温湿度計 HD2101.1 HD2101.2

温湿度計 HD2101.1 HD2101.2
温湿度計 HD2101.1 HD2101.2
相対湿度・絶対湿度・露点・水蒸気分圧・不快指数測定
データロガー■MAX-MIN-AVG■REL(偏差測定)■IP67
HD2101.1およびHD2101.2は大型LCDを備えたハンディタイプ
の温湿度計です。Pt100センサまたは熱電対センサを使用した湿度
温度複合プローブによって相対湿度と温度を測定します。浸漬、突刺
し、表面用プローブを使用して温度の単独測定も可能です。温度セ
ンサとしてPt100、Pt1000またはNi1000が使用できます。
温湿度複合プローブを接続すると、測定器は相対湿度と温度のほか
絶対湿度、露点、水蒸気分圧、さらに不快指数を計算表示します。プ
ローブは、工場での校正データをメモリした自動検出モジュール(SI
CRAM)を装備しています。
HD2101.2はデータロガーとして38,000組までの測定データを保
存することができ、保存したデータはRS232CおよびUSB2.0を介し
てPCに送信できます。データの保存インターバル、プリントの内容、
ボーレートはメニューで設定が可能です。HD2101.1およびHD2101.2
はRS232Cシリアルポートを備えており、測定データをリアルタイムで
PCやポータブルプリンターなどに送信します。
MAX-MIN-AVG機能により任意の時間内の最大値、最小値およ
び平均値を表示できます。その他の機能として、任意の瞬間の測定
値を基準値とする偏差(+または-値)を表示するREL(偏差測定)
機能、HOLD機能、解除が可能なオートパワーオフ機能などを備え
ています。また、本体保護等級はIP67です。
■測定器本体のテクニカルデータ
温湿度計本体
外形寸法(L×W×H)
重量
ハウジング材質
ディスプレー
180×90×40mm(突起部含まず)
470g(電池を含む)
ABS、ラバー
2×41/2 桁および表示シンボル
可視部寸法52×42mm
温湿度計本体の相対湿度測定
測定範囲
分解能
精度
1年後のドリフト
動作条件
動作温度
保存温度
動作湿度
保護等級
-5~50℃
-25~65℃
0~90%RH 結露なきこと
IP67
温湿度計本体の温度測定
Pt100測定範囲
Pt1000測定範囲
Ni1000測定範囲
分解能
精度
1年後のドリフト
電源
乾電池
電池寿命
電源OFF時の消費電流
AC電源
測定単位
保存データの保全
時間
日付および時間
時計精度
1.5V単3乾電池×4個
200時間(1800mAhアルカリ電池にて)
20μA
ACアダプタ(2次電圧DC12V/1A)
℃、°
F、%RH、g/kg、g/m3、hPa、J/g、
Td、Tw、DI、NET
電池電圧にかかわらず無期限に保全
0~100%RH
0.1%RH
±0.1%RH
0.1%RH/年
-200~+650℃
-200~+650℃
-50~+250℃
0.1℃
±0.1℃
0.1℃/年
■プローブおよびモジュールのテクニカルデータ
SICRAMモジュール付Pt100センサプローブ
型式
リアルタイムによるスケジュール
最大月差1分
タイプ
適用温度範囲
精度
TP472I
浸漬
-196℃~+500℃
±0.25℃(-196℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+500℃)
TP472I.0
浸漬
-50℃~+400℃
±0.25℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
測定値の保存 – HD2101.2
タイプ
データ数
保存インターバル
通信インターフェース
2000ページ、各ページ19データ
合計38,000データ
1秒~3600秒(1時間)
シリアルインターフェースRS232C(電気的絶縁):
ボーレート=1200~38400、データビット数=8、
パリティ=なし、ストップビット=1、フロー制御=
Xon/Xoff、シリアルケーブル長=最大15m、
即時プリントインターバル=1秒~3600秒(1時間)
USBインターフェース1.1/2.0(電気的絶縁)
- HD2101.2のみ
TP473P
TP473P.0
TP474C
TP474C.0
接続
プローブ入力モジュール
シリアルおよびUSB I/F
AC電源アダプタ
8極オスDIN45326コネクタ
8極MiniDINコネクタ
2極コネクタ(中心軸=+極)
突刺し
表面
-50℃~+400℃
-60℃~+400℃
±0.25℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
-50℃~+400℃
±0.3℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
TP475A.0
空気
-50℃~+250℃
±0.3℃(-50℃~+250℃)
TP472I.5
浸漬
-50℃~+400℃
±0.3℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
TP472I.10
浸漬
-50℃~+400℃
±0.3℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
共通特性
分解能
温度ドリフト(20℃にて)
22 -196℃~+500℃
0.1℃
0.003%/℃
SICRAMモジュール付温湿度プローブ
%RH
温度
%RH
温度
Pt100
5~98%RH
-20~+80℃
-20~+80℃
±2%
(5~95%RH)
±3%
(95~99%RH)
±0.3℃
K熱電対 5~98%RH
HP472AC
HP473AC
Pt100
5~98%RH
HP474AC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP475AC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP475AC1 Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP477DC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP478AC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
共通特性
相対湿度
センサ
分解能
20℃における温度ドリフト
一定温度における応答時間
温度、センサPt100
分解能
20℃における温度ドリフト
USBタイプA-8極MiniDIN接続コネクタケーブル
(データロガー機能付HD2101.2にのみ使用可能)
DeltaLog9
データ管理用ソフトウェア、Windows98~XP対応
AC-PTS-12V
ACアダプタ、DC12V/1A供給
HD40.1
シリアル入力サーマルプリンター、記録紙幅57mm
SICRAMモジュール付温度プローブ
TP472I
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ3mm、
L300mm、ケーブル2m
TP472I.0
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ3mm、
L230mm、ケーブル2m
TP473P/TP473P.0 突刺しプローブ、Pt100センサ、ステムφ4mm、
L150mm、ケーブル2m
TP474C/TP474C.0 表面プローブ、Pt100センサ、ステムφ4mm、
L230mm、接触面φ5mm、ケーブル2m
TP475A.0
空気用プローブ、Pt100センサ、ステムφ4mm、
L230mm、ケーブル2m
TP472I.5
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ6mm、
L500mm、ケーブル2m
TP472I.10
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ6mm、
L1000mm、ケーブル2m
TP875
黒球(輻射熱)温度計、φ150mm、ハンドル付、
ケーブル2m
TP876
黒球(輻射熱)温度計、φ50mm、ハンドル付、
ケーブル2m
温度プローブ(SICRAMモジュールなし)
TP47.100
4線式Pt100浸漬プローブ、ステムφ3mm、
L230mm、4線コネクタ接続ケーブル2m
TP47.1000
2線式Pt1000浸漬プローブ、ステムφ3mm、
L230mm、2線コネクタ接続ケーブル2m
TP47
プローブ接続用コネクタ:
4線式Pt100、2線式Pt1000、2線式Ni1000用
アクセサリ
HD11
温湿度プローブ校正用飽和剤11.3%RH(20℃)※
HD33
温湿度プローブ校正用飽和剤33.0%RH(20℃)※
HD75
温湿度プローブ校正用飽和剤75.4%RH(20℃)※
※容器キャップM24×1.5、アダプタM12×1付属
保護キャップ-湿度プローブHP472AC、HP572AC(M24×1.5)
P1
Sスチールメッシュ、プローブ口径26mm用
P2
焼結PE製20μmメッシュ、プローブ口径26mm用
P3
焼結青銅製20μmメッシュ、プローブ口径26mm用
P4
全面焼結PE製20μmメッシュ、プローブ口径26mm用
保護キャップ-湿度プローブHP473AC、HP474AC、HP475AC(M12×1)
P5
Sスチールメッシュ、プローブ口径14mm用
P6
焼結Sスチール製20μmメッシュ、プローブ口径14mm用
P7
PTFE製10μmメッシュ、プローブ口径14mm用
P8
Sスチール20μmメッシュ+POCAN、P口径14mm用
精度
温度
センサ
型式
HP572AC
HD2101/USB
測定範囲
-20~+80℃
±0.5℃
±0.3℃
±0.3℃
±2.5%
(5~95%RH)
±3.5%
(95~99%RH)
±0.3℃
±0.3℃
±0.3℃
±0.3℃
静電容量型
0.1%RH
0.02%RH/℃
10秒(10⇒80%RH、空気速度2m/s)
0.1℃(Pt100)、0.1℃(K熱電対-HP572AC)
0.003%/℃(Pt100)、0.02%/℃(K熱電対)
4線式Pt100および2線式Pt1000プローブ
型式
タイプ
TP47.100
TP47.1000
適用温度範囲
精度
4線式Pt100
-50℃~+400℃
クラスA
2線式Pt1000
-50℃~+400℃
クラスA
共通特性
分解能
温度ドリフト(20℃にて)
0.1℃
Pt100 0.003%/℃
Pt1000 0.005%/℃
※SICRAMモジュール: プローブの識別情報、校正データなどが書き込まれた
メモリを内蔵し、本体-プローブ間のインターフェースとして機能します。
■ご注文コード
HD2101.1
温湿度計HD2101.1
付属品:ソフトウェアDeltaLog9、電池(4個)、
取扱説明書、アタッシュケース
(専用通信ケーブル、プローブは別途)
データロガー温湿度計HD2101.2
付属品:ソフトウェアDeltaLog9、電池(4個)、
取扱説明書、アタッシュケース
(専用通信ケーブル、プローブは別途)
8極MiniDIN-9極DサブRS232C用ケーブル
HD2101.2
HD2110CSNM
HD2110CSNM
HD2101/USB
HD33
HD11
P1
P8
P2
P5
P6
HD75
P3
P4
P7
23
温湿度計 HD2301.0
相対湿度・絶対湿度・露点・水蒸気分圧・温度測定
温度単独測定■MAX-MIN-AVG■REL(偏差測定)■IP67
HD2301.0は大型LCDを備えたハンディタイプの温湿度計です。P
HD2301.0は大型LCDを備えたハンディタイプの温湿度計です。Pt
100センサまたは熱電対センサを使用した湿度・温度複合プローブ
によって相対湿度と温度を測定します。浸漬、突刺し、表面用プロー
ブを使用して温度の単独測定も可能です。温度センサとしてPt100、
Pt1000またはNi1000が使用できます。
温湿度複合プローブを接続すると、測定器は相対湿度と温度のほか
絶対湿度、露点、水蒸気分圧を計算表示します。
プローブは、工場での校正データをメモリした自動検出モジュール
(SICRAM)を装備しています。
MAX-MIN-AVG機能により任意の時間内の最大値、最小値およ
び平均値を表示できます。その他の機能として、任意の瞬間の測定
値を基準値とする偏差(+または-値)を表示するREL(偏差測定)
機能、HOLD機能、解除が可能なオートパワーオフ機能などを備え
ています。また、本体外周、コネクタ部にラバー外装を装備し、保護等
級はIP67です。
■プローブおよびモジュールのテクニカルデータ
SICRAMモジュール付Pt100センサプローブ
■測定器本体のテクニカルデータ
型式
温湿度計本体
外形寸法(L×W×H)
重量
ハウジング材質
ディスプレー
140×88×38mm
160g(電池を含む)
ABS
2×41/2 桁および表示シンボル
可視部寸法52×42mm
動作温度
保存温度
動作湿度
保護等級
乾電池
電池寿命
電源OFF時の消費電流
測定単位
接続
プローブ入力モジュール
1.5V単3乾電池×3個
200時間(1800mAhアルカリ電池にて)
20μA
℃、°
F、%RH、g/m3、Td、hPa
TP472I.0
浸漬
-50℃~+400℃
±0.25℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
-196℃~+500℃
突刺し
-50℃~+400℃
-60℃~+400℃
表面
±0.25℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
-50℃~+400℃
±0.3℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
TP475A.0
空気
-50℃~+250℃
±0.3℃(-50℃~+250℃)
TP472I.5
浸漬
-50℃~+400℃
±0.3℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
TP472I.10
浸漬
-50℃~+400℃
±0.3℃(-50℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+400℃)
共通特性
分解能
温度ドリフト(20℃にて)
0.1℃
0.003%/℃
SICRAMモジュール付温湿度プローブ
8極オスDIN45326コネクタ
型式
0~100%RH
0.1%RH
±0.1%RH
0.1%RH/年
HP472AC
HP572AC
温湿度計本体の温度測定
Pt100測定範囲
Pt1000測定範囲
分解能
精度
1年後のドリフト
-196℃~+500℃
TP474C.0
温湿度計本体の相対湿度測定
測定範囲
分解能
精度
1年後のドリフト
浸漬
TP474C
電源
精度
TP472I
TP473P.0
-5~50℃
-25~65℃
0~90%RH 結露なきこと
IP67
適用温度範囲
±0.25℃(-196℃~+350℃)
±0.4℃(+350℃~+500℃)
TP473P
動作条件
タイプ
-200~+650℃
-200~+650℃
0.1℃
±0.1℃
0.1℃/年
測定範囲
%RH
温度
%RH
温度
Pt100
5~98%RH
-20~+80℃
-20~+80℃
±2%
(5~95%RH)
±3%
(95~99%RH)
±0.3℃
K熱電対 5~98%RH
HP473AC
Pt100
5~98%RH
HP474AC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP475AC
-20~+80℃
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP475AC1 Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP477DC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
HP478AC
Pt100
5~98%RH -40~+150℃
共通特性
相対湿度
センサ
分解能
20℃における温度ドリフト
一定温度における応答時間
24 精度
温度
センサ
±0.5℃
±0.3℃
±0.3℃
±2.5%
(5~95%RH)
±3.5%
(95~99%RH)
静電容量型
0.1%RH
0.02%RH/℃
10秒(10⇒80%RH、空気速度2m/s)
±0.3℃
±0.3℃
±0.3℃
±0.3℃
温度、センサPt100
分解能
0.1℃
20℃における温度ドリフト
0.003%/℃
温度、センサK熱電対-HP572AC
分解能
0.1℃
20℃における温度ドリフト
0.02%/℃
SICRAMモジュール付相対湿度・温度複合プローブ
HP472AC
複合プローブφ26×170mm、ケーブル2m
HP572AC
複合プローブφ26×170mm、K熱電対センサ、
ケーブル2m
HP473AC
複合プローブ、ハンドルφ26×130mm、プローブ
φ14×110mm、ケーブル2m
HP474AC
複合プローブ、ハンドルφ26×130mm、プローブ
φ14×210mm、ケーブル2m
HP475AC
複合プローブ、ハンドルφ26×110mm、プローブステム
複合プローブ、ハンドルφ26×110mm、プローブステ
φ12×560mm、先端φ13.5×75mm、ケーブル2m
HP475AC1
複合プローブ、ハンドルφ26×110mm、プローブステム
φ14×580mm、ケーブル2m
HP477DC
複合プローブ、ハンドルφ26×110mm、プローブステム
18×4mm×520mm、ケーブル2m
HP478AC
複合プローブ、ハンドルφ26×110mm、プローブステム
φ14×130mm、ケーブル5m
温度プローブ(SICRAMモジュールなし)
TP47.100
4線式Pt100浸漬プローブ、ステムφ3mm、
L230mm、4線コネクタ接続ケーブル2m
TP47.1000
2線式Pt1000浸漬プローブ、ステムφ3mm、
L230mm、2線コネクタ接続ケーブル2m
TP47
プローブ接続用コネクタ:
4線式Pt100、2線式Pt1000用
アクセサリ
HD11
温湿度プローブ校正用飽和剤11.3%RH(20℃)※
HD33
温湿度プローブ校正用飽和剤33.0%RH(20℃)※
HD75
温湿度プローブ校正用飽和剤75.4%RH(20℃)※
※容器キャップM24×1.5、アダプタM12×1付属
保護キャップ-湿度プローブHP472AC、HP572AC(M24×1.5)
P1
Sスチールメッシュ、プローブ口径26mm用
P2
焼結PE製20μmメッシュ、プローブ口径26mm用
P3
焼結青銅製20μmメッシュ、プローブ口径26mm用
P4
全面焼結PE製20μmメッシュ、プローブ口径26mm用
保護キャップ-湿度プローブHP473AC、HP474AC、HP475AC(M12×1)
P5
Sスチールメッシュ、プローブ口径14mm用
P6
焼結Sスチール製20μmメッシュ、プローブ口径14mm用
P7
PTFE製10μmメッシュ、プローブ口径14mm用
P8
Sスチール20μmメッシュ+POCAN、P口径14mm用
4線式Pt100および2線式Pt1000プローブ
型式
タイプ
TP47.100
TP47.1000
適用温度範囲
精度
4線式Pt100
-50℃~+400℃
クラスA
2線式Pt1000
-50℃~+400℃
クラスA
共通特性
分解能
温度ドリフト(20℃にて)
0.1℃
Pt100 0.003%/℃
Pt1000 0.005%/℃
※SICRAMモジュール: プローブの識別情報、校正データなどが書き込まれた
メモリを内蔵し、本体-プローブ間のインターフェースとして機能します。
P1
HD11
HD33
HD75
P8
P2
P5
P6
P3
P4
P7
■ご注文コード
HD2301.0
温湿度計HD2301.0
付属品:電池(3個)、取扱説明書、アタッシュケース
(プローブは別途)
SICRAMモジュール付温度プローブ
TP472I
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ3mm、
L300mm、ケーブル2m
TP472I.0
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ3mm、
L230mm、ケーブル2m
TP473P/TP473P.0 突刺しプローブ、Pt100センサ、ステムφ4mm、
L150mm、ケーブル2m
TP474C/TP474C.0 表面プローブ、Pt100センサ、ステムφ4mm、
L230mm、接触面φ5mm、ケーブル2m
TP475A.0
空気用プローブ、Pt100センサ、ステムφ4mm、
L230mm、ケーブル2m
TP472I.5
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ6mm、
L500mm、ケーブル2m
TP472I.10
浸漬プローブ、Pt100センサ、ステムφ6mm、
L1000mm、ケーブル2m
TP875
黒球(輻射熱)温度計、φ150mm、ハンドル付、
ケーブル2m
TP876
黒球(輻射熱)温度計、φ50mm、ハンドル付、
ケーブル2m
HP475AC
HP477DC
TP472I
TP474C
HP474AC
TP473P
HP473AC
HP472AC
25
HD9008.21.2 HD9008.21.1
温湿度トランスミッタ
4~20mA出力 HD9008TRR 0~1V出力 HD9009TRR
プロテクションフード HD9007A1/A2
アンプ内蔵■応答性に優れた湿度センサ■温度スケーリング可
HD9008TRR、HD9009TRRはマイクロプロセッサー制御の湿度お
よび温度トランスミッタです。プローブ形状ながら、アンプを内蔵してお
り、温度入力は出力に対するスケーリングが可能です。HD9008TRR
は出力4~20mA、HD9009TRRは出力0~1Vです。
円筒状の樹脂ケースの先端部にセンサが装着されており、湿度センサ
は応答性が良く長寿命の静電容量型タイプ、温度センサは白金セン
サ(100Ω/0℃)を採用しています。トランスミッタの校正やスケーリン
グはすべてキー操作で行うことができ、ジャンパーのはんだ付けやポ
テンショメータの操作の必要がありません。
湿度センサは75%および33%の2種類の飽和剤を使用して再校正す
ることができます。入力対出力の関係は固定で、出力4mA(またはDC
0V)が0%RH、出力20mA(またはDC1V)が100%RHに相当します。
温度の標準設定はHD9008TRR、HD9009TRR何れも-40~+
80℃で、それぞれ出力4~20mA、DC0~1Vに対応します。
HD9007A1
HD9007A2
※1 最終変動の63%到達に要する時間。
※2 標準外温度出力範囲、標準外出力電圧も製作可能です。
※3 ご指定の長さのケーブルを装着した製品の供給も可能です。
注:センサの使用は結露が無いことが条件です。特に高温・高湿環境では数℃の変化で結露し、
注:センサの使用は結露が無いことが条件です。特に高温・高湿環境では数℃の変化で結露し、
センサの劣化、寿命短縮の原因となる可能性があります。
■プロテクションフードHD9007A1/A2
HD9007A1およびHD9007A2はトランスミッタを気象ステーションなど屋外で使用され
る際、温度、湿度センサを太陽光(紫外線)、風雨から保護するのに最適なフードです。
● 耐静電気・耐熱樹脂製、耐紫外線、低熱伝導、高反射性材質
(Luran S777K、BASF)
● 耐腐食性白色塗装アルミ製サポートブラケット
● シャフト径25~44mm用ステンレススチール製“U”型固定金具
:
125mm ● 外径
:
HD9007A1(12層)
190mm 640g
● 高さ・重量
(ブラケットを除く)
HD9007A2(16層)
240mm 760g
φ27mmまたはφ25mm
● トランスミッタ固定ナット :
㪉㪈㪇
㪟㪛㪐㪇㪇㪎㪘㪉
㪈㪋
電子回路動作温度
センサ動作温度
供給電源
測定範囲
精度 (20℃)
応答時間
湿度
出力信号
㪊
㪈㪊㪊
HD9008TRR
HD9009TRR
-40℃~+80℃
-40℃~+80℃
DC10~30V(4~20mA)
DC7~30V(3~4mA)
5~98%RH
±2%(5~90%RH) ±2.5%(左記以外の範囲)
6秒(フィルター無し) 3分(フィルター付) (※1)
0%RH=4.0mA
0%RH=DC0.00V
100%RH=20.0mA
100%RH=DC1.00V
負荷抵抗
RLmax=(DCV-10)/22mA
RinMIN=10KΩ
-40℃~+80℃(※2)
-40℃~+80℃(※2)
測定範囲
±0.25℃
精度
5秒(フィルター無し) 60秒(フィルター付) (※1)
応答時間
温度
-40℃=4.0mA
-40℃=DC0.00V
出力信号
+80℃=20.0mA
+80℃=DC1.00V(※2)
RLmax=(DCV-10)/22mA
RinMIN=10KΩ
負荷抵抗
φ26×225mm
外形寸法
200m
10m
最大長
ケーブル
φ5mm
φ5mm
端子許容最
(※3)
(20AWG-0.5mm2)
(20AWG-0.5mm2)
大径
㪈㪍㪇
■テクニカルデータ
㪟㪛㪐㪇㪇㪎㪘㪈
㱢㪈㪉㪌
㱢㪤㪘㪯㪔㪋㪋㫄㫄
外形寸法
■ご注文コード
HD9008TRR
HD9008TRR1
HD9008TRR2
HD9009TRR
HD9009TRR1
HD9009TRR2
HD9008.03
HD9008.04
HD9008.1
HD9009.1
HD9007A-1
HD9007A-2
HD11
HD33
HD75
HD9008.21.1
HD9008.21.2
142 温湿度トランスミッタ、4~20mA出力※
温湿度トランスミッタ、(同上)、温度出力2線式Pt100※
温湿度トランスミッタ、(同上)、温度出力4線式Pt100※
温湿度トランスミッタ、0~1V出力※
温湿度トランスミッタ、(同上)、温度測定2線式Pt100※
温湿度トランスミッタ、(同上)、温度測定4線式Pt100※
温度センサ、3線式Pt100直接出力
温度センサ、4線式Pt100直接出力
温度トランスミッタ、4~20mA出力※
温度トランスミッタ、0~1V出力※
※標準測定範囲5~98%RH、-40~+80℃
プロテクションフード、12層、H=190mm、ブラケット付
プロテクションフード、16層、H=240mm、ブラケット付
温湿度プローブ校正用飽和剤11.3%RH(20℃にて)※
温湿度プローブ校正用飽和剤33.0%RH(20℃にて)※
温湿度プローブ校正用飽和剤75.4%RH(20℃にて)※
※容器キャップM24×1.5、アダプタM12×1付属
プローブホルダー隔壁距離250mm
プローブホルダー隔壁距離125mm
7. プローブを33%RHの飽和剤の容器に挿入し、少なくとも30分待ちます。プローブと
飽和剤は同じ温度でなければなりません。
8. 33%RHのディップスイッチをONにします。
9. CAL%RHキーを、対応するLEDが点滅を停止するまで、少なくとも約5秒間押し続
けます。LEDが点灯状態になったら、キーを離します。飽和剤の温度が20℃であれ
ば、HD9008TRRの相当する出力は9.28mA、HD9009TRRの場合は0.330Vで
す。内蔵のセンサが、20℃との比較による飽和剤の温度補正を行い、自動調整しま
す。飽和剤の温度が20℃以外の場合の出力電流または電圧については取扱説明書
をご参照下さい。
10. 33%RHのディップスイッチをOFFにします。
11. 本体端末の六角ナット部を締め、ゴムパッキンを装着、ケーブルがねじれないように、
グロメット(索環)のネジを締めます。
12. これで、RHプローブの校正は終了です。
重要注意: 校正は常に75%RHから行って下さい。
■配線・信号伝送についての注意
当トランスミッタの電子回路は、湿度および温度の増加に応じて信号が直線的に増加する
トランスミッタの電子回路は、湿度および温度の増加に応じて信号が直線的に増加する
よう設計されています。強い電流が流れるケーブルや電磁障害を引き起こす機械が近く
にある場合は、これらの影響を受けないよう、当トランスミッタの接続ケーブルを迂回させる
か、適当な間隔をおいて下さい。接続にはシールドケーブルの使用をお薦めします。
■取付けおよび接続
HD9008TRR、HD9009TRRの接続はそれぞれFig.1、Fig.2に示す通りです。Fig.1
D9008TRR、HD9009TRRの接続はそれぞれFig.1、Fig.2に示す通りです。Fig.1
の“RRH”、“R℃”は4~20mAのループに接続された機器の電流入力を意味します。表
示器、コントローラー、データロガー、記録計などがこれにあたります。Fig.2では“Vin%
RH”と“Vin℃”が同じ意味をもっています。当トランスミッタの精度は、その取付け方向に
は影響されませんが、センサの保護フィルター部にごみ・埃がたまるのを最小限にするた
め、トランスミッタの先端部を下方向に向けて取付けることをお薦めします。また、空気の
加熱は相対湿度を減少させます(同じ水蒸気量において)。従って、トランスミッタを熱源
の近くには取付けないで下さい。また、出入口や通風孔の近くへの取付けも避けて下さ
い。保護等級はIP54です。取付け場所の雰囲気がトランスミッタの仕様・特性に適合して
いることを十分に確認して下さい。
トランスミッタの端子への接続は以下の要領で行って下さい。
● グロメット(索環)“A”のネジをゆるめ、ゴムパッキン“B”を外します。
● 本体端末の六角ナット部“C”をゆるめます。
● 接続ケーブルをA、B、Cの順に通し、端子に接続します。
● C、B、Aの順にネジを締め、あるいは装着します。
● グロメット“A”はケーブルがゆるんだり、ねじれたりしないよう、しっかりと締めて下さい。
温度出力のスケーリング
温度範囲の設定には以下のものが必要です。
HD9008TRR: DC10~30Vの定電圧供給、レンジ0~25mA以上の電流計
HD9009TRR: DC7~30Vの定電圧供給、レンジDC0~1V以上の電圧計
Pt100シミュレータまたは調整値に該当する固定抵抗
調整手順:
1. グロメット“A”のネジをゆるめ(Fig.3参照)、ケーブルがねじれないように保持して、ゴ
ムパッキンを外し、本体端末の六角ナット部をゆるめます。
2. センサの保護キャップを外します。
3. Pt100センサ(小さい方のセンサ)のはんだ付けを外し、そこに引出し線、シミュレータ
の出力線または固定抵抗をはんだ付けします。Fig.7およびFig.8参照。接続部が冷
えるまで数秒間待ちます。
4. 希望する温度スケールの最小値に相当する温度にシミュレータをセットします。例え
ば、-10℃~+80℃の範囲に設定したい場合、シミュレータの温度を-10℃にセット
します。この温度に相当する抵抗値は96.09Ωです。固定抵抗を使用する場合、セン
サがはんだ付けされていたターミナルに96.09Ωの抵抗を接続します。
5. 測定が安定するまで約10秒間待ち、“CAL ℃”キー(校正)を、対応するLEDが最初
に点滅し(1回)、その後点灯状態になるまで、約5秒間押し続けます。
6. シミュレータを希望する温度スケールの最大値にセットします。上の例の場合、シミュ
レータを+80℃にセットします。この温度に相当する抵抗値は130.89Ωです。固定
抵抗を使用する場合、センサがはんだ付けされていたターミナルに130.89Ωの抵抗
を接続します。
7. 測定が安定するまで約10秒間待ち、“CAL ℃”キー(校正)を、対応するLEDが消灯
するまで、約5秒間押し続けます。キーを離した時、LEDが2回点滅して、設定が正常
に終了したことが確認されます。これで設定は終了です。
8. 希望する温度スケールに設定されたことを、シミュレータをスケールの最小値およびフ
ルスケール値にセットし(または、相当する値の固定抵抗を接続し)、出力値を電流計
(HD9008TRR)または電圧計(HD9009TRR)で測定して、確認します。
9. Pt100センサを元の位置にはんだ付けします。
10. センサの保護キャップを装着し、本体端末の六角ナット部を締め、ゴムパッキンを装
着、ケーブルがねじれないように、グロメット(索環)のネジを締めます。
11. 温度出力のスケーリングはこれで終了です。
湿度校正に必要な飽和剤はオプションで準備されています。トランスミッタを連続使用
する場合、使用環境に応じて、12ヶ月または18ヶ月ごとの校正をお薦めします。使用
環境が悪い場合、センサを腐食させることがあります。何よりも、使用する場所がセンサ
の特性に適した環境であることを確認して下さい。
Fig.3
■湿度校正および温度スケーリング
HD9008TRR、HD9009TRRは工場出荷前にそれぞれ4~20mA、DC0~1V出力に
D9008TRR、HD9009TRRは工場出荷前にそれぞれ4~20mA、DC0~1V出力に
校正されています。標準設定では、HD9008TRRの出力4mAは0%RHおよび-40℃、
20mAは100%RHおよび+80℃に相当します。HD9009TRRでは、DC0Vが0%RH
および -40℃、DC1Vが100%RHおよび+80℃に相当します。
湿度については入力0%RH~100%RHに対するユーザー校正が可能です。温度につ
いては、-40℃から+80℃の範囲であれば、出力に対する入力のスケーリングが可能で
す。校正、スケーリングにかかわる操作部はFig.4の通りです。
湿度センサの校正
湿度センサの校正には以下のものが必要です。
HD9008TRR: DC10~30Vの定電圧供給、レンジ0~25mA以上の電流計
HD9009TRR: DC7~30Vの定電圧供給、レンジDC0~1V以上の電圧計
湿度センサの校正は、75.4%RH(常に最初に行う)および33%RHのふたつの固定点
で行います。
校正手順:
1. グロメット“A”のネジをゆるめ(Fig.3参照)、ケーブルがねじれないように保持して、ゴ
ムパッキンを外し、本体端末の六角ナット部をゆるめます。
2. 接続図の示す通り、電源供給のケーブルを接続します。
Fig.5:HD9008TRR、Fig.6:HD9009TRR
3. プローブを75%RHの飽和剤の容器に挿入し、少なくとも30分待ちます。プローブと
飽和剤は同じ温度でなければなりません。
4. 75%RHのディップスイッチをONにします。
5. CAL%RHキーを、対応するLEDが点滅を停止するまで、少なくとも約5秒間押し続
けます。LEDが点灯状態になったら、キーを離します。内蔵のセンサが、20℃との比
較による飽和剤の温度補正を行い、自動調整します。
6. 75%RHのディップスイッチをOFFにします。
Fig.5
HD9008TRR
※電源(-)および出力信号(-)は別ケーブルを使用してGND端子に
接続して下さい。
Fig.6
Fig.1
HD9009TRR
Fig.7
※電源(-)および出力信号(-)は別ケーブルを使用してGND端子に
接続して下さい。
Fig.2
Fig.4
Fig.8
143
NEW
HD9817T1
DC0~1V出力NTCセンサ HD9817T1.1
RS232C出力Pt100センサ HD9817T2
USB出力Pt100センサ HD9817T3
DC0~1V出力Pt100センサ
相対湿度・温度トランスミッタ
■高精度静電容量センサ、Pt100センサは精度クラス1/3DIN
高精度静電容量センサ、Pt100センサは精度クラス1/3DIN
■0~1V、RS232C、USB、3種類の出力をラインアップ
0~1V、RS232C、USB、3種類の出力をラインアップ
■丈夫なAISI304ステンレススチール製ハウジング
丈夫なAISI304ステンレススチール製ハウジング
■φ14×133mmのコンパクトサイズで組込み用途に最適
φ14×133mmのコンパクトサイズで組込み用途に最適
HD9817TシリーズはHVAC-R、環境モニタリング、薬品貯蔵、食品輸
送、グリーンハウス自動化その他様々なアプリケーションに使用できる相
対湿度・温度トランスミッタです。HD9817TシリーズはAISI304ステン
レススチール製、保護等級IP65のハウジングに収納されており、過酷な
環境条件においても使用できます。
さらに、その超コンパクトサイズと豊富な出力タイプ(0~1Vアナログ出
力、RS232Cデジタル出力、USB1.1/2.0)により、様々なホスト機器へ
の組込みに最適です。HD9817Tシリーズは測定値の読取りと相対湿
度センサの校正ができるソフトウェアHD9817TCと共に供給されます。
■テクニカルデータ
テクニカルデータ
相対湿度
センサ
有効測定範囲
センサ動作範囲
精度
温度影響
ヒステリシスおよび再現性
長期安定性
温度
センサ
測定範囲
精度
長期安定性
その他の仕様
供給電源
消費電流
最大動作温度
外形寸法
ハウジング・センサ保護
静電容量型
5~98%RH
-40℃~+80℃
±2%RH(10~90%RH)、±2.5%RH(その他の範囲)
全温度範囲域において2%
1%RH
1%/年
Pt100 1/3DIN、HD9817T1.1はNTC10kΩ
-40℃~+60℃
±0.2℃±測定値の0.15%
0.2℃/年
DC5~30V
2mA(代表値)
-40℃~+80℃(短時間のみ)
φ14×138mm
保護等級IP65、保護キャップP8が標準付属
●各機種の出力、温度センサ、接続ケーブル
出力
温度センサ
負荷抵抗
接続ケーブル
HD9817T1
HD9817T1.1
0~1V=0~100%RH
0~1V=-40~+60℃
Pt100
NTC10kΩ
RL>10kΩ
7芯線+シールド、L=1.5m
HD9817T2
RS232C非絶縁、
ボーレート2400
Pt100
―
DB9メスコネクタL=2m
140 HD9817T3
USB1.1/2.0、非絶縁
Pt100
―
USBコネクタタイプAL=2m
NEW
■取付け上の注意
取付け上の注意
■外形寸法
外形寸法
フランジHD9008.31.12
ケーブルグランドPG16.12
Ø 14
トランスミッタの取付けには、フランジHD9008.31.12、メタルケーブルグランドPG16(φ
10~14mm)、または3/8“のユニバーサルジョイントなどを使用して下さい。
3/8”ユニバーサルジョイント
L
D
133 mm
A
D
H
A
■相対湿度の校正
相対湿度の校正
L
D=10~14mm
L=6.5mm
H=23mm
A=PG16
当トランスミッタは工場で校正され、すぐに使用できる状態で供給されます。必要が生じた
場合、製品と共に供給されるCDに相対湿度校正の手順が述べられています。手順に
従って、正しく校正を行って下さい。温度については手順の説明はありません。
L=35mm
H=14mm
A=3/8”
HD9817T1およびHD9817T1.1をPCに接続するときは、インターフェースモジュール
HD9817T1CALを使用して下さい。モジュールは一方にPC接続用のUSBコネクタタイ
プA、もう一方にトランスミッタ接続用の4端子ボードを備えています。
モジュールをPCに接続する前にUSBドライバーをインストールする必要があります。ドラ
イバーのインストール前にトランスミッタをPCに接続しないで下さい。詳細は製品と共に供
給されるCDを参照して下さい。
壁面取付け用には、取付け用アクセサリーとして、プローブホルダーHD9008.21.1(隔
壁250mm)、HD9008.21.2(隔壁125mm)を準備しています。減径アダプタHD
9008.26/14と共に使用して下さい。
金属パネルへの直接取付けに対しては、下図のようなパネル取付け用アダプタHD9817
T.4を使用して下さい(HD9817T1およびHD9817T1.1のみ)。
パネル厚Max2mm
カットアウトφ10.5mm
赤色(電源+)、灰色
赤色(電源+)、
灰色(電源-)、
(電源-)、黄色
黄色(Tx)および
(Tx)および緑色
緑色(Rx)のリード線を下図の通り接続
(Rx)のリード線を下図の通り接続
して下さい。正面からみた端子図: 図の示すように、モジュールの側面に貼られているラ
ベルの位置を基準にして、正しく接続を行って下さい。
䊌䊈䊦
GREY
HD9817T1CAL
Part. HD9817T.4
GREY
RED
ラベル RED
YELLOW
GREEN
■接続
接続
GREEN
YELLOW
●HD9817T1およびHD9817T1.1-0~1Vアナログ出力タイプ
供給電源 DC5∼30V
-
+
赤
灰
黒
青
白
シールド
+
-
V out
%RH
+
-
V out
°C
P5
トランスミッタは7芯線+シールド線です。
黄色および緑色の芯線はPCに接続し、インターフェースモジュールHD9817T1CALに
よりセンサの校正を行うときにのみ使用します(RHセンサ校正についての説明を参照)。
電源の供給は赤色
電源の供給は
赤色(+)および
(+)および灰色
灰色(-)です。
(-)です。
出力電圧信号と取出しは以下の通りです:
・黒色
黒色(+)および
(+)および白色
白色(-): 温度出力
(-): 温度出力
・青色
青色(+)および
(+)および白色
白色(-): 相対湿度出力
(-): 相対湿度出力
シールド線は白色
シールド線は
白色の芯線に接続して下さい。
の芯線に接続して下さい。
HD9817T1
HD9817T1.1
HD9817T2
HD9817T2の接続ケーブル終端はRS232CサブD9極メスコネクタ、HD9817T3の接
続ケーブル終端はUSBコネクタタイプAです。これらの機種はPCから直接電源供給され
ます。外部電源の必要はありません。
両タイプのコマンドセットは下表の通りです。
HD9817T3
HD9817T.4
応答
HD9817T_Pt100_RHRS232
Firm.Ver.=01-00
HAnn.n
&
HBnn.n
&
S0
0072.|063.9
U0
U1
&
&
P7
P8
■ご注文コード
ご注文コード
●HD9817T2-RS232C出力、およびHD9817T3-USB出力タイプ
コマンド
G0
G3
P6
内容
HD9817T1CAL
モデル
ファームウェアのバージョン
75%校正ポイント、nn.nは実際の
湿度値を示す
33%校正ポイント、nn.nは実際の
湿度値を示す
現在の測定値を送ります
(tttt.t|hhh.h)、t=温度、h=RH
国際単位
英国単位
HD75
HD33
HD9008.21.1
HD9008.21.2
HD9008.26/14
HD9008.31
P5
P6
P7
P8
注: HD9817T3-USB出力について
この機種を使用する場合、PCとの接続を確実にするため、あらかじめUSBドライバーのイ
ンストールが必要です。ドライバーのインストール前にトランスミッタをPCに接続しないで
下さい。詳細は取扱説明を参照して下さい。
141
湿度・温度トランスミッタ、Pt100センサ、DC0~1V出力、
ケーブルL=1.5m、ソフトウェアHD9817TC付属
湿度・温度トランスミッタ、NTCセンサ、DC0~1V出力、
ケーブルL=1.5m、ソフトウェアHD9817TC付属
湿度・温度トランスミッタ、Pt100センサ、RS232C出力、
ケーブルL=2m、ソフトウェアHD9817TC付属
湿度・温度トランスミッタ、Pt100センサ、USB1.1/2.0
出力、USBタイプAコネクタ付ケーブルL=2m、
ソフトウェアHD9817TC付属
パネル取付け用アダプタ
(HD9817T1およびHD9817T1.1のみ)
HD9817T1、HD9817T1.1用USBポート接続用イン
ターフェースモジュール(湿度センサチェック・校正)、
USBタイプAコネクタ、接続用4端子付ケーブルL=1.5m
校正用飽和剤75.4%RH、アダプタネジM12×1
校正用飽和剤33.0%RH、アダプタネジM12×1
プローブホルダー、隔壁距離250mm
プローブホルダー、隔壁距離125mm
HD9008.21.1およびHD9008.21.2用
φ26mm-φ14mm減径アダプタ
プローブ取付けフランジ、φ14mmアダプタ付
Sスチールメッシュ、φ14mm用、ネジM12×1
焼結Sスチールメッシュ、φ14mm用、ネジM12×1
PTFE製10μメッシュ、φ14mm用、ネジM12×1
Sスチール20μメッシュ+POCAN、φ14mm用、
ネジM12×1
環境表示計 HD2001
温度・湿度・気圧 HD2001 温度・湿度・気圧 HD2001.1
温度・湿度・気圧・風速 HD2001.2 温度・湿度 HD2001.3
温度・湿度・風速・気圧測定表示■アナログ+RS232C/485出力
HD2001シリーズは、機種により、温度、相対湿度、大気圧を測定表
示します。さらにHD2001.2では本体上部に取付けられた熱線式プ
ローブにより風速の測定表示も行えます。全機種RS232CまたはRS
485のシリアル出力を備えており、複数ユニットのネットワーク管理も
可能です。さらに、全機種に上下限値が設定可能なオープンコレク
ターのアラーム出力も備わっています。
HD2001.1およびHD2001.3はデジタル出力に加えて、スケーリン
グが可能なアナログ出力を備えており、出力の選択は内部基板上の
ディップスイッチとジャンパーの切替えによって簡単に行えます。全機
種共通の大型二段表示LCDには、上段にこれら環境モニターの要
素のひとつ、下段には温度の変化が連続測定表示されます。
■ご注文コード
HD2001TV1
HD2001.1TV1
HD2001.1TC1. 2
HD2001.1TC1. 5
HD2001.1TC1.10
HD2001. 2TV1
HD2001.3TV1
HD2001.3TO2
HD2001.3TO3
HD2001.3TC2.2
HD2001.3TC2.5
HD2001.3TC2.10
HD2001. 2.30
2 .30
HD11
HD33
HD75
HD9008.21.1
■テクニカルデータ
HD2001
入力
出力
センサ
温度
測定範囲
精度
センサ
%RH測定範囲
湿度
センサ動作範囲
精度
測定範囲
精度
圧力
測定媒体
センサ
測定範囲
風速
動作温度範囲
精度
タイプ
通信
MAXボーレート
出力タイプ
アラーム
MAX電圧
MAX電力
温度・湿度
測定対象
気圧
風速
0~20/4~20mA
DC0~10/2~10V
アナログ
電流出力
負荷
出力
抵抗
電圧出力
分解能
RS232C・RS485
オープンコレクター
電源
ソフトウェア
動作環境
温度範囲
湿度範囲
保護等級
環境表示計、温湿度、気圧、シリアル出力
環境表示計、温湿度、気圧、シリアル+アナログ出力
同上、分離プローブL130mm、ケーブルL2m
同上、分離プローブL130mm、ケーブルL5m
同上、分離プローブL130mm、ケーブルL10m
環境表示計、温湿度、気圧、風速、シリアル+アナログ出力
環境表示計、温湿度、シリアル+アナログ出力
同上、背面プローブL330mm
同上、背面プローブL530mm
同上、分離プローブL130mm、ケーブル2m
同上、分離プローブL130mm、ケーブル5m
同上、分離プローブL130mm、ケーブル10m
HD2001.2壁掛け用ブラケット
温湿度プローブ校正用飽和剤11.3%RH(20℃にて)※
温湿度プローブ校正用飽和剤33.0%RH(20℃にて)※
温湿度プローブ校正用飽和剤75.4%RH(20℃にて)※
※容器キャップM24×1.5、アダプタM12×1付属
壁掛け用サポートブラケット、HD2001.2用
HD2001.1
HD2001.2
HD2001.3
NTC10kΩ
-20~+80℃
20~+80℃
±0.3℃(0~+70℃) ±0.4℃(左記以外の範囲)
静電容量型
5~98%RH
-20~+80℃
20~+80℃
±2.5%RH
600~1100hPa (600~1100mbar 60.0~110.0kPa)
-
±0.5hPa(25℃にて)
-
空気または非腐食性ガス、非液体
-
-
-
熱線式
-
-
-
0~5m/s
-
-
-
-20~+80℃
20~+80℃
-
-
-
±0.1m/s
-
RS232CおよびマルチドロップRS485
9600bps
オープンコレクター(NPN、アクティブ“L”)
DC30V
200mW
●
●
●
●
●
●
●
-
-
-
●
-
-
●
-
●
-
-
-
500ΩMAX
100kΩMIN
16ビット
-
500ΩMAX
100kΩMIN
16ビット
●
●
●
●
HD2001.1
AC100V±10% 50/60Hz
DeltaMet8
-20~+80℃
20~+80℃
0~90%RH(結露なきこと)
IP67
注:センサの使用は結露が無いことが条件です。特に高温・高湿環境では数℃の変化で結露し、
注:センサの使用は結露が無いことが条件です。特に高温・高湿環境では数℃の変化で結露し、
センサの劣化、寿命短縮の原因となる可能性があります。
HD2001.2
148 ■ネットワーク・システムアップ機能
“DeltaMet8”のPCサーバー機能を利用すれば、イーサネットを経由して測
定データを他のパソコンへリアルタイムに配信する事ができます。この機能によ
り遠隔地からの環境モニターシステムの構築も可能です。
HD2001シリーズはRS232CおよびRS485を標準装備し、RS232C-RS
485変換器機能も備えていますので、下図のようなマルチドロップネットワーク
が容易に構築できます。付属のソフトウェア“DeltaMet8”はマルチドロップ接
続にも対応しており、全ての測定器のデータ収集および設定が行えます。
ID0
PC1
RS232C
ID1
RS485
ID0
ID2
PC2
RS485
LAN
PC1
RS232C
ID1
RS485
■キーボードの説明
Fig.4 RS232/RS485、アナログ
出力選択ディップスイッチ
出力選択ディップスイッチ
HD2001
MEAS
このキーを繰り返し押すことにより、ディスプレーの上段に表示させる主測
定値を選択できます。キーを押すと、%RH⇒大気圧⇒風速(HD2001.2
のみ)⇒%RHの要素が循環します。
UNIT
このキーによりディスプレー上段に表示される主測定値の単位、あるいは
主測定と相関した測定要素を選択できます。
湿度: %RH(相対湿度%)⇒g/m 3⇒(絶対湿度)⇒g/kg⇒混合比⇒
Tdew(露点温度、℃または°
F)
圧力: hPa⇒kPa⇒mbar
風速: m/s⇒ft/min
NORM/MATH この機能により、MATHキーが押された瞬間以降の、最大値(MAX)、
平均値(AVG)あるいは最小値(MIN)を表示させることができます。
これらの演算値はメモリされ、次の演算セッションの初期値とみなされま
す。メモリを消去するにはCLEAR/ESCキーを押します。
CLR/ESC
最大値、平均値、最小値の演算時にそれらの初期値を消去します。
メニューの設定中は、変更した値を保存せずにその機能から退去する際
に用います。
ENTER
メニューの設定中、現在の選択を確定し、測定モードに戻ります。
メニューから退出せずにその選択パラメータを確認するには、表示させた
ままMENUキーを押します。
UP
メニューの設定中、表示値を増加させます。
DOWN
メニューの設定中、表示値を減少させます。
MENU
このキーにより当表示計のメニューにアクセスできます。
メニューでは、温度測定の単位(℃/°
F)、ボーレート、連続出力の採否、
インターバル時間、年月日・時分、機器ID番号、アラーム、校正の有効
化などが設定できます。
■ディスプレーの説明
ディスプレーは常時ふたつの測定値を表示します。測定値表示の上段②に表示させる項
目はMEASボタンによって選択できます。測定値表示の下段⑤は常に温度表示となりま
す。測定中、ディスプレーの最上段⑥には主測定値②の測定単位が表示されます。メ
ニュー内にアクティブな要素の情報があります。
ディスプレーの右側には四つのシンボルが表示されます。
● ⑦および⑧のふたつの三角のシンボルは、大気圧センサによって測定された大気圧
に、6時間前の測定値と比較して1bar以上の差が生じた場合に点灯します。
● 枠付の三角⑨は気圧低下アラーム表示で、過去6時間内に、BAR DROPで設定さ
れた値以上の大気圧の気圧低下が発生した時に点灯します。BAR DROPの値はメ
ニューで1~9mbarの範囲で設定ができます。
● ベルのシンボル⑩は何れかのアラーム設定値を超えた場合に点灯します(取扱説明
の「アラームの設定」項参照)。
その他のシンボル
● CAL①は相対湿度センサの校正中に点灯します(取扱説明の「校正」項参照)。
● MAX MIN AVG③は、前回のリセットの後、主測定値②が最大値(MAX)、最小値
(MIN)あるいは平均値(AVG)に達したことを表示します(取扱説明の「NORM/
MATHキーの機能」を参照)。
● RS232Cは当表示計がPCに接続された時に点灯します。
Fig.1 取付け穴寸法
※RS232C/RS485通信、メニュー各設
定項目、湿度校正、温度校正などの詳細
については取扱説明書をご参照下さい。
Fig.3 HD2001.2用サポートブラケット
149
Fig.10 外形寸法
温湿度トランスミッタ DO9861T
相対湿度・乾球温度・湿球温度・露点温度を測定表示
4~20mA出力2系統■背面・下方・分離型■温度スケーリング可
DO9861Tは相対湿度(%RH)と温度(TD)を測定すると同時に、湿
球温度(TW)、露点温度(DP)、絶対湿度(gr/m3)、混合比(gr/kg、
乾燥空気1kg当りの水のグラム数)を演算し大型ディスプレーに表示
します。ディスプレーは二段表示で、上段には乾球温度または湿球
温度、下段には相対湿度、露点温度、混合比のいずれかを選択表示
することができます。また、選択された測定要素の変位に比例した4~
20mAのアナログ信号(2系統)を出力するとともに、リレー出力も備え
ており(2点)、トランスミッタ前面の操作キーでパラメータを入力するこ
とにより、スケーリング、ヒステリシス、リレーディレー時間などの出力条
件を設定することが可能です。
DO9861Tは高品質の製品設計と精選された部品の使用により長期
間にわたる高精度、高信頼性の温湿度測定が可能です。
湿度測定には応答性良好で長寿命の静電容量型センサ、温度測定
には高精度の白金抵抗センサ(Pt100、0℃にて100Ω)を使用して
います。プローブは下方、背面、分離型の3種類を揃えています。
プローブ取付けフランジHD9008.31
■テクニカルデータ
表示
センサ
ケーブル
長さ
相対
湿度
入力
精度
センサ動作
範囲
温度
入力
アナログ
出力
A、B2点
出力
センサ
測定電流
ケーブル
長さ
精度
出力信号
4~20mA
精度
応答時間(63%到達)
本体(電子回路部)
動作温度範囲
負荷抵抗
リレーA、B2点出力
供給電源
保護等級
外形寸法(本体)
重量
31/2 桁二段表示LCD
表示シンボル: TD(乾球温度)、TW(湿球温度)、
DP(露点温度)、%RH(相対湿度)、gr/m3(絶対湿度)、
gr/kg(混合比)、A・B(リレー出力表示)、ON・OFF
(リレーA・Bのスレショルド値表示)
静電容量型
<10m、シールドケーブル(約2nF)
追加誤差約0.003pF/pF
トランスミッタ: 0.1%rdg.±1digit±0.01%/℃
センサ: ±2.5%(5~90%) +3/-2.5%(90~98%)
相対湿度: 5~98%(23℃にて)
露点温度(DP℃): -60~+100DP℃
(23℃にて-20DP℃)
温度: -40~+150℃
2線式/4線式Pt100、-50~+199.9℃
DC0.5mA
<10m 非シールドケーブル
<50m シールドケーブル(約5nF)
トランスミッタ: 0.2℃±0.1%rdg.±0.01℃/℃
乾球温度-50.0~+199.9℃ ※標準設定-30~130℃
湿球温度-50.0~+199.9℃ ※標準設定-30~130℃
相対湿度0.0~+100.0%RH
絶対湿度0.0~+1999g/m3
混合比0.0~+1999gr/kg(空気)
±2.5%RH
0.5%rdg. ±0.02mA
6秒(フィルター無し) 3分(フィルター付)
-20~+70℃
RLmax=DCV-10/0.022 RLmax=636Ω DC24Vにて
C接点×2 接点容量3A/AC230V、
ディレー時間0~255秒可変
AC100V±10% ※DC12~35V駆動も可
IP64
W122×H120×D56mm
約500g(本体ケース部のみ)
注:センサの使用は結露が無いことが条件です。特に高温・高湿環境では数℃の変化で結露し、
注:センサの使用は結露が無いことが条件です。特に高温・高湿環境では数℃の変化で結露し、
センサの劣化、寿命短縮の原因となる可能性があります。
外形寸法
■ご注文コード
DO9861TV1
温湿度トランスミッタ、4~20mA出力(2系統)、
下方プローブ、プローブL=130mm
DO9861TO2
(同上)、背面プローブ、プローブL=330mm
DO9861TC1-2 (同上)、分離プローブ、プローブL=130mm、
ケーブルL=2m
DO9861TC2-5 (同上)、分離プローブ、プローブL=330mm、
ケーブルL=5m
DO9861TC2-10 (同上)、分離プローブ、プローブL=330mm、
ケーブルL=10m
HD11
温湿度プローブ校正用飽和剤11.3%RH(20℃にて)※
HD33
温湿度プローブ校正用飽和剤33.0%RH(20℃にて)※
HD75
温湿度プローブ校正用飽和剤75.4%RH(20℃にて)※
※容器キャップM24×1.5、アダプタM12×1付属
HD9008.21.1
プローブホルダー、隔壁距離250mm
HD9008.21.2
プローブホルダー、隔壁距離125mm
HD9008.26/14 φ26mm-φ14mm減径アダプタ(HD9008.21.1
およびHD9008.21.2用)
HD9008.31
プローブ取付けフランジ
144 Fig.1 接続例: AC電源、シールドケーブル、4~20mA2系統出力
アナログ出力スケーリング、リレーセットポイントの設定
■ディスプレー表示シンボル
TD
TW
DP
%RH
gr/m3
gr/kg
A
B
ON
OFF
Fig.2 接続例: DC電源、シールドケーブル、4~20mA2系統出力
■操作キーの機能
PRG
SET
TD/TW
UNIT
CK
CAL
▲
▼
表示値が℃による乾球温度であることを示します。
表示値が℃による湿球温度であることを示します。
表示値が℃による露点温度であることを示します。
表示値が相対湿度であることを示します。
表示値が絶対湿度であることを示します。
表示値が混合比であることを示します。
リレーAがONであることを示します。
リレーBがONであることを示します。
表示値がリレーAまたはBのスイッチ閉のスレショルド値であることを示します。
表示値がリレーAまたはBのスイッチ開のスレショルド値であることを示します。
■測定表示要素および設定範囲
PRGキーと▲および▼キーを押すことによりパラメータのプログラム(設定)が
可能になります。P1のコードがディスプレーに表示された時、P1のパラメータ
が設定中であることを示します。PRGキーを続けて押すと、P2、P3などの
コードとそれらに対応するパラメータが順番に表示されます。P13の後、トラン
スミッタは通常機能に戻ります。
リレー動作スレショルド設定のキーです。ディスプレーにONまたはOFFのシ
ンボルが現れ、リレーAまたはリレーBのスイッチONまたはOFFのスレショル
ドを表示します。
このキーを押すことにより、乾球温度TDまたは湿球温度TWがディスプレー
の上段に表示されます。
このキーを押すことにより、露点温度(DP)、相対湿度(%RH)、絶対湿度(g
r/m3:乾燥空気1m3当りの水のグラム数)、混合比(gr/kg:乾燥空気1kg当り
の水のグラム数)のいずれかがディスプレー下段に表示されます。
このキーをCALキーと共に押すと、湿度センサの校正機能を起動させます。
設定されたパラメータ、リレーのSET値を確認し、保存する為のキーです。
UNITキーと共に押された場合は、湿度センサの校正機能を起動させます。
湿度センサ校正の確認にも使用します。
以下の時に表示された値を増加させます。
パラメータの設定モードの時
リレーSETポイントの設定の時
校正モードの時
以下の時に表示された値を
減少させます。
パラメータの設定モードの時
リレーSETポイントの設定の時
校正モードの時
選択が可能な測定要素
設定可能な範囲
設定可能な範囲 乾球温度(TD ℃)
湿球温度(TW ℃)
露点温度(DP ℃)
相対湿度(%RH)
絶対湿度(a gr/m3)
混合比(x gr/kg)
-50.0~+199.9℃
-50.0~+199.9℃
-50.0~+199.9℃
0.0~100.0%RH
0.0~1999g/m3
0.0~1999gr/kg
■設定パラメータ
P1
アナログ出力1の対象となる測定要素(TD、TW、DP、%RH、gr/m3、gr/kg)
P2
アナログ出力2の対象となる測定要素(TD、TW、DP、%RH、gr/m3、gr/kg)
P3
アナログ出力1の出力4mAに相当する値
P4
アナログ出力1の出力20mAに相当する値
P5
アナログ出力2の出力4mAに相当する値
P6
アナログ出力2の出力20mAに相当する値
P7
リレーAの動作の対象となる測定要素(TD、TW、DP、%RH、gr/m3、gr/kg)
P8
リレーBの動作の対象となる測定要素(TD、TW、DP、%RH、gr/m3、gr/kg)
P9
リレーAのディレー時間、開・閉両方に対して0~255秒間で設定可
P10 リレーBのディレー時間、開・閉両方に対して0~255秒間で設定可
P11 Pt100プローブの校正
P12 アナログ出力1の4mAおよび20mAの電流校正
P13 アナログ出力2の4mAおよび20mAの電流校正
P14 湿度センサ交換後の%RH校正
上記のパラメータを変更するには、設定を変更したいパラメータの記号がディスプレー表
示されるまでPRGキーを押します。▲または▼キーを使用して、表示されているパラメー
タを希望する値に調整し、OKを押して確認します。
プログラムをスタートする前に、TD/TWキーとUNITキーを使用して、ディスプレーに表
示する測定要素を選択して下さい。選択された要素がデフォルト値とみなされます。停電
等によりトランスミッタの電源が落ち、再度復帰した時、このデフォルト値が表示されます。
表示されている要素を変更するには、UNITキーまたはTD/TWキーを押すだけです。
■リレーSETポイントの設定
● SETキーを押します。Aの文字と共にONのシンボルが現れ、表示値がリレーAのス
イッチONのスレショルドであることを示します。
● この値を変更するには▲または▼キーを押します。
● SETキーを押します。Aの文字と共にOFFのシンボルが現れ、表示値がリレーAのス
イッチOFFのスレショルドであることを示します。
● この値を変更するには▲または▼キーを押します。
● SETキーを押します。Bの文字と共にONのシンボルが現れ、表示値がリレーBのス
イッチONのスレショルドであることを示します。
● この値を変更するには▲または▼キーを押します。
● SETキーを押します。Bの文字と共にOFFのシンボルが現れ、表示値がリレーBのス
イッチOFFのスレショルドであることを示します。
● この値を変更するには▲または▼キーを押します。
● 最後にSETキーを押すと、トランスミッタは設定値を保存し、通常機能に戻ります。
注: リレーSETポイントの設定中(ONまたはOFFのシンボル点灯中)に2分間どのキー
も押されない場合、トランスミッタは通常機能に戻ります。
ホルダーHD9008.21.2+
HD9008.26/14、125mm
ホルダーHD9008.21.1+
HD9008.26/14、250mm
※湿度校正、温度校正などの詳細については取扱説明書をご参照下さい。
145
MINIデータロガー
温湿度・LCD表示 HD206・・・ 温湿度 HD226・・・
温度・LCD表示 HD207・・・ 温度 HD227・・・
● 大メモリ容量240000データ(1チャンネル、インターバル1分にて
5ヶ月超の長期記録が可能)
● 3年間の長電池寿命(サンプリングレート10秒にて)
● 高精度温度、相対湿度計測(分解能0.1℃、0.1%RH)
● ラバー保護外装の堅牢構造、IP67(本体内蔵・分離センサタイプ)
● 専用ソフト(オプション)によるデータダウンロード・管理
● トレーサビリティー校正証明も可能
HD206・・/HD226・・/HD207・・/HD227・・シリーズは温度あるい
HD206・・/HD226・・/HD207・・/HD227・・シリーズは温度あるい
は相対湿度・温度を長期間確実に記録できる堅牢なデータロガーで
す。測定値のLCD表示の有無、センサ内蔵・外付・分離型など、様々
な用途を満足できる全8機種を取り揃えています。記録データの分析
は専用ソフトウェア“DeltaLog2”で行います。データロガーの機能、
スタート、ストップ、設定、データのダウンロード、記録周期の設定など
はデータロガー上のキーボードまたはPCからの操作が可能です。ま
た、PCから、設定データへのアクセスを制限するパスワードの設定も
できます。
代表的な用途は、研究・実験における一般的なモニターのほか、生
鮮・冷凍食品、果物、野菜、切花、医薬品、精密製品、紙製品、爆発
性物質等の輸送・保存時の温湿度や温度の記録です。
データロガーのパラメータ設定やPC、プリンターへのデータのダウン
ロードは、ステップ・バイ・ステップ方式で操作をガイドする専用ソフト
ウェアDeltaLog2により簡単に行えます。また、すべての機種につい
てSIT(Calibration Service in Italy)(トレーサビリティーを有する
イタリアの校正機関)の校正証明書の発行が可能です。
■テクニカルデータ
測定対象
付
LCD
表示
無し
温度センサ
湿度センサ
温度センサ位置
湿度センサ位置
測定
範囲
温度
湿度
温度
精度
湿度
温度
分解能
湿度
本体保護構造
プローブ
保護構造
チャンネル数
メモリ容量
データ保存
インターバル
インターフェース
ソフトウェア
ディスプレー
LED
電源・電池寿命
(代表値)
本体寸法・重量
ケース
コネクタ
温度℃
温度℃および湿度%RH
HD207
HD207-1
HD206-1
HD206-2
HD227
HD227-1
HD226-1
HD226-2
NTC10KΩ(25℃にて)
静電容量素子
―
(23℃、30%RHにて)
本体内蔵
本体外壁
本体外壁
分離型温湿度
プローブ
―
―
本体外壁
(価格に含む)
本体内蔵センサ: -30~+80℃
分離型プローブ: -40~+105℃
―
―
5%~98%RH
5%~98%RH
±0.3℃(0~70℃)、±0.4℃(左記以外の範囲)
―
―
±2.5%RH
±2.5%RH
0.1℃
0.1℃
0.1℃
0.1℃
―
0.1%RH
0.1%RH
IP67
IP54
IP54
IP67
―
IP67
IP67
IP54
2:HD206-1
2:HD206-2
1+1(OP)
1+1(OP)
2+1:
2+1:
HD226-1
HD226-2
240000データ/CH: 1チャンネル使用時
120000データ/CH: 2チャンネル使用時
80000データ/CH: 3チャンネル使用時
A) ロガーの2チャンネルで保存された測定値。
B) 2チャンネルの測定値のグラフ。黄色たて線は
コマンドから設定されたデータ保存インターバル。
C) アラームの状態表示。セットポイントを超えると
LED点灯。リセットキーによりリセット。
D) アラームの履歴。
■ご注文コード
HD2□□-□
データロガー
TP207
TP207P
TP207A
1/5/10/15/30秒、1/5/10/15/30分、1時間から選択
RS232Cシリアル出力(9600bps)
専用ソフトDeltaLog2(Windows 95、98、NT、ME、XP)
31/2 桁、低電池電圧表示、4機能モード表示
操作状態表示LED(HD226・・およびHD227・・)
3.6V-1Ahリチウム電池(交換可能)
電池寿命3年(10秒間隔測定にて)
L88×W52×H36mm 240g
ポリカーボネート・ラバー外装
8極ミニDIN(ロガー=メス、プローブ=オス)
HD206S1
HD206/54
HD11
HD33
HD75
DeltaLog2
BL1
154 テクニカルデータをご参照下さい。
浸漬温度プローブ(NTC) 液体・粉体・ガス
φ3×L45mm、ケーブル1.5m
突刺し・浸漬温度プローブ(NTC) 食品用
φ4×L125mm、ケーブル1.5m
高応答雰囲気用温度プローブ(NTC)
φ3×L125mm、ケーブル1.5m
温湿度用複合プローブ、φ14×L109mm、
ケーブル1.5m
RS232Cケーブル1.5m、9ピン標準コネクタ8極ミニ
DINコネクタ
温湿度プローブ校正用飽和剤11.3%RH(20℃にて)※
温湿度プローブ校正用飽和剤33.0%RH(20℃にて)※
温湿度プローブ校正用飽和剤75.4%RH(20℃にて)※
※容器キャップM24×1.5、アダプタM12×1付属
データ管理用ソフトウェア、
シリアルケーブルHD206/54付属
Li-SoCl2 3.6V 1Ah電池
表形式によるデータのディスプレー
表形式によるデータのディスプレー
LCD表示なしモデル
LCD表示付モデル
ᧄ૕ౝ⬿䋨㕖ㅢ᳇䋩
ᧄ૕೨㕙䉦䊋䊷ౝ䋨ㅢ᳇䋩
TP207
浸漬温度プローブ(NTC)、液体・粉体・ガス、
φ3×L45mm、ケーブル1.5m
先端
TP207P
突刺し・浸漬温度プローブ(NTC)、食品用、
φ4×L125mm、ケーブル1.5m
先端
φ4
φ3
ᧄ૕೨㕙䉦䊋䊷ౝ䋨ㅢ᳇䋩
ᧄ૕ౝ⬿䋨㕖ㅢ᳇䋩
ᧄ૕೨㕙䉦䊋䊷ౝ䋨ㅢ᳇䋩
ᧄ૕೨㕙䉦䊋䊷ౝ䋨ㅢ᳇䋩
15
先端
φ3
TP207A
高応答雰囲気用温度プローブ(NTC)、
φ3×L125mm、ケーブル1.5m
~10
HD206S1
温湿度用複合プローブ、
φ14×L109mm、ケーブル1.5m
HD206/54
PC接続用RS232Cケーブル1.5m、
9ピン標準コネクタ
155
4
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement