2線式交流電源用避雷器

2線式交流電源用避雷器
仕様書
Model
サージハンター(25,
000A級)Sシリーズ
SH-122
大容量2線式交流電源用避雷器
■ 形式
SH-122
2線式 公称回路電圧100/240VAC
■ 対応規格
JIS C 5381-1 準拠
カテゴリ クラスⅡ
RoHS
■ 特長
・サージ吸収能力が大きく、応答速度が早い高性能です。
・万一の接地間素子異常に対して通報用接点出力を出します。
・各ラインに温度ヒューズを設けた二重安全設計です。
・絶縁および耐圧試験のとき接地間を開放することができます。
本器は受変電設備を通り抜けて
侵入してくる雷サージから
電子機器を保護するための
電源用避雷器です。計装盤や
制御盤の一括電源にまた、
テレメータやコンピューターの
ように、単体で比較的大きな電力を
消費する重要な電子機器に
最適です。
■ ブロック図
L1 L2
■ 性能
ブレーカー
最大回路電圧
DS
240VAC
断路器
423~517VDC
動作開始 線間
電圧 線接地間 387~473VDC
制限電圧
線間
L1 NC L2
1
2
3
755VDC (8/20μs)
線間
TF
警報出力回路
線接地間 1mA以下(423Vにて)
0.1μs以下
通報出力
接点定格
a接点 50mA
125VAC 32VDC
適応負荷ライン
推奨電流値100A以下
TF
サージ吸収素子
100μA以下(240VACにて)
LED 消費電流 約1mA
応答時間
30A以上
本体
線接地間 710VDC (8/20μs)
サージ
線接地間 25,
000A (8/20μs)
電流耐量
漏れ電流
サ ージ ハンタ ー
被保護機器
A1
A2
E
負荷
DS:断路器(定格電流30A)
オプション
TF:温度ヒューズ
AC/DC
L1,L2:アラーム
E:接地端子(D種接地)
A1,A2:アラーム
■ 設置仕様
使用温度範囲:-10~+55℃
使用湿度範囲:5~90%RH以下(結露しないこと)
取
付:直取付け
寸
法:W68×H72×D120
重
量:約800g
■ 外形寸法図 (単位:mm)
E
E
NC:接続不要
■ 付属品
①
②
③
④
⑤
端子カバー
2枚
端子カバー取付ねじ
金属パネル取付ねじ
木板取付ねじ
予備端子用ネジ
取付穴寸法
35
9.
8
13
取付け穴
4-φ5
M3×5
4本
M4×40 SW W付き 4本
鉄 丸木ねじφ4.
1×50 4本
M4×8 セムス
2本
端子
3
銘板
A1 A2 E
)
94
(
サーキット
プロテクター
エレメント
異常時
端子
(カバー付き)
端子
68
2014.05.25 更新
72
13
2
120
1
4-M4
又は4.
5穴
8
5
52±0.
8
図番 ZS-95
サージハンター
取扱説明書
Model
サージハンター Sシリーズ
ightning
rrester
大容量交流電源用避雷器
SH-122
SH-332
本器は、屋外ケーブルから受変電設備を通過してきた誘導雷サージを吸収する電源用避雷器です。
省スペースで大容量タイプの避雷器で制御装置などの保護に最適です。
■ 取付方法および端子配列 (単位:mm)
68
9.
8
1
サージハンタ ー
2
端子台(カバー付き)M4 + セムス
接続方式
:M4ねじ端子接続
端子ねじ材質 :黄銅にニッケルめっき
ねじは緩みの無いようにしてください。
緩みがあると応答速度の遅れとなることがあります。
3
LIGHTNING
ARRESTER
120
ハウジング材質:鉄
A1
A2
E
サーキットプロテクター (
遮断時突出し、赤帯が見えます。)
サージ吸収素子の劣化、又は仕様以上のサージ通過の場合接地間を遮断します。
頭部の PUSH を押し戻すとボタンが突出してラインと接地間がオープンとなります。
注意:頻繁におこなわないようにしてください。
JAPAN
72
■ 結線図
L1 L2
2線式交流電源用SH-122
ブレーカー
RST
3線式交流電源用SH-332
ブレーカー
DS
断路器
R
S
T
(L1) (N) (L2)
1
2
3
30A以上
L1
1
NC
L2
2
3
TF
TF
DS
本体
A2
E
負荷
AC/DC
■ 使用上の注意事項
TF
TF
サージ吸収素子
警報出力回路
A1
30A以上
本体
TF
サージ吸収素子
被保護機器
断路器
警報出力回路
被保護機器
E
E
A1
A2
E
DS:断路器(定格電流30A)オプション
TF:温度ヒューズ
L1,L2:ライン符号
E:接地端子(D種接地) NC:接続不要
A1,A2:アラーム
E
E
負荷
AC/DC
1)定格以上の継続的過電流や長期受雷によるサージ吸収素子の劣化に対しては、ライン間やラインと接地間の温度ヒューズを溶断させ
て回路から切り離します。さらに、地絡事故を防護するためサーキットプロテクターによりラインと接地間とを完全に切り離します。
2)イベント表示はサーキットプロテクターが働いたとき赤いボタンが突出します。さらに、警報出力として接点が閉となります。
この時点で必ず避雷器の検査をおこなってください。 素子の短絡、オープン、劣化などが考えられます。そのような場合
速やかに新品と取り替えてください。
3)絶縁抵抗試験時および耐電圧試験時には、漏れ電流により不良と見誤ることがありますので、関係先の了承を得てサーキットプ
ロテクターの頭部 PUSH を押してください。ボタンが突出してラインと接地間がオープンとなります。
→試験後必ず押し戻してください。
4)接地はD種(100Ω以下)にて必ずおこなってください。ケーブルのサイズは5.
5mm2 以上を推奨します。
■ 定期点検の方法
・わからない間に誘導雷サージを受けている場合があります。雷シーズンの前後年2回位、定期点検の実施をお勧め致します。
交換用避雷器の手配中に被保護機器がサージを受けて破損することも考えられます。予備品の在庫をお勧め致します。
・避雷器専用の簡易チェッカーCLA-2000(2000V用)をご使用ください。
■ 保証期間
仕様範囲および正常な使用状態で製造上の故障と認められる場合、1年間とします。
ただし、製品の故障や不具合などによる付随的損害の補償については、その責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
2014.05.25 更新
図番 TH-22
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement