時点で、リクエスト信号に含まれるノードアドレ

スを認識して自分に対するリクエストか否かを判断します。リクエスト信号の中にはノードアドレスの

他に機能コードが含まれています。当該ノードはこの機能コードに従って動作を実行した後、レスポン

ス信号(アンサーバック)を返信します。マスター側はこのレスポンス信号を受け取ることによって指

定したスレーブが正常に動作したかどうかを確認することができます。

   

送受信の信号の形式は

ASCII モードと RTU モード(バイナリーモード)の2つの方法があります。

ASCII モードの場合は1バイト単位で構成された ASCII 文字コードによる通信です。 ASCII コードで

通信する場合は、通信される文字データ間の時間間隔が一定でなくても送受信できます。

RTU モード(バイナリーモード)の場合には1バイトが2つの4ビット16進数で構成されたバイナ

リーコードで送受信されます。同じボーレートならバイナリーコードの方が多くのデータを送受信でき

ますが、データの通信は一定のスピードで行わなければなりません。

                 

3.2

通信用の内部

DIP スイッチの設定

バスカップラ内部の

DIP スイッチを起動前に設定をする必要があります。動作中に電源を入れたまま

DIP スイッチを変更しても設定は変更されません。DIP スイッチを変更する場合は必ず電源を OFF に

した状態で行ってください。その後、電源を入れ直してください。

DIP スイッチは図のように6ビットと8ビットの2つがあります。上側の6ビットスイッチを「DIP

スイッチ

FR」、下側の8ビットスイッチを「DIP スイッチP」と呼ぶことにします。

3-1

                       図3−2−1

                                            

① ボーレートの設定

ボーレートは

DIP スイッチ FR の3ビット FR1,FR2,FR3で設定します。設定は以下の

通りです。出荷時は9600( baud)に設定されています。

ボーレート( baud)

750−312 750−315

FR1 FR2 FR3

750−314 750−316

150

300

600

1200

2400

4800

9600

19200

38400

57600

115200

1200

2400

4800

9600

19200

on off on off on off off on on off off on on off off on off off off off on on on on

② エラー検出(データ長とパリティチェック)

   送受信されるバイト単位の信号についていわゆるパリティビットを設定することができます。

パリティビットは奇数パリティと偶数パリティをそれぞれ設定できますが、これはホスト側

(パソコンなど)と同じ設定にしてください。出荷時は8ビット長、パリティなし、ストッ

プビット1に設定されています。設定は以下のとおり

DIP スイッチFRの3ビット FR4,

FR5,FR6で設定します。尚、RTU モード(バイナリーモード)に設定されたときはデー

タ長が8ビットに固定されますので

FR6 の設定は無視されます。

3-2

パリティ

パリティなし

偶数パリティ

奇数パリティ

パリティなし

パリティなし

偶数パリティ

奇数パリティ

パリティなし

データ長 ストップビット

FR4 FR5 FR6

8ビット

8ビット

8ビット

8ビット

7ビット

7ビット

7ビット

7ビット

off on off on off on off on off off on on off off on on off off off off on on on on

           

③ データ転送モード

  

ASCII モードと RTU モード(バイナリーモード)の設定は DIP スイッチPのビット4で設

  定します。出荷時は

RTU モードに設定されています。

モード P4

ASCII モード

RTU(バイナリ)モード off on

                                         

④ データの終わり

RTU モード(バイナリーモード)において、通信フレームのデータの終わり(End Of File)

を検出するための時間設定です。

DIP スイッチPの3ビット P1, P2, P3 で設定します。ASCII

モードの時は関係ありません。

データの終わり

3フレーム分

 100 m 秒

 200 m 秒

 500 m 秒

   1   秒

   1 m 秒

  10 m 秒

  50 m 秒

P1

Off on off on off on off on

P2 off off on on off off on on

P3 off off off off on on on on

⑤ エラーチェックコード

ノード単位の動作テストなどを行う場合、エラーチェックコードを使わずに動作テストができ

ます。

DIP スイッチPのビット5でエラーチェックコードを無視するかどうかを設定します。

これはテスト用ですので、実際のアプリケーションにて駆動させるときには

必ず「実行」に設

定しておいてください。初期設定は「実行」に設定されています。

エラーチェック P5

無視

実行 off on

⑥ その他

DIP スイッチ P のビット6 とビット7とビット8は必ず off に設定しておいてください。

P6 off

P7 off

P8 off

3-3

3.2.1

ハイパ−ターミナル(ウィンドウズ)を使用するときの設定

   

通信を行う時の設定について説明します。動作のチェックを文字列(アスキーコード)で送受信して動

作確認するための設定内容です。

ト、つまり

COM1∼COM4の中でシリアル通信ポートが設定されているコミュニケーションポート

を選んでください。

② 次に「ポートの設定」を行います。ボーレート、データビット、パリティ、ストップビットの設定は

バスカップラーと同じ設定にします。フロー制御については「なし」を選んでください。これらの内

容を再度変更したいときは「プロパティ」をクリックして「モデムの設定」画面をクリックしてくだ

さい。

③ バスカップラ−側は

ASCII モード、すなわちP4を「off」にしてください。またエラーチェックコ

ードP5は無視「 off」に設定してください。

④ 「プロパティ」をクリックして設定を選びます。

ASCII の送信については、操作を行いやすくするた

めに「行末に改行文字をつける」および「ローカルエコーする」のチェックボックスをそれぞれオン

にしてください。また、

ASCII の受信については「受信データに改行文字を付ける」および「右端で

折り返す」のチェックボックスをオンにしてください。

DOS-V パソコンのシリアルポートと 750-314、750-316 の接続は以下のとおりです。一般に市販され

ている「ストレートケーブル」にてそのまま接続できます。

  

 パソコン側

(DOS−V)

  バスカップラー側

  

750-314、750-316

信号名 ピン

No  

 ――――――――――――――

ピン

No

信号名

RxD(受信)

TxD(送信)

信号グランド

 ――――――――――――――

 ――――――――――――――

(D-sub9 ピンメス)――(D-sub9 ピンオス)

TxD(送信)

RxD(受信)

信号グランド

  (

D-sub 9ピンオス)

 ストレートケーブル  (

D-sub 9ピンメス)

     

750-312 および 750-315 を RS-485 で接続する場合は、パソコン側のRS−232CをRS―485

に変換するためのレベルコンバータが必要になります。レベルコンバータは4線式対応(全二重対応)

のものをお使いください。半二重(2線式)には対応しておりません。以下の例は株式会社アール・

エー・システムズ社のRC―57(絶縁型)を接続した場合の接続例です。

3-4

  

3.3 Ethernet バスカプラの設定(

バスカプラに

IP アドレスを書き込む)

3.3.1

  

BootP テーブルソフトウェア

イーサネット対応バスカプラ(

750-342、750-842)への IP アドレスを書き込みは BootP テーブルソ

フトにて行います。このソフトウェアはフリーウェアとして公開しており、下記

URL からダウンロー

ドできます。ダウンロード後は、 boot_p フォルダ内にある setup.exe をクリックすると自動的にイ

ンストールが実行されます。 http://www.wago.com/wagoweb/japan/jap/index.htm

スタートメニュー/プログラム/

Wago Software/WAGO Bootp Server/WAGO Bootp Server にて

ソフトウェアを立ち上げます。以下のような画面が表示されます。

     

3-5

3.3.2 Bootpテーブルの編集

Edit Bootptab をクリックすると、以下のように書込み用の Bootp テーブル(bootptab.txt)が表示さ

れます。テーブル中の「#」マークは解説コメント用タグですので、その行は実行には関係ありません。

Bootp テーブル中にはゲートウェイ無しの場合とゲートウェイがある場合の2種類のサンプル記述が

あります。

 ①はノード名を書込みます。半角のアルファベットと数字を使って設定したいノード名を記述できます。

 ②はハードウェアタイプを指定します。

Ethernet のハードウェアタイプは 1 ですのでここは「ht=1」

  と記述してください。

 ③ここでは各々バスカプラに割り当てられた

MAC アドレスを「ha=」に続けて記述します。バスカプラ

  の

MAC アドレスは各々のバスカプラ本体に記載されています。

 ④指定したバスカプラに書込みたい

IP アドレスを「ip= 」に続けて記述します。

 ⑤バスカプラがゲートウェイの外にあるときは、経由したいゲートウェイのアドレスを

T3= に続けて書込

  みます。

 ⑥書込みたい情報が記載してある行頭に付いている「#」をはずします。この状態で、このテキストファ

  イルを上書き保存します。

 <デフォルトゲートウェイ、サブネットマスクの設定>

サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを設定する場合には ip アドレスに続いて以下のパラメータで

設定してください。区切りは他の項目と同じくコロン(:)を入れてください。

     sm= 小文字

gw=  小文字

  各々のパラメータに続いて、

10 進数でタイプしたあと、上書き保存してください。

  node1:ht=1:ha=0030DE00010E:ip=192.192.10.70:sm=255.255.255.0:gw=192.192.10.05

                          サブネットマスク    ゲートウェイ

3-6

3.3.3 BootP Server の実行

 ① 

Bootp テーブルソフトの start ボタンを押します。そうすると BootP テーブルソフトウェアのウィン

   ドウ中にエラーメッセージが表示されて、そこでストップします。

② ここでバスカプラの電源を一度切ります。

③ 電源を切断して2秒以上経過した後、再度電源を投入します。

  ④ 表示されていたエラーメッセージのあとに、設定したノード名および

IP アドレスが表示されます。

  ⑤ 

Stop を押してプログラムを終了させます。

3-7

3.3.4 IP アドレス設定の確認

① ウィンドウズのスタートメニューからプログラム中の「コマンド プロンプト」を選択して実行し  ま

す。

Dos の「ping」を実行します。ping コマンドに続いて、設定した IP アドレスを入力して実行し、以下の

ように応答が帰ってくるのを確認します。

3-8

③  ブラウザ(インターネットエクスプローラなど)を用いて直接設定を確認することができます。

 まず、ブラウザに「プロキシ」が設定されている場合はこれをはずします。プロキシをはずすには

 インターネットエクスプローラのプルダウンメニューの「ツール」を選択して、

 「インターネットオプション」→「接続」→「

LAN の設定」でプロキシサーバの項目を表示したあと、

 チェックボックスをはずしてください。

 その後、アドレスの部分に

IP アドレスをそのまま打ち込みます。 http://192.192.10.73

 すると以下のようにバスカプラ内に設定された内容が

HTTP ファイルで表示されます。

  

                                 以上

3-9

4 ビット割当て

4.1

内部ビット幅

各々のモジュールは固有のビット幅(内部ビット幅)を持っています。この値は個々のモジュールによ

ってその値が決まっており、原則的に入力モジュールは入力の内部ビット幅を、出力モジュールは出力

の内部ビット幅を持っています。

モジュールを組み立てた場合、組み立てた順序(コンフィグレーション)にしたがって入出力のビット

が割り当てられてビット構成が決定されます。

一部の電源モジュールや終端モジュールは内部ビット幅を持っておらず、ノードを組み立てた場合のビ

ット構成には影響しません。また、カウンターモジュールやインターフェイスモジュールは入力および

出力の両方のビット幅を持っています。これらのモジュールの出力ビット中には制御バイトと呼ばれる

コントロールバイトがあり、これを書き換えることによって動作をコントロールします。制御バイトと

動作の関係については各々のモジュールの説明を参照してください。

4.2

ビット割当優先順位

     表4−2−1はモジュールの一覧およびビット割当ての優先順位を示します。

  <表4−2−1 モジュール一覧とビット割当て優先順位>

種別

ディジタル

入力

ディジタル

出力

リレー

 出力

モデル名 機          能

750-400 2 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms

750-401 2 ch ディジタル入力 DC24V 応答 0.2ms

750-402 4 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms

750-403 4 ch ディジタル入力 DC24V 応答 0.2ms

750-405 2 ch ディジタル入力 AC230V 応答 10ms

750-406 2 ch ディジタル入力 AC120V 応答 10ms

750-408 4 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms 負方向

750-409 4 ch ディジタル入力 DC24V 応答 0.2ms 負方向

750-410 2 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms センサー対応

750-411 2 ch ディジタル入力 DC24V 応答 0.2ms センサー対応

750-412 2 ch ディジタル入力 DC48V 応答 3ms

750-413 2 ch ディジタル入力 DC48V 応答 0.2ms

750-414 4 ch ディジタル入力 DC5V 応答 0.2ms

750-415 4 ch ディジタル入力 AC/DC24V

750-430 8 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms

750-431 8 ch ディジタル入力 DC24V 応答 0.2ms

750-432 4 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms 2 線式

750-433 4 ch ディジタル入力 DC24V 応答 0.2ms 2 線式

750-436 8 ch ディジタル入力 DC24V 応答 3ms 負方向

750-501 2 ch ディジタル出力 DC24V 0.5A

750-502 2 ch ディジタル出力 DC24V 2A

750-504 4 ch ディジタル出力 DC24V 0.5A

750-506 2 ch ディジタル出力 DC24V 0.5A 断線検知機能付

750-509 2 ch ディジタル出力 ソリッドステートリレー AC230、300mA

750-516 4 ch ディジタル出力 DC24V 0.5A 負方向

750-519 4 ch ディジタル出力 DC5V 20mA

750-530 8ch ディジタル出力 DC24V 0.5A

750-531 4 ch ディジタル出力 DC24V 0.5A 2 線式

750-536 8ch ディジタル出力 DC24V 0.5A 負方向

750-512 2 ch リレー出力 最大 AC250V2A、+側コモン、a接点

4-1

入力

ビット幅

8

8

4

4

2

2

2

2

4

4

8

4

4

2

2

4

4

2

2

4

4

8

2

4

4

4

2

2

4

8

2

出力

ビット幅

ビット割当

優先順位

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

B

アナログ

入力

アナログ

出力

カウンター

シリアルインタ

フェース

モジュール

750-513 2 ch リレー出力 最大 AC250V2A、フロート型、a接点

750-514 2 ch リレー出力 最大 AC125V 0.5A、フロート型, c接点

750-517 2 ch リレー出力 最大 AC250V 1A、フロート型, c接点

750-452 2 ch アナログ電流入力、0∼20mA、外部電源利用型

750-453 4 ch アナログ電流入力、0∼20mA、外部電源利用型

750-454 2 ch アナログ電流入力、4∼20mA、外部電源利用型

750-455 4 ch アナログ電流入力、4∼20mA、外部電源利用型

750-456 2 ch アナログ電圧入力、±10V、差動入力型

750-457 4 ch アナログ電圧入力、±10V、外部電源利用型

750-459 4 ch アナログ電圧入力、0∼10V、外部電源利用型

750-460 4 ch RTD センサー入力

750-461 2 ch RTD センサー入力

750-462 2 ch 熱電対入力

750-465 2 ch アナログ電流入力 0∼20mA、システム電源供給型

750-466 2 ch アナログ電流入力 4∼20mA、システム電源供給型

750-467 2 ch アナログ電圧入力、0∼+10V、シングルエンド入力

750-468 4 ch アナログ電圧入力、0∼+10V、シングルエンド入力

750-469 2 ch 熱電対入力 K タイプ、断線検知機能付

750-472 2 ch アナログ電流入力 0∼20mA、(15bit)

750-474 2 ch アナログ電流入力 4∼20mA、(15bit)

750-475 2 ch アナログ電流入力 AC/DC 0∼1A、差動入力型

750-476 2 ch アナログ電圧入力、±10V、(15bit)

750-477 2 ch アナログ電圧入力、AC/DC 0∼+10V、差動入力型

750-478 2 ch アナログ電圧入力、0∼+10V、(15bit)

750-479 2 ch アナログ電圧入力、±10V、差動入力型(13bit)

2

2

2

750-480

2 ch アナログ電流入力 0∼20mA、差動入力型(13bit) 16×2

750-483

2 ch アナログ電圧入力、0∼30V、差動入力型

750-492

2 ch アナログ電流入力 4∼20mA、絶縁差動入力型

750-550

2 ch アナログ電圧出力 0∼+10V

750-552

2 ch アナログ電流出力 0∼20mA

750-554

2 ch アナログ電流出力 4∼20mA

750-556

2 ch アナログ電圧出力 –10V∼+10V

750-557

4 ch アナログ電圧出力 ±10V

750-559

4 ch アナログ電圧出力 –10V∼+10V

750-404

1 ch アップダウンカウンター DC24V, 100kHz

750-638

2ch アップダウンカウンター DC24V 500Hz

750-650

RS232C インタフェースモジュール、パリティ無、8 ビット、ストップビット 1

750-650

/003-000

RS232C インタフェースモジュール、通信条件可変タイプ

750-653

RS485 インタフェースモジュール、パリティ無、8 ビット、ストップビット 1

750-653

/003-000

RS485 インタフェースモジュール、通信条件可変タイプ

750-601

電源モジュール ヒューズ付 

DC24V 6.3A

16×2

16×2

48

48

24

24∼40

24

24∼40

16×2

16×2

16×2

16×2

16×4

16×4

48

48

24

24∼40

24

24∼40

750-602

電源モジュール 

DC24V

750-609

電源モジュール ヒューズ付 

AC230V 6.3A

750-610

750-611

電源モジュール ヒューズ付 

電源モジュール ヒューズ付 

DC24V 6.3A 診断機能付

AC230V 6.3A 診断機能付

750-612

電源モジュール 電源モジュール 

AC/DC 230V, ヒューズなし

750-613

電源モジュール システムおよびフィールド用

DC24V

2

2

750-614

電源端子拡張モジュール

750-615

電源モジュール ヒューズ付

AC120V 6.3A

750-600

終端モジュール                  *

16×2

16×2

16×2

16×2

16×2

16×4

16×2

16×2

16×2

16×4

16×2

16×4

16×2

16×4

16×4

16×4

16×2

16×2

16×2

16×2

16×2

16×2

4-2

B

B

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

B

A

B

B

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

750-600 終端モジュールは必ず最後に設置してください。

    

ビット割当ては以下のような簡単なルールにしたがって割り当てられます。同じモジュール構成であっ

ても、設置順序が異なると、ビット割当て(フィールドバスを経由して外部から入出力したときのビッ

ト構成順序)が異なります。

  

<ビット割り当てルール>

① 入力と出力のビット割当ては別々に行われます。

② バスカップラーに近いモジュールから順番にビットが割り当てられます。

③ ディジタル入出力モジュールとアナログモジュール等が混在している場合、アナログモジュー

ルや特殊モジュール(優先順位が

A で表されるモジュールがディジタル入出力より先にビット

が割り当てられます。

④ アップダウンカウンター、各種インターフェイスモジュールは入力と出力の両方にビット割当

てされます。

⑤ 内部ビット幅を持たないモジュールはどの位置に挿入してもビット構成には影響しません。

4-3

4.3

ビット割当の例

図4−3−1はモジュールのコンフィグレーションとビット割当ての一例を示しています。入力におい

ても出力においてもアナログモジュールや特殊モジュールが優先されて先にビットが割り当てられ、そ

の後ディジタルモジュールのビットが割り当てられます。ビットのアドレスは4桁の16進数で示され

ており、これはフィールドバスを経由して読み書きするときのアドレスになります。

標準添付の開発支援

DLL を使ってソフト開発を行う場合はこれらのルールを気にすること無くプログ

ラム開発ができます。また、アナログモジュールに関するビットデータと物理量の変換も自動的に行わ

れますので、ビット割当てルールやアドレスを気にすることなくソフト開発に専念できます。開発支援

DLL につきましては、「第6章 開発支援ソフト(Dynamic Link Library)」を参照してください。

                  図4−3−1

入力

モジュール

750-467 750-404 750-400 750-400 750-402 750-610

内部ビット幅

16×2

48 2 2 4 2

アドレス

0000∼ 0020∼ 0050∼ 0052∼ 0054∼ 0058∼

             

出力

モジュール

内部ビット幅

割当アドレス

750-550

16×2

0000∼

750-404

48

0020∼

750-501

2

0050∼

750-504

4

0052∼

4-4

5.1

シリアル通信

Modbus プロトコル

5.2

データ読み出しと書き込みの機能分類

スレーブであるワゴ

I/O からデータを読み出す、あるいはデータを書き込むという動作は、マスターか

ら出力されるリクエスト信号に含まれる機能コードによって区別します。同一のノード内に入力モジュ

ールと出力モジュールが混在していても、読み出し動作(入力モジュール)と書き込み動作(出力モジ

ュール)はそれぞれ独立した機能として扱います。すなわち読み出し動作時は入力モジュールのみが対

象となり、書き込み動作時は出力モジュールのみが対象となります。

                        

読み出しおよび書き込み動作は、以下の表のように7種類の機能に分類されます。5−1−2以降に

各々の動作の詳細を説明してありますが、表中の「機能コード」は

Modbus の機能コードに対応して

います。

●ワゴ

I/O からデータを読み出す(入力)

分類 機能

ビット単位で範囲を指定して

データを読みだす。

対象モジュール

ディジタル入力モジュール

ワード単位で範囲を指定して

データを読み出す

アナログ入力モジュールおよび

ディジタル入力モジュール

電源投入以降に実行されたコ

マンドの回数を読み出す

バスカップラ

機能コード

「01」または「02」

「03」または「04」

「0

B」

分類

●ワゴ

I/O へデータ書き込む(出力)

機能

単一のビットを指定してデー

タを書き込む

範囲を指定して複数ビットに

データを書き込む

単一のワードを指定してデー

タを書き込む

範囲を指定して複数ワード単

位でデータを書き込む

対象モジュール

ディジタル出力モジュール

ディジタル出力モジュール

アナログ出力モジュールおよび

ディジタル出力モジュール

アナログ出力モジュールおよび

ディジタル出力モジュール

機能コード

「05」

「0F」

「06」

「10」

尚、この章に記載されている内容は

Modbus の通信仕様について説明したもので、標準添付の開発支

援DLLを使用してソフト開発する場合は考慮する必要はありません

5-1

図5−1−1

DeviceNet

MS

Tx D

R x D

NS

CR C

24V 0V

I/O RUN

I/O ERR

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

- - - - - - - - - - -

Byte1 process data input image

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

Byte 5

Byte 6

7

8

Byte 9

1 0

12

LSB

WAGO

750-400

WAGO

750-400

WAGO

750-466

WAGO

750-466

WAGO

750-400

WAGO

750-466

WAGO

750-400

WAGO

WAGO

750-466

WAGO

750-600

1,2

Bit 1

Bit 2

Ch2

Byte 1

Byte 2

Ch3

Byte 3

Byte 4

C h 4 C h6

Byte 1

Byte 17

Byte 18

Byte 19

5-2

5.2.1

読み出し、書き込みコマンドの送出方法

マスター(ホストコンピュータ−)とスレーブ(ワゴI/O)は1対1の通信を基本とします。マスタ

ー側からのリクエスト信号を受け取ったワゴ

I/O はそのリクエスト信号が自分のノード(アドレス)に

対するリクエストであるかどうかを判断し、自分のノードに対するリクエストであれば、必要な情報を

含んだアンサーバック信号を返します。

●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)の例

先頭 アドレス 機能コード 開始アドレス 範囲(ビット) エラーチェック フレームエンド

アスキー文字

: 0B 01 0008 EC

アスキーコード 3A

バイナリコード

フレーム

分の間隔

3042 3031

0B 01

0000

3030303

0000

30303038 4543

0008 3D66

DA

3フレーム分の間

        

アスキー文字の場合        数え始めのスタートアドレスです。     送信するデータのCRC/LRC

        

先頭は「:」(コロン)      この場合はバスカップラに一番近い     コードが添付されます。DIPSW設定で

        

で始まります。          ディジタル入力ビットから数え始め     これを無視するときは必要ありません。

                        

ます。(16進数で表現します。)

          スレーブのアドレスを  

          指定します。                 

数えはじめから何ビット分を範囲にするかを決めます。16進数で

               

表わします。ワゴ I/O 側では8ビット(バイト)単位で処理しますの

                                で、例えば「000D」

I/O 側は16

                                ビット(2バイト)分をデータ領域として確保し、範囲に指定されて

        

 動作の内容を機能コード     いない3ビット 分はデータが無いものとしてアンサーバック信号に反映

                で指定します。         します。0000∼00

FF までが設定範囲です。

 ● アンサーバック信号:

I/O → マスター)の例

アスキ−文字 :

先頭 アドレス 機能コード バイトカウント

0B 01 01

データ

12

エラーチェック フレームエンド

E1  

アスキーコード

3A 3042 3031 3031 3132 4531 DA

バイナリコード

3フレーム

分の間隔

0B 01 01 12 D25D

3フレーム分の間隔

     

     アンサーバック                                  ワゴ

I/O から送信されるデータにも

    信号も先頭は「:」          指定された範囲が1バイト分以下である     CRC/LRCエラーチェックコード

    で始まります。            ことを示します。リクエスト信号で指定     が添付されます。

                       されたビット範囲が1バイト単位で区切

     応答したスレーブが         れない場合は範囲に満たないビットはデ

     自分のアドレスを確認の       ータなし(0)として送信します。

     意味で送信します。

                      

                            データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに2桁の16進数を用いて表わ

          リクエスト信号で要求された     ビット構成に直すと以下のような並びになります。

          機能コードを確認のため返信    

2 1

          します。              ○ ● ○ ○   ● ○ ○ ○

(1) (2) (4) (8) (1) (2 ) (4) (8)   (● : 入力 オン)

← バスカップラに近い方向      (○:入力 オフ)

5-3

5.2.2

ワゴ

I/O からデータを読み出す

  「0」また は「

High」か「Low」)を読み出します。リクエスト信号とアンサーバックの信号の例は

  5−1−2で説明したとおりです。このコマンドはディジタル入力モジュ−ルのみが対象となります。

  また、ビット単位での最高点数は256点(32バイト)分です。すなわちリクエスト信号の中の開始

  アドレスにおける最高値は4桁16進数で「00

FF」です。

   アンサーバック信号中のデータは8ビット単位(バイト単位)で区切られ、バスカップラに近いディ

  ジタル入力モジュールの4ビット分の16進数値がデータの下位桁によって表され、バスカップラから

遠いモジュールの4ビット分の16進数値が上位桁に表されます。

このコマンドは16ビット単位(ワード単位)で範囲を指定してワゴI/Oからデータを読み出します。

アンサーバック信号中の16進数値の構成は4ビット×2セット(1バイト)を単位として上位と下位

2桁ずつの組み合わせで表します。またアナログモジュールが挿入されていた場合はアナログ入力モジ

ュール(1チャンネルあたり16ビット)が優先されます。すなわちディジタル入力モジュールのデー

タはアナログデータの後に続くことになります。読み出せる最大の数はバイトカウンタ2桁が限界にな

りますので、バイトカウントで

FF(256)、16ビットレジスター(2バイト)の数に直すと12

8が最大になります。

5-4

                    図5−1−3

DeviceNet

R x D

NS

24V 0V

I/O RUN

I/O ERR

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

-

Byte1 process data input image

C h 1

Byte 1

C h 2

Byte 2

Byte 3

Byte 4

C h 3

C h 4

Byte 5

Byte 6

7

8

C h 5

Byte 9

1 0

C h 6

12

C h 7

Byte 13

1 4

C h8

1 5

16

LSB

WAGO

750-400

WAGO

750-400

WAGO

750-466

WAGO

750-466

WAGO

750-400

WAGO

750-466

WAGO

750-400

WAGO

750-400

WAGO

750-466

WAGO

750-600

Bit 2

Bit 1

Ch 2

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

C h 4 C h 6 C h 8

1 7

Byte 17

Byte 18

1 8

Byte 19

●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

先頭 アドレス 機能コード 開始アドレス 範囲(ワード) エラーチェック

アスキー文字

: 0B 03 F0

アスキーコード

3A 3042 3033

0000

303030

30

0002

3030303

4630

バイナリコード

フレーム

分の間隔

0B 03 0000 0002 C4A1

フレームエンド

DA

3フレーム分の間隔

 数え始めのスタートアドレスをワード単位で指定します。16進数で設

定します。例えば、2チャンネルのアナログ入力モジュール

1 個が挿入さ

れているときには、これが優先されますので、この場合は1ワード目(0

000)がアナログ

CH1, 2ワード目(0001)がアナログ CH2, そ

の後にディジタル入力ビットが、バスカップラに近い方から割り当てられ

ます。

 アナログモジュールのデータを無視して3ワード目からディジタル入力

データだけを読みたい場合はここを「0002」と設定します。

     

 スタートアドレスビットから何ワード分を範囲にするかをせ指定します。16進数で単

位はワードです。この場合は2ワード分、すなわち32ビットの範囲を設定しています。

5-5

  ● アンサーバック信号:

I/O → マスター)

先頭 アドレス 機能コード

バイト

カウント

アスキ−文字 : 0B 03 04

アスキーコード

3A 3042 3033 3034

データ下位

レジスタ0

3FFB

334646

42

バイナリコード

3フレーム

分の間隔

0B 03 04

                           

 指定された範囲が、バイト単位に直す

と4バイト分であることを意味します。

3FFB

データ上位

レジスタ1

0000

3030303

0000

エラー

チェック

B4

4234

B4

フレーム

エンド

DA

3フレーム

分の間隔

       

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに 4 桁の16進数(1ワード)を用いて表わします。この場合は下位のワード分が「3

FFB」で、この16ビット分が下位ワード(レジスター0)になります。これを分解すると以下のようなビット構成になります。仮にす

べてがディジタル入力である場合はビットの並びはバスカップラに近い方から以下の並びと同じになります。

      

  下位4ビット   上位4ビット   下位4ビット   上位4ビット

    

F     3     B     F  

 0  0  0   0

  ● ● ● ●  ● ● ○ ○  ● ● ○ ●  ● ● ● ●  ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○

  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8

  ← バスカップラに近い方向

                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 2CHアナログ入力モジュールが挿入されているときは、1チャンネルあたり16ビットが割り当てられます。下位ワード(レジスタ0)

ただし、通常は位3ビットは使用せず、ビットがHiのままになりますので数値は「3FFF」になります。

     

 3    F     F     B

    ○ ○ ● ●  ● ● ● ●  ● ● ● ●  ● ○ ● ●

    8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1

            A/D変換時の有効な12ビット

  

  仮に0∼10

V のアナログ入力モジュールに適用すると以下のようになります。

 2

11

×0+2

10

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1+2

×1

×10

V

                              2

12

  

2047

×10

V 

= 

V

    4095

このコマンドはバスカップラ内にあるカウンタのカウント数値を読み出します。バスカップラ内のコマ

ンドカウンタは電源が投入された後、正常に動作が行われたコマンドの回数をカウントしていますので、

マスター側から送り出したコマンドの数とこの数をチェックすることによってそのノードとの通信が

正常に行われているかどうかを確認することができます。

  ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

先頭 アドレス

アスキー文字

アスキーコード

バイナリコード

3A

フレーム分の間隔

0B

3042

0B

機能コード

0B

3042

0B

エラーチェック

EA

4541

4747

フレームエンド

DA

3フレーム分の間隔

5-6

  ●アンサーバック信号(ワゴ

I/O → マスター)

先頭 アドレス 機能コード ステータスバイト イベント回数 エラーチェック

アスキー文字

アスキーコード 3A

バイナリコード

フレーム

分の間隔

0B

3042

0B

0B

3042

0B

0000

30303030

0000

0003 E7

30303033 4537

0003 E4A0

フレーム

エンド

DA

3フレーム分の

間隔

回数は4桁の16進数で表されます。この場合は電源投入時

から現在まで、このスレーブに対して正常なコマンドのやり

取りが行われた回数が3回であることを示しています

このステータスバイトはワゴ I/O では使いま

せんので常に「0000」となります。

5.2.3

ワゴ

I/O へデータを書き込む

このコマンドは単一のビットを指定して、ON/OFFの出力を実行します。出力の実行は単一のビッ

トですが、設定できる範囲は0000∼00FFまでの256ポイントの範囲です。この機能の対象モ

ジュールはディジタル出力モジュールのみです。アナログ出力モジュールは関係ありません。

  ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

先頭 アドレス 機能コード ビットアドレス

0B 05 0000

アスキー文字

アスキーコード

3A

バイナリコード

フレーム

分の間隔

3042 3035

0B 05 0000

命令コード

FF00

FF00

エラーチェック フレームエンド

F1

30303030 46463030 4631

8C90

DA

3フレーム分の間

 操作をするビットのアドレスです。ディジタル出力モジュー

ルのみが対象となります。0000∼00FFまでの256

ポイントの範囲で指定します。

 指定したビットについて、ONにするかOFFにするかを設定します。OF

Fの状態からONにするときには「FF00」とし、ONの状態からOFFの

状態に戻すには「0000」と設定します。

   

  ●アンサーバック信号:

I/O → マスター)

先頭 アドレス 機能コード ビットアドレス 命令コード エラーチェック フレームエンド

アスキ−文字

: 0B 05 0000 FF00 F1

アスキーコード

3A

バイナリコード

3フレーム

分の間隔

3042

0B

3035

05

30303030 46463030

0000 FF00

4631

8C90

DA

3フレーム分の間

  

  ワゴ

I/O(スレーブ)はデータ書き込みに成功した場合には同じデータをアンサーバックとして返信します。

5-7

⑤ 範囲を指定して複数ビットにデータを書き込む(機能コード「0

F」)

このコマンドは複数のビットを指定して、データを書き込みます。アナログモジュールは関係ありません。

●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

機能

先頭 アドレス

コード

開始

アドレス

アスキー文字 : 0B 0F

0000

アスキーコード

3A 3042 3046

30303

030

バイナリコード

フ レ ー

ム分の間隔

0B 0F

0000

範囲

(ビット)

0010

30303

130

バイト

カウンター

02

3032

0010

02

出力

データ

A5F0

4135

4630

エラー

チェック

3F

3346

A5F0 E794

フレーム

エンド

DA

3フレーム

分の間隔

数え始めのスタートアドレスをビット単位で指定し

ます。16進数で設定します。ディジタル入力ビット

が、バスカップラに近い方から割り当てられます。ス

タートアドレスは0000からスタートして16進

数で数えていきますので、10進で16番目が「00

グモジュールは無視されます。

スタートアドレスビットから何バイト分を範

囲にするかを指定します。この場合は16ビッ

ト分を範囲設定しているので2バイト分を設

定しています。出力範囲ビットカバーする数値

に設定してください。

出力する範囲をビット単位で設定します。この場合はスタートアドレス「00

ます。

   

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに4桁の16進数(1ワード)を用いて表わします。この場合は指定された

2バイト分(1ワード分)が「A5F0」で、これを分解すると以下のようなビット構成になります。ビットの並びはバスカッ

プラに近い方から以下の並びと同じになります。

      

           下位4ビット   上位4ビット   下位4ビット   上位4ビット

             

5     A     0     F

           ● ○ ● ○  ○ ● ○ ●  ○ ○ ○ ○  ● ● ● ●

           1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8

             ← バスカップラに近い方向

                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

  ●アンサーバック信号:

I/O → マスター)

アスキー文字

先頭

アスキーコード 3A

バイナリコード

フレーム

分の間隔

アドレス 機能コード 開始アドレス 範囲(ビット)

0B

3042

0B

0F

3046

0F

0000

30303030 30303130 4436

0000

0010

0010

エラー

チェック

D6

54AD

フレーム

エンド

DA

3フレーム分の

間隔

5-8

⑥ 単一のワードを指定してデータを書き込む

このコマンドは単一のレジスタ(16ビット分)に対してデータを書き込むためのコマンドです。例え

ジスタ0)がアナログ1

CH 目、アドレス「0001」(レジスタ1)がアナログ2CH 目になります。

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

アスキー文字

先頭

アスキーコード

3A

バイナリコード

フレーム

分の間隔

アドレス 機能コード 開始アドレス

0B

3042

06

3036

0000

書き込みデータ

(単一レジスタへ)

1234

30303030 31323334

エラーチ

ェック

A9

4139

0B 06 0000 1234 8C17

フレームエンド

DA

3フレーム分の間

 数え始めのスタートアドレスをワード単位で指定します。16進数で設定

します。例えば、2チャンネルのアナログ出力モジュール

1 個が挿入されて

いるときには、これが優先されますので、この場合は1ワード目(0000)

がアナログ

CH1, 2ワード目(0001)がアナログ CH2, その後にディ

ジタル出力ビットが、バスカップラに近い方から割り当てられます。

 アナログ出力モジュールのデータを無視して3ワード目からディジタル

出力モジュールにのみデータを書き込みたい場合はここを「0002」と設

定します。

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに4桁の16進数(1ワード)を用いて表わしますこのコマンドはレジスタ1個分、す

なわち16ビット分の書き込みしかできませんので、4ビット×2セット×2セット分のデータを以下のように4桁の16進数で表現しま

す。仮にすべてがディジタル出力モジュールである場合はビットの並びはバスカップラに近い方から以下の並びと同じになります。

      

             下位4ビット   上位4ビット   下位4ビット   上位4ビット

              

2     1     4    3

            ○ ● ○ ○  ● ○ ○ ○  ○ ○ ● ○ 

● ● ○ ○

       

    1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8

           ← バスカップラに近い方向

                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 2CHアナログ出力モジュールが挿入されているときは、アドレスを「0000」に設定してデータを送ると、まずアナログ出力の

CH1

にデータが適用されます。アナログ出力1

CH あたり16ビット(1ワード)が割り当てられ、以下のように12ビット分を使います。例

えば10

V の出力モジュールで「1234」を出力すると1.42V になります。

     

 1     2     3     4

    

    ○ ○ ○ ●  ○ ○ ● ○  ○ ○ ● ●  ○ ● ○ ○

    8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1

           A/D変換時の有効な12ビット

 2

11

×0+2

10

×0+2

×1+2

×0+2

×0+2

×1+2

×0+2

×0+2

×0+2

×1+2

×1+2

×0

×10

V

                              2

12

    

582

   

×10

V 

 1.42

V

    4095

  

( ワゴ

I/O → マスター)

データ下位

先頭 アドレス 機能コード

レジスタ0

アスキ−文字

: 0B 06 0000

データ上位

レジスタ1

1234

エラーチェッ

A9

アスキーコード 3A

バイナリコード

3フ レ ー ム

分の間隔

3042 3036

0B 06

30303030 31323334 4139

0000 1234

   アンサーバック信号は確認の意味でリクエスト信号と同じ内容を返信します。

8C17

5-9

フレームエン

DA

3フレーム分の

間隔

 ⑦ 範囲を指定して複数ワード単位でデータを書き込む

このコマンドは複数のレジスタ(16ビット分×

N)に対してデータを書き込むためのコマンドです。

アナログ出力モジュールが挿入されている場合にはこれが優先されて割り当てられます。出力データは

レジスタの低い方から順番に4桁の16進数で送出します。

図5−1−4

● ワ ゴI/ Oへ デ ー タ を 書 き 込 む ( 出 力 )

DeviceNet

Byte 1 process data input image

Byte 1

LSB

NS

24V 0V

I/O RUN

I/O ERR

+ + + + + + + +

- - - - -

S S S S

WAGO

750-554

WAGO

750-501

WAGO

750-554

WAGO

750-600

Ch1

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

Bit 1

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

Ch4

output image

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

Byte 5

Byte 6

Byte 7

Byte 8

LSB

5 ワ ー ド目

レ ジ ス タ4

5-10

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

アスキー文字

アスキーコード

バイナリコード

先頭 アドレス

機能

コード

開始アドレス

(ワード単位)

範囲

(ワード単位)

バイト

カウンター

出力データ

レジスタ0

出力データ

レジスタ1

エラー

チェック

: 0B

3A 3042

3 フ

レ ー

ム 分

の 間

0B

10

313

0000

3030303

0002

3030303

04

3034

10 0000 0002 04

1234

31323

334

5678

3536

3738

1234 5678

フレ

ーム

エン

CB

4342

A943

DA

3 フ

レ ー

ム 分

の 間

数え始めのスタートアドレスをワード単位

で指定します。16進数で設定します。例

えば、2チャンネルのアナログ出力モジュ

ール

1 個が挿入されているときには、これ

が優先されますので、この場合は1ワード

目(0000)がアナログ

CH1, 2ワード

目(0001)がアナログ

CH2, その後に

ディジタル出力ビットが、バスカップラに

近い方から割り当てられます。

 アナログ出力モジュールのデータを無視

して3ワード目からディジタル出力モジュ

ールにのみデータを書き込みたい場合はこ

こを「0002」と設定します。

出力する範囲をワード単

位で設定します。この場合

はスタートアドレス「00

00」から数えて「000

ット分)を範囲とするとい

う意味になります。

スタートアドレスから何バイ

ト分を範囲にするかを指定し

ます。この場合は32ビット

分を範囲設定しているので4

バイトを設定しています。出

力範囲ビットカバーする数値

に設定してください。

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに2桁の16進数を用いて表わしますこのコマンドはレジスタを複数個分、すなわ

ち16ビット分×n個の書き込みが可能です。16ビットごとに4桁の16進数で置き換えながらデータを作ります。仮にすべてがデ

ィジタル出力モジュールである場合はビットの並びはバスカップラに近い方から以下の並びと同じになります。

    

2   1   4   3  

 6   5    8   7

   ○●○○  ●○○○  ○○●○  ●●○○  ○●●○  ●○●○  ○○○●  ●●●○

   1248  1248  1248  1248  1248  1248  1248  1248

           ← バスカップラに近い方向

                                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 アナログ出力モジュールが挿入されているときは、アドレスを「0000」に設定してデータを送ると、まずアナログ出力の

CH1 に

データ

が適用されます。アナログ出力1

CH あたり16ビット(1ワード)が割り当てられ、以下のように12ビット分を使います。例えば「1

234」のデータを

CH1に送ると、以下のように V が出力されます。

     

 1    2     3     4

    

    ○ ○ ○ ●  ○ ○ ● ○  ○ ○ ● ●  ○ ● ○ ○

    8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1

           A/D変換時の有効な12ビット

2 11 ×0+2 10 ×0+2 9 ×1+2 8 ×0+2 7 ×0+2 6 ×1+2 5 ×0+2 4 ×0+2 3 ×0+2 2 ×1+2 1 ×1+2 0 ×0

×10

V

                              2

12

    

582

   

×10

V 

 1.42

V

    4095

5-11

 ●アンサーバック信号:

I/O → マスター)

開始アドレス

先頭 アドレス 機能コード

「ワード単位」

アスキ−文字

: 0B 10 0000

出力の範囲

「ワード単位」

0002

エラーチェッ

E3

フレームエン

アスキーコード

3A

バイナリコード

3フ レ ー ム

分の間隔

   

3042 3130

0B 10

30303030 30303032 4533

0000 0002 4162

E3

3フレーム分の

間隔

アンサーバック信号は確認のため出力を指定した開始のアドレス(ワード単位)と出力した範囲をワー

ド単位で返信します。

5-12

5.2.4

(参考)

CRC(巡回符号方式)コードの生成

CRC コード(The Cyclical Redundancy Check)は16ビットの2進数値、2バイトで構成されます。

CRC コードは一方の機器側で計算して生成され、メッセージデータの最後に付加されます。もう一方

の機器はメッセージデータを受信しながら

CRC を自ら計算し、受信したメッセージデータに添付され

てきた

CRC との照合を実行します。この2つのデータが一致しない場合は通信上のミスがあることが

わかります。このようにして通信エラーを排除するわけです。

CRC の計算は、最初に16ビットのレジスタにすべて“1”をロードします。このレジスタに、連続

する8ビットのバイト単位で次々と処理して演算することによって計算されます。それぞれの8ビット

単位のデータにこの演算は適用されますが、スタートおよびストップビット、パリティビットについて

CRC 演算は適用されません。

  

CRC の演算中は、8ビット単位の文字データがレジスタ内のデータの各ビットと EX-OR 処理されて、

その結果が

LSB の方へシフトされ、MSB には「0」が入力されます。そして LSB のビットをチェッ

クします。もし、

LSB が「1」であれば、レジスタは最初の設定値と EX-OR 処理され、LSB が「0」

の場合は何も処理は行われません。

   

この処理は8ビット分8回シフトして繰り返されます。最後の8回目の処理が行われた後、次の8ビッ

トデータが、シフトレジスタにある現在値と

EX-OR 処理され、同じように8回の処理が行われます。

このようににしてすべてのデータを処理した結果、最後にシフトレジスタに残る値が

CRC データです。

  

  <具体的な計算処理方法>

1) まず、16ビットのシフトレジスタに16進数で

FFFF, すべてに“1”をセットします。

このレジスタを

CRC レジスタと呼ぶことにします。

   

MSB                            LSB

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

   上位バイト          下位バイト

2) データの最初の8ビット分(1バイト分)をこの

CRC レジスタの下位バイトと EX-OR 処理

してこの結果を

CRC レジスタに格納します。

   

MSB                            LSB

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

   上位バイト          下位バイト

                       <

EX−OR 処理>

                     データの最初の8ビット分

5-13

          

3) この

CRC レジスタを1ビット右(LSB の方向)へシフトして、一番左(MSB)には「0」を

格納します。

   

MSB

  

→1ビットシフト 

 LSB

0 1 1 1 1 1 1 1

   上位バイト          下位バイト

                       <

EX−OR 処理>

                     データの最初の8ビット分

4) このとき、

LSB に格納されている値は「0」の場合は3)の動作を繰り返します。LSB の値が

「1」の場合は

CRC レジスタのデータと多項式データ A001HEX(1010 0000 0000 0001)

EX-OR 処理を行います。

5) 8ビットシフトして3)あるいは4)を8回繰り返します。これが完了した時点で最初の8ビット

の処理が完了します。

6) 2)∼5)までの処理を次の8ビットについて行います。

この結果、この

CRC レジスタに残った値が CRC 値です。

7) この

CRC 値がデータメッセージに添付されるときは、上位バイトと下位バイトは以下に記述される

ようにスワップされます。

              【

CRC データをメッセージデータに添付する例】

        16ビットの

CRC(2×8ビットデータ)がデータに添付されるとき、先に低いオーダーの

        8ビットが送信され、次に高いオーダーの8ビットが送信されます。例えば

CRC 値が

        1241

HEX(0001 0010 0100 0001)だとします。この場合、CRC データはメッセージ

        データに引き続いて41(

HEX)12(HEX)と送信されます。

   

MSB                            LSB

0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 1

   上位バイト           下位バイト

        

            1      2       4       1

41  12

  <

C 言語で CRC データを生成するプログラムサンプル>

以下に

C 言語で CRC データを計算する例を示します。CRC データは2つの数字配列で既にテーブル

で用意されており、関数でそれぞれのインデックスを指定するだけで必要な配列のデータを得ることが

できます。16ビットデータのうちの上位バイト

CRC 値は256個、下位バイトが256個、計算さ

れ得るすべての

CRC データのテーブルになっています。このテーブルを用いると、CRC 生成アルゴ

リズムを用いて計算するよりも速く

CRC 値を算出することがができるので、コンパイル後独自の装置

5-14

などに組み込むことができます。

     注意)

      このサンプルプログラム中で行われる演算では、上位バイトと下位バイトのスワップは自動的に行

      われていますので、このプログラムで得られる

CRC データはそのまま送信データに添付するだけ

      で

OK です。

     

    このプログラム中には2つの引数があります。

         unsigned char *puchMsg ; メッセージデータバッファへのポインタ

         unsigned short us Datalen ; メッセージデータのバイトの数

}

   

     <以下サンプルプログラム例>

  unsigned short CRC16(puchMsg, usDataLen) unsigned char *puchMsg ; upon */ unsigned short usDataLen ;

*/

/* message to calculate CRC

/* quantity of bytes in message

{ unsigned char uchCRCHi = 0xFF ; /* high CRC byte initialized */ unsigned char uchCRCLo = 0xFF ; /* low CRC byte initialized */ unsigned uIndex ; /* will index into CRC lookup*/ table

*/

*/

*/ while (usDataLen--) /* pass through message buffer

{ uIndex = uchCRCHi ^ *puchMsgg++ ;/* calculate the CRC

} uchCRCHi = uchCRCLo ^ auchCRCHi[uIndex} ; uchCRCLo = auchCRCLo[uIndex] ; return (uchCRCHi << 8 | uchCRCLo) ;

/*

5-15

<上位バイトの

CRC 値テーブル>

/* Table of CRC values for high-order byte */ static unsigned char auchCRCHi[] = {

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1,

0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1,

0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40,

0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1,

0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40,

0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41,

0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40,

0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x00, 0xC1,

0x81, 0x40, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41,

0x00, 0xC1, 0x81, 0x40, 0x01, 0xC0, 0x80, 0x41, 0x01, 0xC0,

0x80, 0x41, 0x00, 0xC1, 0x81, 0x40

} ;

下位バイト

CRC 値テーブル

/

* Table of CRC values for low-order byte */ static char auchCRCLo[] = {

0x00, 0xC0, 0xC1, 0x01, 0xC3, 0x03, 0x02, 0xC2, 0xC6, 0x06,

0x07, 0xC7, 0x05, 0xC5, 0xC4, 0x04, 0xCC, 0x0C, 0x0D, 0xCD,

0x0F, 0xCF, 0xCE, 0x0E, 0x0A, 0xCA, 0xCB, 0x0B, 0xC9, 0x09,

0x08, 0xC8, 0xD8, 0x18, 0x19, 0xD9, 0x1B, 0xDB, 0xDA, 0x1A,

0x1E, 0xDE, 0xDF, 0x1F, 0xDD, 0x1D, 0x1C, 0xDC, 0x14, 0xD4,

0xD5, 0x15, 0xD7, 0x17, 0x16, 0xD6, 0xD2, 0x12, 0x13, 0xD3,

0x11, 0xD1, 0xD0, 0x10, 0xF0, 0x30, 0x31, 0xF1, 0x33, 0xF3,

0xF2, 0x32, 0x36, 0xF6, 0xF7, 0x37, 0xF5, 0x35, 0x34, 0xF4,

0x3C, 0xFC, 0xFD, 0x3D, 0xFF, 0x3F, 0x3E, 0xFE, 0xFA, 0x3A,

0x3B, 0xFB, 0x39, 0xF9, 0xF8, 0x38, 0x28, 0xE8, 0xE9, 0x29,

5-16

0xEB, 0x2B, 0x2A, 0xEA, 0xEE, 0x2E, 0x2F, 0xEF, 0x2D, 0xED,

0xEC, 0x2C, 0xE4, 0x24, 0x25, 0xE5, 0x27, 0xE7, 0xE6, 0x26,

0x22, 0xE2, 0xE3, 0x23, 0xE1, 0x21, 0x20, 0xE0, 0xA0, 0x60,

0x61, 0xA1, 0x63, 0xA3, 0xA2, 0x62, 0x66, 0xA6, 0xA7, 0x67,

0xA5, 0x65, 0x64, 0xA4, 0x6C, 0xAC, 0xAD, 0x6D, 0xAF, 0x6F,

0x6E, 0xAE, 0xAA, 0x6A, 0x6B, 0xAB, 0x69, 0xA9, 0xA8, 0x68,

0x78, 0xB8, 0xB9, 0x79, 0xBB, 0x7B, 0x7A, 0xBA, 0xBE, 0x7E,

0x7F, 0xBF, 0x7D, 0xBD, 0xBC, 0x7C, 0xB4, 0x74, 0x75, 0xB5,

0x77, 0xB7, 0xB6, 0x76, 0x72, 0xB2, 0xB3, 0x73, 0xB1, 0x71,

0x70, 0xB0, 0x50, 0x90, 0x91, 0x51, 0x93, 0x53, 0x52, 0x92,

0x96, 0x56, 0x57, 0x97, 0x55, 0x95, 0x94, 0x54, 0x9C, 0x5C,

0x5D, 0x9D, 0x5F, 0x9F, 0x9E, 0x5E, 0x5A, 0x9A, 0x9B, 0x5B,

0x99, 0x59, 0x58, 0x98, 0x88, 0x48, 0x49, 0x89, 0x4B, 0x8B,

0x8A, 0x4A, 0x4E, 0x8E, 0x8F, 0x4F, 0x8D, 0x4D, 0x4C, 0x8C,

0x44, 0x84, 0x85, 0x45, 0x87, 0x47, 0x46, 0x86, 0x82, 0x42,

0x43, 0x83, 0x41, 0x81, 0x80, 0x40

} ;

5-17

5.3 Ethernet Modbus/TCP プロトコル

5.3.1 Modbus/TCP プロトコル

イーサネットバスカップラでは

TCP/IP のアプリケーション層においてデータの交換行いますので、

TCP/IP のトランスポート層以下の機能を考慮する必要はありません。BootP テーブルソフトウェアで

書込まれた

IP アドレスを指定して通信を確立した後は、HTTP や TELNET 等と同様にアプリケーシ

 通信プロトコルはオープンプロトコルである

Modbus/TCP」

を使用しており、このアプリケーションプロトコルはポート番号502で通信を行います。

                          (アプリケーション層)

     

                         

HTTP, TELNET, Modbus/TCP 等

                          (トランスポート層)

                  

TCP ヘッダー        TCP−データ

                          (インターネット層)

              

IP ヘッダー             IP データ

                          (ネットワークアクセス層)

        

Ethernet ヘッダー               イーサネットデータ

5.3.2

Byte No

データの

内容

Modbus/TCP のデータ構造

アプリケーション層での「

Modbus/TCP」のデータは以下のように byte 単位で区切られます。実際の

TCP/IP 通信上では各々のバイトデータを16進数に変換して通信を行います。

0 1

転送

ID

「0」で

固定

2 3

プロトコル

ID

「0」で

固定

4 5

Byte6 以降

の総バイト数

ユニット

ID

使用せず、

「1」で固定

Modbus/TCP

の機能コード

8∼

機能コードに続

く転送データ

<データ例>

Byte No

Byte データ

16進数

(転送データ)

00 00

2 3

0 0

00 00

  1

00 06

  

01

  1

  

01

 0

8

8∼

5-18

5.3.3

データ読み出しと書き込みの機能分類

スレーブであるワゴ

I/O からデータを読出、あるいはデータを書込む動作は、ホスト(パソコン)側か

ら送信される

Modbus/TCP 中のコマンド(Byte7)にある機能コードによって区別します。同一のノ

ード内に入力モジュールと出力モジュールが混在していても、読み出し動作(入力モジュール)と書き

込み動作(出力モジュール)はそれぞれ独立した機能として扱います(シリアル

Modbus プロトコル

と同じ)すなわち読み出し動作時は入力モジュールのみが対象となり、書き込み動作時は出力モジュー

8ビット)のビット幅を占有しますのでご注意ください。

                        

読み出し、書き込み動作は、以下の表のように

8 種類の機能に分類されます。5−2−4以降に各々

の動作の詳細を説明してありますが、表中の「機能コード」は

Modbus/TCP の機能コード(16進数)

に対応しています。

●ワゴ I/O からデータを読み出す(入力)                   「 」内は16進数

分類 機

対象モジュール

機能コード:16進数

Byte7のデータ)

ビット単位で範囲を指定して

データを読みだす。

ディジタル入力モジュール

「01」または「02」

ワード単位で範囲を指定して

データを読み出す

アナログ入力モジュールおよび

ディジタル入力モジュール

「03」または「04」

電源投入以降に実行されたコ

マンドの回数を読み出す

   バスカップラ 「0

B」

●ワゴ I/O へデータ書き込む(出力)

分類 機

単一のビットを指定してデー

タを書き込む

範囲を指定して複数ビットに

データを書き込む

単一のワードを指定してデー

タを書き込む

範囲を指定して複数ワード単

位でデータを書き込む

最初の8ビット分の出力

データを読む

対象モジュール

ディジタル出力モジュール

ディジタル出力モジュール

アナログ出力モジュールおよび

ディジタル出力モジュール

アナログ出力モジュールおよび

ディジタル出力モジュール

ディジタル出力モジュール

機能コード:16進数

「05」

「0F」

「06」

「10」

「07」

5-19

5.3.4

読み出し、書き込みコマンドの送出方法

マスター(ホストコンピュータ−)とスレーブ(ワゴ

I/O)の IP アドレスにて TCP 接続が確立された

後は

Port502 経由で通信を行います。ホストコンピュータからのリクエスト信号を受け取ったワゴ I/O

は機能コードで指定された動作を行い、確認のアンサーバックをホストコンピュータへ返信します。

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)の例

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数

Byte データ

0 0 0 0 0 6

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06

ユニット

ID

1

01

機能コード

1

01

転送データ1

0 0

00 00

開始アドレス

転送データ2

0 8

00 08

範囲(ビット)

                                            機能コードによってこのデータの長さと意味は

         この部分は 0 で         1 で固定します。        異なります。この場合は、転送データ1が数え始

         固定します。

の開始アドレス、データ 2 が開始アドレスからの

                                            範囲(ビット数)を示します。

                                             

         

                                 

Modbus/TCP の動作機能コードです。例えばこの場合は

               

                 1ですから指定したビットデータの値を読み出すという

                                 意味になります。

                ユニット

ID 以下の転送

        

 総バイト数です。

             

● アンサーバック信号( ワゴ

I/O → マスター)の例

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

Byte データ

16進数

(転送コード)

0 0 0 0 0 4

1

00 00 00 00 00 04 01

機能コード

1

01

転送データ

1

1

01

データのバイト数

転送データ

2

18

12

データ

     

    

    

                          リクエスト信号で要求された    転送に含まれるデータの

                          機能コードを確認のために     バイト数を示します。転送

    アンサーバック信号中のデータ        返信します。           データ

2 が1バイト分であ

    もこの部分は未使用で、0                           ることを意味しています。

    に固定されています。

                      

                            データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに2桁の16進数を用いて表わ

                            します。この場合は上位の4ビットが 1 、下位の4ビットが 2 ですから、

          ユニット

ID 以下の転送バイト     ビット構成に直すと以下のような並びになります。

          数が4バイトであることを    

2 1

          意味します。            ○ ● ○ ○   ● ○ ○ ○

(1) (2) (4) (8) (1) (2 ) (4) (8)   (● : 入力 オン)

← バスカップラに近い方向      (○:入力 オフ)

5-20

5.3.5

ワゴ

I/O からデータを読み出す

  「0」また は「

High」か「Low」)を読み出します。リクエスト信号とアンサーバックの信号の例は

  5−2−4で説明したとおりです。このコマンドはディジタル入力モジュ−ルのみが対象となります。

  また、ビット単位での最高点数は256点(32バイト)分です。すなわちリクエスト信号の中の開始

  アドレス(転送データ1)における最高値は2桁16進数で「

FF」です。

アンサーバック信号中のデータ(転送データ2)は8ビット単位(バイト単位)で区切られ、バスカッ

プラに近いディジタル入力モジュールの4ビット分の16進数値がデータの下位桁によって表され、バ

スカップラから遠いモジュールの4ビット分の16進数値が上位桁に表されます。

このコマンドは16ビット単位(ワード単位)で範囲を指定してワゴI/Oからデータを読み出します。

ディジタル入力モジュールが接続されている場合は、アンサーバック信号中の16進数値の構成は4ビ

ット×2セット(1バイト)を単位として上位と下位2桁ずつの組み合わせで表します。またアナログ

モジュールが挿入されていた場合はアナログ入力モジュール(1チャンネルあたり16ビット)が優先

されます。すなわちディジタル入力モジュールのデータはアナログデータの後に続くことになります。

                   図5−2−5

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数

Byte データ

0 0 0 0 0 6

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06

ユニット

ID

機能コード

1 3

01 03

転送データ

1

0 0

00 00

開始アドレス

転送データ

2

0 2

00 02

何ワード分

                                        「

03」はワード単位で

         この部分は 0 で           1で固定します。   範囲指定してデータを     数え始めの開始アドレス

         固定します。

から何ワード分読むかを

                                        コードです。         指定します。ここでは

                                                       

2 ワード分を指定して

                                                       います。

         

          

                                 数え始めの開始アドレスをワード単位で指定します。例えば

2 チャン

               

                 ネルのアナログモジュール1個が挿入されている場合には、これが優

                                 優先されますので1ワード目「

0000」がアナログ CH1, 2ワード目が

                ユニット

ID 以下の転送         001 アナログ CH2、その後にディジタル入力ビットが割り当てられま。

        

 総バイト数です。          す。アナログモジュールのデータを無視して3ワード目からディジタル

                                 入力データだけを読む場合はここを

02「0002」と設定します。

5-21

 ●アンサーバック信号(ワゴ

I/O → マスター)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト

ユニット

ID

Byte データ

機能

コード

転送

データ

1

0 0 0 0 0 7

1

3 4

16進数

(転送コード)

00 00 00 00

00 07  01

03

04

テ ゙ ー タ

                           

ユニット

ID以降のデータ量をByte単位

で表します。

転送データ量(転送デー

2 以降)が4バイト分

あることを示していま

す。

転送

データ

2

63

転送

データ

3

転送

データ

4

転送

データ

5

251  0

0

3F FB

読込データ

00 00

読込データ

       

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに 4 桁の16進数(1ワード)を用いて表わします。この場合は下位のワード分が「3

FFB」で、この16ビット分が下位ワード(レジスター0)になります。これを分解すると以下のようなビット構成になります。仮にす

べてがディジタル入力である場合はビットの並びはバスカップラに近い方から以下の並びと同じになります。

      

  下位4ビット   上位4ビット   下位4ビット   上位4ビット

     

B     F     F     3    0  0  0   0

  ● ● ○ ●  ● ● ● ●  ● ● ● ●  ● ● ○ ○  ○○○○ ○○○○ ○○○○ ○○○○

  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8

  ← バスカップラに近い方向

                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 2CHアナログ入力モジュールが挿入されているときは、1チャンネルあたり16ビットが割り当てられます。下位ワード(レジスタ0)

ただし、アナログの場合は下位3ビットは使用せず、通常はビットがHiのままになりますので数値は「3FFF」になります。

     

 3    F     F     B

    ○ ○ ● ●  ● ● ● ●  ● ● ● ●  ● ○ ● ●

    8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1

            A/D変換時の有効な12ビット

  

  仮に0∼10

V のアナログ入力モジュールに適用すると以下のようになります。

2 11 ×0+2 10 ×1+2 9 ×1+2 8 ×1+2 7 ×1+2 6 ×1+2 5 ×1+2 4 ×1+2 3 ×1+2 2 ×1+2 1 ×1+2 0 ×1

×10

V

                              2

12

    

2047

×10

V 

= 

V

    4095

  あるいは、電圧アナログモジュールは 

0008(hex)∼7FFF(hex)が 0∼10V に相当しますので、

  3

FFB(hex)=16379, よって

   

10V÷(7FFF[hex]―0008[hex])×(3FFB[hex]―00008[hex])=

   =10

V÷(32768−8)×(16379―8)= 5V

       

 尚、各モジュールのビットフォーマットについては各モジュールの説明の項をご覧ください。

5-22

このコマンドはバスカップラ内にあるカウンタのカウント数値を読み出します。バスカップラ内のコマ

ンドカウンタは電源が投入された後、正常に動作が行われたコマンドの回数をカウントしていますので、

マスター側から送り出したコマンドの数とこの数をチェックすることによってそのノードとの通信が

正常に行われているかどうかを確認することができます。

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数

Byte データ

ユニット

ID

機能コード

0 0 0 0 0 2

1

11

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 02 01 0B

                                        「

0B」はバスカップラ内

         この部分は 0 で           1で固定します。   のカウンターの数値を

                                        コードです。

                                                       

                                                       

         

          

                 ユニット

ID 以下の転送

               

 総バイト数です。

                                 

                        

        

                                            

 ●アンサーバック信号(ワゴ

I/O → マスター)

Byte No

Byte データ

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数

0 0 0 0 0 6

ユニット

ID

1

機能

コード

11

16進数

(転送コード)

0000 0000 0006 01 0B

                           

ユニット

ID以降のデータ量をByte単位

で表します。

ステータスをあらわし

ます。常に「

0000」

です。

0

転送

データ

1

0

0000

       

電源投入以降のコマンド実行回数が724回目であること

を示しています。16ビット、最大65535回までのカウ

ントができます。

転送

データ

2

2 212

02  D4

カウンタ数値

5-23

5.3.6

ワゴ

I/O へデータを書き込む

このコマンドは単一のビットを指定して、ON/OFFの出力を実行します。出力の実行は単一のビッ

トですが、設定できる範囲は0000∼00FFまでの256ポイントの範囲です。この機能の対象モ

ジュールはディジタル出力モジュールのみです。アナログ出力モジュールは対象外です。

  

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)の例

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

機能コード

Byte データ

0 0 0 0 0 6 1 5

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06 01 05

0

転送データ

1

0

00 00

開始アドレス

転送データ

2

255 0

FF 00

Hi/Lo の指示値

                                            この場合は、接続されている

                                            デジタル出力モジュールの一番

                                            最初のビットを意味します。

         この部分は 0 で         1 で固定します。

         固定します。

Hi の場合は「FF00」、Lo の場合

                                            は「

0000」とします。

                                             

         

                                 

Modbus/TCP の動作機能コードです。例えばこの場合は

               

                 単一のビットを指定して、Hi か Lo かを書込むという

                                 意味になります。

                ユニット

ID 以下の転送

        

 総バイト数です。

                

● アンサーバック信号:

I/O → マスター)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

機能コード

Byte データ

0 0 0 0 0 6 1 5

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06 01 05

0

転送データ

1

0

00 00

開始アドレス

転送データ

2

255 0

FF 00

Hi/Lo の指示値

この機能コードの場合は、動作した内容をそのまま確認のため返信しますので、送信した内容と同じ

値がアンサーバック信号として返信されます。

5-24

⑤ 範囲を指定して複数ビットにデータを書き込む(機能コード「0

F」)

  このコマンドは複数のビットを指定して、データを書き込みます。アナログモジュールは対象外です。

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)の例

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト

ユニット

ID

Byte データ

0 0 0 0 0 9 1

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 09 01

機能コー

ド

転送データ

1

転送データ

2

転送デー

3

転送データ4

15 0 0 0 16 2 165 240

0F

00 00

開始アドレス

00 10

範囲

02

範囲

A5  F0

書込み値

                                       書き込み始めのビッ

         この部分は 0 で       1 で固定します。     トのアドレスです。

         固定します。

0000(hex)が最初の

                                       ビットを意味します。

                                       

         

                      

Modbus/TCP の動作機能コードです。  書き込みするビットの

               

      この場合は 0F(hex)ですから範囲   範囲をビット数で示し

                      を指定して複数のビットに書込むと   ます。この場合は

16

     ユニット

ID 以下の転送        いう意味になります。         ビット分を書込み

     総バイト数です。                             するという意味です。

                                                          

                                       書き込みする範囲をバイト数で表します。

                                       

16 ビット分ですから 2 バイトに相当します。

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに4桁の16進数(1ワード)を用いて表わします。この場合は指定された

2バイト分(1ワード分)が「A5F0」で、これを分解すると以下のようなビット構成になります。ビットの並びはバスカッ

プラに近い方から以下の並びと同じになります。

      

           下位4ビット   上位4ビット   下位4ビット   上位4ビット

             

5     A     0     F

           ● ○ ● ○  ○ ● ○ ●  ○ ○ ○ ○  ● ● ● ●

           1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8

             ← バスカップラに近い方向

                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 ●アンサーバック信号(ワゴ

I/O→マスター)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

Byte データ

16進数

(転送コード)

0 0 0 0 0 6

00 00 00 00 00 06

1

01

機 能 コ ー

ド

転送データ

1

15

0F

0 0

00 00

開始アドレス

転送データ

2

0 16

00 10

範囲

以下

省略

 アンサーバック信号は上のように転送データ2までの内容を確認のため返信します。

5-25

⑥ 単一のワードを指定してデータを書き込む

このコマンドは単一のレジスタ(16ビット分)に対してデータを書き込むためのコマンドです。例え

ジスタ0)がアナログ1

CH 目、アドレス「0001」(レジスタ1)がアナログ2CH 目になります。

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

機能コード 転送データ

1

転送データ

2

Byte データ

0 0 0 0 0 6 1 6 0 1 18 52

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 09 01 06

00 01

開始アドレス

12 34

書込み値

転送

ID、プロトコル ID は「0000」で固定、ユニット ID

も1で固定、

ID 以下の総バイト数

をあらわします。

単一のレジスター(16ビット分)のみを書込

むコマンドは「

06」です。

数え始めのスタートアドレスをワード単位で指定します。16進数で設定し

ます。例えば、2チャンネルのアナログ出力モジュール

1 個が挿入されてい

るときには、これが優先されますので、この場合は1ワード目「0000」

がアナログ

CH1, 2ワード目「0001」がアナログ CH2, その後にディ

ジタル出力ビットが、バスカップラに近い方から割り当てられます。

 アナログ出力モジュールのデータを無視して3ワード目からディジタル

出力モジュールにのみデータを書き込みたい場合はここを「0002」と設

定します。

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに4桁の16進数(1ワード)を用いて表わしますこのコマンドはレジスタ1個分、す

なわち16ビット分の書き込みしかできませんので、4ビット×2セット×2セット分のデータを以下のように4桁の16進数で表現しま

す。仮にすべてがディジタル出力モジュールである場合はビットの並びはバスカップラに近い方から以下の並びと同じになります。

      

             下位4ビット   上位4ビット   下位4ビット   上位4ビット

              

4     3     2    1

            ○ ○ ● ○  ●

● ○ ○  ○ ● ○ ○  ● ○ ○ ○

       

    1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8  1 2 4 8

           ← バスカップラに近い方向

                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 2CHアナログ出力モジュールが挿入されているときは、アドレスを「0000」に設定してデータを送ると、まずアナログ出力の

CH1

にデータが適用されます。アナログ出力1

CH あたり16ビット(1ワード)が割り当てられ、以下のように12ビット分を使います。例

えば10

V の出力モジュールで「1234」を出力すると1.42V になります。

     

 1     2     3     4

    

    ○ ○ ○ ●  ○ ○ ● ○  ○ ○ ● ●  ○ ● ○ ○

    8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1

           A/D変換時の有効な12ビット

 2

11

×0+2

10

×0+2

×1+2

×0+2

×0+2

×1+2

×0+2

×0+2

×0+2

×1+2

×1+2

×0

×10

V

                              2 12

  

582

   

×10

V 

 1.42

V

    4095

5-26

  ●アンサーバック信号(ワゴ

I/O→マスター)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数

Byte データ

0 0 0 0 0 6

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06

ユニット

ID

1

01

機能コード

6

06

転送データ

1

0

00 01

1

       アンサーバック信号は確認の意味でリクエスト信号と同じ内容を返信します。

転送データ

2

18 52

12 34

 ⑦ 範囲を指定して複数ワード単位でデータを書き込む

このコマンドは複数のレジスタ(16ビット分×

N)に対してデータを書き込むためのコマンドです。

アナログ出力モジュールが挿入されている場合にはこれが優先されて割り当てられます。出力データは

レジスタの低い方から順番に4桁の16進数で送出します。

図5−4−1

● ワ ゴI/ Oへ デ ー タ を 書 き 込 む ( 出 力 )

DeviceNet

Byte 1 process data input image

Byte 1

LSB

NS

24V 0V

I/O RUN

I/O ERR

+ + + +

+ +

+ +

- - - -

S S S S

WAGO

750-554

WAGO

750-501

WAGO

750-554

WAGO

750-600

Ch 1

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

Bit 1

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

C h 4

output image

Byte 1

Byte 2

Byte 3

Byte 4

Byte 5

Byte 6

Byte 7

Byte 8

LSB

5 ワ ー ド目

レ ジ ス タ4

8421

8 4 2 1

Byte 9

5-27

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト

ユ ニ ッ ト

ID

Byte データ

0 0 0 0 0 11 1

16進数

(転送

コード)

00 00 00 00 00 0B 01

機能コ

ード

転送データ

1

転送データ

2

転 送

データ

3

16 0 0 0 2 4

10

00 00

開始

アドレス

00 02

範囲

(ワード)

04

範囲

(バ イ

ト)

転送データ4 転送データ

5

18 52

12 34

書込み値

86 120

56 78

書込み値

数え始めのスタートアドレスをワード単位で指定

します。16進数で設定します。例えば、2チャ

ンネルのアナログ出力モジュール

1 個が挿入され

ているときには、これが優先されますので、この

場合は1ワード目「0000」アナログ

CH1, 2

ワード目「0001」がアナログ

CH2, その後に

ディジタル出力ビットが、バスカップラに近い方

から割り当てられます。

 アナログ出力モジュールのデータを無視して3

ワード目からディジタル出力モジュールにのみデ

ータを書き込みたい場合はここを「0002」と

設定します。

出力する範囲をワー

ド単位で設定しま

す。この場合はスタ

ートアドレス

「0000」から数

ワード分=32ビッ

ト分)を範囲とする

という意味になりま

す。

スタートアドレスから何

バイト分を範囲にするか

を指定します。この場合

は32ビット分を範囲設

定しているので4バイト

を設定しています。出力

範囲ビットカバーする数

値に設定してください。

  

データは4ビット分×2セット(1バイト)ごとに2桁の16進数を用いて表わしますこのコマンドはレジスタを複数個分、すなわ

ち16ビット分×n個の書き込みが可能です。16ビットごとに4桁の16進数で置き換えながらデータを作ります。仮にすべてがデ

ィジタル出力モジュールである場合はビットの並びはバスカップラに近い方から以下の並びと同じになります。

    

4

   

3    2    1   8    7    6   5

   ○○●○  ●●○○

○●○○  ●○○○  ○○○●  ●●●○  ○●●○  ●○●○

   1248  1248  1248  1248  1248  1248  1248  1248

           ← バスカップラに近い方向

                                       

(● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

 アナログ出力モジュールが挿入されているときは、アドレスを「0000」に設定してデータを送ると、まずアナログ出力の

CH1 に

データ

が適用されます。アナログ出力1

CH あたり16ビット(1ワード)が割り当てられ、以下のように12ビット分を使います。例えば「1

234」のデータを

CH1に送ると、以下のように V が出力されます。

     

 1    2     3     4

    

    ○ ○ ○ ●  ○ ○ ● ○  ○ ○ ● ●  ○ ● ○ ○

    8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1  8 4 2 1

           A/D変換時の有効な12ビット

11

×0+2

10

×0+2

×1+2

×0+2

×0+2

×1+2

×0+2

×0+2

×0+2

×1+2

×1+2

×0

×10

V

                              2

12

  

582

   

×10

V 

 1.42

V

    4095

5-28

 ●アンサーバック信号(ワゴ

I/O→マスター)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送

バイト数

ユニット

ID

機能コード 転送データ

1

転送データ

2

Byte データ

0 0 0 0 0 6 1 16 0 0 0 2

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06 01 10 00 00 00 02

アンサーバック信号は上のように転送データ2までの内容を確認のため返信します。

⑧ 最初の8ビット分の出力データを読む

  このコマンドは既に出力されている8ビット分の出力データの状態を確認するためのコマンドです。

  フィールドバスカップラに一番近い8ビット分のディジタル出力モジュールのみが対象になります。

 ●リクエスト信号(マスター → ワゴ

I/O)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

機能コード

Byte データ

0 0 0 0 0 2 1 7

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 02 01 07

                                            

                                            

                                            

         この部分は 0 で         1 で固定します。

                                         読み込むためのコマンドです。

                                                                            

         

                                 

                ユニット

ID 以下の転送

        

 総バイト数です。

 ●アンサーバック信号:

I/O → マスター)

Byte No

転送

ID

プロトコル

ID

転送バイト数 ユニット

ID

Byte データ

0 0 0 0 0 3 1

16進数

(転送コード)

00 00 00 00 00 06 01

機能コード 転送データ

1

7

07

91

5B

データ

                   ユニット

ID 以下の転送

                   総バイト数です。

      バスカップラに最も近いデジタル出力のデータを示します。この場合は以下のような配列になります。

             下位4ビット   上位4ビット

              

B     5

            ● ● ○ ●  ●

○ ● ○       (● : 入力 オン)   (○ : 入力 オフ)

       

    1 2 4 8  1 2 4 8

           ← バスカップラに近い方向

                        

5-29

           (

Ethernet, シリアル通信共用)

6.1

システムインストール

添付されている

CD―ROM 中の “DLL”フォルダには自動インストールプログラム(Setup.exe)

が含まれていますので以下の手順にしたがってインストールしてください。

Setup.exe を起動する。

      ② 「

WAGO_IO のセットアップを始めます」→「OK」をクリックしてください。

●既に「

Wago_io」がインストール済のときはコントロールパネルの「アプリ

ケーションの追加と削除」で古いバージョンのものを削除してください。

             ●シリアル番号は “ wago2002” と入力してください。

             

      ③「

WAGO_IO のセットアップ完了」→「OK」をクリックしてインストールが終了します。

                    

④ 

DLL 本体(WAGO_IO.DLL)は Windows のシステムディレクトリにコピーされます。

                    

             

Windows  → System32 → 「Wago_io.dll」

                    

⑤ インストール後のフォルダ構成は以下の通りです。インストールの場所を指定しない場合には

Program Files  のフォルダの中に Wago_io のフォルダが作成されます。

           

Wago_io  

 Readme.txt   C

Sample.exe Wago_dll.h (C 言語用構造体/関数定義ファイル)

Config.def WAGO_IO.lib (C 言語用ライブラリファイル)

    Sample.dep Vb

 DeIsL1.isu     Wago_IO.bas(Visual Basic 用構造体/関数定義ファイル)

DeIsL2.isu

  

          

DeIsL3.isu Sample (サンプルプログラムのプロジェクト一式)

DeIsL4.isu      Sample.bas

Sample.frm : サンプルプログラムのソースコード

Sample.frx

Sample.vbw

SetPRM.frm

Config.def

                 

Sample.vbp

MSsccprj.scc

ActiveX

WagoAxIo.exe

VbSample

Form1.frm

Msccprj.scc

Project1.vbp

Project1.vbw

WagoAxSample.exe

6-1

6.2

C言語および

C++での使用について

   本DLLをC言語あるいはC

++言語から使用する場合は、通常のWindows DLLと同じに

 扱えますのでフォルダ 

C  内のヘッダー及びライブラリを使用して下さい。

6.3

DLL(

Wago_io.dll)の機能

  

標準添付の開発支援

DLL(Dynamic Link Library)を用いると Microsoft Visual Basic や

Visual C にてアプリケーションソフトを開発するときに、モジュールの構成(コンフィグレーション)

やビットデータの物理量変換、通信プロトコル等を気にすることなく、アプリケーション開発に専念

   できます。

     アプリケーション起動後は、この

Wago_io.dll が実行プログラムと連動して動作しますので、VB

   VC上では複雑なプログラム記述をする必要がありません。

Wago_io.dll が効率良く必要な動作を行い

ます。以下は

Wago_io.dll を動作させるための関数一覧です。

     

通信動作

モジュール

 コンフィグレーション

データの

 入出力

     関数名

WAGO_OpenCommPort

WAGO_CloseCommPort

        機能・役割

通信回線をオープンするための関数

通信回線をクローズのための関数

WAGO_SetConfig

指定ノードのモジュール構成情報を

   

DLL に通知するための関数

WAGO_GetData

WAGO_SetDigitalData

WAGO_SetAnalogData

WAGO_GetCounter

入力モジュールのデータ読み込み処理関数

ディジタル出力モジュールへのデータ出力関数

アナログ出力モジュールへのデータ出力関数

カウンタモジュールのデータ読み込み関数

WAGO_SetCounter

カウンタモジュールへのデータ出力関数

WAGO_GetCommandCoun

コマンド実行カウンタの回数読み取り関数

レジスタを直接

読み書きする

   

WAGO_GetRegData,

WAGO_SetRegData

  

<ハードウェアの設定について>

レジスタアドレスデータを直接読み出す

レジスタへ直接データを書き込む

6.3.1

「RS−232C,RS−485の場合」

750-312, 750-315, 750-314, 750-316

開発支援

DLL は、RTU(バイナリーモード)で動作するようになっております。バスカップラ内部の

ビットスイッチ(

P4)は ON の状態でお使いください。RTU モードのときは EOF の検出するための

時間間隔設定も必要ですが、特殊なプログラムを開発するとき以外は「3フレーム分」に設定してくだ

さい。

すなわち

P1, P2, P3 をすべて「Off」にします。

ビットスイッチの詳細につきましては 「第3章 通信のための設定(シリアル通信)」をご覧ください。

6.3.2

「Ethernetの場合」

750-342, 750-842

開発支援

DLL は、Modbus/TCP で動作するようになっております。バスカップラを利用いただくため

には事前に相手となるバスカップラのIPアドレスを知る必要があります。バスカップラへのネットワ

ークパラメータの設定(IPアドレス、ネットマスクなど)はBOOTP(BOOTPサーバー)を利

用して行います。一度設定したパラメータは保持されますので毎回BOOTPサーバーを用意する必要

はありません。

  

6-2

DLL の動作について

Wago_io.dll をパスの設定されているフォルダ(Windows の System フォルダ等)、あるいは実行

 プログラムと同一のフォルダ内にコピーしてください。プログラム実行時にはコンパイルした実行

 プログラムと

Wago_io.dll が連動してワゴ I/O システム との通信を実行します。

「RS−232C,RS−485の場合」

  

         

実行プログラム

⇔ 

Wago_io.dll

          

Windows 98/NT/2000

                                    シリアルポート

        パーソナルコンピュータ                   COM1∼COM4

                        ワゴI/Oシステム

  

「Ethernetの場合」

  

         

実行プログラム

⇔ 

Wago_io.dll

          

Windows 98/NT/2000

                                    Ethernet

        パーソナルコンピュータ                   10BaseT

                        ワゴI/Oシステム

  

  

6.4

サンプル プログラムについて

(Sample.exe)

サンプルプログラムは

Wago_io フォルダの中にあります。ワゴ I/O をパソコンに接続して簡単な動作

テストが実行できます。このソフトは

Microsoft Visual Basic Ver6.0 で作成されており、Sample の

中にプロジェクトファイルがすべて入っています。

Wago_io.dll の呼出を行っている部分には簡単な

コメントが記述されています。

Wago_io.dll を使用して開発を行う際の参考にしてください。

  

① まず、モジュール構成(コンフィグレーション)を決定し、Config.def を開いてコンフィグレ

     ーションの内容を記述します。左端は空けずに、バスカップラに近い方から順に、上からモデ

     ル名を半角数字で以下のように記載します。

Config.def はサンプルプログラム起動時に読み込ま

     れます。すなわちコンフィグレーションの情報をテキストデータで変更できるようにしてあり

     ます。

750342

750400

750401

750454

750600

 ・

   ② サンプルプログラムのアイコンが作成されていますのでこれをクリックします。

   ③ 立ち上がり時に通信設定の画面が出てくるので、パソコンのシリアルポート(

COM1∼COM4)

または

Ethernet を選択しシリアルポートならバスカップラで設定されているボーレートを選択

6-3

Ethernet ならIPアドレスを入力してください。

     

750-314/316 の場合フロ−制御は「なし」に設定してください。750-312/315 の場合は

    

   ③ プログラム起動後、

WAGO I/O システムを接続して簡単な入出力のテストが実行出来ます。

        1)データの入力:

GetData

・Module  ∼ 指定範囲を決めるときに、その数え始めのモジュール位置

                を整数で(バスカップラに近い方が1)

*(注意)指定された場所に入力モジュール以外のモジュール(出力モジュールな

   ど)が設定されているきはデータが正しく得られません。

*数え始めのモジュールがディジタルモジュールの場合は、ディジタルデータのみ

のデータ収集になります。

* アナログとディジタルの両方を対象としたい場合には数え始めのモジュールを

アナログ入力モジュールに設定してください。アナログ入力モジュールのデータ

に引き続いてディジタルモジュールのデータがバスカップラに近い方から取得

できます。

・Chl    ∼ 上で指定されたモジュール内で、何番めのチャンネルから

    

数え始めるか(整数で)。

          

・Count   ∼ 上記のチャンネルから同時に入力を行う入力チャンネル数(範囲)

     

を整数で設定。ディジタル入力モジュールから数え始める場合は

                   ディジタル入力モジュールだけが対象となり、アナログ入力モジ

                   ュールから数え始めるとアナログ、ディジタル両方のモジュール

ます。

        2)データの出力:

SetData

・Module  ∼ 指定範囲を決めるときに、その数え始めのモジュール位置

                を整数で。(バスカップラに近い最初のモジュールが1)

・Chl    ∼ 上で指定されたモジュール内で、何番めのチャンネルから

    

数え始めるかを整数で。

* (注意)指定された場所に出力モジュール以外のモジュールが設定されている

ときは「

Set Error !」のメッセージが出てきます。

・Count   ∼上記のチャンネルから同時に出力を行う出力チャンネル数(範囲)

     

           を整数で設定。アナログ、ディジタルいずれかのモジュールが対象

                   となります。

3)実行回数の取得 GetComandCount

          電源投入後、正常に実行されたコマンド回数を取得します。

6-4

6.5

関数仕様書

6.5.1

モジュール構成(コンフィグレーション情報)通知に関する関数

関数名 WAGO_SetConfig

機能

引数

戻り値

使用例

指定ノードのコンフィグレーション情報をDLLに通知する。 hConn ∼ コネクションハンドル(へのポインタ) nNodeAdr ∼ ノードアドレスの指定 pConfig   ∼ コンフィグレーション構造体(へのポインタ)

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

        <VisualBasicの場合>

Dim hConn As Long 'コネクションハンドル

Dim dtCfg As tagConfiguration 'コンフィグレーション構造体の定義 hConn = 0 'ハンドルの初期化 dtCfg.bNotUsedUDP=1 'UDP 通信:0、TCP 通信:1 dtCfg.bErrChk = True        'CRC チェックを有効にする dtCfg.nCnt = 8 '接続されているモジュール数

           

    ' 接続されているモジュールのモデル名称(番号)をバスカップラに

 ' 近い方から設定(バスカプラも含む) dtCfg.nModelNo(0) = 750342     ' 10Base Ethernet カップラ dtCfg.nModelNo(1) = 750400     ' 2ch ディジタル入力 dtCfg.nModelNo(2) = 750501 ' 2ch ディジタル出力 dtCfg.nModelNo(3) = 750402 ' 4ch ディジタル入力 dtCfg.nModelNo(4) = 750504 ' 4ch ディジタル出力 dtCfg.nModelNo(5) = 750466 ' 2ch アナログ電流入力 dtCfg.nModelNo(6) = 750550 ' 2ch アナログ電圧出力 dtCfg.nModelNo(7) = 750404 ' アップダウンカウンター

Call WAGO SetConfig(hConn, 1, dtCfg) ' WAGO_IO.DLL 関数の呼び出し

  

UDP 通信と TCP 通信 750−342、750−842の場合

  

  

BNotUsedUDP を設定することによって UDP 通信と TCP 通信を回線毎に設定することができます。

これを設定しない場合は自動的に

UDP 通信で回線をオープンします。

コネクションハンドル( hConn)変数について

コネクションハンドル( hConn)変数は使用する回線毎に用意する必要があります。複数回線を利用

するプログラムの作成ではコネクションハンドル変数を回線分用意する必要があります。

WAGO_GetData,WAGO_SetDigitalData,WAGO_SetAnalogData 関数および

WAGO_OpenComPort,WAGO_CloseComPort 関数を実行するときに、どの回線に対して実行するの

かを識別する目的でこの変数を使用します。

同時に複数の回線を開く場合には使用する回線の数に相当するコネクションハンドル変数を最初に初

期化し、以降は各々の関数実行時に使用します。プログラミング例はこの章の最後に示します。

6-5

6.5.2

関数名

機能

引数

ポートのオープン・クローズに関する関数

戻り値

WAGO_OpenCommPort

バスカップラとの通信を行う為にシリアルポートあるいは Ethernet のポートをオー

プンします。 hConn∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) pProp∼ 通信設定構造体(へのポインタ)

処理結果

   0: 正常

   -1: 異常

   <VisualBasicの場合>

使用例:

シリアル通信の

場合

Dim dtProp As tagCommProp ' 通信設定構造体を定義します。 dtProp.nPortNo = 1 ' Comポート番号を指定します。 dtProp.nParityChk = 0 ' パリティチェックを指定します。 dtProp.nBaudRate = 19200 ' 通信速度を指定します。 dtProp.nDataBits = 8 ' データビット長を指定します。 dtProp.nStopBits = 1 ' ストップビット長を指定します。 dtProp.nFlowCtrl = 0 ' フローコントロールの指定を行います。 dtProp.pszHostAddress=vbNull ‘ IPアドレス

Call WAGO_OpenCommPort(hConn, dtProp) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行いま

す。

使用例:

Ethernet の

場合

   <VisualBasicの場合>

Dim dtProp As tagCommProp     ' 通信設定構造体を定義します。

Call WAGO_OpenCommPort(hConn, dtProp) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行いま

す。

関数名

機能

引数

戻り値

使用例

WAGO_CloseCommPort

シリアルポートあるいは Ethernet ポートをクローズします。 hConn∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定)

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

     <VisualBasicの場合 >

Call WAGO_CloseCommPort(hConn) ' WAGO_IO.DLL 関数の呼び出しを行います。

6-6

6.5.3

データ入力(取得)に関する関数

関数名 WAGO_GetData

機能

対象

モジュール

引数

戻り値

入力モジュールのデータ読み込み処理関数。アナログ・ディジタルの両方のモジュー

ルを同時に扱うことができます。

750-400、750-401、750-402、750-403、750-405、750-406、750-408、750-409、750-410

750-412、750-414、750-415、750-452、750-454、750-456、750-461、750-462、750-465

750-466、750-467、750-468、750-469、および 750-506 の診断データ

750472, 750-474, 750-479, 750-480, 750-476, 750-478 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr ∼ ノードアドレスの指定 nMdlNo ∼ 指定範囲を決めるときに、その数え始めのモジュール位置

    を整数で(バスカップラに近い方が1) nChlNo  ∼ 上で指定されたモジュール内で、何番めのチャンネルから

    

数え始めるか(整数で)。 nChlCnt ∼ 上記のチャンネルから同時に入力を行う入力チャンネル数(範囲)

     

を整数で設定。アナログ、ディジタル両方のモジュールが対象と

       

なります。

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

使用例

           <VisualBasicの場合>

Dim dtData As tagChlData ' チャンネルデータ構造体を定義します。

Dim i As Integer '

'

Call WAGO_GetData(hConn, 1, 1, 1, 6, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の呼び出し

' を行います。

                   '

For i = 1 to 6 '

Debug.Print dtData.nData(i)    ' 取得したデータをデバックウィンドウに

Next i                ' 表示

     

    1)取得されたデータはディジタル・アナログモジュールに関係無くチャンネル毎に独立した形で得られ

      ます。ディジタルモジュールの各チャンネルのデータは

ON が「1」、OFF が「0」で表わされます。

    

    

2)アナログデータは物理単位そのままの値を表わします。単位については 「V」,「mA」,「℃」が

      

ありますが、それぞれのモジュールに対応した物理単位で処理してください。

    

3)750−506の診断データについては各チャンネルごとに以下のようなビット構成になっていますが、

     

データは各々のチャンネルごとに0∼3の 10 進数で表わすことができます。

Bit 3 Bit 2 Bit 1 Bit 0

      機      能

正常

負荷が接続されていない(または断線)

短絡(出力回路のショート)

電源電圧が極端に低い

Ch2 出力の診断

0

0

0

1

1

1

0

1

1

1

Ch1 出力の診断

0

0

0

1

0

1

6-7

  4)それぞれのアナログ入力モジュールの読み取り分解能は以下のとおりです。

モデル名

750−467・468

750−452・465

750−454・466

750−456

750−472

750−474

750−476

750−478

           

出力範囲

0∼10  V

0∼20  mA

4∼20  mA

10∼ +10 V

0∼20  mA

4∼20  mA

0∼10  V

10∼ +10 V

有効な最小単位

10/4096= 0.0024 V

20/4096= 0.0048 mA

16/4096= 0.0039 mA

10/4096= 0.0024 V

20/32768=0.0006 mA

16/32768=0.0005 mA

10/32768= 0.0003 V

10/32768= 0.0003 V

6-8

5)n

MdlNo<モジュール番号>設定について

開始するモジュール番号は入力モジュールでなければなりません。入力モジュールとしてはデジタル、アナ

    ログモジュール混在していてもかまいませんが、スタートチャンネル(n

MdlNo)はアナログモジュールに

    してください。

  デジタルモジュールがアナログモジュールの前(バスカップラに近いほう)に設定されていても、すべての

  アナログ入力モジュールの後にデジタルチャンネルが割り当てられます。

    ●(下図は nMdlNo=4、nChlNo=1、nChlCnt=12 場合のチャンネル割り当て例)

* スタートモジュール(n

MdlNo)をデジタルモジュールに設定すると、デジタル入力モジュール

だけが入力の対象となります。

                                       

     ●(下図は nMdlNo=1、nChlNo=1、nChlCnt=8 場合のチャンネル割り当て例)

      

6-9

6.5.4

ディジタル出力に関する関数

関数名 WAGO_SetDigitalData

機能

ディジタル出力モジュールへのデータ出力処理関数です。複数のディジタル出力モ

ジュールを同時に扱うことが可能です。

対象

モジュール

750-501、750-502、750-504、750-506、750-509、750-516、750-512、750-513、750-514

引数 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr ∼ ノードアドレスの指定 nMdlNo ∼ 指定範囲を決めるときに、その数え始めのモジュール位置を整数で

    (バスカップラに近い方が1) nChlNo  ∼ 上で指定されたモジュール内で、何番めのチャンネルから数え始め

戻り値

使用例 nChlCnt ∼ 上記のチャンネルから同時に出力を行う出力チャンネル数(範囲)

     

を整数で設定。但しディジタルモジュールだけが対象となります。

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

     

<VisualBasicの場合>

Dim dtData As tagChlData ' チャンネルデータ構造体を定義します。

Dim i As Integer '

                    '

For i = 1 to 6 '

dtData.nData(i)= i Mod 2     ' 出力データ設定

Next i                 '

Call WAGO_SetDigitalData(hConn, 1, 2, 1, 6, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の

' 呼び出しを行います。

6-10

6.5.5

アナログ出力に関する関数

関数名 WAGO_SetAnalogData

機能

アナログ出力モジュールへのデータ出力処理を行います。複数のアナログ出力モジ

ールを同時に処理することができます。

対象

モジュール

 750-550、 750-552、750-554、750-556

引数 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr  ∼ ノードアドレスの指定 nMdlNo ∼ 指定範囲を決めるときに、その数え始めのモジュール位置

     を整数で(バスカップラに近い方が1) nChlNo ∼ 上で指定されたモジュール内で、何番めのチャンネルから

     

数え始めるか(整数で)。 nChlCnt ∼ 上記のチャンネルから同時に出力を行う出力チャンネル数(範囲)

     を整数で設定。但しアナログモジュールだけが対象となります。

        

戻り値

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

使用例

    <VisualBasicの場合>

Dim dtData As tagChlData ' チャンネルデータ構造体を定義します。

' dtData.nData(1) = 3.1 ' 出力データ設定 * dtData.nData(2) = 4.05 ' 出力データ設定 *

Call WAGO_SetAnalogData(hConn, 1, 2, 1, 2, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の

' 呼び出しを行います。

       1)それぞれのモジュールの設定範囲は以下のとおりです。プログラム記述上では数値

         分解能についての制約はありませんが、アナログモジュールの分解能は12ビット

         ですので実際に有効な最小単位は以下のとおりです。

モデル名 出力範囲 有効な最小単位

750−550

750−552

750−554

750−556

0∼

10  V

0∼

20  mA

4∼

20  mA

10∼ +10 V

10/4096= 0.0024 V

20/4096= 0.0048 mA

16/4096= 0.0039 mA

10/4096= 0.0024 V

           

6-11

6.5.6

カウンターモジュール取扱いの関数

関数名 WAGO_GetCounter

機能

対象

モジュール

カウンターモジュールのデータ(カウンタ値)読み込み処理

750-404、750-638

引数

戻り値 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr ∼ ノードアドレスの指定 nMdlNo ∼ カウンタ−モジュールの位置(バスカップラに近い方が1、

        そこから数えはじめて整数で) nChlNo  ∼ データ取得開始チャンネル番号 nChlCnt ∼ データ取得チャンネル数(カウンターモジュールが複数個設定され

        ている場合)

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

   

使用例

       <VisualBasicの場合>

Dim dtData As tagCntrData ' カウンターデータ構造体を定義します。

'

Call WAGO_GetCounter(hConn, 1, 7, 1, 1, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の

' 呼び出しを行います。

Debug.Print dtData.nCtrl(1); ":"; dtData.nData(1)

' 取得したデータを

' デバックウィンドウに

' 表示

    

      *カウンターはアップ/ダウンカウントが行えます。変数の型は長整数型を使用しています。

       750−404の場合

         読み取り値は −

2,147,483,648 ∼ +2,147,483,647 の整数値になります。

       750−638の場合

         読み取り値は 0 ∼ +65536の整数値になります。

750-312, 750-314, 750-315, 750-316 については、カウウンターモジュールは

  対応しておりません。

6-12

関数名 WAGO_SetCounter

機能

対象

モジュール

カウンターモジュールへのカウンタリセット、カウンタ値設定

750-404, 750-638

引数 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr ∼ ノードアドレスの指定 nMdlNo ∼ カウンタ−モジュールの位置(バスカップラに近い方が1、

       そこから数えはじめて整数で) nChlCnt ∼ データ取得チャンネル数(カウンターモジュールが複数個設定され

       ている場合)

戻り値

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

   

       <VisualBasicの例>

750-404 の場合

Dim dtData As tagCntrData    ' カウンターデータ構造体を定義します。

   ' dtData.nCtrl(1) = 32          '制御バイト値の設定 dtData.nData(1) = 100          'カウンタ値の設定

Call WAGO_SetCounter(hConn, 1, 7, 1, 1, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の

' 呼び出しを行います。

使用例

750-638 の場合

Dim dtData As tagCntrData    ' カウンターデータ構造体を定義します。

   ' dtData.nCtrl(1) = 32          '制御バイト値の設定(Ch1) dtData.nData(1) = 100          'カウンタ値の設定 (Ch1) dtData.nCtrl(2) = 32          '制御バイト値の設定(Ch2) dtData.nData(2) = 200          'カウンタ値の設定 (Ch2)

Call WAGO_SetCounter(hConn, 1, 7, 1, 1, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の

' 呼び出しを行います。

   

750-404 の場合

1)750-404 の制御バイトの内容については以下のとおりです。例えばカウンタ値の設定、リセット

       するときにはビット5を「1」にしますので

10 進数で32を設定します。

制御バイト

Bit 7

0

不使用

Bit 6

0

不使用

Bit 5

カウンター値設

定、リセット

Bit 4

カウンター動

作停止

Bit 3

出力

O2 をアク

ティブ(

Hi)に

する

Bit 2 Bit 1

出力

O1 をア

クティブ

Hi)

にする

不使用

Bit 0

不使用

     2)カウンターはアップ/ダウンカウントが行えます。マイナス値も考慮して変数の型は

       長整数型を使用ています。設定できる数値の範囲は 

-2,147,483,648 ∼ 2,147,483,647

       の整数値になります。

6-13

     

750-638 の場合

1) 出力データ中の制御バイトは下記の各ビットで構成されます。(

Ch1, Ch2 共通)

例えばカウンタリセットの場合は

Bit5を「1」にしますので 10 進数で32を設定します。

      2)アップダウンの変更は

Bit1を変更することによって動作変更します。

制御バイト

Bit 7

0

不使用

Bit 6

0

不使用

Bit 5

設定、リセット

(1)

動作開始

(0)

Bit 4

カウンター停止

(1)

動作開始

(0)

Bit 3

 0

 不使用

Bit 2

   

0

 不使用

Bit 1

ダウンカウント

(1)

アップカウント

(0)

Bit 0

オーバーフローでストップ

(1)

オーバーフローでも動作

(0)

     

     3)カウンターはアップ/ダウンカウントが行えます。マイナス値も考慮して変数の型は

       長整数型を使用ています。設定できる数値の範囲は 0 ∼ 

+65535

       の整数値になります。

4)制御バイトでカウンターの動作を変更、設定する場合には必ず 2ch を同時に設定してく

       ださい。片一方のチャンネルだけを設定、リセットすることはできません。

6.5.7

コマンド回数確認のための関数

関数名 WAGO_CommandCount

機能

指定されたノードのバスカップラから実行されたコマンドの回数を読み出す

(正常に行われた回数だけがバスカップラのメモリカウンタにカウントされます。

引数

戻り値

使用例 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr ∼ ノードアドレス

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

   

       <VisualBasicの場合>

Dim cnt As Long '

' cnt = WAGO_GetCommandCount(hConn, 1) ' WAGO_IO.DLL 関数の呼び出しを行います。

Debug.Print cnt ' 取得したデータをデバッグウインドウに

' 示。

6-14

6.5.8

レジスタの読み書き関数

関数名

WAGO_GetRegData, WAWAGO_SetRegData

機能

指定されたレジスタのデータを読み出し、書込み

引数

戻り値

使用例 hConn ∼ コネクションハンドル(WAGO_SetConfig 関数で取得したものを指定) nNodeAdr ∼ ノードアドレス nOffset   ∼ 16 進数で読み書きする開始アドレスを指定 nChlCnt  ∼ 何ワード分データを読み書きするか(整数)

処理結果

0: 正常

 -1: 異常

       例) 0x2030 から64ワード読むのであれば confData.nCnt = 1 confData.nModelNo(0) = 750842 nNodeAdr = 0

WAGO_SetConfig(hConn, nNodeAdr, confData)

                              commData.pszHostAddress = "10.10.10.10"

WAGO_OpenPort(hConn, commData)

                             

Dim nOffset As Integer

Dim nChlCnt As Integer

Dim nData(64) As Integer nOffset = &H2030 nChlCnt = 64

WAGO_GetRegData( hConn, nNodeAdr, nOffset, nChlCnt, nData(0) )

                                       

これでnData( )にデータが返ります。

                           

● レジスタのアドレス割り当てはモジュールを接続したときにその順番で決定されます。

詳細については4章をごらんください。

    

6-15

6.6 VB プログラムサンプル

コネクションハンドル( hConn)変数は使用する回線毎に用意する必要があります。複数回線を利用

するプログラムの作成ではコネクションハンドル変数を回線分用意してそれぞれ

WAGO_SetConfig関

数および

WAGO_OpenComPort,WAGO_CloseComPort 関数を呼び出す必要があります。以下に VB

でのプログラミング例を示します。

以下の例は2つの

COM ポートとTCP/IP のポートを同時に開いて関数を実行するVB のプログラミン

グ例です。

パソコン COM1: hConn(1)

750-316 (Node address 1)

COM2 :hConn(2)

                            750-315( Node address 1)

750-315( Node address 2)

TCP/IP : hConn(3)

                                 

750-342(または 750-842)

Dim hConn(3) As Long

Private Sub Form_Load()

Call MyWagoSetConfig

Call MyWagoOpen

Call MyWagoGetData

End Sub

Private Sub Form_Unload(Cancel As Integer)

Call MyWagoClose

End Sub

Private Sub MyWagoConfig()

Dim dtCfg As tagConfiguration

hConn(1) = 0         ‘コネクションハンドルの初期化

hConn(2) = 0         ‘コネクションハンドルの初期化

hConn(3) = 0         ‘コネクションハンドルの初期化

‘ COM ポートに一つの 750-316 を接続する

   dtCfg.bErrChk=True ‘ エラーチェックを True にする。

dtCfg.nCnt = 2

dtCfg.ModelNo(0) = 750316 '  RS-232C バスカップラ

dtCfg.ModelNo(1) = 750400 ' 2ch ディジタル入力

Call WAGO_SetConfig(hConn(1), 1, dtCfg)

6-16

‘COM ポートに 2 つの 750-315 を接続して2局マルチドロップにする。2台のノード識別はノード

  ‘アドレスで行っている。

   dtCfg.bErrChk=True ‘ エラーチェックを True にする。

dtCfg.nCnt = 2

dtCfg.ModelNo(0) = 750315 '  RS-485 バスカップラ

dtCfg.ModelNo(1) = 750400 ' 2ch ディジタル入力

Call WAGO_SetConfig(hConn(2), 1, dtCfg)

   dtCfg.bErrChk=True ‘ エラーチェックを True にする。

dtCfg.nCnt = 2

dtCfg.ModelNo(0) = 750315 '  RS-485 バスカップラ

dtCfg.ModelNo(1) = 750400 ' 2ch ディジタル入力

Call WAGO_SetConfig(hConn(2), 2, dtCfg)

‘ Ethernetバスカプラ

   dtCfg.bNotUsedUDP=1 ‘ UDP 通信の場合:0、 TCP 通信の場合:1

dtCfg.nCnt = 3

dtCfg.ModelNo(0) = 750342 '  Ethernet バスカップラ

dtCfg.ModelNo(1) = 750400 ' 2ch ディジタル入力

dtCfg.ModelNo(1) = 750501 ' 2ch ディジタル出力

Call WAGO_SetConfig(hConn(3), 0, dtCfg)

End Sub

Private Sub MyWagoOpen()

Dim dtProp As tagCommProp ' 通信設定構造体を定義します。

‘ RS−232C接続

dtProp.nPortNo = 1 ' Comポート番号を指定します。

dtProp.nParityChk = 0 ' パリティチェックを指定します。

dtProp.nBaudRate = 19200 ' 通信速度を指定します。

dtProp.nDataBits = 8 ' データビット長を指定します。

dtProp.nStopBits = 1 ' ストップビット長を指定します。

dtProp.nFlowCtrl = 0 ' フローコントロールの指定を行います。

dtProp.pszHostAddress = vbNull ' Ethernet Host or IP Address

Call WAGO_OpenCommPort(hConn(1), dtProp) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行います。

‘ RS−485で2局マルチドロップ接続

dtProp.nPortNo = 4 ' Comポート番号を指定します。

dtProp.nParityChk = 0 ' パリティチェックを指定します。

dtProp.nBaudRate = 19200 ' 通信速度を指定します。

dtProp.nDataBits = 8 ' データビット長を指定します。

dtProp.nStopBits = 1 ' ストップビット長を指定します。

dtProp.nFlowCtrl = 0 ' フローコントロールの指定を行います。

dtProp.pszHostAddress = vbNull ' Ethernet Host or IP Address

Call WAGO_OpenCommPort(hConn(2), dtProp) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行います。

6-17

‘ Ethernet接続

dtProp.pszHostAddress = “10.2.3.4” ' Ethernet Host or IP Address

Call WAGO_OpenCommPort(hConn(3), dtProp) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行います。

End Sub

Private Sub MyWagoGetData()

Dim dtData As tagChlData ' チャンネルデータ構造体を定義します。

Dim i As Integer '

Dim j As Integer '

'

For I = 1 to 3

Call WAGO_GetData(hConn(i), 1, 1, 1, 2, dtData) ' WAGO_IO.DLL 関数の呼び出しを行います。

For j = 1 to 2 '

Debug.Print dtData.nData(j)    ' 取得したデータをデバックウィンドウに

Next j                ' 表示

Next i

End Sub

Private Sub MyWagoClose()

Call WAGO_CloseCommPort(hConn(1)) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行います。

Call WAGO_CloseCommPort(hConn(2)) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行います。

Call WAGO_CloseCommPort(hConn(3)) ' WAGO_IO.DLL関数の呼び出しを行います。

End Sub

                                       以上

6-18

7.1 デジタル入力(24V DC; 120V AC, 230V AC, 48V DC)

型番

750-400∼415

ステータス

ステータス

ステータス

ステータス

電源

ジャン

技術説明

I/O モジュールにはそれぞれの動作電圧用として、電源の供給は連続に接続された端子部を通して行われ

ます。

I/O モジュールを DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間で電源接続が自動的に行われます。

注意:

一部のモジュール(例:

4 チャンネルのデジタル入力モジュール)には一番下の部分の電源ジャンパー接点

が用意されていません。したがって、全部で3個の電源ジャンパー接点が必要なモジュール(例:

2 チャン

ネルのデジタル入力モジュール)は、

3 個の電源ジャンパー接点が用意されていないモジュール(例:4 チャ

ンネルのデジタル入力モジュール)の右側に接続することはできません。 

2 チャンネルのデジタル入力は

すべて

4 線式デバイス対応になっており、4 線のセンサを V+、0V、グラウンドおよび信号の各端子に直接

結線することが可能です。

モジュール

750-408 および 750-409 はネガティブ・スイッチング(負方向接続)用のモジュールです。

750-410 と 750-411 の各モジュールには 2 線式の近接スイッチなどを結線することができます。

ノイズの除去とスイッチのチャッタリング対策を目的として、

5V、24V および 48V の各バージョンのデジ

タル入力には抵抗とコンデンサで構成した

RC フィルター回路が直列に結線されています。この RC フィル

ターの時定数として

3.0ms と 0.2ms のものがあります。

バス動作におけるビット数値割当ては、バスカップラに近い方から始まって左から右へ順番に指定されます。

ノード/ステーション内部に取付ける種々の異なる

I/O モジュールの位置は順番を変えることによってビッ

ト割り当てが決まります。ただしアナログ入力モジュールや特殊モジュールが存在する場合には、これらの

アナログ・特殊モジュールが優先的にビット割り当てが行われます。(詳しくは第4章をご覧ください。)

7-1

技術データ

型番 750-

入力数

入力フィルターの時定数

定格電圧

信号電圧(0)

信号電圧(1)

消費電流(内部)

入力電流(フィールド側からの)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

400

3ms

401 402

2 4

0.2ms

3ms

24V DC(-15%/+20%)

-3V∼+5V DC(std. EN 61131 Type 1)

15V∼30V DC(std. EN 61131 Type 1)

403

0.2ms

2.5mA(最大) 5mA(最大)

5mA(平均)

500V(システム−電源 間)

2 4

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

型番 750-

405 406

入力数

入力フィルターの時定数

定格電圧

10ms

230V AC

-15%/+10%)

120V AC

-15%/+10%)

2

信号電圧(0)

信号電圧(1)

0V∼40V

AC

79V∼253V

AC

0V∼20V

AC

79V∼132V

AC

消費電流(内部)

2mA

入力電流(フィールド側からの)

6.5mA(平均) 4.5mA(平均)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

410*

3ms

24V DC

411*

0.2ms

-15%/+20%)

-3 V∼+5V DC

11V∼30V DC

2.5mA(最大)

8mA(平均)

4kV(システム−電源 間) 500V(システム−電源 間)

2

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

外形寸法(mm) W×H×L 12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

*)2 線の近接スイッチ、最大値 2mA の負荷なしの電流

7-2

型番 750-

入力数

入力フィルターの時定数

定格電圧

信号電圧(0)

信号電圧(1)

消費電流(内部)

入力電流(フィールド側からの)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

408 409

4

3ms 0.2ms

24V DC(-15%/+20%)

15V∼30V DC

412

2

413

3ms 0.2ms

48V DC(-15%/+20%)

-6V∼+10V DC

-3V∼+5V DC

10mA(最大値)

34V∼60V DC

5mA(最大値)

5mA(平均) 3.5mA(平均)

500V(システム−電源)

4 2

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

型番 750-

入力数

入力フィルターの時定数

定格電圧

信号電圧(0)

信号電圧(1)

消費電流(内部)

入力電流(フィールド側からの)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

414 415

4

0.2ms

5V DC

0∼0.8V DC

2.4V∼5V DC

5mA

50µA(平均)

500V(システム−電源 間)

20ms

24V AC/DC

-15%/+20%)

-3V∼+5V DC

0V∼+5V AC

11V∼30V DC

10V∼27V AC

10mA

7.5mA DC

7.6mA∼9.5mA AC

500V(システム−電源 間)

50V(チャンネル−チャンネル 間)

4

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

7-3

7.2 8 チャンネル デジタル入力(DC 24V/3.0ms/0.2ms、正方向スイッチ)

型番

750-430, 431

ステータス

技術説明

I/O モジュールにはそれぞれの動作電圧用として、電源の供給は連続に接続された端子部を通して行われ

ます。

I/O モジュールを DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間で電源接続が自動的に行われます。

注意:

モジュール

750-430 および 750-431 はポジティブ・スイッチング(正方向接続)用のモジュールです。

各々の端子はコモン電源の+側(+

24V 側)と導通させることによって信号が入力されます。

配線時には、

I/O システムに供給する DC24V のコモン電源+側の端子を外部で準備してください。

ノイズの除去とスイッチのチャッタリング対策を目的として、入力には抵抗とコンデンサで構成した

RC フ

ィルター回路が直列に結線されています。この

RC フィルターの時定数として 3.0ms と 0.2ms のものがあり

ます。

バス動作におけるビット数値割当ては、バスカップラに近い方から始まって左から右へ順番に指定されます。

ノード/ステーション内部に取付ける種々の異なる

I/O モジュールの位置は順番を変えることによってビッ

ト割り当てが決まります。ただしアナログ入力モジュールや特殊モジュールが存在する場合には、これらの

アナログ・特殊モジュールが優先的にビット割り当てが行われます。(詳しくは第

3 章をご覧ください。)

7-4

技術データ

型番 750-

入力数

入力フィルターの時定数

定格電圧

信号電圧(0)

信号電圧(1)

消費電流(内部)

入力電流(フィールド側からの)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

430 431

8

3ms

24V DC(-15%/+20%)

-3V∼+5V DC

15V∼30V DC

17mA(最大)

2.8mA(平均)

500V(システム/電源間)

8

0.2ms

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

7-5

7.3 4 チャンネル デジタル入力(DC 24V/3.0ms/0.2ms、2 線式)

型番

750-432, 433

ステータス

ステータス

データ接点

 電源ジャンパ接点

技術説明

750-432 および 750-433 デジタル入力モジュールは、センサなどのフィールド機器からの制御用信号の入力

に用いられます。このモジュールには

4 点の入力チャンネルがあり、2 線式のセンサを 4 個まで直接モジュ

ールにつなぐことができます。

2 線式センサの接続は 24V 端子と DI1、DI 2、DI 3、DI 4 の各端子間で行います。

3 線式センサをこのモジュールにつなぐ場合は、0V 電源の供給用に電源端子拡張モジュール(750-604 また

750-614)を用意する必要があります。

個々の入力チャンネルは時定数が

3.0ms(750-432)または 0.2ms(750-433)の RC ノイズ除去フィルタが

付いています。

入力チャンネルの状態はステータス

LED で表示されます。

内部回路にはオプトカプラがあり、内部バスとフィールド側との間を電気的に絶縁するのに用いられていま

す。

フィールドバス内ノードを設計するとき、入力モジュールはどんな位置でもコンフィグレーションできます。

モジュールのタイプ毎にグループ化する必要はありません。

入力モジュール用の

24V フィールド電源は、隣のモジュールまたは電源入力モジュールから取り出します。

フィールド機器用電源は、各

I/O モジュールの電源ジャンパ接点を介して自動的に供給されます。

注意

内部電源ジャンパ接点の最大電流容量は

10A です。システムを構築するときは、各モジュー

ルの消費電流の合計が最大電流容量を超えないようにすることが重要です。もしこの許容量

を超えるケースがあった場合は電源入力モジュールを追加しなければなりません。

このモジュールは

WAGO

-

I / O

SYSTEM の全てのバスカプラ/コントローラと共に使用することができます。

7-6

技術データ

型番 750-

入力点数

消費電流(内部)

供給電圧(電源ジャンパ接点経由)

信号電圧(0)

信号電圧(1)

入力フィルター時定数

入力電流

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

432 433

4

5.5mA

DC 24V(-25%/+30%)

DC -3V∼+5V

DC 15V∼30V

3ms 0.2ms

4.5mA(平均)

500V(システム−電源間)

4 ビット(入力)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

プロセスイメージ

入力ビット

意味

B3

DI 4 信号状態

– チャンネル 4

B2

DI 3 信号状態

– チャンネル 3

B1

DI 2 信号状態

– チャンネル 2

B0

DI 1 信号状態

– チャンネル 1

7-7

7.4 8 チャンネル デジタル入力(DC 24V/3.0ms、負方向スイッチ)

型番

750-436

ステータス

データ接点

 電源ジャンパ接点

技術説明

750-436 デジタル入力モジュールは、センサやスイッチなどのフィールド機器からの制御用信号の入力に用

いられます。

このモジュールは単線信号接続用で

8 チャンネルの入力があります。従って、8 本のセンサ線を直接入力端

DI 1∼DI 8 に接続することができます。

本モジュールは負方向スッチング用です。つまり、入力チャンネルに

0V の電圧がかかった場合、その入力

の状態は

"high"になります。

各入力チャンネルには時定数が

3ms の RC ノイズ除去フィルタが付いています。

全ての入力チャンネルは未接続のときは電位が浮いています。

内部回路にはオプトカプラがあり、内部バスとフィールド側との間を電気的に絶縁するのに用いられていま

す。

フィールドバス内ノードを設計するとき、入力モジュールはどんな位置でもコンフィグレーションできます。

モジュールのタイプ毎にグループ化する必要はありません。

メモ

このモジュールは、後続のモジュールにフィールド機器用の電源ラインを通過させるために

電源ジャンパ接点を持っています。

入力モジュール用の

24V フィールド電源は、隣のモジュールまたは電源入力モジュールから取り出します。

フィールド機器用電源は、各

I/O モジュールの電源ジャンパ接点を介して自動的に供給されます。

7-8

注意

内部電源ジャンパ接点の最大電流容量は

10A です。システムを構築するときは、各モジュー

ルの消費電流の合計が最大電流容量を超えないようにすることが重要です。もしこの許容量

を超えるケースがあった場合は電源入力モジュールを追加しなければなりません。

このモジュールは

WAGO

-

I / O

-

SYSTEM の全てのバスカプラ/コントローラと共に使用することができます。

技術データ

型番 750-

入力数

消費電流(内部)

供給電圧(電源ジャンパ接点経由)

信号電圧(0)

信号電圧(1)

入力フィルタ時定数

入力電流

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

436

8

13mA(最大)

DC24V(-25%∼+30%)

DC -3V∼+5V

DC 15V∼30V

3ms

2.8mA(平均)

500V(システム/電源間)

8 ビット(入力)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

7-9

7.5 デジタル出力(標準)

型番

750-501∼504, 516, 519

ステータス ステータス

ステータス ステータス

技術説明

各々の動作電圧用には、電源モジュールを連結してK−

Bus を接続することにより電源が供給されます。モ

ジュールを

DIN レール上に嵌め込むと、内部の電源ジャンパー接点を通して各モジュール間の電源接続が自

動的に行われます。

2チャンネルデジタル出力の場合には、

4 線式デバイスの接続(V+、0V、信号およびグラウンド)が標準と

なります。しかし

4 チャンネルデジタル出力モジュールの場合には、2線または3線デバイスを使用するこ

とになります。

ディジタル出力モジュールにはすべて短絡回路保護機能が用意されています。

過負荷状態から出力モジュールを保護する場合は必ずヒューズ付きの電源モジュール(

750-601)を利用し

て電源を外部から供給してください。

モジュール

750-516 はネガティブ・スイッチング用(負方向接続用)のモジュールです。

次頁に表示された出力値は、

100%のデューティサイクル条件下でのデータです。2A バージョンの場合には、

より高い負荷電流で一つのチャンネルの動作を行うことが可能です。但しその際に、

1 個のモジュール当た

りの合計電流が

3.5A を超えないことを必ず確認してください。

例:

1×3.0A、1×0.5A(合計電流:3.5A)

バス動作のビット数値割当ては、バスカップラに近いほうから始まって左から右への順番指定となっていま

す。ノード/ステーション内部に取付ける異なる

I/O モジュールの位置順を変えるとモジュールに対するビ

ット割り当てが変わります。ただしアナログ出力モジュールや特殊モジュールが同一ノード内に存在する場

合は、これらアナログ・特殊モジュールがすべてのディジタル出力モジュールに優先してビットが割り当て

られます。(詳しくは第4章をご覧ください。

)

7-10

技術データ

型番 750-

出力数

負荷のタイプ

定格電圧

出力電流(DC)

消費電流(内部)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

501 502

2

抵抗性、誘導性、ランプ

24V DC(-15%/+20%)

0.5A

7mA

500V(システム−電源 間)

2

2A

短絡保護回路付

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

型番 750-

出力数

504

4

516 *)

負荷のタイプ

定格電圧

抵抗性、誘導性、ランプ

24V DC(-15%/+20%)

出力電流(DC)

消費電流(内部)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法( mm) W×H×L

*)ネガティブスイッチング(負方向接続)

0.5A

15mA

500V(システム−電源 間)

4

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

型番 750-

出力数

負荷のタイプ

定格電圧

出力電流(DC)

消費電流(内部)

絶縁耐圧

内部ビット幅

電線むき長さ

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

519

4

抵抗性、誘導性、ランプ

5V DC

20mA

16mA

500V(システム−電源 間)

4

8-9mm

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

7-11

7.6 デジタル出力(診断機能付きの標準タイプ)

型番

750-506

技術説明

動作電圧用として、電源モジュールを連結して接続することにより電源が供給されます。モジュールを

DIN

レール上に嵌め込むと、内部の電源ジャンパー接点を通して各モジュール間の電源接続が自動的に行われま

す。

デジタル出力(

750-506)は入力と出力の4ビットずつの内部ビット幅を持っています。出力ビットは4ビッ

トのうち上位2ビットを使用して出力を制御します。このとき出力の短絡またはオープン回路(断線)の状

況が入力の4ビットにて判断することが可能です。尚、診断機能付きのデジタル出力用として、

4 線デバイ

ス(

V+、0V、信号およびグラウンド)が標準となります。デジタル出力にはすべて短絡回路保護機能が用意

されています。

過負荷状態が予測される場合には、出力モジュールを保護するために必ずヒューズ付きの電源モジュール

750-601)

を電源と結線してください。

7-12

技術データ

型番 750-

出力数

消費電流(内部)

定格電圧

負荷のタイプ

出力電流(DC)

診断

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接線

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

506

2

15mA

24V DC(-15%/+20%)

抵抗性、誘導性、ランプ

0.5A

オープン回路、過負荷

500V(システム−電源 間)

4 入力、4 出力

0°C∼+55°C

ゲージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

出力ビットによって、デジタル出力の状態を制御します。

<出力4ビットの内容>

機能

Bit 3

機能なし

Bit 2

機能なし

Bit 1

O2 出力の制御

Bit 0

O1 出力の制御

入力ビットによって、デジタル出力の状態を診断できます。

<入力4ビットの内容>

機能

出力は出力ビットに従う(正常)

負荷が接続されていない

(断線、またはオープン)

短絡(出力回路のショート)

電源電圧が極端に低い*

Bit 3

0

0

1

1

O2 出力の診断

Bit 2

0

1

0

1

Bit 1

0

0

1

1

Bit 0

O1 出力の診断

0

1

0

1

* 診断ビットはヒステリシスの動きをします。すなわち、フィールド側の電圧が立ち下がりサイクルで 11V よりも高け

れば、診断ビットはオンに切替えられます。また、立ち上がりサイクルで電圧が

15.5V よりも低ければ、診断ビットは

オフに切替えられます。

7-13

7.7 8 チャンネル デジタル出力(DC24V/0.5A、正方向スイッチ)

型番

750-530

ステータス

技術説明

I/O モジュールにはそれぞれの動作電圧用として、電源の供給は連続に接続された端子部を通して行われ

ます。

I/O モジュールを DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間で電源接続が自動的に行われます。

注意:

モジュール

750-530 はポジティブ・スイッチング(正方向接続)用のデジタル出力モジュールです。

各々の端子は出力信号が

ON のとき+側(+24V)の信号が出力されます。

配線時には、

I/O システムに供給する DC 0V のコモン電源−側の端子を外部で準備してください。

バス動作におけるビット数値割当ては、バスカップラに近い方から始まって左から右へ順番に指定されます。

ノード/ステーション内部に取付ける種々の異なる

I/O モジュールの位置は順番を変えることによってビッ

ト割り当てが決まります。ただしアナログ出力モジュールや特殊モジュールが存在する場合には、これらの

アナログ・特殊モジュールは優先的にビット割り当てが行われます。

7-14

技術データ

型番 750-

出力数

負荷のタイプ

定格電圧

出力電流(DC)

消費電流(内部)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

530

8

抵抗性、誘導性、ランプ

24V DC(-15%/+20%)

0.5A

25mA

500V システム/電源

8

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

7-15

7.8 4 チャンネル デジタル出力(DC 24V/0.5A、2 線式)

型番

750-531

ステータス

ステータス

技術説明

本モジュールに接続された出力機器は、制御システムからモジュールに送られたデジタル出力信号により駆

動されます。

このモジュールは

4 点の出力チャンネルを持っており、4 個の 2 線式アクチュエータを直接モジュールに接

続することができます。

アクチュエータは各出力端子

DO 1、DO 2、DO 3、DO 4 と 0V 端子間にそれぞれ接続できます。

3 線式アクチュエータをこのモジュールにつなぐ場合は、24V 電源の供給用に電源端子拡張モジュール

750-603 または 750-614)を用意する必要があります。

注意

誘導性負荷を接続する場合は、リカバリダイオードなどの保護回路をその負荷と並列につな

ぐ必要があります。

出力チャンネルは短絡保護回路を備えております。また、正方向スイッチ出力になります。

これは出力チャンネルの電圧がフィールド機器電源の

24V 側にスイッチしたとき、出力チャンネルの状態は

"high"になることを意味します。

4 点の出力チャンネルの状態は緑色のステータス LED によって示されます。

内部バスとフィールド機器間の電気的な絶縁のために、オプトカプラが使用されています。

フィールドバス内ノードを設計するとき、出力モジュールはどんな位置でもコンフィグレーションできます。

モジュールのタイプ毎にグループ化する必要はありません。

出力モジュール用の

24V フィールド電源は、隣のモジュールまたは電源入力モジュールから取り出します。

フィールド機器用電源は、各

I/O モジュールの電源ジャンパ接点を介して自動的に供給されます。

7-16

注意

内部電源ジャンパ接点の最大電流容量は

10A です。システムを構築するときは、各モジュー

ルの消費電流の合計が最大電流容量を超えないようにすることが重要です。もしこの許容量

を超えるケースがあった場合は電源入力モジュールを追加しなければなりません。

注意

過負荷の場合、ヒューズ付き電源入力モジュール(

750-601)を出力モジュールの保護のた

めに電源ライン側に接続しなければなりません。。

この出力モジュールは、

-

I / O

SYSTEM の全てのバスカプラ/コントローラと共に使用することができ

ます。

技術データ

型番 750-

出力数

消費電流(内部)

供給電圧(電源ジャンパ接点経由)

負荷のタイプ

スイッチ速度

逆電圧保護回路

出力電流(DC)

エネルギ消費 W (誘導性負荷 OFF 時)

消費電流(フィールド側)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

531

4

7mA

DC24V(-25%∼+30%)

抵抗性、誘導性、ランプ

最大

1kHz

あり

0.5A(短絡保護付き)

0.3J

L max

=2 W max

/I 2

平均

30mA/モジュール+負荷電流

500V(システム/電源間)

4 ビット(出力)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

プロセスイメージ

出力ビット

意味

B3

DO 4 制御信号

– チャンネル 4

B2

DO 3 制御信号

– チャンネル 3

B1

DO 2 制御信号

– チャンネル 2

B0

DO 1 制御信号

– チャンネル 1

7-17

7.9 8 チャンネル デジタル出力(DC 24V/0.5A、負方向スイッチ)

型番

750-536

ステータス

データ接点

電源ジャンパ接点

技術説明

本モジュールに接続された出力機器は、制御システムからモジュールに送られたデジタル出力信号により駆

動されます。

このモジュールは

8 点の出力チャンネルを持っており、8 個のアクチュエータを直接各出力端子 DO 1∼DO 8

にそれぞれ接続できます。

注意

誘導性負荷を接続する場合は、リカバリダイオードなどの保護回路をその負荷と並列につな

ぐ必要があります。

出力チャンネルは短絡保護回路を備えております。また、負方向スイッチ出力になります。

これは出力チャンネルの電圧がフィールド機器電源の

0V 側にスイッチしたとき、出力チャンネルの状態は

"high"になることを意味します。

8 点の出力チャンネルの状態は緑色のステータス LED によって示されます。

内部バスとフィールド機器間の電気的な絶縁のために、オプトカプラが使用されています。

フィールドバス内ノードを設計するとき、出力モジュールはどんな位置でもコンフィグレーションできます。

モジュールのタイプ毎にグループ化する必要はありません。

出力モジュール用の

24V フィールド電源は、隣のモジュールまたは電源入力モジュールから取り出します。

フィールド機器用電源は、各

I/O モジュールの電源ジャンパ接点を介して自動的に供給されます。

注意

内部電源ジャンパ接点の最大電流容量は

10A です。システムを構築するときは、各モジュー

ルの消費電流の合計が最大電流容量を超えないようにすることが重要です。もしこの許容量

を超えるケースがあった場合は電源入力モジュールを追加しなければなりません。

7-18

注意

過負荷の場合、ヒューズ付き電源入力モジュール(

750-601)を出力モジュールの保護のた

めに電源ライン側に接続しなければなりません。。

この出力モジュールは、

-

I / O

SYSTEM の全てのバスカプラ/コントローラと共に使用することができ

ます。

技術データ

型番 750-

出力数

消費電流(内部)

供給電圧(電源ジャンパ接点経由)

負荷のタイプ

スイッチ速度

逆電圧保護回路

出力電流(DC)

エネルギ消費 W (誘導性負荷 OFF 時)

消費電流(フィールド側)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

536

8

25mA

DC24V(-25%∼+30%)

抵抗性、誘導性、ランプ

最大

2kHz

あり

0.5A(短絡保護付き)

0.5J

L max

=2 W max

/I 2

平均

12mA/モジュール+負荷電流

500V(システム/電源間)

8 ビット(出力)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

プロセスイメージ

出力ビット

意味

B7

DO 8 制

御 信 号

チャンネル

8

B6

DO 7 制

御 信 号

チャンネル

7

B5

DO 6 制

御 信 号

チャンネル

6

B4

DO 5 制

御 信 号

チャンネル

5

B3

DO 4 制

御 信 号

チャンネル

4

B2

DO 3 制

御 信 号

チャンネル

3

B1

DO 2 制

御 信 号

チャンネル

2

B0

DO 1 制

御 信 号

チャンネル

1

7-19

7.10 デジタル出力(ソリッドステートリレー)

型番

750-509

ステータス ステータス

技術説明

ソリッドステートリレー・モジュール用の電源は、

230V の動作電圧用の電源入力モジュールを連結して接続

することにより供給されます。モジュールを

DIN レール上に嵌め込むと、内部の電源ジャンパー接点を通し

て各モジュール間の電源接続が自動的に行われます。

注意

制御側の電源は、電源ジャンパー接点を通さずに電子回路部から直接供給されます。したが

って、スイッチング素子の各出力接点は常にフィールド側に取付けられています。これらの

接点において片側の端子部分を電源に直接結線しなければなりません。

デジタル出力にはすべて短絡回路保護機能が用意されています。過負荷状態の場合に対処し

て、出力モジュールを保護するために必ずヒューズ付きの電源入力モジュール(

750-609)

を電源と結線してください。

バス動作の標準的なビット数値割当ては、バスカプラに近い方から始まって左から右への順

番指定となっています。構成したステーション内部に取付ける各

I/O モジュールの位置は、

ユーザが任意に選択できます。

WAGO

-

I / O

SYSTEM のすべてのバスカプラに対し、この出力

モジュールを接続することが可能です。

7-20

技術データ

型番 750-

出力数

消費電流(内部)

スイッチング電圧

スイッチ電流

動作速度

オン時抵抗値

インパルス電流

過電圧保護

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接線

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

509

2

10mA

0V∼230V AC/DC

300mA AC(最大)

1.65ms(平均)、5ms(最大)

2.1

Ω(平均)3.2Ω(最大)

0.5A(20s)、1.5A(0.1s)

±380V(バリスター)

1.5kV システム/電源

2

0°C∼+55°C

ゲージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

7-21

7.11 デジタル出力(リレー)

型番

750-512...514, 517

ステータス ステータス ステータス ステータス

技術説明

リレーコイル用の電源は電源ジャンパー接点を通さずに、電子回路部から直接供給されます。一方、リレー

の各出力接点は常にフィールド側に置かれます。

注意

バージョン

1:ノンフローティング(モジュール 750-512)

動作電圧用としては、連結接続した電源端子を通して電源が供給されます。モジュールを

DIN

レール上に嵌め込むと、各モジュール間の電源接続が自動的に行われます。これらの接点の中

から

1 つの端子部分を電源に直接結線しなければなりません。

バージョン

2:分離出力(モジュール 750-513、750-514)

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。このモジュールに

電源結線を行う際には、別途電源を用意してください。

バス動作の標準的なビット数値割当ては、バスカプラに近い方から始まって左から右への順

番指定となっています。構成したステーション内部に取付ける各

I/O モジュールの位置はユ

ーザが任意に選択できます。

WAGO

-

I / O

SYSTEM のすべてのバスカプラに対し、この出力

モジュールを接続することが可能です。

7-22

技術データ

型番 750-

接点のタイプ

消費電流(内部)

スイッチング電圧

スイッチング電力

スイッチング電流

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

512

2 個のメーク接点

100mA(最大値)

30V DC;250V AC cos

60W*;500VA

ρ

0, 4, L/R max max

7ms

513

2A AC/DC*

4kV システム/電源

2

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

型番 750-

接点のタイプ

消費電流(内部)

スイッチング電圧

スイッチング電源

スイッチング電流

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

514 517

2 個の切替え接点

70mA(最大値) 105mA(最大値)

30V DC;125V AC

30W;62.5VA

250V AC;300VDC

400VA

0.5A AC/1A DC

1.5kV/電源

2

0°C∼+55°C

1A AC

4kV システム/電源

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

注意

実際の運用では本リレーモジュールで大きな逆起電力を発生する可能性のある誘導性負荷を

直接駆動したり、規定された寿命近くまで開閉を繰り返すことは避けるようにしてください。

誘導性負荷を接続する場合の注意については、後述の「リレーモジュール用接点保護回路」

の項を参照ください。

7-23

モジュール

750-512 と 750-513 に使用されているリレー:

スイッチング容量

10

DC 抵抗性

AC 誘導性、cos ϕ=0.4

AC 抵抗性

1

0,1

10

DC 誘導性、

L/R=7ms

100

スイッチング電圧/[V]

1000

平均電気的寿命

1,E+06

1,E+05

1,E+04

0,1 1

スイッチング電流/[A]

30V DC 抵抗性

120V AC 抵抗性

250V AC 抵抗性

30V DC 誘導性

L/R=0.7ms

120V AC 誘導性 cos ϕ=0.4

10

250V AC 誘導性、 cos ϕ=0.4

7-24

リレーモジュール用接点保護回路

リレーモジュールに誘導性負荷(コンタクタ、ソレノイドバルブなど)をつないでスイッチング動作をさせ

る場合、回路を

OFF にしたとき接点間に数千 V に至る逆起電圧が発生する可能性があります。実際には、

この逆起電圧が

EMC 基準に定められた許容値を超えることが非常に多くあります。従って、これを抑える

為には外部に逆起電圧抑制回路を設けなければなりません。更に、負荷の電流が比較的少ない場合(

1A 以下)

でも、逆起電圧がアーク放電を起こし、接点を破壊することがあります。その場合リレーの寿命や安全性に

重大な影響を与えることになります。

以下の保護回路は誘導性負荷を使用するユーザが負荷側に並列に、直接接続すべきものですが、実際のシス

テムで必ず確認試験をしておく必要があります。

負荷保護回路

OFF

時追加遅延

時間

長い

中位から短い

誘導電圧制限

の指定

あり(

U

D

AC

電圧適用 利点/欠点

なし

あり(

U

ZD

) なし

利点

―使用が簡単

―低コスト、高信頼性

ー寸法問わず

―低誘導電圧

欠点

―負荷抵抗分で抑制

OFF

時の遅れが長い

利点

―寸法問わず

欠点

U

ZD

(ツェナー電圧)以上でのみ抑制

中位から短い あり(

U

ZD

) あり

中位から短い あり(

U

VDR

) あり

中位から短い なし あり

利点

―低コスト

―寸法問わず

―正負両方向ピーク電圧の制限

AC

電圧に適用可

欠点

U

ZD

以上でのみ抑制

利点

―高電圧を吸収

―寸法問わず

AC

電圧に適用可

欠点

U

VDR

(バリスタ電圧)以上でのみ抑制

利点

―電力保存により高周波抑制

AC

電圧に適用可

―電圧レベルに関係なく抑制

欠点

―正確な寸法が必要

―進入電流が大きい

7-25

8.1 2 チャンネルアナログ入力 0∼20mA/4∼20mA(外部電源利用型)

型番

750-452, 454

ステータス Ch1

エラー(AD オーバー)

Ch2 +

Ch1 +

Ch2 ―

Ch1 −

ステータス Ch1

エラー(AD オーバ

ー)

技術説明

入力チャンネルは差動入力で、外部の電源を必要とします。コモングラウンド端子が用意されています。

入力は

+I と-I の各端子を通して結線します。シールド端子は DIN レールに結線されます。モジュールを DIN

レール上に嵌め込むと、各モジュール間のシールド接続が自動的に行われます。

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が取付けられていません。電源の供給は、外部で準備して

ください。

注意:

このモジュール電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパー接点が必要なモジ

ュールはこのモジュールの右側に接続することはできません。例えば3個の電源ジャンパー接点が用意され

たモジュールをこのモジュールの右側に追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を

外部から再供給してください。

8-1

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

最大許容電圧

信号電流

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

452 454

2

システム電圧経由

70mA

35V(最大)

0∼20mA 4∼20mA

50

Ω(平均)

12Bit

500V(システム−電源 間)

2ms(平均)

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

フルスケール±0.2%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべて数値単位フォーマットで表示されます。分解能は

13 ビットです。使用される数値フォー

マットを下記の表に示します。

3 個の最下位ビットについては考慮していません。

入力電流

0∼20mA

20

10

5

2.5

0.156

0.01

0.005

0

0

入力電流

4∼20mA

4.125

4.0078

4.0039

4

4

20

12

8

6

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

32760

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

8-2

バイナリデータと入力電流値の関係

入力電流値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

750-452 の場合

      

0 010   0000   0000   0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000   

12 ビットバイナリ)

              ↓

        4     0    0     (

16 進数)

              ↓

1024

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

20mA = 5mA

② 

750-454 の場合

      

0 010   0000   0000   0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000  

              ↓

        4     0    0 

              ↓

    

1024         

16 進数)

10 進数)

4mA +(1024 / 2 12

)×(

20mA − 4mA)= 8mA

12 ビットバイナリ)

8-3

8.2 2 チャンネルアナログ入力 0∼20mA/4∼20mA

(シングルエンド入力:システム電源供給型)

型番

750-465(12 ビット 0∼20mA) 750-472(15 ビット 0∼20mA)

750-466(12 ビット 4∼20mA) 750-474(15 ビット 4∼20mA)

技術説明

これらのモジュールは入力電流を発生させるための電源

24VDC 電源ジャンパーを通して得られるセンサー

用電源を利用します。入力は

+I の端子に結線します。24V/0V の各端子を通して、センサをこのモジュール

に直接結線することが可能です。

入力チャンネルはシングルエンド入力で、コモングラウンド電位が使用されています。

シールドは

DIN レールに結線されます。モジュールを DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間のシー

ルド結線が自動的に行われます。

注意:

これらのモジュールには一番下の部分の電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、

3 個全部

の電源ジャンパー接点が必要なモジュール(例:

2 チャンネルのデジタル入力モジュール)は、これらのモ

ジュールの右側に接続することができません。

8-4

技術データ

型番 750-

入力数

外部への駆動電圧

消費電流(内部)

最大定格電圧

最大入力電流

信号電流

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

465 472 466 474

2

電源ジャンパー接点を通して

24V DC(-15%/+20%)

150Ω以下

12 ビット

75mA

29V(最大)

24V 38mA 以下(1分間)

0∼20mA 4∼20mA

50Ω 150Ω以下

15 ビット 12 ビット

500V(システム−電源 間)

50Ω

15 ビット

2ms 80ms 80ms

2×16 ビット

0°C∼+55°C

2ms

25°C∼+85°C

FS±0.2%以内 FS±0.1%以内 FS±0.2%以内 FS±0.1%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。分解能は

12 ビットです。使用される数値フ

ォーマットを下記の表に示します

①750−465、750−466の場合

入力電流

(0∼20mA)

入力電流

(4∼20mA)

20

10

5

2.5

0.156

0.01

0.005

0

0

20

12

8

6

4.125

4.0078

4.0039

4

4

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

7F FF

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

32767

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

8-5

②750−472、750−474の場合

入力電流

(0∼20mA)

20

10

5

2.5

0.156

0.097

0.0048

0.0042

0

入力電流

(4∼20mA)

20

12

8

6

4.125

4.0078

  

4.0039

4.0034

4

バイナリ値

0111 1111 1111 1111

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

バイナリーデータから入力電流値を計算する。

750-465 の場合

     

 0 010   0000   0000   0 000 (16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000   

12 ビットバイナリ)

              ↓

        4     0    0  (

16 進数)

              ↓

1024

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

20mA =5mA

② 

750-466 の場合

      

0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000

12 ビットバイナリ)

              ↓

        4     0    0 (

16 進数)

              ↓

1024

10 進数)

4mA +(1024 / 2 12

)×(

20mA−4mA)= 8mA

③ 

750-472 の場合

     

 0 010   0000   0000   0000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

15ビットを使います。

        

010  0000   0000  0000   (12 ビットバイナリ)

              ↓

        2     0    0   0 

(16 進数)

              ↓

8192

10 進数)

∴(

8192 / 2

15

)×

20mA = 5mA

16 進数値 10 進数値

7F FF

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

32767

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

8-6

④ 

750-474 の場合

      

0 010   0000   0000   0000 

              ↓この

15ビットを使います。

        

010 0000 0000 0000 0000

              ↓

         2    0   0   0   

              ↓

8192

      

4mA +(8192 / 2

15

)×(

20mA−4mA)=8mA

16 ビットバイナリ)

15ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

8-7

8.3 2 チャンネルアナログ入力 +/-10V(差動、外部電源利用型)

型番

750-456(12 ビット)

技術説明

入力チャンネルは差動入力で、コモングラウンド電位が用意されています。電源については外部での駆動電

源が必要となります。

入力は

+I と-I の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。すなわちモジュール

DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間のシールド接続が自動的に行われます。

このモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパー接点が必要な

モジュールは、このモジュールの右側に直接接続することはできません。3個の電源ジャンパー接点が用意

されたモジュールを追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を外部から再供給して

ください。

8-8

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

最大定格電圧

入力信号電圧

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

数値フォーマット

750−456

入力電圧±10V

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0

0

-2.5

-5

-7.5

-10

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

1110 0000 0000 0000

1100 0000 0000 0000

1010 0000 0000 0000

1000 0000 0000 0000

456

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

65mA

35V(最大)

±10V

570k

12Bit

500V(システム−電源間)

2ms

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

-25°C∼+85°C

±

0.2%F.S.以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

0

0

E0 00

C0 00

A0 00

80 00

10 進数値

32760

16384

8192

4096

256

16

00

00

57344

49152

40960

32768

8-9

バイナリーデータから入力電圧値を計算する。

入力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

① データが+側の場合

     

 0 010   0000   0000   0 000 (16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

 先頭は必ず「0」

        

0100   0000   0000

12 ビットバイナリ)

              ↓

        4     0    0      (

16 進数)

              ↓

1024

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

② データが−側の場合

     先頭は必ず「1」です。

      

1110   0000   0000   0000

16 ビットバイナリ)

              ↓データを反転します。

0 001 1111 1111 1 111

↓この 12 ビットを使います。

        

0011   1111   1111

12 ビットバイナリ)

              ↓

        3     F    F

              ↓

16 進数)

1023

10 進数)

−10 ×(1023 + 1)/ 2 12

=−

1024 / 4096 = −2.5V

8-10

8.4 2、4 チャンネルアナログ入力 0∼10V(シングルエンド入力)

型番

750-467, 468

技術説明

モジュール

750-467/750-468 は0∼10V の電圧信号入力モジュールです。入力点数として1チャンネルあ

たり

16 ビットを占有しますがこのうち 12 ビットを用いて入力電圧を表現します。

入力チャンネルはシングルエンド入力で、コモングラウンド電位が使用されています。

入力は

+I と C の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。モジュールを DIN レ

ール上に嵌め込むと、各モジュール間の電源結線が自動的に行われます。

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。電源の供給は、データ接点から

DC-DC コンバータを通して行われます。この各モジュールは内部からの電源によって動作します。

注意:

これらのモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、

3 個全部の電源ジャンパ

ー接点が必要なモジュール(例:

2 チャンネルのデジタル入力モジュール)をこのモジュールの右側に追加

するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を外部から再供給してください。

8-11

技術データ

型番 750-

チャンネル数

定格電圧

消費電流(内部)

電圧

信号電圧

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

467

2

468

4

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

60mA

35V(最大)

0∼10V

133k

Ω(平均)

12Bit

500V(システム−電源 間)

2ms(平均)

2 ch×16 ビットデータ

0°C∼+55°C

フルスケール±0.3%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。分解能は

12 ビットです。使用される数値フ

ォーマット例を下記の表に示します(モジュール

750-467, 468)。3 個の最下位ビットについては考慮して

いません。

入力電圧(0∼10V)

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0024

0

0

10

5

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

10 進数値

32760

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

8-12

バイナリーデータと入力電圧の関係

入力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

     

0 010   0000   0000   0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1024

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

12 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

  あるいは

12 ビットバイナリデータから、

           

0100 0000 0000

         

      2

10

∴(

2 10 / 2 12

)×

10V = 2.5V

8-13

8.5 2 チャンネルアナログ入力 –10V∼+10V/0∼10V(15 ビット高分解能型)

型番

750-476,478

技術説明

この2つのモジュールは分解能が

15 ビットで、各々2 点電圧入力モジュールです。

モジュール

750-476 は−10V∼+10V の電圧信号入力モジュールです。入力点数として1チャンネルあたり

16 ビットを占有しますがこのうち 15ビットで数値を用いて入力電圧を表現します。

モジュール

750-478 は0∼10V の電圧信号入力モジュールです。入力点数として1チャンネルあたり 16 ビッ

トを占有しますがこのうち

15ビットで数値を、先頭1ビットで符号を表現します。

入力チャンネルはシングルエンド入力で、コモングラウンド電位が使用されています。

入力は

+I と C の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。モジュールを DIN レ

ール上に嵌め込むと、各モジュール間の電源結線が自動的に行われます。

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。電源の供給は、データ接点から

DC-DC コンバータを通して行われます。この各モジュールは内部からの電源によって動作します。

8-14

技術データ

型番 750-

チャンネル数

定格電圧

消費電流(内部)

電圧

信号電圧

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

476 478

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

75mA

35V(最大)

-10V∼+10V

130k

Ω(平均)

15Bit およびサインビット

0∼10V

500V(システム−電源 間)

80ms(平均)

2 ch×16 ビットデータ

0°C∼+55°C

フルスケール±0.1%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

<750−476 、 750−478>

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。分解能は

15 ビットです。使用される数値フ

ォーマット例を下記の表に示します

入力電圧(−10V∼0∼10V) バイナリ値

16 進数値 10 進数値

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0003

0

-5

-10

0111 1111 1111 1111

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

1100 0000 0000 0000

1000 0000 0000 0000

7F FF

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 01

0

C000

8000

32767

16384

8192

4096

256

16

1

0

49152

32768

8-15

バイナリーデータと入力電圧の関係

750−478:0∼+10

V

入力電圧値は

16ビットのうちの15ビットを用いて表現します。

     

 0 010   0000   0000   0000 

              ↓この

15 ビットを使います。

        

010  0000  0000  0000

              ↓

         

2  0  0  0    

8192

∴(

8192 / 2 15

)×

10V = 2.5V

750−476:−10

V∼+10V

<データが+側の場合>

16 ビットバイナリ)

15 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

       

0 010 0000  0000   0000 

↓この

15 ビットを使います。

先頭は必ず「0」です。

         

010   0000   0000  0000

          2   0   0   0

8192

      

∴(

8192 / 2 15

)×

10V = 2.5V

<データが−側の場合>

16 ビットバイナリ)

15 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

先頭は必ず「1」です。マイナスを意味します。

              

        

1 100   0000   0000   0000

16 ビットバイナリ)

↓データ

15 ビット分を反転します。

11 1111 1111  1111 

(15 ビットバイナリ)

↓反転した

15ビットを使います。

011 1111  1111  1111     (15 ビットバイナリ)

3   F 

F   F     (16 進数)

                 ↓

                

16383       (10 進数)

−10 ×(16383 + 1)/ 2 15 

−10 ×(16384 / 32768)= −5.0V

8-16

8.6 PT 100 用入力

型番

750-461 シリーズ

ステータス ch1

技術説明

750-461 シリーズは PT100、PT1000、Ni100、Ni1000 などの抵抗(RTD)センサを接続できるモジュール

ですが、標準仕様は

PT100 タイプ用のものになります。PT100 以外のセンサタイプについては発注時にご指

定ください。ご指定のない場合には

PT100 タイプのもので納品されます。

RTD センサの種類に対して以下の型番のバリエーションがあります。

型番 表記 内容

750-461 2 点 PT100 入力モジュール

750-461/000-003 2 点 PT1000 入力モジュール

Pt100 用、−200℃∼+850℃

Pt1000 用、−200℃∼+850℃

750-461/000-006

2 点 PT100 入力モジュール、高精度 Pt100 用、−200℃∼+850℃

750-461/000-004 2 点 Ni100 入力モジュール Ni100 用、−60℃∼+250℃

750-461/000-005 2 点 Ni1000 入力モジュール Ni1000 用、−60℃∼+250℃

750-461/003-000 2 点 PT100 入力モジュール、調整可

出荷時

Pt100 用、−200℃∼+850℃

750-461 モジュールは、白金(Pt)またはニッケル(Ni)抵抗センサ(RTD)を直接結線することが可能で

す。

2 線または 3 線の RTD 結線用に対応しています。

標準の

750-461 は、上記センサで規定されている-200°C から+850°C までの温度範囲で動作します。電圧分

解能は

16 ビットで表わされます。A/D コンバータとプロセッサによって、電圧値が選択した測温抵抗センサ

の温度に比例したデジタル値に変換されます。

750-461/003-000 は WAGO-I/O-CHECK 2 ツールを用いて温度範囲などのパラメータ設定が可能なモジュー

ルです。工場出荷時は

Pt100 用になっています。

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が取付けられていません。駆動電源の供給は、データ接点

から

DC-DC コンバータを通して行われます。これらのモジュールでは内部からの電源によって動きます。

8-17

技術データ

型番 750-

入力数

入力電流(内部)

電源電圧

センサのタイプ

接続電線数

動作温度範囲

分解能

絶縁耐圧

測定電流

内部ビット幅

測定精度

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

プリセット仕様

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

461

2

65mA

システム電圧経由

PT 100、PT 1000、Ni100、Ni1000(発注時指定)

2 線、3 線(プリセット仕様)

PT:-200°C∼+850°C  Ni:-60°C∼250°C

全領域で

0.1°C

500V(システム−電源 間)

0.5mA type

2ch×16 ビット

25℃で±0.2%以下

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

3 線の PT 100

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

マイクロプロセッサによって、全測定範囲におけるリニアライゼーション(直線化)が実行されます。ユーザ

は、上記にリストしている

RTD タイプの温度範囲を使用することができます。これらのセンサの温度範囲は、

1 ワード(16 ビット)で 0.1°C 当たり 1 ビットの分解能で表示されます。したがって、0°C が 16 進数値の

0000 に相当し、また 100°C が 03E8(デシマル 1000)に相当します。0°C よりも低い温度は、“1”で始ま

2 の補数フォーマットで表わされます。(くわしくは次頁をごらんください。)

短絡状態や

RTD 線の切断が発生した場合には、赤色のエラー表示用 LED によって表示されます。緑色の LED

が点灯しているときには、このモジュールと接続されたバスカップラー間の通信が正常に行われていることを

示します。

8-18

数値フォーマット

利用可能な数値範囲は、使用するセンサで標準化されている温度範囲を基準にすることになります。下記の表

には、設定済みの

PT 100 センサの数値フォーマットを記載しています。16 ビットバイナリデータを 10 進数

に直したときにこの値が実温度(摂氏)の

10 倍になるように数値フォーマット化してあります。

850

100

25.5

0.1

0

-0.1

-25.5

-200

温度(°C)

Pt100 抵抗

(Ω)

400

390.481

138.506

109.929

100.039

100

99.970

90.389

18.192

18

Pt1000 抵抗

(Ω)

1384,998

1099,299

1000,391

1000

999,619

901,929

184,936

バイナリ値

0010 0001 0011 0100

0000 0011 1110 1000

0000 0000 1111 1111

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

1111 1111 1111 1111

1111 1111 0000 0001

1111 1000 0011 0000

1000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

16 ビット数値フォーマットから温度を算出するには

① 温度がプラス側の場合(

16 ビット中の最高ビットは必ず「0」となります。)

   

       

0000   0000   1111   1111

               ↓

  必ず「

0」   0    0    F    F

               ↓

  

255

16 ビットバイナリ値)

16 進数)

10 進数)

 ∴

T = 255 / 10 = 25.5℃

② 温度がマイナス側の場合(

16 ビット中の最高ビットは必ず「1」となります。)

       

1111   1111   0000   0001

               ↓

  必ず「

1」      すべて反転する。

       

0000   0000   1111   1110

               ↓

        

0     0     F     E  

               ↓

  

254

 この値に絶対値で

1 を加算して温度を算出する。

T =-(254+1)/ 10 =-25.5℃

16 ビットバイナリ値)

16 進数)

10 進数)

2134

03E8

00FF

0001

0000

FFFF

FF01

F830

8000

8500

1000

255

1

0

-1

-255

-2000

-32767

8-19

8.7 熱電対入力モジュール

型番

750-469(診断機能付)

技術説明

750-469 は各種熱電対に対応する豊富なバリエーションを取り揃えております。指定のない場合には標準仕

様 

K(-100∼+1370℃)タイプのもので納品されます。

一方、工場出荷後に仕様の変更ができる可変タイプとして

750-469/003-000 があります。実際に現場で用い

られる熱電対の特性に合わせてモジュールの仕様を決めたい場合、ワゴジャパン内またはお客様のサイトで

パラメータの設定をすることができます。このパラメータ設定には

WAGO-I/O-CHECK 2 ソフトウェアツー

ル(型番:

759-302)を使用します。

WAGO-I/O-CHECK 2 の操作方法については以下の Web サイト内の 759-302 のマニュアルを参照ください。

   http://www.wago.com/wagoweb/documentation/index_e.htm

シールドは

DIN レールに結線されます。モジュールを DIN レール上にはめ込むと、各モジュール間のシー

ルド結線が自動的に行われます。

注意

このモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパ

ー接点が必要なモジュール(例:

2 チャンネルのデジタル入力モジュール)をこのモジュー

ルの右側に接続する場合は、

750-602 などの電源入力モジュールを挿入し、給電してくださ

い。

標準

K タイプの 750-469 および K タイプ以外の 750-469 枝番モジュールは WAGO -

I / O

SYSTEM のすべて

のバスカプラ(低価格タイプを除く)/コントローラと共に使用することができます。

8-20

技術データ

型番 750-

入力数

電源電圧

センサのタイプ

冷接点補償

測定精度

分解能

絶縁耐圧

入力電流(内部)

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

プリセット仕様

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

469

2(差動入力、最大値:±3.5V)

システム電圧経由

K, S, T, J, E, L, mV 測定

内部回路で補償

25℃で±0.4%以下

1 ビットにつき 0.1°C

500V(システム−電源)

65mA 最大

2ch×16 ビット(断線検出付)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上部エッジから測定)

-100°C/+1370°C, Typ K

IEC60068-2-6

IEC60068-2-7

EN50082-2(95)

EN50081-2(94)

機能モジュール

750-469 では、熱電対センサを直接結線することが可能です。このモジュールは 2 線式熱電

対の結線用に対応ています。

2 線式の結線の場合には、熱電対線を+TC と-TC の各端子間に結線します。3 線

式に対する結線の際には、シールドも結線します。

全温度範囲におけるリニアライゼーションと温度データへの変換はモジュール内のマイクロプロセッサによ

って実行されます。センサの検出温度範囲は、

1 ワード(16 ビット)、0.1°C 当たり 1 ビットの分解能で表わ

されます。したがって、

0°C が数値 0000 に相当し、また 25.5°C が数値 0x00FF に相当します。0°C よりも

低い温度は、“

1”で始まる 2 の補数フォーマットで表わされます。(「バイナリーデータと入力値の関係」

を参考にしてください。)

すべての熱電対の規定動作温度範囲内で、機能モジュールは“

µV メータ”と同様の働きを行います。電圧は

16 ビットの分解能で表わされます。プロセッサは、電圧値を、選択した熱電対タイプの測定温度に比例した

デジタル値に変換します。

クランピングポイントにおけるオフセット電圧を補償するために、熱電対の冷接点補償計算が実行されます。

内部回路にはその“ケージクランプ”結線部に温度測定用のセンサが内蔵されており、測定値の計算の際に

温度オフセット電圧が自動的に補正されます。

8-21

750-469 の種類と結線可能なセンサの温度範囲

下記タイプを取り揃えておりますので、発注時に型名でご指定ください。

タイプ 温度範囲

T

J

E

K

S

L

K(診断機能付)

J(診断機能付) mV メータ

-100°C∼+1370°C(標準タイプ)

0°C∼+1700°C

-100°C∼+400°C

-100°C∼+1200°C

-100°C∼1000°C

-100°C∼+900°C

-100°C∼+1370°C

-100°C∼+1200°C

-120mV∼+120mV

表 1:結線可能なセンサの温度範囲

指定型名

750-469

750-469/000-001

750-469/000-002

750-469/000-006

750-469/000-008

750-469/000-012

750-469/000-200

750-469/000-206

750-469/000-003

LED 機能

緑色

LED:

機能

ON:

正常

OFF: ウォッチドッグタイマーのオーバフロー

PLC から処理データが 100ms 間送信されなければ、緑色 LED の点灯が停止します。

赤色

LED:

エラー

ON:

測定温度範囲の上限または下限を超えた状態であるか、または断線を示します。

OFF:電圧が正常に測定範囲内に入っている。

断線検知機能

750-469 には診断機能を備えています。何らかの原因でセンサー(熱電対)が断線した場合あるいはセンサ

ーが無結線の場合、出力データは自動的に「

7FFF」(16 進数)になります。

8-22

数値フォーマット

温度データを示す数値はすべて一定の数値フォーマットで表わされます。デフォルト設定(

K タイプの熱電

対)では、

1 ビットが 0.1°C に相当します。出力値は、規格に準拠して規定された各センサの温度範囲にそ

れぞれ対応します。コンフィギュレーションツールを使用して、出力フォーマットを選択することが可能で

す。リニアライゼーションをオフに切替えることが可能で、また基準温度の設定をオフに切替えることもで

きます。デフォルト設定範囲(

K タイプ)での数値フォーマットを下記の表に記載します。

温度(°C) 電圧(uV)

850

100

25,5

0,1

0

-0,1

-25,5

-100

35314

4095

1021

4

0

-4

-986

-3553

バイナリ値

0010 0001 0011 0100

0000 0011 1110 1000

0000 0000 1111 1111

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

1111 1111 1111 1111

1111 1111 0000 0001

1111 1100 0001 1000

16 進数値

2134

03E8

00FF

0001

0000

FFFF

FF01

FC18

10 進数値

8500

1000

255

1

0

-1

-255

-1000

バイナリーデータから温度を算出するには

① 温度がプラス側の場合(

16 ビット中の最高ビットは必ず「0」となります。)

   

       

0000   0000   1111   1111

               ↓

  必ず「

0」   0    0    F    F

               ↓

255

16 ビットバイナリ値)

16 進数)

10 進数)

T = 255 / 10 = 25.5℃

② 温度がマイナス側の場合(

16 ビット中の最高ビットは必ず「1」となります。)

       

1111   1111   0000   0001

               ↓

  必ず「

1」      すべて反転する。

       

0000   0000   1111   1110

               ↓

        

0    0    F    E    

               ↓

  

254

 この値に絶対値で1を加算して温度を算出する。

T =-(254+1)/ 10 =- 25.5℃

16 ビットバイナリ値)

16 進数)

10 進数)

8-23

750-469/000-003±120mV 入力の電圧入力モジュールビットフォーマット

電圧(mV)

120.00

90.00

60.00

30.00

0.00

-30.00

-60.00

-90.00

-120.00

バイナリ値

0100 1001 0011 1110

0011 0110 1110 1111

0010 0100 1001 1111

0001 0010 0101 0000

0000 0000 0000 0000

1110 1101 1011 0001

1101 1011 0110 0001

1100 1001 0001 0010

1011 0110 1100 0010

16 進数値

493E

36EF

249F

1250

0000

EDB1

DB61

C912

B6C2

10 進数値

18750

14063

9375

4688

0

-4687

-9375

-14062

-18750 wago_io_dll を使用した場合には 750-469 の温度値でデータが返ってきますので、このモジュールの場合は

これに「

0.0064」を乗算してください。これでmV 値になります。

8-24

8.8 4 チャンネルアナログ入力 0∼20mA/4∼20mA

(シングルエンド入力:外部電源供給型)

型番

750-453, 455

技術説明

入力チャンネルはシングルエンド入力で、コモングラウンド端子が用意されています。

入力は

+I とコモンの各端子を通して結線します。外部で電源を準備する必要があります。すなわち電流を発

生する電源回路が外部機器側で必要となります。

注意:

このモジュールの電源ジャンパー接点はモジュールの内部回路とは直接関係ありません。コモン電源をブリ

ッジ(隣のモジュールへ橋渡し)する目的で設置されています。

8-25

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

最大許容電圧

信号電流

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

数値フォーマット

入力電流

0∼20mA

20

10

5

2.5

0.156

0.01

0.005

0

0

入力電流

4∼20mA

20

12

8

6

4.125

4.0078

4.0039

4

4

453 455

4

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

60mA

32V(最大)

0∼20mA 4∼20mA

20mA 時に 100

Ω以下

12Bit

500V(システム−電源 間)

10ms(平均)

4ch×16 ビット

0°C∼+55°C

25°C 時フルスケールで±0.1%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN50082-2(96)

EN50081-2(94)

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

32760

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

8-26

バイナリーデータから入力電流値を計算する。

① 

750-453 の場合

     

  0 010   0000   0000  0 000

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000 

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1024

16 ビットバイナリ)

12 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

20mA = 5mA

② 

750-455 の場合

      

0 010   0000   0000  0 000

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1024

16 ビットバイナリ)

12 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

4mA +(1024 / 2 12

)×(

20mA−4mA)= 8mA

8-27

8.9 4 チャンネルアナログ入力 ±10V/0-10V(シングルエンド入力)

型番

750-457,459

技術説明

入力チャンネルはシングルエンド入力で、コモングラウンド電位が用意されています。

4 チャンネルのコモングランドは共通で、お互いに誘導があります。

750-456,750-467 の廃価版で 4 チャンネルで構成されます。

尚、

AD 変換の時間間隔は 10ms です。

注意:

このモジュールの電源ジャンパー接点はモジュールの内部回路とは直接関係ありません。コモン電源をブリ

ッジ(隣のモジュールへ橋渡し)する目的で設置されています。

8-28

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

最大定格電圧

入力インピーダンス

信号電圧

分解能

絶縁耐圧

変換時間

ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

457 459

4

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

60mA

±

40V(最大)

100kΩ以下

±

10V 0V∼10V

12Bit

500V(システム−電源間)

10ms

4ch×16 ビット

0°C∼+55°C

-25°C∼+85°C

25°C 時フルスケールで±0.1%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN50082-2(96)

EN50081-2(94)

8-29

数値フォーマット

750−457

入力電圧±10V

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0

-2.5

-5

-7.5

-10

750−459

入力電圧(0∼10V)

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0024

0

0

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 0000

1110 0000 0000 0000

1100 0000 0000 0000

1010 0000 0000 0000

1000 0000 0000 0000

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

0

E0 00

C0 00

A0 00

80 00

10 進数値

32760

16384

8192

4096

256

16

00

57344

49152

40960

32768

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

10 進数値

32760

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

8-30

バイナリーデータから入力電圧値を計算する。

750-457

入力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

① データが+側の場合

     

  0 010   0000   0000  0 000

              ↓この

12 ビットを使います。

 先頭は必ず「0」

        

0100   0000   0000 

              ↓

        4     0    0 

              ↓

 1024

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

② データが−側の場合

先頭は必ず「

1」です。

16 ビットバイナリ)

12 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

1110 0000 0000 0000

↓データを反転します。

0 001 1111 1111 1 111

16 ビットバイナリ)

↓この

12 ビットを使います。

0011 1111 1111

12 ビットバイナリ)

3 F F

1023

16 進数)

10 進数)

−10 ×(1023 + 1)/ 2 12 

−1024 / 4096 = −2.5V

8-31

バイナリーデータから入力電圧値を計算する。

750-459

入力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

     

0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

12 ビットバイナリ)

        

0100   0000   0000

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1024

16 進数)

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

  あるいは

12 ビットバイナリデータから、

           

0100 0000 0000

         

      2

10

∴(

2 10 / 2 12

)×

10V = 2.5V

8-32

8.10 4 チャンネル RTD 用入力モジュール

型番

750-460 シリーズ

技術説明

750-460 モジュールは、白金抵抗のセンサを直接結線することが可能です。2 線の RTD 結線用に対応してい

ます。

この機能モジュールは、

PT 100 センサで規定されている-200°C から+850°C までの温度範囲で動作します。

電圧分解能は

16 ビットで表わされます。A/D コンバータとプロセッサによって、電圧値が選択した測温抵抗

センサの温度に比例したデジタル値に変換されます。

注意:

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が取付けられていません。駆動電源の供給は、データ接点

から

DC-DC コンバータを通して行われます。これらのモジュールでは内部からの電源によって動きます。

2線式の

RTD センサーを接続する場合には、センサーからの距離について注意する必要があります。センサ

ーとモジュール間の距離が長くなる場合にはこの抵抗分が負荷されますので、この調整をソフトウェア上で

行ってください。

8-33

技術データ

型番 750-

入力数

入力電流(内部)

駆動電圧

センサのタイプ

接続電線数

動作温度範囲

分解能

絶縁耐圧

測定電流

ビット幅

測定精度

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

460

4

65mA

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

PT 100、PT 200、 PT500、PT1000、Ni100(発注時指定)

2 線式

PT:-200°C∼+850°C  Ni:-60°C∼+250°C

全領域で

0.1°C

400V(システム−電源 間)

0.5mA

4ch×16 ビット

25℃で±1°C 以下

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN50082-2(96)

EN50081-2(94)

マイクロプロセッサによって、全測定範囲におけるリニアライゼーション(直線化)が実行されます。ユー

ザは、上記にリストしている

RTD タイプの温度範囲を使用することができます。これらのセンサの温度範囲

は、

1 ワード(16 ビット)で 0.1°C 当たり 1 ビットの分解能で表示されます。したがって、0°C が 16 進数

値の

0000 に相当し、また 100°C が 03E8(デシマル 1000)に相当します。0°C よりも低い温度は、“1”で

始まる

2 の補数フォーマットで表わされます。(くわしくは次頁をごらんください。)

数値フォーマット

850

100

25.5

0.1

0

-0.1

-25.5

-200

温度(°C)

Pt100 抵抗

(Ω)

400

390.481

138.506

109.929

100.039

100

99.970

90.389

18.192

18

Pt1000 抵抗

(Ω)

1384,998

1099,299

1000,391

1000

999,619

901,929

184,936

バイナリ値

0010 0001 0011 0100

0000 0011 1110 1000

0000 0000 1111 1111

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

1111 1111 1111 1111

1111 1111 0000 0001

1111 1000 0011 0000

1000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

2134

03E8

00FF

0001

0000

FFFF

FF01

F830

8000

8500

1000

255

1

0

-1

-255

-2000

-32767

8-34

16 ビット数値フォーマットから温度を算出するには>

① 温度がプラス側の場合(

16 ビット中の最高ビットは必ず「0」となります。)

   

       

0000   0000   1111   1111

16 ビットバイナリ値)

               ↓

  必ず「

0」   0    0    F    F  

               ↓

255

16 進数)

10 進数)

T = 255 / 10 = 25.5℃

② 温度がマイナス側の場合(

16 ビット中の最高ビットは必ず「1」となります。)

       

1111   1111   0000   0001

               ↓

  必ず「

1」      すべて反転する。

       

0000   0000   1111   1110

               ↓

        0    0    

F    E

               ↓

254

16 ビットバイナリ値)

16 進数)

10 進数)

 この値に絶対値で1を加算して温度を算出する。

T = −(254 + 1)/ 10 = −25.5℃

8-35

8.11 2 チャンネルアナログ入力 ±10V(差動、外部電源利用型)

型番

750-479

技術説明

750-479 は±10V の 2 点電圧入力モジュールで、13Bit の分解能があります。

入力チャンネルは差動入力で、入力機器の電源については外部での駆動電源が必要となります。

入力は

+I と−I の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。すなわちモジュール

DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間のシールド接続が自動的に行われます。

8-36

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

最大定格電圧

入力信号電圧

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

クロストーク

チャンネル間遅延

ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

479

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

100mA 以下

35V(最大)

±10V

1M

13Bit およびサインビット

500V(システム−チャンネル間、およびチャンネル−チャンネル間)

2ms(サンプリング遅延時間含む)

-80dB 以下

1μ秒以下

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

-25°C∼+85°C

25°C 時フルスケールで±0.05%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN50082-2(96)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

入力電圧±10V

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0012

0

-2.5

-5

-7.5

-10

バイナリ値

0111 1111 1111 1100

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0000 0100

0000 0000 0000 0011

1110 0000 0000 0000

1100 0000 0000 0000

1010 0000 0000 0000

1000 0000 0000 0000

16 進数値

7F FC

40 00

20 00

10 00

01 00

00 04

0003

E0 00

C0 00

A0 00

80 00

10 進数値

32764

16384

8192

4096

256

4

3

57344

49152

40960

32768

8-37

バイナリーデータから入力電圧値を計算する。

入力電圧値は

16 ビットのうちの 13ビットを用いて表現します。最下位の2ビットについては考慮しません。

① データが+側の場合

     

  0 010   0000   0000  00 00 (16 ビットバイナリ)

              ↓この

13ビットを使います。

 先頭は必ず「0」

        

0 1000   0000   0000 

              ↓

          8     0    0 

              ↓

2048

∴(

2024 / 2

13

)×

10V = 2.5V

13 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

② データが−側の場合

     先頭は必ず「1」です。

      

1110   0000   0000   0000

16 ビットバイナリ)

              ↓データを反転します。

0 001 1111 1111 1 1 11

↓この 13 ビットを使います。

        

0 0111   1111   1111 

              ↓

          0  

7  F  F

              ↓

2047

13ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

−10 ×(2047 + 1)/ 2

13

−1024 / 4096 = −2.5V

8-38

8.12 2 チャンネルアナログ入力 0-20mA(差動、外部電源利用型)

型番

750-480

技術説明

750-480 は 0-20mA の 2 点電流入力モジュールで、13Bit の分解能があります。

入力チャンネルは差動入力で、チャンネル間は絶縁されています。両チャンネルのクロストークは

-80dB 以

下を実現しています。

入力インピーダンスは

20mA 時に 270Ω以下です。

入力は

+I と−I の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。すなわちモジュール

DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間のシールド接続が自動的に行われます。

このモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパー接点が必要な

モジュールは、このモジュールの右側に直接接続することはできません。3個の電源ジャンパー接点が用意

されたモジュールを追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を外部から再供給して

ください。

8-39

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

許容連続負荷

入力抵抗

入力信号電流

分解能

チャンネル間クロストーク

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

480

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

100mA 以上

30V

20mA 時 270Ω以下

0∼20mA

13Bit

80dB 以下

1ms

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

-25°C∼+85°C

25°C フルスケールで±0.05%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN50082-2(96)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべて数値単位フォーマットで表示されます。分解能は

13 ビットです。使用される数値フォー

マットを下記の表に示します。

3 個の最下位ビットについては考慮していません。

入力電流

0∼20mA

20

10

5

2.5

0.156

0.0097

0.0024

0

0

バイナリ値

0111 1111 1111 1100

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 0100

0000 0000 0000 0011

0000 0000 0000 0000

16 進数値

7F FC

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 04

00 03

0

10 進数値

32764

16384

8192

4096

256

16

4

3

0

8-40

バイナリデータと入力電流値の関係

入力電流値は

16 ビットのうちの 13 ビットを用いて表現します。最下位の 2 ビットについては考慮しません。

     

0 010   0000   0000  00 00

16 ビットバイナリ)

              ↓この

13 ビットを使います。

       

0 1000  0000   0000 

              ↓

        

8     0    0 

              ↓

2048

(2048 / 2

13

)×

20mA = 5mA

13 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

8-41

8.13 2 チャンネルアナログ入力 4-20mA(絶縁差動、外部電源利用型)

型番

750-492

技術説明

入力チャンネルは差動入力で、チャンネル間は絶縁されています。両チャンネルのクロストークは

-80dB 以

下を実現しています。

入力インピーダンスは

20mA 時に 270Ω以下です。

入力は

+I と−I の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。すなわちモジュール

DIN レール上に嵌め込むと、各モジュール間のシールド接続が自動的に行われます。

このモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパー接点が必要な

モジュールは、このモジュールの右側に直接接続することはできません。3個の電源ジャンパー接点が用意

されたモジュールを追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を外部から再供給して

ください。

8-42

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

許容連続負荷

入力抵抗

入力信号電流

分解能

チャンネル間クロストーク

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

数値フォーマット

入力電流

(4∼20mA)

20

12

8

6

4.125

4.0078

  

4.0019

4

4

492

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

100mA 以上

30V

20mA 時 270Ω以下

4∼20mA

13Bit

80dB 以下

1ms

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

-25°C∼+85°C

25°C フルスケールで±0.05%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN50082-2(96)

EN50081-2(94)

バイナリ値

0111 1111 1111 1100

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 0100

0000 0000 0000 0011

0000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

7F FC

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 04

00 03

0

32764

16384

8192

4096

256

16

8

3

0

8-43

バイナリーデータから入力電流値を計算する。

     

0 010   0000   0000    00 00

              ↓この

13 ビットを使います。

        

0 1000  0000  0000 

              ↓

         

8    0    0  

              ↓

2048 

      

4mA +(2048 / 2

13

)×(

20mA−4mA)= 8mA

16 ビットバイナリ)

13 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

8-44

8.14 2 チャンネルアナログ入力モジュール AC/DC 0-1A(差動、外部電源利用型)

型番

750-475

技術説明

モジュール

750-475 は0∼1A の電流信号入力モジュールです。入力点数として1チャンネルあたり 16 ビット

を占有しますがこのうち

12 ビットを用いて入力電圧を表現します。

入力は

+I と−I の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。モジュールを DIN

レール上に嵌め込むと、各モジュール間の電源結線が自動的に行われます。

電源の供給は、データ接点から

DC-DC コンバータを通して行われます。この各モジュールは内部からの電

源によって動作します。

注意:

このモジュールの電源ジャンパー接点はモジュールの内部回路とは直接関係ありません。コモン電源をブリ

ッジ(隣のモジュールへ橋渡し)する目的で設置されています。

8-45

技術データ

型番 750-

チャンネル数

定格電圧

消費電流(内部)

最大許容電流

信号電流

入力抵抗

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

475

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

80mA

ピークで2

A

0A∼1A 実効値(ピーク時は 2.0A)

22m Ω

16Bit

500V(システム−電源 間 実効値)

200ms(平均)

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

25°C 時フルスケールで±0.1%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN61000-6-2(00)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。分解能は

16 ビットです。使用される数値フ

ォーマット例を下記の表に示します

入力電圧(0∼2A)

2

1

0.5

0.25

0.1

100μA

0

バイナリ値

0100 1110 0010 0000

0010 0111 0001 0000

0001 0011 1000 1000

0000 1001 1100 0100

0000 0000 0110 0400

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

16 進数値

4E20

27 10

13 88

09 C4

00 64

00 01

0

10 進数値

20000

10000

5000

2500

100

1

0

8-46

バイナリーデータと入力電圧の関係

入力電流値は

16 ビットビットを用いて表現します。

     

0 001   0011   1000   1000

16 ビットバイナリ)

              ↓

       

1 3 8 8 

16 進数)

              ↓

5000

10 進数)

5000 × 2 / 20000 A = 0.5A

8-47

8.15 2 チャンネルアナログ入力モジュール AC/DC 0-10V(差動、外部電源利用型)

型番

750-477

技術説明

モジュール

750-477 は AC/DC 対応、0∼10V の電圧信号入力モジュールです。

入力チャンネルは差動入力です。

入力は+

I と−I の各端子を通して結線します。シールドは DIN レールに結線されます。モジュールを DIN

レールに嵌め込むと、各モジュール間のシールド接続が自動的に行なわれます。

電源の供給は、データ接点から

DC-DC コンバータを通して行われます。この各モジュールは内部からの電

源によって動作します。

注意:

このモジュールの電源ジャンパー接点はモジュールの内部回路とは直接関係ありません。コモン電源をブリ

ッジ(隣のモジュールへ橋渡し)する目的で設置されています。

8-48

技術データ

型番 750-

チャンネル数

定格電圧

消費電流(内部)

最大入力電圧

信号電圧

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

内部ビット幅

動作温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

477

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

80mA

ピークで

20V

0V∼10V 実効値(ピーク時は 20V)

120k Ω

16Bit

500V(システム−電源 間 実効値)

200ms(平均)

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

25°C 時フルスケールで±0.1%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN61000-6-2(00)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。分解能は

16 ビットです。使用される数値フ

ォーマット例を下記の表に示します

入力電圧(0∼20V)

20

10

5

2.5

1

1mV

0

バイナリ値

0100 1110 0010 0000

0010 0111 0001 0000

0001 0011 1000 1000

0000 1001 1100 0100

0000 0000 0110 0400

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

16 進数値

4E20

27 10

13 88

09 C4

00 64

00 01

0

10 進数値

20000

10000

5000

2500

100

1

0

8-49

バイナリーデータと入力電圧の関係

入力電圧値は

16 ビットを用いて表現します。

     

0 001   0011   1000   1000  

              ↓

       

1 3 8 8 

              ↓

             

5000      

5000 × 20 / 20000 A = 5V

16 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

8-50

8.16 2 チャンネルアナログ入力モジュール 0-30V(差動、外部電源利用型)

型番

750-483

技術説明

モジュール

750-483 は0∼30V の電圧信号入力モジュールです。入力点数として1チャンネルあたり 16 ビッ

トを占有しますがこのうち

14 ビットを用いて入力電圧を表現します。

入力チャンネルは差動入力で、チャンネル間は絶縁されています。クロストークは

-80dB 以下を実現してい

ます。

この

I/O モジュール用の電源の供給は、データ接点を通して行われます。

注意:

これらのモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。電源ジャンパー接点が必要なモジュー

ルをこのモジュールの右側に追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を外部から再

供給してください。

8-51

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

最大許容連続電圧

信号電圧

入力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

変換時間

クロストーク

チャンネル間遅延

ビット幅

動作温度範囲

保存温度範囲

測定精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

振動衝撃に関する適合規格

電磁波干渉に関する適合規格

483

2、互いに電気的に絶縁

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

100mA 以内

230V

0V∼30V

1MΩ

14Bit

500V(システム−チャンネル間、およびチャンネル−チャンネル間)

2ms(サンプリング遅延時間含む)

-80dB 以下

1μ秒以下

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

-25°C∼+85°C

25°C 時フルスケールで±0.05%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレール上端から測定)

IEC60068-2-6

IEC60068-2-27

EN61000-6-2(00)

EN50081-2(94)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。分解能は

14 ビットです。使用される数値フ

ォーマット例を下記の表に示します1個の最下位ビットについては考慮していません。

入力電圧(0∼30V)

30

15

7.4988

3.7489

0.2334

0.0137

0.0018

0

0

バイナリ値

0111 1111 1111 1110

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 0011

0000 0000 0000 0001

0000 0000 0000 0000

16 進数値

7F FE

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 03

00 01

0

10 進数値

32766

16384

8192

4096

256

16

3

1

0

8-52

バイナリーデータと入力電圧の関係

入力電圧値は

16 ビットのうちの 14 ビットを用いて表現します。最下位の 1 ビットについては考慮しません。

16 ビットバイナリ)

     

0 010   0000   0000  000 0

              ↓この

14 ビットを使います。

      

01 0000   0000   0000 

              ↓

   

1    0    0    0 

              ↓

            

 4096     

∴(

4096 / 2 14

)×

30V = 7.5V

14 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

  あるいは

14 ビットバイナリデータから、

           

01 0000 0000 0000

         

      2

12

∴ (

1 × 2 12 / 2 14

)×

30V = 7.5V

8-53

9 アナログ出力モジュール

9.1 2 チャンネルアナログ出力 0∼10V

型番

750-550

技術説明

モジュール

750-550 の出力信号は 0∼10V の電圧信号です。1チャンネルあたり 16 ビットを占有しますが、こ

のうち

12 ビットを用いて出力電圧値を決定します。

この

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。電圧出力用駆動電源は、DC-DC コンバ

ータを通して行われます。

注意:

このモジュール電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパー接点が必要なモジ

ュールは、このモジュールの右側に直接接続することはできません。3個の電源ジャンパー接点が必要なモ

ジュールを追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入して電源を外部から再供給してください。

9-1

技術データ

型番 750-

チャンネル数

駆動電圧

消費電流(内部)

供給電圧

信号電圧

出力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

出力精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

550

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

65mA

システム電圧経由

0∼10V

5k

Ω 以下

12Bit

500V(システム−電源 間)

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

25℃時±0.1%フルスケール以内

温度ドリフト:±

0.01%/K 以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ単位フォーマットで表示されます。分解能は

12 ビットです。3 個の最下位ビッ

トについては考慮していません。使用される数値フォーマットを下記の表に示します。

出力電圧 0∼10V

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0024

0

0

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

10 進数値

32764

16384

8192

4096

256

7

0

16

8

9-2

バイナリーデータと出力電圧の関係

出力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

     

0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

12 ビットバイナリ)

        

0100   0000   0000

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1 1024

16 進数)

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

  あるいは

12 ビットバイナリデータから、

           

0100 0000 0000

         

      

  2

10

∴(

2 10 / 2 12

)×

10V = 2.5V

9-3

9.2 2 チャンネルアナログ出力 0∼20mA/4∼20mA

型番

750-552, 554

技術説明

モジュール

750-552、554 の出力信号は 0∼20mA または 4∼20mA のプロセス信号です。シールドは DIN

レールに結線されます。モジュールを

DIN レール上に嵌め込むと、自動的にこの結線が行われます。

このモジュールはセンサー用電源ジャンパ−から供給される

24Vを用いて外部回路等を駆動します。電源ジ

ャンパ−が左側から続いていない場合は新たに電源モジュール(例えば、モジュール

750-602 など)を接続

して電源の供給を行う必要があります。

9-4

技術データ

型番 750-

チャンネル数

消費電流(内部)

駆動電圧

信号電流

出力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

出力精度

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

552 554

2

60mA(最大)

24V DC(-15%/+20%)電源ジャンパー接点経由

0∼20mA 4∼20mA

500 Ω以下

12Bit

500V(システム/電源 間)

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

フルスケール±

0.5%以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100

*キャリアレールの上端から測定)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。使用される数値フォーマットを下記の表に

示します

3 個の最下位ビットについては考慮していません。

出力電流

(0∼20mA)

20

10

5

2.5

0.156

0.01

0.005

0

0

出力電流

(4∼20mA)

20

12

8

6

4.125

4.0078

4.0039

4

4

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値 10 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

32767

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

9-5

バイナリデータと出力電流の関係

出力電流値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

750-552 の場合

      

0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1024

∴(

1024 / 2

12

)×

20mA = 5mA

② 750-554 の場合

12 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

    

 0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000

              ↓

        4     0    0 

              ↓

1024

12 ビットバイナリ)

16 進数)

10 進数)

4mA +(1024 / 2

12

)×(

20mA−4mA)= 8mA

9-6

9.3 2 チャンネルアナログ出力+/-10V

型番

750-556

技術説明

モジュール

750-556 の出力信号は±10V 電圧信号です。コモングラウンドに対する電位で出力されます。

シールドは

DIN レールに直結します。モジュールを DIN レール上に嵌め込むと、自動的にこの結線が行わ

れます。

これらの

I/O モジュールには電源ジャンパー接点が用意されておらず、駆動電源の供給は、DC-DC コンバー

タを通して行われます。

注意:

このモジュールには電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、電源ジャンパー接点が必要な

モジュールをこの右側に直接接続することはできません。この場合は電源モジュール(

750-602)などを接続

してください。

9-7

技術データ

型番 750-

チャンネル数

定格電圧

消費電流(内部)

信号電圧

出力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

556

2

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

65mA

±10 V

5k Ω以下

12Bit

500V(システム−電源 間)

2ch×16 ビット

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

数値フォーマット

アナログ値はすべて数値単位フォーマットで表示されます。分解能は

12 ビットです。3 個の最下位ビットは

無視されます。使用される数値フォーマットを下記の表に示します。

出力電圧(±10V)

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0024

0

-2.5

-5

-7.5

-10

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

1110 0000 0000 0000

1100 0000 0000 0000

1010 0000 0000 0000

1000 0000 0000 0000

16 進数値

00 08

7

E0 00

C0 00

A0 00

80 00

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

10 進数値

8

7

57344

49152

40960

32768

32767

16384

8192

4096

256

16

9-8

バイナリーデータと出力電圧値の関係

出力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

① 正電圧の出力

     

 0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

 先頭は必ず「0」

        

0100   0000   0000

              ↓

12 ビットバイナリ)

        4     0    0       (

16 進数)

              ↓

1024

10 進数)

(1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

② 負電圧の出力

     先頭は必ず「1」です。

      

1110   0000   0000   0000  (16 ビットバイナリ)

              ↓データを反転します。

0 001 1111 1111 1 111

↓この 12 ビットを使います。

        

0011   1111   1111     

12 ビットバイナリ)

              ↓

        3     F    F     (

16 進数)

              ↓

1023

10 進数)

−10×(1023 + 1)/ 2 12

−1024 / 4096 = −2.5V

9-9

9.4 4 チャンネルアナログ出力 ±10V/0-10V

型番

750-557,559

技術説明

モジュール

750-557 の出力信号は±10V の電圧信号、750-559 は 0∼10V の電圧信号です。1チャンネルあ

たり16ビットを占有しますが、このうち12ビットを用いて出力電圧値を決定します。

電圧出力用駆動電源は、

DC-DC コンバータを通してデータ接点から供給されます。

また、このモジュールは4 ch 分のデータをマルチプレクスして出力しているので、各チャンネルスキャンご

とに出力フィルタを周期設定しています。1周期に約

100mS を必要とします。

注意:

3個の電源ジャンパー接点が必要なモジュールを追加するためには

750-601 などの電源モジュールを挿入し

て電源を外部から再供給してください。

9-10

技術データ

型番 750-

チャンネル数(入力数)

駆動電圧

消費電流(内部)

供給電圧

信号電圧

出力インピーダンス

分解能

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

変換時間

フィルター回路リセット時間.

25℃時測定誤差

測定誤差の温度ドリフト

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

数値フォーマット  

750-557(±10V)

750−557

出力電圧(±10V)

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0024

0

-2.5

-5

-7.5

-10

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

1110 0000 0000 0000

1100 0000 0000 0000

1010 0000 0000 0000

1000 0000 0000 0000

557 559

4

システム電圧経由(

DC-DC コンバータ)

125mA

システム電圧経由

±

10V 0∼10V

5k

Ω 以下

12Bit

500V(システム−電源 間)

4ch×16 ビット

0°C∼+55°C

10ms

100ms

フルスケール±

0.1% 以内

フルスケール±

0.01%/K 以内

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

7

E0 00

C0 00

A0 00

80 00

10 進数値

32767

16384

8192

4096

256

16

8

7

57344

49152

40960

32768

9-11

バイナリーデータと出力電圧値の関係 

750-559(±10V)

出力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

① 正電圧の出力

     

 0 010   0000   0000  0 000  (16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

 先頭は必ず「0」

        

0100   0000   0000 

              ↓

12 ビットバイナリ)

        4     0    0  (

16 進数)

              ↓

1024

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

② 負電圧の出力

     先頭は必ず「1」です。

      

1110   0000   0000   0000

16 ビットバイナリ)

              ↓データを反転します。

0 001 1111 1111 1 111

↓この 12 ビットを使います。

        

0011   1111   1111 

12 ビットバイナリ)

              ↓

        3     F    F

              ↓

16 進数)

1023

10 進数)

−10 ×(1023 + 1)/ 2 12

−1024 / 4096 = −2.5V

9-12

数値フォーマット

750-559(0∼10V)

アナログ値はすべてバイナリ単位フォーマットで表示されます。分解能は

12 ビットです。3 個の最下位ビッ

トについては考慮していません。使用される数値フォーマットを下記の表に示します。

750−559

出力電圧 0∼10V

10

5

2.5

1.25

0.0781

0.0049

0.0024

0

0

バイナリ値

0111 1111 1111 1000

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

16 進数値

7F F8

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

10 進数値

32767

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

バイナリーデータと出力電圧の関係(

750-559)

出力電圧値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の3ビットについては考慮しません。

     

0 010   0000   0000  0 000

16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

12 ビットバイナリ)

        

0100   0000   0000 

              ↓

        4     0    0   

              ↓

1024

16 進数)

10 進数)

∴(

1024 / 2 12

)×

10V = 2.5V

  あるいは

12 ビットバイナリデータから、

           

0100 0000 0000

         

      2

10

∴(

2 10 / 2 12

)×

10V = 2.5V

9-13

9.5 4 チャンネルアナログ出力 0∼20mA/4∼20mA

型番

750-553, 555

動作表示

エラー

データ接点

電源ジャンパ接点

技術説明

750-553 および 750-555 は出力信号が 0∼20mA または 4∼20mA のプロセス信号を出力するモジュールです。

このモジュールは

4 組の出力端子とコモン端子を持っており、2 線式アクチュエータを直接 AO1∼AO4(信

号出力)と各コモン(グランド)に接続できます。

注意

一つの

I/O モジュールの出力に接続された全ての負荷インピーダンスは 0∼300Ωまたは 300

600Ωの範囲になければなりません。負荷インピーダンスはこのモジュールでチェックさ

れ、許容外の負荷の組み合わせはエラーを表示することになります。

入力信号は電気的に絶縁され、

12 ビットの分解能で転送されます。

動作が正常であり、内部バス通信のエラーがなければ緑色の

LED が点灯します。一方、断線や負荷の組み合

わせ異常があった場合は赤色のエラー

LED が点灯します。

外部機器への電源供給は、モジュールを

DIN レール上に嵌め込むと電源ジャンパー接点を通して行われます。

電源ジャンパー接点のないモジュールが左側にあった場合は、電源入力モジュール(例えば、モジュール

750-602 など)を接続して電源の供給を行う必要があります。

これらの出力モジュールは

WAGO

-

I / O

-

SYSTEM のすべてのバスカプラ(低価格タイプを除く)/コントロー

ラに接続することが可能です。

9-14

技術データ

型番 750-

チャンネル数

消費電流(内部)

定格電圧

信号電流

負荷インピーダンス

変換時間

出力フィルタ設定時間

測定誤差(25℃)

温度係数

分解能

絶縁耐圧

ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

553 555

4

60mA(最大)

24V DC(-15%/+20%)電源ジャンパー接点経由

0∼20mA 4∼20mA

0∼300Ωまたは 300∼600

(全ての負荷は同じ範囲の負荷であること)

平均

10ms

平均

100ms

フルスケール値の±

0.1%以下

フルスケール値の±

0.01%/K 以下

12Bit

500V システム/電源

4ch×16 ビットデータ

4ch×16 ビット制御/ステータス(オプション)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

数値フォーマット

アナログ値はすべてバイナリ数値フォーマットで表示されます。使用される数値フォーマットを下記の表に示

します(モジュール

750-553/555)。3 個の最下位ビットについては考慮していません。

出力電流

(0∼20mA)

出力電流

(4∼20mA)

バイナリ値

20

10

5

2.5

0.156

0.01

0.005

0

0

20

12

8

6

4.125

4.0078

4.0039

4

4

断線または許容外の負荷組み合

わせ

0111 1111 1111 1111

0100 0000 0000 0000

0010 0000 0000 0000

0001 0000 0000 0000

0000 0001 0000 0000

0000 0000 0001 0000

0000 0000 0000 1000

0000 0000 0000 0111

0000 0000 0000 0000

XXXX.XXXX.XXXX.XXXX

16 進数値 10 進数値

ステータス

バイト*

7F FF

40 00

20 00

10 00

01 00

00 10

00 08

00 07

0

XXXX

*ステータスバイトの有無はフィールドバスの種類によって異なり、オプションです。

32767

16384

8192

4096

256

16

8

7

0

X

0x00

0x00

0x00

0x00

0x00

0x00

0x00

0x00

0x00

0x40

9-15

バイナリデータと出力電流の関係

出力電流値は

16 ビットのうちの 12 ビットを用いて表現します。最下位の 3 ビットについては考慮しません。

① 

750-553 の場合

      

0 010   0000   0000   0 000  (16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000     (12 ビットバイナリ)

              ↓

        

4     0     0      (16 進数)

              ↓

            

 1024         (10 進数)

(1024 / 2 12

)×

20mA = 5mA

② 

750-555 の場合

    

 0 010   0000   0000   0 000  (16 ビットバイナリ)

              ↓この

12 ビットを使います。

        

0100   0000   0000     (12 ビットバイナリ)

              ↓

        

4      0     0      (16 進数)

              ↓

             

1024         (10 進数)

4mA +(1024/2 12

)×(

20mA−4mA)= 8mA

9-16

10 カウンタモジュール

10.1 型番 750-404, 750-404/000-001, 750-404/000-002

アップ/ダウンカウンタ 

100kHz, 750-404

ステータス

ステータス

データ接点

電源ジャンパ接点

概要

このカウンタモジュールはクロックの入力でカウントを行います。

32 ビットのカウンタを内蔵しています。

このセクションでは、アップ/ダウン入力を備えたカウンタの機能および動作について説明します。

カウンタモジュールはすべての

WAGO

-

I / O

-

SYSTEM のバスカプラ(低価格タイプを除く)とともに使用し

て動作させることが可能です。

10-1

技術データ

型番 750-

出力数

出力電流

カウンタ数

消費電流(内部)

定格電圧

信号電圧(0)

信号電圧(1)

スイッチング速度

出力電流

カウンタサイズ

絶縁耐圧

ビット幅

動作温度範囲

電線接続

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

404, 404/000-001 404/000-002

2

0.5A

1

70mA(平均)

24V DC(-15%/+20%)

-3V∼+5V DC

+15V∼+30V DC

100kHz

1kHz(最大)

5mA

32Bit

500V システム/電源

32 ビット(8 ビット制御用;8 ビットステータス用)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

プロセスイメージ

このモジュールは出力および入力のためにそれぞれ

6 バイト(48 ビット、3 ワード分)のバッファを持って

います。このうち

1 バイト分は制御(ステータス)バイトで、カウンタ値の設定および読出しは 32 ビット(4

バイト分)となります。

バスカプラ/コントローラ内の

750-404 のプロセスイメージは以下のとおりです。

出力データ

出力ワード1

出力ワード2

出力ワード3

上位バイト

空き

カウンタ② 

9∼16 ビット

カウンタ④ 

25∼32 ビット

下位バイト

制御バイト

カウンタ① 

1∼8 ビット

カウンタ③ 

17∼24 ビット

入力データ

入力ワード1

入力ワード2

入力ワード3

上位バイト

空き

カウンタ② 

9∼16 ビット

カウンタ④ 

25∼32 ビット

下位バイト

ステータスバイト

カウンタ① 

1∼8 ビット

カウンタ③ 

17∼24 ビット

10-2

機能説明

このカウンタはクロック入力の信号パルスでカウント処理動作を開始します。このパルスが

0V から 24V へ

変化したときカウントされます。

入力

U/D が 24V に設定されると、このカウンタはカウントアップ動作を行います。入力がオープン回路にな

った場合または

0V のときは、逆方向のカウント動作(カウントダウン)が行われます。

モジュールの最下部にある

2 個の接続部には外部の出力がそれぞれ用意されています。これらの出力は、制

御バイトの

Bit2、Bit3 の設定によってオン/オフすることができます。

フィールドバス上のマスタ(

PLC など)から本カウンタモジュールにカウンタ値を設定する場合やモジュー

ル内の現在カウンタ値を読み出す場合は次に示すようなデータフォーマットになります。

以下の出力データ(カウンタ値の設定)および入力データ(カウンタ値の読出し)のフォーマットは

Ethernet、

DeviceNet、CC-Link の各バスカプラ/コントローラに共通です。

出力データ(カウンタ値の設定)

出力ワード 1

使用せず

制御バイト

(空き)

出力ワード 2

カウンタ②

9∼16 ビット

カウンタ①

1∼8 ビット

出力ワード 3

カウンタ④

25∼32 ビット

カウンタ③

17∼24 ビット

入力データ(カウンタ値の読出し)

入力ワード 1

使用せず

(空き)

ステータス

バイト

入力ワード 2

カウンタ②

9∼16 ビット

カウンタ①

1∼8 ビット

入力ワード 3

カウンタ④

25∼32 ビット

カウンタ③

17∼24 ビット

Profibus に関しては以下のフォーマットになります。

出力データ(カウンタ値の設定)

出力ワード 1

使用せず

制御バイト

(空き)

出力ワード 2

カウンタ③

17∼24 ビット

カウンタ④

25∼32 ビット

出力ワード 3

カウンタ①

1∼8 ビット

カウンタ②

9∼16 ビット

入力データ(カウンタ値の読出し)

入力ワード 1

使用せず

(空き)

ステータス

バイト

入力ワード 2

カウンタ③

17∼24 ビット

カウンタ④

25∼32 ビット

入力ワード 3

カウンタ①

1∼8 ビット

カウンタ②

9∼16 ビット

10-3

出力データ中の制御バイトは下記の各ビットによって構成されています。

Bit 7

0

不使用

Bit 6

0

不使用

Bit 5

カウンタ

設定

リセット

制御バイト

Bit 4

カウンタ

停止

Bit 3

出力

O2 を

アクティ

(オン)に

する

Bit 2

出力

O1 を

アクティ

(オン)に

する

Bit 1

0

不使用

Bit 0

0

不使用

入力データ中のステータスバイトは下記の各ビットによって構成されます。

Bit 7 Bit 6 Bit 5

0

不使用

0

不使用

カウ

ンタ

設定

Bit 4

ステータスバイト

Bit 3 Bit 2

カウンタ

が停止

出力

O2 がオン

である

出力

O1 がオ

ンである

Bit 1

入力

U/D に 24V

信号が入力

(カウントアッ

)

Bit 0

入力クロッ

クに信号が

入力

制御バイト内の各ビットの設定によって、下記のような機能の実行が可能になります。

カウンタの設定:カウンタの初期値を出力チャンネル内の

32 ビットのカウンタ値①∼④に設定し、制御バイ

トの

Bit5 を設定します。このとき入力チャンネル内のカウンタ値①∼④にこの初期値が書き込まれます。ビ

ットを設定している限り、カウンタの動作は停止して、データは保存されます。カウントを開始するときは

Bit5 を(Bit4 と共に)0 にします。

カウント動作:クロック入力にパルス信号が入力される毎に、入力チャンネル内のカウンタ値は上記初期値

からカウントアップ(またはダウン)をします。出力チャンネル内の設定カウンタ値は変化しません。ステ

ータスバイトの

Bit0 はクロック入力が"high"のとき"1"になります。

カウンタの停止:制御バイトで

Bit4 を設定すると、カウンタの処理動作を止めます。ステータスバイトの Bit4

がセットしていれば、カウンタ動作が止まったことを意味します。

カウンタのリセット:カウント動作後、制御バイト内

Bit5 を"1"にすると入力チャンネル内カウンタ値は出力

チャンネル内カウンタ設定値に戻ります。

出力の設定:

Bit 2 と 3 を使用して、カウンタモジュールに用意されている 2 つの出力をアクティブにするか

どうかの設定を行います。カウンタが動作中でも操作可能です。

カウント結果はバイナリデータで表示されます。

10-4

例(

Ethernet、DeviceNet、CC-Link)

制御バイトにおいて“

Bit5(カウンタの設定)を 1 にしてカウンタを設定します。

カウンタ初期値を

0x00123456(16 進数、4 バイト)とすると出力チャンネルは以下のよう

になります(

0x□□は 16 進数、1 バイト)。

0x00

出力ワード 1

0x20 0x34

出力ワード 2

0x56

出力ワード 3

0x00 0x12

このとき、入力チャンネルは以下のようになります。

0x00

入力ワード 1

0x22

入力ワード 2

0x34 0x56 0x00

入力ワード 3

0x12

制御バイトにおいて“

Bit5 を 0 にしてカウンタの開始準備をします。出力チャンネルは以下のようになりま

す。

0x00

出力ワード 1

0x00 0x34

出力ワード 2

0x56

出力ワード 3

0x00 0x12

クロック入力にパルスを入力すると、カウンタはパルス数に応じ増加(または減少)し、入

力チャンネルは以下のようになります(増加の場合)。

0x00

入力ワード 1

0x02

0x35

入力ワード 2

0x14

0x00

入力ワード 3

0x12

カウンタがカウント最大値に達した場合入力チャンネルは以下のようになります。

0x00

入力ワード 1

0x02

入力ワード 2

0xFF 0xFF

入力ワード 3

0xFF 0xFF

さらにパルスが入力された場合はカウンタ値は一旦

0x00000000 になり、再びその値を増加します。カウン

タ初期値に戻ります。

0x00

出力ワード 1

0x20 0x34

出力ワード 2

0x56

出力ワード 3

0x00 0x12

このとき、入力チャンネルは以下のようになります。

0x00

入力ワード 1

0x22

入力ワード 2

0x34 0x56 0x00

入力ワード 3

0x12

10-5

DLL を使用したときの制御例

① まずカウンタを停止させ、カウンタ値をリセットします。カウンタ値を具体的に設定する場合には制御

バイト以外の32ビットで設定します。

制御バイト

Bit 7 Bit 6

0

0

不使

不使用

Bit 5

カウンタ値設

定、リセット

Bit 4

カウンタ停止

Bit 3 Bit 2

出力

O2 をアクティ

ブ(

Hi)にする

出力

O1 をアクティ

ブ(

Hi)にする

Bit 1

不使用

Bit 0

不使用

0 0 1 1 0 0 0 0

<VB上の設定値>

   DLLを利用して

Visual Basic でプログラムを組む場合の設定値:

    

dtData.nCtrl(1)  の値は

               2

 + 2

4 

= 

48 

となります。

   具体的にカウンタ値を設定したい場合は  dtData.nData(1) で設定します。

   −2147483648 ∼ +2147483647 までの10進数で

   設定できます。

② カウンタ動作は

Bit5 、Bit4 をはずす(0に設定する)時点からスタートします。

制御バイト

Bit 7 Bit 6

0

0

不使

不使用

Bit 5

カウンタ値設

定、リセット

Bit 4

カウンタ停止

Bit 3 Bit 2

出力

O2 をアクティ

ブ(

Hi)にする

出力

O1 をアクティ

ブ(

Hi)にする

0 0 0 0 0 0

Bit 1

不使用

Bit 0

不使用

<VB上の設定値>

   DLLを利用して

Visual Basic でプログラムを組む場合の設定値:

    

dtData.nCtrl(1)  の値は

                

となります。

③例えば2つの出力を

High にするには Bit2 と Bit3 を「1」に設定します。

制御バイト

Bit 7 Bit 6

0

0

不使

不使用

Bit 5

カウンタ値設

定、リセット

Bit 4

カウンタ停止

Bit 3 Bit 2

出力

O2 をアクティ

ブ(

Hi)にする

出力

O1 をアクティ

ブ(

Hi)にする

0 0 0 0 1 1

Bit 1

不使用

Bit 0

不使用

<VB上の設定値>

   DLLを利用して

Visual Basic でプログラムを組む場合の設定値:

    

dtData.nCtrl(1)  の値は

               2

 + 2

2 

= 

12

となります。

注意:

750-312/314/315/316 バスカプラを使用している場合は DLL でカウンタを制御することは出来

10-6

10-7

10.2 カウンタモジュール

型番

750-638 2ch アップ/ダウンカウンター 最大 500Hz

機能表示 機能表示

データ接点

カウント

入力

正方向

パルス

カウント

入力

負方向

パルス

カウント

入力

無極性

パルス

電源ジャンパ接点

技術説明

このカウンタモジュールは差動入力信号の

24V 幅クロックのパルスをカウントして積算します。16 ビット

のカウンタ

2 個を内臓していますので 2 種類のカウント入力を各々独立して扱うことができます。対応周波

数は最大

500Hz です。

24V 巾のパルス信号を各入力チャンネル-DI 1 と+DI1 間、および-DI2 と+DI2 間に入力する場合、信号の電

位は問いません。

一方、このモジュールにグランドを接続した場合は正方向または負方向のパルス入力をカウントすることが

できます。正方向信号(

24V)は+DI1 または+DI2 に、負方向信号(0V)は-DI 1 または-DI2 に入力します。

シーケンサ(ホスト側)からは制御バイトによってカウンタのリセット、停止/スタート、カウンタ数値設

定を行います。制御バイトをコントロールすることによってカウントアップとカウントダウンのコントロー

ルも可能です。

注意:

このカウンターモジュールはシリアル通信バスカプラ(

750-812,814,815,816)と Ethernet 通信バスカプラ

750-342, 750-842)ではプロセスイメージの大きさが異なりますのでご注意ください。

● シリアル通信バスカプラ(

750-812,814,815,816)の場合:48ビット

Ethernet 通信バスカプラ(750-342, 750-842) の場合:64ビット

このモジュールには一番下の部分の電源ジャンパー接点が用意されていません。したがって、

3 個全部の電

源ジャンパー接点が必要なモジュール(例:

2 チャンネルのデジタル入力モジュール)は、このモジュール

の右側に直接接続することはできません。

10-8

技術データ

型番 750-

入力数

入力フィルタ

入力形式

消費電流(内部kバスより)

駆動電圧

信号電圧(0)

信号電圧(1)

最大応答周波数

入力電流(フィールド側)

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

638

2

2ms

差動方式

10mA(平均)

24V DC(-15%/+20%)

-3V∼+5V DC

+15V∼+30V DC

               

500Hz

最大

15mA

500V(システム−電源 間)

48 ビット(シリアル通信バスカプラの場合)

64 ビット(Ethernet 通信バスカプラの場合)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

入力および出力データの構成(

750-812,750-814, 750-815, 750816)の場合

このカウンタモジュールは差動入力された24

V のクロックのパルスをカウントして積算します。16ビッ

トのカウンター2個を内臓しています。対応周波数は最大500

Hz です。

このモジュールは出力および入力のためにそれぞれ6バイト(48ビット、3ワード分)のバッファを持って

います。

各々のチャンネルに制御(ステータス)用に1バイト、16ビットカウンター用に2バイト、が割り当てら

れています。

カウンター動作のストップ、スタート、カウンター値のセット、アップおよびダウンカウントの設定はすべ

て制御バイトにて行います。

2チャンネル分の制御バイトは同時に書き込んでください。片一方のチャンネル用の制御バイトだけを操作

することはできません。

   <カウンタ値の設定>

   

出力チャンネル下位

制御バイト

Ch1

Ch1 カウンタ値

1∼8 ビット

出力チャンネル中位

Ch1 カウンタ値

9∼16 ビット

制御バイト

Ch2

出力チャンネル上位

Ch2 カウンタ値

1∼8ビット

Ch2 カウンタ値

9∼16 ビット

10-9

   <カウンタ値の読出し>

出力チャンネル下位

ステータス

バイト 

Ch1

Ch1 カウンタ

1∼8 ビット

出力チャンネル中位

Ch1 カウンタ

9∼16 ビット

ステータス

バイト 

Ch2

出力チャンネル上位

Ch2 カウンタ値

1∼8ビット

Ch2 カウンタ

9∼16 ビット

 出力データ中の制御バイトは下記の各ビットで構成されます。(

Ch1, Ch2 共通)

Bit 7

0

不使用

Bit 6

0

不使用

Bit 5

設定、リセット

(1)

動作開始

(0)

Bit 4

制御バイト

Bit 3

カウンター停止

(1)

動作開始

(0)

不使用

Bit 2

0

不使用

Bit 1

ダウンカウント

(1)

アップカウント

(0)

Bit 0

オーバーフローでストップ

(1)

オーバーフローでも動作

(0)

 入力データ中のステータスバイトは下記の各ビットで構成されます。(

Ch1, Ch2 共通)

Bit 7 Bit 6 Bit 5 Bit 4

ステータスバイト

Bit 3 Bit 2

不使

不使用

値をセット中

(1)

動作中

(0)

停止中

(1)

動作中

(0)

不使用

不使用

Bit 1

ダウンカウント

(1)

アップカウント

(0)

Bit 0

オーバーフローでストップ

(1)

オーバーフローでも動

(0)

● 制御バイトの Bit5 でカウンター値を設定します。このビットを設定している限りカウンター動作停止

し、カウンタデータ値を直接書き込みできます。

● 制御バイトの Bit5 および Bit4 の設定をはずす(0 にする)とカウントを開始します。

● カウンターがオーバーフローしても動作を継続したい場合は制御バイトの Bit0を(0)に設定しま

す。

● 2チャンネル分の制御バイトは同時に書き込んでください。片一方のチャンネル用の制御バイトだけ

を操作することはできません。

10-10

カウンターモジュールの制御例(

750-812, 750-814, 750-815, 750-816 の場合)

① まずカウンターを停止させ、カウンタ−値をリセットします。カウンター値を具体的に設定する場合に

は制御

  バイト以外の16ビットで各々のチャンネルに値を設定します。

Bit 7

0

Bit 6

0

Bit 5

設定、リセット

(1)

Bit 4

制御バイト

Bit 3

カウンター停止

(1)

Bit 2

0

Bit 1

ダウンカウント

(1)

アップカウント

(0)

Bit 0

オーバーフローでストップ

(1)

オーバーフローでも動作

(0)

<VB上の設定値>

   DLLを利用して

Visual Basic でプログラムを組む場合の設定値:

   アップカウント、オーバフローでも動作という条件で設定すると、

    

dtData.nCtrl(1)、dtData.nCtrl(2)  の値は

               2

 + 2

4 

= 48 となります。

   具体的にカウンタ値を設定したい場合は 各々のチャンネルに

   0 ∼ +65535 までの10進数で設定できます。

② カウンター動作は

Bit5 、Bit4 をはずす(0に設定する)時点からスタートします。

制御バイト

Bit 3 Bit 2 Bit 1 Bit 7 Bit 6

0

0

不使

不使用

0 0

Bit 5

カウンタ動作

開始

Bit 4

カウンター動

開始

不使用

不使用

アップカウント

Bit 0

オーバーフロー許可

<VB上の設定値>

   DLLを利用して

Visual Basic でプログラムを組む場合の設定値:

    

dtData.nCtrl(1)  dtData.nCtrl(2)の値は

                0 となります。

③例えばカウンターをダウンカウントに設定するには

Bit1 を(1)にします。

制御バイト

Bit 3 Bit 2 Bit 7 Bit 6

0

0

不使

不使用

0 0

Bit 5

カウンタ動作

開始

Bit 4

カウンター動

開始

不使用

不使用

Bit 1

1

ダウンカウント

1

Bit 0

オーバーフロー許可

<VB上の設定値>

   DLLを利用して

Visual Basic でプログラムを組む場合の設定値:

    

dtData.nCtrl(1) 、dtData.nCtrl(2) の値は

                2

1 

= 2 となります。  

注意:

750-312/314/315/316 バスカプラを使用している場合は DLL でカウンターを制御することは

10-11

入力および出力データの構成(

750-342, 750-842 の場合)

このカウンタモジュールは差動入力された24

V のクロックのパルスをカウントして積算します。16ビッ

トのカウンタ2個を内臓しています。対応周波数は最大500

Hz です。

このモジュールは出力および入力のためにそれぞれ8バイト(64ビット、2 ch 分)のバッファを持っていま

す。

各々のチャンネルに制御(ステータス)用に1バイト、16ビットカウンタ用に2バイト、が割り当てられ

ています。

カウンタ動作のストップ、スタート、カウンタ値のセット、アップおよびダウンカウントの設定はすべて制

御バイトにて行います。

750-342 バスカプラ/750-842 コントローラ内の 750-638 のプロセスイメージは以下のとおりです。

出力領域

ワード1

ワード2

ワード3

ワード4

上位バイト

空き

Ch1 カウンタ 9∼16 ビット

空き

Ch2 カウンタ 9∼16 ビット

下位バイト

Ch1 制御バイト

Ch1 カウンタ 1∼8 ビット

Ch2 制御バイト

Ch2 カウンタ 1∼8 ビット

入力領域

ワード1

ワード2

ワード3

ワード4

上位バイト

空き

Ch1 カウンタ 9∼16 ビット

空き

Ch2 カウンタ 9∼16 ビット

下位バイト

Ch1 ステータスバイト

Ch1 カウンタ 1∼8 ビット

Ch2 ステータスバイト

Ch2 カウンタ 1∼8 ビット

Modbus/TCP マスタ上のデータフォマットは以下のフォーマットになります。

出力データ(カウンタ値の設定)

出力データ

出力ワード1

出力ワード2

出力ワード3

出力ワード4

上位バイト

不使用

Ch1 カウンタ 9∼16 ビット

不使用

Ch2 カウンタ 9∼16 ビット

下位バイト

Ch1 制御バイト

Ch1 カウンタ 1∼8 ビット

Ch2 制御バイト

Ch2 カウンタ 1∼8 ビット

入力データ(カウンタ値の読出し)

入力データ

入力ワード1

入力ワード2

入力ワード3

入力ワード4

上位バイト

不使用

Ch1 カウンタ 9∼16 ビット

不使用

Ch2 カウンタ 9∼16 ビット

下位バイト

Ch1 ステータスバイト

Ch1 カウンタ 1∼8 ビット

Ch2 ステータスバイト

Ch2 カウンタ 1∼8 ビット

カウンタ動作のストップ、スタート、カウンタ値のセット、アップおよびダウンカウントの設定はすべて制

御バイトにて行います。

10-12

出力データ中の制御バイトは下記の各ビットで構成されます。(

Ch1, Ch2 共通)

Bit 7 Bit 6 Bit 5 Bit 4

制御バイト

Bit 3 Bit 2

0

不使用

0

不使用

設定、リセット

(1)

動作開始

(0)

カウンター停止

(1)

動作開始

(0)

不使用

0

不使用

Bit 1

ダウンカウント

(1)

アップカウント

(0)

Bit 0

オーバーフローで

ストップ

(1)

オーバーフローで

も動作

(0)

入力データ中のステータスバイトは下記の各ビットで構成されます。(

Ch1, Ch2 共通)

Bit 7 Bit 6 Bit 5 Bit 4

ステータスバイト

Bit 3 Bit 2 Bit 1

不使用

不使用

値をセット中

(1)

動作中

(0)

停止中

(1)

動作中

(0)

不使用

不使用

ダウンカウント

(1)

アップカウント

(0)

Bit 0

オーバーフローで

ストップ

(1)

オーバーフローで

も動作

(0)

カウンタの設定:制御バイトの

Bit5 でカウンター値を設定します。このビットを設定している限りカウンター

動作は停止し、カウンタデータ値を直接書き込みできます。

カウンターがオーバーフローしても動作を継続したい場合は制御バイトの

Bit0を(0)に設定します。

カウンタの開始:制御バイトの

Bit5 および Bit4 の設定をはずす(0 にする)とカウントを開始します。

カウンターモジュールの制御例(

750-342、750-842 の場合)

① まずカウンターを停止させ、カウンタ−値をリセットします。カウンター値を具体的に設定する場合に

は制御バイト以外の16ビットで各々のチャンネルに値を設定します。

Bit 7

0

Bit 6

0

Bit 5

1

設定、リセット

Bit 4

1

カウンター停止

制御バイト

Bit 3

Bit 2

0

Bit 1

0

アップカウント

Bit 0

0

オーバーフローで

も動作

具体的にカウンタ値を設定したい場合は各々のチャンネルに

0∼+65535 までの10進数で設定できます。

② カウンター動作は

Bit5 、Bit4 をはずす(0に設定する)時点からスタートします。

Bit 7

0

Bit 6

0

Bit 5

0

Bit 4

0

制御バイト

Bit 3

 0

Bit 2

0

Bit 1

0

Bit 0

0

③ 例えばカウンターをダウンカウントに設定するには

Bit1 を(1)にします。

Bit 7

0

Bit 6

0

Bit 5

0

Bit 4

0

制御バイト

Bit 3

Bit 2

0

Bit 1

1

ダウンカウント

Bit 0

0

オーバーフローで

も動作

                          

         

10-13

11 その他のモジュール

11.1 終端モジュール、電源拡張モジュール

型番

750-600, 750-614

技術説明

750-600 はバスカプラと必要な I/O モジュールを使用してフィールドバス・ノードのアセンブリが完了した

時点で、最右端に設置するモジュールです。この作業によって内部データ回路がすべて完成したことになり、

内部バス(

K-bus)のデータフローが保証されます。

750-614 電源拡張モジュールを使用すると、正と負のコモン端子をさらに追加することが可能です(最高各 4

点まで)。

750-402、750-504 などの 4 チャンネルモジュールを使用した場合隣に挿入すると有効です。した

がって、端子台を外付けする必要がありません。

技術データ

型番 750-

電圧

接点上の電圧

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

600

614

24V∼230V AC/DC

10mA(最大)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64×100(キャリアレールの上端から測定)

11-1

11.2 セパレーションモジュール

型番

750-616, 750-616/030-000, 750-621

技術説明

このモジュールを使用すると、ノード内部の異なるフィールド電圧間の空間および沿面距離を広げることが

可能です。

型番

750-616 は上図の左側において電圧表示のないタイプです。型番 750-616/030-000 は上図の左側に示

すタイプです。

型番

750-621 には電源ジャンパ接点があり、このモジュール以降に対し、フィールド電源を供給することが

できます。

技術データ

型番

外形寸法(mm) W×H×L

750-616, 750-616/030-000, 750-621

12×64*×100(*キャリアレールの上端から測定)

11-2

11.3 電源入力モジュール

型番

750-601, 602, 609, 610, 611, 612, 613, 615

技術説明

電源入力モジュールは、電源ジャンパー接点を通してセンサーなどが接続された

I/O モジュールに外部機器

用の電源を供給します。すべての接続モジュールに供給される電源電流の最大値は

10A です。ヒューズホー

ルダが取付けられたモジュールへの電源電流の最大値は

6.3A です。これよりも高い電流が必要な場合には、

中間の電源入力モジュールをアセンブリに追加実装することが可能です。

モジュール

750-601, 609, 615, 610 および 611 にはヒューズホールダが追加で取付けられています。ヒュー

ズの交換は非常に簡単で、ヒューズホールダを引き出してヒューズを交換するだけです。ヒューズの断は

LED で表示されます。

モジュール

750-610 および 611 は、電源入力モジュールのステータスに関する情報を 2 つの入力ビットで用

意します。フィールドバスカプラからこれを読み出すことができます。

1

0

ビット 1

0

0

1

ビット 2

0

説明

電圧<

15V DC

ヒューズ断

ヒューズ

OK、電圧 OK

電源入力モジュールの使用に際しては、その許容電源電圧について注意を払うことが必要です。電源入力モ

ジュールに規定されている定格電圧を次ページの表に記載しています。

電源入力モジュール

750-613 は、フィールド側と内部データバスシステム用の両方に電源を供給します。内

部システム電源電流の最大値は

2A として規定されています。内部消費電流の合計がこの 2A を超える場合に

は、本電源入力モジュールの追加が必要になります。

11-3

技術データ

型番 750-

電圧

接点経由の電流

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

602

24V DC

612

0∼230V AC/DC

613

24V DC

-15%/+20%)

10A(最大)

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64×100(キャリアレールの上端から測定)

モジュール

750-613 の内部電流:2A(最大値)

型番 750-

電圧

接点経由の電流

ヒューズ

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

601

24V DC

609

230V AC

6.3A(最大)

5×20, 6.3A

0°C∼+55°C

615

120V AC

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64×100(キャリアレールの上端から測定)

型番 750-

入力数

消費電流

内部ビット幅

電圧

接点経由の電流

ヒューズ

動作温度範囲

電線接続

外形寸法(mm) W×H×L

610 611

2

5mA

2

24V DC 230V AC

6.3A(最大)

5×20, 6.3A

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

12×64×100(キャリアレールの上端から測定)

11-4

11.4 シリアルインタフェースモジュール

RS232C インタフェース

型番 

750-650(9600bps、パリティ無、8 ビット、ストップビット 1)

  

750-650/003-000(通信条件可変タイプ)

RS485 インタフェース

型番 

750-653(9600bps、パリティ無、8 ビット、ストップビット 1)

  

750-653/003-000(通信条件可変タイプ)

技術説明

RS232C インタフェース標準モジュール 750-650 および RS485 インタフェース標準モジュール 750-653 は

機能設定が固定であり、出荷時に通信速度

9600 ボー、パリティビット無、データ長 8 ビット、ストップビ

ット

1 に設定されています。これ以外の各通信パラメータの組合せは、注文時に型番に対し枝番を指定する

W4-Vol3 カタログ参照)ことによって入手することができます。

一方、工場出荷後各パラメータを設定できる通信条件可変タイプとして

RS232C 用には 750-650/003-000、

RS485 用には 750-653/003-000 があります。これらの可変タイプも工場出荷時には通信速度 9600 ボー、パ

リティビット無、データ長

8 ビット、ストップビット 1 に設定されています。この通信条件を変更・設定す

るためには

WAGO-I/O-CHECK 2 設定ツールを用います。

11-5

技術データ

シリーズ 750-

伝送チャンネル

伝送速度

ビットスキュー

ビット伝送

650

650/003-000

653

653/003-000

全二重(フロー制御)

1200∼19200 ボー

全二重、半二重

3%

ISO 8482/DIN 66259 T4 に適合

負荷抵抗

消費電流(内部)

伝送ケーブル長

最大

55mA

最大長が

15m の RS232 ケーブ

最大

65mA

最大長が

500m の

ツイストペア線

入力バッファ

出力バッファ

128 バイト

16 バイト

内部システム電源経由で供給 電源電圧

絶縁耐圧

内部ビット幅

動作温度範囲

電線接続

500V システム/電源

1×最大 40 ビット、1×8 ビットの制御/ステータス

0°C∼+55°C

ケージクランプ;

0.08∼2.5mm

2

電線むき長さ

外形寸法(mm) W×H×L

出荷時にプリセットされている

通信条件

750-650

750-653

8-9mm

12×64*×100(*キャリアーレールの上端から測定)

9600 ボー、パリティ無、データ長 8 ビット

ストップビット

1

750-650/003-000

750-653/003-000

通信条件可変

WAGO-I/O-CHECK 2 により設定

11-6

RS232 の説明

この

RS232 インタフェースモジュールは、すべてのワゴ I/O フィールドバスカプラと共に使用することがで

きます。本インタフェースモジュールを用いると、

RS232 インタフェースを持った機器は WAGO -

I / O

-

SYSTEM に直接接続することが可能です。このインタフェースモジュールは、フィールドバス通信内で RS232

機器からのデータをフィールドバスに渡すゲートウェイ機能を提供します。すなわち、プリンタ、バーコー

ドリーダー、そしてローカルオペレータインタフェースの通信リンクなどのシリアル装置は、フィールドバ

スカプラ/コントローラを介して

PLC または PC マスタと直接通信をすることができます。

通信動作は上位フィールドバスに対して独立して行われます。このインタフェースモジュールは上位レベル

の通信プロトコルを持っていませんので、プロトコルの構築はマスタ

PLC あるいは PC 側で行うことになり

ます。データ伝送を保証するために、

128 バイトの受信バッファと 16 バイトの送信バッファが用意されてい

ます。

データ通信は

RTS と CTS を使用してハンドシェイクを行い、フロー制御にて行うことが可能ですが、この

機能を使わないとき(相手方の装置にハンドシェイク機能が無いとき)は

RTS と CTS は短絡しておきます。

装置によってはハンドシェイク機能を持たないもので、

RTS と CTS の結線を必要とするものもありますの

で注意が必要です。

標準のデータ伝送は

9,600 ボーレートの速度で行われます。1 スタートビット、8 データビットおよび 1 スト

ップビットが送信されます。パリティビットは用意されていません。

オプション仕様では最大

19,200 ボーまでの全二重通信が可能となります。

モジュール上部には動作状態を示す表示用

LED(動作中、TxD、RxD)が用意されており、動作が正常に行

われているかどうかを確認することができます。

例:

PC と RS232C モジュールの接続

PC 側のシリアルポート(DOS-V 9 ピン)と 750-650 を接続する場合のピンアサインは以下のようになりま

す。

PC 側 750-650 側

                  

RxD(入力)

TxD  RxD

2        ○ ○

TxD(出力) 3 RTS CTS

SG(グランド) 5

GND

RTS(送信要求) 7 ○ ○

CTS(送信可) 8

PC 側の設定:

転送速度

データビット

パリティ

ストップビット

フロー制御

9600 ビット/秒

8 ビット

:なし

1

:なし

11-7

RS485 の説明

この

RS485 インタフェースモジュールは、すべてのワゴ I/O フィールドバスカプラと共に使用することがで

きます。本インタフェースモジュールを用いると、

RS485 インタフェースを持った機器は WAGO -

I / O

-

SYSTEM に直接接続することが可能です。このインタフェースモジュールは、フィールドバス通信内で RS485

機器からのデータをフィールドバスに渡すゲートウェイ機能を提供します。すなわち、

RS485 インタフェー

スを持ったシリアル装置は、フィールドバスカプラ/コントローラを介して

PLC または PC マスタと直接通

信をすることができます。

通信動作は上位フィールドバスに対して独立して行われます。このインタフェースモジュールは上位レベル

の通信プロトコルを持っていませんので、プロトコルの構築はマスタ

PLC あるいは PC 側で行うことになり

ます。データ伝送を保証するために、

128 バイトの受信バッファと 16 バイトの送信バッファが用意されてい

ます。

RS485 においては RS232C のようにハードウェアによるフロー制御機能がありませんので、マルチドロップ

接続で複数の機器と通信する場合には、各々の機器との通信手順をシーケンサあるいは

WAGO-IO-PRO 側

でプログラムする必要があります。

標準のデータ伝送は

9,600 ボーレートの速度で行われます。1 スタートビット、8 データビットおよび 1 スト

ップビットが送信されます。パリティビットは用意されていません。

モジュールの拡張機能としては全二重通信で

19,200 ボーまでをサポートします。

一方、バス接続で半二重通信を行うときは送信と受信を同時に実行することはできません。

RS485 通信機器との接続は、TxD、/TxD、RxD、/RxD およびグランドの各端子を用いて行われます。ケーブ

ルのシールド線はシールド端子に接続することにより、直接

DIN レールにつながります。

モジュール上部には動作状態を示す表示用

LED(動作中、TxD、RxD)が用意されており、動作が正常に行

われているかどうかを確認することができます。

RS485 機器との接続は以下に示すようにポイントツーポイント接続およびバス接続の 2 つの方式があります。

接続ライン上には図のように

150Ωの終端抵抗が必要になります。

 ポイントツーポイント接続

11-8

バス接続

入力および出力データの構成

このモジュールは、標準で

2 ワードの入力/出力領域を持っており、複合の入力/出力モジュールと同様な

バスモジュールと考えられます。送受信データの転送は、標準で

3 バイトまでの出力と 3 バイトまでの入力

の各バイトデータを使用して行われます。入力/出力領域はオプションで

3 ワードまで拡張が可能です(入

力/出力データは各

5 バイトまで拡張可能)。フローティングデータの制御には、1 つの制御バイトと 1 つ

のステータスバイトをそれぞれ使用します。通信上のフロー制御は、制御バイト内の

Bit1 または Bit0 をト

グルビットとして用いることにより行われます。

モジュール内のプロセスイメージは以下のとおりです。

出力部:

上位バイト

ワード

0

ワード1

出力バイト

0(D0)

出力バイト

2(D2)

ワード

3(オプション) 出力バイト 4(D4)

下位バイト

制御バイト(

C)

出力バイト

1(D1)

出力バイト

3(D3)

入力部:

ワード

0

ワード1

上位バイト

入力バイト

0(D0)

入力バイト

2(D2)

ワード

3(オプション) 入力バイト 4(D4)

下位バイト

ステータスバイト(

S)

入力バイト

1(D1)

入力バイト

3(D3)

標準では受信したデータのうち1回の取り込みで、入力データとして3バイト分が入力バイト

0∼2 に入りま

す。一方、出力バイト

0∼2 の中には送信されるデータが格納されます。

出力データ中の制御バイトは下記の各ビットで構成されます。

Bit 7

0

常に

0

制御バイト(C)

Bit 6

OL2

Bit 5

OL1

Bit 4

OL0

Bit 3

0

送受信するバイト数を標準では

OL1、OL0 の組合せ(0∼3)で、

拡張版では

OL2、OL1、OL0 の組

合せ(0∼5)で設定する。

常に

0

Bit 2

IR

シーケンス

の初期化

Bit 1

RA

受信要求お

よび受信デ

ータの取り

込みのトグ

ルビット

Bit 0

TR

データ送信

するための

トグルビッ

入力データ中のステータスバイトは下記の各ビットで構成されます。

Bit 7

0

常に

0 で

あること

が必要

ステータスバイト(S)

Bit 6

IL2

Bit 5

IL1

Bit 4

IL0

データを送受信したときに制御

バイトに設定した

OL2∼OL0 の

ビット値に対応して応答メッセ

ージ中で

IL2∼IL0 の各ビットが

セットされる。

Bit 3

BUF_F

受信バッファ

の容量が満杯

のとき

1

Bit 2

IA

初期化コマン

ドで初期化さ

れた直後にこ

のビットが立

Bit 1

RR

データの受信

要求、データ

読み込みのた

めの確認ビッ

Bit 0

TA

デ ー タ 送 信

ト グ ル ビ ッ

トの確認

11-9

制御バイトとステータスバイトを使用して、以下のようにデータの送受信を制御することができます。

モジュールの初期化:

モジュールの初期化を行うには、制御バイトの

IR(Bit2)を"1"にセットします。この設定を行うと、デー

タの送受信機能は停止します。送受信データはすべて消去されます。送信バッファの値は初期化後もレジス

タにそのまま残ります。

2 進数

16 進数

2 進数

16 進数

1 ワード目

0000 0000

00(D0)

0000 0100

04(C)

3 ワード目(オプション)

0000 0000

00(D4)

0000 0000

00(D3)

2 ワード目

0000 0000

00(D2)

0000 0000

00(D1)

データの送信:

送信データの数量は

OL0∼OL2 で表されたバイト数によって示されます。標準では 3 バイトづつ送信され、

オプションで

5 バイトまで設定が可能です。制御バイト中の TR(Bit0)の現在値は送信毎に変える必要があ

ります(

1 と 0 を交互にセット)。TR に新しいビット値が書き込まれた後ステータスバイトを読み、TA に

同じ値がセットされたことを確認します。この後、送信バッファへのデータ転送が実行されます。

TR が前回

と変化していない場合は、書き込まれたデータが新しいデータとして認識されませんので送信バッファへの

データ転送は行われません。

以下の送受信の例は

PLC 側で割当てられるワード内のデータの様子です。

データ送信方法(標準の場合):

1)最初に、モジュールを初期化するためにデータを

"0"にして制御バイトの IR(Bit2)を"1"にセットしま

す。この設定を行うと、データの送受信は停止します。受信バッファのデータはすべてクリアされます。

2 進数

16 進数

1 ワード目

0000 0000

00

0000 0100

04

−データはモジュールから、

D0、D1、D2 の順で出力されます。

−この後ステータスバイトを読むと

TA=1 になっています。

3)次の

3 バイトを送るには制御バイトの TR を"0"にして書き込みます。

2 ワード目

0000 0000

00

0000 0000

00

2)次に制御バイトの

TR を"1"にして 3 バイト分のデータを送ります。

2 進数

16 進数

XXXX XXXX

☐☐(

D0)

0011 0001

31

XXXX XXXX

☐☐(

D2)

XXXX XXXX

☐☐(

D1)

2 進数

16 進数

XXXX XXXX

△△(

D0)

0011 0000

30

−データはモジュールから、

D0、D1、D2 の順で出力されます。

−この後ステータスバイトを読むと

TA=0 になっています。

XXXX XXXX

△△(

D2)

XXXX XXXX

△△(

D1)

4)以降これを繰り返します。

データの受信:

制御バイト中の

RA をトグルビットとして用い、ステータスバイト中の RR で同じ値がセットされたかどう

かを確認します。最初に初期化された後、データ受信の準備のために

RA を"1"にセットする必要があります。

データを受信したら制御バイトの

RA を"0"にすると OL0∼OL2 で表されたバイト数(標準=3 バイト)のデ

ータを受信バッファから読み込みます。データの読み込みが終了すると、

RR が符号反転されます。これを

11-10

確認した後

RA を反転し、次のデータを読み込みます。これを繰り返します。

データの送信と受信は同時に行うことが可能です。

データ受信方法(標準の場合):

1)最初に、受信バッファを初期化するためにデータを

"0"にして制御バイトで初期化します。

2 進数

16 進数

0000 0000

00

1 ワード目

0000 0100

04(C)

2)受信の準備のため

RA を"1"にしてデータ受信 OK を知らせます。

2 ワード目

0000 0000

00

0000 0000

00

2 進数

16 進数

0000 0000

00

0000 0010

02(C)

0000 0000

00

0000 0000

00

3)外部シリアル機器から文字データを

3 バイト分発生し、モジュールに入力します。データは受信バッフ

ァに入ります。

4)制御バイトの

RA を"0"にして、3 バイト分のデータを受信バッファから取り込みます。

2 進数

16 進数

0000 0000

00

0011 0000

30(C)

0000 0000

00

0000 0000

00

−ここで、レジスタ読み込みコマンドでデータを読み込みます。このとき、ステータスビット

RR は自動的

"1"に変化します。

2 進数

16 進数

XXXX XXXX

☐☐(

D0)

0011 0010

32(S)

XXXX XXXX

☐☐(

D2)

XXXX XXXX

☐☐(

D1)

5)次の

3 バイトを取り込むためには制御バイトの RA を"1"にして受信バッファから取り込みます。

2 進数

16 進数

0000 0000

00

0011 0010

32(C)

0000 0000

00

0000 0000

00

−ここで、レジスタ読み込みコマンドでデータを読み込みます。このとき、ステータスビット

RR は自動的

"0"になります。

2 進数

16 進数

XXXX XXXX

△△(

D0)

0011 0000

30

XXXX XXXX

△△(

D2)

XXXX XXXX

△△(

D1)

以降、

RA を交互にビット値を変えて制御バイトを送ることにより、データを 3 バイトづつ読み込みます。

TR と RA を同時に操作しながら、データの送信と受信を同時に行うことが可能です。

この場合は、

3 バイトと制御バイトを送った後、レジスタを読み込むという動作を繰り返

します。

* 受信バッファの容量が満杯になるとステータスバイト中の

Buffer Full(Bit 3)が"1"にな

ります。この状態で外部から受信してもデータは取りこぼしの状態になります。従って、

初期化コマンドで受信バッファをクリアする必要があります。

データの送信例

データ文字列

"Hello!"の送信

1)モジュールを初期化するために制御バイトの

IR(Bit2)を"1"にセットします。

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0000 0000

00

制御バイト

0000 0100

04

出力バイト

2

0000 0000

00

11-11

出力バイト

0000 0000

00

1

−この後ステータスバイトを読むと

IA=1 になっています。

2 進数

16 進数

入力バイト

0

0000 0000

00

ステータスバイト

0000 0100

04

入力バイト

0000 0000

00

2)制御バイトの

TR(Bit0)を"1"にして、3 バイト分のデータを送ります。

2

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0100 1000

48(H)

制御バイト

0011 0001

31

出力バイト

0110 1100

6C(l)

2

3)制御バイトの

TR(Bit0)を"0"にして、残りの 3 バイト分のデータを送ります。

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0110 1100

6C(l)

制御バイト

0011 0000

30

出力バイト

2

0010 0001

21(!)

データの受信例

入力バイト

0000 0000

00

出力バイト

0110 0101

65(e)

出力バイト

0110 1111

6F(o)

1

1

1

データ文字列

"WAGO"の受信

1)モジュールを初期化するために制御バイトの

IR(Bit2)を"1"にセットします。

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0000 0000

00

制御バイト

0000 0100

04

−この後ステータスバイトを読むと

IA=1 になっています。

出力バイト

0000 0000

00

2

出力バイト

0000 0000

00

1

2 進数

16 進数

入力バイト

0

0000 0000

00

ステータスバイト

0000 0100

04

入力バイト

0000 0000

00

2

2)受信を可能にするため

RA(Bit1)を"1"にセットします。受信の準備が完了します。

入力バイト

1

0000 0000

00

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0000 0000

00

制御バイト

0000 0010

02

−このときステータスバイトは

IA=0 にリセットされます。

出力バイト

0000 0000

00

2

出力バイト

0000 0000

00

1

3)ここで、外部のシリアル通信機器(

PC のハイパーターミナルなど)からデータを送信します。"WAGO"

文字列が受信バッファに入ります。

11-12

4)この後、制御バイトの

RA(Bit1)を"0"にして、3 バイト分のデータを受信バッファから取り込みます。

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0000 0000

00

制御バイト

0011 0000

30

出力バイト

0000 0000

00

2

出力バイト

0000 0000

00

1

−ここで、レジスタ読み込みコマンドでデータを読み込みます。このとき、ステータスビット

RR は自動的

"1"に変化します。

2 進数

16 進数

入力バイト

0

0101 0111

57(W)

ステータスバイト

0011 0010

32

入力バイト

0100 0111

47(G)

2

入力バイト

0100 0001

41(A)

5)次の

3 バイトを取り込むためには制御バイトの RA を"1"にして受信バッファから取り込みます。

1

2 進数

16 進数

出力バイト

0

0000 0000

00

制御バイト

0011 0010

32

出力バイト

0000 0000

00

2

出力バイト

0000 0000

00

1

−この後、レジスタ読み込みコマンドでデータを読み込みます。このとき、ステータスビット

RR は自動的

"0"になります。

2 進数

16 進数

入力バイト

0

0100 1111

4F(O)

ステータスバイト

0011 0000

30

入力バイト

2

0000 0000

00

入力バイト

1

0000 0000

00

注意:

PLC 側で制御プログラムを組む場合、フィールドバスの種類によって I/O のプロセスイメージと PLC 内の

メモリマッピングが異なることがありますので注意してください。

DeviceNet、CC-Link、Ethernet の場合は PLC 内のメモリマッピングは前記プロセスイメージと同じ並び

順になります。

一方、

Profibus の場合は PLC 内のメモリマッピングは実装 I/O の並び順でバイト単位で配置されます。また、

8 ビット以下のモジュールが先に実装され、後に 8 ビットモジュールが続いた場合は最初のバイトの上位 4

ビットは空きとなります。

11-13

12 LabVIEW 開発用ソフトウェアライブラリ

LabVIEW 開発システムを持っているユーザはこの章を参照することにより、ワゴ

I/O システムの制御が可能にな

ります。LabVIEW を持っていないが、LabVIEW により作成された実行ソフトウェアの取扱についてははご覧下さい。

12.1 ファイル構成

「シリアル通信ワゴ

I/O システム」には以下の LabVIEW 用ソフトウェアが用意されております。これらは CD-ROM

またはホームページ http://www.wago.com/wagoweb/japan/jap/index.htm)からのダウンロードによって提供さ

れます。

CD の場合はフォルダーProgram Files 以下をすべて PC のルート C:¥にコピーします。ダウンロードの

場合は最初に vi_lib.exe(自己解凍形式)を選択し、実行します。解凍先ディレクトリが要求されますので適切

あり、この中に下記のファイルが収められていますが、この Program Files¥以下全てをルート C:¥にコピーしま

す。

WdllCall.dll

基本 DLL である WAGO_IO.dll(第 6 章参照)を呼び出して、LabVIEW で使用できるよう

        にデータ構造変換を行う DLL です。

WagoIO.llb

        「DLL 呼び出し用 VI」および「WagoIO 入出力 VI」が入っています。

WAGO_DAQ**   標準添付データ収集ソフトウェアのソースダイアグラムです。

WagoSample.llb

目的別命令を使用して、データ収集などのサンプルが収められています(下記参照)

Samples.vi

DAQ_Apply.vi

サンプルを起動するだけの VI です。

データ収集のアプリケーションです、収集したデータをログファイルに出力します。

12.1.1 WAGO_IO.dll 呼び出し用 DLL(WdllCall.dll)

この DLL は以下の各節(12−2節以降)に記述されている各 VI 中で必要に応じて使用されています。LabVIEW

のデータ構造に合わせてデータ変換をした上で WAGO_IO.dll 内の対応する各関数を呼び出しています。フォルダ

ーProgramFiles¥Wago_io¥WdllCall¥の下に置かれています。

 使用方法

WdllCall.dll を WAGO_IO.dll と同じフォルダ、もしくはパスの通ったフォルダに配置すること。

(LabVIEW の自動探査機能を使用すれば、どこに置いておいても構いません)

LabVIEW で、WdllCall.dll を呼び出す VI を開いた場合に対象となる DLL が見つからなかった場合は自動的に

DLL を探しにいきます。

プログラムを作成するときは VI 編集画面において、DLL 呼び出し用の VI(12−2節)をブロックダイアグ

ラムに配置し、必要なパラメータを制御器や定数で引き渡す事で使用できます。

12-1

以下に WAGO_IO.dll を動作させるための呼び出し DLL の対応関数一覧表を掲げます。

     

通信動作

モジュール

 コンフィグレーション

データの

 入出力

関数名(WAGO_IO.dll 内)         機能・役割

WDL_OpenCommPort

(WAGO_OpenCommPort)

ポートをオープンするための関数

WDL_CloseCommPort

(WAGO_CloseCommPort)

WDL_SetConfig

(WAGO_SetConfig)

ポートをクローズのための関数

指定ノードのモジュール構成情報を

   DLL に通知するための関数

WDL_GetData

(WAGO_GetData)

WDL_SetDigitalData

(WAGO_SetDigitalData)

WDL_SetAnalogData

(WAGO_SetAnalogData)

入力モジュールのデータ読み込み処理関数

ディジタル出力モジュールへのデータ出力関数

アナログ出力モジュールへのデータ出力関数

12.1.2 WagoIO.llb 概要

基本命令と目的別命令の 2 系統があります。目的別命令からは基本命令を呼び出しています。

基本命令(WAGO_IO.dll に準拠)

・ SetConfig.vi

・ OpenComPort.vi

・ CloseComPort.vi

・ GetData.vi

・ SetAnalogData.vi

ノードのコンフィグレーションを行います。

ノードのポートを接続します。

ノードのポートを切断します。

接続されたノードから、アナログ・デジタルの値を取得します。

接続されたノードへアナログデータを出力します。

・ SetDigitalData.vi

・ GetCommandCount.vi

・ GetLastError.vi

・ GetCommData.vi

・ SetCommData.vi

・ SetDebugFlag.vi

接続されたノードへデジタルデータを出力します。

ノードとの通信回数を取得します。

通信時のエラー情報を取得します。

使用しません。

使用しません。

使用しません。

12-2

目的別命令

・ WagoAnalogInput.vi

接続されたノードからアナログデータを取得します。

・ WagoAnalogOutput.vi

接続されたノードへアナログデータを出力します。

・ WagoDigitalInput.vi

接続されたノードからデジタルデータを取得します。

・ WagoDigitalOutput.vi

接続されたノードへデジタルデータを出力します。

・ WagoSetConfig.vi

ノードのコンフィグレーションを行います。

・ WagoOpenComPort.vi

ノードのポートを接続します。

・ WagoClosePort.vi

・ WagoGetCmdCount.vi

・ WagoFileWrite.vi

ノードのポートを切断します。

ノードとの通信回数を取得します。

ログファイルを出力します。

12.1.3 WagoSamples.llb 概要

・WagoPnlConfig.vi

・Wago_AI_Sample.vi

・Wago_AO_Sample.vi

・Wago_DI_Sample.vi

・Wago_DO_Sample.vi

通信の設定・オープンを行う VI です。カスタマイズして使用できます。

アナログ入力のサンプルプログラムです。

アナログ出力のサンプルプログラムです。

デジタル入力のサンプルプログラムです。

デジタル出力のサンプルプログラムです。

12.2 基本命令−DLL(WAGO_IO.dll)呼び出し用 VI

本 DLL 呼び出し用 VI は、標準添付の開発支援 DLL(Dynamic Link Library)を LabVIEW 上から呼び出して使用

するためのものです。フォルダーProgramFiles¥Wago_io¥WdllCall¥の下にあるライブラリ WagoIO.llb の中に

収納されています。

LabVIEW においてアプリケーションソフトを開発するときに、モジュールの構成(コンフィグレーション)や

ビットデータの物理量変換、通信プロトコル等を気にすることなく、アプリケーション開発に専念できます。

対応する各 DLL 関数に関しての詳細は WAGO_IO.dll の仕様をご確認ください。

以下の表は WAGO_IO.dll を動作させるための呼び出し用 VI と DLL 関数の対応一覧表です。

     

通信動作

モジュール

 コンフィグレーション

データの

 入出力

関数名(VI 名/DLL 関数名)         機能・役割

OpenComPort.vi / TCP/IP あるいはシリアルポートをオープンするため

WAGO_OpenCommPort

CloseComPort.vi /

WAGO_CloseCommPort

の関数

TCP/IP あるいはシリアルポートをクローズのための

関数

指定ノードのモジュール構成情報を

   DLL に通知するための関数

SetConfig.vi /

WAGO_SetConfig

GetData.vi /

WAGO_GetData

SetDigitalData.vi /

WAGO_SetDigitalData

SetAnalogData.vi /

WAGO_SetAnalogData

入力モジュールのデータ読み込み処理関数

ディジタル出力モジュールへのデータ出力関数

アナログ出力モジュールへのデータ出力関数

12-3

エラー情報の

取得

GetLastError.vi /

該当なし

最後に起こったエラー内容を保持します。

以下にパーソナルコンピュータ(

PC)内において実行プログラムが作成された場合、このプログラムと共に用

いられる各ソフトウェアの構成を示します。

  

         実行プログラム ⇔ 呼出 VI =WdllCall.dll

            ↑↓            ↑↓

LabVIEW システム      WAGO_IO.dll

         Windows 98/NT/2000

                                    TCP/IP ポートあるいは

        パーソナルコンピュータ                 COM1∼COM4

                         ワゴI/Oシステム

  

LabVIEW は多種のプラットフォームに対応するために、独自のデータ構造を持ちます。

このシステム上から WAGO_IO.dll を呼び出すために、データ変換用の DLL(WdllCall.dll、12−1節)が存

在し、これを通して WAGO_IO.dll を呼び出しています。

12.2.1 DLL(WAGO_IO.dll)呼び出し用 VI 関数仕様書

 ここではDLL(WAGO_IO

.dll)呼び出し用VI各関数の機能およびブロックダイアグラムを説明します。

1.通信に関するVI

(1)関数名: OpenComPort.vi

機能: バスカップラとの通信を行う為にTCP/IPあるいはシリアルポートをオープンします。

通信を行うポートと通信方式を指定して呼び出します。

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグを行ったノードのハンドルです。

必ず接続を行ってください。

PortNo オープンするComポートの番号を指定します。 ip address Ethernet(TCP/IP)接続するときにIPアドレスを指定します。

12-4

ParityChk シリアル通信時に行うパリティチェックを指定します。

0:無し

1:偶数パリティ    2:奇数パリティ

BaudRate 通信速度(ボーレート)を指定します。

9600,19200 等の値を設定します。

DataBits データビット長を指定します。

8:8ビット長     7:7ビット長

StopBits ストップビット長を指定します。

FlowCtrl フローコントロールの指定を行います。

0:無し   1:Xon/Xoff   2:ハードウェア

Errorもしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表¥示されます。それ以

外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

Return  Wago_IO.dllの WAGO_OpenCommPort() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

このノードに対してアクセスするには必ず接続してください。

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

ブロックダイアグラム

12-5

(2)関数名: CloseComPort.vi

機能: シリアルポートをクローズします。

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグ後にオープンを行ったノードのハンドルです。

ここに指定されたハンドルをクローズします。

Error もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表¥示されます。それ

以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

Return Wago_IO.dllの WAGO_CloseCommPort() の戻り値です。

0の場合は正常終了です。

負の値の場合はエラーを表します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

Close命令以降は0になります。

12-6

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表¥示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-7

ブロックダイアグラム

12-8

2.モジュール構成(コンフィグレーション情報)通知に関するVI

関数名: SetConfig.vi

機能: 指定ノードのコンフィグレーション情報を設定します。

コネクタペーン

制御器と表示器: handle ハンドルを保持する領域を確保します。

NodeAdr ノードアドレスの指定です。設定するノードの番号は1からです。

TCP/IPで複数のノードを接続するときはポート識別番号として使います。

ErrChk CRC/LRCチェック 有無フラグ

0の時はエラーチェックを行いません。

エラーチェックを行う時は 0 以外の値を設定してください。

ModelNo モデル番号の配列です。

使用するモジュール番号をバスカプラか順番に設定してください。

モジュール型番 使用するモジュールの型番号

Return  Wago_IO.dllの WAGO_SetConfig() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

Handle ノードに付けられたハンドルです。

以降のWagoViに対しては必ず引き渡してください。

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示し

ます。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-9

ブロックダイアグラム

12-10

3.データ入力(取得)に関するVI

関数名:GetData.vi

機能: 入力モジュールのデータ読み込み処理関数

アナログ・デジタルの両方のモジュールを同時に扱います。

対象: 750-400、750-401、750-402、750-403、750-405、750-406、750-408、750-409、750-410

750-412、750-414、750-415、750-452、750-454、750-456、750-461、750-462、750-465

750-466、750-467、750-468、750-469、750-472、750-474、750-479、750-480、750-476、

750-478 および 750-506 の診断データ

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグを行ったノードのハンドルです。

必ず接続を行ってください。

識別番号として使用します。

MdlNo 指定範囲を決める時に、その数え始めのモジュール位置を整数で指定します(バスカップ

ラに近い方が1)。

750−404を奇数個使用するときには、750−404をバスカプラから一番遠い方に設置して、750

−622をディジタル出力モジュールの先頭の左側(バスカップラに近い方)に挿入してください。このとき、

750−622はモジュールとしては数えません。

ChlNo MdlNoで指定されたモジュール内で、何番目のチャンネルから数え始めるかを整数で

指定します(基数は1)。

ChlCnt ChlNoで指定したチャンネルから同時に入力を行う入力チャンネル数(範囲)を整数

で設定します。

アナログ・デジタル両方のモジュールが対象となります。

ChlData デジタル・アナログモジュールから取得するためのデータ配列です。

ここに設定した数だけのデータ領域が確保され、データを取得できます。

確保データ領域 モジュールから取り込むためのデータ領域は、ここでデータを設定

しておかないと更新されません(値は使用しません)。

外はこのVI内で起こったエラーを示します。

Status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-11

Return  Wago_IO.dllの WAGO_GetData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

このノードに対してアクセスするには必ず接続してください。

ChlData デジタル・アナログモジュールから取得されたデータ配列です。

入力設定数のデータ領域のみ、データを取得できます。

取得データ モジュールから取得した各チャンネルのデータです。

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

ブロックダイアグラム

12-12

1)取得されたデータはデジタル・アナログモジュールに関係無くチャンネル毎に独立した形で得られます。デ

2)アナログデータは物理単位そのままの値を表わします。単位については 「V」,「mA」,「℃」がありま

すが、それぞれのモジュールに対応した物理単位で処理してください。

3)750−506の診断データについては各チャンネルごとに以下のようなビット構成になっていますが、デ

ータは各々のチャンネルごとに0∼3の 10 進数で表わすことができます。

正常

機      能

負荷が接続されていない(または断線)

短絡(出力回路のショート)

電源電圧が極端に低い

Bit 3

0

1

1

Bit 2

Ch2 出力の診断

0 0

1

0

1

Bit 1 Bit 0

Ch1 出力の診断

0 0

0

1

1

1

0

1

12-13

4.デジタル出力に関するVI

関数名:SetDigitalData.vi

機能: デジタル出力モジュールへのデータ出力処理関数です。

複数のデジタル出力モジュールを同時に扱うことが可能です。

対象: 750-501、750-502、750-504、750-506、750-509、750-516、750-512、750-513、750-514

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグを行ったノードのハンドルです。

必ず接続を行ってください。

NodeAdr 操作を行うノード番号を指定します。TCP/IPで複数のノードを制御するときはポー

ト識別番号として使用します。

MdlNo 指定範囲を決める時に、その数え始めのモジュール位置を整数で指定します(バスカ

ップラに近い方が1)。

ChlNo MdlNoで指定されたモジュール内で、何番目のチャンネルから数え始めるかを整数で指

定します(基数は1)。

ChlCnt ChlNoで指定したチャンネルから同時に出力を行う出力チャンネル数(範囲)を整数

で設定します。

但しデジタルモジュールだけが対象となります。

ChlData デジタルモジュールへ出力するデータ配列です。

出力データ デジタルモジュールへ出力するデータです。

外はこのVI内で起こったエラーを示します。

Status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

Return Wago_IO.dllの WAGO_SetDigitalData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

12-14

このノードに対してアクセスするには必ず接続してください。

ChlData デジタルモジュールへ出力するデータ配列です。

出力されたデータがそのまま残ります。

接続の必要はありません。

出力データ デジタルモジュールへ出力するデータのコピーです。

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

ブロックダイアグラム

12-15

5.アナログ出力に関するVI

関数名:SetAnalogData.vi

機能: アナログ出力モジュールへのデータ出力処理を行います。

複数のアナログ出力モジュールを同時に処理することができます。

対象: 750-550、750-552、750-554、750-556

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグを行ったノードのハンドルです。

必ず接続を行ってください。

NodeAdr 操作を行うノード番号を指定します。TCP/IP接続で複数のノードを制御するときは

ポート識別番号として使用します。

MdlNo 指定範囲を決める時に、その数え始めのモジュール位置を整数・ナ指定します(バスカ

ップラに近い方が1)。

ChlNo MdlNoで指定されたモジュール内で、何番目のチャンネルから数え始めるかを

整数で指定します(基数は1)。

ChlCnt ChlNoで指定したチャンネルから同時に出力を行う出力チャンネル数(範囲)を整数

で設定します。

但しアナログモジュールだけが対象となります。

ChlData アナログモジュールへ出力するデータ配列です。

出力データ アナログモジュールへ出力するデータです。

外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

Return Wago_IO.dllの WAGO_SetAnalogData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

12-16

このノードに対してアクセスするには必ず接続してください。

ChlData アナログモジュールへ出力するデータ配列です。

出力されたデータがそのまま残ります。接続の必要はありません。

出力データ アナログモジュールへ出力するデータのコピーです。

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-17

ブロックダイアグラム

1) それぞれのモジュールの設定範囲は以下のとおりです。プログラム記述上では数値分解能について

の制約はありませんが、アナログモジュールの分解能は12ビットですので実際に有効な最小単位

は以下のとおりです。

モデル名 出力範囲 有効な最小単位

750−550

750−552

750−554

750−556

0∼10  V

0∼20  mA

4∼20  mA

−10∼+10 V

10/4096 = 0.0024 V

20/4096 = 0.0048 mA

16/4096 = 0.0039 mA

10/4096 = 0.0024 V

12-18

6.コマンド回数確認のためのVI

関数名:GetCommandCount.vi

機能: コマンド回数確認

指定されたノードのバスカップラから実行されたコマンドの回数を読み出します。

(正常に行われたコマンド回数がバスカップラのメモリカウンタにカウントされます。

バスカップラの電源をオフにするとこのメモリカウンタはリセットされます。)

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグを行ったノードのハンドルです。

必ず接続を行ってください。

NodeAdr 操作を行うノード番号を指定します。TCP/IPで複数のノードを想定するときはポー

ト識別番号として使用します。

外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

Return  Wago_IO.dllの WAGO_GetCommandCount() の戻り値です。

正の値または0の場合は受け取ったコマンドの数を表します。

負の値の場合はエラーを表します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

このノードに対してアクセスするには必ず接続してください。

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。

それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-19

ブロックダイアグラム

12-20

8.エラー処理のためのVI

関数名:GetLastError.vi

機能: 最終エラー情報の取得

指定したハンドルを使用して発生したエラーの情報を取得します。

コネクタペーン

制御器と表示器

Handle コンフィグを行ったノードのハンドルです。

必ず接続を行ってください。

Return  WdllCall.dllの WDL_GetLastError() の戻り値です。

この関数は各ハンドルで発生したエラーNoを保持しています。

エラーがない場合は0を返します。

Handle コンフィグを行い、オープンされたハンドルです。

このノードに対してアクセスするには必ず接続してください。

Error out 各ハンドルにおいて、最後に起こったエラーコードを保持します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、数字はエラーコードを示します。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

ブロックダイアグラム

12-21

返されるエラーコードとメッセージ

各ハンドルにおいて、最初にエラーが発生した関数を記憶しています。

WDLERRMSG_NOERROR 0 "no error"

WDLERR_CONFIG

WDLERR_OPEN

WDLERR_CLOSE

WDLERR_GETCOMCOUNT

99001 "Config error"

99002 "Open error"

99003 "Close error"

99004 "GetComCount error"

WDLERR_GETDATA 99010 "GetData error"

WDLERR_SETANDATA 99011 "SetAnalogData error"

WDLERR_SETDIDATA 99012 "SetDigitalData error"

WDLERRMSG_OTHERERROR その他 "Invalid operation error"

12.3 目的別命令−WagoIO 入出力 VI

本 WagoIO 入出力 VI は、ワゴ I/O のデータ入出力に関しユーザープログラムの作成をより簡単にするために用意

されたものです。フォルダーProgramFiles¥Wago_io¥WdllCall¥の下にある WagoIO.llb の中に収納されています。

WAGO_IO.dll を呼び出す基本命令の組み合わせでは簡単なアプリケーションを作成、テストする為に煩雑な処理

とめた「入出力クラスタ」を作成し、これを WagoIO 入出力 VI に入れました。この VI を用いますと I/O の取り

扱いがより容易になります。

次節では以下の関数についての情報が記載されています。

関数名:WagoAnalogInput.vi

関数名:WagoAnalogOutput.vi

関数名:WagoDigitalInput.vi

関数名:WagoDigitalOutput.vi

関数名:WagoFileWrite.vi

関数名:WagoSetConfig.vi

関数名:WagoOpenComPort.vi

関数名:WagoClosePort.vi

関数名:WagoGetCmdCount.vi

アナログの入力を取り込みます。

アナログの出力を行います。

デジタルの入力を取り込みます。

デジタルの出力を行います。

取り込んだデータをログファイルとして出力します。

コンフィグ設定を行い、入出力クラスタを作成します。

入出力クラスタを元にポートをオープンします。

入出力クラスタを元にポートをクローズします。

入出力クラスタを元に通信回数を確認します。

入出力クラスタ: 作成されたノードのハンドル、ノードアドレス、エラー出力クラスタなどをまとめた物です。

各パラメータを取り出すには Unbundle, Unbundle by name を使用してください。

入出力クラスタの構成

入出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決

Handle ノードを設定した時に作成され、ユニークなコードを持ちます。

NodeAdr 操作の対象となるノード番号、あるいはポート識別番号

MdlNo 操作の対象となるモジュール番号

CnlNo 操作の対象となるチャンネル番号

エラー出力 もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されま

12-22

す。それ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。

ステータス エラーがある場合にはTRUEになります。

コード エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラー

を示します。

ソース エラーがどのVIで起こったかを示します。

12.3.1 WagoIO 入出力 VI 関数仕様書

1.アナログ入力に関するVI

関数名:WagoAnalogInput.vi

機能:アナログ入力モジュールのデータ読み込み処理関数

アナログデータは物理単位そのままの値を表します。

単位は「V」「mA」「℃」などそれぞれのモジュールに対応した物理単位で処理してください。

取り込まれたデータは、直接波形チャートに接続できます。

コネクタペーン

制御器と表示器

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

チャンネル数 操作を行うチャンネルの数を指定します。

デフォルト値 確保される領域(チャンネル数で指定)に設定する初期値

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return Wago_IO.dllの WAGO_GetData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

ChlData 各アナログチャネルの取得データを表示します。

指定チャンネルの入力で、初期値・エラー時は0です。

波形チャート LabVIEWの標準部品VIを使用しています。

ユーザーのカスタマイズした波形チャートなどに接続してください。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。処理を行った結果が格納され、次の関数に引き渡されます。

Handle

NodeAdr

12-23

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

ブロックダイアグラム

12-24

2.アナログ出力に関するVI

関数名:WagoAnalogOutput.vi

機能:アナログモジュールへのデータ出力

複数のアナログ出力モジュールを同時に処理することができます。

・それぞれのモジュールの設定範囲はプログラム上では制限はありませんが、アナログモジュールの分解能は1

2ビットになっております。

実際に有効な最小単位は以下に示す値になります。

モデル750−550 出力範囲  0∼10V  有効な最小単位 10/4096 = 0.0024V

モデル750−552 出力範囲  0∼20mA 有効な最小単位 20/4096 = 0.0048mA

モデル750−554 出力範囲  4∼20mA 有効な最小単位 16/4096 = 0.0039mA

モデル750−556 出力範囲 −10∼10V 有効な最小単位 10/4096 = 0.0024V

コネクタペーン

制御器と表示器

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

出力データ配列 各アナログチャネルの出力データ

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return Wago_IO.dllの WAGO_SetAnalogData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

ChlData 各アナログチャネルの出力データ

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

処理を行った結果が格納され、次の関数に引き渡されます。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-25

ブロックダイアグラム

配列の要素がない場合、処理を行いません。

12-26

3.デジタル入力に関するVI

関数名:WagoDigitalInput.vi

機能:デジタル入力モジュールのデータ読み込み処理関数

・取得したデータはチャンネル毎に独立した形で得られます。

数値(Onが1、Offが0)とBOOL値(OnがTRUE,OffがFALSE)の出力があります。

ブール値(ランプ等)の配列に直接接続できます。

コネクタペーン

制御器と表示器

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

チャンネル数 操作を行うチャンネルの数を指定します。

デフォルト値 確保される領域(チャンネル数で指定)に設定する初期値

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return Wago_IO.dllの WAGO_GetData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

ChlData 各デジタルチャンネルの取得データを表示します。

1.0 はOnを表し、初期値・エラー時は0です。

配列 デジタルの入力値。ブール配列として取り込まれます。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

処理を行った結果が格納され、次の関数に引き渡されます。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

ブロックダイアグラム

12-27

12-28

4.デジタル出力に関するVI

関数名:WagoDigitalOutput.vi

機能:デジタル出力モジュールへのデータ出力処理

複数のデジタルモジュールを同時に扱うことが可能です。

出力するデータはブール値(スイッチ等)の配列で引き渡します。

コネクタペーン

制御器と表示器

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

出力配列 出力するデジタルデータ。ブール配列で指定します。

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return Wago_IO.dllの WAGO_SetDigitalData() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

出力配列 出力されたデジタルデータ(ブール配列)

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

処理を行った結果が格納され、次の関数に引き渡されます。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-29

ブロックダイアグラム

出力するチャンネルの個数は、配列の要素数から算出しています。

配列要素がない場合

12-30

5.ログファイル出力に関するVI

関数名:WagoFileWrite.vi

機能:引き渡されたデータをもとにログファイルを出力

コマンドを指定することで、処理を指定できます。

・none 何もしない

・write ログファイル出力(毎回出力、一回分)

・pool データの蓄積(出力は無し)

・writeall 蓄積データのログファイル出力

データの形式はcsv形式(カンマで区切られたテキスト)で保存します。

※ 数値データのみの出力です。

コネクタペーン

制御器と表示器

Enum ログファイル作成時のコマンドを指定します。

・none 何もしない

・write 毎回出力

・pool データの蓄積

・writeall 蓄積データの出力

指定する際は「定数を作成」すると選択できます。 file path ファイルパスはファイルのパス名です。ファイルパスが空の場合(デフォルト設定)またはパスが正し

くない場合、VIはファイルを選択出来る様ファイルダイアログボックスを開きます。ユーザーがダイアログをキャンセ

ルした場合、エラー 43 が発生します。

出力データ 取り込んだデータ

コマンドによって、ログ出力、データの蓄積が行われます。

蓄積領域(入力) データを蓄積する為の領域 pool の場合はこの最後に今回のデータが追加されます。 format (%.3f) 形式は数値をどのようにキャラクターに変換するかを指定します。形式文字列が%3f

(デフォルト)の場合、VIは小数点以下第 3 位まで含まれる数値の文字列を作成します。形式が%d

の場合、VIは全ての数値を含むのに必要なキャラクター数を使用し、データを整数形式に変換します。

詳しくは関数とVIリファレンスマニュアルの第 6 章を参照して下さい。 append? 「ファイルに連結」は、データを既存ファイルに追加する場合はTRUEにします。TRUEにして新規フ

FALSE(デフォルト値)にします。

デリミタ 各数値を区切る記号。通常はカンマを使用してください。 new file path (Not A Path if cancelled) 「新規ファイルパス」は、VIがデータを書き込んだファイ

ルのパスです。この出力を使用して、ダイアログを使用して開くファイルのパスを決定することができ

ます。ユーザがダイアログボックスでキャンセルを選択した場合、「新規ファイルパス」はNot

A Pathになります。

蓄積領域(出力) 蓄積されたデータ

シフトレジスタなどに接続して次回の入力に使います。

12-31

ブロックダイアグラム

コマンドによって処理が分岐されます。

毎回出力 取り込んだデータを蓄積

蓄積されたデータを出力(領域はクリア)

12-32

6.ポートの設定に関するVI(クラスタ対応版)

関数名:WagoSetConfig.vi

機能:ノードのコンフィグレーションを設定

指定ノードのコンフィグレーション情報を設定し、各WagoVIに接続する入出力クラスタを設定します。

※入出力クラスタ対応版です。

コネクタペーン

制御器と表示器 handle ハンドルを保持する領域を確保します。

NodeAdr ノードアドレスの指定です。設定するノードの番号は1からです。

TCP/IPで複数のノードを接続するときはポート識別番号として使用します。

ErrChk CRC/LRCチェック 有無フラグ

0の時はエラーチェックを行いません。

エラーチェックを行う時は 0 以外の値を設定してください。

ModelNo モデル番号の配列です。

使用するモジュール番号を設定してください。

モジュール型番 使用するモジュールの型番号

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

内部で作成する為、結線は不要です。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return Wago_IO.dllの WAGO_SetConfig() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

処理を行った結果が格納され、次の関数に引き渡されます。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-33

ブロックダイアグラム

エラーが発生した場合はエラーコードを設定し、正常にオープンできた場合はエラー情報のクリアを行います。

12-34

7.ポートオープン(クラスタ対応版)

関数名:WagoOpenComPort.vi

機能:バスカップラとの通信を行う為にシリアルポートをオープンします。

通信を行うポートと通信方式を指定して呼び出します。

※入出力クラスタ対応版です。

コネクタペーン

制御器と表示器

ParityChk シリアル通信時に行うパリティチェックを指定します。

0:無し

1:偶数パリティ

2:奇数パリティ

PortNo オープンするComポートの番号を指定します。 ip address TCP/IPで接続するとき、IPアドレスを指定します。

BaudRate 通信速度(ボーレート)を指定します。

9600,19200 等の値を設定します。

DataBits データビット長を指定します。

8:8ビット長

7:7ビット長

StopBits ストップビット長を指定します。

FlowCtrl フローコントロールの指定を行います。

0:無し  1:Xon/Xoff  2:ハードウェア

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

通信設定 設定された通信設定をデータソースとして引き渡します。

12-35

Return Wago_IO.dllの WAGO_OpenCommPort() の戻り値です。

0の場合は正常動作を表し、負の値の場合はエラーを表します。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

処理を行った結果が格納され、次の関数に引き渡されます。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。 status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

通信設定 設定された通信設定を保持します。

12-36

ブロックダイアグラム

エラーが発生している場合は処理を行わない。

12-37

8.クローズ(クラスタ対応版)

関数名:WagoClosePort.vi

機能:シリアルポートをクローズします。

※入出力クラスタ対応版です。

コネクタペーン

制御器と表示器

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return Wago_IO.dllの WAGO_CloseCommPort() の戻り値です。

0の場合は正常終了です。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。

Status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-38

ブロックダイアグラム

現在はエラー発生時・正常時も同じ処理

12-39

9.コマンド回数確認のためのVI(クラスタ対応版)

関数名:WagoGetCmdCount.vi

機能: コマンド回数確認

指定されたノードのバスカップラから実行されたコマンドの回数を読み出します。

(正常に行われたコマンド回数がバスカップラのメモリカウンタにカウントされます。

バスカップラの電源をオフにするとこのメモリカウンタはリセットされます。)

※入出力クラスタ対応版です。

コネクタペーン

制御器と表示器

入力クラスタ ハンドルやノードアドレス、及びエラー情報を保持します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Return  Wago_IO.dllの WAGO_GetCommandCount() の戻り値です。

正の値または0の場合は受け取ったコマンドの数を表します。

負の値の場合はエラーを表します。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定

します。

Handle

NodeAdr

MdlNo

CnlNo

エラー出力

Error out もしエラー入力にエラーがあれば、エラー出力にはエラー入力と同じ情報が表示されます。そ

れ以外はこのVI内で起こったエラーを示します。

Status エラーがある場合にはTRUEになります。 code エラーの種類を示す数値です。0 はエラーなし、正の数は警告、負の数はエラーを示しま

す。 source エラーがどのVIで起こったかを示します。

12-40

ブロックダイアグラム

エラー発生時には何もしない。

12.4 サンプルライブラリ解説

本サンプルライブラリは、入出力クラスタを使用した WagoIO データ入出力用 VI であり、目的別に入出力を行う

サンプルプログラムを集めたものです。この節ではその使用方法とブロックダイアグラムを述べます。

以下のサンプルプログラムがProgramFiles¥Wago_io¥WdllCall¥の下にあるWagoSamples.llb に収録されています。

下記のプログラムは WagoSamples.llb 内で直接これを選択するか、ProgramFiles¥Wago_io¥WdllCall¥の下にある

Samples.vi を開くことによりアクセスすることができます。

サンプル名:WagoPnlConfig.vi

サンプル名:Wago_AI_Sample.vi

サンプル名:Wago_AO_Sample.vi

サンプル名:Wago_DI_Sample.vi

サンプル名:Wago_DO_Sample.vi

 入出力前にノードを設定し、通信ポートをオープンします。

 アナログ値を取得し、波形チャートに表示します。

 スライダで指定したアナログの値をIOモジュールへ出力します。

 デジタル値を取得し、LED配列で表示します。

 スイッチ配列で指定したデジタル値をIOモジュールに出力します。

このうち、WagoPnlConfig.viは、操作用VIに含まれるべき物ですが、フロントパネルを開き値を設定する物なの

で、ユーザーのデザイン変更に対応する為、サンプルとしています。パネルデザインや色などをカスタマイズし

て使用してください。

WagoPnlConfig.vi の出力クラスタで直接入出力アクセスを行うことが出来ます。

12-41

Samples.viを開くと次のような画面が表れます。

操作対象となる機能に対応した「実行」ボタンを押すとそのプログラムの動作が開始します。

12-42

12.4.1

 サンプル名:

WagoPnlConfig.vi

機能: コンフィグレーションとシリアルポートのオープンを行います。

各設定値を設定して「実行」ボタンを押すと、処理を行います。

正常にオープンが行われた場合は、フロントパネルが閉じ、次の処理に移ります。

Samples.Vi の状態では、すぐにクローズして終了します。

エラーが発生した場合は、ダイアログが表示されます。

継続を選ぶことで、エラークリア等の処理が行えます。

設定された内容はファイルに保存したり、読み出すことが可能です。

端子を接続し、True値を与えることで、自動実行やファイルからのデータ取り込みを指示できます。

コネクタペーン

制御器と表示器

読込指示 Trueにしておくと、自動でファイルから設定を読み込みます。

通信処理 設定を終了し、現在の設定でポートのオープンを行います。

接続した場合は入力待ちにならずに実行します。

通信テスト結果 Wago_IO.dllの WAGO_GetCommandCount() の戻り値です。 正の値または0の場合は受

け取ったコマンドの数を表します。 負の値の場合はエラーを表します。 ここでは初回の通信を行い、

応答があるかどうかを見ています

通信設定出力 設定された通信設定を保持します。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定します。

設定パラメータ

NodeAdr ノードアドレスの指定です。 設定するノードの番号は1からです。

ErrChk CRC/LRCチェック 有無フラグ 0の時はエラーチェックを行いません。

エラーチェックを行う時は 0 以外の値を設定してください。

ModelNo モデル番号の配列です。 使用するモジュール番号を設定してください。

BaudRate 通信速度(ボーレート)を指定します。 9600,19200 等の値を設定します。

PortNo オープンするComポートの番号を指定します。

ParityChk シリアル通信時に行うパリティチェックを指定。 0:無し 1:偶数パリティ 2:奇数パ

リティ

12-43

FlowCtrl フローコントロールの指定を行います。0:無し 1:Xon/Xoff 2:ハードウェア

StopBits ストップビット長を指定します。

DataBits データビット長を指定します。8:8ビット長 7:7ビット長 abc ip address TCP/IP接続する場合のIPアドレスを指定します。

コマンドボタン

読込指示 設定ファイルに記述された内容をフロントパネルに設定します。

書込指示 現在の設定内容を設定ファイルに書き出します。

エラー情報 エラーメッセージを消去します。

通信処理 設定を終了し、現在の設定でポートのオープンを行います。

ステータス他

ConfigStatus コンフィグが正常に行われたかどうかの確認用です。 データ収集動作には不要です。

OpenStatus シリアルポートが正常にオープンできたかの確認用です。 データ収集動作には不要です。

ブロックダイアグラム

設定パート

12-44

開始前にエラー情報をクリア

12-45

初回の通信テスト

エラーが発生しない時はそのままのデータを送って抜ける。

12-46

12.4.2

 サンプル名:

Wago_AI_Sample.vi

機能: アナログ入力のサンプルプログラムです。

モジュール番号、チャンネル番号、取得チャンネル数を指定して実行してください。

コネクタペーン

制御器と表示器

読込指示 Trueにしておくと、自動でファイルから設定を読み込みます。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定します。

設定パラメータ

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル数 操作を行うチャンネルの数を指定します。

コマンドボタン

エラー出力 通信エラー情報をクリアします。

実行停止 押すとVIが終了します。

表示内容

波形チャート 取得したアナログデータを波形チャートとして確認することが出来ます。

12-47

ブロックダイアグラム

エラークリアを押さないときはそのままのデータ

12-48

12.4.3

 サンプル名:

Wago_AO_Sample.vi

機能: アナログ出力のサンプルプログラムです。

モジュール番号、チャンネル番号を指定して、出力するアナログデータ(スライダ)を操作して

ください。

コネクタペーン

制御器と表示器

読込指示 Trueにしておくと、自動でファイルから設定を読み込みます。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定します。

設定パラメータ

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル数 操作を行うチャンネルの数を指定します。

コマンドボタン

エラー出力 通信エラー情報をクリアします。

実行停止 押すとVIが終了します。

配列消去 配列の領域を消去します チャンネル数を減らす時に使用してください。

表示内容

スライド 出力するアナログデータの値をスライダで設定します。

出力値 出力した値を数値で表示します。

12-49

ブロックダイアグラム

エラークリアを押さないときはそのままのデータ

配列消去を指定しなければ通常動作です。

12-50

12.4.4

 サンプル名:

Wago_DI_Sample.vi

機能: デジタル入力のサンプルプログラムです。

モジュール番号、チャンネル番号、取得チャンネル数を指定して実行してください。

コネクタペーン

制御器と表示器

読込指示 Trueにしておくと、自動でファイルから設定を読み込みます。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定します。

設定パラメータ

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル数 操作を行うチャンネルの数を指定します。

コマンドボタン

エラー出力 通信エラー情報をクリアします。

実行停止 押すとVIが終了します。

表示内容

配列 読み出したデータです。Onになっているデータが点灯します。

12-51

ブロックダイアグラム

エラークリアを押さないときはそのままのデータ

12-52

12.4.5

 サンプル名:

Wago_DO_Sample.vi

機能: デジタル出力のサンプルプログラムです。

モジュール番号、チャンネル番号、設定チャンネル数を指定して実行してください。

コネクタペーン

制御器と表示器

読込指示 Trueにしておくと、自動でファイルから設定を読み込みます。

出力クラスタ Wago_ioモジュールとのやり取りのために必要な情報を保持し、処理の順番を決定します。

設定パラメータ

チャンネル番号 モジュール内のチャンネルを指定します。

モジュール番号 モジュールの番号を指定します。

チャンネル数 操作を行うチャンネルの数を指定します。

コマンドボタン

エラー出力 通信エラー情報をクリアします。

実行停止 押すとVIが終了します。

表示内容

配列 出力する値を設定します。 OnにするチャンネルのLEDを点灯させてください。

12-53

ブロックダイアグラム

エラークリアを押さないときはそのままのデータ

12-54

12.5  データ収集アプリケーション例 (DAQ_Apply.vi)

データ収集を行い、ログファイルとして収集するプログラムです。

機能

収集周期、収集チャンネル数の変更が行えます。

実行すると、先ずコンフィグ・通信の設定画面が開きますので、そこでモジュール構成、通信設定を行い、実行

ボタンを押してください。

通信が成功すると、「待機中」になり、ステータスランプが点灯します。

ここで取得するモジュール、チャンネル、チャンネル数、収集周期などを設定して、「データ記録開始/停止」ボ

タンを押してください。データの収集が開始されます。

ログファイル記録

最初にログファイルの初期化が必要です。

ログファイルが初期化されると、以降のログファイルへの出力は、全て初期化されたファイルに対して行われま

す。

ログファイルに保存するには、「ログファイル操作」の指定を変更します。

・毎回保存 一回ごとに収集したデータをファイルに追加していきます。

・蓄積保存 収集したデータを蓄積領域に追加していきます。ファイルの保存は「保存指示」にて

行われます。

出力されるファイルは、csv形式です(Excel等に直接読み込めます)。

実行終了ボタンを押すと、処理を終了します。

制御器と表示器

モジュール番号 操作を行うモジュールの番号を指定します。

チャンネル番号 操作を行う開始チャンネルを指定します。

チャンネル数 データを取得するチャンネル数を指定します。

エラークリア チャンネル設定時などに起きたエラーのメッセージを消去します。

収集周期(ms) サンプリング周期を指定します(単位はms)。

データ記録開始/停止 データ収集を開始します。

ログファイル操作 ログファイルの操作を指定します。

ファイル作成 ログファイルを初期化します。

保存指示 初期化されているログファイルに、蓄積されたデータを出力します。

実行終了 DAQアプリケーションを終了します。

12-55

表示内容

通信ステータス 通信時のエラーメッセージを表示します。

収集データ LabVIEWの標準部品(波形チャート)VIを使用しています。

グラフの色以外は標準値を使用しておりますので、目的に応じて変更してく

ださい。

インジケータ

待機中 データ収集を行っていない時に点灯します。

収集中 データ収集を行っている時に点灯します。

ログ取得中 ログ収集をしながらデータを取り込んでいる時に点灯します。

データ蓄積中 ログ収集のうち、データ蓄積を行っている時に点灯します。

ログファイル関連

現在保存中のファイル ログデータを保存するファイル名です。

開始時間 データの蓄積を始めた時間です。

蓄積件数 現在蓄積されているデータの件数。

蓄積領域 現在蓄積されているデータの領域。

12-56

フロントパネル

12-57

ブロックダイアグラム

開始処理

開始処理では、変数の初期化と、通信ポートのオープンを行っています。

12-58

データ収集待機中

12-59

データ収集中

(ログ無し)

ログ毎回記録

データを蓄積

12-60

データ蓄積。最初の1回目

エラーメッセージ(通信ステータス)をクリア

ログファイルの初期化を行ったとき

12-61

蓄積データの出力を押した時

1.データを出力

2.出力した領域をクリア

12-62

終了処理

ポートのクローズとインジケータの消灯

12-63

13 LabVIEW 実行ソフトウェアサンプル

ここでは

LabVIEW を持っていないユーザーのために、ワゴジャパン㈱にて作成された実行プログラムのサンプ

ルを紹介いたします。このサンプルプログラムは

LabVIEW 開発システムを用いて作られたものですが、

LabVIEW 開発ツールを持っていなくても利用することができます。

<ソフトウェアの種類:

2002 年 7 月1日現在>

ソフトウェア名

DAQ_Sample1

DAQ_Sample2

DAQ_Sample3

DAQ_Sample1A

DAQ_Sample2A

DAQ_Sample3A

DAQ_Sample1B

DAQ_Sample2B

DAQ_Sample3B

DAQ_Sample4

DAQ_Sample4B

最大測定

Ch 数

8

32

(任意 8Ch 表示)

32

(連続 8Ch 表示)

8

32

(任意 8Ch 表示)

32

(連続 8Ch 表示)

8

32

(任意 8Ch 表示)

32

(連続 8Ch 表示)

160

4 ノード接続

160

4 ノード接続

リアルタイム平均記録

レンジトリガ、

ダイナミックトリガ

警報出力

4 ビット分)

タイマ繰り返し計測

● 最新バージョンは  http://www.wago.com/wagoweb/japan/jap/index.htm よりダウンロードしてください。

● レンジトリガ∼特定の1

Ch だけを監視して設定された範囲内にあるときだけ自動的に計測します。

● ダイナミックトリガ∼表示されている

8Ch 分データが1つでも設定された範囲にあるとき自動的に計測します。

● 警報出力を利用する場合は、デジタル出力モジュールと併せてご利用ください。

タイマ繰り返し計測∼開始時刻、繰り返し計測時間と繰り返し回数を設定して自動計測します。

13-1

13.1 データ収集システム DAQ_Sample1∼4

<以下に、DAQ_Sample1.exe を例として説明します。>

DAQ_Sample1.exe は簡易データ収集システムとしてのサンプルプログラムです。以下の手順でセットアップ

を行った後起動することができます。

Windows /98/NT/2000 上で動作します。このソフトウェアをインストール

する前に必ず

DLL をインストールして下さい(取扱説明書第6章を参照のこと)。

1. セットアップ手順

1−1 セットアップは

CD-ROM またはホームページからのダウンロードのどちらかを用いて行います。

1)

CD-ROM の場合

CD-ROM 内に Application_1 のフォルダーがありますのでこのフォルダーを開きます。

このフォルダーの中に disks というサブフォルダーがあり、これを開いた後 Setup.exe をダブルクリックし

ます。以下の画面1−1が表れますので1−2に行きます。

2)ホームページからのダウンロードの場合

ホームページから

Daq1p.exe を選びダウンロードします。これは自己解凍形式ですのでダブルクリックす

ると解凍されて

Application_1 のフォルダーが作成されます。このフォルダーの下には disks サブフォルダ

ーがあり、その中にある

Setup.exe をダブルクリックします。以下の画面1−1が表れますので1−2に行

きます。フォルダー番号とプログラムの対応は以下のとおりです。

ソフトウェア名

ホームページ上の圧縮

ファイル名

フォルダー名

DAQ_Sample1 Daq1p.exe

Application_1

DAQ_Sample2

DAQ_Sample3

DAQ_Sample1A

DAQ_Sample2A

DAQ_Sample3A

DAQ_Sample1B

Daq2p.exe

Daq3p.exe

Daq1Ap.exe

Daq2Ap.exe

Daq3Ap.exe

Daq1Bp.exe

Application_2

Application_3

Application_1A

Application_2A

Application_3A

Application_1B

DAQ_Sample2B Daq2Bp.exe

Application_2B

DAQ_Sample3B

DAQ_Sample4

Daq3Bp.exe

Daq4p.exe

Application_3B

Application_4

DAQ_Sample4B Daq4Bp.exe

Application_4B

13-2

画面1−1

1−2 このアプリケーションをインストールするディレクトリを指定します。変更があれば変更ボタンを選び

ます。このままでよければ終了ボタンをクリックします。この時点でファイルのインストールが自動的に行われ

ます。この後次の画面が表れますので、

OK をクリックしインストレーションを終了します。

1−3 設定したパラメータ値保存用ファイルを作成します。

  ソフトウェアを最初に起動したとき、設定条件を記憶を2回クリックして条件設定記憶ファイルを作

  成してください。この動作で条件記憶ファイルが自動的に生成されます。この作業を行わずに設定条

  件を呼出をクリックしてしまうと、すべてのパラメータが「0」に設定されてしまいます。

  条件を記憶するファイルは2つありますので「置き換え」を2回クリックしてください。プログラム

  メイン画面においても同様の操作で条件記憶ファイルを作成してください。

13-3

2.

DAQ_Sample1.exe の起動

フォルダー

ProgramFiles/Wago_io の下に DAQ_Sample1.exe が作成されていることを確認してください。

2−1 操作の手順

  

2−2 

DAQ_Sample1.exe を選択し、ダブルクリックします。以下のように WagoPnlConfig1.vi の画面が表れ

ます。

  

  この画面において初期設定(モジュール構成及び通信パラメータ設定)を行います。途中で

  プログラムを閉じた場合は、プログラム全体を閉じて、プログラムの起動から再度やり直し

  てください。

13-4

3. コンフィグ及び通信パラメータの設定

画面上のパラメータは

PC に接続されたワゴ I/O システムの構成内容に応じて変更します。値の入力は

▲または▼をクリックして数字を増減させるか、テンキーから直接数字を入れます。

3−1 コンフィグ(

Config)設定

Ethernet の場合

バスカプラ型番      750−342あるいは750−842を選択してください。この時点でシリ

             アル通信の各設定条件は無視されます。

            

IP アドレス        該当バスカプラの IP アドレスを指定します。

ポート識別番号     

Ethernet の場合は、同時に複数のプログラムを起動して測定することが可能で

             す。起動毎に番号を変えてください。

            

UDP, TCP 通信     スライドスイッチにて UDP 通信か TCP 通信を選択します。デフォルトは

            

UDP 通信になっています。

シリアル通信の場合

バスカプラ型番      750−312/314/315/316/812/814/815/816

             のいずれかを選択します。この時点で

Ethernet 通信の各設定条件は無視されま

             す。

ポート番号 接続した

PC の Com ポートの番号を入れます。

パリティチェック シリアル通信時に行うパリティチェックを指定します。

ボーレート

0:無し、1:偶数パリティ、2:奇数パリティ

(初期設定では0を入力)

▼をクリックすると以下のボーレートのリストが表れるので、バスカップラー

データビット

に設定されたボーレートの値を選びます。

通常は

9600(初期値)を選択してください。

115200 で動作するパソコンは一般的ですが、安価なパソコン(特にラップ

トップパソコン)はシリアルポートの設計が簡易化されているものがあります。

このような場合は動作に支障をきたすこともありますので、このような場合

はボーレートを下げてください。

1200、2400、4800、9600、19200、38400、57600、115200

データビット長を指定します。

7:7 ビット長、8:8 ビット長

(初期設定では8を入力)

ストップビット

          

ストップビット長を指定します。

1:1 ビット長、2:2 ビット長、3:3 ビット長

(初期設定では1を入力)

ノードアドレス

エラーチェック

ワゴ

I/O のバスカップラーに(ロータリスイッチ)設定されたアドレスと同じ

値を選びます。

1~99。

エラーチェックの有無を指定します。

0:エラーチェックを行いません。

13-5

ETHERNET 通信・シリアル通信共通

モジュール型番 構成された

I/O モジュールの型番(750XXX)をバスカップラーに近い順に上

のボックスから書き込みます。

最後に750−600をタイプします。誤って

ボックスを開いてしまったときは、後のボックスにはすべて「750−600」

とタイプしてください。

3−2 ステータス表示

コンフィグステータス

オープンステータス

通信テスト結果

エラー出力

コンフィグが正常に行われたかどうかの確認用です。

0:正常、-1:コンフィグ異常

シリアルポートが正常にオープンできたかの確認用です。

0:正常、-1:オープン異常

I/O との通信中異常が発生したかどうかの確認用として、内部処理において受

け取ったコマンドの回数を数えて通信テストチェックをしています。

もし内部処理においてエラーがあった場合、そのエラー情報が表示されます。

3−3 操作ボタン

設定条件を記憶

画面上で設定したパラメータ値を保存用としてファイルに書き込み(記録)し

ます。パラメータ設定を記憶します。

通信処理の実行を押す前に、記憶してお

きたい設定パラメータを記憶保存しておきます。

設定条件を呼出

一度設定パラメータを記憶すると、次回からはファイルに記録されているパラ

メータの内容を呼び出し、画面上の各ボックスに設定します。

  

*置き換えのボタンを押すと条件記憶

ファイルが置きかえられます。 条件を記憶するファイルは

 2つありますので「置き換え」を2回クリックしてください。

*次回からは「設定条件を呼出」を押すと自動的に設定条件が呼び出されます。

*プログラムメイン画面においても同様の操作で設定条件の記憶と呼出が可能です。

通信処理 実行 前記のコンフィグ設定、通信設定をすべて行った後このボタンを押します。正

常に通信処理が行われると

WagoPnlConfig1.vi の画面が自動的に閉じて、

WAGO_DAQ1.vi の画面が表れます。

13-6

エラー情報 クリア エラー出力にエラー情報が出た場合は、継続

を押したあと、

            このクリアボタンを押して、正しいパラメータをタイプ入力後

            再度実行ボタンを押してください。

  

<エラーメッセージが発生した場合の処理>

   エラーメッセージが発生した場合は、以下の3とおりの可能性が考えられます。

① バスカプラ型番、コンフィグ(モジュール構成)入力が間違っている。

③ 前回にプログラムを動作させていて、プログラムを強制的に閉じてしまった。

  

        

      

①、②の場合は 

OK を押して、クリアボタンを押した後、正しい情報を再入力し

      てから 実行ボタンを押してください。そのままウィンドウを閉じるとプログラム

      全体を強制終了させてしまいますので、この場合はすべを閉じて、再度プログラム

      を立ち上げてください。

③の場合は、ウィンドウズ上で

COM ポートが開いたままになっている可能性が

あります。プログラムを再起動してもエラーが出る場合はウィンドウズを再起動

してください。

それでもうまくいかない場合は一度ワゴ

I/O システムの電源を入れ直して、プログラム

を再度立ち上げてください。

13-7

3−4 画面上半分

前記の実行ボタンが押されると以降に示した

WAGO_DAQ1.vi の画面が表示されます。

以下は

WAGO_DAQ3.vi の画面上半分の例を表します。

収集データ

スケール変更

収集されたデータがプロット表示されます。横軸は収集されるデータ点数を示

し、縦軸は入力データの値の大きさを示します。横軸、縦軸共値の変更ができ

ます。表示データは乗算パラメータを乗算した後の結果を表示します。

X 軸および Y 軸のスケール変更するには、両端の数値をクリックして書き換え変更できます。

   

X 軸のスケール変更      Y 軸のスケール変更

13-8

3−5 グラフパラメータの変更

グラフ表示のパラメータ各種を変更する場合は、グラフの

原点でマウスを右クリックし、プルダウンメニューを出し

て変更します。

表示ボックス

現在時刻

CH1∼CH8

測定時の現在時刻が年

/月/日、時:分で表示されます。

1 チャンネルから 8 チャンネルにおける入力データの現在値が表示されます。

スタート、ストップ、プログラム停止

① スタート、ストップ

トリガスイッチが「手動」になっているときは計測のスタートとストップはこのボタンで行います。トリ

ガー計測中に手動で計測をストップさせたいときはトリガースイッチを「手動」にしてからス

トップボタンを押してください。

② プログラムすべてを終了させたいときは、プログラム終了ボタンを押してください。以下のように画面左

上の「→」が白色に変更になりプログラムがすべて終了します。

  <プログラム動作中>            <プログラム終了中>

      →

                  

13-9

以下は

WAGO_DAQ1.vi の画面の下半分を表します。

   

収集

Ch 範囲

モジュール番号

チャンネル番号

チャンネル数

データ収集の対象範囲で開始モジュールの番号を入れます。バスカップラーに一番

近いものが

1 となります。

開始モジュール内のデータ収集を開始するチャンネルを入れます。

上記の開始チャンネルから同時にデータ収集するチャンネル数を入れます。

<「収集 Ch を設定してください」のメッセージが表示されたときの処理>

「収集 Ch 範囲を設定してください」のメッセージが表示されるときは、モジュール番号、

    チャンネル番号、トリガー部のモジュール番号の設定が正しく行われていないことを意味します。

このときは、モジュール番号に相当するモジュールが出力モジュールになっていないかどうか、

    チャンネル番号が正しく設定されているかどうか確認・修正してください。

13-10

3−6 レンジトリガ

レンジトリガを選択すると、指定されたチャンネルのデータが下限と上限

の間に入っているときだけ、自動的に繰り返してデータ収集が可能です。

① 収集 Ch 範囲で設定されたチャンネルの中で監視したいチャンネル番号

② 上限と下限の値を、スライドを動かすかあるいは数値入力で設定します。

③ スライドスイッチをレンジトリガに設定します。

*このときのデータはすべて電圧、電流、温度などの直接値で設定して

ください。

*監視モニタのスケールを変更したいときは一番上の数値を変更してくださ

い。

*レンジトリガでデータ収集中に、マニュアルで待機中に戻したいときは、

手動に切り替えてから「データ収集開始/待機」ボタンを押してください。

13-11

3−7 ダイナミックトリガ

レンジトリガを選択した状態で監視 Ch に「0」を入力するとダイナミックトリガ動作を行います。

ダイナミックトリガとは、表示されている8ch 分のデータが一つでも下限値と上限値にあるどき

にデータ収集動作を行います。表示8ch 分のデータがすべて下限値と上限値の範囲外になったと

きに待機状態となります。

*表示チャンネルのデータはパラメータ乗算後のデータを表示していますが、トリガーが適用

されるデータはパラメータ乗算前の入力データです。パラメータが初期値「

1.000」になって

いるときは表示される値がそのまま適用されます。

13-12

3−8 <モジュール設定とチャンネル割り当てについて>

*開始するモジュール番号は入力モジュールになっていなければなりません。開始するモジュールが出力

  

モジュールに設定されていると、データが正しく取得されないことがあります。

*デジタル、アナログモジュールが混在している場合はスタートチャンネル(モジュール番号およびチャン

 ネル番号)をアナログモジュールから設定してください。

*デジタルモジュールのデータも「1、0」で取り込めます。デジタルモジュールがアナログモジュールの

前(バスカップラに近いほう)に設定されていても、すべてのアナログ入力モジュールの後にデジタルチ

 ャンネルが割り当てられます。

 (下図はモジュール番号4、チャンネル番号1、チャンネル数12の場合のチャンネル割り当て例)

*スタートモジュールをデジタルに設定すると、それ以降のデジタル入力モジュールだけが入力の対象

 となります。

(上図は、モジュール番号1、チャンネル番号 1、チャンネル数8の場合のチャンネル割り当て例)

13-13

設定周期

(ms)

実測周期

(ms)

PC から I/O 全体に対してデータを収集する希望周期を入れます(単位=ms)。

実際に計測されている周期です。

設定周期と同じ常に同じ表示をしている場合

には、システム全体が安定したスピードで動作していることを意味します。こ

れはシリアル通信の設定スピード、パソコンの種類などによって変わります。

設定条件を記憶 画面上で設定したパラメータ値を保存用としてファイルに書き込み(記録)し

ます。パラメータ設定を記憶します。

設定条件を呼出

ファイルに記録されているパラメータの内容を呼び出し、画面上の各ボックス

に設定します。

                 *ソフトウェアを最初に起動したとき、設定条件を記憶を2回クリックして条件設定

                  記憶ファイルを作成してください。この動作で条件記憶ファイルが自動的に生成さ

                  れます。この作業を行わずに設定条件を呼出をクリックしてしまうと、すべてのパ

                  ラメータが「0」に設定されてしまいます。

通信ステータス

「収集

Ch 範囲」においてモジュール番号、チャンネル番号、チャンネル数

             が正しく設定されていないとき「収集

Ch 範囲を設定してください」のメッセ

             ージが表示されます。このときは、モジュール番号に相当するモジュールが出

             力モジュールになっていないかどうか、チャンネル番号が正しく設定されてい

             るかどうか確認・修正してください。

表示ランプ

待機中

収集中

ログ取得中

データ収集が待機中の時に点灯します。

データ収集が行われている時に点灯します。

データをファイルに記録中の時に点灯します。

データ蓄積中 平均してデータを記録している時、一時的に蓄積領域に溜めている時に点灯

します。

13-14

 3−9 ログファイル操作(待機中のみ有効)

① 毎回記録と平均化処理

計測したデータはサンプリング

毎に記録するか、平均化して記

録するかが選択できます。

「平均化して記録」を選択した

ときは「平均回数」を設定して

ください。例えば10を入力

した場合は10データを平均して

1つのデータとして記録するので、

記録されるデータ量は

1/10になります。

① 記録ファイルの初期設定

ァイルの初期化ボタンを押して、データを記録

するファイルを選択あるいはファイル名を決めま

す。ファイル形式は

CSV ファイルにしてください。

ファイルを初期化(オールクリア)しない限りは、

新しい行(セル)にデータを追加書き込みしてい

きます。

*初期状態は「記録しない」

* 置き換えボタンを押すと、ファイルがクリアされる。

記録されたデータ

*データは時刻情報と共に同じ行に記

 録されます。

B 列が1Ch 目のデータです。

*データ計測が一時中断した場合は休

 止の行が挿入されます。

*「平均して記録」した場合には平均

 を開始した時刻が記録され、平均し

 チャンネルごとに記録されます。

13-15

3−10 定数(乗算)

 各チャンネルごとのデータにパラメータを乗算したいときにチャンネルごとにパラメータ

 数値を設定します。初期値は1.000に設定されています。このパラメータが乗算された

 データはそのままファイルに記録されます。

DAQ_Sample4 については乗算パラメータ機能

 はありません。

DAQ_Sample2、2A、2B.exe>

DAQ_Sample2 においては、入力されている最大 32ch 分のデータから、表示する 8ch 分を選択できます。

「表示チャンネル」:グラフに表示される1CH∼8CH を表します。

「入力チャンネル番号」:設定された、入力チャンネルの番号を意味します。最大 32 にな

                 りますが、この中から表示したいチャンネルを選んでください。

DAQ_Sample3、3A、3B.exe>

DAQ_Sample3 においては、入力されている最大 32ch 分のデータのうち、連続する8ch ごとに表示を

切り替えすることができます。「1ch∼8ch」、 「9ch∼16ch」、「17ch∼24ch」、「25ch∼32ch」の4つのうちから

選択できるようにリングメモリになっています。

DAQ_Sample4.exe>

① 複数の子局のオープン

DAQ_Sample4 では同時に4つの子局のデータを収集することができます。最初のノードとの通信を確立

した後、2番目∼4番目の子局の

IP アドレスを指定してポートをオープンします。

途中でポートオープンを中止したいときは 「

Cancel」ボタンを押してポートオープン画面を閉じてくだ

さい。

13-16

以下の図のように各々の子局で設定している「チャンネル数」の合計が測定の合計チャンネル数として表

示されます。グラフ表示およびエクセルへの記録はこの合計チャンネル数行われます。

測定に関係の無い子局のチャンネル分は「チャンネル数」を「0」に設定すると、その分は自動的に無視

されます。

  *現在通信中の子局は「通信」部分が点灯します。

            *現在測定中の子局のチャンネル部分は「入力状態」が点灯します。

② チャンネルの表示

DAQ_Sample4においては、入力されている最大160ch分のデータのうち、

連続する8 ch ごとに表示を切り替えすることができます。「1ch∼8ch」、 「9ch∼

16ch」、「17ch∼24ch」・ ・ ・「153ch∼160ch」のうちから 選択できるようにリン

グメモリになっています。

13-17

  

4. アラーム警報出力<

DAQ_Sample1A, 1B, 2A、 2B、3A、3B>

監視したいチャンネルを指定して、上限値及び下限値を設定してデータがその範囲内に入ったときに警報出

力 を

が で

出力すること

きます。

 メイン画面の「出力条件設定」ボタンを押すと上のような画面が現れます。

① 監視

Ch は、メイン表示されている8Ch のうちから選択します。(1∼8)

 監視チャンネルを選択すると現在の値がバーグラフで表示されます。

② 上限値と下限値を数値入力するか、指示計を動かして設定します。

③ バーグラフスケール表示の上下の値をクリックして変更してスケーリング変更できます。

④ 出力モジュールの番号(バスカップラに近い方から数える)とそのモジュール内でのチャンネル番号を

⑤ 動作ボタンを

ON にします。

⑥ 設定した出力条件を記憶させておきたいときは、設定条件を記憶を押して、条件記憶ファイルを置換

します。

⑦ 設定を完了したら、完了ボタンを押して画面を閉じます。

       * ソフトウェアを最初に起動したとき、設定条件を記憶を2回クリックして条件設定

        

記憶ファイルを作成してください。この動作で条件記憶ファイルが自動的に生成さ

れます。この作業を行わずに設定条件を呼出をクリックしてしまうと、すべてのパラ

メータが「0」に設定されてしまいます。

監視

Ch を選択すると現在の値がリアルタイムで表示されます。このデータは

メイン画面で表示されているデータ、すなわち乗算パラメータが乗算された後

のデータです。

ください。出力動作がうまくいかない場合があります。

動作ボタンを

ON にしないと動作は行われません。

設定を完了するときは必ず完了ボタンで終了してください。

×

でウィンドウを

13-18

閉じてしまうとプログラム全体を終了してしまいますので、プログラム立ち上げ

からやり直さなければなりません。

するかを選択します。

 5. タイマー繰り返し計測<

DAQ_Sample1B, 2B、3B>

トリガーによる計測ではなくて、タイマーで開始時刻と計測時間、繰り返し回数を設定して、自動計測する

ことが可能です。タイマー設定ボタンを押すと以下のような設定画面が現れます。

測定開始時刻、およびデータ収集時間と休止時間、繰り返し回数を数値入力した後、完了ボタンを押して画

面を終了させてメイン画面に戻ります。

閉じてしまうとプログラム全体を終了してしまいますので、プログラム立ち上げ

からやり直さなければなりません。

13-19

       

       

       

       

       

       

    

タイマー設定画面を完了させた後、タイマー計測スイッチを

ON にします。

このスイッチを

ON にしないと、開始時刻になっても動作しません。

画面には現在の時刻のリアルタイム表示、開始時刻、計測中の現在の繰り返し回数、および終

了予定時刻が表示されます。

以上

13-20

取扱い説明書 バージョン 7.0 (2007 年 9 月現在)

ワゴジャパン株式会社

営業部オートメーション

〒136-0071 東京都江東区亀戸 1-5-7 日鐵 ND タワー

TEL:03-5627-2059 FAX:03-5627-2055

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents