PT930 クイックスタートガイド

PT930 クイックスタートガイド
PT930 スタート ガイド
本ガイドで取り扱う範囲
本ガイドでは PT930 で最初に行う設定と操作手順が説明されています。
詳しい説明は同梱の CD-ROM をご覧ください。
PT930
PT930 をパッケージから取り出す
各パッケージには次のものが含まれています。
• PT930
• スタイラスペン - PT930 の裏側上部に内蔵
• リチウム・イオン・バッテリ パック
• CD-ROM には PT930 ユーザーズマニュアル、PT093 取扱説明書と
その他のドキュメントが入っています。
その他はオプションです。
1. 箱、梱包材は修理等で送付される場合に必要ですので、保管して
おいてください。
2. 注文された製品がすべて入っているかどうかパッケージの内容を
確かめてください。
3. 配送の途中で損傷していないかどうか確かめてください。何か足
りないとか損傷している場合は、当社へご連絡ください。
PT930 の設定
作業場所の選定
PT930 を作業しやすい高さのところへ置きます。次のような場所は避
けてください。
• 温度や湿度が急に変化する場所
• 埃っぽい、高温、多湿、直射日光があたる場所
• 放熱物体のそば
• 強い電磁場を放射する物体(ステレオのスピーカーなど)のそば
• 液体や腐食性の化学薬品のそば
PT930 を使う場合でもまた保管する場合でも、高温や低温の場所は避
けてください。人間にとって快適な温度や湿度は、PT930 にとっても
快適な温度や湿度です。
バッテリ パックの取り付け
1. ユニットの裏側の下方にあるバッテリコンパートメントの蓋のボ
タンを押して横に引き、蓋を取りはずします。
2. バッテリパックのラベル側が手前に、バッテリパックのリボンが
ユニットの下になるように置きます。バッテリパックがバッテリ
コンパートメントにきちんとはまるように、バッテリパックをし
っかり挿入します。
3. バッテリパックのリボンがバッテリパックの上になるようにして、
バッテリコンパートメントの蓋を横に引きます。蓋をしっかり押
します。蓋のラッチが下りるとカチッという音が聞こえます。
PT930 の電源
1. 充電/通信ケーブルを PT930 に接続します。
2. AC アダプタを充電/通信ケーブルの電源ジャックとコンセントに接
続します。
3. PT930 の電源スイッチを入れます。
メインバッテリとバックアップバッテリを初めて充電する
リチウム・バックアップ・バッテリを完全に充電するために約 14 から
16 時間かけて本ユニットを充電してください。 (バックアップ・バッ
テリを充電するために PT930 の電源を入れる必要はありません。)
注意:AC
注意:AC アダプタに
アダプタに接続した充電
接続した充電/
充電/通信ケーブル
通信ケーブルを使わないで、しか
ケーブルを使わないで、しか
もバックアップ用リチウムバッテリを充分に充電しないで PT930
PT930 を初
めて操作すると、RAM
めて操作すると、RAM メモリ内のデータが失われることがあります。
PT930 の操作
PT930 の電源を入れる
電源 ON/OFF ボタンを押して PT930 のスイッチを入れます。PT930 が
サスペンド モードのときは、電源 ON/OFF ボタンを押します。
PT930 の電源を切る
PT930 がサスペンドモードのときは、電源 ON/OFF ボタンを押します。
電源 ON/OFF ボタンを押して PT930 をサスペンド状態(あるいはスリ
ープ状態)にします。PT930 をサスペンド状態にすると電力を節約す
ることができ、しかも最後に使用した画面から再開できます。
スタイラスペンの使用
警告!PT
警告!PT930
PT930 のスタイラスペン以外のものをスクリーンで使用しない
でください。使用すると、スクリーンが黒くなる等、取り返しのつか
ない損傷を起こします。
1. 鉛筆を持つようにしてスタイラスペンを持ちます。
2. メニューから選択するときは、スタイラスペンの先端で希望のメ
ニュー項目を軽く押します。
3. フィールドにデータを書き込むときは、スタイラスペンを使って
文字や数字を書きます。できるだけ圧力をかけないで使います。
レーザースキャナ
警告!スキャナのレーザー光線を見つめると、取り返しのつかない損
傷を受けますので、見つめないでください。
PT930 の レーザースキャナ・モジュールは、Class II レーザー製品です。
出力ウィンドウから 1.0 mW のレーザー光線が放射されます。本製品
は、U.S. Department of Health and Human Services (DHHS) Regulation 21
CFR Subchapter J 準拠製品です。この状態を保つためのメンテナンスは
必要ありません。プロジェクトの調整やコントロールはできません。
Class I の限度を超すレーザー光線は、内部の保護カバーの中で放射さ
れます。
一般規定
FCC ステートメント
本装置はテストの結果、Federal Communications Commission (FCC) 規定
の Part 15 に基づく Class A デジタル装置の限界基準に準拠しています。
これらの限界基準は、本装置が商業用に操作される場合に、常識的な
保護を与えるためのものです。本装置は添付のマニュアルに従わずに
使用すると、高周波エネルギーを発し、また放射して、無線通信を妨
害することがあります。本装置を住宅地で操作すると、無線通信を妨
害することがあります。その場合、対応が必要なときは、ユーザー負
担となります。
========================================================
本紙の情報は、予告なく変更することがありますのでご了承ください。
また、偶発的、あるいは本紙の情報を使用した結果起こる損傷に対し
ても責任を負いません。本紙は著作権で保護されています。すべての
権利が当社に帰属します。当社の書面による事前許可なしで、本紙の
どの部分も複製することはできません。
©Copyright 2000 – 2001 unitech Electronics Co., Ltd. All Rights Reserved.
HEAD OFFICE
Unitech Electronics Co., Ltd.
8Fl., No. 118, Lane 235,
Pao-Chiao Rd., Hsin-Tien City,
Taipei Hsien, Taiwan, R.O.C.
日本支社
ユニテック・ジャパン株式会社
351-0034
埼玉県朝霞市西原 2-12-4
協同第二ビル 4F
Tel: +886-2-8912-1100
Fax: +886-2-8912-1391
Email: adicsales@unitech.com.tw
http://www.unitech-adc.com
Tel: 048-486-2677
Fax: 048-486-2688
E-mail: sales@unitech-japan.co.jp
http://www.unitech-japan.co.jp
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising