Samsung | MYSONO U6 | Samsung MYSONO U6 ユーザーマニュアル

保証
Samsung Medisonはこのシステムの購入に対して以下を保証します。
この保証は設置日から一年間有効です。欠陥部品や初期不良を対象とします。
免責事項
次の場合は保証期間内であっても無償修理の対象とはなりません。
1. 保証書の提示がない場合。
2. 保証書表面に必要記述事項の記入がない場合、あるいは字句を書き換えられた場合。
3. 製品のソフトウェア、アクセサリ一等製品の基本セット以外の製品に生じた故障または損傷。
4. 製品のソフトウェア、アクセサリ一等製品の基本セット以外の製品に起因した故障または損傷。
5. 設置場所の変更、落下等によって生じた本製品の故障または損傷。
6. 製品の代替品の故障または損傷。
7. 直接・間接を問わず次に揚げる事由によって生じた故障または損傷。
A) 使用者の不適切な使用または不適切な維持・管理
B) 使用上の誤りまたは不当な修理や改造。
C) 指定外の電圧・摩耗に起因するもの。
D) 自然の消耗・摩耗・さび・カビ・腐敗・変色、その他の類似の事由。
E) 風害・水害・地震・地盤沈下・落雷・噴火、その他の天災ならびにガス災害、塩害、公害、及び異常
電圧等の事由。
F) 火災・破裂・爆発または外部からの物体の落下・飛来・衝突・もしくは倒壊等の偶然かつ外来の事由。
G) 核燃料物質(使用済み燃料を含む)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物質を含
む)の放射性、爆発性その他の有害な特性または、これらの特性による事故。
H) プログラムデータの消失、プログラムデータ等のソフトウェア上の原因による故障。
I) 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動(群集
または多数の集団行動によって、全国または一部地域において著しく平穏が害され治安維持上重大な
事態と認められる状態)等の事由。
次の損害は本保証の対象とはなりません。
1. 本製品の故障に起因して生じた身体障害または、本製品以外の財物の滅失、毀損もしくは汚損によって
生じた損害。
2. 本製品の故障に起因して生じた本製品、その他、財物の使用の阻害によって生じた損害。
SAMSUNG MEDISON CO., LTD.
42, Teheran-ro 108-gil, Gangnam-gu, Seoul, Korea
SAMSUNG MEDISON CO., LTD. カスタマーサービス
TEL: 82-2-2194-1234 FAX: 82-2-2194-1071 Web サイト: www.samsungmedison.com
製造販売元
サムスン電子ジャパン株式会社
住所・東京都文京区本郷3-40-11柏屋ビル6F
TEL: 03-5805-7631 FAX: 03-5805-7632
24時間受付コールセンター TEL: 0120-88-4422 Web サイト: www.samsungmedison.co.jp
診断用超音波装置
操作説明書
バージョン 1.00.00
日本語
M359-J10000-01
機密情報とソフトウェアライセンス
お客様は、Samsung Medison により提供または開示された知的財産情報のすべてを、一部の公
知となっている情報を除き、機密事項として扱う必要があります。お客様は、このような情報
を機械の保守、修理、操作以外に当社の書面による同意なしに、使用しないものとします。
当社の装置には、Samsung Medison 社独自のソフトウェアが機械可読形式で組み込まれていま
す。本製品に組み込まれている機械可読ソフトウェアの使用許諾が購入条件に含まれている場
合を除き、Samsung Medison はソフトウェアの権利、権原、所有権をすべて留保します。ユー
ザーはソフトウェアの複製、記録、分解、改造をしないものとします。お客様による本製品の
譲渡は、譲渡不可である本使用承諾の譲渡に相当します。本契約の解消または終了時、修理ま
たは変更以外の理由による商品返却時には、すべての知的財産情報を Samsung Medison に返却
するものとします。
安全に関する要件
■■分類:
XX
感電防止のタイプ:クラス I
XX
感電防止の程度 (患者との接続):BF 型装置
XX
有害な水の浸入に対する保護の程度:通常装置
XX
可燃性麻酔用物質が空気や酸素または亜酸化窒素に触れる場所で使用する場合の安全
性:この装置は、可燃性麻酔物質が空気や酸素または亜酸化窒素に触れる場所で使用す
るには適していません。
XX
運転モード:連続運転
■■電気機械的安全規格に対する適合性:
XX
医用電気機器、パート 1:基本的な安全性と性能に関する一般要件 [IEC 60601-1:2005]
XX
医用電気機器、パート 1-2:基本的な安全性と性能に関する一般要件 - 参照規格:電磁適合
性 - 要件および試験 [IEC 60601-1-2:2007]
XX
医用電気機器、パート 1-6:基本的な安全性と必要性能に関する一般要件 - 参照規格:操作
性 [IEC 60601-1-6:2006]
XX
医用電気機器、パート 2-37:医療用超音波診断および監視装置の基本的な安全性と必要性能
の特定の要件 [IEC60601-2-37:2007]
XX
医用電気機器、パート 1:安全性に関する一般要件 [IEC 60601-1:1988 with A1:1991 and
A2:1995]
XX
医用電気機器、パート 1:安全性に関する一般要件 – 1 参照規格:医用電気装置の安全性 [IEC
60601-1-1:2000]
XX
医用電気機器、パート 1:安全性に関する一般要件 - 2 参照規格:電磁適合性 - 要件および試
験 [IEC 60601-1-2:2001, A1:2004]
XX
医用電気機器、パート 1:安全性に関する一般要件 - 4 参照規格:プログラマブル電気医用装
置 [IEC 60601-1-4: 1996, A1:1999]
XX
医用電気機器、パート 2:安全性に関する特定要件-37 医療超音波診断およびモニタ機器
[IEC60601-2-37: 2001 with A1:2004, A2:2005]
XX
医療機器 – 医療機器へのリスク管理の適用 [ISO 14971:2007]
XX
医用電気機器、パート 1:安全性に関する一般要件 [UL60601-1:2003]
XX
医用電気機器 - パート 1:基本的な安全性に関する一般要件 [CAN/CSA 22.2 No.601.1-M90:1990,
with R2003, with R2005]
XX
医療機器の生物学的評価 [ISO10993 : 2009]
XX
医療診断用超音波装置の音波出力レポートの標準的手法 [IEC61157:2007]
■■宣言
カナダと米国の CSA シンボルマークです。
製品に該当する EEC 指令および欧州通知機関の指示に準拠する製造業者の適合
宣言です。
該当する EEC 指令に製品が準拠していることをメーカーが宣言するものです。
韓国適正製造基準 (品質システム規定) の GMP シンボルマークです。
本製品使用の注意事項
本書または超音波診断装置を使用する前に、上記の分野を熟知していることが必要です。
■■このユーザーガイドは製品の近くに保管し装置の使用時に適宜ご参照ください。
■■特に、第 1 章「安全性」と第 8 章「メンテナンス」には重要な安全情報が記載されています。
これらの章については、ご使用前に必ずご確認してください。
■■本書には診断結果および診断評価に関する記載はありません。また、アプリケーションの計測
結果を使用する前に、計測エリアに関する参照情報もご確認ください。
■■この製品は超音波診断装置です。ユーザーのコンピューターからは利用できません。Samsung
Medison 社は、本装置がユーザーのコンピューターで運用されている場合の不具合については
一切責任を負いません。
■■本装置は必ず医師、または医師の監督の下で使用してください。資格を有しない方は本製品を
使用しないでくだ さい。
■■当社は、ユーザーの不注意や不履行がが原因で生じた機械の損傷について、責任を負いかねま
せん。
■■本書に掲載されている内容および仕様は予告なく変更されることがあります。
■■Samsung Medison 以外の製品名は、各々の所有会社の商標になっている場合があります。
■■ユーザーが意識する必要がある安全上の注意事項を強調するために、以下の用語が使用されて
います。
危険: 「危険」警告を無視すると、生命に関わる危険が生じる可能性があります。
警告: 重大な事故や器物破損を防ぐために、付随情報に従う必要があります。
注意: 事故や器物破損を回避する上で、付随情報が役に立ちます。
注記:
注意を要するが、危険な状況に直接つながる可能性のほとんどない、インストール、操
作、メンテナンスなどの手順について説明した付随情報です。
サポートが必要な場合
サービスマニュアルや装置に関するサポートが必要な場合は、Samsung Medison カスタマーサ
ービスまたは最寄りの代理店までご連絡ください。
改訂履歴
本書の改訂履歴は以下の通りです。
ドキュメント
日付
注記
M359-J10000-01
2012-05-15
初版
装置のアップグレードと手動設定の更新
本製品のアップグレードは、ハードウェアとソフトウェアの両方またはいずれか一方のアップグレ
ードを意味します。アップグレードが必要な場合、変更点を反映するために更新された操作説明書
が発行されます。
本書の改訂版が、製品に添付されている操作説明書と一致していることを確認してください。一致
していない場合は、Samsung Medison カスタマーサービスまでご連絡ください。
目次
目次
第1章
安全性
用途 ....................................................................................................................................................................1-3
禁忌 ......................................................................................................................................................................................... 1-3
安全に関する情報 ......................................................................................................................................1-4
安全記号 ............................................................................................................................................................................... 1-4
ラベル .................................................................................................................................................................................... 1-6
電気的安全性 ................................................................................................................................................1-7
感電の防止 .......................................................................................................................................................................... 1-7
心電図関連情報 ................................................................................................................................................................ 1-8
静電気放電(ESD) ........................................................................................................................................................ 1-8
電磁干渉(EMI).............................................................................................................................................................. 1-9
電磁適合性(EMC) ....................................................................................................................................................... 1-9
機械的安全性 ............................................................................................................................................. 1-16
安全に関する注意 .........................................................................................................................................................1-16
機器の移動 ........................................................................................................................................................................1-17
生物学的安全性 ........................................................................................................................................ 1-18
ALARA の原則 ...................................................................................................................................................................1-18
トレーニング ...................................................................................................................................................................1-32
環境保護 ....................................................................................................................................................... 1-33
バッテリーパック ................................................................................................................................... 1-34
第2章
導入
仕様 ....................................................................................................................................................................2-3
製品構成 ..........................................................................................................................................................2-6
モニター ............................................................................................................................................................................... 2-7
コントロールパネル ...................................................................................................................................................... 2-9
コンソール ........................................................................................................................................................................2-15
周辺機器 .............................................................................................................................................................................2-17
バッテリーパック .........................................................................................................................................................2-19
プローブ .............................................................................................................................................................................2-21
MySono U6 カート(別売)......................................................................................................................................2-22
付属品 ..................................................................................................................................................................................2-23
オプション機能 ..............................................................................................................................................................2-23 15
操作説明書
第3章
診断の開始
電源 ....................................................................................................................................................................3-3
AC アダプターの接続..................................................................................................................................................... 3-3
電源をオンにする ........................................................................................................................................................... 3-4
電源をオフにする ........................................................................................................................................................... 3-4
モニターとオーディオ ............................................................................................................................3-5
モニターの明るさ調整 ................................................................................................................................................. 3-5
音量の調整 .......................................................................................................................................................................... 3-5
プローブとアプリケーション .............................................................................................................3-6
プローブ接続 ..................................................................................................................................................................... 3-7
アプリケーションの選択............................................................................................................................................. 3-8
プローブプリセットの変更........................................................................................................................................ 3-8
患者情報 ...................................................................................................................................................... 3-10
基本患者情報の入力 ....................................................................................................................................................3-10
アプリケーションごとの患者情報 .......................................................................................................................3-12
患者情報の検索 ..............................................................................................................................................................3-21
患者情報の管理 ..............................................................................................................................................................3-24
計測値の変更 ...................................................................................................................................................................3-31
省電力モード ............................................................................................................................................ 3-34
第4章
診断モード
情報 ....................................................................................................................................................................4-3
診断モードのタイプ ...................................................................................................................................................... 4-3
基本的な操作方法 ........................................................................................................................................................... 4-4
基本モード .....................................................................................................................................................4-6
2D モード ............................................................................................................................................................................. 4-6
M モード .............................................................................................................................................................................4-13
Color Doppler Mode(カラードプラモード) .................................................................................................4-16
Power Doppler Mode(パワードプラモード) ...............................................................................................4-20
PW スペクトラムドプラモード ..............................................................................................................................4-23
CW スペクトラムドプラモード..............................................................................................................................4-30
TDI モード ..........................................................................................................................................................................4-32
TDW モード .......................................................................................................................................................................4-34
16
目次
複合モード .................................................................................................................................................. 4-36
2D/C/PW モード ..............................................................................................................................................................4-36
2D/PD/PW モード ...........................................................................................................................................................4-36
2D/C/CW モード ..............................................................................................................................................................4-36
2D/PD/CW モード ...........................................................................................................................................................4-36
2D/C/M モード .................................................................................................................................................................4-37
2D/C Live モード .............................................................................................................................................................4-37
Dual(2 画面)モード ........................................................................................................................... 4-39
3D/4D モード.............................................................................................................................................. 4-40
3D Stand By(3D スタンバイ) ...............................................................................................................................4-41
3D View(3D ビュー)- MPR .....................................................................................................................................4-44
3D XI ......................................................................................................................................................................................4-60
第5章
計測と計算
計測精度 ..........................................................................................................................................................5-3
計測誤差の原因 ................................................................................................................................................................ 5-3
計測精度の最適化 ........................................................................................................................................................... 5-5
計測精度表 .......................................................................................................................................................................... 5-7
基本計測 ..........................................................................................................................................................5-8
距離計測 .............................................................................................................................................................................5-11
円周と面積の計測 .........................................................................................................................................................5-17
体積の計測 ........................................................................................................................................................................5-19
アプリケーションによる計測........................................................................................................... 5-22
注意事項 .............................................................................................................................................................................5-22
共通計測方法 ...................................................................................................................................................................5-26
産科計測 .............................................................................................................................................................................5-31
婦人科計測 ........................................................................................................................................................................5-39
心臓系計測 ........................................................................................................................................................................5-42
頚動脈計測 ........................................................................................................................................................................5-56
下肢動脈計測 ...................................................................................................................................................................5-62
上肢動脈計測 ...................................................................................................................................................................5-64
下肢静脈計測 ...................................................................................................................................................................5-66
上肢静脈計測 ...................................................................................................................................................................5-68
胎児エコー計測 ..............................................................................................................................................................5-70
泌尿器系計測 ...................................................................................................................................................................5-75
腹部計測 .............................................................................................................................................................................5-78
Small Parts 計測................................................................................................................................................................5-81
17
操作説明書
TCD(経頭蓋)ドプラ計測 .......................................................................................................................................5-86
筋骨格計測 ........................................................................................................................................................................5-88
小児臀部計測 ...................................................................................................................................................................5-89
Report(レポート) ............................................................................................................................... 5-91
レポートの表示 ..............................................................................................................................................................5-91
レポートの編集 ..............................................................................................................................................................5-93
コメント入力 ...................................................................................................................................................................5-95
レポートの印刷 ..............................................................................................................................................................5-95
レポートのエクスポート...........................................................................................................................................5-96
レポートの転送 ..............................................................................................................................................................5-97
Graph(グラフ)画面..................................................................................................................................................5-97
レポートの終了 ........................................................................................................................................................... 5-102
第6章
画像管理
Cine/Loop(シネ/ループ) ....................................................................................................................6-3
注釈 ....................................................................................................................................................................6-7
Text(テキスト)............................................................................................................................................................. 6-7
Body Marker (ボディーマーク)..........................................................................................................................6-11
Indicator (矢印) ..........................................................................................................................................................6-13
画像の保存と再生 ................................................................................................................................... 6-15
画像の保存 ........................................................................................................................................................................6-15
画像の再生 ........................................................................................................................................................................6-16
画像の転送と印刷 ................................................................................................................................... 6-17
画像の転送 ........................................................................................................................................................................6-17
画像の印刷 ........................................................................................................................................................................6-18
SONOVIEW .................................................................................................................................................... 6-19
Exam モード ......................................................................................................................................................................6-19
Compare モード ..............................................................................................................................................................6-21
Exam 画像の管理 ............................................................................................................................................................6-22
18
目次
第7章
ユーティリティ
ユーティリティ ...........................................................................................................................................7-3
Biopsy(バイオプシー) .........................................................................................................................7-5
Histogram(ヒストグラム) .................................................................................................................7-7
Post Curve(ポストカーブ).................................................................................................................7-9
Monitor Calibration(モニターキャリブレーション) ................................................................................. 7-9
Gamma(ガンマ) ........................................................................................................................................................7-12
2D Post(2D ポスト) ..................................................................................................................................................7-12
Color Map(カラーマップ) ....................................................................................................................................7-14
D Post(ドプラポスト) ............................................................................................................................................7-15
M Post(M ポスト) .....................................................................................................................................................7-15
Preset(プリセット)............................................................................................................................ 7-16
General(一般) .............................................................................................................................................................7-17
Display(表示) ..............................................................................................................................................................7-20
Annotate(注釈) ..........................................................................................................................................................7-24
Peripherals(周辺機器).............................................................................................................................................7-29
User Defined Key(ユーザー定義キー).............................................................................................................7-31
Miscellaneous(その他) ...........................................................................................................................................7-33
Option(オプション) ................................................................................................................................................7-35
DICOM ..................................................................................................................................................................................7-37
AutoCalc(自動計算......................................................................................................................................................7-54
About(バージョン情報)........................................................................................................................................7-55
計測の設定 .................................................................................................................................................. 7-56
General(一般) .............................................................................................................................................................7-57
OB(産科) .......................................................................................................................................................................7-66
Cardiac(心臓) ..............................................................................................................................................................7-74
Vascular(血管) ............................................................................................................................................................7-76
Urology(泌尿器科) ...................................................................................................................................................7-78
Fetal Heart(胎児心臓) .............................................................................................................................................7-80
Storage Manager(ストレージマネージャー)........................................................................ 7-82
Menu Edit(メニューの編集).......................................................................................................... 7-84
19
操作説明書
第8章
メンテナンス
動作環境 ..........................................................................................................................................................8-3
装置のメンテナンス .................................................................................................................................8-4
洗浄と消毒 .......................................................................................................................................................................... 8-4
精度チェック ..................................................................................................................................................................... 8-6
バッテリーパックの管理........................................................................................................................8-7
バッテリーパックの交換............................................................................................................................................. 8-7
バッテリーパックの充電............................................................................................................................................. 8-8
バッテリーパックの保管............................................................................................................................................. 8-9
バッテリーパックの廃棄...........................................................................................................................................8-10
データ管理 .................................................................................................................................................. 8-11
ユーザー設定のバックアップ.................................................................................................................................8-11
患者情報のバックアップ...........................................................................................................................................8-11
ソフトウェア ...................................................................................................................................................................8-11
第9章
プローブ
プローブ ..........................................................................................................................................................9-3
超音波用ゲル ..................................................................................................................................................................... 9-8
プローブ用カバーの使用............................................................................................................................................. 9-9
プローブの安全に関する注意事項 .......................................................................................................................9-10
プローブの洗浄と消毒 ...............................................................................................................................................9-12
バイオプシー ............................................................................................................................................. 9-20
バイオプシーキットの構成部品 ............................................................................................................................9-20
バイオプシーキットの使用......................................................................................................................................9-21
バイオプシーキットの洗浄と消毒 .......................................................................................................................9-23
バイオプシーキットの組み立て ............................................................................................................................9-25
リファレンスマニュアル
Samsung Medison は、MySono U6 の追加リファレンスマニュアル (英語版) を用意しています。
20
1章
第
安全性
‹‹用途 ................................................................... 1-3
禁忌 ..............................................................................................1-3
‹‹安全に関する情報 ......................................... 1-4
安全記号 ....................................................................................1-4
ラベル .........................................................................................1-6
‹‹電気的安全性.................................................. 1-7
感電の防止 ...............................................................................1-7
心電図関連情報......................................................................1-8
静電気放電(ESD)..............................................................1-8
電磁干渉(EMI) ...................................................................1-9
電磁適合性(EMC) ............................................................1-9
‹‹機械的安全性................................................1-16
安全に関する注意...............................................................1-16
機器の移動 .............................................................................1-17
‹‹生物学的安全性 ...........................................1-18
ALARA の原則 ........................................................................1-18
トレーニング.........................................................................1-32
‹‹環境保護 ........................................................1-33
‹‹バッテリーパック .......................................1-34
第1章 安全性
用途
MySono U6 超音波診断装置およびトランスデューサーは、人体の診断用超音波画像処理と体液
分析を目的としています。
臨床応用は、 胎児、腹部、小児、小臓器、新生児脳神経、成人脳神経、経直腸、経膣、筋骨格
(従来、表面)、成人心臓、小児心臓、末梢血管などです。
禁忌
MySono U6 装置の眼科での使用、または音響ビームが目を通過するような使用はしないでくだ
さい。
注意:
連邦法により本製品は医師からの注文または医師の指示による注文以外の販売は禁
XX
じられています。
装置の適用方法または使用方法は、本説明書の第3章「診断の開始」および第4章「診
XX
断モード」に記載されています。
1-3
操作説明書
安全に関する情報
本製品をお使いになる前に、安全事項を必ずお読みください。この章には、超音波装置、プロ
ーブ、録画装置、その他のオプション機器に関連する情報が記載されています。
MySono U6 は、医療機器を使用できる資格を持つ医師、またはその医師の指示もしくは監督下
で使用されることを前提にしています。
安全記号
国際電気標準会議(IEC:International Electrotechnical Commission)によって、潜在的な危険性
や警告を区別する、医用電子装置に対する一連の標識記号が規定されています。次の表に分類
と標識記号を示します。
記号
1-4
説明
記号
説明
AC(交流電圧)
USB ポート
DC(直流)電圧
マイクポート
電気感電の危険に対する警告
オーディオポート
隔離患者接続(タイプ BF 適合部品)
浸水の影響に対する保護
電源スイッチ(ON/OFF)
水滴からの保護
注意
プローブポート
操作説明書を参照してください。
ESD(静電気放電)注意
1000 V AC または 1500 V DC を超える
危険電圧
ビデオ(DVI-I)ポート
第1章 安全性
記号
説明
記号
説明
ネットワークポート
コントロールパネルに腰掛けないで
ください
製品を押さないでください
製品に寄りかからないでください
操作説明書に従ってください
1-5
操作説明書
ラベル
製品を安全にご使用いただく為の「警告」または「注意」のラベルが、製品に貼りつけてあり
ます。
[ラベル1. ID ラベル]
[ラベル2. 製品の外側の下部に貼られている警告]
1-6
第1章 安全性
電気的安全性
本製品は、タイプBFのクラスⅠ機器として分類されています。
感電の防止
警告:
本装置は、外部の録画装置やモニター装置が適切に接地されていない場合、感電の
XX
恐れがあります。
装置のカバーは取り外さないでください。本製品は高電圧を使用しています。製品
XX
内部の修理や部品の交換作業は、必ず Samsung Medison のカスタマーサービスに依
頼してください。
使用前には必ず、製品の外装、ケーブル、コード、プラグに損傷がないか確認して
XX
ください。表面に亀裂、欠損、破損などがある場合や、ハウジングが損傷している
場合、またはケーブルが擦り切れている場合には、使用せずに電源コードをコンセ
ントから抜いてください。
装置の清掃時には、必ず電源コードを抜いてください。
XX
高圧除細動器を使用する場合は、その使用前に、患者と接触するすべての装置(プロー
XX
ブなど)を患者から取り外してください。
可燃性の麻酔ガスや酸化ガスの使用は避けてください。爆発の原因となる場合があ
XX
ります。
オペレータが電源から簡単に取り外せなくなるような方法で装置を取り付けないで
XX
ください。
Samsung Medison が推奨している AC アダプターだけを使用してください。
XX
注意:
絶縁変圧器の設置は、電圧の急激な変化から装置を保護します。絶縁変圧器は装置
XX
がスタンバイ状態の場合も動作し続けます。
電源コードを液体に浸さないでください。電源ケーブルは防水仕様ではありません。
XX
患者を診断している間は、製品の背部にある入出力端子(SIP/SOP)に触れないでく
XX
ださい。漏電による感電の危険があります。
医用電気装置に接続する追加装置は、該当する IEC 基準を満たしていなければなりません(例え
ば、データ処理装置の場合は IEC 基準 60950/EN60950、医用装置の場合は IEC60601-1/EN60601-1
)。さらに、設定はすべて医用電気装置の要件を満たしていなければなりません(IEC60601-11/EN60601-1-1 を参照)。医用電気装置の信号入力/出力ポートに追加装置を接続する場合は、
その装置が IEC60601-1-1/EN60601-1-1 に準拠していることを確認する必要があります。
1-7
操作説明書
心電図関連情報
警告:
本製品には、一次 ECG 監視機能がないため、不作動の心電計を示す方法はありません。
XX
HF 手術用機器の ECG 電極は使用しないでください。HF 手術用機器に誤動作が発生し
XX
た場合に、患者が火傷を負う可能性があります。
心臓ペースメーカー処置やその他のタイプの電気刺激装置の作動中に、ECG 電極を
XX
使用しないでください。
XX手術室では ECG リード線や電極を使用しないでください。
静電気放電(ESD)
静電気放電(ESD:ElectroStatic Discharge)(一般に静電ショックと呼ばれる)は、通常自然状
態で摩擦により発生する現象です。静電ショック(ESD)は、乾燥した状態(冷暖房の使用時な
ど)で最も発生しやすくなります。静電ショック(ESD)は、人体に蓄積された電気エネルギ
ーが、帯電が低い人体やまったくない物体へと放電される現象です。静電ショック(ESD)は、
電気エネルギーが蓄積した人が、金属製ドアノブ、ファイルキャビネット、コンピューター機
器、人など導電性のある物体と接触すると発生します。
注意:
使用者や患者から発生する静電気は、装置やプローブに損傷を与えることがあります。
XX
ESD の警告記号が記されているコネクタを使用する場合は、使用前に静電気放電防止
XX
手順を必ず実行してください。
−−カーペットやリノリウム床に静電気防止スプレーを散布してください。
−−静電気防止マットを使用してください。
−−装置と患者用テーブルまたはベッドの間にアースを設置してください。
静電気放電関連の警告記号とその予防手順について、トレーニングを実施すること
XX
をお勧めします。
1-8
第1章 安全性
電磁干渉(EMI)
本製品は既存の電磁干渉(EMI:ElectroMagnetic Interference)要件に準拠して製造されています
が、電磁波の存在する場所で装置を使用すると、超音波画像の劣化や製品の損傷が起きる可能
性があります。
この現象が頻繁に発生する場合は、装置の使用環境を再検討し、干渉の発生源を調査すること
をお勧めします。電磁波は、同室内や近接室内で使用されている別の電気装置から発生してい
ることがあります。携帯電話やポケットベルのような通信機器が干渉源になることもありま
す。また、近くのラジオ、テレビ、電子レンジが干渉源になる場合もあります。
注意: 機器への損傷を引き起こす可能性のある危険を示します。
電磁適合性(EMC)
本製品の電磁適合性(EMC:Electromagnetic Compatibility)テストは、医用装置の EMC 国際標
準規格(IEC60601-1-2)に準拠して実施されています。ヨーロッパでは、この IEC 規格は欧州規
格(EN60601-1-2)として採用されています。
ガイダンスおよびメーカー宣言 - 電磁波放射
本製品は下記に指定する電磁環境で使用するように設計されています。ユーザーは、本製品
が以下の環境で使用されていることを確認してください。
放射試験
適合基準
高周波放射
CISPR 11
グループ1
高周波放射
CISPR 11
クラス B
高調波放射
IEC 61000-3-2
クラス A
フリッカー放射
IEC 61000-3-3
準拠
電磁環境ガイダンス
超音波装置では、内部機能用に高周波エネルギーが使
用されます。したがって、その高周波放射は非常に低く、
付近の電子機器の干渉源となることはほとんどありま
せん。
超音波装置は、家庭設備および家庭用に使用されてい
る建物の低圧電源供給網に直接接続している設備を含
むあらゆる施設での使用に適しています。
1-9
操作説明書
EMC に関して認可されているケーブル、トランスデューサー、および付属品
■■電磁規制認可ケーブル
本製品で使用されているケーブルは製品の電磁波放射レベルに影響を及ぼす可能性があり
ます。したがって、以下に提示されているタイプと長さに適合したケーブルのみを使用し
てください。
ケーブル
タイプ
長さ
DVI
シールド
標準
USB
シールド
標準
LAN(RJ45)
ツイストペア
任意
MIC
非シールド
任意
プリンタリモート
非シールド
任意
オーディオ R.L
シールド
標準
■■プローブ
本製品で使用した場合に、国際基準規格CISPR 11 で規定されているグループ1クラスBの要
件を満たしていることが証明されています。
■■電磁規制認可付属品
本製品で使用されている付属品が電磁波放射に影響を及ぼす場合があります。
注意:
所有している周辺機器を接続する場合は、あらかじめ本装置とその付属品の電磁適
XX
合性を確認する必要があります。CISPR 11 または CISPR 22 のクラス B に適合する機器
のみを使用してください。
警告: 承認されていないケーブル、トランスデューサーおよび付属品を使用すると、電
磁波の放射を増加させたり、超音波装置の電磁波耐性が低下する恐れがあります。
1-10
第1章 安全性
耐性試験
IEC 60601 試験レベル
適合レベル
静電気放電(ESD)
± 6KV Contact
± 6KV Contact
IEC 61000-4-2
± 8KV air
± 8KV air
電気的高速過渡現
象
IEC 61000-4-4
± 2KV
電源ライン
± 1KV
入出力ライン
± 2KV
電源ライン
± 1KV
入出力ライン
サージ
± 1KV 差動モード
± 1KV 差動モード
IEC 61000-4-5
± 2KV コモンモード
± 2KV コモンモード
<5% Uт(0.5 cycles)
(>95% dip in Uт)
<5% Uт(0.5 cycles)
(>95% dip in Uт)
電力供給入力ライ
40% Uт(5 cycles)
ンの電圧ディップ、
(60% dip in Uт)
短時間停電、電圧
変動
70% Uт(25 cycles)
(30% dip in Uт)
IEC 61000-4-11
<5% Uт(5 s)
(<95% dip in Uт)
電力周波数
(50/60Hz)磁界
3 A/m
40% Uт(5 cycles)
(60% dip in Uт)
70% Uт(25 cycles)
(30% dip in Uт)
<5% Uт(5 s)
(<95% dip in Uт)
3 A/m
IEC 61000-4-8
電磁環境ガイダンス
床は木、コンクリートま
たはセラミックタイル貼
りとする。
床が合成材料で覆われて
いる場合は、相対湿度が
30% 以上であること。
主電源の特性は、標準的
な商用または病院環境の
特性であること。
主電源の特性は、標準的
な商用または病院環境の
特性であること。
主電源の特性は、標準的
な商用または病院環境の
特性であること。停電時
に本装置の動作を継続す
る必要がある場合は、本
製品の電源を無停電電源
装置またはバッテリーか
ら供給することをお勧め
します。
電源周波数の磁界は標準
的な商用または病院環境
特有の水準であること。
注記:Uт は、試験レベル電圧を適用する前の交流主電源電圧です。
1-11
操作説明書
耐性試験
導電性高周波
IEC 61000-4-6
IEC 60601
試験水準
3 Vrms
150 kHz
∼ 80 MHz
電磁
環境 - ガイダンス
適合レベル
0.01V
ポータブルおよび移動式の高周波通信機器は、
超音波装置のあらゆる部分(ケーブルを含む)
から、その機器の送信周波数に適用される数式
で算出された推奨分離距離より遠い位置で使用
すること。
推奨分離距離
80MHz ∼ 800MHZ
800 MHz ∼ 2.5 GHz
放射高周波
IEC 61000-4-3
3 V/m
80 MHz
∼ 2.5GHz
3 V/m
ここで、P は送信機メーカーが規定する送信機
の最大出力定格(W)、d は推奨分離距離(m)
を示します。
電磁場に関する現場調査 a によって査定された
固定高周波送信機による電界強度が各周波数範
囲で適合レベル未満であること。b
下記の記号が付いた機器の近くでは干渉が発生
することがあります。
注記1:80 MHz および 800 MHz では、より高い周波数範囲が適用されます。
注記2:上記のガイドラインはすべての状況に適用されるわけではありません。電磁波の伝播は
建物、物体、人体などの吸収や反射に影響されます。
a
無線(携帯 / コードレス)電話、地上移動無線基地局、アマチュア無線、AM/FM ラジオ放送や
テレビ放送などの固定送信機による電界強度を正確に予測することは理論的に不可能です。固定
高周波送信機による電磁環境の評価には、電磁場に関する現場調査の実施を検討する必要があり
ます。超音波装置の設置場所で測定された電界強度が上記で該当する高周波の適合性基準以上の
場合は、その超音波装置を観察し、動作が正常であること検証する必要があります。性能に異
常がある場合には、超音波装置の向きや位置を変更するか、より高い高周波シールド効果とフィ
ルタ減衰性能を使用して遮蔽された場所を利用するなどの追加対策が必要です。
b
150kHz ∼ 80MHz までの周波数範囲の磁界強度は [V1] V/m 未満でなければなりません。
1-12
第1章 安全性
ポータブル/モバイル高周波通信機器と MySono U6 間の推奨距離
本製品は、高周波放射妨害が制御されている電磁環境で使用するように設計されています。
ポータブル/モバイル高周波通信機器(送信機)の最大出力に応じて、以下で推奨するように
通信機器と本製品との距離を最小限に保つことにより、本製品は電磁干渉を防ぐことができ
ます。
送信機の周波数に応じた分離距離 [m]
150 kHz ∼ 80 MHz
80 MHz ∼ 800 MHz
800 MHz ∼ 2.5 GHz
V1=0.01Vrms
E1=3 V/m
E1=3 V/m
0.01
35.00
0.11
0.23
0.1
110.68
0.36
0.73
1
350.00
1.16
2.33
10
1106.80
3.68
7.37
100
3500.00
11.66
23.33
送信機の最大定格出力
[W]
最大出力が上記以外の送信機の推奨分離距離 d(m)は、送信機の周波数に適用される数式で推定するこ
とができます。この場合、p は送信機メーカーが規定した送信機の最大定格出力(W)です。
注記1:80 MHz および 800 MHz では、より高い周波数範囲が適用されます。
注記2:上記のガイドラインはすべての状況に適用されるわけではありません。電磁波の伝播は建物、
物体、人体などの吸収や反射に影響されます。
電磁環境ガイダンス
超音波装置は、少なくとも最小限の高周波シールド効果を備えた遮蔽された場所でのみ使用
し、使用するケーブルもすべてシールドを施す必要があります。この遮蔽場所の外側での、
電磁場の現場調査で査定された固定高周波送信機による電界強度は、3V/m 未満である必要が
あります。
遮蔽場所の実際のシールド効果とフィルタ減衰が最低限の仕様に合致していることを必ず確
認してください。
注意: 本製品を LAN または所有している他のリモートデバイスに接続した場合、電磁波
現象により発生する問題対してはSamsung Medisonは責任を負いかねます。
1-13
操作説明書
電磁干渉(EMI)の防止
超音波画像装置への干渉には、電磁現象によってさまざまな状態があります。次の表を参照
してください。
画像処理モード
ESD1
RF2
2D または 3D
操作モードや装置設定の
変更、装置リセットが発
生する。
セクタープローブでは、
画像の中央線に白い放射
状の帯または閃光が表示
される。
表示画像または記録画像
に閃光が走る。
リニアプローブでは、垂
直の帯が表示される。こ
の帯は、画像の両端部分
で強調されて表示される
場合もある。
電源ケーブル3
白い点、破線、対角線、
画像の中心付近で対角線
が表示される。
M
画像の背景ノイズの増加
または白い M モードライ
ンの増加が起こる。
白い点、破線、対角線、
画像の背景ノイズの増加
が起こる。
カラー
色付きの閃光、放射状ま
たは垂直な帯、背景ノイ
ズの増加、またはカラー
画像の変化が起こる。
色付きの閃光、点、破線、
カラーノイズレベルの変
化が起こる。
ドプラ
スペクトラム表示内の水平
ライン、または音声内の
トーンや異常なノイズ、あ
るいはその両方が起こる。
スペクトラム表示内の垂
直ライン、または音声内の
弾けるようなノイズ、あ
るいはその両方が起こる。
1. ESD は絶縁面または人に蓄積した電荷が放出されることによって引き起こされます。
2. RF(高周波エネルギー)は携帯電話、携帯型ラジオ、無線機器、商業ラジオおよびテレビなどの高周
波送信機器からによるものです。
3. 電源のオン / オフ、電気的制御、および雷などの自然現象によって引き起こされる電線または接続ケ
ーブル上の伝導性干渉。
1-14
第1章 安全性
医用装置は、EMI を発生する場合と受ける場合があります。EMC 規格においては、電磁波障
害の発生や影響に対する検査が実施されています。
Samsung Medison 製の超音波製品は、その規格レベルを超える電磁干渉を発生することはあ
りません。
超音波装置は無線周波数の信号を受信するように設計されているため、高周波エネルギー源
の発生する干渉に敏感に反応します。その他の干渉源としては、医用装置、情報技術製品、
ラジオやテレビの送信搭などがあります。場合によっては、干渉源を追跡するのが難しいこ
ともあります。干渉源を探す場合は、次の点を考慮してください。
XX
電磁波障害が間欠的に発生しているか、あるいは持続的に発生しているか。
XX
同じ周波数で1つのプローブが動作している場合のみ干渉が発生するか、あるいは複数
のプローブで発生するか。
XX
2種類のプローブを同じ周波数で使用している際に同じ問題が発生するか。
XX
装置を施設内の別の場所に移動した場合にも干渉は発生するか。
上記項目の確認は、問題の原因が装置とスキャン環境のどちらにあるかを判定するために役
立ちます。各項目をご確認頂き、最寄りの Samsung Medison カスタマーサービスへご連絡く
ださい。
1-15
操作説明書
機械的安全性
安全に関する注意
注意:
製品には強い力を加えないでください。
XX
本製品の据え付けと使用は安定した場所で行ってください。Samsung Medison カート
XX
(別売)の使用をお勧めします。
本製品を膝に載せて使用しないでください。やけどをする恐れがあります。
XX
製品は絶対に改造しないでください。
XX
本製品を使用しない期間が長く続いた後で再び使用する場合は、安全な操作に関す
XX
る注意に目を通してください。
装置には金属片などの異物が入らないようにしてください。
XX
通気口はふさがないようにしてください。
XX
電源が入った状態で鞄やその他の密閉した空間内に本製品を保管しないでください。
XX
電源コードの損傷を防ぐため、電源コードを外す時にはコードではなく 必ずプラグ
XX
部を握るようにして下さい。
患者に接触する部品のケーブルを過剰に曲げたり、あるいはねじると、装置の故障
XX
や動作の一時停止の原因になる場合があります。
患者に接触する部分を適切に洗浄または滅菌しないと、損傷を引き起こす危険があ
XX
ります。
機器の保護、洗浄、消毒の詳細については、第8章「メンテナンス」を参照してください。
1-16
第1章 安全性
機器の移動
本製品の背部にあるハンドルを握り、製品をゆっくりと移動させます。または、Samsung
Medison カート(別売)を使用することもできます。
注意: 移動させる前に必ず、本製品の電源を切り、すべてのケーブルを抜いてください。
注記: 専用のカートを利用する場合は、傾斜面に止めて置かないでください。傾斜面に
止めて置く場合は、タイヤをロックしてください。平坦でない場所にカートを置いた
ままにしなければならない場合は、キャスターに付いているブレーキをきかせてくださ
い。
1-17
操作説明書
生物学的安全性
警告:
超音波は、細胞に悪影響を及ぼす可能性があるため、患者に害を与える場合があり
XX
ます。医学的利点がない場合には、照射時間を最低限に抑えると共に超音波出力を
低レベルに維持してください。詳細は、ALARA の原則を参照してください。
有害な条件があることを示すエラーメッセージが画面に表示された場合は、装置を
XX
使用しないでください。エラーコードを記録し、装置の電源を切ってから、最寄り
の Samsung Medison カスタマーサービスにご連絡ください。
正常ではない異常な作動をする場合は使用しないでください。スキャニング処理が
XX
中断してしまう場合は、ハードウェア障害の可能性があります。
本装置の最高接触温度は 43℃ に制限されており、超音波出力は米国 FDA 規則が規定
XX
する要件を満たしています。
ALARA の原則
超音波装置による診断は、「合理的に達成可能な限り低く」(ALARA:As Low As Reasonably
Achievable)の原則に従って行うことをお勧めします。何が合理的であるかということについて
は、資格を持つ人の判断と洞察に委ねられています。あらゆる状況に対応できる正確かつ十分
な規則を定めることはできませんが、 診断時に超音波の照射を最小限にして超音波による生体
への影響を減らすことができます。
診断用超音波による生体作用へのしきい値は確定されていないため、検者は患者に送られる総エ
ネルギーの制御を責任をもって管理しなければなりません。検者は、診断画像の品質と照射時間
を適切に調整する必要があります。本超音波装置には、診断画像の品質を保証しながら照射時間
を制限するために、検査中に操作して結果を最適化できる制御装置が搭載されています。
ユーザーに ALARA の原則を守る能力があることも重要です。診断用超音波の技術的進歩、およ
び技術適用における進歩により、ユーザーに提供される情報の量と質の向上が求められていま
す。出力指数はその重要な情報を提供するように設計されています。
ALARA の原則を実施するにあたり、出力表示指数に影響を与える様々な変数があります。変数
には、体重、身体のサイズ、焦点に対する骨の位置、体内での減衰、超音波の照射時間などが
あります。超音波照射時間は、検者が調整できる変数です。ALARA の原則の実現には、一定の
時間内で指数値を制限する能力が重要になります。
1-18
第1章 安全性
ALARA の原則の適用
装置の画像モードは必要となる情報により異なります。2D モードと M モードの画像では、解
剖学的情報が得られる一方、ドプラ(Doppler)、パワー(Power)、およびカラー(Color)
の各画像モードでは血流情報が得られます。2D モード、パワー、カラーなどのスキャンモ
ードは、超音波エネルギーをある領域全体に分散または散乱させます。M モード、ドプラモ
ードなどの非スキャンモードでは、超音波エネルギーは一点に集束します。検者が、使用す
る画像モードの性質を理解し、情報に基づいた判断を行うことで ALARA 原則を実現できる
ようになります。プローブの周波数、システムの設定値、スキャン技術、使用者の経験など
が、ALARA 原則の定義に準じる上で必要な要素となります。最終分析における音響出力量の
決定は装置の使用者が行います。この決定は、 患者のタイプ、検査のタイプ、患者の病歴、
診断に有用な情報収集の難易度、プローブの表面温度による患者の部分的熱変化などに基づ
いて行われる必要があります。装置を慎重に使用し、適切な診断結果を得るために、必要最
低限の時間で患者への照射量を最小指数に抑えてください。
高い指数値は生体作用が実際に発生していることを示しているわけではありませんが、深刻
に受け止める必要があります。高い指数が悪影響を与える可能性があるため、その影響を減
らすように注意する必要があります。照射時間を制限することも効果的な方法です。
使用者がイメージの画質を調整し、音響強度の制限に利用できるシステム調整がいくつかあ
ります。このような調整は、使用者による ALARA の実現に必要なスキルと関連しており、 直
接、間接、レシーバコントロール の3種類に分類されます。
直接コントロール(Direct Controls)
アプリケーション選択と出力強度の調整は、音響強度に直接影響します。選択によって強度
や出力の許容範囲が異なります。アプリケーションに対して適切な音響強度の範囲を選択す
ることは、どの検査でも優先事項の1つです。例えば、末梢血管の検査に使用される強度レ
ベルを胎児検査で使用することは適切ではありません。特定の手順に対して適切な範囲を自
動的に選択する装置もありますが、手動で選択することが必要な装置もあります。最終的に
は、ユーザーが適切な臨床使用の責任を負うことになります。Samsung Medison 製の装置で
は、自動設定とユーザー定義の設定の両方を使用できます。
出力は、音響強度に直接影響します。アプリケーションが設定されると、出力制御により強
度出力を増減できます。出力制御機能によって、最高強度レベルより低い値のみが選択可能
となります。装置を慎重に使用するために、良好な画質が得られる最も低い出力強度を選択
してください。
1-19
操作説明書
間接コントロール(Indirect Controls)
間接コントロールは、音響強度に間接的な影響を与えるもので、 画像モード、パルス繰り
返し周波数(pulse repetition frequency)、フォーカス深度(focus depth)、パルス幅(pulse
length)、プローブ選択などに影響します。
画像モードの選択により、超音波ビームの特性が決まります。2D モードはスキャンモードで
あり、ドプラモードは静止または非スキャンモードです。静止超音波ビームでは、エネルギー
を1カ所に集中させます。非スキャンモードでは、移動中またはスキャンされた超音波ビーム
によってエネルギーは広範囲に分散されますが、必要に応じて特定の範囲に収束されます。
パルス繰り返し周波数またはパルス繰り返し率とは、一定期間に発生するエネルギーの超音
波バースト数を意味します。パルス繰り返し周波数が高いほど、一定期間におけるエネル
ギーのパルスが多くなります。パルス繰り返し周波数に影響を及ぼす制御はいくつかありま
す。フォーカス深度、表示深度、サンプルボリューム深度、カラー感度、フォーカスゾーン
数、およびセクター幅コントロールなどです。
超音波ビームのフォーカスは、画像解像度に影響を与え、 異なるフォーカスゾーンで解像度
を維持、あるいは向上させるためには、そのフォーカスゾーンに対する出力を調整する必要
があります。この出力調整は、システムの最適化機能の1つです。検査ごとに必要なフォー
カス深度は異なります。フォーカスを適切な深度に設定すると、対象の構造物の解像度が向
上します。
パルス幅は、超音波が発生する時間を示します。パルス幅が大きいほど、時間平均強度値が
上がります。時間平均強度が大きいほど、温度上昇とキャビテーションの可能性が高まりま
す。パルス幅、超音波発生の長さ、およびパルス持続時間は、パルスドプラモードでの出力
パルスの持続時間です。ドプラサンプルボリュームを上げるとパルス幅も増加します。
プローブの選択も強度に間接的な影響を及ぼします。組織減衰は周波数によって変化しま
す。プローブの使用周波数が高いほど、超音波エネルギーの減衰が大きくなります。プロー
ブ使用周波数が高くなると、深い深度でのスキャンを行うための高い出力強度を必要としま
す。同じ出力強度でより深いスキャンを行うには、プローブ周波数を低くする必要がありま
す。画質の改善につり合わないほどの高いゲインと出力を使用するためには、プローブ周波
数を低くしなければなりません。
1-20
第1章 安全性
レシーバーコントロール(Receiver Controls)
レシーバーコントロールは、画質を高めるために使用します。この制御は出力には影響を与
えません。レシーバーコントロールは、超音波エコーがどのように受信されるかということ
だけに影響を与えます。これらの制御には、ゲイン、TGC、ダイナミックレンジ、イメージ
プロセッシングなどがあります。出力に関しての重要な注意事項として、出力を増加する前
にレシーバーコントロールを最適化する必要があります。例えば、出力を増加する前にゲイ
ンを最適化し、画質を高めます。
補足事項(Additional Considerations)
スキャン時間を最短に抑え、医療上必要なスキャンのみ実施してください。検査を急ぐあま
り画質を落とすようなことがあってはなりません。精度の低い検査を行うと補足検査や再検
査が必要となり、照射時間が増加する結果となります。超音波診断装置は、他の医療機器と
同様に効率的、効果的に使うべきです。
出力表示機能(Output Display Features)
本製品の出力表示には、 メカニカルインデックスとサーマルインデックスの 2 つの基本指数
があります。サーマルインデックスは、軟組織(TIs)、骨(TIb)、および頭蓋骨(TIc)に
分類されます。これらの3つのサーマルインデックスのうち必ず1つは常に画面上に表示さ
れます。どれが表示されるかは、アプリケーションによる装置の設定やユーザーの選択によ
り決まります。
メカニカルインデックスは 0.0 ∼ 1.9 の範囲で 0.1 刻みで表示されます。サーマルインデック
スは3種類の指数で構成されていますが、画面上に表示される指数は常に1種類のみです。
プローブのアプリケーションごとに、その組み合わせに適したデフォルトの選択が用意され
ています。TIb または TIs はプローブとアプリケーションに基づいて、0.0 から最高出力までの
範囲で 0.1 刻みで表示されます。
各アプリケーションに特有のデフォルト設定も、指数動作の重要な要素です。デフォルト設
定は、製造元が設定しています。装置には、プローブのアプリケーションに応じたデフォル
トの指数設定が用意されています。デフォルト設定は、電源スイッチをオンにしたとき、新
しい患者データをシステムのデータベースに入力したとき、またはアプリケーションを変更
したときに超音波装置によって自動的に呼び出されます。3種のサーマルインデックスのう
ちのどのインデックスが表示されるかは次の基準で決められます。
用途に適した指数:軟部組織の検査には TIs、骨や骨付近のフォーカスには TIb が使用されま
す。体液や骨の位置または血流などの要因により、サーマルインデックス値が不自然に高く
なったり低くなったりすることがあります。例えば、減衰が激しい組織の温度が、サーマル
1-21
操作説明書
インデックスの表示可能範囲未満になる場合があります。
操作にスキャンモードと非スキャンモードのどちらを使用しているかもサーマルインデック
スに影響を与えます。スキャンモードは表面近くで熱を感知しやすく、非スキャンモードは
フォーカスゾーンのより深いところで熱を感知しやすい傾向があります。
超音波の照射時間は常に制限してください。ただし、検査は急いで行わないでください。指
数値を最小に保ちながら、診断の感度を下げずに照射時間を制限するようにしてください。
■■メカニカルインデックスの表示(Mechanical Index (MI) Display)
機械的かつ身体的影響は、一定レベルの出力を超えた場合に発生するしきい値現象です。
ただし、しきい値のレベルは、組織の種類によって異なります。機械的かつ身体的影響の
発生する可能性は、ピーク時の圧力と超音波周波数によって変わります。MI は、これら 2
つの要因を表します。MI 値が高いほど、機械的かつ身体的影響が発生する可能性は高くな
ります。しかし、機械的作用が実際に発生していることを示す特定の MI 値は存在しませ
ん。MI は、ALARA 原則を施行するためのガイドとしてのみ使用してください。
■■サーマルインデックスの表示(Thermal Index (TI) Display)
TI は体の表面、組織内、あるいは骨などの超音波ビームのフォーカスポイントで起こる温
度上昇に関する情報をユーザーに知らせます。TI は、特定の身体組織における温度上昇の
推定値です。温度上昇の実際の値は、組織の種類、血管分布、操作モードなどにより異な
ります。TI は、ALARA 原則を施行するためのガイドとしてのみ使用してください。
TIb(骨サーマルインデックス)は、超音波ビームが、例えば妊娠第二期または第三期の
胎児骨などの軟組織や体液を通過したときにフォーカスポイントまたはその付近で加熱が
起こる可能性を示します。TIc(頭蓋骨サーマルインデックス)は、例えば頭蓋骨など体の
表面またはそれに近い部位にある骨に加熱が起こる可能性を示します。TIs(軟組織サーマ
ルインデックス)は、柔らかく均一な組織の内部に加熱が起こる可能性を示します。TIc
は、Transcranial のアプリケーションを選択すると表示されます。
■■MI/TI
表示の精度と正確性(Mechanical and Thermal indices Display Precision
and Accuracy)
本製品の MI および TI の精度は 0.1 単位です。
本製品での MI と TI の表示精度の推定値は「音響出力表」に記載されています。これらの
精度は、プローブと装置の変動範囲、固有の音響出力モデリングでの誤差、計測の変動な
どに基づいて以下のように推定されています。
表示される値は、装置の使用者が装置を慎重にALARA原則通りに使用できるようにする
ための関連情報として解析しなければなりません。値は、検査対象の組織や臓器の実際
の物理的な値としては使用しないでください。出力表示のために使用される初期データ
1-22
第1章 安全性
は、AIUM 計測基準に従って研究所で計測された値から算出されたものです。これらの測
定値がアルゴリズムに代入され、表示される出力値が計算されます。
計測と計算のプロセスで使用される仮定には、多くの場合、保守的な値が使用されていま
す。計測と計算プロセスには、大部分の組織経路に対して実際の照射値よりも過剰な見積
もり値が組み込まれています。例えば、測定した膀胱の値は、産業標準の保守的な減衰係
数である 0.3 dB/cm-MHz を考慮して引き下げられます。
TI モデルでは、保守的な組織特性値が使用されるように選択されています。組織あるいは
骨の吸収率、血液の還流率、血液の熱容量、組織の熱伝導率に対して保守的な値が選択さ
れています。
産業標準の TI モデルでは、定常状態における温度上昇が想定されています。また、超音波
プローブは定常状態に到達するまでの十分な期間一定の位置に保持されている状態を想定
しています。
表示値の精度を推定する場合、さまざまな要因を考慮する必要があります。重要な要因に
は、ハードウェアの違い、アルゴリズムの精度推定、測定変動、プローブとシステムの変
動性などがあります。プローブの変動性は、圧電性結晶の効率、プロセスに関連するイン
ピーダンスの差異、感度の高いレンズがパラメータ変動にフォーカスを合わせることなど
によって生じます。装置のパルス電圧の制御と効率の差異も変動の原因となります。装置
に見込まれるさまざまな操作条件とパルス電圧から音響出力値を推測するアルゴリズムに
は、特有の不確定性があります。検査での測定誤差には、ハイドロフォンの較正と性能、
位置決め、調整とデジタル化の許容差、試験を行ったオペレータ間での変動などが関係し
ます。
0.3 dB/cm-MHz 減衰媒体を通した全深度での線形伝播の出力推定アルゴリズムの保守的な
仮定は、表示される精度推定値の計算では考慮されていません。線形伝播および 0.3 dB/
cm-MHz 率での定減衰は、膀胱計測およびほとんどの身体組織経路でいずれも発生するこ
とはありません。 体内の組織や臓器にはそれぞれ異なる減衰特性があります。水中では、
減衰はほとんど存在しません。体内、特に膀胱計測では、パルス電圧が増加するにつれて
非線形伝播と浸透損失が発生します。
表示精度の推定には、プローブと装置の変動範囲、音響出力モデリングに固有の誤差、計
測の変動が考慮されています。表示精度の推定値は、AIUM 計測基準に従って計測されま
す。計測時に引き起こされる誤差に基づいて行われることはありません。さらに、計測値
の非線形損失の結果にも依存しません。
1-23
操作説明書
コントロール効果 - インデックスに影響を与える調整(Control Effect Control Affecting the indices)
各種システムコントロールを調整すると、TI 値および MI 値が変化することがあります。この
変化は、電力制御装置が調整されることによって、最も明らかになります。
■■パワー(Power)
パワー制御は、装置の音響出力をコントロールします。TI と MI の 2 つのリアルタイム出力
値が 画面に表示されます。これらの値は、装置のパワーを調整することで変化します。
同時カラー、2D モード、パルスドプラなどの複合モードでは、各モードがそれぞれ TI の
合計に加算されます。ただし、1つのモードがこの合計値の主構成要素となります。表示
される MI は最大ピーク圧力を使用したモードの MI です。
2D モードの調整(2D mode Controls)
■■2D モードのサイズ(2D mode size)
アングルを狭くするとフレームレートが上がります。この操作によって TI が増加します。TI
値を装置の最大値より低く保つために、ソフトウェア制御を使用してパルス電圧を自動的に
下げるように調整される場合もあります。パルス電圧が下がると、MI の値が減少します。
■■ズーム(Zoom)
画像を拡大するとフレームレートが上がります。この操作によって TI が増加します。解像
度を上げるためにフォーカスゾーン数も自動的に増えます。この操作では、異なる深度で
ピーク強度が発生することがあるため MI が変化する場合があります。
■■持続性(Persistence)
持続性を低下させると、TI 値が減少します。パルス電圧が自動的に上がることもありま
す。パルス電圧が上がると、MI の値は増加します。
■■フォーカス数(Focal no.)
フォーカスゾーンの数を増やすとフレーム速度や焦点深度が自動的に変更するため、TI 値
と MI 値の両方が変化します。フレームレートを下げると、TIが減少します。MIの表示値は
最大ピーク強度のゾーンに対応して表示されます。
1-24
第1章 安全性
■■フォーカス(Focus)
フォーカス深度を変更すると MI が変化します。一般的に、フォーカス深度がトランスデュ
ーサー本来のフォーカスに近くなると MI 値は高くなります。
カラー/パワードプラ調整(Color and Power Controls)
■■カラー感度(Color Sensitivity)
カラー感度を上げると TI が増加します。カラーモードのスキャンには比較的長い時間がか
かります。このモードの優先パルスタイプはカラーパルスです。
■■カラー関心領域幅(Color Sector Width)
カラー関心領域幅が狭くなるほどカラーフレームレートが上がり、TI も増加します。ま
た、パルス電圧を装置の最大値より低く保つために、装置によってパルス電圧が自動的に
下げられる場合があります。パルス電圧が下がると MI が低下します。パルスドプラが使
用可能の場合、パルスドプラが主要モードのままになるため、TI の変化は大きくなりませ
ん。
■■カラー関心領域深度(Color Sector Depth)
カラー関心領域深度が深くなると、カラーフレームレートが自動的に減少するか、新しい
カラーフォーカスゾーンまたはカラーパルス幅が選択される場合があります。TI は、これ
らの効果の組み合わせによって変化します。 一般的に、TI は、カラー関心領域深度の増加
と共に減少します。MI は、優先パルスタイプ(カラーパルス)のピーク強度と一致しま
す。ただし、パルスドプラが使用可能の場合、パルスドプラが主要モードのままとなるた
め、TI の変化は大きくなりません。
■■スケール(Scale)
カラー速度範囲を増やすためにスケール調整を使用すると、TI が増加する場合がありま
す。また、装置によってパルス電圧が自動的に調整され、装置の最大値よりも低く保たれ
ます。パルス電圧が下がると、MI の値も減少します。
■■関心領域幅(Sec Width)
カラー画像処理で 2D モード関心領域幅が狭くなるほどカラーフレームレートが増加し、
TI は増加します。MI は変化しません。パルスドプラが使用可能の場合、パルスドプラが主
要モードのままとなるため、TI の変化は大きくなりません。
1-25
操作説明書
M モード/ドプラ調整(M mode and Doppler Controls)
■■速度(Speed)
M モードとドプラ掃引速度の調整は、MI に影響を及ぼしません。M モードの掃引速度が変
化すると TI が変化します。
■■同時モードおよび Update モード(Simultaneous and Update Methods)
混合モードを使用すると、パルスタイプとの組み合わせにより TI 値と MI 値の両方に影響
を与えます。TI は同時モードの使用時に、付加要因となります。TI は、自動更新とデュー
プレックス中の主要パルスタイプを表示します。表示される MI は最大ピーク圧力をもつモ
ードの MI です。
■■サンプルボリューム深度(Sample Volume Depth)
ドプラサンプルボリューム深度が深くなると、ドプラ PRF が自動的に減少する場合があり
ます。PRFが減少すると、TI 値も減少します。また、パルス電圧を装置の最大値より低く
保つために、装置によってパルス電圧が自動的に下げられる場合もあります。パルス電圧
が下がると、MI の値も減少します。
ドプラ、連続波(CW)、Mモードおよびカラーモードの画像調整
(Doppler, CW, M-mode, and Color Imaging Controls)
新しい画像モードが選択されると、TI と MI は、いずれもデフォルト設定(基本設定)に戻り
ます。各モードには、対応するパルス繰り返し周波数と最大強度点が含まれています。混合
モードまたは同時モードでは、TI 値は有効になっている各モードの値の合計値であり、MI 値
は最大デレート強度のフォーカスゾーンとモードでの MI 値となります。オフになったモード
が再度選択されると、装置は、直前のモードに戻ります。
■■プローブ(Probe)
利用可能なプローブの各モデルには、特定の接触面積、ビーム形状、および中心周波数が
指定されています。プローブを選択すると、設定値が初期化されます。工場出荷時のデフ
ォルト値は、プローブ、アプリケーション、および選択したモードによって異なります。
デフォルト値は、使用目的に対する FDA の上限値を超えないよう選択されています。
■■深度(Depth)
2D モード深度を上げると、2D モードのフレームレートが自動的に減少します。この操作
によって、TI は減少します。深度を変更すると、装置によってさらに深い 2D モードフォ
ーカス深度が自動的に選択される場合もあります。フォーカス深度が変化すると、MI が変
化する場合があります。表示される MI は、最大のピーク強度のあるゾーンの MI 値です。
1-26
第1章 安全性
■■アプリケーション(Application)
音響出力のデフォルト値は、アプリケーションを選択すると設定されます。工場出荷時の
デフォルト値は、プローブ、アプリケーション、およびモードによって異なります。 デフ
ォルト値は、使用目的に対する FDA の上限値を超えないよう選択されています。
関連ガイド文書(Related Guidance Documents)
超音波による身体影響に関する詳細および関連事項については、以下を参照してください。
1. AIUM Report, January 28, 1993, “Bioeffects and Safety of Diagnostic Ultrasound”
2. Bioeffects Considerations for the Safety of Diagnostic Ultrasound, J Ultrasound Med., Sept. 1998:
Vol. 7, No. 9 Supplement
3. Acoustic Output Measurement Standard for Diagnostic Ultrasound Equipment. (AIUM, NEMA.
1998)
4. Acoustic Output Labeling Standard for Diagnostic Ultrasound Equipment (AIUM, 1998)
5. Second Edition of the AIUM Output Display Standard Brochure, Dated March 10, 1994.(この文書
のコピーは各装置に同梱され出荷されています。)
6. Information for Manufacturer Seeking Marketing Clearance of Diagnostic Ultrasound Systems and
Transducers. FDA. September 1997. FDA.
7. Standard for Real-Time Display of Thermal and Mechanical Acoustic Output Indices on Diagnostic
Ultrasound Equipment. (Revision 1, AIUM, NEMA. 1998)
8. WFUMB. Symposium on Safety of Ultrasound in Medicine: Conclusions and Recommendations on
Thermal and Non-Thermal Mechanisms for Biological Effects of Ultrasound, Ultrasound in Medicine
and Biology, 1998: Vol. 24, Supplement1.
1-27
操作説明書
生体内で軽減された水値強度
すべての強度パラメータは水中で計測されています。水は音響エネルギーを吸収しないため、
これらの水中計測値は最悪の場合の値を表します。生物組織は音響エネルギーを吸収しませ
ん。任意のポイントの実際の強度値は、組織の量およびタイプと組織を貫通する超音波の周波
数によって決まります。体内組織内の強度値は、以下の式を使用して推測されています。
In Situ = Water [e - (0,23 alf)]
この式内の各値は次のとおりです。In Situ = 生体内強度値
Water = 水中強度値
e = 2.7183
a = 減衰係数
組織 a(dB/cm-MHz)
脳
.53
心臓
.66
腎臓
.79
肝臓
.43
筋肉
.55
l = 計測深度への皮膚ライン(cm)
f = トランスデューサー/装置/モードを組み合わせた中心周波数(MHz)
試験中に生成される超音波は、さまざまなタイプと長さの組織を貫通するため、体内の該当す
る場所の実際の強度を推定することは困難です。一般的な報告目的の場合には減衰係数 0.3 が
使用されています。したがって、通常報告される生体内強度値には次の式が使用されます。
In Situ (デレート値)= Water [e -(0,069 lf)]
この値は実際の生体内強度とは異なるため、「デレート値」という言葉が使用されています。
最大デレート強度値と最大水中値は同じ操作条件で常に発生するとは限りません。そのた
め、報告された水中最大値とデレート値は In Situ(デレート値)の式とは合致しないことが
あります。例えば、最大水中強度値が最深ゾーンにあるマルチゾーンアレイトランスデュー
サーの最大デレート強度値は、最も浅いフォーカスゾーンに存在することがあります。
1-28
第1章 安全性
音響出力と計測
診断用の超音波が初めて使用されて以来、さまざまな科学医療機関によって超音波照射
が人体に与える生物学的作用の可能性が研究されてきました。1987 年 10 月に、American
Institute of Ultrasound in Medicine(AIUM)は、生体作用委員会が作成した報告書(Bioeffects
Considerations for the Safety of Diagnostic Ultrasound, J Ultrasound Med., Sept. 1988: Vol.7, No.9
Supplement)を承認しました。超音波照射の潜在的影響について有用なデータを検討したこ
の報告書は、『Stowe 報告書』とも呼ばれています。また、1993 年1月 28 日に発表された別
の報告書『Bioeffects and Safety of Diagnostic Ultrasound』にはより新しい情報が記載されてい
ます。
本装置の音響出力は、1985 年 12 月付け『510(K) Guide for Measuring and Reporting Acoustic
Output of Diagnostic Ultrasound Medical Devices』に基づいて計測及び計算された値です。た
だしハイドロフォンは、『Acoustic Output Measurement Standard for Diagnostic Ultrasound
Equipment (NEMA UD 2-1992)』の要件に準拠しています。
音響出力表で使用されている用語と記号の定義は以下の通りです。
ISPTA.3
空間ピーク時間平均強度のデレート値(mW/cm2)。
ISPPA.3
空間ピークパルス平均強度のデレート値 (W/cm2)。グローバル最大 MI が報
告される場合、ISPPA.3 の代わりに、グローバル最大 MI の位置での IPA.3 の値
(IPA.3@MI)が報告される場合があります。
MI
メカニカルインデックス。ISSPA.3 が 190W/cm2 である場合、MI(グローバル最
大値)の代わりに ISPPA.3 位置での MI の値(MI@ISPPA.3)が報告されることが
あります。
Pr.3
報告された MI 値を生成する送信パターンに付随するピーク疎密圧のデレート値
(MPa)。
WO
超音波出力(mW)。ISPTA.3 を発生させる操作条件の場合、WO は合計時間の
平均出力を意味します。ISPPA.3 で報告の対象となる操作条件の場合、WO は
ISPPA.3 で報告された値を生成した送信パターンに付随する超音波出力を意味し
ます。
Fc
中心周波数(MHz)。MI および ISPPA.3 に対しては、Fc は、それぞれのパラメ
ータのグローバル最大値を生成させる送信パターンに関連付けられた中心周波
数を意味します。複合モードでは異なる中心周波数のビームタイプが使用され
るため、ISPTA.3 に対しては、Fc は、相当する送信パターンの中心周波数の全範
囲として定義されます。
ZSP
報告されたパラメータが計測される軸距離(cm)。
1-29
操作説明書
x-6,y-6
それぞれ、ZSP がある XY 平面の面内(方位角)-6次元および面外(立面)6
次元を意味します。
PD
該当するパラメータの報告値を生成する送信パターンに関連するパルス継続時
間(ミリ秒)。
PRF
該当するパラメータの報告値を生成する送信パターンに関連するパルス繰り返
し周波数(Hz)。
EBD
方位面と立面に対する入射ビーム寸法(cm)。
EDS
方位面と立面に対するスキャンの入射寸法(cm)。
1-30
第1章 安全性
音響計測の精度と不確実性
下表に音響計測の精度と不確実性を示します。
量
精度
総合的な不確実性
PII.3(パルス強度積分のデレート値)
3.2%
+21% ∼ -24%
WO(音響パワー)
6.2%
+/- 19%
Pr.3(疎密圧力のデレート値)
5.4%
+/- 15%
Fc(中心周波数)
< 1%
+/- 4.5%
■■系統的不確実性
パルス強度積分、疎密圧 Pr.3 のデレート値、中心周波数、パルス継続時間について、分析
では精度に対する以下の影響が考慮されます。
ハイドロフォンの較正ドリフトまたは誤差
ハイドロフォン/アンプの周波数応答
空間的平均化
配置誤差
以下を含む電圧計測精度
XX
オシロスコープの垂直精度
XX
オシロスコープのオフセット精度
XX
オシロスコープのクロック精度
XX
オシロスコープのデジタル化速度
XX
ノイズ
放射力の系統的不確実性を利用した音響パワー計測では、較正された NIST 音響出力源を利用
して計測されます。
また、IEC の技術委員会 87 の作業グループが 1993 年の9月に行った分析結果に関して、K.
Beissner が作成し、IEC の出版物第 1161 号の最初の補足として出版された文献も参考にして
います。
1-31
操作説明書
この文書には、誤差の原因や以下の項目が計測に及ぼす影響に関する分析と審議が記載され
ています。
つりあい方式較正
対象サスペンションメカニズムの吸収(または反射)
つりあい方式の線形性
超音波トランスデューサーを切り替えるまでの補外法(共鳴と熱ドリフトの補正)
対象の不完全度
対象形状と有限対象サイズの吸収(または反射)
対象のずれ
超音波トランスデューサーのずれ
水温
超音波減衰と音響ストリーミング
カップリングまたはシールドのフォイル特性
平面波の仮定
環境条件の影響
励起電圧計測
超音波トランスデューサーの温度
非線形伝播と飽和損失の影響
分析の総合的結果として、周波数範囲1∼ 10MHz においての音響パワー精度はおよそ ±10%
という値が判明しています。
トレーニング
この装置のユーザーは、装置の性能を最適化し、発生する可能性のある誤動作を把握するため
に、装置の操作を十分理解しておく必要があります。すべてのユーザーは、操作を行う前に適
切なトレーニングを受けることをお勧めします。アプリケーションのトレーニングを利用する
には、Samsung Medison カスタマーサービスまたは最寄りの代理店にお問い合わせください。
1-32
第1章 安全性
環境保護
注意:
本体と周辺機器を処分する際は、購入元に連絡するか、適切な廃棄手続きに従って
XX
ください。
廃品の廃棄処分を関連法規に従って行うことは使用者の責任です。
XX
製品内に使用されているリチウムイオン電池の交換は、Samsung Medison のサービス
XX
エンジニアによって行われる必要があります。
1-33
操作説明書
バッテリーパック
バッテリーパックを使用する前に、以下の注意に目を通し、内容を把握してください。
警告:
バッテリーパックの充電および放電とその保管温度に関するすべての指示を守って
XX
ください。推奨温度の範囲についての詳細は、第8章「メンテナンス」を参照して
ください。
バッテリーパックを接続する際には、電極の方向に注意してください。方向を間違
XX
えると、バッテリーパックがショートすることがあります。
バッテリーパックの電極が金属製のものに触れないように対策してください。
XX
バッテリーパックは分解したり改造したりしないでください。
XX
バッテリーパックを熱いものに近づけたり、バッテリーパックを火の上に置いたり
XX
しないでください。
熱を出す装置や裸火などに近い場所でバッテリーパックの保管や、そのような場所
XX
でのバッテリーパックの使用は避けてください。バッテリーパックが 60°を超える
温度下にさらされることがないように対策してください。
バッテリーパックを直射日光にさらさないでください。
XX
バッテリーパックの取り扱いに尖ったものを使用しないでください。
XX
バッテリーパックに衝撃を与えないでください。バッテリーパックを踏まないでく
XX
ださい。
バッテリーパックが損傷した場合は使用しないでください。
XX
バッテリーパックのはんだづけや修理を試みないでください。
XX
バッテリーパックを電気コンセントに接続しないでください。
XX
1か月以上 MySono U6 を使用する予定がない場合は、本体からバッテリーパックを
XX
取り外し、別個に保管してください。
注意: バッテリーパックの破裂、発火、発煙などが起きると、製品に損傷を与える可能
性があります。詳細については以下を参照してください。
バッテリーパックを水中に沈めたり、濡らしたりしないでください。
XX
バッテリーパックを電子レンジ、電気オーブン、加圧容器などに入れないでください。
XX
バッテリーパックが漏電、臭気の放出、発熱を始めた場合、バッテリーパックの使
XX
用や、可燃性の素材や物体の近くでの保管は避けてください。
臭気、熱、ゆがみといった不審な兆候に気付いた場合は、バッテリーパックを使用
XX
しないでください。
バッテリーパックの管理に関する詳細は、第8章「メンテナンス」を参照してください。
1-34
2章
第
導入
‹‹仕様 ................................................................... 2-3
‹‹製品構成 .......................................................... 2-6
モニター ....................................................................................2-7
コントロールパネル ............................................................2-9
コンソール .............................................................................2-15
周辺機器 ..................................................................................2-17
バッテリーパック...............................................................2-19
プローブ ..................................................................................2-21
MySono U6 カート(別売) ...........................................2-22
付属品 .......................................................................................2-23
オプション機能....................................................................2-23
第2章 導入
仕様
本体寸法
画像モード
グレースケール
フォーカス
プローブ
(タイプ BF / IPX7)
プローブ接続
バッテリーパック
モニター
ECG(心電図)
高さ:75.4 mm
幅:360 mm
奥行き:291 mm
重量:約 4.8 ㎏(バッテリー別)
2D モード
M モード
CDI(カラードプラ)モード
PDI(パワードプラ)モード
DPDI(ディレクショナルパワードプラ)モード
PW(パルス波)ドプラモード
CW(連続波)ドプラモード
TDI(組織ドプラモード
3D モード
4D モード
Dual(2画面)モード
Combined(複合)モード
Simultaneous(同時)モード
Zoom(ズーム)モード
256(8ビット)
フォーカス伝送、最大8点(同時に4点選択可能)
デジタルダイナミックレシーブフォーカス(連続)
Curved Linear Array:C2-5、C2-8、C4-9
Linear Array:LN5-12
Phased Array:P2-4
Endocavity Curved Linear Array:EVN4-9
Volume Probe:3DC2-6、3D4-9
CW Probe:CW2.0
1プローブポート
2プローブポート(オプション)
高さ:23.5 mm
幅:224.5 mm
奥行き:78.5 mm
重量:約 700 g
15 インチ LCD モニター
タイプ BF
2-3
操作説明書
入出力コネクタ
画像保存
アプリケーション
電源定格
計測パッケージ
最大 2,621 フレーム(シネメモリ)
最大 8,192 ライン(ループメモリ)
画像ファイルシステム
Abdomen(腹部)、Obstetrics(産科)、Gynecology(婦人科)、Musculoskeletal(筋骨格)、
Small Parts、Vascular(血管)、Cardiac(心臓)、Pediatric(小児科)、TCD、Urology(泌
尿器)
入力:AC 100 ∼ 240 V、0.7 ∼ 1.63 A、47 ∼ 63 Hz
出力:DC 19 V、7.9 A、最大 150 W
Obstetrics(産科)、Gynecology(婦人科)、Cardiology(心臓)、Carotid(頸動脈)、
Fetal Echo(胎児エコー)、UE Artery(上肢動脈)、LE Artery(下肢動脈)、UE Vein
(上肢静脈)、LE Vein(下肢静脈)、Radiology(放射線科)、TCD、Thyroid(甲状腺)、
Breast(乳線)、Testicle(睾丸)、Superficial(表面)、Pediatric Hips(小児臀部)、
MSK(筋骨格)
* 詳しくは第5章を参照してください。
信号処理
(画像保存前処理)
TGC コントロール
モード別ゲインコントロール
音響出力コントロール(調整可能)
ダイナミックアパーチャ
ダイナミックアポディゼーション
ダイナミックレンジ調整(調整可能)
画像表示エリア調整
M モードスイープ速度調整
信号処理
(画像保存後処理)
Frame average(フレームアベレージ)
Edge Enhancement/Blurring(エッジエンハンス / ブルーミング)
Gamma-scale windowing(ガンマスケールウィンドウ機能)
Image orientation(画像方向(左 / 右、上 / 下、回転))
White on black/black on white(白黒反転)
Zoom(ズーム)
計測
2-4
ビデオ(DVI-I)ポート
ネットワークポート
USB ポート
マイクロフォンポート
オーディオポート
複数のカーソルのトラックボール操作
2D モード:距離計測、楕円計測は円周と面積
M モード:距離、時間、傾斜率の連続読み取り
ドプラモード:速度とトレース
第2章 導入
周辺機器
ユーザーインターフェ
ース
USB ECG
USB Foot Switch(IPX1)
外部モニター
外部 DVD マルチ
USB ビデオプリンター
USB レーザープリンター
USB HDD
USB フラッシュメモリメディア
英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語
気圧制限
動作:700 ∼ 1,060 hPa
保管:700 ∼ 1,060 hPa
湿度制限
動作:30 - 75%
保管と配送:20 - 90%
気温制限
動作:10 ∼ 35 °C
保管と配送:-25 ∼ 60 °C
2-5
操作説明書
製品構成
本製品はモニター、コントロールパネル、コンソール、周辺機器、プローブで構成されます。
1
1 モニター
2 コントロールパネル
3 コンソール
2
4 プローブポート
5 ハンドル
5
3
4
[ 図 2.1 製品の構成部品 ]
ヒント !
動作の原理
医療用の超音波画像は、コンピュータと、プローブを通じて適用される機械的な高周波
の送受信から得られるデジタルメモリによって作成されます。機械的な超音波は体内に
分散され、密度の変化が起こる場所でエコーが発生します。例えば、組織の場合、信号
が脂肪組織から筋肉組織の領域へと通過する際にエコーが発生します。エコーはプロー
ブに戻り、そこで電気信号に再変換されます。
このエコー信号は、高度に増幅され、多数の周波数オプションおよび時間応答オプショ
ンのフィルターを持つアナログおよびデジタル回路で処理されます。その後、高周波の
電気信号は連続するデジタル画像信号に変換され、メモリに保存されます。画像がメモ
リに保存されると、画像モニターにリアルタイムで表示することができます。すべての
信号の送信、受信、処理の特性はコンピュータで制御されます。
2-6
第2章 導入
モニター
カラー LCD モニターには、超音波画像などさまざまな情報が表示されます。
画面レイアウト
モニターには、超音波画像、操作メニューなどのさまざまな情報が表示されます。画面は5
つのエリアに分けられ、下図のように配置されています。1 タイトルエリア2 画像エリア3
サムネイルエリア4 使用情報エリア5 ソフトメニュー
1
2
3
4
5
[ 図 2.2 モニターディスプレイ ]
■■タイトルエリア
患者名、病院名、アプリケーション、フレームレート深度、プローブ情報、音波出力情
報、日付、時刻が表示されます。
■■画像エリア
超音波画像が表示されます。画像情報、注釈、計測情報が表示されます。
2-7
操作説明書
■■サムネイルエリア
保存した画像が最大5個表示されます。(Save(画像保存)ボタンを押し保存します。)
サムネイルに Pointer(ポインター)を合わせ、Set(セット)ボタンを押すと、画像が拡
大表示されます。
Body Marker(ボディーマーク)モードは、ボディーマークが表示されます。
■■使用情報エリア
使用情報エリアでは、システムの使用に必要な各種情報を表示します。表示されるのは、
システムの現在のステータス、画像情報、選択可能な項目などの情報です。
ヒント !
現在のステータス
足スイッチの接続状況を示します。
バッテリー残量を示します。詳細については、この章の「バッテリーパック」
を参照してください。
ネットワーク状況を示します。
USB デバイスの接続状況を示します。アイコンに Pointer(ポインター)を合
わせ、Set(セット)ボタンをダブルクリックして Storage Manager(ストレー
ジマネージャー)画面を読み込みます。
システムの合計ハードディスク領域と使用可能ディスク領域を示します。
無線 LAN の接続状況を示します。
■■ソフトメニュー
表示されるメニューオプションは、システムの状態によって異なります。ソフトメニュー
オプションを追加または削除するには、コントロールパネルで対応するダイアルボタンを
押します。
画面の明るさの調整
キーボードの左/右矢印キーを使用します。ただし、テキストモード時は調整できません。
2-8
第2章 導入
コントロールパネル
コントロールパネルを使用してシステムを操作します。
1
2
3
SONOVIEW 2画面
ユーザー
1画面
4
腹囲
大腿骨長
CRL
5
6
プリント2
胎嚢
2D
ID入力
パルス
患者更新
大横径
C
CW
レポート
深度
フォーカス
ズーム
パワー
M
3D/4D
Q
Scan
拡張メニュー
ゲイン/
参照スライス
Active Mode
アングル
フリーズ
画像保存
プリント 1
[ 図 2.3 コントロールパネル ]
コントロールパネルは、キーボード、ソフトメニュー、ボタン、ダイアル、ダイアルボタン、
スライダー、トラックボールで構成されます。
ダイアルボタンはダイアルとしてもボタンとしても使用できます。
2-9
操作説明書
コントロールパネルの機能
コントロールパネルの制御装置に関する説明と使い方は以下の通りです。複数の機能を持つ
制御装置の詳細は、この説明書の第3章以降を参照してください。
ボタン
電源のオン / オフボタン。
Patient ID
(ID 入力)
ボタン
患者の選択および情報の入力を行うための Patient Information(患者
情報)ウィンドウを表示します。
Probe
(プローブ)
ボタン
プローブやアプリケーションを選択または変更するための Probe
Selection(プローブ選択)画面を表示します。
End Exam
(患者更新)
ボタン
現在選択中の患者の検査を完了し、関連データをリセットします。
Report
(レポート)
ボタン
現在のアプリケーションの計測結果とその他の情報を示す、レポー
ト画面を表示します。
M
ボタン
M モードの開始 / 終了ボタン。ボタンを押します。
CW(連続波)
ボタン
CW スペクトラムドプラモードの開始 / 終了ボタン。ボタンを押しま
す。
フェイズドアレイプローブの場合のみ使用できます。
PW(パルス)
ボタン
PW スペクトラムドプラモードの開始 / 終了ボタン。ボタンを押しま
す。
2D
ボタン
2D モードの開始 / 終了ボタン。ボタンを押します。
C
ボタン
C ドプラモードの開始 / 終了ボタン。ボタンを押します。
PD(パワー)
ボタン
PD モードの開始 / 終了ボタン。ボタンを押します。
3D / 4D
ボタン
3D/4D モードの開始 / 終了ボタン。
Active Mode
ボタン
複合モードでは、このボタンを押すとソフトメニューが切り替わり
ます。ボタンを押すたびに、セットの次の診断モードに関連するソ
フトメニューに変わります。
オン / オフ
Ext.Menu/Angle
(拡張メニュー
/ アングル)
2-10
ダイアルボ
タン
X 拡張メニュー:ダイアルボタンを押すと、ソフトメニューのペ
ージが切り替わります。計測メニューまたはユーティリティメ
ニューが表示されているときにボタンを押します。
X アングル:スペクトラムドプラモードで、SV(サンプルボリュ
ーム)の角度を調整します。ボディマークのプローブカーソル
や矢印の角度調節にも使用します。
第2章 導入
Depth(深度)
ボタン
画像のスキャン深度を調整します。
Focus
(フォーカス)
ボタン
フォーカスポイントを調整します。
Zoom(ズーム)
ボタン
画像を拡大します。
Q Scan/ ゲイン
ダイアルボ
タン
Q Scan:ダイアルボタンを押すと、クイックスキャンがアクティブ
になります。画像の上部にマークが表示されます。これは特定プロー
ブの特定アプリケーションで使用できます。
ゲイン:ダイアルボタンを回し、Gain(ゲイン)を調整します。
ボタン
現在使用している機能を終了し、前の機能に戻ります。
ボタン
表示画像の各所をポイントする矢印が表示されます。
ボタン
テキスト、インジケータ、ボディマーク、計測結果などを画像から
削除します。
Change
(チェンジ)
ボタン
現在のトラックボール機能を変更します。
Calculator
(計 測パッケー
ジ)
ボタン
アプリケーションによる計測を開始します。
Caliper
(距離計測)
ボタン
距離、円周、面積、体積の計測を開始します。
ボタン
トラックボールを使用して項目または値を選択します。
ボタン
スキャンを一時停止 / 再開します。
ボタン
表示されている画像やレポートをデータベースに保存します。
ボタン
システムに接続しているプリンターを使用して、画面の画像を印刷
します。このボタンの機能は Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)
> User Defined Key(ユーザー定義キー)で設定します。
Exit(終了)
Pointer
(ポインター)
Clear(クリア)
Set(セット)
Freeze
(フリーズ)
Save(画像保存)
Print 1
(プリン ト1)
2-11
操作説明書
トラックボール
トラックボ
ール
画面上でカーソルを動かします。また、Cine 画像をスクロールします。
TGC
スライダー
6つのスライダーを使用して、各深度の TGC 値を調整します。TGC
は Time Gain Compensation の略です。
注意: 隣接した TGC スライダーで設定したゲイン値の差が大きいと、画面に縞模様が表
示されることがあります。
■■ソフトメニュー
ソフトメニュー
1~6
ヒント !
ダイアルボタ
ン
該当する番号に割り当てられるソフトメニューの機能を実行しま
す。表示されるメニューオプションは、システムの状態によって
異なります。
オプションを変更するには、ダイアルボタンを押すまたは回します。
ソフトメニューのダイアルボタンの使用方法
ソフトメニューは、画面上段のトップメニューと画面下段のサブメニューから構成され
ます。
トップメニュー(1)
:ダイアルボタンを回して、オプションの数値の選択を行います。
XX
サブメニュー(2)
:ダイアルボタンを押して、オプションの選択、実行を行います。
XX
1
2
[ 図 2.4 ソフトメニュー ]
ヒント !
3D View でのソフトメニューダイアルボタン[4]∼[6]の使用方法
3D ビューでは、ソフトメニューのダイアルボタン[4]∼[6]は以下を実行します。
ソフトメニューのダイアルボタン[4]:X 軸の方向に画像を回転します。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[5]:Y 軸の方向に画像を回転します。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[6]:Z 軸の方向に画像を回転します。
XX
2-12
第2章 導入
■■キーボード
キーボードを使用して、テキストの入力、またファンクションキーを使用してさまざまな
機能を実行できます。
SONOVIEW 2画面
ユーザー
1画面
大横径
腹囲
大腿骨長
CRL
胎嚢
プリント2
[ 図 2.5 キーボード ]
ESC
F1
F2
F3
ユーザー
ヘルプ
Utility(ユー
ティリティ)
Indicator
(インジケ
ータ)
F4
Text
(テキスト)
F5
BodyMarker
(ボディマ
ーク)
ユーザーがプリセットを設定した特別な機能の実行に使用されます。
このボタンの機能は Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> User
Defined Key(ユーザー定義キー)> User Key Setup(ユーザーキー設定)
で設定します。
画面にヘルプマニュアルを表示します。
画面に Utility(ユーティリティ)メニューを表示します。
インジケータモードを開始します。
テキストモードをアクティブにします。ただし、Utility(ユーティリ
ティ)> Setup(設定)> Annotate(注釈)> Text Setup(テキスト設定)
> Quick Text(クイックテキスト)のチェックボックスがオンになって
いる場合は、このボタンを使用しないでテキストを入力できます。
ボディマークモードを開始します。
2-13
操作説明書
F6
SONOVIEW
画像ファイルシステム、SONOVIEW を起動します。
F7
Dual
(2画面)
2画面表示に使用します。
F8
Single
(1画面)
1画面表示に使用します。2画面から1画面へ戻るときに使用します。
F9
BPD
F10
AC
F11
FL
F12
CRL
Prt Scr SysRq
GS
Pause Break
Print 2
(プリント2)
スペースバー
このボタンの機能は Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> User
Defined Key(ユーザー定義キー)で設定できます。
スペースバーを押すと、画像情報  グレースケールバー / カラーバー
 TGC の順に画面から項目が削除されます。画面からすべての項目が
削除されたときにスペースバーをもう一度押すと、画面に全項目が再
度読み込まれます。
モニターの明るさを調整します。
,
,
2-14
ユーザー定義計測機能を割り当てることができます。
各ボタンの機能は Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> User
Defined Key(ユーザー定義キー)> Measure Key Setup(計測キー設定)
で設定できます。
スペクトラムドプラモードで音量を調整します。
第2章 導入
コンソール
コンソールの内部は、主に超音波画像部品で構成されています。コンソールの外部は、コネク
タやハンドルで構成されています。
以下に、コンソールの各セクションと構成要素を示します。
左側
背面
右側
[ 図 2.6 コンソール ]
2-15
操作説明書
コンソール – 左側面
セキュリティロックポート(ケンジ
ントンロック)
USB ポート
マイクロフォンポート
オーディオポート
コンソール – 右側面
プローブポート
プローブロックスイッチ
USB ポート
コンソール - 背面
ビデオ(DVI-I)ポート
ネットワークポート
電源ポート
注記: AC アダプターを電源ポートに接続する方法については、第3章「診断の開始」を
参照してください。
2-16
第2章 導入
周辺機器
本製品の左側面または背面にある対応ポートに周辺機器を接続することができます。
注意: この説明書に記載されていない周辺機器を患者の周辺に置かないでください。
患者の周辺に置くと、電気障害を引き起こす可能性があります。
N
N
N
N
[ 図 2.7 患者周辺の範囲 ]
注意: USB ポート経由で周辺機器を使用しているときは、接続または取り外しする前に
必ず装置の電源を切ってください。電源を入れたまま USB 機器の接続または取り外しを
行うと、システムおよび USB 機器が正常に機能しなくなる恐れがあります。
注記: 特定の周辺機器の使用方法については、各機器の操作説明書を参照してくださ
い。
2-17
操作説明書
推奨品:
■■DVD マルチ
DVD+R、DVD-R、DVD+RW、DVD-RW、CD-R、CD-RW
■■USB ビデオプリンター
XX
カラー:三菱 CP30DW、ソニー UP-D23MD、ソニー UP-D25MD
XX
白黒:三菱 P93DW、三菱 P95DE、ソニー UP-D897
注意:
Microsoft Windows XP ™ 以降と互換性のあるプリンターとドライバをインストールす
XX
る必要があります。プリンタードライバのインストールの詳細については、Samsung
Medison のカスタマーサービスまでお問い合わせください。
プリンターを接続する際は、プリンターが Microsoft Windows ™ またはシステム設定
XX
に基づいて構成され、デフォルトプリンターとして選択されていることを確認して
ください。
USB からシリアル(RS-232C)へのコンバーター
■■
USB からシリアルへのコンバーター(RS-232C)(FTDI チップセット付き、FTDI FT232BM 対応)
■■Foot Switch(フットスイッチ)
Foot Switch(フットスイッチ)機能の設定は、Utility(ユーティリティ)> Setup(設
定)> User Defined Key(ユーザー定義キー)> Foot Switch(フットスイッチ)の順に選択
します。Freeze(フリーズ)、Update(更新)、Print 1(プリント1)、Print 2(プリント
2)、Save(保存)、Store Clip(クリップの保存)、Volume Start(体積開始)の中から選
択します。
■■その他
フラッシュメモリメディア
注記:
システムは USB 1.1 フラッシュメモリを認識しません。
XX
システムから USB 記憶装置を取り外すには、Utility(ユーティリティ)> Storage
XX
Manager(ストレージマネージャー)に移動します。
通常は保存されないファイル形式について:ファイルをフラッシュメモリに保存す
XX
る前に、ファイル形式をデスクトップ PC に保存できるかどうか確認してください。
2-18
第2章 導入
バッテリーパック
本製品はリチウムイオン電池を使用します。電源の供給に AC アダプターを使用しない場合、こ
のバッテリーパックを使用します。
警告:
使用時にバッテリーの残量が少なくなってきたことを示すメッセージが表示された
XX
場合、診断情報を保存し、AC アダプターを接続してください。AC アダプターに接続
しないで本製品を使い続けた場合、警告メッセージが表示され、自動的にシャット
ダウンします。
AC アダプターを使用できない場合、または本製品が適切に設置されていない場合は、
XX
バッテリーパックを使用する必要があります。
MySono U6 には、専用のバッテリーパックおよび AC アダプターがあります。必ず、
XX
Samsung Medison 推奨のバッテリーパックを使用してください。
バッテリーパックの使用時間は、診断モードの選択、および使用する周辺機器の種類によって
異なります。
使用時にバッテリー残量が少なくなった場合、AC アダプターを接続してバッテリーパックを充
電してください。空のバッテリーパックを予備のバッテリーパックと交換する場合は、交換の
前にシステムをシャットダウンしてください。
注記:
4D モードは、AC アダプターに接続されている場合にのみ使用できます。
XX
バッテリーパックを使用する前に、第1章「安全性」のバッテリーの安全に関する
XX
情報をよくお読みください。
バッテリーパックは、製品を使用していない間も放電しています。したがって、本
XX
製品を使用しないときは、バッテリーパックを取り外しておくか、AC アダプターに
接続してください。
バッテリーパックの交換とメンテナンスの詳細については、第8章「メンテナンス」
XX
を参照してください。
2-19
操作説明書
バッテリーアイコン
バッテリーアイコンは、画面の使用情報エリアに表示され、バッテリーパックの状態を示し
ます。電源としてバッテリーパックを使用する場合は、バッテリーアイコンでバッテリーの
残量を確認できます。
バッテリーアイコンの詳細については、以下を参照してください。
アイコン
ステータス
AC アダプターに接続されています。
備考
バッテリーパックが充電され
ています。
バッテリーの残量が 75 ∼ 100% です。
バッテリーの残量が 50 ∼ 75% です。
AC アダプターは接続されてい
ません。
バッテリーの残量が 25 ∼ 50% です。
バッテリーの残量が 25% 未満です。
AC アダプターもバッテリーパックも接続されていない
か、バッテリー関連エラーが発生していることを示して
います。
2-20
第2章 導入
プローブ
注記: プローブの詳細については、第9章「プローブ」とリファレンスマニュアルを参
照してください。
本製品とプローブの安全を保証するため、プローブの接続や取り外しは必ず電源がオフの時に
行ってください。
1. プローブのロックダウンスイッチを持ち上げて、プローブを取り外します。
2. プローブをプローブポートに接続します。
3. プローブのロックダウンスイッチを押し下げて、所定の位置にロックします。
2-21
操作説明書
MySono U6 カート(別売)
MySono U6 カートの使用および設定の詳細については、添付マニュアルを参照してください。
[ 図 2.7 MySono U6 カート ]
ヒント !
2つ用プローブコネクタ(別売)
2つ用プローブコネクタを使用すると、2つのプローブを同時に接続することができます。
1. 本装置の電源を切ります。
2. カートの上部にあるトレーの下側に2つ用プローブコネクタを差し込みます。
3. ねじ[RH Sem s MS4*10(Ni)*3EA]を使用して、コネクタを所定の位置に固定します。
4. 2つ用プローブコネクタを本装置のプローブポートに接続します。1つ用のプロー
ブの場合と同じ方法でプローブを接続します。
[ 図 2.8 2プローブコネクタ ]
2-22
第2章 導入
付属品
本製品には付属品ボックスがあり、以下の付属品が含まれています。
ヒューズ
SONOGEL
接地ケーブル
マニュアル
電源コード
DVI2RGB アダプタ
WINDOWS XP ラベル
[ 図 2.9 付属品 ]
オプション機能
本製品には、以下のオプション機能があります。
4D
XX
3D XI
XX
CW Function(CW 機能)
XX
Cardiac Measurement
XX
(心臓計測パッケージ)
DICOM
XX
Spatial Compound
XX
DynamicMR+
XX
Auto IMT
XX
オプション機能の詳細については、本書の該当する章を参照してください。
2-23
第
3章
診断の開始
‹‹電源 ................................................................... 3-3
AC アダプターの接続 ..........................................................3-3
電源をオンにする.................................................................3-4
電源をオフにする.................................................................3-4
‹‹モニターとオーディオ ................................ 3-5
モニターの明るさ調整 .......................................................3-5
音量の調整 ...............................................................................3-5
‹‹プローブとアプリケーション
.................. 3-6
プローブ接続...........................................................................3-7
アプリケーションの選択 ..................................................3-8
プローブプリセットの変更 .............................................3-8
‹‹患者情報
.......................................................3-10
基本患者情報の入力 ..........................................................3-10
アプリケーションごとの患者情報 ............................3-12
患者情報の検索....................................................................3-21
患者情報の管理....................................................................3-24
計測値の変更.........................................................................3-31
‹‹省電力モード ...............................................3-34
第3章 診断の開始
電源
使用する場合はシステムを起動してください。
注意: システムの電源をオンにする前に、使用するプローブと周辺機器が接続されてい
ることを確認してください。システムの使用中にこれらの機器を接続しようとすると、
患者が負傷したりコンソールに修復不能な損傷を与える可能性があります。
注記: 可能な限り AC 電源を使用することを推奨します。
AC アダプターの接続
製品の背部にある電源ポートを使用します。AC アダプターを接続すると、自動的にバッテリー
パックの充電が始まります。
警告: AC アダプターを接続する前に、プラグが逆さまになっていないことを確認してく
ださい。間違った向きでアダプターを無理に差し込むと、製品が損傷することがありま
す。
注記:
バッテリーパックを使用して製品に電力を供給する場合は、AC アダプターを接続し
XX
ないでください。
バッテリーパックの交換とメンテナンスの詳細は、第 8 章「メンテナンス」を参照
XX
してください。
3-3
操作説明書
電源をオンにする
電源がオフの状態でオン/オフボタンを押します。起動が開始され、画面に製品ロゴが表示され
ます。起動が完了すると、2D モード画面が End Exam(患者更新)状態で表示されます。
注意: 診断を開始する前に、患者情報を登録する必要があります。
電源をオフにする
システム使用時にオン/オフボタンを押してシャットダウンを開始します。
注意: オン/オフボタンを 4 秒以上押し続けると、製品の電源が強制的に遮断され、ハー
ドディスクに損傷を与える可能性があります。
注記:
起動中はキーボードのキーまたはボタンを押さないでください。装置の誤動作を引
XX
き起こす場合があります。
強制的にシャットダウンされた後で電源を入れた場合、いったん装置に電源が入り、
XX
すぐに電源が落ちることがあります。これは Intel® PC のメインボードの特徴です。
システムエラーではありません。
3-4
第3章 診断の開始
モニターとオーディオ
診断を行う際に、モニターとオーディオの設定値を調整できます。
モニターの明るさ調整
キーボードの左/右矢印キーを使用し、モニターの明るさを調整します。明るさを抑えるには 
を押し、明るさを上げるには  を押します。
音量の調整
キーボードの上/下矢印キーを使用し、音量を調整します。音量を上げるには  を押し、音量を
下げるには  を押します。これらの調整は、スペクトラムドプラモード時にドプラサウンドレ
ベルを調整するために使用します。
注記: その他の設定の詳細は、第 7 章「ユーティリティ」を参照してください。
3-5
操作説明書
プローブとアプリケーション
スキャンを始める前に、プローブとアプリケーションを選択する必要があります。
注記: このシステムでサポートされているプローブおよびアプリケーションの詳細につ
いては、第 9 章「プローブ」を参照してください。
1
2
3
4
[ 図 3.1 Probe Selection]
3-6
第3章 診断の開始
Probe Selection(プローブ選択)画面
コントロールパネルのProbe(プローブ)ボタンを押して Probe Selection(選択)画面をロー
ドします。この画面では、アプリケーションの選択とプローブ設定の変更が行えます。Probe
Selection(プローブ選択)画面は、次の項目で構成されています。
1 システムに接続されているプローブが表示されます。
2 使用可能なアプリケーションのリストが表示されます。
3 使用可能なプリセットのリストが表示されます。
4 使用可能なユーザーセットのリストが表示されます。
プローブ接続
本システムとプローブの安全を保証するため、プローブの接続や取り外しは必ず電源がオフの
状態で行ってください。
1. プローブのロックダウンスイッチを持ち上げて、プローブを取り外します。
2. プローブをプローブポートに接続します。
3. プローブのロックダウンスイッチを押し下げて、所定の位置にロックします。
注記: プローブとポート間に異物が入り込むと、接続問題が起きる可能性があります。
接続問題が起きた場合は、異物を除いてもう一度試してください。
3-7
操作説明書
アプリケーションの選択
Probe Selection(プローブ選択)画面のアプリケーションリストから、アプリケーションを選択
します。
1. トラックボールとSet(セット)ボタンを使用してアプリケーションを選択します。
2. OK ダイアルボタンを押します。キャンセルするには、Cancel(キャンセル)を押します。
ヒント !
ソフトメニューによるアプリケーションの変更。
Utility(ユーティリティ)を押します。現在のプローブプリセットがソフトメニュー
[1]に表示されます。使用するアプリケーションが表示されるまでダイアルを回
します。新しいアプリケーションを適用するには、ダイアルボタンを押します。
プローブプリセットの変更
Probe Selection(プローブ選択)画面のプリセットまたはユーザーセットリストでプローブプリ
セットを変更します。
プローブと選択されているアプリケーションに最適なプリセットが、デフォルトでロードされ
ます。このプリセットは必要に応じて変更できます。
1. トラックボールとSet(セット)ボタンを使用してプローブプリセットを選択します。
XX
各プリセットには、ユーザー 1、ユーザー 2 のようにユーザーセットが複数表示されます。
使用できるユーザーセットは、プリセットの下に表示されます。
ヒント !
ユーザーセット
ユーザーセットを選択すると、タイトルエリアにプリセット名が表示されます。
例えば、Cardiac(心臓)をアプリケーションに、User1(ユーザー 1)をプリセットに
設定すると、タイトルエリアに Cardiac/User1(心臓 / ユーザー 1)と表示されます。
2. ソフトメニューダイアルボタン[5]で OK を選択します。キャンセルするにはソフト
メニューダイアルボタン[6]で Cancel(キャンセル)を選択します。
3-8
第3章 診断の開始
ヒント !
ソフトメニューによるプローブプリセットの変更。
Utility(ユーティリティ)を押します。現在のプローブプリセットがソフトメニュー
[2]と[3]に表示されます。使用するプリセットが表示されるまでダイアルを回
します。新しいプリセット選択を適用するには、Pre. Load を押してください。
注記: プローブユーザーセットの名前を変更する方法については、第 7 章「ユーティリ
ティ」を参照してください。
3-9
操作説明書
患者情報
コントロールパネルの Patient ID(ID 入力)ボタンを押すと、Patient Information(患者情報)画
面が表示されます。
この画面では、患者情報の入力、検索または変更を行うことができます。患者情報には患者 ID、
名前、生年月日、性別などの基本情報のほかに、アプリケーションの詳細情報も含まれます。
注記: ID および名前フィールドが必須項目です。
基本患者情報の入力
Patient Information(患者情報)画面の上部では、基本患者データの入力または変更を行うこと
ができます。
目的の項目を選択するには、トラックボールとSet(セット)ボタンを使用します。あるい
は、Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して項目間を移動することもできます。
■■ID
患者 ID を入力します。
XX
患者 ID を手動で入力するには、該当する ID を ID 項目に入力します。
XX
患者 ID を自動入力するには、Auto ID Creation(自動 ID 作成)を選択して、New(新
規)をクリックします。ID 項目の横のアイコンが
に変わります。
XX
既に存在する ID を入力した場合、ID フィールドの横のアイコンが
■■Name(名前)
患者の名前を入力します。
Last(Family):患者の姓を入力します。
XX
First(Given):患者の名を入力します。
XX
Middle:患者のミドルネームを入力します。
XX
入力した名前は、タイトルエリアとレポートに表示されます。
3-10
に変わります。
第3章 診断の開始
■■Birth(生年月日)
患者の生年月日を所定の書式で入力します。
■■Age(年齢)
患者の年齢を「yy-mm」の書式で入力します。Birth(誕生)項目で生年月日を指定してい
る場合は、自動的に計算して表示されます。
■■Gender(性別)
患者の性別を選択します。
■■Accession(ワークリストサーバーからの患者情報の取得)
DICOM サーバーを経由して患者のワークリストを閲覧すると、この情報が自動的に項目に
表示されます。
[ 図 3.2 Patient Information]
3-11
操作説明書
アプリケーションごとの患者情報
アプリケーションごとの患者情報を追加または変更できます。
1. Patient Information(患者情報)画面で、Study Information タブを押します。
2. Category(カテゴリ)でアプリケーションを選択します。
3. 診断に必要な追加情報を入力します。
XX
過去の計測値をすべて削除するには、画面上の Clear Measure(計測クリア)を押します。
General(一般)
Category(カテゴリ)で、General(一般)を選択します。追加情報を入力します。General
(一般)に含まれる項目は、他のアプリケーションの患者情報画面にも表示されます。
■■Height(身長)
患者の身長を入力します。身長はインチ(in.)またはセンチメートル(cm)で指定しま
す。単位のボタンを押すと、単位が切り替わります。単位を変更すると、入力された数字
は自動的に再計算され、新しい計測単位で表示されます。
■■Weight(体重)
患者の体重を入力します。サポートされている単位は、オンス(oz)、ポンド(lb)、キ
ログラム(Kg)です。計測単位を変更するには、対応する単位ボタンを押します。
■■BSA(体表面積)
身長と体重を入力すると、自動的に BSA(体表面積)が計算されて表示されます。
■■HR(心拍)
心拍数を入力します。
■■BP(血圧)
収縮期圧/拡張期圧(血圧)を入力します。
3-12
第3章 診断の開始
■■Diag. Physician(担当医)
患者を診断した担当医の名前を入力します。複数の担当医が存在する場合は、コンボボタ
ンを使用して選択することができます。
■■Ref. Physician(指示医)
指示医の名前を入力します。複数の指示医が存在する場合は、コンボボタンを使用して選
択することができます。
■■Sonographer(超音波検査技師)
患者をスキャンした超音波検査技師の名前を入力します。複数の超音波検査技師が存在す
る場合は、コンボボタンを使用して選択することができます。
■■Description(記述)
診断のメモを入力します。内容が入力されている場合は、SONOVIEW の Description(記
述)から検索して表示できます。
[ 図 3.3 Study Information - General]
3-13
操作説明書
OB(産科)
Category(カテゴリ)の OB(産科)を選択します。追加の産科情報を入力します。
[ 図 3.4 Study Information - OB]
■■LMP(最終月経日)x
患者の最終月経日を入力します。手動での入力、もしくは入力した GA(妊娠週数)から
自動的に計算して表示することもできます。
■■GA(LMP)(妊娠週数)
患者の妊娠週数を指定します。手動での入力、もしくは入力した LMP(最終月経日)から
自動的に計算して表示することもできます。
■■EDD(LMP)(出産予定日)
入力した LMP(最終月経日)または GA(妊娠週数)から EDD(出産予定日)を算出して
表示します。
ヒント !
EDD(LMP)(出産予定日)の計算
EDD(出産予定日)は LMP(最終月経日)または GA(妊娠週数)を入力して計算できます。
LMP(最終月経日)を入力した場合:GA(妊娠週数)および EDD(出産予定日)が
XX
自動的に計算され、画面に表示されます。
GA(妊娠週数)を入力した場合:LMP(最終月経日)および EDD(出産予定日)が
XX
自動的に計算され、画面に表示されます。
■■Estab. Due Date(確定出産予定日)
適切な書式で確定出産予定日を入力します。確定出産予定日を入力すると、LMP(最終月
経日)、GA(LMP)(妊娠週数)、EDD(LMP)(出産予定日)が自動的に計算されて表
示されます。
3-14
第3章 診断の開始
■■Ovul. Date(排卵日)
排卵予定日を入力します。LMP(最終月経日)、GA(妊娠週数)、および EDD(出産予定
日)が自動的に計算されて表示されます。
ヒント !
Ovul. Date(排卵日)を使用した LMP(最終月経日)および EDD(LMP)(出産予定日)の
計算
次の公式が使用されます。
LMP = 排卵 日 - 14
XX
EDD = (280 - 14) + 排卵 日
XX
注記: 計算されて入力された値は変更できません。
■■Number of Fetuses(胎児の数
胎児の数を入力します。4 人まで入力可能です。
■■Day of Cycle(生理周期)
排卵期間を日数(dd)で入力します。
■■Para(出産回数)
出産回数を入力します。
■■Gravida(妊娠回数)
妊娠回数を入力します。
■■Aborta(妊娠中絶数)
流産/中絶回数を入力します。
■■Ectopic(異所性)
子宮外妊娠の回数を入力します。
■■New Pregnancy
患者の既存の産科情報を削除します。
3-15
操作説明書
Gynecology(婦人科)
Category(カテゴリ)で、Gynecology(婦人科)を選択します。
注記:
婦人科情報入力画面では、Ovul. Date(排卵日)を入力しても LMP(最終月経日)と
XX
EDD(出産予定日)は自動的に計算されません。
その他の婦人科情報については、産科に関するセクションを参照してください。
XX
[ 図 3.5 Study Information - Gynecology]
Adult Echo(成人エコー)
Category(カテゴリ)で、Adult Echo(成人エコー)を選択します。心臓の追加情報を入力
します。
■■BP(血圧)
収縮期圧/拡張期圧(血圧)を入力します。
■■追加情報
該当するチェックボックスをオンにします。
3-16
Smoker(喫煙者)
Hypertension(高血圧症)
Diabetes(糖尿病)
Hyperlipidemia(高脂血症)
Family History(家族歴)
Surgery History(手術履歴)
Murmur(雑音)
Heart Failure(心不全)
Coronary Heart Disease(冠動脈心疾患)
Angina(扁桃炎)
Myocardial Infarction(心筋梗塞)
Jugular Venous Distension(頸静脈怒張)
Dyspnea(呼吸困難)
Syncope(卒倒)
Arrhythmia(不整脈)
Rheumatic Heart Disease(リウマチ性心疾患)
Congential Heart Disease(先天性心疾患)
Heart Valve Disease(心臓弁膜症)
第3章 診断の開始
[ 図 3.6 Study Information – Adult Echo]
Ped Echo(小児エコー)
Category(カテゴリ)で、Ped Echo(小児エコー)を選択します。小児心臓情報を入力します。
■■追加情報
該当するチェックボックスをオンにします。
Murmur(雑音)
Dyspnea(呼吸困難)
Palpitation(鼓動)
Fever(熱)
Cyanosis(チアノーゼ)
Paroxysm(発作)
Fainting(失神)
Chest Pain(胸痛)
Cardiomegaly(左室肥大)
Dextrocardia(右胸心)
Pacemaker(ペースメーカー)
Family History(家族歴)
VSD(心室中隔欠損症)
ASD(心房中隔欠損症)
PDA(動脈管開存症)
COA(大動脈縮窄症)
TOF(ファロー四徴症)
PS(肺動脈弁狭窄症)
AS(大動脈弁狭窄症)
TGA(大血管転位症)
[ 図 3.7 Study Information – Ped Echo]
3-17
操作説明書
Fetal Heart
Category(カテゴリ)で、Fetal Heart(胎児心臓)を選択します。胎児心臓関連の情報を入
力します。
[ 図 3.8 Study Information – Vascular]
Vascular
Category(カテゴリ)で、Vascular(血管)を選択します。血管情報を入力します。
■■追加情報
該当するチェックボックスをオンにします。
Smoker(喫煙者)
Hypertension(高血圧症)
Diabetes(糖尿病)
Hyperlipidemia(高脂血症)
Family History(家族歴)
Surgery History(手術履歴)
Dizziness(眩暈)
Headache(頭痛)
Migraine(偏頭痛)
Stroke(脳卒中)
Peripheral Neuropathy(末梢神経障害)
[ 図 3.9 Study Information – Vascular]
3-18
第3章 診断の開始
TCD(経頭蓋ドプラ)
Category(カテゴリ)で、TCD(経頭蓋ドプラ)を選択します。TCD(経頭蓋ドプラ)に関す
る追加情報を入力します。
■■追加情報
該当するチェックボックスをオンにします。
Smoker(喫煙者)
Hypertension(高血圧症)
Diabetes(糖尿病)
Family History(家族歴)
Dizziness(眩暈)
Vertigo(眩暈症)
Migraine(偏頭痛)
Headache(頭痛)
Diplopia(複視)
Dysarthria(構音障害)
Dysphagia(嚥下障害)
Tinnitus(耳鳴)
Stroke(脳卒中)
Peripheral Neuropathy(末梢神経障害)
TIA(一過性脳虚血発作)
Numbness(痺れ)
Paralysis(麻痺)
[ 図 3.10 Study Information – TCD]
3-19
操作説明書
Urology(泌尿器科)
Category(カテゴリ)で、Urology(泌尿器科)を選択します。泌尿器科の追加情報を入力
します。
■■PSA(前立腺特異抗原)
前立腺特異抗原(PSA)の値を入力します。
[ 図 3.11 Study Information – Urology]
3-20
第3章 診断の開始
患者情報の検索
Patient Information(患者情報)画面で、Search(検索)タブを選択します。
患者情報は、以下の 2 つの方法で検索できます。
ローカル検索
システムに保存されている情報を検索します。
1. Search Source(検索リソース)の Local(ローカル)を選択します。
2. Search By(指定して検索) で検索条件を選択します。
ID で検索する場合は Patient ID(患者 ID)を選択します。名前で検索する場合は Patient
XX
Name(患者名)で患者の名前を選択します。
3. ID または名前を検索項目に入力し、Search(検索)を押します。検索条件に一致する患
者のリストが表示されます。
ヒント !
システムで使用可能なすべての患者のリストを表示するには、Search All(すべて検索)
XX
を押します。
ID または Name(名前)などの項目を押すと、選択した条件のアルファベット順また
XX
は数字順に情報が並べ替えられます。
4. 患者のリストを選択し、Apply(適用)ボタンを押します。選択した患者情報がシステ
ムに適用されます。
XX
選択した患者の ID およびその他のすべての情報を削除するには、Delete(削除)をクリ
ックします。
XX
リスト内のすべての患者を選択するには、Select All(すべて選択)を押します。
警告: 患者 ID を削除すると、SONOVIEW に保存された関連データと画像はすべて消去され
ます。
3-21
操作説明書
[ 図 3.12 Search-Local]
ワークリスト検索
病院のネットワーク上の DICOM Modality ワークリストサーバーに接続して検索します。
注記: ワークリスト検索は DICOM が有効な場合にのみ利用可能です。ワークリストサーバ
ーは、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> DICOM で指定できます。詳細について
は、第 7 章「ユーティリティ」の「DICOM の設定(オプション)」を参照してください。
1. Search Source(検索リソース)の Worklist(ワークリスト)を選択します。
2. Patient ID(患者 ID)、Last Name(姓)、Accession #(Worklist 番号)、または
Procedure ID の中から少なくとも 1 つの項目を入力し、Search(検索)をクリックしま
す。検索条件に一致する患者のリストが表示されます。
ヒント !
Date/Time(日付 / 時間)や Patient Name(患者名)などの項目を押すと、選
択した条件のアルファベット順または数字順に情報が並べ替えられます。
3. 患者のリストを選択し、Apply(適用)ボタンを押します。選択した患者情報がシステ
ムに適用されます。
3-22
第3章 診断の開始
[ 図 3.13 Search - Worklist]
3-23
操作説明書
患者情報の管理
Patient Information(患者情報)画面で、Exam View タブを選択します。Search(検索)で ID を
入力した患者に対して行われた Exam リストが表示されます。
注記: Exam リストは、患者情報検索が完了して患者情報がシステムにロードされた後に
表示されます。
Exam リストには、患者 ID、名前、年齢、性別のほかに、次の情報が含まれます。
Exam Date:診察日
XX
Images:保存された画像の数。
XX
Measurements:計測状態。
XX
SR:レポートのデータの有無。
XX
SE:ストレスエコー検査のデータの有無。
XX
SC:検査データが転送されたかどうかの確認。
XX
Lock Status:ロック状態。
XX
ヒント !
Patient ID(患者 ID)や Name(名前)などの項目を押すと、選択した条
件のアルファベット順または数字順に情報が並べ替えられます。
[ 図 3.14 Exam View]
3-24
第3章 診断の開始
Exam の実行
Exam を選択し、続いて画面上で Review Exam または Continue Exam を押します。現在行っ
ている検査は、ボタンが Current Exam(現在の検査)と表示され、無効になっています。
注記: 選択した Exam が過去 24 時間以内に実行された場合、左下隅のボタンに Continue
Exam と表示されます。これよりも前に検査が実行された場合、ボタンには Review
Exam と表示されます。
■■Continue Exam
Resume Exam 機能以外に、以前に行った Exam を使用して現在のスキャンを更新できます。
選択した Exam が画面に表示され、スキャンができるようになります。フィードバックエ
リアに、該当する Exam が最初に行われた日付が表示されます。
画面右側のサムネイルエリアで保存されている画像をダブルクリックすると、その画像が
取得され、保存されている画像の情報が表示されます。呼び出した Exam 画面では、計測
の実行や、テキスト、ボディマーク、インジケータの入力ができます。
■■Review Exam
選択した Exam が画面に表示されます。画面右側のサムネイルエリアで保存されている画
像をダブルクリックすると、画像が取得され、Exam が最初に行われた日付と保存されて
いる画像の情報が表示されます。呼び出した Exam 画面では、計測の実行や、テキスト、
ボディマーク、インジケータの入力ができます。
3-25
操作説明書
Exam の表示
Exam を選択して、画面上の Review を押します。SONOVIEW 画面に切り替わります。
注記: SONOVIEW の使用方法については、第 6 章「画像管理」を参照してください。
Exam の削除
Exam を選択して、画面上で Delete(削除)を押します。選択した Exam のすべての画像が削
除されます。ただし、進行中の Exam またはロックされている Exam は削除できません。
注記: 削除された Exam を復元することはできません。
ヒント !
3-26
複数の画像を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押
しながら、Set(セット)ボタンを押します。
第3章 診断の開始
DICOM を使用した Exam の送信
注記: この機能を使用する前に、DICOM が正しく設定されていることを確認してくださ
い。DICOM の設定については、第 7 章「ユーティリティ」を参照してください。
選択した Exam を DICOM を使用して送信するには、次の手順を実施します。
1. Exam を選択して、画面上の Send(送信)を押します。DICOM Storage(DICOM 保管)
ウィンドウが表示されます。
ヒント !
複数の画像を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押
しながら、Set(セット)ボタンを押します。
2. 送信する画像またはレポートを選択します。Storage Image(画像保管)で画像
を、Storage SR でレポートを選択できます。
3. Transfer(転送)を押します。転送が開始され、転送の進行状況が % で表示されます。
キャンセルするには、Close(閉じる)を押します。
サーバーと DICOM の接続をチェックするには、Test(テスト)をクリックします。
[ 図 3.15 DICOM Storage]
3-27
操作説明書
DICOM を使用した Exam の印刷
注記: この機能を使用する前に、DICOM が正しく設定されていることを確認してくださ
い。DICOM の設定については、第 7 章「ユーティリティ」を参照してください。
[ 図 3.16 DICOM Printer]
選択した Exam を DICOM を使用して印刷するには、次の手順を実施します。
1. Exam を選択して、画面上で Print(印刷)を押します。DICOM Printer(DICOM プリン
タ)ウィンドウが表示されます。
ヒント !
複数の画像を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押
しながら、Set(セット)ボタンを押します。
2. Transfer(転送)を押します。転送が開始され、転送の進行状況が % で表示されます。
キャンセルするには、Close(閉じる)を押します。
サーバーと DICOM の接続をチェックするには、Test(テスト)をクリックします。
Exam のエクスポート
選択した Exam を外部記憶装置にエクスポートするには、次の手順を実施します。
注記: 本装置でサポートされるのは USB 記憶装置です。
1. Exam を選択して、画面上で Export(エクスポート)を押します。Image Export ウィン
ドウが表示されます。
3-28
第3章 診断の開始
ヒント !
複数の画像を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押しながら、Set(セット)
ボタンを押します。
2. Drive(ドライブ)で、Exam を保存するデバイスを選択します。
3. File Name(ファイル名)にファイル名を入力します。Exam のすべての画像に、同じフ
ァイル名が割り当てられます。画像が複数ある場合、ファイル名の末尾にシリアル番号
が自動的に追加されます。
4. File Format(ファイル形式)で、ファイルを保存する形式を選択しま
す。BMP、JPEG、TIFF、または DICOM を選択できます。
5. Export Option(エクスポートオプション)でファイルに適用するオプションを選択し
ます。複数のオプションを選択できます。
3D Volume Data:3D ボリュームデータを画像と一緒にエクスポートします。
XX
2D Cine:保存されている Cine 画像を、ビデオファイル(AVI ファイル)に変換してエクス
XX
ポートします。
3D and Live Cine:3D Cine と Live Cine 画像を、ビデオファイル(AVI ファイル)に変換して
XX
エクスポートします。
Hide Patient Information:患者 ID および名前が削除された画像をエクスポートします。
XX
6. Directory(ディレクトリ)で、Exam を保存する場所を選択します。新しいディレクト
リを作成するには、
を押して名前を入力します。ディレクトリを削除するには、
をクリックします。Files(ファイル)に、選択したディレクトリに現在保存されて
いるファイルが表示されます。
7. Export(エクスポート)を押してエクスポートを開始します。キャンセルするに
は、Close(閉じる)を押します。
[ 図 3.17 Image Export]
3-29
操作説明書
Exam のバックアップ
保存データを外部記憶装置にバックアップすることができます。
注記: 本装置でサポートされるのは USB 記憶装置のみです。
1. データのバックアップに使用する記憶装置を接続します。
2. Exam を選択して、画面上の Backup(バックアップ)を押します。
ヒント !
複数の画像を選択するには、キーボードの Ctrl キーを押
しながら、Set(セット)ボタンを押します。
3. Confirmation(確認)ウィンドウが表示され、バックアップを続行するかどうかを尋
ねるメッセージが表れます。続行する場合は Yes を押します。キャンセルする場合
は、No を押します。
4. Backup(バックアップ)ウィンドウが表示されます。Drive(ドライブ)で、選択した
Exam を保存する媒体を選択します。
5. バックアップを開始するには OK を押します。キャンセルするには、Cancel(キャンセ
ル)を押します。
[ 図 3.18 Exam Back up]
3-30
第3章 診断の開始
計測値の変更
Patient Information(患者情報)画面で、Measure Data(計測データ)タブを押します。Measure
Data(計測データ)タブでは、患者の産科計測値を入力したり、既存の計測値をチェックした
りできます。
注記:
患者 ID が選択されている場合にのみ表示されます。
XX
Patient Information > Study Information > OB の New Pregnancy を使用して産科デー
XX
タを変更した場合は、計測データを変更する前に LMP(最終月経日)などを入力し
てください。
Insert 画面
画面の Insert>>(入)を押すと、Insert(挿入)画面が表示されます。既存の産科計測値を入
力できます。
■■Exam. Date(診察日)
計測の日付を入力します。
注記: New Pregnancy を使用して産科データが変更されている場合は、新たに入力され
た LMP(最終月経日)から前日までの日付のみを入力できます。
■■Fetus(胎児)
複数の胎児がいる場合には、それぞれを識別します。最大 4 人の胎児(A、B、C、D)を指
定できます。
■■Exam No.(検査番号)
各日付に対して 8 までの検査番号を入力できます。Fetus(胎児)項目の横に検査番号が表
示されます。
■■New Data(新しいデータ)
検査用に入力された計測データをすべて削除して、新しい計測データを入力します。
■■Clear(クリア)
計測データの入力をキャンセルします。
3-31
操作説明書
■■Insert(挿入)
計測データの入力を完了します。
■■Page Browse
ページのスクロールには、>> または << ボタンを使用します。
■■View
View 画面に切り替わります。
[ 図 3.19 Measure Data - Insert]
View 画面
画面の View >> を押すと、View 画面が表示されます。入力された計測値を表示したり、計測
値を Excel ファイルに保存したりできます。Exam Date(診察日)の横の * 記号は、そのデー
タが現在の計測データであることを示しています。
■■Package(パッケージ)
画面に表示する計測パッケージを選択します。
■■Refresh(更新)
計測データを更新します。新しく計算された計測値(入力された計測値)が追加されます。
3-32
第3章 診断の開始
■■Save(保存)
Save To Excel(Excel に保存)ウィンドウが表示され、画面の情報を Excel ファイルに保存で
きます。デフォルトでは、Excel ファイル名が計測 ID に設定されます。
保存先のパスおよびファイル名を指定したら、Save(保存)を押して情報を保存します。
キャンセルするには、Close(閉じる)を押します。
注記: HTML チェックボックスをオンにすると、Excel ファイルではなく HTML ファイルに
情報が保存されます。
■■Insert(挿入)
Insert(挿入)画面に切り替えます。
[ 図 3.20 Measure Data-View]
3-33
操作説明書
省電力モード
このモードは、カバーが閉じられているときの電力消費を削減します。
■■省電力モードへの切り替え
カバーを閉じると、自動的に省電力モードがアクティブになります。
XX
省電力モードでは、フリーズモードが自動的に有効になります。
XX
モニターとコントロールパネルのバックライトがオフになります。
■■省電力モードの無効化
カバーを開けると、直ちに前の状態に戻ります。
XX
モニターとコントロールパネルのバックライトがオンになります。
3-34
第
4章
診断モード
‹‹情報 ................................................................... 4-3
診断モードのタイプ ............................................................4-3
基本的な操作方法.................................................................4-4
‹‹基本モード ...................................................... 4-6
2D モード...................................................................................4-6
M モード ..................................................................................4-13
Color Doppler Mode(カラードプラモード) ......4-16
Power Doppler Mode(パワードプラモード) ....4-20
PW スペクトラムドプラモード ...................................4-23
CW スペクトラムドプラモード ...................................4-30
TDI モード ...............................................................................4-32
TDW モード ............................................................................4-34
‹‹複合モード ....................................................4-36
2D/C/PW モード....................................................................4-36
2D/PD/PW モード.................................................................4-36
2D/C/CW モード ...................................................................4-36
2D/PD/CW モード ................................................................4-36
2D/C/M モード ......................................................................4-37
2D/C Live モード ...................................................................4-37
‹‹Dual(2 画面)モード ...............................4-39
‹‹3D/4D モード ................................................4-40
3D Stand By(3D スタンバイ) ....................................4-41
3D View(3D ビュー)- MPR ..........................................4-44
3D XI ...........................................................................................4-60
第 4 章 診断モード
情報
診断モードのタイプ
基本モード、複合モード、Dual(2 画面)モード、および 3D/4D モードを使用できます。
■■基本モード: 特定の用途や機能を持つさまざまなモードで構成されています。2D モードを含みま
す。
■■複合モード:1 つの画像に対して 2 つまたは 3 つの基本モードを同時に適用します。2D モードを含
みます。
■■Dual(2 画面)モード:2 画面で画像を表示することができます。各画面で異なった画像を表示す
ることができます。
■■3D/4D モード:3D 画像と 4D 画像を取得できます。
本製品で利用可能な診断モードのタイプは以下に示す通りです。
Mode(モード)
タイプ
基本モード
2D モード
Color Doppler Mode(カラードプラモード)
Power Doppler Mode(パワードプラモード)
M モード
PW スペクトラムドプラモード
CW スペクトラムドプラモード
TDI モード
TDW モード
複合モード
2D/C/PW モード
2D/P/PW モード
2D/C/CW モード
2D/P/CW モード
2D/C/M モード
2D/C Live モード
Dual Mode(2 画面モード)
Dual モード(2 画面モード)
3D/4D モード
3D モード
4D モード(オプション)
注記: 各モードの機能は選択されたプローブにより制限されます。
4-3
操作説明書
基本的な操作方法
各診断モードで共通に使用する項目は以下の通りです。
コントロールパネルの使用
各診断モードで主に使用する項目はメニュー項目から使用できます。診断を効率的に行うた
めに、画像形式の変更、画像の最適化を行うことができます。
■■Q Scan / Gain(Q スキャン/ゲイン)
Q Scan:Q スキャンダイアルボタンを押すと、Q スキャンを使用できます。
像上部に表示されます。
マークが画
2D モードでは、自動的に Gain(ゲイン)と TGC を調整して画像のコントラストと明
るさを最適化します。PW スペクトラムドプラモードでは、自動的に Scale(流速)と
Baceline(ベースライン)を調節してスペクトラムを最適化します。
注記: Q Scan(Q スキャン)は、特定のプローブとアプリケーションでのみ使用可能です。
Gain(ゲイン):ダイアルボタンを回してゲインを調整します。診断モードによって、
XX
対応するゲインの調節が変わります。
画像の明るさを調整します。ゲインダイアルボタンを時計方向に回すと、明るくなります。
■■Angle(アングル)
注記: 2D モードとスペクトラムドプラモードでのみ使用可能です。
スペクトラムドプラモードで、アングルダイアルボタンを回すと、サンプルボリューム
(SV)の角度を 1°ずつ調整します。2D モードでこのダイアルボタンを回すと、Scan
Area(スキャンエリア)を調整することができます。
■■TGC
コントロールパネルの TGC ラインを操作します。
一般的に、超音波の透過性は深度の増加と共に弱まります。TGC はこの効果を補正するた
めに使用します。
4-4
第 4 章 診断モード
本製品では、深度に対し 6 つの TGC ラインがあり、深度別にゲインの調節を行うことがで
きます。一番上の TGC ラインは、最も浅い領域を、下の TGC ラインになるほど深い領域に
対応します。
TGC ラインを右(+)に動かすとゲインが増大し(明るく)、左(-)に動かすとゲインが
減少し(暗くなり)ます。
■■Depth(深度)
画像のスキャン深度を調整するには、コントロールパネルの Depth(深度)ボタンを使用
します。
ボタンの上部を押すと深度が浅くなり、ボタンの下部を押すと深度が深くなります。
調整範囲は、選択したプローブによって異なります。
■■Focus(フォーカス)
フォーカスポイントを調整するには、コントロールパネルのFocus(フォーカス)ボタン
を使用します。
ボタンの上部を押すと、フォーカスが上がり、下部を押すと下がります。
■■Zoom(ズーム)
画像のズームインまたはズームアウトに使用します。使用方法は以下の通りです。
1. ズームを押します。ズームインするにはボタンの上部を、ズームアウトするにはボタン
の下部を押します。画面左側にズームナビゲーションボックスが表示され、ズームボッ
クスの現在地が表示されます。
2. トラックボールを使用して、ズームボックスの位置を変更します。
ボタンの該当部分を続けて押すと、さらに画像のズームインまたはズームアウトを行うこ
とができます。
ソフトメニューの使用
ソフトメニューは、各診断モードで主に使用されるオプションと機能が表示されます。これ
らのオプションと機能の選択と実行は、対応するソフトメニューダイアルボタンを使用して
行うことができます。
ソフトメニューが複数ページにわたる場合は、拡張メニューダイアルボタンを回し、ページ
をスクロールします。
4-5
操作説明書
基本モード
2D モード
この基本モードは B モード とも呼ばれ、臓器の断面を表示する、超音波診断装置の基本診断モ
ードです。スキャン方向の 2 次元断面画像をリアルタイムに表示します。
[ 図 4.1 2D モード ]
2D モードの開始
コントロールパネルの 2D ボタンを押します。
他の診断モードで 2D ボタンを押すと、基本の 2D モードに切り替わります。
注記: 2D モードはデフォルトですべての診断モードに適用されるため、終了することは
できません。
4-6
第 4 章 診断モード
2D モードのソフトメニュー
2D モードのソフトメニューは以下から構成されます。
注記: このマニュアルで言及されるソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
1
2
3
4
5
6
Frame Avg
(フレームア
ベレージ)
Dynamic Range
(ダイナミッ
クレンジ)
Reject Level
(リジェクト
レベル)
Edge Enhance
(輪郭強調)
Focus
(フォーカス)
DMR+ Index
Frequency
(周波数)
Harmonic
(ハーモニック)
M Line
(M ライン)
Write Zoom
(書き込みズ
ーム)
2D/C Live
DMR+
Rotation
(回転)
Frame Rate
(フレームレ
ート)
Line Density
(走査線密度)
Power(出力)
SRF Index
L/R Flip
(左右反転)
U/D Flip
(上下反転)
Trapezoidal
(トラぺゾイ
ダル)
Tissue(組織)
SRF
Pulse Inversion
(パルス反転)
■■Frame Avg(フレームアベレージ)
画像の更新時に、現在の画像と直前の画像を平均化します。ソフトメニューのダイアルボ
タン[1] を回し、Frame Avg(フレームアベレージ)を 0 ∼ 15 に設定します。同じ診断
部分を繰り返しスキャンすると、更新画像に小さな斑点が現れることがあります。このよ
うな斑点を最小に抑制するために、Frame Avg(フレームアベレージ)を使用します。
■■Frequency(周波数)
プローブの周波数の変更に使用します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回
し、Res(高周波)、Pen(低周波)、Gen(一般周波)を選択します。
Res:高周波数
XX
Gen:一般周波数
XX
Pen:低周波数
XX
選択した周波数設定がタイトルエリアに表示されるため、現在の周波数状態を容易に確認
することができます。
4-7
操作説明書
■■Dynamic Range(ダイナミックレンジ)
最小/最大入力信号値を変更することで、画像コントラストを調整します。ソフトメニュー
のダイアルボタン[2] を回し、50 ∼ 200 の値を選択します。数値を大きくすると、画像
が滑らかになります。
■■Harmonic(ハーモニック)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を押し、ON または OFF にします。ON の場合、画
像情報に HAR マークが表示されます。本製品は、高周波で画像を最適化する OHI(Optimal
Harmonic Imaging)機能を備えています。
注記: Harmonic(ハーモニック)は、特定のプローブを使用する場合のみ利用できます。
■■Reject Level(リジェクトレベル)
ノイズや低レベルのエコーを除去することによって画像をきれいにします。ソフトメニュ
ーのダイアルボタン[3] を回し、1 ∼ 32 の値に設定します。
■■M Line(M ライン)
画像上に M ラインが表示されます。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を押し、M ラ
インをオンまたはオフにします。M ラインは、M モードまたはパルスドプラモードが 2D
モードと共に使用されている場合に、観測画像が 2D 画像のどこにあるかを示します。
■■Edge Enhance(輪郭強調)
臓器や組織の境界の画像をより鮮明にします。ソフトメニューのダイアルボタン[4] を
回し、-3 ∼ 3 の値を選択します。値を高くすると、境界部の画像がより鮮明になります。
■■Write Zoom(書き込みズーム)
スキャン画像をリアルタイムで拡大することができます。
1. ダイアルボタンを押します。Write Zoom(書き込みズーム)ボックスが画面に表示され
ます。
2. スキャン画像を拡大します。ズームボックスの移動とサイズ変更は、Change(チ
ェンジ)ボタンを使用します。画面左下にズームボックスの現在の状態が表示さ
れ、Change(チェンジ)ボタンを押すと機能が切り替わります。
XXPreZoom Position(ズーム位置):
ズームボックスを移動できます。トラックボールを使用し、ズームボックスを移動しま
す。
4-8
第 4 章 診断モード
PreZoom Size(ズームサイズ):
XX
ズームボックスのサイズを変更できます。トラックボールを使用し、ズームボックスのサ
イズを変更します。
Write Zoom(書き込みズーム)の使用時に Depth(深度)を変更すると、ズームモードは
自動的に終了します。
■■Focus(フォーカス)
この機能は、焦点の数を定義するために使用します。ソフトメニューのダイアルボタン[
5] を回し、1 ∼ 4 の値に設定します。
■■2D/C Live(2D/C ライブ)
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を押します。2D 画像とカラードプラ画像をリア
ルタイムに同時に表示できます。
■■DMR+
注記:
DMR+ は、この製品のオプション機能です。
XX
SRF がオンの場合、DMR+ は使用できません。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押します。画像のノイズが除去されて境界線が
強調され、画像がより鮮明になります。DMR+ をオンにすると、画面の右側に が表示さ
れ、ソフトメニュー内に DMR+ Index(DMR+ インデックス)オプションが表示されます。
■■DMR+ Index
このオプションは、DMR+ がオンの場合にソフトメニューに表示されます。3 段階のイン
デックスで調整できます。ソフトメニューのダイアルボタン[6] を回し、1 ∼ 3 の値に
設定します。
■■Rotation(回転)
ソフトメニューのダイアルボタン[1] を時計方向に回します。画像が 90°ずつ回転しま
す。
■■L/R Flip(左右反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[1] を押すと、画像が左右に反転します。画像上部に
ある M マークは、現在の画像の方向を示します。
4-9
操作説明書
■■Frame Rate(フレームレート)
フレームレートは、1 秒間に構成される画像の枚数です。ソフトメニューのダイアルボタ
ン[2] を回し、Fast(速い)、Normal(普通)、Slow(遅い)から選択します。
動きが速い臓器のスキャンには、速めのフレームレートが適しています。
■■U/D Flip(上下反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を押します。ダイアルボタンを押すと、画像が上
下に反転します。
■■Line Density(走査線密度)
走査線密度を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、Medium(
中)、High(高)、Low(低)を選択します。
High(高)を選択すると走査線の数が増加し画像解像度が上がります。しかし、この場合
フレームレートは下がります。
■■Trapezoidal(トラぺゾイダル)
注記: Trapezoidal(トラぺゾイダル)は、リニアプローブを使用する場合のみメニュー
に表示されます。
ソフトメニューのダイアルボタン[3] を押し、このオプションをオンまたはオフにしま
す。このオプションをオンにすると、通常、リニアプローブによって提供される四方形の
フレームが台形のフレームに変わります。この結果、画像の表示範囲が広がります。
深度によっては Trapezoidal(トラぺゾイダル)機能が使用できない場合があります。ま
た、Trapezoidal(トラぺゾイダル)機能を使用している間は Zoom(ズーム)ボタンを使
用できません。
■■Pulse Inversion(パルス反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、Pulse Inversion(パルス反転)をオンまた
はオフにします。オンにすると、パルスが反転して画像表示がシャープになります。
注記: Pulse Inversion(パルス反転)は、特定のプローブを使用する場合のみ利用できます。
4-10
第 4 章 診断モード
■■Power(出力)
超音波出力の調整に使用します。ソフトメニューのダイアルボタン[5] を回し、10 ∼
100 の値に設定します。
■■Tissue(組織)
スキャンする組織の種類に適した周波数と速度を選択することにより、画像を最適化しま
す。ソフトメニューのダイアルボタン[5] を回し、Solid(個体)、Normal(普通)、
Adipose(脂肪)、または Cystic(嚢胞)を選択します。
■■SRF
SRF は、Speckle Reduction Filter(スペックル低減フィルタ)の略です。
注記: DMR+ がオンの場合、SRF は使用できません。
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押し、ノイズを最小限に抑え、境界部の明るさ
を自動的に調節することで画像を最適化します。ダイアルボタンを押して SRF をオンにす
ると、画面の右側に
マークが表示され、ソフトメニュー内に SRF Index オプションが表
示されます。
■■SRF Index
このオプションは、SRF がオンの場合にソフトメニューに表示されます。2 段階のインデッ
クスで調整できます。ソフトメニューのダイアルボタン[6] を回し、1 または 2 を選択
します。
■■Ext. Res.(解像度の拡張)
ソフトメニューのダイアルボタンを押し、Ext. Res.(解像度の拡張)をオンまたはオフに
します。この機能をオンにすると、チャンネル数が増え、その結果解像度が上がります。
しかし、この場合フレームレートは下がります。Ext. Res.(解像度の拡張)がオンの場
合、Spatial Compound は使用できません。
■■Scan Area(スキャンエリア)
画像の幅を指定します。ソフトメニューのダイアルボタンを押し、40 ∼ 100% の値に設定
します。画像の幅を広げるとフレームレートは下がります。
4-11
操作説明書
■■2D Image Size(2D イメージサイズ)
2D の画像サイズを指定します。ソフトメニューのダイアルボタンを回し、80 ∼ 100 の値
に設定します。
■■FSI
特性の異なる周波数からデータを取得し、画像を合成します。高周波で解像度が上がり、
低周波で透過性がよくなります。
ソフトメニューのダイアルボタンを回し、1 ∼ 3 の値で設定します。FSI は、Full Spectrum
Imaging の略です。
■■Gray Map(グレーマップ)
Gray Map(グレーマップ)を変更します。ソフトメニューのダイアルボタンを回し、1 ∼
13 の値に設定します。
■■Post Curve(ポストカーブ)
2D ポストカーブを変更します。ソフトメニューのダイアルボタンを回し、1 ∼ 9 の値に設
定します。
■■Spatial Compound(スペシャルコンパウンド)
注記:
Spatial Compound は、この製品のオプション機能です。
XX
この項目は、リニアプローブを使用する場合のみメニューに表示されます。
XX
Ext. Res.(解像度の拡張)がオンの場合、Spatial Compound は使用できません。
XX
ソフトメニューのダイアルボタンを押し、Spatial Compound(スペシャルコンパウンド)
をオンまたはオフにします。
Spatial Compound(スペシャルコンパウンド)をオンに設定すると、画面の右側に マーク
が表示されます。
4-12
第 4 章 診断モード
M モード
M モードは 2D 画像の観測エリアを M ラインで指定し、時間と共に変化を表示するのに使用します。
このモードは、心臓の弁などの動きのある臓器を観察するのに適しています。2D モード画像も
表示され、2D 画像内に観測エリアを表示したりサイズを調整したりすることができます。
[ 図 4.2 M モード ]
4-13
操作説明書
M モードの開始と終了
コントロールパネルの M ボタンを押します。このボタンをもう一度押すと、 M モードが終了
し、2D モードに戻ります。
M モード画面
■■M Line(M ライン)
コントロールパネルのトラックボールを使用し、M ラインを右または左へ移動させま
す。M ラインは、2D 画像における M モード画像の相対位置を示します。このため M ライ
ンを動かして観察エリアを変えることができます。
M モードのソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されるソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
M モードのソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
2
3
4
5
6
Display Format
(表示形式)
Speed
(速度)
Loop Size
(ループサ
イズ)
Chroma Map Type
(クロママップ
タイプ)
Power(出力)
M Edge Enhance
(M モード輪郭
強調)
Negative
(ネガティ
ブ)
Chroma Map
(クロママップ)
Anatomical M
(アナトミカル
M)
■■Display Format(表示形式)
M 画像と 2D 画像のレイアウトを設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を
回し、Top/Bottom(上/下)または Side By Side(左右)を選択します。
Top/Bottom(上/下):2D 画像を上部に、M 画像を下部に表示します。
XX
Side by Side(左右):画面の左に 2D 画像、右に M 画像が表示されます。
XX
4-14
第 4 章 診断モード
■■Speed(速度)
M 画像の速度を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を回し、60Hz、120
Hz、180Hz、240Hz、300Hz、360Hz を選択します。
■■Negative(ネガティブ)
M 画像の色を反転させます。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を押し、この機能を
オンまたはオフにします。
■■Loop Size(ループサイズ)
M 画像のサイズを調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、30 ∼ 70
の値に設定します。
■■Chroma Map(クロママップ)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、この機能をオンまたはオフにします。オ
ンの時は、ソフトメニューのダイアルボタン[4] を回し、画像の色を Type 1 ∼ 13(タ
イプ 1 ∼ 13)または User 1 ∼ 3(ユーザー 1 ∼ 3)に設定します。
注記: ユーザータイプは、Utility(ユーティリティ)> Post Curve(ポストカーブ)> M
Post(M ポスト)> Chroma Map(クロママップ)で変更できます。詳細については、
第 7 章「ユーティリティ」のセクション「ポストカーブ」を参照してください。
■■M Edge Enhance(M モード輪郭強調)
M 画像での輪郭強調の値を選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[6] を回
し、-3 ∼ 3 の値に設定します。値を高くすると、画像の境界線がより鮮明になります。
■■Anatomical M(アナトミカル M)
注記: フェイズドアレイプローブまたは心臓アプリケーションを選択した場合にのみ、
使用できます。
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押し、Anatomical M(アナトミカル M)をオン
またはオフにします。オンにしたときは、M ラインの長さを変更できます。M Point 1 と M
Point 2 の位置を変更するには、Change(チェンジ)ボタンを使用します。
注記: その他のソフトメニューオプションと機能の詳細については、セクション「2D モ
ード」を参照してください。
4-15
操作説明書
Color Doppler Mode(カラードプラモード)
このモードは 2D 画像の ROI(関心領域)にカラー血流パターンを表示します。
血流の様子、平均速度、方向などの検査に適しています。2D 画像内で ROI(関心領域)を表示
し、サイズを調整したりすることができます。
[ 図 4.3 カラードプラモード ]
C モードの開始と終了
C モードを開始するには、コントロールパネルの C ボタンを押します。C ボタンをもう一度押
すと、C モードを終了し 2D モードに戻ります。
4-16
第 4 章 診断モード
C モード(カラーモード)画面
■■ROI ボックス
ROI は、Region Of Interest(関心領域)の略です。カラードプラモードは、2D 画像上で ROI
ボックス内の血流パターンを表示します。
現在の ROI ボックスの状態が画面の左下に表示されます。Change(チェンジ)ボタンを押
すと、ROI ボックスの移動やサイズ変更を行うことができます。
ROI Position(関心領域位置):ROI ボックスの位置を変更できます。トラックボールを
XX
使用し、ROI ボックスを移動できます。
ROI Size(関心領域サイズ):ROI ボックスのサイズを変更できます。Change(チェン
XX
ジ)ボタンを押し、トラックボールを使用して ROI ボックスの大きさを変更します。
C モード(カラーモード)のソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されるソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
C モード(カラーモード)のソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
2
3
4
5
6
Steer(ステア)
Frame Avg
(フレームア
ベレージ)
Color Map
(カラーマッ
プ)
Sensitivity
(感度)
Balance
(バランス)
Scale(流速)
Color Invert
(カラー反転)
Harmonic
(ハーモニッ
ク)
M Line
(M ライン)
Write Zoom
(書き込みズ
ーム)
2D/C Live
(2D/C ライブ)
Color Format
(カラーフォ
ーマット)
Color Mode
(カラーモー
ド)
Line Density
(走査線密度)
Baseline
(ベースライ
ン)
Power(出力)
Filter
(フィルタ)
Frequency
(周波数)
TDI
4-17
操作説明書
■■Steer(ステア)
超音波ビームの角度調整により、カラー情報の損失が最小限に抑えられます。ソフトメニ
ューのダイアルボタン[1] を回し、ROI(関心領域)を Left(左)、None(なし)、
Right(右)に設定します。
注記: Steer(ステア)機能は、リニアプローブを使用しているときのみ使用できます。
■■Color Invert(カラー反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[1] を押すと、カラーバーが反転します。カラーバー
を反転すると画像に表示された色も反転します。
■■Color Map(カラーマップ)
カラーの色を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、Type 1 ∼ 14(
タイプ 1 ∼ 14)から選択します。
■■Sensitivity(感度)
カラー画像の感度を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[4] を回し、8 ∼ 31
の値に設定します。数値を高くするとカラー画像の感度は高くなり、フレームレートは下
がります。
■■Balance(バランス)
カラー画像の範囲は、2D 画像のグレーレベルをカラー画像のドプラ信号値と比較すること
によりカラー画像表示の範囲を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[5] を回
し、1 ∼ 16 の値に設定します。
バランス値が増加すると、2D 画像のグレーレベルが高い領域(明るい部分)にカラー画像
が表示され、カラー画像の範囲が広がります。
■■Scale(流速)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を使用し、流速を調整します。ダイアルボタンを
時計方向に回すと PRF(パルス繰り返し周波数)が増加し、血流速度の範囲が広がります。
ダイアルボタンを反時計方向に回すと、PRF が減少し、血流速度の範囲が狭くなります。
4-18
第 4 章 診断モード
■■Color Format(カラーフォーマット)
C モード(カラーモード)を選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回
し、Color + B/W(カラー + 白黒)または B/W Only(白黒のみ)を選択します。
■■Color Mode(カラーモード)
カラードプラモードの表示方法を指定します。ソフトメニューのダイアルボタン[2]
を回し、Velocity(流速)または Vel + Var(速度 + 変化)を選択します。Vel は velocity の
略、Var は variance の略です。
■■Filter(フィルタ)
血管壁運動によって生じる低周波ドプラ信号を除去します。カットオフ周波数を調整し
て、周波数がカットオフ周波数より低いドプラ信号を除去します。
ソフトメニューのダイアルボタン[3] を押し、0 ∼ 3 の値に設定します。
■■Baseline(ベースライン)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を時計方向に回します。ベースラインが上昇します。
カラードプラモードでカラーバーは血流の速度と方向を示し、 青色はプローブから離れる
血流の 速度と方向を示します。
■■TDI
注記:
この機能は、フェイズドアレイプローブで心臓アプリケーションが選択されている
XX
場合のみ使用できます。
TDI モードの詳細については、「TDI モード」を参照してください。
XX
この機能を選択すると TDI モードに変わります。TDI は Tissue Doppler Imaging(組織ドプラ
画像)の略です。
注記: その他のソフトメニューオプションと機能の詳細については、セクション「2D モ
ード」を参照してください。
4-19
操作説明書
Power Doppler Mode(パワードプラモード)
このモードでは、2D 画像のROI(関心領域)内に血流強度を表示します。
2D 画像が表示され、2D 画像内で ROI(関心領域)を表示また、サイズを調整することができます。
[ 図 4.4 パワードプラモード ]
4-20
第 4 章 診断モード
パワードプラモードの開始と終了
パワードプラモードを開始するには、コントロールパネルのPower(パワー)ボタンを押しま
す。このボタンをもう一度押すと、 PD(パワードプラ)モードが終了し 2D モードに戻ります。
PD Mode(パワードプラモード)画面
■■Color Bar(カラーバー)
パワードプラモードでは、使用される表示方法に応じて表示されるカラーバーが変化します。
PD Mode(パワードプラモード):カラーバーは血流の有無と量を示します。Baseline
XX
の上部は最も明るいエリアで、血流量が多いことを示します。
DPDI Mode(DPDI モード):カラーバーは血流の速度と方向を示します。中央のベース
XX
ラインを基準として、赤色はプローブに向かう血流の速度と方向を示します。逆に、青
色はプローブから離れる血流の速度と方向を示します。
■■ROI Box(ロイボックス)
パワードプラモードは、2D 画像上で ROI(関心領域)の血流パターンを表示します。
パワードプラモードのソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されているソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
パワードプラモードのソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
Steer(ステア)
2
3
4
5
6
Frame Avg
(フレームア
ベレージ)
Color Map
(カラーマップ)
Sensitivity
(感度)
Balance
(バランス)
Scale
(流速)
M Line
(M ライン)
Write Zoom
(ライトズーム)
2D/C Live
Line Density
(走査線密度)
Baseline
(ベースライン)
Power(出力)
Color Invert
Harmonic
(カラー反転) (ハーモニック)
Color Format
(カラーフォ
ーマット)
PD Mode
(パワードプ
ラモード)
Frequency
(周波数)
Filter(フィルタ)
4-21
操作説明書
■■PD Mode
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を回し、PD Mode(パワードプラモード)または
DPDI Mode(DPDI モード)を選択します。
PD Mode(パワードプラモード):血流の有無が表示されます。
XX
DPDI Mode(DPDI モード):Directional Power Doppler Imaging(方向性パワードプラ画
XX
像)の略です。血流の強度と方向についての情報が表示されます。
注記: その他のソフトメニューオプションと機能の詳細については、セクション「2D モ
ード」と「カラードプラモード」を参照してください。
4-22
第 4 章 診断モード
PW スペクトラムドプラモード
PW は、Pulse Wave(パルス波)の略です。このモードでは、血管内の特定のポイントの血流速
度を表示します。距離(深度)情報は、パルスを時間フレームに送信することにより取得でき
ます。
このモードは、腹部の血管や抹消血管などにおける低速の血流を測定するのに適していま
す。2D 画像が表示され、2D 画像内に観測エリアを表示し、サイズを調整することができま
す。
[ 図 4.5 PW スペクトラムドプラモード ]
4-23
操作説明書
PW スペクトラムドプラモードの開始と終了
PW スペクトラムドプラモードを開始するには、コントロールパネルのPW(パルス)ボタン
を押します。もう一度押すと、2D モードに戻ります。
コントロールパネルの Set(セット)ボタンを押すと、スペクトラムドプラ画像を取得でき
ます。
PW Spectral Doppler Mode(PW スペクトラムドプラモード)画面
■■Sample Volume(サンプルボリューム)
2D 画像でサンプルボリューム(SV)を血流上に置くと、ドプラスペクトラムが表示され
ます。サンプルボリューム(SV)のサイズと深度は、mm 単位で表示されます。Sample
Volume(サンプルボリューム)はトラックボールを使用して調整することができます。位
置は「xx.xx@yy.yy mm」形式で表示されます。サンプルボリューム(SV)のサイズが xx.xx
mm、深さが yy.yy mm の形式で示されます。
例えば、2.00@16.70mm は、2.00 mm のサンプルボリューム(SV)が 16.70 mm の深度にあ
ることを意味します。
XX
サンプルボリューム(SV)の移動:コントロールパネルのトラックボールを使用します。
Sample Volume(サンプルボリューム)のサイズ変更:コントロールパネルのChange(
XX
チェンジ)ボタンを押し、トラックボールを使用してサンプルボリューム(SV)のサイ
ズを調整します。もう一度Change(チェンジ)ボタンを押して、Sample Volume Position
Control(サンプルボリュームの位置コントロール)画面に戻ります。トラックボールが
SV Position(サンプルボリューム位置)と SV Size(サンプルボリュームサイズ)のどち
らに設定されているかを示すアイコンが左下隅に表示されます。
XX
サンプルボリューム(SV)の角度調整:コントロールパネルのアングルダイアルボタン
を使用し、サンプルボリューム(SV)の角度を調整します。アングルダイアルボタン
を回すと、–70 ∼ +70 の範囲で角度を調整することができます。
■■HPRF(High PRF)
注記:
HPRF(High PRF)は、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> General(一般)>
XX
Scan Mode(スキャンモード)> Option(オプション)で有効または無効にします。
HPRF(High PRF)は、同時モードでは使用できません。また、PRF の 2 倍が 23kHz 以
XX
上の場合、HPRF は使用できません。
4-24
第 4 章 診断モード
特定の深度で速度上限値を超える血流を調整します。この機能を使用すると、現在の流速
が倍になります。この機能は、PW スペクトラムドプラモードでのみ使用できます。HPRF
は、High PRF の略です。
HPRF の実行
XX
特定の深度で Scale(流速)を一定の値にすると、HPRF は自動的にアクティブになりま
す。サンプルボリューム(SV)より高い位置の D ライン上にファントムゲートが表示さ
れます。HPRF(High PRF)を開始すると Scale(流速)値を上げても PRF は増加しません。
HPRF の終了
XX
HPRF(High PRF)を使用している間に、Scale(流速)値を 1 ステップ下げることで
HPRF(High PRF)は終了します。この時、PRF 値はその時点での PW スペクトラムドプラ
モードの最大値になります。
XX
サンプルボリューム(SV)の移動
D only(ドプラのみ)でサンプルボリューム(SV)を移動すると、PRF 値とファントム
ゲートの位置は PW スペクトラム画像に応じて更新されます。PRF(High PRF)は使用し
ない場合、終了します。
2D Only(2D のみ)状態でサンプルボリューム(SV)を移動しても PRF 値は変化しません。
注意:
ズームモードでは、ファントムゲートの位置が 2D 画像エリアの外になる場合があり
XX
ます。
計測範囲内にサンプルボリューム(SV)とファントムゲートがないことを確認します。
XX
血管内に 3 つ以上のサンプルボリューム(SV)があると、スペクトラム内にすべて
のドプラ成分が表示され、ノイズ発生の原因となります。
4-25
操作説明書
PW スペクトラムドプラモードのソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されるソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
PW スペクトラムドプラモードのソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
2
3
4
5
6
Steer(ステア)
Speed(速度)
Angle(角度)
(10 Step)
SV Size(サン
プルボリュー
ムサイズ)
Baseline
(ベースライン)
Scale(流速)
Doppler Invert
(ドプラ反転)
Simultaneous
(同時)
Angle(角度)
(60 Step)
AutoCalc
(自動計測)
Mean Trace
(平均トレース)
Display Format
( 表示形式 )
Dynamic
Range
(ダイナミッ
クレンジ)
Spectrum Ehn.
AutoCalc
Direction
(自動計測方向)
Power(出力)
Doppler Avg
(ドプラアベ
レージ)
Filter
(フィルタ)
Frequency
(周波数)
TDW
■■Doppler Invert(ドプラ反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[1] を押します。ボタンを押すと、スペクトラムの速
度表示(+ と -)が反転します。
■■Simultaneous(同時)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を押し、Simultaneous(同時)オプションをオン
またはオフにします。
注記: このオプションは、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> General(一
般)> Scan Mode(スキャンモード)> Simultaneous Mode(同時モード)が Allow(許
可)に設定されている場合に、PW(パルスドプラ)メニューが表示されます。
Simultaneous(同時)オプションがオンの場合、リアルタイムの 2D 画像と PW スペクトラ
ムドプラモードを同時に表示することができます。このオプションがオフの場合、リアル
タイムでの画像表示は、どちらか一方になります。
同時機能は、ドプラ PRF を低下させるため、計測可能な速度範囲が狭くなります。
4-26
第 4 章 診断モード
■■Angle(角度)
サンプルボリューム(SV)の角度を調整することにより、速度を正確に測定できます。
ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、角度を 10°ずつ調整します。ソフトメニ
ューのダイアルボタン[3] を押すと、角度が –60°、0°、60°の順に変化します。
■■SV Size(サンプルボリュームサイズ)
サンプルボリューム(SV)のサイズを指定します。ソフトメニューのダイアルボタン[4]
を回し、0.5 ∼ 15 の値に設定します。
■■AutoCalc(自動計測)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、AutoCalc(自動計測)をオンまたはオフ
にします。
オンの場合、ドプラトレースが実行されその結果が表示されます。Utility(ユーティリテ
ィ)> Setup(設定)> AutoCalc(自動計測)で、最大 6 つの計測を選択できます。オンの
場合、Mean Trace(平均トレース)ボタンが有効になります。
計測の選択についての詳細は、第 7 章「ユーティリティ」のセクション「計測の設定」を
参照してください。
注意: Measure(計測)メニューの Auto Trace(自動トレース)で行う測定とリアルタイ
ム自動ドプラトレース(自動計測)で行う測定が一致しない可能性があります。これは
2 つの方法のアルゴリズムが異なるためです。より正確な測定には、Measure(計測)
メニューの Auto Trace(自動トレース)を使用することをお勧めします。
4-27
操作説明書
ヒント !
リアルタイム自動ドプラトレースに関する注意事項
1. 画像速度に比べて PRF が低すぎたり、PRF が高すぎて Baseline(ベースライン)の周
りにスペクトラムが密集する場合、エイリアシングが発生します。
2. 静脈のスペクトラム波形などでは、ピークが不鮮明な場合や、断続的になる場合が
あります。
3. ドプラゲインが高すぎたり低すぎたりすると、重要なスペクトラムの識別が難しく
なります。
4. トラックボールでサンプルボリューム(SV)を操作した後も指標が表示されます。
5. ドプラウォールフィルタの設定が高い場合、主要なスペクトラム信号が遮断されま
す。
6. 異常なドプラノイズやアーチファクトがある場合、ピークトレースは中断されま
す。心拍数は約 140 bpm 以上になります。
上記のいずれかに該当する場合、リアルタイム自動ドプラトレースで正確なトレースま
たは結果が生成されないことがあります。さらに、自動計測中に、不正確な結果に対し
てフリーズ機能を実行した場合、結果は表示されません。
■■Baseline(ベースライン)
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を使用します。ダイアルボタンを回して、ベース
ラインを調整します。
■■Mean Trace(平均トレース)
注記: AutoCalc(自動計測)が有効になっている場合のみソフトメニューに表示されます。
ドプラトレースを実行し、平均値を表示します。ソフトメニューのダイアルボタン[5]
を押し、オンまたはオフにします。
■■Display Format (表示形式)
2D 画像と PW 画像のレイアウトを設定します。ソフトメニューのダイヤルボタン [1] を回
して、レイアウトを選択します。
■■Doppler Average(ドプラアベレージ)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を押し、オンまたはオフにします。オンにしたと
きは、FDRP(Fast DRP)を使用してスペクトラムドプラ画像の品質を向上させます。
4-28
第 4 章 診断モード
■■Spectrum Ehn(スペクトラム強化)
スペクトラムドプラ画像の明るさと感度のレベルを調整します。ソフトメニューのダイア
ルボタン[3] を回し、1 ∼ 4 の値に設定します。Spectrum Ehn は Spectrum Enhancement
の略です。
■■AutoCalc Direction(自動計測方向)
自動計測を使用する場合に計測するドプラ波形を指定するために使用します。ソフトメニ
ューのダイアルボタン[5] を回し、Up(上)、Down(下)、または All(すべて)を選
択します。
■■TDW(組織ドプラ波形)
注記:
この機能は、フェイズドアレイプローブで心臓アプリケーションが選択されている
XX
場合のみ使用できます。
TDW(組織ドプラ波形)の詳細については、「TDW モード」を参照してください。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押すと、モードが TDW モードに切り替わりま
す。TDW は Tissue Doppler Wave の略です。
■■Spectrum Type(スペクトラムタイプ)
スペクトラムタイプを選択します。ソフトメニューのダイアルボタンを回し、Type 1 ∼ 3
(タイプ 1 ∼ 3)の間で設定します。
注記: その他のソフトメニューオプションと機能の詳細については、セクション「2D モ
ード」と「カラードプラモード」を参照してください。
4-29
操作説明書
CW スペクトラムドプラモード
CW は、Continuous Wave(連続波)の略です。このモードでは、特定の期間における特定の血
管位置での、血流の速度と方向が表示されます。PW スペクトラムドプラモードとは異なり、サ
ンプルボリューム(SV)は提供されません。
注記:
CW スペクトラムドプラモードは、この製品のオプション機能です。
XX
このダイアルボタンは、フェイズドアレイプローブまたはスタティック CW プローブ
XX
でのみ使用できます。
[ 図 4.6 CW スペクトラムドプラモード ]
■■ステア CW スペクトラムドプラモード
このモードは、フェイズドアレイプローブが使用されている場合のみ使用できます。2D 画
像内に観測エリアを表示し、サイズを調整することができます。
■■スタティック CW スペクトラムドプラモード
このモードは、スタティック CW プローブを使用する場合にのみ使用できます。2D 画像は
表示されません。
4-30
第 4 章 診断モード
CW スペクトラムドプラモードの開始と終了
CW スペクトラムドプラモードを開始するには、コントロールパネルの CW(連続波) ボタン
を押します。もう一度押すと、2D モードに戻ります。
CW スペクトラムドプラモードのソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されているソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
複合波モードのソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
2
3
Speed(速度)
Angle
(10 Step)
(角度(10 ス
テップ))
5
6
Baseline
(ベースライン)
Scale(流速)
Angle
(60 Step)
(角度(60 ス
テップ))
AutoCalc
(自動計測)
Mean Trace
(平均トレース)
Dynamic
Range
(ダイナミッ
クレンジ)
Spectrum Ehn.
AutoCalc
Direction
(自動計測方向)
Power(出力)
Doppler Avg
(ドプラアベ
レージ)
Filter
(フィルタ)
Doppler Invert
(ドプラ反転)
Loop Size
(ループサイズ)
4
注記: このソフトメニューの詳細については、セクション「PW スペクトラムドプラモー
ド」を参照してください。
4-31
操作説明書
TDI モード
注記: フェイズドアレイプローブと心臓アプリケーションを使用している場合にのみ、
ソフトメニューに表示されます。
TDI は Tissue Doppler Imaging(組織ドプラ画像)の略です。TDI モードは心臓などの組織の動き
を表します。
[ 図 4.7 TDI モード ]
TDI モードの開始と終了
カラードプラモードを使用している状態でソフトメニューのダイアルボタン[6] を押す
と、TDI モードがアクティブになります。このボタンをもう一度押すと、TDI モードから C モ
ードに切り替わります。
4-32
第 4 章 診断モード
TDI モードのソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されるソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
TDI モードのソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
2
3
4
5
6
Frame Avg
(フレームア
ベレージ)
Color Map
(カラーマップ)
Sensitivity
(感度)
Balance
(バランス)
Scale(流速)
M Line
(M ライン)
Write Zoom
(書き込みズ
ーム)
2D/C Live
Color Invert
Harmonic
(カラー反転) (ハーモニック)
Color Format
(カラーフォ
ーマット)
Line Density
Baseline
(走査線密度) (ベースライン)
Filter
(フィルタ)
Power(出力)
Frequency
(周波数)
TDI
注記: このソフトメニューの詳細については、セクション「カラードプラモード」を参
照してください。
4-33
操作説明書
TDW モード
TDW は Tissue Doppler Wave(組織ドプラ波形)の略です。TDW モードは心臓などの組織の動き
を表します。TDW モードは、PW スペクトラムドプラモードで使用できます。このモードをカ
ラードプラモードまたはパワードプラモードと組み合わせてスペクトラムドプラモードで使用
すると、心臓組織の経時的変化を観察できます。
注記: この機能は、フェイズドアレイプローブで心臓アプリケーションが選択されてい
る場合のみ使用できます。
[ 図 4.8 TDW モード ]
TDW モードの開始と終了
PW スペクトラムドプラモードでは、ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押す
と、TDW モードがアクティブになります。このボタンをもう一度押すと、TDW モードから
PW スペクトラムドプラモードに切り替わります。
4-34
第 4 章 診断モード
TDW モードのソフトメニュー
注記: このマニュアルで言及されているソフトメニューは、Utility (ユーティリティ) >
Menu Edit (メニューの編集) のデフォルト設定からアクセスできます。
TDW モードのソフトメニューは以下のものから構成されます。
1
Steer(ステア)
2
3
4
5
6
Speed(速度)
Angle(角度)
(10 Step)
(角度(10 ス
テップ))
SV Size
(サンプルボ
リュームサイ
ズ)
Baseline
(ベースライン)
Scale(流速)
Angle
(60 Step)
(角度(60 ス
テップ))
AutoCalc
(自動計測)
Mean Trace
(平均トレース)
Dynamic
Range
(ダイナミッ
クレンジ)
Spectrum Ehn.
AutoCalc
Direction
(自動計測方向)
Power(出力)
Doppler Avg
(ドプラアベ
レージ)
Filter
(フィルタ)
Doppler Invert
(ドプラ反転)
Loop Size
(ループサイ
ズ)
Frequency
(周波数)
TDW
(組織ドプラ
波形)
注記: このソフトメニューの詳細については、セクション「PW スペクトラムモード」を
参照してください。
4-35
操作説明書
複合モード
複合モードでは、デフォルトの 2D モードを含めた 3 つの異なるモードを組み合わせます。2D/C
Live モードでは、2D モードとカラードプラモードの 2 つのモードのみが組み合わされます。
2D/C/PW モード
カラードプラモードと PW スペクトラムドプラモードを同時に表示します。
カラードプラモードで、コントロールパネルのPW(パルス)ダイアルボタンを押します。また
は、PW スペクトラムドプラモードで、コントロールパネルの C ボタンを押します。
2D/PD/PW モード
パワードプラモードと PW スペクトラムドプラモードを同時に表示します。
パワードプラモードで、コントロールパネルのPW(パルス)ボタンを押します。または、PW
スペクトラムドプラモードで、コントロールパネルのPD(パワー)ボタンを押します。
2D/C/CW モード
カラードプラモードと CW スペクトラムドプラモードを同時に表示します。このモードは特定
のプローブでのみ使用できます。
カラードプラモードで、コントロールパネルの CW ダイアルボタンを押します。または、CW ス
ペクトラムドプラモードで、コントロールパネルの C ボタンを押します。
2D/PD/CW モード
パワードプラモードと CW スペクトラムドプラモードを同時に表示します。このモードは特定
のプローブでのみ使用できます。
パワードプラモードで、コントロールパネルの CW ダイアルボタンを押します。または、CW ス
ペクトラムドプラモードで、コントロールパネルのPD(パワー)ボタンを押します。
4-36
第 4 章 診断モード
2D/C/M モード
カラードプラモードと M モードを同時に表示します。
カラードプラモードで、コントロールパネルの M ボタンを押します。または、M モードでコン
トロールパネルの C ボタンを押します。(このモードは、特定のプローブを用いる特定の診断ア
プリケーションでのみ有効です。)
2D/C Live モード
2D モードとカラードプラモードを同時に表示します。2D モードで、ソフトメニューのダイア
ルボタン[5] 2D/C Live を選択します。
複合モードフォーマットの変更
■■アクティブ画像モードの変更
コントロールパネルのSet(セット)ボタンを押します。画面のメニュー上に、「D Only(
ドプラのみ)」や「2D Only(2D のみ)」など、現在アクティブな画像モードが表示され
ます。
複合モードでは、複数の画像モードが同時に表示されます。現在使用している画像モード
は、「アクティブ画像モード」と呼びます。例えば、2D/C/PW モードで、トラックボール
を動かすとサンプルボリューム(SV)が移動する場合、現在のアクティブ画像モードは
PW スペクトラムドプラモードになります。
メニューとボタンのオプションはアクティブ画像モードによって異なるため、Set(セッ
ト)ボタンを使用してアクティブ画像モードを変更できます。
フリーズしている場合、Set(セット)ボタンを使用してアクティブ画像モードを変更する
ことはできません。
4-37
操作説明書
■■メニューの変更
コントロールパネルの Active Mode ボタンを押します。
アクティブ画像モードは変更することなく、メニューとソフトメニューが変化します。コ
ントロールパネルのボタンの機能は、アクティブ画像モードによって異なります。
例えば、2D/C/PW モードの画面に 2D モードソフトメニューを表示した状態で Active Mode
ボタンを押すと、カラードプラモードのソフトメニューが表示されます。
注記: 複合モードにおける画像の最適化についての詳細は、「基本モード」を参照して
ください。
4-38
第 4 章 診断モード
Dual(2 画面)モード
キーボードの Dual(2 画面)ボタンを押します。この操作で、診断モードまたは複合モードの 2
つの異なる画像を表示できます。
Dual(2 画面)ボタンを押すたびに、2 つの画像の一方がアクティブになります。アクティブ画
像はオレンジ色の線で示されます。コントロールパネルとソフトメニューの操作は、アクティ
ブになっている診断モードにより異なります。
2 画面モードを終了するには、キーボードの Single(1 画面)ボタンを押します。
[ 図 4.9 2 画面モード ]
■■画面切換
キーボードのF2(2画面)ボタンを押すと、アクティブ画像が切り替わります。現在スキ
ャン中の画像は、上部に黄色のラインが付けられて表示されます。
4-39
操作説明書
3D/4D モード
検査中の領域が 3D 画像で表示されます。MySono U6 には、3D モードと 4D モード(オプショ
ン)が提供されています。
注記:
3D/4D モードでは標準プローブは使用できません。
XX
4D モードと 3D XI は、この製品のオプション機能です。
XX
■■3D モード
3D プローブを使用して 3D 画像を取得します。
■■4D モード(オプション)
4D モードでは、3D プローブを使用して 3D 画像をリアルタイムに取得できます。このモー
ドはライブ 3D モードとも言います。
3D/4D モードの開始と終了
コントロールパネルの 3D/4D ボタンを押します。この操作で、3D standby(3D スタンバイ)
画面に切り替わります。このボタンをもう一度押すと、3D/4D モードが終了し 2D モードに戻
ります。
3D/4D Mode(3D/4D モード)画面
■■ROI Box(ROI ボックス)
3D/4D モードでは、ROI はボリュームボックスとも言います。このボックスは、3D/4D を
表示する範囲を示すために使用します。
ROI ボックスの位置とサイズは、コントロールパネルのChange(チェンジ)ボタンを使用
して調整できます。Change(チェンジ)ボタンを押すと、ROI ボックスの状態が下記に示
すように画面下中央に表示されます。
ROI Position(関心領域位置):ROI ボックスの位置を変更できます。トラックボールを
XX
使用して ROI ボックスを移動できます。
ROI Size(関心領域サイズ):ROI ボックスのサイズを変更できます。トラックボールを
XX
使用して ROI ボックスのサイズを変更した後、もう一度Change(チェンジ)ボタンを
押して新しいサイズを確定します。
4-40
第 4 章 診断モード
3D Stand By(3D スタンバイ)
この画面は、3D/4D モードがアクティブな場合に表示されます。3D 画像の取得方法を設定する
ために使用します。
[ 図 4.10 3D スタンバイ ]
3D スタンバイソフトメニュー
■■Scan Mode(スキャンモード)
使用する 3D モードを選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回し、3D ま
たは 4D を選択します。
■■View Mode(表示モード)
3D 画像取得後に使用する表示モードを選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[2
] を回し、MPR、MSV、Oblique View を選択します。表示モードの詳細については、セク
ション「3D ビュー - MPR」または「3D XI」を参照してください。
4-41
操作説明書
■■Load Preset(ロードプリセット)
3D 画像のプリセットを選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回
し、Default(デフォルト)または User1(ユーザー 1)∼ User5(ユーザー 5)の範囲から
選択します。詳細については、セクション「3D ビュー - MPR」に記載されているプリセッ
ト情報を参照してください。
■■Scan Quality(スキャンクオリティ)
3D 画像の品質を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[5] を回
し、Low、Medium、High、Extreme を選択します。
Extreme:優れた画質になります。高度で詳細な画像の検査に使用します。
XX
High:Extreme の設定よりも 3D 画像取得(レンダー)速度は速くなりますが、画質は
XX
低下します。
Middle:High の設定よりも画像取得速度は速くなりますが、画質は低下します。
XX
Low:3D 画像取得(レンダー)速度は最速になりますが、画質は一番劣ります。
XX
■■Auto ROI(自動関心領域)
注記: Auto ROI(自動関心領域)は、3D プローブのアプリケーションが OB(産科)の場
合のみメニューに表示されます。
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を押し、Auto ROI(自動関心領域)をオンまたは
オフにします。オンにしたとき、3D に変換される領域上に ROI ボックスが自動的に表示さ
れます。
ヒント !
Auto ROI(自動関心領域)についての考慮事項
Auto ROI(自動関心領域)を使用する際は、次の点を考慮してください。
胎児の画像のみ取得できます。
XX
Auto ROI(自動関心領域)は、2D 画像の明るさとコントラストに影響されます。
XX
Auto ROI(自動関心領域)がオンの場合、ROI ボックスの位置とサイズは変更できま
XX
せん。
■■Scan Angle(スキャン角度)
スキャン角度を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[6] を回し、スキャン角度
を調整します。利用できるスキャン角度は、使用しているプローブによって異なります。
4-42
第 4 章 診断モード
3D/4D 画像の取得
1. コントロールパネルの 3D/4D ボタンを押します。この操作で、3D standby(3D スタンバ
イ)画面に切り替わります。
2. ソフトメニューのダイアルボタン[1] を使用し、使用する 3D モードを選択します。
3. 必要に応じて ROI ボックスの位置とサイズを設定します。
4. ソフトメニューのダイアルボタン[2] ∼ [6] を使用し、設定します。
5. コントロールパネルのフリーズまたはセットボタンを押します。3D 画像の取得を開始し
ます。
6. 3D 画像取得の完了後、3D View(3D ビュー)画面が表示されます。(ただし、表示されるよ
うに設定されている場合。)
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を MPR に設定してある場合は、3D View(3D
ビュー)が起動します。MSV または Oblique View に設定してある場合は、3D XI が起動
します。
XX
左右方向に反転した 3D 画像が取得された場合、その画像は 3D View(3D ビュー)と 3D
XI でも左右方向に反転した状態で表示されます。
7. 必要に応じて、取得画像を診断用に最適化します。3D/4D ボタンを押して、3D 画像をも
う一度取得します。
ヒント !
3D 画像の画質改善方法
対象物の見やすさに加えて、向き、サイズ、断面も考慮します。
XX
3D 画像を取得する前に、2D モードでコントラストを調整します。
XX
ROI ボックスのサイズが大きくなるほど、レンダー速度が下がります。このため、
XX
ROI ボックスのサイズは適切な大きさに設定してください。
胎児の 3D 画像を正面から見えるように表示するには、2D 画像で胎児の矢状断面を描
XX
出します。
胎児の顔の 3D 画像は、矢状断面よりも冠状断面の方が、特定を簡単に行うことがで
XX
きます。
顔などをキレイに描出するには、エコーを発しない羊水などがある場所で、スキャ
XX
ンを行います。
キレイな3D 画像を取得するためには、低しきい値を調節します。一般的には、高
XX
しきい値は調整を行わず、最大値の 255 に設定します。
4-43
操作説明書
3D View(3D ビュー)- MPR
この表示モードは、View Mode(表示モード)を MPR に設定した状態で 3D Stand by(3D スタン
バイ)から画像を取得する場合に起動します。または、View Mode(表示モード)メニューから
MPR タブを選択することもできます。
3D View モードの基本
■■画面レイアウト
1
2
3
4
5
6
[ 図 4.11 3D ビュー - MPR]
1View Mode メニュー:表示モードを指定して 3D イメージを最適化します。
2A 断面:Axial(前額断面)の画像
3B 断面:Sagital(矢状断面)の画像
4C 断面:Coronal(冠状断面)の画像
53D 画像
4-44
第 4 章 診断モード
6トラックボールの機能:モニター画面の下部に、トラックボールの現在の状態が表示さ
れます。Cursor(カーソル)、Move(移動)、ROI(関心領域)を選択できます。トラ
ックボールの機能を変更するには、コントロールパネルのChange(チェンジ)ボタン
を押します。ボタンを押すと、トラックボールの機能が切り替わります。
Cursor(カーソル):カーソルが表示されます。画面上に表示される、アイコンを選択
XX
する際に使用します。トラックボールとSet(セット)ボタンを使用して選択します。ま
た、Pointer(ポインター)ボタンを押すことによっても、Cursor(カーソル)が表示され
ます。
Move(移動):3D 画像を移動します。トラックボールの動きに連動して、画像は動きます。
XX
ROI(関心領域):ROI ボックスのサイズを変更します。トラックボールを使用して、ROI
XX
Box(ROI ボックス)のサイズを変更します。この機能は、MPR タブの Display(表示)が
ROI 3D に設定されている場合のみ使用できます。
■■画像の Zoom
コントロールパネルのZoom(ズーム)ボタンを押し、画像のズームを行います。画面の
右下部に現在のズーム倍率が表示されます。
■■ROI のサイズ変更
トラックボールの機能が、ROI(関心領域)の場合は、トラックボールを使用して ROI を調
整することができます。また、トラックボールの機能が Cursor(カーソル)の場合は、ROI
ボックスに Cursor(カーソル)を置き、トラックボールとSet(セット)ボタンを使用し
て、ROI を調整します。
■■画像の移動
画像上に Pointer(ポインター)を置き、Set(セット)ボタンまたはExit(終了)ボタンを
押しながらトラックボールを動かします。また、トラックボールの機能が Move(移動)
の場合は、トラックボールを使用して画像を移動することもできます。
Set(セット)ボタン:中心を軸に画像が回転します。
XX
Exit(終了)ボタン:画像を上、下、左、右へ移動させます。
XX
■■X 軸方向の画像の回転
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を使用します。または、トラックボールが
Cursor(カーソル)機能の時に、カーソルを A 断面に合わせSet(セット)ボタンを押しな
がら、トラックボールを動かします。
4-45
操作説明書
■■Y 軸方向の画像の回転
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を使用します。または、トラックボールがカーソ
ル状態にあるときに、Set(セット)ボタンを押しながら B 平面画像上でトラックボールを
動かします。
■■Z 軸方向の画像の回転
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を使用します。または、トラックボールがカーソ
ル状態にあるときに、Set(セット)ボタンを押しながら C 平面上でトラックボールを動か
します。
■■Show/Hide(表示/非表示)メニュー
このメニューを画面に表示するには、コントロールパネルの拡張メニューダイアルボタン
を押します。このメニューを非表示にするにはExit(終了)ボタンを押します。
■■項目の選択
項目を選択するには、コントロールパネルの拡張メニューダイアルボタンを使用します。
■■前のメニューに戻る
直前のメニューに戻るには、メニューの Return(リターン)または Exit(終了)ボタンを
押します。または、コントロールパネルの終了ボタンを使用することもできます。
■■表示モードの変更
表示モードを変更するには、Active Mode ボタンを使用します。または、コントロールパ
ネルのトラックボールとSet(セット)ボタンを使用し、表示モードメニュータブを選択す
ることができます。ただし 4D モードでは、メニュータブを変更できるのはフリーズ状態
のときです。
■■アプリケーション別計測
注記:
計測を行えるのは、MPR モード、MSV モード、または 4D モードの画像のみです。
XX
計測中に使用できるのは、SONOVIEW、ID 入力、レポートの各ボタンのみです。
XX
コントロールパネルの計測パッケージボタンを押します。計測方法は、第 5 章「計測と計
算」に記載されている方法と同様です。
4-46
第 4 章 診断モード
■■基本計測
コントロールパネルの距離計測ボタンを押します。詳細については、第 5 章「計測と計
算」のセクション「基本計測」を参照してください。
■■Text(テキスト)の入力
キーボードのテキストボタンを押します。クイックテキスト機能がアクティブな場合、キ
ーボード上の任意のキーを押すと、テキスト入力モードになります。詳細については、第
6 章「画像管理」のセクション「テキストの入力」を参照してください。
■■インジケータ(矢印)の入力
キーボードのインジケータボタンを押します。詳細については、第 6 章「画像管理」のセ
クション「インジケータの入力」を参照してください。
■■画像の保存
注記: 4D シネ画像と 3D シネ画像の両方がボリュームデータに含まれる場合、4D または
3D のいずれかを選択して保存します。
1. コントロールパネルの画像保存ボタンを押します。この操作により、3D Data Save(3D
データ保存)ウィンドウが表示されます。
2. Save Type(保存の種類)、Select Item(項目の選択)、Volume Format(ボリューム形
式)などの設定を指定します。
3. 指定した設定を保存するには、画面上の Save(保存)ボタンを押します。キャンセル
するには、Cancel(キャンセル)を押します。
ヒント !
ボリュームデータ
1. シネ画像がボリュームデータに含まれる場合は、シネ画像も同時に保存されます。
2. 画像をボリュームデータとともに保存すると、SonoView(ソノビュー)で新しい 3D
レンダリング画像に変換できます。
[ 図 4.12 3D Data Save(3D データ保存)]
4-47
操作説明書
■■画像の印刷
コントロールパネルのプリント 1(またはプリント 2)ボタンを押します。
MPR モードのソフトメニュー
■■Mix(混合)
Render Mode 1(レンダーモード 1)と Render Mode 2(レンダーモード 2)の組み合わせを
設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回し、混合値を 0 ∼ 100 の値に設
定します。レンダーモードの詳細については、セクション「レンダー設定」を参照してく
ださい。
注記: Mix(混合)は、2D/3D、ROI 3D、Fixed 3D モードでのみ使用できます。
■■Init(初期)
ソフトメニューのダイアルボタン[1] を押します。この操作で、取得した 3D 画像がそ
の本来の状態と設定に戻ります。
■■Th.Low(低しきい値)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を使用し、Th.Low(低しきい値)を 0 ∼ 254 の値
に設定します。
ヒント !
Threshold(しきい値)
このオプションにより、しきい値を調整して画像から不要なデータを排除できます。数
値を上げるにつれて、嚢胞の構成要素がより明確になります。数値を下げるにつれて、
骨の構成要素がより明確になります。
注記: Th.Low(低しきい値)は、2D/3D、ROI 3D、Fixed 3D でのみ使用できます。
■■Full(1 画面)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を押します。このボタンを押すと、3D 画像が
Full(1 画面)モードで表示されます。もう一度このボタンを押すと、2 画面に戻ります。
4-48
第 4 章 診断モード
■■Transparency(透明度)
3D 画像の透明度を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、20 ∼
250 の値に設定します。
最低値(20)では完全に透明になり、最高値(250)では完全に不透明になります。
注記: Transparency(透明度)は、2D/3D、ROI 3D、Fixed 3D でのみ使用できます。
■■U/D Flip(上下反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[3] を押します。この操作で画像の上下が反転します。
■■Rotate X/Y/Z(X/Y/Z 軸の回転)
選択した軸の方向に画像を回転させます。ソフトメニューのダイアルボタン[4]、[5]、
[6] を使用し、それぞれの軸(X、Y、Z 軸)の方向へ画像を回転します。
■■Gain to Ref. Slice/Ref. Slice to Gain(ゲインを参照スライスに変換/参照スライス
をゲインに変換)
これらの設定を調整するには、ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、続いてコ
ントロールパネルのゲインダイアルボタンを使用します。
注記: これらのオプションは、4D モードでのみ使用できます。
Gain to Ref. Slice(ゲインを参照スライスに変換):ゲインダイアルボタンを使用
XX
し、Ref. Slice(参照スライス)を調整します。
Ref. Slice to Gain(参照スライスをゲインに変換):ゲインダイアルボタンを使用し、3D
XX
画像の Gain(ゲイン)を変更します。
■■Next Page(次のページ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押して次のページに移動します。
■■Select(選択)
ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回し、変更する Post Curve(ポストカーブ)を
選択します。
4-49
操作説明書
注記: Select(選択)は、2D/3D、ROI 3D、Fixed 3D でのみ使用できます。
■■Position(位置)
Select(選択)で選択した Post Curve(ポストカーブ)の位置を変更するために使用しま
す。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を回し、0 ∼ 100 の値に設定します。
■■Bias(バイアス)
Select(選択)で選択した Post Curve(ポストカーブ)のバイアスを変更するために使用し
ます。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、-100 ∼ 100 の値に設定します。
■■Zoom(ズーム)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を使用し、ズームを 25 ∼ 400 の値に設定しま
す。
■■Prev Page(前のページ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押して前のページに移動します。
Display(表示)
メニューから Display(表示)を選択し、続いて適切な形式を選択します。
■■2D
Axial(前額断)、Sagital(矢状断)、Coronal(冠状断)の断層像が表示されます。
ヒント !
2D モードは、MPR(マルチプランナー)断層像を使用した診断にのみ使用します。ソ
フトメニューの Full(1 画面)オプションを使用すると、画像を詳しく調べることがで
きます。
■■2D/3D
Axial(前額断)、Sagital(矢状断)、Coronal(冠状断)の断層像が 3D 画像とともに画面
に表示されます。
ヒント !
4-50
2D/3D モードをアクティブにするには、コントロールパネルの Dual(2 画面)ボタンを
使用します。
第 4 章 診断モード
■■ROI 3D(関心領域 3D)
Axial(前額断)、Sagital(矢状断)、Coronal(冠状断)の断層像が 3D 画像とともに画面
に表示されます。この表示形式では、ROI を操作できます。
■■Fixed 3D(3D 補正)
Axial(前額断)、Sagital(矢状断)、Coronal(冠状断)の断層像が、ROI 3D モードで設定
された ROI 内の 3D 画像とともに画面に表示されます。ROI は表示されません。
Ref. Image(基準画像)
拡張メニューダイアルボタンを使用して、A、B、C から基準画像を選択します。矢印の方向
は、選択した基準画像によって変動することがあります。
3D Orientation(3D 方向)
0、90、180、270°から選択します。現在の 3D 画像を基準に回転します。
VCE(ボリュームコントラスト強化)
このボタンを押してオンとオフを切り替えます。オンの場合、3D 画像のコントラストが強化
されます。VCE は、Volume Contrast Enhancement の略です。
注記:
VCE(ボリュームコントラスト強化)は、2D/3D、ROI 3D、Fixed 3D モードでのみ使用で
きます。
Auto Contour(自動輪郭)
ボタンを押してオン、オフを切り替えます。矢状断で胎児をスキャンした時、胎児のお顔を
自動的に特定します。オンにすると、A 断層像の ROI ボックス内に輪郭線が表示され、3D 画
像の輪郭が示されます。
注記: Render Setup(レンダー設定)の Render Direction(レンダリング方向)が C+ に
設定されている ROI 3D モードでのみサポートされます。
4-51
操作説明書
3D Cine(3D シネ)
3D Cine Define(3D シネ定義)画面を表示する場合に、このボタンを押します。
3D Cine Define(3D シネ定義)
シネ画像の作成に必要な設定を指定します。
■■Rotation Angle(回転角度)
画像の回転角度の合計を指定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回し、30
、45、60、90、180、360°に設定します。
■■Step Angle(ステップ角度)
ステップごとの回転角度を指定します。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を回し
て、1、3、5、15°に設定します。
ヒント !
Rotation Angle(回転角度)と Step Angle(ステップ角度)の違い
シネ画像は、Rotation Angle(回転角度)で指定された角度で回転します。各回転ス
テップは Step Angle(ステップ角度)で指定された角度に等しくなります。例えば、
Rotation Angle(回転角度)を 360°、Step Angle(ステップ角度)を 15°に設定すると、
3D Cine(3D シネ)画像は 22 ステップで 360°回転します(1 ステップごとに 15°回転)。
■■Rotate Axis(回転軸)
画像の回転軸を指定します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、X または Y
を選択します。
■■Start Angle(開始角度)
シネ画像の開始角度を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[4] を回し、-180
∼ -1° の値に設定します。Start Angle(開始角度)を設定すると、Rotation Angle(回転
角度)は無効になります。
■■End Angle(終了角度)
シネ画像の終了角度を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[5] を回し、1 ∼
180°の値に設定します。End Angle(終了角度)を設定すると、Rotation Angle(回転角
度)設定は無効になります。
■■Mix(混合)
レンダリング混合を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[6] を回し、0 ∼
100 の値に設定します。
4-52
第 4 章 診断モード
■■Calculate(計算)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押します。現在の設定を適用し、シネ画像が作
成されます。作成の終了後、3D Cine(3D シネ)画面が表示されます。
3D Cine(3D シネ)
シネ画像のレビューに必要な設定を指定します。
■■Play Mode(再生モード)
3D シネの再生方法を指定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回
し、Loop(ループ)または Yoyo(ヨウヨウ)を選択します。
Loop(ループ):一方向に繰り返し再生します。
XX
Yoyo(ヨウヨウ):一方向に最後まで再生した後で、逆方向に再生します。
XX
■■Speed(%)(速度(%))
シネ画像の再生速度を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を回し、25
、50、100、200、300、または 400% に設定します。
■■Cine Frame(シネフレーム)
表示する特定のシネ画像を選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[3] を回し、
フレームを選択します。
このオプションは、シネ再生が停止されている場合にメニューに表示されます。フレーム
の合計数に対する現在のフレーム番号がメニューに表示されます。
■■Mix(混合)
レンダリング混合を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[4] を回し、0 ∼
100 の値に設定します。
■■Cine Playback/Pause(シネ再生/一時停止)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、再生または一時停止を行います。
■■New Cine(新規シネ)
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を押し、新しいシネモードを設定します。システ
ムが 3D Cine Define(3D シネ定義)画面に戻ります。
4-53
操作説明書
■■Clear Cine(クリアシネ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押し、現在のシネ画像を削除します。この操作
で 3D Cine(3D シネ)が終了します。
[ 図 4.13 3D シネ ]
4-54
第 4 章 診断モード
4D Cine(4D シネ)
システムに一時的に保存された 4D 画像を表示できます。このボタンを押し、4D Cine(4D シ
ネ)画面を表示します。
注記: また、4D モードでFreeze(フリーズ)ボタンを押しても、4D シネを実行できます。
画面にシネバーが表示されます。シネバーには、現在のシネフレーム番号/総シネフレーム数
が表示されます。
[ 図 4.14 4D シネ ]
注記: 4D シネモードにおけるソフトメニュー項目の詳細については、「3D シネ」を参
照してください。
4-55
操作説明書
Preset(プリセット)
3D モードの設定をプリセットすることができます。このボタンを押すと、Preset(プリセッ
ト)画面が表示されます。
■■Preset(プリセット)
ソフトメニューのダイアルボタンを回し、Default(デフォルト)または User1(ユーザー
1)∼ User5(ユーザー 5)から選択しプリセットします。Default(デフォルト)は、一般
的な設定がプリセットされています。
■■Load Preset(プリセットの読み込み)
ソフトメニューのダイアルボタンを押し、選択したプリセットを適用します。
■■Save Preset(プリセット保存)
ソフトメニューにのダイアルボタンを押して、変更した設定を保存します。
■■Rename(名前の変更)
選択したレンダリングプリセットの名前を変更します。このボタンを押すと、Name(名
前)ウィンドウが表示されます。名前の変更後、OK を押して変更した名前を保存しま
す。変更をキャンセルするには、Cancel(キャンセル)を押します。
Render Setup(レンダー設定)
画像のレンダリング方法を指定します。このボタンを押すと、Gray Render Mode(グレーレン
ダリングモード)画面が表示されます。グレーレンダーモードは、グレーモードで取得した
ボリュームデータを 3D 画像にレンダリングする方法を指定するために使用します。
■■Render Mode 1(レンダーモード 1)
ソフトメニューのダイアルボタンを使用して、Render Mode 1(レンダーモード 1)を選択
します。
Surface(表面):画像の表面を曲線で示す Ray-casting 法で 3D 画像を表わします。
XX
Smooth(なめらか):Surface(表面)よりも滑らかな 3D 画像になります。
XX
Max(最大):3D 画像を最大強度で表現します。骨の構造の観察に適しています。
XX
Min(最小):3D 画像を最小強度で表現します。血管などの観察に適しています。
XX
X-Ray(X 線):3D 画像を平均強度で表現します。画像はレントゲン画像のようになり
XX
ます。
4-56
第 4 章 診断モード
■■Render Mode 2(レンダーモード 2)
Render Mode 2(レンダーモード 2)を設定します。機能は Render Mode 1(レンダーモー
ド 1)と同様です。
■■Render Direction(レンダー方向)
レンダリング方向を設定します。「+」は正面方向、「-」は反対方向を示します。
■■TH. High(高しきい値)
高いしきい値の範囲を指定します。ソフトメニューのダイアルボタンで 0 ∼ 255 の値を選
択します。
MagiCut(マジカット)
MagiCut(マジカット)は、3D 画像から患者の診断に必要のない部分を切り取って除去しま
す。このボタンを押すと、MagiCut 画面が表示されます。
注記:
MPR モードでのみ使用可能です。
XX
4D モードでは使用できません。
XX
MagiCut を使用後、MPR 以外のモードに切り替わると、MagiCut 機能は自動的に終了
XX
します。
4-57
操作説明書
[ 図 4.15 MagiCut(マジカット)]
■■Cut Mode(切り取りモード)
切り取りモードを選択します。
Inside Contour:選択したエリアの内側を切り取ります。
XX
Outside Contour:選択したエリアの外側を切り取ります。
XX
Inside Box:ボックスの内側を切り取ります。
XX
Outside Box:ボックスの外側を切り取ります。
XX
Small Eraser:選択した輪郭線を切り取ります。
XX
Big Eraser:選択した輪郭線を切り取ります。これは、Small Eraser よりも厚みのある輪
XX
郭線を切り取ります。
4-58
第 4 章 診断モード
■■Depth(深度)
切り取り深度を指定します。
Full(フル):エリア全体を切り取ります。
XX
Define(定義):ユーザーが定義したエリアを切り取ります。エリアの定義は以下のよ
XX
うに行います。
1. トラックボールとSet(セット)ボタンを使用し、エリアを選択します。
2. Depth(深度)を押し、切り取る深度を指定します。1 ∼ 100 の深度を選択できま
す。
3. Apply(適用)を押して終了します。取り消し、または初めからやり直す場合は、
ソフトメニューの Undo(取り消し)、Undo All(すべて取り消し)、Redo(やり
直し)機能を使用します。
− Undo(取り消し):切り取りを取り消します。
− Redo(やり直し):Undo(取り消し)や Undo All(すべて取り消し)で元に戻
したエリアを、切り取った状態に戻します。
− Undo All(すべて取り消し):すべての切り取りを取り消します。
Palette(パレット)
2D/3D 画像の色を設定します。このボタンを押すと、Palette(パレット)画面が表示されま
す。
■■2D Palette(2D パレット)
2D 画像の色を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回し、オプション 0
∼ 9 からパレットを選択します。
■■3D Palette(3D パレット)
3D 画像の色を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を回し、オプション 0
∼ 9 からパレットを選択します。
4-59
操作説明書
3D XI
注記: 3D XI は、この製品のオプション機能の 1 つです。
この表示モードは、3D スタンバイで View Mode(ビューモード)が MSV または Oblique
View(オブリックビュー)に設定された場合にアクティブになります。別の方法として、View
Mode(ビューモード)メニューから MSV または Oblique View タブを選択することもできます。
MSV モード
1 つの画像を複数のスライスで表示することができます。View Mode(ビューモード)メニュー
の MSV タブを押し、MSV 画面を表示します。MSV は Multi-Slice View(マルチスライスビュー)
の略です。
[ 図 4.16 MSV]
4-60
第 4 章 診断モード
■■MSV(マルチスライスビュー)画面
Slice Thickness(スライス厚)で設定されている厚みでスライスされた画像が画面に表示
されます。各スライス画像の下部に、スライス番号と総スライス数が表示されます。現在
選択されているスライス画像は、オレンジ色の枠が表示されます。
注記: 使用できるオプションは、Calculator(計測パッケージ)、Caliper(距離計測)、
Text(テキスト)、Indicator(インジケータ)です。
MSV モードのソフトメニュー
■■Slice Thickness(スライス厚)
画像のスライス厚を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を回し、0.5
、1.0、2.0、3.0、4.0、5.0mm に設定します。選択に応じて、スライス数とページ数が決ま
ります。
注記: スライス厚は、ボリュームデータ内のスライス間隔です。実際の断面位置を表わ
すものではありません。
■■Selected Slice(スライスの選択)
観察するスライス画像を選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[2] を使用し、
スライス画像を選択します。画像はオレンジ色の枠で表示されます。
■■Page Change(ページ変更)
画像のページが複数ある場合は、ソフトメニューのダイアルボタン[3] を使用してペー
ジを変更できます。
■■Rotate X/Y/Z(X/Y/Z 軸の回転)
選択した軸の方向に画像を回転します。ソフトメニューのダイアルボタン[4]、[5]、
[6] を使用し、それぞれの軸(X、Y、Z 軸)の方向へ画像を回転します。
■■Orientation Dot(方向点)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、このオプションをオンまたはオフにしま
す。オンの場合、画像の中央に点が 1 つ表示されます。
4-61
操作説明書
■■Init(初期)
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を押します。この操作で、MSV モードの初期画面
が表示されます。
■■Next Page(次のページ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押します。この操作で、次のソフトメニューペ
ージが表示されます。
■■Ruler(ルーラー)
Ruler(ルーラー)の位置を設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[1] を使用
し、None(なし)、Right(右)、Left(左)、Top(上)、Bottom(下)、All(すべ
て)を選択します。
■■Bias(バイアス)
Post Curve(ポストカーブ)の Bias(バイアス)を設定します。ソフトメニューのダイアル
ボタン[2] を使用し、-100 ∼ 100 の値に設定します。
■■Position(位置)
Post Curve(ポストカーブ)の位置を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[3]
を使用し、0 ∼ 100 の値に設定します。
■■Zoom(ズーム)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を使用し、25 ∼ 400 の値に設定します。
■■L/R Flip(左右反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を使用します。ボタンを押すと、画像が左右に反
転します。
■■U/D Flip(上下反転)
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を使用します。ボタンを押すと、画像が上下に反
転します。
■■Prev Page(前のページ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押します。ボタンを押すと、前のソフトメニュ
ーページが表示されます。
4-62
第 4 章 診断モード
Layout(レイアウト)
スライス画像のレイアウトを設定します。1x1、2x1、3x2、3x3、4x3 を選択します。画面に
一度に表示できるスライスの数は、この設定で決まります。レイアウトを変更すると、選択
しているスライス画像が画面の最初の位置に移動します。
Ref. Image(基準画像)
A、B、C 断面から基準画像を選択します。
Orientation Dot(方向点)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] と同じ機能です。オンの場合、画像の中央に点が 1
つ表示されます。
Post Processing(後処理)
Post Processing(後処理)は、スライス画像の後処理に使用します。このボタンを押す
と、Post Processing(後処理)画面が表示されます。
■■Invert(反転)
このボタンを押してこのオプションをオンまたはオフにします。このオプションをオンに
すると、スライス画像の明るさが反転します。
■■Auto Contrast(自動コントラスト)
このボタンを押してこのオプションをオンまたはオフにします。このオプションをオンに
すると、スライス画像のコントラストレベルが自動的に調整されます。
■■Thres.(しきい値)
しきい値を変更すると、その画像に不要な明度が除去されます。このボタンを押してこの
オプションをオンまたはオフにします。このオプションをオンにすると、メニュー内に
Th. Low(低しきい値)オプションと Th. High(高しきい値)オプションが作成されます。
Th. Low(低):ソフトメニューのダイアルボタン[3] を使用してこの機能を選択し
XX
ます。
Th. High(高):ソフトメニューのダイアルボタン[4] を使用してこの機能を選択し
XX
ます。
4-63
操作説明書
■■Sharp(シャープ)
スライス画像の境界を調整します。このボタンを押してこのオプションをオンまたはオフ
にします。このオプションをオンにすると、ソフトメニュー内に Sharp(シャープ)と表
示されます。
Sharp(シャープ):ソフトメニューのダイアルボタン[6] を使用し、スライス画像
XX
の境界のシャープさを 100 ∼ 400 の値に設定します。値を上げるほど、境界が鮮明にな
ります。
■■3D CI
この機能は、画像を合成してノイズを除去し、画質を向上させます。このオプションをオ
ンにすると、ソフトメニュー内に CSI Offset(CSI オフセット)オプションが表示されま
す。3D CI とは 3D Compound Imaging(3D 合成画像処理)の略です。
CSI Offset(CSI オフセット):CSI(Compound of Sectional Image:断面画像のコンパウン
XX
ド)は、画像を重ね合わせ、C 断層像の画質を向上させます。ソフトメニューのダイアル
ボタン[5] を使用し、3D CI に適用する画像間距離を 1 ∼ 10 の範囲から選択します。
■■Gradient Mask(勾配マスク)
マルチスライス画像の特定領域の明るさを調整します。Top(上)、Bottom(下)、Left(
左)、または Right(右)を選択します。選択された領域の明るさが向上します。
注記: Preset(プリセット)と Palette(パレット)の詳細については、セクション「3D
ビュー - MPR」を参照してください。
4-64
第 4 章 診断モード
Oblique View
メニューの Oblique View タブを使用し、Oblique View 画面を表示します。選択している対象画面
にラインを引くことで、その垂直断面が表示できます。
ヒント !
Oblique View の表示方向
観察者は基準画像の断面に対して正面に位置します。以下の表示方向を参照してくださ
い。
表示方向
開始点
終了点
開始点
終了点
表示方向
■■Oblique View 画面
MSV モードで選択された基準画像が画面に表示されます。基準画像は、オレンジ枠内に表
示され、画面の左側に表示されます。
複数本の線を使用して観察する場合、各線に異なる色と番号が付けられます。
注記: Calculator(計測パッケージ)と Caliper(距離計測)は使用できません
が、Text(テキスト)と Indicator(矢印)は使用できます。
4-65
操作説明書
Oblique View モードのソフトメニュー
■■Selected Slice(選択したスライス)
ソフトメニューのダイアルボタン[3] を使用し、各スライスの厚さを調整します。この機能
は、Oblique View モードメニューから Multi Line(マルチライン)または Multi Contour(マ
ルチコンテュアー)を選択している場合のみ使用できます。
■■Rotate Line(線の回転)
ソフトメニューのダイアルボタン[2] を使用し、Selected Slice(選択したスライス)で
選択した線を回転させます。Oblique View モードメニューから Contour(コンテュアー)
または Multi Contour(マルチコンテュアー)を選択した場合は使用できません。
■■Slice Thickness(スライス厚)
ソフトメニューのダイアルボタン[3] を使用し、平行線間の距離を調整します。この
機能は、Oblique View モードメニューから Multi Parallel(マルチパラレル)または Multi
Plumb(マルチプラム)を選択している場合のみ使用できます。
■■Rotate X/Y/Z(X/Y/Z 軸の回転)
選択した軸の方向に画像を回転させます。ソフトメニューのダイアルボタン[4]、[5]、
[6] を使用し、それぞれの軸(X、Y、Z 軸)の方向へ画像を回転させます。
■■Auto Increase(自動増加)
ソフトメニューのダイアルボタン[4] を押し、このオプションをオンまたはオフにしま
す。このオプションをオンにすると、Multi Line(マルチライン)、Multi Contour(マル
チコンテュアー)、Multi Parallel(マルチパラレル)、Multi Plumb(マルチプラム)にお
ける線の数が自動的に最大数の 4 に増えます。
■■Orientation Dot(方向点)
ソフトメニューのダイアルボタン[5] を押し、この機能をオンまたはオフにします。オ
ンの場合、画像の中央に点が 1 つ表示されます。
■■Next Page(次のページ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押します。この操作で、次のソフトメニューペ
ージが表示されます。
4-66
第 4 章 診断モード
■■Position(位置)
Post Curve(ポストカーブ)の位置を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[2]
を使用し、0 ∼ 100 の値に設定します。
■■Bias(バイアス)
Post Curve(ポストカーブ)のバイアスを設定します。ソフトメニューのダイアルボタン[
4] を使用し、-100 ∼ 100 の値に設定します。
■■Prev Page(前のページ)
ソフトメニューのダイアルボタン[6] を押します。前のソフトメニューページが表示さ
れます。
[ 図 4.17 Oblique View]
4-67
操作説明書
Single Static Line(直線)
画像内のデフォルトのラインに垂直な断層像を表示します。ソフトメニューのダイアルボタ
ン[2] を使用し、デフォルトの線を回転させます。
Dynamic Line(ダイナミックライン)
ユーザーが描く線に垂直な角度で断層像を表示します。
XX
トラックボールとSet(セット)ボタンを使用して線を描きます。始点には S、終点に
は E のマークが付きます。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[2]、Rotate Line(線の回転)を使用し、線の角度
を変更します。
Contour(コンテュアー)
ユーザーが描く直線または曲線に垂直な角度で断層像を表示します。編集方法は、Dynamic
Line(ダイナミックライン)の場合と同様です。
Multi Line(マルチライン)
ユーザーが描く線に垂直な角度で断層像を表示します。編集方法は、Dynamic Line(ダイナ
ミックライン)と同様です。
注記: Multi Line(マルチライン)と Multi Contour(マルチコンテュアー)では、Auto
Increase(自動増加)がオンになっている場合、2 本以上の線を描くことができます。
Multi Contour(マルチコンテュアー)
ユーザーが描く直線または曲線の輪郭に垂直な角度で断層像を表示します。編集方法
は、Dynamic Line(ダイナミックライン)と同様です。
4-68
第 4 章 診断モード
Multi Parallel(マルチパラレル)
任意の直線に対して、平行な 4 本の線が基準画像に引かれ、Oblique View 断層像が表示されます。
Multi Parallel(マルチパラレル)を押し、トラックボールとSet(セット)ボタンを使
XX
用して基準線を描きます。並行線が自動的に挿入されます。
Parallel line(パラレルライン)を調整するには、ソフトメニューのダイアルボタン
XX
[3]、Slice Thickness(スライスの厚さ)を使用します。
Multi Plumb(マルチプラム)
任意の直線に対して垂直な 4 本の線が、基準画像に引かれ、Oblique View 断層像が表示されます。
Multi Plumb(マルチプラム)を押し、トラックボールとSet(セット)ボタンを使用し
XX
て基準線を描きます。自動的に垂直線が表示されます。
Parallel line(パラレルライン)を調整するには、ソフトメニューのダイアルボタン
XX
[3]、Slice Thickness(スライスの厚さ)を使用します。
注記: Palette(パレット)と Post Processing(後処理)の詳細については、セクション
「3D ビュー - MPR」を参照してください。
4-69
第
5章
計測と計算
‹‹計測精度 .......................................................... 5-3
計測誤差の原因......................................................................5-3
計測精度の最適化.................................................................5-5
計測精度表 ...............................................................................5-7
‹‹基本計測 .......................................................... 5-8
距離計測 ..................................................................................5-11
円周と面積の計測...............................................................5-17
体積の計測 .............................................................................5-19
‹‹アプリケーションによる計測 .................5-22
注意事項 ..................................................................................5-22
共通計測方法.........................................................................5-26
産科計測 ..................................................................................5-31
婦人科計測 .............................................................................5-39
心臓系計測 .............................................................................5-42
頚動脈計測 .............................................................................5-56
下肢動脈計測.........................................................................5-62
上肢動脈計測.........................................................................5-64
下肢静脈計測.........................................................................5-66
上肢静脈計測.........................................................................5-68
胎児エコー計測....................................................................5-70
泌尿器系計測.........................................................................5-75
腹部計測 ..................................................................................5-78
Small Parts 計測 .....................................................................5-81
第
5章
TCD(経頭蓋)ドプラ計測 ............................................5-86
筋骨格計測 .............................................................................5-88
小児臀部計測.........................................................................5-89
‹‹Report(レポート) ...................................5-91
レポートの表示....................................................................5-91
レポートの編集....................................................................5-93
コメント入力.........................................................................5-95
レポートの印刷....................................................................5-95
レポートのエクスポート ................................................5-96
レポートの転送....................................................................5-97
Graph(グラフ)画面 .......................................................5-97
レポートの終了.................................................................5-102
第 5 章 計測と計算
計測精度
計測値は、超音波の特性、被験者の状態、計測方法、アルゴリズム、機械の設定、プローブの
種類、使用者の操作によって異なります。
本製品を使用する前に、計測エラーの原因と計測の最適化に関する次の情報を必ず確認してく
ださい。
計測誤差の原因
画像解像度
超音波画像の解像度は利用可能なハードディスクのスペースにより制限されることがあります。
XX
信号範囲に起因して生じる誤差はフォーカスの設定を調節することにより最小化できま
す。フォーカスの設定を最適化すると、計測データの解像度が向上します。
XX
一般的に、横方向の解像度は縦方向より低くなります。従って、超音波ビームの軸に沿
って計測を実施し、より正確な値を取得してください。
Gain(ゲイン)は解像度に直接影響します。Gain(ゲイン)は、各モードで Gain(ゲイ
XX
ン)ボタンを操作して調整できます。
XX
一般的に、超音波の周波数を上げると解像度が高くなります。
ピクセルサイズ
XX
本製品の超音波画像はピクセルで構成されています。
1 ピクセルが画像の基本的な単位を表すため、測定エラーは元の画像サイズと比較する
XX
とおよそ±1 ピクセルのずれにより引き起こされる恐れがあります。
XX
この誤差は、画像の計測距離が短い場合に特に留意する必要があります。
5-3
操作説明書
超音波速度
XX
計測中に使用される超音波の平均速度は、通常 1,540 m/s です。
XX
超音波の速度は対象物の組織の性状により異なります。
XX
誤差は組織の構造にもよりますが、2 ∼ 5% の範囲です(標準組織で約 2%、脂肪組織で
約 5%)。
ドップラー信号の調整
XX
流速計測中、血流と超音波ビームとの間のドプラ角によりエラーが起こる場合があります。
XX
ドップラー速度計測の場合、超音波ビームを血流と平行にすると、最も正確な値を得る
ことができるとされています。
XX
超音波ビームと血流を平行にできない場合、Angle(角度)機能を使用して、その角度
を調整してください。
エイリアシング
PW スペクトラムドプラモードでは、周波数(または速度)スペクトラムを計算する信
XX
号サンプリンク技術を使用しています。
XX
エイリアシングを最小化するには、Baseline(ベースライン)または Scale(流速)を調
整します。周波数の低いプローブはエイリアシングを減少できます。
XX
エイリアシングはCW スペクトラムドプラモードに切り替えると減少します。
計算式
XX
医療目的で使う計算式は、近似値に基づいています。
XX
計算式はすべて医学報告書や論文に基づいています。
人的エラー
XX
人的エラーは、誤用や経験不足によって起こることがあります。
XX
これは、説明書を十分に理解して遵守することで最小限に抑えることができます。
5-4
第 5 章 計測と計算
計測精度の最適化
2D モード
XX
解像度はプローブの周波数に比例します。
XX
透過はプローブの周波数に反比例します。
XX
分解能はプローブのフォーカス点で最も良くなります。
XX
計測は、設定されたフォーカス深度で最も正確な値をとります。フォーカスから離れる
につれて、計測の精度は落ち、ビーム幅が増大します。
XX
ズーム機能を使用したり深度表示を最小化すると、距離や面積の計測がさらに正確にな
ります。
M モード
Sweep(スイープ速度)と表示形式を高い値に設定すると、時間経過の計測精度を高め
XX
ることができます。
XX
表示形式を高い値に設定すると、距離計測の精度を高めることができます。
ドプラモード
XX
速い血流の計測には低い周波数に設定することをお勧めします。
SV(サンプルボリューム)は超音波の軸方向によって制限されます。
XX
XX
超音波の周波数を低くすると透過性が増加します。
Sweep(スイープ速度)を高めると、時間経過の計測精度が向上します。
XX
XX
流速範囲を小さな値に設定すると、速度計測の精度が上がります。
XX
速度計測の精度を高めるには、最適なドプラ角に設定することが最も重要です。
5-5
操作説明書
カラー/パワードプラモード
XX
カラードプラモードまたはパワードプラモードの画像にプロトコルは指定されていませ
ん。従って、2D 画像を計測する場合と同様の制限が、このモードで行った計測精度に
も適用されます。
XX
カラー/パワードプラモードの画像は精密な血流速度計測に適していません。
XX
血流の量は、ピーク速度ではなく平均速度で計算します。
XX
すべてのアプリケーションにおいて、血流量は PW/CW スペクトラムドプラモードで計
算されています。
計測について
XX
すべての計測は入力データの影響を受けます。
XX
正確なカーソル位置を確保するには、次のようにします。
画面で画像を調整し、粒度を最大にします。
プローブの前面エッジや境界点を使用し、計測オブジェクトの始点と終点を明確に指定
します。
計測中はプローブの向きなどを確認します。
5-6
第 5 章 計測と計算
計測精度表
下表は本製品で実施できる計測の精度を示します。計測精度チェックの結果が表の指定範囲内
にあることを確認してください。特定のアプリケーションまたはプローブを除き、以下の精度
範囲を直線距離の計測で維持できるよう確認します。
注記:
正確な計測を保証するため、精度チェックは少なくとも年に 1 回実施してください。計
測精度が下表の指定範囲から外れる場合、Samsung Medison のカスタマーサービスまで
ご連絡ください。
2D モード
計測
装置の許容範囲
(どちらか大きい方)
テスト
方法
精度
基準
範囲
軸方向距離
< +/- 4% または 2 mm
ファントム
取得
0.01 ∼ 25 cm
横方向距離
< +/- 4% または 2 mm
ファントム
取得
0.01 ∼ 35 cm
軸方向解像度
< +/- 4% または 3 mm
ファントム
取得
0.01 ∼ 25 cm
横方向解像度
< +/- 4% または 3 mm
ファントム
取得
0.01 ∼ 35 cm
M モード
計測
装置の許容範囲
(どちらか大きい方)
テスト
方法
精度
基準
範囲
深度
< +/- 5% または 3 mm
ファントム
取得
1 ∼ 25 cm
時間
< +/- 5%
信号発生器
取得
0.01 ∼ 11.3 秒
PW/CW スペクトラムドプラモード
ドップラー計測
装置の許容範囲
(どちらか大きい方)
精度基準
範囲
速度
< +/- 15%
取得
PW:0.1 cm/s ∼ 8.8 m/s
CW:0.1 cm/s ∼ 19.3 m/s
時間
< +/- 5%
取得
10 ms ∼ 9.44 s
5-7
操作説明書
基本計測
コントロールパネルの Caliper(距離計測)ボタンを押します。
注記: この機能は、アプリケーションに関係なく、距離や面積などの基本計測を行いま
す。各アプリケーションの計測については、本章の「アプリケーション別計測」を参照
してください。
使用可能な計測方法は診断モードによって異なります。次の表を参照してください。
計測
距離計測
円周と面積の計測
体積の計測
診断モード
計測方法
2D、M、D
Distance(距離)
Line Trace(ライントレース)
Angle(角度)
%StD
M
M Distance(M 距離)
D
D Velocity(ドプラ速度)
D A/B(ドプラ A/B)
D Trace(ドプラトレース)
D Time(ドプラ時間)
2D、M、D
Ellipse(楕円)
Trace(トレース)
%StA
2D、M、D
3 Distance(3 距離)
1 Distance(1 距離)
Distance + Ellipse(距離 + 楕円)
Ellipse(楕円)
MOD(MOD 法)
[表 5.1 アプリケーション別基本計測]
5-8
第 5 章 計測と計算
基本計測操作
以下は、基本計測で共通するボタン操作の説明です。
[ 図 5.1 基本計測ソフトメニュー ]
■■計測方法の選択と変更
ソフトメニューのダイアルボタン[1] ∼ [3]を使用し、計測方法の選択または変更
を行います。ソフトメニューの項目は、診断モードにより異なります。選択した計測方法
は、使用情報エリアに表示されます。
■■計測結果の表示位置の設定
ソフトメニューのダイアルボタン[4]を使用します。
Move(移動):計測結果の表示位置を変更します。ダイアルボタンを押し、トラック
XX
ボールを使用して計測結果の位置を変更し、Set(セット)ボタンを押します。
Reset(リセット):ダイアルボタンを回すと、計測結果の表示位置が元に戻ります。
XX
注記: 計測結果が 2 ページ以上ある場合は、Move(移動)を使用して該当する結果を表
示します。
■■計測結果のキャンセル
ソフトメニューのダイアルボタン[5]を使用します。
Delete(削除):ダイアルボタンを回すと、トレースラインを終点から削除します。
XX
注記: Delete(削除)機能は、Line Trace(ライントレース)、Area Trace(面積トレー
ス)、および MOD(MOD 法)にのみ使用できます。
Undo(取り消し):ダイアルボタンを押して前の計測をキャンセルし計測し直します。
XX
注記: Undo(取り消し)は、体積計測項目のうち 3 Distance(3 距離)と Distance +
Ellipse(距離 + 楕円)にのみ使用できます。
5-9
操作説明書
■■計測結果の削除
コントロールパネルの Clear(クリア)ボタンを押します。計測結果が画面から削除され
ます。
■■計測結果の印刷
コントロールパネルの Print 1(プリント 1)または Print 2(プリント 2)ボタンを押します。
■■基本計測の終了
コントロールパネルの Exit(終了)ボタンを押します。
注記: 計測単位などの設定を変更するには、Utility(ユーティリティ)> Measure
Setup(計測設定)> General(一般)の順に選択します。詳細は、第 7 章「ユーティリ
ティ」を参照してください。
5-10
第 5 章 計測と計算
距離計測
Distance(距離)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D 画像で 2 点を指定し、2 点間の直線距離
を計測できます。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[1]で Distance(距離)を選択しま
す。使用情報エリアに「Distance」と表示されます。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、始点と終点を計測エリアに指定します。
XX
トラックボールを使用して目的の位置にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押し
ます。
ヒント !
カーソル位置の変更方法
カーソルに始点を合わせて Set(セット)ボタンを押します。このとき Change
(チェンジ)
ボタンを押すと、始点の調整を行うことができます。始点の調整後、Set(セット)ボ
タンを押し始点を確定します。トラックボールで終点にカーソルを合わせ、Set(セット)
ボタンを押します。
3. 始点と終点の指定後、2 点間の距離が自動的に計算されます。
4. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
Line Trace(ライントレース)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D 画像で 1 点を指定し、その点から曲線を
トレースして その距離を計測します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[1]で Line Trace(ライントレー
ス)を選択します。使用情報エリアに「Line Trace」と表示されます。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを操作して、計測エリアの開始位置を指定します。
XX
トラックボールを使用して目的の位置にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押し
ます。
3. トラックボールを使用して曲線を描き、Set(セット)ボタンを押して終点を設定します。
5-11
操作説明書
ヒント !
曲線の編集
Set(セット)ボタンを押して終点を指定する前に、ソフトメニューでダイアルボタン[5]
Delete(削除)を回すと、トレースしている曲線を削除できます。
4. 始点と終点を指定すると曲線の長さを自動的に計算します。
Angle(角度)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D 画像で 2 本の直線を指定し、その間の角
度を計測します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニュー [1]で Angle(角度)を選択します。使用情報エリア
に「Angle」と表示されます。
2. 直線を 2 本描きます。計測方法は、「Distance(距離)」と同様です。
3. 2 本の直線間の角度が計算されて画面に表示されます。
2 つの角度が計算された場合は、小さい方の角度が表示されます。
XX
%StD
StD は Stenosis Distance(狭窄距離)の略です。すべての診断モードで利用可能な基本計測で
す。2D 画像で血管の直径を計測し、狭窄比率を計算します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[1]で %StD を選択します。使用情
報エリアに「%StD」と表示されます。
2. Cliper(距離計測)方法を使用して血管の直径を計測します。
3. 新しいカーソルの表示後、狭窄している血管内壁の直径を計測します。
4. 次の式を使用して %StD を計算します。
%StD =(外径 – 内径)/ 外径 × 100
5-12
第 5 章 計測と計算
M Distance(M モード距離計測)
M モードでのみ使用可能な基本計測です。M モードで 2 点を指定して、距離、経過時間、2 点
間の速度を計測します。
1. ソフトメニューのダイアルボタン[1] で、M Distance(M モード距離計測)を選択しま
す。使用情報エリアに「M Distance」と表示されます。
2. 2 点を指定し 2 点間の直線距離を計測します。計測方法は「Distance(距離)」と同様です。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
D Velocity(ドプラ速度)
スペクトラムドプラモードでのみ使用可能な基本計測です。スペクトラムドプラモードで 2
点を指定し、その距離および各点の速度を計測し、速度の変化、時間の変化、加速を計算し
ます。
注記: スペクトラムドプラモードの X 軸および Y 軸はそれぞれ時間と速度を示します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニュー [1]で D Velocity(ドプラ速度)を選択します。使用
情報エリアに「D Velocity」と表示されます。
2. 2 点を指定し 2 点間の直線距離を計測します。計測方法は「Distance(距離)」と同様です。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
V1:Point 1 の速度
XX
Time:時間の変化
XX
V2:Point 2 の速度
XX
Acc:加速
XX
PGmax:最大圧較差
XX
RI:抵抗指数
XX
V2-V1:速度の変化
XX
S/D:拡張/収縮の比率
XX
D Velocity(ドプラ速度)計測には、次の式が使用されます。
5-13
操作説明書
XX
XX
XX
注記: Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)> General(一般)>
Caliper(距離計測)の順に選択します。Application(アプリケーション)が Cardiac(心
臓)に設定されている場合、Vmax、PGmax、V2-V1、Time、Acc などの結果が画面に表示
されます。
D A/B(ドプラ A/B)
スペクトラムドプラモードでのみ使用可能な基本計測です。スペクトラムドプラモードで、2
点を指定し各点の速度を計測してその速度比を計算します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[1]で D A/B(ドプラ A/B)を選択
します。使用情報エリアに「D A/B」と表示されます。
2. 速度を計測する 2 点を指定します。
XX
トラックボールを使用して目的の位置にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押し
ます。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
V1:Point 1 の速度
XX
PGmax:最大圧較差
XX
V2:Point 2 の速度
XX
V1/V2:速度比
XX
注記: Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)> General(一般)>
Caliper(距離計測)の順に選択します。Application(アプリケーション)が Cardiac
(心臓)に設定されている場合、Vmax、PGmax、および V2-V1 などの結果が画面に表示
されます。
5-14
第 5 章 計測と計算
D Trace(ドプラトレース)
スペクトラムドプラモードでのみ使用可能な基本計測です。スペクトラムドプラモードで始
点を指定し、始点から曲線をトレースして血流の速度、整数値、平均速度を計算します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニュー [1]で D Trace(ドプラトレース)を選択します。使
用情報エリアに「D Trace」と表示されます。
2. 曲線をトレースします。トレース方法は「Line Trace(ライントレース)」と同様です。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
PSV:収縮期最大血流速度
XX
PI:拍動指数
XX
EDV:拡張末期血流速度
XX
S/D:PSV 対 EDV の比率
XX
RI:抵抗指数
XX
Vmean:平均速度
XX
D Trace(ドプラトレース)計測には、次の式が使用されます。
XX
XX
XX
XX
注記: Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)> General(一般)>
Caliper(距離計測)の順に選択します。Application(アプリケーション)が Cardiac(
心臓)に設定されている場合、Vmax、Vmean、PGmax、PGmean、VTI、PHT、Acc、AccT
、Dec、DecT などの結果が画面に表示されます。
5-15
操作説明書
D Time(ドプラ時間)
スペクトラムドプラモードでのみ使用可能な基本計測です。スペクトラムドプラモードで
本のバーを指定し、時間を計算します。
2
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[1]で D Time(ドプラ時間)を選
択します。使用情報エリアに「Time」と表示されます。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンでスペクトラムに 2 本のバーを設定します。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
5-16
第 5 章 計測と計算
円周と面積の計測
Ellipse(楕円)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D 画像で円(楕円)形の対象物の円周と面
積を計測します。
1. Caliper(距離計測)を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[2]で
を選択します。使用情報エリアに「Ellipse」と表示されます。
Ellipse(楕円)
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを操作して、計測エリアの直径(軸)を指定します。
XX
トラックボールを使用して目的の位置にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押し
ます。
ヒント !
位置の変更方法
円の大きさと位置を変更する場合、カーソルを始点に合わせて Set(セット)ボタンを
押します。次にカーソルを終点に合わせ Set(セット)ボタンを押します。トラックボー
ルを使用して円を広げます。次に Change
(チェンジ)ボタンを押して、始点を調整します。
トラックボールを使用して始点を動かします。次に Change(チェンジ)ボタンを押し
終点を調整します。次に Set(セット)ボタンを押し、トラックボールを使用して円の
大きさを調整し Set(セット)ボタンを押します。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
Ellipse(楕円)の計測には、次の式が使用されます。
(A:長軸、B:短軸)
面積
(a、b:軸)
5-17
操作説明書
Trace(トレース)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D 画像で不規則な対象物の円周と面積を計
測します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[2]で Trace(トレース)を選択し
ます。使用情報エリアに「Trace」と表示されます。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、計測領域の輪郭をトレースする始点
を指定します。
XX
トラックボールを使用して目的の位置にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押し
ます。
3. 計測カーソルが始点に戻るように曲線をトレースし、Set(セット)ボタンを押します。
注記:
トレースラインは必ず閉じてください。トレース完了前に Set(セット)ボタンを押す
と、トレースが終点と始点を結ぶ直線となり、誤差が生じます。
4. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
Trace(トレース)の計測には、次の式が使用されます。
sum
面積
sum
(N = 1,2… 終点)
(N = 1,2… 終点)
%StA
StA は Stenosis Area(狭窄面積)の略です。すべての診断モードで利用できる基本計測で
す。2D 画像で血管面積の計測後、狭窄比率(%)を計算します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[2]で %StA を選択します。使用情
報エリアに「%StA」と表示されます。
2. 面積計測方法を使用して血管の外壁面積を計測します。
3. 次のカーソルの表示後、狭窄している血管の内壁面積を計測します。
4. 次の式を使用して %StA を計算します。
%StA =(外壁面積 – 内壁面積)/ 外壁面積 × 100
5-18
第 5 章 計測と計算
体積の計測
注記: 2 画面モードでは同時に 2 つの画像を表示するため、体積計測を行うために診断
モードに戻る必要はありません。
3 Distance(3 距離)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。3 本の直線を使用し、2D 画像で対象物の体
積を計測します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[3]で 3 Distance(3 距離)を選択
します。使用情報エリアに「3 Distance」と表示されます。
2. 1 点目の距離計測を行います。計測方法は「Distance(距離)」と同様です。
3. 同様に残りの計測も行います。
4. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。対象物の体積と各直線の長さが計算されます。
XX
計測中にソフトメニューのダイアルボタンの Undo(取り消し)を押すと、前の計測を
やり直すことができます。
3 Distance(3 距離)計測には、次の式が使用されます。
(D:距離)
1 Distance(1 距離)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。1 本の直線を使用し、2D 画像で対象物の体
積を計測します。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[3]で 1 Distance(1 距離)を選択
します。使用情報エリアに「1 Distance」と表示されます。
2. 2 点を指定し 2 点間の直線距離を計測します。計測方法は「Distance(距離)」と同様です。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。対象物の体積と各直線の長さが計算されます。
5-19
操作説明書
1 Distance(1 距離)計測には、次の式が使用されます。
(D:距離)
Dist. + Ellipse(距離 + 楕円)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。1 本の直線と 1 つの円(楕円)を使用し
て、2D 画像で対象物の体積を計測します。
1. 距離計測を押し、 ソフトメニューのダイアルボタン[3]で Dist. + Ellipse(距離 + 楕円)
を選択します。使用情報エリアに「Distance + Ellipse」と表示されます。
2. 2 点間の直線距離を計測します。計測方法は「Distance(距離)」と同様です。
3. 円(楕円)のサイズを指定します。計測方法は「Ellipse(楕円)」と同様です。
4. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
D:直線の長さ
XX
Area:円の面積
XX
Long:楕円内の長軸の長さ
XX
Vol.:ボリューム
XX
Short:楕円内の短軸の長さ
XX
Distance + Ellipse(距離 + 楕円)計測には、次の式が使用されます。
(a:短軸、b:長軸、d:距離)
5-20
第 5 章 計測と計算
Ellipse(楕円)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D
す。
画像で楕円を使用して体積を計測しま
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[3]で
す。使用情報エリアに「Ellipse」と表示されます。
Ellipse(楕円)を選択しま
2. 円(楕円)のサイズを指定します。計測方法は「Ellipse(楕円)」と同様です。
3. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
Ellipse(楕円)の計測には、次の式が使用されます。
MOD(MOD 法)
すべての診断モードで利用可能な基本計測です。2D 画像で不規則な対象物の面積と長軸の長
さを計測して、体積を計算します。MOD とは Method of Disk(ディスク法)の略です。
1. 距離計測を押し、ソフトメニューのダイアルボタン[3]で MOD(MOD 法)を選択しま
す。使用情報エリアに「MOD」と表示されます。
2. 計測する輪郭を描きます。計測方法は「Trace(トレース)」と同様です。
3. 長軸の長さを計測します。計測方法は「Distance(距離)」と同様です。
4. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
ヒント !
曲線の編集
Set(セット)ボタンを押して終点を指定する前に、
ソフトメニューのダイアルボタン[5]
Delete(削除)を回すと、トレースしている曲線の部分を削除できます。
5-21
操作説明書
アプリケーションによる計測
コントロールパネルの Calculator(計測パッケージ)ボタンを押します。
注意事項
計測開始前に
■■患者情報の登録
現在登録されている患者情報が正しいことを確認してください。患者情報が登録されてい
ない場合、コントロールパネルの Patient(ID 入力)ボタンを押します。
患者情報および入力方法の詳細は、第 3 章「診断の開始」の「患者情報」を参照してくだ
さい。
■■プローブ、アプリケーション、プリセットの確認
XX
タイトルエリアに表示されるプローブ名とアプリケーションを確認します。別のプロ
ーブまたはアプリケーションを使用する場合は、コントロールパネルの Probe(プロー
ブ)ボタンを押します。
XX
Probe Selection(プローブ選択)画面で Preset(プリセット)設定を確認します。
■■計測メニューの設定
計測メニューをカスタマイズすることができます。計測メニューのカスタマイズの詳細
は、第 7 章「ユーティリティ」の「計測の設定」を参照してください。
計測方法
以下は、計測で一般的に使用するボタンの操作方法についての説明です。
■■計測項目の選択
トラックボール、または Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用してカーソル
を移動し、Set(セット)ボタンまたは Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを押し
ます。
5-22
第 5 章 計測と計算
計測メニュー項目を設定する場合は、Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設
定)> General(一般)> Calc Menu(計算メニュー)の順に設定を行います。
■■計測方法の変更
コントロールパネルの Change(チェンジ)ボタンを押します。現在の計測項目で複数の
計測方法が利用可能な場合、計測方法を変更できます。現在の計測方法は使用情報エリア
に表示されます。計測を開始した後で計測方法を変更することはできません。
■■計測単位の変更
Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)> General(一般)> General(一
般)> Display(表示)> Measurement Unit(計測単位)の順に選択し、設定する単位を選
択します。
■■トレースラインの削除
トラックボールをトレースラインを引いた方向と反対方向に動かしてトレースラインを削
除します。トレースラインを削除できるのは、Manual Trace(手動トレース)を使用してス
ペクトラムドプラを計測する場合です。
■■計測結果の削除
コントロールパネルの Clear(クリア)ボタンを押します。
注記: 計測結果は画面から削除されますが、対応アプリケーションのレポートには表示され
ます。
■■計測結果の印刷
コントロールパネルの Print 1(プリント 1)または Print 2(プリント 2)ボタンを押します。
■■計測の終了
コントロールパネルの Exit(終了)ボタンを押します。
■■診断終了
コントロールパネルの End Exam(患者更新)ボタンを押します。現在の患者の診断を終
了して、計測結果をすべて保存します。
注記: 各種アプリケーションの関連設定については、第 7 章「ユーティリティ」を参照
してください。
5-23
操作説明書
ソフトメニュー
次のソフトメニューオプションは、計測中に各アプリケーションで使用できます。
[ 図 5.2 アプリケーション別計測時ソフトメニュー ]
■■HR Cycle(心拍サイクル)
M/D モードで心拍を測定する場合に使用できます。ソフトメニューのダイアルボタン[1
]を回して、心拍数を 1 ∼ 20 に調整します。
■■Package(計測パッケージ)
ソフトメニューのダイアルボタン[1]を回して、Package(計測パッケージ)を選択しま
す。このボタンを回すと、アプリケーションが変更されます。
■■Trace Direction(トレース方向)
スペクトラムドプラのトレース方向を変更するときに使用します。ソフトメニューの
ダイアルボタン[2]を回して、Up(上)、Down(下)、All(すべて)から選択しま
す。Auto Trace または Limited Trace がスペクトラムドプラモードで実行された後で初めて
有効になります。
Up(上):ドプラ波形の「正」の部分をトレースします。
XX
Down(下):ドプラ波形の「負」の部分をトレースします。
XX
All(すべて):ドプラ波形のすべての部分をトレースします。
XX
■■Tab(タブ)
ソフトメニューのダイアルボタン[2]を回して、Package(計測パッケージ)を選択しま
す。このボタンを回すと、現在のアプリケーションのメニュータブが変更されます。
■■Threshold(しきい値)
ソフトメニューのダイアルボタン[3]を回して設定します。これは、Auto Trace または
Limited Trace がスペクトラムドプラモードで実行された後で有効になります。しきい値を
調整すると、スペクトラムドプラのトレースを行いやすくなります。
5-24
第 5 章 計測と計算
■■Laterality
ソフトメニューのダイアルボタン[3]を回して、対象物の左側(Lt)を計測するか右側
(Rt)を計測するかを選択します。このオプションは、特定のアプリケーションのメニュ
ーにのみ表示されます。
■■Result Action(結果の位置)
ソフトメニューのダイアルボタン[4]を回して、計測結果の位置を設定します。
Move(移動):計測結果の表示位置を変更します。ダイアルボタンを押し、トラック
XX
ボールで位置を変更して、Set(セット)ボタンを押します。
Reset(リセット):ダイアルボタンを押すと、計測結果の表示位置がリセットされます。
XX
ヒント !
計測結果が 2 ページ以上ある場合は、Move(移動)ボタンを押して該当する結果を表
示します。
■■Delete(削除)
トレース中に使用できます。ソフトメニューのダイアルボタン[5]を回してトレースした
曲線を削除します。
■■Undo(取り消し)
ソフトメニューのダイアルボタン[5]を押して最後の計測を取り消します。
■■RAP(右房圧)
ソフトメニューのダイアルボタン[6]を回して、RAP(右房圧)のレベルを調整しま
す。このオプションは心臓アプリケーションでのみ使用できます。
■■Apply RAP(右房圧の適用)
ソフトメニューのダイアルボタン[6]を回して、選択した RAP(右房圧)の値をレポー
トに保存します。
5-25
操作説明書
共通計測方法
アプリケーションで使用する共通の計測方法について説明します。
スペクトラムドプラモードでの計測
一般的に、スペクトラムドプラをトレースすると、さまざまな計測項目の結果を自動的に取
得できます。スペクトラムドプラのトレース方法は次の 3 通りです。
また、計測メニューから特定の項目を選択して、スペクトラムドプラのトレースを行わずに
個々の計測を行うこともできます。
■■Auto Trace
スペクトラムを自動的にトレースします。スペクトラムドプラモードの計測メニューで使
用できます。
1. 計測メニューの Auto Trace を押します。
2. 自動的にスペクトラムをトレースします。
3. トレースの終了後、画面に計測結果が表示されます。
5-26
第 5 章 計測と計算
ヒント !
スペクトラムドプラ自動トレースの注意事項
スペクトラムドプラの状態は計測結果に影響を与えます。以下を参照してください。
トレース不具合の原因
フリーズ後にドプラ画像でゲインを変更すると、輪郭トレースとピークトレースが
XX
正常に機能しません。
波形が描出されていない画像ではトレースは正常に機能しません。
XX
画像にノイズが多すぎると、輪郭トレースは正常に機能しません。
XX
クラッタフィルターの設定が高すぎると、自動トレースまたは限界トレースが正常
XX
に機能しない場合があります。
不正確なピークトレースの原因
PRF(パルス繰り返し周波数)が観測エリアの速度より低いと、エイリアシングが発
XX
生することがあります。原信号がエイリアシングから分離されていればトレースは
可能ですが、ピーク計測が不正確になることがあります。
スペクトラム波形のピークが明確でない、または断続的に発生する場合、トレース
XX
は可能ですが、ピーク計測が不正確になることがあります。
ドプラゲインを高または低に設定すると、スペクトラムの識別が困難になります。
XX
そのため、計測誤差が生じることがあります。
Wall filter(ウォールフィルター)の設定が高いと、スペクトラムが部分的に表示され
XX
ます。この場合、トレースは可能ですが、ピーク計測が不正確になることがあります。
異常ノイズやアーチファクトが発生すると、トレースは可能ですが、ピーク計測が
XX
不正確になることがあります。
その他
CW プローブを使用すると、計測誤差が生じることがあります。
XX
Limited Trace は、心臓アプリケーションの僧帽弁流入や三尖弁流入など 2 ピークスペ
XX
クトラムのトレースのみをサポートしています。
■■Limited Trace
計測範囲を指定すると、スペクトラムが自動的にトレースされます。スペクトラムドプラ
モードのメニューで有効にします。
1. 計測メニューで Limited Trace を選択します。計測エリアを指定できるバーが表示され
ます。
2. 計測範囲を指定します。
XX
トラックボールを使用してバーを希望する位置に置き、Set(セット)ボタンを押します。
3. 指定範囲のスペクトラムを自動的にトレースします。
4. トレースの終了後、画面に計測結果が表示されます。
5-27
操作説明書
■■Manual Trace
スペクトラムを手動でトレースできます。スペクトラムドプラモードのメニューで使用で
きます。
1. 計測メニューで Manual Trace を選択します。スペクトラムの上に計測カーソルが表示
されます。
2. スペクトラムをトレースします。計測方法は「D Trace」と同様です。
3. トレースの終了後、画面に計測結果が表示されます。
■■項目別計測
Measurement(計測)メニューで個別に選択した項目を計測します。
1. 画像の取得後、Calculator(計測パッケージ)ボタンを押します。
2. 計測メニューで目的の項目を選択します。「+」カーソルがスペクトラム波形上に表示
されます。
3. 「+」カーソルの位置を合わせて Set(セット)ボタンを押します。
4. 選択した項目の計測結果が画面に表示されます。
スペクトラムドプラの計測項目は以下の通りです。
項目
5-28
タイプ
単位
式
PSV(最大収縮期血流速度)
速度
cm/s、m/s
EDV(拡張末期血流速度)
速度
cm/s、m/s
TAMV(平均時間速度)
速度
cm/s、m/s
TAPV(時間平均最大血流速度)
速度
cm/s、m/s
PGmean(平均圧較差)
計測
mmHg
PGmax(最大圧較差)
計測
mmHg
4 × PSV2
S/D
計測
比率
PSV / EDV
D/S
計測
比率
EDV /PSV
RI(抵抗指数)
計測
比率
(PSV – EDV)/ PSV
PI(拍動指数)
計測
比率
(PSV – EDV)/ TAPV
第 5 章 計測と計算
ヒント !
Auto Calc(自動計算)による計測
Auto Calc(自動計算)を使用すると、あらかじめ設定した項目を計測できます。
これらの計測の設定については、第 7 章「ユーティリティ」の「Auto Calc(自動計算)」
を参照してください。
Volume Flow(体積流量)の計測
計測メニューの Volume Flow(体積流量)を選択します。
Volume Flow(体積流量)では、面積または距離を計測し計算します。距離または面積の計測
の詳細は、「基本計測」を参照してください。TAMV(平均時間速度)値は自動的に計測され
ます。
■■Vesl. Area(血管面積)
血管の面積を計測して TAMV(平均時間速度)と Volume Flow(体積流量)を計算します。
■■Vesl. Dist.(血管距離)
血管の幅を計測して TAMV(平均時間速度)と Volume Flow(体積流量)を計算します。
Stenosis(狭窄)の計測
面積または距離を計測し各血管系の狭窄を計算します。
■■% StA
血管の外壁と内壁の面積を計測します。StAは、Stenosis Area(狭窄面積)の略です。
1. %StA メニューを選択すると 2D モードに最初のカーソルが現れます。
2. Circ/Area(円周/面積)の計測を使用して血管の外壁面積を計測します。
3. 次のカーソルの表示後、狭窄している血管内壁の面積を計測します。
%StA =(外壁面積 – 内壁面積)/ 外壁面積 × 100
5-29
操作説明書
■■% StD
血管の直径を計測します。StD は Stenosis Distance(狭窄距離)の略です。
1. %StD メニューを選択すると 2D モードに最初のカーソルが表示されます。
2. 距離計測方法を使用して血管の直径合計を計測します。
3. 新しいカーソルの表示後、狭窄している血管内壁の直径を計測します。
%StD =(外径 – 内径)/ 外径 × 100
Heart Rate(心拍)の計測
■■HR(心拍)
一定時間の心拍数を計算します。
1. 計測メニューで HR(心拍)を選択します。計測エリアを指定するバーが表示されます。
2. 計測範囲を指定します。
XX
トラックボールでバーを希望する位置に置き、Set(セット)ボタンを押します。
3. 指定した期間の心拍数を自動的に計測します。
5-30
第 5 章 計測と計算
産科計測
注記:
静脈管と胎児心拍はドプラモードでのみ計測できます。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 1 部を参照してくだ
XX
さい。
産科計測を行う前に
■■産科の基本情報
Patient Information(患者情報)ウィンドウに産科診断に必要な情報を入力します。基本的
な産科情報には、LMP(最終月経日)や Gestations(胎児数)などがあります。
LMP(最終月経日)を入力すると、EDD(出産予定日)と GA(妊娠期間)が自動的に計算
されます。LMP は、産科計測で EDD や SD などの値の計算に必要です。
EDD(LMP)= LMP + 280 日
XX
GA(LMP)= 現在のシステムの日付 - LMP
XX
LMP に関係なく、EDD を Estab. Due Date(出産予定日)に入力することができま
す。LMP(最終月経日)を使用しないで、 EDD を使用した場合、LMP が自動的に計算さ
れ、「C」マークが LMP 情報の隣に表示されます。
最大 4 人の胎児を Gestations(胎児数)メニューに入力できます。デフォルト値は「1」で
す。双子の場合は、「2」と入力します。
患者情報メニューと患者情報の入力方法の詳細は、第 3 章「診断の開始」の「患者情報の
入力」を参照してください。
■■産科計測メニューの設定
5-31
操作説明書
注記:
キーボードのファンクションキーに産科計測を割り当て、計測を容易に行うことが
XX
できるようになります。各ボタンの機能は Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)
> User Defined Key(ユーザー定義キー)> Measure Key Setup(計測キー設定)で設
定できます。
双子の場合、Measurement(計測)メニューでそれぞれを胎児 A、胎児 B と指定して
XX
識別します。計測する胎児を変更するには、Change(チェンジ)ボタンを押します。
産科計測で使用される GA Equation(GA 方程式)、GA Table(GA テーブル)、OB
Measurement(産科計測)メニューを設定します。ユーザーは手動で GA テーブルの作成、
バックアップ、リストアを行うことができます。GA 方程式および GA テーブルの詳細につ
いては、リファレンスマニュアルを参照してください。
詳細は、第 7 章「ユーティリティ」の「計測の設定」を参照してください。
Early OB 計測メニュー
選択した項目の計測終了後、計測値と GA(妊娠週数)が画面に表示されます。各項目の計測
方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
[ 図 5.3 早期産科計測メニュー ]
5-32
計測メニュー
項目
モード
方法
単位
GS
-
All
距離
cm、mm
YS
-
All
距離
cm、mm
CRL
-
All
距離
cm、mm
NT
-
All
距離
mm
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
項目
モード
方法
単位
NB
-
All
距離
cm、mm
BPD
-
All
距離
cm、mm
FL
-
All
距離
cm、mm
AC
-
All
円周または自動計算
cm、mm
EFW
-
All
Duct V All
PW
速度
cm/s、m/s
Duct V S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Duct V D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Duct V A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
-
M、PW
心拍数
bpm
Duct Venosus
Fetal HR
自動計算
計測メニューの項目には、他の項目の計測値に基づいて自動的に計算されるものもあります。
■■HC
計測された BPD と OFD 値がある場合、次の式を使用して自動的に計算されます。
例外:Merz 法を基準として使用しているときは、
■■AC
計測された APD と TAD 値がある場合、次の式を使用して自動的に計算されます。
例外:Merz 法を基準として使用しているときは、
■■FTA
計測された APD と TAD 値がある場合、次の式を使用して自動的に計算されます。
5-33
操作説明書
■■MAD
計測された APD と TAD 値がある場合、次の式を使用して自動的に計算されます。
■■ThC
計測された APTD と TTD 値がある場合、次の式を使用して自動的に計算されます。
■■APTD × TTD
計測された APTD と TTD 値がある場合は、自動的に計算されます。
注記:
例えば、大阪大学/東京大学の方法は主にアジア、Merz 法はヨーロッパ、Shepard/
Hadlock 法はアメリカで利用されています。
5-34
第 5 章 計測と計算
一般計測メニュー
選択した項目の計測終了後、計測値と GA(妊娠期間)が画面に表示されます。各項目の計測
方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
[ 図 5.4 一般産科計測メニュー ]
計測メニュー
項目
モード
方法
単位
BPD
-
All
距離
cm、mm
HC
-
All
円周または自動計算
cm、mm
AC
-
All
円周または自動計算
cm、mm
FL
-
All
距離
cm、mm
Lat Vent
-
All
距離
cm、mm
CEREB
-
All
距離
cm、mm
CM
-
All
距離
cm、mm
NF
-
All
距離
cm、mm
OFD
-
All
距離
cm、mm
5-35
操作説明書
計測メニュー
項目
モード
方法
単位
Cervix L
-
All
距離
cm、mm
HUM
-
All
距離
cm、mm
APD
-
All
距離
cm、mm
TAD
-
All
距離
cm、mm
EFW
-
All
All
All
距離
cm、mm
Q1
All
距離
cm、mm
Q2
All
距離
cm、mm
Q3
All
距離
cm、mm
Q4
All
距離
cm、mm
-
All
円周
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
AFI
MVP
Mid Cereb A
Umbilical A
Lt. Uterine A
Rt. Uterine A
Fetal HR
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
AFI(羊水インデックス)
羊水インデックスを計測します。妊娠女性の腹部を 4 つに区分けして計測します。胎児と各
区分との最大距離を計測します。各区分の特定の画像を表示するには、Freeze(フリーズ)
ボタンを押して診断モードに切り替えます。画像を取得してから Freeze(フリーズ)ボタン
を再び押すと、計測モードに戻ります。
5-36
第 5 章 計測と計算
EFW 計算
次の項目の計測終了後、結果を使用して胎児推定体重を自動的に計算します。胎児体重の計
算で使用される式については、リファレンスマニュアルの第 1 部「胎児推定体重式」を参照
してください。
BPD、AC
XX
AC、FL
XX
BPD、FL、FTA
XX
BPD、AC、FL
XX
BPD、APTD、TTD、FL
XX
HC、AC、FL
XX
BPD、APTD、TTD、SL
XX
BPD、HC、AC、FL
XX
BPD、TTD
XX
AC
XX
EFW 計測の連続計測
EFW 計測について産科項目を連続して計測することができます。
ヒント !
計測前に
User key(ユーザーキー)に EWF Measure(EFW 計測)を設定することにより、計測
XX
を容易に行うことができます。ユーザーキーは、Utility(ユーティリティ)> Setup
(設定)> User Defined Key(ユーザー定義キー)> User Key Setup(ユーザーキー設
定)から設定することができます。詳細は、第 7 章「ユーティリティ」の「ユーザー
定義キー」を参照してください。
EFW Reference を確認します。Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)
XX
> OB(産科)> Tables(テーブル)から選択または変更できます。
注記: この機能は 3D モードでは使用できません。
■■計測方法
1. 計測メニューの EFW(胎児推定体重)を選択します。または、ユーザーキーに EFW
Measure(EFW 計測)が設定されている場合は、ユーザーキーを押します。産科計測が
行われます。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、EFW 計算に必要な項目を計測します。
3. 画面に最初の計測結果が表示され、次の計測を行います。
4. すべての計測の終了後、EFW(胎児推定体重)が画面に表示されます。
5-37
操作説明書
EFW 計測とその手順は以下の通りです。
ヒント !
5-38
リファレンス
計測項目(順序別)
Campbell
AC
Hadlock
BPDAC
Hadlock1
ACFL
Hadlock2
BPDACFL
Hadlock3
ACFLHC
Hadlock4
BPD、HCACFL
Hansmann
BPDTTD
Merz
BPDAC
Osaka
BPDFTAFL
Shepard
BPDAC
Shinozuka1
BPDACFL
Shinozuka2
BPDAPTD、TTDSL
Shinozuka3
BPDAPTD、TTDFL
Ferrero
ACFL
Higginbottom
AC
Thurnau
BPDAC
Warsof
BPDAC
Weiner1
ACHC
Weiner2
ACFLHC
Woo
BPDACFL
計測手順の変更
計測手順を変更する場合は、Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)>
OB(産科)> Tables(テーブル)> EFW Sequential Measurement(胎児推定体重の連続
計測)の順に選択します。
第 5 章 計測と計算
ヒント !
EFW 計測結果の再表示
User Key(ユーザーキー)に EFW Result(EFW 結果)が設定されている場合、User Key(ユー
ザーキー)を押すと、画面に EFW 計算結果が再表示されます。User Key(ユーザーキー)
に設定されていない場合は、Calculator(計測パッケージ)を押し、産科計測メニュー
から結果を確認することができます。
婦人科計測
注記:
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
婦人科計測を行う前に
Patient
Information(患者情報)画面で婦人科診断に必要な情報を入力します。婦人科の基
本的な情報には、Gravida(妊娠回数)、Para(出産回数)、Aborta(妊娠中絶数)、Ovul.
Date(排卵予定日)、Day of Cycle(生理周期)、Ectopic(異所性)などがあります。
一般計測メニュー
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
[ 図 5.5 一般婦人科計測メニュー ]
5-39
操作説明書
計測メニュー
Uterus
Uterine Tumor 1
Cervical Tumor
Rt. Uterine A
Lt. Uterine A
Endometrial
5-40
項目
モード
方法
単位
Uterus All
All
距離計測後に計算
ml
Uterus L
All
距離
cm、mm
Uterus H
All
距離
cm、mm
Uterus W
All
距離
cm、mm
Endo. Thick
All
距離
cm、mm
Cervix All
All
体積の計測
ml
Cervix L
All
距離
cm、mm
Cervix H
All
距離
cm、mm
Cervix W
All
距離
cm、mm
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Rt. Ovary
Rt. Ovarian Mass
Lt. Ovary
Lt. Ovarian Mass
Rt. Follicles
Lt. Follicles
Cyst
Pericystic
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
1 ~ 12
All
距離計測後の体積計算
cm、mm、
ml
Rt. / Lt. Cyst All
All
距離計測後に計算
ml
Rt. / Lt. L
All
距離
cm、mm
Rt. / Lt. H
All
距離
cm、mm
Rt. / Lt. W
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
多くの婦人科計測は、距離計測と距離計測の結果に基づいた体積計測を行います。長軸画
Scan
像、横軸画像など複数の画像を表示する場合は、Freeze(フリーズ)ボタンを押して
Mode(スキャンモード)に切り替え、長軸画像や短軸画像など複数の画像を取得します。
5-41
操作説明書
心臓系計測
注記: 心臓計測は、オプション項目です。
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
■■Dist 20(距離 20)
心臓円周をトレースし、心臓軸を描きます。自動的に軸に垂直な 20 本の直線が描かれ、心
臓体積が計算されます。
注記:
デュアル 2D モードでは、2 つの画像を同時に表示することができます。
XX
RVAWd、RVIDd、RVAWs、および RVIDs については、LV 計測方法を参照してください。
XX
MPA Diam、RPA Diam、および LPA Diam は、Parasternal Short Axis(胸骨傍短軸)ビュー
XX
の Aortic Valve(大動脈弁)レベルで計測されます。
C Mode(カラーモード)は心臓血流の逆流などを観察します。
XX
PISA-Radius または PISA-Alias 速度の計測には速度値が必要なため、カラーモードで
XX
Velocity(速度)または Vel + Var(速度+変化)のカラーディスプレイを選択します。
詳細については、第 4 章「診断モード」の「Color Doppler Mode(カラードプラモード)」
を参照してください。
組織ドプラは TDI モードで計測できます。
XX
5-42
第 5 章 計測と計算
成人エコー - 房室計測メニュー
[ 図 5.6 成人エコー - 房室計測メニュー ]
計測メニュー
LV(2D)
LV(M)
項目
モード
方法
単位
All LVd(2D)
All
連続計測
IVSd
All
距離
cm、mm
LVIDd
All
距離
cm、mm
LVPWd
All
距離
cm、mm
All LVs(2D)
All
連続計測
IVSs
All
距離
cm、mm
LVIDs
All
距離
cm、mm
LVPWs
All
距離
cm、mm
All LV(M)
M
連続計測
IVSd
M
距離
cm、mm
LVIDd
M
距離
cm、mm
LVPWd
M
距離
cm、mm
IVSs
M
距離
cm、mm
LVIDs
M
距離
cm、mm
LVPWs
M
距離
cm、mm
LVET
M
時間
ms
LVPEP
M
時間
ms
5-43
操作説明書
計測メニュー
LV Vol.(Simpson)
LV Mass
LA
5-44
項目
モード
方法
単位
LVEDV A4C
All
距離 20
ml
LVESV A4C
All
距離 20
ml
LVEDV A2C
All
距離 20
ml
LVESV A2C
All
距離 20
ml
LVEDV A4C AL
All
距離 20
ml
LVESV A4C AL
All
距離 20
ml
LVEDV A2C AL
All
距離 20
ml
LVESV A2C AL
All
距離 20
ml
All
All
連続計測
LVAd SAX PM Epi
All
面積
cm2、mm2
LVAd SAX PM
All
面積
cm2、mm2
LVLd Apical
All
距離
cm、mm
LV TE a
All
距離
cm、mm
LV TE d
All
距離
cm、mm
All
All
距離計測後に計算
ml
LA Major
All
距離
cm、mm
LA Minor
All
距離
cm、mm
LA Diam(2D)
All
距離
cm、mm
LA / Ao(2D)
All
距離
cm、mm
LA / Ao(M)
M
距離
cm、mm
LA Diam(M)
M
距離
cm、mm
LAAd A2C
All
面積
cm2、mm2
LAAs A2C
All
面積
cm2、mm2
LAAd A4C
All
面積
cm2、mm2
LAAs A4C
All
面積
cm2、mm2
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
RV(2D)
RV(M)
RA
Aorta
HR
項目
モード
方法
単位
RVAWd
All
距離
cm、mm
RVIDd
All
距離
cm、mm
RVAd
All
面積
cm2、mm2
RVAWs
All
距離
cm、mm
RVIDs
All
距離
cm、mm
RVAs
All
面積
cm2、mm2
RV Major
All
距離
cm、mm
RV Minor
All
距離
cm、mm
All
All
連続計測
RVAWd
M
距離
cm、mm
RVIDd
M
距離
cm、mm
RVAWs
M
距離
cm、mm
RVIDs
M
距離
cm、mm
RVPEP
M
時間
ms
RVET
M
時間
ms
RA Major
All
距離
cm、mm
RA Minor
All
距離
cm、mm
RAAd
All
面積
cm2、mm2
RAAs
All
面積
cm2、mm2
RAEDV
All
距離 20
Ml
RAESV
All
距離 20
Ml
Ao Diam(2D)
All
距離
cm、mm
Ao Diam(M)
M
距離
cm、mm
Asc Ao Diam
All
距離
cm、mm
Desc Ao Diam
All
距離
cm、mm
Ao Arch Diam
All
距離
cm、mm
Ao Isth Diam
All
距離
cm、mm
Ao ST Junct Diam
All
距離
cm、mm
Ao Sinus Diam
All
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
5-45
操作説明書
成人エコー - 弁計測メニュー
[ 図 5.7 成人エコー - 弁計測メニュー ]
計測メニュー
LVOT
AV
5-46
項目
モード
方法
単位
LVOT Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
LVOT Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
LVOT Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
LVOT VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
LVOT Diam
All
距離
cm、mm
AV Cusp
All
距離
cm、mm
AV Cusp(M)
M
距離
cm、mm
AV Diam
All
距離
cm、mm
AVA Planimetry
All
面積
cm2、mm2
AV Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
AV Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
AV PHT
PW
時間
ms
AV VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
AV AccT
PW
時間
ms
AV ET
PW
時間
ms
AV DecT
PW
時間
ms
AR VCW
All
距離
cm、mm
AR Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
AR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
AR ed Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
AR PHT
PW
時間
ms
AR VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
AR AccT
PW
時間
ms
AR DecT
PW
時間
ms
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
MV
RVOT
項目
モード
方法
単位
All MV(M)
M
距離
cm、mm
MV Vp
M
距離
cm、mm
MV Diam 1
All
距離
cm、mm
MV Diam 2
All
距離
cm、mm
MVA Planimetry
All
面積
cm2、mm2
MV Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
MV E-DT-A
PW
時間 - 速度 - 時間計測
ms、m/s
MV E/A
PW
速度
cm/s、m/s
MV Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
MV PHT
PW
時間
ms
MV AccT
PW
時間
ms
MV DecT
PW
時間
ms
MV A Dur.
PW
時間
ms
MV ET
PW
時間
ms
R-R Int
M、PW
心拍数
bpm
MR VCW
PW
距離
cm、mm
MR PISA Rad
C
PISA-Radius
cm、mm
MR Alias Vel.
C
速度
cm/s、m/s
MR Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
MR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
MR VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
RVOT Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
RVOT Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
RVOT VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
RVOT Diam
All
距離
cm、mm
5-47
操作説明書
計測メニュー
PV
5-48
項目
モード
方法
単位
PV Ann Diam
All
距離
cm、mm
PVA Planimetry
All
面積
cm2、mm2
PV Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PV Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
PV PHT
PW
時間
ms
PV VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
PV AccT
PW
時間
ms
PV ET
PW
時間
ms
PV DecT
PW
時間
ms
R-R Int
M、PW
心拍数
bpm
PR VCW
PW
距離
cm、mm
PR PISA Rad
C
PISA-Radius
cm、mm
PR Alias Vel.
C
速度
cm/s、m/s
PR Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
MPA Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
PR PHT
PW
時間
ms
PR VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
PR AccT
PW
時間
ms
PR DecT
PW
時間
ms
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
TV
HR
項目
モード
方法
単位
TV Ann Diam
All
距離
cm、mm
TV Diam 1
All
距離
cm、mm
TV Diam 2
All
距離
cm、mm
TVA Planimetry
All
面積
cm2、mm2
TV Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
TV Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
TV E/A
PW
速度
cm/s、m/s
TV PHT
PW
時間
ms
TV VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
TV AccT
PW
時間
ms
TV DecT
PW
時間
ms
TV A Dur.
PW
時間
ms
R-R Int
M、PW
心拍数
bpm
TR VCW
PW
距離
cm、mm
TR PISA Rad
C
PISA-Radius
cm、mm
TR Alias Vel.
C
速度
cm/s、m/s
TR Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
TR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
TR VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
RAP
PW
RAP
mmHg
-
M、PW
心拍数
bpm
5-49
操作説明書
成人エコー - システム計測メニュー
[ 図 5.8 成人エコー - システム計測メニュー ]
計測メニュー
Plum. Veins
Hepatic Veins
Shunts
5-50
項目
モード
方法
S/D
PW
連続計測
単位
S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
A Dur
PW
時間
ms
MPA Diam
All
距離
cm、mm
LPA Diam
All
距離
cm、mm
RPA Diam
All
距離
cm、mm
PEd
All
距離
cm、mm
PEs
All
距離
cm、mm
SVC S/D
PW
連続計測
SVC S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
SVC D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
SVC A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
SVC A Dur
PW
時間
ms
IVC S/D
PW
連続計測
IVC S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
IVC D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
IVC A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
IVC A Dur
PW
時間
ms
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Qp / Qs
Tissue Doppler
Tei Index
HR
項目
モード
方法
単位
Systemic VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
Plumonic VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
LVOT Diam
All
距離
cm、mm
RVOT Diam
All
距離
cm、mm
All LV TDI
PW
連続計測
LV Peak E
PW
速度
cm/s、m/s
LV Peak A
PW
速度
cm/s、m/s
LV Peak S
PW
速度
cm/s、m/s
LV AccT
PW
時間
ms
LV DecT
PW
時間
ms
All RV TDI
PW
連続計測
RV Peak E
PW
速度
cm/s、m/s
RV Peak A
PW
速度
cm/s、m/s
RV Peak S
PW
速度
cm/s、m/s
RV AccT
PW
時間
ms
ms
RV DecT
PW
時間
All LV Tei Index
PW
連続計測
LV TST
PW
時間
ms
LV ET
PW
時間
ms
LV IVCT
PW
時間
ms
ms
LV IVRT
PW
時間
All RV Tei Index
PW
連続計測
RV TST
PW
時間
ms
RV ET
PW
時間
ms
RV IVCT
PW
時間
ms
RV IVRT
PW
時間
ms
-
M、PW
心拍数
bpm
5-51
操作説明書
小児科計測メニュー
[ 図 5.9 小児エコー計測メニュー ]
計測メニュー
LV / RV(2D)
5-52
項目
モード
方法
単位
All LVd(2D)
All
連続計測
RVIDd
All
距離
cm、mm
IVSd
All
距離
cm、mm
LVIDd
All
距離
cm、mm
LVPWd
All
距離
cm、mm
All LVs(2D)
All
連続計測
IVSs
All
距離
cm、mm
LVIDs
All
距離
cm、mm
LVPWs
All
距離
cm、mm
RVAWd
All
距離
cm、mm
LVEDV A4C
All
距離 20
ml
LVESV A4C
All
距離 20
ml
LVEDV A2C
All
距離 20
ml
LVESV A2C
All
距離 20
ml
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
LV / RV(M)
Tissue Doppler
Lt. Inflow
項目
モード
方法
単位
All LV(M)
M
連続計測
RVIDd
M
距離
cm、mm
IVSd
M
距離
cm、mm
LVIDd
M
距離
cm、mm
LVPWd
M
距離
cm、mm
IVSs
M
距離
cm、mm
LVIDs
M
距離
cm、mm
LVPWs
M
距離
cm、mm
RVAWs
M
距離
cm、mm
All LV TDI
PW
連続計測
LV Peak E
PW
速度
cm/s、m/s
LV Peak A
PW
速度
cm/s、m/s
LV Peak S
PW
速度
cm/s、m/s
All RV TDI
PW
連続計測
RV Peak E
PW
速度
cm/s、m/s
RV Peak A
PW
速度
cm/s、m/s
RV Peak S
PW
速度
cm/s、m/s
LA Diam(2D)
All
距離
cm、mm
MV Diam 1
All
距離
cm、mm
MV E-DT-A
PW
連続計測
MR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
MR dp / dt
PW
時間計測後に計算
mmHg/s
MV Dect
5-53
操作説明書
計測メニュー
Lt. Outflow
Plum. Veins
Hepatic Veins
Qp / Qs
5-54
項目
モード
方法
単位
LVOT Diam
All
距離
cm、mm
Ao Sinus Diam
All
距離
cm、mm
Ao Diam(2D)
All
距離
cm、mm
Ao ST Junct Diam
All
距離
cm、mm
Asc Ao Diam
All
距離
cm、mm
Ao Arch Diam
All
距離
cm、mm
Ao Isth Diam
All
距離
cm、mm
Desc Ao Diam
All
距離
cm、mm
AV Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
AR DecT
PW
時間
ms
AR ed Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
AR PHT
PW
PHT
ms
S/D
PW
連続計測
S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
A Dur
PW
時間
ms
Systemic VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
Pulmonic VTI
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
LVOT Diam
All
距離
cm、mm
RVOT Diam
All
距離
cm、mm
SVC S/D
PW
連続計測
SVC S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
SVC D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
SVC A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
SVC A Dur
PW
時間
ms
IVC S/D
PW
連続計測
IVC S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
IVC D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
IVC A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
IVC A Dur
PW
時間
ms
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Rt. Inflow
Rt. Outflow
HR
項目
モード
方法
単位
RA Major
All
距離
cm、mm
TV Diam 1
All
距離
cm、mm
TR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
RAP
PW
RAP
mmHg
TV E/A
PW
連続計測
RVOT Diam
All
距離
cm、mm
PV Ann Diam
All
距離
cm、mm
PV AccT
PW
時間
ms
PR DecT
PW
時間
ms
PR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
-
M、PW
心拍数
bpm
5-55
操作説明書
頚動脈計測
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
一般計測メニュー
[ 図 5.10 一般頚動脈計測メニュー ]
計測メニュー
Prox CCA
Mid CCA
Distal CCA
Bulb
ECA
Prox ICA
Mid ICA
Distal ICA
5-56
項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積
%
%StD
All
距離
%
IMT
All
距離
cm、mm
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Vertebral A
General
Vol. Flow
HR
項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積
%
%StD
All
距離
%
2
Vesl. Area.
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Volume Flow
(Auto)
PW
自動計算
ml/m
Volume Flow(D)
PW
自動計算
ml/m
TAMV
PW
スペクトラムドプラトレース
cm/s、m/s
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Vesl. Area.
All
面積
cm2、mm2
-
M、PW
心拍数
bpm
Auto IMT(自動 IMT)(オプション)
この機能を使用すると、IMT 計測を簡単に行うことができます。
注記:
Auto IMT(自動 IMT)は、次の条件でのみ使用できます。
XX
−−プローブ:リニアプローブ
−−アプリケーション:Vascular
−−診断モード:2D、カラー、または PD モード
5-57
操作説明書
Auto IMT(自動 IMT)画面
[ 図 5.11 Auto IMT(自動 IMT)]
■■Risk Color Bar(リスクカラーバー)
リスクカラーバーは、IMT の厚みに基づいて色別に表示されます。厚みが 0.5 mm 以下の場
合、バー全体が緑色で示されます。厚みが 1.1 mm 以上の場合、バー全体が赤色で示され
ます。厚みがこれらの値の間に入っている場合、リスクカラーバーは対応する色で表示さ
れます。
■■ルーラーとレンジバー
トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、IMT を計測する場所と範囲を指定します。
Ruler(ルーラー):グリッド単位は 10 mm です。このオプションは、血管が長軸断面
XX
10
で描出されている場合に使用します。計測位置で、Set(セット)ボタンを押して
mm 間隔で IMT を計測します。
Range Bar(レンジバー):このオプションは、血管が長軸方向に描出されていない場
XX
合や、特定のセグメントの長さを計測する場合に使用します。始点で Set(セット)ボ
タンを押し、そのままトラックボール使用して終点でセットボタンを押し、終点を指定
します。
5-58
第 5 章 計測と計算
■■中内膜複合体
Near(近位)ゾーンと Far(遠位)ゾーンで、QI が高い方が計測値として自動選択さ
XX
れ、リスクカラーバーの色で表されます。
QI が低い複合体は濃い青色で表示されます。
XX
QI 値を使用して自動的に選択される Near(近位)ゾーンと Far(遠位)ゾーンを切り替
XX
えるには、Change(チェンジ)ボタンを押します。計測値と色の表示が変化します。
ただし、QI が 0 の場合、計測値と色の表示は変化しません。
■■計測結果テーブル
Max(最大):中内膜複合体の最大の厚さ。
XX
Mean(平均):中内膜複合体の平均の厚さ。
XX
SD(標準偏差):標準偏差。
XX
QI:品質指数。計測点と距離の比率。
XX
Points(ポイント):計測した中内膜複合体の総数。
XX
Auto IMT(自動 IMT)計測
1. プローブ、アプリケーション、およびプリセットの確認後、頸動脈の計測を開始します。
2. 目的の画像の取得後、フリーズを押します。トラックボールを使用して IMT 計測の画像を
選択します。
3. Auto IMT(自動 IMT)を押します。Auto IMT(自動 IMT)画面が読み込まれます。
XX
画像エリアの中心に血管の中心が表示されている場合は、IMT 計測は自動的に開始しま
す。
4. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して IMT 計測の場所を設定します。
Near(近位)と Far(遠位)の間にある点を選択します。
XX
XX
鮮明な画像を得られない場合、計測する中膜に近いエリアを選択してください。
XX
細部を選択する必要がある場合、範囲バーを使用します。
XX
中膜と内膜マーカーのオン/オフを切り替える場合、キーボードのスペースバーを押し
ます。
5. 計測位置を設定すると、計測値が表に一覧表示されます。
5-59
操作説明書
Auto IMT(自動 IMT)計測の分析
1. Analysis(分析)を押して Analysis(分析)画面を表示します。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、Framingham/CHD、Risk Factor(危
険因子)、Normal IMT(正常 IMT)、User Graph(ユーザーグラフ)から、使用する分析
を選択します。
XX
計測結果に対応するバーが各グラフに表示されます。ただし、計測結果が Framingham/
CHD または危険因子より小さい場合は、バーが表示されません。
ヒント !
ユーザーグラフ
グラフをカスタマイズして計測結果を分析する場合は、User Graph(ユーザーグラフ)
を使用できます。
3. 分析を終了するには、再度 Analysis(分析)を押します。
Auto IMT(自動 IMT)計測の分析で参照された資料は次のとおりです。
■■Framingham / CHD
フラミンガム危険因子と中内膜複合体間の相関関係:the Paroi Arterielle et Risque Cardiovasculair(PARC)Study
Pierre-Jean Touboul, EricVicaut, Julien Labreuche, Jean-Pierre Belliard, Serge Cohen, Serge
Kownator, Jean-Jacques Portal, Isabelle Pithois-Merli, Pierre Amarenco. PARC Study の参加医師を
代表して。
■■Risk Factor(危険因子)
Mannheim Carotid Intima-Media Thickness Consensus(2004 ∼ 2006)
P.-J. Touboul, M.G. Hennerici, S.Meairs, H.Adams, P.Amarenco, N.Borstein, L.Csiba, M.Desvarieux,
S.Ebrahim, M.Fatar, R.Hermandez Hernandez, M.Jaff, S.Kownator, P.Prati, T.Rundek, M.Sitzer,
U.Schiminke, J.-C. Tardif, A.Taylor, E.Vicaut, K.S.Woo, F.Zannad, M.Zureik
■■Normal IMT(正常 IMT)
Simon A, Gariepy J, Chironi G, Megnien JL, Levenson J: 中内膜複合体:心臓血管リスクの診断と
治療用の新しい方法。Journal of Hypertension 20:159-169, 2002
5-60
第 5 章 計測と計算
[ 図 5.12 Analysis(分析)]
Auto IMT(自動 IMT)計測値の保存
1. Direction(方向)ボタンを回して、計測部位の方向を選択します。
2. Position(位置)ボタンを回して、計測部位の位置を選択します。
3. ソフトメニューのダイアルボタン[3] ∼ [5]を使用して、計測部位に対応する名前
を選択します。ダイアルボタンを押すと計測値が保存され、Auto IMT(自動 IMT)計測モ
ードが終了します。画面の左側に詳細が表示されます。
5-61
操作説明書
下肢動脈計測
下肢動脈計測を行います。
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
一般計測メニュー
[ 図 5.13 一般下肢動脈計測メニュー ]
5-62
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
項目
モード
方法
CIA
IIA
EIA
CFA
SFA
DFA
Popliteal A
ATA
PTA
Peroneal A
DPA
MPA
LPA
Metatarsal A
Digital A
General
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積
%
%StD
All
距離
Vol. Flow
HR
単位
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
Vol. Flow(Auto)
PW
自動計算
ml/m
Vol. Flow(D)
PW
自動計算
ml/m
TAMV
PW
スペクトラムドプラトレース
cm/s、m/s
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
5-63
操作説明書
上肢動脈計測
上肢動脈計測を行います。
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
一般計測メニュー
[ 図 5.14 一般上肢動脈計測メニュー ]
5-64
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Subclabian A
Axillary A
Brachial A
Radial A
Ulnar A
SPA
General
Vol. Flow
HR
項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積
%
%StD
All
距離
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
Volume Flow
(Auto)
PW
自動計算
ml/m
Volume Flow(D)
PW
自動計算
ml/m
TAMV
PW
スペクトラムドプラトレース
cm/s、m/s
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
5-65
操作説明書
下肢静脈計測
下肢静脈計測を行います。
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
一般計測メニュー
[ 図 5.15 一般下肢静脈計測メニュー ]
5-66
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
項目
モード
方法
CIV
IIV
EIV
CFV
PFV
SFV
GSV
Popliteal V
LSV
ATV
PTV
Peroneal V
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Dur T
PW
時間
ms
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Dur T
PW
時間
ms
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
Vol. Flow(Auto)
PW
自動計算
ml/m
Vol. Flow(D)
PW
自動計算
ml/m
TAMV
PW
スペクトラムドプラトレース
cm/s、m/s
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
General
Vol. Flow
HR
単位
5-67
操作説明書
上肢静脈計測
上肢静脈計測を行います。
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
一般計測メニュー
[ 図 5.16 一般上肢静脈計測メニュー ]
5-68
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
項目
モード
方法
Internal Jugular V
Innominate V
Subclavian V
Axillary V
Brachial V
Cephalic V
Basilic V
Radial V
Ulnar V
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Dur T
PW
時間
ms
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Dur T
PW
時間
ms
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vol. Flow(Auto)
PW
自動計算
ml/m
Vol. Flow(D)
PW
自動計算
ml/m
TAMV
PW
スペクトラムドプラトレース
cm/s、m/s
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
General
Vol. Flow
HR
単位
5-69
操作説明書
胎児エコー計測
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測項目は心臓計測の項目と類似しています。
計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
一般計測メニュー
[ 図 5.17 一般胎児エコー計測メニュー ]
計測メニュー
LV Vol.(Simpson)
5-70
項目
モード
方法
単位
LVEDV A2C
All
距離 20
ml
LVESV A2C
All
距離 20
ml
LVEDV A4C
All
距離 20
ml
LVESV A4C
All
距離 20
ml
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
2D Echo
CTAR
Fetal M-mode
Fetal HR
項目
モード
方法
単位
Asc Ao
All
距離
cm、mm
MPA Diam
All
距離
cm、mm
Duct Art
All
距離
cm、mm
LA Diam
All
距離
cm、mm
RA Diam
All
距離
cm、mm
RV Diam
All
距離
cm、mm
IVS
All
距離
cm、mm
LVIDd
All
距離
cm、mm
LVIDs
All
距離
cm、mm
LVPW
All
距離
cm、mm
HrtC
All
距離
cm、mm
ThC
All
距離
cm、mm
CTAR All(D)
All
連続計測
%
ThD ap
All
距離
cm、mm
ThD trans
All
距離
cm、mm
HrtD ap
All
距離
cm、mm
HrtD trans
All
距離
cm、mm
ThA
All
面積
cm2、mm2
HrtA
All
面積
cm2、mm2
Fetal M-mode(All)
M
連続計測
cm、mm
IVSd
M
距離
cm、mm
LVIDd
M
距離
cm、mm
LVPWd
M
距離
cm、mm
IVSs
M
距離
cm、mm
LVIDs
M
距離
cm、mm
LVPWs
M
距離
cm、mm
RVDd
M
距離
cm、mm
-
M、PW
心拍数
bpm
5-71
操作説明書
■■CTAR(心胸郭断面積比)
胎児の胸郭と心臓のサイズを比較する計測方法です。比較は ThD ap(胸部直径(先端))
、ThD trans(胸部直径(横軸))、HrtD ap(心臓面積/胸部外周)、HrtD trans(心尖部直
径)値で行われます。
5-72
第 5 章 計測と計算
ドップラー計測メニュー
[ 図 5.18 ドップラー胎児エコー計測メニュー ]
計測メニュー
MPA
Duct A
Asc Aorta
Dsc Aorta
IVC
Duct Venosus
PLI
MV
TV
項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
All
PW
速度
cm/s、m/s
S Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
D Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
A Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
MV E/A
PW
速度
%
MV E
PW
速度
cm/s、m/s
MV A
PW
速度
cm/s、m/s
MR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
TV E/A
PW
速度
%
TV E
PW
速度
cm/s、m/s
TV A
PW
速度
cm/s、m/s
TR Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
5-73
操作説明書
計測メニュー
Tei Index
Fetal HR
5-74
項目
モード
方法
単位
All
PW
連続計測後の計算
TST
PW
時間
ms
ET
PW
時間
ms
-
M、PW
心拍数
bpm
第 5 章 計測と計算
泌尿器系計測
泌尿器系の計測を行う前に
体積計測方法を選択を行うことができます。体積計測方法は、4
手動で設定することができます。
種類あります。因数値は、
詳細は、第 7 章「ユーティリティ」の「計測の設定」を参照してください。
一般計測メニュー
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
[ 図 5.19 一般泌尿器系計測メニュー ]
注記:
各メニューの計測方法は、Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)>
XX
Urology(泌尿器科)で設定した体積計測方法によって変わります。
体積の計測方法を変更する場合は、その変更に合わせて計測メニューを再設定する
XX
必要があります。
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
計測項目の参照情報については、リファレンスマニュアルの第 2 部を参照してくだ
XX
さい。
5-75
操作説明書
■■3 Distance(3 距離)
3 つの距離を計測して体積を計算できます。
計測メニュー
WG Prostate Vol.
T-Zone Vol.
Bladder Vol.
Residual Vol.
Rt. Renal Vol.
Lt. Renal Vol.
General
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Pre All
All
距離計測後に計算
ml
Pre L
All
距離
cm、mm
Pre H
All
距離
cm、mm
Pre W
All
距離
cm、mm
Post All
All
距離計測後に計算
ml
Post L
All
距離
cm、mm
Post H
All
距離
cm、mm
Post W
All
距離
cm、mm
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Pelvis
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
T-Z Prostate Vol.、Bladder Vol.、Lt. Kidney Vol.、Rt. Kidney Vol. の計測方法は Prostate Vol. と同様です。
5-76
第 5 章 計測と計算
■■3 Distance * Factor(3 距離 * 要因)
計測方法は「3 Distance(3 距離)」と同様です。体積は、因数値を使用して計算されます。
体積(ml)= 因数 × Distance1(距離 1)× Distance2(距離 2)× Distance3(距離 3)
■■Ellipsoid(楕円)
主径と側径を使用して体積を計算します。
計測メニュー
項目
モード
方法
単位
WG Prostate Vol.
T-Zone Vol.
Bladder Vol.
All
All
距離計測後に計算
ml
Pre Vol.
All
距離計測後に計算
ml
Post Vol.
All
距離計測後に計算
ml
All
All
距離計測後に計算
ml
Renal Pelvis
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
cm、mm
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
Residual Vol.
Rt. Renal Vol.
Lt. Renal Vol.
General
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
■■Sum of 20 Disks(20 ディスクの合計)
前立腺の円周の計測後、トラックボールと Set(セット)ボタンを使用し、前立腺の軸を
計測して体積を計算します。
5-77
操作説明書
腹部計測
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
一般計測メニュー
[ 図 5.20 一般腹部計測メニュー ]
計測メニュー
Liver
Spleen
Rt. Kidney
Lt. Kidney
Gallbladder
5-78
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
GBD
All
距離
cm、mm
Wall
All
距離
cm、mm
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Pancreas
Bowel
項目
モード
方法
単位
Head
All
距離
cm、mm
Body
All
距離
cm、mm
Tail
All
距離
cm、mm
Duct
All
距離
cm、mm
Stomach Wall
All
距離
cm、mm
Small Bowel Wall
All
距離
cm、mm
Large Bowel Wall
All
距離
cm、mm
5-79
操作説明書
腹部、 血管計測メニュー
[ 図 5.21 腹部血管計測メニュー ]
計測メニュー
M Portal V
M Hepatic V
Splenic V
Mid IVC
Rt. Renal V
Lt. Renal V
C Hepatic A
R Hepatic A
L Hepatic A
Splenic A
Mid Aorta
Rt. Renal A
Lt. Renal A
Mid SMA
IMA
Celiac A
5-80
項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Vmax
PW
速度
cm/s、m/s
Dur T
PW
時間
ms
Vesl. Area
All
面積
cm2、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
第 5 章 計測と計算
Small Parts 計測
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
甲状腺計測メニュー
[ 図 5.22 一般甲状腺計測メニュー ]
計測メニュー
Mass 1~5
Thyroid Vol.
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
D
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
5-81
操作説明書
計測メニュー
Thyroid Flow
5-82
項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
Vel. A
PW
速度
cm/s、m/s
Vel. B
PW
速度
cm/s、m/s
第 5 章 計測と計算
乳腺計測メニュー
[ 図 5.23 一般乳腺計測メニュー ]
計測メニュー
Mass1~8
Breast Flow
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
D
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Vel. A
PW
速度
cm/s、m/s
Vel. B
PW
速度
cm/s、m/s
5-83
操作説明書
睾丸計測メニュー
[ 図 5.24 一般睾丸計測メニュー ]
計測メニュー
Mass 1~5
Testis Vol.
Testis Flow
5-84
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Vel. A
PW
速度
cm/s、m/s
Vel. B
PW
速度
cm/s、m/s
第 5 章 計測と計算
表在計測メニュー
[ 図 5.25 一般表在計測メニュー ]
計測メニュー
Mass 1~5
Superficial Vol.
Superficial Flow
項目
モード
方法
単位
All
All
距離計測後に計算
ml
L
All
距離
cm、mm
H
All
距離
cm、mm
W
All
距離
cm、mm
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Vel. A
PW
速度
cm/s、m/s
Vel. B
PW
速度
cm/s、m/s
5-85
操作説明書
TCD(経頭蓋)ドプラ計測
注記:
スペクトラムドプラモードで計測すると便利です。
XX
基本計測方法の詳細については、本章の 「基本計測」 および「共通の計測方法」を
XX
参照してください。
一般計測メニュー
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
[ 図 5.26 一般経頭蓋ドプラ計測メニュー ]
計測メニュー
ACA
MCA
PCA(P1)
PCA(P2)
Distal Basilar A
Mid Basilar A
Prox Basilar A
General
5-86
サブ項目
モード
方法
単位
Auto Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Limited Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
Manual Trace
PW
スペクトラムドプラトレース
PSV
PW
速度
cm/s、m/s
EDV
PW
速度
cm/s、m/s
%StA
All
面積計測後に計算
%
%StD
All
距離計測後に計算
%
2
Vesl. Area
All
面積
cm 、mm2
Vesl. Dist
All
距離
cm、mm
第 5 章 計測と計算
計測メニュー
Vol. Flow
サブ項目
モード
方法
単位
Vol. Flow(Auto)
PW
自動計算
ml/m
Vol. Flow(D)
PW
自動計算
ml/m
TAMV
PW
スペクトラムドプラトレース
cm/s、m/s
Vesl. Dist.
All
距離
cm、mm
Vesl. Area.
All
面積
cm2、mm2
5-87
操作説明書
筋骨格計測
一般計測メニュー
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記: 基本計測方法の詳細については、本章の「基本計測」および「共通の計測方法」を
参照してください。
[ 図 5.27 一般筋骨格計測メニュー ]
5-88
計測メニュー
サブ項目
方法
単位
Shoulder
Wrist
Knee
Ankle
1~10
距離
cm、mm
第 5 章 計測と計算
小児臀部計測
一般計測メニュー
各項目の計測方法は、基本計測と同様です。計測した項目は自動的にレポートに記録されます。
注記: 基本計測方法の詳細については、本章の「基本計測」および「共通の計測方法」を
参照してください。
[ 図 5.28 一般小児臀部計測メニュー ]
計測メニュー
項目
モード
方法
Rt. Hip Angle
Lt. Hip Angle
Hip Angle
All
直線 3 本を計測後に角度計算
単位
計測方法
1. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、最初の直線を指定します。
XX
トラックボールを使用して目的の位置にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押し
ます。
ヒント !
位置の変更方法
終点で Set(セット)ボタンを押し、確定する前に Change(チェンジ)ボタンを押し、
始点の位置を設定し直すことができます。
2. 上記の手順を繰り返し行い、他の 2 本の直線を指定します。
3. 指定した直線間の角度が自動的に計算されます。
XX
α:最初の直線と 2 番目の直線の間の角度です。
XX
β:最初の直線と 3 番目の直線の間の角度です。
5-89
操作説明書
4. 計測の終了後、結果が画面に表示されます。
股関節のタイプについては、下表を参照してください。
タイプ
α
β
1a
60 ≤ α < 90
0 < β < 55
1b
60 ≤ α < 90
55 ≤ β < 180
2a/b
50 ≤ α < 60
0 < β < 180
2c
43 ≤ α < 50
77 ≤ β < 180
d
43 ≤ α < 50
0 < β < 77
3/4
0 < α < 43
[表 5.2 股関節のタイプ]
5-90
第 5 章 計測と計算
Report(レポート)
各アプリケーションの計測結果は、レポートとして画面に一覧表示されます。
レポートの表示
コントロールパネルの Report(レポート)ボタンを押します。Ultrasound Report(超音波レポー
ト)画面が表示されます。
注記: 計測結果があるアプリケーションがレポート表示されます。
計測結果が多く画面に一度に表示できない場合は、画面の右側のスクロールバーまたは Ext.
Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、画面を上下にスクロールします。
他の診断項目のレポートを表示する場合は、Next App.(次のアプリケーション)を押しま
す。Next App.(次のアプリケーション)ボタンを押すと、 他のアプリケーションのレポートが
順に表示されます。
ヒント !
SonoReport
Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)> General(一般)> Report(レポート)
の順に選択して Use SonoReport(ソノレポートを使用する)チェックボックスをオンに
した場合は、Report(レポート)を押すと SonoReport 画面が表示されます。システムに
よって提供されるレポートを使用するには、計測中にキーボードの Ins キーを押します。
また、SonoReport 画面で使用できるボタンは Exit(終了)ボタンのみです。
5-91
操作説明書
[ 図 5.29 – レポート ]
5-92
第 5 章 計測と計算
レポートの編集
Ultrasound Report(超音波レポート)画面の Edit(編集)を押すと、レポートの編集が可能にな
ります。計測結果の編集、計測値の表示方法の変更を行うことができます。
変更内容を保存し、編集画面を閉じるには、画面の OK ボタンを押すか、コントロールパネル
の Exit(終了)ボタンを押します。変更を保存せずに編集画面を閉じる場合は、Cancel(キャ
ンセル)を押します。
計測値の変更
計測値の変更は、トラックボールと
値は灰色で表示されます。
Set(セット)ボタンを使用して行います。変更された
計測の表示方法
1 つの計測項目を複数回計測できます。ただし、最初の 3 つの計測結果のみレポートに保存さ
れます。
同じ項目を複数回計測する場合は、4 通りの方法で計測値を表示できます。Edit Report(レポ
ートの編集)画面で、計測表示方法を指定または変更できます。
■■Avg.(平均)
計測値の平均値を取得して画面に表示します。
■■Last(最後)
最後の計測値を画面に表示します。
■■Max(最大)
計測値の最大値を画面に表示します。
■■Min(最小)
計測値の最小値を画面に表示します。
5-93
操作説明書
[ 図 5.30 レポートの編集 ]
5-94
第 5 章 計測と計算
コメント入力
[ 図 5.31 コメント ]
Ultrasound Report(超音波レポート)画面で Comment(コメント)を押すと、テキスト入力画
面になります。これにより、評価や結果を入力できます。また、既存のコメントを編集するこ
ともできます。
コメントを保存し、編集画面を閉じるには、画面の OK ボタンを押すか、コントロールパネル
の Exit(終了)ボタンを押します。変更を保存せずに編集画面を閉じる場合は、Cancel(キャ
ンセル)を押します。
レポートの印刷
Ultrasound Report(超音波レポート)画面の Print(印刷)ボタンを選択します。このボタンは、
機械に接続されているプリンタがある場合のみ使用できます。
注記: 計測レポートの印刷の設定は、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)>
Peripherals(周辺機器)> Print Setup(印刷設定)> Measure Report Print(計測レポー
トの印刷)で行うことができます。詳細については、第 7 章「ユーティリティ」、特に
「Peripherals(周辺機器)」を参照してください。
5-95
操作説明書
レポートのエクスポート
Ultrasound Report(超音波レポート)画面の Write to file(ファイルに書き込み)ボタンを選択し
ます。これにより、レポートがファイルとして保存されます。
注記: このボタンは、Utility(ユーティリティ)> Measure Setup(計測設定)>
General(一般)> Data Transfer(データ転送)> Measurement Data(計測データ)が
Write to file(ファイルに書き込み)に設定されている場合使用できます。
Write to file(ファイルに書き込み)ウィンドウの表示後、Directory(ディレクトリ)、Drive(ド
ライブ)、File Name(ファイル名)、File Format(ファイル形式)を指定します。
レポートを保存するには、画面の OK を押しします。キャンセルするには、Cancel(キャンセ
ル)を押します。
[ 図 5.32 レポートのエクスポート ]
注記: 機械から USB 記憶装置を取り外すには、Utility(ユーティリティ)> Storage
Manager(ストレージマネージャー)から取り外しを行います。
5-96
第 5 章 計測と計算
レポートの転送
Ultrasound Report(超音波レポート)画面の Transfer(転送)ボタンを押します。これによ
り、RS232C ケーブルを使用してレポートデータが転送されます。このボタンは、計測の終了
後、使用できます。
Graph(グラフ)画面
Ultrasound Report(超音波レポート)画面で Graph(グラフ)を押すと、グラフと履歴が表示さ
れます。
注記: グラフ機能は産科レポートでのみ使用可能です。
レポート画面に戻るには、Report(レポート)を押します。
グラフ
計測した項目のリストが画面の左側に表示されます。項目を選択すると、選択した項目のグ
ラフが画面に表示されます。
5-97
操作説明書
[ 図 5.33 グラフ ]
注記:
グラフを表示するには、LMP(最終月経期)または Estab. Due Date(出産予定日)が
XX
Patient Information(患者情報)に保存されており、GA(妊娠週数)テーブルと Fetal
Growth(胎児成長)テーブルが有効でなければなりません。
グラフは患者 ID、LMP(最終月経期)、および計測日に基づいて作成されます。
XX
■■グラフの選択
トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、リストから項目を選択します。
■■グラフの表示
2 × 2 チェックボックスがオンの場合は、4 つのグラフが画面に表示されます。
計測項目のチェックボックスをオンにして、目的のグラフを指定します。
5-98
第 5 章 計測と計算
■■百分率基準
LMP、EstabDD、Avg. US GA を選択します。
GA by LMP(最終月経日による妊娠週数):妊娠週数は、母体 LMP(最終月経日)に基
XX
づいて計算されます。
Estab. Due Date(出産予定日):妊娠週数は、 Patient Information(患者情報)に入力さ
XX
れた Estab. Due Date(出産予定日)に基づいて計算されます。
Average US GA:妊娠週数は、複数の超音波計測値の平均値を使用して計算されます。
XX
GA View(妊娠週数表示):このチェックボックスをオンにすると、History(履歴)の
XX
現在の日付が妊娠週数に置き換わります。
■■履歴
胎児の現在の計測値と過去の計測値が簡単な形式で表示されます。
5-99
操作説明書
History(履歴)
Ultrasound Report(超音波レポート)画面の History(履歴)ボタンを押します。胎児の過去
と現在の計測値がテーブル形式で表示されます。百分率基準を変更および確認できます。
[ 図 5.34 履歴 ]
ヒント !
標準偏差と百分率
産科情報では、次の情報を決める際に、同じ週数の Growth(成長)テーブルと一般的
な胎児分布が使用されます。
正常の分布カーブ。
XX
実際の胎児の計測と EFW 分布における位置。
XX
分布点が通常の範囲にあるかどうか。
XX
成長テーブルの参照週数は、Pctl. Criteria(百分率基準)で LMP(最終月経期)、Estab.DD(出
産予定日)、Average US GA で設定できます。通常の設定は LMP(最終月経期)です。
LMP(最終月経期)が不明または不確実な場合や、LMP(最終月経期)と Average US GA
との差異が大きい場合は、別の Pctl. Criteria(百分率基準)を選択すると結果が大きく
異なる可能性があるため、注意が必要です。
選択した基準の Growth テーブル内の週数の分布は、正常の分布です。これは 50%(平
均)と長軸方向に対象で、平均からの距離を偏差として示します。この偏差は Standard
Deviation(SD:標準偏差)または Percentile(百分率)として表すことができます。
5-100
第 5 章 計測と計算
[ 図 5.35 選択した週数の Growth(成長)テーブルの分布(m:平均、s:標準偏差)]
SD で表す場合、平均に近い点は値が ± 0 SD に近いことを示し、平均から遠い点は値が
最大値または最小値に近いことを示します。範囲の大部分は ± 3 SD 以内にあり、± 1
SD は範囲全体の 68.3% を占めます。このため、胎児計測のほとんどは平均値に密集し
ているように見えます。
百分率は 0 から 100 の間に収まる分布内の点の位置を表します。このため、平均点は 50
パーセントとして表示されます。
図に示すように、平均点は 0 SD(つまり 50%)と同じです。点が -1 SD から +1 SD の範
囲内にある場合、範囲全体の 68.3% 内にあることを表します。つまり、この点は 16 か
ら 84 の範囲にあることを示します。
また、点が -2 SD から +2 SD の範囲内にある場合、範囲全体の 95.5% 内にあることを表
します。つまり、この点は 3 から 97 の範囲内にあることを示します。
SD(標準偏差)と Percentile(百分率)は相関的に使用されます。胎児計測のランキン
グを求める場合は、百分率を使用し、実際の胎児の計測と平均の計測の間の距離を求め
る場合、SD を使用できます。
産科計測データで主に使用される Growth テーブルの範囲はユーザーにより異なります。
多くのユーザーに当てはまる標準的な範囲は次のようになります。
1)テーブルが SD に基づいて作成された場合:
2.0 SD ∼ +2.0 SD(百分率に変換した場合:2.28 ∼ 97.72 パーセント)
XX
1.5 SD ∼ +1.5 SD(百分率に変換した場合:6.68 ∼ 93.32 パーセント)
XX
1.0 SD ∼ +1.0 SD(百分率に変換した場合:15.87 ∼ 84.13 パーセント)
XX
2)テーブルが百分率に基づいて作成された場合:
2.5 ∼ 97.5 パーセント(標準偏差に変換した場合:-1.96 SD ∼ 1.96 SD)
XX
5.0 ∼ 95.0 パーセント(標準偏差に変換した場合:-1.645 SD ∼ 1.645 SD)
XX
10.0 パーセント ∼ 90.0 パーセント(標準偏差に変換した場合:-1.288 SD ∼ 1.288
XX
SD)
5-101
操作説明書
レポートの終了
Ultrasound Report(超音波レポート)画面の OK ボタンを押すか、コントロールパネルの
Exit(終了)または Report(レポート)ボタンを押します。Report(レポート)画面を終了
し、Diagnosis Mode(診断モード)画面に切り替わります。
5-102
第
6章
画像管理
‹‹Cine/Loop(シネ
/ ループ) ...................... 6-3
‹‹注釈 ................................................................... 6-7
Text(テキスト) ..................................................................6-7
Body Marker (ボディーマーク) ...............................6-11
Indicator (矢印) ...............................................................6-13
‹‹画像の保存と再生 .......................................6-15
画像の保存 .............................................................................6-15
画像の再生 .............................................................................6-16
‹‹画像の転送と印刷 .......................................6-17
画像の転送 .............................................................................6-17
画像の印刷 .............................................................................6-18
‹‹SONOVIEW.....................................................6-19
Exam モード ...........................................................................6-19
Compare モード....................................................................6-21
Exam 画像の管理 .................................................................6-22
第 6 章 画像管理
Cine/Loop(シネ/ループ)
スキャン中、画像は自動的に機械に保存されます。
診断モードに応じて Cine(シネ)タイプまたは Loop(ループ)タイプで記憶されます。
Cine(シネ):M モードとドプラモードを除くすべてのモードで記憶される画像です。
XX
Loop(ループ):M モードとドプラモードで記憶される画像です。
XX
[ 図 6.1 Cine / Loop(シネ / ループ)]
注記: シネ画像は、 Probe Change(プローブ変更)、Application Change(アプリケーショ
ン変更)、Preset Change(プリセット変更)の各機能をサポートしていません。
6-3
操作説明書
画像表示の開始と終了
スキャン中、コントロールパネルのFreeze(フリーズ)ボタンを押します。スキャンが停止
し、画像表示モード画面に切り替わります。
Freeze(フリーズ)ボタンを押すとスキャンモードに戻ります。
画像の表示方法
使用情報エリアの Cine(シネ)または Loop(ループ)バーにカーソルを移動し、画像を表
示します。トラックボールでカーソルを移動し、記憶している画像を検索することができま
す。記憶した画像の合計数と現在表示中の画像の番号が、バーの横に表示されます。
Cine/Loop(シネ/ループ)ソフトメニュー
画像の表示により、ソフトメニューが変わります。
注記: このマニュアルで言及されるソフトメニューは、Utility(ユーティリティ)>
Menu Edit(メニューの編集)のデフォルト設定で編集できます。
■■Cine Speed(シネ速度)
シネまたはループの自動再生速度を調整します。ソフトメニューのダイアルボタン[2]
を回し、10 ∼ 200% の範囲で速度を調整します。10% ずつ調整を行うことができます。
■■Cine Play(シネの再生)
ソフトメニューのダイアルボタン[2]を押すと、シネの再生または一時停止を行うこと
ができます。
■■Cine / Loop(シネ/ループ)
画像表示のシネバーとループバーを切り替えます。M モードやスペクトラムドプラモード
時など、シネとループの両方が利用できる場合にのみ使用できます。
ソフトメニューのダイアルボタン[3]を押し、Cine(シネ)または Loop(ループ)を選
択します。ボタンを押すと、使用情報エリアに選択したバータイプが表示されます。
ヒント !
6-4
シネ / ループの選択
シネ / ループの選択は、コントロールパネルの Change(チェンジ)ボタンを押して選
択することもできます。
第 6 章 画像管理
■■Trim First
シネまたはループの一部として保存する範囲の最初のフレームを設定できます。ソフトメ
ニューのダイアルボタン[4]を回すか、またはトラックボールを使用し、フレームの位
置を設定します。
■■Trim First Pos
ソフトメニューのダイアルボタン[4]を押すと、選択した位置が最初のフレームとして
保存されます。
■■Trim Last
シネまたはループの一部として保存する範囲の最後のフレームを設定できます。ソフトメ
ニューのダイアルボタン[5]を回すか、またはトラックボールを使用し、フレームの位
置を設定します。
■■Trim Last Pos
ソフトメニューのダイアルボタン[5]を押すと、選択した位置が最後のフレームとして
保存されます。
■■CINE Save(シネ保存)
ソフトメニューのダイアルボタン[6]を押すと、設定された範囲の画像が保存されます。
保存された画像は画面のサムネイルリストに表示され、スキャンモードまたは SONOVIEW
で再読み込みまたは再生できます。
■■Auto IMT(自動 IMT)
ソフトメニューのダイアルボタンを押すと、自動 IMT の計測を開始します。詳細について
は、第 5 章「計測と計算」の「頚動脈計測」を参照してください。
注記:
Auto IMT(自動 IMT)は、この製品のオプション機能です。
XX
Auto IMT(自動 IMT)は、次の条件で使用できます。
XX
−−プローブ:リニアプローブ
−−アプリケーション:Vascular(血管)
−−診断モード:2D, C or PD Mode
6-5
操作説明書
マルチ画像モードの画像プレビュー
アクティブエリアの画像のみ表示できます。別のエリアの画像を表示するには、キーボー
ドの 2 画面キーを使用してアクティブエリアを変更します。または、コントロールパネルの
Pointer(ポインター)ボタンを押し、アクティブにするエリア内にカーソルを置き、続いて
Set(セット)を押します。
6-6
第 6 章 画像管理
注釈
Text(テキスト)
画像上にテキストを入力することができます。
テキスト入力の開始
キーボードのテキストキーを押します。テキスト入力モードになります。
注記: Quick Text(クイックテキスト)機能がアクティブな状態でキーボード上の任意の
キーを押すと、テキスト入力モードに切り替わります。
[ 図 6.2 テキスト入力モード ]
6-7
操作説明書
テキストの入力と削除
■■テキストの入力
キーボードを使用します。トラックボールまたはキーボードの矢印キーを使用して、カー
ソルを移動します。
■■テキストの削除
コントロールパネルのClear(クリア)ボタンを押します。画面上に入力したテキストすべ
てを削除します。
テキスト入力モードのソフトメニュー
テキスト入力モードではソフトメニューが変化します。
■■Font Size(フォントサイズ)
フォントサイズを選択します。ソフトメニューのダイアルボタン[1]を回し、10 ∼ 30
の範囲でサイズを選択します。
■■Default size(デフォルトサイズ)
ソフトメニューのダイアルボタン[1]を押すと、フォントがデフォルトサイズ(11)に
リセットされます。
■■Home Position(ホームポジション)
テキスト入力モードにおけるデフォルトのカーソル位置です。ソフトメニューのダイアル
ボタン[2]を回すことにより、ホームポジションの Load(ロード)または Set(設定)
を選択できます。
■■Load / Set(ロード / 設定)
ソフトメニューのダイアルボタン[2]を押すことにより、Home Position(ホームポジシ
ョン)で選択している機能を実行できます。Load(ロード)を選択した状態でダイアルボ
タン[2]を押すと、デフォルト位置にカーソルが表示されます。Set(設定)を選択した
状態でダイアルボタン[2]を押すと、カーソルの新しいデフォルト位置を設定されます。
6-8
第 6 章 画像管理
■■Text(テキスト)
入力するテキストの選択に使用します。ソフトメニューのダイアルボタン[3]を回
し、Text 1(テキスト 1)∼ Text 10(テキスト 10)からオプションを選択します。Text 1(
テキスト 1)∼ Text 10(テキスト 10)の入力と編集は、Text Edit(テキスト編集)で行うこ
とができます。
■■Input(入力)
ソフトメニューのダイアルボタン[3]を押し、選択したテキストを入力します。
■■Edit(編集)
ソフトメニューのダイアルボタン[4]を押すと、Text Edit(テキスト編集)画面が表示さ
れます。テキストフィールド 1 ∼ 10 に新しいテキストを入力するか、または既存テキスト
を編集します。
OKを押して終了します。キャンセルするには、Cancel(キャンセル)を押します。
[ 図 6.3 Edit Text(テキスト編集)]
6-9
操作説明書
Autotext(自動入力機能)
略語を使用してテキストを自動入力することができます。自動入力機能を有効にした場合、
自動入力リストが画面上に表示されます。
[ 図 6.4 自動入力リスト ]
注記: 自動入力機能は、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> Annotate(注
釈)> Text Setup(テキスト設定)で有効または無効にします。詳細については、第 7
章「ユーティリティ」を参照してください。
テキスト入力モードの終了
ソフトメニューのダイアルボタン[6] またはキーボードのテキストキーをもう一度押しま
す。または、コントロールパネルのExit(終了)ボタンを押します。
6-10
第 6 章 画像管理
Body Marker (ボディーマーク)
画像上にボディマークを表示することができます。
[ 図 6.5 ボディマーク入力モード ]
ボディマーク入力モードの開始
キーボードのボディマークキーを押します。ボディマーク入力モードを使用でき、サムネイ
ルエリアにボディマークが表示されます。
注記: Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> General(一般)> Scan Mode(スキャン
モード)> Freeze Action(フリーズ)が BodyMarker(ボディマーク)に設定されている場
合、Freeze(フリーズ)ボタンを押すとボディマーク入力モードがアクティブになります。
6-11
操作説明書
ボディマークの挿入
1. ボディマークキーを押すと、サムネイルエリアにボディマークリストが表示されます。
XX
サムネイルエリアに表示されるボディマークリストは、選択されているアプリケーショ
ンによって異なります。
XX
一度に最大 5 個のボディマークを画面に表示します。6 つ以上のボディマークが登録さ
れている場合、ページの移動はボディマークキーを繰り返し押すか、ソフトメニューの
ダイアルボタン[1]を回します。
2. 使用するボディマークに対応する、ソフトメニューのダイアルボタンを押します。ボディ
マークが画像に挿入されます。
3. ボディマークのプローブカーソルの位置と角度を調整します。
XX
プローブカーソルの位置決定:コントロールパネルのトラックボールを使用します。
XX
プローブカーソルの角度調整:コントロールパネルのアングルダイアルボタンを使用し
ます。ソフトメニューのダイアルボタン[6]を回し、15 ∼ 45° の範囲で選択します。
4. 選択の終了後、コントロールパネルのSet(セット)ボタンを押します。キャンセルする
には、コントロールパネルのExit(終了)ボタンまたはソフトメニューのダイアルボタン
[6]を押します。
ボディマークの位置変更
1. コントロールパネルのChange(チェンジ)ボタンを押します。
2. トラックボールを使用してボディマークを目的の位置に移動します。
3. Change(チェンジ)ボタンをもう一度押して新しい位置を確定します。
ボディマークの削除
コントロールパネルのClear(クリア)ボタンを押します。
ボディマーク入力モードの終了
ソフトメニューのダイアルボタン[6] Exit(終了)を押します。または、コントロールパ
ネルのExit(終了)ボタンを押します。
6-12
第 6 章 画像管理
Indicator (矢印)
Indicator (矢印)を画像上に表示します。インジケータは最大 50 個まで入力できます。
[ 図 6.6 インジケータ入力モード ]
インジケータ入力モードの開始
キーボードのインジケータキーを押します。インジケータ入力モードを使用できます。
インジケータの入力
1. キーボードのインジケータキーを押すと、画面にインジケータが表示されます。
2. トラックボールを操作してインジケータを移動します。
3. コントロールパネルのアングルダイアルを使用し、インジケータの方向を調整します。
4. 終了するにはSet(セット)ボタンを押します。キャンセルするには終了を押します。
6-13
操作説明書
インジケータの削除
コントロールパネルのClear(クリア)ボタンを押すと、画面に入力したすべてのインジケー
タが消去されます。最後に入力したインジケータを削除するには、ソフトメニューのダイア
ルボタン[1] Erase Last Indicator(最後のインジケータの消去)を押します。
6-14
第 6 章 画像管理
画像の保存と再生
画像の保存
警告: 画像は患者 ID で管理されるため、患者 ID は必ず入力する必要があります。患者 ID
を入力しない場合、以前に保存した画像が失われたり、エラーが発生することがありま
す。
保存された画像はサムネイルエリアに表示されます。保存された画像は、SONOVIEW を使用し
て編集および管理できます。
静止画像の保存
コントロールパネルのSave(画像保存)ボタンを押します。
マルチフレーム画像の保存
注記: 2 画面モードでは、アクティブエリアの Cine(シネ)のみが保存されます。
マルチフレーム画像は、現在の状態 Freeze(フリーズ)または Live(ライブ)に応じて次の 2
つの方法で保存されます。
■■Freeze(フリーズ)状態
トラックボールまたはソフトメニューのダイアルボタン[6] Cine Save(シネ保存)を使
用し、保存する画像の範囲を設定します。詳細は、この章の「Cine/Loop(シネ/ループ)
」を参照してください。
■■ライブモード
コントロールパネルのUser1(ユーザー1)またはFoot Switch(フットスイッチ)のStore
Clip(クリップの保存使用して、保存します。
6-15
操作説明書
ヒント !
クリップ保存の設定
クリップ保存の設定を変更するには、Utility ( ユーティリティ ) > Setup ( 設定 ) > General
( 一般 ) > Store Clip Setting ( クリップ保存の設定 ) の順に選択します。
Store Clip ( クリップの保存 ) 機能を設定するには、Utility ( ユーティリティ ) > Setup ( 設
定 ) > User Defined Key ( ユ ー ザ ー 定 義 キ ー ) > User Key Setup ( ユ ー ザ ー キ ー 設 定 ) >
User Key ( ユーザーキー ) > User 1 ( ユーザー 1) または Utility ( ユーティリティ ) > Setup
( 設定 ) > User Defined Key ( ユーザー定義キー ) > Foot Switch ( 足スイッチ ) に移動します。
詳細については、第 7 章「ユーティリティ」を参照してください。
画像の再生
保存した画像は SONOVIEW または診断モードで再生できます。
SONOVIEW での画像の表示
注記: この章の「SONOVIEW」を参照してください。
診断モードでの画像の表示
コントロールパネルのPointer(ポインター)ボタンを使用します。この機能は、サムネイル
リストに画像が保存されている場合にのみ使用できます。
1. Pointer(ポインター)ボタンを押すと、画面にカーソルが現れます。
2. サムネイルリストから、表示する画像を選択します。選択した画像は画像エリアに表示
されます。
2 画面モードでは、場所を指定することによって画像を表示できます。3D 画像の場合は、3D
ビューが読み込まれます。
6-16
第 6 章 画像管理
画像の転送と印刷
画像の転送
本製品では、DICOM をサポートしている PACS システムに画像を転送できます。保存されてい
るすべての画像を自動的に転送することができます。また、目的の画像を選択して手動で転送
することもできます。DICOM サーバーの設定と DICOM 操作については、第 7 章「ユーティリテ
ィ」の「DICOM」を参照してください。
診断モードでの画像の転送
本製品では画像を自動的に転送できます。画像は、保管サーバーの転送方法を使用して転送
されます。
ヒント !
DICOM 設定
DICOM サーバーを設定するには、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> DICOM
の順に選択します。詳細については、第 7 章「ユーティリティ」を参照してください。
SONOVIEW からの画像の転送
本製品では画像を手動で転送することができます。次の 2 つの方法を使用できます。
■■Exam の送信
Exam のすべての画像を送信します。
1. Exam List(検査一覧)から Exam を選択します。
2. 画面下の Send(送信)ボタンを押します。選択した Exam のすべての画像が送信されま
す。
■■選択した画像の送信
転送する Exam 画像を選択します。
1. SONOVIEW 画面で Exam を検索します。
2. 画像を選択します。
6-17
操作説明書
3. 画面下部にある Send Image to DICOM Storage(画像を DICOM 保存に送信)アイコン
を押します。選択した画像が送信されます。
画像の印刷
Print 1(プリント 1) または Print 2(プリント 2) ボタンを押します。画像はエコープリンタ
ーで印刷されます。プリンターの設定については、第 7 章「ユーティリティ」を参照してくだ
さい。
6-18
第 6 章 画像管理
SONOVIEW
SONOVIEW は、MySono U6 の統合版画像管理プログラムです。このプログラムは、画像の保
存、参照、削除、通常のコンピューターとデータ交換を行う場合の互換性などを提供します。
本製品で使用される画像ファイルのタイプは、国際基準仕様の DICOM(Digital Imaging and
Communication in Medicine)に基づいています。これにより、追加コストなしで PACS(Picture
Archiving Communication System)を実施することが可能になり、他の病院や装置と画像ファイ
ルを容易に交換できます。
また、標準の PC で一般に使用される .bmp 形式もサポートしているため、画像データを簡単に
交換できます。
SONOVIEW の開始
キーボードの SONOVIEW キーを押します。SONOVIEW(ソノビュー)画面に切り替わります。
検査中に利用できる保存画像がある場合に SONOVIEW を起動すると、その情報と保存画像が
表示されます。
警告: 画像の保存または SONOVIEW の使用前に、患者情報が登録されていることを確認
してください。
診断情報はすべて、それぞれの患者 ID に基づいて保存され管理されます。患者 ID を入
力しないで画像保存を行うと、以前に保存した画像が失われたり、エラーが発生するこ
とがあります。
Exam モード
画面の左上隅の Exam(検査)を押します。ボタンが黄色で表示されます。
検査モードで、現在の Exam や保存されている Exam を表示します。
6-19
操作説明書
検査モード画面
画面左側のツリーに、各患者 ID の検査が日付ごとに表示されます。( )内の数字は保存され
ている画像数を表します。Exam の表示と非表示を切り替えるには、トラックボールとSet(
セット)ボタンを使用して目的の ID を選択します。
画像のスクロール
前または次のページの画像が画面に表示されます。ソフトメニューのダイアルボタン[2]
Image Scroll(画像のスクロール)またはExt. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用し
ます。ダイアルボタンを左に回すと前ページの画像が表示され、右に回すと次のページの画
像が表示されます。
ただし、保存した検査の数が設定したレイアウトで 1 ページで表示される画像数より少ない
場合、このボタンを使用できません。
Exam の選択
トラックボールとSet(セット)ボタンを使用して、画面左側のリストから目的の Exam を選
択します。選択した Exam はリストで黄色で表示されます。保存された画像も画面に表示さ
れます。
[ 図 6.7 検査モード ]
6-20
第 6 章 画像管理
Compare モード
画面の左上の Compare(比較)を押します。ボタンが黄色で表示されます。
比較モードは、検査中に画像を比較するために使用します。
[ 図 6.8 比較モード
比較モード画面
検査モードと同様に、画面上に各 ID の Exam が表示され、選択した Exam の画像がサムネイ
ル形式で表示されます。
サムネイルのスクロール
前または次のページの画像がサムネイルリストに表示されます。
ソフトメニューのダイアルボタン[3] Thumb Scroll(サムネイルのスクロール)を使用し
ます。ダイアルボタンを左に回すと前ページのサムネイルリストが表示されます。ダイアル
ボタンを右に回すと次ページのサムネイルリストが表示されます。
6-21
操作説明書
画像の選択
トラックボールとSet(セット)ボタンを使用して、サムネイルリストから画像を選択しま
す。選択した画像がリスト内で黄色で強調表示されます。選択した画像を表示する場所を画
面上で選択すると、画像が表示されます。
Exam 画像の管理
画面上のアイコンまたはソフトメニューのダイアルボタンを使用します。
Current Exam(現在の検査)の表示
画面上の Current Exam(現在の検査)を押します。現在の Exam とその画像が画面に表示さ
れます。
最新 Exam の表示
画面上の Continue Exam(検査継続)を押します。過去 24 時間以内に行われた検査とその画
像が表示されます。各検査の初回の日付(Exam Resumed(検査再開))もフィードバックエ
リアに表示されます。
読み込まれた Exam 画面では、計測と、テキスト、ボディマーク、インジケータ(矢印)の
入力を行うことができます。
■■画像エリアでの表示
検査用に保存された画像は、画面右側のサムネイルエリアに表示されます。画像を表示す
るには、サムネイルエリアに表示する画像をダブルクリックします。
XX
サムネイルエリア内の次または前のページに移動するには、サムネイルエリアの下にあ
る矢印ボタンを使用します。
保存した画像情報は、フィードバックエリアに表示されます。
注記: 画像エリアにはスキャンデータのみを表示できます。
■■Continue Exam(検査継続)の終了
コントロールパネルのEnd Exam(患者更新)ボタンを押します。
6-22
第 6 章 画像管理
Exam 表示の終了
画面上の Close(閉じる)を押します。一覧のすべての Exam を閉じるには、Close All(すべ
て閉じる)ボタンを押します。
Layouts(レイアウト)
画面に表示される画像の数を調整できます。ソフトメニューのダイアルボタン[1]
Layout(レイアウト)または画面上のボタンを使用します。最大 16 個の画像(4 × 4)を一
度に比較できます。
レイアウトセクションに示される数字は、画面に表示される画像の行と列を示します。レイ
アウトセクションに表示する数字を変更して、さまざまなレイアウトを構成できます。
全画面表示
画像の上にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを 2 回押すと、画像が全画面で表示されます。
複数の画像の選択
トラックボールとSet(セット)ボタンを使用して画像を選択します。選択した画像が黄色の
枠で表示されます。
すべての画像の選択
画面の Select All Images(すべての画像を選択)アイコン
べての保存画像が選択され、黄色の枠で表示されます。
を押します。現在の Exam のす
すべての画像の選択解除
画面の Deselect All Images(すべての画像の選択を外す)アイコン
画像の選択が解除され、黄色の枠が消えます。
を押します。すべての
Post Processing(後処理)
画像の左下にある
ボタンを押すと、後処理メニューが表示されます。このメニューを使
用して診断用に画像を調整できます。後処理の結果は画像には保存されません。
6-23
操作説明書
注記: シネ画像は、2 × 2 以下のレイアウトで再生できます。
3D 画像の表示
保存された画像が 3D の場合、画像の下部に 3D を示すマーク( )が表示されます。3D を
押すと、3D View(3D ビュー)画面が表示され、画像を表示できます。
Cine(シネ)の表示
保存された画像がシネの場合、画像の下部に再生および検索用のスクロールバーが表示され
ます。スクロールバーを使用して、再生、一時停止、停止、または順方向/逆方向検索が可能
です。
[ 図 6.9 シネスクロールバー ]
注記: シネ画像は、2 × 2 以下のレイアウトで再生できます。
6-24
第 6 章 画像管理
Exam の検索
1. 画面の Exam Search(検査検索)
示されます。
アイコンを押します。Exam List(検査一覧)画面が表
2. Exam を選択して Review(レビュー)を押します。表示された SONOVIEW ウィンドウで、
選択した Exam を確認します。
Distance(距離計測)
画面の Distance Caliper(距離計測)アイコン
ます。計測結果は保存されません。
を押します。画像の 2 点間の距離を計測し
1. 画像にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押します。画像が元のサイズに戻ります。
2. 距離を計測します。計測方法は、第 5 章「計測と計算」に記載されている方法と同様です。
3. もう一度アイコンを押して終了します。
円周と面積の計測
画面の Ellipse Caliper(楕円計測)アイコン
す。計測結果は保存されません。
を押します。画像内の円周と面積を計測しま
1. 画像にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押します。画像が元のサイズに戻ります。
2. 円周と面積を計測します。計測方法は、第 5 章「計測と計算」に記載されている方法と
同様です。
3. もう一度計測アイコンを押します。
6-25
操作説明書
テキストの入力
画面の Text Annotation(テキスト入力)アイコン
できます。
を押します。画像上にテキストを入力
1. 画像にカーソルを置き、Set(セット)ボタンを押します。画像が元のサイズに戻ります。
2. 目的のエリアにカーソルを置いてテキストを入力します。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[4] Color(カラー):フォントカラーを変更します。
XX
ソフトメニューのダイアルボタン[5] Size(サイズ):フォントサイズを変更します。
3. Set(セット)ボタンを押してテキストを確定します。テキスト入力モードを終了する
には、アイコンをもう一度押します。
画像の印刷
1. 画面の Print Image(画像印刷)アイコン
ンドウが表示されます。
を押します。Image Print(画像印刷)ウィ
2. Setup(設定)オプションと Comment(コメント)オプションを設定します。
3. Print(印刷)ボタンを押して、画像を印刷します。キャンセルするには、Close(閉じ
る)を押します。
[ 図 6.10 画像の印刷 ]
6-26
第 6 章 画像管理
DICOM を経由した画像の転送
本製品では、選択した画像を DICOM を経由して転送できます。このアイコンは、画像が選択
されている場合にのみ有効になります。DICOM が無効の場合は、アイコンも無効です。
1. 画像の選択後、画面の Send Image to DICOM Storage(画像を DICOM 保存に送信)アイ
コン
を押します。DICOM Storage(DICOM 保管)ウィンドウが表示されます。
2. Transfer(転送)ボタンを押して、選択した画像を DICOM サーバーに転送します。キャ
ンセルするには、Close(閉じる)を押します。
[ 図 6.11 DICOM 保管 ]
DICOM を経由した印刷
DICOM を経由して、選択した画像を印刷できます。このアイコンは、画像が選択されている
場合にのみ有効になります。DICOM が無効の場合は、アイコンも無効です。
1. 画像の選択後、画面の Send Image to DICOM Print(画像を DICOM 印刷に送信)アイコ
ン
を押します。DICOM Printer(DICOM プリンター)ウィンドウが表示されます。
2. Transfer(転送)ボタンを押して、選択した画像を DICOM サーバーに転送して印刷しま
す。キャンセルするには、Close(閉じる)を押します。
[ 図 6.12 DICOM プリンター ]
6-27
操作説明書
画像の転送
注記: File Name(ファイル名)または Directories(ディレクトリ)の入力をしない場合、
画像の転送を行うことはできません。
1. 画面の Export Image(画像エクスポート)アイコン
クスポート)ウィンドウが表示されます。
を押します。Image Export(画像エ
2. Directories(ディレクトリ)、Drive(ドライブ)、File Name(ファイル名)、File Format
(ファイル形式)など、パラメータを設定します。
3. Export(エクスポート)ボタンを押して、転送を開始します。キャンセルするに
は、Close(閉じる)を押します。
[ 図 6.13 画像エクスポート ]
電子メールの送信
1. Send E-mail(電子メールの送信)アイコン
ドウが表示されます。
を押します。E-mail(電子メール)ウィン
2. 送信者、受信者など、パラメータを設定します。
3. サムネイルリストから添付する画像を確認し、本文を入力します。
4. Send(送信)ボタンを押して、選択した画像を転送します。キャンセルするに
は、Close(閉じる)を押します。
6-28
第 6 章 画像管理
ヒント !
メールサーバーが正常に動作しているにもかかわらず電子メールを転送できない場合
は、以下を確認してください。
LAN ケーブルが正常に接続されているか。
XX
Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> Miscellaneous(その他)の設定で電子メー
XX
ルが設定されているか。
対象のメールサーバーの ICMP(ping)ステータスが開いているかどうか、ICMP(ping)
XX
が閉じていると、電子メール機能が正常に機能しないことがあります。
[ 図 6.14 電子メール ]
画像の削除
画面の Delete Image(画像削除)アイコン
を押します。選択した画像を削除するに
は、OK を押します。現在診断中の患者の画像は削除できません。
Storage Manager(ストレージマネージャー)
画面の Device(デバイス)アイコン
を押します。Storage Manager(ストレージマネージ
ャー)ウィンドウが表示されます。ストレージマネージャーに関する詳細は、第 7 章「ユー
ティリティ」を参照してください。
SONOVIEW の終了
画面の Exit(終了)アイコン
を押します。あるいは、キーボードの SONOVIEW ボタンま
たはコントロールパネルのExit(終了)ボタンを押して、SONOVIEW を終了します。
6-29
7章
第
ユーティリティ
‹‹ユーティリティ ............................................. 7-3
‹‹Biopsy(バイオプシー) ............................ 7-5
‹‹Histogram(ヒストグラム) ..................... 7-7
‹‹Post Curve(ポストカーブ) ..................... 7-9
Monitor Calibration
( モニターキャリブレーション).................................7-9
Gamma(ガンマ) .............................................................7-12
2D Post(2D ポスト) .......................................................7-12
Color Map(カラーマップ)..........................................7-14
D Post(ドプラポスト)..................................................7-15
M Post(M ポスト) ...........................................................7-15
‹‹Preset(プリセット) ................................7-16
General(一般)...................................................................7-17
Display(表示)....................................................................7-20
Annotate(注釈) ...............................................................7-24
Peripherals(周辺機器) ..................................................7-29
User Defined Key(ユーザー定義キー) ..................7-31
Miscellaneous(その他).................................................7-33
Option(オプション) .....................................................7-35
DICOM........................................................................................7-37
AutoCalc(自動計算 ...........................................................7-54
About(バージョン情報) .............................................7-55
7章
第
‹‹計測の設定 ....................................................7-56
General(一般)...................................................................7-57
OB(産科) ............................................................................7-66
Cardiac(心臓) ...................................................................7-74
Vascular(血管)..................................................................7-76
Urology(泌尿器科) ........................................................7-78
Fetal Heart(胎児心臓) ..................................................7-80
‹‹Storage Manager
( ストレージマネージャー) ...................7-82
‹‹Menu Edit(メニューの編集) ................7-84
第7章 ユーティリティ
ユーティリティ
キーボードのUtility(ユーティリティ)キーを押します。ユーティリティメニューと関連ソフ
トメニューが画面に表示されます。これらのメニューでは、機械の設定や、バイオプシーおよ
びヒストグラム機能を実行することができます。
ユーティリティメニュー
コントロールパネルの Ext.Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、使用するオプ
ションを選択します。
[ 図 7.1 ユーティリティメニュー ]
ユーティリティソフトメニュー
アプリケーションまたはプリセットの変更時に使用します。
[ 図 7.2 ユーティリティソフトメニュー ]
■■Applications(アプリケーション)
現在のプローブでサポートされるアプリケーションのリストを表示します。ソフトメニュ
ーのダイアルボタン [1]を回し、使用するアプリケーションを選択します。
■■App. Load(アプリケーションの読み込み)
ソフトメニューのダイアルボタン [1]を押し、選択したアプリケーションを読み込みます。
■■Presets(プリセット)
現在のアプリケーションがサポートするプリセットを表示します。ソフトメニューのダイ
アルボタン [2]を回して、プリセットを選択します。
7-3
操作説明書
■■Usersets(ユーザーセット)
現在のアプリケーションがサポートするユーザーセットを表示します。ダイアルボタン [
3]を回して、Usersets(ユーザーセット)を選択します。
■■Pre. Load(プリセットの読み込み)
ソフトメニューのダイアルボタン [3]を押すと、選択したユーザーセットがシステムに適
用されます。
■■Save(保存)
Usersets が Defult(デフォルト)の場合には、Save(保存)ボタンは表示されませ
ん。Defult 以外を選択します。ソフトメニューのダイアルボタン [4]を押して、現在の設
定を保存します。
■■Rename(名前の変更)
ソフトメニューのダイアルボタン [5]を押すと、Name(名前)ウィンドウが表示されます。
このウィンドウを使用して、現在の Userset(ユーザーセット)の名前を変更できます。
7-4
第7章 ユーティリティ
Biopsy(バイオプシー)
ユーティリティメニューで Biopsy(バイオプシー)を選択します。
注記: フェイズドアレイプローブでは、バイオプシーオプションは使用できません。
バイオプシーガイドラインの編集
バイオプシーオプションを使用する前に、 必ずバイオプシーガイドラインを設定してください。
注記:
バイオプシーガイドラインは、リニアプローブで Trapezoidal(トラペゾイド)を使用
XX
している間は編集できません。
システムを再起動すると、バイオプシーガイドラインの設定は Defult(デフォルト)
XX
に戻ります。
1. ソフトメニューのダイアルボタン [2]を押します。警告メッセージが表示されます。
2. OK を選択して、ガイドライン設定画面を表示します。
3. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、バイオプシーガイドラインを設定し
ます。
4. ソフトメニューのダイアルボタン [3] Save(保存)を押して設定を保存します。確認メッ
セージが表示されます。
XX
再設定する場合は、ソフトメニューのダイアルボタン [2] Edit(編集)を押します。
5. OK を選択して、新しいバイオプシーガイドラインを適用します。保存をキャンセルする
には、Cancel(キャンセル)を押します。
7-5
操作説明書
バイオプシーの開始と終了
注記: バイオプシー機能を使用する前に、バイオプシーガイドラインを調整してください。
1. ソフトメニューのダイアルボタン [1] Biopsy On/Off(バイオプシーオン/オフ)を押しま
す。警告メッセージが表示されます。
2. OK を押すと、バイオプシーガイドラインが画面に表示されます。
XX
画面に表示されたガイドラインが正しくない場合は、ソフトメニューのダイアルボタン
[2]を押して変更します。
3. ガイドラインに沿ってニードルを挿入します。必要に応じてバイオプシーを実行します。
4. バイオプシーの終了後、ソフトメニューのダイアルボタン [1] Biopsy On/Off(バイオプシ
ーオン/オフ)を再度押します。バイオプシーが終了します。
[ 図 7.3 Biopsy(バイオプシー)]
7-6
第7章 ユーティリティ
Histogram(ヒストグラム)
ヒストグラムは、エコーの分布を表すグラフです。
1. ユーティリティメニューで Histogram(ヒストグラム)を選択します。
2. ヒストグラムが表示するエリアを設定します。トラックボールと Set(セット)ボタンを
使用し、エリアを選択します。
3. ヒストグラムが画面の左側に表示されます。
[ 図 7.4 Histogram(ヒストグラム)]
7-7
操作説明書
ヒストグラム設定
ヒストグラムの位置、および使用するヒストグラムのタイプを設定します。
■■Move Hist.(移動履歴)
ソフトメニューのダイアルボタン [1]を押して、トラックボールでヒストグラムの位置を
変更します。Set(セット)を押して、ヒストグラムを新しい位置に設定します。
■■Histogram Type(ヒストグラムタイプ)
ソフトメニューのダイアルボタン [6]を回して、ヒストグラムタイプを選択しま
す。Ellipse(楕円)または Rectangle(長方形)から選択します。
7-8
第7章 ユーティリティ
Post Curve(ポストカーブ)
ユーティリティメニューで Post Curve(ポストカーブ)を選択します。ポストマップとガンマ
値を設定できます。
[ 図 7.5 Post Curve(ポストカーブ)]
Monitor Calibration(モニターキャリブレーション)
ポストカーブメニューで Monitor Calibration(モニターキャリブレーション)を選択し、関連
項目を選択します。
Brightness(明るさ)
画面の明るさの調整に使用します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、
0∼ 100 の値を設定します。選択した値は、画面に表示されている画像にのみ適用されます。
Contrast(コントラスト)
画面のコントラストの調整に使用します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用
して、0∼ 100 の値を設定します。選択した値は、画面に表示されている画像にのみ適用さ
れます。
7-9
操作説明書
Default(デフォルト)
Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを押して、設定を Type 1(タイプ1)にリセット
します。
Edit(編集)
ユーザータイプ RGB 曲線の調整に使用します。
注記:
Curve(曲線)が User1(ユーザー1)∼ User3(ユーザー3)に設定されている場合に
のみアクティブになります。
このオプションを選択すると、ソフトメニューの表示が変わります。
■■Picker Pos(取り出し位置)
曲線上に点を指定するのに使用します。ソフトメニューのダイアルボタン [1]を回して、
点の位置を変更します。点は黄色で表示されます。
■■Insert(挿入)
ソフトメニューのダイアルボタン [2]を押すと、現在の点と次の点の間に新しい点が挿入
されます。
■■Delete(削除)
ソフトメニューのダイアルボタン [3]を押すと、選択した点が削除されます。
■■Save(保存)
ソフトメニューのダイアルボタン [4]を押すと、現在の RGB 曲線が保存されます。
■■Color(カラー)
曲線を選択します。ソフトメニューのダイアルボタン [5]を回して、Red(赤色)
、Green(緑色)、Blue(青色)から選択します。
■■Exit(終了)
ソフトメニューのダイアルボタン [6]を押すと、現在の作業が確定し、編集画面が終了し
ます。
7-10
第7章 ユーティリティ
Curve(曲線)
曲線のタイプを設定します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、曲線を
Type1(タイプ1)∼ Type5(タイプ5)または User1(ユーザー1)∼ User3(ユーザー3)に
設定します。メニューの Edit(編集)オプションを使用し、ユーザータイプの曲線を編集で
きます。
[ 図 7.6 Monitor Calibration(モニターキャリブレーション)]
7-11
操作説明書
Gamma(ガンマ)
ポストカーブメニューで Gamma(ガンマ)を選択します。
Ext.Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、明るさとコントラストのレベルを調整
します。Off、Weak、Medium、Hard。Weak を選択すると画面が明るくなり、Hard を選択す
ると暗くなります。
2D Post(2D ポスト)
ポストカーブメニューで 2D Post(2D ポスト)を選択します。
[ 図 7.7 2D Post(2D ポスト)]
Post Curve(ポストカーブ)
ポストカーブを選択します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、1∼9
から選択します。
Chroma Map(クロママップ)
Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、クロママップをオンまたはオフにし
ます。オンにすると、画面に表示される画像の色をユーザーの好みに合わせて変更できます。
Chroma Map(クロママップ)
クロママップの設定に使用します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用し
て、Type1(タイプ1)∼ Type13(タイプ 13)または User1(ユーザー1)∼ User3(ユーザ
ー3)から選択します。ユーザータイプを選択すると、2D ポストメニューの Chroma Edit(ク
ロマの編集)オプションが有効になります。
7-12
第7章 ユーティリティ
Chroma Edit(クロマの編集)
Chroma Color(クロマカラー)のカスタマイズに使用します。
カラーを調整するには、ソフトメニューのダイアルボタン [2]、[3]、[4]を使用します。
0∼ 255 の値を選択できます。
Return(リターン)
現在の PostMap(ポストマップ)設定の終了後、現在から、1つ前のメニューに戻ります。
7-13
操作説明書
Color Map(カラーマップ)
ポストカーブメニューで Color Map(カラーマップ)を選択します。
[ 図 7.8 Color Map(カラーマップ)]
Color Map(カラーマップ)
Color Map(カラーマップ)のタイプを選択します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボ
タンを使用して、0∼ -15 の値を設定します。
Tag(タグ)
Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを押して、この機能をオンまたはオフにします。
オンにすると、画面に表示される画像の特定部分(タグ)の色をユーザーの好みに合わせて
変更できます。
Tag Pos(タグ位置)
タグの位置変更に使用します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、
0∼ 248 の値で設定します。Tag Pos(タグ位置)は Tag Width(タグ幅)に影響します。
Tag Width(タグ幅)
タグの幅指定に使用します。Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを使用して、
8∼ 256 の値で設定します。Tag Width(タグ幅)は Tag Pos(タグ位置)に影響します。
7-14
第7章 ユーティリティ
D Post(ドプラポスト)
ポストカーブメニューで D Post(ドプラポストを選択します。設定オプションは 2D Post(2D
ポスト)と同様です。
[ 図 7.9 D Post(ドプラポスト)]
M Post(M ポスト)
ポストカーブメニューで M Post(M ポスト)を選択します。設定オプションは 2D Post(2D ポ
スト)と同様です。
[ 図 7.10 M Post(M ポスト)]
7-15
操作説明書
Preset(プリセット)
システム設定を行います。画像出力には影響を与えません。ユーザーの使用方法により、設定
を変更することができます。
1. Utility(ユーティリティ)メニューで Setup(設定)を選択します。
2. Setup(設定)画面が表示されます。設定を行う項目のタブを選択します。
ヒント !
タブの選択
以下の2つの方法で選択します。
Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンを回してタブを選択します。
XX
トラックボールと Set(セット)ボタンを使用してタブを選択します。
XX
3. 項目別に設定します。
4. 設定の終了後、Exit(終了)を押します。
7-16
第7章 ユーティリティ
General(一般)
Setup(設定)画面で General(一般)タブを選択します。このタブでは、一般的なシステム設
定を行うことができます。
[ 図 7.11 Setup(設定)- General(一般)]
Scan Mode(スキャンモード)
■■Simultaneous Mode(同時モード)
以下の3つのオプションで、スペクトラムドプラモードの同時モードを有効にする設定を
行います。
Off(オフ):同時モードを使用しない場合、このオプションを選択します。
XX
Allow B/PW(B/PW の許可):2D/PW モードで使用する場合に選択します。
XX
Allow B/C/PW(B/C/PW の許可):2D/PW と 2D/C/PW の両方で同時モードを使用する場
XX
合に選択します。
■■Freeze Action(フリーズ)
コントロールパネルの Freeze(フリーズ)ボタンを押したときに実行される機能を選択し
ます。オプションは None(なし)、BodyMarker(ボディマーク)、Caliper(距離計測)
、Measure(計測)から選択します。
7-17
操作説明書
■■End Exam Action(患者更新機能)
コントロールパネルの End Exam(患者更新)ボタンの設定を行います。
End Exam Only(患者更新のみ):End Exam(患者更新)ボタンを押すと、検査を終了
XX
します。
End Exam + Patient(患者更新 + ID 入力):End Exam(患者更新)ボタンを押す
XX
と、Patient Information(患者情報)画面に切り替わります。
■■Dual Operation(2画面操作)
Dual(2画面)モードでアクティブにするかどうかを選択します。Auto Unfreeze(自動フ
リーズ解除)を選択すると、選択した画面は常に Dual(2画面)モードでアクティブにな
ります。
■■2D/C Live(2D/C ライブ)
2D/C Live(2D/C ライブ)モードでカラードプラモードの位置を設定します。
Left(左):カラードプラモードを左に設定します。
XX
Right(右):カラードプラモードを右に設定します。
XX
■■Option(オプション)
スキャンモードで使用するオプションを指定するのに使用します。トラックボールおよび Set
(セット)ボタンを使用して項目を選択し、チェックボックスをオンまたはオフにします。
Auto Freeze(自動フリーズ):10 分間使用しない場合、自動的にフリーズします。
XX
注記: 4D モードでは、20 分間使用しない場合、自動的にフリーズします。
HPRF(高パルス繰り返し周波数):PW スペクトラムドプラモードでサポートされてい
XX
る HPRF(高パルス繰り返し周波数)をアクティブにするよう選択します。HPRF 機能を
使用するには、チェックボックスをオンにします。
Color Map Auto invert(カラーマップの自動反転):カラーマップを自動的に強調表示
XX
するには、チェックボックスをオンにします。これは、2D/C/D モード、C モード、PD
モードの DPDI モードでSteer(ステア)を変更する場合に適用されます。
Width Rescale(スケール幅の変更):2D 画像の深度調整時に画面サイズに合わせて画
XX
像サイズを自動的に変更します。この機能は、リニアプローブでのみ使用できます。
7-18
第7章 ユーティリティ
Store Clip Setting(クリップ保存の設定)
■■Store Clip Method(クリップ方法の保存)
画像の取得および保存の方法と範囲を設定します。
ECG Beat(心電図心拍)、Time(時間)、Manual(手動)を選択できます。ECG Beat(心
電図心拍)は ECG(心電図)がオンのときにのみ選択できます。
ECG Beat(心電図心拍):心拍を1 ∼8の範囲で指定します。
XX
Time(時間):時間を1∼4秒に指定します。
XX
Manual(手動):Save(画像保存)ボタンを押してから4秒間の画像を自動的に保存
XX
します。
■■Cine Loop Period(シネループ期間)
Prospective:スキャン中にコントロールパネルの Save(画像保存)ボタンを押すと、
XX
操作後の画像が保存されます。
Retrospective:スキャン中にコントロールパネルの Save(画像保存)ボタンを押すと、
XX
操作前の画像が保存されます。
注記: Foot switch(フットスイッチ)の Store Clip(クリップの保存)機能を設定する
には、Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> User Defined Key(ユーザー定義キ
ー)> Foot Switch(フットスイッチ)から設定します。
7-19
操作説明書
Display(表示)
Setup(設定)画面の Display(表示)タブを選択し、関連オプションを設定します。
Display(表示)
■■Option(オプション)
画面に表示する項目を選択します。トラックボールおよび Set(セット)ボタンを使用し
て項目を選択し、チェックボックスをオンまたはオフにします。
Name + Age(名前 + 年齢):患者 ID の下に、名前と年齢を表示するかを選択します。
XX
Name + Birthday(名前 + 誕生日):患者 ID の下に、名前と誕生日を表示するかを選択
XX
します。
TGC Line(TGC ライン):TGC ラインを表示するかを設定します。TGC Line(TGC ライ
XX
ン)をオフにすると、TGC Line(TGC ライン)の設定時に TGC Line が表示され、3秒後
に消えます。
Image Info(画像情報):画像情報の表示と非表示を切り替えます。画像情報が必要で
XX
はない場合、このオプションを無効にして画像情報を非表示にします。
TI Display(温熱指数表示):画面に表示する温熱指数を TIs(軟組織温熱指数)、TIb(骨
XX
温熱指数)、TIc(頭蓋骨温熱指数)から設定します。
■■Doppler Axis(ドプラ軸)
スペクトラムドプラモードのスケール単位を設定します。
Velocity(速度):ドプラ軸のスケール単位を cm/s(m/s)にします。
XX
Frequency(周波数):ドプラ軸のスケール単位を kHz にします。
XX
■■LMP / GA / EDD Display(LMP / GA / EDD 表示)
Patient Information(患者情報)画面で入力した LMP、GA、EDD をモニター画面に表示する
方法を設定します。LMP、GA、EDD から2つ選択します。
Information Bar(Replace ID)(情報バー(置換ID)):タイトルエリアの ID を置き換え
XX
ます。
Information Bar(Replace Name)(情報バー(置換名)):タイトルエリアに患者名を
XX
表示します。
7-20
第7章 ユーティリティ
Information Bar(Replace App.)(情報バー(アプリケーション交換)):タイトルエリ
XX
アにアプリケーションを表示します。
Measure Result(計測結果):LMP、GA、EDD と共に計測結果を表示します。
XX
None(なし):オプションは画面に表示されません。
XX
Font(フォント)
■■Font(フォント)
フォントを設定する対象を指定します。Document Font(ドキュメントフォント)と
Measure Result Font(計測結果フォント)から選択します。
■■Font Name(フォント名)
使用するフォントの種類を選択します。
■■Font Size(フォントサイズ)
使用するフォントサイズを選択します。
■■Font Color(フォントカラー)
使用するフォントカラーを選択します。
■■Preview(プレビュー)
選択したフォントをプレビューできます。
■■Default(デフォルト)
システムのデフォルトフォントを使用します。デフォルト設定は以下の通りです。
ドキュメントフォント
計測結果フォント
Font Name
(フォント名)
Helvetica
Verdana
Font Size
(フォントサイズ)
11
11
Font Color
(フォントカラー)
白
黄
注記: 特定のフォントが画面に正しく表示されない場合があります。
7-21
操作説明書
Title(タイトル)
画面のタイトルエリアに表示する情報を指定できます。
■■Institute(機関)
設置する病院/施設の名称を入力します。
注記: 次の特殊文字は入力できません。# [
: ? | ₩
■■Date(日付)
現在の日付が表示されます。日付を変更するには、
を押します。
注記:
患者 ID が登録されている場合、日付と時刻は変更できません。日付と時刻を変更す
XX
るには、コントロールパネルの End Exam(患者更新)ボタンを押して現在の検査を
終了してください。
年度は 2006 ∼ 2027 から選択できます。
XX
ヒント !
日付と時刻の設定方法
1. Date(日付)(または Time(時刻))フィールドの隣にある
を押します。
2. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、日付と時刻を設定します。
3. 設定後、Apply(適用)を押して変更を適用します。OK を押して Date and Time(日
付と時刻)ウィンドウを閉じます。キャンセルするには、Cancel(キャンセル)ま
たは Exit(終了)ボタンを押します。
[ 図 7.12 Date & Time(日付と時刻)]
7-22
第7章 ユーティリティ
■■Date Format(日付形式)
日付形式の設定に使用します。コンボボタンを使用して形式を選択します。指定する日付
形式は、Patient Information(患者情報)のデータフィールドに適用されます。
■■Time(時刻)
現在の時刻が表示されます。
■■Time Format(時間形式)
時間形式を指定します。コンボボタンを使用して形式を選択します。
[ 図 7.13 Setup(設定)- Display(ディスプレイ)]
7-23
操作説明書
Annotate(注釈)
Setup(設定)画面で Annotate(注釈)タブを選択します。表示に関連するオプションを指定し
ます。
[ 図 7.14 Setup(設定)– Annotation(注釈)]
BodyMarker(ボディマーク)
■■Size(サイズ)
ボディマークのサイズを設定します。Small(小)、Medium(中)、Large(大)から選
択します。
■■Option(オプション)
BodyMarker Auto Active(ボディマーク自動開始):アクティブな画像エリアの変更時に
XX
ボディマークモードを自動的にアクティブにするかを選択します。
7-24
第7章 ユーティリティ
■■BodyMarker Edit(ボディーマークの編集)
1
2
[ 図 7.15 Bodymarker Edit(ボディーマークの編集)]
1 ボディマークリスト:リストの内容は、Group(グループ)で選択したグループに応じ
て変わります。現在のページ/合計ページ数がリストの下に表示されます。合計ページ
数が2ページ以上の場合、 または  を使用して次のページに移動できます。
2 現在使用中のプローブまたはプリセットのボディマークリスト:現在のページ/合計ペ
ージ数がリストの下に表示されます。合計ページ数が2ページ以上の場合、 または
 を使用して次のページに移動できます。
注記: 各リストに1∼ 100 件のボディマークを追加または保存できます。
XX
ボディマークの追加
左側のリスト(1)のボディマークを選択して Set(セット)ボタンをダブルクリック
します。選択したボディマークが右側のリスト(2)に追加されます。右のリスト内
のボディマークを重複させることはできません。重複した場合には、警告メッセージが
表示されます。
XX
ボディーマークの削除
右側のリスト(2)のボディマークを選択して Set(セット)ボタンをダブルクリック
します。
7-25
操作説明書
Saving and Canceling the BodyMarker list
XX
Save(保存)を押して、リストを保存します。キャンセルするには、Close(閉じる)
を押します。
XX
ボディマークリストのリセット
Reset(リセット)を押します。システムのデフォルト設定に戻ります。
Text Setup(テキスト設定)
テキスト入力関連オプションの設定に使用します。
■■Quick Text(クイックテキスト)
チェックボックスをオンにすると、クイックテキスト機能が有効になります。クイックテ
キストが有効の場合、キーボード上の任意のキーを押すと、直ちにテキスト入力モードが
アクティブになります。
注記:
Quick Text(クイックテキスト)チェックボックスは、システムのデフォルト設定で
XX
はオンになっています。
クイックテキストが無効の場合は、キーボード上の Text(テキスト)ボタンを押すと、
XX
テキスト入力モードがアクティブになります。
■■Auto Text Erase(テキスト自動消去)
このチェックボックスをオンにすると、Freeze(フリーズ)ボタンを押してスキャンモー
ドに戻るときに、入力したすべてのテキストが一度に削除されます。
■■Boot up Caps Lock on(起動時のキャップスロックオン)
このチェックボックスをオンにすると、起動時のキャップスロックがオンになります。テ
キストは大文字で入力されることになります。
■■Autotext(自動入力機能)
略語を入力すると、自動的にフルワードが取得されて入力されます。このオプションを選
択すると、テキストを素早く簡単に入力できます。例えば、「AC」と入力すると、該当す
る用語がシステムから自動的に検索され、画面に「Abdominal Circumference」と表示され
ます。
自動入力機能を有効にするには、トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して
7-26
第7章 ユーティリティ
Autotext(自動入力機能)チェックボックスをオンにします。有効にしない場合は、チェ
ックボックスをオフにします。
このオプションを選択すると、テキストの入力時に略語リストが画面に表示されます。
[ 図 7.16 略語リスト ]
システムには、この機能のための略語リストが登録されています。必要に応じて、新しい
略語の追加や既存の略語の編集を行うことができます。
ヒント !
略語リストの編集
システムに保存された略語リストを有効にするには、Autotext Edit(自動入力機能編集)
ボタンを押します。Autotext Edit(自動入力機能編集)画面に切り替わります。
変更を保存して編集を終了するには、Close(閉じる)ボタンを押します。
単語の変更
XX
1. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、リストから変更する単語を選択
します。選択した略語と単語が、画面下部の Abbreviation(略語)フィールドと Full
Word(フルワード)フィールドに表示されます。
2. Abbreviation(略語)フィールドと Full Word(フルワード)フィールドの単語を変
更します。略語リストはリアルタイムで更新されます。
単語の追加
XX
1. New(新規)ボタンを押します。
2. 画面の下部の Abbreviation(略語)フィールドと Full Word(フルワード)フィール
ドに追加する単語を入力します。入力した単語が略語リストに追加されます。
単語の削除
XX
1. トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、リストから削除する単語を選択
します。選択した略語と単語が、画面下部の Abbreviation(略語)フィールドと Full
Word(フルワード)フィールドに表示されます。
2. Delete(削除)ボタンを押します。次の警告メッセージが表示されます。
3. 選択した単語を削除するには、OK を押します。選択した単語が略語リストから削除
されます。キャンセルするには、Cancel(キャンセル)を押します。
単語の入力遅延時間の設定
XX
略語を自動的にフルワードに変換して画面に表示するためにシステムが使用する時間を
指定します。画面下部の Autotext Delay Time(動入力機能 遅延時間)フィールドで、0.1
∼5秒の範囲で入力遅延時間を設定します。
7-27
操作説明書
[ 図 7.17 Autotext Edit(自動入力機能 編集)]
■■Clear Annotation(注釈のクリア)
このチェックボックスをオンにすると、モード変更時に入力した注釈を削除します。
7-28
第7章 ユーティリティ
Peripherals(周辺機器)
Setup(設定)画面で Peripherals(周辺機器)タブを選択します。キー、ボタン、周辺機器の設
定をします。
Print Setup(印刷設定)
■■Printer Orientation(プリンター方向)
注記: このオプションは、ロール紙を使用するエコープリンターでのみ使用できます。
エコープリンターのタイプとページ方向を設定します。
Printer Settings(プリンター設定):コンボボタンで使用するプリンターを選択します。
XX
Portrait(縦):印刷時にページの長い方が縦になります。
XX
Landscape(横):印刷時にページの長い方が横になります。
XX
■■Print Key(印刷キー)
コントロールパネルの Print1(プリント1)ボタンおよびPrint2(プリント2)ボタンに
プリンターを割り当てます。
■■Measure Report Print(計測レポートの印刷)
A4/Letter フォーマットで計測レポートを印刷する際に、チェックボックスをオンにします。
■■Local Printing Area(ローカル印刷領域)
印刷範囲を設定します。
Full Screen(1024 * 768)(フル画面):モニターの全画面(1024 × 768)を印刷します。
XX
Image Only(画像のみ):画像エリアのみを印刷します。
XX
■■Printing Image Adjustment(印刷画像の調整)
印刷画像を調整します。画像タイプを選択し、Gamma(ガンマ)、Brightness(明るさ)、
Contrast(コントラスト)を調整します。
7-29
操作説明書
注記: 一部のデジタルプリンターでサポートされています。
[ 図 7.18 Setup(設定)- Peripherals(周辺機器)]
7-30
第7章 ユーティリティ
User Defined Key(ユーザー定義キー)
Setup(設定)画面の User Defined Key(ユーザー定義キー)タブを選択します。キーとボタン
の機能を設定します。
Set/Exit Key Setup(セット/終了キーの設定)
■■Set/Exit Key Switch(セット/終了キーの切り替え)
トラックボールの左右にあるボタンの機能を設定します。
Exit/Set(終了/セット):左のボタンに Exit(終了)、右のボタンに Set(セット)を設
XX
定します。
Set/Exit(セット/終了):左のボタンに Set(セット)、右のボタンに Exit(終了)を設
XX
定します。
Foot Switch(フットスイッチ)
フットスイッチの左右のペダルの機能を設定します。設定可能な機能を以下に示しま
す。Freeze(フリーズ)、Update(更新)、Print1(プリント1)、Print2(プリント2)、
Save(保存)、Store Clip(クリップの保存)、Volume Start(体積開始)。
User Key Setup(ユーザーキー設定)
■■User Key(ユーザーキー)
キーボードの User(ユーザー)ボタンの機能を設定します。設定可能な機能を以下に示
します。None(なし)、Update(更新)、EFW Measure(EFW 計測)、EFW Result(EFW
計測結果)、BPD、HC、AC、FL、APTD、TTD、FTA、GS、CRL、TDI、Probe Change(プロ
ーブ切換)、Application Change(アプリケーション変更)、Simultaneous(同時)、2D/C
Live(2D/C ライブ)、Biopsy(バイオプシー)、Change Window(画面切換)。
Measure Key Setup(計測キー設定)
■■Measure Key Setup(計測キー設定)
キーボードのファンクションキーに計測機能を設定します。設定可能な機能を以下に示し
ます。HC、AC、FL、APTD、TTD、FTA、GS、CRL、BPD。
7-31
操作説明書
[ 図 7.19 Setup(設定)– User Defined Key(ユーザー定義キー)]
7-32
第7章 ユーティリティ
Miscellaneous(その他)
Setup(設定)画面で Miscellaneous(その他)タブを選択します。E-mail(電子メール)、
Text(テキスト)、Network Status(ネットワーク状況)などを設定します。
[ 図 7.20 Setup(設定)- Miscellaneous(その他)]
E-mail(電子メール)
Enter the details of the server that this product should use to send/receive e-mails.
■■Mail (SMTP) Server(メール(SMTP)サーバー)
電子メールサーバーを設定します。
■■Port No.(ポート番号)
ポート番号を入力します。
■■ID
電子メールサーバーの接続 ID を設定します。
■■Password(パスワード)
電子メールサーバーの接続パスワードを設定します。
7-33
操作説明書
Buzzer Control(ブザー制御)
ボタンまたはダイアルボタンの使用時に、ブザー音を鳴らします。
■■Buzzer Sound(ブザー音
On(オン)または Off(オフ)に設定します。オンに設定すると、ボタンまたはダイアル
ボタンの使用時にブザー音が鳴ります。
Control(コントロール)
■■Trackball Speed for Scan Mode(スキャンモードのトラックボールスピード)
スキャンモードでのトラックボールの速度を設定します。Slow(遅い)、Normal(普通)、
Fast(速い)から選択します。
■■Trackball Speed for Measurement(計測時のトラックボール速度)
計測時のトラックボールの速度を設定します。Slow(遅い)、Normal(普通)、Fast(速
い)から選択します。速度を遅くすると、計測精度がよくなります。
Export Image Compensation(画像補正のエクスポート)
DICOM サービスを利用するため、画像の Post Curve(ポストカーブ)を設定しま
す。Compensation(補正)ボタンを押し、Compensation(補正)ウィンドウを表示します。
オプションごとにスライダーを使用して Gamma(ガンマ)、Brightness(明るさ)
、Contrast(コントラスト)を調整します。Default(デフォルト)を押すと、システムのデ
フォルト設定に戻ります。
ヒント !
補正
画像の Post Curve(ポストカーブ)を調整すると、元の画像と近似した画像を、他のモ
ニターで表示することができます。
[ 図 7.21 Compensation(補正)]
7-34
第7章 ユーティリティ
Option(オプション)
Setup(設定)画面の Option(オプション)タブを選択します。Sets or releases the use of the
optional software or hardware.
[ 図 7.22 Setup(設定)- Options(オプション)]
* 実際のオプションとは異なる場合があります。
Options(オプション)
オプションのソフトウェアのリストが表示されます。
注記: オプションのソフトウェアの購入を希望される場合、Samsung Medison までご連
絡ください。
■■Option(オプション)
製品にインストール可能なオプションのソフトウェアの種類を示します。
■■Status(ステータス)
オプションソフトウェアの現在のステータスを表示します。
Not Installed:ハードウェアは接続されていません。
XX
7-35
操作説明書
Unregistered:ソフトウェアライセンスは登録されていません。
XX
Installed:ハードウェアはインストールされていますが、利用できません。
XX
Permanent:ハードウェアまたはソフトウェアを無期限で利用できます。
XX
Restricted:ハードウェアまたはソフトウェアは特定の期間のみ利用できます。
XX
Expired:指定された使用期間が過ぎたため、ソフトウェアは使用できません。
XX
■■HW Configuration(ハードウェア設定)
オプションのハードウェアのリストが表示されます。現在、ECG(心電図)のみがサポー
トされています。
使用するハードウェアの項目をチェックボックスで選択します。システムを再起動し、設
定を完了します。
7-36
第7章 ユーティリティ
DICOM
Setup(設定)画面で DICOM タブを選択します。DICOM(Digital Imaging and Communication in
Medicine)動作とサーバーを設定します。
注記:
DICOM は、この製品のオプション機能です。
XX
詳細については、サーバーのユーザーマニュアルまたは DICOM 適合宣言を参照して
XX
ください。
[ 図 7.23 Setup(設定)- DICOM]
DICOM Configuration(DICOM 設定)
システムの DICOM サーバーに関する情報が表示されます。
情報の変更、サーバーの追加・削除をすることができます。The server information is used to
identify DICOM for the system within a network. サーバー情報は、他の DICOM サーバーにデータ
を転送する際にも使用します。
注記: IP Address(IP アドレス)、AE Title(AE タイトル)、Port No.(ポート番号)の設
定については、所属する組織のネットワーク管理者にお尋ねください。
7-37
操作説明書
■■AE Title(AE タイトル)
DICOM AE(Application Entity)の名前を入力します。DICOM を使用する装置をネットワー
クで識別します(例:US1、US2 など)。
■■Station Name(ステーション名)
システムの名前を入力します。AE タイトルとともに、DICOM ネットワークにあるシステ
ムを識別するために一般に使用されます(例:Q31、Q32 など)。
■■Port No.(ポート番号)
使用するサーバーのポート番号を入力します。
DICOM Send Format(DICOM 送信形式)
DICOM サービスを使用する 2D またはカラーモードの画像の保存形式を指定します。コンボ
ボタンを使用して Color(カラー)または Gray(グレー)を選択します。Gray(グレー)を
選択すると、画像はグレースケール形式で保存されます。
注記: 画像の保存時に DICOM Send Format(DICOM 送信形式)の設定が適用されます。例え
ば、Gray(グレー)に設定すると、画像はグレースケール画像で保存されます。
DICOM Compression(DICOM 圧縮)
DICOM サービスの静止画像を圧縮するかを選択します。コンボボタンを使用し
て Uncompressed(未圧縮)、JPEG Baseline(JPEG ベースライン)を選択しま
す。Uncompressed(未圧縮)は、画像を圧縮しないで保存します。
注記: 画像の保存時に、DICOM Compression(DICOM 圧縮)設定が適用されます。JPEG
Baseline(JPEG ベースライン)は、画像の保存時に圧縮します。
Store SR at End of Exam(Exam 終了時に SR を保存)
Exam の終了時に SR を保存するか選択します。チェックボックスをオンにすると、Exam の終了
時に SR が自動的に保存されます。チェックボックスをオフにした場合は、保存されません。
7-38
第7章 ユーティリティ
DICOM サービスの追加
画面上の Add(追加)を押します。追加する DICOM サービスを入力する画面が表示され
ます。サービスの追加後、Save(保存)を押して情報を保存します。キャンセルするに
は、Cancel(キャンセル)を押します。
■■Services(サービス)
DICOM で使用するサービスの種類を選択します。サポートしている DICOM サーバーは、St
orage、Print、Worklist、PPS、SC、Storage SR です。
■■Alias
DICOM サーバーの名前を入力します。
■■AE Title(AE タイトル)
DICOM サーバーの AE タイトルを入力します。オプションの設定前に、ネットワーク管理
者に相談してください。
■■Transfer Mode(転送モード)
転送方法を選択します。
Batch(バッチ):End Exam(患者更新)キーを押すと、保存されているすべての画像
XX
が送信されます。
Send As You Go(随時送信):Save(保存)ボタンを押すと画像が送信されます。
XX
Manual(手動):Exam List(Exam 一覧)または SONOVIEW で選択した画像を送信しま
XX
す。
■■Connect Timeout(接続タイムアウト)
設定された時間内に応答がないと、接続がタイムアウトします。You can specify this time
period in seconds.
■■IP Address(IP アドレス)
使用しているサーバーの IP アドレスを入力します。オプションの設定前にネットワーク管
理者に相談してください。
■■Port No.(ポート番号)
使用するサーバーのポート番号を入力します。オプションの設定前にネットワーク管理者
に相談してください。
7-39
操作説明書
■■Retry Interval(リトライ間隔)
転送が失敗した場合に再試行するまでの待機時間を設定します。時間は秒単位で設定でき
ます。
■■Maximum Retries(最大リトライ数)
転送が失敗した場合に再試行を繰り返す回数を設定します。
7-40
第7章 ユーティリティ
保管サーバーの情報
Service(サービス)で STORAGE(保管)を選択します。DICOM を使用して画像保管サービス
を設定します。
[ 図 7.24 DICOM Configuration(DICOM 設定)- Storage(保管)]
■■Storage Options(保管オプション)
Send Cine Loops(シネループの送信):Cine Loop(シネループ)を送信します。
XX
Include Pixel Spacing(ピクセル間隔を含む):超音波検査で使用するエリア情報と、CT
XX
または放射線で使用するエリア情報を含めます。超音波検査のエリア情報をサポートし
ない PACS システムで計測できます。
注記: 2D と 2D C(カラー)モード画像のみがサポートされています。Dual(2画面)お
よび Quad(4画面)では、画像の深度を同一にする必要があります。
Include 3D Volume(3D ボリュームを含む):3D 画像と 3D ボリュームデータを送信し
XX
ます。
注記: このオプションは、Samsung Medison で使用される 3D ボリュームデータ形式をサ
ポートしている保管サービスを使用する場合にのみ選択してください。
7-41
操作説明書
■■VOI LUT Setup(VOI LUT 設定)
VOI LUT を設定します。保存時に DICOM 画像の明るさとコントラストを調整します。保存
した画像は、DICOM VOI LUT をサポートする PACS システムで表示できます。
Window Center:DICOM タグ(0028, 1050)の設定値を入力します。設定値は、保管サー
XX
ビスで表示する画像の明るさを示します。値を 128 以上に設定すると、画像が暗くなり
ます。この機能は、保管サービスでサポートされている場合に使用できます。
Window Width:DICOM タグ(0028, 1051)の設定値を入力します。設定値は、保管サー
XX
ビスで表示する画像のコントラストを示します。256 を基準に、値が大きくなるとコン
トラストは低くなります。この機能は、保管サービスでサポートされている場合に使用
できます。
7-42
第7章 ユーティリティ
印刷サーバーの情報
Service(サービス)で PRINT(印刷)を選択します。DICOM を使用して印刷サービスを設定し
ます。
注記:
DICOM ネットワークに接続するプリンターを設定します。
XX
プリンターによっては、次に示す一部の機能が使用できない場合があります。Before
XX
configuring a printer, please refer to the printer s user manual, or the DICOM Conformance
Statement.
■■Color(カラー)
カラーの使用の設定をします。Grayscale(グレースケール)または RGB を選択します。
■■Format(フォーマット)
用紙のレイアウトを設定します。1×1、1×2、2×2、2×3、3×3、3×4、
3×5、4×4、4×5、4×6から選択します。
■■Orientation(方向)
用紙の向きを設定します。Landscape(横)または Portrait(縦を選択します。
■■Magnification(拡大)
When resizing an image to print, specify the interpolation. Replicate、Bilinear、Cubic、None
を選択します。
■■Border Density(境界の濃さ)
印刷する画像境界の色を設定します。Black(黒)または White(白)を選択します。
■■Empty Density(背景の濃さ)
印刷する画像の背景色を設定します。Black(黒)または White(白)を選択します。
■■Min Density(最小密度)
印刷する画像の最小明るさを設定します。このオプションを設定しない場合、デフォルト
値が適用されます。
■■Max Density(最大密度)
印刷する画像の最大明るさを設定します。このオプションを設定しない場合、デフォルト
値が適用されます。
7-43
操作説明書
■■Medium Type(媒体タイプ)
印刷に使用する媒体のタイプを設定します。Paper(紙)、Clear Film、Blue Film、Mammo
Clear Film、Mammo Blue Film から選択します。
■■Film Size(フィルムサイズ)
用紙のサイズを設定します。8インチ × 10 インチ、5インチ × 11 インチ、10 インチ ×
12 インチ、10 インチ × 14 インチ、11 インチ × 14 インチ、11 インチ × 17 インチ、14 イ
ンチ × 14 インチ、14 インチ × 17 インチ、24cm × 24cm、24cm × 30cm、A4、A3 から選
択します。
■■Destination(出力先)
用紙の出力先を設定します。Magazine または Processor を選択します。
■■Smoothing Type(補整タイプ)
このオプションは、Magnification(拡大)を CUBIC に設定している場合にのみ使用できま
す。DICOM 適合宣言で指定されているプリンターの値を入力します。
■■Priority(優先度)
印刷コマンドの優先度を設定します。High(高)、Med(中)、Low(低)から選択します。
■■Copies(コピー)
部数を1∼ 99 の数値で入力します。
■■Configuration Information(設定情報)
プリンターの情報を入力します。プリンターの値の詳細は、プリンターの DICOM 適合宣言
を参照してください。
7-44
第7章 ユーティリティ
[ 図 7.25 DICOM Configuration(DICOM 設定)- Print(印刷)]
7-45
操作説明書
ワークリストサーバーの情報
Service(サービス)で WORKLIST(ワークリスト)を選択します。DICOM を使用してモダリテ
ィワークリストサービスを設定します。
■■Show Worklist
first when the patient screen opens(患者画面が開いたときにワ
ークリストを最初に表示する)
このチェックボックスをオンにすると、コントロールパネルの Patient ID(ID 入力)ボタ
ンを押したときに Worklist(ワークリスト)ウィンドウが表示されます。チェックボックス
をオフにした場合は、Study Information(調査情報)ウィンドウが表示されます。
■■Update Method(更新方法)
ワークリストの更新方法を設定します。
Only on User Request:ユーザーが要求した場合にのみ更新します。
XX
ヒント !
ワークリストを更新するには、Patient Information(患者情報)画面の Search(検索)タ
ブで、Worklist for Search Source(検索ソースのワークリスト)を選択し、Search(検索)
を押します。
On Startup and Every:システムの起動時、および設定された間隔で定期的にワークリス
XX
トを更新します。
■■Scheduled Station AE Title(予定ステーション AE タイトル)
病院内のワークリストサーバーから取得する AE タイトルの範囲を設定します。
Any(任意):サーバー内のすべての AE タイトルの下に保存されている患者リストを
XX
取得します。
This System(このシステム):DICOM タブで指定された AE タイトルの患者リストを取
XX
得します。
Another(その他):ユーザーが指定した AE タイトルの下に保存されている患者リスト
XX
を取得します。
注記: このオプションはワークリストサーバーが有効な場合のみ利用可能です。
7-46
第7章 ユーティリティ
■■Start Date(開始日)
検索する日付範囲を指定します。
Today:現在の日付の患者リストを取得します。
XX
Range:現在の日付の「n」日前から「n」日後までの患者リストを取得します。
XX
Past Week:現在の日付から7日前までの患者リストを取得します。
XX
Past Month:現在の日付から1か月前までの患者リストを取得します。
XX
Custom Date:特定の日付を指定して、その日の患者リストを取得します。
XX
[ 図 7.26 DICOM Configuration(DICOM 設定)- Worklist(ワークリスト)]
7-47
操作説明書
PPS サーバー情報
Service(サービス)で PPS(Performed Procedure Step)を選択します。DICOM を使用してモダ
リティ PPS サービスを設定します。
設定オプションは保管サーバーと同じです。
■■Always complete exams(常に診察を完了する)
このチェックボックスをオンにすると、検査が常に完了した状態で報告されます。このチ
ェックボックスをオンにしないで Cancel(キャンセル)ボタンを押すと、キャンセルメッ
セージが RIS サーバーに送信されます。
[ 図 7.27 DICOM Configuration(DICOM 設定)- PPS]
SC サーバーの情報
Service(サービス)で SC(保存確認)を選択します。DICOM を使用して保存確認サービスを設
定します。保存確認サービスは、診断終了後すべての保存画像とレポートが転送された後に使
用します。
■■Associated Storage Server(関連保管サーバー)
接続する画像保管サーバーを選択します。
[ 図 7.28 DICOM Configuration(DICOM 設定)- SC(保存確認)]
7-48
第7章 ユーティリティ
Storage SR サーバーの情報
Services(サービス)で Storage SR を選択します。DICOM を使用してレポート保管サービスを
設定します。
設定オプションは保管サーバーと同じです。
[ 図 7.29 DICOM Configuration(DICOM 設定)- Storage SR(構造化レポートの保管)]
DICOM 情報の編集
画面でサービスを選択し、Edit(編集)を押します。選択したサービスに関する情報が表示
されます。
情報の変更後、Save(保存)を押して変更内容を保存します。キャンセルするに
は、Cancel(キャンセル)を押します。
DICOM サービスの削除
画面でサービスを選択し、Delete(削除)を押します。確認メッセージが表示されます。選
択したサービスを削除するには、OK を押します。キャンセルするには、Cancel(キャンセ
ル)を押します。
DICOM サーバーのテスト
画面でサービスを選択し Test(テスト)を押します。選択したサービスでの接続がテストさ
れ、その結果が Ping および Verify(検証)項目の下に表示されます。結果が Normal(正常)
であれば、接続が適切に機能しています。
7-49
操作説明書
DICOM の管理
画面で Queue を押して DICOM Job Status 画面に切り替えます。Job ID(ジョブ ID)や Patient
ID(患者 ID)などを使用して、現在のジョブステータスを表示できます。
DICOM Job Status(DICOM ジョブステータス)画面の要素を次に示します。
1
2
3
4
5
6
7
[ 図 7.30 DICOM Job Status(DICOM ジョブステータス)]
1 Job ID(ジョブ ID):ジョブ ID を表示します。
2 Patient ID(患者 ID):患者 ID を表示します。
3 Alias(エイリアス):DICOM Configuration(DICOM 設定)画面で設定したエイリアスセッ
トを表示します。
4 Type(タイプ):ジョブタイプを表示します。使用可能なジョブタイプ
は、Storage、Print、Storage SR、MPPS Start、MPPS End、および Storage CMT です。
5 Instances(インスタンス):インスタンス数を表示します。表示内容はジョブタイプ
により異なります。Storage と Print では画像数、 Storage SR では計測データ量になりま
す。MPPS Start では、常に0が表示されます。
6 Date/Time(日付/時刻):ジョブが作成された日付と時刻を表示します。
7-50
第7章 ユーティリティ
7 Status(ステータス):ジョブの現在のステータスを表示します。
ステータス
Fail
Transfer
Imperfect
Wait
Wait Resp
説明
ジョブは失敗しました。
ジョブを処理中です。
ジョブは処理中に中断されました。直ちに Ready(準備完了)状態に切り替わります。
ジョブは待機中です。
ジョブは応答の待機中です。
Hold
ジョブは再試行の待機中です。ジョブが失敗し、最大リトライ数に到達していない
場合に発生します。
Ready
ジョブは実行の待機中です。ネットワークが接続されていない場合に発生します。
Not Ready
Ready 状態に達していません。MPPS Start が完了する前に MPPS End になった場合に
発生します。この他、Storage または Print が完了していない場合にも発生します。
■■Network Status(ネットワーク状況)
Displays the network connection status. 接続時は「Connected」と表示されます。切断時は
「Disconnected」と表示されます。
■■Number of Jobs(ジョブ数)
DICOM Job Status 画面に示されているジョブの数を表示します。
■■Log(ログ)
DICOM Log ウィンドウを表示します。
■■Retry(リトライ)
選択したジョブを再実行します。選択したジョブのステータスが Fail(失敗)または Wait
Resp(応答待ち)の場合にのみ有効になります。
■■Retry All(すべてリトライ)
ステータスが Fail(失敗状態のすべてのジョブを再試行します。
7-51
操作説明書
■■Delete(削除)
選択したジョブを削除します。選択したジョブのステータスが Fail(失敗)、Imperfect(未
完了)、Wait Resp(応答待ち)、Not Ready(準備未完了)の場合にのみ有効になります。
■■Clear(クリア)
すべてのジョブを削除します。
DICOM Log(DICOM ログ)
DICOM Job Status(DICOM ジョブステータス)ウィンドウの Log(ログ)を押し、DICOM
Log(DICOM ログ)ウィンドウを表示します。このウィンドウを使用して、実行されたすべ
ての DICOM サービスの履歴を管理します。
■■Log Settings(ログ設定)
ログファイルの管理方法を指定します。
Delete archived log afterwards(アーカイブを後で削除する):ログファイルの保存期間
XX
を指定します。日数を入力します。ログファイルの作成後、指定した期間が経過すると
ファイルは削除されます。
Log File Maximum Size(最大ログファイルサイズ:記録されるログファイルの最大サイ
XX
ズを指定します。キロバイト数を入力します。指定したサイズより大きいログファイル
は記録されずに削除されます。
■■DICOM Log(DICOM ログ)
ログファイルリストとその情報を表示します。
Select All(すべて選択):すべてのログファイルを選択します。
XX
Delete Selected Files(選択したファイルを削除):選択したログファイルを削除します。
XX
Copy Selected Files(選択ファイルのコピー):選択したログファイルを外部記憶媒体に
XX
コピーします。
View Selected File(選択ファイルの表示):選択したログファイルの詳細を画面に表示
XX
します。
Refresh(更新):ログファイルの情報を更新します。
XX
7-52
第7章 ユーティリティ
[ 図 7.31 DICOM Log(DICOM ログ)]
7-53
操作説明書
AutoCalc(自動計算
Setup(設定)画面の AutoCalc(自動計算)タブを選択します。自動計測は、スペクトラムドプ
ラモードの計測値に基づいて、特定の計測を自動的に実行する機能です。
注記: スペクトラムドプラモードでソフトメニューの AutoCalc(自動計算)ボタンが使
用されている場合に、指定された項目が画面に表示されます。
[ 図 7.32 Setup(設定)– AutoCalc(自動計算)]
AutoCalc. Settings(自動計算設定)
チェックボックスを使用して自動計算の項目を選択します。最大6個の値を選択できます。
Peak Systolic Velocity(最大収縮期血流速度)と End Diastolic Velocity(拡張末期血流速度)
の値が0の場合、すべての結果が画面に表示されません。また、Timed Averaged Mean
Velocity(時間平均血流速度)の結果は Mean Trace がオンの場合にのみ表示されます。
7-54
第7章 ユーティリティ
About(バージョン情報)
Setup(設定)画面で About(バージョン情報)タブを選択します。システムのソフトウェアバ
ージョンが表示されます。
製品のバージョンに関する詳しい情報を表示するには、Detail(詳細)を押します。
ライセンス情報を表示するには、View(表示)を押します。
[ 図 7.33 Setup(設定)- Information(情報)]
*上
の図に示したソフトウェアバージョンは、実際のシステムのバージョンとは異なる場合があ
ります。
7-55
操作説明書
計測の設定
Utility(ユーティリティ)メニューで Measure Setup(計測設定)を選択します。計測に関する
各設定を行います。特定のニーズまたは好みにより、設定を変更することができます。
1. Utility(ユーティリティ)メニューで Measure Setup(計測設定)を選択します。
2. Measure Setup(計測設定)画面の表示後、設定する項目が含まれているタブを選択します。
3. 項目別に設定を指定します。
4. Close(閉じる)または Exit(終了)を押して終了します。
ヒント !
タブの選択
以下の2つの方法で選択します。ニーズに合った方法を選択します。
トラックボールと Set(セット)ボタンを使用してタブを選択します。
XX
Ext. Menu(拡張メニュー)ダイアルボタンまたは Page(ページ)を使用して、タブ
XX
を選択します。
7-56
第7章 ユーティリティ
General(一般)
Measure Setup(計測設定)画面で General(一般)タブを選択します。基本計測の設定を行います。
General(一般)
General(一般)タブで General(一般)サブタブを選択します。You can specify basic
measurement options.
[ 図 7.34 General(一般)- General(一般)]
Cursor & Method(カーソルと方法)
■■Line Marker Type(ラインマーカータイプ)
画面に表示される距離計測カーソルの形状を指定します。Cross Hair(十字)または Arrow
Head(矢先)から選択します。
■■Circ/Area Method(円周と面積の計測方法)
円周と面積を計測する方法を指定します。Ellipse(楕円)または Trace(トレース)から選
択します。
Caliper(距離計測)ボタンを押すと、デフォルト設定で立ち上がります。主に使用される
計測方法を設定すると、設定した方法で立ち上がります。そのため、最も一般的に使用す
る計測法を指定すると簡単に計測を開始できます。Ellipse(楕円)と Trace(トレース)の
詳細については、第5章「計測と計算」の「円周と面積の計測」を参照してください。
7-57
操作説明書
■■Apply Auto Resizing Line Marker(自動サイズ変更ラインマーカーの適用)
計測時に開始点と移動点の距離が 50 ピクセル以下の場合に、マーカーカーソルサイズを自
動的に縮小するかを選択します。
Line Type(線の種類)
距離計測を行う際に使用する、ラインパターンを以下の3つのオプションから選択します。
■■Dotted Line(点線)
点線で表示します。
■■Hidden Dotted Line(点線の非表示)
点線の始点と終点のみを表示します。
■■Hidden Dotted line after SET(セット後に点線の非表示)
計測中は点線を表示し、Set(セット)ボタンを押して線を確定すると非表示になります。
ヒント !
線の種類の選択
Hidden Dotted Line(点線の非表示)または Hidden Dotted Line after SET(セット後に
点線の非表示)を選択すると、計測ラインによる画像の干渉を防止できます。
Start Point of Measurement(計測の開始点)
カーソルが表示される位置を設定します。計測の開始点を設定します。
End Point of the Last(最後の終了点):最後の計測の終了点にカーソルを表示します。
XX
Start Point of the Last(最後の開始点):最後の計測の開始点にカーソルを表示します。
XX
Center of the Region(画像領域の中心):画像領域の中心にカーソルを表示します。
XX
7-58
第7章 ユーティリティ
Display(表示)
計測中に表示する項目を指定します。使用する項目のチェックボックスをオンにします。
■■Show Measured Value in Menu(メニューに計測値を表示)
計測メニューに計測値を表示するかを指定できます。
■■Guideline(ガイドライン)
Display the Doppler Guideline:(ドプラガイドラインの表示) ドプラ波形のフリーズ後
XX
に、各項目を計測する場合に、十字を表示するか設定します。概略値を予測するときに
使用します。
Display the M - Mode Guideline:(M モードガイドラインの表示) M モードのフリーズ
XX
後に各項目を計測する場合に、十字を表示するか設定します。概略値を予想するときに
使用します。
■■Clear Function on UnFreeze(フリーズ解除時のクリア機能)
Clear Measure 2D Mode Result On UnFreeze:(フリーズ解除と共に計測結果を消去 2D モ
XX
ードで計測後スキャンモードに切り替えた場合、画面の計測結果を消去します。
Clear Measure M/D Mode Result On UnFreeze:(フリーズ解除と共に計測結果を消去) M
XX
モードおよびドプラモードで計測後に、スキャンモードに切り替えた場合、画面の計測
結果を消去します。
■■Measurement Unit(計測単位)
計測単位を設定します。
Dist.(距離):距離、面積、体積の単位を cm または mm から選択します。
XX
Vel.(流速):速度の単位として、cm/s または m/s を選択します。
XX
注記: 計測単位を変更すると、現在までに計測された結果の値がすべて削除されます。
7-59
操作説明書
■■Measurement Results(計測結果)
Transparent BK color:背景を透明に設定します。
XX
Number of Result Displayed:(結果の表示数) 画面に表示する計測結果の行数を指定し
XX
ます。この設定は、産科、心臓、血管、泌尿器、胎児心臓の計測を除く、すべてのアプ
リケーションの基本的な計測結果に適用されます。
注記: 産科、心臓、血管、泌尿器、胎児心臓の Number of Measure Results Displayed(計測
結果の表示数)を設定するには、各アプリケーションの Setting(設定)タブを使用し
てください。
Calc Menu(計測メニュー)
General(一般)タブで Calc Menu(計測メニュー)サブタブを選択します。このタブでは、計
測メニューをカスタマイズできます。
注記:
最大4つの新しいメニュータブを作成できます。
XX
デフォルトのタブメニューを削除または変更することはできません。
XX
Calc Menu Designer(計測メニューデザイン)画面は次の項目で構成されています。
■■Select Calc Package(計測パッケージの選択)
ドロップダウンリストに計測パッケージが表示されます。編集する計測パッケージを選択
します。
■■Check Calc Tabs(計測タブの確認)
Select Calc Package(計測パッケージの選択)で選択した計測パッケージのメニュータブ
を表示します。
メニュータブを選択すると、オレンジ色の枠線が表示されます。
■■Calc Menu Preview(計測メニュープレビュー)
Check Calc(計測の確認)で選択したメニュータブで現在使用できる計測を表示します。
サブ計測項目を表示する場合は + を押します。
7-60
第7章 ユーティリティ
■■Available Menu List(使用可能なメニューリスト)
選択した計測パッケージでサポートされるすべての計測を表示します。サブ計測項目を表
示する場合は + を押します。
計測メニューは以下のように設定します。
1. Select Calc Package(計測パッケージの選択)でアプリケーションを選択します。
2. Check Calc Tabs(計測タブの確認)でメニュータブを選択します。選択したメニュータ
ブが黄色の枠線で囲まれます。選択したメニュータブの内容が Calc Menu Preview(計
測メニュープレビュー)に表示されます。
3. メニュータブを設定します。
XX
メニュータブの順序変更:メニュータブを選択し、リストの右側にある
タンを使用して順序を変更します。
および
ボ
XX
メニュータブの表示/非表示:使用するメニュータブのチェックボックスをオンにしま
す。少なくとも1つのメニュータブをオンにする必要があります。
XX
新規メニュータブ:選択したメニュータブのコピーを作成するには、Copy(コピー)を
押します。新しいメニュータブを作成するには、New(新規)を押します。
XX
メニュータブの名前変更:Rename(名前の変更)を押します。
XX
メニュータブの削除:Delete(削除)を押します。
Factory(出荷設定値):工場出荷時のデフォルト値に戻します。
XX
4. 計測項目を設定します。
XX
計測項目の順序変更:右側にある
および
ボタンを使用します。
XX
計測項目の追加:Available Menu List(使用可能なメニューリスト)から計測項目を選択
し、
を押します。
XX
計測項目の削除:項目を選択し、
ヒント !
を押します。
Available Menu List(使用可能なメニューリスト)で「+」記号を含む計測を選択すると、
その計測に属するすべてのサブ計測も選択されます。ただし、計測パッケージ全体を追
加することはできません。
7-61
操作説明書
[ 図 7.35 General(一般)- Calc Menu(計測メニュー)]
Report(レポート)
General(一般)タブで Report(レポート)サブタブを選択します。計測レポートおよび印刷
関連の項目を設定します。
[ 図 7.36 General(一般)- Report(レポート)]
Use SonoReport(SonoReport を使用する)
SonoReport が提供するレポートを使用します。このチェックボックスをオンにし、OB また
は GY 計測中にコントロールパネルの Report(レポート)ボタンを押すと、SonoReport 画面が
表示されます。
7-62
第7章 ユーティリティ
注記: この機能を使用するには、SonoReport により提供されるプログラムが必要になり
ます。詳細については、最寄りの Samsung Medison カスタマーサービスまでご連絡くだ
さい。
Report Header(レポートのヘッダー)
レポートのヘッダーオプションを設定します。複数の項目を設定できます。設定した項目は
すべて計測レポートに表示されます。
■■Hospital Info.(病院情報)
製品が設置されている病院に関する情報です。
■■Patient Info.
患者に関する情報です。
■■Others(その他)
他のコメントに関する情報です。
Measurement Result(計測結果)
■■Measurement Result Type(計測結果の種類)
レポートの計測値の計算方法を設定します。
Average(平均):最も新しい3回の計測値の平均値を表示します。
XX
Last(最後):最後に計測した値を表示します。
XX
Max(最大):最大の計測値を表示します。
XX
Min(最小):最小の計測値を表示します。
XX
OB / FH Header Layout(OB/FH ヘッダーレイアウト)
産科または胎児エコー計測レポートのヘッダーに表示する項目を設定します。複数の項目を
選択できます。
7-63
操作説明書
Data Transfer(データ転送)
General(一般)タブで Data Transfer(データ転送)サブタブを選択します。データの転送方法
を設定します。
[ 図 7.37 General(一般)– Data Transfer(データ転送)]
Serial Transfer(シリアル番号転送)
データを転送する形式を設定します。Text Format(テキスト形式)または XML
Format(XML 形式)を選択します。
この製品は RS-232C USB シリアルケーブルを使用してデータを転送します。Astraia、Sonoultra
や ViewPoint などのレポートツールを使用してデータを転送する場合は、XML 形式を選択して
ください。
User Table Backup and Restore(ユーザーテーブルのバックアップとリ
ストア)
ユーザーが作成したテーブルのバックアップ、または以前バックアップしたテーブルをシス
テムに復元する場合に使用します。BackUp(バックアップ)または Restore(リストア)を
使用し、オプションを設定します。
DICOM SR Format(DICOM SR 形式)
■■General Report(一般レポート):デフォルト形式です。
■■ViewPoint:ViewPoint データ形式です。
7-64
第7章 ユーティリティ
Caliper(距離計測)
General(一般)タブで Caliper(距離計測)サブタブを選択します。
Caliper(距離計測)ボタンを押して基本計測を実施する際に、基本計測値と共に追加情報の表
示を行うか設定します。このオプションを選択すると、追加情報も保存され計測結果と共に出
力されます。
Application(アプリケーション)を Cardiac(心臓)に設定すると、D Velocity(ドプラ速度)
、D A/B(ドプラ A/B)、および D Trace(ドプラトレース)項目が変わります。
注記: Cardiac(心臓)の設定は、プローブプリセットが Cardiac(心臓)または Pediatric
Cardiology(小児心臓)の場合に使用できます。
■■Display(表示)
2D、M、D モードで基本計測を実施する際に、計測結果の表示行数を設定します。
[ 図 7.38 General(一般)- Caliper(距離計測)]
7-65
操作説明書
OB(産科)
Measure Setup(計測設定)画面で OB(産科)タブを選択します。産科計測に関連する項目の設
定を行います。
General(一般)
OB(産科)タブで General(一般)サブタブを選択します。産科計測の基本的なオプションを
設定します。
[ 図 7.39 OB(産科)- General(一般)]
Percentile Information(百分率情報)
■■Show Percentile Information(百分率情報の表示)
百分率情報を使用する場合は、チェックボックスをオンにします。
■■Percentile Criteria(百分率基準)
百分率計算に使用する値を選択します。
GA by LMP(最終月経日による妊娠週数):妊娠週数は、母体 LMP(最終月経日)に基
XX
づいて計算されます。
Estab. Due Date(出産予定日):妊娠週数は、 Patient Information(患者情報)に入力さ
XX
れた Estab. Due Date(出産予定日)に基づいて計算されます。
7-66
第7章 ユーティリティ
AUA:妊娠週数は、複数の超音波計測値の平均値を使用して計算されます。
XX
■■Rank Information Method(ランク情報の表示方法)
成長範囲情報を表示する方法を設定します。成長範囲情報は、胎児の発育の観察に使用し
ます。
Standard Deviation(標準偏差):国際標準偏差を使用して胎児の発育を示します。胎児
XX
の発育は、標準的な発育を示す SD = 0 を基準にします。
Pctl.(百分率):百分率で胎児の発育を示します。胎児の発育は、標準的な発育を示す
XX
SD = 50 を基準にします。
Bar(Graph)(棒グラフ):百分率を棒グラフで表します。このオプションは産科レポ
XX
ートで使用できます。緑色は正常な発育範囲を示し、赤色は異常な発育範囲を示しま
す。
Fetal Weight Unit(胎児体重単位
胎児体重の計測単位を設定します。主要な単位と補助的な単位を選択して計測結果を表示で
きます。主要な単位は左側の Gram [g](グラム)または lb + oz(ポンド + オンス)から選択
します。補助的な単位は右側の項目から選択します。既に主要な単位として設定している単
位は使用できません。
「lb +oz(ポンド+オンス)」はポンドとオンスを組み合わせた単位で、「None(なし)」は
単位を使用しないことをしめします。
Clear Function on UnFreeze(フリーズ解除時のクリア機能)
この機能はアプリケーションが産科の場合にのみ適用されます。
■■Clear
Measure 2D Mode Result On Unfreeze(フリーズ解除時に 2D モード計測
結果をクリア)
UnFreeze(フリーズ解除)をしたときに 2D モード結果を削除するには、チェックボック
スをオンにします。
■■Clear Measure M/D Mode Result On UnFreeze(フリーズ解除時に M/D モード計
測結果をクリア)
計測後、UnFreeze(フリーズ解除)をしたときに M または D モード結果を削除するには、
チェックボックスをオンにします。
7-67
操作説明書
Number of Measure Results Displayed(計測結果の表示数)
■■Number of Results Displayed(結果の表示数)
画面に表示する産科計測結果の数を設定します。
OB Doppler Results(産科ドプラの結果)
ドプラモードで産科計測を行う場合に表示するドプラ計測の結果を表示する項目を設定しま
す。Use the check boxes to make your selections. ただし、PSV(収縮期最大血流速度)と EDV
(拡張末期最大血流速度)の選択は解除できません。
OB Measurement Result(産科計測結果)
■■Measurement Result Type(計測結果の種類)
計測結果の種類を設定するのに使用します。Avg.(平均値)、Last(最後の値)、Max.
(最大値)、Min.(最小値)から選択します。
7-68
第7章 ユーティリティ
Tables(テーブル)
OB(産科)タブで Tables(テーブル)サブタブを選択します。各計測項目で使用する基準テー
ブルや方式などの基準を設定します。
[ 図 7.40 OB(産科)- Tables(テーブル)]
■■Items(項目)
この設定は、妊娠週数(GA)と胎児の大きさ(Growth(成長))の計測に使用します。次
の順に項目を選択します。
1. Items の左側のリストから計測項目を選択します。
2. 1で選択した項目に対する GA Table(週数テーブル)と
3. Growth Table(成長テーブル)の基準タイプを選択します。
■■Fetal Weight(胎児体重)
この設定は胎児体重予測(EFW)の計測に使用します。次の順に項目を選択します。
XX
胎児体重の計測方法を EFW Equation(EFW 方程式)と EFW Growth(EFW 成長)から選
択します。
XX
下のリストから基準を選択します。
7-69
操作説明書
■■基準の追加
注記: テーブルの基準を追加する場合、以下の事に注意してください。また、入力が不
十分な場合、警告メッセージが表示され基準が保存されません。
少なくとも3種類のデータを入力します。
XX
最小値と最大値がない場合は、Table Type(テーブルタイプ)に Value Only(値のみ)
XX
を選択します。
1.
を押します。User Reference(ユーザー基準)ウィンドウが表示されます。
2. 新しい基準の名前と説明を Name(名前)と Description(説明)に入力します。
3. 基準のタイプを Table(テーブル)または Equation(方式)に設定します。
注記: 基準タイプとして、EFW Equation(EFW 式)には Equation(式)を、EFW
Growth(EFW 成長)には Table(テーブル)を設定できます。
4. OK を押し、次の手順に進みます。Editor(編集)画面が表示されます。キャンセルする
には、Cancel(キャンセル)を押します。
5. 基準を入力します。
6. 情報を保存するには、Save(保存)を押します。キャンセルするには、Cancel(キャン
セル)を押します。
7. OK を押して終了します。キャンセルするには、Cancel(キャンセル)を押します。
[ 図 7.41 User Reference(ユーザー基準)]
7-70
第7章 ユーティリティ
ヒント !
基準テーブルの追加
?マークボタンを押すと、基準のソースが表示されます。もう一度?マークのボタンを
押すと、ソースが再度非表示になります。
[ 図 7.42 ユーザーテーブル ]
Unit Information(ユニット情報)
Input(入力)、Output(出力)、SD(標準偏差)などの選択した基準の単位が表示されます。
Table type(テーブルタイプ)
選択した基準のテーブルタイプを選択します。Growth Table
(成長テーブル)の場合、SD(標
準偏差)が表示されます。
Range Type(範囲タイプ):選択した基準の最小値と最大値を設定し、テーブルに表
XX
示します。SD 値は、ユーザーが指定した範囲によって異なります。
Value Only(値のみ)
:Min(最小値)、Max(最大値)、SD(標準偏差)の範囲に関係なく、
XX
ユーザーが入力した計測値のみが表示されます。
その他
Show In Days(日単位表示):チェックボックスをオンにすると、テーブルの単位が
XX
wd(平日)から d(日)に変わります。
Cursor Movement for the Enter key(Enter キー用カーソル移動):テーブルの編集中に
XX
Right
キーボードの Enter キーを押したときのカーソルの移動方向を指定します。
(右)
、
Down(下)、および Edit(編集)から選択します。
7-71
操作説明書
ヒント !
基準式の追加
方程式を表示し、以下を入力します。
Equation(式)
基準式を入力します。Equation 内の下に表示される計測計算機を使用します。
Input Value Ranges(入力値範囲)
選択した基準の Low(最小値)と High(最大値)の範囲を入力します。
Tolerance Information(許容範囲)
w または d から許容範囲を選択します。
[ 図 7.43 ユーザー計算式 ]
■■基準の表示と変更
1. Selection(選択)で、プリセットを選択します。
2.
を押すと、Editor(編集)画面が表示されます。
3. 基準を表示または編集します。
■■EFW Sequential Measurement(EFW の連続計測)
注記: Utility(ユーティリティ)> Setup(設定)> User Defined key(ユーザー定義キ
ー)> User Key Setup(ユーザーキー設定)から設定から設定します。ユーザーキーに
EFW Measure(EFW 計測)を設定する場合に行います。EFWの計測時に、User(ユーザ
ー)ボタンを押すと、設定が適用されます。
User(ユーザー)ボタンを使用して、EFW 計測を行う時の計測項目の順序を設定します。
トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して計測を選択し、矢印を使用して順序を
変更します。
7-72
第7章 ユーティリティ
Calc & Graph(計算とグラフ)
OB(産科)タブで Calc & Graph(計算とグラフ)サブタブを選択します。計算とグラフの設定
します。
■■Auto calculations(自動計算)
自動的に計算する項目を指定します。例えば、MAD チェックボックスがオンになっている
場合、APD と TAD を計測すると、MAD が自動的に計算されて結果が表示されます。自動計
算の結果は GA と EDD の情報に影響を与える可能性があります。
■■Ratio calculations(比率計算)
比率を計算する計測項目を指定します。例えば、FL/BPD チェックボックスがオンになって
いる場合、FL と BPD を計測すると、その比率が計算され表示されます。この比率はレポー
トにも表示されます。
■■Fetal Doppler trend graph(胎児ドプラトレンドグラフ)
MCA と UA の PI および RI グラフを産科レポートに含めるかを指定します。
選択したグラフの Editor(編集)画面が表示されます。
を押すと、
■■Trend graph(傾向グラフ)
特定の項目または比率のグラフを産科レポートに含めるかを指定します。
択したグラフの Editor(編集)画面が表示されます。
を押すと、選
[ 図 7.44 Calc & Graph(計算とグラフ)]
7-73
操作説明書
Cardiac(心臓)
Measure Setup(計測設定)画面で Cardiac(心臓)タブを選択します。心臓計測に関連する項目
の設定を行います。
Cursor & Method(カーソルと方法)
■■Circ. and Area Method(円周と面積の計測方法)
円周と面積を 2D 心臓画像で計測する方法を設定します。Ellipse(楕円)または Trace(ト
レース)を選択できます。
■■LV Volume Method(左心室体積計測方法)
Teichholz、Cubed、Gibson から左心室体積の計測方法を選択します。計算式の詳細につい
ては、リファレンスマニュアルを参照してください。
Cardiac Measurement Result(心臓計測の結果)
■■Measurement Result Type(計測結果の種類)
計測結果を表示する方法を設定します。Avg.(平均値)、Last(最後の値)、Max.(最大
値)、Min.(最小値)から選択します。
Number of Measure Results Displayed(計測結果の表示数)
■■Number of Results Displayed(結果の表示数)
画面に表示する計測結果の行数を設定します。
7-74
第7章 ユーティリティ
Type of Derived Calcs Results Displayed(計測結果の表示タイプ)
計測結果の表示方法を設定します。概要を表示するには Brief(概要)を選択し、詳細を表示
するには Detailed(詳細)を選択します。
[ 図 7.45 Cardiac(心臓)の設定 ]
7-75
操作説明書
Vascular(血管)
Measure Setup(計測設定)画面で Vascular(血管)タブを選択します。血管計測に関連する項
目の設定を行います。
[ 図 7.46 Vascular(血管)の設定 ]
A/B Ratio(A/B 比)
A/B 比の計算に使用される Peak velocity(ピーク速度)を設定します。
ICA/CCA Ratio(内頚動脈/総頚動脈率)
ICA/CCA に使用する各計測項目を設定します。
Doppler Results(ドプラ結果)
計測結果と一緒に表示されるドプラ計測項目を設定します。
Vascular Measurement Result(血管の計測結果)
■■Measurement Result Type(計測結果の種類)
計測方法を設定します。Avg.(平均値)、Last(最後の値)、Max.(最大値)、Min.(最小
値)から選択します。
7-76
第7章 ユーティリティ
Number of Measure Results Displayed(計測結果の表示数)
■■Number of Results Displayed(結果の表示数)
計測結果を表示する行数を設定します。
7-77
操作説明書
Urology(泌尿器科)
Measure Setup(計測設定)画面で Urology(泌尿器科)タブを選択します。泌尿器系計測に関連
する項目の設定を行います。
[ 図 7.47 Urology(泌尿器科)の設定 ]
Volume Method(体積計測方法)
体積計算に使用する方式を指定します。
3 Distance(3 距離):縦および横断面の3つの直径を使用して体積を計算します。
XX
(4 / 3 × π × A/2 × B/2 × C/2)
3 Distance x Factor(3距離 × 因数):縦および横断面の3つの直径と、ユーザーによ
XX
り入力された因数(F)を使用して体積を計算します。(A × B × C ×因数)
Ellipsoid(楕円):主軸と横軸の長さを使用して体積を計算します。(4/3 × π × 主
XX
軸/2 ×(横軸/2)2)
Sum of 20 Disks(20 ディスクの合計):20 の平行面の面積を合計して体積を計算しま
XX
す。(d/20 × A1 + A2 + ... A20)、d は ディスク間の距離合計)
7-78
第7章 ユーティリティ
注記: 3 Distance(3距離):A = 最初の直径 、B = 2番目の直径 、C = 3番目の直径
デフォルトの因数値は「0.523」に設定されています。値を変更する必要がある場合
は、0∼1(0< 因数 <= 1)の値を使用してください。
Predicted PSA correction factor(予測 PSA 補正率)
WG と T ゾーンの体積計測用の予測前立腺特異抗原(PSA)補正率を設定します。デフォルト
値は 0.12 です。
Urology Measurement Result(泌尿器系の計測結果)
■■Measurement Result Type(計測結果の種類)
計測方法を設定します。Avg.(平均値)、Last(最後の値)、Max.(最大値)、Min.(最小
値)から選択します。
Number of Measure Results Displayed(計測結果の表示数)
■■Number of Results Displayed(結果の表示数)
画面に表示する泌尿器科の計測結果の行数を設定します。
7-79
操作説明書
Fetal Heart(胎児心臓)
Measure Setup(計測設定)画面で Fetal Heart(胎児心臓)タブを選択します。胎児心臓計測に
関連する項目の設定を行います。
[ 図 7.48 Fetal Heart(胎児心臓)の設定 ]
Cursor & Method(カーソルと方法)
■■Circ. And Area Method(円周と面積の計測方法)
2D 胎児心臓画像で円周と面積を計測方法を設定します。Ellipse(楕円)または Trace(トレ
ース)を選択できます。
■■LV Volume Method(左心室体積計測方法)
LV Volume(左室体積)の計測方法を設定します。計算式の詳細については、リファレンス
マニュアルを参照してください。
7-80
第7章 ユーティリティ
FH Measurement Result(FH 計測結果)
■■Measurement Result Type(計測結果の種類)
計測方法を設定します。Avg.(平均値)、Last(最後の値)、Max.(最大値)、Min.(最小
値)から選択します。
Number of Measure Results Displayed(計測結果の表示数)
■■Number of Results Displayed(結果の表示数)
画面に表示する計測結果の行数を設定します。
7-81
操作説明書
Storage Manager(ストレージマネー
ジャー)
ユーティリティメニューで、Storage Manager(ストレージマネージャー)を選択します。
システムに搭載されているすべてのディスクドライブが表示されます。各ドライブの Drive
Type、Free Disk Size、Total Disk Size が表示されます。
ストレージマネージャーは、システムに接続されているさまざまなストレージデバイスを管理
するプログラムです。ドライブの記号の前にあるチェックボックスをオンにすると、ドライブ
の取り外し、フォーマット、更新を行うことができます。
注記: システムに搭載されているドライブの取り外し、フォーマット、更新は行うこと
ができません。
ストレージマネージャーを終了するには、画面の Exit(終了)を押すか、コントロールパネル
のExit(終了)を押します。
[ 図 7.49 ストレージマネージャー ]
■■Refresh(更新)
画面の表示が更新され、システムに現在接続されているドライブが表示されます。
注記: ストレージマネージャーを使用する場合、Refresh(更新)を押して情報を更新す
る必要があります。
7-82
第7章 ユーティリティ
■■Eject / Remove(取り出し/取り外し)
選択したドライブの接続を切断します。
注記: USB フラッシュメモリドライブを取り外す前に、Eject/Remove(取り出し/取り外
し)ボタンを使用して接続が切断されていることを確認します。
■■Format(フォーマット)
選択したドライブを初期化します。Format(フォーマット)ウィンドウで、設定を初期化
します。初期化を開始するには Start(開始)を押します。キャンセルするには、Close(
閉じる)を押します。
注記: DVD+RW または DVD-RW の場合、フォーマット後に空き領域が「0bytes(0バイ
ト)」と表示される場合があります。Windows™ のエラーによるもので、メディアの使
用には問題ありません。
7-83
操作説明書
Menu Edit(メニューの編集)
ユーティリティメニューで Menu Edit(メニューの編集)を選択します。Menu Edit(メニューの
編集)画面が表示されます。この画面では、各モードのソフトメニューレイアウトを設定でき
ます。
Menu Edit(メニューの編集)画面
Menu Edit(メニューの編集)画面は次の項目で構成されています。
1
2
3
4
[ 図 7.50 Menu Edit(メニューの編集)]
1 Mode Tab(モードタイプ):設定可能なモードがタブ形式で表示されます。コントロー
ルパネルのトラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、設定するタブを選択しま
す。選択したタブが黄色で表示されます。
2 Menu Item(メニュー計測項目):選択したモードで使用できるメニューオプションが表
示されます。トラックボールと Set(セット)ボタンを使用して、リストから項目を選択
します。選択した項目が黄色で表示されます。次の表はモードごとに選択できる項目を
示します。
7-84
第7章 ユーティリティ
モード
項目
2D Mode
2D Image Size
Angle (10 Steps)
Chroma Map
DMR+ Index
Dynamic Range
Edge Enhance
Focus
Frame Avg
Frame Rate
FSI
Gray Map
Line Denstity
Post Curve
Power
Reject Level
Rotation
Scan Area
SRF Index
Tissue
2D/C Live
Change Window
Chroma Map
DMR+
Ext. Res.
Frequency
Harmonic
L/R Flip
M Line
Pulse Inversion
Spatial Compound
SRF
Trapezoidal
U/D Flip
Write Zoom
Prev./Next Page
C Mode
Balance
BaseLine
Color Format
Color Map
Color Mode
Frame Avg
Frequency
Line Density
Power
Scale
Sensitivity
Steer
2D/C Live
Color Invert
Filter
Harmonic
M Line
TDI
Write Zoom
Prev./Next Page
PD Mode
Balance
BaseLine
Color Format
Color Map
Color Mode
Frame Avg
Frequency
Line Density
Power
Scale
Sensitivity
Steer
PD Mode
2D/C Live
Color Invert
Filter
Harmonic
M Line
TDI
Write Zoom
Prev./Next Page
TDI Mode
Balance
BaseLine
Frame Avg
Frequency
Line Density
Color Format
Color Map
Color Mode
Power
Scale
Sensitivity
Steer
2D/C Live
Color Invert
Filter
Harmonic
M Line
TDI
Write Zoom
Prev./Next Page
PW Mode
Angle (10 Steps)
AutoCalc Direction
BaseLine
Chroma Map
Display Format
Dynamic Range
Frequency
Gray Map
Loop Size
Post Curve
Power
Scale
Spectrum Ehn.
Spectrum Type
Steer
Speed
SV Size
Angle (60 Steps)
AutoCalc
Chroma Map
Doppler Avg
Doppler Invert
Filter
Mean Trace
Simultaneous
TDW
Prev./Next Page
7-85
操作説明書
モード
項目
CW Mode
Angle (10 Steps)
AutoCalc Direction
BaseLine
Chroma Map
Display Format
Dynamic Range
Loop Size
Power
Scale
Spectrum Ehn.
Spectrum Type
Speed
Angle (60 Steps)
AutoCalc
Chroma Map
Doppler Avg
Doppler Invert
Filter
Mean Trace
TDW
Prev./Next Page
TDW Mode
Angle (10 Steps)
AutoCalc Direction
BaseLine
Chroma Map
Display Format
Dynamic Range
Frequency
Loop Size
Power
Scale
Spectrum Ehn.
Spectrum Type
Steer
Speed
SV Size
Angle (60 Steps)
Chroma Map
Doppler Avg
Doppler Invert
Filter
Mean Trace
TDW
AutoCalc
Prev./Next Page
Chroma Map
Display Format
Dynamic Range
Gray Map
Loop Size
M Edge Enhance
Post Curve
Power
Reject Level
Speed
Anatomical M
Chroma Map
Harmonic
Negative
Prev./Next Page
Cine Speed
Trim First
Trim Last
Auto IMT
Cine / Loop
Cine Save
Cine Play
Trim First Pos
Trim Last Pos
Prev./Next Page
M Mode
Freeze
3 編集とプレビューエリア:メニュー項目リストで選択した項目を配置します。配置時に
使用するボタンまたはダイアルボタンを選択します。
4 ソフトメニュー
Mode Select(モード選択):モードタブの変更に使用します。ソフトメニューのダイア
XX
ルボタン [1]を回して、モードを選択します。
Default Setting(デフォルト設定):デフォルト設定に戻す場合は、ソフトメニューのダ
XX
イアルボタン [2]を押します。
Delete(削除):ソフトメニューのダイアルボタン [3]を押して、選択した項目を削除し
XX
ます。編集とプレビューのエリアでボタンまたはダイアルボタンが選択された場合にのみ
使用できます。
User Presets(ユーザープリセット):ソフトメニューのダイアルボタン [4]を押して、
XX
設定したメニューを別のファイルに保存します。保存したファイルは、後で開いてアクセ
スすることができます。
7-86
第7章 ユーティリティ
User Presets(ユーザープリセット):ソフトメニューのダイアルボタン [4]を押してユ
XX
ーザープリセットを編集します。Usersets List(ユーザーセットリスト)に既存のユーザー
プリセットが表示されます。
[ 図 7.51 User Presets(ユーザープリセット)]
− Load(ロード):選択したユーザープリセットをシステムに適用します。
− Save(保存):選択したユーザープリセットに現在の設定を保存します。
− Save As(名前を付けて保存):新しいユーザープリセットに現在の設定を保存し
ます。
− Rename(名前の変更):選択したユーザープリセットの名前を変更します。
− Delete(削除):選択したユーザープリセットを削除します。
− Close(閉じる):User Presets(ユーザープリセット)ウィンドウを終了します。
Apply(適用):ソフトメニューのダイアルボタン [5]を押して、設定したメニューをシ
XX
ステムに適用します。変更を反映するため、機械を再起動してください。
Close(閉じる)x:ソフトメニューのダイアルボタン [6]を押して、メニューの編集を終
XX
了します。
注記: ユーザー設定メニューおよびユーザープリセットは、バックアップおよび復元でき
ます。
7-87
第
8章
メンテナンス
‹‹動作環境 .......................................................... 8-3
‹‹装置のメンテナンス..................................... 8-4
洗浄と消毒 ...............................................................................8-4
精度チェック...........................................................................8-6
‹‹バッテリーパックの管理 ............................ 8-7
バッテリーパックの交換 ..................................................8-7
バッテリーパックの充電 ..................................................8-8
バッテリーパックの保管 ..................................................8-9
バッテリーパックの廃棄 ................................................8-10
‹‹データ管理 ....................................................8-11
ユーザー設定のバックアップ ......................................8-11
患者情報のバックアップ ................................................8-11
ソフトウェア.........................................................................8-11
第 8 章 メンテナンス
動作環境
本製品を取り付ける際は、次の点に注意してください。
注意:
装置を発電機、レントゲン機器や放送用ケーブルなどの近くに設置すると、画面に
XX
ノイズや異常が発生することがあります。また、電源を他の電気機器と共用するこ
ともノイズの原因となります。
AC 電源から装置に電力を供給する場合は、必ず所定のアダプターを使用してくださ
XX
い。
注記: 安定した電力供給が確保されるように、AC アダプターを使用することをお勧めし
ます。
■■湿気のある場所には置かないでください。
■■直射日光の当たる場所には置かないでください。
■■温度変化の激しい場所には置かないでください。
■■装置に最適な条件は、温度が 10 ∼ 35℃、温度が 30 ∼ 75% の範囲です。
■■暖房装置の近くには設置しないでください。
■■ほこりの多い場所や風通しの悪い場所には設置しないでください。
■■頻繁に振動が発生する場所は避けてください。
■■化学物質や化学ガスに触れる場所には置かないでください。
8-3
操作説明書
装置のメンテナンス
注記: 本製品の予想耐用年数は 7 年です。
洗浄と消毒
不適切な洗浄剤や消毒剤を使用すると、製品が損傷すること
があります。以下の事項に注意してください。
警告:
洗浄および消毒を行う前に、装置の電源を切り電源コードをコンセントから抜いて
XX
ください。感電または火災の危険があります。
製品を洗浄および消毒する時は、必ず保護眼鏡と手袋を着用してください。
XX
洗浄
注意:
製品外部に直接洗浄剤をスプレーしないでください。製品に変色や損傷が起こるこ
XX
とがあります。
ワックス、ベンゼン、アルコール、塗料用シンナー、殺虫剤、噴霧式防臭剤、潤滑油、
XX
洗浄剤などの化学物質は使用しないでください。
■■本体
製品の外面は中性洗剤または洗剤溶液をつけた柔らかい布で拭いてください。
■■モニターの清掃
LCD モニターは柔らかい乾いた布で拭いてください。LCD パネルに汚れ
が付着している場合は、一定方向に 2 ∼ 3 回拭いてください。
注記: プローブとバイオプシーキットの洗浄および消毒の詳細については、第 9 章「プ
ローブ」を参照してください。
8-4
第 8 章 メンテナンス
消毒
注意: 製品の外面の消毒には必ず推奨された消毒剤を使用してください。
FDA-510(k) の認可のある消毒剤を使用することをお勧めします。下記の消毒剤は、生物学的
有効性(FDA 510(k) 認可)と化学的適性の両方における Samsung Medison 超音波製品との適
合性により推奨するものです。
溶液
製造国
タイプ
活性成分
FDA 510(k)
Cidex
米国
液体
グルタルアルデヒド
K934434
Cidex Plus
米国
液体
グルタルアルデヒド
K923744
装置の電源を切り、電源コードをコンセントから抜きます。
1. システムに適合する消毒液を、使用法ラベルに記載された溶液濃度になるように混ぜます。
2. 消毒剤に付属の説明書に従って、装置の外面を清掃します。
3. 消毒剤のラベルの指示に従い、空気乾燥または滅菌布タオルを使用して表面を乾燥させます。
8-5
操作説明書
精度チェック
注記: ユーザーは、安全規格 EN 60601-1 の要件に準拠した安全点検を 2 年ごとに必ず実
施する必要があります。上記の安全点検時は必ず訓練を受けた人員が実施してくださ
い。
製品のメンテナンス状態は本製品を使用して取得する計測に影響を与えることがあり
ます。精度の高い計測を行うため、製品は常に最適な状態を維持してください。
製品の最適な動作を保証するため、精度チェックを毎年実施してください。計測精
度に関連する式と表は、本説明書の第 5 章「計測と計算」を参照してください。
8-6
第 8 章 メンテナンス
バッテリーパックの管理
バッテリーパックは消耗品であり、徐々に劣化していきます。バッテリーの
駆動時間が購入直後の半分以下の時間になったときが交換時期です。
注意:
バッテリーパックの基本保証期間は 6 か月です。
XX
バッテリーパックは、1 年に一度交換することをお勧めします。
XX
注記: バッテリーパックの購入については、Samsung Medison のカスタマーサービスま
でお問い合わせください。
バッテリーパックの交換
バッテリーパックの取り外し
以下の手順に従ってバッテリーパックを取り外します。
1. 装置の電源を切り、電源コードをコンセントから抜きます。
2. 装置底部のバッテリーカバーを開いて、バッテリーパックを取り外します。
警告: 製品を使用する予定がない場合は、バッテリーパックを取り外してください。長
期にわたって製品を使用せず、コンセントに接続しないでおくと、バッテリーパックが
完全に空になり、充電できなくなることがあります。また、バッテリーパックが完全に
空になると、製品に通信上の問題が発生する場合があります。
8-7
操作説明書
バッテリーパックの取り付け
以下の手順に従ってバッテリーパックを取り付けます。
1. 装置の電源を切り、電源コードをコンセントから抜きます。
2. 装置底部のバッテリーカバーを開いて、バッテリーパックを挿入します。
注意: バッテリーの端子を間違えないようにしてください。
3. バッテリーパックを挿入し、10 秒間待って装置の電源を入れます。
バッテリーパックの充電
AC アダプターを接続すると、自動的にバッテリーパックの充電が始まります。MySono U6 の
電源がオフになっている場合や省電力モードになっている場合は、より高速で充電されます。
警告:
本製品の使用時にバッテリーの残量が少なくなってきたことを示すメッセージが表
XX
示されたら、直ちに診断情報を保存し、できるだけ早く AC アダプターを接続してく
ださい。
AC アダプターを接続する前に、プラグが逆さまになっていないことを確認してくだ
XX
さい。間違った向きでアダプターを無理に差し込むと、製品が損傷することがあり
ます。
バッテリーパックは、本説明書に記載されている以外の方法で充電しないでくださ
XX
い。発火や爆発の原因となる場合があります。
[ 図 8.1 AC アダプターの接続 ]
8-8
第 8 章 メンテナンス
バッテリーバックの充電と放電は、以下の温度範囲内で行われるようにする必要があります。
ステータス
周辺温度
充電
0 ∼ 45° C
放電
-10 ∼ 50° C
注意: 最適な充電温度は 0 ∼ 40°C です。周辺温度が高すぎると、バッテリーパックが
過熱することがあります。また、周辺温度が低すぎると、充電に通常より長く時間がか
かることがあります。
注記: 電源としてバッテリーパックを使用する場合は、画面に表示されるバッテリーア
イコンでバッテリーの残量を確認してください。バッテリーアイコンの詳細について
は、第 2 章「導入」の「バッテリー」を参照してください。
バッテリーパックの保管
MySono U6 を使用する予定がない場合は、本体からバッテリーパックを取
り外し、別個に保管します。保管温度の範囲は以下の通りです。
保管期間
周辺温度
1 か月未満
-10 ∼ 60° C
1 ∼ 3 か月
-10 ∼ 45° C
4 ∼ 12 か月
-10 ∼ 30° C
バッテリーパックの保管と使用の詳細については、本章の「動作環境」を参照してください。
注意: バッテリーパックを初めて使用する場合、または 3 か月以上使用されていなかっ
たバッテリーパックを使用する場合は、使用する前に、バッテリーパックの完全な充電
と放電を数回行ってください。
8-9
操作説明書
ヒント !
完全な充電と放電
1. 完全に充電されたバッテリーパックを MySono U6 に挿入します。そして、バッテリ
ーが完全に放電され、システムがシャットダウンするまで待ちます。
−−完全に充電されたバッテリーパックは、完全に放電するまで約 1 時間かかります。
−−バッテリーバックの放電に伴い、バッテリー状態インジケータが緑色からオレン
ジ色に変わります。
2. AC アダプターを接続して、バッテリーパックを完全に充電します。バッテリーバッ
クが完全に充電されると、バッテリー状態インジケータが緑色に変わります。
−−完全に放電されたバッテリーパックは、完全に充電されるまで約 3 時間かかりま
す。バッテリーパックを充電しながらシステムを使用すると、充電に約 2 倍の時
間がかかります。
3. システムがシャットダウンするまで、再度バッテリーパックを放電します。
バッテリーパックの廃棄
バッテリーパックの廃棄は、Samsung Medison のサービス技術者
または認定販売店によって行われる必要があります。
警告: 不用意にバッテリーパックを廃棄しないでください。特に、バッテリーパックを
焼却すると、制御できない発火や爆発を引き起こすおそれがあります。
8-10
第 8 章 メンテナンス
データ管理
注意: 製品に加わった物理的衝撃や内部エラーによって、ユーザー設定や患者データが
消失する場合があります。そのため、情報のバックアップは定期的に実施してくださ
い。
ユーザー設定のバックアップ
データ損失に備えてユーザー設定に関するすべての情報を定期的にバックアップすることを
推奨します。製品のユーザー設定をユーザーがバックアップすることはできません。バックア
ップを行う場合には、Samsung Medison のカスタマーサービスまでご連絡ください。ただし、
産科計測で使用される GA テーブルのユーザー設定は、ユーザーがバックアップできます。
詳細については、第 7 章「ユーティリティ」(特に「OB(産科)」)を参照してください。
患者情報のバックアップ
患者の基本情報とスキャン画像は、SONOVIEW を使用してバックアップできます。このデー
タはデフォルトでシステムに保存されますが、ユーザーが特定の場所にデータを保存するこ
ともできます。製品の不具合などで再インストールする場合は、Samsung Medison のカスタ
マーサービスのスタッフが装置に保存した基本情報とスキャン画像の復元を行います。詳
細については、第 6 章「画像管理」(特に「画像の保存と転送」)を参照してください。
ソフトウェア
製品の性能改善のために、ソフトウェアの変更が必要になる場合がありま
す。ユーザーが独自にソフトウェアを変更することはできません。Samsung
Medison のサービス担当者がソフトウェアの変更をお手伝いします。
注意: 軽度なソフトウェア更新は予告なしに行われることがあります。
オペレーティングシステム(Windows™)でエラーが発生した場合や、
オペレーティングシステムのアップグレードを希望する場合は、オペ
レーティングシステムの製造元の指示に従ってください。
8-11
第
9章
プローブ
‹‹プローブ .......................................................... 9-3
超音波用ゲル...........................................................................9-8
プローブ用カバーの使用 ..................................................9-9
プローブの安全に関する注意事項 ............................9-10
プローブの洗浄と消毒 .....................................................9-12
‹‹バイオプシー................................................9-20
バイオプシーキットの構成部品 .................................9-20
バイオプシーキットの使用 ...........................................9-21
バイオプシーキットの洗浄と消毒 ............................9-23
バイオプシーキットの組み立て .................................9-25
第 9 章 プローブ
プローブ
プローブは、超音波を送受信し、画像を取得します。「トランスデューサー」または「スキャ
ンヘッド」とも呼ばれています。
装置は患者との接触温度を 43℃に制限し、音響出力値は米国 FDA 規格に準拠しています。電源保
護ヒューズは、回路を過電流状態から保護します。電源監視保護回路が過度電流条件を検知する
と、プローブに流れる電流を即座に遮断し、プローブ表面の過熱と音響出力を制限します。
プローブリスト
超音波画像診断装置は、プローブで得た画像をモニターに表示します。最良の画像を取得す
るためには、目的部位に適したアプリケーションや プリセットの設定を使用します。
■■プローブのアプリケーションとプリセット
本製品で利用可能なプローブの種類および、アプリケーションとプリセットを示します。
プローブ
C2-5
C2-8
C4-9
LN5-12
アプリケーション
プリセット
Abdomen
General、Renal
Gynecology
General
OB
General、FetalHeart、Early
Abdomen
General、Renal
Gynecology
General
OB
General、FetalHeart、Early
Pediatric
General、NeoHead
Abdomen
General
Vascular
General
Musculoskeletal
General
Small Parts
General、Breast
Vascular
General
9-3
操作説明書
プローブ
P2-4
EVN4-9
3DC2-6
3D4-9
CW2.0
アプリケーション
プリセット
Abdomen
General
Cardiac
General
TCD
General
Gynecology
Adnexa、
Uterus
OB
1st Trimester
Urology
Prostate
Abdomen
General、Renal
Gynecology
General
OB
General、Early、Fetal Heart
Urology
General
OB
General、Early
Gynecology
General
Cardiac
General
注記:
標準のプリセットに加えて、ユーザー独自のプリセットを 5 つまで作成できます。
XX
これは、User 1(ユーザー 1)∼ User 5(ユーザー 5)を選択してアクセスできます。
プリセットの詳細については、第 3 章「診断の開始」を参照してください。
XX
9-4
第 9 章 プローブ
■■機能リスト
MySono U6 で使用されるプローブおよびアプリケーションの種類に基づいた使用可能な機
能を以下に示します。
プローブ
C2-5
C2-8
C4-9
LN5-12
P2-4
EVN4-9
3DC2-6
3D4-9
CW2.0
HAR
PI
SCI
DMR+
Q-SCAN
ECG
バイオプ
シー
Abdomen
O
O
X
O
O
X
O
Gynecology
O
O
X
O
O
X
O
OB
O
O
X
O
O
X
O
Abdomen
O
O
X
O
O
X
O
Gynecology
O
O
X
O
O
X
O
OB
O
O
X
O
O
X
O
Pediatric
X
X
X
O
O
X
X
Abdomen
X
X
X
O
O
X
X
Vascular
X
X
X
O
O
O
X
Musculoskeletal
O
X
O
O
O
X
O
Small Parts
O
X
O
O
O
X
O
Vascular
O
X
O
O
O
O
O
Abdomen
O
O
X
O
O
X
X
Cardiac
O
O
X
O
O
O
X
TCD
O
O
X
O
O
X
X
Gynecology
X
X
X
O
O
X
O
OB
X
X
X
O
O
X
O
Urology
X
X
X
O
O
X
O
Abdomen
O
O
X
O
O
X
O
Gynecology
O
O
X
O
O
X
O
OB
O
O
X
O
O
X
O
Urology
O
X
X
O
O
X
O
OB
O
X
X
O
O
X
O
Gynecology
O
X
X
O
O
X
O
Cardiac
X
X
X
X
X
O
X
アプリケーション
9-5
操作説明書
プローブ
C2-5
CM
TDI
PD
DPDI
TDW
CW
3D/4D
Abdomen
X
X
O
O
X
X
X
Gynecology
X
X
O
O
X
X
X
X(Fetal Heart
を除く)
X
O
O(Fetal
Heart を除
く)
X
X
X
Abdomen
X
X
O
X
X
X
Gynecology
X
X
O
X
X
X
X(Fetal Heart
を除く)
X
O
O(Fetal
Heart を除
く)
X
X
X
Pediatric
X
X
O
O
X
X
X
Abdomen
X
X
O
O
X
X
X
Vascular
X
X
O
O
X
X
X
Musculoskeletal
X
X
O
O
X
X
X
Small Parts
X
X
O
O
X
X
X
Vascular
X
X
O
O
X
X
X
Abdomen
X
X
O
O
X
O
X
Cardiac
O
O
X
X
O
O
X
TCD
X
X
O
O
X
O
X
Gynecology
X
X
O
O
X
X
X
OB
X
X
O
O
X
X
X
Urology
X
X
O
O
X
X
X
Abdomen
X
X
O
O
X
X
O
Gynecology
X
X
O
O
X
X
O
OB
O
X
O
X
X
X
O
Urology
X
X
O
O
X
X
O
OB
X
X
O
O
X
X
O
Gynecology
X
X
O
O
X
X
O
Cardiac
X
X
X
X
X
O
X
アプリケーション
OB
C2-8
OB
C4-9
LN5-12
P2-4
EVN4-9
3DC2-6
3D4-9
CW2.0
9-6
第 9 章 プローブ
注記:
凡例
Har:ハーモニック画像診断
TDI:組織ドプラ
PI:パルスインバージョン
PD:パワードプラ
SCI:Special Compound Imaging
DPDI:ディレクショナルパワードプライメージ
Q Scan:クイックスキャン
TDW:組織ドプラ波
ECG:心電図
CW:連続波ドプラ
CM:カラー、M モード
温熱指数(TI)表示表
画面のタイトルバーに表示される温熱指数は、プローブやアプリケーションによって変わり
ます。使用できる温熱指数は、 軟部組織(TIs)、骨(TIb)、および頭蓋骨(TIc)です。本
製品は、使用するプローブやアプリケーションに基づいて適切な温熱指数を表示するように
設定されています。次の表を参照してください。
TIS
TIS
C4-9
TIS
TIS
TIS
TIS
EVN4-9
TIB
TIS
3DC2-6
TIB
TIS
3D4-9
TIS
TIS
CW2.0
TIS
TIS
LN5-12
P2-4
TIS
TCD
TIB
Musculoskeletal
C2-8
Small Parts
TIS
Vascular
TIS
Urology
Abdomen
TIB
Pediatric
Gynecology
C2-5
プローブ
Cardiac
OB
アプリケーション
TIS
TIS
TIS
TIS
TIS
TIS
9-7
操作説明書
超音波用ゲル
適切な超音波用ゲルを使用してください。プローブを損傷することがあります。超音波ビーム
を正しく送信するには、必ず Samsung Medison が承認した超音波用ゲルを使用してください。
警告:
ミネラルオイル、オイルベースの溶液、その他不認可の物質は使用しないでください。
XX
プローブに損傷を与えることがあります。
下記の化学物質を含むゲルは使用しないでください。
XX
−−アセトン
−−メタノール
−−変性エチルアルコール
−−ミネラルオイル
−−ヨウ素
−−ラノリン
−−芳香物質を含んだローションやゲル
9-8
第 9 章 プローブ
プローブ用カバーの使用
手術、経直腸検査、経膣検査、バイオプシーなどの侵襲的性質の臨床アプリケーションを行う
際は、プローブ用カバーの使用を推奨します。
Samsung Medison はプローブ用カバーを提供していないため、適切なプローブ用カバーを別途
購入してください。
プローブ用カバーの取り付け
警告:
プローブ用カバーは必ず滅菌状態で保管してください。
XX
プローブ用カバーは使い捨てです。再使用しないでください。
XX
使用後のプローブ用カバーが破損している場合や汚染されている場合は、プローブ
XX
を洗浄および消毒してください。
神経外科で利用する場合は、消毒したプローブと共に必ず滅菌ゲルと滅菌非発熱性
XX
プローブ用カバーを使用する必要があります。
クロイツフェルトヤコブ病患者に対して神経外科的な用途で使用している際に滅菌
XX
プローブ用カバーが傷ついた場合、プローブはいかなる殺菌方法でも滅菌できませ
ん。
プローブ用カバーには、患者がアレルギー反応を引き起こす可能性のある天然ゴム、
XX
ラテックス、タルクなどを含んだものがあります。詳細については、1991 年 3 月 29
日発表の FDA Medical Alert を参照してください。
1. 滅菌手袋を着用します。プローブ用カバーを包装から取り出し、超音波ゲルを入れます。
2. プローブをプローブ用カバーに挿入し、ラテックスの先端を引いてプローブを完全に被せ
ます。可能な限り、プローブケーブルも覆ってください。
3. 超音波用ゲル内に気泡がないことを確認します。必要に応じてプローブ用カバーをプロー
ブとプローブケーブルに完全に固定します。
4. 使用後のプローブ用カバーは廃棄します。
9-9
操作説明書
プローブの安全に関する注意事項
注意:
プローブには機械的衝撃を与えないでください。
XX
プローブケーブルが、機器の車輪などに踏まれないようにしてください。また、ケー
XX
ブルを強い力で曲げたり引っ張ったりしないでください。
プローブを、アルコール、漂白剤、塩化アンモニウム、過酸化水素など不適切な溶
XX
液に浸さないでください。
プローブを +50℃以上の温度にさらさないでください。
XX
プローブは、誤った使い方や特定の化学物質に接触することにより破損することがあります。
使用の前後には必ず、操作マニュアルの指示に従ってプローブケーブル、ケースおよびレンズ
を点検してください。
プローブにひび、部品破損、液の漏れや縁の尖りがないことを確認します。少しでも損傷が
ある場合には、プローブは使用せず、Samsung Medison のカスタマーサービスへご連絡くださ
い。損傷したプローブを使用すると、患者やユーザーに感電やその他の危険が生じることがあ
ります。
プローブの使用と感染防止
警告: クロイツフェルトヤコブ病(ウイルスによって引き起こされる致命的脳疾患)患
者に対しては、神経外科的な治療や検査を行わないでください。このような患者に使用
したプローブはいかなる消毒方法でも滅菌できません。
注意: 感染防止のために十分な洗浄と消毒を必ず行ってください。これは、機器の消毒
手順の管理と保守を行うユーザーの責任です。また、必ず法的に認可された洗剤とプロ
ーブ用カバーを使用してください。
超音波画像診断装置は超音波を利用するため、使用中に患者と直接接触します。検査の種類
によっては、皮膚や外科手術の輸血部位を含むさまざまな場所に接触します。
患者への感染を防ぐ最も効果的な方法は、プローブを一度のみ使用することです。そのた
め、患者間の感染を最小限に抑えるために、プローブ用カバーなどの保護用品を使用して安
全上のすべての注意に従う必要があります。
9-10
第 9 章 プローブ
感電
プローブは電気エネルギーを利用します。導電性の物質に接触すると、患者やユーザーが感
電する危険があります。
警告:
Samsung Medison カスタマーサービスによる装置のショートの確認を定期的に受けて
XX
ください。
プローブは液体に浸漬しないでください。
XX
プローブを落とすなど、機械的衝撃を与えないでください。
XX
使用の前後には、ハウジング、ストレインリリーフ、レンズ、シールに損傷や機能
XX
的問題がないかを点検してください。
プローブケーブルを強い力でねじる、引っ張る、曲げるなどしないでください。
XX
電源保護ヒューズはプローブと製品を過電流から保護します。電源監視保護回路は、
XX
過電流を検出すると、即座にプローブへの電流供給を遮断し、プローブ表面の過熱
を防いで超音波出力を制限します。
製品と患者との接触温度は 43℃未満に制限されています。超音波出力(AP&I)は米
XX
国 FDA 規格に準拠しています。
9-11
操作説明書
プローブの洗浄と消毒
不適切な洗浄剤や消毒剤を使用すると、製品が損傷することがあります。
警告:
プローブを洗浄および消毒するときは、必ず保護眼鏡と手袋を着用してください。
XX
洗浄および消毒後は、ハウジング、ストレインリリーフ、レンズ、シールに損傷や
XX
機能的な問題がないかを点検してください。
洗剤、消毒剤、および超音波用ゲル
下表に基づいて、適切な洗剤、消毒剤、超音波用ゲルを選択してください。すべてのプロー
ブは、IPX 7 でテストされています。
Sani-Cloth HB
Sani-Cloth Plus
Sani-Cloth Active
Septiwipes
Cleanisept Wipes
Ster-Bac Blu
Transeptic Spray
Incidin Foam
Super Sani-Cloth
Sani-Cloth Germicidal
Asepti-Wipes
Asepti-Wipes II
CaviWipes
MetriWipes
Cidex 2%
S
S
W
W
W
W
W
L
S
S
W
W
W
W
W
W
L
C2-5


C2-8


C4-9


LN5-12


P2-4



EVN4-9



IPA
活性成分



3DC2-6
3D4-9
CW2.0
9-12





NA
T-Spray
タイプ
第四アンモ
ニウム
(N-Alkyl)
名称
T-Spray II
消毒剤

L
L
L
L
C2-5


C2-8

C4-9


LN5-12


P2-4


EVN4-9


3DC2-6


3D4-9


CW2.0


Omnicide - FG2
Nuclean
Wavicide-01 3)
Sekusept Extra
Salvanios pH 7
Salvanios pH10
Steranios 2%
Surfaces Hautes
Sekusept Plus
Milton
漂白剤 5.25%
L
L
L
L
L
L
L
L
S
L
L
L











次亜塩素酸ナトリ
ウム
非イオン界面活
性剤
Omnicide 14NS
グルタルアルデ
ヒド
Omnicide(28)
活性成分
Metricide 2)
タイプ
Cidex Plus 2)
名称
Cidex OPA 2,3)
第 9 章 プローブ
消毒剤










9-13
9-14
Virkon
Sporox
Sporox II
Gigasept
タイプ
L
L
L
L
活性成分
P2-4
3D4-9
CW2.0

C2-5

C2-8

C4-9

LN5-12


Hibitane
PeraSafe
L
L
P



バースタインサウレ
グルコン酸クロルヘキシジ
ン液
過酢酸
EVN4-9
3DC2-6

Isopropyl alcohol(80%)
L
L
L
L






アルコール
タンパク質分解酵素
Isopropyl alcohol(70%)

Klenzyme
Alkazyme
消毒剤
Cidezyme
NA
Enzol
Gigasept FF
L
ドデシルフェノールオキシレート、
スルホン酸塩ソジウムキシレン
Gigasept AF 3)
コハク酸アルデヒド、ホル
ムアルデヒド
過酸化水素
名称
NA
操作説明書
洗浄剤












Metrizyme
McKesson
Natural Image
Aquasonics 100 3)
GE Ultrasound Contact
Gel
Clear Image
Kendall
Scan
Wavelength
Sonogel
L
L
L
G
G
G
G
G
G
G
G
活性成分
C2-5
C2-8
C4-9

LN5-12

P2-4

EVN4-9

CW2.0






3DC2-6

3D4-9

NA
塩化アンモニウム
PCMX
(クロロキシレノール)
名称
プロピレングリコール
エタノール 75%
タイプ
アルコール
第 9 章 プローブ
洗浄剤
ゲル







9-15
操作説明書
ヒント !
記号凡例
(1)
互換性あり、EPA 未登録
(2)
FDA 510(k)認可品
(3)
CE マーク取得品
(4)
生産中止
(5)
開発中
S
噴霧
W
拭取
L
液体
P
粉末
G
ゲル

互換性なし(使用禁止)

互換性あり

ハウジング部品に染みが発生する可能性がありますが、音波性能と画質には
影響しません。
■
5 分間以上使用しないでください。
◐
10 分間以上使用しないでください。
▲
15 分間以上使用しないでください。
◆
20 分間以上使用しないでください。
◇
25 分間以上使用しないでください。
◎
30 分間以上使用しないでください。
▣
50 分間以上使用しないでください。
空白
9-16
未試験(使用禁止)
第 9 章 プローブ
下表は、洗剤、消毒剤、超音波用ゲルのメーカー(または販売業者)情報です。
製品
メーカーまたは販売業者
電話番号
Aquasonics
Parker Co.
+1-800-631-8888(米国)
Cidex
CIVCO Co.
+1-800-445-6741(米国)
+1-319-656-4447(全世界)
Enzol
CIVCO Co.
+1-800-445-6741(米国)
+1-319-656-4447(全世界)
GIgasept AF
S&M(Schulke&Mayr)Co.
+44-114-254-3500(英国)
Gigasept FF
S&M(Schulke&Mayr)Co.
+44-114-254-3500(英国)
Isopropyl alcohol(70%)
薬局等
なし
Klenzyme
Steris Co.
+1-800-548-4873(米国)
Metricide
CIVCO Co.
+1-800-445-6741(米国)
+1-319-656-4447(全世界)
Metrizyme
Metrex Research Corp.
+1-800-841-1428(米国)
Milton
Procter & Gamble Australia Pty. Ltd.
+61-1800-028-280(豪州)
Nuclean
National Diagnostics Co.
+1-800-526-3867(米国)
+44(0)-148-264-6020(英国)
Omnicide
Cottrell Ltd.
+1-800-843-3343(米国)
Sani-cloth
PDI/Nice-Pak Products Co.
+1-914-365-1602(米国)
Sekusept Extra
Henkel Hygiene GmbH.
+49-0211-797-0(ドイツ)
Sporox II
Sultan Chemist Inc.
+1-800-637-8582(米国)
T-Spray
CIVCO Co.
+1-800-445-6741(米国)
+1-319-656-4447(全世界)
Virkon
Antec International LTD.
+1-403-286-1771(米国)
Wavicide
Wave Energy System Inc.
+1-800-252-1125(米国)
9-17
操作説明書
洗浄
プローブ洗浄は消毒前に行い、プローブ使用後は必ず洗浄して下さい。
注意:
プローブの洗浄に外科用ブラシを使用しないでください。柔らかいブラシでもプロー
XX
ブを損傷することがあります。
洗浄、消毒時には水が入らないように濡れた部分を下にして乾燥させてください。
XX
1. プローブを装置から外します。
2. バイオプシーアダプターやバイオプシーニードルガイドを取り外します(バイオプシーア
ダプターは消毒して再利用することができます)。
3. プローブ用カバーを取り外します (プローブ用カバーは使い捨てです)。
4. 柔らかい布を中性石鹸または互換性のある洗浄液で軽く濡らし、プローブやケーブルに残
っている汚れを拭き取ります。
5. 粒状物質が残っている場合は、プローブの浸漬部分を水で洗います。
6. 乾いた布で拭きます。
7. 必要に応じて水で湿らせた布で残りの石鹸分を拭き取り、もう一度乾いた布で拭きます。
9-18
第 9 章 プローブ
消毒
本書に記載している消毒手順と下記の Samsung Medison 推奨消毒剤を使用した場合は、10-6
の病原体の低下が見られます。この消毒方法は、経膣プローブと経直腸プローブにのみ適用
されます。
警告:
混合済み消毒液を使用する場合は、消毒液の使用期限を確認してください。
XX
消毒液の基準はプローブが接触する身体部分により異なるので、消毒液の濃度と時間
XX
に注意してください。
注意:
推奨品以外の消毒剤を使用したり、推奨消毒手順に従わないと、プローブに損傷や
XX
変色が起こることがあります。この場合プローブの保証が無効になることがありま
す。
消毒不可能なプローブは、1 時間以上は浸漬しないでください。
XX
プローブの消毒には液体溶液のみ使用可能です。オートクレーブやガス(EtO)その
XX
他 Samsung Medison が認可していない方法は避けてください。
1. 消毒剤のラベルに記載されている保管、使用、廃棄に関する指示を守ってください。
2. 使用可能な消毒液をラベルに記載された溶液濃度に調整します。
3. 下図の方法でプローブを消毒液に浸漬します。
4. 浸漬の終了後、消毒剤のラベルに指示された方法でプローブをすすぎます。
5. プローブは空気乾燥または乾いた布で拭いてください。
[ 図 9.1 消毒 ]
9-19
操作説明書
バイオプシー
バイオプシーとは、患者の細胞組織を外科的に採取する検査方法です。超音波画像診断装置で
バイオプシーを行うときは、プローブとバイオプシーキットを使用します。
超音波装置は、体内に挿入するニードルをリアルタイムで表示するので、患者に生じる危険を
最小に抑えることができます。
バイオプシーキットの構成部品
バイオプシーキットは、アダプター、ニードルガイドとニードルで構成されます。プローブの
種類によって構成は異なります。部品と付属品は別途購入できます。
ニードルガイド
ニードル
バイオプシーアダプター
[ 図 9.2 バイオプシーキットの構成部品 ]
XX
アダプター:ニードルガイドをプローブに固定します。
XX
ニードルガイド:
ニードル(針)が正確に検査部位に達するように、ニードルの角度
(方向)を調整します。また、ニードルが緩まないように固定する役割も果たします。
XX
ニードル:患者の体内に挿入する針です。
XX
プローブ用カバー:プローブとアダプターに血液などが付着することを防ぎます。
XX
ゲル:
プローブとプローブ用カバーの間を超音波用ゲルで満たすと、より鮮明な画像を得るこ
とができます。
9-20
第 9 章 プローブ
バイオプシーキットの使用
警告:
ご使用前にはバイオプシーニードルの状態を確認してください。曲がったニードル
XX
は使用しないでください。
バイオプシーニードルは組織への挿入中に曲がることがあります。ニードルから反
XX
射されるエコーで、ニードルの正確な位置を確認してください。
バイオプシーキットは前立腺のバイオプシーには使用しないでください。
XX
バイオプシーキット使用の注意事項
バイオプシーキットを使用した超音波スキャンは、医師または適切な資格のある医療スタッ
フが実施する必要があります。安全と消毒手順を確認してください。
他のブランドのバイオプシーキットは Samsung Medison のプローブに正しく装着されないこ
とがあります。Samsung Medison の提供するバイオプシーキットを必ず使用してください。
取り付けが正しくないと患者に不快感を与えることがあります。
すべての部品を点検してください。使用しているバイオプシーキットが、プローブ、装置、
システムソフトウェアに適していることを確認してください。
警告:
プローブ用カバーの取り付け方法を読み、ニードルガイドのアライメント調整を確
XX
認するまでは、バイオプシーを行わないでください。
プローブとニードルガイドが左右両方にしっかり固定されていることを必ず確認し
XX
てください。
IVF、CVS、PUBS の各手順では使用しないでください。
XX
バイオプシーの手順
本装置は、リアルタイム超音波画像からニードルガイドラインを取得し、ニードルの予測経
路を表示します。このガイドラインを使用すると、ニードルや器具が正しい経路を通ってい
ることを確認することができます。
1. 検査の目的に適した手順に従って患者の準備をします。
2. プローブ用カバーとバイオプシーキットを取り付けます。
3. バイオプシー手順のシステム制御装置を設定します。必要に応じて、患者に超音波用ゲル
を塗布します。
9-21
操作説明書
4. 患者をスキャンします。画面に表示されたニードルガイドラインが、患者の検査位置に合
うように調整します。
5. ニードルガイドにニードルを取り付けます。検査部位に達するまでニードルを挿入します。
バイオプシーアダプターの上端を持ちながらニードルを挿入します。
6. 目的部位まで挿入し、ニードルをニードルガイドから取り出します。
7. プローブからニードルガイド、アダプター、プローブ用カバーを取り外します。
8. 使い捨て用品は、使用後にすべて廃棄します。
ニードルガイドのアライメント調整
ニードルとニードルガイドの正しい取り付けを確認するため、ニードルガイドのアライメン
トが表示されます。これは必ずバイオプシー検査前に実施してください。ニードルガイドの
アライメント調整を行ってもニードルが正しい経路を通らない場合は、Samsung Medison の
カスタマーサービスまでご連絡ください。
反響その他のアーチファクトにより誤ったニードル画像が生じる場合があります。ニードル
の経路がガイドラインに沿っていること、ニードルの位置判定を誤ったニードル画像で行っ
ていないことを必ず確認してください。
警告:
アライメント調整の確認に使用したニードルを実際の検査に使用しないでください。
XX
バイオプシーには必ず新品の滅菌されたニードルを使用してください。
正確なニードル挿入を行うため、アライメント調整には新品のまっすぐなニードル
XX
を使用してください。
1. バイオプシーキットを取り付けます。
2. 実施する手順の装置深度を設定し、バイオプシーメニューを選択します。
3. プローブを水槽に浸し、ニードルをニードルガイドに挿入します。
4. ニードルの画像がニードルガイドライン上にあることを確認します。この状態でニードル
ガイドは適切にアライメント調整されています。
5. ニードルの画像がニードルガイドラインから外れている場合は、ニードルガイドまたはプ
ローブアダプターを確認してください。
9-22
第 9 章 プローブ
バイオプシーキットの洗浄と消毒
バイオプシーキットを洗浄・消毒して病原体を 10-6 のレベルまで低下します。バイオプシーキ
ットの部品には使い捨てのものがあります。使用前にバイオプシーキットのユーザーマニュア
ルで確認してください。
警告: バイオプシーキットを洗浄・消毒する時には、必ず保護眼鏡と手袋を着用してく
ださい。
ステンレス製バイオプシーキットの洗浄と消毒
■■洗浄
1. 使用後のバイオプシーキットをプローブから取り外します。
2. 分解可能なバイオプシーキットは分解します。
3. 小型ブラシと水でバイオプシーキットの各部をこすり、残存している汚れを取り除きます。
4. 水ですすぎ汚れを取り除きます。
■■消毒
1. アダプターをオートクレーブ(蒸気)またはガス(酸化エチレン)で消毒します。
2. 消毒後は、利用した消毒方法に適した後処理を実施します
アルを参照してください)。
(消毒剤のユーザーマニュ
3. 部品にひび、錆、破損などの損傷がないか点検します。損傷があった場合は、Samsung
Medison のカスタマーサービスにご連絡ください。
9-23
操作説明書
プラスチック製バイオプシーキットの洗浄と消毒
■■洗浄
1. 使用後のバイオプシーキットをプローブから取り外します。
2. 分解可能なバイオプシーキットは分解します。使い捨て部品は廃棄します。使い捨て部
品は消毒できません。
3. 再使用可能な部品は、小型ブラシと水で各部をこすり、汚れを取り除きます。
4. 水ですすぎ汚れを取り除きます。
■■消毒
注意:
プラスチック製のバイオプシーキットの消毒には、化学的互換性のある
XX
消毒剤のみ使用してください。オートクレーブ、ガス、放射線による消毒は
XX
部品が損傷することがあります。
XX
消毒剤の保管、使用、廃棄の詳細については、消毒剤の取扱説明書を参照してください。
1. 消毒時間(一般的には 10 時間)と消毒剤の温度を確認します。
2. 消毒後は、利用した消毒方法に適した後処理を実施します。
3. 部品にひび、錆、破損などの損傷がないか点検します。損傷があった場合は、Samsung
Medison のカスタマーサービスにご連絡ください。
9-24
第 9 章 プローブ
バイオプシーキットの組み立て
C2-8 バイオプシーガイド
■■バイオプシーの仕様
モデル名
BP-KIT-035
部品
バイオプシーブラケット
ニードルガイド
材質
アセタルコポリマー
利用可能なゲージ
1個
24 個
16G、18G、20G、22G
■■取り付け
1. アダプターをプローブに取り付けます。
2. プローブ用カバーに超音波用ゲルを満たし、プローブ用カバーでプローブとアダプター
全体を覆います。
9-25
操作説明書
3. ゲージに適合するニードルガイドをアダプターに取り付けます。
4. ニードルガイドにニードルを取り付けます。
9-26
第 9 章 プローブ
EVN4-9 バイオプシーガイド
■■バイオプシーの仕様
モデル名
BP-KIT-024
部品
バイオプシーアダプター
プローブ用カバー
材質
ステンレス
利用可能なゲージ
1個
2個
16G
■■取り付け
1. プローブ用カバーに超音波用ゲルを満たし、プローブ用カバーをアダプター全体に被せ
ます。ゴムバンドで縛ります。
2. アダプターをプローブに取り付けます。
3. プローブ用カバーを再度付け、手順 1 のように下部をゴムバンドで縛ります。
4. ニードルガイドにニードルを取り付けます。
9-27
Download PDF

advertising